JP2011162491A - Dried extract of malt and oral composition using the same - Google Patents

Dried extract of malt and oral composition using the same Download PDF

Info

Publication number
JP2011162491A
JP2011162491A JP2010028248A JP2010028248A JP2011162491A JP 2011162491 A JP2011162491 A JP 2011162491A JP 2010028248 A JP2010028248 A JP 2010028248A JP 2010028248 A JP2010028248 A JP 2010028248A JP 2011162491 A JP2011162491 A JP 2011162491A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
preferably
extract
koji
dry
less
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2010028248A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Ikuyo Furukawa
Daisuke Yoshimatsu
育代 古川
大介 吉松
Original Assignee
Ezaki Glico Co Ltd
江崎グリコ株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Images

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a food for preventing and removing stain, and to provide an oral composition.
SOLUTION: The dried extract of malt contains a dried product of a mixture containing an extract of the malt and a noncariogenic vehicle. The dried extract of the malt has protease activity and tannase activity. The method for producing the dried extract of the malt includes a step of mixing the malt with water at 0-25°C over a time from 30 min to 3 h, a step of fractionating the extract from the mixture, a step of obtaining a mixture of the extract and the vehicle by mixing the extract with the noncariogenic vehicle, and a step of obtaining the dried extract of the malt by drying the mixture of the extract and the vehicle.
COPYRIGHT: (C)2011,JPO&INPIT

Description

本発明は、歯の着色汚れ(ステインともいう)を予防および除去するための食品および口腔用組成物に関する。 The present invention relates to food and oral compositions for the prevention and removal of stains of teeth (also referred to as a stain). 本発明は特に、酵素活性のある、歯牙美白用の食品および口腔用組成物に関する。 The present invention is particularly, an enzymatically active, food and to oral compositions for tooth whitening. 本発明はさらに、酵素を用いた食品および米麹を用いた食品および口腔用組成物に関する。 The present invention further relates to food and the oral composition with food and rice koji using enzymes.

ステインとは、歯面に付着または沈着した汚れである。 Stain and is a soil adhering or deposition on the tooth surface. ステインには様々な原因がある。 There are various causes for stain. ステインの内因性の原因の例としては、先天性異常、テトラサイクリン、フッ素過剰摂取、老化などが挙げられる。 Examples of endogenous causes stains, congenital abnormalities, tetracycline, fluorine overdose, and the like aging. ステインの外因性の原因の例としては、金属、洗口剤、タバコ、食品(お茶、ワインなど)などが挙げられる。 Examples of exogenous causes of stains, metal, mouthwashes, tobacco, food (tea, wine, etc.) and the like.

なかでも食品由来のステインは、歯の表面を覆う唾液由来のタンパク質、多糖類、糖タンパク質などからなる膜(ペリクルともいう)に、紅茶や緑茶、コーヒー、ワイン等の食品に含まれるタンニン(ポリフェノールの重合体)などのポリフェノール、タバコのタール、金属イオンなどの色素が、疎水結合的な結合、酸化重合などにより複合して吸着するために生じると考えられている。 Among them foodborne stain, proteins from saliva covering the surface of the tooth, polysaccharides, the film made of the glycoprotein (also referred to as pellicle), tea and green tea, coffee, tannin contained in food such as wine (polyphenols the polymer) polyphenols such as, tar cigarette, a dye such as metal ions, hydrophobic bond coupling, is believed to occur in order to adsorb to the composite due to oxidative polymerization.

歯垢は歯ブラシなどでの丁寧なブラッシングにより除去可能であるが、ステインは強固な着色であり、ブラッシングのみでは除去することが困難である。 Although plaque may be removed by careful brushing such as toothbrush, stain is a strong coloring, than brushing alone is difficult to remove. そのため、歯垢とは異なるものであることが公知である。 Therefore, it is known to be different from the plaque.

歯の着色汚れ除去には色素と膜(ペリクル)との2つのターゲットがあり、酵素を利用してステインを除去する方法で従来あるものは、次のように大別できる: The stain removal of the tooth has two targets between the dye and the film (pellicle), which is conventional in a method of removing stains by using the enzyme can be broadly divided as follows:
(1)色素そのものを分解する酵素を用いる方法;および (2)歯表面を覆う膜(ペリクル)を分解除去する酵素を用いる方法。 (1) a method using an enzyme which degrades dye itself; and (2) a method using an enzyme to decompose and remove the film covering the tooth surface pellicle.

(1)の方法の例としては、タンナーゼ(タンニン分解酵素ともいう)を使用する方法(特許文献1〜4)が公知であり、(2)の方法の例としてはプロテアーゼを使用する方法(パパインについて例えば特許文献5、アクチニジンについて例えば特許文献6)、溶菌酵素(リゾチーム)、βグルカナーゼ、ムタナーゼ、リパーゼ、デキストラナーゼ、グルコシダーゼなどを使用する方法(特許文献7)などが公知である。 Examples of the method of (1), tannase how to use (also referred to as tannin-degrading enzyme) (Patent Documents 1 to 4) are known, a method of using protease Examples of the method of (2) (papain for example, Patent Document 5, Patent Document for actinidin 6), lytic enzyme (lysozyme), beta-glucanase, mutanase, lipase, dextranase, a method (Patent Document 7 uses like glucosidase) are known like.

さらに、上記とは別に、麹または麹由来酵素を含む口腔用組成物が知られている(特許文献8〜10)。 Moreover, apart from the above, an oral composition comprising a koji or koji-derived enzyme is known (Patent Document 8 to 10).

先行技術はいずれも精製した酵素製剤を用いた歯牙美白用剤である。 The prior art is tooth whitening agent using an enzyme preparation purified either. 酵素製剤は高価であり多量に配合することができない。 Enzyme preparations can not be blended and a large amount of expensive.

また、色素分解に関する酵素とペリクル分解に関する酵素は、単独で使用するよりも併用するほうがより高い歯牙美白効果を得られることは知られていなかった。 In addition, the enzyme for the enzymes and the pellicle degradation on the dye degradation, be better used in combination rather than used alone to obtain a higher teeth whitening effect was not known.

麹またはアスペルギルスオリゼから産生される酵素を添加した口腔用組成物はあるものの、麹菌や麹そのものを含有するものはなく、酵素精製工程を必要としていた。 Although oral composition containing an enzyme produced from koji or Aspergillus oryzae is not those containing koji mold or koji itself, it has required enzyme purification process.

特開2007−308429号公報 JP 2007-308429 JP 特表2003−508589号公報 JP-T 2003-508589 JP 特表2001−509539号公報 JP-T 2001-509539 JP 特表2001−509535号公報 JP-T 2001-509535 JP 特許第2628666号公報 Patent No. 2628666 Publication 特表2009−515957号公報 JP-T 2009-515957 JP 特開2001−181163号公報 JP 2001-181163 JP 特開2006−219441号公報 JP 2006-219441 JP 特開平4−316512号公報 JP-4-316512 discloses 特表2009−521508号公報 JP-T 2009-521508 JP

本発明は、上記問題点の解決を意図するものであり、ステインを予防および除去するための食品および口腔用組成物を提供すること、およびその製造を提供することを目的とする。 The present invention is intended to solve the above problems, to provide a food and oral compositions for the prevention and removal of stains, and an object of providing a manufacturing.

本発明者らは、上記課題を解決するために鋭意研究を重ねた結果、特殊な方法で製造した乾燥麹抽出物を使用することにより、齲蝕性に対する悪影響がほとんどなくかつステイン予防効果およびステイン除去効果を発揮する食品および組成物が得られることを見出し、これに基づいて本発明を完成させた。 The present inventors have made intensive studies in order to solve the above problem, by using a dry koji extract prepared in a special way, little and stain preventive effect and stain removal adverse effect on cariogenic It found that food and the composition exhibits an effect is obtained, thereby completing the present invention based on this.

食事由来ステイン撃退のストラテジーとしては、ステインの除去が考えられる。 The strategy of dietary stain repel, removal of stains can be considered. ステインの除去のためには、既に歯面に付いた着色汚れを分解する。 For the removal of stains decomposes already colored dirt on the tooth surface. すなわち、酵素で、ステインの土台であるペリクルを特異的に分解する。 That is, an enzyme, specifically degrades the pellicle is a foundation of the stain. ペリクルの分解に使用され得る酵素としては次の表1に示す酵素が考えられる。 Enzymes which can be used for the degradation of the pellicle is conceivable enzymes shown in the following Table 1.

表1に示されるいずれの酵素も、エナメル質は分解しない。 Any of the enzymes shown in Table 1 also enamel does not decompose.

他方、ステインの予防に関しては、歯に付く前の、着色の原因になる色素を分解することが考えられる。 On the other hand, with regard to the prevention of stain, before attaching to the teeth, it is conceivable to decompose the dye that causes the coloring. これに関しては、タンナーゼ(tannase;タンニンアシルヒドロラーゼ(Tannin acylhydrolase),EC 3.1.1.20、pH5.0〜5.5、最適温度40℃)が有用であると考えられる。 In this regard, tannase (tannase; tannin acyl hydrolase (Tannin acylhydrolase), EC 3.1.1.20, pH5.0~5.5, optimum temperature 40 ° C.) is considered useful. タンナーゼは、食品中の主要な色素成分タンニンを特異的に分解する酵素であり、エナメル質は分解しない。 Tannase is specifically degrades the enzyme major dye component tannins in foods, enamel does not decompose. タンナーゼは、食品添加物として茶飲料の濁り防止に使用されている。 Tannase has been used in turbidity prevention of tea beverages as a food additive. 茶飲料のにごりは通常タンニンであり、タンナーゼによりタンニンが分解され、濁りが防止されるからである。 Turbidity of tea beverage is usually tannin, tannin is decomposed by tannase is because turbidity is prevented. 麹カビであるAspergillus oryzaeはタンナーゼを産生することができる。 Aspergillus oryzae is koji molds capable of producing tannase.

すなわち、本願発明においては、全体像として、ステイン除去に関連する酵素とステイン予防に関連する酵素との両方を含む食品で日常的にステイン対策をすることにより、ステインの除去とステインの予防とを行うことができる。 That is, in the present invention, the overall picture, by routinely stain measures in foods containing both enzymes associated with enzyme and stain prevention associated with stain removal, and removal of the stain and stain prevention It can be carried out. このような防止メカニズムとしては、連続使用しても歯に対する安全性が高く、デイリーケアに適したメカニズムが考えられる。 Such prevention mechanisms, is highly safe for teeth continuously used, is considered a mechanism suitable for daily care.

本発明者らは、まず、候補原料として麹を考えた。 The present inventors first considered koji as a candidate material. 麹カビの産生する酵素としては、(1)ペリクルの分解に作用する酵素として、プロテアーゼ、アミラーゼ等があり;(2)色素成分の分解に作用する酵素としてタンナーゼがある。 Enzymes produced by koji mold, (1) as an enzyme which acts on the degradation of the pellicle, proteases, there are amylases and the like; (2) there is a tannase as an enzyme which acts on the decomposition of the dye components.

以上のことから麹をステインの除去・予防のための有力な原料候補として検討したところ、特殊な方法で乾燥麹抽出物を製造することにより、本発明の目的に合致した食品および口腔用組成物を製造できることがわかった。 It was examined koji from the above as a potential raw material candidates for removal and prevention of stain, by producing dry koji extract in a special way, food and oral compositions which matches the object of the present invention it has been found that can be produced.

本発明においては、色素分解に関わる酵素(例えば、タンナーゼ)とペリクルを分解する酵素(例えば、プロテアーゼ、アミラーゼ)の両方が酵素活性を維持したままの状態で含まれる食品素材を利用する。 In the present invention, enzymes involved in pigment degradation (e.g., tannase) and enzyme that degrades pellicle (e.g., protease, amylase) both make use of food material contained in a state of maintaining the enzyme activity. 本発明の食品の例としては、乾燥麹抽出物を配合した、ガム、キャンディ(例えば、ソフトキャンディおよびキャラメル)およびタブレットが挙げられる。 Examples of food of the present invention, the dry koji extracts were compounded, gum, candy (e.g., soft candies and caramels) include and tablets.

本発明の好ましい実施形態によれば、以下の乾燥麹抽出物、食品、口腔用組成物および方法などが提供される: According to a preferred embodiment of the present invention, the following dry koji extract, food, etc. oral compositions and methods are provided:
(項目1) 乾燥麹抽出物であって、 A (item 1) Dry koji extract,
該乾燥麹抽出物は、麹抽出物および非齲蝕性賦形剤を含む混合物の乾燥物を含み、 The dry koji extract comprises a dried product of a mixture comprising a koji extract and non-cariogenic excipient,
該乾燥麹抽出物は、プロテアーゼ活性およびタンナーゼ活性を有する、乾燥麹抽出物。 The dry koji extract has protease activity and tannase activity, dry koji extract.

(項目2) 前記非齲蝕性賦形剤が、糖アルコールおよび非齲蝕性糖類からなる群より選択される、項目1に記載の乾燥麹抽出物。 (Item 2) The non-cariogenic excipient is selected from the group consisting of sugar alcohols and non-cariogenic sugars, dry koji extract of claim 1.

(項目3) 前記乾燥麹抽出物中の糖アルコールの含量および非齲蝕性糖類の含量の合計が20重量%〜95重量%である、項目2に記載の乾燥麹抽出物。 (Item 3) The sum of the content and the non-cariogenic sugar content of sugar alcohols dry koji extract is 20 wt% to 95 wt%, dry koji extract of claim 2.

(項目4) 前記乾燥麹抽出物の水分量が0.001重量%〜5重量%である、項目1〜3のいずれか1項に記載の乾燥麹抽出物。 (Item 4) The water content of the dry koji extract is 0.001 wt% to 5 wt%, dry koji extract according to any one of claims 1 to 3.

(項目5) 前記乾燥麹抽出物中の齲蝕性糖類の含量が20重量%以下である、項目1〜4のいずれか1項に記載の乾燥麹抽出物。 (Item 5) The content of carious sugars dry koji extract is 20 wt% or less, dry koji extract according to any one of claims 1 to 4.

(項目6) プロテアーゼ活性が500U/g以上である、項目1〜5のいずれか1項に記載の乾燥麹抽出物。 (Item 6) protease activity is 500 U / g or more, dry koji extract according to any one of claims 1 to 5.

(項目7) タンナーゼ活性が50U/g以上である、項目1〜6のいずれか1項に記載の乾燥麹抽出物。 (Item 7) is tannase activity is 50 U / g or more, dry koji extract according to any one of claims 1 to 6.

(項目8) 前記非齲蝕性賦形剤が、難消化性デキストリン、パラチノース、トレハロース、ラクチトール、還元パラチノース、マルチトール、エリスリトール、ソルビトール、キシリトールまたはマンニトールからなる群より選択される、項目1〜7のいずれか1項に記載の乾燥麹抽出物。 (Item 8) The non-cariogenic excipient, indigestible dextrin, palatinose, trehalose, lactitol, reduced palatinose, maltitol, erythritol, sorbitol is selected from the group consisting of xylitol or mannitol, items 1-7 dry koji extract according to any one.

(項目9) 前記乾燥麹抽出物が、米麹から製造される、項目1〜8のいずれか1項に記載の乾燥麹抽出物。 (Item 9) The dry koji extract is prepared from rice koji, dry koji extract according to any one of claims 1-8.

(項目10) 項目1〜9のいずれか1項に記載の乾燥麹抽出物を含み、齲蝕性糖類の含量が0.5重量%以下である、食品。 (Item 10) comprises a dry koji extract according to any one of claims 1 to 9, the content of cariogenic sugars is 0.5 wt% or less, food.

(項目11) 舌苔除去用である、項目10に記載の食品。 (Item 11) tongue coating is for removing food according to claim 10.

(項目12) ガム、キャンディまたはタブレットである、項目10または11に記載の食品。 (Item 12) gum, a candy or tablet, food according to item 10 or 11.

(項目13) プロテアーゼ活性が100U/g以上である、項目10〜12のいずれか1項に記載の食品。 (Item 13) is protease activity 100 U / g or more, food according to any one of claims 10 to 12.

(項目14) タンナーゼ活性が10U/g以上である、項目10〜13のいずれか1項に記載の食品。 (Item 14) is tannase activity is 10 U / g or more, food according to any one of claims 10 to 13.

(項目15) 項目1〜9のいずれか1項に記載の乾燥麹抽出物を含み、齲蝕性糖類の含量が0.5重量%以下である、口腔用組成物。 (Item 15) comprises a dry koji extract according to any one of claims 1 to 9, the content of cariogenic sugars is 0.5 wt% or less, the oral composition.

(項目16) 歯磨剤または洗口剤である、項目15に記載の口腔用組成物。 (Item 16) is a dentifrice or mouthwash oral composition according to item 15.

(項目17) トローチ剤またはゲル剤である、項目15に記載の口腔用組成物。 17. lozenge or gel, the oral composition of claim 15.

(項目18) プロテアーゼ活性が50U/g以上である、項目15〜17のいずれか1項に記載の口腔用組成物。 18. protease activity is 50 U / g or more, the oral composition according to any one of claims 15 to 17.

(項目19) タンナーゼ活性が5U/g以上である、項目15〜18のいずれか1項に記載の口腔用組成物。 19. It tannase activity 5U / g or more, the oral composition according to any one of claims 15 to 18.

(項目20) 項目1に記載の乾燥麹抽出物の製造方法であって、 A method of manufacturing a (item 20) dry koji extract of claim 1,
麹を0℃〜25℃の水と30分間〜3時間にわたって混合する工程; Mixing over 0 ° C. to 25 ° C. Water and 3 hours 30 minutes koji;
該混合物から抽出液を分取する工程; A step of preparative extract min from the mixture;
該抽出液と非齲蝕性賦形剤とを混合して抽出液賦形剤混合物を得る工程;および 該抽出液賦形剤混合物を乾燥して乾燥麹抽出物を得る工程を包含する、方法。 Obtaining a extract excipient mixture by mixing the extract with a non-cariogenic excipient; comprising the step of drying the and the extract excipient mixture to obtain a dry koji extract, methods.

(項目21) 前記非齲蝕性賦形剤が糖アルコールまたは非齲蝕性糖類である、項目20に記載の方法。 21. The non-cariogenic excipient is a sugar alcohol or non-cariogenic sugars, method of claim 20.

(項目22) 前記麹が米麹である、項目20または21に記載の方法。 (Item 22) The koji is rice koji, The method of claim 20 or 21.

(項目23) 前記乾燥が凍結乾燥またはスプレードライである、項目20〜22のいずれか1項に記載の方法。 23. The drying is freeze drying or spray drying method according to any one of claims 20 to 22.

本発明の食品および口腔用組成物によれば、歯の着色汚れの除去と、沈着予防とを1つの食品または口腔用組成物で行うことができる。 According to the food and the oral composition of the present invention, it is possible to perform the removal of stains of teeth, and a deposition preventive in a single food or oral composition. 本発明の食品および口腔用組成物は、齲蝕性の糖類の含有量が低いので、使用することによって口腔内の齲蝕に悪影響を及ぼすことがないかまたはほとんど及ぼさない。 Food and oral compositions of the present invention, since a low content of cariogenic sugars, does not adversely or almost does not adversely affect the caries in the oral cavity by the use. 本発明の食品および口腔用組成物はまた、歯の着色汚れの除去および沈着予防に加えて、舌苔および口臭の除去にも効果を発揮し得る。 Food and oral compositions of the present invention may also, in addition to the removal and deposition preventing stains of teeth may also effective in removing tongue coating and bad breath.

本発明の麹エキスは、精製した酵素の複数の組み合わせよりも、安価であり、かつ容易に調製される。 Koji extract of the present invention, also a plurality of combinations of purified enzyme, inexpensive, and are readily prepared.

本発明の麹エキスを用いた食品および口腔用組成物は、酵素製剤を用いた食品および口腔用組成物よりも嗜好性が高い。 Food and oral compositions using koji extract of the present invention has a higher preference than food and oral compositions using an enzyme preparation. また、食経験のある素材を原料として用いているため、安全であり、日常的に継続して使用でき、効果の実感が高まる。 In addition, due to the use of a material that is eaten as a raw material, it is safe, routinely continue to be used, feeling the effect is enhanced.

さらに、本発明の食品および口腔用組成物は、水や道具が必要なく、誰でも簡単に使用できる。 Furthermore, food and oral compositions of the present invention does not need water or tools, anyone can easily use.

図1は、米麹からの乾燥麹抽出物の製造フローの概要を示す。 Figure 1 shows an overview of the manufacturing flow of dry koji extract from rice koji. 図2は、ハイドロキシアパタイト(Hap)パウダーを用いた場合のインビトロでの乾燥米麹抽出物の効果を示すグラフである。 Figure 2 is a graph showing the effect of dry rice koji extract in vitro when using hydroxyapatite (Hap) powder. 図3は、ハイドロキシアパタイト(Hap)ディスクを用いた場合のインビトロでの乾燥米麹抽出物の効果を示す写真である。 Figure 3 is a photograph showing the effect of dry rice koji extract in vitro when using hydroxyapatite (Hap) disk. 図4は、実施例1Aのペリクル分解効果の結果を示すグラフである。 Figure 4 is a graph showing the results of a pellicle degradation effects of Example 1A.

以下、本発明を詳細に説明する。 The present invention will be described in detail.

(1.乾燥麹抽出物の材料) (Materials 1. Dry koji extract)
本明細書中では、用語「麹エキス」とは、麹を水及び/又はアルコールで抽出することによって得られた抽出物をいう。 As used herein, the term "koji extract" refers to an extract of koji was obtained by extraction with water and / or alcohol.

本明細書中では、「凍結」とは、対象物(例えば、麹エキス)が約0℃以下で固化することをいう。 As used herein, the term "frozen", the object (e.g., Koji extract) means that solidifies at about 0 ℃ less. 麹エキスは、当該分野で公知の方法および装置によって凍結され得る。 Koji extract may be frozen by known methods and apparatus in the art. 麹エキスは、例えば、麹エキスを冷凍庫に入れることによって、またはドライアイス、液体窒素などを麹エキス中に投入することによって凍結され得る。 Koji extract, for example, by placing the koji extract the freezer or dry ice, liquid nitrogen or the like may be frozen by inserting into koji extract. 凍結された麹エキスの最終到達品温は、好ましくは約−5℃以下、より好ましくは約−10℃以下、さらに好ましくは約−15℃以下、さらにより好ましくは約−20℃以下、さらにより好ましくは約−30℃以下、なおさらに好ましくは約−40℃以下である。 Ultimate product temperature of frozen koji extract, preferably about -5 ° C. or less, more preferably about -10 ° C. or less, more preferably about -15 ° C. or less, even more preferably about -20 ° C., and even more preferably about -30 ° C. or less, even more preferably no more than about -40 ° C.. 麹エキスは好ましくは、凍結処理開始から約3時間以内に、より好ましくは約1時間以内に、さらに好ましくは約30分間以内に完全に固化される。 Koji extract is preferably within about 3 hours from the freeze processing start, more preferably within about 1 hour, it is more preferably completely solidified within about 30 minutes.

本明細書中では、「濃縮」とは、対象物(例えば、麹エキス)中の水分を減少させることをいう。 As used herein, the term "enriched", the object (e.g., Koji extract) refers to reducing the moisture in. 麹エキスは好ましくは、濃縮処理後の麹エキスの重さを基準として濃縮処理後の麹エキス中の水分が約90重量%以下になるように、より好ましくは約80重量%以下になるように、さらに好ましくは約70重量%以下になるように、さらにより好ましくは約60重量%以下になるように、さらにより好ましくは約50重量%以下になるように、さらにより好ましくは約40重量%以下になるように、さらにより好ましくは約30重量%以下になるように、なおさらにより好ましくは約20重量%以下になるように、特に好ましくは約10重量%以下になるように、最も好ましくは約5重量%以下になるように濃縮される。 Koji extract is preferably as moisture weight koji in extract after concentration process based on the koji extract after concentration treatment is about 90 wt% or less, as more preferably below about 80 wt% , more preferably to be less than about 70 wt%, as even more preferably of about 60 wt% or less, as even more preferably less than or equal to about 50 wt%, still more preferably about 40 wt% to be less than, as even more preferably less than or equal to about 30 wt%, still as even more preferably less than or equal to about 20 wt%, particularly as preferably of about 10 wt% or less, and most preferably It is concentrated to be about 5 wt% or less. 麹エキスは、当該分野で公知の方法および装置を用いて濃縮され得る。 Koji extract may be concentrated using known methods and apparatus in the art. 濃縮の間、麹エキスは、麹エキスの品温が好ましくは約50℃以下、より好ましくは約40℃以下、さらに好ましくは約30℃以下に保たれる。 During concentration, koji extract, product temperature of the koji extract less preferably about 50 ° C., more preferably about 40 ° C. or less, more preferably kept below about 30 ° C..

本明細書中では、「乾燥」とは、対象物(例えば、麹エキス)中の水分を実質的に除去することをいう。 As used herein, "dry" refers to an object (e.g., Koji extract) refers to substantially remove moisture in. 乾燥後の麹エキスは、乾燥処理後の麹エキスの重さを基準として乾燥処理後の麹エキス中に好ましくは約5重量%以下、より好ましくは約4重量%以下、さらに好ましくは約3重量%以下、さらにより好ましくは約2重量%以下、さらにより好ましくは約1重量%以下の水分を含む。 Koji extract after drying, it weighs about 5 wt%, preferably in the koji during extract after drying relative to the koji extract after drying, more preferably up to about 4 wt% or less, more preferably about 3 weight % or less, even more preferably about 2 wt% or less, even more preferably from about 1 wt% or less of moisture. 麹エキスは、当該分野で公知の方法および装置を用いて乾燥され得る。 Koji extract can be dried using known methods and apparatus in the art. 乾燥の間、麹エキスは、麹エキスの品温が好ましくは約50℃以下、より好ましくは約40℃以下、さらに好ましくは約30℃以下に保たれる。 During the drying, koji extract, product temperature of the koji extract less preferably about 50 ° C., more preferably about 40 ° C. or less, more preferably kept below about 30 ° C..

本明細書中では、「凍結乾燥」とは、対象物(例えば、麹エキス)を凍結させ、真空下で凍結状態のまま水分を直接昇華させて実質的に脱水することをいう。 As used herein, "lyophilized" refers to the object (e.g., Koji extract) was frozen, and the water is directly sublimed remain frozen state under vacuum refers to substantially dehydrated. 凍結乾燥後の麹エキスは、凍結乾燥処理後の麹エキスの重さを基準として凍結乾燥処理後の麹エキス中に好ましくは約5重量%以下、より好ましくは約4重量%以下、さらに好ましくは約3重量%以下、さらにより好ましくは約2重量%以下、さらにより好ましくは約1重量%以下の水分を含む。 Koji extract after freeze drying, it weighs about 5 wt%, preferably in the koji during extract after freeze drying as a reference for koji extract after freeze drying or less, more preferably about 4 wt% or less, more preferably about 3 wt% or less, even more preferably about 2 wt% or less, even more preferably from about 1 wt% or less of moisture. 麹エキスは、当該分野で公知の方法および装置を用いて凍結乾燥され得る。 Koji extract may be freeze-dried using known methods and apparatus in the art. 凍結乾燥の間、麹エキスは、麹エキスの品温が好ましくは約50℃以下、より好ましくは約40℃以下、さらに好ましくは約30℃以下に保たれる。 During lyophilisation, koji extract, product temperature of the koji extract less preferably about 50 ° C., more preferably about 40 ° C. or less, more preferably kept below about 30 ° C..

麹エキスは好ましくは、麹エキスに含まれる酵素の構造を損なうことなく処理される。 Koji extract preferably is processed without damaging the structure of the enzymes involved in koji extract. 本発明において麹エキスに含まれる酵素とは、プロテアーゼ、タンナーゼなどをいう。 The enzymes involved in malt extract in the present invention refers to a protease, tannase, and the like. 本発明の乾燥麹抽出物を製造するにあたり、これらの酵素の活性ができるだけ損なわれないことが望ましい。 In producing the dry koji extract of the present invention, it is desirable that the activity of these enzymes are not possible impaired.

(1.1 麹) (1.1 koji)
本明細書中では、用語「麹」とは、穀物にコウジカビを繁殖させたものをいう。 As used herein, the term "koji" refers to those bred Aspergillus in grain. 本明細書中では、用語「米麹」とは、白米にコウジカビを繁殖させたものをいう。 As used herein, the term "rice koji" refers to those bred Aspergillus to white rice. 1989年(平成元年)11月22日に、国税庁告示第8号「清酒の製法品質表示基準を定める件においては、「米こうじとは、白米にこうじ菌を繁殖させたもので、白米のでんぷんを糖化させることができるものをいい、特定名称の清酒は、こうじ米の使用割合(白米の重量に対するこうじ米の重量の割合をいう。以下同じ)が、15%以上のものに限るものとする。」と定められている。 In 1989 (first year of Heisei) November 22, in the matter to determine the production process quality labeling standards of the National Tax Administration Agency Notification No. 8, "sake," the Koji Yone, which was bred bacteria Koji to white rice, white rice refers to what can be saccharified starch, the sake of a particular name, the proportion of rice koji (meaning the ratio of the weight of construction rice to the weight of white rice. hereinafter the same) is a limited to not less than 15% to. "and are defined.

(1.1.1 コウジカビ) (1.1.1 Aspergillus)
本明細書中では、用語「コウジカビ」とは、従来麹を製造するために使用されてきたカビをいう。 As used herein, the term "Aspergillus" refers to a mold which has been used to make conventional koji. コウジカビは好ましくは、Aspergillus属、Monascus属、Rhizopus属およびMucor属のカビのうち、穀物に繁殖させて麹として利用され得るカビである。 Aspergillus preferably, Aspergillus spp., Monascus spp., Among the fungi Rhizopus genus and Mucor genus, a fungus bred cereals may be utilized as a koji. 本発明で使用され得るコウジカビは、好ましくは、食用可能なコウジカビであって、かつタンパク質分解活性を有する物質およびタンニン分解活性を有する物質を分泌し得るコウジカビである。 Aspergillus which may be used in the present invention are preferably capable of secreting a edible aspergillus, and a material having a substance and tannin degradation activity with proteolytic activity Aspergillus. 本発明で使用され得るコウジカビは、従来麹の調製に使用されてきたコウジカビであることが好ましい。 Aspergillus which may be used in the present invention is preferably a Aspergillus which has been used in the preparation of conventional koji. コウジカビは自然界の常在真菌である。 Aspergillus is a resident fungi of the natural world. コウジカビはデンプンをブドウ糖に、タンパク質をアミノ酸に分解する性質が強く、また種によっては効果的に脂肪を分解吸収するので、古くから酒、味噌、醤油、鰹節などの発酵食品の製造に利用されている。 Aspergillus is the glucose starch, protein strongly degrades properties amino, and because effectively decompose absorb fat by the species, liquor old, are utilized miso, soy sauce, the production of fermented foods such as dried bonito there. 発酵食品の製造においては従来、コウジカビを米、米ぬか、麦、大豆などに繁殖させて継代培養したものが利用されている。 Conventional in the production of fermented foods, rice Aspergillus, rice bran, barley, bred such as soybean those subculture has been used. これを種麹(たねこうじ)と呼び、麹製造に利用される。 This is referred to as seed koji (koji seed), it is used for koji production.

