JP2012074050A - Image processing apparatus, control method of image processing apparatus and computer program - Google Patents

Image processing apparatus, control method of image processing apparatus and computer program Download PDF

Info

Publication number
JP2012074050A
JP2012074050A JP2011240616A JP2011240616A JP2012074050A JP 2012074050 A JP2012074050 A JP 2012074050A JP 2011240616 A JP2011240616 A JP 2011240616A JP 2011240616 A JP2011240616 A JP 2011240616A JP 2012074050 A JP2012074050 A JP 2012074050A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
step
image data
file
data file
attribute
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2011240616A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP5318177B2 (en
Inventor
Takuya Shintani
拓也 新谷
Original Assignee
Canon Inc
キヤノン株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to JP2005104801 priority Critical
Priority to JP2005104801 priority
Application filed by Canon Inc, キヤノン株式会社 filed Critical Canon Inc
Priority to JP2011240616A priority patent/JP5318177B2/en
Publication of JP2012074050A publication Critical patent/JP2012074050A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP5318177B2 publication Critical patent/JP5318177B2/en
Application status is Expired - Fee Related legal-status Critical
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To prevent an image data file in an external recording medium under file system management from being destroyed from a connection device and to easily perform access control in accordance with an attribute.SOLUTION: The present invention relates to an image processing apparatus including: generation means for generating an image data file; first attribute setting means which sets first attribute information for determining whether to prohibit the alteration of the image data file; second attribute setting means which sets second attribute information for determining whether to prohibit the alteration of the image data file, the information being recorded in a recording region different from that of the first attribute information; and recording means for recording, on an external recording medium, the image data file generated by the generation means.

Description

本発明は、画像処理装置、画像処理装置の制御方法及びコンピュータプログラムに関する。 The present invention relates to an image processing apparatus, control method, and computer program of the image processing apparatus.

従来の一般的な画像撮影再生装置には、撮影した画像を記録し、また記録された画像を再生するため、外部記録媒体へのデータの書き込み、及び、外部記録媒体からデータの読み出しを行う、いわゆる入出力装置が具備されている。 The conventional general image capturing reproducing apparatus, to record the captured image, and to reproduce the recorded image, performs writing of data to the external recording medium, and the reading of data from the external recording medium, so-called input-output device is provided. また外部記録媒体内で多数の画像データを画像データファイルとして管理するためにファイルシステムを備える。 Also comprising a file system for managing a large number of image data in an external recording medium as image data files. どのような画像データファイルが外部記録媒体内に存在するかなどのアクセスはファイルシステムを通じて実行される。 Any image data file access and whether present in the external recording medium is performed through the file system. このファイルシステムはプログラムからのアクセス要求に対して、ファイルの利用を管理したり、制限したりするため、ファイルに属性を付与することが可能とされている(特許文献1を参照。)。 The access request from the file system program to manage the use of the files, to limit or is it possible to impart attributes to the file (see Patent Document 1.). このようなファイルシステム管理下でのファイル属性を、本願ではファイルシステム・ファイル属性と称することにする。 The file attributes such file under system management, in the present will be referred to as a file system file attributes.

外部記録媒体は、入出力装置を備えた他の機器に接続される可能性もある。 External recording medium, there is a possibility to be connected to another device having input and output device.
PCのような入出力装置を備えた機器が、外部記録媒体内のファイルシステムのファイル管理を解釈し、アクセスを行う際も、ファイルシステム・ファイル属性は画像データファイルの利用を管理したり、制限したりするために使用されている。 Apparatus including input and output devices such as a PC interprets the file management of the file system in the external recording medium, even when performing access, file system file attributes to manage the use of the image data files, limited It has been used to or. 例えば、外部記録媒体内に記録した画像データファイルのファイルシステム・ファイル属性を画像撮影再生装置で標準属性から読み取り専用属性にすると、その画像データファイルがPCでアクセスされた際のファイルシステム・ファイル属性も読み取り専用属性として認識される。 For example, when the read-only attribute from the standard attribute file system file attribute of the image data file recorded in the external recording medium by the image capturing reproducing apparatus, file system file attributes when the image data file is accessed by the PC It is recognized as a read-only attribute. また、逆に外部記録媒体内の画像データファイルのファイルシステム・ファイル属性を読み取り専用属から標準属性にすると、その画像データファイルがパーソナルコンピュータでアクセスされた際のファイルシステム・ファイル属性も標準属性として認識される。 Further, when reverse to the file system file attribute of the image data file in the external recording medium from the read-only attribute to standard attributes, as also the standard attribute file system file attributes when the image data file is accessed by a personal computer It is recognized.

このように外部記録媒体に存在する画像データファイルのファイルシステム・ファイル属性は接続する機器に依存せず、ファイルシステム管理下において、画像データファイルに付与することが可能とされている。 Thus external recording file system file attribute of the image data files in the media without depending on the connected device, under the file system management, and is it possible to impart to the image data file.

また、対象とするファイルの属性の情報を例えば別のファイルに保存し、この保存した属性の情報にしたがってファイルを利用するようにしたものもある。 Also, to save the information of the attributes of the file of interest for example in a separate file, some of which was to use the file according to the information of the saved attributes.
特開平5−334164号公報 JP-5-334164 discloses

しかしながら、画像撮影再生装置で撮影された外部記録媒体に存在する画像データファイルは、接続する機器の違いにより解釈の仕方が異なる。 However, the image data files in the external recording medium that is captured by the image capturing and reproducing apparatus, the interpretation of how different due to differences in equipment to be connected. 例えば画像撮影再生装置から外部記録媒体に記録された画像データファイルをパーソナルコンピュータからのプログラムでアクセスした際、画像データファイルの解釈の違いから、画像データファイルの構造を壊してしまう虞がある。 For example when accessing the image data file recorded in the external recording medium from the image capturing reproducing apparatus by a program from the personal computer, the difference in interpretation of the image data file, there is a possibility that destroy the structure of the image data file.

そこで、画像撮影再生装置から外部記録媒体に記録を行った後、ファイルシステム・ファイル属性を読み取り専用属性にして、他の接続機器に接続された際の画像データファイルの破壊を防ぐ方法が考えられる。 Therefore, after the recording on the external recording medium from the image capturing reproducing apparatus, and a file system file attribute to read-only attribute is considered a method of preventing the destruction of the image data file when connected to other connected devices . しかし、画像データファイルを壊す虞のない画像撮影再生装置で画像データファイルにアクセスを行う際にも、読み取り専用属性の画像データファイルとして扱われる。 However, even when performing the access to the image data file in a risk-free image capturing reproducing apparatus to break the image data file is treated as an image data file read-only attribute. よって、画像データファイルの削除、編集などの書き込みアクセス作業を行う前に、ユーザが手動で読み取り専用属性を解除しなければならないといった不便がある。 Thus, deletion of the image data file, before performing the write access tasks such as editing, there is an inconvenience such as the user must remove the read-only attribute manually.

本発明では、上記問題点を鑑みてなされたものであり、ファイルシステム管理下にある外部記録媒体内の画像データファイルの接続機器からの破壊を防ぎ、かつ属性によるアクセス制御を容易に行えるようにすることを目的とする。 In the present invention has been made in consideration of the above situation, the file system under management prevents the destruction of the connected device of the image data file in the external recording medium, and to allow the attribute based access control easily an object of the present invention is to.

上記課題を解決するための本発明は、画像処理装置であって、 The present invention for solving the above problems, an image processing apparatus,
画像データファイルを生成する生成手段と、 A generating means for generating image data files,
前記画像データファイルの変更を禁止するか否かを定める第1の属性情報を設定する第1の属性設定手段と、 A first attribute setting means for setting a first attribute information for determining whether to prohibit changes the image data file,
前記第1の属性情報とは異なる記録領域に記録される情報であって、前記画像データファイルの変更を禁止するか否かを定める第2の属性情報を設定する第2の属性設定手段と、 A information to be recorded in a different recording area from the first attribute information, and the second attribute setting means for setting a second attribute information for determining whether to prohibit changes the image data file,
前記生成手段が生成した前記画像データファイルを外部記録媒体に記録する記録手段とを備え、 And recording means for recording the image data file the generating unit has generated to the external recording medium,
前記第1の属性情報は、前記外部記録媒体内に記録されている前記画像データファイル内に格納され、 Wherein the first attribute information is stored in the external recording the image data file recorded on the medium,
前記第2の属性情報は、前記画像データファイルが記録されている前記外部記録媒体内におけるファイルシステムが扱う記録領域であって、前記外部記録媒体が記録している画像データファイルを管理する領域に格納され、 Said second attribute information is a recording area where the file system in said external recording medium on which the image data file is recorded is handled, the area for managing the image data file that the external recording medium is recorded stored,
前記記録手段は、前記生成手段が生成した前記画像データファイルを記録する場合に、第1の属性情報には前記画像データの変更を禁止しない属性を記録するとともに、前記第2の属性情報には、前記画像データの変更を禁止する属性を記録することを特徴とする。 Said recording means, when recording the image data file the generating unit has generated, together with the first attribute information records the attributes that do not prohibit the change of the image data, the second attribute information characterized by recording the attribute for prohibiting the change of the image data.

本発明によれば、ファイルシステム管理下にある外部記録媒体内の画像データファイルの画像データファイル構造の破壊を防ぎ、かつ画像データファイル属性によるファイル利用の管理やアクセス制御を容易に行うことができる。 According to the present invention prevents the destruction of the image data file structure of an image data file in the external storage medium that is under the file system management, and the management and access control files utilized by the image data file attribute can be easily performed .

本発明の実施形態に対応する画像処理装置の構成の一例を示すブロック図である。 An example of a configuration of an image processing apparatus according to embodiments of the present invention is a block diagram showing. 本発明の実施形態に対応する画像データファイルとファイルシステムの関係を説明するための図である。 It is a diagram for explaining the relationship between the image data file and the file system corresponding to the embodiment of the present invention. 本発明の実施形態における撮影シーケンスを説明するフローチャートである。 It is a flowchart for explaining an imaging sequence in the embodiment of the present invention. 本発明の実施形態に対応する再生表示シーケンスを説明するフローチャートである。 Is a flowchart illustrating the reproduction display sequence corresponding to the embodiment of the present invention. 本発明の実施形態に対応する編集シーケンスを説明するフローチャートである。 Is a flowchart illustrating an editing sequence corresponding to the embodiment of the present invention. 本発明の実施形態に対応する削除シーケンスを説明するフローチャートである。 It is a flowchart illustrating a deletion sequence corresponding to the embodiment of the present invention. 本発明の実施形態に対応する読み取り専用属性変更シーケンスを説明するフローチャートである。 Is a flowchart illustrating a read-only attribute change sequence corresponding to the embodiment of the present invention. 本発明の実施形態に対応する画像データファイル記録処理シーケンスを説明するフローチャートである。 Is a flowchart illustrating an image data file recording processing sequence corresponding to the embodiment of the present invention. 本発明の実施形態に対応する画像データファイル再生処理シーケンスを説明するフローチャートである。 Is a flowchart illustrating an image data file reproduction processing sequence corresponding to the embodiment of the present invention. 本発明の実施形態に対応する画像データファイル編集処理シーケンスを説明するフローチャートである。 Is a flowchart illustrating an image data file editing processing sequence corresponding to the embodiment of the present invention. 本発明の実施形態に対応する画像データファイル削除処理シーケンスを説明するフローチャートである。 Is a flowchart illustrating an image data file deletion processing sequence corresponding to the embodiment of the present invention. 本発明の実施形態に対応する画像データファイル読み取り専用属性変更処理シーケンスを説明するフローチャートである。 Is a flowchart illustrating an image data file read-only attribute changing processing sequence corresponding to the embodiment of the present invention. 本発明の実施形態に対応する再生表示時の表示例である。 A display example at the time of playback display according to embodiments of the present invention. 本発明の実施形態に対応する編集表示時の表示例である。 A display example at the time of editing the display according to the embodiment of the present invention. 本発明の実施形態に対応する削除表示時の表示例である。 It is a display example when deleting display according to embodiments of the present invention. 本発明の実施形態に対応する読み取り専用属性変更表示時の表示例である。 A display example at the time of the read-only attribute change display according to embodiments of the present invention. 本発明の実施形態に対応する読み取り専用属性変更表示時の他の表示例である。 Is another display example at the time of the read-only attribute change display according to embodiments of the present invention. 本発明の実施形態に対応するメニュー画面の表示例である。 It is a display example of a menu screen corresponding to the embodiment of the present invention. 本発明の本実施形態に対応する画像データファイル203の構造の一例を示す図である。 An example of a structure of an image data file 203 corresponding to the embodiment of the present invention. FIG. 本発明の第2の実施形態に対応する画像処理装置の構成の一例を示すブロック図である。 An example of a configuration of an image processing apparatus corresponding to the second embodiment of the present invention is a block diagram showing. 本発明の第2の実施形態に対応する画像データファイルとファイルシステムの関係を説明するための図である。 It is a diagram for explaining an image data file and the relationship between the file system corresponding to the second embodiment of the present invention. 本発明の第2の実施形態に対応する撮影シーケンスを説明するフローチャートである。 It is a flowchart for explaining an imaging sequence corresponding to the second embodiment of the present invention. 本発明の第2の実施形態に対応するコピーシーケンスを説明するフローチャートである。 It is a flowchart illustrating a copying sequence corresponding to the second embodiment of the present invention. 本発明の第2の実施形態に対応するファイルシステム判断処理シーケンスを説明するフローチャートである。 It is a flowchart illustrating a file system determination processing sequence corresponding to the second embodiment of the present invention. 本発明の第2の実施形態に対応する記録先媒体選択処理シーケンスを説明するフローチャートである。 It is a flowchart illustrating a recording destination medium selection processing sequence corresponding to the second embodiment of the present invention. 本発明の第2の実施形態に対応する画像データファイル選択記録処理シーケンスを説明するフローチャートである。 It is a flowchart illustrating an image data file selected recording processing sequence corresponding to the second embodiment of the present invention. 本発明の第2の実施形態に対応する再生元媒体選択処理シーケンスを説明するフローチャートである。 It is a flowchart illustrating the playback source medium selection processing sequence corresponding to the second embodiment of the present invention. 本発明の第2の実施形態に対応する画像データファイル選択再生処理シーケンスを説明するフローチャートである。 Is a flowchart illustrating an image data file selected reproduction processing sequence corresponding to the second embodiment of the present invention. 本発明の第2の実施形態に対応する画像データファイルコピー処理シーケンスを説明するフローチャートである。 Is a flowchart illustrating an image data file copy processing sequence corresponding to the second embodiment of the present invention. 本発明の第2の実施形態に対応する画像データファイルコピー処理シーケンスの他の一例を説明するフローチャートである。 It is a flowchart illustrating another example of the image data file copy processing sequence corresponding to the second embodiment of the present invention. 本発明の第3の実施形態に対応する画像処理装置の構成の一例を示すブロック図である。 Is a block diagram showing an example of a configuration of an image processing apparatus corresponding to the third embodiment of the present invention. 本発明の第3の実施形態に対応する画像データファイルとファイルシステムの関係を説明するための図である。 It is a diagram for explaining an image data file and the relationship between the file system corresponding to the third embodiment of the present invention. 本発明の第3の実施形態に対応する画像データファイル送信処理シーケンスを説明するフローチャートである。 Is a flowchart illustrating an image data file transmission processing sequence corresponding to the third embodiment of the present invention. 本発明の第3の実施形態に対応する画像データファイル受信処理シーケンスを説明するフローチャートである。 It is a flowchart illustrating an image data file receiving processing sequence corresponding to the third embodiment of the present invention. 本発明の第3の実施形態に対応する転送判断フラグ設定処理シーケンスを説明するフローチャートである。 It is a flowchart illustrating the transfer determination flag setting processing sequence corresponding to the third embodiment of the present invention. 本発明の第3の実施形態に対応する画像データ送信処理シーケンスを説明するフローチャートである。 It is a flowchart illustrating an image data transmission processing sequence corresponding to the third embodiment of the present invention. 本発明の第3の実施形態に対応する画像データ受信記録処理シーケンスを説明するフローチャートである。 Is a flowchart illustrating an image data reception recording processing sequence corresponding to the third embodiment of the present invention.

以下、添付図面を参照して本発明を実施するための最良の形態を詳細に説明する。 Hereinafter will be described the best mode for carrying out the present invention with reference to the accompanying drawings.

[第1の実施形態] First Embodiment
まず、本発明の第1の実施形態における画像処理装置の構成を図1を参照して説明する。 First, a configuration of an image processing apparatus according to a first embodiment of the present invention with reference to FIG.

図1において、100は本実施の形態における画像処理装置である。 In Figure 1, 100 is an image processing apparatus of the present embodiment. 画像処理装置100は、デジタルカメラ、デジタルビデオカメラ、カメラ付き携帯端末(カメラ付き携帯電話を含む)の何れであってもよい。 The image processing apparatus 100, a digital camera, a digital video camera, may be any of a mobile terminal with a camera (including a camera phone). 実施の形態では、画像処理装置100がデジタルカメラである場合を説明する。 In the embodiment, illustrating a case where the image processing apparatus 100 is a digital camera.

画像処理装置100内において、10は撮像レンズ、11は絞り、12はシャッター、14は光学像を電気信号に変換する撮像素子、16は撮像素子14のアナログ信号出力をディジタル信号に変換するA/D変換器である。 In the image processing apparatus 100, 10 the imaging lens, 11 diaphragm, 12 denotes a shutter, 14 image pickup element for converting an optical image into an electrical signal, 16 converts the analog signal output of the image sensor 14 into a digital signal A / a D converter.

18は撮像素子14、A/D変換器16、表示制御部26にそれぞれクロック信号や制御信号を供給するタイミング発生回路であり、メモリ制御部22及びシステム制御部50により制御される。 18 imaging element 14, A / D converter 16, respectively to the display control unit 26 a timing generator which supplies a clock signal and a control signal is controlled by a memory control unit 22 and a system control unit 50.

20は画像処理部であり、A/D変換器16からの画像データ或いはメモリ制御部22からの画像データに対して、画像データに付加されている処理データに基づき、所定の画素補間処理や色変換処理を行う。 20 is an image processing section, the image data from the image data or the memory controller 22 from the A / D converter 16, based on the processing data added to the image data, a predetermined pixel interpolation processing and color perform the conversion process. また、画像処理部20は、A/D変換器16から出力される画像データを用いて所定の演算処理を行い、得られた演算結果に基づいてシステム制御部50がシャッター制御部34、絞り制御部40及び測距制御部42に対して、TTL(スルー・ザ・レンズ)方式のオートフォーカス(AF)処理、自動露出(AE)処理、ストロボプリ発光(EF)処理を行っている。 The image processing unit 20 performs predetermined arithmetic processing using image data output from the A / D converter 16, the system control unit 50 based on the calculation result obtained is a shutter control unit 34, aperture control against parts 40 and distance measurement control unit 42 is performed TTL auto focus (through-the-lens) method (AF) processing, automatic exposure (AE) processing, the flash pre-emission (EF) processing. さらに、画像処理部20は、A/D変換器16から出力される画像データを用いて所定の演算処理を行い、得られた演算結果に基づいてTTL方式のオートホワイトバランス(AWB)処理も行っている。 Further, the image processing unit 20 performs predetermined arithmetic processing using image data output from the A / D converter 16, also carried out auto white balance (AWB) processing of TTL scheme on the basis of the calculation results obtained ing.

22はメモリ制御部であり、A/D変換器16、タイミング発生回路18、画像処理部20、画像表示メモリ24、表示制御部26、メモリ30、圧縮伸長部32を制御する。 22 is a memory control unit, A / D converter 16, the timing generator 18, image processing unit 20, an image display memory 24, the display control unit 26, a memory 30, controls the compression and expansion unit 32. A/D変換器16から出力される画像データは、画像処理部20、メモリ制御部22を介して、或いはメモリ制御部22のみを介して、画像表示メモリ24或いはメモリ30に書き込まれる。 Image data output from the A / D converter 16, image processing unit 20, via the memory controller 22, or via only the memory control unit 22, is written into the image display memory 24 or the memory 30.

24は画像表示メモリ、26は表示制御部、28はTFT LCD(Liquid Crystal Display)等を有する画像表示部である。 24 an image display memory, 26 display controller, 28 denotes an image display unit having a TFT LCD (Liquid Crystal Display) or the like. 画像表示メモリ24に書き込まれた表示用の画像データは表示制御部26を介して画像表示部28に表示される。 Image data for display written into the image display memory 24 is displayed on the image display unit 28 via the display control unit 26.

画像表示部28を用いて撮像した画像データを逐次表示すれば、電子ファインダ機能を実現することが可能である。 If sequentially displaying captured image data using the image display unit 28, it is possible to realize an electronic viewfinder function. なお、画像表示部28は、システム制御部50の指示により表示のON又はOFFが可能である。 The image display unit 28 is capable of ON or OFF of the display in accordance with an instruction from the system control unit 50. 画像表示部28の表示をOFFにした場合、画像処理装置100の電力消費を大幅に低減することができる。 When the display of the image display unit 28 to OFF, the power consumption of the image processing apparatus 100 can be greatly reduced. また、画像表示部28は、合焦、手振れ、シャッタースピード、絞り値、露出補正等に関する情報をシステム制御部50からの指示に従って表示する。 The image display unit 28, focus, camera shake, shutter speed, aperture value, and displays according to the instructions of the information on exposure correction, etc. from the system controller 50.

30は撮影した静止画像や動画像を格納するためのメモリであり、所定枚数の静止画像や所定時間の動画像を格納するのに充分な記憶容量を備えている。 30 is a memory for storing still images and moving images, it has a sufficient storage capacity to store a moving picture of still images or a predetermined time of a predetermined number. これにより、複数枚の静止画像を連続して撮影する連写やパノラマ撮影の場合にも、高速かつ大量の画像をメモリ30に書き込むことができる。 Accordingly, even when continuous shooting or panoramic shooting for continuously photographs a plurality of still images, it is possible to write a fast and large amount of image in the memory 30. また、メモリ30はシステム制御部50の作業領域としても使用することが可能である。 The memory 30 can be used as a work area of ​​the system control unit 50. 更に、後述する記録媒体から画像データをメモリ30に読み出し、画像処理部20やメモリ制御部22を介して画像表示メモリ24に画像データを書き込む処理をし、表示制御部26により画像表示部28に表示する場合にも使用される。 Further, the image data from the recording medium to be described later reads the memory 30, the processing of writing the image data into the image display memory 24 via the image processing unit 20 and the memory control unit 22, the image display unit 28 by the display control unit 26 also it is used to display.

32は圧縮伸長部であり、メモリ30から読み出した画像データを所定の画像圧縮方法(例えば、適応離散コサイン変換(ADCT)等)に従って、例えばJPEGデータに画像圧縮することができる。 32 is a compression decompression unit, a predetermined image compression method of image data read out from the memory 30 (e.g., adaptive discrete cosine transformation (ADCT) or the like) in accordance with, for example, to image compression in the JPEG data. また、画像圧縮された画像データをメモリ30に書き込む機能及びメモリ30から読み出した画像データを伸長し、伸長した画像データをメモリ30に書き込む機能を有する。 Further, the image data subjected to image compression expands the image data read from the function and the memory 30 is written into the memory 30 has a function of writing the decompressed image data in the memory 30.

