JP2013517026A - 人間工学的原材料ホルダとサービスユニットとの協調 - Google Patents

人間工学的原材料ホルダとサービスユニットとの協調 Download PDF

Info

Publication number
JP2013517026A
JP2013517026A JP2012548416A JP2012548416A JP2013517026A JP 2013517026 A JP2013517026 A JP 2013517026A JP 2012548416 A JP2012548416 A JP 2012548416A JP 2012548416 A JP2012548416 A JP 2012548416A JP 2013517026 A JP2013517026 A JP 2013517026A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
raw
beverage
machine
service unit
holder
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Ceased
Application number
JP2012548416A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2013517026A5 (ja
Inventor
フランク シュナイダー,
Original Assignee
ネステク ソシエテ アノニム
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to EP10150841.4 priority Critical
Priority to EP10150841 priority
Application filed by ネステク ソシエテ アノニム filed Critical ネステク ソシエテ アノニム
Priority to PCT/EP2011/050319 priority patent/WO2011086088A1/en
Publication of JP2013517026A publication Critical patent/JP2013517026A/ja
Publication of JP2013517026A5 publication Critical patent/JP2013517026A5/ja
Ceased legal-status Critical Current

Links

Images

Classifications

    • AHUMAN NECESSITIES
    • A47FURNITURE; DOMESTIC ARTICLES OR APPLIANCES; COFFEE MILLS; SPICE MILLS; SUCTION CLEANERS IN GENERAL
    • A47JKITCHEN EQUIPMENT; COFFEE MILLS; SPICE MILLS; APPARATUS FOR MAKING BEVERAGES
    • A47J31/00Apparatus for making beverages
    • A47J31/44Parts or details or accessories of beverage-making apparatus

Abstract

シート(5)と、処理状態と移送状態をとる原材料ホルダ(13)と、シート内の作用位置をとり、シートから取り外しできるサービスユニット(20、30)とを備える飲料調製機。サービスユニットの位置を機械的に検出して、サービスユニットがその作用位置から外れるときに、原材料ホルダがその処理状態をとることを機械的に防止するため、および/または、原材料ホルダの状態を機械的に検出して、原材料ホルダがその処理状態にあるときに、シートからのサービスユニットの取り外しを機械的に防止するために、機械的ロック装置(53)が設けられる。
【選択図】図2

Description

本発明の分野は、飲料調製機、特に飲料調製機に対して供給されるカプセル内の事前に小分けされた飲料原材料から飲料を調製するための飲料調製機用の浸出ユニットとサービスユニットに関する。サービスユニットは、飲料調製機の動作中に発生する廃棄材料を収集するための構造を含んでもよく、または特に水などの原材料を供給してもよい。
本明細書本文の目的において、「飲料」は、茶、コーヒー、ホットチョコレートまたは冷たいチョコレート、ミルク、スープ、ベビーフードなどの任意の液体食品を含むことを意図されている。「カプセル」は、原材料を収容する柔軟ポッドまたは硬質カートリッジを含む、任意の形状および構造を成す任意の材料の囲繞パッケージ、特に気密パッケージ、例えばプラスチックパッケージ、アルミニウムパッケージ、リサイクル可能なおよび/または生分解可能なパッケージ内の任意の事前に小分けされた飲料原材料を含むことを意図されている。
飲料調製機は、家庭内またはオフィス内を問わず、非常にポピュラーになってきている。例えば、コーヒー、茶、スープ、または、他の同様の飲料などの飲料の調製のための飲料調製機であって、所望の飲料、例えば挽いたコーヒーなどの少なくとも1つの原材料がカプセル内で飲料調製機のカプセル抽出チャンバ内へ供給される飲料調製機が存在する。
原材料は、一般に、液体源からカプセル抽出チャンバを通じて飲料調製機内で循環される水などの液体によって抽出される。抽出された原材料を含む液体は、抽出チャンバから、飲料調製機の飲料出口を介してユーザに分配され、例えば飲料抽出プロセス中に出口の下側に適切に配置されたユーザのカップ内またはマグカップ内へ分配される。
飲料の調製のためのプラスチックカプセルおよび/またはアルミニウムカプセルなどのカプセルの使用は多くの利点を有する。カプセル、特にアルミニウム系のカプセルは、密封または気密であり、したがって、原材料の使用前に、空気、湿気、または光などの環境から長期間にわたって飲料原材料を効果的に保護できる。そのため、そのようなカプセルは、原材料の早期の劣化を防止する。また、飲料原材料のカプセルは、取り扱いが容易で、衛生的であり、また、それらのカプセルの使用は飲料調製機の洗浄を殆ど伴わず、特に、飲料調製機の抽出チャンバのかなりの部分が、抽出プロセス中にカプセル内に収容される飲料原材料と接触しない。また、使用中、任意の残存する廃棄原材料の大部分がカプセル内に閉じ込められ、それにより、一般に、使用後に、緩い廃棄原材料を飲料調製機から取り除く必要がない。
カプセルは、通常、カプセルスタックから飲料調製機の抽出チャンバ内に手作業であるいは自動的に個別に挿入される。その後、カプセル内に収容される原材料を浸出しあるいはさもなければ抽出して所望の飲料を形成するために、熱水または冷水がカプセルに通される。調製された飲料は、飲料調製機の出口を介して、ユーザのカップ、マグカップ、または、他の容器内へ供給される。
抽出に際して、使用済みカプセルは、それぞれの調製サイクル後、飲料調製機から個別に除去されてもよい。あるいは、使用済みカプセルは、飲料調製機の使用済みカプセル容器に排出されて該容器に収集されてもよい。
飲料調製機には、飲料調製プロセス中に発生した廃棄材料を処理するためのサービスユニットが設けられるのが有益である。廃棄材料は、抽出後の挽いたコーヒーなどの廃棄原材料、および/または、液体源と飲料出口との間の液体回路から排出される液体、または、例えば、飲料調製プロセスの終わりで液滴の形態で飲料出口から分配される過剰な飲料を含む。例えば、サービスユニットは、配管網などの液体排出構造を備えるユーザ容器支持体、および、廃棄原材料保持構造のうちの少なくとも1つを有する廃液収集構造を含む。一般に、ユーザ容器支持体および/または廃棄原材料保持構造は廃液収集構造よりも上側に配置されており、そのため、廃液を重力によって、ユーザ容器支持体および/または廃棄原材料保持構造から廃液収集構造へ排出することができる。
使用済みカプセル容器は、抽出の際、カプセルが重力によって容器内に落ちるようにカプセルチャンバの下側に配置されるのが有益である。後者の場合には、満杯時にユーザによって容器を空にしなければならない。容器は、一般に抽出チャンバの下側で飲料調製機内に配置される取り外し可能な容器であってもよい。
飲料調製機のサービスユニットは、例えば、欧州特許第1095605号明細書、欧州特許第1731065号明細書、欧州特許第1867260号明細書、国際公開第2009/013778号、国際公開第2009/074559号、および、国際公開第2009/135869号に開示されている。そのようなサービスユニットは、例えば、欧州特許第1095605号明細書、欧州特許第1646305号明細書、欧州特許第1757212号明細書、欧州特許第1859713号明細書、欧州特許第1859714号明細書、欧州特許第2103236号明細書、欧州特許第2119385号明細書、国際公開第2009/043630号、および、国際公開第2009/130099号に開示されるように、再開放時に使用済みカプセルを自動的に排出するようになっている浸出ユニットと好適に組み合わされる。
通常、飲料調製機は、そのようなサービスユニットを受けるためのシート(seat)を有する。シートは、飲料調製機のハウジングの内側に配置されるとともに、サービスユニットをスライドさせて飲料調製機に対して出し入れできるように構成される。
ユーザが飲料調製プロセスを開始しようとする際に、サービスユニットが飲料調製機内に不適切に挿入されると、または、更にはサービスユニットが飲料調製機内へ全く挿入されないと問題が生じる場合がある。そのような状況では、飲料調製プロセス中に廃棄原材料または廃液が不適切に収集されて飲料調整機内を汚すおそれがある。同様に、ユーザが飲料調製プロセス中に飲料調製機内でのサービスユニットの適切な位置決めを誤って妨げることにより、同様の結果をもたらす場合がある。
解決策は、飲料調製機内へのサービスユニットの適切な挿入と抽出チャンバの装填状態とを検出するため、および、サービスユニットが飲料調製機内へ適切に挿入されないときに飲料調製プロセスを電子的に妨げるとともに抽出チャンバが依然として満杯であるときにサービスユニットの回収を防止するためのセンサおよび電子的に制御されるロックシステムの実装を含む。そのような電子センサおよびロックシステムは比較的高価である。そのため、これらのシステムは、通常、小規模または中規模な商業レベルの飲料調製機には設けられない。
サービスユニットと抽出プロセスとの協調性を向上させるための、安価で簡単な解決策を提供する必要性が依然としてある。
したがって、本発明は、
シートと、
内部に収容される原材料を処理するための処理状態と、原材料を内部へ挿入するためおよび/または原材料を内部から排出するための移送状態とをとる原材料ホルダ、特に浸出ユニットと、
消費された原材料を原材料ホルダから収集するためおよび/または消費可能な原材料を原材料ホルダへ供給するためにシート内の作用位置をとり、消費された原材料を取り除いて空にするためおよび/または消費可能な原材料を再充填するためにシートから取り外しできるサービスユニットと、
を備える飲料調製機に関する。
一般に、移送状態は、消費可能な原材料をこの原材料を処理して飲料を調製する前に原材料ホルダ内に充填するのに適しており、および/または、処理後に任意の残存する消費された原材料を原材料ホルダから除去するのに適している。
原材料ホルダは、この原材料が内部に収容されるカプセルを受け、収容し、および、排出するようになっていてもよい。
例えば、飲料調製機は、コーヒー、茶、チョコレート、または、スープ調製機、例えば、家庭またはオフィスのコンセント電源に電気的に接続され得る自給式卓上機である。特に、飲料調製機は、挽いたコーヒーまたは茶またはチョコレートまたはカカオまたは粉ミルクなどの調製されるべき飲料の原材料を収容するカプセルに、熱水または冷水あるいは他の液体を通すことにより、原材料ホルダ内で飲料を調製するようになっている。
例えば、調製機は、1つ以上の液体リザーバ、液体循環回路、ヒータ、ポンプ、および、抽出のために原材料カプセルを受けて抽出に際してカプセルを排出するようになっている、飲料調製ユニットを含む原材料ホルダと、カプセルが調製ユニットから排出されるシート内に通じる開口を有するハウジングと、シートに排出されるカプセルを所定の充填レベルまで内部に収集するための格納空間を形成するキャビティを有する容器とを備える。容器は、カプセルを収集するためにシート内に挿入可能であるとともに、収集されたカプセルを取り除いて空にするためにシートから取り外し可能である。そのような原材料処理装置の例は、国際公開第2009/074550号、国際公開第2009/130099号、および、国際出願EP09/053139号明細書に開示されている。
飲料調製モジュールは、以下の構成要素、すなわち、
a)この飲料の原材料、特に、カプセル内に供給された事前に小分けされた原材料を受けるとともに、入ってくる液体、例えば水の流れを該原材料に通して飲料出口に案内するための、浸出ユニットなどの原材料ホルダ;
b)原材料ホルダへ供給されるべきこの液体の流れを加熱するためのサーモブロックなどのインラインヒータ;
c)インラインヒータを通じてこの液体を圧送するためのポンプ;
d)この液体を液体タンクなどの液体源から飲料出口に案内するための1つ以上の流体接続部材;
e)ユーザからインタフェースを介して命令を受けて、インラインヒータおよびポンプを制御するための、特にプリント回路基板(PCB)を備える電気制御ユニット;および、
f)原材料ホルダ、インラインヒータ、ポンプ、液体リザーバ、原材料収集器、この液体の流れ、この液体の圧力、および、この液体の温度の特性から選択される少なくとも1つの動作特性を検出するとともに、そのような特性を制御ユニットへ通信するための1つ以上の電気センサ、
のうちの1つ以上を含んでもよい。
ヒータは、サーモブロック、または、オンデマンドヒータ(ODH)、例えば欧州特許第1253844号明細書、欧州特許第1380243号明細書、および、欧州特許第1809151号明細書に開示されるODHタイプであってもよい。
本発明によれば、機械的ロック装置は、
サービスユニットの位置を機械的に検出して、サービスユニットが作用位置から外れるとき、特にサービスユニットがシートから取り外されるときに、原材料ホルダが処理状態をとることを機械的に防止するため、および/または、
原材料ホルダの状態を機械的に検出して、原材料ホルダが処理状態にあるとき、特に原材料ホルダが移送状態から外れるときに、シートからのサービスユニットの取り外しを機械的に防止するために、
設けられる。
そのため、従来技術の電子的な検出、電子的なロック構造および制御構造の代わりに、サービスユニットが飲料調製機内に適切に位置決めされておらず飲料調製機が飲料調製を行う状態にないとき、例えば、廃棄材料収集器または水タンクなどの原材料供給部がその作用位置にないときに、飲料調製の開始を防止し、および/または、例えば飲料調製機が依然としてプロセス中の状態、あるいは飲料を調製する状態でそのようなサービスユニットの早期の取り外しを防止するために、簡単な完全機械式のロック装置が設けられる。
そのため、サービスユニットがシートから引き出される前に、ユーザは、サービスユニットを空にする前に原材料ホルダが空にされることを確かめるように、特に、カプセルが原材料ホルダ内に残っておらず、また、最後に使用されたカプセルが適切にサービスユニットへ排出されたことを確かめるように促されてもよい。特に使用済み原材料カプセルによりサービスユニットが詰まるのを回避するために、サービスユニットは、例えばその内容が参照することにより本願に組み込まれる国際公開第2009/074559号および国際公開第2009/135869号に開示されるように、詰まり防止システムを搭載してもよい。
ロック装置は、1つの引き出しの移動可能性が、他の引き出しの位置に依存するように構成される幾つかの引き出しを有するキャビネットの分野で知られるタイプのものであってもよい。この種の技術は、例えば米国特許第4,960,309号明細書、米国特許第5,056,876号明細書等に開示されるように、文書、衣服、および、他の物品を格納するためのオフィスまたは家庭の家具の分野で良く知られている。このタイプのロック装置は、飲料調製機の分野に適合させて転用することができる。本発明との関連で、従来技術の開閉可能な引き出しは、理論上、処理状態から移送状態に及びその逆に遷移され得る原材料ホルダと、挿入可能で取り外し可能なサービスユニットとによって置き換えられる。無論、同じタイプの他の形態がこのロック機能を提供することができる。
原材料ホルダは、一般に、原材料を受けるための原材料チャンバを画定する第1の部分および第2の部分を有し、第1の部分は、処理状態をとるように第2の部分へ向けて移動できるとともに、移送状態をとるように第2の部分から離れるように移動できる。適した原材料ホルダの例は、欧州特許第1095605号明細書、欧州特許第1646305号明細書、欧州特許第1757212号明細書、欧州特許第1859713号明細書、欧州特許第1859714号明細書、欧州特許第2103236号明細書、欧州特許第2119385号明細書、国際公開第2009/043630号、および、国際公開第2009/130099号に開示されている。
例えば、機械的ロック装置は、移動可能な第1の部分に連結される第1のリンク部材を備え、第1のリンク部材は、
サービスユニットが作用位置から外れていることが機械的ロック装置により検出されると、移動可能な第1の部分が処理状態に達することを阻止する、および/または、
サービスユニットを作用位置で機械的ロック装置によりブロックするために、移動可能な第1の部分が処理状態にあるときを検出する、
ようになっている。
通常、移動可能な第1の部分は、ロック装置の第1のリンク部材に接続される協働する第1のリンク構造を有する。協働する第1のリンク構造は、移動可能な第1の部分に組み付けられおよび/または移動可能な第1の部分と一体に形成される部材の形態を成してもよい。例えば、第1のリンク部材は、カム・カム従動子構造によって移動可能な第1の部分に連結される。
機械的ロック装置は、サービスユニットに連結され、または連結可能な第2のリンク部材を備えてもよく、第2のリンク部材は、
移動可能な第1の部分が処理状態にあるときにサービスユニットを作用位置でブロックし、および/または、
移動可能な第1の部分が処理状態に達するのをロック装置によって阻止するために、サービスユニットが作用位置から外れているときを検出する、
ようになっている。
一般に、サービスユニットが飲料調製機のシート内に配置されると、第2のリンク部材がサービスユニットに連結され、該リンク部材は、サービスユニットがシートから取り外されるときにサービスユニットから外されるが、シート内へのサービスユニットの再挿入によってサービスユニットに連結可能である。
通常、サービスユニットは、ロック装置の第2のリンク部材に接続される協働する第2のリンク構造を有する。協働する第2のリンク構造は、サービスユニットに組み付けられおよび/またはサービスユニットと一体に形成される部材の形態を成してもよい。例えば、第2のリンク部材は、取り外し可能なサービスユニットにカム・カム従動子構造によって連結される。
ある実施形態において、機械的ロック装置は、機械的に相互接続される第1および第2のリンク部材を備え、第1のリンク部材が、特にカム・カム従動子第1構造によって、原材料ホルダに機械的に連結され、第2のリンク部材が、特にカム・カム従動子第2構造によって、サービスユニットに機械的に連結可能である。第1のリンク部材は、原材料ホルダを処理状態から移送状態に、及びその逆に変えることによって第1および第2のリンク部材の動きが引き起こされるように、原材料ホルダに機械的に連結されてもよい。第2のリンク部材は、サービスユニットをシート内の作用位置に移動させおよび該作用位置から移動させることによって第1および第2のリンク部材の動きが引き起こされるように、サービスユニットに機械的に連結され、または連結可能であってもよい。第1および第2のリンク部材がほぼ強固に相後接続され、それにより、リンク部材間の僅かな撓みを許容でき、特に弾性的な撓みを許容できる。随意的に、機械的ロック装置は、第1および第2のリンク部材と一体の単一構成要素から形成される。
機械的ロック装置は、特に機械的ロック装置とシートの側壁など壁との間のカム・カム従動子構造によって、シートに回動可能におよび/または並進可能に取り付けることができる。
サービスユニットは、該サービスユニットがシートから取り外されてシートへ再挿入されるまで、原材料ホルダを移送状態でロックするための位置に機械的ロック装置をロックするようになっていてもよい。例えば、飲料調製機は、原材料ホルダを移送状態でロックする位置にロック装置を保持するための、特にシートに固定されるリテーナを備える。随意的に、サービスユニットは、該サービスユニットがシートから引き出されるときに、機械的ロック装置をリテーナに推し進めるため、および/またはサービスユニットのシート内への再挿入によって機械的ロック装置をリテーナから離間させるように推し進めるためのガイド部材を有する。
通常、サービスユニットは、作用位置に手動で移動できるとともにシートから手動で取り外すことができる。同様に、原材料ホルダは、処理状態から移送状態に及びその逆に手動で遷移されるようになっていてもよい。例えば、原材料ホルダは、該ホルダを処理状態から移送状態に、及びその逆に遷移させるためのユーザハンドルと関連付けられる。
サービスユニットおよび/または原材料ホルダは、特に1つ以上のモータを使用することにより自動で駆動されてもよい。
サービスユニットは、廃液および/または廃棄固体原材料を収集する、および/または、消費可能な液体および/または固体原材料を供給するようになっていてもよい。
例えば、サービスユニットは、
例えば欧州特許第1900312号明細書または欧州特許第1913851号明細書に開示されるような機械内部の液体排出構造からの水などの廃棄飲料液体原材料、
随意的に事前小分けカプセル内、例えば使用済みコーヒーカプセル内に収容される使用済みの飲料香料、特に挽いたコーヒーなどの廃棄飲料固体原材料、および、
飲料分配出口からの液滴または原材料処理後に移送状態に遷移する際に原材料ホルダから流れ落ちる液滴などの廃棄飲料、
のうちの少なくとも1つを収集するための構造を含む。
そのような収集機能を与えるサービスユニットの例は、欧州特許第1095605号明細書、欧州特許第1731065号明細書、欧州特許第1867260号明細書、国際公開第2009/135869号、および、国際公開第2009/074559号に開示されており、これらの内容は参照することにより本願に組み込まれる。
サービスユニットは、水、ミルク、茶葉、挽いたコーヒーまたはインスタントコーヒー、濃縮物、または、乾燥スープ、シロップ、粉末チョコレートなどの消費可能な液体および/または固体原材料を原材料ホルダへ供給するようになっていてもよい。例えば、サービスユニットは、例えば欧州特許第1447034号明細書および欧州特許第1943931号明細書の場合のように、水またはミルク供給リザーバ、あるいは、原材料供給システムを備える。
ここで、概略図を参照して、本発明について説明する。
本発明に係る飲料調製機の全体図である。 本発明に係る同様の飲料調製機の全体図である。 本発明に係る飲料調製機のロック装置を伴うサービスユニットおよび原材料チャンバの一位置の側面図を概略的に示している。 本発明に係る飲料調製機のロック装置を伴うサービスユニットおよび原材料チャンバの他の位置の側面図を概略的に示している。 本発明に係る飲料調製機のロック装置を伴うサービスユニットおよび原材料チャンバの更に他の位置の側面図を概略的に示している。 図3aに示される飲料調製機の対応する状態のロック要素の正面図を概略的に示している。 図3bに示される飲料調製機の対応する状態のロック要素の正面図を概略的に示している。 図3cに示される飲料調製機の対応する状態のロック要素の正面図を概略的に示している。
図1は本発明に係る飲料調製機を示している。飲料調製機は飲料調製ユニット2をハウジング9内に有する。ユニット2は、原材料カプセルを抽出チャンバ内で受けるようになっているとともに、水などの液体をカプセルへ供給するようになっている。ユニット2は、プラットフォーム1に取り付けられて、該プラットフォームの側面1’に沿って延びる。飲料をユニット2から分配するための飲料出口95がハウジング9の前面94を貫通して延びる。
ユニット2は、開閉ハンドル11と、物質を収容するカプセル、例えばコーヒーカプセルを保持するための原材料ホルダ(図示せず)とを備える浸出モジュールと、飲料ダクトなどの飲料供給手段95とを含む。原材料ホルダは、一般に、抽出チャンバを画定するカプセルホルダ・浸出ケージと、カプセル内に水を注入するための流体注入システムと、レバー・ニージョイント機構などの閉塞装置とを備える。適した抽出モジュールは例えば欧州特許第1859713号明細書に記載されている。ユニット2の更なる想定し得る特徴は、同時係属出願、欧州特許第2070454号明細書で更に詳しく論じられており、その内容は、参照することにより本願に組み込まれる。
また、ハウジング9は、廃液および/または廃棄飲料原材料などの廃棄材料を収集するためのサービスユニット20、30をシート5内に収容する。サービスユニット20、30は、廃棄材料を収集するための収集位置に達するようにシート5内へ手動で挿入できる(図1に示される)とともに、廃棄材料の回収に際して廃棄材料を空にするためにシート5から取り外すことができる(図2に示される)。サービスユニット20、30は、スライドしてシート5内へ入ることができるとともに、スライドしてシート5から抜け出ることができる。
このサービスユニットは、前面31を有するとともに、浸出ユニットおよび出口95の下側に取り外し可能に挿入される、使用済みカプセル容器30を含む。サービスユニット20、30およびそのハウジング9のシートについては、図2〜図4cと関連して更に詳しく説明する。
プラットフォーム1は、飲料ユニット2と、ハウジング9の外部でベースプラットフォームに取り付けられてハウジング9の後壁に隣接する水タンク7と、これらの間の流体接続部と、コンセント電源への電源接続部とを有する。
飲料調製機をON/OFFするためにマスタースイッチ3がプラットフォーム1に設けられる。一般に調製されるべき飲料の量を大小で選択するための2つのユーザボタン12が、ユニット2の上側に配置される。
プラットフォーム1の上面34は、ミルク起泡装置8を接続するためのSTRIX(商標)コネクタの形態を成す手段を有する。そのようなプラットフォーム1および起泡装置8のためのそのような取り外し可能なコネクタは、例えば、国際公開第03/075629号、国際公開第2008/046837号、および、国際公開第2008/142154号に更に詳しく開示されており、それらの内容は参照することにより本願に組み込まれる。
上面34は隣り合う前面35に隣接しており、前面35は、特にプラットフォーム1に組み込まれる加熱システムと関連付けることができるとともに、1つ以上のカップまたはマグカップを支持して、それを使用前に予熱するようになっていてもよい。
前述したように、飲料ユニット2は、一般に、プラットフォーム1の第1の側縁部1’に隣接するハウジング9内で上方へ延びる。起泡装置8は、一般に、第1の側縁部1’と反対側のプラットフォーム1の第2の側縁部1”に隣接して配置され、それにより、ハウジング9およびプラットフォーム1は、一般に、起泡装置8を支持する断面がL形状を形成する。
また、飲料調製機はマグカップを支持するための支持装置6も含み、該支持装置6は、飲料出口95の下側に配置されるとともに、液体を排出するための有孔プレートの形状を成す。浅いリザーバの形態を成す収集器6aが、排出される液体を収集するために支持装置6の下側に配置される。収集器6aは、液体を収集するために大きな容量を必要としない。殆どの場合、収集器6aは、液滴やこぼれ落ちたものを収集しさえすればよい。
支持装置6および収集器6aは、例えば収集器6aを空にするためおよび/または洗浄するために、プラットフォーム1から一括して分離できる。
また、サービスユニット20、30はカップ支持装置20を有し、該カップ支持装置20は、支持装置6の上側に、更に小さいサイズのカップなどの受容体を出口95の下側で支持するための第2の支持プレート21を含む。主支持装置6と同様に、第2の支持プレート21は、液体を随意的に支持装置6を介して特に収集器6aへ排出するための有孔プレートを備える。第2の支持プレート21は、図示のように出口95と支持装置6との間の略水平な作用位置へ移動できるとともに、大きな容器を出口95の下側で支持装置6上に配置できるように、作用位置から離れた略直立のあるいは垂直な休止位置に移動できる。第2の支持プレート21は、特に、その作用位置からその休止位置に回転できるおよび/またはスライドできる。そのような第2の支持装置の想定し得る特徴の更なる詳細は、例えば欧州特許第1867260号明細書に開示されている。
同じ参照数字が一般に同じ要素を示す図2は、一般に、本発明に係る他の飲料調製機を示している。
図2に示される飲料調製機は、ミルク起泡装置を支持する側方プラットフォーム延在部が存在しない点を除き、図1の飲料調製機と同じ特徴を有する。
この飲料調製機は、容器30を支持するカップ支持装置20を含むサービスユニット20、30を受けるためのシート5を有し、容器30は、抽出チャンバを有する浸出ユニットの下側で使用済みカプセルを収集するための格納空間を形成するキャビティ30’を有する。
容器30は、該容器30を支持するリザーバ22に回動可能に取り付けられるカップ支持部材21を含むカップ支持装置20に組み付けられてもよい。支持部材21は、支持部材21の下方への回転を阻止して、支持部材21を水平位置で固定するために、リザーバ22の前面に対して支持部材と共に回転できる、ストッパ部材24に組み付けられ、あるいは該ストッパ部材24と一体を成す。
容器30は排出穴を伴う底部を有してもよく、それにより、リザーバ22は、この底部から排出穴を介してリザーバ22へ排出される液体を収集することができる。カップ支持装置20および該支持装置上に載置する容器30は、シート5に対して一括して挿脱されてもよい。
また、容器30は、参照することにより本願に組み込まれる国際公開第2009/074559号に更に詳しく記載されるように、使用済みカプセルの蓄積による詰まりを防止するために使用される開口33を後側直立壁に有する。
また、図2に示されるように、支持装置6を支持する収集器6aは、機械的なコネクタ4を介して、プラットフォーム1に取り外し可能に組み付けられてもよい。
サービスユニット20、30は、水などの廃棄飲料前駆液体をリザーバ22内に収集し、随意的に事前小分けカプセル内に収容される使用済み飲料用香料、特に挽いたコーヒーなどの廃棄飲料前駆固体を使用済み原材料容器30内に収集し、および、飲料分配出口からの液滴などの廃棄飲料をカップ支持体21の液体排出溝配列を介してリザーバ22内に収集するための構造を備える。
図1に示される飲料調製機は、シート5内に保持されてサービスユニット20、30およびシート5の協働部51、52、534、535と関連付けられるロック装置53を含む、機械的ロック構造50を有する。
図3a〜図4cは本発明のこの態様を更に詳しく示している。特に、図4a〜図4cは、サービスユニット20、30と抽出チャンバ14を有する浸出ユニット13の形態を成す原材料ホルダとを組み合わせた状態での、図3a〜図3cのそれぞれに示される機械的ロック装置のそれぞれの位置における、機械的ロック装置53の正面図を示している。
飲料調製機は、原材料カプセルを受け入れるための原材料チャンバ14を画定する固定前部132および可動後部131を伴う浸出ユニット13を有する。チャンバ14は、液体注入ライン15および飲料出口95と流体接続している。浸出ユニット13は、原材料チャンバ14が開放している図3bに示されるような移送状態と、チャンバ14が閉じられている図3aに示されるような処理状態とをとる。チャンバ14は、浸出ユニット13の前部132と後部131とを離間させおよび近づけることによって開閉される。具体的には、後部131が移動可能な第1の部分を形成し、前部132が浸出ユニット13の固定された第2の部分を形成する。ハンドル11は、図1および図2に示されるように、浸出ユニット13を手動で開閉するために設けることができる。
そのような浸出ユニット開閉機構は、原材料カプセルの挿入、抽出、および、除去と共に、例えば、欧州特許第1646305号明細書、欧州特許第1757212号明細書、欧州特許第1859713号明細書、欧州特許第1859714号明細書、欧州特許第2103236号明細書、欧州特許第2119385号明細書、国際公開第2009/043630号、および、国際公開第2009/130099号に更に詳しく記載されており、それらの内容は参照することにより本願に組み込まれる。
また、図示の飲料調製機は、サービスユニット20、30が収集位置にないときに任意の飲料の調製を機械的に防止するための、ロック装置53を伴う機械的ロック構造50を備える。特に、機械的ロック装置53は、図3cに示されるようにサービスユニット20、30が収集位置にないときに原材料チャンバ14の閉塞を防止するように、および/または、図3aに示されるように原材料チャンバ14がその開放状態をとらないときにサービスユニット20、30の取り外しを防止するように構成されてもよい。
浸出ユニット13がハンドルを用いて手動で開閉されるときに、ロック構造50のロック装置53は、サービスユニット20、30の位置に応じて浸出ユニットおよびハンドルをブロックし、または解放する。
機械的ロック構造50は、浸出ユニット13の移動可能な後部131と関連付けられる第1のカム51、例えば溝と、サービスユニット20、30と関連付けられる第2のカム52、例えば溝と、カム51、52と関連付けられるカム従動子531a、532aを有するロック装置53とを備える。カム従動子531aは、移動可能な第1の部分131のカム51を含む協働する(一体の)リンク部材を介して浸出ユニット13の移動可能な第1の部分131に連結される第1のリンク部材を形成する。カム従動子532aは、サービスユニット20、30のカム52を含む協働する(一体の)リンク部材を介してサービスユニット20、30に連結されまたは連結可能な第2のリンク部材を形成する。
したがって、ロック装置53は、シート5の軸線53’周りに回動できる一対のまたは接続されたアーム531、532を有する。各アーム531、532は、例えば一般にピンの形態を成すリンク部材531a、532aを有し、これらの部材は、カム従動子として、例えばそのようなピンと協働する溝の形態を成すカム51、52と係合する。回動軸線53’は、該軸線53’周りの要素53の回動と、シート5の軸線53’の僅かな並進、特に略水平方向の並進とを可能にするために、飲料調製機のシート5の略楕円形の保持開口(図示せず)内へ挿入される。
第1のリンク部材531aは、原材料ホルダ13をその処理状態(図3aおよび図4a)からその移送状態(図3bおよび図4b)に、及びその逆に遷移させることによって第1および第2のリンク部材531a、532aの動きが引き起こされるように、原材料ホルダ13に機械的に連結される。第2のリンク部材532aは、サービスユニット20、30をシート5内のその作用位置(図3a)におよび該作用位置から移動させることによって第1および第2のリンク部材の動きが引き起こされるように、サービスユニット20、30に機械的に連結され、または連結可能である。
図3aおよび図4aは、抽出チャンバ14が閉塞状態をとるとき、すなわち、浸出ユニット13の前後部131、132が互いに押し付けられて処理状態にあるときのロック構造50を示している。この状態では、カプセルが抽出チャンバ14内に存在する場合には、飲料調製機が飲料を調製できる状態にある。そのような状態では、サービスユニット20、30がシート5から取り外されるべきではない。そのような取り外しを防止するために、ロック装置53は、そのアーム532の部材532aがサービスユニット20、30と関連付けられるカム52と完全に係合される。ユーザがサービスユニット20、30を引き出す場合には、その他方のアーム531の部材531aがカム51と係合され、且つその回動軸線53’がシート5の対応する開口に係合されるロック装置53は、その回動が防止されるため、サービスユニット20、30の取り外しを防止する。
したがって、本発明によれば、ロック装置53は、浸出ユニット13の状態を機械的に検出して、浸出ユニット13がその処理状態にあるときに、特に浸出ユニット13がその移送状態から外れているときに、サービスユニット20、30のシート5からの取り外しを機械的に防止する。
3bおよび図4bは、抽出チャンバ14の移送状態を示している。すなわち、浸出ユニット13の前後部131、132が離間される。この状態では、飲料調製機が飲料を調製するための準備状態にない。そのような状態では、カプセルを浸出チャンバ14内に挿入することができ、または、カプセルを浸出チャンバから除去することができる。また、この非作用状態では、サービスユニット20、30をシート5から取り外すことができる。図3bおよび4bは、したがって移送状態を示している。
ロック装置53は、そのアーム531の部材531aが浸出ユニット13と関連付けられるカム51の上方へ駆動される。また、アーム532の部材532aがサービスユニット20、30と関連付けられるカム52から離脱される。ユーザがサービスユニット20、30を引き出す場合、ロック装置53は、シート5からのユニット20、30の取り外しをもはや阻止しない。この場合、ロック構造50は、図3cおよび図4cに示される状態に遷移される。
逆に、サービスユニット20、30をシート5から引き出す代わりに浸出ユニット13の後部131が前部132に移動される場合、ロック装置53は、そのアーム532および部材532aがサービスユニット20、30のカム52と再び係合する状態で、軸線53’周りに図3aおよび図4aに示される状態に回動される。
図3cおよび図4cは、抽出チャンバ14がその開放状態でブロックされた状態、すなわち、浸出ユニット13の前後部131、132が離間されて移送状態にあり、結合されることが防止された状態でのサービスユニット20、30の取り外しを示している。この状態において、飲料調製機は、飲料を調製するための準備状態にはなく、整備状態、例えば、収集された水と挽いたコーヒーなどの固体原材料とをサービスユニット20、30から取り除いて空にする状態にある。
この状態において、ロック装置53は、浸出チャンバ14の閉塞を防止するためのブロック位置に至らされている。アーム531の部材531aがカム51の上方へ駆動されてカムのロック端51aに至らされる。ロック端51aは、カム51内を略上方へ延びて方向を変化させる。また、アーム532は、部材532aと反対側の固定部材532bを有する。固定部材532bは、シート5のリテーナ534上に該リテーナに抗して固定される。固定部材532bをリテーナ534に駆動させるために、サービスユニット20、30は案内部材535、例えば突出部を有し、案内部材535は、サービスユニット20、30がシート5から引き出されるときの案内部材535の通過中に、ロック装置53をアーム532を介して案内する。アーム532を支持面534に駆動させることにより、回動軸線53’が駆動部材535によって僅かに前方へ変位される。この状態において、ロック装置53は、支持面534と、ロック端51aと、軸線53’を受けるためのシート5の楕円形の開口との間でロックされる。特に、ロック装置53は、浸出ユニット13の開放した後部131を塞ぐ反時計回りの回動が防止され、したがって、シート5内においてサービスユニット20、30をその通常の作用位置から取り外している際に飲料調製が防止される。
したがって、本発明によれば、ロック装置53は、サービスユニット20、30の位置を機械的に検出して、サービスユニット20、30がその作用位置から外れるとき、特にサービスユニットがシート5から取り外されるときに、原材料ホルダ13がその処理状態をとることを機械的に防止するようになっている。
一般的に言えば、飲料調製機は、原材料ホルダ13がその処理状態でないときに、原材料の処理のために必要な1つ以上の構成要素の動作を停止させるように構成されてもよい。そのような状況において、飲料調製機は、水などの液体を原材料に通して圧送するためのポンプの動作を停止させてもよい。
サービスユニット20、30がその元の作用位置に挿入されると、サービスユニット20、30の案内部材535は、ロック装置53の部材532aと接触して、部材532bをリテーナ534から押し離し、図3bおよび図4bに示される状態に至らせる。そのような離脱を可能にするために、案内部材535の上端は、部材532bが支持面534上に載置しているときの部材532aの下端よりも僅かに高い。このように、案内部材535は、ロック装置53の下側を通過する際に、ロック装置53を両方向で固定状態および非固定状態にするために使用される。
図3cおよび図4cに示されるその固定位置で、ロック装置53は、ロック端51aと、リテーナ534と、軸線53’を保持するためのシート5の楕円形の開口との間で緩く配置されてもよく、あるいは、ロック装置53がこれらの間で押され、それにより、サービスユニット20、30が取り外される際に飲料調製機が移動される場合に、部材53がこの位置で適切に固定されてもよい。ロック装置53がこの位置で押されるように構成される場合には、少なくとも一方または両方のアーム531、532が僅かに弾力性を有してもよい。
第1および第2のリンク部材531a、532aは、アーム531、532を介して通常強固に相互接続される。固定部材532bおよび軸線53’を含むロック装置53を、第1および第2のリンク部材531a、532aと一体の単一構成要素から形成することができる。例えば、ロック装置は、成形または機械加工によって一体に形成される。
変形例では、無論、例えば国際公開第2009/043630号に教示されるように、浸出チャンバを開閉するために前部が後部に移動され、且つ前部が後部から離間される浸出ユニットに関して、このタイプの形態を設けることができる。この場合、ロック装置は、浸出ユニットの移動可能な前部と関連付けられるカムに追従する。

Claims (15)

  1. シート(5)と、
    内部に収容される原材料を処理するための処理状態と、前記原材料を内部へ挿入するためおよび/または前記原材料を内部から排出するための移送状態とをとる原材料ホルダ(13)と、
    消費された原材料を前記原材料ホルダから収集するためおよび/または消費可能な原材料を前記原材料ホルダへ供給するために前記シート内の作用位置をとり、消費された原材料を取り除いて空にするためおよび/または消費可能な原材料を再充填するために前記シートから取り外しできるサービスユニット(20、30)と、
    を備える飲料調製機において、
    前記サービスユニットの位置を機械的に検出して、前記サービスユニットが前記作用位置から外れるとき、特に前記サービスユニットが前記シートから取り外されるときに、前記原材料ホルダが前記処理状態をとることを機械的に防止するため、および/または、
    前記原材料ホルダの状態を機械的に検出して、前記原材料ホルダが前記処理状態にあるとき、特に前記原材料ホルダが前記移送状態から外れるときに、前記シートからの前記サービスユニットの取り外しを機械的に防止するために、
    機械的ロック装置(53)が設けられることを特徴とする、飲料調製機。
  2. 前記原材料ホルダ(13)が、前記原材料を受けるための原材料チャンバ(14)を画定する第1の部分(131)および第2の部分(132)を有し、前記第1の部分が、前記処理状態をとるように前記第2の部分へ移動できるとともに、前記移送状態をとるように前記第2の部分から離れるように移動できる、請求項1に記載の飲料調製機。
  3. 前記機械的ロック装置(53)が、移動可能な前記第1の部分(131)に連結される第1のリンク部材(531a)を備え、前記第1のリンク部材が、随意的に、カム・カム従動子構造(51、531a)によって、移動可能な前記第1の部分に連結され、前記第1のリンク部材が、
    前記サービスユニット(20、30)が前記作用位置から外れていることが前記機械的ロック装置により検出されると、移動可能な前記第1の部分が前記処理状態に達することを阻止する、および/または、
    前記サービスユニットを前記作用位置で前記機械的ロック装置によりブロックするために、移動可能な前記第1の部分が前記処理状態にあるときを検出する、
    ようになっている、請求項2に記載の飲料調製機。
  4. 前記機械的ロック装置(53)が、前記サービスユニット(20、30)に連結され、または連結可能な第2のリンク部材(532a)を備え、前記第2のリンク部材が、随意的に、取り外し可能な前記サービスユニット(20、30)にカム・カム従動子構造(52、532a)によって連結され、前記第2のリンク部材が、
    移動可能な前記第1の部分(131)が前記処理状態にあるときに、前記サービスユニットを前記作用位置でブロックし、および/または、
    移動可能な前記第1の部分が前記処理状態に達するのを前記機械的ロック装置によって阻止するために、前記サービスユニットが前記作用位置から外れているときを検出する、
    ようになっている、請求項1〜3のいずれか一項に記載の飲料調製機。
  5. 前記機械的ロック装置(53)が、機械的に相互接続される第1および第2のリンク部材(531a、532a)を備え、前記第1のリンク部材が、特にカム・カム従動子第1構造(51、531a)によって前記原材料ホルダ(13)に機械的に連結され、前記第2のリンク部材が、特にカム・カム従動子第2構造(52、532a)によって前記サービスユニット(20、30)に機械的に連結可能である、請求項1〜4のいずれか一項に記載の飲料調製機。
  6. 前記第1のリンク部材(531a)が、前記原材料ホルダを前記処理状態から前記移送状態に、及びその逆に変えることによって前記第1および第2のリンク部材(531a、532a)の動きが引き起こされるように、前記原材料ホルダ(13)に機械的に連結される、請求項5に記載の飲料調製機。
  7. 前記第2のリンク部材(532a)が、前記サービスユニットを前記シート(5)内の前記作用位置に移動させおよび該作用位置から移動させることによって前記第1および第2のリンク部材(532a、531a)の動きが引き起こされるように、前記サービスユニット(20、30)に機械的に連結され、または連結可能である、請求項5または6に記載の飲料調製機。
  8. 前記第1および第2のリンク部材(531a、532a)が通常強固に相互接続され、前記機械的ロック装置(53)が、随意的に、前記第1および第2のリンク部材と一体の単一構成要素から形成される、請求項5〜7のいずれか一項に記載の飲料調製機。
  9. 前記機械的ロック装置(53)が、特に前記機械的ロック装置と前記シートの側壁など前記シートの壁との間のカム・カム従動子構造(53’)によって、前記シート(5)に回動可能に、および/または並進可能に取り付けられる、請求項1〜8のいずれか一項に記載の飲料調製機。
  10. 前記サービスユニット(20、30)が、該サービスユニットが前記シート(5)から取り外されて前記シートへ再挿入されるまで、前記原材料ホルダ(13)を前記移送状態でロックするための位置に前記機械的ロック装置(53)をロックするようになっている、請求項1〜9のいずれか一項に記載の飲料調製機。
  11. 前記原材料ホルダ(13)を前記移送状態でロックする位置に前記機械的ロック装置(53)を保持するための、特に前記シート(5)に固定されるリテーナ(534)を備え、随意的に、前記サービスユニット(20、30)が、該サービスユニットが前記シートから引き出されるときに、前記機械的ロック装置を前記リテーナに推し進めるため、および/または前記サービスユニットの前記シート内への再挿入によって、前記機械的ロック装置を前記リテーナから離間させるように推し進めるためのガイド部材(535)を有する、請求項10に記載の飲料調製機。
  12. 前記サービスユニット(20、30)が、手動で前記作用位置に移動できるとともに前記シート(5)から取り外すことができ、および/または、前記原材料ホルダ(13)が、特にユーザハンドル(11)を介して、前記処理状態から前記移送状態に、及びその逆に手動で遷移されるようになっている、請求項1〜11のいずれか一項に記載の飲料調製機。
  13. 前記サービスユニット(20、30)が、廃液および/または廃棄固体原材料を収集する、および/または、消費可能な液体および/または固体原材料を供給するようになっている、請求項1〜12のいずれか一項に記載の飲料調製機。
  14. 前記サービスユニット(20、30)が、
    水、ミルク、茶葉、挽いたコーヒーまたはインスタントコーヒー、濃縮物、または、乾燥スープ、シロップ、粉末チョコレートなどの消費可能な液体および/または固体原材料を前記原材料ホルダへ供給する、および/または、
    水、余剰飲料、および/または、消費された原材料などの廃液および/または廃棄原材料を前記原材料ホルダから収集する、
    ようになっている、請求項13に記載の飲料調製機。
  15. 前記原材料ホルダ(13)が、前記原材料が内部に収容されるカプセルを受け、収容し、および、排出するようになっている、請求項1〜14のいずれか一項に記載の飲料調製機。
JP2012548416A 2010-01-15 2011-01-12 人間工学的原材料ホルダとサービスユニットとの協調 Ceased JP2013517026A (ja)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
EP10150841.4 2010-01-15
EP10150841 2010-01-15
PCT/EP2011/050319 WO2011086088A1 (en) 2010-01-15 2011-01-12 Ergonomic ingredient holder and service unit coordination