形状による種麹の分類としては、粒状種麹および粉状種麹に分けられる。 Classes of seed koji by shape, divided into particulate species koji and powdery species koji. 粒状種麹とは、麹菌胞子が多量に着生した米を乾燥させたものをいう。 The particulate species koji, refers to the koji mold spores dried rice large amount settlement. 粉状種麹とは、上記より胞子だけを回収したものをいう。 The powdered seed koji, refers to collected only spores from above.

本発明で使用され得るコウジカビの例としては、A. Examples of Aspergillus that can be used in the present invention, A. oryzae、A. oryzae, A. sojae、A. sojae, A. tamarii、A. tamarii, A. awamori、A. awamori, A. kawachii、A. kawachii, A. saitoi、A. saitoi, A. glaucus、A. glaucus, A. niger、A. niger, A. japonics、Monascus purpureru、Monascus anka、RhizopusおよびMucorが挙げられる。 japonics, Monascus purpureru, Monascus anka, include Rhizopus and Mucor. 本発明で使用されるコウジカビは、市販の任意のコウジカビであり得る。 Aspergillus used in the present invention may be any commercially available Aspergillus. 本発明で使用されるコウジカビは、好ましくはA. Aspergillus used in the present invention, preferably A. oryzaeまたはA. oryzae or A. kawachiiであり、最も好ましくはA. Is a kawachii, most preferably A. oryzaeである。 Is oryzae.

これらのコウジカビは、胞子の色によって別の名称で呼ばれることがある。 These Aspergillus are sometimes referred to by other names depending on the color of spores. 例えば、A. For example, A. oryzae、A. oryzae, A. sojae、およびA. sojae, and A. tamariiは、麹の胞子着生が進むと黄色がかった緑色の胞子を形成することから黄麹菌と呼ばれる。 tamarii is called yellow koji molds from forming a green spores yellowish when koji spores settlement proceeds. 黄麹菌は味噌、醤油および清酒の製造に用いられ、近年では焼酎に使用するメーカーもある。 Yellow koji molds are used miso, the production of soy sauce and sake, some manufacturers use shochu in recent years. なお、通常の醸造食品の製造工程で麹として用いられる段階では、麹の外見は白色であり、黄色または緑色がはっきり確認できるまで胞子の着生を進めることは稀である。 In the steps used as koji in conventional brewed food production process, the appearance of koji is white, it is rare to proceed with settlement of spores to yellow or green can be confirmed clearly. 黄麹菌の中には白菌と呼ばれるアルビノ個体のA. A. of albino individuals called Shirokin Some of the yellow koji mold oryzaeもある。 oryzae also. A. A. kawachiiの中には、胞子着生が進むと茶褐色を呈するものがあり、白麹菌とも呼ばれる。 Some of kawachii, when spore settlement progresses there is one that exhibits a brown, is also referred to as a white koji mold. さらに、A. In addition, A. awamoriは、黒褐色の胞子を形成し、黒麹菌とも呼ばれる。 awamori forms a blackish brown spores, also called black koji mold. 黒麹菌は、従来、沖縄で泡盛の製造に用いられてきた菌種で、近年では焼酎だけでなく、その機能性から様々な食品にも使用されている。 Black koji molds, conventionally, in species which have been used in the production of awamori in Okinawa, as well shochu in recent years, has also been used in a variety of foods from their functionality. 黒麹菌はクエン酸を生成することが特徴であり、温暖な地域において仕込み時の雑菌汚染防止に役立つ。 Black koji molds is characterized by generating a citric acid helps bacteria pollution during charging in temperate regions. 種々の種麹は、種麹専門メーカーから製造販売されている。 Variety of seed koji is manufactured and sold from the seed koji professional manufacturer.

(1.1.2 穀物) (1.1.2 grain)
麹の製造に使用される穀物原料としては、コウジカビが繁殖し得る任意の穀物が使用され得る。 The cereal raw materials used in the manufacture of koji, any grain Aspergillus can breed may be used. 麹の製造に使用される穀物原料の例としては、米、麦(例えば、小麦、大麦、ライ麦など)、豆(例えば、大豆、緑豆、空豆、小豆など)、蕎麦などが挙げられる。 Examples of cereal raw materials used in the manufacture of koji, rice, wheat (such as wheat, barley, rye, etc.), beans (e.g., soybean, mung bean, broad bean, red bean, etc.), etc. buckwheat and the like. 穀物としては米を使用することが好ましい。 The grain it is preferable to use the rice. 穀物は、未精白のもの(例えば、玄米)であってもよく、精白したものであってもよく、精白によって得られる糠またはふすまであってもよい。 Cereals, non-polished ones (e.g., brown rice) may be, may be obtained by milling may be bran or bran obtained by milling. 例えば穀物原料として米を使用する場合、米の精白度合いは、約70以上、約80%以上、約90%以上であり得、精白度合いは約91%以下、約85%以下、約75%以下などであり得る。 For example, when using rice as a cereal raw material, polished degree of rice, about 70 or more, about 80%, may be about 90%, pearled degree about 91% or less, about 85% or less, about 75% and the like. 例えば、穀物原料として大麦を使用する場合、大麦の精白度合いは、約85〜88%であり得る。 For example, when using a barley as the cereal raw material, polished degree of barley may be about 85 to 88%.

(1.1.3 麹の製造方法) (Method of Manufacturing 1.1.3 koji)
麹は、当該分野で公知の方法によって製造され得る。 Koji can be prepared by methods known in the art. 例えば、穀物(例えば米)を水に浸漬して水切りした後またはそのままで蒸した後、所定の温度(例えば、約30℃〜約60℃)に冷ました後、コウジカビを混合する。 For example, after steaming cereals (e.g. rice) or in intact after drained by immersion in water, after cooling to a predetermined temperature (e.g., about 30 ° C. ~ about 60 ° C.), mixed Aspergillus. 混合物を所定の温度(例えば、約30℃〜約60℃)においてインキュベートすることにより、穀物にコウジカビが繁殖する。 Mixture a predetermined temperature (e.g., about 30 ° C. ~ about 60 ° C.) by incubating at, Aspergillus is breeding crops.

インキュベートする温度は、好ましくは約20℃以上であり、さらに好ましくは約25℃以上であり、特に好ましくは約30℃以上であり、最も好ましくは約35℃以上である。 Incubation temperature is preferably about 20 ° C. or more, more preferably about 25 ° C. or higher, particularly preferably about 30 ° C. or more, and most preferably about 35 ° C. or higher. インキュベートする温度は、好ましくは約70℃以下であり、さらに好ましくは約65℃以下であり、特に好ましくは約60℃以下であり、最も好ましくは約55℃以下である。 Incubation temperature is preferably not more than about 70 ° C., still more preferably about 65 ° C., particularly preferably about 60 ° C., and most preferably about 55 ° C.. もちろん、コウジカビの至適培養条件によってインキュベートする温度を調整し得る。 Of course, it may adjust the temperature of incubation by optimal culture conditions Aspergillus.

さらに、穀物にコウジカビを繁殖させる段階と、繁殖したコウジカビからプロテアーゼなどの酵素を菌体外に分泌させる段階とでインキュベートする温度を変更してもよい。 Furthermore, the method to breed Aspergillus cereal, an enzyme such as protease from breeding the Aspergillus may change the temperature of incubation at the step of secreted extracellularly.

インキュベートの時間は、穀物へのコウジカビの繁殖具合によって適切に調整され得る。 The incubation time may be suitably adjusted by the breeding condition of Aspergillus to cereals. 例えば、穀物が蒸し米の場合、インキュベート時間は好ましくは約3時間以上であり、より好ましくは約5時間以上であり、さらに好ましくは約10時間以上であり、特に好ましくは約15時間以上であり、最も好ましくは約20時間以上である。 For example, in the case of rice steamed cereal, the incubation time is wherein preferably about 3 hours or more, more preferably about 5 hours or more, still more preferably at least about 10 hours, particularly preferably from about 15 hours or more , and most preferably about 20 hours or more. 例えば、穀物が蒸し米の場合、インキュベート時間は好ましくは約72時間以下であり、より好ましくは約60時間以下であり、さらに好ましくは約48時間以下であり、特に好ましくは約46時間以下であり、最も好ましくは約44時間以下である。 For example, if the grain is steamed rice, incubation time is preferably not more than about 72 hours, more preferably not more than about 60 hours, more preferably not more than about 48 hours, particularly preferably in less than about 46 hours , and most preferably about 44 hours.

例えば、穀物が蒸し豆の場合、インキュベート時間は好ましくは約3時間以上であり、より好ましくは約5時間以上であり、さらに好ましくは約10時間以上であり、特に好ましくは約15時間以上であり、最も好ましくは約20時間以上である。 For example, if beans steamed cereal, the incubation time is wherein preferably about 3 hours or more, more preferably about 5 hours or more, still more preferably at least about 10 hours, particularly preferably from about 15 hours or more , and most preferably about 20 hours or more. 例えば、穀物が蒸し豆の場合、インキュベート時間は好ましくは約5日間以下であり、より好ましくは約4日間以下であり、さらに好ましくは約3日間以下であり、特に好ましくは約72時間以下であり、最も好ましくは約60時間以下である。 For example, if beans steamed cereal, incubation time is preferably not more than about 5 days, more preferably not more than about 4 days, still more preferably about 3 days, particularly preferably in less than about 72 hours , and most preferably about 60 hours.

例えば、穀物が蒸し麦の場合、インキュベート時間は好ましくは約3時間以上であり、より好ましくは約5時間以上であり、さらに好ましくは約10時間以上であり、特に好ましくは約15時間以上であり、最も好ましくは約20時間以上である。 For example, in the case of wheat steamed cereal, the incubation time is wherein preferably about 3 hours or more, more preferably about 5 hours or more, still more preferably at least about 10 hours, particularly preferably from about 15 hours or more , and most preferably about 20 hours or more. 例えば、穀物が蒸し麦の場合、インキュベート時間は好ましくは約5日間以下であり、より好ましくは約4日間以下であり、さらに好ましくは約3日間以下であり、特に好ましくは約72時間以下であり、最も好ましくは約64時間以下である。 For example, in the case of wheat steamed cereal, incubation time is preferably not more than about 5 days, more preferably not more than about 4 days, still more preferably about 3 days, particularly preferably in less than about 72 hours , and most preferably about 64 hours.

麹の一般的な従来の製造方法を以下の表2にまとめる。 Summarized general conventional production process of koji in Table 2 below. 本発明においては、従来の製造方法で作製される任意の麹を使用し得る。 In the present invention, it may use any koji manufactured by the conventional manufacturing method.

(1.2 賦形剤) (1.2 excipient)
乾燥麹抽出物の製造のためには、麹エキスはそのままでは乾燥しにくいので、乾燥を促進し、乾燥後の品質を安定させるために賦形剤を使用することが好ましい。 For the preparation of dry koji extract, because koji extract is hard to drying as it is, dried promote, it is preferable to use excipients to stabilize the quality after drying. 賦形剤は、非齲蝕性の物質であることが好ましく、非齲蝕性糖質であることがより好ましい。 Excipients, it is more preferable is preferably a non-cariogenic substance, a non-cariogenic saccharide. 乾燥麹抽出物の製造に使用され得る賦形剤は、好ましくは非齲蝕性糖類または糖アルコールである。 Excipients that may be used in the manufacture of dry koji extract is preferably a non-cariogenic sugars or sugar alcohols. 使用され得る非齲蝕性糖類の例としては、難消化性デキストリン、パラチノースおよびトレハロースが挙げられる。 Examples of non-cariogenic sugars may be used, indigestible dextrin, palatinose and trehalose. 使用され得る糖アルコールの例としては、還元パラチノース(パラチニットともいう)、ラクチトール、マルチトール、エリスリトール、ソルビトール、キシリトール、マンニトールなどが挙げられる。 Examples of sugar alcohols that may be used, (also called Palatinit) hydrogenated palatinose, lactitol, maltitol, erythritol, sorbitol, xylitol, mannitol and the like. 賦形剤は、好ましくは、難消化性デキストリン、パラチノース、トレハロース、ラクチトール、還元パラチノース、マルチトール、エリスリトール、ソルビトール、キシリトールおよびマンニトールからなる群より選択される。 Excipients, preferably, indigestible dextrin, palatinose, trehalose, lactitol, reduced palatinose, maltitol, erythritol, sorbitol is selected from the group consisting of xylitol and mannitol. これらの賦形剤は非齲蝕性の物質であり、喫食しても口腔内で酸を生じず、齲蝕の原因を作らない。 These excipients are non-cariogenic substance, even if eaten without causing acid in the oral cavity, not make the cause of dental caries.

難消化性デキストリンは、水溶性食物繊維であり、食物繊維高含有デキストリンともよばれる。 Indigestible dextrin is soluble fiber, also called fiber-rich dextrin. 本発明において使用され得る難消化性デキストリンは、当該分野で入手可能な任意の難消化性デキストリンであり得る。 Indigestible dextrin that can be used in the present invention may be any indigestible dextrin available in the art. 例えば、難消化性デキストリンは、加熱処理したデンプンをアミラーゼで加水分解し、未分解物より難消化性成分を分取して脱塩、脱色して調製され得る。 For example, indigestible dextrin, Cooked starch was hydrolyzed with amylase, be by preparative indigestible components from undegraded product min desalted, decolored to prepare. 難消化性デキストリンは、例えば、特開平2−145169号公報、特開平2−154664号公報などに記載の方法に従って調製されたものであってもよい。 Indigestible dextrin, for example, JP-A 2-145169 and JP-or it may be prepared according to methods described, for example, in JP-A-2-154664 JP. 難消化性デキストリンはまた、松谷化学工業株式会社製パインファイバー、ファイバーソル等であってもよい。 Indigestible dextrin is also, Matsutani Chemical Industry Co., Ltd. Pine Fiber, may be a fiber Sol and the like. (難消化性デキストリンの分子量は安定していないと考えられるので、削除しました) (Since the molecular weight of indigestible dextrin is considered not stable, it has been removed)
例えば、ラクチトールの味質は甘味があるが、異味はない。 For example, the taste of lactitol there is a sweet, off-taste is not.

還元パラチノースの味質はショ糖に似ており、異味(異常な味)は全くない。 Taste quality of the reduced palatinose is similar to sucrose, off-taste (abnormal taste) is no. また、還元パラチノースは、賦形剤として還元パラチノースのみを用いてキャンディを製造しても、べとつかないキャンディとなるという特徴を有する。 The reducing palatinose, be manufactured candy using only reduced palatinose as an excipient, it has a feature that the candy not sticky.

パラチノースの味質はショ糖に似ており、異味は全くない。 Quality of taste of Palatinose is similar to sucrose, off-taste is not at all. また、パラチノースは、以下の特徴を有する:非齲蝕性である;体内で穏やかに消化吸収されてエネルギーとなり、血糖値もインシュリン分泌も急激に変化させない;酸に強いおよび味質の優れた低甘味素材である。 Further, palatinose has the following characteristics: a non-cariogenic; becomes gentle digested absorbed by energy in the body, blood glucose nor insulin secretion varied sharply; excellent low sweetness of intense and taste quality acid which is a material.

マルチトールの味質はショ糖に比べてやや「ぼやけた感じ」であり、ごくわずかに喉を刺激する異味がある。 Taste quality of maltitol is slightly compared to the sucrose "blurred felt", there is a different taste to stimulate the throat very slightly. マルチトールは、ショ糖と同等に非吸湿性である。 Maltitol, it is sucrose and the equally non-hygroscopic.

エリスリトールは特有な甘味を有し、甘味の発現が早い。 Erythritol has a distinctive sweet taste, the expression of sweetness fast. エリスリトールは溶解時の吸熱作用が極めて高い(−43cal/g)ため冷涼感が大きい。 Erythritol endothermic action during dissolution is very high (-43cal / g) for cool feel large. エリスリトールは、他の糖アルコールと比較して下痢しにくいという特徴も有する。 Erythritol also has features that it is difficult to diarrhea as compared to other sugar alcohols.

ソルビトールの味質はショ糖に比べて「ぼやけた感じ」であり、わずかに喉を刺激する異味がある。 Quality of taste of the sorbitol is compared to sucrose "feeling that blurred", there is a different taste to slightly stimulate the throat. ソルビトールは浸透性、保湿性および日持ち効果に優れている。 Sorbitol is excellent in permeability, moisture retention and a long shelf life effect.

キシリトールは特有な甘味を有する。 Xylitol has a unique sweet taste. キシリトールもまた、溶解時の吸熱作用が極めて高い(−37cal/g)ため冷涼感が大きい。 Xylitol also endothermic action during dissolution is very high (-37cal / g) is large perceived coolness. キシリトールは、エリスリトールよりも味質が良いと評価されている。 Xylitol, has been rated as good taste than the erythritol. キシリトールはまた、他の糖アルコールよりも唾液の分泌を促す効果が強い。 Xylitol is also a strong effect of promoting the secretion of saliva than other sugar alcohol.

賦形剤として通常使用されるショ糖、ブドウ糖、乳糖などの糖類は、使用しないことが好ましい。 Sucrose normally used as an excipient, glucose, sugars such as lactose, it is preferred not to use. これらの糖類は喫食されると口腔内で酸を生成して口腔内のpHを下げて齲蝕の原因となるからである。 These sugars is because to generate acid when it is eaten in the mouth by lowering the pH in the oral cavity causing caries.

(1.3 他の材料) (1.3 other material)
乾燥麹抽出物の製造においては、ステインおよび齲蝕を促進することがない限り、粉末化において通常使用される任意の材料が使用され得る。 In the production of dry koji extract, unless to promote stain and caries, any material usually used in powdered can be used. 本発明の乾燥麹抽出物は、ステイン除去作用、ステイン防止作用および齲蝕防止に悪影響を与えない限り、必要に応じて、ステイン除去作用またはステイン防止作用に有用な他の成分を含み得る。 Dry koji extract of the present invention, stain removal action, as long as it does not adversely affect the prevention effect and caries prevention stains, if necessary, may include other components useful stain removal action or anti-staining effect. ステイン除去作用またはステイン防止作用に有用な他の成分の例としては、有機酸が挙げられる。 Examples of other ingredients useful in stain removal action or anti-stain effect, and organic acids.

(2.乾燥麹抽出物の製造方法) (Method 2. Dry koji extract)
本発明の乾燥麹抽出物の製造方法は、該麹を0℃〜25℃の水と30分間〜3時間にわたって混合する工程;該混合物から抽出液を分取する工程;該抽出液と非齲蝕性賦形剤(例えば、糖アルコールまたは非齲蝕性糖類)とを混合して抽出液賦形剤混合物(例えば、抽出液糖アルコール混合物または抽出液非齲蝕性糖類混合物)を得る工程;および該抽出液賦形剤混合物(例えば、抽出液糖アルコール混合物または抽出液非齲蝕性糖類混合物)を乾燥して乾燥麹抽出物を得る工程を包含し得る。 Method for producing a dry koji extract of the present invention includes the steps of mixing over 3 hours 0 ° C. to 25 ° C. water and 30 minutes 該麹; step for preparative extract min from the mixture; the extract and non-caries and said extraction; sexual excipient (e.g., a sugar alcohol or non-cariogenic sugars) obtaining a mixture of it extracts excipient mixture (e.g., extract sugar alcohol mixture or extract non-cariogenic sugar mixture) Ekifu excipient mixture (e.g., extract sugar alcohol mixture or extract non-cariogenic sugar mixture) may include the step of obtaining a dried dry koji extract.

本発明の乾燥麹抽出物の製造方法について以下でより詳細に説明する。 The method for producing a dry koji extract of the present invention will be described in more detail below.

麹と水とを混合することにより、麹中の酵素が水中に抽出される。 By mixing the koji and water, the enzyme in the koji is extracted into the water. 本発明の方法で使用される麹は市販のものでもよく、上記で説明したように培養されたものでもよい。 Koji used in the method of the present invention may be obtained commercially, or may be those cultured as described above. 麹は、米麹、麦麹および大豆麹からなる群より選択され得る。 Koji may be selected from the group consisting of rice koji, Mugikoji and soy koji. 麹は米麹であることが好ましい。 It is preferable koji is rice koji. 水は、軟水、中間水および硬水のいずれであってもよい。 Water, soft water may be any of the intermediate water and hard water. 硬水とは、硬度20°以上の水をいい、中間水とは、硬度10°以上20°未満の水をいい、軟水とは、硬度10°未満の水をいう。 The hard water refers hardness 20 ° or more water, and the intermediate water refers to water hardness of less than 10 ° or 20 °, and the soft water refers to water hardness of less than 10 °. 水は、好ましくは軟水または中間水であり、より好ましくは軟水である。 The water is preferably soft water or intermediate water, more preferably soft water. 水はまた、イオン交換水、地下水、井戸水、水道水、蒸留水、滅菌水などであり得る。 Water is also, ion exchange water, ground water, well water, tap water, distilled water, and the like sterile water.

麹と混合される水の量は、麹の重量の好ましくは約1倍以上であり、さらに好ましくは約2倍以上であり、さらに好ましくは約2.5倍以上である。 The amount of water to be mixed with the koji, the weight of koji preferably about 1-fold or more, more preferably about 2 times or more, still more preferably about 2.5 times or more. 麹と混合される水の量は、麹の重量の好ましくは約10倍以下であり、さらに好ましくは約5倍以下であり、さらに好ましくは約4倍以下である。 The amount of water to be mixed with the koji, the weight of koji preferably not more than about 10 times, more preferably not more than about 5 times, more preferably up to about 4 times.

抽出時の混合物の温度は、好ましくは約0℃以上であり、より好ましくは約5℃以上であり、さらに好ましくは約7℃以上であり、最も好ましくは約10℃以上である。 Temperature of the extraction mixture at is preferably about 0 ℃ or more, more preferably about 5 ° C. or more, more preferably about 7 ° C. or more, and most preferably about 10 ° C. or higher. 混合物の温度は例えば、約15℃以上、約20℃以上などであり得る。 The temperature of the mixture for example, about 15 ℃ or higher, and the like about 20 ° C. or higher. 混合物の温度は好ましくは約50℃以下であり、さらに好ましくは約40℃以下であり、特に好ましくは約30℃以下であり、最も好ましくは約25℃以下である。 The temperature of the mixture is preferably not more than about 50 ° C., still more preferably about 40 ° C., particularly preferably about 30 ° C., and most preferably about 25 ° C.. 抽出時の混合物の温度が高すぎると麹中の酵素が失活してしまう場合がある。 When the temperature of the mixture during the extraction is too high in some cases enzymes in koji will be deactivated.

抽出時間は、好ましくは約10分間以上であり、より好ましくは約20分間以上であり、さらに好ましくは約30分間以上であり、さらにより好ましくは約40分間以上であり、特に好ましくは約50分間以上であり、最も好ましくは約1時間以上である。 The extraction time is preferably at least about 10 minutes, more preferably at least about 20 minutes, more preferably at least about 30 minutes, even more preferably at least about 40 minutes, particularly preferably about 50 minutes or more, and most preferably about 1 hour or more. 抽出時間は、好ましくは約6時間以下であり、より好ましくは約5時間以下であり、さらに好ましくは約4時間以下であり、特に好ましくは約3時間以下であり、最も好ましくは約2〜2.5時間である。 The extraction time is preferably not more than about 6 hours, more preferably not more than about 5 hours, still more preferably about 4 hours, particularly preferably not more than about 3 hours, and most preferably about 2 to 2 it is .5 hours. 抽出時間が約1時間もあれば抽出される酵素量はほぼ飽和するので抽出時間をそれ以上に長くしても作業効率が低下する。 Amount of enzyme extraction time is extracted Some about 1 hour the extraction time be longer more the working efficiency decreases since almost saturated. 抽出時間が長すぎると、麹が吸水し歩留まりが下がる場合がある。 When the extraction time is too long, there are cases where koji decreases water absorption and yield. そのため、抽出時間は適度に短いことが好ましい。 Therefore, it is preferred extraction time is reasonably short. この抽出工程においては、抽出によって得られる抽出液のBrix糖度が約5〜約7になるように抽出時間が調整されることが好ましい。 In this extraction step, Brix sugar content of the extract obtained by extraction is preferred that the extraction time to be about 5 to about 7 is adjusted. Brix糖度は、Brix計によって測定され得る。 Brix sugar content can be measured by Brix meter. 抽出効率を向上させるために抽出時には攪拌を行うことが好ましい。 It is preferable to perform stirring during extraction in order to improve the extraction efficiency. 攪拌は、麹がつぶれないようにゆっくり間欠的に行うことが好ましい。 Stirring is preferably slowly performed intermittently so as not crushed koji. この抽出工程は、抽出タンク中で攪拌しながら行われ得る。 This extraction step can be carried out with stirring in the extraction tank.

抽出後、混合物から抽出液が分取される。 After extraction, fluid extracted from the mixture is collected. 分離は当該分野で公知の方法に従って行われえる。 Separation may be carried out according to methods known in the art. 分離の方法の例としては、濾過、遠心分離などが挙げられる。 Examples of separation methods, filtration, and the like centrifugation. メッシュによる濾過が好ましい。 Filtration through a mesh is preferable. 特定の実施形態では、混合物を最終的に60メッシュで濾過することが好ましい。 In certain embodiments, it is preferable that the mixture is filtered and finally 60 mesh. この工程では、払い出しポンプ、分離網などが使用され得る。 In this step, payout pumps, etc. separated networks can be used. 濾過は常圧下で行われてもよく、減圧濾過が行われてもよい。 Filtration may be carried out under normal pressure, vacuum filtration may be performed. このとき得られた抽出液を「麹エキス」ともいう。 At this time, the resulting extract is also referred to as "malt extract". 麹として米麹を使用した場合、得られる麹エキスは米麹エキスである。 If you use the rice koji as koji, the resulting koji extract is rice koji extract. 麹として麦麹を使用した場合、得られる麹エキスは麦麹エキスである。 When using wheat koji as koji, the resulting koji extract is Mugikoji extract. 麹として豆麹を使用した場合、得られる麹エキスは豆麹エキスである。 When using the bean koji as koji, the resulting koji extract is Mamekoji extract. 麹エキスは、好ましくは米麹エキスである。 Malt extract is preferably rice malt extract. 特定の実施形態では、得られる麹エキスの収量は、使用した水の65重量%以上となる。 In certain embodiments, the yield of the resulting koji extract, equal to or greater than 65 wt% of the water used.

次いで、得られた抽出液と賦形剤(例えば、糖アルコールまたは非齲蝕性糖類)とを混合して抽出液賦形剤混合物(例えば、抽出液糖アルコール混合物または抽出液非齲蝕性糖類混合物)が得られる。 Then, the obtained extract and excipients (e.g., sugar alcohol, or non-cariogenic sugars) are mixed with extracts excipient mixture (e.g., extract sugar alcohol mixture or extract non-cariogenic sugar mixture) It is obtained. ここで、賦形剤は抽出液中に溶解される。 Here, the excipient is dissolved in the extract. 賦形剤を溶解する際の混合物の温度は好ましくは約0℃以上であり、より好ましくは約5℃以上であり、さらに好ましくは約7℃以上であり、最も好ましくは約10℃以上である。 The temperature of the mixture when dissolving the excipients are preferably about 0 ℃ or more, more preferably about 5 ° C. or more, more preferably about 7 ° C. or higher, most preferably at about 10 ° C. or higher . 混合物の温度は例えば、約15℃以上、約20℃以上などであり得る。 The temperature of the mixture for example, about 15 ℃ or higher, and the like about 20 ° C. or higher. 混合物の温度は好ましくは約50℃以下であり、さらに好ましくは約40℃以下であり、特に好ましくは約30℃以下であり、最も好ましくは約25℃以下である。 The temperature of the mixture is preferably not more than about 50 ° C., still more preferably about 40 ° C., particularly preferably about 30 ° C., and most preferably about 25 ° C.. 抽出に用いた麹の重量を100重量部としたとき、混合される賦形剤の量は、好ましくは約10重量部以上であり、より好ましくは約20重量部以上であり、さらに好ましくは約30重量部以上であり、特に好ましくは約40重量部以上であり、最も好ましくは約50重量部以上である。 Is 100 parts by weight of koji used for extraction, the amount of excipients to be mixed is preferably about 10 parts by weight or more, more preferably about 20 parts by weight or more, more preferably about is 30 parts by weight or more, particularly preferably about 40 parts by weight or more, most preferably about 50 parts by weight or more. 抽出に用いた麹の重量を100重量部としたとき、混合される賦形剤の量は、好ましくは約100重量部以下であり、より好ましくは約90重量部以下であり、さらに好ましくは約80重量部以下であり、特に好ましくは約70重量部以下であり、最も好ましくは約60重量部以下である。 When the weight of the koji was 100 parts by weight used in the extraction, the amount of excipients to be mixed is preferably not more than about 100 parts by weight, more preferably not more than about 90 parts by weight, more preferably about 80 or less parts by weight, particularly preferably about 70 parts by weight, and most preferably up to about 60 parts by weight.

