JP2010540799A - Artificial turf having a buffer layer - Google Patents

Artificial turf having a buffer layer Download PDF

Info

Publication number
JP2010540799A
JP2010540799A JP2010525881A JP2010525881A JP2010540799A JP 2010540799 A JP2010540799 A JP 2010540799A JP 2010525881 A JP2010525881 A JP 2010525881A JP 2010525881 A JP2010525881 A JP 2010525881A JP 2010540799 A JP2010540799 A JP 2010540799A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
foam
polymer
ethylene
embodiments
another embodiment
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Withdrawn
Application number
JP2010525881A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
カレラ,ジャック
コーニッグ,ジャン‐フランソワ,ザビエル
シェロー,ロイック
タウソン,フィリップ
チャン,アンディ,チェン
デラブロイ,クリスティーヌ
トーレス,エンリケ
ボエム,キャロリン
マーティン,ジル,ミニック
Original Assignee
ダウ グローバル テクノロジーズ インコーポレイティド
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Images

Classifications

    • EFIXED CONSTRUCTIONS
    • E01CONSTRUCTION OF ROADS, RAILWAYS, OR BRIDGES
    • E01CCONSTRUCTION OF, OR SURFACES FOR, ROADS, SPORTS GROUNDS, OR THE LIKE; MACHINES OR AUXILIARY TOOLS FOR CONSTRUCTION OR REPAIR
    • E01C13/00Pavings or foundations specially adapted for playgrounds or sports grounds; Drainage, irrigation or heating of sports grounds
    • E01C13/08Surfaces simulating grass ; Grass-grown sports grounds

Abstract

可撓性の基材シートを有する人工芝カーペット、および緩衝パッドを備え、緩衝パッドが非架橋ポリオレフィン発泡材を含む人工芝表層体が、図示され、説明される。 Synthetic grass carpet having a flexible base sheet, and includes a cushion pad, synthetic grass surface body cushioning pad comprises a non-crosslinked polyolefin foam material, it is shown and described. 発泡体は、非架橋なので回収可能であることができる。 The foam can because uncrosslinked be recovered.

Description

本明細書に開示された実施形態は、一般に熱可塑性発泡体緩衝層に関する。 Embodiments disclosed herein relate generally to a thermoplastic foam cushioning layer. 別の態様では、本明細書に説明された実施形態は、発泡体が再利用できる熱可塑性発泡体緩衝層を含む人工芝(synthetic turf)に関する。 In another aspect, embodiments described herein relate to artificial turf (synthetic turf) comprising a thermoplastic foam cushioning layer foam can be reused.

人工の芝生(artificial turf)は、シート基材から上方に延出する多数の人工の芝のふさから構成される。 Artificial grass (artificial turf) is composed of a number of tufts of artificial turf extending from the sheet substrate upwardly. 芝生は、通常は、自然芝の競技場の地面を模擬した競技場を形成するために、整えられた平坦な地面の上に置かれる。 Lawn, usually, in order to form a stadium simulating the ground stadium of natural grass is placed on a flat ground that has been trimmed.

いくつかのタイプの試合用に、緩衝効果をもたらすために、芝生の下および硬い地面の支持表面の上に弾性のアンダーパッドが配置される。 For some types of games in order to provide a buffering effect, the elastic underpad is placed on the lower and solid ground bearing surface of the lawn. また、いくつかの場合において、砂または他の粒子材料の層が、カーペット基材シート(carpet base sheet)の上面の上、およびより線の周囲に配置される。 Also, in some cases, a layer of sand or other particulate material is placed on the top surface of the carpet base sheet (carpet base sheet), and more around the line. このタイプの構造の1つの例が、1983年1月21日に発行されたFrederick T. One example of this type of structure, Frederick T., issued on January 21, 1983 Haas,Jrの米国特許第4,389,435号に示されている。 Haas, is shown in U.S. Patent No. 4,389,435 of Jr. 別の例が1987年に1月20日に発行されたSeymour A. Seymour A. that another example was issued on January 20, 1987 Tomarinらの米国特許第4,637,942号に示されている。 Tomarin et al is shown in U.S. Patent No. 4,637,942.

さらに、弾性のアンダーパッドの上に配置された芝生様のカーペットによって形成された人工の芝生の例が、ポリウレタン発泡体アンダーパッドを開示する、1970年12月29日に発行のCarter等の米国特許第3,551,263号、PVC発泡体プラスチック、またはポリウレタン発泡体プラスチックアンダーパッドを開示する1967年1月25日に発行のFaria等の米国特許第3,332,828号、ゴム様のアンダーパッドを開示する1987年1月20日に発行のSeymour A. Further examples of lawn formed artificially by arranged lawn-like carpet on a resilient underpad is, discloses a polyurethane foam underpad, U.S. Patent Carter etc. issued Dec. 29, 1970 No. 3,551,263, PVC foam plastic or US Pat. No. 3,332,828 of Faria, etc., issued January 25, 1967 which discloses a polyurethane foam plastic under-pad, a rubber-like underpad Seymour, issued January 20, 1987 to disclose A. Tomarinの米国特許第4,637,942号、独立気泡架橋ポリエチレン発泡体アンダーパッドを例示する1989年11月21日に発行のHans−Urich Brietschidelの米国特許第4,882,208号、空隙を有するポリウレタンアンダーパッドを開示する1971年8月3日に発行のTheodore Buchholz等の米国特許第3,597,297号、ポリ塩化ビニル、ポリエチレン、ポリウレタン、ポリプロピレンなどのエラストマ発泡体から作製された緩衝パッドを開示する1985年3月19日に発行のJames W. Having U.S. Patent No. 4,637,942 of Tomarin, U.S. Patent No. 4,882,208 of closed cell cross-linked polyethylene foam issued Nov. 21, 1989 to illustrate the underpad Hans-Urich Brietschidel, voids U.S. Patent No. 3,597,297, such as Theodore Buchholz, issued Aug. 3, 1971 which discloses a polyurethane underpad, polyvinyl chloride, polyethylene, polyurethane, a cushion pad made from elastomeric foam such as polypropylene James W., issued March 19, 1985 to disclose Leffingwellの米国特許第4,505,960号に開示されている。 It is disclosed in U.S. Patent No. 4,505,960 of Leffingwell.

当然ではあるが、緩衝層は、たとえば床におけるエネルギー抑制などの他の用途により広く用いられることができる。 Naturally is a, the buffer layer can be widely used by other applications, such as energy suppression e.g. in the bed. したがって、さらに必要なものは、再利用可能な緩衝層などの緩衝層を形成するための改善された材料および方法である。 Therefore, further what is needed is an improved material and method for forming a buffer layer, such as a reusable buffer layer.

1つの態様では、本明細書に開示された実施形態は、可撓性の基材シートおよび緩衝パッドを有する人工芝カーペットを備える人工芝表層体(synthetic turf surface)に関し、緩衝パッドは、非架橋ポリオレフィン発泡体を含む。 In one aspect, embodiments disclosed herein, artificial turf surface body having a synthetic grass carpet having a flexible base sheet and cushion pad relates (synthetic turf surface), the buffer pad, non-crosslinked comprising a polyolefin foam.

本発明のその他の態様および利点は、以下の説明および添付の特許請求の範囲から明らかになる。 Other aspects and advantages of the invention will become apparent from the claims the following description and appended.

FIFA基準を用いた緩衝試験に関する計測および実験を示す図である。 It is a diagram illustrating a measurement and experiments on buffer test using FIFA standards. 本明細書に開示された実施形態に従った発泡体の圧縮応力ひずみ挙動分析の結果を、架橋ポリエチレン発泡体の結果と比較する図である。 The compressive stress-strain results of behavior analysis of foam in accordance with the embodiments disclosed herein, a diagram comparing the results of cross-linked polyethylene foam. 本明細書に開示された実施形態に従った発泡体の圧縮応力ひずみ挙動分析の結果を、架橋ポリエチレン発泡体の結果と比較する図である。 The compressive stress-strain results of behavior analysis of foam in accordance with the embodiments disclosed herein, a diagram comparing the results of cross-linked polyethylene foam. 本明細書に記載された実施形態による発泡体に関する圧縮ひずみに対する時間試験の結果を、架橋ポリエチレン発泡体に関する結果と比較する図である。 The results of the time test for compressive strain related foams according to embodiments described herein, a diagram comparing the results for crosslinked polyethylene foam. 本明細書に記載された実施形態による発泡体に関する圧縮ひずみに対する時間試験の結果を、架橋ポリエチレン発泡体に関する結果と比較する図である。 The results of the time test for compressive strain related foams according to embodiments described herein, a diagram comparing the results for crosslinked polyethylene foam. 本明細書に記載された実施形態による発泡体に関する圧縮クリープ挙動試験の結果を、架橋ポリエチレン発泡体の結果と比較する図である。 The results of the compressive creep behavior test for foam according to embodiments described herein, a diagram comparing the results of cross-linked polyethylene foam. 本明細書に説明された非架橋ポリオレフィン発泡体の実施形態を使用して形成できる人工芝を示す図である。 Is a diagram illustrating an artificial turf which can be formed using an embodiment of the non-crosslinked polyolefin foams described herein.

一般的な定義および測定方法 General Definitions and measurement methods

以下の用語は、本発明の目的のために与えられた意味を有する。 The following terms have the meanings given for the purposes of the present invention.

「ポリマー」は、共有化学結合によって結合された、繰り返し構造単位またはモノマーからなる大きな分子量を有する分子からなる物質を意味する。 "Polymer" means a substance composed of molecules with linked by covalent chemical bonds, a large molecular weight of a repeating structural unit or monomer. 用語「ポリマー」には、それに限定されるわけではないが、ホモポリマー、ブロック、グラフト、ランダム、および交互のコポリマーなどのコポリマー、ターポリマーなど、ならびにその混合物およびその修正物が通常は含まれる。 The term "polymer", but are not limited to, homopolymers, block, graft, random, and copolymers of such alternating copolymers, terpolymers, etc., and mixtures and their modifications are usually included. さらに、特に限定されない限り、用語「ポリマー」は、分子構造の全ての可能な幾何学的配置を含むものとする。 Furthermore, unless otherwise specifically limited, the term "polymer" shall include all possible geometrical configurations of the molecular structure. これらの構成には、アイソタクチック、シンジオタクチック、ランダム配置などが含まれる。 These configurations include isotactic, syndiotactic, and the like random arrangement.

「インターポリマー」は、少なくとも2つの異なるタイプのモノマーの重合によって調製されたポリマーを意味する。 "Interpolymer" means a polymer prepared by the polymerization of at least two different types of monomers. 総称「インターポリマー」は、用語「コポリマー」(2つの異なるモノマーから調製されたポリマーを指すために通常は使用される)、ならびに用語「ターポリマー」(3つの異なるタイプのモノマーから調製されたポリマーを指すために通常は使用される)を含む。 Collectively, "interpolymer" includes the term "copolymer" (two to refer to polymers prepared from different monomers typically used to), as well as the term "terpolymer" (polymer prepared from three different types of monomers containing normally used) to refer to. 「インターポリマー」として知られる材料の種類は、4つ以上のタイプのモノマーを重合させることによって作製されるポリマーも包含する。 Class of materials known as "interpolymer" includes also polymers made by polymerizing four or more types of monomers.

樹脂および組成の密度は、ASTM D792に従って測定された。 The density of the resin and composition were measured in accordance with ASTM D792.

発泡体の密度は、ASTM D3575/W/Bに従って測定された。 The density of the foam was measured according to ASTM D3575 / W / B.

「メルトインデックス(I2)」は、ポリマー内の主要な成分としてエチレンを含むポリマーに関して、190℃で2.16kgの重量を使用してASTM D1238に従って決定された。 "Melt index (I2)" in reference to a polymer containing ethylene as a major component in the polymer was determined according to ASTM D1238 using a weight of 2.16kg at 190 ° C.. 「メルトフローレート(MFR)」は、ポリマー内の主要な成分としてプロピレンを含むポリマーに関して、230℃で2.16kgの重量を使用してASTM D1238に従って決定された。 "Melt flow rate (MFR) of" in reference to polymers comprising propylene as the major component in the polymer was determined according to ASTM D1238 using a weight of 2.16kg at 230 ° C..

ポリマーの分子量分布は、4つのリニア混床式カラム(Polymer Laboratories社(20ミクロン粒子径))を備えたPolymer Laboratories社PL−GPC−220高温クロマトグラフユニットによるゲル浸透クロマトグラフィー(GPC)を使用して決定される。 The molecular weight distribution of the polymer, using four linear mixed bed columns (Polymer Laboratories, Inc. (20 micron particle size)) Polymer Laboratories Ltd. PL-GPC-220 high temperature chromatographic unit by gel permeation chromatography with (GPC) It is determined Te. オーブン温度は160℃であり、オートサンプラーのホットゾーン(hot zone)は160℃、ウォームゾーン(warm zone)は145℃である。 Oven temperature was 160 ° C., the hot zone of the autosampler (hot zone) is 160 ° C., the warm zone (warm zone) is 145 ° C.. 溶媒は、200ppmの2,6−ジ−t−ブチル−4−メチルフェノールを含む1,2,4−トリクロロベンゼンである。 The solvent is 1,2,4-trichlorobenzene containing 200ppm of 2,6-di -t- butyl-4-methylphenol. 流量は、1.0ミリメートル/分であり、注入サイズは100マイクロリットルである。 Flow rate is 1.0 mm / minute and the injection size is 100 microliters. 200ppmの2,6−ジ−t−ブチル−4−メチルフェノールを含む窒素パージされた1,2,4−トリクロロベンゼン中にサンプルを穏やかに混合して160℃で2.5時間溶解することによって、サンプルの約0.2重量%の溶液が注射用に調製された。 By dissolving 2.5 hours with gentle mixing to 160 ° C. Samples nitrogen purged 1,2,4-trichlorobenzene containing 200ppm of 2,6-di -t- butyl-4-methylphenol , a solution of about 0.2 weight percent of the samples were prepared for injection.

分子量の決定は、10の狭い分子量分布のポリスチレン標準(Polymer Laboratoriesからの580〜7,500,000g/モルの範囲のEasiCal PS1)をその溶出体積とともに使用することにより推測された。 The determination of molecular weight was estimated by using narrow polystyrene standards having a molecular weight distribution of 10 (EasiCal PS1 of 580~7,500,000G / mol ranging from Polymer Laboratories) in conjunction with their elution volumes. 同等のポリプロピレン分子量は、ポリプロピレン(Th.G.Scholte、N.L.J.Meijerink、H.M.Schoffeleers、およびA.M.G.Brands、J.Appl.Polym.Sci.、29,3763−3782(1984)によって記載されるような)、ならびにポリスチレン(E.P.Otocka、R.J.Roe、N.Y.Hellman、P.M.Muglia、Macromolecules,4,507(1971)によって記載されるような)に関して、適切なMark−Houwink係数をMark−Houwink式{N}=KM 使用することにより決定される。 Equivalent polypropylene molecular weight polypropylene (Th.G.Scholte, N.L.J.Meijerink, H.M.Schoffeleers, and A.M.G.Brands, J.Appl.Polym.Sci., 29,3763- 3782 as described by (1984)), and polystyrene as described (E.P.Otocka, R.J.Roe, N.Y.Hellman, P.M.Muglia, Macromolecules, 4,507 (1971) by regard so that a) is determined by appropriate Mark-Houwink coefficients a Mark-Houwink equation {N} = KM a use. ただし、K pp =1.90E−04、a pp =0.725およびK ps =1.26E−04、a ps =0.702である。 However, K pp = 1.90E-04, a pp = 0.725 and K ps = 1.26E-04, a a ps = 0.702. 「分子量分布」またはMWDは、Williams,T. "Molecular weight distribution" or MWD is, Williams, T. 、Ward,I. , Ward, I. M. M. 、Journal of Polymer Science、Polymer Letters Edition(1968)、6(9)、621−624によって記載される手法を通じて従来のGPCによって測定される。 , Journal of Polymer Science, Polymer Letters Edition (1968), 6 (9), as measured by conventional GPC through technique described by 621-624. 係数Bは1である。 Factor B is 1. 係数Aは0.4316である。 Factor A is 0.4316.

用語、高圧低密度タイプの樹脂は、ポリマーがオートクレーブまたは管状の反応容器内で14,500psi(100MPa)超の圧力で、過酸化物(たとえば参照によって本明細書に組み込まれる米国特許第4,599,392号を参照されたい)などのフリーラジカル開始剤を使用して、部分的または完全に単一重合または共重合することを意味するように定められ、「高圧エチレンポリマー」または「高分岐ポリエチレン」とも呼ばれることがある「LDPE」を含む。 The term high pressure low density type resin, polymer at a pressure of 14,500 psi (100 MPa) than in the reaction vessel of an autoclave or tubular, U.S. Patent No. incorporated herein by peroxides (see, for example, 4,599 , using a free radical initiator such as see) to No. 392, partially or completely defined to mean that a single polymerization or copolymerization, "high pressure ethylene polymer" or "highly branched polyethylene sometimes also referred to as "includes" LDPE ". これらの材料の累積検出率(cumulative detector fraction)(CDF)は、光散乱を使用して測定されるような1000000g/モルより多い分子量に関して約0.02より大きい。 Cumulative detection rate of these materials (cumulative detector fraction) (CDF) is greater than about 0.02 with respect to 000 000 g / mol greater than the molecular weight as determined using light scattering. CDFは、本明細書に組み込まれるWO2005/023912 A2に、CDFに関する教示に関して記載されるように決定することができる。 CDF is a WO2005 / 023 912 A2 which is incorporated herein, can be determined as described for teachings regarding CDF. 好ましい高圧低密度ポリエチレン材料(LDPE)は、約20未満、より好ましくは約15未満、もっとも好ましくは10未満のメルトインデックスMI(I2)を有し、約0.1より大きい、より好ましくは約0.2より大きい、もっとも好ましくは0.3g/10分より大きい。 Preferred high pressure low density polyethylene material (LDPE) is less than about 20, more preferably less than about 15, and most preferably has less than 10 melt index MI (I2), greater than about 0.1, more preferably about 0 .2 greater than, and most preferably greater than 0.3g / 10 minutes. 好ましいLDPEは、約0.915g/cm と0.930g/cm の間の密度を有し、0.925g/cm 未満がより好ましい。 Preferred LDPE has a density between about 0.915 g / cm 3 and 0.930 g / cm 3, less than 0.925 g / cm 3 is more preferable.

