JP2010508088T5 - - Google Patents

Info

Publication number
JP2010508088T5
JP2010508088T5 JP2009534877T JP2009534877T JP2010508088T5 JP 2010508088 T5 JP2010508088 T5 JP 2010508088T5 JP 2009534877 T JP2009534877 T JP 2009534877T JP 2009534877 T JP2009534877 T JP 2009534877T JP 2010508088 T5 JP2010508088 T5 JP 2010508088T5
Authority
JP
Grant status
Grant
Patent type
Prior art keywords
material
gas
fluid
enriched
oxygen
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2009534877T
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2010508088A5 (en )
Publication date
Grant date

Links

Description

傷のケアおよび処置の方法 The method of wound care and treatment

(発明の分野) (Field of the Invention)
ガス富化流体組成物、ガス富化流体組成物の生成方法、ならびにガス富化流体組成物を傷のケアおよび処置全般に使用する方法が開示される。 Gas-enriched fluid composition, a method of generating a gas-enriched fluid composition, and methods of using the gas-enriched fluid composition to the wound care and treatment in general is disclosed. 特定の実施の形態において、ガス富化流体は、酸素富化流体を含んでいる。 In certain embodiments, the gas-enriched fluid contains oxygen-enriched fluid.

(発明の背景) (Background of the Invention)
傷のケアが、外側の表皮ならびに下方の真皮および他の組織の健康および外観を改善するために所望される。 Wound care is desirable to improve the outer skin as well as health and appearance of the dermis and other tissues beneath. 傷は、負傷によるもの(切り傷、擦り傷、水膨れなど)であっても、あるいは外科的なもの(外科的切開、アストミーなど)であっても、患部を治療して、さらなる皮膚損傷を防止するための局所的な処置を必要とする。 Wound, by injury (cuts, abrasions, blisters, etc.) even, or surgical ones (surgical incision Asutomi etc.) even, to treat the affected area to prevent further skin damage requiring topical treatment for. 傷が適切に処置されない場合、二次感染および被験体にとってのさらなる不快など、さらなる皮膚の刺激につながる可能性がある。 If wounds are not properly treated, it can lead to further discomfort, such as additional skin irritation for the secondary infections and subject.

不適切な傷のケアおよび/または傷の治癒は、年間1000億ドル超をもたらし、抗生物質の使用、入院、ならびに被験体にとっての多大な苦痛または不快を必要とする可能性がある。 Improper wound care and / or wound healing results in the year 100 billion US dollars, more than the use of antibiotics, hospitalization, and there is a possibility that requires a great deal of pain or discomfort to the subject. 治療的な傷ケアの現在の方法は不充分であり、石けんおよび水による洗浄ならびに/あるいは消毒剤の適用を一般的に含んでいるが、依然として感染ならびに/あるいは不適切な傷の治癒および修復につながる可能性がある。 Current methods therapeutic wound care is insufficient, but includes generally the application of cleaning and / or disinfection agents with soap and water, still infectious and / or improper wound healing and repair there is a possible lead. したがって,傷のケアおよび傷の治癒のための新規な治療の方法および組成物が、必要とされている。 Therefore, novel therapeutic methods and compositions for wound care and wound healing are needed.

本発明は、例えば以下の項目を提供する。 The present invention provides for example the following items.
(項目1) (Item 1)
表面組織の傷を処置するための方法であって、 A method for treating a wound of the surface texture,
傷を、大気圧で約15パーツ・パー・ミリオンを超えるレベルの拡散ガスまたは溶存ガスを含んでおり、かつ溶媒和電子をさらに含んでいる有効量のガス富化流体に、充分な時間にわたって接触させること Scratched, it contains a level of diffusion gas or dissolved gas in excess of about 15 parts per million at atmospheric pressure, and the effective amount of gas-enriched fluid further comprises a solvated electron, contact for a sufficient time be
を含んでおり、 The includes,
前記ガス富化流体が、表皮または真皮の層化、細胞移動、傷におけるコラーゲン沈着、傷における脈管新生、傷におけるエラスチン沈着、傷における炎症、プロテオグリカンまたはグリコサミノグリカンの発現、細胞増殖、および傷におけるヒアルロン酸の濃縮からなる群より選択される傷治癒特性を、処置なしの傷またはガス富化流体でない流体によって処置された傷と比べて変化させる、方法。 The gas-enriched fluid, the epidermis or dermis stratification, cell migration, collagen deposition in wounds, neovascularization in wound, elastin deposition in the wounds, inflammation in wounds, the expression of proteoglycans or glycosaminoglycans, cell growth, and the wound healing properties selected from the group consisting of concentration of the hyaluronic acid in scars, is changed compared with wounds treated by a fluid not scratch or gas-enriched fluid of no treatment, methods.
(項目2) (Item 2)
前記傷が、裂傷、擦り傷、破れ、刺し傷、化学、熱、または放射線に起因するやけど、切り傷、引っかき傷、切開、水膨れ、糖尿病性潰瘍、床擦れまたは褥瘡、植皮、および外科創傷からなる群より選択される、項目1に記載の方法。 The wounds, lacerations, abrasions, tears, burns due to puncture, chemical, thermal or radiation, cuts, scratches, incisions, blister, diabetic ulcers, pressure sores or bed sores, skin graft, and the group consisting of surgical wounds more selected the method of claim 1.
(項目3) (Item 3)
前記ガス富化流体が、表皮または真皮の層化を、処置なしの傷またはガス富化流体でない流体によって処置された傷と比べて加速させる、項目1に記載の方法。 The gas-enriched fluid, the stratification of the epidermis or dermis, to accelerate as compared with wounds treated by a fluid not scratch or gas-enriched fluid of no treatment The method of claim 1.
(項目4) (Item 4)
前記ガス富化流体が、少なくとも1種類の細胞について、傷への細胞移動を増加させる、項目1に記載の方法。 The gas-enriched fluid, for at least one cell, increase cell migration into wound The method of claim 1.
(項目5) (Item 5)
細胞移動または増殖の種類が、ケラチン生成細胞、線維芽細胞、表皮細胞、真皮細胞、上皮細胞、肥満細胞、好中球、リンパ球、およびマクロファージからなる群より選択される少なくとも1種の細胞を含んでいる、項目4に記載の方法。 Type of cell migration or proliferation, keratinocytes, fibroblasts, epidermal cells, dermal cells, epidermal cells, mast cells, neutrophils, lymphocytes, and at least one cell selected from the group consisting of macrophages comprise and the method of claim 4.
(項目6) (Item 6)
前記ガス富化流体が、血管またはリンパ管の脈管新生を、処置なしの傷またはガス富化流体でない流体によって処置された傷と比べて加速させる項目1に記載の方法。 The gas-enriched fluid The method of claim 1 in which the angiogenesis of blood or lymph vessels, accelerating compared to wounds treated by a fluid not scratch or gas-enriched fluid of no treatment.
(項目7) (Item 7)
前記ガス富化流体が、傷におけるコラーゲン沈着を、処置なしの傷またはガス富化流体でない流体によって処置された傷と比べて増加させる、項目1に記載の方法。 The gas-enriched fluid, collagen deposition in wounds, increase compared to the wounds treated by a fluid not scratch or gas-enriched fluid of no treatment The method of claim 1.
(項目8) (Item 8)
表面組織の傷における感染を防止するための方法であって、 A method for preventing infection in wound surface tissue,
傷を、溶媒和電子を含んでいる有効量のガス富化流体に、充分な時間にわたって接触させること Scratches, to an effective amount of a gas-enriched fluid comprising solvated electrons, contacting for a sufficient time
を含んでおり、 The includes,
前記ガス富化流体が、傷における少なくとも1種の細菌の増殖を低減する、方法。 The gas-enriched fluid is to reduce the growth of at least one bacteria in wounds, method.
(項目9) (Item 9)
前記細菌が、シュードモナスを含んでいる、項目8に記載の方法。 The bacteria include Pseudomonas, The method of claim 8.
(項目10) (Item 10)
表面組織の傷の瘢痕化を低減するための方法であって、 A method for reducing scarring of the surface tissue of the wound,
傷を、大気圧で約15パーツ・パー・ミリオンを超えるレベルの拡散ガスまたは溶存ガスを含んでおり、かつ溶媒和電子をさらに含んでいる有効量のガス富化流体に、充分な時間にわたって接触させること Scratched, it contains a level of diffusion gas or dissolved gas in excess of about 15 parts per million at atmospheric pressure, and the effective amount of gas-enriched fluid further comprises a solvated electron, contact for a sufficient time be
を含んでおり、 The includes,
前記ガス富化流体が、少なくとも1種の細胞の傷への細胞移動、傷におけるコラーゲン沈着、傷における脈管新生、傷におけるエラスチン沈着、プロテオグリカンまたはグリコサミノグリカンの発現、および傷におけるヒアルロン酸の濃縮からなる群より選択される傷治癒特性を変化させることで、瘢痕化を軽減する、方法。 The gas-enriched fluid, cell migration into at least one cell of the wound collagen deposition in wounds, neovascularization in wound, elastin deposition in the scar, the expression of proteoglycans or glycosaminoglycans, and hyaluronic acid in scars by changing the wound healing properties selected from the group consisting of concentrating, to reduce scarring, the method.
(項目11) (Item 11)
前記ガス富化流体が、さらに傷におけるケモカインのレベルを高める、項目10に記載の方法。 The gas-enriched fluid further increase the level of chemokines in wounds The method of claim 10.
(項目12) (Item 12)
表面組織の傷における一酸化窒素の生成または分解を増加または減少させるための方法であって、 The production or degradation of nitric oxide in wound surface tissue to a method for increasing or decreasing,
傷を、溶媒和電子を含んでいる有効量のガス富化流体に、充分な時間にわたって接触させること Scratches, to an effective amount of a gas-enriched fluid comprising solvated electrons, contacting for a sufficient time
を含んでおり、 The includes,
傷が、処置なしの傷または脱イオン生理食塩水で処置された傷と比べて、一酸化窒素のレベルの増加または減少を呈する、方法。 Scratches, as compared to the wounds treated with scratches or deionized saline no treatment, exhibits an increase or decrease in nitric oxide levels, methods.
(項目13) (Item 13)
前記ガス富化流体が、創傷包帯によって傷へと接触させられる、項目1〜12のいずれか一項に記載の方法。 The gas-enriched fluid is contacted with the wound by wound dressing method according to any one of items 1-12.
(項目14) (Item 14)
前記ガス富化流体が、酸素富化流体を含んでいる、項目1〜12のいずれか一項に記載の方法。 The gas-enriched fluid comprises oxygen-enriched fluid, the method according to any one of items 1-12.
(項目15) (Item 15)
大気圧で約15パーツ・パー・ミリオンを超えるレベルの拡散ガスまたは溶存ガスを含んでおり、かつ溶媒和電子をさらに含んでいるガス富化流体と、 Includes the level of diffusion gas or dissolved gas at atmospheric pressure greater than about 15 parts per million, and a gas-enriched fluid further comprises a solvated electron,
抗菌剤、サイトカイン、塩、血管拡張剤、血管収縮剤、滑剤、ケモカイン、およびこれらの任意の組み合わせからなる群より選択される治療剤と Antimicrobial agents, cytokines, salts, vasodilators, vasoconstrictors, and lubricants, chemokines, and therapeutic agent selected from the group consisting of any combination
を含んでいる、治療用組成物。 It includes therapeutic compositions.
(発明の要旨) Summary of the Invention
本明細書に開示される特定の実施の形態は、表面組織の傷を処置するための方法であって、傷を、溶媒和電子を含んでいる有効量のガス富化流体に、充分な時間にわたって接触させることを含んでおり、前記ガス富化流体が、表皮または真皮の層化、細胞移動、傷におけるコラーゲン沈着、傷における脈管新生、傷におけるエラスチン沈着、傷におけるケモカイン・レベル、傷における炎症、プロテオグリカンまたはグリコサミノグリカンの発現、細胞増殖、および傷におけるヒアルロン酸の濃縮で構成されるグループから選択される傷治癒特性を、処置なしの傷またはガス富化流体でない流体によって処置された傷と比べて変化させる方法に関する。 Particular embodiment disclosed herein is a method for treating a wound surface tissue, the wound, an effective amount of a gas-enriched fluid comprising solvated electrons, sufficient time includes contacting over, the gas-enriched fluid, the epidermis or dermis stratification, cell migration, collagen in wounds deposition, angiogenesis in wounds, elastin deposition in the scar, chemokine levels in wounds, in the wound inflammation, expression of proteoglycans or glycosaminoglycans, cell growth, and wound healing properties is selected from the group consisting of concentration of the hyaluronic acid in the wound treated by the fluid not scratch or gas-enriched fluid of no treatment It relates to a method of change compared to the wound. 特定の実施の形態においては、前記傷が、裂傷、擦り傷、破れ、刺し傷、化学、熱、または放射線に起因するやけど、切り傷、引っかき傷、切開、水膨れ、糖尿病性潰瘍、床擦れまたは褥瘡、植皮、および外科創傷からなる群より選択される。 In a particular embodiment, the wound is a laceration, abrasion, tear, burns due to puncture, chemical, thermal or radiation, cuts, scratches, incisions, blister, diabetic ulcers, pressure sores or bed sores, skin graft, and is selected from the group consisting of surgical wounds.

特定の実施の形態においては、前記ガス富化流体が、表皮または真皮の層化を、処置なしの傷またはガス富化流体でない流体によって処置された傷と比べて加速させる。 In a particular embodiment, the gas-enriched fluid, the stratification of the epidermis or dermis, to accelerate as compared with wounds treated by a fluid not scratch or gas-enriched fluid of no treatment. 別の実施の形態においては、前記ガス富化流体が、少なくとも1種類の細胞について、傷への細胞移動を増加させる。 In another embodiment, the gas-enriched fluid, for at least one cell, increase cell migration into wound. さらに別の実施の形態においては、細胞移動または増殖の種類が、ケラチン生成細胞、線維芽細胞、表皮細胞、真皮細胞、上皮細胞、肥満細胞、好中球、リンパ球、およびマクロファージからなる群より選択される少なくとも1種の細胞を含んでいる。 In yet another embodiment, the type of cell migration or proliferation, keratinocytes, fibroblasts, epidermal cells, dermal cells, epidermal cells, mast cells, neutrophils, lymphocytes, and from the group consisting of macrophages contains at least one cell is selected.

本発明のいくつかの特定の実施の形態においては、前記ガス富化流体が、血管またはリンパ管の脈管新生を、処置なしの傷またはガス富化流体でない流体によって処置された傷と比べて加速させる。 In some particular embodiments of the present invention, the gas-enriched fluid, the neovascularization of blood vessels or lymph vessels, as compared to the wounds treated by a fluid not scratch or gas-enriched fluid of no treatment to accelerated. さらに別の実施の形態においては、前記ガス富化流体が、傷におけるコラーゲン沈着を、処置なしの傷またはガス富化流体でない流体によって処置された傷と比べて加速させる。 In yet another embodiment, the gas-enriched fluid, collagen deposition in wounds, accelerates compared to wounds treated by a fluid not scratch or gas-enriched fluid of no treatment.

本明細書に記載される特定の実施の形態は、表面組織の傷における感染を防止するための方法であって、傷を、溶媒和電子を含んでいる有効量のガス富化流体に、充分な時間にわたって接触させることを含んでおり、前記ガス富化流体が、傷における少なくとも1種の細菌の増殖を低減する方法に関する。 Specific embodiments described herein is a method for preventing infection in wound surface tissue, the wound, an effective amount of a gas-enriched fluid comprising solvated electrons, sufficient includes contacting over a time, the gas-enriched fluid is directed to a method of reducing the growth of at least one bacteria in wounds. 特定の実施の形態においては、前記細菌が、シュードモナスを含んでいる。 In a particular embodiment, the bacterium comprises Pseudomonas.

本明細書に開示される別の特定の実施の形態は、表面組織の傷の瘢痕化を低減するための方法であって、傷を、溶媒和電子を含んでいる有効量のガス富化流体に、充分な時間にわたって接触させることを含んでおり、前記ガス富化流体が、少なくとも1種の細胞の傷への細胞移動、傷におけるコラーゲン沈着、傷における脈管新生、傷におけるエラスチン沈着、プロテオグリカンまたはグリコサミノグリカンの発現、および傷におけるヒアルロン酸の濃縮からなる群より選択される傷治癒特性を変化させることで、瘢痕化を軽減する方法に関する。 Another specific embodiment disclosed herein is a method for reducing scarring of the wound surface texture, scratches, effective amount of a gas-enriched fluid comprising solvated electrons in, which comprises contacting for a sufficient time, the gas-enriched fluid, cell migration into at least one cell of the wound collagen deposition in wounds, neovascularization in wound, elastin deposition in the wounds, proteoglycans or expression of glycosaminoglycans, and by changing the wound healing properties selected from the group consisting of concentration of the hyaluronic acid in scars relates to a method of reducing scarring. 特定の実施の形態においては、前記ガス富化流体が、さらに傷におけるケモカインのレベルを高める。 In a particular embodiment, the gas-enriched fluid further increase the level of chemokines in wounds.

特定の他の実施の形態は、表面組織の傷における一酸化窒素の生成または分解を増加または減少させるための方法であって、傷を、溶媒和電子を含んでいる有効量のガス富化流体に、充分な時間にわたって接触させることを含んでおり、傷が、処置なしの傷または脱イオン生理食塩水で処置された傷と比べて、一酸化窒素のレベルの増加または減少を呈する方法に関する。 Certain other embodiments is a method for increasing or decreasing the production or degradation of nitric oxide in wound surface tissue, scratches, effective amount of a gas-enriched fluid comprising solvated electrons in, which comprises contacting for a sufficient time, scratches, as compared to the wounds treated with scratches or deionized saline no treatment, to a method exhibiting increased or decreased levels of nitric oxide.

上述の実施の形態のいずれかにおいて、前記ガス富化流体を、創傷包帯によって傷へと接触させることができる。 In any of the embodiments described above, the gas-enriched fluid may be contacted with the wound by wound dressing. さらに、上述の実施の形態のいずれにおいて、前記ガス富化流体が、酸素富化流体を含んでいる。 Further, in any of the embodiments described above, the gas-enriched fluid comprises oxygen-enriched fluid. 本明細書に開示のいずれかの実施の形態において、前記ガス富化流体が、大気圧で約15パーツ・パー・ミリオンを超えるレベルの拡散ガスまたは溶存ガスを含んでおり、かつ溶媒和電子をさらに含んでいる。 In any of the embodiments disclosed herein, the gas-enriched fluid, includes a level of diffusion gas or dissolved gas at atmospheric pressure greater than about 15 parts per million, and a solvated electron it includes further.

本明細書の特定の実施の形態は、ガス富化流体と、抗菌剤、サイトカイン、塩、血管拡張剤、血管収縮剤、滑剤(lubricant)、ケモカイン、およびこれらの任意の組み合わせからなる群より選択される治療剤と、を含んでいる治療用組成物に関する。 Certain embodiments herein, selection and gas enriched fluid, an antimicrobial agent, a cytokine, salts, vasodilators, vasoconstrictors, lubricants (Lubricant), chemokines, and from the group consisting of any combination thereof a therapeutic agent to a therapeutic composition comprising a.

特定の態様は、動電学的に変化させられた酸素化済みの水性流体または溶液を含んでおり、該流体または溶液中の酸素が、少なくとも25ppm、少なくとも30 ppm 、少なくとも40 ppm 、少なくとも50 ppm 、あるいは少なくとも60ppmの酸素の量で存在している組成物を提供する。 Particular embodiment includes a dynamic electrokinetically altered oxygenated pre aqueous fluid or solution, the oxygen of the fluid or solution, at least 25 ppm, at least 30 ppm, at least 40 ppm, at least 50 ppm or it provides a composition present in an amount of at least 60ppm of oxygen. 特定の実施形態において、前記動電学的に変化させられた酸素化済みの水性流体または溶液は、動電学的に修飾または帯電させられた酸素の種を含んでいる。 In certain embodiments, the aqueous fluid or solution of the dynamic electrokinetically altered oxygenated already includes seed electrokinetically modified or charged was obtained oxygen. 特定の態様において、前記動電学的に修飾または帯電させられた酸素の種は、少なくとも0.5ppm、少なくとも1ppm、少なくとも3ppm、少なくとも5ppm、少なくとも7ppm、少なくとも10ppm、少なくとも15ppm、または少なくとも20ppmの量で存在している。 In certain embodiments, the electrokinetically modified or oxygen species is then charged, at least 0.5 ppm, at least 1 ppm, at least 3 ppm, at least 5 ppm, at least 7 ppm, at least 10 ppm, an amount of at least 15ppm or at least 20 ppm, in are present. 特定の実施形態においては、前記動電学的に変化させられた酸素化済みの水性流体または溶液が、酸素分子によって安定化された溶媒和電子を含んでいる。 In certain embodiments, the aqueous fluid or solution of the dynamic electrokinetically altered oxygenated already have contains solvated electrons stabilized by molecular oxygen. 特定の態様において、前記溶媒和電子は、少なくとも0.01ppm、少なくとも0.1ppm、少なくとも0.5ppm、少なくとも1ppm、少なくとも3ppm、少なくとも5ppm、少なくとも7ppm、少なくとも10ppm、少なくとも15ppm、または少なくとも20ppmの量で存在している。 In certain embodiments, the solvated electrons is at least 0.01 ppm, at least 0.1 ppm, at least 0.5 ppm, at least 1 ppm, at least 3 ppm, at least 5 ppm, at least 7 ppm, at least 10 ppm, in an amount of at least 15ppm or at least 20 ppm, Existing. 特定の実施形態においては、前記流体または溶液が、西洋わさびペルオキシダーゼ酵素(HRP)の存在下でのピロガロールのプルプロガリンへの酸化を促進し、そのような促進が、圧力ポットまたは微細気泡で生成されて同等の溶存酸素レベルを有しているコントロールの水性流体または溶液によって可能にされる量を超える量であり、前記動電学的な酸素富化された水性流体または溶液には、過酸化水素が全く存在していないか、あるいは0.1ppm未満の過酸化水素しか存在していない。 In certain embodiments, the fluid or solution to promote pyrogallol oxidation of purpurogallin in the presence of horseradish peroxidase enzyme (HRP), such promotion, is generated by a pressure pot or fine-bubble an amount exceeding the amount that would allow the aqueous fluid or solution of the controls have an equivalent level of dissolved oxygen, wherein the electrokinetic oxygen-enriched aqueous fluid or solution, hydrogen peroxide or not exist at all, or only of hydrogen peroxide less than 0.1ppm not exist. 特定の態様において、ピロガロールのプルプロガリンへの酸化の促進は、開放容器において少なくとも3時間にわたって持続し、あるいは閉じられた気密容器において少なくとも2ヵ月にわたって持続する。 In certain embodiments, the promotion of oxidation of pyrogallol purpurogallin lasts for at least 3 hours in an open vessel, or persists for at least 2 months in air-tight closed container.

さらなる態様は、動電学的に変化させられた酸素化済みの水性流体または溶液を含んでいる組成物であって、前記流体または溶液が、少なくとも25ppm、少なくとも30 ppm 、少なくとも40 ppm 、少なくとも50 ppm 、あるいは少なくとも60ppmの酸素を含んでおり、前記流体または溶液が、西洋わさびペルオキシダーゼ酵素(HRP)の存在下でのピロガロールのプルプロガリンへの酸化を促進し、そのような促進が、圧力ポットまたは微細気泡で生成されて同等の溶存酸素レベルを有しているコントロールの水性流体または溶液によって可能にされる量を超える量であり、前記動電学的な酸素富化された水性流体または溶液に、過酸化水素が全く存在していないか、あるいは0.1ppm未満の過酸化水素しか存在 A further embodiment provides a composition comprising an aqueous fluid or solution dynamic electrokinetically altered oxygenated already, the fluid or solution is at least 25 ppm, at least 30 ppm, at least 40 ppm, at least 50 ppm or contains at least 60ppm of oxygen, the fluid or solution to promote pyrogallol oxidation of purpurogallin in the presence of horseradish peroxidase enzyme (HRP), such promotion, a pressure pot or fine, is generated by the bubble is the amount that exceeds the amount that would allow the aqueous fluid or solution of the controls have an equivalent level of dissolved oxygen, the electrokinetic oxygen-enriched aqueous fluid or solution, or it does not exist at all hydrogen peroxide, or there is only 0.1ppm less than hydrogen peroxide ていない組成物を提供する。 Providing non compositions. 特定の実施形態においては、ピロガロールのプルプロガリンへの酸化の促進が、開放容器において少なくとも3時間にわたって持続し、あるいは閉じられた気密容器において少なくとも2ヵ月にわたって持続する。 In certain embodiments, the promotion of oxidation of pyrogallol purpurogallin is sustained for at least 3 hours in an open vessel, or persists for at least 2 months in air-tight closed container. 特定の態様において、前記酸素化済みの水性流体または溶液は、酸素分子によって安定化された溶媒和電子を含んでいる。 In certain embodiments, the aqueous fluid or solution of the oxygenated already contains solvated electrons stabilized by molecular oxygen. 特定の実施形態においては、前記溶媒和電子が、少なくとも0.01ppm、少なくとも0.1ppm、少なくとも0.5ppm、少なくとも1ppm、少なくとも3ppm、少なくとも5ppm、少なくとも7ppm、少なくとも10ppm、少なくとも15ppm、または少なくとも20ppmの量で存在している。 In certain embodiments, the solvated electrons, at least 0.01 ppm, at least 0.1 ppm, at least 0.5 ppm, at least 1 ppm, at least 3 ppm, at least 5 ppm, at least 7 ppm, at least 10 ppm, at least 15ppm or at least 20ppm of is present in an amount.

さらなる態様は、動電学的に変化させられた酸素化済みの水性流体または溶液を生成する方法であって、間に混合容積を画定する互いに運動する2つの離間した表面の間に、流体材料の流れを、前記混合容積において該混合容積を通過して流れる前記流体材料の1回の通過の滞留時間が0.06秒超、または0.1秒超であるように供給するステップ、および前記混合容積内を流れている流体材料に、少なくとも20ppm、少なくとも25ppm、少なくとも30 ppm 、少なくとも40 ppm 、少なくとも50 ppm 、あるいは少なくとも60ppmの酸素を該材料に溶解させるために適した条件のもとで、酸素(O )を導入し、該流体または溶液を動電学的に変化させるステップ、を含んでいる方法を提供する。 A further embodiment is a method of generating a dynamic electrokinetically altered oxygenated pre aqueous fluid or solution, between two spaced surfaces that move together to define a mixing volume therebetween, the fluid material the flow, the one supplying as the residence time is 0.06 seconds, or greater than 0.1 seconds greater than the passage of the mixing the fluid material flowing through the mixing volume in the volume, and the the fluid material that is within the mixing volume flow, at least 20 ppm, at least 25 ppm, at least 30 ppm, at least 40 ppm, at least 50 ppm, or at least 60ppm of under conditions suitable for to oxygen dissolved in the material and, oxygen (O 2) are introduced and a method that contains the fluid or solution step of varying the electrokinetically, the. 特定の態様においては、前記酸素が、100ミリ秒未満、200ミリ秒未満、300ミリ秒未満、あるいは400ミリ秒未満で前記材料に注入される。 In a particular embodiment, the oxygen is less than 100 milliseconds, less than 200 milliseconds, less than 300 milliseconds, or is injected into the material in less than 400 milliseconds. 特定の実施形態においては、前記容積に対する表面積の比が、少なくとも12、少なくとも20、少なくとも30、少なくとも40、または少なくとも50である。 In certain embodiments, the ratio of surface area to the volume is at least 12, at least 20, at least 30, at least 40, or at least 50,.

またさらなる態様は、動電学的に変化させられた酸素化済みの水性流体または溶液を生成する方法であって、間に混合容積を画定する2つの離間した表面の間に、流体材料の流れを供給するステップ、および前記混合容積内を流れている材料に、100ミリ秒未満、200ミリ秒未満、300ミリ秒未満、あるいは400ミリ秒未満で、少なくとも20ppm、少なくとも25ppm、少なくとも30 ppm 、少なくとも40 ppm 、少なくとも50 ppm 、あるいは少なくとも60ppmの酸素を該材料に注入するために適した条件のもとで、酸素を導入するステップ、を含んでいる方法を提供する。 A still further aspect provides a method of producing an aqueous fluid or solution dynamic electrokinetically altered oxygenated already, between two spaced surfaces defining a mixing volume therebetween, the flow of fluid material the material flowing step, and the mixing in the volume supplies, less than 100 milliseconds, less than 200 milliseconds, less than 300 milliseconds, alternatively less than 400 milliseconds, at least 20 ppm, at least 25 ppm, at least 30 ppm, at least 40 ppm, provides a method that includes at least 50 ppm, or at least under conditions suitable for injecting 60ppm of oxygen in the material, the step of introducing oxygen, the. 特定の態様においては、前記混合容積内を流れる前記材料の滞留時間が、0.06秒超、または0.1秒超である。 In certain embodiments, the residence time of the material flowing in the mixing volume, 0.06 seconds, or greater than 0.1 seconds greater. 特定の実施形態においては、前記容積に対する表面積の比が、少なくとも12、少なくとも20、少なくとも30、少なくとも40、または少なくとも50である。 In certain embodiments, the ratio of surface area to the volume is at least 12, at least 20, at least 30, at least 40, or at least 50,.

さらなる実施形態は、動電学的に変化させられた酸素化済みの水性流体または溶液を生成する方法であって、第1の材料と第2の材料とを混合することによって出力混合物を生成するための混合装置を使用することを含んでおり、該装置は、第1の材料の供給源から第1の材料を受け取るように構成されている第1のチャンバ;ステータ;回転軸を有しており、前記ステータの内側に配置され、前記ステータの内側で前記回転軸の周りを回転するように構成されているロータ;前記ロータと前記ステータとの間に画定され、前記第1のチャンバと連通しており、前記第1のチャンバから前記第1の材料を受け取るように構成されている混合チャンバ;前記混合チャンバと連通し、該混合チャンバから出力材料を受け取るように構成されている A further embodiment is a method of generating a dynamic electrokinetically altered oxygenated pre aqueous fluid or solution, produces an output mixture by mixing a first material and the second material mixture includes the use of a device for, the apparatus comprising a first chamber and a source of the first material to receive a first material; a rotary shaft; stator cage, is disposed inside the stator, the rotor being configured to rotate about the rotary shaft inside the stator; is defined between the rotor and the stator, communicating with said first chamber and has the first mixing chamber is configured to receive the first material from the chamber; communication with the mixing chamber, and is configured to receive the output material from the mixing chamber 2のチャンバ;および前記第1のチャンバの内部に収容され、前記第1の材料を前記第1のチャンバから前記混合チャンバへと送るように構成されている第1の内部ポンプ;を備えており、前記ロータおよびステータの少なくとも一方が、複数の貫通孔を有しており、第2の材料が、前記ロータおよびステータの前記一方に形成された前記複数の貫通孔を介して前記混合チャンバへと供給される方法を提供する。 Second chamber; includes a; housed inside the and the first chamber, the first internal pump the first material is configured to send to said mixing chamber from said first chamber , at least one of said rotor and stator has a plurality of through-holes, the second material, into the mixing chamber through the rotor and stator of the plurality of through-holes formed in said one of the It provides a method to be supplied. 特定の態様においては、前記第1の内部ポンプが、前記第1の材料が前記混合チャンバへと進入する前に、該第1の材料に周方向の速度を付与するように構成される。 In a particular embodiment, the first internal pump, before said first material enters into said mixing chamber configured to impart a circumferential velocity into the first material.

さらなる実施形態は、動電学的に変化させられた酸素化済みの水性流体または溶液を生成する方法であって、第1の材料と第2の材料とを混合することによって出力混合物を生成するための混合装置を使用することを含んでおり、該装置が、ステータ;回転軸を有しており、前記ステータの内側に配置されており、前記ステータの内側で前記回転軸の周りを回転するように構成されているロータ;前記ロータと前記ステータとの間に画定され、第1の材料が通過して進入する開いた第1の端部と、出力材料が通過して出る開いた第2の端部とを有している混合チャンバ;前記混合チャンバの前記開いた第1の端部の少なくとも大部分と連通している第1のチャンバ;および前記混合チャンバの前記開いた第2の端部と連通している第2のチャ A further embodiment is a method of generating a dynamic electrokinetically altered oxygenated pre aqueous fluid or solution, produces an output mixture by mixing a first material and the second material includes the use of a mixing device for, the apparatus, the stator; has an axis of rotation, said is disposed inside the stator, to rotate about said rotation axis inside said stator rotor is configured to; the defined between the rotor and the stator, second and first open end in which the first material enters through, the output material is opened out through It said second open end of and the mixing chamber; a first chamber is in fluid at least the majority and the communication of the first end the of the mixing chamber open; mixing chamber and an end portion of the second tea in communication with the part バ;を備えており、第2の材料が、前記ロータおよび前記ステータの少なくとも一方を通過して前記混合チャンバに進入する方法を提供する。 Ba; comprises a second material, a method of entering the mixing chamber through at least one of said rotor and said stator.

さらなる態様は、上述の方法のいずれかに従って製造された動電学的に変化させた酸素化済みの水性流体または溶液を提供する。 A further aspect provides a dynamic electrokinetically altered oxygenated pre aqueous fluid or solution made according to any of the methods described above.