34はシャッター12を制御するシャッター制御部、40は絞り11を制御する絞り制御部である。 34 denotes a shutter control unit that controls the shutter 12, 40 is a diaphragm control unit for controlling the diaphragm 11. 42は撮像レンズ10のフォーカシングを制御する測距制御部、46はストロボ、48はストロボ46の発光を制御するストロボ制御部である。 42 focusing controller for controlling the focusing of the imaging lens 10, 46 flash, 48 is a flash control unit which controls the light emission of the strobe 46. 50は画像処理装置100全体を制御するシステム制御部である。 50 is a system controller for controlling the entire image processing apparatus 100.

52はシステム制御部50の動作用の定数、変数、プログラム等を記憶するROMなどのメモリである。 52 is a memory such as a ROM for storing constants for the operation of the system control unit 50, variables, programs and the like. メモリ52には撮像処理を行うプログラム、画像処理を行うプログラム、作成した画像ファイルデータを記録媒体に記録するプログラム、画像ファイルデータを記録媒体から読み出すプログラムが記録される。 The program in the memory 52 for imaging processing, the program for performing image processing, the program to be recorded on the recording medium image file data created, a program for reading image file data from the recording medium is recorded. また、後述する図3乃至12、図22乃至30のフローで示した各種プログラムと、上記プログラムのマルチタスク構成を実現し実行するOSなどの各種プログラムなども記録される。 Further, FIG. 3 to 12 described later, and various programs shown in the flow of FIG. 22 to 30, various programs such as an OS to be executed to realize the multi-task structure of the program is also recorded. 各プログラムにはメッセージキューが作成され、メッセージキューにメッセージがFIFO(First In First Out)的に積まれている。 Each program message queue is created, the message in the message queue are loaded into FIFO (First In First Out) manner. 各プログラム間でメッセージのやり取りを行うことで各プログラムが連携して制御され、上記各機能の制御が行われている。 Each program is controlled in conjunction by exchanging messages between programs, control of each function is performed.

60、62、64、66、67,68,69は、システム制御部50の各種の動作指示を入力するための操作手段であり、スイッチやダイアル、タッチパネル、視線検知によるポインティング、音声認識装置等の単数或いは複数の組み合わせで構成される。 60,62,64,66,67,68,69 is an operation means for inputting various operation instructions to the system control unit 50, switches, dials, a touch panel, pointing by line-of-sight detection, voice recognition device, and the like single or composed of a plurality of combinations.

ここで、これらの操作手段の具体的な説明を行う。 Here, performing a specific description of these operation means.

60はモードダイアルスイッチであり、各機能モードを切り替え設定することができる。 60 is a mode dial switch, it is possible to set switching each function mode. 機能モードには、電源ON/OFF、再生モード、自動撮影モード、プログラム撮影モード、シャッター速度優先撮影モード、絞り優先撮影モード、マニュアル撮影モード、ポートレート撮影モード、風景撮影モード、接写撮影モード、スポーツ撮影モード、夜景撮影モード、再生モード、マルチ画面再生・消去モード、編集モード、ファイル読み取り専用属性変更モード、PC接続モード等が含まれる。 The function mode, power ON / OFF, playback mode, automatic shooting mode, program shooting mode, shutter speed priority shooting mode, aperture priority shooting mode, manual shooting mode, portrait shooting mode, a landscape shooting mode, the close-up photographing mode, Sports shooting mode, night scene mode, playback mode, multi-screen playback and erase mode, edit mode, the file read-only attribute change mode, includes a PC connection mode, and the like.

62はレリーズスイッチSW1で、不図示のレリーズボタンの操作途中でONとなり、AF(オートフォーカス)処理、AE(自動露出)処理、AWB(オートホワイトバランス)処理、EF(ストロボプリ発光)処理等の動作開始を指示する。 62 is a release switch SW1, the operation middle ON next release button (not shown), AF (auto focus) processing, AE (auto exposure) processing, AWB (auto white balance) processing, EF (flash pre-emission) processing, etc. to instruct the operation start.

64はレリーズスイッチSW2で、不図示のレリーズボタンの操作完了でONとなり、露光処理、現像処理及び記録処理の一連の処理の動作開始を指示する。 64 is a release switch SW2, instructs turned ON by operation completion of a release button (not shown), the exposure process, the operation start of a series of processing in the development processing and recording processing. ここで、露光処理は、撮像素子14から読み出した信号をA/D変換器16、メモリ制御部22を介してメモリ30に画像データを書き込む処理である。 Here, the exposure process, signal A / D converter 16 is read from the image pickup device 14, a process of writing image data into the memory 30 via the memory controller 22. また、現像処理は、画像処理部20やメモリ制御部22での演算を用いた処理である。 The development process is a process by using calculations by the image processor 20 and the memory controller 22. 更に、記録処理は、メモリ30から画像データを読み出し、圧縮伸長部32で画像圧縮を行い、記録媒体101に画像データを書き込む処理である。 Furthermore, the recording processing, image data is read out from the memory 30, performs image compression in the compression and expansion unit 32, an operation for writing the image data in the recording medium 101.

66は、メニュー操作スイッチであり、不図示のメニューキー、セットキー、十字キー等の組み合わせで構成され、カメラの撮影条件や現像条件などの各種設定の変更を画像表示部28を見ながら行うことができる。 66 is a menu operation switch, menu key, not shown, set key, is a combination of such cross key, be performed while changing the various settings such as the shooting conditions and development conditions of the camera viewing the image display unit 28 can.

67は、編集操作スイッチであり、不図示の編集キー、セットキー、十字キーなどの組み合わせで構成され、画像データファイルの編集を画像表示部28を見ながらおこなうことができる。 67 is an editing operation switch, editing keys (not shown), set key, is a combination of such cross key, the edited image data file can be performed while looking at the image display unit 28.

68は、消去操作スイッチであり、不図示の消去キー、十字キーなどの組み合わせで構成され、画像データファイルの消去を画像表示部28を見ながら行うことができる。 68 is a erase operation switch, the erase key (not shown), formed by a combination of such cross key, an erasure of the image data file can be performed while looking at the image display unit 28.

69は、読み取り専用属性変更操作スイッチであり、不図示のセットキー、十字キーなどの組み合わせで構成され、画像データファイルの読み取り専用属性の変更を画像表示部28を見ながら行うことができる。 69 is a read-only attribute changing operation switch, not shown of the set key is a combination of such cross key, to change the read-only attribute of the image data file can be performed while looking at the image display unit 28.

80は電源制御部で、電池検出回路、DC−DCコンバータ、通電するブロックを切り替えるスイッチ回路等により構成される。 80 denotes a power controller comprising a battery detection circuit, DC-DC converter, and switch circuit for switching a block to be energized. また、電池の装着の有無、電池の種類、電池残量の検出を行い、検出結果及びシステム制御部50の指示に基づいてDC−DCコンバータを制御し、必要な電圧を必要な期間、記録媒体を含む各部へ供給する。 Also, the presence or absence of the mounting of the battery, performs detection of the remaining battery level, the detection result and controls the DC-DC converter based on an instruction from the system control unit 50, the necessary required voltage period, the recording medium It is supplied to the respective units, including.

90はメモリカードやハードディスク等の記録媒体とのインタフェース、92はメモリカードやハードディスク等の記録媒体と接続を行うコネクタである。 90 denote interfaces for recording media such as a memory card or a hard disk, 92 denotes a connector for connection with the recording medium such as a memory card or a hard disk.

なお、本実施の形態では記録媒体を取り付けるインタフェース及びコネクタを1系統持つものとして説明している。 Incidentally, in the present embodiment is described as having one system interface and the connector attaching the recording medium. 勿論、記録媒体を取り付けるインタフェース及びコネクタは、単数或いは複数、いずれの系統数を備える構成としても構わない。 Of course, interfaces and connectors attaching the recording medium may be configured to include single or plurality of number of systems. また、異なる規格のインタフェース及びコネクタを組み合わせて備える構成としてもよい。 Further, it may be configured to include a combination of interfaces and connectors of different standards.

インタフェース及びコネクタとしては、PCMCIAカードやコンパクトフラッシュ(登録商標)カード等の規格に準拠したものを用いて構成することが可能である。 The interfaces and connectors can be constructed using those conforming to the PCMCIA card or compact flash card standard. この場合、インタフェース90及びコネクタ92には、各種通信カードを接続して、他のコンピュータやプリンタ等の周辺機器との間で画像データや画像データに付属した管理情報を転送し合うことができる。 In this case, the interface 90 and connector 92, by connecting various communication cards, management information attached to the image data and image data between a peripheral device such as another computer or a printer can be mutually transferred. 各種通信カードには、LANカードやモデムカード、USBカード、IEEE1394カード、P1284カード、SCSIカード、PHS等の通信カード等が含まれる。 The various communication card, LAN card, modem card, USB card, IEEE1394 card, P1284 card, SCSI card, includes a communication card such as a PHS.

101はメモリカードやハードディスク等の記録媒体である。 101 is a recording medium such as a memory card or a hard disk. 記録媒体101は、半導体メモリや磁気ディスク等から構成される記録部102と、画像処理装置100とのインタフェース104と、画像処理装置100と接続を行うコネクタ106とを備えている。 Recording medium 101 includes a recording unit 102 including a semiconductor memory, a magnetic disk or the like, an interface 104 with the image processing apparatus 100, a connector 106 for connection to the image processing apparatus 100.

次に図2に撮影処理により作成されたメモリ30にある画像データを、画像データファイルとして記録媒体101に記録する際のファイル構造とファイルシステムとの関係を示す。 Next shows the image data in the memory 30 that is created by the photographing processing in FIG. 2, the relationship between the file structure and the file system at the time of recording on the recording medium 101 as image data file.

本実施形態では画像データファイル203はファイルシステム201管理下で記録媒体101に記録される。 Image data file 203 in the present embodiment is recorded on the recording medium 101 under the file system 201 management. このファイルシステム201は、画像データファイル203の記録媒体101への書き込み(記録)、読み出しを管理するもので、メモリ52に格納されたプログラムを取得し、実行することでシステム制御部50により実現される。 The file system 201 writes (records) of the recording medium 101 of the image data file 203, which manages the reading, to get the program stored in the memory 52 is implemented by the system control unit 50 by executing that. また、ファイルシステム201の管理下では、画像データファイル203のファイル属性は記録媒体101の管理領域上に設けられたテーブル上で管理される。 Further, in the managed filesystem 201, file attributes of the image data file 203 is managed on a provided on the management area of ​​the recording medium 101 table. 以下における本実施形態の説明では、このファイル属性を、ファイルシステム・ファイル属性202という。 In the description of this embodiment in the following, the file attribute, called a file system file attributes 202.

また、記録媒体101に記録される画像データファイル203は、ヘッダ部203a、画像データ部203bに分かれており、内部データ・ファイル属性203cはヘッダ部203aにその領域を有している。 The image data file 203 to be recorded on the recording medium 101 includes a header portion 203a, is divided into the image data unit 203b, the internal data file attribute 203c has the area in the header section 203a. この内部データ・ファイル属性203cには、一般的に用いられるようなファイル属性を識別することができるデータが含まれる。 Inside this data file attribute 203c, it contains data that can identify the general file attributes as used. 具体的に、標準属性、アーカイブ属性、隠しファイル属性、読み取り専用属性、システム属性、読み出し可否属性、書き込み可否属性、実行可否属性などがある。 Specifically, standard attributes, the archive attribute, the hidden file attributes, read-only attribute, system attributes, read permission attribute, write permission attribute, and the like executability attribute.

ここで、標準属性とは、ファイルシステムにおいて標準的に与えられる属性であって、少なくとも当該属性が付されるデータの変更は禁止されない。 Here, the standard attribute and an attribute that given standard in the file system, at least changes in the data to which the attribute is attached is not prohibited. アーカイブ属性とは、当該ファイルに何らかのアクセスがあったことを示す属性である。 The archive attribute is an attribute indicating that there is any access to the file. 隠しファイル属性とは、当該属性が与えられた画像データファイルが隠しファイルとして扱われる属性である。 The hidden file attribute, an attribute that image data file to which the attribute is given is treated as hidden files. 読み取り専用属性とは、当該属性が与えられた画像データファイルの編集・消去を含めた変更が禁止される属性である。 The read-only attribute is an attribute that changes, including editing, erasing of the image data file in which the attribute is given is prohibited. システム属性とは、システムファイルに対して与えられる属性である。 The system attributes, is an attribute given to the system files. 読み出し可否属性とは、画像データファイルを記録媒体101より読み出すことが可能か否かを設定するための属性である。 The read permission attribute is an attribute for setting whether the image data file can be read from the recording medium 101. 書き込み可否属性とは、画像データファイルへの書き込みが可能か否かを設定するための属性である。 The write permission attribute is an attribute for setting whether it is possible to write data to the image data file. 実行可否属性とは、当該ファイルを実行することができるか否かを設定するための属性である。 The executability attribute is an attribute for setting whether or not it is possible to execute the file.

なお、本実施形態に対応する画像データファイル203の構造の詳細は、例えば図19に示すようになる。 The detailed structure of the image data file 203 corresponding to the present embodiment is, for example, as shown in FIG. 19. 図19は、本実施形態に対応する画像データファイル203のデータ構造の一例を示す図である。 Figure 19 is a diagram showing an example of a data structure of the image data file 203 corresponding to this embodiment.

本実施形態では、画像データファイル203はデジタルカメラにおいて汎用的に使用されているDCF(Design rule for Camera File system)ファイルの形式とする。 In the present embodiment, the image data file 203 is the form of a generally used has been that DCF (Design rule for Camera File system) file in the digital camera. 即ち、大きくDCFヘッダ部203a、サムネイル画像部1904、JPEG画像部1905、RAWヘッダ部1906、RAWデータ部1908、及び、JPEGデータの最後を示すマーカ(EOIマーカ)1909の各領域からなる。 That is, large DCF header section 203a, a thumbnail image section 1904, JPEG image section 1905, RAW header section 1906, RAW data unit 1908, and consists of the regions of the marker (EOI marker) 1909 indicating the end of the JPEG data. ここで、RAWデータとは、撮像素子からの出力を劣化させずに出力した画像データのことを言う。 Here, the RAW data refers to image data output without degrading the output from the image sensor. 図2との対応に関しては、図2のヘッダ部203aと図19のDCFヘッダ部203aが対応し、図2の画像データ部203bは、図19のサムネイル画像部1904乃至EOIマーカ1909までの構成に対応する。 Regarding the correspondence with FIG. 2, corresponding the DCF header section 203a of the header portion 203a and 19 in FIG. 2, the image data portion 203b of FIG. 2, the configuration of up thumbnail image section 1904 to EOI marker 1909 of FIG. 19 corresponding.

ここで、DCFヘッダ部203aは、DCFヘッダ情報を格納する領域であって、予め所定のデータサイズが与えられている。 Here, DCF header section 203a is an area for storing DCF header information, in advance predetermined data size is given. DCFヘッダ情報には、上記の内部データ・ファイル属性203cが格納される。 The DCF header information, said internal data file attribute 203c are stored. また、JPEG画像部1905に格納される画像データに関連する撮影情報やパラメータ等のメタデータが含まれる。 Also it contains metadata such as shooting information and parameters associated with the image data stored in the JPEG image section 1905. 更に、JPEG画像までのオフセット値A(1901)、RAWヘッダ部1906までのオフセット値B(1902)及びサムネイル画像までのオフセット値D(1903)も含まれる。 Further, the offset value A (1901) to a JPEG image, the offset value D (1903) until the offset value B (1902) and the thumbnail images to RAW header section 1906 also included. このオフセット値A、B及びDにより各画像データやヘッダ部の開始位置、即ち各データやヘッダ部の区切りが特定されることとなる。 The offset value A, B and the starting position of each image data and a header section by D, i.e. the data and the header portion of the separator is to be identified. サムネイル画像部1904は、画像表示部28に複数枚(インデックス)表示を行う際などに利用するために、JPEG画像部1905に格納されているJPEG画像等を間引いてリサイズしたサムネイル画像を格納する領域である。 Thumbnail image 1904, a plurality on the image display unit 28 in order to use such as when performing (index) display, an area for storing a thumbnail image resizing by thinning out the JPEG image or the like stored in the JPEG image section 1905 it is. JPEG画像部1905は、RAWデータを画像処理部20で処理した後、圧縮して得られたJPEG画像データを格納する領域である。 JPEG image section 1905, after processing the RAW data by the image processing unit 20, an area for storing the JPEG image data obtained by compressing.

RAWヘッダ部1906はRAWヘッダ情報を格納する領域であって、予め所定のデータサイズが与えられている。 RAW header portion 1906 is a region for storing RAW header information, it is given in advance a predetermined data size. RAWヘッダ情報には、RAWデータの撮影情報やパラメータ等のメタデータが含まれると共に、RAWデータまでのオフセット値C(1907)が含まれる。 The RAW header information, along contains metadata such as shooting information and parameters of the RAW data include offset value C to the RAW data (1907). オフセット値Bとオフセット値Cとにより、画像データファイル203内におけるRAWデータの位置を特定することが可能となる。 By the offset value C offset value B, it is possible to identify the position of the RAW data in the image data file 203. RAWデータ部1908は、撮像素子14から読み出された現像・圧縮前の容量の大きい画像データであるRAWデータを格納する領域である。 RAW data unit 1908 is an area for storing the RAW data is large image data capacity before development and compression read out from the image sensor 14. なお、RAWデータの後ろにはJPEGデータの最後を示すマーカ(EOIマーカ)1909があるため、DCFフォーマットとしての正当性が保たれることになる。 Since the Behind the RAW data has a marker (EOI marker) 1909 indicating the end of the JPEG data, so that the validity of the DCF format is maintained. また、RAWデータの有無乃至はRAWデータの位置を示すRAWヘッダ部1908の情報は、DCFヘッダ部203a内に格納されても良い。 Moreover, the presence or absence or the information of the RAW header 1908 indicating the position of the RAW data in the RAW data may be stored in a DCF header section 203a. その場合には、オフセット値Bは、RAWデータまでのオフセットを表す値となる。 In that case, the offset value B is a value representing an offset to a RAW data.

なお、以上では、画像データファイル203をRAWデータを含むDCFファイルとして生成する場合について説明した。 In the above case it has been described for generating the image data file 203 as DCF file containing RAW data. しかし、画像データファイル203に含まれるデータはRAWデータに限定されるものではない。 However, data contained in the image data file 203 is not limited to the RAW data. 例えばRAWデータを画像処理した結果を圧縮せずビットマップデータとして含むように、画像データファイル203を生成した場合であっても有効であることは言うまでもない。 For example to include the RAW data as the bitmap data without compressing the result of image processing, it is needless to say that effective even when the generated image data file 203.

更に、DCFヘッダ情報に含まれるオフセット値A、B及びDにより各画像データやヘッダ部の開始位置が特定される。 Further, the offset value A included in the DCF header information, the start position of each image data and the header portion is identified by B and D. 例えば、RAW(あるいはビットマップ)ヘッダ部203a及びRAW(あるいはビットマップ)データ部1908は、DCFヘッダ部203aあるいはサムネイル画像部1904の直後にあっても良い。 For example, RAW (or bitmap) header portion 203a and RAW (or bit map) data unit 1908, may be immediately after the DCF header section 203a or the thumbnail image section 1904.

次に、撮影から記録媒体101への画像データファイル記録までの一連のシーケンスを図3を参照して説明する。 Will now be described with reference to FIG. 3 a series of sequence until the image data file recorded on the recording medium 101 from the shooting. 図3は、当該処理の一例に対応するフローチャートである。 Figure 3 is a flowchart corresponding to an example of the processing.

図3において、ステップS301では、先に図1の説明で述べたように不図示のレリーズスイッチを構成するSW1(62)、SW2(64)の操作に応答し、AF処理、AE処理、露光処理までの一連の撮影処理が行われる。 3, in step S301, SW1 constitutes a release switch (not shown) as described with reference to FIG. 1 above (62), in response to the operation of the SW2 (64), AF processing, AE processing, exposure processing series of photographing processing up is carried out. そして、撮影して得られた画像データが図2で説明した画像データファイル203の形式でメモリ30に一時保存される。 Then, the image data obtained by photographing is temporarily stored in the memory 30 in the form of image data file 203 described in FIG. そして、ステップS302において、画像データファイル書き込み処理に移行する。 Then, in step S302, the process proceeds to the image data file writing process. この画像データファイル書き込み処理では、画像データファイルの記録媒体101への書き込みが行われるが、その詳細については図8を参照して後述する。 This image data file writing process, although writing to the recording medium 101 of the image data file is performed, the details thereof will be described later with reference to FIG. 以上により、一連の撮影動作が実行される。 Thus, a series of photographing operation is performed.

次に、記録媒体101から画像データファイルを読み出し、画像表示部28に表示するまでの一連のシーケンスを図4を参照して説明する。 Next, the read image data file from the recording medium 101, a series of sequences to be displayed on the image display unit 28 will be described with reference to FIG. 図4は係る処理の一例に対応するフローチャートである。 Figure 4 is a flowchart corresponding to an example of the processing according.

図4において、ステップS401では、モードダイアル60が再生モードに設定されたか否かを判定する。 4, in step S401, whether the mode dial 60 is set to the reproduction mode is determined. もし、再生モードに設定されたと判定された場合には(ステップS401において「YES」)、ステップS402における画像データファイル再生処理に移行する。 If, when it is determined that the playback mode is set ( "YES" in step S401), the process proceeds image data file reproduction processing in step S402. この画像データファイル再生処理では記録媒体101から画像データファイルをメモリ30に読み出す処理が行われるが、詳細については図9を参照して後述する。 This is an image data file reproduction processing process of reading from the recording medium 101 the image data file in the memory 30 is performed, it will be described in detail later with reference to FIG.

次に、記録媒体101から画像データファイルを読み出し、画像表示部28に表示し、画像データファイルを編集するまでの一連のシーケンスを図5を参照して説明する。 Next, the read image data file from the recording medium 101, and displayed on the image display unit 28, a series of sequences to edit the image data file will be described with reference to FIG. 図5は、係る処理の一例に対応するフローチャートである。 Figure 5 is a flowchart corresponding to an example of the processing according.

図5において、ステップS501では、モードダイアル60が編集モードに設定されたか否かを判定する。 Determining in FIG. 5, in step S501, whether the mode dial 60 is set in the edit mode. もし、編集モードに設定されたと判定された場合には(ステップS501において「YES」)、ステップS502に移行し、図9を参照して後述する画像データファイル再生処理を行う。 If ( "YES" in step S501) when it is determined to have been set in the edit mode, the process proceeds to step S502, it performs image data file playback process described below with reference to FIG. 次にステップS503の画像データファイル編集処理では、ステップS502でメモリ30に読み出された画像データファイルの編集・保存処理が行われるが、詳細については図10を参照して後述する。 Next, in the image data file editing process step S503, but editing and storage processing of the image data file read into the memory 30 is performed in step S502, will be described later with reference to FIG. 10 for details.

更に、記録媒体101から画像データファイルを読み出し、画像表示部28に表示し、画像データファイルを消去するまでの一連のシーケンスを図6を参照して説明する。 Further, the read image data file from the recording medium 101, and displayed on the image display unit 28, a series of sequences before deletion of the image data file will be described with reference to FIG. 図6は係る処理に対応するフローチャートである。 6 is a flowchart corresponding to the process according.

