JP2011083594A - catheter - Google Patents

catheter Download PDF

Info

Publication number
JP2011083594A
JP2011083594A JP2010116373A JP2010116373A JP2011083594A JP 2011083594 A JP2011083594 A JP 2011083594A JP 2010116373 A JP2010116373 A JP 2010116373A JP 2010116373 A JP2010116373 A JP 2010116373A JP 2011083594 A JP2011083594 A JP 2011083594A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
catheter
portion
lumen
coil
sub
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2010116373A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP5604974B2 (en )
Inventor
Kenichi Kanemasa
Hayao Tanaka
賢一 兼政
速雄 田中
Original Assignee
Sumitomo Bakelite Co Ltd
住友ベークライト株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Images

Classifications

    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61MDEVICES FOR INTRODUCING MEDIA INTO, OR ONTO, THE BODY; DEVICES FOR TRANSDUCING BODY MEDIA OR FOR TAKING MEDIA FROM THE BODY; DEVICES FOR PRODUCING OR ENDING SLEEP OR STUPOR
    • A61M25/00Catheters; Hollow probes
    • A61M25/01Introducing, guiding, advancing, emplacing or holding catheters
    • A61M25/0105Steering means as part of the catheter or advancing means; Markers for positioning
    • A61M25/0133Tip steering devices
    • A61M25/0147Tip steering devices with movable mechanical means, e.g. pull wires
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61MDEVICES FOR INTRODUCING MEDIA INTO, OR ONTO, THE BODY; DEVICES FOR TRANSDUCING BODY MEDIA OR FOR TAKING MEDIA FROM THE BODY; DEVICES FOR PRODUCING OR ENDING SLEEP OR STUPOR
    • A61M25/00Catheters; Hollow probes
    • A61M25/0043Catheters; Hollow probes characterised by structural features
    • A61M25/005Catheters; Hollow probes characterised by structural features with embedded materials for reinforcement, e.g. wires, coils, braids
    • A61M25/0053Catheters; Hollow probes characterised by structural features with embedded materials for reinforcement, e.g. wires, coils, braids having a variable stiffness along the longitudinal axis, e.g. by varying the pitch of the coil or braid
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61MDEVICES FOR INTRODUCING MEDIA INTO, OR ONTO, THE BODY; DEVICES FOR TRANSDUCING BODY MEDIA OR FOR TAKING MEDIA FROM THE BODY; DEVICES FOR PRODUCING OR ENDING SLEEP OR STUPOR
    • A61M25/00Catheters; Hollow probes
    • A61M25/0043Catheters; Hollow probes characterised by structural features
    • A61M25/0045Catheters; Hollow probes characterised by structural features multi-layered, e.g. coated

Abstract

<P>PROBLEM TO BE SOLVED: To restrain a sub-lumen from bending at an acute angle while ensuring sufficient flexibility of a catheter. <P>SOLUTION: The catheter includes a main lumen 20 disposed along the longitudinal direction of the catheter 10, and the sub-lumen 30 formed to be smaller in diameter than the main lumen 20 and disposed around the main lumen 20 to extend along the longitudinal direction of the catheter 10. The catheter further includes an operating wire 40 fixed to a tip section (a distal end section 15) of the catheter 10. A coil 50 formed of an elastic body is wound around the sub-lumen 30. <P>COPYRIGHT: (C)2011,JPO&INPIT

Description

本発明は、カテーテルに関する。 The present invention relates to a catheter.

近年、遠位端部を屈曲させることにより体腔への進入方向を操作可能なカテーテルが提供されている。 Recently, the approach direction to the body cavity steerable catheter is provided by bending the distal end portion. 特許文献1には、中央内腔(メインルーメン)の周囲に、これよりも小径の2つのワイヤ内腔(サブルーメン)を180度対向して設け、サブルーメンの内部に変向ワイヤ(操作線)を挿通してなるカテーテルが記載されている。 Patent Document 1, around a central lumen (main lumen), which smaller diameter of the two wire lumen than provided the (sub lumens) opposed 180 degrees, the deflection wire (operating line within the sub-lumen ) describes a catheter formed by inserting a.

特開2006−192269号公報 JP 2006-192269 JP

ところで、カテーテルの屈曲性を十分に得ようとすると、カテーテルを柔軟に形成する必要がある。 Meanwhile, an attempt to obtain sufficient flexibility of the catheter, it is necessary to flexibly form the catheter. しかし、カテーテルを柔軟にすると、屈曲位置でカテーテルが急角度に折れ曲がってしまう可能性が生じる。 However, when the flexible catheter, there is a possibility that catheter bending position will bent steeper. カテーテルが急角度に折れ曲がると、その位置でサブルーメンが急角度に折れ曲がってしまう。 When the catheter is bent abruptly angles, sub-lumen will bent steeply at that position.
サブルーメンが急角度に折れ曲がると、その位置でサブルーメンの周壁と操作線との摩擦係数が増大する。 When the sub-lumen bends steeper, the coefficient of friction between the wall and the operating line of the sub-lumen at that location is increased. このため、操作線を用いたカテーテルの屈曲操作性が悪化する、或いは操作線の切断が生じる。 Thus, the bending operation of the catheter is deteriorated with operating lines, or cutting operation line occurs.

近年のカテーテルは、血管内への挿通性などの観点から細径化が進められ、外直径が1mm以下のもの(以下、マイクロカテーテルという場合がある)が提供されるに至っている。 Recent catheter is advanced is the perspective from smaller diameter, such as insertion of into the blood vessel, those outer diameter of 1mm or less (hereinafter sometimes referred to as micro-catheter) has come to is provided. このようなマイクロカテーテルにおいては、なおさら上述した問題が発生しやすいことが想定される。 In such microcatheter, problems mentioned above is assumed that the prone even more.

本発明は上記課題に鑑みてなされたものであり、カテーテルの屈曲性を十分に確保しつつも、サブルーメンの急角度の折れ曲がりを抑制することが可能なカテーテルを提供することを目的とする。 The present invention has been made in view of the above problems, even while sufficiently ensuring the flexibility of the catheter, and an object thereof is to provide a catheter capable of suppressing the bending of the steep angle of the sub-lumen.

本発明は、カテーテルの長手方向に沿って配設されたメインルーメンと、 The present invention includes a main lumen disposed along the length of the catheter,
前記メインルーメンよりも小径に形成され、前記メインルーメンの周囲において前記長手方向に沿って配設されたサブルーメンと、 It said main lumen is formed smaller in diameter than, and a sub lumen disposed along the longitudinal direction in the periphery of the main lumen,
前記サブルーメンに摺動可能に挿通され、且つ、当該カテーテルの先端部に固定された操作線と、 Said slidably inserted in the sub-lumen and the operation wire fixed to the distal end of the catheter,
弾性体により構成され、前記サブルーメンの周囲に巻回されたコイルと、 Is constituted by an elastic member, a coil wound around the sub-lumen,
を備えることを特徴とするカテーテルを提供する。 Providing a catheter, characterized in that it comprises a.

本発明では、操作線に対する操作によってカテーテルが屈曲する際に、コイルにはその軸方向を曲げようとする(コイルを胴曲がりさせようとする)外力が加わるが、コイルはその弾性的な反撥力によって、その外力に抗しようとする。 In the present invention, when the catheter by operation on the operating line is bent, the coil (to try to bend the barrel of the coil) to bend the axial Although the external force is applied, the coil its elastic repulsive force by, trying to anti-to the external force. このため、サブルーメンの急角度の折れ曲がりを抑制できる。 Therefore, it is possible to suppress the bending of the steep angle of the sub-lumen. これにより、サブルーメンの周壁と操作線との摩擦係数の増大を抑制できるため、操作線を用いたカテーテルの屈曲操作性を良好な状態に維持できるとともに、操作線の断線の発生も抑制できる。 Accordingly, since the increase of the friction coefficient between the wall and the operating line of the sub-lumen can be suppressed, with the bending operation of the catheter using the operation wire can be maintained in a good state, it can be suppressed the occurrence of disconnection of the operating line.
ただし、コイルは、その軸方向を曲げようとする外力に従って屈曲することが可能であるため、カテーテルの屈曲性を十分に確保することができる。 However, coils, since it is possible to bend according to external force to bend the axial direction can be sufficiently ensured flexibility of the catheter.
要するに、カテーテルの屈曲性を十分に確保しつつも、コイルが有する弾性的な反撥力によってサブルーメンの急角度の折れ曲がりを抑制することができる。 In short, it is also possible while sufficiently ensuring the flexibility of the catheter, to suppress the bending of the steep angle of the sub-lumen by elastic repulsive force with the coil.

本発明によれば、弾性体により構成されたコイルがサブルーメンの周囲に巻回されているので、カテーテルの屈曲性を十分に確保しつつも、コイルが有する弾性的な反撥力によってサブルーメンの急角度の折れ曲がりを抑制することができる。 According to the present invention, since the coil made of an elastic material is wound around the sub-lumen, while still ensuring sufficient flexibility of the catheter, the sub-lumen by elastic repulsive force with the coil it is possible to suppress the bending of the steep angle.

第一実施形態に係るカテーテルの先端部の側断面図である。 It is a side cross-sectional view of the distal portion of the catheter according to the first embodiment. 図1のA−A矢視断面図である。 It is an A-A sectional view taken along line of FIG. 第一実施形態に係るカテーテルが有するコイルの模式図である。 It is a schematic view of a coil having a catheter according to the first embodiment. 第一実施形態に係るカテーテルの先端部の側断面図であり、図1よりも広範囲を示す。 It is a side sectional view of the distal portion of the catheter according to the first embodiment, showing a wider range than FIG. 第一実施形態に係るカテーテルの側面図である。 It is a side view of a catheter according to the first embodiment. 第一実施形態に係るカテーテルの動作例を示す側面図である。 Is a side view showing an operation example of a catheter according to the first embodiment. コイルの変形例を示す側面図である。 It is a side view showing a modification of the coil. 第二実施形態に係るカテーテルの側断面図である。 It is a side sectional view of a catheter according to the second embodiment. 図8の拡大図である。 It is an enlarged view of FIG. 8.

以下、本発明の実施形態について、図面を用いて説明する。 Hereinafter, embodiments of the present invention will be described with reference to the drawings. なお、すべての図面において、同様の構成要素には同一の符号を付し、適宜に説明を省略する。 In all the drawings, like reference numerals denote like elements and will not be the explanation.

<第一実施形態> <First embodiment>
図1は本発明の第一実施形態に係るカテーテル10の先端部の側断面図である。 Figure 1 is a side sectional view of the distal portion of the catheter 10 according to the first embodiment of the present invention. 図1の左方がカテーテル10の先端側(以下、遠位端側ともいう)にあたり、右方が手元側(以下、基端側あるいは近位端側ともいう)にあたる。 The distal end side of the left side is the catheter 10 of FIG. 1 (hereinafter, also referred to as the distal end side) per a and the right hand side (hereinafter, also referred to as a base end side or the proximal end side) corresponds to. ただし、図1においてはカテーテル10の近位端側は図示を省略している。 However, the proximal end of the catheter 10 in FIG. 1 is omitted.
図2は図1のA−A矢視断面図である。 Figure 2 is an A-A sectional view taken along line of FIG.
図3はカテーテル10が有するコイル50の模式図である。 Figure 3 is a schematic view of the coil 50 with the catheter 10.
図4はカテーテル10の先端部の側断面図であり、図1よりも広範囲を示している。 Figure 4 is a side sectional view of the distal portion of the catheter 10, shows a wider range than FIG. ただし、図4においてもカテーテル10の近位端側は図示を省略している。 However, the proximal end of the catheter 10 also in FIG. 4 are omitted.
図5はカテーテル10の側面図である。 Figure 5 is a side view of the catheter 10.
図6はカテーテル10の動作例を示す側面図である。 6 is a side view showing an operation example of the catheter 10.

本実施形態に係るカテーテル10は、当該カテーテル10の長手方向に沿って配設されたメインルーメン20と、サブルーメン30と、カテーテル10の屈曲操作を行うための操作線40と、コイル50と、を備えている。 The catheter 10 of this embodiment includes a main lumen 20 disposed along the longitudinal direction of the catheter 10, the sub-lumen 30, an operation wire 40 for performing a bending operation of the catheter 10, and coils 50, It is equipped with a.
サブルーメン30は、メインルーメン20よりも小径に形成され、メインルーメン20の周囲においてカテーテル10の長手方向に沿って配設されている。 Sublumen 30 is formed smaller in diameter than the main lumen 20, it is arranged along the longitudinal direction of the catheter 10 around the main lumen 20.
操作線40は、サブルーメン30に挿通され、且つ、サブルーメン30に対して摺動可能となっている。 Operating line 40 is inserted into the sub-lumen 30, and is slidable relative to the sub-lumen 30. この操作線40は、カテーテル10の先端部(遠位端部15)に固定されている。 The operating line 40 is fixed to the distal end of the catheter 10 (distal end portion 15).
コイル50は、弾性体により構成されている。 Coil 50 is constituted by an elastic body. このコイル50は、サブルーメン30の周囲に巻回されている。 The coil 50 is wound around the sub-lumen 30.
以下、詳細に説明する。 It will be described in detail below.

次に、本実施形態のカテーテル10について詳細に説明する。 Next, the catheter 10 of this embodiment will be described in detail.

