JP2011197804A - Program, method and apparatus for analyzing load - Google Patents

Program, method and apparatus for analyzing load Download PDF

Info

Publication number
JP2011197804A
JP2011197804A JP2010061407A JP2010061407A JP2011197804A JP 2011197804 A JP2011197804 A JP 2011197804A JP 2010061407 A JP2010061407 A JP 2010061407A JP 2010061407 A JP2010061407 A JP 2010061407A JP 2011197804 A JP2011197804 A JP 2011197804A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
load
access
logical volume
storage
time
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Ceased
Application number
JP2010061407A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Tatsuo Kumano
Yasuo Noguchi
Kazuichi Oe
Kazutaka Ogiwara
Masatoshi Tamura
和一 大江
達夫 熊野
雅寿 田村
一隆 荻原
泰生 野口
Original Assignee
Fujitsu Ltd
富士通株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To calculate an accurate ratio of an actual load to a maximum load permissible to a storage apparatus.SOLUTION: A maximum load calculation means 1a calculates a maximum number of access requests processable per unit time in a storage apparatus 2 from an average response time per access request to the storage apparatus 2 within a predetermined period, and stores the calculated maximum access request number in a maximum load storage means 1b. A load index calculation means 1c calculates the ratio of the number of access requests within the predetermined period to the maximum access request number stored in the maximum load storage means 1b, and outputs it as a load index indicating a load on the storage apparatus 2 within the predetermined period.

Description

本発明は、ストレージ装置の負荷を解析する負荷解析プログラム、負荷解析方法、および負荷解析装置に関する。 The present invention, a load analysis program for analyzing the load of the storage device, the load analysis method, and a load analysis apparatus.

現在、コンピュータを用いたデータ処理が広く行われるようになり、データを保存・利用するためのストレージ技術が一層重要となっている。 Currently, become data processing using a computer is widely, storage techniques for storing and utilizing the data has become more important. 近年では、データ保存の高信頼化やデータ利用の高速化を図るため、マルチノードストレージシステムが構築されている。 In recent years, in order to increase the speed of high reliability and data usage of the data storage, the multinode storage system is constructed.

マルチノードストレージシステムでは、複数のディスクノードとアクセスノードとがネットワークを介して接続される。 In the multinode storage system, a plurality of disk nodes and access nodes are connected via a network. ディスクノードはストレージ装置を備えており、ストレージ装置にデータを記憶させる。 Disk node includes a storage device, storing data on a storage device. アクセスノードは、ディスクノードに接続されたストレージ装置に記憶されたデータにアクセスする。 Access node accesses the data stored in the storage device connected to the disk node. このときアクセスノードは、複数のディスクノードのストレージ装置にデータを分散して格納することができる。 In this case the access node may be stored in a distributed data storage system of the plurality of disk nodes. これにより、複数のディスクノードに負荷が分散されてシステムの高速化を図れる。 Thus, the load on the plurality of disk nodes is distributed attained the speed of the system. また、アクセスノードは、データを冗長化して複数のストレージ装置に配置することもできる。 The access node can also be made redundant data arranged in a plurality of storage devices. これにより、データ保存の高信頼化を図れる。 As a result, it attained the high reliability of data storage.

なお、マルチノードストレージシステムでは、例えば、複数のディスクノードのストレージ装置に跨って1つの論理的な記憶領域(論理ボリューム)を設けることができる。 In the multinode storage system, for example, it may be provided with one of the logical storage areas across storage devices of the plurality of disk nodes (logical volumes). 論理ボリュームを複数設け、提供するサービスごとに使い分けることもできる。 Providing a plurality of logical volumes, it may be selectively used for each service provided. このようにすると、複数のサービスでマルチノードストレージシステムの利点を享受できる。 In this way, the advantages of the multinode storage system by a plurality of services can be enjoyed.

ところで、システムの運用管理において、システムを構成するノードで発生する負荷の監視が行われる場合がある。 Incidentally, there are cases where the operation management of the system, monitoring the load generated by the nodes constituting the system are carried out. 負荷の監視により、負荷の集中しているディスクノードや処理能力に余裕があるディスクノードを特定することができる。 The monitoring of the load, disk node can afford to concentrate on are the disk node and the processing capability of the load can be identified. 負荷の監視結果に基づき、システム全体のチューニング、ハードウェア資源の拡充および機能の追加などを、的確に行うことができる。 Based on the monitoring result of the load, the overall system tuning, and additional expansion and function of the hardware resources can be performed accurately.

例えば、ホストコンピュータと磁気ディスク装置との間の接続を行う磁気ディスク結合装置で、磁気ディスク装置の負荷を計測する技術がある。 For example, the connection magnetic disk coupling device which performs between a host computer and a magnetic disk device, there is a technique for measuring the load of the magnetic disk device. 磁気ディスク装置の負荷を計測すると、例えば、負荷が基準値を超えた磁気ディスク装置について過負荷と判断することができる。 When measuring the load of the magnetic disk device, for example, it can be determined that overload the magnetic disk apparatus load exceeds the reference value.

またマルチノードストレージシステムでは、例えば、データ格納量と全記憶装置の最大記憶可能容量との比などのシステム全体の使用率をモニタし、使用率に応じた指標値に基づいて、分散配置を実行する技術がある。 In the multinode storage system, for example, to monitor the maximum storage capacity and utilization of the entire system, such as the ratio of the data storage amount and the total storage, based on the index value corresponding to the use ratio, executes the distributed there is technology. これにより、使用容量の平準化等が可能となる。 This enables leveling, etc. of capacity.

特開2002−312126号公報 JP 2002-312126 JP 特開2005−050303号公報 JP 2005-050303 JP

しかし、従来のストレージ装置の負荷の計算方法では、ストレージ装置が許容できる最大負荷に対する現在の負荷の度合いを正確に判断できない場合がある。 However, in the method of calculating the load of the conventional storage apparatus, it may not be possible to accurately determine the degree of the current load to the maximum load storage device can tolerate. 例えば、ストレージ装置の最大負荷は、アクセスの種類(リードまたはライト)、アクセス対象のデータサイズ、アクセス対象の記憶領域などで変動する。 For example, the maximum load of the storage device, the type of access (read or write), the data size of the access target, varies like the storage area to be accessed. そのため、ストレージ装置の所定の使用状況を想定して最大負荷を決めてしまうと、想定された使用状況と異なる使用状況となったときに、負荷指標の値が不正確となる。 Therefore, when thus determines the maximum load by assuming a predetermined usage of the storage device, when a usage different from the usage of the assumed value of the load index is inaccurate.

特にホットスポットと言われる数GB程度の範囲にアクセスが集中する場合がある。 In particular, access to a range of about a few GB, which is said to be the hot spot there is a case to focus. この場合、ストレージ装置に十分な容量のキャッシュメモリが搭載されていれば、キャッシュヒット率が高くなり、ストレージ装置で単位時間当たりに処理可能なアクセス要求数が多くなる。 In this case, if they are mounted cache memory sufficient capacity storage device, the higher the cache hit rate, it becomes large number of processing possible access requests per unit time in the storage device. すなわち、ストレージ装置で許容できる最大負荷が大きくなる。 That is, the maximum load increases which can be allowed in the storage device. その結果、所定の使用状況に基づく最大負荷を基準に計算された負荷指標の値と、実際の負荷状況とが大きく乖離してしまう。 As a result, the value of the load index is calculated on the basis of the maximum load based on a predetermined usage and actual load conditions will largely deviated.

本発明はこのような点に鑑みてなされたものであり、ストレージ装置が許容できる最大負荷に対する現実の負荷の割合を正確に計算することができる負荷解析プログラム、負荷解析方法、および負荷解析装置を提供することを目的とする。 The present invention has been made in view of these points, the load analysis program that can accurately calculate the ratio of the actual load to maximum load storage device is acceptable, the load analysis method, and the load analyzer an object of the present invention is to provide.

上記課題を解決するために、ストレージ装置の負荷を解析する負荷解析プログラムが提供される。 In order to solve the above problems, a load analysis program for analyzing the load of the storage apparatus is provided. この負荷解析プログラムは、コンピュータに以下の処理を実行させる。 The load analysis program to execute the following processing in a computer.
コンピュータは、ストレージ装置に対する所定期間内の1アクセス要求当たりの平均応答時間に基づいて、ストレージ装置で単位時間当たりに処理可能な最大アクセス要求数を算出する。 Computer, based on the average response time per access request within a predetermined time period for the storage device, and calculates the maximum number of access requests that can be processed per unit time in the storage device. 次にコンピュータは、最大アクセス要求数を最大負荷記憶手段に格納する。 The computer then stores the maximum number of access requests to the maximum load storage means. そしてコンピュータは、最大負荷記憶手段に格納された最大アクセス要求数に対する所定期間内のアクセス要求数の割合を、ストレージ装置の所定期間における負荷を示す負荷指標として出力する。 The computer the ratio access request number within a predetermined period for maximum load storage means maximum access number of requests stored in and outputted as a load indicator of the load during a predetermined period of storage device.

また上記課題を解決するために、上記負荷解析プログラムを実行するコンピュータを同様の処理を行う負荷解析方法が提供される。 In order to solve the above problems, a load analysis method of performing the same processes of the computer that executes the load analysis program is provided. さらに上記課題を解決するために、負荷解析プログラムに基づいてコンピュータ上で実現される機能と同様の機能を有する負荷解析装置が提供される。 Further in order to solve the above problems, a load analysis apparatus is provided having the same function as the function to be implemented on the computer based on the load analysis program.

ストレージ装置が許容できる所定期間ごとの最大負荷に基づいて、所定期間ごとの負荷を正確に計算することができる。 Based on the maximum load for each predetermined time period by the storage device is acceptable, it is possible to accurately calculate the load per a predetermined time period.

第1の実施の形態の機能を示すブロック図である。 Is a block diagram showing the function of the first embodiment. マルチノードストレージシステムの構成を示す図である。 It is a diagram showing a configuration of the multinode storage system. 管理ノードのハードウェアの一構成例を示す図である。 Is a diagram showing an example of the hardware configuration of the management node. 論理ボリュームの構成例を示す図である。 It is a diagram illustrating a configuration example of a logical volume. 第2の実施の形態に係るシステムの機能を示すブロック図である。 Is a block diagram showing functions of a system according to the second embodiment. アクセス情報記憶部のデータ構造例を示す図である。 Is a diagram illustrating an example of the data structure of the access information storage unit. アクセスノードから送信されるアクセス要求パケットの一例を示す図である。 Is a diagram showing an example of an access request packet transmitted from the access node. ストレージ負荷計測部の内部機能を示すブロック図である。 Is a block diagram showing the internal functions of the storage load measuring unit. ストレージ装置の負荷計測処理の手順の一例を示すフローチャートである。 Is a flowchart illustrating an exemplary procedure of load measurement processing of the storage device. ストレージ負荷記憶部のデータ構造例を示す図である。 It is a diagram illustrating a data structure of the storage load storage unit. 論理ボリューム負荷計測部の内部機能を示すブロック図である。 It is a block diagram showing the internal functions of the logical volume load measuring unit. 論理ボリューム判別情報記憶部のデータ構造例を示す図である。 Is a diagram showing an example of the data structure of the logical volume determination information storage section. 論理ボリュームごとのストレージ装置に与える負荷の計測処理の手順の一例を示すフローチャートである。 Is a flowchart illustrating an example of a procedure of a process of measuring load applied to the storage device for each logical volume. 論理ボリューム負荷記憶部のデータ構造例を示す図である。 Is a diagram showing an example of the data structure of the logical volume load storage unit. 負荷情報記憶部のデータ構造例を示す図である。 Is a diagram illustrating an example of the data structure of load information storage unit. 負荷解析処理の手順を示すフローチャートである。 It is a flowchart illustrating a procedure of the load analysis process. 解析結果記憶部のデータ構造例を示す図である。 It is a diagram illustrating a data structure example of the analysis result storage unit. 解析結果の表示例を示す図である。 It is a diagram illustrating a display example of the analysis results. 誤判定が回避される例を示す図である。 Is a diagram showing an example of erroneous determination is avoided. 第3の実施の形態に係るシステムの機能を示すブロック図である。 Is a block diagram showing functions of a system according to the third embodiment. 第4の実施の形態に係るシステムの機能を示すブロック図である。 Is a block diagram showing functions of a system according to the fourth embodiment. 論理ボリューム負荷記憶部のデータ構造例を示す図である。 Is a diagram showing an example of the data structure of the logical volume load storage unit.

以下、本実施の形態について図面を参照して説明する。 Hereinafter, will be described with reference to the drawings this embodiment.
〔第1の実施の形態〕 First Embodiment
図1は、第1の実施の形態の機能を示すブロック図である。 Figure 1 is a block diagram showing the function of the first embodiment. 第1の実施の形態では、負荷解析装置1によって、アクセス装置3からストレージ装置2へのアクセスに基づくストレージ装置2の負荷を解析する。 In the first embodiment, the load analyzer 1 analyzes the load of the storage apparatus 2 based from the access apparatus 3 to access the storage device 2.

負荷解析装置1は、例えばアクセス装置3とストレージ装置2との通信路から、アクセス装置3からストレージ装置2へのアクセス要求と、そのアクセス要求に対する応答とを検出する。 Load analysis apparatus 1, for example from the channel with the access apparatus 3 and the storage apparatus 2, and the access request from the access apparatus 3 to the storage device 2, detects a response to the access request. 負荷解析装置1は、検出したアクセス要求と、そのアクセス要求に対する応答とに基づいて、ストレージ装置2の負荷を解析する。 Load analysis apparatus 1, the access request detected, based on the response to the access request, analyzes the load of the storage apparatus 2. そのために負荷解析装置1は、最大負荷算出手段1a、最大負荷記憶手段1b、負荷指標算出手段1c、割り当て情報記憶手段1d、論理ボリューム影響度算出手段1e、および解析結果記憶手段1fを有している。 Load analysis apparatus 1 For that purpose, the maximum load calculating means 1a, the maximum load storage means 1b, the load index calculating unit 1c, allocation information storage unit 1d, has a logical volume influence calculation unit 1e, and the analysis result storage unit 1f there.

最大負荷算出手段1aは、ストレージ装置2に対する所定期間内の1アクセス要求当たりの平均応答時間に基づいて、ストレージ装置2で単位時間当たりに処理可能な最大アクセス要求数を算出する。 Maximum load calculating means 1a, based on the average response time per access request within a predetermined time period for the storage device 2, and calculates the maximum number of access requests that can be processed per unit time in the storage device 2. 例えば最大負荷算出手段1aは、所定の単位時間を平均応答時間で除算した値を、最大アクセス要求数とする。 For example, the maximum load calculating unit 1a, a value obtained by dividing the average response time to a predetermined unit time, the maximum number of access requests. 単位時間が1秒であり、平均応答時間が秒単位で表されていれば、平均応答時間の逆数が最大アクセス要求数となる。 Unit time is 1 second, the average response time if expressed in seconds, the inverse of the average response time is the maximum number of access requests. 最大負荷算出手段1aは、算出した最大アクセス要求数を最大負荷記憶手段1bに格納する。 Maximum load calculating means 1a stores the maximum number of access requests that calculated the maximum load storage means 1b.

なお平均応答時間は、例えば所定期間内でのストレージ装置2に対する各アクセス要求に対するストレージ装置2での実行時間の累計値を、ストレージ装置2に対する所定期間内のアクセス要求数で除算することで算出される。 Note the average response time, for example, the total value of the execution time of the storage apparatus 2 for each access request to the storage device 2 within a predetermined time period, is calculated by dividing the number of access requests within a predetermined time period for the storage device 2 that. 平均応答時間は、ネットワーク経由で送受信されるアクセス要求と、そのアクセス要求に対する応答との組から、最大負荷算出手段1aが算出することが可能である。 The average response time, the access request is transmitted and received over the network from the set of the response to the access request, it is possible to maximum load calculating means 1a is calculated. ただし、ストレージ装置2に対してより近い部分から検出したアクセス要求と応答との組に基づいて平均応答時間を算出することで、より正確な平均応答時間を得ることができる。 However, it calculates an average response time on the basis of the set of the access requests and responses detected from the near portion than to the storage apparatus 2, it is possible to obtain a more accurate average response time. 例えば、ストレージ装置2に直接(ネットワークを介さずに)接続された装置において、アクセス要求と応答との組を検出すればよい。 For example, the connected device (not via the network) directly to the storage device 2 may detect a set of the access requests and responses. その場合、アクセス要求と応答との組を検出した装置において所定期間ごとの平均応答時間を算出し、算出された平均応答時間を負荷解析装置1に送信するようにしてもよい。 In this case, to calculate the average response time for each predetermined period in a device that detects a set of the access request and response, the calculated average response time may be transmitted to the load analyzer 1.

最大負荷記憶手段1bは、最大アクセス要求数を記憶する。 Maximum load memory 1b stores the maximum number of access requests. 例えば負荷解析装置1の主記憶装置や補助記憶装置の記憶領域の一部が、最大負荷記憶手段1bとして使用される。 For example, a part of the storage area of ​​the main memory and auxiliary storage device of a load analysis apparatus 1 is used as the maximum load storage means 1b.
負荷指標算出手段1cは、最大負荷記憶手段1bに格納された最大アクセス要求数に対する所定期間内のアクセス要求数の割合を算出し、ストレージ装置2の所定期間における負荷を示す負荷指標として出力する。 Load index calculating unit 1c calculates the ratio of the number of access requests within a predetermined time period for the maximum number of accesses requests stored in the maximum load storage means 1b, and outputs as the load indicator of the load during a predetermined period of the storage apparatus 2. 例えば、負荷指標算出手段1cは、算出した負荷指標を解析結果記憶手段1fに格納する。 For example, the load index calculating unit 1c stores the calculated load indicators in the analysis result storage unit 1f.

割り当て情報記憶手段1dは、ストレージ装置2内の記憶領域と、記憶領域が割り当てられた論理ボリュームとの対応関係を記憶する。 Allocation information storage unit 1d stores the correspondence between the storage area in the storage device 2, the logical volume storage area has been allocated. 例えば負荷解析装置1の主記憶装置や補助記憶装置の記憶領域の一部が、割り当て情報記憶手段1dとして使用される。 For example, a part of the storage area of ​​the main memory and auxiliary storage device of a load analysis apparatus 1 is used as the allocation information storage unit 1d.

論理ボリューム影響度算出手段1eは、割り当て情報記憶手段1dを参照し、アクセス要求のアクセス対象となった記憶領域が割り当てられた論理ボリュームの内訳を計算する。 Logical volume influence calculation unit 1e, allocation information refers to the storage unit 1d, the storage area to be accessed subject of the access request to calculate the breakdown of the logical volumes allocated. そして論理ボリューム影響度算出手段1eは、論理ボリュームごとの内訳に応じて、負荷指標で示されるストレージ装置2の所定期間における負荷に対する論理ボリュームごとの影響度を算出する。 The logical volume influence calculation unit 1e in accordance with the breakdown of each logical volume, and calculates the degree of influence of each logical volume for the load during a predetermined period of the storage system 2 shown in the load indicator. 論理ボリューム影響度算出手段1eは、算出した各論理ボリュームの影響度を、その論理ボリュームの負荷指標として解析結果記憶手段1fに格納することができる。 Logical volume influence calculation unit 1e, the degree of influence of each logical volume calculated may be stored in the analysis result storage unit 1f as the load index for the logical volume.

なお、論理ボリュームごとの影響度の算出は、例えば次のような手順で行われる。 The calculation of the degree of influence of each logical volume is performed in steps, for example, the following. すなわち論理ボリューム影響度算出手段1eは、各論理ボリュームに割り当てられたストレージ装置2内の記憶領域をアクセス先とする所定期間内のアクセス要求の実行時間を論理ボリュームごとに累積した累積実行時間を算出する。 That logical volume influence calculation unit 1e, calculates the cumulative running time obtained by accumulating the execution time of the access request within a predetermined period of the storage area and access destination in the storage device 2 assigned to each logical volume for each logical volume to. そして論理ボリューム影響度算出手段1eは、論理ボリュームごとの累積実行時間に応じて負荷指標の値を各論理ボリュームに比例配分し、配分された値を各論理ボリュームの影響度とする。 The logical volume influence calculation unit 1e, the value of the load index allocated in proportion to the respective logical volumes according to the accumulated running time for each logical volume, the distribution values ​​and the degree of influence of each logical volume.

このような負荷解析装置1によれば、所定時間ごとの平均応答時間に基づいて、最大負荷算出手段1aにより、その所定時間における最大アクセス要求数が算出される。 According to such a load analysis apparatus 1, based on the average response time for each predetermined time by the maximum load calculating means 1a, the maximum number of access requests in the predetermined time is calculated. この最大アクセス要求数は、平均応答時間が短いほど大きな値となり、平均応答時間が長いほど小さな値となる。 The maximum number of access requests, the average response time is shorter the larger the value, the average response time is longer small value. そして、負荷指標算出手段1cにより、最大アクセス要求数に対する所定時間におけるアクセス要求の割合が、負荷指標として算出される。 Then, the load index calculating unit 1c, the proportion of the access request in a predetermined time period for the maximum number of accesses required is calculated as a load indicator.

このようにして算出された負荷指標は、解析対象となった所定時間内のアクセスの状況を反映した値となる。 The load index calculated as is a value that reflects the status of accesses within a predetermined became analyzed time. すなわち、平均応答時間は、アクセスの種類(リードまたはライト)、アクセス対象データサイズの分布(例えば、0.5KBから512KBまでの割合)、アクセス要求が発生した記憶領域の範囲などに応じて変化することが実験により確かめられている。 That is, the average response time, type of access (read or write), the distribution of access target data size (e.g., ratio of from 0.5KB to 512KB), varies depending on the range of the storage area access request is generated it has been confirmed by experiments. 例えばストレージ装置2内の特定の記憶領域に集中してアクセス要求が出された場合、ストレージ装置2ではキャッシュメモリを活用し、アクセス要求に対して短時間で応答可能となる。 For example, when focused to an access request is issued to a specific storage area in the storage device 2, utilizing the cache memory in the storage device 2, and can respond at short time to the access request. 第1の実施の形態によれば、発生したアクセスの状況に応じて最大アクセス要求数が随時算出される。 According to the first embodiment, the maximum number of access requests is calculated from time to time according to the situation of the occurred access. その結果、ストレージ装置2全体の負荷指標の値を、より実際に発生した負荷に近づけることができる。 As a result, the value of the load index of the entire storage device 2 can be closer to the actual generated load.

