JP2010536522A - Performing brachytherapy to a subject (delivery) methods and kits - Google Patents

Performing brachytherapy to a subject (delivery) methods and kits Download PDF

Info

Publication number
JP2010536522A
JP2010536522A JP2010522344A JP2010522344A JP2010536522A JP 2010536522 A JP2010536522 A JP 2010536522A JP 2010522344 A JP2010522344 A JP 2010522344A JP 2010522344 A JP2010522344 A JP 2010522344A JP 2010536522 A JP2010536522 A JP 2010536522A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
catheter
inner tube
tube
removable inner
proximal end
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2010522344A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP5618828B2 (en )
Inventor
ベルゲル,エルウィン
ポポウスキ,ヨウリ
Original Assignee
アクロシュターク コーポレイション
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Images

Abstract

本発明は、被験者にカテーテル小線源療法を施すキットであって、近位端2及び遠位端3を有する医療用バルーンカテーテル1であって、膨張ルーメン21が内部に延びている細長いカテーテルチューブ5、及び遠位端3に向かってカテーテルチューブ5の膨張ルーメン21と流体連通している少なくとも1つの膨張可能なバルーン4、4'を備え、カテーテルチューブ5は、キンク状態から伸びるように構成され、膨張ルーメン21が除去可能なインナーチューブ6を摺動可能に収納することを可能にし、膨張ルーメン21は、除去可能なインナーチューブ6の存在下で少なくとも1つの膨張可能なバルーン4、4'に膨張流体を運ぶように構成される、医療用バルーンカテーテル1と、細長い本体、開口9近位端7、閉鎖10遠位端8、及 The present invention provides a kit for performing catheter brachytherapy to a subject, a medical balloon catheter 1 having a proximal 2 and distal end 3, the elongated catheter tube of the inflation lumen 21 extends to the inside 5, and comprises at least one inflatable balloon 4, 4 'in fluid inflation lumen 21 in fluid communication with the catheter tube 5 toward the distal end 3, the catheter tube 5 is configured to extend from the kink state the removable inner tube 6 is inflation lumen 21 to allow for slidably receiving the inflation lumen 21, at least one inflatable balloon 4, 4 'in the presence of the removable inner tube 6 configured to carry inflation fluid, a medical balloon catheter 1, an elongated body, the opening 9 proximal end 7, a closed 10 distal end 8, 及 内部に延びている線源ワイヤルーメン22を有する、除去可能なインナーチューブ6であって、除去可能なインナーチューブ6は、膨張ルーメン21の長さの少なくとも一部に対して挿入及び除去されるように構成され、線源ワイヤルーメン22は、治療用放射線源20を担持する線源ワイヤ19を収納するように構成される、除去可能なインナーチューブ6とを備える、被験者にカテーテル小線源療法を施すキットを提供する。 Having a radiation source wire lumen 22 extending therein, a removable inner tube 6, the removable inner tube 6, to be inserted and removed for at least a portion of the length of the inflation lumen 21 is configured, the source wire lumen 22 configured to store source wire 19 bearing a therapeutic radiation source 20, and a removable inner tube 6, the catheter brachytherapy to a subject It provides a kit to perform. 本発明はまた、被験者にカテーテル小線源療法を施す方法を提供する。 The present invention also provides a method of applying a catheter brachytherapy to a subject.
【選択図】図8 .FIELD 8

Description

本発明は、被験者のカテーテル小線源療法の分野に関する。 The present invention relates to the field of catheter brachytherapy of a subject. より詳細には、本発明は、治療の段階に応じて剛性を変えることができる小線源療法用カテーテルに関する。 More particularly, the present invention relates to a brachytherapy catheter can be varied stiffness depending on the therapeutic stage.

カテーテル小線源療法は、治療領域の近くに先端が挿入されるカテーテルに沿って放射性源を前進させて、内部放射線治療を被験者に提供する。 Catheter brachytherapy, by advancing the radioactive source along the catheter tip is inserted close to the treatment area, provides an internal radiation therapy to the subject. これは、食道癌及び子宮癌、並びに頭頸部癌の治療に一般的に用いられる。 This esophageal cancer and uterine cancer, as well as commonly used in the treatment of head and neck cancer. カテーテル小線源療法は、当該技術分野において既知である。 Catheter brachytherapy are known in the art. 臨床研究により、小線源療法が緩和ケアにおいても根治的適応においても癌のサイズ及び成長速度を低減する効果的な治療であることが示されている。 Clinical studies have shown that an effective treatment for reducing size and rate of growth of cancer even in the curative adaptation even palliative care is brachytherapy.

食道癌等における適応によっては、カテーテル小線源療法は、熟練した施術者が内視鏡等の可視化器具を用いて被験者にガイドワイヤを導入して、ガイドワイヤの正確な経路及び位置を確保することを必要とする。 By adaptation in esophageal cancer or the like, a catheter brachytherapy is to introduce the guide wire into the subject skilled practitioner using visualization device such as an endoscope, to ensure the correct route and position of the guide wire It requires that. ガイドワイヤを位置決めしたら、ガイドワイヤを用いてカテーテルを導入し、被験者内に適宜位置決めする。 After positioning the guide wire, a catheter is introduced using a guide wire, appropriately positioned in the subject. 続いて、線源ワイヤの端に取り付けられている放射線源を、カテーテルを通して前進させることにより、放射線源が治療部位に到達して有効放射線量を照射する(deliver)ことができるようにする。 Subsequently, the radiation source is attached to an end of the source wire, by advancing through the catheter, the radiation source irradiates the effective dose reaching the treatment site (deliver) it to allow. 放射線治療後、放射線源を除去する。 After radiation therapy, to remove the radiation source. カテーテルは、後続の治療のために所定位置に残ることができないため、除去される。 Catheter, can not be left in position for subsequent treatment, are removed. 治療セッション毎にこの挿入手順を再度繰り返さなければならない。 For each treatment session must be repeated insertion procedure again.

この特定の手順は、カテーテルを位置決めするのに或る程度時間がかかり、切開を入れる場合の感染を回避するのにも或る程度時間がかかり得るため、被験者にとって外傷性が高い。 This particular procedure takes some extent time to position the catheter, to obtain takes some extent time is also to avoid infection in the case of placing the incision is highly traumatic for the subject. 食道癌を治療する場合、カテーテルを口腔及び喉に通すが、通常これは直径が大きいため窒息感及び/又は吐気による激しい不快感を生む。 When treating esophageal cancer, through a catheter into the mouth and throat, usually This creates severe discomfort by choking sensation and / or nausea due to the large diameter. 通常、被験者を鎮静しなければならない。 Normal, it must be sedated subjects. さらに、治療中にずっとカテーテルが所定位置に留まっていなければならず、患者はその間中苦痛を感じ続ける。 In addition, much catheter during the treatment is not must remain in place, the patient will continue to feel the pain in the meantime. さらに、小線源療法は、分割して行わなければならない、すなわち後続の通院で複数回繰り返さなければならない場合があり、この分割治療は有効性がより高く毒性がより低い。 Furthermore, brachytherapy shall be made by dividing, i.e. might have to be repeated several times in subsequent visits, the fractionated treatment has a lower higher toxicity efficacy. これは、この苦痛な処置を患者に対して複数回行わなければならないことを意味する。 This this painful treatment means must be performed multiple times to the patient. 患者が耐えられる限度というものがあるため、分割治療は制限しなければならず、外部放射線療法後の治療部位を改善する(boost)にすぎないと考えられ得る。 Because some of the limits patient can tolerate, fractionated treatment must be limited, it can be considered only to improve the treatment site after external radiotherapy (boost). 患者にとって外傷性が低く使いやすい小線源療法を実施する方法を開発する必要がある。 There is a need to develop a method of traumatic to practice the brachytherapy easy to use low for the patient.

本発明は、治療中の患者の不快感及びストレスの問題を克服し且つ分割治療を容易にする、カテーテル小線源療法を実施する新規方法及びキットを提供する。 The present invention overcomes the patient's discomfort and stress problems in the treatment and facilitates fractionated treatment, provides a novel method and a kit for implementing the catheter brachytherapy.

本発明の一実施形態は、被験者にカテーテル小線源療法を施すキットであって、 An embodiment of the present invention is a kit for performing catheter brachytherapy to a subject,
−近位端2及び遠位端3を有する医療用バルーンカテーテル1であって、膨張ルーメン21が内部に延びている細長いカテーテルチューブ5、及び遠位端3に向かってカテーテルチューブ5の膨張ルーメン21と流体連通している少なくとも1つの膨張可能なバルーン4、4'を備え、膨張ルーメン21は、除去可能なインナーチューブ6の存在下で少なくとも1つの膨張可能なバルーン4、4'に膨張流体を運ぶように構成される、医療用バルーンカテーテル1と、 - proximal 2 and a medical balloon catheter 1 having a distal end 3, the inflation lumen 21 of the catheter tube 5 inflation lumen 21 toward the elongated catheter tube 5 extending therein and the distal end 3 and 'comprising a inflation lumen 21, at least one inflatable balloon 4, 4 in the presence of the removable inner tube 6' at least one inflatable balloon 4, 4 are in fluid communication with the inflation fluid configured to carry a medical balloon catheter 1,
−細長い本体、開口9近位端7、閉鎖10遠位端8、及び内部に延びている線源ワイヤルーメン22を有する、除去可能なインナーチューブ6であって、 - an elongated body, the opening 9 proximal end 7, a closed 10 distal end 8, and a radiation source wire lumen 22 extending therein, a removable inner tube 6,
−上記除去可能なインナーチューブ6は、膨張ルーメン21の長さの少なくとも一部に対して挿入及び除去されるように構成され、 - the removable inner tube 6 is configured to be inserted and removed for at least a portion of the length of the inflation lumen 21,
−線源ワイヤルーメン22は、治療用放射線源20を担持する線源ワイヤ19を収納するように構成される、 - the source wire lumen 22 configured to store source wire 19 bearing a therapeutic radiation source 20,
除去可能なインナーチューブ6と、 A removable inner tube 6,
を備える、被験者に小線源療法を施すキットである。 It comprises a kit for performing brachytherapy to a subject.

本発明の別の実施形態は、被験者に小線源療法を施すキットであって、 Another embodiment of the present invention is a kit for performing brachytherapy to a subject,
−近位端2及び遠位端3を有する医療用バルーンカテーテル1であって、膨張ルーメン21が内部に延びている細長いカテーテルチューブ5、及び遠位端3に向かってカテーテルチューブ5の膨張ルーメン21と流体連通している少なくとも1つの膨張可能なバルーン4、4'を備え、カテーテルチューブ5は、キンク状態から伸びるように構成され、膨張ルーメン21が除去可能なインナーチューブ6を摺動可能に収納することを可能にし、膨張ルーメン21は、除去可能なインナーチューブ6の存在下で少なくとも1つの膨張可能なバルーン4、4'に膨張流体を運ぶように構成される、医療用バルーンカテーテル1と、 - proximal 2 and a medical balloon catheter 1 having a distal end 3, the inflation lumen 21 of the catheter tube 5 inflation lumen 21 toward the elongated catheter tube 5 extending therein and the distal end 3 and comprising at least one inflatable balloon 4, 4 'in fluid communication with the catheter tube 5 is configured to extend from the kink state, slidably housed inflation lumen 21 is a removable inner tube 6 it possible to, inflation lumen 21 is configured to carry at least one inflatable balloon 4, 4 'to the inflation fluid in the presence of the removable inner tube 6, the medical balloon catheter 1,
−細長い本体、開口9近位端7、閉鎖10遠位端8、及び内部に延びている線源ワイヤルーメン22を有する、除去可能なインナーチューブ6であって、 - an elongated body, the opening 9 proximal end 7, a closed 10 distal end 8, and a radiation source wire lumen 22 extending therein, a removable inner tube 6,
−除去可能なインナーチューブ6は、膨張ルーメン21の長さの少なくとも一部に対して挿入及び除去されるように構成され、 - the removable inner tube 6 is configured to be inserted and removed for at least a portion of the length of the inflation lumen 21,
−線源ワイヤルーメン22は、治療用放射線源20を担持する線源ワイヤ19を収納するように構成される、 - the source wire lumen 22 configured to store source wire 19 bearing a therapeutic radiation source 20,
除去可能なインナーチューブ6と、 A removable inner tube 6,
を備える、被験者に小線源療法を施すキットである。 It comprises a kit for performing brachytherapy to a subject.

本発明の別の実施形態は、被験者に小線源療法を施すキットであって、 Another embodiment of the present invention is a kit for performing brachytherapy to a subject,
−近位端2及び遠位端3を有する医療用バルーンカテーテル1であって、膨張ルーメン21が内部に延びている細長いカテーテルチューブ5、及び遠位端3に向かってカテーテルチューブ5の膨張ルーメン21と流体連通している少なくとも1つの膨張可能なバルーン4、4'を備え、カテーテルチューブ5はキンク可能であり、膨張ルーメン21は、 - proximal 2 and a medical balloon catheter 1 having a distal end 3, the inflation lumen 21 of the catheter tube 5 inflation lumen 21 toward the elongated catheter tube 5 extending therein and the distal end 3 and comprising at least one inflatable balloon 4, 4 'in fluid communication with the catheter tube 5 is possible kink, inflation lumen 21,
−除去可能なインナーチューブ6を収納し、且つ −除去可能なインナーチューブ6の存在下で少なくとも1つの膨張可能なバルーン4、4'に膨張流体を運ぶように構成される、 - accommodating the removable inner tube 6, and - configured to carry at least one inflatable balloon 4, 4 'to the inflation fluid in the presence of the removable inner tube 6,
医療用バルーンカテーテル1と、 A medical balloon catheter 1,
−細長い本体、開口9近位端7、閉鎖10遠位端8、及び内部に延びている線源ワイヤルーメン22を有する、除去可能なインナーチューブ6であって、 - an elongated body, the opening 9 proximal end 7, a closed 10 distal end 8, and a radiation source wire lumen 22 extending therein, a removable inner tube 6,
−除去可能なインナーチューブ6は、膨張ルーメン21の長さの少なくとも一部に対して挿入及び除去されるように構成され、 - the removable inner tube 6 is configured to be inserted and removed for at least a portion of the length of the inflation lumen 21,
−線源ワイヤルーメン22は、治療用放射線源20を担持する線源ワイヤ19を収納するように構成される、 - the source wire lumen 22 configured to store source wire 19 bearing a therapeutic radiation source 20,
除去可能なインナーチューブ6と、 A removable inner tube 6,
を備える、被験者に小線源療法を施すキットである。 It comprises a kit for performing brachytherapy to a subject.

本発明の別の実施形態は、バルーン4の膨張を可能にし、且つ膨張時に、上記除去可能なインナーチューブ6が膨張ルーメン21に挿入されると除去可能なインナーチューブ6の開口9近位端7へのアクセスを可能にするために、カテーテルチューブ5の近位端を膨張ポンプに結合するように構成される、膨張継手12をさらに備える、上述のようなキットである。 Another embodiment of the present invention allows for inflation of the balloon 4, and when inflated, the aperture 9 proximal end 7 of the removable inner tube 6 and the removable inner tube 6 is inserted into the inflation lumen 21 to allow access to and configured to couple the proximal end of the catheter tube 5 to the expansion pump further comprises an expansion joint 12 is a kit as described above.

本発明の別の実施形態は、 Another embodiment of the present invention,
上記膨張継手12が、 The expansion joint 12,
−遠位シール16が配置される遠位ポート14と、 - a distal port 14 distal seal 16 is disposed,
−近位シール15が配置される近位ポート13と、 - a proximal port 13 disposed proximal seal 15,
−弁と動作可能に接続されるポンプ継手17と、 - a pump coupling 17 operably connected with the valve,
を備え、ポート13、14及びポンプ継手17は、継手12のチャンバ27と流体接続されており、 The provided, ports 13, 14 and pump coupling 17 is fluidly connected to the chamber 27 of the joint 12,
−遠位ポート14は、カテーテルチューブ5の近位端を受け入れてカテーテルチューブ5の本体に対してシールを形成するように構成され、 - the distal port 14 is configured to form a seal against the body of the catheter tube 5 to accept the proximal end of the catheter tube 5,
−近位ポート13は、除去可能なインナーチューブ6を受け入れて開口9の遠位側で除去可能なインナーチューブ6の本体に対してシールを形成するように構成され、除去可能なインナーチューブ6の近位端が継手12を通過することを可能にする、上述のようなキットである。 - the proximal port 13 is configured to form a seal against the inner body of the tube 6 can be removed at the distal side of the opening 9 to accept the removable inner tube 6, removable inner tube 6 allows the proximal end passes through the joint 12, is a kit as described above.

本発明の別の実施形態は、カテーテルチューブ5の外径が、2mm〜6mmである、上述のようなキットである。 Another embodiment of the present invention, the outer diameter of the catheter tube 5 is a 2 mm to 6 mm, a kit as described above.

本発明の別の実施形態は、カテーテルチューブ5が、除去可能なインナーチューブ6の曲げ剛性よりも低い曲げ剛性を有する、上述のようなキットである。 Another embodiment of the present invention, the catheter tube 5 has a flexural lower bending stiffness than the stiffness of the removable inner tube 6 is a kit as described above.

本発明の別の実施形態は、カテーテルチューブ5が、シリコーンゴム又はポリウレタンから作られる、上述のようなキットである。 Another embodiment of the present invention, the catheter tube 5 is made of silicone rubber or polyurethane, a kit as described above.

本発明の別の実施形態は、カテーテルチューブ5が、ポリウレタン又はポリウレタン含有化合物から作られる、上述のようなキットである。 Another embodiment of the present invention, the catheter tube 5 is made of polyurethane or polyurethane-containing compounds is a kit as described above.

本発明の別の実施形態は、膨張ルーメン21の直径が、除去可能なインナーチューブ6の外径よりも5%〜20%大きい、上述のようなキットである。 Another embodiment of the present invention, the diameter of the inflation lumen 21 is 5% to 20% larger than the outer diameter of the removable inner tube 6 is a kit as described above.

本発明の別の実施形態は、カテーテルチューブ5の近位端2と遠位端3との間に、医療用カテーテル1の長手方向伸長を防止する非伸長性コードが配置される、上述のようなキットである。 Another embodiment of the present invention, between a proximal end 2 and a distal end 3 of the catheter tube 5, inextensible cord to prevent longitudinal extension of the medical catheter 1 is arranged, as described above it is a kit.

本発明の別の実施形態は、コードが、カテーテルチューブ5の壁の中、外側、又は内側に配置される、上述のようなキットである。 Another embodiment of the present invention, code, in the wall of the catheter tube 5, the outer, or is placed inside, a kit as described above.

本発明の別の実施形態は、カテーテルチューブ5の近位端が、周方向圧力を加えることによって変形を低減するように補強される、上述のようなキットである。 Another embodiment of the present invention, the proximal end of the catheter tube 5 is reinforced to reduce deformation by the application of circumferential pressure, a kit as described above.

本発明の別の実施形態は、上記補強が、 Another embodiment of the present invention, the reinforcement,
−カテーテルチューブ5の近位端の上に配置されるアウターチューブ、 - outer tube disposed over the proximal end of the catheter tube 5,
−カテーテルチューブ5の近位端に挿入されるインナーチューブ、又は −カテーテルチューブ5の近位端に対する延長部、 - the inner tube is inserted into the proximal end of the catheter tube 5, or - the extension against the proximal end of the catheter tube 5,
を含む、上述のようなキットである。 Including a kit as described above.

本発明の別の実施形態は、医療用カテーテル1が、カテーテルチューブ5の長さの少なくとも一部に沿って記される可視目盛を備える、上述のようなキットである。 Another embodiment of the present invention, the medical catheter 1 comprises visible graduations marked along at least part of the length of the catheter tube 5 is a kit as described above.

本発明の別の実施形態は、除去可能なインナーチューブ6の壁が、0.1mm〜0.4mmの厚さを有する、上述のようなキットである。 Another embodiment of the present invention, the removable wall of the inner tube 6 has a thickness of 0.1 mm to 0.4 mm, a kit as described above.

本発明の別の実施形態は、除去可能なインナーチューブ6の曲げ剛性が、カテーテルチューブ5の曲げ剛性よりも高い、上述のようなキットである。 Another embodiment of the present invention, the bending rigidity of the removable inner tube 6 is higher than the bending rigidity of the catheter tube 5 is a kit as described above.

本発明の別の実施形態は、除去可能なインナーチューブ6の近位端が、周方向圧力を加えることによって変形を低減するように補強される、上述のようなキットである。 Another embodiment of the present invention, the proximal end of the removable inner tube 6 is reinforced to reduce deformation by the application of circumferential pressure, a kit as described above.

本発明の別の実施形態は、上記補強が、 Another embodiment of the present invention, the reinforcement,
−近位端に又は該近位端に向かって除去可能なインナーチューブ6の上に配置される補強アウターチューブ48、 - reinforcing outer tube 48 disposed over the removable inner tube 6 towards or proximal end proximal end,
−近位端に又は該近位端に向かって除去可能なインナーチューブ6に挿入される補強インナーチューブ49、又は −除去可能なインナーチューブ6の近位端に対する補強延長部50、 - reinforcing inner tube 49 is inserted into the removable inner tube 6 toward the proximal end or proximal end, or - a reinforcing extension 50 against the proximal end of the removable inner tube 6,
を含む、上述のようなキットである。 Including a kit as described above.

本発明の別の実施形態は、除去可能なインナーチューブ6の上に配置される補強アウターチューブ48には、該補強チューブ48の近位端に又は該近位端に向かって環状リッジ51が配置される、上述のようなキットである。 Another embodiment of the present invention, the reinforcing outer tube 48 disposed over the removable inner tube 6, the annular ridge 51 is disposed toward the proximal end or proximal end of the reinforcing tube 48 is the is a kit as described above.

本発明の別の実施形態は、除去可能なインナーチューブ6が、その長さの少なくとも一部に沿って記される可視目盛を備える、上述のようなキットである。 Another embodiment of the present invention, the removable inner tube 6 comprises a visible graduations marked along at least part of its length, it is a kit as described above.

本発明の別の実施形態は、除去可能なインナーチューブ6の曲げ剛性が、カテーテルチューブ5の曲げ剛性よりも1%〜60%高い、上述のようなキットである。 Another embodiment of the present invention, the bending rigidity of the removable inner tube 6 is from 1% to 60% higher than the flexural rigidity of the catheter tube 5 is a kit as described above.

本発明の別の実施形態は、除去可能なインナーチューブ6が、ポリプロピレン、ポリテトラフルオロエチレン(PTFE)、PEEK(ポリエーテルエーテルケトン)、又はポリエチレンで作られる、上述のようなキットである。 Another embodiment of the present invention, the removable inner tube 6 is, polypropylene, polytetrafluoroethylene (PTFE), PEEK (polyether ether ketone), or made of polyethylene, a kit as described above.

本発明の別の実施形態は、除去可能なインナーチューブ6が、ポリイミド、PEEK(ポリエーテルエーテルケトン)、又はポリエチレンで作られる、上述のようなキットである。 Another embodiment of the present invention, the removable inner tube 6, polyimide, PEEK (polyetheretherketone), or made of polyethylene, a kit as described above.

本発明の別の実施形態は、除去可能なインナーチューブ6の線源ワイヤルーメン22の直径が、0.5mm〜1.9mmである、上述のようなキットである。 Another embodiment of the present invention, the diameter of the source wire lumen 22 of the removable inner tube 6 is a 0.5Mm~1.9Mm a kit as described above.

本発明の別の実施形態は、除去可能なインナーチューブ6が、医療用バルーンカテーテル1よりも3cm〜90cm長い、上述のようなキットである。 Another embodiment of the present invention, the removable inner tube 6 is, 3Cm~90cm longer than the medical balloon catheter 1, a kit as described above.

本発明の別の実施形態は、鼻咽頭経路を経由した被験者への挿入時にカテーテルチューブ5に剛性を与えるために、膨張ルーメン21に対して挿入及び除去されるように構成される除去可能なプッシャワイヤ11をさらに備える、上述のようなキットである。 Another embodiment of the present invention, in order to provide rigidity to the catheter tube 5 at the time of insertion into a subject via the nasopharyngeal route, removable pusher configured to be inserted and removed with respect to the inflation lumen 21 further comprising a wire 11, it is a kit as described above.

本発明の別の実施形態は、上記プッシャワイヤ11が、除去可能なインナーチューブ6の曲げ剛性よりも高い曲げ剛性を有する、上述のようなキットである。 Another embodiment of the present invention, the pusher wire 11 has a higher flexural rigidity than the flexural rigidity of the removable inner tube 6 is a kit as described above.

本発明の別の実施形態は、膨張ポンプ30をさらに備える、上述のようなキットである。 Another embodiment of the present invention further comprises an inflation pump 30 is a kit as described above.

本発明の別の実施形態は、医療用バルーンカテーテルが、鼻咽頭経路を経由して食道に挿入されるように構成される、上述のようなキットである。 Another embodiment of the present invention, the medical balloon catheter is configured to via a nasopharyngeal route is inserted into the esophagus is a kit as described above.

本発明の別の実施形態は、医療用バルーンカテーテルが、頸部経路を経由して子宮腔に挿入されるように構成される、上述のようなキットである。 Another embodiment of the present invention, the medical balloon catheter via the cervical route configured to be inserted into the uterine cavity, is a kit as described above.

本発明の別の実施形態は、医療用バルーンカテーテルが、乳房の切開部又は針穿刺部を経由して乳房組織に挿入されるように構成される、上述のようなキットである。 Another embodiment of the present invention, the medical balloon catheter is configured to via an incision or needle puncture of the breast is inserted into the breast tissue is a kit as described above.

本発明の別の実施形態は、被験者にカテーテル小線源療法を施す方法であって、 Another embodiment of the present invention is a method for performing catheter brachytherapy to a subject,
−鼻咽頭経路を経由して被験者の食道に収縮した医療用バルーンカテーテル1を挿入することであって、該医療用バルーンカテーテル1は、近位端2及び遠位端3を有し、膨張ルーメン20が内部に延びている細長いカテーテルチューブ5、及び遠位端3に向かってカテーテルチューブ5の膨張ルーメン21と流体連通している少なくとも1つの膨張可能なバルーン4、4'を備え、膨張ルーメン21は、除去可能なインナーチューブ6の存在下で少なくとも1つの膨張可能なバルーン4、4'に膨張流体を運ぶように構成される、収縮した医療用バルーンカテーテル1を挿入すること、 - the method comprising inserting a medical balloon catheter 1 has been contracted in the esophagus of the subject via the nasopharyngeal route, said medical balloon catheter 1 has a proximal end 2 and a distal end 3, the inflation lumen 20 comprises at least one inflatable balloon 4, 4 'in fluid inflation lumen 21 in fluid communication with the catheter tube 5 toward the elongated catheter tube 5, and a distal end 3 which extends into the inflation lumen 21 is configured to carry at least one inflatable balloon 4, 4 'to the inflation fluid in the presence of the removable inner tube 6, contracted by inserting a medical balloon catheter 1,
−治療領域に少なくとも1つの膨張可能なバルーン4、4'を位置決めすること、 - positioning the at least one inflatable balloon 4, 4 'to the treatment area,
−膨張ルーメン21に除去可能なインナーチューブ6を挿入することであって、該除去可能なインナーチューブ6は、細長い本体、開口9近位端7、閉鎖10遠位端8、及び内部に延びている線源ワイヤルーメン22を有し、 - the method comprising inserting a removable inner tube 6 into the inflation lumen 21, inner tube 6 can be the removal, elongated body, the opening 9 proximal end 7, a closed 10 distal end 8, and extends into has a source wire lumen 22 are,
−上記除去可能なインナーチューブ6は、膨張ルーメン21の長さの少なくとも一部に対して挿入及び除去されるように構成され、 - the removable inner tube 6 is configured to be inserted and removed for at least a portion of the length of the inflation lumen 21,
−線源ワイヤルーメン22は、治療用放射線源20を担持する線源ワイヤ19を収納するように構成される、 - the source wire lumen 22 configured to store source wire 19 bearing a therapeutic radiation source 20,
除去可能なインナーチューブ6を挿入すること、 Inserting a removable inner tube 6,
−少なくとも1つの膨張可能なバルーン4、4'を膨張させること、 - inflating at least one inflatable balloon 4, 4 ',
−線源ワイヤルーメン22を通して治療領域まで放射線源ワイヤ19を前進させて、一定の放射線量を投与すること、 - and advancing the radiation source wire 19 to the treatment area through the source wire lumen 22, the administration of a certain dose,
−放射線源ワイヤ19を除去すること、 - removing the radiation source wire 19,
−少なくとも1つの膨張可能なバルーン4、4'を収縮させること、 - the deflating at least one inflatable balloon 4, 4 ',
−除去可能なインナーチューブ6を抜去すること、及び −後続の治療セッションのために医療用バルーンカテーテル1をその場に任意に残すこと、 - that removing the removable inner tube 6, and - leaving the medical balloon catheter 1 for subsequent therapy sessions arbitrarily in place,
を含む、被験者にカテーテル小線源療法を施す方法である。 Including a method of applying a catheter brachytherapy to a subject.

本発明の別の実施形態は、被験者にカテーテル小線源療法を施す方法であって、 Another embodiment of the present invention is a method for performing catheter brachytherapy to a subject,
−被験者における進入点を通して医療用バルーンカテーテル1を挿入することであって、該医療用バルーンカテーテル1は、近位端2及び遠位端3を有し、膨張ルーメン20が内部に延びている細長いカテーテルチューブ5、及び遠位端3に向かってカテーテルチューブ5の膨張ルーメン21と流体連通している少なくとも1つの膨張可能なバルーン4、4'を備え、カテーテルチューブ5は、キンク状態から伸びるように構成され、膨張ルーメン21が除去可能なインナーチューブ6を摺動可能に収納することを可能にし、膨張ルーメン21は、除去可能なインナーチューブ6の存在下で少なくとも1つの膨張可能なバルーン4、4'に膨張流体を運ぶように構成される、医療用バルーンカテーテル1を挿入すること、 - the method comprising inserting a medical balloon catheter 1 through the entry point in a subject, said medical balloon catheter 1 has a proximal end 2 and a distal end 3, the elongated inflation lumen 20 extends to the inside comprising at least one inflatable balloon 4, 4 'in fluid inflation lumen 21 in fluid communication with the catheter tube 5 toward the catheter tube 5, and a distal end 3, the catheter tube 5, so as to extend from the kink state is configured, the removable inner tube 6 is inflation lumen 21 to allow for slidably receiving the inflation lumen 21, at least one inflatable balloon in the presence of the removable inner tube 6 4,4 configured to carry inflation fluid to the ', inserting a medical balloon catheter 1,
−治療領域に少なくとも1つの膨張可能なバルーン4、4'を位置決めすること、 - positioning the at least one inflatable balloon 4, 4 'to the treatment area,
−膨張ルーメン21に除去可能なインナーチューブ6を挿入することであって、該除去可能なインナーチューブ6は、細長い本体、開口9近位端7、閉鎖10遠位端8、及び内部に延びている線源ワイヤルーメン22を有し、 - the method comprising inserting a removable inner tube 6 into the inflation lumen 21, inner tube 6 can be the removal, elongated body, the opening 9 proximal end 7, a closed 10 distal end 8, and extends into has a source wire lumen 22 are,
−上記除去可能なインナーチューブ6は、膨張ルーメン21の長さの少なくとも一部に対して挿入及び除去されるように構成され、 - the removable inner tube 6 is configured to be inserted and removed for at least a portion of the length of the inflation lumen 21,
−線源ワイヤルーメン22は、治療用放射線源20を担持する線源ワイヤ19を収納するように構成される、 - the source wire lumen 22 configured to store source wire 19 bearing a therapeutic radiation source 20,
除去可能なインナーチューブ6を挿入すること、 Inserting a removable inner tube 6,
−少なくとも1つの膨張可能なバルーン4、4'を膨張させること、 - inflating at least one inflatable balloon 4, 4 ',
−線源ワイヤルーメン22を通して治療領域まで放射線源ワイヤ19を前進させて、一定の放射線量を投与すること、 - and advancing the radiation source wire 19 to the treatment area through the source wire lumen 22, the administration of a certain dose,
−放射線源ワイヤ19を除去すること、 - removing the radiation source wire 19,
−少なくとも1つの膨張可能なバルーン4、4'を収縮させること、 - the deflating at least one inflatable balloon 4, 4 ',
−除去可能なインナーチューブ6を抜去すること、及び −後続の治療セッションのために医療用バルーンカテーテル1をその場に任意に残すこと、 - that removing the removable inner tube 6, and - leaving the medical balloon catheter 1 for subsequent therapy sessions arbitrarily in place,
を含む、被験者にカテーテル小線源療法を施す方法である。 Including a method of applying a catheter brachytherapy to a subject.

本発明の別の実施形態は、被験者にカテーテル小線源療法を施す方法であって、 Another embodiment of the present invention is a method for performing catheter brachytherapy to a subject,
−被験者における進入点を通して医療用バルーンカテーテル1を挿入することであって、該医療用バルーンカテーテル1は、近位端2及び遠位端3を有し、膨張ルーメン20が内部に延びている細長いカテーテルチューブ5、及び遠位端3に向かってカテーテルチューブ5の膨張ルーメン21と流体連通している少なくとも1つの膨張可能なバルーン4、4'を備え、カテーテルチューブ5はキンク可能であり、膨張ルーメン21は、 - the method comprising inserting a medical balloon catheter 1 through the entry point in a subject, said medical balloon catheter 1 has a proximal end 2 and a distal end 3, the elongated inflation lumen 20 extends to the inside comprising at least one inflatable balloon 4, 4 'in fluid inflation lumen 21 in fluid communication with the catheter tube 5 toward the catheter tube 5, and a distal end 3, the catheter tube 5 is possible kink, inflation lumen 21,
−除去可能なインナーチューブ6を収納し、且つ −除去可能なインナーチューブ6の存在下で少なくとも1つの膨張可能なバルーン4、4'に膨張流体を運ぶように構成される、 - accommodating the removable inner tube 6, and - configured to carry at least one inflatable balloon 4, 4 'to the inflation fluid in the presence of the removable inner tube 6,
医療用バルーンカテーテル1を挿入すること、 Inserting a medical balloon catheter 1,
−治療領域に少なくとも1つの膨張可能なバルーン4、4'を位置決めすること、 - positioning the at least one inflatable balloon 4, 4 'to the treatment area,
−膨張ルーメン21に除去可能なインナーチューブ6を挿入することであって、該除去可能なインナーチューブ6は、細長い本体、開口9近位端7、閉鎖10遠位端8、及び内部に延びている線源ワイヤルーメン22を有し、除去可能なインナーチューブ6はキンク可能ではなく、 - the method comprising inserting a removable inner tube 6 into the inflation lumen 21, inner tube 6 can be the removal, elongated body, the opening 9 proximal end 7, a closed 10 distal end 8, and extends into has a source wire lumen 22 are, removable inner tube 6 is not possible kink,
−上記除去可能なインナーチューブ6は、膨張ルーメン21の長さの少なくとも一部に対して挿入及び除去されるように構成され、 - the removable inner tube 6 is configured to be inserted and removed for at least a portion of the length of the inflation lumen 21,
−線源ワイヤルーメン22は、治療用放射線源20を担持する線源ワイヤ19を収納するように構成される、 - the source wire lumen 22 configured to store source wire 19 bearing a therapeutic radiation source 20,
除去可能なインナーチューブ6を挿入すること、 Inserting a removable inner tube 6,
−少なくとも1つの膨張可能なバルーン4、4'を膨張させること、 - inflating at least one inflatable balloon 4, 4 ',
−線源ワイヤルーメン22を通して治療領域まで放射線源ワイヤ19を前進させて、一定の放射線量を投与すること、 - and advancing the radiation source wire 19 to the treatment area through the source wire lumen 22, the administration of a certain dose,
−放射線源ワイヤ19を除去すること、 - removing the radiation source wire 19,
−少なくとも1つの膨張可能なバルーン4、4'を収縮させること、 - the deflating at least one inflatable balloon 4, 4 ',
−除去可能なインナーチューブ6を抜去すること、及び −後続の治療セッションのために医療用バルーンカテーテル1をその場に任意に残すこと、 - that removing the removable inner tube 6, and - leaving the medical balloon catheter 1 for subsequent therapy sessions arbitrarily in place,
を含む、被験者にカテーテル小線源療法を施す方法である。 Including a method of applying a catheter brachytherapy to a subject.

本発明の別の実施形態は、医療用バルーンカテーテル1に一時的な剛性を与えるために、医療用バルーンカテーテル1を体内で前進させる前に、プッシャワイヤ11が膨張ルーメン21に挿入される、上述のような方法である。 Another embodiment of the present invention, to provide temporary rigidity to the medical balloon catheter 1, prior to advancing the medical balloon catheter 1 in the body, the pusher wire 11 is inserted into the inflation lumen 21, above a method such as.

本発明の別の実施形態は、鼻咽頭経路を経由した被験者の食道への医療用バルーンカテーテル1の挿入後及び膨張ルーメン21への除去可能なインナーチューブ6の挿入前に、上述のような膨張継手12が、カテーテル1の近位端2においてカテーテルチューブ材5に結合される、上述のような方法である。 Another embodiment of the present invention, prior to insertion of the removable inner tube 6 after insertion of the medical balloon catheter 1 to the subject of the esophagus via the nasopharyngeal route, and the inflation lumen 21, as described above inflation joint 12 is coupled to the catheter tubing 5 at the proximal end 2 of the catheter 1, a method as described above.

本発明の別の実施形態は、膨張継手12が、膨張ルーメン21への除去可能なインナーチューブ6の挿入後に、除去可能なインナーチューブ6の近位端7にさらに結合される、上述のような方法である。 Another embodiment of the present invention, the expansion joint 12, after insertion of the removable inner tube 6 into the inflation lumen 21 is further coupled to the proximal end 7 of the removable inner tube 6, as described above it is a method.

本発明の別の実施形態は、膨張継手12が、除去可能なインナーチューブ6の抜去後に、医療用バルーンカテーテル1から除去される、上述のような方法である。 Another embodiment of the present invention, the expansion joint 12, after removal of the removable inner tube 6, is removed from the medical balloon catheter 1, a method as described above.

本発明の別の実施形態は、医療用バルーンカテーテル1の近位部分が、体への挿入後及び/又は治療セッション間に患者の体に絆創膏で固定される、上述のような方法である。 Another embodiment of the present invention, the proximal portion of the medical balloon catheter 1 is secured by adhesive plaster to the patient's body between insertion and / or after the treatment session to the body, a method as described above.

本発明の別の実施形態は、治療が分割される、上述のような方法である。 Another embodiment of the present invention, treatment is divided, a method as described above.

本発明の別の実施形態は、医療用バルーンカテーテル1が、3日間〜21日間にわたってその場に残される、上述のような方法である。 Another embodiment of the present invention, the medical balloon catheter 1 is left in place for 3 to 21 days, it is a method as described above.

本発明の別の実施形態は、医療用バルーンカテーテル1が、食道に小線源療法を施すために、鼻咽頭経路を経由して被験者の食道に挿入される、上述のような方法である。 Another embodiment of the present invention, the medical balloon catheter 1, in order to perform the brachytherapy to the esophagus via the nasopharyngeal route is inserted into the esophagus of a subject, a method as described above.

本発明の別の実施形態は、医療用バルーンカテーテル1の近位部分が、鼻咽頭経路を経由した挿入後及び/又は治療セッション間に患者の鼻に絆創膏で固定される、上述のような方法である。 Another embodiment of the present invention, the proximal portion of the medical balloon catheter 1 is secured by adhesive plaster to the nose of the patient between the insert and / or after treatment sessions via the nasopharyngeal route, the method as described above it is.

本発明の別の実施形態は、医療用バルーンカテーテル1が、子宮腔に小線源療法を施すために、頸部経路を経由して被験者の子宮腔に挿入される、上述のような方法である。 Another embodiment of the present invention, the medical balloon catheter 1, in order to perform the brachytherapy in uterine cavity via the cervical route is inserted into the uterine cavity of the subject, in the above-described methods is there.

本発明の別の実施形態は、医療用バルーンカテーテル1の近位部分が、頸部経路を経由した挿入後及び/又は治療セッション間に頸部の出口に縫合糸で固定される、上述のような方法である。 Another embodiment of the present invention, the proximal portion of the medical balloon catheter 1 is secured with sutures to the outlet of the neck between the insertion and / or after treatment sessions via the cervical route, as described above it is a process.

本発明の別の実施形態は、医療用バルーンカテーテル1が、乳房に小線源療法を施すために、乳房の切開部を経由して被験者の乳房組織に挿入される、上述のような方法である。 Another embodiment of the present invention, the medical balloon catheter 1, in order to perform the brachytherapy to the breast, through the incision of the breast is inserted into the subject's breast tissue, in the above-described methods is there.

本発明の別の実施形態は、医療用バルーンカテーテル1の近位部分が、切開部を経由した挿入後及び/又は治療セッション間に乳房から出る場所に絆創膏で固定される、上述のような方法である。 Another embodiment of the present invention, the proximal portion of the medical balloon catheter 1 is secured by adhesive plaster in place leaving the breast between the insertion and / or after treatment sessions via the incision, the method as described above it is.

本発明の別の実施形態は、上述のようなキットを使用する、上述のような方法である。 Another embodiment of the present invention, using the kit as described above, a method as described above.

膨張ルーメン及び膨張ルーメンと流体連通する2つの膨張可能なバルーンを有する細長いカテーテルチューブを備える、医療用バルーンカテーテルの断面図を示す。 It comprises an inflatable lumen and an elongated catheter tube having two inflatable balloons to expand lumen in fluid communication with a sectional view of a medical balloon catheter. 細長い本体、開口近位端、閉鎖遠位端、及び内部に延びる線源ワイヤルーメンを有する、除去可能なインナーチューブの断面図を示す。 Elongated body, showing open proximal end, a closed distal end, and a source wire lumen extending therein, a cross-sectional view of the removable inner tube. 鼻咽頭経路を経由した被験者への挿入時にカテーテルチューブに剛性を与えるために、膨張ルーメンに対して挿入及び除去されるように構成されるプッシャワイヤの概略図を示す。 To provide rigidity to the catheter tube during insertion into a subject via the nasopharyngeal route, it shows a schematic view of a pusher wire configured to be inserted and removed with respect to the inflation lumen. 細長いカテーテルチューブの膨張ルーメンに挿入されたプッシャワイヤの図を示す。 It shows a diagram of a pusher wire inserted into the inflation lumen of the elongated catheter tube. 細長いカテーテルチューブの膨張ルーメンに挿入された除去可能なインナーチューブの図を示す。 It shows a diagram of the inserted removable inner tube inflation lumen of the elongated catheter tube. バルーンの膨張を可能にするためにカテーテルチューブの近位端を膨張ポンプに結合するように構成される膨張継手の断面図を示す。 To enable inflation of the balloon illustrates a cross-sectional view of the inflation coupling configured to couple the proximal end of the catheter tube expansion pump. 除去可能なインナーチューブの開口端へのアクセスを可能にしつつ膨張ルーメンをシールする、カテーテルチューブの近位端に取り付けられた膨張継手の断面を示す。 Sealing the inflation lumen while allowing access to the open end of the removable inner tube, it shows a cross section of the expansion joint attached to the proximal end of the catheter tube. 膨張継手にはポンプが取り付けられている。 Pump is attached to the expansion joint. バルーンは膨張している。 The balloon is inflated. カテーテルチューブの近位端に取り付けられた膨張継手、及び除去可能なインナーチューブの線源ワイヤルーメンに挿入された線源ワイヤの断面図を示す。 It shows a proximal attached to end expansion joint, and a cross-sectional view of the inserted source wire to the source wire lumen of the removable inner tube of the catheter tube. バルーンは膨張している。 The balloon is inflated. ポートにねじ込み継手が配置されている、膨張継手の断面図を示す。 Port threaded joint is arranged, a cross sectional view of the expansion joint. 補強アウターチューブが配置されている、細長いカテーテルチューブ5の近位端の断面図を示す。 Reinforcing outer tube is arranged, a cross sectional view of the proximal end of the elongated catheter tube 5. 補強インナーチューブが配置されている、細長いカテーテルチューブ5の近位端の断面図を示す。 Reinforcing inner tube is arranged, a cross sectional view of the proximal end of the elongated catheter tube 5. 補強チューブで延長されている、細長いカテーテルチューブ5の近位端の断面図を示す。 Is extended by the reinforcing tube, it shows a cross-sectional view of the proximal end of the elongated catheter tube 5. 補強アウターチューブが配置されている、除去可能なインナーチューブの近位端の断面図を示す。 Reinforcing outer tube is arranged, a cross sectional view of the proximal end of the removable inner tube. 補強インナーチューブが配置されている、除去可能なインナーチューブの近位端の断面図を示す。 Reinforcing inner tube is arranged, a cross sectional view of the proximal end of the removable inner tube. 補強チューブで延長されている、除去可能なインナーチューブの近位端の断面図を示す。 Is extended by the reinforcing tube, it shows a cross-sectional view of the proximal end of the removable inner tube. 環状リッジを有する補強アウターチューブが配置されている、除去可能なインナーチューブの近位端の断面図を示す。 Reinforcing outer tube having an annular ridge is located, it shows a cross-sectional view of the proximal end of the removable inner tube.

別段の定義がない限り、本明細書で用いられるすべての技術用語及び科学用語は、当業者が一般的に理解するのと同じ意味を有する。 Unless otherwise defined, all technical and scientific terms used herein have the same meaning as those skilled in the art will commonly understood. 本明細書で参照されるすべての公報が、参照により本明細書に援用される。 All publications referenced herein are incorporated herein by reference. 本明細書で参照されるすべての米国特許及び特許出願の、図面を含む全体が、参照により本明細書に援用される。 All United States patents and patent applications referenced herein, the whole, including the drawings, is incorporated herein by reference.

冠詞「a」及び「an」は、その冠詞の文法上の対象の1つ、又は2つ以上、すなわち少なくとも1つを指すために本明細書では用いられる。 The articles "a" and "an", one of the grammatical object of the article, or two or more, that are used herein to refer to at least one. 例として、「alumen」は、1つのルーメン又は2つ以上のルーメンを意味する。 As an example, "alumen" means one lumen or more than one lumen.

端点による数値範囲の記載は、全整数と、必要に応じてその範囲内に包含される端数とを含む(例えば、1〜5は、例えばルーメンの数を指す場合は1、2、3、4を含むことができ、例えば測定値を指す場合は1.5、2、2.75、及び3.80も含むことができる)。 The recitation of numerical ranges by endpoints and all integers, if necessary and a fractions subsumed within that range (e.g., 1 to 5, for example, when referring to the number of lumens is 1, 2, 3, 4 it can include, for example, when referring to a measurable value could be 2, 2.75, and also 3.80 inclusive). 端点の記述は、その端点値自体も含む(例えば、1.0〜5.0は、1.0及び5.0の両方を含む)。 Description of the endpoints, including its endpoint values ​​themselves (e.g., 1.0 to 5.0 includes both 1.0 and 5.0).

本発明は、被験者にカテーテル小線源療法を施すための、特に分割(複数回投与)治療のためのキット及び方法に関する。 The present invention, for performing catheter brachytherapy to a subject, particularly to split kits and methods for (multiple dose) treatment. これは、カテーテル小線源療法の感受性が高い内部癌、特に食道癌、子宮癌、又は乳癌の治療に適している。 This sensitive internal cancers catheter brachytherapy, in particular esophagus cancer, are suitable for the treatment of uterine cancer, or breast cancer. これは、腔内又は組織内小線源療法に特に適している。 It is especially suitable for intracavitary or interstitial brachytherapy. 本発明は、鼻(食道癌)、膣(子宮癌)、又は皮膚穿刺部又は切開部(乳癌)等の治療用の進入点を通して非常に可撓性の高いチューブを導入し、放射線治療期間中にチューブを一時的に強化及び補剛し、続いて放射線療法セッション間に快適な装着感を与える通常の可撓性にチューブを戻すことに基づく。 The present invention, nose (esophageal cancer), vagina (uterine cancer), or skin puncture or incision to introduce the highly very flexible tube through the entry point for the treatment of (breast cancer) and the like, radiation therapy during the period to temporarily strengthen and stiffen the tube, followed based on returning the tube to the normal flexibility which gives comfortable fit between radiotherapy sessions. チューブの可撓性は、損傷なくキンクすることができる(すなわち、キンク可能)か又は低いプッシャビリティを示すようなものであるため、曲げに対する抵抗をほとんど又は全く与えず、したがって、チューブは、例えば治療後及び治療から次の治療までの間に快適に装着することができ、例えば皮膚にテープで留めることができる。 Flexible tube may be kinked without damage (i.e., kink possible) because it is or like show low pushability, without giving resistance to bending little or no, therefore, the tube is, for example can be worn comfortably during post treatment and the treatment to the next treatment can be taped, for example the skin. この可撓性チューブには、膨張可能なバルーンも配置されることで、チューブが食道又は子宮等の内部空間を占めること、又は乳房組織内等に空間を作ることが可能になる。 This flexible tube, the inflatable balloon also be arranged, the tube may occupy an internal space, such as the esophagus or uterus, or it is possible to make room to the breast tissue and the like. 重要なことに、本発明は、可撓性チューブのルーメンに剛性のより高いインナーチューブを一時的に導入することによって可撓性チューブを強化及び補剛することを可能にし、このインナーチューブは、放射性源ワイヤの挿入用の別個のルーメンを含む。 Importantly, the present invention makes it possible to strengthen and stiffen the flexible tube by temporarily introducing a higher inner tube of rigid lumen of the flexible tube, the inner tube, It includes a separate lumen for insertion of a radioactive source wire. この構成は、放射線療法の効果的な投与のための乾燥した線源ワイヤルーメンを提供し、治療領域に対して均等な線量の放射線を維持し、且つ患者に高い快適度を与える。 This configuration provides dry source wire lumen for effective administration of radiotherapy, maintains the radiation equivalent dose to the treatment area, and provides a high comfort level to the patient.

図1及び図2を参照すると、本発明の一実施形態は、被験者にカテーテル小線源療法を施すキットであって、 Referring to FIGS. 1 and 2, an embodiment of the present invention is a kit for performing catheter brachytherapy to a subject,
−近位端2及び遠位端3を有する医療用バルーンカテーテル1であって、膨張ルーメン21が内部に延びている細長いカテーテルチューブ5、及び遠位端3に向かってカテーテルチューブ5の膨張ルーメン21と流体連通している少なくとも1つの膨張可能なバルーン4、4'を備え、膨張ルーメン21は、除去可能なインナーチューブ6の存在下で少なくとも1つの膨張可能なバルーン4、4'に膨張流体を運ぶように構成される、医療用バルーンカテーテル1と、 - proximal 2 and a medical balloon catheter 1 having a distal end 3, the inflation lumen 21 of the catheter tube 5 inflation lumen 21 toward the elongated catheter tube 5 extending therein and the distal end 3 and 'comprising a inflation lumen 21, at least one inflatable balloon 4, 4 in the presence of the removable inner tube 6' at least one inflatable balloon 4, 4 are in fluid communication with the inflation fluid configured to carry a medical balloon catheter 1,
−細長い本体、開口9近位端7、閉鎖10遠位端8、及び内部に延びている線源ワイヤルーメン22を有する、除去可能なインナーチューブ6であって、 - an elongated body, the opening 9 proximal end 7, a closed 10 distal end 8, and a radiation source wire lumen 22 extending therein, a removable inner tube 6,
−上記除去可能なインナーチューブ6は、膨張ルーメン21の長さの少なくとも一部に対して挿入及び除去されるように構成され、 - the removable inner tube 6 is configured to be inserted and removed for at least a portion of the length of the inflation lumen 21,
−線源ワイヤルーメン22は、治療用放射線源20を担持する線源ワイヤ19を収納するように構成される、 - the source wire lumen 22 configured to store source wire 19 bearing a therapeutic radiation source 20,
除去可能なインナーチューブ6と、 A removable inner tube 6,
を備える、被験者にカテーテル小線源療法を施すキットである。 It comprises a kit for performing catheter brachytherapy to a subject.

本発明の別の実施形態は、食道に小線源療法を施す方法であって、 Another embodiment of the present invention is a method for performing brachytherapy to the esophagus,
−鼻咽頭経路を経由して被験者の食道に収縮した医療用バルーンカテーテル1を挿入することであって、該医療用バルーンカテーテル1は、近位端2及び遠位端3を有し、膨張ルーメン20が内部に延びている細長いカテーテルチューブ5、及び遠位端3に向かってカテーテルチューブ5の膨張ルーメン21と流体連通している少なくとも1つの膨張可能なバルーン4、4'を備え、膨張ルーメン21は、除去可能なインナーチューブ6の存在下で少なくとも1つの膨張可能なバルーン4、4'に膨張流体を運ぶように構成される、収縮した医療用バルーンカテーテル1を挿入すること、 - the method comprising inserting a medical balloon catheter 1 has been contracted in the esophagus of the subject via the nasopharyngeal route, said medical balloon catheter 1 has a proximal end 2 and a distal end 3, the inflation lumen 20 comprises at least one inflatable balloon 4, 4 'in fluid inflation lumen 21 in fluid communication with the catheter tube 5 toward the elongated catheter tube 5, and a distal end 3 which extends into the inflation lumen 21 is configured to carry at least one inflatable balloon 4, 4 'to the inflation fluid in the presence of the removable inner tube 6, contracted by inserting a medical balloon catheter 1,
−治療領域に少なくとも1つの膨張可能なバルーン4、4'を位置決めすること、 - positioning the at least one inflatable balloon 4, 4 'to the treatment area,
−膨張ルーメン21に除去可能なインナーチューブ6を挿入すること(図5)であって、該除去可能なインナーチューブ6は、細長い本体、開口9近位端7、閉鎖10遠位端8、及び内部に延びている線源ワイヤルーメン22を有し、 - a inserting a removable inner tube 6 into the inflation lumen 21 (FIG. 5), inner tube 6 can be the removal, elongated body, the opening 9 proximal end 7, a closed 10 distal end 8 and, has a radiation source wire lumen 22 extending therein,
−上記除去可能なインナーチューブ6は、膨張ルーメン21の長さの少なくとも一部に対して挿入及び除去されるように構成され、 - the removable inner tube 6 is configured to be inserted and removed for at least a portion of the length of the inflation lumen 21,
−線源ワイヤルーメン22は、治療用放射線源20を担持する線源ワイヤ19を収納するように構成される、 - the source wire lumen 22 configured to store source wire 19 bearing a therapeutic radiation source 20,
除去可能なインナーチューブ6を挿入すること、 Inserting a removable inner tube 6,
−少なくとも1つの膨張可能なバルーン4、4'を膨張させること(図7)、 - inflating at least one inflatable balloon 4, 4 '(FIG. 7),
−線源ワイヤルーメン22を通して治療領域まで放射線源ワイヤ19を前進させて、一定の放射線量を投与すること(図8)、 - and advancing the radiation source wire 19 through the source wire lumen 22 to the treatment area, the administration of a constant dose (FIG. 8),
−放射線源ワイヤ19を除去すること、 - removing the radiation source wire 19,
−少なくとも1つの膨張可能なバルーン4、4'を収縮させること、 - the deflating at least one inflatable balloon 4, 4 ',
−除去可能なインナーチューブ6を抜去すること、及び −後続の治療セッションのために医療用バルーンカテーテル1をその場に任意に残すこと、 - that removing the removable inner tube 6, and - leaving the medical balloon catheter 1 for subsequent therapy sessions arbitrarily in place,
を含む、食道に小線源療法を施す方法である。 Including a method of applying the brachytherapy to the esophagus.

本明細書に記載のキット及び方法は、鼻咽頭経路を経由して食道の小線源療法を開始することを可能にする。 Kits and methods described herein, allows the via nasopharyngeal route starts brachytherapy of the esophagus. 医療用バルーンカテーテルは、後述するような可撓性の本体を有し、非専門家でも鼻咽頭経路を経由して食道に挿入することができる。 Medical balloon catheter has a flexible body as described below, even in non-specialist can be inserted into the esophagus via the nasopharyngeal route. 通常は口腔手術後に被験者に栄養供給する場合の、栄養(feeding)チューブの挿入は、訓練を追加しなくても看護師が実施することができる技法であることは、当該技術分野において既知である。 When usually the nutrient supply to the subject after oral surgery, nutritional (- feeding) tube insertion, it nurse without any additional training is a technique that can be implemented it is known in the art . したがって、同じ経路を用い且つ同様の可撓性を有する本発明のカテーテルは、看護師等の非専門家が同じ技法を用いて挿入することができる。 Thus, the catheter of the present invention and having a similar flexible using the same path can be non-specialist nurses or the like is inserted using the same technique. これは、訓練を受けた胃腸科専門医によってキット及び方法が利用されなければならないような、また大きなアプリケータを挿入するのに内視鏡及びガイドワイヤの使用を必要とする従来技術に勝る改良点である。 This improvement over the prior art that require the use of an endoscope and guidewire by gastroenterologists trained as kits and methods must be utilized, also to insert a large applicator it is. 非専門家が治療の大部分を行うことができるようにすることによって、本発明は、胃腸科専門医の時間及び処置の費用を節約する。 By non-specialist to be able to do most of the treatment, the present invention saves the cost of time and treatment of gastroenterologist. この利益に加えて、患者の体験も改善される。 In addition to this benefit, the patient's experience is also improved. すなわち、鎮静せずに処置に耐えることができ、不快感を伴わずに長期間にわたってカテーテルが別個に装着される。 In other words, able to withstand the treatment without sedation, the catheter over a long period of time without discomfort it is separately mounted.

本発明の別の実施形態は、子宮の内壁に小線源療法を施す方法であって、 Another embodiment of the present invention is a method of applying the brachytherapy to the inner wall of the uterus,
−頸部経路を経由して被験者の子宮に収縮した医療用バルーンカテーテル1を挿入することであって、医療用バルーンカテーテル1は、近位端2及び遠位端3を有し、膨張ルーメン20が内部に延びている細長いカテーテルチューブ5、及び遠位端3に向かってカテーテルチューブ5の膨張ルーメン21と流体連通している少なくとも1つの膨張可能なバルーン4、4'を備え、カテーテルチューブ5は、除去可能なインナーチューブ6の存在下で少なくとも1つの膨張可能なバルーン4、4'に膨張流体を運ぶように構成される、収縮した医療用バルーンカテーテル1を挿入すること、 - the method comprising inserting a medical balloon catheter 1 has been contracted to the subject of the uterus via the cervical route, a medical balloon catheter 1 has a proximal end 2 and a distal end 3, the inflation lumen 20 There comprising at least one inflatable balloon 4, 4 'in fluid inflation lumen 21 in fluid communication with the catheter tube 5 toward the elongated catheter tube 5, and a distal end 3 and extends inside the catheter tube 5 configured to carry at least one inflatable balloon 4, 4 'to the inflation fluid in the presence of the removable inner tube 6, contracted by inserting a medical balloon catheter 1,
−治療領域に少なくとも1つの膨張可能なバルーン4、4'を位置決めすること、 - positioning the at least one inflatable balloon 4, 4 'to the treatment area,
−膨張ルーメン21に除去可能なインナーチューブ6を挿入すること(図5)であって、該除去可能なインナーチューブ6は、細長い本体、開口9近位端7、閉鎖10遠位端8、及び内部に延びている線源ワイヤルーメン22を有し、 - a inserting a removable inner tube 6 into the inflation lumen 21 (FIG. 5), inner tube 6 can be the removal, elongated body, the opening 9 proximal end 7, a closed 10 distal end 8 and, has a radiation source wire lumen 22 extending therein,
−上記除去可能なインナーチューブ6は、膨張ルーメン21の長さの少なくとも一部に対して挿入及び除去されるように構成され、 - the removable inner tube 6 is configured to be inserted and removed for at least a portion of the length of the inflation lumen 21,
−線源ワイヤルーメン22は、治療用放射線源20を担持する線源ワイヤ19を収納するように構成される、 - the source wire lumen 22 configured to store source wire 19 bearing a therapeutic radiation source 20,
除去可能なインナーチューブ6を挿入すること、 Inserting a removable inner tube 6,
−少なくとも1つの膨張可能なバルーン4、4'を膨張させること(図7)、 - inflating at least one inflatable balloon 4, 4 '(FIG. 7),
−線源ワイヤルーメン22を通して治療領域まで放射線源ワイヤ19を前進させて、一定の放射線量を投与すること(図8)、 - and advancing the radiation source wire 19 through the source wire lumen 22 to the treatment area, the administration of a constant dose (FIG. 8),
−放射線源ワイヤ19を除去すること、 - removing the radiation source wire 19,
−少なくとも1つの膨張可能なバルーン4、4'を収縮させること、 - the deflating at least one inflatable balloon 4, 4 ',
−除去可能なインナーチューブ6を抜去すること、及び −後続の治療セッションのために医療用バルーンカテーテル1をその場に任意に残すこと、 - that removing the removable inner tube 6, and - leaving the medical balloon catheter 1 for subsequent therapy sessions arbitrarily in place,
を含む、子宮の内壁に小線源療法を施す方法である。 Including a method of applying the brachytherapy to the inner wall of the uterus.

医療用バルーンカテーテルは、後述するような可撓性の本体を有し、非専門家によって子宮頸を経由して子宮に挿入することができる。 Medical balloon catheter has a flexible body as described later, via the cervix by a non-expert can be inserted into the uterus. 子宮腔内への子宮計の挿入が、訓練を追加しなくても放射線腫瘍医が実施することができる技法であることは、当該技術分野において既知である。 Insertion of uterine meter to the uterine cavity may be radiation oncologist without any additional training is a technique that can be implemented are known in the art. したがって、同じ経路を用い且つ同様の可撓性を有する本発明のカテーテルは、放射線腫瘍医等の非専門家が同じ技法を用いて挿入することができる。 Thus, the catheter of the present invention and having a similar flexible using the same path may be non-experts radiation oncologist and the like is inserted using the same technique. これは、訓練を受けた婦人科医によってキット及び方法が利用されなければならないような、また大きなアプリケータの挿入を必要とする従来技術に勝る改良点である。 This is as kits and methods must be utilized by gynecologists trained, also an improvement over the prior art which require the insertion of a large applicator. 非専門家が治療の大部分を行うことができるようにすることによって、本発明は、婦人科医の時間及び処置の費用を節約する。 By non-specialist to be able to carry out a large part of the treatment, the present invention is, to save the cost of time and treatment of the gynecologist. この利益に加えて、患者の体験も改善される。 In addition to this benefit, the patient's experience is also improved. すなわち、この手法は、分割治療を可能にし、不快感を伴わずに長期間にわたってカテーテルが別個に装着される。 That is, this technique allows the split treatment, the catheter over an extended period of time without discomfort is separately mounted.

本発明の別の実施形態は、乳房切除腔に小線源療法を施す方法であって、 Another embodiment of the present invention is a method for performing brachytherapy to a breast resection cavity,
−乳房腫瘍を除去した(例えば乳房温存手術)後の被験者の乳房切除腔に収縮した医療用バルーンカテーテル1を挿入することであって、医療用バルーンカテーテル1は、近位端2及び遠位端3を有し、膨張ルーメン20が内部に延びている細長いカテーテルチューブ5、及び遠位端3に向かってカテーテルチューブ5の膨張ルーメン21と流体連通している少なくとも1つの膨張可能なバルーン4、4'を備え、膨張ルーメン21は、除去可能なインナーチューブ6の存在下で少なくとも1つの膨張可能なバルーン4、4'に膨張流体を運ぶように構成される、収縮した医療用バルーンカテーテル1を挿入すること、 - the method comprising inserting a medical balloon catheter 1 has been contracted in the breast resection cavity of a subject after the removal of the breast tumors (e.g. breast conserving surgery), medical balloon catheter 1, a proximal end 2 and a distal end 3 has, at least one inflatable balloon inflation lumen 20 is in fluid inflation lumen 21 in fluid communication with the catheter tube 5 toward the elongated catheter tube 5, and a distal end 3 which extends into 4,4 'provided with, inflation lumen 21, at least one inflatable balloon 4, 4 in the presence of the removable inner tube 6' configured to carry inflation fluid to the insert deflated medical balloon catheter 1 It is,
−治療領域に少なくとも1つの膨張可能なバルーン4、4'を位置決めすること、 - positioning the at least one inflatable balloon 4, 4 'to the treatment area,
−膨張ルーメン21に除去可能なインナーチューブ6を挿入すること(図5)であって、該除去可能なインナーチューブ6は、細長い本体、開口9近位端7、閉鎖10遠位端8、及び内部に延びている線源ワイヤルーメン22を有し、 - a inserting a removable inner tube 6 into the inflation lumen 21 (FIG. 5), inner tube 6 can be the removal, elongated body, the opening 9 proximal end 7, a closed 10 distal end 8 and, has a radiation source wire lumen 22 extending therein,
−上記除去可能なインナーチューブ6は、膨張ルーメン21の長さの少なくとも一部に対して挿入及び除去されるように構成され、 - the removable inner tube 6 is configured to be inserted and removed for at least a portion of the length of the inflation lumen 21,
−線源ワイヤルーメン22は、治療用放射線源20を担持する線源ワイヤ19を収納するように構成される、 - the source wire lumen 22 configured to store source wire 19 bearing a therapeutic radiation source 20,
除去可能なインナーチューブ6を挿入すること、 Inserting a removable inner tube 6,
−少なくとも1つの膨張可能なバルーン4、4'を膨張させること(図7)、 - inflating at least one inflatable balloon 4, 4 '(FIG. 7),
−線源ワイヤルーメン22を通して治療領域まで放射線源ワイヤ19を前進させて、一定の放射線量を投与すること(図8)、 - and advancing the radiation source wire 19 through the source wire lumen 22 to the treatment area, the administration of a constant dose (FIG. 8),
−放射線源ワイヤ19を除去すること、 - removing the radiation source wire 19,
−少なくとも1つの膨張可能なバルーン4、4'を収縮させること、 - the deflating at least one inflatable balloon 4, 4 ',
−除去可能なインナーチューブ6を抜去すること、及び −後続の治療セッションのために医療用バルーンカテーテル1をその場に任意に残すこと、 - that removing the removable inner tube 6, and - leaving the medical balloon catheter 1 for subsequent therapy sessions arbitrarily in place,
を含む、乳房切除腔に小線源療法を施す方法である。 Including a method of applying the brachytherapy to the breast resection cavity.

医療用バルーンカテーテルは、手術痕を経由して又は皮膚を通して乳房切除腔に挿入することができる。 The medical balloon catheter can be inserted into the breast resection cavity through with or transdermal surgery scar. 不快感を伴わずに長期間にわたってカテーテルが別個に装着される。 Catheter is separately mounted over a long period of time without discomfort.

装置の装着、挿入、及び抜去を容易に行うことができることで、長期的な分割根治治療が可能となる。 Mounting the device, insertion, and removal that can be performed easily, thereby enabling long-term division curative treatment. 1日当たりの放射線量(radioactive dose)を低減することができ、例えば10回〜30回の複数の治療セッションで治療から次の治療までの間隔を大きくとって(例えば、1日)照射することができる。 Daily dose (radioactive dose) can be reduced, for example, 10 times to 30 times from treatment with multiple treatment sessions taking large interval to the next treatment (e.g., 1 day) to be irradiated it can. 放射線量を低減した分割治療は、組織への損傷を減らすことにより、瘢痕化(線維症及びその後の狭窄)の可能性を減らす。 Fractionated treatment with reduced radiation dose, by reducing the damage to the tissue, reduce the possibility of scarring (fibrosis and subsequent stenosis). 食道癌の場合、これは、遅発性の線維症に起因する食道管の閉鎖を防止することができる。 In the case of esophageal cancer, this is, it is possible to prevent the closure of the esophageal tube due to the late onset of fibrosis. 対照的に、従来の治療は、患者がアプリケータの挿入及び装着のストレス及び不快感から数回(例えば、3回〜5回)以上の治療に耐えられないため、各セッションで高線量を照射しなければならない。 In contrast, conventional treatment, because the patient several times from stress and discomfort insertion and mounting of the applicator (e.g., three times to five times) not tolerate more treatment, irradiation with high dose at each session Must. その結果、食道管の狭窄(線維症に起因する)が従来技術ではよく見られる。 As a result, (due to fibrosis) narrowing of the esophagus tube is common in the prior art.

分割(複数回、例えば5回〜30回)治療は、1回〜3回の治療における高線量の照射と比較して組織の忍容性が高い。 Dividing (several times, for example 30 times 5 times) therapy, well tolerated in the tissue compared to the high dose irradiation in one to three treatments. 例えば、外部放射線療法(50Gy)後のブーストを、週2回3×5Gy、総線量15Gyで、又は10回のセッションで20Gyを与えることにより、与えることができる。 For example, a boost after external radiotherapy (50 Gy), twice a week 3 × 5 Gy, the total dose 15 Gy, or by giving a 20Gy in 10 sessions, can be given. 患者が手術を受けない場合、10×2Gyではなく3×5Gyを与えることによって線維症及び狭窄の危険が高くなる。 If the patient is not undergoing surgery, the risk of fibrosis and stenosis increases by giving 3 × 5 Gy instead 10 × 2 Gy. これは、例えば食道内腔を広げるために患者が後で定期的に拡張術を受けなければならなくなることを意味する。 This means that the patient will have to undergo regular dilation later to extend the example esophageal lumen. これは、外傷性があり苦痛である。 This is a pain there is traumatic.

食道小線源療法用の従来技術のGerard−Bonvoisinプローブ(Nucletron,Veenendael, The Netherlands)は、1回〜3回の治療セッションを可能にし得るが、これは、従来の浅麻酔下にある半意識状態の患者でさえも非常に厳しく外傷的であると感じるであろう。 The prior art for oesophageal brachytherapy Gerard-Bonvoisin probe (Nucletron, Veenendael, The Netherlands) is may allow to 3 times of treatment session once, this is semi-conscious under conventional light anesthesia even the condition of the patient will also feel to be a very severe traumatic. はるかに外傷性の低い本発明のシステムは、線量増加の可能性を改善するとともに食道癌を患う患者の治癒率を向上させる外来分割治療を可能にする。 System much less traumatic present invention allows for outpatient fractionated treatment to improve the cure rate for patients suffering from esophageal cancer as well as improve the likelihood of dose escalation. 例えば、分割小線源療法を用いた20Gyの照射が実行可能となり、食道癌治療の手法を大幅に改善する。 For example, irradiation of 20Gy using split brachytherapy becomes feasible, and greatly improves the approach of oesophageal cancer treatment.

手術を受ける患者の場合、化学療法及び外部放射線療法に小線源療法を加えることで、病理標本上の生存癌細胞の全滅率(total eradication)が高まる。 For patients undergoing surgery, the addition of brachytherapy to chemotherapy and external radiotherapy, annihilation rate of viable cancer cells on pathological samples (total eradication) is increased. 食道癌を扱う多くの臨床試験において、放射線化学療法に対する完全奏効者のみが長期間生存することが示されているため、食道癌治療の治癒率を高めるために、おそらく本発明を用いて完全奏効者の割合を今日の30%〜50%から50%〜70%に上昇させる必要がある。 In many clinical trials dealing with esophageal cancer, since only complete responders to radiation chemotherapy has been shown to survive for long periods, in order to increase the cure rates of oesophageal cancer therapy, possibly complete response using the present invention it is necessary to raise the percentage of people 50% to 70% from 30% to 50% today.

緩和治療の場合、使いやすい分割小線源療法は、この極めて侵攻性の高い疾患での無進行期間を増やすために、例えば食道内ステントと組み合わせて付加的な手段となる。 For palliative treatment, easy to use split brachytherapy, in order to increase the time to progression in this extremely high aggressive disease, such as an additional means in combination with the esophageal stent.

「遠位」及び「近位」という用語は、本明細書を通して用いられ、装置の外科医側に近いこと(近位)又は外科医側から遠いこと(遠位)を意味するように当該分野において概して理解される用語である。 The term "distal" and "proximal" is used throughout the specification, generally in the art to mean closer to the surgeon side of the apparatus further from (proximal) or surgeon side (distal) it is a term that is understood. したがって、「近位」は、外科医側に近いこと、したがって患者側から遠いことを意味する。 Therefore, "proximal", close to the surgeon side and, therefore, means that far from the patient side. 逆に、「遠位」は、患者側に近いこと、したがって外科医側から遠いことを意味する。 Conversely, "distal", close to the patient side and, therefore, means that far from the surgeon side.

近位端2及び遠位端3を有する医療用バルーンカテーテル1(図1)は、膨張ルーメン21が内部に延びている細長いカテーテルチューブ5、及び遠位端3に向かってカテーテルチューブ5の膨張ルーメン21と流体連通している少なくとも1つの膨張可能なバルーン4、4'を備える。 The medical balloon catheter 1 having a proximal 2 and distal end 3 (FIG. 1) is an inflation lumen of the catheter tube 5 inflation lumen 21 toward the elongated catheter tube 5, and a distal end 3 and extends into comprising at least one inflatable balloon 4, 4 'are in fluid 21 in fluid communication. 医療用カテーテル1の遠位端はシールされる。 The distal end of the medical catheter 1 is sealed.

医療用バルーンカテーテル1は、細長いカテーテルチューブ5から形成される可撓性の尾部によって遠位端3において延長することができ、この延長尾部は、装置が食道癌の治療に用いられる場合に安定用長手方向アンカとして働くことができる。 The medical balloon catheter 1 may be extended at the distal end 3 by tail of the flexible formed from elongated catheter tube 5, the extension tail stabilizing if the device is used in the treatment of esophageal cancer it can serve as a longitudinal anchor. 尾部は、食道壁に対して固定されることで、医療用カテーテル1が咳又はくしゃみによって被験者から放出される可能性を減らす。 Tail, that is fixed to the esophageal wall, reducing the possibility that the medical catheter 1 is released from the subject by coughing or sneezing.

医療用バルーンカテーテル1のサイズは、適当な通路、例えば鼻咽頭経路、膣経路、及び頸部経路を通して、又は皮膚穿刺部を通して導入するのに十分な細さである。 The size of the medical balloon catheter 1, a suitable passage, for example nasopharyngeal route, vaginal route, and through the neck pathway, or a sufficient fineness to introduce through the skin puncture. これは、キンク時に損傷を受けないほど十分に可撓性があり、治療部位に前進させるために必要なプッシャビリティ自体を有さない。 This has as a sufficiently flexible not damaged during kink, no pushability per se necessary to advance to the treatment site. これらは、詳細に後述する細長いカテーテルチューブ5及びバルーン4、4'の特性によって決まる。 These are determined by the properties of the elongated catheter tube 5 and balloon 4, 4 'to be described later in detail.

医療用バルーンカテーテル1の設計は、プッシャワイヤを用いた挿入、抜去、及び装着を容易にすることが有利である。 Design medical balloon catheter 1 is inserted with the pusher wire, it is advantageous to facilitate removal and mounting. 装着の際、カテーテルチューブ5の近位端は、皮膚に固定され、例えば、食道治療の場合、接着ストリップ、特に低刺激性接着ストリップを用いて鼻孔に固定されて鼻孔及び/又は頬の周りでキンクされ得る。 During mounting, the proximal end of the catheter tube 5 is fixed to the skin, for example, in the case of esophageal treatment, adhesive strip, in particular fixed to the nostril using a hypoallergenic adhesive strips nostrils and / or around the cheeks It may be kink. 鼻孔への固定により、バルーン領域に対応する医療用カテーテル1の治療部の安定した正確な位置決めが得られる。 The fixing of the nostrils, a stable and accurate positioning of the treatment portion of the medical catheter 1 which corresponds to the balloon area is obtained. 装着中キンクしているこの固定部分は、除去インナーチューブ6の挿入を進めて線源導入を可能にするために各治療セッション前に定期的に伸ばされ又は「キンクを解かれ」得る。 The fixed part that kink during wear is "solved kink" regularly stretched or before each treatment session in order to enable source introducing complete the insertion of the removal inner tube 6 to obtain. 皮膚への固定は、カテーテルが体から出る地点において、他の癌の治療と同様に施すことができる。 Fixed to the skin, the catheter is at the point where exiting from the body can be applied similarly to the treatment of other cancers.

医療用バルーンカテーテル1は、開口近位端2が設けられる細長いカテーテルチューブ5(図1)を備え、開口近位端2は、チューブの長手方向の長さに延びる膨張ルーメン21へのアクセスを提供する。 The medical balloon catheter 1 has a open proximal end 2 an elongated catheter tube 5 provided (FIG. 1), open proximal end 2 providing access to the inflation lumen 21 extending in the longitudinal direction of the length of the tube to. 近位端は、除去可能なインナーチューブ6の挿入のため及びプッシャワイヤ11の挿入のために、膨張流体を入れることができる開口を提供する。 The proximal end for insertion and for pusher wire 11 of the insertion of the removable inner tube 6, provides an aperture that can contain inflation fluid.

膨張ルーメン21には、カテーテルチューブ5の遠位端3に向かって位置付けられる少なくとも1つの膨張可能なバルーンが流体連通する。 The inflation lumen 21, at least one inflatable balloon positioned towards the distal end 3 of the catheter tube 5 is in fluid communication. 膨張ルーメン20は、カテーテルチューブ5の壁にある複数の孔30を介して少なくとも1つの膨張可能なバルーン4、4'と流体連通し得る。 Inflation lumen 20 may in fluid communication with at least one inflatable balloon 4, 4 'via a plurality of holes 30 in the wall of the catheter tube 5. 膨張ルーメン21を通して生理食塩水等の膨張流体を加えることで、少なくとも1つの膨張可能なバルーン4、4'が開き、半径方向に拡張して食道壁と接触することができるようになる。 Inflation lumen 21 through by adding an inflation fluid such as saline, at least one inflatable balloon 4, 4 'is opened, it is possible to contact the wall of the esophagus to expand radially.

細長いカテーテルチューブ5は、遠位バルーン(複数可)の遠位側の直近で終わり得るか、又はこのバルーン(複数可)の遠位の方向にさらに延び得ることで、食道壁に対する安定用長手方向アンカとして働くことができる延長尾部を医療用バルーンカテーテル1に与え得る。 An elongated catheter tube 5, or obtained at the end in the last distal of the distal balloon (s), or by the balloon may further extend distal to the direction (s), longitudinal stabilizing against the esophageal wall the extension tails that can serve as an anchor capable of providing the medical balloon catheter 1. 尾部は、医療用カテーテル1が咳又はくしゃみによって被験者から放出される可能性を減らす。 Tail reduces the possibility that the medical catheter 1 is released from the subject by coughing or sneezing. 細長いカテーテルチューブ5の遠位端はシールされる。 The distal end of the elongated catheter tube 5 is sealed.

細長いカテーテルチューブ5の直径は、適当な通路、例えば鼻咽頭経路、膣経路、及び頸部経路を通して、又は皮膚穿刺部を通して導入するのに十分な細さである。 The diameter of the elongated catheter tube 5 is suitable passages, for example nasopharyngeal route, vaginal route, and through the neck pathway, or a sufficient fineness to introduce through the skin puncture. 細長いカテーテルチューブ5は、柔軟(flaccid:弛緩性)又はキンク可能であるものとして述べられ得る。 An elongated catheter tube 5 is flexible: can be described as a (flaccid flaccid) or possible kinking. これは、プッシャビリティ、すなわち、治療部位への進入点を通して、例えば適当な通路、例えば鼻咽頭経路、膣経路、及び頸部経路を通して、又は皮膚穿刺部を通して前進させるためにカテーテルの近位端から遠位端に力を伝達する能力が不十分である。 This pushability, i.e., through the entry point to a treatment site, for example, suitable passage, for example nasopharyngeal route, vaginal route, and through the neck passage, or from the proximal end of the catheter to advance through the skin puncture the ability to transmit a force to the distal end is insufficient. キンク可能又は柔軟であることは、例えば管形の壁の圧潰を引き起こしてキンク又は皺として知られる折り目を生じさせる程度まで、少なくとも半分にこれを折り曲げることができることを意味する。 Kink possible or flexible, for example to the extent that causes the folds known causing collapse of the tubular wall as a kink or wrinkles, which means that can be folded so at least half. キンクは、細長いカテーテルチューブ5の長手方向軸に交差する。 Kink crosses the longitudinal axis of the elongated catheter tube 5. 細長いカテーテルチューブ5にはキンク可能な性質があるため、チューブを伸ばすことで、細長いカテーテルチューブ5の壁に損傷を与えることなくキンクが除去される。 Because the elongated catheter tube 5 has a kink can nature, by extending the tube, kink without damage to the wall of the elongated catheter tube 5 is removed. より重要なことに、細長いカテーテルチューブ5の完全性及び寸法、特に膨張ルーメン21の完全性及び寸法に影響がないため、除去可能なインナーチューブの挿入がキンクにより損傷を受けた壁によって妨げられることがない。 More importantly, the integrity and dimensions of the elongated catheter tube 5, there is no particular effect on the integrity and dimensions of the inflation lumen 21, the insertion of the removable inner tube is prevented by a wall that is damaged due to kinks there is no. したがって、伸びた又はキンクを解いた状態の膨張ルーメン21が除去可能なインナーチューブ6を摺動可能に収納することができるように、細長いカテーテルチューブ5は、細長いカテーテルチューブ5の壁に損傷を与えることなく折り曲げられ得る。 Thus, as the inner tube 6 inflatable lumen 21 in the state of solving elongation or kink removal can be slidably accommodated, the elongated catheter tube 5, damage to the wall of the elongated catheter tube 5 it can be folded without. すなわち、除去可能なインナーチューブ6は、実質的に支障なくキンクの位置を通過して前進することができる。 Namely, removable inner tube 6 can be advanced through a position substantially without hindrance kink. 細長いカテーテルチューブ5は、キンク時に損傷を受けないほど十分に柔軟である。 An elongated catheter tube 5 is sufficiently flexible so as not to be damaged during kink. これは、蛇行路を通した操縦に十分な可撓性と、良好なプッシャビリティ、すなわちカテーテルの近位端から遠位端に力を伝達する能力を与えるのに十分な剛性とを通常は提供する、キンク不可能な材料から作られる普通のカテーテルチューブ材から逸脱している。 This is a sufficient flexibility to maneuver through the tortuous path, good pushability, i.e. provide usually a sufficient rigidity to provide the ability to transmit force from the proximal end to the distal end of the catheter to, deviates from the usual catheter tubing made of kink non materials. しかしながら、従来技術のそのようなチューブ材は、チューブの壁に損傷を与えずにキンクに耐えることができない。 However, such tubing of the prior art can not withstand kinking without damaging the wall of the tube. さらに、従来技術のそのようなカテーテルは、硬すぎて長期の快適な装着に向かない。 Furthermore, such catheters of the prior art, not suitable too hard for long term comfortable fit. 「キンク可能」及び「キンク不可能」という用語は、当該分野において既知である。 The term "kink possible" and "kink impossible" are known in the art.

本発明の一実施形態によれば、チューブの可撓性は、比較的測定しやすい特性、例えばチューブの断面直径及び1つ又は複数の材料の弾性(ヤング)係数Eに関して述べられる。 According to an embodiment of the present invention, the flexible tube is described with respect to relatively easily measured characteristics, for example the elasticity of the cross-sectional diameter and one or more materials of the tube (Young) Factor E. チューブが単一の材料から成る場合、可撓性は、曲げ軸に関する断面の慣性モーメントIとヤング係数Eとの積の逆数として定義され得る。 If the tube is made of a single material, flexibility can be defined as the reciprocal of the product of the cross-section moment of inertia I and the Young's modulus E about bending axis. 積EIは、科学文献において梁の「曲げ剛性」として知られている。 Product EI is known as "flexural rigidity" of the beam in the scientific literature. 単一の材料の円形ワイヤの場合、慣性モーメントIはπd /64であり、式中、dはチューブの外径である。 For round wire of a single material the moment of inertia I is [pi] d 4/64, where, d is the outer diameter of the tube. したがって、曲げ剛性はEI=πEd /64となる。 Thus, the bending rigidity becomes EI = πEd 4/64. これは、或る点でのチューブの可撓性を定義する。 This defines a flexible tube at a certain point. したがって、EIを2倍にするとチューブの剛性が2倍になると言われている。 Therefore, it is said that the rigidity of the tube is doubled when doubling the EI.

チューブの一端を固定して保持し、均一な断面を有する他端においてチューブ軸に対して垂直に既知の重量又は力を加えることにより、原軸である直線軸からの撓みは、可撓性に比例、すなわちチューブの曲げ剛性に反比例する。 And held by fixing one end of the tube, by adding a known weight or force perpendicular to the tube axis at the other end having a uniform cross-section, the deflection from the linear axis is the original axis, flexible proportional, i.e. inversely proportional to the flexural rigidity of the tube. 撓みは、加わる力又は重量並びに試験される長さの3乗にも比例する。 Deflection, also proportional to the force or weight, as well as the cube of the the length test applied. したがって、既知の撓みを引き起こすのに必要な既知の荷重又は力に対応する撓みを、チューブの可撓性又は曲げ剛性の直接的な尺度として用いることができる。 Thus, the deflection corresponding to a known load or the force required to cause deflection of the known can be used as a direct measure of flexibility or bending stiffness of the tube. 撓みの試験は、例えば、参照により本明細書に援用される欧州特許第1666083号に記載されている。 Testing deflection, for example, it is described in European Patent No. 1666083, which is incorporated herein by reference.

本発明の一態様によれば、カテーテルチューブ5のグラムでの曲げ剛性は、除去可能なインナーチューブ6の曲げ剛性よりも低い。 According to one aspect of the present invention, the flexural rigidity in grams of the catheter tube 5 is less than the bending rigidity of the removable inner tube (6). カテーテルチューブ5の曲げ剛性は、除去可能なインナーチューブ6の曲げ剛性よりも1%、2%、3%、4%、5%、6%、7%、8%、9%、10%、11%、12%、13%、14%、15%、16%、17%、18%、19%、20%、25%、30%、35%、40%、45%、50%、60%、70%、又は80%以上、若しくは上記値の任意の2つの間の値以上低くてもよい。 Flexural rigidity of the catheter tube 5, 1% than the bending rigidity of the removable inner tube (6), 2%, 3%, 4%, 5%, 6%, 7%, 8%, 9%, 10%, 11 %, 12%, 13%, 14%, 15%, 16%, 17%, 18%, 19%, 20%, 25%, 30%, 35%, 40%, 45%, 50%, 60%, 70%, or 80% or more, or any may be greater than or equal low between two of the values. 好ましくは、カテーテルチューブ5のグラムでの曲げ剛性は、除去可能なインナーチューブ6の曲げ剛性よりも1%〜60%低い。 Preferably, the flexural rigidity in grams of the catheter tube 5 is from 1% to 60% less than the flexural rigidity of the removable inner tube 6.

上述のように、カテーテルチューブ5は、被験者の進入点を通して治療部位まで前進させるのに必要なプッシャビリティを有し得ない。 As described above, the catheter tube 5 may not have the pushability required to advance to a treatment site through entry point of the subject. 本発明の一態様によれば、カテーテルチューブ5のプッシャビリティは、除去可能なインナーチューブ6のプッシャビリティよりも低い。 According to one aspect of the present invention, pushability of the catheter tube 5 is less than the pushability of the removable inner tube 6. 除去可能なインナーチューブ6は、この場合はカテーテルチューブ5の膨張ルーメン21を通して前進させるのに十分なプッシャビリティを提供するという点で、当該技術分野のカテーテルチューブ材によりよく見られるものである。 Removable inner tube 6, in this case in that it provides sufficient pushability to advance through the inflation lumen 21 of the catheter tube 5, but seen better catheter tubing of the art.

本発明の別の態様によれば、カテーテルチューブ5は、機械力(例えば、引張、圧縮)を加えると変形し力を除去すると以前の形状に戻ることを可能にする形状回復性を有する。 According to another aspect of the present invention, the catheter tube 5, mechanical force (e.g., tension, compression) has a shape recovery property that enables to return to a previous shape upon removal of the deformed force and added. この特性は、カテーテルチューブ5を損傷なく曲げ且つキンクさせること、より詳細には、ルーメン21の完全性を維持して除去可能なインナーチューブ6を実質的に支障なく通過させることを可能にする。 This property, be and kink bent without damage to the catheter tube 5, and more particularly, to permit substantially passing without hindrance the removable inner tube 6 to maintain the integrity of the lumen 21. 除去可能なインナーチューブ6等の低い形状回復性を示すチューブ材では、それを曲げることで、線源ワイヤルーメン22に永久的な損傷を与えるとともに線源ワイヤ19の自由な通過を阻止又は妨害する折り目キンクが生じる。 The tubing showing a lower shape recovery property of the inner tube 6 or the like which can be removed, by bending it, to prevent or interfere with the free passage of the source wire 19 together with the permanent damage to the source wire lumen 22 fold kink occurs.

カテーテルチューブ5は、膨張圧力に耐えるのに十分な強度を伴って必要特性(例えば、キンク不可能な低い/不十分なプッシャビリティ等)を提供する任意の適当な材料から作られ、生体適合性がある。 The catheter tube 5 is made from any suitable material providing the necessary characteristics with sufficient strength (e.g., kink not lower / insufficient pushability etc.) to withstand the inflation pressure, biocompatible there is. 適当な材料は、ポリウレタン又はポリウレタン含有化合物等、当該技術分野において既知であるがこれらに限定されない。 Suitable materials include polyurethane or polyurethane-containing compounds such as, but known in the art without limitation.

カテーテルチューブ5の膨張ルーメン21の直径は、除去可能なインナーチューブ6を収容するように構成される。 The diameter of the inflation lumen 21 of the catheter tube 5 is configured to accommodate a removable inner tube 6. カテーテルチューブ5の膨張ルーメン21の直径は、除去可能なインナーチューブ6を容易に前進させ且つ膨張ルーメン21から除去することができるように、除去可能なインナーチューブ6の外径よりも十分に大きくすべきである。 The diameter of the inflation lumen 21 of the catheter tube 5, as the removable inner tube 6 can be removed easily from the advancing and inflation lumen 21, to sufficiently larger than the outer diameter of the removable inner tube 6 it should. 概して、膨張ルーメン21の直径は、除去可能なインナーチューブ6の外径よりも1%、2%、3%、4%、5%、6%、7%、8%、9%、10%、11%、12%、13%、14%、15%、16%、17%、18%、19%、20%、25%、30%、35%、40%、45%、又は50%大きい。 Generally, the diameter of the inflation lumen 21, 1% than the outer diameter of the removable inner tube 6, 2%, 3%, 4%, 5%, 6%, 7%, 8%, 9%, 10%, 11%, 12%, 13%, 14%, 15%, 16%, 17%, 18%, 19%, 20%, 25%, 30%, 35%, 40%, 45%, or 50% greater.

本発明の一態様によれば、膨張ルーメン21の直径は、1.2mm、1.3mm、1.4mm、1.5mm、1.6mm、1.7mm、1.8mm、1.9mm、2.0mm、2.2mm、2.4mm、2.6mm、2.8mm、3.0mm、3.2mm、3.4mm、3.6mm、3.8mm、4.0mm、又は上記値の任意の2つの間の値、好ましくは1.4mm〜2.8mmである。 According to one aspect of the present invention, the diameter of the inflation lumen 21, 1.2mm, 1.3mm, 1.4mm, 1.5mm, 1.6mm, 1.7mm, 1.8mm, 1.9mm, 2. 0mm, 2.2mm, 2.4mm, 2.6mm, 2.8mm, 3.0mm, 3.2mm, 3.4mm, 3.6mm, 3.8mm, 4.0mm, or any two of the aforementioned values value between, preferably 1.4Mm~2.8Mm.

本発明の一態様によれば、カテーテルチューブ5の壁は、0.1mm、0.2mm、0.3mm、0.4mm、0.5mm、0.6mm、0.7mm、0.8mm、0.9mm、1.0mm、又は上記値の任意の2つの間の値、好ましくは0.1mm〜0.4mmの厚さを有する。 According to one aspect of the present invention, the wall of the catheter tube 5, 0.1mm, 0.2mm, 0.3mm, 0.4mm, 0.5mm, 0.6mm, 0.7mm, 0.8mm, 0. 9 mm, 1.0 mm or any two values ​​between the values, preferably has a thickness of 0.1 mm to 0.4 mm.

本発明の一態様によれば、カテーテルチューブ5の外径は、2mm、3mm、4mm、5mm、6mm、又は上記値の任意の2つの間の値、好ましくは3mm〜4mmである。 According to one aspect of the present invention, the outer diameter of the catheter tube 5, 2 mm, 3 mm, 4 mm, 5 mm, 6 mm or any two values ​​between the values, preferably from 3 mm to 4 mm.

本発明の一態様によれば、カテーテルチューブ5は、近位端2から第1の近位側バルーン4まで単体のチューブ材から形成される。 According to one aspect of the present invention, the catheter tube 5 is formed from a single piece of tubing from the proximal end 2 to the first proximal balloon 4. 本発明の一態様によれば、カテーテルチューブ5は、近位端2から最後の遠位側バルーン4'まで単体のチューブ材から形成される。 According to one aspect of the present invention, the catheter tube 5 is formed from a single piece of tubing from the proximal end 2 to the end of the distal balloon 4 '.

本発明の一態様によれば、カテーテルチューブ5は、周方向圧力を加えることによって変形を防止又は低減するように近位端2において補強され、そのような周方向圧力は、後述の膨張継手によって加えられ得る。 According to one aspect of the present invention, the catheter tube 5 is reinforced at the proximal end 2 to prevent or reduce deformation by the application of circumferential pressure, by such circumferential pressure below the expansion joint It can be added. カテーテルチューブ5は、例えばニチノール(nitenol)又はポリエーテルエーテルケトン(PEEK)のアウターチューブの使用によって近位端における壁の厚さを増加することによって補強され得る。 The catheter tube 5, for example, may be reinforced by increasing the thickness of the wall at the proximal end by the use of the outer tube of nitinol (nitenol) or polyetheretherketone (PEEK). この実施形態は、図10に示されており、この場合、ニチノール又はPEEKのチューブ45がカテーテルチューブ5の外側に同軸配置で取り付けられる。 This embodiment is shown in FIG. 10, in this case, the tube 45 of nitinol or PEEK is attached coaxially arranged outside of the catheter tube 5. 代替的に、カテーテルチューブ5は、例えばニチノール又はPEEKのインナーチューブの使用によって近位端における壁の厚さを増加することによって補強され得る。 Alternatively, the catheter tube 5, for example, may be reinforced by increasing the thickness of the wall at the proximal end by the use of nitinol or PEEK of the inner tube. この実施形態は、図11に示されており、この場合、ニチノール又はPEEKのチューブ46がカテーテルチューブ5の膨張キャビティ21に同軸配置で挿入される。 This embodiment is shown in Figure 11, in this case, the tube 46 of nitinol or PEEK is inserted coaxially disposed inflation cavity 21 of the catheter tube 5. 代替的に、カテーテルチューブ5は、接着又は溶接によってカテーテルチューブの近位端に接合する延長チューブ材によって補強されてもよく、この延長チューブ材は、編組チューブ材、ニチノール又はPEEKチューブ材等の必要な周方向圧縮強度を有するチューブ材から作られる。 Alternatively, the catheter tube 5 may be reinforced by an extension tubing to be joined to the proximal end of the catheter tube by bonding or welding, the extension tubing is braided tubing, required as nitinol or PEEK tubing made from tubing having a circumferential compressive strength. この実施形態は、図12に示されており、この場合、ニチノール又はPEEKのチューブ47がカテーテルチューブ5の近位端に取り付けられる。 This embodiment is illustrated in FIG. 12, in this case, the tube 47 of nitinol or PEEK is attached to the proximal end of the catheter tube 5. そのような延長片は、当該技術分野において一般的に用いられており、そのような延長片を含むように本発明を適合させることは、十分に当業者の実施の範囲内である。 Such extension pieces are commonly employed in the art, to adapt the present invention to include such extension pieces, it is well within the skilled artisan embodiment. 補強は、カテーテルチューブ5の歪みを防止することによって、カテーテルチューブ5の壁に加わる周方向圧力を用いてシールする膨張継手への取り付けを容易にする。 Reinforcement, by preventing distortion of the catheter tube 5, to facilitate attachment to the expansion joint to seal with a circumferential pressure exerted on the wall of the catheter tube 5. 補強部品45、46、47の長さは、0.5cm〜5cmであり得る。 The length of the reinforcing component 45, 46 and 47 may be 0.5Cm~5cm.

本発明の一態様によれば、医療用カテーテル1又はカテーテルチューブ5の近位端と遠位端との間に非伸長性のコードが配置されているか、又はこのコードが、特に除去可能なインナーチューブ6の導入又は除去時に医療用カテーテル1又はカテーテルチューブ5の長手方向伸長を防止する。 According to one aspect of the present invention, either inextensible cord between the proximal and distal ends of the medical catheter 1 or catheter tube 5 is disposed, or the code is, in particular removable inner to prevent longitudinal extension of the medical catheter 1 or catheter tube 5 at the time of introduction or removal of the tube 6. コードは、カテーテルチューブ5の壁の中、外側、又は内側に設けて、医療用カテーテル1の少なくとも近位端2及び遠位端3に取り付けることができる。 Code, in the wall of the catheter tube 5, the outer, or disposed inside can be attached to at least the proximal end 2 and distal end 3 of the medical catheter 1. コードは、線源導入を可能にする除去可能なインナーチューブ6の導入時に医療用カテーテル1に一定の長さを与える。 Code provides a certain length during the medical catheter 1 the introduction of the removable inner tube 6 that allows source introduction. 好ましくは、コードは、ステンレス鋼、チタン、白金、ニッケル、ポリテトラフルオロエチレン(PTFE)、PEEK、又は他の適当な生体適合性材料から作られる。 Preferably, the code stainless steel, titanium, platinum, nickel, polytetrafluoroethylene (PTFE), made from PEEK or other suitable biocompatible material.

本発明の一態様によれば、医療用カテーテル1は、カテーテルチューブ5の壁の長さの少なくとも一部に沿って記される可視目盛を備える。 According to one aspect of the present invention, the medical catheter 1 comprises visible graduations marked along at least a portion of the length of the wall of the catheter tube 5. 目盛は、バルーン4、4'、又は他の遠位部分が治療対象領域と一致するように、例えば鼻孔縁に対する医療用カテーテル1の挿入に必要な長さをユーザが特定することを可能にし得る。 Scale, the balloon 4, 4 ', or other distal portion may allow the treated area to match the user to identify the length required for insertion of the medical catheter 1 for example nostril rim . 目盛は、予め決められた深さに挿入することによって、例えば分割治療時に後続の医療用カテーテル1を挿入して正しく位置合わせすることも可能にすることにより、その後の挿入時にボディスキャナの必要をなくす。 Scale, by inserting to a depth previously determined, for example, by allowing also be combined insert and properly position subsequent medical catheter 1 during fractionated treatment, subsequent the need for the body scanner during insertion lose. 本発明の一態様によれば、目盛は、医療用カテーテル1の近位側2の半分にある。 According to one aspect of the present invention, the scale is in the half of the proximal side 2 of the medical catheter 1. 本発明の別の態様によれば、目盛は、規則的な数字表示を用いてセンチメートル単位で記される。 According to another aspect of the present invention, the scale is marked in centimeters with regular numeric display.

カテーテル1及び除去可能なインナーチューブ6は、同軸組立体を利用しているが、バルーン(複数可)を膨張させるための別個の膨張ルーメンと、除去可能なインナーチューブ6、プッシャワイヤ11、及び線源ワイヤ19を保持する機能を果たす1つ又は複数の別個のルーメンとを提供する、マルチルーメン設計を利用することが可能であることを理解すべきである。 The catheter 1 and removable inner tube 6, although using a coaxial assembly, a separate inflation lumen, removable inner tube 6 for inflating the balloon (s), pusher wire 11, and the line providing one or more separate lumens serves to hold the source wire 19, it should be understood that it is possible to utilize a multilumen design.

カテーテルチューブ5の設計は、挿入、抜去、及び装着を容易にすることが有利である。 Design of the catheter tube 5 is inserted, it is advantageous to facilitate removal and mounting. 装着の際、カテーテルチューブ5の近位端は、接着ストリップ、特に低刺激性接着ストリップを用いて鼻孔に固定されて鼻孔及び/又は頬の周りでキンクされ得る。 During mounting, the proximal end of the catheter tube 5, the adhesive strip may be kinked around the nostril and / or buccal is particularly fixed to the nostril using a hypoallergenic adhesive strips. 固定により、バルーン領域に対応する医療用カテーテル1の治療部分の安定した位置決めが得られる。 The fixed, stable positioning of the treating portion of medical catheter 1 which corresponds to the balloon area is obtained. この固定部分は、除去インナーチューブ6の挿入を進めて線源導入を可能にするために各治療セッション前に定期的に「キンクを解かれ」得る。 The fixed part is periodically "solved kinks" before each treatment session in order to enable source introducing complete the insertion of the removal inner tube 6 to obtain.

医療用カテーテル1には、細長いカテーテルチューブ5の膨張ルーメン21と流体連通する1つ又は複数の(例えば、2個、3個、4個、5個、6個、7個、8個の)バルーン4、4'が設けられる。 The medical catheter 1, an elongated catheter tube 5 inflation lumen 21 and one fluid communication or multiple (eg, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8) Balloon 4, 4 'are provided. 1つ又は複数のバルーン4、4'(別段の指示がない限り、本明細書では「バルーン」と呼ぶ)は、半径方向に拡張して治療を受ける血管又は組織の壁に接触する膨張可能な部材である。 One or more balloons 4, 4 '(unless otherwise indicated, are referred to herein as "balloon") is expandable to contact the vessel or tissue wall treated to extend radially it is a member. そのようなバルーンは、当該技術分野において既知である。 Such balloons are known in the art. 食道癌の場合、バルーンの機能は、食道内腔を満たして医療用カテーテル1をバルーンの領域で食道の中心軸と位置合わせすることであるため、放射線量が食道壁に均等に供給される。 For esophageal cancer, the function of the balloon, because it meets the esophageal lumen it is to the medical catheter 1 aligned with the central axis of the esophagus in the region of the balloon, the radiation dose is evenly supplied to the esophageal wall. 子宮癌の場合、バルーンの機能は、子宮腔を満たして医療用カテーテル1をバルーンの領域で子宮腔の中心と位置合わせすることであるため、放射線量が子宮壁に均等に供給される。 For uterine cancer, the function of the balloon, because it is possible to align the center of the uterine cavity in a region of the balloon of the medical catheter 1 satisfies the uterine cavity, the radiation dose is evenly supplied to the uterine wall. 乳癌の場合、バルーンの機能は、乳房組織の腫瘍切除腔を満たして医療用カテーテル1をバルーンの領域で作られた切除腔の中心と位置合わせすることであるため、放射線量が乳房組織の周囲壁に均等に供給される。 For breast cancer, the function of the balloon, around the for is to centering the position of the resection cavity made the medical catheter 1 in the region of the balloon meets the tumor resection cavity in the breast tissue, the radiation dose is breast tissue It is evenly supplied to the wall. 使用の際、バルーンは、放置すれば増殖し続けるであろう細胞に放射線量が影響を及ぼすことを可能にするのに十分な時間にわたって、その拡張状態(図7、図8)に保持される。 In use, the balloon, for a sufficient time will continue to grow if left cell to allow the radiation dose influences, is held in its expanded state (FIG. 7, FIG. 8) . 好ましくは、十分な放射線量を約1分〜約60分照射して癌を治療することができる。 Preferably, it is possible to treat cancer by irradiating a sufficient radiation dose of about 1 minute to about 60 minutes. バルーンは、その拡張状態で、食道壁に押し当たるか又は少なくとも近接し、そうすることで放射線源を中心合わせする。 The balloon, in its expanded state, strikes or at least close push the esophagus wall, to center the radiation source in doing so. この放射線源の中心合わせは、組織又は血管のすべての部分ができる限り均一に且つできる限り均等な量で放射線を受けるようにするのに重要である。 The radiation source centering of is important to to receive radiation in an amount equivalent as possible uniform and as possible all parts of the tissue or blood vessels. また、中心合わせは、放射線熱傷又はホットスポットが標的領域の部分で発生するのを防止するのに役立つ。 Furthermore, centering the radiation burns or hot spots helps to prevent the occurrence of the portion of the target region.

非膨張状態のバルーン4、4'は、バルーンの長手方向中心軸の周りで周方向に互いに離間した複数の半径方向及び軸方向に延びる「ウィング」として設けられ得る。 The balloon 4, 4 'of the uninflated state, a plurality of radially extending and axially spaced from one another circumferentially about the longitudinal central axis of the balloon may be provided as a "wing". ウィングは、所望の方法で横方向に巻くか又は折り畳むことができる。 Wings can be folded or rolled in the transverse direction in a desired manner. 折り畳んだバルーンの周りに弾性スリーブを配置してもよい。 An elastic sleeve may be placed around the folded balloon. バルーン4、4'は、食道の内壁に接触する程度まで本質的に半径方向に膨張するように構成される。 The balloon 4, 4 'is configured to inflate essentially radially to the extent that contacts the inner wall of the esophagus. バルーン4、4'は、膨張及び収縮した後で比較的小型の断面で折り畳み直されるように構成され得る。 The balloon 4, 4 'may be configured to be re folding a relatively small cross-section after expansion and contraction. この特徴は、収縮したカテーテルの患者からの抜去を容易にする。 This feature facilitates the removal from a patient's deflated catheter.

本発明の一態様によれば、非膨張状態のバルーン4、4'の外径は、3mm、4mm、5mm、6mm、又は上記値の任意の2つの間の値、好ましくは3mm〜4mmである。 According to one aspect of the present invention, the outer diameter of the balloon 4, 4 'of the uninflated state, 3 mm, 4 mm, 5 mm, 6 mm or any two values ​​between the values,, it is preferably 3mm~4mm .

本発明の一態様によれば、膨張状態のバルーン4、4'の外径は、10mm、11mm、12mm、13mm、14mm、15mm、16mm、17mm、18mm、19mm、20mm、21mm、22mm、23mm、24mm、25mm、26mm、27mm、28mm、29mm、30mm、31mm、32mm、33mm、34mm、35mm、36mm、37mm、38mm、39mm、40mm、41mm、42mm、43mm、44mm、45mm、46mm、47mm、48mm、49mm、50mm、又は上記値の任意の2つの間の値、好ましくは10mm〜50mmである。 According to one aspect of the present invention, the outer diameter of the balloon 4, 4 'of the expansion state, 10mm, 11mm, 12mm, 13mm, 14mm, 15mm, 16mm, 17mm, 18mm, 19mm, 20mm, 21mm, 22mm, 23mm, 24mm, 25mm, 26mm, 27mm, 28mm, 29mm, 30mm, 31mm, 32mm, 33mm, 34mm, 35mm, 36mm, 37mm, 38mm, 39mm, 40mm, 41mm, 42mm, 43mm, 44mm, 45mm, 46mm, 47mm, 48mm, 49 mm, 50 mm or any two values ​​between the values, preferably 10 mm to 50 mm. 食道癌の治療の場合、膨張状態のバルーン4、4'の外径は、10mm〜35mmであることが好ましい。 For the treatment of esophageal cancer, the external diameter of the balloon 4, 4 'of the inflated state is preferably 10Mm~35mm. 子宮癌の治療の場合、膨張状態のバルーン4、4'の外径は、15mm〜35mmであることが好ましい。 For the treatment of uterine cancer, an outer diameter of the balloon 4, 4 'of the inflated state is preferably 15Mm~35mm. 乳癌の治療の場合、膨張状態のバルーン4、4'の外径は、30mm〜50mmであることが好ましい。 For the treatment of breast cancer, the external diameter of the balloon 4, 4 'of the inflated state is preferably 30 mm to 50 mm.

バルーン4、4'は、ポリウレタン、シリコーン、ラテックス、ポリ(エチレンテレフタレート)(PET)、又はポリアミド等の弾性材料から作られる。 The balloon 4, 4 'are made polyurethane, silicone, latex, poly (ethylene terephthalate) (PET), or an elastic material such as polyamide. 拡張カテーテルで用いられる従来のバルーン材料は、カテーテルでの使用に適したものである。 Conventional balloon materials used in dilatation catheters are those suitable for use with the catheter. 材料の組成に変化を加えて特性を変えることができる。 Properties can be changed by adding a change in the composition of the material.

バルーン4、4'は、当該技術分野の任意の既知の技法を用いて細長いカテーテルチューブ5に取り付けられ得る。 The balloon 4, 4 'may be attached to the elongated catheter tube 5 using any known technique in the art. 例えば、一般的に用いられる技法は、チューブ材の短片を用いて細長いカテーテルチューブ5の上にバルーンを結合するようなものである。 For example, commonly used technique is such as to bind the balloon over the elongated catheter tube 5 using a short piece of tubing. 一例は、細長いカテーテルチューブ5の上にバルーンを結合する熱収縮チューブ材である。 One example is a heat shrinkable tubing for coupling the balloon over the elongated catheter tube 5. 別の技法は、細長いカテーテルチューブ5の上でチューブ材を溶融すること、又は細長いカテーテルチューブ5の上にチューブ材を糊付けすること、又は細長いカテーテルチューブ5の上にチューブ材を溶接することである。 Another technique is to melt the tubing over the elongated catheter tube 5, or elongated to gluing the tubing over the catheter tube 5, or to weld the tubing over the elongated catheter tube 5 . 細長いカテーテルチューブ5は、サンドブラスト又はレーザ彫刻で細長いカテーテルチューブ5の結合面を粗面化又は改質することによって、チューブ材を取り付けるいずれかの技法を受けるように準備されることが多い。 An elongated catheter tube 5, by roughening or modifying the coupling surface of the elongated catheter tube 5 with sandblasting or laser engraving are often prepared to receive either technique of attaching a tubing.

バルーン4、4'には、放射線不透過性マーカが設けられ得る。 The balloon 4, 4 ', radiopaque markers may be provided. 放射線不透過性マーカは、体内の所望の場所でのバルーンの位置決めを容易にするために、バルーン付近の(例えば、バルーンの各軸端に隣接した)所定の場所に設けられ得る。 Radiopaque markers, to facilitate positioning of the balloon at the desired location in the body, in the vicinity of the balloon (e.g., adjacent to each axial end of the balloon) can be provided in place.

除去可能なインナーチューブ6(図2)は、線源ワイヤを収容してカテーテル1内の治療点に案内するための乾燥したルーメンを提供する。 Removable inner tube 6 (FIG. 2) houses the source wire provides a dry lumen for guiding the treatment point in the catheter 1. 除去可能なインナーチューブ6は、内部に延びる線源ワイヤルーメン22を備える細長いチューブであり、このルーメンは、遠位端8においてシール10される。 Removable inner tube 6 is an elongated tube comprising a source wire lumen 22 extending therein, the lumen is sealed 10 at a distal end 8. 除去可能なインナーチューブ6の遠位端8は、例えば丸みのある非外傷性先端を有する。 The distal end 8 of the removable inner tube 6 has a non-traumatic tip for example rounded. 除去可能なインナーチューブ6は、近位端7に開口9が開いており、線源ワイヤ19によるルーメン22へのアクセスを提供する。 Removable inner tube 6, the opening 9 is open to the proximal end 7, providing access by source wire 19 to the lumen 22. 重要なことに、線源ワイヤルーメン22は、遠位端8のシール10により膨張流体でのバルーンの膨張時に乾燥したままとなる。 Importantly, the source wire lumen 22, the seal 10 of the distal end 8 will remain dry during inflation of the balloon in the inflation fluid.

除去可能なインナーチューブ6は、膨張ルーメン21に導入されるのに十分なほど小さな外径、膨張ルーメン21の制限内で鼻咽頭経路の蛇行路をめぐって操縦されるのに十分な可撓性、及びプッシャビリティを与えるのに十分な剛性を有する。 Removable inner tube 6, small enough outer diameter to be introduced into the inflation lumen 21, flexible enough to be steered On tortuous path of the nasopharyngeal route within the limits of the inflation lumen 21, and It has sufficient rigidity to provide the pushability. 除去可能なインナーチューブ6は、キンク不可能又は非柔軟であるものとして述べられ得る。 Removable inner tube 6 may be described as a kink impossible or inflexible. キンク不可能又は非柔軟であることは、除去可能なインナーチューブ6をキンクさせると必ずチューブ6の壁が損傷を受けることを意味する。 It is kink impossible or inflexible, always wall of the tube 6 when to kink the removable inner tube 6 is meant that damaged. 上述のように、管形の壁の圧潰を引き起こすようにチューブを折り曲げるとキンクが形成されて、キンクとして知られる折り目を生じさせる。 As described above, a kink when bending the tube is formed to cause collapse of the tubular wall, causing folds known as kink. キンクによって生じる損傷は、1つ又は複数の応力の跡をもたらす。 Damage caused by kinking results in a trail of one or more stress. さらに、線源ワイヤルーメン22は、キンク後に制限を受けることにより、線源ワイヤ19の適切な挿入を阻止することになる。 Further, the source wire lumen 22, by restricted after kinking, will prevent proper insertion of the source wire 19. 線源ワイヤルーメン22を通して線源19を前進させるアフターローディング装置(afterloading machines)は、カテーテル内の抵抗に敏感である。 Afterloading device for advancing the source 19 through the source wire lumen 22 (afterloading machines) are sensitive to the resistance of the catheter. チューブのキンク後にアフターローディング装置が抵抗を検出した場合、線源が妨害されて自動的に抜去されることになる。 If the afterloading device after kink tube detects a resistor, so that the source is automatically removed been hampered. したがって、除去可能なインナーチューブ6をキンクさせることは避けるべきである。 Therefore, it should be avoided thereby kink the removable inner tube 6. 除去可能なインナーチューブ6のキンク不可能な性質は、或る程度の剛性及びプッシャビリティを提供するが、これは、除去可能なインナーチューブ6を線源19の前進によって変形させないようにするのに十分な強度も与える。 Kink impossible nature of the removable inner tube 6 is to provide a degree of stiffness and pushability, which, for so as not to deform the removable inner tube 6 by advancing the source 19 sufficient strength also give. 例えばキンク可能な又は柔軟なチューブで見られるような変形可能な特性は、線源の挿入がチューブの位置の変化を引き起こし得るため、除去可能なインナーチューブにとって不適切である。 For example deformable characteristic, as seen by a kink possible or flexible tube, because the insertion of the source may cause a change in the position of the tube, which is inappropriate for the removable inner tube. 線源位置は、治療の正確な線量測定を達成するために常に確定されているべきである。 Source position should be always determined to achieve the correct dosimetry of the treatment. 除去可能なインナーチューブ6は、上記特性を提供するカテーテルチューブ材で通常用いられる材料から作られる。 Removable inner tube 6 is made from a material commonly used in catheter tubing which provides said properties. 上述のように、「キンク可能」及び「キンク不可能」という用語は、当該分野において既知である。 As described above, the term "kink possible" and "kink impossible" are known in the art.

本発明の一態様によれば、除去可能なインナーチューブ6のグラムでの曲げ剛性は、カテーテルチューブ5の曲げ剛性よりも高い。 According to one aspect of the present invention, the flexural rigidity in grams of the removable inner tube 6 is greater than the bending stiffness of the catheter tube 5. 除去可能なインナーチューブ6の曲げ剛性は、カテーテルチューブ5の曲げ剛性よりも1%、2%、3%、4%、5%、6%、7%、8%、9%、10%、11%、12%、13%、14%、15%、16%、17%、18%、19%、20%、25%、30%、35%、40%、45%、50%、60%、70%、又は80%以上、若しくは上記値の任意の2つの間の値以上高くてもよい。 Flexural rigidity of removable inner tube 6, 1% than the bending rigidity of the catheter tube 5, 2%, 3%, 4%, 5%, 6%, 7%, 8%, 9%, 10%, 11 %, 12%, 13%, 14%, 15%, 16%, 17%, 18%, 19%, 20%, 25%, 30%, 35%, 40%, 45%, 50%, 60%, 70%, or 80% or more, or any may be greater than or equal higher between the two above values. 好ましくは、除去可能なインナーチューブ6のグラムでの曲げ剛性は、カテーテルチューブ5の曲げ剛性よりも1%〜60%高い。 Preferably, the flexural rigidity in grams of the removable inner tube 6 is from 1% to 60% higher than the flexural rigidity of the catheter tube 5.

上述のように、除去可能なインナーチューブ6は、被験者の進入点を通して治療部位まで前進させるのに必要なプッシャビリティを有する。 As mentioned above, the removable inner tube 6 has a pushability needed to advance to a treatment site through entry point of the subject. 本発明の一態様によれば、除去可能なインナーチューブ6のプッシャビリティは、カテーテルチューブ5のプッシャビリティよりも高い。 According to one aspect of the present invention, pushability of the removable inner tube 6 is greater than the pushability of the catheter tube 5. プッシャビリティは、チューブの近位端から遠位端に力を伝達する能力を指す。 Pushability refers to the ability to transmit force from the proximal end to the distal end of the tube. より詳細には、これは、その軸に沿って縦力が加えられるときのチューブの応答である。 More particularly, it is the response of the tube when the longitudinal force is applied along its axis. 小さな撓みの場合、チューブ材特性は、式(1)、すなわち k long =EA/L (1) For small deflections, the tubing properties, equation (1), i.e. k long = EA / L (1 )
によってばねの縦剛性が求められるばねシステムに近似すると考えられ、式中、k longは縦ばね定数、Eは弾性係数、Aは断面積、Lはチューブの長さである。 Vertical stiffness of the spring is believed to approximate the spring system is determined by, wherein the k long longitudinal spring constant, E is modulus of elasticity, A is the cross-sectional area, L is the length of the tube. プッシャビリティを最大にするために、当業者はk longの値を最大にする。 For maximum pushability, the skilled artisan to maximize the value of k long. チューブのプッシャビリティを最大にする際、チューブの断面積を最大にし、必要な可撓性を依然として提供する剛性材料を用いて弾性係数を最大にし、チューブの全長を減らすことが理解されるであろう。 When maximizing the pushability of the tube, to maximize the cross-sectional area of ​​the tube, the elastic modulus is maximized by using a rigid material to provide the necessary flexibility still, der which it is understood to reduce the overall length of the tube wax. 良好なプッシャビリティ特性を必要とする除去インナーチューブ6の場合、キンクがチューブ壁に取り返しのつかないほどの損傷を与えるため、キンクの傾向が低いことが重要な特性である。 For removal inner tube 6 that requires good pushability properties, since the kink damage of irretrievably into the tube wall, it is an important characteristic tendency of kinking it is low. 高度のプッシャビリティが望ましくない細長いチューブ5の場合、キンクの傾向が高くても許容可能である。 For elongated tube 5 high pushability is not desirable, even with a high tendency of kinking it is acceptable.

本発明の別の態様によれば、除去可能なインナーチューブ6は、(非常に薄い肉厚を理由の1つとして)形状回復性をほとんど又は全く有さないため、機械力(例えば、引張、圧縮力)が加わって変形した後に力を除去してもその以前の形状に戻らない。 According to another aspect of the present invention, the removable inner tube 6, because no (very small thickness as one of the reasons) shape recovery little or no mechanical force (e.g., tension, be removed force after compression) is deformed to join does not return to its previous shape. これは、カテーテルチューブ5を損傷なく曲げ且つキンクさせることを可能にする、より詳細には、ルーメン21の完全性を維持して除去可能なインナーチューブ6を通過させることを可能にする、形状回復性を有するカテーテルチューブ5とは異なる。 This makes it possible to bend and kink without damage to the catheter tube 5, and more particularly, makes it possible to pass through the removable inner tube 6 to maintain the integrity of the lumen 21, the shape recovery different from the catheter tube 5 having sex. 形状回復性が低いことによって、除去可能なインナーチューブ6を曲げて折れ目キンクを形成することは、線源ワイヤルーメン22に永久的な損傷を与えるとともに線源ワイヤ19の自由な通過を阻止又は妨害する。 By low shape recovery, to form a crease kink bend the removable inner tube 6, the blocking free passage of the source wire 19 together with the permanent damage to the source wire lumen 22 or to disturb.

除去可能なインナーチューブ6は、十分な剛性及び強度を伴って所望の特性(キンク不可能なチューブ、良好なプッシャビリティ)を提供する任意の適当な材料から作られ、生体適合性がある。 Removable inner tube 6 is made from any suitable material that provides the desired properties with sufficient rigidity and strength (kinked impossible tube, good pushability), are biocompatible. 適当な材料は、ポリイミド、PEEK、又はポリエチレン等、当該技術分野において既知である。 Suitable materials are known polyimide, PEEK, or polyethylene, in the art. 除去可能なインナーチューブ6をPTFE又はテフロン(登録商標)の層で被覆して、潤滑性を与えてもよい。 The removable inner tube 6 by coating with a layer of PTFE or Teflon, may be provided lubricity. 代替的に、除去可能なインナーチューブ6の先端を油で被覆してもよい。 Alternatively, the tip of the removable inner tube 6 may be coated with oil. 潤滑性は、長さが最長1mであり得るカテーテルの全長で膨張ルーメン21に対して挿入及び抜去するのに役立つ。 Lubricity helps insertion and withdrawal with respect to the inflation lumen 21 in the entire length of the catheter length can be a maximum of 1 m.

除去可能なインナーチューブ6の近位端は、放射性源ワイヤ19を供給する放射線アフターローディング装置上のフィッティングに結合することができるアダプタに接続され得る。 The proximal end of the removable inner tube 6 may be connected to the adapter which can be coupled to a fitting on a radiation afterloading apparatus for supplying radioactive source wire 19.

除去可能なインナーチューブ6の線源ワイヤルーメン22の直径は、放射性源ワイヤ19を容易に前進させ且つ線源ワイヤルーメン22から除去することができるように、放射性源ワイヤ19の直径よりも十分に大きくすべきである。 The diameter of the source wire lumen 22 of the removable inner tube 6, so that it can be removed from the radioactive source wire 19 is easily advanced and radiation source wire lumen 22 is sufficiently than the diameter of the radioactive source wire 19 It should be greater. 概して、線源ワイヤルーメン22の直径は、放射性源ワイヤ19の直径よりも1%、2%、3%、4%、5%、6%、7%、8%、9%、10%、11%、12%、13%、14%、15%、16%、17%、18%、19%、20%、25%、30%、35%、40%、45%、又は50%大きい。 Generally, the diameter of the source wire lumen 22, 1% than the diameter of the radioactive source wire 19, 2%, 3%, 4%, 5%, 6%, 7%, 8%, 9%, 10%, 11 %, 12%, 13%, 14%, 15%, 16%, 17%, 18%, 19%, 20%, 25%, 30%, 35%, 40%, 45%, or 50% greater.

本発明の一態様によれば、線源ワイヤルーメン22の直径は、0.4mm、0.5mm、0.6mm、0.7mm、0.8mm、0.9mm、1.0mm、1.2mm、1.4mm、1.6mm、1.8mm、1.9mm、又は2.0mm、又は上記値の任意の2つの間の値、好ましくは0.5mm〜1.9mm、より好ましくは0.5mm〜1.2mmである。 According to one aspect of the present invention, the diameter of the source wire lumen 22, 0.4mm, 0.5mm, 0.6mm, 0.7mm, 0.8mm, 0.9mm, 1.0mm, 1.2mm, 1.4 mm, 1.6 mm, 1.8 mm, 1.9 mm, or 2.0mm, or any two values ​​between the values, preferably 0.5Mm~1.9Mm, more preferably 0.5mm~ it is 1.2mm.

本発明の一態様によれば、除去可能なインナーチューブ6の壁は、0.1mm、0.2mm、0.3mm、0.4mm、0.5mm、0.6mm、0.7mm、0.8mm、0.9mm、1.0mm、又は上記値の任意の2つの間の値、好ましくは0.1mm〜0.4mmの厚さを有する。 According to one aspect of the present invention, the removable wall of the inner tube 6, 0.1mm, 0.2mm, 0.3mm, 0.4mm, 0.5mm, 0.6mm, 0.7mm, 0.8mm , 0.9 mm, 1.0 mm or any two values ​​between the values, preferably has a thickness of 0.1 mm to 0.4 mm.

本発明の一態様によれば、除去可能なインナーチューブ6は、除去可能なインナーチューブ6の壁の長さの少なくとも一部に沿って記される可視目盛を備える。 According to one aspect of the present invention, the removable inner tube 6 is provided with a visible graduations marked along at least a portion of the length of the removable wall of the inner tube 6. 目盛は、遠位端8が治療対象領域と一致するように、挿入に必要な除去可能なインナーチューブ6の長さをユーザが特定することを可能にし得る。 Scale, such that the distal end 8 matches the treated area, the length of the inner tube 6 possible removal required to insert the user may allow to identify. 目盛は、予め決められた深さに挿入することによって、例えば分割治療時に後続の除去可能なインナーチューブ6を挿入して正しく位置合わせすることも可能にすることにより、その後の挿入時にボディスキャナの必要をなくす。 Scale, by inserting to a depth previously determined, for example by also makes it possible to properly align and insert the inner tube 6 possible subsequent removal during fractionated treatment, body scanner during subsequent insertion eliminate the need. 本発明の一態様によれば、目盛は、除去可能なインナーチューブ6の近位側7の半分にある。 According to one aspect of the present invention, the scale is in the half of the proximal 7 of the removable inner tube 6. 本発明の別の態様によれば、目盛は、規則的な数字表示を用いてセンチメートル単位で記される。 According to another aspect of the present invention, the scale is marked in centimeters with regular numeric display.

本発明の一態様によれば、除去可能なインナーチューブ6は、周方向圧力を加えることによって変形を防止又は低減するように近位端7に又はそこに向かって補強され、そのような周方向圧力は、後述の膨張継手によって加えられ得る。 According to one aspect of the present invention, the removable inner tube 6 is proximal end 7 so as to prevent or reduce deformation by the application of circumferential pressure or reinforced towards the bottom, such circumferential direction pressure may be applied by expansion joints which will be described later. 除去可能なインナーチューブ6は、例えばニチノール又はPEEKのアウターチューブの使用によって近位端における又は該近位端に向かう壁の厚さを増加することによって補強され得る。 Removable inner tube 6, for example, may be reinforced by increasing the thickness of the wall towards the or proximal end at the proximal end by the use of nitinol or PEEK of the outer tube. この実施形態は、図13に示されており、この場合、ニチノール又はPEEKのチューブ48が除去可能なインナーチューブ6の外側に同軸配置で取り付けられる。 This embodiment is illustrated in FIG. 13, in this case, the tube 48 of nitinol or PEEK is attached coaxially arranged outside the removable inner tube 6. 代替的に、除去可能なインナーチューブ6は、例えばニチノール又はPEEKのインナーチューブの使用によって近位端における又は該近位端に向かう壁の厚さを増加することによって補強され得る。 Alternatively, removable inner tube 6 may, for example, may be reinforced by increasing the thickness of the wall towards the or proximal end at the proximal end by the use of nitinol or PEEK of the inner tube. この実施形態は、図14に示されており、この場合、ニチノール又はPEEKの補強チューブ49が除去可能なインナーチューブ6の線源ワイヤルーメン22に同軸配置で挿入される。 This embodiment is illustrated in Figure 14, in this case, the stiffening tube 49 of nitinol or PEEK is inserted coaxially disposed source wire lumen 22 of the removable inner tube 6. 代替的に、除去可能なインナーチューブ6は、接着又は溶接によって除去可能なインナーチューブ6の近位端に接合する延長チューブ材によって補強されてもよく、この延長チューブ材は、編組チューブ材、ニチノール又はPEEKチューブ材等の必要な圧縮強度を有するチューブ材から作られる。 Alternatively, the removable inner tube 6 may be reinforced by an extension tubing to be joined to the proximal end of the removable inner tube 6 by bonding or welding, the extension tubing is braided tubing, Nitinol or made from tubing with the requisite compression strength of PEEK tubing and the like. そのような延長片は、当該技術分野において一般的に用いられており、そのような延長片を含むように本発明を適合させることは、十分に当業者の実施の範囲内である。 Such extension pieces are commonly employed in the art, to adapt the present invention to include such extension pieces, it is well within the skilled artisan embodiment. この実施形態は、図15に示されており、この場合、ニチノール又はPEEKの補強チューブ50が除去可能なインナーチューブ6の近位端に取り付けられる。 This embodiment is illustrated in Figure 15, in this case, the stiffening tube 50 of nitinol or PEEK is attached to the proximal end of the removable inner tube 6. 補強は、除去可能なインナーチューブ6の歪みを防止することによって、除去可能なインナーチューブ6の壁に加わる周方向圧力を用いてシールする膨張継手への取り付けを容易にする。 Reinforcement, by preventing distortion of the removable inner tube 6, to facilitate attachment to the expansion joint to seal with a circumferential pressure applied to the removable wall of the inner tube 6. 補強部品の長さは、0.5cm〜5cmであり得る。 The length of the reinforcing component may be 0.5Cm~5cm.

ニチノール又はPEEKの補強チューブ48が除去可能なインナーチューブ6の外側に同軸配置で取り付けられている、図13に示す実施形態の変形形態では、補強チューブ48に、補強チューブ48の近位端に向かって又は該近位端に環状リッジ51が配置され得る(図16)。 Stiffening tube 48 of nitinol or PEEK is attached coaxially arranged outside the removable inner tube 6, a variant of the embodiment shown in FIG. 13, the reinforcing tube 48, towards the proximal end of the stiffening tube 48 annular ridges 51 may be placed Te or proximal end (Figure 16). リッジ51は、膨張継手12の近位ポート13よりも大きな直径を有するため(以下を参照)、近位ポート13を通過することができない。 Ridge 51 (see below) since it has a larger diameter than the proximal port 13 of the inflation coupling 12, can not pass through the proximal port 13. したがって、環状リッジ51は、除去可能なインナーチューブ6を医療用バルーンカテーテル1に挿入すべき深さを示す較正停止部(calibration stop)として働く。 Thus, the annular ridge 51 serves the removable inner tube 6 as a calibration stop showing the depth to be inserted into the medical balloon catheter 1 (calibration stop). 本発明の一態様によれば、環状リッジ51が配置される補強チューブ48の位置は、除去可能なインナーチューブ6の長さに沿って調整可能である。 According to one aspect of the present invention, the position of the stiffening tube 48 that an annular ridge 51 is arranged is adjustable along the length of the removable inner tube 6. 本発明の別の態様によれば、環状リッジ51が配置される補強チューブ48の位置は、除去可能なインナーチューブ6の長さに対して固定される。 According to another aspect of the present invention, the position of the stiffening tube 48 that an annular ridge 51 is placed is fixed to the removable length of the inner tube 6.

本発明の一態様によれば、除去可能なインナーチューブ6は、医療用バルーンカテーテル1よりも長い。 According to one aspect of the present invention, the removable inner tube 6 is longer than the medical balloon catheter 1. チューブをより長くすることで、膨張ルーメン21への挿入時にインナーチューブ6を医療用バルーンカテーテル1から突出させることができるため、医療用バルーンカテーテル1の近位端及び除去可能なインナーチューブ6の近位端を膨張継手12に結合することができ、除去可能なインナーチューブ6をアフターローダに結合することができる。 By a longer tube, since during insertion into the inflation lumen 21 can be protruded to the inner tube 6 from the medical balloon catheter 1, proximal of the proximal end and the removable inner tube 6 of the medical balloon catheter 1 it can combine proximal end to the inflation coupling 12, the removable inner tube 6 can be attached to the afterloader. 本発明の一態様によれば、除去可能なインナーチューブ6は、医療用バルーンカテーテル1よりも3cm、4cm、5cm、6cm、7cm、8cm、9cm、10cm、11cm、15cm、20cm、25cm、30cm、35cm、40cm、45cm、50cm、55cm、60cm、65cm、70cm、75cm、80cm、85cm、90cm長く、好ましくは、食道用途では5cm〜15cm長く、乳房用途及び子宮用途では10cm〜80cm長い。 According to one aspect of the present invention, the removable inner tube 6, 3 cm than the medical balloon catheter 1, 4cm, 5cm, 6cm, 7cm, 8cm, 9cm, 10cm, 11cm, 15cm, 20cm, 25cm, 30cm, 35cm, 40cm, 45cm, 50cm, 55cm, 60cm, 65cm, 70cm, 75cm, 80cm, 85cm, 90cm long, preferably, 5Cm~15cm long esophageal applications, 10Cm~80cm long breast applications and uterine applications.

本発明の一態様によれば、キットは、例えば鼻咽頭経路、頸部経路、皮膚穿刺部等を経由した被験者への挿入時に医療用カテーテル1に剛性を与えるために、膨張ルーメン21に対して挿入及び除去されるように構成されるプッシャワイヤ11(図3)をさらに備える。 According to one aspect of the present invention, the kit can comprise, for example nasopharyngeal route, the cervical route, in order to provide rigidity to the medical catheter 1 during insertion into a subject via the skin puncture and the like, with respect to the inflation lumen 21 further comprising a configured to be inserted and removed pusher wire 11 (FIG. 3). プッシャワイヤは、カテーテルチューブ5のプッシャビリティを高めるために膨張ルーメン21に挿入されるように、且つカテーテルチューブ5の柔軟性を回復するために膨張ルーメン21から取り出されるように構成される。 Pusher wire is to be inserted into the inflation lumen 21 to enhance the pushability of the catheter tube 5, and configured to be removed from the inflation lumen 21 to restore the flexibility of the catheter tube 5. プッシャワイヤは、当該技術分野において既知であり、高度の可撓性及びプッシャビリティを有することで所望の経路に沿って前進させることを可能にする細長いロッドを通常は備える。 Pusher wire are known in the art, usually comprises an elongated rod that allows to advance along a desired path by having a high degree of flexibility and pushability. プッシャワイヤ11は、中空の中心を有するばねコイルから通常は形成される。 Pusher wire 11 is usually a spring coil having a hollow center is formed. プッシャワイヤ11は、普通はステンレス鋼から作られるが、ニチノール又は他の生体適合性材料から作ってもよい。 Pusher wire 11 is usually but made of stainless steel, it may be made from Nitinol or other biocompatible material.

本発明の一態様によれば、キットは、バルーン4の膨張を可能にするためにカテーテルチューブ5の近位端を膨張ポンプ30に結合するように構成される膨張継手12(図6、図7、図8、図9)をさらに備える。 According to one aspect of the present invention, the kit is configured inflation coupling 12 as the proximal end of the catheter tube 5 to allow for inflation of the balloon 4 is coupled to inflation pump 30 (FIG. 6, FIG. 7 further comprising 8, Figure 9). これは、膨張時に、除去可能なインナーチューブ6が膨張ルーメン21に挿入されると上記除去可能なインナーチューブ6の開口9近位端7へのアクセスを可能にする。 This is when inflated, removable inner tube 6 to allow when inserted into the inflation lumen 21 to access the opening 9 proximal end 7 of the removable inner tube 6.

通常、膨張継手12(図6)は、遠位シール16が配置されている遠位ポート14、近位シール15が配置されている近位ポート13、及びポンプ継手17を備え、これらは継手12のチャンバ27と流体接続されている。 Usually, inflation coupling 12 (FIG. 6), the distal port 14 distal seal 16 is arranged, provided with a proximal proximal port 13 seal 15 is disposed and a pump coupling 17, and these joints 12 It is connected chamber 27 of the fluid. ポンプ継手17は、弁18に動作可能に接続されることが好ましい。 Pump coupling 17 is preferably operably connected to the valve 18.

遠位ポート14は、カテーテルチューブ5の近位端を受け入れ、該カテーテルチューブ5の本体に対してシールを形成することができる。 The distal port 14 accepts the proximal end of the catheter tube 5, it is possible to form a seal against the body of the catheter tube 5. 好ましくは直径がより狭い近位ポート13は、除去可能なインナーチューブ6を受け入れ、開口9の遠位側で除去可能なインナーチューブ6の本体に対してシールを形成することができる。 Preferably the proximal port 13 narrower in diameter accepts the removable inner tube 6, it is possible to form a seal against the distal side in the main body of the removable inner tube 6 of the opening 9. 近位ポート13は、カテーテルチューブ5のより広い直径を受け入れることができない可能性がある。 The proximal port 13 may not be able to accept a wider diameter of the catheter tube 5. その結果、カテーテル端の近位端は、チャンバ27内に位置付けられてポンプ継手17と流体連通する。 As a result, the proximal end of the catheter end is in fluid communication with the pump fitting 17 is positioned within the chamber 27.

近位ポート13及び遠位ポート14が占拠されると、カテーテルチューブ5の膨張ルーメン21と膨張ポンプ30(図7)への接続用のポンプ継手17との間にこうして水密接続が形成される。 When the proximal port 13 and distal port 14 is occupied, thus watertight connection between the inflation lumen 21 and the inflation pump 30 (FIG. 7) pump coupling 17 for connection to the catheter tube 5 is formed. ポンプ継手17は、ねじ接続、押し込み接続、ルアー接続、又は他の適当な継手であり得る。 Pump fittings 17, screw connection, push to connect, may be Luer connection or other suitable coupling.

本発明の一実施形態は、膨張継手12であって、 One embodiment of the invention, a expansion joint 12,
−カテーテルチューブ5の近位端を受け入れて該カテーテルチューブ5の本体に対してシールを形成するように構成される遠位ポート14と、 - a distal port 14 configured to accept the proximal end of the catheter tube 5 to form a seal against the body of the catheter tube 5,
−カテーテルチューブ5に挿入される除去可能なインナーチューブ6を受け入れて開口9の遠位側で除去可能なインナーチューブ6の本体に対してシールを形成するように構成される近位ポート13と、 - a proximal port 13 configured to form a seal against the distal side in the main body of the removable inner tube 6 of the opening 9 receiving the removable inner tube 6 to be inserted into the catheter tube 5,
−膨張ポンプ30に接続するように構成されるポンプ継手17と、 - a pump coupling 17 configured to connect to the expansion pump 30,
を備え、ポート13、14、及びポンプ継手17が、カテーテルチューブ5の近位端を受け入れる継手12のチャンバ27と流体連通する、 The provided, ports 13, 14 and pump coupling 17 are in fluid communication with the chamber 27 of the joint 12 for receiving the proximal end of the catheter tube 5,
膨張継手12である。 It is an expansion joint 12.

本発明の別の実施形態は、膨張継手12であって、 Another embodiment of the present invention is a expansion joint 12,
−遠位シール16が配置される遠位ポート14と、 - a distal port 14 distal seal 16 is disposed,
−近位シール15が配置される近位ポート13と、 - a proximal port 13 disposed proximal seal 15,
−弁と動作可能に接続されるポンプ継手17と、 - a pump coupling 17 operably connected with the valve,
を備え、これらが継手12のチャンバ27と流体接続されており、 The provided, they are connected fluid and chamber 27 of the joint 12,
−遠位ポート14が、カテーテルチューブ5の近位端を受け入れてカテーテルチューブ5の本体に対してシールを形成するように構成され、 - the distal port 14 is configured to form a seal against the body of the catheter tube 5 to accept the proximal end of the catheter tube 5,
−近位ポート13が、除去可能なインナーチューブ6を受け入れて開口9の遠位側で除去可能なインナーチューブ6の本体に対してシールを形成するように構成され、除去可能なインナーチューブ6の近位端が継手12を通過することを可能にする、 - the proximal port 13 is configured to form a seal against the inner body of the tube 6 can be removed at the distal side of the opening 9 to accept the removable inner tube 6, removable inner tube 6 It allows the proximal end passes through the joint 12,
膨張継手12である。 It is an expansion joint 12.

近位シール15及び遠位シール16は、圧縮可能な環状リングであることが好ましく、これらのリングは、リングの中心軸と平行に圧縮力を加えることによって内径を縮小することができる。 The proximal seal 15 and the distal seal 16 is preferably a compressible annular ring, these rings may be reduced inner diameter by adding a central axis parallel to the compression force of the ring. これは、例えば、ボルト25、26を係合させることができる各ポート13、14のねじ延長部30、31を設けることによって達成され得る(図9)。 This, for example, may be achieved by providing a threaded extension 30, 31 of each port 13 and 14 can be engaged with bolts 25 and 26 (FIG. 9). 上記ボルトは、カテーテルチューブ1又は除去可能なインナーチューブ6を通すことができる中空の軸及び頭部を有する。 The bolt has a hollow shaft and head can be passed through the catheter tube 1 or removable inner tube 6. ボルト25、26を締めることで、それぞれのシール15、16が圧縮されて、除去可能なインナーチューブ6又はカテーテルチューブ1それぞれの壁に対してポート13、14がシールされる。 By tightening the bolts 25 and 26, each seal 15, 16 is compressed, ports 13 and 14 are sealed to the removable inner tube 6 or catheter tube 1 respectively of the walls.

近位ポート13及び遠位ポート14の中心軸は、本質的に一致することが好ましい。 The central axis of the proximal port 13 and distal port 14 are preferably essentially identical. これは、インナーチューブ6の近位端を両方のポートに通して膨張継手12から出すことを可能にする。 This allows the out of the inflation coupling 12 through the proximal end of the inner tube 6 into both ports. このように、除去可能なインナーチューブ6の開口9近位端7は、膨張継手12から延びて、線源ワイヤ19の挿入のためにそこにアクセスすることを可能にする。 Thus, the opening 9 proximal end 7 of the removable inner tube 6 may extend from the inflation coupling 12, to allow access thereto for insertion of the source wire 19. 本発明の一態様によれば、膨張継手12は、Y字継手である。 According to one aspect of the present invention, the expansion joint 12 is a Y-shaped coupling.

したがって、膨張継手12は、カテーテルチューブ5の近位端2の外面と除去可能なインナーチューブ6の開口9の遠位側の外面とによってシールされるチャンバ27を形成することによって、医療用カテーテル1の膨張ルーメン21とポンプ継手17とを流体接続する。 Accordingly, the expansion joint 12, by forming a chamber 27 which is sealed by a distal outer surface of the opening 9 of the proximal end 2 of the outer surface and the removable inner tube 6 of the catheter tube 5, the medical catheter 1 of the inflation lumen 21 and the pump coupling 17 fluidly connects. ポンプ継手17には、膨張ポンプ30が切り離された後で膨張ルーメン21内の圧力を維持するための弁(栓)18が配置され得る(図8)。 The pump coupling 17, the valve (plug) 18 may be arranged to maintain the pressure of the inflation lumen 21 after the inflation pump 30 has been disconnected (FIG. 8). したがって、弁が閉じているときにバルーン4、4'の膨張が維持される。 Therefore, inflation of the balloon 4, 4 'is maintained when the valve is closed.

通常、ユーザは、プッシャワイヤを入れたチューブ5を鼻咽頭経路を経由して患者に挿入し、プッシャワイヤを除去し、膨張継手12を設置してカテーテルチューブ5の近位端2を遠位ポート14に結合し、除去可能なインナーチューブ6を挿入し、除去可能なインナーチューブ6の近位端を近位ポート13に結合する。 Usually, the user, the tube 5 containing the pusher wire inserted into the patient via the nasopharyngeal route, removes the pusher wire, distal port proximal end 2 of the catheter tube 5 by installing an expansion joint 12 bound to 14, inserts the removable inner tube 6, couples the proximal end of the removable inner tube 6 to the proximal port 13.

本発明の一態様によれば、キットは、膨張ポンプ30をさらに備える。 According to one aspect of the present invention, the kit further comprises an inflation pump 30. そのようなポンプは、医療用カテーテル1への膨張流体の圧力を提供して、バルーンを漸次膨張及び収縮させることができ、当該技術分野において既知である。 Such pumps, providing the pressure of the inflation fluid to the medical catheter 1, the balloon can be a cause progressively expand and contract, are known in the art. 概して、膨張ポンプは、プランジャ要素によって移動させる距離を施術者が微制御することができるような、また流体が加える圧力を圧力計によって監視することができるような、シリンジタイプの機構である。 Generally, inflation pump, such as the distance moved by the plunger element can practitioner finely controlled, also as can be monitored by a pressure gauge the pressure applied is a fluid, a mechanism of the syringe type. 本発明による膨張ポンプ30の実施形態が、図7に示されており、チューブ材31を介して膨張継手12に接続されて示されている。 Embodiment of the expansion pump 30 according to the present invention is shown in FIG. 7, are shown connected to the inflation coupling 12 via tubing 31. ポンプ30は、ハウジング34内で直線移動して遠位端における水密チャンバ35の体積を変化させることができるプランジャ32を備える。 Pump 30 includes a plunger 32 that can change the volume of the watertight chamber 35 at the distal end linearly moving in the housing 34. チャンバは、出口ポート36から出て圧力計37に流体結合される。 Chamber is fluidly coupled to a pressure meter 37 exits the outlet port 36. 出口ポート36は、チューブ材31によって膨張継手12(ポンプ継手17)に接続される。 Outlet port 36 is connected to the inflation coupling 12 (pump coupling 17) by a tube member 31. プランジャ32は、ハンドル33によって作動される。 The plunger 32 is actuated by a handle 33. 微制御のためには、ハンドル33を調整38することができ、プランジャ32のねじ軸39が、ハンドル33を回転させる方向に従って直線的に前進又は後退する。 For fine control can handle 33 to adjust 38, screw shaft 39 of the plunger 32, to linearly advance or retract according to the direction to rotate the handle 33. 粗調整のためには、ハンドル33を押し引き39して、プランジャ32を直接前進又は後退させることができる。 For coarse adjustment, and push and pull 39 the handle 33, plunger 32 can be directly advanced or withdrawn. 回転又は押し/調整動作モードは、ねじとハウジング34との係合を制御するハウジングの側のボタン40によって選択することができる。 Rotation or push / adjustment operation mode can be selected by a button 40 on the side of the housing for controlling the engagement of the screw and the housing 34. そのような装置は、当該技術分野において既知であり、例えばBoston Scientificによって製造されている。 Such devices are known in the art and are prepared, for example, by Boston Scientific.

本発明の別の実施形態は、被験者に小線源療法を施す方法であって、 Another embodiment of the present invention is a method for performing brachytherapy to a subject,
−被験者における進入点(例えば、皮膚穿刺部又は切開部、鼻、膣、口、肛門経由)を通して医療用バルーンカテーテル1を挿入することであって、該医療用バルーンカテーテル1は、近位端2及び遠位端3を有し、膨張ルーメン20が内部に延びている細長いカテーテルチューブ5、及び遠位端3に向かってカテーテルチューブ5の膨張ルーメン21と流体連通している少なくとも1つの膨張可能なバルーン4、4'を備え、膨張ルーメン21は、除去可能なインナーチューブ6の存在下で少なくとも1つの膨張可能なバルーン4、4'に膨張流体を運ぶように構成される、医療用バルーンカテーテル1を挿入すること、 - the entry point in a subject (e.g., a skin puncture or incision, nasal, vaginal, oral, via the anus) the method comprising: inserting a medical balloon catheter 1 through, the medical balloon catheter 1, a proximal end 2 and it has a distal end 3, a least one inflatable to inflation lumen 20 is in fluid inflation lumen 21 in fluid communication with the catheter tube 5 toward the elongated catheter tube 5, and a distal end 3 and extends into 'provided with, inflation lumen 21, at least one inflatable balloon 4, 4 in the presence of the removable inner tube 6' balloon 4, 4 arranged to carry the inflation fluid, the medical balloon catheter 1 It is inserted,
−治療領域に少なくとも1つの膨張可能なバルーン4、4'を位置決めすること、 - positioning the at least one inflatable balloon 4, 4 'to the treatment area,
−膨張ルーメン21に除去可能なインナーチューブ6を挿入すること(図5)であって、該除去可能なインナーチューブ6は、細長い本体、開口9近位端7、閉鎖10遠位端8、及び内部に延びている線源ワイヤルーメン22を有し、 - a inserting a removable inner tube 6 into the inflation lumen 21 (FIG. 5), inner tube 6 can be the removal, elongated body, the opening 9 proximal end 7, a closed 10 distal end 8 and, has a radiation source wire lumen 22 extending therein,
−上記除去可能なインナーチューブ6は、膨張ルーメン21の長さの少なくとも一部に対して挿入及び除去されるように構成され、 - the removable inner tube 6 is configured to be inserted and removed for at least a portion of the length of the inflation lumen 21,
−線源ワイヤルーメン22は、治療用放射線源20を担持する線源ワイヤ19を収納するように構成される、 - the source wire lumen 22 configured to store source wire 19 bearing a therapeutic radiation source 20,
除去可能なインナーチューブ6を挿入すること、 Inserting a removable inner tube 6,
−少なくとも1つの膨張可能なバルーン4、4'を膨張させること(図7)、 - inflating at least one inflatable balloon 4, 4 '(FIG. 7),
−線源ワイヤルーメン22を通して治療領域まで放射線源ワイヤ19を前進させて、一定の放射線量を投与すること(図8)、 - and advancing the radiation source wire 19 through the source wire lumen 22 to the treatment area, the administration of a constant dose (FIG. 8),
−放射線源ワイヤ19を除去すること、 - removing the radiation source wire 19,
−少なくとも1つの膨張可能なバルーン4、4'を収縮させること、 - the deflating at least one inflatable balloon 4, 4 ',
−除去可能なインナーチューブ6を抜去すること、及び −後続の治療セッションのために医療用バルーンカテーテル1をその場に任意に残すこと、 - that removing the removable inner tube 6, and - leaving the medical balloon catheter 1 for subsequent therapy sessions arbitrarily in place,
を含む、被験者に小線源療法を施す方法である。 Including a method of applying the brachytherapy to a subject.

医療用バルーンカテーテル1に一時的な剛性を与えるために、体内で前進させる前に、細長いカテーテルチューブ5の膨張ルーメン21(図4)にプッシャワイヤ11(図3)を挿入する。 To give temporary rigidity to the medical balloon catheter 1, prior to advancing the body, inserting a pusher wire 11 (FIG. 3) in the inflation lumen 21 of the elongated catheter tube 5 (FIG. 4). 医療用バルーンカテーテル1を位置決めした後、プッシャワイヤ11を除去する。 After positioning the medical balloon catheter 1 is removed pusher wire 11.

医療用バルーンカテーテル1が嵌まったら、近位端2を進入点の付近の皮膚にテープで留めることができる。 When fitted medical balloon catheter 1 can be taped to the proximal end 2 to the skin in the vicinity of the entry point. 細長いカテーテルチューブ5の可撓性が、体内のバルーンの位置を著しく変えることなくカテーテルを広範囲にわたって操作し且つ曲げることを可能にする。 Flexible elongated catheter tube 5 allows the bending and manipulating the catheter over a wide range without significantly altering the position of the body of the balloon.

医療用バルーンカテーテル1が進入点から出る領域は、患者の皮膚に絆創膏で固定され得る。 Area medical balloon catheter 1 exits the entry point may be fixed with a plaster to the skin of the patient. この固定は、治療から次の治療までの間にカテーテル1を一定の位置に確保することで、治療部分が腫瘍領域に関して同じ場所にあることを確実にする。 This fixed, by securing the catheter 1 in a fixed position during the treatment to the next treatment, the therapeutic moiety to ensure that the same location with respect to the tumor area.

本方法は、上記で定義されたようなキットを用いて実施されることが好ましい。 The method to be performed using a kit as defined above is preferred. 医療用バルーンカテーテル1は、食道又は子宮内治療等のための後続のチューブの挿入を容易にする目盛を含み得る。 The medical balloon catheter 1 may comprise a scale to facilitate insertion of subsequent tubes for the esophagus or uterine treatment like. 例えば、新たな医療用バルーンカテーテル1を毎週挿入して、月曜日から金曜日までその場に留めて週末に除去することができる。 For example, by inserting a new medical balloon catheter 1 every week, from Monday to Friday it is possible to remove the weekend to bear in its place. 新たなチューブはそれぞれ、食道又は子宮腔への厳密な挿入深さを決めるために目盛を用いて月曜日に挿入される。 Each new tube is inserted on Mondays using the graduations to determine the exact depth of insertion into the esophagus or the uterine cavity. 治療は、分割治療で数週間続く場合がある。 Treatment may last for several weeks in a fractionated treatment. 目盛は、X線又はCTスキャナ等の可視化装置を必要とせずに、医療用バルーンカテーテル1をその後毎回正確な位置に挿入することを可能にする。 Scale, without the need for visualization device, such as X-ray or CT scanner, to allow the insertion of the medical balloon catheter 1 thereafter each time an accurate position.

医療用バルーンカテーテル1の挿入後、上述のような膨張継手12をカテーテル1の近位端2に、特にカテーテルチューブ材5に結合することができる。 After insertion of the medical balloon catheter 1, an inflation coupling 12 as described above in the proximal end 2 of the catheter 1, in particular to bind to the catheter tubing 5.

治療の直前に、除去可能なインナーチューブ6を膨張ルーメン21に沿って前進させる(図5)。 Immediately prior to treatment, it is advanced along the removable inner tube 6 into the inflation lumen 21 (FIG. 5). これは、膨張ルーメン21の遠位先端に届くまで前進させることが好ましい(図5)。 This is preferably to advance until it reaches the distal tip of the inflation lumen 21 (FIG. 5). 有利には、除去可能なインナーチューブ6は、カテーテルチューブ1の近位端から5cm〜15cm突出し得るため、医療用バルーンカテーテル1の近位端及び除去可能なインナーチューブ6の近位端を膨張継手12に結合することができ、除去可能なインナーチューブ6をアフターローダに結合することができる。 Advantageously, the removable inner tube 6, since that may 5cm~15cm protrudes from the proximal end of the catheter tube 1, the expansion joint and the proximal end and the proximal end of the removable inner tube 6 of the medical balloon catheter 1 can be coupled to 12, the removable inner tube 6 can be attached to the afterloader. 除去可能なインナーチューブ6の外面は、挿入を補助するために、例えば、シリコーン、テフロン(登録商標)層、又は油で潤滑させることができる。 The outer surface of the removable inner tube 6, to aid insertion, for example, can be lubricated silicone, Teflon layer or with oil. 十分な長さが医療用バルーンカテーテル1に挿入されたことを保証するために、除去可能なインナーチューブ6に目盛が付けられ得る。 For long enough to ensure that it is inserted into the medical balloon catheter 1, the scale can be attached to the removable inner tube 6. 除去可能なチューブ6の開口9の遠位側の領域は、除去可能なチューブ6の壁に損傷を与えることなく、膨張継手12との水密結合を確保するために補強され得る。 Distal region of the opening 9 of the removable tube 6, without damage to the wall of the removable tube 6 may be reinforced in order to ensure a watertight coupling with the inflation coupling 12. 除去可能なインナーチューブ6の補強のレベルで、除去可能なインナーチューブ6が常に同じ深さに挿入されることを補強チューブの近位環状リッジ51が保証し得る。 At the level of the reinforcement of the removable inner tube 6, that the removable inner tube 6 is inserted always in the same depth proximal annular ridge 51 of the stiffening tube can be guaranteed.

除去可能なインナーチューブ6の挿入後、上述のような膨張継手12を、開口9の遠位側で除去可能なインナーチューブ6の外壁に結合することができる。 After insertion of the removable inner tube 6, the inflation coupling 12 as described above, it can be coupled to the outer wall of the removable inner tube 6 distal to the opening 9. 膨張継手12のポート13、14は、膨張ルーメン21がチャンバ27に入る加圧膨張流体を受け入れることができるように水密チャンバ27を形成する。 Port 13, 14 of the inflation coupling 12, inflation lumen 21 to form a watertight chamber 27 so that it can accept a pressurized inflation fluid entering the chamber 27. 膨張継手12は、インナーチューブ6の開口近位端へのアクセスも許すことで、アフターローディング装置への接続を可能にする。 Inflation coupling 12, by allowing access to the open proximal end of the inner tube 6 allowing connection to afterloading apparatus. 膨張継手は、膨張ポンプ30に取り付けられる。 Inflation coupling is attached to the inflation pump 30. 膨張したら、膨張継手12を弁18によってシールすることができ、ポンプを除去することができる。 Once inflated, it is possible to seal the inflation coupling 12 by a valve 18, it can be removed pump.

1つ又は複数のバルーンは、通常は膨張流体として生理食塩水溶液を用いて膨張させる。 One or more balloons are usually inflated using saline solution as inflation fluid. 生理食塩水には、X線写真又はCTスライスでバルーンを見ることができるように、オムニパーク等の造影剤が0.5%〜20%混合され得る。 The saline, as can be seen the balloon in X-ray photographs or CT slices, contrast agents such as Omnipaque may be mixed 0.5% to 20%.

放射線源は、遠位端に放射線放出物質20が設けられる細いワイヤ19を用いて送達され、このワイヤは、線源ワイヤルーメン22に通される。 Radiation source, radiation emitting material 20 is delivered with a thin wire 19 that is provided at the distal end, the wire is passed through the source wire lumen 22. アフターローダ又はアフターローディング装置として知られる装置を用いて、線源ワイヤが格納及び制御可能に供給される。 Using a device known as an afterloader or afterloading apparatus, source wire is stored and controllably provide. インナーチューブ6の近位端7には、アフターローダの出力端への接続を可能にするアダプタが設けられ得る。 The proximal end 7 of the inner tube 6 may adapter is provided to allow connection to the output of the afterloader.

治療後、線源ワイヤ19を除去し、バルーン4、4'を収縮させ、膨張継手12を除去し、インナーチューブ6を除去する。 After treatment to remove the source wire 19, the balloon 4, 4 'deflated, the inflation coupling 12 is removed, to remove the inner tube 6. カテーテル1は、後続の治療のために快適且つ別個に所定位置に留まることができる。 The catheter 1 can remain comfortably and separately predetermined position for subsequent treatments.

不快感も炎症も一切報告されることなく、同じカテーテル1が長期間、例えば最長で1週間、2週間、又は3週間にわたって所定位置に留まることができる。 Discomfort without inflammation is also reported at all be the same catheter 1 for a long period of time, for example 1 week at the longest, can remain in place for two weeks, or three weeks. 本発明の一態様によれば、3日間、5日間、6日間、7日間、10日間、2週間、又は3週間装着された同じカテーテル1を用いて、後続の治療を繰り返す。 According to one aspect of the present invention, 3 days, 5 days, 6 days, 7 days, 10 days, 2 weeks, or by using a 3-week loaded same catheter 1 is repeated subsequent treatment. 好ましくは、同じカテーテルを5日間装着する。 Preferably, attaching the same catheter 5 days.

本発明の一態様によれば、治療中に、2日毎、3日毎、4日毎、5日毎、6日毎、7日毎、8日毎、9日毎、10日毎、11日毎、12日毎、13日毎、14日毎、15日毎、16日毎、17日毎、18日毎、19日毎、20日毎、又は21日毎、好ましくは7日毎であり得る一定の間隔で、新たなカテーテル1を挿入する。 According to one aspect of the present invention, during the treatment, every 2 days, every 3 days, every 4 days, every 5 days, every 6 days, every seven days, every eight days, every nine days, every 10 days, every 11 days, every 12 days, every 13 days, 14 daily, every 15 days, every 16 days, every 17 days, every 18 days, every 19 days, every 20 days, or every 21 days, preferably at regular intervals, which may be every 7 days, to insert a new catheter 1.

本発明の一態様によれば、治療中に、1日毎、2日毎、3日毎、好ましくは毎日であり得る一定の間隔で、放射線が投与される。 According to one aspect of the present invention, during treatment, every day, every 2 days, every 3 days, preferably regular intervals, which may be daily, radiation is administered. 例えば週末又は休診日に、投与の中断があってもよい。 For example weekend or nonconsultation date, there may be interruption of administration.

本発明の別の実施形態は、食道に放射線療法を施す方法であって、 Another embodiment of the present invention is a method of administering radiation therapy to the esophagus,
−鼻咽頭経路を経由して患者の食道に医療用バルーンカテーテル1を挿入することであって、該医療用バルーンカテーテル1は、近位端2及び遠位端3を有し、膨張ルーメン20が内部に延びている細長いカテーテルチューブ5、及び遠位端3に向かってカテーテルチューブ5の膨張ルーメン21と流体連通している少なくとも1つの膨張可能なバルーン4、4'を備え、膨張ルーメン21は、除去可能なインナーチューブ6の存在下で少なくとも1つの膨張可能なバルーン4、4'に膨張流体を運ぶように構成される、医療用バルーンカテーテル1を挿入すること、 - via the nasopharyngeal route was to insert the medical balloon catheter 1 into the esophagus of a patient, said medical balloon catheter 1 has a proximal end 2 and a distal end 3, inflation lumen 20 is comprising at least one inflatable balloon 4, 4 'in fluid inflation lumen 21 in fluid communication with the catheter tube 5 toward the elongated catheter tube 5 extending therein and the distal end 3, the inflation lumen 21, configured to carry at least one inflatable balloon 4, 4 'to the inflation fluid in the presence of the removable inner tube 6, inserting a medical balloon catheter 1,
−治療領域に少なくとも1つの膨張可能なバルーン4、4'を位置決めすること、 - positioning the at least one inflatable balloon 4, 4 'to the treatment area,
−膨張ルーメン21に除去可能なインナーチューブ6を挿入すること(図5)であって、該除去可能なインナーチューブ6は、細長い本体、開口9近位端7、閉鎖10遠位端8、及び内部に延びている線源ワイヤルーメン22を有し、 - a inserting a removable inner tube 6 into the inflation lumen 21 (FIG. 5), inner tube 6 can be the removal, elongated body, the opening 9 proximal end 7, a closed 10 distal end 8 and, has a radiation source wire lumen 22 extending therein,
−上記除去可能なインナーチューブ6は、膨張ルーメン21の長さの少なくとも一部に対して挿入及び除去されるように構成され、 - the removable inner tube 6 is configured to be inserted and removed for at least a portion of the length of the inflation lumen 21,
−線源ワイヤルーメン22は、治療用放射線源20を担持する線源ワイヤ19を収納するように構成される、 - the source wire lumen 22 configured to store source wire 19 bearing a therapeutic radiation source 20,
除去可能なインナーチューブ6を挿入すること、 Inserting a removable inner tube 6,
−少なくとも1つの膨張可能なバルーン4、4'を膨張させること(図7)、 - inflating at least one inflatable balloon 4, 4 '(FIG. 7),
−線源ワイヤルーメン22を通して治療領域まで放射線源ワイヤ19を前進させて、一定の放射線量を投与すること(図8)、 - and advancing the radiation source wire 19 through the source wire lumen 22 to the treatment area, the administration of a constant dose (FIG. 8),
−放射線源ワイヤ19を除去すること、 - removing the radiation source wire 19,
−少なくとも1つの膨張可能なバルーン4、4'を収縮させること、 - the deflating at least one inflatable balloon 4, 4 ',
−除去可能なインナーチューブ6を抜去すること、及び −後続の治療セッションのために医療用バルーンカテーテル1をその場に任意に残すこと、 - that removing the removable inner tube 6, and - leaving the medical balloon catheter 1 for subsequent therapy sessions arbitrarily in place,
を含む、食道に放射線療法を施す方法である。 Including a method for administering radiation therapy to the esophagus.

医療用バルーンカテーテル1の挿入は、口腔又は咽喉手術後に被験者の胃に栄養チューブを挿入するために非専門家が用いるのと同じ技法を用いて実施することができる。 Insertion of the medical balloon catheter 1 can be performed using the same technique as non-professionals used to insert a feeding tube into the subject's stomach after oral or throat surgery. 医療用バルーンカテーテル1は、鼻咽頭経路を経由して、すなわち鼻を通して食道に挿入される。 Medical balloon catheter 1 via a nasopharyngeal route, that is, inserted into the esophagus through the nose. 挿入は、看護師によって行われることが好ましいが、同様に専門家によって行われてもよい。 Insertion, but it is preferably carried out by nurses, as well may be performed by a specialist. 医療用バルーンカテーテル1に一時的な剛性を与えるために、鼻咽頭経路を通して前進させる前に、細長いカテーテルチューブ5の膨張ルーメン21(図4)にプッシャワイヤ11(図3)を挿入する。 To give temporary rigidity to the medical balloon catheter 1, prior to advancing through the nasopharyngeal route, inserting the inflation lumen 21 of the elongated catheter tube 5 (FIG. 4) to the pusher wire 11 (FIG. 3). 医療用バルーンカテーテル1を位置決めした後、プッシャワイヤ11を除去する。 After positioning the medical balloon catheter 1 is removed pusher wire 11.

医療用バルーンカテーテル1が嵌まったら、近位端2を、治療のときまで別個に装着するために、例えば被験者の耳の後ろにテープで留めることができる。 When fitted medical balloon catheter 1, a proximal end 2, in order to separately mounted until the time of treatment, it can be taped for example behind the subject's ear. 細長いカテーテルチューブ5の可撓性が、食道内のバルーンの位置を著しく変えることなくカテーテルを広範囲にわたって操作し且つ曲げることを可能にする。 Flexible elongated catheter tube 5 allows the bending and manipulating the catheter over a wide range without significantly altering the position of the balloon in the esophagus.

医療用バルーンカテーテル1が鼻孔から出る領域は、患者の鼻に絆創膏で固定され得る。 Area medical balloon catheter 1 is leaving the nostrils can be fixed with plaster to the patient's nose. この固定は、治療から次の治療までの間にカテーテル1を一定の位置に確保することで、治療部分が腫瘍領域に関して同じ場所にあることを確実にする。 This fixed, by securing the catheter 1 in a fixed position during the treatment to the next treatment, the therapeutic moiety to ensure that the same location with respect to the tumor area. 医療用バルーンカテーテル1は通常、鼻咽頭経路を経由して挿入した後で、治療セッションから次の治療セッションまでの間に鼻に固定される。 The medical balloon catheter 1 Usually, after inserting through the nasopharyngeal route, is secured to the nose between the therapy session to the next treatment session.

本方法は、上記で定義されたようなキットを用いて実施されることが好ましい。 The method to be performed using a kit as defined above is preferred. 医療用バルーンカテーテル1は、後続のチューブの挿入を容易にする目盛を含み得る。 The medical balloon catheter 1 may comprise a scale to facilitate insertion of subsequent tubes. 例えば、新たな医療用バルーンカテーテル1を毎週挿入して、月曜日から金曜日までその場に留めて週末に除去することができる。 For example, by inserting a new medical balloon catheter 1 every week, from Monday to Friday it is possible to remove the weekend to bear in its place. 新たなチューブはそれぞれ、食道への厳密な挿入深さを決めるために目盛を用いて月曜日に挿入される。 Each new tube is inserted on Mondays using the graduations to determine the exact depth of insertion into the esophagus. 治療は、分割治療で数週間続く場合がある。 Treatment may last for several weeks in a fractionated treatment. 目盛は、X線又はCTスキャナ等の可視化装置を必要とせずに、医療用バルーンカテーテル1をその後毎回正確な位置に挿入することを可能にする。 Scale, without the need for visualization device, such as X-ray or CT scanner, to allow the insertion of the medical balloon catheter 1 thereafter each time an accurate position.

医療用バルーンカテーテル1の挿入後、上述のような膨張継手12をカテーテル1の近位端2に、特にカテーテルチューブ材5に結合することができる。 After insertion of the medical balloon catheter 1, an inflation coupling 12 as described above in the proximal end 2 of the catheter 1, in particular to bind to the catheter tubing 5.

治療の直前に、除去可能なインナーチューブ6を膨張ルーメン21に沿って前進させる(図5)。 Immediately prior to treatment, it is advanced along the removable inner tube 6 into the inflation lumen 21 (FIG. 5). これは、膨張ルーメン21の遠位先端に届くまで前進させることが好ましい(図5)。 This is preferably to advance until it reaches the distal tip of the inflation lumen 21 (FIG. 5). 有利には、除去可能なインナーチューブ6は、カテーテルチューブ1の近位端から5cm〜15cm突出し得るため、医療用バルーンカテーテル1の近位端及び除去可能なインナーチューブ6の近位端を膨張継手12に結合することができ、除去可能なインナーチューブ6をアフターローダに結合することができる。 Advantageously, the removable inner tube 6, since that may 5cm~15cm protrudes from the proximal end of the catheter tube 1, the expansion joint and the proximal end and the proximal end of the removable inner tube 6 of the medical balloon catheter 1 can be coupled to 12, the removable inner tube 6 can be attached to the afterloader. 除去可能なインナーチューブ6の外面は、挿入を補助するために、例えば、シリコーン、テフロン(登録商標)層、又は油で潤滑させることができる。 The outer surface of the removable inner tube 6, to aid insertion, for example, can be lubricated silicone, Teflon layer or with oil. 十分な長さが医療用バルーンカテーテル1に挿入されたことを保証するために、除去可能なインナーチューブ6に目盛が付けられ得る。 For long enough to ensure that it is inserted into the medical balloon catheter 1, the scale can be attached to the removable inner tube 6. 除去可能なインナーチューブ6の開口9の遠位側の領域は、除去可能なチューブ6の壁に損傷を与えることなく、膨張継手12との水密結合を確保するために補強され得る。 Distal region of the opening 9 of the removable inner tube 6, without damage to the wall of the removable tube 6 may be reinforced in order to ensure a watertight coupling with the inflation coupling 12. 除去可能なインナーチューブ6の補強のレベルで、除去可能なインナーチューブ6が常に同じ深さに挿入されることを補強チューブの近位環状リッジ51が保証し得る。 At the level of the reinforcement of the removable inner tube 6, that the removable inner tube 6 is inserted always in the same depth proximal annular ridge 51 of the stiffening tube can be guaranteed.

除去可能なインナーチューブ6の挿入後、上述のような膨張継手12を、開口9の遠位側で除去可能なインナーチューブ6の本体に結合することができる。 After insertion of the removable inner tube 6, the inflation coupling 12 as described above, it can be coupled to the distal side in the main body of the removable inner tube 6 of the opening 9. 膨張継手12のポート13、14は、膨張ルーメン21がチャンバ27に入る加圧膨張流体を受け入れることができるように水密チャンバ27を形成する。 Port 13, 14 of the inflation coupling 12, inflation lumen 21 to form a watertight chamber 27 so that it can accept a pressurized inflation fluid entering the chamber 27. 膨張継手12は、インナーチューブ6の開口近位端へのアクセスも許すことで、アフターローダへの接続を可能にする。 Inflation coupling 12, by allowing access to the open proximal end of the inner tube 6 allowing connection to an afterloader. 膨張継手は、膨張ポンプ30に取り付けられる。 Inflation coupling is attached to the inflation pump 30. 膨張したら、膨張継手12を弁18によってシールすることができ、ポンプを除去することができる。 Once inflated, it is possible to seal the inflation coupling 12 by a valve 18, it can be removed pump.

1つ又は複数のバルーンは、通常は膨張流体として生理食塩水溶液を用いて膨張させる。 One or more balloons are usually inflated using saline solution as inflation fluid. 生理食塩水には、X線写真又はCTスライスでバルーンを見ることができるように、オムニパーク等の造影剤が0.5%〜20%混合され得る。 The saline, as can be seen the balloon in X-ray photographs or CT slices, contrast agents such as Omnipaque may be mixed 0.5% to 20%.

放射線源は、遠位端に放射線放出物質20が設けられる細いワイヤ19を用いて送達され、このワイヤは、線源ワイヤルーメン22に通される。 Radiation source, radiation emitting material 20 is delivered with a thin wire 19 that is provided at the distal end, the wire is passed through the source wire lumen 22. アフターローダとして知られる装置を用いて、線源ワイヤが格納及び制御可能に供給される。 Using a device known as an afterloader, source wire is stored and controllably provide. インナーチューブ6の近位端7には、アフターローダの出力端への接続を可能にするアダプタが設けられ得る。 The proximal end 7 of the inner tube 6 may adapter is provided to allow connection to the output of the afterloader.

治療後、線源ワイヤ19を除去し、バルーン4、4'を収縮させ、膨張継手12を除去し、インナーチューブ6を除去する。 After treatment to remove the source wire 19, the balloon 4, 4 'deflated, the inflation coupling 12 is removed, to remove the inner tube 6. カテーテル1は、後続の治療のために快適且つ別個に所定位置に留まることができる。 The catheter 1 can remain comfortably and separately predetermined position for subsequent treatments.

不快感も炎症も一切報告されることなく、同じカテーテル1が長期間、例えば最長で1週間、2週間、又は3週間にわたって所定位置に留まることができる。 Discomfort without inflammation is also reported at all be the same catheter 1 for a long period of time, for example 1 week at the longest, can remain in place for two weeks, or three weeks. 本発明の一態様によれば、3日間、5日間、6日間、7日間、10日間、2週間、又は3週間装着された同じカテーテル1を用いて、後続の治療を繰り返す。 According to one aspect of the present invention, 3 days, 5 days, 6 days, 7 days, 10 days, 2 weeks, or by using a 3-week loaded same catheter 1 is repeated subsequent treatment. 好ましくは、同じカテーテルを5日間装着する。 Preferably, attaching the same catheter 5 days.

本発明の一態様によれば、治療中に、2日毎、3日毎、4日毎、5日毎、6日毎、7日毎、8日毎、9日毎、10日毎、11日毎、12日毎、13日毎、14日毎、15日毎、16日毎、17日毎、18日毎、19日毎、20日毎、又は21日毎、好ましくは7日毎であり得る一定の間隔で、新たなカテーテル1を挿入する。 According to one aspect of the present invention, during the treatment, every 2 days, every 3 days, every 4 days, every 5 days, every 6 days, every seven days, every eight days, every nine days, every 10 days, every 11 days, every 12 days, every 13 days, 14 daily, every 15 days, every 16 days, every 17 days, every 18 days, every 19 days, every 20 days, or every 21 days, preferably at regular intervals, which may be every 7 days, to insert a new catheter 1.

本発明の一態様によれば、治療中に、1日毎、2日毎、3日毎、好ましくは毎日であり得る一定の間隔で、放射線が投与される。 According to one aspect of the present invention, during treatment, every day, every 2 days, every 3 days, preferably regular intervals, which may be daily, radiation is administered. 例えば週末又は休診日に、投与の中断があってもよい。 For example weekend or nonconsultation date, there may be interruption of administration.

本発明の別の実施形態は、子宮の内壁に放射線療法を施す方法であって、 Another embodiment of the present invention is a method of administering radiation therapy to the inner wall of the uterus,
−頸部経路を経由して被験者の子宮に医療用バルーンカテーテル1を挿入することであって、該医療用バルーンカテーテル1は、近位端2及び遠位端3を有し、膨張ルーメン20が内部に延びている細長いカテーテルチューブ5、及び遠位端3に向かってカテーテルチューブ5の膨張ルーメン21と流体連通している少なくとも1つの膨張可能なバルーン4、4'を備え、膨張ルーメン21は、除去可能なインナーチューブ6の存在下で少なくとも1つの膨張可能なバルーン4、4'に膨張流体を運ぶように構成される、医療用バルーンカテーテル1を挿入すること、 - via the cervical route was to insert the medical balloon catheter 1 to the subject of the uterus, the medical balloon catheter 1 has a proximal end 2 and a distal end 3, inflation lumen 20 is comprising at least one inflatable balloon 4, 4 'in fluid inflation lumen 21 in fluid communication with the catheter tube 5 toward the elongated catheter tube 5 extending therein and the distal end 3, the inflation lumen 21, configured to carry at least one inflatable balloon 4, 4 'to the inflation fluid in the presence of the removable inner tube 6, inserting a medical balloon catheter 1,
−治療領域に少なくとも1つの膨張可能なバルーン4、4'を位置決めすること、 - positioning the at least one inflatable balloon 4, 4 'to the treatment area,
−膨張ルーメン21に除去可能なインナーチューブ6を挿入すること(図5)であって、該除去可能なインナーチューブ6は、細長い本体、開口9近位端7、閉鎖10遠位端8、及び内部に延びている線源ワイヤルーメン22を有し、 - a inserting a removable inner tube 6 into the inflation lumen 21 (FIG. 5), inner tube 6 can be the removal, elongated body, the opening 9 proximal end 7, a closed 10 distal end 8 and, has a radiation source wire lumen 22 extending therein,
−上記除去可能なインナーチューブ6は、膨張ルーメン21の長さの少なくとも一部に対して挿入及び除去されるように構成され、 - the removable inner tube 6 is configured to be inserted and removed for at least a portion of the length of the inflation lumen 21,
−線源ワイヤルーメン22は、治療用放射線源20を担持する線源ワイヤ19を収納するように構成される、 - the source wire lumen 22 configured to store source wire 19 bearing a therapeutic radiation source 20,
除去可能なインナーチューブ6を挿入すること、 Inserting a removable inner tube 6,
−少なくとも1つの膨張可能なバルーン4、4'を膨張させること(図7)、 - inflating at least one inflatable balloon 4, 4 '(FIG. 7),
−線源ワイヤルーメン22を通して治療領域まで放射線源ワイヤ19を前進させて、一定の放射線量を投与すること(図8)、 - and advancing the radiation source wire 19 through the source wire lumen 22 to the treatment area, the administration of a constant dose (FIG. 8),
−放射線源ワイヤ19を除去すること、 - removing the radiation source wire 19,
−少なくとも1つの膨張可能なバルーン4、4'を収縮させること、 - the deflating at least one inflatable balloon 4, 4 ',
−除去可能なインナーチューブ6を抜去すること、及び −後続の治療セッションのために医療用バルーンカテーテル1をその場に任意に残すこと、 - that removing the removable inner tube 6, and - leaving the medical balloon catheter 1 for subsequent therapy sessions arbitrarily in place,
を含む、子宮の内壁に放射線療法を施す方法である。 Including a method for administering radiation therapy to the inner wall of the uterus.

医療用バルーンカテーテル1の挿入は、子宮腔内に子宮計を挿入するために非専門家が用いるのと同じ技法を用いて実施することができる。 Insertion of the medical balloon catheter 1 can be performed using the same technique as used by non-specialist to insert a uterus meter uterine cavity. 医療用バルーンカテーテル1は、子宮頸部を経由して、すなわち膣を通して子宮腔に挿入される。 Medical balloon catheter 1, via the cervix, i.e. is inserted into the uterine cavity through the vagina. 挿入は、放射線腫瘍医によって行われることが好ましいが、同様に婦人科医によって行われてもよい。 Insertion, but it is preferably carried out by radiation oncologist, likewise may be carried out by the gynecologist. 医療用バルーンカテーテル1に一時的な剛性を与えるために、頸部経路を通して前進させる前に、細長いカテーテルチューブ5の膨張ルーメン21(図4)にプッシャワイヤ11(図3)を挿入する。 To give temporary rigidity to the medical balloon catheter 1, prior to advancing through the cervical route, inserting a pusher wire 11 (FIG. 3) in the inflation lumen 21 of the elongated catheter tube 5 (FIG. 4). 医療用バルーンカテーテル1を位置決めした後、プッシャワイヤ11を除去する。 After positioning the medical balloon catheter 1 is removed pusher wire 11.

カテーテル5は、カテーテル1の子宮空間への維持を固定するために、頸部の出口に固定され得る。 The catheter 5, in order to secure the maintenance of the uterus space of the catheter 1 may be secured to the outlet of the neck.

医療用バルーンカテーテル1が嵌まり、近位端が絆創膏を使用して会陰に固定されたら、近位端2を、治療のときまで外傷を伴うことなく装着されるように、例えば膣の側の皮膚にテープで留めることができる。 Once fixed to the perineum medical balloon catheter 1 fits, proximal end using a plaster, the proximal end 2, to be mounted without trauma until the time of treatment, for example the side of the vagina it can be on the skin taped. 細長いカテーテルチューブ5の可撓性が、子宮内のバルーンの位置を著しく変えることなくカテーテルを広範囲にわたって操作し且つ曲げることを可能にする。 Flexible elongated catheter tube 5 allows the bending and manipulating the catheter over a wide range without significantly altering the position of the balloon in the uterus.

医療用バルーンカテーテル1が膣から出る領域は、患者の会陰部の皮膚に絆創膏で固定され得る。 Area medical balloon catheter 1 exits the vagina may be fixed with a plaster to the skin of the patient's perineum. この固定は、治療から次の治療までの間にカテーテル1を一定の位置に確保することで、治療部分が腫瘍領域に関して同じ場所にあることを確実にする。 This fixed, by securing the catheter 1 in a fixed position during the treatment to the next treatment, the therapeutic moiety to ensure that the same location with respect to the tumor area. 医療用バルーンカテーテル1は通常、頸部経路を経由して挿入した後で、治療セッションから次の治療セッションまでの間に皮膚に固定される。 The medical balloon catheter 1 Usually, after inserting through the cervical route, is secured to the skin during the treatment session to the next treatment session.

本方法は、上記で定義されたようなキットを用いて実施されることが好ましい。 The method to be performed using a kit as defined above is preferred. 医療用バルーンカテーテル1は、後続のチューブの挿入を容易にする目盛を含み得る。 The medical balloon catheter 1 may comprise a scale to facilitate insertion of subsequent tubes. 例えば、新たな医療用バルーンカテーテル1を毎週挿入して、月曜日から金曜日までその場に留めて週末に除去することができる。 For example, by inserting a new medical balloon catheter 1 every week, from Monday to Friday it is possible to remove the weekend to bear in its place. 新たなチューブはそれぞれ、子宮腔への厳密な挿入深さを決めるために目盛を用いて月曜日に挿入される。 Each new tube is inserted on Mondays using the graduations to determine the exact depth of insertion into the uterine cavity. 治療は、分割治療で数週間続く場合がある。 Treatment may last for several weeks in a fractionated treatment. 目盛は、X線又はCTスキャナ等の可視化装置を必要とせずに、医療用バルーンカテーテル1をその後毎回正確な位置に挿入することを可能にする。 Scale, without the need for visualization device, such as X-ray or CT scanner, to allow the insertion of the medical balloon catheter 1 thereafter each time an accurate position.

医療用バルーンカテーテル1の挿入後、上述のような膨張継手12をカテーテル1の近位端2に、特にカテーテルチューブ材5に結合することができる。 After insertion of the medical balloon catheter 1, an inflation coupling 12 as described above in the proximal end 2 of the catheter 1, in particular to bind to the catheter tubing 5.

治療の直前に、除去可能なインナーチューブ6を膨張ルーメン21に沿って前進させる(図5)。 Immediately prior to treatment, it is advanced along the removable inner tube 6 into the inflation lumen 21 (FIG. 5). これは、膨張ルーメン21の遠位先端に届くまで前進させることが好ましい(図5)。 This is preferably to advance until it reaches the distal tip of the inflation lumen 21 (FIG. 5). 有利には、除去可能なインナーチューブ6は、カテーテルチューブ1の近位端から10cm〜80cm突出し得るため、医療用バルーンカテーテル1の近位端及び除去可能なインナーチューブ6の近位端を膨張継手12に結合することができ、除去可能なインナーチューブ6をアフターローダに結合することができる。 Advantageously, the removable inner tube 6, since that may 10cm~80cm protrudes from the proximal end of the catheter tube 1, the expansion joint and the proximal end and the proximal end of the removable inner tube 6 of the medical balloon catheter 1 can be coupled to 12, the removable inner tube 6 can be attached to the afterloader. 除去可能なインナーチューブ6の外面は、挿入を補助するために、例えば、シリコーン、テフロン(登録商標)層、又は油で潤滑させることができる。 The outer surface of the removable inner tube 6, to aid insertion, for example, can be lubricated silicone, Teflon layer or with oil. 十分な長さが医療用バルーンカテーテル1に挿入されたことを保証するために、除去可能なインナーチューブ6に目盛が付けられ得る。 For long enough to ensure that it is inserted into the medical balloon catheter 1, the scale can be attached to the removable inner tube 6. 除去可能なチューブ6の開口9の遠位側の領域は、除去可能なチューブ6の壁に損傷を与えることなく、膨張継手12との水密結合を確保するために補強され得る。 Distal region of the opening 9 of the removable tube 6, without damage to the wall of the removable tube 6 may be reinforced in order to ensure a watertight coupling with the inflation coupling 12. 除去可能なインナーチューブ6の補強のレベルで、除去可能なインナーチューブ6が常に同じ深さに挿入されることを補強チューブの近位環状リッジ51が保証し得る。 At the level of the reinforcement of the removable inner tube 6, that the removable inner tube 6 is inserted always in the same depth proximal annular ridge 51 of the stiffening tube can be guaranteed.

除去可能なインナーチューブ6の挿入後、上述のような膨張継手12を、開口9の遠位側で除去可能なインナーチューブ6の本体に結合することができる。 After insertion of the removable inner tube 6, the inflation coupling 12 as described above, it can be coupled to the distal side in the main body of the removable inner tube 6 of the opening 9. 膨張継手12のポート13、14は、膨張ルーメン21がチャンバ27に入る加圧膨張流体を受け入れることができるように水密チャンバ27を形成する。 Port 13, 14 of the inflation coupling 12, inflation lumen 21 to form a watertight chamber 27 so that it can accept a pressurized inflation fluid entering the chamber 27. 膨張継手12は、インナーチューブ6の開口近位端へのアクセスも許すことで、アフターローダへの接続を可能にする。 Inflation coupling 12, by allowing access to the open proximal end of the inner tube 6 allowing connection to an afterloader. 膨張継手は、膨張ポンプ30に取り付けられる。 Inflation coupling is attached to the inflation pump 30. 膨張したら、膨張継手12を弁18によってシールすることができ、ポンプを除去することができる。 Once inflated, it is possible to seal the inflation coupling 12 by a valve 18, it can be removed pump.

1つ又は複数のバルーンは、通常は膨張流体として生理食塩水溶液を用いて膨張させる。 One or more balloons are usually inflated using saline solution as inflation fluid. 生理食塩水には、X線写真又はCTスライスでバルーンを見ることができるように、オムニパーク300(Nycomed)等の造影剤が0.5%〜20%混合され得る。 The saline, as can be seen the balloon in X-ray photographs or CT slices, contrast agents such as Omnipaque 300 (Nycomed) may be mixed 0.5% to 20%.

放射線源は、遠位端に放射線放出物質20が設けられる細いワイヤ19を用いて送達され、このワイヤは、線源ワイヤルーメン22に通される。 Radiation source, radiation emitting material 20 is delivered with a thin wire 19 that is provided at the distal end, the wire is passed through the source wire lumen 22. アフターローダとして知られる装置を用いて、線源ワイヤが格納及び制御可能に供給される。 Using a device known as an afterloader, source wire is stored and controllably provide. インナーチューブ6の近位端7には、アフターローダの出力端への接続を可能にするアダプタが設けられ得る。 The proximal end 7 of the inner tube 6 may adapter is provided to allow connection to the output of the afterloader.

治療後、線源ワイヤ19を除去し、バルーン4、4'を収縮させ、膨張継手12を除去し、インナーチューブ6を除去する。 After treatment to remove the source wire 19, the balloon 4, 4 'deflated, the inflation coupling 12 is removed, to remove the inner tube 6. カテーテル1は、後続の治療のために快適且つ別個に所定位置に留まることができる。 The catheter 1 can remain comfortably and separately predetermined position for subsequent treatments.

不快感も炎症も一切報告されることなく、同じカテーテル1が長期間、例えば最長で1週間、2週間、又は3週間にわたって所定位置に留まることができる。 Discomfort without inflammation is also reported at all be the same catheter 1 for a long period of time, for example 1 week at the longest, can remain in place for two weeks, or three weeks. 本発明の一態様によれば、3日間、5日間、6日間、7日間、10日間、2週間、又は3週間装着された同じカテーテル1を用いて、後続の治療を繰り返す。 According to one aspect of the present invention, 3 days, 5 days, 6 days, 7 days, 10 days, 2 weeks, or by using a 3-week loaded same catheter 1 is repeated subsequent treatment. 好ましくは、同じカテーテルを5日間装着する。 Preferably, attaching the same catheter 5 days.

本発明の一態様によれば、治療中に、2日毎、3日毎、4日毎、5日毎、6日毎、7日毎、8日毎、9日毎、10日毎、11日毎、12日毎、13日毎、14日毎、15日毎、16日毎、17日毎、18日毎、19日毎、20日毎、又は21日毎、好ましくは7日毎であり得る一定の間隔で、新たなカテーテル1を挿入する。 According to one aspect of the present invention, during the treatment, every 2 days, every 3 days, every 4 days, every 5 days, every 6 days, every seven days, every eight days, every nine days, every 10 days, every 11 days, every 12 days, every 13 days, 14 daily, every 15 days, every 16 days, every 17 days, every 18 days, every 19 days, every 20 days, or every 21 days, preferably at regular intervals, which may be every 7 days, to insert a new catheter 1.

本発明の一態様によれば、治療中に、1日毎、2日毎、3日毎、好ましくは毎日であり得る一定の間隔で、放射線が投与される。 According to one aspect of the present invention, during treatment, every day, every 2 days, every 3 days, preferably regular intervals, which may be daily, radiation is administered. 例えば週末又は休診日に、投与の中断があってもよい。 For example weekend or nonconsultation date, there may be interruption of administration.

本発明の別の実施形態は、乳房切除腔に放射線療法を施す方法であって、 Another embodiment of the present invention is a method of administering radiation therapy to the breast resection cavity,
−乳房腫瘍を除去した(乳房温存手術)後の被験者の乳房切除腔に医療用バルーンカテーテル1を挿入することであって、該医療用バルーンカテーテル1は、近位端2及び遠位端3を有し、膨張ルーメン20が内部に延びている細長いカテーテルチューブ5、及び遠位端3に向かってカテーテルチューブ5の膨張ルーメン21と流体連通している少なくとも1つの膨張可能なバルーン4、4'を備え、膨張ルーメン21は、除去可能なインナーチューブ6の存在下で少なくとも1つの膨張可能なバルーン4、4'に膨張流体を運ぶように構成される、医療用バルーンカテーテル1を挿入すること、 - to remove the breast tumor was to insert the medical balloon catheter 1 into a breast resection cavity of a subject after (breast conserving surgery), said medical balloon catheter 1, a proximal end 2 and a distal end 3 has an elongated catheter tube 5 inflation lumen 20 extends within, and at least one inflatable balloon 4, 4 'in fluid inflation lumen 21 in fluid communication with the catheter tube 5 toward the distal end 3 provided, the inflation lumen 21 is configured to carry at least one inflatable balloon 4, 4 'to the inflation fluid in the presence of the removable inner tube 6, inserting a medical balloon catheter 1,
−治療領域に少なくとも1つの膨張可能なバルーン4、4'を位置決めすること、 - positioning the at least one inflatable balloon 4, 4 'to the treatment area,
−膨張ルーメン21に除去可能なインナーチューブ6を挿入すること(図5)であって、該除去可能なインナーチューブ6は、細長い本体、開口9近位端7、閉鎖10遠位端8、及び内部に延びている線源ワイヤルーメン22を有し、 - a inserting a removable inner tube 6 into the inflation lumen 21 (FIG. 5), inner tube 6 can be the removal, elongated body, the opening 9 proximal end 7, a closed 10 distal end 8 and, has a radiation source wire lumen 22 extending therein,
−上記除去可能なインナーチューブ6は、膨張ルーメン21の長さの少なくとも一部に対して挿入及び除去されるように構成され、 - the removable inner tube 6 is configured to be inserted and removed for at least a portion of the length of the inflation lumen 21,
−線源ワイヤルーメン22は、治療用放射線源20を担持する線源ワイヤ19を収納するように構成される、 - the source wire lumen 22 configured to store source wire 19 bearing a therapeutic radiation source 20,
除去可能なインナーチューブ6を挿入すること、 Inserting a removable inner tube 6,
−少なくとも1つの膨張可能なバルーン4、4'を膨張させること(図7)、 - inflating at least one inflatable balloon 4, 4 '(FIG. 7),
−線源ワイヤルーメン22を通して治療領域まで放射線源ワイヤ19を前進させて、一定の放射線量を投与すること(図8)、 - and advancing the radiation source wire 19 through the source wire lumen 22 to the treatment area, the administration of a constant dose (FIG. 8),
−放射線源ワイヤ19を除去すること、 - removing the radiation source wire 19,
−少なくとも1つの膨張可能なバルーン4、4'を収縮させること、 - the deflating at least one inflatable balloon 4, 4 ',
−除去可能なインナーチューブ6を抜去すること、及び −後続の治療セッションのために医療用バルーンカテーテル1をその場に任意に残すこと、 - that removing the removable inner tube 6, and - leaving the medical balloon catheter 1 for subsequent therapy sessions arbitrarily in place,
を含む、乳房切除腔に放射線療法を施す方法である。 Including a method for administering radiation therapy to the breast resection cavity.

本方法は、上記で定義されたようなキットを用いて実施されることが好ましい。 The method to be performed using a kit as defined above is preferred. 医療用バルーンカテーテル1の挿入は、トロカール針(trocard needle)での皮膚の穿刺後に腫瘍切除腔内にバルーンを位置決めするために超音波又は別のイメージング技法を用いて、外科的腫瘍切除中又は切除後に行うことができる。 Insertion of the medical balloon catheter 1, using ultrasound or another imaging technique to position the balloon in the tumor resection cavity after puncturing the skin with the trocar needle (trocard needle), surgical tumor resection or during resection it can be carried out later. 医療用バルーンカテーテル1は、手術痕を介して又は皮膚を通して挿入される。 The medical balloon catheter 1 is inserted through through the scar or skin. 医療用バルーンカテーテル1に一時的な剛性を与えるために、挿入する前に、細長いカテーテルチューブ5の膨張ルーメン21(図4)にプッシャワイヤ11(図3)又はマンドレルを挿入する。 To give temporary rigidity to the medical balloon catheter 1, before inserting, pusher wire 11 (FIG. 3) in the inflation lumen 21 (FIG. 4) of the elongated catheter tube 5 or to insert the mandrel. 医療用バルーンカテーテル1を位置決めした後、プッシャワイヤ11を除去する。 After positioning the medical balloon catheter 1 is removed pusher wire 11.

医療用バルーンカテーテル1が嵌まり、近位端が絆創膏を使用して乳房の皮膚に固定されたら、乳房から出る近位端2を、治療のときまで外傷を伴うことなく装着されるように被験者の乳房にテープで留めることができる。 Medical balloon catheter 1 fits, subject to the proximal end if it is secured to the skin of the breast by using the adhesive plaster, the proximal end 2 which exits the breast is mounted without trauma until the time of treatment it can be taped to the breast. 細長いカテーテルチューブ5の可撓性が、乳房腔内のバルーンの位置を著しく変えることなくカテーテルを広範囲にわたって操作し且つ曲げることを可能にする。 Flexible elongated catheter tube 5 allows the bending and manipulating the catheter over a wide range without significantly altering the position of the balloon of the breast cavity.

医療用バルーンカテーテル1が乳房から出る領域は、患者の皮膚に絆創膏で固定され得る。 Area medical balloon catheter 1 exits the breast may be fixed with a plaster to the skin of the patient. この固定は、治療から次の治療までの間にカテーテル1を一定の位置に確保することで、治療部分が腫瘍領域に関して同じ場所にあることを確実にする。 This fixed, by securing the catheter 1 in a fixed position during the treatment to the next treatment, the therapeutic moiety to ensure that the same location with respect to the tumor area. 医療用バルーンカテーテル1は通常、挿入後に、治療セッションから次の治療セッションまでの間に乳房の皮膚に固定される。 The medical balloon catheter 1 Usually, after insertion, is secured to the skin of the breast during the therapy session to the next treatment session.

医療用バルーンカテーテル1の挿入後、上述のような膨張継手12をカテーテル1の近位端2に、特にカテーテルチューブ材5に結合することができる。 After insertion of the medical balloon catheter 1, an inflation coupling 12 as described above in the proximal end 2 of the catheter 1, in particular to bind to the catheter tubing 5.

治療の直前に、除去可能なインナーチューブ6を膨張ルーメン21に沿って前進させる(図5)。 Immediately prior to treatment, it is advanced along the removable inner tube 6 into the inflation lumen 21 (FIG. 5). これは、膨張ルーメン21の遠位先端に届くまで前進させることが好ましい(図5)。 This is preferably to advance until it reaches the distal tip of the inflation lumen 21 (FIG. 5). 有利には、除去可能なインナーチューブ6は、カテーテルチューブ1の近位端から10cm〜80cm突出し得るため、医療用バルーンカテーテル1の近位端及び除去可能なインナーチューブ6の近位端を膨張継手12に結合することができ、除去可能なインナーチューブ6をアフターローダに結合することができる。 Advantageously, the removable inner tube 6, since that may 10cm~80cm protrudes from the proximal end of the catheter tube 1, the expansion joint and the proximal end and the proximal end of the removable inner tube 6 of the medical balloon catheter 1 can be coupled to 12, the removable inner tube 6 can be attached to the afterloader. 除去可能なインナーチューブ6の外面は、挿入を補助するために、例えば、シリコーン、テフロン(登録商標)層、又は油で潤滑させることができる。 The outer surface of the removable inner tube 6, to aid insertion, for example, can be lubricated silicone, Teflon layer or with oil. 十分な長さが医療用バルーンカテーテル1に挿入されたことを保証するために、除去可能なインナーチューブ6に目盛が付けられ得る。 For long enough to ensure that it is inserted into the medical balloon catheter 1, the scale can be attached to the removable inner tube 6. 除去可能なチューブ6の開口9の遠位側の領域は、除去可能なチューブ6の壁に損傷を与えることなく、膨張継手12との水密結合を確保するために補強され得る。 Distal region of the opening 9 of the removable tube 6, without damage to the wall of the removable tube 6 may be reinforced in order to ensure a watertight coupling with the inflation coupling 12. 除去可能なインナーチューブ6の補強のレベルで、除去可能なインナーチューブ6が常に同じ深さに挿入されることを補強チューブの近位環状リッジ51が保証し得る。 At the level of the reinforcement of the removable inner tube 6, that the removable inner tube 6 is inserted always in the same depth proximal annular ridge 51 of the stiffening tube can be guaranteed.

除去可能なインナーチューブ6の挿入後、上述のような膨張継手12を、開口9の遠位側で除去可能なインナーチューブ6の本体に結合することができる。 After insertion of the removable inner tube 6, the inflation coupling 12 as described above, it can be coupled to the distal side in the main body of the removable inner tube 6 of the opening 9. 膨張継手12のポート13、14は、膨張ルーメン21がチャンバ27に入る加圧膨張流体を受け入れることができるように水密チャンバ27を形成する。 Port 13, 14 of the inflation coupling 12, inflation lumen 21 to form a watertight chamber 27 so that it can accept a pressurized inflation fluid entering the chamber 27. 膨張継手12は、インナーチューブ6の開口近位端へのアクセスも許すことで、アフターローダへの接続を可能にする。 Inflation coupling 12, by allowing access to the open proximal end of the inner tube 6 allowing connection to an afterloader. 膨張継手は、膨張ポンプ30に取り付けられる。 Inflation coupling is attached to the inflation pump 30. 膨張したら、膨張継手12を弁18によってシールすることができ、ポンプを除去することができる。 Once inflated, it is possible to seal the inflation coupling 12 by a valve 18, it can be removed pump.

1つ又は複数のバルーンは、通常は膨張流体として生理食塩水溶液を用いて膨張させる。 One or more balloons are usually inflated using saline solution as inflation fluid. 生理食塩水には、X線写真又はCTスライスでバルーンを見ることができるように、オムニパーク等の造影剤が0.5%〜20%混合され得る。 The saline, as can be seen the balloon in X-ray photographs or CT slices, contrast agents such as Omnipaque may be mixed 0.5% to 20%.

放射線源は、遠位端に放射線放出物質20が設けられる細いワイヤ19を用いて送達され、このワイヤは、線源ワイヤルーメン22に通される。 Radiation source, radiation emitting material 20 is delivered with a thin wire 19 that is provided at the distal end, the wire is passed through the source wire lumen 22. アフターローダとして知られる装置を用いて、線源ワイヤが格納及び制御可能に供給される。 Using a device known as an afterloader, source wire is stored and controllably provide. インナーチューブ6の近位端7には、アフターローダの出力端への接続を可能にするアダプタが設けられ得る。 The proximal end 7 of the inner tube 6 may adapter is provided to allow connection to the output of the afterloader.

治療後、線源ワイヤ19を除去し、バルーン4、4'を収縮させ、膨張継手12を除去し、インナーチューブ6を除去する。 After treatment to remove the source wire 19, the balloon 4, 4 'deflated, the inflation coupling 12 is removed, to remove the inner tube 6. カテーテル1は、後続の治療のために快適且つ別個に所定位置に留まることができる。 The catheter 1 can remain comfortably and separately predetermined position for subsequent treatments.

不快感も炎症も一切報告されることなく、同じカテーテル1が長期間、例えば最長で1週間、2週間、又は3週間にわたって所定位置に留まることができる。 Discomfort without inflammation is also reported at all be the same catheter 1 for a long period of time, for example 1 week at the longest, can remain in place for two weeks, or three weeks. 本発明の一態様によれば、3日間、5日間、6日間、7日間、10日間、2週間、又は3週間装着された同じカテーテル1を用いて、後続の治療を繰り返す。 According to one aspect of the present invention, 3 days, 5 days, 6 days, 7 days, 10 days, 2 weeks, or by using a 3-week loaded same catheter 1 is repeated subsequent treatment. 好ましくは、同じカテーテルを5日間装着する。 Preferably, attaching the same catheter 5 days.

本発明の一態様によれば、治療中に、1日毎、2日毎、3日毎、好ましくは毎日であり得る一定の間隔で、放射線が投与される。 According to one aspect of the present invention, during treatment, every day, every 2 days, every 3 days, preferably regular intervals, which may be daily, radiation is administered. 例えば週末又は休診日に、投与の中断があってもよい。 For example weekend or nonconsultation date, there may be interruption of administration.

本明細書に記載のように、本キット及び方法は、治療領域、例えば食道内腔若しくは子宮内腔に、又は乳房切除腔に、適当な放射線量を照射するものであり、必要であれば一定の間隔で線量を供給するように構成される。 As described herein, the kit and method, constant treatment area, for example esophageal lumen or uterine lumen, or breast resection cavity, which irradiates a suitable radiation dose, if necessary configured to provide the dose at intervals. カテーテル1が複数回の治療の実施を可能にするため、1回の高線量又は分割し反復した低線量を照射することができる。 Because the catheter 1 to enable the implementation of multiple treatments can be irradiated with a single high dose or divided low dose was repeated.

根治的治療の場合、CTスライスで見た食道の周囲に処方される分割線量約2グレイ(Gy)〜約4グレイ程度の低い放射線量が、癌細胞の治療に提供される典型的な放射線量であることが好ましい。 For curative treatment, typical radiation dose low radiation dose of approximately divide dose of about 2 Gray (Gy) ~ about 4 gray formulated around the esophagus as seen on CT slices, which are provided for the treatment of cancer cells it is preferable that. 好ましくは、分割線量2Gy〜3Gyが、根治的治療に適した線量レベルを提供し、効果をもたらすとともに食道狭窄(遅発性副作用)等の合併症を防止する。 Preferably, divided doses 2Gy~3Gy is to provide a dose level that is suitable for radical treatment to prevent complications such esophageal stricture (late side effect) together result in effects. この治療は、化学療法(タキソテール及びシスプラチン)と組み合わせた外部放射線療法(50Gy)の後のブーストとして処方され、1週間〜2週間で10Gy〜20Gyの小線源療法を加えることができる。 This treatment is formulated as a boost after chemotherapy (taxotere and cisplatin) in combination with external radiotherapy (50 Gy), may be added brachytherapy 10Gy~20Gy in to 2 week week.

子宮腫瘍の場合、分割線量3Gy〜6Gyを週1回〜週3回の、総線量が最大50Gy〜60Gyが、根治的治療に十分であると考えられる。 In the case of uterine tumor, of a split dose 3Gy~6Gy week from once to three times a week, the total dose is the maximum 50Gy~60Gy, is considered to be sufficient to curative treatment. 患者が外部放射線療法及び小線源療法の組み合わせを受ける場合、すなわち例えば、40Gyの外部放射線療法を5Gy〜6Gyの子宮内小線源療法3回〜4回と組み合わせる場合、照射される総線量をより少なくしてもよい。 If a patient receives a combination of external radiotherapy and brachytherapy, i.e. for example, when combining external radiotherapy 40Gy intrauterine brachytherapy 3 times to 4 times of 5Gy~6Gy, the total dose delivered it may be less.

乳癌患者の場合、バルーン表面から1cmの所に処方して、総線量30Gyを分割線量6Gyで5回連続して照射すれば、部分的な乳房放射線療法に十分であり得る。 For breast cancer patients, formulated from the balloon surface at the 1 cm, it is irradiated five consecutive total dose 30Gy in divided doses 6 Gy, may be sufficient for partial breast radiotherapy. ブースト治療の場合、3×5Gyの線量を40Gy〜50Gyの外部乳房放射線療法と組み合わせると、外部放射線療法によって照射される標準的な電子線ブーストの効果に相当するはずである。 If the boost treatment, the combination of a dose of 3 × 5 Gy and external breast radiotherapy 40Gy~50Gy, should correspond to the effects of the standard electron beam boost irradiated by external radiotherapy.

食道癌では、(放射線化学療法に対する)完全奏効者のみが食道癌を克服することが示されているため、化学療法及び放射線の局所効果を高め且つ完全奏効者の数を増やすために、分割小線源療法を術前療法として処方することもできる。 In esophageal cancer, in order to increase the number to only complete responders (for chemoradiotherapy) it has been shown to overcome esophageal cancer, and complete responders enhance the local effect of chemotherapy and radiation, divided small it is also possible to formulate source therapy as preoperative therapy.

緩和治療の場合、食道の外面(CTスライスで見て)に対して、5Gyの線量を週1回〜週3回で1週間〜数週間かけて総線量10Gy〜30Gyまで処方することができる。 In the case of palliative treatment, it can be formulated with respect to the outer surface of the esophagus (as seen on CT slices), to a total dose 10Gy~30Gy over a period of one week to several weeks in the week once to three times a week dose of 5Gy. 同じ範囲の線量を、子宮癌を呈する患者に緩和状況で照射することができる。 A dose of the same range, can be irradiated in a relaxed situation patients with uterine cancer.

1.3cmのバルーン直径を用いて10cmの長さで食道壁に照射される放射線は、約2Gy〜3Gyの範囲内にあるべきであり、普通は30秒未満ではなく、1分間、1.5分間、2分間、2.5分間、3分間、3.5分間、4分間、4.5分間、若しくは5分間、又は上記値の任意の2つの間の期間、好ましくは2分間〜5分間にわたって照射される。 Radiation irradiated to the esophageal wall by the length of 10cm with a balloon diameter of 1.3cm should be within the range of about 2Gy~3Gy, usually not less than 30 seconds, 1 minute, 1.5 min, 2 min, 2.5 min, 3 min, 3.5 min, 4 min, 4.5 min, or 5 min, or any two periods between the values, for preferably 5 minutes 2 minutes It is irradiated.

子宮癌及び乳癌治療でも、同じ持続時間範囲が標準である。 In uterine cancer and breast cancer, the same duration range is standard.

異なる放射線源が用いられ、好ましい放射線源は、γ線が用いられる場合はイリジウム192を含み、中性子粒子が用いられる場合はカリホルニウム252を含むことが想定される。 Different radiation sources are used, the preferred radiation source, when the γ-rays are used include iridium 192, if the neutron particles are used it is assumed that includes a Californium 252. さらに、放射線源は、中性子粒子又はγ線を提供して標的細胞に影響を及ぼし得ることが想定される。 Furthermore, the radiation source, it is envisioned that provide neutron particles or γ-rays may affect target cells. γ又は中性子放出放射線源の使用は、癌細胞を治療し殺すことがよく知られている。 Use of γ or neutron emission radiation sources, it is well known to kill treating cancer cells.

本発明の趣旨及び範囲から逸脱せずに、本発明に他の変更を加えることができる。 Without departing from the spirit and scope of the present invention, it is possible to add other modifications to the present invention. 具体的な寸法、線量、時間、及び構成材料は例として提供されており、本発明から逸脱しない代替品が容易に想定される。 Specific dimensions, doses, times and materials of construction are provided as examples, alternatives without departing from the present invention are readily envisioned.

以下の非限定的な例によって本発明を説明する。 Illustrating the non-limiting examples the invention follows.

1. 1. 食道内腔の小線源療法 手術不能な食道癌を呈する65歳の患者。 65-year-old patients with brachytherapy inoperable esophageal cancer of the esophagus lumen. この患者は、麻酔(anesthesy)リスクが高いため手術することができなかった。 The patient was not able to surgical anesthesia (anesthesy) because of the high risk. 腫瘍(扁平上皮癌)は、食道内側の下部1/3に位置し、長さ8cmであった。 Tumors (squamous cell carcinoma) is located in the lower third of the esophagus inside a length of 8 cm. 食道壁の厚さは、CTスライスで見て一部の領域で最大厚さ1cmであった。 The thickness of the esophageal wall was greatest 1cm thick in some areas look at CT slice.

患者の全身状態が悪かったため、緩和療法を選択した。 For general condition of the patient was bad, it was selected palliative therapy. 患者は、最初に3Gyを10セッションで30Gyの外部放射線療法を受けた。 Patients were initially subjected to external radiotherapy 30Gy to 3Gy in 10 sessions.

1週間後、放射線腫瘍科の看護師が鼻咽頭アクセスカテーテルを挿入した。 After one week, the Department of Radiation Oncology of the nurse inserts a nasopharyngeal access catheter. 収縮したバルーンを有するカテーテルの治療部を、癌領域付近に(approximately in regard to)配置した。 Treatment portion of a catheter having a deflated balloon, was placed (approximately in regard to) in the vicinity of oncology. 2つの弁システムを有するコネクタを、アクセスカテーテルの近位端にきつく固定した。 A connector having two valve systems was tightly fixed to the proximal end of the access catheter. 放射性源導入用のカテーテルを、アクセスカテーテル内に導入した。 The catheters for radioactive source introduction was introduced into the access catheter. 線源カテーテルの導入前に、線源カテーテルの遠位部の遠位長さ5cm〜10cmに、数滴の油を滴下した。 Before the introduction of the radiation source catheter, the distal length 5cm~10cm the distal portion of the radiation source catheter, was added dropwise the oil a few drops.

放射性源導入用のインナーカテーテルを、アクセスカテーテルの先端に達する(線源カテーテルがアクセスカテーテルの先端に突き当たる)までアクセスカテーテル内で押した。 The inner catheter for radioactive source introduction was pushed inside the access catheter until the tip of the access catheter (radiation source catheter abuts against the tip of the access catheter).

継手システムの近位弁及び遠位弁を、継手システム全体が水密になるまで締めた。 A proximal valve and distal valve of the coupling system was tightened until the entire joint system is watertight.

オムニパーク2cc及び生理食塩水18ccの混合物20ccを入れたマノメータ付きシリンジを、バルーンシステムに接続した。 The manometer attached syringe put mixture 20cc of omnipaque 2cc and saline 18 cc, was connected to the balloon system.

CTスキャナを用いて冠状面図を作成した。 It created a coronal view using CT scanner. この図により、周辺白金マーカで確認して、収縮したバルーンの位置をCTスキャンスライスで見た腫瘍の位置に適合させることができた。 This figure was confirmed around platinum marker, the position of the deflated balloon could be adapted to the position of the tumor as seen on CT scan slices. 位置は、腫瘍の長さ(8cm)を覆い且つバルーンの長さに関して腫瘍の両側から等しいマージンを保つようにした。 Position was to keep an equal margin from both sides of the tumor with respect to the length of and the balloon cover the length of the tumor (8 cm).

位置が申し分なく定まったら、生理食塩水・オムニパーク混合物20ccでバルーンを膨張させ、バルーンの膨張直径を14mmにした。 Position When definite alright, the balloon is inflated with saline-omnipaque mixture 20 cc, was inflated diameter of the balloon to 14 mm. 食道腫瘍の全長にわたってつなぎ合わせたCTスライスを作成した。 We have created a CT slice that was pieced together over the entire length of the esophagus tumor.

特殊な小線源プログラム(例えば、NucletronによるPlato線量測定プログラム)を用いて、腫瘍外面をCTの画面上で描画した。 Special brachytherapy program (e.g., Plato dosimetric program by Nucletron) using a tumor outer surface was drawn on the screen of the CT.

週1回〜週2回の各小線源療法セッション中に、線量5Gyを照射した。 During each of the small-ray source therapy sessions once to twice a week week, was irradiated with a dose 5Gy. 2週間後には、総線量20Gyが4分割で照射された。 After 2 weeks, a total dose 20Gy was irradiated with four divisions. 患者の気分は優れており、非常に楽に治療に耐えられた。 Mood of the patients is excellent, it endured very comfortably treatment. バルーンシステムの膨張時間は、5Gyを照射するのに治療1回当たり8分の範囲内であった。 Inflation time of the balloon system was in the range of 8 minutes per treatment once to illuminate 5 Gy. これはわずかに長すぎた。 This was slightly too long. 患者は、各治療セッションで約5分後に気分が優れなくなった。 The patient, the mood is no longer superior to about 5 minutes after each treatment session. 患者は食道領域の痛みを訴えた。 The patient complained of pain in the esophagus area. 放射線治療を中断し、線源を抜去し、バルーンを数秒で収縮させた。 Interrupting the radiation treatment, and removing the radiation source, it deflated balloon in a few seconds. 10分間の中断後、患者の気分が回復し、バルーンを再膨張させ、治療を中断した場所に放射性源を自動的に再位置決めした。 After 10 minutes of interruption, the mood of the patient is recovered, re-inflate the balloon, and automatically repositioning the radioactive source to the location where discontinued treatment. 放射線療法は、線量処方に従って完璧に施された。 Radiation therapy, was perfectly decorated according to the dose prescription.

小線源療法による合併症を検出するために、その後数ヶ月にわたって患者を観察した。 To detect complications brachytherapy was observed patients over the next several months. 患者は小線源療法の終了後3ヶ月で依然として体調がよく、現在まで予後追跡中である。 The patient still good physical condition at the end after three months of brachytherapy, is currently up in the prognosis track. 腫瘍は小さくなり、遅発性副作用(狭窄)は見られておらず、患者は普通食を摂っている。 The tumor is small, late side effects (stenosis) is not observed, the patient is taking a normal diet.

2. 2. 子宮腔の小線源療法 子宮体癌を呈する90歳女性。 90-year-old woman exhibiting the brachytherapy endometrial cancer of the uterine cavity. この患者は、2年間定期的に出血があり、この時点での判断は、他にも多くの病状があり医学的状態が悪いこの患者が腫瘍進行に苦しむほど長く生存するか否かを経過観察することだった。 This patient, there is a regular bleeding 2 years, determined at this point, observation whether or not the medical condition there are many other medical conditions are bad this patient will survive long enough to suffer in tumor progression it was to be.

或る日、患者が重度の膣出血を訴えた。 One day, the patient complained of vaginal bleeding severe. ヘモグラムは、ヘモグロビン値7grを示した。 Hemogram showed a hemoglobin value 7gr. 患者は、強い脱力感を覚えて病院へ運ばれた。 The patient was taken to the hospital remember the strong weakness.

外科医は、全身状態の悪さ及び麻酔リスクの高さから介入(子宮切除又は子宮摘出)の実施を拒否した。 The surgeon refused the implementation of the intervention (uterus ablation or hysterectomy) from a height of poor and anesthesia risks general condition.