「結晶化度」は、ポリマー組成の原子の寸法上または構造上の程度を意味する。 "Crystallinity" means the extent of the dimensional or structural atoms of the polymer composition. 結晶化度は、しばしば結晶質の材料の体積の割合または百分率によって表され、または原子もしくは分子がどの程度、規則的なパターン、すなわち結晶に配列される傾向にあるかの基準として表される。 Crystallinity is often represented by a fraction or percentage of the volume of the crystalline material, or atoms or molecules extent, regular pattern, that is expressed as one of the criteria tends to be arranged in the crystal. ポリマーの結晶化度は、非常に広範囲の熱処理にわたって、かなり正確に調整することができる。 The crystallinity of the polymers, over a very wide range of heat treatment can be adjusted quite accurately. 「結晶の」、「半結晶の(semi-crystalline)」ポリマーは、示差走査熱量計(DSC)または同等の技術によって決定されるような一次相転移または結晶融点(Tm)を有する。 "Crystalline", "semicrystalline (semi-crystalline)" polymer has a differential scanning calorimetry (DSC) or primary phase transition or a crystalline melting point as determined by equivalent technique (Tm). この用語は、用語「半結晶の(semicrystalline)」と互換的に使用できる。 This term may be used interchangeably with the term "semicrystalline (semicrystalline)." 用語「非結晶の」は、示差走査熱量計(DSC)または同等の技術によって決定されるような結晶融点のないポリマーを指す。 The term "amorphous" refers to a polymer having no crystalline melting point as determined by differential scanning calorimetry (DSC) or equivalent technique.

示差走査熱量計(DSC)は、半結晶ポリマーの溶融および結晶を試験するために使用できる一般的な技術である。 Differential scanning calorimetry (DSC) is a common technique that can be used to test the melting and crystallization of semi-crystalline polymer. 半結晶ポリマーの研究のためのDSC測定およびDSCの適用の一般的な原理は、標準的なテキスト(たとえばE.A.Turi,ed.、Thermal Characterization of Polymeric Materials,Academic Press, 1981)に記載されている。 General principles of DSC measurements and DSC apply for the study of semi-crystalline polymers, standard text (e.g. E.A.Turi, ed., Thermal Characterization of Polymeric Materials, Academic Press, 1981) is described in ing. DSCは、ポリマーの溶融特性を決定するのに適した方法である。 DSC is a method suitable for determining the melting characteristics of the polymer.

DSC分析は、TA Instruments,Inc社のモデルQ1000 DSCを使用して行われた。 DSC analysis was performed using TA Instruments, Inc's model Q1000 DSC. DSCは、以下の方法により校正される。 DSC is calibrated by the following method. まず、ベースラインがDSCを−90℃から290℃でアルミニウムDSCパンにおいて、どのようなサンプルも用いずに稼働することによって得られる。 First, the aluminum DSC pan 290 ° C. from baseline -90 ° C. The DSC, is obtained by running without any kind of sample. 次いで、7ミリグラムの新鮮なインジウムのサンプルが、サンプルを180℃に加熱し、10℃/分の冷却率でサンプルを140℃に冷却し、その後サンプルを1分間、140℃に等温に保ち、続いてサンプルを10℃/分の加熱率で140℃から180℃に加熱することによって分析される。 Then, a fresh indium sample 7 milligrams, heating the sample to 180 ° C., the sample was cooled to 140 ° C. at a 10 ° C. / min cooling rate, keeping then the sample for one minute, the isothermal 140 ° C., followed by the samples are analyzed by heating to 180 ° C. from 140 ° C. at a heating rate of 10 ° C. / min Te. インジウムのサンプルの融解熱および溶融の開始は、溶融の開始に関して、0.5℃から156.6℃の範囲内にあり、融解熱に関して0.5J/gから28.71J/gの範囲内にあるように決定および抑制される。 Onset of melting heat and melting of the indium sample, with respect to the start of melting in the range of 156.6 ° C. from 0.5 ° C., in the range of 0.5 J / g of fusion 28.71 J / g with respect to heat of fusion It is located so determined and controlled. 次いで、脱イオンされた水が、10℃/分の冷却率で25℃から−30℃のDSCパンにおいて少量の新鮮なサンプルを冷却することによって分析された。 Then, deionised water were analyzed by cooling a small amount of fresh sample in the DSC pan 10 ° C. / min cooling rate -30 ° C. from 25 ° C.. サンプルは、2分間、−30℃で等温に保たれ、10℃/分の加熱率で30℃に加熱された。 Samples 2 min, kept isothermally at -30 ° C., was heated to 30 ° C. at a heating rate of 10 ° C. / min. 溶融の開始は、0.5から0℃の範囲になるように決定され、抑制された。 Start of melting is determined to be in the range from 0.5 to 0 ° C., it was suppressed.

ポリマーのサンプルは、190℃の初期温度(「初期温度」という)で薄膜に圧縮された。 Samples of polymer were compressed into a thin film at a 190 ° C. initial temperature (referred to as "initial temperature"). サンプルから約5から8mgが計量され、DCSパンに配置された。 8mg is weighed from about 5 sample was placed DCS pan. 蓋は、閉鎖された雰囲気を確かにするためにパンに圧着された。 Lid, has been crimped in the pan in order to ensure a closed atmosphere. DSCパンは、DSCセル内に配置され、次いでサンプルの溶融温度の上の約60℃の温度(T )に約100℃/分の割合で加熱された。 DSC pan is placed in the DSC cell and then heated at a rate of about 60 ° C. of the temperature (T 0) to about 100 ° C. / min on the melting temperature of the sample. サンプルは、この温度で約3分間、保たれた。 Samples of about 3 minutes at this temperature, was kept. 次いでサンプルは、10℃/分の割合で−40℃に冷却され、その温度で3分間、等温に保たれた。 Then samples were cooled to -40 ℃ at a rate of 10 ° C. / min, 3 min at that temperature was kept isothermally. したがって、サンプルは、完全に溶融するまで10℃/分の割合で加熱される。 Thus, the sample is heated at a rate of 10 ° C. / min until complete melting. この実験から得られるエンタルピー曲線は、ピーク溶融温度、開始およびピーク結晶化温度、融解熱および結晶化の熱、ならびに関心のある任意の他のDSC分析に関して分析された。 Enthalpy curves resulting from this experiment, peak melting temperature, onset and peak crystallization temperatures, heat of the heat of fusion and crystallinity, and were analyzed with respect to any other DSC analyzes of interest.

ポリプロピレンを有するポリマーに関して結晶化度が分析され、T が230℃である。 Crystallinity with respect to the polymer having a polypropylene is analyzed, T 0 is 230 ° C.. このサンプルにポリエチレン結晶化度が存在し、ポリプロピレン結晶化度が全く存在しない場合に、T は190℃である。 The sample of polyethylene crystallinity is present in the case where polypropylene crystallinity does not exist at all, T o is 190 ° C..

重量百分率結晶化度が、以下の式: Weight percent crystallinity of the following formula:
に従って、融解熱(ΔH)が、完全なポリマー結晶(ΔH )に関する融解熱で割り、100%をかけるようにして計算された。 According, heat of fusion ([Delta] H) is divided by the heat of fusion about complete polymer crystal ([Delta] H 0), was calculated as multiplying by 100%. エチレン結晶化度に関してはΔH は290J/gであるとされた。 With respect to ethylene crystallinity it is the [Delta] H 0 is 290 J / g. たとえば、ポリエチレン溶融時のエチレン−オクテンコポリマーの結晶化度が、29J/gの融解熱を有し、関連する結晶化度は10重量%であると測定された。 For example, ethylene at a polyethylene melt - crystallinity of octene copolymer has a heat of fusion of 29J / g, related to the crystallinity was determined to be 10% by weight. プロピレンの結晶化度に関しては、ΔH は165J/gであるとされた。 With respect to the crystallinity of the propylene, [Delta] H 0 was to be 165 J / g. たとえば、プロピレン−エチレンのコポリマーのプロピレンの溶融時の結晶化度は、20J/gの融解熱を有し、関連する結晶化度は12.1重量%であると測定された。 For example, propylene - crystallinity during melt of the copolymers of propylene ethylene has a heat of fusion of 20 J / g, associated crystallinity was determined to be 12.1 wt%.

本明細書において「非架橋の」は、用語「非架橋の」は、0〜10%、より好ましくは0〜5%、より好ましくは0〜1%の間のゲルを有するポリマーを指す。 "Non-crosslinked" as used herein, the term "non-crosslinked" is 0-10%, more preferably 0-5%, more preferably a polymer having a gel between 0-1%. ある程度の架橋が処理の間に不可避的に生じる可能性があるので、絶対的な0の架橋が存在すると解釈してはならず、架橋は再利用性を可能にするために最小に保たれる必要がある。 Since there is inevitably likely to occur during a certain degree of cross-linking process and should not be construed as an absolute 0 of crosslinking present, crosslinking is kept to a minimum to permit reusability There is a need.

発泡体緩衝層 1つの態様では、本明細書に説明された実施形態は、熱可塑性発泡体緩衝層に関連する。 The foam cushioning layer one aspect, embodiments described herein relate to thermoplastic foam cushioning layer.
別の態様では、本明細書に説明された実施形態は、熱可塑性発泡体緩衝層を含む人工芝に関する。 In another aspect, embodiments described herein relate to artificial turf comprising a thermoplastic foam cushioning layer. 選択された用途では、本明細書に説明された実施形態は、以下の特徴を有する熱可塑性非架橋ポリマーの発泡体緩衝層に関する。 In selected applications, embodiments described herein relate to a foam cushioning layer of a thermoplastic non-crosslinked polymer having the following characteristics.
1)発泡体厚さ、8mmと30mmの間 2)発泡体密度、30kg/m3と150kg/m3の間 3)発泡体セルサイズ、0.2mmと3mmの間 4)水の吸収を避けるための低い%開放セル体積、典型的には35%未満である 1) foam thickness, between 2) foam density of 8mm and 30 mm, 3 between 30kg / m3 and 150 kg / m3) foam cell size, 4 between 0.2mm and 3mm) in order to avoid absorption of water low% open cell volume, typically less than 35%

ポリマー polymer

緩衝層を形成するために使用される熱可塑性ポリマーは、特定の用途および所望の結果に応じて変わることができる。 Thermoplastic polymers used to form the buffer layer may vary depending upon the particular application and the desired result. たとえば、1つの実施形態では、ポリマーはオレフィンポリマーである。 For example, in one embodiment, the polymer is an olefin polymer. 本明細書では、一般的にオレフィンポリマーは、一般的な式C 2nを有する炭化水素モノマーから形成されたポリマーの種類を指す。 In this specification, generally olefin polymers, refers to the type of the general formula C n polymers formed from hydrocarbon monomers having H 2n. オレフィンポリマーは、インターポリマー、ブロックコポリマー、あるいは複数ブロックインターポリマーまたはコポリマーなどのコポリマーとして存在することができる。 Olefin polymers may be present as a copolymer, such as interpolymers, block copolymers or multiblock interpolymer or copolymer.

たとえば、1つの特定の実施形態では、オレフィンポリマーは、C 〜C 20の線状、分岐、または環式のジエン、あるいはビニルアセテートなどのエチレンビニル合成物からなる群から選択された、少なくとも1つのコモノマーを有するエチレンのアルファオレフィンインターポリマー、および式H C=CHRによって表され、ただし、RはC 〜C 20の線状、分岐、または環式のアルキル基またはC 〜C 20アリル基である合成物を含むことができる。 For example, in one particular embodiment, the olefin polymer, C 3 -C 20 linear, branched, or cyclic diene, or selected from the group consisting of ethylene vinyl compounds such as vinyl acetate, at least one One of the ethylene alpha olefin interpolymer having a comonomer, and is represented by the formula H 2 C = CHR, wherein, R is shaped lines C 1 -C 20, branched, or cyclic alkyl group or a C 6 -C 20 aryl It may include a group composite. コモノマーの例には、プロピレン、1−ブテン、3−メチル−1−ブテン、4−メチル−1−ペンテン、3−メチル−1−ペンテン、1−ヘプテン、1−ヘキセン、1−オクテン、1−デセン、および1−ドデセンが含まれる。 Examples of comonomers include propylene, 1-butene, 3-methyl-1-butene, 4-methyl-1-pentene, 3-methyl-1-pentene, 1-heptene, 1-hexene, 1-octene, 1- decene, and include 1-dodecene.

別の実施形態では、ポリマーは、エチレン、C4〜C20の線状、分岐、または環式のジエン、および式H C=CHRによって表され、ただし、RはC 〜C 20の線状、分岐、または環式のアルキル基またはC 〜C 20アリル基によって表される合成物からなる群から選択される少なくとも1つのコモノマーを有するプロピレンのアルファオレフィンインターポリマーであることができる。 In another embodiment, the polymer of ethylene, linear C4-C20, branched or cyclic diene, and represented by the formula H 2 C = CHR, wherein, R is shaped lines C 1 -C 20, it can branched or an alpha-olefin interpolymer of propylene with at least one comonomer selected from the group consisting of compounds represented by alkyl or C 6 -C 20 aryl group cyclic. コモノマーの例には、エチレン、1−ブテン、3−メチル−1−ブテン、4−メチル−1−ペンテン、3−メチル−1−ペンテン、1−ヘプテン、1−ヘキセン、1−オクテン、1−デセン、および1−ドデセンが含まれる。 Examples of comonomers include ethylene, 1-butene, 3-methyl-1-butene, 4-methyl-1-pentene, 3-methyl-1-pentene, 1-heptene, 1-hexene, 1-octene, 1- decene, and include 1-dodecene. いくつかの実施形態では、コモノマーは、インターポリマーの約5重量%から約25重量%で存在する。 In some embodiments, the comonomer is present from about 25 wt% to about 5 wt% of the interpolymer. 1つの実施形態では、プロピレン−エチレンインターポリマーが使用される。 In one embodiment, the propylene - ethylene interpolymer is used.

本開示に使用することができるポリマーの他の例には、一般に、ポリエチレン、ポリプロピレン、ポリ−1−ブテン、ポリ−3−メチル−1−ブテン、ポリ−3−メチル−1−ペンテン、ポリ−4−メチル−1−ペンテン、エチレン−プロピレンコポリマー、エチレン−1−ブテンコポリマー、およびプロピレン−1−ブテンコポリマーによって表されるようなエチレン、プロピレン、1−ブテン、3−メチル−1−ブテン、4−メチル−1−ペンテン、3−メチル−1−ペンテン、1−ヘプテン、1−ヘキセン、1−オクテン、1−デセン、および1−ドデセンなどのオレフィンの(エラストマを含む)ホモポリマーおよびコポリマー、一般に、エチレン−ブタジエンコポリマーおよびエチレン−エチリデンノルボルナンコポリマーによっ Other examples of polymers that can be used in this disclosure, generally polyethylene, polypropylene, poly-1-butene, poly-3-methyl-1-butene, poly-3-methyl-1-pentene, poly - 4-methyl-1-pentene, ethylene - propylene copolymer, ethylene as represented by the ethylene-1-butene copolymers and propylene-1-butene copolymers, propylene, 1-butene, 3-methyl-1-butene, 4 - methyl-1-pentene, 3-methyl-1-pentene, 1-heptene, 1-hexene, 1-octene, 1-decene, and 1-dodecene (including elastomers) olefins such as homopolymers and copolymers, in general , ethylene - depending on ethylidene norbornane copolymer - butadiene copolymers and ethylene 表されるような共役および非共役のジエンを有するアルファ−オレフィンの(エラストマを含む)コポリマー、ならびに一般に、エチレン−プロピレン−ブタジエンコポリマー、エチレン−プロピレン−ジシクロペンタジエンコポリマー、エチレン−プロピレン−1,5−ヘキサジエンコポリマー、およびエチレン−プロピレン−エチリデンノルボルナンコポリマーで表されるような共役または非共役のジエンを有する2つ以上のアルファ−オレフィンのコポリマーのような(エラストマを含む)ポリオレフィン、ならびにN−メチロール官能性コモノマー、N−メチロール官能性コモノマーを有するエチレン−ビニルアルコールコポリマー、エチレン塩化ビニルコポリマー、エチレンアクリル酸またはエチレン−(メタ)アクリル酸コポ (Including elastomers) olefin copolymers, and in general, the ethylene - - Alpha with conjugated and non-conjugated dienes such as represented propylene - butadiene copolymer, ethylene - propylene - dicyclopentadiene copolymer, ethylene - propylene 1,5 - hexadiene copolymers, and ethylene - propylene - two or more alpha with conjugated or non-conjugated dienes as represented by ethylidene norbornane copolymer - (including elastomers) such as olefin copolymers polyolefins, and N- methylol functional sex comonomers, N- methylol functional ethylenically having a comonomer - vinyl alcohol copolymers, ethylene vinyl chloride copolymer, ethylene acrylic acid or ethylene - (meth) copolyarylene acrylate マー、およびエチレン−(メタ)アクリレートコポリマーを有するエチレン−ビニルアセテートコポリマーなどのエチレン−ビニル合成物コポリマー、ポリスチレン、ABS、アクリロニトリル−スチレンコポリマー、メチルスチレン−スチレンコポリマーなどの(エラストマを含む)スチレンコポリマー、スチレン−ブタジエンコポリマーとその水和物、およびスチレン−イソプレン−スチレントリブロックコポリマーなどの(エラストマを含む)スチレンブロックコポリマー、ポリ塩化ビニル、ポリ塩化ビニリデン、塩化ビニル−塩化ビニリデンコポリマー、ポリメチルアクリレート、およびポリメチルメタクリレートなどのポリビニル合成物、ナイロン6、ナイロン6,6およびナイロン12などのポリアミド、ポリエチレンテレフタ Mer, and ethylene - (meth) ethylene having an acrylate copolymer - ethylene vinyl acetate copolymer - vinyl composite copolymer, polystyrene, ABS, acrylonitrile - styrene copolymer, methylstyrene - (including elastomers) such as styrene copolymers styrene copolymers, styrene - butadiene copolymer and hydrate thereof, and styrene, - isoprene - (including elastomers) such as styrene tri-block copolymers styrene block copolymers, polyvinyl chloride, polyvinylidene chloride, vinyl chloride - vinylidene chloride copolymer, polymethyl acrylate, and polyvinyl compounds such as polymethyl methacrylate, nylon 6, polyamide such as nylon 6,6 and nylon 12, polyethylene terephthalate レートおよびポリブチレンテレフタレートなどの熱可塑性ポリエステル、ポリカーボネート、ポリフェニレンオキシド、などが含まれる。 Thermoplastic polyesters such as and polybutylene terephthalate, polycarbonate, polyphenylene oxide, and the like. これらの樹脂は、単独で、または2つ以上の組み合わせで使用できる。 These resins may be used alone or in combination of two or more.

