JP2013257339A - Biochemical measuring instrument using biosensor cartridge preventing reuse of biosensor cartridge - Google Patents

Biochemical measuring instrument using biosensor cartridge preventing reuse of biosensor cartridge Download PDF

Info

Publication number
JP2013257339A
JP2013257339A JP2013175947A JP2013175947A JP2013257339A JP 2013257339 A JP2013257339 A JP 2013257339A JP 2013175947 A JP2013175947 A JP 2013175947A JP 2013175947 A JP2013175947 A JP 2013175947A JP 2013257339 A JP2013257339 A JP 2013257339A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
biosensor cartridge
biosensor
biochemical
cartridge
measuring instrument
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2013175947A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Koji Oguma
耕二 小熊
Akikimi Ohashi
昭王 大橋
Original Assignee
Tanita Corp
株式会社タニタ
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Images

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a biochemical measuring instrument using a biosensor cartridge which prevents reuse of the biosensor cartridge that must not be used.SOLUTION: A urine sugar meter is constituted so that a biosensor cartridge 11 comprising a biosensor is connected to a urine sugar meter body 21 freely detachably. In the urine sugar meter, the biosensor cartridge 11 comprises a fuse 100 built therein, and the urine sugar meter body 21 comprises a detection and fusing circuit 106 for detecting and fusing the fuse 100. When the biosensor cartridge 11 is connected to the urine sugar meter 21 and used, the detection and fusing circuit 106 detects a conduction state of the fuse, to confirm that the new biosensor cartridge 11 is mounted and, when a non-conduction state of the fuse is detected, the used biosensor cartridge 11 is determined as being mounted and displays "replacement of the biosensor cartridge" on a display device 29 of the urine sugar meter body 21.

Description

本発明は、バイオセンサを利用する尿糖計のような生化学測定器に関するものであり、更に具体的には、バイオセンサカートリッジの再利用を防止する、バイオセンサカートリッジを使用する生化学測定器に関するものである。 The present invention relates to a biochemical measuring instrument, such as a urine sugar meter which utilizes a biosensor, and more specifically, to prevent re-use of the biosensor cartridge, biochemical measuring instrument that uses a biosensor cartridge it relates.

バイオセンサを利用する尿糖計やほかの生化学測定器においては、バイオセンサには、感度のばらつきがあり、それが経時的に変化乃至劣化していき、また、使用開始からの測定回数並びに経過時間に寿命がある。 In urine sugar meter or other biochemical measuring instrument utilizing a biosensor, the biosensor, there is a variation in sensitivity, it will change over time or deteriorate, also the number of measurements from the start of use and there is a life on the elapsed time. そのため、尿糖計に用いるバイオセンサは、使い捨てではないが、測定回数、使用開始からの経過時間に関して一定の寿命を予め設定している。 Therefore, the biosensor used in the urine sugar meter is not a disposable, number of measurements, are set in advance certain life regarding the elapsed time from the start of use. 従って、測定の信頼性を確保するためには、予め設定した測定回数並びに経過時間を越えたら、バイオセンサを交換する必要がある。 Therefore, in order to ensure the reliability of the measurement, once beyond the number of measurements and the elapsed time set in advance, it is necessary to replace the biosensor. なお、感度のばらつきに関しては、使用を開始する段階と、一定時間または一定回数毎に較正をする必要がある。 Regarding the variation of the sensitivity, it is necessary to the steps of starting the use, calibration every predetermined time or predetermined number of times.

従来、家庭用の或るデジタル尿糖計では、バイオセンサの寿命に対して以下のような対策を講じている。 Conventionally, in a certain digital urine glucose meter for home, it has taken measures such as the following for the life of the biosensor. 尿糖計の本体装置に不揮発性メモリと時間を計測するクロックと表示装置とを搭載し、本体装置にバイオセンサカートリッジを装着した時刻を記録し、本体装置内のクロック機能により、バイオセンサカートリッジを装着した時刻から経過時間を計測する。 Equipped with a clock and a display device for measuring the non-volatile memory and time to the main unit of the urine glucose meter, and records the time of mounting the biosensor cartridge to the main unit, the clock function in the main unit, the biosensor cartridge to measure the elapsed time from the mounting the time. バイオセンサの寿命に相当する一定期間が過ぎた後に、尿糖計の本体の表示装置にバイオセンサカートリッジの交換の警告を表示すると共に、計測ができなくなるようにして、新しいバイオセンサと交換するように促していた。 After a predetermined period corresponding to the lifetime of the biosensor has expired, it displays a warning to replace the biosensor cartridge to the display device of the main body of the urine sugar meter, as can not be measured, so as to replace with a new biosensor It had urged. また、測定した回数をメモリに記憶させ、一定回数を超えたならば、同様に、表示装置にバイオセンサカートリッジの交換の警告を表示すると共に、計測ができなくなるようにして、新しいバイオセンサと交換するように促していた。 Further, the number of times of measurement is stored in memory, if exceeded a predetermined number of times, similarly, with a warning to replace the biosensor cartridge to a display device, as can not be measured, and replaced with a new biosensor It had been prompted to.

また、特許第2541081号公報には、採取した血液に浸漬して、糖の酵素反応による電流値の変化から血糖値を測定するバイオセンサが開示されている。 Patent No. 2541081 discloses, by immersing the collected blood, the bio sensor for measuring is disclosed a blood glucose level from a change in the current value due to enzymatic reactions of sugars. この例では、バイオセンサ自体が、バイオセンサを管理するデータ(例えば、バイオセンサの製造年月日、ロット番号、バイオセンサの保存有効期限、バイオセンサ特性などの製造時に記憶する内容)と測定結果(更には、測定した日時、連続使用時間など)を記録するメモリを備えており、例えば、測定時間の積算をデータ記憶用メモリ内の管理データと照合してバイオセンサの使用寿命を使用者に知らせるように構成されている。 In this example, the biosensor itself, data for managing a biosensor (e.g., content to be stored manufacturing date of the biosensor, lot number, storage time limit of the biosensor, in the production of such biosensors characteristic) with the measurement result (Furthermore, the date and time were measured, such as continuous use time) provided with a memory for recording, for example, the integration of the measured time against the management data in the data storage for the memory to the user service life of the biosensor It is configured to notify.

特許第2541081号公報 Patent No. 2541081 Publication

しかし、上述したデジタル尿糖計のような従来の生化学測定器では、バイオセンサ寿命が過ぎた後に、一旦バイオセンサを外し、また取り付けても、本体装置は、既に寿命使用時間又は寿命使用回数が過ぎた使用済みバイオセンサであるのか、未使用の新しいバイオセンサであるのかの判別がつかないため、新しいバイオセンサとして認識し、更に継続使用ができてしまうという欠点があった。 However, in the conventional biochemical measuring instrument, such as a digital urine sugar meter described above, after the biosensor life has passed, even if temporarily remove the biosensor, and the attachment, the main unit is already lifetime usage time or lifetime number of uses it is whether a spent biosensor past, because of how the new biosensor unused discrimination does not stick, recognized as a new biosensor, there is a disadvantage that it is continued use. バイオセンサは使用中に徐々に性能が劣化していく為に、寿命使用時間又は寿命使用回数を過ぎたバイオセンサの使用は、性能上の問題だけでなく、測定結果が信頼できない。 In order to gradually performance during use biosensor is gradually deteriorated, use of bio-sensor past the lifetime use time or lifetime use number of times, not only the problem of performance, measurement results can not be trusted. しかし、ユーザが誤って使用済みバイオセンサを一旦外して再度取り付けて使用しても、表面上は正常に動作してしまっていた。 However, be used in the mounting again to remove a user accidentally once the used biosensor, on the surface had gone to work properly.

また、上述した特許第2541081号公報に開示されているバイオセンサは、バイオセンサ自体がメモリを内蔵して、バイオセンサの製造年月日とバイオセンサの保存有効期限とから、使用期限過ぎであることを知らせることができる。 Further, the biosensor disclosed in Patent No. 2,541,081 the above publication is the biosensor itself incorporates a memory, and a storage time limit of the production date and the biosensor of the biosensor, an expiration date too it can be informed that. しかし、未使用のまま保存有効期限が経過した場合には有効であるが、使用開始からの測定回数並びに経過時間に寿命がある場合には対応できない。 However, it is effective when left storage time limit of the unused has passed, can not cope with the case where the life in number of measurements and the elapsed time from the start of use.

一方、特許第2541081号公報のバイオセンサは、測定専門機関において多量のサンプル血液を処理するためのものであり、大型生化学測定器のバイオセンサ部分であると理解できる。 On the other hand, the biosensor of Japanese Patent No. 2541081, in the measurement specialized agencies is for processing a large amount of sample blood, can be understood as a biosensor portion of a large biochemical measuring instrument. そのために家庭用尿糖計のような家庭用の生化学測定器に関しては全く考慮されていない。 It is not taken into consideration at all with respect to the biochemical measurement device for the home, such as a home urine glucose meter for that.
また、或る種のバイオセンサでは、異常温度が長時間続いた場合、バイオセンサの性能が劣化して使えなくなる可能性があるが、その対策は取られていなかった。 Also, in certain biosensors, if the abnormal temperature lasted a long time, there is a possibility that the performance of the biosensor is unusable deteriorated, a countermeasure has not been taken.

更に、或る種のバイオセンサは、保管中は保存液に浸漬しておく必要があり、保存液から取り出して放置しておくとバイオセンサが乾燥することにより、バイオセンサに重大なダメージを与え、性能を満たせなくなる可能性がある。 Furthermore, certain biosensor during storage must be immersed in the preservation solution, by the biosensor to drying if left removed from the storage solution, have a serious damage to the biosensor , there is a possibility that no longer satisfy the performance. しかし、従来、その対策も取られていなかった。 However, the prior art, has not been taken even the measures.

更に、保存液に浸漬されている状態での測定値が異常値を示した場合、そのバイオセンサは故障している可能性が高いが、異常値を示した時にエラー表示をするのみで、その後に正常値に復帰した場合、故障している可能性が高いにも関わらず、測定できてしまうようになっていた。 Furthermore, when the measured value in the state of being immersed in the preservation solution showed abnormal value, only while the biosensor is likely to have failed, the error display when showing the abnormal value, then If returning to the normal value, despite the likely faulty, it was so she can measure. そのため、ユーザは、測定結果の信頼性に問題があることも知らずに、測定結果を信用して、誤った対策を講じる恐れがあった。 Therefore, the user is not known that there is a problem with the reliability of measurement results, trust measurement results of incorrect measures fear.

そこで、本発明は、使用不能なバイオセンサカートリッジの再利用を防止することができる、バイオセンサカートリッジを使用する生化学測定器を提供せんとするものである。 Accordingly, the present invention can prevent the reuse of unusable biosensor cartridge is for St. provide a biochemical measuring instrument that uses a biosensor cartridge.

本発明によるならば、バイオセンサを含むバイオセンサカートリッジが生化学測定器本体に着脱自在に接続されるよう構成されている、バイオセンサカートリッジを使用する生化学測定器において、前記バイオセンサカートリッジは、当該バイオセンサカートリッジが使用済みであることを指示する使用済み指示手段を内蔵しており、前記生化学測定器本体は、前記使用済み指示手段に使用済みを書き込む書込手段を有しており、前記生化学測定器本体の制御手段は、前記使用済み指示手段が使用済みを指示していないバイオセンサカートリッジが前記生化学測定器本体に接続されているとき、前記書込手段により前記使用済み指示手段に使用済みを書き込ませ、一方、前記使用済み指示手段が使用済みを指示しているバイオセンサカートリ If according to the present invention, a biosensor cartridge containing a biosensor is configured to be detachably connected to the biochemical measurement device main body, in biochemical measuring instrument that uses a biosensor cartridge, the biosensor cartridge, the incorporates the used instruction means for instructing the biosensor cartridge is spent, the biochemical measurement device body has a writing means for writing the spent on the used instruction means, control means of the biochemical measurement device body, when the biosensor cartridge the used instruction means does not instruct the spent is connected to the biochemical measurement device body, the used instruction by said writing means used was a written means, whereas, the biosensor cart Li said spent instructing means instructs the spent ジが前記生化学測定器本体に接続されたとき、前記生化学測定器本体の制御手段は、当該バイオセンサカートリッジの前記使用済み指示手段を確認して、前記生化学測定器本体の表示装置に「バイオセンサカートリッジの交換」を表示して、使用済みのバイオセンサカートリッジを使用して測定が行われることを防止することができるように構成されていることを特徴とする生化学測定器が提供される。 When di is connected to the biochemical measurement device body, the control unit of the biochemical measurement device body, check the used instruction means of the biosensor cartridge, the display device of the biochemical measuring instrument body display the "exchange of the biosensor cartridge" biochemical measuring instrument provided, characterized in that it is configured to be able to prevent the measurement is made using the used biosensor cartridge It is.

本発明の実施例において、前記生化学測定器本体の制御手段は、新品のバイオセンサカートリッジが前記生化学測定器本体に接続されているとき、当該書込手段により前記使用済み指示手段に使用済みを書き込ませることができる。 In an embodiment of the present invention, the control means of the biochemical measurement device body, when the new biosensor cartridge is connected to the biochemical measurement device body, already used in the used instruction means by said writing means it is possible to write.

かかる態様の場合、本発明の1つの実施例において、前記使用済み指示手段は、ヒューズであり、前記書込手段は、ヒューズ溶断手段であり、当該ヒューズが溶断されている状態が、当該バイオセンサカートリッジが使用済みであることを指示する。 For such embodiments, in one embodiment of the present invention, the used indication means is a fuse, said writing means is a blown fuse means, a state in which the fuse is blown is, the biosensor cartridge to indicate that is already in use.

前記ヒューズは、前記バイオセンサカートリッジのコネクタ接続検出回路と独立して設けることも、又は、前記バイオセンサカートリッジのコネクタ接続検出回路を兼ねることも可能である。 The fuse also be provided independently of the connector connection detection circuit of the biosensor cartridge, or can also serve as a connector connection detection circuit of the biosensor cartridge.

本発明の別の1つの実施例において、前記使用済み指示手段は、不揮発性メモリであり、当該不揮発性メモリに使用済みと書き込まれている状態が、当該バイオセンサカートリッジが使用済みであることを指示する。 In another one embodiment of the present invention, the used instruction means is a nonvolatile memory, the state being written and already used in the non-volatile memory is that the biosensor cartridge is spent It instructs.

本発明の更に別の1つの実施例において、前記生化学測定器本体の制御手段は、前記書込手段により前記使用済み指示手段に使用済みを書き込ませたとき、前記生化学測定器本体内の記憶手段に、前記バイオセンサカートリッジの識別番号及び管理情報を書き込み、使用されたことがあるバイオセンサカートリッジ生化学測定器本体に装着した場合、たとえ前記使用済み指示手段が使用済みを指示していても、装着されているバイオセンサカートリッジの識別番号が、前記生化学測定器本体内の記憶手段に記憶されているバイオセンサカートリッジの識別番号と一致し、前記生化学測定器本体内の記憶手段に記憶されている前記管理情報から、当該バイオセンサカートリッジが使用寿命に達していないと判断される場合、前記生化学測定器本 In one embodiment still another of the present invention, the control means of the biochemical measurement device body, when the allowed write spent on the used indication means by the writing means, the biochemical instrument body in the storage unit, the writing the identification number and the management information of the biosensor cartridge, when attached to the biosensor cartridge biochemical instrument body that is used, it is even the used instructing means has instructed the spent also, the identification number of the biosensor cartridge mounted is coincident with the identification number of the biosensor cartridge stored in the storage unit of the biochemical measurement device body, the storage unit of the biochemical measurement device body from the management information stored, if the biosensor cartridge is not reached the service life, the the biochemical measuring instrument の表示装置に「バイオセンサカートリッジの交換」を表示させないことも可能である。 The display device does not display the "exchange of the biosensor cartridge" It is also possible.

本発明の更に別の1つの実施例において、前記使用済み指示手段は、前記バイオセンサカートリッジのバイオセンサ自体であり、前記書込手段は、過電流供給手段であり、当該バイオセンサが前記過電流供給手段により破壊されている状態が、当該バイオセンサカートリッジが使用済みであることを指示する。 In one embodiment still another of the present invention, the used instruction means is a biosensor itself of the biosensor cartridge, said writing means is an over current supply unit, the biosensor is the overcurrent state of being destroyed by the supply means, indicating that the biosensor cartridge is spent.

本発明の別の態様において、前記生化学測定器本体の制御手段は、装着されているバイオセンサカートリッジが使用寿命に達したとき、当該バイオセンサカートリッジが使用済みであると見做して、前記バイオセンサを前記過電流供給手段により破壊する。 In another aspect of the present invention, the control means of the biochemical measurement device body, when the biosensor cartridge mounted has reached the service life, and regarded as the biosensor cartridge is spent, the the biosensor destroyed by the over-current supplying means.

本発明の好ましい実施例において、前記生化学測定器は尿糖計である。 In a preferred embodiment of the present invention, the biochemical measurement device is a urine sugar meter.

更に、本発明によるならば、バイオセンサを含むバイオセンサカートリッジが着脱自在に接続されるよう構成されている、バイオセンサカートリッジを使用する生化学測定器において、前記バイオセンサカートリッジは、当該バイオセンサカートリッジが前記生化学測定器に接続されている状態において、前記生化学測定器から読み書き可能な不揮発性の記憶手段を有しており、前記バイオセンサカートリッジが前記生化学測定器に接続されている状態において、前記生化学測定器は、前記不揮発性の記憶手段にアクセスして、前記バイオセンサカートリッジが使用可能かどうか判断するための情報を読み取り、前記バイオセンサカートリッジが使用可能でない場合には、前記生化学測定器の表示装置に「バイオセンサカートリッジの交換」 Moreover, if according to the present invention is configured to a biosensor cartridge comprising a biosensor is detachably connected, in biochemical measuring instrument that uses a biosensor cartridge, the biosensor cartridge, the biosensor cartridge state but in a state of being connected to the biochemical measuring instrument, said has a storage means for non-volatile read-write from the biochemical measurement device, wherein the biosensor cartridge is connected to the biochemical measurement device in the biochemical measuring instrument, by accessing the nonvolatile storage means, the read information to the biosensor cartridge to determine whether it can use, when the biosensor cartridge is not available, the "Replacing the biosensor cartridge" on the display device of the biochemical measuring instrument 表示するように構成されていることを特徴とする、バイオセンサカートリッジを使用する生化学測定器が提供される。 Characterized in that it is configured to display, biochemical measuring instrument that uses a biosensor cartridge is provided.