図1に示すように、本実施形態に係るカテーテル10は、樹脂材料により構成された内層21と、内層21の周囲に形成された外層60と、を有している。 As shown in FIG. 1, the catheter 10 according to this embodiment includes an inner layer 21 made of a resin material, and has an outer layer 60 formed around the inner layer 21.
なお、内層21及び外層60を含むカテーテル10の本体をシース16とよぶ。 Incidentally, the body of catheter 10 including an inner layer 21 and outer layer 60 is referred to as the sheath 16.
ここで、内層21は管状に形成され、その内部空間によって、カテーテル10の長手方向に延在する中空であるメインルーメン20が構成されている。 Here, the inner layer 21 is formed in the tubular, the inner space, the main lumen 20 is formed a hollow extending in the longitudinal direction of the catheter 10.

また、外層60は、内層21と同種又は異種の樹脂材料により構成されている。 Further, the outer layer 60 is made of a resin material of the inner layer 21 and the same or different.
この外層60内には、メインルーメン20よりも小径のサブルーメン30が、カテーテル10の長手方向に延在する中空として形成されている。 This outer layer 60, the small diameter of the sub-lumen 30 than the main lumen 20 is formed as a hollow extending in the longitudinal direction of the catheter 10. すなわち、サブルーメン30は、メインルーメン20の周囲に配設されている。 That is, the sub-lumen 30 is disposed around the main lumen 20.
サブルーメン30の周囲には、コイル50が巻回されている。 Around the sub-lumen 30, the coil 50 is wound. コイル50は外層60に内包されている。 Coil 50 is enclosed in the outer layer 60.

ここで、サブルーメン30の本数は任意であるが、本実施形態のカテーテル10は、例えば、2本のサブルーメン30を有している。 Here, the number of sub-lumen 30 is arbitrary, the catheter 10 of the present embodiment, for example, a sub-lumen 30 of the two. 複数本のサブルーメン30を有する場合は、これらサブルーメン30をメインルーメン20の軸周りにおいて分散して配置する。 If having a sub-lumen 30 of the plurality of, arranged to disperse these sub-lumen 30 in the axial around the main lumen 20. 本実施形態のようにカテーテル10が2本のサブルーメン30を備える場合は、図2のようにサブルーメン30をメインルーメン20の周囲に180度間隔で配置することが好ましい。 If the catheter 10 as in the present embodiment comprises a sub-lumen 30 of the two are preferably arranged at 180 degree intervals sub-lumen 30 around the main lumen 20 as shown in FIG.
なお、カテーテル10は3本以上のサブルーメン30を有していても良い。 Incidentally, the catheter 10 may have a sub-lumen 30 of three or more. 例えば3本のサブルーメン30を有する場合は、サブルーメン30をメインルーメン20の周囲に120度間隔で配置することが好ましい。 For example, when having three sub-lumen 30, it is preferable to arrange the sub-lumen 30 at 120 degree intervals around the main lumen 20.

ここで、カテーテル10の遠位端部15とは、カテーテル10の遠位端(先端)DEを含む所定の長さの範囲をいう。 Here, the distal end 15 of catheter 10, refers to a predetermined length range, including the distal end (tip) DE of the catheter 10. なお、遠位端DEは、シース16の遠位端でもある。 Incidentally, the distal end DE is also the distal end of the sheath 16. また、カテーテル10の近位端部17とは、カテーテル10の近位端CEを含む所定の長さの範囲をいう(図5参照)。 Further, the proximal end 17 of catheter 10, refers to a predetermined length range, including the proximal end CE of the catheter 10 (see FIG. 5). 同様に、シース16の遠位端部とは、遠位端DEを含む所定の長さの範囲をいい、シース16の近位端部とは、シース16の近位端PEを含む所定の長さの範囲をいう。 Similarly, the distal end of the sheath 16, refers to a predetermined length range, including the distal end DE, and the proximal end of the sheath 16, the predetermined comprising a proximal end PE of the sheath 16 length It refers to the range.

サブルーメン30は、少なくともシース16の近位端部、具体的には、例えば、シース16の近位端PEにおいて開口している。 Sublumen 30, the proximal end of at least the sheath 16, specifically, for example, is open at the proximal end PE of the sheath 16. なお、シース16の近位端PEよりも遠位端DE側において開口していてもよい。 It may be open at the distal end DE side from the proximal end PE of the sheath 16.

各サブルーメン30には、それぞれ操作線40が挿通され、且つ、各操作線40がサブルーメン30に対して摺動可能となっている。 Each sub-lumen 30, are respectively inserted through the operating wire 40, and the respective operating line 40 can slide relative to the sub-lumen 30.

図1に示すように、操作線40の先端(遠位端41)は、カテーテル10の遠位端部15に固定されている。 As shown in FIG. 1, the distal end of the operation wire 40 (distal end 41) is secured to the distal end 15 of catheter 10.
操作線40の遠位端41を遠位端部15に固定する態様は特に限定されない。 Manner of fixing the distal end 41 of the operating line 40 to the distal end portion 15 is not particularly limited. 例えば、図1に示すように、操作線40の遠位端41を後述するマーカー66に連結しても良いし、遠位端部15におけるマーカー66以外の部分に溶着しても良いし、または接着剤によりマーカー66またはシース16の遠位端部に接着固定してもよい。 For example, as shown in FIG. 1, to the distal end 41 of the operating wire 40 may be coupled to a marker 66 to be described later, may be welded to the portion other than the marker 66 at the distal end 15, or it may be bonded to the distal end of the marker 66 or the sheath 16 by an adhesive.

操作線40は、シース16の遠位端部から近位端部に亘ってサブルーメン30内を導かれている。 Operating line 40 is led to the sub-lumen 30 over the proximal end from the distal end of the sheath 16. 操作線40の近位端42は、シース16の近位端PEにおけるサブルーメン30の開口より導出され、後述する操作部70のスライダ72に固定されている。 The proximal end 42 of the operating line 40 is derived from the opening of the sub-lumen 30 at the proximal end PE of the sheath 16 is fixed to the slider 72 of the operation unit 70 to be described later.

操作線40の近位端42を牽引する方向(つまり図6の右方向)に操作部70のスライダ72を操作すると、操作線40を介してカテーテル10の遠位端部15に引張力が与えられて、当該操作線40が挿通されたサブルーメン30の側に遠位端部15が屈曲する。 By operating the slider 72 of the operation unit 70 to the proximal end 42 of the operating line 40 in the direction (i.e. rightward direction in FIG. 6) for pulling the tensile force is applied to the distal end 15 of the catheter 10 through the operation wire 40 is, the distal end portion 15 on the side of the sub-lumen 30 to which the operating line 40 is inserted is bent.
ただし、操作線40の近位端42をカテーテル10に対して押し込む方向(つまり図6の左方向)に操作部70のスライダ72を操作しても、当該操作線40から遠位端部15に対して押込力が実質的に与えられることはない。 However, by operating the slider 72 of the operation unit 70 in a direction to push the proximal end 42 of the operating wire 40 to the catheter 10 (i.e. the left in FIG. 6), the distal end portion 15 from the operation wire 40 pushing force for is not to be given substantially.

ここで、カテーテル10が屈曲するとは、カテーテル10の中心軸(例えばメインルーメン20の中心軸)が直線以外(曲線状又は折れ線状など)となるようにカテーテル10が変形する(曲がる)ことを意味する。 Here, the catheter 10 is bent, means that the central axis of the catheter 10 (e.g., the central axis of the main lumen 20) is a catheter 10 so that the non-linear (such as curved or polygonal line) is deformed (bent) to.

なお、操作線40を挿通するサブルーメン30をメインルーメン20と離間して設けることにより、メインルーメン20を通じて薬剤等を供給したり光学系を挿通したりする際に、これらがサブルーメン30に脱漏しないようにできる。 Incidentally, omissions sub lumen 30 for inserting the operating wire 40 by providing spaced apart from the main lumen 20, when or inserting the optical system and supplies the drug or the like through the main lumen 20, these are the sub-lumen 30 possible so that it does not.
そして、本実施形態のようにサブルーメン30の周囲にコイル50を巻回することにより、摺動する操作線40に対して、コイル50よりもカテーテル10の内側、すなわちメインルーメン20が保護される。 Then, by winding the coil 50 around the sub-lumen 30 as in this embodiment, for operating lines 40 to slide, the inner, i.e. the main lumen 20 is protected of the catheter 10 than the coil 50 . ここで、コイル50がサブルーメン30の周囲に巻回されているとは、操作線40が挿通されたサブルーメン30の少なくとも一部がコイル50の巻線の内側に形成されている状態を意味する。 Here, the coil 50 is wound around the sub-lumen 30, it means a state where at least a part of the sub-lumen 30 operating line 40 is inserted is formed inside the windings of the coil 50 to. コイル50は、サブルーメン30に露出せずに外層60に完全に埋設されていてもよく、またはその一部もしくは全部がサブルーメン30に露出していてもよい。 Coil 50 may be completely embedded in the outer layer 60, or a part or the whole may be exposed to the sub-lumen 30 without exposure to the sub-lumen 30.

シース16の遠位端部における外層60の周囲には、シース16の最外層として、潤滑処理が外表面に施された親水性のコート層64が任意で設けられている。 Around the outer layer 60 at the distal end of the sheath 16, as the outermost layer of the sheath 16, coating layer 64 lubricating treatment is performed on the outer surface of the hydrophilic it is provided optionally.

カテーテル10の遠位端部15には、例えば、X線等の放射線が透過不能な材料により構成されたリング状のマーカー66が設けられている。 The distal end 15 of catheter 10, for example, a ring-shaped marker 66 constructed is provided by a radiation transmissive non materials such as X-rays. 具体的には、マーカー66には白金などの金属材料を用いることができる。 Specifically, the marker 66 may be a metal material such as platinum. 本実施形態のマーカー66は、メインルーメン20の周囲であって外層60の内部に設けられている。 Markers 66 of the present embodiment is provided a periphery of the main lumen 20 inside of the outer layer 60.
図1の例では、操作線40の遠位端41はマーカー66に連結固定されている。 In the example of FIG. 1, the distal end 41 of the operating line 40 is connected and fixed to a marker 66.

内層21の材料としては、一例として、フッ素系の熱可塑性ポリマーを用いることができる。 As the material of the inner layer 21, it can be used as an example, a thermoplastic polymer in a fluorine-based. より具体的には、ポリテトラフルオロエチレン(PTFE)やポリビニリデンフルオライド(PVDF)、ペルフルオロアルコキシフッ素樹脂(PFA)などを用いることができる。 More specifically, polytetrafluoroethylene (PTFE) and polyvinylidene fluoride (PVDF), etc. perfluoroalkoxy fluorocarbon resin (PFA) can be used.
内層21にフッ素系樹脂を用いることにより、カテーテル10のメインルーメン20を通じて造影剤や薬液などを患部に供給する際のデリバリー性が良好となる。 By using a fluorine-based resin in the inner layer 21, the delivery of the time of supply such as an affected area contrast agent and chemical solution is good through the main lumen 20 of the catheter 10.

外層60の材料としては、例えば、熱可塑性ポリマーを用いることができる。 As the material of the outer layer 60, for example, it may be a thermoplastic polymer. 一例として、ポリイミド(PI)、ポリアミドイミド(PAI)、ポリエチレンテレフタレート(PET)のほか、ポリエチレン(PE)、ポリアミド(PA)、ナイロンエラストマー、ポリウレタン(PU)、エチレン−酢酸ビニル樹脂(EVA)、ポリ塩化ビニル(PVC)またはポリプロピレン(PP)などを用いることができる。 As an example, polyimide (PI), polyamideimide (PAI), addition of polyethylene terephthalate (PET), polyethylene (PE), polyamide (PA), nylon elastomers group consisting of polyurethane (PU), ethylene - vinyl acetate resin (EVA), poly or the like can be used vinyl chloride (PVC) or polypropylene (PP).

ここで、操作線40をサブルーメン30に挿通する方法としては、例えば、予めサブルーメン30が形成されたカテーテル10のシース16に対して、その一端側から操作線40を挿通してもよい。 Here, as a method for inserting the operation wire 40 to the sub-lumen 30 is, for example, relative to the sheath 16 of the catheter 10 to advance sub-lumen 30 is formed, may be inserted through the operating line 40 from one end thereof. または、シース16の押出成型時に、樹脂材料とともに操作線40を押し出してサブルーメン30の内部に挿通してもよい。 Or, during extrusion molding of the sheath 16 may be inserted into the interior of the sub-lumen 30 push the operating line 40 with a resin material.

操作線40を樹脂材料とともに押し出してサブルーメン30に挿通する場合、操作線40には、シース16を構成する樹脂材料の溶融温度以上の耐熱性が求められる。 If the operating line 40 is inserted into the sub-lumen 30 extruded with the resin material, the operating line 40, heat resistance above the melting temperature of the resin material constituting the sheath 16 is obtained. かかる操作線40の場合、具体的な材料としては、たとえば、ポリエーテルエーテルケトン(PEEK)、ポリフェニレンスルフィド(PPS)、ポリブチレンテレフタレート(PBT)、PIもしくはPTFEなどの高分子ファイバー、または、ステンレススチール(SUS)、耐腐食性被覆を施した鋼鉄線、チタンもしくはチタン合金などの金属線を用いることができる。 For such operating lines 40, Specific materials, for example, polyetheretherketone (PEEK), polyphenylene sulfide (PPS), polybutylene terephthalate (PBT), polymers fibers such as PI or PTFE or stainless steel (SUS), steel wire subjected to corrosion-resistant coating may be a metal wire, such as titanium or a titanium alloy.
一方、予め成形されたシース16のサブルーメン30に対して操作線40を挿通する場合など、操作線40に耐熱性が求められない場合は、上記各材料に加えて、PVDF、高密度ポリエチレン(HDPE)またはポリエステルなどを使用することもできる。 On the other hand, such as when inserting the operating wire 40 to the sub-lumen 30 of the sheath 16 which is previously molded, if the operating line 40 is not required heat resistance, in addition to the above material, PVDF, high density polyethylene ( it is also possible to use, such as HDPE) or polyester.

