JP2011211520A - Wimax communication system - Google Patents

Wimax communication system Download PDF

Info

Publication number
JP2011211520A
JP2011211520A JP2010077716A JP2010077716A JP2011211520A JP 2011211520 A JP2011211520 A JP 2011211520A JP 2010077716 A JP2010077716 A JP 2010077716A JP 2010077716 A JP2010077716 A JP 2010077716A JP 2011211520 A JP2011211520 A JP 2011211520A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
service flow
server
terminal
communication system
flow identifier
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2010077716A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP5390450B2 (en )
Inventor
Yusuke Doi
Katsuhiko Sato
Koichi Yagishita
Shigeji Yoshida
克彦 佐藤
成志 吉田
孝一 柳下
裕介 洞井
Original Assignee
Japan Radio Co Ltd
日本無線株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Images

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a Wimax communication system allowing a terminal to perform handover between different ASNs.SOLUTION: This Wimax communication system includes: a PF server 22 including a table T for defining a correspondence relationship with a service flow identifier being an identifier of a service flow generated between a base station 14b having a terminal 12b wirelessly connected thereto; and a plurality of ASNs 16 connected to the PF server 22. Here, the service flow identifier is allocated to the terminal 12b based on the table T and, when the terminal 12b wirelessly connected to the base station 14b is handed over to the a base station 14c, a service flow of a service flow identifier identical to the service flow identifier generated in the terminal 12b is generated in the terminal 12b even after the handover.

Description

本発明は、複数の端末に対する通信リソースを管理するPFサーバと、前記PFサーバと接続する複数のASNとを備えるWimax通信システムに関する。 The present invention relates to a Wimax communication system comprising a PF server for managing communication resources for a plurality of terminals, and a plurality of ASN connecting with the PF server.

次世代の高速移動体通信方式としてWiMAX(Worldwide Interoperability for Microwave Access)が国際的に注目を集め、このシステムの導入が開始されている。 WiMAX (Worldwide Interoperability for Microwave Access) is attracted international attention as next-generation high-speed mobile communication system, the introduction of this system has been started.

このWimax通信システム100は、図8に示されるようにASN(Access Service Network)102a、102bと、CSN(Connectivity Service Network)104とを備え、通信機能を有するコンピュータや携帯電話等である端末(MS)12a〜12dは、ASN102a、02bと接続して通信を行うことができる(非特許文献1、2参照)。 The Wimax communication system 100, ASN (Access Service Network) 102a as shown in FIG. 8, 102b and, CSN (Connectivity Service Network) and a 104, a computer or a cellular phone or the like having a communication function terminal (MS ) 12 a to 12 d are, ASN102a, can perform communication by connecting with 02b (see non-Patent documents 1 and 2).

ASN102aは、端末12a、12bと無線接続する基地局14a、14bと、QoS(Quality of Service)管理等を行うASNGW(Access Service Network-Gateway)106aとを備え、ASN102bもASN102aと同様に基地局14c、14dと、ASNGW106bとを備える。 ASN102a the terminal 12a, 12b and the base station 14a, 14b for wireless connection, QoS (Quality of Service) and a ASNGW (Access Service Network-Gateway) 106a for managing the like, ASN102b also ASN102a similarly to base station 14c includes a 14d, and ASNGW106b. CSN104は、PF(Policy Function)サーバ、AAA(Authentication Authorization Accounting)サーバ、DHCP(Dynamic Host Configuration Protocol)サーバを備える。 CSN104 includes a PF (Policy Function) server, AAA (Authentication Authorization Accounting) server, the DHCP (Dynamic Host Configuration Protocol) server.

Wimax通信システム100では、端末12aと基地局14a間、端末12bと基地局14b間、端末12cと基地局14c間、端末12dと基地局14d間のそれぞれにおいて、QoS特性の異なるサービスの流れに対応したコネクションであるサービスフロー(SF:Service Flow)が生成される。 In Wimax communication system 100, between the terminals 12a and the base station 14a, between the terminal 12b and the base station 14b, between the terminal 12c and the base station 14c, in each of between the terminal 12d and the base station 14d, corresponding to the flow of different services with QoS properties SF is a connection that is (SF: service flow) are generated. このサービスフローの識別子であるサービスフロー識別子(SFID:Service Flow Identifier)は、ASNGW106a、106bによって割り当てられ、ASNGW106a、106bの配下の端末12a、12b又は端末12c、12dに対しては、サービスフロー識別子が異なるサービスフローが生成される。 The service flow identifier and a service flow identifier (SFID: Service Flow Identifier) ​​is, ASNGW106a, assigned by 106b, ASNGW106a, terminal 12a of 106b subordinate, 12b or the terminal 12c, for the 12d, service flow identifier different service flow is generated. 従って、端末が移動し、無線接続先である基地局を変更するハンドオーバをする場合であっても、同一ASN内であれば、サービスフロー識別子の重複が起こらないので、ハンドオーバが問題なく行われる。 Therefore, the terminal moves, even in the case of a handover to change a base station is a wireless connection destination, if the same ASN, since duplication of service flow identifier does not occur, a handover is performed without problems.

しかしながら、ASNGW106aとASNGW106bとは、サービスフロー識別子に関する情報の交換を行っていないために、ASNGW106a、106b配下の異なる端末に対して、同一のサービスフロー識別子が割り当てられる場合がある。 However, the ASNGW106a and ASNGW106b, for not performing the exchange of information about the service flow identifier, which may ASNGW106a, for different terminals of subordinate 106b, the same service flow identifier is assigned. かかる場合には、端末12bが移動して、基地局14bからASN102aとは異なるASN102bの配下の基地局14cへとハンドーオーバしようとしても、端末12bと同一のサービスフロー識別子が端末12cに割り当てられていると、端末12bは基地局14cに対してネットワークエントリができず、結果としてハンドオーバが確立しない。 In such a case, the terminal 12b is moved, even if an attempt is hand over over to the base station 14c under different ASN102b the ASN102a from the base station 14b, the same service flow ID and the terminal 12b is assigned to the terminal 12c When the terminal 12b can not network entry to the base station 14c, the result handover is not established as.

