JP2011110595A - リング素材の製造方法 - Google Patents

リング素材の製造方法 Download PDF

Info

Publication number
JP2011110595A
JP2011110595A JP2009271091A JP2009271091A JP2011110595A JP 2011110595 A JP2011110595 A JP 2011110595A JP 2009271091 A JP2009271091 A JP 2009271091A JP 2009271091 A JP2009271091 A JP 2009271091A JP 2011110595 A JP2011110595 A JP 2011110595A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
ring
shaped material
upset
base stock
shaped
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2009271091A
Other languages
English (en)
Other versions
JP5446785B2 (ja
Inventor
Kazuto Kobayashi
一登 小林
Nobuyuki Hagiwara
信行 萩原
Toshio Nakamura
敏男 中村
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
NSK Ltd
Original Assignee
NSK Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by NSK Ltd filed Critical NSK Ltd
Priority to JP2009271091A priority Critical patent/JP5446785B2/ja
Publication of JP2011110595A publication Critical patent/JP2011110595A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP5446785B2 publication Critical patent/JP5446785B2/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Abstract

【課題】パイプ状素材から、転がり軸受の内外輪等のリング状素材を製造する場合において、セット替えの手間が殆どなく、ランニングコストも安く、多種のリング素材を製造できる製造方法を提供する。
【解決手段】パイプ状素材11より切出すリング状素材12の長さを変えることで、前記リング状素材を一定の据込み高さに据込んで得られた据込みリング状素材16の外径を制御し、前記据込みリング状素材を冷間ローリング加工18で拡径することで、異なる外径D1のリング素材を成形する。
【選択図】図1

