JP2011188020A - Helical antenna - Google Patents

Helical antenna Download PDF

Info

Publication number
JP2011188020A
JP2011188020A JP2010048072A JP2010048072A JP2011188020A JP 2011188020 A JP2011188020 A JP 2011188020A JP 2010048072 A JP2010048072 A JP 2010048072A JP 2010048072 A JP2010048072 A JP 2010048072A JP 2011188020 A JP2011188020 A JP 2011188020A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
pattern
crank
direction
substrate
helical antenna
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2010048072A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Tsamakis Dimitrios
Junichiro Urabe
Zhipeng Wu
サマキス・デミトリオス
ジンペイ・ウー
順一郎 占部
Original Assignee
Tdk Corp
Tdk株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Images

Abstract

<P>PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a small and high gain helical antenna in which coupling between lines is reduced. <P>SOLUTION: The helical antenna 10 includes: a substrate 11 formed of a dielectric substance like a rectangular parallelpiped; and a helical conductor pattern wound around four main surfaces 11a-11d parallel to the longitudinal direction (Y direction) of the substrate 11. The conductor pattern is composed of: a plurality of crank patterns 12a formed on the top surface of the substrate 11; and a plurality of linear patterns 12b-12d formed on the bottom surface 11b and the sides 11c, 11d of the substrate 11. A crank angle of the crank pattern 12a is 90 degrees and has both of a straight line component extending in the X direction and a straight line component extending in the Y direction. Meanwhile, since the linear patterns 12b-12d are perpendicular to the longitudinal direction of the substrate 11, have only the straight line component extending in the X direction or the Z direction, and do not have the straight line component extending in the Y direction. <P>COPYRIGHT: (C)2011,JPO&INPIT

Description

本発明は、ヘリカルアンテナに関し、特に、表面実装型チップアンテナとして好適なヘリカルアンテナの構造に関するものである。 The present invention relates to a helical antenna, more particularly to a structure of the preferred helical antenna as a surface mount type chip antenna.

携帯電話等の無線通信機器に内蔵される表面実装型チップアンテナの一つとしてヘリカルアンテナが知られている。 Helical antenna is known as one of the surface mount chip antenna incorporated in a wireless communication device such as a cellular phone. ヘリカルアンテナは、一本の細長い導体パターンがヘリカル状に形成されたものであり、小型でありながら所望の電気長を確保してモノポールアンテナと同等の特性を得ることができるものである。 The helical antenna is for single elongated conductor pattern is formed helically, in which it is possible to obtain a monopole antenna characteristics equivalent to ensure a desired electrical length while being compact.

特許文献1には、ヘリカルパターンを有する表面実装型チップアンテナが開示されている。 Patent Document 1, a surface mount type chip antenna having a helical pattern is disclosed. このチップアンテナは、端子部を除いた基体の実装面に設けられた凹部と、基体に螺旋状(ヘリカル状)に巻回された少なくとも1つの導線を備えており、導線は等間隔にヘリカル状に巻回されている。 This chip antenna has a recess provided in the mounting surface of the substrate excluding the terminal portion, the base body in a spiral shape provided with at least one conductor wound in a (helical), it leads helically equidistantly It is wound around. 特許文献1のチップアンテナによれば、凹部の存在により基体とプリント基板との間の接触面積が減少するため、実装安定性が良くすることができ、実装後も基板との熱膨張係数の差異による歪みの影響を低減することができる。 According to the chip antenna Patent Document 1, for contacting area decreases between the substrate and the printed circuit board due to the presence of recesses, implementation can stability is good, the thermal expansion coefficient after the substrate mounting differences it is possible to reduce the influence of distortion due.

また、特許文献2には、誘電体からなる基体の表面に形成されたヘリカル状の導体パターンの導体幅と導体間距離がそれぞれ異なる2つの部分(A部、B部)に分けられた表面実装アンテナが開示されている。 Further, Patent Document 2, surface mounting conductor width and distance between conductors of helical conductor pattern formed on the surface of a substrate made of a dielectric material is divided into different two parts (A unit, B unit) antenna has been disclosed. このアンテナは基本周波数f1で動作するが、B部がf2>f1なる周波数f2において自己共振を起こし、B部のインピーダンスがきわめて大きくなるとき、A部は周波数f2で動作する。 This antenna operates at a fundamental frequency f1, causing a self-resonance in B section f2> f1 becomes frequency f2, when the impedance of the portion B is extremely large, A unit operates at the frequency f2. すなわち、このアンテナは、異なる共振周波数f1、f2を有する複共振アンテナとして動作するものである。 That is, this antenna is intended to operate as a multi-resonant antenna having different resonance frequencies f1, f2.

特開2004−304783号公報 JP 2004-304783 JP 特開2004−120157号公報 JP 2004-120157 JP

ヘリカルアンテナの動作周波数を調整する基本的な方法の一つとして、導線の巻数を変える方法がある。 One of the basic method of adjusting the operating frequency of the helical antenna, a method of changing the number of turns of wire. 導線の巻数を増やせば全長が長くなるので動作周波数を低くすることができ、逆に導線の巻数を減らせば全長が短くなるので動作周波数を高くすることができる。 Since the total length is longer by increasing the number of turns of the wire can be lowered the operating frequency, it can be full-length Reducing the number of turns of wire in the opposite increasing the operating frequency so shorter. しかしながら、動作周波数を低くするために基体の寸法を一定のまま導線の巻数を増やした場合、線間距離が近くなるため、線間の電磁界結合が強くなり、アンテナの利得が低下するという問題がある。 However, if the dimensions of the substrate in order to lower the operating frequency increased the number of turns of constant while lead, since the distance between lines closer, stronger electromagnetic field coupling between the lines, that the antenna gain is lowered problems there is. 導線の線幅を狭くすれば線間距離を広げることができるが、この場合は導線に流れる電流が少なくなり、アンテナ利得が低下することになるため、上記問題を解決することは出来ない。 Although it is possible to widen the distance between lines if narrow line width of the conductor, in this case decreases the current flowing through the conductor, because the antenna gain is lowered, it is impossible to solve the above problems.

本発明は上記課題を解決するものであり、本発明の目的は、線間容量の影響が低減された小型で高利得なヘリカルアンテナを提供することにある。 The present invention has been made to solve the above problems, an object of the present invention is to provide a high-gain helical antenna a small influence of the line capacity is decreased.