次いで、この抽出液賦形剤混合物を乾燥(好ましくは凍結乾燥またはスプレードライ)して乾燥麹抽出物を得る。 The dried the extract excipient mixture (preferably freeze or spray drying) of a to dry koji extract. 乾燥は、麹エキス中の酵素の活性が残存するような乾燥方法である。 Drying, the activity of the enzyme of koji in extract is a dry method such as residual. このような乾燥方法は当業者に公知である。 Such drying methods are known to those skilled in the art. 乾燥は、凍結乾燥またはスプレードライであることが好ましく、スプレードライであることがより好ましい。 Drying is preferably lyophilized or spray-dried, more preferably spray drying. スプレードライは凍結乾燥よりも生産性が高く低コストであるという利点を有する。 Spray drying has the advantage of high productivity and low cost than lyophilized. 得られた乾燥麹抽出物は、必要に応じてシフターなどにかけられて適切な粒径の粉末にされ得る。 The resulting dry koji extract may be optionally be subjected, such as the shifter in the powder of suitable particle size. 乾燥麹抽出物は、例えば、50メッシュパスであることが好ましい。 Dry koji extract, for example, preferably 50 mesh pass.

(3.乾燥麹抽出物) (3. dry koji extract)
本発明の乾燥麹抽出物は、麹エキスおよび非齲蝕性賦形剤を含む混合物の乾燥物を含み、プロテアーゼ活性およびタンナーゼ活性を有する。 Dry koji extract of the present invention comprises a dried product of a mixture comprising a koji extract and non-cariogenic excipient, having protease activity and tannase activity.

本明細書中では、用語「乾燥麹抽出物」とは、麹エキスを乾燥したものをいう。 As used herein, the term "dry koji extract" refers to a dry koji extract. 乾燥麹抽出物は好ましくは粉末化される。 Dry koji extract is preferably powdered. 本発明の乾燥麹抽出物は、酵素活性を充分残存させるように粉末化されるため、酵素活性が高い。 Dry koji extract of the present invention, because it is powdered so as to sufficiently left the enzyme activity, a high enzymatic activity. さらに、従来の粉末は齲蝕性糖類を賦形剤として粉末化されるために齲蝕性糖類の含量が高いが、本発明の乾燥麹抽出物は、賦形剤として非齲蝕性賦形剤(好ましくは糖アルコールまたは非齲蝕性糖類)を使用しているため、齲蝕性糖類の含量が低い。 Further, conventional powder has a high content of cariogenic sugars to be powdered caries saccharides as excipients, dry koji extract of the present invention, a non-cariogenic excipient as an excipient (preferably since using sugar alcohol or non-cariogenic sugar), low content of cariogenic sugars. そのため、本発明の乾燥麹抽出物は齲蝕性が低い。 Therefore, dry koji extract of the present invention has low-cariogenic.

本発明の乾燥麹抽出物のプロテアーゼ活性は、好ましくは約50U/g以上であり、より好ましくは約100U/g以上であり、さらにより好ましくは約200U/g以上であり、特に好ましくは約300U/g以上であり、最も好ましくは約350U/g以上である。 Protease activity of the dry koji extract of the present invention is preferably about 50 U / g or more, more preferably about 100 U / g or more, even more preferably about 200 U / g or more, particularly preferably about 300U / g or more, and most preferably about 350 U / g or more. 本発明の乾燥麹抽出物のプロテアーゼ活性は、好ましくは約5000U/g以下であり、より好ましくは約3000U/g以下であり、さらにより好ましくは約2000U/g以下であり、特に好ましくは約1500U/g以下であり、最も好ましくは約1000U/g以下である。 Protease activity of the dry koji extract of the present invention is preferably not more than about 5000 U / g, more preferably not more than about 3000 U / g, even more preferably not more than about 2000 U / g, particularly preferably about 1500U / g or less, and most preferably up to about 1000 U / g.

本発明の乾燥麹抽出物の酸性プロテアーゼ活性は、好ましくは約700U/g以上であり、より好ましくは約1400U/g以上であり、さらにより好ましくは約2800U/g以上であり、特に好ましくは約4200U/g以上であり、最も好ましくは約4900U/g以上である。 Acid protease activity of the dry koji extract of the present invention is preferably about 700U / g or more, more preferably about 1400u / g or more, even more preferably about 2800U / g or more, particularly preferably about and at 4200U / g or more, and most preferably about 4900U / g or more. 本発明の乾燥麹抽出物の酸性プロテアーゼ活性は、好ましくは約70000U/g以下であり、より好ましくは約42000U/g以下であり、さらにより好ましくは約28000U/g以下であり、特に好ましくは約21000U/g以下であり、最も好ましくは約14000U/g以下である。 Acid protease activity of the dry koji extract of the present invention is preferably not more than about 70000U / g, more preferably not more than about 42000U / g, even more preferably less than or equal to about 28000U / g, particularly preferably about 21000U / g or less, and most preferably up to about 14000U / g.

本発明の乾燥麹抽出物のタンナーゼ活性は、好ましくは約50U/g以上であり、より好ましくは約200U/g以上であり、さらにより好ましくは約300U/g以上であり、特に好ましくは約400U/g以上であり、最も好ましくは約500U/g以上である。 Tannase activity of the dry koji extract of the present invention is preferably about 50 U / g or more, more preferably about 200 U / g or more, even more preferably about 300 U / g or more, particularly preferably about 400U / g or more, and most preferably about 500 U / g or more. 本発明の乾燥麹抽出物のタンナーゼ活性は、好ましくは約50000U/g以下であり、より好ましくは約20000U/g以下であり、さらにより好ましくは約10000U/g以下であり、特に好ましくは約5000U/g以下であり、最も好ましくは約2000U/g以下である。 Tannase activity of the dry koji extract of the present invention is preferably not more than about 50000U / g, more preferably not more than about 20000U / g, even more preferably less than or equal to about 10000 U / g, particularly preferably about 5000U / g or less, and most preferably up to about 2000 U / g.

本発明の乾燥麹抽出物の齲蝕性糖類の含量は、約50重量%以下であり、好ましくは約40重量%以下であり、より好ましくは約30重量%以下であり、さらに好ましくは約25重量%以下であり、最も好ましくは約20重量%以下である。 The content of cariogenic sugars dry koji extract of the present invention is less than about 50 wt%, preferably not more than about 40 wt%, more preferably not more than about 30 wt%, more preferably about 25 weight % or less, and most preferably up to about 20 wt%.

本発明の乾燥麹抽出物のブドウ糖の含量は、約30重量%以下であり、好ましくは約25重量%以下であり、より好ましくは約20重量%以下であり、さらに好ましくは約15重量%以下であり、最も好ましくは約10重量%以下である。 The content of glucose dry koji extract of the present invention is not more than about 30 wt%, preferably not more than about 25 wt%, more preferably not more than about 20 wt%, more preferably from about 15 wt% or less , and most preferably up to about 10 wt%.

本発明の乾燥麹抽出物のデンプンの含量は、約30重量%以下であり、好ましくは約25重量%以下であり、より好ましくは約20重量%以下であり、さらに好ましくは約15重量%以下であり、最も好ましくは約10重量%以下である。 The content of the starch of the dry koji extract of the present invention is not more than about 30 wt%, preferably not more than about 25 wt%, more preferably not more than about 20 wt%, more preferably from about 15 wt% or less , and most preferably up to about 10 wt%.

本発明の乾燥麹抽出物の製造においては、麹が水またはアルコールによって比較的低温で短時間抽出される。 In the production of dry koji extract of the present invention, koji is extracted short time at a relatively low temperature by water or alcohol. そのため、麹から抽出液への糖の抽出量が少ない。 Therefore, a small amount of extraction sugar to extract from koji. そのため、得られる麹液パウダー中の糖の含有量も少ない。 Therefore, the content of sugars in the resulting koji liquid powder is small. 他方、日本酒製造の分野では、「麹エキス」として、「米麹に水を加えて55℃前後で糖化させた後、これを濾過して得られる液で、酵母などを培養するときの培地として用いられる。麹汁ともいう。」というものが公知である。 On the other hand, in the field of sake production, as "koji extract", after "is saccharified at about 55 ° C. Water was added to the rice koji, a liquid obtained This was filtered, the medium when culturing such yeast used. also called Kojijiru. "things that are known. しかし、この従来の日本酒製造の分野で用いられる麹エキスは、例えば麹1リットルに対して4リットルの温水を加え、55℃前後で通常約6時間以上の長時間にわたって糖化を行うため、麹エキス中に多量の糖(例えば、ブドウ糖、デンプン)を含む。 However, koji extract used in the field of this conventional sake production, for example, koji 1 liter 4 liter hot water added to, for performing a saccharification long time usually above about 6 hours at about 55 ° C., koji extract including a large amount of sugar in the (e.g., glucose, starch). このような従来の製造方法で得られる麹エキスを原料にして乾燥麹抽出物を製造すると、乾燥麹抽出物中の糖の含有量が高くなりすぎる。 When the koji extract obtained in such a conventional manufacturing method for manufacturing a dry koji extracts were raw materials, the content of the sugar of the dry koji extract is too high. 乾燥麹抽出物中の糖の含有量が高すぎると口腔内で齲蝕の原因になるため好ましくない。 Undesirable because the content of the sugar of the dry koji extract is too high causes caries in the oral cavity.

乾燥麹抽出物の齲蝕性糖類の含量について言及する場合、この「齲蝕性糖類」とは、乾燥麹抽出物中に存在する糖であって、齲蝕性の糖をいう。 When referring to the content of carious sugars dry koji extract, and the "cariogenic sugars", a sugar present in the dry koji extract, it refers to the cariogenic sugar. 麹エキス中に含まれる齲蝕性糖類は主にブドウ糖などの単糖類および二糖類である。 Cariogenic sugars contained koji during extract monosaccharides and disaccharides such as mainly glucose. そのため、本明細書中で齲蝕性糖類の含量といった場合、齲蝕性の単糖類および二糖類の含量をいう。 Therefore, when such content cariogenic saccharide herein refers to the content of monosaccharides and disaccharides cariogenic. この場合の「糖」には糖アルコールは含まれない。 This sugar alcohol is not included in the "sugar" in the case. 乾燥麹抽出物中のブドウ糖の量は、ムタロターゼ・グルコースオキシターゼ法によって測定され得る。 The amount of glucose dry koji extract can be measured by Mutarotase glucose oxidase method. 乾燥麹抽出物中の齲蝕性糖類の含量は、還元糖を定量することによって測定され得る。 The content of cariogenic sugars dry koji extract can be measured by quantifying the reducing sugar. 還元糖の定量は公知の方法で測定できる。 Determination of reducing sugar can be determined by known methods.

乾燥麹抽出物中では、麹エキスは、麹エキスおよび非齲蝕性賦形剤を含む混合物の乾燥物として含まれている。 The dry koji extracts, koji extract is included as a dry product of a mixture which comprises koji extract and non-cariogenic excipient.

乾燥麹抽出物中の水分量は、少ないことが好ましいが、現実的には0にすることは難しい。 The water content of the dry koji extract is preferably small, in practice it is difficult to zero. そのため、乾燥麹抽出物中の水分量の下限は、例えば、約0.001重量%以上、約0.005重量%以上、約0.01重量%以上、約0.05重量%以上、約0.01重量%以上、約0.05重量%以上、約0.1重量%以上などであり得る。 Therefore, the water content of the lower limit of the dry koji extracts, for example, from about 0.001 wt% or more, about 0.005 wt% or more, about 0.01 wt% or more, about 0.05 wt% or more, about 0 .01 wt% or more, about 0.05 wt% or more, and the like from about 0.1 wt% or more. 乾燥麹抽出物中の水分量は、好ましくは約5重量%以下であり、より好ましくは約4重量%以下であり、さらに好ましくは約3重量%以下であり、特に好ましくは約2重量%以下であり、最も好ましくは約1重量%以下である。 The water content of the dry koji extract is preferably no more than about 5 wt%, more preferably not more than about 4 wt%, still more preferably about 3% by weight, particularly preferably from about 2 wt% or less , and most preferably up to about 1 wt%.

乾燥麹抽出物中の糖アルコールの含量および非齲蝕性糖類の含量の合計は、好ましくは約40重量%以上であり、より好ましくは約50重量%以上であり、さらに好ましくは約60重量%以上であり、特に好ましくは約70重量%以上であり、最も好ましくは約80重量%以上である。 Total content and non-cariogenic sugar content of sugar alcohols dry koji extract is preferably about 40 wt% or more, more preferably about 50% by weight or more, more preferably about 60 wt% or more , still more preferably about 70 wt% or more, and most preferably about 80% by weight or more. 乾燥麹抽出物中の糖アルコールの含量および非齲蝕性糖類の含量の合計は、好ましくは約99重量%以下であり、より好ましくは約97重量%以下であり、さらに好ましくは約95重量%以下であり、特に好ましくは約90重量%以下であり、最も好ましくは約85重量%以下である。 Total content and non-cariogenic sugar content of sugar alcohols dry koji extract is preferably no more than about 99 wt%, more preferably not more than about 97 wt%, more preferably from about 95 wt% or less , and particularly preferably not more than about 90 wt%, and most preferably up to about 85 wt%.

(4.乾燥麹抽出物を含む食品) (4. foods containing dry yeast extract)
本発明の食品は、本発明の乾燥麹抽出物を含み、齲蝕性糖類の含量が0.5重量%以下である。 Food of the present invention comprises a dry koji extract of the present invention, the content of cariogenic sugars is 0.5 wt% or less.

本発明の食品は、乾燥麹抽出物を含む。 Food of the present invention comprises a dry koji extract. 本発明の食品の例としては、ガム、キャンディおよびタブレットが挙げられる。 Examples of food of the present invention, gum, candy and tablet like. 本発明の食品は、好ましくはガム、キャンディまたはタブレットである。 Food of the present invention is preferably a gum, candy or tablet. キャンディの例としては、ハードキャンディ、ソフトキャンディおよびキャラメルが挙げられる。 Examples of candy, hard candy, and soft candies and caramels.

本発明の食品は、乾燥麹抽出物中に含まれる酵素を徐放し得る形態であることが好ましい。 Food of the present invention preferably an enzyme contained in the dry koji extract is in a form capable of sustained release. 本発明の食品は、通常の摂取の仕方で、口腔内に約1分間以上滞留することが好ましい。 Food of the present invention, in the manner of normal intake, it is preferable to stay more than about 1 minute in the oral cavity. 本発明の食品は、より好ましくは、約3分間以上、さらに好ましくは約5分間以上、特に好ましくは約7分間以上、最も好ましくは約10分間以上滞留する食品である。 Food of the present invention, more preferably, about 3 minutes or more, more preferably at least about 5 minutes, particularly preferably more than about 7 minutes, and most preferably a food staying more than about 10 minutes. このように長時間滞留できる形態の食品は、すぐに口腔内を通過してしまう形態の食品(例えば、ジュース)と比較して、乾燥麹抽出物が口腔内に存在する時間を長期化させ得るという利点を有する。 The form of food in this way can stay long in the form of food would immediately pass through the oral cavity (e.g., juice) as compared to, capable of prolonged time dry koji extract is present in the oral cavity It has the advantage. 滞留時間が短すぎる場合には、ステイン除去効果またはステイン防止効果が得られにくい。 If the residence time is too short, stain removal effect or stain preventing effect it is difficult to obtain.

ガムが口腔内に存在する時間は、ガムの大きさおよび原料にも依存するが、喫食者の喫食方法にも大きく依存する。 Time gum is present in the oral cavity, but also depends on the size and material of the gums, also largely depends on the eating process of eating's. そのため、ガムの包装などには、口腔内で充分な時間(例えば、約1分間以上、約3分間以上、約5分間以上、約7分間以上、約10分間以上)にわたって噛むことが好ましいことについての表示があることが好ましい。 Therefore, like the gum packaging, sufficient time in the oral cavity (e.g., more than about 1 minute, about 3 minutes or more, about 5 minutes or more, at least about 7 minutes, about 10 minutes or more) about it is preferred to chew over it is preferred that there is a display of.

ガムとは、ガムベースを含む食品をいう。 The gum, refers to a food that contains the gum base. ガムベースの例としては、チクル、酢酸ビニール、エステルガム、ポリイソブチレンおよびスチレンブタジエンラバーが挙げられる。 Examples of the gum base, chicle, vinyl acetate, ester gum, polyisobutylene and styrene-butadiene rubber and the like. ガムの例としては、板ガムおよび風船ガムのようなチューインガムが挙げられる。 Examples of gums include chewing gum, such as stick gum and bubble gum. 本発明のガムは、齲蝕性の糖類を含まないかまたは含んだとしてもごく少量であることが好ましい。 Gums of the present invention is preferably as including or not including cariogenic sugars is extremely small. ガムに使用される原料の例としては、以下が挙げられる:ガムベース、ゼラチン、香料および着色料。 Examples of raw materials used in the gum include the following: gum, gelatin, flavor, and color. ガムもまた、糖アルコールまたは非齲蝕性糖類を含み得る。 Gum may also comprise a sugar alcohol or non-cariogenic sugars. 糖アルコールまたは非齲蝕性糖類は、より好ましくは難消化性デキストリン、パラチノース、トレハロース、ラクチトール、還元パラチノース、パラチノース、マルチトール、エリスリトール、ソルビトール、キシリトールおよびマンニトールから選択される。 Sugar alcohol or non-cariogenic sugars, more preferably indigestible dextrin, palatinose, trehalose, lactitol, reduced palatinose, palatinose, maltitol, erythritol, sorbitol is selected from xylitol and mannitol. ガムの配合は当該分野で公知の配合に従い得る。 Blending the gum obtained according to the known formulations in the art. ガムは、有効成分を口腔内に長時間にわたって滞留させることが可能であることから、タブレット同様に本発明の食品として好適である。 Gum, since it is possible to stay for a long period of time effective ingredient in the oral cavity, is suitable as a food tablet likewise present invention.

キャンディおよびタブレットが口腔内で溶け始めてから溶け終わるまでにかかる時間は、キャンディおよびタブレットの大きさおよび原料、ならびに喫食者の喫食方法に依存する。 Time candy and tablet takes to finish dissolved from beginning to melt in the mouth, candy and tablet size and raw materials, as well as the eating method of eating person. 当業者は、キャンディおよびタブレットが溶け始めてから溶け終わるまでの所望の時間を達成するに適切なキャンディおよびタブレットを任意に設計し、製造し得る。 Those skilled in the art, optionally design the appropriate candy and tablet to achieve the desired time to finish melt from candy and tablet begins to melt, may be prepared.

本明細書では、「タブレット」とは、タブレット材料を一定の形状に圧縮して製造したものをいう。 As used herein, the term "tablet" refers to those produced by compressing the tablet material to the predetermined shape. このようなタブレットは、その製法にちなんで、圧縮錠剤ともいわれる。 Such tablets after their preparation, also referred to as compressed tablets. 本明細書中では、タブレットは、食品用途のタブレットであっても、医薬品用途のタブレット(すなわち、錠剤)であってもよい。 As used herein, tablet, even tablet food applications, pharmaceutical applications of the tablet (i.e., tablet) may be. 食品用途のタブレットの例としては、錠菓と呼ばれる菓子としてのタブレットおよび健康食品(例えば、サプリメント)としてのタブレットが挙げられる。 Examples of tablet food applications, tablets and health food as confectionery called tablet candy (e.g., supplements) include tablet as. 本明細書では、タブレットの中でも特に、中心部に空洞のあるものをトローチという。 In this specification, among tablets, what hollow in the center of lozenges.

タブレットに使用される原料の例としては、以下が挙げられる:難消化性デキストリン、パラチノース、トレハロース、などの非齲蝕性糖類;還元パラチノース、ラクチトール、マルチトール、エリスリトール、ソルビトール、キシリトール、マンニトールなどの糖アルコール;炭酸カルシウム、リン酸カルシウム、硫酸カルシウム、粉末セルロース、乳化剤、香料および着色料。 Examples of raw materials used in the tablet include: indigestible dextrin, palatinose, trehalose, a non-cariogenic sugars such as; reduced palatinose, lactitol, maltitol, erythritol, sorbitol, xylitol, sugars such as mannitol alcohol; calcium carbonate, calcium phosphate, calcium sulfate, powdered cellulose, emulsifiers, flavoring and coloring agents. タブレットは、乾燥麹抽出物に加えて、賦形剤を含むことが好ましい。 Tablets, in addition to the dry koji extract, it is preferred that the excipients. 賦形剤の例としては、上記の非齲蝕性糖類および糖アルコールが挙げられる。 Examples of excipients, non-cariogenic sugars and sugar alcohols described above are exemplified. 賦形剤は好ましくは糖アルコールまたは非齲蝕性糖類を含み、より好ましくは糖アルコールまたは非齲蝕性糖であり、さらに好ましくは難消化性デキストリン、パラチノース、トレハロース、ラクチトール、還元パラチノース、マルチトール、エリスリトール、ソルビトール、キシリトールおよびマンニトールから選択される。 Excipients preferably comprise a sugar alcohol or non-cariogenic sugars, more preferably a sugar alcohol or non-cariogenic sugar, more preferably indigestible dextrin, palatinose, trehalose, lactitol, reduced palatinose, maltitol, erythritol , sorbitol is selected from xylitol and mannitol. これらの賦形剤は、味質が優れている、または工業的適性が優れているという特徴を有する。 These excipients may be, has a characteristic that is better taste, or industrial suitability is excellent.

本明細書中では用語「キャンディ」とは、糖または糖アルコールを主原料とし、糖または糖アルコールおよび水を煮詰める工程を含む方法によって製造される固形食品をいう。 In this specification the term "candy" is a sugar or sugar alcohol as a main raw material refers to a solid food product to be produced by a method comprising the step of boiling down the sugar or sugar alcohol and water. キャンディは、ソフトキャンディとハードキャンディとに分類される。 Candy is classified into a soft candy and hard candy. キャンディの硬さは、キャンディの材料および煮上げ温度によって影響を受ける。 Hardness of the candies is affected by the material and boiled up temperature of candy.

ソフトキャンディの例としては、キャラメル、ヌガーおよびマシュマロが挙げられる。 Examples of soft candies, caramels, and nougats and marshmallows like.

ハードキャンディの例としては、ドロップ、バタースカッチ、タフィ、ブリットル(例えば、ピーナッツブリトル)およびベッコウ飴が挙げられる。 Examples of hard candy, drops, butterscotch, toffee, Burittoru (e.g., peanut blanking Little) include and tortoiseshell candy. 糖として主に砂糖および水あめを用いた場合について例示すると、ドロップの代表的な煮上げ温度は約145℃である。 Primarily to illustrate the case of using the sugar and starch syrup as a sugar, a typical boiled up temperature drop is about 145 ° C.. 糖として主に砂糖および水あめを用いた場合について例示すると、バタースカッチの代表的な煮上げ温度は約145℃であり、バター約4重量%〜約6重量%などを含む。 Primarily to illustrate the case of using the sugar and starch syrup as a sugar, a typical boiled up temperature of butterscotch is about 145 ° C., and the like butter about 4% to about 6 wt%. 糖として主に砂糖および水あめを用いた場合について例示すると、ピーナッツブリトルの代表的な煮上げ温度は約146℃であり、ピーナッツ、重曹などを含む。 Primarily to illustrate the case of using the sugar and starch syrup as a sugar, a typical boiled up temperature peanut blanking Little is about 146 ° C., peanut, baking soda or the like. 糖として主に砂糖および水あめを用いた場合について例示すると、ベッコウ飴の代表的な煮上げ温度は約150℃〜160℃である。 Primarily to illustrate the case of using the sugar and starch syrup as a sugar, a typical boiled up temperature of bekko candy is about 0.99 ° C. to 160 ° C.. 代表的な砂糖水あめ固形分比は砂糖40〜60:水あめ40〜60であり、乳製品、油脂などを含む。 A typical sugar syrup solids ratio of sugar 40 to 60: This is a syrup 40 to 60, including dairy products, fats and oils and the like.

本発明のキャンディにおいては、齲蝕性の糖類を原料に含まないかまたは含んだとしてもごく少量であることが好ましい。 In the candy of the present invention, it is preferable to cariogenic sugars as containing or not containing the raw material is a very small amount. キャンディに使用される原料の例としては、以下が挙げられる:小麦粉、食塩、寒天、ゼラチン、ピーナッツ、ショートニング、バター、酸味料、香料および着色料。 Examples of raw materials used in candy, include the following: wheat flour, salt, agar, gelatin, peanut, shortening, butter, sour agent, flavoring and coloring agents. 糖アルコールまたは非齲蝕性糖類は、より好ましくはラクチトール、還元パラチノース、マルチトール、エリスリトール、ソルビトール、キシリトールおよびマンニトールから選択される。 Sugar alcohol or non-cariogenic sugars, more preferably lactitol, reduced palatinose, maltitol, erythritol, sorbitol is selected from xylitol and mannitol. キャンディの配合は当該分野で公知の配合に従い得る。 Blending candy gain according to the known formulations in the art. キャンディは、有効成分を口腔内に長時間にわたって滞留させることが可能であることから、タブレット同様に本発明の食品として好適である。 Candy, since it is possible to stay for a long period of time effective ingredient in the oral cavity, is suitable as a food tablet likewise present invention.

本発明の食品は、歯および唾液と乾燥麹抽出物中の酵素(例えば、プロテアーゼおよびタンナーゼ)とが長時間にわたって接触すると考えられる点から、ガム、キャンディ、タブレットのような形態であることが好ましい。 Food of the present invention, the enzyme of the teeth and saliva dry koji extracts (e.g., protease and tannase) from the point considered and are in contact over a long period of time, gum, candy, preferably in the form such as tablets .

本発明の食品は、ステイン除去作用およびステイン予防作用に悪影響を及ぼさず齲蝕性を生じない限り、乾燥麹抽出物以外に、その食品が通常含有する任意の成分を含み得る。 Food of the present invention, so long as that does not cause cariogenic without adversely affecting the stain removal action and stain prevention effect, in addition to dry koji extract may comprise any components that the food is normally contained. このような成分の例として、食物繊維などの賦形剤;甘味料;香料;着色料;酸味料;pH調整剤などが挙げられる。 Examples of such ingredients, excipients such as dietary fiber; sweeteners; flavoring; coloring agents; acidulants; pH adjusting agent and the like.

本発明の食品中で、乾燥麹抽出物は均一に分散していてもよいし、局在していてもよい。 Food of the present invention, dry koji extract may be uniformly dispersed, or may be localized. 例えば、食品がキャンディである場合、乾燥麹抽出物を、キャンディのセンターとして使用してもよく、またはキャンディ中に均一に分散させてもよい。 For example, if the food is candy, a dry koji extract, it may be good, or uniformly dispersed in candies using as the center of the candy.

本発明の食品は、任意の形状を取り得る。 Food of the present invention may take any shape. 本発明の食品は、均質な塊状であってもよいし、2層または3層の構造をとる形状であってもよい。 Food of the present invention may be a homogeneous mass, it may be shaped to have a structure of two or three layers.

本発明の食品がガム、キャンディまたはタブレットである場合、その大きさ、溶解速度および崩壊速度を調節することによって、乾燥麹抽出物の作用の持続時間を制御することが可能である。 When the food of the present invention the gum, a candy or tablet, its magnitude, by controlling the dissolution rate and disintegration rate, it is possible to control the duration of action of the dry koji extract.

本発明の食品はまた、糖衣錠の形態であってもよい。 Food of the present invention may also be in the form of dragees. この場合、素錠に乾燥麹抽出物のインヒビターを含み、そして糖衣層に乾燥麹抽出物を含んでいることが好ましい。 In this case, it includes an inhibitor of dry koji extract uncoated and preferably contains a drying koji extract coating layer. この食品は、糖衣錠を製造する当業者に公知の方法に従って調製され得る。 The food can be prepared according to methods known to those skilled in the art to produce a sugar-coated tablets. 糖衣層は例えば、「たこがけ」といわれる方法で手作業で行われてもよく、ドラジェといわれる方法で行われてもよい。 Coating layer may, for example, may be carried out manually in a manner called "Takogake" may be carried out by a method called a dragee.

糖衣錠の場合、糖衣錠の重量は、好ましくは約0.05g以上であり、より好ましくは約0.1g以上であり、さらに好ましくは約0.2g以上であり、最も好ましくは約0.5g以上である。 If dragees, weight Dragee, preferably about 0.05g or more, more preferably about 0.1g or more, more preferably about 0.2g or more, and most preferably about 0.5g or more is there. 糖衣錠の場合、糖衣錠の重量は、好ましくは約10g以下であり、より好ましくは約8g以下であり、さらに好ましくは約5g以下であり、最も好ましくは約3g以下である。 If dragees, weight Dragee, preferably not more than about 10 g, more preferably about 8g less, still more preferably about 5g, most preferably no more than about 3g. 糖衣錠中の素錠の重量は、好ましくは約0.005g以上であり、より好ましくは約0.01g以上であり、最も好ましくは約0.1g以上である。 Weight of uncoated tablet in the dragees is preferably about 0.005g or more, more preferably about 0.01g or more, and most preferably about 0.1g or more. 糖衣錠中の素錠の重量は、好ましくは約1.5g以下であり、より好ましくは約1.0g以下であり、最も好ましくは約0.5g以下である。 Weight of uncoated tablet in the dragees is preferably not more than about 1.5g, more preferably less than about 1.0 g, most preferably no more than about 0.5 g. 糖衣錠中の糖衣層の重量は、好ましくは約0.001g以上であり、より好ましくは約0.01g以上であり、最も好ましくは約0.05g以上である。 Weight of coating layer in the coated tablets is preferably about 0.001g or more, more preferably about 0.01g or more, and most preferably about 0.05g or more. 糖衣錠中の糖衣層の重量は、好ましくは約1.0g以下であり、より好ましくは約0.5g以下であり、最も好ましくは約0.3g以下である。 Weight of coating layer in the coated tablets is preferably not more than about 1.0 g, more preferably not more than about 0.5g, most preferably no more than about 0.3 g.

本発明の食品がガムである場合、本発明の食品の重量は、好ましくは約0.05g以上であり、より好ましくは約0.1g以上であり、さらに好ましくは約0.2g以上であり、最も好ましくは約0.5g以上である。 When the food of the present invention is a gum, the weight of the food of the present invention is preferably about 0.05g or more, more preferably about 0.1g or more, more preferably about 0.2g or more, and most preferably about 0.5g or more. 本発明の食品がガム、キャンディまたはタブレットである場合、本発明の食品の重量は、好ましくは約10g以下であり、より好ましくは約8g以下であり、さらに好ましくは約5g以下であり、最も好ましくは約3g以下である。 When the food of the present invention is a gum, candy or tablet, the weight of the food of the present invention is preferably not more than about 10 g, more preferably about 8g less, still more preferably about 5g, most preferably is less than or equal to about 3g.