図6において、ステップS601では、モードダイアル60が消去モードに設定されたか否かを判定する。 6, in step S601, whether the mode dial 60 is set to the erasing mode or not. もし、消去モードに設定されたと判定された場合には、ステップS602に移行し、図9を参照して後述する画像データファイル再生処理を行う。 If, when it is determined to have been set in the erase mode, the process proceeds to step S602, it performs image data file playback process described below with reference to FIG. 次にステップS603の画像データファイル消去処理では、ステップS602で読み出された画像データファイルを、記録媒体101から消去する処理が行われるが、詳細については図11を参照して後述する。 Next, in the image data file deletion process in step S603, the image data file read in step S602, the processing for erasing from the recording medium 101 is performed, will be described in detail later with reference to FIG. 11.

更に、記録媒体101から画像データファイルを読み出し、画像表示部28に表示し、画像データファイルの読み取り専用属性を変更するまでの一連のシーケンスを図7を参照して説明する。 Further, the read image data file from the recording medium 101, and displayed on the image display unit 28, a series of sequences to change the read-only attribute of the image data file will be described with reference to FIG. 図7は係る処理に対応するフローチャートである。 Figure 7 is a flowchart corresponding to the process according.

図7において、ステップS701では、モードダイアル60がファイル読み取り専用属性変更モードに設定されたか否かを判定する。 In FIG. 7, in step S701, the mode dial 60 and determines whether it is set to a file read-only attribute change mode. もし、ファイル読み取り専用属性変更モードに設定されたと判定された場合には(ステップS701において「YES」)、ステップS702に移行し、図9を参照して後述する画像データファイル再生処理を行う。 If ( "YES" in step S701). If it is determined to have been set in the file read-only attribute change mode, the process proceeds to step S702, it performs image data file playback process described below with reference to FIG. 次にステップS703のファイル読み取り専用属性変更処理では、ステップS702でメモリ30に読み出された画像データファイルの読み取り専用属性変更を行う処理が行われるが、詳細については図12を参照して後述する。 Then a file read-only attribute changing processing in step S703, the processing for performing the read-only attribute change of the image data file read into the memory 30 in step S702 is executed will be described later with reference to FIG. 12 for details .

次に図8のフローチャートを参照して、図3のステップS302で行われる画像データファイル203を記録媒体101に記録するための、画像データファイル記録処理について説明する。 Referring now to the flowchart of FIG. 8, for recording on the recording medium 101 the image data file 203 is performed in step S302 of FIG. 3, the image data file recording process will be described.

まず、ステップS801ではメモリ30に一時保存してある画像データファイル203内の内部データ・ファイル属性203cを標準属性に設定する。 First, set the internal data file attribute 203c of the image data file 203 are stored temporarily in the memory 30 in step S801 to the standard attributes. 次に、ステップS802に移行し、記録媒体101に画像データファイル203を書き込む。 Then, the process proceeds to step S802, the writing image data file 203 on the recording medium 101. ステップS803では、書き込んだ画像データファイル203のファイルシステム・ファイル属性202を読み取り専用属性に設定し、終了する。 In step S803, it sets the file system file attributes 202 of the image data file 203 written in the read-only attribute, and ends.

このように記録媒体101に記録する際には内部データ・ファイル属性203cを標準属性に、ファイルシステム・ファイル属性202を読み取り専用属性にする。 Standard Attributes internal data file attribute 203c is in recording on such a recording medium 101, the file system file attributes 202 to read-only attribute. これにより、記録媒体101が他の機器、例えばパーソナルコンピュータからのプログラムで画像データファイルを読み出された際には、ファイルシステム・ファイル属性202が機能して読み取り専用属性のファイルとして読み出される。 Thus, the recording medium 101 is another device, when read image data file for example a program from the personal computer, the file system file attribute 202 is read as a file read-only attribute function. よって、パーソナルコンピュータのプログラムでは、画像データファイル203に対して、編集処理等を行うことができないので、画像データファイル構造の解釈の違いによるファイル破壊を防ぐことが可能となる。 Thus, in the personal computer program, the image data file 203, is not able to perform the editing process or the like, it becomes possible to prevent the file corruption due to differences in the interpretation of the image data file structure.

ここで、画像データファイル構造の解釈の違いによるファイル破壊は、画像データファイル内の一部に、パーソナルコンピュータのプログラムに解釈できない領域が存在した場合に発生する。 Here, file corruption due to differences in the interpretation of the image data file structure, the part of the image data file, occurs when the area that can not be interpreted in the personal computer program is present. 具体的に、その領域に対して解釈できないまま、アクセスを行ってしまうことで、そのファイル構造を壊してしまうこととなる。 Specifically, without being able to interpret in that area, that would perform the access, so that the destroy the file structure.

次に図9のフローチャートを参照して、図4のステップS402で行われる画像データファイル203を記録媒体101から読み出して、再生する画像データファイル再生処理について説明する。 Referring now to the flowchart of FIG. 9, it reads the image data file 203 is performed in step S402 of FIG. 4 from the recording medium 101, describes an image data file reproduction processing for reproducing.

まず、ステップS901では記録媒体101から画像データファイル203をメモリ30に読み出す。 First, read from the recording medium 101 in step S901 the image data file 203 in the memory 30. 次にステップS902では、メモリ30に読み出した画像データファイル203に内部データ・ファイル属性203cが存在するか否かを判定する。 Next, in step S902, the determining whether the internal data file attribute 203c to the image data file 203 read in the memory 30 is present. もし、内部データ・ファイル属性203cが存在すると判定された場合には(ステップS902において「YES」)、ステップS903に移行し、内部データ・ファイル属性203cを取得する。 If, when the internal data file attributes 203c is determined to exist ( "YES" in step S902), the process proceeds to step S903, acquires the internal data file attribute 203c. 一方、内部データ・ファイル属性203cが存在しないと判定された場合には(ステップS902において「NO」)、ステップS904において画像データファイル203のファイルシステム・ファイル属性202を取得する。 On the other hand, ( "NO" in step S902) when the internal data file attributes 203c is determined that there is no, acquires the file system file attributes 202 of the image data file 203 in step S904.

次に、ステップS905では、ステップS903もしくはステップS904で取得したファイル属性を画像データファイル203の属性としてメモリ30に一時記憶する。 Next, in step S905, temporarily stored in the memory 30 a file attribute acquired in step S903 or step S904 as the attribute of the image data file 203. ステップS906では、ステップS905でメモリ30に一時記憶した画像データファイル属性の内容を判定する。 In step S906, it determines the content of the image data file attributes temporarily stored in the memory 30 in step S905. もし、画像データファイル属性が読み取り専用属性でないと判定された場合には(ステップS906において「NO」)、ステップS907に移行し、表示処理を行う。 If the image data file attribute is determined to be not read-only attribute ( "NO" in step S906), the process proceeds to step S907, it performs the display process. ここでの表示処理に関しては公知なので特に記述はしないが、メモリ30に読み出された画像データファイル203を、表示制御部26により画像表示部28に表示する処理を行う。 Although not specifically described since known regarding display process here, the image data file 203 read in the memory 30, performs processing for displaying on the image display unit 28 by the display control unit 26.

一方、画像データファイル属性が読み取り専用属性であると判定された場合には「ステップS906においてYES」、ステップS908に移行する。 On the other hand, if the image data file attribute is determined to be a read-only attribute transitions "YES in step S906", to step S908. ステップS908では、読み取り専用画像である警告を表示制御部26により画像表示部28に行い、ステップS906で表示処理を行い、終了する。 In step S908, it performs the image display unit 28 by the display control unit 26 a warning is read-only image, performs a display process at step S906, and ends.

ここで、警告を伴った表示形態の一例を図13に示す。 Here, an example of a display mode with warnings in Figure 13. 図13において、1301はモードダイアル60が再生モードに設定されていることを示す表示である。 13, 1301 denotes a display indicating that the mode dial 60 is set to the playback mode. 1302は、ステップS905でメモリ30に一時記憶された画像データファイルの属性を示す表示である。 1302 is a display showing the attributes of the image data temporarily stored files in the memory 30 in step S905. このような表示によれば、画像データファイル203が読み取り専用属性であることを示すことができる。 According to such a display, it is possible to indicate that the image data file 203 is a read-only attribute. なお、読み取り専用属性でなければ、表示1302を表示しなくてよい。 Incidentally, if the read-only attribute, it may not display the display 1302.

以上のように画像データファイル203を再生することで、ファイルシステム・ファイル属性202が読み取り専用属性であっても、内部データ・ファイル属性203cの内容に基づいて、読み取り専用画像でないように表示することができる。 By reproducing the image data file 203 as described above, even in the read-only attribute is file system file attributes 202 based on the contents of the internal data file attribute 203c, be displayed so as not read-only image can. また、内部データ・ファイル属性203cを含まない画像データファイル203については、ファイルシステム・ファイル属性202を利用した表示を行うことができる。 Also, the image data file 203 which does not include an internal data file attribute 203c, it is possible to perform display using a file system file attributes 202.

次に図10のフローチャートを参照して、図5のステップS503における画像データファイル編集処理について説明する。 Referring now to the flowchart of FIG. 10, a description will be given of an image data file editing process in step S503 in FIG. 5.

まず、ステップS1001ではステップS502で決定された画像データファイル203の属性を判定する。 First, determine the attributes of the image data file 203 determined in step S502 in step S1001. もし、画像データファイル203の属性が読み取り専用と判定された場合には(ステップS1001において「YES」)、ステップS1002で読み取り専用画像である警告を表示制御部26により画像表示部28に行い、処理を終了する。 If ( "YES" in step S1001) if the attribute of the image data file 203 is judged to read only performed on the image display unit 28 by the display control unit 26 a warning is read-only image in step S1002, processing to end the.

ここで、当該警告を伴う表示の一例を図14に示す。 Here, an example of a display with the warning in Figure 14. 図14において、1401はモードダイアル60が編集モードに設定されていることを示す表示である。 14, 1401 denotes a display indicating that the mode dial 60 is set in the edit mode. 1402は、画像データファイル203が読み取り専用画像であることを示す表示である。 1402 is a display indicating that the image data file 203 is read-only image. 1403は、当該画像ファイルデータ203の編集が不可能である旨を警告する表示である。 1403 is a display to alert the fact editing of the image file data 203 is not possible.

一方、画像データファイル203の属性が読み取り専用でないと判定された場合には(ステップS1001において「NO」)、ステップS1003に移行し、画像データファイル203のファイルシステム・ファイル属性202を取得する。 On the other hand, ( "NO" in step S1001) if the attribute of the image data file 203 is judged to not read-only, the process proceeds to step S1003, acquires the file system file attributes 202 of the image data file 203.

次にステップS1004では、ファイルシステム・ファイル属性202の内容を判定する。 Next, in step S1004, the determining the contents of the file system file attributes 202. ここで、ファイルシステム・ファイル属性202の内容が読み取り専用であると判定された場合には(ステップS1004において「YES」)、ステップS1005に移行する。 Here, ( "YES" in step S1004) if the contents of a file system file attribute 202 is determined to be read-only, the process proceeds to step S1005. ステップS1005では、記録媒体101の管理領域内のテーブルにおいて管理されているファイルシステム・ファイル属性202を標準属性に変更することにより、読み取り専用属性を解除し、ステップS1006に進む。 In step S1005, by changing the file system file attributes 202 that is managed in a table in the management area of ​​the recording medium 101 to the standard attributes, remove the read-only attribute, the process proceeds to step S1006. このように読み取り専用属性の解除を行うのは、ファイルシステム・ファイル属性202が読み取り専用属性のままでは、ステップS1006において画像データファイル203の編集し、その結果を記録媒体101に保存できないためである。 The reason why the to release the read-only attribute, remains the only attribute read file system file attributes 202, edits the image data file 203 in step S1006, is can not be storing the result in the recording medium 101 . 一方、読み取り専用属性でないと判定された場合には(ステップS1004において「NO」)、そのままステップS1006に進む。 On the other hand, ( "NO" in step S1004). If it is determined not to be read-only attribute, the process proceeds to step S1006.

ステップS1006では、画像データファイル203の編集処理を行う。 In step S1006, it performs an editing process of the image data file 203. 画像データファイルの編集については公知のため、その方法などは省略するが、図1の操作部67の編集操作スイッチの操作に基づいて、メモリ30の画像データファイルの編集を行い、編集結果を記録媒体101に保存する。 For known for editing the image data file is omitted such that method, based on the operation of the editing operation switch of the operation unit 67 of FIG. 1, edits the image data file in the memory 30, recording the editing result to save on the medium 101.

次にステップS1007では、メモリ30に読み出した画像データファイル203に内部データ・ファイル属性203cが存在するか否かを判定する。 In step S1007, it determines whether the internal data file attribute 203c to the image data file 203 read in the memory 30 is present. もし、内部データ・ファイル属性203cが存在すると判定された場合には、(ステップS1007において「YES」)、ステップS1008に移行し、ファイルシステム・ファイル属性202を読み取り専用属性に変更し、終了する。 If the internal data file attributes 203c is determined that there is ( "YES" in step S1007), the process proceeds to step S1008, it changes the file system file attribute 202 to a read-only attribute, and ends. このようにファイルシステム・ファイル属性202を読み取り専用属性に変更することで、他の装置で読み出された際に、編集後の画像データファイル203が画像データファイル構造の解釈の違いにより破壊されることがなくなる。 By changing the way a file system file attributes 202 to read-only attribute, when read by another apparatus, the image data file 203 edited is destroyed by the difference in interpretation of the image data file structure it is eliminated. それと同時に、本実施形態に対応する画像生成装置にでは、内部データ・ファイル属性203cに従って編集処理を行うことができる。 At the same time, than the image production apparatus according to this embodiment, it is possible to perform an editing process according to an internal data file attribute 203c. 一方、内部データ・ファイル属性203cが存在しないと判定された場合には(ステップS1007において「NO」)、そのまま処理を終了する。 On the other hand, ( "NO" in step S1007) if the internal data file attributes 203c is determined that there is no, the process ends.

このように画像データファイル203の編集処理では、ファイルシステム・ファイル属性202が読み取り専用属性でも、内部データ・ファイル属性203cの内容に基づき、画像データファイル203の編集の可否を判定し、編集処理を実行できる。 The editing process of the thus image data file 203, in the read-only attribute is file system file attributes 202, based on the contents of the internal data file attribute 203c, to determine whether the editing of the image data file 203, the editing process It can be executed. また、内部データ・ファイル属性203cを含まない画像データファイル203については、ファイルシステム・ファイル属性202の内容が読み取り専用属性であるか否かに基づいて、編集の可否を判定し、編集処理を実行することができる。 Also, the image data file 203 which does not include an internal data file attributes 203c, based on whether the read-only attribute the contents of the file system file attributes 202, determines whether to edit, execute the editing process can do.

次に図11のフローチャートを参照して、図6のステップS603で行われる画像データファイルを記録媒体101から消去する、画像データファイル消去処理について説明する。 Referring now to the flowchart of FIG. 11, to delete the image data file to be performed at step S603 in FIG. 6 from the recording medium 101, image data file deletion process will be described.

まず、ステップS1101ではステップS602で決定された画像データファイル203の属性を判定する。 First, determine the attributes of the image data file 203 determined in step S602 in step S1101. もし、画像データファイル203の属性が読み取り専用と判定された場合には(ステップS1101において「YES」)、ステップS1102において、読み取り専用画像である旨の警告を表示制御部26により画像表示部28に行い、処理を終了する。 If ( "YES" in step S1101) if the attribute of the image data file 203 is judged to read-only, in step S1102, the image display unit 28 by the display control unit 26 a warning that a read-only image carried out, the process is terminated.

ここで、当該警告を伴う表示の一例を図15に示す。 Here, an example of a display with the warning in Figure 15. 図15において、1501はモードダイアル60が消去モードに設定されている旨を示す表示である。 15, 1501 denotes a display indicating that the mode dial 60 is set to the erasing mode. 1502は、画像データファイルの属性を示す表示であり、画像データファイルが読み取り専用画像であることを示している。 1502 is a display that shows the attributes of the image data file, it indicates that the image data file is read-only image. 1503は、表示されている画像データファイル203が消去不可能である旨を警告する表示である。 1503 is a display for warning that the image data file 203 that is displayed is a non-erasable.

ステップS1101において、画像データファイル属性が読み取り専用でないと判定された場合には(ステップS1101において「NO」)、ステップS1103に移行する。 In step S1101, ( "NO" in step S1101) if the image data file attribute is determined to not read-only, the process proceeds to step S1103. ステップS1103では、画像データファイル203のファイルシステム・ファイル属性202を取得する。 In step S1103, acquires the file system file attributes 202 of the image data file 203. 次に、ステップS1104において、ファイルシステム・ファイル属性202の内容を判定し、もし、読み取り専用と判定された場合には(ステップS1104において「YES」)、ステップS1105に移行する。 Next, in step S1104, it determines the contents of the file system file attributes 202, if ( "YES" in step S1104). If it is determined that the read-only, the process proceeds to step S1105. ステップS1105では、記録媒体101の管理領域内のテーブルにおいて管理されているファイルシステム・ファイル属性202を標準属性に変更することにより、読み取り専用属性を解除し、ステップS1106に進む。 In step S1105, by changing the file system file attributes 202 that is managed in a table in the management area of ​​the recording medium 101 to the standard attributes, remove the read-only attribute, the process proceeds to step S1106. このように読み取り専用属性の解除を行うのは、ファイルシステム・ファイル属性202が読み取り専用属性のままでは、ステップS1106において画像データファイル203を記録媒体101から消去することができないためである。 The reason why the to release the read-only attribute, remains the only attribute read file system file attributes 202, because it is not possible to delete the image data file 203 from the recording medium 101 in step S1106. 一方、読み取り専用属性でないと判定された場合には(ステップS1104において「NO」)、そのままステップS1106に進む。 On the other hand, ( "NO" in step S1104). If it is determined not to be read-only attribute, the process proceeds to step S1106.

ステップS1106では、記録媒体101から画像データファイル203の消去を行う。 In step S1106, erasing image data file 203 from the recording medium 101. 記録媒体101からの画像データファイル203の消去については公知のため、その方法の詳細な説明は省略するが、図1の操作部68の消去操作スイッチを用いて、画像データファイルの消去の実行を受け付けたか否かを判定し、消去を行うことができる。 For known for erasing the image data file 203 from the recording medium 101, a detailed description of the method is omitted, by using the erasing operation switch of the operation unit 68 of FIG. 1, the execution of the erasure of the image data file It determines whether it has received, can be erased.

以上のように画像データファイル消去処理を行うことで、ファイルシステム・ファイル属性202が読み取り専用属性でも、内部データ・ファイル属性203cの内容に基づいて、記録媒体101から画像データファイル203を消去できる。 By performing the image data file deletion process as described above, in the read-only attribute is file system file attributes 202 based on the contents of the internal data file attribute 203c, can delete the image data file 203 from the recording medium 101. また、内部データ・ファイル属性203cを含まない画像データファイル203については、ファイルシステム・ファイル属性202の内容が読み取り専用属性であるか否かを判定し、消去の可否を判断し、消去処理を実行することができる。 Also, the image data file 203 which does not include an internal data file attributes 203c, it is determined whether the read-only attribute the contents of the file system file attributes 202 determines whether to erase, execute the erasing process can do.

次に図12のフローチャートを参照して、図7のステップS703における、画像データファイル読み取り専用属性変更処理について説明する。 Referring now to the flowchart of FIG. 12, in step S703 of FIG. 7, a description will be given of an image data file read-only attribute change process.

まず、ステップS1201ではステップS702で決定された画像データファイル203の属性を判定する。 First, determine the attributes of the image data file 203 determined in step S702 in step S1201. もし、画像データファイル203の属性が読み取り専用と判定された場合には(ステップS1201においてYES)、画像データファイル203の読み取り専用属性を解除するためにステップS1208に移行する。 If the attribute of the image data file 203 is judged to read-only shifts to step S1208 to release the (YES in step S1201), the read-only attribute of the image data file 203. ステップS1208では、画像データファイル203に内部データ・ファイル属性203cが存在するか否かを判定する。 In step S1208, it determines whether the internal data file attributes 203c present in the image data file 203.

ここで、内部データ・ファイル属性203cが存在しないと判定された場合には(ステップS1208において「NO」)、ステップS1209に移行してファイルシステム・ファイル属性202を標準属性に変更して処理を終了する。 Here, ends ( "NO" in step S1208), and changes the file system file attributes 202 proceeds to step S1209 to standard attribute processing when the internal data file attributes 203c is determined that there is no to. 一方、内部データ・ファイル属性が存在すると判定された場合には(ステップS1208において「YES」)、ステップS1210に移行してファイルシステム・ファイル属性202が読み取り専用属性であるか否かを判定する。 On the other hand, ( "YES" in step S1208) if the internal data file attributes is determined to exist, it is determined whether the read-only attribute is file system file attributes 202 proceeds to step S1210. もし、読み取り専用属性であると判定されれば(ステップS1210において「YES」)、ステップS1213に移行して読み取り専用属性を解除し、ステップS1211へ移行する。 If it is determined that the read-only attribute ( "YES" in step S1210), remove the read-only attribute and proceeds to step S1213, the process proceeds to step S1211. 一方、読み取り専用属性でないと判定されれば(ステップS1210において「NO」)、そのままステップS1211に移行する。 On the other hand, if it is determined not to be read-only attribute ( "NO" in step S1210), control proceeds to step S1211.

ステップS1211では、内部データ・ファイル属性203cを標準属性に設定し、ステップS1212に移行する。 In step S1211, sets an internal data file attributes 203c to standard attributes, the process proceeds to step S1212. ステップS1212では、ファイルシステム・ファイル属性202を読み取り専用属性に設定し、処理を終了する。 In step S1212, sets the file system file attribute 202 to a read-only attribute, and the process ends.

ここで、一連の読み取り専用属性解除の際の表示例を図16に示す。 Here, a display example when a series of read-only attribute removing Figure 16. 図16において、1601はモードダイアル60がファイル読み取り専用属性変更モードに設定されていることを示す表示である。 16, 1601 denotes a display indicating that the mode dial 60 is set to a file read-only attribute change mode. 1602は、画像データファイルの読み取り専用属性が解除されたことを示す表示である。 1602 is a display indicating that the read-only attribute of the image data file is canceled.

図12に戻って、ステップS1201において画像データファイル属性が読み取り専用属性でないと判定された場合には(ステップS1201において「NO」)、ステップS1202に移行する。 Returning to FIG. 12, ( "NO" in step S1201) if the image data file attribute is determined to be not read-only attribute in step S1201, the process proceeds to step S1202. ステップS1202では、画像データファイル203に読み取り専用属性を設定するために、画像データファイル203に内部データ・ファイル属性203cが存在するか否かを判定する。 In step S1202, the order to set the read-only attribute to the image data file 203, the image data file 203 whether or not the internal data file attributes 203c exists or not. もし、内部データ・ファイル属性が存在しないと判定されれば(ステップS1202において「NO」)、ステップS1203に移行してファイルシステム・ファイル属性202を読み取り専用属性に変更して、処理を終了する。 If it is determined that there is no internal data file attribute ( "NO" in step S1202), and changes the file system file attributes 202 proceeds to step S1203 to read-only attribute, and the process ends.