コート層64には、ポリビニルアルコール(PVA)やポリビニルピロリドンなどの親水性材料を用いることができる。 The coating layer 64, it is possible to use a hydrophilic material such as polyvinyl alcohol (PVA) or polyvinyl pyrrolidone.

ここで、本実施形態のカテーテル10の代表的な寸法について説明する。 The following describes typical dimensions of the catheter 10 of the present embodiment.
メインルーメン20の半径は200〜300μm程度、内層21の厚さは10〜30μm程度、外層60の厚さは100〜220μm程度、コイル50の外径は70〜160μm、コイル50の内径は40〜100μmとすることができる。 Radius about 200~300μm the main lumen 20, the thickness of the inner layer 21 is about 10 to 30 [mu] m, the thickness of the outer layer 60 is about 100~220Myuemu, the outer diameter of the coil 50 70~160Myuemu, the inner diameter of the coil 50 is 40 it can be set to 100μm. そして、カテーテル10の(シース16の)軸心からサブルーメン30の中心までの半径は300〜450μm程度、サブルーメン30の内径は40〜100μmとすることができ、操作線40の太さは30〜60μmとすることができる。 Then, (the sheath 16) axis sincerely radius to the center of the sub-lumen 30 about 300~450μm of the catheter 10, the inner diameter of the sub lumen 30 may be a 40 to 100 [mu] m, the thickness of the operating line 40 30 it can be ~60μm. そして、カテーテル10の(シース16の)最外半径を350〜490μm程度とすることができる。 Then, the catheter 10 (sheath 16) outermost radius can be about 350~490Myuemu.
すなわち、本実施形態のカテーテル10の外径は直径1mm未満であり、腹腔動脈などの血管に挿通可能である。 That is, the outer diameter of the catheter 10 of the present embodiment is a diameter of less than 1 mm, it is possible through the blood vessels such as celiac. また、本実施形態のカテーテル10に関しては、操作線40の牽引により進行方向が自在に操作されるため、たとえば分岐する血管内においても所望の方向にカテーテル10を進入させることが可能である。 As for the catheter 10 of the present embodiment, since the traveling direction by the pulling of the operating line 40 is operated freely, it is also possible to enter the catheter 10 in a desired direction within the blood vessel for example branching.

図5に示すように、カテーテル10の近位端部17には、操作部70が備えられている。 As shown in FIG. 5, the proximal end 17 of the catheter 10, the operation unit 70 are provided.
操作部70は、カテーテル10の長手方向に延在する軸部71と、軸部71に対してカテーテル10の長手方向にそれぞれ進退するスライダ72(例えば、第1及び第2スライダ72a、72b)と、軸部71と一体に該軸部71の軸周りに回転するハンドル部74と、シース16の基端部が軸周りに回転可能に差し込まれた把持部75とを備えている。 Operation unit 70 includes a shaft portion 71 extending in the longitudinal direction of the catheter 10, the slider 72 (e.g., first and second sliders 72a, 72b) for advancing and retracting the respective length of the catheter 10 relative to the shaft portion 71 and the includes a handle portion 74 for rotation about the axis of the shaft portion 71 integrally with the shaft portion 71, and a grip portion 75 having a base end portion of the sheath 16 is inserted into the rotatable around the axis.
シース16の近位端部は軸部71に固定されている。 The proximal end of the sheath 16 is fixed to the shaft 71.
操作部70のスライダ72に対し、複数本の操作線40をそれぞれ個別に、または二本以上を同時に牽引する操作を行うことにより、カテーテル10の遠位端部15を屈曲させることができるようになっている。 To the slider 72 of the operation unit 70, separately a plurality of operating lines 40, respectively, or by performing an operation for pulling two or more simultaneously, to be able to bend the distal end portion 15 of the catheter 10 going on.
また、例えば、一方の手で把持部75を把持した状態で、他方の手でハンドル部74を把持部75に対して軸回転させることにより、シース16の全体を軸部71とともに回転させることができるようになっている。 Further, for example, while gripping the grip portion 75 with one hand, by pivoting the handle portion 74 relative to the grip portion 75 with the other hand, to rotate the whole of the sheath 16 together with the shaft section 71 It has become possible way.

ここで、上述のように、本実施形態の場合、カテーテル10は、例えば、2本のサブルーメン30と、それらサブルーメン30にそれぞれ挿通された操作線40を有している。 Here, as described above, in this embodiment, the catheter 10 has, for example, the two sub-lumen 30 of the respective them sublumen 30 inserted through the operation wire 40.
以下では、説明の便宜上、一方のサブルーメン30を第1サブルーメン30aと称し、他方のサブルーメン30を第2サブルーメン30bと称する(図1参照)。 For convenience of explanation, one of the sub-lumen 30 is referred to as a first sub-lumen 30a, it referred to the other sub-lumen 30 and the second sub-lumen 30b (see FIG. 1). そして、第1サブルーメン30a内に挿通された操作線40を第1操作線40aと称し、第2サブルーメン30b内に挿通された操作線40を第2操作線40bと称する(図1、図5参照)。 Then, an insertion has been operating line 40 in the first sub-lumen 30a referred to as a first operation line 40a, an insertion has been operating line 40 in the second sub-lumen 30b is referred to as a second operating line 40b (FIG. 1, FIG. see 5).

第1操作線40aの近位端42aは、操作部70の第1スライダ72aに接続されている。 The proximal end 42a of the first operating line 40a is connected to the first slider 72a of the operation unit 70. 同様に、第2操作線40bの近位端42bは、操作部70の第2スライダ72bに接続されている。 Similarly, the proximal end 42b of the second operating line 40b is connected to the second slider 72b of the operation unit 70.
そして、第1スライダ72aと第2スライダ72bとを軸部71に対して個別に基端側にスライドさせることにより、これに接続された第1操作線40aまたは第2操作線40bが個別に牽引され、カテーテル10の遠位端部15(つまりシース16の遠位端部)に引張力が与えられる。 Then, by sliding the individual base end side relative to the first slider 72a and the shaft portion 71 and the second slider 72b, the first operating line 40a or the second operating line 40b connected thereto traction individually is a tensile force is applied to the distal end 15 of catheter 10 (i.e. the distal end of the sheath 16). これにより、当該牽引された操作線40の側に遠位端部15が屈曲する。 Thus, the distal end portion 15 on the side of the traction has been operating line 40 bends.
第1操作線40aまたは第2操作線40bの何れかの操作線40を個別に牽引する場合、牽引する距離に応じて、遠位端部15の曲率を変化させることができる。 If that drive one of operating lines 40 of the first operating line 40a or the second operating line 40b individually, depending on the distance to traction, it is possible to change the curvature of the distal end portion 15.
なお、操作線40を個別に牽引するだけでは遠位端部15を所望の姿勢に屈曲させることができない場合には、第1及び第2操作線40a、40bを同時に牽引することにより、遠位端部15の所望の姿勢を実現しても良い。 In the case where only pulling the operation wire 40 individually can not be bent distal end portion 15 to a desired position, by pulling the first and second operating lines 40a, 40b at the same time, the distal desired orientation of the end 15 may be realized.
このように、遠位端部15を様々な形状に屈曲させるとともに、ハンドル部74に対する回転操作によってシース16の回転位相を調節することにより、遠位端部15の屈曲量及び屈曲方向を調節し、様々な角度に分岐する体腔に対してカテーテル10を自在に進入させることができる。 Thus, with bending the distal end portion 15 into a variety of shapes, by adjusting the rotational phase of the sheath 16 by the rotation operation on the handle portion 74, by adjusting the bending amount and bending direction of the distal end portion 15 It may be advanced catheter 10 freely relative to the body cavity for branches at various angles.
よって、例えば分岐のある血管や末梢血管に対しても、本実施形態のカテーテル10を所望の方向に進入させることができる。 Thus, for example, even for a branch vessel and peripheral blood vessels, the catheter 10 of the present embodiment may be advanced in a desired direction.
なお、本実施形態のカテーテル10において、遠位端部15の屈曲角度は90度を超えることが好ましい。 Incidentally, in the catheter 10 of the present embodiment, the bending angle of the distal end portion 15 is preferably greater than 90 degrees. これにより、血管の分岐角度がUターンするような鋭角の場合であっても、かかる分岐枝に対してカテーテル10を進入させることができる。 Thus, also the branch angle of the vessel is a case of acute as a U-turn, thereby advancing the catheter 10 for such branches.

次に、コイル50について詳述する。 Next, it will be described in detail coil 50.

図3に示すように、コイル50は、例えば、弾性体により構成された1本の線材50aを螺旋状に屈曲させることにより構成されている。 As shown in FIG. 3, the coil 50 is made of, for example, by bending a single wire 50a made of an elastic material in a spiral.
図1及び図4に示すように、シース16(内層21または外層60)には複数のサブルーメン30が軸方向に延在して通孔形成されている。 As shown in FIGS. 1 and 4, a plurality of sub-lumen 30 is a through hole formed to extend in the axial direction in the sheath 16 (the inner layer 21 or outer layer 60). ここで、サブルーメン30は、シース16の樹脂材料を中空に成形して設けてもよい。 Here, the sub-lumen 30 may be provided with hollow molding a resin material of the sheath 16. または、予め成形された中空管をシース16に埋設してサブルーメン30を設けてもよい。 Or it may be a sub-lumen 30 is provided by burying a hollow tube which is previously formed into the sheath 16. 本実施形態のコイル50は、各サブルーメン30の周囲にそれぞれ巻回されている。 Coil 50 of the present embodiment is wound around each of the respective sub-lumen 30. ただし、コイル50は、サブルーメン30の周壁を構成するシース16(内層21、外層60)または中空管に内包されていても良い。 However, coil 50, the sheath 16 (the inner layer 21, outer layer 60) constituting the peripheral wall of the sub-lumen 30 may be included in or hollow tube.
或いは、コイル50は、その一部分が、サブルーメン30の周壁を構成するシース16または中空管よりも内側に露出していても良い。 Alternatively, coil 50, a portion thereof, may be exposed inside the sheath 16 or hollow tube constituting the peripheral wall of the sub-lumen 30. この場合、コイル50がサブルーメン30の周壁の一部分を構成することになる。 In this case, the coil 50 forms part of the peripheral wall of the sub-lumen 30. 線材50aが金属材料からなる場合は、線材50aを樹脂被膜(図示略)で被覆したコイル50を用いてもよい。 If the wire 50a is made of a metallic material, the wire 50a may be used coil 50 coated with a resin film (not shown).

本実施形態のコイル50は、サブルーメン30の少なくとも先端部の周囲に巻回されている。 Coil 50 of the present embodiment is wound around at least the leading end portion of the sub-lumen 30.
具体的には、例えば、コイル50は、サブルーメン30の先端部から基端部に亘って延在している(図5参照)。 Specifically, for example, coil 50 extends over the proximal end from the distal end portion of the sub-lumen 30 (see FIG. 5).

コイル50を構成する線材50aの材料としては、例えば、金属を用いることが好ましい一例であるが、この例に限らず、内層21及び外層60よりも高剛性で弾性を有する材質であれば、その他の材質(例えば樹脂等)を用いても良い。 As the material of the wire 50a constituting the coil 50, for example, is a is preferably an example using a metal is not limited to this example, if the material having elasticity higher rigidity than the inner layer 21 and outer layer 60, other it may be used for the material (e.g. resin).
具体的には、線材50aの金属材料として、例えば、ステンレススチール(SUS)、ニッケルチタン系合金、鋼、チタン或いは銅合金を用いることができる。 Specifically, as the metal material of the wire 50a, for example, stainless steel (SUS), can be used nickel-titanium based alloys, steel, titanium or a copper alloy.
線材50aの断面形状は特に限定されないが、例えば、円形であることが好ましい一例である。 Although the cross-sectional shape of the wire 50a is not particularly limited, for example, an example is preferably circular.

このようなコイル50を備えることにより、サブルーメン30の形態安定性を向上させることができ、ひいては、カテーテル10のコシ及び形態安定性を向上させることができる。 By providing such a coil 50, it is possible to improve the shape stability of the sub-lumen 30, thus, it is possible to improve the elasticity and shape stability of the catheter 10. ここで、カテーテル10のコシとは、カテーテル10に曲げまたはトルク荷重を付与した場合の形態安定性である。 Here, the stiffness of the catheter 10 is in the form stability when applying the bending or torque load to the catheter 10.

コイル50は、線材50aの巻回ピッチが当該コイル50の全長に亘って均一であっても良い。 Coil 50, the winding pitch of the wire 50a may be uniform over the entire length of the coil 50.
ただし、以下に説明するように、コイル50は、先端側の部分における線材50aの巻回ピッチが、基端側の部分における線材50aの巻回ピッチよりも大きいことも好ましい。 However, as described below, the coil 50 is wound pitch of the wire 50a at a portion of the distal end side, larger is preferable than the winding pitch of the wire 50a in the portion of the base end side.

すなわち、図3に示すように、コイル50は、例えば、コイル50の先端部を含む第1部分51と、第1部分51よりもカテーテル10の近位端(基端)CE(図5参照)側に位置する第2部分52とを含んで構成されている。 That is, as shown in FIG. 3, the coil 50 is, for example, a first portion 51 including the front end portion of the coil 50, the proximal end (base end) of the catheter 10 than the first portion 51 CE (see Figure 5) It is configured to include a second portion 52 located on the side.
そして、第2部分52よりも第1部分51の方が巻回ピッチが大きく設定されている。 Then, toward the first portion 51 is set larger winding pitch than the second portion 52.

以下、コイル50のうち、隣り合う巻線どうしが実質的に互いに接触する巻回状態を密巻きという。 Hereinafter, in the coil 50, the winding state of the winding to each other adjacent to substantially contact with each other as closely coiled. ただし、コイル50の巻回作業の精度から、密巻きには、巻線どうしの間に部分的に間隙(クリアランス)が存在することを許容する。 However, the accuracy of the winding operation of the coil 50, the closely coiled, allowing partially to gap (clearance) is present between the windings to each other.
一方、隣り合う巻線どうしが所定の間隙(ピッチ間隔)をもって巻回されている状態をピッチ巻きというものとする。 On the other hand, the state of winding each other adjacent is wound with a predetermined gap (pitch) will be referred to as pitch winding.

本実施形態の場合、例えば、コイル50の第2部分52では、隣り合う"巻き"どうしが接する密巻きとされている。 In this embodiment, for example, the second portion 52 of the coil 50, there is a close coiled which is what adjacent "winding" contact.

ここで、コイル50をピッチ巻きとすることで、隣り合う巻線どうしの軸方向の距離が伸縮可能となる。 Here, by the coil 50 and pitch winding, the axial distance of the winding to each other adjacent becomes stretchable. このため、カテーテル10の先端部が屈曲した場合に、屈曲の外側の巻線はピッチが拡大され、屈曲の内側の巻線はピッチが短縮される。 Therefore, when the distal end of the catheter 10 is bent, the outer winding of bending is expanded pitch, inner windings of the bending pitch is shortened. これにより、ピッチ巻きのコイル50はカテーテル10の屈曲に対して柔軟に追随して変形する。 Thus, the coil 50 of pitch winding is deformed flexibly follow against bending of the catheter 10. そして、コイル50は円管状の巻回形状を維持したまま屈曲するため、カテーテル10が屈曲した場合にもサブルーメン30がキンクすることが防止され、操作線40の牽引操作を損なうことがない。 Since the coil 50 to flex while maintaining the winding shape of the circular pipe, it is possible to prevent the catheter 10 kink sublumen 30 even when bent does not detract from the towing operation of the operation wire 40.

一方、コイル50を密巻きとすることで、隣り合う巻線は軸方向の移動が規制されるため、カテーテル10が屈曲することを抑制する。 On the other hand, by the coil 50 and the closely coiled, winding adjacent the movement in the axial direction is restricted, it prevents the catheter 10 is bent.
なお、ピッチ巻きのコイル50の場合、線材50aのピッチ間隔が小さいほど柔軟に屈曲し、ピッチ間隔が大きくなるとバネとしての弾性が低下する。 In the case of the coil 50 of pitch winding, as flexibly bend pitch of the wire 50a is small, decreases the elasticity of the spring when the pitch is increased. このため、コイル50の曲げ剛性の大きい順番は、(1)密巻き、(2)ピッチ巻き(ピッチ間隔大)、(3)ピッチ巻き(ピッチ間隔小)である。 Therefore, a large order of the bending stiffness of the coil 50 are (1) closely coiled, (2) pitch winding (Univ pitch), (3) pitch winding (small pitch).

次に、カテーテル10の製造方法の例を説明する。 Next, an example of manufacturing method of the catheter 10.

先ず、任意で表面に離型処理された円柱状のマンドレルに内層21を被膜形成する。 First, the inner layer 21 to the film formed on the release-treated cylindrical mandrel optionally surface.
次に、内層21の周囲に外層60を押出成型する。 Next, extruding the outer layer 60 around the inner layer 21. この押出成型時には、サブルーメン30を構成する中空管を押し出して、この中空管を外層60に埋設するとともに、この中空管に外挿されるようにコイル50を押し出して、このコイル50も外層60に埋設する。 During this extrusion, by extruding a hollow tube constituting the sub lumen 30, the hollow tube as well as embedded in the outer layer 60, push the coil 50 as extrapolated to the hollow tube, the coil 50 is also embedded in the outer layer 60.
なお、中空管は、この押出成型前に予め形成されたものである。 Incidentally, the hollow tube is one which is pre-formed prior to the extrusion. 中空管の材質は外層60よりも溶融温度が高いものとし、押出成型時に中空管が溶融しないようにする。 The material of the hollow tube and having a high melting temperature than the outer layer 60, the hollow tube to prevent melted during extrusion.
次に、外層60に埋設された中空管内に操作線40を挿通する。 Then, inserting the operation wire 40 to the hollow tube embedded in the outer layer 60.
次に、操作線40の遠位端41をカテーテル10の遠位端部15に固定する。 Then, to secure the distal end 41 of the operating line 40 to the distal end 15 of catheter 10.
次に、マンドレルを内層21から抜く。 Next, pull out the mandrel from the inner layer 21. この際、必要に応じ、マンドレルの両端部を互いに逆方向に牽引することによってマンドレルを細径化する。 At this time, if necessary, to reduce the diameter of the mandrel by pulling the both end portions of the mandrel in opposite directions.
こうして、メインルーメン20と、サブルーメン30と、操作線40と、コイル50と、を備えるカテーテル10を製造することができる。 Thus, the main lumen 20, a sub lumen 30, an operation wire 40, the coil 50, it is possible to manufacture a catheter 10 with a.
なお、サブルーメン30を構成する中空管を用いず、外層60の押出成型とサブルーメン30を構成する樹脂層の押出成型とを並行して行いながら、この樹脂層内に操作線40を押し出しても良い。 Incidentally, instead of using a hollow tube constituting the sub lumen 30, while the extrusion of the resin layer constituting the extrusion molding and the sub lumen 30 of the outer layer 60 in parallel, extruded operating line 40 to the resin layer and it may be.

次に、カテーテル10の動作を説明する。 Next, the operation of the catheter 10.

本実施形態では、カテーテル10の軸心を挟んで第1サブルーメン30aと第2サブルーメン30bとが180度対向して形成されている。 In the present embodiment, the first sub-lumen 30a and the second sub-lumen 30b across the axis of the catheter 10 is formed to face 180 degrees. そして、第1サブルーメン30aには第1操作線40aが挿通され、第2サブルーメン30bには第2操作線40bが挿通されている。 Then, the first sub-lumen 30a is inserted first operating line 40a, the second sub-lumen 30b is inserted through the second operating line 40b.

本実施形態のカテーテル10では、操作部70(図6)を操作して第1操作線40aを近位端CE側に牽引すると、図6(a)に示すように、カテーテル10の遠位端部15は図6の上方に屈曲する。 In the catheter 10 of the present embodiment, when pulling the first operating wire 40a by operating the operation unit 70 (FIG. 6) on the proximal end CE side, as shown in FIG. 6 (a), the distal end of the catheter 10 part 15 is bent upward in FIG. 6. 更に、この牽引量を大きくすると、図6(c)に示すように、カテーテル10の遠位端部15は図6の上方に大きく屈曲する。 Furthermore, increasing the pulling amount, as shown in FIG. 6 (c), the distal end 15 of catheter 10 is largely bent upward in FIG. 6.
また、操作部70を操作して第2操作線40bを近位端CE側に牽引すると、図6(b)に示すように、カテーテル10の遠位端部15は図6の下方に屈曲する。 Moreover, when pulling the second operating line 40b by operating the operation unit 70 to the proximal end CE side, as shown in FIG. 6 (b), the distal end 15 of catheter 10 is bent downward in FIG. 6 . 更に、この牽引量を大きくすると、図6(d)に示すように、カテーテル10の遠位端部15は図6の下方に大きく屈曲する。 Furthermore, increasing the pulling amount, as shown in FIG. 6 (d), the distal end 15 of catheter 10 is largely bent downward in FIG.

なお、第1操作線40aと第2操作線40bとを共に牽引する場合には、牽引量を互いに相違させてもよい。 In the case of towing the first operating line 40a and a second operating line 40b together may together by different traction amount. すなわち、いずれの操作線40を個別に牽引しても所望の曲率が達成されない場合には、両方の操作線40を牽引して曲率を調整してもよい。 That is, when the desired curvature also towing any operating lines 40 individually is not achieved, may be led both operating line 40 to adjust the curvature.
より具体的には、何れか他方の操作線40を牽引することによって、遠位端部15の屈曲量を減じる操作や、遠位端部15の姿勢を屈曲した状態から元の直線状の姿勢へ戻す操作を行うことができる。 More specifically, by pulling the other one of the operating lines 40, the operation and to reduce the bending of the distal end portion 15, from a bent state the attitude of the distal end portion 15 of the original straight attitude it is possible to perform the operation to return to. 屈曲量を減じる操作により、屈曲量の微調整が可能である。 The operation to reduce the amount of bending, it is possible to finely adjust the bending amount.

また、カテーテル10の遠位端部15を屈曲させた状態でカテーテル10を最大90度だけ回転させる操作を行うことにより、操作者はカテーテル10の遠位端部15の屈曲方向を所望の方向に変えることができる。 Further, by performing the operation of rotating the catheter 10 only up to 90 degrees while being bent distal end 15 of catheter 10, the operator of the bending direction of the distal end 15 of catheter 10 in a desired direction it is possible to change.
なお、サブルーメン30の周囲にコイル50が巻回されているので、シース16のねじり剛性が高まる。 Since the coil 50 around the sub-lumen 30 is wound, it increases the torsional rigidity of the sheath 16. よって、カテーテル10の回転操作時におけるトルク伝達効率が高まり、回転操作に対する遠位端部15の回転応答性が向上する。 Therefore, increased torque transmission efficiency at the time of rotational operation of the catheter 10, the rotational response of the distal end portion 15 relative to the rotation operation can be improved.

カテーテル10の屈曲操作時におけるコイル50の屈曲態様について説明すると、コイル50は、先端側の第1部分51では大きく屈曲するのに対し、屈曲操作による第2部分52の屈曲は、第1部分51のそれと比べて小さい。 Referring to bending mode of the coil 50 at the time of bending operation of the catheter 10, coil 50, whereas the bent largely in the first portion 51 of the tip end, the bending of the second portion 52 due to bending operation, the first portion 51 small in comparison with it. 具体的には、例えば、第2部分52では、体腔の形状に沿った屈曲は自在であるが、屈曲操作による屈曲は殆ど生じない。 Specifically, for example, the second portion 52, but is bent along the shape of the body cavity is freely, it is hardly bent by the bending operation. なぜなら、第2部分52は密巻きとなっているので、操作線40を牽引しても実質的に圧縮されないからである。 Because second portion 52 since a closed winding, because even if pulling the operating wire 40 is not substantially compressed.

ここで、仮に、コイル50がその全長に亘って密巻きとなっていると、操作線40を牽引してもコイル50が圧縮されないため、操作線40の牽引による遠位端部15の屈曲操作が困難となる。 Here, if, when the coil 50 is in the closed winding over its entire length, because the coil 50 is also leading the operating line 40 is not compressed, the bending action of the distal end portion 15 by pulling the operating wire 40 It becomes difficult. コイル50がサブルーメン30の先端部から基端部に亘って延在している場合はなおさらである。 If the coil 50 extends over the proximal end from the distal end portion of the sub-lumen 30 it is even more.
これに対し、本実施形態では、コイル50の先端部を含む第1部分51は、第2部分52よりも巻回ピッチが大きい。 In contrast, in the present embodiment, first portion 51 comprising a distal portion of the coil 50, the winding pitch is larger than the second portion 52. 換言すれば、必ず、第1部分51ではピッチ巻き(密巻きではない)となっている。 In other words, always it has a pitch winding the first portion 51 (not closely coiled).
このため、コイル50の第1部分51では、牽引された操作線40の側が圧縮される挙動を呈するので、操作線40の牽引による遠位端部15の屈曲操作を容易に行うことができる。 Therefore, the first portion 51 of the coil 50, so exhibits behavior side is compressed towing been operating line 40, it is possible to easily perform the bending operation of the distal end portion 15 by pulling the operating wire 40.

以上のような実施形態に係るカテーテル10においては、弾性体により構成されたコイル50がサブルーメン30の周囲に巻回されているので、操作線40に対する操作によってカテーテル10が屈曲する際に、コイル50にはその軸方向を曲げようとする外力が加わる。 In the catheter 10 according to the above-described embodiment, since the coil 50 constituted by an elastic member is wound around the sub-lumen 30, when the catheter 10 is bent by the operation on the operation wire 40, the coil the 50 applied external force to bend the axial direction. しかし、コイル50はその弾性的な反撥力によって、その外力に抗しようとする。 However, coil 50 by its elastic repulsive force, attempts to anti to the external force.
よって、サブルーメン30の急角度の折れ曲がりを抑制できる。 Therefore, it is possible to suppress the bending of the steep angle of the sub-lumen 30. これにより、サブルーメン30の周壁と操作線40との摩擦係数の増大を抑制できるため、操作線40を用いたカテーテル10の屈曲操作性を良好な状態に維持できるとともに、操作線40の断線の発生も抑制できる。 Thereby, since the increase of the friction coefficient between the wall and the operating line 40 of the sub-lumen 30 can be suppressed, with the bending operation of the catheter 10 using the operating line 40 can be maintained in good condition, the operating line 40 disconnection occurrence can be suppressed.
ただし、コイル50は、その軸方向を曲げようとする外力に従って屈曲することが可能であるため、カテーテル10の屈曲性を十分に確保することができる。 However, coil 50, since it is possible to bend according to external force to bend the axial direction can be sufficiently ensured flexibility of the catheter 10.
要するに、カテーテル10の屈曲性を十分に確保しつつも、コイル50が有する弾性的な反撥力によってサブルーメン30の急角度の折れ曲がりを抑制することができる。 In short, it is also possible while sufficiently ensuring the flexibility of the catheter 10, to suppress the bending of the steep angle of the sub-lumen 30 by elastic repulsive force with the coil 50.

また、このようにサブルーメン30の急角度の折れ曲がりを抑制できるだけでなく、カテーテル10の急角度の折れ曲がりも抑制できる。 Moreover, in this way not only it can suppress the bending of the steep angle of the sub-lumen 30, bending can be suppressed in the acute angle of the catheter 10. このため、メインルーメン20の急角度の折れ曲がりも抑制できる。 Therefore, bending can be suppressed in the acute angle of the main lumen 20. これにより、メインルーメン20の内空断面積を十分な大きさに維持できるため、メインルーメン20を介した薬剤等の供給や光学系の挿通などを好適に実施できる。 Accordingly, it is possible to maintain the inner space cross-sectional area of ​​the main lumen 20 to a sufficient size, can be suitably implemented such insertion of the supply and the optical system of the drug or the like through the main lumen 20.

また、コイル50は、少なくとも、サブルーメン30の先端部の周囲に巻回されているので、カテーテル10の遠位端部15において、カテーテル10の屈曲性を十分に確保しつつカテーテル10の急角度の折れ曲がりを抑制することができる。 The coil 50 is, at least, since it is wound around the distal end portion of the sub-lumen 30, a steep angle of the catheter 10 at the distal end 15, while sufficiently ensuring the flexibility of the catheter 10 of the catheter 10 it is possible to suppress the bending of.

また、コイル50は、コイル50の先端部を含む第1部分51と、第1部分51よりもカテーテル10の近位端CE側(基端側)に位置する第2部分52とを含み、第2部分52よりも第1部分51の方が巻回ピッチが大きい。 The coil 50 includes a first portion 51 including the front end portion of the coil 50, and a second portion 52 located at the proximal end CE side of the catheter 10 than the first portion 51 (proximal end side), the than 2 portions 52 is large winding pitch toward the first portion 51.
このため、コイル50の第1部分51では、牽引された操作線40の側が圧縮される挙動を呈するので、操作線40の牽引による遠位端部15の屈曲操作を容易に行うことができる。 Therefore, the first portion 51 of the coil 50, so exhibits behavior side is compressed towing been operating line 40, it is possible to easily perform the bending operation of the distal end portion 15 by pulling the operating wire 40.
しかも、第2部分52は第1部分51よりも巻回ピッチが小さいので、カテーテル10を体腔内に押し込む際に、その押し込み力を第2部分52を介して第1部分51にまで有効に伝達させることができる。 Moreover, since the second portion 52 winding pitch is smaller than the first portion 51, the catheter 10 when pushed into the body cavity, to enable the pushing force to the first portion 51 through the second portion 52 transmits it can be. つまり、カテーテル10のプッシャビリティを向上できる。 In other words, it improves the pushability of the catheter 10. カテーテル10のプッシャビリティは、コイル50がメインルーメン20の先端部から基端部に亘って延在していることにより、一層向上する。 Pushability of the catheter 10, it makes further improvements coil 50 extends over the proximal end from the distal end portion of the main lumen 20. 更に、カテーテル10のプッシャビリティは、コイル50の第2部分52が密巻きとなっていることにより、格段に向上する。 Furthermore, pushability of the catheter 10, by the second portion 52 of the coil 50 is in the closed winding, remarkably improved.

本発明は上述の実施形態に限定されるものではなく、本発明の目的が達成される限りにおける種々の変形、改良等の態様も含む。 The present invention is not limited to the embodiments described above, various changes in long as the object of the present invention are achieved, including aspects of improvements, and the like.

例えば、上記の実施形態では、外層60において、サブルーメン30及びコイル50よりも外周側又は内周側の位置に、ワイヤを編成してなるブレード層(図示略)を配設しても良い。 For example, in the above embodiment, the outer layer 60, the position of the outer peripheral side or the inner circumferential side of the sub-lumen 30 and the coil 50, braid layer formed by knitting the wire (not shown) may be disposed.

また、上記の実施形態では、コイル50の第1部分51における巻回ピッチが一定である例を説明したが、本発明はこの例に限らず、第1部分51における線材50aの巻回ピッチが複数段階に変化しても良い。 Further, in the above embodiment, the winding pitch in the first portion 51 of the coil 50 is described as an example is constant, the present invention is not limited to this example, the winding pitch of the wire 50a of the first portion 51 it may be varied in a plurality of stages.
コイル50は、巻回ピッチが大きい部分ほど、その軸方向58(図3)を曲げようとする外力に抗する力(以下、曲げ剛性と称する)が大きくなる。 Coil 50, as part winding pitch is large, the force resisting the external force to bend the axial direction 58 (FIG. 3) (hereinafter, referred to as bending stiffness) is increased.
このため、第1部分51における線材50aの巻回ピッチを複数段階に変化させることにより、第1部分51における曲げ剛性も複数段階に変化するので、カテーテル10の遠位端部15における屈曲性をその長手方向において段階的に設定することができる。 Thus, by varying the winding pitch of the wire 50a of the first portion 51 in a plurality of stages, the flexural rigidity of the first portion 51 also changes in a plurality of stages, the flexibility at the distal end 15 of catheter 10 it can be set stepwise in its longitudinal direction.

例えば、図7(a)に示す例では、コイル50の第1部分51は、コイル50の先端部である第3部分53と、第3部分53よりもカテーテル10の近位端CE側(基端側)に位置する第4部分54とを含んで構成されている。 For example, in the example shown in FIG. 7 (a), the first portion 51 of the coil 50, the third portion 53 is a distal end portion of the coil 50, the proximal end CE side of the catheter 10 than the third portion 53 (group It is configured to include a fourth portion 54 located at the end side).
なお、第4部分54は、例えば、第3部分53に対し、カテーテル10の近位端CE側に隣接している。 The fourth portion 54 is, for example, with respect to the third portion 53 is adjacent to the proximal end CE side of the catheter 10.
そして、第4部分54よりも第3部分53の方が巻回ピッチが小さく設定されている。 Then, towards the third portion 53 is set smaller winding pitch than the fourth portion 54.
この例では、巻回ピッチが小さい第3部分53での屈曲性が、第4部分54での屈曲性よりも高まる。 In this example, the bending of the third portion 53 winding pitch is small, increases than the bending of the fourth portion 54. このため、カテーテル10の先端部での屈曲性を向上できる。 Therefore, it is possible to improve the flexibility of the tip portion of the catheter 10.
また、第3部分53よりも基端側に位置する第4部分54では、第3部分53よりも巻回ピッチが大きいので、第3部分53よりも曲げ剛性が大きい。 Further, the fourth portion 54 located on the proximal side of the third portion 53, since the winding pitch than the third portion 53 is large, the bending rigidity than the third portion 53 is large.

ここで、直線状の血管内を進行してきたカテーテル10を、この血管から垂直に分岐する血管へ導く場合について説明する。 Here, the catheter 10 has been advanced through the linear vessel, the case leading to a blood vessel that branches perpendicularly from the vessel.
コイル50の第1部分51の巻回ピッチが一定の場合、血管の分岐において、カテーテル10の先端が分岐に引っかかっていても(遠位端DEが分岐先の血管側に進入していても)、カテーテル10を更に押し込むと、コイル50が座屈してしまうとともに、カテーテル10が分岐先の血管に導かれず分岐元の血管を直進してしまうことがある。 If the winding pitch of the first portion 51 of the coil 50 is constant, in the branch of the blood vessel, even if the tip of the catheter 10 is not caught by the branch (even if the distal end DE enters the vessel side branch target) and further pushing the catheter 10, together with the coil 50 will buckle, the catheter 10 is sometimes straight through is not branch origin vessels directed to the branch destination of the vessel.
これに対し、図7(a)に示すように第1部分51が第3及び第4部分53、54を有する構成とすることにより、カテーテル10を分岐先の血管内へスムーズに進入させることができる。 In contrast, with the configuration in which the first part 51 as shown in FIG. 7 (a) has a third and a fourth portion 53, 54, be advanced smoothly catheter 10 to the branch destination in the vessel it can.
すなわち、カテーテル10の遠位端部15においてコイル50の第3部分53と対応する部位を分岐に引っかけた後、カテーテル10を更に押し込むと、曲げ剛性が大きい第4部分54を介して第3部分53を押し込みながら、第2部分52が屈曲する動作となる。 That is, after hooking portion corresponding to the third portion 53 of the coil 50 at the distal end 15 of the catheter 10 to the branch, the third portion through further pushing the catheter 10, the bending stiffness is greater fourth portion 54 while pushing the 53, the operation of the second portion 52 is bent. これにより、第3部分53を分岐先の血管の方向へとスムーズに押し込むことができる。 Thus, it is possible to push the third portion 53 smoothly in the direction of the branch destination of the vessel.
ここで、この動作中、第4部分54の曲率は(第3部分53と比べて)相対的に小さいため、第4部分54の座屈を抑制しながら、この第4部分54によって第3部分53を好適に後押しする動作となる。 Here, in this operation, the curvature of the fourth portion 54 is for (the third portion 53 as compared to) relatively small, while suppressing the buckling of the fourth portion 54, the third portion by the fourth portion 54 53 the operation to suitably boost.
そして、第2部分52が分岐を通過する頃には、第3及び第4部分53、54が既に正しい方向に(分岐先の血管内に)進行しているため、第2部分52も押し込みによる座屈で折れ曲がらずに第3及び第4部分53、54に追随して分岐先の血管内に進行することができる。 Then, by the time the second portion 52 is passed through the branch (branch destination in the vessel) the third and fourth portions 53 and 54 already the right direction because of the progress, also pushing the second portion 52 can not Oremagara buckling following the third and fourth portions 53, 54 traveling in the branch destination in the vessel.
このように、コイル50が第3部分53の基端側に第4部分54を有することにより、カテーテル10を分岐部においてより確実に所望の方向へ導くことができる。 Thus, by the coil 50 has a fourth portion 54 on the proximal end side of the third portion 53 can direct the catheter 10 to more securely desired direction in the branch section.

また、図7(b)に示す例では、図7(a)の例とは逆に、先端側の第3部分53よりも第4部分54の方が巻回ピッチが小さく設定されている。 Further, in the example shown in FIG. 7 (b), contrary to the example of FIG. 7 (a), towards the fourth portion 54 is set smaller winding pitch than the third portion 53 of the distal end side.
この例では、巻回ピッチが小さい第4部分54での屈曲性を、第3部分53での屈曲性よりも高めることができる。 In this example, the flexibility of the fourth portion 54 winding pitch is small, it can be made higher than the bending resistance of the third portion 53. 逆に言えば、図7(a)の場合と比べて、第3部分53での保形性が高まる。 Conversely, compared to the case of FIG. 7 (a), increases the shape retention of the third portion 53. このため、図7(a)の場合と比べて、カテーテル10の先端部での保形性を確保できる。 Therefore, as compared with the case of FIG. 7 (a), it can be secured shape retention at the tip portion of the catheter 10. よって、カテーテル10の推進力を向上できるという利点がある。 Therefore, there is an advantage that can be improved propulsion of the catheter 10.

また、図7(c)に示す例では、コイル50の第1部分51は、図7(a)の構成に加えて、第4部分54よりもカテーテル10の近位端CE側(基端側)に位置する第5部分55を含んで構成されている。 Further, in the example shown in FIG. 7 (c), the first portion 51 of the coil 50, in addition to the configuration of FIG. 7 (a), the proximal end CE side (proximal side of the catheter 10 than the fourth portion 54 It is configured to include a fifth portion 55 which is located).
なお、第5部分55は、例えば、第4部分54に対し、カテーテル10の近位端CE側に隣接している。 Incidentally, the fifth portion 55, for example, with respect to the fourth portion 54 is adjacent to the proximal end CE side of the catheter 10.
そして、第4部分54よりも第5部分55の方が巻回ピッチが小さく設定されている。 Then, towards the fifth portion 55 is set smaller winding pitch than the fourth portion 54. 例えば、第5部分55と第3部分53では、巻回ピッチが互いに等しく設定されている。 For example, in a fifth portion 55 third portion 53, the winding pitch is set equal to each other.
この例では、図7(a)の場合と同様の効果が得られる他に、第4部分54の後側に位置する第5部分55での屈曲性が高まるという効果が得られる。 In this example, in addition to the same effects as the case shown in FIG. 7 (a) is obtained, the effect of flexibility of the fifth portion 55 which is located on the side is increased after the fourth portion 54 is obtained.
この場合、カテーテル10の遠位端部15においてコイル50の第3部分53と対応する部位を分岐に引っかけた後、カテーテル10を更に押し込むと、曲げ剛性が大きい第4部分54を介して第3部分53を押し込みながら、第5部分55が屈曲する動作となる。 In this case, after hooking portion corresponding to the third portion 53 of the coil 50 at the distal end 15 of catheter 10 into the branch, further pushing the catheter 10, through the third bending stiffness is greater fourth portion 54 while pushing the portion 53, the operation of the fifth portion 55 is bent.
この動作中、第4部分54の曲率は(第3及び第5部分53、55と比べて)相対的に小さいため、第4部分54の座屈を抑制しながら、この第4部分54によって第3部分53を好適に後押しする動作となる。 During this operation, since the curvature of the fourth portion 54 is relatively small (compared to the third and fifth portions 53 and 55), while suppressing the buckling of the fourth portion 54, first by the fourth portion 54 the third portion 53 in the operating to suitably boost.
そして、第5部分55が分岐を通過する頃には、第3及び第4部分53、54が既に正しい方向に(分岐先の血管内に)進行しているため、第5部分55も押し込みによる座屈で折れ曲がらずに第3及び第4部分53、54に追随して分岐先の血管内に進行することができる。 Then, by the time the fifth portion 55 is passed through the branch (branch destination in the vessel) the third and fourth portions 53 and 54 already the right direction because of the progress, the fifth portion 55 also push can not Oremagara buckling following the third and fourth portions 53, 54 traveling in the branch destination in the vessel.
なお、図7(c)の例では、第1部分51の最先端部である第3部分53は密巻きとなっていても良い。 In the example of FIG. 7 (c), the third portion 53 may have a closed winding a cutting edge portion of the first portion 51.

<第二実施形態> <Second Embodiment>
図8は、本発明の第二実施形態に係るカテーテル10の先端部の側断面図である。 Figure 8 is a side cross-sectional view of the distal portion of the catheter 10 according to the second embodiment of the present invention.
同図の左方がカテーテル10の遠位端側にあたり、右方が近位端側にあたる。 Upon distal end side of the left side is the catheter 10 in the figure, the right side is equivalent to the proximal end side. 同図においてはカテーテル10の中間部および近位端側は図示を省略している。 An intermediate portion and proximal end of the catheter 10 in the figure is not shown.
図9は、本実施形態のカテーテル10におけるコイル50の近傍を示す拡大図である。 Figure 9 is an enlarged view showing the vicinity of the coil 50 in the catheter 10 of the present embodiment.

本実施形態のカテーテル10は、サブルーメン30が内部に形成されて操作線40が挿通された中空管32を備えている。 The catheter 10 of the present embodiment, the sub-lumen 30 is provided with a hollow tube 32 operating line 40 is inserted is formed inside. コイル50は中空管32の先端側に設けられて、サブルーメン30はコイル50から中空管32に亘って連続して形成されている。 Coil 50 is provided on the distal end side of the hollow pipe 32, the sub-lumen 30 is formed continuously over the coil 50 to the hollow tube 32.

本実施形態のカテーテル10では、コイル50は先端部の数十mm程度に亘って設けられ、カテーテル10の中間部から基端部に亘って中空管32が設けられている。 In the catheter 10 of the present embodiment, the coil 50 is provided over the approximately several tens mm at the tip portion, the hollow tube 32 is provided over the proximal end of the intermediate portion of the catheter 10.
複数のサブルーメン30を備える場合、そのすべてについてコイル50と中空管32とを連設してもよく、または一部のサブルーメン30に関してのみコイル50と中空管32とを連設してもよい。 If a plurality of sub-lumen 30, all may be interconnects the coil 50 and the hollow tube 32 for, or a coil 50 for only a portion of the sub-lumen 30 and the hollow tube 32 and continuously provided it may be.

カテーテル10(外層60)は樹脂材料からなる。 The catheter 10 (outer layer 60) is made of a resin material. そして、中空管32は、この樹脂材料よりも高融点かつ低粘着性の材料からなる。 The hollow tube 32 is made of a refractory, low tack material than the resin material.

具体的には、本実施形態の中空管32には、PTFE、PFAもしくは四フッ化エチレン・六フッ化プロピレン共重合体(FEP)などのフッ素系ポリマー材料を用いることができる。 More specifically, the hollow tube 32 of the present embodiment, it is possible to use fluorine-based polymer material such as PTFE, PFA or tetrafluoroethylene-hexafluoropropylene copolymer (FEP). このほか、中空管32には、PI、PAI、ポリサルフォン(PSF)、ポリエーテルサルフォン(PES)、ポリフェニレンサルファイド(PPS)、ポリエーテルエーテルケトン(PEEK)、ポリエーテルイミド(PEI)もしくは液晶ポリマー(LCP)などの非フッ素系ポリマー材料を用いることもできる。 In addition, the hollow tube 32, PI, PAI, polysulfone (PSF), polyether sulfone (PES), polyphenylene sulfide (PPS), polyether ether ketone (PEEK), poly (ether imide) (PEI) or a liquid crystal polymer (LCP) may be used non-fluorinated polymeric material, such as.

中空管32は、外層60を構成する樹脂材料よりも高融点である。 Hollow tube 32 is a high melting point than the resin material constituting the outer layer 60. これにより、内層21の周囲に中空管32を平行配置した状態で外層60を熱成形する場合に中空管32が溶融することがない。 Thus, the hollow tube 32 is prevented from melting when thermoforming the outer layer 60 in a state where the hollow tube 32 and arranged parallel around the inner layer 21.
たとえば、中空管32をPTFE(融点=327℃)、PFA(融点=302℃)またはPEEK(融点=334℃)より構成し、外層60(樹脂材料)をナイロンエラストマー(融点=160〜220℃)、PU(融点=60〜140℃)またはEVA(融点=約90℃)より構成するとよい。 For example, the hollow tube 32 PTFE (melting point = 327 ° C.), PFA (melting point = 302 ° C.) or PEEK constructed from (melting point = 334 ° C.), the outer layer 60 (resin material) nylon elastomer (mp = 160 to 220 ° C. ), it may be configured from the PU (mp = 60 to 140 ° C.) or EVA (melting point = about 90 ° C.).

外層60の熱成形には、押出成型法を用いてもよく、または予め管状に成形された外層60を内層21および中空管32の周囲に装着した後に熱収縮材料によって加熱環境下で押圧成形してもよい。 Thermoforming of the outer layer 60, press forming in a heated environment by heat shrink material after mounting may be using an extrusion molding method, or by outer layer 60 molded in advance tubular around the inner layer 21 and the hollow tube 32 it may be. ここで、中空管32の融点が外層60の融点よりも10℃以上、好ましくは30℃以上、さらに好ましくは100℃以上高いとよい。 Here, the hollow tube 32 melting point of at least 10 ° C. than the melting point of the outer layer 60, it is preferred that 30 ° C. or higher, further preferably greater than 100 ° C.. これにより、外層60を融点以上の十分な温度に加熱して熱成形するにあたって、中空管32の溶融が好適に防止される。 Thus, the outer layer 60 is heated to above a temperature sufficient melting when thermoforming, melt the hollow tube 32 can be suitably prevented.

なお、中空管32を成形するポリマー材料には、シリカ、タルク、炭酸カルシウム、水酸化アルミニウム、水酸化マグネシウム、二酸化チタンなどの無機フィラーを混合してもよい。 Note that the polymeric material forming the hollow tube 32, silica, talc, calcium carbonate, aluminum hydroxide, magnesium hydroxide, may be mixed with an inorganic filler such as titanium dioxide. 無機フィラーをポリマー材料に混合して中空管32の内壁面の平滑性を向上することにより、中空管32に対して操作線40を挿通する際の作業性の向上と、操作線40の牽引操作時の摩擦低減が図られる。 By the inorganic filler improves the smoothness of the inner wall surface of the hollow tube 32 are mixed in the polymeric material, and improve the workability in inserting the operation wire 40 relative to the hollow tube 32, the operating wire 40 friction during traction is achieved.

コイル50の曲げ剛性は中空管32の曲げ剛性よりも小さい。 Flexural rigidity of the coil 50 is smaller than the bending stiffness of the hollow tube 32. 言い換えると、カテーテル10の中間部および基端部に関しては中空管32による大きな曲げ剛性によって充分なコシを与え、先端部に関しては柔軟なコイル50によって良好な屈曲性を与えることができる。 In other words, with respect to the intermediate portion and a proximal end of the catheter 10 provide sufficient stiffness by a large bending stiffness by a hollow tube 32, with respect to the distal end portion can give good flexibility by a flexible coil 50.

また、本実施形態のカテーテル10は、メインルーメン20とサブルーメン30との間に螺旋巻回された他のコイル(メインコイル80)を更に備えている。 Also, the catheter 10 of the present embodiment further includes a spiral wound another coil (main coil 80) between the main lumen 20 and the sub-lumen 30. 他のコイル(メインコイル80)の線径は、コイル50の線径よりも大きい。 Wire diameter of the other coil (the main coil 80) is greater than the wire diameter of the coil 50.

より具体的には、メインコイル80は、メインルーメン20の軸心を巻回軸として内層21の周囲に接して螺旋巻回されている。 More specifically, the main coil 80 is wound helically wound in contact with the periphery of the inner layer 21 the axis of the main lumen 20 as the winding axis. メインコイル80の線材80aの断面形状は特に限定されず、丸線でも平線(角線)でもよい。 Sectional shape of the wire 80a of the main coil 80 is not particularly limited, and may be flat wire (rectangular wire) in round wire. ここで、メインコイル80およびコイル50の線径とは、線材80a、50aの横断面と同面積の円の直径とする。 Here, the wire diameter of the main coil 80 and the coil 50, the wire 80a, a circle having the same area as the cross section of the 50a diameter.

また、メインコイル80およびコイル50の線材80a、50aの線径は、カテーテル10の先端側から基端側にかけて、軸方向に連続的にまたは段階的に太径としてもよい。 Further, the wire 80a, the wire diameter of the 50a of the main coil 80 and coil 50, toward the proximal side from the distal end of the catheter 10 may be continuously or stepwise large diameter in the axial direction. なお、このように線材80a、50aの線径が軸方向の位置によって変化する場合において、メインコイル80の線材80aの線径がコイル50の線材50aの線径よりも大きいとは、軸方向の同位置で対比した場合の線材80aの線径が線材50aの線径よりも大きいことをいう。 Incidentally, in the case where this way wire 80a, the wire diameter of 50a varies depending on the position in the axial direction, the wire diameter of the wire 80a of the main coil 80 is larger than the diameter of the wire 50a of the coil 50, the axial refers to wire diameter of the wire 80a of the case of comparing at the same position is greater than the diameter of the wire 50a.

メインコイル80は、遠位端部15においてはピッチ巻きとされ、近位端部17においては密巻きとされている。 The main coil 80 is the pitch winding is at the distal end 15, there is a closely coiled in the proximal end portion 17. すなわち、メインコイル80は、図8に示すようにピッチ巻き領域81と、密巻き領域82とを備えている。 That is, the main coil 80, a pitch winding region 81, as shown in FIG. 8, and a close coiled region 82. これにより、遠位端部15におけるピッチ巻き領域81によってメインコイル80に高い屈曲性が付与され、近位端部17における密巻き領域82によってカテーテル10に充分なコシが付与される。 Accordingly, high flexibility in the main coil 80 is given by the pitch winding region 81 at the distal end 15, sufficient stiffness to the catheter 10 by the closely coiled region 82 at the proximal end portion 17 is applied.

マーカー66の先端側には、シェイピング部90が設けられている。 The distal end side of the marker 66, shaping unit 90 is provided. シェイピング部90は、カテーテル10の製品製造時に屈曲または湾曲形状などの任意形状に予め成形するプリシェイプ、またはカテーテル10の使用時に任意形状に成形するポストシェイプが施される長さ領域である。 Shaping unit 90 is a length field that post shape is subjected to mold into any shape during use of the pre-shape or catheter 10, which pre-formed into any shape such as bent or curved shape during product manufacture of the catheter 10. シェイピング部90は、いずれも樹脂材料からなる内層21、外層60およびコート層64を積層してなる。 Shaping unit 90 are both the inner layer 21 made of a resin material, formed by laminating an outer layer 60 and coating layer 64. そして、マーカー66、メインコイル80、操作線40およびサブルーメン30は、シェイピング部90よりも基端側に設けられている。 Then, the marker 66, the main coil 80, the operation wire 40 and the sub-lumen 30 is provided proximal to the shaping unit 90.

本実施形態のように、メインルーメン20の周囲にメインコイル80を設けることにより、カテーテル10の屈曲時にメインルーメン20がキンクすることを防止する。 As in this embodiment, by providing the main coil 80 around the main lumen 20, to prevent the main lumen 20 is kink during bending of the catheter 10. また、カテーテル10が急角度で折れ曲がることが抑制される。 Further, it is prevented that the catheter 10 is bent at a steep angle.
しかも、メインコイル80により、カテーテル10の軸方向の押し込み力の伝達効果や、カテーテル10の回転操作時におけるトルク伝達効率も一層高まる。 Moreover, the main coil 80, the pushing force of or transfer effect of the axial direction of the catheter 10, further enhanced the torque transmission efficiency at the time of rotational operation of the catheter 10.

図9に示すように、本実施形態のコイル50もまた、先端部を含む第1部分51と、第1部分51よりもカテーテル10の基端側に位置し第1部分51よりも巻回ピッチの小さい第2部分52と、を含んで構成されている。 As shown in FIG. 9, the coil 50 of the present embodiment also, the first portion 51 including a tip portion, the winding pitch than the first portion 51 located on the proximal side of the catheter 10 than the first portion 51 small and the second portion 52, is configured to include a a. 第2部分52は、線材50aが密巻きに巻回された第一の密巻き領域である。 The second portion 52 is first closely coiled regions wire 50a is wound in the close coiled.

そして、本実施形態の第1部分51は、隣り合う巻きどうしが間隙を有する第一のピッチ巻き領域(第5部分55)と、この第一のピッチ巻き領域(第5部分55)の更に先端側に設けられた第二の密巻き領域(第4部分54)と、を含む。 Then, further the tip of the first portion 51 of the present embodiment, the first pitch winding region wound each other that adjacent a gap (fifth portion 55), the first pitch winding region (fifth portion 55) includes a second closely coiled region provided on the side (fourth portion 54), the.

本実施形態の第1部分51は、第4部分54の更に先端側に設けられた第二のピッチ巻き領域(第3部分53)を任意で含む。 The first portion 51 of the present embodiment includes a second pitch winding regions provided further front end side of the fourth portion 54 (third portion 53) optionally.
言い換えると、本実施形態のコイル50は、先端側から順にピッチ巻き、密巻き、ピッチ巻き、密巻きの順に線材50aが螺旋巻回されている。 In other words, the coil 50 of the present embodiment, pitch winding in order from the distal end side, closely coiled, pitch winding, in the order of closely coiled wire 50a is wound helically wound.

コイル50の内部は中空であり、操作線40の先端部がコイル50の第二の密巻き領域(第4部分54)の更に先端側の位置でカテーテル10に固定されている。 Internal coil 50 is hollow, distal end of the operation wire 40 is fixed to the catheter 10 at a position further front end side of the second closely coiled regions of the coil 50 (the fourth portion 54). より具体的には、コイル50のうち、第2部分52、第5部分55および第4部分54の内部は中空であり、第4部分54の更に先端側の第3部分53は中実で内部に外層60が形成されている。 Internal More specifically, of the coil 50, the second portion 52, the inside of the fifth portion 55 and the fourth portion 54 is hollow, the third portion 53 further on the tip side of the fourth portion 54 is a solid the outer layer 60 is formed on.

言い換えると、本実施形態の外層60には、第2部分52から第5部分55および第4部分54にかけて空隙部34が形成されている。 In other words, the outer layer 60 of the present embodiment, the gap portion 34 is formed from the second portion 52 toward the fifth portion 55 and fourth portion 54. 空隙部34は円柱状をなし、サブルーメン30の一部を構成している。 Void portion 34 forms a cylindrical shape, and constitutes a part of a sub-lumen 30. そして、空隙部34の径は、コイル50の内径よりも大きく、線材50aの少なくとも一部が空隙部34に露出している。 The diameter of the air gap 34 is larger than the inner diameter of the coil 50, at least a portion of the wire 50a is exposed to the air gap 34. また、空隙部34の径は、コイル50の外径より大きくてもよい。 The diameter of the air gap 34 may be greater than the outer diameter of the coil 50. この場合、第3部分53に先端が固定された線材50aは、第4部分54、第5部分55および第2部分52の全体または一部の長さ領域において、外層60から遊離して空隙部34に完全に露出していてもよい。 In this case, the wire 50a whose tip is fixed to the third portion 53, the fourth portion 54, in whole or in part of the length field of the fifth portion 55 and second portion 52, the gap portion is released from the outer layer 60 it may be completely exposed to 34.

また、コイル50の軸方向のうち、もっとも基端側のピッチ巻き領域(第5部分55)においては、線材50aの一部または全部がサブルーメン30に露出している。 Also, of the axial direction of the coil 50, in the pitch winding region of the most proximal end side (fifth portion 55), a part or the whole of the wire 50a is exposed to the sub-lumen 30. より具体的には、第5部分55における線材50aはサブルーメン30に完全に露出している。 More specifically, the wire 50a of the fifth portion 55 is completely exposed to the sub-lumen 30. これにより、第5部分55における巻線どうしは軸方向の相対的な進退移動が可能である。 Thus, winding each other in the fifth portion 55 can be relative forward and backward movement in the axial direction. このため、第5部分55においてカテーテル10は柔軟に屈曲変形することができる。 Thus, catheter 10 can be flexibly bent and deformed in the fifth portion 55.

よって、操作線40を牽引操作した場合に、カテーテル10の屈曲位置が第5部分55に特定される。 Therefore, when the traction of the operating line 40, the bent position of the catheter 10 is identified in the fifth portion 55. 言い換えると、本実施形態のカテーテル10は、操作線40を牽引操作した場合に、第5部分55においてもっとも大きな曲率となり、第5部分55から遠位端DE(図8を参照)がもっぱら屈曲変形する。 In other words, the catheter 10 of the present embodiment, when traction operation wire 40, becomes the largest curvature in a fifth portion 55, (see Figure 8) the distal end DE of the fifth portion 55 is solely bending deformation to. そして、操作線40の牽引長さを変化させた場合には、第5部分55から遠位端DEの屈曲角度が変化するものの、屈曲する長さ領域はほぼ不変となる。 Then, in the case of changing the traction length of the operation wire 40, although the bending angle of the distal end DE of the fifth portion 55 varies, the length a bent region is almost unchanged. これにより、たとえば分岐する血管の一つを選択してカテーテル10を進入させる操作が容易となる。 This facilitates operation of advancing the catheter 10 selects one of the example branch vessels. この場合、第5部分55を血管の分岐部近傍に位置させた状態で、カテーテル10の屈曲方向と操作線40の牽引長さを所定に調節することで、屈曲位置を変えることなく所望の血管の分岐角度にあわせてカテーテル10を屈曲させることができる。 In this case, in a state in which the fifth portion 55 is positioned at the bifurcation vicinity of blood vessels, by adjusting the bending direction and the traction length of operating line 40 of the catheter 10 in a predetermined, desired vessel without changing the bending position it can bend the catheter 10 in accordance with the branch angle. かかる状態でカテーテル10を押し込むことで、当該血管にカテーテル10を容易に進入させることができる。 By pushing the catheter 10 in this state, it is possible to easily enter the catheter 10 to the vessel.

なお、第2部分52および第4部分54に関しては、内部にサブルーメン30が通孔形成されて操作線40が摺動可能であるかぎり、線材80aがサブルーメン30に露出しているか否かは任意である。 As for the second portion 52 and fourth portion 54, as long operating lines 40 sublumen 30 therein is hole formed is slidable, whether the wire 80a is exposed to the sub-lumen 30 it is optional. したがって、第2部分52および第4部分54においては、線材80aは外層60に埋設されていてもよい。 Therefore, in the second portion 52 and fourth portion 54, the wire 80a may be embedded in the outer layer 60.

また、第二のピッチ巻き領域(第3部分53)には外層60が内部に含浸しており、操作線40の先端部は第3部分53の内部で外層60に溶着されている。 Also, the second pitch winding region (third portion 53) outer layer 60 is impregnated therein, the distal end portion of the operation wire 40 is welded to the outer layer 60 inside of the third portion 53.
これにより、操作線40を牽引した場合の張力は、外層60を通じて第3部分53の全体に伝達されるため、操作線40に大きな牽引力が付与された場合でも操作線40が外層60から抜けることがない。 Thus, the tension in the case of pulling the operation wire 40 is to be transmitted to the whole of the third portion 53 through the outer layer 60, the operating wire 40 even when a large pulling force to the operating line 40 is applied to exit from the outer layer 60 there is no.

コイル50の最基端部にあたる第一の密巻き領域(第2部分52)は、中空管32の先端に突き当てられている。 First closely coiled region corresponding to the most proximal end of the coil 50 (second portion 52) is abutted against the distal end of the hollow tube 32. これにより、中空管32とコイル50(第2部分52)との境界でカテーテル10の曲げ剛性が顕著に不連続になることがない。 Thus, never bending rigidity of the catheter 10 at the boundary between the hollow tube 32 and the coil 50 (second portion 52) is significantly discontinuous. また、第5部分55の先端側および基端側をともに密巻き領域(第2部分52、第4部分54)で挟むことで、曲率が最大となる第5部分55を中心に、操作線40の牽引操作時にカテーテル10が滑らかに屈曲する。 Further, both closed winding region distal side and proximal side of the fifth portion 55 (second portion 52, the fourth portion 54) by pinching with, especially in the fifth portion 55 at which the curvature is maximum operating line 40 the catheter 10 is smoothly bent when the traction.

本実施形態のカテーテル10は、以下のように製造することができる。 The catheter 10 of the present embodiment can be manufactured as follows.
まず、マンドレル(図示せず)の周囲に内層21を被膜形成し、その周囲にメインコイル80を巻回する。 First, the inner layer 21 around a mandrel (not shown) and film-forming, winding the main coil 80 therearound.

一方、線材50aを予め螺旋巻回してなるコイル50の基端部(第2部分52)に中空管32を突き当てて、中空管32の基端側からコイル50の第4部分54までに亘って、コイル50の内径と略同径の芯材(図示せず)を挿通しておく。 On the other hand, it abutted against the hollow tube 32 to the proximal end of the coil 50 formed by turning advance helically winding a wire 50a (second portion 52), from the proximal end side of the hollow tube 32 to the fourth portion 54 of the coil 50 over, previously inserted core inner diameter substantially the same diameter of the coil 50 (not shown).

かかる芯材、コイル50および中空管32を、メインコイル80の周囲に、軸方向に沿って固定する。 Such core, the coil 50 and the hollow tube 32, around the main coil 80, fixed along the axial direction. この状態で、樹脂材料を押し出し、コイル50および中空管32を被覆して外層60を作成する。 In this state, extruding the resin material, to create an outer layer 60 covering the coil 50 and the hollow tube 32. このとき、第3部分53は、線材50aがピッチ巻き状態にあり、かつ芯材が挿通されていないため、樹脂材料が含浸する。 At this time, the third portion 53, the wire 50a is in pitch winding state, and because the core is not inserted, the resin material is impregnated.

つぎに、芯材をコイル50および中空管32から基端側に抜去してサブルーメン30を中空形成したのち、このサブルーメン30に操作線40を挿入する。 Then, after the sub-lumen 30 has a hollow formed by the core material is removed from the coil 50 and the hollow tube 32 proximally and inserts the operation wire 40 to the sub-lumen 30. これにより、第5部分55を含む第2部分52から第4部分54における線材50aがサブルーメン30に露出している。 Thus, the wire 50a from the second portion 52 that includes a fifth portion 55 of the fourth portion 54 is exposed to the sub-lumen 30. このため、第5部分55における線材50aは巻線どうしの進退移動が可能であって高い屈曲性が得られる。 Therefore, the wire 50a of the fifth portion 55 is higher flexibility be capable of advancing and retracting movement of the winding to each other is obtained. また、摺動する操作線40は、コイル50の内周面に接触し、外層60とは接触しないため、低摩擦にて操作線40を牽引操作することができる。 The operating line 40 which slides are in contact with the inner peripheral surface of the coil 50, because it does not contact with the outer layer 60, it is possible to pulling operation of the operation wire 40 at low friction.

そして、外層60の全体または第3部分53の近傍を軟化温度以上に加熱した状態で、操作線40の先端部を第3部分53の内部の外層60に挿入したのち、外層60を冷却硬化させて操作線40を固定する。 Then, all or a vicinity of the third portion 53 of the outer layer 60 while heating above the softening temperature, after inserting the distal end portion of the operation wire 40 in the interior of the outer layer 60 of the third portion 53, to chill the outer layer 60 to fix the operating line 40 Te.

そして、コート層64およびマーカー66(図8を参照)を設け、マンドレルを内層21から抜去してメインルーメン20を形成し、さらに操作部70(図6を参照)を装着してカテーテル10が作成される。 Then, the coating layer 64 and marker 66 (see FIG. 8) is provided, and removing the mandrel from the inner layer 21 to form a main lumen 20, creates a catheter 10 further mounting the operation unit 70 (see Figure 6) It is.

また、上記第一および第二実施形態においては、カテーテル10が2本の操作線40(第1操作線40a、第2操作線40b)を有する例を説明したが、これに限られない。 In the above first and second embodiment, the catheter 10 is two operating lines 40 (first operating line 40a, the second operation line 40b) has been exemplified with, but not limited thereto. それぞれ操作線40が挿通された3本以上のサブルーメン30をシース16に形成しても良い。 Three or more sub-lumen 30, each operating line 40 is inserted may be formed on the sheath 16. この場合、それら操作線40のうちの1本もしくは2本以上を牽引することによって、カテーテル10の屈曲操作を行うことができる。 In this case, by pulling the one or two or more of them operating line 40, it is possible to perform bending operation of the catheter 10. なお、この場合、3本以上の操作線40の牽引長さを個別に制御することにより、遠位端部15を360度に亘り任意の向きに屈曲させることができる。 In this case, by individually controlling the traction length of three or more operating lines 40, it is possible to bend the distal end portion 15 in any orientation over 360 degrees. これにより、カテーテル10の全体に対して回転力を付与して遠位端部15を所定方向に向ける回転操作を行うことなく、操作部70による操作線40の牽引操作のみによってカテーテル10の進入方向を操作することが可能となる。 Thus, without performing rotating operation to direct the distal end portion 15 to impart rotational force to the entire catheter 10 in a predetermined direction, the entering direction of the catheter 10 only by pulling operation of the operating wire 40 by the operation unit 70 it is possible to manipulate.
また、カテーテル10が操作線40を1本のみ有している構成とすることも可能である。 It is also possible to adopt a configuration in which the catheter 10 is an operating line 40 has only one. この場合も、操作線40の牽引による遠位端部15の屈曲操作とカテーテル10の回転操作との併用により、任意の屈曲量方向及び方向に遠位端部15を屈曲させることができる。 In this case, it is possible to by combination with the rotation operation of the bending operation and the catheter 10 of the distal end portion 15 by pulling the operating wire 40, bending the distal end portion 15 in an arbitrary bending momentum direction and direction.

10 カテーテル15 遠位端部16 シース17 近位端部20 メインルーメン21 内層30 サブルーメン32 中空管34 空隙部40 操作線41 遠位端42 近位端50 コイル50a 線材51 第1部分52 第2部分53 第3部分54 第4部分55 第5部分58 軸方向60 外層64 コート層66 マーカー70 操作部71 軸部72 スライダ80 メインコイル80a 線材81 ピッチ巻き領域82 密巻き領域90 シェイピング部DE 遠位端PE 近位端CE 近位端 10 catheter 15 first part 52 distal end 16 the sheath 17 proximal end 20 the main lumen 21 inner layer 30 sub-lumen 32 hollow tube 34 gap portion 40 operating line 41 distal end 42 proximal end 50 coil 50a wire 51 first 2 parts 53 third portion 54 the fourth portion 55 fifth portion 58 axially 60 outer 64 coating layer 66 markers 70 operation portion 71 shaft portion 72 slider 80 main coil 80a wire 81 pitch winding region 82 close coiled region 90 shaping unit DE far proximal end PE proximal end CE proximal end

Claims (12)

  1. カテーテルの長手方向に沿って配設されたメインルーメンと、 A main lumen disposed along the length of the catheter,
    前記メインルーメンよりも小径に形成され、前記メインルーメンの周囲において前記長手方向に沿って配設されたサブルーメンと、 It said main lumen is formed smaller in diameter than, and a sub lumen disposed along the longitudinal direction in the periphery of the main lumen,
    前記サブルーメンに摺動可能に挿通され、且つ、当該カテーテルの先端部に固定された操作線と、 Said slidably inserted in the sub-lumen and the operation wire fixed to the distal end of the catheter,
    弾性体により構成され、前記サブルーメンの周囲に巻回されたコイルと、 Is constituted by an elastic member, a coil wound around the sub-lumen,
    を備えることを特徴とするカテーテル。 Catheter comprising: a.
  2. 前記コイルは、少なくとも、前記サブルーメンの先端部の周囲に巻回されていることを特徴とする請求項1に記載のカテーテル。 Said coil includes at least a catheter according to claim 1, characterized in that it is wound around the distal end portion of the sub-lumen.
  3. 前記コイルは、 Said coil,
    前記コイルの先端部を含む第1部分と、前記第1部分よりも当該カテーテルの基端側に位置する第2部分と、 A first portion including a distal end portion of the coil, a second portion located on the proximal side of the catheter than said first portion,
    を含み、 It includes,
    前記第2部分よりも前記第1部分の方が巻回ピッチが大きいことを特徴とする請求項1又は2に記載のカテーテル。 The catheter of claim 1 or 2 towards the first portion than the second portion, wherein the large winding pitch.
  4. 前記コイルは、前記第2部分では隣り合う巻きどうしが接する密巻きとされていることを特徴とする請求項3に記載のカテーテル。 The coil, catheter according to claim 3, characterized in that the winding to each other adjacent the said second portion is a closely coiled in contact.
  5. 前記第1部分が、隣り合う巻きどうしが間隙を有するピッチ巻き領域と、前記ピッチ巻き領域の更に先端側に設けられた密巻き領域と、を含む請求項4に記載のカテーテル。 The catheter of claim 4 including the first portion, and a pitch winding region wound each other that adjacent a gap, and the dense winding region further provided on the tip side of the pitch winding region.
  6. 前記コイルの内部が中空であり、 Interior of the coil is hollow,
    前記操作線の先端部が前記コイルの前記密巻き領域の更に先端側の位置で前記カテーテルに固定されている請求項5に記載のカテーテル。 The catheter of claim 5 in which the distal end portion of the operating wire is fixed to further the catheter at a position on the front end side of the closed winding region of the coil.
  7. 前記カテーテルが、前記サブルーメンが内部に形成されて前記操作線が挿通された中空管を更に備え、 Wherein the catheter further comprises a hollow tube in which the operating line is inserted the sub-lumen formed therein,
    前記コイルが前記中空管の先端側に設けられて、前記サブルーメンが前記コイルから前記中空管に亘って連続して形成されていることを特徴とする請求項1乃至6の何れか一項に記載のカテーテル。 Said coil is provided on a front end side of the hollow tube, any one of claims 1 to 6 wherein the sub lumen is characterized in that it is formed continuously over the hollow tube from the coil the catheter according to claim.
  8. 前記カテーテルが樹脂材料からなり、前記中空管が前記樹脂材料よりも高融点かつ低粘着性の材料からなる請求項7に記載のカテーテル。 The catheter of claim 7, wherein the catheter is made of a resin material, wherein the hollow tube is made of a refractory, low tack material than the resin material.
  9. 前記コイルの曲げ剛性が前記中空管の曲げ剛性よりも小さい請求項7又は8に記載のカテーテル。 The catheter according to small claim 7 or 8 than flexural rigidity of the bending rigidity of the coil the hollow tube.
  10. 前記カテーテルが、前記メインルーメンと前記サブルーメンとの間に螺旋巻回された他のコイルを更に備え、 Wherein the catheter further comprises a further coil which is wound helically wound between said main lumen and said sub-lumen,
    前記他のコイルの線径が、前記コイルの線径よりも大きいことを特徴とする請求項1乃至9の何れか一項に記載のカテーテル。 The wire diameter of the other coil, catheter according to any one of claims 1 to 9, wherein greater than the wire diameter of the coil.
  11. 前記コイルは前記サブルーメンの先端部から基端部に亘って延在していることを特徴とする請求項1乃至6の何れか一項に記載のカテーテル。 The catheter according to any one of claims 1 to 6 coils, characterized in that it extends over the proximal end from the distal end portion of the sub-lumen.
  12. それぞれ前記操作線が挿通された複数の前記サブルーメンが前記メインルーメンの軸周りに分散して配置され、 It disposed a plurality of said operating line is inserted respectively sub lumen dispersed around the axis of said main lumen,
    各サブルーメンの周囲に前記コイルがそれぞれ巻回されていることを特徴とする請求項1乃至11の何れか一項に記載のカテーテル。 The catheter according to any one of claims 1 to 11 wherein the coil around each sub-lumen, characterized in that the wound respectively.
JP2010116373A 2009-09-17 2010-05-20 catheter Active JP5604974B2 (en)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2009215806 2009-09-17
JP2009215806 2009-09-17
JP2010116373A JP5604974B2 (en) 2009-09-17 2010-05-20 catheter

Applications Claiming Priority (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2010116373A JP5604974B2 (en) 2009-09-17 2010-05-20 catheter
PCT/JP2010/005685 WO2011033783A1 (en) 2009-09-17 2010-09-17 Catheter

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2011083594A true true JP2011083594A (en) 2011-04-28
JP5604974B2 JP5604974B2 (en) 2014-10-15

Family

ID=43758397

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2010116373A Active JP5604974B2 (en) 2009-09-17 2010-05-20 catheter

Country Status (2)

Country Link
JP (1) JP5604974B2 (en)
WO (1) WO2011033783A1 (en)

Cited By (11)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2013077275A1 (en) * 2011-11-25 2013-05-30 テルモ株式会社 Medical tube and catheter
JP2013144006A (en) * 2012-01-13 2013-07-25 Sumitomo Bakelite Co Ltd Method for manufacturing medical device and medical device
JP2013192717A (en) * 2012-03-19 2013-09-30 Sumitomo Bakelite Co Ltd Medical instrument
JP2013198633A (en) * 2012-03-26 2013-10-03 Sumitomo Bakelite Co Ltd Medical instrument, and method for manufacturing medical instrument
JP2013208150A (en) * 2012-03-30 2013-10-10 Sumitomo Bakelite Co Ltd Catheter
WO2014098020A1 (en) * 2012-12-18 2014-06-26 住友ベークライト株式会社 Medical device
JP2014522687A (en) * 2011-06-30 2014-09-08 コヴィディエン リミテッド パートナーシップ The distal access suction guide catheter
JP2015006262A (en) * 2013-06-25 2015-01-15 清明 本間 Positioning medical apparatus
JP2015509749A (en) * 2011-12-30 2015-04-02 セント・ジュード・メディカル・エイトリアル・フィブリレーション・ディヴィジョン・インコーポレーテッド Catheter with a minimally invasive chips
JP2016503719A (en) * 2013-01-18 2016-02-08 エスアールアイ インターナショナルSRI International Fixed nerve block catheter
JP2016214942A (en) * 2016-09-14 2016-12-22 住友ベークライト株式会社 Medical equipment and manufacturing method of medical equipment

Families Citing this family (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2013158588A (en) * 2012-02-08 2013-08-19 Sumitomo Bakelite Co Ltd Medical coil, medical device and method for producing medical coil
US9233225B2 (en) 2012-11-10 2016-01-12 Curvo Medical, Inc. Coaxial bi-directional catheter
JP5901078B2 (en) * 2014-03-25 2016-04-06 朝日インテック株式会社 catheter
EP3122276A1 (en) * 2014-06-17 2017-02-01 St. Jude Medical, Cardiology Division, Inc. Asymmetric catheter curve shapes
WO2017114837A1 (en) * 2015-12-28 2017-07-06 Koninklijke Philips N.V. Elongated interventional device for optical shape sensing

Citations (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS63115532A (en) * 1986-05-02 1988-05-20 Olympus Optical Co Endoscope
JPH0229265A (en) * 1988-04-26 1990-01-31 Olympus Optical Co Ltd Catheter curving device
EP0737487A2 (en) * 1992-04-10 1996-10-16 Cardiorhythm Steerable electrode catheter
JP2007236472A (en) * 2006-03-06 2007-09-20 Terumo Corp Catheter

Patent Citations (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS63115532A (en) * 1986-05-02 1988-05-20 Olympus Optical Co Endoscope
JPH0229265A (en) * 1988-04-26 1990-01-31 Olympus Optical Co Ltd Catheter curving device
EP0737487A2 (en) * 1992-04-10 1996-10-16 Cardiorhythm Steerable electrode catheter
JP2007236472A (en) * 2006-03-06 2007-09-20 Terumo Corp Catheter

Cited By (18)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2014522687A (en) * 2011-06-30 2014-09-08 コヴィディエン リミテッド パートナーシップ The distal access suction guide catheter
KR101741884B1 (en) * 2011-06-30 2017-05-30 코비디엔 엘피 Distal access aspiration guide catheter
WO2013077275A1 (en) * 2011-11-25 2013-05-30 テルモ株式会社 Medical tube and catheter
US10022518B2 (en) 2011-11-25 2018-07-17 Terumo Kabushiki Kaisha Medical tube and catheter
JP2015509749A (en) * 2011-12-30 2015-04-02 セント・ジュード・メディカル・エイトリアル・フィブリレーション・ディヴィジョン・インコーポレーテッド Catheter with a minimally invasive chips
US9949793B2 (en) 2011-12-30 2018-04-24 St. Jude Medical, Atrial Fibrillation Division, Inc. Catheter with atraumatic tip
US9649155B2 (en) 2011-12-30 2017-05-16 St. Jude Medical, Atrial Fibrillation Division, Inc. Catheter with atraumatic tip
JP2013144006A (en) * 2012-01-13 2013-07-25 Sumitomo Bakelite Co Ltd Method for manufacturing medical device and medical device
JP2013192717A (en) * 2012-03-19 2013-09-30 Sumitomo Bakelite Co Ltd Medical instrument
JP2013198633A (en) * 2012-03-26 2013-10-03 Sumitomo Bakelite Co Ltd Medical instrument, and method for manufacturing medical instrument
WO2013146673A1 (en) * 2012-03-26 2013-10-03 住友ベークライト株式会社 Medical instrument and method for manufacturing medical instrument
CN104203329A (en) * 2012-03-26 2014-12-10 住友电木株式会社 Medical instrument and method for manufacturing medical instrument
JP2013208150A (en) * 2012-03-30 2013-10-10 Sumitomo Bakelite Co Ltd Catheter
JP2014138755A (en) * 2012-12-18 2014-07-31 Sumitomo Bakelite Co Ltd Medical instrument
WO2014098020A1 (en) * 2012-12-18 2014-06-26 住友ベークライト株式会社 Medical device
JP2016503719A (en) * 2013-01-18 2016-02-08 エスアールアイ インターナショナルSRI International Fixed nerve block catheter
JP2015006262A (en) * 2013-06-25 2015-01-15 清明 本間 Positioning medical apparatus
JP2016214942A (en) * 2016-09-14 2016-12-22 住友ベークライト株式会社 Medical equipment and manufacturing method of medical equipment

Also Published As

Publication number Publication date Type
WO2011033783A1 (en) 2011-03-24 application
JP5604974B2 (en) 2014-10-15 grant

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5554139A (en) Catheter
US20050027212A1 (en) Guide wire with stranded tip
US20070049902A1 (en) Medical device
US20050165366A1 (en) Medical tubing having variable characteristics and method of making same
US20010026666A1 (en) Variable stiffness optical fiber shaft
US20080091169A1 (en) Steerable catheter using flat pull wires and having torque transfer layer made of braided flat wires
US6623424B2 (en) Flexible tube for an endoscope and electronic endoscope equipped with the flexible tube
US20070215268A1 (en) Method of making medical tubing having variable characteristics using thermal winding
US7005026B2 (en) Kink-resistant access sheath and method of making same
US20080255654A1 (en) System for delivering a stent
US20070100285A1 (en) Elongate medical device with continuous reinforcement member
US6520214B1 (en) Flexible tube for endoscope
US20060264904A1 (en) Medical device
US20130018318A1 (en) Introducer sheath with braided filament securement mechanism
JP2008307367A (en) Guide wire
EP1712247A1 (en) Catheter
US20060064054A1 (en) Longitudinal sheath enforcement
US20080234660A2 (en) Steerable Catheter Using Flat Pull Wires and Method of Making Same
US8007434B2 (en) Variable stiffness medical device shaft
US20060151923A1 (en) Steerable catheter and methods of making the same
JP2000000309A (en) Catheter tube
WO1997027895A1 (en) Deflectable medical device
WO2011118443A1 (en) Guide wire
US7011627B2 (en) Flexible tube for an endoscope and electronic endoscope equipped with the flexible tube
JPH11197249A (en) Manufacture of catheter tube

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20130318

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20140218

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20140416

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20140513

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20140708

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20140729

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20140811

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 5604974

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150