JP2012503170A - Lysis of the cells in situ in a lateral flow immunoassay - Google Patents

Lysis of the cells in situ in a lateral flow immunoassay Download PDF

Info

Publication number
JP2012503170A
JP2012503170A JP2011518872A JP2011518872A JP2012503170A JP 2012503170 A JP2012503170 A JP 2012503170A JP 2011518872 A JP2011518872 A JP 2011518872A JP 2011518872 A JP2011518872 A JP 2011518872A JP 2012503170 A JP2012503170 A JP 2012503170A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
lysis
sample
agent
transport
zone
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2011518872A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
ヴァンダイン,ロバート,ダブリュー.
サンバースキー,ロバート,ピィー.
バブ,ユーマ,マヘシュ
Original Assignee
ラピッド パトゲン スクリーニング,インク.
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Images

Classifications

    • GPHYSICS
    • G01MEASURING; TESTING
    • G01NINVESTIGATING OR ANALYSING MATERIALS BY DETERMINING THEIR CHEMICAL OR PHYSICAL PROPERTIES
    • G01N33/00Investigating or analysing materials by specific methods not covered by the preceding groups
    • G01N33/48Biological material, e.g. blood, urine; Haemocytometers
    • G01N33/50Chemical analysis of biological material, e.g. blood, urine; Testing involving biospecific ligand binding methods; Immunological testing
    • G01N33/53Immunoassay; Biospecific binding assay; Materials therefor
    • G01N33/558Immunoassay; Biospecific binding assay; Materials therefor using diffusion or migration of antigen or antibody
    • CCHEMISTRY; METALLURGY
    • C12BIOCHEMISTRY; BEER; SPIRITS; WINE; VINEGAR; MICROBIOLOGY; ENZYMOLOGY; MUTATION OR GENETIC ENGINEERING
    • C12QMEASURING OR TESTING PROCESSES INVOLVING ENZYMES, NUCLEIC ACIDS OR MICROORGANISMS; COMPOSITIONS OR TEST PAPERS THEREFOR; PROCESSES OF PREPARING SUCH COMPOSITIONS; CONDITION-RESPONSIVE CONTROL IN MICROBIOLOGICAL OR ENZYMOLOGICAL PROCESSES
    • C12Q1/00Measuring or testing processes involving enzymes, nucleic acids or microorganisms; Compositions therefor; Processes of preparing such compositions
    • C12Q1/68Measuring or testing processes involving enzymes, nucleic acids or microorganisms; Compositions therefor; Processes of preparing such compositions involving nucleic acids
    • C12Q1/6813Hybridisation assays
    • C12Q1/6834Enzymatic or biochemical coupling of nucleic acids to a solid phase

Abstract

Devices and methods incorporate lysis agents into a point-of-care testing device. The sample is loaded, and then the sample travels until it encounters a lysis agent. The lysis agent is preferably pre-loaded onto the collection device. In a preferred embodiment, the initially lysis agent is localized between the sample application zone and the conjugate zone. The lysis agent is preferably soluble or miscible in the sample transport liquid, and the lysis agent is solubilized and activated upon contact with the sample transport liquid. The sample transport liquid then contains both lysis agent in solution or suspension and sample components in suspension. Any lysis-susceptible components in a sample, then being exposed in suspension to the lysis agent, are themselves lysed in situ. The running buffer then carries the analyte, including any lysis-freed components, to the detection zone.

Description

この出願は1以上の発明を請求しており、当該発明は2008年7月15日に出願され、「側方流動核酸検出器」と題する米国仮特許出願第61/080,879号と、2008年9月22日に出願され、「側方流動イムノアッセイにおけるインサイツでの細胞の溶解」と題する米国仮特許出願第61/098,935号と、2009年5月18日に出願され、「ウイルス性および細菌性の感染の複合された検出のための方法およびデバイス」と題する米国仮特許出願第61/179,059号とに開示された。 This application is claims one or more inventions, and the invention is filed July 15, 2008, entitled "lateral flow nucleic acid detector" U.S. Provisional Patent Application No. 61 / 080,879, 2008 filed September 22 years, and U.S. provisional Patent application No. 61 / 098,935 entitled "lysis of the cells in situ in the lateral flow immunoassay", filed on May 18, 2009, "viral and the disclosed methods and devices entitled "U.S. provisional Patent application No. 61 / 179,059 for a compounded detection of bacterial infection. 当該米国仮特許出願の米国特許法第119条(e)項の下での利益が、本明細書に請求され、前述の出願は本明細書に参考のために取り込まれる。 35 USC §119 of the U.S. provisional patent application benefit under paragraph (e), are claimed herein, are incorporated by reference herein aforementioned application.

また、この出願は、1以上の発明を請求しており、当該発明は2009年7月14日に出願され、「側方流動核酸検出器」と題する米国特許出願第12/502,626号と、2009年7月14日に出願され、「側方流動イムノアッセイにおけるインサイツでの細胞の溶解」と題する米国特許出願第12/502,662号とに開示された。 Further, this application is claims 1 or more invention, the invention is filed July 14, 2009, and U.S. Patent Application Serial No. 12 / 502,626, entitled "lateral flow nucleic acid detector" , filed July 14, 2009, disclosed in the U.S. Patent application No. 12 / 502,662 entitled "lysis of the cells in situ in the lateral flow immunoassay". 前述の出願は本明細書に参考のために取り込まれる。 Aforementioned applications are incorporated by reference herein.

本発明は、側方流動イムノアッセイの分野に関する。 The present invention relates to the field of lateral flow immunoassays. さらに詳細には、本発明は、側方流動イムノアッセイにおけるサンプルのインサイツでの溶解に関する。 More particularly, the present invention relates to dissolution in situ sample in a lateral flow immunoassay.

側方流動イムノアッセイは、試薬と、より普遍的なイムノアッセイを改良アッセイへとする処理工程とを組み合わせる。 Lateral flow immunoassay, combines a reagent, and a process to the more universal immunoassay improved assay. これは、単一工程の、ポイント・オブ・ケア検査(POCT)を可能にするとともに、標的分子を検出するための鋭敏かつ迅速な手段を提供する。 This is a single step, thereby enabling point-of-care testing (POCT), provides a sensitive and rapid means for detecting a target molecule. 側方流動イムノアッセイは、様々な標的検体に利用可能であり、サンドイッチテスト、または競合テストのフォーマットのために設計可能である。 Lateral flow immunoassays are available for a variety of target analytes can be designed for a sandwich test or format conflict test. 一般的に、複数のエピトープを含む高分子量検体は、サンドイッチフォーマットで分析され、一方で、1つのエピトープだけを表す小分子は、 競合アッセイ手段で検出される。 Generally, high molecular weight specimen containing a plurality of epitopes are analyzed in a sandwich format, on the other hand, small molecules which represent only one epitope is detected in a competition assay means. 第1の側方流動アッセイは、ヒト絨毛性ゴナドトロピン(hCG)に関して検査される。 First lateral flow assays are tested for human chorionic gonadotropin (hCG). 今日、商業的に利用可能な検査は、排卵をモニタし、感染症生物を検出し、薬物の乱用を分析し、さらに、人間生理学にとって重要な他の検体を測定する。 Today, commercially available test monitors ovulation, detecting an infection organisms, analyze the abuse of drugs, furthermore, measures the other important analytes for human physiology. 様々な製品が、獣医学検査、環境検査、および、製品モニタにも導入されている。 Various products, veterinary inspection, environmental testing, and has been introduced to the product monitor.

特許文献1は、唾液サンプル中のHIV特異的な抗体のための側方流動イムノアッセイを開示する。 Patent Document 1 discloses a lateral flow immunoassay for HIV-specific antibodies in saliva samples. 唾液サンプルはサンプル緩衝液中で希釈され、側方流動イムノアッセイは希釈された唾液サンプルに浸漬され、再度、迅速な結果をもたらすポイント・オブ・ケア検査を可能にする。 Saliva samples were diluted with sample buffer and a lateral flow immunoassay is dipped in saliva samples diluted again, to allow point-of-care testing providing rapid results.

特許文献2は、唾液および汗における違法な麻薬に関する、側方流動イムノアッセイを開示する。 Patent Document 2 relates to illegal narcotics in saliva and sweat, discloses a lateral flow immunoassay.

米国特許第5,714,341号 US Pat. No. 5,714,341 ドイツ特許第DE19622503号 German Patent No. DE19622503

時間的な制約および費用的な制約のある臨床設定に適切な、使いやすく、さらに迅速な側方流動イムノアッセイが依然として必要とされている。 Suitable clinical setting with time constraints and cost constraints, easy to use, is more rapid lateral flow immunoassay there remains necessary. この必要性は、サンプルのタイプと標的検体がサンプル調製工程を必要とする状況下でもっとも深刻である。 This need is most acute in situations where the type and target analyte of the sample requires a sample preparation step. 検体がサンプル内部に容易に存在せず、別の溶解工程が、効率的な表示のため、検体を取り除く必要があるとき、この必要性が生じることもある。 Sample does not readily present in the sample inside, another dissolution process, for efficient display, when it is necessary to remove the specimen, sometimes this need arises. そのようなアッセイは、ヒトの体液中の検体に関して直接検査する必要があることもあり、該検体は、複合体内部または細胞膜の裏側で保護されることもある。 Such assays may need to be inspected directly with respect to analytes in human body fluids, specimen may also be protected by the rear side within the complex or cell membrane.

例として、発熱は、幼児が家庭医療および小児科施設の双方の応急手当センター訪れる一般的な原因である。 As an example, fever is a common cause of infant visits first aid center of both of family medicine and pediatric facilities. 通常、これは、呼吸器感染または胃腸炎のいずれかに関連する。 Normally, this is associated with any of respiratory infection or gastroenteritis. 小児期の発熱と不必要な抗生物質の用心深い投与とが高い確率で起こることが、ウィルスを細菌感染と区別するバイオマーカーの迅速なスクリーニング検査を開発する理由である。 To occur in cautious administration and a high probability fever and the unnecessary antibiotics childhood is the reason for the virus to develop a rapid screening test for distinguishing biomarkers and bacterial infections.

所定のイムノアッセイの成功の効率および可能性さえも、検出される任意の抗原の最初の発現に依存するであろう。 Even successful efficiency and the possibility of designated immunoassay will also depend on the initial expression of any antigen to be detected. 抗原および他の標的は、アッセイの抗体にアクセス可能なものでなければならない。 Antigens and other targets shall be accessible to the assay of the antibody. 利用可能な抗原のほとんどまたはすべてが複合体で覆われているか、または、細胞膜の裏、例えば、細胞の細胞質内にアクセスできない場合、アクセスは影響を受けかねない。 Or most or all of the available antigens is covered by the complex, or, the back of the cell membrane, for example, when you do not have access to the cytoplasm of cells, access that could be affected. このような状況下で、実行可能かつ効率的なアッセイは、化合物を曝露するために複合体を分解すること、または、細胞壁、または、細胞もしくはオルガネラの膜、または、ウィルス外被などの障壁を除去することのいずれかによって、抗原を接近可能にするよう設計された溶解工程を含んでもよい。 Under such circumstances, feasible and efficient assays, decomposing the complex to expose the compound or cell wall, or cell or organelle membranes, or a barrier, such as virus envelope either by removing it may include designed dissolving step to the accessible antigen. しかしながら、そのような追加された溶解工程は、アッセイを複雑にするとともに遅らせ、アッセイを複雑にしすぎるか、または、臨床設定下の実務作業に時間がかかってしまうことさえある。 However, such additional dissolution step is delayed with complicate assay, or too complicate assay, or may even takes time to practical work under clinical setting.

複合体分子内部、または、膜もしくは他の障壁の裏側で保護される検体を検出するために、イムノアッセイ分野の1つの手法は、イムノアッセイを行う前に、複合体または障壁を溶解するとともに所望の検体を抽出する。 Complex molecule inside or in order to detect the analyte to be protected by the rear side of the membrane or other barrier, one approach immunoassay field, prior to performing an immunoassay, the desired analyte as well as dissolving the complex or barrier It is extracted. 障壁が細胞壁または細胞膜である場合、細胞は、赤血球、白血球、上皮、ウィルス、真菌、または、細菌であってもよく、および、細胞は、正常であっても、または、悪性であってもよい。 If the barrier is a cell wall or cell membrane, cells, red blood cells, white blood cells, epithelial, viruses, fungi, or may be a bacterium, and the cells may be a normal, or may be a malignant . 伝統的には、必要とされる溶解工程は、サンプル調製工程として、所望のイムノアッセイの前に行われるとともに、物理的に別に行われる。 Traditionally, lysis steps are required, as a sample preparation step, the performed prior to the desired immunoassay, is physically performed separately.