しかも、第1の実施の形態では、論理ボリュームごとの内訳については、実行されたアクセス要求数ではなく、累積実行時間で比例配分することができる。 Moreover, in the first embodiment, for the breakdown of each logical volume, rather than the number of access requests made, it can be prorated accumulated execution time. これにより、特にホットスポット発生時などに、ストレージ装置2への負荷の影響度が高い論理ボリュームを正確に求めることが可能となる。 Thus, especially in a hot spot during generation, it becomes possible to accurately determine the logical volume impact of a heavy load on the storage system 2. すなわち、実行されたアクセス要求数で負荷指標を比例配分すると、ホットスポットと呼ばれる特定の記憶領域に集中して多数のアクセスが行われた論理ボリュームが、ストレージ装置2へ大きな負荷を与えていると判断される可能性がある。 That is, when the load index in number of access requests made proportional allocation, the logical volume in which a large number of access concentrates on specific storage area was done called hot spots, giving a large load to the storage apparatus 2 It could be determined. しかし、ホットスポットへのアクセスが非常に短時間で完了できるのであれば、その論理ボリュームに関するアクセスの累積実行時間は、他の論理ボリュームの累積実行時間よりも少ない場合もあり得る。 However, if it can complete in a short time access to the hot spot is very cumulative running time of access is available for the logical volume, there may be a case smaller than the accumulated run time of the other logical volumes. 累積実行時間が短ければ、それだけストレージ装置2に与える負荷も少ないと考えることができる。 If the cumulative run time is short, it can be considered as less load applied correspondingly to the storage device 2. そのため、ストレージ装置2に対して最も大きな負荷を与えている論理ボリュームは、ホットスポットへの大量のアクセスを行っている論理ボリューム以外の論理ボリュームであると考えられる。 Therefore, the logical volume giving the greatest load on the storage system 2, is considered to be a logical volume other than the logical volume doing a large amount of access to the hotspot.

論理ボリュームごとの累積実行時間に基づいて負荷指標を比例配分し、各論理ボリュームの影響度とすれば、実際にストレージ装置2に大きな負荷をかけている論理ボリュームほど影響度が高くなる。 Prorating the load indicator based on the cumulative run time for each logical volume, if the degree of influence of each logical volume actually a logical volume as impact that applying a large load to the storage device 2 is increased. すなわち、アクセス要求数ではなく、累積実行時間で比較することで、ストレージ装置2に対する負荷の原因となっている論理ボリュームを適切に判断することが可能となる。 That is, instead of the number of access requests, by comparing the cumulative running time, it is possible to appropriately determine the logical volumes that are causing the load on the storage system 2.

〔第2の実施の形態〕 Second Embodiment
第2の実施の形態は、マルチノードストレージシステムにおける各ディスクノードで管理されるストレージ装置の負荷を計算するものである。 The second embodiment is to calculate the load of the storage apparatus managed by the disk node in the multinode storage system. 以下に、第2の実施の形態の詳細を説明する。 The following describes the details of the second embodiment.

図2は、マルチノードストレージシステムの構成を示す図である。 Figure 2 is a diagram showing the configuration of the multinode storage system. マルチノードストレージシステムは、同一内容の複数のデータをネットワークで接続された複数のディスクノードに分散して配置することで、信頼性と処理性能とを向上させたストレージシステムである。 Multinode storage system, by arranging to disperse a plurality of identical data to a plurality of disk nodes which are connected by a network, a storage system with improved and the reliability performance. このマルチノードストレージシステムは、管理ノード100、ディスクノード200,300,400、コントロールノード500およびアクセスノード600,700,800を有する。 The multinode storage system includes a management node 100, the disk nodes 200, 300, the control node 500 and access node 600, 700, 800. 管理ノード100、ディスクノード200,300,400、コントロールノード500およびアクセスノード600,700,800は、スイッチ装置10を介して相互にデータ通信可能に接続される。 Management node 100, the disk nodes 200, 300, the control node 500 and access node 600, 700, 800 are interconnected to the data communicably connected via a switch device 10. また、端末装置51,52がネットワーク50を介してアクセスノード600,700,800に接続されている。 The terminal device 51 is connected to the access node 600, 700, 800 via the network 50.

管理ノード100は、マルチノードストレージシステムの管理者が操作する運用管理用の端末装置である。 Management node 100, the administrator of the multinode storage system is a terminal device for operation management to operate. 管理者は、管理ノード100を用いて、ディスクノード200,300,400、コントロールノード500およびアクセスノード600,700,800の利用状況を監視することができる。 The administrator can use the management node 100 monitors the usage of the disk nodes 200, 300, the control node 500 and access node 600, 700, 800. また、管理者は、管理ノード100を操作して、ディスクノード200,300,400、コントロールノード500およびアクセスノード600,700,800にアクセスし、運用に必要な各種設定を行うことができる。 The administrator operates the management node 100 accesses the disk node 200, 300, and 400, the control node 500 and access node 600, 700, 800, can perform various settings required for the operation.

ディスクノード200,300,400には、それぞれストレージ装置210,310,410が接続されている。 The disk nodes 200, 300 are respectively the storage device 210, 310, 410 are connected. ストレージ装置210,310,410は、例えば、内蔵する複数のHDD(Hard disk Drive)を用いたRAID(Redundant Arrays of Independent Disks)システムである。 The storage device 210, 310, 410 is, for example, a RAID (Redundant Arrays of Independent Disks) system using a plurality of HDD to be built (Hard disk Drive). ディスクノード200,300,400は、ストレージ装置210,310,410に格納されたデータをスイッチ装置10経由でアクセスノード600,700,800に提供する。 Disk nodes 200, 300, provides the access node 600, 700, 800 the data stored in the storage device 210, 310, 410 through the switch device 10.

コントロールノード500は、ディスクノード200,300,400を管理する。 The control node 500 manages the disk nodes 200, 300, and 400. 具体的には、コントロールノード500は、データの配置状況を示す論理ボリュームを保持している。 Specifically, the control node 500 holds the logical volume indicating the location state data. コントロールノード500は、ディスクノード200,300,400からデータの管理に関する情報を取得し、必要に応じて論理ボリュームを更新する。 The control node 500 obtains information about the management from the disk nodes 200, 300, and 400 of the data, and updates the logical volumes as needed. また、コントロールノード500は、論理ボリュームが更新されると、その影響を受けるディスクノードに対して更新内容を通知する。 The control node 500, the logical volume is updated, notifies the updated content to the disk nodes affected. 論理ボリュームの詳細は、後述する。 Details of the logical volume will be described later.

アクセスノード600,700,800は、端末装置51,52に対して、ディスクノード200,300,400が管理するデータを利用した情報処理のサービスを提供する。 Access node 600, 700, 800, to the terminal apparatus 51 and 52, to provide an information processing using the data disk nodes 200, 300, and 400 managed service. すなわち、アクセスノード600は、端末装置51,52からの要求に応答して所定のプログラムを実行し、必要に応じてディスクノード200,300,400にアクセスする。 That is, the access node 600 executes a predetermined program in response to a request from the terminal device 51, accesses the disk node 200, 300, and 400 as necessary. ここで、アクセスノード600,700,800は、コントロールノード500から論理ボリュームを取得し、取得した論理ボリュームに基づいてアクセスすべきディスクノードを特定する。 Here, the access node 600, 700, 800 acquires a logical volume from the control node 500 to identify the disk node to be accessed based on the acquired logical volume.

図3は、管理ノードのハードウェアの一構成例を示す図である。 Figure 3 is a diagram showing an example of the hardware configuration of the management node. 管理ノード100は、CPU(Central Processing Unit)101によって装置全体が制御されている。 Management node 100, the entire apparatus is controlled by a CPU (Central Processing Unit) 101. CPU101には、バス109を介してRAM(Random Access Memory)102と複数の周辺機器が接続されている。 The CPU 101, RAM via the bus 109 (Random Access Memory) 102 and a plurality of peripheral devices are connected.

RAM102は、管理ノード100の主記憶装置として使用される。 RAM102 is used as a main memory of the management node 100. RAM102には、CPU101に実行させるOS(Operating System)のプログラムやアプリケーションプログラムの少なくとも一部が一時的に格納される。 The RAM 102, or an application program OS to be executed by the CPU 101 (Operating System) is stored temporarily. また、RAM102には、CPU101による処理に必要な各種データが格納される。 Further, the RAM 102, stores various data necessary for processing by CPU 101.

バス109に接続されている周辺機器としては、ハードディスクドライブ(HDD:Hard Disk Drive)103、グラフィック処理装置104、入力インタフェース105、光学ドライブ装置106、および通信インタフェース107がある。 The peripheral devices connected to the bus 109, a hard disk drive (HDD: Hard Disk Drive) 103, a graphics processor 104, an input interface 105, an optical drive device 106 and a communication interface 107,.

HDD103は、内蔵したディスクに対して、磁気的にデータの書き込みおよび読み出しを行う。 HDD103 is a built-in disk writes and reads data magnetically. HDD103は、管理ノード100の二次記憶装置として使用される。 HDD103 is used as a secondary storage device of the management node 100. HDD103には、OSのプログラム、アプリケーションプログラム、および各種データが格納される。 The HDD 103, OS program, application programs, and various data. なお、二次記憶装置としては、フラッシュメモリなどの半導体記憶装置を使用することもできる。 As the secondary storage device, it is also possible to use a semiconductor memory device such as a flash memory.

グラフィック処理装置104には、モニタ11が接続されている。 The graphics processor 104 is connected with a monitor 11. グラフィック処理装置104は、CPU101からの命令に従って、画像をモニタ11の画面に表示させる。 The graphics processor 104, in accordance with an instruction from the CPU 101, and displays an image on the screen of the monitor 11. モニタ11としては、CRT(Cathode Ray Tube)を用いた表示装置や液晶表示装置などがある。 The monitor 11, there is a display device or a liquid crystal display device using a CRT (Cathode Ray Tube).

入力インタフェース105には、キーボード12とマウス13とが接続されている。 The input interface 105 and a keyboard 12 and a mouse 13 are connected. 入力インタフェース105は、キーボード12やマウス13から送られてくる信号をCPU101に送信する。 The input interface 105 transmits signals sent from the keyboard 12 and the mouse 13 to the CPU 101. なお、マウス13は、ポインティングデバイスの一例であり、他のポインティングデバイスを使用することもできる。 The mouse 13 is an example of a pointing device, it is also possible to use other pointing devices. 他のポインティングデバイスとしては、タッチパネル、タブレット、タッチパッド、トラックボールなどがある。 Other pointing devices, touch panel, a tablet, a touch pad, a track ball.

光学ドライブ装置106は、レーザ光などを利用して、光ディスク14に記録されたデータの読み取りを行う。 Optical drive device 106, by using the laser light or the like, reads the data recorded on the optical disk 14. 光ディスク14は、光の反射によって読み取り可能なようにデータが記録された可搬型の記録媒体である。 Optical disk 14 is a portable recording medium on which data is recorded to be readable by the reflection of light. 光ディスク14には、DVD(Digital Versatile Disc)、DVD−RAM、CD−ROM(Compact Disc Read Only Memory)、CD−R(Recordable)/RW(ReWritable)などがある。 On the optical disc 14, DVD (Digital Versatile Disc), DVD-RAM, CD-ROM (Compact Disc Read Only Memory), CD-R (Recordable) / RW (ReWritable), and the like.

通信インタフェース107は、スイッチ装置10に接続されている。 Communication interface 107 is connected to the switch device 10. 通信インタフェース107は、スイッチ装置10を介して、管理ノード100、アクセスノード600,700,800、コントロールノード500などとの間でデータの送受信を行う。 Communication interface 107 via the switch device 10, the management node 100, access nodes 600, 700, 800, to transmit and receive data to and from such control node 500.

以上のようなハードウェア構成によって、本実施の形態の処理機能を実現することができる。 With the hardware configuration described above, it is possible to realize the processing functions of the present embodiment. なお、図3には管理ノード100のハードウェア構成を示したが、ディスクノード200,300,400、コントロールノード500、およびアクセスノード600,700,800も同様のハードウェア構成で実現することができる。 Although in FIG. 3 showing a hardware configuration of the management node 100, the disk nodes 200, 300, the control node 500, and the access nodes 600, 700, 800 can also be realized by a similar hardware configuration . ただし、ディスクノード200,300,400は、ストレージ装置210,310,410を接続するためのストレージインタフェースを更に有している。 However, the disk nodes 200, 300 further includes a storage interface for connecting storage devices 210, 310, 410.

次に、マルチノードストレージシステムで提供される論理ボリュームについて説明する。 Next, a description will be given logical volume provided by the multinode storage system. 論理ボリュームは、ディスクノード200,300,400によって分散管理されているデータを、アクセスノード600,700,800から容易に利用できるようにするための仮想的なボリュームである。 Logical volume is a virtual volume so that the data distributed managed by the disk nodes 200, 300, are readily available from the access node 600, 700, 800.

図4は、論理ボリュームの構成例を示す図である。 Figure 4 is a diagram showing a configuration example of a logical volume. 第2の実施の形態では、マルチノードストレージシステムは3つの論理ボリューム910,920,930を有する。 In the second embodiment, the multinode storage system has three logical volumes 910, 920, and 930.
論理ボリューム910には、“LVOL0”という論理ボリュームIDが付与されている。 The logical volume 910, the logical volume ID of "lvol0" is assigned. 論理ボリューム910は、6つのセグメント911〜916に分割されて、管理されている。 Logical volume 910 is divided into six segments 911 to 916 are managed. セグメント911〜916には、それぞれ論理ボリュームID“LVOL0”に対して、“0”〜“5”というセグメントIDが付与されている。 The segment 911-916, the logical volume ID "lvol0" respectively, "0" ~ segment ID of "5" is assigned.

論理ボリューム920には、“LVOL1”という論理ボリュームIDが付与されている。 The logical volume 920, the logical volume ID of "LVOL1" is assigned. 論理ボリューム920は、6つのセグメント921〜926に分割されて、管理されている。 Logical volume 920 is divided into six segments 921 to 926 are managed. セグメント921〜926には、それぞれ論理ボリュームID“LVOL1”に対して、“0”〜“5”というセグメントIDが付与されている。 The segment 921-926, the logical volume ID "LVOL1" respectively, "0" ~ segment ID of "5" is assigned.

論理ボリューム930には、“LVOL2”という論理ボリュームIDが付与されている。 The logical volume 930, the logical volume ID of "lvol2" is assigned. 論理ボリューム930は、6つのセグメント931〜936に分割されて、管理されている。 Logical volume 930 is divided into six segments 931 to 936 are managed. セグメント931〜936には、それぞれ論理ボリュームID“LVOL2”に対して、“0”〜“5”というセグメントIDが付与されている。 The segment 931-936, the logical volume ID "lvol2" respectively, "0" ~ segment ID of "5" is assigned.

各論理ボリューム910,920,930に含まれるセグメントは、同じ記憶容量である。 Segments included in each logical volume 910, 920 are the same storage capacity. 例えば各セグメントは、1GBの仮想的な記憶領域である。 For example, each segment is a virtual storage area of ​​1GB.
また、ディスクノード200には、“SN−A”というディスクノードIDが付与されている。 Further, in the disk node 200, "SN-A" disk node ID that is assigned. ディスクノード300には、“SN−B”というディスクノードIDが付与されている。 The disk nodes 300, "SN-B" disk node ID that is assigned. ディスクノード400には、“SN−C”というディスクノードIDが付与されている。 The disk nodes 400, "SN-C" disk node ID that is assigned. ストレージ装置210,310,410では、その物理的な記憶領域が6つのスライスに分割されて、管理されている。 In the storage device 210, 310, 410, the physical storage area is divided into six slices, are managed.

ストレージ装置210内の記憶領域は、6つのスライス211〜216に分割されている。 Storage area of ​​the storage device 210 is divided into six slices 211-216. スライス211〜216には、ディスクノードID“SN−A”に対して“0”〜“5”というスライスIDが付与されている。 Slice 211 to 216, the slice ID of the disk node ID "SN-A" "0" ~ "5" is assigned.

ストレージ装置310内の記憶領域は、6つのスライス311〜316に分割されている。 Storage area in the storage device 310 is divided into six slices 311 to 316. スライス311〜316には、ディスクノードID“SN−B”に対して“0”〜“5”というスライスIDが付与されている。 Slice 311-316, the slice ID of the disk node ID "SN-B" "0" ~ "5" is assigned.

ストレージ装置410内の記憶領域は、6つのスライス411〜416に分割されている。 Storage area in the storage device 410 is divided into six slices 411 to 416. スライス411〜416には、ディスクノードID“SN−C”に対して“0”〜“5”というスライスIDが付与されている。 Slice 411 to 416, the slice ID of the disk node ID "SN-C" "0" ~ "5" is assigned.

ストレージ装置210,310,410に含まれる各スライスの記憶容量は、論理ボリューム910,920,930の各セグメントの記憶容量と同じである。 The storage capacity of each slice included in the storage device 210, 310, 410 is the same as the storage capacity of each segment of the logical volume 910, 920, and 930. 例えばセグメントの記憶容量が1GBであれば、各スライスの記憶容量も1GBである。 If 1GB for example the storage capacity of the segment, the storage capacity of each slice is also 1GB.

論理ボリューム910,920,930の各セグメントには、ストレージ装置210,310,410のスライスが割り当てられる。 Each segment of the logical volume 910, 920, 930 slices of the storage device 210, 310, and 410 are assigned. 論理ボリューム910,920,930のセグメントのデータは、そのセグメントに割り当てられたスライスに格納される。 Data segments of the logical volume 910, 920 is stored in the slice allocated to the segment.

例えば図4では、セグメント911には、スライス211が割り当てられている。 In Figure 4, for example, the segment 911, the slice 211 is assigned. セグメント912には、スライス311が割り当てられている。 The segment 912, the slice 311 is assigned. セグメント913には、スライス411が割り当てられている。 The segment 913, the slice 411 is assigned. セグメント914には、スライス212が割り当てられている。 The segment 914, the slice 212 is assigned. セグメント915には、スライス312が割り当てられている。 The segment 915, the slice 312 is assigned. セグメント916には、スライス412が割り当てられている。 The segment 916, the slice 412 is assigned.

このように論理ボリューム910のセグメント911〜916には、ストレージ装置210,310,410のスライスID“0”、“1”のスライスが割り当てられている。 The segment 911-916 of the thus logical volume 910, the slice ID "0" of the storage apparatus 210, 310, and 410, are assigned slice "1". 各セグメント911〜916内を指定したデータアクセスは、該当するセグメントに割り当てられたスライスに対して実行される。 Data access is specified in each segment 911-916 is performed for slices allocated to the appropriate segment. これにより、論理ボリューム910のデータがストレージ装置210,310,410に分散配置される。 Thus, the data of the logical volume 910 is distributed to the storage device 210, 310, 410.

また、論理ボリューム920のセグメント921〜926には、ストレージ装置210,310,410のスライスID“2”、“3”のスライスが割り当てられている。 In addition, the segments 921 to 926 of the logical volume 920, the slice ID "2" of the storage device 210, 310, and 410, are assigned slice "3". 各セグメント921〜926内を指定したデータアクセスは、該当するセグメントに割り当てられたスライスに対して実行される。 Data access is specified in each segment 921-926 is performed for slices allocated to the appropriate segment. これにより、論理ボリューム920のデータがストレージ装置210,310,410に分散配置される。 Thus, the data of the logical volume 920 is distributed to the storage device 210, 310, 410.

また、論理ボリューム930のセグメント931〜936には、ストレージ装置210,310,410のスライスID“4”、“5”のスライスが割り当てられている。 In addition, the segments 931 to 936 of the logical volume 930, the slice ID "4" of the storage apparatus 210, 310, and 410, are assigned slice "5". 各セグメント931〜936内を指定したデータアクセスは、該当するセグメントに割り当てられたスライスに対して実行される。 Data access is specified in each segment 931-936 is performed for slices allocated to the appropriate segment. これにより、論理ボリューム930のデータがストレージ装置210,310,410に分散配置される。 Thus, the data of the logical volume 930 is distributed to the storage device 210, 310, 410.

なお、論理ボリュームは、データの用途やアクセス元の権限などに応じて複数作成することができる。 Incidentally, the logical volume can create multiple depending on the data usage and access source authority. ここでは、論理ボリューム910は、アクセスノード600のみからのアクセスが可能である。 Here, the logical volume 910 can be accessed only from the access node 600. 論理ボリューム920は、アクセスノード700のみからのアクセスが可能である。 Logical volume 920 can be accessed only from the access node 700. 論理ボリューム930は、アクセスノード800のみからのアクセスが可能である。 Logical volume 930 can be accessed only from the access node 800. 論理ボリュームに割り当てられていないスライスは、アクセスノード600,700,800から認識することができない。 Slices that have not been assigned to the logical volume can not be recognized from the access node 600, 700, 800. 例えば、アクセスノード600は、ストレージ装置210のスライスのうち論理ボリューム910のセグメント911,914に割り当てられたスライス211,212以外は認識することができない。 For example, the access node 600 can not except slices 211 and 212 allocated to the segment 911 and 914 of the logical volume 910 of the slice in the storage device 210 is recognized. このため、論理ボリュームを使い分けることはセキュリティの向上にも寄与する。 Therefore, selectively using a logical volume contributes to the improvement of security.

このような論理ボリューム910,920,930の各セグメントに割り当てられたスライスに関する情報は、コントロールノード500で管理される。 Information about the allocated slices to the segments of such logical volume 910, 920 is managed by the control node 500. 例えば、コントロールノード500は、論理ボリューム作成時に、各ディスクノード200,300,400で管理されているストレージ装置210,310,410内の空きスライスを、作成する論理ボリュームのセグメントに割り当てる。 For example, the control node 500, when creating a logical volume, allocates a free slice in the storage device 210, 310, 410 managed by the respective disk nodes 200, 300, the segment of the logical volume to be created. コントロールノード500は、セグメントとスライスとの割当関係を示すアクセス情報を、作成した論理ボリュームを使用するアクセスノードに送信する。 The control node 500, the access information indicating the assignment relationship between the segments and the slices to the access node using logical volume created. アクセスノードは受信したアクセス情報に基づいて、端末装置から出されたアクセス要求の対象となるセグメントに割り当てられたスライスを判断する。 Access node based on the access information received, determines a slice allocated to a segment to be accessed request issued from the terminal device.

またコントロールノード500は、作成した論理ボリュームのセグメントに割り当てられたスライスを管理するディスクノードに対しても、その論理ボリュームのアクセス情報を送信する。 The control node 500, also to the disk node which manages the slices allocated to a segment of the logical volume created, transmits the access information of the logical volume. アクセス情報を受け取ったディスクノードは、そのアクセス情報に基づいて、自身の管理するストレージ装置内のスライスの割り当て先となるセグメントを認識する。 Disk node having received the access information, based on the access information, recognizes the segment of the allocation destination of the slice in the storage device managed by itself.

