JP2013144460A - Inkjet recorder - Google Patents

Inkjet recorder Download PDF

Info

Publication number
JP2013144460A
JP2013144460A JP2013092396A JP2013092396A JP2013144460A JP 2013144460 A JP2013144460 A JP 2013144460A JP 2013092396 A JP2013092396 A JP 2013092396A JP 2013092396 A JP2013092396 A JP 2013092396A JP 2013144460 A JP2013144460 A JP 2013144460A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
blade
moving
nozzle
surface
controlling
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2013092396A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP5740431B2 (en )
Inventor
So Takahashi
創 高橋
Original Assignee
Kyocera Document Solutions Inc
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an inkjet recorder capable of suppressing the re-adhesion of adhering substances which adhere to an elastic body to a nozzle surface.SOLUTION: A control unit 131 can carry out a first wiping mode of moving a tray 51 along a nozzle surface 22a in a direction in which a first blade 521 is ahead of a second blade 522 by controlling a second moving mechanism 60 while the upper end of the first blade 521 and the upper end of the second blade 522 are made to abut on the nozzle surface 22a by controlling a first moving mechanism 40, and a second wiping mode of moving the tray 51 along the nozzle surface 22a by controlling the second moving mechanism 60 while the first blade 521 is separated from the nozzle surface 22a and also the upper end of the second blade 522 is made to abut on the nozzle surface 22a by controlling the first moving mechanism 40.

Description

本発明は、インクジェット記録装置に関するものである。 The present invention relates to an ink jet recording apparatus.

従来から、インクジェット記録装置としては、複数のノズルがライン状に設けられたノズル面を有するインクジェットヘッドを備えたラインプリンタが知られている。 Conventionally, as the ink jet recording apparatus is known line printer including an inkjet head having a nozzle surface provided with a plurality of nozzles linearly. 前記インクジェットヘッドのノズル面には、用紙搬送方向に対して直交する方向(用紙幅方向)に多数のノズルがライン状に配列されている。 Wherein the nozzle face of the inkjet head, a large number of nozzles are arranged in a line in a direction (paper width direction) perpendicular to the sheet conveyance direction.

このようなインクジェット記録装置においては、インクを吐出するノズルに粘性が高くなったインクや紙粉などの塵が詰まったり、気泡が残存したりすることがあるので、インクを強制的に吐出させて、粘性の高いインク、塵、気泡などを取り除く吐出回復モードを実行する。 In such an ink jet recording apparatus, or clogged dust such as ink and paper dust viscosity nozzle is increased to eject ink, because air bubbles may or remaining ink forcibly ejected , to perform high viscous ink, dust, the ejection recovery mode to remove the air bubbles. このようにインクを強制的に吐出させた後、ノズル面には、塵、気泡などを含む粘性の高いインクが付着して残存することがある。 After thus ink is forcibly ejected, the nozzle surface, sometimes dust, high viscous ink containing air bubbles remaining attached. この付着物は、例えば弾性ブレードなどの弾性体によって拭き取られる(ワイピングされる)。 The deposits, for example, is wiped by the elastic member such as an elastic blade (is wiped).

特許文献1には、複数の弾性ブレードを備え各弾性ブレードのノズル面に対する当接力を変えることにより清掃能力を低下させること無く、装置内へのインク飛散を低減することが記載されている。 Patent Document 1, without reducing the cleaning capability by changing the contact force against the nozzle surface of each of the elastic blade comprises a plurality of resilient blades, it is described that reduce ink splashing into the device.

特開平8−20112号公報 JP 8-20112 discloses

しかしながら、ノズル面をワイピングした弾性体には、ノズル面に付着していた塵などを含む粘性の高いインクが付着するので、この付着物が、次にノズル面をワイピングする時にノズル面に再付着してしまうことがあった。 However, the elastic member that wipes the nozzle surface, the ink having high viscosity, including dust adhering to the nozzle surface is adhered, the fouling is then reattached to the nozzle surface when wiping the nozzle surface It was sometimes ends up. 上記特許文献1では、このノズル面への再付着を防止することは考えられていない。 In Patent Document 1, it is not considered possible to prevent the redeposition of the nozzle surface.

そこで、本発明は、かかる点に鑑みてなされたものであり、その目的とするところは、弾性体に付着した付着物がノズル面に再付着するのを抑制することができるインクジェット記録装置を提供することにある。 The present invention has been made in view of the foregoing, it is an object of providing an ink jet recording apparatus capable of deposits adhered to the elastic member is prevented from re-adhering to the nozzle surface It is to.

本発明のインクジェット記録装置は、複数のノズルが設けられたノズル面を有するインクジェットヘッドと、前記ノズル面に向かって延設された第1弾性体と、前記第1弾性体に略平行で前記第1弾性体に隣接した状態で前記ノズル面に向かって延設され、先端部から前記ノズル面までの距離が前記第1弾性体の先端部よりも近い第2弾性体と、前記第1弾性体及び前記第2弾性体の基端部を支持する支持部材と、前記第1弾性体の先端部及び前記第2弾性体の先端部と前記ノズル面との距離を調節するために前記支持部材を前記ノズル面に離接する方向に前記インクジェットヘッドに対して相対移動可能な第1移動機構と、前記支持部材を前記ノズル面に沿う方向に前記インクジェットヘッドに対して相対移動可能な第2移動機構と、前記 Ink jet recording apparatus of the present invention, an inkjet head having a nozzle surface in which a plurality of nozzles are provided, a first elastic member which extends toward the nozzle surface, wherein said substantially parallel to the first elastic member It extends toward the nozzle surface in a state adjacent to the first elastic member, a second elastic member closer than the tip portion of the distance the first elastic member from the tip portion to the nozzle surface, the first elastic member and a support member for supporting the base end portion of the second elastic member, said supporting member to adjust the distance between the tip portion and the distal portion and the nozzle face of the second elastic member of the first elastic member a first moving mechanism movable relative the ink jet head in a direction in contact away to the nozzle surface, and a second moving mechanism movable relative the ink jet head in a direction along the support member to the nozzle surface , said 1移動機構及び前記第2移動機構を制御する制御手段と、を備えている。 It includes 1 moving mechanism and control means for controlling said second moving mechanism.

前記制御手段は、前記第1移動機構を制御して前記第1弾性体の先端部及び前記第2弾性体の先端部を前記ノズル面に当接させた状態で、前記第2移動機構を制御して前記第2弾性体よりも前記第1弾性体が先行する方向に前記支持部材を前記ノズル面に沿って相対移動させる第1ワイプモードと、前記第1移動機構を制御して前記第1弾性体を前記ノズル面から離隔させ、かつ、前記第2弾性体の先端部を前記ノズル面に当接させた状態で、前記第2移動機構を制御して前記支持部材を前記ノズル面に沿って相対移動させる第2ワイプモードと、を実行可能である。 Wherein, in a state where the tip of the tip portion and the second elastic member of the first elastic member by controlling the first moving mechanism is brought into contact with the nozzle surface, controls the second moving mechanism and a first wiping mode for relatively moving the support member in a direction in which the first elastic member than the second elastic member is preceded along the nozzle surface, the first and controls the first moving mechanism an elastic body is spaced apart from the nozzle surface, and a distal end portion of the second elastic member being in contact with the said nozzle surface, along the support member and controls the second moving mechanism to the nozzle surface a second wiping mode for relatively moving Te, it is possible to perform.

前記第2ワイプモードは、前記第1ワイプモードの終了後に前記ノズル面をさらに清浄に仕上げる仕上げモードと、インクをノズルから吐出させるメンテナンスの後に前記ノズル面をワイピングする定期メンテナンスモードと、を含む。 The second wipe mode includes a finish mode of finishing the nozzle surface further cleaned after completion of the first wiping mode, and periodic maintenance mode for wiping the nozzle surface after the maintenance to eject ink from the nozzle, the. 前記制御手段は、前記仕上げモードでは、前記第2移動機構を制御して前記第2弾性体よりも前記第1弾性体が先行する方向に前記支持部材を前記ノズル面に沿って相対移動させ、前記定期メンテナンスモードでは、前記第2移動機構を制御して前記第1弾性体よりも前記第2弾性体が先行する方向に前記支持部材を前記ノズル面に沿って相対移動させる。 Wherein, in the finish mode, the support member is relatively moved along the nozzle surface in the second direction, wherein the moving mechanism control to than the second elastic member first elastic member is preceded, wherein in the scheduled maintenance mode, relatively moves the support member along the nozzle surface in a direction in which the second moving mechanism control to than the first elastic member and the second elastic member is preceded.

この構成では、前記第1ワイプモードにおいては、ノズル面に第1弾性体及び第2弾性体の各先端部が当接しているが、第1弾性体が先行する方向にワイピングされるので、ノズル面の付着物は、第1弾性体によって拭き取られる。 In this configuration, in the first wiping mode, since each distal end of the first elastic member and the second elastic body to the nozzle surface is in contact, is wiped in the direction in which the first elastic member is preceded, nozzle deposit surface is wiped by the first elastic body. したがって、第2弾性体がノズル面に当接しながら前記相対移動しても、前記付着物は、第2弾性体にはほとんど付着しない。 Therefore, even when the second elastic body is the relative movement while in contact with the nozzle surface, the deposit is not the second elastic body hardly adhere.

一方、第2ワイプモードでは、第1移動機構により第1弾性体をノズル面から離隔させ、かつ、第2弾性体の先端部を当接させた状態でワイピングする。 On the other hand, in the second wiping mode, the first elastic member is spaced from the nozzle surface by the first moving mechanism, and wipes being in contact with the distal end portion of the second elastic member. したがって、仮に、第1ワイプモードにおいて第1弾性体に前記付着物が付着していたとしても、第1弾性体はノズル面から離隔しているので、第1弾性体に付着した前記付着物がノズル面に再付着するのを抑制することができる。 Therefore, even if the deposit to the first elastic member in the first wipe mode was adhered, since the first elastic member is spaced from the nozzle surface, the deposits adhered to the first elastic body it is possible to prevent the re-adhering to the nozzle surface.

また、前記第2弾性体は、好ましくは前記第1弾性体よりも剛性が低いのがよい。 Further, the second elastic body, and it is preferably less rigid than the first elastic member.

この構成では、第1弾性体と第2弾性体を比較すると、第1弾性体の剛性が高く、第2弾性体の剛性が低い。 In this configuration, as compared with the first elastic member and the second elastic member, high stiffness of the first elastic body, the rigidity of the second elastic body is low. したがって、前記第1ワイプモードにおいて第1弾性体の先端部をノズル面に対して押し付ける圧力(線圧)を大きくし、前記第2ワイプモードにおいて第2弾性体の先端部をノズル面に対して押し付ける圧力(線圧)を小さくすることができる。 Therefore, the distal end portion of the first elastic body to increase the pressure (linear pressure) for pressing the nozzle surface in the first wipe mode, the distal end portion of the second elastic member in said second wipe mode with respect to the nozzle surface it is possible to reduce the pressure (linear pressure) for pressing. 具体的には、線圧の大きな第1ワイプモードは、例えば、塵、気泡などを含む粘性の高いインクがノズル面に付着している場合に実行されるのがよい。 Specifically, a large first wipe mode line pressure, for example, dust, it is preferable ink viscous containing bubbles is executed when adhering to the nozzle surface. このように粘性の高いインクは、大きな線圧でワイピングすることによって効果的に除去することができる。 The viscous ink so can be effectively removed by wiping with a large line pressure. 一方、線圧の小さな第2ワイプモードは、例えば、比較的粘性の低いインクがノズル面に付着している場合や、前記第1ワイプモードを実行した後のノズル面をさらに清浄にする場合などに実行されるのがよい。 On the other hand, a small second wipe mode line pressure, for example, relatively or when the less viscous ink adheres to the nozzle surface, for example, to further clean the nozzle surface after having executed the first wipe mode better to be executed. これらの場合には、線圧は比較的小さくてよいので、前記第2ワイプモードが好適である。 In these cases, the linear pressure is so may be relatively small, the second wiping mode is preferred.

また、前記第2ワイプモードにおいて、前記制御手段は、前記第2移動機構を制御して前記第2弾性体よりも前記第1弾性体が先行する方向に前記支持部材を前記ノズル面に沿って相対移動させてもよい。 Further, in the second wiping mode, said control means, said support member along the nozzle surface in a direction in which the second moving mechanism control to than the second elastic member of the first elastic member is preceded by it may be moved relative.

前記第2ワイプモードにおいては、支持部材の相対移動方向を変えることによって大きく分けて2種類の線圧を選択することができるが、この構成では、第2ワイプモードにおいて第2弾性体よりも第1弾性体が先行する方向に支持部材をノズル面に沿って相対移動させるので、前記2種類のうち、線圧のより小さい条件でノズル面をワイピングする。 In the second wiping mode can be selected two types of linear pressure with roughly by changing the direction of relative movement of the support member, in this configuration than the second elastic member in the second wiping mode first since the support member in a direction in which first elastic member is preceded by relatively moving along the nozzle surface, the two kinds of, wiping the nozzle surface with a smaller condition of the line pressure. この構成は、例えば、前記第1ワイプモードを実行した後のノズル面をさらに清浄にしてノズル面の仕上げをする場合などに好適である。 This configuration is suitable, for example, for example, to the finish of the nozzle face the nozzle surface was further cleaned after executing the first wipe mode.

また、前記第1弾性体及び前記第2弾性体は、前記ノズル面に沿った前記相対移動の方向に積層配置された板状部材であり、前記ノズル面に対向配置される前記第2弾性体の先端辺の剛性は、前記先端辺の延びる方向の中央部が両端部よりも低くなるように構成されていてもよい。 Further, the first elastic member and the second elastic body, said a plate-like member which is stacked in a direction of the relative movement along the nozzle surface, the second elastic member disposed opposite to the nozzle surface the rigidity of the leading edge, the central portion of the extending direction of the leading edge may be configured to be lower than both end portions.

この構成では、前記第1ワイプモードにおいて、第1弾性体の先端辺及び第2弾性体の先端辺がノズル面に当接した状態で第1弾性体が先行する方向に支持部材をノズル面に沿って相対移動させたときに、他の部位よりも剛性が低い第2弾性体の前記中央部が最も変形しやすい。 In this configuration, in the first wiping mode, the support member in a direction in which the first elastic member in a state where the top side and the tip side of the second elastic member of the first elastic member is in contact with the nozzle surface precedes nozzle face when brought into relative movement along the most likely deformed the central portion of the second elastic body less rigid than the other portions. すなわち、前記相対移動時には、第1弾性体の先端辺及び第2弾性体の先端辺とノズル面との間には摩擦抵抗が生じるので、前記摩擦抵抗によって第1弾性体及び第2弾性体が弾性変形するが、中でも剛性の低い前記第2弾性体の前記中央部が他の部位よりも大きく変形する。 That is, the at the time of relative movement, the friction resistance between the tip side and the tip side and the nozzle surface of the second elastic member of the first elastic member occurs, the first elastic member by the frictional resistance and the second elastic body elastically deformed, but among them the central portion of low rigidity and the second elastic body is largely deformed than the other sites.

したがって、相対移動の初期においては、第2弾性体の前記中央部が変形して前記中央部と前記第1弾性体との隙間が広がる一方で、前記第2弾性体の前記両端部はほとんど変形せず第1弾性体と隣接した状態を維持している。 Therefore, in the initial relative movement, while the gap between the second elastic member said central portion is deformed the central portion and the first elastic member expands, the both end portions of the second elastic body hardly deforms maintains the state of being adjacent to the first elastic body does not. すなわち、第1弾性体、第2弾性体、及びノズル面で囲まれた空間は、ほぼ密閉された状態で前記相対移動に伴って前記空間の容積が大きくなるので、相対移動前に比べて前記空間を負圧にすることができる。 That is, the first elastic member, the second elastic body, and the space surrounded by the nozzle face, the volume of the space increases with the relative movement in a state of being substantially sealed, said than before relative movement it can be a space vacuum. したがって、この負圧を利用してノズルに詰まったインクなどを効果的に吸引することができる。 Therefore, it is possible to suck the ink or the like jammed in the nozzle by utilizing the negative pressure effectively.

また、前記第1弾性体及び前記第2弾性体は、前記ノズル面に沿った前記相対移動の方向に積層配置された板状部材であり、これらの延設方向の両サイドにおいて互いに連結された構成であってもよい。 Further, the first elastic member and the second elastic body, said a plate-like member which is stacked in a direction of the relative movement along the nozzle surface, which are connected to each other at both sides of these extending direction a configuration may be.

この構成では、前記第1ワイプモードにおいて、第1弾性体の先端辺及び第2弾性体の先端辺がノズル面に当接した状態で第1弾性体が先行する方向に支持部材をノズル面に沿って相対移動させたときに、前記第1弾性体よりも剛性が低い前記第2弾性体は、第1弾性体よりも変形しやすい。 In this configuration, in the first wiping mode, the support member in a direction in which the first elastic member in a state where the top side and the tip side of the second elastic member of the first elastic member is in contact with the nozzle surface precedes nozzle face when brought into relative movement along the first elastic body rigidity than lower the second elastic body is likely to be deformed than the first elastic body. しかも、本構成では、第1弾性体と第2弾性体は前記両サイドにおいて互いに連結されているので、この両サイドは変形しにくくなる一方で、前記両サイドの間(中央部)は、前記両サイドよりも変形しやすくなる。 Moreover, in this configuration, since the first elastic member and the second elastic member are connected to each other at the both sides, while this made both sides hardly deformed, between the two side (central portion), the than both sides easily deformed.

したがって、相対移動の初期においては、前記第2弾性体の前記両サイドの変形は比較的小さい一方で、第2弾性体の前記中央部は比較的大きく変形して前記中央部と前記第1弾性体との隙間が広がる。 Therefore, in the initial relative movement, while the deformation of the both sides of the second elastic member is relatively small, the central portion is relatively large deformation to the first elastic and the central portion of the second elastic member the gap between the body spread. その結果、第1弾性体、第2弾性体、及びノズル面で囲まれた空間は、ほぼ密閉された状態で前記相対移動に伴って前記空間の容積が大きくなるので、相対移動前に比べて前記空間を負圧にすることができる。 As a result, the first elastic member, the second elastic body, and a space surrounded by the nozzle face, the volume of the space increases with the relative movement in a state of being substantially sealed, than before relative movement it can be the space at a negative pressure. したがって、この負圧を利用してノズルに詰まったインクなどを効果的に吸引することができる。 Therefore, it is possible to suck the ink or the like jammed in the nozzle by utilizing the negative pressure effectively.

また、前記インクジェットヘッドに供給するインクを貯留するインクタンクをさらに備え、前記制御手段は、前記第1ワイプモードにおいて前記支持部材を前記ノズル面に沿って相対移動させるときに、前記インクタンクから前記インクジェットヘッドにインクを供給可能な状態に制御するのが好ましい。 Moreover, further wherein the control unit of the ink tank for storing ink to be supplied to said ink jet head, said support member when relatively moving along the nozzle face in the first wiping mode, the from the ink tank preferably controlled into supply state ink to the ink jet head.

この構成では、前記第1ワイプモードにおいて負圧を利用してノズルに詰まったインクなどを吸引する場合に、インクタンクからインクジェットヘッドにインクを供給可能な状態にすることができるので、負圧により吸引されたインクが再びノズル内に逆戻りするのを抑制することができる。 In this configuration, when sucking the ink or the like jammed in the nozzle by utilizing a negative pressure in said first wipe mode, the ink can be made capable of supplying state to the ink-jet head from the ink tank by negative pressure sucked ink can be prevented from back into the nozzle again.

前記制御手段は、前記第1ワイプモードにおける前記支持部材の前記ノズル面に沿った相対移動の速度が前記第2ワイプモードにおける前記相対移動の速度よりも低くなるように前記第2移動機構を制御する。 Said control means controls said relative movement of said second moving mechanism to be lower than the rate the velocity of the relative movement along the nozzle surface in the second wiping mode of the support member in the first wipe mode to.

この構成では、例えば、塵、気泡などを含む粘性の高いインクがノズル面に付着している場合に実行される第1ワイプモードにおいては、前記相対移動の速度を低くして粘性の高いインクの拭き取りをより確実に実行することができる。 In this configuration, for example, dust, in the first wiping mode ink viscous containing bubbles is executed when adhering to the nozzle surface, the high ink viscosity by lowering the speed of the relative movement wiping can be more reliably run.

一方、比較的粘性の低いインクがノズル面に付着している場合や、前記第1ワイプモードを実行した後のノズル面をさらに清浄にする場合などに実行される第2ワイプモードにおいては、前記相対移動の速度を高くして短時間で実行することができる。 On the other hand, relatively or when the less viscous ink adheres to the nozzle surface, the second wipe mode executed like in the case of further cleaning the nozzle surface after having executed the first wipe mode, the it can be performed in a short time by increasing the speed of the relative movement. また、例えばインクをフレッシュに保つために少量のインクを強制的に吐出させる定期的なメンテナンスの後に第2ワイプモードを実行する場合には、高い速度でワイピングすることによって、強制吐出された少量のインクが乾燥したり、ノズルに逆戻りしたりするのを抑制することができる。 Further, for example, ink in the case of executing the second wipe mode after regular maintenance forcibly discharged a small amount of ink in order to keep fresh, by wiping at a high speed, small amounts of which are forced discharge ink can be suppressed to or, or back into the nozzle drying.

以上説明したように、本発明によれば、弾性体に付着した付着物がノズル面に再付着するのを抑制することができる。 As described above, according to the present invention, it is possible to deposit adhered to the elastic member is prevented from re-adhering to the nozzle surface.

本発明の第1実施形態にかかるインクジェット記録装置の概略を示す構成図である。 The outline of the ink jet recording apparatus according to a first embodiment of the present invention is a configuration diagram showing. 第1実施形態におけるインクジェットヘッド及びワイプユニットの概略を示す斜視図である。 Is a perspective view schematically showing the ink jet head and wiping unit in the first embodiment. 第1実施形態における第1ワイプモードを示し、(a)は、用紙の搬送方向に向かって見たときの側面図であり、(b)は、前記搬送方向に垂直な方向に向かって見たときの側面図である。 Shows a first wipe mode in the first embodiment, (a) is a side view as viewed toward the conveying direction of the sheet, (b) is seen in a direction perpendicular to the transport direction it is a side view of the time. 前記第1ワイプモードにおけるワイプ部材とノズル面との位置関係を示す概略の断面図である。 It is a schematic sectional view showing the positional relationship between the wiping member and the nozzle face in the first wiping mode. (a)は、第1実施形態における第2ワイプモードの一例を示す側面図であり、(b)は、その一部を拡大した断面図である。 (A) is a side view showing an example of a second wipe mode in the first embodiment, (b) are enlarged cross-sectional view of a portion thereof. (a)は、第1実施形態における第2ワイプモードの他の例を示す側面図であり、(b)は、その一部を拡大した断面図である。 (A) is a side view showing another example of the second wipe mode in the first embodiment, (b) are enlarged cross-sectional view of a portion thereof. 本発明の第2実施形態にかかるインクジェット記録装置の第1ワイプモード示す断面図であり、(a)は、ワイピング開始前の状態であり、(b)は、ワイピング初期の状態である。 It is a cross-sectional view showing a first wiping mode of the ink jet recording apparatus according to a second embodiment of the invention, (a) shows a state before the start wiping, (b) are wiping initial state. (a)は、第2実施形態におけるワイプ部材及びトレイを示す平面図であり、(b)は、ワイプ部材及びトレイの側面図である。 (A) is a plan view showing a wiping member and the tray in the second embodiment, (b) is a side view of the wiping member and the tray. 図8のワイプユニットを用いたときの第1ワイプモードにおけるワイプ部材とノズル面との位置関係を示す底面図である。 Is a bottom view showing the positional relationship between the wiping member and the nozzle face in the first wiping mode when using the wiping unit of FIG. (a)は、第2実施形態のワイプ部材の変形例を示す平面図であり、(b)は、その斜視図であり、(c)は、このワイプ部材をトレイに装着した状態を示す平面図である。 (A) is a plan view showing a modification of the wiping member in the second embodiment, (b), a perspective view thereof, (c) is a plan showing a state of mounting the wiping member to the tray it is a diagram. 第2実施形態の第1ワイプモードにおいて、図10のワイプ部材とノズル面との位置関係を示す底面図である。 In the first wiping mode of the second embodiment is a bottom view showing the positional relationship between the wiping member and the nozzle surface of FIG. 10.

以下、本発明の一実施形態にかかるインクジェット記録装置について図面を参照しながら詳細に説明する。 Hereinafter, an ink jet recording apparatus according to an embodiment of the present invention will be described in detail with reference to the drawings.

<インクジェット記録装置の全体構造> <Overall Structure of an inkjet recording apparatus>
図1に示すインクジェット記録装置1は、外部のコンピュータから受信した画像情報に基づいて記録媒体の一例である用紙Pに画像を形成可能なインクジェットプリンタである。 An ink jet recording apparatus shown in FIG. 1 1 is capable of forming an inkjet printer image on the paper P, which is an example of a recording medium based on image information received from an external computer. この記録装置1は、ケーシング2内に、記録部20、用紙収納部101、用紙搬送路5、搬送ユニット30、第1移動機構(昇降機構)40、排出部103、ワイプユニット50(図2)、及びこれらを制御する制御部131を備えている。 The recording apparatus 1 includes a casing 2, a recording unit 20, sheet storing section 101, the paper transportation path 5, the transport unit 30, a first moving mechanism (elevating mechanism) 40, the discharge unit 103, wiping unit 50 (FIG. 2) , and a control unit 131 for controlling these. なお、以下の説明において、用紙Pが搬送ユニット30上を搬送されるときの搬送方向を方向D1とし、これに垂直な方向(用紙Pの幅方向)を方向D2とする。 In the following description, the conveying direction when the sheet P is conveyed on the conveying unit 30 and the direction D1, the vertical direction (the width direction of the paper P) to the direction D2 thereto.

記録部20は、図1に示すように、方向D1の上流側から順にブラック、シアン、マゼンダ及びイエローの各色に対応したインクジェットヘッド22(22K、22C、22M、22Y)を備えている。 Recording unit 20, as shown in FIG. 1, a black in order from the upstream side in the direction D1, cyan ink jet head 22 corresponding to each color of magenta and yellow (22K, 22C, 22M, 22Y) a. 各色のインクジェットヘッド22に対応して、図略の4台のインクタンクが備えられている。 Corresponding to the ink jet head 22 for each color, it is provided with four ink tanks of an unillustrated. 各色のインクは、前記インクタンクから各インクジェットヘッド22に補給される。 Each color ink is supplied from the ink tank to the inkjet head 22. なお、以下の説明において、特に限定する必要がある場合を除き、「K」「C」「M」「Y」の識別記号は省略する。 In the following description, unless particularly necessary to limit identification symbol "K", "C", "M", "Y" will be omitted.

4つのインクジェットヘッド22は、搬送ユニット30の上方に並べて配置されている。 Four inkjet heads 22 are arranged above the transport unit 30. 各インクジェットヘッド22は、図略のヘッド支持部材により支持されている。 Each inkjet head 22 is supported by an unillustrated head supporting member. 各インクジェットヘッド22は、略直方体であり、その下面にノズル面22aを有している。 Each inkjet head 22 is substantially rectangular parallelepiped, and has a nozzle surface 22a on its lower surface. ノズル面22aには、インクを吐出する複数のノズルが設けられている。 The nozzle surface 22a, a plurality of nozzles for ejecting ink is provided. ノズル面22aは、方向D2に長い矩形状に形成されている。 The nozzle surface 22a is formed in a long rectangular shape in the direction D2. 各インクジェットヘッド22は、ノズル面22aのノズルから用紙Pの紙面に略垂直な方向にインクを吐出して画像を形成することが可能なラインタイプのヘッドである。 Each of the inkjet heads 22 is a line type head capable of forming an image by ejecting ink in a direction substantially perpendicular to the sheet of paper P from the nozzles of the nozzle surface 22a.

インクジェットヘッド22のインクの吐出方式としては、例えばピエゾ素子を用いてインクを押し出すピエゾ方式や、発熱体によって気泡を発生させ、圧力をかけてインクを吐出するサーマルインクジェット方式など、各種方式を適用することができる。 The ink ejection method of the ink jet head 22, for example, a piezo system to push out the ink by using a piezoelectric element to generate a bubble by heating elements, such as a thermal inkjet method of discharging ink by applying a pressure, to apply the various methods be able to.

用紙収納部101は、用紙Pを収納可能であり、搬送ユニット30の下方に配置されている。 Sheet storing section 101 is capable of accommodating the paper P, and is disposed below the conveyance unit 30. 用紙収納部101は、用紙が収納される給紙カセット3と、用紙搬送路5に用紙を供給するための用紙供給ローラ4とを有している。 Sheet storing section 101 includes a paper feed cassette 3 which paper is stored, and a sheet supply roller 4 for feeding the paper to the paper transportation path 5.

用紙搬送路5は、この用紙搬送路5の上流側に配置されたローラ102と、用紙搬送路5の下流側に配置され、用紙Pを一旦停止させて斜め補正等を行った後、用紙Pを搬送ユニット30へ送り出すレジストローラ6とを有している。 Paper transportation path 5, a roller 102 disposed on the upstream side of the paper transportation path 5, disposed downstream of the sheet conveying path 5, after the oblique correction or the like temporarily stops the sheet P, the sheet P and a registration roller 6 for feeding to the transporting unit 30.

搬送ユニット30は、記録部20の下方に配置されている。 Conveying unit 30 is disposed below the recording unit 20. この搬送ユニット30は、用紙Pを記録部20に供給し、この記録部20により表面に画像が形成された用紙Pを排出部103に搬送する。 The transport unit 30 supplies the sheet P to the recording unit 20, conveys the sheet P on which the image formed on the surface thereof by the recording unit 20 to the discharge unit 103. 搬送ユニット30は、フレーム36、ローラ32,33,34、搬送ベルト31、及び用紙保持機構35を有している。 Transport unit 30 includes a frame 36, rollers 32, 33, 34, and a conveyor belt 31 and the sheet holding mechanism 35,.

ローラ32,33,34は、方向D1に所定の間隔を隔ててフレーム36に回転自在に支持されている。 Rollers 32, 33, 34 is rotatably supported by the frame 36 at predetermined intervals in the direction D1.

搬送ベルト31は、無端ベルトになっており、ローラ32,33,34に架け渡されている。 Conveyor belt 31 is adapted to the endless belt, it is looped around the roller 32, 33 and 34. 搬送ベルト31は、ローラ33とローラ32の間に位置する部分の上面が用紙Pの搬送面47として機能する。 Conveyor belt 31, the upper surface of the portion located between the roller 33 and the roller 32 serves as a conveyance surface 47 of the paper P. この搬送面47は、複数のインクジェットヘッド22のノズル面22aに対向している。 The conveying surface 47 is opposed to the nozzle surface 22a of the plurality of inkjet heads 22.

用紙保持機構35は、搬送ベルト31の搬送面47の下方において搬送面47に沿って記録部20に対向する位置に配置されている。 Sheet holding mechanism 35 is disposed at a position opposed to the recording unit 20 along the transport surface 47 below the conveying surface 47 of conveyor belt 31. この用紙保持機構35は、そのケースの上面に図略の多数の空気吸引用の孔を有し、これらの孔を通じて外部の空気をケースの内部に吸引することができる。 The sheet holding mechanism 35 has a number of holes for air suction unillustrated on the upper surface of the case, it is possible to suck the outside air into the case through these holes. また、搬送ベルト31にも、図略の多数の空気吸引用の孔が設けられている。 Further, also the conveyor belt 31, unillustrated multiple holes for air suction. したがって、用紙保持機構35により空気が吸引されると、用紙Pが搬送ベルト31の上面に吸着されるので、用紙Pを安定して搬送することができる。 Therefore, when air is sucked by the sheet holding mechanism 35, since the sheet P is adsorbed onto the conveyance belt 31, it is possible to convey the sheet P stably.

第1移動機構40は、搬送ユニット30の下方に配置された一対の偏心カム41,42を有している。 The first moving mechanism 40 includes a pair of eccentric cams 41, 42 disposed below the transport unit 30. 偏心カム41,42は、軸部41b,42bが図略の支持部材にそれぞれ支持されており、これらの軸部41b,42bを中心に図略の駆動モータによってそれぞれ回動する。 Eccentric cams 41 and 42, the shaft portion 41b, 42b are respectively supported on the support member not shown, respectively rotation by a drive motor unillustrated in the center of these shaft portions 41b, 42b. 偏心カム41,42は、複数のベアリング41a,42aをそれぞれ有しており、これらのベアリング41a,42aが搬送ユニット30のフレーム36に当接した状態で搬送ユニット30を支持している。 Eccentric cams 41 and 42, a plurality of bearings 41a, 42a have respective, these bearings 41a, 42a are supported transport unit 30 in contact with the frame 36 of the conveying unit 30. 搬送ユニット30は、偏心カム41,42が軸部41b,42bを中心に回動することにより上下方向に移動する。 Transport unit 30 is moved up and down by the eccentric cam 41 is rotated around the shaft portion 41b, the 42b.

図1は、偏心カム41,42がほぼ鉛直方向に起立して搬送ユニット30が持ち上げられた状態を示している。 Figure 1 shows a state in which the conveying unit 30 is lifted eccentric cam 41 is erected substantially vertically. この状態から偏心カム41,42が互いに内側に向いて回転すると、搬送ユニット30が下降する。 When the eccentric cam 41 from this state is rotated inwardly facing each other, the transport unit 30 is lowered. この第1移動機構40は、後述するワイプユニット50の第1ブレード521及び第2ブレード522とインクジェットヘッド22のノズル面22aとの距離を調節する役割も果たす。 The first moving mechanism 40 also serves to adjust the distance between the first blade 521 and the nozzle surface 22a of the second blade 522 and the inkjet head 22 of the wiping unit 50 to be described later. すなわち、第1移動機構40は、第1ブレード521の上端部及び第2ブレード522の上端部とノズル面22aとの距離を調節するためにトレイ51をノズル面22aに離接する方向に移動可能である。 That is, the first moving mechanism 40 is movable in the direction of contact away the tray 51 to the nozzle surface 22a to adjust the distance between the upper portion and the nozzle face 22a of the upper end portion and the second blade 522 of the first blade 521 is there.

記録部20により用紙Pに画像が形成される画像形成モードにおいては、搬送ユニット30は、第1移動機構40により持ち上げられて、図1に示すようにインクジェットヘッド22のノズル面22aに近接した位置に配置される。 In the image forming mode image on the sheet P by the recording unit 20 is formed, the transport unit 30 is lifted by the first moving mechanism 40, close to the nozzle surfaces 22a of the inkjet head 22 as shown in FIG. 1 position It is placed in. この近接位置は、ノズル面22aと用紙Pとの間が印刷に適した間隔となるように調整されている。 The proximity position between the nozzle surface 22a and the sheet P is adjusted such that the distance suitable for printing. 一方、後述する吐出回復モード、第1ワイプモード、及び第2ワイプモードにおいては、搬送ユニット30は、第1移動機構40によって図1の状態から下降して、インクジェットヘッド22に対して下方に離隔した位置に移動する。 On the other hand, ejection recovery mode described later, the first wipe mode, and in the second wiping mode, the transport unit 30 by the first moving mechanism 40 descends from the state of FIG. 1, spaced downwardly relative to the inkjet head 22 to move to the position. 搬送ユニット30の高さは、偏心カム41,42の回転角度を調節することによって適宜調節することができる。 The height of the transfer unit 30 can be suitably adjusted by adjusting the rotation angle of the eccentric cam 41 and 42.

排出部103は、乾燥装置7、排出ローラ8、排出口9、及び排出トレイ10を有している。 Discharging unit 103 has a drying device 7, the discharge roller 8, the outlet 9, and a discharge tray 10. 乾燥装置7は、搬送ユニット30の方向D1の下流側に配置されている。 Drying apparatus 7 is disposed on the downstream side in the direction D1 of the conveying unit 30. 記録部20において用紙Pに吐出されたインクは乾燥装置7によって乾燥する。 Ink ejected to the sheet P in the recording unit 20 is dried by the drying device 7. インクが乾燥した用紙Pは、排出ローラ8によって排出口9に送られ、ケーシング2の側面から外部に延設された排出トレイ10に排出される。 The sheet P ink has dried is fed to the discharge port 9 by a discharge roller 8, and is discharged to a discharge tray 10 which extends to the outside from the side surface of the casing 2.

制御部131は、中央処理装置(CPU)、プログラムなどのデータが記憶されているメモリ(ROM)、プログラム実行時にデータを一時的に記憶するためのメモリ(RAM)などで構成されている。 Control unit 131, a central processing unit (CPU), data such as a program is configured by a memory stored (ROM), a memory for temporarily storing data during program execution (RAM). この制御部131は、第1移動機構40、後述する第2移動機構などの動作を制御する。 The control unit 131, the first moving mechanism 40, controls the operation of such second moving mechanism described later.

<ワイプユニット> <Wipe unit>
次にワイプユニット50について説明する。 It will now be described wiping unit 50. 図2は、後述するワイプモードにおけるインクジェットヘッド22とワイプユニット50の位置関係を示す斜視図である。 Figure 2 is a perspective view showing the positional relationship between the inkjet head 22 and the wiping unit 50 in the wiping mode to be described later.

図2に示すように、ワイプユニット50は、方向D2に延びる支持台54と、この支持台54の長手方向に沿って支持台54の上面に延設された一対のガイドレール53と、これらのガイドレール53に沿ってスライド移動可能なトレイ51と、このトレイ51に支持されたワイプ部材52とを備えている。 As shown in FIG. 2, wiping unit 50 includes a support base 54 extending in the direction D2, a pair of guide rails 53 which extend on the upper surface of the support base 54 along the longitudinal direction of the support base 54, these a slidable tray 51 along the guide rail 53, and a wiping member 52 which is supported on the tray 51.

記録装置1は、図2に示すのと同様のワイプユニット50を4つ備えている。 Recording apparatus 1 is provided with four similar wiping unit 50 to that shown in FIG. これらのワイプユニット50は、各インクジェットヘッド22のノズル面22aをワイプするためにそれぞれ設けられたものである。 These wipes unit 50 is respectively provided to wipe the nozzle surface 22a of the inkjet heads 22. 図2では、一つのインクジェットヘッド22と一つのワイプユニット50のみを描いているが、後述するワイプモードにおいては、他のワイプユニット50も同様に、対応するインクジェットヘッド22の下方にそれぞれ配置される。 In Figure 2, but it depicts only one of the ink jet head 22 and one wiping unit 50, in the wiping mode to be described later, as well other wiping unit 50, are respectively arranged below the corresponding inkjet head 22 . 各ワイプユニット50は、搬送ユニット30に支持されている。 Each wiping unit 50 is supported on the transport unit 30. したがって、各ワイプユニット50は、上述した第1移動機構40の偏心カム41,42の回動に伴って上下方向に移動可能である。 Therefore, the wiping unit 50 is movable in the vertical direction with the rotation of the eccentric cam 41 and 42 of the first moving mechanism 40 described above.

また、各ワイプユニット50は、図1に示す画像形成モードにおいては、インクジェットヘッド22によるインクの吐出を妨げないように、ノズル面22aと搬送面47との間からは外れた位置にて待機するようになっている。 Each wiping unit 50 is the image forming mode shown in FIG. 1, so as not to interfere with the ejection of ink by the inkjet head 22 stands by at a position deviated from between the nozzle surface 22a and the transport surface 47 It has become way. 具体的には、各ワイプユニット50は、各インクジェットヘッド22の下方ではなく、例えば記録部20の上流側又は下流側に記録部20に隣接して設けられた図略の退避位置に退避している。 Specifically, the wiping unit 50, rather than below the respective ink jet heads 22, for example retracted to the retracted position of approximately diagram provided adjacent to the upstream side or downstream side of the recording unit 20 to the recording unit 20 there. 記録装置1は、図略のモード変更機構を備えている。 Recording apparatus 1 is provided with an unillustrated mode change mechanism. このモード変更機構は、画像形成モード、吐出回復モード、ワイプモードなどの各モードへの変更時において、前記退避位置とインクジェットヘッド22の下方の所定位置との間で各ワイプユニット50を移動可能である。 The mode change mechanism includes an image forming mode, ejection recovery mode, when changes to each mode, such as a wipe mode, moveable each wiping unit 50 between a predetermined position below the retracted position and the inkjet head 22 is there.

図2に示すように、支持台54は、ワイプモードにおいてインクジェットヘッド22のノズル面22aに対向して配置される上面54aを有する長尺状の板状部材である。 As shown in FIG. 2, the support base 54 is an elongated plate-like member having a top surface 54a which is located opposite the nozzle surface 22a of the inkjet head 22 in the wiping mode. この上面54aは、方向D2においてノズル面22aの両端よりもさらに外側まで延びている。 The upper surface 54a extends further to the outside than the opposite ends of the nozzle surface 22a in the direction D2. なお、本実施形態では、支持台54がワイプユニット50毎に設けられている場合を例に挙げて説明しているが、支持台54は、4つのワイプユニット50を支持可能な扁平な連続した一つの板状部材であってもよい。 In the present embodiment has been described as an example when the support stand 54 is provided for each wiping unit 50, a support base 54 has four wiper mount 50 capable of supporting flat continuous it may be one of the plate-like member.

一対のガイドレール53は、互いの間にトレイ51を配置可能な幅をあけて方向D2に沿って支持台54の上面54aにそれぞれ配設されている。 A pair of guide rails 53 are respectively disposed on the upper surface 54a of the support base 54 along the direction D2 by opening a deployable width tray 51 between them. 各ガイドレール53は、方向D2に沿って延びる長孔53aを有している。 Each guide rail 53 has a long hole 53a extending along the direction D2. 各長孔53aには後述するトレイ51の突起部51aが挿入される。 Each long hole 53a projecting portions 51a of the later-described tray 51 is inserted.

トレイ51は、支持台54の上面54aに対向して配置された長方形の底板511と、この底板511の4つの周縁から上方に立設された側壁512,513,514,515とを備え、上面が開口した箱状の部材である。 Tray 51 includes a rectangular bottom plate 511 disposed opposite to the upper surface 54a of the support base 54 and a side wall 512,513,514,515 from four peripheral erected above the bottom plate 511, the upper surface There is a box-like member having an opening. このトレイ51の底板511及び側壁512,513,514,515により囲まれた空間は、後述するワイプモードにおいてワイプ部材52によって拭き取られたノズル面22aのインクを受け入れて、一時的に貯留するためのものである。 Space surrounded by the bottom plate 511 and side walls 512,513,514,515 of the tray 51 accepts the ink on the nozzle surface 22a which is wiped by the wiping member 52 in the wiping mode described later, for temporarily storing belongs to. トレイ51の底板511には、図略の貫通孔が設けられている。 The bottom plate 511 of the tray 51, an unillustrated through hole is provided. 貯留されたインクは、この貫通孔を通じてトレイ51の外部に排出される。 Storing ink is discharged to the outside of the tray 51 through the through hole. トレイ51の底板511には、ワイプ部材52を挟持して固定する一対の挟持部材51bが設けられている。 The bottom plate 511 of the tray 51, a pair of clamping members 51b to fix the wiping member 52 sandwiching are provided. このようにトレイ51は、ワイプ部材52を支持する支持部材として機能する。 Thus tray 51 functions as a supporting member for supporting the wiping member 52.

トレイ51は、方向D1側の側壁512の外側面と、方向D1の反対側の側壁513の外側面とに、2つの突起部51aをそれぞれ有している。 Tray 51 includes an outer surface of the side wall 512 of the direction D1 side, on the outer surface of the opposite side walls 513 of the direction D1, and has two protruding portions 51a, respectively. なお、側壁512の2つの突起部51aは、後述する図3(b)に図示している。 Incidentally, the two protrusions 51a of the side wall 512 is shown in FIG. 3 to be described later (b). 側壁512の2つの突起部51aは、方向D1側のガイドレール53の長孔53a内に挿入されている。 Two projections 51a of the side wall 512 is inserted into the long hole 53a of the direction D1 side of the guide rail 53. 側壁513の2つの突起部51aは、方向D1の反対側のガイドレール53の長孔53a内に挿入されている。 Two projections 51a of the side wall 513 is inserted into the long hole 53a on the opposite side of the guide rail 53 in the direction D1. これにより、トレイ51は、一対のガイドレール53の長孔53aに沿って方向D2にスライド移動可能に支持台54に支持されている。 Thus, the tray 51 is supported on the slidable support platform 54 in the direction D2 along the long hole 53a of the pair of guide rails 53. トレイ51は、例えば、図略のモータに接続されたシャフトSが回転するのに伴って方向D2の一方側の方向(第1方向D21)又は他方側の方向(第2方向D22)にスライド移動する。 Tray 51 is, for example, sliding to one side in the direction of the direction D2 along with the the shaft S which is connected to an unillustrated motor rotates (first direction D21) or the other side in the direction (second direction D22) to. ガイドレール53、突起部51a、シャフトS及び図略のモータは、トレイ51をノズル面22aに沿って移動させる第2移動機構60として機能する。 Guide rail 53, the protrusion 51a, the shaft S and an unillustrated motor functions tray 51 as the second moving mechanism 60 for moving along the nozzle surface 22a.

ワイプ部材52は、第1弾性体としての第1ブレード521及び第2弾性体としての第2ブレード522を有している。 Wiping member 52 has a first blade 521 and second blade 522 of the second elastic member as the first elastic member. 第1ブレード521及び第2ブレード522は、方向D2に向かって見たときの形状が略長方形であり、方向D1に向かって見たときの形状が扁平である板状部材である。 The first blade 521 and second blade 522 has a shape is substantially rectangular when viewed in the direction D2, a plate-shaped member shape is flat when viewed in the direction D1. 第1ブレード521及び第2ブレード522は、各ブレード521,522の主面が方向D2に向くように方向D2に積層されて配置されており、底板511から上方に立設されている。 The first blade 521 and second blade 522 is disposed the main surface of each blade 521 and 522 are stacked in the direction D2 so as to face in the direction D2, and from the bottom plate 511 are erected upward. 各ブレード521,522は、その下端部(基端部)近傍が一対の挟持部材51bによって挟まれることにより下端部近傍が支持台54に固定されている。 Each blade 521 and 522, near the lower end portion is fixed to the support 54 by its lower end (proximal end) vicinity sandwiched by the pair of holding members 51b.

第1ブレード521及び第2ブレード522は、互いにほぼ接した状態でそれぞれ配置されている。 The first blade 521 and second blade 522 is arranged in a state of substantially contacting each other. 互いにほぼ接した状態とは、第1ブレード521と第2ブレード522の互いに対向する面同士が接するか、又はわずかな隙間をあけた状態でそれぞれ配置されていることをいう。 The substantially in contact with each other means that are arranged respectively with the first blade 521 with one another or facing surfaces are in contact with each other of the second blade 522, or spaced a slight gap.

各ブレード521,522の幅(方向D1の寸法)は、各ブレード521,522の上端部(先端部)がノズル面22aの全体に当接するように、ノズル面22aの幅(方向D1の寸法)よりも若干大きく設計されている。 The width of each blade 521, 522 (dimensions of the direction D1), as the upper end portion of each blade 521, 522 (tip) is brought into contact with the whole of the nozzle surface 22a, the width of the nozzle face 22a (the dimension in a direction D1) It is slightly larger design than. 第1ブレード521は、第2ブレード522よりも厚み(方向D2の寸法)が大きく、高さ(上下方向の寸法)が小さい。 The first blade 521 is larger thickness (dimension in a direction D2) than the second blade 522, the height (dimension in the vertical direction) is small. 第2ブレード522は、第1ブレード521よりも上方に突出している。 The second blade 522 is protruded above the first blade 521. 言い換えると、第2ブレード522の上端部とノズル面22aとの距離は、第1ブレード521の上端部とノズル面22aとの距離よりも小さい。 In other words, the distance between the upper portion and the nozzle face 22a of the second blades 522 is smaller than the distance between the upper portion and the nozzle face 22a of the first blade 521.

各ブレード521,522の具体例を挙げると次のようになるが、各ブレード521,522は、次の形状に限定されるものではない。 Specific examples and becomes as follows for each blade 521, each blade 521, 522 is not limited to the following shape. 例えば、第1ブレード521として、厚み1.5mm、高さ10mmのものを用い、第2ブレード522として、厚み1mm、高さ12mmのものを用いることができる。 For example, the first blade 521, used as the thickness 1.5 mm, height 10 mm, as the second blade 522, can be used for thickness 1 mm, height 12 mm. この場合、第1ブレード521よりも第2ブレード522の方がノズル面22a側に2mm突き出ることになる。 In this case, the than the first blade 521 toward the second blade 522 projects 2mm on the nozzle surface 22a side.

第1ブレード521及び第2ブレード522は、撓み変形可能な弾性部材である。 The first blade 521 and second blade 522 is an elastic member that resiliently deformable. 具体的には、各ブレード521,522の材料としては、例えば合成ゴム、合成樹脂などを用いることができる。 Specifically, as the material of each blade 521, 522 may be, for example, synthetic rubber, and synthetic resin. 合成ゴムとしては、例えばシリコーンゴム、ウレタンゴムなどが挙げられる。 As the synthetic rubber, such as silicone rubber, urethane rubber.

また、第1ブレード521は、第2ブレード522よりも剛性が高く変形しにくい。 The first blade 521, high rigidity hardly deformed than the second blade 522. 本実施形態では、第1ブレード521の厚みを第2ブレード522よりも大きくすることによって第1ブレード521の剛性を第2ブレード522よりも高くして第2ブレード522よりも変形しにくくしている。 In the present embodiment, the rigidity of the first blade 521 less likely to be deformed than the second blade 522 to be higher than the second blade 522 by the thickness of the first blade 521 is greater than the second blade 522 . なお、本実施形態のように厚みを大きくする方法の他、例えば第1ブレード521の材料として第2ブレード522の材料よりも弾性率が大きいものを使うことによって第1ブレード521の剛性を第2ブレード522よりも高くすることもできる。 Note that other methods of increasing the thickness as in the present embodiment, the rigidity of the first blade 521 by the use of having a large elastic modulus than the material of the second blade 522, for example, as a material of the first blade 521 second It may be higher than the blade 522.

詳細は後述するが、図4に示すように、各ブレード521,522は、ノズル面22aをワイプするときには、ノズル面22aとの摩擦によってノズル面22aから受ける力により進行方向とは反対側に撓んだ状態で、主にエッジ部521a,522aがノズル面22aに当接しながらノズル面22aのインクをかき取る。 Although details will be described later, as shown in FIG. 4, each blade 521 and 522, when wiping the nozzle surface 22a is flexures on the side opposite to the traveling direction by the force applied from the nozzle surface 22a due to friction with the nozzle surface 22a in state it, predominantly the edge portion 521a, 522a is scraped ink on the nozzle surface 22a while being in contact with the nozzle surface 22a.

<画像形成モード> <Image forming mode>
次に、記録装置1の画像形成モードの動作について説明する。 Next, the operation of the image forming mode of the recording device 1.

まず、外部に接続されたコンピュータから画像を形成するための命令が出されると、用紙収納部101から搬送ユニット30へと用紙が送り出される。 First, when an instruction is issued to form an image from a computer connected to the outside, the paper is fed to the conveyance unit 30 from the sheet storage unit 101. そして、用紙が、搬送ユニット30の搬送ベルト31で搬送されているときに、インクジェットヘッド22からインクが吐出され、用紙上に画像が形成される。 Then, the paper is, when it is transported by the transport belt 31 of the conveying unit 30, ink is ejected from the inkjet head 22, an image is formed on the sheet. そして、画像が形成された用紙は、排出部103のローラ8によって搬送され、排出口9から排出トレイ10に排出される。 The sheet on which the image is formed is conveyed by the rollers 8 of the discharge portion 103, it is discharged to the discharge tray 10 from the discharge port 9.

<吐出回復モード> <Ejection recovery mode>
次に、吐出回復モードの動作について説明する。 Next, a description will be given of the operation of the discharge recovery mode.

上記した画像形成モードが終了した後、長時間、画像形成動作が実行されなかった場合などには、インクを吐出するノズルに粘性が高くなったインクや紙粉などの塵が詰まったり、気泡が残存したりすることがあるので、インクを強制的に吐出させて、塵、気泡などを含む粘性の高いインクを取り除く吐出回復モードを実行する。 After image formation mode ends as described above, a long time, the like when the image forming operation is not performed, or clogged dust such as ink and paper dust viscosity is increased to a nozzle for ejecting ink, air bubbles since it may be or remaining ink is forcibly ejected, executes dust, a discharge recovery mode to remove high viscosity ink containing bubbles.

この吐出回復モードでは、ノズル面22aのノズルからインクを強制的に吐出させてノズルに詰まった前記インクを取り除く。 In this ejection recovery mode, removing said ink clogged nozzles ink is forcibly ejected from the nozzle of the nozzle surface 22a. 吐出したインクの大半は、インクジェットヘッド22の下方に配置される図略のトレイなどに収容されて回収される。 Most of the ejected ink is collected housed like in an unillustrated tray arranged below the inkjet head 22. なお、本実施形態におけるワイプユニット50のトレイ51は、ノズル面22a全体をカバーするような大きさではないが、ワイプユニット50のトレイ51は、ノズル面22aの下方においてノズル面22a全体をカバーするような開口を有する箱状部材であってもよい。 Incidentally, the tray 51 of the wiping unit 50 in the present embodiment is not sized to cover the entire nozzle surface 22a, the tray 51 of the wiping unit 50, covers the entire nozzle surface 22a below the nozzle surface 22a opening may be a box-shaped member having the above. この場合には、このトレイ51を吐出回復モードで吐出されるインクを受けるトレイとして用いることができる。 In this case, it can be used as a tray for receiving the ink discharged to the tray 51 by the discharge recovery mode.

吐出回復モードで吐出したインクの一部は、ノズル面22aに付着してノズル面22aに残存する。 Some of ink ejected by the ejection recovery mode, remaining on the nozzle surface 22a adheres to the nozzle surface 22a. ノズル面22aに付着したインクは、後述するワイプモードにおいて除去される。 Ink adhered to the nozzle surface 22a is removed in the wiping mode described below.

<ワイプモード> <Wipe mode>
(第1実施形態) (First Embodiment)
次に、本発明の第1実施形態にかかる記録装置1のワイプモードの動作について説明する。 Next, the operation of the recording apparatus 1 of the wipe mode according to the first embodiment of the present invention. なお、以下の説明では、4つのうち1つのインクジェットヘッド22に対するワイプモードについて説明するが、残りのインクジェットヘッド22についても同様のワイプモードが実行される。 In the following description, it will be described four wipe modes for one of the ink jet head 22 among the same wipe mode is executed for the remaining of the ink jet head 22. この第1実施形態では、第1ワイプモードと第2ワイプモードの2種類のワイプモードを実行可能である。 In the first embodiment, it is possible to perform two types of wipes modes of the first wiping mode and a second wipe mode.

第1ワイプモードは、第1ブレード521の上端部及び第2ブレード522の上端部をノズル面22aに当接させた状態で、第2ブレード522よりも第1ブレード521が先行する方向に、トレイ51をノズル面22aに沿って移動させる。 The first wipe mode, in a state where the upper end is brought into contact with the nozzle surface 22a of the upper end portion and the second blade 522 of the first blade 521, in the direction in which the first blade 521 than the second blade 522 is preceded, trays 51 is moved along the nozzle surface 22a.

第2ワイプモードは、第1ブレード521をノズル面22aから離隔させ、かつ、第2ブレード522の上端部をノズル面22aに当接させた状態で、トレイ51をノズル面22aに沿って移動させる。 The second wipe mode, the first blade 521 is spaced apart from the nozzle surface 22a, and, in a state where the upper end is brought into contact with the nozzle surface 22a of the second blades 522 causes the tray 51 is moved along the nozzle surface 22a . また、第2ワイプモードは、トレイ51を移動させる方向によってさらに2種類のモードに分けることができる。 The second wipe mode can be further divided into two modes depending on the direction of moving the tray 51.

以下、第1ワイプモード及び第2ワイプモードについて詳細に説明する。 Will be described in detail first wipe mode and a second wipe mode. まず、第1ワイプモードについて説明する。 First, a description will be given of the first wipe mode.

まず、上記した吐出回復モードが終了した後、制御部131は、前記した図略のモード変更機構を制御して前記退避位置にあるワイプユニット50をインクジェットヘッド22の下方へ移動させる。 First, after the discharge recovery mode ends as described above, the control unit 131 moves the wiping unit 50 is in said retracted position by controlling an unillustrated mode change mechanism described above to below the inkjet head 22.

次に、制御部131は、第1移動機構40を制御してノズル面22aに対するワイプ部材52の位置(高さ)を調整する。 Next, the control unit 131 controls the first moving mechanism 40 for adjusting the position of the wiping member 52 against the nozzle surface 22a (height). 具体的には、例えば、第1ブレード521がほぼ直立した状態で第1ブレード521の上端部がノズル面22aに当接する程度、又は第1ブレード521がわずかに撓んだ状態で第1ブレード521の上端部がノズル面22aに当接する程度に、ノズル面22aに対するワイプ部材52の高さが調整される。 Specifically, for example, the first blade 521 degree upper end of the first blade 521 in a state where the first blade 521 is substantially upright abuts against the nozzle surface 22a, or bent slightly first blade 521 state the degree upper end in contact with the nozzle surface 22a of the height of the wiping member 52 against the nozzle surface 22a is adjusted. 高さ調整がされたワイプユニット50は、例えば図2に示す位置(以下、初期位置という。)にある。 Wiping unit 50 is height adjustment is, for example the position shown in FIG. 2 is (hereinafter, referred to as an initial position.) To.

次に、制御部131は、第2移動機構60を制御してトレイ51を前記初期位置から第1方向D21にスライド移動させる。 Next, the control unit 131, sliding the tray 51 from the initial position by controlling the second moving mechanism 60 in the first direction D21. 具体的には、前記した図略のモータに接続されたシャフトSが回転するのに伴ってトレイ51が前記初期位置から第1方向D21に移動する。 Specifically, the tray 51 wherein the unillustrated motor connected to a shaft S is in association with the rotation moves in the first direction D21 from the initial position. トレイ51がしばらく移動すると、第1ブレード521がノズル面22aに当接し、ついで第2ブレード522がノズル面22aに当接する。 When the tray 51 is moved while the first blade 521 is in contact with the nozzle surface 22a, and then the second blade 522 comes into contact with the nozzle surface 22a.

図3(a)は、第1ワイプモードにおいて第1ブレード521及び第2ブレード522がノズル面22aに当接しながら第1方向D21に向かって移動している状態を示す側面図であり、図3(b)は、その正面図である。 3 (a) is a side view showing a state where the first blade 521 and second blade 522 in the first wiping mode is moving toward the first direction D21 while in contact with the nozzle surface 22a, Fig. 3 (b) is a front view thereof. 図4は、図3(a)の一部を拡大した側面図である。 Figure 4 is a side view enlarging a part of FIG. 3 (a).

図3(a),(b)及び図4に示すように、第1ワイプモードのワイピング中には、第1ブレード521及び第2ブレード522は共に進行方向(第1方向D21)の反対側である第2方向D22に撓んだ状態で第1方向D21に移動する。 FIG. 3 (a), as shown in (b) and FIG. 4, during the wiping of the first wiping mode, on the opposite side of the first blade 521 and second blade 522 are both traveling direction (first direction D21) moves in a state flexed into a certain second direction D22 in the first direction D21. 特に、ノズル面22a側への突出長さが大きく剛性の低い第2ブレード522の方が大きく撓んでいる。 In particular, towards the lower second blade 522 of large rigidity projecting length of the nozzle face 22a side is deflected greatly.

図4に示すように、ノズル面22aには多数のノズル221の吐出口が設けられている。 As shown in FIG. 4, the discharge port of the plurality of nozzles 221 are provided on the nozzle surface 22a. このノズル面22aには、主に、第1ブレード521のエッジ部521a(第1方向D21側のエッジ部)、及び第2ブレード522のエッジ部522a(第1方向D21側のエッジ部)が当接している。 The nozzle surface 22a, primarily, the edge portion 521a of the first blade 521 (the edge portion in the first direction D21 side), and an edge portion 522a of the second blade 522 (the edge portion in the first direction D21 side) those We are in contact with each other. このように各ブレード521,522がノズル面22aに当接した状態で、トレイ51がノズル面22aの第1方向D21側の端部まで移動して第1ワイプモードが終了する。 In a state where each blade 521, 522 is in contact with the nozzle surface 22a, first wipe mode tray 51 is moved to the end of the first direction D21 side of the nozzle surface 22a is completed. これにより、ノズル面22aに付着したインクが第1ブレード521により拭き取られる。 Thus, ink adhered to the nozzle surface 22a is wiped by the first blade 521.

次に、第2ワイプモードについて説明する。 The following describes a second wipe mode.

この第2ワイプモードは、前述したようにトレイ51をノズル面22aに沿って移動させる方向によってさらに2種類のモードに分けることができる。 The second wipe mode can be further divided into two modes depending on the direction of moving the tray 51 as described above along the nozzle surface 22a. すなわち、一方は、第1方向D21に向かってトレイ51を移動させるモードであり、他方は、第2方向D22に向かってトレイ51を移動させるモードである。 That is, one is toward the first direction D21 is a mode for moving the tray 51, the other is a mode for moving the tray 51 toward the second direction D22.

まず、前者のモードから説明する。 First, a description from the former mode. このモードは、例えば、上述した第1ワイプモードが終了した後に、ノズル面22aをさらに清浄に仕上げるために実行される(以下、このモードを仕上げモードという。)。 This mode is, for example, after the first wipe mode described above has been completed, is executed to finish further clean the nozzle surface 22a (hereinafter, referred to as the mode finishing mode.).

この仕上げモードでは、第1ワイプモードが終了した後、制御部131は、第1ブレード521及び第2ブレード522がともにノズル面22aから離隔するように、第1移動機構40を制御してワイプ部材52の高さを調整する。 In this finish mode, after the first wipe mode has ended, the control unit 131, as the first blade 521 and second blade 522 is disengaged from both the nozzle surface 22a, the wiping member controls the first moving mechanism 40 to adjust the height of 52.

ついで、制御部131は、第2移動機構60を制御してトレイ51を第2方向D22にスライドさせ、トレイ51をノズル面22aの第2方向D22側の端部まで移動させる。 Next, the control unit 131, the tray 51 and controls the second moving mechanism 60 is slid in the second direction D22, to move the tray 51 to the end of the second direction D22 side of the nozzle surface 22a.

次に、制御部131は、第1移動機構40を制御してノズル面22aに対するワイプ部材52の位置(高さ)を調整する。 Next, the control unit 131 controls the first moving mechanism 40 for adjusting the position of the wiping member 52 against the nozzle surface 22a (height). ワイプ部材52の高さは、第1ワイプモードのときよりも下方に調整される。 The height of the wiping member 52 is adjusted downward than when the first wipe mode. 具体的には、例えば、第2ブレード522がほぼ直立した状態で第2ブレード522の上端部がノズル面22aに当接する程度、又は第2ブレード522がわずかに撓んだ状態で第2ブレード522の上端部がノズル面22aに当接する程度に、ノズル面22aに対するワイプ部材52の高さが調整される。 Specifically, for example, second degree upper portion in a state where the blade 522 is substantially upright second blade 522 abuts against the nozzle surface 22a, or the second blade in a bent state slightly second blade 522 522 the degree upper end in contact with the nozzle surface 22a of the height of the wiping member 52 against the nozzle surface 22a is adjusted. この状態では、第1ブレード521はノズル面22aから離隔している。 In this state, the first blade 521 is spaced apart from the nozzle surface 22a.

次に、制御部131は、第2移動機構60を制御してトレイ51を第1方向D21にスライド移動させる。 Next, the control unit 131, sliding the tray 51 and controls the second moving mechanism 60 in the first direction D21. トレイ51がしばらく移動すると、第2ブレード522がノズル面22aに当接する。 When the tray 51 is moved while the second blade 522 comes into contact with the nozzle surface 22a.

図5(a)は、仕上げモードにおいて第2ブレード522がノズル面22aに当接しながら第1方向D21に向かって移動している状態を示す側面図であり、図5(b)は、その一部を拡大した側面図である。 5 (a) is a side view showing a state where the second blade 522 is moved toward the first direction D21 while contact with the nozzle surface 22a in the finishing mode, FIG. 5 (b) (i) The parts is an enlarged side view.

図5(a),(b)に示すように、仕上げモードのワイピング中には、第2ブレード522は進行方向(第1方向D21)の反対側である第2方向D22に撓んだ状態で第1方向D21に移動する。 FIG. 5 (a), the (b), the during wiping finish mode, the second blade 522 is in a bent state in the second direction D22 is opposite to the traveling direction (the first direction D21) It moves in the first direction D21. このとき、第1ブレード521はほぼ直立した状態である。 The first blade 521 is in a state which is substantially upright.

図5(b)に示すように、ノズル面22aには、主に、第2ブレード522のエッジ部522aが当接している。 As shown in FIG. 5 (b), the nozzle surface 22a, are mainly against the edge portion 522a of the second blade 522 is brought. このように第2ブレード522がノズル面22aに当接した状態で、トレイ51がノズル面22aの第1方向D21側の端部まで移動して仕上げモードが終了する。 In a state where the second blade 522 comes into contact with the nozzle surface 22a, the tray 51 is finish mode ends to move to the end of the first direction D21 side of the nozzle surface 22a.

制御部131は、第1ワイプモードにおけるトレイ51のノズル面22aに沿った移動速度が仕上げモードにおけるトレイ51の移動速度よりも低くなるように第2移動機構60を制御する。 Control unit 131 controls the second moving mechanism 60 to be lower than the moving speed of the tray 51 in the moving speed finish mode along the nozzle surface 22a of the tray 51 in the first wiping mode. 具体的には、第1ワイプモードにおける移動速度は、例えば50mm/秒程度に調整され、仕上げモードにおける移動速度は、例えば100mm/秒程度に調整される。 Specifically, the moving speed in the first wipe mode, for example, is adjusted to about 50 mm / sec, the moving speed in the finish mode is adjusted, for example, about 100 mm / sec.

次に、第2ワイプモードの他方のモード(後者のモード)について説明する。 Next, a description for the other mode of the second wipe mode (the latter mode). このモードは、例えば、インクをフレッシュに保つために少量のインクをノズルから強制的に吐出させる定期的なメンテナンスの後にノズル面22aをワイピングするために実行される(以下、定期メンテナンスモードという。)。 This mode is executed, for example, for wiping the nozzle face 22a of a small amount of ink after regular maintenance forcibly ejected from the nozzles to keep the ink fresh (hereinafter, referred to as periodic maintenance mode.) .

この定期メンテナンスモードは、上記したように少量のインクをノズルから強制的に吐出させた後、次のような順序で実行される。 The periodic maintenance mode, after forcibly ejecting a small amount of ink as described above from the nozzle, is performed in the following order.

まず、制御部131は、第1ブレード521及び第2ブレード522がともにノズル面22aから離隔するように、第1移動機構40を制御してワイプ部材52の高さを調整する。 First, the control unit 131, as the first blade 521 and second blade 522 is disengaged from both the nozzle surface 22a, and controls the first moving mechanism 40 for adjusting the height of the wiping member 52.

ついで、制御部131は、第2移動機構60を制御してトレイ51を第1方向D21にスライドさせ、トレイ51をノズル面22aの第1方向D21側の端部まで移動させる。 Next, the control unit 131, the tray 51 and controls the second moving mechanism 60 is slid in the first direction D21, to move the tray 51 to the end of the first direction D21 side of the nozzle surface 22a.

次に、制御部131は、第1移動機構40を制御してノズル面22aに対するワイプ部材52の位置(高さ)を調整する。 Next, the control unit 131 controls the first moving mechanism 40 for adjusting the position of the wiping member 52 against the nozzle surface 22a (height). ワイプ部材52の高さは、仕上げモードとほぼ同程度に調整される。 The height of the wiping member 52 is adjusted to substantially the same as the finish mode. 具体的には、例えば、第2ブレード522がほぼ直立した状態で第2ブレード522の上端部がノズル面22aに当接する程度、又は第2ブレード522がわずかに撓んだ状態で第2ブレード522の上端部がノズル面22aに当接する程度に、ノズル面22aに対するワイプ部材52の高さが調整される。 Specifically, for example, second degree upper portion in a state where the blade 522 is substantially upright second blade 522 abuts against the nozzle surface 22a, or the second blade in a bent state slightly second blade 522 522 the degree upper end in contact with the nozzle surface 22a of the height of the wiping member 52 against the nozzle surface 22a is adjusted. この状態では、第1ブレード521はノズル面22aから離隔している。 In this state, the first blade 521 is spaced apart from the nozzle surface 22a.

次に、制御部131は、第2移動機構60を制御してトレイ51を第2方向D22にスライド移動させる。 Next, the control unit 131, sliding the tray 51 and controls the second moving mechanism 60 in the second direction D22. トレイ51がしばらく移動すると、第2ブレード522がノズル面22aに当接する。 When the tray 51 is moved while the second blade 522 comes into contact with the nozzle surface 22a.

図6(a)は、定期メンテナンスモードにおいて第2ブレード522がノズル面22aに当接しながら第2方向D22に向かって移動している状態を示す側面図であり、図6(b)は、その一部を拡大した側面図である。 6 (a) is a side view showing a state where the second blade 522 in the periodic maintenance mode is moving toward the second direction D22 while in contact with the nozzle surface 22a, FIG. 6 (b), the it is a partly enlarged side view.

図6(a),(b)に示すように、定期メンテナンスモードのワイピング中には、第2ブレード522は進行方向(第2方向D22)の反対側である第1方向D21に撓んだ状態で第2方向D22に移動する。 As shown in FIG. 6 (a), (b), the state during wiping routine maintenance mode, the second blade 522 is deflected in the first direction D21 which is opposite to the traveling direction (second direction D22) in moves in the second direction D22. このとき、第1ブレード521は、第2ブレード522の第1方向D21側において第2ブレード522と面接触した状態で第2ブレード522を支持している。 The first blade 521 supports the second blade 522 in a state where the second blade 522 and the surface contact in the first direction D21 of the second blade 522. したがって、この定期メンテナンスモードにおいては、仕上げモードのときよりも第2ブレード522の撓み量は小さくなり、ノズル面22aに対する線圧は大きくなる。 Therefore, in this periodic maintenance mode, the amount of deflection of the second blade 522 than in the finish mode is reduced, the linear pressure increases with respect to the nozzle surface 22a.

図6(b)に示すように、ノズル面22aには、主に、第2ブレード522のエッジ部522b(第2方向D22側のエッジ部)が当接している。 As shown in FIG. 6 (b), the nozzle surface 22a, are mainly against the edge portion 522b of the second blade 522 (the edge portion in the second direction D22 side) are brought. このように第2ブレード522がノズル面22aに当接した状態で、トレイ51がノズル面22aの第2方向D22側の端部まで移動して定期メンテナンスモードが終了する。 In a state where the second blade 522 comes into contact with the nozzle surface 22a, the tray 51 is regular maintenance mode ends to move to the end of the second direction D22 side of the nozzle surface 22a.

この定期メンテナンスモードにおいては、トレイ51のノズル面22aに沿った移動速度は、第1ワイプモードにおけるトレイ51の移動速度よりも高くなるように第2移動機構60を制御する。 In this periodic maintenance mode, the moving velocity along the nozzle surface 22a of the tray 51, controls the second moving mechanism 60 to be higher than the moving speed of the tray 51 in the first wiping mode. 具体的には、定期メンテナンスモードにおける移動速度は、例えば100mm/秒程度に調整される。 Specifically, the moving speed in the periodic maintenance mode is adjusted, for example, about 100 mm / sec.

以上説明したように、本実施形態では、前記第1ワイプモードにおいては、ノズル面22aに第1ブレード521及び第2ブレード522の各上端部が当接しているが、第1ブレード521が先行する方向にワイピングされるので、ノズル面22aの付着物は、第1ブレード521によって拭き取られる。 As described above, in the present embodiment, in the first wiping mode, each upper end of the first blade 521 and second blade 522 is in contact with the nozzle surface 22a, the first blade 521 is preceded since the wiping direction, deposits on the nozzle surface 22a is wiped off by the first blade 521. したがって、第2ブレード522がノズル面22aに当接しながら移動しても、前記付着物は、第2ブレード522にはほとんど付着しない。 Therefore, even if the second blade 522 is moved while in contact with the nozzle surface 22a, the deposits are not in the second blade 522 almost no adhesion.

一方、第2ワイプモードでは、第1移動機構40により第1ブレード521をノズル面22aから離隔させ、かつ、第2ブレード522の上端部を当接させた状態でワイピングする。 On the other hand, in the second wiping mode, the first moving mechanism 40 is spaced apart from the first blade 521 from the nozzle surface 22a, and wipes being in contact with the upper end portion of the second blade 522. したがって、仮に、第1ワイプモードにおいて第1ブレード521に前記付着物が付着していたとしても、第1ブレード521はノズル面22aから離隔しているので、第1ブレード521に付着した前記付着物がノズル面22aに再付着するのを抑制することができる。 Therefore, even if the deposit to the first blade 521 in the first wipe mode was adhered, the first blade 521 is spaced apart from the nozzle surface 22a, the deposits adhering to the first blade 521 There can be prevented from reattaching to the nozzle surface 22a.

なお、ノズル面22aのワイピングによって第1ブレード521又は第2ブレード522に付着した前記付着物は、これを除去するために別途設けられるインク除去部材などによって取り除かれ、回収される。 Incidentally, the deposits adhered to the first blade 521 or the second blade 522 by wiping the nozzle face 22a is removed, such as by separately provided ink removal member for removing this, is recovered. したがって、本実施形態では、第1ブレード521に付着した前記付着物がノズル面22aに再付着するのを抑制することができるとともに、インク除去部材などによる前記除去作業の頻度を低減することもできる。 Therefore, in the present embodiment, it is also possible the deposits adhered to the first blade 521 can be suppressed from being reattached to the nozzle surface 22a, to reduce the frequency of the removal operation due to ink removal member .

また、本実施形態では、第1ブレード521と第2ブレード522を比較すると、第1ブレード521の剛性が高く、第2ブレード522の剛性が低い。 Further, in the present embodiment, as compared to the first blade 521 and the second blade 522, high rigidity of the first blade 521, the rigidity of the second blade 522 is low. したがって、第1ワイプモードにおいて第1ブレード521の上端部をノズル面22aに対して押し付ける圧力(線圧)を大きくし、第2ワイプモードにおいて第2ブレード522の上端部をノズル面22aに対して押し付ける圧力(線圧)を小さくすることができる。 Thus, the upper end portion of the first blade 521 to increase the pressure (linear pressure) for pressing against the nozzle surface 22a in a first wipe mode, the upper end portion of the nozzle surface 22a of the second blade 522 in the second wiping mode it is possible to reduce the pressure (linear pressure) for pressing. したがって、上述したように種々のモードで各ブレード521,522を使い分けることができる。 Therefore, it is possible to selectively use each blade 521 and 522 in various modes as described above.