本発明の1つの態様において、前記生化学測定器は、前記不揮発性の記憶手段に、使用開始からの経過時間を決定できる情報を書き込み、且つ測定のたびに、記憶されている使用回数を増分することができ、少なくとも前記生化学測定器の電源を投入したとき、前記不揮発性の記憶手段にアクセスして、前記バイオセンサカートリッジに係わる、使用開始からの経過時間を決定できる情報及び使用回数を読み出し、使用開始からの経過時間又は使用回数が上限に達している場合には、前記生化学測定器の表示装置に「バイオセンサカートリッジの交換」を表示するように構成されている。 In one aspect of the present invention, the biochemical measuring instrument, said the non-volatile memory means, writing the information that can determine the elapsed time from the start of use, and after each measurement, incrementing the number of times of use stored it is possible to, when the power supply of at least the biochemical measuring instrument, by accessing the nonvolatile storage means, according to the biosensor cartridge, information and number of uses that can determine the elapsed time from the start of use reading, when the elapsed time or the number of uses from the start of use has reached the upper limit, it is configured to display the "exchange of the biosensor cartridge" on the display device of the biochemical measuring instrument.

本発明のもう1つの態様において、前記生化学測定器は、前記不揮発性の記憶手段にエラー状態を書き込み、少なくとも前記生化学測定器の電源を投入したとき、前記不揮発性の記憶手段にアクセスして、前記バイオセンサカートリッジに係わるエラー情報を読み出し、読み出したエラー情報が前記バイオセンサカートリッジの使用不能を意味している場合には、前記生化学測定器の表示装置に「バイオセンサカートリッジの交換」を表示する。 In another aspect of the present invention, the biochemical measuring instrument, the write error state in a nonvolatile storage means, when the power supply of at least the biochemical measuring instrument, accesses the non-volatile memory means Te, it reads the error information relating to the biosensor cartridge, when read error information means the unavailability of the biosensor cartridge, "Replacing the biosensor cartridge" on the display device of the biochemical measuring instrument to display.

本発明の更にもう1つの態様において、前記バイオセンサカートリッジは、温度検出手段を有しており、前記生化学測定器は、前記温度検出手段によりバイオセンサの温度を測定し、温度測定値が、下限温度以下の場合には、前記不揮発性の記憶手段に設定された低温用カウンタを増分し、温度測定値が、上限温度以上の場合には、前記不揮発性の記憶手段に設定された高温用カウンタを増分し、前記低温用カウンタ又は前記高温用カウンタが所定の値に達したとき、前記生化学測定器の表示装置に「バイオセンサカートリッジの交換」を表示する。 In yet another aspect of the present invention, the biosensor cartridge has a temperature detecting means, the biochemical measuring instrument of the temperature of the biosensor was measured by the temperature detecting means, temperature measurements, If the lower limit temperature or less increments the cold counter set in the storage unit of the non-volatile, temperature measurements, in the case of more than the upper limit temperature is, for the set in the nonvolatile storage means hot counter increments when the low-temperature counter or the high-temperature counter reaches a predetermined value, and displays the "exchange of the biosensor cartridge" on the display device of the biochemical measuring instrument.

上記した態様において、好ましくは、前記生化学測定器は、前記バイオセンサカートリッジのバイオセンサが保存液内に浸漬されているかどうか検出する手段を有しており、前記バイオセンサが保存液内に浸漬されていることを検出してから所定の時間が経過してから、前記温度検出手段によるバイオセンサの温度の前記測定を行う。 In the embodiment described above, the immersion Preferably, the biochemical measuring instrument, the biosensor of the biosensor cartridge has means for detecting whether they are immersed in the preservative solution within the biosensor storage solution in after the elapse of a predetermined time from the detection that it is carried out the measurement of the temperature of the biosensor by said temperature detecting means.

本発明の更にもう1つの態様において、前記生化学測定器は、前記バイオセンサカートリッジのバイオセンサが保存液内に浸漬されているかどうか検出する手段を有しており、所定の時間以上前記バイオセンサが保存液内に浸漬されていないことを検出したときには、前記不揮発性の記憶手段にエラー情報を書き込むと共に、前記生化学測定器の表示装置に「バイオセンサカートリッジの交換」を表示する。 In yet another aspect of the present invention, the biochemical measuring instrument, the biosensor of the biosensor cartridge has means for detecting whether they are immersed in the preservative solution within the biosensor over a predetermined time There upon detecting that it is not immersed in the preservative solution inside writes the error information to the nonvolatile storage means, and displays the "exchange of the biosensor cartridge" on the display device of the biochemical measuring instrument.

本発明の更にもう1つの態様において、前記生化学測定器は、前記バイオセンサカートリッジのバイオセンサが保存液内に浸漬されている状態において、前記バイオセンサカートリッジのバイオセンサに電圧を印加してその電流値を測定し、その測定電流値が異常を表している場合、前記不揮発性の記憶手段にエラー情報を書き込むと共に、前記生化学測定器の表示装置に「バイオセンサカートリッジの交換」を表示する。 In yet another aspect of the present invention, the biochemical measuring instrument, said in a state in which the biosensor of the biosensor cartridge is immersed in the preservative solution inside, by applying a voltage to the biosensor of the biosensor cartridge that measure the current value, if the measured current represents the abnormal, it writes the error information to the nonvolatile storage means, and displays the "exchange of the biosensor cartridge" on the display device of the biochemical measuring instrument .

本発明の更にもう1つの態様において、前記生化学測定器は、前記不揮発性の記憶手段に、前記バイオセンサカートリッジのバイオセンサが保存液内に浸漬されている状態の積算時間を書き込み、少なくとも前記生化学測定器の電源を投入したとき、前記不揮発性の記憶手段にアクセスして、浸漬されている状態の前記積算時間を読み出し、前記積算時間が所定時間を越えている場合には、前記生化学測定器の表示装置に「バイオセンサカートリッジの交換」を表示する。 In yet another aspect of the present invention, the biochemical measuring instrument in the non-volatile memory means, writing the accumulated time of the state in which the biosensor of the biosensor cartridge is immersed in the preservative solution in at least the when you turn the biochemical measuring instrument, by accessing the nonvolatile storage means, reads out the accumulated time of the condition being immersed, when the integration time exceeds a predetermined time, the raw on the display device of the chemical meter displays "replacement of the biosensor cartridge."

本発明の更にもう1つの態様において、前記生化学測定器は、前記不揮発性の記憶手段に、バイオセンサのための較正係数、較正時点の経過時間、較正用測定回数を書き込む。 In yet another aspect of the present invention, the biochemical measuring instrument in the non-volatile storage means, writes the calibration factor, elapsed time, number of measurements for calibration of the calibration point for the biosensor.

上記した本発明の様々な態様において、好ましくは、前記不揮発性の記憶手段は、前記バイオセンサカートリッジ内に設けられている不揮発性メモリである。 In various embodiments of the present invention described above, preferably, the non-volatile storage means is a nonvolatile memory provided in the biosensor cartridge.

上記した本発明によるならば、一回でも使用されたバイオセンサカートリッジが装着された場合には、使用済み指示手段が「バイオセンサカートリッジが使用済みである」ことを指示しているので、バイオセンサカートリッジが新品でないとして、交換が指示される。 If according to the present invention described above, when the biosensor cartridge used even once is mounted, a spent instructing means instructs that "biosensor cartridge is spent", biosensors as the cartridge is not new, replacement is indicated. この場合、好ましくは、生化学測定器は測定不能状態にされる。 In this case, preferably, the biochemical measurement device for the measurement disabled state. 従って、使用済みバイオセンサカートリッジが誤って再使用されることは決して生じない。 Therefore, it never occurs that the spent biosensor cartridge is reused by mistake.

上記した本発明によるならば、バイオセンサカートリッジ(例えば、その中に収容されているバイオセンサ基板)に、センサ装着からの経過時間及び測定回数を記憶させる不揮発性メモリを設けることにより、いったんセンサを外し、また取り付けても、既にセンサ寿命が過ぎたセンサか否かの判断が付き、誤使用(不正使用)を防ぐことができる。 If according to the present invention described above, the biosensor cartridge (e.g., biosensors substrate accommodated therein) to, by providing a non-volatile memory for storing the elapsed time and the number of measurements from sensors mounted once the sensor Remove, also mounted, attached already sensor determines whether the sensor life has passed, it is possible to prevent misuse (unauthorized use).

異常温度に長時間さらされた場合、センサが保存液ボトルに収納されていない状態で放置された場合、センサが保存液に浸漬されている状態で測定値がセンサ異常であるとされた場合、いったんセンサを外し、また取り付けても、センサの性能が劣化した可能性が大であるか否かの判断が付き、誤使用(不正使用)を防ぐことができる。 If prolonged exposure to an abnormal temperature, when the sensor is left in a state which is not accommodated in the storage liquid bottle, if the sensor measurements in a state of being immersed in the preservative solution is as a sensor abnormality, unplugging the sensor, also mounted, potential performance of the sensor is deteriorated is attached a determination is made as to whether the large, it is possible to prevent misuse (unauthorized use).

本発明が適用される尿糖計を分解して示す外観図である。 It is an external view of a disassembled perspective view of a urine sugar meter which the present invention is applied. 本発明が適用される尿糖計の保管状態を示す外観図である。 The storage state of the urine sugar meter to which the present invention is applied is an external view showing. 本発明を実施できる尿糖計の実施例1の電子的な構成を示すブロック図である。 Is a block diagram showing an electronic configuration of the first embodiment of the urine sugar meter which can implement the present invention. 図1における表示部の表示形態を示す図である。 It is a diagram showing a display mode of the display unit in FIG. 実施例1を実施するために利用可能なヒューズ回路の回路である。 It is a circuit of the fuse circuit available to implement the first embodiment. 本発明の実施例1の動作についての手順を示すフローチャートである。 It is a flowchart illustrating a procedure of the operation of the first embodiment of the present invention. 本発明を実施できる尿糖計の実施例2の電子的な構成を示すブロック図である。 Is a block diagram showing an electronic configuration of the second embodiment of the urine sugar meter which can implement the present invention. 本発明の実施例2の動作についての手順を示すフローチャートである。 It is a flowchart illustrating a procedure of the operation of the second embodiment of the present invention. 本発明を実施できる尿糖計の実施例3の電子的な構成を示すブロック図である。 Is a block diagram showing an electronic configuration of the third embodiment of the urine sugar meter which can implement the present invention. 本発明の実施例3の動作についての手順を示すフローチャートである。 It is a flowchart illustrating a procedure of the operation of the third embodiment of the present invention. 本発明を実施できる尿糖計の実施例4の電子的な構成を示すブロック図である。 Is a block diagram showing an electronic configuration of a fourth embodiment of the urine sugar meter which can implement the present invention. 本発明の実施例4の動作についての手順を示すフローチャートである。 It is a flowchart illustrating a procedure of the operation of the fourth embodiment of the present invention. 本発明の実施例5の動作についての手順を示すフローチャートである。 It is a flowchart illustrating a procedure of the operation of the fifth embodiment of the present invention. 本発明の実施例6の動作についての手順を示すフローチャートである。 It is a flowchart illustrating a procedure of the operation of the sixth embodiment of the present invention. 本発明の実施例7の動作についての手順を示すフローチャートである。 It is a flowchart illustrating a procedure of the operation of the seventh embodiment of the present invention. 本発明を実施できる尿糖計の実施例8の電子的な構成を示すブロック図である。 Is a block diagram showing an electronic configuration of the eighth embodiment of the urine sugar meter which can implement the present invention. 本発明の実施例8の動作についての手順を示すフローチャートである。 It is a flowchart illustrating a procedure of the operation of the eighth embodiment of the present invention.

以下、本発明を適用した生化学測定器として家庭用デジタル尿糖計を例に本発明を説明する。 Hereinafter, the present invention illustrating the home digital urine sugar meter as an example of a biochemical measuring instrument according to the present invention. なお、一般家庭で使用可能なデジタル尿糖計は、既に市販されており、また、様々なデジタル尿糖計が多くの特許出願で既に提案されている。 In general homes in usable digital urine sugar meter is already commercially available, also a variety of digital urine sugar meter has already been proposed in many patent applications. 本発明を適用した家庭用デジタル尿糖計において、尿糖測定に係わるその心臓部分は、従来公知のものであり、例えば、本件出願人の以下の特許文献ほかに開示されているので、特許文献をここに引用して、尿糖測定に係わる詳細な説明は省略する。 In home digital urine sugar meter according to the present invention, the heart portion related to the urinary sugar measurement are those conventionally known, for example, it is disclosed in the following patent documents other Applicant, JP the by reference herein, details relating to the urine sugar measurement description thereof is omitted.
特開2006−047125公報 JP 2006-047125 Laid 特開2006−153849公報 JP 2006-153849 Laid

実施例1 Example 1
図1及び図2は、本発明を実施する尿糖計の外観図であり、図3は電気的な構成を示すブロック図であり、図4は表示部の表示形態を示す部分拡大図である。 1 and 2 is an external view of a urine sugar meter of practicing the present invention, FIG. 3 is a block diagram showing an electric configuration, FIG. 4 is a partially enlarged view showing a display form of the display unit .
図示の尿糖計1は、図1に示すように、尿中糖分を電気化学的に検出するバイオセンサカートリッジ11と、バイオセンサカートリッジ11による検出に基づいて尿中糖分濃度の測定・表示を行い且つ測定の際に尿糖計を保持する部分となる尿糖計本体21とによって構成される。 Urinary sugar meter 1 shown includes, as shown in FIG. 1, carried out with the biosensor cartridge 11 that detects sugar in the urine electrochemically, the measurement and display of the urine sugar concentration based on detection by the biosensor cartridge 11 and composed of a urinary sugar meter body 21 to be part that holds the urine sugar meter during measurement. バイオセンサカートリッジ11が交換できるように、バイオセンサカートリッジ11と尿糖計本体21とは、図1に示すように互いに分離可能であり且つ図2に示すように互いに結合可能である。 As can exchange the biosensor cartridge 11, the biosensor cartridge 11 and urine sugar meter body 21 is coupleable to one another as shown in and FIG. 2 are separable from one another as shown in FIG. なお、図示の尿糖計1は、使用しない時には、図2に示すように、磁石42を有するスタンド41にバイオセンサカートリッジ11を挿入することにより保管できるようになされている。 Incidentally, the urinary sugar meter 1 shown in when not in use, as shown in FIG. 2, are made so as to be kept by inserting the biosensor cartridge 11 on a stand 41 having a magnet 42. そして、このスタンド41には、保存液を入れたボトルが内蔵されており、尿糖計1をスタンド41に正しく挿入したとき、バイオセンサカートリッジ11の(後述する尿糖バイオセンサ13及びサーミスタ14を少なくとも含む)先端部分が、内蔵ボトル内の保存液に浸漬されるように構成されている。 Then, in the stand 41, the bottle containing the preservative solution and is incorporated, when properly inserted the urinary sugar meter 1 in the stand 41, the biosensor cartridge 11 (the urine sugar biosensor 13 and the thermistor 14 will be described later including at least) the tip portion is configured to be immersed in the preservative solution in the internal bottle.

図3のブロック図に示すように、バイオセンサカートリッジ11は、尿糖バイオセンサ13、サーミスタ14、スタンド検出リードスイッチ15、コネクタ16及びコネクタ接続検出回路17を、図1に示すハウジング12内に収容しており、更に本発明によりヒューズ100をハウジング12内に収容している。 As shown in the block diagram of FIG. 3, the biosensor cartridge 11 is accommodated urine sugar biosensor 13, a thermistor 14, a stand detection lead switch 15, a connector 16 and a connector connection detection circuit 17, the housing 12 shown in FIG. 1 and it has houses a fuse 100 to the housing 12 by further invention. また、尿糖計本体21は、電源23、操作ボタン24(24a、24b)、D/A変換装置25、バイオセンサ駆動回路26、A/D変換装置27、ブザー28、LCD表示装置29、外部入出力インターフェース端子30、コネクタ31及びマイクロコンピュータ32を、図1に示すハウジング22内に収容している。 The urine sugar meter body 21, a power supply 23, operation buttons 24 (24a, 24b), D / A converter 25, the biosensor driving circuit 26, A / D converter 27, a buzzer 28, LCD display 29, an external output interface terminal 30, a connector 31 and a microcomputer 32 are accommodated in a housing 22 shown in FIG. 更に、本発明により、ヒューズ検出兼溶断回路106が更に設けられている。 Further, the present invention, fuse detecting and blowing circuit 106 is further provided.

尿糖バイオセンサ13は寿命があり、使用限度に達するとLCD表示装置29にバイオセンサ交換の旨の表示がなされる。 Urine sugar biosensor 13 has a limited life, displays the fact of the biosensor exchange on the LCD display device 29 reaches the allowable limit is made. その場合、使用者はバイオセンサカートリッジ11を尿糖計本体21から取り外し、新しいバイオセンサカートリッジ11を尿糖計本体21に取り付ける。 In that case, the user removes the biosensor cartridge 11 from the urine sugar meter body 21, install a new biosensor cartridge 11 to the urinary sugar meter body 21. バイオセンサカートリッジ11と尿糖計本体21は電気的に接続されるので、交換に際してはバイオセンサカートリッジ11のコネクタ16を尿糖計本体21のコネクタ31に容易に接続できるのが好ましい。 Since the biosensor cartridge 11 and the urinary sugar meter body 21 is electrically connected, preferably the connector 16 of the biosensor cartridge 11 can be easily connected to the connector 31 of the urine sugar meter body 21 during replacement. 又、バイオセンサカートリッジ11には尿や洗浄水が掛けられるので、バイオセンサカートリッジ11と尿糖計本体21との間は防水性に優れていなければならず、その防水性はバイオセンサカートリッジ11を何度交換しても常に維持される必要がある。 In addition, since the urine and washing water is applied to the biosensor cartridge 11, between the biosensor cartridge 11 and the urinary sugar meter body 21 must have excellent waterproof, the waterproof biosensor cartridge 11 it is necessary to always be maintained even if the number of times exchange.

