JP2013119243A - Image forming method using photocurable type inkjet ink - Google Patents

Image forming method using photocurable type inkjet ink Download PDF

Info

Publication number
JP2013119243A
JP2013119243A JP2011269458A JP2011269458A JP2013119243A JP 2013119243 A JP2013119243 A JP 2013119243A JP 2011269458 A JP2011269458 A JP 2011269458A JP 2011269458 A JP2011269458 A JP 2011269458A JP 2013119243 A JP2013119243 A JP 2013119243A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
ink
recording medium
range
compound
temperature
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2011269458A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP5884455B2 (en )
Inventor
敏行 ▲高▼林
Toshiyuki Takabayashi
Satoshi Makado
智 真角
Original Assignee
Konica Minolta Inc
コニカミノルタ株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Images

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an image forming method that uses a photocurable type inkjet ink satisfying both the stability of gelling and photocuring capacity of ink liquid droplets.SOLUTION: The image forming method includes a process of ejecting ink liquid droplets of the photocurable type inkjet ink which contains a color material, a gelling agent, a photopolymerizable compound and a photopolymerization initiator and undergoes sol gel phase transition, from a recording head and adhering the same onto a recording medium; and a process of irradiating, with light from an LED light source, the liquid droplets hit on the recording medium to cure the liquid droplets. The gelling agent is contained within the range of 1.0-7.0 mass% to the whole ink. The photopolymerizable compound includes a (meth)acrylate compound that has a molecular weight of 280-1,500 and a ClogP value within the range of 4-7, and a polyester acrylate oligomer. The (meth)acrylate compound is contained within the range of 10-40 mass% and the polyester acrylate oligomer is contained within the range of 5.0-20.0 mass%, to the whole amount of ink.

Description

本発明は、光硬化型インクジェットインクを用いた画像形成方法に関する。 The present invention relates to an image forming method using the photocurable ink-jet ink.

インクジェット記録方式は、簡易かつ安価に画像を形成できることから、各種印刷分野で用いられている。 An ink jet recording method, because it can form a simple and inexpensive image, are used in various printing fields. インクジェット記録方式の一つとして、紫外線硬化型インクの液滴を記録媒体に着弾させた後、紫外線を照射して硬化させて画像を形成する紫外線硬化型インクジェット方式がある。 One of the ink jet recording system, after landing droplets of UV curable ink onto a recording medium, there is a UV-curable ink jet method to form an image and then cured by irradiation with ultraviolet rays. 紫外線硬化型インクジェット方式は、インク吸収性のない記録媒体においても、高い耐擦過性と密着性を有する画像を形成できることから、近年注目されつつある。 Ultraviolet ray curable ink jet method, even without the recording medium ink absorbency, is because it can form images having adhesion and high abrasion resistance, while in recent years attention.

紫外線硬化型インクジェットインクのピニング性を高める方法として、例えば、インクにゲル化剤を添加して、温度によりゾルゲル相転移させることが検討されている。 As a method for increasing the pinning of the ultraviolet ray curable ink-jet ink, e.g., ink gelling agent is added to, it has been studied to transfer the sol-gel phase by temperature. 即ち、高温で液体状態のインク液滴を吐出し、記録媒体に着弾させると同時に、インク液滴を冷却してゲル化させることで、ドットの合一を抑制することが検討されている。 That is, ejecting ink droplets in the liquid state at high temperatures, and at the same time be deposited on the recording medium, the ink droplets by cooling it to gel, it is considered to suppress coalescence of the dots. インクに添加されるゲル化剤としては、ステアロン等が開示されている(例えば、特許文献1及び2)。 The gelling agent added to the ink, stearone, etc. has been disclosed (e.g., Patent Documents 1 and 2).

更に、紫外線硬化型インクジェットインクに使用する光源が、メタルハライドランプのような輻射熱が高い光源である場合、インク液滴が溶けてしまい、インク液滴の硬化膜表面の硬化不良を招く。 Furthermore, the light source used in the ultraviolet ray curable ink jet inks, when radiant heat such as a metal halide lamp has a high light source, will melt ink droplets, leading to poor curing of the cured film surface of the ink droplets. そこで、インク液滴を硬化させるための光源をLED光源とすることが検討されている(例えば、特許文献3)。 Therefore, to make the light source for curing the ink droplets and the LED light source has been studied (for example, Patent Document 3). ところが、LED光源は光量が小さく、インク液滴の硬化膜内部の硬化性が十分でないという問題が生じることがある。 However, LED light source light amount is small, the cured film internal curability of the ink droplets and the problem of not enough may occur.

インク液滴の硬化膜内部の硬化性を高めるために、紫外線硬化型インクジェットインクに、光重合性化合物としてオリゴマーを配合して、硬化膜内部の硬化性を向上させることが検討されている。 To increase the cured film internal curability of the ink droplets, the UV curable inkjet inks, by blending oligomer as the photopolymerizable compound, it has been considered to improve the cured film internal curability. 前記オリゴマーの例としては、ポリエステルアクリレートオリゴマー等が開示されている(例えば、特許文献4)。 Examples of the oligomer, polyester acrylate oligomer and the like have been disclosed (e.g., Patent Document 4).

米国公開2007/0058020号明細書 US Publication 2007/0058020 Pat. 国際公開第2007/025893号 International Publication No. WO 2007/025893 特開2011−25684号公報 JP 2011-25684 JP 特開2009−132919号公報 JP 2009-132919 JP

しかしながら、オリゴマーを含有する紫外線硬化型インクでは、オリゴマーが酸素阻害の影響を受け、インク液滴の硬化不良が生じることがあった。 However, the ultraviolet curable ink containing oligomer, oligomers affected oxygen inhibition, there is that poor curing of the ink droplets occurs. オリゴマーは、本来重合活性が低いために酸素阻害の影響を受けやすいためである。 Oligomers is easily affected by oxygen inhibition due to the low inherent polymerization activity. 酸素阻害の影響を低減するべく、インクにゲル化剤を添加することが考えられる。 In order to reduce the influence of oxygen inhibition, it is considered that adding a gelling agent to the ink. ゲル化剤を添加することで、記録媒体に着弾したインク液滴が速やかにゲル化して、インク中に溶け込む酸素量を低減することができる。 By adding a gelling agent, the ink droplets landed on the recording medium is rapidly gelled, it is possible to reduce the amount of oxygen dissolved into the ink. それにより、オリゴマーが酸素阻害の影響を受けにくくなる。 As a result, the oligomer is less likely to be affected by the oxygen inhibition.

しかし、インクに添加するオリゴマーの種類によってはゲル化が不安定になったり、インク液滴の硬化性が十分に得られないという問題が生じることがあった。 However, depending on the type of oligomer added to the ink had to or become unstable gelation problem that the curability of the ink droplets can not be sufficiently obtained results.

本発明は、前記事情に鑑みてなされたものであり、ゲル化剤の溶解安定性と、ゲル化の安定性と、インク液滴の硬化性を両立する光硬化型インクジェットインクを用いた画像形成方法を提供することを目的とする。 The present invention has been made in view of the above circumstances, the image formation using the dissolution stability of the gelling agent, and stability of the gelling, the photocurable ink-jet ink for both curing of the ink droplets an object of the present invention to provide a method.

本発明者らは、ゲル化剤の溶解安定性と、ゲル化の安定性と、インク液滴の硬化性とを両立するために、光硬化型インクジェットインクに、光重合性化合物として「特定の(メタ)アクリレート化合物」と「ポリエステルアクリレートオリゴマー」を配合することで、安定に再現性良くゲル化させることができ、かつ記録媒体に着弾したインク液滴を効率的に硬化させる(つまり、LEDのような光量が小さい光源であっても硬化させることができる)ことを見出した。 The present inventors have found that in order to achieve both the dissolution stability of the gelling agent, and stability of the gelling, the curability of the ink droplets, the photocurable inkjet ink, as the photopolymerizable compound "specific by blending (meth) acrylate compound "and" polyester acrylate oligomer ", it is possible to stably with good reproducibility gelling and curing the ink droplets landed on the recording medium efficiently (i.e., LED of light quantity as it has been found smaller a light source can be cured) it.

ゲル化が安定化する理由は限定されないが、前記両成分を配合することで、ゲル化剤の溶解と結晶化とのバランスがとれるためである。 Why gelation is stabilized is not limited, but by blending the two components, because the balance between the solubility and the crystallization of the gelling agent can be taken. つまり、「特定の(メタ)アクリレート化合物」は、加熱条件下においてゲル化剤をインク中に適切に溶解し;「ポリエステルアクリレートオリゴマー」は、記録媒体に着弾したインク中のゲル化剤を適切に結晶化させる。 In other words, "the specific (meth) acrylate compound", a gelling agent suitably dissolved in the ink in the heating conditions; "Polyester acrylate oligomer", suitably a gelling agent in the ink landed on the recording medium to crystallize. 本発明はこのような知見に基づきなされたものである。 The present invention has been accomplished based on these findings.

すなわち、本発明の第一は、以下の光硬化型インクジェットインクを用いた画像形成方法に関する。 That is, the first present invention relates to an image forming method using the following photo-curable inkjet ink.
[1] 色材、ゲル化剤、光重合性化合物及び光重合開始剤を含有し、温度によりゾルゲル相転移する光硬化型インクジェットインクのインク液滴を、インクジェット記録ヘッドから吐出させて記録媒体上に付着させる工程と、前記記録媒体上に着弾した液滴にLED光源からの光を照射して前記インク液滴を硬化させる工程と、を有し、 [1] colorant, gelling agents, and contains a photopolymerizable compound and a photopolymerization initiator, the ink droplets of the photocurable ink-jet ink to transfer the sol-gel phase by temperature, on a recording medium by discharging from an ink jet recording head includes a step of depositing, and a step of curing the ink droplets by irradiating light from the droplet to the LED light source that has landed on the recording medium,
前記ゲル化剤の含有量は、前記インク全体の質量に対し1.0〜7.0質量%の範囲内であり、 The content of the gelling agent, the ink total mass to be in the range of from 1.0 to 7.0 wt%,
前記光重合性化合物は、分子量が280〜1500の範囲内であり、かつ、ClogP値が4.0〜7.0の範囲内にある(メタ)アクリレート化合物と、ポリエステルアクリレートオリゴマーとを含み、 The photopolymerizable compound has a molecular weight in the range of 280 to 1,500, and includes a ClogP value is in the range of 4.0 to 7.0 (meth) acrylate compound, a polyester acrylate oligomer,
前記(メタ)アクリレート化合物の含有量は、前記インク全体の質量に対して10〜40質量%の範囲内であり、 The content of the (meth) acrylate compound is in the range of 10 to 40 wt% based on the total weight of the ink,
前記ポリエステルアクリレートオリゴマーの含有量は、前記インク全体の質量に対して5.0〜20.0質量%の範囲内であり、 The content of the polyester acrylate oligomer is in the range of 5.0 to 20.0 wt% based on the total weight of the ink,
前記光は、370〜410nmにピーク照度0.5〜10.0W/cm を有し、かつ、前記光の光量は350mJ/cm 未満である、画像形成方法。 The light has a peak irradiance 0.5~10.0W / cm 2 to 370~410Nm, and light quantity of the light is less than 350 mJ / cm 2, an image forming method.

[2] 前記ClogP値が4.0〜7.0の範囲内にある(メタ)アクリレート化合物が、下記(1)及び(2)のうちの少なくとも一種の(メタ)アクリレート化合物であることを特徴とする[1]に記載の画像形成方法。 [2] The ClogP value is in the range of 4.0 to 7.0 (meth) acrylate compound, characterized in that at least one (meth) acrylate compound of the following (1) and (2) the image forming method according to [1],.
(1)分子内に(−C(CH )H−CH −O−) (mは3〜14の整数)で表される構造をもつ三官能以上の(メタ)アクリレート化合物(2)分子内に環状構造を持つ二官能以上の(メタ)アクリレート化合物 [3] 前記ゲル化剤が、下記一般式(G1)及び(G2)で表される化合物うちの少なくとも一種の化合物であることを特徴とする[1]又は[2]に記載の画像形成方法。 (1) in the molecule (-C (CH 3) H- CH 2 -O-) m (m is an integer of 3-14) trifunctional or higher (meth) acrylate compound having a structure represented by (2) bifunctional or more having a cyclic structure in the molecule (meth) acrylate compound [3] the gelling agent is at least one compound of compounds represented by the following general formula (G1) and (G2) the image forming method according to [1] or [2], wherein.
一般式(G1):R1−CO−R2 General Formula (G1): R1-CO-R2
一般式(G2):R3−COO−R4 Formula (G2): R3-COO-R4
(式中、R1〜R4は、それぞれ独立に、炭素数12以上の直鎖部分を持ち、かつ分岐を持っても良いアルキル鎖を表す。) (Wherein, the R1 to R4, independently, has a linear moiety having 12 or more carbon atoms, and represents an even have a branched alkyl chain.)
[4] [1]から[3]のいずれか一項に記載の画像形成方法であって、 [4] The image forming method according to any one of [1] to [3],
前記光硬化型インクジェットインクが記録媒体に着弾する時の記録媒体の温度を、前記光硬化型インクジェットインクのゾルゲル相転移温度の−20〜−10℃の範囲内にすることを特徴とする画像形成方法。 Imaging, wherein the light-curable inkjet ink is the temperature of the recording medium at the time of landing on the recording medium, in the range of -20 to-10 ° C. of the sol-gel phase transition temperature of the photo-curable inkjet ink Method.
[5] [1]〜[4]のいずれか一項に記載の画像形成方法であって、 [5] [1] - An image forming method according to any one of [4],
前記LED光源のピーク照度を1〜5W/cm とすることを特徴とする画像形成方法。 The image forming method characterized by the peak irradiance of the LED light source and 1~5W / cm 2.

本発明によれば、ゲル化の安定性とインク液滴の硬化性を両立する光硬化型インクジェットインクを用いた画像形成方法を提供することができ、画像品質が高く、画像の硬度や画像の折り曲げ耐性に優れた画像を提供することができる。 According to the present invention, it is possible to provide an image forming method using the photocurable ink-jet ink having both a curable stability and ink droplets of gelation, the image quality is high, the image of the hardness and images it is possible to provide an image with excellent bending resistance.

ライン記録方式のインクジェット記録装置の要部の構成の一例を示す図である。 Is a diagram illustrating an example of a configuration of a main part of an ink jet recording apparatus of line recording type. シリアル記録方式のインクジェット記録装置の要部の構成の一例を示す図である。 Is a diagram illustrating an example of a configuration of a main part of an ink jet recording apparatus of the serial recording type.

1. 1. 光硬化型インクジェットインクについて 光硬化型インクジェットインクは、少なくとも色材、ゲル化剤、光重合性化合物及び光重合開始剤とを含む。 Photocurable inkjet ink for photocurable inkjet ink contains at least a coloring material, a gelling agent, and a photopolymerizable compound and a photopolymerization initiator.

光重合性化合物について 光重合性化合物は、光の照射により架橋又は重合する化合物である。 Photopolymerizable compounds for the photopolymerizable compound is a compound capable of crosslinking or polymerization by irradiation of light. 本発明は、LED光源からの紫外線をインク液滴に照射してインク液滴を硬化させることを特徴とする。 The present invention is characterized by curing the ink droplets with ultraviolet light from the LED light source is irradiated to the ink droplets. 光重合性化合物は、ラジカル重合性化合物又はカチオン重合性化合物であり、好ましくはラジカル重合性化合物である。 The photopolymerizable compound is a radical polymerizable compound or a cationically polymerizable compound, preferably a radical polymerizable compound.

ラジカル重合性化合物は、ラジカル重合可能なエチレン性不飽和結合を有する化合物(モノマー、オリゴマー、ポリマーあるいはこれらの混合物)である。 Radical polymerizable compound is a radically polymerizable ethylenically unsaturated compound having a bond (monomer, oligomers, polymers or mixtures thereof). ラジカル重合性化合物は、単独で用いてもよく、二種以上を組み合わせて用いてもよい。 The radical polymerizable compound may be used alone or may be used in combination of two or more.

ラジカル重合可能なエチレン性不飽和結合を有する化合物の例には、不飽和カルボン酸とその塩、不飽和カルボン酸エステル化合物、不飽和カルボン酸ウレタン化合物、不飽和カルボン酸アミド化合物及びその無水物、アクリロニトリル、スチレン、不飽和ポリエステル、不飽和ポリエーテル、不飽和ポリアミド、不飽和ウレタン等が挙げられる。 Radical Examples of polymerizable ethylenic compound having an unsaturated bond, an unsaturated carboxylic acid salts thereof, unsaturated carboxylic acid ester compound, an unsaturated carboxylic acid urethane compound, an unsaturated carboxylic acid amide compounds and their anhydrides, acrylonitrile, styrene, unsaturated polyesters, unsaturated polyethers, unsaturated polyamides, unsaturated urethanes, and the like. 不飽和カルボン酸の例には、(メタ)アクリル酸、イタコン酸、クロトン酸、イソクロトン酸、マレイン酸等が含まれる。 Examples of unsaturated carboxylic acids, (meth) acrylic acid, itaconic acid, crotonic acid, isocrotonic acid, and maleic acid.