図1は、従来技術の混合装置の部分断面部分ブロック図である。 Figure 1 is a partial cross-sectional partial block diagram of a prior art mixing apparatus. 図2は、混合装置の典型的な実施形態のブロック図である。 Figure 2 is a block diagram of an exemplary embodiment of the mixing device. 図3は、第1の材料を図2の混合装置へと届けるための典型的なシステムの図である。 Figure 3 is a diagram of an exemplary system for delivering a first material to the mixing device of FIG. 図4は、図2の混合装置の上部の一部分の部分断面図である。 Figure 4 is a partial cross-sectional view of the top of a portion of the mixing device of FIG. 図5は、図2の混合装置の第1の側部の一部分の断面図である。 Figure 5 is a cross-sectional view of a portion of the first side of the mixing device of FIG. 図6は、図2の混合装置の第2の側部の一部分の断面図である。 Figure 6 is a cross-sectional view of a portion of a second side of the mixing device of FIG. 図7は、図5の第1の側部と図6の第2の側部との間に位置する図2の混合装置の側部の一部分の断面図である。 Figure 7 is a cross-sectional view of a portion of the side of the mixing device of Figure 2 located between the first side and the second side of FIG. 6 in FIG. 図8は、図2の混合装置のロータおよびステータの斜視図である。 Figure 8 is a perspective view of the rotor and stator of the mixing device of FIG. 図9は、図2の混合装置の第1のチャンバの内側の斜視図である。 Figure 9 is a perspective view of the inside of the first chamber of the mixing device of FIG. 図10は、ポンプ410の別の実施形態を備えている図2の混合装置の第1のチャンバの内側の一部分の断面図である。 Figure 10 is a cross-sectional view of the inner portion of the first chamber of which the mixing device of Figure 2 that includes another embodiment of a pump 410. 図11は、図2の混合装置の第2のチャンバの内側の斜視図である。 Figure 11 is a perspective view of the inside of the second chamber of the mixing device of FIG. 図12は、混合装置の別の実施形態の側部の一部分の断面図である。 Figure 12 is a cross-sectional view of a portion of another embodiment of the sides of the mixing device. 図13は、混合装置の別の実施形態において使用するための筐体の中央部の別の実施形態の斜視図である。 Figure 13 is a perspective view of another embodiment of a central portion of the housing for use in another embodiment of the mixing device. 図14は、混合装置の別の実施形態において使用するための軸受筐体の別の実施形態の一部分の断面図である。 Figure 14 is a cross-sectional view of a portion of another embodiment of a bearing housing for use in another embodiment of the mixing device. 図15は、回転軸に直角な平面によって得た図2の混合装置の混合チャンバの断面図であり、ロータの貫通孔がステータの開口に接近(しかしながら、整列はしていない)するときにキャビテーション気泡によって引き起こされる回転の流れのパターンを示している。 Figure 15 is a cross-sectional view of the mixing chamber of the mixing device of Figure 2, obtained by a plane perpendicular to the rotation axis, cavitation when the through hole of the rotor approaches the opening of the stator (However, alignment is not) to It shows the flow pattern of the rotation caused by the bubbles. 図16は、回転軸に直角な平面によって得た図2の混合装置の混合チャンバの断面図であり、ロータの貫通孔がステータの開口に整列するときにキャビテーション気泡によって引き起こされる回転の流れのパターンを示している。 Figure 16 is a cross-sectional view of the mixing chamber of the mixing device of Figure 2, obtained by a plane perpendicular to the rotation axis, the rotation of the flow caused by cavitation bubbles when the through hole of the rotor is aligned with the opening of the stator pattern the shows. 図17は、回転軸に直角な平面によって得た図2の混合装置の混合チャンバの断面図であり、それまでステータの開口に整列していたロータの貫通孔がもはやステータの開口に整列しないときにキャビテーション気泡によって引き起こされる回転の流れのパターンを示している。 Figure 17 is a cross-sectional view of the mixing chamber of the mixing device of Figure 2, obtained by a plane perpendicular to the rotation axis, when the through hole of the rotor that has been aligned with the opening of the stator until it no longer aligned with the opening of the stator It shows a pattern of rotation of the flow caused by the cavitation bubbles. 図18は、ロータの別の実施形態の側面図である。 Figure 18 is a side view of another embodiment of a rotor. 図19は、ロータの回転軸に直角な平面によって得た一部分の拡大断面図であり、ロータに形成される貫通孔およびステータに形成される貫通孔の別の形態を示している。 Figure 19 is an enlarged sectional view of a portion obtained by a plane perpendicular to the axis of rotation of the rotor, shows another form of the through-holes formed on the through-hole and the stator are formed in the rotor. 図20は、ロータの回転軸を通過しかつロータの回転軸に沿って広がる平面によって得た一部分の拡大断面図であり、ロータに形成される貫通孔およびステータに形成される貫通孔の形態を示している。 Figure 20 is an enlarged sectional view of a portion obtained by a plane extending along the passage to and rotor of the rotary shaft the rotation axis of the rotor, a form of the through-holes formed on the through-hole and the stator are formed in the rotor shows. 図21は、ロータの回転軸を通過しかつロータの回転軸に沿って広がる平面によって得た一部分の拡大断面図であり、ロータに形成される貫通孔およびステータに形成される貫通孔の別のずらされた形態を示している。 Figure 21 is an enlarged sectional view of a portion obtained by a plane extending along the pass through the rotational axis of the rotor and the rotor of the rotary shaft, another of the through-holes formed on the through-hole and the stator are formed in the rotor It shows a staggered form. 図22は、ロータの貫通孔および/またはステータの開口を構成するために使用することができる形状を示している。 Figure 22 shows the shape that can be used to configure the opening of the through hole and / or the stator of the rotor. 図23は、ロータの貫通孔および/またはステータの開口を構成するために使用することができる形状を示している。 Figure 23 shows the shape that can be used to configure the opening of the through hole and / or the stator of the rotor. 図24は、ロータの貫通孔および/またはステータの開口を構成するために使用することができる形状を示している。 Figure 24 shows the shape that can be used to configure the opening of the through hole and / or the stator of the rotor. 図25は、ロータの貫通孔および/またはステータの開口を構成するために使用することができる形状を示している。 Figure 25 shows the shape that can be used to configure the opening of the through hole and / or the stator of the rotor. 図26は、表面の付近に形成される電気二重層(「EDL」)の図である。 26 is a diagram of the electrical double layer ( "EDL") formed near the surface. 図27は、混合チャンバの内部のモデルの斜視図である。 Figure 27 is a perspective view of the interior of the model of the mixing chamber. 図28は、図27のモデルの断面図である。 Figure 28 is a cross-sectional view of the model of Figure 27. 図29は、実験設備の図である。 FIG. 29 is a diagram of the experimental equipment. 図30は、図2の混合装置において酸素で処理され、それぞれ華氏65°でキャップされた500mlの薄肉プラスチック瓶および1000mlのガラス瓶に保存された水の溶存酸素レベルを示している。 Figure 30 is treated with oxygen in the mixing device of FIG. 2, respectively show a dissolved oxygen level of the water stored in glass bottles of the thin plastic bottles and 1000ml of 500ml capped Fahrenheit 65 °. 図31は、図2の混合装置において酸素で処理され、どちらも華氏39°で冷蔵された500mlの薄肉プラスチック瓶および1000mlのガラス瓶に保存された水の溶存酸素レベルを示している。 Figure 31 is treated with oxygen in the mixing device of FIG 2, both of which indicate the level of dissolved oxygen in the water stored in glass bottles of the thin plastic bottles and 1000ml of 500ml which is refrigerated Fahrenheit 39 °. 図32は、図2の混合装置において酸素で処理され、華氏55°の平均温度を有する32オンスのGATORADE(登録商標)瓶に保存されたGATORADE(登録商標)の溶存酸素レベルを示している。 Figure 32 is treated with an oxygen in the mixing device of Figure 2, it shows the level of dissolved oxygen of 32 ounce with an average temperature of Fahrenheit 55 ° GATORADE GATORADE stored in (registered trademark) bottle (registered trademark). 図33は、図2の混合装置において酸素で処理された500mlのブラウン平衡塩溶液の溶存酸素の保持を示している。 Figure 33 shows the retention of dissolved oxygen Brown balanced salt solution of the oxygen treated with 500ml in mixing apparatus of FIG. 図34は、図2の混合装置を使用したさらなる実験を示しており、図2の混合装置において窒素で水を処理することによって水から酸素がスパージされる。 Figure 34 shows a further experiment using the mixing device of Figure 2, oxygen is sparged from the water by treating the water with nitrogen in the mixing device of FIG. 図35標準温度および圧力での図2の混合装置による水からの酸素のスパージを示している。 Figure 35 illustrates the sparging of oxygen from water by the mixing device of Figure 2 at standard temperature and pressure. 図36は、ナノケージの図である。 Figure 36 is a diagram of a nanocage. 図37AおよびBは、酸素富化流体のレイリー散乱効果を示している。 Figure 37A and B show the Rayleigh scattering effects of an oxygen-enriched fluid. 図37AおよびBは、酸素富化流体のレイリー散乱効果を示している。 Figure 37A and B show the Rayleigh scattering effects of an oxygen-enriched fluid. 図38は、本発明の流体の一実施形態のDNA耐熱性を示している。 Figure 38 shows the DNA thermal resistance of one embodiment of a fluid of the present invention. 図39Aは、室温かつ流体生成の初期の時点でのピロガロール/西洋わさびペルオキシダーゼ反応性試験を示している。 Figure 39A shows a pyrogallol / horseradish peroxidase reactivity test at early time points of the room temperature and fluid product. 図39Bは、室温かつ30分の時点でのピロガロール/西洋わさびペルオキシダーゼ反応性試験を示している。 Figure 39B shows a pyrogallol / horseradish peroxidase reactivity tests at room temperature and 30 minutes. 図39Cは、室温かつ2時間の時点でのピロガロール/西洋わさびペルオキシダーゼ反応性試験を示している。 Figure 39C shows a pyrogallol / horseradish peroxidase reactivity tests at room temperature and 2 hours. 図39Dは、室温かつ3時間の時点でのピロガロール/西洋わさびペルオキシダーゼ反応性試験を示している。 Figure 39D shows a pyrogallol / horseradish peroxidase reactivity tests at room temperature and 3 hours. 図39Eは、特定の実施の形態による種々のガス富化流体によるピロガロール/西洋わさびペルオキシダーゼ反応性試験を示している。 Figure 39E shows a pyrogallol / horseradish peroxidase reactivity test by various gas-enriched fluid according to certain embodiments. 図40は、過酸化水素の不在を確認するグルタチオンペルオキシダーゼ試験の結果を示している。 Figure 40 shows the results of glutathione peroxidase test to confirm the absence of hydrogen peroxide. 図41は、本発明の酸素富化流体、脱イオン水(−)コントロール、および過酸化水素(+)コントロールによるピロガロール/西洋わさびペルオキシダーゼ反応性アッセイの結果を示している。 Figure 41 is an oxygen-enriched fluid, deionized water of the present invention (-) control, and hydrogen peroxide (+) shows the results of pyrogallol / horseradish peroxidase reactivity assays with controls. 図42は、ガス富化流体および脱イオンコントロール流体の存在下での有糸分裂アッセイのサイトカインプロフィールを示している。 Figure 42 shows the cytokine profile of mitotic assay in the presence of a gas-enriched fluid and deionized control fluid. 図43は、種々の溶存酸素飽和度におけるシュードモナス細菌の増殖速度の相違を示している。 Figure 43 shows the differences in growth rates of Pseudomonas bacteria at various dissolved oxygen saturation. 図44Aおよび44Bは、酸素富化細胞培地およびガス富化を行っていない培地を使用するインビトロでの傷の治癒を示している。 Figure 44A and 44B show the wound healing in vitro using a medium not subjected to oxygen-enriched cell culture media and gas-enriched. 図44Aおよび44Bは、酸素富化細胞培地およびガス富化を行っていない培地を使用するインビトロでの傷の治癒を示している。 Figure 44A and 44B show the wound healing in vitro using a medium not subjected to oxygen-enriched cell culture media and gas-enriched. 図45A〜45Fは、体内での傷の治癒における真皮および表皮の組織学的断面を示している。 FIG 45A~45F shows a histological section of the dermis and epidermis in wound healing in the body. 図45A〜45Fは、体内での傷の治癒における真皮および表皮の組織学的断面を示している。 FIG 45A~45F shows a histological section of the dermis and epidermis in wound healing in the body. 図45A〜45Fは、体内での傷の治癒における真皮および表皮の組織学的断面を示している。 FIG 45A~45F shows a histological section of the dermis and epidermis in wound healing in the body. 図45A〜45Fは、体内での傷の治癒における真皮および表皮の組織学的断面を示している。 FIG 45A~45F shows a histological section of the dermis and epidermis in wound healing in the body. 図45A〜45Fは、体内での傷の治癒における真皮および表皮の組織学的断面を示している。 FIG 45A~45F shows a histological section of the dermis and epidermis in wound healing in the body. 図45A〜45Fは、体内での傷の治癒における真皮および表皮の組織学的断面を示している。 FIG 45A~45F shows a histological section of the dermis and epidermis in wound healing in the body. 図46は、処置済みおよびコントロールの治癒中の傷について、ヒアルロン酸などの酸性ムコ多糖類の検出に使用されるHale染色の発現を示している。 Figure 46, for wounds in healing the treated and control, shows the expression of Hale staining is used to detect acid mucopolysaccharides, such as hyaluronic acid. 図47は、処置済みおよびコントロールの治癒中の傷について、血管形成の検出に使用されるvon Willebrand's Factor染色の発現を示している。 Figure 47, for wounds in healing the treated and control, shows the expression of von Willebrand's Factor stain used to detect angiogenesis. 図48は、処置済みおよびコントロールの治癒中の傷について、エラスチンの検出に使用されるLuna染色の発現を示している。 Figure 48, for wounds in healing the treated and control, shows the expression of Luna stain used to detect elastin. 図49は、処置済みおよびコントロールの治癒中の傷について、視野あたりの肥満細胞の数を示している。 Figure 49, for wounds in healing the treated and control, indicates the number of mast cells per visual field. 図50は、本発明のガス富化培地およびコントロール培地を使用する角膜線維芽細胞アッセイの別々の時点における死細胞の割合を示している。 Figure 50 shows the percentage of dead cells in different times of the corneal fibroblast assay using gas-enriched culture media and control medium of the present invention. 図51は、本発明のガス富化流体のポリマー袋での保管寿命を示している。 Figure 51 illustrates the shelf life of a polymer bag gas-enriched fluids of the present invention. 図52は、加圧ポット酸素化流体(1)、本発明のガス富化流体(2)、またはコントロールの脱イオン流体(3)の存在下で脾細胞をMOGに接触させた結果を示している。 Figure 52 is a pressure pot oxygenated fluid (1), the gas-enriched fluid (2) of the present invention, or show the results of contacting the splenocytes MOG in the presence of deionized fluid control (3) there.

(詳細な説明) (Detailed description)
本発明は、適切な傷の治癒および/または傷のケアを促進するための組成物および方法を含んでいる。 The present invention includes compositions and methods for promoting the proper wound healing and / or wound care. 本明細書に開示される組成物および/または方法を、さまざまな傷について使用することができ、傷は、裂傷、切り傷、引っかき傷、水膨れ、擦り傷、やけど、糖尿病性潰瘍、床擦れ、外科創傷、および他の傷など、皮膚あるいは他の組織または器官の破れである。 The compositions and / or methods disclosed herein, can be used for various wounds, wounds, lacerations, cuts, scratches, blisters, abrasions, burns, diabetic ulcers, bedsores, surgical wounds , and other wounds, a tear in the skin or other tissues or organs. 治癒は、典型的にはいくらかの瘢痕化を伴って生じる負傷への生物学的応答である(骨の傷は例外である)。 Healing is typically a somewhat biological response to scarring with resulting injury (bone wound is an exception). したがって、適切な傷のケアの目的の1つは、感染および/または瘢痕化の可能性を最小限にすることにある。 Accordingly, one object of the appropriate wound care is to minimize the possibility of infection and / or scarring.

現時点の医療の実務は、典型的には、傷を無菌の生理食塩水、石けんおよび水、ポビドン/ヨード、ならびに/あるいは他の消毒、抗生、または麻酔の溶液の流れによって洗浄または潅注することである。 Medical practitioners at the present time is typically sterile saline wounds, soap and water, povidone / iodine, and / or other disinfectant, by washing or irrigating the antibiotic or anesthetic solution flow, is there. 典型的には、洗浄用の流体が、汚れ、破片、細菌、または死んだ組織を除去するために充分な大きさの力で傷の表面へとかけられる。 Typically, fluid for cleaning, dirt, debris and subjected to scratch the surface with a force large enough to remove bacteria or dead tissue. 傷の洗浄の目的は、傷から破片および細菌を除去する一方で、傷の周囲の正常な組織の損傷を最小限にすることにある。 The purpose of wound cleaning, while removing debris and bacteria from the wound, is to minimize damage to normal tissue surrounding the wound. これは、棒切れによる刺し傷や動物による噛み傷に関係するような深い貫通の傷については、困難である。 This is, for the deep penetrating wound, such as related to the bite by a stab wound or an animal with sticks, it is difficult. 深い刺し傷(とくには、動物による噛み傷)の場合には、破片および微生物が組織へと深く進入するため、傷を徹底的に清掃することがとくに重要である。 Deep stab wounds (in particular, bite by the animal) in the case of, for debris and microorganisms to deeply enter into the organization, it is particularly important to thoroughly clean the wound. これらの種類の傷は、典型的には、現在の傷のケアの態様のもとでは、毎日のケアを必要とする。 These types of wounds, typically, under the aspect of the current wound care, and require daily care. さらには、ベッドまたは車椅子に拘束され、あるいは他の理由で座ったままであり、あるいは動くことができない者や、神経および/または血液循環の不調を抱えており、あるいは傷の治癒を害するような病気を抱えている者(糖尿病、がん、HIV/AIDS、末梢神経障害、免疫抑制、または鎌状赤血球貧血を患っている者、ステロイドおよび/または化学療法の薬剤の投与を受けている者、年老いた者、など)において、慢性の傷が一般的である。 In addition, it is bound to a bed or wheelchair, or remain sitting for other reasons, or it is not person or can move, and suffers from a disorder of the nerves and / or blood circulation, or such as harm the healing of the wound disease who suffer from (diabetes, cancer, who are suffering from HIV / AIDS, peripheral neuropathy, immunosuppression, or sickle cell anemia, who are receiving administration of steroids and / or chemotherapy agents, aging a person who, in, etc.), chronic wounds are common.

いくつかの状況においては、傷の縫合が必要となる可能性がある。 In some situations, there is a possibility that the wound suture is needed. 傷が縫合(縫い目、ホチキス、皮膚用接着剤、テープなど)を必要とする場合、傷を洗浄し、縫合し、包帯を施すことができる。 Wound suture (stitches, staples, skin adhesives, tapes, etc.) requires, washed the wound, sutured, it can be subjected to dressing.

本発明の組成物および/または方法を、包帯処置および/または傷の洗浄のためにさらに利用することができる。 The compositions and / or methods of the present invention can be further utilized for bandaging and / or wound cleaning. 特定の実施の形態においては、傷の洗浄を、ある圧力のもとで適用することができる。 In a particular embodiment, the cleaning of the wound, it can be applied under a certain pressure. いくつかの実施の形態においては、傷の洗浄の圧力が、約2psi、約5psi、約8psi、約10psi、約12psi、約15psi、約18psi、約20psi、またはこれらの間の任意の値を有することができる。 In some embodiments, the pressure wound cleaning, about 2 psi, about 5 psi, about 8 psi, about 10 psi, about 12 psi, about 15 psi, about 18 psi, about 20psi or any value therebetween, be able to.

特定の実施の形態においては、本発明のガス富化流体組成物および/または方法が、創傷包帯の処置に関する。 In a particular embodiment, the gas-enriched fluid compositions and / or methods of the present invention relates to the treatment of a wound dressing. 創傷包帯は、傷から余分な浸出液を取り除き、傷を湿った状態に保ち、脱水を防止し、傷の治癒の速度を高めることができる。 Wound dressing, remove excess exudate from the wound, which keeps moist wounds, to prevent dehydration, it can increase the rate of wound healing. 傷の処置において、抗生物質および/または消毒剤を、包帯へと組み込むことができる。 In the treatment of wounds, antibiotic and / or disinfectant it can be incorporated into bandages. いくつかの特定の実施の形態においては、創傷包帯が、生物学的および/または化学的に有効な物質(美容および/または治療剤など)を、適用時および/または経時的に連続相に分散させられた別個の相にて取り入れている。 In some particular embodiments, the wound dressing, dispersing the biological and / or chemical active substances (such as cosmetic and / or therapeutic agent), the application time and / or over time continuous phase let obtained are incorporated in a separate phase. このやり方で、生物学的および/または化学的に有効な物質を、包帯によって傷へと直接適用することができる。 In this manner, a biological and / or chemical active substances, can be applied directly to the wound by the dressing. 生物学的および/または化学的に有効な物質の適用を、創傷包帯によって、連続的にもたらすことができ、すべてを一度にもたらすことができ、あるいは時間とともに間欠的にもたらすことができる。 The application of biological and / or chemically active substances, the wound dressing, can bring continuously, all can be the result at a time, or can result intermittently with time.

褥瘡(床擦れを含む)、潰瘍、あるいは持続性または慢性でありうる他の傷のための閉塞性の包帯の場合には、内側の接触層および外側の保護層の両者を含んでいる包帯を、適用することができる。 Pressure ulcers (including bedsore), ulcers, or in the case of occlusive dressing for other flaws which may be persistent or chronic, a bandage that contains both of the inner contact layer and an outer protective layer, it is possible to apply. 特定の実施の形態においては、内側層またはバリア層が、傷からの流体を吸収でき、包帯を少なくとも数日にわたって所定の位置に保つことができる親水コロイドなどの吸水性の材料を含んでいる。 In a particular embodiment, the inner layer or barrier layer, can absorb fluid from the wound and includes an absorbent material such as hydrophilic colloids that can be kept in place for at least several days the bandage.

特定の実施の形態においては、本発明のガス富化流体組成物および/または方法が、傷の治癒を促進し、瘢痕化を軽減し、さらに/または傷の感染を少なくする。 In a particular embodiment, the gas-enriched fluid compositions and / or methods of the present invention to promote wound healing, reduce scarring, reduced further / or infection of the wound. 特定の実施の形態においては、本発明のガス富化流体組成物および/または方法が、細胞外基質の堆積および/または生成を増加させ、コラーゲンの沈着および/または生成を増加させ、ヒアルロン酸の沈着および/または生成を増加させ、さらには/あるいはエラスチンの沈着および/または生成を増加させる。 In a particular embodiment, the gas-enriched fluid compositions of the present invention and / or methods, increases the deposition and / or formation of extracellular matrix, increase the deposition and / or formation of collagen, hyaluronic acid deposition and / or generated increased, further increases the deposition and / or formation of / or elastin. 他の実施の形態においては、本発明のガス富化流体組成物および/または方法が、上皮細胞、ケラチン生成細胞、結合組織、ならびに/あるいは筋肉細胞または傷の他の関連の細胞の増殖、分化、および/またはアポトーシスを促進する。 In another embodiment, the gas-enriched fluid compositions and / or methods of the present invention, epithelial cells, keratinocytes, connective tissue, and / or other related cell proliferation muscle cells or scratches, differentiation , and / or to promote apoptosis.

本明細書に開示されるガス富化組成物および/または方法は、出血の減少、血管の狭窄化および/または凝血の形成の強化、種々の化学物質の傷への放出、血管形成の強化、傷の上皮形成の強化、傷の治癒に関するたんぱく質の生成の強化、上皮細胞および/またはケラチン生成細胞の再構築、増殖、および/または移動の強化など、傷の治癒の任意の1つ以上の段階を促進することができる。 Gas-enriched compositions and / or methods disclosed herein, a decrease in bleeding, enhance the formation of narrowing and / or clot of blood vessels, release into various chemicals wounds, enhanced angiogenesis , enhanced wound epithelialization, enhance the production of proteins related to wound healing, reconstruction of epithelial cells and / or keratinocytes proliferation, and / or the like strengthening movement, of any wound healing one or more it is possible to promote the stage.

(本発明のガス富化流体および溶液) (Gas-enriched fluids and solutions of the present invention)
流体に別の流体を拡散させ、あるいは流体を別の流体で富化することで、2つの流体の溶液または懸濁液をもたらすことができる。 Fluid to diffuse the different fluids, or by enriching the fluid in another fluid, it may result in a solution or suspension of the two fluids. とくには、液体をガス(例えば、酸素)で富化することは、治療処置を含む特定の用途において有益であろう。 In particular, the liquid gas (e.g., oxygen) enriching in would be beneficial in certain applications, including therapeutic treatments. 本明細書において使用されるとき、「流体」は、本明細書に開示の任意の特定の実施の形態のための液体、ガス、蒸気、液体および/またはガスの混合物、あるいはこれらの任意の組み合わせを広く指すことができる。 As used herein, "fluid" refers to any combination of liquids, gases, vapors, mixtures of liquids and / or gases, or their for any particular embodiment disclosed herein it is possible to refer to a wide. さらに、特定の実施の形態において、「液体」は、純粋な液体を広く指すことができ、あるいはゲル、ゾル、乳濁液、流動体、コロイド、分散液、または混合物、ならびにこれらの任意の組み合わせを指すことができ、これらはいずれも、さまざまな粘度であってよい。 Furthermore, in certain embodiments, "liquid", pure liquid can a broadly refers, or a gel, sol, emulsion, fluid, colloid, dispersion, or mixture thereof, and any combination thereof, can refer to either of which may be of various viscosity.

とくに好ましい実施の形態においては、溶存ガスが、酸素を含んでいる。 In a particularly preferred embodiment, the dissolved gas comprises oxygen. 他の特定の実施の形態においては、溶存ガスが、一酸化窒素を含んでいる。 In another particular embodiment, the dissolved gas comprises nitric oxide. 他の特定の実施の形態においては、ガスが、外気を含んでいる。 In certain other embodiments, the gas comprises outside air.

流体をガス富化する(水の酸素化など)いくつかの方法が、この技術分野において知られている。 Fluid to gas-enriched (such as oxygenation of water) several methods are known in the art. 例えば、タービン曝気システムは、空気または酸素を水と混ぜ合わせるインペラーの1式の回転羽根の付近に空気を放出することができ、あるいは水の酸素含有量を増やすために、水を空気中へと噴霧することができる。 For example, a turbine aeration system, air or oxygen can be released to air in the vicinity of the rotating blades of one set of impeller to mix with water, or in order to increase the oxygen content of the water, the water into the air it can be sprayed. さらに、市場に存在する他のシステムは、空気または酸素を水へと注入し、水/ガスを大規模な渦へと曝す。 Additionally, other systems on the market, the air or oxygen is injected into the water, exposing the water / gas to a large-scale vortices. 水中に自然に生じる酸素のレベルは、典型的には10ppm以下であり、これが100%の溶存酸素レベルであると考えられる。 Oxygen levels of the naturally occurring in the water is typically at 10ppm or less, which is considered to be 100% dissolved oxygen levels. 特定の装置についての試験が、理想的な条件下で装置が約20ppm(パーツ・パー・ミリオン)以上、すなわち自然の水の酸素レベルの2倍を達成できることを示している。 Testing for a particular device, shows that the ideal conditions in the apparatus is about 20 ppm (parts per million) or more, that can achieve double the oxygen levels of the natural water. しかしながら、水は、この高レベルの溶存酸素をきわめて急激に失い、数分で約10ppmという溶存酸素のベースラインへと戻ってしまう。 However, the water loses dissolved oxygen of the high level very rapidly, thus returned to baseline dissolved oxygen of about 10ppm in minutes.

本明細書に開示される特定の実施の形態においては、本発明のガス富化流体が、美容的および/または治療的な傷のケアの利益を提供する。 In certain embodiments disclosed herein, a gas-enriched fluid of the present invention provide the benefit of care cosmetic and / or therapeutic wounds. 本明細書に開示される特定の実施の形態は、本発明のガス富化流体と、随意による少なくとも1種の追加の治療剤(薬物、金属、ペプチド、ポリペプチド、たんぱく質、ヌクレオチド、炭水化物または糖化たんぱく質、脂肪(油またはろうを含む)、あるいは傷または傷の治癒に関する状態または疾病の少なくとも1種の症状を防止または軽減する他の物質、など)とを含んでいる美容および/または治療の組成物に関する。 The specific embodiment disclosed herein, a gas-enriched fluid of the present invention, optionally by at least one additional therapeutic agent (drug, a metal, a peptide, polypeptide, protein, nucleotide, carbohydrate or glycosylated protein, fat (including oils or waxes), or other substances to prevent or alleviate at least one symptom of a condition or disease related to wound healing or wound, etc.) and a comprise that cosmetic and / or therapeutic compositions for on things.

処置を必要とする任意の特定の器官および/または組織の傷を、ガス富化流体を含んでいる有効量の組成物を投与することによって処置するための組成物および方法が開示される。 Wounds of any particular organ and / or tissue in need of treatment, compositions and methods for treating by administering an effective amount of a composition comprising a gas-enriched fluid is disclosed. 本明細書において使用されるとき、「処置」、「処置する」、「治療」、ならびにこれらの任意かつすべての派生語は、本発明の組成物を、傷および/または傷の治癒に関する状態または疾病に対して予防的に使用することや、不適切な傷の治癒に関して存在する状態または疾病を改善し、あるいは適切な傷の治癒を促進するために、美容的または治療的に使用することを指す。 As used herein, "treatment", "treating", "treatment", as well as combinations of any and all derivatives are the compositions of the present invention, or conditions relating to scratches and / or wound healing or be used prophylactically against disease, to improve the condition or disease exists for healing improper wound or to promote healing of appropriate wound, the use for cosmetic or therapeutic points. 一特定の実施の形態においては、本発明のガス富化流体が、微生物の増殖を抑制する。 In one particular embodiment, the gas-enriched fluid of the present invention inhibit the growth of microorganisms. 別の特定の実施の形態においては、本発明のガス富化流体が、アポトーシスを促進する。 In another specific embodiment, the gas-enriched fluid of the present invention promotes apoptosis.

微生物感染、とくにはブドウ球菌、連鎖球菌、酵母菌、セラチア、大腸菌、緑膿菌、および他の微生物の感染が、傷に重篤な感染を引き起こす可能性がある。 Microbial infections, especially Staphylococcus aureus, Streptococcus, yeast, Serratia, Escherichia coli, Pseudomonas aeruginosa, and infections other microbes can cause serious infection in wounds. したがって、特定の実施の形態において、本発明のガス富化流体組成物および/または方法は、抗真菌剤、抗生剤、または他の抗菌剤などの抗菌剤を含む。 Accordingly, in certain embodiments, the gas-enriched fluid compositions and / or methods of the present invention include antifungal agents, antibacterial agents such as antibiotics or other antimicrobial agents. ガス富化流体組成物および/または方法において使用することができる抗菌剤のいくつかの例として、これらに限られるわけではないが、アミカシン、ゲンタマイシン、カナマイシン、ネオマイシン、ネチルマイシン、ストレプトマイシン、トブラマイシン、パロモマイシン、ゲルダナマイシン、ヘリマイシン、ロラカルベフ、エンタペネム、イミペネム/シラスタチン、メロペネム、セファドロキシル、セファゾリン、セファロチン/セファロシン、セファレキシン、セファクロール、セファマンドール、セフォキシチン、セフロキシム、セフィキシム、セフジニル、セフジトレン、セフォペラゾン、セフォタキシム、セフポドキシム、セフタジジム、セフチブテン、セフチゾキシム、セフトリアキソン、セフェプライム、テイコプラニン Some examples of antimicrobial agents that may be used in the gas-enriched fluid compositions and / or methods, but are not limited to, amikacin, gentamicin, kanamycin, neomycin, netilmicin, streptomycin, tobramycin, paromomycin, geldanamycin, Herimaishin, loracarbef, Entapenemu, imipenem / cilastatin, meropenem, cefadroxil, cefazolin, cephalothin / cephalothin, cephalexin, cefaclor, cefamandole, cefoxitin, cefuroxime, cefixime, cefdinir, cefditoren, cefoperazone, cefotaxime, cefpodoxime, ceftazidime , ceftibuten, ceftizoxime, ceftriaxone, Sefepuraimu, teicoplanin バンコマイシン、アジスロマイシン、クラリスロマイシン、ジリスロマイシン、エリスロマイシン、ロキシスロマイシン、トロレアンドマイシン、テリスロマイシン、スペクチノマイシン、アズトレオナム、アモキシシリン、アンピシリン、アズロシリン、カルベニシリン、クロキサシリン、ジクロキサシリン、フルクロキサシリン、メズロシリン、ナフシリン、ペニシリン、ペペラシリン、チカルシリン、バシトラシン、コリスチン、ポリミキシンB、シプロフロキサシン、エノキサシン、ガチフロキサシン、レボフロキサシン、ロメフロキサシン、モキシフロキサシン、ノルフロキサシン、オフロキサシン、トロバフロキサシン、マフェナイド、プロトシル、スルファセタミド、スルファメチゾール、スルファニルアミド、スルファサ Vancomycin, azithromycin, clarithromycin, dirithromycin, erythromycin, roxithromycin, troleandomycin, telithromycin, spectinomycin, aztreonam, amoxicillin, ampicillin, azlocillin, carbenicillin, cloxacillin, dicloxacillin, flucloxacillin, mezlocillin , nafcillin, penicillin, Peperashirin, ticarcillin, bacitracin, colistin, polymyxin B, ciprofloxacin, enoxacin, gatifloxacin, levofloxacin, lomefloxacin, moxifloxacin, norfloxacin, ofloxacin, trovafloxacin, mafenide, Purotoshiru, sulfacetamide , sulfamethizole, sulfanilamide, Surufasa ジン、スルフィソキサゾール、トリメトプリム、トリメトプリム−スルファメトキサゾール、デメクロサイクリン、ドキシサイクリン、ミノサイクリン、オキシテトラサイクリン、テトラサイクリン、アルスフェナミン、クロラムフェニコール、クリンダマイシン、リンコマイシン(lincoamycin)、エタンブトール、ホスホマイシン、フシジン酸、フラゾリドン、イソニアジド、リネゾリド、メトロニダゾール、ムピロシン、ニトロフラントイン、プラテンシマイシン、ピラジナミド、キヌプリスチンダルホプリスチン、リファンピン/リファンピシン、チニダゾール、ミコナゾール、ケトコナゾール、クロトリマゾール、エコナゾール、ビフォナゾール、ブトコナゾール、フェンチコナゾール、イソコナゾール、オキシコナ Jin, sulfisoxazole, trimethoprim, trimethoprim - sulfamethoxazole, demeclocycline, doxycycline, minocycline, oxytetracycline, tetracycline, Arusufenamin, chloramphenicol, clindamycin, lincomycin (lincoamycin), ethambutol, fosfomycin, fusidic acid, furazolidone, isoniazid, linezolid, metronidazole, mupirocin, nitrofurantoin, plastics intensifier mycin, pyrazinamide, quinupristin / dalfopristin, rifampin / rifampicin, tinidazole, miconazole, ketoconazole, clotrimazole, econazole, bifonazole, butoconazole , fenticonazole, isoconazole, Okishikona ゾール、セルタコナゾール、スルコナゾール、チオコナゾール、フルコナゾール、イトラコナゾール、イサブコナゾール、ラブコナゾール、ポサコナゾール、ボリコナゾール、テロナゾール、テルビナフィン、アモロルフィン、ナフチフィン、ブテナフィン、アニデュラファンギン、カスポファンギン、ミカファンギン、シクロピロクス、フルシトシン、グリセオフルビン、ゲンチアナ・バイオレット、ハロプロジン、トルナフテート、ウンデシレン酸、などが挙げられる。 Orres, sertaconazole, sulconazole, tioconazole, fluconazole, itraconazole, Isabukonazoru, ravuconazole, posaconazole, voriconazole, Teronazoru, terbinafine, amorolfine, naftifine, butenafine, anidulafungin, caspofungin, micafungin, ciclopirox, flucytosine, griseofulvin, gentian violet , haloprogin, tolnaftate, undecylenic acid, and the like.

いくつかの実施の形態においては、組成物が、不活性であって生理学的に容認できるキャリアまたは希釈剤、酵素、抗菌剤(抗細菌剤、抗真菌剤など)、血管収縮剤(エピネフリン、塩酸ナファゾリン、テトラヒドロゾリンなど)、酸(ホウ酸、塩酸など)、塩基(水酸化ナトリウムなど)、塩(ナトリウム、カリウム、カルシウムなど)、ポリマー、アルコール(ポリビニルアルコールなど)、セルロースまたはでんぷん、デキストロース、マンノース、 スクロース、または他の炭水化物、糖たんぱく、たんぱく質、ポリペプチド、またはペプチド、着色料、香料、保存料(エデト酸二ナトリウム、グルコン酸クロルヘキシジンなど)、あるいはこれらの混合物を、さらに含んでいる。 In some embodiments, the composition, the carrier or diluent physiologically tolerated an inactive enzyme, antimicrobial (antibacterial, etc. antifungals), vasoconstrictors (epinephrine, hydrochloride naphazoline, tetrahydrozoline, etc.), acid (boric acid, hydrochloric acid, etc.), a base (such as sodium hydroxide), salts (sodium, potassium, calcium, etc.), polymers, alcohol (polyvinyl alcohol), cellulose or starch, dextrose, mannose, disk loin or other carbohydrates, glycoproteins, proteins, polypeptides, or peptides, colorants, fragrances, preservatives (sodium edetate, etc. chlorhexidine gluconate), or mixtures thereof, containing more. 他の関連の実施の形態においては、組成物が、有効な薬物または治療薬物質、あるいは有効な美容物質をさらに含んでいる。 In the form of other related embodiments, the composition has further comprise an effective drug or therapeutic substance or active cosmetic substances. 一特定の実施の形態においては、薬物または治療薬が、マレイン酸フェニラミンなどの抗ヒスタミン剤を含んでいる。 In the form of one specific embodiment, the drug or therapeutic agent includes antihistamines, such as maleic acid pheniramine.