次に、マルチノードストレージシステムにおいてストレージ装置の負荷を計測するための機能について説明する。 Next, in the multinode storage system the functions for measuring the load of the storage apparatus.
図5は、第2の実施の形態に係るシステムの機能を示すブロック図である。 Figure 5 is a block diagram showing functions of a system according to the second embodiment. 図5には、ディスクノード200に接続されたストレージ装置210の負荷を計測するための機能が示されている。 Figure 5 shows functions for measuring the load on the storage device 210 connected to the disk node 200.

アクセスノード600は、アクセス情報記憶部610とデータアクセス制御部620とを有している。 Access node 600 includes an access information storage unit 610 and the data access control unit 620.
アクセス情報記憶部610は、アクセスノード600においてアクセス環境を提供する論理ボリューム(論理ボリュームID:LVOL0)のアクセス情報を記憶する。 Access information storage unit 610, a logical volume (a logical volume ID: lvol0) that provides access environment in the access node 600 stores the access information. 例えばアクセスノード600内のRAMやHDDの記憶領域の一部がアクセス情報記憶部610として使用される。 For example, some RAM and storage area of ​​the HDD access node 600 is used as the access information storage unit 610.

データアクセス制御部620は、端末装置51,52からの論理ボリューム内のデータへのアクセス要求に応じて、該当するデータを管理しているディスクノードへデータのアクセス要求を送信する。 The data access control unit 620, in response to the request for access to the data in the logical volume from the terminal device 51 transmits data of access request to the disk node managing the corresponding data. そして、データアクセス制御部620は、ディスクノードへのアクセス結果を、アクセス要求を出力した端末装置に応答する。 Then, the data access control unit 620, the access result to the disk node, responsive to the output to the terminal device an access request. この際、データアクセス制御部620は、アクセス情報記憶部610を参照して、アクセス対象のデータを含むスライスのスライスID、およびそのスライスを管理しているディスクノードのディスクノードIDを判断する。 In this case, the data access control unit 620 refers to the access information storage unit 610, determines a slice of slice ID including the access target data, and a disk node ID of the disk node managing the slice.

ディスクノード200は、ディスクドライバ220、論理ボリューム管理部230、および負荷情報送信部240を有している。 Disk node 200 includes a disk driver 220, the logical volume management unit 230, and the load information transmission section 240.
ディスクドライバ220は、ストレージ装置210を制御する。 Disk driver 220 controls the storage unit 210. ディスクドライバ220は、ディスクノード200のOSにおけるカーネル200a内で実行される。 Disk driver 220 is executed in the kernel 200a in the OS of the disk node 200. カーネル200aとは、CPU、メモリ、周辺機器の制御など、OSの基本機能を実現する部分である。 The kernel 200a, CPU, memory, and control of peripheral devices, is a portion that realizes the OS basic functions. ディスクドライバ220は、ディスクアクセス部221、ストレージ負荷計測部222、およびストレージ負荷記憶部223を有している。 Disk driver 220 has a disk access unit 221, the storage load measuring unit 222 and the storage load storage unit 223.

ディスクアクセス部221は、カーネル200a外のアプリケーション機能からのストレージ装置210へのアクセス要求に応答し、ストレージ装置210へのIOのアクセスを実行する。 Disk access unit 221, in response to an access request to the storage device 210 from the application function outside the kernel 200a, executes IO access to the storage device 210. この際、ディスクアクセス部221は、アクセス要求の受信、およびそのアクセス要求に応じたストレージ装置210からのアクセス結果の応答の受信を、ストレージ負荷計測部222に通知する。 At this time, the disk access unit 221 receives the access request, and the reception of the access result response from the storage device 210 in accordance with the access request, notifies the storage load measuring unit 222. 例えばディスクアクセス部221は、アクセス要求を受信すると、そのアクセス要求を識別するためのリクエストIDとアクセス要求の種別(要求種別)とをストレージ負荷計測部222に通知する。 For example, a disk access unit 221 receives the access request, the notification type of the request ID and the access request to identify the access request and (request type) to the storage load measuring unit 222. 要求種別は、アクセス要求がライト要求なのかリード要求なのかを示す情報である。 Request type is an access request is information indicating whether a write request for the one read request from. またディスクアクセス部221は、アクセス要求に対応する応答を受信すると、その応答に対応するアクセス要求のリクエストIDをストレージ負荷計測部222に通知する。 The disk access unit 221 receives a response corresponding to the access request, and notifies the request ID of the access request corresponding to the response to the storage load measuring unit 222.

ストレージ負荷計測部222は、ストレージ装置210へのアクセス要求、およびそのアクセス要求に対する応答に基づいて、ストレージ装置210の負荷を計測する。 Storage load measuring unit 222, an access request to the storage device 210, and based on a response to the access request, measures the load of the storage device 210. ストレージ装置210の負荷計測処理の詳細は後述する。 Details of load measurement processing of the storage apparatus 210 will be described later.

ストレージ負荷記憶部223は、ストレージ負荷計測部222が計測したストレージ装置210の負荷を示す情報(ストレージ負荷情報)を記憶する。 Storage load storage unit 223 stores information (storage load information) indicating the load of the storage apparatus 210 storage load measuring unit 222 has measured. 例えば、ディスクノード200のRAMやHDDの記憶領域の一部が、ストレージ負荷記憶部223として使用される。 For example, part of the RAM or the storage area of ​​the HDD of the disk node 200 is used as a storage load storage unit 223.

論理ボリューム管理部230は、ストレージ装置210内のスライスを指定したアクセスノード600からのアクセス要求に応じて、ディスクドライバ220を介してデータアクセスを行う。 The logical volume management unit 230, in response to an access request from the access node 600 specifying the slice in the storage device 210, performs data access via the disk driver 220. 論理ボリューム管理部230は、カーネル200a外のアプリケーション機能としてディスクノード200に実装されている。 The logical volume management unit 230 is mounted to the disk node 200 as an application function outside the kernel 200a. 論理ボリューム管理部230は、論理ボリュームアクセス部231、論理ボリューム負荷計測部232、および論理ボリューム負荷記憶部233を有している。 The logical volume management unit 230 has a logical volume access unit 231, a logical volume load measuring unit 232 and a logical volume load storage unit 233.

論理ボリュームアクセス部231は、アクセスノード600からのアクセス要求を取得する。 Logical volume access unit 231 acquires an access request from the access node 600. そして、論理ボリュームアクセス部231は、アクセス要求で指定されているスライス内のデータへのアクセス要求をディスクドライバ220に対して出力する。 Then, the logical volume access unit 231 outputs an access request to data in a slice that is specified in the access request to the disk driver 220. 論理ボリュームアクセス部231は、ディスクドライバ220からアクセス結果を示す応答が返されると、その応答をアクセスノード600に送信する。 Logical volume access unit 231, the response indicating the access result from the disk driver 220 is returned, and transmits the response to the access node 600. この際、論理ボリュームアクセス部231は、アクセス要求の受信、およびそのアクセス要求に応じたディスクドライバ220からのアクセス要求に対する応答の受信を、論理ボリューム負荷計測部232に通知する。 In this case, the logical volume access unit 231 receives the access request, and to receive a response to the access request from the disk driver 220 in response to the access request, and notifies the logical volume load measuring unit 232. 例えば論理ボリュームアクセス部231は、アクセス要求を受信すると、そのアクセス要求を識別するためのリクエストIDと、アクセス対象のスライスを示すスライスIDとを論理ボリューム負荷計測部232に通知する。 For example logical volume access unit 231 receives the access request, and notifies the request ID to identify the access request, and a slice ID indicating the slice to be accessed in the logical volume load measuring unit 232. なお、アクセス対象のスライスを示すスライスIDは、アクセス要求パケット(図7参照)のデータ部32から取得することができる。 Note that the slice ID indicating the slice to be accessed can be acquired from the data unit 32 of the access request packet (see FIG. 7). また論理ボリュームアクセス部231は、アクセス要求に対応する応答を受信すると、その応答に対応するアクセス要求のリクエストIDを論理ボリューム負荷計測部232に通知する。 The logical volume access unit 231 receives a response corresponding to the access request, and notifies the request ID of the access request corresponding to the response to the logical volume load measuring unit 232.

論理ボリューム負荷計測部232は、論理ボリュームへのアクセス要求および応答に基づいて、アクセス対象となった論理ボリュームごとの負荷を計測する。 Logical volume load measuring unit 232, based on the access requests and responses to the logical volume, to measure the load of each logical volume to be accessed target. 論理ボリュームの負荷計測処理の詳細は後述する。 Details of load measurement processing of the logical volume will be described later.

論理ボリューム負荷記憶部233は、論理ボリューム負荷計測部232が計測した論理ボリュームごとの負荷を示す情報(論理ボリューム負荷情報)を記憶する。 Logical volume load storage unit 233 stores information (logical volume load information) indicating the load of each logical volume logical volume load measuring unit 232 has measured. 例えば、ディスクノード200のRAMやHDDの記憶領域の一部が論理ボリューム負荷記憶部233として使用される。 For example, part of the RAM or the storage area of ​​the HDD of the disk node 200 is used as a logical volume load storage unit 233.

負荷情報送信部240は、ディスクドライバ220および論理ボリューム管理部230で計測されたストレージ負荷情報と論理ボリューム負荷情報とを、管理ノード100に送信する。 Load information transmitting section 240, and a storage load information measured by the disk driver 220 and a logical volume management unit 230 and the logical volume load information to the management node 100. 例えば、負荷情報送信部240は、管理ノード100からの負荷情報取得要求に応答し、ストレージ負荷記憶部223からストレージ負荷情報を取得すると共に、論理ボリューム負荷記憶部233から論理ボリューム負荷情報を取得する。 For example, the load information transmission unit 240 responds to a load information acquisition request from the management node 100, together with the storage load storage unit 223 obtains the storage load information, and acquires the logical volume load information from the logical volume load storage unit 233 . そして、負荷情報送信部240は、取得したストレージ負荷情報と論理ボリューム負荷情報とを管理ノード100に送信する。 Then, the load information transmitting section 240 transmits the acquired storage load information and the logical volume load information to the management node 100. また、負荷情報送信部240は、予め決められた時間間隔でストレージ負荷情報と論理ボリューム負荷情報とを取得し、管理ノード100に送信することもできる。 The load information sending unit 240 may also acquires the storage load information and the logical volume load information at predetermined time intervals, to the management node 100. なお、以下の説明では、ストレージ負荷情報と論理ボリューム負荷情報と含めた情報を、負荷情報と呼ぶこととする。 In the following description, the information including the storage load information and the logical volume load information, is referred to as load information.

管理ノード100は、ディスクノード200,300,400から負荷情報を収集し、ストレージ装置210の負荷の状態を解析する。 Management node 100 collects load information from the disk nodes 200, 300, analyzes the state of the load of the storage device 210. そして、管理ノード100は、解析結果をモニタ11などに表示する。 Then, the management node 100 displays the analysis results on a monitor or the like 11. そのために管理ノード100は、負荷情報取得部110、負荷情報記憶部120、負荷解析部130、解析結果記憶部140、および解析結果表示部150を有している。 Management node 100 to do so, has a load information acquisition unit 110, load information storage unit 120, the load analyzer 130, the analysis result storage unit 140 and the analysis result display unit 150,.

負荷情報取得部110は、ディスクノード200,300,400からストレージ負荷情報、および論理ボリューム負荷情報を取得する。 Load information acquisition unit 110 acquires from the disk node 200, 300, and 400 storage load information, and the logical volume load information. 例えば、負荷情報取得部110は、管理者からのキーボードなどの入力装置を介した負荷解析を指示する操作入力に応答し、各ディスクノード200,300,400に対して、負荷情報取得要求を送信する。 For example, the load information acquisition unit 110 transmits, in response to an operation input that instructs the load analysis through input devices such as a keyboard by the administrator for each of the disk nodes 200, 300, the load information acquisition request to. そして負荷情報取得部110は、負荷情報取得要求に対する応答として各ディスクノード200,300,400から送信された負荷情報を取得する。 The load information acquisition unit 110 acquires the load information transmitted from the disk nodes 200, 300, and 400 in response to the load information acquisition request. また、負荷情報取得部110は、各ディスクノード200,300,400から所定の時間間隔で送信される負荷情報を取得することもできる。 The load information acquisition unit 110 may acquire the load information from each of the disk nodes 200, 300, and 400 are transmitted at predetermined time intervals. 負荷情報取得部110は、取得した負荷情報を負荷情報記憶部120に格納する。 Load information acquisition unit 110 stores the acquired load information in the load information storage unit 120.

負荷情報記憶部120は、負荷情報を記憶する。 Load information storage unit 120 stores the load information. 例えば、管理ノード100のRAM102やHDD103の記憶領域の一部が負荷情報記憶部120として使用される。 For example, a part of the storage area of ​​the RAM102 and HDD103 of the management node 100 is used as the load information storage unit 120.
負荷解析部130は、負荷情報記憶部120に格納された負荷情報に基づいて、各論理ボリュームへのアクセスによるストレージ装置210,310,410それぞれの負荷を解析する。 Load analysis unit 130, based on the load information stored in the load information storage unit 120, analyzes the storage device 210, 310, 410 of each load by access to each logical volume. なお、負荷解析部130は、負荷の解析過程において、解析対象の期間ごとに個別に算出される最大負荷を記憶する最大負荷記憶部131を有している。 The load analyzer 130, in the analysis process of the load, and has a maximum load storage unit 131 for storing the maximum load to be calculated separately for each period analyzed. 解析対象の期間の長さは、予め設定された所定期間(例えば1分)である。 The length of the period to be analyzed is a preset predetermined time period (e.g., 1 minute). 最大負荷は、解析対象の期間において、単位時間当たりに処理可能なアクセス要求数の最大値である。 Maximum load in the period analyzed, the maximum value of the number of processing possible access requests per unit time. 最大負荷記憶部131としては、例えば、RAM102の記憶領域の一部が使用される。 The maximum load storage unit 131, for example, a part of the storage area of ​​the RAM102 are used. 負荷解析部130は、解析対象の期間ごとに個別に求めた最大負荷に基づいて、その解析対象の期間におけるストレージ装置の負荷を解析する。 Load analysis unit 130, based on the maximum load determined separately for each period to be analyzed, analyzing the load of the storage device in the period of the analysis target. そして、負荷解析部130は、解析結果を解析結果記憶部140に格納する。 Then, the load analyzer 130 stores the analysis result in the analysis result storage unit 140.

解析結果記憶部140は、負荷解析部130により解析されたストレージ装置の負荷を示す情報を記憶する。 Analysis result storage unit 140 stores information indicating the load of the storage device that is analyzed by the load analyzer 130. 例えば、RAM102やHDD103の記憶領域の一部が解析結果記憶部140として使用される。 For example, a part of the storage area of ​​the RAM102 and HDD103 is used as an analysis result storage unit 140.

解析結果表示部150は、解析結果記憶部140に格納された情報に基づいて、ストレージ装置の負荷の状況を、モニタ11などに表示する。 Analysis result display unit 150, based on the analysis result information stored in the storage unit 140, the status of the load of the storage device and displayed on a monitor 11. 管理者は、モニタ11を参照することで、ストレージ装置の負荷状況を確認できる。 Administrator refers to the monitor 11 can check the load status of the storage device.

次に、アクセス情報記憶部610の内容について詳細に説明する。 Next, the contents of the access information storage unit 610 will be described in detail.
図6は、アクセス情報記憶部のデータ構造例を示す図である。 Figure 6 is a diagram illustrating an example of the data structure of the access information storage unit. アクセス情報記憶部610には、アクセス制御テーブル611が格納されている。 The access information storage unit 610, the access control table 611 are stored. アクセス制御テーブル611には、論理ボリュームID、セグメントID、ディスクノードID、およびスライスIDの欄が設けられている。 The access control table 611, logical volume ID, segment ID, the column of the disk node ID, and slice ID is provided. 各欄の横方向に並べられた情報が互いに関連付けられ、1つのセグメントに関するアクセス情報を示す。 Information arranged in the horizontal direction of the columns are associated with each other, showing the access information for one segment.

論理ボリュームIDの欄には、論理ボリュームの識別子(論理ボリュームID)が設定される。 In the column of the logical volume ID, a logical volume identifier (logical volume ID) is set. セグメントIDの欄には、論理ボリュームIDで示される論理ボリューム内のセグメントの識別子(セグメントID)が設定される。 The column segment ID, the identifier of the segment in the logical volume shown with the logical volume ID (segment ID) is set. ディスクノードIDの欄には、関連付けられたセグメントに割り当てられたスライスを管理しているディスクノードの識別子(ディスクノードID)が設定される。 In the column of the disk node ID, manages the slices allocated to the associated segment of the disk node identifier (disk node ID) is set. スライスIDの欄には、セグメントIDで示されるセグメントに割り当てられたスライスの識別子(スライスID)が設定される。 The column of the slice ID, a segment assigned slice identifier indicated by the segment ID (slice ID) is set.

アクセス制御テーブル611には、例えば、論理ボリュームIDが“LVOL0”、セグメントIDが“0”、ディスクノードIDが“SN−A”、スライスIDが“0”という情報が設定される。 The access control table 611, for example, a logical volume ID "lvol0" segment ID "0", the disk node ID "SN-A", the slice ID "0" information that is set. これは、論理ボリューム910のセグメント911に対して、ディスクノード200のスライス211が割り当てられていることを示している。 This is for the segment 911 of the logical volume 910 indicates that the slice 211 of the disk node 200 is allocated.

なお、図6には、アクセスノード600内のアクセス情報記憶部610のデータ構造例を示したが、他のアクセスノード700,800が有するアクセス情報記憶部も、アクセス情報記憶部610と同様のデータ構造である。 Incidentally, in FIG. 6, showing an example of a data structure of access information storage unit 610 of the access node 600, also access information storage unit included in the different access nodes 700 and 800, the same data as the access information storage unit 610 it is a structure. ただし、アクセスノード700が有するアクセス情報記憶部には、アクセスノード700がアクセスする論理ボリューム(論理ボリュームID:LVOL1)のセグメントに関するアクセス情報が記憶される。 However, the access information storage unit the access node 700 has a logical volume (a logical volume ID: LVOL1) to the access node 700 to access segment access information about is stored. またアクセスノード800が有するアクセス情報記憶部には、アクセスノード800がアクセスする論理ボリューム(論理ボリュームID:LVOL2)のセグメントに関するアクセス情報が記憶される。 Also the access information storage unit the access node 800 has a logical volume (a logical volume ID: lvol2) access node 800 to access the segment access information about is stored.

なおコントロールノード500は、すべての論理ボリュームに関するアクセス情報を、保持・管理している。 Note the control node 500, the access information for all the logical volumes, and holds and manages. コントロールノード500で保持されているアクセス情報がマスタとなる。 Access information is to be the master held by the control node 500. コントロールノード500は、セグメントに割り当てるスライスの変更などのアクセス情報の変更を行うと、各アクセスノード600,700,800に最新のアクセス情報を送信する。 The control node 500, when a change in the access information, such as slices of changes to be assigned to the segment, and transmits the latest access information to each access node 600, 700, 800.

またコントロールノード500は、論理ボリュームの作成やアクセス情報の変更を行うと、各ディスクノード200,300,400に最新のアクセス情報を送信する。 The control node 500, when the change of the creation and access information logical volume, and transmits the latest access information to each disk node 200, 300, and 400. 例えば、各ディスクノードへは、そのディスクノードが管理しているスライスが割り当てられたセグメントに関するアクセス情報のみが送信される。 For example, the each disk node, only the access information is transmitted about the segments slices the disk node is managing is assigned. 各ディスクノード200,300,400は、受信したアクセス情報を記憶する。 The disk nodes 200, 300, stores the access information received. 例えば各ディスクノード200,300,400は、アクセス情報をRAM内に格納すると共に、ストレージ装置210,310,410内にも格納する。 For example the disk nodes 200, 300, stores the access information in the RAM, it is also stored in the storage device 210, 310, 410.

アクセスノード600は、端末装置51,52から論理ボリューム内のデータのアクセス要求を受信すると、図6に示したアクセス制御テーブル611を参照し、アクセス対象のデータを含むセグメントに割り当てられたスライスを特定することができる。 Access node 600 receives the access request data in the logical volume from the terminal device 51, with reference to the specific slice allocated to the segment containing the accessed data access control table 611 shown in FIG. 6 can do. すなわち、アクセスノード600は、アクセス対象のデータを含むセグメントに割り当てられたスライスを管理しているディスクノードのディスクノードID、および該当するスライスのスライスIDを取得する。 That is, the access node 600 acquires a disk node ID, and the corresponding slice ID of the slice in the disk node which manages the slices allocated to the segment including the access target data. そして、アクセスノード600は、取得したディスクノードIDを有するディスクノードに対して、取得したスライスIDと、そのスライス内のアクセス対象のデータの指定とを含むアクセス要求パケットを送信する。 Then, the access node 600 transmits to the disk node having acquired disk node ID, a slice ID acquired, the access request packet including the designation of the accessed data in the slice.

なお、アクセスノード600,700,800とディスクノード200,300,400との間の通信プロトコルとしては、例えばIP(Internet Protocol)を用いることができる。 As the communication protocol between the access nodes 600, 700, 800 and the disk nodes 200, 300, and 400, it can be used, for example IP (Internet Protocol). その場合、各アクセスノード600,700,800には、各ディスクノードIDに対応するディスクノードのIPアドレスが、予め登録される。 In that case, each access node 600, 700, 800, IP address of the disk node corresponding to each disk node ID is registered in advance. 各アクセスノード600,700,800は、ディスクノードIDに対応するIPアドレスを宛先に設定したアクセス要求パケットを出力することで、アクセス対象のデータを含むスライスを管理しているディスクノードへアクセス要求パケットを送信することができる。 Each access node 600, 700, 800, by outputting the access request packet set the IP address corresponding to the disk node ID to a destination, the access request packet to the disk node managing the slice containing the accessed data it can be transmitted.

図7は、アクセスノードから送信されるアクセス要求パケットの一例を示す図である。 Figure 7 is a diagram showing an example of an access request packet transmitted from the access node. アクセス要求パケット30は、ヘッダ部31およびデータ部32を有する。 Access request packet 30 includes a header portion 31 and a data portion 32.
ヘッダ部31には、プロトコル番号を示す領域および送信先IPアドレスを示す領域が含まれる。 The header portion 31 includes a region indicating the region and the destination IP address indicating a protocol number. プロトコル番号を示す領域には、処理要求の種別(リードまたはライト)を示す情報が格納される。 The region showing a protocol number, information indicating the type of processing request (read or write) is stored. 送信先IPアドレスを示す領域には、パケットの送信先となるディスクノードのIPアドレスが格納される。 In an area indicated by a destination IP address, destination The IP address of the disk node to which the packet is stored.

