JP2013500049A - 内部電気加熱式バーベキュー装置 - Google Patents

内部電気加熱式バーベキュー装置 Download PDF

Info

Publication number
JP2013500049A
JP2013500049A JP2012520890A JP2012520890A JP2013500049A JP 2013500049 A JP2013500049 A JP 2013500049A JP 2012520890 A JP2012520890 A JP 2012520890A JP 2012520890 A JP2012520890 A JP 2012520890A JP 2013500049 A JP2013500049 A JP 2013500049A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
barbecue
electric heating
rack
internal electric
support
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Withdrawn
Application number
JP2012520890A
Other languages
English (en)
Inventor
リン リ,
Original Assignee
リン リ,
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to CN200910055385.0 priority Critical
Priority to CN2009100553850A priority patent/CN101617917B/zh
Application filed by リン リ, filed Critical リン リ,
Priority to PCT/CN2010/070544 priority patent/WO2011009301A1/en
Publication of JP2013500049A publication Critical patent/JP2013500049A/ja
Withdrawn legal-status Critical Current

Links

Images

Classifications

    • AHUMAN NECESSITIES
    • A47FURNITURE; DOMESTIC ARTICLES OR APPLIANCES; COFFEE MILLS; SPICE MILLS; SUCTION CLEANERS IN GENERAL
    • A47JKITCHEN EQUIPMENT; COFFEE MILLS; SPICE MILLS; APPARATUS FOR MAKING BEVERAGES
    • A47J37/00Baking; Roasting; Grilling; Frying
    • A47J37/06Roasters; Grills; Sandwich grills
    • A47J37/07Roasting devices for outdoor use; Barbecues
    • A47J37/0718Roasting devices for outdoor use; Barbecues with vertical fire box
    • A47J37/0722Roasting devices for outdoor use; Barbecues with vertical fire box with electric heating elements
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A47FURNITURE; DOMESTIC ARTICLES OR APPLIANCES; COFFEE MILLS; SPICE MILLS; SUCTION CLEANERS IN GENERAL
    • A47JKITCHEN EQUIPMENT; COFFEE MILLS; SPICE MILLS; APPARATUS FOR MAKING BEVERAGES
    • A47J37/00Baking; Roasting; Grilling; Frying
    • A47J37/06Roasters; Grills; Sandwich grills
    • A47J37/0688Broilers with vertically disposed heat sources and food supports
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A47FURNITURE; DOMESTIC ARTICLES OR APPLIANCES; COFFEE MILLS; SPICE MILLS; SUCTION CLEANERS IN GENERAL
    • A47JKITCHEN EQUIPMENT; COFFEE MILLS; SPICE MILLS; APPARATUS FOR MAKING BEVERAGES
    • A47J37/00Baking; Roasting; Grilling; Frying
    • A47J37/06Roasters; Grills; Sandwich grills
    • A47J37/08Bread-toasters
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A47FURNITURE; DOMESTIC ARTICLES OR APPLIANCES; COFFEE MILLS; SPICE MILLS; SUCTION CLEANERS IN GENERAL
    • A47JKITCHEN EQUIPMENT; COFFEE MILLS; SPICE MILLS; APPARATUS FOR MAKING BEVERAGES
    • A47J37/00Baking; Roasting; Grilling; Frying
    • A47J37/06Roasters; Grills; Sandwich grills
    • A47J37/08Bread-toasters
    • A47J37/0871Accessories
    • A47J37/0885Toaster inserts; Removable bread tongs

Abstract

内部電気加熱式バーベキュー装置が提供される。このバーベキュー装置は、少なくとも一つの上方の開口部を備える筐体(100)を含む。筐体(100)は、加熱ユニット(150)を両側面の内側に有する。開口部は、バーベキューラック(200)を支持するラック支持部(140)を有する。開口部の幅は、30mm〜200mmである。バーベキューラック(200)は、バーベキューフレーム(210)と支持ロッドホルダ(220)とで構成される。バーベキューフレーム(210)は、開口部内部に配置され、支持ロッドホルダ(220)は支持部分(140)の上に配置される。バーベキューラック(200)は、食品焼串(300)を備える。それぞれの食品焼串(300)は、柄(310)、支持位置決め部(320)及び食品取付部(330)を含む。

