JP2013062000A - Optical disk recording and reproducing device - Google Patents

Optical disk recording and reproducing device Download PDF

Info

Publication number
JP2013062000A
JP2013062000A JP2010008237A JP2010008237A JP2013062000A JP 2013062000 A JP2013062000 A JP 2013062000A JP 2010008237 A JP2010008237 A JP 2010008237A JP 2010008237 A JP2010008237 A JP 2010008237A JP 2013062000 A JP2013062000 A JP 2013062000A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
recording
value
unit
pattern
edge
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2010008237A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Yoichi Ogura
洋一 小倉
Seijun Miyashita
晴旬 宮下
Yorikazu Takao
頼和 高尾
Masayoshi Abe
雅祥 阿部
Kuniyuki Masunari
訓之 増成
Original Assignee
Panasonic Corp
パナソニック株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Images

Classifications

    • GPHYSICS
    • G11INFORMATION STORAGE
    • G11BINFORMATION STORAGE BASED ON RELATIVE MOVEMENT BETWEEN RECORD CARRIER AND TRANSDUCER
    • G11B7/00Recording or reproducing by optical means, e.g. recording using a thermal beam of optical radiation by modifying optical properties or the physical structure, reproducing using an optical beam at lower power by sensing optical properties; Record carriers therefor
    • G11B7/004Recording, reproducing or erasing methods; Read, write or erase circuits therefor
    • G11B7/006Overwriting
    • G11B7/0062Overwriting strategies, e.g. recording pulse sequences with erasing level used for phase-change media

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To shorten a start time and also improve the recording quality.SOLUTION: A recording and reproducing unit (11) alternately repeats a recording operation of converting recording data to recording pulses (WP) on the basis of recording parameters and forming a recording area on an optical disk (10) on the basis of the recording pulses (WP) and a reproducing operation of generating an analog reproduction signal (AS) on the basis of the recording area formed on the optical disk (10) by the recording operation. A reproduction processing unit (12) converts the analog reproduction signal (AS) to a digital reproduction signal (DS). A decoding processing unit (13) subjects the digital reproduction signal (DS) to a maximum-likelihood decoding process to generate a binary signal (D302). A quality information detection unit (14) detects a reliability value for each edge pattern of the binary signal (D302). A control unit (15) adjusts the recording parameter on the basis of the reliability value detected for each edge pattern.

Description

この発明は、光ディスク記録再生装置に関し、さらに詳しくは、記録品質の評価結果に基づいて記録パルスを調整する技術に関する。 This invention relates to an optical disk recording and reproducing apparatus, and more particularly, to a technique for adjusting the recording pulse based on the evaluation results of the recording quality.

従来より、光ディスク記録再生装置では、光ディスクや装置の個体差(光ディスク製造時におけるロットばらつきや、光ヘッドにおけるレーザ光の波長ばらつきや受光素子の感度ばらつきなど)による記録品質の劣化を抑制するために、光ディスクの脱着時などに、校正動作(記録パワーの最適化や記録パルスの形状の最適化)が行われている。 Conventionally, in the optical disk recording and reproducing apparatus, individual difference of the optical disk or device (lot variation and during the optical disc manufacturing, such as sensitivity variations in the wavelength variation or light receiving element of the laser light in the optical head) in order to suppress the deterioration of the recording quality due to , such as during the desorption of the optical disc, the calibration operation (optimization of the shape optimization and recording pulses of the recording power) is performed. 記録パルスの形状を最適化する技術として、特許文献1,2,3などが知られている。 As a technique for optimizing the shape of the recording pulse, and the like are known Jpn. 特許文献1には、最尤復号における誤り確率が最小となるように記録パルスの形状を最適化する技術が記載されている。 Patent Document 1 discloses technology in which an error probability in maximum likelihood decoding to optimize the shape of the recording pulse so as to minimize the. 特許文献2には、再生信号品質(ジッタや誤り確率)が改善するように最短の記録マークに対応する記録パルスの形状を最適化する技術が記載されている。 Patent Document 2, a technique for optimizing the shape of the recording pulse corresponding to the shortest recording mark so as to improve reproduction signal quality (jitter or the error probability) is are described. 特許文献3には、記録マークの長さ誤差値および位相誤差値が“0”以外の目標値になるように記録パルスの形状を最適化する技術が記載されている。 Patent Document 3, a technique for optimizing the shape of the recording pulse so that the length the error value and the phase error value becomes "0" than the target value of the recording mark is described.

特開2004−335079号公報 JP 2004-335079 JP 特開2004−213865号公報 JP 2004-213865 JP 特開2007−280492号公報 JP 2007-280492 JP

しかしながら、特許文献1,2,3に記載された技術では、記録パルスの最適化のために準備されたテストパターンに対応する記録パルスに基づいて、光ディスクの内周部または外周部に設けられたパワー校正領域(PCA:Power Calibration Area)にテストパターンに対応する記録マークを形成し、パワー校正領域に形成された記録マークの記録品質に基づいて記録パルスの形状を最適化しているので、パワー校正領域における記録パルスの最適化処理が完了した後に、光ディスクに記録しようとする記録データ(例えば、ユーザデータ)の記録処理を実行することになる。 However, in the technology described in Patent Documents 1, 2 and 3, based on the recording pulses corresponding to the test pattern that has been prepared for optimization of the recording pulse, provided on the inner peripheral portion or the outer peripheral portion of the optical disk power calibration area (PCA: power calibration area) to form a recording mark corresponding to the test pattern, so that by optimizing the shape of the recording pulse based on the recording quality of the recorded marks formed in the power calibration area, power calibration after optimization of a recording pulse in the region has been completed, recording data to be recorded on the optical disc (e.g., user data) will execute the recording process. そのため、起動時間(記録データの記録が開始されるまでの時間)が長くなってしまう。 Therefore, (the time until the recording data recording is started) startup time becomes longer.

また、光ディスクの領域毎に記録マークの形成条件(例えば、線速度や物理的特性など)が異なる場合、パワー校正領域において記録パルスの形状を最適化したとしても、その記録パルスの形状が光ディスクの他の領域にとって最適ではない場合がある。 Further, conditions for forming the recording marks in each area of ​​the optical disk (for example, the linear velocity and physical properties) if different, even when optimizing the shape of the recording pulse in the power calibration area, the recording pulse shape of the optical disk it may not be optimal for another region. そのため、記録品質が劣化してしまう(最尤復号処理における誤り確率が高くなってしまう)。 Therefore, (it becomes higher error probability in the maximum likelihood decoding processing) recording quality is deteriorated.

そこで、この発明は、起動時間を短縮および記録品質の改善を実現可能な光ディスク記録再生装置を提供することを目的とする。 Accordingly, it is an object of the present invention is to provide a shortened and an optical disk recording and reproducing apparatus capable of realizing improvement of the recording quality startup time.

この発明の1つの局面に従うと、光ディスク記録再生装置は、記録データのマーク区間の長さと記録パルスの形状との対応関係が示された記録パラメータに基づいて光ディスクに記録しようとする所定量の記録データを記録パルスに変換し、上記記録パルスに基づいて上記光ディスクのデータ領域に記録ビームを照射して上記データ領域に複数のマークおよびスペースからなる記録領域を形成する記録動作と、上記記録動作によって上記データ領域に形成された記録領域に再生ビームを照射してアナログ再生信号を生成する再生動作とを交互に繰り返す記録再生部と、上記アナログ再生信号をデジタル再生信号に変換する再生処理部と、上記デジタル再生信号に最尤復号処理を施して最も確からしい二値化信号を生成する復号処理部と、上記 According to one aspect of the present invention, an optical disc recording and reproducing apparatus, a recording of the predetermined amount to be recorded on the optical disc based on the recording parameter corresponding relationship was shown between the shape of the length and the recording pulse of the mark interval recording data converts the data into recording pulses, the recording operation of forming a recording area consisting of a plurality of marks and spaces in the data area based on the recording pulses irradiating a recording beam into the data area of ​​the optical disc, by the recording operation a recording and reproducing unit are alternately repeated and reproducing operation to generate an analog reproduction signal by irradiating a reproduction beam on the recording region formed in the data area, and a reproduction processing unit for converting said analog playback signal into a digital reproduction signal, a decoding unit that generates the most probable binary signal by performing maximum likelihood decoding processing on the digital playback signal, the 値化信号の遷移エッジ毎に当該遷移エッジを挟んで隣接する上記二値化信号のマーク区間およびスペース区間の組合せによって表現されるエッジパターンを検出し、上記エッジパターン毎に当該エッジパターンに対応する上記最尤復号処理の結果の信頼性を示した信頼性値を検出する品質情報検出部と、上記記録再生部による再生動作の開始から上記記録再生部による記録動作の開始までの期間において、上記エッジパターン毎に検出された信頼性値に基づいて上記記録パラメータに示された記録パルスの形状を調整する制御部とを備える。 Detecting an edge pattern represented by a combination of marked sections and spaces section adjacent said binary signal across the transition edge in each transition edge of the binary signal, corresponding to the edge pattern for each of the edge pattern a quality information detection unit for detecting a reliability value showing the results of reliability of the maximum likelihood decoding processing, in a period from the start of the reproducing operation by the reproducing unit to start the recording operation by the recording unit, the based on the detected reliability value for each edge pattern and a control unit for adjusting the shape of the recording pulse shown in the recording parameter. 上記光ディスク記録再生装置では、所定量の記録データを記録する記録処理と光ディスクに記録された所定量の記録データの記録品質に基づいて記録パラメータに示された記録パルスの形状を調整するベリファイ処理とを交互に繰り返すライト・アンド・ベリファイ動作により、起動時間(光ディスクに記録すべき記録データの記録を開始するまでの時間)を短縮できるとともに、記録品質を改善することができる(最尤復号処理における誤り確率を低下させることができる)。 In the optical disc recording and reproducing apparatus, and the verify process of adjusting the shape of the recording pulse shown in the recording parameter based on the recording quality of the recorded data of the recorded predetermined amount to the recording processing and the optical disk for recording recorded data of a predetermined amount the write-and-verify operation are repeated alternately, the starting time can be shortened (the time until the start of recording of the record data to be recorded on the optical disc), it is possible to improve the recording quality (maximum likelihood decoding it is possible to reduce the error probability).

なお、上記光ディスク記録再生装置は、それぞれが異なる記録条件に対応する複数の記録パラメータを格納する情報格納部をさらに備え、上記制御部は、上記情報格納部に格納された複数の記録パラメータの中から現在の記録条件に対応する記録パラメータを選択し、上記エッジパターン毎に検出された信頼性値に基づいて上記現在の記録条件に対応する記録パラメータに示された記録パルスの形状を調整し、上記記録再生部は、上記制御部によって選択された記録パラメータに基づいて上記記録動作を実行しても良い。 Incidentally, the optical disc recording and reproducing apparatus, each further feature information storage section for storing a plurality of recording parameters corresponding to different recording conditions, the control unit, among the plurality of recording parameters stored in the information storage unit select the recording parameter corresponding to current recording conditions from, to adjust the shape of the recording pulses shown in a recording parameter corresponding to the current recording conditions based on the detected reliability value for each of the edge pattern, the recording reproduction unit may perform the recording operation based on the recording parameters selected by the control unit. 上記光ディスク記録再生装置では、ライト・アンド・ベリファイ動作によって処理される記録パラメータを記録条件毎に管理することができるので、ライト・アンド・ベリファイ動作の途中で記録条件が変更されたとしても、変更前の記録条件の下で調整された記録パラメータを保存しておくことが可能である。 In the optical disc recording and reproducing apparatus, it is possible to manage the recording parameters processed by the write-and-verify operation for each recording condition, even middle recording condition of the write-and-verify operation is changed, change it is possible to store the recording parameter adjusted under the previous recording condition. これにより、記録条件毎に記録パラメータを最適化することができる。 Thus, it is possible to optimize the recording parameters for each recording condition.

また、上記制御部は、上記エッジパターン毎に検出された信頼性値に基づいて、上記二値化信号のマーク区間および当該マーク区間を挟んで隣接する上記二値化信号の2つのスペース区間の組合せによって表現される記録パターン毎に当該記録パターンの誤差値を計算し、上記記録パターン毎に計算された誤差値のうち少なくとも1つの誤差値が予め設定された目標値に近づくように上記記録パラメータに示された記録パルスの形状を調整しても良い。 Further, the control unit on the basis of the detected reliability value for each of the edge pattern, the two spaces section of the binary signal that are adjacent across the marked sections and the mark period of said binary signal an error value of the recording pattern was calculated for each recording pattern represented by a combination, the recording parameter such that at least one error value approaches a predetermined target value of the calculated error values ​​for each of the recording patterns shape of the recording pulses shown in may be adjusted. このように構成することにより、記録品質を改善することができる。 With this configuration, it is possible to improve the recording quality.

また、上記制御部は、上記記録パターン毎に上記誤差値と上記目標値との差分値が改善基準値よりも大きいか否かを判定し、上記差分値が上記改善基準値よりも大きいと判定された記録パターンのうち少なくとも1つの記録パターンの誤差値が上記目標値に近づくように上記記録パラメータに示された記録パルスの形状を調整しても良い。 Further, the control unit determines whether or not the difference value between the error value and the target value for each of the recording patterns is greater than the improvement reference value, and the difference value is greater than the improvement reference value determination error value of at least one recording pattern of the recording pattern may adjust the shape of the recording pulse shown in the recording parameter so as to approach to the target value. このように構成することにより、誤差値が改善基準値よりも小さくなるように記録品質を改善することができる。 With this configuration, it is possible to improve the recording quality so that the error value is smaller than the improved reference value.

また、上記制御部は、上記記録パターン毎に上記誤差値と上記目標値との差分値が不良基準値よりも大きいか否かを判定し、上記差分値が上記不良基準値よりも大きい記録パターンを検出した場合に、上記記録再生部による前回の記録動作によって記録された所定量の記録データが上記記録再生部による次回の記録動作によって上記光ディスクの交代セクタに再記録されるように上記記録再生部を制御し、上記不良基準値は、上記改善基準値よりも大きくても良い。 Further, the control unit, the recording pattern difference value between the error value and the target value is determined greater or not than the failure criterion value for each recording pattern the difference value is larger than the failure criterion value when detecting, the recording and reproduction so that the recording data of a predetermined amount recorded by the previous recording operation by the recording unit is re-recorded in an alternate sector of the optical disk by the next recording operation by the recording and reproducing unit part controls, the defective reference value may be greater than the improvement reference value. このように構成することにより、品質不良により正常に再生できない記録データを救済することができる。 With this configuration, it is possible to repair the recording data can not be reproduced normally by poor quality.

また、上記光ディスク記録再生装置は、それぞれが異なる記録条件に対応する複数の記録パラメータと、それぞれが異なる記録条件に対応する複数の目標値とを格納する情報格納部をさらに備え、上記制御部は、上記情報格納部に格納された複数の記録パラメータおよび複数の目標値の中から現在の記録条件に対応する記録パラメータおよび目標値を選択し、上記記録パターン毎に計算された誤差値のうち少なくとも1つが上記現在の記録条件に対応する目標値に近づくように上記現在の記録条件に対応する記録パラメータに示された記録パルスのパルス形状を調整し、上記記録再生部は、上記制御部によって選択された記録パラメータに基づいて上記記録動作を実行しても良い。 Further, the optical disc recording and reproducing apparatus, a plurality of recording parameters, each corresponding to different recording conditions, each further feature information storage section for storing a plurality of the target values ​​corresponding to different recording conditions, wherein the control unit , select the recording parameter and the target value corresponding to the current recording conditions from a plurality of recording parameters and the plurality of target values ​​stored in the information storage unit, at least one of the calculated error values ​​for each of the recording patterns one is to adjust the pulse shape of the recording pulses shown in a recording parameter corresponding to the current recording conditions so as to approach the target value corresponding to the current recording conditions, the recording and reproducing unit is selected by the control unit it may perform the recording operation based on the recording parameters. 上記光ディスク記録再生装置では、記録条件毎に目標値を正確に設定できるので、記録パラメータの最適性を向上させることができる。 In the optical disc recording and reproducing apparatus, it is possible to accurately set the target value for each recording condition, it is possible to improve the optimality of the recording parameters.

なお、上記制御部は、上記エッジパターン毎に検出された信頼性値のうち上記記録パラメータの調整に利用しようとするエッジパターンの信頼性値を転送するように上記品質情報検出部に指示し、上記品質情報検出部は、上記エッジパターン毎に検出された信頼性値のうち上記制御部によって指定されたエッジパターンの信頼性値を上記制御部に転送しても良い。 Incidentally, the control unit instructs to the quality information detection unit to transfer the reliability value of the edge pattern to be used to adjust the recording parameters of the detected reliability value for each of the edge pattern, the quality information detection unit, a reliability value of the specified edge pattern by the control unit of the detected reliability value for each of the edge pattern may be transferred to the control unit. このように構成することにより、品質情報検出部と制御部との間の転送処理に要する時間を短縮できるので、記録再生部による再生動作の開始から記録再生部による記録動作の開始までの期間内に記録パラメータの調整を完了させることができる。 With this configuration, it is possible to shorten the time required for the transfer processing between the control unit quality information detection unit, within a period from the start of reproduction operation by the recording and reproducing unit to start the recording operation by the recording and reproducing unit it can be completed adjustment of recording parameters.

また、上記品質情報検出部は、上記最尤復号処理によって最も確からしいと判断された第1の状態遷移列の確からしさを示した第1の指標値と上記最尤復号処理によって2番目に確からしいと判断された第2の状態遷移列の確からしさを示した第2の指標値とを計算し、上記第1および第2の指標値の差分値に基づいて上記信頼性値を計算する信頼性計算部と、上記二値化信号の遷移エッジ毎に上記エッジパターンを検出するエッジパターン検出部と、上記信頼性計算部によって計算された信頼性値に対して上記エッジパターン検出部によって検出されたエッジパターンを対応付けて格納する信頼性格納部とを含んでいても良い。 Furthermore, the quality information detection unit is certainly the second by a first index value and the maximum likelihood decoding processing shown the likelihood of a first state transition sequence is determined most probable by the maximum likelihood decoding processing a second index value showing the likelihood of a second state transition sequence and calculated it is judged likely to calculate the reliability value based on the difference value between the first and second index values ​​trust and sex calculator is detected every transition edge of the binary signal and the edge pattern detecting unit for detecting the edge pattern by the edge pattern detection unit with respect to the calculated reliability value by the reliability calculation unit and a may include a reliability storage unit that stores in association with the edge pattern. このように構成することにより、エッジパターン毎に信頼性値を検出できる。 With this configuration, it is possible to detect the reliability value for each edge pattern.

以上のように、起動時間を短縮できるとともに記録品質を改善することができる。 As described above, it is possible to improve the recording quality can be shortened start-up time.

光ディスク記録再生装置の構成例を示す図。 Diagram showing a configuration example of an optical disk recording and reproducing apparatus. 最小極性反転間隔が2である記録符号と等化方式PR(1,2,2,1)とから定まる状態遷移図。 State transition diagram defined from the minimum polarity inversion interval and recording code is 2 equalization system and PR (1,2,2,1). 最小極性反転間隔が2である記録符号と等化方式PR(1,2,2,1)とから定まるトレリス線図。 Trellis diagram determined from the minimum polarity inversion interval and recording code is 2 and the equalization system PR (1,2,2,1). 最尤復号の結果の信頼性を示した信頼性値の分布図。 Distribution map of the reliability values ​​showing the reliability of the result of maximum likelihood decoding. パターンPP1〜PP8の期待値系列を示した図。 It shows the expected sequence pattern PP1~PP8. パターンPP1〜PP8とエッジパターン(記録マークのエッジ部分)との対応関係について説明するための図。 Diagram for explaining a relationship between the pattern PP1~PP8 and edge pattern (edge ​​portion of the recording mark). エッジシフト値について説明するための図。 Diagram for explaining an edge shift values. エッジシフト値について説明するための図。 Diagram for explaining an edge shift values. 長さ誤差値および位相誤差値の計算対象となる記録パターンについて説明するための図。 Diagram for explaining a recording pattern to be calculated subject to length error value and the phase error value. 長さ誤差値および位相誤差値について説明するための図。 Diagram for explaining the length error value and the phase error value. 記録パルスの形状について説明するための図。 Diagram for explaining the shape of the recording pulse. 記録パルスの形状の調整量と記録マークの長さの変化量との対応関係について説明するための図。 Diagram for explaining a relationship between the adjustment amount and the length of the change amount of the recording marks of the shape of the recording pulse. 記録パルスの形状の調整量と長さ誤差値の変化量との対応関係について説明するための図。 Diagram for explaining a relationship between a change amount of the adjustment amount and length error value of the shape of recording pulse. 記録パルスの形状の調整量と記録マークの位相の変化量との対応関係について説明するための図。 Diagram for explaining a relationship between the adjustment amount and the phase of the change amount of the recording marks of the shape of the recording pulse. 記録パルスの形状の調整量と位相誤差値の変化量との対応関係について説明するための図。 Diagram for explaining a relationship between the adjustment amount and the change amount of the phase error value of the shape of the recording pulse. 光ディスクの構造について説明するための図。 Diagram for explaining the structure of an optical disc. 記録再生部に設定される記録パラメータについて説明するための図。 Diagram for explaining a recording parameter set to the recording reproducing unit. 記録再生部,再生処理部,復号処理部による処理について説明するための図。 Reproducing unit, the reproduction processing unit, diagram for explaining processing performed by the decoding processing unit. 信頼性計算部による処理について説明するための図。 Diagram for explaining processing by the reliability calculation unit. エッジパターン検出部による処理について説明するための図。 Diagram for explaining the processing by the edge pattern detection unit. 品質情報検出部による処理について説明するための図。 Diagram for explaining processing by the quality information detection unit. 信頼性格納部に格納される信頼性値について説明するための図。 View for explaining reliability values ​​stored in reliability storage unit. 記録設定情報の構造について説明するための図。 Diagram for explaining the structure of the recording setting information. 品質管理情報の構造について説明するための図。 Diagram for explaining the structure of the quality control information. 目標設定情報の構造について説明するための図。 Diagram for explaining the structure of the target setting information. 光ディスク記録再生装置によるライト・アンド・ベリファイ動作について説明するための図。 Diagram for explaining a write-and-verify operation by the optical disk recording and reproducing apparatus. 記録パラメータ制御処理について説明するための図。 Diagram for explaining recording parameter control process. 起動時間の短縮について説明するための図。 Diagram for explaining reduction of startup time. 記録品質の改善について説明するための図。 Diagram for explaining improvement of the recording quality. ジッタ検出処理について説明するための図。 Diagram for explaining the jitter detection process. クロック生成器の構成例を示す図。 It shows an example of a configuration of a clock generator. ジッタ最適化の場合の長さ誤差値および位相誤差値について説明するための図。 Diagram for explaining the length error value and the phase error value when the jitter optimization. クロック生成器の変形例について説明するための図。 Diagram for explaining a modified example of the clock generator. 図33に示したクロック生成器による処理について説明するための図。 Diagram for explaining processing by the clock generator shown in FIG. 33.

以下、実施の形態を図面を参照して詳しく説明する。 Hereinafter, described in detail with reference to the drawings the embodiments. なお、図中同一または相当部分には同一の符号を付しその説明は繰り返さない。 Incidentally, the description thereof is not repeated denote the same or corresponding portions in the drawings.

図1は、光ディスク記録再生装置の構成例を示す。 Figure 1 shows a configuration example of an optical disc recording and reproducing apparatus. この装置は、記録再生部11と、再生処理部12と、復号処理部13と、品質情報検出部14と、コントローラ15(制御部)と、情報格納部16とを備える。 The apparatus comprises a recording reproducing unit 11, a reproduction processing section 12, a decoding unit 13, a quality information detection unit 14, the controller 15 (control unit), an information storage unit 16. ここでは、光ディスク10は、BD−RE(Blu-ray Disc Rewritable)であるものとする。 Here, the optical disk 10 is assumed to be a BD-RE (Blu-ray Disc Rewritable).

記録再生部11は、コントローラ15による制御に応答して、記録動作と再生動作とを交互に繰り返す。 Reproducing unit 11, in response to control by the controller 15 repeats the recording operation reproducing operation and alternately. 記録再生部11は、記録動作の場合には、記録パラメータに基づいて記録データWDを記録パルスWPに変換し、記録パルスWPに基づいて記録ビームを光ディスク10のデータ領域に照射して光ディスク10のデータ領域に記録領域(複数の記録マークおよびスペースからなる領域)を形成する。 Reproducing unit 11, when the recording operation, the recording parameter recorded data WD into a recording pulse WP based on, of the optical disk 10 the recording beam is irradiated to the data area of ​​the optical disk 10 based on the recording pulse WP the data area to form a recording region (a region consisting of a plurality of recording marks and spaces). 記録パラメータには、記録データWDのマーク区間(例えば、1を示したビット値が連続する区間)の長さと記録パルスWPの形状との対応関係が示されている。 The recording parameter is marked sections of recorded data WD (e.g., interval a bit value showing the consecutive 1s) correspondence between the length and the recording pulse WP shape is shown. 記録再生部11は、再生動作の場合には、記録動作によって光ディスク10のデータ領域に形成された記録領域に再生ビームを照射してアナログ再生信号ASを生成する。 Reproducing unit 11, when the reproducing operation, generates an analog reproduction signal AS by irradiating a reproduction beam on the recording regions formed in the data area of ​​the optical disk 10 by the recording operation.

再生処理部12は、記録再生部11の再生動作によって生成されたアナログ再生信号ASをデジタル再生信号DSに変換する。 Reproduction processing section 12 converts the analog reproduction signal AS generated by the reproduction operation of the recording and playback section 11 into a digital reproduction signal DS. なお、デジタル再生信号DSの周波数特性は、所定の等化特性(例えば、PR(1,2,2,1)等化特性)を有していても良い。 The frequency characteristic of the digital reproduction signal DS is a predetermined equalization characteristic (e.g., PR (1, 2, 2, 1) equalization characteristic) may have.

復号処理部13は、再生処理部12によって得られたデジタル再生信号DSに最尤復号処理を施して最も確からしい二値化信号D302を生成する。 Decoding unit 13 generates a most likely subjected to maximum likelihood decoding processing on the digital reproduction signal DS obtained by the reproduction processing unit 12 binarized signal D302. 二値化信号D302では、光ディスク10に形成された記録マークおよびスペースにそれぞれ対応するマーク区間(例えば、0を示したビット値が連続する区間)およびスペース区間(例えば、1を示したビット値が連続する区間)が交互に繰り返され、マーク区間およびスペース区間は、二値化信号D302の遷移エッジを挟んで隣接している。 In binary signal D302, corresponding marked sections in the recording marks and spaces are formed on the optical disc 10 (e.g., the zero interval the bit values ​​are continuously showing) and space interval (e.g., the bit value showing a 1 consecutive intervals) are alternately repeated, it marked sections and spaces interval are adjacent across the transition edges of binary signal D302.

品質情報検出部14は、二値化信号D302の遷移エッジ毎にエッジパターンを検出する。 The quality information detection unit 14 detects an edge pattern for each transition edge of the binarized signal D302. エッジパターンとは、二値化信号D302の遷移エッジを挟んで隣接する二値化信号D302のマーク区間およびスペース区間の組合せによって表現されるビットパターンのことである。 An edge pattern is that of the bit pattern represented by a combination of marked sections and spaces interval of adjacent binary signal D302 across the transition edges of binary signal D302. また、品質情報検出部14は、エッジパターン毎に信頼性値を検出する。 Moreover, quality information detection unit 14 detects the reliability value for each edge pattern. 信頼性値とは、エッジパターンに対応する最尤復号処理の結果の信頼性を示した指標値(例えば、SAM(Sequence Amplitude Margin)や、MLSE(Maximum Likelihood Sequence Error)など)のことである。 The reliability value, index value showing the results of reliability of the maximum likelihood decoding process corresponding to the edge pattern (e.g., SAM (Sequence Amplitude Margin) and, MLSE (Maximum Likelihood Sequence Error), etc.) is that the.

