JP2011078466A - 遊技機の電飾装置 - Google Patents

遊技機の電飾装置 Download PDF

Info

Publication number
JP2011078466A
JP2011078466A JP2009231198A JP2009231198A JP2011078466A JP 2011078466 A JP2011078466 A JP 2011078466A JP 2009231198 A JP2009231198 A JP 2009231198A JP 2009231198 A JP2009231198 A JP 2009231198A JP 2011078466 A JP2011078466 A JP 2011078466A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
lens cover
light
light source
opaque
transparent
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2009231198A
Other languages
English (en)
Other versions
JP5701493B2 (ja
Inventor
Akira Sasa
亮 佐々
Original Assignee
Heiwa Corp
株式会社平和
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Heiwa Corp, 株式会社平和 filed Critical Heiwa Corp
Priority to JP2009231198A priority Critical patent/JP5701493B2/ja
Publication of JP2011078466A publication Critical patent/JP2011078466A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP5701493B2 publication Critical patent/JP5701493B2/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Abstract

【課題】光源が点状に見えるのを抑制して、レンズカバーの透明部をほぼ均一に照明することができるようにする。
【解決手段】光源21と、光源21から放出された光を透過させる透明部222、及び光を透過させずに光を反射させると共に、光源21を隠す大きさの不透明部223を有するレンズカバー22と、レンズカバー22の不透明部223で反射した光を、レンズカバー22側に反射させるリフレクター23とを備える。光源21は、レンズカバー22を正面から視認した状態で、レンズカバー22の不透明部223によって隠れる位置に配置される。
【選択図】図3