Description

本発明は、バーベキュー装置、詳しくは内部電気加熱式バーベキュー装置に関する。
現在の市場でのバーベキュー装置は、主として熱源として石炭を燃焼させる直火式バーベキュー装置であって、上方が開口した筐体構造を採用している。使用中に点火された石炭が筐体の底部に置かれて、通常、バーベキューエリアは加熱エリアの上にある。例えば、網は、バーベキューをする食品のために、筐体の上方部分にある。潜在的な問題は、石炭の点火がかなり難しいことである。また、石炭の燃焼は大量の煙及び灰をもたらし、これは空気の汚染を引き起こすばかりでなく、バーベキューをする食品の清潔さにも影響する。また、火炎温度の調節が困難であるため、食品が生焼けになったり焦げたりしやすく、そのため食品の質を管理することが困難である。石炭燃焼式バーベキュー装置の問題を解決するために、いくつかの上部が開口した電気加熱式バーベキュー装置が考案されている。しかし、バーベキュー装置の温度調節及び時間調節に関する問題は解決されていないので、バーベキューをする食品の質は不充分なままである。さらに、このようなバーベキュー装置では、下側部分の温度が上側部分よりもはるかに高いので、底部からの熱伝達プロセス中に熱が失われてエネルギーの無駄を生じることがある。また、バーベキューの間に装置の底部に食品が落下することで、燃焼して調理後のバーベキュー装置の掃除を大変にする煙の汚れをもたらすことがある。現在のバーベキュー装置は、食品の片面のみを加熱するので、バーベキューの間、食品の両面を均等に加熱するためにユーザは食品を絶えず裏返す必要がある。また、食品の焼き加減は経験により判断される必要があり、これが食品の質の管理を困難にする。
本発明では、内部電気加熱式バーベキュー装置を提供し、これがバーベキューの作業を単純化し、さらに安全かつ清潔なものとし、それにより食品の質を効果的に管理することができる新しい方法を生み出す。
上述した目的を達成するために、内部電気加熱式バーベキュー装置は、少なくとも一つの上方の開口部を備えた筐体を含み、筐体は両側面の内側に電気加熱ユニットを有し、開口部はバーベキューラックを支持するラック支持部を有し、開口部の幅は30mm〜200mmである。
さらに、バーベキューラックは、バーベキューフレームと支持ロッドホルダとを含み、バーベキューフレームは開口部の内部に配置され、支持ロッドホルダはラック支持部の上に配置される。
さらに、ラック支持部は、凹部と支持部分とを有し、バーベキューラックの支持ロッドホルダは、バーベキューラックの位置を限定するためにこの凹部と合わされる凸部を有する。ラック支持部は、バーベキューラックの支持ロッドホルダを支持するために使用される。
さらに、バーベキューラックのバーベキューフレームは、第1フレーム及び第2フレームを含み、これらはその一端でピン結合される。バーベキューラックの支持ロッドホルダは、第1ロッドホルダ及び第2ロッドホルダを含み、これらは別々に取り付けられて、2つのフレームの他端に結合される。2つのロッドホルダは、所定の勾配を有する。
さらに、2つのフレームのピン結合部は、閉鎖ラックと位置ホルダとを有し、2つのフレームは、それぞれが弓形のスタンドフレームを有する。
さらに、2つのロッドホルダは、互いに合わされるバックル部分を有する。
さらに、バーベキューラックは、食品焼串を備える。食品焼串は、柄と支持位置決め部と食品取付部とを含み、食品取付部は円筒形又は平板であり、食品取付部は複数の制限用凸部を含む。
さらに、支持位置決め部は位置決め用の円板であり、食品取付部はバーベキューラックによって挟んで固定され、支持位置決め部は、柄をバーベキューラックの外側に留める。
さらに、筐体は、着脱式の水タンクを底部に有する。
さらに、内部電気加熱式バーベキュー装置は、温度調節ユニットと時間設定ユニットとを有する。
本発明で提供される内部電気加熱式バーベキュー装置は、適切な幅の開口部を有し、これが小さな開口部に起因するバーベキューラックをバーベキュー装置に置く際に食品が筐体の他の部分と接触することで生じる食品衛生問題及びバーベキューの間の焦げの臭いの問題を回避する。また、大きな開口部に起因する、急速な熱損失により生じるエネルギー消費問題及び不均一な食品加熱の問題も回避する。2つの側面の垂直方向の電気加熱ユニットとバーベキューラックとの組合せは、バーベキュー装置の内部を比較的均一で安定した温度にし、食品を裏返す必要性が無く、そればかりか時間及び温度を調節することでバーベキューを容易かつ管理可能にする。したがって、ユーザは複雑なプロセスから解放され、それはキッチンでの毎日の調理の優れた補助手段となる。本発明は、煙が発生せず、掃除が容易であり、使い勝手が良く、余分な油脂を効果的に除去すること及びバーベキューの質を的確に管理することを可能にするという長所を有する。