さらに、本発明に従って製造されるガス富化流体は、無傷および/または生体外で、組織から汚染物質を除去し、あるいは洗い去るためにも使用することができる。 Further, the gas-enriched fluid produced in accordance with the present invention, intact and / or ex vivo to remove contaminants from the tissue, or can be used to wash away. 特定の実施の形態においては、流体(例えば、水)内のガス(例えば、酸素)のレベルがより高いことで、傷の清掃および/または浄化時に、追加の利益をもたらすことができる。 In a particular embodiment, the fluid (e.g., water) in the gas (e.g., oxygen) that the level of higher, during the cleaning and / or cleaning of the wound, may provide additional benefits.

本明細書において提示される特定の実施の形態は、本明細書において定められるとおりの拡散装置によって処理されたガス富化流体であって、流体ホストマテリアルと、ホストマテリアルへと拡散させた注入マテリアルと、ホストマテリアルへと分散させた随意による少なくとも1種の美容および/または治療剤とを含んでいるガス富化流体に関する。 Specific embodiments presented herein, a gas-enriched fluid that has been treated by diffusion apparatus as defined herein, a fluid host material, injecting the material which is diffused into the host material When, a gas-enriched fluid and at least one cosmetic and / or therapeutic agent according optionally dispersed into the host material. 特定の実施の形態においては、注入マテリアルが、ホスト流体中の酸素の微細気泡を含んでおり、微細気泡の大部分が、0.2ミクロン未満、好ましくは0.1ミクロン未満のサイズである。 In a particular embodiment, the injection material is, contains fine bubbles of oxygen in the host fluid, most of the fine bubbles of less than 0.2 microns, preferably the size of less than 0.1 micron.

特定の実施の形態においては、注入後の流体ホストマテリアルの溶存酸素レベルを、少なくとも13時間にわたって大気圧で30パーツ・パー・ミリオン超に保つことができる。 In a particular embodiment, the dissolved oxygen level in the fluid host material after injection, at atmospheric pressure for at least 13 hours can be kept at 30 parts per million greater. 他の特定の実施の形態においては、注入後の流体ホストマテリアルの溶存酸素レベルを、少なくとも3時間にわたって大気圧で40ppm超に保つことができる。 In another particular embodiment, the level of dissolved oxygen in the fluid host material after injection, can be kept at atmospheric pressure 40ppm greater for at least 3 hours. さらなる実施の形態においては、注入後の流体ホストマテリアルを、大気圧の密封容器内で、少なくとも100日、好ましくは365日の期間にわたって少なくとも20ppmの溶存酸素レベルに保つことができる。 In a further embodiment, the fluid host material after injection, in a sealed container at atmospheric pressure, at least 100 days, preferably be kept at least 20ppm of dissolved oxygen levels over a period of 365 days. 特定の実施の形態においては、注入後の流体ホストマテリアルが、大気圧において少なくとも50パーツ・パー・ミリオンの溶存酸素レベルを有することができる。 In a particular embodiment, the fluid host material after injection can have a dissolved oxygen level of at least 50 parts per million at atmospheric pressure.

特定の実施の形態においては、注入後の流体ホストマテリアルが、当該流体ホストマテリアルへと酸素を拡散させた後の選択した時間期間にわたり、当該流体ホストマテリアルを通過して光るレーザービームについてレイリー散乱を呈する。 In a particular embodiment, the fluid host material after injection, over selected time periods after diffusing oxygen into the fluid host material, the Rayleigh scattering for shining a laser beam through the fluid host material exhibit.

本明細書において該当の図に示される典型的な実施の形態に関して説明される拡散装置を使用することによって、ガスが拡散されてなる出力流体であって、 多数の特徴を有しており、治療用組成物としての使用のための多数の利点を提供する出力流体を得ることができる。 By using the diffuser described with respect to exemplary embodiment shown in FIG applicable herein, an output fluid gas is being spread, have a number of features, treatment number of advantages for use as use composition can be obtained an output fluid provided. 溶液を、真水、生理食塩水、蒸留水、脱イオン水、再蒸留水、および/または再蒸留脱イオン水、酸素、窒素、ならびに他の成分を使用して生成した。 The solution, fresh water, physiological saline, distilled water, deionized water, distilled water, and / or re-distilled deionized water, oxygen, and generated using nitrogen, and other components. 実験により、生理食塩水中に生成された酸素気泡のサイズが、一般に約0.1ミクロン以下であることが示されている。 Experiments size of the oxygen bubbles generated in saline has been shown to be generally less than about 0.1 microns.

(本発明のガス富化流体および溶液の傷治癒活性) (Gas-enriched fluid and a solution of wound healing activity of the present invention)
本発明の特定の態様によれば、本明細書に開示されるガス富化流体および/または溶液が、抗炎症の特性および効果を有しており、炎症に関係する疾病または疾患に悩まされている被験体を治療するための抗炎症剤として使用することが可能である。 According to a particular aspect of the present invention, the gas-enriched fluids and / or solutions disclosed herein have the properties and effects of anti-inflammatory, it suffers from a disease or disorder associated with inflammation It can be used as anti-inflammatory agents for treating a subject who is. 42は、健康な血液ドナーからの刺激されたリンパ球におけるサイトカインプロフィールの実験結果を示している。 Figure 42 shows the experimental results of cytokine profiles in stimulated lymphocytes from healthy blood donors. 42から見て取ることができるとおり、本発明の酸素富化流体(水)は、特定のサイトカイン、とくにはIL−6、IL−8、およびIL−1βの下方制御をもたらした。 As can be seen from Figure 42, the oxygen-enriched fluid of the present invention (water), certain cytokines, especially brought down-regulation of IL-6, IL-8, and IL-l [beta].

炎症促進性サイトカインの生成の増加が、多数の炎症性疾患および自己免疫疾患の発症に関係している。 Increased production of proinflammatory cytokines has been implicated in the pathogenesis of numerous inflammatory and autoimmune diseases. TNFαの分泌が、炎症性カスケードの開始における最初の事象であり(Brennan F.M.ら,Lancet,1989,2:244−7;Haworth Cら,Eur.J.Immunol.1991,21:2575−2579)、炎症性疾患および自己免疫疾患の発生および持続に直接に寄与している。 Secretion TNFα is a primary event in the initiation of an inflammatory cascade (Brennan F.M. et al., Lancet, 1989,2: 244-7; Haworth C , et al., Eur.J.Immunol.1991,21: 2575- 2579), contributes directly to the development and persistence of inflammatory and autoimmune diseases. インターロイキン1β(IL−1β)、IL−6、IL−8、IL−12、一酸化窒素、IFN−γ、およびGM−CSFなど、他の炎症促進性サイトカインも役割を果たす一方で、IL−10などの抗炎症性サイトカインは、疾病を軽くすることができる。 Interleukin 1β (IL-1β), IL-6, IL-8, IL-12, nitric oxide, IFN-gamma, and the like GM-CSF, even while serving other proinflammatory cytokines, IL- anti-inflammatory cytokines such as 10, it is possible to reduce the disease. 免疫系の細胞、とくにはマクロファージが、活性化の刺激に応答して、これらのサイトカインの多くを分泌する。 Cells of the immune system, particularly macrophages, in response to stimulation of the activation, secrete many of these cytokines.

さまざまな種類の細胞が、炎症のプロセスに関係している。 Various types of cells have been implicated in the process of inflammation. 単球、マクロファージ、および他の免疫細胞によるTNFαの過剰生成が、多数の疾病の発症の重要な要素である。 Monocytes, macrophages, and overproduction of TNFα by other immune cells is a key element for the development of a number of diseases. とくにはマクロファージおよびT細胞が、免疫応答の開始および維持において中心的な役割を果たす。 Particularly macrophages and T cells, play a central role in the initiation and maintenance of immune responses. ひとたび病理学的または免疫原性の刺激によって活性化されると、マクロファージは、TNF−α、IL−1β、IL−8、IL−12、一酸化窒素(NO)、IL−6、GM−CSF、G−CSF、M−CSFなど、サイトカインのホストを放出することによって応答する。 Once activated by pathological or immunogenic stimuli, macrophages, TNF-α, IL-1β, IL-8, IL-12, nitric oxide (NO), IL-6, GM-CSF , G-CSF, such as M-CSF, responds by releasing a host of cytokines. T細胞は、IL−2、IL−4、INF−γ、および他の炎症性サイトカインを放出する。 T cells release IL-2, IL-4, INF-γ, and other inflammatory cytokines. これらのサイトカインが、他の免疫細胞を活性化し、一部は、独立した細胞毒性薬としても機能しうる。 These cytokines activate other immune cells, some may also function as an independent cytotoxic agents. マクロファージおよびT細胞に由来する炎症性メディエータの過剰な放出は、とくには、正常な細胞および周囲の組織の損傷につながる可能性がある。 Excessive release of inflammatory mediators from macrophages and T cells, particularly, can lead to damage of normal cells and surrounding tissues.

炎症促進性サイトカインは、HIV−AIDS、ならびにサイトメガロウイルス、インフルエンザウイルス、およびヘルペス族のウイルスなど、他のウイルス感染に関係している。 Proinflammatory cytokines, HIV-AIDS, as well as cytomegalovirus, influenza virus, and herpes group of viruses has been implicated in other viral infections. TNFαが、ヒトサイトメガロウイルスの主要な前初期エンハンサ/プロモータの定常活性を向上させ、前単球細胞における潜在HCMV感染の再活性化において役割を果たす可能性がある(Prosch S.らのVirology 1995,208:197−206)。 TNFα is, improves the human site key before cytomegalovirus early enhancer / promoter of the basal activity, the reactivation of latent HCMV infection in pre-monocytic cell might play a role (Prosch S. et al. Virology 1995 , 208: 197-206).

さらに、多数の炎症性サイトカインは、敗血症または内毒性ショックを抱える患者の死亡の原因となる。 Furthermore, a number of inflammatory cytokines, the cause of death of patients suffer from sepsis or endotoxic shock. 例えば、TNFαおよびIL−1βは、敗血症、敗血性ショック、および内毒性ショックにおいて、確立した中心的役割を有している。 For example, TNF [alpha] and IL-l [beta] is sepsis in septic shock, and endotoxic shock, has a central role in the establishment. これらのサイトカインのレベルの上昇は、ホスホリパーゼA2(Gronich J.らのJ.Clin.Invest.1994,93:1224−1233)およびNOシンターゼについての遺伝子発現の誘発とともに、発熱、低血圧、およびショックを伴う (Smith J.W.らのJ.Clin.Oncol.1992,10:1141−1152;Chapman P.B.らのJ.Clin.Oncol.1987,5:1942−1951)。 Elevated levels of these cytokines, phospholipase A2 (Gronich J. et al J.Clin.Invest.1994,93: 1224-1233) and with induction of gene expression for NO synthase, fever, hypotension, and shock associated (Smith J. W. et al. J.Clin.Oncol.1992,10: 1141-1152; Chapman P.B. et J.Clin.Oncol.1987,5: 1942-1951).

平滑筋細胞からのNOの誘発は、敗血性ショックの際に平均動脈圧および全身の血管抵抗の低下を仲立ちし、NOの基本的役割を示唆している。 Induction of NO from smooth muscle cells, and mediates the decrease in vascular resistance mean arterial pressure and systemic during septic shock, suggesting a fundamental role for NO. したがって、IL−8、IL−1β、およびNOに対する下方制御効果を目標とする治療が、敗血症、敗血性ショック、および内毒性ショックを含む炎症性の疾病または疾患の処置において、有益でありうる。 Therefore, IL-8, IL-1β , and targeted treatment of downregulation effect on is NO, sepsis, in the treatment of inflammatory diseases or diseases including septic shock, and endotoxic shock, may be beneficial.

TNFαの過剰な生成が、糖尿病および関節リウマチなどといった多数の自己免疫疾患の臨床的特徴に寄与する。 Excessive production of TNFα contributes to the clinical features of numerous autoimmune diseases such as diabetes and rheumatoid arthritis. 全身性狼瘡エリテマトーデス(SLE)も、IL−1βおよびTNFαのレベルの上昇によって引き起こされる。 Systemic lupus erythematosus (SLE) is also caused by elevated levels of IL-l [beta] and TNF [alpha]. 狼瘡の患者において、血清C反応性たんぱく質、IL−β、およびTNFαのレベルが、コントロールよりも高いことが、高い炎症反応が疾病において役割を果たしていることを示唆している(Liou L.B.のClin.Exp.Rheumatol.2001,19:515−523)。 In patients with lupus, serum C-reactive protein, IL-beta, and the level of TNFα is, higher than the control, suggesting that high inflammatory response plays a role in disease (Liou L.B. of Clin.Exp.Rheumatol.2001,19: 515-523). SLEの一形態である神経精神狼瘡エリテマトーデス(NPLE)を有する患者の研究から、TNFαについてのmRNAを発現する末梢血単核細胞の数、ならびにNO代謝物の脳脊髄液濃度が、NPLE疾患の重篤さに相関していることが示されている(Svenungsson E.らのAnn.Rheum.Dis.2001,60:372−9)。 Studies of patients with neuropsychiatric lupus erythematosus is a form of SLE (NPLE), the number of peripheral blood mononuclear cells expressing mRNA for TNF [alpha], and cerebrospinal fluid concentrations of NO metabolites, the NPLE disease heavy it has been shown to correlate to Atsushi of (Svenungsson E., et al. Ann.Rheum.Dis.2001,60: 372-9).

IL−1およびTNFαは、動物モデルにおける種々の急性および慢性反応において、中心的な役割を演じる。 IL-1 and TNFα, in various acute and chronic reaction in animal models, plays a central role. さらに、IL−11、IFNα、およびIFNβも、炎症反応を上方に調節しうる。 Furthermore, IL-11, IFN [alpha], and IFNβ also may modulate the inflammatory response upwards. 対照的に、いくつかのサイトカイン(すなわち、とりわけIL−4、IL−10、IL−13)は、炎症反応の下方制御に関与できる。 In contrast, several cytokines (i.e., especially IL-4, IL-10, IL-13) may be involved in the downregulation of the inflammatory response. 実施例1に記載のとおり、本発明のガス富化流体に接触した細胞は、T3抗原を有するコントロール培地と比べて、T3抗原にるIFN−γレベルの上昇を示す一方で、T3抗原を有する本発明のガス富化培地において、IL−8は、T3抗原を有するコントロール培地と比べて低かった。 As described in Example 1, cells contacted with the gas-enriched fluid of the present invention, compared with control media with T3 antigen, while exhibiting elevated IFN-gamma levels that by the T3 antigen, the T3 antigen in gas-enriched culture medium of the present invention having, IL-8 was lower compared with control media with T3 antigen. さらに、IL−6、IL−8、およびTNFαのレベルが、PHAを有する本発明のガス富化培地においては、PHAを有するコントロール培地よりも低く、IL−1βのレベルが、PHAを有するコントロール培地と比べたときに、PHAを有する本発明のガス富化流体おいてより低かった。 Furthermore, IL-6, IL-8, and TNFα levels have, in the gas-enriched medium of the invention having a PHA, lower than the control medium with PHA, the level of IL-l [beta], the control medium with PHA and when compared, it was lower keep gas-enriched fluids of the present invention having a PHA. 本発明のガス富化培地のみでは、IFN−γのレベルが、コントロール培地よりも高かった。 Only gas-enriched medium of the present invention, the level of IFN-gamma was higher than the control medium. これらの結果は、抗炎症の環境に矛盾しない。 These results are not consistent with the microenvironment of the anti-inflammatory.

NOは、炎症反応のメディエータおよびレギュレータとして理解されている。 NO is understood as a mediator and regulator of inflammatory responses. NOは、病原菌に対して細胞傷害性を有しているが、被験体自身の組織について有害な影響を有する可能性もある(KorhonenらのCurr Drug Targets Inflamm Allergy 4(4):471−9,2005)。 NO, it has the cytotoxic to pathogens, possibly having a deleterious effect on the subject's own tissue (Curr the Korhonen et al. Drug Targets Inflamm Allergy 4 (4): 471-9, 2005). NOは、可溶性グアニル酸シクラーゼと反応し、NOの作用の多くを仲立ちするサイクリックグアノシン一リン酸(cGMP)を形成する。 NO reacts with soluble guanylate cyclase to form cyclic guanosine monophosphate (cGMP) which mediates many effects of NO. また、NOは、酸素分子およびスーパーオキシドアニオンと相互作用して、種々の細胞の機能を変更できる反応性の酸素種を生成することができる。 Further, NO can interact with molecular oxygen and superoxide anion to produce reactive oxygen species that can modify the function of various cells. これらNOの間接的作用は、NOが誘導型NOシンターゼ(iNOS)によって大量に生成され、反応性の酸素種が活性化された炎症細胞によって合成される炎症において、大きな役割を有している。 Indirect effects of these NO is, NO is mass produced by inducible NO synthase (iNOS), reactive oxygen species is the inflammation which is synthesized by activated inflammatory cells, and has a major role.

NOは、ケラチン生成細胞、線維芽細胞、内皮細胞、およびおそらくは他の細胞によっても生成されうる。 NO, keratinocytes, fibroblasts, it may also be produced by endothelial cells, and possibly other cells. NOの血管作用の一部として、血管拡張、血管内皮への血小板の付着の抑制、血管内皮への白血球の付着の抑制、および超酸化物の除去が挙げられる(ShahらのEnv.Health Persp.v.106 (5):1139−1143)。 As part of the vasoactive NO, the vasodilation, inhibition of platelet adhesion to the vascular endothelium, inhibition of the adhesion of leukocytes to the vascular endothelium, and removal of super oxides (Shah et al Env.Health Persp. v.106 (5): 1139-1143).

さらに、NO合成の抑制が、傷の収縮を遅らせ、コラーゲン組織を変化させ、新表皮の厚さを変化させることが示されている(AmadeuおよびCostaのJ.Cutan.Pathol.33:465−473,2006)。 Furthermore, inhibition of NO synthesis, delayed wound contraction, alter collagen organization, varying the thickness of the new epidermis has been shown (in Amadeu and Costa J.Cutan.Pathol.33: 465-473 , 2006). 傷における肥満細胞の移動および血管形成も、NOの抑制によって影響される(同上)。 Migration and angiogenesis of mast cells in the wound are also affected by inhibition of NO (Id.). いかなる特定の機構の理論にも拘束されるつもりはないが、特定の実施の形態において、本発明のガス富化流体は、本明細書に開示される実施例の項に示される傷治癒効果のスペクトルに一致して、局所および/または細胞のNO生成または分解を変調することができる。 While not wishing to be bound by any theory of a particular mechanism, in certain embodiments, the inventive gas-enriched fluid, wound healing effects illustrated in the Examples disclosed herein consistent with the spectrum, it is possible to modulate the NO generation or degradation of local and / or cells. 調節のさまざまな経路ゆえ、特定の実施の形態において、本発明のガス富化流体が、NOの生成を高め、かつ/またはNOの分解を遅らせることができる一方で、別の特定の実施の形態においては、本発明のガス富化流体が、NOの生成を減少させ、かつ/またはNOの分解を加速することができる。 Various routes because of regulatory, in certain embodiments, the gas-enriched fluid of the present invention is to increase the production NO, the and / or degradation, while capable of delaying NO, the another specific embodiment in may be gas-enriched fluids of the present invention reduces the generation NO, the and accelerate the degradation of / or NO.

具体的には、本明細書の実施例9において説明されるように、酸素富化した生理食塩水で処置された傷が、4〜11日目、および3〜11日目の間において傷の治癒の向上を見せ、酸素富化した生理食塩水で処置した傷の新表皮は、生理食塩水で処置された傷の表皮の2〜4倍の速さで移動した。 Specifically, as described in Example 9 herein, wounds treated with oxygen-enriched saline, wound between 4 to 11 days and 3-11 days show an improvement in healing, new skin wounds treated with oxygen-enriched saline were moved 2-4 times faster wound epidermis treated with saline. さらに、この検討は、15〜22日の間において、酸素富化した生理食塩水で処置された傷は、より成熟した表皮層がより早く形成されることによって明らかであるとおり、より速い速度において区別されることを示す Furthermore, this study, during 15 to 22 days, wounds treated with oxygen-enriched saline, as is evident by the more mature skin layer is more quickly formed, in higher speed It shows a distinct thing. すべての段階において、通常の治癒に関連して表皮に生じる厚肉化が、酸素富化した生理食塩水で処置した傷においては、生じなかった。 In all stages, thickening occurring skin in relation to the normal healing in the wound treated with the oxygen-enriched saline, did not occur.

このように、傷治癒効果のこのスペクトルによれば、いかなる特定の理論にも縛られるつもりはないが、酸素富化した生理食塩水が、傷において局所および/または細胞のNOレベルを調節できると考えられる。 Thus, according to this spectrum of wound healing effects, but without wishing to be bound by any particular theory, saline enriched with oxygen is to be able to adjust the NO level of the local and / or cells in wound Conceivable. NOが、傷の治癒において、成長因子、コラーゲンの沈着、炎症、肥満細胞の移動、表皮の厚肉化、および新血管形成を調節する。 NO is, in wound healing, growth factors, collagen deposition, regulate inflammation, migration of mast cells, thickening of the epidermis, and neovascularization. さらに、一酸化窒素は、酸素によって調節される誘導酵素によって生成される。 Furthermore, nitric oxide is produced by an inducible enzyme that is regulated by oxygen.

肥満細胞の移動の場合に、酸素富化溶液における初期および後期の移動においても相違が生じている。 In the case of migration of mast cells, differences also in the movement of the early and late occurs in an oxygen-enriched solution. これは、NO合成の抑制に関してこの技術分野において知られている内容と矛盾しない(AmadeuおよびCostaのJ.Cutan Pathol 33:465−473,2006)。 This is consistent with what is known in the art for inhibition of NO synthesis (Amadeu and Costa of J.Cutan Pathol 33: 465-473,2006).

ここで、図45 a〜 45 hを参照すると、種々の図が、酸素富化した生理食塩水を使用し、あるいは使用しない場合のブタの表皮組織の傷の治癒結果を比較している。 Referring now to FIG. 45 a to 45 h, the various figures, compares the oxygen enriched using saline or pig epidermal tissue wounds Without healing results. 見て取ることができるとおり、コントロールの傷の治癒および酸素富化生理食塩水を使用した傷の治癒を、1、4、および16日目について追った。 As can be seen, the healing of wounds using healing and oxygen-enriched saline wound control, 1, 4, and was followed for 16 days.

45 aは、1日目のコントロールの傷について傷の治癒を示している。 Figure 45 a shows the wound healing for the wound of the first day of the control. 見て取ることができるとおり、傷が、表皮/真皮の厚肉化および輪郭の喪失を示している。 As can be seen, scratches, shows a loss of thickening and contours of the epidermal / dermal. 45 bは、酸素富化生理食塩水を使用して処置した傷について、1日目の傷の治癒を示している。 Figure 45 b, for wounds treated using the oxygen-enriched saline shows healing day 1 wounds. 傷が、通常の表皮/真皮の厚さを示しており、通常の輪郭は、新たな傷における典型である。 Scratches shows the typical thickness of the epidermis / dermis, conventional contour are typical in the new wound.

次に、図45 cおよび45 dを参照すると、4日目のコントロールの傷の治癒、および4日目の酸素富化生理食塩水で処置された傷の治癒が示されている。 Referring now to FIGS. 45 c and 45 d, day 4 control wound healing, and healing of wounds treated with 4 days the oxygen-enriched saline is shown. 45 cに示したコントロールの傷においては、傷が、600ミクロンの表皮の突起を示している。 In the control wound illustrated in Figure 45 c, scratches, it shows the projection of 600 microns of the epidermis. 45 dの酸素富化生理食塩水で処置された傷では、1200ミクロンの表皮の突起が示されている。 Figure 45 The wounds treated with d the oxygen-enriched saline, it is shown protrusions 1200 micron epidermal. このように、実験の最初の4日において、酸素富化生理食塩水を用いて処置された傷において生成される表皮の突起は、酸素富化生理食塩水での処置を行わなかった傷と比べ、2倍の表皮成長速度を示している。 Thus, in the first four days of the experiment, the projections of the epidermis generated in the oxygen-enriched saline wounds treated with as compared to wounds that did not perform the treatment with the oxygen-enriched saline , shows a two-times the skin growth rate.

次に、図45 eを参照すると、16日目のコントロールの傷が示されている。 Referring now to FIG. 45 e, 16 day control wounds is shown. 傷が、図45 fに示した酸素富化生理食塩水で処置した傷に比べ、表皮/真皮の輪郭の喪失を伴うより区別しにくい表皮を示している。 Scratches, compared to wounds treated with the oxygen-enriched saline shown in FIG. 45 f, show the distinction difficult epidermis than with loss of the contour of the epidermis / dermis. 45 fは、傷において、より区別された表皮およびより正常な表皮/真皮の輪郭を示している。 Figure 45 f, in wounds, it shows a more differentiated epidermis and more contours of the normal epidermis / dermis.

炎症プロセスの最初の2つの段階において、異物が、例えば異物が生物である場合には破壊され、あるいは例えば破片である場合には、周囲の組織が緩む。 In the first two stages of the inflammatory process, foreign matter, for example, foreign matter is destroyed in the case of the organism, or if for example, debris, surrounding tissue is loosened. 治癒段階において、炎症が弱まり始め、個々の血管および血管パターンが再び正常になり、傷の修復が始まる。 In the healing stage, inflammation begins weakened, individual blood vessels and vascular patterns become normal again, wound repair begins. 修復プロセスにおける3つの主たる事象は、(1)増殖型の線維芽細胞による新規な結合組織の形成、(2)上皮の再生、および(3)新たな毛細血管の伸出である。 Three major events in the repair process is a Shin unloading of (1) formation of new connective tissue by proliferating fibroblasts, (2) playback of the epithelium, and (3) new capillary.

炎症が弱まる前でも、線維芽細胞は、通常は休止状態にて存在している周囲の正常な組織から、損傷部位へと移動を開始する。 Even before the inflammation weakens, fibroblasts, usually from the surrounding normal tissue which are present in resting state, it starts moving to the site of injury. 線維芽細胞は、線維素のストランドに沿ったアメーバ運動によって移動し、治癒領域の全体に分散する。 Fibroblasts, moved by amoeboid movement along strands of fibrin, dispersed throughout the healing area. ひとたび負傷組織の所定の位置に固定されると、線維芽細胞は、コラーゲンの合成およびこのたんぱく質の分泌を開始し、それらが線維となる。 Once secured in place injuries tissue, fibroblasts, initiate the synthesis and secretion of the protein collagen, which is fibrous. 線維は、自身の長手軸を最大応力の方向に向ける。 Fibers, directs a longitudinal axis of its own in the direction of maximum stress. コラーゲン束が堅固に成長するにつれ、線維芽細胞は、次第に変性し、束に密に付着し、損傷部位が瘢痕組織へと変化する。 As the collagen bundles grow rigid, fibroblasts, gradually denatured, densely adhered to the bundle, the injury site is changed to scar tissue.

瘢痕組織の形成と同時に、傷の縁の無傷の表皮細胞が、損傷部位の中央に向かって1枚のシートとして増殖および移動を開始する。 Simultaneously with the formation of scar tissue, an intact epidermal cells of the wound edge starts to grow and move as a sheet toward the center of the lesion site. 炎症が弱まるにつれ、血液の直接供給の必要が生じ、傷の部位において血管形成が始まる。 As inflammation weakens, it becomes necessary to direct blood supply, angiogenesis begins at the site of wound.

炎症は、複数の細胞型が関係する複雑なプロセスである。 Inflammation is a complex process in which a plurality of cell types are involved. 例えば、肥満細胞が、血管拡張の初期段階を生じさせるメディエータを放出し、これに内皮細胞の分離および内皮下層のコラーゲン線維の露出が付随する。 For example, mast cells, the mediators causing early stages of vascular extended release, this exposure of the separation and subendothelial collagen fibrils of endothelial cells is accompanied. 血管に形成される細胞間すき間の線維が、血小板を捕捉し、これらの細胞からのメディエータの放出を誘引する。 Fibers of intercellular gap formed in blood vessels, platelets were captured, attract the release of mediators from these cells.

血小板の他に、露出されたコラーゲン線維は、広がった血管の壁の孔を通過する血漿のたんぱく質(血液凝固のカスケード 、血管拡張の強化、血管の浸透性の強化、および走性を誘引する因子を含む)とも相互作用する。 In addition to platelets, the exposed collagen fibers, spread of plasma which passes through the wall of the hole in the blood vessel proteins (of the blood coagulation cascade, enhanced vasodilation, attract reinforcing vascular permeability, and a run-resistant including a factor) also interact with each other.

さらに、補体カスケードを、血管の損傷、損傷した細胞が放出するたんぱく質分解酵素、関与する細菌の膜成分、および抗原−抗体複合体など、いくつかの刺激によって活性化することができる。 Additionally, the complement cascade, vascular damage, proteolytic enzymes damaged cells release membrane components involved bacteria, and antigen - antibody complexes, etc., it can be activated by several stimuli. 活性化された補体成分の一部が、炎症部位への白血球の流入を担う走性因子として機能する一方で、他の補体成分は、ファゴサイトーシスを促進し、細胞の融解に関与する。 Some of the activated complement components, while functioning as a run of factor responsible for the influx of leukocytes to inflammatory sites, other complement components, promotes phagocytosis, involved in melting of the cell to.

さらに、本発明のガス富化流体または溶液は、炎症の少なくとも1つの態様に関係する少なくとも1種のサイトカインを調節できると考えられる。 Furthermore, gas-enriched fluids or solutions of the present invention are believed to be adjusted at least one cytokine involved in at least one aspect of inflammation. そのようなサイトカインとして、これらに限られるわけではないが、MAF(マクロファージ活性化因子)、MMIF(マクロファージ遊走阻止因子)、MCF(マクロファージ走因子)、LMIF(白血球遊走阻止因子)、HRF(ヒスタミン放出因子)、TF(伝達因子)、インターロイキン(IL−1、IL−2、IL−3、IL−4、IL−5、IL−6、IL−7、IL−8、IL−9、IL−10、IL−11、IL−12、IL−13、IL−14、IL−15など)、TNFα、TNFβ、インターフェロン(IFN−α、IFN−β、IFN−γ、IFN−ζ、IFN−δなど)、G−CSF(顆粒球コロニー刺激因子)、GM−CSF(顆粒球−マクロファージCSF)、M−CSF(マクロファージCSF)、マルチ− Such cytokines include, but are not limited to, MAF (macrophage activating factor), MMIF (macrophage migration inhibitory factor), MCF (macrophage run factor), LMIF (leukocyte migration inhibitory factor), HRF (histamine releasing factor), TF (transfer factors), interleukins (IL-1, IL-2, IL-3, IL-4, IL-5, IL-6, IL-7, IL-8, IL-9, IL -10, etc. IL-11, IL-12, IL-13, IL-14, IL-15), TNFα, TNFβ, interferon (IFN-α, IFN-β, IFN-γ, IFN-ζ, IFN-δ etc.), G-CSF (granulocyte colony stimulating factor), GM-CSF (granulocyte - macrophage CSF), M-CSF (macrophage CSF), multi - SF(IL−3)、線維芽細胞増殖因子(aFGF、bFGF)、EGF(上皮成長因子)、NGF(神経成長因子)、PDGF(血小板由来成長因子)、VEGF(血管内皮増殖因子)、 トランスフォーミング増殖因子(TGF−α、TGF−β、など)、NAP−2(好中球活性化たんぱく質2)、PF−4(血小板因子4)、トロンボグロブリン、MCP−1(単球走性たんぱく質1)、MCP−3、MIP−1α、MIP−1β−+(マクロファージ炎症性たんぱく質)、RANTES(regulated upon activation normal T expressed and presumably secreted chemokine)、HSP(熱ショックたんぱく質)、GRP(グルコース調節たんぱく質)、ユビ SF (IL-3), fibroblast growth factor (aFGF, bFGF), EGF (epidermal growth factor), NGF (nerve growth factor), PDGF (platelet-derived growth factor), VEGF (vascular endothelial growth factor), transforming growth factors (TGF-α, TGF-β , etc.), NAP-2 (neutrophil activating protein 2), PF-4 (platelet factor 4), thromboglobulin, MCP-1 (Tantamahashi resistance protein 1 ), MCP-3, MIP-1α, MIP-1β - + (macrophage inflammatory proteins), RANTES (regulated upon activation normal T expressed and presumably secreted chemokine), HSP (heat shock protein), GRP (glucose-regulated protein), toed チン、などが挙げられる。 Chin, and the like.

したがって、特定の実施の形態において、ガス富化流体および/または治療用組成物は、抗炎症性の分子またはサイトカインの生成および/または分泌を向上させ、あるいは抗炎症性の分子またはサイトカインの分解を少なくして、炎症の少なくとも1種の症状を軽減または防止することができる。 Accordingly, in certain embodiments, the gas-enriched fluids and / or therapeutic composition improves the production and / or secretion of anti-inflammatory molecules or cytokines, or the degradation of anti-inflammatory molecules or cytokines and less, it is possible to reduce or prevent at least one symptom of inflammation. 他の実施の形態において、本発明のガス富化流体および/または治療用組成物は、炎症促進性の分子またはサイトカインの生成および/または分泌を少なくし、あるいは炎症促進性の分子またはサイトカインの分解を向上させて、炎症の少なくとも1種の症状を軽減または防止することができる。 In another embodiment, the gas-enriched fluids and / or therapeutic composition of the present invention is to reduce the production and / or secretion of proinflammatory molecules or cytokines, or degradation of pro-inflammatory molecules or cytokines the by improving, it is possible to reduce or prevent at least one symptom of inflammation.

先の検討は、関節リウマチのヒト自己免疫疾患についての動物モデル系であるEAE(実験的自己免疫性脳脊髄炎)の脱髄の拡大および悪化における抗MOG抗体の重要な役割を示した(Liningtonら、1992.J.Neuroimmunol.40:219−224)。 Previous study showed an important role of anti-MOG antibodies in enlargement and worsening of demyelinating EAE is an animal model system for human autoimmune disease rheumatoid arthritis (experimental autoimmune encephalomyelitis) (Linington et al., 1992.J.Neuroimmunol.40: 219-224). さらに、MOGに対する抗体が、多発性硬化症の発病に関係している(BergerらのN.Engl.J.Med.2003 Jul 10;349(2):139−45)。 Furthermore, antibodies against MOG have been implicated in the pathogenesis of multiple sclerosis (N.Engl.J.Med.2003 of Berger et al. Jul 10; 349 (2): 139-45).