データ部32には、スライスIDを示す領域および対象データを示す領域が含まれる。 The data unit 32 includes a region indicating the region and the target data indicating the slice ID. スライスIDを示す領域には、アクセス対象となるデータを含むスライスのスライスIDが設定される。 The region showing a slice ID, a slice ID of the slice containing the data to be accessed is set. 対象データを示す領域には、読み出し対象データを指定する情報(スライスの先頭からのオフセット、データ長など)や書き込み処理の対象となるデータとそのデータの格納場所が設定される。 The region indicating the target data, information for specifying the read target data (offset from the beginning of the slice, the data length, etc.) subject to and writing process becomes data that the storage location of the data set.

次に、ストレージ負荷計測部222によるストレージ装置210の負荷の計測機能について、詳細に説明する。 Next, the function of measuring the load of the storage apparatus 210 by the storage load measuring unit 222 will be described in detail.
図8は、ストレージ負荷計測部の内部機能を示すブロック図である。 Figure 8 is a block diagram showing the internal functions of the storage load measuring unit. ストレージ負荷計測部222は、開始時刻登録部222a、リクエスト情報記憶部222b、ストレージ負荷情報更新部222d、実行時間記憶部222e、実行数記憶部222f、および負荷情報出力部222gを有している。 Storage load measuring unit 222 includes the start time registering section 222a, the request information storage unit 222b, the storage load information updating unit 222d, the execution time storage unit 222e, the number of execution storage unit 222f, and the load information output section 222 g.

開始時刻登録部222aは、ディスクアクセス部221から受信したアクセス要求の内容を取得する。 Start time registration unit 222a acquires the content of the access request received from the disk access unit 221. 例えば、開始時刻登録部222aは、ディスクアクセス部221からアクセス要求のリクエストID、および要求種別を取得する。 For example, the start time registration unit 222a obtains from the disk access unit 221 requests the ID of the access requests, and a request type. すると開始時刻登録部222aは、リクエストIDと要求種別に現在の時刻を示すタイムスタンプを付与し、リクエスト情報を生成する。 Then start time registering unit 222a imparts a time stamp indicating the current time to the request type and the request ID, and generates the request information. そして開始時刻登録部222aは、生成したリクエスト情報をリクエスト情報記憶部222bに格納する。 The start time registering unit 222a stores the generated request information to the request information storage unit 222b.

リクエスト情報記憶部222bは、リクエスト情報を記憶する。 Request information storage unit 222b stores the request information. 例えば、RAMやHDDの記憶領域の一部がリクエスト情報記憶部222bとして使用される。 For example, part of the storage area of ​​the RAM and HDD are used as the request information storage unit 222b. 図8の例では、リクエスト情報記憶部222b内にリクエスト管理テーブル222cが設けられている。 In the example of FIG. 8, the request management table 222c are provided in the request information storage unit 222b. リクエスト管理テーブル222cには、リクエストID、要求種別、およびタイムスタンプの欄が設けられている。 The request management table 222c, the request ID, the request type, and the column of the time stamp is provided. リクエスト管理テーブル222c内の横方向に並べられた情報が互いに関連付けられている。 Ordered information in the horizontal direction in the request management table 222c are associated with each other. 互いに関連付けられた情報を含むレコードが、1つのリクエスト情報となる。 A record containing information associated with each other, a single request information.

リクエストIDの欄には、アクセス要求のリクエストIDが設定される。 The column of the request ID, the request ID of the access request is set. 要求種別の欄には、アクセス要求の要求種別が設定される。 The column of the request type, request type of the access request is set. タイムスタンプの欄には、アクセス要求を受信した時刻を示すタイムスタンプが設定される。 The column of the timestamp, the timestamp indicating the time of reception of an access request is set.

ストレージ負荷情報更新部222dは、アクセス要求に対する応答を検知するごとに、ストレージの負荷を示す情報を更新する。 Storage load information updating unit 222d, each time detecting a response to the access request, and updates the information indicating the load of the storage. 例えばストレージ負荷情報更新部222dは、応答に対応するアクセス要求のリクエストIDをディスクアクセス部221から取得する。 For example storage load information updating unit 222d obtains the request ID of the access request corresponding to the response from the disk access unit 221. すると、ストレージ負荷情報更新部222dは、リクエストIDに対応するリクエスト情報をリクエスト管理テーブル222cから抽出する。 Then, the storage load information updating unit 222d extracts a request information corresponding to the request ID from the request management table 222c. 具体的には、ストレージ負荷情報更新部222dは、取得したリクエストIDと一致するリクエストIDを、リクエスト管理テーブル222cのリクエストIDの欄から検索する。 Specifically, the storage load information updating unit 222d is the request ID that matches the acquired request ID, Search field of the request ID of the request management table 222c. そしてストレージ負荷情報更新部222dは、検索でヒットしたリクエストIDを含むリクエスト情報をリクエスト管理テーブル222cから抽出する。 The storage load information updating unit 222d extracts the request information including the request ID that hit in the search from the request management table 222c. この際、ストレージ負荷情報更新部222dは、抽出したリクエスト情報をリクエスト管理テーブル222cから削除する。 At this time, the storage load information updating unit 222d deletes the extracted request information from the request management table 222c.

ストレージ負荷情報更新部222dは、取得したリクエスト情報に含まれるタイムスタンプから現在の時刻までの経過時間を算出する。 Storage load information updating unit 222d calculates the elapsed time to the current time from the time stamp included in the acquired request information. すなわち、ストレージ負荷情報更新部222dは、現在の時刻からタイムスタンプに示される時刻を減算した値を求める。 That is, the storage load information updating unit 222d obtains a value obtained by subtracting the time indicated from the current time to the timestamp. そして、ストレージ負荷情報更新部222dは、実行時間記憶部222eに保持されている累積実行時間に、算出した経過時間を加算する。 The storage load information updating unit 222d is the cumulative running time stored in the execution time storage unit 222e, it adds the elapsed time calculated.

またストレージ負荷情報更新部222dは、リクエストに対する応答を検出するごとに、実行数記憶部222f内のアクセス要求の実行数をカウントアップする。 The storage load information updating unit 222d, each time detecting a response to the request, counts up the number of execution of the access request in the execution count storage unit 222f. 例えば、アクセス要求の実行数を要求種別ごとに計数する場合、ストレージ負荷情報更新部222dはリクエスト管理テーブル222cから取得したリクエスト情報に基づいて、取得した応答に対応するアクセス要求の要求種別を判別する。 For example, when counting the number of execution of the access requests for each type of request, the storage load information updating section 222d based on the acquired request information from the request management table 222c, to determine the required type of an access request corresponding to the response obtained . 要求種別がリードであれば、ストレージ負荷情報更新部222dは、実行数記憶部222f内のリード数情報の値をカウントアップする。 If the request type is a read, the storage load information updating section 222d counts up the value of the read number information in the execution count storage unit 222f. また要求種別がライトであれば、ストレージ負荷情報更新部222dは、実行数記憶部222f内のライト数情報の値をカウントアップする。 If also the request type is a write, the storage load information updating section 222d counts up the value of the write count information in the execution count storage unit 222f.

実行時間記憶部222eは、累積実行時間を記憶する。 Execution time storing unit 222e stores the accumulated execution time. 例えば、ディスクノード200のRAMの記憶領域の一部が、実行時間記憶部222eとして使用される。 For example, part of the storage area of ​​the RAM in the disk node 200 is used as the execution time storage unit 222e. 累積実行時間は、ストレージ装置210の負荷の計測開始時から現在までに、ストレージ装置210がアクセス要求に対する処理に要した時間の累積値である。 Cumulative run time, to date from the time of start of measurement of the load of the storage apparatus 210, the cumulative value of the time that the storage device 210 is required to process to the access request.

実行数記憶部222fは、アクセス要求の実行数を記憶する。 Execution count storage unit 222f stores the number of execution of the access requests. 例えば、ディスクノード200のRAMの記憶領域の一部が、実行数記憶部222fとして使用される。 For example, part of the storage area of ​​the RAM in the disk node 200 is used as the execution count storage unit 222f. 例えば、アクセス要求の実行数は、要求種別ごとに計数される。 For example, the number of execution of the access request is counted for each type of request.

負荷情報出力部222gは、所定時間ごとに累積実行時間とアクセス要求の実行数とを出力する。 Load information output section 222g outputs the execution number of the accumulated running time and the access request for every predetermined time. 例えば、負荷情報出力部222gは、所定時ごとに累積実行時間を実行時間記憶部222eから取得する。 For example, the load information output section 222g obtains the accumulated execution time from the execution time storage unit 222e for each predetermined time. そして、負荷情報出力部222gは、取得した累積実行時間を、ストレージ負荷記憶部223に格納する。 Then, the load information output section 222g includes the acquired cumulative execution time, stored in the storage load storage unit 223. また負荷情報出力部222gは、所定時間ごとにアクセス要求の実行数を実行数記憶部222fから取得する。 The load information output section 222g obtains from the execution count storage unit 222f the number of execution of the access requests at predetermined time intervals. アクセス要求の実行数が要求種別ごとに記憶されている場合、負荷情報出力部222gは、要求種別ごとのアクセス要求の実行数を取得する。 If the number of execution of the access request is stored for each request type, the load information output section 222g obtains the number of execution of the access requests for each request type. そして、負荷情報出力部222gは、取得したアクセス要求の実行数を、ストレージ負荷記憶部223に格納する。 Then, the load information output section 222g includes the number of execution of the acquired access request is stored in the storage load storage unit 223.

なお負荷情報出力部222gは、累積実行時間を実行時間記憶部222eから取得した場合、実行時間記憶部222e内の累積実行時間の値を0に初期化する。 Note the load information output section 222g, when acquiring the accumulated execution time from the execution time storage unit 222e, is initialized to 0 the value of the accumulated execution time in the execution time storage unit 222e. また、負荷情報出力部222gは、アクセス要求の実行数を実行数記憶部222fから取得した場合、実行数記憶部222f内のアクセス要求の実行数の値を0に初期化する。 The load information output section 222g, when acquiring the number of execution of the access requests from the execution number storage unit 222f, the value of the number of execution of the access request in the execution count storage unit 222f is initialized to zero.

このような構成のストレージ負荷計測部222によって、所定時間ごとのストレージ装置210の負荷が計測される。 By the storage load measuring unit 222 having such a configuration, the load of the storage apparatus 210 every predetermined time is measured.
次に、ストレージ負荷計測部222による負荷の計測処理手順について説明する。 Next, a description will be given measurement procedure of the load by the storage load measuring unit 222.

図9は、ストレージ装置の負荷計測処理の手順の一例を示すフローチャートである。 Figure 9 is a flow chart illustrating an exemplary procedure of load measurement processing of the storage device. 以下、図9に示す処理をステップ番号に沿って説明する。 Hereinafter, a description of the processing shown in FIG. 9 step by step.
[ステップS11]開始時刻登録部222aは、ディスクアクセス部221から、受信したアクセス要求の内容が入力されたか否かを判断する。 [Step S11] start time registration unit 222a from the disk access unit 221, the contents of the received access request to determine whether or not the input. アクセス要求の内容が入力された場合、処理がステップS12に進められる。 If the contents of the access request is inputted, the process proceeds to step S12. アクセス要求の内容が入力されていなければ、処理がステップS13に進められる。 Unless the contents of the access request is input, the process proceeds to step S13.

[ステップS12]受信したアクセス要求の内容が入力された場合、開始時刻登録部222aは、入力されたアクセス要求の内容に応じたリクエスト情報をリクエスト管理テーブル222cに登録する。 [Step S12] If the contents of the received access request is input, the start time registration unit 222a registers the request information in accordance with the contents of the input access request to the request management table 222c. 例えば開始時刻登録部222aは、アクセス要求のリクエストIDと要求種別にタイムスタンプを付与し、それらの情報をリクエスト情報としてリクエスト管理テーブル222cに登録する。 For example the start time registering unit 222a is a time stamp is given to the request type and the request ID of the access request is registered in the request management table 222c that information as the request information. これにより、アクセス要求に基づくストレージ装置210におけるアクセス処理の開始時刻が、リクエスト情報記憶部222b内で管理される。 Thus, the start time of the access processing in the storage apparatus 210 based on the access request is managed in the request information storage unit 222b. リクエスト情報の登録が完了すると、処理がステップS16に進められる。 When the registration request information is completed, the process proceeds to step S16.

[ステップS13]ストレージ負荷情報更新部222dは、ディスクアクセス部221から、受信したアクセス要求に対する応答の内容が入力されたか否かを判断する。 [Step S13] The storage load information updating unit 222d from the disk access unit 221, a content of a response to the received access request to determine whether or not the input. アクセス要求に対する応答の内容が入力された場合、処理がステップS14に進められる。 If the contents of the response to the access request is input, the process proceeds to step S14. アクセス要求に対する応答の内容が入力されていなければ、処理がステップS16に進められる。 Unless the content of the response is input to the access request, the process proceeds to step S16.

[ステップS14]ストレージ負荷情報更新部222dは、アクセス要求に対する応答の内容が入力された場合、累積実行時間を更新する。 [Step S14] The storage load information updating unit 222d, when the content of the response to the access request is input, and updates the accumulated execution time. 例えば、ストレージ負荷情報更新部222dは、ディスクアクセス部221から、応答に対応するアクセス要求のリクエストIDを取得する。 For example, the storage load information updating unit 222d from the disk access unit 221, obtains the request ID of the access request corresponding to the response. 次に、ストレージ負荷情報更新部222dは、リクエスト管理テーブル222cから、取得したリクエストIDと一致するリクエストIDを、リクエストIDの欄から検索する。 Then, the storage load information updating unit 222d, from the request management table 222c, a request ID that matches the acquired request ID, Search field of the request ID. 次にストレージ負荷情報更新部222dは、検索でヒットしたリクエストIDを含むリクエスト情報をリクエスト管理テーブル222cから抽出する。 Next, the storage load information updating unit 222d extracts the request information including the request ID that hit in the search from the request management table 222c. この際、ストレージ負荷情報更新部222dは、抽出したリクエスト情報をリクエスト管理テーブル222cから削除する。 At this time, the storage load information updating unit 222d deletes the extracted request information from the request management table 222c. 次にストレージ負荷情報更新部222dは、取得したリクエスト情報に含まれるタイムスタンプから現在の時刻までの経過時間を算出する。 Next, the storage load information updating unit 222d calculates the elapsed time to the current time from the time stamp included in the acquired request information. そして、ストレージ負荷情報更新部222dは、実行時間記憶部222eに保持されている累積実行時間に、算出した経過時間を加算し、加算結果で実行時間記憶部222eの内容を更新する。 The storage load information updating unit 222d is the cumulative running time stored in the execution time storage unit 222e, it adds the elapsed time calculated, updates the contents of the execution time storage unit 222e in the addition result.

[ステップS15]ストレージ負荷情報更新部222dは、実行数記憶部222f内のアクセス要求の実行数をカウントアップする。 [Step S15] The storage load information updating section 222d counts up the number of execution of the access request in the execution count storage unit 222f. 例えば、ストレージ負荷情報更新部222dはリクエスト管理テーブル222cから取得したリクエスト情報に基づいて、取得した応答に対応するアクセス要求の要求種別を判別する。 For example, the storage load information updating section 222d, based on the acquired request information from the request management table 222c, to determine the required type of an access request corresponding to the obtained response. 要求種別がリードであれば、ストレージ負荷情報更新部222dは、実行数記憶部222f内のリード数情報の値をカウントアップする。 If the request type is a read, the storage load information updating section 222d counts up the value of the read number information in the execution count storage unit 222f. また要求種別がライトであれば、ストレージ負荷情報更新部222dは、実行数記憶部222f内のライト数情報の値をカウントアップする。 If also the request type is a write, the storage load information updating section 222d counts up the value of the write count information in the execution count storage unit 222f.

[ステップS16]負荷情報出力部222gは、累積実行時間と実行数との前回の初期化から一定時間経過したか否かを判断する。 [Step S16] The load information output section 222g judges whether or not a predetermined time has elapsed from the last initialization of the number of executions and the cumulative running time. 一定時間は、例えば1分である。 Predetermined time is, for example, 1 minute. 一定時間が経過した場合、処理がステップS17に進められる。 When the predetermined time has elapsed, the process proceeds to step S17. 一定時間が経過していない場合、処理がステップS20に進められる。 When the predetermined time has not elapsed, the process proceeds to step S20.

[ステップS17]負荷情報出力部222gは、前回の初期化から一定時間が経過すると、平均応答時間を算出する。 [Step S17] The load information output section 222g, upon lapse of a predetermined time from the initialization of the previous, calculates the average response time. 例えば、負荷情報出力部222gは、所定期間内に実行されたアクセス要求数を求める。 For example, the load information output section 222g determines the number of access requests made within a predetermined time period. 実行数記憶部222f内に要求種別ごとの実行数が登録されていた場合、負荷情報出力部222gは各要求種別の実行数を合計する。 If the number of execution each request to the execution count storage unit 222f type has been registered, the load information output section 222g sums the number of execution of each request type. そして、負荷情報出力部222gは、実行時間記憶部222eに設定されている累積実行時間の値を、一定時間内に実行されたアクセス要求数で除算する。 Then, the load information output section 222g is a value of the cumulative running time set in the execution time storage unit 222e, is divided by the number of access requests made within a predetermined time. 除算結果が平均応答時間となる。 The division result is the average response time. 負荷情報出力部222gは、算出した平均応答時間を、現在の時刻に関連付けてストレージ負荷記憶部223に格納する。 Load information output section 222g stores the calculated average response time is stored in the storage load storage unit 223 in association with the current time.

[ステップS18]負荷情報出力部222gは、一定時間内に実行されたアクセス要求数を出力する。 [Step S18] The load information output section 222g outputs the number of access requests made within a predetermined time. 例えば、実行数記憶部222f内において要求種別ごとにアクセス要求の実行数がカウントされている場合、負荷情報出力部222gは、要求種別ごとのアクセス要求の実行数を取得する。 For example, if the number of execution of the request type for each access request in the execution count storage unit 222f is counted, the load information output section 222g obtains the number of execution of the access requests for each request type. そして、負荷情報出力部222gは、取得したアクセス要求の実行数を、ストレージ負荷記憶部223に格納する。 Then, the load information output section 222g includes the number of execution of the acquired access request is stored in the storage load storage unit 223. このとき負荷情報出力部222gは、直前のステップS17の処理で格納された平均応答時間と対応付けて、取得したアクセス要求の実行数を格納する。 In this case the load information output section 222g associates the average response time stored in the preceding process in step S17, stores the number of execution of the acquired access request. なお、アクセス要求の実行数を格納する場合、負荷情報出力部222gは、単位時間当たりの実行数に置き換えることもできる。 In the case of storing the number of execution of the access request, the load information output section 222g can be replaced by a number of execution per unit time. 例えば、単位時間を1秒とし、一分の間で実行されたアクセス要求の数を60で除算することで、1秒当たりのアクセス要求の実行数に置き換えることができる。 For example, the unit time is one second, is divided by 60 the number of access requests that were performed for one minute, it can be replaced by the number of execution of the access requests per second.

[ステップS19]負荷情報出力部222gは、累積実行時間と、アクセス要求の実行数とを初期化する。 [Step S19] The load information output section 222g initializes the cumulative running time, a running count of access requests. 例えば、負荷情報出力部222gは、実行時間記憶部222eに格納されている累積実行時間の値を「0」に更新すると共に、実行数記憶部222fに格納されているアクセス要求の実行数の値を「0」に更新する。 For example, the load information output section 222g is a value of the cumulative running time stored in the execution time storage unit 222e and updates to "0", the number of execution of the value of the access requests stored in the execution count storage unit 222f the update to "0".

[ステップS20]開始時刻登録部222a、ストレージ負荷情報更新部222d、および負荷情報出力部222gは、負荷計測の終了条件が満たされたか否かを判断する。 [Step S20] start time registering section 222a, the storage load information updating unit 222d, and a load information output section 222g judges whether or not the condition for termination of load measurement are met. 例えば、管理者からディスクノード200に対して負荷計測を終了することを示す命令が入力された場合、負荷計測の終了条件が満たされたと判断される。 For example, instruction indicating to terminate the load measurement to the disk node 200 from the administrator if entered, it is determined that the end condition of the load measurement are met. また、予め定義された負荷計測期間が満了した場合に、負荷計測の終了条件が満たされたと判断するようにしてもよい。 Also, if the predefined load measurement period has expired, it may be determined that the termination condition of the load measurement are met. 負荷計測の終了条件が満たされた場合、処理が終了する。 If the termination condition of the load measurement is satisfied, the processing is terminated. 負荷計測の終了条件が満たされていなければ、処理がステップS11に進められる。 If not satisfied end condition of load measurement, the process proceeds to step S11.

このような負荷計測を行うことで、ストレージ負荷記憶部223内にストレージ負荷情報が蓄積される。 By performing such load measurement, storage load information is stored in the storage load storage unit 223.
図10は、ストレージ負荷記憶部のデータ構造例を示す図である。 Figure 10 is a diagram showing a data structure example of a storage load storage unit. ストレージ負荷記憶部223には、ストレージ負荷計測部222で計測された所定期間ごとのストレージ負荷情報が格納されている。 The storage load storage unit 223, the storage load information for each predetermined period measured by the storage load measuring unit 222 is stored. 図10の例では、ストレージ負荷記憶部223内にストレージ負荷管理テーブル223aが設けられている。 In the example of FIG. 10, the storage load management table 223a is provided in the storage load storage unit 223. ストレージ負荷管理テーブル223aには、時刻、リードリクエスト数(read iops)、ライトリクエスト数(write iops)、および平均応答時間の欄が設けられている。 The storage load management table 223a, time, read request number (read iops), write request number (write iops), and the column of the average response time is provided. ストレージ負荷管理テーブル223a内の横方向に並べられた情報が互いに関連付けられている。 Ordered information in the lateral direction in the storage load management table 223a are associated with each other. 互いに関連付けられた情報を含むレコードが、1つのストレージ負荷情報となる。 A record containing information associated with each other, the one storage load information.

時刻の欄には、ストレージ負荷情報を格納した時刻が設定される。 The time column, a time storing the storage load information is set. リードリクエスト数の欄には、所定期間内に実行されたリードのアクセス要求の単位時間(図10の例では1秒)当たりの数が設定される。 In the column of number of read requests, (in the example of FIG. 10 second) per unit time of the read access request is executed within a predetermined time period the number per set. ライトリクエスト数の欄には、所定期間内に実行されたライトのアクセス要求の単位時間(図10の例では1秒)当たりの数が設定される。 In the column of the write request number (in the example of FIG. 10 second) per unit time of a write access request that is executed within a predetermined time period the number per set. 平均応答時間の欄には、所定期間内に実行されたアクセス要求に対する平均応答時間が設定される。 In the column of the average response time, average response time to an access request that is executed within a predetermined time period is set. 図10の例では、平均応答時間の単位はミリ秒(ms)である。 In the example of FIG. 10, the unit of the average response time is milliseconds (ms).

次に、論理ボリューム負荷計測部232による論理ボリューム910,920,930ごとの負荷の計測機能について、詳細に説明する。 Next, the function of measuring the load of each logical volume 910, 920, and 930 according to the logical volume load measuring unit 232 will be described in detail.
図11は、論理ボリューム負荷計測部の内部機能を示すブロック図である。 Figure 11 is a block diagram showing the internal functions of the logical volume load measuring unit. 論理ボリューム負荷計測部232は、開始時刻登録部232a、論理ボリューム判別情報記憶部232b、リクエスト情報記憶部232c、負荷情報更新部232e、実行時間記憶部232f,232g,232h、および負荷情報出力部232iを有している。 Logical volume load measuring unit 232, the start time registration unit 232a, a logical volume determination information storage unit 232b, request information storage unit 232c, the load information updating unit 232 e, the execution time storage unit 232 f, 232 g, 232 h, and a load information output section 232i have.

開始時刻登録部232aは、アクセスノード600から受信したアクセス要求の内容を取得する。 Start time registration unit 232a acquires the content of the access request received from the access node 600. 例えば、開始時刻登録部232aは、論理ボリュームアクセス部231からアクセス要求のリクエストID、およびアクセス対象のスライスを示すスライスIDを取得する。 For example, the start time registration unit 232a acquires the slice ID indicating the request ID of the access requests from the logical volume access unit 231, and the access target slice. すると開始時刻登録部232aは、論理ボリューム判別情報記憶部232bを参照し、アクセス対象のスライスを示すスライスIDに基づいて、アクセスが発生した論理ボリュームの論理ボリュームIDを判定する。 Then start time registering unit 232a judges refers to the logical volume determination information storage unit 232b, based on the slice ID indicating the slice to be accessed, the logical volume ID of the logical volume access occurs.

ここで論理ボリューム判別情報記憶部232bは、各スライスが割り当てられているセグメントが属する論理ボリュームを記憶している。 Here logical volume determination information storage unit 232b is, segments each slice is allocated stores a logical volume belongs. 例えば、ディスクノード200のRAMやHDDの記憶領域の一部が論理ボリューム判別情報記憶部232bとして使用される。 For example, part of the RAM or the storage area of ​​the HDD of the disk node 200 is used as a logical volume determination information storage unit 232b.

図12は、論理ボリューム判別情報記憶部のデータ構造例を示す図である。 Figure 12 is a diagram showing an example of the data structure of the logical volume determination information storage section. 図12の例では、論理ボリューム判別情報記憶部232bには、ID変換テーブル232jが格納されている。 In the example of FIG. 12, the logical volume determination information storage unit 232b, ID conversion table 232j are stored. ID変換テーブル232jには、スライスID、論理ボリュームID、およびセグメントIDの欄が設けられている。 The ID conversion table 232 j, slice ID, is provided columns of a logical volume ID, and the segment ID. ID変換テーブル232j内の横方向に並べられた情報が互いに関連付けられている。 Information arranged in the horizontal direction in the ID conversion table 232j are associated with each other.

スライスIDの欄には、ストレージ装置210内のスライス211〜216のスライスIDが設定される。 The column of the slice ID, a slice ID of the slice 211 to 216 in the storage device 210 is set. 論理ボリュームIDの欄には、各スライスが割り当てられたセグメントが属する論理ボリュームの論理ボリュームIDが設定される。 In the column of the logical volume ID, logical volume ID of the logical volume segments each slice is assigned belongs is set. セグメントIDの欄には、各スライスが割り当てられたセグメントのセグメントIDが設定される。 The column segment ID, segment ID of the segment each slice is allocated is set.

このようなID変換テーブル232jは、例えばスライスがスライスに割り当てられるごとに、論理ボリュームアクセス部231によって更新される。 Such ID conversion table 232j, for example each time slice is allocated to the slice, is updated by the logical volume access unit 231. すなわち、セグメントへのスライスの割り当ては、コントロールノード500で決定され、ディスクノード200に通知される。 That is, allocation of slices to the segment is determined by the control node 500 is notified to the disk node 200. 論理ボリュームアクセス部231は、通知された割り当て関係に従ってID変換テーブル232jの内容を更新する。 Logical volume access unit 231 updates the contents of the ID conversion table 232j accordance with the notified assignment relationship.

開始時刻登録部232aは、図12に示したようなID変換テーブル232jに基づいて、アクセス要求によるアクセス対象のスライスが割り当てられている論理ボリュームの論理ボリュームIDを判定できる。 Start time registration unit 232a can determine the logical volume ID of the logical volume on the basis of the ID conversion table 232j as shown in FIG. 12, the slice to be accessed by the access request is assigned.

以下、図11の説明に戻る。 We now return to the description of the Figure 11.
論理ボリュームIDを判定した開始時刻登録部232aは、リクエストIDと論理ボリュームIDに現在の時刻を示すタイムスタンプを付与し、リクエスト情報を生成する。 Start time registering section 232a which determines the logical volume ID is assigned a time stamp indicating the current time to the request ID and the logical volume ID, it generates the request information. そして開始時刻登録部232aは、生成したリクエスト情報をリクエスト情報記憶部232cに格納する。 The start time registering unit 232a stores the generated request information to the request information storage unit 232c.

リクエスト情報記憶部232cは、リクエスト情報を記憶する。 Request information storage unit 232c stores the request information. 例えば、RAMやHDDの記憶領域の一部がリクエスト情報記憶部232cとして使用される。 For example, part of the storage area of ​​the RAM and HDD are used as the request information storage unit 232c. 図11の例では、リクエスト情報記憶部232c内にリクエスト管理テーブル232dが設けられている。 In the example of FIG. 11, the request management table 232d is provided in the request information storage unit 232c. リクエスト管理テーブル232dには、リクエストID、論理ボリュームID(LVOL ID)、およびタイムスタンプの欄が設けられている。 The request management table 232 d, the request ID, logical volume ID (LVOL ID), and the column of the time stamp is provided. リクエスト管理テーブル232d内の横方向に並べられた情報が互いに関連付けられている。 Ordered information in the horizontal direction in the request management table 232d are associated with each other. 互いに関連付けられた情報を含むレコードが、1つのリクエスト情報となる。 A record containing information associated with each other, a single request information.

リクエストIDの欄には、アクセス要求のリクエストIDが設定される。 The column of the request ID, the request ID of the access request is set. 論理ボリュームIDの欄には、アクセス要求の対象となるデータを含むスライスが割り当てられている論理ボリュームの論理ボリュームIDが設定される。 In the column of the logical volume ID, logical volume ID of the logical volume slice containing the data to be accessed request is allocated is set. タイムスタンプの欄には、アクセス要求を受信した時刻を示すタイムスタンプが設定される。 The column of the timestamp, the timestamp indicating the time of reception of an access request is set.

負荷情報更新部232eは、アクセス要求に対する応答を検知するごとに、論理ボリュームごとのアクセスがストレージ装置に与えている負荷を示す情報を更新する。 Load information updating unit 232e, each time detecting a response to the access request, and updates the information indicating the load access each logical volume is provided to the storage device. 例えば負荷情報更新部232eは、応答に対応するアクセス要求のリクエストIDを論理ボリュームアクセス部231から取得する。 For example load information updating unit 232e obtains the request ID of the access request corresponding to the response from the logical volume access unit 231. すると、負荷情報更新部232eは、リクエストIDに対応するリクエスト情報をリクエスト管理テーブル232dから抽出する。 Then, the load information updating section 232e extracts request information corresponding to the request ID from the request management table 232 d. 具体的には、負荷情報更新部232eは、取得したリクエストIDと一致するリクエストIDを、リクエスト管理テーブル232dのリクエストIDの欄から検索する。 Specifically, the load information updating unit 232e includes a request ID that matches the acquired request ID, Search field of the request ID of the request management table 232 d. そして負荷情報更新部232eは、検索でヒットしたリクエストIDを含むリクエスト情報をリクエスト管理テーブル232dから抽出する。 The load information updating section 232e extracts request information including a request ID hit in the search from the request management table 232 d. この際、負荷情報更新部232eは、抽出したリクエスト情報をリクエスト管理テーブル232dから削除する。 In this case, the load information updating unit 232e deletes the extracted request information from the request management table 232 d.

負荷情報更新部232eは、取得したリクエスト情報に含まれるタイムスタンプから現在の時刻までの経過時間を算出する。 Load information updating unit 232e calculates the elapsed time to the current time from the time stamp included in the acquired request information. すなわち、負荷情報更新部232eは、現在の時刻からタイムスタンプに示される時刻を減算した値を求める。 That is, the load information updating unit 232e obtains a value obtained by subtracting the time indicated from the current time to the timestamp. そして、負荷情報更新部232eは、取得したリクエスト情報に示される論理ボリュームIDに対応する実行時間記憶部に保持されている累積実行時間に、算出した経過時間を加算する。 The load information updating unit 232e is the cumulative running time stored in the execution time storage unit corresponding to the logical volume ID indicated in the acquired request information, it adds the elapsed time calculated.

実行時間記憶部232fは、論理ボリュームID“LVOL0”に対応する累積実行時間を記憶する。 Execution time storing unit 232f stores the accumulated execution time corresponding to the logical volume ID "LVOL0". 例えば、RAMやHDDの記憶領域の一部が実行時間記憶部232fとして使用される。 For example, part of the storage area of ​​the RAM and HDD are used as the execution time storage unit 232 f.

実行時間記憶部232gは、論理ボリュームID“LVOL1”に対応する累積実行時間を記憶する。 Execution time storing unit 232g stores the accumulated execution time corresponding to the logical volume ID "LVOL1". 例えば、RAMやHDDの記憶領域の一部が実行時間記憶部232gとして使用される。 For example, part of the storage area of ​​the RAM and HDD are used as the execution time storage unit 232 g.

実行時間記憶部232hは、論理ボリュームID“LVOL2”に対応する累積実行時間を記憶する。 Execution time storing section 232h stores the accumulated execution time corresponding to the logical volume ID "LVOL2". 例えば、RAMやHDDの記憶領域の一部が実行時間記憶部232hとして使用される。 For example, part of the storage area of ​​the RAM and HDD are used as the execution time storage unit 232 h.

負荷情報出力部232iは、所定時間ごとに累積実行時間を出力する。 Load information output unit 232i outputs the accumulated running time for each predetermined time. 例えば、負荷情報出力部232iは、所定時間ごとに累積実行時間を実行時間記憶部232f,232g,232hから取得する。 For example, the load information output unit 232i acquires the accumulated running time for each predetermined time execution time storage unit 232 f, 232 g, from 232 h. そして、負荷情報出力部232iは、取得した累積実行時間を、論理ボリューム負荷記憶部233に格納する。 Then, the load information output section 232i the acquired cumulative execution time, stored in the logical volume load storage unit 233.

なお負荷情報出力部232iは、累積実行時間を実行時間記憶部232f,232g,232hから取得した場合、実行時間記憶部232f,232g,232h内の累積実行時間の値を0に初期化する。 Note the load information output section 232i is done cumulative execution time period storage section 232 f, 232 g, if obtained from 232 h, execution time storage unit 232 f, 232 g, is initialized to 0 the value of the cumulative running time within 232 h.

このような構成の論理ボリューム負荷計測部232によって、所定時間ごとのストレージ装置210の負荷が計測される。 By the logical volume load measuring unit 232 having such a configuration, the load of the storage apparatus 210 every predetermined time is measured.
次に、論理ボリューム負荷計測部232による負荷の計測処理手順について説明する。 Next, a description will be given measurement procedure of the load by the logical volume load measuring unit 232.

図13は、論理ボリュームごとのストレージ装置に与える負荷の計測処理の手順の一例を示すフローチャートである。 Figure 13 is a flow chart showing an example of a procedure of measurement processing load on the storage device for each logical volume. 以下、図13に示す処理をステップ番号に沿って説明する。 It is explained below step by step shown in FIG. 13.

[ステップS31]開始時刻登録部232aは、論理ボリュームアクセス部231から、受信したアクセス要求の内容が入力されたか否かを判断する。 [Step S31] start time registration unit 232a from the logical volume access unit 231, the contents of the received access request to determine whether or not the input. アクセス要求の内容が入力された場合、処理がステップS32に進められる。 If the contents of the access request is inputted, the process proceeds to step S32. アクセス要求の内容が入力されていなければ、処理がステップS33に進められる。 Unless the contents of the access request is input, the process proceeds to step S33.

[ステップS32]受信したアクセス要求の内容が入力された場合、開始時刻登録部232aは、入力されたアクセス要求の内容に応じたリクエスト情報をリクエスト管理テーブル232dに登録する。 [Step S32] If the contents of the received access request is input, the start time registration unit 232a registers the request information in accordance with the contents of the input access request to the request management table 232 d. 例えば開始時刻登録部232aは、論理ボリューム判別情報記憶部232bを参照し、アクセス要求のアクセス先のスライスのスライスIDに対応する論理ボリュームIDを判定する。 For example the start time registering unit 232a determines a logical volume ID with reference to the logical volume determination information storage unit 232b, corresponding to the slice ID of the access destination of the slices of the access request. そして、開始時刻登録部232aは、アクセス要求のリクエストIDとアクセス先のスライスに対応する論理ボリュームIDとの組にタイムスタンプを付与し、それらの情報をリクエスト情報としてリクエスト管理テーブル232dに登録する。 Then, the start time registration unit 232a includes a time stamp assigned to the set of the logical volume ID corresponding to the request ID and the access destination of the slices of the access request is registered in the request management table 232d that information as the request information. これにより、アクセス要求に基づくストレージ装置210におけるアクセス処理の開始時刻が、リクエスト情報記憶部222b内で管理される。 Thus, the start time of the access processing in the storage apparatus 210 based on the access request is managed in the request information storage unit 222b. リクエスト情報の登録が完了すると、処理がステップS35に進められる。 When the registration request information is completed, the process proceeds to step S35.

[ステップS33]負荷情報更新部232eは、論理ボリュームアクセス部231から、受信したアクセス要求に対する応答の内容が入力されたか否かを判断する。 [Step S33] The load information updating section 232e from the logical volume access unit 231, a content of a response to the received access request to determine whether or not the input. アクセス要求に対する応答の内容が入力された場合、処理がステップS34に進められる。 If the contents of the response to the access request is input, the process proceeds to step S34. アクセス要求に対する応答の内容が入力されていなければ、処理がステップS35に進められる。 Unless the content of the response is input to the access request, the process proceeds to step S35.

[ステップS34]負荷情報更新部232eは、アクセス要求に対する応答の内容が入力された場合、累積実行時間を更新する。 [Step S34] The load information updating unit 232e, when the content of the response to the access request is input, and updates the accumulated execution time. 例えば、負荷情報更新部232eは、論理ボリュームアクセス部231から、応答に対応するアクセス要求のリクエストIDを取得する。 For example, the load information updating section 232e from the logical volume access unit 231 acquires the request ID of the access request corresponding to the response. 次に、負荷情報更新部232eは、リクエスト管理テーブル232dから、取得したリクエストIDと一致するリクエストIDを、リクエストIDの欄から検索する。 Next, the load information updating section 232e from the request management table 232 d, the request ID that matches the acquired request ID, Search field of the request ID. 次に負荷情報更新部232eは、検索でヒットしたリクエストIDを含むリクエスト情報をリクエスト管理テーブル232dから抽出する。 Then load information updating section 232e extracts request information including a request ID hit in the search from the request management table 232 d. この際、負荷情報更新部232eは、抽出したリクエスト情報をリクエスト管理テーブル232dから削除する。 In this case, the load information updating unit 232e deletes the extracted request information from the request management table 232 d. 次に負荷情報更新部232eは、取得したリクエスト情報に含まれるタイムスタンプから現在の時刻までの経過時間を算出する。 Then load information updating unit 232e calculates the elapsed time to the current time from the time stamp included in the acquired request information. また負荷情報更新部232eは、複数の実行時間記憶部232f,232g,232hの中から、リクエスト管理テーブル232dから抽出したリクエスト情報に含まれる論理ボリュームIDに対応する実行時間記憶部を特定する。 The load information updating unit 232e includes a plurality of execution time storage unit 232 f, 232 g, from among the 232 h, specifying the execution time storage unit corresponding to the logical volume ID included in the request information extracted from the request management table 232 d. そして、負荷情報更新部232eは、特定した実行時間記憶部に保持されている累積実行時間に、算出した経過時間を加算し、加算結果で、特定した実行時間記憶部の内容を更新する。 The load information updating unit 232e is the cumulative running time stored in the execution time storage unit identified, adding the elapsed time calculated in the addition result, and updates the contents of the specified execution time storage unit.

[ステップS35]負荷情報出力部232iは、累積実行時間の前回の初期化から一定時間経過したか否かを判断する。 [Step S35] The load information output unit 232i judges whether or not a predetermined time has elapsed from the last initialization of the accumulated execution time. 一定時間は、例えば1分である。 Predetermined time is, for example, 1 minute. 一定時間が経過した場合、処理がステップS36に進められる。 When the predetermined time has elapsed, the process proceeds to step S36. 一定時間が経過していない場合、処理がステップS38に進められる。 When the predetermined time has not elapsed, the process proceeds to step S38.

[ステップS36]負荷情報出力部232iは、前回の初期化から一定時間が経過すると、論理ボリュームごとの累積実行時間を格納する。 [Step S36] The load information output section 232i, upon lapse of a predetermined time from the initialization of the previous, stores cumulative execution time for each logical volume. 例えば、負荷情報出力部232iは、各実行時間記憶部232f,232g,232hに格納されている累積実行時間の値を取得する。 For example, the load information output unit 232i acquires the execution time storage unit 232 f, 232 g, the value of the cumulative running time stored in 232 h. そして、負荷情報出力部232iは、取得した累積実行時間の値を現在の時刻に関連付けて、論理ボリューム負荷記憶部233に格納する。 Then, the load information output section 232i associates the value of the acquired accumulated running time to the current time is stored in the logical volume load storage unit 233.

[ステップS37]負荷情報出力部232iは、累積実行時間を初期化する。 [Step S37] The load information output section 232i initializes the cumulative running time. 例えば、負荷情報出力部232iは、実行時間記憶部232f,232g,232hに格納されている累積実行時間の値を「0」に更新する。 For example, the load information output section 232i updates the execution time storage unit 232 f, 232 g, the value of the cumulative running time stored in the 232h to "0".

[ステップS38]開始時刻登録部232a、負荷情報更新部232e、および負荷情報出力部232iは、負荷計測の終了条件が満たされたか否かを判断する。 [Step S38] start time registering section 232a, the load information updating unit 232 e, and the load information output unit 232i judges whether or not the condition for termination of load measurement are met. 例えば、管理者からディスクノード200に対して負荷計測を終了することを示す命令が入力された場合、負荷計測の終了条件が満たされたと判断される。 For example, instruction indicating to terminate the load measurement to the disk node 200 from the administrator if entered, it is determined that the end condition of the load measurement are met. また、予め定義された負荷計測期間が満了した場合に、負荷計測の終了条件が満たされたと判断するようにしてもよい。 Also, if the predefined load measurement period has expired, it may be determined that the termination condition of the load measurement are met. 負荷計測の終了条件が満たされた場合、処理が終了する。 If the termination condition of the load measurement is satisfied, the processing is terminated. 負荷計測の終了条件が満たされていなければ、処理がステップS31に進められる。 If not satisfied end condition of load measurement, the process proceeds to step S31.

このような負荷計測を行うことで、論理ボリューム負荷記憶部233内に論理ボリューム負荷情報が蓄積される。 By performing such load measurement, the logical volume load information is stored in the logical volume load storage unit 233.
図14は、論理ボリューム負荷記憶部のデータ構造例を示す図である。 Figure 14 is a diagram showing an example of the data structure of the logical volume load storage unit. 論理ボリューム負荷記憶部233には、論理ボリューム負荷計測部232で計測された所定期間ごとの論理ボリュームごとの累積実行時間が格納されている。 The logical volume load storage unit 233, the accumulated running time for each logical volume for each predetermined period measured by the logical volume load measuring unit 232 is stored. 図14の例では、論理ボリューム負荷記憶部233内に論理ボリューム負荷管理テーブル233aが設けられている。 In the example of FIG. 14, the logical volume load management table 233a is provided in the logical volume load storage unit 233. 論理ボリューム負荷管理テーブル233aには、時刻、LVOL0の累積実行時間、LVOL1の累積実行時間、およびLVOL2の累積実行時間の欄が設けられている。 The logical volume load management table 233a, time, accumulated execution time lvol0, the column of the accumulated execution time of the cumulative running time, and LVOL2 of LVOL1 provided. 論理ボリューム負荷管理テーブル233a内の横方向に並べられた情報が互いに関連付けられている。 Ordered information in the lateral direction of the logical volume load management in a table 233a are associated with each other. 互いに関連付けられた情報を含むレコードが、所定の期間の論理ボリューム負荷情報となる。 A record containing information associated with each other, the logical volume load information of a predetermined period.

時刻の欄には、論理ボリュームの累積実行時間を格納した時刻が設定される。 The time column, a time storing the cumulative running time of the logical volume is set. LVOL0の累積実行時間の欄には、論理ボリュームIDが“LVOL0”である論理ボリューム910に割り当てられた記憶領域へのアクセス要求に基づく所定期間内のアクセスの累積実行時間が設定される。 The column of the accumulated execution time of lvol0, the cumulative running time of the access within a predetermined period based on the access request to the storage area allocated to the logical volume 910 is a logical volume ID "lvol0" is set. LVOL1の累積実行時間の欄には、論理ボリュームIDが“LVOL1”である論理ボリューム920に割り当てられた記憶領域へのアクセス要求に基づく所定期間内のアクセスの累積実行時間が設定される。 The column of the accumulated execution time of LVOL1, the cumulative running time of the access within a predetermined period based on the access request to the storage area allocated to the logical volume 920 is a logical volume ID "LVOL1" is set. LVOL2の累積実行時間の欄には、論理ボリュームIDが“LVOL2”である論理ボリューム930に割り当てられた記憶領域へのアクセス要求に基づく所定期間内のアクセスの累積実行時間が設定される。 The column of the accumulated execution time of lvol2, the cumulative running time of the access within a predetermined period based on the access request to the storage area allocated to the logical volume 930 is a logical volume ID "lvol2" is set. 累積実行時間の単位は、例えばミリ秒(ms)である。 Unit cumulative running time is, for example, millisecond (ms).