特定の実施形態では、ポリプロピレン、ポリエチレン、およびそのコポリマー、およびその混合物、ならびにエチレン−プロピレン−ジエンターポリマーなどのポリオレフィンが使用できる。 In certain embodiments, polypropylene, polyethylene, and copolymers thereof, and mixtures thereof and ethylene - propylene - polyolefins such as diene polymers can be used. いくつかの実施形態では、オレフィン形ポリマーには、Elstonの米国特許第3,645,992号に記載された均一ポリマー、Andersonの米国特許第4,076,698号に記載されるような高密度ポリエチレン(HDPE)、不均一分岐線状低密度ポリエチレン(LLDPE)、不均一分岐線状超低密度(ULDPE)、たとえばその過程の開示が参照によって本明細書に組み込まれる米国特許第5,272,236号、および第5,278,272号に開示される過程によって調製することができる均一分岐線状エチレン/アルファ−オレフィンコポリマー、不均一に分岐した実質的に線状のエチレン/アルファオレフィンポリマー、ならびに低密度ポリエチレン(LDPE)などの高圧自由ラジカル重合エチレンポリマ In some embodiments, the olefin type polymer, homogeneous polymers described in U.S. Patent No. 3,645,992 of Elston, high density, such as described in U.S. Patent No. 4,076,698 to Anderson polyethylene (HDPE), heterogeneously branched linear low density polyethylene (LLDPE), heterogeneously branched linear very low density (ULDPE), for example, U.S. Patent No. 5,272 which disclosure of the process are incorporated herein by reference, 236 No., and homogeneously branched linear can be prepared by a process disclosed in 5,278,272 ethylene / alpha - olefin copolymer, heterogeneously branched substantially linear ethylene / alpha-olefin polymer, as well as by high pressure free radical polymerized ethylene polymers such as low density polyethylene (LDPE) およびコポリマーが含まれる。 And include copolymers.

別の実施形態では、ポリマーは、ならびにたとえばダウ・ケミカル社からのPRIMACOR(商標)、DuPont社からのNUCREL(商標)、およびExxonMobil社からのESCOR(商標)の商品名で市販され、それぞれが参照によってその全体が本明細書に組み込まれる米国特許第4,599,392号、第4,988,781号、第59,384,373号に記載されるものなどのエチレン−酢酸ビニル(EVA)コポリマー、エチレン−アクリル酸(EAA)およびエチレン−メタクリル酸コポリマーなどのエチレン−カルボン酸コポリマーなどを含むことができる。 In another embodiment, the polymer, and for example, PRIMACOR from Dow Chemical Company (TM), commercially available under the trade name NUCREL (TM), and ESCOR from ExxonMobil Corporation (TM) from DuPont, referenced respectively U.S. Patent 4,599,392 in its entirety is incorporated herein by No. 4,988,781, ethylene, such as those described in No. 59,384,373 - vinyl acetate (EVA) copolymer , ethylene -, and the like carboxylic acid copolymer - ethylene methacrylic acid copolymer - acrylate (EAA) and ethylene. 例示のポリマーには、ポリプロピレン(耐衝撃性改良ポリプロピレン、アイソタクチックポリプロピレン、アタクチックポリプロピレン、およびエチレン/プロピレンランダムコポリマーの両方の)、米国特許第6,545,088号、第6,538,070号、第6,566,446号、第5,844,045号、第5,869,575号、および第6,448,341号に開示される製品などのチグラ−ナッターPEとメタロセンPEのマルチ反応器PE(「反応器内」)混合物を含む、高圧自由ラジカルLDPE、チグラ−ナッターLLDPE、メタロセンPEを含む様々なタイプのポリエチレンが含まれる。 Illustrative polymers include polypropylene (both impact modifying polypropylene, isotactic polypropylene, atactic polypropylene, and ethylene / propylene random copolymer), U.S. Pat. No. 6,545,088, the 6,538,070 No., No. 6,566,446, No. 5,844,045, No. 5,869,575, and 6,448,341, such as products disclosed in EP Chigura - multi Natta PE and metallocene PE the reactor includes a PE ( "in reactor") mixture, a high-pressure free radical LDPE, Chigura - Nutter LLDPE, include polyethylene of various types, including metallocene PE. オレフィンプラストマおよびエラストマ、エチレンおよびプロピレン−ベースのコポリマー(たとえばダウ・ケミカル社から商品名VERSIFY(商標)で市販されているポリマー、およびExxonMobil社から市販されているVISTAMAXX(商標))などの均一ポリマーも、いくつかの実施形態において有用であることができる。 Olefin plastomers and elastomers, ethylene and propylene - based copolymers (for example polymers available under the trade name VERSIFY (TM) from Dow Chemical Company, and ExxonMobil are commercially available from company VISTAMAXX (TM)) homogeneous polymers such as it can also be useful in some embodiments. 当然ではあるが、ポリマーの混合物も同様に使用することができる。 Naturally a, but may also mixtures of the polymers used as well. いくつかの実施形態では、混合物には、2つの異なるチグラーナッターポリマーが含まれる。 In some embodiments, the mixture comprises two different Ziegler-Natta polymers. その他の実施形態では、混合物には、チグラーナッターおよびメタロセンポリマーの混合物を含むことができる。 In other embodiments, the mixture may comprise a mixture of Ziegler-Natta and metallocene polymers. 別の実施形態では、本明細書で使用される熱可塑性樹脂が2つの異なるメタロセンポリマーの混合物であることができる。 In another embodiment, it is possible thermoplastic resin used herein is a mixture of two different metallocene polymers.

1つの特定の実施形態では、ポリマーは、1−オクテンなどのアルケンを含むコモノマーを有するエチレンのアルファ−オレフィンインターポリマーを含むことができる。 In one particular embodiment, the polymer is alpha ethylene with comonomers containing alkene such as 1-octene - can comprise olefin interpolymer. エチレンおよびオクテンコポリマーは、単独で、またはエチレン−アクリル酸コポリマーなどの別のポリマーと組み合わせて存在することができる。 Ethylene and octene copolymer, alone, or ethylene - can be present in combination with another polymer such as acrylic acid copolymers. 共に存在する場合、エチレンおよびオクテンコポリマーと、エチレン−アクリル酸コポリマーとの間の重量比は、約3:2から約2:3などの約1:10から約10:1であることができる。 If both present, the ethylene and octene copolymer, ethylene - the weight ratio between the acrylic acid copolymer is from about 3: can be 1: 2 to about 2: 3 to about 1:10 to about 10, such as. エチレン−オクテンコポリマーなどのポリマーは、約25%未満などの約50%未満の結晶化度を有することができる。 Ethylene - polymers such as octene copolymer, may have a crystallinity of less than about 50%, such as less than about 25%. いくつかの実施形態では、ポリマーの結晶化度は、5から35パーセントであることができる。 In some embodiments, the crystallinity of the polymer may be from 5 to 35 percent. 別の実施形態では、結晶化度は7から20パーセントの範囲であることができる。 In another embodiment, the crystallinity may range from 7 to 20 percent.

1つの特定の実施形態では、ポリマーは、少なくとも1つの低密度ポリエチレン(LDPE)を含むことができる。 In one particular embodiment, the polymer may comprise at least one low density polyethylene (LDPE). ポリマーは、オートクレーブプロセス(autoclave processes)、またはチューブプロセス(tubular processes)で作製されたLDPEを含むことができる。 Polymers may include LDPE made in an autoclave process (autoclave processes), or tube process (tubular processes). この実施形態のための適切なLDPEが、この文献のいずれかの箇所に定義される。 Suitable LDPE for this embodiment is defined elsewhere in this document.

1つの特定の実施形態では、ポリマーは、少なくとも2つの低密度ポリエチレンを含むことができる。 In one particular embodiment, the polymer may comprise at least two low density polyethylene. ポリマーは、オートクレーブプロセス、チューブプロセス、またはその組み合わせで作製されるLDPEを含むことができる。 Polymer may comprise autoclaving process, the LDPE is manufactured tube process or a combination thereof. この実施形態に適したLDPEは、この文献のいずれかの箇所に定義される。 LDPE suitable for this embodiment are defined elsewhere in this document.

1つの特定の実施形態では、ポリマーは、1−オクテンなどのアルケンを含むコモノマーを有するエチレンのアルファ−オレフィンインターポリマーを含むことができる。 In one particular embodiment, the polymer is alpha ethylene with comonomers containing alkene such as 1-octene - can comprise olefin interpolymer. エチレンおよびオクテンコポリマーは単独で、または低密度ポリエチレン(LDPE)などの別のポリマーと組み合わせて存在することができる。 Ethylene and octene copolymer may be present alone or in combination with another polymer such as low density polyethylene (LDPE),. 共に存在する場合、エチレンおよびオクテンコポリマーと、LDPEとの間の重量比は、約80:20から約96:4などの約60:40から約97:3であることができる。 If both present, the ethylene and octene copolymer, the weight ratio between LDPE is from about 80:20 to about 96: 4 to about 60:40, such as about 97: can be a 3. エチレン−オクテンコポリマーなどのポリマーは、約25%未満などの約50%未満の結晶化度を有することができる。 Ethylene - polymers such as octene copolymer, may have a crystallinity of less than about 50%, such as less than about 25%. いくつかの実施形態では、ポリマーの結晶化度は、5から35パーセントであることができる。 In some embodiments, the crystallinity of the polymer may be from 5 to 35 percent. 別の実施形態では、結晶化度は7から20パーセントの範囲であることができる。 In another embodiment, the crystallinity may range from 7 to 20 percent. この実施形態に適したLDPEは、この文献のいずれかの箇所に定義される。 LDPE suitable for this embodiment are defined elsewhere in this document.

1つの特定の実施形態では、ポリマーは、1−オクテンなどのアルケンを含むコモノマーを有するエチレンのアルファ−オレフィンインターポリマーを含むことができる。 In one particular embodiment, the polymer is alpha ethylene with comonomers containing alkene such as 1-octene - can comprise olefin interpolymer. エチレンおよびオクテンコポリマーは、単独で、または低密度ポリエチレン、中密度ポリエチレン、および高密度ポリエチレン(HDPE)の群からの少なくとも2つの別のポリマーと組み合わせて存在することができる。 Ethylene and octene copolymer may be present alone or in combination with low density polyethylene, at least two different polymers from the group of medium density polyethylene, and high density polyethylene (HDPE),. 共に存在する場合、エチレンおよびオクテンコポリマー、LDPE、HDPEの間の重量比は、組成が全体の組成の3から97重量%の1つの成分を含み、残りが他の2つの成分を含むようなものであることができる。 If both are present, ethylene and octene copolymer, LDPE, the weight ratio between the HDPE comprises one component 3 from 97% by weight of the total composition composition, what remains is to include the other two components it can be. エチレン−オクテンコポリマーなどのポリマーは、約25%未満などの約50%未満の結晶化度を有することができる。 Ethylene - polymers such as octene copolymer, may have a crystallinity of less than about 50%, such as less than about 25%. いくつかの実施形態では、ポリマーの結晶化度は、5から35パーセントであることができる。 In some embodiments, the crystallinity of the polymer may be from 5 to 35 percent. 他の実施形態では、結晶化度は7から20パーセントの範囲であることができる。 In other embodiments, the crystallinity may range from 7 to 20 percent.

本明細書に開示された実施形態は、少なくとも1つのマルチブロックのオレフィンインターポリマーを含むことができるポリマー成分も含むことができる。 Embodiments disclosed herein may also include polymeric component that may include olefin interpolymer of at least one multiblock. 適切なマルチブロックのオレフィンインターポリマーは、たとえば、米国仮特許出願第60/818,911号に記載されるものを含むことができる。 Olefin interpolymer of suitable multi-block, for example, can include those described in U.S. Provisional Patent Application No. 60 / 818,911. 用語「マルチブロックのコポリマー」は、好ましくは線状の様式で接合された、すなわちポリマーが懸垂し、または枝状の様式ではなく、重合されたエチレンの官能性に対して端部同士を接合した化学的に識別されたユニットを含むポリマーである、2つ以上の化学的に別個の領域またはセグメント(「ブロック」と呼ばれる)を含むポリマーを指す。 The term "copolymer multiblock" preferably joined in a linear fashion, i.e., the polymer is suspended or not the branch fashion, joining the ends with respect to functionality of polymerized ethylene a polymer comprising chemically identified unit refers to a polymer comprising two or more chemically distinct regions or segments (referred to as "blocks"). いくつかの実施形態では、ブロックは、そこに組み込まれたコモノマーの量またはタイプ、密度、結晶化度の量、そのような組成のポリマーに帰する結晶子サイズ、タクチシティーのタイプまたは程度(アイソタクチックまたはシンジオタクチック)、位置規則性(regio-regularity)または位置変則性(regio-irregularity)、長鎖分岐または超分岐を含む分岐の量、均一性、あるいは任意の他の化学的または物理的特性において異なる。 In some embodiments, the blocks differ in the amount or type of incorporated comonomer therein, the density, the amount of crystallinity, such polymers attributed crystallite size composition, the type of tacticity or degree (iso tactic or syndiotactic), regio-regularity (regio-regularity) or position anomalies (regio-irregularities), the amount of branching, including long chain branching or hyper-branching, the uniformity or any other chemical or physical, differ in characteristics. マルチブロックコポリマーは、コポリマー独特の作製プロセスにより、多分散指数(PDIまたはM /M )、ブロック長さ分布、および/またはブロック数分布の独特の分布によって特徴付けられる。 Multi-block copolymers, the copolymers unique manufacturing process, the polydispersity index (PDI or M w / M n), characterized by a unique distribution of the block length distribution, and / or block number distribution. より具体的には、連続的なプロセスにおいて製造された場合、ポリマーの実施形態は、約1.7から約8、別の実施形態では約1.7から約3.5、別の実施形態では約1.7から約2.5、別の実施形態では約1.8から約2.5または約1.8から約2.1の範囲のPDIを有することができる。 More specifically, when produced in a continuous process, embodiments of the polymers is from about 1.7 to about 8, in another embodiment from about 1.7 to about 3.5, in another embodiment from about 1.7 to about 2.5, in another embodiment may have a PDI ranging from about 1.8 to about 2.5, or about 1.8 to about 2.1. バッチまたはセミバッチのプロセスにおいて生産された場合、ポリマーの実施形態は、約1.0から約2.9、別の実施形態では約1.3から約2.5、別の実施形態では約1.4から約2.0、別の実施形態では約1.4から約1.8の範囲のPDIを有することができる。 When produced in a process of batch or semibatch, the embodiment of the polymer is from about 1.0 to about 2.9, in another embodiment from about 1.3 to about 2.5, in another embodiment about 1. 4 about 2.0, in another embodiment may have a PDI ranging from about 1.4 to about 1.8.

マルチブロックオレフィンインターポリマーの1つの例は、エチレン/アルファオレフィンブロックインターポリマーである。 One example of the multi-block olefin interpolymer is an ethylene / alpha-olefin block interpolymer. マルチブロックオレフィンインターポリマーの別の例は、プロピレン/アルファオレフィンインターポリマーである。 Another example of a multi-block olefin interpolymer is a propylene / alpha-olefin interpolymer. 以下の説明は、主要なモノマーとしてエチレンを有するインターポリマーに注目するが、一般的なポリマーの特性の点で、プロピレンベースのマルチブロックインターポリマーと同様に当てはまる。 While the following description focuses on the interpolymer having an ethylene as the main monomer, in terms of characteristics of a general polymer, apply equally and propylene-based multi-block interpolymers.