本発明における好ましい実施形態の内部電気加熱式バーベキュー装置の構造を示す概略図である。 本発明における好ましい実施形態の内部電気加熱式バーベキュー装置の上方の開口部を示す概略図である。 本発明における好ましい実施形態の内部電気加熱式バーベキュー装置の構造分解を示す概略図である。 本発明における別の好ましい実施形態の内部電気加熱式バーベキュー装置の構造を示す概略図である。 本発明における別の好ましい実施形態の内部電気加熱式バーベキュー装置の構造を示す概略図である。 本発明における別の好ましい実施形態の内部電気加熱式バーベキュー装置の構造を示す概略図である。 本発明における好ましい実施形態のバーベキューラックを閉じた状態で示す概略図である。 本発明における好ましい実施形態のバーベキューラックを開いた状態で示す概略図である。 本発明における好ましい実施形態のバーベキューラックの利用状態を示す概略図である。 本発明における別の好ましい実施形態のバーベキューラックの概略図である。 好ましい実施形態の食品焼串の構造を示す概略図である。 好ましい実施形態の食品焼串の構造を示す概略図である。 好ましい実施形態の食品焼串の構造を示す概略図である。 本発明における好ましい実施形態の内部電気加熱式バーベキュー装置の全体構造を示す概略図である。
本発明の技術的内容のより良い説明のために、添付図面を参照して、特定の好ましい実施形態を以下に挙げる。
本発明において提供される内部電気加熱式バーベキュー装置は、簡単、安全かつ清潔な作業を特徴とし、食品の質を管理する効果的な方法を有する。
図1を参照する。図1は、本発明における好ましい実施形態の内部電気加熱式バーベキュー装置の構造を示す概略図である。図に示されるように、本発明において提供される内部電気加熱式バーベキュー装置は、上方に開口部を備えた筐体100と、開口部で筐体100の内部に配置されるバーベキューラック200と、バーベキューラックと共に用いられる食品焼串300とを含む。バーベキュー装置の筐体100は、着脱式の水タンク110を底部に有し、着脱式の水タンク110は、バーベキューの間に食品からの水滴又は油滴などの液体を収集するのに使用される。このような着脱式の水タンク110は、掃除のために筐体100から容易に取り外され、バーベキュー装置の筐体内部の清潔さを確保するために再び設置される。バーベキューの質を的確に管理するように、バーベキュー装置は、バーベキュー装置内部のバーベキュー温度を調節し、バーベキューの時間を定める時間設定ユニット120及び温度調節ユニット130(正確な電気的温度制御又は電気的時間設定も可能である)を側面に有している。
図2を参照する。図2は、本発明における好ましい実施形態の内部電気加熱式バーベキュー装置の上方の開口部を示す概略図である。図に示されるように、本発明の内部電気加熱式バーベキュー装置は、30mm〜200mmの幅を備えた上方の開口部を有する。開口部が小さすぎると、バーベキューラック200をバーベキュー装置の筐体100に配置する際に、食品がバーベキュー装置の筐体100の他の部分と接触しやすく、不潔であり、さらにバーベキューの間に焦げの臭いを放出しやすい。しかし、開口部が大きすぎる場合には、バーベキュー装置内部の熱損失が急速であって、エネルギー消費量を増大させるばかりでなく食品の不均一な加熱にもつながる。本発明では、最良の結果のために筐体100の上方の開口部の幅を30mm〜200mmに設定している。本発明で提供される内部電気加熱式バーベキュー装置の筐体100は、たくさんの食品をバーベキューするために多くの上方の開口部を有してもよく、上方の開口部の数は顧客の要求に従って調整することができる。やはり図2に示されているように、筐体100の開口部は、バーベキューラック200を支持するためのラック支持部140を有する。ラック支持部140は、凹部141と支持部分142とを有し、凹部141は、バーベキューラック200の位置を筐体100の上方の開口部に限定するのに使用され、一方で支持部分142は、バーベキューラック200を支持してこれが筐体100へ落下するのを防止するために使用される。
次に図3を参照する。図3は、本発明における好ましい実施形態の内部電気加熱式バーベキュー装置の構造分解を示す概略図である。図に示されるように、本発明において提供される内部電気加熱式バーベキュー装置の筐体100は、管状の電気加熱要素又は赤外線加熱管である垂直方向の加熱ユニット150を、その両側面の内側に対称に有する。筐体100の両側面の内側にある対称的な垂直方向の加熱ユニット150の間の距離は、70mm〜230mmにすることができる。2つの側面の垂直方向の電気加熱ユニット150とバーベキューラック200との組合せは、バーベキュー装置の内部を比較的均一で安定した温度にし、それにより使用時に食品を裏返すことや、いくつかの不利益を回避する。一方、電気加熱ユニット150は、それぞれがバーベキューラック200が筐体100に置かれている間に電気加熱ユニット150と接触するのを防止する食品隔離格子151を備える。筐体100は、バーベキューの時間及び温度を管理するために、時間設定ユニット120及び温度調節ユニット130に別々に結合されたタイマー121及び温度制御装置131を内部に有する。筐体100は、温度保護部材(不図示)及び積層マイカ161,162も備える。エネルギー損失を回避してエネルギー消費量を減少させるとともに、内部電気加熱式バーベキュー装置の過熱されたハウジングにより使用者が負傷することを回避するために、筐体100内部のバーベキュー温度を維持する絶縁ボードが、筐体100の側面及び底面に別々に備えられる。
次に図4〜図6を参照する。図4〜6は、本発明における別の好ましい実施形態の内部電気加熱式バーベキュー装置の構造を示す概略図である。図4〜図6に示された内部電気加熱式バーベキュー装置は、2つの異なる開口部でより多くの食品を同時にバーベキューするために、2つの上方の開口部を有する。ここで、上方の開口部の数は、ユーザの要求に従って調整可能である。
次に図7及び図8を参照する。図7は、本発明における好ましい実施形態のバーベキューラックを閉じた状態で示す概略図であり、図8は本発明における好ましい実施形態のバーベキューラックを開いた状態で示す概略図である。バーベキューラック200は、バーベキューフレーム210と支持ロッドホルダ220とを含む。バーベキューフレーム210は、バーベキュー中に筐体100の開口部の内部に配置されるのに対し、支持ロッドホルダ220は、バーベキュー中にラック支持部140の上に配置される。バーベキューラック200の支持ロッドホルダ220は、上述のラック支持部140の凹部141に配置されてバーベキューラック200の位置を限定する凸部を有し、バーベキューラック200の支持ロッドホルダ220が上述のラック支持部140の支持部分142に支持されて、バーベキューラック200が筐体100へ落下するのを防止する。バーベキューラック200のバーベキューフレーム210は、第1フレーム211と第2フレーム212とで構成され、2つのフレーム211,212は、その一端で回転シャフトによりピン結合される。バーベキューラック200の支持ロッドホルダ220は、第1ロッドホルダ221と第2ロッドホルダ222とで構成され、2つのロッドホルダ221,222は別々に取り付けられて、2つのフレーム211,212の他端に結合される。ここで、2つのロッドホルダ221,222は、使用中に手が触れるのを避けるスペースを提供するために、所定の勾配を有する。バーベキュー中に食品焼串300の食品が重力によって落下するのを防ぎ、同時にバーベキュー筐体100の内部の清潔さを確保するために、食品を落下させない閉鎖エリアを形成する閉鎖ラック230を、2つのフレーム211,212のピン結合部分が有する。閉鎖ラック230は、2つの停止ピン231,232で構成され、回転シャフトの中心と2つの停止ピン231,232との間は所定の距離が離されて、これが食品焼串300をバーベキューラック200に置く際の配置を容易にする。2つのフレーム211,212のピン結合部分は、2つのフレーム211,212の開口角度を限定する位置ホルダ260を有し、それによりバーベキュー装置の連続的な使用において、フレームの開口角度が大きいことで他の物品を燃やしてしまうことを効果的に回避すると同時に、作業スペースを縮小する。加えて、2つのフレーム211,212は、それぞれが外側に食品の取り出し及び配置を容易にする大きなカーブ状のスタンドフレーム251,252を備える。バーベキューラック200が筐体100内に組み込まれる時には、フレーム211,212の間で内側に食品が保持されるため、弓形のスタンドフレーム251,252は、筐体100の内部に食品が接触しないようにして筐体100を清潔に保つ。また、弓形のスタンドフレーム251,252は、バーベキューラックを開いた際に食品焼串の食品が空中にぶら下がるようにすることで、食品が下の面と接触するのを効果的に防止する。2つのロッドホルダ221,222は、2つのフレーム211,212を合わせた際に食品焼串300がバーベキューラック200にしっかりと固定されることを請け負う、互いに協働するバックル部分241,242を有する。