また、上述のハンドオーバの問題を解決するために、ASNGW106aとASNGW106bとがサービスフロー識別子に関する情報交換を行うとすると、頻繁に情報交換をする必要が生じ、この情報交換のための処理を行うことにより、Wimax通信システム100の全体のパフォーマンスが低下するという問題がある。 In order to solve the handover problem described above, when the ASNGW106a and ASNGW106b is to exchange information about the service flow identifier, frequent need to occur to exchange information, by performing the processing for this information exchange , there is a problem that the overall performance of Wimax communication system 100 is reduced.

本発明は、上記の課題を考慮してなされたものであって、異なるASN間を端末がハンドオーバすることが可能なWimax通信システムを提供することを目的とする。 The present invention was made in view of the above problems, and an object thereof is to provide a Wimax communication system capable terminal between different ASN performs handover.

本発明に係るWimax通信システムは、複数の端末に対する通信リソースを管理し、前記各端末の識別符号と前記各端末が無線接続する基地局との間で生成されるサービスフローの識別子であるサービスフロー識別子との対応関係を定めるテーブルを有するPFサーバと、前記PFサーバと接続する複数のASN(Access Service Network)とを備え、前記サービスフロー識別子は、前記テーブルに基づいて、前記各端末毎に割り当てられ、一のASN内の基地局に無線接続していた前記端末が、他のASN内の基地局へハンドオーバした場合に、前記端末に生成されていたサービスフロー識別子と同一のサービスフロー識別子のサービスフローがハンドオーバ後にも前記端末に生成されることを特徴とする。 Wimax communication system according to the present invention manages the communication resources for a plurality of terminals, said service flow identification code and the respective terminal of each terminal is a service flow identifier that is created between the base station for radio connection with a PF server having a table defining the correspondence between the identifier and a plurality of ASN (Access service Network) that connects to the PF server, the service flow identifier, in accordance with the table, assigned the each terminal is, the terminal which has been wirelessly connected to the base station in one ASN is, when handover to the base station in another ASN, service flow identifier and same service flow identifier that has been generated to the terminal service flow is characterized in that even after the handover is generated to the terminal.

前記Wimax通信システムにおいて、前記識別符号はユーザアカウントであることを特徴とする。 In the Wimax communication system, wherein the identification code is a user account.

また、前記Wimax通信システムにおいて、前記識別符号はMACアドレスであることを特徴とする。 Further, in the Wimax communication system, wherein the identification code is a MAC address.

本発明のWimax通信システムによれば、PFサーバがテーブルを備え、テーブルを参照して、認証ユーザアカウント毎に異なるサービスフロー識別子を割り当てることにより、同一のサービスフロー識別子であるサービスフローが生成されるのを防ぐことができる。 According to Wimax communication system of the present invention, PF server comprises a table, by referring to the table, by assigning different service flow identifier for each authenticated user account, the service flow is created the same service flow identifier it is possible to prevent the. これにより、Wimax通信システムの全体のパフォーマンスを低下することなく、端末は、異なるASNを跨ぐハンドーオーバを確立することができる。 Thus, without reducing the overall performance of Wimax communication system, the terminal may establish a hand over over across different ASN. また、テーブルにおいて、認証ユーザアカウントと、サービスフロー識別子との関係を規定することにより、ユーザが複数台の端末を有する場合であっても、サービスフローを一元的に管理することができる。 Further, in the table, by defining the authenticated user accounts, the relationship between service flow identifier, even if the user has a plurality of terminals, it is possible to centrally manage the service flow.

本発明の第1実施形態に係るWimax通信システムの説明図である。 It is an illustration of a Wimax communication system according to a first embodiment of the present invention. PFサーバが備えるテーブルの説明図である。 PF is an explanatory diagram of a table that the server provided. サービスフロー識別子の割り当て手順についての説明図である。 It is an illustration of the procedure of allocation service flow identifier. 本発明の第2実施形態に係るWimaxローミング通信システムの説明図である。 It is an illustration of a Wimax roaming communication system according to a second embodiment of the present invention. 本発明の第2実施形態におけるサービスフロー識別子の割り当て手順についての説明図である。 It is an illustration of the allocation procedure of the service flow identifier according to the second embodiment of the present invention. 本発明の第3実施形態に係るWimaxローミング通信システムの説明図である。 It is an illustration of a Wimax roaming communication system according to a third embodiment of the present invention. 本発明の第3実施形態におけるサービスフロー識別子の割り当て手順についての説明図である。 It is an illustration of the allocation procedure of the service flow identifier in a third embodiment of the present invention. 従来の一般的なWimax通信システムの説明図である。 It is an explanatory view of a conventional general Wimax communication system.

以下、本発明の実施形態について図面を参照して説明する。 It will be described below with reference to the accompanying drawings, embodiments of the present invention. 図1は、本発明の第1実施形態に係るWimax通信システムの説明図であり、図2は、PFサーバ22が備えるテーブルTの説明図であり、図3は、サービスフロー識別子の割り当て手順についての説明図である。 Figure 1 is an explanatory diagram of a Wimax communication system according to a first embodiment of the present invention, FIG. 2 is an explanatory view of a table T PF server 22 comprises, Fig. 3, the procedure of allocation service flow identifier it is an illustration of. なお、図8に示したWimax通信システム100と同一の構成要素には同一の符号を付し、その詳細な説明を省略する。 The same symbols are given to the same components as Wimax communication system 100 shown in FIG. 8, a detailed description thereof is omitted.