本発明の食品がキャンディである場合、本発明の食品の重量は、好ましくは約0.05g以上であり、より好ましくは約0.1g以上であり、さらに好ましくは約0.2g以上であり、最も好ましくは約0.5g以上である。 When the food of the present invention is a candy, the weight of the food of the present invention is preferably about 0.05g or more, more preferably about 0.1g or more, more preferably about 0.2g or more, and most preferably about 0.5g or more. 本発明の食品がガム、キャンディまたはタブレットである場合、本発明の食品の重量は、好ましくは約10g以下であり、より好ましくは約8g以下であり、さらに好ましくは約5g以下であり、最も好ましくは約3g以下である。 When the food of the present invention is a gum, candy or tablet, the weight of the food of the present invention is preferably not more than about 10 g, more preferably about 8g less, still more preferably about 5g, most preferably is less than or equal to about 3g.

本発明の食品がタブレットである場合、本発明の食品の重量は、好ましくは約0.05g以上であり、より好ましくは約0.1g以上であり、さらに好ましくは約0.2g以上であり、最も好ましくは約0.5g以上である。 When the food of the present invention is a tablet, the weight of the food of the present invention is preferably about 0.05g or more, more preferably about 0.1g or more, more preferably about 0.2g or more, and most preferably about 0.5g or more. 本発明の食品がガム、キャンディまたはタブレットである場合、本発明の食品の重量は、好ましくは約10g以下であり、より好ましくは約8g以下であり、さらに好ましくは約5g以下であり、最も好ましくは約3g以下である。 When the food of the present invention is a gum, candy or tablet, the weight of the food of the present invention is preferably not more than about 10 g, more preferably about 8g less, still more preferably about 5g, most preferably is less than or equal to about 3g.

本発明の食品がガム、キャンディまたはタブレットである場合、1回に1粒ずつ舐めてもよく、1回に複数個(例えば、2個〜10個)舐めてもよい。 When the food of the present invention the gum, a candy or tablet may lick one grain at a time, a plurality (e.g., two to ten) may be licking once. 1回に複数個を舐める場合、いっぺんに複数個を口に入れて舐めてもよく、1個ずつ順々に複数個を舐めてもよい。 If you lick a plurality at a time, it may be licking at once put a plurality in the mouth, may be licking a plurality in turn one by one.

本発明の食品中に含まれる乾燥麹抽出物の量は、その食品を摂取することによってステイン除去作用またはステイン防止作用が得られる限り、任意の量であり得る。 The amount of dry koji extract in food of the present invention, as long as the stain removal action or anti-stain effect can be obtained by ingesting the food may be any amount. このような量は、当業者によって容易に決定され得る。 Such amount can be readily determined by one skilled in the art. 本発明の食品中に含まれる乾燥麹抽出物の量は、食品の重量を基準として、好ましくは約0.01重量%以上、より好ましくは約0.05重量%以上、さらに好ましくは約0.1重量%以上、さらにより好ましくは約0.5重量%以上、さらにより好ましくは約1重量%以上、さらにより好ましくは約5重量%以上である。 The amount of dry koji extract contained in the food of the present invention, based on the weight of the food, preferably from about 0.01 wt% or more, more preferably about 0.05 wt% or more, more preferably from about 0. 1 wt% or more, even more preferably about 0.5 wt% or more, even more preferably about 1 wt% or more, even more preferably about 5% by weight or more. 食品中の乾燥麹抽出物の量は、食品の重量を基準として、例えば、約10重量%以上、約15重量%以上、約20重量%以上などであり得る。 The amount of dry koji extract in food, based on the weight of the food, for example, from about 10 wt% or more, about 15 wt% or more, and the like from about 20 wt% or more. 食品中の乾燥麹抽出物の量の上限は特にないが、食品の重量を基準として、例えば、約80重量%以下、約70重量%以下、約60重量%以下、約50重量%以下、約40重量%以下、約30重量%以下などであり得る。 The upper limit is not particularly in the amount of dry koji extract in food, based on the weight of the food, for example, from about 80 wt% or less, about 70 wt% or less, about 60 wt% or less, about 50 wt% or less, about 40 wt% or less, and the like from about 30 wt% or less.

本発明の食品のプロテアーゼ活性は、好ましくは約5U/g以上であり、より好ましくは約10U/g以上であり、さらにより好ましくは約20U/g以上であり、特に好ましくは約30U/g以上であり、最も好ましくは約50U/g以上である。 Food protease activity of the present invention is preferably about 5U / g or more, more preferably about 10 U / g or more, even more preferably about 20 U / g or more, particularly preferably about 30 U / g or more , and most preferably about 50 U / g or more. 本発明の食品のプロテアーゼ活性は、好ましくは約500U/g以下であり、より好ましくは約400U/g以下であり、さらにより好ましくは約300U/g以下であり、特に好ましくは約200U/g以下であり、最も好ましくは約100U/g以下である。 Food protease activity of the present invention is preferably not more than about 500 U / g, more preferably not more than about 400 U / g, even more preferably not more than about 300 U / g, or less and particularly preferably about 200 U / g , and most preferably up to about 100 U / g.

本発明の食品の酸性プロテアーゼ活性は、好ましくは約70U/g以上であり、より好ましくは約140U/g以上であり、さらにより好ましくは約280U/g以上であり、特に好ましくは約420U/g以上であり、最も好ましくは約700U/g以上である。 Food acid protease activity of the present invention is preferably about 70U / g or more, more preferably about 140U / g or more, even more preferably about 280 U / g or more, particularly preferably about 420U / g or more, most preferably about 700U / g or more. 本発明の食品の酸性プロテアーゼ活性は、好ましくは約7000U/g以下であり、より好ましくは約5600U/g以下であり、さらにより好ましくは約4200U/g以下であり、特に好ましくは約2800U/g以下であり、最も好ましくは約1400U/g以下である。 Food acid protease activity of the present invention is preferably not more than about 7000 U / g, more preferably not more than about 5600U / g, even more preferably less than or equal to about 4200U / g, particularly preferably about 2800U / g or less, and most preferably up to about 1400u / g.

本発明の食品のタンナーゼ活性は、好ましくは約10U/g以上であり、より好ましくは約40U/g以上であり、さらにより好ましくは約60U/g以上であり、特に好ましくは約80U/g以上であり、最も好ましくは約100U/g以上である。 Food tannase activity according to the invention preferably is about 10 U / g or more, more preferably about 40U / g or more, even more preferably about 60U / g or more, particularly preferably about 80U / g or more , and most preferably about 100 U / g or more. 本発明の食品のタンナーゼ活性は、好ましくは約10000U/g以下であり、より好ましくは約4000U/g以下であり、さらにより好ましくは約2000U/g以下であり、特に好ましくは約1000U/g以下であり、最も好ましくは約400U/g以下である。 Food tannase activity of the present invention is preferably not more than about 10000 U / g, more preferably not more than about 4000U / g, still more preferably not more than about 2000 U / g, or less and particularly preferably about 1000 U / g , and most preferably up to about 400 U / g.

本発明の食品中の齲蝕性糖類の含量は、約0.5重量%以下であり、好ましくは約0.3重量%以下であり、より好ましくは約0.2重量%以下であり、さらに好ましくは約0.1重量%以下であり、最も好ましくは約0.05重量%以下である。 The content of cariogenic sugars in food of the present invention, no more than about 0.5 wt%, preferably not more than about 0.3 wt%, more preferably not more than about 0.2 wt%, more preferably is less than about 0.1 wt%, and most preferably up to about 0.05 wt%.

本発明の食品は、人間および人間以外の動物(例えば、イヌ、ネコ、マウス、ラット、ウサギ、サル、ウマ、ウシなど)のいずれにも使用され得る。 Food of the present invention, human and non-human animals (e.g., dogs, cats, mice, rats, rabbits, monkeys, horses, cattle, etc.) may be used in any. 本発明の食品は人間用であることが好ましい。 It is preferred food of the present invention is for human beings. 本発明の食品を動物用に用いる場合、動物は、好ましくはペットであり、より好ましくはイヌまたはネコであり、最も好ましくはイヌである。 When using the food of the present invention to animals, and is preferably pets, more preferably a dog or a cat, most preferably a dog. 本発明の食品が動物用である場合、本発明の食品は、ペット用チューインガムである。 If the food of the present invention is used for animal, food of the present invention is a pet chewing gum. ペット用チューインガムの組成および製造方法は、ペット用チューインガムの分野の当業者に公知である。 The composition and method of manufacturing the pet chewing gum are known to those skilled in the art of pet chewing gum.

本発明の食品は、当該分野で公知の方法に従って調製され得る。 Food of the present invention can be prepared according to methods known in the art. 本発明の食品は好ましくは、乾燥麹抽出物のステイン除去作用またはステイン防止作用を実質的に損なわない方法で製造される。 Food of the present invention are preferably prepared in substantially impair not how the stain removal action or anti-stain effect of the dry koji extract. 例えば、乾燥麹抽出物をキャンディに含有させる場合、通常の方法に従ってキャンディの材料を煮詰めた後、この煮詰めた材料を冷却する途中で、好ましくは約60℃以下、より好ましくは約50℃以下、さらにより好ましくは約40℃以下になった時点で、乾燥麹抽出物をキャンディの材料に添加する。 For example, if the inclusion of dry koji extract candy, after boiled candy material according to conventional methods, in the course of cooling the boiled material, preferably about 60 ° C. or less, more preferably about 50 ° C. or less, even more preferably when it becomes less than about 40 ° C., adding dry koji extract candy material. 例えば、本発明のキャンディは、国際公開第2007/105661号パンフレットに記載の方法に従って製造され得る。 For example, candy of the present invention can be prepared according to the method described in WO 2007/105661 pamphlet.

本発明の食品は、ステイン除去作用、ステイン防止作用および齲蝕防止に悪影響を与えない限り、必要に応じて、ステイン除去作用またはステイン防止作用に有用な他の成分を含み得る。 Food of the present invention, stain removal action, as long as it does not adversely affect the prevention effect and caries prevention stains, if necessary, may include other components useful stain removal action or anti-staining effect.

本発明のガム、キャンディまたはタブレットはまた、ステイン除去作用、ステイン防止作用および齲蝕防止に悪影響を与えない限り、必要に応じて、ガム、キャンディおよびタブレットに通常含まれる添加剤を含み得る。 Gums of the present invention, candy or tablet may also stain removal action, as long as it does not adversely affect the prevention effect and caries prevention stains may optionally contain additives typically included gum, candy and tablet. 添加物の例としては、結合剤、pH調整剤、香料、甘味料、着色料、賦形剤、崩壊剤、滑沢剤、流動化剤、コーティング剤などが挙げられる。 Examples of additives, binders, pH modifiers, fragrances, sweeteners, colorants, excipients, disintegrating agents, lubricants, fluidizing agents, and coating agents. これらの添加剤は当該分野で周知である。 These additives are well known in the art. ガム、キャンディまたはタブレットが食品用途である場合、このような添加剤は、例えば、食品添加物公定書に記載される。 If gum, candy or tablet is food applications, such additives are described, for example, as a food additive compendia. ガム、キャンディまたはタブレットが医薬品用途である場合、このような添加剤は、例えば、日本薬局方に記載される。 If gum, candy or tablet is a pharmaceutical application, such additives are described, for example, in the Japanese Pharmacopoeia.

用語「結合剤」とは、本明細書中で用いられる場合、成分粉末の混合物に結合力を与え安定なタブレットまたは顆粒を製造するために用いられる添加剤をいう。 The term "binding agent" as used herein, refers to an additive used to produce stable tablets or granules gave binding force to the mixture of ingredients powder. 本発明のタブレットは、必ずしも結合剤を含む必要はないが、タブレットの硬度が不十分である場合に添加することができる。 Tablets of the present invention need not necessarily contain a binder, it can be added when the hardness of the tablet is insufficient. 結合剤は、好ましくはセルロース、アラビアガム、ゼラチンなどである。 Binding agent is preferably a cellulose, gum arabic, gelatin and the like. 結合剤はタブレットに含まれる物質間を結合することによってタブレットの硬度を向上させる。 The binder improves the hardness of the tablet by coupling between substances contained in the tablet. 特定の物質のみを用いて打錠して得られるタブレットの硬度は、その物質の結合剤としての特性の指標である。 The hardness of tablets obtained by tableting using only a specific substance is an indicator of characteristics as a binder of the substance. 硬度が高いほど結合力が強い。 Higher hardness is high bonding force is strong.

(5.乾燥麹抽出物を含む食品の製造方法) (5. method for producing food containing dry koji extract)
本発明の食品は、従来の食品製造に用いられている手法および設備をそのまま利用して製造することができる。 Food of the present invention can be produced by using as the techniques and equipment used in conventional food production. 例えば、食品がタブレットの場合、タブレット材料(例えば、水溶性糖類と他の成分と)を混合して直接打錠する方法、タブレット材料を別々にまたは混合して湿式または乾式で顆粒化した後に打錠する方法などが採用できる。 Striking example, if the food is a tablet, the tablet material (e.g., water-soluble sugars and other ingredients) method for direct tableting were mixed, after granulated wet or dry tablet material separately or mixed such as how to lock can be adopted.

1つの実施形態では、本発明のタブレットは、粉末状のタブレット材料を混合し、直接打錠することによって製造されることが好ましい。 In one embodiment, a tablet of the present invention, the powdered tablet material is mixed, is preferably manufactured by direct tableting.

別の実施形態では、本発明のタブレットは、顆粒状のタブレット材料を混合した後に打錠することによって製造されることが好ましい。 In another embodiment, a tablet of the present invention is preferably produced by tableting after mixing the granular tablet material.

乾燥麹抽出物の粒子の大きさは任意であるが、好ましくは平均直径約50μm以上であり、より好ましくは約75μm以上であり、最も好ましくは約90μm以上である。 The particle size of the dry koji extract is optional, is preferably an average diameter of about 50μm or more, more preferably about 75μm or more, and most preferably about 90μm or more. 乾燥麹抽出物の粒子の大きさは好ましくは平均直径約500μm以下であり、より好ましくは約350μm以下であり、最も好ましくは約250μm以下である。 The particle size of the dry koji extract preferably not more than an average diameter of about 500 [mu] m, more preferably about 350μm or less, and most preferably about 250μm or less. 平均直径は、重量平均での直径である。 The average diameter is the diameter of the weight average.

(6.乾燥麹抽出物を含む食品の喫食方法) (6. eating process foods containing dry koji extract)
本発明の食品の摂取量、摂取頻度および摂取期間は、摂取者の状態、摂取者の嗜好などに応じて決められる。 Food intake of the present invention, ingestion frequency and ingestion period taker state is determined in accordance with the intake 'tastes.

本発明のガムの摂取量は、好ましくは1回あたり、約0.1g以上であり、より好ましくは約0.2g以上であり、さらに好ましくは約0.5g以上であり、さらにより好ましくは約1g以上である。 Intake of the gum of the present invention, preferably per be about 0.1g or more, more preferably about 0.2g or more, more preferably about 0.5g or more, even more preferably about it is greater than or equal to 1g. 本発明のガムの摂取量に特に上限はないが、例えば、1回あたり、約1000g以下、約750g以下、約500g以下、約250g以下、約100g以下、約50g以下、約40g以下、約30g以下、約20g以下、約10g以下、約7.5g以下、約5g以下、約4g以下、約3g以下、約2g以下、約1g以下などである。 Although no particular upper limit to the intake of the gum of the present invention, for example, per the following about 1000 g, about 750g or less, about 500g or less, about 250g or less, about 100 g, about 50g or less than about 40 g, about 30g or less, about 20g or less, about 10g or less, about 7.5g or less, about 5g or less, about 4g or less, about 3g or less, about 2g or less, such as about 1g or less.

本発明のキャンディの摂取量は、好ましくは1回あたり、約0.1g以上であり、より好ましくは約0.2g以上であり、さらに好ましくは約0.5g以上であり、さらにより好ましくは約1g以上である。 Intake of candy of the present invention, preferably per be about 0.1g or more, more preferably about 0.2g or more, more preferably about 0.5g or more, even more preferably about it is greater than or equal to 1g. 本発明のキャンディの摂取量に特に上限はないが、例えば、1回あたり、約1000g以下、約750g以下、約500g以下、約250g以下、約100g以下、約50g以下、約40g以下、約30g以下、約20g以下、約10g以下、約7.5g以下、約5g以下、約4g以下、約3g以下、約2g以下、約1g以下などである。 Although no particular upper limit to the intake of candy of the present invention, for example, per the following about 1000 g, about 750g or less, about 500g or less, about 250g or less, about 100 g, about 50g or less than about 40 g, about 30g or less, about 20g or less, about 10g or less, about 7.5g or less, about 5g or less, about 4g or less, about 3g or less, about 2g or less, such as about 1g or less.

本発明のタブレットの摂取量は、好ましくは1回あたり、約0.1g以上であり、より好ましくは約0.2g以上であり、さらに好ましくは約0.5g以上であり、さらにより好ましくは約1g以上である。 Intake of the tablet of the present invention, preferably per be about 0.1g or more, more preferably about 0.2g or more, more preferably about 0.5g or more, even more preferably about it is greater than or equal to 1g. 本発明のタブレットの摂取量に特に上限はないが、例えば、1回あたり、約1000g以下、約750g以下、約500g以下、約250g以下、約100g以下、約50g以下、約40g以下、約30g以下、約20g以下、約10g以下、約7.5g以下、約5g以下、約4g以下、約3g以下、約2g以下、約1g以下などである。 Although no particular upper limit to the intake of the tablet of the present invention, for example, per the following about 1000 g, about 750g or less, about 500g or less, about 250g or less, about 100 g, about 50g or less than about 40 g, about 30g or less, about 20g or less, about 10g or less, about 7.5g or less, about 5g or less, about 4g or less, about 3g or less, about 2g or less, such as about 1g or less.

本発明のタブレットの摂取頻度は、任意に設定され得る。 Ingestion frequency of tablets of the present invention may be arbitrarily set. 例えば、1週間に1回以上、1週間に2回以上、1週間に3回以上、1週間に4回以上、1週間に5回以上、1週間に6回以上、1週間に7回以上、1日1回以上、1日2回以上、1日3回以上などであり得る。 For example, one or more times a week, more than once a week, more than three times a week, four or more times a week, more than five times a week, more than five times a week, more than 7 times a week , one or more times a day, two or more times a day, and the like three or more times a day. 本発明のタブレットの摂取頻度に上限はなく、例えば、1日3回以下、1日2回以下、1日1回以下、1週間に7回以下、1週間に6回以下、1週間に5回以下、1週間に4回以下、1週間に3回以下、1週間に2回以下、1週間に1回以下などであり得る。 No upper limit to the intake frequency of tablets of the present invention, for example, three times daily or less, 2 times a day, more than once a day, or less 7 times a week, less than 6 times a week, 5 to 1 week times or less, 4 times a week, less than 3 times per week, or less 2 times a week, and the like than once per week.

本発明の食品の摂取のタイミングは、食前であっても食後であっても食間であってもよいが、食後が好ましい。 Timing of intake of food of the present invention may be between meals even postprandial even pre-meal, but after meals is preferable. 食前とは、食事の直前から食事を取る約30分前までをいい、食後とは、食事の直後から食事を取った約30分後までをいい、食間とは、食事を取ってから約2時間以上経過した後から次の食事まで約2時間以上前の時間をいう。 The pre-dinner, refers to from just before the meal to meal about 30 minutes before, and is after a meal, it refers to from immediately after the meal to about 30 minutes after taking the meal, and between meals, about from taking the meal 2 It refers to about 2 hours or more prior to the time from after the lapse of more than an hour until the next meal.

本発明の食品の摂取期間は、任意に決定され得る。 Ingestion period of the food of the present invention may be determined arbitrarily. 本発明の食品は、好ましくは約1日以上、より好ましくは約3日間以上、最も好ましくは約5日間以上摂取され得る。 Food of the present invention, preferably about 1 day or more, more preferably about 3 days or more, and most preferably be ingested over about 5 days. 本発明の食品は、好ましくは約1ヶ月以下、より好ましくは約2週間以下、最も好ましくは約10日間以下摂取され得る。 Food of the present invention, preferably about 1 month or less, more preferably about 2 weeks or less, and most preferably be ingested than about 10 days. 必要な場合、本発明の食品は、ほぼ永続的に摂取されてもよい。 If necessary, the food of the present invention may be ingested almost permanently.

本発明の食品は、摂取の際に嚥下せずに口腔内に滞留させることが好ましい。 Food of the present invention, it is preferable to remain in the oral cavity without swallowing during ingestion. 本発明の食品を口腔内に滞留させる時間は、好ましくは約10秒間以上、より好ましくは約1分間以上、さらに好ましくは約3分間以上である。 Time to the food of the present invention is retained in the oral cavity is preferably about 10 seconds, more preferably at least about 1 minute, more preferably at least about 3 minutes. 本発明のタブレットを口腔内に滞留させる時間は、好ましくは約30分間以下、より好ましくは約20分間以下、さらに好ましくは約10分間以下である。 Time to the tablet of the present invention is retained in the oral cavity, preferably below about 30 minutes, more preferably less than about 20 minutes, more preferably up to about 10 minutes. 滞留時間が短すぎる場合には、ステイン除去効果またはステイン防止効果が得られにくい。 If the residence time is too short, stain removal effect or stain preventing effect it is difficult to obtain. 本発明の食品は、噛まずに最後まで舐められることが好ましい。 Food of the present invention, it is preferable to lick to the end without chewing.

(7.乾燥麹抽出物を含む口腔用組成物) (7. oral composition comprising a dry koji extract)
本発明の口腔用組成物は、本発明の乾燥麹抽出物を含み、齲蝕性糖類の含量が0.5重量%以下である。 The oral composition of the present invention comprises a dry koji extract of the present invention, the content of cariogenic sugars is 0.5 wt% or less.

本発明の口腔用組成物は、好ましくは歯磨剤または洗口剤である。 The oral composition of the present invention is preferably a dentifrice or mouthwash.

本発明の口腔用組成物は、好ましくはトローチ剤またはゲル剤である。 The oral composition of the present invention is preferably a lozenge or gel.

口腔用組成物が歯磨剤、洗口剤およびゲル剤などのように口腔内でほとんど薄められることなくそのままの濃度で作用するような形態で使用される場合には、本発明の口腔用組成物中の乾燥麹抽出物の量は、口腔用組成物の重量を基準として、好ましくは約0.01重量%以上、より好ましくは約0.05重量%以上、さらに好ましくは約0.1重量%以上、さらにより好ましくは約0.5重量%以上、さらにより好ましくは約1重量%以上、さらにより好ましくは約5重量%以上であり;口腔用組成物中の乾燥麹抽出物の量は、食品の重量を基準として、例えば、約10重量%以上、約15重量%以上、約20重量%以上などであり得る。 When the oral composition is employed in the form to act as it is a concentration without being almost diluted in the oral cavity, such as dentifrices, mouthwashes and gels, the oral composition of the present invention the amount of dry koji extract in, based on the weight of the oral composition, preferably from about 0.01 wt% or more, more preferably about 0.05 wt% or more, more preferably about 0.1 wt% , even more preferably from about 0.5 wt% or more, even more preferably about 1 wt% or more, even more preferably from about 5 wt% or more; the amount of dry koji extract oral composition, weight of the food as a reference, for example, from about 10 wt% or more, about 15 wt% or more, and the like from about 20 wt% or more. そのままの濃度で作用するような形態で使用される場合の本発明の口腔用組成物中の乾燥麹抽出物の量の上限は特にないが、食品の重量を基準として、例えば、約80重量%以下、約70重量%以下、約60重量%以下、約50重量%以下、約40重量%以下、約30重量%以下などであり得る。 The upper limit is not particularly in the amount of dry koji extract oral compositions of the present invention when used in a form to act as it concentrations but, based on the weight of the food, for example, from about 80 wt% greater than about 70 wt% or less, about 60 wt% or less, about 50 wt% or less, about 40 wt% or less, and the like from about 30 wt% or less. 口腔用組成物が口腔内で薄められて使用されることが意図される組成物である場合、その希釈倍率を考慮して、成分が配合される。 When the oral composition is a composition to be used is intended to be diluted in the oral cavity, in consideration of the dilution ratio, component is formulated. 例えば、約20倍に希釈されることが意図される口腔用組成物の場合、20倍の濃度で配合される。 For example, for about 20 times the oral composition to be diluted is intended to be formulated in 20 fold concentration.

本発明の口腔用組成物がトローチ剤である場合、本発明の口腔用組成物の重量は、好ましくは約0.05g以上であり、より好ましくは約0.1g以上であり、さらに好ましくは約0.2g以上であり、最も好ましくは約0.5g以上である。 If the oral composition of the present invention is a lozenge, the weight of the oral composition of the present invention is preferably about 0.05g or more, more preferably about 0.1g or more, more preferably about and at 0.2g or more, and most preferably about 0.5g or more. 本発明の口腔用組成物がトローチ剤である場合、本発明の口腔用組成物の重量は、好ましくは約10g以下であり、より好ましくは約8g以下であり、さらに好ましくは約5g以下であり、最も好ましくは約3g以下である。 If the oral composition of the present invention is a lozenge, the weight of the oral composition of the present invention is preferably not more than about 10 g, more preferably about 8g or less, more preferably it is less than about 5g , and most preferably up to about 3g.

本発明の口腔用組成物がトローチ剤である場合、1回に1粒ずつ舐めてもよく、1回に複数個(例えば、2個〜10個)舐めてもよい。 If the oral composition of the present invention is a lozenge may lick one grain at a time, a plurality (e.g., two to ten) may be licking once. 1回に複数個を舐める場合、いっぺんに複数個を口に入れて舐めてもよく、1個ずつ順々に複数個を舐めてもよい。 If you lick a plurality at a time, it may be licking at once put a plurality in the mouth, may be licking a plurality in turn one by one.

本発明の口腔用組成物のプロテアーゼ活性は、好ましくは約2.5U/g以上であり、より好ましくは約5U/g以上であり、さらにより好ましくは約10U/g以上であり、特に好ましくは約15U/g以上であり、最も好ましくは約25U/g以上である。 Protease activity of the oral composition of the present invention is preferably about 2.5 U / g or more, more preferably about 5U / g or more, even more preferably about 10 U / g or more, particularly preferably it is about 15U / g or more, and most preferably about 25 U / g or more. 本発明の口腔用組成物のプロテアーゼ活性は、好ましくは約250U/g以下であり、より好ましくは約200U/g以下であり、さらにより好ましくは約150U/g以下であり、特に好ましくは約100U/g以下であり、最も好ましくは約50U/g以下である。 Protease activity of the oral composition of the present invention is preferably not more than about 250 U / g, more preferably not more than about 200 U / g, even more preferably no more than about 150 U / g, particularly preferably about 100U / g or less, and most preferably up to about 50 U / g.

本発明の口腔用組成物の酸性プロテアーゼ活性は、好ましくは約35U/g以上であり、より好ましくは約70U/g以上であり、さらにより好ましくは約140U/g以上であり、特に好ましくは約210U/g以上であり、最も好ましくは約350U/g以上である。 Acid protease activity of the oral composition of the present invention is preferably about 35U / g or more, more preferably about 70U / g or more, even more preferably about 140U / g or more, particularly preferably about and at 210U / g or more, and most preferably about 350 U / g or more. 本発明の口腔用組成物の酸性プロテアーゼ活性は、好ましくは約3500U/g以下であり、より好ましくは約2800U/g以下であり、さらにより好ましくは約2100U/g以下であり、特に好ましくは約1400U/g以下であり、最も好ましくは約700U/g以下である。 Acid protease activity of the oral composition of the present invention is preferably not more than about 3500U / g, more preferably not more than about 2800U / g, even more preferably less than or equal to about 2100U / g, particularly preferably about 1400u / g or less, and most preferably up to about 700U / g.

本発明の口腔用組成物のタンナーゼ活性は、好ましくは約5U/g以上であり、より好ましくは約20U/g以上であり、さらにより好ましくは約30U/g以上であり、特に好ましくは約40U/g以上であり、最も好ましくは約50U/g以上である。 Tannase activity of the oral composition of the present invention is preferably about 5U / g or more, more preferably about 20 U / g or more, even more preferably about 30 U / g or more, particularly preferably about 40U / g or more, and most preferably about 50 U / g or more. 本発明の食品のタンナーゼ活性は、好ましくは約5000U/g以下であり、より好ましくは約2000U/g以下であり、さらにより好ましくは約1000U/g以下であり、特に好ましくは約500U/g以下であり、最も好ましくは約200U/g以下である。 Food tannase activity of the present invention is preferably not more than about 5000 U / g, more preferably not more than about 2000 U / g, even more preferably not more than about 1000 U / g, or less and particularly preferably about 500 U / g , and most preferably up to about 200 U / g.

本発明の口腔用組成物中の齲蝕性糖類の含量は、約0.5重量%以下であり、好ましくは約0.3重量%以下であり、より好ましくは約0.2重量%以下であり、さらに好ましくは約0.1重量%以下であり、最も好ましくは約0.05重量%以下である。 The content of cariogenic sugars oral compositions of the present invention, no more than about 0.5 wt%, preferably not more than about 0.3 wt%, more preferably from about 0.2 wt% or less , still more preferably about 0.1 wt%, and most preferably up to about 0.05 wt%.

本発明の口腔用組成物は、人間および人間以外の動物(例えば、イヌ、ネコ、マウス、ラット、ウサギ、サル、ウマ、ウシなど)に使用され得る。 The oral composition of the present invention, human and non-human animals (e.g., dogs, cats, mice, rats, rabbits, monkeys, horses, cattle, etc.) may be used. 本発明の口腔用組成物を動物用に用いる場合、動物は、好ましくはペットであり、より好ましくはイヌまたはネコであり、最も好ましくはイヌである。 When using the oral compositions of the present invention to animals, and is preferably pets, more preferably a dog or a cat, most preferably a dog.

(8.乾燥麹抽出物を含む口腔用組成物の製造方法) (Method 8. oral composition comprising a dry koji extract)
本発明の口腔用組成物は、当該分野で公知の方法に従って製造され得る。 The oral composition of the present invention can be prepared according to methods known in the art. 本発明の口腔用組成物は好ましくは、乾燥麹抽出物のステイン除去作用またはステイン防止作用を実質的に損なわない方法で製造される。 The oral composition of the present invention are preferably prepared in substantially impair not how the stain removal action or anti-stain effect of the dry koji extract. 例えば、乾燥麹抽出物を歯磨剤、洗口剤、ゲル剤またはトローチ剤に含有させる場合、歯磨剤、洗口剤およびゲル剤のそれぞれの材料に乾燥麹抽出物を混合することによって製造され得る。 For example, dentifrice dry koji extract, mouthwashes, if to be contained in gels or lozenges, dentifrices, can be prepared by mixing the dry koji extract respective material mouthwashes and gels .