Description

本発明は、転がり軸受、すべり軸受の内輪、外輪等に使用されるリング素材の製造方法に関するものである。
従来のリング素材の製造方法は、丸棒素材から複数の鍛造工程と切削工程とにより、完成品に近い形状及び寸法のリング素材を得る方法が知られている。例えば、特許文献1に開示されている転がり軸受の内輪、外輪に用いるリング素材を製造する方法について図3に基づいて説明する。
第1工程において丸棒素材1を所定の長さに切断して円盤状素材2を製造し、第2工程で前記円盤状素材2にプレス打抜きにより内輪内径穴を形成し円筒状素材3を成形する。次いで、第3、4工程で前記円筒状素材3の両端面に円環状の溝4、5を切削加工で形成した後に、第5工程でプレス加工により前記円筒状素材3を内輪用リング素材6と外輪用リング素材8に分離するという方法である。
しかしながら、上記の方法では製造する外輪外径と同一外径の丸棒素材を用意する必要があり、また、切削加工による材料の廃棄が生じ、材料歩留まりが悪いという問題点があった。
この対策として、特許文献1の図2では、軸受鋼円柱素材を所定の長さに切断し、これをプレス加工により、軸受の内輪用リング状素材と、外輪用リング状素材とに分離し、その後冷間ローリング加工で拡径して軸受の内輪用リング素材、外輪用リング素材に成形することで、工程数の削減と材料歩留まりの向上を行う方法が示されている。また、特許文献2の図1では、軸受鋼管を所定の長さに切断し、これを鍛造加工して軸受の外輪用素材、内輪用素材を成形することにより、材料歩留まりを向上させる方法が示されている。
特開平8−090129号公報 特開2007−130673号公報
しかしながら、これらの先行技術には、幅はそのままに外径を変更した内輪用リング素材、外輪用リング素材を製造する場合、パイプ状素材の外径、内輪内径穴用の穴あけパンチ、外輪用リング素材と内輪用リング素材とを分離するための分離パンチ、を変更する必要があり、セット替えの手間がかかる。また、製造するリングの寸法に応じた素材やパンチ類が必要となり、ランニングコストが高くなる。さらに、特許文献1、特許文献2の方法では、何等かの不具合により、外輪用リング素材、内輪用リング素材のいずれか片方のみが必要になった場合に、不要な素材が生じてしまうという問題が有った。
そこで、本発明は、セット替えの手間を低減し、あるいは、ほとんどかけずに、ランニングコストも安く、多種のリングが製造できる製造方法を提供することを課題としている。
上記問題を解決するために、本発明は、
パイプ状素材より、所定の長さのリング状素材を製作する第1工程と、
前記リング状素材を所定の据込み高さに据込んで、据込みリング状素材を成形する第2工程と、
前記据込みリング状素材を冷間ローリング加工で狙いの外径に拡径したリング素材を成形する第3工程を持つ製造工程を有し、
前記パイプ状素材から切り出す前記リング状素材の長さを変えるだけで、同一パイプ状素材、同一据込み金型、同一冷間ローリング型で、外径の異なるリング素材を成形できること
を特徴としている。
本発明は以上のような構成を有しており、リング状素材の長さを変更するだけで、外径の異なるリング素材を成形することが出来る。
また、リング状素材の長さと、据込み高さと、冷間ローリング型を変更することで、外径と幅の異なるリング素材を成形することが出来る。このように、リング素材の寸法変更によるセット替えの手間が低減可能であり、用意する素材、鍛造型が少なくて済む為、ランニングコストも安価で、多品種のリング素材を生産できるという効果が有る。
本発明によるリング素材の製造方法(長さH1のリング状素材から外径D1のリング素材を成形する場合)を示す図である。 本発明によるリング素材の製造方法(長さH2のリング状素材から外径D2のリング素材を成形する場合)を示すものである。 従来の方法による、軸受内輪、外輪の製造方法を示すものである。
以下、この発明の実施形態について図面を参照して説明する。
図1、2は、本発明に係る実施形態の工程を示すものである。
図1において、まず第1工程で、パイプ状素材11を 最終形態であるリング素材20の必要外径D1に応じて長さH1に突っ切り、リング状素材12を製作する。パイプ状素材11の内径は、冷間ローリングのマンドレル18の最大外径を基準に、最大径よりも若干大きい値に決定する。
次いで第2工程で、第1工程で得られたリング状素材12の内径をマンドレル15に通し、上下平らな据込型14a、14bで挟み込み、狙いの据込み高さhまで据込み、据込みリング状素材16を成形する。
マンドレル15を使うことで、リング状素材12が据込まれる際の座屈を防止できる。
リング状素材12の内径とマンドレル15の外径はわずかなスキマになる様にする。
但し、冷間鍛造で据込みを行う場合は、リング状素材12の内径とマンドレル15を圧入状態にして成形荷重の低減を行っても良い。
次いで、第3工程で、第2工程で得られた据込みリング状素材16の内径側にマンドレル18を、外径側に成形ロール19をセットし、マンドレル18と成形ロール19とで、据込みリング状素材16を挟み、径方向両側より押圧する冷間ローリング加工により、据込みリング状素材16を拡径し、狙いの外径D1、幅hのリング素材20を成形する。
冷間ローリングのマンドレル18の最大外径はマンドレル18の材料強度により決定する。
成形したリング素材20は切削加工、熱処理、研削加工、研磨加工、を行い、軸受リングとなる。
次に、図2に基づいてリング状素材の長さを前記図1よりも長く変更した場合について説明する。
図2において、まず第1工程で、パイプ状素材11を最終形態であるリング素材21の必要外径D2に応じて長さH2に突っ切り、リング状素材13を製作する。この時、H2>H1、D2>D1とする。次いで第2工程で、前記第1工程で得られたリング状素材13をマンドレル15、据込型14a、14bにて、据え込み高さhまで据込み、据込みリング状素材17を成形する。
この時の据込みリング状素材17の外径は前記図1の第2工程で得られる据込みリング状素材16の外径よりも大径となっている。
次いで第3工程で、前記第2工程で得られた据込みリング状素材17をマンドレル18と成形ロール19により冷間ローリング加工することにより、狙いの外径D2、幅hのリング素材21を成形することができる。
上記図1及び図2の説明からも明らかなように、リング状素材12、13の長さH1、H2を変えるだけで、同一パイプ状素材、同一据込型、同一後方押出し型、同一抜き型、同一冷間ローリング型を用いて外径が異なるリング素材20、21を成形することができる。
また、軸受の内輪リング素材としてリング素材20を、外輪リング素材としてリング素材21を製造する場合、後工程での不具合等により、リング素材20、21のいずれか片方のリング素材が不足する場合は、不足分を補う様に不足したリング素材のみを製造することができ、材料の無駄が生じるのを最小限に抑えることが出来る。
また、リング素材の幅hを変更する際は、据込み高さhと冷間ローリングのマンドレル18と成形ロール19を変更するだけで良い。
なお、本発明におけるパイプ状素材としては、市販の鋼管等の管状もしくは円筒状の素材を使用することも可能である。
本発明は、転がり軸受の内輪、外輪等のリング状部材を製造する際に好適に適用することができる。所定の寸法の丸棒素材等にドリル等で加工し孔を形成したものでも良い。
1 丸棒素材
2 円盤状素材
3 リング状素材
4 環状溝
5 環状溝
6 内輪用リング素材
7 内輪
8 外輪用リング素材
9 外輪
10 内輪と外輪の内外径差分の材料
11 パイプ状素材
12 リング状素材(長さH1)
13 リング状素材(長さH2)
14a 据込み金型上型
14b 据込み金型下型
15 据込み用マンドレル
16 据込みリング状素材(12を据え込み)
17 据込みリング状素材(13を据え込み)
18 冷間ローリングマンドレル
19 成形ロール
20 リング素材(外径D1)
21 リング素材(外径D2)

Claims (1)