コントローラ15は、記録再生部11による再生動作の開始から記録再生部11による記録動作の開始までの期間において、品質情報検出部14によってエッジパターン毎に検出された信頼性値に基づいて、記録パラメータに示された記録パルスWDの形状を調整する。 The controller 15, in a period from the start of the reproducing operation by the recording and playback section 11 to start the recording operation by the recording and reproducing unit 11, based on the detected reliability value for each edge pattern by the quality information detection unit 14, recording parameter shape of the recording pulse WD to adjust an indicated in. 例えば、コントローラ15は、エッジパターン毎に検出された信頼性値に基づいて、記録パターン毎に誤差値(長さ誤差値および/または位相誤差値)を計算し、記録パターン毎に計算された誤差値のうち少なくとも1つの誤差値が目標値(長さ目標値および/または位相誤差値)に近づくように記録パラメータを調整する。 For example, the controller 15, based on the detected reliability value for each edge pattern, the error value (length error value and / or phase error value) is calculated for each recording pattern was calculated for each recording pattern error at least one error value to adjust the recording parameters so as to approach the target value (length target value and / or phase error value) of the values. 記録パターンとは、二値化信号D302のマーク区間およびそのマーク区間を挟んで隣接する2つのスペース区間の組合せによって表現されるビットパターンのことである。 A recording pattern is that of the bit pattern represented by a combination of two adjacent spaces intervals across the marked sections and marked sections of the binarized signal D302. 長さ誤差値とは、光ディスク10のデータ領域に形成された記録マークの長さと理想的な記録マークの長さとの差を示した値のことであり、位相誤差値とは、光ディスク10のデータ領域に形成された記録マークの位相(中心位置)と理想的な記録マークの位相(中心位置)との差を示した値のことである。 The length error value is that value that indicates the difference between the lengths of the ideal recording marks formed in the data area of ​​the optical disk 10, the phase error value, the data of the optical disk 10 is that value which indicates the difference of the recording mark formed in a region phase (center position) and the ideal recording marks of the phase (center position).

(最尤復号処理に適した記録パルスの最適化) (Optimization of the recording pulse is suitable for the maximum likelihood decoding)
ここで、図2〜図15を参照して、最尤復号処理における誤り確率が低下するように記録パルスの形状を調整する方法について詳しく説明する。 Referring now to FIGS 15, error probability in the maximum likelihood decoding processing is described in detail how to adjust the shape of the recording pulse to decrease.

〔最尤復号法,再生信号品質の評価方法〕 [Maximum likelihood decoding method, the evaluation method of a reproduction signal quality]
まず、図2〜図4を参照して、最尤復号法および再生信号品質の評価方法について説明する。 First, with reference to FIGS. 4 to describe the evaluation method of the maximum likelihood decoding method and reproduction signal quality. ここでは、記録符号(記録データWD)の再生極性反転間隔が“2”であり、記録時および再生時における信号の周波数特性がPR(1,2,2,1)等化特性になるように信号波形が整形される場合を例に挙げて説明する。 Here, the reproduction polarity inversion interval of a recording code (recording data WD) is "2", so that the frequency characteristic of the signal at the time of recording and reproduction is PR (1, 2, 2, 1) equalization characteristics It will be described as an example the case where the signal waveform is shaped. 現時刻の記録符号をb とし、1時刻前の記録符号をb k−1とし、2時刻前の記録符号をb k−2とし、3時刻前の記録符号をb k−3とする。 The recording code at the current time and b k, a time before the recording code and b k-1, a 2 time before recording code and b k-2, the 3 times before recording code and b k-3. PR(1,2,2,1)等化の理想的な出力値Level (期待値)は、(式1)のように表される。 PR (1, 2, 2, 1) equalization ideal output value Level v (expected value) is represented as shown in Equation (1).

ここで、kは時刻を表す整数であり、vは0〜6までの整数である。 Here, k is an integer representing the time, v is an integer of 0 to 6. 時刻kにおける状態をS(b k−2 ,b k−1 ,b )とすると、表1の状態遷移表が得られる。 When the state at time k and S (b k-2, b k-1, b k), the state transition table of Table 1 is obtained.

説明の簡略化のために、時刻kにおいて 状態S(0,0,0) をS0 、状態S(0,0,1) をS1 For simplicity of explanation, a state S (0,0,0) k at time k S0 k, state S (0,0,1) k the S1 k,
状態S(0,1,1) をS2 、状態S(1,1,1) をS3 State S (0, 1, 1) k and S2 k, state S (1, 1, 1) k and S3 k,
状態S(1,1,0) をS4 、状態S(1,0,0) をS5 State S (1,1,0) k the S4 k, state S (1, 0, 0) k and S5 k,
とすると、図2に示した状態遷移図が得られる。 When a state transition diagram shown in FIG. 2 is obtained. 図2に示した状態遷移図は、最小極性反転間隔が2である記録符号と等化方式PR(1,2,2,1)とから定まる状態遷移則を表している。 State transition diagram shown in FIG. 2 shows a state transition rule defined from the minimum polarity inversion interval of 2 recording code equalization system and PR (1,2,2,1). また、図2に示した状態遷移図を時間軸に沿って展開すると、図3に示したトレリス線図が得られる。 Also, when expanded along the time axis to the state transition diagram shown in FIG. 2, the trellis diagram shown in FIG. 3 is obtained.

図3において、時刻kにおける状態S0 と時刻k−4の状態S2 k−4に注目すると、状態S0 と状態S2 k−4との間に2つの状態遷移列が存在していることがわかる。 3, when attention is paid to the state S0 k and time k-4 states S2 k-4 at time k, that two state transition sequence exists between the state S0 k and state S2 k-4 Understand. ここで、状態S2 k−4 ,S4 k−3 ,S5 k−2 ,S0 k−1 ,S0 の順番で遷移する状態遷移列を“パスA”とし、状態S2 k−4 ,S3 k−3 ,S4 k−2 ,S5 k−1 ,S0 の順番で遷移する状態遷移列を“パスB”とする。 Here, the state S2 k-4, S4 k- 3, S5 k-2, S0 k-1, S0 k of the state transition sequence for transitions in the order "path A", the state S2 k-4, S3 k- 3, S4 k-2, S5 k-1, S0 k of the state transition sequence for transitions in the order to "pass B". 最尤復号処理によって得られた時刻k−6〜時刻kの復号データ(二値化信号D302)を(C k−6 ,C k−5 ,C k−4 ,C k−3 ,C k−2 ,C k−1 ,C )とすると、(C k−6 ,C k−5 ,C k−4 ,C k−3 ,C k−2 ,C k−1 ,C )=(0,1,1,x,0,0,0)となる場合(xは、0または1)には、パスAまたはパスBが最も確からしい状態遷移列として推定されたことになる。 Decoded data at time k-. 6 to time k obtained by the maximum likelihood decoding processing (binarization signal D302) (C k-6, C k-5, C k-4, C k-3, C k- 2, C k-1, the C k) to, (C k-6, C k-5, C k-4, C k-3, C k-2, C k-1, C k) = (0 , 1, 1, x, if the 0,0,0) (x is in the 0 or 1), so that the path a or path B is estimated as the most likely state transition sequence. パスAおよびパスBの両方とも時刻k−4における状態S2 k−4の確からしさは同じであるので、パスAおよびパスBの各々について、時刻k−3〜時刻kにおける再生信号の各サンプル値(y k−3 ,y k−2 ,y k−1 ,y )と状態遷移列の各期待値との差を二乗した値の累積値(差分二乗和値)を求めることによって、パスAとパスBのどちらが確からしい状態遷移列であるのかを判別できる。 Since likelihood state S2 k-4 at time k-4 both paths A and path B are the same, for each of the paths A and path B, each sample value of the reproduced signal at time k-. 3 to time k (y k-3, y k -2, y k-1, y k) and the cumulative value of a value obtained by squaring the difference between the expected value of the state transition sequence by determining the (sum of squared differences value), path a and it can be determined either in the range of likely state transition sequence of the path B. 時刻k−3〜時刻kまでの再生信号の各サンプル値とパスAの各期待値との差分二乗和値を“指標値Pa”とし、時刻k−3〜時刻kまでの再生信号の各サンプル値とパスBの各期待値との差分二乗和値を“指標値Pb”とすると、指標値Pa,Pbは、それぞれ、(式2),(式3)のように表される。 Each sample time k-3~ time the sum of squared difference value between each expected value of each sample values ​​and the path A of the reproduced signal of up to k as the "index value Pa", the reproduction signal of up to time k-3~ time k When "index Pb" the sum of squared differences value between the expected value of the values ​​and the path B, the index value Pa, Pb, respectively, (equation 2) is expressed as shown in equation (3).

最尤復号処理では、Pa<<Pbである場合(指標値Paが指標値Pbより十分に小さい場合)には、パスAが最も確からしい状態遷移列として選択され、Pa>>Pbである場合(指標値Paが指標値Pbより十分に大きい場合)には、パスBが尤も確からしい状態遷移列として選択される。 If the maximum likelihood decoding processing, if a Pa << Pb (if the index value Pa is sufficiently smaller than the index value Pb), the path A is selected as the most likely state transition sequence is Pa >> Pb the (index value Pa may sufficiently larger than the index value Pb), the path B is selected as the likely state transition sequence plausible. また、Pa=Pbである場合、最も確からしい状態遷移列としてパスAおよびパスBのいずれが選択されてもおかしくなく、最尤復号処理の結果が正しいかどうかは5分5分となる。 Also, if it is Pa = Pb, no strange even if any of the paths A and Path B as the most likely state transition sequence selected, whether the result of the maximum likelihood decoding is correct is 5 minutes 5 minutes.

ここで、指標値Pa,Pbの差分値(Pa−Pb)を“信頼性値”とすると、信頼性値の絶対値(|Pa−Pb|)が0よりも大きいほど、最尤復号処理の結果の信頼性が高いと判断できる。 Here, the index value Pa, the difference value of Pb to (Pa-Pb) and "reliability value", the absolute value of the reliability values ​​(| Pa-Pb |) The greater than 0, the maximum likelihood decoding it can be determined that there is a high reliability of the results. なお、信頼性値(Pa−Pb)は、最尤復号処理によって得られた復号データの誤り確率を予想するために利用することが可能である。 Incidentally, the reliability value (Pa-Pb) may be utilized to predict the error probability of the decoded data obtained by the maximum likelihood decoding process. 例えば、最尤復号処理を、所定の時間または所定の回数、繰り返し実行して信頼性値を計算すると、図4(a)にような信頼性値(Pa−Pb)の分布が得られる。 For example, a maximum likelihood decoding process for a predetermined time or a predetermined number of times, when repeatedly executing compute the reliability values, the distribution of the reliability values ​​as in FIG. 4 (a) (Pa-Pb) is obtained. 図4(a)は、再生信号にノイズが重畳された場合の信頼性値の分布を示している。 FIG. 4 (a) shows the distribution of the reliability value when noise is superimposed on the reproduction signal. この分布は2つのピークを有し、1つはPa=0となるときに頻度が極大となり、もう1つはPb=0となるときに頻度が極大となる。 The distribution has two peaks, one becomes maximum is the frequency when the Pa = 0, the frequency when the other one becomes Pb = 0 is maximum. Pa=0となるときの信頼性値(Pa−Pb)を“−Pstd”、Pb=0となるときの信頼性値(Pa−Pb)を“Pstd”とし、信頼性値の絶対値(|Pa−Pb|)を計算し、|Pa−Pb|−Pstdを計算すると、図4(b)のような分布が得られる。 Pa = 0 and reliability value when made (Pa-Pb) and "-Pstd", the reliability value when Pb = 0 to (Pa-Pb) as the "Pstd", the absolute value of the reliability value (| Pa-Pb |) was computed, | Pa-Pb | ​​calculating the -Pstd, distribution as shown in FIG. 4 (b) is obtained. そして、図4(b)に示した|Pa−Pb|−Pstdの分布において標準偏差値σと平均値Paveを求める。 Then, as shown in FIG. 4 (b) | Pa-Pb | ​​in the distribution of -Pstd an average value Pave and the standard deviation sigma. ここで、図4(b)の分布が正規分布であり、信頼性値の絶対値(|Pa−Pb|)が“−Pstd”以下となるときを誤りが発生した状態とすると、標準偏差値σと平均値Paveとに基づいて、誤り確率P(σ,Pave)を(式4)のように表すことができる。 Here, a distribution is the normal distribution of FIG. 4 (b), the absolute value of the reliability values ​​(| Pa-Pb |) When the state of error occurs when equal to or less than "-Pstd", standard deviation based on the average value Pave and sigma, the error probability P (sigma, Pave) can be represented as the equation (4).

(式4)により、信頼性値(Pa−Pb)の分布から計算された平均値Paveと標準偏差σに基づいて、最尤復号処理の結果に応じて出力される復号データの誤り確率を予想することができる。 The (Equation 4), based on the average value Pave and the standard deviation calculated from the distribution of the reliability values ​​(Pa-Pb) sigma, expected error probability of the decoded data output according to the result of the maximum likelihood decoding can do. つまり、平均値Paveと標準偏差σとを再生信号品質の指標とすることができる。 That is, it is possible to average Pave and the standard deviation σ as an index of the reproduced signal quality. なお、信頼性値(Pa−Pb)の分布が正規分布となる場合を例に挙げて説明したが、信頼性値(Pa−Pb)の分布が正規分布でない場合には、|Pa−Pb|−Pstdが所定の基準値以下になる回数をカウントし、そのカウント数を信号品質の指標とすることも可能である。 Although the distribution of the reliability values ​​(Pa-Pb) has been described as an example a case where a normal distribution, if the distribution of the reliability values ​​(Pa-Pb) is not a normal distribution, | Pa-Pb | -Pstd counts the number of times equal to or less than a predetermined reference value, it is also possible to the count number as an index of signal quality.

以上のように、信頼性値(Pa−Pb)は、再生信号品質の指標として利用することが可能である。 As described above, the reliability value (Pa-Pb) may be used as an indicator of the playback signal quality. なお、記録符号の最小極性反転間隔が“2”であり、等化方式がPR(1,2,2,1)である場合、上記のパスAおよびパスBの組合せのように時刻k−nにおける状態(nは、1以上の整数)および時刻kにおける状態がそれぞれ互いに同一である2つの状態遷移列の組合せは、時刻k−4〜時刻kの範囲(n=4の場合)では、8組存在する。 The minimum polarity inversion interval of a recording code is "2", if the equalization method is PR (1, 2, 2, 1), time k-n as combination of the above path A and path B in state in (n is an integer of 1 or more) and a combination of the two state transition sequence state are identical to each other at time k is (for n = 4) time k-. 4 to time k range, 8 to set there. 時刻の範囲を広げた場合(n>4の場合)では、信頼性値(Pa−Pb)と同数の組合せが存在する。 In case of widening the range of times (n> For 4), the same number of combinations exist with reliability value (Pa-Pb). なお、すべての組合せを信頼性値の計算対象とせずに、誤る可能性が比較的高い組合せ(信頼性値が比較的小さくなる組合せ)のみを信頼性値の計算対象としても良い。 Incidentally, all combinations without calculation target reliability values, possibly higher combinations err (combined reliability value is relatively small) only may be calculated subject to reliability values. このように信頼性値を計算した場合も、誤り確率と相関のある指標を得ることが可能である。 When such a reliability value was calculated also, it is possible to obtain an index which is correlated with the error probability. 例えば、Pa−Pb=±10となる8組の組合せを信頼性値の計算対象としても良い。 For example, eight sets of combinations of the Pa-Pb = ± 10 may be calculated subject to reliability values. これらの8組の組合せと信頼性値(Pa−Pb)との対応関係は、表2のようになる。 Correspondence between these eight sets of combinations reliability value (Pa-Pb) is as shown in Table 2.

ここで、表2に示された8組を組合せを上から順番にパターンPP1,PP2,…,PP8とすると、パターンPP1〜PP8の各々の信頼性値は、(式5)のように計算できる。 The pattern PP1 in order from top to combining eight pairs shown in Table 2, PP2, ..., When PP8, reliable values ​​for each pattern PP1~PP8, can be calculated as shown in Equation (5) .

ただし、A =(y −0) 、B =(y −1) 、C =(y −2) However, A k = (y k -0 ) 2, B k = (y k -1) 2, C k = (y k -2) 2,
=(y −3) 、E =(y −4) 、F =(y −5) D k = (y k -3) 2, E k = (y k -4) 2, F k = (y k -5) 2,
=(y −6) G k = (y k -6) 2
である。 It is.

(式5)に基づいて、最尤復号処理によって得られた復号データ(c k−6 ,c k−5 ,c k−4 ,c k−3 ,c kー2 ,c k−1 ,c )から信頼性値(Pa−Pb)を計算することができる。 Based on the equation (5), decoded data (c k-6, obtained by the maximum likelihood decoding process c k-5, c k- 4, c k-3, c k over 2, c k-1, c from k) can be calculated reliability value (Pa-Pb). また、信頼性値(Pa−Pb)の分布が正規分布であると仮定して標準偏差σ 10と平均値Pave 10とを計算し、標準偏差値σ 10と平均値Pave 10とに基づいて、誤り確率P 10 (σ 10 ,Pave 10 )を(式6)のように表すことができる。 Also, assuming the distribution of the reliability values (Pa-Pb) is a normal distribution to calculate an average value Pave 10 and the standard deviation sigma 10, based on the standard deviation sigma 10 and the average value Pave 10, error probability P 10 a (sigma 10, Pave 10) can be expressed as (equation 6).

パターンPP1〜PP8は、1ビットシフトエラーが発生する可能性のある状態遷移列の組合せに相当し、パターンPP1〜PP8を除く他の状態遷移列は、2ビット以上のビットシフトエラーが発生する可能性のある状態遷移列である。 Pattern PP1~PP8 corresponds to a combination of the state transition sequence 1 bit shift error is likely to occur, other state transition sequence except pattern PP1~PP8 may be 2 bits or more bit shift error occurs it is a state transition sequence with sex. また、PRML処理後のエラーパターンを分析すると、ほとんどのエラーが1ビットシフトエラーであるため、(式6)に基づいて誤り確率P 10 (σ 10 ,Pave 10 )を計算することにより復号データの誤り確率を正確に推定できる。 Moreover, the analysis of the error pattern after PRML processing, since most errors are 1-bit shift error, the decoded data by calculating the error probability P 10 (σ 10, Pave 10 ) based on equation (6) the error probability can be accurately estimated.

〔パターンPP1〜PP8〕 [Pattern PP1~PP8]
次に、図5(a)〜図5(h),図6を参照して、パターンPP1〜PP8について説明する。 Next, FIG. 5 (a) ~ FIG 5 (h), with reference to FIG. 6, described pattern PP1~PP8. 図5(a)〜図5(h)は、パターンPP1〜PP8の期待値系列(時刻k−4〜時刻kの各々における期待値Level )を示している。 Figure 5 (a) ~ FIG 5 (h) shows the expected sequence pattern PP1~PP8 (expected value Level v at each time k-. 4 to time k). 図中、横軸は、時間(1目盛りは、チャネルクロック周期TCLKに相当)を示し、縦軸は、信号レベル(0〜6)を示し、点線は、パスAを示し、実線は、パスBを示している。 In the figure, the horizontal axis is the time (1 scale, corresponds to the channel clock period TCLK) and a Y axis represents the signal level (0-6), the dotted line indicates the path A, the solid line is the path B the shows.

パターンPP1〜PP8の状態遷移列(パスAおよびパスB)の期待値系列は、光ディスクに形成された記録マークとスペースとの境界部分(記録マークの始端エッジ部分と終端エッジ部分)に対応する再生信号の理想的な波形を示している。 Expected value sequence of state transition sequence patterns PP1~PP8 (Path A and Path B) corresponds to the boundary portion between the recording mark and space formed on the optical disc (start edge and end edge portion of the recording mark) reproducing It shows an ideal waveform of the signal. パターンPP1〜PP4は、記録マークの始端エッジ部分に対応し、パターンPP5〜PP8は、記録マークの終端エッジ部分に対応している。 Pattern PP1~PP4 corresponds to the starting end edge portion of the recording mark, pattern PP5~PP8 corresponds to the end edge of the recording mark. また、パターンPP1〜PP4は、最尤復号処理によって得られた復号データ(二値化信号D302)の始端エッジパターンに対応し、パターンPP5〜PP8は、復号データの終端エッジパターンに対応しているといえる。 The pattern PP1~PP4 corresponds to the starting end edge pattern of the decoded data obtained by the maximum likelihood decoding processing (binarization signal D302), pattern PP5~PP8 corresponds to the end edge pattern of the decoded data it can be said that. 始端エッジパターンとは、復号データのマーク区間とそのマーク区間の直前に位置するスペース区間との組合せによって表現されるビットパターンのことであり、終端エッジパターンとは、復号データのマーク区間とそのマーク区間の直後に位置するスペース区間との組合せによって表現されるビットパターンのことである。 The start edge pattern is that of the bit pattern represented by a combination of marked sections of the decoded data and the space section located immediately before the mark interval, and the end edge pattern, the marked sections of the decoded data the mark is that the bit pattern represented by a combination of a space section which is positioned immediately after the segment.

また、パターンPP1〜PP8の各々は、誤る可能性が比較的高い2つの状態遷移列の組合せである。 Further, each pattern PP1~PP8 is a combination of the two state transition sequence is relatively high possibility of erroneous. したがって、パターンPP1〜PP8に基づいて計算された信頼性値が高くなるように光ディスクに形成された記録マークのエッジ部分(始端エッジ部分および終端エッジ部分)の位置を調整することにより、記録品質を改善することが可能となる(最尤復号処理における誤り確率を低下させることができる)。 Therefore, by adjusting the position of the calculated edge portion of a recording mark reliability value is formed on the optical disk so as to be higher (start edge and the end edge portion) based on the pattern PP1~PP8, the recording quality it is possible to improve (it is possible to reduce the error probability in the maximum likelihood decoding).

図6は、パターンPP1〜PP8と記録マークのエッジ部分(復号データのエッジパターン)との対応関係を示している。 Figure 6 shows the correspondence between the edge portion of the recording mark and pattern PP1~PP8 (edge ​​pattern of the decoded data). 図中、“2Tm”,“3Tm”,“4Tm”,“5Tm以上”は、それぞれ、光ディスクに形成された記録マークの長さ(復号データのマーク区間の長さ)が2T(最短マーク長),3T,4T,5T以上(5Tマーク長〜最長マーク長)であることを示し、“2Ts”,“3Ts”,“4Ts”,“5Ts以上”は、それぞれ、光ディスクに形成されたスペースの長さ(復号データのスペース区間の長さ)が2T(最短スペース長),3T,4T,5T以上(5Tスペース長〜最長スペース長)であることを示している。 In the figure, "2Tm", "3Tm", "4Tm", "5TM or more" are respectively the length of a recording mark formed on the optical disc (the length of the marked sections of the decoded data) is 2T (shortest mark length) , 3T, 4T, indicates a more 5T (5T mark length-longest mark length), "2Ts", "3Ts", "4Ts", "5Ts or more" are respectively the length of the space formed on the optical disk It indicates that the difference is 2T (the length of the space period of the decoded data) (the shortest space length), 3T, 4T, or 5T (5T space length-longest space length). また、“P1A”,“P2A”,…,“P8A”は、それぞれ、パターンPP1,PP2,…,PP8のパスAを示し、“P1B”,“P2B”,…,“P8B”は、それぞれ、パターンPP1,PP2,…,PP8のパスBを示している。 Further, "P1A", "P2A", ..., "P8A", respectively, patterns PP1, PP2, ..., the path A of PP8, "P1B", "P2B", ..., "P8B", respectively, pattern PP1, PP2, ..., shows the path B of PP8. 例えば、パターンPP3のパスA(P3A)は、記録マークの長さが“3T”でありその記録マークの直前に位置するスペースの長さが“2T”である始端エッジ部分(始端エッジパターン2Ts3Tm)に対応している。 For example, the path patterns PP3 A (P3A) are length "3T" start edge length of the space located immediately before is "2T" of the recording marks (start edge pattern 2Ts3Tm) It corresponds to.

なお、パターンPP1〜PP8のいずれも、始端エッジパターン2Ts2Tm(記録マークおよび直前スペースの各々の長さが“2T”である始端エッジ部分)および終端エッジパターン2Tm2Ts(記録マークおよび直後スペースの各々の長さが“2T”である終端エッジ部分)には対応していない。 Note that none of the patterns PP1~PP8, start edge pattern 2Ts2Tm (start edge portion of each of the length of the recording mark and the previous space is "2T") and the end edge pattern 2Tm2Ts (each of the recording marks and after space length Saga "2T" in the end edge portion is) it does not correspond. これらのエッジパターンに対応する状態遷移列の信頼性値(Pa−Pb)は、他のエッジパターンに対応する状態遷移列の信頼性値よりも大きいので、エッジパターン2Ts2Tm,2Tm2Tsに対応する信頼性値に基づいて光ディスクに形成された記録マークのエッジ部分の位置を厳密に調整しなくても、復号データの誤り確率が高くなりにくいと考えて良い。 Reliability value of the state transition sequence corresponding to these edge patterns (Pa-Pb) is larger than the reliability value of the state transition sequence corresponding to another edge pattern, edge patterns 2Ts2Tm, reliability corresponding to the 2Tm2Ts without strictly adjusting the position of the edge portion of the recording mark formed on the optical disk based on the value, the error probability of the decoded data may be considered to be unlikely high.

〔エッジシフト値の計算方法〕 [Calculation method of edge shift value]
次に、図7,図8を参照して、エッジシフト値の計算方法について詳しく説明する。 Next, FIG. 7 and 8, will be described in detail how to calculate the edge shift values. エッジシフト値とは、理想的な記録マークのエッジ位置と光ディスクに形成された記録マークのエッジ位置との差を示した値のことである。 Edge shift value is that value that indicates the difference between the ideal recording marks of the edge position and the edge position of a recording mark formed on the optical disk. ここでは、パターンPP1を例に挙げ、図中、三角印は、再生信号のサンプル値を示し、点線で繋がれた黒丸印は、パターンPP1のパスAの期待値系列を示し、実線で繋がれた黒丸印は、パターンPP1のパスBの期待値系列を示している。 Here, an example of the pattern PP1, in the figure triangle mark indicates a sample value of the reproduced signal, the black circles which is connected by a dotted line shows the expected value sequence of the path A pattern PP1, connected by a solid line and black circle marks indicate the expected value sequence of the path B of the pattern PP1.

図7(a)は、理想的な記録マークMA1の始端エッジ位置よりも光ディスクに形成された記録マークMB1の始端エッジ位置が後方にずれており、再生信号のサンプル値(y k−3 ,y k−2 ,y k−1 ,y )が(4.2, 3.2, 1.2, 0.2)となる場合を示している。 7 (a) is an ideal starting edge position of a recording mark MB1 formed on the optical disk than the start edge position of the recording mark MA1 are shifted backward, the sample value of the reproduced signal (y k-3, y k-2, y k-1 , y k) is (4.2, 3.2, 1.2, shows a case where a 0.2). なお、再生信号は、記録マークMB1に基づいて生成される。 The reproduction signal is generated based on the recording mark MB1. この場合、パターンPP1のパスAが最も確からしい状態遷移列として選択されることになる。 In this case, the path A of the pattern PP1 is selected as the most likely state transition sequence. また、パスAおよびパスBのそれぞれの指標値Pa,Pbは、(式7)(式8)のように算出される。 Further, each of the index values ​​Pa, Pb of path A and path B are calculated as shown in Equation (7) (Equation 8).

ここで、信頼性値の絶対値から標準値(Pstd)を減算して得られる値(|Pa−Pb|−Pstd)をエッジシフト値E1とすると、エッジシフト値E1は、(式9)のように計算される。 Here, the value obtained by subtracting the standard value (Pstd) from the absolute value of the reliability value when the (| | Pa-Pb -Pstd) and edge shift value E1, the edge shift value E1 is (Formula 9) It is calculated as.

図7(b)は、理想的な記録マークMA1の始端エッジ位置よりも光ディスクに形成された記録マークMB1の始端エッジ位置が前方にずれており、再生信号のサンプル値(y k−3 ,y k−2 ,y k−1 ,y )が(3.8, 2.8, 0.8, −0.2)である場合を示している。 7 (b) is an ideal starting edge position of a recording mark MB1 formed on the optical disk than the start edge position of the recording mark MA1 are shifted forward, the sample value of the reproduced signal (y k-3, y k-2, y k-1 , y k) is (3.8, 2.8, 0.8, shows a case where -0.2). この場合も、パターンPP1のパスAが最も確からしい状態遷移列として選択されることになり、エッジシフト値E2は“2.4”と算出される。 Also this case, the path A of the pattern PP1 is selected as the most likely state transition sequence, the edge shift value E2 is calculated to be "2.4".

以上のように、エッジシフト値の絶対値は、理想的な記録マークMA1のエッジ位置に対する光ディスクに形成された記録マークMB1のエッジ位置のずれ量を示し、エッジシフト値の符号は、理想的な記録マークMA1のエッジ位置に対する光ディスクに形成された記録マークMB1のエッジ位置のずれ方向を示している。 As described above, the absolute value of the edge shift value indicates an ideal shift amount of the edge position of the recording mark MB1 formed on the optical disk with respect to the edge position of the recording marks MA1, the sign of the edge shift values ​​are ideal It indicates the shift direction of the edge positions of recording marks MB1 formed on the optical disk with respect to the edge position of the recording mark MA1. したがって、図7(a)の場合、エッジシフト値E1を参照して、光ディスクに形成された記録マークMB1の始端エッジ位置が理想的な記録マークMA1の始端エッジ位置よりも“2.4”だけ後方にずれていると判断でき、図7(b)の場合、エッジシフト値E2を参照して、光ディスクに形成された記録マークMB1の始端エッジ位置が理想的な記録マークMA1の始端エッジ位置よりも“2.4”だけ前方にずれていると判断できる。 Therefore, in the case of FIG. 7 (a), the with reference to the edge shift values ​​E1, start edge position of the recording mark MB1 formed on the optical disk only "2.4" than start edge position of the ideal recording marks MA1 it can be determined that are displaced rearward, the case of FIG. 7 (b), the with reference to the edge shift value E2, start edge position of the recording mark MB1 formed on the optical disk from the start edge position of the ideal recording marks MA1 it can be determined that is shifted to the front only be "2.4".

図8(a)は、理想的な記録マークMA1の始端エッジ位置よりも光ディスクに形成された記録マークMB1の始端エッジ位置が後方にずれており、再生信号のサンプル値(y k−3 ,y k−2 ,y k−1 ,y )が(5.2, 5.2, 3.2, 1.2)である場合を示している。 8 (a) is an ideal starting edge position of a recording mark MB1 formed on the optical disk than the start edge position of the recording mark MA1 are shifted backward, the sample value of the reproduced signal (y k-3, y k-2, y k-1 , y k) is (5.2, 5.2, 3.2, shows the case where 1.2). この場合、パターンPP1のパスBが最も確からしい状態遷移列として選択されることになり、エッジシフト値E3は、“2.4”と算出される。 In this case, the path B of a pattern PP1 is selected as the most likely state transition sequence, the edge shift value E3 is calculated as "2.4".

図8(b)は、理想的な記録マークMA1の始端エッジ位置よりも光ディスクに形成された記録マークMB1の始端エッジ位置が前方にずれており、再生信号のサンプル値がサンプル値(y k−3 ,y k−2 ,y k−1 ,y )が(4.8, 4.8, 2.8, 0.8)である場合を示している。 FIG. 8 (b), the ideal start edge position of the recording mark MB1 formed on the optical disk than the start edge position of the recording mark MA1 are shifted forward, the sample value of the reproduced signal sample value (y k- 3, y k-2, y k-1, y k) is (4.8, 4.8, 2.8, shows the case where 0.8). この場合も、パターンPP1のパスBが最も確からしい状態遷移列として選択されることになり、エッジシフト値E4は“−2.4”と算出される。 Also this case, the path B of a pattern PP1 is selected as the most likely state transition sequence, the edge shift values ​​E4 is calculated to be "-2.4".

以上のように、図7(a),図7(b)のようにパスAが最も確からしい状態遷移列として選択される場合と、図8(a),図8(b)のようにパスBが最も確からしい状態遷移列として選択される場合とでは、エッジ位置のずれ方向とエッジシフト値の符号との対応関係が異なっている。 As described above, the path as in FIG. 7 (a), and if the path A as shown in FIG. 7 (b) is selected as the most likely state transition sequence, FIG. 8 (a), the FIG. 8 (b) B in the case where is selected as the most likely state transition sequence, correspondence between the sign of the deviation direction and the edge shift values ​​of the edge positions are different. これは、最も確からしいと判断された状態遷移列と最も確からしいと判断されなかった状態遷移列(2番目に確からしいと判断された状態遷移列)のそれぞれの期待値系列と再生信号のサンプル値系列との関係に依存する。 Samples of this, each of the expected value sequence and the reproduction signal of the most likely and the determined state transition sequence and a most likely that not determined state transition sequence (state transition sequence determined as probable the second) It depends on the relationship between the value series. 例えば、図7(b)や図8(a)のように、再生信号の各サンプル値と2番目に確からしいと判断された状態遷移列の各期待値との差分二乗和が標準値(Pstd)よりも大きい場合には、エッジシフト値は、正の符号を有する。 For example, as shown in FIG. 7 (b) and FIG. 8 (a), the sample values ​​and the sum of squared differences are standard values ​​for the respective expected value of the state transition sequence determined as probable the second reproduced signal (Pstd If) is greater than the edge shift value has a positive sign. このような特徴を考慮して、記録マークの始端エッジ位置のずれ方向を検出すればよい。 In consideration of such features, it may be detected displacement direction of the starting edge position of the recording mark. したがって、図8(a)の場合、エッジシフト値E3を参照して、光ディスクに形成された記録マークMB1の始端エッジ位置が理想的な記録マークMA1の始端エッジ位置よりも“2.4”だけ後方にずれていると判断でき、図8(b)の場合、エッジシフト値E4を参照して、光ディスクに形成された記録マークMB1の始端エッジ位置が理想的な記録マークMA1の始端エッジ位置よりも“2.4”だけ前方にずれていると判断できる。 Therefore, in the case of FIG. 8 (a), with reference to the edge shift value E3, start edge position of the recording mark MB1 formed on the optical disk only "2.4" than start edge position of the ideal recording marks MA1 it can be determined that are displaced rearward, the case of FIG. 8 (b), with reference to the edge shift value E4, starting edge position of a recording mark MB1 formed on the optical disk from the start edge position of the ideal recording marks MA1 it can be determined that is shifted to the front only be "2.4".

〔長さ誤差値・位相誤差値の計算方法〕 [Calculation method for length error value and phase error values]
次に、図9,図10(a),図10(b)を参照して、長さ誤差値および位相誤差値の計算方法について説明する。 Next, FIG. 9, FIG. 10 (a), with reference to FIG. 10 (b), described how to calculate the length error value and the phase error value. ここでは、図9に示された57通りの記録パターン毎に長さ誤差値および位相誤差値を計算する例を説明する。 Here, an example of calculating the length error value and the phase error value for each recording pattern of 57 types shown in FIG. 例えば、記録パターン4Ts3Tm2Tsは、記録マークの長さ(マーク区間の長さ)が“3T”であり、記録マークの直前に位置するスペースの長さ(マーク区間の直前のスペース区間の長さ)が“4T”であり、記憶マークの直後に位置するスペースの長さ(マーク区間の直後のスペース区間の長さ)が“2T”である記録パターンを示している。 For example, the recording pattern 4Ts3Tm2Ts is the length of the recording mark (mark length section) is "3T", the length of the space located immediately before the recording mark (the length of the preceding space section marked sections) is a "4T", the length of the space located immediately after the storage mark (the length of the immediately following space section marked sections) shows a recording pattern is "2T".

記録パターンの誤差値(長さ誤差値および位相誤差値)は、その記録パターンに示されたマーク区間,直前スペース区間,および直後スペース区間に対応する始端エッジパターンおよび終端エッジパターンの各々の信頼性値に基づいて計算される。 Error value of the recording pattern (the length error value and the phase error value), each of the reliability of the start edge pattern and termination edge pattern corresponding to the recording pattern to the indicated mark section, immediately preceding space intervals, and after the space section It is calculated based on the value. 例えば、記録パターン3Ts3Tm3Tsの誤差値は、マーク区間および直前スペース区間の各々の長さが“3T”である始端エッジパターン3Ts3Tmの信頼性値と、マーク区間および直後スペース区間の各々の長さが“3T”である終端エッジパターン3Tm3Tsの信頼性値とに基づいて計算される。 For example, the error value of the recording pattern 3Ts3Tm3Ts is the length of each of the marked sections and the previous space interval "3T" and reliability value of start edge pattern 3Ts3Tm is, the length of each of the marked sections and immediately after a space section is " is calculated based on the reliability value of the termination edge pattern 3Tm3Ts a 3T ".

ここで、始端エッジパターンの信頼性を“Pas−Pbs”とし、終端エッジパターンの信頼性を“Pae−Pbe”とすると、始端エッジ位置のエッジシフト値E5および終端エッジ位置のエッジシフト値E6は、 Here, the reliability of the start edge pattern and "Pas-Pbs", when the reliability of the end edge pattern "Pae-Pbe", the edge shift values ​​E6 of edge shift value E5 and end edge position of the start edge position ,
E5=|Pas−Pbs|−Pstd E5 = | Pas-Pbs | -Pstd
E6=|Pae−Pbe|−Pstd E6 = | Pae-Pbe | -Pstd
と表される。 Denoted. また、長さ誤差値Dlおよび位相誤差値Dpは、(式10),(式11)のように表すことができる。 The length error values ​​Dl and the phase error value Dp is (formula 10), can be expressed as (Equation 11).

長さ誤差値Dlの絶対値は、理想的な記録マークに対する光ディスクに形成された記録マークの長さのずれ量を示し、長さ誤差値Dlの符号は、理想的な記録マークに対する光ディスクに形成された記録マークの長さのずれ方向(長いのか短いのか)を示している。 Absolute value of the length error value Dl indicates the amount of deviation of the length of the recording mark formed on the optical disc with respect to the ideal recording marks, codes of length error value Dl is formed on the optical disk for the ideal recording marks It shows the length of the displacement direction of the recording mark (long of or short of or). また、位相誤差値Dpの絶対値は、理想的な記録マークに対する光ディスクに形成された記録マークの位相のずれ量を示し、位相誤差値Dpの符号は、理想的な記録マークに対する光ディスクに形成された記録マークの位相のずれ方向(前方にずれているのか後方にずれているのか)を示している。 The absolute value of the phase error value Dp represents the ideal amount of phase shift of a recording mark formed on the optical disk for recording marks, the sign of the phase error value Dp is formed on the optical disc with respect to the ideal recording marks and it indicates the phase shift direction of the recording mark (whether deviates backward what are shifted forward).

図10(a),図10(b)を参照して、長さ誤差値および位相誤差値の計算方法について具体的に説明する。 FIG. 10 (a), with reference to FIG. 10 (b), the specifically described method of calculating the length error value and the phase error value. なお、記録マークおよび記録マークの直前および直後のスペースの各々の長さが“3T”である場合(記録パターン3Ts3Tm3Tsに相当)を例に挙げて説明する。 Incidentally, description will be given when each of the lengths of the immediately preceding and immediately following space of the recording marks and the recording marks are "3T" (corresponding to the recording pattern 3Ts3Tm3Ts) as an example.

図10(a)は、光ディスクに形成された記録マークMB1の位相(中心位置)が理想的な記録マークMA1の位相(中心位置)と一致し、光ディスクに形成された記録マークMB1の長さが理想的な記録マークMA1の長さに一致しない場合(長さ誤差が生じている場合)を示している。 10 (a) is, the recording mark MB1 formed on the optical disk phase (center position) matches the ideal recording marks MA1 phase (center position), the length of the recording mark MB1 formed on the optical disk If that does not match the length of the ideal recording marks MA1 shows (if the length error occurs). また、記録マークMB1の始端エッジ部分に対応する再生信号のサンプル値(y k−3 ,y k−2 ,y k−1 ,y )は(5.2, 5.2, 3.2, 1.2)であり、記録マークMB1の終端エッジ部分に対応する再生信号のサンプル値(y k−3 ,y k−2 ,y k−1 ,y )は(1.2, 3.2, 5.2, 5.2)である。 Further, the sample values of the reproduction signal corresponding to the start edge of the recording mark MB1 (y k-3, y k-2, y k-1, y k) is (5.2, 5.2, 3.2, 1.2), the sample value of the reproduced signal corresponding to the end edge portion of the recording mark MB1 (y k-3, y k-2, y k-1, y k) is (1.2, 3.2 , 5.2, 5.2). この場合、エッジシフト値E5は“2.4”と算出され、エッジシフト値E6は“2.4”と算出される。 In this case, the edge shift value E5 is calculated as "2.4", the edge shift values ​​E6 is calculated to be "2.4". また、長さ誤差値Dlは“4.8”と算出され、位相誤差値Dpは“0.0”と算出される。 The length error value Dl is calculated as "4.8", the phase error value Dp is calculated as "0.0". したがって、長さ誤差値Dlおよび位相誤差値Dpを参照して、光ディスクに形成された記録マークMB1の位相(中心位置)は理想的な記録マークMA1の位相(中心位置)に一致しているが、光ディスクに形成された記録マークMB1の長さは理想的な記録マークMA1の長さよりも“4.8”だけ短いと判断できる。 Thus, with reference to the length error value Dl and the phase error value Dp, the phase (center position) of the recording mark MB1 formed on the optical disk, but is consistent with the ideal recording marks MA1 phase (center position) , the length of the recording mark MB1 formed on the optical disk can be determined that short by "4.8" than the length of the ideal recording marks MA1.

図10(b)は、光ディスクに形成された記録マークMB1の長さが理想的な記録マークMA1の長さと一致し、記録マークMB1の位相(中心位置)が理想的な記録マークMA1の位相(中心位置)と一致しない場合(位相誤差が生じている場合)を示している。 FIG. 10 (b), the length and matches the length of the recording mark MB1 formed on the optical disk is an ideal recording marks MA1, the recording mark MB1 phase (center position) the ideal recording marks MA1 phase ( when the center position) do not match (in cases of the phase error occurs). また、記録マークMB1の始端エッジ部分に対応する再生信号のサンプル値(y k−3 ,y k−2 ,y k−1 ,y )は(5.2, 5.2, 3.2, 1.2)であり、記録マークMB1の終端エッジ部分に対応する再生信号のサンプル値(y k−3 ,y k−2 ,y k−1 ,y )は(0.8, 2.8, 4.8, 4.8)である。 Further, the sample values of the reproduction signal corresponding to the start edge of the recording mark MB1 (y k-3, y k-2, y k-1, y k) is (5.2, 5.2, 3.2, 1.2), the sample value of the reproduced signal corresponding to the end edge portion of the recording mark MB1 (y k-3, y k-2, y k-1, y k) is (0.8, 2.8 , 4.8, 4.8). この場合、エッジシフト値E7は“2.4”と算出され、エッジシフト値E8は“−2.4”と算出される。 In this case, the edge shift value E7 is calculated as "2.4", the edge shift values ​​E8 is calculated to be "-2.4". また、長さ誤差値Dlは“0.0”と算出され、位相誤差値Dpは“4.8”と算出される。 The length error value Dl is calculated as "0.0", the phase error value Dp is calculated as "4.8". したがって、長さ誤差値Dlおよび位相誤差値Dpを参照して、光ディスクに形成された記録マークMB1の長さは理想的な記録マークMA1の長さに一致しているが、光ディスクに形成された記録マークMB1の位相(中心位置)は理想的な記録マークMA1の位相(中心位置)よりも“4.8”だけ後方にずれていると判断できる。 Thus, with reference to the length error value Dl and the phase error value Dp, the length of the recording mark MB1 formed on the optical disk are matched to the length of the ideal recording marks MA1, but was formed on the optical disc the recording mark MB1 phase (center position) can be determined that the backward offset by "4.8" than the ideal recording marks MA1 phase (center position).

以上のように、長さ誤差値Dlの符号が正である場合には、光ディスクに形成された記録マークMB1の長さは理想的な記録マークMA1の長さよりも短いと判断でき、長さ誤差値Dlの符号が負である場合には、光ディスクに形成された記録マークMB1の長さは理想的な記録マークMA1の長さよりも長いと判断できる。 As described above, when the sign of the length error value Dl is positive, the length of the recording mark MB1 formed on the optical disk can be determined to less than the length of the ideal recording marks MA1, length error when the sign of the value Dl is negative, the length of the recording mark MB1 formed on the optical disk can be determined that greater than the length of the ideal recording marks MA1. また、位相誤差値Dpの符号が正である場合には、光ディスクに形成された記録マークMB1の位相(中心位置)は理想的な記録マークMA1の位相(中心位置)よりも後方にずれていると判断でき、位相誤差値Dpの符号が負である場合には、光ディスクに形成された記録マークMB1の位相(中心位置)は理想的な記録マークMA1の位相(中心位置)よりも前方にずれていると判断できる。 Further, when the sign of the phase error value Dp is positive, the phase (center position) of the recording mark MB1 formed on the optical disc is shifted rearward from the ideal recording marks MA1 phase (center position) can be determined that, when the sign of the phase error value Dp is negative, the phase (center position) of the recording mark MB1 formed on the optical disk is shifted forward from the ideal recording marks MA1 phase (center position) and it can be determined by.

なお、(式10)により計算される長さ誤差値Dlの符号を反転して、長さ誤差値Dlの符号が正である場合には、光ディスクに形成された記録マークMB1の長さは理想的な記録マークMA1の長さよりも長いと判断し、長さ誤差値Dlの符号が負である場合には、光ディスクに形成された記録マークMB1の長さは理想的な記録マークMA1の長さよりも短いと判断しても良い。 Incidentally, by inverting the code of length error value Dl calculated by (Equation 10), when the sign of the length error value Dl is positive, the length of the recording mark MB1 formed on the optical disc Ideally is determined longer than lengths of the recording marks MA1, when the sign of the length error value Dl is negative, the length of the recording mark MB1 formed on an optical disk than the length of the ideal recording marks MA1 it may be determined as well as the short. これと同様に、(式11)により計算される位相誤差値Dpの符号を反転して、位相誤差値Dpの符号が正である場合には、光ディスクに形成された記録マークMB1の位相(中心位置)は理想的な記録マークMA1の位相(中心位置)よりも前方にずれていると判断し、位相誤差値Dpの符号が負である場合には、光ディスクに形成された記録マークMB1の位相(中心位置)は理想的な記録マークMA1の位相(中心位置)よりも後方にずれていると判断しても良い。 Similarly, by reversing the sign of the phase error value Dp calculated by (Equation 11), when the sign of the phase error value Dp is positive, the phase (the center of the recording mark MB1 formed on the optical disk position) determines that deviates forward from the ideal recording marks MA1 phase (center position), when the sign of the phase error value Dp is negative, the phase of the recording mark MB1 formed on the optical disk (center position) may be determined to be shifted to the rear than the ideal recording marks MA1 phase (center position).

また、エッジシフト値の符号とずれ方向との対応関係は、最も確からしいと判断された状態遷移列と最も確からしいと判断されなかった状態遷移列(2番目に確からしいと判断された状態遷移列)のそれぞれの期待値系列と再生信号のサンプル値系列との関係に依存する。 The state transition relationship between the code and the shift direction of the edge shift values, it is determined that the probable state transition sequence (second that are not deemed to be most probable and state transition sequence determined as the most probable It depends on the relationship between each of the expected value series of columns) and sample value sequence of the reproduced signal. このような特徴を考慮して、長さ誤差値Dlおよび位相誤差値Dpの計算式(式10),(式11)を適宜変更しても良い。 In consideration of such characteristics, calculation of length error values ​​Dl and the phase error value Dp (Formula 10) may be changed appropriately (Equation 11).

〔記録パルス〕 [Recording pulse]
次に、図11を参照して、記録パルスの記録パワーおよび記録パルスの形状について説明する。 Next, referring to FIG. 11, described the shape of the recording power and the recording pulse of the recording pulse. ここでは、記録パルスの形状は、トップパルス開始位置,トップパルス幅,エンドパルス幅,およびクーリング終了位置によって決定されるものとする。 Here, the shape of the recording pulse is to be determined the top pulse start position, a top pulse width, the end pulse width, and the cooling end position.

記録パルスのパワーは、光ディスクに記録マークを形成するために使用されるピークパワーPw,バイアスパワーPb,およびクーリングパワーPcと、光ディスクに既に形成されている記録マークを消去してスペースを形成するために使用されるイレースパワーPeとによって構成される。 Power of the recording pulse, the peak power Pw that is used to form the recording marks on the optical disc, the bias power Pb, and the cooling power Pc, for forming a space by erasing the recording mark that has already been formed on the optical disk constituted by the erase power Pe used for. ピークパワーPw,バイアスパワーPb,クーリングパワーPc,およびイレースパワーPeは、レーザ光の消光時に検出される消光レベルを基準として設定される。 Peak power Pw, the bias power Pb, cooling power Pc, and the erasing power Pe is set the extinction level detected during the extinction of the laser light as a reference. なお、ピークパワーPw,バイアスパワーPb,クーリングパワーPc,およびイレースパワーPeのパワーレベルは、光ディスクに形成しようとする記録マークの長さ(記録符号のマーク区間の長さ)に拘わらず一定になるように設定しても良いし、記録マークの長さやスペースの長さ(記録符号のマーク区間の長さやスペース区間の長さ)に応じて変更しても良い。 The power level of the peak power Pw, the bias power Pb, cooling power Pc, and the erasing power Pe is constant regardless of the length of the recording mark to be formed on the optical disk (the length of the recording code mark interval) it may be set as may be changed according to the length and the length of the space of the recording mark (the length of the length or space interval of the recording code marks interval).

また、光ディスクに形成しようとする記録マークの長さ(2T,3T,4T,5T以上)に応じて、トップパルス開始位置dTtop2T,dTtop3T,dTtop4T,dTtop5Tと、トップパルス幅Ttop2T,Ttop3T,Ttop4T,Ttop5Tと、クーリング終了位置dTe2T,dTe3T,dTe4T,dTe5Tとが設定されている。 Further, according to the length of recording marks to be formed on the optical disc (2T, 3T, 4T, or 5T), the top pulse start position dTtop2T, dTtop3T, dTtop4T, dTtop5T a top pulse width Ttop2T, Ttop3T, Ttop4T, Ttop5T When, the cooling end position dTe2T, dTe3T, dTe4T, and a dTe5T are set. トップパルス開始位置dTtop2T,…,dTtop5Tは、第1番目のパルスの立ち上がりエッジ位置とチャネルクロックの立ち上がりエッジ位置との時間間隔を示し、トップパルス幅Ttop2T,…,Ttop5Tは、第1番目のパルスのパルス幅を示し、クーリング終了位置dTe2T,…,dTe5Tは、クーリングパワーPcの終了位置とチャネルクロックの立ち上がりエッジ位置との時間間隔を示している。 Top pulse start position dTtop2T, ..., dTtop5T represents a temporal distance between a rising edge position of the rising edge position and the channel clock of the first pulse, the top pulse width Ttop2T, ..., Ttop5T is of the first pulse shows the pulse width, the cooling end position dTe2T, ..., dTe5T represents the time interval between the rising edge position of the end position and the channel clock of the cooling power Pc.

また、“2T”を除く記録マークの長さに応じて、マルチパルス(2番目以降のパルス)の個数が設定されている。 Further, according to the length of recording marks except the "2T", the number of the multi-pulse (second and subsequent pulses) has been set. 例えば、光ディスクに形成しようとする記録マークの長さが“3T”である場合には、1つのマルチパルスが生成され、記録マークの長さが“5T”である場合には、4つのマルチパルスが生成され、記録マークの長さが“6T”である場合には、5つのマルチパルスが生成されることになる。 For example, when the length of recording marks to be formed on the optical disk is "3T" is one of the multi-pulse is generated, when the length of the recording mark is "5T", the four multi-pulse There are generated, when the length of the recording mark is "6T" would five multi-pulse is generated. なお、マルチパルスのパルス幅Tmpは、記録マークの長さに拘わらず一定になるように設定しても良いし、記録マークの長さやスペースの長さに応じて変更しても良い。 The pulse width Tmp multi pulse may be set to be constant regardless of the length of the recording mark may be changed according to the length of the length and space of the recording mark.

さらに、“2T”を除く記録マークの長さ(3T,4T,5T以上)に応じて、エンドパルス幅Te3T,Te4T,Te5Tが設定されていても良い。 Further, the length of the recording marks except the "2T" in accordance with (3T, 4T, or 5T), the end pulse width Te3T, Te4T, Te5T may be set. エンドパルス幅Te3T,Te4T,Te5Tは、最後のマルチパルスのパルス幅を示している。 End pulse width Te3T, Te4T, Te5T shows pulse width of the last multi-pulse.

なお、記録マークの長さと記録パルスの形状(記録パワー,パルス幅,およびパルス位置など)との対応関係を示した記録パラメータは、光ディスクの所定領域に格納されたディスク情報に登録されていても良い。 The length and shape of the recording pulse of the recording mark (recording power, pulse width, and pulse position, etc.) recorded parameters indicate the correspondence with the also be registered in the disk information stored in a predetermined area of ​​the optical disk good. また、ディスク情報に登録された記録パラメータに基づいて記録パルスの初期形状を設定しても良い。 It may also be set the initial shape of the recording pulse based on the recording parameter registered in the disk information. また、ディスク情報に記録パラメータが登録されていない場合、記録パルスの初期形状を予め定められた形状(例えば、トップパルス開始位置,クーリング終了位置が“0”である形状)に設定しても良い。 Also, when the recording parameter in the disc information is not registered, a predetermined shape initial shape of a recording pulse (e.g., the top pulse start position, the cooling end position shape is "0") may be set to .

〔記録マークのエッジ位置調整〕 [Edge position adjustment of record marks]
トップパルス開始位置dTtop2Tおよび/またはトップパルス幅Ttop2Tを変化させることにより、2Tマーク(長さが“2T”に対応する記録マーク)の始端エッジ位置を調整でき、クーリング終了位置dTe2Tおよび/またはトップパルス幅Ttop2Tを変化させることにより、2Tマークの終端エッジ位置を調整できる。 By changing the top pulse start position dTtop2T and / or top pulse width Ttop2T, can adjust the start edge position of the 2T mark (recording mark corresponding to the "2T" length), cooling end position dTe2T and / or top pulse by varying the width Ttop2T, you can adjust the end edge position of the 2T mark. また、トップパルス開始位置dTtop3T,dTtop4T,dTtop5Tおよび/またはトップパルス幅Ttop3T,Ttop4T,Ttop5Tを変化させることにより、3Tマーク(長さが“3T”に対応する記録マーク),4Tマーク(長さが“4T”に対応する記録マーク),5Tマーク(長さが“5T”に対応する記録マーク)の始端エッジ位置を調整でき、クーリング終了位置dTe3T,dTe4T,dTe5Tおよび/またはエンドパルス幅Te3T,Te4T,Te5Tを変化させることにより、3Tマーク,4Tマーク,5Tマークの終端エッジ位置を調整できる。 Further, the top pulse start position dTtop3T, dTtop4T, dTtop5T and / or top pulse width Ttop3T, Ttop4T, by changing the Ttop5T, 3T mark (recording mark corresponding to the length "3T"), is 4T mark (length recording marks corresponding to the "4T"), start edge position of the 5T mark (recording mark corresponding to the "5T" length) can be adjusted, the cooling end position dTe3T, dTe4T, dTe5T and / or end pulse width Te3T, Te4T , by varying the Te5T, 3T mark, 4T mark, it is possible to adjust the end edge position of the 5T mark.

〔記録マークの長さ調整・位相調整〕 [Length adjustment and the phase adjustment of the recording mark]
また、記録マークの始端エッジ位置および終端エッジ位置を適宜調整することにより、記録マークの長さ誤差および位相誤差を調整できる。 Further, by appropriately adjusting the starting edge position and the end edge position of the recording mark can be adjusted in length and phase errors of a recording mark.

例えば、トップパルス開始位置dTop2T,dTtop3T,dTtop4T,dTtop5Tおよび/またはトップパルス幅Ttop2T,Ttop3T,Ttop4T,Ttop5Tを大きくするとともに、クーリング終了位置dTe2T,dTe3T,dTe4T,dTe5Tを小さくすることにより、記録マークの長さを長くすることができ、トップパルス開始位置dTop2T,dTtop3T,dTtop4T,dTtop5Tおよび/またはトップパルス幅Ttop2T,Ttop3T,Ttop4T,Ttop5Tを小さくするとともに、クーリング終了位置dTe2T,dTe3T,dTe4T,dTe5Tを大きくすることにより、記録マークの長さを短くすることができる。 For example, the top pulse start position dTop2T, dTtop3T, dTtop4T, dTtop5T and / or top pulse width Ttop2T, Ttop3T, Ttop4T, with increasing the Ttop5T, cooling end position dTe2T, dTe3T, dTe4T, by reducing the DTe5T, the recording mark it is possible to increase the length, the top pulse start position dTop2T, dTtop3T, dTtop4T, dTtop5T and / or top pulse width Ttop2T, Ttop3T, Ttop4T, while reducing the Ttop5T, cooling end position dTe2T, dTe3T, dTe4T, the dTe5T large by, it is possible to shorten the length of the recording mark.

また、トップパルス開始位置dTop2T,dTtop3T,dTtop4T,dTtop5Tを大きくするとともに、クーリング終了位置dTe2T,dTe3T,dTe4T,dTe5Tを大きくすることにより、記録マークの位相(中心位置)を前方にずらすことができ、トップパルス開始位置dTop2T,dTtop3T,dTtop4T,dTtop5Tを小さくするとともに、クーリング終了位置dTe2T,dTe3T,dTe4T,dTe5Tを小さくすることにより、記録マークの位相を後方にずらすことができる。 Further, the top pulse start position dTop2T, dTtop3T, dTtop4T, with increasing the DTtop5T, cooling end position dTe2T, dTe3T, dTe4T, by increasing the DTe5T, can be shifted recording mark phase (center position) in front, top pulse start position dTop2T, dTtop3T, dTtop4T, while reducing the DTtop5T, cooling end position dTe2T, dTe3T, dTe4T, by reducing the DTe5T, can shift the phase of the recording mark in the rear.

〔長さ誤差値の変化量〕 [Variation in length error value]
次に、図12(a)〜図12(e),図13を参照して、記録パルスの形状の調整量と長さ誤差値の変化量との対応関係について説明する。 Next, FIG. 12 (a) ~ FIG 12 (e), with reference to FIG. 13, there will be described a correlation between the amount of change in the adjustment amount and length error value of the shape of recording pulse. ここでは、記録マークの長さが“3T”である場合を例に挙げて説明する。 Here, it will be described as an example when the length of the recording mark is "3T".

図12(a)〜図12(e)のように、トップパルス開始位置およびトップパルス幅を時間間隔Δt(一定時間間隔)で増加させるとともに、クーリング終了位置を時間間隔Δtで減少させることにより、記録マークの長さを徐々に増加させることができる。 As shown in FIG. 12 (a) ~ FIG 12 (e), with increasing top pulse start position and the top pulse width time intervals Delta] t (predetermined time interval), by reducing the cooling end position at time intervals Delta] t, the length of the recording mark can be gradually increased. すなわち、図12(a)に示された記録パルスによって形成された記録マークの長さが最も短く、図12(e)に示された記録パルスによって形成された記録マークの長さが最も長い。 That is, the shortest length of a recording mark formed by a recording pulse shown in FIG. 12 (a), the longest length of a recording mark formed by a recording pulse shown in FIG. 12 (e). また、図12(a)〜図12(e)の順番で記録マークの長さを増加させることにより、記録マークの長さ誤差値は、図13に示された記号(a)〜(e)の順番で徐々に変化する。 Further, by increasing the FIG 12 (a) ~ 12 sequentially in the length of the recording mark (e), the length error value of the recording mark is shown in FIG. 13 the symbol (a) ~ (e) gradually change in the order. なお、図13に示された記号(a)〜(e)に対応する長さ誤差値は、それぞれ、図12(a)〜図12(e)に示された記録パルスによって形成された記録マークの長さ誤差値を示している。 The length error values ​​corresponding to the symbols shown in Figure 13 (a) ~ (e), respectively, a recording mark formed by a recording pulse shown in FIG. 12 (a) ~ FIG 12 (e) of which indicates the length error value. ここで、長さ目標値が“0”である場合、図12(c)に示された記録パルスの形状が最適な形状となる。 Here, if the length target value "0", the shape of the recording pulses shown in FIG. 12 (c) the optimum shape.

〔位相誤差値の変化量〕 [Amount of change in the phase error value]
次に、図14(a)〜図14(e),図15を参照して、記録パルスの形状の調整量と位相誤差値の変化量との対応関係について説明する。 Next, FIG. 14 (a) ~ FIG 14 (e), with reference to FIG. 15, there will be described a correlation between the adjustment amount and the change amount of the phase error value of the shape of the recording pulse. ここでは、記録マークの長さが“3T”である場合を例に挙げて説明する。 Here, it will be described as an example when the length of the recording mark is "3T".

図14(a)〜図14(e)のように、トップパルス開始位置およびトップパルス幅を時間間隔Δtで増加させるとともに、クーリング終了位置を時間間隔Δtで増加させることにより、記録マークの位相(中心位置)を徐々に前方にずらすことができる。 As shown in FIG. 14 (a) ~ FIG 14 (e), with increasing top pulse start position and the top pulse width time intervals Delta] t, by increasing the cooling end position at time intervals Delta] t, the recording marks of the phase ( the center position) can be gradually shifted to the front. すなわち、図14(a)に示された記録パルスによって形成された記録マークの位相が最も後方にあり、図14(e)に示された記録パルスによって形成された記録マークの位相が最も前方にある。 That is in the rearmost phase of a recording mark formed by a recording pulse shown in FIG. 14 (a), most forward phase of a recording mark formed by a recording pulse shown in FIG. 14 (e) is there. 図14(a)〜図14(e)の順番で記録マークの位相を前方にずらすことにより、記録マークの位相誤差値は、図15に示された記号(a)〜(e)の順番で徐々に変化する。 By shifting the phase of a recording mark in front in the order of FIG. 14 (a) ~ FIG 14 (e), the phase error value of the recording mark is in the order of the symbols shown in Figure 15 (a) ~ (e) gradually change. なお、図15に示された記号(a)〜(e)に対応する位相誤差値は、それぞれ、図14(a)〜図14(e)に示された記録パルスによって形成された記録マークの位相誤差値を示している。 The phase error values ​​corresponding to the symbols shown in Figure 15 (a) ~ (e), respectively, FIG. 14 (a) ~ 14 of a recording mark formed by a recording pulse shown in (e) It shows the phase error value. ここで、位相目標値が“0”である場合、図14(c)に示された記録パルスの形状が最適な形状となる。 Here, when the phase desired value is "0", the shape of the recording pulses shown in FIG. 14 (c) the optimum shape.

なお、57通りの記録パターンのうち少なくとも記録パターン(例えば、誤差値(長さ誤差値および/または位相誤差値)と目標値(長さ目標値および/または位相目標値)との差分値が最も大きい記録パターン)に対して、その記録パターンの誤差値が目標値に近づくように、その記録パターンに対応する記録パルスの形状を調整することにより、最尤復号処理における誤り確率を低下させることが可能である(すなわち、記録品質を改善することができる)。 At least the recording pattern of the recording pattern 57 types (e.g., a difference value between the error value (length error value and / or phase error value) and the target value (length target value and / or phase target value) is most for large recording pattern), so that the error value of the recording pattern approaches the target value, by adjusting the shape of the recording pulse corresponding to the recording pattern, is possible to lower the error probability in the maximum likelihood decoding processing it can be (i.e., it is possible to improve the recording quality). 例えば、57通りの記録パターンのうち記録パターン3Ts3Tm3Tsの誤差値と目標値との差分値が最も大きい場合、記録パターン3Ts3Tm3Tsの誤差値が目標値に近づくように、3Tマークに対応する記録パルスの形状(トップパルス開始位置dTtop3T,トップパルス幅Ttop3T,エンドパルス幅Te3T,クーリング終了位置dTe3T)を調整しても良い。 For example, when the difference value between the error value and the target value of the recording pattern 3Ts3Tm3Ts of recording pattern 57 kinds greatest, so that the error value of the recording pattern 3Ts3Tm3Ts approaches the target value, the shape of the recording pulse corresponding to a 3T mark (top pulse start position DTtop3T, top pulse width Ttop3T, end pulse width Te3T, cooling end position DTe3T) may be adjusted.

また、記録マークの始端エッジ部分および終端エッジ部分の両方を同時に変化させる場合、始端エッジ部分および終端エッジ部分の各々におけるエッジ位置の変化量は互いに同一であることが理想的である。 Further, when varying both the starting end edge portion and the end edge of the recording mark at the same time, the variation of the edge position in each of the start edge and the end edge portion is ideally identical to each other. しかし、例えば、光ディスクを構成する媒質や光ディスクの構造の違いにより、レーザ光に応じた熱量の蓄積が異なる場合は、始端エッジ部分および終端エッジ部分の各々におけるエッジ位置の変化量が互いに同一にならない場合が考えられる。 However, for example, due to differences in the structure of the medium or an optical disk constituting the optical disk, when the accumulation amount of heat corresponding to the laser beam are different, the amount of change in the edge position in each of the start edge and the end edge portion is not identical to each other If it is considered. この場合、記録マークの位相が意図せずに変化してしまうことになる。 In this case, the phase of the recording mark is changed unintentionally. そのため、記録マークの長さ調整の後に、記録マークの位相調整を実行することが好ましい。 Therefore, after the length adjustment of a recording mark, it is preferable to perform the phase adjustment of the recording mark.

また、記録マークの位相調整の際にマルチパルスの立ち上がりエッジ位置を調整できない場合、長さが“4T”以上である記録マークについては、トップパルスと2番目のマルチパルスとの時間間隔またはエンドパルスとエンドパルスの1つ前のマルチパルスとの時間間隔は一定にならない場合がある。 Also, if the time of the phase adjustment of the recording mark can not be adjusted rising edge position of the multi-pulse, the recording mark is the "4T" or more in length, the top pulse and the time interval or the end pulse of the second multi-pulse a time interval between the previous multi-pulse end pulse may not be constant. そのため、必要に応じて、記録パルスのパルス幅や位置を変化させても良い。 Therefore, if necessary, it may be varied pulse width and position of the recording pulse. 例えば、トップパルス幅の調整量を時間間隔Δtよりも大きくするとともに、クーリング終了位置の調整量を時間間隔Δt/2としても良い。 For example, with larger than the time interval Delta] t the adjustment amount of the top pulse width, the adjustment amount of the cooling end position may be the time interval Delta] t / 2. なお、このような調整を実行する場合、記録マークの長さ誤差を検出して記録マークの長さが変化していないことを確認しておくことが望ましい。 In the case of executing such an adjustment, to know that the length of a recording mark by detecting the length error of a recording mark is not changed desirable.

〔記録パルスの形状の調整量〕 [Adjustment of shape of the recording pulse]
なお、記録パルスの形状の調整量(時間間隔Δt)が一定時間間隔である場合を例に挙げて説明したが、記録パルスの形状の調整量は、一定時間間隔でなくても良い。 Although adjustment of the shape of the recording pulse (time interval Delta] t) is described as an example a case where a predetermined time interval, the adjustment amount of the write pulse shape may not be constant time intervals. 例えば、記録パルスの形状の調整量と長さ誤差値(または、位相誤差値)との対応関係が非線形的である場合には、その対応関係に応じて記録パルスの形状の調整量を変化させても良い。 For example, the adjustment amount and length error value of the shape of the recording pulse (or phase error value) if the corresponding relation between are nonlinear changes the adjustment amount of the shape of the recording pulse in accordance with the relationship and it may be.

〔エッジ位置調整の優先順位〕 [Priority edge position adjustment]
また、記録マークの長さ誤差の調整において、始端エッジ位置および終端エッジ位置の両方を同時に変化させても良いし、始端エッジ位置および終端エッジ位置のいずれか一方を優先的に調整しても良い。 Further, in the adjustment of the length error of a recording mark, to both the starting edge position and the end edge position may be changed at the same time, either the starting edge position and the end edge position may be adjusted to preferentially . 例えば、終端エッジ位置のみを調整する場合(例えば、クーリング終了位置のみを調整する場合)よりも始端エッジ位置のみを調整する場合(例えば、トップパルス開始位置およびトップパルス幅のみを調整する場合)のほうが記録マークの形状変化量が大きい場合、終端エッジ位置よりも始端エッジ位置を先に調整することが好ましい。 For example, when adjusting the only end edge position (for example, the case of adjusting only the cooling end position) When adjusting only start edge position than (e.g., the case of adjusting only the top pulse start position and the top pulse width) If more is large shape change amount of the recording marks, it is preferable to adjust previously the start edge position than the terminal edge position.

(光ディスク) (optical disk)
図16は、図1に示した光ディスク10の構造例を示す。 Figure 16 shows the structure of an optical disc 10 shown in FIG. 光ディスク10は、内周パワー校正領域(内周PCA)と、リードイン領域と、データ領域と、リードアウト領域と、外周パワー校正領域(外周PCA)とを含む。 The optical disk 10 includes an inner peripheral power calibration area (inner circumference PCA), a lead-in area, a data area, and a lead-out area, and an outer peripheral power calibration area (outer peripheral PCA). 内周PCAおよび外周PCAは、光ディスク記録再生装置による校正動作(例えば、記録パワーの最適化など)に利用される領域である。 Inner peripheral PCA and outer PCA, the calibration operation by the optical disk recording and reproducing apparatus (e.g., such as the optimization of the recording power) which is an area to be used for. リードイン領域およびリードアウト領域は、光ディスク10に関連する情報や光ディスク10の記録状態を管理するための情報を格納するための領域である。 Lead-in area and the lead-out area is an area for storing information for managing the recording state of the information and the optical disk 10 associated with the optical disk 10. データ領域は、記録データ(例えば、ユーザデータ)を格納するための領域である。 Data area, recorded data (e.g., user data) which is an area for storing. ここでは、リードイン領域およびリードアウト領域には、ディスク情報や欠陥管理情報などが格納されている。 Here, the lead-in area and lead-out area, and disk information and defect management information is stored. ディスク情報には、光ディスク10のディスク品種や記録パラメータの最適値(記録パルスの形状の最適値)などが登録され、欠陥管理情報には、記録データが再記録された交代セクタのアドレスなどが登録されている。 The disk information, the optimum value of the disc varieties and recording parameters of the optical disk 10 (the optimum value of the write pulse shape) is such registration, the defect management information, such as registration address alternate sector recording data is re-recorded It is.

(記録再生部) (Recording and reproducing unit)
記録再生部11は、バッファ101と、記録補償部102と、レーザ駆動部103と、光ヘッド104とを含む。 Reproducing unit 11 includes a buffer 101, a recording compensation section 102, a laser driving unit 103, and an optical head 104.

バッファ101は、光ディスク10に記録しようとする記録データWD(記録符号)を蓄積し、コントローラ15による制御に応答して記録データWDを所定のデータブロック単位(例えば、ECCブロック単位)で出力する。 Buffer 101 accumulates the write data WD to be recorded on the optical disk 10 (recording code), the controller 15 in response to control by the recording data WD predetermined data block unit (e.g., ECC block units) output in. 記録補償部102は、コントローラ15によって設定された記録パラメータに基づいて、バッファ101からのデータブロックDB(所定量の記録データWD)を記録パルスWPに変換する。 Recording compensation unit 102, based on the recording parameters set by the controller 15, converts the data blocks DB (recording data WD predetermined amount) from the buffer 101 to the recording pulse WP. 図17のように、記録パラメータには、記録データWDのマーク区間の長さ(光ディスク10に形成しようとする記録マークの長さ)と記録パルスの形状(ここでは、トップパルス開始位置,トップパルス幅,エンドパルス幅,クーリング終了位置)との対応関係が示されている。 As shown in FIG. 17, recording the parameters, the length of the marked sections of the recording data WD (the length of the recording mark to be formed on the optical disk 10) and the shape of the recording pulse (here, the top pulse start position, the top pulse width, end pulse width, correspondence between the cooling end position) is shown. 例えば、記録マークの長さ“3T”には、トップパルス開始位置dTtop3T,トップパルス幅Ttop3T,エンドパルス幅Te3T,クーリング終了位置dTe3Tが対応付けられている。 For example, the length "3T" of the recording mark is a top pulse start position DTtop3T, top pulse width Ttop3T, end pulse width Te3T, the cooling end position dTe3T associated.

レーザ駆動部103は、記録補償部102によって得られた記録パルスWPに基づいて、光ヘッド104の記録レーザの発光動作を制御する。 Laser driving unit 103, based on the recording pulse WP obtained by recording compensation section 102 controls the light emission operation of the recording laser of the optical head 104. また、レーザ駆動部103は、コントローラ15による制御に応答して、光ヘッド104の再生レーザの発光動作を制御する。 The laser driving unit 103 in response to control by the controller 15 controls the light emission operation of the reproducing laser of the optical head 104. 光ヘッド104は、コントローラ15による制御に応答して、記録モードと再生モードとを切換可能である。 The optical head 104 in response to control by the controller 15 is capable of switching between the recording mode and the reproducing mode. 記録モードに設定された場合、光ヘッド104は、レーザ駆動部103による制御に応答して、光ディスク10のデータ領域に記録ビームを照射する。 If set to the recording mode, the optical head 104 in response to control by the laser driver unit 103, irradiates the recording beam into the data area of ​​the optical disk 10. これにより、光ディスク10のデータ領域に複数の記録マークおよびスペースからなる記録領域が形成される。 Accordingly, the recording area including a plurality of recording marks and spaces in the data area of ​​the optical disk 10 is formed. また、再生モードに設定された場合、光ヘッド104は、レーザ駆動部103による制御に応答して、光ディスク10のデータ領域に形成された記録領域に再生ビームを照射する。 Further, when it is set to the reproduction mode, the optical head 104 in response to control by the laser driver unit 103, irradiates the reproducing beam on the recording regions formed in the data area of ​​the optical disk 10. これにより、アナログ再生信号ASが生成される。 Thus, the analog reproduction signal AS is generated. 例えば、光ヘッド104は、記録ビームおよび再生ビームを光ディスク10に照射する光源と、光ディスク10からの反射光を受光して反射光の光強度に応じたアナログ再生信号ASを生成する受光部と、記録ビームおよび再生ビームの焦点位置を調整するフォーカス制御部と、光ディスク10のトラッキング位置を調整するトラッキング制御部とを含んでいても良い。 For example, the optical head 104 includes a light source for irradiating the recording beam and reproducing beam on the optical disk 10, a light receiving unit for generating an analog reproduction signal AS corresponding to the light intensity of received reflected light reflected from the optical disk 10, a focus control unit for adjusting the focal position of the recording beam and reproducing beam may include a tracking control unit for adjusting the tracking position of the optical disk 10.

(再生処理部) (Reproduction processing unit)
再生処理部12は、プリアンプ201と、自動利得制御器(AGC)202と、波形等化器203と、クロック生成器204と、アナログ・デジタル変換器(ADC)205とを含む。 Reproduction processing section 12 includes a preamplifier 201, an automatic gain controller and (AGC) 202, a waveform equalizer 203, a clock generator 204, an analog-digital converter (ADC) 205.

プリアンプ201は、記録再生部11によって生成されたアナログ再生信号ASを増幅させる。 Preamplifier 201 amplifies the analog reproduction signal AS generated by the recording and playback unit 11. 自動利得制御器202は、プリアンプ201からのアナログ再生信号を増幅または減衰させる。 Automatic gain controller 202 amplifies or attenuates the analog reproduction signal from the preamplifier 201. また、自動利得制御器202は、波形等化器203の出力が一定振幅になるように自己の増幅利得を調整する。 The automatic gain controller 202 adjusts the amplification gain of self so that the output of the waveform equalizer 203 becomes constant amplitude. 波形等化器203は、自動利得制御器202からのアナログ再生信号を波形整形してアナログ再生信号ASaとして出力する。 Waveform equalizer 203 outputs an analog reproduction signal ASa analog reproduction signal from the automatic gain controller 202 performs waveform shaping. クロック生成器204は、アナログ再生信号ASaに基づいて再生クロックCLKを生成する。 The clock generator 204 generates a reproduction clock CLK based on the analog reproduced signal ASa. また、クロック生成器204は、アナログ再生信号ASaと再生クロックCLKとの位相誤差値PDを検出し、位相誤差値PDが小さくなるように再生クロックCLKの周波数を調整する。 The clock generator 204 detects a phase error value PD of the analog reproduction signal ASa a reproduction clock CLK, to adjust the frequency of the recovered clock CLK so that the phase error value PD is reduced. アナログ・デジタル変換器205は、再生クロックCLKに同期してアナログ再生信号ASaをデジタル再生信号DSに変換する。 Analog-to-digital converter 205 converts in synchronization with the reproduction clock CLK analog reproduction signal ASa the digital reproduction signal DS. なお、再生処理部12は、波形等化器203に代えて、アナログ・デジタル変換器205の後段に、波形等化処理を実行するデジタルフィルタを含んでいても良い。 The reproduction processing section 12, instead of the waveform equalizer 203, downstream of the analog-to-digital converter 205 may include a digital filter that performs waveform equalization process.

(復号処理部) (Decoding unit)
復号処理部13は、整形部301と、最尤復号部302とを含む。 Decoding processing section 13 includes a shaping unit 301, and a maximum likelihood decoding section 302. 整形部301は、デジタル再生信号DSの周波数特性が最尤復号部302において想定される等化特性(例えば、PR(1,2,2,1)等化特性)になるように、デジタル再生信号DSの周波数を調整してデジタル再生信号D301を生成する。 Shaping unit 301, as the frequency characteristic of the digital reproduction signal DS becomes the equalization characteristics assumed in the maximum likelihood decoding section 302 (e.g., PR (1, 2, 2, 1) equalization characteristic), the digital reproduction signal by adjusting the frequency of the DS to generate a digital reproduction signal D301. 例えば、整形部301は、デジタルフィルタによって構成されても良い。 For example, the shaping unit 301 may be configured by a digital filter. なお、デジタル再生信号DSの再生歪みが少ない場合(デジタル再生信号DSの周波数特性が最尤復号処理において想定される等化特性であると見なせる場合)には、復号処理部13は、整形部301を含んでいなくても良い。 Note that when the reproduction distortion of the digital reproduction signal DS is small (when the frequency characteristics of the digital reproduction signal DS is regarded as equalization characteristics assumed in the maximum likelihood decoding), the decoding processing unit 13, the shaping unit 301 it may or may not contain.

最尤復号部302は、整形部301によって生成されたデジタル再生信号D301に最尤復号処理を施して最も確からしい二値化信号D302を生成する。 Maximum likelihood decoding section 302 generates a most likely subjected to maximum likelihood decoding processing on the digital reproduction signal D301 generated by the shaping section 301 binarizes the signal D302. 詳しく説明すると、最尤復号部302は、時刻k−n(nは、1以上の整数であり、ここでは、n=4)における第1の状態から時刻kにおける第2の状態に遷移する複数の状態遷移列の中から最も確からしい状態遷移列(期待値系列とデジタル再生信号D301のサンプル値系列との差分二乗和が最も小さい状態遷移列)を選択し、最も確からしい状態遷移列に応じた二値化信号D302を出力する。 In detail, the maximum likelihood decoding section 302, time k-n (n is an integer of 1 or more, here, n = 4) a plurality of transition from the first state in the second state at time k select the most likely state transition sequence (expected value sequence and the smallest state transition sequence difference square sum of the sample value sequence of the digital reproduction signal D 301) from the state transition sequence, depending on the most likely state transition sequence and it outputs the binarized signal D302. 例えば、最尤復号部302は、ビダビ復号回路によって構成されても良い。 For example, the maximum likelihood decoding section 302 may be constituted by a Viterbi decoding circuit.

(記録処理・再生処理) (Recording processing and playback processing)
図18のように、記録再生部11の記録動作によって、記録データWDが記録パルスWPに変換され、記録パルスWPに基づいて光ディスク10のデータ領域に記録マークが形成される。 As shown in FIG. 18, the recording operation of the recording and reproducing unit 11, the recording data WD is converted into recording pulses WP, the recording mark in the data area of ​​the optical disk 10 based on the recording pulse WP is formed. また、記録再生部11による再生動作によって、記録マークに基づいてアナログ再生信号ASが生成され、再生処理部12によってアナログ再生信号ASがデジタル再生信号DSに変換される。 Further, the reproducing operation by the recording and playback unit 11, an analog reproduction signal AS is generated based on the recording mark, the analog reproduction signal AS is converted into a digital reproduction signal DS by the reproduction processing unit 12. そして、復号処理部13によって、デジタル再生信号DS(または、整形部301によって波形整形されたデジタル再生信号D301)に基づいて二値化信号D302が生成される。 Then, the decryption processing unit 13, a digital reproduction signal DS (or digital reproduced signal D301 to waveform shaping by the shaping unit 301) binary signal D302 is generated based on.

(品質情報検出部) (Quality information detection unit)
品質情報検出部14は、信頼性計算部401と、エッジパターン検出部402と、信頼性格納部403と、転送部404とを含む。 The quality information detection unit 14 includes a reliability calculation unit 401, an edge pattern detection unit 402, and reliability storage unit 403, and a transfer unit 404.

〔信頼性計算部〕 [Reliability calculation unit]
信頼性計算部401は、時刻k−6〜時刻kの各々における二値化信号D302のビット値に基づいて時刻k−4〜時刻kにおける状態遷移を検出し、状態遷移列P1A,P1B,…,P8A,P8Bの中から最尤復号部302によって最も確からしいと判断された状態遷移列(第1の状態遷移列)を検出するとともに2番目に確からしいと選択された状態遷移列(第2の状態遷移列)を検出する。 Reliability calculation unit 401 detects a state transition at time k-. 4 to time k based on the bit values ​​of the binary signal D302 at each time k-. 6 to time k, the state transition sequence P1A, P1B, ... , P8A, most likely with the determined state transition sequence (first state transition sequence) and selected probable the second detects the state transition sequence by the maximum likelihood decoding section 302 from the P8B (second detecting a state transition sequence). そして、信頼性計算部401は、第1の状態遷移列の確からしさを示した第1の指標値(第1の状態遷移列の期待値系列とデジタル再生信号D301のサンプル値系列との差分二乗和)を計算するとともに、第2の状態遷移列の確からしさを示した第2の指標値(第2の状態遷移列の期待値系列とデジタル再生信号D301のサンプル値系列との差分二乗和)を計算し、第1および第2の指標値の差分値を計算して第1の状態遷移列の信頼性を示した信頼性値を算出する。 The reliability calculation unit 401, squared differences between the expected value sequence and the sample value sequence of the digital reproduction signal D301 of the first index value showing the probability of the first state transition sequence (first state transition sequence as well as calculating the sum), a second index value showing the likelihood of a second state transition sequence (sum of squared differences between the expected value sequence and the sample value sequence of the digital reproduction signal D301 of the second state transition sequence) It was calculated, and calculates the reliability value showing the reliability of the first state transition sequence by calculating a difference value between the first and second index values. 例えば、信頼性計算部401は、差分メトリック検出回路によって構成しても良いし、最尤復号部302が有する一部の機能(信頼性値を計算する機能)により実現されても良い。 For example, the reliability calculation unit 401 may be constituted by the differential metric detection circuit, may be realized by some of the maximum likelihood decoding section 302 has functions (function of calculating a reliability value).

図19のように、二値化信号のビット値が“0,0,1,x,0,0,0”と変化する場合、信頼性計算部401は、状態遷移が“S2 k−4 →S0 ”であることを検出する。 As shown in FIG. 19, the two bit values of the digitized signal is "0,0,1, x, 0,0,0" vary with the reliability calculating unit 401, state transition "S2 k-4 → to detect that it is a S0 k ". そして、最も確からしいと判断された状態遷移列が状態遷移列P1A(パターンPP1のパスA)であり、2番目に確からしいと判断された状態遷移列が状態遷移列P1B(パターンPP1のパスB)である場合、信頼性計算部401は、状態遷移列P1Aの指標値Paおよび状態遷移列P1Bの指標値Pbから信頼性値(Pa−Pb)を計算し、その信頼性値(Pa−Pb)を状態遷移列P1Aの信頼性値DP1Aとして格納する。 The most probable and the determined state transition sequence is a state transition sequence P1A (path A pattern PP1), the path of the second-determined to probable state transition sequence state transition sequence P1B (pattern PP1 B If) is a reliability calculation unit 401, a state transition sequence index value Pa and state transition sequence reliability value from the index value Pb of P1B of P1A (Pa-Pb) is calculated, and its reliability value (Pa-Pb ) stores a reliability value DP1A the state transition sequence P1A. なお、図19では、信頼性値DP1A,DP1B,…,DP8A,DP8Bは、それぞれ、状態遷移列P1A,P1B,…,P8A,P8Bの信頼性値を示している。 In FIG. 19, the reliability value DP1A, DP1B, ..., DP8A, DP8B are each state transition sequence P1A, P1B, ..., P8A, shows the reliability value of P8B. このように、状態遷移列毎に信頼性値が計算される。 Thus, the reliability value for each state transition sequence is calculated.

〔エッジパターン検出部〕 [Edge pattern detection unit]
エッジパターン検出部402は、二値化信号D302の遷移エッジ毎にエッジパターンを検出する。 Edge pattern detection unit 402 detects the edge pattern on each transition edge of the binarized signal D302. 詳しく説明すると、エッジパターン検出部402は、二値化信号D302の遷移エッジを検出し、その遷移エッジを挟む2つのデータ区間(0または1が連続する区間)に基づいてその遷移エッジに対応するエッジパターンを検出する。 In detail, the edge pattern detection unit 402 detects a transition edge of the binarized signal D302, corresponding to the transition edges on the basis of two data segments which sandwich the transition edge (0 or section 1 are consecutive) to detect the edge pattern. 例えば、エッジパターン検出部402は、遷移エッジの直前に位置するデータ区間が2Tスペース区間(長さが“2T”であるスペース区間)であり遷移エッジの直後に位置するデータ区間が3Tマーク区間(長さが“3T”であるマーク区間)である場合、その遷移エッジに対応するエッジパターンが始端エッジパターン2Ts3Tmであると判定する。 For example, the edge pattern detection unit 402, the data segment which is located just before the transition edge is the 2T space interval (space section length is "2T") data segment that is located immediately after the transition edge 3T mark period ( If a mark section) of a length-"3T", determines an edge pattern corresponding to the transition edge to be starting end edge pattern 2Ts3Tm. このようにして、エッジパターン検出部402は、二値化信号D302の遷移エッジ毎に、その遷移エッジに対応するエッジパターンが図20に示された15個の始端エッジパターンおよび15個の終端エッジパターンのいずれに該当するのかを判定する。 In this way, the edge pattern detection unit 402, for each transition edge of the binarized signal D302, 15 start edge pattern and 15 end edges edge pattern corresponding to the transition edges are shown in FIG. 20 determining whether to correspond to any of pattern.

〔信頼性格納部〕 [Reliability storage unit]
信頼性格納部403は、信頼性計算部401によって計算された信頼性値に対してエッジパターン検出部402によって検出されたエッジパターンを対応付けて格納する。 Reliability storage unit 403 stores in association with the edge patterns detected by the edge pattern detection unit 402 with respect to the calculated reliability value by reliability calculation unit 401.

図21のように、二値化信号D302のビット値が“1,0,0,1,1,1,0”と変化する場合、信頼性計算部401は、状態遷移が“S5→S1→S2→S3→S4”であることを検出し、状態遷移列P6Bの信頼性値DP6Bを計算する。 As shown in FIG. 21, when the bit value of the binary signal D302 is changed to "1,0,0,1,1,1,0" reliability calculating unit 401, state transition "S5 → S1 → It detects that S2 → S3 → S4 is ", calculates the reliability value DP6B the state transition sequence P6B. 一方、エッジパターン検出部402は、二値化信号D302のビット値が“1,0,0,1,1,1,0”と変化しているので、終端エッジパターン2Tm3Tsを検出する。 On the other hand, the edge pattern detection unit 402, the bit value of the binary signal D302 is changed to "1,0,0,1,1,1,0" to detect the end edge pattern 2Tm3Ts. 信頼性格納部403は、信頼性値DP6Bに対して終端エッジパターン2Tm3Tsを対応付けて格納する。 Reliability storage unit 403 stores in association with the termination edge pattern 2Tm3Ts relative reliability value DP6B.

また、二値化信号D302のビット値が“0,1,1,1,0,0,0,1”と変化する場合、信頼性計算部401は、ビット値“0,1,1,1,0,0,0”に基づいて状態遷移“S2→S3→S4→S5→S0”を検出して信頼性値DP1Bを計算し、ビット値“1,1,1,0,0,0,1”に基づいて状態遷移“S3→S4→S5→S0→S1”を検出して信頼性値DP4Aを計算する。 In the case of changing the bit value of the binary signal D302 is "0,1,1,1,0,0,0,1" reliability calculation unit 401, the bit value "0, 1, 1, 1 , 0,0,0 "state transition based on the" S2 → S3 → S4 → S5 → S0 "to detect the reliability value DP1B calculated, the bit value" 1,1,1,0,0,0, It detects the S3 → S4 → S5 → S0 → S1 "to calculate a reliability value DP4a" state transition based on "1. 一方、エッジパターン検出部402は、二値化信号D302のビット値が“0,1,1,1,0,0,0,1”と変化しているので、始端エッジパターン3Ts3Tmを検出する。 On the other hand, the edge pattern detection unit 402, the bit value of the binary signal D302 is changed to "0,1,1,1,0,0,0,1", detects the leading end edge pattern 3Ts3Tm. 信頼性格納部403は、信頼性値DP1B,DP4Aに対して始端エッジパターン3Ts3Tmを対応付けて格納する。 Reliability storage unit 403, reliability value DP1B, stores in association with start edge pattern 3Ts3Tm against DP4a.

このようにして、図22のように、信頼性計算部401によって計算された信頼性値DP1A,DP1B,…,DP8A,DP8Bは、それぞれ、15通りの始端エッジパターンおよび15通りの終端エッジパターンのいずれか1つに対応付けられて、信頼性格納部403に格納される。 In this way, as shown in FIG. 22, the reliability calculation unit 401 calculated reliability value DP1A by, DP1B, ..., DP8A, DP8B respectively, the start edge pattern and 15 types of termination edge pattern of the 15 types associated with one, it is stored in the reliability storage unit 403.

なお、信頼性値の算出タイミングとエッジパターンの検出タイミングとを調整するために、信頼性計算部401およびエッジパターン検出部402の各々にバッファを設けても良い。 In order to adjust the detection timing calculation timing and the edge pattern of reliability values, the buffer may be provided to each of the reliability calculating unit 401 and the edge pattern detection unit 402.

〔転送部〕 [Transfer unit]
転送部404は、コントローラ15(パラメータ制御部503)からの転送指示に応答して、信頼性格納部403に格納された信頼性値(エッジパターン毎に検出された信頼性値)をコントローラ15に転送する。 Transfer unit 404, in response to a transfer instruction from the controller 15 (parameter control unit 503), stored reliability value reliability storing unit 403 (detected reliability value for each edge pattern) to the controller 15 Forward.

(制御部) (Control unit)
コントローラ15は、モード制御部501と、記録再生制御部502と、パラメータ制御部503とを含む。 The controller 15 includes a mode control unit 501, a recording reproduction control unit 502, and a parameter control unit 503. モード制御部501は、記録再生制御部502およびパラメータ制御部503の動作モードをライトモードおよびベリファイモードのいずれか一方に設定する。 Mode control unit 501 sets to one of the write mode and the verify mode the operating mode of the recording and reproducing controller 502 and a parameter control unit 503. また、モード制御部501は、記録再生制御部502およびパラメータ制御部503をライトモードに設定した後にライト期間(例えば、データブロックDBの記録処理に要する期間)が経過すると、記録再生制御部502およびパラメータ制御部503をベリファイモードに設定し、記録再生制御部502およびパラメータ制御部503をベリファイモードに設定した後にベリファイ期間(例えば、データブロックDBの再生処理,信頼性値検出処理,および記録パラメータ制御処理に要する期間)が経過すると、記録再生制御部502およびパラメータ制御部503をライトモードに設定する。 The mode control unit 501, a write period after setting the reproduction control section 502 and the parameter control unit 503 to the write mode (e.g., the period required for the recording process of the data block DB) has elapsed, the recording reproducing control unit 502, and set the parameter control unit 503 to the verify mode, the verify period after setting the reproduction control section 502 and the parameter control unit 503 to the verify mode (for example, reproduction of the data block DB, reliability value detection process, and a recording parameter control When the period required for processing) has elapsed, to set the recording reproduction control unit 502 and the parameter control unit 503 to the write mode. 記録再生制御部502は、ライトモードに設定された場合、記録再生部11の記録パラメータを設定し、記録再生部11によるデータブロックDBの記録処理を制御する。 Recording reproduction control unit 502, when it is set to the write mode, and set the recording parameter of the recording and reproducing unit 11, controls the recording of the data block DB by the recording reproducing unit 11. また、記録再生制御部502は、ベリファイモードに設定された場合、記録再生部11によるデータブロックDBの再生処理を制御する。 The recording reproduction control unit 502, when it is set to the verify mode, controls the reproduction process of the data block DB by the recording reproducing unit 11. パラメータ制御部503は、ベリファイモードに設定された場合、記録パラメータ制御処理(誤差値計算,品質改善判定,品質不良判定,記録パラメータ調整など)を実行する。 Parameter control unit 503, when it is set to the verify mode, and executes the recording parameter control process (error value calculation, quality improvement determination, poor quality determination, such as a recording parameter adjustment).

(情報格納部) (Information storage unit)
情報格納部16は、記録設定情報D601と、品質管理情報D602と、目標設定情報D603と、学習結果情報D604とを格納する。 Information storage unit 16 includes a recording setting information D601, the quality control information D602, and stores the target setting information D603, and the learning result information D604. 例えば、情報格納部16は、書き換え可能なメモリによって構成しても良い。 For example, the information storage unit 16 may be constituted by a rewritable memory.

〔記録設定情報〕 [Record setting information]
図23のように、記録設定情報D601には、それぞれが異なる記録条件(ここでは、ディスク品種,記録速度,記録位置)に対応付けられた複数の記録パラメータが登録されている。 As shown in FIG. 23, the recording setting information D601 (here, disk varieties, recording speed, recording position) respectively different recording conditions plurality of recording parameters associated with is registered. ディスク品種は、光ディスクの製造メーカ名、光ディスクの種類(DVD−RAM,BD−REなど)、光ディスクの記録容量、多層ディスクにおける記録層などのような光ディスクに関する情報を示している。 Disk varieties, manufacturer name of the optical disk, the type of the optical disk (DVD-RAM, BD-RE, etc.), recording capacity of the optical disc, which provides information on an optical disc such as a recording layer in a multilayer disc. 記録速度は、光ディスクの回転方式(CAV,CLVなど)や回転速度(2倍速,3倍速など)などのような記録速度に関する情報を示している。 Recording speed shows information about a recording speed, such as the rotation type optical disk (CAV, etc. CLV) and rotation speed (2 × speed, etc. 3 speed). 記録位置は、光ディスクのデータ領域を分割して得られる複数の分割領域Z1,Z2,…,Znのいずれか1つの分割領域の位置を示している。 Recording position, a plurality of divided regions Z1, Z2 obtained by dividing the data area of ​​the optical disk, ..., indicate the position of one of the divided regions of Zn. ここでは、記録パラメータは、階層的に管理されている。 Here, the recording parameters are hierarchically managed. すなわち、ディスク品種Disc1,Disc2,…,Discn(nは、2以上の整数)の各々には、記録速度CAV1,CAV2,…,CAVn,CLV1,CLV2,…,CLVnが対応付けられ、記録速度CAV1,CAV2,…,CAVn,CLV1,CLV2,…,CLVnの各々には、記録位置Z1,Z2,…,Znが対応付けられ、記録位置Z1,Z2,…,Znの各々には、記録パラメータが対応付けられている。 That is, the disc varieties Disc1, Disc2, ..., Discn (n is an integer of 2 or more) in each of the recording speeds CAV1, CAV2, ..., CAVn, CLV1, CLV2, ..., CLVn are associated, recording speed CAV1 , CAV2, ..., CAVn, CLV1, CLV2, ..., to each of CLVn, recording position Z1, Z2, ..., Zn are associated, recording the position Z1, Z2, ..., in each of Zn, the recording parameters It is associated with each other.

〔品質管理情報〕 [Quality management information]
図24のように、品質管理情報D602には、それぞれが異なる記録条件(ここでは、ディスク品種,記録速度,記録位置)に対応付けられた複数の信頼性情報が登録されている。 As in Figure 24, the quality control information D602, (in this case, the disc varieties, recording speed, recording position) each different recording conditions plurality of reliability information associated with the registered. 信頼性情報には、エッジパターン毎に検出された信頼性値が登録されている。 The reliability information is detected reliability value for each edge pattern is registered. ここでは、信頼性情報は、階層的に管理されている。 Here, the reliability information is managed hierarchically.

〔目標設定情報〕 [Goal Setting information]
図25のように、目標設定情報D603には、それぞれ異なる記録条件(ここでは、ディスク品種,記録速度,記録位置)に対応付けられた複数の目標情報が登録されている。 As shown in FIG. 25, the target setting information D603 is different recording conditions (in this case, the disc varieties, recording speed, recording position), each plurality of the target information associated with the registered. 目標情報には、記録パターン毎に設定された長さ目標値および位相目標値が登録されている。 The target information, the length target value and the target phase value set for each recording pattern is registered. ここで、長さ目標値DLT323,DLT423,…,DLT555は、それぞれ、57通りの記録パターン3Ts2Tm3Ts,4Ts2Tm3Ts,…,5Ts5Tm5Tsに対して設定された長さ目標値を示し、位相目標値DPT323,DPT423,…,DPT555は、それぞれ、57通りの記録パターン3Ts2Tm3Ts,4Ts2Tm3Ts,…,5Ts5Tm5Tsに対して設定された位相目標値を示している。 The length target value DLT323, DLT423, ..., DLT555 are each of 57 types recording pattern 3Ts2Tm3Ts, 4Ts2Tm3Ts, ..., indicate the length target value set for 5Ts5Tm5Ts, the phase target value DPT323, DPT423, ..., DPT555 are each of 57 types recording pattern 3Ts2Tm3Ts, 4Ts2Tm3Ts, ..., indicates the phase target value set for 5Ts5Tm5Ts.

〔学習結果情報〕 [Learning result information]
学習結果情報D604は、光ディスク記録再生装置のライト・アンド・ベリファイ動作による記録パラメータの学習結果を示した情報であり、記録設定情報D601の構造と同一の構造を有している。 Learning result information D604 is information showing the result of learning recording parameters by the write-and-verify operation of the optical disc recording and reproducing apparatus has the same structure as the structure of the recording setting information D601.

(ライト・アンド・ベリファイ動作) (Write-and-verify operation)
次に、図26を参照して、図1に示した光ディスク記録再生装置によるライト・アンド・ベリファイ動作について説明する。 Next, referring to FIG. 26, described write-and-verify operation by the optical disk recording and reproducing apparatus shown in FIG.

〈ステップST101〉 <Step ST101>
まず、光ディスク記録再生装置に光ディスク10が装着され、ライト・アンド・ベリファイ動作を開始するために、外部制御により記録再生制御部502およびパラメータ制御部503に記録条件(ここでは、光ディスク品種,記録速度,記録位置)が設定される。 First, the optical disk 10 is mounted in the optical disk recording and reproducing apparatus, in order to start the write-and-verify operation, the recording condition (here the recording reproduction control unit 502 and the parameter control unit 503 by an external control, optical variety, recording speed , the recording position) is set. モード制御部501は、記録再生制御部502およびパラメータ制御部503をライトモードに設定する。 Mode control unit 501 sets the recording reproducing control unit 502 and the parameter control unit 503 to the write mode. 記録再生制御部502は、バッファ101に蓄積された第1番目のデータブロックDBを記録処理の対象として選択する。 Recording reproduction control unit 502 selects the first data block DB stored in the buffer 101 as the target of the recording process. また、記録再生制御部502は、光ディスク10のリードイン領域またはリードアウト領域に格納されたディスク情報を再生するように記録再生部11を制御する。 The recording reproduction control unit 502 controls the recording reproduction unit 11 to reproduce the disc information stored in the lead-in area or lead-out area of ​​the optical disk 10. これにより、ディスク情報は、再生処理部12および復号処理部13を介して二値化信号D302として読み出される。 Thus, the disc information is read out as a binary signal D302 via the playback processing unit 12 and the decoding section 13. なお、記録再生制御部502およびパラメータ制御部503は、光ディスク品種に関する情報をディスク情報の中から検出しても良い。 The recording reproduction control unit 502 and the parameter control unit 503 may detect information on an optical disc varieties from the disc information.

〈ステップST102〉 <Step ST102>
次に、記録再生制御部502は、情報格納部16に格納された学習結果情報D604の中に現在の記録条件に対応する記録パラメータが登録されているか否かを判定する。 Next, recording and reproduction control section 502 determines whether or not a recording parameter corresponding to current recording conditions in the learning result information D604 stored in the information storage unit 16 is registered. 現在の記録条件に対応する記録パラメータが登録されている場合には、ステップST103へ進み、そうでない場合には、ステップST104へ進む。 When the recording parameter corresponding to current recording conditions are registered, the process proceeds to step ST 103, otherwise, the process proceeds to step ST 104.

〈ステップST103〉 <Step ST103>
記録再生制御部502は、学習結果情報D604に登録されている記録パラメータ(現在の記録条件に対応する記録パラメータ)を読み出し、読み出した記録パラメータを記録補償部102の記録パラメータとして設定する。 Recording reproduction control unit 502 reads the recording parameter registered in the learning result information D604 (recording parameter corresponding to current recording conditions), sets the read recording parameters as a recording parameter of the recording compensating section 102. また、記録再生制御部502は、学習結果情報D604から読み出された記録パラメータに対して現在の記録条件を対応付けて記録設定情報D601に登録する。 The recording reproduction control unit 502 registers the recording setting information D601 in association with the current recording conditions for the recording parameters read from the learning result information D604. 次に、ステップST105へ進む。 Next, the process goes to step ST105.

〈ステップST104〉 <Step ST104>
一方、現在の記録条件に対応する記録パラメータが学習結果情報D604に登録されていない場合、記録再生制御部502は、光ディスク10から読み出されたディスク情報に示された記録パラメータを記録再生部11の記録パラメータとして設定する。 On the other hand, when the recording parameter corresponding to current recording conditions are not registered in the learning result information D604, the recording reproducing control unit 502, the recording and reproducing unit 11 recording parameters indicated in the disc information read from the optical disk 10 to set as a recording parameters. また、記録再生制御部502は、ディスク情報に示された記録パラメータに対して現在の記録条件を対応付けて記録設定情報D601に登録する。 The recording reproduction control unit 502 registers the recording setting information D601 in association with the current recording conditions for the recording parameters indicated in the disc information. 次に、ステップST105へ進む。 Next, the process goes to step ST105.

〈ステップST105〉 <Step ST105>
次に、記録再生制御部502は、第i番目のデータブロック(記録処理の対象として選択されたデータブロック)が光ディスク10のデータ領域の所定位置に記録されるように、現在の記録条件に基づいてバッファ101,記録補償部102,レーザ駆動部103,および光ヘッド104を制御する。 Next, the recording reproducing control unit 502, as the i-th data block (selected data block as a target of the recording process) is recorded in a predetermined position of the data area of ​​the optical disc 10, based on the current recording conditions It controls the buffer 101, the recording compensator 102, a laser driving section 103 and the optical head 104, Te. バッファ101は、第i番目のデータブロックDBを出力し、記録補償部102は、記録再生制御部502によって設定された記録パラメータに基づいて第i番目のデータブロックDBを記録パルスWPに変換し、レーザ駆動部103は、記録パルスWPに基づいて光ヘッド104による記録レーザの発光動作を制御する。 Buffer 101 outputs the i-th data block DB, the recording compensating section 102, the i-th data block DB into a recording pulse WP based on the recording parameters set by the recording control unit 502, the laser driving section 103 controls the light emission operation of the recording laser by the optical head 104 based on the recording pulse WP. このようにして、第i番目のデータブロックに対応する第i番目の記録領域が、光ディスク10のデータ領域の所定位置に形成される。 In this way, the i-th recording region corresponding to the i-th data block is formed in a predetermined position of the data area of ​​the optical disk 10.

〈ステップST106〉 <Step ST106>
次に、記録再生制御部502およびパラメータ制御部503をライトモードに設定してからライト期間が経過すると、モード制御部501は、記録再生制御部502およびパラメータ制御部503をベリファイモードに設定する。 Next, the write period recording reproduction control unit 502 and the parameter control unit 503 after setting the write mode has elapsed, the mode control unit 501 sets the recording reproducing control unit 502 and the parameter control unit 503 to the verify mode. 記録再生制御部502は、光ディスク10のデータ領域の所定位置に記録された第i番目のデータブロックが再生されるように、現在の記録条件に基づいてレーザ駆動部103および光ヘッド104を制御する。 Recording reproduction control unit 502, so that the i-th data block recorded in a predetermined position of the data area of ​​the optical disk 10 is reproduced, and controls the laser driving unit 103 and the optical head 104 based on the current recording conditions . レーザ駆動部103は、光ヘッド104による再生ビームの発光動作を制御し、光ヘッド104は、光ディスク10のデータ領域の所定位置に形成された第i番目の記録領域に再生ビームを照射し、その反射光に基づいてアナログ再生信号ASを生成する。 The laser driving section 103 controls the light emission operation of the reproducing beam by the optical head 104, the optical head 104 irradiates the i-th in the recording area reproduction beam formed on a predetermined position of the data area of ​​the optical disk 10, the It generates an analog reproduction signal AS based on the reflected light. 再生処理部12は、アナログ再生信号ASをデジタル再生信号DSに変換し、復号処理部13は、デジタル信号DSに最尤復号処理を施して二値化信号D302を生成する。 Reproduction processing section 12 converts the analog reproduction signal AS to a digital reproduction signal DS, decoding unit 13 generates a binary signal D302 by performing maximum likelihood decoding on the digital signal DS.

〈ステップST107〉 <Step ST107>
品質情報検出部14は、復号処理部13によって得られた二値化信号D302の遷移エッジ毎にエッジパターンを検出し、エッジパターン毎に信頼性値を検出する。 The quality information detection unit 14 detects an edge pattern for each transition edge of the binarized signal D302 obtained by the decryption processing unit 13 detects the reliability value for each edge pattern.

〈ステップST108〉 <Step ST108>
パラメータ制御部503は、エッジパターン毎に検出された信頼性値を品質情報検出部14に転送するように指示し、情報格納部16に格納された品質管理情報D602に登録された信頼性情報のうち現在の記録条件に対応する信頼性情報に品質情報検出部14から転送された信頼性値を登録する。 Parameter control unit 503 instructs to transfer the detected reliability value for each edge pattern to the quality information detection unit 14, registered in the quality control information D602 stored in the information storage unit 16 of the reliability information out registers the transferred reliability value the reliability information corresponding to the current recording conditions from the quality information detection unit 14. 次に、パラメータ制御部503は、現在の記録条件に対応する信頼性情報に登録された信頼性値(エッジパターン毎に検出された信頼性値)に基づいて、記録パターン毎に誤差値(長さ誤差値および/または位相誤差値)を計算する。 Then, the parameter control unit 503, based on the reliability value registered in the reliability information corresponding to the current recording conditions (the detected reliability value for each edge pattern), the error value for each recording pattern (the length It is to calculate the error value and / or phase error value). また、パラメータ制御部503は、記録パターン毎に計算された誤差値に基づいて品質改善判定(記録パラメータの調整の要否を判定する処理)および品質不良判定(データブロックが品質不良であるか否かを判定する処理)を実行し、品質改善判定の結果に応じて、情報格納部16に格納された記録設定情報D601に登録された記録パラメータのうち現在の記録条件に対応する記録パラメータに示された記録パルスの形状(ここでは、トップパルス開始位置,トップパルス幅,エンドパルス幅,クーリング終了位置)を調整する。 Also, whether the parameter control unit 503 (necessity of determining processing for adjusting the recording parameters) and poor quality determination (data block quality improvement determination based on the calculated error value for each recording pattern is defective quality not or performs determining process), and according to the result of determination quality improvement, shown in a recording parameter corresponding to current recording conditions in the recording parameter registered in the recording setting information D601 stored in the information storage section 16 shape of a recording pulse (here, the top pulse start position, a top pulse width, the end pulse width, cooling end position) adjusted.

〈ステップST109〉 <Step ST109>
次に、記録再生制御部502およびパラメータ制御部503をベリファイモードに設定してからベリファイ期間が経過すると、モード制御部501は、ライト・アンド・ベリファイ動作を終了するか否かを判定する。 Next, the verify period the recording reproduction control unit 502 and the parameter control unit 503 after setting the verify mode has elapsed, the mode control unit 501 determines whether to end the write-and-verify operation. ライト・アンド・ベリファイ動作を継続する場合(例えば、記録データWDの記録が完了していない場合)には、ステップST110へ進み、ライト・アンド・ベリファイ動作を終了する場合(例えば、記録データWDの記録が完了している場合)には、ステップST113へ進む。 To continue the write-and-verify operation (e.g., if the recording of the record data WD is not completed), the process proceeds to step ST110, when to terminate the write-and-verify operation (e.g., the record data WD in the case) the recording has been completed, the process proceeds to step ST113.

〈ステップST110〉 <Step ST110>
記録再生制御部502は、ステップST108においてパラメータ制御部503によって第i番目のデータブロックが品質不良であると判定されたか否かを確認する。 Recording reproduction control unit 502, the i-th data block by the parameter control unit 503 in step ST108 it is checked whether or not it has been determined to be defective quality. 第i番目のデータブロックが品質不良ではない場合には、ステップST111へ進み、第i番目のデータブロックが品質不良である場合には、ステップST114へ進む。 If the i-th data block is not defective quality, the process proceeds to step ST111, when the i-th data block is bad quality, the process proceeds to step ST114.

〈ステップST111〉 <Step ST111>
次に、モード制御部501は、記録再生制御部502およびパラメータ制御部503をライトモードに設定する。 Then, the mode control unit 501 sets the recording reproducing control unit 502 and the parameter control unit 503 to the write mode. 記録再生制御部502は、第i+1番目のデータブロック(次のデータブロック)を記録処理の対象として選択する。 Recording reproduction control unit 502 selects the (i + 1) th data block (next data block) as a target of the recording process.

〈ステップST112〉 <Step ST112>
次に、記録再生制御部502は、記録条件が変更されたか否かを判定する。 Next, recording and reproduction control section 502 determines whether or not the recording conditions are changed. 記録条件が変更された場合には、ステップST102ヘ進む。 If the recording condition is changed, the process proceeds step ST102 f. 一方、記録条件が変更されていない場合、記録再生制御部502は、ステップST108において調整された記録パラメータを記録再生部11の記録パラメータとして設定する。 On the other hand, if the recording condition is not changed, the recording reproducing control unit 502 sets a recording parameter adjusted in step ST108 as the recording parameter of the recording and reproducing unit 11. 次に、ステップST105へ進む。 Next, the process goes to step ST105.

〈ステップST113〉 <Step ST113>
一方、ステップST109においてライト・アンド・ベリファイ動作を終了すると判定された場合、パラメータ制御部503は、記録設定情報D601に登録された記録パラメータのうちライト・アンド・ベリファイ動作によって調整された記録パラメータを学習結果情報D604に上書きする。 On the other hand, if it is determined to terminate the write-and-verify operation in step ST 109, the parameter control unit 503, a recording parameter adjusted by the write-and-verify operation of the recording parameters registered in the recording setting information D601 to overwrite the learning result information D604. 例えば、ディスク品種Disc1,記録速度CAV1,および記録位置Z1に対応する記録パラメータが調整された場合、パラメータ制御部503は、学習結果情報D604に登録されたディスク品種Disc1,記録速度CAV1,および記録位置Z1に対応する記録パラメータを、記録設定情報D601に登録されたディスク品種Disc1,記録速度CAV1,および記録位置Z1に対応する記録パラメータに書き換える。 For example, the disc varieties Disc1, when the recording parameter corresponding to the recording speed CAV1, and recording position Z1 is adjusted, the parameter control unit 503, the learning result information D604 disk varieties Disc1 registered in the recording speed CAV1, and recording position the recording parameter corresponding to Z1, the disc varieties Disc1 registered in the recording setting information D601, rewrites the recording parameter corresponding to the recording speed CAV1, and recording position Z1. このようにして、学習結果情報D604に登録された記録パラメータが更新される。 In this manner, the recording parameter registered in the learning result information D604 is updated.

〈ステップST114〉 <Step ST114>
また、ステップST110において第i番目のデータブロックが品質不良であることが確認された場合、記録再生制御部502は、ステップST108において調整された記録パラメータを記録再生部11の記録パラメータとして設定する。 Also, if it is confirmed in step ST110 the i-th data block is bad quality, recording and reproduction control section 502 sets a recording parameter adjusted in step ST108 as the recording parameter of the recording and reproducing unit 11. 次に、記録再生制御部502は、第i番目のデータブロックを記録処理の対象として再度選択し、第i番目のデータブロックが光ディスク10の交代セクタ(第i番目の記録領域の直後に位置する領域、または、光ディスク10において交代セクタとして予め準備された領域)に再記録されるように記録再生部11を制御する。 Next, the recording reproducing control unit 502, the i-th data block selected again as the target of the recording process, the i-th data block is located immediately after the replacement sector (the i-th recording area of ​​the optical disk 10 region, or to control the recording and playback section 11 so as to be re-recorded in a prepared area) as substitute sector in the optical disc 10. また、記録再生制御部502は、第i番目のデータブロックが交代セクタに記録されたことを示した欠陥管理情報(例えば、交代セクタのアドレス)が光ディスク10のリードイン領域に格納されるように記録再生部11を制御する。 The recording reproduction control unit 502, as defect management information i-th data block is shown that has been recorded in the alternate sector (e.g., the address of the alternate sector) is stored in the lead-in area of ​​the optical disk 10 It controls the recording playback unit 11. 次に、ステップST106へ進む。 Next, the process goes to step ST106.

(記録パラメータ制御処理) (Recording parameter control process)
次に、図27を参照して、図1に示した光ディスク記録再生装置による記録パラメータ制御処理(ステップST108)について説明する。 Next, with reference to FIG. 27, it will be described recording parameter control process performed by the optical disk recording and reproducing apparatus shown in FIG. 1 (step ST 108).

〈ステップST201〉 <Step ST201>
パラメータ制御部503は、エッジパターン毎に検出された信頼性値(信頼性格納部403に格納された信頼性値)のうち記録パラメータの調整に利用しようとするエッジパターンの信頼性値を転送するように品質情報検出部14(転送部404)に指示する。 Parameter control unit 503 transfers the reliability value of the edge pattern to be used to adjust the recording parameters of the detected reliability value (stored reliability value reliability storage unit 403) for each edge pattern It instructs the quality information detection unit 14 (transfer section 404) as. 品質情報検出部14は、コントローラ15による指示に応答して信頼性値をコントローラ15に転送する。 The quality information detection unit 14 transfers to the reliability values ​​to the controller 15 in response to an instruction by the controller 15. また、パラメータ制御部503は、品質情報検出部14から転送された信頼性値を品質管理情報D602に登録する。 The parameter control unit 503 registers the reliability value transferred from the quality information detection unit 14 to the quality control information D602. 例えば、パラメータ制御部503は、第1回目のベリファイ期間において2Tマークに対応する記録パルスの形状を調整するために、第1回目のベリファイ期間において2Tマークに対応するエッジパターンの信頼性値を転送することを指示し、第2回目のベリファイ期間において3Tマークに対応する記録パルスの形状を調整するために、第2回目のベリファイ期間において3Tマークに対応するエッジパターンの信頼性値を転送することを指示しても良い。 For example, the parameter control unit 503 to adjust the shape of the recording pulse corresponding to the 2T mark at the first verify period, transfers the reliability value of the edge pattern corresponding to the 2T mark at the first verify period It instructs to, in order to adjust the shape of the recording pulse corresponding to a 3T mark in the second verify period, transferring the reliability value of the edge pattern corresponding to the 3T mark in the second verify period it may instruct the.

〈ステップST202〉 <Step ST202>
次に、パラメータ制御部503は、品質管理情報D602に登録された信頼性値に基づいて、記録パターン毎に誤差値(長さ誤差値および/または位相誤差値)を計算する。 Then, the parameter control unit 503, based on the reliability value registered in the quality control information D602, calculates an error value (length error value and / or phase error value) for each recording pattern. 例えば、パラメータ制御部503は、第1回目のベリファイ期間では、2Tマークに対応するエッジパターンの信頼性値に基づいて2Tマークに対応する記録パターンの誤差値を計算し、第2回目のベリファイ期間では、3Tマークに対応するエッジパターンの信頼性値に基づいて3Tマークに対応する記録パターンの誤差値を計算しても良い。 For example, the parameter control unit 503, the first verify period, calculates an error value of the recording pattern corresponding to the 2T mark based on the reliability value of the edge pattern corresponding to the 2T mark, second verify period in may calculate the error value of the recording pattern corresponding to the 3T mark based on the reliability value of the edge pattern corresponding to the 3T mark.

〈ステップST203〉 <Step ST203>
次に、パラメータ制御部503は、品質判定(品質改善判定および品質不良判定)が未だ実行されていない記録パターンの中からいずれか1つの記録パターンを判定対象として選択する。 Next, the parameter controller 503 selects either one of the recording pattern from the recording pattern quality decision (quality improvement determination and poor quality determination) has not yet been executed as a determination target. 例えば、パラメータ制御部503は、第1回目のベリファイ期間では、2Tマークに対応する記録パターンのうち品質判定が未だ実行されていない記録パターンを選択し、第2回目のベリファイ期間では、3Tマークに対応する記録パターンのうち品質判定が未だ実行されていない記録パターンを選択しても良い。 For example, the parameter control unit 503, the first verify period, select the recording pattern quality decision has not yet been executed in the recording pattern corresponding to the 2T mark and the second verify period, the 3T mark may be selected recording pattern quality decision has not yet been executed among the corresponding recording pattern.

〈ステップST204:品質改善判定〉 <Step ST204: quality improvement decision>
次に、パラメータ制御部503は、目標設定情報D603に登録された目標情報のうち現在の記録条件に対応する目標情報を選択し、選択された目標情報に登録された目標値(長さ目標値および/または位相誤差値)の中から判定対象の記録パターンに対応する目標値を選択する。 Next, the parameter controller 503 selects the target information corresponding to current recording conditions of the target information registered in the target setting information D603, registered target value to the target information selected (length target value and / or selecting a target value corresponding to the recording pattern to be determined from the phase error value). そして、パラメータ制御部503は、判定対象の記録パターンの誤差値と目標値との差分値を算出し、判定対象の記録パターンの誤差値と目標値との差分値が予め設定された改善基準値よりも大きいか否かを判定する。 Then, the parameter control unit 503 calculates a difference value between the error value and the target value of the recording pattern to be determined, the error value of the recording pattern to be determined and the differential value is preset improved reference value from the target value It determines greater or not than. 改善基準値は、記録パラメータに示された記録パルスの形状を調整する必要があるか否かを判定するための基準値である。 Improvements reference value is a reference value for determining whether it is necessary to adjust the shape of that shown in the recording parameter recorded pulse. 誤差値と目標値との差分値が改善基準値よりも大きい場合には、ステップST205へ進み、そうでない場合には、ステップST208へ進む。 When the difference value between the error value and the target value is greater than the improvement the reference value, the process proceeds to step ST205, and if not, the process proceeds to step ST208.

〈ステップST205〉 <Step ST205>
次に、パラメータ制御部503は、判定対象の記録パターンを“改善必要(記録パラメータの調整に利用すべき記録パターン)”と判定する。 Then, the parameter control unit 503 determines that the recording pattern to be determined "improvement required (recording pattern to be used to adjust the recording parameter)".

〈ステップST206:品質不良判定〉 <Step ST206: quality defect determination>
次に、パラメータ制御部503は、判定対象の記録パターンの誤差値と目標値との差分値が予め設定された不良基準値よりも大きいか否かを判定する。 Then, the parameter control unit 503 determines whether the difference value between the error value and the target value of the recording pattern to be determined is greater than a preset failure criterion value. 不良基準値は、第i番目のデータブロックが品質不良であるか否か(交代セクタへの再記録が必要であるか否か)を判定するための基準値であり、改善基準値よりも大きい値である。 Failure reference value is a reference value for the i-th data block to determine whether it is defective quality (whether it is necessary to re-record the alternate sector), greater than the improvement reference value is the value. 誤差値と目標値との差分値が不良基準値よりも大きい場合には、ステップST207へ進み、そうでない場合には、ステップST208へ進む。 When the difference value between the error value and the target value is greater than the failure criterion value, the process proceeds to step ST207, and if not, the process proceeds to step ST208.

〈ステップST207〉 <Step ST207>
次に、パラメータ制御部503は、第i番目のデータブロックを“品質不良(交代セクタへの再記録が必要であるデータブロック)”と判定する。 Then, the parameter control unit 503 determines that the i-th data block "poor quality (re-recording is required data block to alternate sector)".

〈ステップST208〉 <Step ST208>
次に、パラメータ制御部503は、品質判定(品質改善判定および品質不良判定)を終了するか否かを判定する。 Then, the parameter control unit 503 determines whether to end the quality judgment (quality improvement determination and poor quality determination). すなわち、パラメータ制御部503は、記録パラメータの調整に利用しようとする記録パターンについて品質判定が完了したか否かを判定する。 That is, the parameter control unit 503 determines whether or not the quality determination has been completed for recording pattern to be used to adjust recording parameter. 例えば、パラメータ制御部503は、第1回目のベリファイ期間では、2Tマークに対応する記録パラメータの全てについて品質判定が完了したか否かを判定し、第2回目のベリファイ期間では、3Tマークに対応する記録パラメータの全てについて品質判定が完了したか否かを判定しても良い。 For example, the parameter control unit 503, the first verify period, it is determined whether or not the quality determination is completed for all of the recording parameter corresponding to the 2T mark and the second verify period, corresponding to the 3T mark for all the recording parameters it may be determined whether the quality determination is completed. 品質判定を終了する場合には、ステップST209へ進む。 To terminate the quality determination, the process proceeds to step ST209. 一方、品質判定を継続する場合には、ステップST203へ進む。 On the other hand, in case of continuing the quality determination, the process proceeds to step ST 203.

〈ステップST209〉 <Step ST209>
次に、パラメータ制御部503は、改善必要と判定された記録パターンの誤差値のうち少なくとも1つの記録パターンの誤差値が目標値(その記録パターンに対応する目標値)に近づくように、記録設定情報D601に登録された記録パラメータのうち現在の記録条件に対応する記録パラメータに示された記録パルスの形状を調整する。 Then, the parameter control unit 503, so that the error value of at least one recording pattern of the error value of improvements required the determined recording pattern approaches the target value (target value corresponding to the recording pattern), the recording setting information D601 of registered recording parameters to adjust the shape of the recording parameters in the indicated recording pulse corresponding to current recording conditions. 例えば、パラメータ制御部503は、第1回目のベリファイ期間では、改善必要と判定された2Tマークに対応する記録パターンの誤差値が目標値に近づくように2Tマークに対応する記録パルスの形状(トップパルス開始位置dTtop2T,トップパルス幅Ttop2T,クーリング終了位置dTe2T)を調整し、第2回目のベリファイ期間では、改善必要と判定された3Tマークに対応する記録パターンの誤差値が目標値に近づくように3Tマークに対応する記録パルスの形状(トップパルス開始位置dTtop3T,トップパルス幅Ttop3T,エンドパルス幅Te3T,クーリング終了位置dTe2T)を調整しても良い。 For example, the parameter control unit 503, the first verify period, the shape (top recording pulse error value of the recording pattern corresponding to a 2T mark is determined improvements required corresponds to the 2T mark so as to approach the target value pulse start position dTtop2T, top pulse width Ttop2T, adjust the cooling end position DTe2T), in the second verify period, as the error value of the recording pattern corresponding to the 3T mark is determined improvements needed to approach the target value recording pulse shape corresponding to the 3T mark (top pulse start position DTtop3T, top pulse width Ttop3T, end pulse width Te3T, cooling end position DTe2T) may be adjusted.

(起動時間) (Start-up time)
次に、図28(a),図28(b)を参照して、起動時間(光ディスクに記録すべき記録データの記録が開始されるまでの時間)について説明する。 Next, FIG. 28 (a), the with reference to FIG. 28 (b), the described activation time (time until the recording data to be recorded on the optical disc recording is started).

図28(a)のように、従来(例えば、特許文献1,2,3)の装置は、光ディスクの内周パワー校正領域においてサーボ学習処理(トラッキング制御の最適化,フォーカス制御の最適化)および記録学習処理(記録パワーの最適化,記録パルスの形状の最適化)を実行した後に、光ディスクのデータ領域において記録処理を実行することになる。 As shown in FIG. 28 (a), the conventional (e.g., Patent Documents 1, 2, 3) device, (optimization of the tracking control, the optimization of the focus control) servo learning processing in the inner peripheral power calibration area of ​​the optical disk and (optimization of the recording power, the optimization of the shape of the recording pulse) recording learning process after running, will execute a recording process in the data area of ​​the optical disc. この場合、起動時間は、サーボ学習処理,記録パワーの最適化,および記録パルスの形状の最適化に要する時間に相当する。 In this case, start time, servo learning processing, optimization of the recording power, and corresponds to the time required for optimization of the shape of the recording pulse.

一方、図28(b)のように、図1に示した光ディスク記録再生装置は、光ディスクの内周パワー校正領域においてサーボ学習処理および記録学習処理(記録パワーの最適化)を実行した後に、光ディスクのデータ領域においてライト・アンド・ベリファイ動作を実行する。 On the other hand, as shown in FIG. 28 (b), the optical disk recording and reproducing apparatus shown in FIG. 1, after executing the servo learning processing and recording the learning process (optimization of the recording power) at the inner peripheral power calibration area of ​​the optical disk, an optical disk It executes a write-and-verify operation in a data area. この場合、起動時間は、サーボ学習処理および記録パワーの最適化に要する時間に相当する。 In this case, start time corresponds to the time required for the optimization of servo learning process and the recording power. このように、図1に示した光ディスク記録再生装置では、記録パラメータ(記録パルスの形状)の調整に費やされる時間が光ディスク記録再生装置の起動開始時に集中していないので、従来よりも起動時間を短縮できる。 Thus, the optical disk recording and reproducing apparatus shown in FIG. 1, since the time spent for the adjustment of recording parameters (shape of the recording pulse) is not focused at start-up of the optical disk recording and reproducing apparatus, the startup time than conventional It can be shortened.

(記録品質) (Recording quality)
次に、図29を参照して、記録品質(最尤復号処理における誤り確率)について説明する。 Next, referring to FIG. 29, a description will be given of a recording quality (error probability in the maximum likelihood decoding). なお、ここでは、光ディスクの回転速度が一定になるように制御する場合を例に挙げて説明する。 Here, it will be described as an example the case of controlling so that the rotation speed of the optical disk is constant.

内周パワー校正領域における記録パルスの形状の最適値に基づいてデータ領域の各位置における記録パルスの形状の最適値を線形予測する場合(内周PCA学習の場合)、記録マークを形成しようとする位置が内周パワー校正領域から遠くなるほど、記録マークの形成条件(例えば、線速度や物理的特性など)の相違量が大きくなるので、記録品質が劣化することになる。 If the optimal value of the write pulse shape at each position of the data area on the basis of the optimum value of the write pulse shape in the inner peripheral power calibration area for linear prediction (for the inner peripheral PCA learning), attempts to form a recording mark farther position from the inner circumferential power calibration area, the conditions for forming the recording mark (e.g., linear speed, etc. and the physical properties) the amount of difference is large, so that the recording quality is degraded. 特に、光ディスクの半径方向における中央部分から遠くなるほど(光ディスクの内周または外周に近づくほど)、光ディスクの物理的特性(例えば、熱伝達率など)のばらつきが大きくなるので、内周パワー校正領域において記録パルスの形状を最適化したとしても、光ディスクの外周部分において記録品質の劣化が顕著になる。 In particular, (closer to the inner circumference or the outer circumference of the optical disc) far indeed from the central portion in the radial direction of the optical disc, the physical properties of the optical disk (for example, heat transfer coefficient) variation in the increase in the inner peripheral power calibration area also the shape of the recording pulse as optimized, deterioration of the recording quality is remarkable in the outer peripheral portion of the optical disc. なお、光ディスクの線速度が一定になるように光ディスクの回転速度を制御する場合も、光ディスクの物理特性のばらつきにより、記録品質の劣化が生じる可能性がある。 Even when controlling the rotational speed of the optical disk so that the linear velocity of the optical disc is constant, the variation in the physical properties of the optical disk, there is a possibility that the deterioration of the recording quality occurs.

また、内周パワー校正領域および外周パワー校正領域の各々における記録パルスの形状の最適値に基づいてデータ領域の各位置における記録パルスの形状の最適値を線形予測する場合(内外周PCA学習の場合)、内周パワー校正領域の近傍部分,外周パワー校正領域の近傍部分,および光ディスクの半径方向におけるデータ領域の中央部分では、記録品質の劣化は比較的少ないが、これらの部分から遠くなるほど、記録品質の劣化が顕著になる。 Further, when the case (inner and outer PCA learning for linear prediction optimum value of the write pulse shape at each position of the data area on the basis of the optimum value of the write pulse shape in each of inner peripheral power calibration area and the outer peripheral power calibration area ), in the central portion of the inner peripheral portion near the power calibration area, the portion near the outer peripheral power calibration area, and data area in the radial direction of the optical disk, although a relatively small deterioration of the recording quality, farther from these parts, the recording the deterioration of the quality is remarkable. なお、光ディスクの線速度が一定になるように光ディスクの回転速度を制御する場合も、光ディスクの物理特性のばらつきにより、記録品質の劣化が生じる可能性がある。 Even when controlling the rotational speed of the optical disk so that the linear velocity of the optical disc is constant, the variation in the physical properties of the optical disk, there is a possibility that the deterioration of the recording quality occurs.

一方、図1に示した光ディスク記録再生装置(ライト・アンド・ベリファイの場合)では、所定量の記録データを記録するライト処理と、光ディスクに記録された所定量の記録データの記録品質(信頼性値)に基づいて記録パラメータに示された記録パルスの形状を調整するベリファイ処理とを交互に繰り返すことにより、記録パルスの形状を徐々に最適化することができる。 On the other hand, (the case of a write-and-verify) the optical disc recording and reproducing apparatus shown in FIG. 1, the write process and the recording quality (reliability of the recording data of the recorded predetermined amount to the optical disc for recording recorded data of a predetermined amount by repeating the verification process of adjusting the shape of the recording pulse shown in the recording parameter based on the value) alternately, it is possible to gradually optimizing the shape of the recording pulse. また、記録処理によって記録マークを形成しようとする位置は、ベリファイ処理によって記録パルスの形状を調整した位置に隣接しているので、記録マークの形成条件は、ほとんど同じである。 The position to be forming recording marks by the recording process, since the adjacent position to adjust the shape of the recording pulse by the verification process, the conditions for forming the recording mark is almost the same. そのため、記録マークの形成条件の相違に起因する記録品質の劣化は、ほとんど生じない。 Therefore, deterioration of the recording quality due to differences in the conditions for forming the recording mark is hardly. したがって、図1に示した光ディスク記録再生装置は、従来よりも記録品質を改善することができる。 Thus, the optical disc recording and reproducing apparatus shown in FIG. 1 can also conventionally to improve the recording quality. なお、光ディスクの線速度が一定になるように光ディスクの回転速度を制御する場合も、従来よりも記録品質を改善することができる。 Even when controlling the rotational speed of the optical disk so that the linear velocity of the optical disc is constant, it can be also compared with the conventional improving the recording quality.

以上のように、ライト・アンド・ベリファイ動作により記録パラメータに示された記録パルスの形状を調整することにより、起動時間の短縮と記録品質の改善を実現できる。 As described above, by adjusting the shape of the recording pulses shown by the write-and-verify operation in the recording parameter, it is possible to realize improvement in shortening the recording quality of startup time. なお、一般的には、「ベリファイ処理」とは、光ディスクに記録された所定量の記録データの記録品質を検証することを指しているが、本実施形態では、「ベリファイ処理」とは、光ディスクに記録された所定量の記録データの記録品質を検出し、その記録品質に基づいて記録パラメータに示された記録パルスの形状を調整することを指している。 Incidentally, in general, the term "verification process", but refers to verify the recording quality of the recording data of a predetermined amount recorded on the optical disk, in this embodiment, the "verification process", the optical disk It refers that detects the recording quality of the recording data of the recorded predetermined amount, adjusting the shape of the recording pulse shown in the recording parameter based on the recording quality.

〔記録設定情報〕 [Record setting information]
また、記録パラメータに記録条件を対応付けて記録設定情報D601に登録することにより、ライト・アンド・ベリファイ動作において処理される記録パラメータを記録条件毎に管理することができる。 Further, by registering the recording setting information D601 in association with recording conditions in the recording parameter, it is possible to manage the recording parameters to be processed by the write-and-verify operation for each recording condition. これにより、ライト・アンド・ベリファイ動作の途中で記録条件が変更されたとしても、変更前の記録条件の下で最適化された記録パラメータを保存しておくことが可能となるので、記録条件毎に記録パラメータを最適化することができる。 Thus, even if the middle recording condition of the write-and-verify operation is changed, it becomes possible to store the recording parameters optimized under recording conditions before the change, each recording condition it can be optimized recording parameter. なお、記録パラメータは、記録条件毎に管理されていなくても良い。 The recording parameter may not be managed for each recording condition.

〔学習結果情報〕 [Learning result information]
また、ライト・アンド・ベリファイ動作による記録パラメータの学習結果を学習結果情報D604として管理することにより、記録パラメータの学習結果を蓄積することが可能となる。 By controlling the learning result of the recording parameters by the write-and-verify operation as the learning result information D604, it is possible to accumulate the learned results of the recording parameters. このように学習結果の蓄積が継続されることで、記録パラメータの最適性を向上させることができる。 In this way, the learning result accumulation is continued, it is possible to improve the optimality of the recording parameters. また、学習結果情報D604において記録条件毎に記録パラメータを管理することにより、記録条件毎に記録パラメータの最適性を向上させることができる。 Further, by managing the recording parameters for each recording condition in the learning result information D604, it is possible to improve the optimality of the recording parameters for each recording condition. なお、記録パラメータの学習結果は、記録条件毎に管理されていなくても良い。 The learning result of the recording parameters, may not be managed for each recording condition.

〔品質管理情報〕 [Quality management information]
また、エッジパターン毎に検出された信頼性値を示した信頼性情報に記録条件を対応付けて品質管理情報D602に登録することにより、ライト・アンド・ベリファイ動作においてエッジパターン毎に検出された信頼性値を記録条件毎に管理することができる。 Further, by registering the quality control information D602 in association with recording conditions reliability information indicating the detected reliability value for each edge pattern, trusted detected for each edge pattern in the write-and-verify operation it is possible to manage sexual value for each recording condition. これにより、ライト・アンド・ベリファイ動作の途中で記録条件が変更されたとしても、変更前の記録条件の下で検出された信頼性値を保存しておくことが可能となる。 Accordingly, even if the middle recording condition of the write-and-verify operation is changed, it is possible to store the reliabilities value detected under the recording conditions before the change. なお、信頼性情報は、記録条件毎に管理されていなくても良い。 In addition, the reliability information may not have been managed for each recording conditions. また、記録設定情報D601と同様に、品質管理情報D602を学習結果情報として情報格納部16に格納しても良い。 Similar to the recording setting information D601, may be stored in the information storage unit 16 as the learning result information quality control information D602.

〔目標設定情報〕 [Goal Setting information]
さらに、記録パターン毎に設定された長さ目標値および位相目標値を示した目標情報を記録条件に対応付けて目標設定情報D603に登録することにより、記録条件毎に長さ目標値および位相目標値を管理することができる。 Further, by registering the target information indicating the set length target value and the target phase value for each recording pattern in association with the recording condition in the target setting information D603, the length target value and the target phase for each recording condition it is possible to manage the value. これにより、記録条件毎に長さ目標値および位相目標値を正確に設定することが可能となるので、記録パラメータの最適性をさらに向上させることができる。 Thereby, it becomes possible to accurately set the length target value and the target phase value for each recording condition, it is possible to further improve the optimality of the recording parameters. 例えば、光ディスク品種毎に目標値を設定することにより、光ディスクの個体差(光ディスクの材質の違いや光ディスクの製造工程におけるロットばらつきなど)に応じて目標値を適切に設定できる。 For example, by setting the target value for each optical disc varieties, it can be appropriately set the target value in accordance with the individual difference of the optical disk (such as a lot variability in the material of the differences and the optical disk of the optical disk manufacturing process). また、記録速度毎に目標値を設定することにより、記録速度に応じた熱干渉や熱縮退の影響を考慮して目標値を適切に設定できる。 Further, by setting the target value for each recording speed can be appropriately set the target value in consideration of the influence of the thermal interference and thermal degeneration in accordance with the recording speed. また、記録位置毎に目標値を設定することにより、光ディスクの各位置における物理的特性の相違に応じて目標値を適切に設定できる。 Further, by setting the target value for each recording position can be appropriately set the target value in accordance with the difference in physical properties at each position of the optical disc. なお、長さ目標値および位相目標値は、記録条件毎に管理されていなくても良い。 The length target value and the target phase value, may not be managed for each recording condition.

また、目標設定情報D603は、光ディスク記録再生装置の製造時において情報格納部16に格納されても良いし、光ディスク記録再生装置の製造後に更新されても良い。 The target setting information D603 may be stored in the information storage unit 16 at the time of manufacturing the optical disc recording and reproducing apparatus, it may be updated after production of the optical disc recording and reproducing apparatus. 例えば、新規の光ディスクに対応する目標値をその光ディスクのディスク品種に対応づけて目標設定情報D603に追加しても良い。 For example, it may be added to the target setting information D603 in association target value corresponding to the new optical disc to the disc varieties the optical disk.

また、位相誤差値および目標誤差値は、“0”以外の値であっても良い。 In addition, the phase error value and the target error value may be a value other than "0". 例えば、記録マークおよびスペースの組合せに応じて熱干渉特性が異なり、特定の記録パターンに対応する記録マーク(例えば、記録パターン2Ts5Tm2Tsに対応する5Tマーク)がその記録パターンの前後に位置する他の記録マークの長さや位相に影響を与える場合には、そのような影響が抑制されるように、特定の記録パターンの前後に位置する他の記録マークに対応する記録パターンの位相目標値を“0”以外の値に設定しても良い。 For example, different thermal interference characteristics depending on the combination of the recording mark and space, recording marks corresponding to the specific recording pattern (e.g., 5T mark corresponding to the recording pattern 2Ts5Tm2Ts) another recording positioned before and after its recording pattern if it affects the length or phase of the marks, such as the influence can be suppressed, the phase target value of the recording pattern corresponding to the other recording marks located before and after the specific recording pattern "0" it may be set to a value other than.

〔品質改善判定〕 [Quality improvement judgment]
また、誤差値と目標値との差分値が改善基準値よりも大きいと判定された記録パターンのうち少なくとも1つの記録パターンの誤差値が目標値に近づくように記録パラメータを調整することにより、誤差値が改善基準値よりも小さくなるように記録品質を改善することができる。 Further, since the error value of at least one recording pattern of the recording pattern difference value between the error value and the target value is determined to be greater than the improvement reference value to adjust the recording parameters so as to approach the target value, the error value can improve the recording quality to be smaller than the improved reference value.

〔品質不良判定〕 [Quality defect determination]
また、誤差値と目標値との差分値が不良基準値よりも大きいと判定された記録パターンを検出した場合に、記録再生部11による前回の記録動作によって光ディスク10に記録された第i番目のデータブロックDBが記録再生部11による次回の記録動作によって光ディスク10の交代セクタに再記録されることにより、品質不良により正常に再生できない記録データを救済することができる。 Further, when the difference value between the error value and the target value is detected a large judged to be the recording pattern than failure reference value, the i-th recorded on the optical disc 10 by a previous recording operation by the recording and reproducing unit 11 by data block DB is re-recorded in an alternate sector of the optical disk 10 by the next recording operation by the recording and reproducing unit 11, can be relieved recorded data can not be reproduced normally by poor quality.

〔転送処理〕 [Transfer process]
また、ベリファイ期間毎に、エッジパターン毎に検出された信頼性値(信頼性格納部403に格納された信頼性値)のうち記録パラメータの調整に利用しようとする信頼性値を転送することにより、1つのベリファイ期間においてエッジパターン毎に検出された信頼性値を全て転送する場合よりも、品質情報検出部14(転送部404)とコントローラ15(パラメータ制御部503)との間のデータバスの使用量を削減でき、品質情報検出部14とコントローラ15との間の転送処理に要する時間を短縮できる。 Also, for each verify period, by transferring the reliability values ​​to be used to adjust the recording parameters of the detected reliability value for each edge pattern (stored reliability value reliability storage unit 403) , than when transferring all the detected reliability value for each edge pattern in one verify period, the data bus between the quality information detection unit 14 (transfer section 404) and the controller 15 (parameter controller 503) reduces the amount of use, it is possible to shorten the time required for the transfer processing between the quality information detection unit 14 and a controller 15. これにより、ベリファイ期間内に記録パラメータの調整を完了させることができる。 Thus, it is possible to complete the adjustment of recording parameters in the verify period.

なお、パラメータ制御部503は、エッジパターン毎に検出された信頼性値が所定の順番で(例えば、2Tマーク,3Tマーク,…,5Tマークの順番で)ベリファイ期間毎に転送されるように転送指示しても良いし、エッジパターン毎に検出された信頼性値が1回のベリファイ期間で全て転送されるように転送指示しても良い。 The parameter control unit 503, the detected reliability value for each edge pattern in a predetermined order (e.g., 2T mark, 3T mark, ..., sequentially in the 5T mark) transfers to be transferred to each verification period may be indicated, detected reliability value for each edge pattern may be transferred instructed to forward all in one verification period. また、パラメータ制御部503は、前回の記録パラメータ制御処理における誤差値の計算結果に基づいて、今回のベリファイ期間においてエッジパターン毎に検出された信頼性値のいずれを品質情報検出部14に転送させるのかを決定しても良い。 The parameter control unit 503, based on the calculation result of the error values ​​in the previous recording parameter control process, to transfer any of the detected reliability value for each edge pattern in the current verification period to the quality information detection unit 14 it may be determined whether.

(ジッタ最適化) (Jitter optimization)
なお、最尤復号処理の誤り確率の最適化とともにジッタ最適化を実施する場合、ジッタ最適化の結果に応じて長さ目標値および位相誤差値を変更しても良い。 Incidentally, when carrying out the jitter optimization with optimization of error probability of maximum likelihood decoding, it may change the length target value and the phase error value according to the jitter optimization results. この場合、長さ目標値は“0”以外の値となっても良い。 In this case, the length of the target value may be a value other than "0".

〔ジッタ検出方法〕 [Jitter detection method]
ここで、図30(a)〜図30(e)を参照して、ジッタ検出方法について説明する。 Referring now to FIG. 30 (a) ~ FIG 30 (e), described jitter detection method. 図30(a)のように、2Tスペース,3Tマーク,4Tスペース,2Tマーク,および3Tスペースからなる記録領域に再生ビームを照射すると、図30(b)に示された実線のような再生波形を有するアナログ再生信号が生成される。 As in FIG. 30 (a), 2T space, 3T mark, 4T space, 2T mark, and is irradiated with the reproduction beam on the recording area consisting of 3T space, reproduction waveform as indicated by the solid line which is shown in FIG. 30 (b) analog reproduction signal is generated having a. ここで、アナログ再生信号を所定の閾値電圧(図30(b)の破線)に基づいて二値化すると、図30(c)のような二値化信号が生成される。 Here, the binarized based on the analog playback signal by a predetermined threshold voltage (broken line in FIG. 30 (b)), the binarized signal as shown in FIG. 30 (c) is generated. 次に、二値化信号と再生クロックとの位相差が検出され、二値化信号と再生クロックとの位相差の積分値が“0”になるように、再生クロックが制御される。 Then, the two phase difference values ​​of the signal and the reproduction clock is detected, so that the integral value of the phase difference is "0" in the binary signal and reproduction clock, a reproduction clock is controlled. このようにして、図30(d)のような再生クロックが生成される。 In this way, the reproduction clock as shown in FIG. 30 (d) is generated. この二値化信号の立ち上がりエッジ位置および立ち下がりエッジ位置と再生クロックの立ち上がりエッジ位置との時間的なずれが位相誤差値となる。 Time lag between the rising edge position and falling edge position and the position of the rising edge of the recovered clock of this binary signal is phase error value.

なお、位相誤差値Δt 2Ts3Tmは、3Tマークの始端エッジ位置(2Tスペースと3Tマークとの境界位置)における位相誤差値を示し、位相誤差値Δ 3Tm4Tsは、3Tマークの終端エッジ位置(3Tマークと4Tスペースとの境界位置)における位相誤差を示し、位相誤差値Δt 4Ts2Tm ,Δt 2Tm3Tsは、それぞれ、2Tマークの始端エッジ位置および終端エッジ位置における位相誤差値を示している。 The phase error value Delta] t 2Ts3Tm represents the phase error value at the beginning edge positions of the 3T mark (boundary position between a 2T space and the 3T mark), the phase error value delta 3Tm4Ts includes a terminating edge position (3T mark 3T mark shows the phase error at the boundary position) of the 4T space, a phase error value Δt 4Ts2Tm, Δt 2Tm3Ts respectively show the phase error value at the beginning edge position and the end edge position of the 2T mark. 記録マークの長さは、二値化信号の立ち上がりエッジおよび立ち下がりエッジの時間間隔に基づいて判断できる。 The length of the recording mark can be determined based on a time interval of the rising and falling edges of the binary signal. エッジパターン毎に位相誤差値を検出して積分することにより、エッジパターン毎に図30(e)のような位相誤差値の分布が得られる。 By integrating detects a phase error value for each edge pattern, the distribution of the phase error values ​​such as in FIG. 30 (e) for each edge pattern is obtained. なお、図30(e)は、位相誤差値Δt 2Ts3Tmの分布を示している。 Incidentally, FIG. 30 (e) shows the distribution of the phase error value Δt 2Ts3Tm. 位相誤差値の分布の平均値がジッタ値に相当する。 The average value of the distribution of the phase error values ​​corresponds to the jitter value. このジッタ値が“0”に近づくように記録マークの始端エッジ位置および終端エッジ位置(すなわち、記録パルスの形状)を調整することにより、ジッタを最適化できる。 Starting edge position and the end edge position of the recording mark as the jitter value approaches "0" (i.e., the shape of a recording pulse) by adjusting, it can be optimized jitter. なお、位相誤差値の分布の平均値ではなく、位相誤差値の絶対値の累積値をジッタ値として計算しても良い。 Instead of the average value of the distribution of the phase error values ​​may be calculated cumulative value of the absolute value of the phase error value as a jitter value.

〔クロック生成器〕 [Clock generator]
図31は、図1に示したクロック生成器204の構成例を示す。 Figure 31 shows an example of a configuration of a clock generator 204 shown in FIG. クロック生成器204は、比較器211と、位相差検出器212と、ローパスフィルタ(LPF)213と、電圧制御発振器(VCO)214とを含む。 The clock generator 204 includes a comparator 211, a phase difference detector 212, a low pass filter (LPF) 213, and a voltage controlled oscillator (VCO) 214. 比較器211は、アナログ再生信号ASaの信号レベルと閾値電圧とを比較し、アナログ再生信号ASaの信号レベルが閾値電圧よりも高い場合には比較器211の出力をハイレベルに設定し、アナログ再生信号ASaの信号レベルが閾値電圧よりも低い場合には比較器211の出力をローレベルに設定する。 The comparator 211 compares the signal level and the threshold voltage of the analog reproduction signal ASa, when the signal level of the analog reproduction signal ASa is higher than the threshold voltage sets the output of the comparator 211 to the high level, the analog reproduction when the signal level of the signal ASa is lower than the threshold voltage sets the output of the comparator 211 to a low level. これにより、アナログ再生信号ASaは、二値化される(二値化信号に変換される)。 Thus, the analog reproduction signal ASa is (are converted into a binary signal) to be binarized. なお、閾値電圧は、二値化信号(比較器211の出力)の積分値が“0”になるようにフィードバック制御されている。 The threshold voltage is the integral value of the binary signal (the output of the comparator 211) is feedback controlled so that "0". 位相差検出器212は、再生クロックCLKと二値化信号(比較器211の出力)との位相誤差値PDを検出する。 Phase difference detector 212 detects a phase error value PD of the reproduction clock CLK and the binarized signal (the output of the comparator 211). ローパスフィルタ213は、位相差検出器212の出力を平滑化する。 Low pass filter 213 smoothes the output of the phase difference detector 212. 電圧制御発振器214は、ローパスフィルタ213の出力に応じて再生クロックCLKの周波数を制御する。 Voltage controlled oscillator 214 controls the frequency of the reproduction clock CLK in response to an output of the low pass filter 213.

〔ジッタ検出部〕 [Jitter detection unit]
図1に示したジッタ検出部17は、二値化信号(比較器211の出力)のエッジパターン毎に位相誤差値PDを積分することによってエッジパターン毎にジッタ値を計算する。 Jitter detection unit 17 shown in FIG. 1 calculates the jitter value for each edge pattern by integrating the phase error value PD for each edge pattern of the binarized signal (the output of the comparator 211). なお、ジッタ検出部17は、位相誤差値の分布の平均値ではなく、位相誤差値の絶対値の累積値をジッタ値として計算しても良い。 Incidentally, the jitter detecting unit 17 is not an average of the distribution of the phase error values ​​may be calculated cumulative value of the absolute value of the phase error value as a jitter value.

〔ジッタ最適化と長さ差誤差値および位相誤差値との関係〕 [Jitter optimization and length difference error value and the relationship between the phase error value]
次に、図32を参照して、ジッタ最適化と長さ差誤差値および位相誤差値との関係について説明する。 Next, with reference to FIG. 32, a description will be given of the relationship between the jitter optimization and length difference error value and the phase error value. ここでは、記録マークの長さおよびその記録マークを挟んで隣接する2つのスペースの長さが“3T”である場合を例に挙げて説明する。 Here it will be described with a case where the length and the length of two adjacent spaces across the recording marks is "3T" in Examples.

図32は、ジッタが最適化されており、記録マークの始端エッジ部分に対応する再生信号のサンプル値(y k−3 ,y k−2 ,y k−1 ,y )が(4.8, 4.8, 3.0, 1.2)であり、記録マークの終端エッジ部分に対応する再生信号のサンプル値(y k−3 ,y k−2 ,y k−1 ,y )が(1.2, 3.0, 4.8, 4.8)である場合を示している。 Figure 32 is a jitter are optimized, a sample value of the reproduced signal corresponding to the start edge of the recording mark (y k-3, y k -2, y k-1, y k) is (4.8 , 4.8, 3.0, 1.2), the sample value of the reproduced signal corresponding to the end edge portion of the recording mark (y k-3, y k -2, y k-1, y k) is (1.2, 3.0, 4.8, 4.8) shows the case where the. この場合、記録マークの始端エッジ部分では、パターンPP1のパスBが最も確からしい状態遷移列として選択され、記録マークの終端エッジ部分では、パターンPP5のパスBが最も確からしい状態遷移列として選択されることになる。 In this case, the start edge of the recording mark, is selected as a path B is most likely state transition sequence patterns PP1, the end edges of the recording marks, is selected as a path B is most likely state transition sequence patterns PP5 It becomes Rukoto. また、長さ誤差値Dlは“−1.6”と計算され、位相誤差値Dpは“0.0”と計算される。 The length error value Dl is calculated as "-1.6", the phase error value Dp is calculated as "0.0".

ジッタが最適になるように記録パルスの形状が調整されている場合、記録マークの始端エッジ部分および終端エッジ部分におけるエッジ位置(すなわち、信号レベル“3”と再生信号との交点)は、チャネルクロック周期TCLKに一致している。 If the jitter is the shape of a recording pulse to be optimal is adjusted, the edge position at the beginning edge and the end edge of the recording mark (i.e., the intersection of the reproduction signal and the signal level "3"), the channel clock It coincides with the period TCLK. しかし、再生信号のサンプル値のうち信号レベル“3”との交点以外のサンプル値は、最も確からしい状態遷移列の各期待値に一致していない。 However, the sample values ​​other than the intersection between the signal level "3" of the sample values ​​of the reproduced signal is not matched each expected value of the most likely state transition sequence. これは、ジッタ検出処理を実行する信号処理系列と最尤復号処理を実行する信号処理系列との間でイコライズ特性(入力信号の各周波数帯域に対するブースト量)が異なるためである。 This (boost for each frequency band of the input signal) equalization characteristics between the signal processing sequence and the signal processing sequence for executing the maximum likelihood decoding process for performing jitter detection processing are different.

最尤復号処理にとって最適となる記録マークの理想的な長さ誤差値は“0.0”であるので、図32の場合、長さ目標値Dltを“−1.6<Dlt<0.0”に設定することにより、ジッタの最適化および最尤復号処理の誤り確率の最適化の一方に偏らない最適化制御が可能となる。 Since the ideal length error value of the recording mark to be optimal for the maximum likelihood decoding processing is "0.0", the case of FIG. 32, the length of the target value Dlt "-1.6 <Dlt <0.0 by setting ", it is possible to optimize control not biased to one of the optimization of the error probability of optimization and maximum likelihood decoding processing of the jitter. すなわち、ジッタが最適となる記録パラメータに基づいて形成された記録マークを再生した場合に検出される長さ誤差値を“Dlj”とすると、Dlj<0のときにDlj<Dlt<0となり、Dlj>0のときに0<Dlt<Dljとなるように長さ目標値Dltを設定しても良い。 That is, when the jitter is the length of the error value "DLj" detected when reproducing the recording mark formed on the basis of recording parameters to be optimized, Dlj <Dlt <0 becomes when DLj <a 0, DLj > 0 0 <Dlt <may set the length target value Dlt such that Dlj when.

また、最尤復号処理にとって最適となる記録マークの理想的な位相誤差値は“0.0”であるので、ジッタが最適となる記録パラメータに基づいて形成された記録マークを再生した場合に検出される位相誤差値を“Dpj”とすると、Dpj<0のときにDpj<Dpt<0となり、Dpj>0のときに0<Dpt<Dpjとなるように位相目標値Dptを設定しても良い。 Further, the ideal phase error value of the recording mark to be optimal for the maximum likelihood decoding process because it is "0.0", detected when jitter reproducing a recording mark formed on the basis of recording parameters to be optimized when the phase error value "DPj" is, may be set the phase target value Dpt such that DPj <Dpt <0 next, DPj> 0 when 0 <Dpt <DPj when DPj <0 .

なお、ジッタ検出処理と最尤復号処理とのイコライズ特性の相違が最も大きくなる記録パターン(例えば、3Tマークに対応する記録パターン)に対してのみ、長さ誤差値を“0”以外の値に設定しても良い。 Incidentally, becomes largest recording pattern differs equalizing characteristic of the jitter detection processing and maximum likelihood decoding processing (for example, a recording pattern corresponding to the 3T mark) only for the length error value "0" to a value other than it may be set. このように設定した場合も、ジッタの最適化および最尤復号処理の誤り確率の最適化の一方に偏らない最適化制御が可能となる。 Even With this setting, it is possible to optimize control not biased to one of the optimization of the error probability of optimization and maximum likelihood decoding processing of the jitter.

次に、図1に示した光ディスク記録再生装置によるジッタ最適化処理および目標値計算処理について説明する。 It will now be described an optical disk recording and reproducing apparatus by the jitter optimization processing and the target value calculation process shown in FIG. ここでは、説明の簡略化のため、記録条件は変更されないものとする。 Here, for simplification of explanation, the recording condition shall not be changed.

〔ジッタ最適化処理〕 [Jitter optimization process]
まず、記録再生制御部502は、記録再生部11に記録動作を実行させる。 First, the recording and reproduction control section 502 to perform the recording operation in the recording reproducing unit 11. 記録再生部11は、記録パラメータに基づいて所定量の記録データWDを記録パルスPWに変換し、記録パルスPWに基づいて光ディスク10のデータ領域に記録領域を形成する。 Reproducing unit 11, based on the recording parameter converts the write data WD of a predetermined amount to the recording pulse PW, to form the recording area in the data area of ​​the optical disk 10 based on the recording pulse PW. 次に、記録再生制御部502は、記録再生部11に再生動作を実行させる。 Next, recording and reproduction control section 502 to perform the reproducing operation in the recording reproducing unit 11. 記録再生部11は、光ディスク10のデータ領域に形成された記録領域に再生ビームを照射してアナログ再生信号ASを再生する。 Reproducing unit 11 reproduces an analog reproduction signal AS by irradiating a reproduction beam on the recording regions formed in the data area of ​​the optical disk 10. 再生処理部12は、アナログ再生信号ASに基づいて再生クロックCLKを生成するとともに、アナログ再生信号ASと再生クロックCLKとの位相誤差値PDを検出する。 Reproduction processing section 12, and generates a reproduction clock CLK on the basis of the analog reproduction signal AS, to detect a phase error value PD of the analog reproduction signal AS and the reproduction clock CLK. ジッタ検出部17は、位相誤差値PDに基づいてジッタ値を検出する。 Jitter detection unit 17 detects a jitter value based on the phase error value PD. パラメータ制御部503は、ジッタ検出部17によって検出されたジッタ値が“0”に近づくように、記録パラメータに示された記録パルスの形状を調整する。 Parameter control unit 503, so that the jitter value detected by the jitter detection unit 17 approaches to "0", to adjust the shape of that shown in the recording parameter recorded pulse. 次に、記録再生制御部502は、記録再生部11に記録動作を実行させ、記録再生部11は、記録パラメータ(調整された記録パラメータ)に基づいて所定量の記録データWDを記録パルスPWに変換し、記録パルスPWに基づいて光ディスク10のデータ領域に記録領域を形成する。 Next, recording and reproduction control section 502 to execute the recording operation in the recording reproducing unit 11, the recording and reproducing unit 11, the recording pulse PW record data WD predetermined amount based on recording parameters (recording parameter adjusted) It converted, to form a recording area in the data area of ​​the optical disk 10 based on the recording pulse PW. このような処理が繰り返されることにより、ジッタに対して最適な記録パラメータが検出される。 By such processing is repeated, the optimum recording parameter is detected for jitter.

〔目標値計算処理〕 [Target value calculation processing]
まず、記録再生制御部502は、ジッタ最適化処理によって検出された記録パラメータを記録再生部11の記録パラメータとして設定した後、記録再生部11に記録動作を実行させる。 First, the recording and reproduction control section 502, after setting the recording parameter detected by the jitter optimization processing as a recording parameter of the recording and reproducing unit 11 to perform the recording operation in the recording reproducing unit 11. 記録再生部11は、記録パラメータに基づいて所定量の記録データWDを記録パルスPWに変換し、記録パルスPWに基づいて光ディスク10のデータ領域に記録領域を形成する。 Reproducing unit 11, based on the recording parameter converts the write data WD of a predetermined amount to the recording pulse PW, to form the recording area in the data area of ​​the optical disk 10 based on the recording pulse PW. 次に、記録再生制御部502は、記録再生部11に再生動作を実行させる。 Next, recording and reproduction control section 502 to perform the reproducing operation in the recording reproducing unit 11. 記録再生部11は、光ディスク10のデータ領域に形成された記録領域に再生ビームを照射してアナログ再生信号ASを再生する。 Reproducing unit 11 reproduces an analog reproduction signal AS by irradiating a reproduction beam on the recording regions formed in the data area of ​​the optical disk 10. 再生処理部12は、アナログ再生信号ASをデジタル再生信号DSに変換し、復号処理部13は、デジタル再生信号DSに最尤復号処理を施して二値化信号D302を生成する。 Reproduction processing section 12 converts the analog reproduction signal AS to a digital reproduction signal DS, decoding processing unit 13, the digital reproduction signal DS by performing maximum likelihood decoding process to generate a binarized signal D302. 品質情報検出部14は、二値化信号D302の遷移エッジ毎にエッジパターンを検出し、エッジパターン毎に信頼性値を検出する。 The quality information detection unit 14 detects an edge pattern for each transition edge of the binarized signal D302, detects the reliability value for each edge pattern. パラメータ制御部503は、エッジパターン毎に検出された信頼性値に基づいて、記録パラメータ毎に長さ誤差値および位相誤差値を計算する。 Parameter control unit 503, based on the detected reliability value for each edge pattern, calculating the length error value and the phase error value for each recording parameter. 次に、パラメータ制御部503は、記録パターン毎に、長さ誤差値および位相誤差値に基づいて長さ目標値および位相目標値を計算する。 Then, the parameter control unit 503, for each recording pattern to calculate the length target value and the target phase value based on the length error value and the phase error value. 例えば、パラメータ制御部503は、長さ誤差値を“Dlj”とすると、Dlj<0のときにDlj<Dlt<0となり、Dlj>0のときに0<Dlt<Dljとなるように長さ目標値Dltを設定するとともに、位相誤差値を“Dpj”とすると、Dpj<0のときにDpj<Dpt<0となり、Dpj>0のときに0<Dpt<Dpjとなるように位相誤差値Dptを設定する。 For example, the parameter control unit 503, when "DLj" length error value, DLj <next Dlj <Dlt <0 when 0, Dlj> 0 0 <Dlt <length target so that DLj when sets the value Dlt, when the phase error value "Dpj", Dpj <Dpt <0 next when DPj <0, the phase error value Dpt such that 0 <Dpt <DPj when DPj> 0 set to. 次に、パラメータ制御部503は、記録パラメータ毎に計算された長さ目標値および位相目標値を目標設定情報D603に登録する。 Then, the parameter control unit 503 registers the calculated length target value and the target phase value in the target setting information D603 for each recording parameter. このようにして、ジッタの最適化および最尤復号処理の誤り確率の最適化の一方に偏らない長さ目標値および位相目標値を記録パターン毎に設定することができる。 In this way, it is possible to set the optimization and maximum likelihood decoding length target value and the target phase value is not biased to one of the optimization of the error probability of the processing of the jitter for each recording pattern.

なお、光ディスク10のデータ領域の代わりに光ディスク10の内周パワー校正領域(または、外周パワー校正領域)において、記録データWDの代わりにジッタ検出に適したテストパターンを用いて、ジッタ最適化処理および目標値計算処理を実行しても良い。 Incidentally, the inner peripheral power calibration area of ​​the optical disk 10 instead of the data area of ​​the optical disk 10 (or, the outer peripheral power calibration area) in, using a test pattern suitable for jitter detection instead of recording data WD, jitter optimization process and it may perform the target value calculation processing.

〔クロック生成器の変形例〕 Modification of the clock generator]
なお、再生処理部12は、図1に示したクロック生成器204に代えて、図33に示したクロック生成器204aを含んでいても良い。 The reproduction processing section 12, instead of the clock generator 204 shown in FIG. 1, may include a clock generator 204a shown in FIG. 33. 図33に示したクロック生成器204aは、位相差検出部221と、ローパスフィルタ222と、デジタル・アナログ変換器(DAC)223と、電圧制御発振器(VCO)224とを含む。 The clock generator 204a shown in FIG. 33 includes a phase difference detecting unit 221, a low pass filter 222, a digital-analog converter (DAC) 223, and a voltage controlled oscillator (VCO) 224. 図34のように、位相差検出部221は、デジタル再生信号DSを構成する複数のデジタル値Q1,Q2,…を順次取得して基準値(例えば、閾値電圧値)に対するデジタル値の極性を判断し、今回取得したデジタル値(例えば、デジタル値Q2)の極性が前回取得したデジタル値(例えば、デジタル値Q1)の極性と異なる場合に、今回のデジタル値と前回のデジタル値との平均値(例えば、平均値PD1)を検出する。 As shown in FIG. 34, the phase difference detecting unit 221, a plurality of digital values ​​Q1 constituting the digital reproduction signal DS, Q2, ... sequentially obtained and a reference value (e.g., the threshold voltage value) determined polarity of the digital values ​​for and, currently obtained digital value (e.g., a digital value Q2) digital value whose polarity is previously acquired (for example, a digital value Q1) the average value of when the polarity is different, the current digital value and the previous digital value ( for example, the average value PD1) for detecting a. そして、位相差検出部221は、今回のデジタル値が前回のデジタル値よりも大きい場合には平均値(例えば、平均値PD1,デジタル値Q5,Q6の平均値DP3)を位相誤差値PDとして出力し、今回のデジタル値が前回のデジタル値よりも小さい場合には平均値(例えば、デジタル値Q3,Q4の平均値Q34,デジタル値Q7,Q8の平均値Q78)の符号を反転して反転値(例えば、反転値PD2,PD4)を位相誤差値PDとして出力する。 Then, the phase difference detecting unit 221 outputs the average value when the current digital value is larger than the previous digital value (e.g., average value PD1, the average value DP3 of the digital value Q5, Q6) and as a phase error value PD and the average value when the current digital value is smaller than the previous digital value (e.g., average value of the digital value Q3, Q4 Q34, digital value Q7, the average value Q78 of Q8) sign inversion to the inverted value of (e.g., inverted value PD2, PD4) outputting as phase error value PD. ローパスフィルタ222は、位相差検出部221の出力を平滑化する。 Low pass filter 222 smoothes the output of the phase difference detecting unit 221. これにより、ローパスフィルタ222は、デジタル再生信号DSの位相誤差曲線を示した信号を出力する。 Thus, the low pass filter 222 outputs a signal showing the phase error curve of the digital reproduction signal DS. デジタル・アナログ変換器223は、ローパスフィルタ222の出力を制御信号(アナログ信号)に変換する。 Digital-to-analog converter 223 converts the output of the low pass filter 222 to the control signal (analog signal). 電圧制御発振器224は、デジタル・アナログ変換器223からの制御信号の電圧レベルに応じて再生クロックCLKの周波数を調整する。 Voltage controlled oscillator 224 adjusts the frequency of the recovered clock CLK in accordance with the voltage level of the control signal from the digital-to-analog converter 223. 例えば、図34の場合、ローパスフィルタ222の出力(すなわち、位相誤差曲線)は基準値に対して正の極性を示しているので、電圧制御発振器224は、再生クロックCLKの周波数を高くする。 For example, in the case of FIG. 34, the output of the low-pass filter 222 (i.e., the phase error curve) so indicates a positive polarity relative to the reference value, the voltage controlled oscillator 224 to increase the frequency of the reproduction clock CLK.

なお、図1に示した光ディスク記録再生装置は、ジッタ検出部17を備えていなくても良い。 It should be noted that the optical disc recording and reproducing apparatus shown in FIG. 1 may not include the jitter detection unit 17.

(その他の実施形態) (Other embodiments)
なお、ライト・アンド・ベリファイ動作とパワー校正領域における記録パラメータの最適化処理とを併用しても良い。 It may be used in combination with optimization of the recording parameter in the write-and-verify operation and the power calibration area. また、パワー校正領域における記録パラメータの最適化処理では、記録再生部11は、記録パラメータに基づいて、記録データWDの代わりにテストパターンを記録パルスWPに変換しても良い。 Further, the optimization process of the recording parameters in the power calibration area, a recording reproducing unit 11, based on the recording parameter may convert the test pattern on the recording pulse WP instead of recording data WD. テストパターンでは、記録パラメータの最適化に必要なマーク区間とスペース区間との組合せが同一頻度で発生し、テストパターンに含まれるDC成分(DSV)は“0”である。 In the test pattern, a combination of a mark period and a space period needed to optimize the recording parameter is generated at the same frequency, DC component included in the test pattern (DSV) is "0". このように構成した場合も、記録パラメータの最適化(調整)に費やされる時間が光ディスク記録再生装置の起動開始時に集中することを抑制できるので、記録パラメータの最適化処理だけを実行する場合よりも起動時間を短縮できる。 Case of such a configuration, since the time spent in the optimization of the recording parameter (adjustment) can be prevented from concentrating upon starting the start-up of the optical disk recording and reproducing apparatus, than running only optimization of the recording parameter start possible to shorten the time.

また、パターンPP1〜PP8は、始端エッジパターン2Ts2Tmおよび終端エッジパターン2Tm2Tsに対応していないが、他の復号方式によって始端エッジパターン2Ts2Tmおよび終端エッジパターン2Tm2Tsの各々の信頼性値を検出しても良い。 The pattern PP1~PP8 is not compatible with the starting edge pattern 2Ts2Tm and termination edge pattern 2Tm2Ts, may be detected each reliability value of start edge pattern 2Ts2Tm and termination edge pattern 2Tm2Ts by other decoding schemes .

また、誤差値を計算する記録パターンの個数は、光ディスク10における記録マークおよびスペースが誤差値に与える影響を考慮して決定しても良い。 The number of recording pattern for calculating an error value, recording marks and spaces in the optical disk 10 may be determined in consideration of the influence on the error value. 例えば、上記の例では、5Tマークから最長マークまでを1つにまとめて“5Tマーク以上”とし、5Tスペースから最長スペースまでを1つにまとめて“5Tスペース以上”として誤差値(長さ誤差値および/または位相誤差値)の計算対象となる記録パターンを表現したが、最短マークから最長マークまでの全てのマークおよび最短スペースから最長スペースまでの全てのスペースによって表現される全ての記録パターンについて誤差値を計算しても良い。 For example, in the above example, from 5T mark to the longest mark one to collectively as a "5T or more marks", the error value from the 5T space up to space collectively as "5T space or more" to one (length error While representing the value and / or calculated subject to the recording pattern of the phase error values) for all of the recording pattern to be expressed by all spaces from all marks and shortest space from the shortest mark to the longest mark to the longest space it may calculate the error value.

または、記録マークの前後に位置するスペースの影響を受けずに記録マークの誤差値を検出できる場合(記録マークの前後に位置するスペースの長さが相違していても記録マークの長さが同一であれば記録マークの誤差値が同一である場合)には、57通りの記録パターンではなく、記録マークのみで表現される4通りの記録パターン(2Tマーク,3Tマーク,4Tマーク,および5Tマーク以上)について誤差値を計算して記録パラメータを調整しても良い。 Or, the same length of recording marks the length of the space located in the front and rear have different cases (recording mark capable of detecting the error value of the recording mark without being affected by the space located before and after the recording mark if it when the error value of the recording mark are identical) than, rather than the recording pattern 57 types, recording pattern (2T mark four kinds represented only by the recording mark, 3T mark, 4T mark, and 5T mark above) may be adjusted recording parameter by calculating the error value for. このように、誤差値の検出対象とする記録パターンの個数を少なくすることにより、誤差値の演算量や信頼性値の格納領域を削減することができる。 Thus, by reducing the number of recording patterns to be detected of the error values, it is possible to reduce the storage area of ​​the operation amount and the reliability value of the error value.

なお、コントローラ15は、専用回路(ハードウェア)によって実現されても良いし、CPUの機能として実現されても良い。 The controller 15 may be realized with a dedicated circuit (hardware) may be implemented as a function of the CPU. 例えば、光ディスク記録再生装置に搭載されたCPUが記録再生プログラム(ライト・アンド・ベリファイ動作を実行させるためのプログラム)に従ってライト・アンド・ベリファイ動作を制御しても良い。 For example, it may control the write-and-verify operation in accordance with a CPU mounted in the optical disk recording and reproducing apparatus recording and reproducing a program (program for executing a write-and-verify operation). また、記録再生プログラムは、光ディスク記録再生装置の内部に設けられた記憶部(図示せず)に格納されていても良いし、ユーザによってインターネット上の特定のウェブサイトから有料または無料でダウンロードされて光ディスク記録再生装置にインストールされても良い。 The recording reproduction program storage unit provided inside the optical disc recording and reproducing apparatus may be stored in the (not shown), is downloaded from a specific web site on the Internet for a fee or free of charge by the user it may be installed in the optical disc recording and reproducing apparatus. インストールされた記録再生プログラムは、光ディスク記録再生装置の内部に設けられた記憶部(図示せず)に格納される。 Installed recording program is stored in the storage unit provided inside the optical disc recording and reproducing apparatus (not shown). また、記録再生プログラムは、コンピュータによって読み取り可能な記録媒体(例えば、フレキシブルディスク,CD−ROM,DVD−ROMなど)に格納されていても良い。 Further, the recording and reproducing program, a recording medium readable by a computer (e.g., a flexible disk, CD-ROM, DVD-ROM, etc.) may be stored in. この場合、記録媒体に格納された記録再生プログラムは、入力装置によって光ディスク記録再生装置にインストールされても良い。 In this case, recording and reproduction program stored in the recording medium may be installed in the optical disk recording and reproducing apparatus by the input device.

なお、光ディスク10は、CD(Compact Disc),DVD(Digital Versatile Disc),DVD−RAM(Digital Versatile Disc-Random Access Memory),BD(Blu-ray Disc)などの光ディスクや、MO(Magneto-Optical Disc)などの光磁気ディスクや、デジタル信号の極性間隔(記録符号(0または1)が連続する長さ)に応じて形成される情報の長さまたは位相を変化させてデジタル信号を記録する情報記録媒体であっても良い。 It should be noted that the optical disc 10, CD (Compact Disc), DVD (Digital Versatile Disc), DVD-RAM (Digital Versatile Disc-Random Access Memory), an optical disk or such as BD (Blu-ray Disc), MO (Magneto-Optical Disc ) and magneto-optical disks, such as the information recording polarity interval of the digital signal (recording code (0 or 1) by changing the length or phase of the information formed according to the length) of consecutive recording digital signals it may be a medium.

以上の説明では、記録符号(記録データWD)の最小極性反転間隔が“2”であり、等化方式がPR(1,2,2,1)等化である場合を例に挙げたが、これに限定されない。 In the above description, the minimum polarity inversion interval of a recording code (recording data WD) is "2", but equalization method is an example in a PR (1, 2, 2, 1) equalization, but it is not limited to this. 例えば、DVDなどに使用される8−16変調符号のような最小極性反転間隔が“3”である場合、PR(1,2,2,1)等化により、時刻kにおいて6つの状態が存在する。 For example, when the minimum polarity inversion interval such as 8-16 modulation code used like DVD is "3", by PR (1, 2, 2, 1) equalization, there are six states at time k to. この場合、時刻k+1における6つの状態へとり得る状態遷移が8通りに制限される状態遷移則を利用しても良い。 In this case, the state transition can take the six states at time k + 1 may be used a state transition rule is restricted to eight. また、最小極性反転間隔が“2”または“3”である記録符号とPR(C0,C1,C1,C0)等化との組合せや、最小極性反転間隔が“2”または“3”である記録符号とPR(C0,C1,C2,C1,C0)等化との組合せにも適用可能である(C0,C1,C2は、任意の正の数である)。 The minimum polarity inversion interval is "2" or "3" is a recording code and PR (C0, C1, C1, C0) combination and the minimum polarity inversion interval of the equalization "2" or "3" recording code and PR (C0, C1, C2, C1, C0) in combination with equalization is applicable (C0, C1, C2 is the number of arbitrary positive).

以上のように、上述の光ディスク記録再生装置は、起動時間の短縮および記録品質の改善を実現できるので、DVDドライバ,DVDレコーダ,BDレコーダなどとして有用である。 As described above, the above optical disc recording and reproducing apparatus, it is possible to realize the shortening and recording quality improvement startup time, DVD driver, DVD recorder, is useful as BD recorder.

11 記録再生部12 再生処理部13 復号処理部14 品質情報検出部15 コントローラ16 メモリ17 ジッタ検出部101 バッファ102 記録補償部103 レーザ駆動部104 光ヘッド201 増幅器202 自動利得制御器203 波形等化器204 クロック生成器205 アナログ・デジタル変換器301 整形部302 最尤復号部401 信頼性計算部402 エッジパターン検出部403 信頼性格納部404 転送部501 モード制御部502 記録再生制御部503 パラメータ制御部 11 reproducing unit 12 reproduction processing unit 13 decoding unit 14 the quality information detection unit 15 the controller 16 memory 17 jitter detecting unit 101 buffer 102 write compensating section 103 a laser driving unit 104 optical head 201 amplifier 202 automatic gain controller 203 waveform equalizer 204 clock generator 205 analog-to-digital converter 301 shaping unit 302 the maximum likelihood decoding section 401 reliability calculation unit 402 edge pattern detection unit 403 reliable storage unit 404 the transfer unit 501 the mode control unit 502 recording reproduction control unit 503 parameter control unit

Claims (8)

  1. 記録データのマーク区間の長さと記録パルスの形状との対応関係が示された記録パラメータに基づいて光ディスクに記録しようとする所定量の記録データを記録パルスに変換し、前記記録パルスに基づいて前記光ディスクのデータ領域に記録ビームを照射して前記データ領域に複数のマークおよびスペースからなる記録領域を形成する記録動作と、前記記録動作によって前記データ領域に形成された記録領域に再生ビームを照射してアナログ再生信号を生成する再生動作とを交互に繰り返す記録再生部と、 A predetermined amount of recording data to be recorded on the optical disc based on the recording parameter corresponding relationship was shown between the shape of the length of the mark period of the recording data and the recording pulse is converted into recording pulses, on the basis of the above recording pulse by irradiating a recording beam into the data area of ​​the optical disc by irradiating a recording operation of forming a recording area consisting of a plurality of marks and spaces in the data area, the reproducing beam on the recording region formed in the data area by said recording operation a recording and reproducing unit are alternately repeated and reproducing operation to generate an analog reproduction signal Te,
    前記アナログ再生信号をデジタル再生信号に変換する再生処理部と、 A reproduction processing unit for converting said analog playback signal into a digital reproduction signal,
    前記デジタル再生信号に最尤復号処理を施して最も確からしい二値化信号を生成する復号処理部と、 A decoding unit that generates the most probable binary signal by performing maximum likelihood decoding processing on the digital playback signal,
    前記二値化信号の遷移エッジ毎に当該遷移エッジを挟んで隣接する前記二値化信号のマーク区間およびスペース区間の組合せによって表現されるエッジパターンを検出し、前記エッジパターン毎に当該エッジパターンに対応する前記最尤復号処理の結果の信頼性を示した信頼性値を検出する品質情報検出部と、 Detecting an edge pattern represented by a combination of marked sections and spaces period of the binary signal to adjacent to each other across the transition edge in each transition edge of said binary signal, on the edge pattern on each of the edge pattern a quality information detection unit for detecting a reliability value showing the results of reliability of the corresponding maximum likelihood decoding,
    前記記録再生部による再生動作の開始から前記記録再生部による記録動作の開始までの期間において、前記エッジパターン毎に検出された信頼性値に基づいて前記記録パラメータに示された記録パルスの形状を調整する制御部とを備えることを特徴とする光ディスク記録再生装置。 In the period of the recording from the start of the reproducing operation by the reproducing unit to start the recording operation by the recording unit, the shape of the recording pulse shown in the recording parameter based on the detected reliability value for each of the edge pattern optical disc recording and reproducing apparatus, characterized in that it comprises a control unit for adjusting.
  2. 請求項1において、 According to claim 1,
    それぞれが異なる記録条件に対応する複数の記録パラメータを格納する情報格納部をさらに備え、 Each further comprising an information storing section for storing a plurality of recording parameters corresponding to different recording conditions,
    前記制御部は、前記情報格納部に格納された複数の記録パラメータの中から現在の記録条件に対応する記録パラメータを選択し、前記エッジパターン毎に検出された信頼性値に基づいて前記現在の記録条件に対応する記録パラメータに示された記録パルスの形状を調整し、 Wherein the control unit is configured to select the information recording parameter corresponding to current recording conditions from a plurality of recording parameters stored in the storage unit, on the basis of the detected reliability value for each edge pattern said current shape of the recording pulses shown in a recording parameter corresponding to the recording conditions by adjusting the,
    前記記録再生部は、前記制御部によって選択された記録パラメータに基づいて前記記録動作を実行することを特徴とする光ディスク記録再生装置。 The recording reproduction unit, the optical disk recording and reproducing apparatus characterized by performing the recording operation based on the recording parameters selected by the control unit.
  3. 請求項1または2において、 According to claim 1 or 2,
    前記制御部は、前記エッジパターン毎に検出された信頼性値に基づいて、前記二値化信号のマーク区間および当該マーク区間を挟んで隣接する前記二値化信号の2つのスペース区間の組合せによって表現される記録パターン毎に当該記録パターンの誤差値を計算し、前記記録パターン毎に計算された誤差値のうち少なくとも1つの誤差値が予め設定された目標値に近づくように前記記録パラメータに示された記録パルスの形状を調整することを特徴とする光ディスク記録再生装置。 Wherein, based on the detected reliability value for each of the edge pattern by a combination of the two space interval of the binary signal that are adjacent across the marked sections and the mark period of said binary signal an error value of the recording pattern was calculated for each recording pattern to be expressed, shown in the recording parameter such that at least one error value among the calculated error value for each of the recording pattern approaches a predetermined target value optical disc recording and reproducing apparatus characterized by adjusting the shape of the recording pulses.
  4. 請求項3において、 According to claim 3,
    前記制御部は、前記記録パターン毎に前記誤差値と前記目標値との差分値が改善基準値よりも大きいか否かを判定し、前記差分値が前記改善基準値よりも大きいと判定された記録パターンのうち少なくとも1つの記録パターンの誤差値が前記目標値に近づくように前記記録パラメータに示された記録パルスの形状を調整することを特徴とする光ディスク記録再生装置。 Wherein the control unit, the difference value of the error value for each recording pattern and said target value is determined whether greater than improve the reference value, the difference value is determined to be greater than the improvement reference value optical disc recording and reproducing apparatus characterized by error value of at least one recording pattern for adjusting the recording parameters shape of the recording pulses shown in so as to come close to the target value of the recording pattern.
  5. 請求項4において、 According to claim 4,
    前記制御部は、前記記録パターン毎に前記誤差値と前記目標値との差分値が不良基準値よりも大きいか否かを判定し、前記差分値が前記不良基準値よりも大きい記録パターンを検出した場合に、前記記録再生部による前回の記録動作によって記録された所定量の記録データが前記記録再生部による次回の記録動作によって前記光ディスクの交代セクタに再記録されるように前記記録再生部を制御し、 Wherein the control unit, the recording pattern the difference value of the error value and the target value is determined greater or not than the failure criterion value for each detection greater recording pattern than the difference value is the defective reference value when, the recording and reproducing unit so that the recording data of a predetermined amount recorded by the previous recording operation by the recording and reproducing unit is re-recorded in an alternate sector of the optical disc by the next recording operation by the recording and reproducing unit control and,
    前記不良基準値は、前記改善基準値よりも大きいことを特徴とする光ディスク記録再生装置。 The defective reference value, the optical disk recording and reproducing apparatus and greater than the improvement reference value.
  6. 請求項3において、 According to claim 3,
    それぞれが異なる記録条件に対応する複数の記録パラメータと、それぞれが異なる記録条件に対応する複数の目標値とを格納する情報格納部をさらに備え、 Further comprising a plurality of recording parameters, each corresponding to different recording conditions, the information storage unit, each of which stores a plurality of the target values ​​corresponding to different recording conditions,
    前記制御部は、前記情報格納部に格納された複数の記録パラメータおよび複数の目標値の中から現在の記録条件に対応する記録パラメータおよび目標値を選択し、前記記録パターン毎に計算された誤差値のうち少なくとも1つが前記現在の記録条件に対応する目標値に近づくように前記現在の記録条件に対応する記録パラメータに示された記録パルスのパルス形状を調整し、 Wherein the control unit selects the recording parameter and the target value corresponding to the current recording conditions from a plurality of recording parameters and the plurality of target values ​​stored in the information storage unit, which is calculated for each of the recording pattern error at least one adjusts the pulse shape of the recording pulses shown in a recording parameter corresponding to the current recording conditions so as to approach the target value corresponding to the current recording conditions of the values,
    前記記録再生部は、前記制御部によって選択された記録パラメータに基づいて前記記録動作を実行することを特徴とする光ディスク記録再生装置。 The recording reproduction unit, the optical disk recording and reproducing apparatus characterized by performing the recording operation based on the recording parameters selected by the control unit.
  7. 請求項1において、 According to claim 1,
    前記制御部は、前記エッジパターン毎に検出された信頼性値のうち前記記録パラメータの調整に利用しようとするエッジパターンの信頼性値を転送するように前記品質情報検出部に指示し、 Wherein the control unit instructs the quality information detection unit to transfer the reliability value of the edge pattern to be used to adjust the recording parameters of the detected reliability value for each of the edge pattern,
    前記品質情報検出部は、前記エッジパターン毎に検出された信頼性値のうち前記制御部によって指定されたエッジパターンの信頼性値を前記制御部に転送することを特徴とする光ディスク記録再生装置。 The quality information detection unit, the optical disk recording and reproducing apparatus characterized by transferring the reliability value of the edge pattern specified by the control unit of the detected reliability value for each of the edge pattern to the control unit.
  8. 請求項1において、 According to claim 1,
    前記品質情報検出部は、 The quality information detection unit,
    前記最尤復号処理によって最も確からしいと判断された第1の状態遷移列の確からしさを示した第1の指標値と前記最尤復号処理によって2番目に確からしいと判断された第2の状態遷移列の確からしさを示した第2の指標値とを計算し、前記第1および第2の指標値の差分値に基づいて前記信頼性値を計算する信頼性計算部と、 A second state in which the it is determined that the probable the second by a first index value and the maximum likelihood decoding processing shown the likelihood of a first state transition sequence is determined most probable by the maximum likelihood decoding a reliability calculation unit which second and index value is calculated, calculates the reliability value based on the difference value of the first and second index value showing the probability of transition sequence,
    前記二値化信号の遷移エッジ毎に前記エッジパターンを検出するエッジパターン検出部と、 An edge pattern detecting unit for detecting the edge pattern on each transition edge of said binary signal,
    前記信頼性計算部によって計算された信頼性値に対して前記エッジパターン検出部によって検出されたエッジパターンを対応付けて格納する信頼性格納部とを含むことを特徴とする光ディスク記録再生装置。 Optical disc recording and reproducing apparatus which comprises a reliability storage unit that stores in association with the detected edge pattern by the edge pattern detection unit with respect to the calculated reliability value by the reliability calculation unit.
JP2010008237A 2010-01-18 2010-01-18 Optical disk recording and reproducing device Granted JP2013062000A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2010008237A JP2013062000A (en) 2010-01-18 2010-01-18 Optical disk recording and reproducing device

Applications Claiming Priority (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2010008237A JP2013062000A (en) 2010-01-18 2010-01-18 Optical disk recording and reproducing device
PCT/JP2010/006857 WO2011086632A1 (en) 2010-01-18 2010-11-24 Optical disk recording and reproducing device and optical disk recording and reproducing method

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2013062000A true true JP2013062000A (en) 2013-04-04

Family

ID=44303939

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2010008237A Granted JP2013062000A (en) 2010-01-18 2010-01-18 Optical disk recording and reproducing device

Country Status (2)

Country Link
JP (1) JP2013062000A (en)
WO (1) WO2011086632A1 (en)

Family Cites Families (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2002245625A (en) * 2001-02-19 2002-08-30 Pioneer Electronic Corp Recording medium, information recording device and method, information recording medium and recording program
RU2334281C2 (en) * 2003-08-14 2008-09-20 ЭлДжи ЭЛЕКТРОНИКС ИНК. Recording medium, method of configuring its control information, record and playback method using it and device for this purpose
JP2007280492A (en) * 2006-04-05 2007-10-25 Matsushita Electric Ind Co Ltd Recording or reproducing device, method, program, and recording signal regulating device, method, program
JP5089939B2 (en) * 2006-08-11 2012-12-05 ソニーオプティアーク株式会社 Recording and reproducing apparatus, an evaluation value operation method
US20110019520A1 (en) * 2008-03-27 2011-01-27 Taiyo Yuden Co., Ltd. Data recording evaluating method and optical disk recording and reproducing device
JP5081737B2 (en) * 2008-06-18 2012-11-28 株式会社日立製作所 Optical information recording method, an optical information reproducing method, and an optical disc apparatus

Also Published As

Publication number Publication date Type
WO2011086632A1 (en) 2011-07-21 application

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6721254B1 (en) Drive device
US20030067998A1 (en) Method for evaluating the quality of read signal and apparatus for reading information
US20030090980A1 (en) Signal quality evaluation method, information recording/reproducing system, and recording compensation method
US20020067677A1 (en) Equalizer and PRML detector
US20060083135A1 (en) Recording method and optical disc apparatus
US20070237059A1 (en) Data reproduction method, data reproduction apparatus, optical disk, and data recording/reproduction apparatus
US20040095862A1 (en) Recording/reproducing device
US20030123364A1 (en) Adaptive equalizer for use in information reproducing apparatus
US20070121461A1 (en) Recording/reproduction method and recording/reproduction apparatus
JP2003030837A (en) Information recorder, information recording method and information recording system
JP2003141823A (en) Method for evaluating quality of reproduced signal, and information reproducing device
JP2005093033A (en) Optical disk device
JP2004335079A (en) Recording control unit, recording and reproducing device, and recording control method
US20070014385A1 (en) Evaluating device, reproducing device, and evaluating method
US20050128911A1 (en) Recording/reproduction apparatus, recording/reproduction method, program, and recording power adjustment apparatus
JP2008047181A (en) Recording/reproducing apparatus, evaluation value calculating method, and evaluation value calculation unit
US20060087947A1 (en) Optical disc apparatus
US20050213462A1 (en) Multi-level information reproducing method, multi-level information recording medium, multi-level information waveform equalizing device, multi-level information reproducing apparatus, multi-level information recording apparatus, signal processing method, reproduced signal processing circuit and optical disk apparatus
US7263043B2 (en) Optical disk apparatus for optimizing laser power during recording
US20050265199A1 (en) Information recording medium recording method, information recording/playback apparatus, and information recording medium
JP2001291325A (en) Regenerative signal evaluating method, information recording medium and information reproducing device
US20090106627A1 (en) Digital information reproduction method
US20030002419A1 (en) Optical disk apparatus permitting high-precision Viterbi decoding
US20040257954A1 (en) Reproduced signal equalizing method for optical information media and optical information reproducing/recording apparatus
US20040208106A1 (en) Information reproducing method and an information reproducing drive (s)