一方、内部データ・ファイル属性203cが存在すると判定されれば(ステップS1202において「YES」)、ステップS1204において、ファイルシステム・ファイル属性202が読み取り専用属性であるか否かを判定する。 On the other hand, if it is determined that the internal data file attributes 203c exists ( "YES" in step S1202), determines in step S1204, whether or not the read-only attribute is file system file attributes 202. もし、読み取り専用属性であると判定されれば(ステップS1204において「YES」)、ステップS1207に移行する。 If it is determined that the read-only attribute ( "YES" in step S1204), the process proceeds to step S1207. ステップS1207では、記録媒体101の管理領域内のテーブルにおいて管理されているファイルシステム・ファイル属性202を標準属性に変更することにより、当該読み取り専用属性を解除し、ステップS1205に移行する。 In step S1207, by changing the file system file attributes 202 that is managed in a table in the management area of ​​the recording medium 101 to the standard attributes, to release the read-only attribute, the process proceeds to step S1205. このように読み取り専用属性の解除を行うのは、ファイルシステム・ファイル属性202が読み取り専用属性のままでは、ステップS1205において画像データファイル203の内部データ・ファイル属性203cの設定を変更できないためである。 The reason why the to release the read-only attribute, remains the only attribute read file system file attributes 202, because you can not change the settings for the internal data file attribute 203c of the image data file 203 in step S1205. 一方、読み取り専用属性でないと判定されれば(ステップS1204において「NO」)、そのままステップS1205に移行する。 On the other hand, if it is determined not to be read-only attribute ( "NO" in step S1204), control proceeds to step S1205. ステップS1205では、内部データ・ファイル属性203cを読み取り専用属性に設定し、ステップS1206に移行する。 In step S1205, sets an internal data file attributes 203c to read-only attribute, the process proceeds to step S1206. ステップS1206では、ファイルシステム・ファイル属性202を読み取り専用属性に設定し、処理を終了する。 In step S1206, sets the file system file attribute 202 to a read-only attribute, and the process ends.

一連の読み取り専用属性設定の際の表示例を図17に示す。 A display example when a series of read-only attribute set shown in FIG. 17. 1701は、モードダイアル60がファイル読み取り専用属性変更モードに設定されていることを示す表示である。 1701 is a display indicating that the mode dial 60 is set to a file read-only attribute change mode. 1702及び1703は、画像データファイル203が読み取り専用属性に設定されたことを示す表示である。 1702 and 1703, is a display indicating that the image data file 203 is set to read-only attribute.

以上のように画像データファイル読み取り専用属性変更処理を行うことにより、内部データ・ファイル属性203cの読み取り専用属性を変更し、ファイルシステム・ファイル属性202を常に読み取り専用属性にすることができる。 By performing the image data file read-only attribute change processing as described above, it is possible to change the read-only attribute of the internal data file attribute 203c, always read-only attribute file system file attributes 202. これにより、他の機器(例えばパーソナルコンピュータ)によって、記録媒体101から画像データファイル203が読み出された際に、読み取り専用属性のファイルとして読み出されることとなる。 Accordingly, by another device (e.g., personal computer), when the image data file 203 from the recording medium 101 is read, and be read as a file read-only attribute.

また、内部データ・ファイル属性203cを含まない画像データファイル203については、ファイルシステム・ファイル属性202により、読み取り専用画像の設定を行うことができる。 Also, the image data file 203 which does not include an internal data file attribute 203c, the file system file attribute 202, it is possible to set the read-only image. 従って、この場合でも他の機器から画像データファイル203が読み出される際に、読み取り専用属性のファイルとして読み出されることとなる。 Therefore, when the image data file 203 is read from another device, even in this case, so that the read out as a file read-only attribute.

図18に、メニュー操作スイッチ66の操作により、画像表示部28に表示されるメニュー画面の一例を示す。 18, by operating the menu operation switch 66, an example of a menu screen displayed on the image display unit 28. 画像の表示、画像の編集、画像の消去、画像の読み取り専用属性の設定変更など、画像データファイルの各種操作・設定をモードダイアル60から行うことは、すでに説明した。 Display of the image, image editing, erasing the image, such as setting change of the read-only attribute of the image, to perform various operations and settings of the image data file from the mode dial 60, has already been described. 但し、図18に示すようなメニュー画面からも、メニュー操作スイッチ66の操作により、同様の処理を行うことが可能である。 However, from the menu screen as shown in FIG. 18, by operating the menu operation switch 66, it is possible to perform the same processing.

図18において、1800は、メニュー画面を示す表示で、その項目がリストとして表示される。 18, 1800, the display showing a menu screen is displayed that item in a list. 1801は、メニュー項目の1つで「画像の再生」、1802が「画像の編集」、1803が「画像の消去」、1804が「画像のプロテクト設定」を示す。 1801, "reproduction of the image," one of the menu item, 1802 "image editing", 1803 is the "delete image", 1804 indicates "protection setting of the image". それぞれの項目はモードダイアル60にあるモードに対応している。 Each item corresponds to the mode in the mode dial 60. もちろん、モードダイアル60にあるモード以外のものをメニュー画面に加えてもよい。 Of course, something other than the mode in the mode dial 60 may be added to the menu screen. 1805は、選択された項目を指し示す表示であり、メニュー操作スイッチ66の操作に対応して、画面内を移動でき、任意の項目の選択が可能となる。 1805 is a display that indicates the selected item, in response to operation of the menu operation switch 66, can move around the screen, allows the selection of any item.

これにより、モードダイアル60からだけでなく、メニュー操作スイッチ66の操作によってメニュー画面から簡便に画像データファイルの各種操作、設定を行うことができる。 This not only from the mode dial 60, conveniently various operations of the image data file from the menu screen by operating the menu operation switch 66, it can be set.

以上、説明したように、本実施形態によれば内部データ・ファイル属性203cとファイルシステム・ファイル属性202の設定を制御する。 As described above, controls the setting of internal data file attributes 203c and file system file attributes 202 according to this embodiment. これにより、ファイルシステム・ファイル属性202が読み取り専用属性でも、内部データ・ファイル属性203cの設定内容に基づいて標準属性としてファイルを扱うことができる。 Accordingly, even in the read-only attribute is file system file attributes 202 can treat the file as a standard attribute based on the setting contents of the internal data file attribute 203c. その上で、他の機器で画像データファイル203にアクセスしようとする場合には、ファイルシステム・ファイル属性202が機能するので、読み取り専用属性のファイルとして扱われることになる。 On top of that, when trying to access the image data file 203 with another device, because the file system file attributes 202 to function, it will be treated as a file read-only attribute.

これにより、画像データファイル203の編集、消去などを目的としたアクセスを行う際に、ファイルシステム・ファイル属性202の読み取り専用属性を手動で解除するといった面倒な作業をユーザに強いることがなくなる。 Thus, editing of the image data file 203, in performing the access for the purpose of such erasure, it is unnecessary to force the user a troublesome operation such releases the read-only attribute of a file system file attributes 202 manually. 同時に、他の機器により画像データファイル203にアクセスが行われる場合でも、画像データファイル構造の解釈の違いによる画像データファイル203の破壊を、未然に防止することが可能となる。 At the same time, even when the access to the image data file 203 by another device is performed, the destruction of the image data file 203 due to a difference in interpretation of the image data file structure, it is possible to prevent.

なお、上記実施の形態では、入出力装置として記録媒体を用いたが、入出力装置に通信機能を持たせ、遠隔大容量記録媒体への入出力を行う際にも有効である。 Incidentally, in the above embodiment, using the recording medium as input and output devices, to have a communication function to the input and output device, it is also effective in inputting and outputting to the remote mass storage medium.

[第2の実施形態] Second Embodiment
本発明の第2の実施形態における画像処理装置の構成を図20を参照して説明する。 The configuration of the image processing apparatus according to a second embodiment of the present invention will be described with reference to FIG. 20. 本発明の第2の実施形態によるデジタルカメラの要部構成は、図1と基本的には同じであり、その説明は、同じ構成部分は省略し、異なる構成部分だけを掻い摘んで説明する。 Main part of the digital camera according to a second embodiment configuration of the present invention is the same as in FIG. 1 basically, description thereof will be the same component is omitted, and description barely scratches different components.

図20において、図1の構成に追加する形で異なる部分の20090はメモリカードやハードディスク等の記録媒体とのインタフェース、20092はメモリカードやハードディスク等の記録媒体と接続を行うコネクタである。 In Figure 20, 20090 different Sections in addition to the configuration of FIG. 1 denote interfaces for recording media such as a memory card or a hard disk, is 20092 is a connector for connection with the recording medium such as a memory card or a hard disk. 第1の実施形態で、「記録媒体を取り付けるインタフェース及びコネクタは、単数或いは複数、いずれの系統数を備える構成として構わない。また、異なる規格のインタフェース及びコネクタを組み合わせて備える構成としてもよい」と説明した。 In the first embodiment, "interfaces and connectors for attaching the recording medium, single or multiple, may be configured to include a number of either of the system. Moreover, even it a structure comprising a combination of interfaces and connectors of different standards" and explained. しかし、第二の実施形態では複数の記録媒体を取り付けることで、特にその特徴が現れるため、記録媒体を取り付けるインタフェース及びコネクタを2系統持つものとして、説明している。 However, in the second embodiment by attaching the plurality of recording media, in particular because its features appear, the interfaces and connectors for attaching the recording medium as having two systems are described.

インタフェース及びコネクタとしては、第1の実施形態と同様、PCMCIAカードやコンパクトフラッシュ(登録商標)カード等の規格に準拠したものを用いて構成することが可能である。 The interfaces and connectors, as in the first embodiment, it is possible to constitute using one conforming to the PCMCIA card or compact flash card standard. この場合、インタフェース20090及び20092に各種通信カードを接続することにより、他のコンピュータやプリンタ等の周辺機器との間で画像データや画像データに付属した管理情報を転送し合うことができる。 In this case, it is possible by connecting various communication cards interface 20090 and 20092, each other to transfer the management information attached to the image data and image data between a peripheral device such as another computer or a printer. 各種通信カードには、LANカードやモデムカード、USBカード、IEEE1394カード、P1284カード、SCSIカード、PHS等の通信カード等が含まれる。 The various communication card, LAN card, modem card, USB card, IEEE1394 card, P1284 card, SCSI card, includes a communication card such as a PHS.

20101はメモリカードやハードディスク等の記録媒体である。 20101 is a recording medium such as a memory card or a hard disk. 記録媒体20101は半導体メモリや磁気ディスク等から構成される記録部20102と画像処理装置100とのインタフェース20104と画像処理装置100と接続を行うコネクタ20106とを備えている。 Recording medium 20101 includes a connector 20106 for connecting the interface 20104 and the image processing apparatus 100 and the recording unit 20102 and the image processing apparatus 100 including a semiconductor memory, a magnetic disk or the like.

また、メモリ52に記録されている、作成した画像ファイルデータを記録媒体に記録するプログラム、画像ファイルデータを記録媒体から読み出すプログラムなどは、複数の異なるファイルシステムを解釈できるようにプログラムされている。 Further, stored in the memory 52, a program to be recorded on the recording medium image file data created, programs for reading image file data from the recording medium is programmed to interpret a plurality of different file system. この切り替え、選択は記録媒体ごとに、システム制御部50が作業領域として使用するメモリ30にファイルシステム(FS)選択フラグとして保持される。 This switching, selection for each recording medium, stored in the memory 30 by the system control unit 50 is used as a work area as a file system (FS) selection flag.

さらに、図1の構成に追加する形で異なる部分の20001は記録媒体選択スイッチであり、不図示のセットキー、十字キー等の組み合わせで構成され、撮影した画像データの記録先や再生する画像データが記録されている記録媒体を選択できる。 Furthermore, 20001 different Sections in addition to the configuration of FIG. 1 is a recording medium selection switch, not shown of the set key is a combination of such cross key, the image data to be recorded destination and reproduction of the photographed image data There can be selected a recording medium that has been recorded. その切り替え、選択は、システム制御部50が作業領域として使用するメモリ30に各々の記録媒体について「記録フラグ」や「再生選択フラグ」として保持される。 The switching, selection, the system control unit 50 is held as "recording flag" and "reproduction selection flag" for each of the recording medium in the memory 30 used as a work area.

さらに、図1の構成に追加する形で異なる部分の20002はコピー操作スイッチである。 Furthermore, 20002 different Sections in addition to the configuration of FIG. 1 is a copy operation switch. これは、不図示のセットキー、十字キーなどの組み合わせで構成され、記録媒体101から記録媒体20101へ、もしくは記録媒体20101から101へ画像データのコピーを画像表示部28を見ながら行うことができる。 This is not shown set key is a combination of such cross key, can be performed from the recording medium 101 to the recording medium 20101, or while watching the image display unit 28 a copy of the image data from the recording medium 20101 to 101 . コピー自体はコピー元となる記録媒体の画像データをメモリ30に読み出したあと、画像表示部28で表示し、セットキー、十字キーなどの組み合わせでコピー先となる記録媒体に書き込むことが可能である。 After copying itself reading the image data of the recording medium as a copy source to the memory 30, and displayed on the image display unit 28, it is possible to write the set key, the recording medium as a copy destination combinations, such as the cross key .

次に図21を参照して、撮影処理により作成されたメモリ30にある画像データを画像データファイルとして記録媒体101、および記録媒体20101に記録する際のファイル構造とファイルシステムとの関係を説明する。 Referring now to FIG. 21, illustrating the relationship between the file structure and the file system at the time of recording on the recording medium 101, and a recording medium 20101 image data in the memory 30 that is created as an image data file by photographing processing .

本実施形態では、画像データファイル2103はファイルシステムA(2101)管理下で記録媒体101に記録される。 In the present embodiment, the image data file 2103 is recorded in the file system A (2101) managed in the recording medium 101. このファイルシステムA(2101)は画像データファイル2103の記録媒体への書き込み(記録)、読み出しを管理するもので、メモリ52に格納されたプログラムを取得し、実行することでシステム制御部50により実現される。 The file system A (2101) is writing to the recording medium of the image data file 2103 (recording), which manages the reading, implemented by the system control unit 50 by to get the program stored in the memory 52, executes It is. 装着された記録媒体101がファイルシステムAであるかどうかの判断も、メモリ52に格納されたプログラムを取得し、実行することでシステム制御部50により実現される。 Determination loaded recording medium 101 of whether a file system A also acquires a program stored in the memory 52 is implemented by the system control unit 50 by executing.

また、ファイルシステムA(2101)の管理下では画像データファイル2103のファイル属性は記録媒体101の管理領域上に設けられたテーブル上で管理される。 Further, in the managed filesystem A (2101) the file attribute of the image data file 2103 is managed on provided on the management area of ​​the recording medium 101 table. 以下における本実施形態の説明では、このファイル属性を、ファイルシステム・ファイル属性2102という。 In the description of this embodiment in the following, the file attribute, called a file system file attributes 2102.

一方、本実施形態では、記録媒体を取り付けるインタフェース及びコネクタを2系統持ち、かつ複数のファイルシステムを解釈できるので、画像データファイル2103はFileSystemB(2104)の管理下で記録媒体20101にも記録可能である。 On the other hand, in the present embodiment has an interface and connector mounting the recording medium 2 lines, and it is possible to interpret a plurality of file systems, the image data file 2103 may be recorded in a recording medium 20101 under the management of FileSystemB (2104) is there. このFileSystemB(2104)は画像データファイル2103の記録媒体への書き込み(記録)、読み出しを管理するもので、メモリ52に格納されたプログラムを取得し、実行することでシステム制御部50により実現される。 The FileSystemB (2104) writing to the recording medium of the image data file 2103 (recording), which manages the reading, to get the program stored in the memory 52 is implemented by the system control unit 50 by executing . 装着された記録媒体20101がFileSystemBであるかどうかの判断も、メモリ52に格納されたプログラムを取得し、実行することでシステム制御部50により実現される。 Determination loaded recording medium 20101 is whether FileSystemB also acquires a program stored in the memory 52 is implemented by the system control unit 50 by executing.

また、FileSystemB(2104)の管理下では画像データファイル2103のファイル属性は記録媒体20101の管理領域上に設けられたテーブル上で管理される。 Also, the managed FileSystemB (2104) the file attributes of the image data file 2103 is managed on provided on the management area of ​​the recording medium 20101 table. 以下における本実施形態の説明では、このファイル属性を、FileSystem・File属性2105という。 In the description of this embodiment in the following, the file attribute, called FileSystem · File attributes 2105.

ファイルシステムAとFileSystemBとは異なるファイルシステムであり、それぞれ解釈の方法が違っていてよい。 File system is a different file system than the A and FileSystemB, may have different methods of each interpretation. 即ち、ファイル属性にお互い似たものがあって当然だが、根本的にはファイルシステムが異なるのであるから、それぞれのファイル属性自体も異なるものである。 That is, of course it is, but if there is something similar to each other in the file attribute, to fundamentally because the file system is different from, is different also each file attributes itself. 本実施形態では異なるファイルシステムにおけるファイル属性をそれぞれ区別するため、ファイルシステムAのファイル属性は標準、読み取り専用、隠しファイルなど日本語で表記する。 Because the present embodiment is distinguished from one file attributes in different file systems, the file attributes of a file system A standard, read-only, denoted by Japanese and Hidden. また、FileSystemBのファイル属性をNormal、Protect、Hiddenなどアルファベットで表記するものとする。 In addition, the file attribute of FileSystemB Normal, Protect, shall be written in the alphabet, such as Hidden.

記録媒体101、20101に記録される画像データ2103の構成はそれぞれヘッダ部2103a、画像データ部2103bに分かれており、ヘッダ部2103aは、内部データ・ファイル属性2103cを格納するための領域を有している。 Each configuration header portion 2103a of the image data 2103 to be recorded on the recording medium 101,20101 is divided into the image data unit 2103 b, the header portion 2103a may have an area for storing the internal data file attributes 2103c there. このように、画像データファイル構成はファイルシステムが異なっても同様である。 Thus, the image data file structure is the same or different file system.

また、この内部データ・ファイル属性2103cには、一般的に用いられるようなファイル属性を識別することができるデータが含まれる。 Further, the internal data file attributes 2103 c, it contains data that can identify the general file attributes as used. 具体的には、標準属性、アーカイブ属性、隠しファイル属性、読み取り専用属性、システム属性、読み出し可否属性、書き込み可否属性、実行可否属性などがある。 Specifically, standard attributes, the archive attribute, the hidden file attributes, read-only attribute, system attributes, read permission attribute, write permission attribute, and the like executability attribute. これらのファイル属性を識別することができるデータはファイルシステムA、FileSystemBに関係なく、同じデータである。 Data that can identify these file attributes file system A, regardless FileSystemB, the same data. なお属性についての説明は、第1の実施形態において図2と関連して説明した内容と同様なので省略する。 Incidentally description of attributes is omitted because it is the same as the contents explained in conjunction with FIG. 2 in the first embodiment. また、画像データファイルの構造についても、同様なので省略する。 Further, the structure of the image data file is likewise so omitted.

なお、図21では、記録媒体101がファイルシステムAであって、記録媒体20101がFileSystemBの場合を記載するが、記録媒体とファイルシステムの対応関係が逆であっても良い。 In FIG. 21, the recording medium 101 is a file system A, the recording medium 20101 is described a case of FileSystemB, correspondence between the recording medium and file system may be reversed. そこで、以下では、各記録媒体が両方のファイルシステムに対応する場合をそれぞれ想定して説明する。 Hereinafter, therefore, be described by respective assumed that the recording medium corresponding to both file systems.

次に、撮影から記録媒体101、20101への画像データファイル記録までの一連のシーケンスを図22を参照して説明する。 Next, a series of sequence until the image data file recording will be described with reference to FIG. 22 from the photographing to the recording medium 101,20101. 図22は当該処理の一例に対応するフローチャートである。 Figure 22 is a flowchart corresponding to an example of the processing.

図22において、ステップS2201では記録媒体101と記録媒体20101を制御しているファイルシステムを判断する。 In Figure 22, to determine the file system controlling the recording medium 20101 and the recording medium 101 in step S2201. このファイルシステムの判断については図24を参照して後述する。 For determination of the file system will be described later with reference to FIG. 24. 次にステップS2202では記録媒体選択スイッチ20001により設定された、記録する記録媒体を選択する処理が行われるが、その詳細については図25を参照して後述する。 Next, in step S2202 is set by the recording medium selection switch 20001, a process of selecting a recording medium for recording is performed, the details thereof will be described later with reference to FIG. 25.

次にステップS2203では先に図1の説明で述べたように不図示のレリーズスイッチを構成するSW1(62)、SW2(64)の操作に応答し、AF処理、AE処理、露光処理までの一連の撮影処理が行われる。 Then constituting the release switch of the not shown as described with reference to FIG. 1 above In step S2203 SW1 (62), in response to the operation of the SW2 (64), AF processing, AE processing, a series of up to exposure imaging processing of is performed. そして、撮影して得られた画像データが図21で説明した画像データ2103の形式でメモリ30に一時保存される。 Then, the image data obtained by photographing is temporarily stored in the memory 30 in the form of image data 2103 described in FIG 21. 続くステップS2204では、画像データファイル選択記録処理に移行する。 In step S2204, the process proceeds to the image data file selected recording process. この画像データファイル選択記録処理では画像データファイルの記録媒体101、および記録媒体20101への記録が行われるが、その詳細については図26を参照して後述する。 The image data file selected recording process recording medium 101 of the image data file is, and the recording on the recording medium 20101 is performed, the details thereof will be described later with reference to FIG. 26. 以上により、一連の撮影動作が実行される。 Thus, a series of photographing operation is performed.

次に記録媒体101、および記録媒体20101から画像データファイルを読み出し、画像表示部28に表示し、読み出した画像データファイルを記録媒体101、および記録媒体20101にコピーする一連のシーケンスを図23を参照して説明する。 Then the recording medium 101, and reads out from the recording medium 20101 image data file, and displayed on the image display unit 28, see Figure 23 a series of sequences for copying the read image data file recording medium 101, and a recording medium 20101 and it will be described. 図23は係る処理の一例に対応するフローチャートである。 Figure 23 is a flowchart corresponding to an example of the processing according.

図23において、ステップS2301では記録媒体101と記録媒体20101を制御しているファイルシステムを判断する。 23, to determine the file system controlling the recording medium 20101 and the recording medium 101 in step S2301. このファイルシステムの判断については図24を参照して後述する。 For determination of the file system will be described later with reference to FIG. 24. 次にステップS2302では、コピー操作スイッチ20002における不図示のコピー操作モードが設定された否かを判定する。 In step S2302, it determines whether the copy operation mode, not shown in the copy operation switch 20002 is set. もし、コピー操作モードに設定されたと判定された場合には(ステップS2302において「YES」)、ステップS2303における再生元となる記録媒体を選択する処理に移行する。 If ( "YES" in step S2302) if it is determined to have been set in the copy operation mode, the process proceeds to a process of selecting a recording medium to be reproduced source in step S2303. この再生元媒体選択処理では、画像データファイルを読み出す記録媒体を選択、決定するが、その詳細については図27を参照して後述する。 The play in the original medium selection process, select the recording medium to read out the image data file, but determined, its details will be described later with reference to FIG. 27.

次に、ステップS2304における画像データファイル選択再生処理に移行し、ステップS2303で選択された記録媒体から画像データファイルを読み出して、再生処理を行うが、その処理についての詳細は図28を参照して後述する。 Then, the process proceeds to the image data file selected reproduction process in step S2304, the selected recording medium at step S2303 reads the image data file, performs the reproduction process, more information about the process with reference to FIG. 28 which will be described later. 次にステップS2305に移行し、読み出された画像データファイルを記録する(コピーする)記録媒体を選択する記録先媒体選択処理が行われるが、その詳細については図25を参照して後述する。 Then the process proceeds to step S2305, but the image data file read record (copy) recording destination medium selection process for selecting a recording medium is performed, the details thereof will be described later with reference to FIG. 25. 次にステップS2306に移行し、ステップS2303で選択された記録媒体に画像データを記録する(コピーする)画像データファイルコピー処理が行われるが、その詳細については図29を参照して後述する。 Then the process proceeds to step S2306, the selected recording medium (copy) records the image data in at step S2303 is image data file copy processing is performed, the details thereof will be described later with reference to FIG. 29.

次に図24のフローチャートを参照して、図22のステップS2201、および図23のステップS2301で行われる、記録媒体を制御するためのファイルシステムを判断するファイルシステム判断処理について説明する。 Referring now to the flowchart of FIG. 24, step S2201 in FIG. 22, and is performed in step S2301 of FIG. 23 will be described file system determination process of determining the file system for controlling the recording medium.

まず、ステップS2401では記録媒体101を制御するためのファイルシステムがファイルシステムA(2101)であるか否かの判定をする。 First, the file system for controlling the recording medium 101 in step S2401 is a determination of whether the file system A (2101). その判断の方法は公知なので、特に記述しないが、I/F106を介して、記録部102の一部にアクセスすることで判定を行う。 Since the method of determination is well known, although not specifically described, it is determined by through the I / F106, access some of the recording unit 102. もし、ファイルシステムA(2101)と判定された場合には(ステップS2401における「YES」)、ステップS2402に移行する。 If ( "YES" in Step S2401) If it is determined that the file system A (2101), the process proceeds to step S2402. ステップS2402では、システム制御部50が作業領域として使用するメモリ30の記録媒体101のファイルシステム選択フラグを「ファイルシステムA」にし、ステップS2405に移行する。 In step S2402, the file system selection flag of the recording medium 101 in the memory 30 by the system control unit 50 is used as a work area in the "File System A", the process proceeds to step S2405.

ファイルシステムA(2101)と判定されない場合には、ステップS2403に移行する。 When it is not determined file with the system A (2101), the process proceeds to step S2403. ステップS2403では記録媒体101を制御するためのファイルシステムがFileSystemB(2104)であるか否かの判定をする。 Step S2403 file system for controlling the recording medium 101, is a determination of whether the FileSystemB (2104). もし、FileSystemBと判定された場合には(ステップS2403における「YES」)、ステップS2404に移行する。 If ( "YES" in Step S2403) If it is determined that FileSystemB, the process proceeds to step S2404. ステップS2404では、システム制御部50が作業領域として使用するメモリ30の記録媒体101のファイルシステム選択フラグを「FileSystemB」にし、ステップS2405に移行する。 In step S2404, the file system selection flag of the recording medium 101 in the memory 30 by the system control unit 50 is used as a work area to "FileSystemB", the process proceeds to step S2405.

次にステップS2405では記録媒体20101を制御するためのファイルシステムがファイルシステムA(2101)であるか否かの判定をする。 Then the file system for controlling the recording medium 20101 in step S2405 is a determination of whether the file system A (2101). その判断の方法は公知なので、特に記述しないが、I/F20106を介して、記録部20102の一部にアクセスすることで判定を行う。 Since the method of determination is well known, although not specifically described, it is determined by through the I / F20106, access some of the recording unit 20102. もし、ファイルシステムA(2101)と判定された場合には(ステップS2405における「YES」)、ステップS2406に移行する。 If ( "YES" in Step S2405) If it is determined that the file system A (2101), the process proceeds to step S2406. ステップS2406では、システム制御部50が作業領域として使用するメモリ30の記録媒体20101のファイルシステム選択フラグを「ファイルシステムA」にし、終了する。 In step S2406, the file system selection flag of the recording medium 20101 of the memory 30 by the system control unit 50 is used as a work area in the "File System A", it ends.

ファイルシステムA(2101)と判定されない場合には、ステップS2407に移行する。 When it is not determined file with the system A (2101), the process proceeds to step S2407. ステップS2407では記録媒体20101を制御するためのファイルシステムがFileSystemB(2104)であるか否かの判定をする。 Step S2407 file system for controlling the recording medium 20101 in to the determination of whether the FileSystemB (2104). もし、FileSystemB(2104)と判定された場合には(ステップS2407における「YES」)、ステップS2408に移行する。 If, when it is determined that FileSystemB (2104) ( "YES" in step S2407), the process proceeds to step S2408. ステップS2408では、システム制御部50が作業領域として使用するメモリ30の記録媒体20101のファイルシステム選択フラグを「FileSystemB」にし、終了する。 In step S2408, the file system selection flag of the recording medium 20101 of the memory 30 by the system control unit 50 is used as a work area to "FileSystemB", it ends. このようにして、それぞれの記録媒体を制御するためのファイルシステムを判断する。 Thus, to determine the file system for controlling the respective recording medium.

次に図25のフローチャートを参照して、図22のステップS2202、および図23のステップS2305で行われる、記録する記録媒体を選択、決定する記録先媒体選択処理について説明する。 Referring now to the flowchart of FIG. 25, step S2202 in FIG. 22, and is performed in step S2305 in Fig. 23, select the recording medium for recording, the recording destination medium selection process will be described of determining.

まず、ステップS2501では記録媒体選択スイッチ20001の設定において、記録先の記録媒体に記録媒体101が設定されているかどうかを判定する。 First, it is determined in the setting step S2501 the recording medium selection switches 20001, whether the recording medium 101 to the recording destination of the recording medium is set. もし、設定されていると判定された場合には(ステップS2501における「YES」)システム制御部50が作業領域として使用するメモリ30の記録媒体101の記録フラグを「記録する」にし、ステップS2503に移行する。 If, when it is determined to be set in the ( "YES" in Step S2501) a recording flag in the recording medium 101 in the memory 30 by the system control unit 50 is used as a work area "for recording", the step S2503 Transition. 一方、設定されていないと判定された場合には(ステップS2501における「NO」)、ステップS2503に移行する。 On the other hand, ( "NO" in Step S2501) When it is determined not to be set, the process proceeds to step S2503.

ステップS2503では記録媒体選択スイッチ20001の設定において、記録先の記録媒体として記録媒体20101が設定されているかどうかを判定する。 In the setting step S2503 the recording medium selection switch 20001, determines whether the recording medium 20101 is set as the recording destination of the recording medium. もし、設定されていると判定された場合には(ステップS2503における「YES」)システム制御部50が作業領域として使用するメモリ30の記録媒体20101の記録フラグを「記録する」にし、終了する。 If, when it is determined to be set in the ( "YES" in Step S2503) The system control unit 50 "records" the recording flag in the recording medium 20101 of the memory 30 used as a work area, and ends. 一方、設定されていないと判定された場合には(ステップS2503における「NO」)、そのまま処理を終了する。 On the other hand, ( "NO" in Step S2503) When it is determined not to be set, the process is terminated.

次に図26のフローチャートを参照して、図22のステップS2204で行われる、画像データファイルの記録媒体101、および記録媒体20101への記録する画像データファイル選択記録処理について説明する。 Referring now to the flowchart of FIG. 26, it is performed in step S2204 in FIG. 22, a recording medium 101 of the image data file, and recording the image data file selected recording process to the recording medium 20101 will be described.

まず、ステップS2601ではメモリ30に一時保存してある画像データファイル2103内の内部データ・ファイル属性2103cを標準属性に設定する。 First, it sets the internal data file attributes 2103c image data file 2103 that is temporarily stored in the memory 30 in step S2601 to the standard attributes. なお、この内部データ・ファイル属性は書き込みたい記録媒体を制御するファイルシステムが、ファイルシステムA(2101)であろうと、FileSystemB(2104)であろうと同じ扱いのデータである。 Note that the file system for controlling the recording medium to be written this internal data file attributes, whether the file system A (2101), the data of the same treatment as would be FileSystemB (2104).

次にステップS2602に移行し、システム制御部50が作業領域として使用するメモリ30の記録媒体101の記録フラグが「記録する」であるかの判定を行う。 Then the process proceeds to step S2602, the recording flag in the recording medium 101 in the memory 30 by the system control unit 50 uses as a work area and determines whether a "record". もし、「記録する」と判定されなかった場合(ステップS2602における「NO」)、記録媒体101には記録しないでステップS2610に移行する。 If it is not determined that "recording is" ( "NO" in step S2602), the recording medium 101 proceeds to step S2610 without recording.

「記録する」と判定された場合(ステップS2602における「YES」)、ステップS2603に移行する。 If it is determined that "recording is" ( "YES" in step S2602), the process proceeds to step S2603. ステップS2603では、システム制御部50が作業領域として使用するメモリ30の記録媒体101のファイルシステム選択フラグが「ファイルシステムA」であるかの判定を行う。 In step S2603, the file system selection flag of the recording medium 101 in the memory 30 by the system control unit 50 uses as a work area and determines whether the "File System A". もし、「ファイルシステムA」と判定された場合(ステップS2603における「YES」)、ステップS2604に移行する。 If it is determined that the "File System A" ( "YES" in step S2603), the process proceeds to step S2604. ステップS2604では記録媒体101に画像データファイル2103をファイルシステムA(2101)の制御方法を用いて、記録する。 An image data file 2103 to the recording medium 101 in step S2604 by using the control method of a file system A (2101), and recorded.

ステップS2605では記録した画像データファイル2103のファイルシステム・ファイル属性2102を読み取り専用属性に設定し、ステップS2610に移行する。 The file system file attributes 2102 in step S2605 the image data file 2103 recorded in set to read-only attribute, the process proceeds to step S2610. ステップS2603で「ファイルシステムA」と判定されなかった場合(ステップS2603における「NO」)、ステップS2606に移行する。 When it is not determined that the "File System A" in step S2603 ( "NO" in step S2603), the process proceeds to step S2606. ステップS2606では、システム制御部50が作業領域として使用するメモリ30の記録媒体101のファイルシステム選択フラグが「FileSystemB」であるかの判定を行う。 In step S2606, a determination file system selection flag of the recording medium 101 in the memory 30 by the system control unit 50 uses as a work area if it were a "FileSystemB". もし、「FileSystemB」と判定された場合(ステップS2606における「YES」)、ステップS2607に移行する。 If ( "YES" in Step S2606) If it is determined that "FileSystemB", the process proceeds to step S2607.

ステップS2607では、記録媒体101に画像データファイル2103をFileSystemB(2104)の制御方法を用いて記録する。 In step S2607, recorded using a method of controlling FileSystemB (2104) the image data file 2103 to the recording medium 101. ステップS2608では記録した画像データファイル2103のFileSystem・File属性2105をProtect属性に設定し、ステップS2610に移行する。 The FileSystem · File attributes 2105 in step S2608 the image data file 2103 recorded in set to Protect attribute, the process proceeds to step S2610. ステップS2606で「FileSystemB」と判定されなった場合(ステップS2606における「NO」)、ステップS2609に移行する。 When it becomes is determined as "FileSystemB" in step S2606 ( "NO" in step S2606), the process proceeds to step S2609. ステップS2609では記録媒体101に記録できないことを警告表示し、ステップS2610に移行する。 It warns Show that can not be recorded in the step S2609 in the recording medium 101, the process proceeds to step S2610.

次にステップS2610では、システム制御部50が作業領域として使用するメモリ30の記録媒体20101の記録フラグが「記録する」であるかの判定を行う。 In step S2610, a determination is recorded flag of the recording medium 20101 of the memory 30 by the system control unit 50 uses as a work area if it were a "record". もし、「記録する」と判定されなかった場合(ステップS2610における「NO」)、記録媒体20101には記録しないで終了する。 If it is not determined that "recording is" ( "NO" in step S2610), and ends not record on the recording medium 20101. 「記録する」と判定された場合(ステップS2610における「YES」)、ステップS2611に移行する。 If it is determined that "recording is" ( "YES" in step S2610), the process proceeds to step S2611. ステップS2611では、システム制御部50が作業領域として使用するメモリ30の記録媒体20101のファイルシステム選択フラグが「ファイルシステムA」であるかの判定を行う。 In step S2611, the file system selection flag of the recording medium 20101 of the memory 30 by the system control unit 50 uses as a work area and determines whether the "File System A".

もし、「ファイルシステムA」と判定された場合(ステップS2611における「YES」)、ステップS2612に移行する。 If it is determined that the "File System A" ( "YES" in step S2611), the process proceeds to step S2612. ステップS2612では記録媒体20101に画像データファイル2103をファイルシステムA(2101)の制御方法を用いて、記録する。 An image data file 2103 to step S2612 in the recording medium 20101 with a method for controlling a file system A (2101), and recorded. ステップS2613では記録した画像データファイル2103のファイルシステム・ファイル属性2102を読み取り専用属性に設定し、終了する。 The file system file attributes 2102 in step S2613 the image data file 2103 recorded in set to read-only attribute, and ends. ステップS2611で「ファイルシステムA」と判定されなかった場合(ステップS2611における「NO」)、ステップS2614に移行する。 When it is not determined that the "File System A" in step S2611 ( "NO" in step S2611), the process proceeds to step S2614. ステップS2614では、システム制御部50が作業領域として使用するメモリ30の記録媒体20101のファイルシステム選択フラグが「FileSystemB」であるかの判定を行う。 In step S2614, a determination file system selection flag of the recording medium 20101 of the memory 30 by the system control unit 50 uses as a work area if it were a "FileSystemB".

もし、「FileSystemB」と判定された場合(ステップS2614における「YES」)、ステップS2615に移行する。 If ( "YES" in Step S2614) If it is determined that "FileSystemB", the process proceeds to step S2615. ステップS2615では記録媒体20101に画像データファイル2103をFileSystemB(2104)の制御方法を用いて、記録する。 An image data file 2103 to step S2615 in the recording medium 20101 with a method of controlling FileSystemB (2104), and recorded. ステップS2616では記録した画像データファイル2103のFileSystem・File属性2105をProtect属性に設定し、終了する。 The FileSystem · File attributes 2105 in step S2616 the image data file 2103 recorded in set to Protect attribute ends. ステップS2614で「FileSystemB」と判定されなかった場合(ステップS2614における「NO」)、ステップS2617に移行する。 When it is not determined that "FileSystemB" in step S2614 ( "NO" in step S2614), the process proceeds to step S2617. ステップS2617では記録媒体20101に記録できないことを警告表示し、終了する。 It warns Show that can not be recorded in the step S2617 in the recording medium 20101 and ends.

このように、記録媒体を取り付けるインタフェース及びコネクタを2系統持ち、制御するファイルシステムが異なる場合でも、記録媒体101、記録媒体20101に対して画像データファイルを記録する際には、内部データ・ファイル属性203cをファイルシステムには依存せず同じ標準属性とする。 Thus, having the interfaces and connectors attaching the recording medium 2 strains, even if the file system for controlling different, when recording the image data file to the recording medium 101, a recording medium 20101, the internal data file attributes the the file system to the same standard attributes independent 203c. 更にファイルシステム・ファイル属性2102を読み取り専用属性に、FileSystem・File属性2105をProtect属性にする。 In addition to the read-only attribute of the file system file attributes 2102, the FileSystem · File attribute 2105 to Protect attribute. これにより、記録媒体101が他の機器、例えばパーソナルコンピュータからのプログラムで画像データファイルを読み出された際には、ファイルシステム・ファイル属性2102が機能して読み取り専用属性のファイルとして読み出される。 Thus, the recording medium 101 is another device, when read image data file in the program from a personal computer, the file system file attribute 2102 is read as a file read-only attribute function. よって、パーソナルコンピュータのプログラムでは、画像データファイル2103に対して、編集処理等を行うことができないので、画像データファイル構造の解釈の違いによるファイル破壊を防ぐことが可能となる。 Thus, in the personal computer program, the image data file 2103, is not able to perform the editing process or the like, it becomes possible to prevent the file corruption due to differences in the interpretation of the image data file structure.

また同様に、記録媒体20101が他の機器、例えばパーソナルコンピュータからのプログラムで画像データファイルを読み出された際には、FileSystem・File属性2105が機能して読み取り専用属性のファイルとして読み出される。 Similarly, the recording medium 20101 is another device, when read image data file in the program from a personal computer is, FileSystem · File attribute 2105 is read out as a file read-only attribute function. よって、パーソナルコンピュータのプログラムでは、画像データファイル2103に対して、編集処理等を行うことができないので、画像データファイル構造の解釈の違いによるファイル破壊を防ぐことが可能となる。 Thus, in the personal computer program, the image data file 2103, is not able to perform the editing process or the like, it becomes possible to prevent the file corruption due to differences in the interpretation of the image data file structure.

即ち、記録媒体101、記録媒体20101が異なるファイルシステムで制御されている場合でも、内部データ・ファイル属性の扱い(データ)は同じで、ファイルシステム・ファイル属性は各ファイルシステムに対応したファイル属性で記録できる。 That is, even when the recording medium 101, the recording medium 20101 is controlled by different file systems, internal data handling file attributes (data) is the same, the file system file attributes in the file attributes corresponding to each file system It can be recorded.

ここで、画像データファイル構造の解釈の違いによるファイル破壊は、画像データファイル内の一部に、パーソナルコンピュータのプログラムに解釈できない領域が存在した場合に生ずる。 Here, the difference due to file corruption interpretation of the image data file structure, the part of the image data file, occurs when regions can not be interpreted in the personal computer program is present. 具体的には、当該領域に対して解釈できないまま、アクセスを行ってしまうことで、そのファイル構造を壊してしまうことによりファイル破壊が起こる。 Specifically, without being able to interpret for that region, by thus performing access, file destruction occurs by destroy the file structure.

次に図27のフローチャートを参照して、図23のステップS2303で行われる、画像データファイルを読み出す記録媒体を選択、決定する再生元媒体選択処理について説明する。 Referring now to the flowchart of FIG. 27, is performed in step S2303 in Fig. 23, select the recording medium to read out the image data file for playback based media selection process determining explained.

まず、ステップS2701では記録媒体選択スイッチ20001の設定が再生元の記録媒体として記録媒体101が設定されているかどうかを判定する。 First, it is determined whether setting in step S2701 the recording medium selection switch 20001 is recording medium 101 is set as the playback source recording medium. もし、設定されていると判定された場合には(ステップS2701における「YES」)システム制御部50が作業領域として使用するメモリ30の記録媒体101の再生選択フラグを「記録媒体101」にし、ステップS2703に移行する。 If, when it is determined to be set in the "recording medium 101" playback selection flag of the recording medium 101 in the memory 30 by the system control unit 50 is used as a work area ( "YES" in step S2701), step the process proceeds to S2703. 一方、設定されていないと判定された場合には(ステップS2701における「NO」)、ステップS2703へ移行する。 On the other hand, ( "NO" in Step S2701) When it is determined not to be set, the process proceeds to step S2703.

ステップS2703では、記録媒体選択スイッチ20001の設定が再生元記録媒体に記録媒体20101が設定されているかどうかを判定する。 In step S2703, it determines whether the configuration of the recording medium selection switch 20001 is set recording medium 20101 in reproducing the original recording medium. もし、設定されていると判定された場合には(ステップS2703における「YES」)システム制御部50が作業領域として使用するメモリ30の記録媒体20101の再生選択フラグを「記録媒体20101」にし、終了する。 If, when it is determined to be set in the "recording medium 20101" playback selection flag of the recording medium 20101 of the memory 30 by the system control unit 50 is used as a work area ( "YES" in step S2703), terminates to. 一方、設定されていないと判定された場合には(ステップS2703における「NO」)、そのまま処理を終了する。 On the other hand, ( "NO" in Step S2703) When it is determined not to be set, the process is terminated.

なお、本実施形態では記録媒体選択スイッチ20001の再生元となる記録媒体の設定方法が排他的に行われるものなので、再生選択フラグにはどちらか一方の記録媒体が設定されることになる。 In the present embodiment since those setting method of the recording medium to be reproduced source recording medium selection switch 20001 is exclusively performed, so that either the recording medium to the reproduction selection flag is set.

次に、図28のフローチャートを参照して、図23のステップS2304で行われる、選択された記録媒体から画像データファイルを読み出して、再生する画像データファイル選択再生処理について説明する。 Next, with reference to the flowchart of FIG. 28, is performed in step S2304 in FIG. 23, reads the image data file from the selected recording medium, a description is given of an image data file selection reproducing process of reproducing.

まず、ステップS2801ではシステム制御部50が作業領域として使用するメモリ30の再生選択フラグが「記録媒体101」であるかの判定を行う。 First, reproduction selection flag in the memory 30 in step S2801 the system control unit 50 for use as a work area and determines whether the "recording medium 101". もし「記録媒体101」と判定された場合(ステップS2801において「YES」)、ステップS2802に移行する。 If it is determined that the "recording medium 101" ( "YES" in step S2801), the process proceeds to step S2802. ステップS2802ではシステム制御部50が作業領域として使用するメモリ30の記録媒体101のファイルシステム選択フラグが「ファイルシステムA」であるかの判定を行う。 Step S2802 the file system selection flag of the recording medium 101 in the memory 30 by the system control unit 50 uses as a work area and determines whether the "File System A". もし、「ファイルシステムA」と判定された場合(ステップS2802において「YES」)、ステップS2803に移行する。 If it is determined that the "File System A" ( "YES" in step S2802), the process proceeds to step S2803. ステップS2803では、記録媒体101から画像データファイル2103をファイルシステムA2101の制御でメモリ30に読み出し、ステップS2810に移行する。 In step S2803, read the memory 30 the image data file 2103 from the recording medium 101 under the control of the file system A 2101, the process proceeds to step S2810.

ステップS2802で「ファイルシステムA」と判定されなかった場合(ステップS2802において「NO」)、ステップS2804に移行する。 When it is not determined that the "File System A" in step S2802 ( "NO" in step S2802), the process proceeds to step S2804. ステップS2804では、システム制御部50が作業領域として使用するメモリ30の記録媒体101のファイルシステム選択フラグが「FileSystemB」であるかの判定を行う。 In step S2804, a determination file system selection flag of the recording medium 101 in the memory 30 by the system control unit 50 uses as a work area if it were a "FileSystemB". もし、「FileSystemB」と判定されなかった場合(ステップS2804において「NO」)、ステップS2816に移行し、再生できないことを警告表示し、終了する。 If it is not determined that "FileSystemB" ( "NO" in step S2804), the process proceeds to step S2816, and displays a warning can not be reproduced, and ends. 「FileSystemB」と判定された場合(ステップS2804において「YES」)、ステップS2805に移行する。 When it is determined as "FileSystemB" ( "YES" in step S2804), the process proceeds to step S2805. ステップS2805では、記録媒体101から画像データファイル2103をFileSystemB2104の制御でメモリ30に読み出し、ステップS2810に移行する。 In step S2805, read from the recording medium 101 the image data file 2103 to the memory 30 under the control of FileSystemB2104, the process proceeds to step S2810.

一方、ステップS2801で「記録媒体101」と判定されなかった場合(ステップS2801において「NO」)、ステップS2806に移行する。 On the other hand, ( "NO" in step S2801) if it is not determined that the "recording medium 101" in step S2801, the process proceeds to step S2806. ステップS2806ではシステム制御部50が作業領域として使用するメモリ30の記録媒体20101のファイルシステム選択フラグが「ファイルシステムA」であるかの判定を行う。 Step S2806 the file system selection flag of the recording medium 20101 of the memory 30 by the system control unit 50 uses as a work area and determines whether the "File System A". もし、「ファイルシステムA」と判定された場合(ステップS2806において「YES」)、ステップS2807に移行する。 If it is determined that the "File System A" ( "YES" in step S2806), the process proceeds to step S2807. ステップS2807では、記録媒体20101から画像データファイル2103をファイルシステムA2101の制御でメモリ30に読み出し、ステップS2810に移行する。 In step S2807, read the memory 30 the image data file 2103 from the recording medium 20101 in the control of the file system A 2101, the process proceeds to step S2810.

ステップS2806で「ファイルシステムA」と判定されなかった場合(ステップS2806において「NO」)、ステップS2808に移行する。 When it is not determined that the "File System A" in step S2806 ( "NO" in step S2806), the process proceeds to step S2808. ステップS2808では、システム制御部50が作業領域として使用するメモリ30の記録媒体20101のファイルシステム選択フラグが「FileSystemB」であるかの判定を行う。 In step S2808, a determination file system selection flag of the recording medium 20101 of the memory 30 by the system control unit 50 uses as a work area if it were a "FileSystemB". もし、「FileSystemB」と判定されなかった場合(ステップS2808において「NO」)、ステップS2816に移行し、再生できないことを警告表示し、終了する。 If it is not determined that "FileSystemB" ( "NO" in step S2808), the process proceeds to step S2816, and displays a warning can not be reproduced, and ends. 「FileSystemB」と判定された場合(ステップS2806において「YES」)、ステップS2805に移行する。 When it is determined as "FileSystemB" ( "YES" in step S2806), the process proceeds to step S2805. ステップS2805では、記録媒体20101から画像データファイル2103をFileSystemB2104の制御でメモリ30に読み出し、ステップS2810に移行する。 In step S2805, read from the recording medium 20101 image data file 2103 to the memory 30 under the control of FileSystemB2104, the process proceeds to step S2810.

次にステップS2810では、メモリ30に読み出した画像データファイル2103に内部データ・ファイル属性203cが存在するか否かを判定する。 In step S2810, it determines whether the internal data file attribute 203c to the image data file 2103 is read into the memory 30 is present. もし、内部データ・ファイル属性2103cが存在すると判定された場合には(ステップS2810において「YES」)、ステップS2811に移行し、内部データ・ファイル属性203cを取得する。 If, when the internal data file attributes 2103c is judged that there is ( "YES" in step S2810), the process proceeds to step S2811, and acquires the internal data file attribute 203c. 一方、内部データ・ファイル属性203cが存在しないと判定された場合には(ステップS2810において「NO」)、ステップS2812に移行する。 On the other hand, ( "NO" in step S2810) if the internal data file attributes 203c is determined that there is no, the process proceeds to step S2812. ステップS2812では、再生選択フラグに設定されている記録媒体のファイルシステム選択フラグは「ファイルシステムA」がどうかの判定を行う。 In step S2812, the file system selection flag of the recording medium set in the reproduction selection flag and determines "File System A" if.

もし、「ファイルシステムA」と判定された場合(ステップS2812において「YES」)、ステップS2813に移行し、ファイルシステム・ファイル属性2102を取得する。 If it is determined that the "File System A" ( "YES" in step S2812), the process proceeds to step S2813, acquires the file system file attributes 2102. 「ファイルシステムA」と判定されなかった場合(ステップS2812において「NO」)、ステップS2814に移行する。 When it is not determined that the "File System A" ( "NO" in step S2812), the process proceeds to step S2814. ステップS2814では、再生選択フラグに設定されている記録媒体のファイルシステム選択フラグは「FileSystemB」がどうかの判定を行う。 In step S2814, the file system selection flag of the recording medium set in the reproduction selection flag and determines "FileSystemB" is whether. もし、「FileSystemB」と判定された場合(ステップS2814において「YES」)、ステップS2815に移行し、FileSystem・File属性2105を取得する。 If it is determined that "FileSystemB" ( "YES" in step S2814), the process proceeds to step S2815, acquires the FileSystem · File attributes 2105. もし、「FileSystemB」と判定されなかった場合(ステップS2814において「NO」)、ステップS2816に移行し、ファイル属性が取得できないことを警告表示し、終了する。 If it is not determined that "FileSystemB" ( "NO" in step S2814), the process proceeds to step S2816, and displays a warning that the file attributes not be acquired and ends.

次に、ステップS2817では、ステップS2811もしくはステップS2813もしくはステップS2815で取得したファイル属性を画像データファイル203の属性としてメモリ30に一時記憶する。 Next, in step S2817, temporarily stored in the memory 30 a file attribute obtained in step S2811 or step S2813 or step S2815 as the attribute of the image data file 203. ステップS2818では、ステップS2817でメモリ30に一時記憶した画像データファイル属性の内容を判定する。 In step S2818, it determines the content of the image data file attributes temporarily stored in the memory 30 in step S2817. もし、画像データファイル属性が読み取りもしくはProtect属性でないと判定された場合には(ステップS2818において「NO」)、ステップS2819に移行し、表示処理を行う。 If the image data file attribute is determined to be not read or Protect attribute ( "NO" in step S2818), the process proceeds to step S2819, performs display processing. ここでの表示処理に関しては公知なので特に記述はしないが、メモリ30に読み出された画像データファイル203を、表示制御部26により画像表示部28に表示する処理を行う。 Although not specifically described since known regarding display process here, the image data file 203 read in the memory 30, performs processing for displaying on the image display unit 28 by the display control unit 26.

一方、画像データファイル属性が読み取りもしくはProtect属性であると判定された場合には(ステップS2818において「YES」)、ステップS2820に移行する。 On the other hand, ( "YES" in step S2818) if the image data file attribute is determined to be a read or Protect attribute, the process proceeds to step S 2820. ステップS2820では、読み取り専用画像である警告を表示制御部26により画像表示部28に行い、ステップS2819で表示処理を行い、終了する。 In step S 2820 is performed on the image display unit 28 by the display control unit 26 a warning is read-only image, it performs display processing in step S2819, and ends.

次に図29のフローチャートを参照して、図23のステップS2306で行われる、選択された記録媒体に画像データを記録する(コピーする)画像データファイルコピー処理について説明する。 Referring now to the flowchart of FIG. 29, is performed in step S2306 in FIG. 23, (copy) records the image data in the selected recording medium the image data file copy process will be described.

まず、ステップS2901では、システム制御部50が作業領域として使用するメモリ30の記録媒体101の記録フラグが「記録する」であるかの判定を行う。 First, in step S2901, a determination is recorded flag of the recording medium 101 in the memory 30 by the system control unit 50 uses as a work area if it were a "record". もし、「記録する」と判定されなかった場合(ステップS2901において「NO」)、記録媒体101には記録(コピー)しないでステップS2909に移行する。 If it is not determined that "recording is" ( "NO" in step S2901), the recording medium 101 proceeds to step S2909 without recording (copying).

一方、「記録する」と判定された場合(ステップS2901において「YES」)、ステップS2902に移行する。 On the other hand, if it is determined that "recording is" ( "YES" in step S2901), the process proceeds to step S2902. ステップS2902では、システム制御部50が作業領域として使用するメモリ30の記録媒体101のファイルシステム選択フラグが「ファイルシステムA」であるかの判定を行う。 In step S2902, the file system selection flag of the recording medium 101 in the memory 30 by the system control unit 50 uses as a work area and determines whether the "File System A". もし、「ファイルシステムA」と判定された場合(ステップS2902において「YES」)、ステップS2903に移行する。 If it is determined that the "File System A" ( "YES" in step S2902), the process proceeds to step S2903. ステップS2903では記録媒体101にメモリ30に読み出した画像データファイル2103をファイルシステムA(2101)の制御方法を用いて、記録(コピー)する。 An image data file 2103 is read into the memory 30 in the recording medium 101 in step S2903 by using the control method of a file system A (2101), it is recorded (copied).

このとき記録する画像データファイル2103には内部データ・ファイル属性2103cが含まれている。 It contains internal data file attributes 2103c in the image data file 2103 to be recorded this time. よって、画像データファイル2103が、図23のステップS2304で記録媒体101、記録媒体20101のどちらの記録媒体から、また「ファイルシステムA」、「FileSystemB」どちらのファイルシステムの制御で読み出されたかには依存せず、内部データ・ファイル属性2103cのファイル属性が継承され、記録される。 Therefore, the image data file 2103, a recording medium 101 in step S2304 in FIG. 23, from which the recording medium of the recording medium 20101, also "File System A", on whether the read control of the "FileSystemB" either file system does not depend on, the file attributes of the internal data file attributes 2103c is inherited, is recorded.

ステップS2904では記録(コピー)した画像データファイル2103のファイルシステム・ファイル属性2102を読み取り専用属性に設定し、ステップS2909に移行する。 In step S2904 recording a file system file attributes 2102 of the image data file 2103 (copy) was set to read-only attribute, the process proceeds to step S2909. ステップS2902で「ファイルシステムA」と判定されなった場合(ステップS2902において「NO」)、ステップS2905に移行する。 When it becomes judged as "File System A" in step S2902 ( "NO" in step S2902), the process proceeds to step S2905. ステップS2905では、システム制御部50が作業領域として使用するメモリ30の記録媒体101のファイルシステム選択フラグが「FileSystemB」であるかの判定を行う。 In step S2905, a determination file system selection flag of the recording medium 101 in the memory 30 by the system control unit 50 uses as a work area if it were a "FileSystemB".

もし、「FileSystemB」と判定された場合(ステップS2905において「YES」)、ステップS2906に移行する。 If ( "YES" in step S2905) if it is determined that "FileSystemB", the process proceeds to step S2906. ステップS2906では記録媒体101に画像データファイル2103をFileSystemB(2104)の制御方法を用いて、記録(コピー)する。 An image data file 2103 to step S2906 in the recording medium 101 using the control method of FileSystemB (2104), is recorded (copied). ステップS2907では記録(コピー)した画像データファイル2103のFileSystem・File属性2105をProtect属性に設定し、ステップS2909に移行する。 In step S2907 the FileSystem · File attributes 2105 record (copy) image data file 2103 is set to Protect attribute, the process proceeds to step S2909. ステップS2905で「FileSystemB」と判定されなった場合(ステップS2905において「NO」)、ステップS2908に移行する。 When it becomes is determined as "FileSystemB" in step S2905 ( "NO" in step S2905), the process proceeds to step S2908. ステップS2908では記録媒体101に記録(コピー)できないことを警告表示し、ステップS2909に移行する。 Recorded in step S2908 in the recording medium 101 can not be (copied) warning display, the process proceeds to step S2909.

次にステップS2609では、システム制御部50が作業領域として使用するメモリ30の記録媒体20101の記録フラグが「記録する」であるかの判定を行う。 In step S2609, a determination is recorded flag of the recording medium 20101 of the memory 30 by the system control unit 50 uses as a work area if it were a "record". もし、「記録する」と判定されなかった場合(ステップS2909において「NO」)、記録媒体20101には記録しないで終了する。 If it is not determined that "recording is" ( "NO" in step S2909), and ends not record on the recording medium 20101. 「記録する」と判定された場合(ステップS2909において「YES」)、ステップS2910に移行する。 If it is determined that "recording" ( "YES" in step S2909), the process proceeds to step S2910. ステップS2910では、システム制御部50が作業領域として使用するメモリ30の記録媒体20101のファイルシステム選択フラグが「ファイルシステムA」であるかの判定を行う。 In step S2910, the file system selection flag of the recording medium 20101 of the memory 30 by the system control unit 50 uses as a work area and determines whether the "File System A".

もし、「ファイルシステムA」と判定された場合(ステップS2910において「YES」)、ステップS2911に移行する。 If it is determined that the "File System A" ( "YES" in step S2910), the process proceeds to step S2911. ステップS2911では記録媒体20101に画像データファイル2103をファイルシステムA(2101)の制御方法を用いて、記録(コピー)する。 An image data file 2103 to step S2911 in the recording medium 20101 with a method for controlling a file system A (2101), is recorded (copied). ステップS2912では記録(コピー)した画像データファイル2103のファイルシステム・ファイル属性2103cを読み取り専用属性に設定し、終了する。 In step S2912 recording a file system file attributes 2103c of the image data file 2103 (copy) was set to read-only attribute, and ends.

ステップS2910で「ファイルシステムA」と判定されなった場合(ステップS2910において「NO」)、ステップS2913に移行する。 When it becomes judged as "File System A" in step S2910 ( "NO" in step S2910), the process proceeds to step S2913. ステップS2913では、システム制御部50が作業領域として使用するメモリ30の記録媒体20101のファイルシステム選択フラグが「FileSystemB」であるかの判定を行う。 In step S2913, a determination file system selection flag of the recording medium 20101 of the memory 30 by the system control unit 50 uses as a work area if it were a "FileSystemB". もし、「FileSystemB」と判定された場合、ステップS2914に移行する。 If it is determined that "FileSystemB", the process proceeds to step S2914. ステップS2914では記録媒体20101に画像データファイル2103をFileSystemB(2104)の制御方法を用いて、記録(コピー)する。 An image data file 2103 to step S2914 in the recording medium 20101 with a method of controlling FileSystemB (2104), is recorded (copied).

このとき記録する画像データファイル2103には内部データ・ファイル属性2103cが含まれる。 The image data file 2103 to be recorded this time includes an internal data file attributes 2103 c. そして、画像データファイル2103が、図23のステップS2304で記録媒体101、記録媒体20101のどちらの記録媒体から、また「ファイルシステムA」、「FileSystemB」どちらのファイルシステムの制御で読み出されたかには、依存しないで、内部データ・ファイル属性2103cのファイル属性が継承され、記録される。 Then, the image data file 2103, a recording medium 101 in step S2304 in FIG. 23, from which the recording medium of the recording medium 20101, also "File System A", on whether the read control of the "FileSystemB" either file system It is not dependent, the file attributes of the internal data file attributes 2103c is inherited, is recorded.

ステップS2915では記録(コピー)した画像データファイル2103のFileSystem・File属性2105をProtect属性に設定し、終了する。 In step S2915 recorded FileSystem · File attribute 2105 of the image data file 2103 (copy) was set to Protect attribute ends. ステップS2913で「FileSystemB」と判定されなった場合ステップS2913において「NO」)、ステップS2916に移行する。 Step "NO" when step S2913 became is determined as "FileSystemB" at S2913), the process proceeds to step S2916. ステップS2916では記録媒体20101に記録(コピー)できないことを警告表示し、終了する。 Recorded in step S2916 in the recording medium 20101 can not be (copied) to warning and ends.

このように記録媒体を取り付けるインタフェース及びコネクタを2系統持つもので、制御するファイルシステムが異なる記録媒体101、記録媒体20101に対して画像データファイルをコピーする際には、内部データ・ファイル属性203cをファイルシステムのタイプに依存せずに継承することが可能となる。 The interfaces and connectors for attaching such a recording medium in which two systems, recording medium 101 file system for controlling different, when copying image data file to a recording medium 20101 is an internal data file attributes 203c it is possible to inherit without depending on the type of file system.

このとき、ファイルシステム・ファイル属性2102を読み取り専用属性、FileSystem・File属性2105をProtect属性にする。 At this time, the read-only attribute of the file system file attributes 2102, the FileSystem · File attribute 2105 to Protect attribute. これにより、記録媒体101、記録媒体20101が他の機器、例えばPCのプログラムにより画像データファイルを読み出された際には、ファイルシステム・ファイル属性等が機能して読み取り専用属性のファイルとして読み出される。 Thus, the recording medium 101, when the recording medium 20101 is read image data file by another device, for example, a PC program is read out as a file read-only attribute file system file attributes or the like functioning . よって、パーソナルコンピュータのプログラムでは、画像データファイル2103に対して、編集処理等を行うことができないので、画像データファイル構造の解釈の違いによるファイル破壊を防ぐことが可能となる。 Thus, in the personal computer program, the image data file 2103, is not able to perform the editing process or the like, it becomes possible to prevent the file corruption due to differences in the interpretation of the image data file structure.

さらに、画像データファイルの再生においても、記録媒体を取り付けるインタフェース及びコネクタを2系統持つもので、制御するファイルシステムが異なる記録媒体101、記録媒体20101に対して、画像データファイル203のファイルシステム・ファイル属性2102、FileSystem・File属性2105が読み取り専用属性であっても、内部データ・ファイル属性203cの内容に基づいて、読み取り専用画像でないように表示することができる。 Furthermore, in the reproduction of the image data file, in which two systems of interfaces and connectors for attaching the recording medium, the recording medium 101 file system for controlling different, the recording medium 20101, an image data file 203 file system files even only attribute attribute 2102, FileSystem-file attribute 2105 to read, based on the contents of the internal data file attribute 203c, may be displayed so as not read-only image. また、内部データ・ファイル属性203cを含まない画像データファイル203については、ファイルシステム・ファイル属性2102、FileSystem・File属性2105を利用した表示を行うことができる。 Also, the image data file 203 which does not include an internal data file attribute 203c, it is possible to perform display using a file system file attributes 2102, FileSystem-File attribute 2105.

なお、内部データ・ファイル属性2103c等の内容に応じて、ファイルシステム・ファイル属性2102及びFileSystem・File属性2105を設定することもできる。 Incidentally, according to the content of such internal data file attributes 2103 c, it is also possible to set the file system file attributes 2102 and FileSystem-File attribute 2105. そこで、図30を参照して、図23のステップS2306で行われる、選択された記録媒体に画像データを記録する(コピーする)画像データファイルコピー処理の他の一例を説明する。 Referring now to FIG. 30, it is performed in step S2306 in FIG. 23, recording the image data in the selected recording medium (copy) illustrating another example of the image data file copy process.

図30は、基本的には図29のフローチャートと同様である。 Figure 30 is basically the same as the flowchart of FIG. 29. よって、図29と同様の処理ステップについては同一の参照番号を付している。 Thus, it is denoted by the same reference numbers are used for the same processing steps as Fig. 29. 以下では、図30において新たに追加された処理ステップについて説明する。 The following describes a newly added processing steps in FIG. 30.

ステップS2903において、記録媒体101にメモリ30に読み出した画像データファイル2103をファイルシステムA(2101)の制御方法を用いて、記録(コピー)した後、ステップS3001に移行する。 In step S2903, the image data file 2103 is read into the memory 30 in the recording medium 101 by using a control method of a file system A (2101), was recorded (copied), the process proceeds to step S3001. ステップS3001では、図28のステップS2817において決定されたファイル属性が「読み取り専用」属性であるか否かを判定する。 In step S3001, it determines whether the file attributes determined in step S2817 of FIG. 28 is a "read-only" attribute.

もし、「読み取り専用」属性の場合には(ステップS3001において「YES」)、ステップS2904へ移行する。 If in the case of "read-only" attribute ( "YES" in step S3001), the process proceeds to step S2904. ステップS2904では記録(コピー)した画像データファイル2103のファイルシステム・ファイル属性2102を読み取り専用属性に設定し、ステップS2909に移行する。 In step S2904 recording a file system file attributes 2102 of the image data file 2103 (copy) was set to read-only attribute, the process proceeds to step S2909.

一方、「読み取り専用」属性でない場合には(ステップS3001において「NO」)、ステップS3002へ移行する。 On the other hand, if not a "read-only" attribute ( "NO" in step S3001), the process proceeds to step S3002. ステップS3002では記録(コピー)した画像データファイル2103のファイルシステム・ファイル属性2102を標準属性に設定し、ステップS2909に移行する。 In step S3002 recording a file system file attributes 2102 of the image data file 2103 (copied) to set the standard attributes, the process proceeds to step S2909.

次に、ステップS2906において記録媒体101に画像データファイル2103をFileSystemB(2104)の制御方法を用いて、記録(コピー)した後、ステップS3003に移行する。 Next, using the control method of FileSystemB (2104) the image data file 2103 to the recording medium 101 in step S2906, after recording (copying), the process proceeds to step S3003. ステップS3003では、図28のステップS2817において決定されたファイル属性が「読み取り専用」属性であるか否かを判定する。 In step S3003, it determines whether the file attributes determined in step S2817 of FIG. 28 is a "read-only" attribute.

もし、「読み取り専用」属性の場合には(ステップS3003において「YES」)、ステップS2907へ移行する。 If in the case of "read-only" attribute ( "YES" in step S3003), the process proceeds to step S2907. ステップS2907では記録(コピー)した画像データファイル2103のFileSystem・File属性2105をProtect属性に設定し、ステップS2909に移行する。 In step S2907 the FileSystem · File attributes 2105 record (copy) image data file 2103 is set to Protect attribute, the process proceeds to step S2909.

一方、「読み取り専用」属性でない場合には(ステップS3003において「NO」)、ステップS3004へ移行する。 On the other hand, if not a "read-only" attribute ( "NO" in step S3003), the process proceeds to step S3004. ステップS3004では記録(コピー)した画像データファイル2103のFileSystem・File属性2105をNormal属性に設定し、ステップS2909に移行する。 In step S3004 the FileSystem · File attributes 2105 record (copy) image data file 2103 is set to Normal attribute, the process proceeds to step S2909.

更に、ステップS2911において、記録媒体20101にメモリ30に読み出した画像データファイル2103をファイルシステムA(2101)の制御方法を用いて、記録(コピー)した後、ステップS3005に移行する。 Further, in step S2911, the image data file 2103 is read into the memory 30 to the recording medium 20101 with a method for controlling a file system A (2101), was recorded (copied), the process proceeds to step S3005. ステップS3005では、図28のステップS2817において決定されたファイル属性が「読み取り専用」属性であるか否かを判定する。 In step S3005, it determines whether the file attributes determined in step S2817 of FIG. 28 is a "read-only" attribute.

もし、「読み取り専用」属性の場合には(ステップS3005において「YES」)、ステップS2912へ移行する。 If in the case of "read-only" attribute ( "YES" in step S3005), the process proceeds to step S2912. ステップS2912では記録(コピー)した画像データファイル2103のファイルシステム・ファイル属性2102を読み取り専用属性に設定し、処理を終了する。 In step S2912 recording a file system file attributes 2102 of the image data file 2103 (copy) was set to read-only attribute, and the process ends.

一方、「読み取り専用」属性でない場合には(ステップS3005において「NO」)、ステップS3006へ移行する。 On the other hand, if not a "read-only" attribute ( "NO" in step S3005), the process proceeds to step S3006. ステップS3006では記録(コピー)した画像データファイル2103のファイルシステム・ファイル属性2102を標準属性に設定し、処理を終了する。 In step S3006 recording a file system file attributes 2102 of the image data file 2103 (copied) to set the standard attributes, the process ends.

次に、ステップS2913において記録媒体20101に画像データファイル2103をFileSystemB(2104)の制御方法を用いて、記録(コピー)した後、ステップS3007に移行する。 Next, using the control method of FileSystemB image data file 2103 to the recording medium 20101 (2104) at step S2913, after recording (copying), the process proceeds to step S3007. ステップS3007では、図28のステップS2817において決定されたファイル属性が「読み取り専用」属性であるか否かを判定する。 In step S3007, it determines whether the file attributes determined in step S2817 of FIG. 28 is a "read-only" attribute.

もし、「読み取り専用」属性の場合には(ステップS3007において「YES」)、ステップS2915へ移行する。 If in the case of "read-only" attribute ( "YES" in step S3007), the process proceeds to step S2915. ステップS2915では記録(コピー)した画像データファイル2103のFileSystem・File属性2105をProtect属性に設定し、処理を終了する。 In step S2915 recorded FileSystem · File attribute 2105 of the image data file 2103 (copy) was set to Protect attribute, the process ends.

一方、「読み取り専用」属性でない場合には(ステップS3007において「NO」)、ステップS3008へ移行する。 On the other hand, if not a "read-only" attribute ( "NO" in step S3007), the process proceeds to step S3008. ステップS3008では記録(コピー)した画像データファイル2103のFileSystem・File属性2105をNormal属性に設定し、処理を終了する。 In step S3008 recorded FileSystem · File attribute 2105 of the image data file 2103 (copied) to set the attribute Normal, the process ends.

このように、図30に対応する実施形態では、内部データ・ファイル属性2103cが画像データファイル内に存在する場合には、その内容に応じてファイルシステム・ファイル属性2102やFileSystem・FIle属性2105を設定することができる。 Thus, in the embodiment corresponding to FIG. 30, when the internal data file attributes 2103c is present in the image data file, set the file system file attributes 2102 and FileSystem-FIle attribute 2105 in accordance with the contents can do. よって、記録媒体101、記録媒体20101が他の機器、例えばPCのプログラムにより画像データファイルを読み出された際には、ファイルシステム・ファイル属性等が機能して読み取り専用属性のファイルとして読み出される。 Therefore, the recording medium 101, when the recording medium 20101 is read image data file by another device, for example, a PC program, file system file attributes and the like are read out to function as a file read-only attribute. よって、パーソナルコンピュータのプログラムでは、画像データファイル2103に対して、編集処理等を行うことができないので、画像データファイル構造の解釈の違いによるファイル破壊を防ぐことが可能となる。 Thus, in the personal computer program, the image data file 2103, is not able to perform the editing process or the like, it becomes possible to prevent the file corruption due to differences in the interpretation of the image data file structure.

[第3の実施形態] Third Embodiment
本発明の第3の実施形態における画像処理装置の構成を、図31を参照して説明する。 The configuration of the image processing apparatus according to the third embodiment of the present invention will be described with reference to FIG. 31. 本発明の第3の実施形態による画像処理装置の要部構成は、図20とほぼ同じである。 Main configuration of an image processing apparatus according to a third embodiment of the present invention is substantially the same as FIG. 20.

上記の第2の実施形態では、記録媒体を取り付けるためのインタフェース及びコネクタを2系統持ち、該インタフェース等を利用して記録媒体を複数接続し、画像処理装置内でそれぞれの記録媒体へ読み書きをするものとして説明した。 In the second embodiment described above has the interfaces and connectors for attaching the recording medium 2 lines, connecting a plurality of the recording medium by using the interface or the like, to read and write in the image processing apparatus to each of the recording medium It was described as a thing. これに対し、第3の実施形態ではインタフェース及びコネクタに、記録媒体以外の外部接続機器を接続し、画像データや画像データに付属した管理情報を転送し合う点を特徴とする。 In contrast, the interfaces and connectors in the third embodiment, by connecting an external connection device other than the recording medium, characterized in that the mutually transferring management information attached to image data or image data. この外部接続機器は、本実施形態では、図20と同様の構成を有する画像処理装置30100として実現され、異なる装置がそれぞれ独立して各々の記録媒体へ読み書きを行うことができる。 The external connection device, in the present embodiment, is realized as an image processing apparatus 30100 has a structure similar to that of FIG. 20, different devices can read and write independently to each of the recording medium. また、図31では、本実施形態の特徴に基づき図20の構成と異なる部分が存在する。 Further, in FIG. 31, the configuration and different portions of the basis views 20 to a feature of this embodiment exists.

インタフェース及びコネクタとしては、第2の実施形態と同様、PCMCIAカードやコンパクトフラッシュ(登録商標)カード等の規格に準拠したものを用いて構成することが可能である。 The interfaces and connectors, as in the second embodiment, it is possible to constitute using one conforming to the PCMCIA card or compact flash card standard. したがって、インタフェース20090a及び20092aをPCMCIAカードやCFカード等の規格に準拠したものを用いて構成し、LANカードやモデムカード、USBカード、IEEE1394カード、P1284カード、SCSIカード、PHS等の通信カード、等の各種通信カードを接続することができる。 Accordingly, it constructed using those conforming interface 20090a and 20092a a PCMCIA card or CF card standards, LAN card, modem card, USB card, IEEE1394 card, P1284 card, SCSI card, PHS, etc. communication card, etc. it can be connected to various communication cards. これにより、同様の構成をもつ画像処理装置以外の他のコンピュータやプリンタ等の周辺機器との間で画像データや画像データに付属した管理情報を転送し合うことも可能となる。 Thus, it is also possible to mutually transfer the management information attached to the image data and image data to and from other computers and peripheral devices such as a printer other than the image processing apparatus having the same configuration.

ここで、管理情報には、転送する画像データのファイル属性が含まれる。 Here, the management information includes the file attributes of the image data to be transferred. 本実施形態では、この管理情報に含まれるファイル属性を特に「T-ファイル属性」と呼び、例えば、T-読み取り専用属性というように、従前のファイル属性に「T-」という接頭語を入れて区別する。 In the present embodiment, is particularly called a "T- File Attributes" file attribute included in the management information, for example, as referred to T- read-only attribute, put the prefix "T-" previously file attributes distinguish. なお、転送方法の説明については公知なので特に記述しないが、画像処理装置100のメモリ52aに格納されたプログラムを取得し、実行することでシステム制御部50aにより実現される。 Although not specifically described because known for a description of the transfer method, obtains the program stored in the memory 52a of the image processing apparatus 100 is realized by the system control unit 50a by executing.

30100は画像処理装置である。 30100 denotes an image processing apparatus. この画像処理装置30100は、画像処理装置100と同様の構成を有する。 The image processing apparatus 30100 has the same configuration as the image processing apparatus 100. なお、画像処理装置100及び画像処理装置30100の各構成部を区別するために、画像処理装置100の構成部には参照番号の後「a」を付記し、画像処理装置30100の構成部には参照番号の後に「b」を付記している。 In order to distinguish the respective components of the image processing apparatus 100 and the image processing apparatus 30100, the configuration of the image processing apparatus 100 are indicated by the "a" after the reference number, the configuration of an image processing apparatus 30100 is which are indicated by the "b" after the reference number. 例えば、インタフェース20090aは画像処理装置100のインタフェースであり、インタフェース20090bは画像処理装置30100のインタフェースとして区別することができる。 For example, the interface 20090a is an interface of the image processing apparatus 100, the interface 20090b can be distinguished as an interface of the image processing apparatus 30100.

本実施形態では、画像処理装置100のメモリ52aに記録されている、作成した画像データファイルを記録媒体に記録するプログラム、画像データファイルを記録媒体から読み出すプログラムなどは、ファイルシステムAを解釈できるようにプログラムされている。 In the present embodiment, the image processing are recorded in the memory 52a of the device 100, a program to be recorded on the recording medium the image data file created, programs for reading image data file from the recording medium, so that it can interpret the file system A It is programmed to. 一方、画像処理装置30100のメモリ52bに記録されている、作成した画像データファイルを記録媒体に記録するプログラム、画像データファイルを記録媒体から読み出すプログラムなどは、FileSystemBを解釈できるようにプログラムされている。 Meanwhile, stored in the memory 52b of the image processing apparatus 30100, a program to be recorded on the recording medium the image data file created, programs for reading image data file from the recording medium is programmed to interpret the FileSystemB . このようにそれぞれの画像処理装置内において、異なるファイルシステムで制御された画像データファイルを本実施形態では転送し合う。 Thus, in each of the image processing apparatus, mutually transferred in the present embodiment the image data file controlled by a different file system.

さらに、図20の構成に追加する形で異なる部分の30001aは、転送操作スイッチであり、不図示のセットキー、十字キーなどの組み合わせで構成される。 Furthermore, 30001A different Sections in addition to the configuration of FIG. 20 is a transfer operation switch, not shown set key, and a combination of such cross key. この転送操作スイッチにより、記録媒体101に格納された画像データの転送設定を行うことができる。 This transfer operation switch, it is possible to transfer settings stored in the recording medium 101 image data. この転送操作スイッチ30001a(30001b)では、画像データについて「送信する」、「送信しない」、「受信する」・「受信しない」のいずれかの動作を設定することができる。 In the transfer operation switch 30001a (30001b), the image data "Send", "Do not send", it is possible to set one of operation of the "receiving", "not received". 転送操作スイッチ30001a(30001b)による設定内容は、システム制御部が作業領域をして使用するメモリ30aに「転送判断フラグ」として保持される。 Setting by the transfer operation switch 30001a (30001b), the system control unit is held as "forwarding decision flag" in the memory 30a for use in the work area.

次に、図32を参照して、画像処理装置100、接続されている記録媒体101a、画像データファイルとして記録しているファイル構造、及び、ファイルシステムの関係を説明する。 Next, with reference to FIG. 32, the image processing apparatus 100, the connected recording medium 101a, the file structure is recorded as image data files, and describes the relationship between the file system. 併せて、画像処理装置30100、接続されている記録媒体101b、画像データファイルとして記録しているファイル構造、及び、ファイルシステムの関係を説明する。 In addition, the image processing apparatus 30100, the connected recording medium 101b, the file structure is recorded as an image data file, and describes the relationship between the file system.

図32に示すように本実施形態では、画像処理装置100と画像処理装置30100とを、接続3110により接続することができる。 In this embodiment, as shown in FIG. 32, an image processing apparatus 100 and the image processing device 30100 can be connected by a connection 3110. この接続3110は画像処理装置間で、画像データを互いに転送可能な接続形態であれば有線、無線を問わず適用することができる。 This connection 3110 between the image processing apparatus, if mutually transferable topology image data wire can be applied regardless of the radio. 例えば、USB、IEEE1394、IEEE802.11等の通信プロトコルを採用した接続形態が考えられる。 For example, USB, IEEE1394, conceivable topology employing a communication protocol such as IEEE 802.11.

本実施形態では、画像処理装置100において生成される画像データファイル3103は、ファイルシステムA3101管理下で記録媒体101aに記録されている。 In the present embodiment, the image data file 3103 generated by the image processing apparatus 100 is recorded on the recording medium 101a under the file system A3101 management. この詳細については第2の実施形態で説明したこととほぼ同様なので、その詳細な説明は省略する。 Since details of this almost similar to that described in the second embodiment, detailed description thereof will be omitted. 一方、画像処理装置30100において生成される画像データファイル3103は、FileSystemB3104の管理下で記録媒体101bに記録されている。 On the other hand, the image data file 3103 generated by the image processing apparatus 30100 is recorded in the recording medium 101b under the control of FileSystemB3104. これも第2の実施形態で説明したこととほぼ同様なので、その詳細な説明については省略する。 Since this is also almost similar to that described in the second embodiment, detailed description thereof is omitted. また、このファイルシステムA、FileSystemBの関係についても、第2の実施形態で述べたこととほぼ同様なので、その詳細な説明は省略する。 Further, the file system A, also the relationship between FileSystemB, so substantially the same as that described in the second embodiment, a detailed description thereof will be omitted. また、属性についての説明も第1及び第2の実施形態と同様なので省略する。 Also, it omitted also describes attributes similar to the first and second embodiments. また画像データファイルの構造例についても第1及び第2の実施形態と同様なので省略する。 Also omitted because the structure of an image data file is also the same as in the first and second embodiments.

次に、図33を参照して、画像処理装置100の記録媒体101aから、画像処理装置30100の記録媒体101bに画像データファイルを送信するまでの一連の画像データファイル送信処理シーケンスを説明する。 Next, with reference to FIG. 33, from the recording medium 101a of the image processing apparatus 100, illustrating a series of image data file transmission processing sequence before transmitting the image data file to the recording medium 101b of the image processing apparatus 30100. 図33では、画像処理装置30100に画像データファイルを送信するまでを記載しているが、当然に、送信された画像データファイルは、画像処理装置30100の記録媒体101bに画像データファイル3103として記録される。 In Figure 33, has been described up to transmit the image data file to the image processing apparatus 30100, of course, is transmitted image data file is recorded as image data files 3103 to the recording medium 101b of the image processing apparatus 30100 that. 係る記録シーケンスについては、画像処理装置100が画像処理装置30100から画像データを受信し、記録媒体101aに記録するまでのシーケンスと同様(ファイルシステムのみ違う)なので、後述する受信のシーケンスとして説明する。 For this recording sequence, the image processing apparatus 100 receives the image data from the image processing apparatus 30100, so similar to the sequence until the recording medium 101a (different file systems only), will be described as a sequence of reception, which will be described later.

図33において、ステップS3201では転送操作スイッチ30001aにおける不図示の転送操作モードが設定されたか否かを判定する。 In Figure 33, it is determined whether the transfer mode of operation not shown in the transfer operation switch 30001a step S3201 is set. もし、転送操作モードに設定されたと判定された場合に(ステップS3201において「YES」)、ステップS3202における転送判断フラグ設定処理に移行する。 If, when it is determined to have been set in the transfer operation mode ( "YES" in step S3201), the process proceeds to the transfer determination flag setting processing in step S3202. この処理では、転送操作スイッチ30001aの設定に従い転送判断フラグの設定を行う。 In this process, to set the transfer determination flag in accordance with the setting of the transfer operation switch 30001A. この詳細については図35を参照して後述する。 The details will be described later with reference to FIG. 35.

次に、ステップS3203では、転送判断フラグ設定処理の結果に基づきメモリ30aの転送判断フラグの内容を判定する。 Next, in step S3203, it determines the content of the forwarding decision flag in the memory 30a based on the transfer determination flag setting processing of the results. もし、転送判断フラグが「送信する」であったと判定された場合に(ステップS3203において「YES」)、ステップS3204における画像データ送信処理に移行する。 If the forwarding decision flag is determined to have been "sending" ( "YES" in step S3203), the process proceeds image data transmission process in step S3204. この画像データ送信処理では、画像データファイル3103を接続された画像処理装置30100に送信するが、その詳細については図36を参照して説明する。 The image data transmission processing transmits the image data file 3103 to the connected image processing apparatus 30100, but details thereof will be described with reference to FIG. 36. 一方、転送判断フラグが「送信する」であったと判定されなかった場合は(ステップS3203において「NO」)、処理を終了する。 On the other hand, if the transfer determination flag is not determined to have been "sending" ( "NO" in step S3203), the process ends. 以上により、一連の画像データファイル送信動作が実行される。 Thus, a series of image data file transmission operation is performed.

次に画像処理装置100が画像処理装置30100から画像データファイルを受信し、記録媒体101aに記録するまでの一連の画像データファイル受信・記録のシーケンスを、図34を参照して説明する。 Next, the image processing apparatus 100 receives the image data file from the image processing apparatus 30100, a series of image data file receiving and recording a sequence of up to the recording medium 101a, will be described with reference to FIG. 34.

図34において、ステップS3301では転送操作スイッチ30001aにおける不図示の転送操作モードが設定されたか否かを判定する。 In Figure 34, it is determined whether the transfer mode of operation not shown in the transfer operation switch 30001a step S3301 is set. もし、転送操作モードに設定されたと判定された場合に(ステップS3201において「YES」)、ステップS3302における転送判断フラグ設定処理に移行する。 If, when it is determined to have been set in the transfer operation mode ( "YES" in step S3201), the process proceeds to the transfer determination flag setting processing in step S3302. この処理では、転送操作スイッチ30001aの設定に従い転送判断フラグの設定を行う。 In this process, to set the transfer determination flag in accordance with the setting of the transfer operation switch 30001A. この詳細については図35を参照して後述する。 The details will be described later with reference to FIG. 35.

次に、ステップS3303では、転送判断フラグ設定処理の結果に基づきメモリ30aの転送判断フラグの内容を判定する。 Next, in step S3303, it determines the content of the forwarding decision flag in the memory 30a based on the transfer determination flag setting processing of the results. もし「受信する」であったと判定された場合に(ステップS3303において「YES」)、ステップS3304における画像データ受信記録処理に移行する。 If if it is determined to be an "incoming" ( "YES" in step S3303), the process proceeds image data receiving and recording process in step S3304. この画像データ受信記録処理では、送信されてきた画像データファイル3103を受信し、接続された記録媒体101aに記録するが、その詳細については図37を参照して後述する。 In the image data reception recording processing receives the image data file 3103 that has been transmitted, will be recorded on the connected recording medium 101a, the details thereof will be described later with reference to FIG. 37. 「受信する」であったと判定されなかった場合は(ステップS3303において「NO」)、処理を終了する。 If it is not determined that a "receive" ( "NO" in step S3303), the process ends. 以上により、一連の画像データ受信記録動作が実行される。 Thus, a series of image data received recording operation is performed.

次に図35のフローチャートを参照して、図33のステップS3202、および図34のステップS3302で行われる、転送判断フラグの設定処理について説明する。 Referring now to the flowchart of FIG. 35, performed in step S3302 in step S3202, and 34 in FIG. 33 will be described setting process of the transfer determination flag.

まず、ステップS3401では、インタフェース20092aを介して、画像処理装置30100が接続されているか否かを判定する。 First, in step S3401, via the interface 20092A, it determines whether the image processing apparatus 30100 is connected. この判定方法は公知なので特に記述しないが、画像処理装置100のメモリ52aに格納されたプログラムを取得し、実行することでシステム制御部50aにより実現される。 This determination method is not particularly described since known, and obtains the program stored in the memory 52a of the image processing apparatus 100 is realized by the system control unit 50a by executing. もし、接続されていると判定された場合には(ステップS3401において「YES」)、ステップS3402に移行する。 If ( "YES" in step S3401) if it is determined to be connected, the process proceeds to step S3402. 一方、ステップS3401において接続されていないと判定された場合には(ステップS3401において「NO」)、ステップS3408に移行する。 On the other hand, ( "NO" in step S3401) if it is determined not to be connected in step S3401, the process proceeds to step S3408. ステップS3408では転送設定ができないという警告表示を行い、ステップS3409に移行する。 Step S3408 In the transfer set a warning display that is not possible, the process proceeds to step S3409. ステップS3409ではシステム制御部が作業領域をして使用するメモリ30aの転送判断フラグを「無効」に設定し、終了する。 In step S3409 the transfer determination flag memory 30a of the system controller used in the work area is set to "invalid", ends.

次にステップS3402では、画像処理装置100の転送モードが「送信する」に設定されているか否かを判定する。 In step S3402, it determines whether the transfer mode of the image processing apparatus 100 is set to "send". もし、「送信する」に設定されていると判定された場合には(ステップS3402において「YES」)、ステップS3403に移行し、システム制御部が作業領域をして使用するメモリ30aの転送判断フラグを「送信する」に設定し、ステップS3406に移行する。 If, when it is determined to be set to "transmit" ( "YES" in step S3402), the process proceeds to step S3403, the transfer determination flag in the memory 30a of the system controller used in the work area the set to "send", the process proceeds to step S3406.

一方、ステップS3402において「送信する」に設定されていないと判定された場合には(ステップS3402において「NO」)、ステップS3404に移行し、転送モードが「受信する」に設定されているかどうかを判定する。 On the other hand, if it is determined not to be set to "send" in step S3402 whether it is set to ( "NO" in step S3402), the process proceeds to step S3404, the transfer mode is "Receiving" judge. もし、「受信する」に設定されていると判定された場合には(ステップS3404における「YES」)、ステップS3405に移行し、システム制御部が作業領域をして使用するメモリ30aの転送判断フラグを「受信する」に設定し、ステップS3407に移行する。 If, when it is determined to be set to "incoming" ( "YES" in step S3404), the process proceeds to step S3405, the transfer determination flag in the memory 30a of the system controller used in the work area was set to "receive", the process proceeds to step S3407.

ステップS3406では画像処理装置30100の転送モードが「受信する」に設定されているかどうかの判定をする。 Step S3406 In the transfer mode of the image processing apparatus 30100 is whether the determination has been set to "receive". もし、「受信する」に設定されていると判定された場合には(ステップS3406において「YES」)、そのまま処理を終了する。 If, when it is determined to be set to "incoming" ( "YES" in step S3406), the processing is terminated.

一方、「受信する」に設定されていると判定されなかった場合には(ステップS3406において「NO」)、ステップS3408に移行する。 On the other hand, ( "NO" in step S3406). When it is not determined that it is set to "Receive", the process proceeds to step S3408. ステップS3408では、接続先である画像処理装置30100が受信するための準備ができていないため、転送モード設定ができないとの警告表示を行った後、ステップS3409に移行する。 In step S3408, since the image processing apparatus 30100 is a connection destination is not ready to receive, after the warning display and can not transfer mode setting, the process proceeds to step S3409. ステップS3409の処理は前述したとおりである。 Processing in step S3409 is as described above.

ステップS3407では画像処理装置30100の転送モードが「送信する」に設定されているか否かの判定をする。 Step S3407 In the transfer mode of the image processing apparatus 30100 is whether the determination has been set to "send". もし、「送信する」に設定されていると判定された場合には(ステップS3407において「YES」)、そのまま処理を終了する。 If, when it is determined to be set to "transmit" ( "YES" in step S3407), the processing is terminated. 一方、「送信する」に設定されていると判定されなかった場合には(ステップS3407において「NO」)、ステップS3408に移行する。 On the other hand, ( "NO" in step S3407). When it is not determined that it is set to "send", the process proceeds to step S3408. ステップS3408では、接続先である画像処理装置30100が送信するための準備ができていないため、転送のモード設定ができないとの警告表示を行った後、ステップS3409に移行する。 In step S3408, since the image processing apparatus 30100 is a connection destination is not ready to send, after the warning display and can not mode setting of the transfer, the process proceeds to step S3409. ステップS3409の処理は前述したとおりである。 Processing in step S3409 is as described above.

このように画像データファイルを送信するのか・しないのか、受信するのか・しないのかの判断をし、転送判断フラグを設定することができる。 This do not to do - to send the image data file, and that the determination of whether not how to receive and can set the forwarding decision flag.

次に図36のフローチャートを参照して、図33のステップS3204で行われる、画像データを画像処理装置30100に送信する画像データ送信処理について説明する。 Referring now to the flowchart of FIG. 36, it is performed in step S3204 in FIG. 33, the image data transmission processing for transmitting the image data to the image processing apparatus 30100 will be described.

まず、ステップS3501では画像データファイルをメモリ30a上に保持する。 First, holding the image data file in step S3501 in the memory 30a. これは記録媒体101aに記録されている画像データファイル3103をファイルシステムAの制御方法を用いて読み出して保持する場合と、撮影処理により作成された画像データを保持する場合とがある。 This is the case for holding read using the control method of the image data file 3103 to the file system A recorded in the recording medium 101a, the case for holding image data created by the photographing process. それらの処理については既に説明しているので、その詳細についての説明は省略する。 Since for such processing already described, description of details thereof will be omitted. なお、画像処理装置30100側で同様の処理を行う際には、記録媒体101bに記録されている画像データファイル3103をFileSystemBの制御方法を用いて読み出して保持する。 Incidentally, when performing similar processing in the image processing apparatus 30100 side, it reads and holds using the control method of the image data file 3103 FileSystemB recorded in the recording medium 101b.