  1. パイプ状素材より、所定の長さのリング状素材を製作する第1工程と、
    前記リング状素材を所定の据え込み高さに据込んで、据込みリング状素材を成形する第2工程と、
    前記据込みリング状素材を冷間ローリング加工で狙いの外径に拡径したリング素材を成形する第3工程を持つ製造方法において、
    前記パイプ状素材から切り出す前記リング状素材の長さを変えるだけで、同一パイプ状素材、同一据込み金型、同一冷間ローリング型で、外径の異なるリング素材を成形できることを特徴とするリング素材の製造方法。
JP2009271091A 2009-11-30 2009-11-30 リング素材の製造方法 Active JP5446785B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2009271091A JP5446785B2 (ja) 2009-11-30 2009-11-30 リング素材の製造方法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2009271091A JP5446785B2 (ja) 2009-11-30 2009-11-30 リング素材の製造方法

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2011110595A true JP2011110595A (ja) 2011-06-09
JP5446785B2 JP5446785B2 (ja) 2014-03-19

Family

ID=44233351

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2009271091A Active JP5446785B2 (ja) 2009-11-30 2009-11-30 リング素材の製造方法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP5446785B2 (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN105382162A (zh) * 2015-12-21 2016-03-09 太原科技大学 空心钢锭预制的环状坯料的镦粗拔长方法

Families Citing this family (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN113084053B (zh) * 2021-03-25 2022-01-04 武汉理工大学 大型内轮廓突变截面环件轧挤复合近净成形方法
CN113084054B (zh) * 2021-03-25 2022-01-04 武汉理工大学 大型外轮廓突变截面环件轧挤复合近净成形方法

Citations (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2001300668A (ja) * 2000-04-19 2001-10-30 Sanyo Special Steel Co Ltd 鋼管切断リングを母材とする内周突起付きリングの製造方法
JP2006097808A (ja) * 2004-09-30 2006-04-13 Nsk Ltd ラジアル玉軸受用外輪及びその製造方法

Patent Citations (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2001300668A (ja) * 2000-04-19 2001-10-30 Sanyo Special Steel Co Ltd 鋼管切断リングを母材とする内周突起付きリングの製造方法
JP2006097808A (ja) * 2004-09-30 2006-04-13 Nsk Ltd ラジアル玉軸受用外輪及びその製造方法

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN105382162A (zh) * 2015-12-21 2016-03-09 太原科技大学 空心钢锭预制的环状坯料的镦粗拔长方法
CN105382162B (zh) * 2015-12-21 2017-07-25 太原科技大学 空心钢锭预制的环状坯料的镦粗拔长方法

Also Published As

Publication number Publication date
JP5446785B2 (ja) 2014-03-19

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP5446787B2 (ja) リング素材の製造方法
KR101337003B1 (ko) 링 압연 공법을 이용한 풍력 타워용 플랜지 제조방법
JP5803127B2 (ja) 転がり軸受の軌道輪用粗形材の製造方法
JP5309690B2 (ja) 転がり軸受の内外輪の製造方法
JP2010075931A (ja) フランジを備えた筒状金属部品のプレス成形方法
JP2009039750A (ja) 鍔付き短円筒状部品等の鍛造方法
JP5446785B2 (ja) リング素材の製造方法
JP2011025312A (ja) 内外輪の製造方法及びその装置
JP2007130673A (ja) 軸受鋼管を用いたベアリングレースの外輪および内輪の製造方法
JP2014024091A (ja) 車輪用軸受ユニットの軌道輪部材の製造方法
JP2018530432A (ja) リング状成形品の製造方法および製造設備
JP2010188355A (ja) 鍔付き短円筒状部品等の鍛造方法
JP2005271034A (ja) 歩留りよく深溝球軸受レース素形品を製造する方法
JP2009279611A (ja) 円筒状リング部材の製造方法
JP4835119B2 (ja) 高精度リングの製造方法
JP2011131251A (ja) リング素材の製造方法
JP5012038B2 (ja) 金属製リングの製造方法
JP2005205457A (ja) ダブルボールベアリングの内外輪の製造方法
JP2011147974A (ja) 外向フランジ部付金属製部材の製造方法
JP5157957B2 (ja) 突出部付き軸状部材の製造方法
EP3106244B1 (en) Method for manufacturing annular member
JP6225996B2 (ja) 環状部材の製造方法及び転がり軸受の製造方法
JP2005219122A (ja) 中空金属管を素材とする内周突起付きリングの製造方法
JP5622324B2 (ja) 金属円筒体の成形方法
JP2006123003A (ja) 高精度リングの製造方法及び製造装置

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20120412

RD03 Notification of appointment of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7423

Effective date: 20120412

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20130628

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20130702

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20130820

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20131203

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20131216

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 5446785

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

RD04 Notification of resignation of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7424

Effective date: 20140210

A072 Dismissal of procedure

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A072

Effective date: 20140603