52および実施例18に示されるとおり、本発明の進歩的なガス富化流体は、動物を前もってプライムした抗原に対するリンパ球応答を増幅する。 As shown in Figure 52 and Example 18, progressive gas-enriched fluids of the present invention amplifies the lymphocyte response to previously primed antigen animals. 52に示されるとおり、リンパ球の増殖が、MOGのチャレンジに対する応答において、溶媒和電子を含んでいる本発明のガス富化流体で再構成した流体で培養したとき、加圧酸素化流体(圧力ポット)またはコントロールの脱イオン流体と比べて大きかった。 As shown in FIG. 52, the proliferation of lymphocytes in response to the challenge of MOG, when cultured in reconstituted fluid gas-enriched fluids of the present invention containing the solvated electrons, pressurized acid fluorinated fluid ( It was greater than the pressure pot) or control deionized fluid.

(気泡サイズの測定) (Measurement of bubble size)
混合装置100によって流体内に拡散させたガスの気泡のサイズを割り出すために、実験を行った。 To determine the size of the bubbles of gas is diffused in the fluid by the mixing device 100, an experiment was conducted. 実験を、気泡のサイズを直接的に測定するように実行したのではなく、流体内のガスの気泡の大部分の気泡サイズが0.1ミクロンよりも小さいことを確認する実験を行った。 Experiments, rather than executing such directly measures the size of the bubbles, experiments were performed to confirm that the cell size of the majority of the gas bubbles in the fluid is less than 0.1 micron. 換言すると、気泡の大部分のサイズが包含される上側のサイズ閾値を、実験によって割り出した。 In other words, the size threshold for the upper size of the majority of bubbles are included, indexed by experiment.

このサイズ閾値またはサイズ限界を、混合装置100にて流体およびガスを処理することによって形成した出力材料102を、0.22のフィルタおよび0.1ミクロンのフィルタに通すことによって明らかにした。 The size threshold or size limit, the output material 102 formed by processing a fluid and gas in the mixing device 100 revealed by passage through a 0.22 filter and a 0.1 micron filter. これらの試験の実行において、この場合には流体である或る量の第1の材料110およびこの場合にはガスである或る量の第2の材料120を、混合装置100に通し、或る量の出力材料102(すなわち、ガスを拡散させてなる流体)を生成した。 In performing these tests, the second material 120 a quantity which is gas if this case the first material 110 and the certain amount of fluid, through the mixing device 100, certain the amount of output material 102 (i.e., the fluid obtained by diffusing the gas) was generated. 60ミリリットルの出力材料102を、60mlのシリンジに流し込んだ。 60 milliliters of the output material 102, poured into syringe 60 ml. 流体のDOレベルを、Winkler滴定によって測定した。 The DO level of the fluid was measured by Winkler titration. シリンジ内の流体を、0.22ミクロンのフィルタを通して50mlのビーカーへと注入した。 The fluid in the syringe was injected into the 50ml beaker through a 0.22 micron filter. フィルタは、MiliporのMillex GP50フィルタからなっていた。 Filter consisted of a Millex GP50 filter of Milipor. 次いで、50mlのビーカー内の材料のDOレベルを測定した。 Was then measured DO level of the material in the beaker of 50 ml. 実験を3回実行し、下記の表2に示す結果を得た。 Experimental Run 3 times to give the results shown in Table 2 below.

見て取ることができるとおり、シリンジ内で測定したDOレベルと50mlのビーカー内で測定したDOレベルとが、出力材料102を0.22ミクロンのフィルタに通したにもかかわらず、大きくは変化していない。 As can be seen, the DO levels measured in a beaker of DO levels and 50ml measured in the syringe, despite through the output material 102 to 0.22 micron filter, not change significantly . この実験は、出力材料102内の溶存ガスの気泡が、0.22ミクロン以下であるということを意味している。 This experiment, bubbles of dissolved gas in the output material 102 has means that is less than 0.22 microns. そのようでないならば、0.22ミクロンのフィルタに通された出力材料102のDOレベルに、はるかに大きな減少が存在するはずである。 If such is not, the DO level of the output material 102 passed through the 0.22 micron filter, there should be much greater reduction.

0.22ミクロンのフィルタを0.1ミクロンのフィルタで置き換えて、第2の試験を実行した。 0.22 micron filter replaced by 0.1 micron filter to perform a second test. この実験においては、混合装置100において生理食塩水を酸素で処理し、出力材料102のサンプルを、フィルタ処理なしの状態で収集した。 In this experiment, the mixing device 100 processes the saline oxygen, a sample of the output material 102 was collected in the state of unfiltered. フィルタ処理なしのサンプルのDOレベルは、44.7ppmであった。 DO level of the sample of unfiltered was 44.7ppm. 出力材料102を、0.1ミクロンのフィルタを使用してフィルタ処理し、2つのさらなるサンプルを収集した。 The output material 102 was filtered using a 0.1 micron filter, collecting two additional samples. 第1のサンプルのDOレベルは、43.4ppmであった。 DO level of the first sample was 43.4 ppm. 第2のサンプルのDOレベルは、41.4ppmであった。 DO level of the second sample was 41.4 ppm. 次いで、フィルタを取り除き、最後のサンプルをフィルタ処理なしの出力材料102から得た。 Then removed filter to give the final sample from the output material 102 unfiltered. 最後のサンプルは、45.4ppmのDOレベルを有していた。 The last sample had a DO level of 45.4ppm. これらの結果は、Milliporeの0.22ミクロンのフィルタを使用して観察された結果に一致している。 These results are consistent with results observed using 0.22 micron filter Millipore. これらの結果から、0.1ミクロンのフィルタに通した出力材料102のDOレベルが、わずかにしか減少しておらず、処理後の生理食塩水中の気泡の大部分が0.1ミクロン以下のサイズであるということを示しているという結論が導かれる。 These results are DO levels of the output material 102 passed through the 0.1 micron filter, not decreased only slightly, mostly size below 0.1 micron bubbles in saline after treatment It led to the conclusion that indicates that it is.

この技術分野において理解されるとおり、(界面の)二重層(DL)は、液体内に配置された物体の表面に現れる。 As is understood in the art, (interface) bilayers (DL) appears on the arranged surface of an object into the liquid. この物体は、例えば、固体表面(例えば、ロータおよびステータの表面)、固体粒子、気泡、液滴、または多孔質体の物体であってよい。 This object is, for example, a solid surface (e.g., surface of the rotor and the stator), solid particles, gas bubbles, may be the object of a droplet or a porous body. 混合装置100において、気泡の表面が、界面動電二重層効果のために利用することができる混合チャンバ内に存在する全表面積のうちの大きな割合を呈する。 In the mixing device 100, the surface of the bubbles, exhibits a large percentage of the total surface area present within the mixing chamber that can be utilized for electrokinetic double-layer effects. したがって、本明細書のどこかで説明される表面積および保持時間の態様に加えて、ミキサ100において生成される気泡のサイズが従来技術の装置10に比べて小さいことも、本明細書に開示の全体的な界面動電効果および出力流体の特性に、少なくとも或る程度は貢献できる。 Thus, in addition somewhere surface area and aspects of the retention times described in the present specification, the size of the bubbles generated in the mixer 100 is smaller than that of the apparatus 10 of the prior art also disclosed herein the characteristics of the overall electrokinetic effects and output fluid, at least to some extent may contribute. 具体的には、好ましい実施形態において、ミキサ100によって示されるとおり、ガスのすべてが、ロータの開口を介して導入される(ステータの開口を通って導入されるガスがない)。 Specifically, in a preferred embodiment, as shown by the mixer 100, all the gas is introduced through the opening of the rotor (no gas is introduced through the opening of the stator). ロータは、高速(例えば、3,400rpm)で回転しており、ロータの表面またはその付近に大きなせん断力を生成しているため、回転しているロータの表面の開口を介して導入され、それらに隣接している気泡の気泡サイズは、静止しているステータを介して導入され、静止しているステータの付近にある気泡の気泡サイズに比べ、大幅に小さく(2〜3倍小さく)なると予想される。 The rotor is fast (e.g., 3,400 rpm) is rotating at, because it generates a large shearing force to or near the surface of the rotor, is introduced through the opening in the surface of the rotating rotor, they the bubble size of bubbles that are adjacent is introduced through the stator which is stationary as compared with the bubble size of air bubbles in the vicinity of the stationary and that the stator, expected to be much smaller (2-3 times smaller) It is. このように、従来技術の装置10の平均気泡サイズは、ガスの少なくとも半分が静止しているステータの開口から混合チャンバへと導入されるため、大幅に大きくなる可能性がある。 Thus, the average cell size of the prior art device 10, for introduction into the mixing chamber from the opening of the stator at least half of the gas is stationary, may become significantly large. 球表面の表面積はr によって変化するため、混合装置100の界面動電効果の表面積のうちのそのような気泡の寄与分は、従来技術の拡散装置10のそれに比べて大幅に大きくなりうる。 Because the surface area of a sphere surface that varies with r 2, such bubbles contribution of the surface area of the electrokinetic effects of the mixing device 100 may be significantly larger than that of the prior art diffusion device 10.

したがって、理論に拘束されるわけではないが、混合装置100の混合チャンバが、(i)従来技術の装置10に比べて大幅に大きい表面−容積の比(従来技術の装置10が、10.9という表面−容積の比を有する一方で、本ミキサ100は、39.4という表面−容積の比を有する)を、(ii)7倍も長い滞留時間とともに有するだけでなく、(iii)電流出力溶液の独自の特性が、混合装置100における大幅に大きな気泡の表面積からの寄与を反映することができる。 Thus, without being bound by theory, the mixing chamber of the mixing device 100, (i) as compared with the prior art device 10 much larger surface - an apparatus 10 of the ratio of the volume (prior art, 10.9 while, the present mixer 100 with a ratio of volume, surface of 39.4 - - surface of a having a ratio of volume), not only have with (ii) 7 times longer residence time, (iii) current output unique properties of the solution, it is possible to reflect the contribution from the surface area significantly larger bubbles in the mixing device 100. これらの際立つ態様は、本発明の混合装置100の際立った特徴を反映しており、それぞれ本発明の出力材料/流体の独自の界面動電特性に寄与すると考えられる。 Aspects These outstanding reflects the mixing device 100 distinguishing feature of the present invention is considered to each contribute in their own electrokinetic properties of the output material / fluids of the present invention.

(本発明のプロセスによって本発明の組成物に付与される水和(溶媒和)電子を含んでいる組成物) (Hydration applied to the compositions of the present invention by the process of the present invention (compositions containing the solvated) electrons)
本明細書に記載のとおりの特定の実施形態(「二重層」の項目を参照)においては、酸素分子が流体に拡散または混合され、流体に付与された電荷(例えば、水和(溶媒和)電子)を安定させるべく機能することができる本明細書に開示の電気機械プロセスによって、ガス富化流体が生成される。 In certain embodiments of as described herein (see item "bilayer"), a charge of oxygen molecules is diffused or mixed into the fluid, which is applied to the fluid (e.g., hydrated (solvated) by the disclosure of the electrical machine processes herein that the electrons) may function to stabilize the gas-enriched fluid is generated. 理論または機構に拘束されるわけではないが、本発明の特定の実施形態は、第1の材料が本発明のミキサ装置において酸素と混合させられて一体となった出力材料をもたらすときに材料に加えられる電荷(例えば、水和(溶媒和)電子)を含んでいる酸素富化流体(出力材料)に関する。 Without being bound by theory or mechanism, certain embodiments of the present invention, the material when the first material is mixed with oxygen in the mixer device of the present invention provide an output material together charge applied (e.g., hydrated (solvated) electrons) related to oxygen-enriched fluid that contains (output material). 特定の態様によれば、これらの水和(溶媒和)電子(本明細書において、「溶媒和電子」とも称する)は、これらの水和(溶媒和)電子によって仲立ちされる検定可能な効果の持続によって証明されるとおり、本発明の溶液において安定化される。 In a particular embodiment, (also referred to herein as a "solvated electrons") These hydrated (solvated) electrons of assayable effects are mediate by these hydrated (solvated) electrons as evidenced by the persistence is stabilized in a solution of the present invention. 特定の実施形態は、水和(溶媒和)電子および/または水−電子構造、クラスタ、などに関係することができる(例えば、Lee and Lee、Bull.Kor.Chem.Soc.2003、v.24,6;802−804;2003を参照)。 Particular embodiments hydrated (solvated) electrons and / or water - electronic structure, the cluster may relate to like (e.g., Lee and Lee, Bull.Kor.Chem.Soc.2003, v.24 , 6; see 2003); 802-804.

新規なHRPベースのアッセイ:西洋わさびペルオキシダーゼ(HRP)は、西洋わさびの根(Amoracia rusticana)から分離され、ペルオキシダーゼのフェロプロトポルフィリン基(ヘム基)に属する。 Novel HRP based assay: horseradish peroxidase (HRP) is isolated from horseradish roots (Amoracia rusticana), it belongs to the peroxidase ferroprotoporphyrin group (Heme group). HRPは、過酸化水素または他の水素供与体と容易に結合し、ピロガロール基質を酸化させる。 HRP may readily bind with hydrogen peroxide or other hydrogen donors to oxidize the pyrogallol substrate. さらに、この技術分野において理解されているとおり、HRPは、過酸化水素の不在においてインドール−3−酢酸の自動酸化分解を促進する(例えば、ここでの言及によって全体が本明細書に援用されるHeme Peroxidases、H.Brian Dunford、Wiley−VCH、1999、Chapter 6、pages 112−123(自動酸化が高効率な分岐鎖機構を含む旨を記載している)を参照)。 Further, as is understood in the art, HRP, in the absence of hydrogen peroxide promotes autoxidation decomposition of indole-3-acetic acid (e.g., a whole by reference herein is incorporated herein Heme reference Peroxidases, H.Brian Dunford, Wiley-VCH, 1999, Chapter 6, pages 112-123 (the autoxidation is stating that contains a highly efficient branched-chain mechanism)). HRP反応を、比活性度がピロガロール単位に関して表現される酵素活性単位にて測定することができる。 The HRP reaction, specific activity can be measured by enzyme activity units expressed in terms of pyrogallol units. 1ピロガロール単位は、pH6.0で20℃において20秒でピロガロールから1.0mgのプルプロガリンを形成する。 1 pyrogallol unit will form purpurogallin from pyrogallol 1.0mg in 20 seconds at 20 ° C. at pH 6.0. このプルプロガリン(20秒)単位が、25℃において毎分約18μM単位に相当する。 This purpurogallin (20 sec) unit is equivalent to per minute 18μM units at 25 ° C..

本発明の特定の態様によれば、酸素富化した本発明の流体(出力材料)が、西洋わさびペルオキシダーゼの存在下でピロガロールと反応するために、本明細書において説明および開示されている。 According to a particular aspect of the present invention, the fluid of the present invention enriched with oxygen (output material), to react with pyrogallol in the presence of horseradish peroxidase, it is described and disclosed herein. 反応は、過酸化水素、超酸化物、または他の反応性の酸素の種が酸素富化した本発明の流体において検出されていないため、ピロガロールの自動酸化に起因している可能性が最も高い。 The reaction is hydrogen peroxide, since superoxide or other reactive oxygen species, have not been detected in the fluids of the present invention as oxygen-enriched, is most likely due to the autoxidation of pyrogallol . この反応の程度は、加圧酸素溶液(圧力ポット酸素溶液)のそれよりも高く、過酸化水素のそれよりも低い。 The extent of this reaction, pressurized oxygen solution (pressure pot oxygen solution) of higher than that, lower than that of hydrogen peroxide.

具体的には、本出願の出願人が、過酸化水素が存在しない(0.1ppmの感度で何も検出されない)一方で、本発明のガス富化流体が、一貫して西洋わさびペルオキシダーゼ酵素(HRP)の存在下でのピロガロールのプルプロガリンへの明らかな自動酸化の促進を特徴とすることができることを明らかにした。 Specifically, the applicant of the present application, there is no hydrogen peroxide (nothing in sensitivity of 0.1ppm not detected), while the gas-enriched fluid of the present invention is consistently horseradish peroxidase enzyme ( revealed that the promotion of obvious autoxidation to pyrogallol purpurogallin in the presence of HRP) can be characterized. すなわち、出願人は、過酸化水素の非存在下でのインドール−3−酢酸の自動酸化分解のHRPによる促進の場合と同様に、過酸化水素の非存在下でのピロガロールの自動酸化分解のHRPによる促進を発見した。 That is, the applicant, as in the case of promotion by HRP automatic oxidative degradation of indole-3-acetic acid in the absence of hydrogen peroxide, pyrogallol autoxidation degradation in the absence of hydrogen peroxide HRP I found a promotion by. 特定の態様によれば、この活性の存在およびレベルが、本発明の組成物を従来技術に照らして区別する特徴である。 According to a particular embodiment, the presence and level of this activity is a distinguishing feature of the composition of the present invention in light of the prior art.

特定の実施形態において、本発明のガス富化流体は、HRPの存在および過酸化水素の不在のもとで、約0.5ppmの過酸化水素、約0.8ppmの過酸化水素、約1ppmの過酸化水素、約2ppmの過酸化水素、約3ppmの過酸化水素、約4ppmの過酸化水素、約5ppmの過酸化水素、約6ppmの過酸化水素、約7ppmの過酸化水素、約8ppmの過酸化水素、約9ppmの過酸化水素、約10ppmの過酸化水素、約11ppmの過酸化水素、約12ppmの過酸化水素、約20ppmの過酸化水素、約40ppmの過酸化水素、約50ppmの過酸化水素、あるいはこれらの間の任意の値、またはそれ以上と同等なピロガロール自動酸化速度を(本明細書において「定義」の項で画定される標準条件のもとで)促進する In certain embodiments, the gas-enriched fluid of the present invention, under the presence and absence of hydrogen peroxide HRP, hydrogen peroxide about 0.5 ppm, about 0.8ppm hydrogen peroxide, from about 1ppm hydrogen peroxide, about 2 ppm, hydrogen peroxide about 3 ppm of hydrogen peroxide to about 4 ppm of hydrogen peroxide to about 5 ppm, hydrogen peroxide of approximately 6 ppm, about 7ppm hydrogen peroxide, about 8ppm over hydrogen oxidation, hydrogen peroxide about 9 ppm, hydrogen peroxide about 10 ppm, hydrogen peroxide about 11 ppm, hydrogen peroxide about 12 ppm, hydrogen peroxide about 20 ppm, hydrogen peroxide about 40 ppm, about 50ppm peroxide hydrogen, or any value, or more and equivalent pyrogallol autoxidation rate (under the standard conditions defined in the "definitions" herein) promoting between them

西洋わさびペルオキシダーゼ酵素が、流体内の分子酸素との反応を促進することによって、ピロガロールの自動酸化を触媒することが知られている(Khajehpourら、PROTEINS:Struct,Funct,Genet.53:656−666(2003))。 Horseradish peroxidase enzymes, by facilitating the reaction between molecular oxygen in the fluid, it is known to catalyze the autoxidation of pyrogallol (Khajehpour et, PROTEINS: Struct, Funct, Genet.53: 656-666 (2003)). また、酸素が、その構造がおそらくは内部への酸素のアクセス性を決定する西洋わさびペルオキシダーゼ酵素の疎水ポア領域(Phe68とPhe142との間)を介して、酵素のヘムポケットに結合することも、知られている。 Further, oxygen, also through the (between Phe68 and Phe142) hydrophobic pore region of the horseradish peroxidase enzyme whose structure probably determine the oxygen accessibility to the inside, that binds to the heme pocket of the enzyme, known It is. 機構に拘束されるわけではないが、たんぱく質の表面電荷が、たんぱく質の構造を左右することがたんぱく質の技術分野において知られているため、本発明によるガス富化流体に存在する溶媒和電子が、西洋わさびペルオキシダーゼの構造を酸素のアクセス性がより大になるように変えるべく機能することがありうる。 Without being bound by mechanism, but the surface charge of the protein, since it affects the structure of the protein are known in the art of protein, solvated electrons present in the gas-enriched fluid according to the invention, structure oxygen accessibility of horseradish peroxidase may be able to function to vary such that the larger. その結果、西洋わさびペルオキシダーゼ酵素の人工のヘムポケットへと酸素のアクセス性が高くなることで、従来技術の酸素富化流体(圧力ポット、微細気泡)に比べて、ピロガロールとの反応性の向上が可能になると考えられる。 As a result, the accessibility of oxygen to the heme pocket of artificial horseradish peroxidase enzyme is increased, the oxygen-enriched fluid (pressure pot, fine-bubble) in the prior art as compared with, the improvement of the reactivity with pyrogallol It is considered to be possible. あるいは、本発明の出力組成物の追加の電子または溶媒和電子は、西洋わさびペルオキシダーゼ酵素(HRP)の存在下でのピロガロールのプルプロガリンへの明らかな自動酸化の促進を可能にするために、他の態様で機能することができる。 Alternatively, additional electronic or solvated electrons output composition of the present invention, in order to allow for enhanced apparent autoxidation to pyrogallol purpurogallin in the presence of horseradish peroxidase enzyme (HRP), others it is possible to function in a manner.

いずれにせよ、特定の態様によれば、本発明の方法および装置を使用した出力材料の生成は、電荷の勾配をもたらす界面二重層、摩擦電気効果によって表面から離れるように電荷(例えば、電子)を引張る表面に対する材料の移動(材料の流れが、溶媒和電子の流れを生み出す)を伴うプロセスを含んでいる。 In any case, according to particular aspects, production of output material using the method and apparatus of the present invention, interfacial double layer that provides a gradient of charge, the charge away from the surface by triboelectric effect (e.g., electronic) movement of the material relative to the pulling surface (material flow produces a flow of solvated electrons) includes a process with. さらに、機構に拘束されるわけではないが、さらなる態様によれば、二原子酸素の軌道構造が、流体材料(水)内の水素結合の構成に電荷のアンバランスを生み出し(例えば、2つの対ではない電子が水の水素結合に影響を及ぼす)、電子がアンバランスな状態で溶媒和および安定化される。 Further, without being bound by mechanism, according to a further aspect, the trajectory structure of diatomic oxygen, creating an imbalance of charges on the configuration of the hydrogen bonds in the fluid material (water) (e.g., two pairs electronic not affect hydrogen bonding of water in), electrons are solvated and stabilized with unbalanced state.

本発明の富化された酸素および二重層効果によって付与される溶媒和電子の組み合わせ、ならびに請求項に記載される装置の構成が、HRPの存在下でのピロガロールの自動酸化を促進し、これは、光学密度によって容易に監視および定量化できる本発明の出力材料組成物の特筆すべき特徴である。 The combination of solvated electrons imparted by enriched oxygen and double layer effect of the present invention, as well as the configuration of the apparatus described in claim promotes pyrogallol autooxidation in the presence of HRP, which is a notable feature of the output material composition of the present invention that can be readily monitored and quantified by optical density. 典型的には、本発明の酸素富化した組成物は、同等の溶存酸素濃度を有する加圧(圧力ポット)または微細気泡のコントロール流体に比べ、標準的なアッセイにおいて約20%も高い光学密度の読み取りをもたらすことを特徴とする。 Typically, oxygen-enriched compositions of the present invention, the equivalent dissolved oxygen concentration compared to the pressure (pressure pot) or fine bubbles of a control fluid having a even high optical density of about 20% in a standard assay and wherein the providing readings.

(ピロガロール反応性試験) (Pyrogallol reactivity test)
一定の分量の本発明の酸素富化した出力材料を、市販の西洋わさびペルオキシダーゼおよびピロガロール・アッセイ(Sigma)を使用することによって、ペルオキシダーゼ活性について試験した。 Oxygen enriched output material of the present invention certain amount, by using a commercially available horseradish peroxidase and pyrogallol assay (Sigma), were tested for peroxidase activity. 要約すると、ピロガロール原液を、脱イオン水で準備した。 In summary, the pyrogallol stock solution was prepared with deionized water. ピロガロールは、基質(過酸化水素など)と反応してプルプロガリンおよび水をもたらすため、流体についての西洋わさびペルオキシダーゼ酵素のペルオキシダーゼ活性の指標である。 Pyrogallol, since reacting with a substrate (such as hydrogen peroxide) results in purpurogallin and water, it is an indication of peroxidase activity of horseradish peroxidase enzyme for the fluid. 西洋わさびペルオキシダーゼ、ピロガロール、および適切なリン酸カリウム緩衝液を含む試験流体を、他の流体と比較した。 Horseradish peroxidase, pyrogallol, and the test fluid containing the appropriate potassium phosphate buffer were compared to other fluids. 過酸化水素を、ポジティブコントロールとして使用した。 Hydrogen peroxide, was used as a positive control. 試験した他の流体が、所望の溶存酸素レベルに達するように100psiまで圧力ポットにおいて酸素富化し、かつ加圧した水である(圧力ポット)一方で、別の流体を、開放ビーカーでエアーストーンによって酸素富化した(微細気泡)。 Other fluids tested, and oxygen-enriched in pressure pot to 100psi to reach the desired level of dissolved oxygen, and a pressurized water (pressure pot) while the other fluid, the air stone in an open beaker enriched with oxygen (micro-bubbles). 試験被験体のすべての流体を室温に維持し、約55ppmの溶存酸素レベルを(FOXYプローブで)測定した。 All fluid test subjects kept at room temperature, dissolved oxygen level of about 55 ppm (by FOXY probe) were measured. 水サンプルを、酵素試薬を加えることによって試験した。 Water samples were tested by adding the enzyme reagent. 連続的な分光光度法による速度の測定を、A 420 nmおよび室温(摂氏25 ° )において行った。 The measurement of speed by continuous spectrophotometry was performed in the A 420 nm and room temperature (Celsius 25 °).

39 A〜 39 Eに示されるとおり、本発明の酸素富化流体が、ピロガロールによって西洋わさびペルオキシダーゼとの反応性について陽性の試験結果を示したのに対し、圧力ポットおよび微細気泡の水サンプルは、はるかに少ない反応性であった。 As shown in Figure 39 A to 39 E, oxygen-enriched fluids of the present invention, while showing a positive test result for reactivity with horseradish peroxidase by pyrogallol, pressure pot and fine-bubble water samples , it was much less reactive. 39 Eに示されるとおり、他のガスを富化した本発明の流体が、同じ態様では反応していないことから、酸素が、西洋わさびペルオキシダーゼの存在下でのピロガロールとの反応に必要である。 As shown in FIG. 39 E, fluids of the present invention enriched in other gases, since it does not react in the same manner, oxygen is required for reaction with pyrogallol in the presence of horseradish peroxidase .

本明細書に記載のとおり、過酸化水素の存在について本発明の酸素富化流体のいくつかの化学試験を実行したが、それらの試験のいずれも、(0.1ppmという過酸化水素の感度で)陽性ではなかった。 As described herein, has been performing some chemical tests of the oxygen-enriched fluid of the present invention for the presence of hydrogen peroxide, any of these tests, sensitivity hydrogen peroxide that (0.1 ppm ) it was positive. したがって、本出願の新規な酸素富化流体は、過酸化水素の非存在下で、ペルオキシダーゼによって促進される自動酸化活性をもたらしている。 Thus, the novel oxygen-enriched fluids of the present application, in the absence of hydrogen peroxide, has led to autoxidation activity promoted by peroxidase.

定の実施形態において、本出願の出願人は、西洋わさびペルオキシダーゼ効果が、それを保存してなる瓶を開けた後も少なくとも7時間まで残ることを確認した。 In embodiments of particular, the applicant of the present application, horseradish peroxidase effect was confirmed to remain until at least 7 hours after opening the bottle made to save it. 他の実施形態において、本出願の出願人は、西洋わさびペルオキシダーゼ効果が、閉鎖容器での105日間の保存後に、閉鎖容器を開けた後も残っていることを確認した。 In other embodiments, the applicant of the present application, horseradish peroxidase effect, after storage of 105 days in a closed container, it was confirmed that even remaining after opening a closed container. 対照的に、他の実施形態において、本出願の出願人は、単に流体を加圧することによって作り出した同等の溶存酸素レベルを試験したときに、バックグラウンドのHRP効果の低下がすぐに生じ、4時間足らずで劇的に低下することを確認した。 In contrast, in other embodiments, the applicant of the present application, just when tested equivalent dissolved oxygen level produced by pressurizing the fluid, resulting in reduction of HRP effect background immediately, 4 it was confirmed that dramatically decreases the time less than.

(グルタチオンペルオキシダーゼの検討) (Study of glutathione peroxidase)
本発明の酸素富化した出力流体材料を、標準的なアッセイ(Sigma)を使用してグルタチオンペルオキシダーゼとの反応性を試験することによって、過酸化水素の存在について試験した。 Oxygen enriched output fluid material of the present invention, by testing the reactivity with glutathione peroxidase using a standard assay (Sigma), were tested for the presence of hydrogen peroxide. 水サンプルを、酵素試薬を加えることによって試験した。 Water samples were tested by adding the enzyme reagent. 連続的な分光光度法による速度の測定を、A 340 nmおよび室温(摂氏25 ° )において行った。 The measurement of speed by continuous spectrophotometry was performed in the A 340 nm and room temperature (Celsius 25 °). 試験したサンプルは、1. Samples tested, 1. 脱イオン水(ネガティブコントロール)、2. Deionized water (negative control), 2. 低濃度の本発明の酸素富化流体、3. Low concentration of oxygen-enriched fluids of the present invention, 3. 高濃度の本発明の酸素富化流体、4. High concentrations of oxygen-enriched fluids of the present invention, 4. 過酸化水素(ポジティブコントロール)である。 It is hydrogen peroxide (positive control). 40に示されるとおり、過酸化水素(ポジティブコントロール)が、強力な反応性を示した一方において、試験した他の流体はいずれも、グルタチオンと反応することはなかった。 As shown in FIG. 40, the hydrogen peroxide (positive control) is, at one showing strong reactivity, any other fluids tested, did not react with glutathione.

(特異なDNA耐熱性) (Specific DNA thermal resistance)
本発明の特定の実施形態は、本発明の組成物のもう1つの特筆すべき特徴を提供する。 Certain embodiments of the present invention provides another notable feature of the compositions of the present invention. 具体的には、本出願の出願人は、コントロール流体と比べ、本発明の出力流体に関して核酸の特異な耐熱性が存在することを発見した。 Specifically, the applicant of the present application, compared to the control fluid, and found that there is a specific heat of the nucleic acid with respect to the output fluid of the present invention. 例えば、富化されていない脱イオン水に比べて本発明の酸素富化出力材料において測定されるときのT7プロモータープライマー5'−d(TAATACGACTCACTATAGGG)−3'(配列番号:1)である。 For example, T7 promoter primer when measured in oxygen-enriched output material of the present invention as compared to deionized water that has not been enriched 5'-d (TAATACGACTCACTATAGGG) -3 '(SEQ ID NO: 1). 水の温度が上昇するとき、DNAオリゴマー構造が、構造変化を実行する。 When the temperature of the water rises, DNA oligomer structure executes a structural change. 38に示されているように、このオリゴについてこの技術分野において認識されている約48℃の溶融温度に一致して、T7 DNAが、コントロール(脱イオン水)においては摂氏約50 °で変性し始めるのに対し、酸素富化した本発明の流体中のDNAは、摂氏約60 °まで変わらないままである。 As shown in Figure 38, consistent for this oligo melting temperature of about 48 ° C., which is recognized in the art, T7 DNA is denatured Celsius to about 50 ° in the control (deionized water) to begin to, DNA in the fluid of the present invention as oxygen-enriched remains unchanged until Celsius to about 60 °. このように、溶媒和電子を含んでいる本発明の酸素富化流体は、コントロール流体と比べたときに、DNAにより高い耐熱性を与え、光学密度の測定によって容易に監視および定量化できる本発明の出力材料組成物のさらなる特筆すべき特徴を提供する。 Thus, oxygen-enriched fluids of the present invention containing the solvated electrons, when compared with the control fluid, given a high heat resistance by DNA, the present invention can be easily monitored and quantified by measurement of optical density It provides further notable feature of the output material composition.

(ガス富化した流体または溶液を生成するための装置) (Apparatus for producing a gas-enriched fluid or solution)
(関連技術の記述) (Description of the related art)
図1は、1つ以上のガス状または液状の材料(「注入材料」)を別のガス状または液状の材料(「ホスト材料」)へと拡散させ、あるいは乳化させるための従来技術の装置10について、参照によってその全体が本明細書に援用される特許文献1から再現した一部分のブロック図および部分断面図を提示している。 1, one or more gaseous or liquid material ( "infusion materials") another gaseous or liquid material is diffused into the ( "host material"), or prior art apparatus for emulsifying 10 for by reference in its entirety presents a block diagram and partial sectional view of a portion that reproduces the Patent Document 1 is incorporated herein. 装置10は、ステータ30およびロータ12を収容するように構成された筐体を備えている。 Device 10 comprises a configured housing to accommodate the stator 30 and the rotor 12. ステータ30が、ロータ12を取り囲んでいる。 The stator 30 is surrounds the rotor 12. 筒状のチャネル32が、ロータ12とステータ30との間に画定されている。 Cylindrical channel 32 is defined between the rotor 12 and the stator 30. 概して円筒形のロータ12が、約7.500インチの直径および約6.000インチの長さを有しており、約0.8という直径に対する長さの比をもたらしている。 Generally the rotor 12 of the cylindrical, has a diameter and a length of about 6.000 inches to about 7.500 inches, has led to the ratio of length to diameter of about 0.8.

ロータ12は、両端において概して閉じられている中空円筒を含んでいる。 The rotor 12 includes a hollow cylinder that is generally closed at both ends. ロータ12の第1および第2の端部のそれぞれと、筐体34の一部分との間に、ギャップが存在している。 And each of the first and second ends of the rotor 12, between the portion of the housing 34, there is a gap. モータ18によって駆動される回転シャフト14が、ロータ12の第2の端部に接続されている。 A rotating shaft 14 driven by a motor 18 is connected to the second end of the rotor 12. ロータ12の第1の端部は、導入口16に接続されている。 The first end of the rotor 12 is connected to the inlet port 16. 第1の注入材料が、導入口16を通り、ロータ12の内部へと通過する。 First implant materials through the inlet 16, passes into the interior of the rotor 12. 第1の注入材料は、ロータ12の内部から、ロータ12に形成された複数の開口22を通って、チャネル32へと通過する。 First injecting material from the interior of the rotor 12, through a plurality of openings 22 formed in the rotor 12, it passes into channel 32.

ステータ30も、外周の周りに形成された開口22を有している。 The stator 30 also has an opening 22 formed around the outer periphery. 導入口36が、第2の注入材料を、ステータ30と筐体34との間の領域35に通す。 Inlet 36, a second injection material is passed through a region 35 between the stator 30 and the housing 34. 第2の注入材料は、領域35を出て、開口22を通ってチャネル32へと通過する。 The second implant material exits the region 35, through opening 22 to pass into the channel 32.

外部のポンプ(図示されていない)が、ホスト材料をただ1つの導入ポート37に送るために使用される。 External pump (not shown) is used to send the host material to only one inlet port 37. ホスト材料は、ただ1つの導入ポート37を通ってチャネル32を通過し、チャネル32において、開口22を通ってチャネル32に入る第1および第2の注入材料に出会う。 The host material passes through the channel 32 just through one inlet port 37 in the channel 32, encounters the first and second injection material into the channel 32 through the opening 22. ホスト材料が開口22を通過することがないように、注入材料を、それらの供給源において加圧してもよい。 So as not to host material passes through the opening 22, the injection material may be pressurized at their source.

導入ポート37は、環状の導入チャネル32のうちの比較的小さな部分(<約5%)にのみ沿って位置するように構成および配置されており、チャネル32の一部分へと向かう軸方向の流れをホスト材料に付与するために、ロータ12の回転軸に実質的に平行である。 Inlet port 37, a relatively small portion (<about 5%) only being constructed and arranged to lie along, axial flow towards the portion of the channel 32 of the annular introduction channel 32 in order to impart to the host material, it is substantially parallel to the axis of rotation of the rotor 12.

