JP2012106429A - 液体吐出装置 - Google Patents

液体吐出装置 Download PDF

Info

Publication number
JP2012106429A
JP2012106429A JP2010257571A JP2010257571A JP2012106429A JP 2012106429 A JP2012106429 A JP 2012106429A JP 2010257571 A JP2010257571 A JP 2010257571A JP 2010257571 A JP2010257571 A JP 2010257571A JP 2012106429 A JP2012106429 A JP 2012106429A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
liquid
moisturizing liquid
moisturizing
carriage
nozzle
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Withdrawn
Application number
JP2010257571A
Other languages
English (en)
Inventor
Kiyoteru Katsuki
清輝 香月
Tomoji Suzuki
智二 鈴木
Hisashi Miyazawa
久 宮澤
Takeshi Komaki
剛 小牧
Original Assignee
Seiko Epson Corp
セイコーエプソン株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Seiko Epson Corp, セイコーエプソン株式会社 filed Critical Seiko Epson Corp
Priority to JP2010257571A priority Critical patent/JP2012106429A/ja
Publication of JP2012106429A publication Critical patent/JP2012106429A/ja
Withdrawn legal-status Critical Current

Links

Images

Abstract

【課題】簡易な構成で保湿液をワイパー部材へ供給することが可能で、かつ、ワイパー部材への長期に亘る安定した保湿液の供給が可能な液体吐出装置を提案する。
【解決手段】液体吐出装置は、媒体に向かって液滴を吐出するノズル面3aが形成される液体吐出ヘッド3と、ノズル面3aに当接してノズル面3aを拭くワイパー部材15と、ワイパー部材15へ供給される保湿液が貯留される保湿液タンクを備える保湿液供給部18と、液体吐出ヘッド3が搭載され媒体の幅方向へ移動可能なキャリッジ4と、キャリッジ4の移動動作を利用して作動する作動部材25とを有している。キャリッジ4の移動動作によって作動した作動部材25は、保湿液供給部18に当接して保湿液タンク内の保湿液をワイパー部材15に向かって吐出させる。
【選択図】図2