以上のようにしてディスクノード200でストレージ負荷記憶部223と論理ボリューム負荷記憶部233に記憶された負荷情報(ストレージ負荷情報と論理ボリューム負荷情報)が、負荷情報送信部240によって、管理ノード100に送信される。 As described above the load information stored in the storage load storage unit 223 and a logical volume load storage unit 233 in the disk node 200 (storage load information and the logical volume load information), the load information transmission unit 240, the management node 100 It is sent. 例えば、管理ノード100に対する負荷解析を指示する操作入力に応答して負荷情報取得部110が、負荷情報取得要求を、ディスクノード200に送信する。 For example, the load information acquisition unit 110 in response to an operation input that instructs the load analysis to the management node 100, a load information acquisition request to the disk node 200. 負荷情報送信部240は、負荷情報取得要求に応答して、負荷情報を管理ノード100に送信する。 Load information sending unit 240, in response to the load information acquisition request, sends the load information to the management node 100.

管理ノード100の負荷情報取得部110は、取得した負荷情報を負荷情報記憶部120に格納する。 Load information acquisition unit 110 of the management node 100 stores the acquired load information in the load information storage unit 120. 負荷情報取得部110は、例えば、すべての数値の時間の単位を秒に揃えて各値を格納する。 Load information acquisition unit 110, for example, the unit of time for all numeric aligned seconds to store the values. すなわち、ミリ秒の単位で表された値は、1000分の1に変換して負荷情報記憶部120に格納される。 In other words, the value expressed in units of milliseconds, is stored in the load information storage unit 120 is converted to 1/1000.

図15は、負荷情報記憶部のデータ構造例を示す図である。 Figure 15 is a diagram illustrating an example of the data structure of load information storage unit. 負荷情報記憶部120には、ストレージ装置ごとの負荷情報管理テーブル121,122,123が格納されている。 The load information storage unit 120, load information management table 121, 122, 123 of each storage device is stored. 例えば、負荷情報管理テーブル121は、ディスクノード200に対応する。 For example, the load information management table 121 corresponds to the disk node 200. すなわち、負荷情報管理テーブル121には、ディスクノード200から取得した負荷情報が登録されている。 That is, the load information management table 121, the load information obtained from the disk node 200 is registered.

負荷情報管理テーブル121には、時刻、平均応答時間、リードリクエスト数(read iops)、ライトリクエスト数(write iops)、LVOL0の累積実行時間、LVOL1の累積実行時間、およびLVOL2の累積実行時間の欄が設けられている。 The load information management table 121, the time, the average response time, the read request number (read iops), write request number (write iops), the accumulated running time of lvol0, column cumulative running time of the cumulative running time, and LVOL2 of LVOL1 It is provided. 負荷情報管理テーブル121内の横方向に並べられた情報が互いに関連付けられている。 Ordered information in the lateral direction of the load information in the management table 121 are associated with each other. 互いに関連付けられた情報を含むレコードが、所定の期間の負荷情報となる。 A record containing information associated with each other, the load information of a predetermined period. 各欄には、図10および図14に示したストレージ負荷記憶部223または論理ボリューム負荷記憶部233内の同名の欄と同種の情報が設定される。 Each column, same name column and the same type of information storage load storage unit 223 or the logical volume load in the storage unit 233 shown in FIGS. 10 and 14 are set. なお、リードリクエスト数(read iops)、ライトリクエスト数(write iops)との欄は、上位のアクセス要求実行数の欄にまとめられている。 Incidentally, the read request number (read iops), the column of the write request number (write iops), are summarized in the access request execution number of columns of the upper. 負荷情報管理テーブル122,123のデータ構造も、負荷情報管理テーブル121と同様である。 Data structure of load information management table 122 and 123 is also the same as the load information management table 121.

管理ノード100の負荷解析部130は、図15に示したような負荷情報管理テーブル121,122,123を参照して、各ディスクノード200,300,400の負荷を解析する。 Load analysis unit 130 of the management node 100 refers to the load information management table 121, 122 and 123 as shown in FIG. 15, to analyze the loading of the disk nodes 200, 300, and 400. その際、負荷解析部130は、平均応答時間(秒単位)を変数「A」とする。 At that time, the load analyzer 130, the average response time (in seconds) and the variable "A". 負荷解析部130は、リードリクエスト数(read iops)とライトリクエスト数(write iops)との合計を、アクセス要求実行数を示す変数「B」とする。 Load analysis unit 130 read request speed and the (read iops) write request total number of the (write iops), a variable "B" indicating the number of execution access requests. 負荷解析部130は、LVOL0の累積実行時間を変数「C」とする。 Load analysis unit 130, a variable "C" the accumulated running time of lvol0. 負荷解析部130は、LVOL1の累積実行時間を変数「D」とする。 Load analysis unit 130, a variable "D" the cumulative running time of LVOL1. 負荷解析部130は、LVOL2の累積実行時間を変数「E」とする。 Load analysis unit 130, a variable "E" the cumulative running time of lvol2.

以下、負荷解析部130が行う解析処理の手順について説明する。 Hereinafter, a description is given of the procedure of analysis processing load analyzer 130 performs.
図16は、負荷解析処理の手順を示すフローチャートである。 Figure 16 is a flowchart showing a procedure of the load analysis process. 以下、図16に示す処理をステップ番号に沿って説明する。 It is explained below step by step shown in FIG. 16. なお、以下の処理は、例えば、管理からの負荷解析を示す操作入力が行われ、各ディスクノード200,300,400からの負荷情報の取得が完了したときに実行される。 Note that the following processing, for example, performed the operation input indicating load analysis from the management, the acquisition of load information from the disk nodes 200, 300, and 400 is executed when completed.

[ステップS41]負荷解析部130は、解析処理を実行していない解析対象とするストレージ装置を選択する。 [Step S41] load analysis unit 130 selects a storage device to be analyzed that is not performing analysis processing.
[ステップS42]負荷解析部130は、選択したストレージ装置に対応する負荷情報管理テーブルを負荷情報記憶部120から取得する。 [Step S42] load analysis unit 130 acquires the load information management table corresponding to the selected storage device from the load information storage unit 120. そして、負荷解析部130は、取得した負荷情報管理テーブルの時刻の欄から、時刻を1つ選択する。 Then, the load analyzer 130, the column of time in the load information management table acquired selects one time. 例えば、負荷解析部130は、時刻の欄の上位から順に時刻を選択する。 For example, the load analyzer 130 selects the time in order from the upper time column.

[ステップS43]負荷解析部130は、選択したディスク全体の負荷指標を算出する。 [Step S43] load analysis unit 130 calculates the load index of the entire selected disk. 例えば負荷解析部130は、平均応答時間を示す変数「A」の逆数を取ることで、選択した時刻までの所定期間(例えば1分)における最大負荷(iops)とする。 For example the load analyzer 130, by taking the reciprocal of the variable "A" indicating the average response time, and maximum load (iops) during a predetermined period until time selected (e.g. 1 minute). すなわち変数「A」の逆数(1/A)は、選択された時刻より前の所定期間の間の平均応答時間で1つのアクセス要求を処理できる場合に、単位時間(例えば1秒)当たりに処理可能なアクセス要求数を示している。 That reciprocal (1 / A) of the variable "A", the process if one can process an access request by the average response time for a predetermined period of time before the selected time, per unit time (e.g. 1 second) It indicates the number of possible access requests. 平均応答時間が「0.005(秒)」であれば、最大負荷は「200」となる。 If the average response time is "0.005 (s)", the maximum load is "200". ここで、平均応答時間を示す変数「A」の逆数で表される最大負荷を変数「α」とする。 Here, the maximum load is represented by the reciprocal of the variable "A" indicating the average response time and the variable "α". 最大負荷(α)を示す値は、最大負荷記憶部131に一時的に格納される。 Value indicating the maximum load (alpha) is temporarily stored in the maximum load storage unit 131.

そして、最大負荷(α)と現在のアクセス要求実行数(B)の比をデバイス全体の負荷指標(F)とすることができる。 Then, it is possible to a maximum load (alpha) and the ratio of the entire device of the load indicators of the current access request execution number (B) (F). 例えば、ディスク全体の負荷指標は、選択した時刻を含むレコード内の各情報を用いて、以下の式で計算される。 For example, the load indication of the entire disk, with each information in the record containing the selected time is calculated by the following equation.
デバイス全体の負荷指標(F)=(B×100)/α(%) ・・・(1) Device entire load indicator (F) = (B × 100) / α (%) ··· (1)
[ステップS44]負荷解析部130は、論理ボリューム910に割り当てられた記憶領域へのアクセス要求が、デバイス全体の負荷に与える影響度を示す負荷指標(G)を算出する。 [Step S44] load analysis unit 130, an access request to the storage area allocated to the logical volume 910 calculates a load index indicating the degree of influence on the load of the entire device (G). 例えば、負荷指標(G)は以下の式で計算される。 For example, the load indicator (G) is calculated by the following equation.
LVOL0の負荷指標(G)=F×(C/C+D+E) ・・・(2) LVOL0 load indicator (G) = F × (C / C + D + E) ··· (2)
式(2)は、全体の負荷指標(F)を、各論理ボリュームの処理時間の比に応じて比例配分した場合の、LVOL0に対応する論理ボリュームに配分される値を示している。 Equation (2) indicates a value of the total load indicator (F), in the case of proportional distribution in accordance with the ratio of the processing time of each logical volume is allocated to the logical volume corresponding to the lvol0.

[ステップS45]負荷解析部130は、論理ボリューム920に割り当てられた記憶領域へのアクセス要求が、デバイス全体の負荷に与える影響度を示す負荷指標(H)を算出する。 [Step S45] load analysis unit 130, an access request to the storage area allocated to the logical volume 920 calculates a load index indicating the degree of influence on the load of the entire device (H). 例えば、負荷指標(H)は以下の式で計算される。 For example, the load indicator (H) is calculated by the following equation.
LVOL1の負荷指標(H)=F×(D/C+D+E) ・・・(3) LVOL1 load indicator (H) = F × (D / C + D + E) ··· (3)
式(3)は、全体の負荷指標(F)を、各論理ボリュームの処理時間の比に応じて比例配分した場合の、LVOL1に対応する論理ボリュームに配分される値を示している。 Equation (3) indicates a value of the total load indicator (F), in the case of proportional distribution in accordance with the ratio of the processing time of each logical volume is allocated to the logical volume corresponding to the LVOL1.

[ステップS46]負荷解析部130は、論理ボリューム930に割り当てられた記憶領域へのアクセス要求が、デバイス全体の負荷に与える影響度を示す負荷指標(I)を算出する。 [Step S46] load analysis unit 130, an access request to the storage area allocated to the logical volume 930 calculates a load index indicating the degree of influence on the load of the entire device (I). 例えば、負荷指標(I)は以下の式で計算される。 For example, the load indicator (I) is calculated by the following equation.
LVOL2の負荷指標(I)=F×(E/C+D+E) ・・・(4) LVOL2 load indicator (I) = F × (E / C + D + E) ··· (4)
式(4)は、全体の負荷指標(F)を、各論理ボリュームの処理時間の比に応じて比例配分した場合の、LVOL2に対応する論理ボリュームに配分される値を示している。 Equation (4) indicates a value of the total load indicator (F), in the case of proportional distribution in accordance with the ratio of the processing time of each logical volume is allocated to the logical volume corresponding to the lvol2.

[ステップS47]負荷解析部130は、解析結果を解析結果記憶部140に格納する。 [Step S47] load analysis unit 130 stores the analysis result in the analysis result storage unit 140.
[ステップS48]負荷解析部130は、選択したストレージ装置に対応する負荷情報管理テーブル内のすべての時刻について解析したか否かを判断する。 [Step S48] load analysis unit 130 determines whether the analysis for all the time in the load information management table corresponding to the selected storage device. 未解析の時刻があれば、処理がステップS42に進められる。 If there is time unanalyzed, the process proceeds to step S42. すべての時刻の解析が完了したら、選択したストレージ装置の負荷解析が完了し、処理がステップS49に進められる。 When analysis of all time is completed, complete load analysis of selected storage device, the process goes to step S49.

[ステップS49]負荷解析部130は、すべてのストレージ装置の負荷を解析したか否かを判断する。 [Step S49] load analysis unit 130 determines whether the analysis of the load of all of the storage devices. 未解析のストレージ装置があれば、処理がステップS41に進められる。 If the storage device unanalyzed, the process proceeds to step S41. すべてのストレージ装置の解析が完了していれば、解析処理が終了する。 If the analysis of all storage devices completion, analysis processing is ended.

このような解析処理によって、解析結果記憶部140には、ストレージ装置ごとの解析結果が格納される。 Such analysis process, the analysis result storage unit 140, the analysis results for each storage apparatus.
図17は、解析結果記憶部のデータ構造例を示す図である。 Figure 17 is a diagram showing a data structure example of the analysis result storage unit. 解析結果記憶部140には、ストレージ装置210,310,410それぞれに対応する解析結果管理テーブル141,142,143が格納されている。 The analysis result storage unit 140, the analysis result management table 141, 142, 143 corresponding to each storage device 210, 310, 410 is stored. 例えば、解析結果管理テーブル141には、ストレージ装置210の負荷の解析結果が格納されている。 For example, the analysis result management table 141, the analysis result of the load of the storage apparatus 210 is stored.

解析結果管理テーブル141には、時刻、ディスク全体の負荷指標、LVOL0の負荷指標、LVOL1の負荷指標、およびLVOL2の負荷指標の欄が設けられている。 The analysis result management table 141, the time, the load index of the entire disc, load indicators lvol0, load indicators LVOL1, and columns of load indicators LVOL2 provided.
時刻の欄には、解析対象となった期間の終了時刻が設定される。 The time column, end time of the period were analyzed are set. すなわち、時刻の欄に示された時刻より所定期間(例えば1分)遡及した時刻から、時刻の欄に示される時刻までの期間が、解析対象の期間である。 That is, the column indicated predetermined period (e.g., 1 minute) from time retrospectively the time of the time, a period of time shown in the column of time is a period to be analyzed.

ディスク全体の負荷指標の欄には、解析対象の期間におけるストレージ装置全体の負荷指標(F)の値が設定される。 The column of the load index of the entire disk, the value of the load index of the entire storage device (F) in the period of the analysis target is set. LVOL0の負荷指標の欄には、解析対象の期間における負荷指標に対する、論理ボリュームIDが“LVOL0”である論理ボリューム910に割り当てられた記憶領域へのアクセス要求の影響度を示す負荷指標(G)が設定される。 The column of the load indicators lvol0, the load index in the period under analysis, the load index indicating the degree of influence of the access request to the storage area allocated to the logical volume 910 is a logical volume ID "LVOL0" (G) There is set. LVOL1の負荷指標の欄には、解析対象の期間における負荷指標に対する、論理ボリュームIDが“LVOL1”である論理ボリューム920に割り当てられた記憶領域へのアクセス要求の影響度を示す負荷指標(H)が設定される。 The column of the load indicators LVOL1, the load index in the period under analysis, the load index indicating the degree of influence of the access request to the storage area allocated to the logical volume 920 is a logical volume ID "LVOL1" (H) There is set. LVOL2の負荷指標の欄には、解析対象の期間における負荷指標に対する、論理ボリュームIDが“LVOL2”である論理ボリューム930に割り当てられた記憶領域へのアクセス要求の影響度を示す負荷指標(I)が設定される。 The column of the load indicators lvol2, the load index in the period under analysis, the load index indicating the degree of influence of the access request to the storage area allocated to the logical volume 930 is a logical volume ID "LVOL2" (I) There is set.

このような解析結果に基づいて、解析結果表示部150により、解析結果が表示される。 Based on such an analysis result, the analysis result display unit 150, the analysis result is displayed.
図18は、解析結果の表示例を示す図である。 Figure 18 is a diagram showing a display example of the analysis results. なお、図18の例は、ストレージ装置に対するアクセス要求のうち、論理ボリュームに割り当てられていない記憶領域へのアクセスに基づく負荷への影響度を示す負荷指標も、その他のアクセス(others)として算出した場合の例である。 The example of FIG. 18, of the access request to the storage device, also a load index indicating the degree of influence to the load based on the access to the storage area that is not allocated to the logical volume was calculated as the other access (others) when it is an example of.

解析結果表示画面151には、横軸を解析対象となる時刻、縦軸を負荷指標としたグラフによって、ストレージ装置の負荷の状況が示されている。 The analysis result display screen 151, time at which the horizontal axis and analyzed by the vertical axis graph a load indicator, there is shown a condition of the load of the storage apparatus. なお、この例で解析対象となったストレージ装置内の記憶領域は、3つの論理ボリューム910,920,930に割り当てられている。 It should be noted that the storage area in the storage device that became analyzed in this example, are assigned to the three logical volumes 910, 920, and 930. 解析対象のストレージ装置の全体の負荷指標(sum)は、折れ線41で示されている。 Overall load indication of the analysis target storage device (sum) is shown by a polygonal line 41. 論理ボリュームID“LVOL0”の論理ボリューム910の負荷指標は、折れ線42で示されている。 Load indicators of the logical volume 910 of the logical volume ID "lvol0" is indicated by broken line 42. 論理ボリュームID“LVOL1”の論理ボリューム920の負荷指標は、折れ線43で示されている。 Load indicators of the logical volume 920 of the logical volume ID "LVOL1" is indicated by broken line 43. 論理ボリュームID“LVOL2”の論理ボリューム930の負荷指標は、折れ線44で示されている。 Load indicators of the logical volume 930 of the logical volume ID "lvol2" is indicated by broken line 44. その他のアクセスの負荷指標は、折れ線45で示されている。 Load indicators of other access is indicated by broken line 45.

このような解析結果表示画面151を管理者が参照することで、ストレージ装置の負荷状況の推移、および負荷への影響が大きい論理ボリュームを適切に判断することができる。 Such an analysis result display screen 151 administrator that is referenced, changes in the load status of the storage device, and the logical volume effect is greater to the load can be appropriately determined. しかも、本実施の形態では、解析対象の期間の平均応答時間に基づいて最大負荷を定義している。 Moreover, in this embodiment, it defines a maximum load based on the average response time period analyzed. そのため、アクセスの種類(リードまたはライト)、アクセス対象のデータサイズ、アクセス対象の記憶領域などで変動する最大負荷として、解析対象の期間内のアクセス状況に応じた正確な値を用いることができる。 Therefore, the type of access (read or write), the data size of the access target, as the maximum load that varies such as storage area to be accessed, it is possible to use an accurate value corresponding to the situation of access within a period to be analyzed. 最大負荷の正確性が向上することにより、解析対象の期間における負荷の正確性も向上する。 By improving the accuracy of the maximum load is also improved accuracy of the load in the period analyzed.

例えば、比較対象として、予めリードアクセス/ライトアクセスのベンチマークテストにより最大負荷を計測しておく方法が考えられる。 For example, a comparison, a method of previously measured maximum load is considered by benchmarking previously read access / write access. 予め実施されるベンチマークテストは、例えば、一般的なストレージ装置へのアクセス要求を想定し、単位時間当たりに処理可能なアクセス要求数が計測される。 Benchmark test is carried out in advance, for example, assuming the access request to common storage device, the number of processing possible access requests per unit time is measured. このようなベンチマークテストでは、いわゆるホットスポットと呼ばれる特定の記憶領域にアクセスが集中するような状況は想定されていないことが多い。 In such a benchmark test, situations access specific storage areas so-called hot spots are concentrated are often not assumed.

特定の記憶領域にアクセスが集中した場合、ストレージ装置のキャッシュメモリのサイズが十分に大きければ、キャッシュヒット率が向上し、単位時間当たりに処理可能なアクセス要求数が多くなる。 If concentrated access to a specific storage area, it is sufficiently large size of the cache memory of the storage device, and improved cache hit rate becomes much number of processing possible access requests per unit time. 逆に、キャッシュメモリが不十分であれば、複数のハードディスク装置を有するストレージ装置内の特定のハードディスク装置にアクセスが集中することで、単位時間当たりに処理可能なアクセス要求数が少なくなる場合も考えられる。 Conversely, if the cache memory is insufficient, that the access to certain hard disk drive in the storage device having a plurality of hard disk devices are concentrated, consider the case where the number of processable access requests per unit time is reduced It is.

このように、実際には単位時間当たりに処理可能なアクセス要求数(最大負荷)は、そのときどきのアクセス先の集中度合い、アクセスされるデータのサイズ、アクセス種別(リード/ライト)によって変わってくる。 Thus, in practice can be processed access request number per unit time (maximum load), the degree of concentration of the occasional access destination, the size of data accessed, varies by the access type (read / write) . すなわち、最大負荷はアクセス状況に応じて動的に変化する。 That is, the maximum load is dynamically changed in accordance with the access situation. 本実施の形態では、動的に変化する最大負荷に基づいて負荷指標を計算するため、より正確な負荷指標を得ることができる。 In this embodiment, for calculating the load indicator based on the maximum load which varies dynamically, it is possible to obtain a more accurate load indicator. 換言すると、実際にはストレージ装置の処理能力に余力があるにも拘わらず最大負荷を超えたように判断するといった、誤判定を抑制することができる。 In other words, actually such judges as to exceed the maximum load despite the reserve capacity on the processing capacity of the storage device, it is possible to suppress erroneous determination.

図19は、誤判定が回避される例を示す図である。 Figure 19 is a diagram showing an example of erroneous determination is avoided. 図19には、横軸を時刻、縦軸をアクセス要求数としたグラフを示している。 Figure 19 shows a graph in which the time on the horizontal axis, the vertical axis represents the number of access requests. 予め標準的なアクセス状況を想定したベンチマークにより計測した最大負荷を、破線61で示している。 The maximum load was measured by the benchmark assuming in advance standard access status is indicated by a dashed line 61. また、各時刻において動的に計測した最大負荷(平均応答時間の逆数)を、一点鎖線62で示している。 The maximum load was dynamically measured at each time (the reciprocal of the average response time) is indicated by a chain line 62. さらに、各時刻において実測した単位時間当たりのアクセス要求数を、実線63で示している。 Furthermore, the number of access requests per unit of actual measurement time at each time is shown by a solid line 63.