エチレン/アルファオレフィンマルチブロックインターポリマーは、化学的または物理的な特性において異なる2つ以上の重合されたモノマーユニットの複数(すなわち2つ以上の)ブロックまたはセグメント(ブロックインターポリマー)、好ましくはマルチブロックインターポリマーによって特徴付けられる、重合された型式でエチレン、および1つまたは複数の共重合可能なアルファオレフィンコモノマーを含むことができる。 Ethylene / alpha-olefin multi-block interpolymer has a plurality (i.e. two or more) blocks or segments (block interpolymer) of two or more polymerized monomer units differing in chemical or physical properties, preferably multi-block characterized by interpolymers, in polymerized type can include ethylene and one or more copolymerizable alpha-olefin comonomer. いくつかの実施形態では、マルチブロックインターポリマーは、以下の式によって表される。 In some embodiments, the multi-block interpolymer may be represented by the following equation. (AB) nは、少なくとも1、好ましくは2、3、4、5、10、15、20、30、40、50、60、70、80、90、100、またはそれ以上などの1より大きな整数であり、「A」はハードブロックまたはセグメントを表し、「B」はソフトブロックまたはセグメントを表す。 (AB) n n is at least 1, greater than preferably 2,3,4,5,10,15,20,30,40,50,60,70,80,90,100 or 1 such more, is an integer, "a" represents a hard block or segment and "B" represents a soft block or segment. 好ましくは複数のAおよび複数のBが、分岐または星状の様式ではなく、線状の様式で連結される。 Preferably a plurality of A and a plurality of B, rather than a branched or star-shaped manner, are linked in a linear fashion. 「ハード」セグメントは、いくつかの実施形態では95重量パーセントより多い量で、別の実施形態では98重量パーセントより多い量でその中にエチレンが存在する、重合されたユニットの複数のブロックを指す。 "Hard" segments, in an amount greater than 95 weight percent in some embodiments, in another embodiment there are ethylene therein in an amount greater than 98 wt%, refers to the plurality of blocks of polymerized units . 言い換えれば、ハードセグメントにおけるコモノマーの含有量は、いくつかの実施形態では、ハードセグメントの総重量の5重量パーセント未満であり、別の実施形態では、ハードセグメントの総重量の2重量パーセント未満である。 In other words, the comonomer content in the hard segments, in some embodiments, less than 5 weight percent of the total weight of the hard segment, in another embodiment, less than 2 weight percent of the total weight of the hard segment . いくつかの実施形態では、ハードセグメントは、全て、または実質的に全てのエチレンを含む。 In some embodiments, the hard segments comprises all or substantially all ethylene. 一方で、「ソフト」セグメントは、コモノマーの含有量が、いくつかの実施形態では、ソフトセグメントの総重量の5重量パーセントより多く、様々な他の実施形態では、ソフトセグメントの8重量パーセントより多く、10重量パーセントより多く、15重量パーセントより多い、重合されたユニットの複数のブロックを指す。 On the other hand, "soft" segment, the content of comonomers, in some embodiments, greater than 5 weight percent of the total weight of the soft segment, in various other embodiments, more than 8% by weight of the soft segment refers more than 10 weight percent, greater than 15% by weight, a plurality of blocks of polymerized units. いくつかの実施形態では、ソフトセグメント内のコモノマー含有量は20重量パーセントより多く、様々な他の実施形態では、25重量パーセントより多く、30重量パーセントより多く、35重量パーセントより多く、40重量パーセントより多く、45重量パーセントより多く、50重量パーセントより多く、または60重量パーセントより多くなっていることができる。 In some embodiments, the comonomer content in the soft segments greater than 20 weight percent in various other embodiments, more than 25 weight percent, greater than 30 weight percent, greater than 35 wt%, 40 wt% , greater than 45 weight percent, can be are increasingly more than 50 wt%, or 60% by weight.

いくつかの実施形態では、複数のAブロックおよび複数のBブロックは、ポリマー鎖に沿ってランダムに分布される。 In some embodiments, a plurality of A blocks and a plurality of B blocks are randomly distributed along the polymer chain. 言い換えれば、ブロックのコポリマーは、AAA−AA−BBB−BBのような構造ではない。 In other words, the copolymer of the block is not a structure such as a AAA-AA-BBB-BB.

別の実施形態では、ブロックのコポリマーには、第3のブロックがない。 In another embodiment, the copolymer of the block, no third block. 別の実施形態では、ブロックAもブロックBも、チップセグメントのような2つまたは3つのセグメント(またはサブブロック)を備えない。 In another embodiment, both the block B block A, not with two or three segments, such as tip segment (or sub-blocks).

マルチブロックインターポリマーは、0を超え約1.0までの範囲の平均ブロックインデックス、ABI、約1.3より多い分子量分布Mw/Mnによって特徴付けることができる。 Multi-block interpolymers may be characterized average block index in the range of up to about 1.0 exceed 0, ABI, by more than about 1.3 molecular weight distribution Mw / Mn. 平均ブロックインデックス、ABIは、5℃の増分で20℃から110℃のプレパラティブTREF(preparative TREF)で得られるポリマーフラクションごとのブロックインデックス(「Br」)の重量の平均値である。 Average block index, ABI is an average value of the weight of the block index for each polymer obtained fraction by preparative TREF of 110 ° C. from 20 ° C. at 5 ° C. increments (preparative TREF) ( "Br"). ABI=Σ(w BI )ただし、BI は、プレパラティブTERFで得られるマルチブロックインターポリマーの第i番目のフラクションに関するブロックインデックスであり、w は、第i番目のフラクションの重量パーセントである。 ABI = sigma however (w i BI i), BI i is the block index for the i th fraction of the multi-block interpolymer obtained in preparative TERF, w i is the weight percentage of the i th fraction is there.

同様に、以下に二次モーメント重量平均ブロックインデックスと呼ばれる平均まわりの二次モーメントの平方根が以下のように定義できる。 Similarly, the square root of the second moment average around which hereinafter referred to as the second moment weight average block index can be defined as follows.

ポリマーフラクションごとに、BIは、2つの以下の式のうちの1つによって定義される(その両方が同じBI値を与える)。 For each polymer fraction, BI is defined by one of the two following equations (giving both of the same BI value).
ただし、T は、第i番目のフラクションに関する(好ましくはケルビンで表される)分析的昇温溶出分別(ATREF)溶出温度であり、P は、下記に示されるようにNMRまたはIRによって測定できる第i番目のフラクションに関するエチレンモル分率である。 However, T x is about the i th fraction (preferably expressed in Kelvin) Analytical Atsushi Nobori elution fractionation (ATREF) elution temperature, P x is determined by NMR or IR as shown below it is the ethylene mole fraction about the i th fraction. ABは、NMRまたはIRによって測定することもできる、全体のエチレン/アルファオレフィンインターポリマー(分別前の)のエチレンモル分率である。 P AB can also be measured by NMR or IR, it is the ethylene mole fraction of the whole ethylene / alpha-olefin interpolymer (before fractionation). およびP は、純粋な「ハードセグメント」(インターポリマーの結晶性セグメントを指す)に関するATREF溶出温度およびエチレンモル分率である。 T A and P A are the ATREF elution temperature and the ethylene mole fraction relates pure "hard segments" (which refer to the crystalline segments of the interpolymer). 概算として、または「ハードセグメント」組成が未知であるポリマーに関して、T およびP の値が高密度ポリエチレンホモポリマーに関する値に設定される。 As an approximation, or with respect to the polymer "hard segment" composition is unknown, the value of T A and P A is set to a value related to a high density polyethylene homopolymer.

ABは、マルチブロックインターポリマーと同じ組成(P ABのエチレンモル分率を有する)および分子量のランダムのコポリマーに関するATREF溶出温度である。 T AB is the ATREF elution temperature for a random copolymer of the multi-block interpolymers with the same composition (having an ethylene mole fraction of P AB) and molecular weight. ABは、以下の式を使用して、エチレンのモル分率(NMRによって測定された)から計算できる。 T AB, using the following equation can be calculated from the mole fraction of ethylene (measured by NMR).
LnP AB =α/T AB +β LnP AB = α / T AB + β
ただし、αおよびβは、いくつかの十分に特徴付けられた、広い組成のランダムコポリマーのプレパラティブTREFフラクション、および/または十分に特徴付けられた、狭い組成のランダムエチレンコポリマーを使用した校正によって決定できる2つの定数である。 However, the α and beta, determining some were well-characterized, preparative TREF fractions of random copolymers of wide composition, and / or well characterized by calibration using a random ethylene copolymer of a narrow composition are two constants which can. αおよびβは機器の間で変わることに留意されたい。 α and β It should be noted that vary between devices. さらに、校正を作成するために使用されるプレパラティブTREFフラクションおよび/またはランダムコポリマーに関する適切な分子量範囲およびコモノマータイプを使用して、関心のあるポリマー組成に対して適切な校正曲線を作成する必要があるであろう。 Further, by using the preparative TREF fractions and / or random copolymers suitable molecular weight ranges and comonomer type for the polymer is used to create a calibration is necessary to create an appropriate calibration curve for the polymer composition of interest it will be there. わずかな分子量効果がある。 There is a slight molecular weight effect. 校正曲線が同様の分子量範囲から得られる場合、そのような効果が基本的に無視できるものになる。 If the calibration curve is obtained from similar molecular weight ranges, the ones such effects can be basically ignored. いくつかの実施形態では、ランダムエチレンコポリマーおよび/またはランダムコポリマーのプレパラティブTREFフラクションは以下の関係を満たす。 In some embodiments, preparative TREF fractions of random ethylene copolymers and / or random copolymers satisfy the following relationship. LnP=−237.83/T ATREF +0.639 LnP = -237.83 / T ATREF +0.639

上記の較正式は、狭い組成のランダムコポリマーおよび/または広い組成のランダムコポリマーのプレパラティブTREFフラクションに関して、エチレンのモル分率Pを、分析TREF溶出温度T ATREFに関連づける。 The above calibration equation with respect preparative TREF fractions of random copolymers and / or wide random copolymer composition of the narrow composition and the molar fraction of P ethylene, relate to the analysis TREF elution temperature T ATREF. XOは、同じ組成のランダムコポリマーに関するATREF温度でありP のエチレンモル分率を有する。 T XO is the ATREF temperature for a random copolymer of the same composition having an ethylene mole fraction of P X. XOは、LnP =α/T XO +βから計算できる。 T XO can be calculated from the LnP X = α / T XO + β. 反対に、P XOは、同じ組成のランダムコポリマーに関するエチレンモル分率であり、LnP XO =α/T +βから計算できる、T のATREF温度を有する。 Conversely, P XO is the ethylene mole fraction regarding a random copolymer of the same composition, it can be calculated from LnP XO = α / T X + β, having an ATREF temperature of T X.

プレパラティブTREFフラクションごとのブロックインデックス(BI)が得られた後に、全体のポリマーに関する重量平均ブロックインデックス、ABIが計算できる。 After block index for each preparative TREF fraction (BI) is obtained, the weight average block index for the whole polymer, ABI can be calculated. いくつかの実施形態では、ABIは、0を超えるが、約0.4未満であり、または約0.1から約0.3である。 In some embodiments, ABI is greater than zero but less than about 0.4, or from about 0.1 to about 0.3. 別の実施形態では、ABIは約0.4より大きく、約1.0までである。 In other embodiments, ABI is greater than about 0.4 and up to about 1.0. 好ましくは、ABIは、約0.4から約0.7、約0.5から約0.7、または約0.6から約0.9の範囲である必要がある。 Preferably, ABI should be in the range of about 0.4 to about 0.7, from about 0.5 to about 0.7, or from about 0.6 to about 0.9. いくつかの実施形態では、ABIは、約0.3から約0.9、約0.3から約0.8、約0.3から約0.7、約0.3から約0.6、約0.3から約0.5、約0.3から約0.4の範囲である。 In some embodiments, ABI is in the range of from about 0.3 to about 0.9, from about 0.3 to about 0.8, from about 0.3 to about 0.7, from about 0.3 to about 0.6, from about 0.3 to about 0.5, from about 0.3 to about 0.4. 別の実施形態では、ABIは、約0.4から約1.0、約0.5から約1.0、約0.6から約1.0、約0.7から約1.0、約0.8から約1.0、約0.9から約1.0の範囲である。 In other embodiments, ABI is in the range of from about 0.4 to about 1.0, from about 0.5 to about 1.0, from about 0.6 to about 1.0, from about 0.7 to about 1.0, about 0.8 to about 1.0, in the range of about 0.9 to about 1.0.

マルチブロックインターポリマーの別の特徴は、インターポリマーがプレパラティブTREFによって得ることができる少なくとも1つのポリマーフラクションを備えることができることであり、フラクションが約0.1より大きく約1.0までのブロックインデックスを有し、ポリマーが約1.3より大きい分子量分布、M /M を有する。 Another feature of the multi-block interpolymer is that it can comprise at least one polymer fraction which can interpolymer obtained by preparative TREF, and up to greater about 1.0 than fraction about 0.1 the a, polymer greater than about 1.3, having a M w / M n. いくつかの実施形態では、ポリマーフラクションは、約0.6より大きく約1.0まで、約0.7より大きく約1.0まで、約0.8より大きく約1.0まで、約0.9より大きく約1.0までのブロックインデックスを有する。 In some embodiments, the polymer fraction is from greater about 1.0 than about 0.6, from greater about 1.0 than about 0.7, increases to about 1.0 than about 0.8, to about 0. greater than 9 and up to about 1.0. 別の実施形態では、ポリマーフラクションは、約0.1より大きく約1.0まで、約0.2より大きく約1.0まで、約0.3より大きく約1.0まで、約0.4より大きく約1.0まで、約0.4より大きく約1.0までのブロックインデックスを有する。 In another embodiment, the polymer fraction is from greater about 1.0 than about 0.1, from greater about 1.0 than about 0.2, increases to about 1.0 than about 0.3, about 0.4 greater up to about 1.0, and up to greater than about 0.4 to about 1.0. 別の実施形態では、ポリマーフラクションは、約0.1より大きく約0.5まで、約0.2より大きく約0.5まで、約0.3より大きく約0.5まで、約0.4より大きく約0.5までのブロックインデックスを有する。 In another embodiment, the polymer fraction is from greater about 0.5 than about 0.1, from greater about 0.5 than about 0.2, from greater about 0.5 than about 0.3, about 0.4 and up to larger about 0.5. 別の実施形態では、ポリマーフラクションは、約0.2より大きく約0.9まで、約0.3より大きく約0.8まで、約0.4より大きく約0.7まで、約0.5より大きく約0.6までのブロックインデックスを有する。 In another embodiment, the polymer fraction is from greater about 0.9 than about 0.2, from greater about 0.8 than about 0.3, from greater about 0.7 than about 0.4, about 0.5 and up to larger about 0.6.

本発明の実施形態で使用されるエチレンアルファオレフィンマルチブロックインターポリマーは、少なくとも1つのC 〜C 20のアルファオレフィンを有するエチレンのインターポリマーであることができる。 Ethylene alpha-olefin multi-block interpolymers used in embodiments of the present invention can be interpolymers of ethylene with an alpha olefin of at least one C 3 -C 20. インターポリマーは、C 〜C 18のジオレフィンおよび/またはアルケニルベンゼンをさらに備えることができる。 Interpolymers may further comprise a diolefin and / or alkenyl benzene C 4 -C 18. エチレンによって重合させるために有用な適切な不飽和コモノマーには、たとえば、エチレン性不飽和モノマー、共役または非共役ジエン、ポリエン、アルケニルベンゼンなどが含まれる。 Suitable unsaturated comonomers useful for polymerizing with ethylene include, for example, ethylenically unsaturated monomers, conjugated or non-conjugated dienes include polyenes, such alkenylbenzenes. そのようなコモノマーの例には、プロピレン、イソブチレン、1−ブテン、1−ヘキセン、1−ペンテン、4−メチル−1−ペンテン、1−ヘプテン、1−オクテン、1−ノネン、1−デセンなどのC 〜C 20のアルファオレフィンが含まれる。 Examples of such comonomers include propylene, isobutylene, 1-butene, 1-hexene, 1-pentene, 4-methyl-1-pentene, 1-heptene, 1-octene, 1-nonene, such as 1-decene include alpha olefins C 3 -C 20. 1−ブテンおよび1−オクテンが特に好ましい。 1-butene and 1-octene are especially preferred. その他の適切なモノマーには、スチレン、ハロまたはアルキル置換スチレン、ビニルベンゾシクロブタン、1,4−ヘキサジエン、1,7−オクタジエン、およびナフテン類(たとえばシクロペンタン、シクロヘキセン、およいシクロオクテンなど)が含まれる。 Other suitable monomers, include styrene, halo-or alkyl-substituted styrene, vinylbenzocyclobutane, 1,4-hexadiene, 1,7-octadiene, and naphthenics (e.g. cyclopentane, cyclohexene, etc. swim cyclooctene) is It is.

本明細書に開示されたマルチブロックインターポリマーは、従来のランダムコポリマー、ポリマーの物理的な混合物、連続モノマー添加、流動的触媒(fluxional catalyst)、アニオンまたはカチオンリビング重合技術を介して調製されたブロックコポリマーであることができる。 Multiblock interpolymers disclosed herein may be differentiated from conventional, random copolymers, physical mixtures of polymers, continuous monomer addition, fluid catalyst (fluxional catalyst), blocks prepared via anionic or cationic living polymerization techniques it can be a copolymer. 特に、等しい結晶化度またはモジュールにおいて同じモノマーおよびモノマー含有量のランダムコポリマーと比較して、インターポリマーは、融点で測定したより優れた(高い)耐熱性を有し、動的な機械分析によって決定される、より高いTMA針入温度(TMA penetration temperature)、より高い高温引張り強度、および/またはより高い高温ねじり貯蔵弾性率(high-temperature torsion storage modulus)を有する。 In particular, when compared at equivalent crystallinity or module a random copolymer of the same monomers and monomer content, interpolymers, excellent (high) than was measured at the melting point has heat resistance, determined by dynamic mechanical analysis is the have higher TMA penetration temperature (TMA penetration temperature), higher high-temperature tensile strength, and / or higher high-temperature torsion storage modulus (high-temperature torsion storage modulus). 充填剤の特徴は、同じモノマーおよびモノマー含有量を含むランダムコポリマーと比較して、マルチブロックインターポリマーの実施形態の使用から利益を得ることができ、マルチブロックインターポリマーは、特に上昇した温度で、より低い圧縮永久歪み、より低い応力緩和性、より高い耐クリープ性、より高い引裂き強度、より高い耐ブロッキング性、より高い結晶化(固化)温度によるより早い硬化、より高い回復(特に上昇した温度で)、より優れた耐摩耗性、より高い収縮力、およびより優れたオイルおよび充填剤耐容性を有する。 Features of the filler, compared to a random copolymer containing the same monomers and monomer content, can benefit from the use of embodiments of the multi-block interpolymers, multi-block interpolymers, especially at elevated temperatures, lower compression set, lower stress relaxation, higher creep resistance, higher tear strength, higher blocking resistance, higher crystallization (solidification) faster curing than with temperature, higher recovery (particularly elevated temperature at), having better abrasion resistance, higher retractive force, and better oil and filler tolerated.