Description

本発明は、複数のノズルが配列される液体吐出ヘッドのノズル面を拭くワイパー部材を有する液体吐出装置に関する。
従来、複数のノズルが配列される印刷ヘッドのノズル面からインク滴を吐出して印刷用紙に印刷を行うインクジェットプリンターが知られている。インクジェットプリンターは、一般に、ノズル面に付着した紙粉、埃等の異物やインクを除去するためのワイパーブレードを備えている。ワイパーブレードで除去されたインクや異物は、ワイパーブレードの先端に残ったまま乾燥して固着することがあり、乾燥したインクや異物がワイパーブレードの先端に固着している状態でワイピング動作を行うと、ノズル面のインクや異物を十分に除去できないばかりでなく、ワイパーブレードの先端に固着したインクや異物がノズル面を汚したり、ノズルを塞いでしまいインクの吐出不良を生じさせるおそれがある。そこで、従来、乾燥したインクや異物がワイパーブレードに固着するのを防止するために、ワイパーブレードに保湿液や洗浄液を供給するインクジェットプリンターが提案されている(たとえば、特許文献1から3参照)。
特許文献1のインクジェットプリンターは、ワイパーブレードの先端を洗浄するための洗浄装置を備えており、洗浄装置の洗浄液用ノズルからワイパーブレードへ洗浄液が供給される。特許文献2に記載のインクジェットプリンターは、キャリッジに搭載される洗浄ヘッドのノズルから洗浄液を噴射させる噴射手段を備えている。このプリンターでは、噴射手段は、制御回路等によって構成されており、所定のタイミングで洗浄ヘッドのノズルからワイパーブレードへ向かって洗浄液を噴射させる。特許文献3に記載のインクジェットプリンターは、キャリッジに搭載されるインクカートリッジに取り付けられた洗浄液吸収体を備えており、キャリッジの動作を利用して、洗浄液吸収体をワイパーブレードの先端に接触させて、洗浄液をワイパーブレードの先端に塗布している。
特開2007−185795号公報 特開2001−253081号公報 特開平6−79879号公報
しかしながら、特許文献1に記載のプリンターや特許文献2に記載のプリンターでは、洗浄装置や噴射手段を利用して、洗浄液をワイパーブレードへ供給しているため、洗浄液をワイパーブレードへ供給するための専用の駆動源が必要になり、装置が複雑化するとともに大型化して高価になる。また、これらのプリンターでは、洗浄装置の制御や噴射手段の制御が必要となるため、装置の制御が複雑になる。一方、特許文献3に記載のプリンターでは、キャリッジの動作を利用して洗浄液をワイパーブレードへ塗布するため、洗浄液をワイパーブレードへ塗布するための駆動源を別途、設ける必要がない。しかしながら、このプリンターでは、洗浄液吸収体をワイパーブレードに接触させて洗浄液を塗布しているため、時間の経過とともに、洗浄液吸収体の、ワイパーブレードとの接触部分に徐々にインク増粘物や異物が堆積し、その結果、ワイパーブレードに洗浄液が十分に塗布されないといった不具合が生じる。
そこで、本発明の課題は、簡易な構成で保湿液をワイパー部材へ供給することが可能で、かつ、ワイパー部材への長期に亘る安定した保湿液の供給が可能な液体吐出装置を提案することにある。
上記の課題を解決するため、本発明の液体吐出装置は、液滴吐出用の複数のノズルが配列されるノズル面を備え、媒体に向かって液滴を吐出する液体吐出ヘッドと、前記ノズル面に当接して前記ノズル面を拭くワイパー部材と、前記ワイパー部材へ供給される保湿液が貯留される保湿液タンクを備える保湿液供給部と、前記液体吐出ヘッドが搭載され、前記媒体の幅方向へ移動可能なキャリッジと、前記キャリッジの移動動作を利用して作動する作動部材と、を有し、前記キャリッジの移動動作によって作動した前記作動部材は、前記保湿液供給部に当接して前記保湿液タンク内の前記保湿液を前記ワイパー部材に向かって吐出させることを特徴とする。
本発明の液体吐出装置は、キャリッジの移動動作を利用して作動する作動部材を有しており、キャリッジの移動動作によって作動した作動部材は、保湿液供給部に当接して保湿液タンク内の保湿液をワイパー部材に向かって吐出させている。すなわち、本発明では、キャリッジの動作を利用して作動部材を作動させて、保湿液をワイパー部材へ供給している。そのため、保湿液をワイパー部材へ供給するための専用の駆動源が不要となる。したがって、本発明では、簡易な構成で、保湿液をワイパー部材へ供給することが可能になる。また、本発明では、ワイパー部材に向かって保湿液を吐出させることでワイパー部材へ保湿液を供給している。すなわち、本発明では、保湿液供給部とワイパー部材とを接触させることなく、ワイパー部材へ保湿液を供給している。そのため、時間の経過とともにインク増粘物や異物の影響でワイパー部材への保湿液の供給が妨げられるといった事態の発生を防止することが可能になる。したがって、本発明では、ワイパー部材への長期に亘る安定した保湿液の供給が可能になる。
本発明において、前記作動部材は、前記キャリッジがホームポジションにある待機状態から前記液体吐出ヘッドが前記媒体へ液滴を吐出する液滴吐出状態へ移行する際の前記キャリッジの移動動作に伴って、前記保湿液供給部に当接して前記保湿液タンク内の前記保湿液を前記ワイパー部材に向かって吐出させることが好ましい。あるいは、本発明において、前記作動部材は、前記液体吐出ヘッドが前記媒体へ液滴を吐出する液滴吐出状態から前記キャリッジがホームポジションにある待機状態へ移行する際の前記キャリッジの移動動作に伴って、前記保湿液供給部に当接して前記保湿液タンク内の前記保湿液を前記ワイパー部材に向かって吐出させることが好ましい。すなわち、キャリッジの通常動作を利用して保湿液をワイパー部材へ供給することが好ましい。このように構成すると、保湿液をワイパー部材へ供給するための専用の動作をキャリッジに行わせる必要がなくなる。したがって、キャリッジの制御が容易になる。また、キャリッジが通常動作を行えば、保湿液がワイパー部材へ供給されるため、保湿液をワイパー部材へ供給するためのメンテナンス時間を短縮することができ、その結果、ユーザーの使い勝手を向上させることができる。