また、尿糖計本体21に内蔵された電池の寿命がきた場合、新しい電池と交換する必要があるが、この電池の交換も使用者が容易に行えるように配慮しておくことが望ましい。 Also, if the came battery life incorporated in the urinary sugar meter body 21, it is necessary to replace the battery, it is desirable to replace also the user of the battery is kept in consideration so easily. 即ち、電池を尿糖計本体21から容易に取り出せると共に、新しい電池を尿糖計本体21に容易に装着できることが好ましい。 That is, the easily extractable from the urinary sugar meter body 21 to the battery, it is preferable that a new battery can be easily attached to the urinary sugar meter body 21.

尿糖バイオセンサ13は、尿中の夾雑物質の影響を排除して、低中高の広範囲に渡る尿中糖分濃度について検出する。 Urine sugar biosensor 13 is to eliminate the effect of foreign substances in the urine is detected for urine sugar concentration over a wide range of low medium and high. 尿糖バイオセンサ13は酵素を尿成分検知用のバイオセンサとして構成したものである。 Urine sugar biosensor 13 is obtained by constituting the enzyme as a biosensor for detecting urine components. サーミスタ14は、測定の際における尿の温度を検出し、尿糖バイオセンサ13の温度特性を補正するためのものである。 Thermistor 14 detects the temperature of the urine at the time of the measurement is used to correct the temperature characteristics of the urine sugar biosensor 13.

スタンド検出リードスイッチ15は、スタンド41に尿糖計1を収納したときに、磁石42による磁場の影響で例えばオフ状態(又はオン状態)になり、スタンド検出リードスイッチ15のオフ状態(又はオン状態)を認識してマイクロコンピュータ32は、電力消費を極力少なくするようにLCD表示装置29をオフ状態にし且つクロックの周波数を大幅に下げるなどの省電力対策を講じるが、マイクロコンピュータ32は完全なスリープ状態には置かれず、本発明の機能を実現するために必要な機能は維持する。 Stand detection lead switch 15, upon receiving the urine sugar meter 1 in the stand 41, becomes for example the OFF state the influence of a magnetic field generated by the magnet 42 (or on), the off-state (or ON state of the stand detection lead switch 15 microcomputer 32) recognizes the power saving schemes, such as to and significantly reduce the frequency of the clock LCD display device 29 so as to minimize the power consumption in the off state is, the microcomputer 32 is complete sleep not placed in the state, the functions necessary to implement the functions of the present invention is maintained. スタンド41から尿糖計1を取り出すと、スタンド検出リードスイッチ15は磁石42による磁場の影響下から離脱して、オン状態(又はオフ状態)になり、スタンド検出リードスイッチ15のオン状態(又はオフ状態)を認識してマイクロコンピュータ32は、尿糖計の全機能を回復させ、モード設定、較正及び尿中糖分濃度の測定等を可能とする。 When taking out the urinary sugar meter 1 from the stand 41, the stand detection lead switch 15 is disengaged from the influence of a magnetic field by the magnet 42, turned on (or off state), the stand detection lead switch 15 on (or off microcomputer 32 recognizes the state), to restore the full functionality of the urine sugar meter, mode setting, to enable the measurement of the calibration and urine sugar levels.

電源23は、電池であり、尿糖計1の電気系統各部に電力を供給する。 Power source 23 is a battery, for supplying power to the urinary sugar meter 1 of the electrical system units. 操作ボタン24(24a、24b)は、押されたことを検出し、モードや食事内容を選択して設定登録したり、較正したりするためのものである。 Operation buttons 24 (24a, 24b) detects that the pressed, to set register select mode or diet is for or calibrated. D/A変換装置25は、マイクロコンピュータ32からのデジタル信号(駆動信号)をアナログ信号(駆動信号)に変換して出力する。 D / A converter 25 converts the digital signal (driving signal) from the microcomputer 32 into an analog signal (driving signal). バイオセンサ駆動回路26は、D/A変換装置25からの駆動信号に基づいて尿糖バイオセンサ13に駆動信号を供給するとともに、尿糖バイオセンサ13にて検出された検出信号を受けてA/D変換装置27に出力する。 Biosensor drive circuit 26 supplies a driving signal to the urine sugar biosensor 13 on the basis of a driving signal from the D / A converter 25 receives a detection signal detected by the urine sugar biosensor 13 A / and outputs to the D converter 27.

A/D変換装置27は、バイオセンサ駆動回路26からのアナログ信号(検出信号)をデジタル信号(検出信号)に変換して出力する。 A / D converter 27 converts the analog signal (detection signal) from the bio-sensor drive circuit 26 into a digital signal (detection signal). ブザー28は、マイクロコンピュータ32からの信号に基づいて、例えば尿糖測定をする旨を報知するためのブザー音を発生する。 The buzzer 28, based on a signal from the microcomputer 32, for example, generates a buzzer sound to notify the subject that urine sugar measurement. LCD表示装置29は、マイクロコンピュータ32からの信号に基づいて、較正の状況、測定の状況、バイオセンサ交換の告知、電池交換の告知、尿糖測定結果の告知及び判定結果の告知を表示する。 LCD display device 29, based on a signal from the microcomputer 32, the status of calibration, the status of measurement, notice of the biosensor exchange, announcements battery replacement, and displays an announcement announcements and determination results of urine sugar measurement results.

より具体的に詳述すると、図4に示す表示内容のうち、「基準あわせ」及びその上の「水滴マーク」を較正時に点灯することによって較正の状況を表示する。 More specifically More specifically, among the display contents shown in FIG. 4, and displays the status of calibration by turning on the "referencing" and "water drop marks" thereon during calibration. また、「準備中」、「測定」、「洗浄」又は「終了」のいずれかを測定過程中に点灯することによって測定の状況を表示する。 Moreover, "in preparation", "measurement", and displays the status of measurement by lighting any of "washing" or "Exit" in the measurement process. 更に、尿糖バイオセンサ13の交換時期に「センサ交換」を点灯することによってバイオセンサカートリッジ11交換の告知を表示する。 Furthermore, the Announcements of the biosensor cartridge 11 replaced by turning on the "sensor replacement" time to replace the urine sugar biosensor 13. 更に、交換時期に「電池マーク」を点灯することによって電池交換の告知を表示する。 In addition, to display the announcement of the battery exchange by turning on the "battery mark" to exchange time. 更に、中央に「1347」と例示してある「4桁の数字」にて尿糖変化値、基準尿糖変化値又は通常尿糖変化値を各々の測定後に点灯することによって尿糖測定結果の告知を表示する。 Moreover, the center is illustrated as "1347" in "4-digit number" urine sugar change value, by turning on the reference urine sugar change value or a normal urine sugar change value after each measurement of the urinary sugar measurement results to display the announcement. 更に、3つの「三角マーク」のうちハウジング22に印刷された判定内容に該当する位置するものを各々の判定後に点灯することによって選択モードの状況を表示する。 Furthermore, to display the status of the selected mode by lighting the one located corresponding to the determination contents printed on the housing 22 of the three "triangle" after each determination.

外部入出力インターフェース端子30は、マイクロコンピュータ32内の外部入出力インターフェース38をパーソナルコンピュータ等の外部機器(不図示)と接続するためのものであり、マイクロコンピュータ32と外部機器との間で各種データ(外部機器からの入力データや尿糖計1からの尿糖測定結果・判定結果等の出力データ)の通信を行うためのものである。 External input and output interface terminal 30 is for connecting an external input-output interface 38 in the microcomputer 32 a personal computer such as an external device (not shown), various data between the microcomputer 32 and an external device it is for performing communication (urine sugar measurement results and determination result output data or the like from the input data and the urinary sugar meter 1 from an external device). コネクタ16と31とが接続されると、尿糖バイオセンサ13がセンサ駆動回路26に接続され、ヒューズ100がヒューズ検出兼溶断回路106に接続され、更に、サーミスタ14、スタンド検出リードスイッチ15及びコネクタ接続検出回路17が、マイクロコンピュータ32のそれぞれ対応するポートに接続されて、バイオセンサカートリッジ11と尿糖計本体21との間が電気的に接続される。 When the connector 16 and the 31 is connected, the urine sugar biosensor 13 is connected to the sensor drive circuit 26, the fuse 100 is connected to the fuse detecting and blowing circuit 106, further, a thermistor 14, a stand detection lead switch 15 and the connector connection detection circuit 17, are connected to the corresponding port of the microcomputer 32, between the biosensor cartridge 11 and the urinary sugar meter body 21 are electrically connected. コネクタ接続検出回路17は、コネクタ16とコネクタ31とが接続状態となっているかを検出する。 Connector connection detection circuit 17 detects whether the connector 16 and the connector 31 is in the connected state.

マイクロコンピュータ32は、上記特許文献3と同様に、各種尿糖値や各種可否判定等を演算し、かつ、各種を制御する演算及び制御装置33、制御及び演算用プログラム等を記憶するROM34、演算結果・外部より読み込んだプログラム等を一時的に記憶するRAM35、各種報知のために計時するクロック36、選択されたモードや食事内容・演算した各種尿糖値・判定した判定結果等を更新されるまで記憶する補助記憶装置37、パーソナルコンピュータ等の外部機器と各種データ(外部機器からの入力データや尿糖計1からの尿糖測定結果・判定結果等の出力データ)の通信をする外部入出力インターフェース38、電気系統各部につながるポート等(不図示)を備えており、食直前尿糖値・食後尿糖値・基準食前尿糖値・基準食 The microcomputer 32 is, similarly to the patent document 3 calculates various urine sugar values ​​and various determination, etc., and the arithmetic and control unit 33 for controlling various stores control and calculation program such as ROM 34, operation temporarily stores the read from the result-external I programs RAM 35, is updated clock 36 for clocking, the selected mode or diet and calculation determines various urinary glucose and determination result or the like for various broadcast an auxiliary storage device 37 that stores up, the external input and output to the communication of the external device and various data such as a personal computer (output data of urine sugar measurement results and determination results of the input data and the urinary sugar meter 1 from an external device) interface 38, a port or the like connected to the electrical system each unit comprises a (not shown), immediately-before-meal urine sugar value-meal urine sugar value-before-reference-meal urine sugar value, the standard diet 尿糖値・通常食前尿糖値・通常食後尿糖値を測定すべき旨の報知、食前尿糖値・食直前尿糖値・食後尿糖値・基準食前尿糖値・食直前尿糖値・基準食後尿糖値・通常食前尿糖値・通常食直前尿糖値・通常食後尿糖値の測定、尿糖変化値(食後尿糖値と食直前尿糖値との差)・基準尿糖変化値(基準食後尿糖値と基準食直前尿糖値との差)・通常尿糖変化値(通常食後尿糖値と通常食直前尿糖値との差)・食差尿糖変化値(通常尿糖変化値と基準尿糖変化値との差)の演算、尿糖変化値に基づいた身体内の糖量変化の可否について、食差尿糖変化値に基づいた通常の食事内容の可否についての判定、及びこれら演算・判定結果の出力に係わる制御等の処理を行う。 Notification to the effect to be measured urine sugar value-before-normal-meal urine sugar value and the after-normal-meal urine sugar value, pre-meal urine sugar value and the immediately-before-meal urine sugar value-meal urine sugar value-before-reference-meal urine sugar value and the immediately-before-meal urine sugar value - after-reference-meal urine sugar value-before-normal-meal urine sugar value, the normal measurement of the meal just before urine sugar value-normal-meal urine sugar value, (the difference between the after-meal urine sugar value and the immediately-before-meal urine sugar value) urine sugar change value, a reference urine sugar change value (difference between the after-reference-meal urine sugar value and the immediately-before-reference-meal urine sugar value), normal urine sugar change value (difference between the after-normal-meal urine sugar value and the immediately-before-normal-meal urine sugar value), meal difference urine sugar change value operation (usually the difference between the urine sugar change value and the reference urine sugar change value), the possibility of a change in the amount of sugar in the body based on the urine sugar change value, the normal meal menu based on the meal difference urine sugar change value determination of whether, and processing such as control according to the output of calculation and determination result performed.

上述したように、本発明により、ヒューズ100とヒューズ検出兼溶断回路106が設けられている。 As described above, the present invention, fuse 100 and the fuse detection and blowing circuit 106 is provided. 図5は、そのようなヒューズとヒューズ検出兼溶断回路との接続の例を図示するものである。 Figure 5 is a drawing, schematically illustrating an example of connection with such fuses and fuse detecting and blowing circuits. ヒューズ100の一端104は、高抵抗(例えば3.3MΩ)102を介して、電源23の高電圧側(例えば+3.3V)に接続され、ヒューズ100の他端は接地されている。 One end 104 of the fuse 100, via a high resistance (e.g. 3.3MΩ) 102, is connected to the high voltage side of the power source 23 (e.g., + 3.3V), the other end of the fuse 100 is grounded. このヒューズ回路において、ヒューズ100のみが、バイオセンサカートリッジ11側に設けられ、その他の回路は、尿糖計本体21側に設けられている。 In this fuse circuit, only the fuse 100 is provided in the biosensor cartridge 11 side, the other circuit is provided in the urine sugar meter body 21 side. また、図3においては、高抵抗102ほかの回路部分は省略してある。 Further, in FIG. 3, the circuit portion of the high resistance 102 other are omitted. 従って、ヒューズ100の一端104が、コネクタ16及び31を介して、高抵抗102の一端に接続され、ヒューズ100の一端104すなわちヒューズ100と高抵抗102との接続点が、同じく本体21側に設けられ且つマイクロコンピュータ32により制御されるヒューズ検出兼溶断回路106に接続される。 Thus, one end 104 of the fuse 100, via the connector 16 and 31 is connected to one end of the high resistance 102, a connection point between one end 104 i.e. fuse 100 of the fuse 100 and the high resistance 102 is also provided on the main body 21 side is is and connected to the fuse detecting and blowing circuit 106 which is controlled by the microcomputer 32. そのヒューズ100は、高抵抗102の抵抗値に比較して、十分に低い抵抗値を有し、例えば+3.3Vのような高電圧側電圧で溶断可能な材料又は構造につくられている。 Its fuse 100, as compared to the resistance value of the high resistance 102, are made to a sufficiently low resistance value has, for example, + fusible material or structure in the high-voltage side voltage such as 3.3V.

それ故、ヒューズが溶断されていない状態では、ヒューズ100と高抵抗102との接続点(104)の電位は、接地電位である。 Therefore, in the state in which the fuse is not blown, the potential of the connection point between the fuse 100 and the high resistance 102 (104) is a ground potential. 従って、バイオセンサカートリッジ11が本体21に装着されたとき、接続点(104)の電位が接地電位であることをヒューズ検出兼溶断回路106を介して検出した場合、マイクロコンピュータ32は、バイオセンサカートリッジ11が新品であると判断することができる。 Therefore, when the biosensor cartridge 11 is mounted to the main body 21, if the potential at the connection point (104) is detected through the fuse detecting and blowing circuit 106 that is the ground potential, the microcomputer 32, the biosensor cartridge 11 can be determined to be brand new. そして、新品のバイオセンサカートリッジ11が装着されたとき、マイクロコンピュータ32は、検出兼溶断回路106を介して接続点(104)に+3.3Vを印加して、ヒューズを溶断する。 When the biosensor cartridge 11 of new is mounted, the microcomputer 32 is applied to the connection point through the detection and fusing circuit 106 (104) + 3.3V, blowing the fuse. ヒューズが溶断された状態では、ヒューズ100と高抵抗102との接続点(104)の電位は、高電圧側(例えば+3.3V)電位である。 In a state where the fuse is blown, the potential of the connection point between the fuse 100 and the high resistance 102 (104) is a high voltage side (e.g., + 3.3V) voltage. 従って、そのようなヒューズが溶断されたバイオセンサカートリッジ11が本体21に装着されたとき、接続点104の電位が高電圧側(例えば+3.3V)電位であることを検出兼溶断回路106を介して検出した場合、マイクロコンピュータ32は、バイオセンサカートリッジ11が使用済であると判断することができる。 Therefore, when the biosensor cartridge 11 such fuse is blown is attached to the main body 21, through the detection and fusing circuit 106 that the potential of the node 104 is at a high voltage side (e.g., + 3.3V) potential If it detects Te, the microcomputer 32 can determine that the biosensor cartridge 11 is already used.

以下、本発明の実施例1の動作を説明するが、尿糖値の測定方法自体並びに上記した各種の値を求める方法は、上記した特許文献3に詳細に説明されているので、特許文献3をここに引用して説明を省略する。 Hereinafter will be described the operation of the embodiment 1 of the present invention, a method for determining the value of the measurement method itself, as well as various as described above for urine sugar value, because it is described in detail in Patent Document 3 described above, Patent Document 3 the description thereof will be cited here.

本発明は、家庭用のデジタル尿糖計に、使用済のバイオセンサカートリッジが使用されることがないようにするものであり、以下、図6のフローチャートを参照して説明する。 The present invention relates to digital urine sugar meter for household, is intended to make never spent biosensor cartridge is used, will be described with reference to the flowchart of FIG. なお、未使用のバイオセンサカートリッジ11のヒューズ100は、溶断されておらず、導通状態にある。 Incidentally, the fuse 100 unused biosensor cartridge 11 has not been blown, is conducting. 一方、使用済みのバイオセンサカートリッジ11のヒューズ100は、溶断されており、非導通状態にある。 On the other hand, the fuse 100 of the used biosensor cartridge 11 is blown, in a non-conductive state.

尿糖計本体21の電源をオンする前又は後に新品のバイオセンサカートリッジ11を尿糖計本体21に装着した場合 If the biosensor cartridge 11 of new before or after turning on the power to the urinary sugar meter body 21 is attached to the urinary sugar meter body 21
尿糖計本体21の電源をオンにすると、尿糖計本体21にバイオセンサカートリッジ11が装着されているかどうかを判定する。 When you turn on the urine sugar meter body 21, it determines the biosensor cartridge 11 to the urinary sugar meter body 21 whether it is mounted. これは、コネクタ接続検出回路17が検出できるかどうかにより判定する。 This is checked by whether the connector connection detection circuit 17 can be detected. コネクタ接続検出回路17が検出できない場合この処理が繰り返される。 This process is repeated when the connector connection detection circuit 17 can not detect.

一方、バイオセンサカートリッジ11が装着されている場合又はバイオセンサカートリッジ11が装着された場合、マイクロコンピュータ32は、検出兼溶断回路106を介して、ヒューズ100が導通状態にあるどうか検査する。 On the other hand, if the case or the biosensor cartridge 11 biosensor cartridge 11 is mounted is mounted, the microcomputer 32 through the detection and fusing circuit 106 checks whether the fuse 100 is in a conductive state. 図5の回路の場合、接続点(104)の電位が接地電位であることをヒューズ検出兼溶断回路106を介して検出した場合、マイクロコンピュータ32は、ヒューズ100が導通状態にあると判断する。 For the circuit of Figure 5, when the potential of the connection point (104) is detected through the fuse detecting and blowing circuit 106 that is the ground potential, the microcomputer 32 determines that the fuse 100 is in a conductive state. 一方、ヒューズ100と高抵抗102との接続点(104)の電位が、高電圧側(例えば+3.3V)電位であることをヒューズ検出兼溶断回路106を介して検出した場合、マイクロコンピュータ32は、ヒューズ100が非導通状態(断線状態)にあると判断する。 On the other hand, if the potential at the connection point between the fuse 100 and the high resistance 102 (104) has detected that the high voltage side (e.g., + 3.3V) potential through the fuse detecting and blowing circuit 106, the microcomputer 32 , the fuse 100 is determined to be in non-conduction state (disconnected state).

ヒューズ100が導通状態にある場合は、装着されているバイオセンサカートリッジ11が新品(未使用)であることを意味し、次のステップに進み、マイクロコンピュータ32は、ヒューズ検出兼溶断回路106を介してヒューズ100を溶断する。 If the fuse 100 is conductive, means the biosensor cartridge 11 mounted is new (unused), the process proceeds to the next step, the microcomputer 32 via a fuse detecting and blowing circuit 106 Te blowing the fuse 100. 図5の回路の場合、検出兼溶断回路106を介して接続点(104)に+3.3Vを印加して、ヒューズ100を溶断する。 For the circuit of Figure 5, by applying a + 3.3V to the connection point (104) via a detection and fusing circuit 106, blowing the fuse 100.

一方で、マイクロコンピュータは、使用開始年月日ほかのバイオセンサカートリッジの管理情報を補助記憶装置37に書き込み、更に、補助記憶装置37に測定回数カウンタを設定して、「使用回数ゼロ回」としておく。 On the other hand, the microcomputer writes the management information of the start date other biosensor cartridge in the auxiliary storage device 37, further, by setting the measurement number counter in the auxiliary storage device 37, as a "usage count zero times" deep.

次いで、使用開始年月日時を現在の年月日時と比較して、使用開始からの経過日数を求めて、寿命使用時間(例えば60日)と比較する。 Then, by comparing the use start date date with the current date time, seeking the number of days since the start of use, compared with the lifetime use time (e.g., 60 days). バイオセンサカートリッジ11は新品であるこの場合、当然、寿命使用時間には達していないので、次にステップに進み、測定が行われたどうかを判定する。 In this case the biosensor cartridge 11 is new, of course, because it does not reach the lifetime usage time, and then proceeds to step determines measurements were made assimilation. 測定が行われた場合には、補助記憶装置37の測定回数カウンタを1増分する。 If the measurement has been performed, the 1 increments the measurement number counter of the auxiliary storage device 37.

測定が行われなかった場合、及び、補助記憶装置37の測定回数カウンタを1増分した後、補助記憶装置37の測定回数カウンタに記録されている使用回数を使用限度回数すなわち寿命使用回数(200回)と比較する。 If the measurement is not performed, and, after 1 increments the measurement number counter of the auxiliary storage device 37, an auxiliary storage measurement number counter recorded the number of times of use are allowable limit number i.e. lifetime number of uses of the apparatus 37 (200 times ) is compared with. バイオセンサカートリッジ11は新品であるこの場合、当然、寿命使用回数には達していないので、処理は、寿命使用時間に達しているかどうか判別するステップに戻る。 In this case the biosensor cartridge 11 is new, of course, because it does not reach the lifetime number of uses, the process returns to the step of determining whether reached lifetime usage time. 電源を切らない限り、「寿命使用時間に達したか?」、「測定したか?」、「寿命使用回数に達したか?」の3つのステップを繰り返す。 As long as you do not turn off the power, "Have reached the end of its life use time?", "What was measured?", Repeat the three steps of "Have reached the end of its life the number of times of use?".

上述したようにスタンド41に尿糖計1を収納した場合、スタンド検出リードスイッチ15は、磁石42による磁場の影響で例えばオフ状態(又はオン状態)になり、マイクロコンピュータ32は、スタンド検出リードスイッチ15のオフ状態(又はオン状態)を検出して、スタンド41に尿糖計1が収納されていることを認識する。 When housing the urinary sugar meter 1 in the stand 41 as described above, the stand detection lead switch 15 is made, for example, the OFF state the influence of a magnetic field generated by the magnet 42 (or on), the microcomputer 32 stands detection lead switch by detecting the 15 off-state (or oN state), it recognizes that the urinary sugar meter 1 is housed in the stand 41. マイクロコンピュータ32は、電力消費を極力少なくするようにLCD表示装置29をオフ状態にし、クロックの周波数を大幅に下げるなどの省電力対策を講じるが、マイクロコンピュータ32は完全なスリープ状態には置かれず、大幅に下げられた周波数のクロックを使用した計時機能を維持し、且つ「寿命使用時間に達したか?」、「測定したか?」、「寿命使用回数に達したか?」の3つのステップを繰り返す。 The microcomputer 32 turns off the LCD display device 29 so as to minimize the power consumption, the power saving schemes, such as greatly reducing the frequency of the clock, the microcomputer 32 is not placed in the complete sleep , "have reached the end of its life use time?" to maintain a timer function using the clock of the significantly lowered the frequency, and, "What was measured?", "have reached the end of its life the number of times of use?" of the three repeating the step.

バイオセンサカートリッジ11が寿命使用時間又は寿命使用回数に達した場合、処理は、「センサを外す指示」すなわち表示装置の「センサ交換」を表示する一方、尿糖計を測定不能状態にする。 If the biosensor cartridge 11 has reached the lifetime usage time or lifetime number of uses, process, while displaying "sensor replacement" That display "instruction Remove the sensor", to measure impossible state urine sugar meter.

センサを外す指示を出した後は、センサが装着されているかどうか判定する動作を繰り返す。 After issuing the instruction to remove the sensor, the sensor repeats the determining operation whether it is mounted. バイオセンサカートリッジ11が取り外されたならば、「センサを外す指示」を消して、電源投入直後の「センサが装着されているかどうかの判定動作」に戻る。 If the biosensor cartridge 11 is removed, returns to erase the "instruction to remove the sensor", "one of the determining operation if the sensor is mounted" immediately after the power is turned on.

従って、スタンド41に尿糖計1が収納されている状態の間に寿命使用時間に達した場合には、スタンド41から尿糖計1を引き出したとき、それをスタンド検出リードスイッチ15が検出し、マイクロコンピュータは、全機能を回復して、「センサを外す指示」すなわち表示装置の「センサ交換」を表示する一方、尿糖計を測定不能状態にする。 Therefore, when it reaches the lifetime usage time between state urinary sugar meter 1 is housed in the stand 41, when pulled out urine sugar meter 1 from the stand 41, it is detected by the stand detection lead switch 15 , microcomputer, to recover all the functions, while display "sensor replacement" that display "instruction remove the sensor", to measure impossible state urine sugar meter.

尿糖計本体21の電源をオンする前又は後に、一回でも使用したバイオセンサカートリッジ11を尿糖計本体21に装着した場合 Before or after turning on the power to the urinary sugar meter body 21, when the biosensor cartridge 11 has been used at once attached to the urinary sugar meter body 21
尿糖計本体21の電源をオンにすると、尿糖計本体21にバイオセンサカートリッジ11が装着されているかどうかを判定する。 When you turn on the urine sugar meter body 21, it determines the biosensor cartridge 11 to the urinary sugar meter body 21 whether it is mounted.
バイオセンサカートリッジ11が装着されている場合又はバイオセンサカートリッジ11が装着された場合、マイクロコンピュータ32は、検出兼溶断回路106を介して、ヒューズ100が導通状態にあるどうか検査する。 When or if the biosensor cartridge 11 biosensor cartridge 11 is mounted is mounted, the microcomputer 32 through the detection and fusing circuit 106 checks whether the fuse 100 is in a conductive state.

一回でも使用したバイオセンサカートリッジ11が装着された場合、ヒューズは既に溶断されているので、マイクロコンピュータ32は、ヒューズ100が非導通状態(断線状態)にある、すなわち、「バイオセンサカートリッジ11は新品でない」と判断する。 If the biosensor cartridge 11 has been used at once is mounted, since the fuse is already blown, the microcomputer 32, the fuse 100 is in a nonconductive state (disconnected state), i.e., "biosensor cartridge 11 it is determined that not be new. "

次いで、マイクロコンピュータは、「センサを外す指示」すなわち表示装置の「センサ交換」を表示する一方、尿糖計を測定不能状態にする。 Then, microcomputer, while displaying "sensor replacement" That display "instruction Remove the sensor", to measure impossible state urine sugar meter.

センサを外す指示を出した後は、センサが装着されているかどうか判定する動作を繰り返す。 After issuing the instruction to remove the sensor, the sensor repeats the determining operation whether it is mounted. バイオセンサカートリッジ11が取り外されたならば、「センサを外す指示」を消して、電源投入直後の「センサが装着されているかどうかの判定動作」に戻る。 If the biosensor cartridge 11 is removed, returns to erase the "instruction to remove the sensor", "one of the determining operation if the sensor is mounted" immediately after the power is turned on.

以上のように、一回でも使用されたバイオセンサカートリッジ11が装着された場合には、ヒューズは溶断されているので、バイオセンサカートリッジ11が新品でないとして、交換が指示されると共に、尿糖計は測定不能状態にされる。 As described above, when the biosensor cartridge 11 used even once is mounted, a fuse is blown, together with the biosensor cartridge 11 as not new, replacement is instructed, the urine sugar meter It is the unmeasurable state. 従って、使用済みバイオセンサカートリッジが誤って再使用されることは決して生じない。 Therefore, it never occurs that the spent biosensor cartridge is reused by mistake.

更に、新品のバイオセンサカートリッジ11を尿糖計本体21に装着して尿糖計を使用して一旦尿糖計本体21の電源をオフした後に、尿糖計を使用するために尿糖計本体21の電源をオンした場合、尿糖計本体21の電源をオフしている期間を計時できないので寿命使用時間を経過しているかどうかわからないが、本実施例の場合、ヒューズは溶断されているので、バイオセンサカートリッジ11が新品でないとして、交換が指示されると共に、尿糖計は測定不能状態にされる。 Furthermore, the biosensor cartridge 11 of new after off once the power to the urinary sugar meter body 21 by using the urine sugar meter attached to the urinary sugar meter body 21, the urinary sugar meter body to use the urine sugar meter If you turn on the 21, but do not know whether the elapsed lifetime usage time can not measure a period during which off the urinary sugar meter body 21, in this embodiment, since the fuse is blown the biosensor cartridge 11 as not new, the replacement is instructed, the urine sugar meter is the unmeasurable state. 従って、寿命使用時間を経過しているかどうかわからなくなっている使用途中のバイオセンサカートリッジが再使用されることを防止できる。 Therefore, it is possible to prevent the middle of the biosensor cartridge used that is not know whether the elapsed lifetime usage time is reused.

実施例2 Example 2
図3に示す上記した実施例1の回路において、独立したヒューズ100を設ける代わりに、コネクタ接続検出回路17内にヒューズを設けることも可能である。 In the circuit of the first embodiment described above shown in FIG. 3, instead of providing a separate fuse 100, it is also possible to provide a fuse in the connector connection detection circuit 17.

図7は、コネクタ接続検出回路17内にヒューズを設けた実施例2の回路図であり、実施例1と相違する実施例2の部分のみを説明する。 Figure 7 is a circuit diagram of a second embodiment in which a fuse in the connector connection detection circuit 17, only the portion of Example 2 which differs from the first embodiment will be described. 図5に示すヒューズ回路は、それ自体、コネクタ接続検出回路17として利用できる。 Fuse circuit shown in FIG. 5, per se, can be used as a connector connection detection circuit 17. すなわち、コネクタ接続検出回路17をヒューズ100で構成する。 That constitutes a connector connection detection circuit 17 in the fuse 100. 一方、ヒューズ100で構成されるコネクタ接続検出回路17は、マイクロコンピュータにより制御されるヒューズ検出兼溶断回路106に接続される。 On the other hand, a connector connection detection circuit 17 composed of a fuse 100 is connected to the fuse detecting and blowing circuit 106 which is controlled by the microcomputer. その他の構成は、実施例1と同一であるので、説明を省略する。 Other configurations are the same as in Example 1, the description thereof is omitted.

図8は、図7に示す本発明の実施例2の動作を図解するフローチャートである。 Figure 8 is a flow chart illustrating the operation of the second embodiment of the present invention shown in FIG. 実施例1と相違する実施例2の動作のみを説明する。 Only the operation of the second embodiment differs from the first embodiment will be described.

尿糖計本体21の電源をオンにすると、尿糖計本体21に新品のバイオセンサカートリッジ11が装着されているかどうかを判定する。 When you turn on the urine sugar meter body 21, it determines the biosensor cartridge 11 a new urine sugar meter body 21 whether it is mounted. これは、コネクタ接続検出回路17すなわちヒューズ100が検出できるかどうかにより判定する。 This is checked by whether the connector connection detection circuit 17 i.e. fuse 100 can be detected. この処理が繰り返される。 This process is repeated.

図5の回路のようにコネクタ接続検出回路17がヒューズ100で構成されている場合、接続点(104)の電位が接地電位であることをヒューズ検出兼溶断回路106を介して検出した場合、マイクロコンピュータ32は、ヒューズ100が導通状態にあると判断する。 If the connector connection detection circuit 17 as in the circuit of Figure 5 is composed of the fuse 100, when the potential of the connection point (104) is detected through the fuse detecting and blowing circuit 106 that is the ground potential, a micro computer 32 determines that fuse 100 is in a conductive state. ヒューズ100が導通状態にある場合は、新品のバイオセンサカートリッジ11が装着されていることを意味し、次のステップに進む。 If the fuse 100 is conductive, which means that the biosensor cartridge 11 of new is mounted, the process proceeds to the next step.

一方、ヒューズ100と高抵抗102との接続点(104)の電位が、高電圧側(例えば+3.3V)電位であることをヒューズ検出兼溶断回路106を介して検出した場合、マイクロコンピュータ32は、ヒューズ100が非導通状態(断線状態)にある、すなわち、「バイオセンサカートリッジ11は新品でない」と判断し、「センサを外す指示」すなわち表示装置の「センサ交換」を表示する一方、尿糖計を測定不能状態にする。 On the other hand, if the potential at the connection point between the fuse 100 and the high resistance 102 (104) has detected that the high voltage side (e.g., + 3.3V) potential through the fuse detecting and blowing circuit 106, the microcomputer 32 the fuse 100 is in a nonconductive state (disconnected state), i.e., while the "biosensor cartridge 11 is not new," it determined that, to display a "sensor replacement" that display "instruction remove the sensor", urine sugar the total of the unmeasurable state. その他の動作は、実施例1と同様であるので、説明を省略する。 Since other operations are the same as in Example 1, the description thereof is omitted.

この実施例2の場合も、使用済みのバイオセンサカートリッジ11が装着された場合には、コネクタ接続検出回路17のヒューズは溶断されているので、新品のバイオセンサカートリッジ11が装着されていないと判断し、交換が指示されると共に、尿糖計は測定不能状態にされる。 In the case of this second embodiment, when the used biosensor cartridge 11 is mounted, a fuse connector connection detection circuit 17 is blown, determines that the biosensor cartridge 11 of new is not attached and, the replacement is instructed, the urine sugar meter is the unmeasurable state. 従って、使用済みバイオセンサカートリッジが誤って再使用されることは決して生じない。 Therefore, it never occurs that the spent biosensor cartridge is reused by mistake.

更に、新品のバイオセンサカートリッジ11を尿糖計本体21に装着して尿糖計を使用して一旦尿糖計本体21の電源をオフした後に、尿糖計を使用するために尿糖計本体21の電源をオンした場合、尿糖計本体21の電源をオフしている期間を計時できないので寿命使用時間を経過しているかどうかわからないが、本実施例2の場合も、コネクタ接続検出回路17がヒューズ100は溶断されているので、新品のバイオセンサカートリッジ11が装着されていないとして、交換が指示されると共に、尿糖計は測定不能状態にされる。 Furthermore, the biosensor cartridge 11 of new after off once the power to the urinary sugar meter body 21 by using the urine sugar meter attached to the urinary sugar meter body 21, the urinary sugar meter body to use the urine sugar meter If you turn on the 21, but do not know whether the elapsed lifetime usage time can not measure a period during which off the urinary sugar meter body 21, also in the second embodiment, a connector connection detection circuit 17 There because fuse 100 is blown, as a biosensor cartridge 11 of new is not mounted, the replacement is instructed, the urine sugar meter is the unmeasurable state. 従って、寿命使用時間を経過しているかどうかわからなっている使用途中のバイオセンサカートリッジが再使用されることを防止できる。 Therefore, it is possible to prevent the middle of the biosensor cartridge used has become know whether the elapsed lifetime usage time is reused. すなわち、この実施例2は、実施例1と同様な効果を達成する。 That is, the second embodiment achieves the same effects as the first embodiment.

実施例3 Example 3
図3に示す上記した実施例1の回路において、独立したヒューズ100の代わりに、不揮発性メモリをバイオセンサカートリッジ11内に設けることも可能である。 In the circuit of the first embodiment described above shown in FIG. 3, instead of separate fuse 100, it is also possible to provide a non-volatile memory in the biosensor cartridge 11.

図9は、ヒューズ100の代わりに、不揮発性メモリとしてEPROM108をバイオセンサカートリッジ11内に設けた実施例3の回路図である。 9, in place of the fuse 100 is a circuit diagram of a third embodiment in which a EPROM108 as a nonvolatile memory in the biosensor cartridge 11. EPROMを使用した理由は、後述する説明からわかるように、その不揮発性メモリ108に書き込んだ内容を書き直す必要がないからであり、消去可能なEEPROMやフラッシュメモリを使用することも可能である。 The reason for using the EPROM, as can be seen from the description below, the it is no need to rewrite the written contents in the non-volatile memory 108, it is also possible to use erasable EEPROM or flash memory. 更に、実施例1のヒューズ検出兼溶断回路106が設けられていない。 Furthermore, fuse detecting and blowing circuit 106 of Embodiment 1 is not provided. その他の構成は、実施例1と同一であるので、説明を省略する。 Other configurations are the same as in Example 1, the description thereof is omitted.