Description

本発明は、遊技機の遊技領域、又は遊技機の筐体における前面に設けられ、遊技状態に応じて点灯又は点滅する遊技機の電飾装置に関する。
パチンコ機(弾球遊技機)、パチスロ機等の遊技機においては、遊技状態に応じて光源が点灯又は点滅することにより、その光で文字、記号、マーク、図形等によって構成される強調部を照明することで強調表示する電飾装置が設けられている(例えば、特許文献1参照。)。
図6は、従来の電飾装置の分解斜視図を示す。この電飾装置は、リフレクター(光反射部材)110、LED(発光ダイオード)等の光源120、及びレンズカバー130を備えている。LED120は、リフレクター110に取り付けられている。また、レンズカバー130とリフレクター110は一体に組み付けられる。これにより、光源120は、レンズカバー130とリフレクター110によって形成される空間に配置される。リフレクター110は、階段状に形成された左右方向拡散部111,及び上下方向拡散部112を有している。レンズカバー130の表面には、強調部130Aが形成されている。
この電飾装置は、光源120が点灯又は点滅するとその光がリフレクター110の左右方向拡散部111及び上下方向拡散部112により左右方向、及び上下方向に拡散されてレンズカバー130を照射する。これにより、レンズカバー130の強調部130Aを光源120の光によって均等に照明して、遊技者の遊技感覚を高めることができる。
特開平11−156001号公報
しかしながら、従来の電飾装置は、遊技者が遊技機の前面側から(図6のE方向から)電飾装置を視認した場合、光源120の点灯又は点滅時に、レンズカバー130を通して光源120の点灯部分が点状に光って見えるという問題がある。このため、レンズカバー130の強調部130Aが不均一の明るさになり、これを見た遊技者が違和感を感じる虞がある。
本発明は、上述の課題に鑑みなされたもので、光源が点状に見えるのを抑制して、レンズカバーの透明部をほぼ均一に照明することができるようにした遊技機の電飾装置を提供することを目的とする。
上記課題を解決するため、第1の発明は、遊技機の遊技領域又は筐体の前面に設けられる電飾装置であって、光源と、前記光源から放出された光を透過させる透明部、及び前記光を透過させずに前記光を反射させると共に、前記光源を隠す大きさの不透明部を有するレンズカバーと、前記レンズカバーの前記不透明部で反射した前記光を、前記レンズカバー側に反射させるリフレクターとを備え、前記光源は、前記電飾装置を正面から視認した状態で、前記レンズカバーの前記不透明部によって隠れる位置に配置されることを特徴とする。なお、レンズカバーの不透明部で光源が隠れる位置としては、不透明部の真後ろの位置を挙げることができる。
この電飾装置によれば、遊技機の前面側から電飾装置を視認した際、光源がレンズカバーの不透明部によって隠されるので、光源が点滅又は点灯している場合でも、レンズカバーを通して、光源の点灯部分を直接視認することができない。従って、光源とレンズカバーとの距離が近い場合でも、光源が点状に見えるのを抑制でき、遊技者等が電飾装置を視認した際に違和感を感じるのを抑制できる。
また、光源の光は、レンズカバーの不透明部及びリフレクターにより反射を繰り返して、レンズカバーの透明部を間接的に照明するので、比較的少数の光源によって広範囲を照明できる。
さらに、第2の発明は、第1の発明において、前記透明部は、文字、記号、マークまたは図形等によって構成され、前記不透明部は、前記透明部の輪郭に沿って形成される。この構成により、光源が点灯又は点滅した際にその光で文字、記号、マークまたは図形が強調表示されるので、遊技者等に文字、記号、マークまたは図形を確実に認識させることができる。
さらに、第3の発明は、第1または2の発明において、前記リフレクターが全体的に絶縁性を有している。この構成により、光源が実装される回路基板又は配線等がリフレクターに接触した場合でも、回路基板がショートすることはない。
本発明における遊技機の電飾装置によれば、光源がレンズカバーの不透明部によって隠れる位置に配置されているので、光源が点灯又は点滅している際に遊技者等が遊技機の前面側から電飾装置を視認した際に、光源がレンズカバーを通して点状に見えるのを抑制できる。これにより、レンズカバーの透明部をほぼ均一な明るさで照明することができる。
また、従来は光源レンズカバーとの距離を十分とらなければ一様に面発光させることができなかったが、本発明では、光源とレンズカバーとの距離が短くてもきれいに面発光させることができるため、電飾装置自体の厚さを薄くすることができる。
本発明の一実施形態を適用した弾球遊技機の正面図である。 電飾装置を示す分解斜視図である。 電飾装置の正面図である。 電飾装置の構成及び作用を説明するための概略縦断面図である。 レンズカバーの裏面図である。 従来の電飾装置を示す分解斜視図である。
以下、本発明の一実施形態を図面に基づいて説明する。図1は、本発明の一実施形態を適用した弾球遊技機の正面図である。なお、以下の説明においては、図1、3における図面手前を「前方または前面」とし、図面奥を「後方または裏面」とし、左方を「左方」とし、右方を「右方」とする。
図1に示すように、弾球遊技機1は、遊技施設に据え付けられる外枠2と、外枠2によって支持される遊技盤3と、遊技盤3の後方に配置され、かつ遊技に係わる図柄、数字等で構成される演出情報11を表示可能な表示装置(図示略)と、中央部に円形のガラス板が嵌め込まれ、外枠2の左部に上下方向のヒンジ軸により開閉可能に支持された前扉4とを備えている。また、前面右下に設けられたハンドル5を時計方向へ回転操作することにより、前扉4の下方に設けられた球貯留皿6に貯留されている遊技球が、図示略の発射装置から後述の遊技盤3の前面に形成された遊技領域31に打ち込まれることにより所定の遊技が行われる。
遊技盤3は、前面に帯状のガイドレール10によって包囲される円形の遊技領域31を有している。遊技領域31には、主な部品として、遊技領域31に打ち込まれた遊技球の流下方向を変化させる多数の遊技釘、表示装置に表示される演出情報11を透視可能とする透視窓32、透視窓32の周囲を装飾する合成樹脂製の装飾枠13、遊技領域31に打ち込まれた遊技球が入賞可能な図柄始動口14及び遊技球が入賞不能な閉鎖状態及び遊技球が入賞可能な開放状態に変化可能な大入賞口15等が配置されている。
また、遊技領域31の最下部には、図柄始動口14、大入賞口15等に入賞しなかった外れ遊技球を遊技盤3の裏面側に排出するアウト口16が設けられている。
遊技領域31における装飾枠13には、電飾装置20が設けられている。電飾装置20は、図2に示すように、光源としての複数のLED(発光ダイオード)21と、LED21の光により照明される合成樹脂製のレンズカバー22と、レンズカバー22により反射された光をさらにレンズカバー22側に反射させる合成樹脂製のリフレクター23とを備えている。