Wimax通信システム10は、ASN16a、16bと、CSN18とを備える。 Wimax communication system 10 includes ASN16a, and 16b, and the CSN18.

ASN16aは、端末12aと無線接続する基地局14aと、端末12bと無線接続する基地局14bと、QoSの管理等を行うASNGW20aとを備える。 ASN16a comprises a base station 14a to the connection terminal 12a and the radio, the base station 14b which connects the terminal 12b and the radio, and a ASNGW20a performing management of QoS. また、ASN16bは、ASN16aと同様の構成であって、基地局14c、14dと、ASNGW20bとを備える。 Further, ASN16b includes a similar configuration as the ASN16a, the base station 14c, and 14d, and a ASNGW20b.

CSN18は、端末に対する通信リソースを管理するPFサーバ22と、端末の認証や課金情報の収集・管理を行うAAAサーバ24と、端末へIPアドレスを割り当て、管理をするDHCPサーバ26とを備える。 CSN18 includes a PF server 22 for managing communication resources for the terminal, the AAA server 24 for collecting and managing authentication and billing information of the terminal, assign an IP address to the terminal, a DHCP server 26 for management. PFサーバ22は、図2に示す、端末の識別符号であって、ユーザ名とパスワードとからなる認証ユーザアカウントと、前記認証ユーザアカウントに対して割り当てられるサービスフロー識別子(SFID)との関係を規定するテーブルTを備える。 PF server 22 shown in FIG. 2, an identification code of the terminal, defining an authentication user account composed of a user name and password, the relation between the service flow identifier assigned to the authentication user account (SFID) equipped with a table T to be.

次に、端末12bに対するサービスフロー識別子の割り当てについて説明する。 It will now be described assignment of the service flow identifier to the terminal 12b. なお、端末12a、12c、12dに対するサービスフロー識別子の割り当ても同様に行われる。 The terminal 12a, 12c, assignment of a service flow identifier for 12d is also performed similarly.

端末12bに対するサービスフロー識別子の割り当ては、基地局14bの配下としてネットワークエントリされる過程において行われる。 Assignment of service flow identifier to the terminal 12b is performed in the process of being network entry as under the base station 14b. 端末12bがAAAサーバ24において認証を受けるために、「Calling Station Id」(MACアドレス)及び認証ユーザアカウントを含めたメッセージ「Radius Access Request」が、基地局14bを介してASNGW20aからAAAサーバ24に送信される(ステップS1)。 For terminal 12b authenticates the AAA server 24, "Calling Station Id" (MAC address) and authentication user account message including "Radius Access Request" is sent from ASNGW20a via the base station 14b to the AAA server 24 It is (step S1).

AAAサーバ24は、受信したメッセージ「Radius Access Request」内の「Calling Station Id」と認証ユーザアカウントとの少なくともいずれか一方に基づいて、端末12bの認証の可否を行う。 AAA server 24, the received message based on at least one of the authenticated user account "Calling Station Id" of "Radius Access Request" within performed whether the authentication of the terminal 12b. AAAサーバ24は、端末12bを認証した場合には、PFサーバ22に対して、認証ユーザアカウントとともにQoSプロファイルの提供を求めるためのメッセージ「Request」を送信する(ステップS2)。 AAA server 24, when authenticating the terminal 12b, to the PF server 22 sends a message "Request" for determining the provided QoS profile with the authentication user account (step S2).

PFサーバ22は、受信した認証ユーザアカウントをテーブルTと照合して、サービスフロー識別子を決定し、決定したサービスフロー識別子とともに、求められたQoSプロファイルをAAAサーバ24に送信する(ステップS3)。 PF server 22 collates the authentication user account with the received table T, to determine the service flow identifier, determined with service flow identifier, and transmits the QoS profile obtained to the AAA server 24 (step S3). 例えば、端末12bの認証ユーザアカウントが「X1」の場合には、サービスフロー識別子として「SFID1」が割り当てられ、QoSプロファイルととものにAAAサーバ24に送信される。 For example, if the authenticated user account of the terminal 12b is "X1", the "SFID1" is assigned as the service flow identifier, is sent to the AAA server 24 to the QoS profile and preparative those.

AAAサーバ24は、受信したサービスフロー識別子及びQoSプロファイルとともにRadius認証パケットである「Radius Access Accept」をASNGW20aに送信し、ASNGW20aは、メッセージ「EAP」を抽出して基地局14bに送信する(ステップS4)。 AAA server 24 transmits together with the service flow identifier and the QoS profile received a Radius authentication packet to "Radius Access Accept" to ASNGW20a, ASNGW20a, and transmits the extracted message "EAP" to the base station 14b (step S4 ).

基地局14bは、受信したメッセージ「EAP」に基づいて、端末12bとの間でサービスフローを生成する。 The base station 14b based on the message "EAP" received, it generates a service flow with the terminal 12b. 端末12bは、基地局14bから基地局14cにハンドオーバした場合であっても、端末12bに割り当てられるサービスフロー識別子が他の端末に割り当てられることがないので、ハンドオーバを確立することができる。 Terminal 12b, even when the handover to the base station 14c from a base station 14b, since no service flow identifier assigned to the terminal 12b is assigned to another terminal, it is possible to establish a handover.

Wimax通信システム10では、PFサーバ22がテーブルTを備え、テーブルTを参照して、認証ユーザアカウント毎に異なるサービスフロー識別子を割り当てることにより、同一のサービスフロー識別子であるサービスフローが生成されるのを防ぐことができる。 In Wimax communication system 10 includes a PF server 22 table T, with reference to the table T, by assigning authentication user account different service flow identifier for each, the service flow is created the same service flow identifier it is possible to prevent. これにより、Wimax通信システム10の全体のパフォーマンスを低下することなく、端末12bは、ASN16aからASN16bへと、異なるASNを跨ぐハンドーオーバを確立することができる。 Thus, without reducing the overall performance of Wimax communication system 10, the terminal 12b may be established to ASN16b from ASN16a, a hand over over across different ASN.

また、テーブルTにおいて、認証ユーザアカウントと、サービスフロー識別子との関係を規定することにより、ユーザが複数台の端末を有する場合であっても、サービスフローを一元的に管理することができる。 Further, in the table T, by defining the authenticated user accounts, the relationship between service flow identifier, even if the user has a plurality of terminals, it is possible to centrally manage the service flow.

<ローミングサービスにおけるSFID割り当て(1)> <SFID assigned in roaming service (1)>
次に、本発明の第2実施形態について図面を参照して説明する。 Next, will be described with reference to the drawings a second embodiment of the present invention. 図4は、本発明の第2実施形態に係るWimaxローミング通信システム30の説明図であり、図5は、サービスフロー識別子の割り当て手順についての説明図である。 Figure 4 is an explanatory view of a Wimax roaming communication system 30 according to a second embodiment of the present invention, FIG. 5 is an explanatory view of the assignment procedure of the service flow identifier. なお、図1、図8に示したWimax通信システム10、100と同一の構成要素には同一の符号を付し、その詳細な説明を省略する。 Incidentally, FIG. 1, the same symbols are assigned to the same components as Wimax communication system 10, 100 shown in FIG. 8, a detailed description thereof is omitted.

Wimaxローミング通信システム30は、ASN16a、16bと、CSN32、34、広域通信網36とを備える。 Wimax roaming communication system 30 includes ASN16a, and 16b, CSN32,34, a wide area network 36.

CSN32は、VisitedPFサーバ38と、VisitedAAAサーバ40と、VisitedDHCPサーバ42とを備え、CSN34は、HomePFサーバ44と、HomeAAAサーバ46と、HomeDHCPサーバ48とを備える。 CSN32 includes a VisitedPF server 38, and VisitedAAA server 40, and a VisitedDHCP server 42, CSN34 includes a HomePF server 44, and HomeAAA server 46, and a HomeDHCP server 48.

VisitedPFサーバ38は、PFサーバ22と同様のテーブルTを備え、PFサーバ22のテーブルTの規定内容に加えて、ローミングサービスによる通信を求める各端末に対して割り当てるためのサービスフロー識別子も規定されている。 VisitedPF server 38 is provided with the same table T and PF server 22, in addition to the definitions of the table T of the PF server 22, also a service flow identifier for allocating to each terminal to determine the communication by roaming service is defined there.

VisitedAAAサーバ40は、端末の認証や課金情報の収集・管理を行うサーバであって、後述する「Radius Access Request」内の認証レルム(realm)に基づいて、端末が契約するネットワークサービスプロバイダを判断する機能を備える。 VisitedAAA server 40 is a server for the collection and management of authentication and billing information of the terminal, based on the authentication realm in the "Radius Access Request", which will be described later (realm), to determine the network service provider terminal contract a function. また、端末が、VisitedAAAサーバ40が構成するネットワークサービスプロバイダのシステム以外のネットワークサービスプロバイダと契約していると判断した場合に、その旨をVisitedPFサーバ38に通知する機能を備えるとともに、前記端末の認証先のAAAサーバリストを備える。 Further, the terminal, if it is determined that the VisitedAAA server 40 has a contract with the system other than the network service provider of the network service provider to configure, with a function of notifying the VisitedPF server 38, authentication of the terminal It provided with a previous AAA server list.

VisitedDHCPサーバ42とHomeDHCPサーバ48とは、DHCPサーバ26と同一の構成である。 The VisitedDHCP server 42 and HomeDHCP server 48, the same configuration as the DHCP server 26. HomePFサーバ44は、端末に対する通信リソースを管理するサーバではあるが、PFサーバ22と異なりテーブルTを備えない。 HomePF server 44, albeit at the server manages the communication resources for the terminal, without a table T unlike PF server 22. HomeAAAサーバ46は、AAAサーバ24と同一の構成である。 HomeAAA server 46 has the same construction as the AAA server 24.

Wimaxローミング通信システム30は、ASN16aとCSN32とから構成されるVisitedWimax通信システムV1(他のWiMAX通信システム)と、ASN16bとCSN34とから構成されるHomeWimax通信システムH1(一のWiMAX通信システム)とから構成される。 Wimax roaming communication system 30, to consist of ASN16a and CSN32 Metropolitan VisitedWimax communication system V1 (other WiMAX communication system), since ASN16b and consists Metropolitan CSN34 HomeWimax communication system H1 and (one WiMAX communication system) Configuration It is. VisitedWimax通信システムV1と、HomeWimax通信システムH1とは異なるネットワークサービスプロバイダが所有する。 And VisitedWimax communication system V1, the network service provider owned different from the HomeWimax communication system H1. CSN32とCSN34とは、インターネット等で構成される広域通信網36を介して接続されている。 CSN32 and CSN34 are connected via a configured wide area network 36 such as the Internet.