このように、予めベンチマークにより計測した最大負荷を、実測したアクセス要求数が超える場合があり得る。 Thus, the previously maximum load measured by the benchmark, there may be cases where the number of actually measured access request exceeds. もし予めベンチマークにより計測した最大負荷を基準に負荷指標を計算すると、例えば負荷が100%を超える事態となり、一般には管理者に対して警告のメッセージが通知される。 When if calculated in advance the load indicator based on the maximum load measured by the benchmark, for example the load becomes a situation of more than 100%, typically a warning message is notified to the administrator. 例えば、時刻t7において、実測したアクセス要求数が、予めベンチマークにより計測した最大負荷を超えている。 For example, at time t7, the number of actually measured access request exceeds the previously maximum load measured by the benchmark.

しかし、時刻t7に発生したアクセスが特定の記憶領域に集中したアクセスであり、キャッシュヒット率が向上していた場合、平均応答時間が非常に短くなる。 However, an access in which the access occurred at time t7 concentrated on specific storage area, if the cache hit rate was improved, the average response time is very short. 平均応答時間が短くなれば、単位時間当たりに処理可能なアクセス要求数(最大負荷)も増加する。 The shorter the average response time, can be processed access request number per unit time (maximum load) also increases. その結果、動的に計測した最大負荷と、実測したアクセス要求数とを比較すれば、負荷が過大とはなっていないことがわかる。 As a result, the maximum load dynamically measured, by comparing the number of access requests of actual measurement, it is understood that the load does not constitute an excessively large. すなわち、誤ってストレージ装置の負荷が過大であると判定することを抑制できる。 That is, the load of accidentally storage device can be suppressed determined to be excessive.

逆に時刻t10における実測したアクセス要求数は、予めベンチマークにより計測した最大負荷より少ないが、動的に計測した最大負荷とほぼ等しくなっている。 Number of access requests that actually measured at time t10 Conversely, in advance but less than the maximum load measured by the benchmark, substantially equal to the dynamically measured maximum load. すなわち、時刻t10に発生したアクセス要求は、その前後のアクセス要求に比べ処理時間がかかる種類のアクセスが多数あり、平均応答時間が長くなっている。 That is, the access request generated at time t10 is located the type of access take the processing time compared to that before and after the access request is a number, the average response time is long. その結果、単位時間当たりに処理可能なアクセス要求数(最大アクセス要求数)が少なくなり、時刻t7よりも少ないアクセス要求数にもかかわらず、ストレージ装置の処理能力に余力が無くなっている。 As a result, the number of processable access requests per unit time (maximum access request number) decreases, despite the small number of access requests than time t7, the missing is reserve capacity in the processing capacity of the storage device. このような場合、例えば、解析結果表示部150により、時刻t10でストレージ装置の処理能力が限界に達していることを示す警告のメッセージが、モニタ11に表示される。 In such a case, for example, by the analysis result display unit 150, the processing capacity of the storage device at time t10 a message warning that the limit has been reached is displayed on the monitor 11. このようにして、ストレージ装置の負荷が過大となったことを、適格に検出することが可能となる。 In this way, that the load of the storage device becomes excessive, it is possible to detect the eligible.

また、第2の実施の形態では、論理ボリュームごとの負荷指標を、論理ボリュームに割り当てられた記憶領域へのアクセス要求数ではなく、該当アクセス要求に応じた累積実行時間によって判断している。 In the second embodiment, the load indicator for each logical volume, rather than the number of access requests to the storage area allocated to the logical volume, it is determined by the accumulated run time according to the corresponding access request. そのため、より実情に合った負荷指標を算出することができる。 Therefore, it is possible to calculate the load index matches the more actual situation.

しかもストレージ装置210に直接(ネットワークを経由せずに)接続されたディスクノード200におけるOSのカーネル内で、アクセス要求に対する平均応答時間を計測するため、正確な平均応答時間を計測できる。 Moreover (without going through the network) directly to the storage device 210 OS in the kernel in the disk node 200 connected, to measure the average response time to an access request, it can measure an accurate average response time.

〔第3の実施の形態〕 Third Embodiment
次に第3の実施の形態について説明する。 Next explained is the third embodiment. 第3の実施の形態は、スイッチ装置のポートミラーリング機能を用いて管理ノードでパケットを取得し、取得したパケットに基づいて論理ボリュームごとの負荷を計測するものである。 The third embodiment is to get the packet at the management node using a port mirroring function of the switch device, for measuring the load of each logical volume on the basis of the acquired packet. また第3の実施の形態におけるシステム全体の構成は、図2に示した第2の実施の形態と同様である。 The overall system in the third embodiment configuration is the same as the second embodiment shown in FIG.

図20は、第3の実施の形態に係るシステムの機能を示すブロック図である。 Figure 20 is a block diagram showing functions of a system according to the third embodiment. なお、図20において、図5に示した第2の実施の形態に係るシステムと同じ機能については、同じ符号を付し説明を省略する。 Incidentally, in FIG. 20, the same function as the system according to the second embodiment shown in FIG. 5, the description given the same reference numerals.

第3の実施の形態では、ポートミラーリング機能が搭載されたスイッチ装置10aを介して、各ノードが接続される。 In the third embodiment, through the switch device 10a of the port mirroring function is mounted, each node is connected. ポートミラーリング機能とは、所定のポートに入出力される通信内容のコピーを、別のミラーポートから出力する機能である。 The port mirroring function, a copy of the communication content to be output to a predetermined port, a function of outputting from another mirror port. 図20の例では、ディスクノード200bが接続されたポートに入出力される通信内容のコピーが、ミラーポートに出力される。 In the example of FIG. 20, a copy of the communication content to be output to the port the disk node 200b is connected is outputted to the mirror port. ミラーポートには、管理ノード100bが接続される。 The mirror port, the management node 100b is connected.

アクセスノード600の機能は、第2の実施の形態と同様である。 Function of the access node 600 is the same as the second embodiment. ディスクノード200bの機能は、第2の実施の形態と比較して、論理ボリューム管理部230bと負荷情報送信部240bの機能が異なる。 Function of the disk node 200b, as compared with the second embodiment, the function of the logical volume management unit 230b and the load information transmission unit 240b is different. ディスクドライバ220の機能は、第2の実施の形態と同様である。 Function of the disk driver 220 are the same as in the second embodiment.

論理ボリューム管理部230bは、論理ボリュームアクセス部231bを有している。 The logical volume management unit 230b includes a logical volume access unit 231b. 論理ボリュームアクセス部231bは、アクセスノード600からのアクセス要求パケットに基づくアクセス要求に応じて、ディスクドライバ220へアクセス要求を出力する。 Logical volume access unit 231b, in response to the access request based on the access request packet from the access node 600, outputs an access request to the disk driver 220. そして、アクセス要求に対する応答を、アクセスノード600に送信する。 Then, a response to the access request to the access node 600. ただし論理ボリュームアクセス部231bは、アクセス要求の内容や応答の内容を他の要素に通知する機能はなくてよい。 However logical volume access unit 231b the contents of content and response of the access request may not function for notifying the other elements.

またディスクノード200bの負荷情報送信部240bは、ストレージ負荷情報をストレージ負荷記憶部223から取得し、管理ノード100bに送信する。 The load information transmitting section 240b of the disk node 200b acquires the storage load information from the storage load storage unit 223, to the management node 100b. すなわち、第3の実施の形態における負荷情報送信部240bは、論理ボリューム負荷情報の送信は行わない。 That is, the load information transmission unit 240b in the third embodiment, transmission of the logical volume load information is not performed.

管理ノード100bは、負荷情報取得部110b、負荷情報記憶部120、負荷解析部130、解析結果記憶部140、解析結果表示部150、パケット解析部160、および論理ボリューム負荷計測部170を有している。 Management node 100b, the load information acquisition unit 110b, the load information storage unit 120, the load analyzer 130, the analysis result storage unit 140, the analysis result display unit 150, the packet analysis unit 160, and a logical volume load measuring unit 170 there. 負荷情報記憶部120、負荷解析部130、解析結果記憶部140、および解析結果表示部150の機能は、第2の実施の形態と同様である。 Load information storage unit 120, the load analyzer 130, the function of the analysis result storage unit 140 and the analysis result display unit 150, is similar to the second embodiment.

パケット解析部160は、ポートミラーリング機能により取得したパケットを解析する。 Packet analyzer 160 analyzes the packet acquired by the port mirroring function. そして、パケット解析部160は、ディスクノード200bに入力されたアクセス要求パケットを検出すると、そのアクセス要求パケットで示されるアクセス要求の内容を論理ボリューム負荷計測部170に通知する。 Then, the packet analysis unit 160 detects an access request packet input to the disk node 200b, and notifies the content of the access request indicated by the access request packet to the logical volume load measuring unit 170. また、パケット解析部160は、アクセス要求に対する応答を示すIO応答パケットを検出すると、その応答の内容を論理ボリューム負荷計測部170に通知する。 The packet analyzer 160 detects an IO response packet indicating a response to the access request, and notifies the contents of the response to the logical volume load measuring unit 170. パケット解析部160から論理ボリューム負荷計測部170に渡される情報は、第2の実施の形態において、論理ボリュームアクセス部231から論理ボリューム負荷計測部232に渡される情報と同様である。 Information from the packet analyzer 160 is passed to the logical volume load measuring unit 170 in the second embodiment is similar to the information passed from the logical volume access unit 231 to the logical volume load measuring unit 232.

論理ボリューム負荷計測部170は、パケット解析部160から渡された情報に基づいて、論理ボリュームに割り当てられた記憶領域へのアクセスがストレージ装置210に対して与える負荷を示す負荷を計測する。 Logical volume load measuring unit 170, based on the information passed from the packet analysis unit 160, access to the storage area allocated to the logical volume is to measure the load indicating the load applied to the storage device 210. 論理ボリューム負荷計測部170の処理の詳細は、第2の実施の形態における論理ボリューム負荷計測部232の処理と同様である。 Details of the processing of the logical volume load measuring unit 170 is the same as the processing of the logical volume load measuring unit 232 in the second embodiment. 論理ボリューム負荷計測部170による計測の結果は、負荷情報記憶部120に格納される。 Result of measurement by the logical volume load measuring unit 170 is stored in the load information storage unit 120.

負荷情報取得部110bは、負荷情報を取得する際に、ストレージ負荷情報をディスクノード200bから取得する。 Load information acquisition unit 110b, when acquiring load information, and acquires the storage load information from the disk node 200b. すなわち、第3の実施の形態では、論理ボリューム負荷情報については、論理ボリューム負荷計測部170により負荷情報記憶部120に格納されるため、負荷情報取得部110bは取得せずにすむ。 That is, in the third embodiment, a logical volume load information to be stored in the load information storage unit 120 by the logical volume load measuring unit 170, the load information acquisition unit 110b need not be acquired.

このように、ポートミラーリング機能を用いれば、論理ボリューム負荷情報については、管理ノード100bにおいて計測可能となる。 Thus, by using the port mirroring function, for the logical volume load information enables measurement in the management node 100b. その結果、ディスクノード200bにおける負荷情報取得のための処理が軽減される。 As a result, the processing for load information acquisition in the disk node 200b is reduced.

〔第4の実施の形態〕 Fourth Embodiment
次に第4の実施の形態について説明する。 Next explained is the fourth embodiment. 第4の実施の形態は、アクセスノードにおいて論理ボリュームの負荷を計測するものである。 The fourth embodiment is intended to measure the load of the logical volumes in the access node. なお、本実施の形態では、各アクセスノードは、予め決められた1つの論理ボリュームに対するアクセス要求のみを受け付けるものとする。 In this embodiment, each access node is assumed to accept only access request to a predetermined one logical volume is. また第4の実施の形態におけるシステム全体の構成は、図2に示した第2の実施の形態と同様である。 The overall system according to the fourth embodiment configuration is the same as the second embodiment shown in FIG.

図21は、第4の実施の形態に係るシステムの機能を示すブロック図である。 Figure 21 is a block diagram showing functions of a system according to the fourth embodiment. なお、図21において、図20に示した第3の実施の形態に係るシステムと同じ機能については、同じ符号を付し説明を省略する。 Incidentally, in FIG. 21, the same function as the system according to the third embodiment shown in FIG. 20, the description given the same reference numerals.

第4の実施の形態では、ディスクノード200bの機能は、第2の実施の形態と同様である。 In the fourth embodiment, functions of the disk node 200b is the same as the second embodiment. アクセスノード600cは、アクセス情報記憶部610、データアクセス制御部620c、論理ボリューム負荷計測部630、論理ボリューム負荷記憶部640、および負荷情報送信部650を有している。 Access node 600c includes the access information storage unit 610, the data access control unit 620c, the logical volume load measuring unit 630, a logical volume load storage unit 640, and the load information transmission section 650.

アクセス情報記憶部610は、図6に示した第2の実施の形態におけるアクセス情報記憶部610と同様のデータ構造のアクセス情報を記憶する。 Access information storage unit 610 stores the access information of the same data structure as the access information storage unit 610 in the second embodiment shown in FIG. データアクセス制御部620cは、端末装置からの論理ボリューム内のデータへのアクセス要求に応じて、該当するデータを管理しているディスクノードへデータのアクセス要求を送信する。 Data access control unit 620c, in response to an access request to the data in the logical volume from the terminal apparatus transmits data of access request to the disk node managing the corresponding data. そして、データアクセス制御部620cは、ディスクノードへのアクセス結果を、アクセス要求を出力した端末装置に応答する。 Then, the data access control unit 620c has the access result to the disk node, responsive to the output to the terminal device an access request. この際、データアクセス制御部620cは、アクセス情報記憶部610を参照して、アクセス対象のデータを含むスライスのスライスID、およびそのスライスを管理しているディスクノードのディスクノードIDを判断する。 In this case, the data access control unit 620c refers to the access information storage unit 610, determines a disk node ID of the disk node managing the slice ID of the slice containing the accessed data, and that slice.

また、データアクセス制御部620cは、アクセス要求を送信した場合、そのアクセス要求の内容を論理ボリューム負荷計測部630に通知する。 The data access control unit 620c, when sending an access request, and notifies the contents of the access request to the logical volume load measuring unit 630. 通知する内容には、アクセス要求の識別子、およびアクセス先のディスクノードのディスクノードIDが含まれる。 The contents to be notified includes the disk node ID of the access request identifier, and the access target disk node. さらにデータアクセス制御部620cは、ディスクノード200bからアクセス要求に対する応答を受け取った場合、その応答に対応するアクセス要求の識別子を論理ボリューム負荷計測部630に通知する。 Further data access control unit 620c, when receiving the response to the access request from the disk node 200b, and notifies the identifier of the access request corresponding to the response to the logical volume load measuring unit 630.

論理ボリューム負荷計測部630は、論理ボリュームへのアクセス要求および応答に基づいて、アクセス対象となった論理ボリュームごとの負荷を計測する。 Logical volume load measuring unit 630, based on the access requests and responses to the logical volume, to measure the load of each logical volume to be accessed target. 例えば論理ボリューム負荷計測部630は、アクセス要求が出力されてから、そのアクセス要求に対する応答があるまでの実行時間を、ディスクノード別に集計する。 For example logical volume load measuring unit 630, the access request is output, the execution time until there is a response to the access request is aggregated by the disk node. なお、累積実行時間を計算する処理は、第2の実施の形態における論理ボリューム負荷計測部232の処理と同様である。 The processing of calculating the accumulated running time is the same as the processing of the logical volume load measuring unit 232 in the second embodiment. 論理ボリューム負荷計測部630は、所定期間ごとに計測したディスクノードごとの累積実行時間を論理ボリューム負荷記憶部640に格納する。 Logical volume load measuring unit 630 stores the accumulated execution time for each disk node measured every predetermined period in the logical volume load storage unit 640.

論理ボリューム負荷記憶部640は、ディスクノードごとの論理ボリューム負荷情報を記憶する。 Logical volume load storage unit 640 stores a logical volume load information of each disk node. 負荷情報送信部650は、論理ボリューム負荷記憶部640に格納された論理ボリューム負荷情報を、管理ノード100cに送信する。 Load information transmission unit 650, a logical volume load information stored in the logical volume load storage unit 640, to the management node 100c.

図22は、論理ボリューム負荷記憶部のデータ構造例を示す図である。 Figure 22 is a diagram showing an example of the data structure of the logical volume load storage unit. 論理ボリューム負荷記憶部640には、ディスクノードごとの論理ボリューム負荷管理テーブル641,642,643が格納されている。 The logical volume load storage unit 640, the logical volume load management table 641, 642, 643 of each disk node is stored. 例えば論理ボリューム負荷管理テーブル641には、ディスクノードIDが“SN−A”のディスクノード200bに対するアクセスに関する論理ボリューム負荷情報が設定される。 For example, the logical volume load management table 641, logical volume load information regarding access to the disk node 200b of the disk node ID "SN-A" is set.

論理ボリューム負荷管理テーブル641には、時刻とLVOL0の累積実行時間との欄が設けられている。 The logical volume load management table 641, the column of the accumulated execution time time and LVOL0 is provided. 時刻の欄には、負荷を計測した時間帯の終了時刻が設定される。 The time column, the end time of the time zone measured load is set. LVOL0の累積実行時間は、論理ボリュームIDが“LVOL0”の論理ボリューム910に対するアクセス要求に基づく処理時間の累積値が設定される。 Cumulative running time of lvol0 the cumulative value of the processing time based on the access request to the logical volume 910 of the logical volume ID "lvol0" is set.

アクセスノード600cでは、論理ボリューム負荷情報として、論理ボリュームIDが“LVOL0”の論理ボリューム910に割り当てられた記憶領域に対するアクセスの累積実行時間が計測される。 The access node 600c, as a logical volume load information, the cumulative running time of access to the storage area allocated to the logical volume 910 of the logical volume ID "lvol0" is measured.

管理ノード100cは、負荷情報取得部110c、負荷情報記憶部120、負荷解析部130、解析結果記憶部140、および解析結果表示部150を有している。 Management node 100c includes load information acquisition unit 110c, load information storage unit 120, the load analyzer 130, the analysis result storage unit 140, and an analysis result display unit 150. 負荷情報記憶部120、負荷解析部130、解析結果記憶部140、および解析結果表示部150については、第3の実施の形態の同名の要素と同じ機能である。 Load information storage unit 120, the load analyzer 130, the analysis result storage unit 140 and the analysis result display unit 150, is the same function of the same name of the elements of the third embodiment.

負荷情報取得部110cは、複数のディスクノードそれぞれからストレージ負荷情報を取得するとともに、複数のアクセスノードそれぞれから論理ボリューム負荷情報を取得する。 Load information acquisition unit 110c acquires the storage load information from each of the plurality of disk nodes, acquires the logical volume load information from each of a plurality of access nodes. そして、負荷情報取得部110cは、取得した負荷情報を負荷情報記憶部120に格納する。 The load information acquisition unit 110c stores the acquired load information in the load information storage unit 120. これにより、図15に示したような負荷情報管理テーブル121,122,123が負荷情報記憶部120に記憶される。 Thus, the load information management table 121, 122 and 123 as shown in FIG. 15 is stored in the load information storage unit 120.

このようにアクセスノードで論理ボリューム負荷情報を生成することで、ディスクノード200bにおける負荷情報取得のための処理が軽減される。 By generating a logical volume load information in this way the access node, the processing for load information acquisition in the disk node 200b is reduced.
〔その他の応用例〕 [Other applications]
上記第2の実施の形態では、管理ノード100において負荷解析を行っている。 In the second embodiment, it is performed load analysis in the management node 100. しかし、負荷解析を別の装置で実行することもできる。 However, it is also possible to perform load analysis by another device. 例えば、第2の実施の形態におけるディスクノード200に、負荷情報記憶部120、負荷解析部130、および解析結果記憶部140を設けることができる。 For example, it is possible to the disk node 200 in the second embodiment, providing the load information storage unit 120, the load analyzer 130 and the analysis result storage unit 140,. これにより、ディスクノード200における負荷解析が可能となる。 This allows load analysis in the disk node 200. その場合、解析結果表示部150は、ディスクノード200内の解析結果記憶部140から解析結果を取得して、解析結果を表示する。 In that case, the analysis result display unit 150 obtains the analysis result from the analysis result storage unit 140 of the disk node 200, and displays the analysis result.

なお、上記の処理機能は、コンピュータによって実現することができる。 The above processing functions can be realized by a computer. その場合、負荷解析装置、管理ノード、ディスクノード、およびアクセスノードが有すべき機能の処理内容を記述したプログラムが提供される。 In that case, the load analyzer, the management node, the program disk node, and the access nodes describing the processing contents of the to be functions have is provided. そのプログラムをコンピュータで実行することにより、上記処理機能がコンピュータ上で実現される。 By executing the program on a computer, the processing functions are implemented on the computer. 処理内容を記述したプログラムは、コンピュータで読み取り可能な記録媒体に記録しておくことができる。 The program describing the processing contents can be recorded on a computer-readable recording medium. コンピュータで読み取り可能な記録媒体としては、磁気記憶装置、光ディスク、光磁気記録媒体、半導体メモリなどがある。 As the computer-readable recording medium, a magnetic storage device, an optical disk, a magneto-optical recording medium, and a semiconductor memory. 磁気記憶装置には、ハードディスク装置(HDD)、フレキシブルディスク(FD)、磁気テープなどがある。 The magnetic storage device, a hard disk drive (HDD), a flexible disk (FD), and magnetic tapes. 光ディスクには、DVD、DVD−RAM、CD−ROM/RWなどがある。 On the optical disc, DVD, DVD-RAM, there is such as CD-ROM / RW. 光磁気記録媒体には、MO(Magneto-Optical disc)などがある。 Magneto-optical recording media include MO (Magneto-Optical disc).

プログラムを流通させる場合には、例えば、そのプログラムが記録されたDVD、CD−ROMなどの可搬型記録媒体が販売される。 When the program is distributed, for example, DVD on which the program is recorded, portable recording media such as CD-ROM. また、プログラムをサーバコンピュータの記憶装置に格納しておき、ネットワークを介して、サーバコンピュータから他のコンピュータにそのプログラムを転送することもできる。 Further, the program may be stored in a storage device of a server computer, via a network, it is also possible to transfer the program from the server computer to another computer.

