JP2012159565A - Multiplex driving method, driving device, electrooptic device, and electronic apparatus - Google Patents

Multiplex driving method, driving device, electrooptic device, and electronic apparatus Download PDF

Info

Publication number
JP2012159565A
JP2012159565A JP2011017639A JP2011017639A JP2012159565A JP 2012159565 A JP2012159565 A JP 2012159565A JP 2011017639 A JP2011017639 A JP 2011017639A JP 2011017639 A JP2011017639 A JP 2011017639A JP 2012159565 A JP2012159565 A JP 2012159565A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
driving
eye
scanning period
multiplex
eye image
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2011017639A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP5742255B2 (en
Inventor
Akira Morita
晶 森田
Original Assignee
Seiko Epson Corp
セイコーエプソン株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Seiko Epson Corp, セイコーエプソン株式会社 filed Critical Seiko Epson Corp
Priority to JP2011017639A priority Critical patent/JP5742255B2/en
Publication of JP2012159565A publication Critical patent/JP2012159565A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP5742255B2 publication Critical patent/JP5742255B2/en
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a multiplex driving method and the like capable of preventing deterioration in picture quality of 3D display.SOLUTION: The multiplex driving method of dividing one source output by a plurality of source lines of a display panel and driving the respective source lines includes a driving order change step of changing driving order in a starting horizontal scanning period of each of a right-eye image and a left-eye image by 2×n vertical scanning periods; and a driving step of driving the plurality of source lines based upon right-eye image data and the left-eye image through multiplex driving corresponding to the driving order changed in the driving order change step. In the driving step, the plurality of source lines are driven by changing driving order of a last horizontal scanning period in each horizontal scanning period in order from driving order changed in the driving order change step in each vertical scanning period.

Description

本発明は、マルチプレクス駆動方法、駆動装置、電気光学装置、及び電子機器等に関する。   The present invention relates to a multiplex driving method, a driving device, an electro-optical device, an electronic apparatus, and the like.
近年、液晶パネルを用いた液晶プロジェクターでは、投射映像の高精細化と共に投射映像の3D化に対する要求が高まり、画素数が多い液晶パネルを高速で駆動する必要性が高まっている。そのため、液晶パネルを駆動する駆動装置では、液晶パネルのゲート線を走査しながら、1ソース出力を複数のソース線に分割して各ソース線を駆動するマルチプレクス駆動により、右目用画像と左目用画像とを交互に表示駆動することが行われている。   In recent years, in a liquid crystal projector using a liquid crystal panel, there has been an increasing demand for 3D projection image along with higher definition of the projected image, and the necessity of driving a liquid crystal panel having a large number of pixels at a high speed is increasing. For this reason, in a driving device for driving a liquid crystal panel, a right-eye image and a left-eye image are scanned by multiplex driving in which one source output is divided into a plurality of source lines and each source line is driven while scanning the gate line of the liquid crystal panel. Display driving alternately with images is performed.
ところが、このマルチプレクス駆動では、ソース線の駆動順序により、リークや、その他の容量カップリング等の影響により、縞模様が見えてしまうことがある。そこで、従来から、マルチプレクス駆動におけるソース線の駆動順序を変更することにより、上記の縞模様等に起因した画質の劣化を低減させるローテーション機能が用いられている。このローテーション機能では、それぞれのソース線に接続される画素がなるべく均一に見えるように駆動順序を変化させている。駆動順序は、駆動装置内でローテーションパターンにより規定される。   However, in this multiplex drive, a striped pattern may appear due to the influence of leakage, other capacitive coupling, etc., depending on the drive order of the source lines. Therefore, conventionally, a rotation function has been used that reduces the deterioration of image quality due to the above-described stripe pattern or the like by changing the driving order of the source lines in multiplex driving. In this rotation function, the driving order is changed so that the pixels connected to the respective source lines appear as uniform as possible. The driving order is defined by a rotation pattern in the driving device.
このようなローテーション機能を用いたマルチプレクス駆動については、例えば特許文献1〜特許文献5に開示されている。特許文献1には、駆動装置のソース出力と液晶パネルのソース線との接続順序を変更する技術が開示されている。特許文献2には、ローテーションパターンを用いてマルチプレクス駆動の駆動順序を変更する技術が開示されている。特許文献3には、マルチプレクス駆動においてソース線の画素に書き込まれるソース電圧に生ずる、画素の駆動順序によって異なるオフセットに起因した輝度ムラ等を補正する技術が開示されている。特許文献4には、マルチプレクス駆動においてソース線の画素に書き込まれるソース電圧に生ずる、画素の位置によって異なるオフセットに起因した輝度ムラ等を補正する技術が開示されている。特許文献5には、マルチプレクス駆動において、垂直同期信号、水平同期信号に対応してローテーションパターンを変更する技術が開示されている。   Multiplex driving using such a rotation function is disclosed in, for example, Patent Documents 1 to 5. Patent Document 1 discloses a technique for changing the connection order between a source output of a driving device and a source line of a liquid crystal panel. Patent Document 2 discloses a technique for changing the driving order of multiplex driving using a rotation pattern. Patent Document 3 discloses a technique for correcting luminance unevenness caused by an offset that varies depending on a pixel driving order, which occurs in a source voltage written to a pixel of a source line in multiplex driving. Patent Document 4 discloses a technique for correcting luminance unevenness caused by an offset that varies depending on a pixel position, which occurs in a source voltage written to a pixel of a source line in multiplex driving. Patent Document 5 discloses a technique for changing a rotation pattern corresponding to a vertical synchronization signal and a horizontal synchronization signal in multiplex driving.
特開2010−210653号公報JP 2010-210653 A 特開2010−181516号公報JP 2010-181516 A 特開2010−181506号公報JP 2010-181506 A 特開2010−181503号公報JP 2010-181503 A 特開2009−122157号公報JP 2009-122157 A
しかしながら、特許文献1〜特許文献5に開示された技術は、3D表示を考慮していない。そのため、例えば、いわゆるアクティブシャッター方式の3D表示を行う場合、従来の2D表示と同様にローテーション機能を用いると、ローテーションパターンが右目及び左目で偏り、均一に見えないという問題がある。また、3D表示を行う場合には、右目用画像が左目に見えないように、左目用画像が右目に見えないように、片目毎に2画面以上画像の書き込み及び表示を連続して行う。この際、特許文献1〜特許文献5に開示された技術では、右目及び左目でローテーションパターンが固定されてしまい、縞模様が十分に拡散されなくなる現象が発生するという問題がある。   However, the techniques disclosed in Patent Documents 1 to 5 do not consider 3D display. Therefore, for example, when performing so-called active shutter 3D display, if the rotation function is used in the same manner as in conventional 2D display, there is a problem that the rotation pattern is biased between the right eye and the left eye and does not look uniform. When performing 3D display, writing and displaying of two or more screens for each eye are continuously performed so that the right-eye image is not visible to the left eye and the left-eye image is not visible to the right eye. At this time, the techniques disclosed in Patent Documents 1 to 5 have a problem that the rotation pattern is fixed by the right eye and the left eye, and a phenomenon that the stripe pattern is not sufficiently diffused occurs.
本発明は、以上のような技術的課題に鑑みてなされたものである。本発明の幾つかの態様によれば、3D表示を行う場合に画質の劣化を防止することができるマルチプレクス駆動方法、駆動装置、電気光学装置、及び電子機器等を提供することができる。   The present invention has been made in view of the above technical problems. According to some aspects of the present invention, it is possible to provide a multiplex driving method, a driving device, an electro-optical device, an electronic apparatus, and the like that can prevent deterioration in image quality when performing 3D display.
(1)本発明の第1の態様は、連続する右目用画像及び左目用画像にそれぞれ対応した右目用画像データ及び左目用画像データに基づいて、1ソース出力を表示パネルの複数のソース線に分割して各ソース線を駆動するマルチプレクス駆動方法が、前記右目用画像及び前記左目用画像の各々の最初の水平走査期間における駆動順序を、2×n(nは自然数)垂直走査期間毎に変更する駆動順序変更ステップと、前記駆動順序変更ステップにおいて変更された前記駆動順序に対応したマルチプレクス駆動により、前記右目用画像データに基づいて前記複数のソース線を駆動する右目用駆動ステップと、前記駆動順序変更ステップにおいて変更された前記駆動順序に対応したマルチプレクス駆動により、前記左目用画像データに基づいて前記複数のソース線を駆動する左目用駆動ステップとを含み、前記右目用駆動ステップ及び前記左目用駆動ステップの各々では、各垂直走査期間において、前記駆動順序変更ステップにおいて変更された前記駆動順序から順番に1水平走査期間毎に直前の水平走査期間における駆動順序を変更して前記複数のソース線を駆動する。   (1) In the first aspect of the present invention, one source output is output to a plurality of source lines of a display panel based on right-eye image data and left-eye image data corresponding to successive right-eye images and left-eye images, respectively. In the multiplex driving method of driving each source line in a divided manner, the driving order in the first horizontal scanning period of each of the right-eye image and the left-eye image is 2 × n (n is a natural number) for each vertical scanning period. A drive order changing step for changing, and a right-eye drive step for driving the plurality of source lines based on the right-eye image data by multiplex driving corresponding to the drive order changed in the drive order changing step; The multiplex driving corresponding to the driving order changed in the driving order changing step, the plurality of the plurality of images based on the left-eye image data Each of the right-eye drive step and the left-eye drive step that drives the source line, and in each vertical scanning period, the drive order is changed to 1 in order from the drive order changed in the drive order change step. The plurality of source lines are driven by changing the driving order in the immediately preceding horizontal scanning period every horizontal scanning period.
本態様においては、2×n垂直走査期間毎に、右目用画像及び左目用画像の各々の最初の水平走査期間におけるマルチプレクス駆動の駆動順序を変更するようにしている。右目用画像及び左目用画像の各垂直走査期間では、変更された駆動順序から順番に1水平走査期間毎に直前の水平走査期間における駆動順序を変更して複数のソース線が駆動される。これにより、右目及び左目それぞれのローテーションパターンが固定されることなく、縞模様が十分に拡散させることができるようになり、3D表示を行う場合に画質の劣化を防止することができるようになる。   In this aspect, the driving order of the multiplex driving in the first horizontal scanning period of each of the right-eye image and the left-eye image is changed every 2 × n vertical scanning period. In each vertical scanning period of the right-eye image and the left-eye image, the plurality of source lines are driven by changing the driving order in the immediately preceding horizontal scanning period every one horizontal scanning period in order from the changed driving order. As a result, the rotation pattern of each of the right eye and the left eye is not fixed, and the striped pattern can be sufficiently diffused, and the deterioration of the image quality can be prevented when performing 3D display.
(2)本発明の第2の態様に係るマルチプレクス駆動方法では、第1の態様において、前記左目用画像の最初の水平走査期間の駆動順序が、前記右目用画像の最初の水平走査期間の駆動順序を基準にシフトしている。   (2) In the multiplex driving method according to the second aspect of the present invention, in the first aspect, the driving order of the first horizontal scanning period of the left-eye image is the same as the first horizontal scanning period of the right-eye image. Shifting based on the driving order.
本態様によれば、右目及び左目それぞれのローテーションパターンが固定されることなく、縞模様が十分に拡散させることができるようになり、3D表示を行う場合に画質の劣化を防止することができるようになる。   According to this aspect, the rotation pattern of each of the right eye and the left eye is not fixed, and the striped pattern can be sufficiently diffused, so that deterioration of image quality can be prevented when performing 3D display. become.
(3)本発明の第3の態様に係るマルチプレクス駆動方法は、第2の態様において、前記右目用画像の最初の水平走査期間の駆動順序を基準として、前記左目用画像の最初の水平走査期間の駆動順序のシフト数に対応したオフセットを設定するオフセット設定ステップを含み、前記左目用駆動ステップでは、前記左目用画像の最初の水平走査期間において、前記右目用駆動ステップにおける最初の水平走査期間の駆動順序を基準に前記オフセットに対応したシフト数分だけシフトした駆動順序で、前記複数のソース線を駆動する。   (3) In the multiplex driving method according to the third aspect of the present invention, in the second aspect, the first horizontal scanning of the left-eye image is based on the driving order of the first horizontal scanning period of the right-eye image. An offset setting step for setting an offset corresponding to the number of shifts in the driving order of the period, and in the left eye driving step, in the first horizontal scanning period of the left eye image, the first horizontal scanning period in the right eye driving step The plurality of source lines are driven in a driving order shifted by the number of shifts corresponding to the offset with reference to the driving order.