(第2実施形態) (Second Embodiment)
次に、本発明の第2実施形態にかかる記録装置1のワイプモードの動作について説明する。 Next, the operation of the recording apparatus 1 of the wipe mode according to a second embodiment of the present invention. この第2実施形態では、ワイプ部材52の形状が第1実施形態と異なっており、それに伴って第1ワイプモードにおけるワイプ部材52の挙動が第1実施形態と異なっている。 In this second embodiment, the shape of the wiping member 52 is different from the first embodiment, the behavior of the wiping member 52 in the first wiping mode is different from the first embodiment with it. 以下では、これらの相違点について重点的に説明する。 In the following, mainly describe these differences. なお、第1実施形態と同じ構成要素には同じ符号を付し、その詳細な説明を省略する。 The same components as the first embodiment are denoted by the same reference numerals, and detailed description thereof is omitted.

この第2実施形態では、第1ワイプモードにおいて、図7(a)に示すように、第1ブレード521と第2ブレード522をノズル面22aに当接させた初期位置から、トレイ51を第1方向D21にスライド移動させて、図7(b)に示すように、各ブレード521,522を撓み変形させる。 In the second embodiment, in the first wiping mode, as shown in FIG. 7 (a), from the initial position by abutting a first blade 521 and second blade 522 in the nozzle surface 22a, the tray 51 first It is slid in the direction D21, as shown in FIG. 7 (b), is deformed each blade 521, 522. このとき、剛性の低い第2ブレード522は、第1ブレード521よりも撓み量が大きくなる(図7(b))。 At this time, the second blade 522 having low rigidity, the amount of deflection than the first blade 521 is increased (Fig. 7 (b)). また、この第2実施形態では、後述する具体例に示すように、前記初期位置から前記撓み変形後までの間、第1ブレード521,第2ブレード522及びノズル面22aで囲まれる空間Nは、ほぼ密閉された状態が維持される。 Further, in this second embodiment, as shown in Examples to be described later, between the said initial position until after deformed the first blade 521, the space N which is surrounded by the second blade 522 and the nozzle surface 22a is substantially sealed state is maintained.

したがって、空間Nはほぼ密閉された状態でトレイ51の移動に伴ってその容積が大きくなるので、初期位置の状態に比べて空間Nを負圧にすることができる。 Accordingly, the space N is because the volume is increased in accordance with the movement of the tray 51 substantially sealed state, it is possible to vacuum the space N in comparison with the state of the initial position. したがって、この負圧を利用してノズル221に詰まったインクなどを効果的に吸引することができる。 Therefore, it is possible to suck the ink or the like jammed in the nozzle 221 by utilizing the negative pressure effectively.

以下、第2実施形態の具体例について説明する。 The following describes a specific example of the second embodiment. 図8(a)は、第2実施形態におけるワイプ部材52とこれを支持するトレイ51とを示す平面図であり、図8(b)は、ワイプ部材51及びトレイ51を方向D1に向かってみたときの側面図である。 8 (a) is a plan view showing the tray 51 for supporting the the wiping member 52 in the second embodiment, FIG. 8 (b), tried towards the wiping member 51 and the tray 51 in the direction D1 it is a side view of the time.

ワイプ部材52は、第1ブレード521及び第2ブレード522を有している。 Wiping member 52 has a first blade 521 and second blade 522. 第1ブレード521及び第2ブレード522は、方向D2に向かって見たときの形状が略長方形であり、方向D1に向かって見たときの形状が扁平である板状部材である。 The first blade 521 and second blade 522 has a shape is substantially rectangular when viewed in the direction D2, a plate-shaped member shape is flat when viewed in the direction D1. 第1ブレード521及び第2ブレード522は、各ブレード521,522の主面が方向D2に向くように方向D2に積層されて配置されており、底板511から上方に立設されている。 The first blade 521 and second blade 522 is disposed the main surface of each blade 521 and 522 are stacked in the direction D2 so as to face in the direction D2, and from the bottom plate 511 are erected upward. 各ブレード521,522は、その下端部(基端部)近傍が一対の挟持部材51bによって挟まれることにより下端部近傍が支持台54に固定されている。 Each blade 521 and 522, near the lower end portion is fixed to the support 54 by its lower end (proximal end) vicinity sandwiched by the pair of holding members 51b.

第1ブレード521及び第2ブレード522は、互いにほぼ接した状態でそれぞれ配置されている。 The first blade 521 and second blade 522 is arranged in a state of substantially contacting each other. 互いにほぼ接した状態とは、第1ブレード521と第2ブレード522の互いに対向する面同士が接するか、又はわずかな隙間をあけた状態でそれぞれ配置されていることをいう。 The substantially in contact with each other means that are arranged respectively with the first blade 521 with one another or facing surfaces are in contact with each other of the second blade 522, or spaced a slight gap.

第1ブレード521は、第1実施形態と同様に、第2ブレード522よりも高さ(上下方向の寸法)が小さい。 The first blade 521, similarly to the first embodiment, the height than the second blade 522 (the dimension in the vertical direction) is small. 第2ブレード522は、第1ブレード521よりも上方に突出している。 The second blade 522 is protruded above the first blade 521. 言い換えると、第2ブレード522の上端部とノズル面22aとの距離は、第1ブレード521の上端部とノズル面22aとの距離よりも小さい。 In other words, the distance between the upper portion and the nozzle face 22a of the second blades 522 is smaller than the distance between the upper portion and the nozzle face 22a of the first blade 521.

第2ブレード522は、方向D1に平行な幅方向(第2ブレード522の上端辺の延びる方向)の中央部の厚みが両端部の厚みよりも小さくなるように形成されている。 The second blade 522 is formed so that the thickness of the central portion of the width direction parallel to the direction D1 (the extending direction of the upper end side of the second blade 522) is smaller than the thickness of the end portions. 具体的には、第2ブレード522は、第2方向D22側の主面が第1ブレード521側(第1方向D21側)に円弧状に凹むように中央部の厚みが両端部よりも小さくなっている。 More specifically, the second blade 522, the main surface of the second direction D22 side becomes smaller than the thickness at both ends of the central portion as recessed in an arc shape to the first blade 521 side (first direction D21 side) ing. すなわち、第2ブレード522は、この第2ブレード522を水平面で切ったときの断面が円弧状の凹部522cを有している。 That is, the second blade 522 cross section when cut along the second blade 522 in the horizontal plane has an arcuate recess 522c. これにより、第2ブレード522の上端辺の剛性は、前記幅方向の中央部が両端部よりも低くなるように構成されている。 Thus, the rigidity of the upper end side of the second blade 522 has a central portion in the width direction is configured to be lower than both end portions.

図9は、このワイプ部材52を用いて第1ワイプモードを実行したときのワイプ部材52とノズル面22aとの位置関係を示す底面図である。 Figure 9 is a bottom view showing the positional relationship between the wiping member 52 and the nozzle surface 22a when executing the first wipe mode using the wiping member 52. 図9では、第1ワイプモードにおいて、初期位置にあるワイプ部材52の上端辺52A、及び第1方向D21に向かって移動した移動後のワイプ部材52の上端辺52Bをそれぞれ二点鎖線で示している。 9, in the first wipe mode, shows upper edges 52A of the wiping member 52 in the initial position, and the upper end sides 52B of the first after the movement that has moved toward the direction D21 of the wiping member 52 at each two-dot chain line there.

図9に示すように、第1ワイプモードにおいては、第1ブレード521の上端辺及び第2ブレード522の上端辺がノズル面22aに当接した状態で第1方向D21にトレイ51をノズル面22aに沿って移動させたときに、他の部位よりも剛性が低い第2ブレード522の前記中央部が最も変形しやすい。 As shown in FIG. 9, in the first wiping mode, the upper end side and upper edges nozzle surface 22a of the tray 51 in the first direction D21 in a state of contact with the nozzle surface 22a of the second blade 522 of the first blade 521 when moving along the rigidity tends to be the central most deformation of lower second blade 522 than other portions. すなわち、前記移動時には、第1ブレード521の上端辺及び第2ブレード522の上端辺とノズル面22aとの間には摩擦抵抗が生じるので、前記摩擦抵抗によって第1ブレード521及び第2ブレード522が弾性変形するが、中でも剛性の低い第2ブレード522の前記中央部が他の部位よりも大きく変形する。 That is, the during the movement, since the frictional resistance between the upper side and the nozzle surface 22a of the upper side and the second blade 522 of the first blade 521 occurs, the first blade 521 and second blade 522 by the frictional resistance is elastically deformed, but among them the central portion of the low rigidity second blade 522 is largely deformed than the other sites.

したがって、トレイ51の移動の初期においては、第2ブレード522の前記中央部が変形して前記中央部と第1ブレード521との隙間が広がる一方で、第2ブレード522の前記両端部はほとんど変形せず第1ブレード521と隣接した状態を維持している。 Therefore, in the initial movement of the tray 51, while the central portion of the second blade 522 expands the gap between the central portion and the first blade 521 is deformed, the end portions of the second blade 522 is hardly deformed the first blade 521 not maintain a state adjacent. この状態では、第1ブレード521、第2ブレード522、及びノズル面22aで囲まれた空間Nは、ほぼ密閉された状態で前記移動に伴ってその容積が大きくなる。 In this state, the first blade 521, second blade 522, and the space N which is surrounded by the nozzle surface 22a, the volume increases with the movement in a state of being substantially sealed. これにより、初期位置に比べて空間Nを負圧にすることができる。 This makes it possible to vacuum the space N in comparison to the initial position. したがって、この負圧を利用してノズル221に詰まったインクなどを効果的に吸引することができる。 Therefore, it is possible to suck the ink or the like jammed in the nozzle 221 by utilizing the negative pressure effectively.

また、記録装置1は、インクジェットヘッド22に供給するインクを貯留する図略のインクタンクをさらに備えている。 The recording apparatus 1 further includes an ink tank not shown for storing ink supplied to the inkjet head 22. 制御部131は、第2実施形態における第1ワイプモードにおいては、トレイ51をノズル面22aに沿って移動させるときに、前記インクタンクからインクジェットヘッド22にインクを供給可能な状態に制御する。 Control unit 131, in the first wiping mode in the second embodiment, the tray 51 when moving along the nozzle surface 22a, controlled into supply state ink to the inkjet head 22 from the ink tank. 具体的には、前記インクタンクとインクジェットヘッド22の間の流路に設けられた開閉弁を開いた状態にし、必要に応じてポンプなどの送液手段を用いてインクを送液する。 More specifically, in a state off valve open provided in the flow path between the ink tank and the ink jet head 22, to feed an ink using a liquid feed means such as a pump as needed. これにより、第1ワイプモードにおいて負圧を利用してノズル221に詰まったインクなどを吸引する場合に、負圧により吸引されたインクが再びノズル221内に逆戻りするのを抑制することができる。 Thus, when using a negative pressure in the first wiping mode to suck like ink clogged in the nozzle 221, ink sucked by the negative pressure can be prevented from back into the nozzle 221 again.

次に、第2実施形態における変形例について説明する。 Next, a description will be given of a variation of the second embodiment. 図10(a)は、第2実施形態のワイプ部材52の変形例を示す平面図であり、(b)は、その斜視図であり、(c)は、このワイプ部材52をトレイ51に装着した状態を示す平面図である。 10 (a) is a plan view showing a modification of the wiping member 52 of the second embodiment, (b), a perspective view thereof, (c) is mounted the wiping member 52 on the tray 51 it is a plan view showing a state. 図11は、第1ワイプモードにおけるワイプ部材52とノズル面22aとの位置関係を示す底面図である。 Figure 11 is a bottom view showing the positional relationship between the wiping member 52 and the nozzle surface 22a of the first wipe mode.

このワイプ部材52は、第1ブレード521及び第2ブレード522がその両サイドにおいて上下方向に互いに連結されている。 The wiping member 52, the first blade 521 and second blade 522 are coupled to each other in the vertical direction at its both sides. すなわち、図10(a),(b)に示すように、ワイプ部材52は、平面視で環状の形状を有する筒状の部材である。 That is, as shown in FIG. 10 (a), (b), the wiping member 52 is a cylindrical member having an annular shape in plan view.

各ブレード521,522の下端部(基端部)近傍を一対の挟持部材51bによって挟んで、ワイプ部材52をトレイ51に固定すると、図10(c)に示すように、第1ブレード521及び第2ブレード522は、互いの内面がほぼ接するようになる。 The lower end of each blade 521, 522 in the vicinity (proximal end) across the pair of holding members 51b, when fixing the wiping member 52 on the tray 51, as shown in FIG. 10 (c), the first blade 521 and the 2 blade 522 is as each other of the inner surface is in contact substantially. この状態においては、第1ブレード521及び第2ブレード522は、方向D2に向かって見たときの形状が略長方形である。 In this state, the first blade 521 and second blade 522, the shape when viewed in the direction D2 which is substantially rectangular. また、この状態においては、第1ブレード521及び第2ブレード522は、各ブレード521,522の主面が方向D2に向くように方向D2に積層配置された状態となり、底板511から上方に立設されている。 Further, in this state, the first blade 521 and second blade 522, a state where the main surface of each blade 521, 522 are stacked in the direction D2 so as to face in the direction D2, erected from the bottom plate 511 upwardly It is.

第1ブレード521は、第1実施形態と同様に、第2ブレード522よりも高さ(上下方向の寸法)が小さい。 The first blade 521, similarly to the first embodiment, the height than the second blade 522 (the dimension in the vertical direction) is small. 第2ブレード522は、第1ブレード521よりも上方に突出している。 The second blade 522 is protruded above the first blade 521. 言い換えると、第2ブレード522の上端部とノズル面22aとの距離は、第1ブレード521の上端部とノズル面22aとの距離よりも小さい。 In other words, the distance between the upper portion and the nozzle face 22a of the second blades 522 is smaller than the distance between the upper portion and the nozzle face 22a of the first blade 521.

また、第2ブレード522は、方向D2の厚みが第1ブレード521よりも小さく、第1ブレード521よりも剛性が低い。 The second blade 522 is smaller the thickness direction D2 than the first blade 521, the rigidity than the first blade 521 is low.

図11は、このワイプ部材52を用いて第1ワイプモードを実行したときのワイプ部材52とノズル面22aとの位置関係を示す底面図である。 Figure 11 is a bottom view showing the positional relationship between the wiping member 52 and the nozzle surface 22a when executing the first wipe mode using the wiping member 52. 図11では、第1ワイプモードにおいて、初期位置にあるワイプ部材52の上端辺52A、及び第1方向D21に向かって移動した移動後のワイプ部材52の上端辺52Bをそれぞれ二点鎖線で示している。 In Figure 11, the first wipe mode, shows upper edges 52A of the wiping member 52 in the initial position, and the upper end sides 52B of the first after the movement that has moved toward the direction D21 of the wiping member 52 at each two-dot chain line there.

図11に示すように、第1ワイプモードにおいては、第1ブレード521の上端辺及び第2ブレード522の上端辺がノズル面22aに当接した状態で第1方向D21にトレイ51をノズル面22aに沿って移動させたときに、第1ブレード521よりも剛性が低い第2ブレード522は、第1ブレード521よりも変形しやすい。 As shown in FIG. 11, in the first wiping mode, the upper end side and upper edges nozzle surface 22a of the tray 51 in the first direction D21 in a state of contact with the nozzle surface 22a of the second blade 522 of the first blade 521 when moving along the second blade 522 lower rigidity than the first blade 521 is likely to be deformed than the first blade 521. しかも、この変形例では、第1ブレード521と第2ブレード522は前記両サイドにおいて互いに連結されているので、この両サイドは変形しにくくなる一方で、前記両サイドの間(中央部)は、前記両サイドよりも変形しやすくなる。 Moreover, in this modification, since the first blade 521 second blade 522 are connected to each other at the both sides, while the both sides to be difficult to deform, during the both side (central portion), the easily deformed than both sides.

したがって、トレイ51の移動の初期においては、第2ブレード522の前記両サイドの変形は比較的小さい一方で、第2ブレード522の前記中央部は比較的大きく変形して前記中央部と前記第1ブレード521との隙間が広がる。 Therefore, in the initial movement of the tray 51, while the both sides deformation of the second blade 522 is relatively small, the said central portion is the central portion and relatively large deformation of the second blade 522 first the gap between the blade 521 is spread. その結果、第1ブレード521、第2ブレード522、及びノズル面22aで囲まれた空間Nは、ほぼ密閉された状態で前記移動に伴ってその容積が大きくなるので、初期位置に比べて空間Nを負圧にすることができる。 As a result, the first blade 521, second blade 522, and the space N which is surrounded by the nozzle surfaces 22a, since the volume increases with the movement in a state of being substantially sealed space than the initial position N it is possible to negative pressure. したがって、この負圧を利用してノズル221に詰まったインクなどを効果的に吸引することができる。 Therefore, it is possible to suck the ink or the like jammed in the nozzle 221 by utilizing the negative pressure effectively.

なお、本発明は、前記実施形態に限られるものではなく、その趣旨を逸脱しない範囲で種々変更、改良等が可能である。 The present invention is not limited to the above embodiments, various changes without departing from the spirit thereof, improvements, and the like are possible. 例えば、前記実施形態では、4色フルカラーのインクジェット記録装置を例に挙げて説明したが、本発明は、5色以上又は単色のインクを用いたインクジェット記録装置に適用することもできる。 For example, in the above embodiment, the ink jet recording apparatus of full-color has been described, the present invention can also be applied to an inkjet recording apparatus using 5 or more colors or a single color ink.

また、前記実施形態では、第1弾性体及び第2弾性体が扁平な形状を有する場合を例に挙げて説明したが、第1弾性体及び第2弾性体は、棒状などの他の形状であってもよい。 In the above embodiment, although the case where the first elastic member and the second elastic body has a flat shape described as an example, the first elastic member and the second elastic member, other shapes such as rod-like it may be.

また、前記第2実施形態では、第2ブレードが円弧状の凹部を有する場合を例に挙げて説明したが、これに限定されない。 Further, in the second embodiment, the second blade has been described as an example a case having an arcuate recess, but is not limited thereto. 第2ブレードは、その先端辺の中央部の剛性が両端部よりも低いものであれば、他の形態であってもよい。 The second blade, if a lower one than the rigidity at both ends of the central portion of its leading edge, may be in other forms.

また、前記第2実施形態では、ワイプ部材が環状の部材である場合を例に挙げて説明したが、これに限定されない。 Further, in the second embodiment, the wiping member is has been described as an example where an annular member, but is not limited thereto. 例えば、第1弾性体と第2弾性体が別体として成形されたのち、両サイドが接合されたものであってもよい。 For example, after the first elastic member and the second elastic body is shaped as separate bodies, or may be both sides are joined.

また、前記実施形態では、ワイプ部材がインクジェットヘッドの長手方向(方向D2)にインクジェットヘッドに対して相対移動する場合を例に挙げて説明したが、ワイプ部材は用紙の搬送方向(方向D1)にインクジェットヘッドに対して相対移動してもよい。 Further, in the above embodiment, the wiping member has been described an example in which moves relative to the inkjet head in the longitudinal direction of the inkjet head (direction D2), the wiping member in the conveying direction of the sheet (direction D1) it may be moved relative to the ink jet head.

1 インクジェット記録装置 2 ケーシング 5 用紙搬送路 20 記録部 22 インクジェットヘッド 22a ノズル面 30 搬送ユニット 35 用紙保持機構 40 第1移動機構(昇降機構) 1 inkjet recording apparatus 2 casing 5 paper transport path 20 recording unit 22 the ink jet head 22a nozzle surface 30 transport unit 35 sheet holding mechanism 40 first moving mechanism (elevating mechanism)
50 ワイプユニット 51 トレイ 51a 突起部 51b 挟持部材 52 ワイプ部材 521 第1ブレード 522 第2ブレード 53 ガイドレール 53a 長孔 60 第2移動機構 50 wiping unit 51 tray 51a projecting portions 51b sandwiching member 52 wiping member 521 first blade 522 second blade 53 guide rails 53a long hole 60 second moving mechanism

本発明は、インクジェット記録装置に関するものである。 The present invention relates to an ink jet recording apparatus.

従来から、インクジェット記録装置としては、複数のノズルがライン状に設けられたノズル面を有するインクジェットヘッドを備えたラインプリンタが知られている。 Conventionally, as the ink jet recording apparatus is known line printer including an inkjet head having a nozzle surface provided with a plurality of nozzles linearly. 前記インクジェットヘッドのノズル面には、用紙搬送方向に対して直交する方向(用紙幅方向)に多数のノズルがライン状に配列されている。 Wherein the nozzle face of the inkjet head, a large number of nozzles are arranged in a line in a direction (paper width direction) perpendicular to the sheet conveyance direction.

このようなインクジェット記録装置においては、インクを吐出するノズルに粘性が高くなったインクや紙粉などの塵が詰まったり、気泡が残存したりすることがあるので、インクを強制的に吐出させて、粘性の高いインク、塵、気泡などを取り除く吐出回復モードを実行する。 In such an ink jet recording apparatus, or clogged dust such as ink and paper dust viscosity nozzle is increased to eject ink, because air bubbles may or remaining ink forcibly ejected , to perform high viscous ink, dust, the ejection recovery mode to remove the air bubbles. このようにインクを強制的に吐出させた後、ノズル面には、塵、気泡などを含む粘性の高いインクが付着して残存することがある。 After thus ink is forcibly ejected, the nozzle surface, sometimes dust, high viscous ink containing air bubbles remaining attached. この付着物は、例えば弾性ブレードなどの弾性体によって拭き取られる(ワイピングされる)。 The deposits, for example, is wiped by the elastic member such as an elastic blade (is wiped).

特許文献1には、複数の弾性ブレードを備え各弾性ブレードのノズル面に対する当接力を変えることにより清掃能力を低下させること無く、装置内へのインク飛散を低減することが記載されている。 Patent Document 1, without reducing the cleaning capability by changing the contact force against the nozzle surface of each of the elastic blade comprises a plurality of resilient blades, it is described that reduce ink splashing into the device.

特開平8−20112号公報 JP 8-20112 discloses

しかしながら、ノズル面をワイピングした弾性体には、ノズル面に付着していた塵などを含む粘性の高いインクが付着するので、この付着物が、次にノズル面をワイピングする時にノズル面に再付着してしまうことがあった。 However, the elastic member that wipes the nozzle surface, the ink having high viscosity, including dust adhering to the nozzle surface is adhered, the fouling is then reattached to the nozzle surface when wiping the nozzle surface It was sometimes ends up. 上記特許文献1では、このノズル面への再付着を防止することは考えられていない。 In Patent Document 1, it is not considered possible to prevent the redeposition of the nozzle surface.

そこで、本発明は、かかる点に鑑みてなされたものであり、その目的とするところは、弾性体に付着した付着物がノズル面に再付着するのを抑制することができるインクジェット記録装置を提供することにある。 The present invention has been made in view of the foregoing, it is an object of providing an ink jet recording apparatus capable of deposits adhered to the elastic member is prevented from re-adhering to the nozzle surface It is to.

本発明のインクジェット記録装置は、複数のノズルが設けられたノズル面を有するインクジェットヘッドと、前記ノズル面に向かって延設された第1弾性体と、前記第1弾性体に略平行で前記第1弾性体に隣接した状態で前記ノズル面に向かって延設され、先端部から前記ノズル面までの距離が前記第1弾性体の先端部よりも近い第2弾性体と、前記第1弾性体及び前記第2弾性体の基端部を支持する支持部材と、前記第1弾性体の先端部及び前記第2弾性体の先端部と前記ノズル面との距離を調節するために前記支持部材を前記ノズル面に離接する方向に前記インクジェットヘッドに対して相対移動可能な第1移動機構と、前記支持部材を前記ノズル面に沿う方向に前記インクジェットヘッドに対して相対移動可能な第2移動機構と、前記 Ink jet recording apparatus of the present invention, an inkjet head having a nozzle surface in which a plurality of nozzles are provided, a first elastic member which extends toward the nozzle surface, wherein said substantially parallel to the first elastic member It extends toward the nozzle surface in a state adjacent to the first elastic member, a second elastic member closer than the tip portion of the distance the first elastic member from the tip portion to the nozzle surface, the first elastic member and a support member for supporting the base end portion of the second elastic member, said supporting member to adjust the distance between the tip portion and the distal portion and the nozzle face of the second elastic member of the first elastic member a first moving mechanism movable relative the ink jet head in a direction in contact away to the nozzle surface, and a second moving mechanism movable relative the ink jet head in a direction along the support member to the nozzle surface , said 1移動機構及び前記第2移動機構を制御する制御手段と、を備えている。 It includes 1 moving mechanism and control means for controlling said second moving mechanism.

前記制御手段は、前記第1移動機構を制御して前記第1弾性体の先端部及び前記第2弾性体の先端部を前記ノズル面に当接させた状態で、前記第2移動機構を制御して前記第2弾性体よりも前記第1弾性体が先行する方向に前記支持部材を前記ノズル面に沿って相対移動させる第1ワイプモードと、前記第1移動機構を制御して前記第1弾性体を前記ノズル面から離隔させ、かつ、前記第2弾性体の先端部を前記ノズル面に当接させた状態で、前記第2移動機構を制御して前記支持部材を前記ノズル面に沿って相対移動させる第2ワイプモードと、を実行可能である。 Wherein, in a state where the tip of the tip portion and the second elastic member of the first elastic member by controlling the first moving mechanism is brought into contact with the nozzle surface, controls the second moving mechanism and a first wiping mode for relatively moving the support member in a direction in which the first elastic member than the second elastic member is preceded along the nozzle surface, the first and controls the first moving mechanism an elastic body is spaced apart from the nozzle surface, and a distal end portion of the second elastic member being in contact with the said nozzle surface, along the support member and controls the second moving mechanism to the nozzle surface a second wiping mode for relatively moving Te, it is possible to perform.

の構成では、前記第1ワイプモードにおいては、ノズル面に第1弾性体及び第2弾性体の各先端部が当接しているが、第1弾性体が先行する方向にワイピングされるので、ノズル面の付着物は、第1弾性体によって拭き取られる。 In this configuration, in the first wiping mode, since each distal end of the first elastic member and the second elastic body to the nozzle surface is in contact, it is wiped in the direction in which the first elastic member is preceded, deposits on the nozzle surface is wiped off by the first elastic body. したがって、第2弾性体がノズル面に当接しながら前記相対移動しても、前記付着物は、第2弾性体にはほとんど付着しない。 Therefore, even when the second elastic body is the relative movement while in contact with the nozzle surface, the deposit is not the second elastic body hardly adhere.

一方、第2ワイプモードでは、第1移動機構により第1弾性体をノズル面から離隔させ、かつ、第2弾性体の先端部を当接させた状態でワイピングする。 On the other hand, in the second wiping mode, the first elastic member is spaced from the nozzle surface by the first moving mechanism, and wipes being in contact with the distal end portion of the second elastic member. したがって、仮に、第1ワイプモードにおいて第1弾性体に前記付着物が付着していたとしても、第1弾性体はノズル面から離隔しているので、第1弾性体に付着した前記付着物がノズル面に再付着するのを抑制することができる。 Therefore, even if the deposit to the first elastic member in the first wipe mode was adhered, since the first elastic member is spaced from the nozzle surface, the deposits adhered to the first elastic body it is possible to prevent the re-adhering to the nozzle surface.

また、本発明のインクジェット記録装置では、前記第1ワイプモードにおいて、前記第1弾性体の先端部及び前記第2弾性体の先端部を前記ノズル面に当接させた初期位置から前記支持部材が前記ノズル面に沿って相対移動するのに伴って、前記第1弾性体、前記第2弾性体及び前記ノズル面で囲まれる空間の容積が大きくなる。 Further, in the ink jet recording apparatus of the present invention, in the first wiping mode, the first elastic member the support member distal end portion of the tip portion and the second elastic member from the initial position is brought into contact with the nozzle surface of with for relative movement along the nozzle surface, the first elastic body, the volume of the second elastic member and a space surrounded by the nozzle surface increases.

また、前記第2弾性体は、好ましくは前記第1弾性体よりも剛性が低いのがよい。 Further, the second elastic body, and it is preferably less rigid than the first elastic member.

この構成では、第1弾性体と第2弾性体を比較すると、第1弾性体の剛性が高く、第2弾性体の剛性が低い。 In this configuration, as compared with the first elastic member and the second elastic member, high stiffness of the first elastic body, the rigidity of the second elastic body is low. したがって、前記第1ワイプモードにおいて第1弾性体の先端部をノズル面に対して押し付ける圧力(線圧)を大きくし、前記第2ワイプモードにおいて第2弾性体の先端部をノズル面に対して押し付ける圧力(線圧)を小さくすることができる。 Therefore, the distal end portion of the first elastic body to increase the pressure (linear pressure) for pressing the nozzle surface in the first wipe mode, the distal end portion of the second elastic member in said second wipe mode with respect to the nozzle surface it is possible to reduce the pressure (linear pressure) for pressing. 具体的には、線圧の大きな第1ワイプモードは、例えば、塵、気泡などを含む粘性の高いインクがノズル面に付着している場合に実行されるのがよい。 Specifically, a large first wipe mode line pressure, for example, dust, it is preferable ink viscous containing bubbles is executed when adhering to the nozzle surface. このように粘性の高いインクは、大きな線圧でワイピングすることによって効果的に除去することができる。 The viscous ink so can be effectively removed by wiping with a large line pressure. 一方、線圧の小さな第2ワイプモードは、例えば、比較的粘性の低いインクがノズル面に付着している場合や、前記第1ワイプモードを実行した後のノズル面をさらに清浄にする場合などに実行されるのがよい。 On the other hand, a small second wipe mode line pressure, for example, relatively or when the less viscous ink adheres to the nozzle surface, for example, to further clean the nozzle surface after having executed the first wipe mode better to be executed. これらの場合には、線圧は比較的小さくてよいので、前記第2ワイプモードが好適である。 In these cases, the linear pressure is so may be relatively small, the second wiping mode is preferred.

また、前記第2ワイプモードにおいて、前記制御手段は、前記第2移動機構を制御して前記第2弾性体よりも前記第1弾性体が先行する方向に前記支持部材を前記ノズル面に沿って相対移動させてもよい。 Further, in the second wiping mode, said control means, said support member along the nozzle surface in a direction in which the second moving mechanism control to than the second elastic member of the first elastic member is preceded by it may be moved relative.

前記第2ワイプモードにおいては、支持部材の相対移動方向を変えることによって大きく分けて2種類の線圧を選択することができるが、この構成では、第2ワイプモードにおいて第2弾性体よりも第1弾性体が先行する方向に支持部材をノズル面に沿って相対移動させるので、前記2種類のうち、線圧のより小さい条件でノズル面をワイピングする。 In the second wiping mode can be selected two types of linear pressure with roughly by changing the direction of relative movement of the support member, in this configuration than the second elastic member in the second wiping mode first since the support member in a direction in which first elastic member is preceded by relatively moving along the nozzle surface, the two kinds of, wiping the nozzle surface with a smaller condition of the line pressure. この構成は、例えば、前記第1ワイプモードを実行した後のノズル面をさらに清浄にしてノズル面の仕上げをする場合などに好適である。 This configuration is suitable, for example, for example, to the finish of the nozzle face the nozzle surface was further cleaned after executing the first wipe mode.

また、前記第1弾性体及び前記第2弾性体は、前記ノズル面に沿った前記相対移動の方向に積層配置された板状部材であり、前記ノズル面に対向配置される前記第2弾性体の先端辺の剛性は、前記先端辺の延びる方向の中央部が両端部よりも低くなるように構成されていてもよい。 Further, the first elastic member and the second elastic body, said a plate-like member which is stacked in a direction of the relative movement along the nozzle surface, the second elastic member disposed opposite to the nozzle surface the rigidity of the leading edge, the central portion of the extending direction of the leading edge may be configured to be lower than both end portions.

この構成では、前記第1ワイプモードにおいて、第1弾性体の先端辺及び第2弾性体の先端辺がノズル面に当接した状態で第1弾性体が先行する方向に支持部材をノズル面に沿って相対移動させたときに、他の部位よりも剛性が低い第2弾性体の前記中央部が最も変形しやすい。 In this configuration, in the first wiping mode, the support member in a direction in which the first elastic member in a state where the top side and the tip side of the second elastic member of the first elastic member is in contact with the nozzle surface precedes nozzle face when brought into relative movement along the most likely deformed the central portion of the second elastic body less rigid than the other portions. すなわち、前記相対移動時には、第1弾性体の先端辺及び第2弾性体の先端辺とノズル面との間には摩擦抵抗が生じるので、前記摩擦抵抗によって第1弾性体及び第2弾性体が弾性変形するが、中でも剛性の低い前記第2弾性体の前記中央部が他の部位よりも大きく変形する。 That is, the at the time of relative movement, the friction resistance between the tip side and the tip side and the nozzle surface of the second elastic member of the first elastic member occurs, the first elastic member by the frictional resistance and the second elastic body elastically deformed, but among them the central portion of low rigidity and the second elastic body is largely deformed than the other sites.

したがって、相対移動の初期においては、第2弾性体の前記中央部が変形して前記中央部と前記第1弾性体との隙間が広がる一方で、前記第2弾性体の前記両端部はほとんど変形せず第1弾性体と隣接した状態を維持している。 Therefore, in the initial relative movement, while the gap between the second elastic member said central portion is deformed the central portion and the first elastic member expands, the both end portions of the second elastic body hardly deforms maintains the state of being adjacent to the first elastic body does not. すなわち、第1弾性体、第2弾性体、及びノズル面で囲まれた空間は、ほぼ密閉された状態で前記相対移動に伴って前記空間の容積が大きくなるので、相対移動前に比べて前記空間を負圧にすることができる。 That is, the first elastic member, the second elastic body, and the space surrounded by the nozzle face, the volume of the space increases with the relative movement in a state of being substantially sealed, said than before relative movement it can be a space vacuum. したがって、この負圧を利用してノズルに詰まったインクなどを効果的に吸引することができる。 Therefore, it is possible to suck the ink or the like jammed in the nozzle by utilizing the negative pressure effectively.

前記第2弾性体は、前記第1弾性体とは反対側の主面が前記第1弾性体側に凹むように前記中央部の厚みが前記両端部よりも小さい構成を有していてもよい。 It said second elastic member, wherein the first elastic body thickness of the central portion as the main surface of the opposite side is recessed in the first elastic body-side may have a smaller configuration than the end portions.

また、前記第1弾性体及び前記第2弾性体は、前記ノズル面に沿った前記相対移動の方向に積層配置された板状部材であり、これらの延設方向の両サイドにおいて互いに連結された構成であってもよい。 Further, the first elastic member and the second elastic body, said a plate-like member which is stacked in a direction of the relative movement along the nozzle surface, which are connected to each other at both sides of these extending direction a configuration may be.

この構成では、前記第1ワイプモードにおいて、第1弾性体の先端辺及び第2弾性体の先端辺がノズル面に当接した状態で第1弾性体が先行する方向に支持部材をノズル面に沿って相対移動させたときに、前記第1弾性体よりも剛性が低い前記第2弾性体は、第1弾性体よりも変形しやすい。 In this configuration, in the first wiping mode, the support member in a direction in which the first elastic member in a state where the top side and the tip side of the second elastic member of the first elastic member is in contact with the nozzle surface precedes nozzle face when brought into relative movement along the first elastic body rigidity than lower the second elastic body is likely to be deformed than the first elastic body. しかも、本構成では、第1弾性体と第2弾性体は前記両サイドにおいて互いに連結されているので、この両サイドは変形しにくくなる一方で、前記両サイドの間(中央部)は、前記両サイドよりも変形しやすくなる。 Moreover, in this configuration, since the first elastic member and the second elastic member are connected to each other at the both sides, while this made both sides hardly deformed, between the two side (central portion), the than both sides easily deformed.

したがって、相対移動の初期においては、前記第2弾性体の前記両サイドの変形は比較的小さい一方で、第2弾性体の前記中央部は比較的大きく変形して前記中央部と前記第1弾性体との隙間が広がる。 Therefore, in the initial relative movement, while the deformation of the both sides of the second elastic member is relatively small, the central portion is relatively large deformation to the first elastic and the central portion of the second elastic member the gap between the body spread. その結果、第1弾性体、第2弾性体、及びノズル面で囲まれた空間は、ほぼ密閉された状態で前記相対移動に伴って前記空間の容積が大きくなるので、相対移動前に比べて前記空間を負圧にすることができる。 As a result, the first elastic member, the second elastic body, and a space surrounded by the nozzle face, the volume of the space increases with the relative movement in a state of being substantially sealed, than before relative movement it can be the space at a negative pressure. したがって、この負圧を利用してノズルに詰まったインクなどを効果的に吸引することができる。 Therefore, it is possible to suck the ink or the like jammed in the nozzle by utilizing the negative pressure effectively.

また、前記インクジェットヘッドに供給するインクを貯留するインクタンクをさらに備え、前記制御手段は、前記第1ワイプモードにおいて前記支持部材を前記ノズル面に沿って相対移動させるときに、前記インクタンクから前記インクジェットヘッドにインクを供給可能な状態に制御するのが好ましい。 Moreover, further wherein the control unit of the ink tank for storing ink to be supplied to said ink jet head, said support member when relatively moving along the nozzle face in the first wiping mode, the from the ink tank preferably controlled into supply state ink to the ink jet head.

この構成では、前記第1ワイプモードにおいて負圧を利用してノズルに詰まったインクなどを吸引する場合に、インクタンクからインクジェットヘッドにインクを供給可能な状態にすることができるので、負圧により吸引されたインクが再びノズル内に逆戻りするのを抑制することができる。 In this configuration, when sucking the ink or the like jammed in the nozzle by utilizing a negative pressure in said first wipe mode, the ink can be made capable of supplying state to the ink-jet head from the ink tank by negative pressure sucked ink can be prevented from back into the nozzle again.

前記制御手段は、前記第1ワイプモードにおける前記支持部材の前記ノズル面に沿った相対移動の速度が前記第2ワイプモードにおける前記相対移動の速度よりも低くなるように前記第2移動機構を制御する。 Said control means controls said relative movement of said second moving mechanism to be lower than the rate the velocity of the relative movement along the nozzle surface in the second wiping mode of the support member in the first wipe mode to.

この構成では、例えば、塵、気泡などを含む粘性の高いインクがノズル面に付着している場合に実行される第1ワイプモードにおいては、前記相対移動の速度を低くして粘性の高いインクの拭き取りをより確実に実行することができる。 In this configuration, for example, dust, in the first wiping mode ink viscous containing bubbles is executed when adhering to the nozzle surface, the high ink viscosity by lowering the speed of the relative movement wiping can be more reliably run.

一方、比較的粘性の低いインクがノズル面に付着している場合や、前記第1ワイプモードを実行した後のノズル面をさらに清浄にする場合などに実行される第2ワイプモードにおいては、前記相対移動の速度を高くして短時間で実行することができる。 On the other hand, relatively or when the less viscous ink adheres to the nozzle surface, the second wipe mode executed like in the case of further cleaning the nozzle surface after having executed the first wipe mode, the it can be performed in a short time by increasing the speed of the relative movement. また、例えばインクをフレッシュに保つために少量のインクを強制的に吐出させる定期的なメンテナンスの後に第2ワイプモードを実行する場合には、高い速度でワイピングすることによって、強制吐出された少量のインクが乾燥したり、ノズルに逆戻りしたりするのを抑制することができる。 Further, for example, ink in the case of executing the second wipe mode after regular maintenance forcibly discharged a small amount of ink in order to keep fresh, by wiping at a high speed, small amounts of which are forced discharge ink can be suppressed to or, or back into the nozzle drying.

前記第2ワイプモードは、前記第1ワイプモードの終了後に前記ノズル面をさらに清浄に仕上げる仕上げモードと、インクをノズルから吐出させるメンテナンスの後に前記ノズル面をワイピングする定期メンテナンスモードと、を含み、前記制御手段は、前記仕上げモードでは、前記第2移動機構を制御して前記第2弾性体よりも前記第1弾性体が先行する方向に前記支持部材を前記ノズル面に沿って相対移動させ、前記定期メンテナンスモードでは、前記第2移動機構を制御して前記第1弾性体よりも前記第2弾性体が先行する方向に前記支持部材を前記ノズル面に沿って相対移動させてもよい。 The second wipe mode may include a finish mode of finishing the nozzle surface further cleaned after completion of the first wiping mode, and periodic maintenance mode for wiping the nozzle surface after the maintenance to eject ink from the nozzle, and wherein, in the finish mode, the support member is relatively moved along the nozzle surface in the second direction, wherein the moving mechanism control to than the second elastic member first elastic member is preceded, wherein in the periodic maintenance mode, the support member in a direction in which the second moving mechanism control to than the first elastic member and the second elastic member is preceded may be relatively moved along the nozzle surface.

以上説明したように、本発明によれば、弾性体に付着した付着物がノズル面に再付着するのを抑制することができる。 As described above, according to the present invention, it is possible to deposit adhered to the elastic member is prevented from re-adhering to the nozzle surface.

参考例にかかるインクジェット記録装置の概略を示す構成図である。 Is a block diagram showing an outline of an ink jet recording apparatus according to a reference example. 参考例におけるインクジェットヘッド及びワイプユニットの概略を示す斜視図である。 Is a perspective view schematically showing the ink jet head and wiping unit in the reference example. 参考例における第1ワイプモードを示し、(a)は、用紙の搬送方向に向かって見たときの側面図であり、(b)は、前記搬送方向に垂直な方向に向かって見たときの側面図である。 Shows a first wipe mode in reference example, (a) is a side view as viewed toward the conveying direction of the sheet, (b) is, when viewed in a direction perpendicular to the transport direction it is a side view. 前記第1ワイプモードにおけるワイプ部材とノズル面との位置関係を示す概略の断面図である。 It is a schematic sectional view showing the positional relationship between the wiping member and the nozzle face in the first wiping mode. (a)は、 参考例における第2ワイプモードの一例を示す側面図であり、(b)は、その一部を拡大した断面図である。 (A) is a side view showing an example of a second wipe mode in Reference Example, (b) are enlarged cross-sectional view of a portion thereof. (a)は、 参考例における第2ワイプモードの他の例を示す側面図であり、(b)は、その一部を拡大した断面図である。 (A) is a side view showing another example of the second wipe mode in Reference Example, (b) are enlarged cross-sectional view of a portion thereof. 本発明の実施形態にかかるインクジェット記録装置の第1ワイプモード示す断面図であり、(a)は、ワイピング開始前の状態であり、(b)は、ワイピング初期の状態である。 It is a cross-sectional view showing a first wiping mode of the ink jet recording apparatus according to implementation embodiments of the present invention, (a) shows a state before the start wiping, (b) are wiping initial state. (a)は、実施形態におけるワイプ部材及びトレイを示す平面図であり、(b)は、ワイプ部材及びトレイの側面図である。 (A) is a plan view showing a wiping member and the tray in the implementation form, (b) are a side view of the wipe member and the tray. 図8のワイプユニットを用いたときの第1ワイプモードにおけるワイプ部材とノズル面との位置関係を示す底面図である。 Is a bottom view showing the positional relationship between the wiping member and the nozzle face in the first wiping mode when using the wiping unit of FIG. (a)は、実施形態のワイプ部材の変形例を示す平面図であり、(b)は、その斜視図であり、(c)は、このワイプ部材をトレイに装着した状態を示す平面図である。 (A) is a plan view showing a modification of the wiping member implementation form, (b) is a perspective view thereof, (c) is a plan view showing a state of mounting the wiping member to the tray it is. 施形態の第1ワイプモードにおいて、図10のワイプ部材とノズル面との位置関係を示す底面図である。 In the first wiping mode implementation form is a bottom view showing the positional relationship between the wiping member and the nozzle surface of FIG. 10.

以下、 参考例及び本発明の一実施形態にかかるインクジェット記録装置について図面を参照しながら詳細に説明する。 It will be described in detail with reference to the drawings ink jet recording apparatus according to a reference example and an embodiment of the present invention.

<インクジェット記録装置の全体構造> <Overall Structure of an inkjet recording apparatus>
図1に示すインクジェット記録装置1は、外部のコンピュータから受信した画像情報に基づいて記録媒体の一例である用紙Pに画像を形成可能なインクジェットプリンタである。 An ink jet recording apparatus shown in FIG. 1 1 is capable of forming an inkjet printer image on the paper P, which is an example of a recording medium based on image information received from an external computer. この記録装置1は、ケーシング2内に、記録部20、用紙収納部101、用紙搬送路5、搬送ユニット30、第1移動機構(昇降機構)40、排出部103、ワイプユニット50(図2)、及びこれらを制御する制御部131を備えている。 The recording apparatus 1 includes a casing 2, a recording unit 20, sheet storing section 101, the paper transportation path 5, the transport unit 30, a first moving mechanism (elevating mechanism) 40, the discharge unit 103, wiping unit 50 (FIG. 2) , and a control unit 131 for controlling these. なお、以下の説明において、用紙Pが搬送ユニット30上を搬送されるときの搬送方向を方向D1とし、これに垂直な方向(用紙Pの幅方向)を方向D2とする。 In the following description, the conveying direction when the sheet P is conveyed on the conveying unit 30 and the direction D1, the vertical direction (the width direction of the paper P) to the direction D2 thereto.

記録部20は、図1に示すように、方向D1の上流側から順にブラック、シアン、マゼンダ及びイエローの各色に対応したインクジェットヘッド22(22K、22C、22M、22Y)を備えている。 Recording unit 20, as shown in FIG. 1, a black in order from the upstream side in the direction D1, cyan ink jet head 22 corresponding to each color of magenta and yellow (22K, 22C, 22M, 22Y) a. 各色のインクジェットヘッド22に対応して、図略の4台のインクタンクが備えられている。 Corresponding to the ink jet head 22 for each color, it is provided with four ink tanks of an unillustrated. 各色のインクは、前記インクタンクから各インクジェットヘッド22に補給される。 Each color ink is supplied from the ink tank to the inkjet head 22. なお、以下の説明において、特に限定する必要がある場合を除き、「K」「C」「M」「Y」の識別記号は省略する。 In the following description, unless particularly necessary to limit identification symbol "K", "C", "M", "Y" will be omitted.

4つのインクジェットヘッド22は、搬送ユニット30の上方に並べて配置されている。 Four inkjet heads 22 are arranged above the transport unit 30. 各インクジェットヘッド22は、図略のヘッド支持部材により支持されている。 Each inkjet head 22 is supported by an unillustrated head supporting member. 各インクジェットヘッド22は、略直方体であり、その下面にノズル面22aを有している。 Each inkjet head 22 is substantially rectangular parallelepiped, and has a nozzle surface 22a on its lower surface. ノズル面22aには、インクを吐出する複数のノズルが設けられている。 The nozzle surface 22a, a plurality of nozzles for ejecting ink is provided. ノズル面22aは、方向D2に長い矩形状に形成されている。 The nozzle surface 22a is formed in a long rectangular shape in the direction D2. 各インクジェットヘッド22は、ノズル面22aのノズルから用紙Pの紙面に略垂直な方向にインクを吐出して画像を形成することが可能なラインタイプのヘッドである。 Each of the inkjet heads 22 is a line type head capable of forming an image by ejecting ink in a direction substantially perpendicular to the sheet of paper P from the nozzles of the nozzle surface 22a.

インクジェットヘッド22のインクの吐出方式としては、例えばピエゾ素子を用いてインクを押し出すピエゾ方式や、発熱体によって気泡を発生させ、圧力をかけてインクを吐出するサーマルインクジェット方式など、各種方式を適用することができる。 The ink ejection method of the ink jet head 22, for example, a piezo system to push out the ink by using a piezoelectric element to generate a bubble by heating elements, such as a thermal inkjet method of discharging ink by applying a pressure, to apply the various methods be able to.

用紙収納部101は、用紙Pを収納可能であり、搬送ユニット30の下方に配置されている。 Sheet storing section 101 is capable of accommodating the paper P, and is disposed below the conveyance unit 30. 用紙収納部101は、用紙が収納される給紙カセット3と、用紙搬送路5に用紙を供給するための用紙供給ローラ4とを有している。 Sheet storing section 101 includes a paper feed cassette 3 which paper is stored, and a sheet supply roller 4 for feeding the paper to the paper transportation path 5.

用紙搬送路5は、この用紙搬送路5の上流側に配置されたローラ102と、用紙搬送路5の下流側に配置され、用紙Pを一旦停止させて斜め補正等を行った後、用紙Pを搬送ユニット30へ送り出すレジストローラ6とを有している。 Paper transportation path 5, a roller 102 disposed on the upstream side of the paper transportation path 5, disposed downstream of the sheet conveying path 5, after the oblique correction or the like temporarily stops the sheet P, the sheet P and a registration roller 6 for feeding to the transporting unit 30.

搬送ユニット30は、記録部20の下方に配置されている。 Conveying unit 30 is disposed below the recording unit 20. この搬送ユニット30は、用紙Pを記録部20に供給し、この記録部20により表面に画像が形成された用紙Pを排出部103に搬送する。 The transport unit 30 supplies the sheet P to the recording unit 20, conveys the sheet P on which the image formed on the surface thereof by the recording unit 20 to the discharge unit 103. 搬送ユニット30は、フレーム36、ローラ32,33,34、搬送ベルト31、及び用紙保持機構35を有している。 Transport unit 30 includes a frame 36, rollers 32, 33, 34, and a conveyor belt 31 and the sheet holding mechanism 35,.

ローラ32,33,34は、方向D1に所定の間隔を隔ててフレーム36に回転自在に支持されている。 Rollers 32, 33, 34 is rotatably supported by the frame 36 at predetermined intervals in the direction D1.

搬送ベルト31は、無端ベルトになっており、ローラ32,33,34に架け渡されている。 Conveyor belt 31 is adapted to the endless belt, it is looped around the roller 32, 33 and 34. 搬送ベルト31は、ローラ33とローラ32の間に位置する部分の上面が用紙Pの搬送面47として機能する。 Conveyor belt 31, the upper surface of the portion located between the roller 33 and the roller 32 serves as a conveyance surface 47 of the paper P. この搬送面47は、複数のインクジェットヘッド22のノズル面22aに対向している。 The conveying surface 47 is opposed to the nozzle surface 22a of the plurality of inkjet heads 22.

用紙保持機構35は、搬送ベルト31の搬送面47の下方において搬送面47に沿って記録部20に対向する位置に配置されている。 Sheet holding mechanism 35 is disposed at a position opposed to the recording unit 20 along the transport surface 47 below the conveying surface 47 of conveyor belt 31. この用紙保持機構35は、そのケースの上面に図略の多数の空気吸引用の孔を有し、これらの孔を通じて外部の空気をケースの内部に吸引することができる。 The sheet holding mechanism 35 has a number of holes for air suction unillustrated on the upper surface of the case, it is possible to suck the outside air into the case through these holes. また、搬送ベルト31にも、図略の多数の空気吸引用の孔が設けられている。 Further, also the conveyor belt 31, unillustrated multiple holes for air suction. したがって、用紙保持機構35により空気が吸引されると、用紙Pが搬送ベルト31の上面に吸着されるので、用紙Pを安定して搬送することができる。 Therefore, when air is sucked by the sheet holding mechanism 35, since the sheet P is adsorbed onto the conveyance belt 31, it is possible to convey the sheet P stably.

第1移動機構40は、搬送ユニット30の下方に配置された一対の偏心カム41,42を有している。 The first moving mechanism 40 includes a pair of eccentric cams 41, 42 disposed below the transport unit 30. 偏心カム41,42は、軸部41b,42bが図略の支持部材にそれぞれ支持されており、これらの軸部41b,42bを中心に図略の駆動モータによってそれぞれ回動する。 Eccentric cams 41 and 42, the shaft portion 41b, 42b are respectively supported on the support member not shown, respectively rotation by a drive motor unillustrated in the center of these shaft portions 41b, 42b. 偏心カム41,42は、複数のベアリング41a,42aをそれぞれ有しており、これらのベアリング41a,42aが搬送ユニット30のフレーム36に当接した状態で搬送ユニット30を支持している。 Eccentric cams 41 and 42, a plurality of bearings 41a, 42a have respective, these bearings 41a, 42a are supported transport unit 30 in contact with the frame 36 of the conveying unit 30. 搬送ユニット30は、偏心カム41,42が軸部41b,42bを中心に回動することにより上下方向に移動する。 Transport unit 30 is moved up and down by the eccentric cam 41 is rotated around the shaft portion 41b, the 42b.

図1は、偏心カム41,42がほぼ鉛直方向に起立して搬送ユニット30が持ち上げられた状態を示している。 Figure 1 shows a state in which the conveying unit 30 is lifted eccentric cam 41 is erected substantially vertically. この状態から偏心カム41,42が互いに内側に向いて回転すると、搬送ユニット30が下降する。 When the eccentric cam 41 from this state is rotated inwardly facing each other, the transport unit 30 is lowered. この第1移動機構40は、後述するワイプユニット50の第1ブレード521及び第2ブレード522とインクジェットヘッド22のノズル面22aとの距離を調節する役割も果たす。 The first moving mechanism 40 also serves to adjust the distance between the first blade 521 and the nozzle surface 22a of the second blade 522 and the inkjet head 22 of the wiping unit 50 to be described later. すなわち、第1移動機構40は、第1ブレード521の上端部及び第2ブレード522の上端部とノズル面22aとの距離を調節するためにトレイ51をノズル面22aに離接する方向に移動可能である。 That is, the first moving mechanism 40 is movable in the direction of contact away the tray 51 to the nozzle surface 22a to adjust the distance between the upper portion and the nozzle face 22a of the upper end portion and the second blade 522 of the first blade 521 is there.

記録部20により用紙Pに画像が形成される画像形成モードにおいては、搬送ユニット30は、第1移動機構40により持ち上げられて、図1に示すようにインクジェットヘッド22のノズル面22aに近接した位置に配置される。 In the image forming mode image on the sheet P by the recording unit 20 is formed, the transport unit 30 is lifted by the first moving mechanism 40, close to the nozzle surfaces 22a of the inkjet head 22 as shown in FIG. 1 position It is placed in. この近接位置は、ノズル面22aと用紙Pとの間が印刷に適した間隔となるように調整されている。 The proximity position between the nozzle surface 22a and the sheet P is adjusted such that the distance suitable for printing. 一方、後述する吐出回復モード、第1ワイプモード、及び第2ワイプモードにおいては、搬送ユニット30は、第1移動機構40によって図1の状態から下降して、インクジェットヘッド22に対して下方に離隔した位置に移動する。 On the other hand, ejection recovery mode described later, the first wipe mode, and in the second wiping mode, the transport unit 30 by the first moving mechanism 40 descends from the state of FIG. 1, spaced downwardly relative to the inkjet head 22 to move to the position. 搬送ユニット30の高さは、偏心カム41,42の回転角度を調節することによって適宜調節することができる。 The height of the transfer unit 30 can be suitably adjusted by adjusting the rotation angle of the eccentric cam 41 and 42.

排出部103は、乾燥装置7、排出ローラ8、排出口9、及び排出トレイ10を有している。 Discharging unit 103 has a drying device 7, the discharge roller 8, the outlet 9, and a discharge tray 10. 乾燥装置7は、搬送ユニット30の方向D1の下流側に配置されている。 Drying apparatus 7 is disposed on the downstream side in the direction D1 of the conveying unit 30. 記録部20において用紙Pに吐出されたインクは乾燥装置7によって乾燥する。 Ink ejected to the sheet P in the recording unit 20 is dried by the drying device 7. インクが乾燥した用紙Pは、排出ローラ8によって排出口9に送られ、ケーシング2の側面から外部に延設された排出トレイ10に排出される。 The sheet P ink has dried is fed to the discharge port 9 by a discharge roller 8, and is discharged to a discharge tray 10 which extends to the outside from the side surface of the casing 2.

制御部131は、中央処理装置(CPU)、プログラムなどのデータが記憶されているメモリ(ROM)、プログラム実行時にデータを一時的に記憶するためのメモリ(RAM)などで構成されている。 Control unit 131, a central processing unit (CPU), data such as a program is configured by a memory stored (ROM), a memory for temporarily storing data during program execution (RAM). この制御部131は、第1移動機構40、後述する第2移動機構などの動作を制御する。 The control unit 131, the first moving mechanism 40, controls the operation of such second moving mechanism described later.

<ワイプユニット> <Wipe unit>
次にワイプユニット50について説明する。 It will now be described wiping unit 50. 図2は、後述するワイプモードにおけるインクジェットヘッド22とワイプユニット50の位置関係を示す斜視図である。 Figure 2 is a perspective view showing the positional relationship between the inkjet head 22 and the wiping unit 50 in the wiping mode to be described later.

図2に示すように、ワイプユニット50は、方向D2に延びる支持台54と、この支持台54の長手方向に沿って支持台54の上面に延設された一対のガイドレール53と、これらのガイドレール53に沿ってスライド移動可能なトレイ51と、このトレイ51に支持されたワイプ部材52とを備えている。 As shown in FIG. 2, wiping unit 50 includes a support base 54 extending in the direction D2, a pair of guide rails 53 which extend on the upper surface of the support base 54 along the longitudinal direction of the support base 54, these a slidable tray 51 along the guide rail 53, and a wiping member 52 which is supported on the tray 51.

記録装置1は、図2に示すのと同様のワイプユニット50を4つ備えている。 Recording apparatus 1 is provided with four similar wiping unit 50 to that shown in FIG. これらのワイプユニット50は、各インクジェットヘッド22のノズル面22aをワイプするためにそれぞれ設けられたものである。 These wipes unit 50 is respectively provided to wipe the nozzle surface 22a of the inkjet heads 22. 図2では、一つのインクジェットヘッド22と一つのワイプユニット50のみを描いているが、後述するワイプモードにおいては、他のワイプユニット50も同様に、対応するインクジェットヘッド22の下方にそれぞれ配置される。 In Figure 2, but it depicts only one of the ink jet head 22 and one wiping unit 50, in the wiping mode to be described later, as well other wiping unit 50, are respectively arranged below the corresponding inkjet head 22 . 各ワイプユニット50は、搬送ユニット30に支持されている。 Each wiping unit 50 is supported on the transport unit 30. したがって、各ワイプユニット50は、上述した第1移動機構40の偏心カム41,42の回動に伴って上下方向に移動可能である。 Therefore, the wiping unit 50 is movable in the vertical direction with the rotation of the eccentric cam 41 and 42 of the first moving mechanism 40 described above.

また、各ワイプユニット50は、図1に示す画像形成モードにおいては、インクジェットヘッド22によるインクの吐出を妨げないように、ノズル面22aと搬送面47との間からは外れた位置にて待機するようになっている。 Each wiping unit 50 is the image forming mode shown in FIG. 1, so as not to interfere with the ejection of ink by the inkjet head 22 stands by at a position deviated from between the nozzle surface 22a and the transport surface 47 It has become way. 具体的には、各ワイプユニット50は、各インクジェットヘッド22の下方ではなく、例えば記録部20の上流側又は下流側に記録部20に隣接して設けられた図略の退避位置に退避している。 Specifically, the wiping unit 50, rather than below the respective ink jet heads 22, for example retracted to the retracted position of approximately diagram provided adjacent to the upstream side or downstream side of the recording unit 20 to the recording unit 20 there. 記録装置1は、図略のモード変更機構を備えている。 Recording apparatus 1 is provided with an unillustrated mode change mechanism. このモード変更機構は、画像形成モード、吐出回復モード、ワイプモードなどの各モードへの変更時において、前記退避位置とインクジェットヘッド22の下方の所定位置との間で各ワイプユニット50を移動可能である。 The mode change mechanism includes an image forming mode, ejection recovery mode, when changes to each mode, such as a wipe mode, moveable each wiping unit 50 between a predetermined position below the retracted position and the inkjet head 22 is there.

図2に示すように、支持台54は、ワイプモードにおいてインクジェットヘッド22のノズル面22aに対向して配置される上面54aを有する長尺状の板状部材である。 As shown in FIG. 2, the support base 54 is an elongated plate-like member having a top surface 54a which is located opposite the nozzle surface 22a of the inkjet head 22 in the wiping mode. この上面54aは、方向D2においてノズル面22aの両端よりもさらに外側まで延びている。 The upper surface 54a extends further to the outside than the opposite ends of the nozzle surface 22a in the direction D2. なお、本実施形態では、支持台54がワイプユニット50毎に設けられている場合を例に挙げて説明しているが、支持台54は、4つのワイプユニット50を支持可能な扁平な連続した一つの板状部材であってもよい。 In the present embodiment has been described as an example when the support stand 54 is provided for each wiping unit 50, a support base 54 has four wiper mount 50 capable of supporting flat continuous it may be one of the plate-like member.

一対のガイドレール53は、互いの間にトレイ51を配置可能な幅をあけて方向D2に沿って支持台54の上面54aにそれぞれ配設されている。 A pair of guide rails 53 are respectively disposed on the upper surface 54a of the support base 54 along the direction D2 by opening a deployable width tray 51 between them. 各ガイドレール53は、方向D2に沿って延びる長孔53aを有している。 Each guide rail 53 has a long hole 53a extending along the direction D2. 各長孔53aには後述するトレイ51の突起部51aが挿入される。 Each long hole 53a projecting portions 51a of the later-described tray 51 is inserted.

トレイ51は、支持台54の上面54aに対向して配置された長方形の底板511と、この底板511の4つの周縁から上方に立設された側壁512,513,514,515とを備え、上面が開口した箱状の部材である。 Tray 51 includes a rectangular bottom plate 511 disposed opposite to the upper surface 54a of the support base 54 and a side wall 512,513,514,515 from four peripheral erected above the bottom plate 511, the upper surface There is a box-like member having an opening. このトレイ51の底板511及び側壁512,513,514,515により囲まれた空間は、後述するワイプモードにおいてワイプ部材52によって拭き取られたノズル面22aのインクを受け入れて、一時的に貯留するためのものである。 Space surrounded by the bottom plate 511 and side walls 512,513,514,515 of the tray 51 accepts the ink on the nozzle surface 22a which is wiped by the wiping member 52 in the wiping mode described later, for temporarily storing belongs to. トレイ51の底板511には、図略の貫通孔が設けられている。 The bottom plate 511 of the tray 51, an unillustrated through hole is provided. 貯留されたインクは、この貫通孔を通じてトレイ51の外部に排出される。 Storing ink is discharged to the outside of the tray 51 through the through hole. トレイ51の底板511には、ワイプ部材52を挟持して固定する一対の挟持部材51bが設けられている。 The bottom plate 511 of the tray 51, a pair of clamping members 51b to fix the wiping member 52 sandwiching are provided. このようにトレイ51は、ワイプ部材52を支持する支持部材として機能する。 Thus tray 51 functions as a supporting member for supporting the wiping member 52.

トレイ51は、方向D1側の側壁512の外側面と、方向D1の反対側の側壁513の外側面とに、2つの突起部51aをそれぞれ有している。 Tray 51 includes an outer surface of the side wall 512 of the direction D1 side, on the outer surface of the opposite side walls 513 of the direction D1, and has two protruding portions 51a, respectively. なお、側壁512の2つの突起部51aは、後述する図3(b)に図示している。 Incidentally, the two protrusions 51a of the side wall 512 is shown in FIG. 3 to be described later (b). 側壁512の2つの突起部51aは、方向D1側のガイドレール53の長孔53a内に挿入されている。 Two projections 51a of the side wall 512 is inserted into the long hole 53a of the direction D1 side of the guide rail 53. 側壁513の2つの突起部51aは、方向D1の反対側のガイドレール53の長孔53a内に挿入されている。 Two projections 51a of the side wall 513 is inserted into the long hole 53a on the opposite side of the guide rail 53 in the direction D1. これにより、トレイ51は、一対のガイドレール53の長孔53aに沿って方向D2にスライド移動可能に支持台54に支持されている。 Thus, the tray 51 is supported on the slidable support platform 54 in the direction D2 along the long hole 53a of the pair of guide rails 53. トレイ51は、例えば、図略のモータに接続されたシャフトSが回転するのに伴って方向D2の一方側の方向(第1方向D21)又は他方側の方向(第2方向D22)にスライド移動する。 Tray 51 is, for example, sliding to one side in the direction of the direction D2 along with the the shaft S which is connected to an unillustrated motor rotates (first direction D21) or the other side in the direction (second direction D22) to. ガイドレール53、突起部51a、シャフトS及び図略のモータは、トレイ51をノズル面22aに沿って移動させる第2移動機構60として機能する。 Guide rail 53, the protrusion 51a, the shaft S and an unillustrated motor functions tray 51 as the second moving mechanism 60 for moving along the nozzle surface 22a.

ワイプ部材52は、第1弾性体としての第1ブレード521及び第2弾性体としての第2ブレード522を有している。 Wiping member 52 has a first blade 521 and second blade 522 of the second elastic member as the first elastic member. 第1ブレード521及び第2ブレード522は、方向D2に向かって見たときの形状が略長方形であり、方向D1に向かって見たときの形状が扁平である板状部材である。 The first blade 521 and second blade 522 has a shape is substantially rectangular when viewed in the direction D2, a plate-shaped member shape is flat when viewed in the direction D1. 第1ブレード521及び第2ブレード522は、各ブレード521,522の主面が方向D2に向くように方向D2に積層されて配置されており、底板511から上方に立設されている。 The first blade 521 and second blade 522 is disposed the main surface of each blade 521 and 522 are stacked in the direction D2 so as to face in the direction D2, and from the bottom plate 511 are erected upward. 各ブレード521,522は、その下端部(基端部)近傍が一対の挟持部材51bによって挟まれることにより下端部近傍が支持台54に固定されている。 Each blade 521 and 522, near the lower end portion is fixed to the support 54 by its lower end (proximal end) vicinity sandwiched by the pair of holding members 51b.

第1ブレード521及び第2ブレード522は、互いにほぼ接した状態でそれぞれ配置されている。 The first blade 521 and second blade 522 is arranged in a state of substantially contacting each other. 互いにほぼ接した状態とは、第1ブレード521と第2ブレード522の互いに対向する面同士が接するか、又はわずかな隙間をあけた状態でそれぞれ配置されていることをいう。 The substantially in contact with each other means that are arranged respectively with the first blade 521 with one another or facing surfaces are in contact with each other of the second blade 522, or spaced a slight gap.

各ブレード521,522の幅(方向D1の寸法)は、各ブレード521,522の上端部(先端部)がノズル面22aの全体に当接するように、ノズル面22aの幅(方向D1の寸法)よりも若干大きく設計されている。 The width of each blade 521, 522 (dimensions of the direction D1), as the upper end portion of each blade 521, 522 (tip) is brought into contact with the whole of the nozzle surface 22a, the width of the nozzle face 22a (the dimension in a direction D1) It is slightly larger design than. 第1ブレード521は、第2ブレード522よりも厚み(方向D2の寸法)が大きく、高さ(上下方向の寸法)が小さい。 The first blade 521 is larger thickness (dimension in a direction D2) than the second blade 522, the height (dimension in the vertical direction) is small. 第2ブレード522は、第1ブレード521よりも上方に突出している。 The second blade 522 is protruded above the first blade 521. 言い換えると、第2ブレード522の上端部とノズル面22aとの距離は、第1ブレード521の上端部とノズル面22aとの距離よりも小さい。 In other words, the distance between the upper portion and the nozzle face 22a of the second blades 522 is smaller than the distance between the upper portion and the nozzle face 22a of the first blade 521.

各ブレード521,522の具体例を挙げると次のようになるが、各ブレード521,522は、次の形状に限定されるものではない。 Specific examples and becomes as follows for each blade 521, each blade 521, 522 is not limited to the following shape. 例えば、第1ブレード521として、厚み1.5mm、高さ10mmのものを用い、第2ブレード522として、厚み1mm、高さ12mmのものを用いることができる。 For example, the first blade 521, used as the thickness 1.5 mm, height 10 mm, as the second blade 522, can be used for thickness 1 mm, height 12 mm. この場合、第1ブレード521よりも第2ブレード522の方がノズル面22a側に2mm突き出ることになる。 In this case, the than the first blade 521 toward the second blade 522 projects 2mm on the nozzle surface 22a side.

第1ブレード521及び第2ブレード522は、撓み変形可能な弾性部材である。 The first blade 521 and second blade 522 is an elastic member that resiliently deformable. 具体的には、各ブレード521,522の材料としては、例えば合成ゴム、合成樹脂などを用いることができる。 Specifically, as the material of each blade 521, 522 may be, for example, synthetic rubber, and synthetic resin. 合成ゴムとしては、例えばシリコーンゴム、ウレタンゴムなどが挙げられる。 As the synthetic rubber, such as silicone rubber, urethane rubber.

また、第1ブレード521は、第2ブレード522よりも剛性が高く変形しにくい。 The first blade 521, high rigidity hardly deformed than the second blade 522. 本実施形態では、第1ブレード521の厚みを第2ブレード522よりも大きくすることによって第1ブレード521の剛性を第2ブレード522よりも高くして第2ブレード522よりも変形しにくくしている。 In the present embodiment, the rigidity of the first blade 521 less likely to be deformed than the second blade 522 to be higher than the second blade 522 by the thickness of the first blade 521 is greater than the second blade 522 . なお、本実施形態のように厚みを大きくする方法の他、例えば第1ブレード521の材料として第2ブレード522の材料よりも弾性率が大きいものを使うことによって第1ブレード521の剛性を第2ブレード522よりも高くすることもできる。 Note that other methods of increasing the thickness as in the present embodiment, the rigidity of the first blade 521 by the use of having a large elastic modulus than the material of the second blade 522, for example, as a material of the first blade 521 second It may be higher than the blade 522.

詳細は後述するが、図4に示すように、各ブレード521,522は、ノズル面22aをワイプするときには、ノズル面22aとの摩擦によってノズル面22aから受ける力により進行方向とは反対側に撓んだ状態で、主にエッジ部521a,522aがノズル面22aに当接しながらノズル面22aのインクをかき取る。 Although details will be described later, as shown in FIG. 4, each blade 521 and 522, when wiping the nozzle surface 22a is flexures on the side opposite to the traveling direction by the force applied from the nozzle surface 22a due to friction with the nozzle surface 22a in state it, predominantly the edge portion 521a, 522a is scraped ink on the nozzle surface 22a while being in contact with the nozzle surface 22a.

<画像形成モード> <Image forming mode>
次に、記録装置1の画像形成モードの動作について説明する。 Next, the operation of the image forming mode of the recording device 1.

まず、外部に接続されたコンピュータから画像を形成するための命令が出されると、用紙収納部101から搬送ユニット30へと用紙が送り出される。 First, when an instruction is issued to form an image from a computer connected to the outside, the paper is fed to the conveyance unit 30 from the sheet storage unit 101. そして、用紙が、搬送ユニット30の搬送ベルト31で搬送されているときに、インクジェットヘッド22からインクが吐出され、用紙上に画像が形成される。 Then, the paper is, when it is transported by the transport belt 31 of the conveying unit 30, ink is ejected from the inkjet head 22, an image is formed on the sheet. そして、画像が形成された用紙は、排出部103のローラ8によって搬送され、排出口9から排出トレイ10に排出される。 The sheet on which the image is formed is conveyed by the rollers 8 of the discharge portion 103, it is discharged to the discharge tray 10 from the discharge port 9.

<吐出回復モード> <Ejection recovery mode>
次に、吐出回復モードの動作について説明する。 Next, a description will be given of the operation of the discharge recovery mode.

上記した画像形成モードが終了した後、長時間、画像形成動作が実行されなかった場合などには、インクを吐出するノズルに粘性が高くなったインクや紙粉などの塵が詰まったり、気泡が残存したりすることがあるので、インクを強制的に吐出させて、塵、気泡などを含む粘性の高いインクを取り除く吐出回復モードを実行する。 After image formation mode ends as described above, a long time, the like when the image forming operation is not performed, or clogged dust such as ink and paper dust viscosity is increased to a nozzle for ejecting ink, air bubbles since it may be or remaining ink is forcibly ejected, executes dust, a discharge recovery mode to remove high viscosity ink containing bubbles.

この吐出回復モードでは、ノズル面22aのノズルからインクを強制的に吐出させてノズルに詰まった前記インクを取り除く。 In this ejection recovery mode, removing said ink clogged nozzles ink is forcibly ejected from the nozzle of the nozzle surface 22a. 吐出したインクの大半は、インクジェットヘッド22の下方に配置される図略のトレイなどに収容されて回収される。 Most of the ejected ink is collected housed like in an unillustrated tray arranged below the inkjet head 22. なお、本実施形態におけるワイプユニット50のトレイ51は、ノズル面22a全体をカバーするような大きさではないが、ワイプユニット50のトレイ51は、ノズル面22aの下方においてノズル面22a全体をカバーするような開口を有する箱状部材であってもよい。 Incidentally, the tray 51 of the wiping unit 50 in the present embodiment is not sized to cover the entire nozzle surface 22a, the tray 51 of the wiping unit 50, covers the entire nozzle surface 22a below the nozzle surface 22a opening may be a box-shaped member having the above. この場合には、このトレイ51を吐出回復モードで吐出されるインクを受けるトレイとして用いることができる。 In this case, it can be used as a tray for receiving the ink discharged to the tray 51 by the discharge recovery mode.

吐出回復モードで吐出したインクの一部は、ノズル面22aに付着してノズル面22aに残存する。 Some of ink ejected by the ejection recovery mode, remaining on the nozzle surface 22a adheres to the nozzle surface 22a. ノズル面22aに付着したインクは、後述するワイプモードにおいて除去される。 Ink adhered to the nozzle surface 22a is removed in the wiping mode described below.

<ワイプモード> <Wipe mode>
参考例 (Reference Example)
次に、 参考例にかかる記録装置1のワイプモードの動作について説明する。 Next, the operation of the wipe mode of the recording apparatus 1 according to the reference example. なお、以下の説明では、4つのうち1つのインクジェットヘッド22に対するワイプモードについて説明するが、残りのインクジェットヘッド22についても同様のワイプモードが実行される。 In the following description, it will be described four wipe modes for one of the ink jet head 22 among the same wipe mode is executed for the remaining of the ink jet head 22. この参考例では、第1ワイプモードと第2ワイプモードの2種類のワイプモードを実行可能である。 In this reference example, it is possible to perform two types of wipes modes of the first wiping mode and a second wipe mode.

第1ワイプモードは、第1ブレード521の上端部及び第2ブレード522の上端部をノズル面22aに当接させた状態で、第2ブレード522よりも第1ブレード521が先行する方向に、トレイ51をノズル面22aに沿って移動させる。 The first wipe mode, in a state where the upper end is brought into contact with the nozzle surface 22a of the upper end portion and the second blade 522 of the first blade 521, in the direction in which the first blade 521 than the second blade 522 is preceded, trays 51 is moved along the nozzle surface 22a.

第2ワイプモードは、第1ブレード521をノズル面22aから離隔させ、かつ、第2ブレード522の上端部をノズル面22aに当接させた状態で、トレイ51をノズル面22aに沿って移動させる。 The second wipe mode, the first blade 521 is spaced apart from the nozzle surface 22a, and, in a state where the upper end is brought into contact with the nozzle surface 22a of the second blades 522 causes the tray 51 is moved along the nozzle surface 22a . また、第2ワイプモードは、トレイ51を移動させる方向によってさらに2種類のモードに分けることができる。 The second wipe mode can be further divided into two modes depending on the direction of moving the tray 51.

以下、第1ワイプモード及び第2ワイプモードについて詳細に説明する。 Will be described in detail first wipe mode and a second wipe mode. まず、第1ワイプモードについて説明する。 First, a description will be given of the first wipe mode.

まず、上記した吐出回復モードが終了した後、制御部131は、前記した図略のモード変更機構を制御して前記退避位置にあるワイプユニット50をインクジェットヘッド22の下方へ移動させる。 First, after the discharge recovery mode ends as described above, the control unit 131 moves the wiping unit 50 is in said retracted position by controlling an unillustrated mode change mechanism described above to below the inkjet head 22.

次に、制御部131は、第1移動機構40を制御してノズル面22aに対するワイプ部材52の位置(高さ)を調整する。 Next, the control unit 131 controls the first moving mechanism 40 for adjusting the position of the wiping member 52 against the nozzle surface 22a (height). 具体的には、例えば、第1ブレード521がほぼ直立した状態で第1ブレード521の上端部がノズル面22aに当接する程度、又は第1ブレード521がわずかに撓んだ状態で第1ブレード521の上端部がノズル面22aに当接する程度に、ノズル面22aに対するワイプ部材52の高さが調整される。 Specifically, for example, the first blade 521 degree upper end of the first blade 521 in a state where the first blade 521 is substantially upright abuts against the nozzle surface 22a, or bent slightly first blade 521 state the degree upper end in contact with the nozzle surface 22a of the height of the wiping member 52 against the nozzle surface 22a is adjusted. 高さ調整がされたワイプユニット50は、例えば図2に示す位置(以下、初期位置という。)にある。 Wiping unit 50 is height adjustment is, for example the position shown in FIG. 2 is (hereinafter, referred to as an initial position.) To.

次に、制御部131は、第2移動機構60を制御してトレイ51を前記初期位置から第1方向D21にスライド移動させる。 Next, the control unit 131, sliding the tray 51 from the initial position by controlling the second moving mechanism 60 in the first direction D21. 具体的には、前記した図略のモータに接続されたシャフトSが回転するのに伴ってトレイ51が前記初期位置から第1方向D21に移動する。 Specifically, the tray 51 wherein the unillustrated motor connected to a shaft S is in association with the rotation moves in the first direction D21 from the initial position. トレイ51がしばらく移動すると、第1ブレード521がノズル面22aに当接し、ついで第2ブレード522がノズル面22aに当接する。 When the tray 51 is moved while the first blade 521 is in contact with the nozzle surface 22a, and then the second blade 522 comes into contact with the nozzle surface 22a.

図3(a)は、第1ワイプモードにおいて第1ブレード521及び第2ブレード522がノズル面22aに当接しながら第1方向D21に向かって移動している状態を示す側面図であり、図3(b)は、その正面図である。 3 (a) is a side view showing a state where the first blade 521 and second blade 522 in the first wiping mode is moving toward the first direction D21 while in contact with the nozzle surface 22a, Fig. 3 (b) is a front view thereof. 図4は、図3(a)の一部を拡大した側面図である。 Figure 4 is a side view enlarging a part of FIG. 3 (a).

図3(a),(b)及び図4に示すように、第1ワイプモードのワイピング中には、第1ブレード521及び第2ブレード522は共に進行方向(第1方向D21)の反対側である第2方向D22に撓んだ状態で第1方向D21に移動する。 FIG. 3 (a), as shown in (b) and FIG. 4, during the wiping of the first wiping mode, on the opposite side of the first blade 521 and second blade 522 are both traveling direction (first direction D21) moves in a state flexed into a certain second direction D22 in the first direction D21. 特に、ノズル面22a側への突出長さが大きく剛性の低い第2ブレード522の方が大きく撓んでいる。 In particular, towards the lower second blade 522 of large rigidity projecting length of the nozzle face 22a side is deflected greatly.

図4に示すように、ノズル面22aには多数のノズル221の吐出口が設けられている。 As shown in FIG. 4, the discharge port of the plurality of nozzles 221 are provided on the nozzle surface 22a. このノズル面22aには、主に、第1ブレード521のエッジ部521a(第1方向D21側のエッジ部)、及び第2ブレード522のエッジ部522a(第1方向D21側のエッジ部)が当接している。 The nozzle surface 22a, primarily, the edge portion 521a of the first blade 521 (the edge portion in the first direction D21 side), and an edge portion 522a of the second blade 522 (the edge portion in the first direction D21 side) those We are in contact with each other. このように各ブレード521,522がノズル面22aに当接した状態で、トレイ51がノズル面22aの第1方向D21側の端部まで移動して第1ワイプモードが終了する。 In a state where each blade 521, 522 is in contact with the nozzle surface 22a, first wipe mode tray 51 is moved to the end of the first direction D21 side of the nozzle surface 22a is completed. これにより、ノズル面22aに付着したインクが第1ブレード521により拭き取られる。 Thus, ink adhered to the nozzle surface 22a is wiped by the first blade 521.

次に、第2ワイプモードについて説明する。 The following describes a second wipe mode.

この第2ワイプモードは、前述したようにトレイ51をノズル面22aに沿って移動させる方向によってさらに2種類のモードに分けることができる。 The second wipe mode can be further divided into two modes depending on the direction of moving the tray 51 as described above along the nozzle surface 22a. すなわち、一方は、第1方向D21に向かってトレイ51を移動させるモードであり、他方は、第2方向D22に向かってトレイ51を移動させるモードである。 That is, one is toward the first direction D21 is a mode for moving the tray 51, the other is a mode for moving the tray 51 toward the second direction D22.

まず、前者のモードから説明する。 First, a description from the former mode. このモードは、例えば、上述した第1ワイプモードが終了した後に、ノズル面22aをさらに清浄に仕上げるために実行される(以下、このモードを仕上げモードという。)。 This mode is, for example, after the first wipe mode described above has been completed, is executed to finish further clean the nozzle surface 22a (hereinafter, referred to as the mode finishing mode.).

この仕上げモードでは、第1ワイプモードが終了した後、制御部131は、第1ブレード521及び第2ブレード522がともにノズル面22aから離隔するように、第1移動機構40を制御してワイプ部材52の高さを調整する。 In this finish mode, after the first wipe mode has ended, the control unit 131, as the first blade 521 and second blade 522 is disengaged from both the nozzle surface 22a, the wiping member controls the first moving mechanism 40 to adjust the height of 52.

ついで、制御部131は、第2移動機構60を制御してトレイ51を第2方向D22にスライドさせ、トレイ51をノズル面22aの第2方向D22側の端部まで移動させる。 Next, the control unit 131, the tray 51 and controls the second moving mechanism 60 is slid in the second direction D22, to move the tray 51 to the end of the second direction D22 side of the nozzle surface 22a.

次に、制御部131は、第1移動機構40を制御してノズル面22aに対するワイプ部材52の位置(高さ)を調整する。 Next, the control unit 131 controls the first moving mechanism 40 for adjusting the position of the wiping member 52 against the nozzle surface 22a (height). ワイプ部材52の高さは、第1ワイプモードのときよりも下方に調整される。 The height of the wiping member 52 is adjusted downward than when the first wipe mode. 具体的には、例えば、第2ブレード522がほぼ直立した状態で第2ブレード522の上端部がノズル面22aに当接する程度、又は第2ブレード522がわずかに撓んだ状態で第2ブレード522の上端部がノズル面22aに当接する程度に、ノズル面22aに対するワイプ部材52の高さが調整される。 Specifically, for example, second degree upper portion in a state where the blade 522 is substantially upright second blade 522 abuts against the nozzle surface 22a, or the second blade in a bent state slightly second blade 522 522 the degree upper end in contact with the nozzle surface 22a of the height of the wiping member 52 against the nozzle surface 22a is adjusted. この状態では、第1ブレード521はノズル面22aから離隔している。 In this state, the first blade 521 is spaced apart from the nozzle surface 22a.

次に、制御部131は、第2移動機構60を制御してトレイ51を第1方向D21にスライド移動させる。 Next, the control unit 131, sliding the tray 51 and controls the second moving mechanism 60 in the first direction D21. トレイ51がしばらく移動すると、第2ブレード522がノズル面22aに当接する。 When the tray 51 is moved while the second blade 522 comes into contact with the nozzle surface 22a.

図5(a)は、仕上げモードにおいて第2ブレード522がノズル面22aに当接しながら第1方向D21に向かって移動している状態を示す側面図であり、図5(b)は、その一部を拡大した側面図である。 5 (a) is a side view showing a state where the second blade 522 is moved toward the first direction D21 while contact with the nozzle surface 22a in the finishing mode, FIG. 5 (b) (i) The parts is an enlarged side view.

図5(a),(b)に示すように、仕上げモードのワイピング中には、第2ブレード522は進行方向(第1方向D21)の反対側である第2方向D22に撓んだ状態で第1方向D21に移動する。 FIG. 5 (a), the (b), the during wiping finish mode, the second blade 522 is in a bent state in the second direction D22 is opposite to the traveling direction (the first direction D21) It moves in the first direction D21. このとき、第1ブレード521はほぼ直立した状態である。 The first blade 521 is in a state which is substantially upright.

図5(b)に示すように、ノズル面22aには、主に、第2ブレード522のエッジ部522aが当接している。 As shown in FIG. 5 (b), the nozzle surface 22a, are mainly against the edge portion 522a of the second blade 522 is brought. このように第2ブレード522がノズル面22aに当接した状態で、トレイ51がノズル面22aの第1方向D21側の端部まで移動して仕上げモードが終了する。 In a state where the second blade 522 comes into contact with the nozzle surface 22a, the tray 51 is finish mode ends to move to the end of the first direction D21 side of the nozzle surface 22a.

制御部131は、第1ワイプモードにおけるトレイ51のノズル面22aに沿った移動速度が仕上げモードにおけるトレイ51の移動速度よりも低くなるように第2移動機構60を制御する。 Control unit 131 controls the second moving mechanism 60 to be lower than the moving speed of the tray 51 in the moving speed finish mode along the nozzle surface 22a of the tray 51 in the first wiping mode. 具体的には、第1ワイプモードにおける移動速度は、例えば50mm/秒程度に調整され、仕上げモードにおける移動速度は、例えば100mm/秒程度に調整される。 Specifically, the moving speed in the first wipe mode, for example, is adjusted to about 50 mm / sec, the moving speed in the finish mode is adjusted, for example, about 100 mm / sec.

次に、第2ワイプモードの他方のモード(後者のモード)について説明する。 Next, a description for the other mode of the second wipe mode (the latter mode). このモードは、例えば、インクをフレッシュに保つために少量のインクをノズルから強制的に吐出させる定期的なメンテナンスの後にノズル面22aをワイピングするために実行される(以下、定期メンテナンスモードという。)。 This mode is executed, for example, for wiping the nozzle face 22a of a small amount of ink after regular maintenance forcibly ejected from the nozzles to keep the ink fresh (hereinafter, referred to as periodic maintenance mode.) .

この定期メンテナンスモードは、上記したように少量のインクをノズルから強制的に吐出させた後、次のような順序で実行される。 The periodic maintenance mode, after forcibly ejecting a small amount of ink as described above from the nozzle, is performed in the following order.

まず、制御部131は、第1ブレード521及び第2ブレード522がともにノズル面22aから離隔するように、第1移動機構40を制御してワイプ部材52の高さを調整する。 First, the control unit 131, as the first blade 521 and second blade 522 is disengaged from both the nozzle surface 22a, and controls the first moving mechanism 40 for adjusting the height of the wiping member 52.

ついで、制御部131は、第2移動機構60を制御してトレイ51を第1方向D21にスライドさせ、トレイ51をノズル面22aの第1方向D21側の端部まで移動させる。 Next, the control unit 131, the tray 51 and controls the second moving mechanism 60 is slid in the first direction D21, to move the tray 51 to the end of the first direction D21 side of the nozzle surface 22a.

次に、制御部131は、第1移動機構40を制御してノズル面22aに対するワイプ部材52の位置(高さ)を調整する。 Next, the control unit 131 controls the first moving mechanism 40 for adjusting the position of the wiping member 52 against the nozzle surface 22a (height). ワイプ部材52の高さは、仕上げモードとほぼ同程度に調整される。 The height of the wiping member 52 is adjusted to substantially the same as the finish mode. 具体的には、例えば、第2ブレード522がほぼ直立した状態で第2ブレード522の上端部がノズル面22aに当接する程度、又は第2ブレード522がわずかに撓んだ状態で第2ブレード522の上端部がノズル面22aに当接する程度に、ノズル面22aに対するワイプ部材52の高さが調整される。 Specifically, for example, second degree upper portion in a state where the blade 522 is substantially upright second blade 522 abuts against the nozzle surface 22a, or the second blade in a bent state slightly second blade 522 522 the degree upper end in contact with the nozzle surface 22a of the height of the wiping member 52 against the nozzle surface 22a is adjusted. この状態では、第1ブレード521はノズル面22aから離隔している。 In this state, the first blade 521 is spaced apart from the nozzle surface 22a.

次に、制御部131は、第2移動機構60を制御してトレイ51を第2方向D22にスライド移動させる。 Next, the control unit 131, sliding the tray 51 and controls the second moving mechanism 60 in the second direction D22. トレイ51がしばらく移動すると、第2ブレード522がノズル面22aに当接する。 When the tray 51 is moved while the second blade 522 comes into contact with the nozzle surface 22a.

図6(a)は、定期メンテナンスモードにおいて第2ブレード522がノズル面22aに当接しながら第2方向D22に向かって移動している状態を示す側面図であり、図6(b)は、その一部を拡大した側面図である。 6 (a) is a side view showing a state where the second blade 522 in the periodic maintenance mode is moving toward the second direction D22 while in contact with the nozzle surface 22a, FIG. 6 (b), the it is a partly enlarged side view.

図6(a),(b)に示すように、定期メンテナンスモードのワイピング中には、第2ブレード522は進行方向(第2方向D22)の反対側である第1方向D21に撓んだ状態で第2方向D22に移動する。 As shown in FIG. 6 (a), (b), the state during wiping routine maintenance mode, the second blade 522 is deflected in the first direction D21 which is opposite to the traveling direction (second direction D22) in moves in the second direction D22. このとき、第1ブレード521は、第2ブレード522の第1方向D21側において第2ブレード522と面接触した状態で第2ブレード522を支持している。 The first blade 521 supports the second blade 522 in a state where the second blade 522 and the surface contact in the first direction D21 of the second blade 522. したがって、この定期メンテナンスモードにおいては、仕上げモードのときよりも第2ブレード522の撓み量は小さくなり、ノズル面22aに対する線圧は大きくなる。 Therefore, in this periodic maintenance mode, the amount of deflection of the second blade 522 than in the finish mode is reduced, the linear pressure increases with respect to the nozzle surface 22a.

図6(b)に示すように、ノズル面22aには、主に、第2ブレード522のエッジ部522b(第2方向D22側のエッジ部)が当接している。 As shown in FIG. 6 (b), the nozzle surface 22a, are mainly against the edge portion 522b of the second blade 522 (the edge portion in the second direction D22 side) are brought. このように第2ブレード522がノズル面22aに当接した状態で、トレイ51がノズル面22aの第2方向D22側の端部まで移動して定期メンテナンスモードが終了する。 In a state where the second blade 522 comes into contact with the nozzle surface 22a, the tray 51 is regular maintenance mode ends to move to the end of the second direction D22 side of the nozzle surface 22a.

この定期メンテナンスモードにおいては、トレイ51のノズル面22aに沿った移動速度は、第1ワイプモードにおけるトレイ51の移動速度よりも高くなるように第2移動機構60を制御する。 In this periodic maintenance mode, the moving velocity along the nozzle surface 22a of the tray 51, controls the second moving mechanism 60 to be higher than the moving speed of the tray 51 in the first wiping mode. 具体的には、定期メンテナンスモードにおける移動速度は、例えば100mm/秒程度に調整される。 Specifically, the moving speed in the periodic maintenance mode is adjusted, for example, about 100 mm / sec.

以上説明したように、本実施形態では、前記第1ワイプモードにおいては、ノズル面22aに第1ブレード521及び第2ブレード522の各上端部が当接しているが、第1ブレード521が先行する方向にワイピングされるので、ノズル面22aの付着物は、第1ブレード521によって拭き取られる。 As described above, in the present embodiment, in the first wiping mode, each upper end of the first blade 521 and second blade 522 is in contact with the nozzle surface 22a, the first blade 521 is preceded since the wiping direction, deposits on the nozzle surface 22a is wiped off by the first blade 521. したがって、第2ブレード522がノズル面22aに当接しながら移動しても、前記付着物は、第2ブレード522にはほとんど付着しない。 Therefore, even if the second blade 522 is moved while in contact with the nozzle surface 22a, the deposits are not in the second blade 522 almost no adhesion.

一方、第2ワイプモードでは、第1移動機構40により第1ブレード521をノズル面22aから離隔させ、かつ、第2ブレード522の上端部を当接させた状態でワイピングする。 On the other hand, in the second wiping mode, the first moving mechanism 40 is spaced apart from the first blade 521 from the nozzle surface 22a, and wipes being in contact with the upper end portion of the second blade 522. したがって、仮に、第1ワイプモードにおいて第1ブレード521に前記付着物が付着していたとしても、第1ブレード521はノズル面22aから離隔しているので、第1ブレード521に付着した前記付着物がノズル面22aに再付着するのを抑制することができる。 Therefore, even if the deposit to the first blade 521 in the first wipe mode was adhered, the first blade 521 is spaced apart from the nozzle surface 22a, the deposits adhering to the first blade 521 There can be prevented from reattaching to the nozzle surface 22a.

なお、ノズル面22aのワイピングによって第1ブレード521又は第2ブレード522に付着した前記付着物は、これを除去するために別途設けられるインク除去部材などによって取り除かれ、回収される。 Incidentally, the deposits adhered to the first blade 521 or the second blade 522 by wiping the nozzle face 22a is removed, such as by separately provided ink removal member for removing this, is recovered. したがって、本実施形態では、第1ブレード521に付着した前記付着物がノズル面22aに再付着するのを抑制することができるとともに、インク除去部材などによる前記除去作業の頻度を低減することもできる。 Therefore, in the present embodiment, it is also possible the deposits adhered to the first blade 521 can be suppressed from being reattached to the nozzle surface 22a, to reduce the frequency of the removal operation due to ink removal member .

また、本実施形態では、第1ブレード521と第2ブレード522を比較すると、第1ブレード521の剛性が高く、第2ブレード522の剛性が低い。 Further, in the present embodiment, as compared to the first blade 521 and the second blade 522, high rigidity of the first blade 521, the rigidity of the second blade 522 is low. したがって、第1ワイプモードにおいて第1ブレード521の上端部をノズル面22aに対して押し付ける圧力(線圧)を大きくし、第2ワイプモードにおいて第2ブレード522の上端部をノズル面22aに対して押し付ける圧力(線圧)を小さくすることができる。 Thus, the upper end portion of the first blade 521 to increase the pressure (linear pressure) for pressing against the nozzle surface 22a in a first wipe mode, the upper end portion of the nozzle surface 22a of the second blade 522 in the second wiping mode it is possible to reduce the pressure (linear pressure) for pressing. したがって、上述したように種々のモードで各ブレード521,522を使い分けることができる。 Therefore, it is possible to selectively use each blade 521 and 522 in various modes as described above.

(実施形態) (Implementation form)
次に、本発明の実施形態にかかる記録装置1のワイプモードの動作について説明する。 Next, the operation of the recording apparatus 1 of the wipe mode according to the implementation embodiments of the present invention. の実施形態では、ワイプ部材52の形状が参考例と異なっており、それに伴って第1ワイプモードにおけるワイプ部材52の挙動が参考例と異なっている。 The implementation form of this, the shape of the wiping member 52 is different from the reference example, the behavior of the wiping member 52 is in the first wipe mode with it is different from the reference example. 以下では、これらの相違点について重点的に説明する。 In the following, mainly describe these differences. なお、 参考例と同じ構成要素には同じ符号を付し、その詳細な説明を省略する。 Incidentally, the same reference numerals are given to the same components as in Reference Example, a detailed description thereof will be omitted.

の実施形態では、第1ワイプモードにおいて、図7(a)に示すように、第1ブレード521と第2ブレード522をノズル面22aに当接させた初期位置から、トレイ51を第1方向D21にスライド移動させて、図7(b)に示すように、各ブレード521,522を撓み変形させる。 The implementation form of this, in the first wiping mode, as shown in FIG. 7 (a), from the initial position by abutting a first blade 521 and second blade 522 in the nozzle surface 22a, the tray 51 first It is slid in the direction D21, as shown in FIG. 7 (b), is deformed each blade 521, 522. このとき、剛性の低い第2ブレード522は、第1ブレード521よりも撓み量が大きくなる(図7(b))。 At this time, the second blade 522 having low rigidity, the amount of deflection than the first blade 521 is increased (Fig. 7 (b)). また、この実施形態では、後述する具体例に示すように、前記初期位置から前記撓み変形後までの間、第1ブレード521,第2ブレード522及びノズル面22aで囲まれる空間Nは、ほぼ密閉された状態が維持される。 Also, in the implementation form of this, as shown in Examples to be described later, between the said initial position until after deformed the first blade 521, the space N which is surrounded by the second blade 522 and the nozzle surface 22a is substantially sealed state is maintained.

したがって、空間Nはほぼ密閉された状態でトレイ51の移動に伴ってその容積が大きくなるので、初期位置の状態に比べて空間Nを負圧にすることができる。 Accordingly, the space N is because the volume is increased in accordance with the movement of the tray 51 substantially sealed state, it is possible to vacuum the space N in comparison with the state of the initial position. したがって、この負圧を利用してノズル221に詰まったインクなどを効果的に吸引することができる。 Therefore, it is possible to suck the ink or the like jammed in the nozzle 221 by utilizing the negative pressure effectively.

以下、実施形態の具体例について説明する。 Hereinafter, a specific example of implementation forms. 図8(a)は、実施形態におけるワイプ部材52とこれを支持するトレイ51とを示す平面図であり、図8(b)は、ワイプ部材51及びトレイ51を方向D1に向かってみたときの側面図である。 8 (a) is a plan view showing the tray 51 for supporting the the wiping member 52 in the implementation form, FIG. 8 (b), when the wiping member 51 and the tray 51 tried in the direction D1 it is a side view of.

ワイプ部材52は、第1ブレード521及び第2ブレード522を有している。 Wiping member 52 has a first blade 521 and second blade 522. 第1ブレード521及び第2ブレード522は、方向D2に向かって見たときの形状が略長方形であり、方向D1に向かって見たときの形状が扁平である板状部材である。 The first blade 521 and second blade 522 has a shape is substantially rectangular when viewed in the direction D2, a plate-shaped member shape is flat when viewed in the direction D1. 第1ブレード521及び第2ブレード522は、各ブレード521,522の主面が方向D2に向くように方向D2に積層されて配置されており、底板511から上方に立設されている。 The first blade 521 and second blade 522 is disposed the main surface of each blade 521 and 522 are stacked in the direction D2 so as to face in the direction D2, and from the bottom plate 511 are erected upward. 各ブレード521,522は、その下端部(基端部)近傍が一対の挟持部材51bによって挟まれることにより下端部近傍が支持台54に固定されている。 Each blade 521 and 522, near the lower end portion is fixed to the support 54 by its lower end (proximal end) vicinity sandwiched by the pair of holding members 51b.

第1ブレード521及び第2ブレード522は、互いにほぼ接した状態でそれぞれ配置されている。 The first blade 521 and second blade 522 is arranged in a state of substantially contacting each other. 互いにほぼ接した状態とは、第1ブレード521と第2ブレード522の互いに対向する面同士が接するか、又はわずかな隙間をあけた状態でそれぞれ配置されていることをいう。 The substantially in contact with each other means that are arranged respectively with the first blade 521 with one another or facing surfaces are in contact with each other of the second blade 522, or spaced a slight gap.

第1ブレード521は、 参考例と同様に、第2ブレード522よりも高さ(上下方向の寸法)が小さい。 The first blade 521, as in the reference example, higher than the second blade 522 (the dimension in the vertical direction) is small. 第2ブレード522は、第1ブレード521よりも上方に突出している。 The second blade 522 is protruded above the first blade 521. 言い換えると、第2ブレード522の上端部とノズル面22aとの距離は、第1ブレード521の上端部とノズル面22aとの距離よりも小さい。 In other words, the distance between the upper portion and the nozzle face 22a of the second blades 522 is smaller than the distance between the upper portion and the nozzle face 22a of the first blade 521.

第2ブレード522は、方向D1に平行な幅方向(第2ブレード522の上端辺の延びる方向)の中央部の厚みが両端部の厚みよりも小さくなるように形成されている。 The second blade 522 is formed so that the thickness of the central portion of the width direction parallel to the direction D1 (the extending direction of the upper end side of the second blade 522) is smaller than the thickness of the end portions. 具体的には、第2ブレード522は、第2方向D22側の主面が第1ブレード521側(第1方向D21側)に円弧状に凹むように中央部の厚みが両端部よりも小さくなっている。 More specifically, the second blade 522, the main surface of the second direction D22 side becomes smaller than the thickness at both ends of the central portion as recessed in an arc shape to the first blade 521 side (first direction D21 side) ing. すなわち、第2ブレード522は、この第2ブレード522を水平面で切ったときの断面が円弧状の凹部522cを有している。 That is, the second blade 522 cross section when cut along the second blade 522 in the horizontal plane has an arcuate recess 522c. これにより、第2ブレード522の上端辺の剛性は、前記幅方向の中央部が両端部よりも低くなるように構成されている。 Thus, the rigidity of the upper end side of the second blade 522 has a central portion in the width direction is configured to be lower than both end portions.

図9は、このワイプ部材52を用いて第1ワイプモードを実行したときのワイプ部材52とノズル面22aとの位置関係を示す底面図である。 Figure 9 is a bottom view showing the positional relationship between the wiping member 52 and the nozzle surface 22a when executing the first wipe mode using the wiping member 52. 図9では、第1ワイプモードにおいて、初期位置にあるワイプ部材52の上端辺52A、及び第1方向D21に向かって移動した移動後のワイプ部材52の上端辺52Bをそれぞれ二点鎖線で示している。 9, in the first wipe mode, shows upper edges 52A of the wiping member 52 in the initial position, and the upper end sides 52B of the first after the movement that has moved toward the direction D21 of the wiping member 52 at each two-dot chain line there.

図9に示すように、第1ワイプモードにおいては、第1ブレード521の上端辺及び第2ブレード522の上端辺がノズル面22aに当接した状態で第1方向D21にトレイ51をノズル面22aに沿って移動させたときに、他の部位よりも剛性が低い第2ブレード522の前記中央部が最も変形しやすい。 As shown in FIG. 9, in the first wiping mode, the upper end side and upper edges nozzle surface 22a of the tray 51 in the first direction D21 in a state of contact with the nozzle surface 22a of the second blade 522 of the first blade 521 when moving along the rigidity tends to be the central most deformation of lower second blade 522 than other portions. すなわち、前記移動時には、第1ブレード521の上端辺及び第2ブレード522の上端辺とノズル面22aとの間には摩擦抵抗が生じるので、前記摩擦抵抗によって第1ブレード521及び第2ブレード522が弾性変形するが、中でも剛性の低い第2ブレード522の前記中央部が他の部位よりも大きく変形する。 That is, the during the movement, since the frictional resistance between the upper side and the nozzle surface 22a of the upper side and the second blade 522 of the first blade 521 occurs, the first blade 521 and second blade 522 by the frictional resistance is elastically deformed, but among them the central portion of the low rigidity second blade 522 is largely deformed than the other sites.

したがって、トレイ51の移動の初期においては、第2ブレード522の前記中央部が変形して前記中央部と第1ブレード521との隙間が広がる一方で、第2ブレード522の前記両端部はほとんど変形せず第1ブレード521と隣接した状態を維持している。 Therefore, in the initial movement of the tray 51, while the central portion of the second blade 522 expands the gap between the central portion and the first blade 521 is deformed, the end portions of the second blade 522 is hardly deformed the first blade 521 not maintain a state adjacent. この状態では、第1ブレード521、第2ブレード522、及びノズル面22aで囲まれた空間Nは、ほぼ密閉された状態で前記移動に伴ってその容積が大きくなる。 In this state, the first blade 521, second blade 522, and the space N which is surrounded by the nozzle surface 22a, the volume increases with the movement in a state of being substantially sealed. これにより、初期位置に比べて空間Nを負圧にすることができる。 This makes it possible to vacuum the space N in comparison to the initial position. したがって、この負圧を利用してノズル221に詰まったインクなどを効果的に吸引することができる。 Therefore, it is possible to suck the ink or the like jammed in the nozzle 221 by utilizing the negative pressure effectively.

また、記録装置1は、インクジェットヘッド22に供給するインクを貯留する図略のインクタンクをさらに備えている。 The recording apparatus 1 further includes an ink tank not shown for storing ink supplied to the inkjet head 22. 制御部131は、実施形態における第1ワイプモードにおいては、トレイ51をノズル面22aに沿って移動させるときに、前記インクタンクからインクジェットヘッド22にインクを供給可能な状態に制御する。 Control unit 131, in the first wipe mode in the implementation form, the tray 51 when moving along the nozzle surface 22a, controlled into supply state ink to the inkjet head 22 from the ink tank. 具体的には、前記インクタンクとインクジェットヘッド22の間の流路に設けられた開閉弁を開いた状態にし、必要に応じてポンプなどの送液手段を用いてインクを送液する。 More specifically, in a state off valve open provided in the flow path between the ink tank and the ink jet head 22, to feed an ink using a liquid feed means such as a pump as needed. これにより、第1ワイプモードにおいて負圧を利用してノズル221に詰まったインクなどを吸引する場合に、負圧により吸引されたインクが再びノズル221内に逆戻りするのを抑制することができる。 Thus, when using a negative pressure in the first wiping mode to suck like ink clogged in the nozzle 221, ink sucked by the negative pressure can be prevented from back into the nozzle 221 again.

次に、実施形態における変形例について説明する。 Next, a description will be given of a variation of the implementation forms. 図10(a)は、実施形態のワイプ部材52の変形例を示す平面図であり、(b)は、その斜視図であり、(c)は、このワイプ部材52をトレイ51に装着した状態を示す平面図である。 10 (a) is a plan view showing the modification of the wiping member 52 of the implementation form, (b) is a perspective view thereof, (c) is equipped with the wiping member 52 on the tray 51 it is a plan view illustrating a state. 図11は、第1ワイプモードにおけるワイプ部材52とノズル面22aとの位置関係を示す底面図である。 Figure 11 is a bottom view showing the positional relationship between the wiping member 52 and the nozzle surface 22a of the first wipe mode.

このワイプ部材52は、第1ブレード521及び第2ブレード522がその両サイドにおいて上下方向に互いに連結されている。 The wiping member 52, the first blade 521 and second blade 522 are coupled to each other in the vertical direction at its both sides. すなわち、図10(a),(b)に示すように、ワイプ部材52は、平面視で環状の形状を有する筒状の部材である。 That is, as shown in FIG. 10 (a), (b), the wiping member 52 is a cylindrical member having an annular shape in plan view.

各ブレード521,522の下端部(基端部)近傍を一対の挟持部材51bによって挟んで、ワイプ部材52をトレイ51に固定すると、図10(c)に示すように、第1ブレード521及び第2ブレード522は、互いの内面がほぼ接するようになる。 The lower end of each blade 521, 522 in the vicinity (proximal end) across the pair of holding members 51b, when fixing the wiping member 52 on the tray 51, as shown in FIG. 10 (c), the first blade 521 and the 2 blade 522 is as each other of the inner surface is in contact substantially. この状態においては、第1ブレード521及び第2ブレード522は、方向D2に向かって見たときの形状が略長方形である。 In this state, the first blade 521 and second blade 522, the shape when viewed in the direction D2 which is substantially rectangular. また、この状態においては、第1ブレード521及び第2ブレード522は、各ブレード521,522の主面が方向D2に向くように方向D2に積層配置された状態となり、底板511から上方に立設されている。 Further, in this state, the first blade 521 and second blade 522, a state where the main surface of each blade 521, 522 are stacked in the direction D2 so as to face in the direction D2, erected from the bottom plate 511 upwardly It is.

第1ブレード521は、 参考例と同様に、第2ブレード522よりも高さ(上下方向の寸法)が小さい。 The first blade 521, as in the reference example, higher than the second blade 522 (the dimension in the vertical direction) is small. 第2ブレード522は、第1ブレード521よりも上方に突出している。 The second blade 522 is protruded above the first blade 521. 言い換えると、第2ブレード522の上端部とノズル面22aとの距離は、第1ブレード521の上端部とノズル面22aとの距離よりも小さい。 In other words, the distance between the upper portion and the nozzle face 22a of the second blades 522 is smaller than the distance between the upper portion and the nozzle face 22a of the first blade 521.

また、第2ブレード522は、方向D2の厚みが第1ブレード521よりも小さく、第1ブレード521よりも剛性が低い。 The second blade 522 is smaller the thickness direction D2 than the first blade 521, the rigidity than the first blade 521 is low.

図11は、このワイプ部材52を用いて第1ワイプモードを実行したときのワイプ部材52とノズル面22aとの位置関係を示す底面図である。 Figure 11 is a bottom view showing the positional relationship between the wiping member 52 and the nozzle surface 22a when executing the first wipe mode using the wiping member 52. 図11では、第1ワイプモードにおいて、初期位置にあるワイプ部材52の上端辺52A、及び第1方向D21に向かって移動した移動後のワイプ部材52の上端辺52Bをそれぞれ二点鎖線で示している。 In Figure 11, the first wipe mode, shows upper edges 52A of the wiping member 52 in the initial position, and the upper end sides 52B of the first after the movement that has moved toward the direction D21 of the wiping member 52 at each two-dot chain line there.

図11に示すように、第1ワイプモードにおいては、第1ブレード521の上端辺及び第2ブレード522の上端辺がノズル面22aに当接した状態で第1方向D21にトレイ51をノズル面22aに沿って移動させたときに、第1ブレード521よりも剛性が低い第2ブレード522は、第1ブレード521よりも変形しやすい。 As shown in FIG. 11, in the first wiping mode, the upper end side and upper edges nozzle surface 22a of the tray 51 in the first direction D21 in a state of contact with the nozzle surface 22a of the second blade 522 of the first blade 521 when moving along the second blade 522 lower rigidity than the first blade 521 is likely to be deformed than the first blade 521. しかも、この変形例では、第1ブレード521と第2ブレード522は前記両サイドにおいて互いに連結されているので、この両サイドは変形しにくくなる一方で、前記両サイドの間(中央部)は、前記両サイドよりも変形しやすくなる。 Moreover, in this modification, since the first blade 521 second blade 522 are connected to each other at the both sides, while the both sides to be difficult to deform, during the both side (central portion), the easily deformed than both sides.

したがって、トレイ51の移動の初期においては、第2ブレード522の前記両サイドの変形は比較的小さい一方で、第2ブレード522の前記中央部は比較的大きく変形して前記中央部と前記第1ブレード521との隙間が広がる。 Therefore, in the initial movement of the tray 51, while the both sides deformation of the second blade 522 is relatively small, the said central portion is the central portion and relatively large deformation of the second blade 522 first the gap between the blade 521 is spread. その結果、第1ブレード521、第2ブレード522、及びノズル面22aで囲まれた空間Nは、ほぼ密閉された状態で前記移動に伴ってその容積が大きくなるので、初期位置に比べて空間Nを負圧にすることができる。 As a result, the first blade 521, second blade 522, and the space N which is surrounded by the nozzle surfaces 22a, since the volume increases with the movement in a state of being substantially sealed space than the initial position N it is possible to negative pressure. したがって、この負圧を利用してノズル221に詰まったインクなどを効果的に吸引することができる。 Therefore, it is possible to suck the ink or the like jammed in the nozzle 221 by utilizing the negative pressure effectively.

なお、本発明は、前記実施形態に限られるものではなく、その趣旨を逸脱しない範囲で種々変更、改良等が可能である。 The present invention is not limited to the above embodiments, various changes without departing from the spirit thereof, improvements, and the like are possible. 例えば、前記実施形態では、4色フルカラーのインクジェット記録装置を例に挙げて説明したが、本発明は、5色以上又は単色のインクを用いたインクジェット記録装置に適用することもできる。 For example, in the above embodiment, the ink jet recording apparatus of full-color has been described, the present invention can also be applied to an inkjet recording apparatus using 5 or more colors or a single color ink.

また、前記実施形態では、第1弾性体及び第2弾性体が扁平な形状を有する場合を例に挙げて説明したが、第1弾性体及び第2弾性体は、棒状などの他の形状であってもよい。 In the above embodiment, although the case where the first elastic member and the second elastic body has a flat shape described as an example, the first elastic member and the second elastic member, other shapes such as rod-like it may be.

また、前記実施形態では、第2ブレードが円弧状の凹部を有する場合を例に挙げて説明したが、これに限定されない。 The front in you facilities embodiment, the second blade has been described as an example a case having an arcuate recess, but is not limited thereto. 第2ブレードは、その先端辺の中央部の剛性が両端部よりも低いものであれば、他の形態であってもよい。 The second blade, if a lower one than the rigidity at both ends of the central portion of its leading edge, may be in other forms.

また、前記実施形態では、ワイプ部材が環状の部材である場合を例に挙げて説明したが、これに限定されない。 The front in you facilities embodiment, the wiping member has been described as an example where an annular member, but is not limited thereto. 例えば、第1弾性体と第2弾性体が別体として成形されたのち、両サイドが接合されたものであってもよい。 For example, after the first elastic member and the second elastic body is shaped as separate bodies, or may be both sides are joined.

また、前記実施形態では、ワイプ部材がインクジェットヘッドの長手方向(方向D2)にインクジェットヘッドに対して相対移動する場合を例に挙げて説明したが、ワイプ部材は用紙の搬送方向(方向D1)にインクジェットヘッドに対して相対移動してもよい。 Further, in the above embodiment, the wiping member has been described an example in which moves relative to the inkjet head in the longitudinal direction of the inkjet head (direction D2), the wiping member in the conveying direction of the sheet (direction D1) it may be moved relative to the ink jet head.

1 インクジェット記録装置 2 ケーシング 5 用紙搬送路 20 記録部 22 インクジェットヘッド 22a ノズル面 30 搬送ユニット 35 用紙保持機構 40 第1移動機構(昇降機構) 1 inkjet recording apparatus 2 casing 5 paper transport path 20 recording unit 22 the ink jet head 22a nozzle surface 30 transport unit 35 sheet holding mechanism 40 first moving mechanism (elevating mechanism)
50 ワイプユニット 51 トレイ 51a 突起部 51b 挟持部材 52 ワイプ部材 521 第1ブレード 522 第2ブレード 53 ガイドレール 53a 長孔 60 第2移動機構 50 wiping unit 51 tray 51a projecting portions 51b sandwiching member 52 wiping member 521 first blade 522 second blade 53 guide rails 53a long hole 60 second moving mechanism

Claims (7)

  1. 複数のノズルが設けられたノズル面を有するインクジェットヘッドと、 An inkjet head having a nozzle surface in which a plurality of nozzles are provided,
    前記ノズル面に向かって延設された第1弾性体と、 A first elastic member which extends toward the nozzle surface,
    前記第1弾性体に略平行で前記第1弾性体に隣接した状態で前記ノズル面に向かって延設され、先端部から前記ノズル面までの距離が前記第1弾性体の先端部よりも近い第2弾性体と、 The extending toward the nozzle surface in a state adjacent to the first elastic body substantially parallel to the first elastic body, closer than the tip portion of the distance the first elastic member from the tip portion to the nozzle surface a second elastic member,
    前記第1弾性体及び前記第2弾性体の基端部を支持する支持部材と、 A support member for supporting the base end portion of the first elastic body and the second elastic member,
    前記第1弾性体の先端部及び前記第2弾性体の先端部と前記ノズル面との距離を調節するために前記支持部材を前記ノズル面に離接する方向に前記インクジェットヘッドに対して相対移動可能な第1移動機構と、 Movable relative to said ink jet head said support member in a direction in contact away on the nozzle face in order to adjust the distance between the tip portion and the distal portion and the nozzle face of the second elastic member of the first elastic member a first moving mechanism,
    前記支持部材を前記ノズル面に沿う方向に前記インクジェットヘッドに対して相対移動可能な第2移動機構と、 A second moving mechanism movable relative the ink jet head in a direction along the support member to the nozzle surface,
    前記第1移動機構及び前記第2移動機構を制御する制御手段と、を備え、 And a control unit which controls the first moving mechanism and the second moving mechanism,
    前記制御手段は、 Wherein,
    前記第1移動機構を制御して前記第1弾性体の先端部及び前記第2弾性体の先端部を前記ノズル面に当接させた状態で、前記第2移動機構を制御して前記第2弾性体よりも前記第1弾性体が先行する方向に前記支持部材を前記ノズル面に沿って相対移動させる第1ワイプモードと、 In a state where the tip of the tip portion and the second elastic member of the first elastic member by controlling the first moving mechanism is brought into contact with the nozzle surface, wherein by controlling said second moving mechanism second a first wiping mode for relatively moving the support member in a direction in which the first elastic body precedes the elastic body along the nozzle surface,
    前記第1移動機構を制御して前記第1弾性体を前記ノズル面から離隔させ、かつ、前記第2弾性体の先端部を前記ノズル面に当接させた状態で、前記第2移動機構を制御して前記支持部材を前記ノズル面に沿って相対移動させる第2ワイプモードと、を実行可能であり、 And it controls the first moving mechanism to separate the first elastic member from the nozzle surface, and, in a state where the front end portion of the second elastic member is brought into contact with the nozzle surface, the second moving mechanism a second wiping mode for relatively moving along the support member to the nozzle surface control to a possible execution,
    前記第2ワイプモードは、前記第1ワイプモードの終了後に前記ノズル面をさらに清浄に仕上げる仕上げモードと、インクをノズルから吐出させるメンテナンスの後に前記ノズル面をワイピングする定期メンテナンスモードと、を含み、 The second wipe mode may include a finish mode of finishing the nozzle surface further cleaned after completion of the first wiping mode, and periodic maintenance mode for wiping the nozzle surface after the maintenance to eject ink from the nozzle, and
    前記制御手段は、前記仕上げモードでは、前記第2移動機構を制御して前記第2弾性体よりも前記第1弾性体が先行する方向に前記支持部材を前記ノズル面に沿って相対移動させ、前記定期メンテナンスモードでは、前記第2移動機構を制御して前記第1弾性体よりも前記第2弾性体が先行する方向に前記支持部材を前記ノズル面に沿って相対移動させる、インクジェット記録装置。 Wherein, in the finish mode, the support member is relatively moved along the nozzle surface in the second direction, wherein the moving mechanism control to than the second elastic member first elastic member is preceded, wherein in the scheduled maintenance mode, relatively moves the support member along the nozzle surface in a direction in which the second moving mechanism control to than the first elastic member and the second elastic member is preceded, the ink jet recording apparatus.
  2. 前記第2弾性体は、前記第1弾性体よりも剛性が低い、請求項1に記載のインクジェット記録装置。 Said second elastic member, the lower stiffness than the first elastic body, the ink jet recording apparatus according to claim 1.
  3. 前記第2ワイプモードにおいて、前記制御手段は、前記第2移動機構を制御して前記第2弾性体よりも前記第1弾性体が先行する方向に前記支持部材を前記ノズル面に沿って相対移動させる、請求項2に記載のインクジェット記録装置。 In the second wiping mode, the control means relatively moves the support member along the nozzle surface in the second direction, wherein the moving mechanism control to than the second elastic member first elastic member is preceded by let ink jet recording apparatus according to claim 2.
  4. 前記第1弾性体及び前記第2弾性体は、前記ノズル面に沿った前記相対移動の方向に積層配置された板状部材であり、 The first elastic member and the second elastic member is a plate-like member which is stacked in a direction of the relative movement along the nozzle surface,
    前記ノズル面に対向配置される前記第2弾性体の先端辺の剛性は、前記先端辺の延びる方向の中央部が両端部よりも低い、請求項2又は3に記載のインクジェット記録装置。 The rigidity of the tip side of the second elastic member disposed opposite to the nozzle surface, the central tip portion of the extending direction of the edge is lower than both end portions, the ink jet recording apparatus according to claim 2 or 3.
  5. 前記第1弾性体及び前記第2弾性体は、前記ノズル面に沿った前記相対移動の方向に積層配置された板状部材であり、これらの延設方向の両サイドにおいて互いに連結されている、請求項2又は3に記載のインクジェット記録装置。 The first elastic member and the second elastic body, said a plate-like member which is stacked in a direction of the relative movement along the nozzle surface, are connected to each other at both sides of these extending direction, An ink jet recording apparatus according to claim 2 or 3.
  6. 前記インクジェットヘッドに供給するインクを貯留するインクタンクをさらに備え、 Further comprising an ink tank for storing ink supplied to the ink jet head,
    前記制御手段は、前記第1ワイプモードにおいて前記支持部材を前記ノズル面に沿って相対移動させるときに、前記インクタンクから前記インクジェットヘッドにインクを供給可能な状態に制御する、請求項4又は5に記載のインクジェット記録装置。 Said control means, said support member at said first wipe mode when relatively moving along the nozzle surface, to control the ink to the ink jet head from the ink tank to the ready supply, according to claim 4 or 5 the ink-jet recording apparatus according to.
  7. 前記制御手段は、前記第1ワイプモードにおける前記支持部材の前記ノズル面に沿った相対移動の速度が前記第2ワイプモードにおける前記相対移動の速度よりも低くなるように前記第2移動機構を制御する、請求項2〜6のいずれかに記載のインクジェット記録装置。 Said control means controls said relative movement of said second moving mechanism to be lower than the rate the velocity of the relative movement along the nozzle surface in the second wiping mode of the support member in the first wipe mode to ink jet recording apparatus according to any one of claims 2-6.
JP2013092396A 2013-04-25 2013-04-25 An ink jet recording apparatus Active JP5740431B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2013092396A JP5740431B2 (en) 2013-04-25 2013-04-25 An ink jet recording apparatus

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2013092396A JP5740431B2 (en) 2013-04-25 2013-04-25 An ink jet recording apparatus

Related Parent Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2009268498 Division 2009-11-26

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2013144460A true true JP2013144460A (en) 2013-07-25
JP5740431B2 JP5740431B2 (en) 2015-06-24

Family

ID=49040537

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2013092396A Active JP5740431B2 (en) 2013-04-25 2013-04-25 An ink jet recording apparatus

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP5740431B2 (en)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
EP3231613A1 (en) * 2016-04-14 2017-10-18 SII Printek Inc Cleaning device of liquid ejection head and liquid ejection device

Citations (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH07290715A (en) * 1994-04-28 1995-11-07 Copyer Co Ltd Ink jet recording apparatus
JPH10138501A (en) * 1996-11-06 1998-05-26 Canon Inc Ink jet recording apparatus
US20010000434A1 (en) * 1999-09-24 2001-04-26 Medin Todd R. Contoured cross-sectional wiper for cleaning inkjet printheads
JP2002234172A (en) * 2001-02-13 2002-08-20 Brother Ind Ltd Ink jet recorder
JP2003311986A (en) * 2002-04-25 2003-11-06 Seiko Epson Corp Inkjet recorder
JP2005199597A (en) * 2004-01-16 2005-07-28 Seiko Epson Corp Liquid jet device
JP2007331116A (en) * 2006-06-12 2007-12-27 Brother Ind Ltd Inkjet recorder
JP2009269361A (en) * 2008-05-09 2009-11-19 Olympus Corp Maintenance method of ink-jet head

Patent Citations (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH07290715A (en) * 1994-04-28 1995-11-07 Copyer Co Ltd Ink jet recording apparatus
JPH10138501A (en) * 1996-11-06 1998-05-26 Canon Inc Ink jet recording apparatus
US20010000434A1 (en) * 1999-09-24 2001-04-26 Medin Todd R. Contoured cross-sectional wiper for cleaning inkjet printheads
JP2002234172A (en) * 2001-02-13 2002-08-20 Brother Ind Ltd Ink jet recorder
JP2003311986A (en) * 2002-04-25 2003-11-06 Seiko Epson Corp Inkjet recorder
JP2005199597A (en) * 2004-01-16 2005-07-28 Seiko Epson Corp Liquid jet device
JP2007331116A (en) * 2006-06-12 2007-12-27 Brother Ind Ltd Inkjet recorder
JP2009269361A (en) * 2008-05-09 2009-11-19 Olympus Corp Maintenance method of ink-jet head

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
EP3231613A1 (en) * 2016-04-14 2017-10-18 SII Printek Inc Cleaning device of liquid ejection head and liquid ejection device

Also Published As

Publication number Publication date Type
JP5740431B2 (en) 2015-06-24 grant

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6866361B2 (en) Ink-jet recording apparatus and maintenance method of ink-jet head included in ink-jet recording apparatus
US20050093919A1 (en) Image forming apparatus
US20090284566A1 (en) Droplet ejecting device
US20060274108A1 (en) Image forming apparatus
US20080049058A1 (en) Liquid Discharging Apparatus and Control Method Therefor
JP2009101594A (en) Inkjet recorder
JP2004142450A (en) Inkjet recorder and method of maintenance of inkjet head provided therein
US20090189945A1 (en) Liquid droplet ejecting apparatus
JP2008037642A (en) Recording medium conveying mechanism and liquid drop discharging device
CN1575992A (en) Ink-jet recording apparatus
JP2005205901A (en) Image forming apparatus
JP2005111939A (en) Maintenance device of ink head
JP2007331116A (en) Inkjet recorder
JP2007015130A (en) Liquid droplet discharge device
JP2006206279A (en) Image forming device
JP2008155623A (en) Liquid discharging device and image forming device
JP2004106359A (en) Ink jet recording apparatus
JP2004074554A (en) Ink jet printer
JP2009208245A (en) Platen and image recorder
US20070103505A1 (en) Ink-Jet Recording Apparatus
JP2007230033A (en) Droplet ejection apparatus
JP2006035685A (en) Platen used for borderless image recording and image recording device mounting it
JP2005059475A (en) Image forming device
JP2008247491A (en) Image recording device
JP2007216466A (en) Positioning mechanism for maintenance mechanism equipped by image recording apparatus

Legal Events

Date Code Title Description
A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20130515

A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20130515

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20140421

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20140430

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20140627

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20150331

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20150427

R150 Certificate of patent (=grant) or registration of utility model

Ref document number: 5740431

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150