本発明において、前記キャリッジには、前記作動部材に当接する当接部材が形成または固定され、前記作動部材は、前記保湿液供給部に当接する第1当接部と、前記当接部材が当接する第2当接部と、を有するとともに、前記保湿液供給部から前記第1当接部が離れる方向へ付勢され、前記キャリッジとともに移動する前記当接部材が前記第2当接部に当接すると、前記第1当接部が前記保湿液供給部に当接して、前記保湿液が前記ワイパー部材に向かって吐出されることが好ましい。
本発明において、前記保湿液供給部は、前記キャリッジに搭載されていることが好ましい。このように構成すると、保湿液供給部がキャリッジとともに移動するため、キャリッジと保湿液供給部との干渉を確実に防止することができる。
本発明において、前記保湿液供給部は、前記作動部材が当接するダイヤフラムを有し、前記作動部材は、前記ダイヤフラムを作動させて前記保湿液タンク内の前記保湿液を前記ワイパー部材に向かって吐出させることが好ましい。この場合には、ダイヤフラムを用いた比較的簡易な構成で、キャップに向かって保湿液を吐出させることができる。
本発明において、前記保湿液供給部は、前記ワイパー部材に向かって前記保湿液を吐出する保湿液吐出ノズルと、前記保湿液タンクと前記保湿液吐出ノズルとの間に配置される逆止弁と、を有することが好ましい。このように構成すると、保湿液吐出ノズルからの保湿液の垂れを防止することができる。また、このように構成すると、保湿液タンク内の保湿液が保湿液吐出ノズルを介して蒸発するのを防止することができる。
本発明において、液体吐出装置は、前記保湿液タンクに供給される前記保湿液が貯留される保湿液供給タンクと、前記保湿液タンクと前記保湿液供給タンクとの間に配置される逆止弁と、を有することが好ましい。このように構成すると、保湿液供給タンクへの保湿液の逆流を防止して、保湿液タンクからワイパー部材へ確実に保湿液を供給することが可能になる。
本発明において、液体吐出装置は、前記液体吐出ヘッドが前記媒体に向かって液滴を吐出しない所定の休止状態にあるときに、前記ノズル面を封止して前記ノズル内の液体の水分の蒸発を防止するキャップと、前記キャリッジの移動動作を利用して作動する第2の作動部材と、を有し、前記保湿液供給部は、前記キャリッジに搭載され、前記キャリッジの移動動作によって作動した前記第2の作動部材は、前記保湿液供給部に当接して前記保湿液タンク内の前記保湿液を前記キャップに向かって吐出させることが好ましい。このように構成すると、キャリッジの動作を利用して、保湿液をキャップ内へ供給することが可能になる。したがって、キャップ内にインクの増粘物が堆積している状態でキャップがノズル面を封止するのを防止することが可能になる。その結果、キャップ内に堆積した増粘物中に高濃度で含まれるグリセリンやジエチレングリコール等の保湿剤が印字ヘッドのノズル内の水分を吸収してノズル内のインクの増粘を促進し、ノズルの目詰まりやインク滴の吐出不良を誘発してしまうといった不具合を防止することが可能になる。また、このように構成すると、共通の保湿液供給部を用いて、キャップ内およびワイパー部材へ保湿液を供給することが可能になるため、液体吐出装置の構成を簡素化することが可能になる。
本発明において、前記液体吐出ヘッドは、たとえば、前記ノズル面からインク滴を吐出する印刷ヘッドである。すなわち、液体吐出装置は、たとえば、インクジェットプリンターである。このインクジェットプリンターでは、簡易な構成で、保湿液をワイパー部材へ供給することが可能になり、また、ワイパー部材への長期に亘る安定した保湿液の供給が可能になる。
本発明の実施の形態にかかるプリンターの主要部の概略斜視図。 ワイパー部材への保湿液の吐出動作を説明するための図。 保湿液供給部の断面図。 本発明の他の実施の形態にかかる保湿液の吐出動作を説明するための図。
以下、図面を参照して、本発明の液体吐出装置の実施形態であるインクジェットプリンター(プリンター)1を説明する。
(プリンターの概略構成)
図1は、本発明の実施の形態にかかるプリンター1の主要部の概略斜視図である。
プリンター1は、印刷用紙(媒体)2に向かってインク滴を吐出して印刷を行うインクジェットプリンターであり、インク滴を吐出する印刷ヘッド(液体吐出ヘッド)3を備えている。印刷ヘッド3には、インク滴吐出用の複数のノズルが配列されるノズル面3aが形成されている(図2参照)。ノズル面3aは、水平方向と平行に配置されている。印刷ヘッド3は、ノズル面3aが下側を向くように、キャリッジ4に搭載されており、下側へ向かってインク滴を吐出する。
キャリッジ4は、支持フレーム6に固定されたガイドシャフト7に支持されている。キャリッジ4には、タイミングベルト8の一部が固定されている。タイミングベルト8は、モーター9の出力軸に取り付けられたプーリー10と支持フレーム6に回転可能に取り付けられたプーリー11とに架け渡されている。モーター9が駆動すると、キャリッジ4は、ガイドシャフト7に案内されて、印刷用紙2の幅方向となる主走査方向MSへ移動する。すなわち、キャリッジ4は、主走査方向MSへ移動可能となっている。