図10は、図9に示す本発明の実施例3の動作を図解するフローチャートである。 Figure 10 is a flow chart illustrating the operation of the embodiment 3 of the present invention shown in FIG. 実施例1と相違する実施例3の動作のみを説明する。 Only the operation of the third embodiment differs from the first embodiment will be described.

尿糖計本体21の電源をオンにすると、尿糖計本体21に新品のバイオセンサカートリッジ11が装着されているかどうかを判定する。 When you turn on the urine sugar meter body 21, it determines the biosensor cartridge 11 a new urine sugar meter body 21 whether it is mounted. これは、コネクタ接続検出回路17が検出できるかどうかにより判定する。 This is checked by whether the connector connection detection circuit 17 can be detected. 検出されない場合、この処理が繰り返される。 If not detected, the process is repeated.

一方、バイオセンサカートリッジ11が装着されている場合又はバイオセンサカートリッジ11が装着された場合、マイクロコンピュータ32は、EPROM108にアクセスして、EPROM108に書き込みがあるどうか検査する。 On the other hand, if the case or the biosensor cartridge 11 biosensor cartridge 11 is mounted is mounted, the microcomputer 32 accesses the EPROM 108, to check whether there is a write to the EPROM 108. EPROM108に書き込みがない場合、マイクロコンピュータ32は、新品のバイオセンサカートリッジ11が装着されていることを意味し、次のステップに進む。 If there is no write to the EPROM 108, the microcomputer 32, which means that the biosensor cartridge 11 of new is mounted, the process proceeds to the next step.

その次のステップにおいて、ヒューズを溶断する代わりに、実施例3では、マイクロコンピュータは、EPROM108に「使用済み」を書き込む。 In the next step, instead of blowing the fuse, in the third embodiment, the microcomputer writes the "used" to EPROM 108.

一方、EPROM108に書き込みがあった場合、マイクロコンピュータ32は、「バイオセンサカートリッジ11は新品でない」と判断し、「センサを外す指示」すなわち表示装置の「センサ交換」を表示する一方、尿糖計を測定不能状態にする。 On the other hand, if there is a write to the EPROM 108, the microcomputer 32 determines that "the biosensor cartridge 11 is not new", while displaying the "sensor replacement" That display "instruction Remove the sensor", urine sugar meter the to measurement disabled state. その他の動作は、実施例1と同様であるので、説明を省略する。 Since other operations are the same as in Example 1, the description thereof is omitted.

この実施例3の場合も、実施例1と同様な効果を達成することは理解できよう。 In the case of this third embodiment, it will be appreciated that to achieve the same effects as the first embodiment.

実施例4 Example 4
バイオセンサが寿命を過ぎたならば、バイオセンサを使用不能にすれば、寿命を過ぎた使用済みのバイオセンサが使用されることは防止できる。 If the biosensor has passed the life, if unusable a biosensor, the spent biosensor past the lifetime is used can be prevented. かかる観点から、実施例4は、バイオセンサが寿命を過ぎたならば、バイオセンサを使用不能にするものである。 From this viewpoint, the fourth embodiment, if the biosensor has passed the life, is to disable the biosensor.

図11は、実施例4の回路図である。 Figure 11 is a circuit diagram of a fourth embodiment. 実施例4では、実施例1のバイオセンサカートリッジ11に設けたヒューズ100及びに尿糖計本体21に設けたヒューズ検出兼溶断回路106の代わりに、尿糖計本体21側において、マイクロコンピュータ32により制御される切替回路200を、センサ駆動回路26の出力とコネクタ31との間に設け、更に、電源23から電力が供給され且つマイクロコンピュータ32により制御される過電流回路202を設け、その過電流出力を切替回路100の他方の入力に接続している。 In Example 4, instead of the fuse detecting and blowing circuit 106 provided in the urinary sugar meter body 21 to the fuse 100 and provided to the biosensor cartridge 11 of Embodiment 1, the urinary sugar meter body 21 side, the microcomputer 32 the switching circuit 200 controlled, provided between the output and the connector 31 of the sensor drive circuit 26, further, an overcurrent circuit 202 is provided to which power from the power source 23 is controlled by the supplied and the microcomputer 32, the overcurrent It connects the output to the other input of the switching circuit 100. マイクロコンピュータ32は、通常はセンサ駆動回路26の出力をコネクタ31を介して尿糖センサ13に供給するように切替回路100を制御しており、尿糖センサ13を破壊したいとき、過電流回路102の過電流出力をコネクタ31を介して尿糖センサ13に供給するように切替回路100を制御する。 The microcomputer 32 typically has controls the switching circuit 100 so that the output of sensor driving circuit 26 via the connector 31 to supply the urine sugar sensor 13, when it is desired to destroy the urine sugar sensor 13, an overcurrent circuit 102 an overcurrent output through the connector 31 of controlling the switching circuit 100 to supply the urine sugar sensor 13. その他の構成は、実施例1と同一であるので、説明を省略する。 Other configurations are the same as in Example 1, the description thereof is omitted.

図12は、図11に示す本発明の実施例4の動作を図解するフローチャートである。 Figure 12 is a flow chart illustrating the operation of the embodiment 4 of the present invention shown in FIG. 11. 実施例1と相違する実施例4の動作のみを説明する。 Only the operation of the fourth embodiment differs from the first embodiment will be described.

尿糖計本体21の電源をオンにすると、尿糖計本体21に新品のバイオセンサカートリッジ11が装着されているかどうかを判定する。 When you turn on the urine sugar meter body 21, it determines the biosensor cartridge 11 a new urine sugar meter body 21 whether it is mounted. これは、コネクタ接続検出回路17が検出できるかどうかにより判定する。 This is checked by whether the connector connection detection circuit 17 can be detected. 検出されない場合、この処理が繰り返される。 If not detected, the process is repeated.

一方、バイオセンサカートリッジ11が装着されている場合又はバイオセンサカートリッジ11が装着された場合、バイオセンサが正常かどうか判定する。 On the other hand, when it is mounted or if the biosensor cartridge 11 biosensor cartridge 11 is mounted, it determines whether normal biosensor. この判定は以下のようにして行われる。 This determination is performed as follows. マイクロコンピュータ32は、D/A変換器25に所定のデジタル信号を供給して、センサ駆動回路26を介して尿糖センサ13を所定の電流で駆動する。 The microcomputer 32 supplies predetermined digital signals to the D / A converter 25, and drives the urine sugar sensor 13 via the sensor drive circuit 26 at a predetermined current. 尿糖センサ13を流れる電流は、センサ駆動回路26を介してA/D変換器27に送られえ、尿糖センサ13を流れる電流値を表すデジタル信号に変換されて、マイクロコンピュータ32に送られる。 Current through the urine sugar sensor 13 is converted through the sensor driving circuit 26 Okuraree the A / D converter 27, the digital signal representing the current flowing through the urine sugar sensor 13 is sent to the microcomputer 32 . そのマイクロコンピュータ32は、尿糖センサ13を流れる電流値が正常値の範囲内にあるかどうか判別して、正常値の範囲内にある場合、マイクロコンピュータ32は、寿命を過ぎていないバイオセンサカートリッジ11(新品のバイオセンサカートリッジか、使用されてはいるが寿命を過ぎていないバイオセンサカートリッジか)が装着されていると判断して、次のステップに進む。 As the microcomputer 32 discriminates whether the value of the current flowing through the urine sugar sensor 13 is within the normal range, when within the normal range, the microcomputer 32, the biosensor cartridge that is not only the life 11 (or new biosensor cartridge, or the biosensor cartridge but can be used not only the life) was determined to have been mounted, the process proceeds to the next step.

その次のステップは、ヒューズを溶断するステップでなく、実施例4では、寿命使用時間を過ぎているかどうか判定する。 The next step is not a step for blowing the fuse, in the fourth embodiment, it is determined whether past the lifetime usage time.

一方、尿糖センサ13を流れる電流値が正常値の範囲内になかった場合、マイクロコンピュータ32は、「バイオセンサは正常でない」と判断し、「センサを外す指示」すなわち表示装置の「センサ交換」を表示する一方、尿糖計を測定不能状態にする。 On the other hand, if the value of the current flowing through the urine sugar sensor 13 was not within the normal range, the microcomputer 32 determines that "biosensors not normal", "sensor replacement i.e. display" instruction disengage the sensor " while displaying a ", to the measurement disabled state the urine sugar meter.

尿糖センサ13を流れる電流値が正常値の範囲内にあって、「寿命使用時間に達したか?」、「測定したか?」、「寿命使用回数に達したか?」の3つのステップを繰り返すループに入った場合、「寿命使用時間に達した」又は「寿命使用回数に達した」と判定されたとき、マイクロコンピュータは、切替回路100と過電流回路102とを制御して、過電流回路102を動作させて過電流を発生させる一方、切替回路100に、過電流回路102の過電流出力を選択させる。 Be in the range of current values ​​normal value flowing through the urine sugar sensor 13, "has been reached lifetime usage time?", "Did measured?", Three steps of "has been reached the life usage count?" If the loop is entered to repeat, when it is determined that "has reached the lifetime usage time" or "reaches the lifetime use count", the microcomputer controls the a switching circuit 100 and over-current circuit 102, over while generating an overcurrent by the current circuit 102 is operated, the switching circuit 100 to select the over-current output of the overcurrent circuit 102. その結果、尿糖計センサ13が破壊される。 As a result, the urine sugar meter sensor 13 is broken. 次いで、「センサを外す指示」すなわち表示装置の「センサ交換」を表示する一方、尿糖計を測定不能状態にする。 Then, while displaying the "sensor replacement" That display "instruction Remove the sensor", to measure impossible state urine sugar meter.

そのように尿糖計センサ13が破壊されたバイオセンサカートリッジ11が装着された場合、バイオセンサが正常かどうか判定したとき、尿糖センサ13を流れる電流値が正常値の範囲内にないので、「バイオセンサは正常でない」と判断されて、「センサを外す指示」すなわち表示装置の「センサ交換」を表示する一方、尿糖計を測定不能状態にする。 When such a biosensor cartridge 11 urine sugar meter sensor 13 is destroyed is mounted, when the biosensor is determined whether normal, since the value of the current flowing through the urine sugar sensor 13 is not within the range of normal values, It is determined to be "biosensors not normal", while displaying the "sensor replacement" that display "instruction remove the sensor", to measure impossible state urine sugar meter. その他の動作は、実施例1と同様であるので、説明を省略する。 Since other operations are the same as in Example 1, the description thereof is omitted.

この実施例4の場合も、実施例1と同様な効果を達成することは理解できよう。 In the case of this embodiment 4, it will be appreciated that to achieve the same effects as the first embodiment.

実施例5 Example 5
上記した尿糖計は電池動作であるので、電池交換が必要である。 Since the urine sugar meter described above is a battery-operated, there is a need for battery replacement. バイオセンサが未だ寿命に達していない状態で、電池交換をした場合、上記した実施例1から3では、電池交換をした後、電源を投入したとき、装着してあるバイオセンサカートリッジが使用済みであると判定されて、バイオセンサカートリッジの交換が指示される。 In a state in which the biosensor has not yet reached the end of its life, when the battery is replaced, in Examples 1-3 described above, after the battery replacement, when the power is turned on, the biosensor cartridge that is mounted is in spent It is determined that the replacement of the biosensor cartridge is indicated. 新しいバイオセンサカートリッジを使用して数回しか測定していない状態で、バイオセンサカートリッジを交換しなければならないことは、不経済である。 In a state in which only been measured several times using a new biosensor cartridge, that you do not need to replace the biosensor cartridge it is uneconomical. 実施例5はそのような事態が生じないように、実施例1を更に改善したものである。 Example 5 so as not to cause such a situation, it is obtained by further improving the first embodiment. この実施例5は、マイクロコンピュータ32内に補助記憶装置37が不揮発性であることを除いて図3に示す実施例1の回路構成と同一回路構成であるので、構成の図示と説明は省略し、動作のみを、図13のフローチャートを参照して説明する。 The fifth embodiment, the auxiliary storage device 37 in the microcomputer 32 is a circuit configuration that is the same circuit configuration of embodiment 1 shown in FIG. 3 except that a non-volatile, illustration and description are omitted in the configuration the operation only, with reference to the flowchart of FIG. 13.

新品のバイオセンサカートリッジ11を尿糖計本体21に装着して、尿糖計本体21の電源をオンした場合 The biosensor cartridge 11 a new wearing the urinary sugar meter body 21, when the power on the urine sugar meter body 21
尿糖計本体21の電源をオンにすると、尿糖計本体21にバイオセンサカートリッジ11が装着されているかどうかを判定する。 When you turn on the urine sugar meter body 21, it determines the biosensor cartridge 11 to the urinary sugar meter body 21 whether it is mounted. これは、コネクタ接続検出回路17が検出できるかどうかにより判定する。 This is checked by whether the connector connection detection circuit 17 can be detected. バイオセンサカートリッジ11が装着されていない場合には、この処理が繰り返される。 When the biosensor cartridge 11 is not attached, the process is repeated.

一方、バイオセンサカートリッジ11が装着されている場合又はバイオセンサカートリッジ11が装着された場合、マイクロコンピュータ32は、検出兼溶断回路106を介して、ヒューズ100が導通状態にあるどうか検査する。 On the other hand, if the case or the biosensor cartridge 11 biosensor cartridge 11 is mounted is mounted, the microcomputer 32 through the detection and fusing circuit 106 checks whether the fuse 100 is in a conductive state.

ヒューズ100が導通状態にある場合は、装着されているバイオセンサカートリッジ11が新品(未使用)であることを意味し、次のステップに進み、マイクロコンピュータ32は、ヒューズ検出兼溶断回路106を介してヒューズ100を溶断する。 If the fuse 100 is conductive, means the biosensor cartridge 11 mounted is new (unused), the process proceeds to the next step, the microcomputer 32 via a fuse detecting and blowing circuit 106 Te blowing the fuse 100.

ヒューズ100を溶断したならば、次のステップに進んで、尿糖計本体21のメモリ、例えば補助記憶装置37に、バイオセンサカートリッジの識別番号(バイオセンサカートリッジ1つ1つを弁別できる、例えばシリアル製品番号)と共に「センサが新品である」と書き込むと共に、使用開始年月日ほかのバイオセンサカートリッジの管理情報を書き込み、更に、補助記憶装置37に測定回数カウンタを設定して、「使用回数ゼロ回」としておく。 Once blown the fuse 100, proceed to the next step, the memory of the urinary sugar meter body 21, for example in the auxiliary storage device 37, can be distinguished one identification number (one biosensor cartridge of the biosensor cartridge, for example, a serial product number) with writes a "sensor is new", writes the management information of the start date other biosensor cartridge, further, by setting the measurement number counter in the auxiliary storage device 37, "the number of uses zero keep with the times ".

次いで、使用開始年月日時を現在の年月日時と比較して、使用開始からの経過日数を求めて、寿命使用時間(例えば60日)と比較する。 Then, by comparing the use start date date with the current date time, seeking the number of days since the start of use, compared with the lifetime use time (e.g., 60 days). バイオセンサカートリッジ11は新品であるこの場合、当然、寿命使用時間には達していないので、次にステップに進み、測定が行われたどうかを判定する。 In this case the biosensor cartridge 11 is new, of course, because it does not reach the lifetime usage time, and then proceeds to step determines measurements were made assimilation. 測定が行われた場合には、補助記憶装置37の測定回数カウンタを1増分する。 If the measurement has been performed, the 1 increments the measurement number counter of the auxiliary storage device 37.

測定が行われなかった場合、及び、補助記憶装置37の測定回数カウンタを1増分した後、補助記憶装置37の測定回数カウンタに記録されている使用回数を使用限度回数すなわち寿命使用回数(200回)と比較する。 If the measurement is not performed, and, after 1 increments the measurement number counter of the auxiliary storage device 37, an auxiliary storage measurement number counter recorded the number of times of use are allowable limit number i.e. lifetime number of uses of the apparatus 37 (200 times ) is compared with. バイオセンサカートリッジ11は新品であるこの場合、当然、寿命使用回数には達していないので、処理は、寿命使用時間に達しているかどうか判別するステップに戻る。 In this case the biosensor cartridge 11 is new, of course, because it does not reach the lifetime number of uses, the process returns to the step of determining whether reached lifetime usage time.

新品のバイオセンサカートリッジ11を尿糖計本体21に装着して尿糖計を使用した後、バイオセンサカートリッジ11を装着したまま(例えば電池交換のために)一旦尿糖計本体21の電源をオフした後に、尿糖計本体21の電源をオンした場合(この場合、新品のバイオセンサカートリッジ11を尿糖計本体21に装着して尿糖計を使用した時点で、ヒューズは溶断されている) After using the urine sugar meter biosensor cartridge 11 a new wearing the urinary sugar meter body 21, while wearing the biosensor cartridge 11 (e.g., for battery replacement) once off the urinary sugar meter body 21 after, if you turn on the urine sugar meter body 21 (in this case, the biosensor cartridge 11 a new wearing the urine sugar meter body 21 at the time of using the urine sugar meter, fuses are blown)
尿糖計本体21の電源をオンにすると、尿糖計本体21にバイオセンサカートリッジ11が装着されているかどうかを判定する。 When you turn on the urine sugar meter body 21, it determines the biosensor cartridge 11 to the urinary sugar meter body 21 whether it is mounted. これは、コネクタ接続検出回路17が検出できるかどうかにより判定する。 This is checked by whether the connector connection detection circuit 17 can be detected. バイオセンサカートリッジ11は装着されているので、マイクロコンピュータ32は、検出兼溶断回路106を介して、ヒューズ100が導通状態にあるどうか検査する。 Since the biosensor cartridge 11 is mounted, the microcomputer 32 through the detection and fusing circuit 106 checks whether the fuse 100 is in a conductive state. この場合、ヒューズは既に溶断されているので、マイクロコンピュータ32は、ヒューズ100が非導通状態(断線状態)にある、すなわち、「バイオセンサカートリッジ11は新品でない」と判断する。 In this case, since the fuse is already blown, the microcomputer 32, the fuse 100 is in a nonconductive state (disconnected state), i.e., determines that "the biosensor cartridge 11 is not new."