あいにく、筒状のチャネル32に進入する前に、ホスト材料は、軸方向の流れの方向以外の屈曲した方向(例えば、軸方向の流れに実質的に直交する方向など)に移動し、そして、ロータ12の第1の端部と筐体34との間に形成されるギャップへと移動して、このギャップの間を移動しなければならない(すなわち、ロータ12の端部と筐体34との間の、導入口16に隣接するロータの第1の端部の一部分を移動する)。 Unfortunately, before entering the tubular channel 32, the host material is moved in the direction that is bent in the other direction of the axial flow (e.g., a direction substantially perpendicular to the axial direction of flow), and, navigate to the gap formed between the first end and the housing 34 of the rotor 12 must move between the gap (i.e., the end portion and the housing 34 of the rotor 12 between, to move a portion of the first end of the rotor adjacent to the inlet 16). この軸方向でなくて直角な流れ、ならびにロータ12の第1の端部と筐体34との間のギャップにおけるホスト材料の存在が、望ましくない不必要な摩擦を引き起こす。 Perpendicular flow rather than the axial direction, and the presence of host material in the gap between the first end and the housing 34 of the rotor 12, causing unwanted and unnecessary friction. さらに、ホスト材料の一部が、ロータの第1の端部と筐体との間で渦を巻く渦流に捕らえられる可能性がある。 In addition, some of the host material, there is likely to be caught in the vortex swirling between the first end and the housing of the rotor. さらには、装置10において、ホスト材料は、筒状のチャネル32の環状の導入口の任意の態様へと進入するために、少なくとも2つの直角を通り抜けなければならない。 Further, in the apparatus 10, the host material, in order to enter into any of the aspects of the annular inlet of the tubular channel 32, must pass through at least two right angles.

ただ1つの排出口40が、筐体34に形成されている。 Only one outlet 40 is formed in the housing 34. 組み合わされたホスト材料および注入材料が、排出口40を経由してチャネル32を出る。 Combined host material and infusion material, exits the channel 32 via the outlet 40. 排出口40は、やはり筒状のチャネル32の環状の出口のうちの限られた部分(<約5%)のみに沿って位置しており、この筒状のチャネル32の環状の出口のうちの限られた部分から離れて排出口40へと入る組み合わされた材料の軸方向の流れをもたらし、あるいはそのような流れを可能にするために、ロータ12の回転軸に実質的に平行である。 Outlet 40 is also limited portion of ones of the annular outlet of tubular channel 32 is located along only a (<about 5%), of the annular outlet of the tubular channel 32 led to flow in the axial direction a limited away from the portion enters into the discharge port 40 combined material, or to allow such flow is substantially parallel to the axis of rotation of the rotor 12. 流体を排出口40を通して汲み出すために、外部のポンプ42が使用される。 To pump the fluid through the outlet 40, an external pump 42 is used.

あいにく、チャネル32を出る前に、流出する材料のかなりの部分が、軸方向の流れの方向以外の屈曲した方向(例えば、軸方向の流れに実質的に直交する方向など)に移動しなければならず、そして、ロータ12の第2の端部と筐体34との間に形成されるギャップへと移動し、このギャップの間を移動しなければならない(すなわち、ロータ12の端部と筐体34との間で、シャフト14に隣接するロータの第2の端部の一部分を移動する)。 Unfortunately, before exiting the channel 32, a significant portion of the outflowing material, the direction which is bent in the other direction of the axial flow (e.g., direction, etc. substantially orthogonally to the axial direction of flow) to be moved to Narazu and moves to the gap formed between the second end and the housing 34 of the rotor 12 must move between the gap (i.e., the end portion of the rotor 12 and the housing between the body 34, to move a portion of the second end of the rotor adjacent to the shaft 14). 上述のように、この軸方向でない直角な流れ、ならびにロータ12の端部(この場合には、第2の端部)と筐体34との間の別のギャップにおけるホスト材料の存在が、望ましくない不必要なさらなる摩擦を引き起こす。 As described above, perpendicular flow not this axis directions and the ends of the rotor 12 (in this case, the second end) of the presence of the host material in another gap between the housing 34, preferably no unnecessary cause further friction. さらに、ホスト材料の一部が、ロータの第2の端部と筐体との間で渦を巻く渦流に捕らえられる可能性がある。 In addition, some of the host material, there is likely to be caught in the vortex swirling between the second end and the housing of the rotor. さらには、装置10において、流出する組み合わせ後の材料のかなりの部分が、筒状のチャネル32の環状の出口から排出口40に出て行くために、少なくとも2つの直角を通り抜けなければならない。 Further, in the apparatus 10, a significant portion of the material after combination flowing out is to go out to the outlet 40 from the annular outlet of tubular channel 32, must pass through at least two right angles.

当業者にとって明らかであるとおり、導入ポート37は、ホスト材料に軸方向の流れのみを付与する。 As is apparent to those skilled in the art, the inlet port 37 imparts only an axial flow to the host material. ロータ21のみが、ホスト材料に周方向の流れを付与する。 Only the rotor 21 imparts a circumferential flow into the host material. さらに、排出口40は、流出する材料に軸方向の流れのみを付与または提供する。 Further, the discharge port 40, only the axial flow grant or provide the material flowing out. さらに、周方向の流れの速度ベクトルは、筒状のチャネル32の環状の導入口37に進入後においてのみ、材料に付与され、その後、材料が排出口40へと進入するときに、周方向の流れのベクトルを低下させ、あるいは除去するはずである。 Furthermore, the velocity vector in the circumferential direction of the flow, only after entering the annular inlet 37 of the tubular channel 32, is applied to the material, then when the material enters into the discharge opening 40, the circumferential direction of the reducing the flow vector, or should be removed. したがって、材料がチャネル32を軸方向に通過するときに、材料に対して漸進的な周方向の加速度が必要であり、材料がチャネル32から出るとき、周方向の減速度が必要である。 Therefore, when the material passes through the channels 32 in the axial direction, it requires progressive circumferential acceleration relative to the material, when the material exits from the channel 32, it is necessary to circumferential direction of the deceleration. これらの態様が、導入ポート37から排出口40へと材料がとる屈曲した経路と相俟って、経路に実体摩擦および流体抵抗を引き起こし、これに付随して、導入ポート37と排出口40との間の圧力差が大きくなり(例えば、60ガロン/分の流量において、26psi)、これらの要因が複合して、とりわけシステムの全体としての効率を低下させる。 These aspects, I bent path coupled with the material taken into the discharge port 40 from the inlet port 37, causes a real friction and flow resistance in the path, in association with this, the inlet port 37 and the outlet 40 the pressure difference between the increases (e.g., in a 60 gal / min flow rate, 26 psi), and these factors are combined, thereby especially reducing the overall efficiency of the system.

(動電学的に酸素富化された流体および溶液) (Electrokinetically oxygen enriched fluid and solution)
図2は、混合装置100の構成要素のうちのいくつか、ならびにこの装置への/この装置内の/この装置からの流れを示すブロック図を提示している。 2, some of the components of the mixing device 100, and presents a block diagram showing the flow from / the device in / the device to this device. 混合装置100は、2つ以上の入力材料を組み合わせて出力材料102を形成し、出力材料102を、混合装置100から貯蔵容器104へと受け取ることができる。 Mixing device 100 combines two or more input materials to form an output material 102, the output material 102 may be received from the mixing device 100 into the storage vessel 104. 混合装置100は、2つ以上の入力材料を新規な方法で攪拌して、新規な特性を有する出力材料102を生成する。 Mixing device 100, by stirring two or more input materials in a novel way, to produce an output material 102 having novel characteristics. 出力材料102として、入力材料のうちの1つの残りの入力材料のうちの少なくとも1つへの懸濁液(例えば、乳濁液)だけでなく、入力材料の新規な組み合わせ(例えば、静電的な組み合わせ)、入力材料間の化学反応からもたらされる化合物、新規な静電特性を有する組み合わせ、およびこれらの組み合わせを挙げることができる。 As the output material 102, to at least one suspension of the one of the remaining input material of the input material (e.g., emulsions) but also a novel combination of input materials (e.g., electrostatic combinations), the compound resulting from a chemical reaction between the input materials, mention may be made of combinations having novel electrostatic characteristics, and combinations thereof.

入力材料は、第1の材料の供給源112によって提供される第1の材料110、第2の材料の供給源122によって提供される第2の材料120、および選択的に第3の材料の供給源132によって提供される第3の材料130を含むことができる。 Input material, supply of the first material 110, the third material the second material 120, and optionally provided by a source 122 of second material to be provided by the source 112 of the first material It may include a third material 130 provided by a source 132. 第1の材料110として、水、生理食塩水、化学懸濁液、極性液体、無極性液体、コロイド懸濁液、細胞生育培地、などといった液体を挙げることができる。 As the first material 110 can be water, saline, chemical suspensions, polar liquids, non-polar liquids, colloidal suspensions, include cell growth medium, a liquid such as. いくつかの実施形態においては、第1の材料110が、混合装置100へと戻される出力材料102を含んでもよい。 In some embodiments, the first material 110 may include an output material 102 to be returned into the mixing device 100. 第2の材料120は、酸素、窒素、二酸化炭素、一酸化炭素、オゾン、硫黄ガス、亜酸化窒素、一酸化窒素、アルゴン、ヘリウム、臭素、およびこれらの組み合わせ、などのガスで構成でき、あるいはこれらのガスを含むことができる。 The second material 120 may be configured oxygen, nitrogen, carbon dioxide, carbon monoxide, ozone, sulfur gas, nitrous oxide, nitric oxide, argon, helium, bromine, and combinations thereof, with a gas such as, or it can contain these gases. 好ましい実施形態においては、ガスが酸素であり、あるいは酸素を含んでいる。 In a preferred embodiment includes a gas is oxygen or oxygen. 選択的な第3の材料130は、液体またはガスを含むことができる。 Optional third material 130 may comprise a liquid or gas. いくつかの実施形態においては、第3の材料130が、混合装置100へと戻される(例えば、ポンプ210、220、または230のうちの1つ以上へと戻され、さらに/またはチャンバ310および/または330へと戻される)出力材料102であっても、あるいはそのような出力材料102を含んでもよい。 In some embodiments, the third material 130 is returned to the mixing device 100 (e.g., returned to the one or more of the pumps 210, 220 or 230, further / or the chamber 310 and / or returned to 330) be the output material 102, or may include such output material 102.

選択的に、第1の材料110、第2の材料120、および選択的な第3の材料130を、それぞれ外部のポンプ210、外部のポンプ220、および外部のポンプ230によって混合装置100へと送り込むことができる。 Optionally, feeding a first material 110, the second material 120 and optional third material 130, an external pump 210, respectively, into the mixing device 100 by an external pump 220 and an external pump 230, be able to. あるいは、第1の材料110、第2の材料120、および選択的な第3の材料130のうちの1つ以上を、それぞれ圧力下で供給源112、供給源122、および供給源132に貯蔵し、圧力によって混合装置100へと押し出してもよい。 Alternatively, the first material 110, second material 120, and one or more of the optional third material 130, source 112 under pressure respectively, and stored in source 122 and source 132, it may be extruded into the mixing device 100 by the pressure. 本発明は、第1の材料110、第2の材料120、および選択的な第3の材料130をそれぞれの供給源112、供給源122、および供給源132から混合装置100に移動させるために使用される方法によって限定されるわけではない。 The present invention is used for moving the first material 110, second material 120 and optional third material 130 each source 112, to the mixing device 100 from a source 122, and source 132 It is not limited by the methods.

混合装置100は、混合チャンバ330の側方に位置する第1のチャンバ310および第2のチャンバ320を備えている。 Mixing device 100 includes a first chamber 310 and second chamber 320 positioned on the side of the mixing chamber 330. 3つのチャンバ310、320、および330は、互いに接続されて連続的な容積を形成している。 Three chambers 310, 320, and 330 form a continuous volume are connected to each other.

第1の材料110が、第1のチャンバ310へと運ばれ、第1のチャンバ310から混合チャンバ330へと流入する。 The first material 110 is transported to the first chamber 310 flows into the mixing chamber 330 from the first chamber 310. 第1のチャンバ310内の第1の材料110を、内部のポンプ410によって第1のチャンバ310へと送ることができる。 The first material 110 in the first chamber 310, can be sent into the first chamber 310 by an internal pump 410. 第2の材料120が、混合チャンバ330へと運ばれる。 The second material 120 is conveyed into the mixing chamber 330. 選択的に、第3の材料130を、混合チャンバ330へと運ぶことができる。 Selectively, a third material 130 can carry into the mixing chamber 330. 混合チャンバ330内の材料が、混合チャンバ330内で混合され、出力材料102が形成される。 Material within the mixing chamber 330 are mixed within the mixing chamber 330, the output material 102 is formed. 次いで、出力材料102は、第2のチャンバ320へと流れ、第2のチャンバ320から混合装置100を出る。 Then, the output material 102 flows into the second chamber 320, exits the mixing device 100 from the second chamber 320. 混合チャンバ330内の出力材料102を、内部のポンプ420によって第2のチャンバ320へと送ることができる。 The output material 102 within the mixing chamber 330 can be sent with the interior of the pump 420 to the second chamber 320. 選択的に、第2のチャンバ320内の出力材料102を、外部のポンプ430(例えば、単独あるいは内部のポンプ410および/または420との組み合わせ)によって第2のチャンバ320から貯蔵容器104へと送ることができる。 Alternatively, sends the output material 102 in the second chamber 320, an external pump 430 (e.g., alone or in combination with the internal pump 410 and / or 420) from the second chamber 320 by the reservoir 104 be able to.

特定の態様においては、共通の駆動シャフト500が、内部のポンプ410および内部のポンプ420の両方を駆動する。 In a particular embodiment, a common drive shaft 500 drives both the internal pump 410 and the interior of the pump 420. 駆動シャフト500は、混合チャンバ330を通過し、混合チャンバ330に第1の材料110、第2の材料120、および選択的な第3の材料130を混合するために使用される回転力を提供する。 The drive shaft 500 passes through the mixing chamber 330, the first material 110 into the mixing chamber 330 provides a rotational force that is used to mix the second material 120 and optional third material 130, . 駆動シャフト500は、駆動シャフト500に接続されたモータ510によって駆動される。 The drive shaft 500 is driven by a motor 510 connected to the drive shaft 500.

図3は、第1の材料110を混合装置100へと供給し、出力材料102を混合装置100から取り出すためのシステム512を提示している。 3, the first material 110 is supplied to the mixing device 100 presents a system 512 for taking out the output material 102 from the mixing device 100. システム512においては、出力材料102の貯蔵容器104および第1の材料110の供給源112が、結合されている。 In system 512, the output source 112 of the reservoir 104 and the first material 110 of the material 102 is coupled. 外部のポンプ210が、ホースおよびパイプなどといった流体管514によって、一体の貯蔵容器104/供給源112に接続されている。 External pump 210, the fluid conduit 514 such as hose and pipe are connected to the reservoir 104 / source 112 integrated. 外部のポンプ210が、一体の貯蔵容器104/供給源112から一体の第1の材料110/出力材料102を、流体管514を通って、外部のポンプ210を混合装置100に接続している流体管516へと送る。 External pump 210, fluid connecting the first material 110 / output material 102 integrally from the reservoir 104 / source 112 integral, through the fluid conduit 514, the external pump 210 to the mixing device 100 send to the tube 516. 出力材料102は、流体管518を通って混合装置100を出る。 The output material 102 exits the mixing device 100 through the fluid conduit 518. 流体管518は、一体の貯蔵容器104/供給源112に接続されており、混合装置100を出る出力材料102を一体の貯蔵容器104/供給源112へと運ぶ。 Fluid conduit 518 is connected to the reservoir 104 / source 112 integrated, the output material 102 exiting the mixing device 100 carries an integral to the storage vessel 104 / source 112. 流体管518は、混合装置100内の動作圧力または背圧を確立するバルブ519を含んでいる。 Fluid conduit 518 includes a valve 519 that establishes an operating pressure or back pressure inside the mixing apparatus 100.

図2および4〜 11を参照し、混合装置100の実施形態の種々の構成要素のさらに詳しい説明を提示する。 Referring to FIGS. 2 and 4 to 11, presents a more detailed description of the various components of an embodiment of the mixing device 100. 混合装置100は、規模の拡大縮小が可能である。 Mixing device 100 is capable scaling scale. したがって、種々の構成要素に関して提示される寸法は、装置の一実施形態を構築するために使用することが可能であり、あるいは選択されるサイズの混合装置を構築するために拡大縮小が可能である。 Thus, the dimensions presented in terms of various components, it is possible to use to construct an embodiment of the device, or can scale to build mixing device size selected .

図4に目を向けると、混合装置100は、第1のチャンバ310、混合チャンバ330、および第2のチャンバ320のそれぞれを収容する筐体520を備えている。 Turning to FIG. 4, the mixing device 100 includes a housing 520 that houses each of the first chamber 310, the mixing chamber 330, and second chamber 320. 上述のように、混合装置100は、装置の動作時に回転する駆動シャフト500を備えている。 As described above, the mixing apparatus 100 has a drive shaft 500 which rotates during operation of the device. したがって、混合装置100は、振動その他の運動を呈する可能性がある。 Thus, mixing device 100, it can present the other motor vibration. 選択的に、混合装置100を、混合装置100を実質的に静止した位置に保つために、床などの表面へと取り付けることができるベース106に接続することができる。 Alternatively, the mixing device 100, the mixing device 100 in order to keep in a substantially stationary position, can be connected to a base 106 which can be attached to the surface such as a floor.

筐体520を、2つ以上の筐体部分から組み立てることができる。 A housing 520, can be assembled from two or more housing portions. 例として、筐体520は、第1の機械式密閉筐体524および第2の機械式密閉筐体526が側方に位置する中央部522を含むことができる。 As an example, housing 520 can be first mechanical sealing housing 524 and a second mechanical sealing housing 526 includes a central portion 522 located laterally. 軸受筐体530を、第1の機械式密閉筐体524に中央部522の反対側で接続することができる。 The bearing housing 530 can be connected on the opposite side of the central portion 522 to the first mechanical sealing housing 524. 軸受筐体532を、第2の機械式密閉筐体526に中央部522の反対側で接続することができる。 The bearing housing 532 can be connected on the opposite side of the central portion 522 to the second mechanical sealing housing 526. 選択的に、筐体部分550を、軸受筐体530に接続することができる。 Alternatively, the housing portion 550 may be connected to the bearing housing 530.

軸受筐体530および532のそれぞれは、軸受アセンブリ540を収容することができる(図5および6を参照)。 Each of the bearing housing 530 and 532, it is possible to accommodate the bearing assembly 540 (see FIGS. 5 and 6). 軸受アセンブリ540は、ペンシルベニア州KulpsvilleのSKF USA Inc,(ウェブサイトは、www.skf.com)が製造している型番「202SZZST」など、この技術分野において知られている任意の適切な軸受アセンブリを備えることができる。 The bearing assembly 540, SKF USA Inc of Pennsylvania Kulpsville, a (web site, www.skf.com) and model number "202SZZST" that manufactures, any suitable bearing assembly known in the art it can be provided.

隣接する筐体部分の間に、シールを設けることができる。 Can be between adjacent housing portion, provided a seal. 例えば、Oリング560(図5を参照)を、筐体部分550と軸受筐体530との間に配置することができ、Oリング562(図5を参照)を、第1の機械式密閉筐体524と中央部522との間に配置することができ、Oリング564(図6を参照)を、第2の機械式密閉筐体526と中央部522との間に配置することができる。 For example, the O-ring 560 (see FIG. 5) may be disposed between the housing portion 550 and the bearing housing 530, O-ring 562 (see FIG. 5), the first mechanical sealing enclosure can be disposed between the body 524 and the central portion 522, O-ring 564 (see FIG. 6) may be disposed between the second mechanical sealing housing 526 and the central portion 522.

(混合チャンバ330) (Mixing chamber 330)
次に図7を参照すると、混合チャンバ330が、第1の機械式密閉筐体524と第2の機械式密閉筐体526との間の筐体520の中央部522の内側に配置されている。 Referring now to FIG. 7, the mixing chamber 330 is disposed inside the central portion 522 of the housing 520 between the first mechanical sealing housing 524 and a second mechanical sealing housing 526 . 混合チャンバ330は、混合装置100の2つの構成要素、すなわちロータ600とステータ700との間に形成されている。 Mixing chamber 330, two components of the mixing apparatus 100, that is, formed between the rotor 600 and the stator 700. ロータ600は、概して中空の内側部分610を画定する内表面605と、外表面606とを備えている側壁604を有することができる。 The rotor 600 is generally an inner surface 605 defining a hollow interior portion 610 may have a sidewall 604 and an outer surface 606. 側壁604は、約0.20インチ〜約0.75インチの厚さであってよい。 Sidewall 604 may have a thickness of about 0.20 inches to about 0.75 inches. いくつかの実施形態においては、側壁604が、約0.25インチの厚さである。 In some embodiments, the side wall 604, a thickness of about 0.25 inches. しかしながら、混合装置100は、特定の用途に適するように拡大縮小が可能であるため、上記提示の値よりも厚い側壁604または薄い側壁604を有する装置の実施形態も、本発明の教示の範囲に包含される。 However, the mixing device 100 are the possible scale to suit a particular application, embodiments of a device having a thick side wall 604 or thin sidewall 604 than the value of the presentation are also within the scope of the teachings of the present invention It is included. 側壁604は、第1の端部612および第2の端部614、ならびに第1の端部612と第2の端部614との間に形成された複数の貫通孔608を含んでいる。 Sidewall 604 includes a plurality of through holes 608 formed between the first end 612 and second end 614, and a first end 612 and second end 614. 選択的に、側壁604の外表面606が、開口、突起、肌理、などといった別の特徴を備えてもよい。 Optionally, the outer surface 606 of side wall 604, the opening, the projections may comprise other features such texture, etc.. 第1の端部612は、カラー618を収容するように構成された軽減部616を有しており、第2の端部614は、カラー622を収容するように構成された軽減部620を有している。 The first end 612 has a relief portion 616 that is configured to accommodate the collar 618, the second end portion 614, have a relief portion 620 that is configured to accommodate the collar 622 are doing.

ロータ600は、ステータ700の内側に配置されている。 The rotor 600 is disposed inside the stator 700. ステータ700は、ロータ600が配置される概して中空の内側部分710を画定する内表面705を備えている側壁704を有している。 The stator 700 has a sidewall 704 that includes an inner surface 705 defining a generally hollow interior portion 710 rotor 600 is disposed. 側壁704は、約0.1インチ〜約0.3インチの厚さであってよい。 Sidewall 704 may have a thickness of about 0.1 inches to about 0.3 inches. いくつかの実施形態においては、側壁604が、約1.5インチの厚さである。 In some embodiments, the side wall 604, a thickness of about 1.5 inches. ステータ700は、実質的に静止した位置において、筐体520に回転せぬように接続されることができる。 The stator 700 is in a substantially stationary position, it can be connected so as not rotate the housing 520. あるいは、ステータ700を、筐体520と一体に形成してもよい。 Alternatively, the stator 700 may be formed integrally with the housing 520. 側壁704が、第1の端部712および第2の端部714を有している。 Sidewall 704 has a first end 712 and a second end 714. 選択的に、複数の開口708が、第1の端部712と第2の端部714との間においてステータ700の側壁704に形成される。 Optionally, a plurality of openings 708 are formed in the side wall 704 of the stator 700 between the first end 712 and second end 714. 選択的に、側壁704の内表面705が、貫通孔、突起、肌理、などといった他の特徴を備えてもよい。 Optionally, the inner surface 705 of the sidewall 704, through-holes, projections, textures may include other features, such as.

ロータ600が、回転軸「α」を中心にして、図9の矢印「C3」によって示されている方向に、静止のステータ700に対して回転する。 Rotor 600, about the axis of rotation "α", in the direction indicated by the arrow in FIG. 9, "C3", to rotate relative to the stator 700 of the stationary. ロータ600およびステータ700のそれぞれは、概して円筒形の形状であってよく、長手軸を有することができる。 Each of the rotor 600 and the stator 700 may be generally cylindrical in shape, it may have a longitudinal axis. ロータ600は、外径「D1」を有しており、ステータ700は、内径「D2」を有することができる。 The rotor 600 has an outer diameter "D1", the stator 700 may have an inner diameter "D2". 直径「D1」は、例えば約0.5インチ〜約24インチの範囲であってよい。 The diameter "D1" may range for example from about 0.5 inches to about 24 inches. いくつかの実施形態においては、直径「D1」は、約3.04インチである。 In some embodiments, the diameter "D1" is about 3.04 inches. いくつかの実施形態においては、直径「D1」は、約1.7インチである。 In some embodiments, the diameter "D1" is about 1.7 inches. 直径「D2」は、直径「D1」よりも大きいが、約0.56インチ〜約24.25インチの範囲であってよい。 The diameter "D2" is greater than the diameter "D1" may range from about 0.56 inches to about 24.25 inches. いくつかの実施形態においては、直径「D2」は、約4インチである。 In some embodiments, the diameter "D2" is about 4 inches. したがって、混合チャンバ330は、約0.02インチから約0.125インチの厚さ(すなわち、直径「D2」と直径「D1」との間の差)のリング状の断面形状を有することができる。 Therefore, the mixing chamber 330 has a thickness from about 0.02 inches about 0.125 inches (i.e., the difference between the diameter "D2" and the diameter "D1") can have a ring-shaped cross section of the . 特定の実施形態においては、混合チャンバ330は、約0.025インチの厚さである。 In certain embodiments, the mixing chamber 330 has a thickness of about 0.025 inches. 従来技術の装置10(図1を参照)のロータ12とステータ34との間のチャネル32は、約0.09インチの厚さのリング状の断面形状を有している。 Channel 32 between the rotor 12 and the stator 34 of prior art device 10 (see FIG. 1) has a thickness of the ring-shaped cross-sectional shape of about 0.09 inches. したがって、特定の実施形態において、混合チャンバ330の厚さは、従来技術の装置10のチャネル32の約3分の1よりも小さい。 Thus, in certain embodiments, the thickness of the mixing chamber 330 is less than about one third of the channel 32 of the prior art device 10.

ロータ600の長手軸を、ロータ600の回転軸「α」に整列させることができる。 The longitudinal axis of the rotor 600 may be aligned to the axis of rotation of the rotor 600 "α". ロータ600の長手軸を、ステータ700の長手軸に整列させることができる。 The longitudinal axis of the rotor 600 may be aligned to the longitudinal axis of the stator 700. ロータ600は、回転軸「α」に沿って約3インチ〜約6インチの長さを有することができる。 The rotor 600 may have a length of about 3 inches to about 6 inches along the axis of rotation "α". いくつかの実施形態においては、ロータ600が、回転軸「α」に沿って約5インチの長さを有することができる。 In some embodiments, rotor 600 may have a length of about 5 inches along the axis of rotation "α". ステータ700は、回転軸「α」に沿って約3インチ〜約6インチの長さを有することができる。 The stator 700 may have a length of about 3 inches to about 6 inches along the axis of rotation "α". いくつかの実施形態においては、ステータ700が、回転軸「α」に沿って約5インチの長さを有することができる。 In some embodiments, the stator 700 may have a length of about 5 inches along the axis of rotation "α".

ロータ600およびステータ700が、概して円筒形の形状の有するものとして描かれているが、別の形状も使用可能であることを、当業者であれば理解できるであろう。 The rotor 600 and stator 700 are depicted as generally having a cylindrical shape, would that other shapes may be used, it is understood by those skilled in the art. 例えば、ロータ600およびステータ700が、円錐形、球形、任意の形状、などであってよい。 For example, the rotor 600 and the stator 700, conical, spherical, there may arbitrary shape, and the like. さらに、ロータ600およびステータ700が、同一の形状である必要はない。 Further, the rotor 600 and the stator 700 need not be the same shape. 例えば、ロータ600が円筒形であって、ステータ700が角胴形であっても、あるいはこの反対であってもよい。 For example, the rotor 600 is a cylindrical, stator 700 is even square cylinder shape, or may be the opposite.

図4〜7に示されているステータ700の開口708および貫通孔608は、概して円柱形の形状である。 Opening 708 and the through hole 608 of the stator 700 shown in Figures 4-7 is the shape of the generally cylindrical. 貫通孔608の直径は、約0.1インチ〜約0.625インチの範囲であってよい。 The diameter of the through hole 608 may range from about 0.1 inches to about 0.625 inches. 開口708の直径は、約0.1インチ〜約0.625インチの範囲であってよい。 The diameter of the opening 708 can range from about 0.1 inches to about 0.625 inches. ステータ700の開口708の1つ以上が、他の開口708の直径とは異なる直径を有してもよい。 One or more of the apertures 708 of the stator 700 may have a diameter different than a diameter of the other opening 708. 例えば、開口708の直径が、ステータ700の第1の端部712からステータ700の第2の端部714へと大きくなっていてもよく、開口708の直径が、ステータ700の第1の端部712からステータ700の第2の端部714へと小さくなっていてもよく、あるいは開口708の直径が、ステータ700において別の態様で様々であってよい。 For example, the diameter of the opening 708 may be larger from the first end 712 of the stator 700 to the second end 714 of the stator 700, the diameter of the opening 708, the first end portion of the stator 700 712 may be smaller to the second end 714 of the stator 700 from, or the diameter of the opening 708 may vary in another manner in the stator 700. ロータ600の貫通孔608の1つ以上が、残りの貫通孔608の直径と異なる直径を有してもよい。 One or more through holes 608 of the rotor 600 may have different diameters and the diameter of the rest of the through hole 608. 例えば、貫通孔608の直径が、ロータ600の第1の端部612からロータ600の第2の端部614へと大きくなっていてもよく、貫通孔608の直径が、ロータ600の第1の端部612からロータ600の第2の端部614へと小さくなっていてもよく、あるいは貫通孔608の直径が、ロータ600において別の態様で様々であってよい。 For example, the diameter of the through hole 608 may be larger from the first end 612 of the rotor 600 to the second end 614 of the rotor 600, the diameter of the through hole 608, a first rotor 600 may from the end 612 is smaller to the second end 614 of the rotor 600, or the diameter of the through hole 608 may vary in another manner in the rotor 600.

別の実施形態を参照して後述されるとおり、開口708および貫通孔608は、概して円柱形以外の形状を有してもよく、そのような実施形態も、本発明の技術的範囲に包含される。 As will be described later with reference to another embodiment, the apertures 708 and the through hole 608 may have a generally shape other than cylindrical, also such embodiments are encompassed in the technical scope of the present invention that. 例えば、貫通孔608が、狭い部位、円弧状の部位、先細りの部位、などを含んでもよい。 For example, the through hole 608, a narrow portion, an arcuate portion, the site of tapered, may include such. 図7を参照すると、貫通孔608のそれぞれが、外側部分608A、より狭い部分608B、および外側部分608Aとより狭い部分608Bとの間の移行をもたらしている先細りの部分608Cを含んでいる。 Referring to FIG. 7, each of the through holes 608 includes an outer portion 608A, a narrower portion 608B, and a portion 608C of the tapered has brought the transition between the outer portion 608A and a narrower portion 608B. 同様に、開口708も、狭い部位、円弧状の部位、先細りの部位、などを含むことができる。 Similarly, the apertures 708 may also include a narrow portion, an arcuate portion, the site of tapered, and the like.

図8が、ステータ700の開口708およびロータ600の貫通孔608の適切な配置について、これに限定されるわけではない一例を提示している。 Figure 8 is the proper placement of the through-hole 608 of the opening 708 and the rotor 600 of the stator 700 presents an example but is not limited thereto. ステータ700の開口708を、回転軸「α」に実質的に直角である、実質的に平行な横列「SLAT−1」〜「SLAT−6」に配置することができる。 The opening 708 of the stator 700 is substantially perpendicular to the axis of rotation "α" may be arranged in substantially parallel rows "SLAT-1" - "SLAT-6". また、ステータ700の開口708を、回転軸「α」に実質的に平行である、実質的に平行な縦列「SLONG−1」〜「SLONG−7」に配置することができる。 Further, the opening 708 of the stator 700 is substantially parallel to the axis of rotation "α" can be arranged in a substantially parallel columns "SLONG-1" - "SLONG-7". 換言すると、ステータ700の開口708を、直交する列からなる格子状のパターン(すなわち、横列が縦列に対して実質的に直角)であって、縦列「SLONG−1」〜「SLONG−7」を回転軸「α」に実質的に平行に有している格子状のパターンに配置することができる。 In other words, the opening 708 of the stator 700, lattice-like pattern consisting of rows perpendicular (i.e., substantially perpendicular rows are relative column) A, column "SLONG-1" - the "SLONG-7" can be arranged in a grid pattern are substantially parallel to a the axis of rotation "α".

ステータ700の開口708と同様に、ロータ600の貫通孔608を、回転軸「α」に実質的に直角である、実質的に平行な横列「RLAT−1」〜「RLAT−6」に配置することができる。 Like the apertures 708 of the stator 700, placing the through hole 608 of the rotor 600, is substantially perpendicular to the axis of rotation "α", substantially parallel rows "RLAT-1" - "RLAT-6" be able to. しかしながら、ロータ600の貫通孔608を、直交する列からなる格子状のパターンに配置する代わりに、螺旋状の経路に沿って長手方向に延びる実質的に平行な列「RLONG−1」〜「RLONG−7」に配置することができる。 However, the through hole 608 of the rotor 600, instead of placing a grid-like pattern consisting of rows orthogonal, substantially parallel rows "RLONG-1" extending longitudinally along a helical path ~ "RLONG it can be arranged to -7 ". あるいは、ロータ600の貫通孔608を、回転軸「α」に関して平行以外の或る角度で長手方向に延びる実質的に平行な列「RLONG−1」〜「RLONG−7」に配置してもよい。 Alternatively, the through hole 608 of the rotor 600 may be disposed substantially parallel rows extending in the longitudinal direction at an angle other than parallel with respect to the rotational axis "α" "RLONG-1" - "RLONG-7" .

ステータ700の開口708およびロータ600の貫通孔608を、ロータ600がステータ700の内側に配置されたときに、横列「SLAT−1」〜「SLAT−6」がそれぞれ横列「RLAT−1」〜「RLAT−6」に少なくとも部分的に整列するように、構成することができる。 The through-hole 608 of the opening 708 and the rotor 600 of the stator 700, when the rotor 600 is disposed inside the stator 700, row "SLAT-1" - "SLAT-6", respectively row "RLAT-1" - " so as to at least partially aligned with RLAT-6 "can be configured. この態様で、ロータ600がステータ700の内側で回転するときに、貫通孔608が開口708のそばを通過する。 In this manner, when the rotor 600 rotates inside the stator 700, the through-hole 608 passes by the opening 708.

それぞれの横列「RLAT−1」〜「RLAT−6」における貫通孔608の横方向の間隔は、その横列のすべての貫通孔608が同時に、ステータ700の横列「SLAT−1」〜「SLAT−6」のうちの対応する1つの開口708に、少なくとも部分的に整列するような間隔である。 Lateral spacing of the through holes 608 in each row "RLAT-1" - "RLAT-6", all the through-hole 608 of the row at the same time, ~ row "SLAT-1" of the stator 700 "SLAT-6 to a corresponding opening 708 of the "a distance such that at least partially aligned. 縦方向に延びる列「RLONG−1」〜「RLONG−6」を、縦方向に延びるそれぞれの列の最初の横列「RLAT−1」の貫通孔608が、最後の横列「RLAT−6」の貫通孔608がステータ700の対応する最後の横列「SLAT−6」の開口708に部分的に整列し始めるよりも前に、対応する横列「SLAT−1」の開口708を完全に通過するように構成することができる。 Longitudinally extending column "RLONG-1" - the "RLONG-6", the through hole 608 of the first row of each column extending in the longitudinal direction "RLAT-1" is, through the last row "RLAT-6" before the start partially aligned with the corresponding end of the row apertures 708 of the "SLAT-6" in holes 608 stator 700, so as to completely pass through the corresponding aperture 708 of row "SLAT-1" configuration can do.

図8では、6つの横列および6つの縦方向に延びる列がロータ600に関して図示され、6つの横列および7つの縦方向に延びる列がステータ700に関して図示されているが、本発明の教示から離れることなく、ロータ600および/またはステータ700に関して、別の数の横列および/または縦列を使用できることは、当業者にとって明らかである。 8, extending rows of six rows and six vertical direction are shown with respect to the rotor 600, but extending rows of six rows and seven vertical direction is shown with respect to the stator 700, departing from the teachings of the present invention without regard to the rotor 600 and / or stator 700, you can use the rows and / or columns of a different number, be apparent to those skilled in the art.

対応する横列の間で、一度に一致するのが1組の開口だけであることを保証するために、ステータ700のそれぞれの横列「SLAT−1」〜「SLAT−6」の開口708の数を、所定の数(例えば、1つ、2つ、など)だけ、ロータ600の対応するそれぞれの横列「RLAT−1」〜「RLAT−6」の貫通孔608の数と相違させることができる。 Between the corresponding row, in order to ensure that the match at a time is only one pair of openings, the number of each row "SLAT-1" - opening 708 of "SLAT-6" on the stator 700 , a predetermined number (e.g., one, two, etc.) only, each row "RLAT-1" corresponding rotor 600 to thereby different from "RLAT-6" number of the through holes 608 of the. したがって、例えば、横列「RLAT−1」が、ロータ600の外周の周りに等間隔で配置された20個の貫通孔608を有する場合に、横列「SLAT−1」が、ステータ700の外周の周りに等間隔で配置された20個の開口708を有することができる。 Thus, for example, row "RLAT-1" is, in the case of having 20 holes 608 arranged at equal intervals around the circumference of the rotor 600, the row "SLAT-1", around the circumference of the stator 700 It may have twenty apertures 708 arranged at equal intervals.

図7に戻ると、混合チャンバ330が、開いた第1の端部332および開いた第2の端部334を有している。 Returning to FIG. 7, the mixing chamber 330 has a first end 332 and second end 334 open to open. ロータ600の側壁604に形成された貫通孔608が、ロータ600の内側部分610を混合チャンバ330に接続している。 Through holes 608 formed in the sidewall 604 of the rotor 600 connect the inside portion 610 of the rotor 600 into the mixing chamber 330.

ロータ600は、ロータ600の回転軸「α」に整列した駆動シャフト500によって、ステータ700の内側で回転させられる。 The rotor 600, the drive shaft 500 aligned with the axis of rotation of the rotor 600 "α" is rotated inside the stator 700. 駆動シャフト500を、ロータ600の第1の端部612および第2の端部614に接続でき、ロータ600の中空の内側部分610を貫いて延ばすことができる。 The drive shaft 500 can be connected to the first end 612 and second end 614 of the rotor 600 can extend through the hollow interior portion 610 of the rotor 600. 換言すると、駆動シャフト500の一部分720が、ロータ600の中空の内側部分610に配置される。 In other words, a portion 720 of the drive shaft 500 is disposed in the hollow interior portion 610 of the rotor 600.

カラー618が、中空の内側部分610に配置される駆動シャフト500の一部分721を受け入れるように構成され、カラー622が、中空の内側部分610に配置される駆動シャフト500の一部分722を受け入れるように構成される。 Color 618 is configured to receive a portion 721 of the drive shaft 500 which is disposed in the hollow interior portion 610, collar 622, configured to receive a portion 722 of the drive shaft 500 which is disposed in the hollow interior portion 610 It is.

部分721は、約0.5インチ〜約2.5インチの範囲であってよい外径「D3」を有している。 Portion 721 has a good outer diameter in the range of about 0.5 inches to about 2.5 inches "D3". いくつかの実施形態においては、外径「D3」が、約0.625インチである。 In some embodiments, the outer diameter "D3" is about 0.625 inches. 部分722は、直径「D3」と実質的に同様であってよい外径「D4」を有しているが、これは必須ではない。 Portion 722 has the diameter "D3" substantially outer diameter "D4" may be the same, this is not essential. 直径「D4」は、約0.375インチ〜約2.5インチの範囲であってよい。 Diameter "D4" may be in the range of about 0.375 inches to about 2.5 inches.

ロータ600を、カラー618およびカラー622のそれぞれによって、駆動シャフト500の部分721および部分722に回転しないように取り付けることができる。 The rotor 600, by respective collars 618 and collar 622 can be non-rotatably affixed to the portion 721 and portion 722 of the drive shaft 500. 例として、カラー618および622のそれぞれを、それぞれ軽減部616および620の内側に設置することができる。 As an example, each of the collars 618 and 622, can be installed inside the respective relief portions 616 and 620. 次いで、一体となったロータ600/カラー618および622を、加熱して膨脹させることができる。 Then, it is possible to the rotor 600 / collar 618 and 622 together, inflating and heating. 次に、駆動シャフト500が、カラー618および622を貫いて挿入され、このアセンブリが冷却される。 Then, the drive shaft 500 is inserted through the collar 618 and 622, the assembly is cooled. 冷却時の収縮によって、カラー618および622が、それぞれ駆動シャフト500の部位722Aおよび722Bの周囲に締まり、駆動シャフト500がロータ600に対して回転することがないように充分にきつく駆動シャフト500を把持する。 By shrinkage during cooling, color 618 and 622, interference around the site 722A and 722B, respectively the drive shaft 500, drive shaft 500 is sufficiently tight drive shaft 500 so as not to rotate relative to the rotor 600 grasping to. カラー618が、部分721および軽減部616のどちらに対しても回転せずに、駆動シャフト500の回転をロータ600の第1の端部612に伝える。 Color 618, without rotating for both portions 721 and relief portions 616, transmits rotation of the drive shaft 500 to the first end portion 612 of the rotor 600. カラー622が、部分722および軽減部620のどちらに対しても回転せずに、駆動シャフト500の回転をロータ600の第2の端部614に伝える。 Color 622, without rotating for both portions 722 and relief portions 620, transmits rotation of the drive shaft 500 to the second end portion 614 of the rotor 600. 駆動シャフト500とロータ600とが、単一のユニットとして共に回転する。 A drive shaft 500 and the rotor 600 is rotated together as a single unit.

駆動シャフト500は、第1の端部724(図5を参照)および第2の端部726(図6を参照)を有することができる。 The drive shaft 500 may have a first end 724 (see FIG. 5) and a second end 726 (see Figure 6). 第1の端部724は、約0.5インチ〜約1.75インチの直径「D5」を有することができる。 The first end 724 may have a diameter "D5" of about 0.5 inches to about 1.75 inches. 特定の実施形態においては、直径「D5」は、約1.25インチであってよい。 In certain embodiments, the diameter "D5" may be about 1.25 inches. 第2の端部726は、実質的に直径「D5」と同様の直径「D6」を有することができる。 The second end 726 may have a "D6" similar diameter substantially the diameter "D5".

第2の材料120を、回転する駆動シャフト500の第1の端部724および第2の端部726の一方を通って混合チャンバ330へと運ぶことができる。 The second material 120 can carry into the first end portion 724 and the mixing chamber 330 through one of the second end 726 of the drive shaft 500 to rotate. 駆動シャフト500の第1の端部724および第2の端部726の他方を、モータ510に接続することができる。 The other first end 724 and second end 726 of the drive shaft 500 can be connected to the motor 510. 図5および6に示した実施形態においては、第2の材料120が、駆動シャフト500の第1の端部724を通って混合チャンバ330へと運ばれ、駆動シャフト500の第2の端部726は、モータ510に接続されている。 In the embodiment shown in FIGS. 5 and 6, the second material 120, through the first end 724 of the drive shaft 500 is carried into the mixing chamber 330, the second end 726 of the drive shaft 500 It is connected to the motor 510.

図5に目を向けると、駆動シャフト500に、第1の端部724からロータ600の内側部分610に位置する部分720へと延びるチャネル728を形成することができる。 Turning to FIG. 5, the drive shaft 500, it is possible to form a channel 728 extending into the portion 720 is located from the first end 724 to the inner portion 610 of the rotor 600. チャネル728は、第1の端部724に形成された開口730を有している。 Channel 728 has an opening 730 formed in the first end portion 724. 混合装置100が動作しているとき、第2の材料120が、開口730を通ってチャネル728へと導入される。 When the mixing device 100 is operating, the second material 120 is introduced through the opening 730 into the channel 728.

バルブ732を、駆動シャフト500の第1の端部724に位置するチャネル728の部位の内側に配置することができる。 The valve 732 can be located inside the region of the channel 728 located at a first end 724 of the drive shaft 500. バルブ732は、チャネル728を通っての中空の内側部分610の内部からの第2の材料120の逆方向の流れ、および/またはチャネル728へと入る第2の材料120の順方向の流れを、制限または制御することができる。 Valve 732, reverse flow of the second material 120 from inside the hollow interior portion 610 of the through channel 728, and / or the forward flow of the second material 120 entering into the channel 728, it can be limited or controlled. バルブ732は、逆止弁など、この技術分野において知られている任意のバルブを含むことができる。 Valve 732, such as a check valve, may include any valve known in the art. 適切な逆止弁として、ワシントン州Bothellに事務所を有するLee Company USA(ウェブサイトは、www.theleeco.com)が製造している部品番号「CKFA1876205A」のフリー・フロー・フォワード逆止弁が挙げられる。 Suitable non-return valve, Lee Company USA with an office in Washington Bothell (web site, www.theleeco.com) include the free flow forward check valve, part number "CKFA1876205A" which is manufactured It is.

駆動シャフト500は、チャネル728をロータ600の内側部分610に接続する開口740を、ロータ600の内側部分610に位置させて備えることができる。 Drive shaft 500, an opening 740 that connects the channel 728 in the inner portion 610 of the rotor 600, it may be provided by positioning an interior portion 610 of the rotor 600. 図5にはただ1つの開口740が示されているが、チャネル728をロータ600の内側部分610に接続するために、複数の開口を使用してもよいことは、当業者にとって明らかである。 Although only one aperture 740 is shown in FIG. 5, for connecting the channel 728 to the inner portion 610 of the rotor 600, you may use a plurality of apertures are apparent to those skilled in the art.

図2を参照すると、選択的に、外部のポンプ220が、第2の材料120を混合装置100に送ることができる。 Referring to FIG. 2, optionally, can be an external pump 220, it sends the second material 120 into the mixing device 100. ポンプ220として、この技術分野において知られている任意の適切なポンプを挙げることができる。 As the pump 220 can include any suitable pump known in the art. これらに限定されるわけではないが、ポンプ220として、ダイアフラムポンプ、化学ポンプ、蠕動ポンプ、重力送りポンプ、ピストンポンプ、歯車ポンプ、および上述の任意のポンプの組み合わせ、など、この技術分野において知られている任意の適切なポンプを挙げることができる。 But are not limited to, a pump 220, a diaphragm pump, chemical pump, a peristaltic pump, gravity feed pump, a piston pump, a gear pump, and any combination of the pump described above, such as are known in the art It may include any suitable pump is. 第2の材料120がガスである場合には、このガスを加圧し、供給源122からガスを放出することによって、駆動シャフト500の第1の端部724に形成された開口730へと押し込むことができる。 If the second material 120 is a gas, the the gas pressurized by releasing gas from a source 122, is pushed into the first aperture 730 formed in the end 724 of the drive shaft 500 can.

ポンプ220および供給源122は、バルブ732によってチャネル728に接続される。 Pump 220 and source 122 is connected to the channel 728 by the valve 732. チャネル728内へと運ばれた第2の材料120は、開口740を通ってロータ600の内側部分610へとチャネル728を出る。 The second material 120 carried into the channel 728 exits the channel 728 and through opening 740 into the interior portion 610 of the rotor 600. 次いで、第2の材料120は、ロータ600の側壁608に形成された貫通孔608を通って、ロータ600の内側部分610を出る。 Then, the second material 120 passes through the through hole 608 formed in the sidewall 608 of the rotor 600, leaving the inner portion 610 of the rotor 600.

図5を参照すると、混合装置100は、駆動シャフト500の第1の端部724に接続されたシールアセンブリ750を備えることができる。 Referring to FIG. 5, the mixing device 100 may comprise a first seal assembly 750 which is connected to an end 724 of the drive shaft 500. シールアセンブリ750は、筐体520に画定されたチャンバ752内に保持されている。 Seal assembly 750 is held in a chamber 752 defined in the housing 520. チャンバ752は、第1の端部754を、第2の端部756からチャンバの向こう側に離れた状態で有している。 Chamber 752, the first end portion 754 has a state away from the second end 756 on the other side of the chamber. さらにチャンバ752は、チャンバ752へのアクセスを提供する導入ポート758および排出口759を備えている。 Further chamber 752 has an inlet port 758 and outlet 759 to provide access to the chamber 752. チャンバ752は、筐体部分550および軸受筐体530によって画定されることができる。 Chamber 752 may be defined by the housing portion 550 and the bearing housing 530. 第1の端部754を、筐体部分550に形成でき、第2の端部756を、軸受筐体530に隣接させることができる。 A first end 754, can be formed in the housing portion 550, the second end 756 can be adjacent to the bearing housing 530. 導入ポート758を、軸受筐体530に形成でき、排出口759を、筐体部分550に形成することができる。 The inlet port 758 can be formed in the bearing housing 530, an outlet 759, it can be formed in the housing portion 550.

シールアセンブリ750は、第1の固定シール760を、筐体部分550および軸受筐体530内のチャンバ752の第1の端部754に設置して備えている。 Seal assembly 750 includes a first stationary seal 760 comprises installed at a first end 754 of the chamber 752 of the housing portion 550 and the bearing housing 530. 第1の固定シール760は、駆動シャフト500の第1の端部724の部位762の周囲に広がっている。 The first stationary seal 760, extends around the portion 762 of the first end 724 of the drive shaft 500. さらに、シールアセンブリ750は、第2の固定シール766を、軸受筐体530内のチャンバ752の第2の端部756に設置して備えている。 Moreover, the seal assembly 750, a second stationary seal 766 comprises installed to the second end 756 of the chamber 752 in the bearing housing 530. 第2の固定シール766は、駆動シャフト500の第1の端部724の部位768の周囲に広がっている。 The second stationary seal 766 extends around the portion 768 of the first end 724 of the drive shaft 500.

シールアセンブリ750は、部位762と部位768との間の駆動シャフト500の第1の端部724に、回転しないように接続された回転アセンブリ770を含んでいる。 Seal assembly 750 includes a first end 724 of the drive shaft 500 between the portion 762 and portion 768, the connected rotating assembly 770 against rotation. 回転アセンブリ770は、駆動シャフトと共に1つのユニットとして回転する。 Rotation assembly 770 rotates as a unit together with the drive shaft. 回転アセンブリ770は、第1のシール772を第2のシール774の反対側に備えている。 Rotation assembly 770 includes a first seal 772 on the opposite side of the second seal 774. 付勢部材776(例えば、ばね)が、第1のシール772と第2のシール774との間に位置している。 Biasing member 776 (e.g., a spring) is located between the first seal 772 and second seal 774. 付勢部材776が、第1のシール772を第1の固定シール760に向かって付勢し、第2のシール774を第2の固定シール766に向かって付勢する。 Biasing member 776, a first seal 772 urges the first stationary seal 760 and biases the second seal 774 to a second static seal 766.

冷却潤滑剤が、チャンバ752および回転アセンブリ770の周囲に供給される。 Cooling lubricant is supplied to the periphery of the chamber 752 and the rotating assembly 770. 潤滑剤は、導入ポート758を通ってチャンバ752に進入し、排出口759を通ってチャンバ752から出る。 Lubricant, enters the chamber 752 through the inlet port 758, out of the chamber 752 through the discharge port 759. 潤滑剤は、軸受筐体530に収容された軸受アセンブリ540を潤滑することができる。 Lubricant, the bearing assembly 540 housed in the bearing housing 530 can be lubricated. チャンバ570を、軸受筐体530と機械式密閉筐体524との間に配置することができる。 The chamber 570 may be disposed between the bearing housing 530 and a mechanical sealing housing 524. さらに、軸受筐体530は、潤滑剤を送ることができるチャンバ570に接続された第2の導入ポート759を備えることができる。 Further, the bearing housing 530 can comprise a second inlet port 759 connected to the chamber 570 can send lubricant. チャンバ570に送り込まれる潤滑剤は、軸受アセンブリ540を潤滑することができる。 Lubricant fed into the chamber 570, the bearing assembly 540 may be lubricated. シールアセンブリ750は、ロータ600の回転によって引き起こされる、装置のこの部分における摩擦力を、著しくではないかも知れないが、有意に減少させることができ、シール770の寿命を伸ばすことができる。 Seal assembly 750 is caused by rotation of the rotor 600, a frictional force in this portion of the device, but may not be significantly, can be significantly reduced, it is possible to extend the life of the seal 770. シールは、炭化ケイ素を使用して構成された表面を含むことができる。 Seal may include a constructed using silicon carbide surface.

図9を参照すると、ロータ600が回転軸「α」を中心にして矢印「C1」によって示されている方向に回転するとき、ロータ600は、第2の材料120を混合チャンバ330へと排出する。 Referring to FIG. 9, when rotating in the direction in which the rotor 600 is indicated by arrow "C1" about the axis of rotation "α", the rotor 600 is discharged to the second material 120 to mixing chamber 330 . 排出される第2の材料120の泡、液滴、粒子、などが、ロータ600から出るが、この排出される第2の材料120の泡、液滴、粒子、などに、ロータ600によって周方向の速度(矢印「C3」によって示されている方向)が付与される。 Bubbles of the second material 120 to be discharged, the droplet, particle, etc., exits from the rotor 600, bubbles of the second material 120 that is the discharge, droplets, particles, etc., the circumferential direction by the rotor 600 rate (in the direction indicated by arrow "C3") is given. 第2の材料120を、ポンプ220(図2を参照)、回転するロータ600の遠心力、第1の材料110に対する第2の材料120の浮力、およびこれらの組み合わせによって、混合チャンバ330から押し出すことができる。 The second material 120, the pump 220 (see FIG. 2), the centrifugal force of the rotor 600 rotates, the buoyancy of the second material 120 relative to the first material 110, and a combination thereof, be extruded from the mixing chamber 330 can.

(モータ510) (Motor 510)
図6に戻ると、駆動シャフト500の第2の端部726を、継手900によってモータ510の回転スピンドル780に接続することができる。 Returning to FIG. 6, the second end 726 of the drive shaft 500 can be connected to the rotating spindle 780 of the motor 510 by the joint 900. スピンドル780は、約0.25インチ〜約2.5インチの直径「D7」を有するほぼ円形の断面形状を有することができる。 The spindle 780 may have a substantially circular cross-sectional shape having a diameter "D7" of about 0.25 inches to about 2.5 inches. 特定の実施形態においては、直径「D7」が、約0.25インチ〜約1.5インチであってよい。 In certain embodiments, the diameter "D7" may be about 0.25 inches to about 1.5 inches. 図6に示した実施形態においては、駆動シャフト500の第1の端部724の直径「D5」は、直径「D7」およびスピンドル780に実質的に等しいが、直径「D5」および直径「D7」の一方が他方よりも大きい実施形態も、本発明の範囲に包含される。 In the embodiment shown in Figure 6, the diameter "D5" of the first end 724 of the drive shaft 500, the diameter "D7" and is substantially equal to the spindle 780, the diameter "D5" and the diameter "D7" while larger embodiments than the other are also included within the scope of the present invention.

図4も参照すると、継手900を覆い、あるいは遮蔽することが望ましいかも知れない。 When 4 is also referenced, it may be desirable to cover the joint 900, or shields. 図4および6に示した実施形態においては、駆動部ガード910が、継手900を覆っている。 In the embodiment shown in FIGS. 4 and 6, the drive unit guard 910 covers the joint 900. 駆動部ガード910は、湾曲部914の側方に1対の実質的に直線状の部位915および916を位置させてなる概してU字形であってよい。 Driver guard 910 generally may be a U-shaped consisting substantially positions the straight portions 915 and 916 of the pair on the side of the curved portion 914. 駆動部ガード910の実質的に直線状の部位915および916のそれぞれの遠位端が、フランジ918および919をそれぞれ有することができる。 Each of the distal end of substantially linear portions 915 and 916 of the drive unit guard 910 may have flanges 918 and 919, respectively. 駆動部ガード910を、フランジ918および919のそれぞれによって、ベース106に固定することができる。 A drive unit guard 910, the respective flanges 918 and 919, can be fixed to the base 106.

モータ510を、支持部材920によってベース106上に支持することができる。 The motor 510 can be supported on the base 106 by a support member 920. 支持部材920を、スピンドル780の付近においてモータ510に接続することができる。 The support member 920 can be connected to the motor 510 in the vicinity of the spindle 780. 図示の実施形態において、支持部材920は、スピンドル780が通過する貫通孔を備えている。 In the illustrated embodiment, the support member 920 is provided with a through hole which the spindle 780 passes. 支持部材920を、支持部材920を1本以上のボルト940によってモータ510に固定するなど、この技術分野において知られている任意の方法を使用して、モータ510に接続することができる。 The support member 920, the support member 920 such as fixed to the motor 510 by one or more bolts 940, using any of the methods known in the art, can be connected to the motor 510.

継手900は、ステータ700の内側でロータ600を回転させるために充分な量のトルクをスピンドル780から駆動シャフト500へと伝達することに適した任意の継手を含むことができる。 Fitting 900 may include any joint which is suitable a sufficient amount of torque to rotate the rotor 600 inside the stator 700 to be transmitted to the drive shaft 500 from the spindle 780. 図4および6に示した実施形態においては、継手900は、ベローズ継手である。 In the embodiment shown in FIGS. 4 and 6, the joint 900 is bellows joint. ベローズ継手は、スピンドル780と駆動シャフト500との整列がずれている場合に、有益でありうる。 It bellows joint, when is displaced alignment of the spindle 780 and the drive shaft 500, may be beneficial. さらに、ベローズ継手は、駆動シャフト500に加わる軸方向の力を吸収して、スピンドル780に伝わることがないようにする上で、役立つことができる。 Further, the bellows joint, absorbs the axial force applied to the drive shaft 500, on which so is not transmitted to the spindle 780, may be helpful. 適切なベローズ継手として、マサチューセッツ州MarlboroughのRuland Manufacturing Company,Inc. Suitable bellows joints, Massachusetts Marlborough Ruland Manufacturing Company, Inc. (ウェブサイトは、www.ruland.com)が製造する「BC32−8−8−A」型が挙げられる。 (Web site, www.ruland.com) is "BC32-8-8-A" type and the like to produce.

モータ510は、毎分約0.1回転(「rpm」)から約7200rpmまででロータ600を回転させることができる。 Motor 510 can rotate the rotor 600 in per minute to about 0.1 rotation ( "rpm") to about 7200 rpm. モータ510として、本発明の教示に従ってステータ700の内側においてロータ600を回転させるために適した任意のモータを挙げることができる。 As the motor 510, it may include any motor suitable for rotating the rotor 600 inside the stator 700 in accordance with the teachings of the present invention. これに限定されるわけではないが、適切なモータとして、230/460ボルトおよび毎分3450(「rpm」)で動作する半馬力の電動モータを挙げることができる。 But are not limited to, a suitable motor may include an electric motor half horsepower operating at 230/460 volts and per minute 3450 ( "rpm"). 適切なモータとして、ウィスコンシン州GraftonのLEESON Electric Corporation(ウェブサイトは、www.leeson.com)が製造する「C4T34NC4C」型が挙げられる。 Suitable motor, LEESON Electric Corporation of Wisconsin Grafton (web site, www.leeson.com) is "C4T34NC4C" type, and the like to produce.

(第1のチャンバ310) (First chamber 310)
図4および7に目を向けると、第1のチャンバ320が、第1の機械式密閉筐体524とロータ600、およびステータ700のそれぞれの第1の端部612および712との間で、筐体520の中央部522の内側に配置されている。 Turning to FIGS. 4 and 7, the first chamber 320, a first mechanical sealing housing 524 and the rotor 600, and between the respective first ends 612 and 712 of the stator 700, housing It is arranged inside the central portion 522 of the body 520. 第1のチャンバ310は、環状であってよく、実質的に円形の断面形状を有することができる。 The first chamber 310 may be annular, and may have a substantially circular cross-sectional shape. 第1のチャンバ310および混合チャンバ330が、連続的な容積を形成している。 The first chamber 310 and the mixing chamber 330 form a continuous volume. 駆動シャフト500の一部分1020が、第1のチャンバ310を貫いて延びている。 A portion 1020 of the drive shaft 500 extends through the first chamber 310.

図4から最もよく見て取ることができるように、第1のチャンバ310は、第1の材料110が混合装置100に通過して入る導入ポート1010を有している。 As can best be seen from Figure 4, the first chamber 310 has an inlet port 1010 first material 110 enters through the mixing device 100. 第1の材料110を、外部のポンプ210(図2を参照)によって第1のチャンバ310の中へと送ることができる。 The first material 110 can be sent to the inside by an external pump 210 (see FIG. 2) of the first chamber 310. 外部のポンプ210は、第1のチャンバ310への供給のために充分な速度で第1の材料110を送るために、この技術分野において知られている任意のポンプを含むことができる。 External pump 210, to send the first material 110 at a sufficient rate to supply to the first chamber 310 can include any pump known in the art.

導入ポート1010は、回転軸「α」に対して実質的に直角に向けられている。 Port 1010 is oriented substantially orthogonally to the rotational axis "α". したがって、第1の材料110は、第1のチャンバ310を貫いて延びている駆動シャフト500の部分1020の接線方向の速度を有しつつ、第1のチャンバ310に進入する。 Accordingly, the first material 110, while having a tangential speed of the first portion of the drive shaft 500 extending through the chamber 310 1020, enters the first chamber 310. この第1のチャンバ310へと進入する第1の材料110の流れの接線方向が、矢印「T1」によって示されている。 Tangential direction of the first material 110 flow entering into the first chamber 310 is shown by arrow "T1". 図4および7に示した実施形態においては、導入ポート1010を、回転軸「α」からずらすことができる。 In the embodiment shown in FIGS. 4 and 7, a port 1010 may be offset from the axis of rotation "α". 当業者にとって明らかであるとおり、駆動シャフト500の回転の方向(図9において矢印「C1」によって示されている)は、接線方向の成分を有している。 As is apparent to those skilled in the art, the direction of rotation of the drive shaft 500 (indicated by arrow "C1" in FIG. 9) has a tangential component. 導入ポート1010は、第1の材料110が、駆動シャフト500の回転の方向の接線方向の成分と実質的に同じ方向に移動しつつ、第1のチャンバ310へと進入するように、配置されている。 Port 1010, the first material 110, while moving in the tangential component substantially the same direction in the direction of rotation of the drive shaft 500, so as to enter into the first chamber 310, is located there.

第1の材料110は、第1のチャンバ310に入り、駆動シャフト500の部分1020の周囲で、第1のチャンバ310の内面によって向きを変える。 The first material 110 enters the first chamber 310, around the portion 1020 of the drive shaft 500, changing the direction by the inner surface of the first chamber 310. 第1のチャンバ310が実質的に円形の断面形状を有している実施形態においては、第1のチャンバ310の内面が、駆動シャフト500の部分1020を中心とする実質的に円形の経路(図9において、矢印「C2」によって示されている)へと第1の材料110を偏向させることができる。 In embodiments where the first chamber 310 has a substantially circular cross-sectional shape, substantially circular path inside surface of the first chamber 310, around the portion 1020 of the drive shaft 500 (FIG. in 9, it can be deflected in the arrow indicated by "C2") the first material 110. そのような実施形態においては、第1の材料110の接線方向の速度が、第1の材料110を、この接線方向の速度によって少なくとも部分的に決定される周方向の速度にて回転軸「α」を中心にして移動させる。 In such embodiments, the tangential velocity of the first material 110, the first material 110, the rotation axis "α at least partially determined by the circumferential speed by the speed of the tangential "in the center to move.

ひとたび第1のチャンバ310に入ると、第1の材料110を、第1のチャンバ310の内部に位置するポンプ410によって、第1のチャンバ310から混合チャンバ330へと送ることができる。 Once entering the first chamber 310, the first material 110 by a pump 410 located inside the first chamber 310, it can be sent into the mixing chamber 330 from the first chamber 310. 外部のポンプ210(図2を参照)を備える実施形態においては、この外部のポンプ210を、ポンプ410が第1の材料110を第1のチャンバ310から送り出す速度に比べ、少なくとも同じ速さで第1の材料110を第1のチャンバ310へと送り込むように構成することができる。 In embodiments with an external pump 210 (see Figure 2) is a pump 210 of the external pump 410 as compared to the rate for feeding the first material 110 from the first chamber 310, the at least as fast as it is possible to configure the first material 110 to pump into the first chamber 310.

第1のチャンバ310は、混合チャンバ330の開いた第1の端部332と連通しており、第1のチャンバ310内の第1の材料110が、混合チャンバ330の開いた第1の端部332へと自由に流入できる。 The first chamber 310 is in communication with the first end 332 an open mixing chamber 330, a first end a first material 110 in the first chamber 310, an open mixing chamber 330 You can freely flow into the 332. この態様で、第1の材料110が、混合チャンバ330と第1のチャンバ310との間で、いかなる角またはカーブも通過することがない。 In this embodiment, the first material 110, between the mixing chamber 330 and the first chamber 310, is not pass through any angle or curve. 図示の実施形態においては、第1のチャンバ310が、混合チャンバ330の開いた第1の端部332の全体と連通している。 In the illustrated embodiment, the first chamber 310 is in fluid across the communication of the first end 332 an open mixing chamber 330. 第1のチャンバ310を、第1の材料110によって完全に満たすことができる。 The first chamber 310 can be filled completely by the first material 110.

ポンプ410は、第1のチャンバ310を貫いて延びている駆動シャフト500の部分1020によって駆動される。 Pump 410 is driven by a portion 1020 of the drive shaft 500 which extends through the first chamber 310. ポンプ410は、静止の筐体(すなわち、筐体520)によって画定されるチャンバ(すなわち、第1のチャンバ310)の内側に回転するポンプ部材2022を収容して有しているこの技術分野において知られている任意のポンプを含むことができる。 Pump 410, known housing stationary (i.e., housing 520) chamber defined by (i.e., the first chamber 310) in the art that has houses a pump member 2022 rotating inside the it is may include any pump are. 適切なポンプの例として、これらに限られるわけではないが、プログレッシブ・キャビティ・ポンプなどの容積形ポンプ、シングル・スクリュ・ポンプ(例えば、アルキメデスのスクリュ・ポンプ)、などが挙げられる。 Examples of suitable pumps include, but are not limited to, positive displacement pumps such as progressive cavity pump, single-screw pump (e.g., Archimedes screw pump), and the like.

図7および9に示されているポンプ410は、一般にシングル・スクリュ・ポンプと称される。 Pump 410 shown in FIGS. 7 and 9, commonly referred to as single-screw pump. この実施形態において、ポンプ部材2022は、駆動シャフト500の部分1020の周囲に配置されたカラー部2030を含んでいる。 In this embodiment, the pump member 2022 includes a collar portion 2030 disposed around the portion 1020 of the drive shaft 500. カラー部2030は、駆動シャフト500の部分1020と一緒に1つのユニットとして回転する。 Collar portion 2030 rotates as a unit with the portion 1020 of the drive shaft 500. カラー部2030は、1つ以上の流体移動部材2040を含んでいる。 Collar portion 2030 includes one or more fluid displacement members 2040. 図7および9に示した実施形態においては、カラー部2030が、螺旋の経路に沿ってカラー部2030に外接する螺旋形を有するただ1つの流体移動部材2040を含んでいる。 In the embodiment shown in FIGS. 7 and 9, the collar portion 2030 includes only one fluid transfer member 2040 having a helical shape that circumscribes the collar portion 2030 along the path of the spiral.

図9を参照すると、第1のチャンバ310の内側が図示されている。 Referring to FIG. 9, the inside of the first chamber 310 is illustrated. ポンプ410が、第1のチャンバ310内の第1の材料110に、混合チャンバ330の開いた第1の端部332へと向かう軸方向の流れ(矢印「A1」および矢印「A2」によって示されている)を付与する。 Pump 410, the first material 110 in the first chamber 310, indicated by a first axial flow towards the end 332 an open mixing chamber 330 (arrow "A1" and arrow "A2" and are) to grant. ポンプ410によって付与される第1の材料110の軸方向の流れは、従来技術の装置10(図1を参照)の外部のポンプによって得ることができる圧力を超えることができる圧力を有している。 Axial flow of the first material 110 imparted by the pump 410 has a pressure that may exceed the pressure which can be obtained by an external pump of the prior art device 10 (see Figure 1) .

さらに、ポンプ410を、混合チャンバ330の開いた第1の端部332に向かって移動する第1の材料110に周方向の流れ(矢印「C2」によって示されている)を付与するように構成することができる。 Furthermore, although the pump 410, so as to impart a first first the material 110 circumferential flow that moves toward the end 332 an open mixing chamber 330 (indicated by arrow "C2") can do. 混合チャンバ330への進入前の第1の材料110に付与される周方向の流れは、第1の材料110を、すでに初期の周方向の速度で所望の方向に移動している状態で、混合チャンバ330に進入させる。 Circumferential flow imparted to the first material 110 prior to entry into the mixing chamber 330, a first material 110, already in a state in which an initial circumferential velocity is moving in the desired direction, mixed to enter the chamber 330. 図1に示した従来技術の装置10では、第1の材料110は、周方向の速度を持たずに従来技術の装置10のチャネル32に進入する。 In the prior art device 10 shown in FIG. 1, the first material 110, without a circumferential velocity enters the channel 32 of the prior art device 10. したがって、従来技術の装置10のロータ12は、自身単独で第1の材料110へと周方向の流れを付与しなければならない。 Thus, the rotor 12 of the prior art device 10 has to impart to the first material 110 itself alone a circumferential flow. 第1の材料110が軸方向に移動しているため、従来技術の装置10においては、第1の材料110が、第1の材料110が混合装置100の混合チャンバ330を横切る場合よりも遅い周方向の速度で、ロータ12およびステータ30の間に形成されるチャネル32の少なくとも一部分を横切る。 Since the first material 110 is moving axially, in the apparatus 10 of the prior art, the first material 110 is slower peripheral than when the first material 110 traverses the mixing chamber 330 of the mixing device 100 in the direction of the velocity, across at least a portion of the channel 32 formed between the rotor 12 and stator 30. 換言すると、第1の材料110の軸方向の速度が従来技術の装置10および混合装置100の両者において同じである場合、第1の材料110が混合チャンバ330の軸方向の長さを横切り終えるまでに完了させることができる回転軸「α」を中心にする回転が、チャネル32の軸方向の長さを横切り終えるまでに完了させることができる回転よりも多い。 In other words, if the axial velocity of the first material 110 are the same in both the prior art device 10 and mixing device 100, to the first material 110 has finished traversing the axial length of the mixing chamber 330 rotation to center the axis of rotation "α" which can be completed is greater than the rotation that can be completed until after traversing the axial length of the channel 32. この追加の回転により、第1の材料110(および、一体となった第1の材料110および第2の材料)が、ステータ700の有効内表面706(図7を参照)の大幅に広い部分へと曝される。 By the rotation of the additional, first material 110 (and the first material 110 and second material together) it is, to considerably wider portion within the effective surface 706 of the stator 700 (see Figure 7) exposed and.