(9.口腔用組成物の使用方法) (9. Using the oral composition)
特定の実施形態では、本発明の口腔用組成物は以下のように使用され得る。 In certain embodiments, the oral composition of the present invention can be used as follows. まず、本発明の口腔用組成物が所望の歯面(例えば、初期齲蝕の部分または健全な部分)に適用される。 First, the oral compositions of the present invention is applied to a desired tooth surface (e.g., partial or healthy parts of the initial caries). この組成物は、ローラー、ブラシなどのような器具を用いて歯面に塗りこまれることが好ましい。 The composition roller is preferably rubbed into the tooth surface using an instrument such as a brush. この組成物を適用している間およびその後、唾液と接触してもよく、適用された乾燥麹抽出物中の酵素がなるべく流出しないように、唾液との接触を減らすための手段を講じてもよい。 During and after that applying the composition may be in contact with saliva, as enzymes of the applied dry koji extracts is not possible outflow, even taking steps to reduce the contact with saliva good. 唾液との接触を減らすための手段を講じる時間は、これらの組成物を適用しはじめてから約5分間以上続けることが好ましく、約10分間以上続けることがより好ましく、約15分間以上続けることが最も好ましい。 Take steps time to reduce contact with the saliva, preferably to continue from the start of application of these compositions over about 5 minutes, more preferably continue for about 10 minutes or more, to continue over about 15 minutes and most preferable. 唾液との接触を減らすための手段を講じる時間に特に上限はないが、例えば、これらの組成物を適用しはじめてから約1時間以下、約45分間以下、約30分間以下、約25分間以下、約20分間以下などであり得る。 Although no particular upper limit for taking measures time to reduce the contact with saliva, for example, these compositions applied began approximately 1 hour or less from more than about 45 minutes, less than about 30 minutes, less than about 25 minutes, may hereinafter, such as about 20 minutes. 唾液との接触を減らすための手段を講じることにより、ステイン除去作用および/またはステイン防止作用が顕著に促進され得る。 The take steps to reduce the contact with saliva, stain removal action and / or stain-inhibiting action can be significantly facilitated.

本発明の口腔用組成物は、口腔内に投与する際、ある程度の時間にわたって口腔内に滞留させることが好ましい。 The oral composition of the present invention, when administered to the oral cavity, it is preferable to remain in the oral cavity for a certain time. 本発明の口腔用組成物を口腔内に滞留させる時間は、好ましくは約1分間以上、より好ましくは、約2分間以上である。 Time for the oral composition of the present invention is retained in the oral cavity, preferably about 1 minute or more, more preferably, at least about 2 minutes. さらに好ましくは約3分間以上であり、特に好ましくは約5分間以上である。 More preferably at least about 3 minutes, particularly preferably at least about 5 minutes. 1つの好ましい実施形態では約10分間以上であり、さらに好ましい実施形態では約15分間以上である。 In one preferred embodiment not less than about 10 minutes, in a more preferred embodiment at least about 15 minutes. 本発明の組成物を口腔内に滞留させる時間に特に上限はなく、例えば約1時間以下、約50分間以下、約40分間以下、約30分間以下、約20分間以下などであり得る。 In particular the upper limit of the composition to time to remain in the oral cavity of the present invention is not, for example, about 1 hour or less, about 50 minutes, less than about 40 minutes, less than about 30 minutes, and the like up to about 20 minutes. 滞留時間が短すぎる場合には、ステイン除去効果およびステイン防止効果が得られにくい。 If the residence time is too short, stain removal effect and anti-staining effect is difficult to obtain.

食品以外の口腔用組成物の形態としては、例えば、歯磨剤、洗口剤(マウスウオッシュともいう)、トローチ剤、ゲル剤、スプレー、ペースト、軟膏等が挙げられ、医薬組成物の剤型としては、例えば錠剤、丸剤、散剤、液剤、懸濁剤、乳剤、顆粒剤、カプセル剤等が挙げられる。 The form of the oral composition other than food, for example, dentifrices, (also referred to as a mouthwash) mouthwashes, lozenges, gels, sprays, pastes, ointments and the like, as the dosage form of the pharmaceutical composition It may be in the form of tablets, pills, powders, solutions, suspensions, emulsions, granules, capsules and the like. またこれらの液剤を不織布などに含浸させた拭取り布のような形態のものや綿棒のような形態を用いることも可能である。 Further it is also possible to use a form, such as in the form of one or swab, such as wipes impregnated with these solutions and the like to the nonwoven fabric.

本発明の口腔用組成物は、通常、容器に入れて、または包装されて販売される。 The oral composition of the present invention is usually placed in the vessel, or are sold packaged. この容器は、プラスチックなどの通常使用される容器であり得る。 The container can be a container that is normally used such as plastic. この包装は、紙、プラスチック、セロハンなどの通常使用される包装であり得る。 This packaging, paper, plastic, may be a normal packaging used, such as cellophane. この容器または包装には、本発明の口腔用組成物の摂取量、摂取タイミング、摂取方法(例えば、ガムの場合、「2粒を約20分間以上かみ続けることが好ましい」)などについての指示が記載されていることが好ましい。 The containers or packaging, intake of the oral composition of the present invention, intake timing, intake method (for example, in the case of gum, "it is preferable that the two tablets continue hair over about 20 minutes") is an instruction for such it is preferable that is described. あるいは、このような指示が記載された指示書が挿入されていてもよい。 Alternatively, the instructions such instruction has been described may be inserted.

(10.測定方法) (10. Measurement Method)
各種酵素活性は以下の方法に従って測定され得る。 Various enzyme activities can be measured according to the following method. ペリクル分解効果、ペリクル沈着抑制効果などの方法も以下に記載する。 Pellicle degradation effects, a method such as a pellicle deposition inhibitory effect described below.

本発明の乾燥麹抽出物、食品および口腔用組成物中に含まれる酵素の活性は、当該分野で公知の方法によって測定され得る。 Dry koji extract of the present invention, the activity of the enzyme contained in food and in the oral composition can be measured by methods known in the art. 例えば、本発明の食品および口腔用組成物がキャンディのような固体の場合、酵素活性の測定のために、本発明の食品および口腔用組成物は、粉砕され、適切な緩衝液に溶解されて酵素活性が測定される。 For example, if the food and the oral composition of the present invention is a solid, such as candy, for determination of enzyme activity, food and oral compositions of the present invention is ground, is dissolved in a suitable buffer enzyme activity is measured. 本発明の食品および口腔用組成物の粉砕時に、過度の熱をかけて酵素を失活させないように注意する。 During crushing of the food and the oral composition of the present invention, by applying excessive heat to careful not to inactivate the enzyme. 本発明の食品および口腔用組成物の溶解時の緩衝液の温度は約4℃であることが好ましい。 It is preferable that the temperature of the buffer during dissolution of the food and the oral composition of the present invention is about 4 ° C.. 種々の酵素についての活性測定法はそれぞれ公知である。 Activity assay for the various enzymes are known, respectively. 本発明の食品および口腔用組成物に添加する前の酵素と本発明の食品および口腔用組成物中の酵素とについて同じ方法を用いれば適切な任意の方法を用い得る。 Using the same method for the enzyme of the food and oral composition before the enzyme with the present invention to be added to foods and oral compositions of the present invention may use any suitable method.

(10.1 プロテアーゼ活性の測定方法) (10.1 method of measuring the protease activity)
本発明の乾燥麹抽出物、食品および口腔用組成物中のプロテアーゼ活性は、好ましくは、Megazyme製のPROTAZYME AK TABLETSを用いて製造業者の推奨する方法に従って測定したエンドプロテアーゼの活性である。 Dry koji extract of the present invention, protease activity of food and the oral composition is preferably in the range of the activity of endoprotease measured according to the method recommended by the manufacturer using the Protazyme AK TABLETS made Megazyme. この測定方法では、カゼインに対して全ての活性な全てのエンドプロテアーゼの活性を測定することができる。 In this measuring method, it is possible to measure the activity of all active all endoprotease against casein. このようなプロテアーゼの例は、パパイン、プロテイナーゼK、トリプシン、ウシ膵臓プロテアーゼ、サブチリシンA、Bacillus subtilisプロテアーゼおよびAspergillus nigerプロテアーゼである。 Examples of such proteases, papain, proteinase K, trypsin, bovine pancreatic protease, subtilisin A, a Bacillus subtilis protease and Aspergillus niger protease.

(10.2 タンナーゼ活性測定方法) (10.2 tannase activity measurement method)
タンナーゼの活性は、参考文献;http://www. Activity of the tannase, references; http: // www. kikkoman. kikkoman. co. co. jp/bio/j/rinsyou/pdf/65_tah. jp / bio / j / rinsyou / pdf / 65_tah. pdfおよびhttp://www. pdf and http: // www. kikkoman. kikkoman. co. co. jp/bio/j/skakou/items/skakou01. jp / bio / j / skakou / items / skakou01. htmlを参照して測定することができる。 It can be measured by reference to html.

タンナーゼの活性については、30℃、pH5.5の環境下で1分間に1μmolのタンニン酸中のエステル結合を加水分解する活性を1単位(1U)とする。 The activity of tannase, 30 ° C., the activity of hydrolyzing one unit (1U) of the ester bond in tannic acid 1μmol per minute in an environment of pH 5.5.

(10.2.1 試薬の調製) (10.2.1 Preparation of reagents)
以下の手順で試薬を調製する: The reagent is prepared by the following procedure:
・Reagent A:クエン酸バッファー クエン酸10.5gに蒸留水800 mlを加えて溶かす。 · Reagent A: Dissolve added 800 ml of distilled water citrate buffer of citric acid 10.5 g. 1NのNaOHでpH5.5に調整した後、1000mlにフィルアップする。 After adjusting to pH5.5 with 1N NaOH, it is filled up to 1000 ml.
・Reagent B:基質溶液(タンニン酸溶液) · Reagent B: substrate solution (tannic acid solution)
タンニン酸175mgをReagent A 50mlに溶かす。 Dissolve the tannic acid 175mg to Reagent A 50ml. 完全には溶解せず、懸濁液になる。 Not completely dissolve will suspension. ろ過せずに、使用前によく振ってから使う。 Without filtration, use Shake well before use.
・Reagent C:エタノール水溶液 エタノール900mlに蒸留水95mlを加える。 · Reagent C: Add distilled water 95ml ethanol aqueous solution of ethanol 900 ml.
・サンプル:酵素溶液 氷冷したReagent Aでサンプルを使用直前に溶かす。 Sample: Dissolve the sample immediately prior to use in enzyme solution ice-cold Reagent A. 正確に測定するには2.6〜2.9 U/mlとなるように調整しておくのが好ましい。 To accurately measure is preferably adjusted in advance so that the 2.6-2.9 U / ml.

(10.2.2 測定) (10.2.2 measurement)
(10.2.2.1)15ml容のチューブ又はふたのできる試験管を用意する; (10.2.2.1) providing a tube which can tube or cover of 15ml capacity;
(10.2.2.2)Reagent B 1.0mlをチューブに入れる; (10.2.2.2) Reagent B 1.0ml to put in the tube;
(10.2.2.3)チューブにふたをして、30℃で5分間インキュベートする; (10.2.2.3) with a lid to the tube and incubated for 5 minutes at 30 ° C.;
(10.2.2.4)サンプル250μlをチューブに添加してよく攪拌する。 (10.2.2.4) may be stirred with the addition of samples 250μl to tubes. ブランクにはサンプルの代わりにReagent Aを添加する; The blank adding Reagent A in place of the sample;
(10.2.2.5)チューブにふたをして、30℃で15分間インキュベートする; (10.2.2.5) with a lid to the tube and incubated for 15 minutes at 30 ° C.;
(10.2.2.6)チューブにReagent C 5.0mlを添加して攪拌する; (10.2.2.6) and stirred with the addition of Reagent C 5.0 ml to the tube;
(10.2.2.7)別のチューブにそれぞれの溶液を250μl入れる; (10.2.2.7) of each separate tube solution add 250 [mu] l;
(10.2.2.8)そのチューブへReagent C 5.0mlを添加する; (10.2.2.8) adding Reagent C 5.0 ml to the tube;
(10.2.2.9)よく攪拌して、310nmでの吸収を測定する。 (10.2.2.9) thoroughly stirring, measuring the absorbance at 310nm.

(10.2.3 酵素活性の計算) (10.2.3 calculation of enzyme activity)
Volume activity (U/ml) Volume activity (U / ml)
=[(A −A )×20.3×1.0×1.04×df]/(0.71×0.25ml×15min) = [(A 0 -A s) × 20.3 × 1.0 × 1.04 × df] / (0.71 × 0.25ml × 15min)
;ブランクの吸光度 A ;サンプルの吸光度 df;dilution factor A 0; absorbance of the blank A s; sample absorbance df; dilution factor
20.3;Reagent B 1.0ml当たりのタンニン酸量(μmol) 20.3; Reagent B 1.0 ml per tannin acid content ([mu] mol)
0.71;このassay条件下で、20.3μmolのタンニン酸の加水分解が完了した時の吸光度の変化 1.04;Iibuchiらの方法による適正化係数。 0.71; In this assay condition, the change 1.04 absorbance when hydrolysis of tannic acid 20.3μmol is completed; optimized coefficient due Iibuchi's method.

(10.3 酵素活性測定方法:国税庁所定分析法) (10.3 Enzyme activity measurement method: Official Analysis Method)
(10.3.1)酸性プロテアーゼ (10.3.1.1)酸性プロテアーゼ 1−1. (10.3.1) acid protease (10.3.1.1) acidic protease 1-1. 試薬 (1)マッキルベイン緩衝液(pH3.0) Reagents (1) McIlvaine buffer (pH 3.0)
A液:M/5 リン酸二ナトリウム溶液 リン酸二ナトリウム(Na HPO ・12H O)71.63gを水に溶かして1リットルとする。 A solution: the M / 5 disodium phosphate solution disodium phosphate (Na 2 HPO 4 · 12H 2 O) 71.63g to 1 liter dissolved in water.
B液:M/10 クエン酸溶液 クエン酸(C ・H O)21gを水に溶かして1リットルとする。 Solution B: the M / 10 citric acid solution of citric acid (C 6 H 8 O 7 · H 2 O) 21g to 1 liter dissolved in water.

A液4ml、B液16mlの割合で混合すればほぼ所定のpHになる。 A solution 4 ml, approximately a predetermined pH when mixed in a ratio of B solution 16 ml. pHが正しく3.0にならない場合はA液又はB液を用いて調整する。 If the pH is not properly 3.0 adjusted using solution A or solution B.

(2)カゼイン溶液 カゼイン2gを取り、10倍に薄めた乳酸5mlを加え、更に水を約50ml加えて完全に白濁状に溶解するまで金網上で加熱しながらかき混ぜる。 (2) takes a casein solution casein 2g, lactic acid 5ml was diluted to 10-fold was added, stirring under heating on wire gauze until further dissolved in approximately 50ml addition completely cloudy like water.

一度沸騰させてから冷却し,これにpH3.0のマッキルベイン緩衝液20mlを加え、更に水を加えて全容を100mlとする。 Then cooled once boiled, this was added McIlvaine buffer 20ml of pH 3.0, further with 100ml of total volume by adding water.

(3)2M/5トリクロール酢酸溶液(TCA溶液) (3) 2M / 5 trichloroacetic acid solution (TCA solution)
トリクロール酢酸65.4gを水に溶かして1リットルとする。 The trichloroacetic acid 65.4g to 1 liter dissolved in water.

(4)フェノール試薬(フォリン・チオカルト−試薬) (4) phenol reagent (Folin-Ciocalteu - reagent)
市販品を5倍に希釈して使用する。 It is used by diluting a commercially available product to 5 times.

(5)2M/5炭酸ナトリウム溶液 炭酸ナトリウム42.4gを水に溶かして1リットルとする。 (5) a 2M / 5 sodium solution of sodium carbonate 42.4g to 1 liter dissolved in water.

(6)チロシン標準溶液 L−チロシン(特級)10.0mgを取り、1N塩酸1mlを加えて全容を100mlとし、これを原液とする。 (6) takes a tyrosine standard solution L- tyrosine (special grade) 10.0 mg, the total volume and 100ml by addition of 1N hydrochloric acid 1 ml, which is referred to as stock solution.

測定に際しては、原液に水を加えてチロシン20〜100μg/mlの標準溶液系列を作る。 In the measurement, making a standard solution series tyrosine 20-100 / ml Water was added to the stock solution.

(7)検量線の作成 上記各検液に炭酸ナトリウム溶液5mlとフェノール試薬1mlを加えて、40℃で30分間発色を行う。 (7) In addition to calibration curves created each test solution of sodium carbonate (5ml) and phenol reagent 1 ml, for 30 minutes color development at 40 ° C.. チロシンを含まない液を対照として厚さ10mmのセルで660nmにおける吸光度を測定し、検量線を作成する。 Tyrosine was measured for absorbance at 660nm in thickness 10mm cell as a control solution containing no, a calibration curve.

1−2. 1-2. 酵素液の調製 固体こうじ10gに塩化ナトリウム溶液50mlを加え,低温室(5℃以下)で一夜、又は室温(15〜20℃)で3時間時々振り混ぜながら浸出した後ろ過する。 The sodium chloride solution 50ml was added to prepare a solid construction 10g of enzyme solution, overnight in a cold room (5 ° C. or less), or filtered after leaching with 3 hours occasional shaking at room temperature (15 to 20 ° C.). そのろ液10mlを透析膜に入れ、M/100酢酸緩衝液に対して低温で一夜透析した後、水で20mlにし酵素液とする。 As the filtrate 10ml was placed in a dialysis membrane, it was dialyzed overnight in cold against M / 100 acetate buffer, and the enzyme was brought to 20ml with water.

1−3. 1-3. 試験操作 カゼイン溶液1.5mlにpH3.0のマッキルベイン緩衝液1.0mlを加え、40℃に予熱しておく。 Adding McIlvaine buffer 1.0ml of pH3.0 to test operation casein solution 1.5 ml, preheated to 40 ° C.. これに酵素液0.5mlを加え、40℃で60分間反応させた後、TCA溶液3mlを加えて反応を停止させ沈殿をろ別する。 This enzyme solution 0.5ml added and allowed to react for 60 minutes at 40 ° C., for filtering another of the precipitate was added to stop the reaction TCA solution 3 ml.

そのろ液1mlに炭酸ナトリウム溶液5mlとフェノール試薬1mlを加えて40℃で30分間の発色を行い、660nmの吸光度を測定する。 As the filtrate 1ml by the addition of sodium carbonate solution 5ml phenol reagent 1ml perform color development for 30 minutes at 40 ° C., to measure the 660nm absorbance.

別に対照として酵素液をTCA溶液の添加直前に加えて、以下上記と同様の操作を行い吸光度を測定する。 Separately an enzyme solution was added immediately before addition of TCA solution as a control, the absorbance is measured by the same operation as follows above.

試験液と対照液との吸光度の差Eを求める。 Test solution and obtaining a difference E in absorbance between the control solution. 但し、Eが0.3以上になると酵素力とEとが直線関係よりはずれるので、Eが0.3以下になるように酵素液を希釈しなければならない。 However, E since becomes 0.3 or more and enzymatic activity and E is disengaged from the linear relationship must be diluted enzyme solution so E is 0.3 or less.

得られたEから検量線により生成チロシン量(yμg)を求める。 The obtained calibration curve E Request generation tyrosine amount (yμg).

1−4. 1-4. 活性の表示 酸性プロテアーゼ活性は、40℃で60分間に1μgのチロシン相当量の呈色を示す活性を1単位とする。 Display acid protease activity The activity of the activity of the coloration of tyrosine substantial amount of 1μg to one unit 60 minutes at 40 ° C..

こうじ1gの酸性プロテアーゼ活性は次式によって求められる: Koji 1g of acid protease activity is determined by the following equation:

(注)酵素液は透析しないものを用いてもよい。 (Note) The enzyme solution may be used for those that do not dialysis. その場合は抽出率を50/10として計算する。 In that case, calculating the extraction ratio as 50/10.

(10.3.2)グルコアミラーゼ 3−1. (10.3.2) glucoamylase 3-1. 試薬 (1)M/5酢酸緩衝液(pH5.0) Reagents (1) M / 5 acetate buffer (pH 5.0)
A液:M/5 酢酸 氷酢酸11.55mlを水で1リットルにする。 A solution: the M / 5 acetate glacial acetic 11.55ml to 1 liter with water.
B液:M/5 酢酸ナトリウム溶液 酢酸ナトリウム(CH COONa・3H O)27.21gを水に溶かして1リットルとする。 Solution B: the M / 5 sodium acetate solution sodium acetate (CH 3 COONa · 3H 2 O ) 27.21g to 1 liter dissolved in water.

A液及びB液を調製し、A液5.9ml、B液14.1mlの割合で混合する。 The liquids A and B were prepared, A solution 5.9 ml, mixed at a ratio of B solution 14.1 ml. pHが正しく5.0にならない場合はA液又はB液を用いて調整する。 If the pH is not properly 5.0 adjusted using solution A or solution B.

(2)塩化ナトリウム溶液 塩化ナトリウム5gを水に溶かし、これに上記緩衝液50mlを加えて水で1リットルにする。 (2) sodium chloride solution of sodium chloride 5g dissolved in water, to which was added the buffer solution 50ml to 1 liter with water.
(注)黒こうじ系固体こうじ(以下「しょうちゅうこうじ」という)の場合は、緩衝液500 mlを加える。 Note black construction based solid koji (hereinafter referred to as "Shochu Koji") For the addition of buffer 500 ml.

(3)M/100酢酸緩衝液(pH5.0) (3) M / 100 acetate buffer (pH 5.0)
M/5酢酸緩衝液(pH5.0)50mlを水で希釈し、1リットルとした後、pH5.0に調整する。 M / 5 acetate buffer (pH 5.0) 50 ml was diluted with water and was 1 liter, adjusted to pH 5.0.

(4)デンプン溶液 可溶性デンプン2gを精ひょうして取り、適当量の熱水を加えてよくかき混ぜ1〜2分間沸騰させた後、冷却して水を加え100mlとする。 (4) taken by the starch solution soluble starch 2g and seminal leopard, after boiling the appropriate amount of hot water were added and well stirred for 1-2 minutes, and cooled to addition of water 100 ml.

(5)1N水酸化ナトリウム溶液 水酸化ナトリウム4gを水に溶かして100mlとする。 (5) and 100ml Dissolve 1N sodium hydroxide solution of sodium hydroxide 4g of water.

(6)1N塩酸溶液 濃塩酸8.8mlに水を加えて100mlにする。 (6) to 100ml water is added to 1N hydrochloric acid solution of concentrated hydrochloric acid 8.8 ml.

1N水酸化ナトリウム溶液と、1N塩酸溶液を等量混ぜたときほぼ中和できるように濃度を調整する。 And 1N sodium hydroxide solution to adjust the concentration to allow substantially neutralized when mixed equal amounts of 1N hydrochloric acid solution.

3−2. 3-2. 酵素液の調製 固体こうじ10gに塩化ナトリウム溶液50mlを加え,低温室(5℃以下)で一夜、又は室温(15〜20℃)で3時間時々振り混ぜながら浸出した後ろ過する。 The sodium chloride solution 50ml was added to prepare a solid construction 10g of enzyme solution, overnight in a cold room (5 ° C. or less), or filtered after leaching with 3 hours occasional shaking at room temperature (15 to 20 ° C.). そのろ液10mlを透析膜に入れ、M/100酢酸緩衝液に対して低温で一夜透析した後、水で20mlにし酵素液とする。 As the filtrate 10ml was placed in a dialysis membrane, it was dialyzed overnight in cold against M / 100 acetate buffer, and the enzyme was brought to 20ml with water.

3−3. 3-3. 試験操作 (1)酵素反応 デンプン溶液1mlにM/5酢酸緩衝液0.2mlを加え、40℃で5分間予熱する。 Test Operation (1) added M / 5 acetate buffer 0.2ml enzymatic reactions starch solution 1 ml, preheated for 5 minutes at 40 ° C.. これに酵素液0.1mlを加え、40℃で20分間反応させ、1N水酸化ナトリウム溶液0.1mlを添加して反応を停止する。 This enzyme solution 0.1ml added, reacted at 40 ° C. 20 min, the reaction is stopped by addition of 1N sodium hydroxide solution 0.1ml. その後30分間放置し、1N塩酸溶液0.1mlを加えて中和する。 And then left for 30 minutes, neutralized by addition of 1N hydrochloric acid solution 0.1 ml.

別に対照として、デンプン溶液1mlにM/5酢酸緩衝液0.2mlを加え、40℃で5分間予熱し、1N水酸化ナトリウム溶液0.1mlを加えた後に酵素液0.1mlを添加し、以下上記と同様に操作する。 Separately As a control, addition of M / 5 acetate buffer 0.2ml starch solution 1 ml, was pre-heated for 5 minutes at 40 ° C., the enzyme solution 0.1ml was added after the addition of 1N sodium hydroxide solution 0.1ml, less to operate in the same manner as described above.

(2)ブドウ糖の定量 反応液中に生成したブドウ糖量(μg)は3−4により測定する。 (2) quantitative reaction glucose amount produced during glucose ([mu] g) is measured by 3-4.

3−4 ブドウ糖 3−4−1 試薬M/10トリス・リン酸緩衝液(pH7.3): 3-4 glucose 3-4-1 reagent M / 10 Tris-phosphate buffer (pH 7.3):
トリスヒドロキシメチルアミノメタンを12.11g取り、水約900mlに溶かし、リン酸でpH7.3に調節後水で1lとする。 12.11g of tris (hydroxymethyl) aminomethane-up, dissolved in water to about 900 ml, and 1l with adjusted after water pH7.3 with phosphoric acid.
色素溶液: Dye solution:
4−アミノアンチピリン81mg、フェノールを500mg、トリトンX−100〔ポリオキシエチレン(10)オクチルフェニルエーテル〕100mgをそれぞれ取り、M/10トリス・リン酸緩衝液(pH7.3)に溶解し200mlとする。 Take 4-aminoantipyrine 81 mg, phenol 500mg, Triton X-100 [polyoxyethylene (10) octyl phenyl ether] 100mg respectively, and dissolved in M ​​/ 10 Tris-phosphate buffer (pH 7.3) 200 ml .
酵素溶液: Enzyme solution:
ブドウ糖酸化酵素800単位、パーオキシダーゼ2000単位をとりM/10トリス・リン酸緩衝液(pH7.3)に溶解し200mlとする。 Glucose oxidase 800 units, were dissolved in taking the peroxidase 2000 units M / 10 Tris-phosphate buffer (pH 7.3) and 200 ml.
ブドウ糖定量試薬: Glucose assay reagent:
色素溶液及び酵素溶液を等量混和する。 Dye solution and enzyme solution equal amounts admixed. 調製後は冷蔵庫中に保存すれば、約3週間安定である。 If after preparation stored in a refrigerator is about 3 weeks stable.
ブドウ糖標準溶液: Glucose standard solution:
無水結晶ブドウ糖(特級)0.5gを精ひょうし、1gの安息香酸と共に溶解し1lとする。 Cover seminal anhydrous crystalline glucose (special grade) 0.5 g, and 1l dissolved with benzoic acid 1g. 本液は1ml中に500μgのブドウ糖を含む。 This solution contains 500μg of glucose in 1 ml.

3−4−2 試験操作 ブドウ糖定量試薬3mlを試験管に取り、ブドウ糖として10〜100μgを含む検体0.1mlを添加・混和後、40℃で40分間反応させる。 Take 3-4-2 test operation glucose assay reagent 3ml test tube, after the addition, mixing the sample 0.1ml containing 10~100μg as glucose, it is reacted at 40 ° C. 40 min. 反応終了後、室温まで放冷し120分以内に505nmにおける吸光度(E )を測定する。 After completion of the reaction, measuring absorbance at 505nm within allowed to cool to 120 minutes to room temperature (E 1).

別に検体の代わりに水を用いた対照試験を行い、対照の吸光度(E )を測定する。 It performs control test using water instead of separately analyte, measuring control absorbance (E 2). 又ブドウ糖標準液を用いて同様に操作し吸光度(E )を測定し、検体中のブドウ糖を次式によって求める。 The absorbance by the same procedure using the glucose standard solution (E S) is measured to determine the glucose in the sample by the following equation.

(注) (note)
1:ブドウ糖酸化酵素の1単位はpH5.1、35℃の条件で1分間に1μMのβ型ブドウ糖を酸化する力価。 1: The titer of oxidizing β-type glucose 1μM to 1 minute 1 unit of glucose oxidase under the conditions of pH5.1,35 ℃.
2:パーオキシダーゼの1単位はpH6.0、20℃の条件で、20秒間にピロガロールから1mgのプルブロガリンを生成する力価。 2: 1 unit of peroxidase under the condition of pH6.0,20 ℃, the titer of generating Puruburogarin from pyrogallol 1mg to 20 seconds.

3−5. 3-5. 活性の表示 グルコアミラーゼ活性は、可溶性デンプンから40℃で60分間に1mgのブドウ糖を生成する活性を1単位とする。 Display glucoamylase activity activity, the activity of producing glucose 1mg as one unit in 60 minutes at 40 ° C. from soluble starch. こうじ1gのグルコアミラーゼ活性は次式によって求める。 Koji 1g of glucoamylase activity is obtained by the following equation.

(注) (note)
1:α−アミラーゼの影響を除くため、デンプンの分解率を10%以下(生成ブドウ糖が約2mg以下)とする。 1: alpha-order to remove the influence of amylase, the decomposition rate of the starch and less than 10% (produced glucose than about 2 mg).
2:α−アミラーゼ活性が200単位/ml以下の酵素液を用いる。 2: alpha-amylase activity using the following enzyme solution 200 units / ml.