LED21は、リフレクター23の後面に配置される回路基板24の前面に実装される。本実施形態では、複数のLED21は互いに間隔を開けて設けられているが、LED21は1個以上あればよい。回路基板24の裏面には、LED21に電力を供給するためのコネクタ25及び電線26が設けられている。
回路基板24には、回路基板24をリフレクター23の後面に取り付ける際に位置決めすることができるように、位置決め孔24a及び位置決め切欠き24bが設けられている。更に、回路基板24には、回路基板24をリフレクター23の後面に締結するためのねじ(図示略)の通し孔24cが設けられている。なお、光源はLED21に限らず、ランプ等の各種発光手段を使用しても良い。
レンズカバー22は、透明な合成樹脂材によって成型され、裏面側が解放された容器状に形成されている。すなわち、レンズカバー22は、前面部220と、前面部220の外周縁から全周に亘って後方へ折曲した側壁部221とを有している。
レンズカバー22の前面部220における表面には、透明部222が設けられている。この透明部222は、レンズカバー22の素材である透明樹脂をそのまま露出させることにより形成される。なお、レンズカバー22における透明部222は、完全な透明である必要はなく、LED21の光を透視でき得る程度の半透明であっても良い。
透明部222は、文字、記号、マーク、図形等によって形成され、照明されることにより強調表示される。なお、本実施形態における透明部222は、「トップを」という文字222a,222b、222c、222dによって構成される。この透明部222は、遊技状態に応じてLED21が点灯又は点滅することにより、その光によって照明されて強調表示されるように構成されている。
文字222a〜222dの周囲には、各文字の輪郭に沿って、光を透過させず且つLED21を前面から隠す大きさの不透明部223が設けられている。また、側壁部221にもLED21の光を透過不能な不透明部224が設けられる。本実施形態においては、不透明部223、224は、レンズカバー22の素材である透明樹脂の前面部220及び側壁部221における表面に光を反射可能な表面処理(例えば、アルミなどの金属材料を蒸着メッキ)を施すことによって形成される。なお、不透明部223、224は、金属材料以外の材料を蒸着メッキ以外の処理方法によって形成してもよい。
レンズカバー22における前面部220の裏面には、多数の凹凸によって形成される光拡散部225が設けられている。光拡散部225は、透明部210に対応する裏面側及びその近傍にだけ設けられ、不透明部223、224に対応する裏面側には設けられていない。なお、光拡散部225は、光源21の光を乱反射させることで拡散する形状であれば任意の形状でよい。
リフレクター23は、例えば白色の合成樹脂等の不透明材料によって周囲に鍔のある皿状に形成されている。リフレクター23には、金属メッキ等の導電材料は一切設けられていない。このリフレクター23における平坦な前面、すなわち反射面230には、LED21を貫通させる複数の貫通孔231が設けられている。また、リフレクター23における反射面230の裏面には、回路基板24の位置決め孔24a及び位置決め切欠き24bに嵌合可能な円柱状の位置決め突起232、233が設けられている。更に、リフレクター23には、取り付け用ねじの通し孔234が設けられている。
この電飾装置20は、LED21、レンズカバー22及びリフレクター23が一体に組み付けられることで形成される。ここでは、レンズカバー22の内側にリフレクター23が挿入され、レンズカバー22の前面部220の裏面とリフレクター23の反射面230との間には、間隔dが形成される。なお、図4は、説明を分かりやすくするために、間隔dを比較的広く示している。
複数のLED21は、リフレクター23の貫通孔231を貫通して、リフレクター23の反射面230よりもレンズカバー22側へ突出して配置される。また、主に図3に示すように、LED21は、レンズカバー22の前面部220における不透明部223に相当する領域の真後ろに配置される。
次に、この電飾装置20の作用を説明する。図4に示すように、遊技状態に応じてLED21が点灯又は点滅すると、LED21から放出された光は、矢印で示すように、レンズカバー22における前面部220の不透明部223によりリフレクター23の反射面230に向けて反射される。さらに光は、リフレクター23の反射面230によりレンズカバー22の透明部222を含む前面部220のほぼ全域に向けて反射される。このように、レンズカバー22の透明部222は、LED21から放出された光により直接照明されないで、不透明部223で反射された光をリフレクター23の反射面230で反射させられた光によって間接的に照明されるため、レンズカバー22の透明部222をほぼ均一的に照明することができる。
透明部222を照明する光は、光拡散部225により拡散される。これにより、透明部222の全域は、ほぼ均一の明るさで照明されて強調表示される。
また、LED21が点灯又は点滅した状態で、遊技者等が電飾装置20を正面から視認した場合には、LED21はレンズカバー22の不透明部223によって隠されるので、遊技者等はLED21の点灯部分を直接視認することはできない。従って、LED21とレンズカバー22の前面部220の裏面との間隔dが狭い場合でも、LED21の点灯部分が点状に見えるのを抑制できる。これにより、遊技者等が違和感を感じることなく透明部222を視認できる。また、レンズカバー22の側壁部222にも不透明部224が設けられているので、遊技者等が電飾装置20をその下方、上方、右側方、又は左側方から視認した場合でも、LED21の点灯部分が直接見えるのを抑制できる。
また、リフレクター23が全体的に絶縁性を有し、かつ導電性を有する表面処理が一切施されていないので、仮にLED21、回路基板24の通電部がリフレクター23に接触した場合でも、回路基板24がショートすることはない。
なお、本実施形態においては、電飾装置20を弾球遊技機1における遊技領域31に設けられる装飾枠13に配置したが、電飾装置20は任意の位置に設けることができる。また、本実施形態では、本発明の電飾装置20を弾球遊技機1に適用した例について説明したが、電飾装置20は弾球遊技機に限らず、スロットマシン機等の各種の遊技機に適用できる。なお、電飾装置20をスロットマシン等に適用する場合は、遊技者から視認可能な筐体の前面に設けられる。
1 弾球遊技機
2 外枠
3 遊技盤
4 前扉
5 ハンドル
6 球貯留皿
10 ガイドレール
11 演出情報
13 装飾枠
14 図柄始動口
15 大入賞口
16 アウト口
20 電飾装置
21 LED(光源)
22 レンズカバー
23 リフレクター
24 回路基板
24a 位置決め孔
24b 位置決め切欠き
24c 通し孔
25 コネクタ
26 電線
31 遊技領域
32 透視窓
220 前面部
221 側壁部
222 透明部
222a,222b,222c、222d 文字
223、224 不透明部
225 光拡散部
230 反射面
231 貫通孔
232、233 位置決め突起
234 ねじ通し孔