その他のオレフィンインターポリマーには、スチレン、o−メチルスチレン、p−メチルスチレン、t−ブチルスチレンなどを含むモノビニリデン芳香族モノマーを含むポリマーが含まれる。 Other olefin interpolymers, styrene, o- methyl styrene, p- methyl styrene, include polymers comprising monovinylidene aromatic monomers including t- butylstyrene. 特に、エチレンおよびスチレンを含むインターポリマーを使用することができる。 In particular, it is possible to use the interpolymers comprising ethylene and styrene. 別の実施形態では、エチレン、スチレン、およびC 〜C 20のアルファオレフィン、任意でC 〜C 20のジエンを含むコポリマーが使用できる。 In another embodiment, ethylene, styrene, and C 3 of -C 20 alpha-olefins, copolymers containing diene C 4 -C 20 optionally may be used.

適切な非共役ジエンモノマーは、直鎖、分岐鎖、または6から15の炭素原子を有する環状炭化水素ジエンを含むことができる。 Suitable non-conjugated diene monomers may include straight chain, cyclic hydrocarbon diene having a branched chain or 6 to 15 carbon atoms. 適切な非共役ジエンの例には、それに限定されるわけではないが、1,4ヘキサジエン、1,6−オクタジエン、1,7−オクタジエン、1,9−デカジエンなどの直鎖非環式ジエン、5−メチル−1,4−ヘキサジエン、3,7−ジメチル−1,6−オクタジエン、3,7−ジメチル−1,7−オクタジエンなどの分岐鎖非環式ジエンおよびジヒドロミリセンとジヒドロオシネンの混合異性体、1,3−シクロペンタジエン、1,4−シクロヘキサジエン、1,5−シクロオクタジエンと1,5−シクロドデカジエンなどの単環脂環式ジエン、テトラヒドロインデン、メチルテトラヒドロインデン、ジシクロペンタジエン、ビシクロ−(2,2,1)−ヘプタ−2,5−ジエンなどの多環脂環式溶融および架橋環式ジエン、5−メチレン− Examples of suitable non-conjugated dienes include, but are not limited to, 1,4-hexadiene, 1,6-octadiene, 1,7-octadiene, such as 1,9-decadiene linear acyclic dienes, 5-methyl-1,4-hexadiene, 3,7-dimethyl-1,6-octadiene, 3,7-dimethyl-1,7, such as octadiene branched acyclic diene and dihydro millimeter Sen and dihydro reminds mixed isomers, 1,3-cyclopentadiene, 1,4-cyclohexadiene, 1,5-cyclo monocyclic alicyclic dienes such as cyclooctadiene and 1,5-cyclododecadiene, tetrahydroindene, methyl tetrahydroindene, di cyclopentadiene, bicyclo - (2,2,1) - polycyclic alicyclic fused and bridged cyclic dienes such as hepta-2,5-diene, 5-methylene - −ノルボルネン(MNB)、5−プロペニル−2−ノルボルネン、5−イソプロピリデン−2−ノルボルネン、5−(4−シクロペンテニル)−2−ノルボルネン、5−シクロヘキシリデン−2−ノルボルネン、5−ビニル−2−ノルボルネン、およびノルボルナジエンなどのアルケニル、アルキリデン、シクロアルケニル、およびシクロアルキリデンノルボルネンが含まれる。 - norbornene (MNB), 5-propenyl-2-norbornene, 5-isopropylidene-2-norbornene, 5- (4-cyclopentenyl) -2-norbornene, 5-cyclohexylidene-2-norbornene, 5-vinyl - 2-norbornene, and alkenyl, such as norbornadiene, alkylidene include cycloalkenyl and cycloalkylidene norbornene,. EPDMを調製するために一般に使用されるジエンのうちで、特に好ましいジエンは、1,4−ヘキサジエン(HD)、5−エチリデン−2−ノルボルネン(ENB)、5−ビニリデン−2−ノルボルネン(VNB)、5−メチレン−2−ノルボネン(MNB)、およびジシクロペンタジエン(DCPD)である。 Of the dienes typically used to prepare the EPDM, particularly preferred dienes include 1,4-hexadiene (HD), 5-ethylidene-2-norbornene (ENB), 5-vinylidene-2-norbornene (VNB) , 5-methylene-2-norbornene (MNB), and dicyclopentadiene (DCPD).

本明細書に開示された実施形態に従って使用することができる望ましいポリマーの1つの種類には、エチレンのエラストマ性インターポリマー、C 〜C 20のアルファオレフィン、特にプロピレン、および任意で1つまたは複数のジエンモノマーが含まれる。 One type of desirable polymers that may be used in accordance with embodiments disclosed herein, elastomeric interpolymers of ethylene, alpha-olefin C 3 -C 20, one or more particular propylene, and optionally It includes diene monomer. この実施形態に使用される好ましいアルファオレフィンは、公式CH ―CHR によって示され、ただし、R は、1から12の炭素原子の線状または分岐アルキル基である。 Preferred alpha-olefins for use in this embodiment is shown by the formula CH 2 -CHR *, provided that, R * is from 1 to 12 linear or branched alkyl group having a carbon. 適切なアルファオレフィンの例には、それに限定されるわけではないが、プロピレン、イソブチレン、1−ブテン、1−ペンテン、1−ヘキセン、4−メチル−1−ペンテン、および1−オクテンが含まれる。 Examples of suitable alpha-olefins include, but are not limited to, propylene, isobutylene, 1-butene, 1-pentene, 1-hexene, 4-methyl-1-pentene, and 1-octene. 特に好ましいアルファオレフィンは、プロピレンである。 Particularly preferred alpha-olefin is propylene. プロピレンベースのポリマーは、一般に当分野でEPまたはEPDMポリマーと呼ばれる。 Propylene-based polymers are generally in the art known as EP or EPDM polymers. そのようなポリマーを調製する際に使用するのに適したジエン、特にマルチブロックEPDMタイプのポリマーには、共役または非共役の4から20の炭素を備える直線または分岐鎖、環式、または多環式ジエンが含まれる。 It dienes suitable for use in preparing such polymers, especially multi-block EPDM type polymers, conjugated or non-conjugated linear or branched chain comprising carbons 4 to 20 of, or polycyclic, which contains an expression diene. 好ましいジエンには、1,4−ペンタジエン、1,4−ヘキサジエン、5−エチリデン−2−ノルボルネン、ジシクロペンタジエン、シクロヘキサジエン、および5−ブチリデン−2−ノルボルネンが含まれる。 Preferred dienes include 1,4-pentadiene, 1,4-hexadiene, 5-ethylidene-2-norbornene, dicyclopentadiene, include cyclohexadiene, and 5-butylidene-2-norbornene. 特に好ましいジエンは、5−エチリデン−2−ノルボルネンである。 Particularly preferred dienes are 5-ethylidene-2-norbornene.

本明細書に開示されたポリマー(ホモポリマー、コポリマー、インターポリマー、およびマルチブロックのインターポリマー)は、いくつかの実施形態では、0.01から2000g/10分、別の実施形態では、0.01から1000g/10分、別の実施形態では、0.01から500g/10分、別の実施形態では、0.01から100g/10分のメルトインデックス、I を有することができる。 Polymers disclosed herein (homopolymers, copolymers, interpolymers of interpolymers, and multi-block), in some embodiments, 2000 g / 10 min 0.01, in another embodiment, 0. 1000 g / 10 min at 01, in another embodiment, 500 g / 10 min, in another embodiment from 0.01, may have 100 g / 10 min melt index, an I 2 from 0.01. いくつかの実施形態では、ポリマーは、0.01から10g/10分、0.5から50g/10分、1から30g/10分、1から6g/10分、または0.3から10g/10分のメルトインデックス、I を有することができる。 In some embodiments, the polymer, 10 g / 10 minutes 0.01, 50 g / 10 minutes 0.5, 30 g / 10 minutes from 1, 10 g / 10 from 1 6 g / 10 min, or from 0.3 min melt index can have a I 2. いくつかの実施形態では、ポリマーに関するメルトインデックスは、約1g/10分、3g/10分、または5g/10分であることができる。 In some embodiments, the melt index for the polymer is about 1 g / 10 minutes, can be 3 g / 10 min, or 5 g / 10 min. 別の実施形態では、ポリマーは、20dg/分より大きい、別の実施形態では40dg/分より大きい、さらに別の実施形態では、60dg/分より大きいメルトインデックスを有することができる。 In another embodiment, the polymer is greater than 20 dg / min, greater than 40 dg / min in another embodiment, In still another embodiment, it is possible to have a 60 dg / min melt index greater than.

本明細書に開示されたポリマーは、いくつかの実施形態では、1,000gから5,000,000g/モル、別の実施形態では、1000gから1,000,000g/モル、別の実施形態では、10,000gから500,000g/モル、別の実施形態では、10,000gから300,000g/モルの分子量M を有することができる。 Polymers disclosed herein may, in some embodiments, 5,000,000 g / mol 1,000 g, in another embodiment, 1,000,000 g / mol 1000 g, in another embodiment , 500,000 g / mol 10,000 g, in another embodiment, it is possible to have a 300,000 g / mol molecular weight M w of from 10,000 g. 本明細書に開示されたポリマーの密度は、いくつかの実施形態では、0.80から0.99g/cm 、エチレン含有ポリマーに関しては、0.85から0.97g/cm 、いくつかの実施形態では、0.87から0.94g/cm であることができる。 Density of the polymer disclosed herein, in some embodiments, from 0.80 to 0.99 g / cm 3, with respect to the ethylene-containing polymer, from 0.85 0.97 g / cm 3, a number of in embodiments, it can be a 0.94 g / cm 3 from 0.87.

いくつかの実施形態では、本明細書に開示されたポリマーは、10MPaを超える引張り強度、別の実施形態では、引張り強度≧11MPaを、別の実施形態では、引張り強度≧13MPaを有することができる。 In some embodiments, polymers disclosed herein, tensile strength greater than 10 MPa, in another embodiment, the tensile strength ≧ 11 MPa, in another embodiment, can have a tensile strength ≧ 13 MPa . いくつかの実施形態では、本明細書に開示されたポリマーは、11cm/分のクロスヘッド分離速度で少なくとも600パーセント、別の実施形態では、少なくとも700パーセント、別の実施形態では少なくとも800パーセント、別の実施形態では少なくとも900パーセントの破断点伸びを有することができる。 In some embodiments, the polymers disclosed herein is at least 600 percent at a 11cm / minute crosshead separation rate, in another embodiment at least 700 percent, at least 800 percent in other embodiments, other in embodiments can have an elongation at break of at least 900 percent.

いくつかの実施形態では、本明細書に開示されたポリマーは、1から50、別の実施形態では1から20、別の実施形態では1から10の貯蔵モジュール比G'(25℃)/G'(100℃)を有することができる。 In some embodiments, polymers disclosed herein is from 1 to 50, 1 to 20, 1 to 10 storage module ratio G '(25 ℃) of another embodiment in another embodiment / G '(100 ° C.) may have. いくつかの実施形態では、ポリマーは、80パーセント未満、別の実施形態では70パーセント未満、別の実施形態では60パーセント未満、別の実施形態では50パーセント未満、40パーセント未満、別の実施形態では0パーセントまでの圧縮永久歪みを有することができる。 In some embodiments, the polymer is less than 80 percent, less than 70% in another embodiment, less than 60% in another embodiment, and in another embodiment less than 50 percent, less than 40 percent, in another embodiment it can have compression set of 0 percent.

いくつかの実施形態では、エチレン/アルファ−オレフィンインターポリマーは、85J/g未満の融解熱を有することができる。 In some embodiments, the ethylene / alpha - olefin interpolymers can have a heat of fusion of less than 85 J / g. 別の実施形態では、エチレン/アルファ−オレフィンインターポリマーは、100ポンド/フィート (4800Pa)以下、別の実施形態では、50ポンド/フィート (2400Pa)以下、別の実施形態では5ポンド/フィート (240Pa)以下、0ポンド/フィート (0Pa)もの低いペレットブロック化強度を有することができる。 In another embodiment, the ethylene / alpha - olefin interpolymers of 100 lbs / ft 2 (4800 Pa) or less, in another embodiment 50 lbs / ft 2 (2400 Pa) or less, 5 lb / ft in another embodiment 2 (240 Pa) or less, it is possible to have a low pellet blocking strength 0 lbs / ft 2 (0 Pa) ones.

いくつかの実施形態では、異なる量のコモノマーを組み込む2つの触媒によって作製されたブロックポリマーは、95:5から5:95の範囲のそれによって形成されたブロックの重量比を有することができる。 In some embodiments, the two block polymers made by catalysts incorporating differing quantities of comonomer is 95: can have a weight ratio of blocks formed thereby ranging from 5 to 5:95. いくつかの実施形態では、エラストマ性インターポリマーは、ポリマーの総重量に基づいた、20から90パーセントのエチレン含有量、0.1から10パーセントのジエン含有量、10から80パーセントのアルファ−オレフィン含有量を有する。 In some embodiments, the elastomeric interpolymer, based on the total weight of the polymer, 20 to 90% of ethylene content, 0.1 to 10% of a diene content from 10 to 80% of the alpha - olefin-containing with the amount. いくつかの実施形態では、マルチブロックのエラストマ性インターポリマーは、ポリマーの総重量に基づいた、60から90パーセントのエチレン含有量、0.1から10パーセントのジエン含有量、10から40パーセントのアルファ−オレフィン含有量を有する。 In some embodiments, elastomeric interpolymers multiblock was based on the total weight of the polymer, 60 to 90% of ethylene content, 0.1 to 10% diene content, 10 to 40% of alpha - having olefinic content. 別の実施形態では、インターポリマーは、1から250の範囲のムーニー粘度(ML(1+4)125℃)を有することができる。 In another embodiment, the interpolymer may have a Mooney viscosity in the range from 1 to 250 (ML (1 + 4) 125 ℃). いくつかの実施形態では、そのようなポリマーは、65から75パーセントのエチレン含有量、0から6パーセントのジエン含有量、20から35パーセントのアルファ−オレフィン含有量を有することができる。 In some embodiments, such polymers, 65 to 75% of ethylene content, from 0 to 6 percent diene content, of 20 to 35% alpha - may have an olefin content.

いくつかの実施形態では、ポリマーは、5重量%と20重量%の間のエチレン含有量、および0.5から300g/10分のメルトフローレート(2.16kg重で230℃)を有するプロピレン−エチレンコポリマーまたはインターポリマーであることができる。 In some embodiments, the polymer is 5% by weight of propylene having an ethylene content of between 20 wt%, and from 0.5 to 300 g / 10 min melt flow rate (2.16 kg heavy at 230 ° C.) - it can be an ethylene copolymer or interpolymer. 別の実施形態では、プロピレン−エチレンコポリマーまたはインターポリマーは、9重量%と12重量%の間のエチレン含有量、および1から100g/10分のメルトフローレート(2.16kg重で230℃)を有することができる。 In another embodiment, the propylene - ethylene copolymer or interpolymer, ethylene content between 9% and 12 wt%, and 1 to 100 g / 10 min melt flow rate (2.16 kg heavy at 230 ° C.) it can have.

いくつかの特定の実施形態では、ポリマーは、プロピレンベースのコポリマーまたはインターポリマーである。 In some particular embodiments, the polymer is a propylene-based copolymer or interpolymer. いくつかの実施形態では、プロピレン/エチレンコポリマーまたはインターポリマーは、実質的にアイソタクチックプロピレンシーケンスを有するものとして特徴付けられる。 In some embodiments, the propylene / ethylene copolymer or interpolymer is characterized as having substantially isotactic propylene sequences. 用語、「実質的にアイソタクチックプロピレンシーケンス」および同様の用語は、シーケンスが、約0.85より大きい、好ましくは約0.90より大きい、より好ましくは約0.92より大きい、もっとも好ましくは約0.93より大きい、 13 CNMRによって測定されたアイソタクチックトリアド(mm)を有することを意味する。 The term, "substantially isotactic propylene sequences" and similar terms, the sequence is greater than about 0.85, preferably greater than about 0.90, more preferably greater than about 0.92, and most preferably greater than about 0.93, which means that it has a 13 measured isotactic triads by CNMR (mm). アイソタクチックトリアドは、当分野でよく知られ、たとえば13 CNMRスペクトラによって決定されるコポリマー分子鎖内のトリアドユニットの点でアイソタクチックシーケンスに言及する米国特許第5,504,172号およびWO00/01745に記載される。 Isotactic triads are well known in the art, for example, 13 CNMR spectrum U.S. Patent Nos. 5,504,172 and referred to isotactic sequence in terms of triad unit in the copolymer molecular chain determined by WO00 It is described in / 00/01745. 別の特定の実施形態では、エチレン−アルファオレフィンコポリマーは、エチレン−ブテン、エチレン−ヘキセン、またはエチレン−オクテンコポリマーもしくはインターポリマーであることができる。 In another specific embodiment, the ethylene - alpha-olefin copolymers, ethylene - butene, ethylene - hexene, or ethylene - can be octene copolymers or interpolymers. 別の特定の実施形態では、プロピレン−アルファオレフィンコポリマーは、プロピレン−エチレン、またはプロピレン−エチレンブテンコポリマーもしくはインターポリマーであることができる。 In another specific embodiment, the propylene - alpha olefin copolymer, propylene - ethylene or propylene - can be an ethylene butene copolymer or interpolymer.

本明細書に開示されたポリマー(ホモポリマー、コポリマー、インターポリマー、マルチブロックインターポリマー)は、シングルサイト触媒を使用して生産することができ、約20,000から約百万などの、約15,000から約5百万の重量平均分子量を有することができる。 Polymers disclosed herein (homopolymers, copolymers, interpolymers, multi-block interpolymers) may be produced using a single site catalyst, from about 20,000, such as about one million, about 15 it can have a weight average molecular weight of from 000 to about 5 millions. ポリマーの分子量分布は、約1.8から約20などの、約1.5から約40などの約1.01から約80であることができる。 The molecular weight distribution of the polymer may be from about 1.8, such as about 20, from about 1.01, such as from about 1.5 to about 40 to about 80.

いくつかの実施形態では、ポリマーは、30から100のショアA硬さを有することができる。 In some embodiments, the polymer may have a Shore A hardness of 30 to 100. 別の実施形態では、ポリマーは、40から90、別の実施形態では30から80、別の実施形態では40から75のショアA硬さを有することができる。 In another embodiment, the polymer is 40 to 90, in another embodiment 30 to 80 in the form, another embodiment may have a Shore A hardness of 40 to 75.

オレフィンポリマー、コポリマー、インターポリマー、およびマルチブロックインターポリマーは、そのポリマー構造内に少なくとも1つの官能基を組み込むことによって官能化することができる。 Olefin polymers, copolymers, interpolymers and multi-block interpolymers, may be functionalized by incorporating at least one functional group in its polymer structure. 例示の官能基は、たとえば、エチレン性不飽和単官能および二官能カルボン酸、エチレン性不飽和単官能および二官能カルボン酸無水物、その塩、およびそのエステルを含むことができる。 Exemplary functional groups are, for example, ethylenically unsaturated mono- and di-functional carboxylic acids, ethylenically unsaturated mono- and di-functional carboxylic acid anhydrides, including their salts, and esters thereof. そのような官能基は、オレフィンポリマーにグラフトすることができ、またはエチレンおよび任意の追加のコモノマーによってコポリマー化して、エチレンのインターポリマー、官能性コモノマー、および任意で他のコモノマーを形成することができる。 Such functional groups may be grafted to an olefin polymer, or ethylene and then the copolymer by any additional comonomers can be formed interpolymers of ethylene, the functional comonomer and other comonomers optionally . 官能基をポリエチレンの上にグラフトする手段は、たとえばその開示が参照によってその全体が本明細書に組み込まれる米国特許第4,762,890号、第4,927,888号、および第4,950,541号に記載されている。 Means for grafting functional groups onto polyethylene are, for example U.S. Pat. No. 4,762,890, the disclosure in its entirety is incorporated by reference herein, No. 4,927,888, and No. 4,950 , it is described in EP 541. 特に有用な官能基の1つに、無水マレイン酸がある。 In One particularly useful functional group is maleic anhydride.

官能性ポリマー内にある官能基の量は多様であることができる。 The amount of the functional group present in the functional polymer may be varied. 官能基は、いくつかの実施形態では、少なくとも約1.0重量パーセント、別の実施形態では、少なくとも約5重量パーセント、別の実施形態では、少なくとも約7重量パーセントの量で存在することができる。 Functional group, in some embodiments, at least about 1.0 weight percent, in another embodiment, at least about 5 weight percent, in another embodiment, can be present in an amount of at least about 7 weight percent . 官能基は、いくつかの実施形態では、約40重量パーセント未満、別の実施形態では、約30重量パーセント、別の実施形態では、約25重量パーセントの量で存在することができる。 Functional group, in some embodiments, less than about 40 weight percent, in another embodiment, about 30 weight percent, in another embodiment, can be present in an amount of about 25 weight percent.

本明細書に記載された実施形態による発泡体シートは、必要に応じて単一の層または多数の層を含むことができる。 The foam sheet according to the embodiments described herein may comprise a single layer or multiple layers as needed. 発泡体アーティクル(foam article)は、少なくとも1つの発泡体層を形成するような任意の様式で生産できる。 Foam article (foam article) can be produced in any manner so as to form at least one foam layer. 本明細書に開示された発泡体層は、押出し成形法などの加圧溶解処理方法(pressurized melt processing method)によって作製することができる。 Foam layer disclosed herein can be made by pressure dissolution treatment method such as extrusion molding (pressurized melt processing method). 押出し装置は、タンデムシステム、単軸押出し機、二軸押出し機などであることができる。 Extrusion apparatus may be a tandem system, a single-screw extruder, is like a twin screw extruder. 押出し機は、多層環状ダイ、フラットフィルムダイおよびフィードブロック、米国特許第4,908,278号(Bland等)に開示されるような多層フィードブロック、テキサス州OrangeのCloeren社から市販されている3層ベーンダイなどの複数のベーンまたは複数のマニホルドのダイを装備することができる。 Extruder, multi circular die, flat-film die and feedblock, U.S. Pat. No. 4,908,278 multilayer feedblock, such as disclosed in (Bland, etc.), commercially available from Cloeren Inc., Texas Orange 3 it can be equipped with a die of the plurality of vanes or manifolds, such as a layer Bendai. 発泡性組成物は、化学的発泡剤の分解温度の下の温度で化学的発泡剤とポリマーを化合させ、その後発泡されることによって製造することもできる。 Foamable composition, chemical blowing agent and polymer were combined at a temperature below the decomposition temperature of the chemical foaming agent can also be prepared by subsequently foamed. いくつかの実施形態では、発泡体は1つまたは複数のバリヤ層と同時押出しすることができる。 In some embodiments, the foam may be coextruded with one or more barrier layers.

本明細書に開示された発泡体を生産する1つの方法として、上述した押出し機を使用することによるものがある。 One way of producing a foam as disclosed herein is by the use of an extruder as described above. この場合、発泡性混合物(ポリマー+発泡剤)が押出し成形される。 In this case, the foamable mixture (polymer + foaming agent) is extruded. 混合物が押出し機のダイを出て、低下した圧力に曝された時、逸脱性ガスが核となり、ポリマー内でセルを形成して、発泡体アーティクルを形作る。 Mixture exits the die of the extruder, when exposed to reduced pressure, departing gas becomes nuclei, to form a cell within the polymer, forming the foam article. 次いで、それによって生じる発泡体アーティクルを温度制御された鋳造ドラムの上に堆積することができる。 Then, it is possible to deposit a foam article produced by it on the temperature-controlled casting drum. 鋳造ドラムの速度(すなわちドラムRPMによって生じる)は、発泡体アーティクルの全体の厚さに影響を与えることができる。 (Caused by i.e. drum RPM) speed of the casting drum, it can affect the overall thickness of the foam article. 鋳造ロールの速度が増加すると、発泡体アーティクルの全体の厚さを低下させることができる。 When the speed of the casting rolls is increased, it is possible to reduce the overall thickness of the foam article. しかし、発泡が生じるダイ出口のバリヤ層の厚さは、システムに対する拡散距離である。 However, the thickness of the barrier layer of the die outlet foaming occurs, the diffusion distance for the system. 発泡体アーティクルが伸張され、鋳造ドラムの上で冷却されると、バリヤ層の厚さは、発泡体アーティクルが固化するまで低下させることができる。 Foam article is stretched, when cooled on the casting drum, the thickness of the barrier layer can be reduced to the foam article is solidified. 言い換えれば、逸脱性ガスの拡散を制御する際に重要な要因であるのは、ダイ出口におけるバリヤ層拡散距離(すなわち厚さ)である。 In other words, the important factors in controlling the spread of the deviations gas is a barrier layer diffusion length at the die outlet (or thickness).

本明細書に開示された発泡体を形成する際に使用するのに適した発泡剤は、それは一般的に、たとえばCO などの逸脱性ガス、または逸脱性ガスを生成する化学的発泡剤と同じ材料である物理的発泡剤であることができる。 Blowing agents suitable for use in forming the foams disclosed herein, it is a general, for example, chemical blowing agents to produce a deviation gas or departing gases, such as CO 2 it can be a physical blowing agent of the same material. 2つ以上の物理的または化学的発泡剤を使用することができ、物理的および化学的発泡剤を共に使用することができる。 Two or more physical or chemical blowing agents can be used, the physical and chemical blowing agents can be used together.

本発明において有用な物理的発泡剤には、発泡体がダイを出る温度および圧力における蒸気である、任意の自然に生じる大気的な材料が含まれる。 A physical blowing agent useful in the present invention, the foam is a vapor at the temperature and pressure exiting the die includes air specific material which causes any naturally. 物理的発泡剤は、ガス、超臨界流体、または液体、好ましくは超臨界流体もしくは液体、もっとも好ましくは液体として、ポリマー材料に導入、すなわち注入することができる。 Physical blowing agents are gases, supercritical fluid or liquid, preferably a supercritical fluid or liquid, most preferably as a liquid, into the polymeric material, i.e. can be injected. 使用される物理的発泡剤は、生じる発泡体アーティクルに求められる特性に依存する。 Physical blowing agents used will depend on the characteristics required for resulting foam article. 発泡剤を選択する際に考慮される他の要因として、その毒性、蒸気圧特性、取扱い容易性、および使用されるポリマー材料に対する可溶性がある。 Other factors considered in choosing a blowing agent, its toxicity, vapor pressure characteristics, ease of handling, and a solubility in the polymer material used. たとえば環境および安全性の問題がより少ないため使用するのか容易であり、一般に熱可塑性ポリマー内での可溶性がより少ないので、不燃性、非毒性、非オゾン破壊性の発泡が好ましい。 For example it is easy whether to use because less of environmental and safety issues, since generally soluble in the thermoplastic polymer is less, nonflammable, nontoxic, foam is preferably a non-ozone depleting. 適切な物理的発泡剤には、二酸化炭素、窒素、SFsub6、二酸化窒素、C 、アルゴン、ヘリウム、キセノンなどの希ガス、空気(窒素と酸素の混合物)などの過フッ素化流体、およびこれらの材料の混合物が含まれる。 Suitable physical blowing agents include carbon dioxide, nitrogen, SFsub6, nitrogen dioxide, C 2 F 6, argon, helium, noble gases such as xenon, (mixture of nitrogen and oxygen) air perfluorinated fluids, such as, and mixtures of these materials are included.

本発明において使用できる化学的発泡剤には、たとえば炭酸水素ナトリウムとクエン酸の混合物、ジニトロソペンタメチレンテトラアミン、p−トルエンスルホニルヒドラジド、4−4'オキシビズ(ベンゼンスルホニルヒドラジド)、アゾジカルボンアミド(1−1'−アゾビスホルムアミド)、p−トルエンスルホニルセミカルバジド、5−フェニルテトラゾール、5−フェニルテトラゾール類似化合物、ジイソプロピルヒドラゾジカルボキシラート、5−フェニル−3,6−ジヒドロ−1,3,4−オキサジアゾン−2−オン、および水酸化ホウ素ナトリウムが含まれる。 Chemical blowing agents that can be used in the present invention, for example mixtures of sodium bicarbonate and citric acid, dinitrosopentamethylene tetramine, p- toluenesulfonyl hydrazide, 4-4 'Okishibizu (benzenesulfonyl hydrazide), azodicarbonamide ( 1-1' azobisformamide), p-toluenesulfonyl semicarbazide, 5-phenyl tetrazole, 5-phenyl tetrazole analogs, diisopropyl hydrazo dicarboxylate, 5-phenyl-3,6-dihydro-1,3,4 - oxadiazon 2-one, and a sodium borohydride. 好ましくは、発泡剤は、0℃で0.689MPaより高い蒸気圧を有する1つまたは複数の逸脱性ガスであり、またはそれを生成する。 Preferably, the blowing agent is one or more deviations gas with a vapor pressure higher than 0.689MPa at 0 ° C., or to produce it.

使用される発泡剤の合計量は、混合における押出し工程条件、使用される発泡剤、押出し成形物の組成、および発泡体アーティクルの所望の密度などの条件に依存する。 The total amount of blowing agent used is, extrusion process conditions in the mixing, foaming agent used, the composition of the extrudate, and on the conditions such as the desired density of the foam article. 押出し成形物は、本明細書において、発泡剤混合物、1つまたは複数のポリオレフィン樹脂、および任意の添加物を含むものとして定義される。 Extrudate, is defined herein as including the blowing agent mixture, one or more of a polyolefin resin, and the optional additives. 約1から約15lb/ft の密度を有する発泡体に関しては、押出し成形物は一般に、約18から約1wt%の発泡剤を含む。 For the foams of about 1 with a density of about 15 lb / ft 3, the extrudate typically comprises from about 18 to about 1 wt% of blowing agent. 別の実施形態では、1%から10%の発泡剤が使用できる。 In another embodiment, 10% of the blowing agent from 1% can be used.

本発明に使用される発泡剤混合物は、約99モル%未満のイソブタンを含む。 Blowing agent mixture for use in the present invention include isobutane of less than about 99 mole%. 発泡剤混合物は、一般に、約10モル%から約60または75モル%のイソペンタンを含む。 Blowing agent mixture will generally comprise from about 10 mole percent to about 60 or 75 mole percent of isopentane. 発泡剤混合物は、より典型的には、約15モル%から約40モル%のイソペンタンを含む。 Blowing agent mixture, more typically, comprises from about 15 mole% to about 40 mole% of isopentane. より具体的には、発泡剤混合物は、約25または30モル%から、約40モル%のイソブタンを含む。 More specifically, the blowing agent mixture comprises from about 25 or 30 mol%, including the isobutane about 40 mole%. 発泡剤混合物は、一般に、少なくとも約15または30モル%の1つまたは複数の共発泡剤を含む。 Blowing agent mixture generally comprises at least about 15, or one of 30 mol% or more of co-blowing agent. より具体的には、発泡剤混合物は、約40から、約85または90モル%の1つまたは複数の共発泡剤を含む。 More specifically, the blowing agent mixture, from about 40, including one or more co-blowing agent to about 85 or 90 mol%. より典型的には、発泡剤混合物は、約60モル%から、約70または75モル%の1つまたは複数の共発泡剤を含む。 More typically, the blowing agent mixture comprises from about 60 mole%, including one or more co-blowing agent to about 70 or 75 mol%.

核剤、またはそのような薬剤の組み合わせは、そのセル形成およびセル形態を調整する能力などの利点のために本発明に使用できる。 Nucleating agents or combinations of such agents, it can be used in the present invention for advantages such as the ability to adjust the cell formation and cell configuration. 核剤またはセルサイズ制御剤は、任意の従来の、または有用な1つまたは複数の核剤であることができる。 Nucleating agent, or cell size control agent, can be of a conventional arbitrary, or one or more nucleating agents useful. 使用される核剤の量は、所望のセルサイズ、選択された発泡剤混合物、および所望の発泡体密度に依存する。 The amount of nucleating agent used depends upon the desired cell size, the selected blowing agent mixture, and the desired foam density. 核剤は、一般的に約0.02から約20wt%のポリオレフィン樹脂組成の量で添加される。 The nucleating agent is typically from about 0.02 is added in an amount of about 20 wt% of the polyolefin resin composition.

いくつかの企図される核剤には、粘土、タルク、ケイ土、およびケイ藻土などの(小さな粒子形態で)無機材料が含まれる。 For some contemplated are nucleating agents, clays, talc, silicic earth, and (in small particulate form), such as diatomaceous earth and inorganic materials. その他の企図される核剤には、二酸化炭素、水、および/または窒素などのガスを放出するために押出し機内での加熱温度で分解または反応する有機的な核剤が含まれる。 Other contemplated the nucleating agents include organic nucleating agents that decompose or react at the heating temperature in the extruder to release carbon dioxide, water, and / or a gas such as nitrogen. 有機的な核剤の1つの例は、ポリカルボン酸のアルカリ金属塩の炭酸または重炭酸との組み合わせである。 One example of organic nucleating agents is a combination of carbonate or bicarbonate of an alkali metal salt of a polycarboxylic acid. ポリカルボン酸のアルカリ金属塩のいくつかの例には、それに限定されるわけではないが、2,3ジヒドロキシブタン二酸のモノナトリウム塩(一般に酒石酸水素ナトリウムと呼ばれる)、ブタン二酸の一カリウム塩(一般にコハク酸水素カリウムと呼ばれる)、2−ヒドロキシ−1,2,3−プロパントリカルボン酸の三ナトリウム塩および三カリウム塩(一般にそれぞれクエン酸ナトリウムおよびクエン酸カリウムと呼ばれる)、およびエタン二酸のジナトリウム塩(一般にシュウ酸ナトリウムと呼ばれる)、または2−ヒドロキシ−1,2,3−プロパントリカルボン酸などのポリカルボン酸が含まれる。 Some examples of the alkali metal salt of a polycarboxylic acid include, but are not limited to, 2,3 monosodium salt of dihydroxybutanedioic acid (commonly referred to as sodium tartrate hydrogen), monopotassium butanoic diacid salt (commonly referred to as hydrogen succinate potassium), (called commonly respective potassium sodium citrate and citric acid) 2-hydroxy-1,2,3-propane trisodium salt and tripotassium salts of tricarboxylic acids, and ethanedioate disodium salt (commonly referred to as sodium oxalate), or polycarboxylic acid such as 2-hydroxy-1,2,3-propane tricarboxylic acid. 炭酸または重炭酸のいくつかの例には、それに限定されるわけではないが、炭酸ナトリウム、炭酸水素ナトリウム、炭酸カリウム、炭酸水素カリウム、および炭酸カルシウムが含まれる。 Some examples of carbonate or bicarbonate, but are not limited to, sodium carbonate, sodium hydrogen carbonate, potassium carbonate, potassium bicarbonate and calcium carbonate, is.

異なる核剤の混合物を本発明に加えることができることが企図される。 It is contemplated that it is possible to add mixtures of different nucleating agents in the present invention. いくつかのより望ましい核剤には、タルク、クリストバル石、およびクエン酸と炭酸水素ナトリウムの化学量論的な混合物(担体がポリエチレンなどの適切なポリマーである1から100パーセントの濃度を有する化学量論的な混合物)を含まれる。 For some more desirable nucleating agents include talc, cristobalite, and a stoichiometric mixture of citric acid and sodium bicarbonate (stoichiometry support has a 1 to 100 percent concentration is a suitable polymer such as polyethylene logical mixing thereof) contained a. タルクは、担体または粉末の形で添加することができる。 Talc can be added in the form of a carrier or powder.

ガス透過剤または安定制御剤が、発泡体が壊れるのを防止または阻止するのを補助するために本発明に使用することができる。 Gas permeation agents or stability control agents can be used in the present invention to assist in preventing or prevents the foam breaks. 本発明に使用するのに適した安定制御剤は、米国特許第3,644,230号に記載されたポリオールを有する長鎖脂肪酸の部分エステル類、米国特許第4,214,054号に記載される様な飽和高級アルキルアミン、飽和高級脂肪酸アミド、高級脂肪酸の完全エステル、および米国特許第5,750,584号に記載されるそれらの組み合わせを含むことができる。 Stability control agents suitable for use in the present invention, partial esters of long chain fatty acids with polyols described in U.S. Pat. No. 3,644,230, is described in U.S. Patent No. 4,214,054 that such saturated higher alkyl amines, may include saturated higher fatty acid amides, complete esters of higher fatty acids, and combinations thereof as described in U.S. Patent No. 5,750,584.

安定制御剤として望ましいものであり得る脂肪酸の部分エステル類には、表面活性剤または界面活性剤として知られるジェネリッククラス(generic class)の要素が含まれる。 The partial esters of desirable things in and obtain fatty as stability control agents include element of a generic class known as surface active agents or surfactants (generic class). 界面活性剤の好ましいクラスには、12から18の炭素原子を有する脂肪酸の部分エステル、および3から6のヒドロキシ基を有するポリオールが含まれる。 A preferred class of surfactants include polyol having a partial ester, and 3 to 6 hydroxy groups of fatty acids having 12 to 18 carbon atoms. より好ましくは、安定制御剤のポリオール成分を有する長鎖脂肪酸の部分エステルが、モノステアリン酸グリセロール、ジステアリン酸グリセロール、またはその混合物である。 More preferably, partial esters of long chain fatty acids having a polyol component stability control agent is glycerol monostearate, glycerol distearate or mixtures thereof. その他のガス透過剤または安定制御剤を、発泡体が壊れるのを防止または阻止するのを補助するために本発明に使用できることが企図される。 Other gas permeation agents or stability control agents, it is contemplated for use in the present invention to assist in preventing or prevents the foam breaks.

添加剤 Additive

所望であれば、充填剤、着色剤、光および熱安定剤、抗酸化剤、掃酸剤、難燃剤、加工助剤、押出し成形助剤、および発泡添加物が発泡体を作製するのに使用できる。 If desired, use fillers, colorants, light and heat stabilizers, antioxidants, 掃酸 agents, flame retardants, processing aids, extrusion aids, and to foaming additive to produce a foam it can. 本発明の発泡体は、それらが設計される用途に応じて、ポリマー成分の重量の約2〜100パーセント(乾燥ベースで)の範囲での量で充填材料を含むことができる。 Foams of the present invention can be those according to the application to be designed, an amount with a filler material in the range of about 2 to 100 percent of the weight of the polymer components (on a dry basis). これらの任意の成分は、それに限定されるわけではないが、炭酸カルシウム、二酸化チタン粉末、ポリマー粒子、中空ガラス球、ポリオレフィンベースのステープルモノフィラメント(staple monofilaments)などのポリマー繊維が含まれる。 These optional ingredients include, but are not limited to, calcium carbonate, titanium dioxide powder, polymer particles, hollow glass spheres include polymeric fibers such as polyolefin based staple monofilaments (staple monofilaments).

選択された実施形態では、開示される実施形態に有用な発泡体は、1mmと500mmの間、いくつかの実施形態では5mm〜100mm、いくつかの実施形態では8mmと30mmの間の厚さを有することができる。 In selected embodiments, useful foam to the embodiments disclosed during the 1mm and 500 mm, 5 mm to 100 mm in some embodiments, a thickness of between 8mm and 30mm in some embodiments it can have. 選択された実施形態では、発泡体は、約20kg/m と600kg/m の間、好ましくは25kg/m と300kg/m の間、より好ましくは30kg/m と150kg/m の間の密度を有することができる。 In selected embodiments, the foam is between about 20 kg / m 3 and 600 kg / m 3, preferably between 25 kg / m 3 and 300 kg / m 3, more preferably 30kg / m 3 and 150 kg / m 3 it can have a density between. 選択された実施形態では、発泡体は、約0.1mmと6mmの間、好ましくは0.2mmと4.5mmの間、好ましくは0.2mmと3mmの間のセルサイズを有することができる。 In selected embodiments, the foam is between about 0.1mm and 6 mm, preferably between 0.2mm and 4.5 mm, preferably have a cell size of between 0.2mm and 3 mm.

いくつかの実施形態では、発泡体層は、雨が降った場合に、競技用の地面から水を排出することができるように、排水を促進するために穿孔することができる。 In some embodiments, the foam layer, when it rained, the ground for the competition to be able to discharge the water can be perforated to facilitate drainage.

いくつかの実施形態では、上述した発泡体は、人工芝での緩衝層として使用することができる。 In some embodiments, the above-described foam may be used as a buffer layer for artificial turf. さらに、その結果生じる芝生の温度性能および経年変化、ならびにバウンスおよびスピン特性を分析するために試験を行うことができる。 Furthermore, it is possible to perform the test temperature performance and aging of resulting lawn, and to analyze the bounce and spin properties. 手短に言えば、FIFA Quality Concept Manual(2006年3月版)によって明示される人工の芝生の性能に関する重要な試験および所望の結果が下記の表に示される。 Briefly, FIFA Quality Concept Manual (3 May 2006 edition) critical tests and the desired result of the performance of the artificial turf that is manifested by are shown in the table below. 当分野の技術者は、これが本明細書に開示された発泡体の1つの用途であり、本明細書に開示された人工の芝生および発泡体が、たとえばラグビーおよびフィールドホッケーなどのいくつかの他のスポーツでのいくつかの他の用途において有用であることができることを理解するであろう。 Those skilled in the art, this is a one use of the foams disclosed herein, several other lawn and foam artificial disclosed herein, such as rugby and field hockey in some other applications in sports will appreciate that may be useful.

緩衝 Buffered

原理、質量(20Kg)が参照によってその全体が組み込まれるFIFA Quality Concept Manual(2006年3月版)に論じられているように落下する。 Principle, falls as discussed in mass FIFA (20 Kg) is entirely incorporated by reference Quality Concept Manual (March 2006 edition). 加えられる最大の力が記録される。 Maximum force exerted is recorded. コンクリート表面上で測定された最大の力に対するこの力の%での低下が「力の低下」として報告される。 Reduction in% of the force to the maximum force measured on the concrete surface is reported as "reduced force".

FIFA要件 FIFA requirements

FIFA2Star、60%〜70% FIFA2Star, 60% ~70%

FIFA1Star、55%〜70% FIFA1Star, 55% ~70%

垂直変形 Vertical deformation

原理質量が、配置されたバネの上に落下され、表面の最大変形が測定される。 Principle mass, are dropped onto the arranged spring, maximum deformation of the surface is measured.

FIFA要件 FIFA requirements

FIFA2Star、4mm〜8mm FIFA2Star, 4mm~8mm

FIFA1Star、4mm〜9mm FIFA1Star, 4mm~9mm

実施例 選択された発泡体密度および厚さを有するポリオレフィン樹脂の有用性が調査された。 The usefulness of the polyolefin resin having EXAMPLE selected foam density and thickness were investigated. 具体的には、ミシガン州Midlandのダウ・ケミカル社から市販されている、いくつかのポリエチレン樹脂が研究された。 More specifically, it is commercially available from Dow Chemical Co. of Michigan Midland, some of the polyethylene resin were studied. 表1および表2は、使用されるいくつかの合成物を示す。 Table 1 and Table 2 illustrates some of the compounds used. 表1では、架橋ポリエチレンの性能(比較例1c〜4c)に対する非架橋ポリエチレン(例1〜4)が調査された。 In Table 1, the non-crosslinked polyethylene on the performance of crosslinked polyethylene (Comparative Example 1C~4c) (Examples 1-4) were investigated. 特に、表1に対して、LDPE300EおよびLDPE PG7004、ならびにその混合物、LDPE 620IおよびXU 60021.24が、データを生成するために使用された。 In particular, with respect to Table 1, LDPE300E and LDPE PG7004, as well as mixtures thereof, are LDPE 620I and XU 60,021.24, was used to generate the data. 表を作成するのに使用されたフォーミュレーション(formulation)を下記に示す。 Used to create a table the formulation of (Formulation) shown below.
' '(米国カリフォルニア州Ontarioの)Qycell社から市販される発泡体を示す。 '*' Indicates the foam, which is commercially available from (California, USA Ontario) Qycell company.

緩衝、垂直変形、およびエネルギー反発性について、ミシガン州Midlandのダウ・ケミカル社から市販されている、表1の非架橋ポリエチレン発泡体の性能が調査された。 Buffer, vertical deformation, and the energy resilience, commercially available from Dow Chemical Company, Michigan Midland, the performance of non-crosslinked polyethylene foam of Table 1 was investigated. この調査の結果が図1に要約されている。 The results of this study are summarized in Figure 1. 図1に対して、圧縮応力ひずみ、圧縮クリープ、および圧縮応力ひずみ挙動が、圧縮プレートおよび2kNの荷重計を設けられた(マサチューセッツ州Norwoodの)Universal Testing Machine社のInstron Model 5565を使用して分析される。 Relative to Figure 1, strain compressive stress, compressive creep, and compressive stress-strain behavior, provided the load meter of the compression plate and 2 kN (MA Norwood) using Instron Model 5565 of Universal Testing Machine Co. Analysis It is. 試験が65℃で行われる場合、Instron社環境チャンバ(environmental chamber)(モデル3119−405−21)も使用された。 If the test is performed at 65 ° C., Instron Corp. environmental chamber (environmental chamber) (Model 3119-405-21) was also used.

2.5から5cm幅×5cm深さのサンプルが発泡体のシートから切断された。 2.5 Sample 5cm width × 5cm deep were cut from a sheet of foam from. 圧縮応力−ひずみ挙動を測定するために、サンプルが圧縮プレートの中心間に挿入された。 Compressive stress - to measure strain behavior, samples are inserted between the center of the compression plate. 発泡体の厚さ方向が、クロスヘッドの移動と平行に位置合わせされた。 The thickness direction of the foam, is moved parallel to the alignment of the crosshead. 2.5Nの予荷重が5mm/分で加えられ、クロスヘッド位置がゼロ戻しされた。 Preload 2.5N is applied at 5 mm / min, crosshead position is returned to zero. 次いでサンプルは、荷重が荷重計の許容荷重に達するまで10mm/分で圧縮された。 Then samples were compressed at 10 mm / min until the load reaches the allowable load of the load cell. 応力が、測定された圧縮力を、発泡体の幅と深さの積で割ることによって計算された。 Stress, the measured compressive force, which is calculated by dividing the product of the width and depth of the foam. 応力が、メガパスカル(MPa)の単位で定量化された。 Stress, was quantified in units of megapascals (MPa). パーセントでの応力が、クロスヘッド変位を、発泡体の開始時の厚さで割り、100をかけることによって計算された。 Stress at percent, the crosshead displacement divided by the thickness at the start of the foam was calculated by multiplying by 100. 圧縮応力−ひずみ挙動試験に関する結果が図2および2cに示される(比較サンプル)。 Compressive stress - strain results on the behavior tests are shown in FIGS. 2 and 2c (comparative sample).

圧縮のヒステレシス挙動を測定するために、発泡体サンプルが上記と同じ様式でInstronに装填された。 To measure the hysteresis behavior of the compression, the foam sample is loaded into the Instron in the same manner as described above. 2.5Nの予荷重が5mm/分で加えられ、クロスヘッド位置がゼロ戻しされた。 Preload 2.5N is applied at 5 mm / min, crosshead position is returned to zero. 次いで、サンプルは、応力が0.38MPaに達するまで10mm/分で圧縮され、圧縮ステップとして指定された。 The sample is then stress is compressed 10 mm / min until reaching 0.38 MPa, designated as the compression step. 次いで、直後に、クロスヘッドは0.0038MPaの加重に達するまで逆戻しされ、減圧として指定された。 Then, immediately after the crosshead is returned contrary to reach a load of 0.0038MPa, designated as vacuum. 中断することなく、サンプルは10サイクルにわたって圧縮され、減圧された。 Without interruption, the sample is compressed for 10 cycles, is depressurized.

圧縮クリープ挙動を測定するために、発泡体サンプルは、環境チャンバが定位置にあり、65℃の温度に予加熱されたことを除いて、上記と同じ様式でInstronに装填された。 To measure the compressive creep behavior, foam samples, environmental chamber is in place, except that it has been preheated to a temperature of 65 ° C., it was loaded into the Instron in the same manner as described above. サンプルは、65℃で圧縮プレートの間に配置された。 Sample was placed between the compression plate 65 ° C.. 発泡体サンプルをチャンバ内で1時間の間、平衡させた後に、2.5Nの予加重が5mm/分で加えられ、クロスヘッド位置がゼロ戻しされた。 During the 1 hour foam sample in the chamber, after equilibration, preload of 2.5N is applied at 5 mm / min, crosshead position is returned to zero. 次いで、加重が0.16MPaで加えられた。 Then, load is applied at 0.16 MPa. 次いで、クロスヘッド位置は、0.16MPaの応力を12時間維持するために、Instronコンピュータによって自動的に調整された。 Then, the cross head position in order to maintain the stress of 0.16 MPa 12 hours, was adjusted automatically by the Instron computer. 圧縮応力に対する時間が測定され、その結果が図3および3cに示される。 Time to compressive stresses were measured and the results are shown in Figures 3 and 3c. 12時間後、クロスヘッドは、開始位置に戻る。 After 12 hours, the cross-head, returns to the starting position. さらに2時間後に、発泡体が除去され、周囲の条件(20℃、50%の相対湿度)に置かれて冷却される。 After a further 2 hours, the foam is removed, ambient conditions (20 ° C., 50% relative humidity) is cooled placed. 次いで、発泡体の厚さが再測定される。 Then, thickness of the foam is re-measured. 対応する歪みが、「解放における歪み、2時間」と指定された。 The corresponding strain has been designated as "distortion in the release, 2 hours". 圧縮クリープ挙動試験の結果が図4に示される。 Compression creep behavior test results are shown in Figure 4.

発泡体のエネルギー吸収挙動を測定するために、FIFAは、サッカー用の人工の芝生に関する試験方法および要件のFIFAハンドブックである、参照によって本明細書に全体が組み込まれる「March 2006 FIFA Quality Concept Requirements for Artificial Turf Surfaces」に記載されるような品質コンセプトの方法体系を定めている。 To measure the energy absorption behavior of the foam, FIFA is lawn about FIFA handbook of test methods and requirements for artificial soccer entirety herein incorporated by reference, "March 2006 FIFA Quality Concept Requirements for Artificial defines a methodology of quality concepts such as those described in Turf Surfaces ". これらの発泡体は、この方法体系に従って試験され、例として144kg/m の密度を有する発泡体がある程度動作することが発見された。 These foams are tested according to this methodology, a foam having a density of 144 kg / m 3 as an example has been found to operate to some extent. 緩衝に関する、より詳細な試験結果が下記に与えられる。 Buffering relates, more detailed test results are given below. 圧縮性能に戻ると、以下のグラフが発泡体の性能が架橋の排除によって損なわれないことを示す。 Returning to compression performance, indicating that the following graph the performance of the foam is not compromised by the elimination of cross-linking. さらに、本発明の実施形態は、ラグビーやフィールドホッケーなどの人工の芝生を使用し得る任意の競技場に有用であることができる。 Furthermore, embodiments of the present invention may be useful in any arena that can be used lawn artificial, such as rugby and field hockey.

図3、3c、および4は、基本的に同じ圧縮クリープの性能、およびそれに続く回復が、架橋の除去にもかかわらず達成できることを示す。 Figure 3,3C, and 4 show essentially the performance of the same compression creep, and subsequent recovery it, that can be removed crosslinking achieved despite.

本発明の実施形態を使用した人工芝が図5に示される。 Artificial turf using an embodiment of the present invention is shown in FIG. 具体的には、非架橋ポリエチレン発泡体が、裏地に接着できる緩衝層として設けられる。 Specifically, non-crosslinked polyethylene foam is provided as a buffer layer which can be adhered to the backing. 人工の芝が裏地に取り付けられ、草の間の空間が充填剤で満たされる。 Artificial turf is attached to the backing, the space between the grass is filled with filler.

非架橋ポリエチレンが再利用可能であり、したがって環境的な問題が全くないので、非架橋ポリエチレンを使用した実施形態が有利であることができる。 Since non-crosslinked polyethylene are reusable, thus there is no environmental problems, it is possible embodiments using non-crosslinked polyethylene is advantageous. 本明細書に開示されたポリマー発泡体の実施形態が、とりわけノイズおよび振動の減衰用の重量のある層としても有用であることができる。 Embodiments of the polymeric foam disclosed herein, may also be useful as, inter alia a layer with a weight for attenuating noise and vibration.

本発明を限定された数の実施形態に対して説明してきたが、この開示の利益を有する当業者は、本明細書に開示されるような本発明の範囲から逸脱しない、その他の実施形態を考案することができることを理解するであろう。 It has been described for the embodiment of a limited number of the present invention, those skilled in the art having the benefit of this disclosure, without departing from the scope of the invention as disclosed herein, other embodiments it will be understood that it is possible to devise. したがって、本発明の範囲は、添付の特許請求の範囲によってのみ限定されるべきである。 Accordingly, the scope of the invention should be limited only by the appended claims.

全ての最重要の文献が、組み込みが許可される全ての権限に関する参照によって本明細書に完全に組み込まれる。 All of the most important documents, are fully incorporated herein by reference for all permissions incorporation is permitted. さらに、試験手順を含む本明細書に引用された全ての文献が、そのような開示が本発明の説明と一貫性を有する範囲で組み込みが可能にされる全ての権限に関する参照によって本明細書に完全に組み込まれる。 Further, all documents cited herein, including testing procedures, are herein incorporated by reference for all privileges such disclosure is possible embedded in range with a description and consistency of the present invention fully incorporated.

Claims (11)

  1. a. a. 可撓性の基材シートを有する人工芝カーペットと、 A synthetic grass carpet having a flexible base sheet,
    b. b. 緩衝パッドとを備え、 And a cushion pad,
    前記緩衝パッドが非架橋ポリオレフィン発泡体を含む、人工芝表層体。 The cushion pad comprises a non-crosslinked polyolefin foam, synthetic grass surface thereof.
  2. 発泡体厚さが8mmと30mmの間である、請求項1に記載の人工芝表層体。 Foam thickness is between 8mm and 30 mm, synthetic turf surface of claim 1.
  3. 発泡体密度が、20kg/mm と600kg/mm の間である、請求項1に記載の人工芝表層体。 Foam density is between 20 kg / mm 3 and 600 kg / mm 3, synthetic turf surface of claim 1.
  4. 発泡体密度が、30kg/mm と150kg/mm の間である、請求項3に記載の人工芝表層体。 Foam density is between 30kg / mm 3 and 150 kg / mm 3, synthetic turf surface of claim 3.
  5. 前記発泡体が、0.2mmと3mmの間のセルサイズを有する、請求項1に記載の人工芝表層体。 The foam has a cell size of between 0.2mm and 3 mm, synthetic turf surface of claim 1.
  6. 前記ポリオレフィン発泡体が、ポリエチレン発泡体を含む、請求項1に記載の人工芝表層体。 The polyolefin foam comprises polyethylene foam, synthetic turf surface of claim 1.
  7. ポリエチレンが0.865g/ccおよび0.96g/ccの密度を有する、請求項6に記載の人工芝表層体。 Polyethylene having a density of 0.865 g / cc and 0.96 g / cc, synthetic turf surface of claim 6.
  8. 芝が、FIFA規定に従って測定して0.60から1mの垂直ボールリバウンドを有する、請求項1に記載の人工芝表層体。 Turf has a vertical ball rebound 1m from to 0.60 measured according to FIFA regulations synthetic turf surface of claim 1.
  9. 芝が、FIFA規定に従って測定して55%から70%の緩衝を有する、請求項1に記載の人工芝表層体。 Turf has a measured 70% buffered 55% according to FIFA regulations synthetic turf surface of claim 1.
  10. 芝が、FIFA規定に従って測定して、4mmから9mmの垂直変形を有する、請求項1に記載の人工芝表層体。 Turf, as measured in accordance with FIFA regulations, with a vertical deformation of 9mm from 4 mm, synthetic turf surface of claim 1.
  11. 前記ポリオレフィン発泡体が少なくとも2つの発泡体の層を備える、請求項1に記載の人工芝表層体。 The polyolefin foam comprises at least two layers of foam, synthetic turf surface of claim 1.
JP2010525881A 2007-09-24 2008-08-28 Artificial turf having a buffer layer Withdrawn JP2010540799A (en)

Priority Applications (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
US97481207 true 2007-09-24 2007-09-24
PCT/US2008/074648 WO2009042346A1 (en) 2007-09-24 2008-08-28 Synthetic turf with shock absorption layer

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2010540799A true true JP2010540799A (en) 2010-12-24

Family

ID=40019268

Family Applications (2)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2010525881A Withdrawn JP2010540799A (en) 2007-09-24 2008-08-28 Artificial turf having a buffer layer
JP2015133212A Active JP6111292B2 (en) 2007-09-24 2015-07-02 Artificial turf having a buffer layer

Family Applications After (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2015133212A Active JP6111292B2 (en) 2007-09-24 2015-07-02 Artificial turf having a buffer layer

Country Status (6)

Country Link
US (1) US20100279032A1 (en)
EP (1) EP2205794B1 (en)
JP (2) JP2010540799A (en)
CN (1) CN101861434A (en)
ES (1) ES2669294T3 (en)
WO (1) WO2009042346A1 (en)

Families Citing this family (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
EP2111491A2 (en) 2007-01-19 2009-10-28 Brock International Base for turf system
US8353640B2 (en) 2008-01-22 2013-01-15 Brock Usa, Llc Load supporting panel having impact absorbing structure
US8662787B2 (en) 2007-01-19 2014-03-04 Brock Usa, Llc Structural underlayment support system for use with paving and flooring elements
US10060082B2 (en) 2016-05-18 2018-08-28 Brock Usa, Llc Base for turf system with vertical support extensions at panel edges
CN106400652A (en) * 2016-08-29 2017-02-15 浙江润阳新材料科技股份有限公司 Foam pad for artificial lawn
CN106436527A (en) * 2016-08-29 2017-02-22 浙江润阳新材料科技股份有限公司 High-elasticity foam pad for artificial lawn

Citations (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
EP0292865A2 (en) * 1987-05-27 1988-11-30 Hüls Troisdorf Aktiengesellschaft Multilayer cushion layer under artificial lawns and its use
JPH06220811A (en) * 1993-01-21 1994-08-09 Sekisui Chem Co Ltd Ground laid with sand-containing artificial lawn
JPH08260412A (en) * 1995-03-22 1996-10-08 Toray Ind Inc Molded artificial-lawn laminated structure, safety mat and walk path
JP2001519835A (en) * 1995-08-22 2001-10-23 テネコ・プロテクティブ・パッケージング・インコーポレーテッド Plate of microporous foam
JP2004339365A (en) * 2003-05-15 2004-12-02 Mitsui Chemicals Inc Modified polypropylene-based resin composition and foam thereof
JP2005194778A (en) * 2004-01-07 2005-07-21 Mondo Spa Synthetic-grass structure
JP2005201903A (en) * 2004-01-16 2005-07-28 Mondo Spa Method and instrument for featuring treading surface, such as for understanding artificial lawn surface
WO2006091085A1 (en) * 2005-02-28 2006-08-31 Ten Cate Thiolon B.V. Artificial grass turf system
JP2006274038A (en) * 2005-03-29 2006-10-12 Jsp Corp Uncrosslinked polyethylene-based resin extrusion-foamed body and molded body thereof

Family Cites Families (54)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US4076698B1 (en) * 1956-03-01 1993-04-27 Du Pont
US3332828A (en) * 1965-12-28 1967-07-25 Monsanto Co Monofilament ribbon pile product
CA849081A (en) * 1967-03-02 1970-08-11 Du Pont Of Canada Limited PRODUCTION OF ETHYLENE/.alpha.-OLEFIN COPOLYMERS OF IMPROVED PHYSICAL PROPERTIES
US3551263A (en) * 1968-01-24 1970-12-29 Monsanto Co Cut pile type synthetic turf simulating grass
US3644230A (en) * 1968-02-19 1972-02-22 Haskon Inc Extrusion process for polyolefin foam
US3597297A (en) * 1968-06-25 1971-08-03 Minnesota Mining & Mfg Synthetic turf material and method of making same
US4214054A (en) * 1977-10-21 1980-07-22 Asahi-Dow Limited Expanded olefin polymer
US4389435A (en) * 1978-09-29 1983-06-21 Mod-Sod Sports Surfaces, Inc. Top dressed plating surface with resilient underpad
US4599392A (en) * 1983-06-13 1986-07-08 The Dow Chemical Company Interpolymers of ethylene and unsaturated carboxylic acids
US4505960A (en) * 1983-08-12 1985-03-19 Monsanto Company Unitary shock-absorbing polymeric pad for artificial turf
US4950541A (en) * 1984-08-15 1990-08-21 The Dow Chemical Company Maleic anhydride grafts of olefin polymers
US4656074A (en) * 1985-04-09 1987-04-07 Collins & Aikman Corporation Extruded closed cell thermoplastic foam
US4637942A (en) * 1985-09-23 1987-01-20 Tecsyn Canada Limited Synthetic grass playing field surface
US4762890A (en) * 1986-09-05 1988-08-09 The Dow Chemical Company Method of grafting maleic anhydride to polymers
US4927888A (en) * 1986-09-05 1990-05-22 The Dow Chemical Company Maleic anhydride graft copolymers having low yellowness index and films containing the same
US4908278A (en) * 1986-10-31 1990-03-13 Minnesota Mining And Manufacturing Company Severable multilayer thermoplastic film
US4988781A (en) * 1989-02-27 1991-01-29 The Dow Chemical Company Process for producing homogeneous modified copolymers of ethylene/alpha-olefin carboxylic acids or esters
DE69132371D1 (en) * 1989-02-27 2000-09-21 Dow Chemical Co A process for producing homogeneous modified copolymers of ethylene and alpha-olefin carboxylic acid esters or
US5272236A (en) * 1991-10-15 1993-12-21 The Dow Chemical Company Elastic substantially linear olefin polymers
US5278272A (en) * 1991-10-15 1994-01-11 The Dow Chemical Company Elastic substantialy linear olefin polymers
CA2125780C (en) * 1991-12-30 2004-07-06 Deepak R. Parikh Ethylene interpolymer polymerizations
US6545088B1 (en) * 1991-12-30 2003-04-08 Dow Global Technologies Inc. Metallocene-catalyzed process for the manufacture of EP and EPDM polymers
EP1044995B1 (en) * 1993-01-29 2003-11-19 Dow Global Technologies, Inc. Ethylene interpolymerizations
US6448341B1 (en) * 1993-01-29 2002-09-10 The Dow Chemical Company Ethylene interpolymer blend compositions
DE69431222T2 (en) * 1993-06-07 2003-04-17 Mitsui Chemicals Inc Transition metal compound, and those containing polymerization catalyst
US5585185A (en) * 1995-02-17 1996-12-17 Smith; Rayna Automotive deck lid piece
US5869575A (en) * 1995-08-02 1999-02-09 The Dow Chemical Company Ethylene interpolymerizations
CA2244739A1 (en) * 1996-02-01 1997-08-07 Dennis A. Knaus Stability control agent composition for polyolefin foam
DE69711061T2 (en) * 1996-09-04 2002-07-18 Dow Chemical Co Floor, wall or ceiling coverings
DE19722513C2 (en) * 1997-05-30 2001-04-19 Btf Baustoffgroshandels Gmbh Impact sound absorbing surface element
US6187232B1 (en) * 1998-12-04 2001-02-13 The Dow Chemical Company Acoustical insulation foams
EP1353979A2 (en) * 2000-03-17 2003-10-22 Dow Global Technologies Inc Polyolefin foam for sound and thermal insulation
US20060141231A1 (en) * 2002-10-11 2006-06-29 Alain Lemieux Underpad system
US20050112320A1 (en) * 2003-11-20 2005-05-26 Wright Jeffery J. Carpet structure with plastomeric foam backing
US7358282B2 (en) * 2003-12-05 2008-04-15 Kimberly-Clark Worldwide, Inc. Low-density, open-cell, soft, flexible, thermoplastic, absorbent foam and method of making foam
US7219847B2 (en) * 2003-12-19 2007-05-22 Siemens Vdo Automotive Corporation Fuel injector with a metering assembly with a polymeric support member and an orifice disk positioned at a terminal end of the polymeric housing
US7608668B2 (en) * 2004-03-17 2009-10-27 Dow Global Technologies Inc. Ethylene/α-olefins block interpolymers
US7666918B2 (en) * 2004-03-17 2010-02-23 Dow Global Technologies, Inc. Foams made from interpolymers of ethylene/α-olefins
US7557147B2 (en) * 2004-03-17 2009-07-07 Dow Global Technologies Inc. Soft foams made from interpolymers of ethylene/alpha-olefins
CA2559576C (en) * 2004-03-17 2013-02-12 Dow Global Technologies Inc. Catalyst composition comprising shuttling agent for ethylene multi-block copolymer formation
US7897689B2 (en) * 2004-03-17 2011-03-01 Dow Global Technologies Inc. Functionalized ethylene/α-olefin interpolymer compositions
US20050287334A1 (en) * 2004-06-29 2005-12-29 Wright Jeffery J Cushioned flooring products
WO2007002442A1 (en) * 2005-06-22 2007-01-04 Kruschke Neil E Modular surfacing system
US8158689B2 (en) * 2005-12-22 2012-04-17 Kimberly-Clark Worldwide, Inc. Hybrid absorbent foam and articles containing it
WO2008033342A3 (en) * 2006-09-11 2008-11-20 Dow Global Technologies Inc Multi-layered resin coated sand
WO2008052122A1 (en) * 2006-10-25 2008-05-02 Dow Global Technologies Inc. Polyolefin dispersions, froths, and foams
EP2094740A2 (en) * 2006-12-21 2009-09-02 Dow Global Technologies Inc. Functionalized olefin polymers, compositions and articles prepared thereform, and methods for making the same
CN105235355A (en) * 2007-04-03 2016-01-13 陶氏环球技术有限责任公司 Hot film lamination (vacuum assisted) for carpet backing applications
CN101959942B (en) * 2007-12-28 2013-05-08 陶氏环球技术有限责任公司 PE-based crosslinked elastomeric foam with high filler loadings for making shockpads and articles used in footwear and flooring applications
JP5781769B2 (en) * 2008-01-30 2015-09-24 ダウ グローバル テクノロジーズ エルエルシー Ethylene / alpha-olefin block interpolymer
WO2009146438A1 (en) * 2008-05-30 2009-12-03 Dow Global Technologies Inc. Two/three component compatible polyolefin compounds
WO2010008371A1 (en) * 2008-06-30 2010-01-21 Dow Global Technologies Inc. Polyolefin compositions and articles prepared therefrom and methods of making the same
US20100041488A1 (en) * 2008-08-14 2010-02-18 Notts Sport Limited Playing Surface and Method of Manufacturing a Playing Surface
EP2374917B1 (en) * 2010-04-07 2013-02-13 Dow Global Technologies LLC Artificial turf yarn

Patent Citations (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
EP0292865A2 (en) * 1987-05-27 1988-11-30 Hüls Troisdorf Aktiengesellschaft Multilayer cushion layer under artificial lawns and its use
JPH06220811A (en) * 1993-01-21 1994-08-09 Sekisui Chem Co Ltd Ground laid with sand-containing artificial lawn
JPH08260412A (en) * 1995-03-22 1996-10-08 Toray Ind Inc Molded artificial-lawn laminated structure, safety mat and walk path
JP2001519835A (en) * 1995-08-22 2001-10-23 テネコ・プロテクティブ・パッケージング・インコーポレーテッド Plate of microporous foam
JP2004339365A (en) * 2003-05-15 2004-12-02 Mitsui Chemicals Inc Modified polypropylene-based resin composition and foam thereof
JP2005194778A (en) * 2004-01-07 2005-07-21 Mondo Spa Synthetic-grass structure
JP2005201903A (en) * 2004-01-16 2005-07-28 Mondo Spa Method and instrument for featuring treading surface, such as for understanding artificial lawn surface
WO2006091085A1 (en) * 2005-02-28 2006-08-31 Ten Cate Thiolon B.V. Artificial grass turf system
JP2006274038A (en) * 2005-03-29 2006-10-12 Jsp Corp Uncrosslinked polyethylene-based resin extrusion-foamed body and molded body thereof

Also Published As

Publication number Publication date Type
US20100279032A1 (en) 2010-11-04 application
WO2009042346A1 (en) 2009-04-02 application
ES2669294T3 (en) 2018-05-24 grant
EP2205794A1 (en) 2010-07-14 application
JP6111292B2 (en) 2017-04-05 grant
CN101861434A (en) 2010-10-13 application
JP2015222010A (en) 2015-12-10 application
EP2205794B1 (en) 2018-03-21 grant

Similar Documents

Publication Publication Date Title
Park et al. Low density microcellular foam processing in extrusion using CO2
US20080227919A9 (en) Plasticized polyolefin compositions
US20050107534A1 (en) Propylene-based elastomers and uses thereof
US7173069B2 (en) Polyolefin foams and methods of making the same
US8273838B2 (en) Propylene/α-olefins block interpolymers
US20120214890A1 (en) Polypropylene resin expanded particles and polypropylene resin in-mold foaming molded body
US20080182040A1 (en) Polyolefin dispersion technology used for resin coated sand
US6444302B1 (en) Breathable films and method for making
US20070240605A1 (en) Polymeric Compositions Including Their Uses and Methods of Production
Rojas et al. Precision polyolefin structure: Modeling polyethylene containing alkyl branches
US20060199873A1 (en) Expanded bead foams from propylene-diene copolymers and their use
Zhai et al. Foaming behavior of isotactic polypropylene in supercritical CO2 influenced by phase morphology via chain grafting
US20030144418A1 (en) Compositions comprising hydrogenated block copolymers and end-use applications thereof
US20060063850A1 (en) Molded article of thermoplastic elastomer composition and process for producing the same
US20080182468A1 (en) Elastomeric nonwovens
US20070254176A1 (en) Multi-Layer, Pre-Stretched Elastic Articles
Bensason et al. Blends of homogeneous ethylene-octene copolymers
Mandelkern The crystalline state
JP2005314621A (en) New propylene-ethylene random block copolymer
US20090105418A1 (en) Elastic Film Compositions with Improved Tear Resistance
JP2004238775A (en) Flexible fiber and nonwoven fabric made thereof
US20080182116A1 (en) Elastomeric laminates for consumer products
EP2479331A1 (en) Spun-bonded nonwoven fabric and fiber product
US20090172970A1 (en) Pe-based crosslinked elastomeric foam with high filler loadings for making shockpads and articles used in footwear and flooring applications
US6593442B2 (en) Semicrystalline propylene polymer compositions with good suitability for producing biaxially oriented films

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20111130

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20120117

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20120417

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20130212

A601 Written request for extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

Effective date: 20130508

A602 Written permission of extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A602

Effective date: 20130515

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20130531

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20140311

A601 Written request for extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

Effective date: 20140609

A602 Written permission of extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A602

Effective date: 20140616

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20140708

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20150303

A761 Written withdrawal of application

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A761

Effective date: 20160615