(10.3.3)α−アミラーゼ 3−1. (10.3.3) α- amylase 3-1. 試薬 (1)M/5酢酸緩衝液(pH5.0) Reagents (1) M / 5 acetate buffer (pH 5.0)
A液:M/5 酢酸 氷酢酸11.55mlを水で1リットルにする。 A solution: the M / 5 acetate glacial acetic 11.55ml to 1 liter with water.
B液:M/5 酢酸ナトリウム溶液 酢酸ナトリウム(CH COONa・3H O)27.21gを水に溶かして1リットルとする。 Solution B: the M / 5 sodium acetate solution sodium acetate (CH 3 COONa · 3H 2 O ) 27.21g to 1 liter dissolved in water.

A液及びB液を調製し、A液5.9ml、B液14.1mlの割合で混合する。 The liquids A and B were prepared, A solution 5.9 ml, mixed at a ratio of B solution 14.1 ml. pHが正しく5.0にならない場合はA液又はB液を用いて調整する。 If the pH is not properly 5.0 adjusted using solution A or solution B.

(2)塩化ナトリウム溶液 塩化ナトリウム5gを水に溶かし、これに上記緩衝液50mlを加えて水で1リットルにする。 (2) sodium chloride solution of sodium chloride 5g dissolved in water, to which was added the buffer solution 50ml to 1 liter with water.

(3)ヨウ素溶液 ヨウ素0.0317gにヨウ化カリウム0.1g,10%塩酸50mlを加え、水に溶かして1lとする。 (3) potassium iodide 0.1 g, 10% hydrochloric acid 50ml was added to the iodine solution iodine 0.0317G, and 1l dissolved in water.

(4)デンプン溶液 可溶性デンプン1gを取り,211−4−1に倣って溶かした後,上記緩衝液20mlを加えてpH5.0に調整し,更に水を加えて100mlとする。 (4) takes the starch solution soluble starch 1g, it was dissolved following the 211-4-1, adjusted to pH5.0 by the addition of the buffer 20 ml, and 100ml further adding water.

3−2. 3-2. 酵素液の調製 固体こうじ10gに塩化ナトリウム溶液50mlを加え,低温室(5℃以下)で一夜、又は室温(15〜20℃)で3時間時々振り混ぜながら浸出した後ろ過する。 The sodium chloride solution 50ml was added to prepare a solid construction 10g of enzyme solution, overnight in a cold room (5 ° C. or less), or filtered after leaching with 3 hours occasional shaking at room temperature (15 to 20 ° C.). そのろ液10mlを透析膜に入れ、M/100酢酸緩衝液に対して低温で一夜透析した後、水で20mlにし酵素液とする。 As the filtrate 10ml was placed in a dialysis membrane, it was dialyzed overnight in cold against M / 100 acetate buffer, and the enzyme was brought to 20ml with water.

3−3. 3-3. 試験操作 デンプン溶液2mlを試験管に取り,40℃で5分間予熱する。 The test operation starch solution 2ml taken up in a test tube is preheated for 5 minutes at 40 ° C.. 酵素液0.1mlを加えて反応を開始し,反応液中よりその0.1mlずつをピペットで経時的(0.5分あるいは1分おき)に,あらかじめヨウ素溶液10mlを入れた試験管に取り,よく混合し,生じた色を25℃に保ちながら,厚さ10mmのセルを通して670nmで比色し,透過率T%を測定する。 The reaction was initiated by addition of enzyme solution 0.1ml, over time one by its 0.1ml than in the reaction solution by pipette (0.5 minutes or 1 minute intervals), taken up in a test tube which previously put iodine solution 10ml , it mixed well, while maintaining the resulting color to 25 ° C., colorimetrically with 670nm through cell having a thickness of 10 mm, to measure a transmittance T%.

比色の際の対照液には,水2mlに酵素液0.1mlを混ぜたものから0.1mlを取り出し,10mlのヨウ素溶液に加えたものを用いる。 The control liquid when colorimetric, water 2ml removed 0.1ml from those mixed with enzyme solution 0.1ml, used plus iodine solution 10 ml.

これら一連のT%の値の中から66%に相当する反応時間を見出してこれをt分とする。 We find a reaction time corresponding to 66% from the series of T% values ​​of the t minutes.

3−4. 3-4. 活性の表示 α−アミラーゼ活性は,40℃で30分間に分解される1%可溶性デンプン量(ml)として表示する。 Display α- amylase activity of the active displays as a 1% soluble starch the amount of degraded for 30 minutes at 40 ℃ (ml). こうじ1gのα−アミラーゼ活性は次式によって求める。 Koji 1g of α- amylase activity obtained by the following equation.

(注) (note)
1:これに使用する可溶性デンプンは,211−5−1によりデンプン溶液を調製し,その2mlに水0.1mlを混合したものから0.1mlをとり,10mlのヨウ素溶液に加え,生じた色を厚さ10mmのセルを通して670nmで比色し、透過率T%が18〜20にならなければならない。 1: soluble starch for use in this, the starch solution was prepared by 211-5-1, take 0.1ml of a mixture of water 0.1ml its 2 ml, was added to the iodine solution 10 ml, resulting color the colorimetrically at 670nm through the cell thickness 10 mm, the transmittance T% must become 18-20.

この条件に合わないデンプンの場合には,以下の換算式を用いる。 If the fit is not starch in this condition, using the following conversion equation. 反応時間をt分間とし,反応前のヨウ素呈色をT %,反応後のヨウ素呈色をT %としたとき The reaction time was between t min, when T 0% iodide Mototei color before reaction, the iodine Mototei color after reaction was T t%

2:酵素反応を5分間行った後のT%が80以上の場合は酵素液を適当に薄める。 2: T% after the enzyme reaction 5 minutes in the case of 80 or more diluting appropriately the enzyme solution.

(10.4 ペリクル分解効果の評価) (10.4 evaluation of the pellicle degradation effect)
(10.4.1 ハイドロキシアパタイト(Hap)パウダーでの試験) (10.4.1 hydroxyapatite (Hap) test in powder)
1)唾液採取用チューブ(SARSTEDT社製サリベットシリーズ、サリキッズシリーズ、サリソフトシリーズ等が使用できる。ここではサリベット51.1534を使用)を用いて、唾液を採取する。 1) saliva collection tube (SARSTEDT Co. riveted series, Sari Kids series, Sari software series, or the like can be used. Here, with the use of the Saribetto 51.1534) is, to collect saliva.

2)2500rpm、4分間遠心して、チューブに集まった唾液を一度、合一する。 2) 2500 rpm centrifugation for 4 minutes, the saliva collected in the tube once, coalesce.

3)Hapパウダー10mgを2ml容チューブに計りとる。 3) it is weighed the Hap powder 10mg in 2ml volume tube.

4)Hapパウダー入りチューブに唾液1mlを添加し、ボルテックス(十分に攪拌)する。 4) Saliva 1ml was added to Hap powder-in-tube and vortex (well-stirred). ネガティブコントロールに生理食塩水1mlを添加し、同じようにボルテックスする。 Physiological saline was added 1ml of negative control and vortex like.

5)シェーキングインキュベーターを37℃に加温し、4のチューブを入れて強めに振とうしながら、一晩(16時間)インキュベートする。 5) shaking incubator warmed to 37 ° C., with shaking Stronger put 4 tubes overnight (16 hours) incubation.

6)インキュベーターから取り出し、13,000rpm、5分間遠心して、上清(唾液)を取り除く。 6) removed from the incubator, 13,000 rpm, and centrifuged for 5 minutes, removing the supernatant (saliva).

7)生理食塩水200μlを添加して、タッピングして生理食塩水中にパウダーを分散させる。 7) was added to saline 200 [mu] l, to disperse the powder in saline by tapping.

8)13,000 rpm、5分間遠心して、上清を取り除く。 8) was centrifuged 13,000 rpm, 5 minutes, remove the supernatant.

9)7)、8)(=洗浄工程)を繰り返す。 9) 7) 8) (= Repeat wash step).

10)酵素液等、効果を確認したい物質の溶解液をチューブに添加し、37℃のシェーキングインキュベーターで20分間強めに振とうしながらインキュベートする。 10) the enzyme solution and the like, added solution of a substance to be confirmed an effect on tube and incubated with shaking Stronger with shaking incubator at 37 ° C. 20 min. ポジティブコントロールおよびネガティブコントロールには生理食塩水を添加する。 For positive and negative controls are added saline. *乾燥米麹抽出物A水溶液、Aspergillus属由来精製酵素(例;天野エンザイム「プロテアーゼMアマノSD」)水溶液をいずれもタンパク質消化力100U/mlで供した。 * Dry rice koji extract A solution, Aspergillus spp derived purified enzyme; both (eg Amano Enzyme "Protease M Amano SD") aqueous solution was subjected in protein digestion 100 U / ml.

11)インキュベーターから取り出し、13,000rpm、5分間遠心して、上清(酵素液)を取り除く。 11) removed from the incubator, 13,000 rpm, and centrifuged for 5 minutes, removing the supernatant (enzyme solution).

12)生理食塩水200μlを添加して、タッピングして生理食塩水中にパウダーを分散させる。 12) was added to saline 200 [mu] l, to disperse the powder in saline by tapping.

13)13,000rpm、5分間遠心して、上清を取り除く(洗浄)。 13) 13,000 rpm, and centrifuged for 5 minutes, removing the supernatant (wash).

14)生理食塩水100μlを添加して、タッピングして生理食塩水中にパウダーを分散させる。 14) was added to saline 100 [mu] l, to disperse the powder in saline by tapping.

15)超音波処理(15min)してから、13,000rpm、5min遠心して、上清をタンパク定量する。 After 15) sonicated (15min), 13,000 rpm, and 5min centrifugation, the supernatant protein assay.

16)(タンパク定量)市販の試薬Bio−Rad Protein assay(Bio−Rad社)を用いる。 16) using (protein quantitation) commercially available reagents Bio-Rad Protein assay (Bio-Rad, Inc.). γ−グロブリン(2.0 mg/ml)を生理食塩水と、0.1N NaOHの等量混合物で希釈し、0、25、50、100、150、200μg/mlになるように調整する。 And γ- globulin (2.0 mg / ml) saline, and diluted with an equal volume mixture of 0.1 N NaOH, adjusted to be 0,25,50,100,150,200μg / ml.

17)96ウェルプレートに、11)の上清、12)のγ−グロブリン希釈液をそれぞれ10μl入れ、そこへ蒸留水で5倍希釈したProtein assay試薬200μlを添加して、5分間以上(60分間以内)反応させる。 17) in 96-well plates, 11 supernatant), 12) placed 10μl of γ- globulin dilutions respectively, by the addition of Protein assay reagent 200μl diluted 5-fold with distilled water thereto, or 5 minutes (60 minutes within) is reacted.

18)プレートリーダーにより、595 nm吸光度を測定し、γ−グロブリンで検量線を作成の上、15)上清中のタンパク質濃度を算出する。 By 18) plate reader to measure the 595 nm absorbance, on creating a calibration curve γ- globulin, 15) calculates the protein concentration in the supernatant.

19)(評価基準)18)のタンパク質濃度に上清の体積をかけて、Hapパウダーへのタンパク質付着量とする。 19) (over the volume of the supernatant to a protein concentration evaluation criteria) 18), and protein deposition amount of the Hap powder. 唾液処理のみ、酵素処理等をおこなっていないHapパウダー(ポジティブコントロール)には、このとき40(μg/10mg Hapパウダー)程度のタンパク質の付着が見られる。 Saliva treatment alone, the Hap powder not subjected to enzyme treatment or the like (positive control), this case 40 is attached to ([mu] g / 10 mg Hap powder) about the protein observed.

検出されたタンパク質の量が多いほどペリクル除去効果が低く、少ないほど効果が高いと評価し、結果を次のように記号化した: Greater the amount of detected protein low pellicle removal effect was evaluated to be high enough less effective, and the results are symbolized as follows:
×:ペリクル分解効果なし(ポジティブコントロールと同程度のタンパク質量) ×: No pellicle degradation effect (protein mass comparable to the positive control)
△:ペリクル分解効果弱い○:ペリクル分解効果あり◎:ペリクル分解効果強い(ネガティブコントロールと同程度のタンパク質量)。 △: weak pellicle degradation effect ○: There pellicle degradation effect ◎: strong pellicle degradation effect (protein mass comparable to the negative control).

(10.4.2 Hapディスクでの試験) (Test in 10.4.2 Hap disk)
1)唾液採取用チューブ(SARSTEDT社製サリベットシリーズ、サリキッズシリーズ、サリソフトシリーズ等が使用できる。ここではサリベット51.1534を使用)を用いて、唾液を採取する。 1) saliva collection tube (SARSTEDT Co. riveted series, Sari Kids series, Sari software series, or the like can be used. Here, with the use of the Saribetto 51.1534) is, to collect saliva.

2)2500rpm、4分間遠心して、チューブに集まった唾液を一度、合一する。 2) 2500 rpm centrifugation for 4 minutes, the saliva collected in the tube once, coalesce.

3)Hapディスクを、2ml容チューブに1枚ずつ入れる。 3) Hap disk, placed one by one in 2ml volume tube.

4)Hapディスク入りチューブに唾液1mlを添加し、ネガティブコントロールには生理食塩水を添加する。 4) Hap saliva 1ml was added to the disk-in-tube, adding the saline negative control.

5)シェーキングインキュベーターを37℃に加温し、4のチューブを入れて強めに振とうしながら、一晩(16時間)インキュベートする。 5) shaking incubator warmed to 37 ° C., with shaking Stronger put 4 tubes overnight (16 hours) incubation.

6)インキュベーターから取り出し、唾液(または生理食塩水)を取り除く。 6) removed from the incubator, remove the saliva (or saline).

7)チューブに生理食塩水200μlを入れて軽くすすぎ、生理食塩水を除く。 7) Rinse gently put saline 200μl to tubes, except saline. 同様の操作をもう一度繰り返す。 Once again the same operation.

8)酵素液等、効果を確認したい物質の溶解液をチューブに添加し、37℃のシェーキングインキュベーターで20分間強めに振とうしながらインキュベートする。 8) the enzyme solution and the like, added solution of a substance to be confirmed an effect on tube and incubated with shaking Stronger with shaking incubator at 37 ° C. 20 min. ポジティブコントロールおよびネガティブコントロールには生理食塩水を添加する。 For positive and negative controls are added saline. *乾燥米麹抽出物A水溶液、Aspergillus属由来精製酵素(例:天野エンザイム「プロテアーゼMアマノSD」)水溶液を、いずれもタンパク質消化力100U/mlで供した。 * Dry rice koji extract A solution, Aspergillus spp derived purified enzyme: (eg Amano Enzyme "Protease M Amano SD") aqueous solution, were both subjected in protein digestion 100 U / ml.

9)インキュベーターから取り出し、酵素液を除去する。 9) removed from the incubator and remove the enzyme solution.

10)生理食塩水200μlを添加して、軽くすすぎ、除去する。 10) was added to saline 200 [mu] l, rinsed gently removed.

11)CBB(Coomassie Brilliant Blue R−250 Staining Solution、Bio−Rad社製)でHapディスク表面についたタンパク質を染色する。 11) to stain CBB (Coomassie Brilliant Blue R-250 Staining Solution, proteins attached to Hap disk surface by Bio-Rad Co.).

12)(染色)Hapディスクの入ったチューブにCBB溶液100 μlを添加し、そのまま2時間以上放置する。 12) (stain) the CBB solution 100 [mu] l was added to the tube containing the Hap disk and allowed to stand for 2 hours or more.

13)余分なCBB溶液を生理食塩水ですすぎ落とす。 13) the excess CBB solution rinsed with saline.

14)脱色液(40%MeOH、10%酢酸)を1ml程度チューブへ入れ、軽くゆすぐ。 14) decolorizing solution (40% MeOH, 10% acetic acid) was placed into 1ml about the tube, rinsed lightly. 5分間程度おいてから脱色液を取り除き、新しい脱色液を入れ、同様の操作をおこなう。 Hey about 5 minutes remove the bleaching solution from, insert a new bleaching solution, the same procedure.

15)チューブからディスクを取り出し、デジタルカメラで写真撮影する。 15) from the tube eject the disc and photographed with a digital camera. その時に画像補正用カラーチャートCasMatch(株式会社ベアーメディック)を写りこませるようにする。 Thereof so as to crowded show-through image correction for color chart CasMatch (Co., Ltd. Bear Medic) at the time.

16)(画像処理)写真中のキャスマッチを使って補正し、その後Lab値を確認する(Adobe Photoshop使用)。 16) (corrected by using the Cass match of image processing) in the photographic, to confirm the subsequent Lab value (Adobe Photoshop use). L値(明るさ)大きいほど明るい。 L value (brightness) as large as bright. a値(赤→緑の指標)。 a value (red → green indicator). b値(黄→青の指標)。 b values ​​(an index of yellow → blue). CBB染色の場合はb値が大きく変化すると予想される。 For CBB staining is expected that b value changes greatly.

17)(評価基準)ΔEを求める。 17) (seek the evaluation criteria) ΔE. ΔEが小さいほうが白い状態からの変化が小さい=ペリクル除去効果が高いと評価できる。 Better ΔE is small is small change from the white state = pellicle removal effect can be evaluated as high.

ΔE=[(ΔL +(Δa +(Δb 1/2 ΔE = [(ΔL *) 2 + (Δa *) 2 + (Δb *) 2] 1/2
ここで、ΔL =CBB染色後のL値−初期L値 Δa 、Δb についても同様に算出する。 Here, [Delta] L * = L value of CBB staining - initial L value .DELTA.a *, calculated in the same manner also [Delta] b *. ΔE値が小さいほど被試験面へのタンパク質の付着量が少ない、すなわちペリクル分解効果が高いと評価し、結果を次のように記号化した。 Higher ΔE value is smaller adhesion amount of the protein to be tested surface is small, i.e. the pellicle degradation effect is evaluated as high, results were symbolized as follows.
×:ペリクル分解効果なし(ポジティブコントロールと同程度の着色) ×: No pellicle degradation effect (positive control and the same degree of coloring)
△:ペリクル分解効果弱い○:ペリクル分解効果あり◎:ペリクル分解効果強い(ネガティブコントロールと同程度の着色)。 △: weak pellicle degradation effect ○: There pellicle degradation effect ◎: pellicle degradation effect strong (comparable to the negative control coloring).

(10.4.3 牛歯エナメル切片での試験(基本的にHapディスクと同じ)) (10.4.3 bovine test enamel sections (basically the same as Hap disc))
1)唾液採取用チューブ(SARSTEDT社製サリベットシリーズ、サリキッズシリーズ、サリソフトシリーズ等が使用できる。ここではサリベット51.1534を使用)を用いて、唾液を採取する。 1) saliva collection tube (SARSTEDT Co. riveted series, Sari Kids series, Sari software series, or the like can be used. Here, with the use of the Saribetto 51.1534) is, to collect saliva.

2)2500rpm、4分間遠心して、チューブに集まった唾液を一度、合一する。 2) 2500 rpm centrifugation for 4 minutes, the saliva collected in the tube once, coalesce.

3)牛歯エナメル切片(#800程度のサンドペーパーで研磨)を50ml容チューブに2片ずつ入れる。 3) cow's tooth put enamel sections (polished with sandpaper of about # 800) by two pieces in 50ml volume tube.

4)牛歯切片入りチューブに唾液4mlを入れ、切片が浸っていることを確認する。 4) bovine put saliva 4ml to sections containing tube, to make sure that the sections are immersed.

5)シェーキングインキュベーターを37℃に加温し、4のチューブを入れて強めに振とうしながら、一晩(16時間)インキュベートする。 5) shaking incubator warmed to 37 ° C., with shaking Stronger put 4 tubes overnight (16 hours) incubation.

6)あとの操作はHapディスクの場合と同じ。 6) the operation of the rest is the same as the case of Hap disk. 洗浄に用いる生理食塩水や脱色液の量は適宜調整し増やす。 The amount of saline or bleaching solution used for washing is suitably adjusted increased.

(10.5 紅茶変性ペリクル分解効果の評価) (10.5 Evaluation of tea modified pellicle degradation effect)
(10.5.1 Hapパウダーでの試験) (Test in 10.5.1 Hap powder)
1)唾液採取用チューブ(SARSTEDT社製サリベットシリーズ、サリキッズシリーズ、サリソフトシリーズ等が使用できる。ここではサリベット51.1534を使用)を用いて、唾液を採取する。 1) saliva collection tube (SARSTEDT Co. riveted series, Sari Kids series, Sari software series, or the like can be used. Here, with the use of the Saribetto 51.1534) is, to collect saliva.

2)2500rpm、4分間遠心して、チューブに集まった唾液を一度、合一する。 2) 2500 rpm centrifugation for 4 minutes, the saliva collected in the tube once, coalesce.

3)Hapパウダー10mgを2ml容チューブに計りとる。 3) it is weighed the Hap powder 10mg in 2ml volume tube.

4)Hapパウダー入りチューブに唾液1mlを添加し、ボルテックス(十分に攪拌)する。 4) Saliva 1ml was added to Hap powder-in-tube and vortex (well-stirred). ネガティブコントロールに生理食塩水1mlを添加し、同じようにボルテックスする。 Physiological saline was added 1ml of negative control and vortex like.

5)シェーキングインキュベーターを37℃に加温し、4のチューブを入れて強めに振とうしながら、一晩(16時間)インキュベートする。 5) shaking incubator warmed to 37 ° C., with shaking Stronger put 4 tubes overnight (16 hours) incubation.

6)インキュベーターから取り出し、13,000rpm、5分間遠心して、上清を取り除く。 6) removed from the incubator, 13,000 rpm, and centrifuged for 5 minutes, the supernatant removed.

7)生理食塩水200μlを添加して、タッピングして生理食塩水中にパウダーを分散させる。 7) was added to saline 200 [mu] l, to disperse the powder in saline by tapping.

8)13,000rpm、5分間遠心して、上清を取り除く。 8) 13,000rpm, and centrifuged for 5 minutes, remove the supernatant.

9)紅茶(ティーパック1袋に対し、熱湯100ml、5分間抽出後、37℃程度まで冷却)1mlをチューブに添加し、タッピングしてパウダーを分散させる。 To 9) Tea (tea bags 1 bag after hot water 100 ml, 5 min extract, was added cooling) 1 ml to the tube to about 37 ° C., to disperse the powder by tapping. ネガティブコントロールにも同じように紅茶を添加する。 Also added a cup of tea in the same way as the negative control.

10)シェーキングインキュベーターを37℃に加温し、9のチューブを入れて強めに振とうしながら、1時間インキュベートする。 10) shaking incubator warmed to 37 ° C., with shaking Stronger putting 9 of the tube, incubated for one hour.

11)インキュベーターから取り出し、13,000rpm、5分間遠心して、上清を取り除く。 11) removed from the incubator, 13,000 rpm, and centrifuged for 5 minutes, the supernatant removed.

12)生理食塩水200μlを添加して、タッピングして生理食塩水中にパウダーを分散させる。 12) was added to saline 200 [mu] l, to disperse the powder in saline by tapping.

13)13,000rpm、5分間遠心して、上清を取り除く。 13) 13,000 rpm, and centrifuged for 5 minutes, the supernatant removed.

14)酵素液等、効果を確認したい物質の溶解液をチューブに添加し、37℃のシェーキングインキュベーターで20分間強めに振とうしながらインキュベートする。 14) the enzyme solution and the like, added solution of a substance to be confirmed an effect on tube and incubated with shaking Stronger with shaking incubator at 37 ° C. 20 min. ポジティブコントロールおよびネガティブコントロールには生理食塩水を添加する。 For positive and negative controls are added saline. *乾燥米麹抽出物A水溶液、Aspergillus属由来精製酵素(例;天野エンザイム「プロテアーゼMアマノSD」、キッコーマン「タンナーゼKT05」)水溶液をいずれもタンパク質消化力100U/ml、タンナーゼ活性14.8U/mlで供した。 * Dry rice koji extract A solution, Aspergillus spp derived purified enzyme (eg; Amano "Protease M Amano SD" Kikkoman "tannase KT05") aqueous solution both proteins digestion 100 U / ml, tannase activity 14.8U / ml in was subjected.

15)インキュベーターから取り出し、13,000 rpm、5分間遠心して、上清を取り除く。 15) removed from the incubator and centrifuged 13,000 rpm, 5 minutes, the supernatant removed.

16)生理食塩水100μlを添加して、タッピングして生理食塩水中にパウダーを分散させる。 16) was added to saline 100 [mu] l, to disperse the powder in saline by tapping.

17)超音波処理(15分間)してから、13,000rpm、5分間遠心して、上清をタンパク定量する。 17) after ultrasonic treatment (15 min), 13,000 rpm, and centrifuged for 5 minutes, the supernatant protein assay.

18)上清にも色がついており、正常な定量が出来ない可能性もあるので、サンプルブランクもとっておく。 18) and also with a color in the supernatant, because there is a possibility that can not be normal quantitative, should also take a sample blank. 上清10μl+蒸留水200μlで96ウェルプレートで595nm吸光度測定する。 595nm absorbance is measured in 96-well plates in the supernatant 10 [mu] l + distilled water 200 [mu] l.

19)(紅茶濃度確認)96ウェルプレートに上清50μlを入れ、さらに蒸留水125μlを加え、計150μlにする。 19) (The supernatant was placed in 50μl tea concentration check) 96-well plates, further distilled water 125μl added to a total of 150 [mu] l. 420nm吸光度測定する。 420nm absorbance is measured. または、405、450、430nmでも可。 Or, yes, even 405,450,430nm.

20)(評価基準)検出されたタンパク質の量が多いほどペリクル除去効果が低く、少ないほど効果が高いと評価した。 20) (Evaluation criteria) detected as the amount of protein is often pellicle removal effect is low, and evaluated to have higher less effective. また、紅茶色素の量は吸光度が高いほど多くすなわち変性ペリクル分解効果が低い、吸光度が低いほど少なくすなわち変性ペリクル分解効果が高いと評価した。 The amount of tea pigment higher absorbance many i.e. less modified pellicle degradation effects, the lower the absorbance less i.e. modified pellicle degradation effect was evaluated as high. 二つの結果を合せて次のように記号化した。 It was symbolized in the following manner in accordance with the two results.
×:紅茶変性ペリクル分解効果なし(ポジティブコントロールと同程度の着色およびタンパク質量) ×: No tea modified pellicle degradation effects (color and protein content comparable to positive control)
△:紅茶変性ペリクル分解効果弱い○:紅茶変性ペリクル分解効果あり◎:紅茶変性ペリクル分解効果強い(ネガティブコントロールと同程度の着色およびタンパク質量)。 △: Tea modified pellicle degradation effect Weak ○: There tea modified pellicle degradation effect ◎: Tea modified pellicle degradation effect strong (colored and protein content comparable to negative control).

(10.5.2 Hapディスクでの試験) (Test in 10.5.2 Hap disk)
1)唾液採取用チューブ(SARSTEDT社製サリベットシリーズ、サリキッズシリーズ、サリソフトシリーズ等が使用できる。ここではサリベット51.1534を使用)を用いて、唾液を採取する。 1) saliva collection tube (SARSTEDT Co. riveted series, Sari Kids series, Sari software series, or the like can be used. Here, with the use of the Saribetto 51.1534) is, to collect saliva.

2)2500rpm、4分間遠心して、チューブに集まった唾液を一度、合一する。 2) 2500 rpm centrifugation for 4 minutes, the saliva collected in the tube once, coalesce.

3)Hapディスクを、2ml容チューブに1枚ずつ入れる。 3) Hap disk, placed one by one in 2ml volume tube.

4)Hapディスク入りチューブに唾液1mlを添加し、ネガティブコントロールには生理食塩水を添加する。 4) Hap saliva 1ml was added to the disk-in-tube, adding the saline negative control.

5)シェーキングインキュベーターを37℃に加温し、4のチューブを入れて強めに振とうしながら、一晩(16時間)インキュベートする。 5) shaking incubator warmed to 37 ° C., with shaking Stronger put 4 tubes overnight (16 hours) incubation.

6)インキュベーターから取り出し、唾液(または生理食塩水)を取り除く。 6) removed from the incubator, remove the saliva (or saline).

7)チューブに生理食塩水200μlを入れて軽くすすぎ、生理食塩水を除く。 7) Rinse gently put saline 200μl to tubes, except saline. 同様の操作をもう一度繰り返す。 Once again the same operation.

8)紅茶(ティーパック1袋に対し、熱湯100ml、5分間抽出後、37℃程度まで冷却)1mlをチューブに添加する。 To 8) tea (tea bags 1 bag, is added after the hot water 100 ml, 5 min extraction, up to about 37 ° C. cooling) 1 ml to the tube.

9)シェーキングインキュベーターを37℃に加温し、8のチューブを入れて強めに振とうしながら、1時間インキュベートする。 9) shaking incubator warmed to 37 ° C., with shaking Stronger put 8 tubes and incubated for 1 hour.

10)インキュベーターから取り出し、紅茶液を取り除く。 10) removed from the incubator, remove the tea solution.

11)酵素液等、効果を確認したい物質の溶解液をチューブに添加し、37℃のシェーキングインキュベーターで20分間強めに振とうしながらインキュベートする。 11) the enzyme solution and the like, added solution of a substance to be confirmed an effect on tube and incubated with shaking Stronger with shaking incubator at 37 ° C. 20 min. ポジティブコントロールおよびネガティブコントロールには生理食塩水を添加する。 For positive and negative controls are added saline. *乾燥米麹抽出物A水溶液Aspergillus属由来精製酵素(例;天野エンザイム「プロテアーゼMアマノSD」、キッコーマン「タンナーゼKT05」)水溶液を、いずれもタンパク質消化力100U/ml、タンナーゼ活性14.8U/mlで供した。 * Dry rice koji extract A solution derived from the genus Aspergillus purified enzyme (eg; Amano "Protease M Amano SD" Kikkoman "tannase KT05") aqueous solution, both protein digestion 100 U / ml, tannase activity 14.8U / ml in was subjected.

12)インキュベーターから取り出し、酵素液を除去する。 12) removed from the incubator and remove the enzyme solution.

13)生理食塩水200μlを添加して、軽くすすぎ、除去する。 13) was added to saline 200 [mu] l, rinsed gently removed.

14)チューブからディスクを取り出し、デジタルカメラで写真撮影する。 14) from the tube eject the disc and photographed with a digital camera. その時にCasMatchを写りこませるようにする。 To allow crowded Ballmer the CasMatch at that time.

15)(画像処理)写真中のCasMatchを使って補正し、その後Lab値を確認する(Adobe Photoshop使用)。 15) (corrected by using the CasMatch of image processing) in the photographic, to confirm the subsequent Lab value (Adobe Photoshop use). L値(明るさ)大きいほど明るい。 L value (brightness) as large as bright. a値(赤→緑の指標)。 a value (red → green indicator). b値(黄→青の指標)。 b values ​​(an index of yellow → blue). 紅茶染色の場合はa値が大きく変化すると予想される。 For tea stain it is expected that a value is greatly changed.

16)(評価基準)ΔEを求める。 16) (obtaining the evaluation criteria) Delta] E. ΔEが小さいほうが白い状態からの変化が小さい=ペリクル除去効果が高いと評価できる。 Better ΔE is small is small change from the white state = pellicle removal effect can be evaluated as high.
ΔE=[(ΔL +(Δa +(Δb 1/2 ΔE = [(ΔL *) 2 + (Δa *) 2 + (Δb *) 2] 1/2
ここで、ΔL =紅茶染色酵素反応後のL値−初期(紅茶染色前)L値 Here, [Delta] L * = tea stained enzymatic reactions after L value - initial (before tea stain) L value
Δa 、Δb についても同様に算出する。 Δa *, calculated in the same manner also Δb *.
ΔE値が小さいほど被試験面への紅茶変性タンパク質の付着量が少ない、すなわち紅茶変性ペリクル分解効果が高いと評価し、結果を次のように記号化した。 Higher ΔE value is smaller adhesion amount of tea denatured protein to be tested surface is small, that is evaluated to be high tea modified pellicle degradation effects, results were symbolized as follows.
×:紅茶変性ペリクル分解効果なし(ポジティブコントロールと同程度の着色) ×: No tea modified pellicle degradation effect (positive control the same degree of coloring)
△:紅茶変性ペリクル分解効果弱い○:紅茶変性ペリクル分解効果あり◎:紅茶変性ペリクル分解効果強い(ネガティブコントロールと同程度の着色) △: tea-modified pellicle degradation effect weak ○: There is a tea-modified pellicle degradation effect ◎: tea-modified pellicle degradation effect strong (comparable to the negative control coloring)
(10.5.3 牛歯エナメル切片での試験(基本的にHapディスクと同じ)) (10.5.3 bovine test enamel sections (basically the same as Hap disc))
1)唾液採取用チューブ(SARSTEDT社製サリベットシリーズ、サリキッズシリーズ、サリソフトシリーズ等が使用できる。ここではサリベット51.1534を使用)を用いて、唾液を採取する。 1) saliva collection tube (SARSTEDT Co. riveted series, Sari Kids series, Sari software series, or the like can be used. Here, with the use of the Saribetto 51.1534) is, to collect saliva.

2)2500rpm、4分間遠心して、チューブに集まった唾液を一度、合一する。 2) 2500 rpm centrifugation for 4 minutes, the saliva collected in the tube once, coalesce.

3)牛歯エナメル切片を50ml容チューブに2片ずつ入れる。 3) cow's tooth enamel sections are placed by two pieces in 50ml volume tube.

4)牛歯切片入りチューブに唾液4 mlを入れ、切片が浸っていることを確認する。 4) bovine sections containing put saliva 4 ml to the tube, to ensure that the slices are immersed.

5)シェーキングインキュベーターを37℃に加温し、4のチューブを入れて強めに振とうしながら、一晩(16時間)インキュベートする。 5) shaking incubator warmed to 37 ° C., with shaking Stronger put 4 tubes overnight (16 hours) incubation.

6)あとの操作はHapディスクの場合と同じ。 6) the operation of the rest is the same as the case of Hap disk. 酵素液の量や洗浄に用いる生理食塩水の量は適宜調整し増やす。 The amount of saline used in the amount or cleaning of enzyme solution appropriately adjusted increased.

(10.6 ペリクルへの紅茶沈着抑制効果の評価) (10.6 evaluation of tea deposition suppression effect on the pellicle)
(10.6.1 Hapパウダーでの試験) (Test in 10.6.1 Hap powder)
1)唾液採取用チューブ(SARSTEDT社製サリベットシリーズ、サリキッズシリーズ、サリソフトシリーズ等が使用できる。ここではサリベット51.1534を使用)を用いて、唾液を採取する。 1) saliva collection tube (SARSTEDT Co. riveted series, Sari Kids series, Sari software series, or the like can be used. Here, with the use of the Saribetto 51.1534) is, to collect saliva.

2)2500rpm、4分間遠心して、チューブに集まった唾液を一度、合一する。 2) 2500 rpm centrifugation for 4 minutes, the saliva collected in the tube once, coalesce.

3)Hapパウダー10mgを2ml容チューブに計りとる。 3) it is weighed the Hap powder 10mg in 2ml volume tube.

4)Hapパウダー入りチューブに唾液1mlを添加し、ボルテックス(十分に攪拌)する。 4) Saliva 1ml was added to Hap powder-in-tube and vortex (well-stirred). ネガティブコントロールに生理食塩水1mlを添加し、同じようにボルテックスする。 Physiological saline was added 1ml of negative control and vortex like.

5)シェーキングインキュベーターを37℃に加温し、4のチューブを入れて強めに振とうしながら、一晩(16時間)インキュベートする。 5) shaking incubator warmed to 37 ° C., with shaking Stronger put 4 tubes overnight (16 hours) incubation.

6)インキュベーターから取り出し、13,000rpm、5分間遠心して、上清を取り除く。 6) removed from the incubator, 13,000 rpm, and centrifuged for 5 minutes, the supernatant removed.

7)生理食塩水200μlを添加して、タッピングして生理食塩水中にパウダーを分散させる。 7) was added to saline 200 [mu] l, to disperse the powder in saline by tapping.

8)13,000rpm、5分間遠心して、上清を取り除く。 8) 13,000rpm, and centrifuged for 5 minutes, remove the supernatant.

9)紅茶(ティーパック1袋に対し、熱湯100ml、5分間抽出後、37℃程度まで冷却)に酵素等、効果を確認したい物質を溶解(分散)させチューブに添加し、37℃のシェーキングインキュベーターで1時間強めに振とうしながらインキュベートする。 To 9) Tea (tea bags 1 bag after hot water 100 ml, 5 min extraction, enzymes, etc. in cooling) to about 37 ° C., was added to the tube to dissolve the substance to check the effect (dispersion), shaking of 37 ° C. incubate with shaking stronger 1 hour in an incubator. ポジティブコントロール、ネガティブコントロールには紅茶を添加する。 Positive control, a negative control is added to tea. *乾燥米麹抽出物A水溶液、Aspergillus属由来精製酵素(例;天野エンザイム「プロテアーゼMアマノSD」、キッコーマン「タンナーゼKT05」)水溶液をいずれもタンパク質消化力100U/ml、タンナーゼ活性14.8U/mlで供した。 * Dry rice koji extract A solution, Aspergillus spp derived purified enzyme (eg; Amano "Protease M Amano SD" Kikkoman "tannase KT05") aqueous solution both proteins digestion 100 U / ml, tannase activity 14.8U / ml in was subjected.

10)インキュベーターから取り出し、13,000 rpm、5分間遠心して、紅茶酵素液を取り除く。 10) removed from the incubator, 13,000 rpm, centrifuged for 5 minutes, remove the tea enzyme solution.

11)生理食塩水200μlを添加して、タッピングして生理食塩水中にパウダーを分散させる。 11) was added to saline 200 [mu] l, to disperse the powder in saline by tapping.

12)13,000rpm、5分間遠心して、上清を取り除く。 12) 13,000 rpm, and centrifuged for 5 minutes, the supernatant removed.

13)生理食塩水100μlを添加して、タッピングして生理食塩水中にパウダーを分散させる。 13) was added to saline 100 [mu] l, to disperse the powder in saline by tapping.

14)超音波処理(15分間)してから、13,000rpm、5分間遠心して、上清をタンパク定量する。 14) after ultrasonic treatment (15 min), 13,000 rpm, and centrifuged for 5 minutes, the supernatant protein assay.

15)上清にも色がついており、正常な定量が出来ない可能性もあるので、サンプルブランクもとっておく。 15) it is also colored in the supernatant, because there is a possibility that can not be normal quantitative, should also take a sample blank. 上清10μl+蒸留水200μlで96ウェルプレートで595 nm吸光度測定する。 595 nm absorbance is measured in 96-well plates in the supernatant 10 [mu] l + distilled water 200 [mu] l.

16)(紅茶濃度確認)96ウェルプレートに上清50μlを入れ、さらに蒸留水125μlを加え、計150μlにする。 16) (The supernatant was placed in 50μl tea concentration check) 96-well plates, further distilled water 125μl added to a total of 150 [mu] l. 420nm吸光度測定する。 420nm absorbance is measured. または、405、450、430nmでも可。 Or, yes, even 405,450,430nm.

17)検出されたタンパク質の量が多いほどペリクル除去効果が低く、少ないほど効果が高いと評価した。 17) detected as the amount of protein is often pellicle removal effect is low, and evaluated to have higher less effective. また、紅茶色素の量は吸光度が高いほど多くすなわちペリクルへの紅茶沈着量が低い、吸光度が低いほど少なくすなわちペリクルへの紅茶沈着抑制効果が高いと評価した。 The amount of tea pigment higher absorbance many i.e. low tea deposition of the pellicle, tea deposition suppressing effect of absorbance to lower the small i.e. the pellicle was evaluated as high. 二つの結果を合せて次のように記号化した: Together the two results was symbolized as follows:
×:ペリクルへの紅茶沈着抑制効果なし(ポジティブコントロールと同程度の着色とタンパク質量) ×: No tea deposition suppression effect on the pellicle (colored and protein mass comparable to the positive control)
△:ペリクルへの紅茶沈着抑制効果弱い○:ペリクルへの紅茶沈着抑制効果あり◎:ペリクルへの紅茶沈着抑制効果強い(ネガティブコントロールと同程度の着色とタンパク質量)。 △: weak tea deposition suppression effect on the pellicle ○: There tea deposition suppression effect on the pellicle ◎: strong tea deposition suppression effect on the pellicle (colored and protein mass comparable to the negative control).

(10.6.2 Hapディスクでの試験) (Test in 10.6.2 Hap disk)
1)唾液採取用チューブ(SARSTEDT社製サリベットシリーズ、サリキッズシリーズ、サリソフトシリーズ等が使用できる。ここではサリベット51.1534を使用)を用いて、唾液を採取する。 1) saliva collection tube (SARSTEDT Co. riveted series, Sari Kids series, Sari software series, or the like can be used. Here, with the use of the Saribetto 51.1534) is, to collect saliva.

2)2500rpm、4分間遠心して、チューブに集まった唾液を一度、合一する。 2) 2500 rpm centrifugation for 4 minutes, the saliva collected in the tube once, coalesce.

3)Hapディスクを、2ml容チューブに1枚ずつ入れる。 3) Hap disk, placed one by one in 2ml volume tube.

4)Hapディスク入りチューブに唾液1mlを添加し、ネガティブコントロールには生理食塩水を添加する。 4) Hap saliva 1ml was added to the disk-in-tube, adding the saline negative control.

5)シェーキングインキュベーターを37℃に加温し、4のチューブを入れて強めに振とうしながら、一晩(16時間)インキュベートする。 5) shaking incubator warmed to 37 ° C., with shaking Stronger put 4 tubes overnight (16 hours) incubation.

6)インキュベーターから取り出し、唾液(または生理食塩水)を取り除く。 6) removed from the incubator, remove the saliva (or saline).

7)チューブに生理食塩水200μlを入れて軽くすすぎ、生理食塩水を除く。 7) Rinse gently put saline 200μl to tubes, except saline. 同様の操作をもう一度繰り返す。 Once again the same operation.

8)紅茶(ティーパック1袋に対し、熱湯100ml、5分間抽出後、37℃程度まで冷却)に酵素等、効果を確認したい物質を溶解(分散)させチューブに添加し、37℃のシェーキングインキュベーターで1時間強めに振とうしながらインキュベートする。 To 8) tea (tea bags 1 bag after hot water 100 ml, 5 min extraction, enzymes, etc. in cooling) to about 37 ° C., was added to the tube to dissolve the substance to check the effect (dispersion), shaking of 37 ° C. incubate with shaking stronger 1 hour in an incubator. ポジティブコントロール、ネガティブコントロールには紅茶を添加する。 Positive control, a negative control is added to tea. *乾燥米麹抽出物A水溶液、Aspergillus属由来精製酵素(例;天野エンザイム「プロテアーゼMアマノSD」、キッコーマン「タンナーゼKT05」)水溶液をいずれもタンパク質消化力100U/ml、タンナーゼ活性14.8U/mlで供した。 * Dry rice koji extract A solution, Aspergillus spp derived purified enzyme (eg; Amano "Protease M Amano SD" Kikkoman "tannase KT05") aqueous solution both proteins digestion 100 U / ml, tannase activity 14.8U / ml in was subjected.

9)インキュベーターから取り出し、紅茶酵素液を取り除く。 9) removed from the incubator, remove the tea enzyme solution.

10)チューブに生理食塩水200μlを入れて軽くすすぎ、生理食塩水を除く。 10) Rinse gently put saline 200μl to tubes, except saline. 同様の操作をもう一度繰り返す。 Once again the same operation.

11)チューブからディスクを取り出し、デジタルカメラで写真撮影する。 11) from the tube eject the disc and photographed with a digital camera. その時にCasMatchを写りこませるようにする。 To allow crowded Ballmer the CasMatch at that time.

12)(画像処理)写真中のCasMatchを使って補正し、その後Lab値を確認する(Adobe Photoshop使用)。 12) (corrected by using the CasMatch of image processing) in the photographic, to confirm the subsequent Lab value (Adobe Photoshop use). L値(明るさ)大きいほど明るい。 L value (brightness) as large as bright. a値(赤→緑の指標)。 a value (red → green indicator). b値(黄→青の指標)。 b values ​​(an index of yellow → blue). 紅茶染色の場合はa値が大きく変化すると予想される。 For tea stain it is expected that a value is greatly changed.

13)(評価基準)ΔEを求める。 13) (obtaining the evaluation criteria) Delta] E. ΔEが小さいほうが白い状態からの変化が小さい=ペリクルへの紅茶沈着抑制効果が高いと評価できる。 Better ΔE is small is small change from the white state = tea deposition suppression effect on the pellicle can be evaluated as high.
ΔE=[(ΔL +(Δa +(Δb 1/2 ΔE = [(ΔL *) 2 + (Δa *) 2 + (Δb *) 2] 1/2
ここで、ΔL =紅茶染色酵素反応後のL値−初期(紅茶染色前)L値 Here, [Delta] L * = tea stained enzymatic reactions after L value - initial (before tea stain) L value
Δa 、Δb についても同様に算出する。 Δa *, calculated in the same manner also Δb *.
ΔE値が小さいほど被試験面への紅茶変性タンパク質の付着量が少ない、すなわちペリクルへの紅茶沈着抑制効果が高いと評価し、結果を次のように記号化した。 Higher ΔE value is smaller adhesion amount of tea denatured protein to be tested surface is small, i.e. tea deposition suppressing effect on the pellicle is evaluated as high, results were symbolized as follows.
×:ペリクルへの紅茶沈着抑制効果なし(ポジティブコントロールと同程度の着色) ×: No tea deposition suppression effect on the pellicle (positive control and the same degree of coloring)
△:ペリクルへの紅茶沈着抑制効果弱い○:ペリクルへの紅茶沈着抑制効果あり◎:ペリクルへの紅茶沈着抑制効果強い(ネガティブコントロールと同程度の着色)。 △: weak tea deposition suppression effect on the pellicle ○: There tea deposition suppression effect on the pellicle ◎: tea deposition suppression effect strong (comparable to the negative control coloring) to the pellicle.

(10.6.3 牛歯エナメル切片での試験) (Test in 10.6.3 bovine enamel sections)
1)唾液採取用チューブ(SARSTEDT社製サリベットシリーズ、サリキッズシリーズ、サリソフトシリーズ等が使用できる。ここではサリベット51.1534を使用)を用いて、唾液を採取する。 1) saliva collection tube (SARSTEDT Co. riveted series, Sari Kids series, Sari software series, or the like can be used. Here, with the use of the Saribetto 51.1534) is, to collect saliva.

2)2500rpm、4分間遠心して、チューブに集まった唾液を一度、合一する。 2) 2500 rpm centrifugation for 4 minutes, the saliva collected in the tube once, coalesce.

3)牛歯エナメル切片を50ml容チューブに2片ずつ入れる。 3) cow's tooth enamel sections are placed by two pieces in 50ml volume tube.

4)牛歯切片入りチューブに唾液4mlを入れ、切片が浸っていることを確認する。 4) bovine put saliva 4ml to sections containing tube, to make sure that the sections are immersed.

5)シェーキングインキュベーターを37℃に加温し、4のチューブを入れて強めに振とうしながら、一晩(16時間)インキュベートする。 5) shaking incubator warmed to 37 ° C., with shaking Stronger put 4 tubes overnight (16 hours) incubation.

6)あとの操作はHapディスクの場合と同じ。 6) the operation of the rest is the same as the case of Hap disk. 酵素液の量や洗浄に用いる生理食塩水の量は適宜調整し増やす。 The amount of saline used in the amount or cleaning of enzyme solution appropriately adjusted increased.

(製造実施例1:乾燥米麹抽出物の製造方法) (Production Example 1: Production method of dry rice koji extract)
市販の米麹(株式会社コーセーフーズ社製商品名甘酒用乾燥米麹)に対してその重量に対して3倍量の重量のイオン交換水を室温(約20℃)で混合し、抽出タンク中で2時間攪拌した。 A commercial rice koji (KOSE Corporation Foods Corporation, trade name sweet sake for drying rice koji) 3 times the weight of the ion-exchange water with respect to its weight against mixed at room temperature (about 20 ° C.), extracted tank in the mixture was stirred for 2 hours. 攪拌の際には麹がつぶれないようにゆっくり間欠的に攪拌した。 During stirring slowly intermittently agitated to prevent collapse koji. 払い出しポンプおよび分離網を用いて混合物を固液分離し、最終的に60メッシュの抽出液を得た。 Payout pump and solid-liquid separation of the mixture using separation network, to finally obtain a 60 mesh extract. この抽出液のBrix糖度を測定したところ、Brix5であった。 Measurement of the Brix sugar content of the extract was Brix5. この抽出液の収量は、使用したイオン交換水の重量の約65重量%であった。 The yield of the extract was about 65 wt% of the weight of the ion-exchanged water was used. 次いで、この抽出液を攪拌タンクに入れて、原料麹の重量の0.5倍の重量の難消化性デキストリン(松谷化学工業株式会社製ファイバーソル2)を添加して室温(約20℃)で混合して溶解させて混合液を得た。 Then, put the extract in a stirred tank, 0.5 times the weight of the indigestible dextrin of the weight of the feed koji (by Matsutani Chemical Industry Co., Ltd. Fiber Sol 2) was added at room temperature (about 20 ° C.) mixed and dissolved to obtain a mixed solution. 混合液をスプレードライにより乾燥し、シフターにかけることにより、50メッシュパスの乾燥麹抽出物を得た。 The mixture was dried by spray drying and by subjecting the shifter to give a dry koji extract of 50 mesh pass. 製造実施例1で製造された乾燥麹抽出物を便宜上Aと呼ぶ。 The dry koji extract prepared in Preparation Example 1 for convenience is referred to as A. この米麹からの乾燥麹抽出物の製造フローの概要を図1に示す。 It shows an outline of manufacturing flow of the dry koji extract from the rice koji in FIG.

(製造比較例1:乾燥米麹抽出物の製造方法) (Comparative Production Example 1: Production method of dry rice koji extract)
市販の米麹(株式会社コーセーフーズ社製商品名焼酎用乾燥米麹)を用いたこと以外は製造実施例1と同じ方法で乾燥米麹抽出物を得た。 Except for using a commercially available rice koji (KOSE Corporation Foods Corporation, trade name for shochu dried rice koji) to obtain dried rice koji extract in the same manner as in Preparation Example 1. 製造比較例1で製造された乾燥麹抽出物を便宜上Bと呼ぶ。 The dry koji extract prepared in Preparation Comparative Example 1 for convenience is referred to as B.

(製造比較例2:乾燥米麹抽出物の製造方法) (Comparative Production Example 2: Production method of dry rice koji extract)
市販の米麹(株式会社コーセーフーズ社製商品名焼酎用乾燥米麹)を用いたこと以外は製造実施例1と同じ方法で乾燥米麹抽出物を得た。 Except for using a commercially available rice koji (KOSE Corporation Foods Corporation, trade name for shochu dried rice koji) to obtain dried rice koji extract in the same manner as in Preparation Example 1. 製造比較例2で製造された乾燥麹抽出物をCと呼ぶ。 The dry koji extract prepared in Preparation Comparative Example 2 is referred to as C.

(製造比較例3:乾燥米麹抽出物の製造方法) (Comparative Production Example 3: Production method of dry rice koji extract)
市販の米麹(株式会社コーセーフーズ社製商品名焼酎用乾燥米麹)を用いたこと以外は製造実施例1と同じ方法で乾燥米麹抽出物を得た。 Except for using a commercially available rice koji (KOSE Corporation Foods Corporation, trade name for shochu dried rice koji) to obtain dried rice koji extract in the same manner as in Preparation Example 1. 製造比較例3で製造された乾燥麹抽出物を便宜上Dと呼ぶ。 The dry koji extract prepared in Comparative Production Example 3 for convenience referred to as a D.

(製造比較例4:米麹凍結粉砕パウダー) (Comparative Production Example 4: malted rice frozen milled powder)
製造実施例1で使用したのと同じ市販の米麹(株式会社コーセーフーズ社製商品名甘酒用乾燥米麹)を凍結乾燥した後粉砕することにより米麹凍結粉砕パウダーを得た。 To give the rice koji frozen crushed powder by grinding after the freeze-drying the same commercially available rice koji as used in Preparation Example 1 (Corporation Kose Foods Corporation, trade name sweet sake for dry rice koji).

(製造実施例1などで製造された乾燥米麹抽出物の成分分析値) (Component analysis value of the Example 1 Dry rice koji extract prepared etc.)
製造実施例1および製造比較例1〜4で製造された乾燥米麹抽出物の成分を分析した。 And analyzing components of the dry rice koji extract prepared in Preparation Example 1 and Comparative Preparation Examples 1 to 4. 結果を以下の表3に示す。 The results shown in Table 3 below.

(測定例1:製造実施例1で製造した乾燥米麹抽出物および他のパウダーの各種酵素活性の測定) (Measurement Example 1: Measurement of dried rice koji extract prepared in Preparation Example 1 and other powder various enzymatic activities)
製造実施例1に記載の方法に従って作製した乾燥米麹抽出物、製造比較例1〜3に記載の方法に従って作製した乾燥米麹抽出物、製造比較例4に記載の方法に従って作製した米麹凍結粉砕パウダーおよび市販のタンナーゼ(キッコーマン製、タンナーゼKT05(食添))の各種酵素活性を、本願明細書の「10.測定方法」中に記載の方法に従って測定した。 Dry rice koji extract prepared according to the method described in Production Example 1, dried rice koji extract prepared according to the method described in Comparative Production Examples 1 to 3, rice koji frozen prepared according to the method described in Comparative Production Example 4 milling powder and commercial tannase various enzyme activities of (Kikkoman made, tannase KT05 (food additive)) was measured according to the method described in "10. measurement methods" herein. 結果を以下の表4および表5に示す。 The results are shown in Tables 4 and 5 below.

この結果、本発明の乾燥米麹抽出物は、非常に高いタンナーゼ活性および酸性プロテアーゼ活性を有することが確認された。 As a result, dry rice koji extract of the present invention, it was confirmed that a very high tannase activity and acid protease activities.

(測定例2:in vitroでの米麹の効果(HapパウダーおよびHapディスク)) (Measurement Example 2: Effect of rice koji in the in vitro (Hap powder and Hap disk))
製造例1において作製した乾燥米麹抽出物A(米麹水抽出物の凍結粉砕品;酸性プロテアーゼ 5547U/g、α−アミラーゼ 606U/g、グルコアミラーゼ147U/g、タンナーゼ 1430U/g)を使用して、本明細書中の「10.4.ペリクル分解効果の評価」に従ってペリクル分解効果検証試験を行った。 Use; (acid protease 5547U / g, α- amylase 606U / g, glucoamylase 147U / g, tannase 1430U / g frozen ground product of rice koji water extract) of dry rice koji extract A produced in Production Example 1 Te, it was pellicle degradation effect verification test in accordance with "10.4. evaluation of the pellicle degradation effect" in the present specification.

ハイドロキシアパタイト(Hap)パウダーおよびHap焼成ディスクを一晩(16時間)唾液中で振とうし、その後、以下の3種の液に浸漬して、37℃で20分間振とうした。 Hydroxyapatite (Hap) powders and Hap fired disks overnight (16 hours) was shaken in saliva, then immersed in the following three types of liquids, and shaken at 37 ° C. 20 min. Hapパウダーに残存したタンパク質を物理的に落としてその量を定量した。 It was quantified the amount physically dropped the protein remaining in Hap powder. Hapディスクはタンパク質をCBBで染色してからデジタルカメラで撮影し、画像解析を行い、白色化を評価した。 Hap discs taken with a digital camera proteins from stained with CBB, and image analyzed to evaluate the whitening.

<試験液> <Test solution>
試験液として以下のものを用いた: The following were used as test solution:
(1)生理食塩水(PBS)、(2)乾燥米麹抽出物A液(プロテアーゼ濃度100U/ml)、(3)アクチニジン液(プロテアーゼ濃度100U/ml)。 (1) saline (PBS), (2) dry rice koji extract A solution (protease concentration 100 U / ml), (3) actinidin solution (protease concentration 100 U / ml). なお、ネガティブコントロールとして唾液ではなく生理食塩水に浸漬した後タンパク質付着量を測定し、その付着量を各実験でのタンパク質付着量から差し引いた。 Incidentally, the protein adhesion amount was measured after immersion in physiological saline instead of saliva as a negative control, minus their adhesion amount of protein deposition amount in each experiment. 結果を以下の表6及び図2に示す。 The results are shown in Table 6 and Figure 2 below. その結果、乾燥米麹抽出物A液で処理したときに最もペリクルが除去できた。 As a result, most pellicle was removed when treated with dry rice koji extract A solution.

Hapディスクを用いた場合のインビトロでの乾燥米麹抽出物Aの効果についての結果を図3に示す。 The results of the effect of drying rice koji extract A in vitro when using the Hap disk shown in FIG. この結果、PBSを使用した場合に最もタンパク質付着量が多く、乾燥米麹抽出物Aを用いた場合に最もタンパク質付着量が少ないことが確認された。 As a result, most protein deposition amount is large when using PBS, it was confirmed most protein deposition amount is small when using the dry rice koji extract A.

(実施例1A:ペリクル分解効果の確認) (Example 1A: Confirmation of pellicle degradation effect)
ハイドロキシアパタイトパウダーを用いて、本明細書中の「10.4 ペリクル分解効果の評価」に基づいてペリクル分解効果を確認するための実験を行った。 Using hydroxyapatite powder, an experiment was performed to confirm the pellicle degradation effect on the basis of "10.4 Evaluation of the pellicle degradation effect" herein.

結果を以下の表7A及び図4に示す。 The results are shown in Tables 7A and FIG. 4 below. 図4は、ハイドロキシアパタイトパウダーを用いて検証した結果を示す。 Figure 4 shows the result of verification using a hydroxyapatite powder.

この結果、本発明の製造実施例の乾燥麹抽出物が顕著なペリクル分解効果を有することが確認された。 As a result, it was confirmed that the dry koji extract of Example of the present invention has a remarkable pellicle degradation effects. このペリクル分解効果は、プロテアーゼ活性が同じ精製された市販のプロテアーゼよりも優れている。 The pellicle degradation effect is superior to the commercially available proteases Protease activity was the same purification.

(実施例1B:ペリクル分解効果の確認) (Example 1B: Confirmation of pellicle degradation effect)
牛歯エナメル切片を用いて、本明細書中の「10.4 ペリクル分解効果の評価」に基づいてペリクル分解効果を確認するための実験を行う。 Using bovine tooth enamel sections, we performed experiments to confirm the pellicle degradation effect on the basis of "10.4 Evaluation of the pellicle degradation effect" herein.

結果を以下の表7Bに示す。 The results are shown in the following Table 7B a.

この結果、本発明の製造実施例の乾燥麹抽出物が顕著なペリクル分解効果を有することが確認される。 As a result, it is confirmed that dry koji extract of Example of the present invention has a remarkable pellicle degradation effects.

(実施例2:紅茶変性ペリクル分解効果についての確認) (Example 2: Confirmation of tea modified pellicle degradation effect)
ハイドロキシアパタイトパウダーおよび牛歯エナメル切片を用いて、本明細書中の「10.5 紅茶変性ペリクル分解効果の評価」に基づいてペリクル分解効果を確認するための実験を行う。 Using hydroxyapatite powders and bovine tooth enamel sections, we performed experiments to confirm the pellicle degradation effect on the basis of "10.5 Evaluation of tea modified pellicle degradation effect" herein.

結果を以下の表8に示す: The results are shown in Table 8 below:

この結果、本発明の乾燥麹抽出物が優れた紅茶沈着抑制効果を発揮することが確認される。 As a result, it is confirmed to exert the dry koji extract excellent tea deposition suppressing effect of the present invention. この紅茶変性ペリクル分解効果は、プロテアーゼ活性およびタンナーゼ活性が同じ、精製された市販のプロテアーゼとタンナーゼとの組み合わせよりも優れている。 The tea-modified pellicle degradation effect is better than the combination of protease activity and tannase activity are the same as purified commercial protease and tannase.

(実施例3:紅茶沈着抑制効果についての確認) (: Confirmation of tea deposition suppression effect in Example 3)
ハイドロキシアパタイトパウダーおよび牛歯エナメル切片を用いて、本明細書中の「10.5 ペリクルへの紅茶沈着抑制効果の評価」に基づいて紅茶沈着抑制効果を確認するための実験を行う。 Using hydroxyapatite powders and bovine tooth enamel sections, we performed experiments to confirm the tea deposition suppressing effect based on the "10.5 Evaluation of tea deposition suppressing effect on the pellicle" herein.