印刷用紙2は、モーター12に連結される給紙ローラー(図示省略)によって、主走査方向MSに直交する副走査方向SSへ搬送される。プリンター1では、副走査方向SSへ印刷用紙2を搬送しながら、主走査方向MSへキャリッジ4が移動して、印刷用紙2に印刷が行われる。
(メンテナンスユニット、保湿液供給部および作動部材の構成)
図2は、ワイパーブレード15への保湿液の吐出動作を説明するための図であり、(A)はキャップ16が印刷ヘッド3のノズル面3aを封止している状態を示す図、(B)はワイパーブレード15へ保湿液が吐出されている状態を示す図、(C)はワイパーブレード15への保湿液の吐出が終了した後の状態を示す図である。図3は、保湿液供給部18の断面図である。
キャリッジ4のホームポジション(図1の右端側)には、印刷ヘッド3をメンテナンスするためのメンテナンスユニット14が配置されている。メンテナンスユニット14は、ホームポジションにあるときのキャリッジ4の下側に配置されている。また、メンテナンスユニット14は、図示を省略する昇降機構に連結されており、上下動可能となっている。
メンテナンスユニット14は、ノズル面3aに当接してノズル面3aを拭くワイパーブレード(ワイパー部材)15を備えている。ワイパーブレード15は、ゴム等の可撓性材料によって形成されている。主走査方向MSにおけるキャリッジ4のホームポジション側(図1の右側)を「ホームポジション側」、キャリッジ4の反ホームポジション側(図1の左側)を「反ホームポジション側」とすると、ワイパーブレード15は、メンテナンスユニット14の反ホームポジション側に配置されている。印刷ヘッド3のノズル面3aをワイパーブレード15で拭く際には、ワイパーブレード15がノズル面3aに当接可能な位置まで、メンテナンスユニット14が上昇した状態で、キャリッジ4が主走査方向MSへ移動する。キャリッジ4が主走査方向MSへ移動すると、ワイパーブレード15がノズル面3aに当接してノズル面3aに付着したインクや異物を拭き取る。
また、メンテナンスユニット14は、印刷ヘッド3のノズル面3aを封止してノズル内のインクの水分の蒸発を防止するキャップ16を備えている。キャップ16は、印刷ヘッド3がホームポジションに配置されているときにノズル面3aを封止する。すなわち、印刷ヘッド3が印刷用紙2に向かってインク滴を吐出しない所定の休止状態にあるときに、キャップ16はノズル面3aを封止する。具体的には、印刷待機時や電源オフ時等にキャップ16はノズル面3aを封止する。
キャップ16は、上面が開口する直方体の箱状に形成されたキャップケースを備えている。このキャップケースの中には、ゴム等の可撓性材料によって形成されるとともに上面が開口する直方体の箱状に形成されたキャップ部材が配置されており、弾性変形したキャップ部材がノズル面3aに当接することで、ノズル面3aが封止される。キャップ16の内部には、スポンジ等の多孔質材料で形成されるインク吸収部材17が配置されている。キャップ16の底面には、円筒部16aがキャップ16の内部に通じるように形成されており、円筒部16aには、チューブを介して吸引ポンプ(図示省略)が接続されている。
キャリッジ4には、ワイパーブレード15(具体的には、ワイパーブレード15の上端部)を湿らせるための保湿液をワイパーブレード15へ供給する保湿液供給部18が搭載されている。保湿液供給部18は、キャリッジ4のホームポジション側に搭載されている。図3に示すように、保湿液供給部18の内部には、保湿液が貯留される保湿液タンク18aが形成されている。保湿液タンク18aの上面には、保湿液供給部18の上面まで貫通する開口部18bが形成されている。開口部18bは、ダイヤフラム19によって覆われている。ダイヤフラム19は、ゴム等の可撓性材料によって膜状に形成されている。ダイヤフラム19の外周側部分は、開口部18bを囲む保湿液供給部18の上面に固定されている。
保湿液供給部18の底面には、保湿液タンク18a内の保湿液を下側へ向かって吐出するノズル(保湿液吐出ノズル)18cが形成されている。保湿液タンク18aとノズル18cとの境界部には、保湿液タンク18aからノズル18cへの保湿液の流れのみを許容する逆止弁20が配置されている。保湿液供給部18の側面には、保湿液タンク18aに保湿液を供給するための供給口18dが形成されており、供給口18dには、継ぎ手21が固定されている。継ぎ手21には、保湿液タンク18aに供給される保湿液が貯留されるサブタンク(保湿液供給タンク)がチューブ22を介して接続されている。供給口18dの入口端には、サブタンクから保湿液タンク18aへの保湿液の流れのみを許容する逆止弁23が配置されている。
保湿液供給部18では、ダイヤフラム19が押し下げられて、保湿液タンク18aの内部に向かってダイヤフラム19が弾性変形すると、保湿液タンク18a内の保湿液がノズル18cから吐出される。このときには、逆止弁23の作用で、保湿液タンク18aからサブタンクへの保湿液の逆流が阻止される。また、保湿液タンク18aの内部に向かって弾性変形したダイヤフラム19が保湿液タンク18aの外部に向かって復元すると、サブタンクから保湿液タンク18aに保湿液が供給される。