上記課題を解決するため、本発明によるヘリカルアンテナは、略直方体状の誘電体からなる基体と、基体の長手方向と平行な第1乃至第4の主面に巻回されたヘリカル状の導体パターンとを備え、導体パターンは、第1の主面に形成された複数のクランクパターンと、第2乃至第4の主面に形成された複数の直線パターンを含むことを特徴としている。 To solve the above problems, the helical antenna according to the present invention comprises a substrate made of a substantially rectangular parallelepiped dielectric substrate parallel to the longitudinal direction first through helical wound on the fourth major surface of the conductive pattern with the door, the conductor pattern is characterized in that it comprises a plurality of crank patterns formed on the first main surface, a plurality of linear pattern formed on the second to fourth main surface.

本発明によれば、放射に大きく寄与する面の導体面積をだけるだけ大きくとることができ、他の面では、導体間隔を大きくすることができる。 According to the present invention, it is possible to increase only riot conductor area greatly contributes surfaces to the radiation, in other aspects, it is possible to increase the conductor interval. したがって、利得の低下を抑制することができ、小型で高利得なヘリカルアンテナを提供することができる。 Therefore, it is possible to suppress the reduction in gain, it is possible to provide a high-gain helical antenna small.

本発明において、クランクパターンのクランク角は90度であり、第1乃至第3の直線パターンは基体の長手方向と直交していることが好ましい。 In the present invention, the crank angle of the crank pattern is 90 degrees, the linear patterns of the first to third preferred that is perpendicular to the longitudinal direction of the base.

本発明によれば、基体の上面とそれ以外の面途で導体パターンの配線方向が異なり、上面以外の配線方向は基体の長手方向と直交する方向であることから、放射に大きく寄与する基体の上面の導体面積をさらに大きくとることができ、他の面の導体間隔をさらに大きくとることができる。 According to the present invention, unlike the wiring direction of the conductor pattern on the upper surface and the other surface developing the substrate, the wiring direction other than the top surface since it is the direction perpendicular to the longitudinal direction of the base, the greatly contributes substrates radiation conductor area of ​​the upper surface can have further increased, it is possible to take further increased conductor spacing other respects.

本発明において、複数のクランクパターンは、基体の長手方向の一端側から他端側に向かって順に設けられた第1乃至第3のクランクパターンを含み、第1のクランクパターンと第2のクランクパターンとを絶縁分離する第1のスペースの幅は、第2のクランクパターンと第3のクランクパターンとを絶縁分離する第2のスペースの幅よりも広いことが好ましい。 In the present invention, a plurality of crank pattern includes first to third crank pattern provided in this order toward the other end from the one longitudinal end of the base body, a first crank pattern and the second crank pattern preparative width of the first space to isolation is wider it is preferable than the width of the second space for isolation and second crank pattern and the third crank pattern. さらに、複数のクランクパターンは、基体の長手方向の一端側から他端側に向かって順に設けられており、互いに隣り合う2つのクランクパターン間を絶縁分離するスペースの幅は、基体の長手方向の一端側から他端側に向かうほど広くなることが好ましい。 Further, a plurality of crank patterns are provided in this order toward the other end from the one longitudinal end of the base body, the width of the space that isolation between the two crank patterns adjacent to each other, the base body longitudinal direction of it is preferred that widens from one end side more toward the other end.

導体パターン上の電流は給電点から遠くなるほど小さくなるため、導体間の結合の影響を受けやすくなる。 Since the current on the conductor pattern becomes smaller as the distance from the feed point, susceptible to coupling between conductors. しかし、給電点から遠くなるほどクランクパターン間のスペース幅を広くすることで導体間の結合の影響を低減することができ、利得の低下を抑制することができる。 However, the space width between far made about the crank pattern from the feeding point it is possible to reduce the effects of coupling between the conductors by the widening, the gain reduction can be suppressed.

本発明において、直線パターンの幅は、前記クランクパターンの幅よりも狭いことが好ましい。 In the present invention, the width of the linear pattern is preferably narrower than the width of the crank pattern. 上記のように、隣接ターン間の距離が近いほど導体間の結合の影響が大きくなるが、直線パターンの幅をクランクパターンの幅よりも狭くすれば、導体間の結合の影響をさらに低減することができる。 As described above, the influence of coupling between the more conductors are close distance between adjacent turns is increased, if narrower than the width of the crank pattern width of the linear patterns, to further reduce the influence of coupling between the conductors can.

本発明によれば、線間結合の影響が低減された小型で高利得なヘリカルアンテナを提供することができる。 According to the present invention, it is possible to provide a high-gain helical antenna a small influence of the line coupling is reduced.

本発明の第1の実施形態によるヘリカルアンテナ10の構造を示す略斜視図である。 It is a schematic perspective view showing a structure of a helical antenna 10 according to a first embodiment of the present invention. 図1に示したヘリカルアンテナ10の略展開図である。 It is a schematic development view of the helical antenna 10 shown in FIG. ヘリカルアンテナ10をプリント基板15上に実装した状態を示す略斜視図である。 It is a schematic perspective view showing a state of mounting the helical antenna 10 to the printed circuit board 15 on. 本発明の第2の実施形態によるヘリカルアンテナ20の構造を示す略斜視図である。 It is a schematic perspective view showing a structure of a helical antenna 20 according to a second embodiment of the present invention. 図4に示したヘリカルアンテナ20の展開図である。 It is a development view of the helical antenna 20 shown in FIG. 本発明の第3の実施形態によるヘリカルアンテナ30の構造を示す略斜視図である。 It is a schematic perspective view showing a structure of a helical antenna 30 according to the third embodiment of the present invention. 図6に示したヘリカルアンテナ30の展開図である。 It is a development view of the helical antenna 30 shown in FIG. 本発明の第4の実施形態によるヘリカルアンテナ40の構造を示す略斜視図である。 It is a schematic perspective view showing a structure of a helical antenna 40 according to the fourth embodiment of the present invention.

以下、添付図面を参照しながら、本発明の好ましい実施の形態について詳細に説明する。 Hereinafter, with reference to the accompanying drawings, it will be described in detail preferred embodiments of the present invention.

図1は、本発明の第1の実施形態によるヘリカルアンテナ10の構造を示す略斜視図である。 Figure 1 is a schematic perspective view showing a structure of a helical antenna 10 according to a first embodiment of the present invention. また、図2は、図1に示したヘリカルアンテナ10の略展開図である。 Also, FIG. 2 is a schematic development view of the helical antenna 10 shown in FIG.

図1に示すように、本実施形態によるヘリカルアンテナ10は、誘電体からなる基体11と、基体11の表面されたヘリカル状の導体パターンによって構成されている。 As shown in FIG. 1, the helical antenna 10 according to this embodiment includes a base body 11 made of a dielectric, is formed by the surface is helical-shaped conductor pattern of the substrate 11. 基体11は、Y方向を長手方向、X方向を幅方向、Z方向を高さ方向とし、Y方向に細長い直方体形状(四角柱)を有している。 Base 11, a Y-direction longitudinal, X-direction in the width direction, the Z direction is the height direction, has an elongated rectangular parallelepiped shape (square pole) in the Y direction. このうち、基体11の上面11a、底面11b及び2つの側面11c,11dはY方向と平行な主面であり、側面11e,11fはY方向と直交する端面である。 Of these, the upper surface 11a of the base 11, the bottom surface 11b and two side surfaces 11c, 11d are Y-direction parallel to the major surface, side surface 11e, 11f is an end surface perpendicular to the Y direction. 基体11の底面11bはアンテナの実装時にプリント基板15と接する面であり、ヘリカルアンテナ10の上下方向はプリント基板15の表面を基準面にして定義される。 Bottom 11b of the base 11 is a surface in contact with the printed circuit board 15 when the antenna mounting, the vertical direction of the helical antenna 10 is defined by the reference plane of the surface of the printed circuit board 15.

基体11の材料としては、特に限定されるものではないが、セラミックや樹脂を用いることが出来る。 As the material of the base 11 is not particularly limited, it may be a ceramic or a resin. セラミック材料としては、Ba−Nd−Ti系材料(比誘電率80〜120)、Nd−Al−Ca−Ti系材料(比誘電率43〜46)、Li−Al−Sr−Ti(比誘電率38〜41)、Ba−Ti系材料(比誘電率34〜36)、Ba−Mg−W系材料(比誘電率20〜22)、Mg−Ca−Ti系材料(比誘電率19〜21)、サファイヤ(比誘電率9〜10)、アルミナセラミックス(比誘電率9〜10)、コージライトセラミックス(比誘電率4〜6)などを用いることができる。 The ceramic material, Ba-Nd-Ti based material (relative permittivity 80~120), Nd-Al-Ca-Ti based material (relative permittivity 43~46), Li-Al-Sr-Ti (a relative dielectric constant 38-41), Ba-Ti based material (relative permittivity 34~36), Ba-Mg-W based material (relative permittivity 20~22), Mg-Ca-Ti based material (relative permittivity 19 to 21) , sapphire (relative permittivity 9-10), alumina ceramics (relative permittivity 9-10), cordierite ceramics (relative permittivity 4-6) or the like can be used. セラミックの基体11は、型枠を用いてこれらの材料粉を焼成することによって作製される。 Ceramic base 11 is produced by firing these material powder using a mold. また、樹脂材料としては、ポリカーボネート(比誘電率3)を用いることができる。 As the resin material, and polycarbonate (relative dielectric constant of 3).

誘電体材料は、目的とする周波数に応じて適宜選択すればよい。 The dielectric material may be appropriately selected depending on the frequency of interest. 比誘電率ε が大きくなるほど大きな波長短縮効果が得られるので、放射導体の長さをより短くできるが、放射効率が低下するため、必ずしも比誘電率ε が大きければよいというわけではなく、適切な値が存在する。 Since a large wavelength shortening effect as dielectric constant epsilon r increases is obtained, but the length of the radiating conductor can be shortened, because the radiation efficiency is lowered, not necessarily be larger relative permittivity epsilon r, appropriate value exists. 例えば、目的とする周波数が470〜770MHz(UHF帯)である場合、比誘電率ε が3〜10程度の材料を用いることが好ましい。 For example, if the target frequency is 470 to 770 MHz (UHF band), the relative dielectric constant epsilon r is preferable to use 3 to 10 degree material. これによれば、十分な放射効率を確保しつつ基体の小型化を図ることができる。 According to this, it is possible to reduce the size of the substrate while ensuring a sufficient radiation efficiency. 比誘電率ε が3〜10程度であるセラミック材料としては、アルミナセラミックスやコージライトセラミックスを挙げることができ、樹脂材料としてはポリカーボネートを挙げることができる。 The ceramic material the dielectric constant epsilon r is about 3 to 10, there may be mentioned alumina ceramics and cordierite ceramics as the resin material can be exemplified polycarbonate.

ヘリカルアンテナ10の導体パターンは、基体11の上面11aに形成された複数のクランクパターン12aと、基体11の底面11bに形成された複数の直線パターン12bと、基体11の側面11cに形成された複数の直線パターン12cと、基体11の側面11dに形成された複数の直線パターン12dとを含んでいる。 Conductor pattern of the helical antenna 10 includes a plurality of crank patterns 12a formed on the upper surface 11a of the base 11, a plurality of linear pattern 12b formed on the bottom surface 11b of the base 11, a plurality formed in the side surface 11c of the base 11 a linear pattern 12c of, and a plurality of linear patterns 12d formed on the side surface 11d of the base 11. これらの導体パターン12a〜12dは、導体シートを基体11に貼り付けることによって形成することができる。 These conductor patterns 12a~12d can be formed by pasting a conductive sheet to the substrate 11. 基体11の材料がセラミックであれば、電極用ペースト材スクリーン印刷や転写などの方法によって塗布した後、所定の温度条件下で焼き付けを行うことによって形成してもよい。 If the material of the base body 11 is a ceramic, was applied by a method such as the electrode paste material screen printing or transfer, it may be formed by performing baking at a predetermined temperature conditions. 電極用ペースト材としては、銀、銀−パラジウム、銀−白金、銅などを用いることができる。 The electrode paste material, silver, a silver - palladium, silver - platinum, copper or the like can be used. 導体パターンは、この他にメッキやスパッタなどでも形成することが可能である。 Conductor pattern can also be formed like this in addition to plating or sputtering.

本実施形態において、基体11の上面11aとそれ以外の面11b〜11dに形成された導体パターンの基本形状は異なっている。 In the present embodiment, the basic shape of the conductor pattern formed on the upper surface 11a and the other surface 11b~11d of the base 11 are different. 基体11の上面11aに形成された導体パターンはクランクパターン12aであり、Y方向に延びる第1の直線成分と、第1の直線成分の端部から直角に折れ曲がりX方向に延びる第2の直線成分と、第2の直線成分の端部から直角に折れ曲がり再びY方向に延びる第3の直線成分を有している。 Conductor patterns formed on the upper surface 11a of the base 11 is a crank pattern 12a, a first linear component extending in the Y-direction, a second linear component extending in the X direction bent at right angles from the end of the first linear component When, and a third linear component extending from an end of the second linear components again Y direction bent at right angles. すなわち、クランクパターン12aは、Y方向に延びる直線成分とX方向に延びる直線成分の両方を有しており、クランク角は90°である。 That is, the crank pattern 12a has both a linear component extending in a straight line component and X-direction extending in the Y direction, the crank angle is 90 °.

一方、基体11の底面11b及び2つの側面11c、11dに形成された導体パターンは直線パターン12b〜12dであり、直線パターン12b〜12dは、X方向又はZ方向に延びる直線成分のみを有し、Y方向に延びる直線成分は有していない。 On the other hand, the conductor pattern formed bottom 11b and two side surfaces 11c of the base 11, and 11d is a straight line pattern 12 b to 12 d, a straight line pattern 12 b to 12 d has only linear components which extend in the X direction or Z direction, linear component extending in the Y-direction does not have. 直線パターン12b〜12dがY方向成分を含むとアンテナ全長が長くなり、アンテナが大型化するからである。 When linear pattern 12b~12d includes Y direction component antenna overall length becomes long, since the antenna becomes large. 本実施形態において、直線パターン12b〜12dの幅はW1であり、クランクパターン12aの幅と等しく設定されている。 In the present embodiment, the width of the linear pattern 12b~12d is W1, is set equal to the width of the crank pattern 12a. なおクランクパターン12aの幅とは、帯状パターンの短手方向の寸法を意味し、Y方向に延びる第1及び第3の直線成分であればX方向の寸法であり、X方向に延びる第2の直線成分であればY方向の寸法である。 Note that the width of the crank patterns 12a, means shorter dimension of the belt-shaped pattern, the dimension of the first and third X-direction as long as the linear component extending in the Y-direction, a second extending in the X direction if linear component is a dimension in the Y direction.

図2に示すように、複数のクランクパターン12aは、基体11の一端側(側面11e側)から他端側(側面11f側)に向かって等間隔に配列された7つのクランクパターン12a 〜12a からなる。 As shown in FIG. 2, a plurality of crank patterns 12a, the substrate 11 on one end side (side surface 11e side) from the other end 7 of which are arranged at equal intervals toward the (side surface 11f side) crank pattern 12a 1 ~12A consisting of 7. クランクパターン12aの形状は同一であり、互いに隣り合うクランクパターン12a,12a間のスペース幅はすべて同じ幅d1に設定されている。 The shape of the crank pattern 12a are identical and are set to the same width d1 all the space width between the crank patterns 12a, 12a adjacent to each other.

また、基体11の底面11bに形成された複数の直線パターン12bは、基体11の一端側(側面11e側)から他端側(側面11f側)に向かって等間隔に配列された8つの直線パターン12b 〜12b からなり、基体11の側面11cに形成された複数の直線パターン12cは、基体11の一端側(側面11e側)から他端側(側面11f側)に向かって等間隔に配列された8つの直線パターン12c 〜12c からなる。 Further, a plurality of linear pattern 12b formed on the bottom surface 11b of the base 11, eight straight patterns arranged at regular intervals toward the one end side of the substrate 11 (side surface 11e side) to the other end (side surface 11f side) consists 12b 1 ~12b 8, a plurality of linear pattern 12c formed on the side surface 11c of the base 11, arranged at regular intervals toward the one end side of the substrate 11 (side surface 11e side) to the other end (side surface 11f side) of eight linear pattern 12c 1 ~12c 8 that is. さらに、基体11の側面11dに形成された複数の直線パターン12dは、基体11の一端側(側面11e側)から他端側(側面11f側)に向かって等間隔に配列された7つの直線パターン12d 〜12d からなる。 Further, a plurality of linear pattern 12d formed on the side surface 11d of the base 11, one end side of the base 11 from the (side surface 11e side) and the other end side seven arranged at equal intervals toward the (side surface 11f side) of the linear pattern consisting of 12d 1 ~12d 7. 隣り合う直線パターン間のスペース幅もまた、全ての直線パターン間において同じ幅に設定されている。 Space width between adjacent linear patterns have also been set to the same width among all linear pattern.

ヘリカルパターンは基体11の底面11bに形成された直線パターン12b から始まる。 Helical pattern begins linear pattern 12b 1 formed on the bottom surface 11b of the base 11. 直線パターン12b の一端は給電点Pであり、直線パターン12b の他端は側面11cの直線パターン12c の一端に接続され、直線パターン12c の他端は上面11aのクランクパターン12a の一端に接続され、クランクパターン12a の他端は側面11dの直線パターン12d の一端に接続され、これにより1ターン目のループが形成される。 One end of the linear pattern 12b 1 is a feed point P, the linear pattern 12b 1 and the other end is connected to one end of the linear pattern 12c 1 side 11c, a linear pattern 12c 1 and the other end of the upper surface 11a of the crank pattern 12a 1 is connected to one end, the other end of the crank pattern 12a 1 is connected to one end of the linear pattern 12d 1 side 11d, thereby the first turn of the loop is formed. そしてこのようなループが所定ターン数繰り返されることでヘリカルパターンが形成される。 The helical pattern is formed by such a loop is repeated a predetermined number turns. なお、ヘリカルパターンが基体11の底面11bから始まる理由は、ヘリカルパターンの一端をプリント基板上の給電ラインに接続するためである。 The reason for the helical pattern begins from the bottom 11b of the base 11 is to connect one end of the helical pattern to a feed line on the printed circuit board.

直線パターン12c,12dの数が7つであるのに対し、クランクパターン12a及び直線パターン12bの数は8つであり、直線パターン12c,12dの数よりも一つ多い。 Linear pattern 12c, while the number of 12d is seven, the number of crank pattern 12a and the linear patterns 12b are among 8, linear pattern 12c, one more than the number of 12d. これは、7ターン目のループの先端に8ターン目のループを構成する直線パターン12b 、12c が設けられているからである。 This is because the linear pattern 12b 8, 12c 8 are provided which constitute an 8-turn of the loop to the tip of 7 turns of the loop. これらの直線パターン12b ,12c はヘリカルアンテナの所望の電気長を確保するために必要であり、必ずしも所定のターン数で区切りよく巻き終わるわけではない。 These linear pattern 12b 8, 12c 8 is required to ensure the desired electrical length of the helical antenna are not necessarily finished wound well separated by a predetermined number of turns.

本実施形態によるヘリカルアンテナは、1ターンの長さが波長λに比べて十分に小さいノーマルモードヘリカルアンテナである。 Helical antenna according to this embodiment is a normal mode helical antenna sufficiently smaller than the wavelength λ length of one turn. ノーマルモードヘリカルアンテナはモノポールアンテナの一種であり、アンテナの長さはλ/4に設定される。 Normal mode helical antenna is a kind of monopole antenna, the length of the antenna is set to lambda / 4. 例えば目的とする動作周波数が470〜770MHz(UHF帯)であるとき、アンテナの長さは約10〜15cmとなる。 For example, when the operating frequency of interest is 470 to 770 MHz (UHF band), the length of the antenna is about 10 to 15 cm. 基体11の寸法はヘリカルアンテナの長さに合わせて設定すればよく、例えば、長さ40mm×幅4mm×高さ5mmとすることができる。 The dimensions of the base 11 may be set according to the length of the helical antenna, for example, it is a length 40 mm × width 4 mm × height 5 mm.

上記のように、クランクパターン12aのクランク角は90度であり、クランクパターン12aはX方向に延びる直線成分とY方向に延びる直線成分の両方を有している。 As described above, the crank angle of the crank patterns 12a is 90 degrees, a crank pattern 12a has both a linear component extending in a straight line component and a Y direction extending in the X direction. 一方、直線パターン12b〜12dはX方向又はZ方向に延びる直線成分のみを有し、Y方向に延びる直線成分は有していない。 On the other hand, a straight line pattern 12b~12d has only linear components which extend in the X direction or Z-direction, the linear component extending in the Y-direction does not have. 本実施形態によるヘリカルアンテナ10はこのような導体パターン形状を有するため、基体11の上面11aの導体占有面積を他の面11b〜11dよりも大きくすることができ、電波の放射効率を高めることができる。 Since the helical antenna 10 according to the present embodiment having such a conductive pattern may be larger than the other surfaces 11b~11d the conductor occupation area of ​​the upper surface 11a of the base 11, to increase the radiation efficiency of radio waves it can. すなわち、電波の放射にもっとも寄与する基体11の上面11aの導体パターンがクランクパターン12aであり、導体パターンの面積が最も大きく、また、他の面11b〜11dに形成された直線パターン12b〜12dの線間距離をできるだけ広くすることで、アンテナ利得の低下を抑制することができる。 That is, the conductor pattern of the upper surface 11a of the most contributing base 11 to the radio wave radiation is crank pattern 12a, the largest area of ​​the conductor pattern, also, the linear pattern 12b~12d formed on another surface 11b~11d by large as possible distance between the lines, it is possible to suppress a decrease of the antenna gain.

図3は、ヘリカルアンテナ10をプリント基板15上に実装した状態を示す略斜視図である。 Figure 3 is a schematic perspective view showing a state of mounting the helical antenna 10 to the printed circuit board 15 on.

図3に示すように、プリント基板15は絶縁基板16の表裏面に導体パターンが形成されたものであって、特に、プリント基板15の表面15aには略矩形状のアンテナ実装領域17が設けられている。 As shown in FIG. 3, the printed circuit board 15 be those conductor patterns formed on front and back surfaces of the insulating substrate 16, in particular, a substantially rectangular antenna mounting region 17 provided on the surface 15a of the printed circuit board 15 ing. アンテナ実装領域17は、配線パターンやグランドパターンといった導体パターンが排除された絶縁領域である。 Antenna mounting region 17 is an insulating region where the conductor pattern is eliminated such wiring patterns and the ground pattern.

本実施形態において、アンテナ実装領域17の三辺はプリント基板15のエッジによって区画され、他の一辺はプリント基板15上の導体パターン(グランドパターン)18によって区画されている。 In this embodiment, three sides of the antenna mounting region 17 is partitioned by the edge of the printed circuit board 15 is partitioned by a conductor pattern (ground pattern) 18 on the other side printed circuit board 15. アンテナ実装領域17をプリント基板15のコーナー部に設けた場合には、ヘリカルアンテナから見た周囲の少なくとも一方向はプリント基板(グランドパターン)の存在しない自由空間となることから、アンテナの放射効率を高めることができる。 In case of providing the antenna mounting region 17 in the corner portion of the printed circuit board 15, since at least one direction around as viewed from the helical antenna to be nonexistent free space of the printed circuit board (the ground pattern), the radiation efficiency of the antenna it is possible to increase. なお、図3において導体パターン18は基板の全面に一様に形成されているが、実際には複雑なパターンレイアウトとなる。 Although the conductor pattern 18 are uniformly formed on the entire surface of the substrate in FIG. 3, a complicated pattern layout in practice.

プリント基板15の裏面15bには、表面15a側のアンテナ実装領域17と平面視にて実質的に同一形状の絶縁領域が設けられている。 The back surface 15b of the printed circuit board 15, the insulating region of substantially identical shape are provided at the surface 15a side of the antenna mounting region 17 in plan view. プリント基板15が多層基板の場合には、裏面15bのみならず内層にもこのような絶縁領域が設けられ、アンテナ実装領域17の直下は常に絶縁領域となる。 When the printed circuit board 15 is a multilayer substrate, in the inner layer as well back surface 15b only provided such an insulating region, immediately below the antenna mounting region 17 is always insulating region. ヘリカルアンテナ10の下方に導体パターンが全く存在しなければ、ヘリカルアンテナ10がプリント基板15上の導体パターンの影響を受けることはなく、基体11の上面11aに形成された導体パターンをプリント基板15から遠ざける必要はないので、アンテナ自身(基体11)の低背化が可能となる。 If at all there is a conductor pattern on the lower of the helical antenna 10, never helical antenna 10 is affected by the conductor pattern on the printed circuit board 15, a conductor pattern formed on the upper surface 11a of the base 11 from the printed circuit board 15 it is not necessary away, low profile of the antenna itself (base 11) is possible.

ヘリカルアンテナの実装は、接着剤による固定でもよく、半田付けによる固定でもよい。 Implementation of the helical antenna may be fixed by an adhesive, it may be fixed by soldering. 半田付けの場合、アンテナ実装領域17内に半田接続用のランドを設ける必要があるが、このランドは一般的な配線パターンやグランドパターンとは異なり、ヘリカルアンテナの特性に大きな影響を与えるものではない。 For soldering, it is necessary to provide lands for solder connection to the antenna mounting region 17, the land is different from the common wiring pattern and the ground pattern does not significantly affect the characteristics of the helical antenna .

図3に示したように、プリント基板15上にヘリカルアンテナ10を実装すると、ヘリカル状の導体パターンの一端は給電ライン19に接続され、他端は開放端とされる。 As shown in FIG. 3, by implementing a helical antenna 10 to the printed circuit board 15 on one end of the helical conductive pattern is connected to the feed line 19, the other end is an open end. ヘリカルパターンには給電ライン19から電流が供給され、電波は主に基体11の上面11aに形成されたクランクパターン12aから放射される。 Current is supplied from the feed line 19 in the helical pattern, radio waves are primarily radiated from the crank pattern 12a formed on the upper surface 11a of the base 11.

以上説明したように、本実施形態によれば、電波の主放射面である基体11の上面11aに形成された導体パターンがクランクパターン12aであり、上面11aの導体占有面積が非常に大きいため、放射効率を高めることができる。 As described above, according to this embodiment, since the conductor pattern formed on the upper surface 11a of the base 11 is the main radiating surface of the radio wave is crank pattern 12a, a very large conductor area occupied by the upper surface 11a, it is possible to increase the radiation efficiency. 逆に、基体11の底面11b及び側面11c,11dについては、互いに隣接する直線パターン間のスペース幅を広げることができ、線間結合を低下させて放射効率を高めることができる。 Conversely, the bottom surface 11b and the side surface 11c of the base 11, for 11d, it is possible to enhance the radiation efficiency of each other can be extended space width between adjacent linear pattern, reduce the line-to-line coupling. したがって、利得の高いヘリカルアンテナを提供することができる。 Therefore, it is possible to provide a high gain helical antenna.

図4は、本発明の第2の実施形態によるヘリカルアンテナ20の構造を示す略斜視図である。 Figure 4 is a schematic perspective view showing a structure of a helical antenna 20 according to a second embodiment of the present invention. また、図5は図4に示したヘリカルアンテナ20の展開図である。 Further, FIG. 5 is a development view of the helical antenna 20 shown in FIG.

図4及び図5に示すように、本実施形態によるヘリカルアンテナ20は、隣り合う2つのクランクパターン12a,12a間のスペース幅(線間距離)が異なっており、給電点P側から数えて第4〜第6番目のスペース幅d2が第1〜第3番目のスペース幅d1よりも広い(d2>d1)ことを特徴としている。 As shown in FIGS. 4 and 5, the helical antenna 20 according to this embodiment, two crank patterns 12a adjacent, a space width (distance between lines) between 12a is different, the counted from the feeding point P side fourth to sixth space width d2 is characterized wide (d2> d1) than the first to third space width d1. また、クランクパターン12aのY方向に延びる直線成分の全長は、第1〜第3のクランクパターン12a 〜12a と第4〜第7のクランクパターン12a 〜12a とで異なっており、クランクパターン12a 〜12a の全長をL1、クランクパターン12a 〜12a の全長をL2とするとき、L2>L1に設定されている。 Also, the total length of the linear component extending in the Y direction of the crank pattern 12a is different in the first to third crank pattern 12a 1 ~12A 3 and crank pattern 12a 4 ~12A 7 of fourth to seventh crank when the total length of the pattern 12a 1 ~12a 3 to L1, the overall length of the crank pattern 12a 4 ~12a 7 and L2, is set to L2> L1. つまりクランクパターン12a 〜12a の全長L1よりもクランクパターン12a 〜12a の全長L2のほうが長い。 That more of the total length L2 of the crank pattern 12a 4 ~12a 7 is longer than the total length L1 of the crank pattern 12a 1 ~12a 3. その他の構成は第1の実施形態によるヘリカルアンテナ10と実質的に同一であることから、同一の構成要素に同一の符号を付して詳細な説明を省略する。 Other structures is omitted because the helical antenna 10 is substantially the same as the first embodiment, the detailed description are denoted by the same reference numerals to the same components.

導体パターン上の電流は給電点Pから先端に向かうほど減少し、先端ほど線間結合の影響を受けやすい。 Current on the conductor pattern is decreased as toward the tip from the feeding point P, susceptible to tip about the line coupling. しかし、本実施形態のように、クランクパターン12a間に存在する絶縁スペースの幅が給電点側において狭く設定され、先端側において広く設定されているので、線間結合の影響を抑えることができ、利得のさらなる向上を図ることができる。 However, as in this embodiment, the width of the insulating space that exists between the crank pattern 12a is set narrower at the feed point side, because it is widely set at the tip side, it is possible to suppress the influence of the line coupling, it is possible to further improve the gain.

図4においては、基体11の上面11aのY方向に沿った2つの長辺のうち、側面11cと共通の辺(第1の長辺)と交差する部分のスペース幅を評価の対象としているが、側面11dと共通の辺(第2の長辺)と交差するスペース幅を評価の対象としてもよい。 In Figure 4, one of the two long sides along the Y-direction of the upper surface 11a of the base 11, although the space width of a portion intersecting the side surface 11c common edge (the first long side) be evaluated it may be subject to evaluate the space width which intersects the side surface 11d and the common edge (second long side). 第3番目のスペース幅について着目すると、第1の長辺と交差するスペース幅はd1であるが、第2の長辺と交差する部分のスペース幅はd2であり、d1よりも広くなっている。 Focusing the third space width, but the space width intersecting the first long side is d1, the space width of a portion intersecting the second long side is d2, which is larger than d1 . これは図5に示すように、3番目までは長さL1であったクランクパターン12aのY方向の全長が4番目からL1よりも長いL2に変わったことによるものである。 This is because, as shown in FIG. 5, is by Y-direction of the length of the crank pattern 12a to the third was the length L1 is changed from the fourth to the L2 longer than L1. 第2の長辺と交差するスペース幅の場合、第1〜第2番目のスペース幅はd1、第3〜第6番目のスペース幅はd2であるが、この場合でもクランクパターン12a間のスペース幅が給電点側において狭く、先端側において広く設定されていることに変わりはない。 For space width intersecting the second long side, the first to the second space width d1, but third to sixth space width is d2, the space width between the crank pattern 12a even in this case There narrower at the feed point side, the fact remains that it is widely set at the tip side.

図6は、本発明の第3の実施形態によるヘリカルアンテナ30の構造を示す略斜視図である。 Figure 6 is a schematic perspective view showing a structure of a helical antenna 30 according to the third embodiment of the present invention. また、図7は図6に示したヘリカルアンテナ30の展開図である。 Further, FIG. 7 is a development view of the helical antenna 30 shown in FIG.

図6及び図7に示すように、本実施形態によるヘリカルアンテナ30は、クランクパターン12a間のスペース幅(線間距離)をさらに細かく段階的に設定したものであり、給電点Pから離れるにつれてスペース幅が徐々に広くなることを特徴としている。 As shown in FIGS. 6 and 7, the helical antenna 30 according to this embodiment is obtained by more finely set stepwise the space width (distance between lines) between the crank pattern 12a, a space with distance from the feeding point P width is characterized in that is gradually widened. すなわち、第1〜第6番目のスペース幅d1〜d6は、d6>d5>d4>d3>d2>d1の関係を有している。 That is, the first through sixth space width d1~d6 has a relation of d6> d5> d4> d3> d2> d1. また、クランクパターン12aのY方向に延びる直線成分の全長は、第1番目のクランクパターン12a の全長L1が最も短く、先端に近づくほど徐々に長くなり、第7番目のクランクパターン12a の全長L7が最も長い。 Also, the total length of the linear component extending in the Y direction of the crank pattern 12a is shortest 1st overall length L1 of the crank pattern 12a 1 is gradually increased closer to the tip, the total length of the seventh crank pattern 12a 7 L7 is the longest. すなわち、第1〜第7のクランクパターン12a 〜12a の全長L1〜L7は、L7>L6>L5>L4>L3>L2>L1の関係を有している。 That is, the total length L1~L7 of the first to seventh crank pattern 12a 1 ~12a 7 has a relationship L7> L6> L5> L4> L3> L2> L1. その他の構成は第1の実施形態によるヘリカルアンテナ10と実質的に同一であることから、同一の構成要素に同一の符号を付して詳細な説明を省略する。 Other structures is omitted because the helical antenna 10 is substantially the same as the first embodiment, the detailed description are denoted by the same reference numerals to the same components.

本実施形態によれば、第2の実施形態によるヘリカルアンテナ20よりも線間結合の影響をさらに低減することができ、利得のさらなる向上を図ることができる。 According to this embodiment, it is possible to further reduce the influence of the line coupling than the helical antenna 20 according to the second embodiment, it is possible to further improve the gain.

図8は、本発明の第4の実施形態によるヘリカルアンテナ40の構造を示す略斜視図である。 Figure 8 is a schematic perspective view showing a structure of a helical antenna 40 according to the fourth embodiment of the present invention.

図8に示すように、本実施形態によるヘリカルアンテナ40は、基体11の底面11b及び2つの側面11c,11dに形成された直線パターン12b,12c、12dの幅W2がクランクパターン12aの幅W1よりも狭い(W2<W1)ことを特徴としている。 As shown in FIG. 8, the helical antenna 40 according to this embodiment, the bottom surface 11b and two side surfaces 11c of the base 11, a straight line pattern 12b formed on the 11d, 12c, the width W2 of 12d is than the width W1 of the crank pattern 12a It is characterized in narrow (W2 <W1) also. その他の構成は第1の実施形態によるヘリカルアンテナ10と実質的に同一であることから、同一の構成要素に同一の符号を付して詳細な説明を省略する。 Other structures is omitted because the helical antenna 10 is substantially the same as the first embodiment, the detailed description are denoted by the same reference numerals to the same components.

直線パターンの幅を狭くした場合、互いに隣り合う直線パターン間の線間距離が広がるので、線間結合の影響をさらに低減することができ、利得のさらなる向上を図ることができる。 If you reduce the width of the linear pattern, the spread line distance between the linear patterns adjacent to each other, it is possible to further reduce the influence of the line coupling, it is possible to further improve the gain.

本発明は、以上の実施形態に限定されることなく、本発明の趣旨を逸脱しない範囲で種々の変更を加えることが可能であり、それらも本発明に包含されるものであることは言うまでもない。 The present invention is not limited to the above embodiments, it is possible to make various changes without departing from the gist of the present invention, it is needless to say they are intended to be encompassed by the present invention .

例えば、上記実施形態においては、クランクパターン12aのクランク角を90°としたが、必ずしも90°に限定されるものではなく、例えばZ型とすることも可能である。 For example, in the above embodiment, although the crank angle of the crank patterns 12a and 90 °, not necessarily limited to 90 °, it is also possible to Z type. そのため、本発明におけるクランクパターン12aは、所定の方向(Y方向)に延びる第1の直線成分と、第1の直線成分の端部から当該第1の直線成分と交差する方向(略X方向)に延びる第2の直線成分と、第2の直線成分の端部から第1の直線成分と同じ方向(Y方向)に延びる第3の直線成分を有するものであればよい。 Therefore, the crank pattern 12a in the present invention, the predetermined direction and the first linear component extending in the direction (Y direction), a direction from the end of the first linear component crossing with the first linear component (substantially X-direction) a second line component extending, as long as it has a third linear component extending from an end of the second linear components in the same direction (Y direction) and the first linear component. クランクパターンとは、一定の方向に延びる直線が90°またはこれに近い角度で折れ曲がった後、再び一定の方向に延びる直線に戻る線分形状、或いは、2つの平行な線分の端部同士がこれらと90°またはこれに近い角度をなす線分によって連結された形状のことを言う。 The crank pattern, after bent at an angle close to a straight line is 90 ° or which extend in a certain direction, a line segment shape back to a straight line extending in a certain direction again, or the end portions of two parallel line segments It refers to a shape which are connected by line segments forming these and 90 ° or an angle close thereto.

また、上記実施形態において、直線パターンはすべてY方向と直交する方向に延びるものとしたが、例えば、側面11c、11dの直線パターン12c、12dをY方向と直交する方向に配線し、底面11bの直線パターン12bについては斜めに配線することも可能である。 In the above embodiment, all linear pattern has been assumed to extend in a direction orthogonal to the Y direction, for example, wire side 11c, a straight line pattern 12c of 11d, and 12d in a direction orthogonal to the Y direction, of the bottom surface 11b it is also possible to interconnect obliquely for linear pattern 12b.

また、上記実施形態においては、複数のクランクパターン12aの形状がすべて同一であるが、必ずしも同一である必要はなく、例えばクランクパターン12aのY方向に延びる直線成分の長さを適宜変更してもよい。 Further, in the above embodiment, all shapes of a plurality of crank pattern 12a are identical, need not necessarily be identical, for example be suitably change the length of the linear component extending in the Y direction of the crank pattern 12a good.

また、基体11の形状は完全な直方体に限定されず、一部不完全な直方体であってもよい。 The shape of the base 11 is not limited to a complete rectangular parallelepiped, it may be part incomplete rectangular parallelepiped. 例えば特許文献1のように、基体11の底面11bの全面がプリント基板15と接触しないように段差を設けたり、アンテナの向きを明らかにするため基体11の一部に切り欠きを設けることも可能である。 For example, as shown in Patent Document 1, or provided with a step as the entire bottom surface 11b of the base 11 is not in contact with the printed circuit board 15, it is also possible to provide a notch in a part of the base 11 to reveal the orientation of the antenna it is.

10,20,30,40 ヘリカルアンテナ11 基体11a 基体の上面11b 基体の底面11c 基体の第1の側面11d 基体の第2の側面11e 基体の第3の側面(端面) 10, 20, 30, 40 a third aspect of the second side surface 11e substrate first side surface 11d substrate bottom surface 11c base of the upper surface 11b base of the helical antenna 11 base 11a substrates (end face)
11f 基体の第4の側面(端面) A fourth aspect of the 11f base (end surface)
12a-12d 導体パターン12a,12a 〜12a クランクパターン12b,12b 〜12b 直線パターン12c,12c 〜12c 直線パターン12d,12d 〜12d 直線パターン15 プリント基板15a プリント基板の表面15b プリント基板の裏面16 絶縁基板17 アンテナ実装領域18 導体パターン19 給電ラインP 給電点 12a-12d conductor patterns 12a, 12a 1 ~12a 7 crank patterns 12b, 12b 1 ~12b 8 linear pattern 12c, 12c 1 ~12c 8 linear pattern 12d, 12d 1 ~12d 7 linear pattern 15 printed board 15a printed surface 15b of the substrate backside 16 insulating substrate 17 antenna mounting region 18 conductive pattern 19 feed line P feeding point of the printed circuit board

Claims (5)

  1. 略直方体状の誘電体からなる基体と、前記基体の長手方向と平行な第1乃至第4の主面に巻回されたヘリカル状の導体パターンとを備え、 A substrate made of substantially rectangular parallelepiped-shaped dielectric, and a longitudinal direction parallel to the first to fourth main surface wound helical conductive pattern of the substrate,
    前記導体パターンは、前記第1の主面に形成された複数のクランクパターンと、前記第2乃至第4の主面に形成された複数の直線パターンを含むことを特徴とするヘリカルアンテナ。 It said conductor pattern, said first plurality of crank pattern formed on the principal surface, the second through helical antenna which comprises a plurality of linear pattern formed on the fourth major surface.
  2. 前記クランクパターンのクランク角は90度であり、 A crank angle of the crank pattern is 90 degrees,
    前記第1乃至第3の直線パターンは前記基体の長手方向と直交していることを特徴とする請求項1に記載のヘリカルアンテナ。 Said first to third linear pattern helical antenna according to claim 1, characterized in that it is perpendicular to the longitudinal direction of the substrate.
  3. 前記複数のクランクパターンは、前記基体の前記長手方向の一端側から他端側に向かって順に設けられた第1乃至第3のクランクパターンを含み、前記第1のクランクパターンと前記第2のクランクパターンとを絶縁分離する第1のスペースの幅は、前記第2のクランクパターンと前記第3のクランクパターンとを絶縁分離する第2のスペースの幅よりも広いことを特徴とする請求項1又は2に記載のヘリカルアンテナ。 Wherein the plurality of crank pattern includes first to third crank pattern provided in this order toward the other end from the one longitudinal end of said base, said second crank and said first crank pattern width of the first space for insulation separating the pattern, according to claim 1 or wherein the said second crank pattern and said third crank pattern wider than the width of the second space for isolation helical antenna according to 2.
  4. 前記複数のクランクパターンは、前記基体の前記長手方向の一端側から他端側に向かって順に設けられており、互いに隣り合う2つのクランクパターン間を絶縁分離するスペースの幅は、前記基体の前記長手方向の前記一端側から前記他端側に向かうほど広くなることを特徴とする請求項1又は2に記載のヘリカルアンテナ。 Wherein the plurality of crank pattern, said longitudinal provided in this order from one end to the other end, the width of the space for isolation between two crank patterns adjacent to each other of the substrate, the said substrate helical antenna according to claim 1 or 2 from the one end side in the longitudinal direction, characterized by comprising wider toward the other end side.
  5. 前記直線パターンの幅は、前記クランクパターンの幅よりも狭いことを特徴とする請求項1乃至4のいずれか一項に記載のヘリカルアンテナ。 Width of the linear pattern, a helical antenna according to any one of claims 1 to 4, wherein said narrower than the width of the crank pattern.
JP2010048072A 2010-03-04 2010-03-04 Helical antenna Pending JP2011188020A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2010048072A JP2011188020A (en) 2010-03-04 2010-03-04 Helical antenna

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2010048072A JP2011188020A (en) 2010-03-04 2010-03-04 Helical antenna

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2011188020A true true JP2011188020A (en) 2011-09-22

Family

ID=44793826

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2010048072A Pending JP2011188020A (en) 2010-03-04 2010-03-04 Helical antenna

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2011188020A (en)

Citations (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2003032023A (en) * 2001-07-02 2003-01-31 Samsung Electro Mech Co Ltd Chip antenna
JP2003142915A (en) * 2001-10-31 2003-05-16 Kyocera Corp Antenna and its resonance frequency adjusting method
JP2006217026A (en) * 2005-02-01 2006-08-17 Hitachi Metals Ltd Antenna system and communication apparatus using the same
WO2008016138A1 (en) * 2006-08-03 2008-02-07 Panasonic Corporation Antenna apparatus
JP2008263369A (en) * 2007-04-11 2008-10-30 Alps Electric Co Ltd Chip antenna
JP2009218753A (en) * 2008-03-07 2009-09-24 Sansei Denki Kk Conductor-loaded fishbone helical antenna apparatus and method of manufacturing same

Patent Citations (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2003032023A (en) * 2001-07-02 2003-01-31 Samsung Electro Mech Co Ltd Chip antenna
JP2003142915A (en) * 2001-10-31 2003-05-16 Kyocera Corp Antenna and its resonance frequency adjusting method
JP2006217026A (en) * 2005-02-01 2006-08-17 Hitachi Metals Ltd Antenna system and communication apparatus using the same
WO2008016138A1 (en) * 2006-08-03 2008-02-07 Panasonic Corporation Antenna apparatus
JP2008263369A (en) * 2007-04-11 2008-10-30 Alps Electric Co Ltd Chip antenna
JP2009218753A (en) * 2008-03-07 2009-09-24 Sansei Denki Kk Conductor-loaded fishbone helical antenna apparatus and method of manufacturing same

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6680700B2 (en) Miniaturized microwave antenna
US6995710B2 (en) Dielectric antenna for high frequency wireless communication apparatus
US20020171591A1 (en) Ball grid array antenna
US6639559B2 (en) Antenna element
US20080062049A1 (en) Tunable Antenna
US7274334B2 (en) Stacked multi-resonator antenna
JP2004201278A (en) Pattern antenna
JP2000022421A (en) Chip antenna and radio device mounted with it
JP2003188620A (en) Antenna integral with module
JP2005210680A (en) Antenna device
US6720924B2 (en) Antenna apparatus
JP2004336250A (en) Antenna matching circuit, and mobile communication apparatus and dielectric antenna having the same
WO2005076407A2 (en) Multi-band monopole antennas for mobile communications devices
JP2008252517A (en) Antenna device and radio communication equipment using the same
JP2005094360A (en) Antenna device and radio communication apparatus
US20100225542A1 (en) Antenna device and antenna element used therefor
JP2008294491A (en) Antenna system
US7057565B1 (en) Multi-band flat antenna
JP2005020206A (en) Antenna, antenna module and radio communication equipment provided therewith
WO2006051160A1 (en) Antenna component
JPH05259724A (en) Print antenna
US7183976B2 (en) Compact inverted-F antenna
JPH11340726A (en) Antenna device
JP2002190706A (en) Surface-mounted antenna
US20010043161A1 (en) Chip antenna

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Effective date: 20130109

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

RD05 Notification of revocation of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7425

Effective date: 20131004

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20140401