結果を以下の表9に示す: The results shown in Table 9 below:

この結果、本発明の乾燥麹抽出物が優れた紅茶沈着抑制効果を発揮することが確認される。 As a result, it is confirmed to exert the dry koji extract excellent tea deposition suppressing effect of the present invention. この紅茶沈着抑制効果は、プロテアーゼ活性およびタンナーゼ活性が同じ、精製された市販のプロテアーゼとタンナーゼとの組み合わせよりも優れている。 The tea deposition suppressing effect is better than the combination of protease activity and tannase activity are the same as purified commercial protease and tannase.

(実施例4:乾燥米麹抽出物を含むガムの製造) (Example 4: Production of gum containing the dried rice koji extract)
ガムベース25重量部、パラチノース72重量部、還元みずあめ2重量部および製造実施例1で製造した乾燥米麹抽出物Aの1重量部を混練した後、成型し板ガムを調製した。 The gum base 25 parts by weight, palatinose 72 parts by weight, were kneaded with 1 part by weight of dry rice koji extract A produced in reduced starch syrup 2 parts by weight Preparation Example 1 to prepare a molded plate gum. 得られた板ガムの重量は2.0gであった。 The weight of the obtained stick gum was 2.0 g. この板ガムの齲蝕性糖類の含量は0.15重量%であり、非齲蝕性糖類の含量は74.8重量%であった。 The content of carious sugars stick gum is 0.15 weight%, the content of non-cariogenic sugars was 74.8 wt%.

コントロールとして、製造実施例1の乾燥米麹抽出物Aの代わりに製造比較例1〜4のいずれかで製造した乾燥米麹抽出物を使用した板ガムも調製した。 As a control, stick gum using dry rice koji extract prepared in any of Comparative Production Example 1-4 in place of the dry rice koji extract A of Example 1 was also prepared.

(実施例5:乾燥米麹抽出物を含むタブレットの製造) (Example 5: Production of tablets containing dried rice koji extract)
還元パラチノース99重量部および製造実施例1で製造した乾燥米麹抽出物Aの1重量部を混合した後、直径13mmの円形の打錠型を用い、吸い込み深度12mm、中心部打錠圧2tの条件でこの混合物を打錠した。 After mixing 1 part by weight of palatinit 99 parts by weight Preparation Example 1 Dry rice koji extract A produced in, using a tablet type circular diameter 13 mm, suction depth 12 mm, the central portion tableting pressure 2t the mixture was tableted under the conditions. 得られた打錠品(すなわち、タブレット)1粒の重量は1.0gであった。 The resulting tableting article (i.e., tablet) 1 grain of weight was 1.0 g. このタブレットの齲蝕性糖類の含量は0.15重量%であり、非齲蝕性糖類の含量は99.8重量%であった。 The content of cariogenic sugars this tablet is 0.15% by weight, the content of non-cariogenic sugars was 99.8 wt%.

コントロールとして、製造実施例1の乾燥米麹抽出物Aの代わりに製造比較例1〜4のいずれかで製造した乾燥米麹抽出物を使用したタブレットも調製した。 As a control, it was also prepared tablets using dry rice koji extract prepared in any of Comparative Production Example 1-4 in place of the dry rice koji extract A of Example 1.

(実施例6:乾燥米麹抽出物の嗜好面での優位性の確認) (Example 6: Confirmation of superiority in preference surface of the drying rice koji extract)
5名のパネラーに、実施例4または5で製造した乾燥米麹抽出物A1%配合ガム、タブレットおよび米麹凍結粉砕パウダー1%配合ガム、タブレットについて、試食させ、嗜好面での評価を行う。 5 panelists, Example 4 or 5 dry rice koji extract A1% compounded gum prepared in tablet and Beikoji freeze pulverization powder 1% formulation gum, for tablets, to taste, is evaluated on the preference surface. 評価基準は下記のとおり設定し、5名の平均を示す。 The evaluation criteria are set as described below, shows the average of the five people. 結果を以下の表10に示す。 The results shown in Table 10 below.

◎…麹・デンプンの味は全くしない ○…麹・デンプンの味が少しする △…麹・デンプンの味がかなりする ×…麹・デンプンの味しかしない ◎ ... taste of malt starch at all not ○ ... taste of △ ... koji starch taste a little of koji starch has not only taste of considerably × ... koji starch

(実施例7:乾燥米麹抽出物の使用感での優位性の確認) (Example 7: Confirmation of superiority in feeling of dry rice koji extract)
5名のパネラーに、実施例4または5で製造した乾燥米麹抽出物1%配合ガム、タブレットおよび米麹凍結粉砕パウダー1%配合ガム、タブレットについて、試食させ、使用感の面での評価を行う。 5 panelists, Example 4 or 5 dry rice koji extract 1% formulation gum prepared in tablet and Beikoji freeze pulverization powder 1% formulation gum, for tablets, to taste, the evaluation in terms of feeling do. 評価基準は下記のとおり設定し、5名の平均を示す。 The evaluation criteria are set as described below, shows the average of the five people. 結果を以下の表11に示す。 The results shown in Table 11 below.

◎…不快なざらつき・ねばつきは全くない ○…不快なざらつき・ねばつきが少しある △…不快なざらつき・ねばつきがかなりある ×…ざらつき・ねばつきがひどくて食べられない ◎ ... unpleasant roughness, stickiness is absolutely no ○ ... unpleasant roughness, stickiness is a little △ ... not be eaten badly some pretty unpleasant rough-stickiness × ... roughness, stickiness

(実施例8:乾燥米麹抽出物による歯の白色化効果についてヒトの体感の確認) (Example 8: Confirmation of human experience for whitening effect of the tooth due to drying rice koji extract)
5名の被験者に、実施例4または5で製造した乾燥米麹抽出物1%配合ガムまたは乾燥米麹抽出物非配合ガムを朝、昼、夜の毎食後、2粒20分間摂取させるのを10日間継続する。 5 subjects, Example 4 or 5 in the morning the dried rice koji extract 1% blended gum or dry rice koji extract nonformulated gum produced in, day, after each meal the night, from to feed two tablets 20 minutes to continue for 10 days. また、この期間中、紅茶を1日3回摂取させる。 In addition, during this period, to be taken three times a day a cup of tea. 終了後に継続摂取前と比較した時の自身の歯の色の変化について下記の基準で評価させ、5名の平均を示す。 The color change of its teeth when after the end compared to pre-ingested continuously was evaluated according to the following criteria, show the average of five. 結果を以下の表12に示す。 The results shown in Table 12 below.

◎…継続摂取前よりも明らかに白くなったと感じる ○…継続摂取前よりもすこし白くなったと感じる △…継続摂取前とほとんど変わらないと感じる ×…継続摂取前より白さが失われたと感じる ◎ ... feel × ... white than before continuing intake to feel feel to have become apparent whiter than before continuing intake ○ ... to have become a little whiter than before continuing intake feel △ ... and before continuing intake almost unchanged and is lost

(実施例9:乾燥米麹抽出物による歯の白色化効果についてヒト口腔内写真による確認) (Example 9: Confirmation by human oral photos for whitening effect of the tooth due to drying rice koji extract)
5名の被験者に、実施例4または5で製造した乾燥米麹抽出物1%配合ガムまたは乾燥米麹抽出物非配合ガムを朝、昼、夜の毎食後、2粒20分間摂取させ、これを10日間継続する。 5 subjects, Example 4 or 5 dry rice koji extract 1% blended gum or dry rice koji extract nonformulated gum prepared in the morning, afternoon, after each meal the night, allowed to ingest 2 capsules 20 minutes, this It is continued for 10 days. また、この期間中、紅茶を1日3回摂取させる。 In addition, during this period, to be taken three times a day a cup of tea. 継続摂取の前後で口腔内の写真を撮影し、歯の色調をAdobe PhotoshopによりLab表色系で評価する。 Take a photo of the oral cavity before and after the continuous intake, to evaluate the color of the teeth in the Lab color system by Adobe Photoshop. ΔEを下記の式により算出する。 The ΔE is calculated by the following formula.
ΔE=[(ΔL +(Δa +(Δb 1/2 ΔE = [(ΔL *) 2 + (Δa *) 2 + (Δb *) 2] 1/2
このときΔL =(10日間継続摂取後L値)−(継続摂取前L値) In this case ΔL * = (10 consecutive days after ingestion L value) - (before continuing intake L value)
Δa およびΔb についても同様に算出する。 Δa * and Δb * calculated in the same manner also. 期間中、ΔEは紅茶の継続摂取のために上昇するが、被験食に白色化効果があれば、上昇度合いは小さくなると予想される。 During, Delta] E is increased for continued ingestion of tea, if any whitening effect to the subject diet, is expected to increase the degree is smaller. ΔEの値から、下記の段階に評価を分類する。 From the value of ΔE, to classify the evaluation to the following steps. 結果を以下の表13に示す。 The results shown in Table 13 below.

◎…ΔE<0.1 ◎ ... ΔE <0.1
○…0.1≦ΔE<1 ○ ... 0.1 ≦ ΔE <1
△…1≦ΔE<10 △ ... 1 ≦ ΔE <10
×…10≦ΔE × ... 10 ≦ ΔE

(実施例10:舌苔除去効果および口臭抑制効果の測定) (Example 10: tongue coating measurements removal effect and halitosisinhibition effect)
実施例4または5で製造した乾燥米麹抽出物1%配合タブレットまたは乾燥米麹抽出物非配合タブレットの舌苔除去効果を、舌苔除去を必要とする以外は健康な被験者5名について、以下の方法で評価する: The tongue coating removal effect of the fourth embodiment or dry rice koji extract 1% formulation tablet or dry rice koji extract prepared in 5 nonformulated tablet, except that it requires tongue coating removed for healthy subjects five, the following method in evaluation to:
(1)まず、対象者の舌背を写真撮影し、視診によって舌苔評点を評価する: (1) First, the tongue back of the subject photographed, to evaluate the tongue coating score by visual inspection:
(i)写真撮影方法 リングフラッシュ(14RDX、YUZO社)を装着したデジタルカメラ(FinePix S602、フジフィルム社)を用いて対象者の舌背を撮影する。 (I) photo imaging method ring flash (14RDX, YUZO Inc.) digital camera (FinePix S602, Fuji Film Co., Ltd.) equipped with a shooting a tongue back of the subject using. この方法では、影のない写真が撮影される。 In this way, without a shadow picture is taken. 被写体の横に色調補正用カラーチャート(CasMatch、大日本印刷社)を並べて撮影し、これを用いて写真の輝度を補正する。 Color chart for color correction in the lateral object (CasMatch, Dai Nippon Printing Co., Ltd.) was photographed side by side, to correct the brightness of pictures using the same.

(ii)視診による評価方法 視診による舌苔量の評価は、森谷ら(森谷俊樹、岸光男、相澤文恵他著「舌苔スコアによる口臭スクリーニングの有効性に関する研究」,口腔衛生会誌52:12−21,2002)に記載の方法に舌苔の厚みを加味して行う。 (Ii) tongue coating amount of the assessment by the by the evaluation method of visual inspection visual inspection, Moriya et al. (Toshiki Moriya, KishiMitsuo, "Research on the effectiveness of the bad breath screening by tongue coating score" Fumie Aizawa et al., Oral hygiene Journal 52: 12-21, performed by adding the thickness of the tongue coating with the method described in 2002). すなわち、写真撮影した舌背を4つのエリアに分割し、各エリアの舌苔付着量を(舌苔付着面積評点)×(舌苔厚さ評点)として評価し、これらの合計を舌苔評点とすることにより行う。 That is, by dividing the Shitase was photographed four areas, and evaluate the tongue coating adhered amount of each area as (tongue coating adhesion area score) × (tongue coating thickness grade), carried out by the tongue coating score these total . 評価は、3名の評価者の平均値である。 Evaluation is the average value of the evaluation's three. 舌苔付着面積評点および舌苔厚さ評点は、ともに0〜3の4段階とする。 Tongue Coating adhesion area scores and tongue coating thickness scores, together with four stages 0-3.

1)舌背を4つのエリアに分割する; Dividing one) Shitase into four areas;
2)各エリアに付着した舌苔の面積と厚さより舌苔の付着量を評価する 舌苔の付着量=(舌苔付着面積評点)×(舌苔厚さ評点); 2) deposition amount of tongue coating for evaluating the deposition amount of tongue coating than the area and thickness of the tongue coating adhered to each area = (tongue coating adhesion area score) × (tongue coating thickness score);
3)各エリアの評点の合計を舌苔評点とする。 3) the tongue coating score the sum of the scores of each area.

舌苔付着面積評点の基準は、以下の通りである: Criteria tongue coating adhesion area scores are as follows:

舌苔厚さ評点の基準は、以下の通りである: Tongue Coating reference thickness scores are as follows:

(2)被験者に上記タブレット1粒を噛み砕かずかつ嚥下しないように舐めさせる。 (2) lick not to and swallow without chewed one grain the tablet to a subject. その結果、舐めるのに約7分間かかる。 As a result, according to the licking about 7 minutes.

(3)なめ終わった後、直ちに(1)と同様の方法で舌背の写真を撮影し、視診により舌苔評点を評価する。 (3) After you have finished licking, take a picture of the tongue back in immediately (1) and the same method, to evaluate the tongue coating score by visual inspection.

(4)各被験者について(1)および(3)の舌苔評点を比較する。 (4) comparing the tongue coating score for each subject (1) and (3). 舌苔除去効果についての結果を以下の表16に示す。 The results for tongue coating removal effect shown in Table 16 below.

さらに、舌苔除去効果の評価の際に、口臭除去効果についても、以下の方法で測定する。 Moreover, on evaluating tongue coating removing effect, for the breath freshening effects, measured by the following method. 揮発性硫化物(volatile sulfur compounds;VSC)として、H SおよびCH SHに着目した。 Volatile sulfide; as (volatile sulfur compounds VSC), focused on H 2 S and CH 3 SH. SおよびCH SHは、口臭に対する寄与度が高いからである。 H 2 S and CH 3 SH is because a high contribution to bad breath.

詳細には、タブレットを摂取する前、タブレット1粒を噛み砕かずかつ嚥下しないように舐めさせた(その結果、舐めるのに約7分間かかる)後、20分後およびその後さらにもう1粒のタブレットを噛み砕かずかつ嚥下しないように舐めさせた後、20分後に、オーラルクロマ(アビリット社)を使用してH SおよびCH SHの濃度を測定する。 In particular, prior to ingesting the tablets was lick not to and swallow without chewed one grain tablet (as a result, about 7 minutes according to licking) after 20 minutes after and then yet another grain of tablet after lick without and not to swallow chewed and after 20 minutes, using oral chroma (Abilit Co.) to measure the concentration of H 2 S and CH 3 SH. 対象者に、1回の深呼吸後、10mlシリンジを口気が漏れない様くわえたまま、30秒間安静に鼻呼吸する様に指示する。 To the subject, after a deep breath of one-time, while adding such that no leakage of mouth care about the 10ml syringe, instructs so as to nose breathing for 30 seconds rest. その後10mlの口気を採取し、そのうちの5mlをオーラルクロマ(アビリット社)に注入する。 Then the mouth care of 10ml was collected, injecting 5ml of them in oral chroma (Abilit Co., Ltd.). オーラルクロマに接続したパーソナルコンピューターの専用解析ソフトにより、口気10ml中の重量(ng/10ml)としてH SおよびCH SHの濃度を算出する。 Dedicated analysis software of a personal computer connected to the Oral Chroma, calculates the concentration of H 2 S and CH 3 SH as the weight in mouth air 10ml (ng / 10ml). この評価を、舌苔除去を必要とする以外は健康な被験者5名について行う。 This evaluation, except that it requires the tongue coating removal carried out on healthy subjects five. 口臭抑制効果についての結果を以下の表17に示す。 The results for halitosisinhibition effect shown in Table 17 below.

この結果、本発明の乾燥米麹抽出物が、ステイン予防効果および除去効果だけでなく、舌苔除去効果および口臭抑制効果も有することが確認される。 As a result, dry rice koji extract of the present invention, not only stain preventive effect and removal effect, it is confirmed that even with tongue coating removing effect and halitosisinhibition effect.

以上のように、本発明の好ましい実施形態を用いて本発明を例示してきたが、本発明は、この実施形態に限定して解釈されるべきものではない。 As described above, although the present invention has been illustrated using the preferred embodiment of the present invention, the present invention should not be construed as being limited to this embodiment. 本発明は、特許請求の範囲によってのみその範囲が解釈されるべきであることが理解される。 The present invention is understood that should the scope only by the scope of the claims. 当業者は、本発明の具体的な好ましい実施形態の記載から、本発明の記載および技術常識に基づいて等価な範囲を実施することができることが理解される。 Those skilled in the art from the description of the detailed preferred embodiments of the present invention, it is understood that it is possible to implement equivalent scope based on the description and common technical knowledge of the present invention. 本明細書において引用した特許、特許出願および文献は、その内容自体が具体的に本明細書に記載されているのと同様にその内容が本明細書に対する参考として援用されるべきであることが理解される。 Patents cited herein, patent applications and publications, that the contents themselves should likewise its contents to that described in specifically herein incorporated by reference with respect to the specification It is understood.

本発明の食品および口腔用組成物は、歯の着色汚れの除去と沈着予防とに役立つ。 Food and oral compositions of the present invention is useful in the deposition prevention and the removal of stain teeth. 本発明の食品および口腔用組成物は、齲蝕性の糖類の含有量が極めて低いので、使用することによって口腔内の齲蝕に悪影響を及ぼすことがないかまたはほとんど及ぼさない。 Food and oral compositions of the present invention, since a very low content of cariogenic sugars, does not adversely or almost does not adversely affect the caries in the oral cavity by the use.

本発明の乾燥麹抽出物は、精製した酵素の複数の組み合わせよりも安価であり、かつ容易に調製される。 Dry koji extract of the present invention, rather than a plurality of combinations of the purified enzyme is inexpensive, and are readily prepared.

Claims (23)

  1. 乾燥麹抽出物であって、 In a dry koji extract,
    該乾燥麹抽出物は、麹抽出物および非齲蝕性賦形剤を含む混合物の乾燥物を含み、 The dry koji extract comprises a dried product of a mixture comprising a koji extract and non-cariogenic excipient,
    該乾燥麹抽出物は、プロテアーゼ活性およびタンナーゼ活性を有する、乾燥麹抽出物。 The dry koji extract has protease activity and tannase activity, dry koji extract.
  2. 前記非齲蝕性賦形剤が、糖アルコールおよび非齲蝕性糖類からなる群より選択される、請求項1に記載の乾燥麹抽出物。 Wherein the non-cariogenic excipient is selected from the group consisting of sugar alcohols and non-cariogenic sugars, dry koji extract according to claim 1.
  3. 前記乾燥麹抽出物中の糖アルコールの含量および非齲蝕性糖類の含量の合計が20重量%〜95重量%である、請求項2に記載の乾燥麹抽出物。 The sum of the content and the non-cariogenic sugar content of sugar alcohols dry koji extract is 20 wt% to 95 wt%, dry koji extract according to claim 2.
  4. 前記乾燥麹抽出物の水分量が0.001重量%〜5重量%である、請求項1〜3のいずれか1項に記載の乾燥麹抽出物。 The water content of the dry koji extract is 0.001 wt% to 5 wt%, dry koji extract according to any one of claims 1 to 3.
  5. 前記乾燥麹抽出物中の齲蝕性糖類の含量が20重量%以下である、請求項1〜4のいずれか1項に記載の乾燥麹抽出物。 The content of carious sugars dry koji extract is 20 wt% or less, dry koji extract according to any one of claims 1 to 4.
  6. プロテアーゼ活性が500U/g以上である、請求項1〜5のいずれか1項に記載の乾燥麹抽出物。 Protease activity is 500 U / g or more, dry koji extract according to any one of claims 1 to 5.
  7. タンナーゼ活性が50U/g以上である、請求項1〜6のいずれか1項に記載の乾燥麹抽出物。 Tannase activity is 50 U / g or more, dry koji extract according to any one of claims 1 to 6.
  8. 前記非齲蝕性賦形剤が、難消化性デキストリン、パラチノース、トレハロース、ラクチトール、還元パラチノース、マルチトール、エリスリトール、ソルビトール、キシリトールまたはマンニトールからなる群より選択される、請求項1〜7のいずれか1項に記載の乾燥麹抽出物。 Wherein the non-cariogenic excipient, indigestible dextrin, palatinose, trehalose, lactitol, reduced palatinose, maltitol, erythritol, sorbitol is selected from the group consisting of xylitol or mannitol, any one of the preceding claims 1 dry koji extract according to claim.
  9. 前記乾燥麹抽出物が、米麹から製造される、請求項1〜8のいずれか1項に記載の乾燥麹抽出物。 The dry koji extract is prepared from rice koji, dry koji extract according to any one of claims 1 to 8.
  10. 請求項1〜9のいずれか1項に記載の乾燥麹抽出物を含み、齲蝕性糖類の含量が0.5重量%以下である、食品。 It includes a dry koji extract according to any one of claims 1 to 9, the content of cariogenic sugars is 0.5 wt% or less, food.
  11. 舌苔除去用である、請求項10に記載の食品。 It is for tongue coating removal, food product of claim 10.
  12. ガム、キャンディまたはタブレットである、請求項10または11に記載の食品。 Gum, a candy or tablet, food product of claim 10 or 11.
  13. プロテアーゼ活性が100U/g以上である、請求項10〜12のいずれか1項に記載の食品。 Protease activity is 100 U / g or more, the food according to any one of claims 10 to 12.
  14. タンナーゼ活性が10U/g以上である、請求項10〜13のいずれか1項に記載の食品。 It is tannase activity is 10 U / g or more, the food according to any one of claims 10 to 13.
  15. 請求項1〜9のいずれか1項に記載の乾燥麹抽出物を含み、齲蝕性糖類の含量が0.5重量%以下である、口腔用組成物。 It includes a dry koji extract according to any one of claims 1 to 9, the content of cariogenic sugars is 0.5 wt% or less, the oral composition.
  16. 歯磨剤または洗口剤である、請求項15に記載の口腔用組成物。 A dentifrice or mouthwash oral composition according to claim 15.
  17. トローチ剤またはゲル剤である、請求項15に記載の口腔用組成物。 Lozenge or gel, the oral composition according to claim 15.
  18. プロテアーゼ活性が50U/g以上である、請求項15〜17のいずれか1項に記載の口腔用組成物。 Protease activity is 50 U / g or more, the oral composition according to any one of claims 15 to 17.
  19. タンナーゼ活性が5U/g以上である、請求項15〜18のいずれか1項に記載の口腔用組成物。 Tannase activity is 5U / g or more, the oral composition according to any one of claims 15 to 18.
  20. 請求項1に記載の乾燥麹抽出物の製造方法であって、 A method of manufacturing a dry koji extract according to claim 1,
    麹を0℃〜25℃の水と30分間〜3時間にわたって混合する工程; Mixing over 0 ° C. to 25 ° C. Water and 3 hours 30 minutes koji;
    該混合物から抽出液を分取する工程; A step of preparative extract min from the mixture;
    該抽出液と非齲蝕性賦形剤とを混合して抽出液賦形剤混合物を得る工程;および 該抽出液賦形剤混合物を乾燥して乾燥麹抽出物を得る工程を包含する、方法。 Obtaining a extract excipient mixture by mixing the extract with a non-cariogenic excipient; comprising the step of drying the and the extract excipient mixture to obtain a dry koji extract, methods.
  21. 前記非齲蝕性賦形剤が糖アルコールまたは非齲蝕性糖類である、請求項20に記載の方法。 Wherein the non-cariogenic excipient is a sugar alcohol or non-cariogenic sugars, The method of claim 20.
  22. 前記麹が米麹である、請求項20または21に記載の方法。 The koji is rice koji, The method of claim 20 or 21.
  23. 前記乾燥が凍結乾燥またはスプレードライである、請求項20〜22のいずれか1項に記載の方法。 It said drying is freeze drying or spray drying method according to any one of claims 20 to 22.
JP2010028248A 2010-02-10 2010-02-10 Dried extract of malt and oral composition using the same Pending JP2011162491A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2010028248A JP2011162491A (en) 2010-02-10 2010-02-10 Dried extract of malt and oral composition using the same

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2010028248A JP2011162491A (en) 2010-02-10 2010-02-10 Dried extract of malt and oral composition using the same

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2011162491A true true JP2011162491A (en) 2011-08-25

Family

ID=44593603

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2010028248A Pending JP2011162491A (en) 2010-02-10 2010-02-10 Dried extract of malt and oral composition using the same

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2011162491A (en)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
RU2494725C1 (en) * 2012-08-20 2013-10-10 Общество С Ограниченной Ответственностью "Сплат-Косметика" (Ооо "Сплат-Косметика") Mineral enzymatic complex for enamel strengthening and whitening, oral hygiene composition and tooth paste

Citations (13)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US3194738A (en) * 1962-03-14 1965-07-13 American Chicle Co Chewing gums and dentifrices containing enzymes
JPS57177669A (en) * 1981-04-24 1982-11-01 Sato Shokuhin Kogyo Kk Koji-containing alcoholic seasoning powder and its preparation
JPH04183361A (en) * 1990-11-15 1992-06-30 Gunze Ltd Feed for pisciculture
JPH04316512A (en) * 1991-04-16 1992-11-06 Sunstar Inc Composition for oral cavity
JPH0670688A (en) * 1992-08-26 1994-03-15 Japan Tobacco Inc Sugar-coated product and its production
JPH09507481A (en) * 1993-12-22 1997-07-29 スミスクライン・ビーチャム・コーポレイション Preparations for whitening teeth
JP2000279107A (en) * 1999-03-30 2000-10-10 Lion Corp Noncariogenic easy deglutition composition and food composition and medical composition using the same
JP2006219441A (en) * 2005-02-14 2006-08-24 Kuraray Family Seihin Kk Prophylactic agent for dental caries or periodontal disease
WO2007105661A1 (en) * 2006-03-10 2007-09-20 Ezaki Glico Co., Ltd. Enzyme-containing candy
JP2007308429A (en) * 2006-05-19 2007-11-29 Lion Corp Composition for bleaching tooth
JP2008081447A (en) * 2006-09-27 2008-04-10 Osaka Univ Recalcification promoter for tooth and composition for oral cavity or oral administration containing the same
JP2008516965A (en) * 2004-10-14 2008-05-22 アルタス ファーマシューティカルズ インコーポレイテッド For treating pancreatic insufficiency, lipase, compositions containing protease and amylase
WO2009134657A1 (en) * 2008-04-28 2009-11-05 The Procter & Gamble Company Oral care compositions

Patent Citations (13)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US3194738A (en) * 1962-03-14 1965-07-13 American Chicle Co Chewing gums and dentifrices containing enzymes
JPS57177669A (en) * 1981-04-24 1982-11-01 Sato Shokuhin Kogyo Kk Koji-containing alcoholic seasoning powder and its preparation
JPH04183361A (en) * 1990-11-15 1992-06-30 Gunze Ltd Feed for pisciculture
JPH04316512A (en) * 1991-04-16 1992-11-06 Sunstar Inc Composition for oral cavity
JPH0670688A (en) * 1992-08-26 1994-03-15 Japan Tobacco Inc Sugar-coated product and its production
JPH09507481A (en) * 1993-12-22 1997-07-29 スミスクライン・ビーチャム・コーポレイション Preparations for whitening teeth
JP2000279107A (en) * 1999-03-30 2000-10-10 Lion Corp Noncariogenic easy deglutition composition and food composition and medical composition using the same
JP2008516965A (en) * 2004-10-14 2008-05-22 アルタス ファーマシューティカルズ インコーポレイテッド For treating pancreatic insufficiency, lipase, compositions containing protease and amylase
JP2006219441A (en) * 2005-02-14 2006-08-24 Kuraray Family Seihin Kk Prophylactic agent for dental caries or periodontal disease
WO2007105661A1 (en) * 2006-03-10 2007-09-20 Ezaki Glico Co., Ltd. Enzyme-containing candy
JP2007308429A (en) * 2006-05-19 2007-11-29 Lion Corp Composition for bleaching tooth
JP2008081447A (en) * 2006-09-27 2008-04-10 Osaka Univ Recalcification promoter for tooth and composition for oral cavity or oral administration containing the same
WO2009134657A1 (en) * 2008-04-28 2009-11-05 The Procter & Gamble Company Oral care compositions

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
RU2494725C1 (en) * 2012-08-20 2013-10-10 Общество С Ограниченной Ответственностью "Сплат-Косметика" (Ооо "Сплат-Косметика") Mineral enzymatic complex for enamel strengthening and whitening, oral hygiene composition and tooth paste

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5013557A (en) Taste masking compositions comprising spray dried microcapsules containing sucralfate and methods for preparing same
US3914434A (en) Non-cariogenic foods and delicacies containing xylitol as a sugar substitute
US20080112944A1 (en) Compositions and methods for the treatment of autism
Scherp Dental caries: prospects for prevention
US6177064B1 (en) Anti-cariogenic activity of erythritol
US20010018090A1 (en) Calorie reducing agent
US5525351A (en) Nicotine containing stimulant unit
Bowen et al. Assessing the cariogenic potential of some infant formulas, milk and sugar solutions
US4971798A (en) Hard confections containing hydrogenated isomaltulose and medicinally active ingredient
RU2108099C1 (en) Saliva-soluble preparation for giving up tobacco smoking
Bär Caries prevention with xylitol
Touger-Decker et al. Sugars and dental caries
JP2003259835A (en) Production of fermented product and its utilization
Kandelman Sugar, alternative sweeteners and meal frequency in relation to caries prevention: new perspectives
WO1991006288A1 (en) A nicotine containing stimulant unit
US20050008582A1 (en) Chewable antiplaque confectionery dental composition
JPH07278012A (en) Metabolic promoter and food containing the same blended
WO2003090759A1 (en) Difructose anhydride-containing composition and use thereof
US6495180B1 (en) Acid reduced whole bean coffee and process
Mischler et al. Comparison of effectiveness of pancreatic enzyme preparations in cystic fibrosis
JP2003212771A (en) Anti-neissria bacterium composition
JPH1084891A (en) Health food containing kangra buckwheat or oats or both thereof as effective components
US20080075806A1 (en) Carrier Formulation
Maguire et al. Adaptation of dental plaque to metabolise maltitol compared with other sweeteners
WO2004045588A1 (en) Palatable micro-capsules

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20130128

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20131220

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20140120

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20140219

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20140828

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20141217