次に図9を参照する。図9は、本発明における好ましい実施形態のバーベキューラックの利用状態を示す概略図である。食品焼串300が、バーベキューラック200によりしっかりと挟んで固定される。食品焼串300は、食品焼串300を支持してバーベキューラック200に位置決めするための支持位置決め部320を有し、一方で閉鎖ラック230は、食品を落下させない閉鎖エリアを提供する。2つのロッドホルダ221,222のバックル部分241,242には、閉じられたカバーを指で容易に外せるように、一体に留められた状態において所定の空間243を設けている。
次に図10を参照する。図10は本発明における別の好ましい実施形態のバーベキューラックの概略図である。2つのフレーム211,212は、波形のステンレス鋼線を有する。このバーベキューラック200は、大きな食品(魚、ステーキ、イカなど)をバーベキューするために設計されており、横向きの細いステンレス鋼線270が、波形に設計され、両端部のみで固定及び結合されて良好な変形性能を提供し、2つのフレーム211,212を閉じた状態で、所定の範囲内の異なる厚さの食品を良好に挟んで固定し、位置を定めることを特徴とする。
次に図11a,11b,11cを参照する。図11a,11b,11cは、食品焼串の構造の好ましい実施形態の概略図である。図に示されるように、食品焼串300は、柄310と支持位置決め部320と食品取付部330とで構成される。支持位置決め部320は、円板又は他の形状の位置決め用部分であり、食品取付部330は、様々な食品に適した円筒形又は平板である(各図における食品焼串の左側面図及び右側面図を参照)。バーベキュー中に、食品取付部330は、バーベキューラック200に挟まれて固定される。支持位置決め部320は、容易な取り出しのために、柄310をバーベキューラック200の外側に留める。図11a,図11bに示される食品取付部330は、2つの制限用凸部340を含み、それらの間に食品を留めておく。図11cに示される食品取付部330は、多くの制限用凸部340を含み、食品を留めて掃除を容易にすることに加え、食品の落下を防止する。
次に図12を参照する。図12は、本発明における好ましい実施形態の内部電気加熱式バーベキュー装置の全体構造を示す概略図である。本発明で提供される内部電気加熱式バーベキュー装置は、筐体100とバーベキューラック200と食品焼串300とで構成される。筐体の開口部は適切な幅を有し、これが小さな開口部に起因するバーベキューラックをバーベキュー装置に置く際に食品が他の部分と接触することで生じる衛生問題及びバーベキューの間の焦げの臭いの問題を排除する。また、大きな開口部に起因する急速な熱損失により生じるエネルギー消費問題及び不均一な食品加熱の問題も排除する。2つの側面の垂直方向の電気加熱ユニットとバーベキューラックとの組合せは、バーベキュー装置の内部を比較的均一で安定した温度にし、食品を裏返す必要性を無くし、そればかりか時間及び温度を調節することでバーベキューを容易かつ管理可能にする。本発明で提供される内部電気加熱式バーベキュー装置と内蔵のメニューとの組合せの結果、ユーザは複雑なプロセスから解放され、それはキッチンでの毎日の調理の優れた補助手段となる。本発明は、掃除が容易であり、使い勝手が良く、余分な油脂の効果的な除去及びバーベキューの質の管理が可能であるという長所を有する。
好ましい実施形態を参照して本発明を開示したが、これは本発明を限定するものではない。本発明の技術分野における通常の知識を有する者であれば、発明の趣旨及び範囲を逸脱することなくそれを変更して実施できるであろう。したがって、本発明の保護範囲は、特許請求の範囲に規定されたものにより決定される。
100 筐体
110 着脱式の水タンク
120 時間設定ユニット
121 タイマー
130 温度調節ユニット
131 温度制御装置
140 ラック支持部
141 凹部
142 支持部分
150 加熱ユニット
151 食品隔離格子
161,162 積層マイカ
200 バーベキューラック
210 バーベキューフレーム
211 第1フレーム
212 第2フレーム
220 支持ロッドホルダ
221,222 ロッドホルダ
230 閉鎖ラック
231,232 停止ピン
241,242 バックル部分
243 空間
251,252 スタンドフレーム
260 位置ホルダ
270 鋼線
300 食品焼串
310 柄
320 支持位置決め部
330 食品取付部
340 制限用凸部

Claims (14)

  1. 少なくとも一つの上方の開口部を備える筐体を有し、前記筐体は両側面の内側に電気加熱ユニットを有し、前記開口部はバーベキューラックを支持するラック支持部を有し、前記開口部の幅が30mm〜200mmである、内部電気加熱式バーベキュー装置。
  2. 前記バーベキューラックは、バーベキューフレームと支持ロッドホルダとを含み、前記バーベキューフレームは前記開口部の内部に配置され、前記支持ロッドホルダは前記ラック支持部の上に配置されることを特徴とする、請求項1に記載の内部電気加熱式バーベキュー装置。
  3. 前記ラック支持部は、凹部と支持部分とを有し、前記バーベキューラックの前記支持ロッドホルダは、前記バーベキューラックの位置を限定するために前記凹部と合わされる凸部を有し、前記支持部分は、前記バーベキューラックの前記支持ロッドホルダを支持するために使用されることを特徴とする、請求項2に記載の内部電気加熱式バーベキュー装置。
  4. 前記バーベキューラックの前記バーベキューフレームは、第1フレーム及び第2フレームで構成され、該2つのフレームは一端でピン結合され、前記バーベキューラックの前記支持ロッドホルダは、別々に取り付けられて前記2つのフレームの他端に結合される第1ロッドホルダ及び第2ロッドホルダで構成されることを特徴とする、請求項2に記載の内部電気加熱式バーベキュー装置。
  5. 前記第1ロッドホルダ及び第2ロッドホルダが、所定の勾配を有することを特徴とする、請求項4に記載の内部電気加熱式バーベキュー装置。
  6. 前記2つのフレームのピン結合の部分が、閉鎖ラックと位置ホルダとを有することを特徴とする、請求項4に記載の内部電気加熱式バーベキュー装置。
  7. 前記2つのフレームが、それぞれに弓形のスタンドフレームを有することを特徴とする、請求項4に記載の内部電気加熱式バーベキュー装置。
  8. 2つの前記ロッドホルダが、互いに協働するバックル部分を有することを特徴とする、請求項4に記載の内部電気加熱式バーベキュー装置。
  9. 前記バーベキューラックが食品焼串を備え、前記食品焼串は、柄と支持位置決め部と食品取付部とを含むことを特徴とする、請求項1に記載の内部電気加熱式バーベキュー装置。
  10. 前記食品取付部が円筒形又は平板であることを特徴とする、請求項9に記載の内部電気加熱式バーベキュー装置。
  11. 前記食品取付部が2つ以上の制限用凸部を含むことを特徴とする、請求項9に記載の内部電気加熱式バーベキュー装置。
  12. 前記支持位置決め部が位置決め用の円板であり、前記食品取付部が前記バーベキューラックによって挟んで固定され、前記支持位置決め部が前記柄を前記バーベキューラックの外側に留めることを特徴とする、請求項9に記載の内部電気加熱式バーベキュー装置。
  13. 前記筐体が着脱式の水タンクを底部に有することを特徴とする、請求項1に記載の内部電気加熱式バーベキュー装置。
  14. 前記内部電気加熱式バーベキュー装置が、温度調節ユニットと時間設定ユニットとを有することを特徴とする、請求項1に記載の内部電気加熱式バーベキュー装置。
JP2012520890A 2009-07-24 2010-02-05 内部電気加熱式バーベキュー装置 Withdrawn JP2013500049A (ja)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
CN200910055385.0 2009-07-24
CN2009100553850A CN101617917B (zh) 2009-07-24 2009-07-24 内加热式电烧烤炉
PCT/CN2010/070544 WO2011009301A1 (en) 2009-07-24 2010-02-05 Internally electric heating barbecue