外部のポンプ210(図2を参照)を含んでいる実施形態においては、外部のポンプ210が本発明の教示による導入ポート1010の向きとの組み合わせにおいて付与する周方向の速度が、それだけで、回転軸「α」を中心とする第1の材料110(および、一体となった第1の材料110および第2の材料120)の回転を増加させるために充分であるかも知れない。 Outside in the pump 210 embodiment includes (see Figure 2) is a circumferential velocity that imparts the combination of the direction of the port 1010 in accordance with the teachings of the external pump 210 may present invention, it just rotates the first material 110 (and the first material 110 and second material 120 together) around the axis "α" may be sufficient to increase the rotation. さらに、いくつかの実施形態においては、ポンプ210によって付与される周方向の速度およびポンプ410によって付与される周方向の速度が組み合わさって、回転軸「α」を中心とする第1の材料110(および、一体となった第1の材料110および第2の材料120)の充分な回転数を達成する。 Further, in some embodiments, I circumferential velocity is combined imparted by the circumferential speed and the pump 410 imparted by the pump 210, the first material around the rotation axis "α" 110 (and, the first material 110 and second material 120 together) to achieve a sufficient rotational speed of the. 当業者であれば理解できるとおり、第1のチャンバ310の断面形状など、他の構造的要素も、ポンプ210、ポンプ410、およびこれらの組み合わせによって付与される周方向の速度に貢献できる。 As can be appreciated by those skilled in the art, such as the cross-sectional shape of the first chamber 310, other structural elements may, pump 210, pump 410, and can contribute to the circumferential velocity imparted by a combination thereof.

図10に示した別の実施形態においては、ポンプ410が、混合チャンバ330の開いた第1の端部332に向かって移動する第1の材料110に周方向の流れを付与するように構成された1枚以上の羽根2042を備えることができる。 In another embodiment shown in FIG. 10, the pump 410 is configured to impart a first circumferential flow in the first material 110 to move toward the end 332 an open mixing chamber 330 one or more vanes 2042 have can comprise.

(第2のチャンバ320) (Second chamber 320)
次に、図4および7に目を向けると、第2のチャンバ320が、第2の機械式密閉筐体526とロータ600およびステータ700のそれぞれの第2の端部614および714との間で、筐体520の中央部522の内側に配置されている。 Next, among Turning to Figures 4 and 7, the second chamber 320, a second mechanical sealing housing 526 and the rotor 600 and each of the second ends 614 and 714 of the stator 700 It is arranged inside the central portion 522 of the housing 520. 第2のチャンバ320は、実質的に第1のチャンバ310と同様であってよい。 The second chamber 320 may be substantially similar to the first chamber 310. しかしながら、第2のチャンバ320は、導入ポート1010の代わりに、排出口3010を備えることができる。 However, the second chamber 320, instead of the port 1010 may comprise a discharge port 3010. 駆動シャフト500の一部分3020が、第2のチャンバ320を貫いて延びている。 A portion 3020 of the drive shaft 500 extends through the second chamber 320.

第2のチャンバ320および混合チャンバ330が、連続的な容積を形成している。 Second chamber 320 and the mixing chamber 330 form a continuous volume. さらに、第1のチャンバ310、混合チャンバ330、および第2のチャンバ320が、連続的な容積を形成している。 Further, the first chamber 310, the mixing chamber 330 and second chamber 320, is form a continuous volume. 第1の材料110が、混合装置100を通って、第1のチャンバ310から混合チャンバ330へと流れ、最終的に第2のチャンバ320へと流れる。 The first material 110, through the mixing device 100, flows into the mixing chamber 330 from the first chamber 310, and finally flows into the second chamber 320. 混合チャンバ330にあるとき、第1の材料110が第2の材料120に混ぜ合わせられ、出力材料102が形成される。 When in the mixing chamber 330, the first material 110 is mixed into the second material 120, the output material 102 is formed. 出力材料102は、排出口3010を通って混合装置100から出る。 The output material 102 exits the mixing device 100 through the exhaust port 3010. 選択的に、出力材料102を導入ポート1010へと戻し、追加の量の第2の材料120、第3の材料130、およびこれらの組み合わせと混合してもよい。 Alternatively, back to the output material 102 to the port 1010, the second material 120 of the additional amount, the third material 130, and may be mixed with a combination of these.

排出口3010は、回転軸「α」に対して実質的に直角に向けられ、第1のチャンバ310に形成される導入ポート1010と反対に位置することができる。 Outlet 3010 is oriented substantially perpendicular to the axis of rotation "α" may be located opposite to the inlet port 1010 formed in the first chamber 310. 出力材料102は、ロータ600によって付与された周方向の速度(図9において矢印「C3」によって示されている方向)を有して混合チャンバ330から第2のチャンバ320へと進入する。 The output material 102 enters from the mixing chamber 330 has a (a direction indicated by arrow "C3" in FIG. 9) circumferential velocity imparted by the rotor 600 to the second chamber 320. 周方向の速度は、第2のチャンバ320を貫いて延びている駆動シャフト500の部分3020の接線方向である。 Circumferential velocity is tangential portion 3020 of the drive shaft 500 extending through the second chamber 320. 図4、6、および7に示した実施形態においては、排出口3010を、回転軸「α」からずらすことができる。 In the embodiment shown in FIGS. 4, 6, and 7, the outlet 3010 may be offset from the axis of rotation "α". 排出口3010は、駆動シャフト500の回転と実質的に同じ方向(図9において矢印「C1」によって示されている)に移動しつつ第2のチャンバ320に進入する出力材料102が、排出口3010に向かって移動しているように配置される。 Outlet 3010, the output material 102 enters the second chamber 320 while moving in rotation and substantially the same direction of the drive shaft 500 (indicated by arrow "C1" in FIG. 9), the outlet 3010 It is arranged as moving toward the.

出力材料102は、第2のチャンバ320に進入し、駆動シャフト500の部分3020の周囲で、第2のチャンバ320の内面によって向きを変える。 The output material 102 enters the second chamber 320, around the portion 3020 of the drive shaft 500, changing the direction by the inner surface of the second chamber 320. 第2のチャンバ320が実質的に円形の断面形状を有している実施形態においては、第2のチャンバ320の内面が、駆動シャフト500の部分3020を中心とする実質的に円形の経路へと出力材料102を偏向させることができる。 In embodiments where the second chamber 320 has a substantially circular cross-sectional shape, the inner surface of the second chamber 320, into a substantially circular path around the portion 3020 of the drive shaft 500 it is possible to deflect the output material 102.

図2を参照すると、選択的に、出力材料102を、外部のポンプ430によって第2のチャンバ320の内部から送り出すことができる。 Referring to FIG. 2, it can be fed selectively, the output material 102 from the interior of the second chamber 320 by an external pump 430. 外部のポンプ430は、混合装置100の処理能力を制限することがない充分な速度で出力材料102を送るために、この技術分野において知られている任意のポンプを含むことができる。 External pump 430, in order to at a rate sufficient is not to limit the capacity of the mixing device 100 sends an output material 102 may include any pump known in the art. そのような実施形態においては、外部のポンプ430が、出力材料102を第2のチャンバ320から出すときに、出力材料102の少なくとも一部へと接線方向(図4および11において矢印「T2」によって示されている方向)の速度を導入することができる。 In such embodiments, the external pump 430, when issuing an output material 102 from the second chamber 320, by arrow "T2" in the tangential direction (Fig. 4 and 11 to at least a portion of the output material 102 can be introduced rate of shown direction). 出力材料102の一部の接線方向の速度が、出力材料102を、この接線方向の速度によって少なくとも部分的に決定される周方向の速度において、回転軸「α」の周りを移動させる。 The speed of some of the tangential direction of the output material 102, the output material 102 in the circumferential direction of the velocity that is at least partially determined by the rate of the tangential direction to move about an axis of rotation "α".

(ポンプ420) (Pump 420)
図6および7に目を向けると、第2のチャンバ320の内部に位置するポンプ420が、出力材料102を、第2のチャンバ320から排出口3010へと送ることができ、さらには/あるいは混合チャンバ330から第2のチャンバ320へと送ることができる。 Turning to FIGS. 6 and 7, the pump 420 positioned within the second chamber 320, the output material 102, can be sent to the discharge port 3010 from the second chamber 320, more / or mixed it can be sent from the chamber 330 into the second chamber 320. 外部のポンプ430を備える実施形態においては、この外部のポンプ430を、ポンプ420が出力材料102を排出口3010へと送る速度に比べ、少なくとも同じ速さで出力材料102を第2のチャンバ320から送るように構成することができる。 In embodiments with an external pump 430, the external pump 430, as compared to the rate for sending pump 420 and the output material 102 to the discharge port 3010, the output material 102 at least as fast as the second chamber 320 it can be configured to send.

第2のチャンバ320は、混合チャンバ330の開いた第2の端部334と連通しており、混合チャンバ330内の出力材料102が、開いた第2の端部334から第2のチャンバ320へと自由に流入できる。 The second chamber 320 is in communication with a second end 334 open mixing chamber 330, the output material 102 within the mixing chamber 330, the second end 334 open to the second chamber 320 to be able to flow freely into. この態様で、出力材料102が、混合チャンバ330と第2のチャンバ320との間で、いかなる角またはカーブも通過することがない。 In this manner, the output material 102, between the mixing chamber 330 and second chamber 320, is not pass through any angle or curve. 図示の実施形態においては、第2のチャンバ320が、混合チャンバ330の開いた第2の端部334の全体と連通している。 In the illustrated embodiment, second chamber 320 is in fluid across the communication of the second end 334 open mixing chamber 330. 第2のチャンバ320を、出力材料102によって完全に満たすことができる。 The second chamber 320 can be filled completely by the output material 102.

ポンプ420は、第2のチャンバ320を貫いて延びている駆動シャフト500の部分3020によって駆動される。 Pump 420 is driven by a portion 3020 of the drive shaft 500 extending through the second chamber 320. ポンプ420は、ポンプ410と実質的に同一であってよい。 Pump 420, pump 410 substantially may be the same. ポンプ410としての使用に適するとして上述した任意のポンプを、ポンプ420に使用することができる。 Any pump described above as suitable for use as a pump 410, may be used to pump 420. ポンプ410が、第1の材料110を混合チャンバ330へと送る一方で、ポンプ420は、出力材料102を混合チャンバ330から送り出す。 Pump 410, while sending the first material 110 into the mixing chamber 330, the pump 420 feeds the output material 102 from the mixing chamber 330. したがって、ポンプ410およびポンプ420の両者を、同じ方向に作動するように向けることができる。 Therefore, both the pump 410 and pump 420 may be directed to operate in the same direction.
当業者であれば理解できるとおり、第1の材料110は、出力材料102とは異なるであろう。 As can be appreciated by those skilled in the art, the first material 110 will differ from the output material 102. 例えば、第1の材料110および出力材料102の一方が、他方よりも粘性に富むかも知れない。 For example, one of the first material 110 and the output material 102, may rich viscous than the other. したがって、ポンプ410は、ポンプ420と相違してもよい。 Therefore, the pump 410 may be different from the pump 420. ポンプ410を、第1の材料110の特性に適合するように構成でき、ポンプ420を、出力材料102の特性に適合するように構成できる。 The pump 410 can be configured to match the characteristics of the first material 110, the pump 420 can be configured to match the characteristics of the output material 102.

図6および7に示されているポンプ420は、一般にシングル・スクリュ・ポンプと称される。 Pump 420 shown in FIGS. 6 and 7 are commonly referred to as single-screw pump. この実施形態において、ポンプ部材4022は、駆動シャフト500の部分3020の周囲に配置されたカラー部4030を含んでいる。 In this embodiment, the pump member 4022 includes a collar portion 4030 disposed around the portion 3020 of the drive shaft 500. カラー部4030は、駆動シャフト500の部分3020と一緒に1つのユニットとして回転する。 Collar portion 4030 rotates as a unit with the portion 3020 of the drive shaft 500. カラー部4030は、1つ以上の流体移動部材4040を含んでいる。 Collar portion 4030 includes one or more fluid displacement members 4040. カラー部4030が、螺旋の経路に沿ってカラー部4030に外接する螺旋形を有するただ1つの流体移動部材4040を含んでいる。 Collar portion 4030 includes only one fluid transfer member 4040 having a helical shape that circumscribes the collar portion 4030 along the path of the spiral.

図11を参照すると、第2のチャンバ320の内側が図示されている。 Referring to FIG. 11, the inside of the second chamber 320 is illustrated. ポンプ420が、第2のチャンバ320内の出力材料102に、混合チャンバ330の開いた第2の端部334から離れる軸方向の流れ(矢印「A3」および矢印「A4」によって示されている)を付与する。 Pump 420, the output material 102 in the second chamber 320 (indicated by arrow "A3" and arrow "A4") a second axial flow away from the end 334 an open mixing chamber 330 the grant.

ポンプ420を、混合チャンバ330の開いた第2の端部334から離れるように移動する出力材料102に周方向の流れ(矢印「C4」によって示されている)を付与するように構成することができる。 The pump 420, can be configured to provide (shown by arrow "C4") circumferential direction of the flow in the output material 102 to move away from the second end 334 open mixing chamber 330 it can. 出力材料102に付与される周方向の流れは、ロータ600によって必要とされる仕事の量を少なくするうえで役立つことができる。 Circumferential flow imparted in the output material 102 may help to reduce the amount of work required by the rotor 600. さらに、周方向の流れは、出力材料102を排出口3010に向かって導く。 Further, the circumferential direction of flow leads towards the output material 102 to the discharge port 3010.

別の実施形態においては、ポンプ420が、図10に示したポンプ410と実質的に同じ構成を有することができる。 In another embodiment, pump 420 may have a pump 410 substantially the same as the one shown in FIG. 10. そのような実施形態においては、1枚以上の羽根2042が、混合チャンバ330の開いた第2の端部334から遠ざかるように移動する出力材料102に、周方向の流れを付与するように構成される。 In such embodiments, one or more vanes 2042, the output material 102 to move away from the second end 334 open mixing chamber 330 is configured to impart a circumferential flow that.

当業者にとって明らかであるとおり、混合装置100の種々のパラメータを、種々の混合特性を得るために変更することができる。 As is apparent to those skilled in the art, the various parameters of the mixing device 100 can be varied to achieve the various mixing characteristics. 変更可能なパラメータの例として、貫通孔608のサイズ、貫通孔608の形状、貫通孔608の配置、貫通孔608の数、開口708のサイズ、開口708の形状、開口708の配置、開口708の数、ロータ600の形状、ステータ700の形状、混合チャンバ330の幅、混合チャンバ330の長さ、駆動シャフト500の回転速度、内部のポンプ410によって付与される軸方向の速度、内部のポンプ410によって付与される周方向の速度、内部のポンプ420によって付与される軸方向の速度、内部のポンプ420によって付与される周方向の速度、ロータ600の外表面606に形成される乱れ(例えば、肌理、突起、凹所、開口、など)の形態、ステータ700の内表面706に形成される乱れ(例えば、肌理、突起、凹所 Examples of modifiable parameters, the size of the through hole 608, the shape of the through hole 608, the arrangement of the through holes 608, the number of through holes 608, the size of the apertures 708, the shape of the aperture 708, the arrangement of the opening 708, the opening 708 the number, shape of the rotor 600, the shape of the stator 700, the width of the mixing chamber 330, the length of the mixing chamber 330, the rotational speed of the drive shaft 500, the axial velocity imparted by the internal pump 410, the interior of the pump 410 the circumferential velocity imparted axial velocity imparted by the internal pump 420, the circumferential velocity imparted by the internal pump 420, turbulence is formed on the outer surface 606 of the rotor 600 (e.g., texture, projections, recesses, apertures, such as in the form of), turbulence is formed on the inner surface 706 of the stator 700 (e.g., texture, projections, recesses 開口、など)の形態、などが挙げられる。 Opening, etc.) in the form, and the like.

(別の実施形態) (Another embodiment)
図12を参照すると、混合装置5000が図示されている。 Referring to FIG. 12, a mixing device 5000 is depicted. 混合装置5000は、混合装置100の別の実施形態である。 Mixing device 5000 is an alternate embodiment of the mixing device 100. ここで、混合装置5000の構成要素であって、混合装置100の対応する構成要素に実質的に類似する構成要素を指すために、同一の参照番号が使用されている。 Here, a component of the mixing device 5000, to refer to substantially similar components to the corresponding components of the mixing device 100, the same reference numerals have been used. 混合装置100の構成要素と相違している混合装置5000の構成要素のみを、説明することにする。 Only the components of the components and differences to have a mixing device 5000 of the mixing device 100, to be described.

混合装置5000は、ロータ600およびステータ5700を収容するための筐体5500を備えている。 Mixing device 5000 includes a housing 5500 for housing the rotor 600 and the stator 5700. ステータ5700を、その第1の端部5712および第2の端部5714によって、筐体5500へと回転せぬように接続することができる。 The stator 5700 may be by the first end 5712 and second end 5714, connected so as not rotate to the housing 5500. チャンバ5800が、筐体5500と、第1の端部5712および第2の端部5714が側方に位置しているステータ5700の一部分5820との間に画定されている。 Chamber 5800, a housing 5500, a first end 5712 and second end 5714 is defined between the portion 5820 of the stator 5700, which is located laterally. 筐体5500が、チャンバ5800へのアクセスを提供する導入ポート5830を備えている。 Housing 5500 is provided with a inlet port 5830 that provides access to the chamber 5800. 導入ポート5830を、回転軸「α」に対して実質的に直角に向けることができるが、これは必須ではない。 The inlet port 5830, can be substantially perpendicular directed with respect to the rotational axis "α", this is not required.

ステータ5700は、チャンバ5800と混合チャンバ330(ロータ600とステータ5700との間に画定される)とを接続する複数の貫通孔5708を備えている。 The stator 5700 is provided with a plurality of through holes 5708 for connecting and mixing chamber 5800 chamber 330 (defined between the rotor 600 and the stator 5700). 外部のポンプ230を、第3の材料130(第2の材料120と同一であってよい)を導入ポート5830を介してチャンバ5800へと送り込むために使用することができる。 The external pump 230 may be used to pump to the third material 130 (second material 120 and a may be identical) chamber 5800 through the inlet port 5830 to. チャンバ5800へと送り込まれた第3の材料130は、ステータ5700に形成された貫通孔5708を介して混合チャンバ330に進入できる。 The third material 130 pumped into the chamber 5800 may enter the mixing chamber 330 through the through-hole 5708 formed in the stator 5700. 第3の材料130を、ポンプ230、第1の材料110に対する第3の材料130の浮力、およびこれらの組み合わせによって、チャネル5800から押し出すことができる。 The third material 130, pump 230, the third buoyant material 130 to the first material 110, and a combination thereof, can be pushed from the channel 5800. ロータ600が回転するとき、第3の材料130も、チャネル5800から混合チャンバ330へと引き込まれる。 When the rotor 600 rotates, the third material 130 is also drawn from the channel 5800 into the mixing chamber 330. 第3の材料130は、ロータ600によって周方向の速度が付与された泡、液滴、粒子、などとして、混合チャンバ330に進入することができる。 The third material 130, bubbles circumferential velocity is imparted by the rotor 600, the droplets, particles, as such, may enter the mixing chamber 330.

(別の実施形態) (Another embodiment)
混合装置100の別の実施形態を、図13に示した中央部5900および図14に示した軸受筐体5920を使用して構築することができる。 Another embodiment of the mixing device 100 can be constructed using the bearing housing 5920 shown in the central portion 5900 and 14 shown in FIG. 13. 図13は、内側にステータ700(図7を参照)を有している中央部5900を示している。 Figure 13 shows a central portion 5900 having a stator 700 (see FIG. 7) on the inside. ここで、中央部5900に関する構成要素であって、混合装置100の対応する構成要素に実質的に類似する構成要素を示すために、同一の参照番号が使用されている。 Here, a component about the central portion 5900, to indicate substantially similar components to the corresponding components of the mixing device 100, the same reference numerals have been used. 中央部522の構成要素と相違する中央部5900の構成要素のみを、説明することにする。 Only the components of the central portion 5900 that differ from the components of the central portion 522, to be described. 中央部5900およびステータ700は、どちらも金属(例えば、ステンレス鋼)などの導電性材料から作られている。 Central portion 5900 and the stator 700 are both metal (e.g., stainless steel) are made of a conductive material such as. 導入ポート1010および排出口3010は、どちらもプラスチック(例えば、PET、テフロン(登録商標)、ナイロン、PVC、ポリカーボネート、ABS、デルリン、ポリサルフォン、など)などの非導電性材料から作られている。 Port 1010 and outlet 3010 are both plastic (e.g., PET, Teflon, nylon, PVC, polycarbonate, ABS, Delrin, polysulfone, etc.) are made from non-conductive material, such as.

電気接点5910が、中央部5900へと組み合わせられ、中央部5900へと電荷を届けるように構成されている。 Electrical contacts 5910 may be combined into a central portion 5900 is configured to deliver a charge to the central portion 5900. 中央部5900は、電気接点5910へと加えられた電荷をステータ700へと導く。 Central 5900 guides the charge applied to the electrical contact 5910 to the stator 700. さらなる実施形態においては、中央部5900を、非導電性材料から構成することができる。 In a further embodiment, it is possible to a central portion 5900, constitutes a non-conductive material. そのような実施形態においては、電気接点5910が、中央部5900を通過してステータ700へとつながることができる。 In such embodiments, the electrical contacts 5910 is able to lead to the stator 700 through the central portion 5900. 電気接点5910によってステータ700へと加えられる電荷が、混合チャンバ330内の酸化還元または他の化学反応の促進に役立つことができる。 Charge applied to the stator 700 by the electrical contact 5910 is, can help promote redox or other chemical reactions within the mixing chamber 330.

選択的に、絶縁(図示されていない)を、中央部5900を周囲から電気的に絶縁すべく中央部5900の周囲に配置することができる。 Optionally, insulation (not shown), may be the central portion 5900 is disposed around the central portion 5900 so as to electrically insulated from the surroundings. さらに、絶縁を、中央部5900と中央部5900の側方に位置する第1および第2のメカニカルシール524および526との間に使用して、中央部5900を混合装置の他の構成要素から電気的に絶縁することができる。 Furthermore, the electrical insulation, used between the first and second mechanical seals 524 and 526 located on the side of the central portion 5900 and the central portion 5900, a central portion 5900 from other components of the mixing device to be able to insulation.

次に、図14に目を向け、軸受筐体5920を説明する。 Next, turning to FIG. 14, illustrating the bearing housing 5920. 軸受筐体5920は、駆動シャフト500の部分726の周囲に周状に配置されている。 The bearing housing 5920 is disposed circumferentially around the portion 726 of the drive shaft 500. 電気接点5922が、軸受筐体5920に接続されている。 Electrical contacts 5922 are connected to the bearing housing 5920. 回転ブラシ接点5924が、駆動シャフト500と電気接点5922との間の電気的な接続をもたらしている。 Rotating brushes 5924 has resulted in electrical connection between the drive shaft 500 and the electrical contacts 5922.

この実施形態において、駆動シャフト500およびロータ600は、どちらも金属(例えば、ステンレス鋼)などの導電性材料から作られている。 In this embodiment, the drive shaft 500 and the rotor 600 are both metal (e.g., stainless steel) are made of a conductive material such as. 軸受筐体5920を、導電性または非導電性の材料から構成することができる。 The bearing housing 5920 may be composed of a conductive or non-conductive material. 電気接点5922および回転ブラシ接点5924によって、駆動シャフト500へと電荷が加えられる。 The electrical contacts 5922 and the rotating brush contact 5924, the charge to the drive shaft 500 is added. 電荷は、駆動シャフト500によってロータ600へと導かれる。 Charge is guided to the rotor 600 by the drive shaft 500.

図13に示した中央部5900および図14に示した軸受筐体5920を使用して構成された混合装置100のこの別の実施形態を、少なくとも2つの態様で動作させることができる。 Indicated this alternative embodiment of the mixing device 100 constructed using the bearing housing 5920 shown in the central portion 5900, and 14 in FIG. 13, can be operated in at least two aspects. 第1に、電気接点5910および5922を、ステータ700およびロータ600のそれぞれに電荷を供給しないように設定することができる。 First, the electrical contacts 5910 and 5922 can be set so as not to supply charge to each of the stator 700 and the rotor 600. 換言すると、電気接点5910および5922のいずれも、電流源、電圧源などに接続されない。 In other words, none of the electrical contacts 5910 and 5922, a current source, not connected like a voltage source.

あるいは、電気接点5910および5922を、ステータ700およびロータ600のそれぞれに電荷を供給するように設定することができる。 Alternatively, the electrical contacts 5910 and 5922 can be configured to provide an electrical charge to each of the stator 700 and the rotor 600. 例えば、電気接点5910および5922を、電気接点5910と5922との間に安定または一定の電圧を供給するDC電圧源(図示されていない)に接続することができる。 For example, the electrical contacts 5910 and 5922 can be connected to a DC voltage source for supplying a stable or constant voltage between the electrical contacts 5910 and 5922 (not shown). DC電圧源の負の端子を、電気接点5910および5922のどちらかに接続でき、DC電圧源の正の端子を、電気接点5910および5922の他方に接続できる。 The negative terminal of the DC voltage source can be connected to either the electrical contacts 5910 and 5922, the positive terminal of the DC voltage source can be connected to the other electrical contacts 5910 and 5922. 電気接点5910と5922との間に供給される電圧は、約0.0001ボルト〜約1000ボルトの範囲であってよい。 Voltage supplied between the electrical contacts 5910 and 5922 may range from about 0.0001 volts to about 1000 volts. 特定の実施形態においては、この電圧が、約1.8ボルト〜約2.7ボルトの範囲であってよい。 In certain embodiments, the voltage may range from about 1.8 volts to about 2.7 volts. 別の例として、約1%〜約99%のデューティサイクルを有するパルス状のDC電圧を、使用してもよい。 As another example, a pulsed DC voltage having a duty cycle from about 1% to about 99%, may be used.

混合装置の運転方法の上述の例は、電気接点5910と5922との間にDC電圧を印加しているが、当業者にとって明らかであるとおり、様々な形状および大きさを有する対称なAC電圧または非対称なAC電圧を、電気接点5910と5922との間に印加することができ、そのような実施形態も、本発明の範囲に包含される。 Examples of the above-described method of operating the mixing device, but by applying a DC voltage between the electrical contacts 5910 and 5922, as will be apparent to those skilled in the art, symmetrical AC voltage having various shapes and sizes or the asymmetric AC voltage, the electrical contacts 5910 and can be applied between 5922 and such embodiments are within the scope of the present invention.

(混合チャンバ330内での混合) (Mixing within the mixing chamber 330)
上述のように、従来技術の装置10(図1に示されている)においては、第1の材料110が、ロータ12とステータ30との間のチャネル32へと、チャネル32の開いた第2の端部の一部分にのみ沿って位置しているただ1つの限られた入力ポート37を介して進入している。 As described above, in the prior art device 10 (shown in FIG. 1), the first material 110, the rotor 12 and into the channel 32 between the stator 30 and the second an open channel 32 and entering through only one limited input port 37 located along a portion of the end of only. 同様に、出力材料102は、チャネル32の開いた第1の端部の一部分にのみ沿って位置しているただ1つの限られた出力ポート40を介して、チャネル32から出ている。 Likewise, the output material 102 through only one limited output port 40 located along a portion of the first open end of the channel 32 only, emanating from the channel 32. この構成が、望ましくない不必要な摩擦を生じさせている。 This arrangement is cause unwanted and unnecessary friction. これらただ1つの限られた入力ポート37およびただ1つの限られた出力ポート40を、チャンバ310および320でそれぞれ置き換えることによって、摩擦を低減した。 These only one limited input port 37 and only one limited output port 40, by replacing each with chambers 310 and 320, with reduced friction. さらに、第1の材料110が、混合チャンバ330に入る前に角を通過することがなく、混合チャンバ330を出る前に角を通過することがない。 Furthermore, the first material 110, without passing through the corner before entering the mixing chamber 330, does not pass through the corner before exiting the mixing chamber 330. さらに、チャンバ310および320が、チャネル32に入る前およびチャネル32を出た後の材料の周方向の速度をもたらす。 Further, the chamber 310 and 320, resulting in a circumferential speed of the material after exiting the front and channel 32 into the channel 32.

したがって、混合装置100における圧力低下が、大幅に低減されている。 Thus, pressure drop in the mixing device 100 is greatly reduced. 図2、4〜9、および11に示した実施形態においては、入力ポート1010と出力ポート3010との間の圧力低下は、混合装置100を毎分約60ガロンの出力材料102を生み出すように構成した場合に、わずかに約12psiである。 Figure 2,4~9, and in the embodiment shown in 11, configured as pressure drop produces an output material 102 per minute to about 60 gallons mixing device 100 between the output port 3010 and input port 1010 If it is, it is only about 12psi. これは、毎分約60ガロンの出力材料を生み出す場合に、少なくとも26psiであった図1に示した従来技術の装置10に対する改善である。 This is because when produce output material per minute to about 60 gallons an improvement over the prior art device 10 shown in FIG. 1 was at least 26 psi. 換言すると、混合装置100における圧力低下は、従来技術の装置10が直面する圧力低下の半分よりも少ない。 In other words, the pressure drop in the mixing device 100 is less than half the pressure drop prior art device 10 is faced.

さらなる態様によれば、駆動シャフト500によって駆動されるポンプ410および420を備えることで、従来技術において用いられている外部のポンプに比べて、材料の混合において大幅に効率的であって、必要とするエネルギーが少ない構成がもたらされる。 According to a further aspect, by providing the pump 410 and 420 are driven by the drive shaft 500, as compared to the outside of the pump used in the prior art, a much more efficient in mixing materials, require construction energy is small is provided.

(マイクロキャビテーション) (Micro cavitation)
混合装置100の動作時に、入力材料は、第1の材料110(例えば、流体)および第2の材料120(例えば、ガス)を含むことができる。 During operation of the mixing device 100, the input material, the first material 110 (e.g., a fluid) and the second material 120 (e.g., gas) can contain. 第1の材料110および第2の材料120が、ロータ600とステータ700との間に形成される混合チャンバ330内で混合される。 The first material 110 and second material 120 are mixed in a rotor 600 and the mixing chamber 330 formed between the stator 700. ステータ700の内側でロータ600が回転することで、混合チャンバ330内で第1の材料110および第2の材料120が攪拌される。 By the rotor 600 inside the stator 700 rotates, the first material 110 and second material 120 is agitated in the mixing chamber 330. ロータ600に形成された貫通孔608および/またはステータ700に形成された開口708が、混合チャンバ330内の第1の材料110および第2の材料120の流れに乱流を付与する。 Through holes 608 and / or apertures 708 formed in the stator 700 formed on the rotor 600, to impart turbulence to the first flow of material 110 and second material 120 within the mixing chamber 330.

理論に拘束されるわけではないが、第2の材料120の第1の材料110への拡散の効率および持続は、一部にはマイクロキャビテーションによって生じると考えられ、これを図15〜17に関して説明する。 Without being bound by theory, the first efficiency and persistence of the diffusion of the material 110 of the second material 120 is believed to in part caused by the micro-cavitation, to this regard 15 to 17 described to. 材料が滑らかな表面上を流れるときは、常に、移動する流体と静止している表面との間の表面張力ゆえに、かなりの層流が、静止またはきわめてゆっくりと移動する薄い境界層を伴って確立される。 When the material flows over a smooth surface is always in tension because between the surface which is stationary with moving fluid, substantial laminar flow, with a thin boundary layer of stationary or moving very slowly established It is. 貫通孔608および選択的に開口708が、この層流を乱し、第1の材料110の局所的な圧縮および減圧を生じさせ得る。 Through holes 608 and selectively opened 708, it disrupts the laminar flow, can cause localized compression and decompression of the first material 110. 減圧サイクルにおける圧力が充分に低い場合、ボイド(キャビテーション気泡)が材料に形成される。 If the pressure in the decompression cycle is low enough, voids (cavitation bubbles) is formed in the material. キャビテーション気泡は、局所的な低圧の領域が図15に示されるようにホスト材料および注入材料を引き寄せるため、竜巻のような環流パターン5990を生み出す。 Cavitation bubbles, to attract host material and infusion material as localized low pressure region is shown in Figure 15 produces a reflux pattern 5990 as a tornado. キャビテーション気泡が崩壊するときに、きわめて高い圧力が生じる。 When the cavitation bubbles collapse, extremely high pressure occurs. 2つの整列した開口(例えば、開口708のうちの1つと、貫通孔608のうちの1つ)が互いを通り過ぎるとき、振動(衝撃波)が生じ、大きなエネルギーを生成する。 Two aligned openings (e.g., with one of one of the apertures 708, one of the through-hole 608) is when passing each other, vibration (shock wave) occurs, generating significant energy. キャビテーションおよび振動に関連するエネルギーが、第1の材料110および第2の材料120を、おそらくは分子レベルできわめて高い程度にまで混合させる。 Energy associated with cavitation and vibration, the first material 110 and second material 120, thereby possibly mixed to the extent very high at the molecular level.

ロータ600の接線方向の速度、および1回転につき互いを通過する開口の数が、混合装置100の周波数を決定付けることができる。 The number of openings tangential velocity of the rotor 600, and per revolution passing through each other, may determine the frequency of the mixing device 100. 混合装置100を超音波の周波数範囲において動作させると、多くの用途において有益であり得ることが、明らかになっている。 The mixing device 100 when operating in the frequency range of the ultrasonic wave, it may be beneficial in many applications, it has become apparent. 混合装置100を超音波領域の周波数で動作させることで、流体分子の結合角をシフトさせるべく最大の振動衝撃波がもたらされ、結合角のシフトによって、流体分子が、通常であれば保持することができないさらなる量の第2の材料120を運ぶことができるようになると考えられる。 The mixing device 100 by operating at a frequency in the ultrasonic range, which leads to maximum vibration shock wave in order to shift the coupling angle of the fluid molecule, a shift of the bond angle, the fluid molecules, held would normally It believed to be able to carry a second material 120 further quantities can not. 混合装置100が拡散装置として使用される場合、混合装置100の動作周波数が、拡散の度合いを左右し、第2の材料120(注入材料)の第1の材料110(ホスト材料)中でのはるかに長い持続をもたらすようにみえる。 If the mixing device 100 is used as a diffusion device, the operating frequency of the mixing device 100, to influence the degree of diffusion, much of in the second material 120 first material 110 (infusion material) (host material) It seems to bring long lasting.

次に、図15を参照すると、ロータ600の別の実施形態であるロータ6000が提示されている。 Referring now to FIG. 15, the rotor 6000 is presented which is another embodiment of the rotor 600. 混合チャンバ330内で第1の材料110に生じるキャビテーションを、混合チャンバ330の長さに沿って異なる周波数で生じるように構成することができる。 Cavitation occurring in the first material 110 within the mixing chamber 330 can be configured to occur at different frequencies along the length of the mixing chamber 330. キャビテーションの周波数を、ロータ600の長さに沿った貫通孔6608の数および/または配置を変えることによって、変化させることができる。 The frequency of the cavitation, by varying the number and / or arrangement of the through-holes 6608 along the length of the rotor 600 can be varied. 貫通孔6608のそれぞれは、貫通孔608(上述)と実質的に同様であってよい。 Each of the through-holes 6608 may be substantially similar to the through-hole 608 (described above).