なかでも、ラジカル重合性化合物は、不飽和カルボン酸エステル化合物であることが好ましく、(メタ)アクリレート化合物であることがより好ましい。 Among them, the radically polymerizable compound is preferably an unsaturated carboxylic acid ester compound, and more preferably a (meth) acrylate compound. (メタ)アクリレート化合物は、モノマーだけでなく、オリゴマー、モノマーとオリゴマーの混合物、変性物、重合性官能基を有するオリゴマー等であってよい。 (Meth) acrylate compound not only monomers, oligomers, mixtures of monomers and oligomers, modified product, may be a oligomer having a polymerizable functional group.

本発明のインクジェットインクは、光重合性化合物として、分子量280〜1500の範囲内であり、かつ、ClogP値が4.0〜7.0の範囲内にある(メタ)アクリレート化合物(以下、「重合性化合物A」)と、ポリエステルアクリレートオリゴマーと、を含有する。 The ink-jet ink of the present invention, as the photopolymerizable compound is in the range of molecular weight from 280 to 1500, and, ClogP value is in the range of 4.0 to 7.0 (meth) acrylate compound (hereinafter, "polymerization and sexual compound a "), containing a polyester acrylate oligomer.

重合性化合物Aについて 重合性化合物Aは、(メタ)アクリレート基を有する化合物であるが、(メタ)アクリレート基を2以上有していることがより好ましい。 Polymerizable Compound A for the polymerizable compound A is a compound having a (meth) acrylate group, and more preferably has (meth) acrylate groups and 2 or more.

重合性化合物Aの分子量は、280〜1500の範囲内にあることが好ましく、300〜800の範囲内あることがより好ましい。 The molecular weight of the polymerizable compound A is preferably in the range of 280 to 1,500, and more preferably in the range of 300 to 800. インクジェット記録ヘッドからインク液滴を安定に吐出するためには、吐出温度でのインク粘度を7〜14mPa・sの間にする必要がある。 To stably discharge ink droplets from the ink jet recording head, it is necessary to set the ink viscosity at the discharge temperature between 7~14mPa · s. 分子量が280未満の重合性化合物とゲル化剤とを含有するインク組成物は、吐出温度前後でのインクの粘度変化が大きすぎるため、インクジェット記録ヘッドからの吐出を安定に行うためのインク組成物の温度を維持することが難しい。 The ink composition having a molecular weight containing a polymerizable compound and a gelling agent of less than 280, the viscosity change of the ink before and after the discharge temperature is too high, the ink composition for performing discharge from the ink jet recording head stably it is difficult to maintain the temperature. また、分子量が280以上の重合性化合物を選択することで、従来のラジカル重合性化合物を含有するインクで問題となっていたインクそのものの臭気や印刷物の臭気の問題も解消できる。 Further, since the molecular weight selects 280 or more polymerizable compounds, conventional ink itself has been a problem with an ink containing a radical polymerizable compound odor and printed materials odor problems can be solved.

また、分子量が1500を超えるような重合性化合物とゲル化剤を有するインク組成物のゾル粘度は高すぎるため、インクジェットインクの組成物として適さない。 Further, since the molecular weight of sol viscosity of the ink composition containing a polymerizable compound and a gelling agent such as more than 1500 is too high, not suitable as a composition of the inkjet ink.

重合性化合物AのClogP値は、4.0〜7.0の範囲内にあることが好ましく、4.5〜6.0の範囲内にあることがより好ましい。 ClogP values ​​of the polymerizable compound A is preferably in the range of 4.0 to 7.0, and more preferably in the range of 4.5 to 6.0. 重合性化合物AのClogP値を4.0未満とすると、インクジェットインクが親水性になってしまい、ゲル化剤が溶解しにくく、加熱してもゲル化剤が完全に溶解しない場合がある。 If the ClogP value of the polymerizable compound A and less than 4.0, the ink-jet ink becomes hydrophilic, less soluble gelling agent, the gelling agent be heated may not completely dissolved. そのため、ゲル化が安定しない。 Therefore, the gelling is not stable. また、重合性化合物AのClogP値が7.0を超えると、インク中における光重合開始剤・開始助剤の溶解性が低下して、硬化性が低下したり、インクジェット記録ヘッドからの吐出性が低下したりする。 Further, when the ClogP value of the polymerizable compound A is more than 7.0, and the solubility of the photopolymerization initiator, co-initiator is lowered in the ink, it lowered curability and ejection ability from the inkjet recording heads There is lowered.

ここで「LogP値」とは、水と1−オクタノールに対する有機化合物の親和性を示す係数である。 Here, the "LogP value" is a coefficient indicating the affinity of the organic compound to water and 1-octanol. 1−オクタノール/水分配係数Pは、1−オクタノールと水の二液相の溶媒に微量の化合物が溶質として溶け込んだときの分配平衡で、それぞれの溶媒中における化合物の平衡濃度の比であり、底10に対するそれらの対数LogPで示す。 1-octanol / water partition coefficient P is minor compounds in a solvent of 1-octanol and water of two liquid phases in the partition equilibrium when it dissolved as a solute, the ratio of the equilibrium concentration of compound in each solvent, They are shown in their logarithmic LogP to the base 10. すなわち、「logP値」とは、1−オクタノール/水の分配係数の対数値であり、分子の親疎水性を表す重要なパラメータとして知られている。 In other words, the "logP value" is a logarithm of octanol / water partition coefficient, known as an important parameter indicative of the hydrophilicity and hydrophobicity of the molecule.

「CLogP値」とは、計算により算出したLogP値である。 The "CLogP value" a LogP value calculated by calculation. CLogP値は、フラグメント法や、原子アプローチ法等により算出されうる。 CLogP values, or a fragment method can be calculated by atomic approach method. より具体的に、ClogP値を算出するには、文献(C.Hansch及びA.Leo、“Substituent Constants for Correlation Analysis in Chemistry and Biology”(John Wiley & Sons, New York, 1969))に記載のフラグメント法または下記市販のソフトウェアパッケージ1又は2を用いればよい。 More specifically, to calculate the ClogP value, the fragment described in the literature (C.Hansch and A.Leo, "Substituent Constants for Correlation Analysis in Chemistry and Biology" (John Wiley & Sons, New York, 1969)) law or may be used following commercially available software packages 1 or 2.
ソフトウェアパッケージ1:MedChem Software (Release 3.54,1991年8月、Medicinal Chemistry Project, Pomona College,Claremont,CA) Software Package 1: MedChem Software (Release 3.54, 8 May 1991, Medicinal Chemistry Project, Pomona College, Claremont, CA)
ソフトウェアパッケージ2:Chem Draw Ultra ver. Software Package 2: Chem Draw Ultra ver. 8.0. 8.0. (2003年4月、CambridgeSoft Corporation,USA) (April 2003, CambridgeSoft Corporation, USA)

本願明細書等に記載したClogP値の数値は、ソフトウェアパッケージ2を用いて計算した「ClogP値」である。 Figures ClogP values ​​described herein, and the like are calculated using the software package 2 "ClogP value".

インクジェットインクにおける重合性化合物Aの含有量は、10〜40質量%の範囲内であることが好ましい。 The content of the polymerizable compound A in the inkjet ink is preferably in the range of 10 to 40 wt%. 10質量%未満であると、インクが親水的になり、ゲル化剤の溶解性が低下して、ゲル化の安定性が低下する。 If it is less than 10 wt%, the ink becomes hydrophilic, decreases the solubility of the gelling agent, the stability of the gelling is reduced. 40質量%を超えると、インク液滴を硬化したときに収縮が大きくなり、印刷物がカールしてしまい、画像を折り曲げた時に画像膜が割れてしまうことがある。 When it exceeds 40 wt%, shrinkage increases when cured ink droplets, the printed matter is curled, it is the image film cracked when folded images.

重合性化合物Aのより好ましい例には、(1)分子内に(−C(CH )H−CH −O−) (mは3〜14の整数)で表される構造を有する、三官能以上のメタクリレート又はアクリレート化合物、(2)分子内に環状構造を持つ二官能以上のメタクリレート又はアクリレート化合物が含まれる。 More preferred examples of the polymerizable compounds A, having a structure represented by formula (1) in the molecule (-C (CH 3) H- CH 2 -O-) m (m is an integer of 3 to 14), trifunctional or more methacrylate or acrylate compounds include (2) difunctional or more methacrylate or acrylate compound having a cyclic structure in the molecule. これらの重合性化合物は、光硬化性が高く、かつ硬化したときの収縮が抑制されており、更にゾルーゲル相転移の繰り返し再現性がより向上する。 These polymerizable compounds, photocurable is high and shrinkage upon curing is suppressed, further repeatability of sol-gel phase transition is further improved.

(1)分子内に(−C(CH )H−CH −O−) (mは3〜14の整数)で表される構造を有する、三官能以上のメタクリレート又はアクリレート化合物とは、例えば、3以上の水酸基を有する化合物の水酸基をプロピレンオキシド変性し、得られた変性物を(メタ)アクリル酸でエステル化したものである。 (1) (m is an integer of 3~14) (-C (CH 3) H-CH 2 -O-) m in the molecule has a structure represented by a trifunctional or more methacrylate or acrylate compounds, for example, propylene oxide-modified hydroxyl group of the compound having three or more hydroxyl groups, the resulting modified product with (meth) acrylic acid is obtained by esterification. この化合物の具体例には、3PO変性トリメチロールプロパントリアクリレートPhotomer 4072(分子量471、ClogP4.90、Cognis社製)、3PO変性トリメチロールプロパントリアクリレートMiramer M360(分子量471、ClogP4.90、Miwon社製)などが含まれる。 Specific examples of the compound, 3PO modified trimethylolpropane triacrylate Photomer 4072 (molecular weight 471, ClogP4.90, manufactured by Cognis Co.), 3PO modified trimethylolpropane triacrylate Miramer M360 (molecular weight 471, ClogP4.90, Miwon Co. ), and the like.

(2)分子内に環状構造を持つ二官能以上のメタクリレート又はアクリレート化合物とは、例えば、2以上の水酸基とトリシクロアルカンとを有する化合物の水酸基を、(メタ)アクリル酸でエステル化したものである。 (2) The bifunctional or more methacrylate or acrylate compound having a cyclic structure in the molecule, for example, a hydroxyl group of a compound having a 2 or more hydroxyl groups and tricycloalkane, which was esterified with (meth) acrylic acid is there. この化合物の具体例には、トリシクロデカンジメタノールジアクリレート NKエステルA−DCP(分子量304、ClogP4.69)、およびトリシクロデカンジメタノールジメタクリレート NKエステルDCP(分子量332、ClogP5.12)などが含まれる。 Specific examples of the compound, tricyclodecane diacrylate NK Ester A-DCP (molecular weight 304, ClogP4.69), and tricyclodecane dimethanol dimethacrylate NK ester DCP (molecular weight 332, ClogP5.12) and included.

重合性化合物Aの別の具体例としては、1,10−デカンジオールジメタクリレート NKエステルDOD−N(分子量310、ClogP5.75、新中村化学社製)なども含まれる。 Another embodiment of the polymerizable compounds A, 1,10-decanediol dimethacrylate NK ester DOD-N (molecular weight 310, ClogP5.75, manufactured by Shin-Nakamura Chemical Co., Ltd.) and the like are also included.

ポリエステルオリゴマーについて 本発明のインクジェットインクは、重合性化合物としてポリエステルアクリレートオリゴマーを含有する。 The ink-jet ink of the present invention for the polyester oligomer contains a polyester acrylate oligomer as the polymerizable compound. ポリエステルアクリレートオリゴマーは、平均官能基数2以上(1分子に2以上の(メタ)アクリル基を平均して有していること)が光硬化性向上の観点で好ましい。 Polyester acrylate oligomers, (to have an average of two or more (meth) acrylic groups per molecule) an average functionality of 2 or more is preferable from the viewpoint of the photocurable improved. ポリエステルアクリレートオリゴマーとは、水酸基を有するポリエステルオリゴマーを(メタ)アクリル酸でエステル化した化合物である。 The polyester acrylate oligomer is a compound obtained by esterifying a polyester oligomer with (meth) acrylic acid having a hydroxyl group.

本発明のポリエステルアクリレートオリゴマーの25℃における粘度は、40〜1000mPa・sであることが好ましく、50〜700mPa・sであることが吐出安定性の観点でより好ましい。 Viscosity at 25 ° C. of the polyester acrylate oligomer of the present invention is preferably a 40~1000mPa · s, it more preferable from the viewpoint of ejection stability is 50~700mPa · s.

本発明のインクジェットインクにおけるポリエステルアクリレートオリゴマーの含有量は、5.0〜20.0質量%であることが好ましく、7.0〜15.0質量%であることがより好ましい。 The content of the polyester acrylate oligomer in the ink-jet ink of the present invention is preferably 5.0-20.0 wt%, and more preferably from 7.0 to 15.0 wt%. インクジェットインクにおけるポリエステルアクリレートオリゴマーの含有量が、5質量%未満であると、安定にゲル化(結晶化)させることができない場合があり;また20質量%を超えると、ゾル化したインクの粘度が高くなるだけでなくゾル化時(高温時)のゲル化剤の溶解性を劣化させてしまうため、本発明のインクジェットインク組成物として適さない。 The content of the polyester acrylate oligomer in the inkjet ink is less than 5 wt%, may not be able to stably gelled (crystallization); If it exceeds 20 mass%, the viscosity of sol ink when a sol not only higher order deteriorates the solubility of the gelling agent (high temperature), is not suitable as an inkjet ink composition of the present invention. ポリエステルアクリレートオリゴマーの作用メカニズムは限定されないが、弱い極性を有しているエステル基を多数持つポリエステルアクリレートオリゴマーと、前述の疎水性が比較的高い重合性化合物Aとが均一に混和している系において、ゾル化時(高温時)には疎水性部と親水性部(極性基)を有するゲル化剤が高い均一性を維持しつつ安定に存在(=相溶)でき、かつ、冷却時にはゲル化(結晶化)が速やかに生じインクの合一を効果的に阻止できると推測している。 Although the mechanism of action of polyester acrylate oligomer is not limited, weak and polyester acrylate oligomer having a number of in which the ester group has a polarity, in a system where the hydrophobic relatively high polymerizable compound A mentioned above are uniformly mixed , when a sol stably present while maintaining a gelling agent high uniformity having hydrophobic portion and a hydrophilic portion (polar group) in the (high temperature) (= compatible) can, and gelation upon cooling speculate that (crystallization) can be effectively prevented coalescence promptly occur inks. このような効果が発現できる含有量が、5.0〜20.0質量%である。 Content that can be such an effect is expressed, it is 5.0 to 20.0 wt%. また、インキ・インク・塗料などで用いられるアクリレートオリゴマーとしては、ウレタンアクリレートオリゴマーもよく知られているが、ウレタン基の持つ強い極性の影響で、ゾル化時(高温時)の相溶性が損なわれたり、冷却時のゲル化(結晶化)が阻害されたりして、ゲル化剤を用いたインク組成物では使えないことを見出した。 As the acrylate oligomer used like an ink, the ink, paints, although urethane acrylate oligomer is also well known, the effect of strongly polar with the urethane group, the compatibility during the sol (at high temperature) impaired or, gelation during cooling (crystallization) is or are inhibited were found to not be used in the ink composition using a gelling agent.

ポリエステルアクリレートオリゴマーの具体例としては、下記のものが挙げられるが、この限りではない。 Specific examples of the polyester acrylate oligomer is include the following, not limited.
BASF社製Laromer PE9074:平均官能基数2、25℃粘度7000〜13000mPa・s。 BASF Corp. Laromer PE9074: The average number of functional groups 2,25 ℃ viscosity 7000~13000mPa · s.
Sartomer社製CN2270:平均官能基数2、25℃粘度55mPa・s、CN2273:平均官能基数2、25℃粘度100mPa・s、CN2303:平均官能基数6、25℃粘度350mPa・s、CN2302:平均官能基数16、25℃粘度300mPa・s、ETERNAL CHEMICAL社製ETERCURE6361-100:平均官能基数8、25℃粘度200mPa・s、ETERCURE6362-100:平均官能基数12〜15、25℃粘度600mPa・s。 Sartomer Co. CN2270: average functionality 2,25 ° C. viscosity of 55mPa · s, CN2273: average functionality 2,25 ° C. viscosity of 100mPa · s, CN2303: average functionality 6 and 25 ° C. viscosity of 350mPa · s, CN2302: average functionality 16, 25 ° C. The viscosity 300mPa · s, ETERNAL CHEMICAL Co. ETERCURE6361-100: average functionality 8, 25 ° C. viscosity of 200mPa · s, ETERCURE6362-100: average functionality 12~15,25 ° C. viscosity of 600 mPa · s.
東亞合成社製M-6200:平均官能基数2、25℃粘度700〜3700mPa・s、M-6250:平均官能基数2、25℃粘度300〜700mPa・s。 Produced by Toagosei Co., Ltd. M-6200: the average number of functional groups 2,25 ℃ viscosity 700~3700mPa · s, M-6250: the average number of functional groups 2,25 ℃ viscosity 300~700mPa · s.

その他の重合性化合物について 本発明のインクジェットインクは、重合性化合物として、その他の重合性化合物を更に含有していてもよい。 The ink-jet ink of the present invention for the other polymerizable compound as a polymerizable compound, other polymerizable compounds may further contain. その他の重合性化合物は、(メタ)アクリレートモノマー及び/又はオリゴマーでありうる。 Other polymerizable compound may be a (meth) acrylate monomer and / or oligomer.

その他の重合性化合物は、例えば、ClogP値が4.0未満である(メタ)アクリレートモノマー及び/又はオリゴマーや、ClogP値が7.0を超える(メタ)アクリレートモノマー及び/又はオリゴマーでありうる。 Other polymerizable compounds, for example, ClogP value of less than 4.0 (meth) and acrylate monomer and / or oligomer may be a ClogP value greater than 7.0 (meth) acrylate monomer and / or oligomer.

その他の重合性化合物の具体例としては下記のものが挙げられるが、この限りではない。 Although the followings may be mentioned as specific examples of the other polymerizable compound, not limited thereto.
Sartomer社製の4EO変性ヘキサンジオールジアクリレートCD561、3EO変性トリメチロールプロパントリアクリレートSR454、6EO変性トリメチロールプロパントリアクリレートSR499、4EO変性ペンタエリスリトールテトラアクリレートSR494、新中村化学社製のポリエチレングリコールジアクリレートNKエステルA−400、NKエステルA−600、ポリエチレングリコールジメタクリレートNKエステル9G、NKエステル14G、大阪有機化学社製テトラエチレングリコールジアクリレートV#335HP。 Sartomer Co. 4EO modified hexanediol diacrylate CD561,3EO modified trimethylolpropane triacrylate SR454,6EO modified trimethylolpropane triacrylate SR499,4EO modified pentaerythritol tetraacrylate SR 494, polyethylene glycol diacrylate NK ester manufactured by Shin-Nakamura Chemical Co., Ltd. A-400, NK ester A-600, polyethylene glycol dimethacrylate NK eSTER 9G, NK ester 14G, Osaka organic chemical Industry Co., Ltd. tetraethylene glycol diacrylate V # 335HP.

従来のゾルゲル相転移する光硬化型インクジェットインクでは、ゲル化剤と重合性化合物との相溶性が詳細に検討されておらず、印字初期にドット合一が抑制できていても、印字を続けると不安定になることがあった。 The photocurable inkjet ink transfer conventional sol-gel phase, compatibility has not been studied in detail with the polymerizable compound and a gelling agent, it is made of printed initial dot coalescence to be suppressed, continuing with printing there may become unstable. また、光重合性化合物の硬化物が大きく収縮するため、印刷物がカールしてしまい、画像を折り曲げた時に画像膜が割れてしまう等の問題が生じていた。 Further, since the cured product of the photopolymerizable compound shrinks, the printed material is curled, the image film and the like cracked problem has occurred when bending the image.

本発明者らは、特定量の重合性化合物Aとポリエステルアクリレートオリゴマーとを、インクジェットインクに配合することで、ゾルゲル相転移型の光硬化型インクジェットインクにおいて、良好な硬化性、高画質(ドット合一抑制、文字潰れなし)、再現性(ゲル化剤溶解安定性=吐出安定性)などの特性を満たすことができることを見出した。 The present inventors have found that a certain amount of the polymerizable compound A and polyester acrylate oligomer, by blending the inkjet ink, the photocurable ink-jet ink of the sol-gel phase transition, good curability, high image quality (dot if one suppression, No collapse characters), found that it is possible to satisfy the characteristics such as reproducibility (gelling agent solution stability = discharge stability).

本発明のインクジェットインクが、高画質画像を与える理由は限定されないが、例えば以下のように考えられうる。 The ink-jet ink of the present invention, the reason for giving a high quality image is not limited and may for example be considered as follows. つまり、インクジェットインクに重合性化合物Aが含まれていることで、ゲル化剤の溶解性があがり、インク液滴の吐出安定性が高まる。 In other words, it contains the polymerizable compound A in the inkjet ink, raises the solubility of the gelling agent, is enhanced ejection stability of the ink droplets. さらに、インクジェットインクにポリエステルアクリレートオリゴマーが含まれていることで、ゲル化剤が安定かつ速やかに析出または結晶化するため、インク液滴の合一が効果的に抑制されると考えられる。 In addition, it contains the polyester acrylate oligomer in the ink-jet inks, since the gelling agent is stable and rapidly precipitated or crystallized believed to coalescence of ink droplets can be effectively suppressed.

さらには、本発明のインクジェットインク中には、弱い極性基を多数持つポリエステルアクリレートオリゴマーと、疎水性が比較的高い(メタ)アクリレートが、比較的均一に混和している。 Further, in the inkjet ink of the present invention, a polyester acrylate oligomer having a number of weak polar groups, relatively high hydrophobicity (meth) acrylate, it is relatively uniformly mixed. そのため、疎水性部と親水性部を有するゲル化剤が、これらの重合性化合物中に均一に存在することができる。 Therefore, it is possible to gelling agent having a hydrophobic portion and a hydrophilic portion, uniformly present in these polymerizable compounds.

このようにして、本発明のインクジェットインクによって、高品質画像が得られる。 In this way, the inkjet ink of the present invention, high quality images can be obtained.

ゲル化剤について インクジェットインクに含まれるゲル化剤は、インクを温度により可逆的にゾルゲル相転移させる機能を有する。 Gelling agent contained in the inkjet ink for gelling agent has a function of reversibly sol-gel phase transition with temperature of ink. そのようなゲル化剤は、少なくとも1)ゲル化温度よりも高い温度で、インク中の溶媒(本発明の場合、光重合性化合物A及びその他の重合性化合物及びポリエステルアクリレートオリゴマー)に溶解すること、2)ゲル化温度以下の温度で、インク中で結晶化すること、が必要である。 Such gelling agents are at least 1) a temperature higher than the gelling temperature, if the solvent (the present invention in the ink, the photopolymerizable compound A and other polymerizable compound and dissolving the polyester acrylate oligomer) , 2) at the gelation temperature below the temperature, the crystallization in the ink is required.

1)において、「ゾルゲル相転移温度」とは、ゾル状態からゲル状態に変化(転移)する変化(転移)点の温度をいい、ゲル転移温度、ゲル溶解温度、ゲル軟化温度、ゾルゲル転移点ゲル化点と称される用語と同義である。 In 1), the term "sol-gel phase transition temperature", refers to a temperature change (transition) point to change (transition) from the sol state to a gel state, the gel transition temperature, gel melting temperature, the gel softening temperature, sol-gel transition temperature gel it is synonymous with the called term of points.

2)において、ゲル化剤がインク中で結晶化するときに、ゲル化剤の結晶化物である板状結晶が三次元的に囲む空間を形成し、前記空間に光重合性化合物を内包することが好ましい。 In 2), when the gelling agent is crystallized in the ink, the plate-like crystals are crystallized product gelling agent forms a space surrounding in three dimensions, containing the photopolymerizable compound in the space It is preferred. このように、板状結晶が三次元的に囲む空間に光重合性化合物が内包された構造を「カードハウス構造」ということがある。 Thus, the plate-like crystals photopolymerizable compound is contained in the space surrounding the three-dimensional structure may be referred to as a "card house structure". カードハウス構造が形成されると、液体の光硬化性化合物を保持することができ、インク液滴をピニングすることができる。 When the card house structure is formed, it is possible to hold the photocurable compound in the liquid, it is possible to pinning ink droplets. それにより、液滴同士の合一を抑制することができる。 Thereby, it is possible to suppress the coalescence of liquid droplets. カードハウス構造とは、その空間に液体の光重合性化合物が保持された状態のことをいう。 The card house structure refers to a state in which the photopolymerizable compound in the liquid is held in the space.

インク液滴を安定に吐出するには、ゾル化時(高温時)にインク中の溶媒(本発明の場合、光重合性化合物A及びその他の重合性化合物及びポリエステルアアクリレートオリゴマー)とゲル化剤の相溶性を確保することが必要である。 To stably discharge ink droplets (in the case of the present invention, the photopolymerizable compound A and other polymerizable compounds and polyester A acrylate oligomer) during sol in ink (at high temperatures) a solvent and a gelling agent it is necessary to ensure the compatibility of. 更に、高速印刷時においても安定に液滴同士の合一を抑制するには、インク液滴が記録媒体に着弾後に速やかに冷却されゲル化剤の結晶化が速やかに起こることが求められ、好ましくは強固なカードハウス構造を形成することが求められる。 Furthermore, in order to suppress coalescence of liquid droplets stably even during high-speed printing, the ink droplets quickly crystallization of the cooled gelling agent that occurs promptly sought after landing on the recording medium, preferably It is required to form a strong card house structure. 本発明が、ゲル化剤の相溶性と速やかな結晶化を可能にする理由は、ポリエステルアクリレートオリゴマーに関する記述の項で述べた通りである。 The present invention, the reason for enabling compatibility and rapid crystallization of the gelling agent is as stated in the description of the polyester acrylate oligomer.

インクジェットインクのゾルゲル転移温度は、任意に設定されるが、インク液滴の安定した出射性、高温加熱に伴う弊害等の観点から、30〜100℃の範囲内であることが好ましい。 Sol-gel transition temperature of the ink-jet ink is set arbitrarily, stable emission of the ink droplets, in view of adverse effects such as caused by high-temperature heating is preferably in the range of 30 to 100 ° C.. また、ゾルゲル転移温度は、インクジェット記録ヘッド内でのインク温度と記録媒体の温度の間であることが好ましい。 Further, the sol-gel transition temperature is preferably between the temperature of the ink temperature and the recording medium in the ink jet recording head.

当該ゾルゲル転移温度の測定方法は、例えば、ヒートプレート上にゲル状の試験片を置き、ヒートプレートを加熱していき、試験片の形状が崩れる温度を測定し、これをゾルゲル相転移温度として求めることができる。 Method of measuring the sol-gel transition temperature, for example, place the gel-like specimen to the heat plate, continue to heat the heat plate to measure the temperature of the shape collapses specimens, obtaining it as the sol-gel phase transition temperature be able to. また、市販の粘弾性測定装置(例えば、Physica社製粘弾性測定装置 MCR300)を用いても測定できる。 Also it is measured using a commercially available viscoelasticity measuring apparatus (for example, Physica Co. viscoelasticity measuring device MCR300).

ゾルゲル転移温度は、後述するゲル化剤、光重合性化合物等の種類、添加量等により調整することが可能である。 Sol-gel transition temperature, it is possible to adjust the gelling agent to be described later, the type of such photopolymerizable compound, the amount added.

ゲル化剤の例には、ジアルキルケトン、脂肪酸エステル、脂肪酸アルコール、脂肪酸アミド、オイルゲル化剤等が含まれる。 Examples of gelling agents are dialkyl ketones, fatty acid esters, fatty alcohols, fatty acid amides, oil gelling agent.

ゲル化剤の具体例には、ステアロン(18−ペンタトリアコンタノン)、16−ヘントリアコンタノン、12−トリコサノン、UNILIN425等の脂肪酸アルコール、脂肪酸エステル、ステアリン酸イヌリン・脂肪酸デキストリン(レオパールシリーズとして千葉製粉より入手可能)、L−グルタミン酸誘導体(味の素ファインテクノ社より入手可能)、脂肪酸アミド(FATTY AMIDシリーズ、花王社より入手可能)、ベヘン酸エイコサン二酸グリセリル(ノムコートHK−G、日清オイリオ)、ホホバエステル(Floraester70、池田物産社より入手可能)、特開2005−126507号や特開2005−255821号に記載のオイルゲル化剤、等の分子量1000未満の低分子な化合物が好ましく挙げられるが Examples of gelling agents include stearone (18-pentatriacontanone), 16 hen triacontanyl Non, 12 Torikosanon, Chiba as fatty alcohols such UNILIN425, fatty acid esters, stearic acid inulin, fatty acid dextrin (Leo Pearl series milling available from), L-glutamic acid derivative (Ajinomoto Fine-Techno Co., Inc. available from), fatty acid amide (fATTY AMID series, available from Kao Corp.), behenic acid eicosane diacid glyceryl (Nomukoto HK-G, Nisshin OilliO) , jojoba esters (Floraester70, Ikedabussan Inc. available from), oil-gelling agents described in and JP 2005-255821 2005-126507 JP, low molecular compounds having a molecular weight of less than 1000 and the like preferably 、この限りではない。 , This does not apply.

また、脂肪酸アミドであるゲル化剤の具体例には、FATTY AMID E:エルカ酸アミド、FATTY AMID T:オレイン酸アミド、FATTY AMID O−N:硬化牛脂酸アミド(以上、花王社より入手可能)、ニッカアマイドAP1:ステアリン酸アミド(日本化成社より入手可能)、GP−1:N−ラウロイル−L−グルタミン酸ジブチルアミド(味の素ファイテクノ社より入手可能)等がある。 Also, specific examples of the gelling agent is a fatty acid amide, FATTY AMID E: erucamide, FATTY AMID T: oleic acid amide, FATTY AMID O-N: hardened tallow acid amide (or, available from Kao Corporation) , NIKKAMIDE AP1: stearamide (manufactured by Nippon Kasei Chemical Co., available from), GP-1: N-lauroyl -L- glutamic acid dibutyl (Ajinomoto phi Techno Co. available from), and the like.

ただし、脂肪酸アミドやウレタン化合物、炭素数12以上のアルキル鎖の末端に−OH、−COOH等の極性基をもつゲル化剤は、加熱したインク中での安定性が悪いことがあり、析出したり層分離したりすることがある。 However, fatty acid amide or urethane compound, a gelling agent having a polar group -OH, -COOH, etc. at the end of the number 12 or greater alkyl chain carbon may be poor stability in heated ink, precipitated may or have enough layers separated. また、UV硬化後の画像膜中からゲル化剤が時間の経過とともに徐々に溶出し、画像の保存条件によっては問題となる。 Moreover, the gelling agent is gradually eluted with the passage of time from the image layer after UV curing, it becomes a problem by storage conditions of the image.

そこで、特に好ましいゲル化材としては、下記一般式(G1)及び(G2)で表される化合物が挙げられる。 Accordingly, particularly preferred gelling material include compounds represented by the following general formula (G1) and (G2).
一般式(G1):R1−CO−R2 General Formula (G1): R1-CO-R2
一般式(G2):R3−COO−R4 Formula (G2): R3-COO-R4
式中、R1〜R4は、それぞれ独立に、炭素数12以上の直鎖部分を持ち、かつ分岐を持っても良いアルキル鎖を表す。 Wherein, R1 to R4 each independently have a linear moiety having 12 or more carbon atoms, and represents an even have a branched alkyl chain.

一般式(G1)はケトンワックスと称され、一般式(G2)は脂肪酸エステルと称される。 General Formula (G1) is referred to as ketone wax, general formula (G2) is referred to as a fatty acid ester. これらのゲル化剤は、インク液滴をより安定に(再現性良く)ゲル化させることができ、記録媒体に着弾したインク液滴(ドット)の合一が抑制できるので好ましい。 These gelling agents, ink droplets more stably can be (good reproducibility) gelling preferable since coalescence of the ink droplets landed on the recording medium (dots) can be suppressed.

ケトンワックス及び脂肪酸エステルであるゲル化剤の具体例としては、下記表1に記載のものが挙げられるがこの限りではない。 Specific examples of the gelling agent is a ketone waxes and fatty acid esters include those described in the following Table 1, but not limited thereto.

本発明のインクジェットインクは、ゲル化剤を所定量含有するので、インクジェット記録ヘッドから吐出されて、インク液滴として記録媒体上に着弾して、ゾルーゲル相転移温度よりも低い温度にまで低下すると速やかにゲル状態となる。 Promptly inkjet ink of the present invention contains a predetermined amount of a gelling agent, is discharged from the ink jet recording head and landed on the recording medium as an ink droplet, drops to a temperature lower than the sol-gel phase transition temperature the gel state. そのため、ドット同士の混じり合いやドットの合一が抑制されて、高速印字時の高画質形成が可能となる。 Therefore, coalescence of mixed each other and dots of dots is suppressed, thereby enabling high-quality formation during high-speed printing. その後、ゲル化したインク液滴が光照射を受けて硬化することにより、記録媒体上に定着され強固な画像膜を形成する。 Thereafter, the gelled ink drops by curing irradiated by light, is fixed on the recording medium to form a strong image film.

本発明のインクジェットインクは、記録媒体に着弾したインク液滴が速やかにゲル化することで、記録媒体上でインク液滴が拡散しないため、インク液滴中に環境中の酸素が入り込みにくい。 The ink-jet ink of the present invention, by the ink droplets landed on the recording medium is rapidly gelled, since the ink droplets on the recording medium is not diffused, the oxygen in the environment hardly enter into the ink droplets. そのため、硬化が酸素阻害による影響を受けにくくなる。 Therefore, curing is hardly affected by oxygen inhibition.

インクジェットインクにおけるゲル化剤の含有量は、0.5〜10質量%が好ましく、更に好ましくは1〜7質量%である。 The content of gelling agent in the inkjet ink, from 0.5 to 10 mass% is preferred, more preferably from 1 to 7 mass%. 0.5質量%未満であると、インク液滴をゲル化(温度によるゾルゲル相転移)させることができず、10質量%を超えると、インク中に十分に溶解できず、インク液滴の射出性が低下するからである。 If it is less than 0.5 wt%, it is impossible to ink droplets are gelled (sol-gel phase transition with temperature), more than 10 wt%, can not be sufficiently dissolved in the ink, ejection of ink droplets sex is lowered.

光重合開始剤について 光硬化型インクジェットインクは、必要に応じて光重合開始剤を更に含んでもよい。 Photocurable inkjet ink for the photopolymerization initiator may further comprise a photopolymerization initiator as required.

光重合開始剤は、分子内結合開裂型と分子内水素引き抜き型とがある。 The photopolymerization initiator may intramolecular bond cleavage type and an intramolecular hydrogen abstraction type. 分子内結合開裂型の光重合開始剤の例には、ジエトキシアセトフェノン、2-ヒドロキシ-2-メチル-1-フェニルプロパン-1-オン、ベンジルジメチルケタール、1-(4-イソプロピルフェニル)-2-ヒドロキシ-2-メチルプロパン-1-オン、4-(2-ヒドロキシエトキシ)フェニル-(2-ヒドロキシ-2-プロピル)ケトン、1-ヒドロキシシクロヘキシル-フェニルケトン、2-メチル-2-モルホリノ(4-チオメチルフェニル)プロパン-1-オン、2-ベンジル-2-ジメチルアミノ-1-(4-モルホリノフェニル)-ブタノン等のアセトフェノン系; Examples of the photopolymerization initiator of an intramolecular bond cleavage type, diethoxyacetophenone, 2-hydroxy-2-methyl-benzyl dimethyl ketal, 1- (4-isopropylphenyl) -2 - hydroxy-2-methylpropan-1-one, 4- (2-hydroxyethoxy) phenyl - (2-hydroxy-2-propyl) ketone, 1-hydroxycyclohexyl - phenyl ketone, 2-methyl-2-morpholino (4 - thiomethylphenyl) propan-1-one, 2-benzyl-2-dimethylamino-1- (4-morpholinophenyl) - acetophenone such as butanone;
ベンゾイン、ベンゾインメチルエーテル、ベンゾインイソプロピルエーテル等のベンゾイン類; Benzoin, benzoin methyl ether, benzoin ethers such as benzoin isopropyl ether;
2,4,6-トリメチルベンゾインジフェニルホスフィンオキシド等のアシルホスフィンオキシド系; Acylphosphine oxide, such as 2,4,6-trimethyl benzoin diphenylphosphine oxide;
ベンジル及びメチルフェニルグリオキシエステル等が含まれる。 And benzyl and methyl phenylglyoxylate esters include.

分子内水素引き抜き型の光重合開始剤の例には、ベンゾフェノン、o-ベンゾイル安息香酸メチル-4-フェニルベンゾフェノン、4,4'-ジクロロベンゾフェノン、ヒドロキシベンゾフェノン、4-ベンゾイル-4'-メチル−ジフェニルサルファイド、アクリル化ベンゾフェノン、3,3',4,4'-テトラ(t-ブチルペルオキシカルボニル)ベンゾフェノン、3,3'-ジメチル-4-メトキシベンゾフェノン等のベンゾフェノン系; Examples of intramolecular hydrogen abstraction type photopolymerization initiator, benzophenone, o- benzoyl benzoate-4-phenyl benzophenone, 4,4'-dichlorobenzophenone, hydroxybenzophenone, 4-benzoyl-4'-methyl - diphenyl sulfide, acrylated benzophenone, 3,3 ', 4,4'-tetra (t- butylperoxycarbonyl) benzophenone, benzophenone or 3,3'-dimethyl-4-methoxybenzophenone;
2-イソプロピルチオキサントン、2,4-ジメチルチオキサントン、2,4-ジエチルチオキサントン、2,4-ジクロロチオキサントン等のチオキサントン系; 2-isopropyl thioxanthone, 2,4-dimethyl thioxanthone, 2,4-diethyl thioxanthone, thioxanthone such as 2,4-dichloro thioxanthone;
ミヒラ−ケトン、4,4'-ジエチルアミノベンゾフェノン等のアミノベンゾフェノン系; Michler's - ketone, amino benzophenone and 4,4'-diethylamino benzophenone;
10-ブチル-2-クロロアクリドン、2-エチルアンスラキノン、9,10-フェナンスレンキノン、カンファーキノン等が含まれる。 10-butyl-2-chloro acridone, 2-ethyl anthraquinone, 9,10-phenanthrenequinone, include camphorquinone, and the like.

中でもアシルホスフィンオキシドやアシルホスフォナートは、感度の面から、好ましく用いることができる。 Among these acylphosphine oxides and acyl phosphonium diisocyanate may be in terms of sensitivity, preferably used.

具体的には、ビス(2,4,6-トリメチルベンゾイル)-フェニルホスフィンオキサイド、ビス(2,6-ジメトキシベンゾイル)-2,4,4-トリメチル-ペンチルホスフィンオキサイド等が好ましい。 Specifically, bis (2,4,6-trimethylbenzoyl) - phenylphosphine oxide, bis (2,6-dimethoxybenzoyl) -2,4,4-trimethyl - pentyl phosphine oxide and the like are preferable.

光重合開始剤の好ましい添加量は、インク組成物全体の0.1〜10質量%、特に好ましくは2〜8質量%である。 The preferred addition amount of the photopolymerization initiator is 0.1 to 10 mass% of the entire ink composition, particularly preferably from 2 to 8% by weight.

光硬化型インクジェットインクは、光重合開始剤として、光酸発生剤を含んでもよい。 Photocurable inkjet ink, as a photopolymerization initiator may include a photoacid generator. 光酸発生剤の例には、化学増幅型フォトレジストや光カチオン重合に利用される化合物が用いられる(有機エレクトロニクス材料研究会編、「イメージング用有機材料」、ぶんしん出版(1993年)、187〜192ページ参照)。 Examples of the photoacid generator, chemically amplified photoresists and compounds used in cationic photopolymerization are used (Organic electronics material seminar "Organic material for imaging" from Bunshin publishing house (1993), 187 reference to 192 pages).

光硬化型インクジェットインクは、必要に応じて光重合開始剤助剤や重合禁止剤等を更に含んでもよい。 Photocurable inkjet ink may further comprise a photopolymerization initiator auxiliary agent and a polymerization inhibitor, if necessary. 光重合開始剤助剤は、第3級アミン化合物であってよく、芳香族第3級アミン化合物が好ましい。 Photopolymerization initiator aid may be a tertiary amine compounds, aromatic tertiary amine compounds are preferred. 芳香族第3級アミン化合物の例には、N,N-ジメチルアニリン、N,N-ジエチルアニリン、N,N-ジメチル-p-トルイジン、N,N-ジメチルアミノ-p-安息香酸エチルエステル、N,N-ジメチルアミノ-p-安息香酸イソアミルエチルエステル、N,N-ジヒドロキシエチルアニリン、トリエチルアミン及びN,N-ジメチルヘキシルアミン等が含まれる。 Aromatic Examples of tertiary amine compounds, N, N-dimethylaniline, N, N-diethylaniline, N, N-dimethyl -p- toluidine, N, N-dimethylamino -p- acid ethyl ester, N, N- dimethylamino -p- acid isoamyl ester, N, N- dihydroxyethyl aniline, triethylamine and N, include N- dimethyl-hexylamine and the like. なかでも、N,N-ジメチルアミノ-p-安息香酸エチルエステル、N,N-ジメチルアミノ-p-安息香酸イソアミルエチルエステルが好ましい。 Of these, N, N-dimethylamino -p- acid ethyl ester, N, N-dimethylamino -p- acid isoamyl ethyl ester. これらの化合物は、単独で用いられてもよいし、2種類以上が併用されてもよい。 These compounds may be used alone, or two or more kinds may be used in combination.

重合禁止剤の例には、(アルキル)フェノール、ハイドロキノン、カテコール、レゾルシン、p-メトキシフェノール、t-ブチルカテコール、t-ブチルハイドロキノン、ピロガロール、1,1-ピクリルヒドラジル、フェノチアジン、p-ベンゾキノン、ニトロソベンゼン、2,5-ジ-tert-ブチル-p-ベンゾキノン、ジチオベンゾイルジスルフィド、ピクリン酸、クペロン、アルミニウムN-ニトロソフェニルヒドロキシルアミン、トリ-p-ニトロフェニルメチル、N-(3-オキシアニリノ-1,3-ジメチルブチリデン)アニリンオキシド、ジブチルクレゾール、シクロヘキサノンオキシムクレゾール、グアヤコール、o-イソプロピルフェノール、ブチラルドキシム、メチルエチルケトキシム、シクロヘキサノンオキシム等が含まれる。 Examples of the polymerization inhibitor, (alkyl) phenol, hydroquinone, catechol, resorcinol, p- methoxyphenol, t- butyl catechol, t- butyl hydroquinone, pyrogallol, 1,1-picrylhydrazyl, phenothiazine, p- benzoquinone , nitrosobenzene, 2,5-di -tert- butyl -p- benzoquinone, dithio benzoyl disulfide, picric acid, cupferron, aluminum N- nitrosophenylhydroxylamine, tri -p- nitrophenyl methyl, N- (3- Okishianirino - 1,3-dimethyl-butylidene) aniline oxide, dibutyl cresol, cyclohexanone oxime cresol, guaiacol, o- isopropylphenol, Buchirarudokishimu, methyl ethyl ketoxime, cyclohexanone oxime or the like.

色材について インクジェットインクは、各種公知の染料と顔料の少なくとも1つ以上を含有することが好ましく、特に顔料を含有することが好ましい。 Inkjet ink for the coloring material preferably contains various known dyes and at least one or more pigments, it is particularly preferable to contain a pigment.

インクジェットインクに含まれうる顔料を、以下に列挙する。 The pigment that can be included in the inkjet ink are listed below.
C. C. I. I. Pigment Yellow 1,2,3,12,13,14,16,17,73,74,75,81,83,87,93,95,97,98,109,114,120,128,129,138,150,151,154,155,180,185,213 Pigment Yellow 1,2,3,12,13,14,16,17,73,74,75,81,83,87,93,95,97,98,109,114,120,128,129,138, 150,151,154,155,180,185,213
C. C. I. I. Pigment Red 5,7,12,22,38,48:1,48:2,48:4,49:1,53:1,57:1,63:1,101,112,122,123,144,146,168,184,185,202 Pigment Red 5,7,12,22,38,48: 1,48: 2,48: 4,49: 1,53: 1,57: 1,63: 1,101,112,122,123,144, 146,168,184,185,202
C. C. I. I. Pigment Violet 19,23 Pigment Violet 19,23
C. C. I. I. Pigment Blue 1,2,3,15:1,15:2,15:3,15:4,18,22,27,29,60 Pigment Blue 1,2,3,15: 1,15: 2,15: 3,15: 4,18,22,27,29,60
C. C. I. I. Pigment Green 7,36 Pigment Green 7,36
C. C. I. I. Pigment White 6,18,21 Pigment White 6,18,21
C. C. I. I. Pigment Black 7 Pigment Black 7

顔料の平均粒径は0.08〜0.5μmであることが好ましく、顔料の最大粒径は0.3〜10μmであり、好ましくは0.3〜3μmである。 The average particle diameter of the pigment is 0.08~0.5Myuemu, the maximum particle size of the pigment is 0.3 to 10 [mu] m, preferably 0.3 to 3 m. 顔料の粒径を調整することによって、インクジェット記録ヘッドのノズルの詰まりを抑制し、インクの保存安定性、インク透明性及び硬化感度を維持することができる。 By adjusting the particle size of the pigment, suppressing clogging of the nozzles of the ink jet recording head, it is possible to maintain the storage stability of the ink, ink transparency and curing sensitivity.

一方、インクジェットインクに含まれうる染料は、油溶性染料等でありうる。 Meanwhile, the dye that can be contained in the inkjet ink may be oil-soluble dyes. 油溶性染料は、以下の各種染料が挙げられる。 Oil-soluble dyes include the following various dyes. マゼンタ染料の例には、MS Magenta VP、MS Magenta HM−1450、MS Magenta HSo−147(以上、三井東圧社製)、AIZENSOT Red−1、AIZEN SOT Red−2、AIZEN SOTRed−3、AIZEN SOT Pink−1、SPIRON Red GEH SPECIAL(以上、保土谷化学社製)、RESOLIN Red FB 200%、MACROLEX Red Violet R、MACROLEX ROT5B(以上、バイエルジャパン社製)、KAYASET Red B、KAYASET Red 130、KAYASET Red 802(以上、日本化薬社製)、PHLOXIN、ROSE BENGAL、ACID Red(以上、ダイワ化成社製)、HSR−31、DIAR Examples of magenta dyes, MS Magenta VP, MS Magenta HM-1450, MS Magenta HSo-147 (manufactured by Mitsui Toatsu Chemicals, Inc.), AIZENSOT Red-1, AIZEN SOT Red-2, AIZEN SOTRed-3, AIZEN SOT Pink-1, SPIRON Red GEH SPECIAL (manufactured by Hodogaya chemical Co., Ltd.), RESOLIN Red FB 200%, MACROLEX Red Violet R, MACROLEX ROT5B (manufactured by Bayer Japan Ltd.), KAYASET Red B, KAYASET Red 130, KAYASET Red 802 (manufactured by Nippon Kayaku Co., Ltd.), PHLOXIN, ROSE BENGAL, ACID Red (manufactured by Daiwa Kasei Co., Ltd.), HSR-31, DIAR SIN Red K(以上、三菱化成社製)、Oil Red(BASFジャパン社製)が含まれる。 SIN Red K (manufactured by Mitsubishi Kasei Co., Ltd.), is included Oil Red (manufactured by BASF Japan Co., Ltd.).

シアン染料の例には、MS Cyan HM−1238、MS Cyan HSo−16、Cyan HSo−144、MS Cyan VPG(以上、三井東圧社製)、AIZEN SOT Blue−4(保土谷化学社製)、RESOLIN BR. Examples of cyan dyes, MS Cyan HM-1238, MS Cyan HSo-16, Cyan HSo-144, MS Cyan VPG (manufactured by Mitsui Toatsu Chemicals, Inc.), AIZEN SOT Blue-4 (manufactured by Hodogaya Chemical Co., Ltd.), RESOLIN BR. Blue BGLN 200%、MACROLEX Blue RR、CERES Blue GN、SIRIUS SUPRATURQ. Blue BGLN 200%, MACROLEX Blue RR, CERES Blue GN, SIRIUS SUPRATURQ. Blue Z−BGL、SIRIUS SUPRA TURQ. Blue Z-BGL, SIRIUS SUPRA TURQ. Blue FB−LL 330%(以上、バイエルジャパン社製)、KAYASET Blue FR、KAYASET Blue N、KAYASET Blue 814、Turq. Blue FB-LL 330% (or more, manufactured by Bayer Japan Ltd.), KAYASET Blue FR, KAYASET Blue N, KAYASET Blue 814, Turq. Blue GL−5 200、Light Blue BGL−5 200(以上、日本化薬社製)、DAIWA Blue 7000、Oleosol Fast Blue GL(以上、ダイワ化成社製)、DIARESIN Blue P(三菱化成社製)、SUDAN Blue 670、NEOPEN Blue 808、ZAPON Blue 806(以上、BASFジャパン社製)等が含まれる。 Blue GL-5 200, Light Blue BGL-5 200 (or more, manufactured by Nippon Kayaku Co., Ltd.), DAIWA Blue 7000, Oleosol Fast Blue GL (manufactured by Daiwa Kasei Co., Ltd.), (manufactured by Mitsubishi Kasei Co., Ltd.) DIARESIN Blue P, SUDAN Blue 670, NEOPEN Blue 808, ZAPON Blue 806 (or, BASF Japan Ltd.), and the like.

イエロー染料の例には、MS Yellow HSm−41、Yellow KX−7、Yellow EX−27(三井東圧)、AIZEN SOT Yellow−1、AIZEN SOT YelloW−3、AIZEN SOT Yellow−6(以上、保土谷化学社製)、MACROLEX Yellow 6G、MACROLEX FLUOR. Yellow Examples of dyes, MS Yellow HSm-41, Yellow KX-7, Yellow EX-27 (Mitsui Toatsu), AIZEN SOT Yellow-1, AIZEN SOT YelloW-3, AIZEN SOT Yellow-6 (or, Hodogaya chemical Co., Ltd.), MACROLEX Yellow 6G, MACROLEX FLUOR. Yellow 10GN(以上、バイエルジャパン社製)、KAYASET Yellow SF−G、KAYASET Yellow2G、KAYASET Yellow A−G、KAYASET Yellow E−G(以上、日本化薬社製)、DAIWA Yellow 330HB(ダイワ化成社製)、HSY−68(三菱化成社製)、SUDAN Yellow 146、NEOPEN Yellow 075(以上、BASFジャパン社製)等が含まれる。 Yellow 10GN (or more, manufactured by Bayer Japan Ltd.), KAYASET Yellow SF-G, KAYASET Yellow2G, KAYASET Yellow A-G, KAYASET Yellow E-G (or more, manufactured by Nippon Kayaku Co., Ltd.), DAIWA Yellow 330HB (manufactured by Daiwa Kasei Co., Ltd.) (manufactured by Mitsubishi Kasei Corp.) HSY-68, SUDAN Yellow 146, NEOPEN Yellow 075 (or, BASF Japan Ltd.), and the like.

ブラック染料の例には、MS Black VPC(三井東圧社製)、AIZEN SOT Black−1、AIZEN SOT Black−5(以上、保土谷化学社製)、RESORIN Black GSN 200%、RESOLIN BlackBS(以上、バイエルジャパン社製)、KAYASET Black A−N(日本化薬社製)、DAIWA Black MSC(ダイワ化成社製)、HSB−202(三菱化成社製)、NEPTUNE Black X60、NEOPEN Black X58(以上、BASFジャパン社製)等が含まれる。 Examples of the black dyes, MS Black VPC (Mitsui Toatsu Co.), AIZEN SOT Black-1, AIZEN SOT Black-5 (manufactured by Hodogaya Chemical Co., Ltd.), RESORIN Black GSN 200%, RESOLIN BlackBS (or, manufactured by Bayer Japan Co., Ltd.), KAYASET made Black A-N (manufactured by Nippon Kayaku Co., Ltd.), DAIWA made Black MSC (Daiwa Kasei Co., Ltd.), made by HSB-202 (Mitsubishi Kasei Corporation), NEPTUNE Black X60, NEOPEN Black X58 (or more, BASF It includes Japan Co., Ltd.), and the like.

顔料又は染料の含有量は、光硬化型インクジェットインクに対して0.1〜20質量%であることが好ましく、0.4〜10質量%であることがより好ましい。 The content of the pigment or dye is preferably 0.1 to 20% by mass of the photocurable ink-jet ink, more preferably 0.4 to 10 mass%. 顔料又は染料の含有量が少なすぎると、得られる画像の発色が十分ではなく、多すぎるとインクの粘度が高くなり、射出性が低下するからである。 When the content of the pigment or dye is too small, coloring of the obtained image is insufficient, while if too great viscosity of the ink is increased, since the injection resistance is reduced.

また、インクジェットインクは、分散助剤として、各種顔料に応じたシナージストを含有していてもよい。 The inkjet ink as a dispersion aid may contain a synergist for the pigment. 分散剤及び分散助剤の合計量は、顔料に対して1〜50質量%であることが好ましい。 The total amount of dispersant and dispersing aid is preferably 1 to 50 mass% relative to the pigment.

前記顔料は、インクジェットインク中に分散していなければならない。 The pigment must be dispersed in the inkjet ink. そのため、インクジェットインクは、顔料分散液を調製し、更に顔料分散液と他のインク成分とを混合することで得ることが好ましい。 Therefore, the inkjet ink, the pigment dispersion is prepared, it is preferably obtained by further mixing the pigment dispersion with the other ink components.

顔料分散液の調製は、分散媒体に顔料を分散して得る。 Preparation of pigment dispersion, obtained by dispersing a pigment in a dispersion medium. 顔料の分散は、例えば、ボールミル、サンドミル、アトライター、ロールミル、アジテータ、ヘンシェルミキサ、コロイドミル、超音波ホモジナイザー、パールミル、湿式ジェットミル、ペイントシェーカー等を用いて行えばよい。 Dispersion of the pigment, for example, a ball mill, sand mill, attritor, roll mill, agitator, Henschel mixer, colloid mill, ultrasonic homogenizer, pearl mill, wet jet mill, may be performed by using a paint shaker. また、顔料の分散を行う際に、分散剤を添加することも可能である。 Further, when dispersing a pigment, it is also possible to add a dispersant. 分散剤としては、高分子分散剤を用いることが好ましく、高分子分散剤としてはAvecia社のSolsperseシリーズや、味の素ファインテクノ社のPBシリーズが挙げられる。 The dispersant, it is preferable to use a polymeric dispersant, the polymer dispersant by Avecia Solsperse Series and include Ajinomoto Fine-Techno Co. PB series.

顔料分散液の分散媒体は、溶剤又は重合性化合物でありうるが;本発明におけるインクジェットインクは、記録媒体に着弾した直後にゲル化することが好ましいので、無溶剤であることが好ましい。 Dispersion medium of the pigment dispersion, although can be a solvent or a polymerizable compound; inkjet ink of the present invention, since immediately after landing on the recording medium is preferably to gel, it is preferable not to use a solvent. また、溶剤が硬化画像に残ってしまうと、耐溶剤性の劣化、残留する溶剤のVOCの問題が生じるので、無溶剤インクであることが好ましい。 Further, when the solvent remains in a cured image, solvent resistance deterioration, the VOC problem of the residual solvent occurs, it is preferable not to use a solvent ink. よって、顔料分散液の分散媒体は、溶剤ではなく重合性化合物、なかでも最も粘度の低いモノマーを選択することが分散適性上好ましい。 Therefore, the dispersion medium of the pigment dispersion, polymerizable compound rather than solvent, it is preferable in terms of dispersion suitability to select among others monomer having the lowest viscosity.

その他の成分について 光硬化型インクジェットインクは、必要に応じて他の成分を更に含んでもよい。 Photocurable inkjet ink for the other component may further contain other components if necessary. 他の成分は、各種添加剤や他の樹脂等であってよい。 Other components may be various additives and other resins. 添加剤の例には、界面活性剤、レベリング添加剤、マット剤、紫外線吸収剤、赤外線吸収剤、抗菌剤、インクの保存安定性を高めるための塩基性化合物等も含まれる。 Examples of additives include surface active agents, leveling additives, matting agents, ultraviolet absorbers, infrared absorbers, antimicrobial agents, a basic compound for enhancing the storage stability of the ink or the like is also included. 塩基性化合物の例には、塩基性アルカリ金属化合物、塩基性アルカリ土類金属化合物、アミン等の塩基性有機化合物等が含まれる。 Examples of the basic compound, a basic alkali metal compounds, basic alkaline earth metal compounds include basic organic compounds such as amines. 他の樹脂の例には、硬化膜の物性を調整するための樹脂等が含まれ、例えばポリエステル系樹脂、ポリウレタン系樹脂、ビニル系樹脂、アクリル系樹脂、ゴム系樹脂、及びワックス類等が含まれる。 Examples of other resins, include resin or the like for adjusting the physical properties of the cured film, include, for example, polyester resins, polyurethane resins, vinyl resins, acrylic resins, rubber resins, and waxes and the like It is.

ゾルゲル相転移型のインクジェットインクについて 光硬化型インクジェットインクは、前述のようにゲル化剤を含むため、温度により可逆的にゾルゲル相転移する。 Photocurable inkjet ink inkjet ink of the sol-gel phase transition is to include a gelling agent as described above, reversibly transition sol-gel phase by temperature. ゾルゲル相転移する光硬化型インクは、高温(例えば80℃程度)では液体(ゾル)であるため、インクジェット記録ヘッドからゾル状態で吐出することができる。 The photocurable ink to metastasize sol-gel phase are the high temperature (e.g., about 80 ° C.) in a liquid (sol), it can be discharged in a sol state from the ink jet recording head. 高温下で光硬化型インクジェットインクを吐出すると、インク液滴(ドット)が記録媒体に着弾した後、自然冷却されてゲル化する。 When ejecting the photocurable ink-jet ink at a high temperature, after the ink droplets (dots) have landed on the recording medium, it gelled has been naturally cooled. これにより、隣り合うドット同士の合一を抑制し、画質を高めることができる。 This suppresses coalescence of droplets that are mutually adjacent, it is possible to increase the image quality.

インク液滴の射出性を高めるためには、高温下におけるインクの粘度が一定以下であることが好ましい。 To increase the emission of the ink droplets is preferably less constant viscosity of the ink at a high temperature. 具体的には、光硬化型インクジェットインクの、80℃における粘度が3〜20mPa・sであることが好ましい。 Specifically, the photocurable ink-jet ink, it is preferable that the viscosity at 80 ° C. is 3 to 20 mPa · s. 一方、隣り合うドットの合一を抑制するためには、着弾後の常温下におけるインクの粘度が一定以上であることが好ましい。 Meanwhile, in order to suppress coalescence of adjacent dots, it is preferable that the viscosity of the ink at room temperature after landing is constant or more. 具体的には、光硬化型インクジェットインクの25℃における粘度は1000mPa・s以上であることが好ましい。 Specifically, it is preferable that the viscosity at 25 ° C. photocurable inkjet ink is 1000 mPa · s or more.

インクのゲル化温度は、40℃以上70℃以下であることが好ましく、50℃以上65℃以下であることがより好ましい。 Gelling temperature of the ink is preferably 40 ° C. or higher 70 ° C. or less, more preferably 50 ° C. or higher 65 ° C. or less. 射出温度が80℃近傍である場合に、インクのゲル化温度が70℃を超えると、射出時にゲル化が生じやすいため射出性が低くなり、ゲル化温度が40℃未満であると、記録媒体に着弾後、速やかにゲル化しないからである。 If the injection temperature is 80 ° C. vicinity, the gelling temperature of the ink is higher than 70 ° C., the injection resistance is lowered because gelation tends to occur during injection and gelation temperature is lower than 40 ° C., a recording medium after landing in, because not immediately gelled. ゲル化温度とは、ゾル状態にあるインクを冷却する過程において、ゲル化して流動性が低下するときの温度である。 The gelation temperature, in the course of cooling the ink in the sol state is a temperature at which decrease in flowability by gelation.

インクの80℃における粘度、25℃における粘度及びゲル化温度は、レオメータにより、インクの動的粘弾性の温度変化を測定することにより求めることができる。 Viscosity at 80 ° C. of the ink, viscosity and the gelation temperature at 25 ° C., due rheometer can be determined by measuring the temperature change of the dynamic viscoelasticity of the ink. 具体的には、インクを100℃に加熱し、剪断速度11.7(/s)、降温速度0.1℃/sの条件で20℃まで冷却したときの、粘度の温度変化曲線を得る。 Specifically, to obtain the ink was heated to 100 ° C. and a shear rate of 11.7 (/ s), when cooled to 20 ° C. under conditions of cooling rate 0.1 ° C. / s, a temperature change curve in viscosity. そして、80℃における粘度と25℃における粘度は、粘度の温度変化曲線において80℃、25℃における粘度をそれぞれ読み取ることにより求めることができる。 Then, viscosity at viscosity and 25 ° C. at 80 ° C. can be obtained by reading 80 ° C. in a temperature change curve in viscosity, a viscosity at 25 ° C., respectively. ゲル化温度は、粘度の温度変化曲線において、粘度が200mPa・sとなる温度として求めることができる。 Gelation temperature is in the temperature change curve of viscosity can be determined as the temperature at which a viscosity of 200 mPa · s.

レオメータは、Anton Paar社製 ストレス制御型レオメータ PhysicaMCRシリーズを用いることができる。 Rheometer, it is possible to use manufactured by Anton Paar stress control rheometer PhysicaMCR series. コーンプレートの直径は75mm、コーン角は1.0°とすることができる。 The diameter of the cone plate is 75 mm, the cone angle may be 1.0 °.

インクジェットインクの製造方法について 光硬化型インクジェットインクは、前述の光硬化性化合物と、ゲル化剤とを含む各成分を、加熱下において混合することにより得ることができる。 Photocurable inkjet ink a method for producing the ink-jet ink can be the aforementioned photocurable compound, the components comprising a gelling agent, obtained by mixing under heating. 好ましくは、一部の重合性化合物に色材(特に顔料)を分散させた顔料分散剤を用意し、顔料分散材と、他の重合性化合物を含む他のインク成分と混合することで得る。 Preferably, obtained by providing a part of the polymerizable compound in the coloring material a pigment dispersing agent (particularly pigment) is dispersed, mixing the pigment dispersing agent, and other ink ingredients including other polymerizable compounds.

2. 2. インクジェット記録装置とそれを用いた画像記録方法 本発明の画像記録方法は、少なくとも以下の2工程を含む。 An ink jet recording apparatus and an image recording method for an image recording method of the present invention using the same comprises at least the following two steps.
(1)光硬化型インクジェットインクを、インクジェット記録ヘッドから吐出させて記録媒体上に付着させる工程(2)前記記録媒体上に着弾した液滴にLED光源からの光を照射して前記インク液滴を硬化させる工程 (1) a photocurable inkjet ink, depositing onto a recording medium by discharging from an ink jet recording head (2) the ink droplet by irradiating the light from the LED light source into droplets landed on the recording medium curing the

(1)工程について 光硬化型インクジェットインクは、上述したインクジェットインクであればよい。 (1) The photocurable ink-jet ink for step may be any ink-jet ink described above.

インクジェット記録ヘッド部でインク液滴を射出する。 Eject ink droplets in the ink jet recording head unit. インク液滴の射出性を高めるためには、インクジェット記録ヘッド内のインクジェットインクの温度を、ゲル化温度よりも10〜30℃高い温度に設定することが好ましい。 To increase the emission of ink droplets, the temperature of the ink-jet ink in the ink jet recording head, it is preferable to set the 10 to 30 ° C. higher temperature than the gelling temperature. インクジェット記録ヘッド内のインク温度が、(ゲル化温度+10)℃未満であると、インクジェット記録ヘッド内もしくはノズル表面でインクがゲル化して、インク液滴の射出性が低下しやすい。 The ink temperature in the ink jet recording head is less than (gelling temperature +10) ° C., ink jet recording head or the nozzle surface is gelled, injection of ink droplets tends to decrease. 一方、インクジェット記録ヘッド内のインクの温度が(ゲル化温度+30)℃を超えると、インクが高温になりすぎるため、インク成分が劣化することがある。 On the other hand, if the temperature of the ink in the ink jet recording head exceeds (gelling temperature +30) ° C., since the ink is too hot, there is the ink components is deteriorated.

そのため、インクジェット記録ヘッド、インクジェット記録ヘッドに接続したインク流路又はインク流路に接続したインクタンク中のインクジェットインクを加熱して、前記温度のインクジェットインク液滴を吐出すればよい。 Therefore, the ink jet recording head, by heating the inkjet ink in the ink tank connected to the ink flow path or the ink flow path connected to the ink jet recording head, may be discharged to the ink-jet ink droplets of the temperature.

インクジェット記録ヘッドの各ノズルから吐出される1滴あたりの液滴量は、画像の解像度にもよるが、0.5〜10plであることが好ましく、高精細の画像を形成するためには、0.5〜2.5plであることがより好ましい。 Droplet amount per one drop jetted from each nozzle of the ink jet recording head depends on the resolution of the image is preferably 0.5~10Pl, in order to form an image of high definition is 0 and more preferably from .5~2.5pl. 前記液滴量で高精細な画像を形成するには、インク中のゲル化剤の溶解安定性が必要である。 The liquid in order to form a high definition image drop volume is required dissolution stability of the gelling agent in the ink. 本発明のインク構成はゲル化剤の溶解安定性を確保できているため、前記液滴量でも高精細な画像を安定して形成できる。 Ink configuration of the present invention because it has secured the dissolution stability of the gelling agent, a high-definition image can be stably formed in the droplet volume.

記録媒体に着弾したインク液滴は冷却されてゾルゲル相転移により速やかにゲル化する。 Ink droplets landed on the recording medium is rapidly gelled by the sol-gel phase transition is cooled. これにより、インク液滴が拡散せずに、ピニングすることができる。 This allows the ink droplets without spreading, pinning. 更には、上述したように、光重合性化合物の酸素阻害を低減することができる。 Further, as described above, it is possible to reduce the oxygen inhibition of the photopolymerizable compound.

記録媒体は、紙であってもよいし、樹脂フィルムであってもよい。 Recording medium may be a paper or a resin film. 紙の例には、印刷用コート紙、印刷用コート紙Bなどが含まれる。 Examples of paper, coated paper for printing, and the like coated printing paper B. また、樹脂フィルムの例には、ポリエチレンテレフタレートフィルムや塩化ビニルフィルムなどが含まれる。 Further, examples of the resin film include polyethylene terephthalate film and polyvinyl chloride film.

インクジェット記録ヘッドからインク液滴を吐出することによって、記録媒体上にインク液滴が付着する。 By ejecting ink droplets from the ink jet recording head, ink droplets deposited on the recording medium. インク液滴が着弾する際の記録媒体の温度は、当該インクのゲル化温度よりも10〜20℃低い温度に設定されていることが好ましい。 Temperature of the recording medium when the ink droplets are landed, it is preferably set to 10 to 20 ° C. lower temperature than the gelling temperature of the ink. 記録媒体の温度が低すぎると、インク液滴が過剰に迅速にゲル化してピニングしてしまうため、インク液滴のレベリングが十分に生じず、画像光沢が低下することがある。 When the temperature of the recording medium is too low, since the ink droplets would be pinned to excessively rapid gelation, leveling of the ink droplet is not generated sufficiently, image gloss may be lowered. 一方で、記録媒体の温度が高すぎると、インク液滴がゲル化しにくくなり、インク液滴の隣り合うドット同士が混じりあうことがある。 On the other hand, if the temperature of the recording medium is too high, the ink droplets are less likely to gel, miscible dots adjacent ink droplets. 記録媒体の温度を適切に調整することで、インク液滴の隣り合うドット同士が混じり合わない程度の適度なレベリングと、適切なピニングとが実現される。 The temperature of the recording medium by appropriately adjusting, and moderate leveling extent immiscible dots adjacent ink droplets, and the appropriate pinning is achieved.

本発明におけるインクジェットインクでは、インク溶媒(重合性化合物A、その他重合性化合物及びポリエステルアクリレートオリゴマー)中にゲル化剤が安定して溶解しているから、記録媒体を温度調整することにより、画像の光沢を調整することができる。 The inkjet ink of the present invention, an ink solvent (polymerizable compound A, other polymerizable compounds and polyester acrylate oligomer) from gelling agents in is dissolved stably, by adjusting the temperature of the recording medium, image it is possible to adjust the gloss. インク溶媒中で安定に存在できないと、吐出中にゲル化剤の一部が析出してノズル詰まりを起こしてしまい画質が低下する。 Failure to exist stably in the ink solvent, partially precipitates quality will undergo nozzle clogging of the gelling agent decreases during discharge. また、インクが記録媒体に着弾後にゲル化剤の結晶化が遅れると記録媒体の温度調節をしてもドット同士の混じり合いが起こることで、画像が低下する。 Further, the ink that mutual mixed between the dots even when the temperature control of the recording medium crystallization of the gelling agent is delayed after landing on the recording medium occurs, the image is reduced.

記録媒体の搬送速度は、30〜120m/sであることが好ましい。 Conveying speed of the recording medium is preferably a 30~120m / s. 搬送速度が速いほど画像形成速度が速まるので好ましいが、搬送速度が速すぎると、画像品質が低下したり、インクの光硬化(後述)が不十分になったりする。 The preferred since the image forming speed as the conveying speed is fast is quickened, the transport speed is too fast, or the image quality is lowered, the light curing ink (described later) may become insufficient.

(2)工程について 記録媒体に着弾したインク液滴に光を照射することで、インク液滴に含有される光重合性化合物が架橋又は重合してインク液滴が硬化して、画像となる。 (2) by irradiating light to the ink droplets landed on the recording medium for step, and curing the ink droplets photopolymerizable compound contained in the ink droplets crosslinking or polymerization to become the image.

記録媒体に付着したインク液滴に照射する光は、LED光源からの紫外線であることが好ましい。 Light irradiated on the ink droplets adhering to a recording medium is preferably a ultraviolet radiation from the LED light source. 具体的には、Phoseon Technology社製 395nm、水冷LEDを用いることができる。 Specifically, it is possible to use Phoseon Technology Co. 395 nm, a water-cooled LED. 紫外線の光源としては、メタルハライドランプ等もありうるが、LEDを光源とすることで、光源の輻射熱によってインク液滴が溶けることによる、インク液滴の硬化膜表面の硬化不良を防ぐという効果が得られる。 Examples of the ultraviolet light source, although there may be a metal halide lamp or the like, by the LED as a light source, due to melting the ink droplets by the radiation heat of the light source, resulting an effect of preventing poor curing of the cured film surface of the ink droplets It is.

光源としてのLEDは、インク液滴を硬化させるために、370〜410nmの紫外線を画像表面におけるピーク照度が0.5〜10W/cm となるように設置することが好ましく、1〜5W/cm となるように設置することがより好ましい。 LED as light source, in order to cure the ink droplets, it is preferable that the peak irradiance in the image surface with ultraviolet rays at 370~410nm is installed such that the 0.5~10W / cm 2, 1~5W / cm it is more preferably disposed so that 2. 画像に照射される光量としては、350mJ/cm 未満となるようにすることが好ましい。 The amount of light applied to an image, it is preferable to be less than 350 mJ / cm 2. 輻射熱がインク液滴に照射されることを抑制するためである。 This is to prevent the radiant heat is radiated to the ink droplets.

インク液滴への光照射は、隣り合うインク液滴同士が合一するのを抑制するために、インク液滴が記録媒体上に付着した後10秒以内、好ましくは0.001秒〜5秒以内、より好ましくは0.01秒〜2秒以内に行うことが好ましい。 Of light to the ink droplets, in order to prevent the ink droplets adjacent to coalescence, within 10 seconds after the ink droplets deposited on the recording medium, preferably 0.001 to 5 seconds within, more preferably it is carried out within ~ 2 seconds 0.01 seconds. 光照射は、ヘッドキャリッジに収容された全てのインクジェット記録ヘッドからインク液滴を吐出した後に行われることが好ましい。 Light irradiation is preferably performed after ejecting ink droplets from all of the ink jet recording head accommodated in the head carriage.

インクジェット記録装置について 本発明の画像記録方法は、光硬化型インクジェット方式のインクジェット記録装置を用いて行うことができる。 The image recording method of the present invention for ink-jet recording apparatus can be performed by using the ink jet recording apparatus of photocurable inkjet method. 光硬化型インクジェット方式のインクジェット記録装置には、ライン記録方式(シングルパス記録方式)のものと、シリアル記録方式のものと、がある。 The ink jet recording apparatus photocurable inkjet method, and that of the line recording type (single-pass recording method), and a serial recording method, there is. 求められる画像の解像度や記録速度に応じて選択されればよいが、高速記録の観点では、ライン記録方式(シングルパス記録方式)が好ましい。 It may be selected in accordance with the resolution and the recording speed of the image obtained, but in terms of high-speed recording, line recording method (single-pass recording method) is preferable.

図1は、ライン記録方式のインクジェット記録装置の要部の構成の一例を示す図である。 Figure 1 is a diagram showing an example of a configuration of a main part of an ink jet recording apparatus of line recording type. このうち、図1(a)は側面図であり、図1(b)は上面図である。 Of these, FIG. 1 (a) is a side view, FIG. 1 (b) is a top view.

図1に示されるように、インクジェット記録装置10は、複数のインクジェット記録ヘッド14を収容するヘッドキャリッジ16と、ヘッドキャリッジ16に接続したインク流路30と、インク流路30を通じて供給するインクを貯留するインクタンク31と、記録媒体12の全幅を覆い、かつヘッドキャリッジ16の(記録媒体の搬送方向)下流側に配置された光照射部18と、記録媒体12の下面に配置された温度制御部19と、を有する。 As shown in FIG. 1, the reservoir ink jet recording apparatus 10 includes a head carriage 16 which houses a plurality of ink-jet recording head 14, the ink flow path 30 connected to the head carriage 16, the ink supply through the ink flow path 30 an ink tank 31 which covers the entire width of the recording medium 12, and the head carriage 16 and the light irradiation section 18 that is disposed on the downstream side (the conveyance direction of the recording medium), the temperature control portion arranged on the lower surface of the recording medium 12 It has a 19, a.

ヘッドキャリッジ16は、記録媒体12の全幅を覆うように固定配置されており、各色毎に設けられた複数のインクジェット記録ヘッド14を収容する。 The head carriage 16 is fixedly disposed so as to cover the entire width of the recording medium 12, to accommodate a plurality of ink-jet recording head 14 provided for each color. インクジェット記録ヘッド14にはインクが供給されるようになっている。 And ink is supplied to the ink jet recording head 14. たとえば、インクジェット記録装置10に着脱自在に装着された不図示のインクカートリッジ等から、直接又は不図示のインク供給手段によりインクが供給されるようになっていてもよい。 For example, a freely-mounted (not shown) such as an ink cartridge detachably attached to the inkjet recording apparatus 10, the ink may be adapted to be supplied by the ink supplying means directly or not shown.

インクジェット記録ヘッド14は、各色ごとに、記録媒体12の搬送方向に複数配置される。 The ink jet recording head 14, for each color, are more disposed in the conveying direction of the recording medium 12. 記録媒体12の搬送方向に配置されるインクジェット記録ヘッド14の数は、インクジェット記録ヘッド14のノズル密度と、印刷画像の解像度によって設定される。 The number of the ink jet recording head 14 disposed in the conveying direction of the recording medium 12 is set and the nozzle density of the ink jet recording head 14, by the resolution of the printed image. 例えば、液滴量2pl、ノズル密度360dpiのインクジェット記録ヘッド14を用いて1440dpiの解像度の画像を形成する場合には、記録媒体12の搬送方向に対して4つのインクジェット記録ヘッド14をずらして配置すればよい。 For example, droplet volume 2 pl, in the case of forming a resolution image of 1440dpi by using an ink jet recording head 14 of the nozzle density 360dpi is them staggered four ink-jet recording head 14 with respect to the conveying direction of the recording medium 12 Bayoi. また、液滴量6pl、ノズル密度360dpiのインクジェット記録ヘッド14を用いて720×720dpiの解像度の画像を形成する場合には、2つのインクジェット記録ヘッド14をずらして配置すればよい。 Also, drop size 6 pl, in the case of forming a resolution image of 720 × 720 dpi by using an ink jet recording head 14 of the nozzle density 360dpi may be staggered with two ink-jet recording head 14. dpiとは、2.54cm当たりのインク液滴(ドット)の数を表す。 dpi and represents the number of ink droplets per 2.54 cm (dots).

インクタンク31は、ヘッドキャリッジ16に、インク流路30を介して接続されている。 The ink tank 31, the head carriage 16, are connected via an ink flow path 30. インク流路30は、インクタンク31中のインクをヘッドキャリッジ16に供給する経路である。 The ink flow path 30 is a path for supplying the ink in the ink tank 31 to the head carriage 16. インク液滴を安定して吐出するため、インクタンク31、インク流路30、ヘッドキャリッジ16及びインクジェット記録ヘッド14のインクを所定の温度に加熱して、ゲル状態を維持する。 For ejecting ink droplets stably, ink tank 31, the ink flow path 30, to heat the ink in the head carriage 16 and an ink jet recording head 14 to a predetermined temperature, maintaining the gel state.

光照射部18は、記録媒体12の全幅を覆い、かつ記録媒体の搬送方向についてヘッドキャリッジ16の下流側に配置されている。 Light irradiation section 18 covers the entire width of the recording medium 12, and the conveyance direction of the recording medium is disposed on the downstream side of the head carriage 16. 光照射部18は、インクジェット記録ヘッド14により吐出されて、記録媒体に着弾した液滴に光を照射し、液滴を硬化させる。 Light irradiating unit 18 is ejected by the inkjet recording head 14, the light is irradiated to the liquid droplet landed on the recording medium to cure the droplets.

温度制御部19は、記録媒体12の下面に配置されており、記録媒体12を所定の温度に維持する。 Temperature control unit 19 is disposed on the lower surface of the recording medium 12, to maintain the recording medium 12 to a predetermined temperature. 温度制御部19は、例えば各種ヒータ等でありうる。 Temperature control unit 19 can be, for example, various heaters or the like.

以下、ライン記録方式のインクジェット記録装置10を用いた画像記録方法を説明する。 Hereinafter, an image recording method will be described using an inkjet recording apparatus 10 of the line recording type. 記録媒体12を、インクジェット記録装置10のヘッドキャリッジ16と温度制御部19との間に搬送する。 The recording medium 12 is transported between the head carriage 16 and the temperature control unit 19 of the inkjet recording apparatus 10. 一方で、記録媒体12を、温度制御部19により所定の温度に調整する。 Meanwhile, the recording medium 12 is adjusted to a predetermined temperature by the temperature control unit 19. 次いで、ヘッドキャリッジ16のインクジェット記録ヘッド14から高温のインク液滴を吐出して、記録媒体12上に付着(着弾)させる。 Then, from the ink jet recording head 14 of the head carriage 16 by ejecting ink droplets of a high temperature, causing deposition (landed) onto the recording medium 12. そして、光照射部18により、記録媒体12上に付着したインク液滴に光を照射して硬化させる。 Then, the light irradiation unit 18, to cure the ink droplets deposited on the recording medium 12 is irradiated with light.

硬化後の総インク液滴膜厚は、2〜25μmであることが好ましい。 The total ink ShizukumakuAtsu after curing is preferably 2 to 25 .mu.m. 「総インク液滴膜厚」とは、記録媒体に描画されたインク液滴膜厚の最大値である。 The "total ink ShizukumakuAtsu" is the maximum value of the ink liquid ShizukumakuAtsu drawn on the recording medium.

図2は、シリアル記録方式のインクジェット記録装置20の要部の構成の一例を示す図である。 Figure 2 is a diagram showing an example of a configuration of a main part of an ink jet recording apparatus 20 of the serial recording system. 図2に示されるように、インクジェット記録装置20は、記録媒体の全幅を覆うように固定配置されたヘッドキャリッジ16の代わりに、記録媒体の全幅よりも狭い幅であり、かつ複数のインクジェット記録ヘッド24を収容するヘッドキャリッジ26と、ヘッドキャリッジ26を記録媒体12の幅方向に可動させるためのガイド部27と、を有する以外は図1と同様に構成されうる。 As shown in FIG. 2, the inkjet recording apparatus 20, instead of the head carriage 16 which is fixedly disposed so as to cover the entire width of the recording medium is narrower than the full width of the recording medium, and a plurality of inkjet recording heads a head carriage 26 which houses a 24, a guide portion 27 for causing the movable head carriage 26 in the width direction of the recording medium 12, except with may be configured as in FIG.

シリアル記録方式のインクジェット記録装置20では、ヘッドキャリッジ26がガイド部27に沿って記録媒体12の幅方向に移動しながら、ヘッドキャリッジ26に収容されたインクジェット記録ヘッド24からインク液滴を吐出する。 In serial printing method of the ink jet recording apparatus 20, the head carriage 26 while moving in the width direction of the recording medium 12 along the guide section 27, and ejects ink droplets from the ink jet recording head 24 accommodated in the head carriage 26. ヘッドキャリッジ26が記録媒体12の幅方向に移動しきった後(パス毎に)、記録媒体12を搬送方向に送る。 After the head carriage 26 is fully moved in the width direction of the recording medium 12 (for each path), and sends the recording medium 12 in the transport direction. これらの操作以外は、前述のライン記録方式のインクジェット記録装置10とほぼ同様にして画像を記録する。 Except these operations, it records the image in much the same way as the ink jet recording apparatus 10 of the aforementioned line recording method.

以下に本発明について、実施例を挙げて具体的に説明するが、本発明はこれらによって限定されるものではない。 The present invention will now be described specifically by Examples, but the present invention is not intended to be limited by these.

《顔料分散液の調製》 "Preparation of pigment dispersion"
以下の手順で顔料分散液を調整した。 To prepare a pigment dispersion by the following procedure. 以下2種の化合物をステンレスビーカーに入れ、65℃のホットプレート上で加熱しながら1時間加熱攪拌溶解した。 Hereinafter put two compounds in a stainless beaker, and dissolved for one hour heating and stirring while heating at 65 ° C. on a hot plate.
EFKA7701(BASF社製) 9質量部 トリプロピレングリコールジアクリレート (APG−200、新中村化学社製) 71質量部 EFKA7701 (BASF Corp.) 9 parts by weight of tripropylene glycol diacrylate (APG-200, manufactured by Shin-Nakamura Chemical Co., Ltd.) 71 parts by weight

室温まで冷却した後、これに顔料としてPigment Black 7(三菱化学社製、#52)20質量部を加えて、直径0.5mmのジルコニアビーズ200gと共にガラス瓶に入れ密栓し、ペイントシェーカーにて5時間分散処理した後、ジルコニアビーズを除去した。 After cooling to room temperature, this Pigment Black 7 as the pigment (manufactured by Mitsubishi Chemical Corporation, # 52) was added to 20 parts by weight, was sealed in a glass bottle together with zirconia beads 200g of diameter 0.5 mm, 5 hours by a paint shaker after the dispersion treatment, the zirconia beads were removed.

以下の成分を用いて、各実施例および比較例のインクを調製した。 Using the following ingredients to prepare an ink of Examples and Comparative Examples.
(光重合性化合物A) (Photopolymerizable compound A)
Miramer M360(Miwon社製) 分子量471、ClogP値4.90 Miramer M360 (Miwon Co., Ltd.) molecular weight of 471, ClogP value 4.90
NKエステルA-DCP(新中村化学社製) 分子量304、ClogP値4.69 NK Ester A-DCP (manufactured by Shin-Nakamura Chemical Co., Ltd.) molecular weight 304, ClogP value 4.69
NKエステルDOD-N(新中村化学社製) 分子量310、ClogP値5.75 NK ester DOD-N (manufactured by Shin-Nakamura Chemical Co., Ltd.) molecular weight 310, ClogP value 5.75
Photomer 4072(コグニス社製) 分子量471、ClogP値4.90 Photomer 4072 (manufactured by Cognis) molecular weight of 471, ClogP value 4.90

(ポリエステルアクリレートオリゴマー) (Polyester acrylate oligomer)
Laromer PE9074(BASF社製) Laromer PE9074 (manufactured by BASF)
ETERCURE6361-100(ETERNAL CHEMICAL社製) ETERCURE6361-100 (ETERNAL CHEMICAL Co., Ltd.)
CN2270(サートマー社製) CN2270 (manufactured by Sartomer Co., Ltd.)
CN2273(サートマー社製) CN2273 (manufactured by Sartomer Co., Ltd.)
CN2303(サートマー社製) CN2303 (manufactured by Sartomer Co., Ltd.)

(ゲル化剤) (Gelling agent)
ジステアリルケトン(カオーワックスT1、花王社製)、(18−Pentatriacontanone、試薬(Arfa Aeser)社製) Distearyl (KAO wax T1, manufactured by Kao Corporation), (18-Pentatriacontanone, reagent (Arfa Aeser) Co., Ltd.)
ジパルミチルケトン(Hentriacontan−16−on、試薬(Arfa Aeser)社製) Dipalmityl ketone (Hentriacontan-16-on, reagent (Arfa Aeser) Co., Ltd.)
ジラウリルケトン(12−tricosanone、試薬(Arfa Aeser)社製) Dilauryl ketone (12-tricosanone, reagent (Arfa Aeser) Co., Ltd.)
ステアリン酸ステアリル(エキセパールSS、花王社製)、(ユニスター M−9676、日油社製)、(EMALEX CC−18、日本エマルジョン社製)、(アムレプスSS、高級アルコール工業社製) Stearyl stearate (Exceparl SS, manufactured by Kao Corporation), (UNISTER M-9676, manufactured by NOF Corporation), (EMALEX CC-18, manufactured by Nippon Emulsion Co.), (Amurepusu SS, made higher alcohol Kogyo Co., Ltd.)
パルミチン酸セチル(アムレプスPC、高級アルコール工業社製) Cetyl palmitate (Amurepusu PC, made a higher alcohol Kogyo Co., Ltd.)
ベヘニン酸ベヘニル(ユニスター M−2222SL、日油社製) Behenic acid behenyl (UNISTER M-2222SL, manufactured by NOF Corporation)

(界面活性剤) (Surfactant)
KF-352(信越化学社製) KF-352 (manufactured by Shin-Etsu Chemical Co., Ltd.)
(光重合開始剤) (Photo-polymerization initiator)
DAROCURE TPO(BASF社製) DAROCURE TPO (manufactured by BASF)
ITX(DKSHジャパン社製) ITX (manufactured by DKSH Japan KK)
(増感助剤) (Sensitizing aid)
KayacureEPA(日本化薬社製) KayacureEPA (manufactured by Nippon Kayaku Co., Ltd.)

《インクの調製》 "Preparation of ink"
表2〜5に記載されたインクの組成にしたがって各成分と前記顔料分散液を混合して、80℃に加熱して攪拌した。 And mixing the pigment dispersion with the components according to the composition of the ink according to Table 2-5, and stirred and heated to 80 ° C.. 得られた溶液を加熱下において、ADVATEC社製テフロン(登録商標)3μmメンブランフィルターで濾過を行った。 Under heating the resulting solution, it was filtered at ADVATEC Co. Teflon (registered trademark) 3 [mu] m membrane filter. なお、各表の成分の単位は質量部である。 The unit of components of each table are parts by weight.

《比較例3、4、5、6と実施例1、2、3、4のインク》 "Ink of Comparative Example 3, 4, 5, 6 as in Example 1, 2, 3, 4"
インクの組成を表2に示されるように調製した。 The composition of the ink was prepared as shown in Table 2. 比較例3〜6は、重合性化合物Aの量を過剰又は過小にして調製した例であり、実施例1〜4は重合性化合物Aの種類及び量を変更して調製した例である。 Comparative Example 3-6 is an example in which the amounts were prepared with an excess or under-polymerizable compound A, Examples 1-4 are examples which was prepared by changing the type and amount of the polymerizable compound A.

《比較例7、8と実施例5、6、7、8のインク》 "Ink of Comparative Examples 7 and 8 Example 5-8"
インクの組成を表3に示されるように変更した以外は実施例1と同様の手順でインクを調製した。 Except for changing the composition of the ink as shown in Table 3 were prepared ink in the same manner as in Example 1. 比較例7、8はポリエステルアクリレートオリゴマーの量を過剰又は過小にして調製した例であり、実施例5〜8はポリエステルアクリレートオリゴマーの種類及び量を変更して調製した例である。 Comparative Examples 7 and 8 is an example which was prepared by an excess or under-the amount of polyester acrylate oligomer, Examples 5-8 are examples which was prepared by changing the type and amount of polyester acrylate oligomer.

《比較例9、10と実施例9、10、11、12、13のインク》 "Ink of Comparative Examples 9 and 10 Example 9,10,11,12,13"
インクの組成を表4に示されるように変更した以外は実施例1と同様の手順でインクを調製した。 Except for changing the composition of the ink as shown in Table 4 were prepared ink in the same manner as in Example 1. 比較例9、10はゲル化剤の量を過剰又は過小にして調製した例であり、実施例9〜13はゲル化剤の種類及び量を変更して調製した例である。 Comparative Examples 9 and 10 is an example prepared in the over-or under the amount of gelling agent, examples 9-13 are examples prepared by changing the type and amount of gelling agent.

《比較例11、12と実施例14、15、16のインク》 "Ink of Comparative Examples 11 and 12 Example 14, 15, 16"
インクの組成を表5に示されるように変更した以外は実施例1と同様の手順でインクを調製した。 Except for changing the composition of the ink as shown in Table 5 An ink was prepared in the same manner as in Example 1. なお、比較例11、12と実施例14、15、16は、インクの組成は同一であるが、画像形成方法が異なる。 In Comparative Examples 11 and 12 Example 14, 15 and 16, although the composition of the ink are the same, the image forming method is different.

比較例1は、Xerox社製Phaser 860用 インクを用いた。 Comparative Example 1, using the ink for Xerox Corporation Phaser 860. 比較例2は通常のゲル化剤を含有しない紫外線硬化型インク(米国特許第7423072B2号明細書の実施例処方1のインク9)に、ゲル化剤を含有した紫外線硬化型インク(テトラヒドロフルフリルアクリレートの添加量を5%減らし、その替わりにステアリン酸ステアリル3%、及びジステアリルケトン2%を添加)を用いた。 Comparative Example 2 normal to the gelling agent an ultraviolet curable ink containing no (ink 9 Example Formulation 1 of U.S. Pat. No. 7423072B2), ultraviolet curable ink containing a gellant (tetrahydrofurfuryl acrylate the amount of reduced 5%, stearyl stearate 3% thereof instead, and supplemented with 2% distearyl ketone) was used.

《インク評価》 "Ink ratings"
〈ゾル−ゲル相転移温度〉 <Sol - gel phase transition temperature>
各インクのゾル−ゲル相転移温度は、表6に示すとおりであった。 Sol inks - gel phase transition temperature was as shown in Table 6. なお、ゾル−ゲル相転移温度は、Physica社製粘弾性測定装置 MCR300、シェアレート11(1/s)にて測定した。 Incidentally, the sol - gel phase transition temperature, Physica Co. viscoelasticity measuring device MCR300, was measured by a shear rate 11 (1 / s).
〈ゲル化剤溶解安定性〉 <Gelling agent dissolution stability>
100℃で4時間静置後の溶解状態を目視で観察した。 The dissolved state of 4 hours after standing was visually observed at 100 ° C.. 評価結果を表6に記す。 The evaluation results are shown in Table 6.
○:分離、析出なし ×:油玉が表面に集まっている(層分離している) ○: separation, no precipitation ×: oil ball is (are layers separated) and are gathered on the surface
〈インク臭気〉 <Ink odor>
100℃加熱時の臭気を評価した。 It was to evaluate the odor at the time of 100 ℃ heating. 評価結果を表6に記す。 The evaluation results are shown in Table 6.
○:臭い小 ×:強い刺激臭有り ○: There is a strong pungent odor: smell small ×

表6に示されるように、重合性化合物Aの量が少ない場合(比較例3及び4)、重合性化合物Aが多く、かつ、ポリエステルアクリレートオリゴマーを含まない場合(比較例6)、ポリエステルアクリレートオリゴマーの量が多い場合(比較例8)、ゲル化剤の量が多い場合(比較例10)はゲル溶解安定性が低下した。 As shown in Table 6, when the amount of the polymerizable compound A (Comparative Example 3 and 4), the polymerizable compound A is large, and it does not contain a polyester acrylate oligomer (Comparative Example 6), polyester acrylate oligomer If the amount of large (Comparative example 8), often the amount of gelling agent (Comparative example 10) is dissolved gel stability is lowered. また、比較例1と比較例2のインクに臭気が発生する原因としては、分子量が280未満の重合性化合物を含むからと考えられる。 Further, odor inks of Comparative Example 2 and Comparative Example 1 As a cause for generating the molecular weight is considered because a polymerizable compound less than 280.

《インクジェット画像形成方法》 "Inkjet image forming method"
実施例および比較例で調製した各インク組成物を、ピエゾ型インクジェットノズルを備えたインクジェット記録ヘッドを有するインクジェット記録装置に装填した。 Each ink composition prepared in Examples and Comparative Examples were loaded in an ink jet recording apparatus having an ink jet recording head having a piezoelectric inkjet nozzle. この装置を用いて、菊半サイズのコート紙(OKトップコート、王子製紙社製)および上質紙(OKプリンス上質、王子製紙社製)に画像記録を500枚連続して行った。 Using this equipment, coated paper Kikuhan size (OK top coat, manufactured by Oji Paper Co., Ltd.) and high-quality paper (OK Prince high-quality, manufactured by Oji Paper Co., Ltd.), the image recording was carried out continuously for 500 sheets.

インク供給系は、インクタンク、インク流路、インクジェット記録ヘッド直前のサブインクタンク、フィルター付き配管、ピエゾヘッドからなる。 The ink supply system, ink tank, an ink flow path, the ink jet recording head immediately before the sub ink tank, with filter pipe, and a piezo head. インクタンクからヘッド部分までインクを100℃に加温する。 Ink heated to 100 ° C. from the ink tank to the head portion. ピエゾヘッドは、2plの液滴になるように電圧を印加し、360dpiの解像度のヘッドを四個用い吐出し、1440×1440dpiの単色ベタ画像、3pt明朝体黒文字、3pt明朝体白文字(ベタ画像中に白抜き文字)を形成した。 Piezo head applies a voltage so that the droplets of 2 pl, ejected using four resolutions head 360 dpi, monochrome solid image 1440 × 1440 dpi, 3pt Mincho black, 3pt Mincho typeface white character ( the formation of the white characters) in the solid image.

印字後、Phoseon Technology社製LEDランプから光を照射して(395nm、8W/cm 、water cooled unit)で硬化した。 After printing, and cured at by radiating light from Phoseon Technology Inc. LED lamp (395nm, 8W / cm 2, water cooled unit). ランプから記録媒体面までの距離は20mmとした。 Distance from the lamp to the surface of the recording medium was set to 20mm. 記録媒体の搬送速度は、30m/s又は60m/sとした。 Conveying speed of the recording medium was set to 30 m / s or 60 m / s. 光量は搬送速度30m/sで400mJ/cm 、搬送速度60m/sで200mJ/cm であった。 Light quantity 400 mJ / cm 2 at a conveying speed 30 m / s, was 200 mJ / cm 2 at a conveying speed 60 m / s. 使用した光量計は、浜松ホトニクス社製 紫外線積算光量計 C9536, H9958である。 Actinometer used was manufactured by Hamamatsu Photonics KK UV integrated light intensity meter C9536, is H9958. 更に比較として、GSユアサ社製メタルハライドランプ MAP200NLを用いて硬化した試料も作製した。 As a further comparison, it was prepared samples were cured using the GS Yuasa metal halide lamp manufactured MAP200NL. 光量は搬送速度30m/s、岩崎電気社製光量計UVPF-A1の365nmセンサーにて測定した値が200mJ/cm であった。 Light quantity conveying speed 30 m / s, the value measured at 365nm sensor Iwasaki Electric Co. actinometer UVPF-A1 was 200 mJ / cm 2.

表6に示すように、記録媒体搬送速度、光源の種類(LEDまたはメタルハライドランプ)、記録媒体の加熱温度を調整し、各実施例および比較例のインクジェットインクを用いてインクジェット画像を得た。 As shown in Table 6, the recording medium conveyance speed, type of light source (LED or metal halide lamps), to adjust the heating temperature of the recording medium, to obtain an ink jet image using the inkjet ink of Examples and Comparative Examples. 比較例1〜12と実施例1〜16の各インクの評価結果と評価の際の画像形成条件を表6に示す。 Comparative Examples 1 to 12 and the evaluation results of the inks of Examples 1 to 16 of the image forming conditions for the evaluation are shown in Table 6.

《画像形成評価》 "Image formation evaluation"
〈画質(白ヌケ)〉 <Image quality (white spots)>
各実施例及び比較例のインクの画像出力物について、10枚目と500枚目印刷時のベタ画像部の白ヌケ(ドットの合一による未印字部分)がないかを目視確認した。 The image output of the ink of Examples and Comparative Examples was visually confirmed whether there is 10 sheet and 500th at the time of printing the solid image portion of the white spots (non-printed portion by coalescence of dots).
○:白ヌケ無し △:1,2箇所白ヌケがあるが、実用上問題ないレベル ×:白ヌケ多数発生 ○: white spots without △: There are two locations and white spots, practically no problem level ×: White dropout number generator

〈画質(文字品質)〉 <Image quality (character quality)>
実施例及び比較例のインクの画像出力物について、10枚目と500枚目印刷時の3pt明朝文字の品質を目視評価した。 The image output of the inks of Examples and Comparative Examples, the quality of the 10 sheet and 500 th when printing 3pt Ming character was visually evaluated.
○:再現されている △:一部文字の潰れが見られる ×:文字が潰れている ○: it is reproduced △: × collapse of some characters can be seen: the character is crushed

〈画質(光沢)〉 <Image quality (glossy)>
実施例及び比較例のインクの菊判サイズのOKトップコート紙画像出力物について、10枚目の100%印字部の60度光沢値を測定した。 For OK Topcoat paper image output of Kikuban size of the ink of Examples and Comparative Examples were measured 60 ° gloss value of 100% printing part of the 10th. 光沢度計は、スガ試験機株式会社製Gloss Mobile GM-1を用いて測定した。 Gloss meter, it was measured using a Suga Test Instruments Co., Ltd. Gloss Mobile GM-1.
○:15〜60 ○: 15~60
△:61〜100、及び、1〜14 △: 61~100, and, 1 to 14
(OKトップコート紙等、多くのコート紙・アート紙に対しては、15〜60の範囲が紙の白地との違和感がなく好ましい) (OK top coated paper, etc., for many of coated paper, art paper, preferably without the discomfort of the white of the paper in the range of 15 to 60)

〈硬化性評価(鉛筆硬度)〉 <Curing assessment (pencil hardness)>
実施例及び比較例のインクの菊判サイズのOKトップコート紙画像出力物について、10枚目のベタ画像部を25℃・60%RHの環境下に24時間放置した後、JIS−K−5400に準じて表面の鉛筆硬度を測定し下記ランクで評価して、硬化性の指標の一つとした。 For OK Topcoat paper image output of Kikuban size of the ink of Examples and Comparative Examples, the solid image portion of the 10 th was allowed to stand for 24 hours under the environment of 25 ℃ · 60% RH, the JIS-K-5400 analogously evaluated by measured the following rank the pencil hardness of the surface and was one of the curable index.
○:鉛筆硬度2H以上 △:B,F,H ○: Pencil hardness 2H or more △: B, F, H
×:2B以下 ×: 2B below

〈折り曲げ耐性〉 <Bending-resistant>
実施例及び比較例のインクの菊判サイズのOKトップコート紙画像出力物について、10枚目のベタ画像部を25℃60%RHの環境下に24時間放置した後、二つ折りにした。 For OK Topcoat paper image output of Kikuban size of the ink of Examples and Comparative Examples was allowed to stand for 24 hours a solid image portion of the 10 th to the environment of 25 ° C. 60% RH, and folded in two.
○:画像膜が割れない ×:折りの部分で画像膜が割れる ○: × image film is not cracked: image film is cracked in a portion of the folding

〈画像保存性〉 <Image storability>
実施例及び比較例のインクの菊判サイズのOKトップコート紙画像出力物について、10枚目のベタ画像部を40℃80%RHの環境下1カ月放置した後、画像表面を目視確認した。 For OK Topcoat paper image output of Kikuban size of the ink of Examples and Comparative Examples was allowed to stand 10th environment under 1 month of the solid image portion 40 ° C. 80% RH, and visually check the image surface.
○:析出物無し △:うっすらと白く析出物有り ×:画像全面にゲル化剤が析出しており、印刷物として使用できないレベル 前記評価結果を表7に示す。 ○: No precipitate △: × There faintly white precipitates: the entire image to the gelling agent has precipitated, indicating the level the evaluation results can not be used as printed matter in Table 7.

重合性化合物Aを含まない場合(比較例3)は、500枚目に白ヌケ及び文字品質が低下した。 If they do not contain a polymerizable compound A (Comparative Example 3), the white spots and the character quality has dropped 500 th. これはインク液滴の吐出安定性が低下したためだと考えられる。 This is considered to be because the discharge stability of ink droplets is lowered. 重合性化合物Aが多い場合(比較例5)、重合性化合物Aが多く、かつ、ポリエステルアクリレートオリゴマーを含まない場合(比較例6)は、折り曲げ耐性が低下した。 When the polymerizable compound A is large (Comparative Example 5), the polymerizable compound A is large, and it does not contain a polyester acrylate oligomer (Comparative Example 6), the bending resistance is lowered. これは硬化物の硬化密度が高まり、硬化膜が脆くなったためだと考えられる。 This increases the cure density of the cured product, a cured film is considered to be because became brittle.

ポリエステルアクリレートオリゴマーが少ない場合(比較例7)は、500枚目の白ヌケ、文字品質及び折り曲げ耐性が低下した。 When the polyester acrylate oligomer is small (Comparative Example 7), 500 th white spots, a character quality and bending resistance was reduced. これは、ゲル化剤が結晶化しにくくなることでピニング性が低下し、文字品質等の画像特性が低下したためと考えられる。 This gelling agent is reduced pinning properties by hardly crystallized, image characteristics such as character quality is considered due to a decrease.

ポリエステルアクリレートオリゴマーが多い場合(比較例8)は、鉛筆硬化度が低下した。 When the polyester acrylate oligomer is large (Comparative Example 8), a pencil curing degree is lowered. これは、十分な光硬化反応が進行しなかったためであると考えられる。 This is considered to be a sufficient photocuring reaction did not proceed.

ゲル化剤が少ない場合(比較例9)は、10枚目と500枚目共に白ヌケ及び文字品質の低下が生じた。 If the gelling agent is small (Comparative Example 9), a reduction in white spots and the character quality has occurred in 10 sheet and 500 th both. これは、インク液滴が記録媒体に着弾後にピニングできないためであると考えられる。 This ink droplets presumably because that can not be pinned after landing on the recording medium. ゲル化剤が多い場合(比較例10)は、鉛筆硬化度が低下した。 If the gelling agent is large (Comparative Example 10), a pencil curing degree is lowered. これは、ゲル化剤が重合性化合物の光硬化を阻害したためであると考えられる。 This is considered to be because the gelling agent is inhibited photocurable polymerizable compounds.

記録媒体の搬送速度が遅い場合(比較例11)は、ベタ部画像表面光沢及び折り曲げ耐性が低下した。 If the conveying speed of the recording medium is slow (Comparative Example 11), solid-part image surface gloss and bending resistance is lowered. これはレベリングの低下や硬化物の硬化密度が高まり、硬化膜が脆くなったためだと考えられる。 This increases the cure density decrease and the cured product of the leveling, the cured film is considered to be because became brittle. インク液滴に照射する光源がメタルハライドランプの場合(比較例12)は、10枚目と500枚目共に白ヌケ、文字品質及びベタ部画像表面光沢が低下した。 If a light source for irradiating the ink droplets of the metal halide lamp (Comparative Example 12), white spots, the character quality and the solid portion image surface gloss was reduced to 10 sheet and 500 th both. これはメタルハライドランプの輻射熱によってインク液滴が溶けることによる、インク液滴の硬化膜表面の硬化不良が生じるためだと考えられる。 This is because the melting ink droplets by radiation heat of the metal halide lamp, seems to be because the poor curing of the cured film surface of the ink droplets occurs.

表7に示した結果から、各種評価において、本発明の光硬化型インクジェットインクを用いて形成された画像については、比較インクを用いて形成された画像より優れていることが分かる。 From the results shown in Table 7, in the various evaluations, the image formed by using the photocurable ink-jet ink of the present invention are found to be superior to an image formed using the comparative ink.

すなわち、本発明の手段により、高速記録においても高細精な画像を安定に形成でき、各種記録媒体への適応性の良好な光硬化型インクジェットインクを提供することができることが分かる。 That is, by means of the present invention, can also form a high fine fine images stable in high-speed recording, it is found that it is possible to provide good light-curable ink-jet ink of adaptability to various recording media. また、それを用いる画像形成方法を提供することができることが分かる。 Further, it is understood that it is possible to provide an image forming method using the same.

本発明によれば、ゲル化の安定性とインク液滴の硬化性を両立する光硬化型インクジェットインクを用いた画像形成方法を提供することができる。 According to the present invention, it is possible to provide an image forming method using the photocurable ink-jet ink having both a curable stability and ink droplets gelled.

10、20 インクジェット記録装置 12 記録媒体 14、24 インクジェット記録ヘッド 16、26 ヘッドキャリッジ 18、28 光照射部 19 温度制御部 27 ガイド部 30 インク流路 31 インクタンク 10, 20 ink jet recording apparatus 12 recording medium 14, 24 ink jet recording heads 16, 26 head carriage 18, 28 light irradiating unit 19 temperature control unit 27 the guide portion 30 ink passage 31 ink tank

Claims (5)

  1. 色材、ゲル化剤、光重合性化合物及び光重合開始剤を含有し、温度によりゾルゲル相転移する光硬化型インクジェットインクのインク液滴を、インクジェット記録ヘッドから吐出させて記録媒体上に付着させる工程と、前記記録媒体上に着弾した液滴にLED光源からの光を照射して前記インク液滴を硬化させる工程と、を有し、 Colorant, gelling agents, and contains a photopolymerizable compound and a photopolymerization initiator, the ink droplets of the photocurable ink-jet ink to transfer the sol-gel phase by temperature, is deposited on a recording medium by discharging from an ink jet recording head has a step, and curing the ink droplets by irradiating the light from the LED light source into droplets landed on the recording medium, and
    前記ゲル化剤の含有量は、前記インク全体の質量に対し1.0〜7.0質量%の範囲内であり、 The content of the gelling agent, the ink total mass to be in the range of from 1.0 to 7.0 wt%,
    前記光重合性化合物は、分子量が280〜1500の範囲内であり、かつ、ClogP値が4.0〜7.0の範囲内にある(メタ)アクリレート化合物と、ポリエステルアクリレートオリゴマーとを含み、 The photopolymerizable compound has a molecular weight in the range of 280 to 1,500, and includes a ClogP value is in the range of 4.0 to 7.0 (meth) acrylate compound, a polyester acrylate oligomer,
    前記(メタ)アクリレート化合物の含有量は、前記インク全体の質量に対して10〜40質量%の範囲内であり、 The content of the (meth) acrylate compound is in the range of 10 to 40 wt% based on the total weight of the ink,
    前記ポリエステルアクリレートオリゴマーの含有量は、前記インク全体の質量に対して5.0〜20.0質量%の範囲内であり、 The content of the polyester acrylate oligomer is in the range of 5.0 to 20.0 wt% based on the total weight of the ink,
    前記光は、370〜410nmにピーク照度0.5〜10.0W/cm を有し、かつ、前記光の光量は350mJ/cm 未満である、画像形成方法。 The light has a peak irradiance 0.5~10.0W / cm 2 to 370~410Nm, and light quantity of the light is less than 350 mJ / cm 2, an image forming method.
  2. 前記ClogP値が4.0〜7.0の範囲内にある(メタ)アクリレート化合物が、下記(1)及び(2)のうちの少なくとも一種の(メタ)アクリレート化合物であることを特徴とする請求項1に記載の画像形成方法。 Wherein the ClogP value is in the range of 4.0 to 7.0 (meth) acrylate compound, which is characterized in that at least one (meth) acrylate compound of the following (1) and (2) the image forming method according to claim 1.
    (1)分子内に(−C(CH )H−CH −O−) (mは3〜14の整数)で表される構造をもつ三官能以上の(メタ)アクリレート化合物(2)分子内に環状構造を持つ二官能以上の(メタ)アクリレート化合物 (1) in the molecule (-C (CH 3) H- CH 2 -O-) m (m is an integer of 3-14) trifunctional or higher (meth) acrylate compound having a structure represented by (2) bifunctional or more having a cyclic structure in the molecule (meth) acrylate compound
  3. 前記ゲル化剤が、下記一般式(G1)及び(G2)で表される化合物うちの少なくとも一種の化合物であることを特徴とする請求項1又は請求項2に記載の画像形成方法。 The gelling agent is, an image forming method according to claim 1 or claim 2, characterized in that at least one compound of compounds represented by the following general formula (G1) and (G2).
    一般式(G1):R1−CO−R2 General Formula (G1): R1-CO-R2
    一般式(G2):R3−COO−R4 Formula (G2): R3-COO-R4
    (式中、R1〜R4は、それぞれ独立に、炭素数12以上の直鎖部分を持ち、かつ分岐を持ってもよいアルキル鎖を表す。) (Wherein, the R1 to R4, independently, has a linear moiety having 12 or more carbon atoms, and represents an alkyl chains with branched.)
  4. 請求項1から請求項3のいずれか一項に記載の画像形成方法であって、 An image forming method according to any one of claims 1 to 3,
    前記光硬化型インクジェットインクが記録媒体に着弾する時の記録媒体の温度を、前記光硬化型インクジェットインクのゾルゲル相転移温度の−20〜−10℃の範囲内にすることを特徴とする画像形成方法。 Imaging, wherein the light-curable inkjet ink is the temperature of the recording medium at the time of landing on the recording medium, in the range of -20 to-10 ° C. of the sol-gel phase transition temperature of the photo-curable inkjet ink Method.
  5. 請求項1から請求項4のいずれか一項に記載の画像形成方法であって、 An image forming method according to any one of claims 1 to 4,
    前記LED光源のピーク照度を1〜5W/cm とすることを特徴とする画像形成方法。 The image forming method characterized by the peak irradiance of the LED light source and 1~5W / cm 2.
JP2011269458A 2011-12-08 2011-12-08 Image forming method using the photocurable ink-jet ink Active JP5884455B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2011269458A JP5884455B2 (en) 2011-12-08 2011-12-08 Image forming method using the photocurable ink-jet ink

Applications Claiming Priority (4)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2011269458A JP5884455B2 (en) 2011-12-08 2011-12-08 Image forming method using the photocurable ink-jet ink
EP20120855563 EP2789470B1 (en) 2011-12-08 2012-12-10 Photocuring inkjet ink and image forming method using same
US14363224 US9422438B2 (en) 2011-12-08 2012-12-10 Photocurable inkjet and image forming method using same
PCT/JP2012/007876 WO2013084511A1 (en) 2011-12-08 2012-12-10 Photocuring inkjet ink and image forming method using same

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2013119243A true true JP2013119243A (en) 2013-06-17
JP5884455B2 JP5884455B2 (en) 2016-03-15

Family

ID=48772129

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2011269458A Active JP5884455B2 (en) 2011-12-08 2011-12-08 Image forming method using the photocurable ink-jet ink

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP5884455B2 (en)

Cited By (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2013215923A (en) * 2012-04-05 2013-10-24 Konica Minolta Inc Active ray-curable inkjet ink, and image forming method using the same
WO2015001790A1 (en) * 2013-07-02 2015-01-08 コニカミノルタ株式会社 Inkjet printer and image formation method
WO2015022780A1 (en) * 2013-08-14 2015-02-19 コニカミノルタ株式会社 Inkjet ink degassing method, inkjet recording method, and recording apparatus
WO2015137506A1 (en) * 2014-03-14 2015-09-17 コニカミノルタ株式会社 Active light curing-type inkjet ink, filling method, and image forming method
WO2016002834A1 (en) * 2014-07-02 2016-01-07 コニカミノルタ株式会社 Active light-curable inkjet ink and image formation method
EP3115425A1 (en) 2015-07-10 2017-01-11 Konica Minolta, Inc. Photocurable inkjet ink and image forming method
JPWO2015033584A1 (en) * 2013-09-09 2017-03-02 コニカミノルタ株式会社 Radiation curable inkjet inks and an image forming method
WO2017122447A1 (en) * 2016-01-13 2017-07-20 コニカミノルタ株式会社 Ink-jet ink and image formation method

Citations (10)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2007063553A (en) * 2005-09-01 2007-03-15 Oce Technologies Bv Method for printing substrate with radiation-curable ink and ink suitable for this method
US20070142492A1 (en) * 2005-12-15 2007-06-21 Xerox Corporation Radiation curable inks
JP2010138315A (en) * 2008-12-12 2010-06-24 Seiko Epson Corp Ink set, inkjet printing apparatus and inkjet recording method
JP2010523801A (en) * 2007-04-13 2010-07-15 ハンツマン・アドバンスド・マテリアルズ・アメリカズ・エルエルシー Two yuan photoinitiators, photocurable compositions, their use in the three-dimensional article produced, and the production method
WO2010150023A2 (en) * 2009-06-25 2010-12-29 Sericol Limited Printing method
JP2011025684A (en) * 2009-06-25 2011-02-10 Konica Minolta Ij Technologies Inc Image forming method, inkjet printed matter, and active ray-curable type inkjet ink
JP2011116873A (en) * 2009-12-04 2011-06-16 Konica Minolta Holdings Inc Active ray-curable ink for inkjet and inkjet recording method
JP2011121297A (en) * 2009-12-11 2011-06-23 Konica Minolta Holdings Inc Inkjet image forming method
WO2011111733A1 (en) * 2010-03-12 2011-09-15 コニカミノルタホールディングス株式会社 Process for production of printed matter, printed matter, and active ray-curable inkjet ink
JP2012246478A (en) * 2011-05-27 2012-12-13 Xerox Corp Black ultraviolet curable ink

Patent Citations (10)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2007063553A (en) * 2005-09-01 2007-03-15 Oce Technologies Bv Method for printing substrate with radiation-curable ink and ink suitable for this method
US20070142492A1 (en) * 2005-12-15 2007-06-21 Xerox Corporation Radiation curable inks
JP2010523801A (en) * 2007-04-13 2010-07-15 ハンツマン・アドバンスド・マテリアルズ・アメリカズ・エルエルシー Two yuan photoinitiators, photocurable compositions, their use in the three-dimensional article produced, and the production method
JP2010138315A (en) * 2008-12-12 2010-06-24 Seiko Epson Corp Ink set, inkjet printing apparatus and inkjet recording method
WO2010150023A2 (en) * 2009-06-25 2010-12-29 Sericol Limited Printing method
JP2011025684A (en) * 2009-06-25 2011-02-10 Konica Minolta Ij Technologies Inc Image forming method, inkjet printed matter, and active ray-curable type inkjet ink
JP2011116873A (en) * 2009-12-04 2011-06-16 Konica Minolta Holdings Inc Active ray-curable ink for inkjet and inkjet recording method
JP2011121297A (en) * 2009-12-11 2011-06-23 Konica Minolta Holdings Inc Inkjet image forming method
WO2011111733A1 (en) * 2010-03-12 2011-09-15 コニカミノルタホールディングス株式会社 Process for production of printed matter, printed matter, and active ray-curable inkjet ink
JP2012246478A (en) * 2011-05-27 2012-12-13 Xerox Corp Black ultraviolet curable ink

Cited By (14)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2013215923A (en) * 2012-04-05 2013-10-24 Konica Minolta Inc Active ray-curable inkjet ink, and image forming method using the same
US9481179B2 (en) 2013-07-02 2016-11-01 Konica Minolta, Inc. Inkjet printer and image formation method
WO2015001790A1 (en) * 2013-07-02 2015-01-08 コニカミノルタ株式会社 Inkjet printer and image formation method
JPWO2015001790A1 (en) * 2013-07-02 2017-02-23 コニカミノルタ株式会社 Inkjet printers and image forming method
US9656473B2 (en) 2013-08-14 2017-05-23 Konica Minolta, Inc. Inkjet ink degassing method, inkjet recording method, and recording apparatus
WO2015022780A1 (en) * 2013-08-14 2015-02-19 コニカミノルタ株式会社 Inkjet ink degassing method, inkjet recording method, and recording apparatus
JPWO2015022780A1 (en) * 2013-08-14 2017-03-02 コニカミノルタ株式会社 Degassing method of the ink-jet ink, an ink jet recording method and apparatus
JPWO2015033584A1 (en) * 2013-09-09 2017-03-02 コニカミノルタ株式会社 Radiation curable inkjet inks and an image forming method
JPWO2015137506A1 (en) * 2014-03-14 2017-04-06 コニカミノルタ株式会社 Actinic radiation curable inkjet ink, the filling method and an image forming method
WO2015137506A1 (en) * 2014-03-14 2015-09-17 コニカミノルタ株式会社 Active light curing-type inkjet ink, filling method, and image forming method
WO2016002834A1 (en) * 2014-07-02 2016-01-07 コニカミノルタ株式会社 Active light-curable inkjet ink and image formation method
EP3115425A1 (en) 2015-07-10 2017-01-11 Konica Minolta, Inc. Photocurable inkjet ink and image forming method
US10059855B2 (en) 2015-07-10 2018-08-28 Konica Minolta, Inc. Photocurable inkjet ink and image forming method
WO2017122447A1 (en) * 2016-01-13 2017-07-20 コニカミノルタ株式会社 Ink-jet ink and image formation method

Also Published As

Publication number Publication date Type
JP5884455B2 (en) 2016-03-15 grant

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US20090208651A1 (en) Photocurable ink composition and inkjet recording method
JP2004051881A (en) Ink composition for inkjet recording and image-forming method
JP2003292855A (en) Ink for inkjet recording and method for forming image
JP2005126507A (en) Ink for inkjet and inkjet recording method using the same
JPH07224241A (en) Ink, and method and apparatus for ink jet recording using the same
JP2008246832A (en) Ink set for inkjet recording, and inkjet recording method
JP2005255821A (en) Activated light-curable type inkjet ink and inkjet recording method using the same
JP2005126508A (en) Inkjet ink and inkjet recording method
JP2012040760A (en) Inkjet recording method
WO2010125854A1 (en) Active ray-curable inkjet ink, and inkjet image formation method
JP2005126509A (en) Ink for inkjet recording and inkjet recording method using the same
JP2010115791A (en) Image forming apparatus
WO2012023368A1 (en) Active ray-curable ink and active ray-curable inkjet recording method
JP2005200560A (en) Inkjet ink
JP2006037021A (en) Inkjet ink, printed matter, and inkjet printing method
JP2004175906A (en) Active ray-curable inkjet solventless ink and method of image formation and inkjet printer
WO2013094198A1 (en) Active light-curable inkjet ink and image formation method using same
WO2011111733A1 (en) Process for production of printed matter, printed matter, and active ray-curable inkjet ink
US6874870B2 (en) Inkjet recording method
JP2004182808A (en) Active ray-curable inkjet solventless ink and method of image formation and inkjet printer using the same
JP4335955B1 (en) Energy ray-curable ink composition
JP2009185157A (en) Energy ray-curable ink composition
JP2012041441A (en) Active ray-curable ink, and inkjet recording method
JP2013226745A (en) Image forming method
JP2009132919A (en) Phase change curable ink

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20140310

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20150304

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20150310

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20150501

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20150811

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20151001

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20160112

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20160125

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 5884455

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150