Claims (3)

  1. 遊技機の遊技領域又は筐体の前面に設けられる電飾装置であって、
    光源と、
    前記光源から放出された光を透過させる透明部、及び前記光を透過させずに前記光を反射させると共に、前記光源を隠す大きさの不透明部を有するレンズカバーと、
    前記レンズカバーの前記不透明部で反射した前記光を、前記レンズカバー側に反射させるリフレクターとを備え、
    前記光源は、前記レンズカバーを正面から視認した状態で、前記レンズカバーの前記不透明部によって隠れる位置に配置されることを特徴とする遊技機の電飾装置。
  2. 前記透明部は、文字、記号、マークまたは図形等によって構成され、前記不透明部は、前記透明部の輪郭に沿って形成されることを特徴とする請求項1に記載の遊技機の電飾装置。
  3. 前記リフレクターは、その全体が絶縁性材料で形成されることを特徴とする請求項1または2に記載の遊技機の電飾装置。
JP2009231198A 2009-10-05 2009-10-05 遊技機の電飾装置 Active JP5701493B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2009231198A JP5701493B2 (ja) 2009-10-05 2009-10-05 遊技機の電飾装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2009231198A JP5701493B2 (ja) 2009-10-05 2009-10-05 遊技機の電飾装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2011078466A true JP2011078466A (ja) 2011-04-21
JP5701493B2 JP5701493B2 (ja) 2015-04-15

Family

ID=44073203

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2009231198A Active JP5701493B2 (ja) 2009-10-05 2009-10-05 遊技機の電飾装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP5701493B2 (ja)

Cited By (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2013116257A (ja) * 2011-12-05 2013-06-13 Okumura Yu-Ki Co Ltd 遊技機
JP2015047326A (ja) * 2013-09-02 2015-03-16 株式会社サンセイアールアンドディ 遊技機
JP2015051149A (ja) * 2013-09-06 2015-03-19 株式会社ユニバーサルエンターテインメント 遊技機
JP2015128704A (ja) * 2015-04-14 2015-07-16 株式会社サンセイアールアンドディ 遊技機
JP2015128705A (ja) * 2015-04-14 2015-07-16 株式会社サンセイアールアンドディ 遊技機
JP2015147078A (ja) * 2015-04-14 2015-08-20 株式会社サンセイアールアンドディ 遊技機
JP2015147079A (ja) * 2015-04-14 2015-08-20 株式会社サンセイアールアンドディ 遊技機
JP2015213565A (ja) * 2014-05-08 2015-12-03 株式会社平和 遊技機
JP2016067396A (ja) * 2014-09-26 2016-05-09 株式会社ニューギン 遊技機