支持フレーム6のホームポジション側には、主走査方向MSへのキャリッジ4の移動動作によって作動する作動部材25が取り付けられている。作動部材25は、細長い四角柱状に形成される第1角柱部25aと第2角柱部25bとを備えている。第1角柱部25aと第2角柱部25bとは、互いに略直交するように、かつ、第1角柱部25aの一端と第2角柱部25bの一端とが繋がるように一体で形成されており、第1角柱部25aと第2角柱部25bとによって略L形状の部材が構成されている。作動部材25は、第1角柱部25aと第2角柱部25bとの接続部分から略ホームポジション側へ第1角柱部25aが延びるように、かつ、第1角柱部25aと第2角柱部25bとの接続部分から略下側へ第2角柱部25bが延びるように、支持フレーム6に回動可能に取り付けられている。
第1角柱部25aと第2角柱部25bとの接続部分には、装置前後方向を軸方向として支持フレーム6に回動可能に支持される円柱状の軸部25cが形成または固定されている。軸部25cは、第1角柱部25aと第2角柱部25bとの接続部分から装置後ろ側へ延びている。第1角柱部25aの他端側には、装置前側へ延びる円柱状の軸部25dが形成または固定されている。軸部25dには、引張りコイルバネ26の下端が取り付けられている。引張りコイルバネ26の上端は、支持フレーム6に取り付けられており、作動部材25は、軸部25cを中心にして、図2の反時計方向に付勢されている。
キャリッジ4には、第2角柱部25bの下端側に当接する円柱状の当接部材27が装置後ろ側へ延びるように固定または形成されている。キャリッジ4がホームポジションにあるときには、図2(A)に示すように、第2角柱部25bは、当接部材27よりも反ホームポジション側に配置されている。ホームポジションにあるキャリッジ4が反ホームポジション側へ移動して、図2(B)に示すように、当接部材27が第2角柱部25bの下端側に当接すると、作動部材25は、引張りコイルバネ26の付勢力に抗して時計方向へ回動する。
本形態では、キャリッジ4の移動に伴って作動部材25が時計方向へ回動したときに、軸部25dがダイヤフラム19の上面に当接してダイヤフラム19を押し下げるように、作動部材25および保湿液供給部18が構成され、配置されている。また、ダイヤフラム19が押し下げられると、保湿液供給部18からワイパーブレード15の上端部へ保湿液が吐出されるように、ワイパーブレード15および保湿液供給部18が構成され、配置されている。本形態の軸部25dは、保湿液供給部18に当接する第1当接部であり、第2角柱部25bは、当接部材27が当接する第2当接部である。
(保湿液の吐出動作)
プリンター1が休止状態であって、キャリッジ4がホームポジションに配置されているときには、図2(A)に示すように、メンテナンスユニット14が上昇しており、キャップ16は、ノズル面3aを封止している。キャリッジ4がホームポジションに配置されている待機状態から、印刷用紙2へインク滴を吐出する印刷状態(液滴吐出状態)へ移行する際には、メンテナンスユニット14が下降して、キャップ16がノズル面3aから離れる。また、キャリッジ4が反ホームポジション側へ移動する。
キャリッジ4が反ホームポジション側へ移動すると、図2(B)に示すように、当接部材27が第2角柱部25bの下端側に当接して、作動部材25が時計方向へ回動する。作動部材25が時計方向へ回動すると、軸部25dがダイヤフラム19の上面に当接してダイヤフラム19を押し下げる。ダイヤフラム19が押し下げられると、保湿液供給部18の下方に配置されるワイパーブレード15へ保湿液タンク18a内の保湿液が吐出される。
図2(B)に示す状態からキャリッジ4が反ホームポジション側へさらに移動すると、図2(C)に示すように、当接部材27から第2角柱部25bが外れて、引張りコイルバネ26の付勢力で作動部材25が反時計方向へ回動する。また、軸部25dがダイヤフラム19から離れるため、弾性変形していたダイヤフラム19は復元する。
(本実施の形態の主な効果)
以上説明したように、本形態では、キャリッジ4の反ホームポジション側への移動動作によって、作動部材25が回動する。また、作動部材25が回動すると、作動部材25がダイヤフラム19に当接して、保湿液タンク18a内の保湿液がワイパーブレード15に向かって吐出される。すなわち、本形態では、キャリッジ4の動作を利用して作動部材25を回動させて、保湿液をワイパーブレード15へ供給している。そのため、本形態では、保湿液をワイパーブレード15へ供給するための専用の駆動源が不要となり、簡易な構成で、保湿液をワイパーブレード15へ供給することができる。また、本形態では、ダイヤフラム19の動作を利用してノズル18cから保湿液を吐出させることでワイパーブレード15へ保湿液を供給しており、ノズル18cとワイパーブレード15とを接触させることなく、ワイパーブレード15へ保湿液を供給している。そのため、時間の経過とともにインク増粘物や異物の影響でワイパーブレード15への保湿液の供給が妨げられるといった事態の発生を防止することが可能になる。したがって、本形態では、ワイパーブレード15への長期に亘る安定した保湿液の供給が可能になる。
本形態では、ホームポジションにキャリッジ4が配置されている待機状態から、印刷用紙2へインク滴を吐出する印刷状態へ移行する際のキャリッジ4の動作を利用して、保湿液をワイパーブレード15へ供給している。すなわち、キャリッジ4の通常動作を利用して保湿液をワイパーブレード15へ供給している。そのため、保湿液をワイパーブレード15へ供給するための専用の動作をキャリッジ4に行わせる必要がなくなる。したがって、キャリッジ4の制御が容易になる。また、キャリッジ4が通常動作を行えば、保湿液がワイパーブレード15へ供給されるため、保湿液をワイパーブレード15へ供給するためのメンテナンス時間を短縮することができ、その結果、ユーザーの使い勝手を向上させることができる。
本形態では、保湿液供給部18は、キャリッジ4に搭載されており、キャリッジ4とともに移動する。そのため、キャリッジ4と保湿液供給部18との干渉を確実に防止することができる。
本形態では、保湿液タンク18aとノズル18cとの境界部に逆止弁20が配置されている。そのため、ノズル18cからの保湿液の垂れを防止することができる。また、保湿液タンク18a内の保湿液がノズル18cを介して蒸発するのを防止することができる。
(他の実施の形態)
上述した形態では、キャリッジ4の移動動作を利用して保湿液をワイパーブレード15へ供給しているが、図4に示すように、キャリッジ4の移動動作を利用してキャップ16内およびワイパーブレード15に保湿液を供給しても良い。この場合には、図4に示すように、作動部材25と同様に構成される作動部材(第2の作動部材)35が、ホームポジション側で作動部材25と隣り合うように、支持フレーム6に回動可能に取り付けられる。作動部材35は、作動部材25の第1角柱部25a、第2角柱部25b、軸部25cおよび軸部25dのそれぞれに相当する第1角柱部35a、第2角柱部35b、軸部35cおよび軸部35dを備えており、引張りコイルバネ26によって反時計方向へ付勢されている。
また、この場合には、反ホームポジション側へのキャリッジ4の移動に伴って当接部材27が第2角柱部35bの下端側に当接して作動部材35が時計方向へ回動したときに、図4(B)に示すように、軸部35dがダイヤフラム19の上面に当接してダイヤフラム19を押し下げるように、作動部材35が構成され、配置されている。また、軸部35dによってダイヤフラム19が押し下げられると、保湿液供給部18からキャップ16内へ保湿液が吐出されるように、キャップ16が構成され、配置されている。
この場合には、反ホームポジション側へのキャリッジ4の移動に伴って、図4(B)に示すように、まず、当接部材27が第2角柱部35bの下端側に当接して、キャップ16内へ保湿液が供給される。その後、反ホームポジション側へキャリッジ4がさらに移動すると、当接部材27から第2角柱部35bが外れて、引張りコイルバネ26の付勢力で作動部材35が反時計方向へ回動し、また、弾性変形していたダイヤフラム19は復元する。その後、反ホームポジション側へキャリッジ4がさらに移動すると、図4(C)に示すように、当接部材27が第2角柱部25bの下端側に当接して、ワイパーブレード15へ保湿液が供給される。
このように、キャリッジ4の移動動作を利用してキャップ16内およびワイパーブレード15へ保湿液を供給する場合には、キャリッジ4の動作を利用してキャップ16内へ保湿液を供給することで、インクの増粘物がキャップ16内に堆積している状態でキャップ16がノズル面3aを封止するのを防止することが可能になる。したがって、キャップ16内に堆積した増粘物中に高濃度で含まれるグリセリンやジエチレングリコール等の保湿剤が印字ヘッド3のノズル内の水分を吸収してノズル内のインクの増粘を促進し、ノズルの目詰まりやインク滴の吐出不良を誘発してしまうといった不具合を防止することが可能になる。また、この場合には、共通の保湿液供給部18を用いて、ワイパーブレード15およびキャップ16内へ保湿液を供給することができるため、プリンター1の構成を簡素化することができる。
上述した形態では、ホームポジションにあるキャリッジ4が印刷を行うために、反ホームポジション側へ移動すると、作動部材25が回動して、保湿液タンク18a内の保湿液がワイパーブレード15に向かって吐出されているが、印刷を終えたキャリッジ4がホームポジションへ移動する際に、作動部材25が回動して、保湿液タンク18a内の保湿液がワイパーブレード15に向かって吐出されるように、ワイパーブレード15、保湿液供給部18および作動部材25等が構成され、配置されても良い。また、保湿液をワイパーブレード15へ供給するための専用の動作をキャリッジ4が行ったときに、作動部材25が回動して、保湿液タンク18a内の保湿液がワイパーブレード15に向かって吐出されるように、ワイパーブレード15、保湿液供給部18および作動部材25等が構成され、配置されても良い。なお、ワイパーブレード15に乾燥固着したインクや異物がノズル面3aを汚したり、ノズルを塞いでしまうのを確実に防止するためには、ワイパーブレード15によるワイピング動作の直前にワイパーブレード15の上端部に保湿液を供給することが好ましい。
上述した形態では、保湿液供給部18は、キャリッジ4に搭載されているが、保湿液供給部18は、支持フレーム6に取り付けられても良い。また、上述した形態では、プリンター1を例に本発明の液体吐出装置の実施の形態を説明したが、本発明の構成が適用される液体吐出装置は、液晶ディスプレイ、有機ELディスプレイ、FED(面発ディスプレイ)等の電極形成に用いられる電極材や色材等の液体をノズルから吐出する液体吐出ヘッドを備える液体吐出装置や、バイオチップ製造に用いられる生体有機物をノズルから吐出する液体吐出ヘッドを備える液体吐出装置や、精密ピペットとして試料をノズルから吐出する液体吐出ヘッドを備える液体吐出装置などであっても良い。
1 プリンター(液体吐出装置)、2 印刷用紙(媒体)、3 印刷ヘッド(液体吐出ヘッド)、3a ノズル面、4 キャリッジ、15 ワイパーブレード(ワイパー部材)、16 キャップ、18 保湿液供給部、18a 保湿液タンク、18c ノズル(保湿液吐出ノズル)、19 ダイヤフラム、20 逆止弁、23 逆止弁、25 作動部材、25b 第2角柱部(第2当接部)、25d 軸部(第1当接部)、27 当接部材、35 作動部材(第2の作動部材)

Claims (10)

  1. 液滴吐出用の複数のノズルが配列されるノズル面を備え、媒体に向かって液滴を吐出する液体吐出ヘッドと、
    前記ノズル面に当接して前記ノズル面を拭くワイパー部材と、
    前記ワイパー部材へ供給される保湿液が貯留される保湿液タンクを備える保湿液供給部と、
    前記液体吐出ヘッドが搭載され、前記媒体の幅方向へ移動可能なキャリッジと、
    前記キャリッジの移動動作を利用して作動する作動部材と、を有し、
    前記キャリッジの移動動作によって作動した前記作動部材は、前記保湿液供給部に当接して前記保湿液タンク内の前記保湿液を前記ワイパー部材に向かって吐出させることを特徴とする液体吐出装置。
  2. 前記作動部材は、前記キャリッジがホームポジションにある待機状態から前記液体吐出ヘッドが前記媒体へ液滴を吐出する液滴吐出状態へ移行する際の前記キャリッジの移動動作に伴って、前記保湿液供給部に当接して前記保湿液タンク内の前記保湿液を前記ワイパー部材に向かって吐出させることを特徴とする請求項1に記載の液体吐出装置。
  3. 前記作動部材は、前記液体吐出ヘッドが前記媒体へ液滴を吐出する液滴吐出状態から前記キャリッジがホームポジションにある待機状態へ移行する際の前記キャリッジの移動動作に伴って、前記保湿液供給部に当接して前記保湿液タンク内の前記保湿液を前記ワイパー部材に向かって吐出させることを特徴とする請求項1に記載の液体吐出装置。
  4. 前記キャリッジには、前記作動部材に当接する当接部材が形成または固定され、
    前記作動部材は、前記保湿液供給部に当接する第1当接部と、前記当接部材が当接する第2当接部と、を有するとともに、前記保湿液供給部から前記第1当接部が離れる方向へ付勢され、
    前記キャリッジとともに移動する前記当接部材が前記第2当接部に当接すると、前記第1当接部が前記保湿液供給部に当接して、前記保湿液が前記ワイパー部材に向かって吐出されることを特徴とする請求項1から3のいずれかに記載の液体吐出装置。
  5. 前記保湿液供給部は、前記キャリッジに搭載されていることを特徴とする請求項1から4のいずれかに記載の液体吐出装置。
  6. 前記保湿液供給部は、前記作動部材が当接するダイヤフラムを有し、
    前記作動部材は、前記ダイヤフラムを作動させて前記保湿液タンク内の前記保湿液を前記ワイパー部材に向かって吐出させることを特徴とする請求項1から5のいずれかに記載の液体吐出装置。
  7. 前記保湿液供給部は、前記ワイパー部材に向かって前記保湿液を吐出する保湿液吐出ノズルと、前記保湿液タンクと前記保湿液吐出ノズルとの間に配置される逆止弁と、を有することを特徴とする請求項1から6のいずれかに記載の液体吐出装置。
  8. 前記保湿液タンクに供給される前記保湿液が貯留される保湿液供給タンクと、前記保湿液タンクと前記保湿液供給タンクとの間に配置される逆止弁と、を有することを特徴とする請求項1から7のいずれかに記載の液体吐出装置。
  9. 前記液体吐出ヘッドが前記媒体に向かって液滴を吐出しない所定の休止状態にあるときに、前記ノズル面を封止して前記ノズル内の液体の水分の蒸発を防止するキャップと、前記キャリッジの移動動作を利用して作動する第2の作動部材と、を有し、
    前記保湿液供給部は、前記キャリッジに搭載され、
    前記キャリッジの移動動作によって作動した前記第2の作動部材は、前記保湿液供給部に当接して前記保湿液タンク内の前記保湿液を前記キャップに向かって吐出させることを特徴とする請求項1から8のいずれかに記載の液体吐出装置。
  10. 前記液体吐出ヘッドは、前記ノズル面からインク滴を吐出する印刷ヘッドであることを特徴とする請求項1から9のいずれかに記載の液体吐出装置。
JP2010257571A 2010-11-18 2010-11-18 液体吐出装置 Withdrawn JP2012106429A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2010257571A JP2012106429A (ja) 2010-11-18 2010-11-18 液体吐出装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2010257571A JP2012106429A (ja) 2010-11-18 2010-11-18 液体吐出装置

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2012106429A true JP2012106429A (ja) 2012-06-07

Family

ID=46492611

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2010257571A Withdrawn JP2012106429A (ja) 2010-11-18 2010-11-18 液体吐出装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2012106429A (ja)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2014162023A (ja) * 2013-02-22 2014-09-08 Roland Dg Corp 洗浄液供給機構
JP2014205330A (ja) * 2013-04-16 2014-10-30 ローランドディー.ジー.株式会社 洗浄液供給機構

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2014162023A (ja) * 2013-02-22 2014-09-08 Roland Dg Corp 洗浄液供給機構
JP2014205330A (ja) * 2013-04-16 2014-10-30 ローランドディー.ジー.株式会社 洗浄液供給機構

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2004291618A (ja) インクジェットヘッドクリーニング装置およびインクジェット記録装置
EP3231613B1 (en) Cleaning device of liquid ejection head and liquid ejection device
WO1999061249A1 (en) Ink jet printer equipped with maintenance system
WO2014054615A1 (ja) インクジェットヘッドの清掃装置及び清掃方法、並びにインクジェット記録装置
JP2012106429A (ja) 液体吐出装置
US9592673B2 (en) Maintenance device and liquid ejecting apparatus
JP2005007635A (ja) 液体噴射装置
US10556434B2 (en) Inkjet recording apparatus
JP2008246952A (ja) インクジェット記録装置用メンテナンス方法
JP2007144838A (ja) 液体噴射装置
JP4946550B2 (ja) ワイピング装置、並びに同ワイピング装置を備えたメンテナンスユニット及び流体噴射装置
JP2018154078A (ja) インクジェット記録装置
CN107443909B (zh) 液体喷射头的清洁装置以及液体喷射装置
JP2008149483A (ja) 記録装置のクリーニング方法及び記録装置
JP2010012739A (ja) 液体吐出記録装置及びインクジェット記録装置
JP2001026112A (ja) インクジェット式記録装置
JP6700583B2 (ja) 液体噴射装置
JP5505273B2 (ja) 液体吐出装置
JP2018001663A (ja) 液体噴射装置
JP6368565B2 (ja) インクジェット記録装置およびインクジェット記録方法
JP4501447B2 (ja) ヘッドキャップ、ヘッドカートリッジ及び液体吐出装置
JP2012106430A (ja) 液体吐出装置
JP2012106428A (ja) 液体吐出装置
JP2008087165A (ja) 液体噴射装置
JP2012116032A (ja) インクジェット記録装置

Legal Events

Date Code Title Description
A300 Withdrawal of application because of no request for examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A300

Effective date: 20140204