プログラムを実行するコンピュータは、例えば、可搬型記録媒体に記録されたプログラムもしくはサーバコンピュータから転送されたプログラムを、自己の記憶装置に格納する。 The computer executing the program, for example, a program or the program transferred from the server computer is a portable recording medium, a storage device of the computer. そして、コンピュータは、自己の記憶装置からプログラムを読み取り、プログラムに従った処理を実行する。 Then, the computer reads the program from the storage device, and performs processing in accordance with the program. なお、コンピュータは、可搬型記録媒体から直接プログラムを読み取り、そのプログラムに従った処理を実行することもできる。 The computer may read the program directly from the portable recording medium, it is also possible to execute processing in accordance with the program. また、コンピュータは、サーバコンピュータからプログラムが転送されるごとに、逐次、受け取ったプログラムに従った処理を実行することもできる。 Further, the computer each time the program is transferred from the server computer can sequentially execute processing in accordance with the received program.

また、上記の処理機能の少なくとも一部を、DSP(Digital Signal Processor)、ASIC(Application Specific Integrated Circuit)、PLD(Programmable Logic Device)などの電子回路で実現することもできる。 Further, at least a part of the processing functions, DSP (Digital Signal Processor), ASIC (Application Specific Integrated Circuit), can also be realized by an electronic circuit such as PLD (Programmable Logic Device).

以上、実施の形態を例示したが、実施の形態で示した各部の構成は同様の機能を有する他のものに置換することができる。 Has been described by way of embodiments, configurations of respective units shown in the embodiments may be replaced with others having a similar function. また、他の任意の構成物や工程が付加されてもよい。 Further, any other component or process may be added. さらに、前述した実施の形態のうちの任意の2以上の構成(特徴)を組み合わせたものであってもよい。 Furthermore, it may be a combination of any two or more configurations of the embodiments described above (features).

以上の実施の形態に開示された技術には、以下の付記に示す技術が含まれる。 The technique disclosed in the above embodiments include techniques described in the following appendix.
(付記1) ストレージ装置の負荷を解析する負荷解析プログラムであって、 A (Note 1) load analysis program for analyzing the load of the storage device,
コンピュータに、 On the computer,
前記ストレージ装置に対する所定期間内の1アクセス要求当たりの平均応答時間に基づいて、前記ストレージ装置で単位時間当たりに処理可能な最大アクセス要求数を算出し、前記最大アクセス要求数を最大負荷記憶手段に格納し、 Based on the average response time per access request within a predetermined time period for said storage device, said calculated maximum number of access requests that can be processed per unit time in the storage device, the maximum load storage means the number of the maximum access request stores,
前記最大負荷記憶手段に格納された前記最大アクセス要求数に対する前記所定期間内のアクセス要求数の割合を、前記ストレージ装置の前記所定期間における負荷を示す負荷指標として出力する、 The ratio of the number of access requests within the predetermined time period with respect to the maximum load the maximum access number of requests stored in the storage means, and outputs as the load indicator of the load in the predetermined time period of the storage device,
処理を実行させる負荷解析プログラム。 Load analysis program for executing the process.

(付記2) 前記コンピュータに、さらに、 (Supplementary Note 2) on the computer, further,
前記ストレージ装置内の記憶領域と、記憶領域が割り当てられた論理ボリュームとの対応関係を記憶する割り当て情報記憶手段を参照し、アクセス要求のアクセス対象となった記憶領域が割り当てられた論理ボリュームの内訳を計算し、論理ボリュームごとの内訳に応じて、前記負荷指標で示される前記ストレージ装置の前記所定期間における負荷に対する論理ボリュームごとの影響度を算出する、 A storage area in the storage device, storage area for storing the correspondence between the assigned logical volume allocation refers to the information storage means, the breakdown of the logical volume storage area has been allocated to be accessed subject of the access request was calculated in accordance with the breakdown of each logical volume, and calculates the degree of influence of each logical volume for the load in the predetermined time period of the storage device represented by the load indicator,
処理を実行させる付記1記載の負荷解析プログラム。 Appendix 1 load analysis program according to execute the process.

(付記3) 前記最大アクセス要求数を算出する際には、前記単位時間を前記平均応答時間で除算した値を、前記最大アクセス要求数とすることを特徴とする付記1または2のいずれかに記載の負荷解析プログラム。 When calculating the number (Supplementary Note 3) The maximum access request, the value of the unit time divided by the average response time, to any one of Appendixes 1 or 2, characterized in that the said maximum number of access requests load analysis program described.

(付記4) 前記平均応答時間は、前記所定期間内での前記ストレージ装置に対する各アクセス要求に対する応答時間の累計値を、前記ストレージ装置に対する前記所定期間内のアクセス要求数で除算した値であることを特徴とする付記1乃至3のいずれかに記載の負荷解析プログラム。 (Supplementary Note 4) The average response time, said cumulative values ​​of the response time for each access request to the storage device within a predetermined period, a value obtained by dividing the number of access requests within the predetermined time period for said storage device load analysis program according to any one of Appendixes 1 to 3, wherein.

(付記5) 前記コンピュータを、さらに、 (Supplementary Note 5) the computer, further,
前記ストレージ装置が接続された装置からネットワーク経由で前記所定期間の前記平均応答時間を取得する処理を実行させることを特徴とする付記1乃至4のいずれかに記載の負荷解析プログラム。 Load analysis program according to any one of appendices 1 to 4, characterized in that to execute the process for obtaining the average response time of the predetermined period via the network from a device the storage device is connected.

(付記6) 前記論理ボリュームごとの前記影響度を算出する際には、各論理ボリュームに割り当てられた前記ストレージ装置内の記憶領域をアクセス先とする前記所定期間内のアクセス要求の実行時間を論理ボリュームごとに累積した累積実行時間に基づいて、前記負荷指標の値を各論理ボリュームに比例配分し、配分された値を各論理ボリュームの前記影響度とすることを特徴とする付記2記載の負荷解析プログラム。 (Supplementary Note 6) The logic when calculating the impact of each volume, a logical execution time of the access request within the predetermined period of the storage area in the storage apparatus allocated to each logical volume as an access destination based on the cumulative run time accumulated for each volume, the value of the load index allocated in proportion to each logical volume, the load of the note 2, wherein the distribution values ​​and the degree of influence of each logical volume analysis program.

(付記7) 前記コンピュータを、さらに、 (Supplementary Note 7) the computer, further,
前記ストレージ装置が接続された装置から、ネットワーク経由で論理ボリュームごとの前記累積実行時間を取得する処理を実行させることを特徴とする付記6記載の負荷解析プログラム。 Wherein the storage device is connected devices, load analysis program note 6, wherein the executing a process for acquiring the accumulated execution time for each logical volume over the network.

(付記8) 前記コンピュータを、さらに、 (Supplementary Note 8) the computer, further,
前記ストレージ装置に対してネットワーク経由でアクセスする装置から、前記ネットワーク経由で論理ボリュームごとの前記累積実行時間を取得する処理を実行させることを特徴とする付記6記載の負荷解析プログラム。 Wherein the device for network access to the storage apparatus, load analysis program note 6, wherein the executing a process for acquiring the accumulated execution time for each logical volume over the network.

(付記9) 各論理ボリュームの前記影響度を算出する際には、 When calculating the (Supplementary Note 9) The influence of each logical volume,
前記ストレージ装置に対する所定期間内のアクセス要求を取得し、該アクセス要求の取得時刻を、該アクセス要求のアクセス先の記憶領域が割り当てられている論理ボリュームに関連付けてアクセス情報記憶手段に格納し、 The acquired access request within a predetermined time period for the storage device, the acquisition time of the access request, in association with the logical volume storage area of ​​the access destination of the access request is allocated and stored in the access information storage unit,
前記ストレージ装置からアクセス要求に対する応答を取得し、該応答に対応するアクセス要求の取得時刻を前記アクセス情報記憶手段から抽出し、 To get a response to the access request from said storage device, extracts the acquisition time of the access request corresponding to the response from the access information storage unit,
抽出した取得時刻が関連付けられている論理ボリュームに対応付けられた実行時間記憶手段に格納されている累積実行時間に、抽出した取得時刻から現在までの経過時間を加算し、 The cumulative run time stored in the execution time storage means associated with the logical volume extracted acquisition time is associated, by adding the time elapsed up to the present from the extracted acquisition time,
前記所定期間終了時に論理ボリュームごとに設けられた前記実行時間記憶手段に記憶されている前記累積実行時間を、各論理ボリュームの累積実行時間とする、 Said predetermined period of time the accumulated running time stored in the execution time storage unit provided for each logical volume at the end, and the accumulated execution time of each logical volume,
ことを特徴とする付記6記載の負荷解析プログラム。 Load analysis program note 6, wherein the.

(付記10) ストレージ装置の負荷を解析する負荷解析方法であって、 A (Note 10) Load analyzing method for analyzing the load of the storage device,
コンピュータが、 Computer,
前記ストレージ装置に対する所定期間内の1アクセス要求当たりの平均応答時間に基づいて、前記ストレージ装置で単位時間当たりに処理可能な最大アクセス要求数を算出し、前記最大アクセス要求数を最大負荷記憶手段に格納し、 Based on the average response time per access request within a predetermined time period for said storage device, said calculated maximum number of access requests that can be processed per unit time in the storage device, the maximum load storage means the number of the maximum access request stores,
前記最大負荷記憶手段に格納された前記最大アクセス要求数に対する前記所定期間内のアクセス要求数の割合を、前記ストレージ装置の前記所定期間における負荷を示す負荷指標として出力する、 The ratio of the number of access requests within the predetermined time period with respect to the maximum load the maximum access number of requests stored in the storage means, and outputs as the load indicator of the load in the predetermined time period of the storage device,
することを特徴とする負荷解析方法。 Load analysis method characterized by.

(付記11) ストレージ装置の負荷を解析する負荷解析装置であって、 (Supplementary Note 11) A load analysis apparatus for analyzing the load of the storage device,
前記ストレージ装置に対する所定期間内の1アクセス要求当たりの平均応答時間に基づいて、前記ストレージ装置で単位時間当たりに処理可能な最大アクセス要求数を算出し、前記最大アクセス要求数を最大負荷記憶手段に格納する最大負荷算出手段と、 Based on the average response time per access request within a predetermined time period for said storage device, said calculated maximum number of access requests that can be processed per unit time in the storage device, the maximum load storage means the number of the maximum access request and maximum load calculating means for storing,
前記最大負荷記憶手段に格納された前記最大アクセス要求数に対する前記所定期間内のアクセス要求数の割合を、前記ストレージ装置の前記所定期間における負荷を示す負荷指標として出力する負荷指標算出手段と、 The ratio of the number of access requests within the predetermined time period with respect to the maximum load the maximum access number of requests stored in the storage means, a load index calculating means for outputting as a load indicator of the load in the predetermined time period of the storage device,
を有する負荷解析装置。 Load analysis apparatus having a.

1 負荷解析装置 1a 最大負荷算出手段 1b 最大負荷記憶手段 1c 負荷指標算出手段 1d 割り当て情報記憶手段 1e 論理ボリューム影響度算出手段 1f 解析結果記憶手段 2 ストレージ装置 3 アクセス装置 1 load analysis apparatus 1a maximum load calculating means 1b maximum load storage means 1c load index calculating means 1d allocation information storage unit 1e logical volumes influence calculation unit 1f analysis result storage unit 2 the storage device 3 access device

Claims (7)

  1. ストレージ装置の負荷を解析する負荷解析プログラムであって、 A load analysis program for analyzing the load of the storage device,
    コンピュータに、 On the computer,
    前記ストレージ装置に対する所定期間内の1アクセス要求当たりの平均応答時間に基づいて、前記ストレージ装置で単位時間当たりに処理可能な最大アクセス要求数を算出し、前記最大アクセス要求数を最大負荷記憶手段に格納し、 Based on the average response time per access request within a predetermined time period for said storage device, said calculated maximum number of access requests that can be processed per unit time in the storage device, the maximum load storage means the number of the maximum access request stores,
    前記最大負荷記憶手段に格納された前記最大アクセス要求数に対する前記所定期間内のアクセス要求数の割合を、前記ストレージ装置の前記所定期間における負荷を示す負荷指標として出力する、 The ratio of the number of access requests within the predetermined time period with respect to the maximum load the maximum access number of requests stored in the storage means, and outputs as the load indicator of the load in the predetermined time period of the storage device,
    処理を実行させる負荷解析プログラム。 Load analysis program for executing the process.
  2. 前記コンピュータに、さらに、 To the computer, further,
    前記ストレージ装置内の記憶領域と、記憶領域が割り当てられた論理ボリュームとの対応関係を記憶する割り当て情報記憶手段を参照し、アクセス要求のアクセス対象となった記憶領域が割り当てられた論理ボリュームの内訳を計算し、論理ボリュームごとの内訳に応じて、前記負荷指標で示される前記ストレージ装置の前記所定期間における負荷に対する論理ボリュームごとの影響度を算出する、 A storage area in the storage device, storage area for storing the correspondence between the assigned logical volume allocation refers to the information storage means, the breakdown of the logical volume storage area has been allocated to be accessed subject of the access request was calculated in accordance with the breakdown of each logical volume, and calculates the degree of influence of each logical volume for the load in the predetermined time period of the storage device represented by the load indicator,
    処理を実行させる請求項1記載の負荷解析プログラム。 Load analysis program according to claim 1, wherein for executing the process.
  3. 前記最大アクセス要求数を算出する際には、前記単位時間を前記平均応答時間で除算した値を、前記最大アクセス要求数とすることを特徴とする請求項1または2のいずれかに記載の負荷解析プログラム。 When calculating the number of the maximum access request, the load according to the unit time divided by the said average response time, in any one of claims 1 or 2, characterized in that the said maximum number of access requests analysis program.
  4. 前記論理ボリュームごとの前記影響度を算出する際には、各論理ボリュームに割り当てられた前記ストレージ装置内の記憶領域をアクセス先とする前記所定期間内のアクセス要求の実行時間を論理ボリュームごとに累積した累積実行時間に基づいて、前記負荷指標の値を各論理ボリュームに比例配分し、配分された値を各論理ボリュームの前記影響度とすることを特徴とする請求項2記載の負荷解析プログラム。 When calculating the degree of influence of each of the logical volume accumulating the execution time of the access request within the predetermined period of the storage area and access destination in the storage device assigned to each logical volume for each logical volume based on the cumulative run time, and the value of the load index allocated in proportion to each logical volume, load analysis program according to claim 2, wherein the distribution values ​​and the degree of influence of each logical volume.
  5. 各論理ボリュームの前記影響度を算出する際には、 When calculating the degree of influence of each logical volume,
    前記ストレージ装置に対する所定期間内のアクセス要求を取得し、該アクセス要求の取得時刻を、該アクセス要求のアクセス先の記憶領域が割り当てられている論理ボリュームに関連付けてアクセス情報記憶手段に格納し、 The acquired access request within a predetermined time period for the storage device, the acquisition time of the access request, in association with the logical volume storage area of ​​the access destination of the access request is allocated and stored in the access information storage unit,
    前記ストレージ装置からアクセス要求に対する応答を取得し、該応答に対応するアクセス要求の取得時刻を前記アクセス情報記憶手段から抽出し、 To get a response to the access request from said storage device, extracts the acquisition time of the access request corresponding to the response from the access information storage unit,
    抽出した取得時刻が関連付けられている論理ボリュームに対応付けられた実行時間記憶手段に格納されている累積実行時間に、抽出した取得時刻から現在までの経過時間を加算し、 The cumulative run time stored in the execution time storage means associated with the logical volume extracted acquisition time is associated, by adding the time elapsed up to the present from the extracted acquisition time,
    前記所定期間終了時に論理ボリュームごとに設けられた前記実行時間記憶手段に記憶されている前記累積実行時間を、各論理ボリュームの累積実行時間とする、 Said predetermined period of time the accumulated running time stored in the execution time storage unit provided for each logical volume at the end, and the accumulated execution time of each logical volume,
    ことを特徴とする請求項4記載の負荷解析プログラム。 4. Load analysis program, wherein the.
  6. ストレージ装置の負荷を解析する負荷解析方法であって、 A load analysis method for analyzing the load of the storage device,
    コンピュータが、 Computer,
    前記ストレージ装置に対する所定期間内の1アクセス要求当たりの平均応答時間に基づいて、前記ストレージ装置で単位時間当たりに処理可能な最大アクセス要求数を算出し、前記最大アクセス要求数を最大負荷記憶手段に格納し、 Based on the average response time per access request within a predetermined time period for said storage device, said calculated maximum number of access requests that can be processed per unit time in the storage device, the maximum load storage means the number of the maximum access request stores,
    前記最大負荷記憶手段に格納された前記最大アクセス要求数に対する前記所定期間内のアクセス要求数の割合を、前記ストレージ装置の前記所定期間における負荷を示す負荷指標として出力する、 The ratio of the number of access requests within the predetermined time period with respect to the maximum load the maximum access number of requests stored in the storage means, and outputs as the load indicator of the load in the predetermined time period of the storage device,
    することを特徴とする負荷解析方法。 Load analysis method characterized by.
  7. ストレージ装置の負荷を解析する負荷解析装置であって、 A load analysis apparatus for analyzing the load of the storage device,
    前記ストレージ装置に対する所定期間内の1アクセス要求当たりの平均応答時間に基づいて、前記ストレージ装置で単位時間当たりに処理可能な最大アクセス要求数を算出し、前記最大アクセス要求数を最大負荷記憶手段に格納する最大負荷算出手段と、 Based on the average response time per access request within a predetermined time period for said storage device, said calculated maximum number of access requests that can be processed per unit time in the storage device, the maximum load storage means the number of the maximum access request and maximum load calculating means for storing,
    前記最大負荷記憶手段に格納された前記最大アクセス要求数に対する前記所定期間内のアクセス要求数の割合を、前記ストレージ装置の前記所定期間における負荷を示す負荷指標として出力する負荷指標算出手段と、 The ratio of the number of access requests within the predetermined time period with respect to the maximum load the maximum access number of requests stored in the storage means, a load index calculating means for outputting as a load indicator of the load in the predetermined time period of the storage device,
    を有する負荷解析装置。 Load analysis apparatus having a.
JP2010061407A 2010-03-17 2010-03-17 Program, method and apparatus for analyzing load Ceased JP2011197804A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2010061407A JP2011197804A (en) 2010-03-17 2010-03-17 Program, method and apparatus for analyzing load

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2010061407A JP2011197804A (en) 2010-03-17 2010-03-17 Program, method and apparatus for analyzing load

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2011197804A true true JP2011197804A (en) 2011-10-06

Family

ID=44875965

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2010061407A Ceased JP2011197804A (en) 2010-03-17 2010-03-17 Program, method and apparatus for analyzing load

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2011197804A (en)

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2014130387A (en) * 2012-12-27 2014-07-10 Fujitsu Ltd Storage controller selection system, storage controller selection method, and storage controller selection program
JPWO2013094007A1 (en) * 2011-12-19 2015-04-27 富士通株式会社 Load balancing system
WO2017022233A1 (en) * 2015-08-06 2017-02-09 日本電気株式会社 Information processing device, request process delay control method, and storage medium

Citations (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2000089916A (en) * 1998-09-11 2000-03-31 Fujitsu Ltd File controller
JP2002182859A (en) * 2000-12-12 2002-06-28 Hitachi Ltd Storage system and its utilizing method
JP2002342532A (en) * 2001-05-21 2002-11-29 Nippon Telegr & Teleph Corp <Ntt> Device and method for trend prediction, trend predicting program, and recording medium where the same program is recorded
JP2005242690A (en) * 2004-02-26 2005-09-08 Hitachi Ltd Storage sub-system and method for tuning performance
JP2008299434A (en) * 2007-05-29 2008-12-11 Hitachi Ltd Storage controller and its control method
JP2009009194A (en) * 2007-06-26 2009-01-15 Hitachi Ltd Storage system having function to reduce power consumption

Patent Citations (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2000089916A (en) * 1998-09-11 2000-03-31 Fujitsu Ltd File controller
JP2002182859A (en) * 2000-12-12 2002-06-28 Hitachi Ltd Storage system and its utilizing method
JP2002342532A (en) * 2001-05-21 2002-11-29 Nippon Telegr & Teleph Corp <Ntt> Device and method for trend prediction, trend predicting program, and recording medium where the same program is recorded
JP2005242690A (en) * 2004-02-26 2005-09-08 Hitachi Ltd Storage sub-system and method for tuning performance
JP2008299434A (en) * 2007-05-29 2008-12-11 Hitachi Ltd Storage controller and its control method
JP2009009194A (en) * 2007-06-26 2009-01-15 Hitachi Ltd Storage system having function to reduce power consumption

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPWO2013094007A1 (en) * 2011-12-19 2015-04-27 富士通株式会社 Load balancing system
JP2014130387A (en) * 2012-12-27 2014-07-10 Fujitsu Ltd Storage controller selection system, storage controller selection method, and storage controller selection program
WO2017022233A1 (en) * 2015-08-06 2017-02-09 日本電気株式会社 Information processing device, request process delay control method, and storage medium

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US8566483B1 (en) Measuring data access activity
US6467054B1 (en) Self test for storage device
US7653725B2 (en) Management system selectively monitoring and storing additional performance data only when detecting addition or removal of resources
US20030187627A1 (en) I/O velocity projection for bridge attached channel
US20040123180A1 (en) Method and apparatus for adjusting performance of logical volume copy destination
US6189071B1 (en) Method for maximizing sequential output in a disk array storage device
US20080059602A1 (en) Load balancing method for data I/O paths between groups in which multi-path management is employed
US20090172666A1 (en) System and method for automatic storage load balancing in virtual server environments
US20090259749A1 (en) Computer system input/output management
US5935260A (en) Method and apparatus for providing system level errors in a large disk array storage system
US6622221B1 (en) Workload analyzer and optimizer integration
US6237063B1 (en) Load balancing method for exchanging data in different physical disk storage devices in a disk array storage device independently of data processing system operation
US20040024870A1 (en) Storage network system, managing apparatus, managing method and program
US7506314B2 (en) Method for automatically collecting trace detail and history data
US6269401B1 (en) Integrated computer system and network performance monitoring
US7434012B1 (en) Techniques for media scrubbing
US8380757B1 (en) Techniques for providing a consolidated system configuration view using database change tracking and configuration files
US20090235269A1 (en) Storage system
US20050010667A1 (en) System and method for resource accounting on computer network
US20030110254A1 (en) Storage apparatus
US8688878B1 (en) Data storage system modeling
US6963940B1 (en) Measuring utilization of individual components of channels
US8850263B1 (en) Streaming and sampling in real-time log analysis
US7395187B2 (en) System and method for recording behavior history for abnormality detection
US20130080703A1 (en) Method for calculating tier relocation cost and storage system using the same

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20130108

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20131031

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20131112

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20140110

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20140624

A045 Written measure of dismissal of application

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A045

Effective date: 20141028