次に、ステップS3502では、保持した画像データファイルに内部データ・ファイル属性3103cが存在するかどうかの判定をする。 Next, in step S3502, the one of the determination whether the internal data file attributes 3103c present in the held image data file. もし、内部データ・ファイル属性3103cが存在すると判定された場合には(ステップS3502において「YES」)、ステップS3504に移行する。 If ( "YES" in step S3502) if the internal data file attributes 3103c is determined to exist, the process proceeds to step S3504. ステップS3504では送信する画像データファイルに付属する管理情報のT-ファイル属性を「T-読み取り専用属性」に設定し、ステップS3506に移行する。 The T- file attribute management information attached to the image data file to be transmitted at step S3504 is set to "T- read-only attribute", the process proceeds to step S3506. ここでの管理情報はメモリ30aに一時記憶される転送用の情報である。 Wherein the management information is information for the transfer to be temporarily stored in the memory 30a.

一方、内部データ・ファイル属性3103cが存在すると判定されなかった場合には(ステップS3502において「NO」)、ステップS3503に移行する。 On the other hand, ( "NO" in step S3502) if it is not determined that the internal data file attributes 3103c exists, the process proceeds to step S3503. ステップS3503では、ファイルシステム・ファイル属性3102を取得する。 In step S3503, to get the file system file attributes 3102. なおファイルシステム・ファイル属性3102の取得は、記録媒体101aから読み出した際にのみ行われるもので、撮影処理により画像処理装置100で作成された画像データファイルには必ず、内部データ・ファイル属性3103cが存在している。 Note Get File System file attributes 3102, intended to be performed only when read from the recording medium 101a, always the image data file created by the image processing apparatus 100 by the photographing process, the internal data file attributes 3103c Existing. また、画像処理装置30100側で同様の処理を行う際には、FileSystem・File属性3105取得する。 Further, when performing the same processing in the image processing apparatus 30100 side, FileSystem · File attributes 3105 to retrieve.

次にステップS3505で、取得したファイルシステム・ファイル属性3102から、対応する画像データファイルに付属する管理情報のT-ファイル属性を決定、設定し、ステップS3506に移行する。 In step S3505, the file system file attributes 3102 acquired, determining the T- file attribute management information attached to the corresponding image data file, set, the process proceeds to step S3506. ここでの管理情報はメモリ30aに一時記憶される転送用の情報である。 Wherein the management information is information for the transfer to be temporarily stored in the memory 30a. なお、画像処理装置30100側で同様の処理を行う際には、取得したFileSystem・File属性3105から、それに対応した転送する画像データに付属する管理情報のT-ファイル属性を決定、設定する。 Incidentally, when performing similar processing in the image processing apparatus 30100 side, from FileSystem · File attributes 3105 acquired, determining the T- file attribute management information attached to image data to be transferred corresponding thereto is set.

ステップS3506では送信処理が行われる。 Step S3506 in the transmission processing is performed. この送信処理では、画像処理装置100のメモリ52aに格納されたプログラムを取得・実行することでシステム制御部50aにより、決められたプロトコルに従って行われる。 In transmission processing, the system control unit 50a by obtaining and executing the program stored in the memory 52a of the image processing apparatus 100 is performed in accordance with determined protocol. 即ち、メモリ30aに保持した画像データと送信する画像データファイルに付属する管理情報とが、接続された画像処理装置30100に送信される。 That is, the management information attached to the image data file to be transmitted with the image data held in the memory 30a is transmitted to the connected image processing apparatus 30100. この送信処理は公知の内容なので、これ以上は特に記述しない。 This transmission process is of known content, and will not be specifically described.

次に図37のフローチャートを参照して、図34のステップS3304で行われる、画像データを画像処理装置30100から受信・記録する画像データ受信記録処理について説明する。 Referring now to the flowchart of FIG. 37, it is performed in step S3304 in FIG. 34, the image data receiving and recording process of receiving and recording image data from the image processing apparatus 30100 will be described.

まずステップS3601では、受信処理が行われる。 First, in step S3601, the reception process is performed. この受信処理では、画像処理装置100のメモリ52aに格納されたプログラムを取得・実行することでシステム制御部50aにより、決められたプロトコルに従って行われる。 In reception processing, the system control unit 50a by obtaining and executing the program stored in the memory 52a of the image processing apparatus 100 is performed in accordance with determined protocol. 即ち、画像処理装置30100から送信された画像データと転送する画像データに付属する管理情報とがメモリ30aに保持される。 That is, the management information attached to image data to be transferred the image data transmitted from the image processing device 30100 is held in the memory 30a. この受信処理は公知の内容なので、これ以上は特に記述しない。 This reception processing is a known content and will not be specifically described.

次にステップS3602では、受信したメモリa上に記憶された画像データを記録媒体101aにファイルシステムAの制御方法を用いて記録する。 Next, in step S3602, it is recorded using a method of controlling a file system A the image data stored on the received memory a on the recording medium 101a. 記録処理についての詳細は既に述べているので、その説明は省略する。 The details of the recording process has already been described, description thereof will be omitted. なお、画像処理装置30100側で同様の処理を行う際には、FileSystemBの制御方法を用いて記録媒体101bに記録する。 Incidentally, when performing similar processing in the image processing apparatus 30100 side is recorded in the recording medium 101b by using a method of controlling FileSystemB.

次に、ステップS3603で受信した画像データに付属する管理情報のT-ファイル属性からファイルシステム・ファイル属性3102を決定し設定する。 Next, to determine the file system file attributes 3102 sets the T- file attribute management information attached to the image data received in step S3603. その後、処理を終了する。 After that, the process is terminated.

図36を用いて説明したように、内部データ・ファイル属性3103cが存在する画像データの場合、T-ファイル属性は、常にT-読み取り専用属性になっているので、ファイルシステム・ファイル属性3102も常に読み取り専用属性に設定される。 As described with reference to FIG. 36, when the image data is present inside the data file attributes 3103C, T- file attributes are always since become T- read-only attribute, also always the file system file attributes 3102 It is set to read-only attribute. もし、内部データ・ファイル属性3103cが存在しない画像データの場合、画像処理装置30100のFileSystem・File属性がT-ファイル属性に設定されているので、それに対応したファイルシステム・ファイル属性3102が設定される。 If the image data does not exist inside the data file attributes 3103C, since FileSystem-File attribute of the image processing apparatus 30100 is set to T- file attributes are set filesystem file attributes 3102 corresponding thereto .

このように記録媒体を取り付けるインタフェース及びコネクタに記録媒体以外の接続機器を接続し、それぞれの機器が制御するファイルシステムの異なる記録媒体101a、記録媒体101bの間で、画像データファイル3103を転送し合うことができる。 Thus connecting the connection device other than the recording medium to the interface and the connector attaching the recording medium, different recording medium 101a of the file system in which each device is controlled, between the recording medium 101b, mutually transfer the image data file 3103 be able to. この転送処理では、転送前後において、内部データ・ファイル属性3103cをファイルシステムには依存させず、同一内容のまま継承することができる。 In this transfer process, before and after the transfer, the internal data file attributes 3103c to the file system without dependency, it may inherit remain the same contents.

このときファイルシステム・ファイル属性を読み取り専用属性、FileSystem・File属性をProtect属性にしておけば、PCなどの他の機器より記録媒体101a又は記録媒体101bから画像データファイルが読み出されても、読み取り専用属性のファイルとして扱われる。 In this case the read-only attribute file system file attributes, if the FileSystem-File attribute to Protect attribute, even if the image data file is read from the other device from the recording medium 101a or the recording medium 101b, such as PC, read It is treated as a file-only attribute. よって、パーソナルコンピュータのプログラムでは、画像データファイル3103に対して、編集処理等を行うことができないので、画像データファイル構造の解釈の違いによるファイル破壊を防ぐことが可能となる。 Thus, in the personal computer program, the image data file 3103, is not able to perform the editing process or the like, it becomes possible to prevent the file corruption due to differences in the interpretation of the image data file structure.

さらに、記録媒体101aや101bから画像データファイルを取得した画像処理装置は、ファイルシステム・ファイル属性3102やFileSystem・File属性3105が読み取り専用属性であっても、内部データ・ファイル属性3103cの内容に基づいて表示・編集等を行うことができる。 Further, the image processing apparatus that has acquired the image data file from the recording medium 101a and 101b may be a read-only attribute is file system file attributes 3102 and FileSystem-File attribute 3105, based on the contents of the internal data file attributes 3103c display and editing, etc. Te can be carried out. また、内部データ・ファイル属性3103cを含まない場合には、ファイルシステム・ファイル属性3102、FileSystem・File属性3105に基づいて、画像データファイルを扱うことができる。 Further, in the case without the internal data file attributes 3103c, based on the file system file attributes 3102, FileSystem-File attribute 3105 can handle the image data file.

なお、本実施形態では同様の構成をもつ画像処理装置を接続したが、パーソナルコンピュータなどのファイルシステムをもった外部接続機器を接続した場合に適用しても良い。 In the present exemplary embodiment is connected to an image processing apparatus having the same configuration may be applied to a case of connecting the external connection device having a file system such as a personal computer.

[その他の実施形態] Other Embodiments
なお、本発明は、複数の機器(例えばホストコンピュータ、インタフェース機器、デジタルカメラなど)から構成されるシステムに適用しても、一つの機器からなる装置(例えば、デジタルカメラ、デジタルビデオカメラなど)に適用してもよい。 The present invention is a plurality of devices (eg, host computer, interface device, a digital camera, etc.) or an apparatus from an apparatus comprising a single device (e.g., a digital camera, a digital video camera, etc.) application may be.

また、本発明の目的は、前述した実施形態の機能を実現するソフトウェアのプログラムコードを記録した記憶媒体(または記録媒体)を、システムあるいは装置に供給し、そのシステムあるいは装置のコンピュータ(またはCPUやMPU)が記憶媒体に格納されたプログラムコードを読み出し実行することによっても、達成されることは言うまでもない。 Another object of the present invention, a storage medium storing software program codes for realizing the functions of the above (or recording medium) is supplied to a system or an apparatus, Ya computer of the system or apparatus (or CPU may read and execute the program codes MPU) is stored in the storage medium, it is needless to say that is achieved. この場合、記憶媒体から読み出されたプログラムコード自体が前述した実施形態の機能を実現することになり、そのプログラムコードを記憶した記憶媒体は本発明を構成することになる。 In this case, the program code itself read from the storage medium realizes the functions of the embodiments and the storage medium storing the program code constitutes the present invention. また、コンピュータが読み出したプログラムコードを実行することにより、前述した実施形態の機能が実現されるだけでなく、そのプログラムコードの指示に基づき、コンピュータ上で稼働しているオペレーティングシステム(OS)などが実際の処理の一部または全部を行い、その処理によって前述した実施形態の機能が実現される場合も含まれることは言うまでもない。 Further, by executing the read program by computer, as well as functions of the above embodiments are realized on the basis of the instructions of the program code, such as an operating system (OS) running on the computer It performs a part or entire process but also to a case where the functions of the above-described embodiments are realized by those processes.

さらに、記憶媒体から読み出されたプログラムコードが、コンピュータに挿入された機能拡張カードやコンピュータに接続された機能拡張ユニットに備わるメモリに書込まれた後、そのプログラムコードの指示に基づき、その機能拡張カードや機能拡張ユニットに備わるCPUなどが実際の処理の一部または全部を行い、その処理によって前述した実施形態の機能が実現される場合も含まれることは言うまでもない。 Furthermore, the program code read from the storage medium are written in a memory of a function expansion unit connected to the function expansion card inserted into the computer or on the basis of the instructions of the program code, the function expansion a card or function expansion unit CPU performs part or all of the actual processing so that the program codes and the functions of the above embodiments are realized by those processes.

Claims (7)

  1. 画像処理装置であって、 An image processing apparatus,
    画像データファイルを生成する生成手段と、 A generating means for generating image data files,
    前記画像データファイルの変更を禁止するか否かを定める第1の属性情報を設定する第1の属性設定手段と、 A first attribute setting means for setting a first attribute information for determining whether to prohibit changes the image data file,
    前記第1の属性情報とは異なる記録領域に記録される情報であって、前記画像データファイルの変更を禁止するか否かを定める第2の属性情報を設定する第2の属性設定手段と、 A information to be recorded in a different recording area from the first attribute information, and the second attribute setting means for setting a second attribute information for determining whether to prohibit changes the image data file,
    前記生成手段が生成した前記画像データファイルを外部記録媒体に記録する記録手段と And recording means for recording the image data file the generating unit has generated to the external recording medium
    を備え、 Equipped with a,
    前記第1の属性情報は、前記外部記録媒体内に記録されている前記画像データファイル内に格納され、 Wherein the first attribute information is stored in the external recording the image data file recorded on the medium,
    前記第2の属性情報は、前記画像データファイルが記録されている前記外部記録媒体内におけるファイルシステムが扱う記録領域であって、前記外部記録媒体が記録している画像データファイルを管理する領域に格納され、 Said second attribute information is a recording area where the file system in said external recording medium on which the image data file is recorded is handled, the area for managing the image data file that the external recording medium is recorded stored,
    前記記録手段は、前記生成手段が生成した前記画像データファイルを記録する場合に、前記第1の属性情報には前記画像データの変更を禁止しない属性を記録するとともに、前記第2の属性情報には、前記画像データの変更を禁止する属性を記録する Said recording means, when recording the image data file the generating unit has generated records the attributes that do not prohibit the change of the image data to said first attribute information, said second attribute information records the attribute for prohibiting the change of the image data
    ことを特徴とする画像処理装置。 The image processing apparatus characterized by.
  2. 前記外部記録媒体が記録している前記画像データファイルを表示する表示手段と、 Display means for displaying the image data file the external recording medium is recorded,
    前記第1の属性情報が前記画像データファイルに格納されている場合に該第1の属性情報に基づき前記画像データファイルの属性を決定し、前記第1の属性情報が前記画像データファイルに格納されていない場合に、前記第2の属性情報に基づいて前記画像データファイルの属性を決定する属性決定手段と It said first attribute information determines the attribute of the image data file based on the first attribute information when stored in the image data file, the first attribute information is stored in the image data file If not, the attribute determining means for determining an attribute of the image data file on the basis of the second attribute information
    をさらに備え、 Further comprising a,
    前記表示手段は、前記属性決定手段により決定された前記画像データファイルの属性に対応して前記画像データファイルの表示を行うことを特徴とする請求項1に記載の画像処理装置。 The display means, the image processing apparatus according to claim 1, characterized in that in correspondence with the attribute of the image data file determined by the attribute determining means for displaying the image data file.
  3. 前記外部記録媒体が記録している前記画像データファイルを読み出す読出手段と、 Reading means for reading the image data file the external recording medium is recorded,
    前記読出手段が読み出した前記画像データファイルが変更可能であるか否かを判別する判別手段と A determining means for the image data file the reading unit has read to determine whether it is possible to change
    をさらに備え、 Further comprising a,
    前記判別手段は、前記画像データファイルに前記第1の属性情報が存在する場合には、前記第1の属性情報により前記画像データファイルの変更を禁止するか否かを判別し、前記第1の属性情報が存在しない場合には、前記第2の属性で画像データファイルの変更を禁止するか否かを判別する It said determination means, if the first attribute information to the image data file exists, the whether or not to prohibit the change of the image data file to determine the first attribute information, said first If the attribute information does not exist, it determines whether to prohibit the change of the image data file in the second attribute
    ことを特徴とする請求項1に記載の画像処理装置。 The image processing apparatus according to claim 1, characterized in that.
  4. 前記第1の属性情報に前記画像データファイルの変更を禁止しない属性が設定され、かつ、前記第2の属性情報に前記画像データファイルの変更を禁止する属性が設定されている場合に、前記画像データファイルが編集されると、前記第2の属性設定手段は、前記第2の属性情報を前記画像データファイルの変更を禁止しない属性に変更することを特徴とする請求項1乃至3のいずれか1項に記載の画像処理装置。 It said first attribute that does not prohibit the change of the image data file in the attribute information is set, and, if the attribute is set to prohibit changes the image data file to the second attribute information, the image When the data file is edited, the second attribute setting means is any one of claims 1 to 3, characterized in that for changing the second attribute information to the attribute that does not prohibit the change of the image data file the image processing apparatus according to (1).
  5. 前記第2の属性設定手段は、前記画像データファイルの編集後に、前記第2の属性情報を前記画像データの変更を禁止する属性に変更することを特徴とする請求項4に記載の画像処理装置。 The second attribute setting means, after editing of the image data file, the image processing apparatus according to the second attribute information to Claim 4, characterized in that changing the attribute for prohibiting a change in the image data .
  6. 画像処理装置の制御方法であって、 A method for controlling an image processing apparatus,
    画像データファイルを生成する生成工程と、 A generation step of generating image data files,
    前記画像データファイルの変更を禁止するか否かを定める第1の属性情報を設定する第1の属性設定工程と、 A first attribute setting step of setting the first attribute information for determining whether to prohibit changes the image data file,
    前記第1の属性情報とは異なる記録領域に記録される情報であって、前記画像データファイルの変更を禁止するか否かを定める第2の属性情報を設定する第2の属性設定工程と、 A information to be recorded in a different recording area from the first attribute information, and the second attribute setting step of setting a second attribute information for determining whether to prohibit changes the image data file,
    前記生成手段が生成した前記画像データファイルを外部記録媒体に記録する記録工程と A recording step of recording the image data file the generating unit has generated to the external recording medium
    を備え、 Equipped with a,
    前記第1の属性情報は、前記外部記録媒体内に記録されている前記画像データファイル内に格納され、 Wherein the first attribute information is stored in the external recording the image data file recorded on the medium,
    前記第2の属性情報は、前記画像データファイルが記録されている前記外部記録媒体内におけるファイルシステムが扱う記録領域であって、前記外部記録媒体が記録している画像データファイルを管理する領域に格納され、 Said second attribute information is a recording area where the file system in said external recording medium on which the image data file is recorded is handled, the area for managing the image data file that the external recording medium is recorded stored,
    前記記録工程では、前記生成工程で生成された前記画像データファイルを記録する場合に、第1の属性情報には前記画像データの変更を禁止しない属性を記録するとともに、前記第2の属性情報には、前記画像データの変更を禁止する属性を記録する It said recording step, when recording the image data file generated by the generating step, the the first attribute information records the attributes that do not prohibit the change of the image data, the second attribute information records the attribute for prohibiting the change of the image data
    ことを特徴とする画像処理装置の制御方法。 Method of controlling an image processing apparatus characterized by.
  7. コンピュータを請求項1乃至5いずれか1項に記載の画像処理装置として動作させるためのコンピュータプログラム。 Computer program for operating an image processing apparatus according to computer to any one of claims 1 to 5.
JP2011240616A 2005-03-31 2011-11-01 Image processing apparatus, control method and computer program of the image processing apparatus Expired - Fee Related JP5318177B2 (en)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2005104801 2005-03-31
JP2005104801 2005-03-31
JP2011240616A JP5318177B2 (en) 2005-03-31 2011-11-01 Image processing apparatus, control method and computer program of the image processing apparatus

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2011240616A JP5318177B2 (en) 2005-03-31 2011-11-01 Image processing apparatus, control method and computer program of the image processing apparatus

Related Parent Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2006092339 Division 2006-03-29

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2012074050A true JP2012074050A (en) 2012-04-12
JP5318177B2 JP5318177B2 (en) 2013-10-16

Family

ID=46170076

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2011240616A Expired - Fee Related JP5318177B2 (en) 2005-03-31 2011-11-01 Image processing apparatus, control method and computer program of the image processing apparatus

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP5318177B2 (en)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2015172908A (en) * 2014-03-12 2015-10-01 株式会社コナミデジタルエンタテインメント Processing system, server, terminal, server processing program, and terminal processing program

Citations (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2001188701A (en) * 1999-10-21 2001-07-10 Matsushita Electric Ind Co Ltd Accessing device for semiconductor memory card and computer readable recording medium and initializing method and semiconductor memory card
JP2004272531A (en) * 2003-03-07 2004-09-30 Nippon Telegr & Teleph Corp <Ntt> Ledger data base construction system, construction method, construction program and recording medium

Patent Citations (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2001188701A (en) * 1999-10-21 2001-07-10 Matsushita Electric Ind Co Ltd Accessing device for semiconductor memory card and computer readable recording medium and initializing method and semiconductor memory card
JP2004272531A (en) * 2003-03-07 2004-09-30 Nippon Telegr & Teleph Corp <Ntt> Ledger data base construction system, construction method, construction program and recording medium

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2015172908A (en) * 2014-03-12 2015-10-01 株式会社コナミデジタルエンタテインメント Processing system, server, terminal, server processing program, and terminal processing program

Also Published As

Publication number Publication date
JP5318177B2 (en) 2013-10-16

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP4393588B2 (en) System for correlating the processed data and the image data in a digital camera device, method and computer readable medium
US7110026B2 (en) Image tagging for post processing
US7358990B2 (en) Image-taking apparatus capable of saving image data files in folder on recording medium
JP4520057B2 (en) Output terminal
CN100515035C (en) Digital camera system, image storage apparatus, and digital camera
US6192191B1 (en) Data storage based on serial numbers
US7154535B2 (en) Digital camera capable of directly accessing images recorded on another digital camera
JP3862404B2 (en) Image processing apparatus and method, an image file format, the storage medium
EP0936788A1 (en) Data format conversion in a bus communication system
US20020076220A1 (en) Image pickup apparatus
JPH10154228A (en) Method for archiving document, method for executing computer for printing and archiving document, method for archiving facsimile document, and computer installation and digital copying machine
JP2006216064A (en) Image file storage system, remote storage device, image file recording method and image file retrieving method
JP2006203865A (en) System and method for processing raw image files
JP3129599B2 (en) Video imaging system
JP2005353104A (en) Content management method and content management device
US7466347B2 (en) Digital camera device having document drafting system
JP4714951B2 (en) Digital camera
JP4312905B2 (en) Management method and an image file apparatus of the image file
KR101016141B1 (en) Display device, transmission device, display system, program recording medium, display method, and display method
EP1443406A1 (en) INFORMATION DELIVERY APPARATUS&amp;comma; INFORMATION PROCESSING TERMINAL&amp;comma; EXTERNAL CONTENT STORAGE METHOD&amp;comma; EXTERNAL CONTENT OUTPUT METHOD&amp;comma; CONTENT DATA&amp;comma; OUTPUT CONTROL PROGRAM&amp;comma; AND INFORMATION DELIVERY SYSTEM
US20040201689A1 (en) Method and system for recording a history of an image file history
JP2003018523A (en) Information management system and method of managing information, imaging device and method of controlling the same, program, and storage medium
JP2005176136A (en) Image processor, image reproducing method, program and recording medium
US6771889B1 (en) Data storage based on serial numbers
JP5043390B2 (en) Image reproducing apparatus, program

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20130412

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20130419

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20130617

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20130705

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20130709

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees