JP2010526985A - フラッシュタンクエコノマイザを備えた冷媒蒸気圧縮システム - Google Patents

フラッシュタンクエコノマイザを備えた冷媒蒸気圧縮システム Download PDF

Info

Publication number
JP2010526985A
JP2010526985A JP2010508345A JP2010508345A JP2010526985A JP 2010526985 A JP2010526985 A JP 2010526985A JP 2010508345 A JP2010508345 A JP 2010508345A JP 2010508345 A JP2010508345 A JP 2010508345A JP 2010526985 A JP2010526985 A JP 2010526985A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
refrigerant
flow control
heat exchanger
economizer
vapor compression
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Ceased
Application number
JP2010508345A
Other languages
English (en)
Inventor
エイチ. チェン,ユー
ミトラ,ビスワジット
Original Assignee
キャリア コーポレイションCarrier Corporation
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by キャリア コーポレイションCarrier Corporation filed Critical キャリア コーポレイションCarrier Corporation
Priority to PCT/US2007/011539 priority Critical patent/WO2008140454A1/en
Publication of JP2010526985A publication Critical patent/JP2010526985A/ja
Ceased legal-status Critical Current

Links

Images

Classifications

    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F25REFRIGERATION OR COOLING; COMBINED HEATING AND REFRIGERATION SYSTEMS; HEAT PUMP SYSTEMS; MANUFACTURE OR STORAGE OF ICE; LIQUEFACTION SOLIDIFICATION OF GASES
    • F25BREFRIGERATION MACHINES, PLANTS OR SYSTEMS; COMBINED HEATING AND REFRIGERATION SYSTEMS; HEAT-PUMP SYSTEMS
    • F25B1/00Compression machines, plant, or systems with non-reversible cycle
    • F25B1/10Compression machines, plant, or systems with non-reversible cycle with multi-stage compression
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B60VEHICLES IN GENERAL
    • B60HARRANGEMENTS OF HEATING, COOLING, VENTILATING OR OTHER AIR-TREATING DEVICES SPECIALLY ADAPTED FOR PASSENGER OR GOODS SPACES OF VEHICLES
    • B60H1/00Heating, cooling or ventilating [HVAC] devices
    • B60H1/32Cooling devices
    • B60H1/3204Cooling devices using compression
    • B60H1/3228Cooling devices using compression characterised by refrigerant circuit configurations
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F25REFRIGERATION OR COOLING; COMBINED HEATING AND REFRIGERATION SYSTEMS; HEAT PUMP SYSTEMS; MANUFACTURE OR STORAGE OF ICE; LIQUEFACTION SOLIDIFICATION OF GASES
    • F25BREFRIGERATION MACHINES, PLANTS OR SYSTEMS; COMBINED HEATING AND REFRIGERATION SYSTEMS; HEAT-PUMP SYSTEMS
    • F25B21/00Machines, plant, or systems, using electric or magnetic effects
    • F25B21/02Machines, plant, or systems, using electric or magnetic effects using Peltier effect; using Nernst-Ettinghausen effect
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F25REFRIGERATION OR COOLING; COMBINED HEATING AND REFRIGERATION SYSTEMS; HEAT PUMP SYSTEMS; MANUFACTURE OR STORAGE OF ICE; LIQUEFACTION SOLIDIFICATION OF GASES
    • F25BREFRIGERATION MACHINES, PLANTS OR SYSTEMS; COMBINED HEATING AND REFRIGERATION SYSTEMS; HEAT-PUMP SYSTEMS
    • F25B2309/00Gas cycle refrigeration machines
    • F25B2309/06Compression machines, plant or systems characterised by the refrigerant being carbon dioxide
    • F25B2309/061Compression machines, plant or systems characterised by the refrigerant being carbon dioxide with cycle highest pressure above the supercritical pressure
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F25REFRIGERATION OR COOLING; COMBINED HEATING AND REFRIGERATION SYSTEMS; HEAT PUMP SYSTEMS; MANUFACTURE OR STORAGE OF ICE; LIQUEFACTION SOLIDIFICATION OF GASES
    • F25BREFRIGERATION MACHINES, PLANTS OR SYSTEMS; COMBINED HEATING AND REFRIGERATION SYSTEMS; HEAT-PUMP SYSTEMS
    • F25B2400/00General features or devices for refrigeration machines, plants or systems, combined heating and refrigeration systems or heat-pump systems, i.e. not limited to a particular subgroup of F25B
    • F25B2400/04Refrigeration circuit bypassing means
    • F25B2400/0409Refrigeration circuit bypassing means for the evaporator
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F25REFRIGERATION OR COOLING; COMBINED HEATING AND REFRIGERATION SYSTEMS; HEAT PUMP SYSTEMS; MANUFACTURE OR STORAGE OF ICE; LIQUEFACTION SOLIDIFICATION OF GASES
    • F25BREFRIGERATION MACHINES, PLANTS OR SYSTEMS; COMBINED HEATING AND REFRIGERATION SYSTEMS; HEAT-PUMP SYSTEMS
    • F25B2400/00General features or devices for refrigeration machines, plants or systems, combined heating and refrigeration systems or heat-pump systems, i.e. not limited to a particular subgroup of F25B
    • F25B2400/13Economisers
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F25REFRIGERATION OR COOLING; COMBINED HEATING AND REFRIGERATION SYSTEMS; HEAT PUMP SYSTEMS; MANUFACTURE OR STORAGE OF ICE; LIQUEFACTION SOLIDIFICATION OF GASES
    • F25BREFRIGERATION MACHINES, PLANTS OR SYSTEMS; COMBINED HEATING AND REFRIGERATION SYSTEMS; HEAT-PUMP SYSTEMS
    • F25B2400/00General features or devices for refrigeration machines, plants or systems, combined heating and refrigeration systems or heat-pump systems, i.e. not limited to a particular subgroup of F25B
    • F25B2400/23Separators
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F25REFRIGERATION OR COOLING; COMBINED HEATING AND REFRIGERATION SYSTEMS; HEAT PUMP SYSTEMS; MANUFACTURE OR STORAGE OF ICE; LIQUEFACTION SOLIDIFICATION OF GASES
    • F25BREFRIGERATION MACHINES, PLANTS OR SYSTEMS; COMBINED HEATING AND REFRIGERATION SYSTEMS; HEAT-PUMP SYSTEMS
    • F25B2600/00Control issues
    • F25B2600/25Control of valves
    • F25B2600/2509Economiser valves
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F25REFRIGERATION OR COOLING; COMBINED HEATING AND REFRIGERATION SYSTEMS; HEAT PUMP SYSTEMS; MANUFACTURE OR STORAGE OF ICE; LIQUEFACTION SOLIDIFICATION OF GASES
    • F25BREFRIGERATION MACHINES, PLANTS OR SYSTEMS; COMBINED HEATING AND REFRIGERATION SYSTEMS; HEAT-PUMP SYSTEMS
    • F25B2600/00Control issues
    • F25B2600/25Control of valves
    • F25B2600/2513Expansion valves
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F25REFRIGERATION OR COOLING; COMBINED HEATING AND REFRIGERATION SYSTEMS; HEAT PUMP SYSTEMS; MANUFACTURE OR STORAGE OF ICE; LIQUEFACTION SOLIDIFICATION OF GASES
    • F25BREFRIGERATION MACHINES, PLANTS OR SYSTEMS; COMBINED HEATING AND REFRIGERATION SYSTEMS; HEAT-PUMP SYSTEMS
    • F25B2700/00Sensing or detecting of parameters; Sensors therefor
    • F25B2700/19Pressures
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F25REFRIGERATION OR COOLING; COMBINED HEATING AND REFRIGERATION SYSTEMS; HEAT PUMP SYSTEMS; MANUFACTURE OR STORAGE OF ICE; LIQUEFACTION SOLIDIFICATION OF GASES
    • F25BREFRIGERATION MACHINES, PLANTS OR SYSTEMS; COMBINED HEATING AND REFRIGERATION SYSTEMS; HEAT-PUMP SYSTEMS
    • F25B2700/00Sensing or detecting of parameters; Sensors therefor
    • F25B2700/19Pressures
    • F25B2700/193Pressures of the compressor
    • F25B2700/1931Discharge pressures
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F25REFRIGERATION OR COOLING; COMBINED HEATING AND REFRIGERATION SYSTEMS; HEAT PUMP SYSTEMS; MANUFACTURE OR STORAGE OF ICE; LIQUEFACTION SOLIDIFICATION OF GASES
    • F25BREFRIGERATION MACHINES, PLANTS OR SYSTEMS; COMBINED HEATING AND REFRIGERATION SYSTEMS; HEAT-PUMP SYSTEMS
    • F25B2700/00Sensing or detecting of parameters; Sensors therefor
    • F25B2700/19Pressures
    • F25B2700/193Pressures of the compressor
    • F25B2700/1933Suction pressures
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F25REFRIGERATION OR COOLING; COMBINED HEATING AND REFRIGERATION SYSTEMS; HEAT PUMP SYSTEMS; MANUFACTURE OR STORAGE OF ICE; LIQUEFACTION SOLIDIFICATION OF GASES
    • F25BREFRIGERATION MACHINES, PLANTS OR SYSTEMS; COMBINED HEATING AND REFRIGERATION SYSTEMS; HEAT-PUMP SYSTEMS
    • F25B2700/00Sensing or detecting of parameters; Sensors therefor
    • F25B2700/21Temperatures
    • F25B2700/2115Temperatures of a compressor or the drive means therefor
    • F25B2700/21151Temperatures of a compressor or the drive means therefor at the suction side of the compressor
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F25REFRIGERATION OR COOLING; COMBINED HEATING AND REFRIGERATION SYSTEMS; HEAT PUMP SYSTEMS; MANUFACTURE OR STORAGE OF ICE; LIQUEFACTION SOLIDIFICATION OF GASES
    • F25BREFRIGERATION MACHINES, PLANTS OR SYSTEMS; COMBINED HEATING AND REFRIGERATION SYSTEMS; HEAT-PUMP SYSTEMS
    • F25B2700/00Sensing or detecting of parameters; Sensors therefor
    • F25B2700/21Temperatures
    • F25B2700/2115Temperatures of a compressor or the drive means therefor
    • F25B2700/21152Temperatures of a compressor or the drive means therefor at the discharge side of the compressor
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F25REFRIGERATION OR COOLING; COMBINED HEATING AND REFRIGERATION SYSTEMS; HEAT PUMP SYSTEMS; MANUFACTURE OR STORAGE OF ICE; LIQUEFACTION SOLIDIFICATION OF GASES
    • F25BREFRIGERATION MACHINES, PLANTS OR SYSTEMS; COMBINED HEATING AND REFRIGERATION SYSTEMS; HEAT-PUMP SYSTEMS
    • F25B31/00Compressor arrangements
    • F25B31/006Compressor arrangements cooling of compressor or motor
    • F25B31/008Compressor arrangements cooling of compressor or motor by injecting a liquid
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F25REFRIGERATION OR COOLING; COMBINED HEATING AND REFRIGERATION SYSTEMS; HEAT PUMP SYSTEMS; MANUFACTURE OR STORAGE OF ICE; LIQUEFACTION SOLIDIFICATION OF GASES
    • F25BREFRIGERATION MACHINES, PLANTS OR SYSTEMS; COMBINED HEATING AND REFRIGERATION SYSTEMS; HEAT-PUMP SYSTEMS
    • F25B41/00Fluid-circulation arrangements
    • F25B41/20Disposition of valves, e.g. of on-off valves or flow control valves
    • F25B41/22Disposition of valves, e.g. of on-off valves or flow control valves between evaporator and compressor
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F25REFRIGERATION OR COOLING; COMBINED HEATING AND REFRIGERATION SYSTEMS; HEAT PUMP SYSTEMS; MANUFACTURE OR STORAGE OF ICE; LIQUEFACTION SOLIDIFICATION OF GASES
    • F25BREFRIGERATION MACHINES, PLANTS OR SYSTEMS; COMBINED HEATING AND REFRIGERATION SYSTEMS; HEAT-PUMP SYSTEMS
    • F25B9/00Compression machines, plant, or systems, in which the refrigerant is air or other gas of low boiling point
    • F25B9/002Compression machines, plant, or systems, in which the refrigerant is air or other gas of low boiling point characterised by the refrigerant
    • F25B9/008Compression machines, plant, or systems, in which the refrigerant is air or other gas of low boiling point characterised by the refrigerant the refrigerant being carbon dioxide

Abstract

冷媒蒸気圧縮システムは、冷媒回路の冷媒放熱用熱交換器と冷媒吸熱用熱交換器との間に、冷媒の流れとして直列の関係に配置されたフラッシュタンクを備える。1次膨張弁が、冷媒回路において冷媒吸熱用熱交換器の上流側に配置されており、2次膨張弁が、冷媒回路においてフラッシュタンクの上流側に配置されている。冷媒蒸気ラインが、フラッシュタンクから圧縮プロセスの中間圧力段へ冷媒蒸気を導くように設けられている。冷媒対冷媒熱交換器が、主冷媒回路を通流する冷媒から冷媒蒸気ラインを通流する冷媒へと熱を移動させるように動作する。

Description

本発明は、一般に、冷媒蒸気圧縮システムに関し、特に、フラッシュタンクエコノマイザを備えた冷媒蒸気圧縮システムの性能を向上させることに関する。
冷媒蒸気圧縮システムは当技術分野においては周知であり、住宅、オフィスビル、病院、学校、レストラン、あるいは他の施設、における温度調整される快適領域へ供給する空気の調和のために一般に用いられている。また、冷媒蒸気圧縮システムは、商業施設における、ショーケース、陳列棚、冷凍キャビネット、低温室、あるいは他の生鮮/冷凍製品貯蔵エリアに冷却空気を供給するためにも広く用いられている。
冷媒蒸気圧縮システムは、さらに、輸送冷凍システムにおいても、トラック、鉄道、船、あるいは複合輸送により生鮮/冷凍製品を輸送するために、トラック、トレーラ、コンテナ等の温度制御貨物スペースへ供給する空気の冷却に広く用いられている。輸送冷凍システムと組み合わせて用いられる冷媒蒸気圧縮システムでは、広範囲な動作負荷条件や広範囲な外部周囲条件に亘って貨物スペース内の製品を所望の温度に維持するように冷媒蒸気圧縮システムが動作しなければならないことから、一般に、その運転条件はより過酷なものとなる。貨物を制御することが必要な所望の温度は、保存する貨物の性質に応じて、広範囲に亘って異なるものとなる。冷媒蒸気圧縮システムは、外気温の下で貨物スペースに入れられた製品の温度を素早く引き下げるだけの十分な容量を有するとともに十分な冷媒を充填しているだけでなく、輸送中に安定した製品温度を維持する際に、冷媒を過剰に充填した状態において、低い負荷で効率よく運転できなければならない。さらに、輸送用冷媒蒸気圧縮システムは、固定式の冷媒蒸気圧縮システムでは経験することがない振動や動きに晒される。したがって、過剰な液体冷媒を蓄積するために、吸入ラインにおいてコンプレッサの吸入口の上流側で一般的な冷媒アキュムレータを使用すると、輸送中に液体冷媒が揺れて、吸入ラインからコンプレッサの吸入口を通してコンプレッサに液体冷媒が流入するという望ましくない事態が生じ得る。
伝統的に、この冷媒蒸気圧縮システムの殆どは、通常では、亜臨界冷媒圧力で動作し、一般に、コンプレッサと、コンデンサと、エバポレータと、冷媒の流れとして上記エバポレータの上流でかつコンデンサの下流に配置された膨張装置(通常は膨張弁)と、を含んでいる。これらの基本的な冷媒システム構成要素は、冷媒閉回路となるように冷媒ラインで接続されるとともに、公知の冷媒蒸気圧縮サイクルに沿って配置され、かつ特定の冷媒を用いて亜臨界圧力範囲で運転される。亜臨界範囲で動作する冷媒蒸気圧縮システムには、一般に、フロン冷媒、例えば、これに限定するものではないが、R22のようなヒドロクロロフルオロカーボン(HCFC)が充填され、R134a、R410A、R404A、R407Cのようなヒドロフルオロカーボン(HFC)がさらに一般的である。
現在の市場では、HFC冷媒に代えて空調装置や輸送冷凍システムに使用するために、二酸化炭素のような「自然」冷媒に注目が集まっている。しかしながら、二酸化炭素は臨界温度が低いので、冷媒として二酸化炭素を充填した冷媒蒸気圧縮システムの多くは、遷臨界圧力方式で動作するように設計されている。亜臨界サイクルで動作する冷媒蒸気圧縮システムにおいては、コンデンサおよびエバポレータとなる熱交換器の双方は、冷媒の臨界点未満の冷媒温度および圧力で動作する。しかしながら、遷臨界サイクルで動作する冷媒蒸気圧縮システムにおいては、エバポレータは、亜臨界範囲の冷媒温度および圧力で動作するが、放熱用熱交換器(これはコンデンサではなく、むしろガスクーラとなる)は、冷媒の臨界点を超える冷媒温度および圧力で動作する。従って、遷臨界サイクルで動作する冷媒蒸気圧縮システムにおいては、ガスクーラ内の冷媒圧力とエバポレータ内の冷媒圧力との圧力差が、亜臨界サイクルで動作する冷媒蒸気圧縮システムにおけるコンデンサ内の冷媒圧力とエバポレータ内の冷媒圧力との圧力差に比べて、かなり大きいことが特徴的である。
また、冷媒蒸気圧縮システムの容量の増加のために、エコノマイザを冷媒回路に組み込むことも広く実施されている。例えば、あるシステムにおいては、冷媒対冷媒の熱交換器がエコノマイザとして冷媒回路に組み込まれる。特許文献1は、エコノマイザとして冷媒対冷媒の熱交換器を冷媒回路に組み込んでなる輸送冷凍ユニット用の亜臨界冷媒蒸気圧縮システムを開示している。また、この開示されたシステムは、コンプレッサの吸入口へと流れる冷媒流を絞るための吸入調節弁(SMV)と、コンプレッサの容量を制御するための中間圧力−吸入圧力アンローダ回路と、を備えている。特許文献2は、一般的なエコノマイザ/液体−吸入熱交換器が、冷媒が直列に流れる関係でもって、冷媒回路においてコンデンサの下流側でかつエバポレータの上流側に配置された冷媒蒸気圧縮システムを開示している。この一般的な熱交換器は、種々のバイパスラインを介して、該バイパスラインに対応した種々の開/閉ソレノイド弁を操作することによって、エコノマイザ熱交換器または液体−吸入熱交換器として動作することができる。特許文献3は、第1の冷媒対冷媒熱交換器エコノマイザと、第2の冷媒対冷媒熱交換器エコノマイザとが、冷媒回路のコンデンサとエバポレータとの間に直列に配置された亜臨界冷凍システムを開示している。
あるシステムにおいては、フラッシュタンクエコノマイザが、冷媒回路のコンデンサとエバポレータとの間に組み込まれている。このような場合、コンデンサを出た冷媒が、感温式膨張弁あるいは電子膨張弁などからなる膨張装置を通して膨張した後に、フラッシュタンクに流入し、ここで、上記の膨張した冷媒が、液体冷媒成分と蒸気冷媒成分とに分離する。そして、冷媒の蒸気成分は、フラッシュタンクから圧縮プロセスの中間圧力段へと導かれる。冷媒の液体成分は、フラッシュタンクからシステムの主膨張弁を通してエバポレータへと導かれる。特許文献4は、フラッシュタンクエコノマイザを冷媒回路のコンデンサとエバポレータとの間に組み込んでなる亜臨界蒸気圧縮システムを開示している。特許文献5は、フラッシュタンクエコノマイザを冷媒回路のガスクーラとエバポレータとの間に組み込んでなる遷臨界冷媒蒸気圧縮システムを開示している。
上述したように、輸送用冷媒蒸気圧縮システムは、固定式の冷媒蒸気圧縮システムでは経験することがない振動や動きに晒される。したがって、フラッシュタンクエコノマイザの下部に集まった液体冷媒は、輸送中に揺れて、フラッシュタンク内の液体冷媒よりも上方に集まった冷媒蒸気へと運び出され得る。さらに、ある動作モード、例えば、初始動後の貨物ボックスの温度のプルダウン中、もしくは高い温度設定点への温度制御動作中には、フラッシュタンクを通る冷媒の過剰な質量流量によって、フラッシュタンクの液体冷媒の液面が高くなり得る。冷媒蒸気中に運び出された液体冷媒が、フラッシュタンクから圧縮プロセスへと流入することにより、コンプレッサの性能が損なわれるとともにシステムの容量および効率に悪影響を及ぼし得る。
米国特許第6058729号明細書 米国特許第7114349号明細書 米国特許第6694750号明細書 米国特許第5174123号明細書 米国特許第6385980号明細書
本発明の特徴は、冷媒圧縮装置と、該圧縮装置の下流側に配置された冷媒放熱用熱交換器と、冷媒冷却用熱交換器の下流側に配置された冷媒吸熱用熱交換器と、冷媒冷却用熱交換器の下流側でかつ冷媒加熱用熱交換器の上流側に配置された1次膨張装置と、を有した主冷媒回路と、該主冷媒回路において冷媒放熱用熱交換器の下流側でかつ1次膨張装置の上流側に配置されたフラッシュタンクと、を備えた冷媒蒸気圧縮システムが設けられていることである。フラッシュタンクは、分離チャンバを画定し、該分離チャンバにおいて、液体状態の冷媒が、分離チャンバの下部に集まり、蒸気状態の冷媒が、分離チャンバ内の液体状態の冷媒よりも上方の部分に集まる。2次膨張装置が、主冷媒回路のフラッシュタンクの上流側に設けられ、該フラッシュタンクと関連して動作する。冷媒蒸気ラインが、分離チャンバの上部と圧縮装置の中間圧力段とを連通させている。冷媒対冷媒熱交換器が、主冷媒回路を通流する冷媒から冷媒蒸気ラインを通流する冷媒へと熱を移動させるために設けられている。
1つの実施例では、冷媒対冷媒熱交換器は、互いに熱交換するように配置された第1の冷媒流路および第2の冷媒流路を備え、第1の冷媒流路は、主冷媒回路と連通し、第2の冷媒流路は、冷媒蒸気ラインと連通している。1つの実施例では、冷媒対冷媒熱交換器の第1の冷媒流路は、主冷媒回路において冷媒冷却用熱交換器の下流側でかつ2次膨張装置の上流側に配置されている。
冷媒蒸気圧縮システムは、冷媒蒸気ラインにおいてフラッシュタンクと圧縮装置の中間圧力段との間に配置された第1のエコノマイザ流れ制御装置と、冷媒対冷媒熱交換器の第2の冷媒流路が配置され、冷媒蒸気ラインにおいて第1のエコノマイザ流れ制御装置の冷媒流に対し上流側の点と、冷媒蒸気ラインにおいて前記第1のエコノマイザ流れ制御装置の冷媒流に対し下流側の点とを連通させている冷媒バイパスラインと、該冷媒バイパスラインにおいて冷媒対冷媒熱交換器の第2の冷媒流路の冷媒流に対し上流側に配置された第2のエコノマイザ流れ制御装置とを備えることもできる。コントローラが、第1のエコノマイザ流れ制御装置および第2のエコノマイザ流れ制御装置と関連して動作し、流れ制御装置の各々の開位置と閉位置との間で、第1のエコノマイザ流れ制御装置および第2のエコノマイザ流れ制御装置の各々の位置を選択的に制御するように設けられ得る。第1のエコノマイザ流れ制御装置および第2のエコノマイザ流れ制御装置の各々は、第1の開位置および第2の閉位置を備えたソレノイド弁とすることができる。
また、1つの実施例では、冷媒蒸気圧縮システムは、分離チャンバの上部と圧縮装置の中間圧力段および主冷媒回路の吸入圧力部とを連通させている冷媒蒸気ラインと、分離チャンバの下部と圧縮装置の中間圧力段および主冷媒回路の吸入圧力部とを連通させている液体冷媒噴射ラインと、圧縮装置の中間圧力と主冷媒回路の吸入圧力部との間に配置されたコンプレッサアンローダラインとを備える。本実施例では、第1のエコノマイザ流れ制御装置および第2のエコノマイザ流れ制御装置に加えて、第3の流れ制御装置を、液体冷媒ラインの上流部に配置することができ、第4の流れ制御装置を、圧縮装置の中間圧力段の冷媒流に対し上流側で、かつ第1のエコノマイザ流れ制御装置および第2のエコノマイザ流れ制御装置の両方ならびに第3の流れ制御装置の冷媒流の下流側に配置することができ、第5の流れ制御装置を、主冷媒回路の吸入圧力部の冷媒流に対し上流側で、かつ第1のエコノマイザ流れ制御装置および第2のエコノマイザ流れ制御装置の両方ならびに第3の流れ制御装置の冷媒流の下流側に配置することができる。
本発明の冷媒蒸気圧縮システムにおける第1の例示的な実施例を示した概略図である。 本発明の冷媒蒸気圧縮システムにおける第2の例示的な実施例を示した概略図である。
図1および図2には、生鮮品や冷凍品を輸送するトラック、トレーラ、コンテナ等の温度制御される貨物スペース内の空気や他のガス雰囲気を冷却する輸送冷凍システムでの使用に適した冷媒蒸気圧縮システム10の実施例が図示されている。この冷媒蒸気圧縮システム10は、住宅、オフィスビル、病院、学校、レストラン、あるいは他の施設、における温度調整される快適領域へ供給する空気の調和のための利用にも適している。また、この冷媒蒸気圧縮システムは、商業施設における、ショーケース、陳列棚、冷凍キャビネット、低温室、あるいは他の生鮮/冷凍製品貯蔵エリアへ供給される空気の冷却にも用いることができる。
冷媒蒸気圧縮システム10は、臨界温度が低い冷媒、例えば、これに限定するものではないが、二酸化炭素を用いた遷臨界サイクルでの動作に特に適している。しかし、冷媒蒸気圧縮システム10は、臨界温度がより高い冷媒、例えば、一般に、ヒドロクロロフルオロカーボン冷媒やヒドロフルオロカーボン冷媒を用いた亜臨界サイクルでも動作することができることを理解されたい。冷媒蒸気圧縮システム10は、マルチステップ型圧縮装置20と、冷媒放熱用熱交換器40と、冷媒吸熱用熱交換器(ここではエバポレータとも呼ぶ)50と、例えば、図1に示した感温式膨張弁や図2に示した電子膨張弁からなるエバポレータ50と関連して動作する1次膨張弁55と、これらの構成要素を主冷媒回路として接続する種々の冷媒ライン2,4,6と、を備えている。
遷臨界サイクルで動作する冷媒蒸気圧縮システムでは、冷媒放熱用熱交換器40は、ガスクーラを構成し、該ガスクーラを通して、超臨界の冷媒が、冷却媒体、例えば、これに限定するものではないが、周囲空気や水と熱交換する。本明細書では、冷媒放熱用熱交換器40を、ガスクーラとも呼ぶことがある。亜臨界サイクルで動作する冷媒蒸気圧縮システムでは、冷媒放熱用熱交換器40は、冷媒凝縮熱交換器を構成し、該熱交換器を通して、高温高圧の冷媒が、冷却媒体と熱交換する。図示した実施例では、冷媒放熱用熱交換器40は、例えば、フィン・ラウンドチューブ型熱交換コイルやフィン・フラットミニチャンネルチューブ型熱交換器からなるフィン・チューブ型熱交換器42を備えており、ここを通る冷媒が、ガスクーラ40に付随したファン44によってフィン・チューブ型熱交換器42を通して引き込まれる周囲空気と熱交換する。
冷媒吸熱用熱交換器50は、エバポレータとして機能し、該エバポレータにおいて、ここを通る液体冷媒が、冷却すべき流体、最も一般的には、空気と熱交換する。この空気は、例えば、輸送冷凍用のトラック、トレーラあるいはコンテナの貨物ボックス、または、商業施設におけるショーケース、陳列棚、冷凍キャビネット、低温室あるいは他の生鮮/冷凍製品貯蔵エリア、もしくは、住宅、オフィス、ビル、病院、学校、レストランあるいは他の施設である、温度制御環境200から引き込まれるとともに温度制御環境200へ戻される。図示した実施例では、冷媒吸熱用熱交換器50は、フィン・チューブ型熱交換器52を備えており、この熱交換器52を通して、冷媒が、エバポレータ50に付随したエバポレータファン54によって冷凍貨物ボックス200から引き込まれるとともに冷凍貨物ボックス200に戻される空気と熱交換する。フィン・チューブ型熱交換器52は、例えば、フィン・ラウンドチューブ型熱交換コイルあるいはフィン・フラットミニチャンネルチューブ型熱交換器からなる。
圧縮装置20は、冷媒を圧縮し、かつ後述するように主冷媒回路に冷媒を循環させるように機能する。図1に示した例示的な実施例では、圧縮装置20は、主冷媒回路において冷媒ライン8により冷媒の流れとして直列の関係に接続された一対の独立したコンプレッサ20a,20bから構成されてもよく、上記冷媒ラインは、第1のコンプレッサ20aの吐出ポートを第2のコンプレッサ20bの吸入ポートに連通させている。図2に示した例示的な実施例では、圧縮装置20は、主冷媒回路に配置された単一の多段冷媒コンプレッサ、例えば、スクロールコンプレッサ、スクリューコンプレッサあるいは往復動型コンプレッサからなり、第1圧縮段20aおよび第2圧縮段20bを備えている。第1圧縮段20aおよび第2圧縮段20bは、冷媒の流れとして直列の関係となっており、第1圧縮段20aを出た冷媒が、さらに圧縮すべく第2圧縮段20bに直接に流れる。独立したコンプレッサの実施例では、コンプレッサ20a,20bは、スクロールコンプレッサ、スクリューコンプレッサ、往復動型コンプレッサ、ロータリコンプレッサ、あるいは他の形式のコンプレッサとすることができる。
冷媒蒸気圧縮システム10は、さらに、フラッシュタンクエコノマイザ70を備えており、主冷媒回路の冷媒ライン4において、冷媒の流れとして冷媒放熱用熱交換器40の下流側でかつエバポレータ50の上流側に配置されている。2次膨張装置65が、冷媒ライン4において、フラッシュタンクエコノマイザ70の上流側に配置されており、該フラッシュタンクエコノマイザ70と関連して動作する。2次膨張装置65は、図1および図2に示したような電子膨張弁、もしくは固定オリフィス膨張装置から構成することができる。2次膨張装置65を通過した冷媒は、膨張して低圧の亜臨界圧となり、蒸気状態の冷媒と液体状態の冷媒との混合物となる。フラッシュタンクエコノマイザ70は、分離チャンバ72を画定し、この分離チャンバ72において、液体状態の冷媒は、分離チャンバの下部に集まり、蒸気状態の冷媒は、分離チャンバ72内の液体冷媒よりも上方の部分に集まる。
フラッシュタンクエコノマイザ70の下部に集まった液体冷媒は、ここから冷媒ライン4を通して流れてから、主冷媒回路膨張弁55を通過する。ここで、この膨張弁55は、冷媒ライン4において、冷媒の流れとしてエバポレータ50の上流側に配置されている。この1次膨張弁55を液体冷媒が通過することにより、エバポレータ50へ流入する前に、冷媒は膨張して低温低圧となる。エバポレータ50は、冷媒蒸発用熱交換器であり、内部を通して流れる膨張した冷媒が冷却すべき空気と熱交換することで、冷媒は気化し、一般に過熱状態となる。
一般的なものと同じく、1次膨張弁55は、エバポレータ50から出る冷媒蒸気中に液体が残存しないことを確実にすべくエバポレータ50から出る冷媒蒸気の過熱度を所望のレベルに維持するように、冷媒ライン4を通る冷媒流を計量する。上述したように、1次膨張弁55は、図2に示した電子膨張弁とすることができ、圧縮装置20の吸入側において冷媒ライン6の望ましい吸入温度および吸入圧力を維持するように、コントローラからの制御信号に応答して冷媒流を計量する。また、1次膨張弁55は、図1に示した感温式膨張弁とすることができ、検出装置が検出した冷媒温度または冷媒圧力を示す信号に応答して冷媒流を計量する。この検出装置は、一般的な温度検出エレメント57、例えば、バルブまたは熱電対とすることができ、エバポレータの出口の近傍において冷媒ライン6に取り付られる。エバポレータ50を出た低圧の冷媒蒸気は、冷媒ライン6を通して圧縮装置20の第1圧縮段または第1のコンプレッサ20aの吸入ポートに戻る。
冷媒蒸気圧縮システム10は、フラッシュタンクエコノマイザ70の分離チャンバ72上部と圧縮プロセスの中間段とを連通させているエコノマイザ冷媒蒸気ライン14も備えている。図1に示した冷媒蒸気圧縮システム10の例示的な実施例では、圧縮プロセスの中間圧力段への冷媒蒸気または液体冷媒の噴射は、第1のコンプレッサ20aの吐出口から第2のコンプレッサ20bの吸入口へと流れる冷媒に冷媒蒸気を噴射することによって達成され得る。例えば、圧縮装置20が、一対のスクロールコンプレッサ、スクリューコンプレッサ、もしくは往復動型コンプレッサのような直列に接続された一対のコンプレッサ20a,20bである場合には、エコノマイザ冷媒蒸気ライン14は、第1のコンプレッサ20aの吐出ポートと第2のコンプレッサ20bの吸入ポートとを連通させている冷媒ライン8に冷媒蒸気を導く。図2に示した冷媒蒸気圧縮システム10の例示的な実施例では、圧縮プロセスの中間圧力段への冷媒蒸気の噴射は、単一のコンプレッサの第1圧縮段20aから第2圧縮段20bへと流れる冷媒に冷媒蒸気を噴射することによって達成され得る。例えば、圧縮装置20が、第1のシリンダ列および第2のシリンダ列を備えた多段式往復動型コンプレッサである場合には、エコノマイザ冷媒蒸気ライン14は、第1のシリンダ列20aと第2のシリンダ列20bとの間の往復動型コンプレッサの中間圧力段へ直接に冷媒蒸気を導く。圧縮装置20が、単一のスクロールコンプレッサまたは単一のスクリューコンプレッサである場合には、エコノマイザ冷媒蒸気ライン14は、圧縮プロセスの中間圧力段に配置されたコンプレッサの圧縮チャンバと連通しているコンプレッサの噴射ポートに冷媒蒸気を導く。
冷媒蒸気圧縮システム10は、エコノマイザ冷媒蒸気ライン14に配置された第1のエコノマイザ流れ制御装置73と、この第1のエコノマイザ流れ制御弁73の周囲にバイパスさせた冷媒ライン12と、該冷媒ライン12に配置され、第1のエコノマイザ流れ制御装置73と並列に流れを制御する関係となる第2のエコノマイザ流れ制御弁75と、を備えている。冷媒ライン12は、第1のエコノマイザ流れ制御弁73の上流の位置においてエコノマイザ冷媒蒸気ライン14から分岐しており、第1のエコノマイザ流れ制御装置73の下流の位置においてエコノマイザ冷媒蒸気ライン14に再び接続している。第1のエコノマイザ流れ制御装置73および第2のエコノマイザ流れ制御装置75は、各制御装置に対応した冷媒ラインを冷媒流が通流することができる開位置と、各制御装置に対応した冷媒ラインを通流する冷媒流を各制御装置が遮断する閉位置との間で、選択的に位置決め可能な流れ制御弁から各々構成することができる。1つの実施例では、第1のエコノマイザ流れ制御装置73および第2のエコノマイザ流れ制御装置75は、第1の開位置と第2の閉位置との間で選択的に位置決め可能な2つの位置を備えたソレノイド弁から構成されている。
冷媒蒸気圧縮システム10は、さらに、本明細書では、エコノマイザ蒸気調整熱交換器とも呼ばれる冷媒対冷媒熱交換器を有しており、互いに熱交換するように配置された第1の冷媒流路62および第2の冷媒流路64を備えている。第1の冷媒流路62は、冷媒ライン4と連通している。第2の冷媒流路64は、冷媒ライン12と連通している。1つの実施例では、第1の冷媒流路62は、主冷媒回路の冷媒ライン4において、冷媒放熱用熱交換器40と2次膨張装置65との間に配置されており、第2の冷媒流路64は、冷媒ライン12において、第2のエコノマイザ流れ制御装置75の冷媒流に対し下流側に配置されている。冷媒対冷媒熱交換器60は、ろう付けプレート型熱交換器、チューブ・イン・チューブ型熱交換器、チューブ・オン・チューブ型熱交換器またはシェル・チューブ型熱交換器とすることができる。冷媒対冷媒熱交換器60の第1の冷媒流路62および第2の冷媒流路64は、平行流として熱交換するように、もしくは対向流として熱交換するように、配置することができる。また、冷媒対冷媒熱交換器60は、高温高圧の冷媒から低温低圧の冷媒へと熱を運ぶ熱電気熱交換器から構成することもできる。
高圧冷媒蒸気が、冷媒放熱用熱交換器40から冷媒ライン4を通してフラッシュタンク70へ流入するときに、冷媒放熱用熱交換器40を通過した高圧冷媒蒸気は、第1の冷媒流路62を通過する。第1のエコノマイザ流れ制御装置73が開いており、かつ第2のエコノマイザ流れ制御装置75が閉じているときには、冷媒蒸気は、エコノマイザ蒸気調整熱交換器60の第2の冷媒流路64を通過することなく、フラッシュタンク70からエコノマイザ冷媒蒸気ライン14を直接に通過し、圧縮プロセスの中間圧力段へ流入する。
しかし、第1のエコノマイザ流れ制御装置73が閉じており、かつ第2のエコノマイザ流れ制御装置75が開いているときには、フラッシュタンク70からエコノマイザ冷媒蒸気ライン14を通して通流する冷媒は、冷媒バイパスライン12を通して迂回して第2の冷媒流路64を通過し、エコノマイザ蒸気調整熱交換器60の第1の冷媒流路62を通流する高圧冷媒と熱交換する。この後、この冷媒は、第1のエコノマイザ流れ制御弁73の下流側のエコノマイザ冷媒蒸気ライン14へと戻り、圧縮プロセスの中間圧力段へ流入する。このようにして、冷媒ライン4を通過する高圧冷媒(システム10が遷臨界サイクルで動作する場合は超臨界流体であり、システム10が亜臨界サイクルで動作する場合は液体冷媒である)は、冷却され、冷媒ライン12を通過する低圧冷媒蒸気は、加熱される。高圧冷媒を付加的に冷却することによって、2次膨張装置65を通して膨張する前に高圧冷媒のエンタルピが低下し、高圧冷媒が調整される。したがって、膨張後にフラッシュタンク70に集まった液体冷媒に対する冷媒蒸気の比が減少し、これにより、冷媒相の分離が向上し、フラッシュタンク70内の冷媒蒸気が減少し、液体冷媒が増加する。
上述したように、冷媒蒸気中に残っている液体が、フラッシュタンク70からエコノマイザ冷媒蒸気ライン14を通して圧縮プロセスの中間圧力段へ噴射されると、コンプレッサの性能が損なわれるとともにシステムの容量および効率に悪影響を及ぼし得る。冷媒ライン12を介して熱交換器60の第2の冷媒流路64を通過する冷媒蒸気を加熱することによって、フラッシュタンク70の分離チャンバ72から運び出され得る該分離チャンバ72内に残っている液体が確実に蒸発し、冷媒蒸気が、圧縮装置20の中間圧縮段へ流入する前に過熱状態となる。
図2に示した例示的な実施例では、冷媒蒸気圧縮システム10は、液体冷媒ライン18も備えており、この液体冷媒ライン18は、一般には、フラッシュタンク70の下流側でかつ1次膨張弁55の上流側において冷媒ライン4から分岐することにより、フラッシュタンク70の分離チャンバ72の下部と、圧縮プロセスの中間段および冷媒回路の吸入圧力部とを連通させている。また、本実施例では、冷媒蒸気ライン14は、フラッシュタンク70の分離チャンバ72の上部と図1に示した実施例における圧縮プロセスの中間段とを連通させているだけでなく、フラッシュタンク70の分離チャンバ72の上部と冷媒回路の吸入圧力部とをも連通させている。さらに、図2に示されているように、冷媒蒸気圧縮システム10は、圧縮装置20の中間圧力段と冷媒回路の吸入圧力部とを連通させているコンプレッサアンローダライン16を備えることができる。ここで、冷媒回路の吸入圧力部とは、例えば、エバポレータ50の出口と圧縮装置20の吸入口との間に延びる冷媒ライン6である。図2に示した例示的な実施例では、冷媒蒸気ライン14の上流部および液体冷媒ライン18の上流部の両方は、コンプレッサアンローダバイパスライン16と連通しており、コンプレッサアンローダライン16は、冷媒蒸気ライン14および液体冷媒ライン18の両方の下流側の延長部を形成している。
冷媒蒸気圧縮システム10は、制御システムも備えることができ、該制御システム10は、種々の冷媒ラインに配置された複数の流れ制御装置と関連して動作するコントローラ100を有する。一般的なものと同じく、コントローラ100は、周囲条件を監視することに加えて、システムの選択された位置に配置され、かつコントローラ100と関連して動作する種々のセンサによって、様々な動作パラメータも監視する。例えば、図1および図2に示した例示的な実施例では、圧力センサ102が、フラッシュタンク70内の圧力を検知するために、フラッシュタンク70と関連して動作するように配置されており、温度センサ103および圧力センサ104が、冷媒の吸入側の温度および吸入側の圧力をそれぞれ検知するために設けられており、温度センサ105および圧力センサ106が、冷媒の吐出側の温度および吐出側の圧力をそれぞれ検知するために設けられている。圧力センサ102,104,106は、一般的なセンサ、例えば、圧力変換器とすることができ、温度センサ103,105は、一般的な温度センサ、例えば、熱電対やサーミスタとすることができる。また、コントローラ100は、システムの電子膨張弁全ての動作と、圧縮装置20およびファン44,54の動作とを制御することができる。
図1に示した冷媒蒸気圧縮システム10の例示的な実施例では、制御システムは、エコノマイザ冷媒蒸気ライン14に配置された第1のエコノマイザ流れ制御装置73と、冷媒バイパスライン12に配置された第2のエコノマイザ流れ制御装置75とを備えている。動作時には、コントローラ100は、動作条件に応答して、第1のエコノマイザ流れ制御装置73および第2のエコノマイザ流れ制御装置75の各々を選択的に位置決めする。フラッシュタンク70から出る冷媒蒸気中に液体が残っていない動作条件では、コントローラ100は、第1の流れ制御装置73を開位置へと位置決めし、第2の流れ制御装置75を閉位置へと位置決めする。これにより、フラッシュタンク70から出る冷媒蒸気は、エコノマイザ蒸気調整熱交換器60を通過することなく、エコノマイザ冷媒蒸気ライン14を通して圧縮装置の中間段へ直接に流入する。しかし、フラッシュタンク70から出る冷媒蒸気中に液体が残っている動作条件では、コントローラ100は、第1の流れ制御装置73を閉位置へと位置決めし、第2の流れ制御装置75を開位置へと位置決めする。これにより、フラッシュタンク70から出る冷媒蒸気は、エコノマイザ冷媒蒸気ライン14および冷媒バイパスライン12を通してエコノマイザ蒸気調整熱交換器60の第2の冷媒流路64を通過し、圧縮プロセスの中間圧縮段へと噴射される。
図2に示した冷媒蒸気圧縮システム10の例示的な実施例では、制御システムは、エコノマイザ冷媒蒸気ライン14に配置された第1のエコノマイザ流れ制御装置73と、冷媒バイパスライン12に配置された第2のエコノマイザ流れ制御装置75とを備えるだけでなく、液体冷媒噴射ライン18の上流部に配置された第3の流れ制御装置53と、該第3の流れ制御装置53と冷媒ライン6との間においてコンプレッサアンローダバイパスライン16に配置された第4の流れ制御装置83と、第1のエコノマイザ流れ制御装置73と圧縮プロセスの中間圧力段との間においてコンプレッサアンローダバイパスライン16に配置された第5の流れ制御装置93とを備えている。また、上記流れ制御装置53,83,93の各々は、流れ制御弁を配置した冷媒ラインを冷媒流が通流することができる開位置と、流れ制御弁を配置した冷媒ラインを冷媒流が通流しない閉位置との間で、選択的に位置決め可能な流れ制御弁とすることもできる。1つの実施例では、流れ制御装置53,83,93の各々は、コントローラ100によって制御することにより、第1の開位置と第2の閉位置との間で選択的に位置決め可能な2つの位置を備えたソレノイド弁から構成されている。
図2に示した冷媒蒸気圧縮システム10の動作時には、コントローラ100は、図1の実施例で上述したように、第1のエコノマイザ流れ制御弁73および第2のエコノマイザ流れ制御弁75を制御することにより、エバポレータである冷媒蒸気調整熱交換器60の第2の冷媒流路64を通してエコノマイザの冷媒蒸気流を選択的に制御するだけでなく、第1のエコノマイザ流れ制御装置73および第2のエコノマイザ流れ制御装置75と組み合わせて、複数の流れ制御装置53,83,93の各々の位置をその開位置と閉位置との間で選択的に制御することにより、冷媒蒸気ライン14および液体冷媒ライン18を通して冷媒流を選択的に導く。
さらに、吸入調節弁(SMV)23が、冷媒ライン6においてエバポレータ50の出口と圧縮装置20の吸入口との間に配置され得る。図2に示した例示的な実施例では、吸入調節弁23は、冷媒ライン6において、エバポレータ50の出口と、コンプレッサアンローダライン16が冷媒ライン6と交わる点との間に位置決めされる。吸入調節弁23の動作は、コントローラ100によって制御される。冷媒システム10の冷却容量を制御するために、冷媒ライン6を通して圧縮装置20の吸入口へと流れる冷媒流を増減させることが必要な場合に、コントローラ100は、吸入調節弁23を調節する。1つの実施例では、吸入調節弁23は、パルス幅変調ソレノイド弁からなる。
冷媒蒸気圧縮システム10は、負荷要求および周囲条件に応じて選択された動作モードで動作され得る。コントローラ100は、周囲条件および様々な検知システム制御に応じて望ましい動作モードを画定し、種々の流れ制御弁を位置決めする。標準的な非エコノマイザモードつまり標準サイクルで、冷媒蒸気圧縮システム10を動作させるために、コントローラ100は、図1の実施例では、エコノマイザ流れ制御装置73,75の各々を閉じ、図2の実施例では、流れ制御装置53,83,93の各々も閉じる。これにより、冷媒は、主冷媒回路のみを通して循環する。即ち、冷媒ライン2,4,6を通して、圧縮装置20bの吐出口から、ガスクーラ40と、2次膨張装置65と、非エコノマイザモードにおいてはレシーバとしてのみ機能するフラッシュタンク70と、1次膨張弁55と、エバポレータ50と、システムに含まれている場合は吸入調節弁23と、順番に通過してから圧縮装置20aの吸入口へと戻る。
コントローラ100は、エコノマイザモードでも冷媒蒸気圧縮システム10を動作することができ、エコノマイザモードでは、冷媒は、主冷媒回路を通して循環するだけでなく、冷媒蒸気が、フラッシュタンクエコノマイザ70から圧縮プロセスの中間圧力段へと通流する。図1の実施例では、コントローラ100は、第1のエコノマイザ流れ制御装置73または第2のエコノマイザ流れ制御装置75を単に開き、これにより、冷媒蒸気は、上述したように、フラッシュタンクエコノマイザ70から圧縮プロセスの中間圧力段へと通流することができる。図2の実施例では、コントローラ100は、流れ制御装置53,83を閉じ、第1のエコノマイザ流れ制御装置73または第2のエコノマイザ流れ制御装置75の1つと、流れ制御装置93とを開くことによって、エコノマイザモードで冷媒蒸気圧縮システム10を動作することができ、これにより、冷媒蒸気は、上述したように、フラッシュタンクエコノマイザ70から圧縮プロセスの中間圧力段へと通流することができる。
図2に示した冷媒蒸気圧縮システム10の例示的な実施例では、エコノマイザサイクルにおいて、コントローラ100は、温度センサ105が検知した吐出側の高い温度に応答して、流れ制御弁83を閉じた状態で、流れ制御装置53,93と、エコノマイザ流れ制御装置73または75の1つとを選択的に開くことによって、冷媒ライン14に冷媒蒸気を通過させるとともに冷媒ライン18に液体冷媒を通流させて、コンプレッサアンローダバイパスライン16の一部へ同時に冷媒蒸気および液体冷媒を流入させ、圧縮装置20の中間圧力段へと導く。この実施例では、非エコノマイザモードにおいて、コントローラ100は、センサ102が検知した圧力に応答して、流れ制御装置53,93を閉じた状態で、エコノマイザ流れ制御装置73または75の1つと、制御弁83とを選択的に開き、フラッシュタンク70から冷媒蒸気ライン14およびコンプレッサアンローダバイパスライン16の一部を通して冷媒ライン6へと冷媒蒸気を導くことによって、フラッシュタンク70内の圧力を制御する。また、非エコノマイザモードでは、コントローラ100は、温度センサ105が検知した吐出側の高い温度に応答して、上記の弁調整構成とともに、弁53を断続的に開け、冷媒ライン18およびコンプレッサアンローダバイパスライン16の一部を通して冷媒ライン6に少量の液体を導くことによって、吸入側の冷媒流の過熱状態を低減する。
さらに、図2の実施例では、コントローラ100は、エコノマイザ流れ制御弁73,75の両方および流れ制御弁53を閉じるとともにコンプレッサアンローダバイパスライン16の流れ制御弁83,93の両方を開くことによって、あらゆる動作モードで圧縮装置20の負荷を軽減することができる。流れ制御弁83,93の両方が開いているときには、冷媒は、圧縮プロセスの中間段からコンプレッサアンローダバイパスラインを通して冷媒ライン6へと流れ、圧縮装置の吸入側へ直接に戻る。したがって、冷媒は、第2圧縮段もしくは第2のコンプレッサ20aをバイパスし、圧縮装置20の負荷は軽減される。コンプレッサアンローダバイパスライン16を通したコンプレッサ20のこのような負荷軽減は、コンプレッサの吐出側の高い冷媒温度に応答して実施されるか、もしくは容量の減少やコンプレッサの電力の減少のために実施され得る。さらに容量を減少させる必要がある場合には、コントローラ100は、主冷媒回路に吸入調節弁23が配置されているときはこの吸入調節弁23を調節することもできる。
当業者であれば、本明細書の特定の例示的な実施例に多くの変更がなされ得ることを理解するであろう。例えば、第2のエコノマイザ流れ制御装置75および冷媒バイパスラインを無くすことができ、第2の冷媒流路64を、エコノマイザ冷媒蒸気ライン14において第1のエコノマイザ流れ制御装置73の下流側に配置することができる。本実施例では、第1のエコノマイザ流れ制御装置73は、ソレノイド流れ制御弁ではなく、冷媒ライン14においてエコノマイザ蒸気調整熱交換器60の第2の冷媒流路64の下流側での過熱状態を一定に維持するように設定された感温式膨張弁とすることができ、もしくは選択された動作パラメータに応答してコントローラ100によって冷媒を計量する電子膨張弁とすることができる。
本発明の冷媒蒸気圧縮システムは、二酸化炭素のような臨界点の低い冷媒を用いた遷臨界サイクルでの動作に特に適しているが、臨界点の高い一般的な冷媒を用いた亜臨界サイクルでも動作することができる。本発明では、図に示した例示的な実施例について特に図示して説明してきたが、当業者であれば、特許請求の範囲によって画定された本発明の真意および範囲を逸脱することなく、詳細の様々な変更が実施され得ることを理解するであろう。

Claims (22)

  1. 冷媒圧縮装置と、該冷媒圧縮装置から受けた高圧冷媒を冷却媒体と熱交換させるための冷媒放熱用熱交換器と、低圧冷媒を加熱媒体と熱交換させるための冷媒吸熱用熱交換器と、前記冷媒放熱用熱交換器の下流側でかつ前記冷媒吸熱用熱交換器の上流側に配置された1次膨張装置と、備えた主冷媒回路と、
    前記主冷媒回路において前記冷媒放熱用熱交換器の下流側でかつ前記1次膨張装置の上流側に配置され、分離チャンバを画定するフラッシュタンクであって、該分離チャンバにおいて、液体状態の冷媒が、前記分離チャンバの下部に集まり、蒸気状態の冷媒が、前記分離チャンバ内の前記液体状態の冷媒よりも上方の部分に集まる、フラッシュタンクと、
    前記主冷媒回路の前記フラッシュタンクの上流側に設けられ、該フラッシュタンクと関連して動作する2次膨張装置と、
    前記分離チャンバの上部と前記圧縮装置の中間圧力段とを連通させている冷媒蒸気ラインと、
    前記主冷媒回路を通流する冷媒から前記冷媒蒸気ラインを通流する冷媒へと熱を移動させるように動作する冷媒対冷媒熱交換器と、
    を備えた冷媒蒸気圧縮システム。
  2. 前記冷媒対冷媒熱交換器は、互いに熱交換するように配置された第1の冷媒流路および第2の冷媒流路を備え、前記第1の冷媒流路は、前記主冷媒回路と連通し、前記第2の冷媒流路は、前記冷媒蒸気ラインと連通していることを特徴とする請求項1に記載の冷媒蒸気圧縮システム。
  3. 前記冷媒対冷媒熱交換器は、互いに熱交換するように配置された第1の冷媒流路および第2の冷媒流路を備え、前記第1の冷媒流路は、前記主冷媒回路において前記冷媒放熱用熱交換器と前記2次膨張弁との間に配置され、前記第2の冷媒流路は、前記冷媒蒸気ラインと連通していることを特徴とする請求項1に記載の冷媒蒸気圧縮システム。
  4. 前記冷媒蒸気ラインにおいて前記フラッシュタンクと前記圧縮装置の中間圧力段との間に配置された第1のエコノマイザ流れ制御装置と、
    前記冷媒蒸気ラインにおいて前記第1のエコノマイザ流れ制御装置の冷媒流に対し上流側の点と下流側の点とを連通させるとともに、前記冷媒対冷媒熱交換器の前記第2の冷媒流路が介在した冷媒バイパスラインと、
    前記冷媒バイパスラインにおいて前記冷媒対冷媒熱交換器の前記第2の冷媒流路の冷媒流に対し上流側に配置された第2のエコノマイザ流れ制御装置と、
    をさらに備えることを特徴とする請求項3に記載の冷媒蒸気圧縮システム。
  5. 前記第1のエコノマイザ流れ制御装置および前記第2のエコノマイザ流れ制御装置の各々は、第1の開位置および第2の閉位置を備えたソレノイド弁からなることを特徴とする請求項4に記載の冷媒蒸気圧縮システム。
  6. 前記第1のエコノマイザ流れ制御装置および前記第2のエコノマイザ流れ制御装置と関連して動作するコントローラをさらに備え、該コントローラは、前記流れ制御装置の各々の開位置と閉位置との間で、前記第1のエコノマイザ流れ制御装置および前記第2のエコノマイザ流れ制御装置の各々の位置を選択的に制御することを特徴とする請求項4に記載の冷媒蒸気圧縮システム。
  7. 前記冷媒蒸気ラインにおいて前記フラッシュタンクと前記圧縮装置の中間圧力段との間に配置された膨張弁である第1のエコノマイザ流れ制御弁と、
    前記冷媒蒸気ラインにおいて前記第1のエコノマイザ流れ制御弁の冷媒流に対し下流側に配置された前記冷媒対冷媒熱交換器の前記第2の冷媒流路と、
    をさらに備えることを特徴とする請求項3に記載の冷媒蒸気圧縮システム。
  8. 前記第1のエコノマイザ流れ制御弁は、電子膨張弁からなることを特徴とする請求項7に記載の冷媒蒸気圧縮システム。
  9. 前記第1のエコノマイザ流れ制御弁は、感温式膨張弁からなることを特徴とする請求項7に記載の冷媒蒸気圧縮システム。
  10. 前記1次膨張装置は、電子膨張弁からなることを特徴とする請求項1に記載の冷媒蒸気圧縮システム。
  11. 前記1次膨張装置は、感温式膨張弁からなることを特徴とする請求項1に記載の冷媒蒸気圧縮システム。
  12. 前記2次膨張装置は、電子膨張弁からなることを特徴とする請求項1に記載の冷媒蒸気圧縮システム。
  13. 前記2次膨張装置は、固定オリフィス膨張装置からなることを特徴とする請求項1に記載の冷媒蒸気圧縮システム。
  14. 前記圧縮装置は、少なくとも2つの圧縮段を備えた単一のコンプレッサであることを特徴とする請求項1に記載の冷媒蒸気圧縮システム。
  15. 前記圧縮装置は、前記主冷媒回路において冷媒流に対し直列の関係に配置された少なくとも2つのコンプレッサからなることを特徴とする請求項1に記載の冷媒蒸気圧縮システム。
  16. 冷媒圧縮装置と、該冷媒圧縮装置から受けた高圧冷媒を冷却媒体と熱交換させるための冷媒放熱用熱交換器と、低圧冷媒を加熱媒体と熱交換させるための冷媒吸熱用熱交換器と、前記冷媒放熱用熱交換器の下流側でかつ前記冷媒吸熱用熱交換器の上流側に配置された1次膨張装置と、備えた主冷媒回路と、
    前記主冷媒回路において前記冷媒放熱用熱交換器の下流側でかつ前記1次膨張装置の上流側に配置され、分離チャンバを画定するフラッシュタンクであって、該分離チャンバにおいて、液体状態の冷媒が、前記分離チャンバの下部に集まり、蒸気状態の冷媒が、前記分離チャンバ内の前記液体状態の冷媒よりも上方の部分に集まる、フラッシュタンクと、
    前記主冷媒回路の前記フラッシュタンクの上流側に設けられ、該フラッシュタンクと関連して動作する2次膨張装置と、
    前記分離チャンバの上部と、前記圧縮装置の中間圧力段および前記主冷媒回路の吸入圧力部とを連通させている冷媒蒸気ラインと、
    前記分離チャンバの下部と、前記圧縮装置の中間圧力段および前記主冷媒回路の吸入圧力部とを連通させている液体冷媒ラインと、
    前記主冷媒回路を通流する冷媒から前記冷媒蒸気ラインを通流する冷媒へと熱を移動させるように動作する冷媒対冷媒熱交換器と、
    を備えた冷媒蒸気圧縮システム。
  17. 前記冷媒対冷媒熱交換器は、互いに熱交換するように配置された第1の冷媒流路および第2の冷媒流路を備え、前記第1の冷媒流路は、前記主冷媒回路において前記冷媒放熱用熱交換器と前記2次膨張弁との間に配置され、前記第2の冷媒流路は、前記冷媒蒸気ラインと連通していることを特徴とする請求項16に記載の冷媒蒸気圧縮システム。
  18. 前記冷媒蒸気ラインにおいて前記フラッシュタンクと前記圧縮装置の中間圧力段との間に配置された第1のエコノマイザ流れ制御装置と、
    前記冷媒蒸気ラインにおいて冷媒流に対し上流側の点と下流側の点とを連通させるとともに、前記冷媒対冷媒熱交換器の前記第2の冷媒流路が介在した冷媒バイパスラインと、
    前記冷媒バイパスラインにおいて前記冷媒対冷媒熱交換器の前記第2の冷媒流路の冷媒流に対し上流側に配置された第2のエコノマイザ流れ制御装置と、
    前記液体冷媒ラインの上流部に配置された第3の流れ制御装置と、
    前記圧縮装置の中間圧力段の冷媒流に対し上流側で、かつ前記第1のエコノマイザ流れ制御装置および前記第2のエコノマイザ流れ制御装置の両方ならびに前記第3の流れ制御装置の冷媒流に対し下流側に配置された第4の流れ制御装置と、
    前記主冷媒回路の前記吸入圧力部の冷媒流に対し上流側で、かつ前記第1のエコノマイザ流れ制御装置および前記第2のエコノマイザ流れ制御装置の両方ならびに前記第3の流れ制御装置の冷媒流に対し下流側に配置された第5の流れ制御装置と、
    をさらに備えることを特徴とする請求項17に記載の冷媒蒸気圧縮システム。
  19. 前記第1のエコノマイザ流れ制御装置、前記第2のエコノマイザ流れ制御装置、前記第3の流れ制御装置、前記第4の流れ制御装置および前記第5の流れ制御装置の各々は、第1の開位置および第2の閉位置を備えたソレノイド弁からなることを特徴とする請求項18に記載の冷媒蒸気圧縮システム。
  20. 前記システムは、温度制御貨物貯蔵領域を調節するための輸送用冷媒システムに組み込まれることを特徴とする請求項1に記載の冷媒蒸気圧縮システム。
  21. 前記システムは、遷臨界サイクルで動作することを特徴とする請求項20に記載の冷媒蒸気圧縮システム。
  22. 前記冷媒は、二酸化炭素であることを特徴とする請求項21に記載の冷媒蒸気圧縮システム。
JP2010508345A 2007-05-14 2007-05-14 フラッシュタンクエコノマイザを備えた冷媒蒸気圧縮システム Ceased JP2010526985A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
PCT/US2007/011539 WO2008140454A1 (en) 2007-05-14 2007-05-14 Refrigerant vapor compression system with flash tank economizer

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2010526985A true JP2010526985A (ja) 2010-08-05

Family

ID=40002493

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2010508345A Ceased JP2010526985A (ja) 2007-05-14 2007-05-14 フラッシュタンクエコノマイザを備えた冷媒蒸気圧縮システム

Country Status (6)

Country Link
US (1) US8671703B2 (ja)
EP (1) EP2165124A4 (ja)
JP (1) JP2010526985A (ja)
CN (1) CN101688698B (ja)
HK (1) HK1142389A1 (ja)
WO (1) WO2008140454A1 (ja)

Cited By (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2012052712A (ja) * 2010-08-31 2012-03-15 Sanyo Electric Co Ltd 冷凍装置
JP2012088021A (ja) * 2010-10-22 2012-05-10 Daikin Industries Ltd 冷凍装置
JP2015148406A (ja) * 2014-02-07 2015-08-20 パナソニックIpマネジメント株式会社 冷凍装置
JPWO2014068967A1 (ja) * 2012-10-31 2016-09-08 パナソニックIpマネジメント株式会社 冷凍装置
JP2017053599A (ja) * 2015-09-11 2017-03-16 パナソニックIpマネジメント株式会社 冷凍装置
WO2017183588A1 (ja) * 2016-04-19 2017-10-26 株式会社ヴァレオジャパン 車両用空調装置及びそれを備える車両
WO2020208752A1 (ja) * 2019-04-10 2020-10-15 三菱電機株式会社 室外ユニット、冷凍サイクル装置および冷凍機

Families Citing this family (55)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2008130357A1 (en) * 2007-04-24 2008-10-30 Carrier Corporation Refrigerant vapor compression system and method of transcritical operation
WO2010073586A1 (ja) * 2008-12-22 2010-07-01 パナソニック株式会社 冷凍サイクル装置
CN102460036A (zh) * 2009-06-12 2012-05-16 开利公司 具有多负载模式的制冷剂系统
US8011191B2 (en) 2009-09-30 2011-09-06 Thermo Fisher Scientific (Asheville) Llc Refrigeration system having a variable speed compressor
WO2011075373A2 (en) * 2009-12-18 2011-06-23 Carrier Corporation Transport refrigeration system and methods for same to address dynamic conditions
KR101166621B1 (ko) * 2009-12-24 2012-07-18 엘지전자 주식회사 공기 조화기 및 그의 제어방법
DK2339265T3 (en) * 2009-12-25 2018-05-28 Sanyo Electric Co Cooling device
JP5484889B2 (ja) * 2009-12-25 2014-05-07 三洋電機株式会社 冷凍装置
JP5484890B2 (ja) * 2009-12-25 2014-05-07 三洋電機株式会社 冷凍装置
DK2526351T3 (en) * 2010-01-20 2018-08-06 Carrier Corp COOL STORAGE IN A COOLANT Vapor Compression System
WO2011112495A2 (en) * 2010-03-08 2011-09-15 Carrier Corporation Refrigerant distribution apparatus and methods for transport refrigeration system
SG183386A1 (en) * 2010-03-08 2012-09-27 Carrier Corp Defrost operations and apparatus for a transport refrigeration system
US9989279B2 (en) 2010-04-29 2018-06-05 Carrier Corporation Refrigerant vapor compression system with intercooler
CN101922823A (zh) * 2010-09-02 2010-12-22 广州德能热源设备有限公司 二次喷气高效超低温热泵机组
WO2012076049A1 (en) * 2010-12-08 2012-06-14 Carrier Corporation Refrigeration circuit
DE102011011404B4 (de) * 2011-02-16 2012-08-30 Joh. Heinr. Bornemann Gmbh Zweiflutige Schraubspindelmaschine
DK2699853T3 (da) * 2011-04-21 2019-06-11 Carrier Corp TRANSCRIPTIONAL REFRIGERATORY VACUUM SYSTEM WITH CAPACITY RESIDENCE
US9739519B2 (en) 2011-07-26 2017-08-22 Carrier Corporation Startup logic for refrigeration system
DK2737265T3 (da) * 2011-07-26 2018-03-19 Carrier Corp COOLING TEMPERATURE CONTROL LOGIC
KR101359088B1 (ko) * 2011-10-27 2014-02-05 엘지전자 주식회사 공기조화기
US9109816B2 (en) * 2012-02-23 2015-08-18 Systemes Lmp Inc. Mechanical subcooling of transcritical R-744 refrigeration systems with heat pump heat reclaim and floating head pressure
WO2013160967A1 (ja) * 2012-04-27 2013-10-31 三菱電機株式会社 空気調和装置
US9797634B2 (en) * 2012-04-27 2017-10-24 Mitsubishi Electric Corporation Air-conditioning apparatus with low outside air temperature mode
WO2013160965A1 (ja) * 2012-04-27 2013-10-31 三菱電機株式会社 空気調和装置
JP5835479B2 (ja) * 2012-05-31 2015-12-24 トヨタ自動車株式会社 排気熱回収装置
EP3702184A1 (en) 2012-09-20 2020-09-02 Thermo King Corporation Electrical transport refrigeration module
US10036580B2 (en) * 2012-10-30 2018-07-31 Lennox Industries Inc. Multi-stage system for cooling a refrigerant
BR112015017772A2 (pt) * 2013-01-25 2017-07-11 Emerson Climate Tech Retail Solutions Inc sistema e método para controle de sistema de refrigeração transcrítico
US9869501B2 (en) * 2013-03-12 2018-01-16 Mitsubishi Electric Corporation Air-conditioning apparatus
US9353980B2 (en) 2013-05-02 2016-05-31 Emerson Climate Technologies, Inc. Climate-control system having multiple compressors
JP2015194301A (ja) * 2014-03-31 2015-11-05 荏原冷熱システム株式会社 ターボ冷凍機
KR101591191B1 (ko) * 2014-08-14 2016-02-02 엘지전자 주식회사 공기 조화기 및 그 제어방법
KR20160091107A (ko) * 2015-01-23 2016-08-02 엘지전자 주식회사 냉장고용 냉각사이클장치
US20170153373A1 (en) * 2015-02-10 2017-06-01 University Of Central Florida Research Foundation, Inc. Achromatic Holographic Phase Masks, Methods, and Applications
WO2016185243A1 (en) 2015-05-15 2016-11-24 Carrier Corporation Staged expansion system and method
US9982919B2 (en) * 2015-09-16 2018-05-29 Heatcraft Refrigeration Products Llc Cooling system with low temperature load
US9964348B2 (en) * 2015-09-16 2018-05-08 Heatcraft Refrigeration Products Llc Cooling system with low temperature load
WO2017051228A1 (en) * 2015-09-24 2017-03-30 Kolár Jaroslav Method of increasing coefficient of performance and output of heat pumps
US9869492B2 (en) * 2015-10-12 2018-01-16 Heatcraft Refrigeration Products Llc Air conditioning and refrigeration system
BR112018008767A2 (pt) * 2015-11-05 2018-10-30 Danfoss As método para comutar a capacidade de compressor
US10465962B2 (en) 2015-11-16 2019-11-05 Emerson Climate Technologies, Inc. Compressor with cooling system
CN106855329B (zh) * 2015-12-08 2020-08-28 开利公司 制冷系统及其启动控制方法
CN105371548B (zh) * 2015-12-11 2017-11-21 珠海格力电器股份有限公司 双级压缩机的补气增焓控制方法、设备和装置
EP3187796A1 (en) * 2015-12-28 2017-07-05 Thermo King Corporation Cascade heat transfer system
US9964339B2 (en) * 2016-01-19 2018-05-08 Heatcraft Refrigeration Products Llc Cooling system with low temperature load
CN105650921A (zh) * 2016-03-28 2016-06-08 天津商业大学 一种闪气旁通梯级冷却的双级压缩制冷循环系统
EP3472537A1 (en) * 2016-06-17 2019-04-24 Carrier Corporation Hot gas bypass for battery pack cold start
BR112019015545A2 (pt) * 2017-01-30 2020-03-17 Bitzer Kühlmaschinenbau Gmbh Unidade de expansão para a instalação em um circuito refrigerante
CN110462300A (zh) * 2017-04-07 2019-11-15 开利公司 用于空气冷却的制冷机的模块化水侧经济器
US10767911B2 (en) * 2017-11-21 2020-09-08 Heatcraft Refrigeration Products Llc Cooling system
US20190264933A1 (en) * 2018-02-23 2019-08-29 Emerson Climate Technologies, Inc. Climate-Control System With Thermal Storage Device
US10598395B2 (en) 2018-05-15 2020-03-24 Emerson Climate Technologies, Inc. Climate-control system with ground loop
EP3657098A1 (en) * 2018-10-24 2020-05-27 Heatcraft Refrigeration Products LLC Cooling system
US20200256599A1 (en) * 2019-02-07 2020-08-13 Heatcraft Refrigeration Products Llc Cooling system
CN112400087A (en) * 2019-06-12 2021-02-23 开利公司 Two-stage single gas cooler HVAC cycle

Citations (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH0545007A (ja) * 1991-08-09 1993-02-23 Nippondenso Co Ltd 冷凍サイクル
JPH05302760A (ja) * 1992-04-27 1993-11-16 Matsushita Refrig Co Ltd 冷凍サイクル
JPH1114167A (ja) * 1997-06-23 1999-01-22 Matsushita Electric Ind Co Ltd 空気調和機
JPH11241693A (ja) * 1998-02-24 1999-09-07 Sanyo Electric Co Ltd 圧縮機
JPH11344265A (ja) * 1998-06-02 1999-12-14 Mitsubishi Heavy Ind Ltd 多段圧縮式ターボ冷凍機
JP2001304714A (ja) * 2000-04-19 2001-10-31 Daikin Ind Ltd Co2冷媒を用いた空気調和機
JP2005257149A (ja) * 2004-03-11 2005-09-22 Sanyo Electric Co Ltd 冷蔵庫
JP2006090563A (ja) * 2004-09-21 2006-04-06 Hitachi Ltd 冷凍装置

Family Cites Families (24)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US4707996A (en) 1983-09-29 1987-11-24 Vobach Arnold R Chemically assisted mechanical refrigeration process
JPS61153458A (en) 1984-12-27 1986-07-12 Matsushita Refrigeration Gas injection system air conditioner
JPH0820138B2 (ja) 1989-08-02 1996-03-04 ダイキン工業株式会社 冷凍装置
US5056329A (en) 1990-06-25 1991-10-15 Battelle Memorial Institute Heat pump systems
US5174123A (en) 1991-08-23 1992-12-29 Thermo King Corporation Methods and apparatus for operating a refrigeration system
JPH10510906A (ja) * 1994-02-03 1998-10-20 スベンスカ ロツタア マスキナア アクチボラグ 冷却システムと冷却システムの冷却能力制御方法
JPH10318614A (ja) 1997-05-16 1998-12-04 Matsushita Electric Ind Co Ltd 空気調和機
JPH1163694A (ja) * 1997-08-21 1999-03-05 Zexel Corp 冷却サイクル
US6438978B1 (en) 1998-01-07 2002-08-27 General Electric Company Refrigeration system
US6058729A (en) 1998-07-02 2000-05-09 Carrier Corporation Method of optimizing cooling capacity, energy efficiency and reliability of a refrigeration system during temperature pull down
JP2000046420A (ja) 1998-07-31 2000-02-18 Zexel Corp 冷凍サイクル
US6385980B1 (en) 2000-11-15 2002-05-14 Carrier Corporation High pressure regulation in economized vapor compression cycles
WO2002095308A2 (en) 2001-02-23 2002-11-28 Igc Polycold Systems, Inc. Ultra-low temperature closed-loop recirculating gas chilling system
US6679074B2 (en) 2001-07-31 2004-01-20 Thermo King Corporation Automatic switching refrigeration system
US6694750B1 (en) * 2002-08-21 2004-02-24 Carrier Corporation Refrigeration system employing multiple economizer circuits
US7299649B2 (en) * 2003-12-09 2007-11-27 Emerson Climate Technologies, Inc. Vapor injection system
US7096679B2 (en) 2003-12-23 2006-08-29 Tecumseh Products Company Transcritical vapor compression system and method of operating including refrigerant storage tank and non-variable expansion device
KR100642709B1 (ko) 2004-03-19 2006-11-10 산요덴키가부시키가이샤 냉동 장치
KR100608682B1 (ko) 2004-08-20 2006-08-08 엘지전자 주식회사 에어콘의 실내기
US7325411B2 (en) * 2004-08-20 2008-02-05 Carrier Corporation Compressor loading control
US7114349B2 (en) 2004-12-10 2006-10-03 Carrier Corporation Refrigerant system with common economizer and liquid-suction heat exchanger
EP1686330A2 (en) 2005-01-31 2006-08-02 Sanyo Electric Co., Ltd. Refrigerating device, refrigerator, compressor, and gas-liquid separator
US20070012072A1 (en) 2005-07-12 2007-01-18 Wesley Qualls Lng facility with integrated ngl extraction technology for enhanced ngl recovery and product flexibility
JP2007093046A (ja) 2005-09-27 2007-04-12 Sanden Corp 冷凍回路及び該冷凍回路を用いた車両用空調装置

Patent Citations (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH0545007A (ja) * 1991-08-09 1993-02-23 Nippondenso Co Ltd 冷凍サイクル
JPH05302760A (ja) * 1992-04-27 1993-11-16 Matsushita Refrig Co Ltd 冷凍サイクル
JPH1114167A (ja) * 1997-06-23 1999-01-22 Matsushita Electric Ind Co Ltd 空気調和機
JPH11241693A (ja) * 1998-02-24 1999-09-07 Sanyo Electric Co Ltd 圧縮機
JPH11344265A (ja) * 1998-06-02 1999-12-14 Mitsubishi Heavy Ind Ltd 多段圧縮式ターボ冷凍機
JP2001304714A (ja) * 2000-04-19 2001-10-31 Daikin Ind Ltd Co2冷媒を用いた空気調和機
JP2005257149A (ja) * 2004-03-11 2005-09-22 Sanyo Electric Co Ltd 冷蔵庫
JP2006090563A (ja) * 2004-09-21 2006-04-06 Hitachi Ltd 冷凍装置

Cited By (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2012052712A (ja) * 2010-08-31 2012-03-15 Sanyo Electric Co Ltd 冷凍装置
JP2012088021A (ja) * 2010-10-22 2012-05-10 Daikin Industries Ltd 冷凍装置
JPWO2014068967A1 (ja) * 2012-10-31 2016-09-08 パナソニックIpマネジメント株式会社 冷凍装置
JP2015148406A (ja) * 2014-02-07 2015-08-20 パナソニックIpマネジメント株式会社 冷凍装置
JP2017053599A (ja) * 2015-09-11 2017-03-16 パナソニックIpマネジメント株式会社 冷凍装置
WO2017183588A1 (ja) * 2016-04-19 2017-10-26 株式会社ヴァレオジャパン 車両用空調装置及びそれを備える車両
WO2020208752A1 (ja) * 2019-04-10 2020-10-15 三菱電機株式会社 室外ユニット、冷凍サイクル装置および冷凍機

Also Published As

Publication number Publication date
US8671703B2 (en) 2014-03-18
EP2165124A4 (en) 2013-05-29
US20110023514A1 (en) 2011-02-03
WO2008140454A1 (en) 2008-11-20
EP2165124A1 (en) 2010-03-24
HK1142389A1 (en) 2010-12-03
CN101688698B (zh) 2012-12-05
CN101688698A (zh) 2010-03-31

Similar Documents

Publication Publication Date Title
CN101688696B (zh) 制冷剂蒸气压缩系统及跨临界运行方法
CA2492272C (en) Method and apparatus for control of carbon dioxide gas cooler pressure by use of a capillary tube
CN101512255B (zh) 运输制冷系统、制冷剂蒸汽压缩系统及其内部控制制冷剂充装量的方法
EP2340406B1 (en) Liquid vapor separation in transcritical refrigerant cycle
US9869499B2 (en) Method for detection of loss of refrigerant
US7096679B2 (en) Transcritical vapor compression system and method of operating including refrigerant storage tank and non-variable expansion device
US7000413B2 (en) Control of refrigeration system to optimize coefficient of performance
US7424807B2 (en) Supercritical pressure regulation of economized refrigeration system by use of an interstage accumulator
JP5585003B2 (ja) 冷凍装置
US8899058B2 (en) Air conditioner heat pump with injection circuit and automatic control thereof
JP4670329B2 (ja) 冷凍空調装置、冷凍空調装置の運転制御方法、冷凍空調装置の冷媒量制御方法
US9909786B2 (en) Refrigerant distribution apparatus and methods for transport refrigeration system
JP2601972B2 (ja) 冷凍回路及び冷凍回路内のエコノマイザ制御方法
EP2647928B1 (en) Refrigeration cycle apparatus
JP4651627B2 (ja) 冷凍空調装置
CN100385182C (zh) 具有变速风扇的制冷系统
US10047989B2 (en) Capacity and pressure control in a transport refrigeration system
JP4411870B2 (ja) 冷凍装置
CN101970953B (zh) 二氧化碳制冷剂蒸汽压缩系统
US7024877B2 (en) Water heating system
US20180245821A1 (en) Refrigerant vapor compression system with intercooler
US9951974B2 (en) Flash tank economizer cycle control
Minetto et al. Experimental analysis of a new method for overfeeding multiple evaporators in refrigeration systems
JP4358832B2 (ja) 冷凍空調装置
JP5028481B2 (ja) 冷凍システム用の多段圧縮機ユニット

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20100513

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20110928

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20111011

A601 Written request for extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

Effective date: 20120110

A602 Written permission of extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A602

Effective date: 20120117

A601 Written request for extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

Effective date: 20120210

A602 Written permission of extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A602

Effective date: 20120217

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20120309

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20120424

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20120821

A911 Transfer of reconsideration by examiner before appeal (zenchi)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A911

Effective date: 20120828

A912 Removal of reconsideration by examiner before appeal (zenchi)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A912

Effective date: 20121005

A601 Written request for extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

Effective date: 20130917

A602 Written permission of extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A602

Effective date: 20130920

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20131003

A045 Written measure of dismissal of application

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A045

Effective date: 20140325