Citations (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2002017965A (ja) * 2000-07-04 2002-01-22 Daiichi Shokai Co Ltd 遊技機の電飾装置
JP2002032040A (ja) * 2000-07-14 2002-01-31 Koatsu Co Ltd 表示灯
JP2003010406A (ja) * 2001-06-28 2003-01-14 Toyo Kasei Kk パチンコ機の装飾装置
JP2006141808A (ja) * 2004-11-22 2006-06-08 Mrd:Kk 遊技機における表示装置
JP2007080536A (ja) * 2005-09-09 2007-03-29 Matsushita Electric Works Ltd 照明装置
JP2007121529A (ja) * 2005-10-26 2007-05-17 Yazaki Corp 表示装置
JP2009148439A (ja) * 2007-12-21 2009-07-09 Sanyo Product Co Ltd 遊技機
JP2009183429A (ja) * 2008-02-06 2009-08-20 Nippon Pachinko Buhin Kk 遊技機用発光装置及びこれを備えた遊技機

Patent Citations (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2002017965A (ja) * 2000-07-04 2002-01-22 Daiichi Shokai Co Ltd 遊技機の電飾装置
JP2002032040A (ja) * 2000-07-14 2002-01-31 Koatsu Co Ltd 表示灯
JP2003010406A (ja) * 2001-06-28 2003-01-14 Toyo Kasei Kk パチンコ機の装飾装置
JP2006141808A (ja) * 2004-11-22 2006-06-08 Mrd:Kk 遊技機における表示装置
JP2007080536A (ja) * 2005-09-09 2007-03-29 Matsushita Electric Works Ltd 照明装置
JP2007121529A (ja) * 2005-10-26 2007-05-17 Yazaki Corp 表示装置
JP2009148439A (ja) * 2007-12-21 2009-07-09 Sanyo Product Co Ltd 遊技機
JP2009183429A (ja) * 2008-02-06 2009-08-20 Nippon Pachinko Buhin Kk 遊技機用発光装置及びこれを備えた遊技機

Cited By (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2013116257A (ja) * 2011-12-05 2013-06-13 Okumura Yu-Ki Co Ltd 遊技機
JP2015047326A (ja) * 2013-09-02 2015-03-16 株式会社サンセイアールアンドディ 遊技機
JP2015051149A (ja) * 2013-09-06 2015-03-19 株式会社ユニバーサルエンターテインメント 遊技機
JP2015213565A (ja) * 2014-05-08 2015-12-03 株式会社平和 遊技機
JP2016067396A (ja) * 2014-09-26 2016-05-09 株式会社ニューギン 遊技機
JP2015128704A (ja) * 2015-04-14 2015-07-16 株式会社サンセイアールアンドディ 遊技機
JP2015128705A (ja) * 2015-04-14 2015-07-16 株式会社サンセイアールアンドディ 遊技機
JP2015147078A (ja) * 2015-04-14 2015-08-20 株式会社サンセイアールアンドディ 遊技機
JP2015147079A (ja) * 2015-04-14 2015-08-20 株式会社サンセイアールアンドディ 遊技機

Also Published As

Publication number Publication date
JP5701493B2 (ja) 2015-04-15

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP5351416B2 (ja) 弾球遊技機
JP2010246724A (ja) パチンコ機
JP2009089761A (ja) 弾球遊技機
JP5199843B2 (ja) 遊技機
JP2008307315A (ja) 遊技機
JP4543223B2 (ja) 遊技機
JP3774206B2 (ja) 遊技機用表示装置及びそれを用いた遊技機
JP5271842B2 (ja) 遊技機
JP2009039345A (ja) 遊技機の演出装置
JP4987439B2 (ja) 遊技機の遊技演出装置
JP4848403B2 (ja) 弾球遊技機
JP2011072334A (ja) 遊技機
JP2004223094A (ja) 遊技機における電飾用発光ダイオードの取付構造
JP4819768B2 (ja) 下パネルユニット及びスロットマシン
JP2005095442A (ja) 弾球遊技機
JP2006218000A (ja) 遊技機および遊技機島
JP2006311902A (ja) 遊技機の電飾装置
JP2006094953A (ja) 遊技機
JP5198042B2 (ja) 遊技機
JP2006223586A (ja) 遊技機
JP2011015755A (ja) 遊技機
JP2003325904A (ja) 遊技機
JP2011030855A (ja) 遊技機
JP5041785B2 (ja) 遊技機
JP2008250067A (ja) 電気装飾装置

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20120717

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20130828

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20130903

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20131029

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20140318

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20140516

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20141014

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20150105

A911 Transfer of reconsideration by examiner before appeal (zenchi)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A911

Effective date: 20150115

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20150217

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20150218

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 5701493

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250