JP2013524997A - ポート使用状況に基づく植込み型医療機器の構成 - Google Patents

ポート使用状況に基づく植込み型医療機器の構成 Download PDF

Info

Publication number
JP2013524997A
JP2013524997A JP2013507985A JP2013507985A JP2013524997A JP 2013524997 A JP2013524997 A JP 2013524997A JP 2013507985 A JP2013507985 A JP 2013507985A JP 2013507985 A JP2013507985 A JP 2013507985A JP 2013524997 A JP2013524997 A JP 2013524997A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
port
implantable medical
medical device
lead
example
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2013507985A
Other languages
English (en)
Other versions
JP5745617B2 (ja
Inventor
ジェイ. ターネス、デイビッド
アルコット−クリシュナマーシー、シャンタ
ジェイ. ハーマン、ジェイソン
ルーブル、スティーブン
Original Assignee
カーディアック ペースメイカーズ, インコーポレイテッド
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to US32925710P priority Critical
Priority to US61/329,257 priority
Application filed by カーディアック ペースメイカーズ, インコーポレイテッド filed Critical カーディアック ペースメイカーズ, インコーポレイテッド
Priority to PCT/US2011/032038 priority patent/WO2011136917A1/en
Publication of JP2013524997A publication Critical patent/JP2013524997A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP5745617B2 publication Critical patent/JP5745617B2/ja
Application status is Active legal-status Critical
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61NELECTROTHERAPY; MAGNETOTHERAPY; RADIATION THERAPY; ULTRASOUND THERAPY
    • A61N1/00Electrotherapy; Circuits therefor
    • A61N1/18Applying electric currents by contact electrodes
    • A61N1/32Applying electric currents by contact electrodes alternating or intermittent currents
    • A61N1/36Applying electric currents by contact electrodes alternating or intermittent currents for stimulation
    • A61N1/372Arrangements in connection with the implantation of stimulators
    • A61N1/37211Means for communicating with stimulators
    • A61N1/37252Details of algorithms or data aspects of communication system, e.g. handshaking, transmitting specific data or segmenting data
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61NELECTROTHERAPY; MAGNETOTHERAPY; RADIATION THERAPY; ULTRASOUND THERAPY
    • A61N1/00Electrotherapy; Circuits therefor
    • A61N1/18Applying electric currents by contact electrodes
    • A61N1/32Applying electric currents by contact electrodes alternating or intermittent currents
    • A61N1/36Applying electric currents by contact electrodes alternating or intermittent currents for stimulation
    • A61N1/3605Implantable neurostimulators for stimulating central or peripheral nerve system
    • A61N1/3606Implantable neurostimulators for stimulating central or peripheral nerve system adapted for a particular treatment
    • A61N1/36114Cardiac control, e.g. by vagal stimulation
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61NELECTROTHERAPY; MAGNETOTHERAPY; RADIATION THERAPY; ULTRASOUND THERAPY
    • A61N1/00Electrotherapy; Circuits therefor
    • A61N1/18Applying electric currents by contact electrodes
    • A61N1/32Applying electric currents by contact electrodes alternating or intermittent currents
    • A61N1/36Applying electric currents by contact electrodes alternating or intermittent currents for stimulation
    • A61N1/362Heart stimulators
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61NELECTROTHERAPY; MAGNETOTHERAPY; RADIATION THERAPY; ULTRASOUND THERAPY
    • A61N1/00Electrotherapy; Circuits therefor
    • A61N1/18Applying electric currents by contact electrodes
    • A61N1/32Applying electric currents by contact electrodes alternating or intermittent currents
    • A61N1/36Applying electric currents by contact electrodes alternating or intermittent currents for stimulation
    • A61N1/3605Implantable neurostimulators for stimulating central or peripheral nerve system
    • A61N1/36128Control systems
    • A61N1/36146Control systems specified by the stimulation parameters
    • A61N1/36182Direction of the electrical field, e.g. with sleeve around stimulating electrode
    • A61N1/36185Selection of the electrode configuration
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61NELECTROTHERAPY; MAGNETOTHERAPY; RADIATION THERAPY; ULTRASOUND THERAPY
    • A61N1/00Electrotherapy; Circuits therefor
    • A61N1/18Applying electric currents by contact electrodes
    • A61N1/32Applying electric currents by contact electrodes alternating or intermittent currents
    • A61N1/36Applying electric currents by contact electrodes alternating or intermittent currents for stimulation
    • A61N1/362Heart stimulators
    • A61N1/365Heart stimulators controlled by a physiological parameter, e.g. heart potential
    • A61N1/368Heart stimulators controlled by a physiological parameter, e.g. heart potential comprising more than one electrode co-operating with different heart regions
    • A61N1/3688Heart stimulators controlled by a physiological parameter, e.g. heart potential comprising more than one electrode co-operating with different heart regions configured for switching the pacing mode, e.g. from AAI to DDD
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61NELECTROTHERAPY; MAGNETOTHERAPY; RADIATION THERAPY; ULTRASOUND THERAPY
    • A61N1/00Electrotherapy; Circuits therefor
    • A61N1/18Applying electric currents by contact electrodes
    • A61N1/32Applying electric currents by contact electrodes alternating or intermittent currents
    • A61N1/36Applying electric currents by contact electrodes alternating or intermittent currents for stimulation
    • A61N1/372Arrangements in connection with the implantation of stimulators
    • A61N1/37211Means for communicating with stimulators
    • A61N1/37235Aspects of the external programmer
    • A61N1/37247User interfaces, e.g. input or presentation means

Abstract

例では、ポート使用状況を確定することにより植込み型医療機器を構成することは、ポートデータオブジェクトを受け取ることと、リード構成を確定することと、プログラム可能なパラメータへのアクセスを構成することと、リード構成の視覚的指示を表示することとを含むことができる。ポートデータオブジェクトを、植込み型医療機器から受け取ることができ、それは、リードへの接続を可能にする植込み型医療機器のポートに関連するデータを含むことができる。リード構成を確定することは、ポートデータオブジェクトに基づくことができる。プログラム可能なパラメータへのアクセスを構成することは、植込み型医療機器のリード構成に基づくことができる。

Description

本発明はポート使用状況に基づく植込み型医療機器の構成に関する。

特定の患者は、心臓刺激または神経刺激を必要とする。この刺激を、植込み型医療機器を用いることによって達成することができる。こうした必要がある場合、心臓組織は、心臓電気刺激を受け取ることができる。こうした刺激は、結果としての心収縮をもたらすことができ、こうした刺激を用いて、心拍出量に対する患者の代謝の必要を満足させる心収縮の速度を維持するか、または心臓のポンピング効率を向上させるように心収縮を空間的に調整することができる。同様に、非心臓神経組織は、神経刺激、たとえば神経刺激エネルギーを受け取ることができる。神経刺激を用いて、(特定の代謝プロセスを加速する傾向がある)交感神経系と(特定の代謝プロセスを減速する傾向がある)副交感神経系との自律神経平衡に影響を与えることができる。患者によっては、心臓刺激および神経刺激の両方から利益を得る場合もある。

心臓刺激および/または神経刺激を必要とする患者の要求を有効に満足させるために、植込み型医療機器製造業者は、種々の植込み型医療機器を開発した。心律動管理装置は、心臓をモニタリングし、あるいは心臓に治療を施し、または両方を行い、かつ心臓刺激あるいは神経刺激または両方を組み込むことができる、一種の植込み型医療機器である。通常、心臓刺激は、心臓刺激用に特別に構成された1本または複数本のリードを介して提供される。神経刺激もまた、通常、神経刺激に対して特別に構成された1本または複数本のリードを介して送達される。心臓刺激または神経刺激に対して構成されたリードに加えて、植込み型医療機器はまた、患者に適切な治療を提供するのに役立つことができる種々の生理学的パラメータを検知するさまざまなセンサも含むことができる。

多くの最新の植込み型医療機器は、体外に位置する局所装置または遠隔装置と通信することができる。これらの外部装置を用いて、植込み型医療機器から、センサ情報、および植込み型医療機器が治療(機器応答とも呼ぶ)を施した時等、イベントに関する情報を含む情報を受け取ることができる。場合によっては、外部通信装置またはインタフェース装置もまた、植込み型医療機器に動作パラメータを送信することができ、または言い換えれば、植込み型医療機器をプログラムすることができる。例としての外部通信装置は、LATTITUDE(登録商標)患者管理システムである。心律動管理装置等の植込み型医療機器を、治療が送達される方法に影響を与える複数の異なるパラメータ設定でプログラムすることができる。併用治療機器は、機器によって送達することができる各タイプの治療に対してプログラム可能なパラメータを含む。

本発明者らは、特に、心臓刺激および神経刺激の両方が可能である植込み型医療機器が、1つのタイプの治療および/または検知のみに対して設計されているリードおよびセンサとともに植え込まれている状況において、潜在的な課題が発生する可能性があることを認めた。1つの潜在的な課題は、植込み型医療機器の、他方のタイプの刺激に関連付けられたプログラム可能な特徴が有効なままである場合に、発生する。患者が心臓刺激および神経刺激の両方を必要とする状況であっても、異なるタイプのリードに対して異なる植込み処置が行われることが一般的である。したがって、特定された課題は、植込み処置間の幾分かの長さの時間に対して存在する可能性がある。さらに、医師が、心臓刺激および神経刺激の両方が可能な機器を植え込むが、患者の現症状に対処することができる一方のタ
イプの刺激しか可能にしない、ということもまた珍しいことではない。本発明者らは、特に、医師が、患者の医療機器のリードおよびセンサ構成を確定するのに患者との貴重な時間を無駄にする可能性があることもまた認めた。患者の医療機器を適切にプログラムするかまたは調整するために、医師は、リードおよびセンサ構成を理解する必要がある。本システムおよび方法は、植込み型医療機器または外部プログラミング装置が、特にポート使用状況等により、リードおよびセンサ構成を自動的に確定することができるようにすること等により、これらの必要に対処することができる。

例1は、ポート使用状況等に従って植込み型または他の携帯型医療機器のプログラム可能なパラメータを構成する方法を含むことができる。本方法は、ポートデータオブジェクトを受け取ることと、リード構成を確定することと、植込み型医療機器のプログラム可能なパラメータへのアクセスを構成することとを含む。ポートデータオブジェクトを、植込み型医療機器から受け取ることができ、それは、リードを接続することができる植込み型医療機器のポートに関連するデータを含むことができる。植込み型医療機器に関連するリード構成を、ポートデータオブジェクトに基づいて確定することができる。植込み型医療機器のプログラム可能なパラメータへのアクセスを、リード構成に基づいて構成することができる。

例2において、例1の方法は、任意選択的に、ポートデータオブジェクト内のポートに対して測定可能な属性を含むことができる。
例3において、例1〜例2のうちのいずれか1つの方法は、任意選択的に、ポートデータオブジェクト内の測定可能な属性としてインピーダンス測定値を含むことができる。

例4において、例1〜例3のいずれか1つの方法は、任意選択的に、インピーダンス測定値が以下の状態、すなわち、開路、短絡、またはインピーダンスが指定されたインピーダンスの範囲内にあることのうちの1つを示すか否かを判定することを含むことができる。

例5において、例1〜例4のうちのいずれか1つの方法は、任意選択的に、ポートデータオブジェクト内に手動オーバライドインジケータを含めることができ、手動オーバライドインジケータは、植込み型医療機器のポートに対するリード構成を示す。

例6において、例1〜例5のうちのいずれか1つの方法は、任意選択的に、治療タイプを確定することを含む、リード構成を確定することを含むことができ、アクセスを構成することは、治療タイプに基づいてプログラム可能なパラメータを使用可能にすることを含む。

例7において、例1〜例6のうちのいずれか1つの方法は、任意選択的に、植込み型医療機器のリード構成の視覚的指示を表示することを含むことができる。
例8において、例1〜例7のうちのいずれか1つの方法は、任意選択的に、視覚的インジケータとして植込み型医療機器を表すグラフィカル表示を表示することを含むことができる。

例9において、例1〜例8のいずれか1つの方法は、任意選択的に、ポートが、未使用、検知のみ、治療のみ、または検知を伴う治療を含む、潜在的な使用の群からの1つのタイプの使用に対して構成されているか否かを判定することを含むことができる。一例では、装置は、上に列挙したいずれか2つの使用、たとえば未使用または検知のみに対して構成することができるポートを含むことができる。別の例では、装置は、上に列挙したいずれか3つの使用、たとえば検知のみ、治療のみまたは未使用に対して構成することができ
るポートを含むことができる。さらに別の例では、装置は、上に列挙した4つのすべての使用に対して構成することができるポートを含むことができる。

例10において、例1〜例9のいずれか1つの方法は、任意選択的に、ポートに関連する治療出力制限を確定することを含むことができる。
例11は、ポート使用状況等に従って植込み型医療機器または他の携帯型医療機器のプログラム可能なパラメータを構成するシステムを含むことができる。本システムは、植込み型医療機器と通信するように構成された外部装置を含むことができる。外部装置を、植込み型医療機器からポートデータオブジェクトを受け取るように構成することができ、ポートデータオブジェクトは、植込み型医療機器が複数のリードに接続するために使用する複数のポートに関連するデータを含む。外部装置を、ポートデータオブジェクトに基づいて、植込み型医療機器のリード構成を確定するように構成することも可能である。外部装置を、植込み型医療機器に関連するリード構成に基づいて、植込み型医療機器のプログラム可能なパラメータへのアクセスを構成するようにさらに構成することができる。

例12において、例11のシステムは、外部装置が、ポートデータオブジェクト内に表される複数のポートの各々に関連する測定可能な属性を含むポートデータオブジェクトを受け取るように、任意選択的に構成することができることを含むことができる。

例13において、例11〜例12のいずれか1つのシステムは、外部装置が、複数のポートの個々のポートに関連する測定可能な属性としてインピーダンス測定値を受け取るように任意選択的に構成されることを含むことができる。

例14において、例11〜例13のいずれか1つのシステムは、外部装置が、複数のポートの個々のポートに関連するインピーダンス測定値が以下の状態、すなわち開路、短絡、またはインピーダンスが指定されたインピーダンスの範囲内にあることのうちの1つを示すか否かを判定することに基づいて、リード構成を確定するように任意選択的に構成されることを含むことができる。

例15において、例11〜例14のいずれか1つのシステムは、外部装置が、ポートデータオブジェクトが複数のポートのうちのいずれかに対して手動オーバライドインジケータを含むか否かを検出することに基づいて、リード構成を確定するように任意選択的に構成されていることを含み、手動オーバライドインジケータは、ポートが未使用であることを示す。

例16において、例11〜例15のいずれか1つのシステムは、外部装置が、治療タイプを確定することに基づいてリード構成を確定するように任意選択的に構成されていることを含み、外部装置は、治療タイプに関連する複数のプログラム可能なパラメータを使用可能にすることに基づいて、複数のプログラム可能なパラメータへのアクセスを構成する。

例17において、例11〜例16のいずれか1つのシステムは、外部装置に通信可能に結合された表示装置を任意選択的に含み、表示装置を、植込み型医療機器のリード構成の視覚的指示を表示するように構成することができる。

例18において、例11〜例17のいずれか1つのシステムは、植込み型医療機器のリード構成を表すグラフィカル表示を表示するように構成された表示装置を任意選択的に含む。

例19において、例11〜例18のいずれか1つのシステムは、外部装置が、ポートデ
ータオブジェクトから、ポートが、未使用、検知のみ、治療のみおよび検知を伴う治療を含む潜在的な使用の群から選択される使用のタイプに対して構成されているか否かを判定することに基づいて、リード構成を確定するように任意選択的に構成されていることを含む。

例20において、例11〜例19のいずれか1つのシステムは、外部装置が、ポートデータオブジェクトから、ポートに接続されたリードが治療出力制限を含むか否かを判定することに基づいて、リード構成を確定するように任意選択的に構成されていることを含む。

例21は、1つまたは複数のプロセッサによって実施される場合、ポート使用状況等に従って植込み可能医療機器または他の携帯型医療機器のプログラム可能なパラメータを自動的に構成するように動作を実行する命令を含む、プロセッサ可読記憶媒体を含むことができる。命令は、植込み型医療機器からポートデータオブジェクトを受け取る動作を含むことができ、ポートデータオブジェクトは、リードを接続することができる植込み型医療機器のポートに関連するデータを含むことができる。命令はまた、ポートデータオブジェクトに基づいて、植込み型医療機器に関連するリード構成を確定する動作を含むことも可能である。命令は、植込み型医療機器に関連するリード構成に基づいて、植込み型医療機器のプログラム可能なパラメータへのアクセスを構成する動作と、植込み型医療機器のリード構成の視覚的指示を表示する動作とをさらに含むことができる。

例22において、例21のプロセッサ可読記憶媒体は、ポートデータオブジェクト内のポートに対する測定可能な属性を受け取る動作を任意選択的に実行する命令を含むことができる。

例23において、例22〜例23のいずれか1つのプロセッサ可読記憶媒体は、ポートデータオブジェクト内の測定可能な属性としてインピーダンス測定値を受け取る動作を任意選択的に実行する命令を含む。

例24において、例21〜例23のいずれか1つのプロセッサ可読記憶媒体は、インピーダンス測定値が、以下の状態、すなわち開路、短絡、またはインピーダンスが指定されたインピーダンスの範囲内にあることのうちの1つを示すか否かを判定する動作を任意選択的に実行する命令を含むことができる。

例25において、例21〜例24いずれか1つのプロセッサ可読記憶媒体は、ポートデータオブジェクトの一部として、手動オーバライドインジケータを受け取る動作を任意選択的に実行する命令を含むことができ、手動オーバライドインジケータは、ポートが未使用であることを示す。

例26において、例21〜例25のいずれか1つのプロセッサ可読記憶媒体は、治療タイプを確定する動作を任意選択的に実行する命令を含むことができ、アクセスを構成することは、治療タイプに基づいてプログラム可能なパラメータを使用可能にすることを含む。

例27において、例21〜例26のいずれか1つのプロセッサ可読記憶媒体は、視覚的インジケータとして植込み型医療機器を表すグラフィカル表示を表示する動作を任意選択的に実行する命令を含むことができる。

例28において、例21〜例27のいずれか1つのプロセッサ可読記憶媒体は、ポートが、未使用、検知のみ、治療のみ、および検知を伴う治療を含む潜在的な使用の群から選
択される使用のタイプに対して構成されているか否かを判定する動作を任意選択的に実行する命令を含むことができる。

この概要は、本特許出願の主題の要約を提供するように意図されている。この概要は、本発明の排他的なまたは網羅的な説明を提供するようには意図されていない。詳細な説明は、本特許出願に関するさらなる情報を提供するために含まれている。

必ずしも比例尺で描かれていない図面において、異なる図において、同様の数字は同様の構成要素を記載している可能性がある。接尾文字列の異なる同様の数字は、同様の構成要素の異なる例を表している可能性がある。図面は、全体として、限定ではなく例として、本文書に述べられているさまざまな実施形態を例示している。

電気エネルギー送達回路、内因性電気信号検知回路、1つまたは複数のポートおよび検証回路を含む、植込み型医療機器を含むシステムの例を概略的に示す。 植込み型機器と心臓刺激および神経刺激の両方に対する2つ以上のポートとを含むシステムの例を概略的に示す。 植込み型機器と心臓刺激および神経刺激の両方に対する2つ以上のポートとを含むシステムの例を概略的に示す。 植込み型機器と、ポート使用状況に基づいて植込み型機器を構成する外部装置とを含むシステムの例を概略的に示す。 植込み型機器と、ポート使用状況に基づいて植込み型機器を構成する外部装置とを含むシステムの例を概略的に示す。 リードワイヤ、カテーテルまたはセンサを接続するポートを備えた植え込み型機器ヘッダを含むシステムの例を概略的に示す。 ポート使用状況に従って植込み型医療機器のプログラム可能なパラメータを自動的に構成する例を示す。 ポート使用状況に従って植込み型医療機器のプログラム可能なパラメータを自動的に構成する例を示す。 ポート使用状況に従って植込み型医療機器のプログラム可能なパラメータを自動的に構成する例を示す。 ポート使用状況に従って植込み型医療機器のプログラム可能なパラメータを自動的に構成する例を示す。 植込み型医療機器に対するポート使用状況のグラフィカルインジケータの例を概略的に示す。 植込み型医療機器に対するポート使用状況のグラフィカルインジケータの例を概略的に示す。 植込み型医療機器に対するポート使用状況のグラフィカルインジケータの例を概略的に示す。 植込み型医療機器と通信する例としての外部コンピューティングデバイスを示すブロック図である。

上述したように、いくつかの植込み型医療機器または他の携帯型医療機器を用いて、心律動問題がある患者に生理学的モニタリングあるいはペーシングまたは他の治療を施すことができる。たとえば、植込み型CRM装置を用いて、心臓が適切に脱分極波を開始しない洞結節機能不全、または心臓組織を通る脱分極波の伝導が損なわれる房室状態障害の患者に対して、ペーシング治療を施すことができる。

植込み型医療機器を用いて、自律神経調節治療(Autonomic Modulat
ion Therapy)(AMT)(心臓神経治療(NeuroCardiac Therapy)(NCT)と呼ばれる場合もある)を単独で、またはペーシングあるいは他の心臓再同期治療とともに送達することも可能である。AMTを、以下の治療、すなわち、特にAMT、AMT診断法、閉ループAMT、除脈治療、頻脈治療および心臓再同期治療のうちの1つまたは複数を施す併用治療機器で提供することができる。

特定の症候を治療するために機器を植え込む医師は、一時的にまたは永久的に、利用可能な治療のうちのいくつかしか使用しないが、併用治療機器を植え込むことができる。医師は、自身が最も熟知している機器かまたは市場で最良の機器と考えられる機器を選択することが多い。最も高度な機器は、多くの場合、併用治療機器を含む可能性がある。医師はまた、植込み型機器を交換する必要なしに将来追加の治療を使用することができるように、併用治療機器を植え込むように選択することも可能である。

併用治療機器が、複数の治療を使用するように意図して植え込まれる状況では、利用可能な治療のうちの1つのみが使用される期間があることが多い。たとえば、機器が心臓治療および神経治療の両方に使用されることになる場合、各治療を送達するために用いられるリードワイヤまたはカテーテル(以下、まとめて「リード」と呼ぶ)は、異なる植込み処置を必要とすることが多い。別個の処置により、機器は、機器および関連するリードが送達するように構成されていない治療を提供することができる可能性がある時間帯がもたらされることが多い。

併用治療機器を、その機器が提供するように物理的に構成されていないパラメータまたは治療の構成を阻止することができるようにする(またはプログラムする)ことにより、潜在的な動作上の課題を防止し、治療医に対して時間を節約することができる。併用治療機器を、接続されたリードまたはセンサによって現時点でサポートされていない構成を阻止することができるようにする1つの技法は、接続されるリードまたはセンサのタイプを確定するように、リードおよびセンサを接続するために用いられるポートに問い合わせるというものである。一例では、ポート問合せにより収集されたポート使用情報を用いて、植込み機器を構成することができる。たとえば、植込み機器は、利用可能な治療に関連するプログラム可能なパラメータを使用可能にし、利用可能でない治療に関連するプログラム可能なパラメータを使用不可にすることができる。別の例では、ポート使用情報を、外部プログラミング装置に通信することができる。この例では、外部プログラミング装置は、利用可能な治療に関連する機能を使用可能にし、使用可能でない治療に関連する機能を使用不可にすることができる。

詳細な説明の残りの部分は、詳細な説明の一部を形成する添付図面への参照を含む。図面は、例として、本発明を実施することができる所定の実施形態を示す。本明細書では「例」ともよぶこれらの実施形態を、当業者が本発明を実施するのを可能にするのに十分詳細に説明する。実施形態を結合してもよく、他の実施形態を利用してもよく、または本発明の範囲から逸脱することなく、構造的変更、論理的変更および電気的変更を行ってもよい。したがって、以下の詳細な説明は、限定する意味で解釈されるべきではなく、本発明の範囲は、添付の特許請求の範囲およびそれらの均等物によって定義される。
植込み型機器および関連システム
図1は、電気エネルギー送達回路115、検知回路125、ポート135および検証回路145を含む植込み型医療機器105を含むシステム100の一部の例を概略的に示すブロック図である。

この例では、1つまたは複数のポート135は、電気エネルギー送達回路115および検知回路125を体内の少なくとも1つの組織部位に結合するように構成されている。他の例では、ポート135は、電気エネルギー送達回路115および検知回路125の一方
または両方を体内の単一の組織部位にまたは2つ以上の組織部位に結合するように、単一のポートまたは2つ以上のポートを含むことができる。したがって、単一のポートは、単一の組織部位に接触するように1つの電極に接続するか、または2つ以上の組織部位にそれぞれ位置する異なる電極に接続することができ、または2つ以上のポートが、単一の組織部位または2つ以上の組織部位に接続することができる。

一例では、ポート135は、少なくとも1つのリードワイヤまたはカテーテル(「リード」と呼ぶ)を用いて、植込み型医療機器105を体内の少なくとも1つの組織部位に接続し、各リードは、少なくとも1つの組織部位と接触するように1つまたは複数の電極を含んでいる。他の例では、ポート135は、植込み型医療機器105と組織部位への電気的接続との間に何らかの電気コネクタを含むことができる。一例では、ポート135はまた、送達治療または治療医への診断情報の提供に役立つように、植込み型医療機器105が使用することができる生理学的パラメータを検知するように使用されるセンサを接続することも可能である。

図1の例では、植込み型医療機器105は、収縮性心臓組織にペーシングエネルギーまたは再同期エネルギーを送達するペースメーカまたは心臓再同期療法(CRT)機器等の心臓刺激装置、あるいは非収縮性心臓組織または非心臓神経組織に神経刺激エネルギーを送達する迷走神経刺激(VNS)装置等の神経刺激装置、または両方を含むことができる。一例では、植込み型医療機器105は、除細動エネルギー等の衝撃エネルギーを提供することができる。植込み型医療機器105は、心臓組織に電気エネルギーを送達するように構成されたあらゆる機器、神経組織に電気エネルギーを送達するように構成されたあらゆる機器、または心臓組織とともに神経組織に電気エネルギーを送達するように構成されたあらゆる機器を含むことができる。

検知回路125を、植込み型医療機器105の検知回路125に結合することができるリード等を介して、体内の組織部位から内因性電気信号を受け取るように構成することができる。内因性電気信号はまた、体内の組織部位の電気的特性、たとえば組織部位における電気インピーダンスを含むことも可能である。一例では、検知回路125は、体内の1つまたは複数の組織部位から2つ以上の内因性電気信号を受け取るように構成されている。検知回路125を、植込み型医療機器105に接続された1つまたは複数の他の生理学的センサからデータを受け取るように構成することも可能である。

図1の例では、検証回路145を、電気エネルギー送達回路115および検知回路125に結合することができる。一例では、検証回路145を、植込み型医療機器105に含めることができる。他の例では、検証回路145は、外部コンポーネントまたは外部プログラミング装置の一部であり得る。検証回路145は、概して、1つまたは複数のポート135に結合されたリードまたはセンサのタイプの指示を確定することができる。一例では、検証回路145は、検知回路125から内因性電気信号を受け取ることができ、内因性電気信号を用いて、1つまたは複数のポート135に結合されたリードタイプの指示を確定することができる。一例では、検証回路145は、リードタイプの指示を確定すると、植込み型医療機器105の1つまたは複数のプログラム可能なパラメータまたは1つまたは複数の構成を使用可能にするか禁止することができる。一例では、検証回路145は、リードタイプの指示を確定すると、植込み型医療機器105の1つまたは複数の関連するプログラム可能なパラメータまたは構成に対するアクセスを可能にするかまたは禁止することができる。

図2Aおよび図2Bは、植込み型医療機器205を含むシステム200の例を概略的に示すブロック図である。一例では、植込み型医療機器205は、心臓刺激および神経刺激の両方を可能にするように等、2つ以上のポート、たとえば第1ポート255および第2
ポート260を有するヘッダ250を含むことができる。一例では、ポート、たとえば第1ポート255または第2ポート260を、時分割多重化(または何らかの同様の機構)を介して2つ以上のタイプの治療を送達するように構成することができる。植込み型医療機器205の例として、神経刺激および/または心臓刺激を提供することができるあらゆる機器を挙げることができる。

一例では、植込み型医療機器205は、ヘッダ250に結合された密閉して封止されるかまたは同様のハウジング245を含むことができる。ヘッダ250は、1つまたは2つ以上のポート、たとえば第1ポート255または第2ポート260を含むことができる。

図2Aおよび図2Bに示すような例では、システム200は、第1ポート255に結合された第1リード215を含むことができる。一例では、第1リード215を、心臓210に刺激を提供するかまたは心臓210の内因性心臓信号を検知するように構成することができる。内因性心臓信号は、心臓活動を示すあらゆる信号、たとえば内部心電図信号(ECG)を含むことができる。一例では、第1リード215は、単一の電極、たとえば先端電極225か、または2つ以上の電極、たとえば先端電極225およびリング電極220を含むことができる。他の例では、ハウジング245は、「ケース」電極または「カン」電極等の電極を含むことができ、またはヘッダ250は、不関電極等の電極を含むことができる。

一例では、システム200は、第2ポート260に結合された第2リード235をさらに含むことができる。一例では、第2リード235を、神経、たとえば迷走神経に刺激を提供するように、または内因性神経信号を検知するように構成することができる。内因性神経信号は、神経活動を示すあらゆる信号であり得る。他の例では、第2リード235は、頸静脈230に位置するように構成された部分を含むことができ、かつ遠位端240を含むことができ、遠位端240は、その遠位端240にまたはその近くに位置する神経刺激電極を含むことができる。一例では、第2リード235は、頸静脈230内等、第2リード235の位置に関連する湾曲236を含むことができる。さらに他の例では、第2リード235は、神経に刺激を提供するようにまたは内因性神経信号を検知するように構成することができるカフ電極を含むことができる。

一例では、第2リード235の遠位端240にまたはその近くに位置する神経刺激電極は、特定の表面積を有することができる。これらの例では、検知回路125を用いて、リードに関連するインピーダンスの量を測定して、およその表面積を求めることができる。たとえば、60mmの神経刺激リードは、およそ60Ωのインピーダンスを示す場合がある。別の例では、50Ωから70Ωの範囲であるインピーダンス測定値は、60mmのリード表面積を示す場合がある。これらの例では、インピーダンス測定は、リードの内部のインピーダンスを測定している。一例では、インピーダンス測定は、間に組織がある治療電極の間の測定を含むことができる。組織は、インピーダンス測定に影響を与える可能性がある。

一例では、システム200は、心臓210に刺激を提供するかあるいは心臓210の内因性心臓信号を検知するか、または神経、たとえば迷走神経に刺激を提供するか、または内因性神経信号を検知するように構成された、単一のポート、たとえば第1ポート255を含んでいる。

図3は、植込み型医療機器105および外部装置350を含むシステム300の例を概略的に示し、外部装置350を、ポート使用状況に基づいて植込み型医療機器105を構成するように使用することができる。一例では、システム300は、植込み型医療機器105、1つまたは複数のリードおよび/または生理学的データセンサ330A、330B
、…、330N(以下まとめてリード330と呼ぶ)ならびに外部装置350を含むことができる。システム300の一例では、植込み型医療機器105は、検知回路125、電気エネルギー送達回路115、検証回路145、1つまたは複数のポート135、外部インタフェース305、プロセッサ310および任意選択的に通信バス325を含むことができる。一例では、プロセッサ310は、メモリ315を含むことができる。一例では、通信バス325を用いて、種々の回路、たとえば検知回路125、電気エネルギー送達回路115および検証回路145とプロセッサ310との間の通信を容易にすることができる。

一例では、外部装置350等の外部プログラミング装置は、外部インタフェース305により植込み型医療機器105と通信することができる。外部インタフェース305は、有線通信機構または無線通信機構を表すことができる。

一例では、植込み型医療機器105は、1つまたは複数のポート135を介して1つまたは複数のリード330から生理学的センサデータを受け取ることができる。一例では、リード330は、内部センサとも呼ぶ患者の体内に植え込まれたセンサを含むことができる。他の例では、リード330は、患者が装着するかあるいは携帯するか、または患者の皮膚に付着するか、または患者の皮膚に接して装着される等、携帯型センサまたは他の外部センサを含むことができる。一例では、リード330は、外部センサおよび内部センサの両方を含むことができる。リード330によって表されるセンサの例の網羅的でないリストには、心臓検知回路、心内インピーダンス検知回路、経胸インピーダンス検知回路、血圧センサ、血液ガスセンサ、化学センサ、心音センサ、姿勢センサおよび活動センサが含まれ得る。図2Aおよび図2Bを参照して上述したように、リード330を用いて、さまざまな神経治療および/または心臓治療、たとえば特に心臓刺激または迷走神経刺激を送達することも可能である。一例では、検証回路145は、リード330の構成を確定するようにポート135に問い合わせることができる。

図4は、植込み型医療機器105および外部装置402を含むシステム400の例を概略的に示し、外部装置420を、ポート使用状況に基づいて植込み型医療機器105を構成するように用いることができる。一例では、植込み型医療機器105は、電気エネルギー送達回路115、検知回路125、1つまたは複数のポート135および通知モジュール410を含む。この例では、通知モジュール410は、植込み型医療機器105のポート構成を外部装置420に通信することができる。一例では、通知モジュール410は、植込み型医療機器105の利用可能なプログラム可能なパラメータを外部装置420に通信することができる。これらの例では、植込み型医療機器105は、検証回路145を用いて、ポート135に接続されたリードの構成を確定することができる。そして、植込み型医療機器105は、確定されたポート構成を用いて、特定のプログラム可能なパラメータを使用可能または使用不可とすることができる。そして、使用可能または使用不可となったプログラム可能なパラメータを、通知モジュール410を介して外部装置420に送出することができる。

図5は、リードワイヤ、カテーテルまたはセンサを接続するポート510、515、520を備えた植込み型装置ヘッダ505を含むシステム500の例を概略的に示す。システム500は、植込み型医療機器105がリード構成を確定するために用いることができる機械的リード接続機構または電気的リード接続機構を示している。一例では、ポート510、515、520は、リードの対応する機械的特徴535、545、555と嵌合する機械的連動機構530、540、550を含むことができる。別の例では、ポート510、515、520は、535、545、555に示すもののようなリード上の一意の特徴の存在を検知することができる電気的検知機構530、540、550を含むことができる。一例では、リード識別を、特に図5に図示しない一意の電気的接続または機械的接
続によって達成することができる。未使用ポートもまた、機械的接続または電気的接続を用いて特定することができる。たとえば、ポートプラグを用いて、ポート内の(通常リードを電気的に接続するために用いられる)電気接点を短絡させることができる。一例では、ポートプラグは、検証回路145が、ポートが未使用であると判定するために検知することができる短絡をもたらす。別の例では、ポートプラグを、既知のインピーダンス(特定ポート接続にわたって測定される場合)を有するように構成することができる。さらに他の例では、ポートプラグは、特定のポート接続にわたって開路をもたらすことができ、したがって、未使用ポートの指示を示すことができる。

8電極PrecisionTM型ヘッダポート(Natick MA、Boston Scientific Corporation)を用いる例では、ヘッダポートは、リードカフ電極を通してAMTバイポーラを送達するのに専用の接点(端子)1および2を有することができ、接点3および4を、神経検知に専用とすることができ、接点5を、リード電極と植込み型医療機器のホスティングとの間の広いベクトルのECG(心電図)を検知するのに専用とすることができ、接点6、7および8を、2進コードでいずれのリードが植え込まれたかを示すために用いることができる。たとえば「0」は接点間の開路を表し、「1」は接点間の短絡を表す(たとえば、リードの接点をヘッダの2つの接点にわたって広げることにより、またはリード内に短絡を配線することにより、リード内に短絡を設計することができる)。この構成により、短絡に2つの接点が必要であるため、通常3つのビットで利用可能な8つの代りに5つの一意の2進の組合せがもたらされる。したがって、一例では、各ポートに対して5つのあり得る構成は、「000」ポートにリードなし、「001」60mmAMT電極のみを用いるAMT、「010」80mmAMT電極のみを用いるAMT、「100」広いベクトルのECGおよび60mmAMT電極を用いるAMT、「111」広いベクトルのECGおよび80mmAMT電極を用いるAMTを含むことができる。

4電極ヘッダポート(IS−4標準規格(ISO5841−3:2000)と呼ぶ)を用いる別の例では、ヘッダポートは、治療を送達するのに専用の接点1および2とリードタイプを確定するために用いられる接点3および4とを有することができる。たとえば、接点3および4が開路を測定することは、心臓リードが接続されていることを示すことができる。代りに、接点3および4が短絡を測定した場合、それは、AMTリードが接続されていることを示すことができる。

上記例はまた、ポート内の接点間の規定されたインピーダンスを有するリード設計も有することができる。規定されたインピーダンス手法を用いることにより、はるかに多いあり得る組合せをもたらすことができる(少なくとも上述した5または2のリード設計の可能性より多い)。さらに、一例では、流体の侵入が、考慮することができる可能性であり、それは、接点間に流体がもたらす導電経路のために、技術的に「開放した」接点が、あるレベルのインピーダンスを示す場合等である。

図6は、実施形態例による、ポート使用状況に基づく植込み型医療機器105を構成する方法600を示すフローチャートである。一例では、方法600は、610においてポートデータオブジェクトを受け取る動作と、620においてリード構成を確定する動作と、630においてプログラム可能なパラメータへのアクセスを構成する動作と、640において任意選択的にリード構成の視覚的指示を表示する動作とを含む。一例では、方法600は、動作610において、外部装置350が植込み型医療機器105からポートデータオブジェクトを受け取ることで開始することができる。ポートデータオブジェクトは、植込み型医療機器105のポート構成に関する情報を含むことができる。620において、方法600では、続けて、外部装置350が、ポートデータオブジェクトから植込み型医療機器105に対するリード構成を確定する。630において、方法600では、続け
て、外部装置350が、確定されたリード構成に基づいて植込み型医療機器105のプログラム可能なパラメータに対するアクセスを構成する。一例として、プログラム可能なパラメータへのアクセスを構成することは、特定のユーザインタフェース画面を使用可能または使用不可にすることを含むことができ、ユーザインタフェース画面は、外部装置350の使用者に対して表示されるプログラム可能な要素を含むことができる。たとえば、医師は、外部装置350を用いて、植込み型医療機器105をプログラムすることができる。この例では、外部装置350は、現行のリード構成ではサポートされていない植込み型医療機器105のプログラム可能な特徴に対するアクセスを制限することができる。640において、方法600は、外部装置350が、植込み型医療機器105に対して確定されたリード構成の視覚的指示を表示することで終了することができる。いくつかの例では、視覚的指示は、ヘッダ505等の植込み型医療機器ヘッダのグラフィカル表現であり得る。一例では、視覚的指示は、グラフィカル表示があってもなくても記述的な文字情報を含むことができる。

図7は、1つまたは複数のリードを植込み型医療機器105に接続するために用いられる1つまたは複数のポート135を検査し、ポート135に接続されたリードのタイプに基づいて植込み型医療機器105を構成する例としての方法700を示すフローチャートである。一例では、方法700は、710においてポートを検査する動作と、720においてリードが存在するか否かを判定する動作と、730において関連する画面および/またはパラメータを使用可能とする動作と、740において関連する画面および/またはパラメータを使用不可とする動作とを含む。

一例では、方法700は、710において、植込み型医療機器105が1つまたは複数のポート135の各々を検査することで開始することができる。検査は、各ポート内の電気接点にわたってインピーダンス測定値を得ることを含むことができる。一例では、検査はまた、1つまたは複数のポート135の各々に関連する手動オーバライドスイッチを検査することを含むことも可能である。一例では、各ポートを検査することは、各リードに関連する機械的特徴があるかチェックすることを含むことができる。一例では、検査は、ポート135のうちの1つに接続されたリードの他の電気的測定または機械的測定を行うことを含むことができる。一例では、リードは、リードタイプを確定する、ポート内の機械的相互接続、たとえばばね接点を接触させることができる。

720において、方法700では、続けて、植込み型医療機器105が、710において検査されたポートにリードが存在するか否かを判定する。一例では、植込み型医療機器105はまた、動作710において得られた測定値のうちの1つを評価することにより、ポート135のうちの1つにいずれのタイプのリードが接続されるかを判定することも可能である。たとえば、動作710においてインピーダンス測定値が取得された場合、植込み型医療機器105、たとえば検証回路145またはプロセッサ310は、測定値から、ポート135のうちの検査されたポートに、ある場合はいずれのタイプのリードが存在するかを判定することができる。植込み型医療機器105が、動作720において、リードが存在しないと判定した場合、方法700は動作740で続ける。

740において、方法700では、続けて、植込み型医療機器105が、未使用ポートに関連するユーザインタフェース画面またはプログラム可能なパラメータを使用不可にする。一例では、植込み型医療機器105は、動作720において特定のタイプのリードが検査ポートに接続されているものとして検出された場合に、ユーザインタフェース画面またはプログラム可能なパラメータを使用不可とすることができる。たとえば、動作720において、検査されたポートが、60Ωのインピーダンス測定値を有するものと判定された場合、動作740において、植込み型医療機器105は、医師が植込み型医療機器105に対して送達するように構成することができる刺激エネルギーの量を制限することがで
きる。

方法700は、動作720において、リードが検査されたポートに接続されていると判定すると、動作730で続けることができる。730において、方法700では、続けて、植込み型医療機器105が、検査されたポートに接続されていると判定されたリードのタイプに関連するユーザインタフェース画面またはプログラム可能なパラメータを使用可能にする。一例では、検査ポートに接続されていると判定されるリードは、植込み型医療機器105が提供することができる治療のうちの1つを送達することに関連する何らかの生理学的特徴を検出するために用いられる生理学的センサまたは同様の装置であり得る。

一例では、方法700は、1つまたは複数のポート135の各々を検査するために複数回ループすることができる。この例では、方法700は、植込み型医療機器105に関連するすべてのポート135が検査された時に終了することができる。図7に示す例では、方法700は、1つまたは複数のポート135のうちの単一のポートを検査した後に終了する。

図8は、植込み型医療機器105のポート135に接続されているリードの構成に従って、植込み型医療機器105のプログラム可能な特徴の可用性を構成する方法800を概略的に示す。この例では、方法800は、815においてポートを検査する動作と、820、830および840において特定のタイプのリードが存在するか否かを判定する動作と、825、835および845においてリードタイプに関連するプログラム可能なオプションの可用性を構成する動作と、850においてリードタイプを特定することができない場合に警告インジケータを設定する動作とを含む。方法800はまた、任意選択的に、870において、検出されたリード構成に関連するユーザインタフェース画面またはプログラミング動作を使用可能または使用不可にする動作と、875において、検出された装置および/またはリード構成を表示する動作とを含む。さらに、方法800を、自動で(図示せず)、805において手動始動で、または810において植込み型医療機器105が使用可能になると開始することができる。

一例では、方法800は、815において、植込み型医療機器105内の検証回路145がポート135のうちの1つまたは複数を検査することで開始する。820において、方法800では、続けて、プロセッサ310が検証回路145からポート検査の結果を受け取り、特定のタイプのリードが検査されたポートに接続されているか否かを判定する。たとえば、プロセッサ310は、検証回路145からインピーダンス測定値を受け取り、そのインピーダンス測定値から、検査されたポートにAMT多接点リードが接続されているか否かを判定することができる。動作830および840によって示すように、方法800により多くの異なるリードタイプを検出することができる。たとえば動作820、830または840によりリードのタイプが検出されると、プロセッサ310は、任意選択的に、ポートデータオブジェクト860内にポート(またはリード)構成情報を格納することができる。

一例では、825において、方法800では、続けて、植込み型医療機器105が、検出されたリードタイプに関連するプログラム可能なオプションの可用性を構成し、たとえばリードタイプ「X」がこの例である。図8に示すように、方法800は、検出されたリードタイプがそれぞれ「Y」または「N」である場合に、動作835または845で続けることができる。検査ポートに接続されているものとして検出された種々のリードタイプ各々に対して、適切な関連するプログラム可能なオプションを、植込み可能医療機器105によって利用可能とすることができる。一例では、リードタイプおよび関連する治療タイプは、動作820、830および840において確定される。

850において、方法800では、続けて、プロセッサ310が、検査されたポートの構成を自動的に確定することができない場合に警告インジケータを設定する。一例では、警告インジケータは、治療医に対し装置誤動作を知らせるか、または単に、医師が植込み型機器の構成を手動で確定しなければならないことを示すことができる。

任意選択的に、方法800では、870において、続けて、外部プログラミング装置、たとえば外部装置350がポート使用情報、たとえばポートデータオブジェクト860を受け取る。870において、外部装置350は、ポートデータオブジェクト860を用いて、植込み型医療機器105が確定したポート使用情報に基づいて、関連するユーザインタフェース画面および/またはプログラム可能なパラメータを使用可能または使用不可とすることができる。875において、方法800では、任意選択的に、続けて、外部装置350が、植込み型機器の構成を表示する(例としてのグラフィカル表示について図10A〜図10Cを参照)。

一例では、検証回路145および/またはプロセッサ310が確定したポート構成情報を、ポートデータオブジェクト860内に格納することができる。ポートデータオブジェクト860を、外部装置350等の外部装置に送出することができ、そこで、プログラム可能なオプションをそれに従って構成することができる。たとえば、検証回路145は、検査されたート内の特定の電気接点にわたるインピーダンスを測定することができ、プロセッサ310は、その測定値をポートデータオブジェクト860に格納することができる。ポートデータオブジェクト860を外部装置350に送出することができ、外部装置350は、インピーダンス測定値を抽出してタイプ「Y」のリードがポートに接続されていると判定することができる。

図9は、植込み型医療機器105のポート135に接続されているリードの構成に従って、植込み型医療機器105のプログラム可能な特徴の可用性を構成する方法900を示す。一例では、方法900は、920においてポートを検査する動作と、930においてポート検査が開路を示すか否かを判定する動作と、935において検査されたポートを未使用として宣言する動作と、940においてポート検査が短絡を示すか否かを判定する動作と、945において検査されたポートを広いベクトルの向きを提供するものとして宣言する動作と、950においてポート検査が所定範囲内のインピーダンスを返すか否かを判定する動作と、955において検査されたポートを特定の治療を送達するものとして宣言する動作と、960において追加のポートを検査する必要があるか否かを判定する動作と、970において警告インジケータを設定する動作とを含む。

一例では、方法900を、905において手動始動により、または910において植込み型医療機器105が使用可能となると自動的に開始することができる。920において、方法900では、続けて、検証開路145が、リードを植込み型医療機器105に接続する「N」ポートのうちの最初のポートを検査する。上述したように、植込み型医療機器105は、1つまたは複数のポートを含むことができる。併用治療機器は、リードおよび/またはセンサを接続する2つと5つとの間のポートを含むことが多い。しかしながら、現主題は、無限数のポートに対して機能することができる。植込み型医療機器内の各ポートは、リードと電気的に接続するために2つと8つとの間の接点または端子を含むことができる。たとえば、IS−1(ISO5841−3:2000)およびDF−1(ISO11318:2002)ポートは2つの接点を含み、IS−4ポートは4つの接点を含む。上述したPrecisionTMポートは8つの接点を含む。

925において、方法900は、任意選択的に、ポートオーバライド機構の検出を含むことができる。ポートオーバライド機構は、植込み医師が、影響を受けるポートに接続されているリードまたはセンサの機能を制限するために用いる機械的スイッチまたは電気的
スイッチを含むことができる。たとえば、刺激治療を送達するように構成されているポートは、電気エネルギー送達回路115によってポートを介して送達することができる刺激エネルギーの量を制限するオーバライド機構を含むことができる。一例では、ポートを、刺激治療、たとえば心臓ペーシング刺激を送達し、かつ内因性電気信号を検知するように構成することができるが、植込み医師は、ポートが刺激治療を送達しないようにオーバライドスイッチを設定することができる。たとえば、医師は、心臓組織内ではない位置において心臓検知およびペーシングの両方を可能にするリードを植え込むことができる。リードを用いて、ECGのような信号を検知することができるが、電極にペーシングエネルギーを送出することにより、装置に対して動作上の課題がもたらされる可能性がある。別の例では、ポートは、ポートが未使用であることを示すオーバライド機構を含むことができる。

930において、方法900では、続けて、検証回路145が、ポートに対し開路があるか検査する。930において開路が検出されると、方法900は、935において、ポートを未使用であると宣言することによって続ける。検証回路145が、930において開路が存在すると判定しない場合、方法900は940で続ける。方法900では、続けて、940において、検証回路145がポート内の一組の電気接点にわたって短絡があるかポートを検査する。940において短絡が検出されると、方法900では、続けて、945において、検証回路145またはプロセッサ310が、ポートを、広いベクトルの向きに対して構成されているものとして宣言する。別法として、945において、検証回路145またはプロセッサ310は、ポートを、たとえばポートプラグによってプラグ接続されているものとして宣言することができる。検証回路145が940において短絡を検出しない場合、方法900では、続けて、950において、検証回路145が検査されたポート内の電気接点にわたってインピーダンス測定を行う。950において、検証回路145が指定された範囲内のインピーダンスを検出すると、方法900では、続けて、955において、検証回路145またはプロセッサ310が、ポートを、特定の治療を送達するように構成されているものとして宣言する。たとえば、検証回路145が、インピーダンスが200Ωと2000Ωとの間の測定値であるものと判定した場合、プロセッサ310は、ポートを、心臓刺激(ペーシング)リードと構成されているものとして宣言することができる。別の例では、検証回路145が、インピーダンスが20Ωと120Ωとの間の測定値であるものと判定した場合、プロセッサ310は、ポートを、心臓衝撃電極と構成されているものと宣言することができる。

970において、方法900では、続けて、検査されているポートが動作925、930、940または950において検証回路145が実行した検査のいずれにも適合しないことが分かった場合、プロセッサ310が警告インジケータを設定する。960において、方法900では、続けて、プロセッサ310が、いずれかのさらなるポートを検査する必要があるか否かを判定する。図9に示すように、方法900は、各ポートの構成が確定した後に動作960に戻る。一例では、植込み型医療機器105は、植込み医師によって設定される各ポートに関連するスイッチを含むことができ、ポートがそのポートの構成、たとえばそのポートに接続されているリードのタイプを特定するために検査されるか否かを制御することができる。

この例では、方法900は、検証回路145またはプロセッサ310が、ポート構成データを収集しそれをポートデータオブジェクト980内に格納することを含むことができる。一例では、植込み型医療機器105または外部装置350が、ポートデータオブジェクト980を用いて、植込み型医療機器105に関連するいくつかのプログラム可能なパラメータへのアクセスを構成することができる。

図10Aは、植込み型医療機器105に対するポート使用のグラフィカルインジケータ
の例を概略的に示す。一例では、外部装置350は、治療医が植込み型医療機器105をプログラムするのを可能にするユーザインタフェース画面を含むことができる。ユーザインタフェース画面は、植込み型医療機器ヘッダグラフィック1010によって示すものの等、ポート使用状況に基づく植込み型機器の構成のグラフィカル表示を含むことができる。植込み型医療機器ヘッダグラフィック1010は、ポートインジケータ1012および1014を含む。この例では、ポートインジケータ1012は「RA」を表示しており、それを、赤色等、色分けすることができる。一例では、RAは、Right Atrium(右心房)を意味し、このポートに接続されているリードが、患者の心臓の右心房に対する刺激を提供するように構成されていることを示す。この例では、ポートインジケータ1014は「N」を表示しており、それを、緑色等、色分けすることができる。一例では、NをNeural(神経)と解釈することができ、それは、このポートに接続されているリードが、迷走神経等に対する神経刺激を提供するように構成されていることを示す。別法として、緑色の色分けと組み合わせたNは、接続されたリードが、神経組織部位における電気的活動を検知するように構成されていることを示すことができる。植込み型医療機器ヘッダグラフィック1010はまた、追加の構成情報を視覚的に提供するように記述的アイコンおよび追加の文字を含むことも可能である。この用途の目的で、グラフィカル表示は、単純な文字以外の何らかの形式の視覚的情報、たとえば特に絵、アイコン、図形または色分けを含む。

図10Bは、植込み型医療機器105に対するポート使用状況のグラフィカルインジケータの例を概略的に示す。この例では、植込み型医療機器ヘッダグラフィック1020は、3つのポートインジケータ1022、1024および1026を含む。ポートインジケータ1024および1026は、ポートインジケータ1012および1014それぞれを参照して上述したものと同様のグラフィカル表示を示す。しかしながら、ポートインジケータ1024および1026は何らかの追加の記述的文字を含む。たとえば、ポートインジケータ1024は、「IS−1」および「BI」を含む記述的文字1028を含む。一例では、「IS−1」は、ポートがコネクタ標準規格ISO5841−3:2000に準拠することを表すことができる。一例では、「BI」は、バイポーラ構成を表すことができる。ポートインジケータ1026は、「NCT」を含む記述的文字1030を含む。一例では、「NCT」は、神経心臓治療(自律神経調節治療としても知られる)を表すことができ、それは、ポートインジケータ1026によって表されるポートにいずれのタイプのリードが接続されているかをさらに定義する。

この例では、ポートインジケータ1022は「RV」を表示しており、それを、黄色等、色分けすることができる。ポートインジケータ1022はまた、記述的文字1032等のさらなる記述的文字を含むことも可能である。この例では、記述的文字1032は「IS−4」および「BI」を含む(IS−4は審議中のコネクタ標準規格ISO27186への準拠を示す)。一例では、記述的文字1028、1030および1032を、記述的アイコンまたは追加の記述的な絵に置き換えることができる。

図10Cは、植込み型医療機器105に対するポート使用状況のグラフィカルインジケータの例を概略的に示す。この例では、植込み型医療機器ヘッダグラフィック1040は、5つのポートインジケータ1042、1044、1046、1048および1050を含んでいる。この例では、ポートインジケータ1042は「−」(マイナス)記号を含み、それを緑色等、色分けすることができる。ポートインジケータ1042はまた、「DF−1」と読める記述的文字1058も含む。ポートインジケータ1042(マイナス記号)および記述的文字1058の組合せを、このポートに接続されているリードが除細動リードに対して負の電気接続であることを示すものと解釈することができる。この例では、ポートインジケータ1044は+(プラス記号)を含み、それを緑色等、色分けすることができる。ポートインジケータ1044(プラス記号)もまた、「DF−1」と読める記
述的文字1052を含む。組合せでのポートインジケータ1044(プラス記号)および記述的文字1052を、このポートに接続されているリードが除細動リードに対する正の電気的接続であることを示すものと解釈することができる。

この例では、ポートインジケータ1048は「RA」を含み、それは、このポートに接続されているリードが患者の心臓の右大動脈であることを示す。ポートインジケータ1048はまた、このポートに接続されているリードタイプの追加の特徴付けを提供する記述的文字1054も含む。この例はまた、ポートインジケータ1046も含み、それは、このポートに接続されているリードが患者の心臓の右心室にあることを示す「RV」を含む。ポートインジケータ1046もまた記述的文字1060を含む。

この例では、ポートインジケータ1050は「LV」を含み、それは、このポートに接続されているリードが患者の心臓の左心室にあることを示す。ポートインジケータ1050はまた、「LV−1」および「UNI/BI」(UNIはユニポーラ構成を示す)と読める記述的文字1056も含む。
例としての外部装置および機械可読媒体
図11は、外部通信および記憶装置の例を示すブロック図である。システム1100は、コンピュータシステム1100の例としての形態での機械であり、コンピュータシステム1100内では、機械に対して、本明細書で説明した方法のうちのいずれか1つまたは複数の実行を支援させる命令を実行することができる。一例では、機械は、独立形装置で動作し、または機械を他の機械に接続する(たとえばネットワーク化する)ことができる。ネットワーク化された配置では、機械は、サーバクライアントネットワーク環境でサーバマシンまたはクライアントマシンの容量で動作することができ、またはピア−ツー−ピア(または分散)ネットワーク環境ではピアマシンとして動作することができる。機械は、パーソナルコンピュータ(PC)、タブレットPC、セットトップボックス(STB)、携帯情報端末(PDA)、携帯電話、ウェブアプライアンス、ネットワークルータ、スイッチあるいはブリッジ、または命令を実行する(順次または他の方法)ことができるあらゆる機械であって、その命令がその機械が行うべき動作を指定するものである機械であり得る。さらに、単一の機械のみを図示しているが、機械は、本明細書で説明した方法のうちのいずれか1つまたは複数を実行する一組(または複数組)の命令を個々にまたは共同で実行する機械のあらゆる集まりを含むことができる。

例としてのコンピュータシステム1100は、バス1108を介して互いに通信する、プロセッサ1102(たとえば、中央処理装置(CPU)、あるいはグラフィックスプロセッシングユニット(GPU)、または両方)、メインメモリ1104およびスタティックメモリ1106を含む。コンピュータシステム1100は、ビデオディスプレイユニット1110(たとえば、液晶ディスプレイ(LCD)またはブラウン管(CRT))をさらに含むことができる。コンピュータシステム1100はまた、英数字入力装置1112(たとえばキーボード)、ユーザインタフェース(UI)ナビゲーション装置1114(たとえばマウス)、ディスクドライブユニット1116、植込み型医療機器インタフェース1118およびネットワークインタフェース装置1120も含む。

植込み型医療機器インタフェースは、植込み型医療機器との有線データ接続または無線データ接続を含むことができる。一例では、システム1100は、植込み型医療機器との有線データ接続および無線データ接続の両方を含む。一例では、植込み型医療機器(IMD)インタフェースにより、IMDに格納された情報をコンピュータシステム1100にダウンロードして、治療医または患者管理システムに格納しかつ/または再送信することができる。一例では、IMDからダウンロードされた情報を、ビデオディスプレイユニット1110に表示することができる。別の例では、ダウンロードされた情報を、ビデオディスプレイユニット1110に表示する前にプロセッサ1102が処理することができる
。一例では、IMDインタフェースはまた、植込み型CRM機器に対するプログラミングパラメータを含む情報を再びIMDにアップロードすることも可能である。
機械可読媒体
ディスクドライブユニット1116は、本明細書に記載した方法または機能のうちのいずれか1つまたは複数を採用するかまたはそれによって利用される命令およびデータ構造(たとえばソフトウェア)1124の1つまたは複数の組を格納することができる、機械可読媒体1122を含む。命令1124はまた、コンピュータシステム1100による実行中に、メインメモリ1104内にまたはプロセッサ1102内に、完全にまたは少なくとも部分的に存在することも可能であり、メインメモリ1104およびプロセッサ1102もまた機械可読媒体を構成している。

例としての実施形態では、機械可読媒体1122を単一媒体であるように示すことができるが、「機械可読媒体」という用語は、1つまたは複数の命令またはデータ構造を格納する単一の媒体または複数の媒体(たとえば、集中データベースあるいは分散データベース、または関連するキャッシュおよびサーバ)を含むことができる。「機械可読媒体」という用語は、機械が実行するために命令を格納し、符号化し、または搬送することができ、かつ機械に対して本出願の方法のうちのいずれか1つまたは複数を実行させるか、またはこうした命令が利用するかまたはこうした命令に関連するデータ構造を格納し、符号化しまたは搬送することができる、あらゆる有形媒体を含むことができる。「機械可読媒体」という用語は、限定する必要はないが、固体メモリならびに光媒体および磁気媒体を含むことができる。機械可読媒体の所定の例としては、例として半導体メモリ素子、たとえば、消去可能プログラム可能リードオンリメモリ(EPROM)、電気的に消去可能プログラム可能リードオンリメモリ(EEPROM)およびフラッシュメモリデバイス、内蔵ハードディスクおよびリムーバブルディスクを含む磁気ディスク、光磁気ディスク、ならびにCD−ROMおよびDVD−ROMディスクが挙げられる。
伝送媒体
命令1124を、さらに、伝送媒体を用いて通信ネットワーク1126で送受信することができる。命令1124を、ネットワークインタフェース装置1120および複数の伝送プロトコルのうちのいずれか1つ(たとえばHTTP)を用いて送信することができる。通信ネットワークの例としては、ローカルエリアネットワーク(「LAN」)、広域ネットワーク(「WAN」)、インターネット、携帯電話ネットワーク、基本電話サービス(Plain Old Telephone)(POTS)ネットワークおよび無線データネットワーク(たとえばWi−FiおよびWiMaxネットワーク)が挙げられる。

上述した説明は、詳細な説明の一部を形成する添付図面への参照を含む。図面は、本発明を実施することができる所定の実施形態を例として示している。これらの実施形態を、本明細書では「例」とも呼ぶ。こうした例は、図示し説明したもの以外の要素を含むことができる。しかしながら、本発明者らは、図示し説明したそれらの要素のみが提供される例も企図している。

本文書内で言及したすべての刊行物、特許および特許文書は、参照により個々に組み込まれているかのように、全体として本明細書に組み込まれている。この文書と参照によりそのように組み込まれているそれらの文書との間で使用法が一貫しない場合、組み込まれている参考文献における使用法を、この文書の使用に対して補足するものとみなすべきであり、すなわち、矛盾する不一致の場合、本文書の使用法が基準となる。

本明細書では、「1つの(a、an)」という用語は、特許文献において一般的であるように、「少なくとも1つの」または「1つまたは複数の」という他のいかなる例または使用法とも無関係に、1つまたは2つ以上を含むように使用されている。本明細書では、「または(or)」という用語は、特に示さない限り、非排他的論理和を指すように用い
られ、したがって、「AまたはB」は、「AであるがBではない」、「BであるがAではない」および「AおよびB」を含む。添付の特許請求の範囲において、「含む(including)」および「そこに(in which)」という用語は、それぞれの用語「備える(comprising)」および「そこで(wherein)」の等価の平易な英語として用いられている。また、以下の特許請求の範囲において、「含む」および「備える」という用語は、非限定的(open−ended)であり、すなわち、請求項においてこうした用語の後に列挙されているもの以外の要素を含むシステム、装置、物品またはプロセスは、依然としてその請求項の範囲内にあるものとみなされる。さらに、以下の特許請求の範囲において、「第1」、「第2」および「第3」等の用語は、単に標識として用いられており、それらの対象に対して数値的要件を課すようには意図されていない。

本明細書に記載した方法例を、少なくとも部分的に機械またはコンピュータが実施することができる。一例は、電子装置を上記例に記載された方法を実行するように構成するよう動作可能な命令でコード化された、コンピュータ可読媒体、プロセッサ可読媒体または機械可読媒体を含むことができる。こうした方法の実施態様は、マイクロコード、アセンブリ言語コード、高水準言語コード等のコードを含むことができる。こうしたコードは、さまざまな方法を実行するコンピュータ可読命令を含むことができる。コードは、コンピュータプログラム製品の一部を形成することができる。さらに、コードを、実行中にまたは他の時点で1つまたは複数の揮発性または不揮発性コンピュータ可読媒体に有形的に格納することができる。これらのコンピュータ可読媒体は、限定されないが、ハードディスク、リムーバブル磁気ディスク、リムーバブル光ディスク(たとえばコンパクトディスクおよびデジタルビデオディスク)、磁気カセット、メモリカードあるいはスティック、ランダムアクセスメモリ(RAM)、リードオンリメモリ(ROM)等を含むことができる。一例では、本方法を、植込み機器または埋込み機器で実行することができる。これらの例では、コードを、植込み機器または埋込み機器が実行するためにプロセッサ可読媒体に格納することができる。

上記説明は、限定するものではなく例示するものとして意図されている。たとえば、上述した例(またはそれらの1つまたは複数の態様)を、互いに組み合わせて用いてもよい。上記説明を検討した当業者等により、他の実施形態を用いることができる。読者が技術的開示の特質を迅速に確認することができるように、米国特許法規則第1.72条(b)に準拠して要約書を提供する。要約書を、特許請求の範囲の範囲または意味を解釈または限定するために用いられないということを理解して提示している。また、上記発明を実施するための形態において、本開示を合理化するように、さまざまな特徴をグループ化している場合がある。これを、請求項に記載されていない開示された特徴がいずれかの請求項に対して必須であることを意図しているものとして解釈するべきではない。むしろ、本発明の主題は、特定の開示した実施形態のすべての特徴にあるとは限らない。したがって、以下の特許請求の範囲は、発明を実施するための形態に組み込まれ、各請求項は、別個の実施形態として自立している。本発明の範囲を、添付の特許請求の範囲と、こうした特許請求の範囲に権利が与えられる均等物の完全な範囲とを参照して確定するべきである。
装置指向の例
例A
医療機器であって、
ポートパラメータを取得するようにポートを検査するように構成された検証回路であって、ポートがリードを医療機器に接続することができる、検証回路と、
プロセッサであって、
検証回路によって取得されたポートパラメータを受け取り、
ポートパラメータに基づいて、機器リード構成を自動的に確定し、
機器リード構成に基づいて、プログラム可能なパラメータの可用性を構成する
ように構成されたプロセッサと、
を備える医療機器。
例B
プログラム可能なパラメータの可用性に基づいて、構成通知を生成するように構成された通知モジュールをさらに含む、例Aの医療機器。
例C
通知モジュールが、構成通知を外部装置に送出するように構成されている、例Cの医療機器。
例D
検証回路が、インピーダンス測定値を得るようにポートを検査する、例Aの医療機器。例E
プロセッサが、インピーダンス測定値が、以下の状態、
開路、
短絡、または
所定範囲のインピーダンス値
のうちの1つを示すか否かを判定することに基づき、機器リード構成を自動的に確定する、例Dの医療機器。
例F
検証回路が、ポートプラグが存在するか検査するように構成され、ポートプラグが、検証開路によって測定可能な事前定義された属性を有している、例Aの医療機器。

Claims (21)

  1. 植込み型医療機器と通信するように構成された外部装置を備えるシステムであって、前記外部装置が、
    プロセッサと、
    前記プロセッサに結合された、命令を含むメモリであって、前記命令が、前記プロセッサによって実行される場合、前記プロセッサに対し、
    前記植込み型医療機器からポートデータオブジェクトを受け取らせ、前記ポートデータオブジェクトが、前記植込み型医療機器によって複数のリードに接続するために使用される複数のポートに関連するデータを含み、
    前記ポートデータオブジェクトに基づいて、前記植込み型医療機器に関連するリード構成を確定させ、
    前記植込み型医療機器に関連する前記リード構成に基づき、前記植込み型医療機器のプログラム可能なパラメータへのアクセスを構成させる、
    メモリと、
    を有する、システム。
  2. 前記外部装置が、前記ポートデータオブジェクト内に表される前記複数のポートの個々のポートに関連する測定可能な属性を含む前記ポートデータオブジェクトを受け取る、請求項1に記載のシステム。
  3. 前記複数のポートの個々のポートに関連する前記測定可能な属性がインピーダンスである、請求項2に記載のシステム。
  4. 前記外部装置が、前記複数のポートの個々のポートに関連する前記インピーダンス測定値が、以下の状態
    開路、
    短絡、または
    所定範囲のインピーダンス
    のうちの1つを示すか否かを判定することに基づいて、前記リード構成を確定する、請求項3に記載のシステム。
  5. 前記外部装置が、前記ポートデータオブジェクトが前記複数のポートのいずれかに対して手動オーバライドインジケータを含むか否かを検出することに基づいて、前記リード構成を確定し、前記手動オーバライドインジケータが、前記ポートが未使用であることを示す、請求項1〜4のいずれか一項に記載のシステム。
  6. 前記外部装置が、治療タイプを確定することに基づいて前記リード構成を確定し、
    前記外部装置が、複数のプログラム可能なパラメータに対するアクセスを、前記治療タイプに関連する前記複数のプログラム可能なパラメータを使用可能にすることに基づいて構成する、請求項1〜5のいずれか一項に記載のシステム。
  7. 前記外部装置に通信可能に結合された表示装置であって、前記植込み可能医療機器の前記リード構成の視覚的指示を表示するように構成されている表示装置をさらに備える、請求項1〜6のいずれか一項に記載のシステム。
  8. 前記表示装置が、前記植込み型医療機器の前記リード構成を表すグラフィカル表示を表示する、請求項7に記載のシステム。
  9. 前記外部装置が、前記ポートデータオブジェクトから、ポートが、
    未使用、
    検知のみ、
    治療のみ、および
    検知を伴う治療
    を含む潜在的な使用の群から選択される使用のタイプに対してポートが構成されているか否かを判定することに基づいて、リード構成を確定する、請求項1〜8のいずれか一項に記載のシステム。
  10. 前記外部装置が、前記ポートデータオブジェクトから、ポートに接続されているリードが治療出力制限を含むか否かを判定することに基づいて、リード構成を確定する、請求項1〜9のいずれか一項に記載のシステム。
  11. 1つまたは複数のプロセッサによって実施される以下の動作、すなわち、
    植込み型医療機器からポートデータオブジェクトを受け取る動作であって、前記ポートデータオブジェクトが、リードを接続することができる前記植込み型医療機器のポートに関連するデータを含む、動作と、
    前記ポートデータオブジェクトに基づいて、前記植込み型医療機器に関連するリード構成を確定する動作と、
    前記植込み型医療機器に関連する前記リード構成に基づいて、前記植込み型医療機器のプログラム可能なパラメータへのアクセスを構成する動作と、
    前記植込み型医療機器の前記リード構成の視覚的指示を表示する動作と、
    を実行する命令を含むプロセッサ可読記憶媒体。
  12. 前記ポートデータオブジェクトが、前記ポートに対する測定可能な属性を含む、請求項11に記載のプロセッサ可読記憶媒体。
  13. 前記ポートに対する前記測定可能な属性がインピーダンスである、請求項12に記載のプロセッサ可読記憶媒体。
  14. 前記構成する動作が、前記インピーダンス測定値が、以下の状態、すなわち
    開路、
    短絡、または
    インピーダンスがインピーダンスの指定された範囲内にあること
    のうちの1つを示すか否かを判定することを含む、請求項13に記載のプロセッサ可読記憶媒体。
  15. 前記ポートデータオブジェクトが手動オーバライドインジケータを含み、前記手動オーバライドインジケータが、前記植込み型医療機器のポートに対するリード構成を示す、請求項11〜14のいずれか一項に記載のプロセッサ可読記憶媒体。
  16. 前記リード構成を確定する動作が、治療タイプを確定することを含み、
    前記アクセスを構成する動作が、前記治療タイプに基づいてプログラム可能なパラメータを使用可能にすることを含む、請求項11〜15のいずれか一項に記載のプロセッサ可読記憶媒体。
  17. 前記植込み型医療機器に関連する前記リード構成の視覚的指示を表示する動作をさらに含む、請求項11〜16のいずれか一項に記載のプロセッサ可読記憶媒体。
  18. 前記視覚インジケータが、前記植込み型医療機器を表すグラフィカル表示である、請求項17に記載のプロセッサ可読記憶媒体。
  19. 前記リード構成を確定する動作が、
    未使用、
    検知のみ、
    治療のみ、
    検知を伴う治療
    を含む潜在的な使用の群からの1つのタイプの使用に対して、ポートが構成されているか否かを判定することを含む、請求項11〜18のいずれか一項に記載のプロセッサ可読記憶媒体。
  20. 前記リード構成を確定する動作が、ポートに関連する治療出力制限を確定することを含む、請求項11〜19のいずれか一項に記載のプロセッサ可読記憶媒体。
  21. 植込み型医療機器からポートデータオブジェクトを受け取るステップであって、前記ポートデータオブジェクトが、リードを接続することができる前記植込み型医療機器のポートに関連するデータを含む、植込み型医療機器からポートデータオブジェクトを受け取るステップと、
    前記ポートデータオブジェクトに基づいて、前記植込み型医療機器に関連するリード構成を確定するステップと、
    前記植込み型医療機器に関連する前記リード構成に基づいて、前記植込み型医療機器のプログラム可能なパラメータへのアクセスを構成するステップと、
    を備える方法。
JP2013507985A 2010-04-29 2011-04-12 ポート使用状況に基づく植込み型医療機器の構成 Active JP5745617B2 (ja)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
US32925710P true 2010-04-29 2010-04-29
US61/329,257 2010-04-29
PCT/US2011/032038 WO2011136917A1 (en) 2010-04-29 2011-04-12 Implantable medical device configuration based on port usage

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2013524997A true JP2013524997A (ja) 2013-06-20
JP5745617B2 JP5745617B2 (ja) 2015-07-08

Family

ID=44042953

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2013507985A Active JP5745617B2 (ja) 2010-04-29 2011-04-12 ポート使用状況に基づく植込み型医療機器の構成

Country Status (5)

Country Link
US (1) US8731679B2 (ja)
EP (1) EP2563470B1 (ja)
JP (1) JP5745617B2 (ja)
AU (1) AU2011245642B2 (ja)
WO (1) WO2011136917A1 (ja)

Families Citing this family (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US8788054B2 (en) * 2012-08-29 2014-07-22 Boston Scientific Neuromodulation Corporation System and method for connecting devices to a neurostimulator
US9220913B2 (en) * 2013-05-06 2015-12-29 Medtronics, Inc. Multi-mode implantable medical device
AU2014327120B2 (en) * 2013-09-27 2017-01-12 Cardiac Pacemakers, Inc. Labeled implantable medical devices
US9724527B2 (en) 2013-09-27 2017-08-08 Cardiac Pacemakers, Inc. Color coded header bore identification using multiple images and lens arrangement
WO2019055428A1 (en) * 2017-09-12 2019-03-21 Boston Scientific Neuromodulation Corporation Techniques for sensing incorrect lead connection to an implantable stimulator device
US20190076659A1 (en) * 2017-09-12 2019-03-14 Boston Scientific Neuromodulation Corporation System and Method for Determination of Connected Neurostimulation Leads

Citations (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US20020077669A1 (en) * 2000-12-15 2002-06-20 Par Lindh System and method for graphically configuring leads
JP2006522659A (ja) * 2003-04-11 2006-10-05 カーディアック ペースメーカーズ,インコーポレイテッド 皮下用心臓デバイス
WO2009102726A1 (en) * 2008-02-14 2009-08-20 Cardiac Pacemakers, Inc. Method and apparatus for phrenic stimulation detection

Family Cites Families (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US4628934A (en) 1984-08-07 1986-12-16 Cordis Corporation Method and means of electrode selection for pacemaker with multielectrode leads
US5593430A (en) 1995-01-27 1997-01-14 Pacesetter, Inc. Bus system for interconnecting an implantable medical device with a plurality of sensors
US6675049B2 (en) 2001-07-17 2004-01-06 Medtronic, Inc. Method and apparatus for automatic implantable medical lead recognition and configuration
US7035690B2 (en) * 2002-11-15 2006-04-25 Medtronic, Inc. Human-implantable-neurostimulator user interface having multiple levels of abstraction
US7463928B2 (en) 2003-04-25 2008-12-09 Medtronic, Inc. Identifying combinations of electrodes for neurostimulation therapy
DE60307429T2 (de) 2003-04-30 2006-12-07 Freescale Semiconductors, Inc., Austin Verfahren und Einrichtung zur Digital-Analog/Analog-Digital Wandlung mit reduziertem Energieverbrauch
US8036739B2 (en) 2006-10-13 2011-10-11 Cardiac Pacemakers, Inc. Electrical energy delivery tissue site validation
US8180129B2 (en) * 2008-01-31 2012-05-15 Medtronic, Inc. Electrode-to-lead association using post-implant imaging

Patent Citations (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US20020077669A1 (en) * 2000-12-15 2002-06-20 Par Lindh System and method for graphically configuring leads
JP2006522659A (ja) * 2003-04-11 2006-10-05 カーディアック ペースメーカーズ,インコーポレイテッド 皮下用心臓デバイス
WO2009102726A1 (en) * 2008-02-14 2009-08-20 Cardiac Pacemakers, Inc. Method and apparatus for phrenic stimulation detection

Also Published As

Publication number Publication date
US8731679B2 (en) 2014-05-20
US20110270065A1 (en) 2011-11-03
AU2011245642A1 (en) 2012-11-29
JP5745617B2 (ja) 2015-07-08
EP2563470B1 (en) 2019-12-04
WO2011136917A1 (en) 2011-11-03
EP2563470A1 (en) 2013-03-06
AU2011245642B2 (en) 2014-02-27

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US7881781B2 (en) Thoracic impedance detection with blood resistivity compensation
US8391980B2 (en) Method and system for identifying a potential lead failure in an implantable medical device
US7289851B2 (en) Method and apparatus for identifying lead-related conditions using impedance trends and oversensing criteria
US20100114244A1 (en) Electrical renal autonomic blockade
JP5102313B2 (ja) 検出ベクトルを選択して姿勢評価する心臓刺激装置の初期化方法、動作方法、および埋込型心臓刺激システム
JP4699760B2 (ja) 患者のインピーダンスの変化を検出するための埋め込み可能医療デバイス及びコンピュータ可読媒体
CN103180011B (zh) 用于选择起搏向量的夺获阈值测量
US7184821B2 (en) Monitoring thoracic fluid changes
US20070265671A1 (en) Selectable switching of implantable sensors to provide fault toleance for implantable medical devices
AU2015204693B2 (en) Methods and systems for improved communication between medical devices
US20120095521A1 (en) Detection of heart rhythm using an accelerometer
US9522277B2 (en) Lead integrity testing triggered by sensed signal saturation
US8401646B2 (en) Method and apparatus to determine the relative energy expenditure for a plurality of pacing vectors
US7047083B2 (en) Method and apparatus for identifying lead-related conditions using lead impedance measurements
EP1904169B1 (en) Method and apparatus for dynamically monitoring, detecting and diagnosing lead conditions
EP2621585B1 (en) Prioritized programming of multi-electrode pacing leads
US20100198292A1 (en) Evaluating electrode configurations for delivering cardiac pacing therapy
EP1594568B1 (en) Impedance measurement in implanted device
CN104797292B (zh) 用于促进选择起搏向量的医疗设备
JP2010536531A (ja) ヒストグラムに基づく胸部インピーダンス監視システム
US8849385B2 (en) Lead integrity testing during suspected tachyarrhythmias
US8942798B2 (en) Alternative operation mode for an implantable medical device based upon lead condition
US20100106215A1 (en) Systems and methods to detect implantable medical device configuaration changes affecting mri conditional safety
EP1919555A1 (en) Safe-mode implantable medical devices and methods
US8190258B2 (en) Lead condition assessment for an implantable medical device

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20131029

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20140205

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20140729

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20141015

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20150407

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20150501

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 5745617

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250