次に、HomeWimax通信システムH1のネットワークサービスプロバイダと契約している端末12cが、契約していないネットワークサービスプロバイダのVisitedWimax通信システムV1を利用して通信する、いわゆるローミングサービスによる通信をする場合における端末12cに対するサービスフロー識別子の割り当てについて説明する。 Next, the terminal 12c when the terminal 12c that has contracted with the network service provider HomeWimax communication system H1 is, to communicate using VisitedWimax communication system V1 of the network service provider that is not contracted, for communication by a so-called roaming service It explained assignment of service flow identifiers for. なお、端末12dがローミングサービスによる通信をする場合のサービスフロー識別子の割り当てについても同様に行われる。 Incidentally, it carried out in the same manner for the assignment of a service flow identifier when the terminal 12d to the communication by roaming service.

端末12cに対するサービスフロー識別子の割り当ては、基地局14bの配下としてネットワークエントリされる過程において行われる。 Assignment of service flow identifier for the terminal 12c is performed in the process of being network entry as under the base station 14b. 端末12cがHomeAAAサーバ46において認証を受けるために、「Calling Station Id」及び認証ユーザアカウントを含めたメッセージ「Radius Access Request」が、基地局14bを介してASNGW20aからVisitedAAAサーバ40に送信される(ステップS11)。 For terminal 12c authenticates the HomeAAA server 46, "Calling Station Id" and authenticate user accounts message including "Radius Access Request" is sent to the VisitedAAA server 40 from ASNGW20a via the base station 14b (step S11).

VisitedAAAサーバ40は、メッセージ「Radius Access Request」内の認証レルムから契約先であるネットワークサービスプロバイダを特定し、端末12cはHomeWimax通信システムH1のネットワークサービスプロバイダと契約している旨をメッセージ「Request」としてVisitedPFサーバ38に送信する(ステップS12)。 VisitedAAA server 40 identifies the network service provider is a contractor from the authentication realm in a message "Radius Access Request", the fact terminal 12c is a subscriber of the network service provider HomeWimax communication system H1 as the message "Request" VisitedPF to the server 38 (step S12). また、VisitedAAAサーバ40は、前記認証レルムから端末12cの認証先であるHomeAAAサーバ46を特定し、HomeAAAサーバ46にメッセージ「Radius Access Request」を転送する(ステップS13)。 Further, VisitedAAA server 40 identifies the HomeAAA server 46 is an authentication destination terminal 12c from the authentication realm, forwards the message "Radius Access Request" to the HomeAAA server 46 (step S13).

VisitedPFサーバ38は、受信したメッセージ「Request」をテーブルTと照合して、サービスフロー識別子を決定し、決定したサービスフロー識別子とともに、求められたQoSプロファイルをVisitedAAAサーバ40に送信する(ステップS14)。 VisitedPF server 38 collates the received message "Request" and table T, and determines a service flow identifier, determined with service flow identifier, and transmits the QoS profile sought VisitedAAA server 40 (step S14).

HomeAAAサーバ46は、受信したメッセージ「Radius Access Request」内の「Calling Station Id」と認証ユーザアカウントとの少なくともいずれか一方に基づいて、端末12cの認証の可否を行う。 HomeAAA server 46, the received message based on at least one of the authenticated user account "Calling Station Id" of "Radius Access Request" within performed whether the authentication of the terminal 12c. HomeAAAサーバ46は、端末12cを認証した場合にはRadius認証パケット「Radius Access Accept」をVisitedAAAサーバ40に送信する(ステップS15)。 HomeAAA server 46 transmits Radius authentication packet to "Radius Access Accept" to VisitedAAA server 40 when authenticating the terminal 12c (step S15).

VisitedAAAサーバ40は、HomeAAAサーバ46から前記「Radius Access Accept」を受信した場合には、VisitedPFサーバ38から受信したサービスフロー識別子及びQoSプロファイルを前記「Radius Access Accept」とともにASNGW20aに送信し、ASNGW20aは、メッセージ「EAP」を抽出して基地局14bに送信する(ステップS16)。 VisitedAAA server 40, upon receiving the "Radius Access Accept 'from HomeAAA server 46 transmits the service flow identifier and the QoS profiles received from VisitedPF server 38 to ASNGW20a with the" Radius Access Accept ", ASNGW20a is extracting a message "EAP" transmitted to the base station 14b (step S16).

基地局14bは、受信したメッセージ「EAP」に基づいて、端末12cとの間でサービスフローを生成する。 The base station 14b based on the message "EAP" received, generates a service flow with the terminal 12c.

なお、VisitedAAAサーバ40は、HomeAAAサーバ46からメッセージ「Radius Access Reject」を受信した場合には、VisitedPFサーバ38から受信したサービスフロー識別子及びQoSプロファイルを破棄する。 Incidentally, VisitedAAA server 40, when receiving the message "Radius Access Reject 'from HomeAAA server 46 discards the service flow identifier and the QoS profiles received from VisitedPF server 38.

Wimaxローミング通信システム30では、VisitedPFサーバ38がテーブルTを備え、テーブルTを参照して、認証ユーザアカウント毎にサービスフロー識別子を割り当てることにより、ローミングサービスにおける通信において、同一のサービスフロー識別子であるサービスフローが生成されるのを防ぐことができる。 In Wimax roaming communication system 30 includes a VisitedPF server 38 table T, with reference to the table T, by assigning a service flow identifier for each authenticated user accounts, the communications in roaming service, the same service flow identifier Services it is possible to prevent the flow is generated.

<ローミングサービスにおけるSFID割り当て(2)> <SFID assigned in roaming service (2)>
次に、本発明の第3実施形態について図面を参照して説明する。 It will now be described with reference to the drawings, a third embodiment of the present invention. 図6は、本発明の第3実施形態に係るWimaxローミング通信システム50の説明図であり、図7は、サービスフロー識別子の割り当て手順についての説明図である。 Figure 6 is an explanatory view of a Wimax roaming communication system 50 according to a third embodiment of the present invention, FIG. 7 is an explanatory view of the assignment procedure of the service flow identifier. なお、図1、図4、図8に示したWimax通信システム10、30、100と同一の構成要素には同一の符号を付し、その詳細な説明を省略する。 Incidentally, FIG. 1, FIG. 4, the same symbols are assigned to the same components as Wimax communication system 10, 30, 100 shown in FIG. 8, a detailed description thereof is omitted.

Wimaxローミング通信システム50は、ASN16a、16bと、CSN52と、CSN54と、広域通信網36とを備える。 Wimax roaming communication system 50 includes ASN16a, and 16b, and CSN52, and CSN54, a wide area network 36.

CSN52は、VisitedPFサーバ58と、VisitedAAAサーバ60と、VisitedDHCPサーバ62とを備え、CSN54は、HomePFサーバ64と、HomeAAAサーバ66、HomeDHCPサーバ68とを備える。 CSN52 includes a VisitedPF server 58, and VisitedAAA server 60, and a VisitedDHCP server 62, CSN54 includes a HomePF server 64, and a HomeAAA server 66, HomeDHCP server 68.

VisitedPFサーバ58は、端末に対する通信リソースを管理するサーバであるが、PFサーバ22と異なりテーブルTを備えていない。 VisitedPF server 58 is a server for managing communication resources for the terminal, it does not have a table T unlike PF server 22.

VisitedAAAサーバ60は、VisitedAAAサーバ40と同様のサーバであるが、端末が、VisitedAAAサーバ40が構成するネットワークサービスプロバイダのシステム以外のネットワークサービスプロバイダと契約していると判断した場合に、VisitedPFサーバ38に対してメッセージ「Request」を送信する機能を備えてなくてもよい。 VisitedAAA server 60 is the same server as the VisitedAAA server 40, if the terminal determines that VisitedAAA server 40 has a contract with the system other than the network service provider of the network service provider to configure and VisitedPF server 38 it may or may not include the ability to send a message "Request" for.

VisitedDHCPサーバ62とHomeDHCPサーバ68とは、DHCPサーバ26と同一の構成である。 VisitedDHCP The server 62 and the HomeDHCP server 68, the same configuration as the DHCP server 26. HomePFサーバ64は、PFサーバ22と同様のテーブルTを備え、PFサーバ22のテーブルTの規定内容に加えて、ローミングサービスによる通信を求める各端末に対して割り当てるためのサービスフロー識別子も規定されている。 HomePF server 64 is provided with the same table T and PF server 22, in addition to the definitions of the table T of the PF server 22, also a service flow identifier for allocating to each terminal to determine the communication by roaming service is defined there. なお、テーブルTは、ASN16aのASNGW20aで割り当てられるサービスフロー識別子と重複しないように規定される。 Incidentally, the table T is defined so as not to overlap with the service flow identifier allocated in ASNGW20a of ASN16a. HomeAAAサーバ66は、VisitedAAAサーバ40と同一構成のサーバである。 HomeAAA server 66 is a server VisitedAAA server 40 the same configuration.

また、Wimaxローミング通信システム50では、ASN16aとCSN52とから構成されるVisitedWimax通信システムV2(他のWiMAX通信システム)と、ASN16bとCSN54とから構成されるHomeWimax通信システムH2(一のWiMAX通信システム)とから構成される。 Further, the Wimax roaming communication system 50, and VisitedWimax communication system V2 consists ASN16a and CSN52 Metropolitan (other WiMAX communication system), HomeWimax communication system H2 consists ASN16b and CSN54 Metropolitan and (one WiMAX communication system) It consists of. VisitedWimax通信システムV2と、HomeWimax通信システムH2とは異なるネットワークサービスプロバイダが所有する。 And VisitedWimax communication system V2, the network service provider owned different from the HomeWimax communication system H2. CSN52とCSN54とは、広域通信網36を介して接続されている。 CSN52 and CSN54 are connected via a wide area network 36.

次に、HomeWimax通信システムH2のネットワークサービスプロバイダと契約している端末12cが、契約していないネットワークサービスプロバイダのVisitedWimax通信システムV2を利用して通信する場合における端末12cに対するサービスフロー識別子の割り当てについて説明する。 Next, the terminal 12c that has contracted with the network service provider HomeWimax communication system H2 is, the assignment of a service flow identifier for the terminal 12c in a case of communication using VisitedWimax communication system V2 network service providers that do not contract described to. なお、端末12dがローミングサービスによる通信をする場合のサービスフロー識別子の割り当てについても同様に行われる。 Incidentally, it carried out in the same manner for the assignment of a service flow identifier when the terminal 12d to the communication by roaming service.

端末12cに対するサービスフロー識別子の割り当ては、基地局14bの配下としてネットワークエントリされる過程において行われる。 Assignment of service flow identifier for the terminal 12c is performed in the process of being network entry as under the base station 14b. 端末12cが、HomeAAAサーバ46において、認証を受けるために、「Calling Station Id」及び認証ユーザアカウントを含めたメッセージ「Radius Access Request」が、基地局14bを介してASNGW20aからVisitedAAAサーバ60に送信される(ステップS21)。 Terminal 12c is in HomeAAA server 46, is transmitted to authenticated, "Calling Station Id" and authenticate user accounts message including "Radius Access Request" is from ASNGW20a to VisitedAAA server 60 via the base station 14b (step S21).

VisitedAAAサーバ60は、メッセージ「Radius Access Request」内の認証レルムから契約先であるネットワークサービスプロバイダを特定し、端末12cの認証先であるHomeAAAサーバ66を特定し、HomeAAAサーバ66にメッセージ「Radius Access Request」を転送する(ステップS22)。 VisitedAAA server 60 identifies the network service provider is a contractor from the authentication realm in a message "Radius Access Request" to identify HomeAAA server 66 is an authentication destination terminal 12c, the message "Radius Access Request to HomeAAA server 66 to transfer "(step S22).

HomeAAAサーバ66は、受信したメッセージ「Radius Access Request」内の「Calling Station Id」と認証ユーザアカウントとの少なくともいずれか一方に基づいて、端末12cの認証の可否を行う。 HomeAAA server 66, the received message based on at least one of the authenticated user account "Calling Station Id" of "Radius Access Request" within performed whether the authentication of the terminal 12c. HomeAAAサーバ66は、端末12cを認証した場合にはメッセージ「Request」をHomePFサーバ64に送信する(ステップS23)。 HomeAAA server 66, when it is authenticated terminal 12c sends a message "Request" to HomePF server 64 (step S23).

HomePFサーバ64は、受信したメッセージ「Request」をテーブルTと照合して、サービスフロー識別子を決定し、決定したサービスフロー識別子とともに、求められたQoSプロファイルをHomeAAAサーバ66に送信する(ステップS24)。 HomePF server 64 collates the received message "Request" and table T, and determines a service flow identifier, determined with service flow identifier, and transmits the QoS profile sought HomeAAA server 66 (step S24).

HomeAAAサーバ66は、受信したサービスフロー識別子及びQoSプロファイルとともにRadius認証パケット「Radius Access Accept」をVisitedAAAサーバ60に送信する(ステップS25)。 HomeAAA server 66 transmits Radius authentication packet to "Radius Access Accept" to VisitedAAA server 60 with the service flow identifier and the QoS profile received (step S25).

VisitedAAAサーバ60は、受信したサービスフロー識別子、QoSプロファイル及び前記「Radius Access Accept」をASNGW20aに送信し、ASNGW20aは、メッセージ「EAP」を抽出して基地局14bに送信する(ステップS26)。 VisitedAAA server 60 transmits service flow identifier received, the QoS profile and the "Radius Access Accept" to ASNGW20a, ASNGW20a, and transmits the extracted message "EAP" to the base station 14b (step S26).

基地局14bは、受信したメッセージ「EAP」に基づいて、端末12bとの間でサービスフローを生成する。 The base station 14b based on the message "EAP" received, it generates a service flow with the terminal 12b.

Wimaxローミング通信システム50では、HomePFサーバ64がテーブルTを備え、テーブルTを参照して、認証ユーザアカウント毎にサービスフロー識別子を割り当てることにより、ローミングサービスにおける通信において、同一のサービスフロー識別子であるサービスフローが生成されるのを防ぐことができる。 In Wimax roaming communication system 50 includes a HomePF server 64 is a table T, with reference to the table T, by assigning a service flow identifier for each authenticated user accounts, the communications in roaming service, the same service flow identifier Services it is possible to prevent the flow is generated.

なお、本発明は、上述の実施形態に限らず、本発明の要旨を逸脱することなく、種々の構成を採り得ることはもちろんである。 The present invention is not limited to the above embodiments without departing from the gist of the present invention, it is should be understood that various configurations.

例えば、テーブルTは、認証ユーザアカウントと、前記認証ユーザアカウントに対して割り当てられるサービスフロー識別子との関係を規定しているが、端末を特定できる識別符号であれば、これに限定されるものではなく、端末のMACアドレスであってもよい。 For example, table T, the authenticated user accounts, defines the relationship between service flow identifier assigned to the authenticated user account, if an identification code which can identify the terminal, intended to be limited to this rather, it may be a MAC address of the terminal.

10、100…Wimax通信システム12a〜12d…端末14a〜14d…基地局16a、16b…ASN 10, 100 ... Wimax communication system 12 a to 12 d ... terminal 14a to 14d ... base station 16a, 16b ... ASN
18、32、34、52、54…CSN 18,32,34,52,54 ... CSN
20a、20b…ASNGW 20a, 20b ... ASNGW
22…PFサーバ24…AAAサーバ26…DHCPサーバ30、50…Wimaxローミング通信システム36…広域通信網38、58…VisitedPFサーバ40、60…VisitedAAAサーバ42、62…VisitedDHCPサーバ44、64…HomePFサーバ46、66…HomeAAAサーバ48、68…HomeDHCPサーバT…テーブルH1、H2…HomeWimax通信システムV1、V2…VisitedWimax通信システム 22 ... PF server 24 ... AAA server 26 ... DHCP server 30, 50 ... Wimax roaming communication system 36 ... wide area network 38, 58 ... VisitedPF server 40, 60 ... VisitedAAA server 42, 62 ... VisitedDHCP server 44, 64 ... HomePF server 46 , 66 ... HomeAAA server 48,68 ... HomeDHCP server T ... table H1, H2 ... HomeWimax communication system V1, V2 ... VisitedWimax communication system

Claims (3)

  1. 複数の端末に対する通信リソースを管理し、前記各端末の識別符号と前記各端末が無線接続する基地局との間で生成されるサービスフローの識別子であるサービスフロー識別子との対応関係を定めるテーブルを有するPFサーバと、 Manages communication resources for a plurality of terminals, said table defining a correspondence relation between the service flow identifier, a service flow identifier that is created between a base station identification code and the respective terminals of each terminal wirelessly connected and the PF server having,
    前記PFサーバと接続する複数のASN(Access Service Network)とを備え、 And a plurality of ASN (Access Service Network) that connects to the PF server,
    前記サービスフロー識別子は、前記テーブルに基づいて、前記各端末毎に割り当てられ、 The service flow identifier, in accordance with the table, assigned the each terminal,
    一のASN内の基地局に無線接続していた前記端末が、他のASN内の基地局へハンドオーバした場合に、前記端末に生成されていたサービスフロー識別子と同一のサービスフロー識別子のサービスフローがハンドオーバ後にも前記端末に生成される ことを特徴とするWimax通信システム。 The terminal that has a wireless connection to a base station in one ASN is, when handover to the base station in another ASN, service flow of the same service flow ID and a service flow identifier that has been generated to the terminal Wimax communication system characterized in that it is produced in the terminal even after the handover.
  2. 請求項1記載のWimax通信システムにおいて、 In Wimax communication system according to claim 1,
    前記識別符号は、ユーザアカウントである ことを特徴とするWimax通信システム。 The identification code, Wimax communication system, which is a user account.
  3. 請求項1記載のWimax通信システムにおいて、 In Wimax communication system according to claim 1,
    前記識別符号は、MACアドレスである ことを特徴とするWimax通信システム。 The identification code, Wimax communication system, which is a MAC address.
JP2010077716A 2010-03-30 2010-03-30 Wimax communication system Active JP5390450B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2010077716A JP5390450B2 (en) 2010-03-30 2010-03-30 Wimax communication system

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2010077716A JP5390450B2 (en) 2010-03-30 2010-03-30 Wimax communication system

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2011211520A true true JP2011211520A (en) 2011-10-20
JP5390450B2 JP5390450B2 (en) 2014-01-15

Family

ID=44942112

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2010077716A Active JP5390450B2 (en) 2010-03-30 2010-03-30 Wimax communication system

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP5390450B2 (en)

Citations (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2009513078A (en) * 2005-10-20 2009-03-26 スターレント ネットワークス コーポレイション Policy enforcement point interface system and method
JP2009514465A (en) * 2005-11-03 2009-04-02 ▲ホア▼▲ウェイ▼技術有限公司 Method and system for allocating an SFID in a WiMAX network
WO2009069951A2 (en) * 2007-11-30 2009-06-04 Posdata Co., Ltd. Apparatus and method for supporting mcbcs proxy selection for mcbcs and macro diversity in wireless communication system
JP2009124684A (en) * 2007-10-26 2009-06-04 Hitachi Communication Technologies Ltd Communication system, and gateway apparatus
JP2009153042A (en) * 2007-12-21 2009-07-09 Japan Radio Co Ltd Wimaxgw base station apparatus and wimax handover control system
JP2010057116A (en) * 2008-08-29 2010-03-11 Fujitsu Ltd Base station unit, service flow establishment program, and service flow establishment method

Patent Citations (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2009513078A (en) * 2005-10-20 2009-03-26 スターレント ネットワークス コーポレイション Policy enforcement point interface system and method
JP2009514465A (en) * 2005-11-03 2009-04-02 ▲ホア▼▲ウェイ▼技術有限公司 Method and system for allocating an SFID in a WiMAX network
JP2009124684A (en) * 2007-10-26 2009-06-04 Hitachi Communication Technologies Ltd Communication system, and gateway apparatus
WO2009069951A2 (en) * 2007-11-30 2009-06-04 Posdata Co., Ltd. Apparatus and method for supporting mcbcs proxy selection for mcbcs and macro diversity in wireless communication system
JP2009153042A (en) * 2007-12-21 2009-07-09 Japan Radio Co Ltd Wimaxgw base station apparatus and wimax handover control system
JP2010057116A (en) * 2008-08-29 2010-03-11 Fujitsu Ltd Base station unit, service flow establishment program, and service flow establishment method

Also Published As

Publication number Publication date Type
JP5390450B2 (en) 2014-01-15 grant

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6769000B1 (en) Unified directory services architecture for an IP mobility architecture framework
US8520615B2 (en) Breakout gateway for mobile data traffic
US6553219B1 (en) Mobile internet access system and method mapping mobile to internet service provider
US7079499B1 (en) Internet protocol mobility architecture framework
US20060182061A1 (en) Interworking between wireless WAN and other networks
US20040066769A1 (en) Method and system for establishing a connection via an access network
US20060209768A1 (en) Service in wlan inter-working, address management system, and method
US20020145993A1 (en) Discovering an address of a name server
US20040153525A1 (en) System and method for control of packet data serving node selection in a mobile internet protocol network
US20100325714A1 (en) System and method for providing mobility in a network environment
US20120044914A1 (en) System and method for wi-fi roaming
US7356339B2 (en) Method and apparatus for allocating an Unicast Access Terminal Identifier according to an access terminal&#39;s movement to subnet in a high-speed data dedicated system
US6636491B1 (en) Access control method for a mobile communications system
US20080080408A1 (en) Method for implementing broadcast/multicast area management in a wireless communication system
US20120044862A1 (en) System and method for maintaining a communication session
US20060268802A1 (en) Mechanism to enable discovery of link/network features in WLAN networks
US20130242754A1 (en) Evolved packet core (epc) network error mapping
US20070025298A1 (en) Method and system for providing roaming service in mobile communication system
US20130288644A1 (en) Non-mobile authentication for mobile network gateway connectivity
JP2001169341A (en) System and method of mobile communication service, authentication system and home agent unit
CN1744761A (en) Method for sharing wireless accessing net by multi operators
CN101150594A (en) An integrated access method and system for mobile cellular network and WLAN
US20130139221A1 (en) Web Authentication Support for Proxy Mobile IP
US20120230193A1 (en) Method and system of intelligently load balancing of Wi-Fi access point apparatus in a wlan
WO2014020237A1 (en) Method and system for communication in different networks

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20130228

TRDD Decision of grant or rejection written
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20130911

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20131001

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20131010