本態様によれば、右目用画像及び左目用画像に応じてオフセットを設定することができる。そのため、画像の種類に依存することなく、右目及び左目それぞれのローテーションパターンが固定されることなく、縞模様が十分に拡散させることができるようになり、3D表示を行う場合に画質の劣化を防止することができるようになる。   According to this aspect, the offset can be set according to the right-eye image and the left-eye image. As a result, the right eye and left eye rotation patterns are not fixed without depending on the type of image, and the stripe pattern can be sufficiently diffused to prevent deterioration of image quality when performing 3D display. Will be able to.
(4)本発明の第4の態様に係るマルチプレクス駆動方法は、第1の態様乃至第3の態様のいずれかにおいて、前記右目用駆動ステップ及び前記左目用駆動ステップの各々では、前記表示パネルのソース線の駆動モードに応じて前記駆動順序を変更する。   (4) The multiplex drive method according to the fourth aspect of the present invention is the display panel according to any one of the first to third aspects, wherein each of the right eye drive step and the left eye drive step is the display panel. The driving order is changed according to the driving mode of the source line.
本態様によれば、駆動モードにかかわらず、右目及び左目それぞれのローテーションパターンが固定されることなく、縞模様が十分に拡散させることができるようになり、3D表示を行う場合に画質の劣化を防止することができるようになる。   According to this aspect, regardless of the driving mode, the rotation pattern of each of the right eye and the left eye is not fixed, and the striped pattern can be sufficiently diffused, so that the image quality is deteriorated when performing 3D display. Can be prevented.
(5)本発明の第5の態様に係るマルチプレクス駆動方法は、第1の態様乃至第4の態様のいずれかにおいて、前記右目用画像の最初の水平走査期間の駆動順序を設定する右目用駆動順序設定ステップと、前記左目用画像の最初の水平走査期間の駆動順序を設定する左目用駆動順序設定ステップとを含み、前記右目用駆動ステップでは、各垂直走査期間において、前記右目用駆動順序設定ステップにおいて設定された駆動順序から順番に1水平走査期間毎に駆動順序をシフトしたマルチプレクス駆動により、前記右目用画像データに基づいて前記複数のソース線を駆動し、前記左目用駆動ステップでは、各垂直走査期間において、前記左目用駆動順序設定ステップにおいて設定された駆動順序から順番に1水平走査期間毎に駆動順序をシフトしたマルチプレクス駆動により、前記左目用画像データに基づいて前記複数のソース線を駆動する。   (5) The multiplex driving method according to the fifth aspect of the present invention is the right eye for setting the driving order of the first horizontal scanning period of the right eye image in any of the first to fourth aspects. A drive order setting step; and a left-eye drive order setting step for setting a drive order for the first horizontal scanning period of the left-eye image. In the right-eye drive step, the right-eye drive order is set in each vertical scanning period. The plurality of source lines are driven based on the right-eye image data by multiplex driving in which the driving order is shifted every horizontal scanning period from the driving order set in the setting step, and in the left-eye driving step, In each vertical scanning period, the driving order is shifted every horizontal scanning period from the driving order set in the left-eye driving order setting step. By multiplex driving has to drive the plurality of source lines on the basis of the left-eye image data.
本態様においては、右目用及び左目用それぞれに駆動順序を変更することができるようにしている。これにより、より一層柔軟に、右目及び左目それぞれのローテーションパターンが固定されることなく、縞模様が十分に拡散させることができるようになり、3D表示を行う場合に画質の劣化を防止することができるようになる。   In this aspect, the drive order can be changed for each of the right eye and the left eye. As a result, the stripe pattern can be sufficiently diffused without the rotation patterns of the right eye and the left eye being fixed more flexibly, and it is possible to prevent deterioration in image quality when performing 3D display. become able to.
(6)本発明の第6の態様は、連続する右目用画像及び左目用画像にそれぞれ対応した右目用画像データ及び左目用画像データに基づいて、1ソース出力を表示パネルの複数のソース線に分割して各ソース線を駆動する駆動装置が、2×n(nは自然数)垂直走査期間毎にカウント値を更新する第1のカウンターと、垂直同期信号により初期化され、1水平走査期間毎にカウント値を更新する第2のカウンターと、水平同期信号により初期化され、1水平走査期間内のマルチプレクス駆動タイミングに対応したカウント値を更新する第3のカウンターと、前記第1のカウンターのカウント値と、前記第2のカウンターのカウント値と、前記第3のカウンターのカウント値とに基づいて、マルチプレクス制御信号を生成するマルチプレクスデコーダーと、前記マルチプレクス制御信号に基づいて、マルチプレクス駆動により前記複数のソース線のいずれかに供給するソース線駆動部とを含む。   (6) According to a sixth aspect of the present invention, one source output is output to a plurality of source lines of a display panel based on right-eye image data and left-eye image data corresponding to successive right-eye images and left-eye images, respectively. A driving device that divides and drives each source line is initialized by a first counter that updates a count value every 2 × n (n is a natural number) vertical scanning period, and a vertical synchronization signal, and is driven every horizontal scanning period. A second counter that updates the count value, a third counter that is initialized by the horizontal synchronization signal and updates the count value corresponding to the multiplex drive timing within one horizontal scanning period, and the first counter Based on the count value, the count value of the second counter, and the count value of the third counter, a multiplex decod that generates a multiplex control signal is generated. Includes loaders, on the basis of the multiplex control signal, and a source line driver for supplying to one of said plurality of source lines by the multiplex driving.
本態様においては、2×n垂直走査期間毎に、右目用画像及び左目用画像の各々の最初の水平走査期間におけるマルチプレクス駆動の駆動順序を変更するようにしている。右目用画像及び左目用画像の各垂直走査期間では、駆動装置は、変更された駆動順序から順番に1水平走査期間毎に直前の水平走査期間における駆動順序を変更して複数のソース線を駆動する。これにより、右目及び左目それぞれのローテーションパターンが固定されることなく、縞模様が十分に拡散させることができるようになり、3D表示を行う場合に画質の劣化を防止する駆動装置を提供することができるようになる。   In this aspect, the driving order of the multiplex driving in the first horizontal scanning period of each of the right-eye image and the left-eye image is changed every 2 × n vertical scanning period. In each vertical scanning period of the right-eye image and the left-eye image, the driving device drives the plurality of source lines by changing the driving order in the immediately preceding horizontal scanning period every one horizontal scanning period in order from the changed driving order. To do. As a result, the rotation pattern of each of the right eye and the left eye is not fixed, and the stripe pattern can be sufficiently diffused. Thus, a driving device that prevents deterioration in image quality when performing 3D display is provided. become able to.
(7)本発明の第7の態様に係る駆動装置は、第6の態様において、前記右目用画像における最初の水平走査期間の駆動順序を基準として、前記左目用画像の最初の水平走査期間の駆動順序のシフト数に対応したオフセットが設定されるオフセットレジスターを含み、前記マルチプレクスデコーダーは、前記第1のカウンターのカウント値と、前記第2のカウンターのカウント値と、前記第3のカウンターのカウント値と、前記オフセットに基づいて、前記マルチプレクス制御信号を生成する。   (7) According to a seventh aspect of the present invention, in the sixth aspect, the driving device according to the sixth aspect includes the first horizontal scanning period of the left-eye image based on the driving order of the first horizontal scanning period of the right-eye image. An offset register in which an offset corresponding to the number of shifts in the driving order is set, and the multiplex decoder includes a count value of the first counter, a count value of the second counter, and a count value of the third counter The multiplex control signal is generated based on the count value and the offset.
本態様によれば、右目用画像及び左目用画像に応じてオフセットを設定することができる。そのため、画像の種類に依存することなく、右目及び左目それぞれのローテーションパターンが固定されることなく、縞模様が十分に拡散させることができるようになり、3D表示を行う場合に画質の劣化を防止することができるようになる。   According to this aspect, the offset can be set according to the right-eye image and the left-eye image. As a result, the right eye and left eye rotation patterns are not fixed without depending on the type of image, and the stripe pattern can be sufficiently diffused to prevent deterioration of image quality when performing 3D display. Will be able to.
(8)本発明の第8の態様に係る駆動装置は、第6の態様又は第7の態様において、前記右目用画像の最初の水平走査期間の駆動順序に対応したパターンが設定される第1のパターンレジスターと、前記左目用画像の最初の水平走査期間の駆動順序に対応したパターンが設定される第2のパターンレジスターとを含み、前記マルチプレクスデコーダーは、前記第1のパターンレジスターに設定されたパターンに基づいて右目用のマルチプレクス制御信号を生成し、前記第2のパターンレジスターに設定されたパターンに基づいて左目用のマルチプレクス制御信号を生成する。   (8) In the driving device according to the eighth aspect of the present invention, in the sixth aspect or the seventh aspect, the pattern corresponding to the driving order of the first horizontal scanning period of the right-eye image is set. And a second pattern register in which a pattern corresponding to the driving order of the first horizontal scanning period of the left-eye image is set, and the multiplex decoder is set in the first pattern register The right eye multiplex control signal is generated based on the pattern, and the left eye multiplex control signal is generated based on the pattern set in the second pattern register.
本態様によれば、右目用画像及び左目用画像に応じて駆動順序を設定することができる。そのため、画像の種類に依存することなく、右目及び左目それぞれのローテーションパターンが固定されることなく、縞模様が十分に拡散させることができるようになり、3D表示を行う場合に画質の劣化を防止することができるようになる。   According to this aspect, the drive order can be set according to the right-eye image and the left-eye image. As a result, the right eye and left eye rotation patterns are not fixed without depending on the type of image, and the stripe pattern can be sufficiently diffused to prevent deterioration of image quality when performing 3D display. Will be able to.
(9)本発明の第9の態様に係る駆動装置は、第6の態様乃至第8の態様のいずれかにおいて、駆動モードに応じて前記第1のカウンターに供給する垂直同期信号を異ならせる垂直同期信号選択回路を含む。   (9) In the driving device according to the ninth aspect of the present invention, in any one of the sixth to eighth aspects, the vertical synchronizing signal supplied to the first counter differs depending on the driving mode. A synchronization signal selection circuit is included.
本態様によれば、駆動モードにかかわらず、右目及び左目それぞれのローテーションパターンが固定されることなく、縞模様が十分に拡散させることができるようになり、3D表示を行う場合に画質の劣化を防止することができるようになる。   According to this aspect, regardless of the driving mode, the rotation pattern of each of the right eye and the left eye is not fixed, and the striped pattern can be sufficiently diffused, so that the image quality is deteriorated when performing 3D display. Can be prevented.
(10)本発明の第10の態様に係る駆動装置は、第6の態様乃至第9の態様のいずれかにおいて、前記第1のカウンターは、右目用画像における垂直走査期間毎にカウント値を更新する第4のカウンターと、左目用画像における垂直走査期間毎にカウント値を更新する第5のカウンターとを含み、前記マルチプレクスデコーダーは、前記右目用画像に対して、前記第4のカウンターのカウント値を用いて前記マルチプレクス制御信号を生成し、前記左目用画像に対して、前記第5のカウンターのカウント値を用いて前記マルチプレクス制御信号を生成する。   (10) In the driving device according to a tenth aspect of the present invention, in any one of the sixth to ninth aspects, the first counter updates a count value for each vertical scanning period in the right-eye image. And a fifth counter that updates a count value for each vertical scanning period in the left-eye image, wherein the multiplex decoder counts the fourth counter with respect to the right-eye image. The multiplex control signal is generated using a value, and the multiplex control signal is generated using the count value of the fifth counter for the left-eye image.
本態様によれば、右目及び左目それぞれのローテーションパターンが固定されることなく、縞模様が十分に拡散させることができるようになり、3D表示を行う場合に画質の劣化を防止する駆動装置を提供することができるようになる。   According to the present aspect, the right eye and the left eye rotation patterns are not fixed, and the stripe pattern can be sufficiently diffused to provide a drive device that prevents deterioration in image quality when performing 3D display. Will be able to.
(11)本発明の第11の態様は、電気光学装置が、前記表示パネルと、前記表示パネルのソース線を駆動する第6の態様乃至第10の態様のいずれか記載の駆動装置とを含む。   (11) In an eleventh aspect of the present invention, an electro-optical device includes the display panel and the driving device according to any one of the sixth to tenth aspects that drives a source line of the display panel. .
本態様によれば、3D表示を行う場合に画質の劣化を防止する電気光学装置を提供することができるようになる。   According to this aspect, it is possible to provide an electro-optical device that prevents deterioration in image quality when performing 3D display.
(12)本発明の第12の態様は、電子機器が、第6の態様乃至第10の態様のいずれか記載の駆動装置を含む。   (12) In a twelfth aspect of the present invention, an electronic device includes the drive device according to any one of the sixth to tenth aspects.
本態様によれば、3D表示を行う場合に画質の劣化を防止する駆動装置が適用される電子機器を提供することができるようになる。   According to this aspect, it is possible to provide an electronic apparatus to which a driving device that prevents deterioration of image quality when performing 3D display is applied.
本発明の第1の実施形態に係る液晶表示装置の構成の概要を示す図。1 is a diagram showing an outline of a configuration of a liquid crystal display device according to a first embodiment of the present invention. 図1のソースドライバーの構成例のブロック図。The block diagram of the structural example of the source driver of FIG. 図2の多重化回路の動作説明図。FIG. 3 is an operation explanatory diagram of the multiplexing circuit of FIG. 2. デマルチプレクサーの動作説明図。Operation | movement explanatory drawing of a demultiplexer. 第1の実施形態の比較例におけるマルチプレクス制御信号生成部の構成例を示す図。The figure which shows the structural example of the multiplex control signal generation part in the comparative example of 1st Embodiment. 図5のマルチプレクスデコーダーの動作説明図。FIG. 6 is an operation explanatory diagram of the multiplex decoder of FIG. 5. 図5の構成による第1の駆動例の説明図。Explanatory drawing of the 1st drive example by the structure of FIG. 図8(A)、図8(B)は図7において右目及び左目に見えるローテーションパターンの説明図。8A and 8B are explanatory diagrams of the rotation pattern visible in the right eye and the left eye in FIG. 図5の構成による第2の駆動例の説明図。Explanatory drawing of the 2nd drive example by the structure of FIG. 図10(A)、図10(B)は図9において右目及び左目に見えるローテーションパターンの説明図。10 (A) and 10 (B) are explanatory diagrams of rotation patterns visible in the right eye and the left eye in FIG. 図5の構成による第3の駆動例の説明図。Explanatory drawing of the 3rd drive example by the structure of FIG. 図12(A)、図12(B)は図11において右目及び左目に見えるローテーションパターンの説明図。12A and 12B are explanatory diagrams of a rotation pattern that can be seen in the right eye and the left eye in FIG. 第1の実施形態における駆動装置の処理例のフロー図。The flowchart of the example of a process of the drive device in 1st Embodiment. 第1の実施形態におけるマルチプレクス制御信号生成部の構成例を示す図。The figure which shows the structural example of the multiplex control signal generation part in 1st Embodiment. 図15(A)、図15(B)は図14の構成による第1の駆動例の説明図。FIG. 15A and FIG. 15B are explanatory diagrams of a first driving example having the configuration of FIG. 図14の構成による第2の駆動例の説明図。Explanatory drawing of the 2nd drive example by the structure of FIG. 図14の構成による第2の駆動例の説明図。Explanatory drawing of the 2nd drive example by the structure of FIG. 図14の構成による第3の駆動例の説明図。Explanatory drawing of the 3rd drive example by the structure of FIG. 図14の構成による第3の駆動例の説明図。Explanatory drawing of the 3rd drive example by the structure of FIG. 第2の実施形態におけるマルチプレクス制御信号生成部の構成例を示す図。The figure which shows the structural example of the multiplex control signal generation part in 2nd Embodiment. 図20の構成による第3の駆動例の説明図。FIG. 21 is an explanatory diagram of a third driving example having the configuration of FIG. 20. 第3の実施形態におけるマルチプレクス制御信号生成部の構成例を示す図。The figure which shows the structural example of the multiplex control signal generation part in 3rd Embodiment. 図22の構成による第3の駆動例の説明図。FIG. 23 is an explanatory diagram of a third driving example having the configuration of FIG. 22. 第4の実施形態におけるマルチプレクス制御信号生成部の構成例を示す図。The figure which shows the structural example of the multiplex control signal generation part in 4th Embodiment. 図24の構成による第3の駆動例の説明図。FIG. 25 is an explanatory diagram of a third driving example having the configuration of FIG. 24. 第5の実施形態における駆動モードの説明図。Explanatory drawing of the drive mode in 5th Embodiment. 第5の実施形態における駆動モードのタイミングの一例を示す図。The figure which shows an example of the timing of the drive mode in 5th Embodiment. 第5の実施形態におけるマルチプレクス制御信号生成部の構成例を示す図。The figure which shows the structural example of the multiplex control signal generation part in 5th Embodiment. 本発明に係る液晶表示装置が適用されるプロジェクターシステムの構成の概要を示す図。1 is a diagram showing an outline of a configuration of a projector system to which a liquid crystal display device according to the present invention is applied. 図29の光学系の構成の概要を示す図。The figure which shows the outline | summary of a structure of the optical system of FIG.
以下、本発明の実施の形態について図面を用いて詳細に説明する。なお、以下に説明する実施の形態は、特許請求の範囲に記載された本発明の内容を不当に限定するものではない。また以下で説明される構成のすべてが本発明の課題を解決するために必須の構成要件であるとは限らない。   Hereinafter, embodiments of the present invention will be described in detail with reference to the drawings. The embodiments described below do not unduly limit the contents of the present invention described in the claims. In addition, all of the configurations described below are not necessarily indispensable configuration requirements for solving the problems of the present invention.
〔第1の実施形態〕
図1に、本発明の第1の実施形態に係る液晶表示装置の構成の概要を示す。
液晶表示装置(広義には、電気光学装置)10は、液晶パネル(表示パネル、電気光学パネル)12と、駆動装置50とを備えている。駆動装置50は、ソースドライバー20と、ゲートドライバー40とを備えている。液晶表示装置10の外部には、電源回路60と、表示コントローラー70とが設けられている。なお、液晶表示装置10は、図1の構成に限定されず、電源回路60又は表示コントローラー70の少なくとも一部の機能を内蔵してもよい。
[First Embodiment]
FIG. 1 shows an outline of the configuration of the liquid crystal display device according to the first embodiment of the present invention.
The liquid crystal display device (electro-optical device in a broad sense) 10 includes a liquid crystal panel (display panel, electro-optical panel) 12 and a driving device 50. The driving device 50 includes a source driver 20 and a gate driver 40. A power supply circuit 60 and a display controller 70 are provided outside the liquid crystal display device 10. The liquid crystal display device 10 is not limited to the configuration shown in FIG. 1 and may incorporate at least part of the functions of the power supply circuit 60 or the display controller 70.
液晶パネル12は、例えばアクティブマトリクス型の液晶パネルにより構成される。液晶パネル12を構成する液晶基板には、図1のY方向に複数配列され、それぞれX方向に伸びるゲート線G1〜GM(Mは2以上の自然数)が配置される。また、この液晶基板には、X方向に複数配列され、それぞれY方向に伸びるソース線(データ線)S01〜S71、S02〜S72、・・・、S0N〜S7N(Nは2以上の自然数)が配置される。更に、この液晶基板には、ソース信号供給線S1〜SN(ソース電圧供給線)が設けられ、各ソース信号供給線に対応してデマルチプレクサーDMUX1〜DMUXNが設けられる。なお、デマルチプレクサーDMUX1〜DMUXNは、ソースドライバー20に内蔵されていてもよい。   The liquid crystal panel 12 is composed of, for example, an active matrix type liquid crystal panel. On the liquid crystal substrate constituting the liquid crystal panel 12, a plurality of gate lines G1 to GM (M is a natural number of 2 or more) arranged in the Y direction and extending in the X direction are arranged. The liquid crystal substrate has a plurality of source lines (data lines) S01 to S71, S02 to S72,..., S0N to S7N (N is a natural number of 2 or more) arranged in the X direction and extending in the Y direction. Be placed. Further, the liquid crystal substrate is provided with source signal supply lines S1 to SN (source voltage supply lines), and demultiplexers DMUX1 to DMUXN are provided corresponding to the source signal supply lines. The demultiplexers DMUX1 to DMUXN may be built in the source driver 20.
この液晶基板には、ゲート線(走査線)G1〜GMとソース線S01〜S71、S02〜S72、・・・、S0N〜S7Nとの交差点に対応する位置に、薄膜トランジスターが設けられる。例えば、ゲート線Gj(jはM以下の自然数)とソース線S0k(kはN以下の自然数)との交差点に対応する位置に、薄膜トランジスターTjk−0が設けられる。薄膜トランジスターTjk−0は、ゲート電極がゲート線Gjに接続され、ソース電極がソース線S0kに接続され、ドレイン電極が画素電極PEjk−0に接続される。この画素電極PEjk−0と対向電極CE(共通電極、コモン電極)との間には、液晶容量CLjk−0(液晶素子、広義には電気光学素子)が形成される。   This liquid crystal substrate is provided with thin film transistors at positions corresponding to the intersections of the gate lines (scanning lines) G1 to GM and the source lines S01 to S71, S02 to S72,..., S0N to S7N. For example, the thin film transistor Tjk-0 is provided at a position corresponding to an intersection between the gate line Gj (j is a natural number equal to or less than M) and the source line S0k (k is a natural number equal to or less than N). The thin film transistor Tjk-0 has a gate electrode connected to the gate line Gj, a source electrode connected to the source line S0k, and a drain electrode connected to the pixel electrode PEjk-0. A liquid crystal capacitor CLjk-0 (liquid crystal element, in a broad sense, an electro-optical element) is formed between the pixel electrode PEjk-0 and the counter electrode CE (common electrode, common electrode).
デマルチプレクサーDMUX1〜DMUXNは、ソース信号供給線に供給された時分割のソース電圧をソース線に分割(分離、デマルチプレクス)して供給する。具体的には、デマルチプレクサーDMUXkは、各ソース線に対応するスイッチ素子(複数のデマルチプレクス用スイッチング素子)を備える。そして、ソースドライバー20からのマルチプレクス制御信号SEL0〜SEL7によってスイッチ素子がオン・オフ制御され、ソース信号供給線Skに供給されたソース電圧がソース線S0k〜S7kに分割して供給される。   The demultiplexers DMUX1 to DMUXN supply the time-division source voltage supplied to the source signal supply line by dividing (separating, demultiplexing) the source voltage. Specifically, the demultiplexer DMUXk includes switch elements (a plurality of demultiplexing switching elements) corresponding to each source line. Then, the switch elements are turned on / off by multiplex control signals SEL0 to SEL7 from the source driver 20, and the source voltage supplied to the source signal supply line Sk is divided and supplied to the source lines S0k to S7k.
なお、図1では、説明を簡単にするために、ソース信号供給線Skに対応するデマルチプレクサーDMUXk及びソース線S0k〜S7kのみを図示している。また、ソース線S0k〜S7kとゲート線Gjとの交差点に対応する位置に設けられた薄膜トランジスターのみを図示している。他のソース信号供給線に対応するデマルチプレクサー及びソース線、他のソース線とゲート線との交差点に対応する位置に設けられる薄膜トランジスターについても同様である。   In FIG. 1, only the demultiplexer DMUXk and the source lines S0k to S7k corresponding to the source signal supply line Sk are illustrated for the sake of simplicity. Further, only the thin film transistor provided at the position corresponding to the intersection of the source lines S0k to S7k and the gate line Gj is illustrated. The same applies to demultiplexers and source lines corresponding to other source signal supply lines, and thin film transistors provided at positions corresponding to intersections between other source lines and gate lines.
ソースドライバー20は、画像データ(階調データ)に基づいて時分割されたソース電圧をソース信号供給線S1〜SNに出力し、ソース信号供給線S1〜SNを駆動する。一方、ゲートドライバー40は、液晶パネル12のゲート線G1〜GMを走査(順次駆動)する。   The source driver 20 outputs the source voltage time-divided based on the image data (gradation data) to the source signal supply lines S1 to SN, and drives the source signal supply lines S1 to SN. On the other hand, the gate driver 40 scans (sequentially drives) the gate lines G1 to GM of the liquid crystal panel 12.
電源回路60は、外部から供給される基準電圧(電源電圧)に基づいて、液晶パネル12の駆動に必要な各種の電圧レベル(例えば、階調電圧生成用の基準電圧)や、対向電極CEの対向電極電圧VCOMの電圧レベルを生成する。   Based on a reference voltage (power supply voltage) supplied from the outside, the power supply circuit 60 has various voltage levels (for example, a reference voltage for gradation voltage generation) necessary for driving the liquid crystal panel 12 and the counter electrode CE. A voltage level of the counter electrode voltage VCOM is generated.
表示コントローラー70は、ソースドライバー20、ゲートドライバー40及び電源回路60を制御する。例えば、表示コントローラー70は、ソースドライバー20及びゲートドライバー40に対して、動作モードの設定や内部で生成した垂直同期信号、水平同期信号の供給を行う。表示コントローラー70は、例えば図示しない中央演算処理装置(Central Processing Unit:CPU)を備えるホストにより設定された内容に従って、これらの制御を行う。   The display controller 70 controls the source driver 20, the gate driver 40, and the power supply circuit 60. For example, the display controller 70 sets an operation mode and supplies an internally generated vertical synchronization signal and horizontal synchronization signal to the source driver 20 and the gate driver 40. For example, the display controller 70 performs these controls according to the contents set by a host including a central processing unit (CPU) (not shown).
なお、図1では、1本のソース信号供給線から8本のソース線にソース電圧が供給される場合を例に説明したが、1本のソース信号供給線から他の本数のソース線にソース電圧が供給されてもよい。以下では、1本のソース信号供給線から8本のソース線にソース電圧が供給される例について説明する。   In FIG. 1, the case where the source voltage is supplied from one source signal supply line to eight source lines has been described as an example, but the source is supplied from one source signal supply line to another number of source lines. A voltage may be supplied. Hereinafter, an example in which a source voltage is supplied from one source signal supply line to eight source lines will be described.
図2に、図1のソースドライバー20の構成例のブロック図を示す。
ソースドライバー20は、シフトレジスター22と、ラインラッチ24、26と、多重化回路28とを備えている。またソースドライバー20は、基準電圧発生回路(階調電圧発生回路)30と、DAC(Digital-to-Analog Converter)32と、ソース線駆動回路(ソース線駆動部)34と、駆動制御部36と、プリチャージ電圧発生回路38とを備える。
FIG. 2 shows a block diagram of a configuration example of the source driver 20 of FIG.
The source driver 20 includes a shift register 22, line latches 24 and 26, and a multiplexing circuit 28. The source driver 20 includes a reference voltage generation circuit (gradation voltage generation circuit) 30, a DAC (Digital-to-Analog Converter) 32, a source line drive circuit (source line drive unit) 34, and a drive control unit 36. And a precharge voltage generation circuit 38.
シフトレジスター22は、各ソース線に対応して設けられ、順次接続された複数のフリップフロップを備えている。このシフトレジスター22は、画素クロックCLKに同期して動作し、先頭のフリップフロップがイネーブル入出力信号EIOを保持すると、順次隣接するフリップフロップにイネーブル入出力信号EIOをシフトする。画素クロックCLK、イネーブル入出力信号EIOは、例えば表示コントローラー70から供給される。   The shift register 22 includes a plurality of flip-flops provided corresponding to the source lines and sequentially connected. The shift register 22 operates in synchronization with the pixel clock CLK. When the first flip-flop holds the enable input / output signal EIO, the enable input / output signal EIO is sequentially shifted to adjacent flip-flops. The pixel clock CLK and the enable input / output signal EIO are supplied from the display controller 70, for example.
ラインラッチ24には、画像データDIOが入力される。ラインラッチ24は、シフトレジスター22からの順次シフトされたイネーブル入出力信号EIOに同期して、この画像データDIOをラッチする。   Image data DIO is input to the line latch 24. The line latch 24 latches the image data DIO in synchronization with the sequentially shifted enable input / output signal EIO from the shift register 22.
ラインラッチ26は、表示用の水平同期信号であるラッチパルスLPに同期して、ラインラッチ24でラッチされた1水平走査単位の画像データをラッチする。ラッチパルスLPは、ソースドライバー20で生成されるものとして図示するが、表示コントローラー70から供給されてもよい。この場合、ラッチパルスLPは、表示コントローラー70からの水平同期信号HSYNCとすることができる。   The line latch 26 latches the image data of one horizontal scanning unit latched by the line latch 24 in synchronization with a latch pulse LP which is a horizontal synchronizing signal for display. The latch pulse LP is illustrated as being generated by the source driver 20, but may be supplied from the display controller 70. In this case, the latch pulse LP can be the horizontal synchronization signal HSYNC from the display controller 70.
多重化回路28は、ラインラッチ26にラッチされた各ソース線に対応する画像データを受け、8本分のソース線に対応する画像データを時分割多重し、各ソース信号供給線に対応する時分割多重された画像データを出力する。多重化回路28は、駆動制御部36からのマルチプレクス制御信号SEL0〜SEL7に基づいて、画像データを多重化する。   The multiplexing circuit 28 receives the image data corresponding to each source line latched by the line latch 26, time-division multiplexes the image data corresponding to eight source lines, and corresponds to each source signal supply line. Divided and multiplexed image data is output. The multiplexing circuit 28 multiplexes the image data based on the multiplex control signals SEL0 to SEL7 from the drive control unit 36.
基準電圧発生回路30は、複数の基準電圧(階調電圧)を生成し、DAC32に供給する。基準電圧発生回路30は、例えば電源回路60から供給される電圧レベルに基づいて、複数の基準電圧を生成する。   The reference voltage generation circuit 30 generates a plurality of reference voltages (grayscale voltages) and supplies them to the DAC 32. The reference voltage generation circuit 30 generates a plurality of reference voltages based on the voltage level supplied from the power supply circuit 60, for example.
DAC32は、デジタルの画像データに基づいて、各ソース線に供給すべきアナログの階調電圧を生成する。具体的には、DAC32は、多重化回路28からの時分割多重された画像データと、基準電圧発生回路30からの複数の基準電圧を受けて、時分割多重された画像データに対応する時分割多重された階調電圧を生成する。   The DAC 32 generates an analog gradation voltage to be supplied to each source line based on digital image data. Specifically, the DAC 32 receives time-division multiplexed image data from the multiplexing circuit 28 and a plurality of reference voltages from the reference voltage generation circuit 30 and receives time-division multiplexed image data corresponding to the time-division multiplexed image data. A multiplexed gradation voltage is generated.
ソース線駆動回路34は、DAC32からの階調電圧をバッファリング(広義にはインピーダンス変換)してソース信号供給線S1〜SNにソース電圧を出力し、ソース線S01〜S71、S02〜S72、・・・、S0N〜S7Nを駆動する。例えば、ソース線駆動回路34は、各ソース信号供給線に設けられたボルテージフォロワー接続の演算増幅器により、階調電圧をバッファリングする。このようなソース線駆動回路34は、階調電圧に基づくソース線の駆動前にソース線のプリチャージを行うことができる。   The source line driving circuit 34 buffers the gradation voltage from the DAC 32 (impedance conversion in a broad sense) and outputs the source voltage to the source signal supply lines S1 to SN, and the source lines S01 to S71, S02 to S72,. ..S0N to S7N are driven. For example, the source line driver circuit 34 buffers the grayscale voltage by a voltage follower-connected operational amplifier provided in each source signal supply line. Such a source line driver circuit 34 can precharge the source line before driving the source line based on the gradation voltage.
駆動制御部36は、所与の極性反転周期で液晶パネル12の液晶素子への印加電圧の極性が反転するように、ソースドライバー20を構成する各部を制御する。駆動制御部36は、例えばラッチパルスLP、ソース電圧の時分割タイミングを規定するマルチプレクス制御信号SEL0〜SEL7、プリチャージ制御信号を生成する。具体的には、駆動制御部36は、表示コントローラー70からの水平同期信号HSYNCに対応して、表示用のタイミングに応じてラッチパルスLPを生成し、例えばラインラッチ26に出力する。   The drive control unit 36 controls each unit constituting the source driver 20 so that the polarity of the voltage applied to the liquid crystal element of the liquid crystal panel 12 is inverted at a given polarity inversion period. The drive control unit 36 generates, for example, a latch pulse LP, multiplex control signals SEL0 to SEL7 that define the time division timing of the source voltage, and a precharge control signal. Specifically, the drive control unit 36 generates a latch pulse LP according to the display timing in response to the horizontal synchronization signal HSYNC from the display controller 70 and outputs the latch pulse LP to the line latch 26, for example.
また、駆動制御部36は、マルチプレクス制御信号生成部37を備えている。マルチプレクス制御信号生成部37は、ソース線の駆動タイミングに応じてマルチプレクス制御信号SEL0〜SEL7を生成し、多重化回路28及びデマルチプレクサーDMUX1〜DMUXNに出力する。3D表示用の右目用画像及び左目用画像を表示する際、マルチプレクス制御信号生成部37は、縞模様が拡散して見えないようにマルチプレクス駆動の駆動順序が所与の変更タイミングで変更されたマルチプレクス制御信号SEL0〜SEL7を生成する。具体的には、駆動制御部36は、右目用画像及び左目用画像の各々の最初の水平走査期間における複数のソース線の駆動順序を、2×n(nは自然数)垂直走査期間毎に変更するようにマルチプレクス制御信号SEL0〜SEL7を生成する。そして、駆動制御部36は、各垂直走査期間において、この駆動順序から順番に1水平走査期間毎に直前の水平走査期間における駆動順序を変更するようにマルチプレクス制御信号SEL0〜SEL7を生成する。各水平走査期間では、直前の水平走査期間における駆動順序とまったく異なる駆動順序となり、駆動順序が分散される。   The drive control unit 36 includes a multiplex control signal generation unit 37. The multiplex control signal generator 37 generates multiplex control signals SEL0 to SEL7 according to the drive timing of the source lines, and outputs them to the multiplexing circuit 28 and the demultiplexers DMUX1 to DMUXN. When displaying the right-eye image and the left-eye image for 3D display, the multiplex control signal generation unit 37 changes the multiplex drive drive order at a given change timing so that the striped pattern is not diffused and seen. Multiplex control signals SEL0 to SEL7 are generated. Specifically, the drive control unit 36 changes the driving order of the plurality of source lines in the first horizontal scanning period of each of the right-eye image and the left-eye image every 2 × n (n is a natural number) vertical scanning period. Multiplex control signals SEL0 to SEL7 are generated as described above. Then, in each vertical scanning period, the drive control unit 36 generates the multiplex control signals SEL0 to SEL7 so as to change the driving order in the immediately preceding horizontal scanning period every one horizontal scanning period in order from this driving order. In each horizontal scanning period, the driving order is completely different from the driving order in the immediately preceding horizontal scanning period, and the driving order is distributed.
更に、駆動制御部36は、ソース線のプリチャージ制御を行うためのプリチャージ制御信号を生成する。このプリチャージ制御信号により、プリチャージ制御のイネーブル制御やディセーブル制御も行うことができるようになっている。   Further, the drive control unit 36 generates a precharge control signal for performing precharge control of the source line. With this precharge control signal, precharge control enable control and disable control can also be performed.
プリチャージ電圧発生回路38は、正極性及び負極性のそれぞれの極性について、1又は複数のプリチャージ電圧を生成し、ソース線駆動回路34に出力する。プリチャージ電圧発生回路38は、プリチャージ制御信号により指定されたプリチャージ電圧を、該プリチャージ制御信号により指定されたタイミングでソース線駆動回路34に供給する。プリチャージ電圧発生回路38は、例えば電源回路60から供給される電圧レベルに基づいて、1又は複数のプリチャージ電圧を生成する。   The precharge voltage generation circuit 38 generates one or a plurality of precharge voltages for the positive polarity and the negative polarity, and outputs them to the source line drive circuit 34. The precharge voltage generation circuit 38 supplies the precharge voltage designated by the precharge control signal to the source line drive circuit 34 at the timing designated by the precharge control signal. The precharge voltage generation circuit 38 generates one or a plurality of precharge voltages based on, for example, a voltage level supplied from the power supply circuit 60.
ここで、第1の実施形態におけるマルチプレクス駆動について、ソース信号供給線Skに着目して説明する。   Here, the multiplex drive in the first embodiment will be described by focusing on the source signal supply line Sk.
図3に、図2の多重化回路28の動作説明図を示す。図3では、ソース線S0k〜S7k用の画像データGD0〜GD7がラインラッチ26にラッチされたものとする。
多重化回路28は、マルチプレクス制御信号SEL0がHレベルのとき、ソース線S0k用の画像データGD0を選択出力し、マルチプレクス制御信号SEL1がHレベルのとき、ソース線S1k用の画像データGD1を選択出力する。同様に、多重化回路28は、マルチプレクス制御信号SEL2〜SEL7のそれぞれがHレベルのとき、対応するソース線用の画像データを選択出力する。これにより、多重化回路28は、1水平走査期間内に1度ずつHレベルとなるマルチプレクス制御信号SEL0〜SEL7に基づいて、画像データGD0〜GD7が時分割多重化された多重化データを生成する。
FIG. 3 shows an operation explanatory diagram of the multiplexing circuit 28 of FIG. In FIG. 3, it is assumed that the image data GD0 to GD7 for the source lines S0k to S7k are latched by the line latch 26.
The multiplexing circuit 28 selectively outputs the image data GD0 for the source line S0k when the multiplex control signal SEL0 is at the H level, and the image data GD1 for the source line S1k when the multiplex control signal SEL1 is at the H level. Select output. Similarly, the multiplexing circuit 28 selectively outputs the corresponding image data for the source line when each of the multiplex control signals SEL2 to SEL7 is at the H level. As a result, the multiplexing circuit 28 generates multiplexed data in which the image data GD0 to GD7 are time-division multiplexed based on the multiplex control signals SEL0 to SEL7 which become H level once in one horizontal scanning period. To do.
DAC32は、時分割多重化された画像データGD0〜GD7を受けて、各画像データに対応する階調電圧を複数の基準電圧の中から選択して出力し、時分割多重化された階調電圧を出力する。   The DAC 32 receives the time-division multiplexed image data GD0 to GD7, selects and outputs a gradation voltage corresponding to each image data from a plurality of reference voltages, and the time-division multiplexed gradation voltage. Is output.
図4に、デマルチプレクサーDMUXkの動作説明図を示す。図4は、デマルチプレクサーDMUXkの動作説明図を示すが、他のデマルチプレクサーも同様である。
ソースドライバー20のソース線駆動回路34は、DAC32からの多重化された階調電圧を受けて、多重化されたソース電圧V0〜V7を1水平走査期間内に出力する。デマルチプレクサーDMUXkには、マルチプレクス制御信号SEL0〜SEL7がデマルチプレクス用スイッチ信号として供給される。デマルチプレクサーDMUXkは、マルチプレクス制御信号SEL0がHレベルのとき、ソース電圧V0をソース線S0kに出力し、マルチプレクス制御信号SEL1がHレベルのとき、ソース電圧V1をソース線S1kに出力する。同様に、デマルチプレクサーDMUXkは、マルチプレクス制御信号SEL2〜SEL7のそれぞれがHレベルのとき、対応するソース電圧を、対応するソース線に出力する。
FIG. 4 shows an operation explanatory diagram of the demultiplexer DMUXk. FIG. 4 is a diagram illustrating the operation of the demultiplexer DMUXk, but the same applies to other demultiplexers.
The source line drive circuit 34 of the source driver 20 receives the multiplexed gradation voltage from the DAC 32 and outputs the multiplexed source voltages V0 to V7 within one horizontal scanning period. The demultiplexer DMUXk is supplied with multiplex control signals SEL0 to SEL7 as demultiplex switch signals. The demultiplexer DMUXk outputs the source voltage V0 to the source line S0k when the multiplex control signal SEL0 is at the H level, and outputs the source voltage V1 to the source line S1k when the multiplex control signal SEL1 is at the H level. Similarly, the demultiplexer DMUXk outputs the corresponding source voltage to the corresponding source line when each of the multiplex control signals SEL2 to SEL7 is at the H level.
このようにして、デマルチプレクサーDMUXkは、ソース信号供給線Skに供給される多重化されたソース電圧V0〜V7を分離して、ソース線S0k〜S7kに出力する。   In this way, the demultiplexer DMUXk separates the multiplexed source voltages V0 to V7 supplied to the source signal supply line Sk and outputs them to the source lines S0k to S7k.
ところで、マルチプレクス駆動におけるソース線の駆動順序は、次のような構成によりローテーションパターンをシフトさせることにより変更することができる。ローテーションパターンは、ソース線の駆動順序に対応しており、該ローテーションパターンに基づいてマルチプレクス制御信号SEL0〜SEL7を生成することで、マルチプレクス駆動におけるソース線の駆動順序を変更することができる。   By the way, the driving order of the source lines in the multiplex driving can be changed by shifting the rotation pattern with the following configuration. The rotation pattern corresponds to the driving order of the source lines. By generating the multiplex control signals SEL0 to SEL7 based on the rotation pattern, the driving order of the source lines in the multiplex driving can be changed.
図5に、第1の実施形態の比較例におけるマルチプレクス制御信号生成部の構成例を示す。本比較例におけるマルチプレクス制御信号生成部80は、図2のマルチプレクス制御信号生成部37に代えて駆動制御部36に適用される。
このマルチプレクス制御信号生成部80は、VSYNCローテーションカウンター100と、HSYNCローテーションカウンター110と、マルチプレクスカウンター120とを備えている。また、マルチプレクス制御信号生成部80は、マルチプレクス駆動タイミング生成部130と、マルチプレクスデコーダー140と、加算器132、134とを備えている。
FIG. 5 shows a configuration example of the multiplex control signal generation unit in the comparative example of the first embodiment. The multiplex control signal generation unit 80 in this comparative example is applied to the drive control unit 36 instead of the multiplex control signal generation unit 37 of FIG.
The multiplex control signal generator 80 includes a VSYNC rotation counter 100, an HSYNC rotation counter 110, and a multiplex counter 120. The multiplex control signal generation unit 80 includes a multiplex drive timing generation unit 130, a multiplex decoder 140, and adders 132 and 134.
マルチプレクス制御信号生成部80には、表示コントローラー70からの垂直同期信号VSYNC、水平同期信号HSYNCが入力される。VSYNCローテーションカウンター100は、垂直同期信号VSYNCに基づいて1垂直走査期間毎にカウント値をカウントアップ(広義には、更新。以下同様)する3ビットカウンターである。HSYNCローテーションカウンター110は、垂直同期信号VSYNCによりカウント値が初期化され、水平同期信号HSYNCに基づいて1水平走査期間毎にカウント値をカウントアップする3ビットカウンターである。マルチプレクスカウンター120は、水平同期信号HSYNCに基づいてカウント値が初期化され、マルチプレクス駆動タイミング生成部130によって生成されたマルチプレクス駆動タイミングに応じてカウント値をカウントアップする3ビットカウンターである。マルチプレクス駆動タイミング生成部130は、例えば表示コントローラー70からの画素クロックCLKに同期して、1水平走査期間内でマルチプレクス制御信号SEL0〜SEL7のいずれかがアクティブなるタイミングを示すタイミング信号を生成する。マルチプレクスカウンター120は、このタイミング信号の立ち上がり等に同期してカウント値を更新する。   The multiplex control signal generator 80 receives the vertical synchronization signal VSYNC and the horizontal synchronization signal HSYNC from the display controller 70. The VSYNC rotation counter 100 is a 3-bit counter that counts up (updates in a broad sense; the same applies hereinafter) every vertical scanning period based on the vertical synchronization signal VSYNC. The HSYNC rotation counter 110 is a 3-bit counter whose count value is initialized by the vertical synchronization signal VSYNC and counts up every horizontal scanning period based on the horizontal synchronization signal HSYNC. The multiplex counter 120 is a 3-bit counter whose count value is initialized based on the horizontal synchronization signal HSYNC and counts up according to the multiplex drive timing generated by the multiplex drive timing generation unit 130. The multiplex drive timing generation unit 130 generates a timing signal indicating the timing at which one of the multiplex control signals SEL <b> 0 to SEL <b> 7 becomes active within one horizontal scanning period, for example, in synchronization with the pixel clock CLK from the display controller 70. . The multiplex counter 120 updates the count value in synchronization with the rising edge of the timing signal.
加算器132は、VSYNCローテーションカウンター100のカウント値と、HSYNCローテーションカウンター110のカウント値とを加算する3ビット加算器である。加算器134は、加算器132の加算結果と、マルチプレクスカウンター120のカウント値とを加算する3ビット加算器である。なお、加算器132、134を1つの加算器で実現してもよい。マルチプレクスデコーダー140は、加算器134の3ビットの加算結果に対応したデコード処理を行い、マルチプレクス制御信号SEL0〜SEL7を生成する。   The adder 132 is a 3-bit adder that adds the count value of the VSYNC rotation counter 100 and the count value of the HSYNC rotation counter 110. The adder 134 is a 3-bit adder that adds the addition result of the adder 132 and the count value of the multiplex counter 120. Note that the adders 132 and 134 may be realized by one adder. The multiplex decoder 140 performs a decoding process corresponding to the 3-bit addition result of the adder 134, and generates multiplex control signals SEL0 to SEL7.
図6に、図5のマルチプレクスデコーダー140の動作説明図を示す。図6は、横軸に時間軸をとり、加算器134の3ビットの加算結果、マルチプレクス制御信号SEL0〜SEL7の一例を表す。
マルチプレクスデコーダー140は、加算器134の3ビットの加算結果をデコードし、いずれか1つがHレベルのマルチプレクス制御信号SEL0〜SEL7、又はすべてがHレベル又はLレベルのマルチプレクス制御信号SEL0〜SEL7を出力する。具体的には、加算結果が“0”のとき、マルチプレクスデコーダー140は、マルチプレクス制御信号SEL0をHレベル、マルチプレクス制御信号SEL1〜SEL7をLレベルとする。加算結果が“1”のとき、マルチプレクスデコーダー140は、マルチプレクス制御信号SEL1をHレベル、マルチプレクス制御信号SEL0、SEL2〜SEL7をLレベルとする。同様に、加算結果が“7”のとき、マルチプレクスデコーダー140は、マルチプレクス制御信号SEL7をHレベル、マルチプレクス制御信号SEL0〜SEL6をLレベルとする。なお、プリチャージ制御がイネーブル制御されたときのプリチャージ期間において、マルチプレクス制御信号SEL0〜SEL7はすべてがHレベルになる。
FIG. 6 shows an operation explanatory diagram of the multiplex decoder 140 of FIG. FIG. 6 represents an example of the 3-bit addition result of the adder 134 and the multiplex control signals SEL0 to SEL7 with the time axis on the horizontal axis.
The multiplex decoder 140 decodes the 3-bit addition result of the adder 134, and any one of them is an H level multiplex control signal SEL0 to SEL7, or all are H level or L level multiplex control signals SEL0 to SEL7. Is output. Specifically, when the addition result is “0”, the multiplex decoder 140 sets the multiplex control signal SEL0 to the H level and the multiplex control signals SEL1 to SEL7 to the L level. When the addition result is “1”, the multiplex decoder 140 sets the multiplex control signal SEL1 to the H level and sets the multiplex control signals SEL0 and SEL2 to SEL7 to the L level. Similarly, when the addition result is “7”, the multiplex decoder 140 sets the multiplex control signal SEL7 to H level and the multiplex control signals SEL0 to SEL6 to L level. Note that in the precharge period when the precharge control is enabled, all the multiplex control signals SEL0 to SEL7 are at the H level.
このようなマルチプレクス制御信号生成部80によれば、VSYNCローテーションカウンター100のカウント値に対応した駆動順序を基準に、駆動順序に対応したカウント値が1水平走査期間毎に1つずつインクリメントされる加算器132の出力が得られる。従って、駆動順序が1水平走査期間毎に1つずつシフトされる出力が得られる。これに、マルチプレクスカウンター120のカウント値を加算することで、ローテーションに対応したマルチプレクス制御信号SEL0〜SEL7を生成することができる。   According to such a multiplex control signal generation unit 80, the count value corresponding to the drive order is incremented by one for each horizontal scanning period on the basis of the drive order corresponding to the count value of the VSYNC rotation counter 100. The output of the adder 132 is obtained. Accordingly, an output is obtained in which the driving order is shifted by one for each horizontal scanning period. By adding the count value of the multiplex counter 120 to this, the multiplex control signals SEL0 to SEL7 corresponding to the rotation can be generated.
ところが、2D表示のときはそれぞれのソース線に接続される画素が均一に見えていたが、このローテーション機能をそのまま3D表示に適用すると、以下のような問題がある。なお、以下では、説明の便宜上、各垂直走査期間の先頭の水平走査期間におけるローテーションパターン(開始ローテーションパターン)のみを図示するが、実際には、各垂直走査期間において1水平走査期間毎にローテーションパターンが変更される。   However, in the 2D display, pixels connected to the respective source lines appear to be uniform. However, when this rotation function is applied to the 3D display as it is, there are the following problems. In the following, for convenience of explanation, only the rotation pattern (starting rotation pattern) in the first horizontal scanning period of each vertical scanning period is illustrated, but in actuality, in each vertical scanning period, the rotation pattern is set for each horizontal scanning period. Is changed.
図7に、3D表示の際の図5の構成による第1の駆動例の説明図を示す。第1の駆動例では、1垂直走査期間毎に右目用画像及び左目用画像を交互に駆動する。図7は、アクティブシャッター方式で3D映像を見る例を表しており、シャッターについては、画像が右目用のときは右目用のシャッターの制御例を表し、画像が左目用のときは左目用のシャッターの制御例を表す。また、図7におけるVSYNCカウント値は、垂直同期信号VSYNCのカウント値を3ビットで表現したものである。   FIG. 7 is an explanatory diagram of a first driving example according to the configuration of FIG. 5 at the time of 3D display. In the first driving example, the right-eye image and the left-eye image are alternately driven every vertical scanning period. FIG. 7 shows an example in which 3D video is viewed using the active shutter method. The shutter represents an example of controlling the right-eye shutter when the image is for the right eye, and the left-eye shutter when the image is for the left eye. This represents a control example. Also, the VSYNC count value in FIG. 7 represents the count value of the vertical synchronization signal VSYNC in 3 bits.
右目用画像の最初の水平走査期間(最初の垂直走査期間における先頭の水平走査期間)におけるローテーションパターン(開始ローテーションパターン)が“01234567”のとき、マルチプレクス制御信号SEL0〜SEL7が順番にHレベルとなる。これは、VSYNCカウント値が“0”の垂直走査期間における最初の水平走査期間におけるローテーションパターンを示している。この垂直走査期間では、次の水平走査期間において、このローテーションパターンを基準に例えば“04261537”に変更され、これ以降、順次、直前の水平走査期間における駆動順序を基準に後続の水平走査期間で分散される。このとき、右目用画像を表示し、右目用のシャッターが、クロストークを低減するために当該垂直走査期間の後半から開く。次の垂直走査期間では、開始ローテーションパターンが“01234567”から1つシフトされ“12345670”となり、マルチプレクス制御信号SEL1〜SEL7、SEL0が順番にHレベルとなる。この垂直走査期間でも、開始ローテーションパターン“12345670”を基準に1水平走査期間毎に分散される。このとき、左目用画像を表示し、左目用のシャッターが、クロストークを低減するために当該垂直走査期間の後半から開く。左目用画像を表示する垂直走査期間においても、同様に、1水平走査期間毎にローテーションパターンが変更される。   When the rotation pattern (start rotation pattern) in the first horizontal scanning period (first horizontal scanning period in the first vertical scanning period) of the right-eye image is “01234567”, the multiplex control signals SEL0 to SEL7 are sequentially set to the H level. Become. This shows a rotation pattern in the first horizontal scanning period in the vertical scanning period in which the VSYNC count value is “0”. In this vertical scanning period, in the next horizontal scanning period, the rotation pattern is changed to, for example, “04261537”, and thereafter, sequentially distributed in subsequent horizontal scanning periods based on the driving order in the immediately preceding horizontal scanning period. Is done. At this time, the image for the right eye is displayed, and the shutter for the right eye opens from the second half of the vertical scanning period in order to reduce crosstalk. In the next vertical scanning period, the start rotation pattern is shifted from “01234567” by one to “12345670”, and the multiplex control signals SEL1 to SEL7 and SEL0 sequentially become H level. Even in this vertical scanning period, the horizontal rotation period is dispersed for each horizontal scanning period with reference to the start rotation pattern “12345670”. At this time, the left-eye image is displayed, and the left-eye shutter is opened from the latter half of the vertical scanning period in order to reduce crosstalk. Similarly, in the vertical scanning period in which the left-eye image is displayed, the rotation pattern is changed every horizontal scanning period.
図8(A)、図8(B)に、図7において右目及び左目に見えるローテーションパターンの説明図を示す。図8(A)は、図7に示すローテーションパターンのうち右目用のシャッターが開く右目用画像を表示するときのローテーションパターンと、左目用のシャッターが開く左目用画像を表示するときのローテーションパターンとを表す。図8(B)は、右目に見えるローテーションパターン、左目に見えるローテーションパターンを表す。   FIG. 8A and FIG. 8B are explanatory diagrams of rotation patterns visible in the right eye and the left eye in FIG. FIG. 8A shows a rotation pattern for displaying a right eye image opened by a right eye shutter and a rotation pattern for displaying a left eye image opened by a left eye shutter among the rotation patterns shown in FIG. Represents. FIG. 8B shows a rotation pattern visible to the right eye and a rotation pattern visible to the left eye.
図7に示すローテーションパターンのうち、原則として、右目用画像を表示しているとき左目には見えず、左目用画像を表示しているとき右目には見えない。そのため、実際に右目及び左目に各画像が見えるときのローテーションパターンをまとめると、図8(A)のようになる。これは、結局、図8(B)に示すように、右目及び左目には、それぞれ4パターンしか見えないことを意味する。即ち、右目及び左目でローテーションパターンが固定されてしまい、縞模様が十分に拡散されない事態となる。   Of the rotation patterns shown in FIG. 7, in principle, the right eye is not visible when the right eye image is displayed, and the right eye is not visible when the left eye image is displayed. Therefore, the rotation patterns when the images are actually visible to the right eye and the left eye are summarized as shown in FIG. This means that, as shown in FIG. 8B, only four patterns can be seen by the right eye and the left eye. That is, the rotation pattern is fixed between the right eye and the left eye, and the stripe pattern is not sufficiently diffused.
次に、3D表示の際に、クロストークを防止するために、連続して右目用画像を表示した後、連続して左目用画像を表示する第2の駆動例を考える。   Next, in order to prevent crosstalk during 3D display, consider a second driving example in which images for the right eye are continuously displayed and then images for the left eye are continuously displayed.
図9に、3D表示の際の図5の構成による第2の駆動例の説明図を示す。図9は、アクティブシャッター方式で3D映像を見る例を表しており、シャッターについては、画像が右目用のときは右目用のシャッターの制御例を表し、画像が左目用のときは左目用のシャッターの制御例を表す。また、図9におけるVSYNCカウント値は、垂直同期信号VSYNCのカウント値を3ビットで表現したものである。   FIG. 9 is an explanatory diagram of a second driving example according to the configuration of FIG. 5 at the time of 3D display. FIG. 9 shows an example in which 3D video is viewed using the active shutter method. For the shutter, the control example of the shutter for the right eye is displayed when the image is for the right eye, and the shutter for the left eye is displayed when the image is for the left eye. This represents a control example. Further, the VSYNC count value in FIG. 9 represents the count value of the vertical synchronization signal VSYNC in 3 bits.
右目用画像のVSYNCカウント値が“0”の最初の水平走査期間における開始ローテーションパターンが“01234567”のとき、マルチプレクス制御信号SEL0〜SEL7が順番にHレベルとなる。その後、このローテーションパターンを基準に、1水平走査期間毎に分散される。このとき、右目用画像を表示し、右目用のシャッターは閉じたままである。次の垂直走査期間では、開始ローテーションパターンが1つシフトし、マルチプレクス制御信号SEL1〜SEL7、SEL0が順番にHレベルとなる。その後、このローテーションパターンを基準に、1水平走査期間毎に分散される。このときも右目用画像を表示し、右目用のシャッターが開く。左目用画像についても同様である。   When the start rotation pattern in the first horizontal scanning period in which the VSYNC count value of the right-eye image is “0” is “01234567”, the multiplex control signals SEL0 to SEL7 sequentially become H level. Thereafter, the rotation pattern is dispersed every horizontal scanning period with reference to the rotation pattern. At this time, the right-eye image is displayed and the right-eye shutter remains closed. In the next vertical scanning period, the start rotation pattern is shifted by one, and the multiplex control signals SEL1 to SEL7 and SEL0 sequentially become H level. Thereafter, the rotation pattern is dispersed every horizontal scanning period with reference to the rotation pattern. At this time, the image for the right eye is displayed and the shutter for the right eye is opened. The same applies to the left-eye image.
図10(A)、図10(B)に、図9において右目及び左目に見えるローテーションパターンの説明図を示す。図10(A)は、図9に示すローテーションパターンのうち右目用のシャッターが開く右目用画像を表示するときのローテーションパターンと、左目用のシャッターが開く左目用画像を表示するときのローテーションパターンとを表す。図10(B)は、右目に見えるローテーションパターン、左目に見えるローテーションパターンを表す。   FIGS. 10A and 10B are explanatory diagrams of rotation patterns that can be seen in the right eye and the left eye in FIG. FIG. 10A shows a rotation pattern for displaying a right eye image opened by a right eye shutter and a rotation pattern for displaying a left eye image opened by a left eye shutter among the rotation patterns shown in FIG. Represents. FIG. 10B shows a rotation pattern visible to the right eye and a rotation pattern visible to the left eye.
実際に右目及び左目に各画像が見えるときのローテーションパターンをまとめると、図10(A)のようになる。これは、結局、図10(B)に示すように、右目及び左目には、それぞれ2パターンしか見えないことを意味する。即ち、クロストークを防止することができるものの、右目及び左目でローテーションパターンが固定されてしまい、縞模様が十分に拡散されない事態となる。   10A is a summary of the rotation patterns when the images are actually visible to the right eye and the left eye. As a result, as shown in FIG. 10B, this means that only two patterns are visible to the right eye and the left eye. That is, although the crosstalk can be prevented, the rotation pattern is fixed by the right eye and the left eye, and the striped pattern is not sufficiently diffused.
次に、3D表示の際に、クロストークを防止し、且つ、縞模様の拡散を図る第3の駆動例を考える。第3の駆動例では、3種類の駆動モードで駆動し、連続して高い表示周波数で2フレーム分の右目用画像を表示した後、低い表示周波数で1フレーム分の右目用画像を表示する。続く左目用画像についても同様である。   Next, a third driving example for preventing crosstalk and spreading a striped pattern during 3D display will be considered. In the third driving example, driving is performed in three types of driving modes, and a right-eye image for two frames is continuously displayed at a high display frequency, and then a right-eye image for one frame is displayed at a low display frequency. The same applies to the subsequent left-eye image.
図11に、3D表示の際の図5の構成による第3の駆動例の説明図を示す。図11は、アクティブシャッター方式で3D映像を見る例を表しており、シャッターについては、画像が右目用のときは右目用のシャッターの制御例を表し、画像が左目用のときは左目用のシャッターの制御例を表す。また、図11におけるVSYNCカウント値は、垂直同期信号VSYNCのカウント値を3ビットで表現したものである。   FIG. 11 is an explanatory diagram of a third driving example according to the configuration of FIG. 5 at the time of 3D display. FIG. 11 shows an example in which 3D video is viewed by the active shutter method. For the shutter, the control example of the shutter for the right eye is shown when the image is for the right eye, and the shutter for the left eye is shown when the image is for the left eye. This represents a control example. Further, the VSYNC count value in FIG. 11 represents the count value of the vertical synchronization signal VSYNC in 3 bits.
右目用画像のVSYNCカウント値が“0”の最初の水平走査期間における開始ローテーションパターンが“01234567”のとき、マルチプレクス制御信号SEL0〜SEL7が順番にHレベルとなる。その後、このローテーションパターンを基準に、1水平走査期間毎に分散される。このとき、右目用画像を高い表示周波数で表示し、右目用のシャッターは閉じたままである。次の垂直走査期間では、開始ローテーションパターンが1つシフトし、マルチプレクス制御信号SEL1〜SEL7、SEL0が順番にHレベルとなり、この開始ローテーションパターンを基準に1水平走査期間毎に分散される。このときも右目用画像を高い表示周波数で表示し、右目用のシャッターが例えば開く。更に、次の垂直走査期間では、開始ローテーションパターンが1つシフトし、マルチプレクス制御信号SEL2〜SEL7、SEL0、SEL1が順番にHレベルとなり、この開始ローテーションパターンを基準に1水平走査期間毎に分散される。このときは右目用画像を低い表示周波数で表示し、右目用のシャッターが開く。左目用画像についても同様である。   When the start rotation pattern in the first horizontal scanning period in which the VSYNC count value of the right-eye image is “0” is “01234567”, the multiplex control signals SEL0 to SEL7 sequentially become H level. Thereafter, the rotation pattern is dispersed every horizontal scanning period with reference to the rotation pattern. At this time, the right-eye image is displayed at a high display frequency, and the right-eye shutter remains closed. In the next vertical scanning period, the start rotation pattern is shifted by one, and the multiplex control signals SEL1 to SEL7 and SEL0 are sequentially set to the H level, and are distributed every horizontal scanning period with reference to the start rotation pattern. Also at this time, the image for the right eye is displayed at a high display frequency, and the shutter for the right eye is opened, for example. Further, in the next vertical scanning period, the start rotation pattern is shifted by one, and the multiplex control signals SEL2 to SEL7, SEL0, and SEL1 are sequentially set to the H level, and are dispersed every horizontal scanning period based on the start rotation pattern. Is done. At this time, the image for the right eye is displayed at a low display frequency, and the shutter for the right eye is opened. The same applies to the left-eye image.
図12(A)、図12(B)に、図11において右目及び左目に見えるローテーションパターンの説明図を示す。図12(A)は、図11に示すローテーションパターンのうち右目用のシャッターが開く右目用画像を表示するときのローテーションパターンと、左目用のシャッターが開く左目用画像を表示するときのローテーションパターンとを表す。図12(B)は、右目に見えるローテーションパターン、左目に見えるローテーションパターンを表す。   FIGS. 12A and 12B are explanatory diagrams of rotation patterns that can be seen in the right eye and the left eye in FIG. FIG. 12A shows a rotation pattern for displaying a right eye image opened by a right eye shutter and a rotation pattern for displaying a left eye image opened by a left eye shutter among the rotation patterns shown in FIG. Represents. FIG. 12B shows a rotation pattern visible to the right eye and a rotation pattern visible to the left eye.
実際に右目及び左目に各画像が見えるときのローテーションパターンをまとめると、図12(A)のようになる。これは、結局、図12(B)に示すように、右目及び左目には、それぞれ4パターンしか見えないことを意味する。即ち、クロストークを防止することができるものの、右目及び左目でローテーションパターンが固定されてしまい、縞模様が十分に拡散されない事態となる。   The rotation patterns when the images are actually visible to the right eye and the left eye are summarized as shown in FIG. This means that, as shown in FIG. 12B, only four patterns can be seen by the right eye and the left eye. That is, although the crosstalk can be prevented, the rotation pattern is fixed by the right eye and the left eye, and the striped pattern is not sufficiently diffused.
以上のように、単純にローテーション機能を3D表示に用いても、ローテーションパターンが固定されてしまうという問題がある。そこで、第1の実施形態では、次のようにローテーションパターンを変更し、3D表示のための右目用画像及び左目用画像を表示する。   As described above, there is a problem that the rotation pattern is fixed even if the rotation function is simply used for 3D display. Therefore, in the first embodiment, the rotation pattern is changed as follows, and a right-eye image and a left-eye image for 3D display are displayed.
図13に、第1の実施形態における駆動装置50の処理例のフロー図を示す。
まず、駆動装置50は、駆動制御部36のマルチプレクス制御信号生成部37において、所与の駆動順序に対応したローテーションパターン(開始ローテーションパターン)を初期値として設定する(ステップST10)。
FIG. 13 shows a flowchart of a processing example of the driving device 50 in the first embodiment.
First, in the multiplex control signal generation unit 37 of the drive control unit 36, the drive device 50 sets a rotation pattern (start rotation pattern) corresponding to a given drive order as an initial value (step ST10).
次に、駆動装置50は、液晶パネル12のゲート線を走査しながら、ステップST10で設定された駆動順序に対応したマルチプレクス駆動により、右目用画像の右目用画像データに基づいて複数のソース線を駆動する(ステップST12、右目用駆動ステップ)。ステップST12では、各垂直走査期間において、ステップST10で設定された駆動順序から順番に1水平走査期間毎に直前の水平走査期間における駆動順序を変更する。このようなステップST12では、1又は複数の垂直走査期間にわたって、上記のマルチプレクス駆動により右目用画像データに基づいて複数のソース線が駆動される。   Next, the driving device 50 scans the gate lines of the liquid crystal panel 12 and performs a plurality of source lines based on the right-eye image data of the right-eye image by multiplex driving corresponding to the driving order set in step ST10. Is driven (step ST12, right eye driving step). In step ST12, in each vertical scanning period, the driving order in the immediately preceding horizontal scanning period is changed every horizontal scanning period in order from the driving order set in step ST10. In such a step ST12, a plurality of source lines are driven based on the right-eye image data by the multiplex driving described above over one or a plurality of vertical scanning periods.
更に、駆動装置50は、液晶パネル12のゲート線を走査しながら、ステップST10で設定された駆動順序に対応したマルチプレクス駆動により、左目用画像の左目用画像データに基づいて複数のソース線を駆動する(ステップST14、左目用駆動ステップ)。ステップST14では、各垂直走査期間において、ステップST10で設定された駆動順序から順番に1水平走査期間毎に直前の水平走査期間における駆動順序を変更する。このようなステップST14では、1又は複数の垂直走査期間にわたって、上記のマルチプレクス駆動により左目用画像データに基づいて複数のソース線が駆動される。このステップST12及びステップST14により、駆動ステップが構成される。   Further, the driving device 50 scans the gate lines of the liquid crystal panel 12 and performs a multiplex driving corresponding to the driving order set in step ST10, to thereby select a plurality of source lines based on the left eye image data of the left eye image. Drive (step ST14, left eye drive step). In step ST14, in each vertical scanning period, the driving order in the immediately preceding horizontal scanning period is changed every horizontal scanning period in order from the driving order set in step ST10. In such a step ST14, a plurality of source lines are driven based on the left-eye image data by the multiplex driving described above over one or a plurality of vertical scanning periods. A driving step is configured by steps ST12 and ST14.
ここで、3D表示が終了のとき(ステップST16:Y)、駆動装置50は、一連の処理を終了する(エンド)。一方、3D表示が終了ではないとき(ステップST16:N)、駆動装置50は、右目用画像又は左目用画像の最初の水平走査期間における複数のソース線の駆動順序を変更する(ステップST18、駆動順序変更ステップ)。具体的には、2×n垂直走査期間毎に、右目用画像及び左目用画像の最初の水平走査期間における複数のソース線の駆動順序を変更する。その後、ステップST12に戻る。ステップST12では、駆動装置50は、液晶パネル12のゲート線を走査しながら、ステップST18で設定された駆動順序に対応したマルチプレクス駆動により、左目用画像の左目用画像データに基づいて複数のソース線を駆動する(ステップST12)。このとき、各垂直走査期間において、ステップST18で設定された駆動順序から順番に1水平走査期間毎に直前の水平走査期間における駆動順序を変更する。   Here, when the 3D display ends (step ST16: Y), the driving device 50 ends the series of processes (end). On the other hand, when the 3D display is not finished (step ST16: N), the driving device 50 changes the driving order of the plurality of source lines in the first horizontal scanning period of the right-eye image or the left-eye image (step ST18, driving). Reorder step). Specifically, the driving order of the plurality of source lines in the first horizontal scanning period of the right-eye image and the left-eye image is changed every 2 × n vertical scanning period. Then, it returns to step ST12. In step ST12, the driving device 50 scans the gate lines of the liquid crystal panel 12 and performs a plurality of sources based on the left-eye image data of the left-eye image by multiplex driving corresponding to the driving order set in step ST18. The line is driven (step ST12). At this time, in each vertical scanning period, the driving order in the immediately preceding horizontal scanning period is changed every horizontal scanning period in order from the driving order set in step ST18.
図14に、第1の実施形態におけるマルチプレクス制御信号生成部37の構成例を示す。図14において、図5と同様の部分には同一符号を付し、適宜説明を省略する。
マルチプレクス制御信号生成部37は、VSYNCローテーションカウンター(第1のカウンター)100と、HSYNCローテーションカウンター(第2のカウンター)110と、マルチプレクスカウンター(第3のカウンター)120とを備えている。また、マルチプレクス制御信号生成部37は、マルチプレクス駆動タイミング生成部130と、マルチプレクスデコーダー140と、分周回路142と、加算器132、134とを備えている。
FIG. 14 shows a configuration example of the multiplex control signal generation unit 37 in the first embodiment. In FIG. 14, the same parts as those in FIG.
The multiplex control signal generation unit 37 includes a VSYNC rotation counter (first counter) 100, an HSYNC rotation counter (second counter) 110, and a multiplex counter (third counter) 120. The multiplex control signal generation unit 37 includes a multiplex drive timing generation unit 130, a multiplex decoder 140, a frequency divider 142, and adders 132 and 134.
マルチプレクス制御信号生成部37には、表示コントローラー70からの垂直同期信号VSYNC、水平同期信号HSYNCが入力される。分周回路142は、垂直同期信号VSYNCを分周する。例えば上記の第1の駆動例のように、右目用画像及び左目用画像を1垂直走査期間毎に交互に表示する場合、分周回路142は、垂直同期信号VSYNCを2分周する。例えば上記の第2の駆動例のように、3D表示の際に、クロストークを防止するために、連続して右目用画像を表示した後、連続して左目用画像を表示する場合、分周回路142は、垂直同期信号VSYNCを4分周する。例えば上記の第3の駆動例のように、連続して高い表示周波数で2フレームの右目用画像を表示した後、低い表示周波数で1フレームの右目用画像を表示する場合、分周回路142は、垂直同期信号VSYNCを6分周する。   The multiplex control signal generator 37 receives the vertical synchronization signal VSYNC and the horizontal synchronization signal HSYNC from the display controller 70. The frequency dividing circuit 142 divides the vertical synchronization signal VSYNC. For example, when the right eye image and the left eye image are alternately displayed every one vertical scanning period as in the first driving example, the frequency dividing circuit 142 divides the vertical synchronization signal VSYNC by two. For example, when the left eye image is continuously displayed after the right eye image is continuously displayed in order to prevent crosstalk during the 3D display as in the second driving example described above, the frequency division is performed. The circuit 142 divides the vertical synchronization signal VSYNC by four. For example, in the case of displaying the right-eye image of one frame at a low display frequency after displaying the right-eye image of two frames at a high display frequency continuously as in the third driving example, the frequency divider 142 is The vertical synchronization signal VSYNC is divided by six.
VSYNCローテーションカウンター100は、分周回路142の出力に基づいて2×n垂直走査期間毎にカウント値をカウントアップ(広義には、更新)する3ビットカウンターである。HSYNCローテーションカウンター110は、垂直同期信号VSYNCによりカウント値が初期化され、水平同期信号HSYNCに基づいて1水平走査期間毎にカウント値をカウントアップする3ビットカウンターである。マルチプレクスカウンター120は、水平同期信号HSYNCに基づいてカウント値が初期化され、マルチプレクス駆動タイミング生成部130によって生成されたマルチプレクス駆動タイミングに応じてカウント値をカウントアップする3ビットカウンターである。マルチプレクス駆動タイミング生成部130は、例えば表示コントローラー70からの画素クロックCLKに同期して、1水平走査期間内でマルチプレクス制御信号SEL0〜SEL7のいずれかがアクティブになるタイミングを示すタイミング信号を生成する。マルチプレクスカウンター120は、このタイミング信号の立ち上がり等に同期してカウント値を更新する。   The VSYNC rotation counter 100 is a 3-bit counter that counts up (updates in a broad sense) a count value every 2 × n vertical scanning periods based on the output of the frequency dividing circuit 142. The HSYNC rotation counter 110 is a 3-bit counter whose count value is initialized by the vertical synchronization signal VSYNC and counts up every horizontal scanning period based on the horizontal synchronization signal HSYNC. The multiplex counter 120 is a 3-bit counter whose count value is initialized based on the horizontal synchronization signal HSYNC and counts up according to the multiplex drive timing generated by the multiplex drive timing generation unit 130. The multiplex drive timing generation unit 130 generates a timing signal indicating the timing at which one of the multiplex control signals SEL0 to SEL7 becomes active within one horizontal scanning period, for example, in synchronization with the pixel clock CLK from the display controller 70. To do. The multiplex counter 120 updates the count value in synchronization with the rising edge of the timing signal.
加算器132、134は、図5と同様である。マルチプレクスデコーダー140は、図6に示すように、加算器134の3ビットの加算結果に対応したデコード処理を行い、マルチプレクス制御信号SEL0〜SEL7を生成する。   The adders 132 and 134 are the same as those in FIG. As shown in FIG. 6, the multiplex decoder 140 performs a decoding process corresponding to the 3-bit addition result of the adder 134, and generates multiplex control signals SEL0 to SEL7.
図15(A)、図15(B)に、図14の構成による第1の駆動例の説明図を示す。図15(A)は、アクティブシャッター方式で3D映像を見る例を表しており、シャッターについては、画像が右目用のときは右目用のシャッターの制御例を表し、画像が左目用のときは左目用のシャッターの制御例を表す。図15(B)は、図15(A)において右目及び左目に見えるローテーションパターンの説明図を示す。また、図15(A)又は図15(B)におけるVSYNCカウント値は、垂直同期信号VSYNCのカウント値を3ビットで表現したものである。   FIGS. 15A and 15B are explanatory diagrams of a first driving example having the configuration of FIG. FIG. 15A illustrates an example in which 3D video is viewed using the active shutter method. For the shutter, the control example of the right-eye shutter is displayed when the image is for the right eye, and the left-eye is displayed when the image is for the left eye. This shows an example of shutter control. FIG. 15B is an explanatory diagram of a rotation pattern visible in the right eye and the left eye in FIG. Further, the VSYNC count value in FIG. 15A or 15B represents the count value of the vertical synchronization signal VSYNC in 3 bits.
右目用画像のVSYNCカウント値が“0”の最初の水平走査期間における開始ローテーションパターンが“01234567”のとき、マルチプレクス制御信号SEL0〜SEL7が順番にHレベルとなる。これは、VSYNCカウント値が“0”の垂直走査期間における最初の水平走査期間におけるローテーションパターンを示している。この垂直走査期間では、次の水平走査期間において、このローテーションパターンを基準に例えば“04261537”に変更され、これ以降、順次、直前の水平走査期間における駆動順序を基準に後続の水平走査期間で分散される。このとき、右目用画像を表示し、右目用のシャッターが、クロストークを低減するために当該垂直走査期間の後半から開く。次の垂直走査期間では、開始ローテーションパターンが変更されることなく“01234567”のままとなり、マルチプレクス制御信号SEL0〜SEL7が順番にHレベルとなる。この垂直走査期間では、開始ローテーションパターン“12345670”を基準に1水平走査期間毎に分散される。このとき、左目用画像を表示し、左目用のシャッターが、クロストークを低減するために当該垂直走査期間の後半から開く。左目用画像を表示する垂直走査期間においても、同様に、1水平走査期間毎にローテーションパターンが変更される。   When the start rotation pattern in the first horizontal scanning period in which the VSYNC count value of the right-eye image is “0” is “01234567”, the multiplex control signals SEL0 to SEL7 sequentially become H level. This shows a rotation pattern in the first horizontal scanning period in the vertical scanning period in which the VSYNC count value is “0”. In this vertical scanning period, in the next horizontal scanning period, the rotation pattern is changed to, for example, “04261537”, and thereafter, sequentially distributed in subsequent horizontal scanning periods based on the driving order in the immediately preceding horizontal scanning period. Is done. At this time, the image for the right eye is displayed, and the shutter for the right eye opens from the second half of the vertical scanning period in order to reduce crosstalk. In the next vertical scanning period, the start rotation pattern is not changed and remains “01234567”, and the multiplex control signals SEL0 to SEL7 sequentially become H level. In this vertical scanning period, the horizontal rotation period is dispersed every horizontal scanning period with reference to the start rotation pattern “12345670”. At this time, the left-eye image is displayed, and the left-eye shutter is opened from the latter half of the vertical scanning period in order to reduce crosstalk. Similarly, in the vertical scanning period in which the left-eye image is displayed, the rotation pattern is changed every horizontal scanning period.
そのため、第1の駆動例において実際に右目及び左目に各画像が見えるときのローテーションパターンをまとめると、図15(B)のようになる。これは、右目及び左目には、それぞれ8パターンで見えることを意味し、右目及び左目でローテーションパターンが固定されることなく、縞模様が十分に拡散されることを示す。   For this reason, in the first driving example, the rotation patterns when the images are actually visible to the right eye and the left eye are summarized as shown in FIG. This means that the right eye and the left eye can see eight patterns, respectively, and the right and left eyes do not fix the rotation pattern, and the stripe pattern is sufficiently diffused.
次に、3D表示の際に、クロストークを防止するために、連続して右目用画像を表示した後、連続して左目用画像を表示する第2の駆動例を考える。   Next, in order to prevent crosstalk during 3D display, consider a second driving example in which images for the right eye are continuously displayed and then images for the left eye are continuously displayed.
図16、図17に、3D表示の際の図14の構成による第2の駆動例の説明図を示す。図16は、アクティブシャッター方式で3D映像を見る例を表しており、シャッターについては、画像が右目用のときは右目用のシャッターの制御例を表し、画像が左目用のときは左目用のシャッターの制御例を表す。図17は、図16において右目及び左目に見えるローテーションパターンの説明図を示す。また、図16又は図17におけるVSYNCカウント値は、垂直同期信号VSYNCのカウント値を3ビットで表現したものである。   FIGS. 16 and 17 are explanatory diagrams of a second driving example having the configuration of FIG. 14 in 3D display. FIG. 16 shows an example of viewing 3D video by the active shutter method. The shutter represents an example of controlling the right-eye shutter when the image is for the right eye, and the left-eye shutter when the image is for the left eye. This represents a control example. FIG. 17 is an explanatory diagram of rotation patterns visible in the right eye and the left eye in FIG. Also, the VSYNC count value in FIG. 16 or FIG. 17 represents the count value of the vertical synchronization signal VSYNC in 3 bits.
右目用画像のVSYNCカウント値が“0”の最初の水平走査期間における開始ローテーションパターンが“01234567”のとき、マルチプレクス制御信号SEL0〜SEL7が順番にHレベルとなる。この垂直走査期間では、次の水平走査期間において、このローテーションパターンを基準に例えば“04261537”に変更され、これ以降、順次、直前の水平走査期間における駆動順序を基準に後続の水平走査期間で分散される。このとき、右目用画像を表示し、右目用のシャッターは閉じたままである。次の垂直走査期間では、開始ローテーションパターンが変更されることなくそのままの状態で、マルチプレクス制御信号SEL0〜SEL7が順番にHレベルとなり、この開始ローテーションパターンを基準に1水平走査期間毎に分散される。このときも右目用画像を表示し、右目用のシャッターが開く。   When the start rotation pattern in the first horizontal scanning period in which the VSYNC count value of the right-eye image is “0” is “01234567”, the multiplex control signals SEL0 to SEL7 sequentially become H level. In this vertical scanning period, in the next horizontal scanning period, the rotation pattern is changed to, for example, “04261537”, and thereafter, sequentially distributed in subsequent horizontal scanning periods based on the driving order in the immediately preceding horizontal scanning period. Is done. At this time, the right-eye image is displayed and the right-eye shutter remains closed. In the next vertical scanning period, the multiplex control signals SEL0 to SEL7 are sequentially set to the H level without changing the start rotation pattern, and are distributed every horizontal scan period with reference to the start rotation pattern. The At this time, the image for the right eye is displayed and the shutter for the right eye is opened.
続く左目用画像については、開始ローテーションパターンが“01234567”のままで、マルチプレクス制御信号SEL0〜SEL7が順番にHレベルとなり、この開始ローテーションパターンを基準に1水平走査期間毎に分散される。このとき、左目用画像を表示し、左目用のシャッターは閉じたままである。次の垂直走査期間でも、開始ローテーションパターンが変更されることなくそのままの状態で、マルチプレクス制御信号SEL0〜SEL7が順番にHレベルとなり、この開始ローテーションパターンを基準に1水平走査期間毎に分散される。このときも左目用画像を表示し、左目用のシャッターが開く。   For the subsequent left-eye image, the start rotation pattern remains “01234567”, and the multiplex control signals SEL <b> 0 to SEL <b> 7 sequentially become H level, and are dispersed every horizontal scanning period with reference to this start rotation pattern. At this time, the left-eye image is displayed, and the left-eye shutter remains closed. Even in the next vertical scanning period, the multiplex control signals SEL0 to SEL7 are sequentially set to the H level without changing the starting rotation pattern, and are distributed every horizontal scanning period based on the starting rotation pattern. The At this time, the left-eye image is displayed and the left-eye shutter is opened.
そして、次の右目用画像のときに、開始ローテーションパターンが1つシフトして“12345670”となり、このローテーションパターンを基準に、上記のように右目用画像及び左目用画像の表示駆動が行われる。   Then, at the time of the next right-eye image, the start rotation pattern is shifted by one to become “12345670”, and display driving of the right-eye image and the left-eye image is performed as described above based on this rotation pattern.
そのため、第2の駆動例において実際に右目及び左目に各画像が見えるときのローテーションパターンをまとめると、図17のようになる。これは、結局、図17に示すように、右目及び左目には、それぞれ8パターンで見えることを意味し、クロストークを防止する上に、右目及び左目でローテーションパターンが固定されることなく、縞模様が十分に拡散されることを示す。   For this reason, in the second driving example, the rotation patterns when the images are actually visible to the right eye and the left eye are summarized as shown in FIG. After all, as shown in FIG. 17, it means that the right eye and the left eye can see 8 patterns respectively, and in addition to preventing crosstalk, the rotation pattern is not fixed between the right eye and the left eye. Indicates that the pattern is sufficiently diffused.
次に、3D表示の際に、クロストークを防止し、且つ、縞模様の拡散を図る第3の駆動例を考える。   Next, a third driving example for preventing crosstalk and spreading a striped pattern during 3D display will be considered.
図18、図19に、3D表示の際の図14の構成による第3の駆動例の説明図を示す。図18は、アクティブシャッター方式で3D映像を見る例を表しており、シャッターについては、画像が右目用のときは右目用のシャッターの制御例を表し、画像が左目用のときは左目用のシャッターの制御例を表す。図19は、図18において右目及び左目に見えるローテーションパターンの説明図を示す。また、図18及び図19におけるVSYNCカウント値は、垂直同期信号VSYNCのカウント値を3ビットで表現したものである。   FIGS. 18 and 19 are explanatory views of a third driving example having the configuration of FIG. 14 in 3D display. FIG. 18 illustrates an example in which 3D video is viewed using the active shutter method. The shutter represents an example of control of the right-eye shutter when the image is for the right eye, and the left-eye shutter when the image is for the left eye. This represents a control example. FIG. 19 is an explanatory diagram of a rotation pattern visible in the right eye and the left eye in FIG. Further, the VSYNC count value in FIGS. 18 and 19 represents the count value of the vertical synchronization signal VSYNC in 3 bits.
右目用画像のVSYNCカウント値が“0”の最初の水平走査期間における開始ローテーションパターンが“01234567”のとき、マルチプレクス制御信号SEL0〜SEL7が順番にHレベルとなる。この垂直走査期間では、この開始ローテーションパターンを基準に1水平走査期間毎に分散される。このとき、右目用画像を高い表示周波数で表示し、右目用のシャッターは閉じたままである。次の垂直走査期間では、開始ローテーションパターンが変更されることなくそのままの状態で、マルチプレクス制御信号SEL0〜SEL7が順番にHレベルとなり、この開始ローテーションパターンを基準に1水平走査期間毎に分散される。このときも右目用画像を高い表示周波数で表示し、右目用のシャッターが例えば開く。更に、次の垂直走査期間では、開始ローテーションパターンが変更されることなくそのままの状態で、マルチプレクス制御信号SEL0〜SEL7が順番にHレベルとなり、この開始ローテーションパターンを基準に1水平走査期間毎に分散される。このときは右目用画像を低い表示周波数で表示し、右目用のシャッターが開く。   When the start rotation pattern in the first horizontal scanning period in which the VSYNC count value of the right-eye image is “0” is “01234567”, the multiplex control signals SEL0 to SEL7 sequentially become H level. In the vertical scanning period, the horizontal rotation period is dispersed for each horizontal scanning period with reference to the start rotation pattern. At this time, the right-eye image is displayed at a high display frequency, and the right-eye shutter remains closed. In the next vertical scanning period, the multiplex control signals SEL0 to SEL7 are sequentially set to the H level without changing the start rotation pattern, and are distributed every horizontal scan period with reference to the start rotation pattern. The Also at this time, the image for the right eye is displayed at a high display frequency, and the shutter for the right eye is opened, for example. Further, in the next vertical scanning period, the multiplex control signals SEL0 to SEL7 are sequentially set to the H level without changing the starting rotation pattern, and each horizontal scanning period is set based on the starting rotation pattern. Distributed. At this time, the image for the right eye is displayed at a low display frequency, and the shutter for the right eye is opened.
続く左目用画像については、開始ローテーションパターンが“01234567”のままで、マルチプレクス制御信号SEL0〜SEL7が順番にHレベルとなる。この垂直走査期間では、この開始ローテーションパターンを基準に1水平走査期間毎に分散される。このとき、左目用画像を高い表示周波数で表示し、左目用のシャッターは閉じたままである。次の垂直走査期間では、開始ローテーションパターンが変更されることなくそのままの状態で、マルチプレクス制御信号SEL0〜SEL7が順番にHレベルとなり、この開始ローテーションパターンを基準に1水平走査期間毎に分散される。このときも左目用画像を高い表示周波数で表示し、右目用のシャッターが例えば開く。更に、次の垂直走査期間では、開始ローテーションパターンが変更されることなくそのままの状態で、マルチプレクス制御信号SEL0〜SEL7が順番にHレベルとなり、この開始ローテーションパターンを基準に1水平走査期間毎に分散される。このときは左目用画像を低い表示