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2013517026A true JP2013517026A (ja) 2013-05-16
JP2013517026A5 JP2013517026A5 (ja) 2014-04-03

Family

ID=42236959

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2012548416A Ceased JP2013517026A (ja) 2010-01-15 2011-01-12 人間工学的原材料ホルダとサービスユニットとの協調

Country Status (12)

Country Link
US (1) US20130025465A1 (ja)
EP (1) EP2523586B1 (ja)
JP (1) JP2013517026A (ja)
CN (1) CN102802477B (ja)
AU (1) AU2011206624A1 (ja)
BR (1) BR112012017529A2 (ja)
CA (1) CA2786844A1 (ja)
ES (1) ES2505565T3 (ja)
PT (1) PT2523586E (ja)
RU (1) RU2539670C2 (ja)
WO (1) WO2011086088A1 (ja)
ZA (1) ZA201206089B (ja)

Families Citing this family (38)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US9499333B2 (en) * 2010-11-11 2016-11-22 Nestec S.A. Capsule, beverage production machine and system for the preparation of a nutritional product
BR112014006258A2 (pt) * 2011-09-16 2017-04-11 Nestec Sa máquina de bebida com multissistema de limpeza
WO2013041580A1 (en) * 2011-09-22 2013-03-28 Nestec S.A. Cup support and dispensing device
ES2573543T3 (es) 2012-01-13 2016-06-08 Nestec S.A. Máquina de bebidas para tazas altas y cortas
CH706364B1 (fr) 2012-02-28 2013-12-13 Nestec Sa Système à unité d'infusion motorisée commandée par capsule, son procédé de fonctionnement et utilisation d'une capsule pour cette commande.
US20150257586A1 (en) * 2014-03-11 2015-09-17 Starbucks Corporation Dba Starbucks Coffee Company Single-serve beverage production machine
US9439532B2 (en) 2014-03-11 2016-09-13 Starbucks Corporation Beverage production machines with multi-chambered basket units
US9504348B2 (en) 2014-03-11 2016-11-29 Starbucks Corporation Cartridge ejection systems and methods for single-serve beverage production machines
WO2016083484A1 (en) * 2014-11-27 2016-06-02 Nestec S.A. Ergonomic handle arrangement
US9968217B2 (en) 2015-06-16 2018-05-15 Starbucks Corporation Beverage preparation systems with brew chamber securing mechanisms
US10602874B2 (en) 2015-06-16 2020-03-31 Starbucks Corporation Dba Starbucks Coffee Company Beverage preparation systems with brew chamber access mechanisms
US10342377B2 (en) 2015-06-16 2019-07-09 Starbucks Corporation Beverage preparation systems with adaptable brew chambers
DE102015214097A1 (de) 2015-07-24 2017-01-26 BSH Hausgeräte GmbH Heißgetränkezubereitungsvorrichtung, insbesondere Kaffeevollautomat
DE102016202630A1 (de) * 2016-02-19 2017-08-24 BSH Hausgeräte GmbH Heißgetränkezubereitungsvorrichtung mit Verriegelungselementen
US10856690B2 (en) 2016-03-02 2020-12-08 Societe Des Produits Nestle S.A. Beverage machine with an ergonomic service unit
AU201711149S (en) * 2016-09-06 2017-03-15 SOCIAƒA©TAƒA© DES PRODUITS NESTLAƒA© S A A coffee machine
RU2748515C2 (ru) 2016-09-09 2021-05-26 Сосьете Де Продюи Нестле С.А. Устройство для приготовления напитка с эргономичным управлением
AU201711682S (en) * 2016-09-30 2017-04-07 SOCIAƒA©TAƒA© DES PRODUITS NESTLAƒA© S A A coffee machine
US10898031B2 (en) * 2016-11-16 2021-01-26 F'real Foods Llc Modular blender with improved water heating and light beam detection
WO2018219984A1 (en) 2017-06-01 2018-12-06 Nestec Sa Beverage machine with a collapsible interface
EP3629857A1 (en) 2017-06-01 2020-04-08 Société des Produits Nestlé S.A. Beverage machine with a storable dispensing head
US20200107669A1 (en) 2017-06-01 2020-04-09 Societe Des Produits Nestle S.A. Beverage machine with a stabilizing foot
EP3629858A1 (en) 2017-06-01 2020-04-08 Société des Produits Nestlé S.A. Beverage machine with ergonomic power switch
AU2018283446A1 (en) 2017-06-13 2019-10-31 Societe Des Produits Nestle S.A. Beverage preparation machine with capsule recognition
WO2019057618A1 (en) 2017-09-25 2019-03-28 Nestec Sa BEVERAGE MACHINES WITH REMOVABLE MODULE
CN111107770A (zh) 2017-09-25 2020-05-05 雀巢产品有限公司 具有模块性的饮料机器
WO2019154526A1 (en) 2018-02-09 2019-08-15 Societe Des Produits Nestle S.A. Beverage preparation machine with capsule recognition
WO2019175232A1 (en) 2018-03-14 2019-09-19 Societe Des Produits Nestle S.A. Beverage machine with a partly opening dispensing face
AU2019233589A1 (en) 2018-03-14 2020-08-06 Societe Des Produits Nestle S.A. Beverage machine with a controlled capsule piercing
CN111770710A (zh) 2018-03-14 2020-10-13 雀巢产品有限公司 具有部分闭合的分配面的饮料机器
CA3091730A1 (en) 2018-03-14 2019-09-19 Societe Des Produits Nestle S.A. Beverage machine with a controlled outflow aperture
EP3833227A1 (en) 2018-08-09 2021-06-16 Société des Produits Nestlé S.A. Easily insertable cup support
AU2019348522A1 (en) 2018-09-27 2021-02-18 Société des Produits Nestlé SA Adaptive service unit of a beverage machine
EP3628195A1 (en) 2018-09-27 2020-04-01 Société des Produits Nestlé S.A. Beverage preparation machine with recipient detection
EP3855986A1 (en) 2018-09-27 2021-08-04 Société des Produits Nestlé S.A. Beverage machine with an actuation distribution
EP3893704A1 (en) 2018-12-12 2021-10-20 Société des Produits Nestlé S.A. Beverage preparation machine with capsule recognition
WO2021156268A1 (en) 2020-02-05 2021-08-12 Societe Des Produits Nestle S.A. Beverage preparation machine with capsule recognition
WO2021156336A1 (en) 2020-02-05 2021-08-12 Societe Des Produits Nestle S.A. Beverage preparation machine with capsule recognition

Family Cites Families (56)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
FR2524790B1 (fr) * 1982-04-09 1986-07-25 Moulinex Sa Cafetiere menagere
US4833978A (en) * 1988-07-06 1989-05-30 Black & Decker, Inc. Intelligent coffee brewing system
US5331885A (en) * 1988-07-27 1994-07-26 Food Equipment Technologies Company, Inc. Semiautomatic beverage maker and method
US4960309A (en) 1988-11-29 1990-10-02 Steelcase Inc. Drawer lock and interlock mechanism
US5056876A (en) 1988-11-29 1991-10-15 Steelcase Inc. Drawer lock and interlock mechanism
WO1990014014A1 (en) * 1989-05-16 1990-11-29 Food Equipment Technologies Company, Inc. Semiautomatic beverage maker and method
US5465650A (en) * 1995-01-11 1995-11-14 Bunn-O-Matic Corporation Combo grinder and brewer
PT1095605E (pt) 1999-10-28 2004-11-30 Nestle Sa Dispositivo para a ejeccao de capsula
US6459854B1 (en) 2000-01-24 2002-10-01 Nestec S.A. Process and module for heating liquid
US6439105B1 (en) * 2000-07-31 2002-08-27 Bunn-O-Matic Corporation Multiple direction holder and beverage making apparatus
CA2354778C (en) * 2000-09-28 2007-02-27 George Kataoka Filter device for coffee or the like
CA2335420A1 (en) * 2001-02-12 2002-08-12 Pierre Mercier Method and apparatus for the preparation of hot beverages
US7013795B2 (en) * 2002-01-10 2006-03-21 Conair Corporation Grind and brew coffee apparatus
US6831839B2 (en) 2002-02-28 2004-12-14 Netezza Corporation Adjustable sled module for mass storage devices
PT1380243E (pt) 2002-07-12 2008-07-31 Nestec Sa Dispositivo para aquecimento de um líquido
FR2842091B1 (fr) * 2002-07-12 2004-11-19 Seb Sa Machine a cafe comportant un dispositif de verrouillage perfectionne
WO2004006739A1 (en) * 2002-07-16 2004-01-22 Bunn-O-Matic Corporation Temperature control system
US7607385B2 (en) * 2003-01-24 2009-10-27 Kraft Foods R & D, Inc. Machine for the preparation of beverages
US7255039B2 (en) * 2003-01-24 2007-08-14 Kraft Foods R & D, Inc. Machine for the preparation of beverages
US7316178B2 (en) * 2003-01-24 2008-01-08 Kraft Foods R & D, Inc. Machine for the preparation of beverages
US7231869B2 (en) * 2003-01-24 2007-06-19 Kraft Foods R & D Inc. Machine for the preparation of beverages
RU2331349C2 (ru) * 2003-01-24 2008-08-20 Крафт Фудз Р Унд Д, Инк. Машина для приготовления напитков
DE20302410U1 (de) 2003-02-13 2004-06-24 Nestec S.A. Kapselmagazineinheit mit Kapselmagazineinheitaufnahmeeinrichtung, insbesondere einer Espressomaschine
EP1495702A1 (fr) 2003-07-10 2005-01-12 Nestec S.A. Dispositif pour l'extraction d'une capsule
US7093533B2 (en) * 2003-10-10 2006-08-22 Applica Consumer Products, Inc. Brewing apparatus hot water discharge head
CA2555318A1 (en) * 2004-02-06 2005-08-25 Bunn-O-Matic Corporation Apparatus, system and method for retaining beverage brewing substance
GB2411105B (en) * 2004-02-17 2006-08-30 Kraft Foods R & D Inc An insert and a system for the preparation of beverages
FR2873011B1 (fr) * 2004-07-16 2007-12-14 Reneka Internat Sarl Groupe de preparation d'au moins une tasse de cafe de type expresso ou autre boisson chaude a partir d'une dose individuelle preemballee appelee dosette
GB2416480B (en) * 2004-07-27 2007-12-27 Kraft Foods R & D Inc A system for the preparation of beverages
US7219596B2 (en) * 2004-08-19 2007-05-22 Carrier Commerical Refrigeration, Inc. Coffee brewer with loading and ejection mechanism for a coffee cartridge
EP1634520A1 (fr) 2004-09-13 2006-03-15 Nestec S.A. Dispositif de chauffage d'un liquide et procede pour chauffer un liquide
US8881642B2 (en) * 2004-10-15 2014-11-11 Bunn-O-Matic Corporation Brewer calibration system
FR2878721B1 (fr) * 2004-12-06 2009-04-17 Seb Sa Distributeur automatique de boissons infusees comportant un dispositif d'expulsion de produit infuse
US7648049B1 (en) * 2005-04-19 2010-01-19 Food Equipment Technologies Company, Inc. Beverage ingredient mixing drink dispenser
EP1731065B1 (en) 2005-06-07 2008-06-11 Nestec S.A. Beverage machine with drip tray device for recipients of different heights
CN2920114Y (zh) * 2005-08-15 2007-07-11 王冬雷 咖啡机酿造锁紧装置
DE102005040525A1 (de) * 2005-08-26 2007-03-01 BSH Bosch und Siemens Hausgeräte GmbH Küchengerät mit Sicherheitssystem und Verfahren zum Betreiben eines Küchengeräts
PT1764014E (pt) 2005-09-20 2009-02-13 Nestec Sa Dispositivo de produção de bebidas baseado em termoblocos com câmaras de infusão
AT423496T (de) 2006-05-24 2009-03-15 Nestec Sa Brühvorrichtung und kapselsystem mit einem kapselhalter zur vereinfachten einführung und entfernung der kapsel
AT556630T (de) * 2006-05-24 2012-05-15 Nestec Sa Brühvorrichtung für kapsel mit verschlussmechanismus mit variablem übersetzungsverhältnis
EP1867260B1 (fr) 2006-06-16 2010-05-26 Nestec S.A. Dispositif de distribution de boissons avec système de support et de récupération de gouttes pour récipients de différentes tailles
FR2902629B1 (fr) * 2006-06-26 2010-12-17 Seb Sa Distributeur de produit pulverulent a reservoir amovible
ITMI20061307A1 (it) * 2006-07-06 2008-01-07 Perfect Steam Appliances Ltd Gruppo di infusione per macchina per la preparazione di bevande
EP2059156B1 (en) * 2006-09-07 2010-04-21 Keurig, Incorporated Method and apparatus for beverage formation
EP1914495A1 (fr) 2006-10-20 2008-04-23 Nestec S.A. Appareil pour le refroidissement d'un liquide alimentaire
RU2476137C2 (ru) 2007-05-23 2013-02-27 Нестек С.А. Электроприбор для кондиционирования жидкости на основе молока
ITFI20070172A1 (it) 2007-07-24 2009-01-25 Saeco Ipr Ltd "un supporto per tazzine od altri contenitori in macchine per la produzione di bevande"
EP2278900B1 (en) * 2008-04-22 2016-04-27 Nestec S.A. Modular assembly of a beverage preparation machine
PT2205133E (pt) 2007-10-04 2011-06-09 Nestec Sa Unidade de infusão de bebidas
KR20100099267A (ko) * 2007-12-12 2010-09-10 네스텍 소시에테아노님 액체 음식 또는 음료 기계용으로 사용된 캡슐 또는 포드 리셉터클
EP2070454B1 (en) 2007-12-12 2015-07-15 Nestec S.A. Beverage production machines comprising a plurality of core units
PT2071986E (pt) * 2007-12-18 2012-04-13 Nestec Sa Sistema para preparação de uma bebida a partir de ingredientes suportado por uma inserção codificada
CN101951820B (zh) * 2008-02-05 2013-10-09 卢易吉拉瓦赞有限公司 颗粒制剂容器的装载和顶出设备以及相关的饮料分配装置
WO2009135034A1 (en) * 2008-04-30 2009-11-05 Bunn-O-Matic Corporation Brewer including substance removal assembly
US8695484B2 (en) 2008-05-07 2014-04-15 Nestec S.A. Used capsule collector for beverage devices
CN101554290B (zh) * 2009-05-13 2011-04-27 广东新宝电器股份有限公司 咖啡机冲泡器自锁装置

Also Published As

Publication number Publication date
ES2505565T3 (es) 2014-10-10
EP2523586B1 (en) 2014-08-13
CN102802477B (zh) 2014-12-03
BR112012017529A2 (pt) 2019-09-24
CA2786844A1 (en) 2011-07-21
CN102802477A (zh) 2012-11-28
PT2523586E (pt) 2014-09-09
ZA201206089B (en) 2014-01-29
RU2012134787A (ru) 2014-02-20
AU2011206624A1 (en) 2012-08-02
RU2539670C2 (ru) 2015-01-20
WO2011086088A1 (en) 2011-07-21
US20130025465A1 (en) 2013-01-31
EP2523586A1 (en) 2012-11-21

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2013517026A (ja) 人間工学的原材料ホルダとサービスユニットとの協調
JP2013517025A (ja) 飲料調製機のための人間工学的サービスユニット
US8839832B2 (en) Ergonomic service arrangement for beverage machine
JP2017140415A (ja) 原材料入口用のカバーを有する飲料マシン
EP2592980B1 (en) Secure cup support for beverage machine
CN104105432B (zh) 用于配料入口的、具有湿处理的盖件
US9980597B2 (en) Beverage preparation machine with drop collector
EP2571407B1 (en) Storable hot water or steam delivery device
CN111655092A (zh) 用于饮料机器的用过胶囊容座

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20140109

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20140212

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20141106

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20150106

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20150403

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20151006

A045 Written measure of dismissal of application [lapsed due to lack of payment]

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A045

Effective date: 20160223