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2013500049A true JP2013500049A (ja) 2013-01-07

Family

ID=41511462

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2012520890A Withdrawn JP2013500049A (ja) 2009-07-24 2010-02-05 内部電気加熱式バーベキュー装置

Country Status (12)

Country Link
EP (1) EP2456339B1 (ja)
JP (1) JP2013500049A (ja)
KR (1) KR20120012827A (ja)
CN (2) CN101617917B (ja)
AU (1) AU2010276002A1 (ja)
BR (1) BRPI1012008A2 (ja)
CA (1) CA2761990A1 (ja)
IL (1) IL216387D0 (ja)
MX (1) MX2011013881A (ja)
RU (1) RU2012106595A (ja)
WO (1) WO2011009301A1 (ja)
ZA (1) ZA201109218B (ja)

Families Citing this family (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN101617917B (zh) * 2009-07-24 2011-03-30 上海旗立电器有限公司 内加热式电烧烤炉
CN102813465A (zh) * 2012-09-11 2012-12-12 吕海滨 一种自动烧烤机
CN105877180A (zh) * 2014-11-06 2016-08-24 聂杜基 一种炭烧无烟防烫防热烧烤桌
CN109171485A (zh) * 2016-11-24 2019-01-11 合肥智慧龙图腾知识产权股份有限公司 一种烤箱用内胆箱体
US11266266B2 (en) * 2017-06-06 2022-03-08 Manitowoc Fsg Operations, Llc Food product adapter for vertical grill
CN108784412A (zh) * 2018-07-17 2018-11-13 烟台市奥境数字科技有限公司 一种多功能烤面包机