議論の後、外部放射線療法及び小線源療法を用いた過分割療法の実施が提案された。 After discussion, the implementation of hyperfractionated therapy using external radiotherapy and brachytherapy has been proposed. 患者は、シミュレーションCTスキャンスライスで見た子宮全体を包含する6Gyの外部放射線療法(4門照射法)を、1週間おきに2コース受けた。 Patients simulation CT scan slices in external radiation therapy including 6Gy the entire uterus viewed (4 Gate irradiation) received 2 courses every other week. バルーンカテーテルを用いて、シミュレーションCTスキャンスライスで見た子宮の周囲面に処方された6Gyの小線源療法セッションも4回施した。 Using a balloon catheter, brachytherapy sessions 6Gy formulated around surface of the uterus as seen in the simulation CT scan slices were also subjected 4 times.

治療は忍容性が良好であった。 Treatment was well tolerated. 6ヵ月後、患者に依然として出血は見られず、外科的介入も必要なかった。 Six months later, still bleeding to the patient is not observed, surgical intervention was not necessary. 患者は現在まで予後追跡中である。 Patient is currently up in prognosis tracking.

3. 3. 乳房の小線源療法 右乳房の右下四半部(lower external quadrant)に直径1cmの腺管癌を呈する70歳女性に、センチネルリンパ節法を施した。 The 70-year-old woman presenting a ductal carcinoma with a diameter of 1cm in the lower right quadrant of brachytherapy right breast of the breast (lower external quadrant), was subjected to a sentinel lymph node method. 解剖病理学(anapathological)検査では、リンパ節浸潤が一切示されなかった。 In the anatomic pathology (anapathological) examination, lymph node involvement was not shown at all.

乳房腫瘍は、すべての側から少なくとも1cmの安全マージンをとって切除した(扇状部分切除)。 Breast tumors were excised taking a safety margin of at least 1cm from all sides (fan partial resection). 病理学検査では、悪性度1の腫瘍が示され、リンパ浸潤陰性が確認された。 In pathology, tumor grade 1 is shown, lymphatic invasion negative was confirmed.

トロカール針を用いて、超音波検査案内下で、介入の1週間後に切除腔内にカテーテル1を導入した。 Using a trocar needle under ultrasound guidance, it was introduced catheter 1 to resection cavity one week after the intervention.

インナーカテーテル6を導入し、カテーテル1の近位端及びカテーテル6の近位端の周りに継手装置を固定した。 Introducing the inner catheter 6, and the coupling device is secured around the proximal end and the proximal end of the catheter 6 of the catheter 1. バルーンを直径4cmまで膨張させた。 The balloon was inflated to a diameter of 4cm. CTスキャンにより、システムの適当な位置及びバルーンと切除腔壁との密着を示す画像を作成した。 The CT scans were generated image showing the contact between the appropriate position and balloon resection cavity wall system.

バルーンの表面から1cmの距離に、放射線量6Gyを処方して照射した。 From the surface of the balloon a distance of 1 cm, were irradiated prescribed radiation dose 6 Gy. バルーンを収縮させ、継手装置を除去した。 The balloon is deflated to remove the coupling device. この治療を5日間連続で毎日行い、切除腔の周りのハイリスク領域への処方は30Gyとした。 Done every day this treatment 5 consecutive days, formulation into a high-risk area around the resection cavity was 30Gy. 5日後にカテーテル1を除去した。 The removal of the catheter 1 after 5 days.

患者には外部放射線療法が一切必要なく、5週間の標準的療法(外部放射線療法)が省かれた。 There is no need for any external radiation therapy in patients, standard therapy (external radiation therapy) of five weeks has been omitted. 患者は、管理のために定期的に通院した。 Patients were regularly visits for management. 2年後、CTスライスで局所再発は検出されなかった。 Two years later, local recurrence in the CT slice was not detected.

Claims (43)

  1. 被験者に小線源療法を施すキットであって、 A kit for performing brachytherapy to a subject,
    −近位端(2)及び遠位端(3)を有する医療用バルーンカテーテル(1)であって、膨張ルーメン(21)が内部に延びている細長いカテーテルチューブ(5)、及び該遠位端(3)に向かって該カテーテルチューブ(5)の該膨張ルーメン(21)と流体連通している少なくとも1つの膨張可能なバルーン(4、4')を備え、該カテーテルチューブ(5)は、キンク状態から伸びるように構成され、該膨張ルーメン(21)が除去可能なインナーチューブ(6)を摺動可能に収納することを可能にし、該膨張ルーメン(21)は、該除去可能なインナーチューブ(6)の存在下で該少なくとも1つの膨張可能なバルーン(4、4')に膨張流体を運ぶように構成される、医療用バルーンカテーテル(1)と、 - a proximal end (2) and a distal end (3) a medical balloon catheter (1) having an elongated catheter tube inflation lumen (21) extends inside (5), and the distal end comprising at least one inflatable balloon toward the (3) in communication said fluid communication with inflation lumen (21) of said catheter tube (5) (4, 4 '), said catheter tube (5), kink is configured to extend from the state, the inflation lumen (21) the inner tube (6) removable is it possible to slidably accommodated, said inflation lumen (21), the removable inner tube ( the at least in the presence of 6) configured to carry inflation fluid to one inflatable balloon (4, 4 '), and medical balloon catheter (1),
    −細長い本体、開口(9)近位端(7)、閉鎖(10)遠位端(8)、及び内部に延びている線源ワイヤルーメン(22)を有する、除去可能なインナーチューブ(6)であって、 - an elongated body, the opening (9) proximal end (7), the closure (10) distal end (8), and having in that the radiation source wire lumen (22) which extends into, removable inner tube (6) there is,
    −該除去可能なインナーチューブ(6)は、該膨張ルーメン(21)の長さの少なくとも一部に対して挿入及び除去されるように構成され、 - the removable inner tube (6) is configured to be inserted and removed for at least a portion of the length of the inflation lumen (21),
    −該線源ワイヤルーメン(22)は、治療用放射線源(20)を担持する線源ワイヤ(19)を収納するように構成される、 - 該線 source wire lumen (22) is configured to store source wire carrying therapeutic radiation source (20) (19),
    除去可能なインナーチューブ(6)と、 A removable inner tube (6),
    を備える、被験者に小線源療法を施すキット。 The equipped, kit for performing brachytherapy to a subject.
  2. 該バルーン(4)の膨張を可能にし、且つ膨張時に、前記除去可能なインナーチューブ(6)が該膨張ルーメン(21)に挿入されると該除去可能なインナーチューブ(6)の該開口(9)近位端(7)へのアクセスを可能にするために、該カテーテルチューブ(5)の近位端を膨張ポンプに結合するように構成される、膨張継手(12)をさらに備える、請求項1に記載のキット。 To allow inflation of the balloon (4), and when inflated, opening of the said removable inner tube (6) is inserted into the inflation lumen (21) said removable inner tube (6) (9 ) in order to allow access to the proximal end (7), configured to couple the proximal end of the catheter tube (5) to the expansion pump, further comprising an inflation coupling (12), according to claim the kit according to 1.
  3. 前記膨張継手(12)は、 Said inflation coupling (12),
    −遠位シール(16)が配置される遠位ポート(14)と、 - a distal port distal seal (16) is arranged (14),
    −近位シール(15)が配置される近位ポート(13)と、 - a proximal port disposed proximal seal (15) (13),
    −弁と動作可能に接続されるポンプ継手(17)と、 - a pump fitting (17) which is operatively connected to the valve,
    を備え、該ポート(13、14)及び該ポンプ継手(17)は、該継手(12)のチャンバ(27)と流体接続されており、 The provided, said port (13, 14) and said pump fitting (17) is fluidly connected to the chamber (27) of 該継 hand (12),
    −該遠位ポート(14)は、該カテーテルチューブ(5)の該近位端を受け入れて該カテーテルチューブ(5)の本体に対してシールを形成するように構成され、 - the distal port (14) accepts the proximal end of the catheter tube (5) is configured to form a seal against the body of the catheter tube (5),
    −該近位ポート(13)は、該除去可能なインナーチューブ(6)を受け入れて該開口(9)の遠位側で該除去可能なインナーチューブ(6)の該本体に対してシールを形成するように構成され、該除去可能なインナーチューブ(6)の該近位端が該継手(12)を通過することを可能にする、請求項2に記載のキット。 - the proximal port (13), forms a seal against the body of the removable inner tube (6) at the distal side of the opening to accept the removable inner tube (6) (9) configured to, proximal end of the removable inner tube (6) to be passed through 該継 hand (12) the kit according to claim 2.
  4. 該カテーテルチューブ(5)の外径は、2mm〜6mmである、請求項1ないし3のいずれか1項に記載のキット。 The outer diameter of the catheter tube (5) is 2 mm to 6 mm, kit according to any one of claims 1 to 3.
  5. 該カテーテルチューブ(5)は、該除去可能なインナーチューブ(6)の曲げ剛性よりも低い曲げ剛性を有する、請求項1ないし4のいずれか1項に記載のキット。 The catheter tube (5) has a flexural lower bending stiffness than the stiffness of the removable inner tube (6) The kit according to any one of claims 1 to 4.
  6. 該カテーテルチューブ(5)は、ポリウレタン又はポリウレタン含有化合物から作られる、請求項1ないし5のいずれか1項に記載のキット。 The catheter tube (5) is made from polyurethane or polyurethane-containing compounds, kit according to any one of claims 1 to 5.
  7. 該膨張ルーメン(21)の直径は、該除去可能なインナーチューブ(6)の外径よりも5%〜20%大きい、請求項1ないし6のいずれか1項に記載のキット。 The diameter of the inflation lumen (21) is from 5% to 20% than the outer diameter of the removable inner tube (6) large, kit according to any one of claims 1 to 6.
  8. 該カテーテルチューブ(5)の該近位端(2)と該遠位端(3)との間に、該医療用カテーテル(1)の長手方向伸長を防止する非伸長性コードが配置される、請求項1ないし7のいずれか1項に記載のキット。 During the proximal end of the catheter tube (5) and (2) the distal end and (3), inextensible cord to prevent longitudinal extension of the medical catheter (1) is arranged, the kit according to any one of claims 1 to 7.
  9. 該コードは、該カテーテルチューブ(5)の壁の中、外側、又は内側に配置される、請求項8に記載のキット。 The code in the wall of the catheter tube (5) is arranged outside, or inside, the kit of claim 8.
  10. 該カテーテルチューブ(5)の該近位端は、周方向圧力を加えることによって変形を低減するように補強される、請求項1ないし9のいずれか1項に記載のキット。 The proximal end of the catheter tube (5) is reinforced to reduce deformation by the application of circumferential pressure, kit according to any one of claims 1 to 9.
  11. 前記補強は、 Said reinforcement,
    −該カテーテルチューブ(5)の該近位端の上に配置されるアウターチューブ、 - outer tube disposed over the proximal end of the catheter tube (5),
    −該カテーテルチューブ(5)の該近位端に挿入されるインナーチューブ、又は −該カテーテルチューブ(5)の該近位端に対する延長部、 - the inner tube is inserted into the proximal end of the catheter tube (5), or - the extension for the proximal end of the catheter tube (5),
    を含む、請求項10に記載のキット。 The containing A kit according to claim 10.
  12. 該医療用カテーテル(1)は、該カテーテルチューブ(5)の長さの少なくとも一部に沿って記される可視目盛を備える、請求項1ないし11のいずれか1項に記載のキット。 The medical catheter (1) is provided with a visible graduations marked along at least a portion of the length of the catheter tube (5) A kit according to any one of claims 1 to 11.
  13. 該除去可能なインナーチューブ(6)の壁は、0.1mm〜0.4mmの厚さを有する、請求項1ないし12のいずれか1項に記載のキット。 Wall of the removable inner tube (6) has a thickness of 0.1 mm to 0.4 mm, the kit according to any one of claims 1 to 12.
  14. 該除去可能なインナーチューブ(6)の曲げ剛性は、該カテーテルチューブ(5)の曲げ剛性よりも高い、請求項1ないし13のいずれか1項に記載のキット。 The flexural rigidity of the removable inner tube (6) is higher than the bending rigidity of the catheter tube (5) A kit according to any one of claims 1 to 13.
  15. 該除去可能なインナーチューブ(6)の該近位端は、周方向圧力を加えることによって変形を低減するように補強される、請求項1ないし14のいずれか1項に記載のキット。 Proximal end of the removable inner tube (6) is reinforced to reduce deformation by the application of circumferential pressure, kit according to any one of claims 1 to 14.
  16. 前記補強は、 Said reinforcement,
    −該近位端に又は該近位端に向かって該除去可能なインナーチューブ(6)の上に配置される補強アウターチューブ(48)、 - proximal end or proximal towards the end reinforcing outer tube disposed over the said removable inner tube (6) (48),
    −該近位端に又は該近位端に向かって該除去可能なインナーチューブ(6)に挿入される補強インナーチューブ(49)、又は −該除去可能なインナーチューブ(6)の該近位端に対する補強延長部(50)、 - the proximal end or towards the proximal end reinforcing inner tube to be inserted into the removable inner tube (6) (49), or - the proximal end of the removable inner tube (6) reinforcing extension for (50),
    を含む、請求項15に記載のキット。 The containing A kit according to claim 15.
  17. 該除去可能なインナーチューブ(6)の上に配置される該補強アウターチューブ(48)には、該補強チューブ(48)の近位端に又は該近位端に向かって環状リッジ(51)が配置される、請求項16に記載のキット。 A reinforcing outer tube disposed over the said removable inner tube (6) (48), the annular ridge (51) towards the proximal end or proximal end of the reinforcing tube (48) It placed the kit according to claim 16.
  18. 該除去可能なインナーチューブ(6)は、その長さの少なくとも一部に沿って記される可視目盛を備える、請求項1ないし17のいずれか1項に記載のキット。 The removable inner tube (6) is provided with a visible graduations marked along at least a portion of its length, kit according to any one of claims 1 to 17.
  19. 該除去可能なインナーチューブ(6)の曲げ剛性は、該カテーテルチューブ(5)の曲げ剛性よりも1%〜60%高い、請求項1ないし18のいずれか1項に記載のキット。 The flexural rigidity of the removable inner tube (6) is 1% to 60% higher than the flexural rigidity of the catheter tube (5) A kit according to any one of claims 1 to 18.
  20. 該除去可能なインナーチューブ(6)は、ポリイミド、PEEK(ポリエーテルエーテルケトン)、又はポリエチレンで作られる、請求項1ないし19のいずれか1項に記載のキット。 The removable inner tube (6) is a polyimide, PEEK (polyetheretherketone), or made of polyethylene, kit according to any one of claims 1 to 19.
  21. 該除去可能なインナーチューブ(6)の該線源ワイヤルーメン(22)の直径は、0.5mm〜1.9mmである、請求項1ないし20のいずれか1項に記載のキット。 The diameter of 該線 source wire lumen (22) of the removable inner tube (6) is a 0.5Mm~1.9Mm, kit according to any one of claims 1 to 20.
  22. 該除去可能なインナーチューブ(6)は、該医療用バルーンカテーテル(1)よりも3cm〜90cm長い、請求項1ないし21のいずれか1項に記載のキット。 The removable inner tube (6) is, 3Cm~90cm longer than the medical balloon catheter (1) A kit according to any one of claims 1 to 21.
  23. 鼻咽頭経路を経由した被験者への挿入時に該カテーテルチューブ(5)に剛性を与えるために、該膨張ルーメン(21)に対して挿入及び除去されるように構成される除去可能なプッシャワイヤ(11)をさらに備える、請求項1ないし22のいずれか1項に記載のキット。 To provide rigidity to the catheter tube (5) during insertion into a subject via the nasopharyngeal route, said inflation lumen (21) inserted and can configured removed to be removed against pusher wire (11 ), further comprising a kit according to any one of claims 1 to 22.
  24. 前記プッシャワイヤ(11)は、該除去可能なインナーチューブ(6)の曲げ剛性よりも高い曲げ剛性を有する、請求項23に記載のキット。 It said pusher wire (11) has a higher flexural rigidity than the flexural rigidity of the removable inner tube (6) The kit of claim 23.
  25. 膨張ポンプ(30)をさらに備える、請求項1ないし24のいずれか1項に記載のキット。 Expansion pump (30) further comprises, kit according to any one of claims 1 to 24.
  26. 該医療用バルーンカテーテルは、鼻咽頭経路を経由して食道に挿入されるように構成される、請求項1ないし25のいずれか1項に記載のキット。 The medical balloon catheter is configured to be inserted through the nasopharyngeal route in the esophagus, the kit according to any one of claims 1 to 25.
  27. 該医療用バルーンカテーテルは、頸部経路を経由して子宮腔に挿入されるように構成される、請求項1ないし26のいずれか1項に記載のキット。 The medical balloon catheter is configured via the cervical route is inserted into the uterine cavity, kit according to any one of claims 1 to 26.
  28. 該医療用バルーンカテーテルは、乳房の切開部又は針穿刺部を経由して乳房組織に挿入されるように構成される、請求項1ないし27のいずれか1項に記載のキット。 The medical balloon catheter is configured via an incision or needle puncture of the breast is inserted into the breast tissue, kit according to any one of claims 1 to 27.
  29. 被験者にカテーテル小線源療法を施す方法であって、 A method for performing catheter brachytherapy to a subject,
    −被験者における進入点を通して医療用バルーンカテーテル(1)を挿入することであって、前記医療用バルーンカテーテル(1)は、近位端(2)及び遠位端(3)を有し、膨張ルーメン(20)が内部に延びている細長いカテーテルチューブ(5)、及び該遠位端(3)に向かって該カテーテルチューブ(5)の該膨張ルーメン(21)と流体連通している少なくとも1つの膨張可能なバルーン(4、4')を備え、該カテーテルチューブ(5)は、キンク状態から伸びるように構成され、該膨張ルーメン(21)が除去可能なインナーチューブ(6)を摺動可能に収納することを可能にし、該膨張ルーメン(21)は、該除去可能なインナーチューブ(6)の存在下で該少なくとも1つの膨張可能なバルーン(4、4')に膨張流体を運 - the method comprising inserting a medical balloon catheter (1) through the entry point in a subject, said medical balloon catheter (1) has a proximal end (2) and distal end (3), the inflation lumen (20) an elongated catheter tube extending therein (5), and the inflation lumen (21) and at least one expansion in fluid communication with the distal end (3) the catheter tube towards the (5) comprising a balloon (4, 4 '), said catheter tube (5) is configured to extend from the kink state, slidably housing the inflation lumen (21) of the removable inner tube (6) it possible to, the inflation lumen (21), luck inflation fluid to said at least the presence of the removable inner tube (6) one inflatable balloon (4, 4 ') ように構成される、医療用バルーンカテーテル(1)を挿入すること、 Constructed, inserting a medical balloon catheter (1) as,
    −治療領域に該少なくとも1つの膨張可能なバルーン(4、4')を位置決めすること、 - positioning the said at least the treatment area one inflatable balloon (4, 4 '),
    −該膨張ルーメン(21)に該除去可能なインナーチューブ(6)を挿入することであって、前記除去可能なインナーチューブ(6)は、細長い本体、開口(9)近位端(7)、閉鎖(10)遠位端(8)、及び内部に延びている線源ワイヤルーメン(22)を有し、 - the method comprising inserting the removable inner tube (6) to said inflation lumen (21), said removable inner tube (6) has an elongated body, the opening (9) proximal end (7), has a closure (10) distal end (8), and radiation source wire lumen extending therein (22),
    −前記除去可能なインナーチューブ(6)は、該膨張ルーメン(21)の長さの少なくとも一部に対して挿入及び除去されるように構成され、 - the removable inner tube (6) is configured to be inserted and removed for at least a portion of the length of the inflation lumen (21),
    −該線源ワイヤルーメン(22)は、治療用放射線源(20)を担持する線源ワイヤ(19)を収納するように構成される、 - 該線 source wire lumen (22) is configured to store source wire carrying therapeutic radiation source (20) (19),
    除去可能なインナーチューブ(6)を挿入すること、 Inserting a removable inner tube (6),
    −該少なくとも1つの膨張可能なバルーン(4、4')を膨張させること、 - inflating the said at least one inflatable balloon (4, 4 '),
    −該線源ワイヤルーメン(22)を通して治療領域まで前記放射線源ワイヤ(19)を前進させて、一定の放射線量を投与すること、 - through 該線 source wire lumen (22) to the treatment region by advancing the radiation source wire (19), the administration of a certain dose,
    −該放射線源ワイヤ(19)を除去すること、 - removing the radiation source wire (19),
    −該少なくとも1つの膨張可能なバルーン(4、4')を収縮させること、 - It deflating the at least one inflatable balloon (4, 4 '),
    −該除去可能なインナーチューブ(6)を抜去すること、及び −後続の治療セッションのために該医療用バルーンカテーテル(1)をその場に任意に残すこと、 - to withdrawn the removable inner tube (6), and - leaving the medical balloon catheter (1) for subsequent treatment sessions arbitrarily in place,
    を含む、被験者にカテーテル小線源療法を施す方法。 The method comprising, applying a catheter brachytherapy to a subject a.
  30. 該医療用バルーンカテーテル(1)に一時的な剛性を与えるために、該医療用バルーンカテーテル(1)を体内で前進させる前に、プッシャワイヤ(11)が該膨張ルーメン(21)に挿入される、請求項29に記載の方法。 To give temporary rigidity to the medical balloon catheter (1), prior to advancing the medical balloon catheter (1) in the body, pusher wire (11) is inserted into the inflation lumen (21) the method of claim 29.
  31. 鼻咽頭経路を経由した被験者の食道への該医療用バルーンカテーテル(1)の挿入後及び該膨張ルーメン(21)への該除去可能なインナーチューブ(6)の挿入前に、請求項2又は3に記載の膨張継手(12)が、該カテーテル(1)の該近位端(2)において前記カテーテルチューブ材(5)に結合される、請求項29又は30に記載の方法。 Before insertion after insertion of the medical balloon catheter into the subject's esophagus via the nasopharyngeal route (1) and said removable inner tube into the inflation lumen (21) (6), according to claim 2 or 3 the is coupled to the catheter tubing (5) the method of claim 29 or 30 inflation coupling (12) according, in the proximal end of the catheter (1) (2).
  32. 該膨張継手(12)は、該膨張ルーメン(21)への該除去可能なインナーチューブ(6)の挿入後に、該除去可能なインナーチューブ(6)の該近位端(7)にさらに結合される、請求項31に記載の方法。 The inflation coupling (12), after insertion of the removable inner tube (6) to said inflation lumen (21) is further coupled to a proximal end of the removable inner tube (6) (7) that the method of claim 31.
  33. 該膨張継手(12)は、該除去可能なインナーチューブ(6)の抜去後に、該医療用バルーンカテーテル(1)から除去される、請求項32に記載の方法。 The inflation coupling (12), after removal of the removable inner tube (6), is removed from the medical balloon catheter (1) The method of claim 32.
  34. 該医療用バルーンカテーテル(1)の近位部分が、体への挿入後及び/又は治療セッション間に患者の体に絆創膏で固定される、請求項29ないし33のいずれか1項に記載の方法。 The proximal portion of the medical balloon catheter (1) is fixed by an adhesive plaster to the patient's body between insertion and / or after the treatment session to the body, The method according to any one of claims 29 to 33 .
  35. 該治療は分割される、請求項29ないし34のいずれか1項に記載の方法。 The treatment is divided, the method according to any one of claims 29 to 34.
  36. 該医療用バルーンカテーテル(1)は、3日間〜21日間にわたってその場に残される、請求項29ないし35のいずれか1項に記載の方法 The medical balloon catheter (1) is left in place for 3 to 21 days The method according to any one of claims 29 to 35
  37. 該医療用バルーンカテーテル(1)は、食道に小線源療法を施すために、鼻咽頭経路を経由して被験者の食道に挿入される、請求項29ないし36のいずれか1項に記載の方法。 The medical balloon catheter (1), in order to perform the brachytherapy to the esophagus via the nasopharyngeal route is inserted into the esophagus of a subject, the method according to any one of claims 29 to 36 .
  38. 該医療用バルーンカテーテル(1)の近位部分が、鼻咽頭経路を経由した挿入後及び/又は治療セッション間に患者の鼻に絆創膏で固定される、請求項37に記載の方法。 The proximal portion of the medical balloon catheter (1) is fixed in plaster to the nose of the patient between the insert and / or after treatment sessions via the nasopharyngeal route, The method of claim 37.
  39. 該医療用バルーンカテーテル(1)は、子宮腔に小線源療法を施すために、頸部経路を経由して被験者の子宮腔に挿入される、請求項29ないし36のいずれか1項に記載の方法。 The medical balloon catheter (1), in order to perform the brachytherapy in uterine cavity via the cervical route is inserted into the uterine cavity of the subject, according to any one of claims 29 to 36 the method of.
  40. 該医療用バルーンカテーテル(1)の近位部分が、頸部経路を経由した挿入後及び/又は治療セッション間に頸部の出口に縫合糸で固定される、請求項39に記載の方法。 The proximal portion of the medical balloon catheter (1) is fixed by suture to the outlet of the neck between the insertion and / or after treatment sessions via the cervical route, The method of claim 39.
  41. 該医療用バルーンカテーテル(1)は、乳房に小線源治療を施すために、乳房の切開部を経由して被験者の乳房組織に挿入される、請求項29ないし36のいずれか一項に記載の方法。 The medical balloon catheter (1), in order to perform the brachytherapy to the breast, through the incision of the breast is inserted into the subject's breast tissue, according to any one of claims 29 to 36 the method of.
  42. 該医療用バルーンカテーテル(1)の近位部分が、切開部を経由した挿入後及び/又は治療セッション間に乳房から出る場所に絆創膏で固定される、請求項41に記載の方法。 The proximal portion of the medical balloon catheter (1) is fixed by adhesive plaster in place leaving the breast between the insertion and / or after treatment sessions via the incision method of claim 41.
  43. 請求項1ないし28のいずれか1項に記載のキットを使用する、請求項29ないし42のいずれか1項に記載の方法。 Using the kit according to any one of claims 1 to 28, The method according to any one of claims 29 to 42.
JP2010522344A 2007-08-29 2008-08-26 Performing brachytherapy to a subject (delivery) methods and kits Expired - Fee Related JP5618828B2 (en)

Priority Applications (5)

Application Number Priority Date Filing Date Title
US96660107 true 2007-08-29 2007-08-29
US60/966,601 2007-08-29
EP07115233 2007-08-29
EP07115233.4 2007-08-29
PCT/EP2008/061139 WO2009027394A1 (en) 2007-08-29 2008-08-26 Method and kit for delivery of brachytherapy to a subject

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2010536522A true true JP2010536522A (en) 2010-12-02
JP5618828B2 JP5618828B2 (en) 2014-11-05

Family

ID=43425906

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2010522344A Expired - Fee Related JP5618828B2 (en) 2007-08-29 2008-08-26 Performing brachytherapy to a subject (delivery) methods and kits

Country Status (2)

Country Link
JP (1) JP5618828B2 (en)
DK (1) DK2195091T3 (en)

Citations (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6099454A (en) * 1996-02-29 2000-08-08 Scimed Life Systems, Inc. Perfusion balloon and radioactive wire delivery system
JP2002513322A (en) * 1997-01-10 2002-05-08 ボストン サイエンティフィック リミテッド Intravascular radiation delivery system
US20060111691A1 (en) * 2003-09-17 2006-05-25 Magnus Bolmsjo Partial-length indwelling urinary catheter and method permitting selective urine discharge
US20060205992A1 (en) * 2002-11-06 2006-09-14 Senorx, Inc. Temporary catheter for biopsy site tissue fixation
US20070049786A1 (en) * 2005-08-30 2007-03-01 Cytyc Corporation Safety-link brachytherapy catheter

Patent Citations (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6099454A (en) * 1996-02-29 2000-08-08 Scimed Life Systems, Inc. Perfusion balloon and radioactive wire delivery system
JP2002513322A (en) * 1997-01-10 2002-05-08 ボストン サイエンティフィック リミテッド Intravascular radiation delivery system
US20060205992A1 (en) * 2002-11-06 2006-09-14 Senorx, Inc. Temporary catheter for biopsy site tissue fixation
US20060111691A1 (en) * 2003-09-17 2006-05-25 Magnus Bolmsjo Partial-length indwelling urinary catheter and method permitting selective urine discharge
US7662145B2 (en) * 2003-09-17 2010-02-16 Prostalund Operations Ab Partial-length indwelling urinary catheter and method permitting selective urine discharge
US20070049786A1 (en) * 2005-08-30 2007-03-01 Cytyc Corporation Safety-link brachytherapy catheter

Also Published As

Publication number Publication date Type
JP5618828B2 (en) 2014-11-05 grant
DK2195091T3 (en) 2011-08-22 grant

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5782740A (en) Radiation dose delivery catheter with reinforcing mandrel
US6974448B2 (en) Method for convection enhanced delivery catheter to treat brain and other tumors
US6893429B2 (en) Convection enhanced delivery catheter to treat brain and other tumors
US6582353B1 (en) Intravascular radiation delivery system
US20030032851A1 (en) Catheter with concentric balloons for radiogas delivery and booster radiosources for use therewith
US20060100475A1 (en) Expandable brachytherapy device
US6117065A (en) Perfusion balloon catheter with radioactive source
US6575932B1 (en) Adjustable multi-balloon local delivery device
US20070270627A1 (en) Brachytherapy apparatus for asymmetrical body cavities
US6673006B2 (en) Tissue positioning apparatus and method for protecting tissue from radiotherapy
US5882290A (en) Intravascular radiation delivery system
US6099454A (en) Perfusion balloon and radioactive wire delivery system
US20090259274A1 (en) Methods And Apparatus For Electrical Treatment Using Balloon And Electrode
US6413203B1 (en) Method and apparatus for positioning radioactive fluids within a body lumen
US20050240073A1 (en) Devices and methods to conform and treat body cavities
US8834513B2 (en) Method and articles for treating the sinus system
US5425703A (en) Method and apparatus for inducing the permeation of medication into internal tissue
US20050080313A1 (en) Applicator for radiation treatment of a cavity
US6196996B1 (en) Irradiation catheter and method of use
US20070167666A1 (en) Asymmetrical irradiation of a body cavity
US5947924A (en) Dilatation/centering catheter used for the treatment of stenosis or other constriction in a bodily passageway and method thereof
US20030028097A1 (en) Immobilizer probe system and method
US6752752B2 (en) Multi-source x-ray catheter
US6695787B2 (en) Prostate visualization device and methods of use
Starck et al. Esophageal stenosis: treatment with balloon catheters.

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20110803

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20120801

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20130108

A601 Written request for extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

Effective date: 20130401

A602 Written permission of extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A602

Effective date: 20130408

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20130425

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20131202

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20140219

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20140818

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20140916

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 5618828

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees