JP2013080355A - Software reuse support device, software reuse support method and program - Google Patents

Software reuse support device, software reuse support method and program Download PDF

Info

Publication number
JP2013080355A
JP2013080355A JP2011219637A JP2011219637A JP2013080355A JP 2013080355 A JP2013080355 A JP 2013080355A JP 2011219637 A JP2011219637 A JP 2011219637A JP 2011219637 A JP2011219637 A JP 2011219637A JP 2013080355 A JP2013080355 A JP 2013080355A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
mapping
source code
processing
source
data
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2011219637A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP5800657B2 (en
Inventor
Yamahiko Ito
山彦 伊藤
Shigeki Suzuki
繁樹 鈴木
Noriyuki Komiya
紀之 小宮
Taichi Ishizaka
太一 石阪
Takeru Kuroiwa
丈瑠 黒岩
Original Assignee
Mitsubishi Electric Corp
三菱電機株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Mitsubishi Electric Corp, 三菱電機株式会社 filed Critical Mitsubishi Electric Corp
Priority to JP2011219637A priority Critical patent/JP5800657B2/en
Publication of JP2013080355A publication Critical patent/JP2013080355A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP5800657B2 publication Critical patent/JP5800657B2/en
Application status is Active legal-status Critical
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To support reuse of a source code to which special coding is not performed.SOLUTION: A processing/source mapping part 103 performs mapping of a prescribed part in a source code with processing content information showing processing contents which corresponds to the prescribed part, by referring to template data 107 in which processing content information showing typical processing contents to realize functions of software components obtained by separating software into components with key words, and generates a mapping table 108 storing a result of the mapping. A processing/source mapping result display part 104 displays the prescribed part of the source code and the processing content information corresponding to the prescribed part in a form that a correspondence relation between them is easily understand, by referring to the generated mapping table 108.

Description

本発明は、ソフトウェア部品の再利用を支援するソフトウェア再利用支援装置、ソフトウェア再利用支援方法、及び、プログラムに関する。 The present invention, the software reuse support apparatus for supporting the reuse of software components, the software reuse support method, and a program.

ソフトウェアの生産性を向上させるために、既存のソフトウェアを再利用して新規のソフトウェアを開発する手法が知られている。 In order to improve the software productivity, it is known technique to develop new software and re-use of existing software.

例えば、特許文献1には、ソフトウェアを部品化してライブラリに登録し、ソースコードを再利用する際に、ライブラリから必要なソフトウェア部品を検出して使用することを特徴とするソフトウェア開発支援方法について記載されている。 For example, Patent Document 1, registered in the library by parts of the software, wherein when reusing source code, the software development process, characterized in that detects and uses software components required from the library It is.

特開平5−108319号公報 JP-5-108319 discloses

特許文献1に記載のソフトウェア開発支援方法では、ソフトウェアのソースコードを再利用するために、所定のルールに基づいた特別なコーディングをする必要がある。 In software development support method described in Patent Document 1, in order to reuse the source code of the software, it is necessary to make special coding based on a predetermined rule. そのため、プログラム開発者は自由にコーディングすることができず、コーディングに手間がかかる。 Therefore, program developers will not be able to coding freely, it takes time to coding. また、特別なコーディングがされていないソースコードの場合、ライブラリに登録できないため、再利用することができなかった。 In addition, in the case of the source code that has not been a special coding, can not be registered in the library, it could not be re-used.

本発明は、上記実情に鑑みてなされたものであり、特別なコーディングがされていないソースコードの再利用を支援するソフトウェア再利用支援装置、ソフトウェア再利用支援方法、及び、プログラムを提供することを目的とする。 The present invention has been made in view of the above circumstances, the software reuse support apparatus for supporting the reuse of the source code that is not a special coding, the software reuse support method, and to provide a program for the purpose.

上記目的を達成するため、本発明のソフトウェア再利用支援装置は、 To achieve the above object, the software reuse support apparatus of the present invention,
ソフトウェアを部品化したソフトウェア部品の機能を実現するための典型的な処理の内容を示す処理内容情報と見出語とが対応付けられたテンプレートデータを記憶するテンプレート記憶手段と、 A template storage means for storing template data processing content information and entry word and is associated indicating the contents of a typical process for realizing the functions of the software component that part of the software,
前記ソフトウェア部品に対応するソースコード内から前記見出語を検出し、検出した見出語を含む部分と前記テンプレートデータ内で該見出語に対応付けられている処理内容情報とをマッピングし、マッピングした結果を保持するマッピングテーブルを作成する処理・ソースマッピング手段と、 The software component detects the entry word from the source code that corresponds to the mapping and processing content information corresponding to the entry word 該見 a portion including the detected headword in said template data, a processing source mapping means for creating a mapping table for holding the result of the mapping,
前記マッピングテーブルを参照して、前記ソースコードの所定部分と該所定部分に対応する処理内容情報とを、両者の対応関係がわかるように表示する処理・ソースマッピング結果表示手段と、 By referring to the mapping table, and a processing content information corresponding to the predetermined portion and the predetermined portion of the source code, and the processing source mapping result display means for displaying as their correspondence relationship is known,
を備えることを特徴とする。 Characterized in that it comprises a.

本発明によれば、特別なコーディングがされていないソースコードの再利用を支援することが可能となる。 According to the present invention, it is possible to support the reuse of the source code that is not a special coding.

本発明の第1の実施形態に係るソフトウェア再利用支援装置の物理的な構成を示す図である。 It is a diagram illustrating a physical configuration of the software reuse support apparatus according to a first embodiment of the present invention. 本発明の第1の実施形態に係るソフトウェア再利用支援装置の機能構成図である。 It is a functional block diagram of the software reuse support apparatus according to a first embodiment of the present invention. テンプレートデータの構成を示す図である。 It is a diagram showing a configuration of template data. 辞書DBに登録されるデータの例を示す図である。 Is a diagram illustrating an example of data registered in the dictionary DB. 処理・ソースマッピング処理の動作を説明するためのフローチャートである。 It is a flowchart for explaining the operation of the processing source mapping process. ソースコードの例を示す図である。 Is a diagram illustrating an example of a source code. 対応付処理の動作を説明するためのフローチャートである。 Is a flow chart for explaining the operation of the association process. マッピングテーブルの例を示す図である。 Is a diagram illustrating an example of a mapping table. 対応付編集画面の例を示す図である。 Is a diagram showing an example of the association editing screen. ユーザからの更新の操作によって修正された後のマッピングテーブルの例を示す図である。 Is a diagram illustrating an example of the mapping table after being modified by the update operations from the user. データシート・ソースマッピング処理の動作を説明するためのフローチャートである。 It is a flowchart for explaining the operation of the data sheet source mapping process. データシート参照画面の例を示す図である。 Is a diagram illustrating an example of a data sheet reference screen. 本発明の第2の実施形態に係るソフトウェア再利用支援装置の機能構成図である。 It is a functional block diagram of the software reuse support apparatus according to the second embodiment of the present invention. 仕様書・ソースマッピング処理の動作を説明するためのフローチャートである。 Is a flow chart for explaining the operation specifications source mapping process. 仕様書マッピングテーブルの例を示す図である。 Is a diagram illustrating an example of a specification mapping table. 仕様書更新支援処理の動作を説明するためのフローチャートである。 Is a flow chart for explaining the operation of the specification update support processing. 仕様書参照画面の例を示す図である。 Is a diagram illustrating an example of a specification reference screen.

以下、本発明の各実施形態について、図面を参照しながら詳細に説明する。 Hereinafter, each embodiment of the present invention will be described in detail with reference to the drawings. なお、図中同一または相当部分には同一符号を付す。 Incidentally, the same numerals are assigned to the same or corresponding portions in the drawings.

<<第1の実施形態>> << First embodiment >>
本発明の第1の実施形態に係るソフトウェア再利用支援装置100について説明する。 For the first software reuse support apparatus 100 according to an embodiment of the present invention will be described. このソフトウェア再利用支援装置100は、既存のソフトウェア部品(ソフトウェアモジュール)を再利用できるように、ソフトウェア部品に対応するソースコードの所定部分と、この部分に対応する処理の内容を示す処理内容情報とを対応付ける。 The software reuse support apparatus 100, to allow reuse of existing software components (software modules), a predetermined portion of the source code corresponding to the software component, the process contents information indicating the contents of processing corresponding to this portion the associates. さらに、ソフトウェア再利用支援装置100は、ソフトウェア部品の適用対象となるデバイスのデータシートの各項目(セクション)と、ソフトウェア部品に対応するソースコードの部分とを対応付ける。 Furthermore, the software reuse support apparatus 100 associates each item of device data sheets to be applicable software component (section), and a portion of the source code corresponding to the software component.

ソフトウェア再利用支援装置100は、物理的には、図1に示すように、通信部11と、入力部12と、出力部13と、記憶部14と、入出力I/F部15と、制御部16と、を備える。 The software reuse support apparatus 100 is physically, as shown in FIG. 1, a communication unit 11, an input unit 12, an output unit 13, a storage unit 14, an input-output I / F unit 15, the control It comprises a section (16), the. 各部はバス17を介して互いに接続されている。 Units are connected to each other via a bus 17.

通信部11は、通信ネットワーク2を介して、ネットワーク2上の図示せぬ情報処理装置等と通信を行うものであり、通信インタフェース等を備える。 The communication unit 11 via the communication network 2, performs communication with an information processing apparatus or the like (not shown) on the network 2, a communication interface or the like. 例えば、通信部11は、再利用の対象とするソフトウェア部品に対応するソースコード、ソフトウェア部品の適用対象であるデバイスのデータシート、及び、ソースコードの仕様書等を、これらネットワーク2上の情報処理装置から受信する。 For example, the communication unit 11, the source code corresponding to the software component to be subjected to re-use, the device data sheet is applicable software components, and, the specifications or the like of the source code, the information processing on these networks 2 It received from the device.

操作部12は、ソフトウェア再利用支援装置100に様々な情報を入力するために使用するものであり、ボタン、キー等の入力装置を備える。 Operation section 12 is used to input various information to the software reuse support apparatus 100 includes a button, an input device such as a key.