Family Cites Families (16)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CA1284342C (en) * 1988-07-19 1991-05-21 Gordon K. Russell Toaster
WO1995027427A1 (en) * 1994-04-11 1995-10-19 Shin Young Co., Ltd. Barbecue
IT1275340B (it) 1994-11-16 1997-08-05 Giuseppe Antonio Giampietro Dispositivo di cottura laterale tra piastre verticali di materiali refrattari e/o conduttori, alimentate a gas, per spiedini di carne e simili
CN2214786Y (zh) * 1994-11-25 1995-12-13 刘海斌 立式双面加热电烤箱
CN1087923C (zh) * 1996-06-19 2002-07-24 戈登·拉塞尔 用于烤肉或烤面包的改进型烤具
WO1998055010A1 (en) * 1997-06-05 1998-12-10 Michel Payette Fondue cooking apparatus
US5735191A (en) * 1997-06-17 1998-04-07 Russell; Gordon K. Cooking appliance for meat and buns
CN2449618Y (zh) * 2000-11-24 2001-09-26 张印增 安全羊肉串电烤箱
KR100495152B1 (ko) * 2002-10-12 2005-06-14 삼성전자주식회사 가열 조리기
KR20040071026A (ko) * 2003-02-06 2004-08-11 삼성전자주식회사 조리장치
US20070108179A1 (en) * 2005-03-14 2007-05-17 Hines Robert S Jr Cooking oven
GB2440714B (en) * 2006-08-07 2008-09-17 Grand Hall Entpr Co Ltd Smokeless barbecue grill
CN200982684Y (zh) * 2006-12-18 2007-11-28 李昆生 吹风式电烧烤炉
US20090049993A1 (en) * 2007-08-23 2009-02-26 Fletcher Morgan Waffle and pancake cooking apparatus
CN201303564Y (zh) * 2008-11-13 2009-09-09 李林 电热式烧烤炉
CN101617917B (zh) * 2009-07-24 2011-03-30 上海旗立电器有限公司 内加热式电烧烤炉

Also Published As

Publication number Publication date
AU2010276002A1 (en) 2012-01-12
EP2456339A1 (en) 2012-05-30
WO2011009301A1 (en) 2011-01-27
EP2456339B1 (en) 2014-01-08
BRPI1012008A2 (pt) 2016-05-10
ZA201109218B (en) 2012-08-29
CN102325486A (zh) 2012-01-18
MX2011013881A (es) 2012-05-08
KR20120012827A (ko) 2012-02-10
IL216387D0 (en) 2012-01-31
EP2456339A4 (en) 2012-12-19
RU2012106595A (ru) 2013-08-27
CN101617917B (zh) 2011-03-30
CA2761990A1 (en) 2011-01-27
CN101617917A (zh) 2010-01-06

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2013500049A (ja) 内部電気加熱式バーベキュー装置
CN203468392U (zh) 一种可分层拆装的多用电烤炉
KR100936895B1 (ko) 전기식 로스터
CN202775933U (zh) 电加热烧烤设备
CN202891670U (zh) 一种煎烤器
CN102283588B (zh) 一种电烤炉
US20120017771A1 (en) Internally electric heated barbecue
US20170027381A1 (en) Cooking appliance with direct contact cooking grate
US10820752B2 (en) Multi-leveled cooking apparatus
KR101479097B1 (ko) 기름 배출 구조를 갖는 구이장치
JP6084736B1 (ja) バーベキューグリル及び網焼き器
JP2005323650A (ja) 立て型両面魚焼き器
TWI425912B (zh) Electric baking pan
KR20100119832A (ko) 구이기구의 자동 세척방법
KR20010003242A (ko) 양측면 가열식 고기구이기
CN215937125U (zh) 一种使用安全的空气炸锅
CN206295283U (zh) 多功能煎烤设备
CN211673834U (zh) 烧烤炉
CN210446776U (zh) 一种无烟多功能烧烤设备
CN208228847U (zh) 一种电烧烤机
CN216256748U (zh) 一种烧烤炉
JP2000210202A (ja) 電気加熱調理器
KR101018780B1 (ko) 고기 구이기
TWM602866U (zh) 旅行箱式烤肉架
TWM478342U (zh) 一種家用可擕式無煙燒烤機

Legal Events

Date Code Title Description
A761 Written withdrawal of application

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A761

Effective date: 20130313

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A821

Effective date: 20130313