この場合、マイクロコンピュータ32は、バイオセンサカートリッジの識別番号を読み取ると共に、更に、補助記憶装置37にアクセスして、補助記憶装置37に記憶されている「バイオセンサカートリッジの識別番号」と照合し、且つ、補助記憶装置37に「センサが新品である」と書き込まれているかどうかを確認する。 In this case, the microcomputer 32, as well as reads the identification number of the biosensor cartridge, further, it accesses the auxiliary storage device 37, against the stored in the auxiliary storage device 37 "identification number of the biosensor cartridge" and, in the auxiliary storage device 37 "sensor is new" to verify that the written and. 新品のバイオセンサカートリッジを装着した後、そのバイオセンサカートリッジ11を尿糖計本体21から外していないので、マイクロコンピュータ32は、「バイオセンサカートリッジの識別番号」の一致を確認し、且つ補助記憶装置37に「センサが新品である」と書き込まれていること確認して、次のステップに進む。 After mounting a new biosensor cartridge, since the biosensor cartridge 11 is not removed from the urinary sugar meter body 21, the microcomputer 32 checks the coincidence of the "identification number of the biosensor cartridge", and the auxiliary storage device 37 "sensor is new," make sure it has been written and in, proceed to the next step.

その次のステップにおいて、使用開始年月日時を現在の年月日時と比較して、使用開始からの経過日数を求めて、寿命使用時間(例えば60日)と比較する。 In the next step, by comparing the use start date date with the current date time, seeking the number of days since the start of use, compared with the lifetime use time (e.g., 60 days). バイオセンサカートリッジ11が寿命使用時間には達していない場合、次にステップに進み、測定が行われたどうかを判定する。 If the biosensor cartridge 11 does not reach the lifetime usage time, and then proceeds to step determines measurements were made assimilation. 測定が行われた場合には、補助記憶装置37の測定回数カウンタを1増分する。 If the measurement has been performed, the 1 increments the measurement number counter of the auxiliary storage device 37. 一方、バイオセンサカートリッジ11が寿命使用時間に達していた場合、補助記憶装置37の「センサが新品である」との書き込みを消去する。 On the other hand, if the biosensor cartridge 11 has reached the lifetime usage time, the auxiliary storage device 37 "sensor is new" to erase the writing with.

測定が行われなかった場合、及び、補助記憶装置37の測定回数カウンタを1増分した後、補助記憶装置37の測定回数カウンタに記録されている使用回数を使用限度回数すなわち寿命使用回数(200回)と比較する。 If the measurement is not performed, and, after 1 increments the measurement number counter of the auxiliary storage device 37, an auxiliary storage measurement number counter recorded the number of times of use are allowable limit number i.e. lifetime number of uses of the apparatus 37 (200 times ) is compared with. バイオセンサカートリッジ11が寿命使用回数に達していない場合、処理は、寿命使用時間に達しているかどうか判別するステップに戻る。 If the biosensor cartridge 11 does not reach the lifetime number of uses, the process returns to the step of determining whether reached lifetime usage time. 一方、バイオセンサカートリッジ11が寿命使用回数に達していた場合、補助記憶装置37の「センサが新品である」との書き込みを消去する。 On the other hand, if the biosensor cartridge 11 has reached the lifetime number of uses, the auxiliary storage device 37 "sensor is new" to erase the writing with.

補助記憶装置37の「センサが新品である」との書き込みを消去した後、「センサを外す指示」すなわち表示装置の「センサ交換」を表示する一方、尿糖計を測定不能状態にする。 After the auxiliary storage device 37 "sensor is new" to erase the writing and, while displaying the "sensor replacement" That display "instruction Remove the sensor", to measure impossible state urine sugar meter.
センサを外す指示を出した後は、センサが装着されているかどうか判定する動作を繰り返す。 After issuing the instruction to remove the sensor, the sensor repeats the determining operation whether it is mounted. バイオセンサカートリッジ11が取り外されたならば、「センサを外す指示」を消して、電源投入直後の「センサが装着されているかどうかの判定動作」に戻る。 If the biosensor cartridge 11 is removed, returns to erase the "instruction to remove the sensor", "one of the determining operation if the sensor is mounted" immediately after the power is turned on.

この実施例5の場合、新品のバイオセンサカートリッジ11を尿糖計本体21に装着して尿糖計を使用した後、バイオセンサカートリッジ11を一旦尿糖計本体21から外して、再びそのバイオセンサカートリッジ11を尿糖計本体21に装着した場合も、新品状態で尿糖計本体21に装着されて使用された時点でヒューズが溶断されてはいるが、バイオセンサカートリッジの同一性が確認されるので、使用することが可能である。 In this embodiment 5, after using the urine sugar meter biosensor cartridge 11 a new wearing the urinary sugar meter body 21, remove the biosensor cartridge 11 once from the urine sugar meter body 21, the biosensor again even if the cartridge 11 is attached to the urinary sugar meter body 21, but the fuse is is blown when it is used by being attached to the urinary sugar meter body 21 in new condition, the identity of the biosensor cartridge is confirmed since, it is possible to use.

しかし、別の使用済みバイオセンサカートリッジ11(ヒューズが溶断されている)を尿糖計本体21に装着した場合は、バイオセンサカートリッジの同一性が確認されないので、そのバイオセンサカートリッジは使用できない。 However, if another used biosensor cartridge 11 (the fuse is blown) attached to the urinary sugar meter body 21, so is not confirmed the identity of the biosensor cartridge, the biosensor cartridge can not be used. 一方、全く新品のバイオセンサカートリッジ11を尿糖計本体21に装着した場合には、新品のバイオセンサカートリッジ11を確認した後の処理は、ヒューズの溶断のステップに行くので、バイオセンサカートリッジの識別番号と、補助記憶装置37に記憶されている「バイオセンサカートリッジの識別番号」との照合は行われない。 On the other hand, when wearing any biosensor cartridge 11 a new urine sugar meter body 21, processing after confirming the biosensor cartridge 11 of the new, so go to the fusing step fuses the identification of the biosensor cartridge and number, collation between stored "identification number of the biosensor cartridge" in the auxiliary storage device 37 is not performed. 一方、ヒューズ100を溶断するステップの後は、尿糖計本体21のメモリ、例えば補助記憶装置37に、バイオセンサカートリッジの識別番号(バイオセンサカートリッジ1つ1つを弁別できる、例えばシリアル製品番号)と共に「センサが新品である」を上書きすると共に、使用開始年月日ほかのバイオセンサカートリッジの管理情報を書き込み、更に、補助記憶装置37に測定回数カウンタを設定して、「使用回数ゼロ回」として、新品のバイオセンサカートリッジ11を尿糖計本体21に装着した場合の動作が行われる。 On the other hand, after the step of blowing the fuse 100, the memory of the urinary sugar meter body 21, for example in the auxiliary storage device 37, the identification number of the biosensor cartridge (can be distinguished each one biosensor cartridge, for example, a serial product number) with "sensor is new" overwriting, writes management information of the start date other biosensor cartridge, further, by setting the measurement number counter in the auxiliary storage device 37, "use count zero times" with as the operation in the case where the biosensor cartridge 11 of new attached to the urinary sugar meter body 21 is performed.

実施例6及び実施例7 Examples 6 and 7
実施例2及び実施例3も、実施例5のように改善することができる。 Examples 2 and 3 can also be improved as in Example 5. 実施例6及び実施例7は、実施例2及び実施例3を、実施例5のように改善したものであり、図14及び図15にそのフローチャートを示し、説明は省略する。 Examples 6 and 7, Example 2 and Example 3, which has improved as in Example 5, shows the flowchart of FIG. 14 and FIG. 15, description thereof will be omitted.

実施例8 Example 8
図16は、実施例8の電気的な構成を示すブロック図である。 Figure 16 is a block diagram showing an electrical configuration of Example 8. 図9に示す実施例3との比較からわかるように、図16に示す実施例8は、図9に示す実施例3の必ずしも書き換え可能である必要のない不揮発性メモリ108の代わりに、書き換え可能であるEEPROM又はフラッシュメモリのような不揮発性メモリ108Aを、図1に示すハウジング12内に収容している。 As seen from comparison between Example 3 shown in FIG. 9, Example 8 shown in FIG. 16, instead of the non-volatile memory 108 without necessarily rewritable Example 3 shown in FIG. 9, rewritable the non-volatile memory 108A such as an EEPROM or a flash memory is, are housed in a housing 12 shown in FIG. なお、不揮発性メモリ108Aは、メモリ容量がある場合には、使用の方法によれば、書き換え可能である必要のないので、EPROMで構成することも可能である。 Incidentally, the non-volatile memory 108A, if there is a memory capacity, according to the method of use, since there is no need is rewritable, it is also possible to configure in EPROM.

EEPROM又はフラッシュメモリのような不揮発性メモリ108Aは、本発明により、バイオセンサカートリッジ11に設けらたものであり、バイオセンサカートリッジ11すなわちバイオセンサの使用履歴を記録するものであり、マイクロコンピュータ32によってシリアル通信によって読み書きされる。 Nonvolatile memory 108A such as an EEPROM or flash memory, the present invention is intended been found provided on the biosensor cartridge 11 is intended to record the use history of the biosensor cartridge 11 i.e. biosensor, the microcomputer 32 read and written by the serial communication. 詳細には後述するように、バイオセンサカートリッジ11が尿糖計本体21に装着されて電気的に接続されると、マイクロコンピュータ32は、不揮発性メモリ108Aを読みにいき、装着されたバイオセンサカートリッジ11の使用履歴を確認する。 As will be described later in detail, when the biosensor cartridge 11 is connected is attached to the urinary sugar meter body 21 electrically, the microcomputer 32 goes to read the non-volatile memory 108A, mounted biosensor cartridge to confirm the 11 use history. そして、例えば、装着されたバイオセンサカートリッジ11が使用開始からの寿命使用回数又は寿命使用時間を越えていた場合には、バイオセンサカートリッジの交換表示を表示装置29にすると共に、尿糖計自体を測定不能状態に置く。 Then, for example, when the biosensor cartridge 11 mounted had exceeded the lifetime number of uses or lifetime usage time from the start of use it is adapted to the display device 29 to replace the display of the biosensor cartridge, the urinary sugar meter itself put to the unmeasurable state.

本発明の実施例8は、家庭用のデジタル尿糖計のバイオセンサがその使用寿命(使用開始からの経過時間と測定回数)を過ぎて使用されることがないようにするものであり、以下、図17のフローチャートを参照して説明する。 Example 8 of the present invention is to so never biosensor digital urine sugar meter for home use past its useful life (the elapsed time and the number of measurements from the start of use), the following It will be described with reference to a flowchart of FIG. 17. なお、未使用のバイオセンサカートリッジ11の不揮発性メモリ108Aには、少なくとも製造年月日が予め記憶されており、バイオセンサカートリッジ11が尿糖計本体21に装着されて使用され始めた後には、少なくとも使用開始年月日時、使用回数が書き込まれており、更に必要に応じて以下に説明する実施例のように様々な履歴が記録されている。 Note that the non-volatile memory 108A unused biosensor cartridge 11, and at least date of manufacture stored in advance, after the biosensor cartridge 11 is started to be used is attached to the urinary sugar meter body 21, at least use start date, and the number of uses is written, various histories as in the embodiments described below, if necessary is recorded.

そのため、以下に説明する実施例においては、バイオセンサカートリッジ11の不揮発性メモリ108Aには、製造年月日を記録する領域、使用開始年月日時を記憶する領域、使用回数を記憶する領域(測定回数カウンタ)、低温異常を記憶する領域(低温用カウンタ)、高温異常を記憶する領域(高温用カウンタ)、各種のエラーを記憶する領域(エラー状態メモリ)が区分けされている。 Therefore, in the embodiment described below, the non-volatile memory 108A of the biosensor cartridge 11, an area for recording the date of manufacture, the area for storing the usage start date date, an area for storing the number of times of use (measured counter) area for storing a low-temperature abnormal (counter for cold), the area for storing the high-temperature abnormal (high-temperature counter) area for storing various error (error state memory) is divided. 従って、スタンド41に尿糖計1を挿入して保管している状態で、尿糖計1の電源を切った場合、使用に先立ち尿糖計1の電源を入ると、過去の使用回数などの使用履歴を調べて、使用寿命が過ぎておらず且つ使用履歴に問題がない場合には、バイオセンサを使用できるものである。 Accordingly, in a state in which the store and insert the urinary sugar meter 1 in the stand 41, when the power is turned off the urinary sugar meter 1, enters the power of the urine sugar meter 1 prior to use, such as the past number of uses examine the use history, if there is no problem in and use history not passed the service life is to use a biosensor. 又は、バイオセンサの使用寿命が過ぎる前に一旦尿糖計本体21から外されて、再び尿糖計本体21に装着された場合でも、使用寿命が過ぎていない場合には、再度装着された使用寿命が過ぎていないバイオセンサを再び使用できるものである。 Or, is removed from the once the urinary sugar meter body 21 before the lapse of a service life of the biosensor, even when it is re-attached to the urinary sugar meter body 21, when the service life has not been passed, is attached again used a biosensor that life is not only those that can be used again.

尿糖計本体21の電源をオンにすると、尿糖計本体21にバイオセンサカートリッジ11が装着されているかどうかを判定する。 When you turn on the urine sugar meter body 21, it determines the biosensor cartridge 11 to the urinary sugar meter body 21 whether it is mounted. これは、コネクタ接続検出回路17が検出できるかどうかにより判定する。 This is checked by whether the connector connection detection circuit 17 can be detected. バイオセンサカートリッジ11が装着されていない場合には、この処理が繰り返される。 When the biosensor cartridge 11 is not attached, the process is repeated. 一方、バイオセンサカートリッジ11が装着されている場合又はバイオセンサカートリッジ11が装着された場合、バイオセンサカートリッジ11の不揮発性メモリ108Aにアクセスして、その記憶内容を読み出す。 On the other hand, if the case or the biosensor cartridge 11 biosensor cartridge 11 is mounted is attached, by accessing the nonvolatile memory 108A of the biosensor cartridge 11, reads the stored content.

バイオセンサカートリッジ11の製造年月日しか読み出せない場合は、装着されたバイオセンサカートリッジ11が未使用であることを意味し、バイオセンサカートリッジ11の製造年月日から使用可能期間(例えば1年)が経過していないかどうか判定する。 If can be read only manufacturing date of the biosensor cartridge 11 means that the biosensor cartridge 11 mounted is unused, available from the date of manufacture of the biosensor cartridge 11 period (e.g. one year ), it is determined whether or not elapsed. 使用可能期間が経過していた場合には、「センサを外す指示」すなわち表示装置の「センサ交換」を表示する一方、尿糖計を測定不能状態にする。 If the usable period has elapsed, while displaying "sensor replacement" That display "instruction Remove the sensor", to measure impossible state urine sugar meter. 使用可能期間が経過していない場合には、そのときの年月日時を、バイオセンサカートリッジ11の使用開始年月日時として、バイオセンサカートリッジ11の不揮発性メモリ108Aに書き込み、次のステップへ進む。 If the available period has not elapsed, the date current date and time, as the use start date date of the biosensor cartridge 11, written into the non-volatile memory 108A of the biosensor cartridge 11, the process proceeds to the next step.

バイオセンサカートリッジ11の不揮発性メモリ108Aにアクセスしてその記憶内容を読み出したとき、製造年月日以外に、使用開始年月日時が記録されていた場合には、そのバイオセンサカートリッジ11は、使用中又は過去に使用されたことがあるバイオセンサカートリッジ11であることを意味している。 When reading the stored data by accessing the nonvolatile memory 108A of the biosensor cartridge 11, in addition to manufacturing date, when the use begin date date is recorded, the biosensor cartridge 11 is used it is meant to be a biosensor cartridge 11 which may in or used in the past. その場合には、まず、製造年月日から使用可能期間が経過していないかどうか判定し、使用可能期間が経過していない場合には、使用開始年月日時を現在の年月日時と比較して、使用開始からの経過日数を求めて、寿命使用時間(例えば60日)と比較し、更に、使用回数を使用限度回数すなわち寿命使用回数(200回)と比較する。 Comparison In that case, first determines whether or not elapsed available period from the date of manufacture, when the available period has not elapsed, the use start year and month date and current date date and, seeking the number of days since the start of use, compared with the lifetime use time (e.g., 60 days), further, compared with the allowable limit number ie life usage count the number of uses (200 times). 寿命使用時間を過ぎているか又は寿命使用回数に達している場合、「センサを外す指示」すなわち表示装置の「センサ交換」を表示する一方、尿糖計を測定不能状態にする。 If it reached or life usage count has passed the life operating time, while displaying a "sensor replacement" That display "instruction Remove the sensor", to measure impossible state urine sugar meter.

好ましくは、経過時間が所定期間(たとえば53日)を過ぎた後、または、測定回数が所定回数(たとえば190回)を越えた時に、例えば、表示装置の「センサ交換」を連続点灯して、センサ交換の警告を出する一方、尿糖計自体は測定可能状態に維持し、更にセンサ寿命を表わす寿命使用時間(たとえば60日)が過ぎた後、または、測定回数がセンサ寿命を表わす寿命使用回数(たとえば200回)を越えた時に、例えば、表示装置の「センサ交換」を明滅させる一方、尿糖計を測定不能状態にする。 Preferably, after the elapsed time has exceeded a predetermined time period (e.g. 53 days), or, when the number of measurements exceeds a predetermined number of times (e.g. 190 times), for example, continuously lit the "sensor replacement" display device, while leaving the warning sensor replacement, the urinary sugar meter itself maintains a measurable state, after further lifetime usage time representing the sensor life (e.g., 60 days) has passed, or the lifetime use the number of measurements represents the sensor life when it exceeds the number of times (e.g. 200 times), for example, one to blink "sensor replacement" of the display device, to measure impossible state the urine sugar meter.

寿命使用時間を過ぎておらず且つ寿命使用回数に達していない場合には、後述するような使用履歴異常があるかどうか判定する。 If it does not reach and the life number of uses not only the life time of use, determines whether there is a use history abnormality as will be described later. 使用履歴異常がある場合、「センサを外す指示」すなわち表示装置の「センサ交換」を表示する一方、尿糖計を測定不能状態にする。 If there is a usage history abnormal, while displaying a "sensor replacement" That display "instruction Remove the sensor", to measure impossible state urine sugar meter.

使用履歴異常がない場合、次のステップへ進む。 If you do not use history abnormal, proceed to the next step. 尿糖計本体21のマイクロコンピュータは、時間経過を計測する。 Micro-computer of urine glucose meter body 21, to measure the time elapsed. 例えば、10分に1度、バイオセンサカートリッジ11の不揮発性メモリ108Aにアクセスして、バイオセンサ装着以降すなわち使用開始年月日時からの経過時間を書き込む。 For example, once in 10 minutes, by accessing the nonvolatile memory 108A of the biosensor cartridge 11, and writes the time elapsed from the biosensor mounted later i.e. at use start date. これは、バイオセンサカートリッジ11が尿糖計本体21に装着されている限り、後述するステップを経て、繰り返される。 This is as long as the biosensor cartridge 11 is mounted to the urinary sugar meter body 21, through the steps described below are repeated.

このように構成することにより、尿糖計本体21から電池が抜かれ、再度電池が入れられた時は、バイオセンサカートリッジ11の不揮発性メモリ108Aにアクセスすることにより、使用開始年月日時を読み出すことにより、使用開始からの経過時間を知ることができ、更に、不揮発性メモリ108Aに設定した測定回数カウンタを読み出すことにより、過去の測定回数を知ることができる。 With this configuration, unplugged battery from the urine sugar meter body 21, when placed again cells, by accessing the nonvolatile memory 108A of the biosensor cartridge 11, to read the usage start date date Accordingly, it is possible to know the elapsed time from the start of use, further, by reading the number of measurements counter set in the non-volatile memory 108A, it is possible to know the past number of measurements.

更に、バイオセンサカートリッジ11を装着した尿糖計がスタンド41に挿入収納されているかどうかを常時判定する。 Furthermore, always determines whether urine sugar meter fitted with a biosensor cartridge 11 is inserted housed in the stand 41. これは、スタンド41の磁石42に反応するスタンド検出リードスイッチ15により検出できる。 This can be detected by a stand detection lead switch 15 which responds to the magnet 42 of the stand 41. バイオセンサカートリッジ11を装着した尿糖計がスタンド41に挿入収納されていないと判断された場合、その経過時間を計測し、所定時間、たとえば10分が経過した段階で、バイオセンサカートリッジ11がスタンド41に収納されていないとのエラー状態を、不揮発性メモリ108Aのエラー状態メモリに書き込む(エラー状態保存)。 If urine sugar meter fitted with a biosensor cartridge 11 is determined not to be inserted housed in the stand 41, to measure the elapsed time, a predetermined time, the step of for example 10 minutes have passed, the biosensor cartridge 11 Stand the error condition has not been stored in 41, is written in an error state memory of the non-volatile memory 108A (error status saved). 更に、バイオセンサカートリッジ11がスタンド41に収納されていないエラー状態を検知した場合、マイクロコンピュータ32は、尿糖計本体21の表示装置の「センサ交換」を明滅させてセンサを外す指示を出すと共に、尿糖計自体は計測できなくなるようにする。 Further, when detecting an error state of the biosensor cartridge 11 is not accommodated in the stand 41, the microcomputer 32, as well as instructs to remove the sensor by blinking the "sensor replacement" of the display device of the urinary sugar meter body 21 , urine sugar meter itself is so can not be measured. これは、バイオセンサが保存液に浸漬されずに、空気中に放置されると、バイオセンサが劣化する可能性があるためである。 This is not immersed biosensor in storage solution, if left in air, because the biosensor may deteriorate.

また、バイオセンサカートリッジ11を装着した尿糖計がスタンド41に挿入収納されていると判断した時点から時間を計測する。 Moreover, it measures the time from when the urine sugar meter fitted with a biosensor cartridge 11 is determined to have been inserted housed in the stand 41. 所定の時間、例えば1時間経過すると、サーミスタ14を利用して、バイオセンサの温度を測定する。 A predetermined time, for example after a lapse of 1 hour, utilizing a thermistor 14 measures the temperature of the biosensor. 測定結果が−5℃以下であるかどうかを判定し、測定結果が−5℃以下であった場合には、不揮発性メモリ108A内に設定されている低温用カウンタを1増分する。 Measurement results to determine whether it is -5 ° C. or less, when the measurement result was -5 ° C. or less, incremented by one cold counter that is set in the non-volatile memory 108A. そのあと、又は、測定結果が−5℃以下でない場合には、測定結果が50℃以上であるかどうかを判定する。 Then, or if the measurement result is not -5 ° C. or less, the measurement result is determined whether it is 50 ° C. or higher. 測定結果が50℃以上であった場合には、不揮発性メモリ108A内に設定されている高温用カウンタを1増分する。 If the measurement result was 50 ° C. or more, to 1 increments the hot counter that is set in the non-volatile memory 108A.

そのあと、又は、測定結果が50℃以上でなかった場合には、低温用カウンタ及び高温用カウンタのいずれかが所定回数、たとえば10回を越えているかどうか判定する。 Then, or when the measurement results are not at 50 ° C. or more, it determines if any of the low-temperature counter and high temperature counter exceeds a predetermined number, for example 10 times. 所定回数を越えていた場合、マイクロコンピュータ32は、エラー状態を、不揮発性メモリ108Aのエラー状態メモリに書き込み、更に、尿糖計本体21の表示装置の「センサ交換」を明滅させてセンサを外す指示を出すと共に、尿糖計自体は計測できなくなるようにする。 If exceeds the predetermined number, the microcomputer 32, an error condition is written into the error state memory of the non-volatile memory 108A, further, remove the sensor by blinking the "sensor replacement" of the display device of the urinary sugar meter body 21 with instructs urine sugar meter itself to be impossible to measure.

測定結果が50℃以上でない場合、又は、上記したバイオセンサカートリッジ11を装着した尿糖計がスタンド41に挿入収納されていると判断した時点から1時間未だ経過していない場合には、測定が行われたどうかを判定する。 If the measurement result is not 50 ° C. or higher, or when the urine sugar meter fitted with a biosensor cartridge 11 described above has not yet elapsed 1 hour from the time it is determined that the inserted housed in the stand 41, the measurement judges made the assimilation. 測定が行われた場合には、不揮発性メモリ108Aの測定回数カウンタを1増分する。 If the measurement has been performed, the 1 increments the measurement number counter of the non-volatile memory 108A.

測定が行われなかった場合(この場合、バイオセンサはスタンド内の保存液に浸漬されたままの状態である)、及び、不揮発性メモリ108Aの測定回数カウンタを1増分した後(この場合、測定終了後に、尿糖計はスタンドに戻されており、バイオセンサはスタンド内の保存液に再び浸漬されている)、バイオセンサが保存液に浸漬されている状態で、バイオセンサを駆動して電流値を測定する。 If the measurement is not performed (in this case, the biosensor is a state of being immersed in the preservative solution in the stand), and, after 1 increments the measurement number counter of the non-volatile memory 108A (in this case, the measurement after completion, the urine sugar meter is returned to the stand, the biosensor is immersed again in the storage solution in the stand), in a state in which the biosensor is immersed in the preservation solution, the current drives the biosensor measuring the value. 所定値以上、例えば15nA以上の測定値を得た場合、センサ異常であるとのエラー状態を、不揮発性メモリ108Aのエラー状態メモリに保存する(エラー状態保存)。 More than a predetermined value, for example, if measurements were obtained over 15 nA, an error condition with a sensor abnormal, is stored in error state memory of the non-volatile memory 108A (error status saved). このようにバイオセンサが保存液に浸漬されている状態で測定値がセンサ異常であるとのエラー状態を検知した場合、マイクロコンピュータ32は、尿糖計本体21の表示装置の「センサ交換」を明滅させてセンサを外す指示を出すと共に、尿糖計自体は計測できなくなるようにする。 If the measured value in a state in which the biosensor is immersed in the preservative solution has detected a fault condition with a sensor abnormality, the microcomputer 32, the "sensor replacement" of the display device of the urinary sugar meter body 21 by blinking with instructs to remove the sensor, the urinary sugar meter itself to be impossible to measure.

15nA未満の測定値を得た場合、再度、不揮発性メモリ108Aにアクセスして、測定回数又は測定寿命に達しているかどうか、更に、バイオセンサを交換する必要がある各種のエラーがあるかどうか判定して、交換の必要がある場合には、マイクロコンピュータ32は、尿糖計本体21の表示装置の「センサ交換」を明滅させてセンサを外す指示を出すと共に、尿糖計自体は計測できなくなるようにする。 If measurements were obtained of less than 15 nA, determined again by accessing the nonvolatile memory 108A, whether it reaches the number of measurements or measuring life, further, whether there are various errors that need to replace the biosensor and, if it is necessary for replacement microcomputer 32, as well as instructs to remove the sensor by blinking the "sensor replacement" of the display device of the urinary sugar meter body 21, the urinary sugar meter itself can not be measured so as to.

交換の必要がない場合には、10分に1度の経過時間更新のステップに戻る。 If there is no need for replacement, returning to the once elapsed time update of step of 10 minutes.

センサを外す指示を出した後は、センサが装着されているかどうか判定する動作を繰り返す。 After issuing the instruction to remove the sensor, the sensor repeats the determining operation whether it is mounted. バイオセンサカートリッジ11が取り外されたならば、電源投入直後の「センサが装着されているかどうかの判定動作」に戻る。 If the biosensor cartridge 11 is removed, returns to "one of the determining operation if the sensor is mounted" immediately after the power is turned on.

バイオセンサカートリッジ11が取り外され、再び生化学測定器本体に装着した場合には、バイオセンサカートリッジ11の不揮発性メモリ108Aに記録されている経過時間、測定回数カウンタ、低温用カウンタ、高温用カウンタ、エラー状態メモリをマイクロコンピュータが読み込み、センサ寿命を表わす使用寿命が経過していた場合、センサ寿命を表わす使用回数限度を越えた場合、温度異常が長時間続いた場合、センサが収納されていないとのエラー状態を検知した場合、センサ異常であるとのエラー状態を検知した場合には、マイクロコンピュータ32は、尿糖計本体21の表示装置の「センサ交換」を明滅させてセンサを外す指示を出すと共に、尿糖計自体は計測ができなくなるようにし、新しいセンサと交換するように促す。 Biosensor cartridge 11 is removed, when attached to the biochemical instrument body again, elapsed time recorded in the nonvolatile memory 108A of the biosensor cartridge 11, the measurement number counter, cold counter, hot counter, an error condition memory read by the microcomputer, if the service life representing the sensor life has passed, when it exceeds the number of times of use limits representing the sensor lifetime, if the temperature abnormality is followed for a long time, when the sensor is not stored when detecting an error condition, when detecting an error condition with a sensor abnormal, the microcomputer 32, an instruction to remove the sensor by blinking the "sensor replacement" of the display device of the urinary sugar meter body 21 along with the issue, urine sugar meter itself is in such a manner that can not be measured, prompting you to replace it with a new sensor.

なお、以上の動作の流れにおいて、測定が行われたどうかを判定するステップの前で、測定が開始された場合には、動作は中断し、測定が行われた後に、測定が行われたどうかを判定するステップから再開される。 Incidentally, in the flow of the above operation, in the previous step of determining the measurement is performed assimilated, when measurement is started, the operation is interrupted, after which measurements were made, the measurement is performed assimilated It is resumed from the step of determining.

実施例8の特徴 上述したように、本発明によるならば、センサ寿命及びセンサ性能劣化を示す(バイオセンサカートリッジの不揮発性メモリに設けた)カウンタ等を参照することで、センサ性能が維持できないと判断した場合は、尿糖計のような測定機器は測定をできないようにすることができる。 As characterized above in Example 8, if according to the present invention, (provided in the nonvolatile memory of the biosensor cartridge) of a sensor life and sensor performance degradation by referring to the counter or the like, the sensor performance can not be maintained If it is determined, it can be made to measuring devices such as a urine sugar meter not be measured.

具体的には、現在時間(年月日時刻)を記憶する装置の必要がなく、純粋に経過時間だけで管理し、バイオセンサのセンサ寿命を超えた使用をできないようにすることができる。 Specifically, there is no need of a device that stores the current time (date and time), managed by purely elapsed time, it is possible to prevent further use beyond the sensor lifetime of the biosensor. また、センサ寿命を超えた測定回数での使用をできないようにすることができる。 Further, it is possible to prevent the use in the number of measurements exceeding the sensor life.

更に、異常温度に長時間さらされた場合、センサ性能が劣化する危険性が大であるが、そのような場合、測定機器を使用できないようにすることができる。 Furthermore, when prolonged exposure to abnormal temperature, the risk that sensor performance degradation is large, such a case, it is possible to prevent use of a measuring instrument. また、センサが保存液ボトルに収納されていない状態で放置された場合、センサが乾燥しで性能が劣化する危険性が大であるが、そのような場合、測定機器を使用できなしようにすることができる。 Further, if the sensor is left in a state which is not accommodated in the storage liquid bottle, but the risk that performance deteriorates at the sensor is dry is greater, in such cases, so Nashi support measuring instruments be able to.

加えて、センサが保存液に浸漬されている状態で測定値がセンサ異常であるとされた場合、それ以降測定機器を使用をできないようにすることができる。 In addition, the sensor may measure in a state of being immersed in the preservative solution is as a sensor abnormality, it is possible to prevent further use later measurement instrument.

実施例8の効果 かくして、本発明によるならば、バイオセンサカートリッジ(例えば、その中に収容されているバイオセンサ基板)に、センサ装着からの経過時間及び測定回数を記憶させる不揮発性メモリを設けることにより、いったんセンサを外し、また取り付けても、既にセンサ寿命が過ぎたセンサか否かの判断が付き、誤使用(不正使用)を防ぐことができる。 If due to the effects Thus, the present invention of Example 8, the biosensor cartridge (e.g., biosensors substrate housed therein), the provision of non-volatile memory for storing the elapsed time and the number of measurements from the sensor mounting by temporarily disconnect the sensor, also mounted, attached already sensor determines whether the sensor life has passed, it is possible to prevent misuse (unauthorized use).

また、現在時刻を設定するスイッチを設ける必要もなく、生化学測定器本体の電池を抜いた時に時刻デ一タが消滅しないように、バックアップ電源を用意するか、電池挿入後再度時刻合わせをする必要もなく、装置の大型化、およびユーザに難しい手間をかけさせることもない。 In addition, there is no need to provide a switch to set the current time, as time de one data does not disappear when you remove the battery of biochemical measurement body, or to provide a backup power supply, the re-time adjustment after the battery inserted It requires no, size of the apparatus, and nor causes over hard labor for the user.

異常温度に長時間さらされた場合、センサが保存液ボトルに収納されていない状態で放置された場合、センサが保存液に浸漬されている状態で測定値がセンサ異常であるとされた場合、いったんセンサを外し、また取り付けても、センサの性能が劣化した可能性が大であるか否かの判断が付き、誤使用(不正使用)を防ぐことができる。 If prolonged exposure to an abnormal temperature, when the sensor is left in a state which is not accommodated in the storage liquid bottle, if the sensor measurements in a state of being immersed in the preservative solution is as a sensor abnormality, unplugging the sensor, also mounted, potential performance of the sensor is deteriorated is attached a determination is made as to whether the large, it is possible to prevent misuse (unauthorized use).

実施例9 Example 9
バイオセンサの性能が維持できる寿命を左右するものとして、被計測物に浸漬している時間の積算がある。 As to influence the life performance of the biosensor can be maintained, there is a cumulative time is immersed in the object to be measured. 被計測物に浸漬している積算時間が長くなると、性能は劣化していく。 When the time integration are immersed in the measured object becomes longer, the performance will deteriorate. 本発明の別の実施例によれば、バイオセンサ上の不揮発性メモリに積算時間を記憶させて、積算時間が所定時間を越えた後は、計測ができないようにすることができる。 According to another embodiment of the present invention, by storing the accumulated time in the nonvolatile memory on the biosensor, after the integration time has exceeded a predetermined time, it is possible to prevent the measurement. 被計測物が高濃度のものであると、バイオセンサの性能劣化の進みは速くなるため、所定濃度以上の被測定物に浸漬している時間の積算値を記憶させて、所定時間を越えた後は、計測ができないようにすることができる。 When the object to be measured is of high concentration, since proceeds faster performance degradation of the biosensor, by storing the integrated value of time is immersed in a predetermined concentration or more of the object, it exceeds a predetermined time after, it is possible to so that it can not be measured.

実施例10 Example 10
上記した実施例8では、不揮発性メモリ108Aが、コネクタ16及び31を介してマイクロコンピュータ32に電気的に接続されているが、バイオセンサカートリッジ11と尿糖計本体21とにそれぞれ無線送受信手段を設けることにより、不揮発性メモリ108Aとマイクロコンピュータ32とを無線で接続することも可能である。 In Example 8 described above, the non-volatile memory 108A is, but via the connectors 16 and 31 are electrically connected to the microcomputer 32, the wireless transmitting and receiving means respectively to the biosensor cartridge 11 and urine sugar meter body 21 by providing, it is also possible to connect the non-volatile memory 108A and a microcomputer 32 by radio.

実施例11 Example 11
また、バイオセンサには、感度のばらつきがあり、それが経時的に変化していく。 Further, in the biosensor, there is a variation in sensitivity, it will change over time. そのため、使用を開始する段階と、所定時間、または所定回数毎に較正をする必要がある。 Therefore, it is necessary to the steps of starting the use, for a predetermined time, or calibration every predetermined number of times.

実施例8においてバイオセンサカートリッジ11に不揮発性メモリ108Aを設けたことを利用して、その不揮発性メモリに、較正用係数と、較正時点の経過時間を保存する部分と、較正用測定回数カウンタを設ける。 Using in that a non-volatile memory 108A in the biosensor cartridge 11 in Example 8, in the non-volatile memory, and calibration coefficients, and a portion for storing the elapsed time of the calibration point, the counter calibration measurement provided. また、生化学測定器本体に較正用のスイッチを設ける。 Further, a switch for calibration biochemical instrument body.

較正は以下のように行う。 Calibration is performed as follows. 保存液ボトル収納を検知するスタント検出リードスイッチがオンになった、即ちセンサが保存液ボトルから取り出されたことが検知されると、保存液ボトルから取り出されているが保存液で未だ浸潤されているセンサをセンサ駆動回路で駆動して、計測値を得て、バイオセンサカートリッジの不揮発性メモリに保存する。 Stunt detection lead switch for detecting the stored liquid bottle storage is turned on, i.e., when the sensor is detected that has been removed from the storage solution bottle has been removed from the storage solution bottle yet been infiltrated with preservative solution the are sensor driven by the sensor drive circuit to obtain a measurement value, is stored in nonvolatile memory of the biosensor cartridge. 次いで、較正用のスイッチが押された後、定められた濃度(たとえば500mg/dL)の基準液をかけることにより、計測値が変化した(たとえば0.5nA)ことを検知してから所定時間、たとえば10秒後の計測値を得て、バイオセンサカートリッジの不揮発性メモリに保存する。 Then, after being pressed switch for calibration, by applying a reference fluid of a defined concentration (e.g. 500 mg / dL), the measured value is changed (for example, 0.5 nA) a predetermined time after detecting that, for example to obtain a measurement value after 10 seconds, it is stored in nonvolatile memory of the biosensor cartridge. この10秒後の計測値からセンサが保存液に浸漬された状態の計測値を減じて、これを定められた濃度になるような較正用係数を求め、不輝発性メモリに保存すると同時に、この時点の経過時間を較正時点の経過時間を保存する。 Sensor from the measured value after the 10 seconds by subtracting the measurement value in a state of being immersed in the preservation solution, obtains the calibration coefficients as a concentration defined this, when stored in non-volatile memory at the same time, the elapsed time at this point to save the elapsed time of the calibration point in time. また、較正用測定回数カウンタを0にクリアする。 In addition, to clear the number of times counter calibration measurement to 0.

測定時には、保存液ボトル収納を検知するスイッチがオフになった、即ちセンサが保存液ボトルから取り出されたことを検知した後、現在の経過時間から前記センサ上の不揮発性メモリにある較正時点の経過時間を減じて、所定時間、たとえば1週間以上であれば、表示装置に較正が必要な旨を表示する。 During the measurement, the switch for detecting the stored liquid bottle storage is turned off, i.e., the sensor after detecting that it has been retrieved from the stock liquid bottle, the current elapsed time of the calibration point in the non-volatile memory on the sensor by subtracting the elapsed time, if a predetermined time, for example more than 1 week, displays that require calibration on the display device. また、較正用測定回数カウンタが所定値以上、たとえば50回に達していたら、表示装置に較正が必要な旨を表示する。 Further, the calibration measurement number counter is greater than a predetermined value, for example when I reached 50 times, displays that require calibration on the display device.

それ以外の場合で、センサが保存液に浸潰された状態の計測値から、計測値が変化した(たとえば0.5nA)ことを検知してから所定時間、たとえば10秒後の計測値を得て、この10秒後の計測値からセンサが保存液に浸漬された状態の計測値を減じて、センサ上の不揮発性メモリから較正用係数を呼び出し、乗ずることで測定結果を得て、表示装置に表示し、センサ上の不揮発性メモリの較正用測走回数カウンタを1増分する。 Obtained in other cases, the measured value of the state where the sensor is crushed immersed in the preservation solution, a predetermined time after detecting that the measurement value has changed (e.g. 0.5 nA), for example, the measurement value after 10 seconds Te, and subtracting the measured value of the state where the sensor from the measured value after the 10 seconds is immersed in the storage liquid, non-volatile memory on the sensor calls the calibration factor, to obtain a measurement result by multiplying the display device displayed, incremented by one for calibration Hakahashi counter nonvolatile memory on sensor.

このようにセンサ上の不揮発性メモリに様々なパラメータを置くことにより、センサを外して別に保管することが容易になる。 By placing this way the various parameters in the non-volatile memory on the sensor, it is easy to store separately remove the sensor. センサは、保存液に浸潰していれば、感度はほとんど変化しない為、保存液に浸漬させておけば、生化学測定器本体から外して、コンパクトに収納することができる。 The sensor, if crushed immersed in the preservation solution, sensitivity because hardly changes, if immersed in preservation solution, removed from the biochemical measurement device main body can be stored compactly.

センサを外した場合、マイコンは経過時間を継続的に計測するが、経過時閥を所定時間ごとにセンサ上のメモリに記憶させることはしない。 If you remove the sensor, the microcomputer is continuously measuring the elapsed time, it is not be stored in a memory on the sensor at predetermined time intervals the faction time elapsed. また、所定時間に一回温度計測を行うことはしない。 Moreover, not be carried out once the temperature measured at a predetermined time.

以上、尿糖計について本発明の実施例を説明したが、尿糖計以外の、使用寿命があるバイオセンサ部分が測定器本体に着脱自在な生化学測定器に、本発明が等しく適用可能であることは説明するまでもなく、当業者には理解される筈である。 Having described the embodiments of the present invention for urinary sugar meter, other than the urine sugar meter, the biosensor portion of the service life freely biochemical measuring instrument removably attached to the measuring device main body, equally applicable by the present invention Needless to explains that, should that will be appreciated by the skilled artisan.

1 尿糖計11 バイオセンサカートリッジ12、22 ハウジング13 尿糖センサ14 サーミスタ15 スタンド検出リードスイッチ16、31 コネクタ17 コネクタ接続検出回路21 尿糖計本体23 電源24(24a、24b) 操作ボタン25 D/A変換装置26 センサ駆動回路27 A/D変換装置28 ブザー29 表示装置30 外部入出力インターフェース端子32 マイクロコンピュータ33 演算及び制御装置34 ROM 1 urinary sugar meter 11 the biosensor cartridge 12, 22 the housing 13 urine sugar sensor 14 thermistor 15 stand detection lead switch 16, 31 connector 17 connector connection detection circuit 21 urinary sugar meter body 23 power supply 24 (24a, 24b) operating buttons 25 D / A converter 26 sensor drive circuit 27 A / D converter 28 buzzer 29 display device 30 external input-output interface terminal 32 microcomputer 33 arithmetic and control unit 34 ROM
35 RAM 35 RAM
36 クロック37 補助記憶装置38 外部入出力インターフェース41 スタンド42 磁石100 ヒューズ106 ヒューズ検出兼溶断回路108、108A 不揮発性メモリ200 切替回路202 過電流回路 36 clock 37 auxiliary memory device 38 external input-output interface 41 Stand 42 magnets 100 Fuse 106 Fuse detection and blowing circuits 108,108A nonvolatile memory 200 switching circuit 202 overcurrent circuit

Claims (8)

  1. バイオセンサを含むバイオセンサカートリッジが生化学測定器本体に着脱自在に接続されるよう構成されている、バイオセンサカートリッジを使用する生化学測定器において、前記バイオセンサカートリッジは、当該バイオセンサカートリッジが使用済みであることを指示する使用済み指示手段を内蔵しており、前記生化学測定器本体は、前記使用済み指示手段に使用済みを書き込む書込手段を有しており、前記生化学測定器本体の制御手段は、前記使用済み指示手段が使用済みを指示していないバイオセンサカートリッジが前記生化学測定器本体に接続されたとき、前記書込手段により前記使用済み指示手段に使用済みを書き込ませるとともに、当該バイオセンサが寿命に達したと判断された後に前記生化学測定器本体の表示装置に「バイ Biosensor cartridge comprising a biosensor is configured to be detachably connected to the biochemical measurement device main body, in biochemical measuring instrument that uses a biosensor cartridge, the biosensor cartridge, the biosensor cartridge used incorporates the used instruction means for instructing that you have, the biochemical measurement device body has a writing means for writing the spent on the used instruction means, the biochemical instrument body control means for, when the biosensor cartridge the used instruction means does not instruct the spent is connected to the biochemical measurement device body, to write the spent on the used instruction means by said writing means together, "by the display device of the biochemical measuring instrument body after the bio-sensor is judged to have reached the end of its life センサカートリッジの交換」を表示し、一方、前記使用済み指示手段が使用済みを指示している一回でも使用されたバイオセンサカートリッジが前記生化学測定器本体に接続されたとき、前記生化学測定器本体の制御手段は、前記生化学測定器本体の表示装置に「バイオセンサカートリッジの交換」を表示して、使用不能なバイオセンサカートリッジを使用して測定が行われることを防止することができるように構成されていることを特徴とする生化学測定器。 Display sensor replacement cartridge ", whereas, when the biosensor cartridge the used indication means is used even once that instructs the spent is connected to the biochemical measurement device body, the biochemical measurement control means vessel body, the displays "replacement of the biosensor cartridge" on the display device of the biochemical measurement device main body, it is possible to prevent the measurement using the unusable biosensor cartridge is performed biochemical measuring instrument, characterized by being configured to.
  2. 前記生化学測定器本体の制御手段は、新品のバイオセンサカートリッジが前記生化学測定器本体に接続されているとき、当該書込手段により前記使用済み指示手段に使用済みを書き込ませることを特徴とする、請求項1に記載の生化学測定器。 Control means of the biochemical measurement device body, when the new biosensor cartridge is connected to the biochemical measurement device body, and characterized in that to write the spent on the used instruction means by said writing means to biochemical measuring instrument according to claim 1.
  3. 前記使用済み指示手段は、ヒューズであり、前記書込手段は、ヒューズ溶断手段であり、当該ヒューズが溶断されている状態が、当該バイオセンサカートリッジが使用済みであることを指示することを特徴とする、請求項1又は2に記載の生化学測定器。 Said used indication means is a fuse, said writing means is a blown fuse means, a state in which the fuse is blown is, and characterized by indicating that the biosensor cartridge is spent to biochemical measuring instrument according to claim 1 or 2.
  4. 前記ヒューズは、前記バイオセンサカートリッジのコネクタ接続検出回路と独立して設けられていることを特徴とする、請求項3に記載の生化学測定器。 The fuse is characterized in that is provided independently of the connector connection detection circuit of the biosensor cartridge, biochemical measuring instrument according to claim 3.
  5. 前記ヒューズは、前記バイオセンサカートリッジのコネクタ接続検出回路を兼ねていることを特徴とする、請求項3に記載の生化学測定器。 The fuse is characterized in that also serves as a connector connection detection circuit of the biosensor cartridge, biochemical measuring instrument according to claim 3.
  6. 前記使用済み指示手段は、不揮発性メモリであり、当該不揮発性メモリに使用済みと書き込まれている状態が、当該バイオセンサカートリッジが使用済みであることを指示するであることを特徴とする、請求項1又は2に記載の生化学測定器。 Said used indication means is a nonvolatile memory, the state being written and already used in the non-volatile memory, characterized in that it indicates that the biosensor cartridge is spent, wherein biochemical measuring instrument according to claim 1 or 2.
  7. 前記生化学測定器本体の制御手段は、前記書込手段により前記使用済み指示手段に使用済みを書き込ませたとき、前記生化学測定器本体内の記憶手段に、前記バイオセンサカートリッジの識別番号及び管理情報を書き込み、使用されたことがあるバイオセンサカートリッジ生化学測定器本体に装着した場合、たとえ前記使用済み指示手段が使用済みを指示していても、装着されているバイオセンサカートリッジの識別番号が、前記生化学測定器本体内の記憶手段に記憶されているバイオセンサカートリッジの識別番号と一致し、前記生化学測定器本体内の記憶手段に記憶されている前記管理情報から、当該バイオセンサカートリッジが使用寿命に達していないと判断される場合、前記生化学測定器本体の表示装置に「バイオセンサカートリッ Control means of the biochemical measurement device body, when the allowed write spent on the used indication means by the writing means, the storage means of the biochemical measurement device body, the identification number of the biosensor cartridge and writing management information, if attached to the biosensor cartridge biochemical measuring instrument body that may have been used, even if an instruction if the used instruction means the spent, the identification number of the biosensor cartridge mounted but from the management information a match with the identification number of the biosensor cartridge stored in the storage unit of the biochemical measurement device body, stored in the storage unit of the biochemical measurement device body, the biosensor If the cartridge is not reached the service life, "biosensor cartridge on the display device of the biochemical measuring instrument body の交換」を表示させないことを特徴とする、請求項1から6の何れか一項に記載の生化学測定器。 Wherein the not displayed exchange ", biochemical measuring instrument according to any one of claims 1 to 6.
  8. 前記生化学測定器は尿糖計であることを特徴とする、請求項1から7の何れか一項に記載のバイオセンサカートリッジを使用する生化学測定器。 Wherein the biochemical measuring instrument is urine sugar meter, a biochemical measuring instrument that uses a biosensor cartridge according to any one of claims 1 to 7.
JP2013175947A 2013-08-27 2013-08-27 Biochemical measuring instrument using biosensor cartridge preventing reuse of biosensor cartridge Pending JP2013257339A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2013175947A JP2013257339A (en) 2013-08-27 2013-08-27 Biochemical measuring instrument using biosensor cartridge preventing reuse of biosensor cartridge

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2013175947A JP2013257339A (en) 2013-08-27 2013-08-27 Biochemical measuring instrument using biosensor cartridge preventing reuse of biosensor cartridge

Related Parent Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2008212099 Division 2008-08-20

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2013257339A true true JP2013257339A (en) 2013-12-26

Family

ID=49953849

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2013175947A Pending JP2013257339A (en) 2013-08-27 2013-08-27 Biochemical measuring instrument using biosensor cartridge preventing reuse of biosensor cartridge

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2013257339A (en)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2016080528A (en) * 2014-10-17 2016-05-16 株式会社タニタ Sensor cartridge and measurement device

Citations (12)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH04357452A (en) * 1990-07-20 1992-12-10 Kyoto Daiichi Kagaku:Kk Quantitative analysis method and device using disposable sensor
JPH09297832A (en) * 1996-05-02 1997-11-18 Omron Corp Biochemical measuring instrument
JP2000111506A (en) * 1998-10-07 2000-04-21 Toa Electronics Ltd Measuring device with memory
JP2001066277A (en) * 1999-08-27 2001-03-16 Toto Ltd Detection device and urine-analyzing device
JP2005502858A (en) * 2001-07-10 2005-01-27 コーニンクレッカ フィリップス エレクトロニクス エヌ ヴィKoninklijke Philips Electronics N.V. System for point-of-care diagnosis and / or analysis
JP2005106667A (en) * 2003-09-30 2005-04-21 Dainippon Printing Co Ltd Specimen management system and its method
JP2006023300A (en) * 2004-06-29 2006-01-26 Lifescan Inc Specimen measuring system and test strip used in the same
JP2006038841A (en) * 2004-06-29 2006-02-09 Lifescan Inc Method of preventing reuse of test strip and method of preventing reuse of test strip in specimen measuring system
JP2006153849A (en) * 2004-11-04 2006-06-15 Tanita Corp Urine sugar meter
JP2007512859A (en) * 2003-11-03 2007-05-24 マイクロチップス・インコーポレーテッド Medical device for sensing glucose
JP2007520699A (en) * 2003-12-31 2007-07-26 ホーム ダイアグナスティックス,インコーポレーテッド Integrated diagnostic test system
JP2008175801A (en) * 2006-12-20 2008-07-31 Tanita Corp Test solution measuring apparatus and sensitivity calibration method

Patent Citations (12)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH04357452A (en) * 1990-07-20 1992-12-10 Kyoto Daiichi Kagaku:Kk Quantitative analysis method and device using disposable sensor
JPH09297832A (en) * 1996-05-02 1997-11-18 Omron Corp Biochemical measuring instrument
JP2000111506A (en) * 1998-10-07 2000-04-21 Toa Electronics Ltd Measuring device with memory
JP2001066277A (en) * 1999-08-27 2001-03-16 Toto Ltd Detection device and urine-analyzing device
JP2005502858A (en) * 2001-07-10 2005-01-27 コーニンクレッカ フィリップス エレクトロニクス エヌ ヴィKoninklijke Philips Electronics N.V. System for point-of-care diagnosis and / or analysis
JP2005106667A (en) * 2003-09-30 2005-04-21 Dainippon Printing Co Ltd Specimen management system and its method
JP2007512859A (en) * 2003-11-03 2007-05-24 マイクロチップス・インコーポレーテッド Medical device for sensing glucose
JP2007520699A (en) * 2003-12-31 2007-07-26 ホーム ダイアグナスティックス,インコーポレーテッド Integrated diagnostic test system
JP2006023300A (en) * 2004-06-29 2006-01-26 Lifescan Inc Specimen measuring system and test strip used in the same
JP2006038841A (en) * 2004-06-29 2006-02-09 Lifescan Inc Method of preventing reuse of test strip and method of preventing reuse of test strip in specimen measuring system
JP2006153849A (en) * 2004-11-04 2006-06-15 Tanita Corp Urine sugar meter
JP2008175801A (en) * 2006-12-20 2008-07-31 Tanita Corp Test solution measuring apparatus and sensitivity calibration method

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2016080528A (en) * 2014-10-17 2016-05-16 株式会社タニタ Sensor cartridge and measurement device

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US7819161B2 (en) Systems and methods for blood glucose sensing
US6191557B1 (en) Dual-mode fuel gauge for display in battery-powered equipment
US20050045476A1 (en) Systems and methods for blood glucose sensing
US20150048836A1 (en) Battery status detection and storage method and system in medical monitoring
US5366609A (en) Biosensing meter with pluggable memory key
US20110191059A1 (en) Systems and Methods for Predicting Ambient Temperature in a Fluid Analyte Meter
US20080294065A1 (en) Multiple configuration electronic thermometer
US20050017685A1 (en) Battery life monitor and battery state of charge monitor
US6222348B1 (en) Battery system featuring transmission of battery data from a battery pack
US20090289603A1 (en) Method and apparatus for maintaining a battery in a partially charged state
EP0594006A1 (en) Battery-powered data processor
US6078871A (en) Method of displaying a status condition of a battery
WO2008138006A2 (en) Analyte monitoring system and methods
EP0651250A2 (en) Data managing method in portable blood sugar value-measuring and portable blood sugar value-measuring apparatus using same
US6895347B2 (en) Computerized methods for data loggers
US20040017180A1 (en) Battery life estimator
US6437540B2 (en) Battery pack
US20080112852A1 (en) Test Strips and System for Measuring Analyte Levels in a Fluid Sample
US20090125156A1 (en) Energy storage module
WO1999028736A1 (en) Instrument
US20130127611A1 (en) Battery marvel 1.0
US5781455A (en) Article of manufacture comprising computer usable medium for a portable blood sugar value measuring apparatus
US20080290839A1 (en) Battery charger and control method therefor
JP2010019758A (en) Battery state detection device
JP2011142036A (en) Battery control method and electronic equipment

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20140730

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20140805

RD03 Notification of appointment of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7423

Effective date: 20140808

RD04 Notification of resignation of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7424

Effective date: 20140829

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20140926

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20150303

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20150804