表示部13は、様々な情報を出力するものであり、ディスプレイ等の表示装置を備える。 Display unit 13 is to output various information, and a display device such as a display.

記憶部14は、様々な情報やプログラム等を記憶するものであり、ハードディスク等の補助記憶装置を備える。 Storage unit 14 is for storing various information and programs, an auxiliary storage device such as a hard disk.

入出力I/F部15は、入出力機器3を接続するためのインタフェースである。 O I / F section 15 is an interface for connecting the input and output device 3. 例えば、処理の対象となるソースコードを、通信部11ではなく、入出力I/F部15を介して、CD−ROMドライブ等の入出力機器3から取り込むこともできる。 For example, the source code to be processed, the communication unit 11 without via the input-output I / F section 15, it is also possible to incorporate the input device 3 such as a CD-ROM drive.

制御部16は、データの演算処理を行うと共に、バス17を介して通信部11、操作部12、出力部13、記憶部14、入出力I/F部15を制御するものであり、CPU(Central Processing Unit)16a、ROM(Read Only Memory)16b、RAM(Random Access Memory)16c等を備える。 Control unit 16 performs arithmetic processing of the data, the communication unit 11 via the bus 17, the operation unit 12, an output unit 13, storage unit 14, which controls input and output I / F unit 15, CPU ( includes Central Processing Unit) 16a, ROM (Read Only Memory) 16b, a RAM (Random Access Memory) 16c and the like. 制御部16における演算処理及び制御処理は、具体的には、CPU16aが、RAM16cを作業領域として使用して各種データを一時的に記憶させながら、ROM16bに記憶されている制御プログラムを実行することにより行われる。 Arithmetic processing and control processing in the controller 16, specifically, CPU 16a is, while temporarily storing various data using RAM16c as a work area, by executing a control program stored in ROM16b It takes place.

ソフトウェア再利用支援装置100は、機能的には、図2に示すように、テンプレート格納部101と、辞書DB(データベース)102と、処理・ソースマッピング部103と、処理・ソースマッピング結果表示部104と、データシート・ソースマッピング部105と、データシート・ソースマッピング結果表示部106と、を備える。 The software reuse support apparatus 100 is functionally, as shown in FIG. 2, the template storage unit 101, a dictionary DB (database) 102, a processing source mapping unit 103, the processing source mapping result display unit 104 comprising the a data sheet source mapping unit 105, a data sheet source mapping result display unit 106, a. なお、これらの各構成要素は、図1に示した制御部16が、同じく図1に示した通信部11、操作部12、出力部13、記憶部14、又は入出力I/F部15を制御することにより実現される。 Note that each of these components, the control unit 16 shown in FIG. 1, also the communication unit 11 shown in FIG. 1, the operation unit 12, an output unit 13, storage unit 14 or the input-output I / F unit 15, It is achieved by controlling.

テンプレート格納部101には、タイマやLANドライバやシリアルドライバ等の機能を有するソフトウェア部品の種類毎に、ソフトウェア部品の機能を実現するための典型的な実装方法(処理や手順の内容や順番)が記述されたテンプレートデータ107が格納される。 The template storage unit 101, for each type of software components having functions such as timers and LAN driver or serial driver, a typical implementation for implementing the functions of the software component (contents and order of processes and procedures) of template data 107 which is described is stored.

テンプレートデータ107の構成例を図3に示す。 An example of a configuration of template data 107 shown in FIG. テンプレートデータ107は、条件部1071とデータ部1072とから構成される。 Template data 107 is composed of a condition part 1071 and the data section 1072 Metropolitan.
条件部1071は、このテンプレートデータ107が適用されるソフトウェア部品(ソースコード)の実装の条件を示すデータである。 Condition part 1071 is data showing a mounting condition of the software component template data 107 is applied (source code). 具体的には、条件部1071は、H/W(ハードウェア)型番、機能、方式等のソフトウェア部品の属性を示す項目とその値とから構成される。 Specifically, the condition section 1071, H / W (hardware) model number, function, composed and its value item indicating a software component attribute method or the like.
データ部1072は、条件部1071が示す条件に合致するソフトウェア部品の典型的な実装方法が記載されたデータである。 Data 1072 is data exemplary implementation is described software components that meet the condition indicated by the condition part 1071. 具体的には、データ部1072は、処理(ソースコード内の関数に相当)の内容がテキスト形式で記載された処理データと、処理毎の手順がテキスト形式で記載された手順データとを含んで構成される。 Specifically, the data section 1072, processing as data contents are described in a text format (corresponding to the function in the source code), the procedure of each process and a procedure data described in a text format constructed. なお、処理データの先頭のアルファベット(a)〜(e)は、処理の順番を示したものであり、この順番で、処理データに対応する処理(関数)がソースコード内に記載されることを示す。 Incidentally, the head of the alphabet of the processing data (a) ~ (e) are those showing the order of processing, in this order, that the process corresponding to the process data (function) is described in the source code show. また、手順データの先頭の番号(1)〜(3)は、処理(関数)内で実施される手順の順番を示したものであり、この順番で、手順データに対応する手順がソースコードの処理(関数)内に記載されることを示す。 Also, the head of the number of steps data (1) to (3), which shows the order of the procedures performed in the processing (functions), in this order, the procedure corresponding to the procedure data of the source code indicating that described in process (function).
さらに、処理データと手順データとには、辞書DB102を参照して関連語を検出するためのキーワードとなる見出語が設定されている。 Moreover, the the process data and the procedure data, headword as a keyword for detecting related words by referring to the dictionary DB102 are set.

図2に戻り、辞書DB102には、テンプレートデータ107で定義されている見出語とその見出語に関連する関連語とが対応付けられて格納される。 Returning to Figure 2, the dictionary DB 102, headword defined in the template data 107 and the related terms associated with the entry word is stored in association with each other. 辞書DB102に登録されるデータの例を図4に示す。 An example of data registered in the dictionary DB102 shown in FIG. 例えば、図4の先頭のエントリから、見出語「LAN」の関連語は、「lan」、「ether」」、「ethernet」、「net」等であることがわかる。 For example, from the beginning of the entry of FIG. 4, entry word related words of the "LAN" is, "lan", "ether" "," ethernet ", it is understood that such" net ".

図2に戻り、処理・ソースマッピング部103は、テンプレート格納部101に格納されているテンプレートデータ107と辞書DB102とを参照して、ソフトウェア部品に対応するソースコード内の所定部分とこの部分に対応した処理の内容を示す情報(処理データ、手順データ)とをマッピングし(対応付け)、マッピングした結果をマッピングテーブル108として出力する。 Returning to Figure 2, the processing source mapping unit 103, referring to the template data 107 and dictionary DB102 stored in the template storage unit 101, corresponding to a predetermined portion and the portion of the source code corresponding to the software component information indicating the contents of processing (processing data, procedure data) and maps (mapping), and outputs the result of the mapping as the mapping table 108.

処理・ソースマッピング結果表示部104は、マッピングテーブル108等を参照して、ソースコードの所定部分と、この所定部分に対応する処理内容情報との対応関係がユーザにわかり、且つ、ユーザがその対応関係を編集(修正)することができるような対応付編集画面を作成して表示する。 Processing source mapping result display unit 104 refers to the mapping table 108 or the like, a predetermined portion of the source code, to understand correspondence between the processing content information corresponding to the predetermined portion to the user, and the user corresponds thereof to create the association editing screen as it is possible to edit the relationship (correction) is displayed.

データシート・ソースマッピング部105は、マッピングテーブル108と辞書DB102とを参照して、ソースコードの所定部分と、この所定部分に対応するデータシートの部分(セクション)とをマッピングする(対応付ける)。 Data Sheet source mapping unit 105 refers to the mapping table 108 and dictionary DB 102, a predetermined portion of the source code, to map a portion (section) of the data sheet corresponding to the predetermined portion (associate).

なお、ここでいうデータシートとは、ソフトウェア部品が適用されるデバイスの特徴や仕様等が記載されている電子化されているドキュメントデータを示す。 Here, the term data sheet indicates a document data that has been digitized features and specifications of the device software component is applied is described. データシートには、番号と見出しが付されたセクション毎に、デバイスに関する情報が記載されている。 The data sheet for each number and heading is attached section, information about the device is described. なお、データシートはXML(Extensible Markup Language)等のマークアップ言語で記載されており、ソフトウェア開発支援装置100は、データシート内のセクションの構成を認識することができる。 The data sheet is described in a markup language such as XML (Extensible Markup Language), software development support apparatus 100 can recognize the configuration of the section in the data sheet. 例えば、ソフトウェア開発支援装置100は、データシート内の特定のセクション部分のみを取得して表示することが可能である。 For example, software development support apparatus 100 is capable of acquiring and displaying only a specific section portion in the data sheet.

データシート・ソースマッピング結果表示部106は、データシート・ソースマッピング部105がマッピングしたソースコードの所定部分とデータシートの所定部分(セクション)との対応関係をユーザが参照可能に表示する。 Data Sheet source mapping result display unit 106 corresponds relationship referable user an indication of the predetermined portion and a predetermined portion of the data sheet of source code datasheet source mapping unit 105 maps (section).

続いて、ソフトウェア再利用支援装置100の動作について説明する。 Next, a description will be given of the operation of the software reuse support apparatus 100.

(処理・ソースマッピング処理) (Processing and source mapping process)
始めに、ソフトウェアーモジュールのソースコードの所定部分と、この部分に対応する処理の内容を示す情報(処理データおよび手順データ)とをマッピングし、その結果をユーザが編集可能に表示する処理・ソースマッピング処理について、図5のフローチャートを参照して説明する。 First, a predetermined portion of the source code of the software modules, the processing source that this portion maps the information (processed data and procedure data) indicating the content of processing corresponding, the result user to be able to display edit the mapping process will be described with reference to the flowchart of FIG.

ユーザは、操作部12を操作して、処理・ソースマッピング処理開始用の所定の画面を表示部1312に表示させる。 The user operates the operation unit 12 to display a predetermined screen for starting processing source mapping process on the display unit 1312. そして、ユーザは、操作部12を操作して、この画面上から、処理の対象とするソースコードの指定と、テンプレートデータ107を検索するための条件とを入力する。 Then, the user operates the operation unit 12, from this screen, and inputs a designation of source code to be processed, and a condition for retrieving the template data 107. ここでは、指定したソースコードに対応したソフトウェア部品のテンプレートデータ107を検出するための検出条件を入力するのが望ましい。 Here, to enter the detection conditions for detecting the template data 107 of the software component that corresponds to the source code specified is desirable. 例えば、UART(Universal Asynchronous Receiver Transmitter)方式のマイコンのシリアル通信機能に関するソフトウェア部品に対応するソースコードを処理対象として指定する場合、テンプレートデータ107の検索条件として、H/W型番「マイコンA」、機能「シリアル通信」、方式「UART」等と入力すればよい。 For example, UART (Universal Asynchronous Receiver Transmitter) When specifying a source code corresponding to the software components related serial communication function of the microcomputer of the system as the processing target as the search condition of the template data 107, H / W model number "microcomputer A" functional "serial communication", may be input to the system "UART" and the like. 処理・ソースマッピング部103は、この入力操作に応答して、テンプレート格納部101に記憶されているテンプレートデータ107の条件部1071を検索し、入力された検索条件に合致するテンプレートデータ107を検出する(ステップS11)。 Processing source mapping unit 103, in response to this input operation, searches the condition part 1071 of the template data 107 stored in the template storage unit 101, detects the template data 107 that matches the input search condition (step S11).

続いて、処理・ソースマッピング部103は、検出したテンプレートデータ107の記載を参照して、指定したソースコードの各部分と、各部分に対応した処理データ、手順データとを対応付ける対応付処理を行う(ステップS12)。 Subsequently, the processing source mapping unit 103, with reference to the description of template data 107 detected, performing a respective portion of the source code specified, process data corresponding to each portion, the associating processing associating the procedure data (step S12).

ここで、対応付処理(ステップS12)の詳細について、図6に示すソースコードを処理対象とした場合を例に、図7のフローチャートを用いて説明する。 Here, the details of the association process (step S12), the example of the case where the processing target source code shown in FIG. 6, will be described with reference to the flowchart of FIG. 図6に示すソースコードは、C言語で記述されており、「sio_init()」、「port_open()」、「sio_putchar()」、「sio_getchar()」、「sio_getchar_err()」、「sio_send_frame()」の6つの関数から構成されている。 Source code shown in Figure 6, is written in C language, "sio_init ()", "port_open ()", "sio_putchar ()", "sio_getchar ()", "sio_getchar_err ()", "sio_send_frame () It is composed of six function of ". なお、ソースコードの各行の左側の数字は行番号であり、以下の説明を容易にするために便宜的に付したものである。 Incidentally, the left digit of each line of the source code is a row number are presented solely for the sake of convenience in order to facilitate the following description. また、このソースコードに対するテンプレートデータ107として、図3に示すテンプレートデータ107が検出されているものとする。 Further, as template data 107 for the source code, it is assumed that the template data 107 shown in FIG. 3 has been detected. また、辞書DB102には、図4に示す情報が格納されているものとする。 In addition, the dictionary DB 102, it is assumed that information shown in FIG. 4 are stored.

まず、処理・ソースマッピング部103は、検出したテンプレートデータ107と辞書DB102とを参照して、指定したソースコードに含まれる関数と、該関数の処理内容を示す処理データとを対応付ける(ステップS121)。 First, the processing source mapping unit 103 refers the template data 107 and dictionary DB102 detected associates the functions in the specified source code, and processing data indicating the processing contents of the function number (Step S121) .

具体的には、まず、処理・ソースマッピング部103は、ソースコード内の関数の関数名やコメントから関連語を検出する。 Specifically, first, the processing source mapping unit 103 detects the related word from the function names and comments function in the source code. そして、処理・ソースマッピング部103は、辞書DB102を参照して、検出した関連語の見出語を検出する。 Then, the processing-source mapping unit 103, by referring to the dictionary DB102, to detect the entry word of the detected related words. そして、処理・ソースマッピング部103は、検出した見出語と一致する見出語を有する処理データをテンプレートデータ107から検出し、この関数と対応付ければよい。 Then, the processing source mapping unit 103 detects the processing data having an entry words that match the detected headword from the template data 107 may be stick corresponding to this function. または、関数間の呼出関係を考慮して、呼出元の関数と同じ処理データを呼出先の関数に対応付けてもよい。 Or, taking into account the call relationships between functions, may be associated to the same process data and calling functions callee function. また、ソースコード内での関数の出現する順番と、テンプレートデータ107に記載されている処理の順番とに基づいて、関数名を対応付けてもよい。 Further, the order of occurrence of the function in the source code, based on the order of the processes that are described in the template data 107, may be associated to the function name.

例えば、図3に示すテンプレートデータ107のデータ部1072に記載されている処理データ「初期化」には、見出語「初期化」が設定されている。 For example, the processing data "Initialize" as described in the data portion 1072 of the template data 107 shown in FIG. 3, headword "initialization" is set. そして、図4に示す辞書DB102には、見出語「初期化」の関連語として、「初期化」、「init」、「 initialization」、「 set」、「 設定」が定義されている。 Then, in the dictionary DB102 shown in FIG. 4, as related words of the entry word "initialization", "initialization", "init", "initialization", "set", "setting" it is defined. 従って、処理・ソースマッピング部103は、図6に示すソースコードに記載されている関数のうちで、関数名にこれらの関連語のうちの「init」を含む関数「sio_init()」に、処理データ「初期化」を対応付ける。 Therefore, the processing source mapping unit 103, among the functions listed in the source code shown in FIG. 6, the function names of these related words in functions including "init", "sio_init ()", the processing associating the data "initialization". なお、関数「sio_init()」がソースコード内で最初に記載されている関数であることを理由に、テンプレートデータ107の記載内での最初の処理データである「初期化」を対応付けてもよい。 Incidentally, the reason that the function "sio_init ()" is a function which is first described in the source code, which is the first process data within the description of template data 107 associates the "initialization" good. また、この関数「sio_init()」は、9行目で関数「port_open()」を呼び出している。 In addition, this function "sio_init ()" is calling the function "port_open ()" in line 9. 従って、処理・ソースマッピング部103は、関数「port_open()」にも、呼出元の関数と同じ処理データ「初期化」を対応付ける。 Therefore, the processing source mapping unit 103 to the function "port_open ()", it associates the same process data and calling the function "initialization".

また、図3に示すテンプレートデータ107に記載されている処理データ「1バイト送信」には、見出語「送信」、「バイト」が設定されている。 Further, by operation being data "1 byte transmission" described in the template data 107 shown in FIG. 3, entry word "send", "byte" is set. また、図4に示す辞書DB102には、見出語「送信」の関連語として、「送信」、「 sd」、「 snd」、「 send」、「 out」、「 put」が定義されている。 In addition, the dictionary DB102 shown in FIG. 4, as related words of the entry word "send", "send", "sd", "snd", "send", "out", "put" has been defined . また、見出語「バイト」の関連語として、「バイト」、「 byte」、「 char」が定義されている。 In addition, as a related word of the entry word "byte" look, "byte", "byte", "char" is defined. 従って、処理・ソースマッピング部103は、これらの各関連語「put」と「char」とを関数名に含む図6に示すソースコード内の関数「sio_putchar()」に、処理データ「1バイト送信」を対応付ける。 Therefore, the processing source mapping unit 103, each of these related words to the function "sio_putchar ()" in the source code indicating "put" and a "char" in FIG. 6, including the function name, process data "1 byte transmission associates ".

以下同様に、処理・ソースマッピング部103は、関数「sio_getchar()」に処理データ「1バイト受信」を、関数「sio_getchar_err()」に処理データ「1バイト受信エラー」を、関数「sio_send_frame()」に処理データ「1フレーム送信」を、それぞれ対応付ける。 Similarly, the processing source mapping unit 103, the function "sio_getchar ()" to process the data "1 byte Receive", the function "sio_getchar_err ()" process data "1 byte reception error", the function "sio_send_frame () process data "1 frame transmission" on ", associated respectively.

図7に戻り、ステップS121の処理が終了すると、処理・ソースマッピング部103は、検出したテンプレートデータ107と辞書DB102とを参照して、各関数内の手順と、該手順の内容を示す手順データとを対応付ける(ステップS122)。 Returning to Figure 7, the process of step S121 ends, the process source mapping unit 103 refers the template data 107 and dictionary DB102 detected, procedure data indicating a procedure within each function, the contents of The procedure associate the door (step S122). 具体的には、処理・ソースマッピング部103は、関数内の手順の記載や付されているコメントに含まれる関連語に対応する見出語が、テンプレートデータ107の見出語と一致する手順データを、この手順と対応付ければよい。 Specifically, the processing source mapping unit 103, the procedure entry word for the associated word contained in the comment provided description and procedure in the function matches the headword template data 107 data a, may if you stick corresponds to this procedure. または、手順間の呼出関係を考慮して、呼出元の手順と同じ手順データを呼出先の手順に対応付けてもよい。 Or, taking into account the call relationships between steps, may be associated to the same procedure data and calling procedures callee procedure. また、関数内での手順の順番と、テンプレートデータ107に記載されている手順の順番とに基づいて、手順データを対応付けてもよい。 Further, the order of the steps in the function, based on the order of instructions in the template data 107, may be associated a procedure data.

例えば、図3に示すテンプレートデータ107から、処理データ「初期化」には、手順データ「割込禁止設定」、「レジスタ設定」、「割込許可設定」が順番に対応付けられていることがわかる。 For example, the template data 107 shown in FIG. 3, the processed data "Initialization", procedure data "interrupt prohibition setting", "register setting", that "interrupt permission setting" is associated with the order Recognize. また、これらの手順データのうち手順データ「割込禁止設定」には、見出語「割込」が設定されている。 In addition, the procedure data "interrupt disable setting" of these procedures data, entry word "interrupt" is set. そして、図4に示す辞書DB102には、辞書見出「割込」の関連語の1つとして「intr」が設定されている。 Then, the dictionary DB102 shown in FIG. 4, "intr" is set as one of the related word dictionary Heading "interrupt". 従って、処理・ソースマッピング部103は、処理データ「初期化」が対応付けられている図6に示すソースコードに含まれる関数「sio_init()」内の手順のうち、この関連語「init」を含む3行目の手順「set_intr_off();」に、手順データ「割込禁止設定」を対応付ける。 Therefore, the processing source mapping unit 103, among the steps in the function in the source code shown in FIG. 6 the processing data "Initialization" is associated "sio_init ()", the related word to "init" third line procedure "set_intr_off ();" including the associates the procedure data "interrupt prohibition setting". なお、手順データ「割込許可設定」の見出語も「割込」であるが、「set_intr_off();」は関数内での最初の手順であるため、テンプレートデータ107内での記載順が最初の手順データ「割込禁止設定」が割り当てられる。 It should be noted, is also the headword of procedure data "interrupt permission setting" is "interrupt", "set_intr_off ();" Since it is the first step in the function, the order of in the template data 107 the first step data "interrupt prohibition setting" is assigned.

また、図3に示すテンプレートデータ107から、手順データ「レジスタ設定」には、見出語「レジスタ」が設定されていることごわかる。 In addition, from the template data 107 shown in FIG. 3, the procedure data "register setting", seen you that the entry word "register" is set. また、図4に示す辞書DB102には、見出語「レジスタ」の関連語として「レジスタ」が設定されている。 In addition, the dictionary DB102 shown in FIG. 4, "register" is set as the related words of the entry word "register". 従って、処理データ「初期化」が対応付けられている図6に示すソースコードに含まれる関数「sio_init()」内で、この関連語「レジスタ」をコメントに含む5〜7行目にかけての3つの手順「SCR = INIT_SIR_INIT;」「SMR = 0x00;」「BRR = BRR_115200;」それぞれに、手順データ「レジスタ設定」が対応付けられる。 Accordingly, in the processing data function "initialization" is included in the source code shown in FIG. 6 which is associated "sio_init ()", 3 toward 5-7 line containing the related word to "register" the comment One procedure "SCR = INIT_SIR_INIT;" "SMR = 0x00;" "BRR = BRR_115200;" respectively, are associated process data "register setting".

同様に、見出語「割込」の関連語「intr」を含み、関数「sio_init()」内での処理が最後である11行目の手順「set_intr_on();」には、図3に示すテンプレートデータ107を参照して、手順データ「割込許可設定」が対応付けられる。 Similarly, comprises a related word "intr" the headword "interrupt", the function "sio_init ()" process is the last in the line 11 steps "set_intr_on ();", the Figure 3 Referring to template data 107 shown, procedure data "interrupt enable setting" is associated.

なお、関数「sio_init()」内の9行目の手順「port_open();」には、コメント部分も含めて辞書DB102に登録されている関連語は含まれていないものの、前後の手順に対応付けられた手順データの順番と、テンプレートデータ107に記憶されている手順データの順番とに基づいて、「レジスタ設定」か「割込許可設定」の何れかの手順データが対応付けられる。 In addition, the function "sio_init ()" line 9 in the first procedure, "port_open ();" in, although related words are not included, which is registered in the dictionary DB102, including the comment portion, corresponding to before and after the procedure and order of steps data attached, on the basis of the order of procedure data stored in the template data 107, any of the process data in the "register setting" or "interrupt enable setting" is associated. ここでは、手順「port_open();」に手順データ「割込許可設定」が対応付けられたものとする。 Here, the procedure "port_open ();" in intended to process data "interrupt enable setting" associated.

以下、図6に示すソースコードの他の関数についても、同様に、関数内の手順と、テンプレートデータ107に記載されている手順データとを対応付ける処理が行われる。 Hereinafter, for the other functions of the source code shown in FIG. 6, similarly, the procedure in the function, the processing for associating the procedure data described in the template data 107 is performed.

図7に戻り、ステップS122の処理が終了すると、処理・ソースマッピング部103は、ステップS121とステップS122との処理で、ソースコードの部分と処理内容を示す処理内容情報(処理データ、手順データ)とを対応付けた結果を保持するマッピングテーブル108を作成して、対応するソフトウェア部品(ソースコード)と関連付けて記憶部14に保存する(ステップS123)。 Returning to Figure 7, the process of step S122 ends, the process source mapping unit 103, the processing of step S121 and step S122, the processing content information indicating the part and process the contents of the source code (process data, procedure data) create a mapping table 108 for holding the result of associating the door, in association with the corresponding software components (source code) stored in the storage unit 14 (step S123).

図8は、図6に示すソースコードの処理(関数)のうち、処理データ「初期化」に対応付けられている関数部分のマッピングテーブル108の例を示す図である。 8, of the processing of the source code (function) shown in FIG. 6 is a diagram showing an example of a mapping table 108 of the function portion associated with the processing data "initialization". 図8では、XMLの形式でマッピングテーブル108が作成されている。 In Figure 8, the mapping table 108 is created in an XML format. 具体的には、「mapping_item」タグで指定した処理データ「初期化」と、「func_name」タグで指定した関数「sio_init」、「port_open」とが対応付けられている。 Specifically, the process data specified in the "mapping_item" tag "Initialization" function specified in the "func_name" tag "sio_init", and a "port_open" are associated with each other. また、「proc_name」タグで指定した手順データ「割込禁止設定」、「レジスタ設定」、「割込許可設定」と、直後の「source_code_line」タグで指定したソースコードの部分(行数)とが、「proc_item」タグにより対応付けられている。 Further, "proc_name" process data "interrupt disable setting" specified in the tag, "register setting", the "interrupt enable setting", part of the source code specified by "source_code_line" tag immediately after the (number of lines) is , they are associated with each other by the "proc_item" tag. 以上で対応付処理は終了する。 The association process is completed.

図5に戻り、対応付処理が終了すると、処理・ソースマッピング結果表示部104は、作成されたマッピングテーブル108と、このマッピングテーブル108に対応するソースコードとを合成した対応付編集画面を作成し、表示部13に表示する(ステップS13)。 Returning to FIG. 5, the association process ends, the process source mapping result display unit 104 creates a mapping table 108 that is created, an association edit screen obtained by synthesizing the source code corresponding to the mapping table 108 on the display unit 13 (step S13).

ユーザは、対応付編集画面からソースコードの所定部分と、この部分に対応する処理内容情報との対応関係を把握するとともに、対応関係に誤りがある場合に操作部12を操作してこの対応関係を修正するための操作を行う。 User, a predetermined portion of the source code from the association edit screen, to grasp the correspondence between the processing content information corresponding to this part, this correspondence in the correspondence relationship by operating the operation unit 12 when there is an error perform an operation to correct the. 処理・ソースマッピング結果表示部104は、この操作に応答して、修正された内容に基づいてマッピングテーブル108を更新する(ステップS14)。 Processing source mapping result display unit 104, in response to this operation, and updates the mapping table 108 based on the modified contents (step S14).

図9に、図8に示すマッピングテーブル108と、それに対応する図7に示すソースコードの一部とを合成して作成された対応付編集画面の例を示す。 9 shows a mapping table 108 shown in FIG. 8, an example of association editing screen created a part synthesizes the source code shown in FIG. 7 corresponding thereto. ソースコード内の関数の右側には、マッピングテーブル108によって対応付けられている処理データが表示される。 To the right of the function in the source code, the process data is displayed that is associated with the mapping table 108. また、関数内の各処理の右側には、マッピングテーブル108によって対応付けられている手順データが表示される。 On the right side of each processing in the function, procedure data associated with the mapping table 108 is displayed. また、処理データ、及び、手順データの表示の右側の三角形をクリックすることにより、プルダウンメニューでテンプレートデータ107に記述されている他の処理データや手順データを選択することができ、処理・ソースマッピング結果表示部104は、選択した内容に応じて、マッピングテーブル108を修正する。 The processing data, and, by clicking the right triangle of the display procedure data, it is possible to select other processing data and procedures data described in the template data 107 from the drop-down menu, the processing source mapping result display unit 104, according to what is selected to modify the mapping table 108.

例えば、ユーザは、図9に示す対応付編集画面の9行目の手順「port_open();」の右側の表示「割込許可設定」の右側の三角形をクリックして、手順データを「割込許可設定」から「レジスタ設定」に更新する操作を行う。 For example, the user, the ninth line of procedure of the association editing screen "port_open ();" shown in FIG. 9 by clicking on the right-hand side of the triangle of the display on the right side of the "interrupt permission settings", "interrupt the procedure data It performs an operation to update the permission settings "to" register setting ". この操作に応答して、処理・ソースマッピング結果表示部104は、手順「port_open();」に対応付けられる手順データが「割込許可設定」から「レジスタ設定」になるようにマッピングテーブル108を更新する。 In response to this operation, the process source mapping result display unit 104, the procedure "port_open ();" the mapping table 108 so as to process data that is associated becomes "register setting" from "interrupt enable setting" Update. さらに、処理・ソースマッピング結果表示部104は、関数「port_open();」から呼ばれる17行目と18行目の手順に対応付けられる手順データも「割込許可設定」から「レジスタ設定」に更新する。 Further, the processing source mapping result display unit 104, the function "port_open ();" updates from also process data associated with the line 17 and line 18 procedure called from the "interrupt enable setting" to "register setting" to. これらの更新操作によって修正されたマッピングテーブル108の一部を図10に示す。 The part of the mapping table 108 that has been modified by these update operations shown in FIG. 10.

このように、処理・ソースマッピング処理により、ソースコード内の各部分と、対応する処理の内容を示す処理内容情報(処理データ、手順データ)とがマッピングされる。 Thus, by the processing source mapping process, and each portion of the source code, the processing content information (process data, procedure data) indicating the contents of the corresponding process and is mapped. 以上で処理・ソースマッピング処理は終了する。 More than in the processing and source mapping process is terminated.

(データシート・ソースマッピング処理) (Data sheet-source mapping process)
続いて、ソフトウェア部品に対応するソースコードと、該ソフトウェア部品の適用対象であるデバイスのデータシートの記載とをマッピングするデータシート・ソースマッピング処理について、図11のフローチャートを参照して説明する。 Subsequently, the source code corresponding to the software component, the data sheet source mapping process for mapping the description of the device data sheet is the software component Covers will be described with reference to the flowchart of FIG. なお、事前に処理・ソースマッピング処理が実行されて、マッピングテーブル108が作成されているものとする。 Incidentally, pre-processing source mapping process is executed, it is assumed that the mapping table 108 is created.

ユーザは、操作部12を操作して、データシート・ソースマッピング処理開始用の所定の画面を表示部13に表示させる。 The user operates the operation unit 12 to display a predetermined screen datasheets source mapping process for starting the display unit 13. ユーザは、操作部12を操作して、この画面上から、対応付けの対象とするソースコードとデータシートとを指定する。 The user operates the operation unit 12, from the screen to specify the source code and data sheets to be subjected to correlation. データシート・ソースマッピング部105は、この入力操作に応答して、指定されたソースコードに対応するマッピングテーブル108と、指定されたデータシートとを取得する(ステップS21)。 Data Sheet source mapping unit 105, in response to this input operation, the mapping table 108 corresponding to the specified source code, and acquires the specified data sheet (step S21). なお、H/W(ハードウェア)型番、機能、方式等といったソフトウェア部品の属性値の条件を指定して、その条件に合致するソフトウェア部品に対応するソースコードを取得してもよい。 Incidentally, H / W (hardware) model number, function, specifying the conditions of attribute values ​​of software components such as system or the like, may acquire the source code corresponding to the software component that matches the conditions.

続いて、データシート・ソースマッピング部105は、取得したマッピングテーブル108等を参照して、指定したソースコード内の各手順と、取得したデータシート内の各セクションとを対応付ける(ステップS22)。 Subsequently, the data sheet source mapping unit 105 refers to the acquired mapping table 108 or the like, associated with each procedure in the source code specified, and each section of the acquired data sheet (step S22).

具体的には、データシート・ソースマッピング部105は、取得したマッピングテーブル108を参照して、ソースコード内の所定の手順に対応付けられている手順データを検出する。 Specifically, Data Sheet source mapping unit 105 refers to the mapping table 108 acquired, detects the procedure data associated with the predetermined procedure in the source code. 続いて、データシート・ソースマッピング部105は、テンプレートデータ107を参照して検出した手順データの見出語を検出するとともに、辞書DB102を参照してその関連語を検出する。 Subsequently, the data sheet source mapping unit 105, and detects the headword of procedure data detected by referring to the template data 107, to detect the related words by referring to the dictionary DB102. そして、データシート・ソースマッピング部105は、取得したデータシート内で、検出した関連語が所定数以上記載されているセクション(章、節、項、目等)の識別子である番号を、この所定の手順が記載されているソースコード内での位置(行数)と対応付ければよい。 The data sheet source mapping unit 105 by the acquired data sheet, section detected related terms are described above a predetermined number (chapter, section, paragraph, eyes, etc.) number which is an identifier of the predetermined position in the source code of the procedure is described as (number of rows) may stick corresponding. なお、データシート・ソースマッピング部105は、検出した関連語のセクション内での密度(セクション全体の単語数に対する関連語の割合)が所定値以上あるセクションの番号や、検出した関連語を見出しに含むセクションの番号を、この所定の手順が記載されているソースコード内での位置(行数)と対応付けてもよい。 The data sheet source mapping unit 105, numbers and certain density in the section of the detected related words (the proportion of related words for the word number of the entire section) is greater than a predetermined value section headings the detected related words the number of the section containing, may be associated with the position in the source code that the predetermined procedure has been described in lines.

続いて、データシート・ソースマッピング結果表示部106は、ソースコード内の各手順から対応するデータシートのセクション部分を参照可能な図12に示すようなデータシート参照画面を作成して、表示部13に表示させる(ステップS23)。 Subsequently, the data sheet source mapping result display unit 106 creates a data sheet reference screen shown a section portion of the corresponding data sheets from each step in the source code can be referenced 12, the display unit 13 It is displayed (step S23).

図12に示すデータシート参照画面上からソースコード内の各手順の右側の参照ボタンをクリックする操作に応答して、データシート・ソースマッピング結果表示部106は、この手順に対応するデータシートのセクション部分をポップアップ表示する。 In response to the operation of clicking the right reference button for each procedure in the source code from the data sheet reference screen shown in FIG. 12, the data sheet source mapping result display unit 106, a section of data sheet corresponding to the procedure the part to pop-up display. 例えば、図12に示すように、3行目の手順「set_intr_off();」の右側の参照ボタンをクリックすると、割込設定について記載されているデータシートのセクション部分がポップアップ表示される。 For example, as shown in FIG. 12, third line procedure "set_intr_off ();" Click the right browse button, the section portion of the data sheet as described for interrupt setting pops up. 以上で、データシート・ソースマッピング処理は終了する。 Thus, the data sheet source mapping process is terminated.

このように、本実施形態では、テンプレートデータ107に記載されたソフトウェア部品の実装の方法(パターン)に合うようにソースコードを解析して、ソースコード内の処理と、該処理に対応する処理内容情報(処理データ、手順データ)とをマッピングし、その結果を表示する。 Thus, in the present embodiment, by analyzing the source code to suit the implementation of the method of the software component, wherein (pattern) in the template data 107, the processing of the source code, the processing content corresponding to the processing information (process data, procedure data) maps and displays the result. 従って、ユーザは、特別なコーディングがされていないソースコードであっても、ソースコードと処理内容との関係を容易に把握することができ、ソースコードの保守性を高めて、ソースコードの再利用を支援することが可能となる。 Thus, the user may be a source code which is not a special code, a relation between processing content and source code can be easily grasped, to enhance the maintainability of the source code, re-use of source code it becomes possible to support.
特に、ハードウェアを制御するドライバの機能のように、典型的な実装パターンを持つソフトウェア部品に対応するソースコードは、テンプレートデータ107に沿った形でコーディングされている可能性が高いため、本発明をより好適に適用可能である。 In particular, as in the function of the driver for controlling the hardware, the source code corresponding to the software component with a typical implementation pattern, it is highly likely that is coded in line with the template data 107, the present invention It can be more suitably applied to.

また、本実施形態では、ソースコードと処理とをマッピングした結果を、ユーザが修正可能に表示する。 Further, in the present embodiment, the result of the mapping of the processing source code, user modifiable be displayed. 従って、表示された対応関係に誤りがある場合、ユーザは即座に修正を行うことができる。 Therefore, when there is an error in the displayed correspondence relationship, the user can perform immediately corrected. これにより、例えば、処理とソースコードとをマッピングした結果をソースコードの移植や改修の作業等に利用する場合に、参照データとしての正確さを向上させることが可能になる。 Thus, for example, in the case of using the result of the mapping process and the source code to work like transplantation and repair of the source code, it is possible to improve the accuracy of the reference data.

また、本実施形態では、辞書DB102を参照して検出した関連語を用いてソースコードと処理とのマッピングを行う。 Further, in the present embodiment, the mapping and processing the source code using the related word detected with reference to the dictionary DB 102. 従って、表記の揺れや、関数の命名の慣用的な複数のパターンに対応した、より正確な処理とソースコードとの対応付けが可能になる。 Therefore, shaking or notation, corresponding to the conventional multiple patterns naming function, correspondence is made possible with a more accurate processing and source code.

さらに、本実施形態では、マッピングデータ107には、処理内用情報(処理データ、手順データ)が実行される順番を示す情報も併せて記憶されており、処理内容情報の実行順とソースコード内での対応部分の出現順とがなるべく一致するようにマッピングが実施される。 Furthermore, in the present embodiment, the mapping data 107, for the process information (process data, procedure data) information indicating the order of the execution of which is also collectively stored, the execution of the processing content information order and the source code maps as order of appearance and are as much as possible match corresponding portions in is performed. 従って、マッピングの精度をより向上させることが可能になる。 Therefore, it is possible to further improve the accuracy of mapping.

また、本実施形態では、ソフトウェア部品に対応するソースコードの部分と、このソフトウェアを適用対象とするデバイスのデータシートの部分(セクション)とを対応付けて参照可能に表示する。 Further, in this embodiment, a portion of the source code corresponding to the software component, to display at referable in association with portions of the device data sheet to the software application target (section). これにより、既存のソフトウェア部品(ソースコード)を新規のデバイスに移植する際等に、ユーザは、この新規のデバイスのデータシートと既存のソースコードとの対応関係を即時に把握することができるため、効率よく移植作業を行うことが可能になる。 Thus, when such porting existing software components (source code) to the new device, the user, it is possible to grasp the correspondence between the data sheet for this new device and the existing source code immediately , it is possible to perform efficiently porting.

<<第2の実施形態>> << Second Embodiment >>
第1の実施形態に係るソフトウェア開発支援装置200では、ソフトウェア部品を使用するデバイスのデータシートの部分(セクション)と、ソフトウェア部品に対応するソースコードの部分とを対応付けた。 In the software development support apparatus 200 according to the first embodiment, a portion of the device data sheet using software component (section), associates the portions of the source code corresponding to the software component. これに対し、第2の実施形態に係るソフトウェア開発支援装置200は、ソースコードと仕様書との間で、対応する部分同士を対応付けることを特徴とする。 In contrast, software development support apparatus 200 according to the second embodiment, between the source code and the specification, and wherein the associating the corresponding parts with each other. さらに、第2の実施形態に係るソフトウェア開発支援装置200は、この対応付けした結果を利用して、ソースコードが変更された際に、仕様書の変更作業を支援する処理を行う。 Moreover, software development support apparatus 200 according to the second embodiment, by utilizing this correspondence with a result, when the source code is changed, performs a process to support the operation of changing specifications.

なお、ここでいう仕様書とは、ソフトウェア開発者等によって作成、参照される、ソースコードの処理や機能の仕様が記載されている電子化されているドキュメントデータを示す。 Here, the terms specification refers, created by a software developer or the like, referenced shows document data specifications of the processing and functions of the source code is digitized is described. 仕様書には、番号と見出しが付されたセクション毎に、見出しに対応した内容のソースコードの仕様が記載されている。 The specifications for each number and heading attached section, and the specifications for the source code of the contents corresponding to the heading. なお、仕様書はXML(Extensible Markup Language)等のマークアップ言語で記載されており、ソフトウェア開発支援装置200は、仕様書内のセクションの構成を認識することができる。 Note that specifications are described in a markup language such as XML (Extensible Markup Language), a software development support apparatus 200 can recognize the configuration of the sections in the specification. 例えば、ソフトウェア開発支援装置100は、仕様書内の特定のセクション部分のみを取得して表示することが可能である。 For example, software development support apparatus 100 is capable of acquiring and displaying only a specific section portion of the specification.

第2の実施形態に係るソフトウェア開発支援装置200の機能構成図を図13に示す。 A functional block diagram of a software development support apparatus 200 according to the second embodiment shown in FIG. 13. なお、第1の実施形態に係るソフトウェア開発支援装置100と同じ構成については、同じ参照符号を付し、その部分の説明は省略する。 Note that the same configuration as the software development support apparatus 100 according to the first embodiment are denoted by the same reference numerals, and description thereof is omitted here. 第2の実施形態に係るソフトウェア開発支援装置200は、第1の実施形態に係るソフトウェア開発支援装置100と比べて、データシート・ソースマッピング部105とデータシート・ソースマッピング結果表示部106とが無く、仕様書・ソースマッピング部109と仕様書変更候補表示部110とを備える。 Software development support apparatus 200 according to the second embodiment is different from the software development support apparatus 100 according to the first embodiment, and data sheets source mapping unit 105 and the data sheet source mapping result display unit 106 without , and a specification source mapping unit 109 and the specification change candidate display unit 110.

仕様書・ソースマッピング部109は、マッピングテーブル108と辞書DB102とを参照して、ソースコードの所定部分と、この所定部分に対応する仕様書の部分(セクション)とをマッピングし、マッピングした結果を仕様書マッピングテーブル111として出力する。 Specifications source mapping unit 109 refers to the mapping table 108 and dictionary DB 102, a predetermined portion of the source code, to map a portion (section) of the specification corresponding to the predetermined portion, the result of the mapping and outputs as the specifications mapping table 111.

仕様書変更候補表示部110は、ソースコードが変更された際に、仕様書マッピングテーブル111等を参照して、ソースコードの変更された部分に対応する仕様書のセクション部分を、修正を要する候補として表示する。 Specification change candidate display unit 110, when the source code is changed, with reference to the specification mapping table 111 or the like, the section portion of the specification corresponding to the changed portion of the source code, takes suggestions to display as.

続いて、ソフトウェア再利用支援装置200の動作について説明する。 Next, a description will be given of the operation of the software reuse support apparatus 200.
なお、処理・ソースマッピング処理については、第1の実施形態と同様な処理が行われるため説明を省略する。 The processing source mapping process is omitted because the same processing as in the first embodiment is performed.

(仕様書・ソースマッピング処理) (Specifications, source mapping process)
続いて、ソースコードと、該ソースコードの仕様書とをマッピングする仕様書・ソースマッピング処理について、図14のフローチャートを参照して説明する。 Subsequently, the source code, the specifications source mapping process for mapping the specifications of the source code will be described with reference to the flowchart of FIG. 14. なお、事前に処理・ソースマッピング処理が実行されて、マッピングテーブル108が作成されているものとする。 Incidentally, pre-processing source mapping process is executed, it is assumed that the mapping table 108 is created.

ユーザは、操作部12を操作して、仕様書・ソースマッピング処理開始用の所定の画面を表示部13に表示させる。 The user operates the operation unit 12 to display a predetermined screen specifications source mapping process for starting the display unit 13. ユーザは、操作部12を操作して、この画面上から、対応付けの対象とするソースコードとその仕様書とを指定する。 The user operates the operation unit 12, from this screen, specifies the source code to be subjected to correlation and its specifications. 仕様書・ソースマッピング部109は、この入力操作に応答して、指定されたソースコードに対応するマッピングテーブル108と、指定された仕様書とを取得する(ステップS31)。 Specifications source mapping unit 109, in response to this input operation, the mapping table 108 corresponding to the specified source code, and acquires the specified specification (step S31). なお、H/W(ハードウェア)型番、機能、方式等といったソフトウェア部品の属性値の条件を指定して、その条件に合致するソフトウェア部品に対応するソースコードを取得してもよい。 Incidentally, H / W (hardware) model number, function, specifying the conditions of attribute values ​​of software components such as system or the like, may acquire the source code corresponding to the software component that matches the conditions.

続いて、仕様書・ソースマッピング部109は、取得したマッピングテーブル108を参照して、指定したソースコード内の各手順と、取得した仕様書内の各セクションとを対応付ける(ステップS32)。 Subsequently, specifications source mapping unit 109 refers to the mapping table 108 acquired, it associates the respective procedures in the source code specified, and each section of the acquired specification (step S32).

具体的には、仕様書・ソースマッピング部109は、取得したマッピングテーブル108を参照して、ソースコード内の所定の手順に対応付けられている手順データを検出する。 Specifically, specification source mapping unit 109 refers to the mapping table 108 acquired, detects the procedure data associated with the predetermined procedure in the source code. 続いて、仕様書・ソースマッピング部109は、テンプレートデータ107を参照して検出した手順データの見出語を検出するとともに、辞書DB102を参照してその関連語を検出する。 Then, specification-source mapping unit 109, and detects the headword of procedure data detected by referring to the template data 107, to detect the related words by referring to the dictionary DB102. そして、仕様書・ソースマッピング部109は、取得した仕様書内で、検出した関連語が所定数以上記載されているセクション(章、節、項、目等)の識別子である番号を、この所定の手順が記載されているソースコード内での位置(行数)と対応付ければよい。 The specification source mapping unit 109, in a retrieved specification section detected related terms are described above a predetermined number (chapter, section, paragraph, eyes, etc.) number which is an identifier of the predetermined position in the source code of the procedure is described as (number of rows) may stick corresponding. なお、仕様書・ソースマッピング部109は、検出した関連語のセクション内での密度(セクション全体の単語数に対する関連語の割合)が所定値以上あるセクションの番号や、検出した関連語を見出しに含むセクションの番号を、この所定の手順が記載されているソースコード内での位置(行数)と対応付けてもよい。 Incidentally, specification source mapping unit 109, numbers and certain density in the section of the detected related words (the proportion of related words for the word number of the entire section) is greater than a predetermined value section headings the detected related words the number of the section containing, may be associated with the position in the source code that the predetermined procedure has been described in lines.

続いて、仕様書・ソースマッピング部109は、ステップS32で対応付けた結果を保持する仕様書マッピングテーブル111を作成して、記憶部14に保存する(ステップS33)。 Subsequently, specifications source mapping unit 109 creates a specification mapping table 111 for holding the result of association in step S32, is stored in the storage unit 14 (step S33).

図15は、図6に示すソースコードの処理(関数)のうち、処理データ「初期化」に対応する関数部分の仕様書マッピングテーブル111の例を示す図である。 15, of the processing of the source code shown in FIG. 6 (function) is a diagram showing an example of a specification mapping table 111 of the function part corresponding to the processing data "initialization". 図15では、XMLの形式で仕様書マッピングテーブル111が作成されている。 In Figure 15, the specification mapping table 111 is created in an XML format. 具体的には、「proc_name」タグで指定した手順データと、「source_code_line」タグで指定したソースコードの部分(行数)と、「spec_section」タグで指定した仕様書内のセクション番号とが、「proc_item」タグにより対応付けられている。 Specifically, the procedure data specified in "proc_name" tag, a portion of the source code specified by "source_code_line" tag in lines, and section number in specifications specified in "spec_section" tag, " They are associated with each other by proc_item "tag.

図14に戻り、仕様書・ソースマッピング部109は、作成された仕様書マッピングテーブル111と、このマッピングテーブル108に対応するソースコードとを合成した、ソースコード上から対応する仕様書のセクション部分を参照可能な画面を作成して、表示部13に表示する(ステップS34)。 Returning to Figure 14, specifications source mapping unit 109, a specification mapping table 111 that is created, obtained by synthesizing the source code corresponding to the mapping table 108, the section portion of the specification corresponding from the source code create a referenceable screen, the display unit 13 (step S34). 以上で仕様書・ソースマッピング処理は終了する。 It ends specifications source mapping process above.

(仕様書更新支援処理) (Specification update support processing)
続いて、ソースコードが更新された際に、このソースコードの仕様書の更新作業を支援する仕様書更新支援処理について、図16のフローチャートを参照して説明する。 Subsequently, when the source code is updated, the specification update support processing to support updating of the specifications of the source code will be described with reference to the flowchart of FIG. 16. なお、事前に仕様書・ソースマッピング処理がなされており、更新支援対象の仕様書に関する仕様書マッピングテーブル111が作成されているものとする。 Incidentally, pre have been made specifications source mapping process is to be assumed that specifications mapping table 111 on updating assistance subject specification has been created.

ソフトウェア再利用支援装置200が起動した場合、又は、操作部12を介して仕様書更新支援処理を開始することを示すユーザからの指示入力を受信した場合、仕様書変更候補表示部110は、定期的にソースコードを解析して、ソースコードが更新されたか否かを判別する(ステップS41)。 If the software reuse support apparatus 200 is started, or when it receives an instruction input from the user indicating the start of specification update support process via the operation unit 12, specification change candidate display unit 110 periodically manner by analyzing the source code to determine whether the source code has been updated (step S41).

ソースコードが更新されていない場合(ステップS41;No)、仕様書変更候補表示部110は、ソースコードが更新されるまで、定期的にソースコードの更新を判別するステップS41の処理を繰り返す。 If the source code has not been updated (step S41; No), specification change candidate display unit 110, to the source code is updated, the process is repeated in step S41 to determine periodically updates the source code. ソースコードが更新されたと判別した場合(ステップS41;Yes)、仕様書変更候補表示部110は、このソースコードの仕様書マッピングテーブル111を参照して、ソースコード内の更新された部分に対応付けられている仕様書のセクションを特定する(ステップS42)。 If the source code is determined to have been updated (step S41; Yes), the specification change candidate display unit 110 refers to the specification mapping table 111 of the source code, associating the updated portion of the source code It is to identify the section of the specification are (step S42).

例えば、仕様書マッピングテーブル111が図15に示すように記載されている場合、更新されたソースコードの行を指定する「source_code_line」タグと同じ「proc_item」タグ中の「spec_section」タグで指定されている仕様書のセクション番号を特定すればよい。 For example, if the specification mapping table 111 are described as shown in FIG. 15, it is designated by the "spec_section" tag in the same "proc_item" tag "source_code_line" tag designating a row of the updated source code the section number of the specification you are may be specified.

続いて、仕様書変更候補表示部110は、ソースコードの更新部分と、特定した仕様書のセクション部分とを関連付けて表示する図17に示すような仕様書参照画面を作成して表示部13に表示する(ステップS43)。 Then, specification change candidate display unit 110, the updated portion of the source code, the display unit 13 creates a specification reference screen as shown in FIG. 17 to be displayed in association with section parts of the specified specifications to display (step S43). この仕様書参照画面では、変更されたソースコードの7行目部分が点線で囲まれて強調されるとともに、この部分に対応する仕様書の43.2節の部分が変更部分と関連付けられて表示される。 In this specification reference screen, with the seventh row portion of the modified source code is highlighted surrounded by a dotted line, 43.2 Section portion of specifications corresponding to the portion associated with the changed part display It is. ユーザは仕様書参照画面を確認することで、プログラムソース内で変更があった部分に対応する仕様書の部分を即時に知ることができ、ソースコード変更に伴う仕様書の変更処理を迅速に行うことが可能となる。 User by checking the specifications reference screen, it is possible to know the part of the specification corresponding to a portion changed in the program source immediately performed quickly changing process specifications associated with source code changes it becomes possible. 以上で仕様書更新支援処理は終了する。 It ends specification update support processing in the above.

このように、本実施形態では、ソースコードと仕様書の対応する部分同士を対応付けて、相互参照可能に表示する。 Thus, in the present embodiment, in association with corresponding parts between the source code and specifications, to cross-reference it can be displayed. これにより、ユーザは、ソースコードと仕様書との対応関係を直感的に把握することができるため、ソフトウェアの再利用性や保守性を高めることができる。 Thus, the user, it is possible to intuitively understand the correspondence between the source code and the specification, it is possible to enhance the reusability and maintainability of software.

また、本実施形態では、ソースコードが変更された際に、変更された箇所に対応する仕様書のセクションが表示される。 Further, in the present embodiment, when the source code is changed, the section of the specification corresponding to the changed portion is displayed. 従って、ユーザは、ソフトウェアのバージョンアップなどに伴ってソースコードが変更された際に、仕様書の変更作業を効率良く行うことが可能となる。 Therefore, the user, when the source code is modified with such a software version upgrade, it is possible to efficiently perform change work specifications.

なお、本発明は、上記各実施形態に限定されず、本発明の要旨を逸脱しない部分での種々の変更は勿論可能である。 The present invention is not limited to the above embodiments, various changes in departing from the subject matter is not part of the present invention it is of course possible.

例えば、上記各実施形態では、辞書DB102を参照して、テンプレートデータ107の所定の見出語の関連語を特定し、特定した関連語を含むソースコードの部分を、この所定の見出語を有する処理内容情報(処理データ、手順データ)とマッピングした。 For example, in the above embodiments, with reference to the dictionary DB 102, to identify a predetermined entry word related word template data 107, a portion of the source code that includes the identified related word, the predetermined headword processing content information (process data, procedure data) having been mapped. しかしながら、辞書DB102を参照しないで、見出語で直接ソースコードを検索することにより、マッピングを行ってもよい。 However, without referring to a dictionary DB102, by searching the direct source code in the entry word, it may be subjected to mapping. 即ち、テンプレートデータ107の所定の見出語を含むソースコードの部分を、この所定の見出語を有する処理内容情報(処理データ、手順データ)と対応付けてもよい。 That is, the portion of the source code that includes a predetermined headword template data 107, processing content information (process data, procedure data) having the predetermined entry word may be associated with.

例えば、上記各実施形態では、ソースコード内の処理(関数)に処理データ、手順に手順データを対応付けたが、処理データのみ、若しくは、手順データのみをソースコード内の部分と対応付けるようにしてもよい。 For example, in the above embodiments, the processing data to the processing in the source code (function) has been associated with procedure data instructions, only the processing data, or to only process data as associated with the portion of the source code it may be.

例えば、SGML(Standard Generalized Markup Language)やXHTML(Extensible HyperText Markup Language)等といったXML以外の他のマークアップ言語でマッピングテーブル108や仕様書マッピングテーブル111を記載してもよい。 For example, it may be described SGML (Standard Generalized Markup Language) or XHTML (Extensible HyperText Markup Language) mapping table 108 and specifications mapping table 111 in another markup language other than XML, such like. または、マッピングテーブル108や仕様書マッピングテーブル111を表形式のデータとしてもよく、データ形式は任意のものが採用可能である。 Or, better mapping table 108 and specifications mapping table 111 as tabular data, the data format can be adopted arbitrary.

また、上記各実施形態では、C言語で記載されているソースコードを例にして主に説明したが、JAVA(登録商標)やBASIC等の他のプログラム言語で記載されているソースコードにも本願発明が適用できるのは勿論である。 Present In the above embodiments have been mainly described as an example source code that is described in the C language, to the source code that is described in other programming languages ​​such as JAVA (registered trademark) and BASIC invention can be applied as a matter of course.

また、例えば、本発明に係るソフトウェア再利用支援装置100,200の動作を規定する動作プログラムを既存のパーソナルコンピュータや情報端末機器等に適用することで、当該パーソナルコンピュータ等を本発明に係るソフトウェア再利用支援装置100,200として機能させることも可能である。 Further, for example, by applying an operation program for defining the operation of the software reuse support apparatus 100 and 200 according to the present invention or the like to an existing personal computer or information terminal device, re software according to the personal computer or the like to the present invention it is also possible to function as a utilization support devices 100 and 200.

また、このようなプログラムの配布方法は任意であり、例えば、CD−ROM(Compact Disk Read-Only Memory)、DVD(Digital Versatile Disk)、MO(Magneto Optical Disk)、メモリカードなどのコンピュータ読み取り可能な記録媒体に格納して配布してもよいし、インターネットなどの通信ネットワークを介して配布してもよい。 Also, the distribution method of the program is arbitrary, for example, CD-ROM (Compact Disk Read-Only Memory), DVD (Digital Versatile Disk), MO (Magneto Optical Disk), computer-readable, such as a memory card may be distributed stored in a recording medium may be distributed through a communication network such as the Internet.

例えば、組み込みシステムのデバイスドライバの開発支援装置に本発明を適用可能である。 For example, the present invention can be applied to development support apparatus of the device driver of the embedded system.

100,200 ソフトウェア再利用支援装置101 テンプレート格納部102 辞書DB 100,200 software reuse support apparatus 101 template storage unit 102 dictionary DB
103 処理・ソースマッピング部104 処理・ソースマッピング結果表示部105 データシート・ソースマッピング部106 データシート・ソースマッピング結果表示部107 テンプレートデータ108 マッピングテーブル109 仕様書・ソースマッピング部110 仕様書変更候補表示部111 仕様書マッピングテーブル 103 processing source mapping unit 104 processes source mapping result display unit 105 Data Sheet source mapping unit 106 Data Sheet source mapping result display unit 107 template data 108 mapping table 109 specifications source mapping unit 110 specification change candidate display unit 111 specification mapping table

Claims (9)

  1. ソフトウェアを部品化したソフトウェア部品の機能を実現するための典型的な処理の内容を示す処理内容情報と見出語とが対応付けられたテンプレートデータを記憶するテンプレート記憶手段と、 A template storage means for storing template data processing content information and entry word and is associated indicating the contents of a typical process for realizing the functions of the software component that part of the software,
    前記ソフトウェア部品に対応するソースコード内から前記見出語を検出し、検出した見出語を含む部分と前記テンプレートデータ内で該見出語に対応付けられている処理内容情報とをマッピングし、マッピングした結果を保持するマッピングテーブルを作成する処理・ソースマッピング手段と、 The software component detects the entry word from the source code that corresponds to the mapping and processing content information corresponding to the entry word 該見 a portion including the detected headword in said template data, a processing source mapping means for creating a mapping table for holding the result of the mapping,
    前記マッピングテーブルを参照して、前記ソースコードの所定部分と該所定部分に対応する処理内容情報とを、両者の対応関係がわかるように表示する処理・ソースマッピング結果表示手段と、 By referring to the mapping table, and a processing content information corresponding to the predetermined portion and the predetermined portion of the source code, and the processing source mapping result display means for displaying as their correspondence relationship is known,
    を備えることを特徴とするソフトウェア再利用支援装置。 The software reuse support apparatus comprising: a.
  2. 前記処理・ソースマッピング結果表示手段は、前記ソースコードの所定部分と該所定部分に対応する処理内容情報との対応関係をユーザが編集可能に表示し、ユーザが編集した内容に基づいて、前記マッピングテーブルを更新する、 Wherein the processing source mapping result display means, the correspondence between the processing content information corresponding to the predetermined portion and the predetermined portion of the source code user displays editable, based on what the user has edited, the mapping to update the table,
    ことを特徴とする請求項1に記載のソフトウェア再利用支援装置。 The software reuse support apparatus according to claim 1, characterized in that.
  3. 見出語と、見出語に関連する関連語とを対応付けて記憶する辞書手段を備え、 Includes a headword, the dictionary means for storing in association with related terms associated with the headword,
    前記処理・ソースマッピング手段は、 The processing and source mapping means,
    前記辞書手段を参照して前記テンプレートデータに格納されている見出語の関連語を検出し、 Said dictionary means with reference to the detected the entry word associated word stored in the template data,
    前記ソフトウェア部品に対応するソースコード内で検出した関連語を含む部分と、前記テンプレートデータ内で検出した関連語に対応する前記見出語に対応付けられている処理内容情報と、をマッピングする、 Mapping a portion including the related words detected in the source code corresponding to the software component, and the entry words in associated processing content information corresponding to the associated word detected in said template data, and
    ことを特徴とする請求項1又は2に記載のソフトウェア再利用支援装置。 The software reuse support apparatus according to claim 1 or 2, characterized in that.
  4. 前記テンプレートデータには、前記典型的な処理が実行される順番を示す情報がさらに記述されており、 Wherein the template data, the typical process are information indicating the order of execution is further described,
    前記処理・ソースマッピング手段は、前記テンプレートデータが示す処理の順番と、前記ソースコード内での処理の順番とに基づいて、前記ソースコードの所定部分と該所定部分に対応する処理内容情報とをマッピングする、 Wherein the processing source mapping means, and order of processing the template data indicates, on the basis on the order of the processes in the source code, and a processing content information corresponding to the predetermined portion and the predetermined portion of the source code mapping,
    ことを特徴とする請求項1乃至3の何れか1項に記載のソフトウェア再利用支援装置。 The software reuse support apparatus according to any one of claims 1 to 3, characterized in that.
  5. 前記マッピングテーブルを参照して、前記ソースコードの所定部分と、該所定部分に対応する前記ソフトウェア部品の適用対象であるデバイスのデータシートの部分と、をマッピングするデータシート・ソースマッピング手段をさらに備える、 By referring to the mapping table further comprises said a predetermined portion of the source code, and the software data sheet portions of the device which is subject to the component corresponding to the predetermined portion, the data sheet source mapping means for mapping the ,
    ことを特徴とする請求項1乃至4の何れか1項に記載のソフトウェア再利用支援装置。 The software reuse support apparatus according to any one of claims 1 to 4, characterized in that.
  6. 前記マッピングテーブルを参照して、前記ソースコードの所定部分と該ソースコードの仕様書内の部分とをマッピングする仕様書・ソースマッピング手段をさらに備える、 By referring to the mapping table further comprises a predetermined portion and specifications source mapping means for mapping a portion of the specification of the source code of the source code,
    ことを特徴とする請求項1乃至5の何れか1項に記載のソフトウェア再利用支援装置。 The software reuse support apparatus according to any one of claims 1 to 5, characterized in that.
  7. 前記ソースコードが変更された際に、前記仕様書・ソースマッピング手段が対応付けた対応関係を参照して、変更されたソースコードの部分に対応する前記仕様書の部分を表示する仕様書変更候補表示手段をさらに備える、 When the source code is changed, by referring to the correspondence relation in which the specification source mapping means associating, specification change candidate for displaying portions of the specification corresponding to the portion of the altered source code further comprising a display means,
    ことを特徴とする請求項6に記載のソフトウェア再利用支援装置。 The software reuse support apparatus according to claim 6, characterized in that.
  8. ソフトウェアを部品化したソフトウェア部品の機能を実現するための典型的な処理の内容を示す処理内容情報と見出語とが対応付けられた前記テンプレートデータを取得し、 It acquires the template data exemplary process of headword and process contents information indicating the contents and is associated for realizing the functions of the software component that part of the software,
    前記ソフトウェア部品に対応するソースコード内から前記見出語を検出し、検出した見出語を含む部分と前記テンプレートデータ内で該見出語に対応付けられている処理内容情報とをマッピングし、マッピングした結果を保持するマッピングテーブルを作成し、 The software component detects the entry word from the source code that corresponds to the mapping and processing content information corresponding to the entry word 該見 a portion including the detected headword in said template data, create a mapping table for holding the result of the mapping,
    前記マッピングテーブルを参照して、前記ソースコードの所定部分と該所定部分に対応する処理内容情報とを、両者の対応関係がわかるように表示する、 By referring to the mapping table, and a processing content information corresponding to the predetermined portion and the predetermined portion of the source code and displayed as their correspondence relationship is known,
    ことを特徴とするソフトウェア再利用支援方法。 Software reuse support method, characterized in that.
  9. コンピュータを、 The computer,
    ソフトウェアを部品化したソフトウェア部品の機能を実現するための典型的な処理の内容を示す処理内容情報と見出語とが対応付けられたテンプレートデータを記憶するテンプレート記憶手段、 Typical processes showing the contents of processing content information headword and the template storage means for storing template data is correlated for realizing the functions of the software component that part of the software,
    前記ソフトウェア部品に対応するソースコード内から前記見出語を検出し、検出した見出語を含む部分と前記テンプレートデータ内で該見出語に対応付けられている処理内容情報とをマッピングし、マッピングした結果を保持するマッピングテーブルを作成する処理・ソースマッピング手段、 The software component detects the entry word from the source code that corresponds to the mapping and processing content information corresponding to the entry word 該見 a portion including the detected headword in said template data, processing source mapping means for creating a mapping table for holding the result of the mapping,
    前記マッピングテーブルを参照して、前記ソースコードの所定部分と該所定部分に対応する処理内容情報とを、両者の対応関係がわかるように表示する処理・ソースマッピング結果表示手段、 By referring to the mapping table, wherein the processing content information corresponding to the predetermined portion and the predetermined portion of the source code, their correspondence relationship is displayed as seen processing source mapping result displaying means,
    として機能させることを特徴とするプログラム。 Program for causing to function as.
JP2011219637A 2011-10-03 2011-10-03 Software reuse support apparatus, software reuse support method, and the program Active JP5800657B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2011219637A JP5800657B2 (en) 2011-10-03 2011-10-03 Software reuse support apparatus, software reuse support method, and the program

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2011219637A JP5800657B2 (en) 2011-10-03 2011-10-03 Software reuse support apparatus, software reuse support method, and the program

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2013080355A true JP2013080355A (en) 2013-05-02
JP5800657B2 JP5800657B2 (en) 2015-10-28

Family

ID=48526679

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2011219637A Active JP5800657B2 (en) 2011-10-03 2011-10-03 Software reuse support apparatus, software reuse support method, and the program

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP5800657B2 (en)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2015145556A1 (en) * 2014-03-25 2015-10-01 株式会社 日立製作所 Device for verifying dependencies between software specifications, and method for verifying dependencies between software specifications
JP2016206962A (en) * 2015-04-23 2016-12-08 株式会社明電舎 Software development support system and software development support method

Citations (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH01286020A (en) * 1988-05-13 1989-11-17 Hitachi Ltd Program retrieving system
JPH05307472A (en) * 1992-04-28 1993-11-19 Shimadzu Corp Program parts information reusing device
JPH07239860A (en) * 1994-02-28 1995-09-12 Fuji Xerox Co Ltd Data managing device
WO2011101206A1 (en) * 2010-02-18 2011-08-25 Johan Kraft A method and a system for searching for parts of a computer program which affects a given symbol

Patent Citations (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH01286020A (en) * 1988-05-13 1989-11-17 Hitachi Ltd Program retrieving system
JPH05307472A (en) * 1992-04-28 1993-11-19 Shimadzu Corp Program parts information reusing device
JPH07239860A (en) * 1994-02-28 1995-09-12 Fuji Xerox Co Ltd Data managing device
WO2011101206A1 (en) * 2010-02-18 2011-08-25 Johan Kraft A method and a system for searching for parts of a computer program which affects a given symbol

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2015145556A1 (en) * 2014-03-25 2015-10-01 株式会社 日立製作所 Device for verifying dependencies between software specifications, and method for verifying dependencies between software specifications
CN106104469A (en) * 2014-03-25 2016-11-09 株式会社日立制作所 Device for verifying dependencies between software specifications, and method for verifying dependencies between software specifications
JPWO2015145556A1 (en) * 2014-03-25 2017-04-13 株式会社日立製作所 Between software specification dependency verification device, and software specifications between the dependency verification method
JP2016206962A (en) * 2015-04-23 2016-12-08 株式会社明電舎 Software development support system and software development support method

Also Published As

Publication number Publication date
JP5800657B2 (en) 2015-10-28

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US7197515B2 (en) Declarative solution definition
JP4827834B2 (en) Method and apparatus for correcting the process control data
EP1133738B1 (en) Method and apparatus for new device driver installation by an operating system
US7865870B2 (en) Automatic content completion of valid values for method argument variables
US20040268229A1 (en) Markup language editing with an electronic form
CN100573503C (en) Method and system for automatically generating content
US5535323A (en) Method of and system for displaying context sensitive and application independent help information
US20080208568A1 (en) System and method for providing context to an input method by tagging existing applications
EP1477897A2 (en) Reflection-based processing of input parameters for commands
US7761786B2 (en) Reusable XPath validation expressions
US8078960B2 (en) Rendering an HTML electronic form by applying XSLT to XML using a solution
US6658622B1 (en) Self-diagnosing and self-correcting data entry components with dependency behavior
RU2422890C2 (en) Resource creation using ontology
US9348807B2 (en) Apparatus and method for providing a condition builder interface
JPH09128379A (en) Information processing method
GB2348523A (en) Self-diagnosing and self-correcting data entry components
US6941520B1 (en) Method, system, and program for using a user interface program to generate a user interface for an application program
CN100375017C (en) Method for incrementally processing program annotations and data processing system
JP5679989B2 (en) Debug pipeline
US20070027914A1 (en) Terminology customization in a processing environment
JP2001175596A (en) Device and method for processing command and recording medium with program recorded thereon
US20160357519A1 (en) Natural Language Engine for Coding and Debugging
JP6279153B2 (en) Automatic generation of n-grams and concept relationships from language input data
US7958164B2 (en) Visual design of annotated regular expression
US20040267690A1 (en) Integrated development environment with context sensitive database connectivity assistance

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20140904

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20150527

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20150602

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20150619

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20150728

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20150825

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 5800657

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250