ポイント・オブ・ケア検査における実務作業とは、アッセイが、適時性、正確性、感度、特異性、および、使いやすさを含む(ただし、これらに限定されない)ポイント・オブ・ケア検査の要件を満たす結果を報告するようなやり方で作動することを意味する。 The practical task at the point-of-care testing, assay, timeliness, accuracy, sensitivity, specificity, and includes usability (but not limited to) the point-of-care testing requirements fill means to operate in such a manner as to report the results. したがって、側方流動イムノアッセイを行う前に、別の溶解工程の必要性を回避することができる方法およびデバイスが、当該技術分野で必要とされている。 Therefore, before performing the lateral flow immunoassay, a method and device capable of avoiding the need for a separate dissolution step, there is a need in the art.

サンプルをポイント・オブ・ケア検査デバイスへと移す前に細胞を溶解させる代わりに、本発明は、溶解が別の工程として行われる必要がないように、溶解剤をポイント・オブ・ケア検査デバイスに取り入れるデバイスおよび方法を含む。 Instead of dissolving the cells prior to transferring the sample to the point-of-care testing devices, the present invention is, as dissolution is not required to be performed as a separate step, the dissolving agent of the point-of-care testing devices adopt, including the devices and methods. 溶解工程は、サンプル分析デバイスの不可欠な部分として、検査ストリップそのものの上で行われる。 Dissolution process, as an integral part of the sample analysis device, is performed on the test strip itself.

本発明の実施形態で用いられるサンプル分析デバイスを示す。 It shows a sample analysis device used in the embodiment of the present invention. 図1の検査ストリップを含むハウジングを示す。 It shows a housing containing a test strip of FIG. サンプルを採取する採取デバイスを示す。 It shows a sampling device for collecting a sample. 図1および図2のサンプル分析デバイスと、図3の採取デバイスとを含む、検査キットを示す。 Including a sample analysis device of FIG. 1 and FIG. 2, the collection device of FIG. 3 shows a test kit. 本発明の実施形態において、サンプル塗布領域と複合体領域との間に配された溶解領域を含む、サンプル分析デバイスを示す。 In an embodiment of the present invention, including the dissolution zone disposed between the sample application region and conjugate region, showing the sample analysis device. 本発明の実施形態において、サンプル塗布領域に重なる溶解領域を含む、サンプル分析デバイスを示す。 In an embodiment of the present invention, including the dissolution region overlapping the sample application area, illustrating the sample analysis device. 本発明の実施形態において、複合体領域に重なる溶解領域を含む、サンプル分析デバイスを示す。 In an embodiment of the present invention, including the dissolution region overlapping the complex area, showing the sample analysis device. 本発明の実施形態において、サンプル塗布領域と複合体領域とに重なる溶解領域を含む、サンプル分析デバイスを示す。 In an embodiment of the present invention, including the dissolution region overlapping the sample application region and conjugate region, showing the sample analysis device. 本発明の実施形態において、サンプル塗布領域と複合体領域との間に阻止領域を含む、サンプル分析デバイスを示す。 In an embodiment of the present invention, the sample application region and including the blocking area between the complex area, showing the sample analysis device. 本発明の別の実施形態において、サンプル塗布領域と検出領域との間に阻止領域を含む、サンプル分析デバイスを示す。 In another embodiment of the present invention, including blocking regions between the sample application region and the detection region, showing the sample analysis device. 本発明の別の実施形態において、サンプル塗布領域と複合体領域との間に阻止領域を含む、サンプル分析デバイスを示す。 In another embodiment of the present invention, the sample application region and including the blocking area between the complex area, showing the sample analysis device. 本発明の実施形態において、サンプル塗布領域と検出領域との間に阻止領域を含む、サンプル分析デバイスを示す。 In an embodiment of the present invention, including blocking regions between the sample application region and the detection region, showing the sample analysis device.

ポイント・オブ・ケア検査デバイスの「外部」で細胞を溶解する代わりに、本発明は、「インサイツでの溶解」を利用する。 Instead of dissolving the cells with "external" point-of-care testing devices, the present invention utilizes a "dissolution in situ". 本明細書で用いられるインサイツでの溶解という用語は、溶解操作が別の工程として行われないように、クロマトグラフィー検査ストリップまたは他の側方流動イムノアッセイデバイスなどのポイント・オブ・ケア検査デバイスに、溶解剤を取り入れるための技術について記載している。 The term dissolution in situ, as used herein, as dissolution operation is not performed as a separate step, the point-of-care testing devices such as chromatography test strip, or other lateral flow immunoassay device, It describes techniques for introducing the dissolving agent.

インサイツでの溶解は、別の溶解工程に勝る明白な利点を提供する。 Dissolved in situ provides distinct advantages over other dissolving step. このような利点のいくつかは、 Some of these advantages,
1. 1. 高効率性。 High efficiency. デバイスに移す前に溶解した細胞は、本質的に回復率を低下させる。 Cells lysed before being transferred to the device reduces the inherently recovery rate. したがって、さらなる移動工程を回避することで、効率性と感度を高める。 Thus, by avoiding further movement step, increase the efficiency and sensitivity.
2. 2. 高安定性。 High stability. 多くの細胞内検体は不安定である。 Many intracellular analyte is unstable. インサイツでの溶解設定中に抗体および抗原との相互作用にかかる時間を著しく減少させることによって、この不安定さは克服することができる。 By significantly reducing the time required for interaction with the antibody and antigen in dissolution set in situ, this instability can be overcome.
3. 3. さらに迅速な検査と結果。 More rapid testing and results. インサイツでの溶解は、別の外部の溶解工程の必要性を取り除き、ポイント・オブ・ケア検査シナリオにおける検査結果の迅速さが増す。 Dissolved in situ removes the need for a separate external dissolution step, rapidity of the test results at the point-of-care testing scenarios increases.
4. 4. 干渉の減少。 Reduction of interference. 適切な「阻止領域」を用いて、細胞片または細胞に結合した材料が、アッセイ反応領域に到達するのを阻止することができる。 Using an appropriate "blocking area", the material bound to the cellular debris or cell can be prevented from reaching the assay reaction area. 所望の検体が細胞内にあり、かつ、阻止される必要のある細胞壁または細胞片を伴うタンパク質であり、アッセイの抗体が保護されている場合、溶解剤の下流およびアッセイの上流の阻止領域が干渉を減らすために用いられてもよい。 Desired analyte is intracellular and a protein with a cell wall or cell debris that needs to be blocked, if the assay of the antibody are protected, upstream of the blocking area of ​​the downstream and assays solubilizer interference it may be used to reduce.

「インサイツでの溶解」は、複合体が免疫複合体であれ、何らかの結合材料であれ、「複合体の分解」にも適用することができる。 "Dissolution in situ" may be complex if immune complexes, whether any binding material, is applied to "degradation of the complex." このような複合体をインサイツで溶解することによって、複合体中の検体の量を測定することができる。 By dissolving such a complex in situ, it is possible to determine the amount of analyte in the complex.

好適な実施形態において、サンプル分析デバイスは、クロマトグラフィー検査ストリップ、例えば、側方流動または流水式(flow through)検査ストリップなどを含む。 In a preferred embodiment, the sample analyzing device includes chromatographic test strip, e.g., lateral flow or flow-like (flow through) test strip. 検査ストリップは、サンプル塗布領域、溶解領域、複合体領域、および、検出領域を含む。 Test strip, sample application area, the dissolution zone, the complex region, and a detection region. 好ましくは、検査ストリップは、さらに、廃棄物領域、対照群領域、担体裏当て材(carrier backing)、ハウジング、および、結果を読み出すためのハウジング内の開口部を任意で含む。 Preferably, the test strip further waste area, a control group region, the carrier backing material (carrier backing), housing, and includes an opening in the housing for reading the results desired. このような構成要素のいくつかまたはすべての任意の組み合わせが、検査ストリップに含まれてもよい。 Some or all of any combination of such components may be included in the test strip. 検出領域におけるサンプル分析は、標準的な手段、例えば、免疫学的検出法、生化学的検出法、または、酵素検出法によって行われてもよい。 Sample analysis in the detection region, standard means, for example, immunological detection methods, biochemical detection methods, or may be performed by enzymatic detection methods. 好ましくは、検出方法は、検査される病原体などの標的と特異的に結合可能な抗体、核酸、リガンド/受容体、または、ナノ粒子の使用と、例えば、酵素検出による、または、直接的な標識群、例えば、当該技術分野で周知のような、目に見える粒子もしくは色のついた粒子、染料、磁性粒子、蛍光粒子またはリン光粒子、化学発光粒子、放射性同位元素リガンド(radioisotopic ligands)、酵素、ペプチド、アミノ酸、コロイド粒子、または、ビーズなどの手段による、その後の結合部分の視覚化とを含む。 Preferably, the detection method, target and capable of specifically binding antibodies, such as a pathogen to be tested, a nucleic acid, ligand / receptor, or the use of nanoparticles, for example, or by enzymatic detection, direct labeling group, for example, such as is well known in the art, particles with a particle or color visible dyes, magnetic particles, fluorescent particles or phosphorescent particles, chemiluminescent particles, radioisotopes ligand (radioisotopic ligands), the enzyme , peptides, amino acids, colloidal particles, or by means such as a bead, and a visualization of the subsequent binding moiety.

マーカーの検出は、検出領域で達成されてもよい。 Detection of a marker may be achieved in the detection region. 結合分子は、検出領域における免疫反応または他の反応によって、標識複合体または標識マーカーのアナログを固定化し、こうして、工程の間に検出領域に目に見える検査ラインを作る。 Binding molecule by the immune reaction or other reaction in the detection area, an analog of the labeled complex or labeled marker immobilized, thus, make the test lines visible in the detection region during step. 好ましくは、標識は、光学的に検出可能な標識である。 Preferably, the label is a detectable label optically. 検査ラインに複合体を形成することにより、標識を集中させて固定化し、検査ラインは肉眼で目に見えるようになり、陽性の検査結果であることを示す。 By forming a complex inspection line, and immobilized labeled is concentrated, the test line becomes visible to the naked eye, indicating a positive test result. 特に好ましいのは、直接標識であり、さらに具体的には、肉眼でもっともよく認識できる金標識である。 Particularly preferred are direct labels, and more specifically, a gold-labeled recognizable best with the naked eye. さらに、電子読み出しデバイス(例えば、測光トランスデューサー、音響トランスデューサー、インピーダンス変換器(impedimetrical transducer)、電位差変換器、および/または、電流測定変換器に基づく)は、さらに正確な結果と検体の半定量化を得るために使用することができる。 Furthermore, the electronic reading device (e.g., photometric transducers, acoustic transducers, an impedance converter (Impedimetrical transducer), the potential difference transducers, and / or, based on the current measurement converter) is more accurate results and a semi-quantitation of the analyte it can be used to obtain a reduction. 他の標識は、ラテックス、フルオロフォア、または、ホスホロフォア(phosphorophore)であってもよい。 Other labels, latex, fluorophores, or it may be a phosphorophore (phosphorophore).

さらに、この発明は、記載された方法の性能を発揮するためのデバイスおよび検査キットを含む。 Furthermore, the invention includes a device and test kit for exhibiting the performance of the described methods.

いくつかの好適な実施形態において、サンプル中の検体のための特異結合パートナーは、モノクローナル、ポリクローナル、単一ドメインもしくは組み換え抗体、または、病原体と結合可能な抗体フラグメントである。 In some preferred embodiments, specific binding partner for the analyte in the sample, monoclonal, polyclonal, single domain or recombinant antibody, or an antibody fragment capable of binding to the pathogen. 代替的に、特異結合パートナーは、病原体またはアレルゲンに対する抗体と結合可能な抗原であってもよい。 Alternatively, specific binding partner may be an antigen capable of binding with antibodies against a pathogen or allergen. 結合パートナーの他のタイプは、アプタマーまたはリガンド/受容体、ナノ粒子、または、核酸などの生物有機高分子(bioorganic macromolecules)を含むが、これらに限定されない。 Other types of binding partners, aptamer or ligand / receptor, nanoparticles, or, including biological organic polymers, such as nucleic acids (Bioorganic Macromolecules), but are not limited to.

目で見える標識は、肉眼で目に見える任意の標識であってもよく、コロイド金、染色ラテックスビーズ、セレン、または、炭素などの色のついた粒子を含むが、これらに限定されない。 Labeled visible by eye can be any of the labels visible to the naked eye, colloidal gold, stained latex beads, selenium, or, including colored particles such as carbon, and the like. いくつかの実施形態において、目に見えるタグは、蛍光成分で被覆されてもよい。 In some embodiments, tag visible, may be coated with a fluorescent moiety. いくつかの実施形態において、蛍光成分は蛍光染料である。 In some embodiments, the fluorescent moiety is a fluorescent dye. あるいは、好ましくは無色の蛍光ラテックスビーズ複合体の混合物は、コロイド金(可視スペクトル)複合体、または、目に見えて読み出される検査ラインを生成する複合体とともに、アッセイの感度を上げて、真の陽性および真の陰性を視覚的に読み出すのに役に立つための側方流動イムノアッセイで混合される。 Alternatively, preferably a mixture of a fluorescent latex bead complexes of colorless colloidal gold (visible spectrum) complex, or, together with the complex to produce a test line to be read visibly, by increasing the sensitivity of the assay, the true They are mixed in a lateral flow immunoassay for availing positive and true negative for visually read. ナノ粒子が用いられる実施形態において、用いられるナノ粒子は、セレン、炭素、および、コロイド金を含むが、これらに限定されない。 In embodiments where the nanoparticles are used, the nanoparticles used, the selenium, carbon, and, including colloidal gold, and the like. 好適な標的は、タンパク質、糖タンパク質、プロテオグリカン、核酸、および、リポタンパク質を含むが、これらに限定されない。 Suitable targets are proteins, glycoproteins, proteoglycans, nucleic acids, and, including lipoproteins, and the like. 他の好適な標的は、病原体、低分子量化合物、および/または、アレルギー関連化合物を含むが、これらに限定されない。 Other suitable target pathogen, low molecular weight compounds, and / or, including allergy-related compounds, but are not limited to. 病原体は、ウィルス、微生物、例えば、細菌、および、寄生虫、例えば、アメーバ、または、線形動物などから好適に選択される。 Pathogens, viruses, microorganisms, e.g., bacteria, and parasites, such as amoeba, or are suitably chosen from such nematodes. アレルギー関連化合物は、アレルゲンおよび抗アレルギー化合物から好適に選択される。 Allergy-related compound is preferably selected from allergens and anti-allergic compounds.

いくつかの好適な実施形態において、サンプルは、体液サンプルである。 In some preferred embodiments, the sample is a body fluid sample. このような実施形態において、体液サンプルは、粘膜液(口腔、鼻腔、膣腔、眼腔の中から好適に)、血液、尿、涙、脳脊髄液、腺からの分泌物、および、病変または疱疹、例えば、皮膚上の病変または疱疹からの分泌物から選択された体表面から好適に採取される。 In such embodiments, the body fluid sample, mucosal fluid (suitably oral, nasal, vaginal, among Me腔), blood, urine, tears, cerebrospinal fluid, secretions from glands, and, lesions or herpes, for example, it is preferably taken from a selected body surface from secretions from lesions or blisters on the skin. さらに好ましくは、サンプルは、口腔液、鼻腔液、眼腔液、生殖液、および、直腸液、皮膚の病変または疱疹からの分泌物、CSF(脳脊髄液)、および、滲出液から選択される。 More preferably, the sample is oral fluid, nasal fluid, ocular cavity fluid, reproductive fluids and, rectal fluid, secretions from lesions or herpes skin, CSF (cerebrospinal fluid), and is selected from exudate . いくつかの実施形態において、体液サンプルは、好適には、一度採取されると流れない流体である。 In some embodiments, the body fluid sample is preferably a fluid which does not flow once is taken.

側方流動デバイスは知られており、例えば、米国公開特許出願第2005/0175992号、および、第2007/0059682号に記載されている。 Lateral flow devices are known, for example, U.S. Published Patent Application No. 2005/0175992, and are described in US 2007/0059682. 両出願内容は、参照することにより本明細書に組み込まれる。 Both applications contents of which are incorporated herein by reference. 当該技術分野で知られている他の側方流動デバイスは、本発明のシステムおよび方法によって代替的に用いられることができる。 Other lateral flow devices known in the art may be used alternatively by the system and method of the present invention.

米国公開特許出願第2007/0059682号は、1以上の干渉物質を含有することもできる検体とサンプルとを検出することについて開示している。 U.S. Published Patent Application No. 2007/0059682 discloses a detecting a sample and a sample that may contain one or more interfering substances. この公開公報は、クロマトグラフィー担体上の干渉物質を獲得することによって検体と干渉物質とを分離することと、および、干渉物質から分離したその担体上で分析を検出することとを教示している。 This publication teaches the method comprising separating the analyte and interferents by acquiring interferents on chromatographic support, and, and detecting analyzed on its support separated from interfering substances .

米国公開特許出願第2005/0175992号は、体液サンプルがスワブ部材などの採取デバイスによって採取されるヒトの体液中で、病原体および/またはアレルギー関連化合物などの標的を検出する方法を開示している。 U.S. Published Patent Application No. 2005/0175992, the body fluid sample in body fluids of the person to be taken by the sampling device, such as a swab member, discloses a method for detecting a target such as a pathogen and / or allergy-related compounds. サンプルはスワブ部材からサンプル分析デバイスへと移され、サンプル分析デバイスにおいて、免疫化学的手段または酵素的手段によって標的の分析が行われる。 Samples are transferred from the swab member to a sample analysis device, the sample analysis device, analysis of target is performed by immunochemical or enzymatic means. 検査結果は非常に短時間、表示することができ、ユーザが直接読み出すことができる。 Short test result is very, can be displayed, it can be read directly by the user. これによって、ポイント・オブ・ケア検査は、患者の診察中に、結果を入手することができるようになる。 As a result, the point-of-care testing, in the patient's examination, it becomes possible to obtain the result. この同時係属出願において開示される発明は、結膜炎の診断に特に有効である。 Invention disclosed in this copending application is particularly effective in the diagnosis of conjunctivitis.

図1乃至図4で示されるクロマトグラフィー検査ストリップは、複数の異なるストリップ材料を含む。 Chromatography test strip shown in FIGS. 1 to 4 includes a plurality of different strip material. デバイスは、好ましくは、吸収パッド(1)、塗布領域(2)、検出領域(3)、および、廃棄物領域(4)を含む。 Device is preferably absorbent pad (1), the coating region (2), the detection area (3), and a waste area (4). ストリップ材料は、接着性のプラスチック裏当て材(5)上に配される。 Strip material is arranged on adhesive plastic backing (5). 吸収パッド(1)は、サンプルの検出領域(3)への移動を促進するために、溶出培地を追加するためのこの例において提供される。 Absorbent pad (1), in order to facilitate the movement of the sample in the detection region (3), it is provided in this example to add a dissolution medium. 米国公開特許出願第2007/0059682号は、側方流動イムノアッセイの特異性を増加させる方法について記載している。 U.S. Published Patent Application No. 2007/0059682 describes a method of increasing the specificity of the lateral flow immunoassay. このような方法は、本明細書に記載の実施形態と組み合わせて用いることもできる。 Such methods can also be used in combination with the embodiments described herein.

図2は、ハウジング(6)を示し、このハウジングは好ましくはプラスチックで、図1に示される検査ストリップを含有する。 Figure 2 shows a housing (6), the housing preferably of plastic, containing the test strip shown in Figure 1. サンプル適用ウィンドウ(7)は、採取デバイスを検査ストリップと接触させる。 Sample application window (7) is contacted with the test strip to collection device. 検査結果は読み出しウィンドウ(8)に表示される。 Inspection results are displayed on the read window (8). 図3は、サンプルを採取する採取デバイスを示す。 Figure 3 shows a sampling device for collecting samples. 1つの例において、採取デバイスはスワブ部材である。 In one example, the collection device is a swab member. 採取デバイスは本体部(9)を備え、この本体部は、好ましくはプラスチックで、本体部上に固定されたサンプル採取材料(11)と、採取デバイスが検査ストリップと動作可能なように接触する際に読み出しウィンドウに対応する開口部(10)とを備える。 Collection device comprises a body portion (9), the body portion is preferably of plastic, the sampling material secured on the body portion (11), collected when the device is in contact operably test strip It comprises openings corresponding to the read window and (10). 図4は検査キットを示し、この検査キットは、図1および図2のサンプル分析デバイスと、図3の採取デバイスとを備える。 Figure 4 shows a test kit, the test kit includes a sample analyzing device of FIGS. 1 and 2, the collection device of FIG.

本発明の方法およびデバイスは、サンプル材料をインサイツで溶解するために、図1乃至図4に記載の側方流動イムノアッセイ検査ストリップの一部として、または、当該技術分野で知られている他の側方流動イムノアッセイデバイスの一部として、少なくとも1つの溶解剤を含む溶解領域を組み込んでいる。 The method and device of the present invention, in order to dissolve the sample material in situ, as part of the lateral flow immunoassay test strip according to FIGS. 1 to 4, or, the other side that are known in the art as part of the square flow immunoassay devices incorporate a dissolution region including at least one solubilizer.

本発明は、サンプルを載せるための様々な方法に適している。 The present invention is suitable for various methods for placing the sample. アッセイは、サンプルが体液などの十分な量の液体に移されると直接開始されるか、または、その工程は、サンプルが、サンプル輸送液体(sample transport liquid)(例えば、水道水または緩衝液)によって加えられるか、溶出されることを必要とするかのいずれかである。 Assay or sample is started directly when transferred to a sufficient amount of liquid such as body fluid, or the process is, the sample, the sample transport liquid (sample transport liquid) (e.g., tap water or buffer) or added is either it requires to elute. 1つの好適な実施形態において、スワブなどによって採取されたサンプルは、検査ストリップのサンプル塗布領域上に直接移される。 In one preferred embodiment, samples taken by such swab is transferred directly to the sample application region of the test strip. この実施形態において、サンプル輸送液体がその後、検査ストリップに加えられる。 In this embodiment, the sample transport liquid is then added to the test strip. 別の好適な実施形態において、液体サンプルを、検査ストリップのサンプル塗布領域上に直接、沈着させる。 In another preferred embodiment, the liquid sample directly to the sample application region of the test strip, is deposited. この実施形態において、液体サンプル自体は、十分な量があれば、輸送液体になる。 In this embodiment, the liquid sample itself, if there is a sufficient amount, the transport liquid. 液体サンプルの量が不十分な場合、サンプル輸送液体がさらに追加される。 If the amount of the liquid sample is insufficient, the sample transport liquid is further added. さらに別の好適な実施形態において、液体サンプルをサンプル輸送液体と事前に混合し、その後、両方を一緒に検査ストリップに塗布する。 In yet another preferred embodiment, a mixture of liquid sample in advance and the sample transport liquid, then applied to the test strip both together.

サンプルを載せた後、輸送液体とともに移動するサンプルは、溶解剤と遭遇するであろう。 After placing the sample, the sample that moves with the transport liquid will encounter solubilizer. 溶解剤は、検査ストリップ上に事前に載せられており、輸送液体により溶出する。 Solubilizer is placed in advance on the test strip, eluting with transport liquid. いくつかの好適な実施形態において、溶解剤は検査ストリップで乾燥された。 In some preferred embodiments, solubilizer was dried test strip. あるいは、溶解剤をフリーズドライまたは凍結乾燥によって事前に乾燥されてもよく、その後、検査ストリップ上に事前に載せてもよい。 Alternatively, dissolution agents may be pre-dried by freeze-drying or freeze-drying, it may then be placed in advance on the test strip. 他の実施形態において、溶解剤は、検査ストリップ上で吸収されたり、吸着されたり、埋め込められたり、または、捕捉されてもよい。 In other embodiments, solubilizer, or it is absorbed on the test strip, or adsorbed, or are embed, or may be captured. 好適な実施形態において、溶解剤は、サンプル塗布領域と複合体領域との間で局在化している。 In a preferred embodiment, the lysis agent is localized between the sample application region and conjugate region. 溶解剤は、好ましくは、サンプル輸送液体中に溶解または混和し、溶解剤は、サンプル輸送液体に接触すると、可溶化するとともに活性化する。 Solubilizer, preferably, dissolved or incorporated into the sample transport liquid, dissolution agent, in contact with the sample transport liquid, activated with solubilized. サンプル輸送液体は、溶液または懸濁液中の溶解剤と、懸濁液中のサンプル成分とを両方とも含有する。 Sample transport liquid contains a solubilizer in solution or suspension, and sample components in suspension both. サンプル中の任意の溶解しやすい成分は、その後、懸濁液中で溶解剤に晒され、インサイツでそれ自体が溶解する。 Any easily dissolved components in the sample are then exposed to dissolving agent in suspension, which itself dissolves in situ. 使用している緩衝液は、その後、任意の溶解から解放された成分を含む検体を、複合体領域を通って検出領域へと運ぶ。 Buffer are used, then the sample containing the ingredients freed from any dissolution, transport to the detection region through the complex region.

溶解剤が事前に載せられた位置は、必要に応じて変えることができる。 Dissolution agent was placed in advance position may be varied as required. サンプルが溶解剤と相互作用しなければならない時間を最大化するために、同様に、溶解剤が検出領域に到達する時間を最小化するために、乾燥した溶解剤、吸収された溶解剤、吸着された溶解剤、埋め込まれた溶解剤、または、捕捉された溶解剤は、サンプル塗布領域内またはサンプル塗布領域のちょうど下流に配されてもよい。 In order to maximize the time that the sample has to interact with the solubilizer, likewise, for the dissolving agent to minimize the time to reach the detection area, dry solubilizers, absorbed solubilizers, adsorption dissolution agents, embedded solubilizers, or trapped dissolving agent, just may be arranged downstream of the sample application area or a sample application area. あるいは、溶解した生成物が複合体領域に到達する前に移動しなければならない距離を最小化するために、溶解剤は複合体領域のさらに近傍に配されてもよい。 Alternatively, the dissolved product in order to minimize the distance that must be moved before reaching the complex region, dissolution agent may be arranged to further vicinity of the complex region.

検査ストリップ上に事前に載せられた溶解剤の濃度は、好ましくは、0.001%および5%重量/容量の間である。 Concentration of dissolved agent placed on the pre-on test strip is preferably between 0.001% and 5% weight / volume. 事前に載せられる容量は、溶解剤が事前に載せられる場所に依存する。 Capacity to be put in advance, depending on the location where the dissolving agent is placed in advance. 適切な範囲は、サンプル採取器のフリース(collector fleece)(サンプル塗布領域)に事前に載せられるときは、1乃至10マイクロリットルであり、吸収パッドまたは検査ストリップ内の他の位置に事前に載せられるときは、5乃至50マイクロリットルである。 Suitable ranges are sampler fleece (collector fleece) (sample application region) when pre-rests are 1 to 10 microliters, is placed in advance in addition to the position of the absorbent pad or test the strip time is 5 to 50 microliters. 理想的には、事前に載せられる量は、約3マイクロリットルが採取器のフリースに事前に載せられるか、または、約10マイクロリットルが吸収パッドまたは検査ストリップ内の他の位置に事前に載せられなければならない。 Ideally, the amount to be loaded in advance, or about 3 microliters is placed in advance fleece collector, or about 10 microliters is loaded in advance in addition to the position of the absorbent pad or test the strip There must be.

特異的な溶解環境および溶解剤の選択は、検体とアッセイに依存するであろう。 Selection of specific lysis environment and dissolution agent will depend on the analyte and assay. pHとイオン強度は、溶解環境の鍵となる。 pH and ionic strength, the key to dissolution environment. 溶解剤によって確立されるpHに関しては、4.0以下のpHは、材料、特にタンパク質を沈殿させる傾向がある。 For the pH established by the dissolving agent, 4.0 or less in pH, tend material, it is particularly precipitate proteins. 約10.0以上の高pHは、タンパク質および細胞壁などの材料を溶解させる傾向がある。 High pH of about 10.0 or greater, tend to dissolve the material, such as proteins and cell wall. したがって、約10.0またはそれ以上のpHが、多くの応用例で好ましい。 Thus, about 10.0 or more pH is preferred in many applications. あるいは、低pHは、核酸標的に好ましいこともある。 Alternatively, the low pH is also preferred to nucleic acid targets.

溶解剤によって確立されるイオン強度に関しては、高イオン強度および低イオン強度の双方が溶解のために用いられてもよい。 For the ionic strength established by dissolving agents may be used for both high and low ionic strengths are dissolved. 例えば、低イオン強度(低浸透圧性)は、赤血球を破壊する傾向がある。 For example, low ionic strength (hypotonic) tend to destroy the red blood cells. 水それ自体は、赤血球を溶解することができる。 Water itself can lyse erythrocytes. 高イオン強度環境は、特定の細胞壁および膜を破裂させるために用いられてもよい。 High ionic strength environment may be used to rupture the specific cell wall and membrane.

特異的な溶解剤に関して、これらの溶解剤は、その性質に基づいて分類および選択される:塩、両性およびカチオン活性剤、イオン性および非イオン性洗剤。 For specific lysis agents, these solubilizers are classified and selected based on their properties: salts, amphoteric and cationic active agents, ionic and non-ionic detergent. 塩、塩化アンモニウム(NH Cl)は、赤血球を溶解する。 Salts, ammonium chloride (NH 4 Cl) dissolves the red blood cells. 高濃度の塩化ナトリウム(NaCl)および塩化カリウム(KCl)を含むが、これらに限定されない他の塩は、特定の細胞壁および膜を破裂させることもある。 Although a high concentration of sodium chloride (NaCl) and potassium chloride (KCl), other salts, which are not limited to, it is also possible to rupture the specific cell wall and membrane. 他の溶解剤は、LysoPC、CHAPS、および、両性洗浄剤(Zwittergent)を含むがこれらに限定されない両性剤である。 Other solubilizers, LysoPC, CHAPS, and an amphoteric agent including amphoteric detergent and (Zwittergent) without limitation. あるいは、C16TABおよび塩化ベンザルコニウムを含むがこれらに限定されないカチオン剤は、溶解剤として用いられてもよい。 Alternatively, the cationic agents including C16TAB and benzalkonium chloride are not limited to these, it may be used as solubilizer. イオン性および非イオン性洗剤は両方とも、リポタンパク質および糖タンパク質などの細胞壁または細胞膜成分を破壊または溶解するために、しばしば用いられる。 Both ionic and non-ionic detergents, in order to destroy or dissolve the cell wall or cell membrane components such as lipoproteins and glycoproteins are often used. 一般的なイオン性洗剤は、SDS、コール酸、および、デオキシコール酸を含むが、これらに限定されない。 Common ionic detergent, SDS, cholic acid and, including deoxycholic acid, and the like. イオン性洗剤は、優れた可溶化剤である。 Ionic detergent is an excellent solubilizer. 抗体は、0.1%SDSまたはそれ未満で活性を維持する。 Antibodies maintains 0.1% SDS or less active. 一般的な非イオン性洗剤は、オクチルグルコシド、ジギトニン、C12E8、ルブロール、トリトンX100、Noniodet P−40、Tween 20、および、Tween 80を含むがこれらに限定されない。 Common nonionic detergents include octyl glucoside, digitonin, C12E8, Lubrol, Triton X100, Noniodet P-40, Tween 20, and, including Tween 80, but not limited to. 非イオン性洗剤および弱イオン性洗剤は、弱変性剤であり、ウィルス表面タンパク質などの膜たんぱく質を可溶化するためにしばしば用いられる。 Non-ionic detergents and weak ionic detergent is a weak denaturant, is often used to solubilize membrane proteins, such as virus surface proteins. さらなる溶解剤は、尿素および酵素を含むが、これらに限定されない。 Additional solubilizing agents include, but urea and enzymes, and the like. 異なる溶解剤の組み合わせが、溶解環境を最適化するために用いられてもよい。 Combinations of different dissolution agents may be used to optimize the dissolution environment.

界面活性剤は、一般的に、湿潤剤であり、液体の表面張力を低下させる。 Surfactant is typically a wetting agent to lower the surface tension of the liquid. これによって、液体間の界面張力を低下させることで容易に拡散することが可能になる。 This makes it possible to easily diffuse by lowering the interfacial tension between the liquids. こうして、界面活性剤は、抗原と抗体の自然結合、または、リガンドと受容体の自然結合に干渉することができる。 Thus, the surfactant is a natural bond between antigen and antibody, or can interfere with the natural binding of ligand to the receptor. その濃度は、したがって、溶解剤の各々のクラスから実験的に選択される。 The concentration, therefore, experimentally selected from each class of lysing agents. 溶解が生じると、所望の結合反応が阻害されないことが重要である。 When dissolution occurs, it is important that the desired coupling reaction is not inhibited. 一般的に、0.001%の溶解剤濃度が、下限とみなされ、上限は約1%である。 In general, the dissolution concentration of 0.001% is considered the lower limit, the upper limit is about 1%. 溶解剤の組み合わせが用いられると、追加的なまたは相乗的な効果がある。 When a combination of solubilizers is used, there is additional or synergistic effects. これは、濃度の動作範囲を拡大して、約0.001%から1%まで行うようにする。 This enlarges the operating range of the concentration, to perform from about 0.001% to 1%. 最終的に、いくつかの望ましくない非特異的な結合は、5%濃度のTween 20で妨げられてもよい。 Finally, several undesirable non-specific binding can be blocked by Tween 20 in a concentration of 5%. すべての場合において、個々の検査ストリップ上のすべての位置に事前に載せられた溶解剤の総量は、免疫検出まで障壁を溶解するほどに十分なものであり、検査ストリップの実務作業を可能にするものでなければならない。 In all cases, the total amount of dissolution agent placed pre all positions on the individual test strip, is sufficient enough to dissolve the barrier to immunodetection allows the practical working of the test strip It must be.

溶解剤それ自体は、任意の他のアッセイ検出器または指示薬に干渉してはならず、したがって、アッセイの実務作業を妨げてしまうほどには、任意の他のアッセイの相互作用および反応に干渉しない。 Solubilizer itself must not interfere with any other assay detector or indicator, therefore, the extent hinders the practical working of the assay, it does not interfere with the interaction and reaction of any other assay . 溶解剤は、ポイント・オブ・ケア検査で検査ストリップを使用する前に、製造、分配、および、保存を可能にするほどの十分な有効期間を有していなければならない。 Solubilizer, before using a test strip at the point-of-care testing, manufacturing, distribution, and it must have a sufficient lifetime enough to permit storage.

本発明の好適な実施形態において、本発明の側方流動イムノアッセイデバイスは、サンプルを輸送する液体を備え、この液体は、緩衝液と、および、サンプルが通る毛細血管特性を有する1または複数のフリース材料または膜を含有するクロマトグラフィー検査ストリップとであってもよい。 In a preferred embodiment of the present invention, a lateral flow immunoassay device of the present invention comprises a liquid transporting sample, the liquid is a buffer solution, and one or more fleece with capillary characteristics sample passes and it may be a chromatographic test strip containing material or film. 本発明の方法およびデバイスにおいて、サンプルを検査ストリップに塗布する前に、サンプル中の細胞を溶解する必要はない。 In the method and device of the present invention, prior to applying the sample to the test strip, it is not necessary to dissolve the cells in the sample. 好適な実施形態において、図5A乃至5Dに示されるように、サンプルは、クロマトグラフィー検査ストリップ(200)上の塗布領域(201)に塗布される。 In a preferred embodiment, as shown in FIGS. 5A to 5D, the sample is applied to the chromatography test strip (200) on the application region (201). サンプルは溶解領域(250)を通り、この領域には、溶解剤が、好ましくは検査ストリップ上に事前に載せられており、輸送液体によって溶出される。 The sample passes through the dissolution zone (250), this region dissolving agent is preferably has been placed in advance on the test strip, it is eluted by the transport liquid. 溶解剤は、サンプル中の任意の溶解しやすい成分を任意でインサイツで溶解する。 Solubilizer, any easily soluble components in the sample optionally is dissolved in situ.

クロマトグラフィー検査ストリップは、サンプル塗布領域(201)、溶解剤を含む溶解領域(250)、および、少なくとも1つの標識結合パートナーを含む複合体領域(260)を備え、 該標識結合パートナーは、サンプル輸送液体(例えば、緩衝溶液)によって溶出され、その後、該サンプル輸送液体とともに移動することができる。 Chromatography test strip, the sample application area (201), dissolved region containing the lysing agent (250), and comprises a complex region including at least one labeled binding partner (260), said labeled binding partner, the sample transport liquid (e.g., buffer solution) is eluted by then be moved together with the sample transport liquid. 標識結合パートナーは、複合体を形成するために、所望の検体と特異的に結合することができ、該複合体が今度は、検出領域で別の特異的な試薬または結合パートナーと特異的に結合することができる。 The labeled binding partner to form a complex, can specifically bind to the desired analyte, the complex is now specifically with another specific reagents or binding partner in the detection region binds can do. これらの図には示されていないが、図1に示す吸収パッドと類似する吸収パッドは、他に知られている側方流動イムノアッセイの構成要素(廃棄物領域、担体裏当て材、ハウジング、および、結果読み出しのためのハウジング内の開口部を含むが、これらに限定されない)と同様に、この実施形態において、検査ストリップ(200)の構成要素でもあってもよい。 Although not shown in these figures, the absorbent pad similar to absorbent pad shown in Figure 1, the components of the lateral flow immunoassay known to the other (waste area, support backing material, the housing, and , including an opening in the housing for result read, as with, but not limited to), in this embodiment, it may also be a component of the test strip (200).

好適な実施形態において、溶解剤は、サンプル塗布領域(201)と複合体領域(260)との間の溶解領域 (250)に局在化する。 In a preferred embodiment, the lysis agent is localized in the dissolution zone (250) between the sample application region (201) and the complex region (260). 溶解剤は、好ましくは、サンプル輸送液体中に可溶性または混和性であり、溶解剤は、サンプル輸送液体と接触すると、可溶化するとともに活性化する。 Solubilizer is preferably a soluble or miscible in the sample transport liquid, dissolution agent, when contacted with the sample transport liquid, activated with solubilized. サンプル輸送液体は、その後、溶液または懸濁液中の溶解剤と、懸濁液中のサンプル成分とを両方とも含有する。 Sample transport liquid is then contain a solubilizer in solution or suspension, and sample components in suspension both. サンプル中の任意の溶解しやすい成分は、その後、懸濁液中で溶解剤に晒され、インサイツでそれ自体が溶解する。 Any easily dissolved components in the sample are then exposed to dissolving agent in suspension, which itself dissolves in situ. 使用している緩衝液は、その後、任意の溶解から解放された成分を含む検体を、複合体領域を通って検出領域(205)へと運ぶ。 Buffer are used, then the sample containing the released components from any dissolution, carry into the detection region (205) through the complex region.

溶解領域(250)は、図5Aに記載されるように、好ましくは、サンプル塗布領域(201)と複合体領域(260)との間に配される。 Dissolution zone (250), as described in Figure 5A, is preferably disposed between the sample application region (201) and the complex region (260). 他の実施形態において、溶解領域(250)は、図5B、図5C、および、図5Dの各々で示すように、サンプル塗布領域(201)と、複合体領域(260)と、または、サンプル塗布領域(201)と複合体領域(260)の両方とに重なる。 In other embodiments, the dissolution zone (250), 5B, 5C and, as shown in each of FIG. 5D, a sample application region (201), and a complex region (260), or, the sample application It overlaps with both regions (201) and the complex region (260). 図は概略的ものであり、一定の縮尺では描かれていないことを留意されたい。 Figures are schematic, it should be noted that it is not drawn to scale. 異なる領域(図5B乃至図5Dに示すような)間の重なりの量は、非常にばらつきがあることもある。 The amount of overlap between different regions (as shown in FIGS. 5B through 5D) is also very possible to have variations.

検査ストリップ(200)は、さらに、検出領域(205)も含み、該領域は、第1の検体の検出のための第1部分、例えば、検査ライン(202)を含有し、第1の検体は、複合体領域(260)で形成されるとともに該複合体領域から到達する複合体に相補的な固定化した特定の結合パートナーを含む。 Test strip (200) is further detection region (205) also comprises, said region, a first portion for the detection of the first analyte, for example, contain a test line (202), the first specimen includes specific binding partner complementary immobilized complex to reach the complex region while being formed in a complex region (260). したがって、検査ライン(202)で、検出領域の結合パートナーは、結合した検体とともに、複合体領域(260)から標識結合パートナーを捕捉する。 Accordingly, in the test line (202), a binding partner of the detection region, with bound analyte, capturing the labeled binding partner from the complex region (260). 標識結合パートナーによる検体のこの局在性によって、検査ライン(202)で表示が形成される。 This localization of the analytes by labeled binding partner, the display is formed in the inspection line (202). 検査ライン(202)で、検体の存在は、標識結合パートナーの蓄積に由来する検査ライン(202)の表示の、質的なおよび/または量的な読み出しによって決まる。 In the test line (202), the presence of analyte, the test line resulting from the accumulation of labeled binding partner display of (202), determined by qualitative and / or quantitative readout. 任意で、検出領域(205)は、 制御ライン(204)と同様に、他の検体を検出するさらなる検査ラインをさらに含んでもよい。 Optionally, the detection region (205), in the same manner as the control line (204) may further include an additional test line to detect other analytes. 制御ライン(204)は、標識化した特異結合パートナーがどの検体も結合していないかもしれないにもかかわらず、 該特異結合パートナーがアッセイの長さにわたって移動したことを示しており、したがって、アッセイの適切な操作を確認するものである。 Control line (204), despite labeled specific binding partner might any analyte not be bound, indicating that the said specific binding partner has moved over the length of the assay, therefore, the assay it is intended to verify the proper operation of the. 図5A乃至図5Dに示されるように、制御ライン(204)は好ましくは、検査領域(202)の下流である。 As shown in FIGS. 5A to FIG. 5D, the control line (204) is preferably downstream of the inspection area (202). しかしながら、他の実施形態において、制御ライン(204)は、検査領域(202)の上流に配されてもよい。 However, in other embodiments, the control line (204) may be arranged upstream of the inspection area (202).

好適な実施形態において、制御ライン(204)は、溶出培地の成分または検査で用いられる他の成分と結合する抗体または組み換えタンパク質を含む。 In a preferred embodiment, the control line (204) includes an antibody or recombinant protein that binds to other components used component elution medium or test. 核酸が標的である実施形態において、制御ライン(204)は、好ましくは、標的核酸のための結合パートナーとして用いられる標識核酸に相補的な核酸を含む。 In embodiments the nucleic acid is a target, the control line (204) preferably comprises a nucleic acid complementary to the labeled nucleic acid used as a binding partner for the target nucleic acid.

1つの検査ラインだけが図では示されているが、複数の検査ラインが本発明の精神の範囲内に含まれる。 Although only one test line is shown in the figure, a plurality of inspection lines are included within the scope of the spirit of the present invention. 複数の標的がある本発明のいくつかの実施形態において、各々の標的の存在は、好ましくは、別の検査ライン(202)に対応する。 In some embodiments of the present invention there are multiple targets, the presence of each target preferably corresponds to a different test line (202). 複数の標的がある他の実施形態において、複数の標的の存在は、1以上の標的の存在が単一の標的の存在とは異なる特徴を有するように、同じ検査ライン上で表示されてもよい。 In other embodiments there are multiple targets, the presence of multiple targets, as the presence of one or more targets with different characteristics of the presence of a single target, may be displayed on the same test on the line . 例えば、同じ検査ライン上の複数の標的が存在することは、各々の標的のみの存在とは異なる色によって視覚的に表示されてもよい。 For example, a plurality of targets on the same inspection line is present, may be visually displayed by a different color from the presence of each target only.

他の実施形態において、使用している緩衝液それ自体に、1以上の弱溶解剤を含ませることができる。 In another embodiment, it is possible to buffer itself and have it included one or more weak solubilizer. このような実施形態において、下流にある複合体領域上には副作用はなく、サンプルは、複合体領域の上流または下流のいずれかであってもよい。 In such embodiments, no side effects on the complex region downstream, the sample may be either upstream or downstream of the composite region. 使用している緩衝液中の溶解酵素は、その基質を標的とすることができ、細胞壁を開くために該基質を切断することができる。 Lytic enzyme in a buffer are used, the substrates can be targeted, it is possible to cut the said substrate in order to open the cell walls. 例として、ペニシリンは、感受性細菌中に、穴を切り取るかまたは「穴を開ける」ことができる。 As an example, penicillin, in sensitive bacteria, can or "puncturing" cut holes. 他の実施形態において、溶解剤サンプル採取材料(11)(図3参照)に塗布されると、その後、複合体領域が、サンプル塗布領域の上流にあってもよい。 In another embodiment, when applied to a dissolving agent sampling material (11) (see FIG. 3), then the complex region may be upstream of the sample application area.

別の好適な実施形態において、障壁は、サンプル塗布領域と、複合体領域または検出領域のいずれかとの間、好ましくは、複合体領域の前方の、「阻止領域」内に配されてもよい。 In another preferred embodiment, the barrier includes a sample application area, between any complexes or detection region, preferably, the front of the composite region, may be arranged in a "blocking area". この場合、溶解剤は、サンプル塗布領域内に、または、サンプル塗布領域と障壁との間に事前に載せられてもよい。 In this case, dissolution agent, the sample application region, or in advance or may be placed between the sample application region and the barrier. こうして、サンプルが障壁に到達する前に、溶解が生じ、障壁は、障壁よりも空隙率の高いそのような溶解材料を効率的に遅くしたりまたは止めたりするのに役立ち、その一方で、小型材料をもっと容易に効率的に通過させることができる。 Thus, before the sample reaches the barrier, dissolution occurs, barrier, helps or or or set slow high such dissolved materials porosity efficient than the barrier, on the other hand, small material can be more easily and efficiently pass through. そのようにして、障壁は、ろ過効果を提供するとともに、複合体領域および検出領域における結合相互作用への干渉を減らす。 As such, the barrier is configured to provide a filtering effect, reduce interference to the binding interaction in the complex region and the detection region. 特異的な障壁材料の選択は、検体とアッセイとに依存する。 Selection of a specific barrier material is dependent on the analyte and assay.

阻止領域の障壁は、物理的または生物学的であってもよい。 Barriers blocking region may be physical or biological. 物理的障壁の例は、赤血球またはその細胞片を本質的に結合するかまたは捕捉する、ガラス繊維マトリックスを含む。 Examples of physical barriers, or to capture essentially coupled erythrocyte or cell debris, including glass fiber matrix. 他の物理的障壁は、ろ過システムにおける、篩タイプ(sieve−type)のマトリックスであってもよく、該マトリックスでは、小孔径によって細胞の通過を阻止するが、バイオマーカーを通過させる。 Other physical barriers are in the filtration system may be a matrix of sieve type (sieve-type), in the matrix, but prevents the passage of cells by small pore, passing biomarkers.

対照的に、生物学的障壁は、細胞表面上でリガンドまたは受容体を特異的に結合させて、細胞がさらに流れるのを防ぐ、固定化された生物学的材料である。 In contrast, biological barrier is specifically coupled to form the ligand or receptor on the cell surface, preventing the flow cell further is immobilized biological material. 例は、抗体、組み換えタンパク質、特異的レクチン、および、受容体/リガンドを含む。 Examples include antibodies, recombinant proteins, specific lectin, and a receptor / ligand. 生物材料を、ガラス繊維膜などの物理的な障壁に混合させてもよい。 The biological material may be mixed to the physical barriers, such as glass fiber membranes.

図6A乃至図6Dは、検査ストリップ(100)の、サンプル塗布領域(101)と、複合体領域(160)(図6Aおよび図6C)または検出領域(105)(図6Bおよび図6D)のいずれかとの間の、阻止領域(170)内に配された障壁を示す。 6A to 6D are the test strip (100), a sample application region (101), any complex area (160) (FIGS. 6A and 6C) or detection region (105) (FIGS. 6B and 6D) between or shows a arranged a barrier blocking region (170) within. いずれかの場合、溶解領域(150)は、溶解剤がサンプル塗布領域(101)内に事前に載せられるように、サンプル塗布領域(101)と重なるか(図6Cおよび図6D)、または、溶解領域(150)は、溶解剤がサンプル塗布領域(101)と阻止領域(170)との間に配されるように、 サンプル塗布領域(101)と阻止領域(170)内の障壁との間に配されるか(図6Aおよび図6B)のいずれかである。 In either case, the dissolution zone (150), as solubilizers is placed in advance in the sample application region (101) within, or overlapping with the sample application region (101) (FIG. 6C and FIG. 6D), or, dissolved region (150), as solubilizers is disposed between the sample application region (101) and blocking regions (170), with the barrier in the sample application region (101) and blocking regions (170) in is either disposed (FIGS. 6A and 6B). このようにして、サンプルが阻止領域(170)に到達する前に、溶解が生じ、阻止領域(170)内の障壁は、障壁よりも空隙率の高いそのような溶解材料を効率的に遅くしたりまたは止めたりするのに役立ち、その一方で、小型材料をもっと容易に効率的に通過させることができる。 Thus, before the sample reaches the blocking region (170), dissolution occurs, barrier blocking region (170) within slows such dissolved materials having high void ratio than the barrier efficient help or or stop or, on the other hand, it can be more easily and efficiently pass through the small material. そのようにして、障壁は、ろ過効果を提供するとともに、複合体領域(160)と検出領域(105)とにおける結合相互作用への干渉を減らす。 As such, the barrier is configured to provide a filtering effect, reduce interference to the binding interaction in the complex region (160) and the detection region (105). 特異的な障壁材料の選択は、検体とアッセイとに依存する。 Selection of a specific barrier material is dependent on the analyte and assay. 図5A乃至図5Dと同様に、検出領域(105)は、少なくとも1つの検査領域(102)と制御領域(104)とを含む。 Similar to FIGS. 5A to FIG. 5D, the detection region (105), and at least one inspection area (102) and control area (104).

本明細書で議論される分析検査は、好ましくは、患者が従事者の検査を受けている間に、結果を許可する。 Analytical test discussed herein, preferably, while the patient is tested for personnel, to allow the results. 検査結果は、好ましくは、サンプルをデバイスに移して20分以内に決定される。 Test results are preferably determined samples were transferred to the device within 20 minutes. 好適な実施形態において、検査結果は、サンプルをデバイスに塗布した後、10分以内に得られ、好ましくは、約10分間、読み出される。 In a preferred embodiment, test results, after applying the sample to the device, obtained within 10 minutes, preferably about 10 minutes, are read. 高陽性のサンプルにおいて、検査領域の(好ましくは、検査ライン)の読み出しは、約1−5分間、目に見える。 In high positive samples, the examination region (preferably, the test line) reading is about 1-5 minutes, visible. いくつかの実施形態において、本発明のデバイスおよび方法は、標的核酸のための増幅工程を用いることなく、サンプル中の核酸を検出する。 In some embodiments, the device and method of the present invention, without using an amplification step for the target nucleic acid, detecting a nucleic acid in a sample. いくつかの実施形態において、検出された核酸は、同様に定量化される。 In some embodiments, the detected nucleic acid is similarly quantified. 側方流動検出器は、任意の標的ウィルス、細菌、真菌、または、他の病原体、任意の遺伝的欠損、または、サンプル中の任意の他の標的核酸に関連する、標的の核酸配列を検出するために用いられてもよい。 Lateral flow detector, any target viruses, bacteria, fungi, or other pathogens, any genetic defect, or associated with any other target nucleic acids in a sample, to detect the target nucleic acid sequence it may be used for. 標的核酸は、DNA、オリゴヌクレオチド、メッセンジャーRNA、または、任意の他のタイプのRNAを含むが、これらに限定されない任意の核酸であってもよい。 Target nucleic acid, DNA, oligonucleotide, messenger RNA, or is any other type of RNA, may be any nucleic acid including but not limited to. アッセイは、好ましくは、サンプルが得られた後、数分から数時間以内に行われるが、アッセイは、サンプルが得られた後の少なくとも24時間後などの、後の時間に行われてもよい。 Assays, preferably, after the sample has been obtained is carried out from several minutes to a few hours, the assay sample, such as at least 24 hours after the compound after being obtained, it may be performed at a later time. 検出器中の輸送液体の流れは、重力に依存するか、または、毛細管現象もしくは表面張力の結果としてでもよい。 Flow of transport liquid in the detector, either dependent on gravity, or may be as a result of capillary action or surface tension. 輸送液体は、輸送液体中の検査ストリップを浸漬させることによって塗布されてもよく、または、輸送液体は、検査ストリップ用の検査ハウジング内に含まれてもよい。 Transport liquid test strip of transport in a liquid may be applied by dipping, or transport liquid may be included in the inspection housing for the test strip.

このような実施形態の側方流動核酸は、検出領域用の検査ストリップ上の単一シートを含む一平面であってもよい。 Lateral flow nucleic acids of such embodiments may be a single plane including the single sheet on the test strip for the detection region. あるいは、検出器は、同一または異なるサンプルからの同一または異なる標的核酸のために、同時アッセイと流体連通する複数のシート上の複数の検出領域を含む複数面であってもよい。 Alternatively, the detector, for the same or different target nucleic acids from the same or different samples, or may be a plurality of surfaces including a plurality of detection regions on a plurality of sheets in fluid communication with the simultaneous assay.

このような実施形態において、検査用サンプルは、標的核酸を潜在的に含むと予想される任意のサンプルでよく、唾液、涙、脳脊髄液、皮膚病変、膣液、陰茎液、粘液、組織、血液、尿、環境水のサンプル、および、土壌サンプルを含むが、これらに限定されない。 In such embodiments, the test sample can be any sample that is expected to potentially containing a target nucleic acid, saliva, tears, cerebrospinal fluid, skin lesions, vaginal fluid, penis, mucus, tissue, blood, urine, samples of environmental water, and including soil samples, but are not limited to. ほとんどの場合、第1および第2複合体と接近可能なサンプル中に核酸を作るために、変性剤か溶解剤をサンプルにインサイツで加えるのが好ましい。 In most cases, to make the nucleic acids in the sample accessible to the first and second complex is preferably added in situ denaturants or solubilizing agents in the sample. 変性剤または溶解剤は、サンプルが変性剤または溶解剤を加える工程を含まずに検査ストリップに直接塗布されるように、検査ストリップの領域に事前に載せられるのが好ましい。 Denaturing agents or solubilizers, as the sample is applied directly to the test strip without the step of adding a denaturing agent, or solubilizer, preferably rests on the pre region of the test strip. 変性剤または溶解剤は、サンプルが検査ストリップ上の第1複合体に到達する前に変性剤または溶解剤が核酸を解放するような位置で、検査ストリップ上に事前に載せられる。 Denaturing agents or solubilizers, denaturing agents or dissolving agents before the sample reaches the first complex on test strip at a position to release the nucleic acids, it is placed in advance on the test strip. 変性剤または溶解剤は、好ましくは、輸送液体中に可溶性または混和性であり、サンプル塗布領域内に配されるか、または、サンプル塗布領域と、第1複合体が事前に載せられた領域との間に配される。 Denaturing agents or solubilizers, preferably a soluble or miscible in the transport liquid, or disposed in the sample application region, or a sample application area, a first composite was placed in the pre region It is disposed between the.

いくつかの実施形態において、視覚的に読み出された側方流動イムノアッセイ検査の感度は、少量の蛍光染料または蛍光ラテックスビーズ複合体を、最初の複合体材料に加えることによって高められる。 In some embodiments, the sensitivity of visually read lateral flow immunoassay test is increased by adding a small amount of a fluorescent dye or fluorescent latex bead complexes, the first composite material. 可視スペクトル検査ラインが目に見えるようになると、検査結果は観察され、記録される。 When visible spectrum test line becomes visible, the test results are observed and recorded. しかしながら、明白に目に見える検査ラインを生じさせるものではない弱陽性の場合、UVスペクトルなどの適切なスペクトル光線が、検査ラインに投げかけられることによって、検査ラインで視認できる色を鮮やかにするために、検査ラインで結合される蛍光ラテックスビーズを励起するとともに該蛍光ラテックスビーズの蛍光を発する。 However, in the case of weakly positive not cause inspection lines clearly visible, appropriate spectrum light such as UV spectrum, by being cast in the inspection line, to vivid color that is visible in the inspection line , fluoresces fluorescent latex beads with exciting the fluorescent latex beads that are bound at the test line.

いくつかの実施形態において、本発明は、ウィルス感染症と細菌感染症とを区別するのに役立つ溶解領域を用いる、側方流動アッセイを提供する。 In some embodiments, the present invention uses a dissolution zone to help distinguish between viral infections and bacterial infections, providing a lateral flow assay. 溶解剤がアッセイ効率を改善する1つの状況は、ウィルス感染に対する応答として細胞質に蓄積する、ヒトMxA、78kDaタンパク質の存在下でアッセイを行う際のことである。 One situation where dissolution agent improves assay efficiency, accumulates in the cytoplasm in response to viral infection, is that when performing the assay in the presence of human MxA, 78 kDa protein. このタンパク質の存在が、熱病の子供たちの細菌感染とウィルス感染とを区別するのに役立つ。 The presence of this protein is useful to distinguish between bacterial infection and virus infection of children of fever. 1%乃至6%重量/容量のCHAPSと、0.5%乃至2%重量/容積のNP40の組み合わせを溶解剤として用いるインサイツでの溶解は、新鮮な全血または凍結全血中におけるMxAの検出を改善する。 And CHAPS 1% to 6% weight / volume, dissolved in situ used as dissolving agent a combination of NP40 0.5% to 2% by weight / volume, detection of MxA in fresh whole blood or frozen whole blood to improve.

組み合わされたポイント・オブ・ケア診断デバイスは、ウィルス感染症と細菌感染症との両方のマーカーを検査するとともに、例えば、外来患者用診療室での、または、緊急外来中のウィルス感染症と細菌感染症とを迅速に区別するのに効果的に役立つ。 Combined point-of-care diagnostic devices, as well as inspection of both markers and viral infections and bacterial infections, for example, in the outpatient clinic, or, viral infection and the bacteria of emergency in the foreign effectively help to quickly distinguish between infectious diseases. この能力は、誤診とその後の抗生物質の過剰使用とを最小化することによって、医療費を劇的に削減することができる。 This ability by minimizing the excessive use of misdiagnosis and subsequent antibiotics, can dramatically reduce the medical expenses. 上記を行うことで、抗生物質アレルギー、有害な事象、および、抗生物質耐性を制限することもある。 By performing the above, antibiotic allergy, adverse events, and also to limit antibiotic resistance. 検査によって迅速に得られる結果は、さらに、患者が従事者の検査をまだ受けている間に、結果を許可する。 Results that are quickly obtained by inspection further, while the patient is still undergoing testing personnel, to allow the results.

1つの好適な実施形態において、ウィルス感染のマーカーはMxAであり、細菌感染のマーカーは、C反応性タンパク質(CRP)である。 In one preferred embodiment, a marker of viral infection is MxA, markers of bacterial infection is C-reactive protein (CRP). 高MxAタンパク質レベルは、全身性ウィルス感染と相関性があり、CRPの増加は細菌感染と関連している。 High MxA protein levels is correlative with a systemic viral infection, increase in CRP is associated with bacterial infection. 本発明は、 サンプル中のMxAとCRPを同定するための、迅速な感染スクリーニング検査を含む。 The present invention includes to identify MxA and CRP in the sample, the rapid infection screening test. MxAは、白血球(白血球細胞)中に存在する。 MxA is present in the white blood cells (white blood cells). したがって、サンプルは、白血球が入手可能などんな場所、例えば、末梢血サンプル、鼻咽頭吸引液、涙、髄液、および、中耳吸引液などでも採取することができる。 Thus, samples leukocytes anywhere available, for example, peripheral blood samples, nasopharyngeal aspirates, tears, spinal fluid, and can also be collected in such middle ear aspirates.

他の実施形態において、ウィルス感染および/または細菌感染の他のマーカーが用いられてもよい。 In other embodiments, other markers of viral infection and / or bacterial infection may be used. 例えば、宿主遺伝子の約12%は、リンパ球性脈絡髄膜炎ウイルス(LCMV)感染の後、その発現を変化させ、このような遺伝子の一部は、病原性LCMV感染と非病原性LCMV感染の違いを区別することができる。 For example, about 12% of the host gene, after the lymphocytic choriomeningitis virus (LCMV) infection, changes its expression, a portion of such gene, pathogenic LCMV infection and nonpathogenic LCMV infection it is possible to tell the difference between. 主要な転写の変化は、定量PCRおよびタンパク質研究によって予備的に与えられており、アレナウイルス疾患のバイオマーカーとして潜在的に貴重な候補である。 Changes in primary transfer is given preliminarily by quantitative PCR and protein studies, a potentially valuable candidates as biomarkers of arenavirus disease. 細菌感染の他のマーカーは、プロカルシトニン、尿トリプシンインヒビター(uTi)、リポ多糖類、IL−1、IL−6、IL−8、IL−10、ESR、および、WBC数の増加(帯の増加)、乳酸、トロポニン、血管内皮増殖因子、血小板由来増殖因子、コルチゾール、プロアドレノメデュリン、マクロファージ移動抑制マーカー(macrophage migratory inhibitory marker)、活性タンパク質C、CD 4、8、13、14、または、64、カスパーゼ、胎盤由来成長因子、カルシトニン遺伝子関連ペプチド、高移動度群1、コペプチン(copeptin)、ナトリウム利尿ペプチド(naturietic peptides)、リポ多糖結合タンパク質、腫瘍壊死因子α、循環する血管内皮前 Other markers of bacterial infection, procalcitonin, urinary trypsin inhibitor (UTI), lipopolysaccharide, IL-1, IL-6, IL-8, IL-10, ESR, and an increase in an increase in WBC counts (band ), lactic acid, troponin, vascular endothelial growth factor, platelet-derived growth factor, cortisol, proadrenomedullin, macrophage transfer inhibiting markers (macrophage migratory inhibitory marker), active protein C, CD 4,8,13,14, or 64, caspase , placenta-derived growth factor, calcitonin gene-related peptide, high mobility group 1, copeptin (copeptin), natriuretic peptides (naturietic peptides), lipopolysaccharide-binding protein, tumor necrosis factor alpha, vascular endothelial before circulating 駆細胞、補体3a、および、骨髄系細胞(trem−1)上に発現した誘発因子を含むが、これらに限定されない。 Progenitor cells, complement 3a, and, including inducer expressed on myeloid cells (trem-1), but is not limited thereto.

1つの実施形態において、顕著な感染症は、呼吸器感染症である。 In one embodiment, significant infection is respiratory tract infection. 他の実施形態において、細菌またはウィルスであり得る他のタイプの感染症は、本発明のシステムを用いて区別される。 In other embodiments, other types of infections can be a bacterium or virus may be distinguished using the system of the present invention. いくつかの例は、脳炎、髄膜炎、胃腸炎、発熱性呼吸器疾患(気管支炎、咽頭炎、肺炎)、副鼻腔炎、中耳炎、尿路感染症、および、結膜炎を含むが、これらに限定されない。 Some examples are encephalitis, meningitis, gastroenteritis, febrile respiratory disease (bronchitis, pharyngitis, pneumonia), sinusitis, otitis media, urinary tract infections, and, including conjunctivitis, these but it is not limited.

実施例 1以上の溶解剤を側方流動ストリップのサンプル塗布領域上で乾燥させる。 Drying Example 1 or more solubilizers on the sample application region of the lateral flow strip. ストリップごとに、溶解剤は、5%のCHAPSと、150mMの塩化ナトリウムを含む2%のNP−40と、0.1%のBSAと、および、0.1%のアジ化ナトリウム(すべての割合が重量/容量)とを含む、約2マイクロリットルの100mMのHEPES緩衝液(pH8.0)で作られる。 For each strip, solubilizer, and 5% CHAPS, and 2% NP-40 containing 150mM sodium chloride, 0.1% BSA, and 0.1% sodium azide (all proportions There including the weight / volume) and are made in 100mM HEPES, buffer of about 2 microliters (pH 8.0). インサイツで溶解させるために、最大で10マイクロリットルの白血球をその後、サンプル塗布領域に加える。 To dissolve in situ, up to then 10 microliters of leukocytes, is added to the sample application area. MxAタンパク質は白血球の内部から放出されることで、目に見えるタグ(コロイド金または目に見えるラテックスビーズ)の付いたMxAモノクローナル抗体と反応する。 MxA protein that is released from the interior of the white blood cells react with MxA monoclonal antibody tagged (latex beads visible colloidal gold or eyes) visible. この複合体は、トリトンX100を含有する使用中の緩衝液を横断し、ニトロセルロース膜の検査ラインで固定されたMxAモノクローナル抗体によって捕捉される。 This complex traverses the buffer in use containing Triton X100, is captured by the immobilized MxA monoclonal antibody at the test line of the nitrocellulose membrane. 検査ラインでのこの結合が、目に見える表示を生じさせる。 This binding in the inspection line, produce a display visible to the eye.

これに応じて、本明細書に記載の実施形態は、たんに本発明の原則の適用の原理を反映したものにすぎないことを理解されたい。 Accordingly, embodiments described herein should be understood that only reflect the principle of application of merely principles of the present invention. 例示の実施形態の詳細に対する本明細書における参照は、本発明に必要不可欠とみなされる特徴を列挙している特許請求の範囲を限定することを意図したものではない。 Referring herein to details of the illustrated embodiments is not intended to limit the scope of the claims enumerating features regarded as essential to the present invention.

Claims (29)

  1. サンプル中の標的を検出するためのデバイスであって、 A device for detecting a target in a sample,
    前記デバイスは、 The device,
    (a)前記デバイスにサンプルを塗布するためのサンプル塗布領域と、 (A) a sample application area for applying the sample to the device,
    (b)前記サンプル塗布領域の下流に配された検出領域と、 (B) a detection region disposed downstream of the sample application region,
    (c)溶出培地とともに移動することが可能な少なくとも1つの標識結合パートナーを含む複合体領域とを備え、 (C) a complex region including at least one labeled binding partner which can be moved together with the elution medium,
    前記複合体領域は、前記サンプルが前記デバイス上でのアッセイ実行中に、前記標識結合パートナーと遭遇するような位置で前記デバイス上に配され、 The complex region, wherein the sample during the assay run on the device, disposed on said at a position to encounter the labeled binding partner device,
    前記デバイスはさらに、 The device further
    (d)少なくとも1つの溶解剤を含む溶解領域を備え、 (D) comprises a dissolution region including at least one solubilizer,
    前記溶解領域が、 The melting region,
    (i)前記サンプル塗布領域と前記複合体領域との間、 (I) between the sample application region and the complex region,
    (ii)前記溶解領域の少なくとも一部が前記サンプル塗布領域に重なる位置、 (Ii) at least partially overlap in the sample application region position of the dissolution zone,
    (iii)前記溶解領域の少なくとも一部が前記複合体領域に重なる位置、および、 (Iii) at least partially overlaps the complex region located in the dissolution zone, and,
    (iv)前記溶解領域の少なくとも一部が前記サンプル塗布領域に重なるとともに、前記溶解領域の少なくとも一部が前記複合体領域に重なる位置、 (Iv) with at least a portion of said dissolution zone overlaps the sample application region, at least partially overlaps the complex region located in the dissolution zone,
    からなる群から選択される前記デバイス上の位置に配されることを特徴とするデバイス。 Device characterized in that it is arranged at a position on the device selected from the group consisting of.
  2. 前記複合体領域が前記サンプル塗布領域と前記検出領域との間に配されることを特徴とする、請求項1に記載のデバイス。 It said complex region is characterized in that disposed between the sample application region and the detection region, according to claim 1 devices.
  3. 前記標的が、病原体、アレルギー関連成分、および、核酸からなる群から選択され、 Wherein the target is a pathogen, allergy-related components, and is selected from the group consisting of nucleic acids,
    前記標的が体液からのものであることを特徴とする、請求項1に記載のデバイス。 Characterized in that said target is from a body fluid, the device according to claim 1.
  4. 前記溶解剤が、前記デバイスの前記溶解領域上に事前に載せられていることを特徴とする、請求項1に記載のデバイス。 The dissolution agent, characterized in that it placed in advance on the dissolution region of the device, device according to claim 1.
  5. 前記デバイスが側方流動イムノアッセイデバイスであることを特徴とする、請求項1に記載のデバイス。 Wherein the device is a lateral flow immunoassay device, the device according to claim 1.
  6. 前記デバイスが、クロマトグラフィー検査ストリップであることを特徴とする、請求項1に記載のデバイス。 The device is characterized in that it is a chromatographic test strip device of claim 1.
  7. 障壁を含む阻止領域をさらに備え、前記障壁が、前記障壁よりも空隙率の高い溶解材料を効率的に遅くしたりまたは止めたりすることを特徴とする、請求項1に記載のデバイス。 Further comprising a blocking region including the barrier, the barrier is characterized by or or or stop effectively slow the high solubility material porosity than the barrier device of claim 1.
  8. 前記障壁が、物理的障壁および生物学的障壁からなる群から選択されることを特徴とする、請求項7に記載のデバイス。 It said barrier, characterized in that it is selected from the group consisting of physical barriers and biological barriers, device of claim 7.
  9. 前記阻止領域は、前記溶解領域の下流に配されるとともに、 The blocking region, with arranged downstream of the melting region,
    (a)前記サンプル塗布領域と前記複合体領域との間、 (A) between the sample application region and the complex region,
    (b)前記複合体領域と前記検出領域との間、および、 (B) between the complex region and the detection region, and,
    (c)前記サンプル塗布領域と前記検出領域との間、 (C) between the sample application region and the detection region,
    からなる群から選択される前記デバイス上の位置に配されることを特徴とする、請求項7に記載のデバイス。 Characterized in that it is arranged at a position on the device selected from the group consisting of A device according to claim 7.
  10. 前記溶解剤は、 The solubilizer,
    (a)少なくとも1つの塩、 (A) at least one salt,
    (b)少なくとも1つの両性剤、 (B) at least one amphoteric agent,
    (c)少なくとも1つのイオン性洗剤 (d)少なくとも1つの非イオン性洗剤 (e)少なくとも1つの酵素、 (C) at least one ionic detergent (d) at least one non-ionic detergent (e) at least one enzyme,
    (f)尿素、および、 (F) urea and,
    (g)(a)乃至(f)の任意の組み合わせ からなる群から選択されることを特徴とする、請求項1に記載のデバイス。 (G) characterized in that it is selected from the group consisting of any combination of (a) to (f), the device according to claim 1.
  11. サンプル中の少なくとも1つの標的を検出するための方法であって、 A method for detecting at least one target in a sample,
    前記方法は、 The method,
    (a)溶解していないサンプルをサンプル分析デバイスのサンプル塗布領域上に移動させる工程と、 (A) a step of moving the sample not dissolved in the sample analysis device of the sample application region,
    (b)前記サンプル塗布領域から検出領域まで前記サンプルを移動させるために、前記サンプル分析デバイスに溶出培地を塗布する工程とを備え、 (B) in order to move the sample to the detection region from the sample application area, and a step of applying the elution medium into the sample analysis device,
    前記サンプルが前記検出領域に到達する前に溶解されるように、前記サンプルは前記サンプル分析デバイス上または前記溶出培地中で少なくとも1つの溶解剤と遭遇し、 Wherein as the sample is dissolved before reaching the detection region, the sample encounters at least one solubilizer in the sample analysis device on or in the elution medium,
    前記方法は、さらに、 The method further
    (c)前記サンプルを分析する工程を備え、 (C) comprises the step of analyzing the sample,
    前記サンプル塗布領域、前記溶解剤、および、前記検出領域は、クロマトグラフィー検査ストリップ上にあり、 The sample application region, the dissolution agent, and, wherein the detection region is located on the chromatography test strip,
    前記クロマトグラフィー検査ストリップはさらに複合体領域を備え、 The chromatography test strip further comprises a conjugate region,
    前記複合体領域は、溶出培地とともに移動することが可能な少なくとも1つの標識結合パートナーを含み、および、 The composite region comprises at least one labeled binding partner which can be moved together with the dissolution medium, and,
    前記サンプルが前記サンプル塗布領域から前記検出領域へと移動する間に、前記標識結合パートナーは前記サンプルと遭遇することを特徴とする方法。 Method while the sample is moved into the detection region from the sample application region, the labeled binding partner, characterized in that encounter with the sample.
  12. (d)工程(a)で前記サンプルを移動させる20分以内に、工程(c)で行われる分析の少なくとも1つの結果を決定する工程をさらに備えることを特徴とする、請求項11に記載の方法。 Within 20 minutes to move the samples (d) step (a), the and further comprising the step of determining at least one result of the analysis performed in step (c), according to claim 11 Method.
  13. 前記結果が、工程(a)で前記サンプルを移動させる10分以内に決定されることを特徴とする、請求項12に記載の方法。 The results, characterized in that it is determined within 10 minutes of moving the sample in step (a), the method according to claim 12.
  14. 前記結果が、工程(b)で前記溶出培地を塗布する1乃至5分以内に決定されることを特徴とする、請求項12に記載の方法。 The results, characterized in that it is determined within 1 to 5 minutes for applying the elution medium in step (b), The method of claim 12.
  15. 前記標的が、病原体および/またはアレルギー関連成分からなる群から選択される標的であり、 Wherein the target is a target which is selected from the group consisting of pathogens and / or allergy-related component,
    前記サンプルが体液からのものであることを特徴とする、請求項11に記載の方法。 Wherein said sample is from a body fluid, A method according to claim 11.
  16. 前記複合体領域が、前記サンプル塗布領域と前記検出領域との間に配されることを特徴とする、請求項11に記載の方法。 It said complex region, characterized in that disposed between the sample application region and the detection region, the method according to claim 11.
  17. 工程(a)の前に、前記デバイスの溶解領域上に前記溶解剤を事前に載せるともに乾燥させる工程をさらに含むことを特徴とする、請求項11に記載の方法。 The previous step (a), further comprising a step of drying the together put in advance the dissolving agent on the dissolution zone of the device, The method of claim 11.
  18. 工程(a)の前に、前記デバイスの溶解領域上で前記溶解剤を吸収し、吸着し、埋め込み、および、捕捉することからなる群から選択される方法を用いて、前記デバイスの前記溶解領域上に前記溶解剤を事前に載せる工程をさらに含むことを特徴とする、請求項11に記載の方法。 The previous step (a), absorbs the dissolving agent on the dissolution zone of the device, and adsorption, embedding, and using a method selected from the group consisting of trapping, the melting region of the device characterized in that it further comprises the step of placing the dissolving agent on the pre-method according to claim 11.
  19. 工程(a)の前に、(i)前記溶解剤のフリーズドライおよび凍結乾燥からなる群から選択される方法を用いて、前記溶解剤を事前に乾燥させる工程と、(ii)前記溶解剤を前記デバイス上に事前に載せる工程とを、さらに含むことを特徴とする、請求項11に記載の方法。 The previous step (a), using an method selected from the group consisting of freeze-drying and freeze-drying (i) the dissolving agent, and drying the dissolving agent in advance, the dissolution agent (ii) a step of placing in advance on said device, characterized in that it comprises further method of claim 11.
  20. 前記サンプル分析デバイスは、前記溶解剤を含む溶解領域をさらに備え、 The sample analysis device further comprises a dissolution area including the dissolving agent,
    前記溶解領域は、 The dissolution region,
    (i)前記サンプル塗布領域と前記複合体領域との間、 (I) between the sample application region and the complex region,
    (ii)前記溶解領域の少なくとも一部が前記サンプル塗布領域に重なる位置、 (Ii) at least partially overlap in the sample application region position of the dissolution zone,
    (iii)前記溶解領域の少なくとも一部が前記複合体領域に重なる位置、および、 (Iii) at least partially overlaps the complex region located in the dissolution zone, and,
    (iv)前記溶解領域の少なくとも一部が前記サンプル塗布領域に重なるとともに、前記溶解領域の少なくとも一部が前記複合体領域に重なる位置、 (Iv) with at least a portion of said dissolution zone overlaps the sample application region, at least partially overlaps the complex region located in the dissolution zone,
    からなる群から選択される前記デバイス上の位置に配されることを特徴とする、請求項11に記載の方法。 Characterized in that it is arranged at a position on the device selected from the group consisting of The method of claim 11.
  21. 前記デバイスは、障壁を含む阻止領域をさらに備え、 The device further comprises a blocking region including the barrier,
    前記障壁は、前記障壁よりも空隙率の高い溶解材料を効率的に遅くしたりまたは止めたりすることを特徴とする、請求項11に記載の方法。 The barrier is characterized by or or or stop effectively slow the high solubility material porosity than the barrier The method of claim 11.
  22. 前記障壁が、物理的障壁または生物学的障壁からなる群から選択されることを特徴とする、請求項21に記載のデバイス。 It said barrier, characterized in that it is selected from the group consisting of a physical barrier or biological barrier device of claim 21.
  23. 前記阻止領域は、前記溶解剤の下流に配されるとともに、 The blocking region, with arranged downstream of the dissolving agent,
    (a)前記サンプル塗布領域と前記複合体領域との間、 (A) between the sample application region and the complex region,
    (b)前記複合体領域と前記検出領域との間、および、 (B) between the complex region and the detection region, and,
    (c)前記サンプル塗布領域と前記検出領域との間、 (C) between the sample application region and the detection region,
    からなる群から選択される前記デバイス上の位置に配されることを特徴とする、請求項21に記載のデバイス。 Characterized in that it is arranged at a position on the device selected from the group consisting of A device according to claim 21.
  24. 前記溶解剤は、 The solubilizer,
    (a)少なくとも1つの塩、 (A) at least one salt,
    (b)少なくとも1つの両性剤、 (B) at least one amphoteric agent,
    (c)少なくとも1つのイオン性洗剤 (d)少なくとも1つの非イオン性洗剤 (e)少なくとも1つの酵素、 (C) at least one ionic detergent (d) at least one non-ionic detergent (e) at least one enzyme,
    (f)尿素、および、 (F) urea and,
    (g)(a)乃至(f)の任意の組み合わせ からなる群から選択されることを特徴とする、請求項11に記載の方法。 (G) characterized in that it is selected from the group consisting of any combination of (a) to (f), The method of claim 11.
  25. サンプル中の標的を検出するためのデバイスであって、 A device for detecting a target in a sample,
    前記デバイスは、 The device,
    (a)前記デバイスにサンプルを塗布するためのサンプル塗布領域と、 (A) a sample application area for applying the sample to the device,
    (b)前記サンプル塗布領域の下流に配された検出領域と、 (B) a detection region disposed downstream of the sample application region,
    (c)溶出培地とともに移動することが可能な少なくとも1つの標識結合パートナーを含む複合体領域とを備え、 (C) a complex region including at least one labeled binding partner which can be moved together with the elution medium,
    前記複合体領域は、前記サンプルが前記デバイス上でのアッセイ実行中に、前記標識結合パートナーと遭遇するような位置で前記デバイス上に配され、 The complex region, wherein the sample during the assay run on the device, disposed on said at a position to encounter the labeled binding partner device,
    前記溶出培地は少なくとも1つの溶解剤を含むことを特徴とするデバイス。 Device characterized in that it comprises the dissolution medium at least one solubilizer.
  26. 前記複合体領域が前記サンプル塗布領域と前記検出領域との間に配されることを特徴とする、請求項25に記載のデバイス。 It said complex region is characterized in that disposed between the sample application region and the detection region, according to claim 25 device.
  27. サンプル中の標的を検出するための側方流動イムノアッセイデバイスであって、 A lateral flow immunoassay device for detecting a target in a sample,
    前記デバイスは、前記側方流動イムノアッセイデバイスに事前に載せられた少なくとも1つの溶解剤を備えることを特徴とするデバイス。 It said device, the device characterized in that it comprises at least one solubilizer that is placed in advance on the lateral flow immunoassay device.
  28. 側方流動イムノアッセイデバイスを用いて、サンプル中の少なくとも1つの標的を検出するための方法であって、 Using lateral flow immunoassay device, a method for detecting at least one target in a sample,
    前記方法は、 The method,
    (a)前記側方流動イムノアッセイデバイスのサンプル塗布領域に、溶解していないサンプルを移動させる工程と、 (A) a sample application region of the lateral flow immunoassay device, and moving the sample undissolved,
    (b)前記側方流動イムノアッセイデバイスでアッセイを実行中に、前記サンプルを溶解する工程とを含むことを特徴とする方法。 (B) while performing assay by the lateral flow immunoassay device, a method which comprises a step of dissolving the sample.
  29. 工程(b)は、前記側方流動イムノアッセイデバイスに事前に載せられた少なくとも1つの溶解剤に、前記サンプルをさらすことによって、達成されることを特徴とする、請求項28に記載の方法。 Step (b) at least one solubilizer placed on pre said lateral flow immunoassay device, by exposing said sample, characterized in that it is achieved, the method according to claim 28.
JP2011518872A 2008-05-20 2009-07-15 Lysis of the cells in situ in a lateral flow immunoassay Pending JP2012503170A (en)

Priority Applications (11)

Application Number Priority Date Filing Date Title
US8087908 true 2008-07-15 2008-07-15
US61/080,879 2008-07-15
US9893508 true 2008-09-22 2008-09-22
US61/098,935 2008-09-22
US17905909 true 2009-05-18 2009-05-18
US61/179,059 2009-05-18
US12502662 US8614101B2 (en) 2008-05-20 2009-07-14 In situ lysis of cells in lateral flow immunoassays
US12502626 US8669052B2 (en) 2008-06-10 2009-07-14 Lateral flow nucleic acid detector
US12/502,626 2009-07-14
US12/502,662 2009-07-14
PCT/US2009/050653 WO2010009206A3 (en) 2008-07-15 2009-07-15 In situ lysis of cells in lateral flow immunoassays

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2012503170A true true JP2012503170A (en) 2012-02-02

Family

ID=41550997

Family Applications (2)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2011518872A Pending JP2012503170A (en) 2008-05-20 2009-07-15 Lysis of the cells in situ in a lateral flow immunoassay
JP2011518870A Active JP5948056B2 (en) 2008-05-20 2009-07-15 Lateral flow nucleic acid detector

Family Applications After (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2011518870A Active JP5948056B2 (en) 2008-05-20 2009-07-15 Lateral flow nucleic acid detector

Country Status (3)

Country Link
EP (2) EP2313527A4 (en)
JP (2) JP2012503170A (en)
WO (2) WO2010009203A3 (en)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2014235076A (en) * 2013-06-03 2014-12-15 株式会社日立ハイテクノロジーズ Hemolysis reagent and hemolysis method using the same

Families Citing this family (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN102236022B (en) * 2010-04-26 2015-04-22 艾博生物医药(杭州)有限公司 Detection device
EP3095876A1 (en) 2010-11-02 2016-11-23 Kypha, Inc. Point of care lateral flow immunoassay for complement activation and methods of use for point-of-care assessment of complement-associated disorders
CA2841976A1 (en) * 2011-07-22 2013-01-31 Access Bio, Inc. A single-pad strip for an improved lateral flow assay and a test device using the same
JP2013198482A (en) * 2012-02-22 2013-10-03 Nippon Meat Packers Inc Detection method of nucleic acid
KR101409263B1 (en) * 2012-10-16 2014-07-02 바디텍메드 주식회사 Strip with subpad for lateral flow analysis and cartridge for the same
EP2927688A4 (en) * 2012-11-28 2016-07-27 Furukawa Electric Co Ltd Immunochromatography, and detector and reagent for use therein

Citations (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2000502452A (en) * 1995-12-22 2000-02-29 ユニバーサル ヘルスウォッチ,インコーポレーテッド Test methods and tools of feces
JP2005017248A (en) * 2003-06-30 2005-01-20 Asahi Breweries Ltd Analysis device for immunochromatography
WO2006115866A1 (en) * 2005-04-20 2006-11-02 Becton, Dickinson And Company Semi-quantitative immunochromatographic device

Family Cites Families (16)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO1994016108A1 (en) * 1993-01-15 1994-07-21 The Public Health Research Institute Of The City Of New York, Inc. Sensitive nucleic acid sandwich hybridization assays and kits
US6358752B1 (en) * 1996-09-27 2002-03-19 Cornell Research Foundation, Inc. Liposome-enhanced test device and method
DE19816550A1 (en) * 1997-12-24 1999-06-24 Roche Diagnostics Gmbh Universally applicable construction of an analytical element and its use for the analyte
WO2000029112A1 (en) * 1998-11-18 2000-05-25 Orchid Biosciences, Inc. One-step nucleic acid dipstick device with movable membrane
EP1192466B1 (en) * 1999-06-23 2004-08-11 Cornell Research Foundation, Inc. Dehydration/rehydration of marked liposomes on a test device
WO2002004122B1 (en) * 2000-07-07 2003-08-07 Magda Anastassova Dineva Improved stability of hybridisation interactions in dipstick assays
GB0016836D0 (en) * 2000-07-07 2000-08-30 Lee Helen Improved dipstick assays (1)
US20030073121A1 (en) * 2001-09-17 2003-04-17 Ib Mendel-Hartvig Multi-analyte assay device with multi-spot detection zone
US20060160078A1 (en) * 2002-07-12 2006-07-20 Cardy Donald L N Lateral flow assay device and method
US20040241779A1 (en) * 2003-02-24 2004-12-02 Piasio Roger N. Dry chemistry, lateral flow-reconstituted chromatographic enzyme-driven assays
ES2363501T3 (en) * 2003-05-07 2011-08-05 Coris Bioconcept Sprl oligocromático step device and method of use.
US20060019406A1 (en) * 2004-07-23 2006-01-26 Ning Wei Lateral flow device for the detection of large pathogens
EP1657550A1 (en) * 2004-11-10 2006-05-17 Coris Bioconcept SPRL Double-sided device for multiplex dipstick immunodiagnostic
NL1027737C2 (en) * 2004-12-14 2006-06-16 Teststrip B V Chromatographic analysis device and test kit.
US7618810B2 (en) * 2005-12-14 2009-11-17 Kimberly-Clark Worldwide, Inc. Metering strip and method for lateral flow assay devices
US8007999B2 (en) * 2006-05-10 2011-08-30 Theranos, Inc. Real-time detection of influenza virus

Patent Citations (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2000502452A (en) * 1995-12-22 2000-02-29 ユニバーサル ヘルスウォッチ,インコーポレーテッド Test methods and tools of feces
JP2005017248A (en) * 2003-06-30 2005-01-20 Asahi Breweries Ltd Analysis device for immunochromatography
WO2006115866A1 (en) * 2005-04-20 2006-11-02 Becton, Dickinson And Company Semi-quantitative immunochromatographic device

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2014235076A (en) * 2013-06-03 2014-12-15 株式会社日立ハイテクノロジーズ Hemolysis reagent and hemolysis method using the same

Also Published As

Publication number Publication date Type
EP2313527A2 (en) 2011-04-27 application
EP2313527A4 (en) 2012-11-21 application
EP2313775A2 (en) 2011-04-27 application
EP2313775A4 (en) 2012-03-14 application
JP2011528229A (en) 2011-11-17 application
JP5948056B2 (en) 2016-07-06 grant
WO2010009206A3 (en) 2010-05-14 application
WO2010009203A3 (en) 2010-04-08 application
WO2010009203A2 (en) 2010-01-21 application
WO2010009206A2 (en) 2010-01-21 application

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5571667A (en) Elongated membrane flow-through diagnostic device and method
US4962023A (en) Single incubation immuno sorbent assay method using particle labels to detect test antigen specific antibodies in presence of other antibodies
US20040018576A1 (en) Bence Jones protein testing cassette
US7018849B2 (en) Process for (A) separating biological/ligands from dilute solutions and (B) conducting an immunochromatographic assay thereof employing superparamagnetic particles throughtout
US20100112725A1 (en) Method to increase specificity and/or accuracy of lateral flow immunoassays
US20060024744A1 (en) Methods for substantially simultaneous evaluation of a sample containing a cellular target and a soluble analyte
US20090291508A1 (en) Nanoparticles in diagnostic tests
US6686167B2 (en) Test device for detecting semen and method of use
US20050069958A1 (en) Method for simultaneous evaluation of a sample containing a cellular target and a soluble analyte
US20080081341A1 (en) Immunoassay test device and method of use
EP0615129A2 (en) Methods for selectively detecting perinuclear anti-neutrophilcytoplasmic antibody of ulcerative colitis or primary sclerosing cholangitis
US7344893B2 (en) Immuno-gold lateral flow assay
JP2001033454A (en) Method and apparatus for determining substance to be detected on porous solid-phase ligand measuring test piece
US20100015634A1 (en) In situ lysis of cells in lateral flow immunoassays
WO2005116651A2 (en) Method and device for testing for bence-jones protein
US20100136566A1 (en) Lateral flow strip assay with immobilized conjugate
US20010006823A1 (en) Neutralization of polycations in a chromatographic device for whole blood use
US20110136258A1 (en) Multiplanar Lateral Flow Assay with Sample Compressor
US20060134712A1 (en) Multiplexed assay methods
WO2007065695A1 (en) Test device for rapid diagnostics
US7605004B2 (en) Test strip for a lateral flow assay for a sample containing whole cells
WO1989003044A1 (en) Colloidal gold particle concentration immunoassay
US20090305290A1 (en) Lateral flow nucleic acid detector
US20060134802A1 (en) Solid-phase immunochromatographic methods
US20090023144A1 (en) Method and its kit for quantitatively detecting specific analyte with single capturing agent

Legal Events

Date Code Title Description
A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20120530

A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20120531

A977 Report on retrieval

Effective date: 20130110

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

A131 Notification of reasons for refusal

Effective date: 20130116

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20130415

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20131030