これに限定されるわけではない例として、ロータ6000を、3つの別個の典型的なセクション6100、6200、および6300に分割することができる。 Examples without limitation thereto, the rotor 6000 can be divided three separate exemplary sections 6100,6200, and 6300. 貫通孔6608の密度が、セクション6100からセクション6200へと増加しており、セクション6100の穴の数は、セクション6200の穴の数よりも多い。 The density of the through-hole 6608 is, has increased from the section 6100 to the section 6200, the number of holes in the section 6100 is greater than the number of holes in the section 6200. さらに、貫通孔6608の密度は、セクション6200からセクション6300へと増加しており、セクション6200の穴の数は、セクション6300の穴の数よりも多い。 Furthermore, the density of the through holes 6608 is increased from the section 6200 to the section 6300, the number of holes in the section 6200 is greater than the number of holes in the section 6300. セクション6100、6200、および6300のそれぞれが、形成されている貫通孔6608の数の相違のために、それらの特定の領域において異なる周波数で振動を生じさせる。 Each section 6100,6200, and 6300, for the difference in the number of through-holes 6608 are formed, causing the vibration at different frequencies in their particular area.

ロータ6000を、所望の数の貫通孔6608を特定の領域に適切に配置して製造することで、混合チャンバ330における振動について、所望の周波数を定めることができる。 The rotor 6000, was to prepare properly placed in a specific area of ​​the through hole 6608 of the desired number, the oscillation in the mixing chamber 330, it is possible to determine the desired frequency. 同様に、キャビテーションの所望の周波数を、所望の数の開口708を内側でロータ600が回転するステータ700上の特定の領域に適切に配置することによって、定めることができる。 Similarly, the desired frequency of the cavitation, by suitably located at a particular area on the stator 700 rotor 600 rotates the aperture 708 of the desired number of inner, it can be determined. さらに、混合チャンバ330における振動の所望の(1つ以上の)周波数を、ステータ700に形成される開口708の特定の数および配置ならびにロータ600に形成される貫通孔608の特定の数および配置の両者を、選択することによって達成することができる。 Furthermore, the desired vibration in the mixing chamber 330 (one or more) frequencies, the specific number and arrangement of the through-hole 608 which is formed to a specific number and arrangement as well as the rotor 600 of the opening 708 formed in the stator 700 both can be achieved by selecting.

図19〜21は、ステータ700に形成される開口708およびロータ600に形成される貫通孔608について、生成されるキャビテーションに関して様々な結果を達成するように構成された種々の構成配置の選択肢を示している。 19 to 21, the through hole 608 formed in the opening 708 and the rotor 600 are formed in the stator 700, show various configurations arrangement choices configured to achieve different results with respect cavitation generated ing. 19は、ロータ600の回転軸「α」を通って引かれるいかなる線(例えば、線7010)とも平行でない軸7000に沿って、開口708および貫通孔608が整列している構成を示している。 19, any line (e.g., line 7010) drawn through the rotational axis of the rotor 600 "α" along the axis 7000 and not parallel, shows a configuration where the opening 708 and the through hole 608 are aligned . 換言すると、ロータ600が円筒形である場合、軸7000が、ロータ600の中心を通過しない。 In other words, when the rotor 600 is cylindrical, the axis 7000 does not pass through the center of the rotor 600. その結果、混合チャンバ330内の第1の材料110が、開口708および貫通孔608によって生成される圧縮および減圧に対して直角を向かない。 As a result, the first material 110 within the mixing chamber 330 is not suitable normal to the compression and decompression are generated by the opening 708 and the through hole 608. 代わりに、圧縮および減圧が、混合チャンバ330内の第1の材料110の周方向の流れ(図9の矢印「C3」の方向)に平行な成分を少なくとも有する力のベクトルを有する。 Alternatively, the compression and decompression has a force vector having at least a component parallel to (the direction of arrow "C3" in Fig. 9) the circumferential direction of the flow of the first material 110 within the mixing chamber 330.

開口708および貫通孔608の互いの整列も、混合チャンバ330におけるキャビテーションの生成に影響を及ぼすことができる。 Mutual alignment of the openings 708 and the through hole 608 can also affect the generation of cavitation in the mixing chamber 330. 20が、開口708が混合チャンバ330の全体にわたって貫通孔608に一致している実施形態を示している。 Figure 20 shows an embodiment in which an opening 708 is coincident with the through-holes 608 throughout the mixing chamber 330. この実施形態において、ロータ600が回転すると、ロータの貫通孔608がステータ700の開口708に真っ直ぐに整列する。 In this embodiment, the rotor 600 is rotated, the through-hole 608 of the rotor is straight aligned apertures 708 of the stator 700. 互いに真っ直ぐに整列しているとき、開口708および貫通孔608によって生成される圧縮および減圧の力は、互いに真っ直ぐに整列する。 When you are straight alignment with each other, the compression and decompression of the force generated by the opening 708 and the through hole 608 straight alignment with each other.

21に示した実施形態においては、開口708および貫通孔608が、回転軸「α」に沿って或るオフセット量「X」だけずらされている。 In the embodiment shown in FIG. 21, the apertures 708 and the through hole 608, are offset by some offset amount "X" along the axis of rotation "α". これに限定されるわけではないが、例として、オフセット量「X」を、開口708のサイズの関数として決定することができる。 But it is not limited to, as an example, the offset amount "X" can be determined as a function of the size of the aperture 708. 例えば、オフセット量「X」は、開口708の直径の半分にほぼ等しくてよい。 For example, the offset amount "X" may be approximately equal to half the diameter of the opening 708. あるいは、オフセット量「X」を、貫通孔608のサイズの関数として決定することができる。 Alternatively, the offset amount "X" can be determined as a function of the size of the through hole 608. 例えば、オフセット量「X」は、貫通孔608の直径の半分にほぼ等しくてよい。 For example, the offset amount "X" may be approximately equal to half the diameter of the through hole 608. 特徴(例えば、凹所、突起、など)が、貫通孔608および開口708に代え、あるいは貫通孔608および開口708に加えて、ロータ600またはステータ700に備えられる場合には、オフセット量「X」を、そのような特徴のサイズの関数として決定することができる。 Features (e.g., recesses, projections, etc.), instead of the through hole 608 and the opening 708, or in addition to the through hole 608 and the opening 708, if provided in the rotor 600 or stator 700, the offset amount "X" and it may be determined as a function of the size of such features. この態様で、ステータ700の開口708およびロータ600の貫通孔608によって引き起こされる圧縮および減圧の力が、わずかにずれて衝突し、混合チャンバ330内に追加の回転およびねじりの力を生じさせる。 In this manner, the compression and decompression of the force caused by the through-hole 608 of the opening 708 and the rotor 600 of the stator 700, collide slightly shifted, causing additional rotational and torsional forces within the mixing chamber 330. これらの追加の力が、混合チャンバ330における第2の材料120の第1の材料110への混合(例えば、拡散作用)を増大させる。 These additional forces, mixed into the first material 110 of the second material 120 in the mixing chamber 330 (e.g., the diffusion effect) increases.

次に、図22〜25を参照すると、開口708および貫通孔608の適切な断面形状について、これらに限定されるわけではない例が提示されている。 Referring now to FIG. 22-25, for suitable cross-sectional shape of the opening 708 and the through hole 608, not not the example is limited to are presented. 開口708および/または貫通孔608の断面形状は、図22に示されるような四角、図23に示されるような円、などであってよい。 Sectional shape of the opening 708 and / or the through-hole 608 is rectangular as shown in FIG. 22, circles, may the like as shown in FIG. 23.

開口708および/または貫通孔608の様々な断面形状を、ロータ600がステータ700の内側で回転するときの第1の材料110の流れを変えるために、使用することができる。 The various cross-sectional shape of the opening 708 and / or the through-hole 608, in order to change the first flow of material 110 of the rotor 600 rotates inside the stator 700 can be used. 例えば、図24は、狭い部分7020を広い部分7022の反対側に有している涙滴形の断面形状を示している。 For example, Figure 24 shows a cross-sectional shape of the teardrop-shaped having opposite the wide portion 7022 of the narrow portion 7020. 貫通孔608がこの涙滴形状を有する場合、ロータ600の回転時(概して矢印「F」によって示されている方向)に、混合チャンバ330内の第1の材料110、第2の材料120、および選択的な第3の材料130に加わる力が、材料が涙滴の広い部分7022から狭い部分7020へと通過するにつれて増加する。 When the through-holes 608 have this teardrop shape, when the rotation of the rotor 600 (generally the direction indicated by arrow "F"), the first material 110 within the mixing chamber 330, second material 120 and, force applied to the optional third material 130 is increased as the material is passed into the narrow portion 7020 from the wide part of the tear drop 7022.

追加の回転力を、開口708および/または貫通孔608を図25に示されるような渦巻き形態を備えて形成することによって、混合チャンバ330へと導入することができる。 Additional rotational force, the openings 708 and / or the through-hole 608 by forming comprises a spiral form as shown in FIG. 25, can be introduced into the mixing chamber 330. 渦巻き形態を有する開口708および/または貫通孔608へと流入および流出する材料は、渦巻き形態によって引き起こされる回転力に直面する。 Material into and out into the opening 708 and / or the through-hole 608 has a spiral form, face the rotational force caused by the spiral form. 2528に示した例は、混合装置100において使用することができるいくつかの実施形態について、これらに限られるわけではない例示を提供している。 Examples shown in FIGS. 25-28, for some embodiments, which can be used in the mixing apparatus 100, provides an illustrative but not limited to. 当業者であれば、開口708および/または貫通孔608を、混合チャンバ330内の材料の混合に適した様々な振動および攪拌力を達成するために、多数の態様に構成できるであろう。 Those skilled in the art, the apertures 708 and / or the through-hole 608, in order to achieve different vibration and stirring power suitable for mixing materials within the mixing chamber 330, could be configured in a number of ways.

(二重層効果) (Double layer effect)
混合装置100を、界面動電効果(後述)をさらに助ける複合混合をもたらす複合の動的乱流を伴う第1の材料110および第2の材料120の複合かつ非線形な流体力学的相互作用によって、出力材料102を生成するように構成することができる。 The mixing device 100, by complex and non-linear fluid dynamic interaction of the first material 110 and second material 120 with dynamic turbulence composite resulting in composite mixture further aid the electrokinetic effects (described below), it can be configured to generate output material 102. これらの界面動電効果の結果を、出力材料102において、出力材料内で安定化された溶媒和電子の形態など、電荷の再分配および酸化還元反応として観察することができる。 The results of these electrokinetic effects, the output material 102, such as in the form of stabilized solvated electrons in the output material, can be observed as a redistribution and redox reaction of the charge.

表面基のイオン化または解離ならびに/あるいは液体からのイオンの吸着は、液体に接触しているほとんどの固体表面を帯電させる。 Adsorption of ions from the ionization or dissociation and / or liquid surface groups charges the most solid surfaces in contact with the liquid. 26を参照すると、電気二重層(「EDL」)7100が、液体7120に接触している典型的な表面7110の周囲に形成されている。 Referring to FIG. 26, the electric double layer ( "EDL") 7100 is formed around a typical surface 7110 in contact with the liquid 7120. EDL7100において、或る帯電のイオン7122(この場合には、負に帯電したイオン)が、表面7120へと吸着し、典型的にはStern層と称される表面層7124を形成する。 In EDL7100, certain charged ions 7122 (in this case, negatively charged ions) adsorb to the surface 7120, typically form called surface layer 7124 and Stern layer. 表面層7124が、逆の帯電かつ等しい大きさの対イオン7126(この場合には、正に帯電したイオン)を引き付け、これが表面層7124の下方に対イオン層7128を形成し、典型的には拡散層と称される。 Surface layer 7124 is opposite charge and equal magnitude counterions 7126 (in this case, positively charged ions) attracted, which form a counterion layer 7128 below the surface layer 7124, typically It referred to as a diffusion layer. 対イオン層7128は、表面層7124よりもより拡散して分布し、下方の多量の材料7130における両方のイオンの一様かつ等しい分布の上方に位置する。 Counterion layer 7128 diffuses more than the surface layer 7124 and distributed, located above a uniform and equal distribution of both ions in the bulk material 7130 below. 中性水のOH およびH イオンについて、Gouy−Chapmanモデルが、拡散対イオン層が水へと約1ミクロンにわたって広がることを示唆している。 OH of neutral water - about and H + ions, Gouy-Chapman model, diffusion counterion layer suggesting that spread over about 1 micron to water.

特定の態様によれば、上述の界面動電効果が、帯電した表面7110に隣接する液体7120の移動によって引き起こされる。 According to a particular aspect, electrokinetic effects mentioned above are caused by the movement of the liquid 7120 next to the charged surface 7110. 液体7120(例えば、水、生理食塩水、など)において、表面層7124を形成している吸着イオン7122は、たとえ液体7120が移動している(例えば、矢印「G」によって示される方向に流れている)ときでも表面7120へと固定されているが、せん断面7132が、表面7120から離れて拡散対イオン層7128に存在している。 Liquid 7120 (e.g., water, saline, etc.) in the adsorption ions 7122 forming the surface layer 7124, even if the liquid 7120 is moving (e.g., flows in the direction indicated by arrow "G" yl) it is secured to any surface 7120 when at a shear surface 7132 is present in the diffusion counterion layer 7128 spaced from the surface 7120. したがって、液体7120が移動するとき、拡散対イオン7126の一部が、表面7120から運び去られる一方で、吸着したイオン7122は、表面7120にとどまる。 Therefore, when the liquid 7120 moves, some of the diffusion versus 7126 is, while being transported away from the surface 7120, ions 7122 adsorbed remains in the surface 7120. これが、いわゆる「荷電電流」を生む。 This is, produce the so-called "charged current".

混合チャンバ330において、第1の材料110、第2の材料120、および選択的な第3の材料130に、ステータ700の内表面705および/またはロータ600の外表面606によって生成される電磁界、内表面705と外表面606との間の電圧、ならびに/あるいは第1の材料110に形成された少なくとも1つのEDLによって引き起こされる界面動電効果(例えば、荷電電流)が加わる。 In the mixing chamber 330, a first material 110, the second material 120 and optional third material 130, the electromagnetic field generated by the outer surface 606 of the inner surface 705 and / or rotor 600 of the stator 700, voltage between the inner surface 705 and outer surface 606, and / or at least one electrokinetic effects caused by EDL formed in the first material 110 (e.g., streaming current) is applied. 少なくとも1つのEDLは、ステータ700の内表面705およびロータ600の外表面606の少なくとも一方によって第1の材料110へと導入することができる。 At least one EDL, can be introduced into the first material 110 by at least one of the outer surface 606 of the inner surface 705 and the rotor 600 of the stator 700.

第1の材料110が混合チャンバ330を通って表面の乱れ(例えば、貫通孔608および開口708)に対して移動することで、混合チャンバ330内の第1の材料110にキャビテーションが生じ、これが第2の材料120を第1の材料110へと拡散させることができる。 Disturbance of the surface the first material 110 through the mixing chamber 330 (e.g., through-holes 608 and apertures 708) by moving relative to, cavitation occurs in the first material 110 within the mixing chamber 330, which is the the second material 120 can be diffused into the first material 110. これらのキャビテーションが、第1の材料110および/または第2の材料120のステータ700の内表面705に形成された電気二重層および/またはロータ600の外表面606に形成された電気二重層との接触を増進できる。 These cavitation, the first material 110 and / or the second electric double layer formed on the inner surface 705 of the stator 700 of the material 120 and / or the electric double layer formed on the outer surface 606 of the rotor 600 contact can be enhanced. 混合チャンバについて体積に対する表面の比が大きいこと、および混合チャンバにおける全材料の滞留時間が増すことに、平均の気泡サイズがより小さい(したがって、気泡の表面積が大幅に大きい)ことが組み合わさって、EDLの介在による効果が本発明の出力材料へと効果的に付与される。 Mixing chamber the ratio of the surface is large relative to the volume for and to the residence time of all the material is increased in the mixing chamber, a smaller cell size of the average I (hence, the surface area of ​​the bubbles much larger) is combined, effect intervention EDL effectively imparted to the output material of the present invention.

内表面705および外表面606が、ステンレス鋼などの金属材料から作られる実施形態においては、液体7120の移動および/または荷電電流が、内表面705および外表面606においてH O、OH 、H 、およびO が関係する酸化還元反応を促進する。 Inner surface 705 and outer surface 606, in the embodiment made of a metal material such as stainless steel, moves and / or streaming current of liquid 7120, the inner surface 705 and outer surface 606 H 2 O, OH -, H +, and O 2 promotes the oxidation-reduction reactions involved.

27を参照すると、理論に拘束されるわけではないが、内表面705と外表面606との間の混合チャンバ330の部位7140を、1対の平行なプレート7142および7144としてモデル化できると考えられる。 Referring to FIG. 27, considered without being bound by theory, the site 7140 of the mixing chamber 330 between the inner surface 705 and outer surface 606 can be modeled as a pair of parallel plates 7142 and 7144 It is. 第1の材料110が液体である場合、第1の材料110は、導入口「IN」を通って部位7140に進入し、排出口「OUT」を通って部位7140を出る。 If the first material 110 is a liquid, the first material 110 enters the site 7140 through the inlet "IN", exits the site 7140 through an outlet "OUT". 導入口「IN」および排出口「OUT」が、部位7140への流れおよび部位7140からの流れを制限する。 Inlet "IN" and the outlet "OUT" is, to restrict the flow from the flow and site 7140 to the site 7140.

28を参照すると、平行なプレート7142と7144との間の領域は、大きな表面積−体積の比を有している。 Referring to FIG. 28, the area between the parallel plates 7142 and 7144, a large surface area - has a volume ratio. したがって、対イオン層7128(および、対イオン7126)のかなりの部分が、第1の材料110がプレート7142と7144との間を移動するときに、移動することができる。 Accordingly, the counterion layer 7128 (and counterions 7126) a substantial portion of, when the first material 110 is moved between the plates 7142 and 7144, can be moved. 移動する対イオン7126の数が、導入口「IN」によって部位7140への進入が許される数、および排出口「OUT」によって部位7140からの流出が許される数を、超える可能性がある。 The number of mobile counterions 7126 is the number of numbers, and the outflow from the site 7140 by the outlet "OUT" is allowed are allowed entry to the site 7140 by inlet "IN" can exceed. 部位7140への第1の材料110の供給および部位7140からの第1の材料110の除去をそれぞれ行う導入口「IN」および排出口「OUT」は、平行なプレート7142および7144よりもはるかに小さい表面積(および、より小さな表面積−体積の比)を有しており、したがって部位7140へと進入する第1の材料110および部位7140を出る第1の材料110において移動している対イオン7126の割合を少なくする。 Inlet performing a first removal of material 110 from the supply and site 7140 of the first material 110 to the site 7140 are "IN" and outlet "OUT" is much smaller than the parallel plates 7142 and 7144 surface area (and smaller surface area - volume ratio) ratio of have, therefore the first material 110 and the portion 7140 first pair moving in the material 110 of 7126 exiting the entering into the site 7140 It is reduced. したがって、部位7140への進入および流出は、荷電電流を局所的に増加させる。 Thus, ingress and outflow to the site 7140, locally increasing the charging current. いずれかの表面上を流れる第1の材料110によって引き起こされるバックグラウンド荷電電流(矢印「BSC」によって示されている)が、混合装置100内に常に存在する一方で、プレート7142および7144が、部位7140において増加の「余分な」荷電電流(矢印「ESC」によって示されている)を導入する。 Background charging current caused by the first material 110 flowing through either the top surface (indicated by arrow "BSC") is, while always present inside the mixing apparatus 100, plates 7142 and 7144, the site introducing increased "extra" charging current (identified by arrow "ESC") in 7140.

プレート7142および7144に第1の材料110の流れの方向と反対の導電性の戻り電流(矢印「RC」によって示されている)がないと、吸着しているイオン7122と同じ符号を有する余分な電荷7146が、導入口「IN」の付近に蓄積し、対イオン7126と同じ符号を有する余分な電荷7148が、排出口「OUT」の付近に蓄積すると考えられる。 Without (indicated by arrow "RC") plates 7142 and 7144 in the first the direction of flow of the material 110 opposite conductive return current, extra having the same sign as the ion 7122 adsorbed charge 7146 is accumulated in the vicinity of the inlet "iN", excess charge having the same sign as the counterion 7126 7148 it is believed that accumulate near the outlet "OUT". このようにして蓄積される電荷7146および7148は、反対であって互いに引き合い、無制限に蓄積することはできないため、蓄積した電荷は、導電手段によって結合しようとする。 Such charges 7146 and 7148 are stored in, the order be reversed can not be inquiries, accumulate indefinitely each other, the accumulated charges, attempts to bond the electrically conductive means. プレート7142および7144が完璧に電気絶縁性である場合、蓄積した電荷7146および7148は、第1の材料110そのものを通ってのみ移動することができる。 If the plates 7142 and 7144 are perfectly electrically insulating, the accumulated charges 7146 and 7148 can be moved only through the first material 110 itself. 導電性の戻り電流(矢印「RC」によって示されている)が、部位7140における余分な荷電電流(矢印「ESC」によって示されている)に実質的に等しい場合、正味の余分な荷電電流がゼロである定常状態が達成され、導入口「IN」の付近の余分な電荷7146と排出口「OUT」の付近の余分な電荷7148との間の静電電位の差が、両者の間に定常状態の電荷の分離を生じさせる。 Conductive return current (identified by arrow "RC") is equal substantially to the extra charging current (identified by arrow "ESC") at the site 7140, extra charging current net it is achieved a steady state is zero, the electrostatic potential difference between the excess charge 7148 near the extra charge 7146 and the outlet "OUT" in the vicinity of the inlet "iN" is the constant between the two causing the separation of the state of charge.

電荷の分離の量、したがって導入口「IN」の付近の余分な電荷7146と排出口「OUT」の付近の余分な電荷7148との間の静電電位の差は、イオン(すなわち、イオン7122および7126)の無い液体によって得ることができる流量に近似する液体の流量を生み出すべく対向する電界(電荷の分離によって生成される)に逆らって電荷を「押す」ためにポンプ(例えば、ロータ600、内部のポンプ410、および/または外部のポンプ210)によって供給される単位電荷当たりの追加のエネルギーに依存する。 The electrostatic potential difference between the excess charge 7148 near the amount of charge separation, thus inlets excess charge 7146 and the outlet near the "IN" "OUT" are ions (i.e., ions 7122 and pump charges against the electric field (generated by the charge separation) opposite to produce a flow of liquid that approximates the flow rate can be obtained by free liquid of 7126) in order to "push" (e.g., the rotor 600, the internal It depends on additional energy per unit charge supplied by the pump 410, and / or external pump 210). プレート7142および7144が絶縁体である場合、静電電位の差は、ポンプ(例えば、ロータ600、内部のポンプ410、および/または外部のポンプ210)が生成できるEMFの直接の指標である。 If the plates 7142 and 7144 are insulators, the electrostatic potential difference is a pump (e.g., rotor 600, the internal pump 410, and / or the external pump 210) is a direct measure of the EMF can generate. この場合、1対のリードを有する電圧計を使用し、一方のリードを導入口「IN」の付近の第1の材料110に配置し、他方のリードを排出口「OUT」の付近の第1の材料110に配置することによって、静電電位の差を測定することができる。 In this case, using a voltmeter having a pair of leads, one lead disposed on the first material 110 near the inlet "IN", a first vicinity of the other lead outlet "OUT" by placing the material 110, it is possible to measure the difference in electrostatic potential.

絶縁プレート7142および7144では、戻り電流は、第1の材料110を通過するイオンの伝導のみを含む点で、純粋にイオン電流(または、イオンの流れ)である。 In the insulating plates 7142 and 7144, the return current, in that it includes only conduction of ions through the first material 110, which is purely an ion current (or flow of ions). より導電性である経路を通過する他の導電機構が、導入口「IN」の付近の余分な電荷7146と排出口「OUT」の付近の余分な電荷7148との間に存在する場合には、戻りの電流は、それらのより導電性である経路を使用することができる。 When the other conductive mechanisms through a path that is more conductive, exists between extra charge 7148 near the extra charge 7146 and the outlet "OUT" in the vicinity of the inlet "IN" is return current may use a route is their more conductive. 例えば、導電性の金属プレート7142および7144が、より導電性である経路を提供できるが、それらのより導電性である経路は、電子電流のみを伝えて、イオン電流を伝えない。 For example, a conductive metal plate 7142 and 7144, may provide a path that is more conductive, the route is their more conductive, convey only the electron current, not convey ion current.

当業者であれば理解できるとおり、イオンが保持している電荷を金属中の1つ以上の電子に移し、あるいはこの反対を行うためには、1つ以上の酸化還元反応が、金属の表面において生じなければならず、反応生成物が生じる。 As can be appreciated by those skilled in the art, transferred charges ions has in one or more electrons in the metal, or in order to carry out this contrary, one or more redox reaction, the surface of the metal must occur, the reaction product occurs. 第1の材料110が水(H O)であって、第2の材料120が酸素(O )であると仮定すると、負の電荷を導電プレート7142および7144に注入するであろう酸化還元反応の例として、これに限定されるわけではないが、以下の公知の半電池反応が挙げられる: The first material 110 is a water (H 2 O), the second material 120 is assumed to be oxygen (O 2), will inject a negative charge to the conductive plates 7142 and 7144 redox examples of the reaction, but are not limited to, include the following known half-cell reaction:
+H O→O +2H +2e O 2 + H 2 O → O 3 + 2H + + 2e -
やはり、第1の材料110が水(H O)であって、第2の材料120が酸素(O )であると仮定すると、負の電荷を導電プレート7142および7144から取り出すであろう酸化還元反応の例として、これに限定されるわけではないが、以下の公知の半電池反応が挙げられる: Again, the first material 110 is a water (H 2 O), the second material 120 is assumed to be oxygen (O 2), will take out the negative charge from the conducting plates 7142 and 7144 oxide examples of the reduction reaction, but are not limited to, include the following known half-cell reaction:
2H +e →H 2H + + e - → H 2 .

導電性の金属プレート7142および7144の場合には、戻りの電流の大部分が、電子電流であると考えられる。 In the case of conducting metal plates 7142 and 7144, most of the return current is believed to be an electron current. なぜならば、(酸化還元反応が充分に高速であって、制約要因にならないならば)導電性のプレート7142および7144が、第1の材料110よりも導電性であるからである。 Because (a sufficiently fast redox reaction, if not a limiting factor) conductive plates 7142 and 7144, because it is more conductive than the first material 110. 導電性の金属プレート7142および7144においては、導入口「IN」と排出口「OUT」との間に蓄積する電荷の分離がより小さく、両者の間に存在する静電電位がはるかに小さい。 In conducting metal plates 7142 and 7144, inlet "IN" and is smaller separation of accumulating charges between the outlet "OUT", it is much smaller electrostatic potential exists therebetween. しかしながら、このことは、EMFがより小さいことを意味しない。 However, this does not mean that the EMF is smaller.

上述のように、EMFは、電荷の分離によって生成される反対向きの電界に逆らって第1の材料110の流れを促進するために、ポンプがもたらす単位電荷当たりのエネルギーに関係する。 As described above, EMF, in order to facilitate the flow of the first material 110 against the electric field in the opposite direction generated by the charge separation is related to the energy per unit charge the pump brings. 静電電位がより小さいため、ポンプが第1の材料110を流すべく供給する単位電荷当たりのエネルギーが、より少なくてよい。 Because the electrostatic potential is smaller, the pump energy per unit charge supplied to flow a first material 110 may be less. しかしながら、上述の例の酸化還元反応は、必ずしも自然に生じるわけではなく、したがって、ポンプによってもたらすことができる仕事の入力を必要とするかも知れない。 However, the oxidation-reduction reaction of the above examples are not necessarily naturally occurring, therefore, may require input of work can be provided by a pump. したがって、(より小さい静電電位の差に反映されない)EMFの一部を、酸化還元反応を駆動するために必要なエネルギーをもたらすために使用することができる。 Therefore, it can be used to provide (not reflected in the difference between the smaller electrostatic potential) part of EMF, the energy required to drive the redox reactions.

換言すると、絶縁性のプレート7142および7144において電荷の分離によって生成される反対向きの電界に逆らって押すために、ポンプによってもたらされる圧力差と同じ圧力差を、導電性のプレート7142および7144を通って電荷を「押す」目的ならびに酸化還元反応を駆動する目的の両者に使用することができる。 Through other words, to push against the electric field in the opposite direction generated by the charge separation in the insulating plates 7142 and 7144, the same pressure difference between the pressure differential caused by the pump, the conductive plates 7142 and 7144 the Te charges can be used for both the purpose of driving the "press" objects and redox reactions.

29を参照すると、本発明の発明者が行った実験のための実験装置が提示されている。 Referring to FIG. 29, the experimental apparatus for the experiments the inventors have made the present invention is presented. 実験装置は、それぞれが脱イオン水7153を含んでいる1対の実質的に同一な500mlの標準的な三角フラスコ7150および7152を、間隔を空けて配置して備えている。 Experimental apparatus, a standard Erlenmeyer flasks 7150 and 7152 substantially identical 500ml pair each containing a deionized water 7153 includes arranged at intervals. ゴム栓7154を、それぞれのフラスコ7150および7152の開いた端部に挿入した。 The rubber stopper 7154 was inserted into the open end of each of the flasks 7150 and 7152. 栓7154は、それぞれ中空チューブ7156、正電極7158、および負電極7160用である3つの通路を備えている。 Plugs 7154 are each hollow tube 7156, a positive electrode 7158, and three passages it is for negative electrode 7160. それぞれのフラスコ7150および7152に関して、空チューブ7156、正電極7158、および負電極7160のそれぞれは、すべてフラスコの外部から栓7154を貫き、フラスコ内の脱イオン水7153へと延びている。 For each flask 7150 and 7152, air tube 7156, each of the positive electrode 7158, and the negative electrode 7160, all pierce the stopper 7154 from the outside of the flask, and extends to the deionized water 7153 inside the flask. 正電極7158および負電極7160は、ステンレス鋼から作られている。 Positive electrode 7158 and the negative electrode 7160 is made of stainless steel. 両方のフラスコ7150および7152の中空チューブ7156は、開いた端部7162を共通の酸素源7164に接続して有している。 Hollow tube 7156 in both the flasks 7150 and 7152 has an end 7162 which open and connected to a common oxygen source 7164. フラスコ7152に挿入された正電極7158および負電極7160は、それぞれDC電源7168の正の端子および負の端子に接続されている。 Positive electrode 7158 and the negative electrode inserted into the flask 7152 7160 is connected to the positive terminal and the negative terminal of the DC power supply 7168 respectively. それぞれのフラスコにおいて、正確に同じスパージャーを使用した。 In each of the flask, it was used exactly the same sparger.

酸素を、約1SCFH〜約1.3SCFH(組み合わせの流量)の流量(Feed)で中空チューブ7156を通って両方のフラスコ7150および7152へと流した。 Oxygen was flowed and through the hollow tube 7156 to both flasks 7150 and 7152 at a flow rate of about 1SCFH~ about 1.3SCFH (combination of flow rate) (Feed). フラスコ7152へと挿入した正電極7158と負電極7160との間に約2.55ボルトの電圧を印加した。 A voltage of about 2.55 volts between the positive electrode 7158 inserted into the flask 7152 with negative electrode 7160 was applied. この値は、すべての酸素の種に影響を及ぼすために充分な電気化学的電圧の値であると考えられるため、選択された。 This value is because it is considered that a value of sufficient electrochemical voltage to affect all species of oxygen were selected. この電圧を、3〜4時間にわたって連続的に印加し、その間、供給源7164からの酸素を、それぞれのフラスコ7150および7152の脱イオン水7153へとバブリングした。 This voltage was applied continuously over three to four hours, during which oxygen from the supply source 7164 was bubbled into the deionized water 7153 in each of the flasks 7150 and 7152.

HRPおよびピロガロールでのフラスコ7150内の脱イオン水7153の試験が、本明細書に記載の種々のロータ/ステータの実施形態にて生成される流体の特性に一致するHRP媒介のピロガロール反応活性を与えた。 Test deionized water 7153 in the flask 7150 with HRP and pyrogallol gave various rotor / stator pyrogallol reaction activity of HRP mediated matching the characteristics of the produced fluid at the embodiment of the described herein It was. HRPの光学密度は、同等の酸素含有量の圧力ポットまたは微細気泡溶液に比べて約20%高かった。 The optical density of the HRP was about 20% higher than the pressure pot or fine-bubble solution equivalent oxygen content. この実験の結果は、混合チャンバ330内での混合が、酸化還元反応を含んでいることを示している。 The results of this experiment, mixing in the mixing chamber 330, indicates that it contains a redox reaction. 特定の態様によれば、本発明の混合チャンバは、本発明の出力溶液内の酸素富化した水構造によって安定にされ、あるいはプロセスにおける電気的効果ゆえに存在する何らかの形態の酸素種によって安定にされた追加の電子を含んでいる出力材料をもたらす。 According to a particular aspect, the mixing chamber of the present invention is stabilized by the oxygen species some form that is stabilized by the oxygen-enriched water structure in the output solution of the present invention, or present in due electrical effects in the process It provides an output material comprising additional electrons.

さらに、両方のフラスコ7150および7152の脱イオン水7153を、オゾンおよび過酸化水素の両者について、過酸化水素について0.1ppmの感度を有し、オゾンについて0.6ppmの感度を有している業界標準の比色試験アンプルを使用して試験した。 Further, deionized water 7153 in both flasks 7150 and 7152, for both ozone and hydrogen peroxide, has a sensitivity of 0.1ppm for hydrogen peroxide, the industry has a sensitivity of 0.6ppm for ozone It was tested using a standard colorimetric test ampoule. どちらの種についても、それらのアンプルの検出限界まで、陽性の徴候は存在しなかった。 For both species, the detection limit of these ampoules, signs of positive were not present.

次に、図30を参照すると、混合装置100において酸素富化されて、500mlの薄肉プラスチック瓶および1000mlのガラス瓶に少なくとも365日にわたって保存された水中のDOレベルが示されている。 Referring now to FIG. 30, it is oxygen enriched in the mixing device 100, the stored water DO level is shown for at least 365 days in a glass bottle of thin plastic bottles and 1000ml of 500 ml. それぞれの瓶にキャップをし、華氏65 °で保存した。 The cap to each bottle, and stored at Fahrenheit 65 °. 図に見ることができるとおり、酸素富化した流体のDOレベルが、少なくとも365日にわたってかなり一定のままである。 As can be seen in FIG, DO levels of the oxygen-enriched fluid remains fairly constant for at least 365 days.

図31を参照すると、混合装置100において酸素富化されて、500mlのプラスチック薄肉瓶および1000mlのガラス瓶に保存された水中のDOレベルが示されている。 Referring to FIG. 31, is oxygen enriched in the mixing apparatus 100, plastic thin bottles and glass bottles in the stored water DO level 1000ml of 500ml is shown. どちらの瓶も、華氏39 °で冷蔵した。 Both bottles were also refrigerated at Fahrenheit 39 °. やはり、酸素富化した流体のDOレベルが、少なくとも365日にわたって安定に保たれ、わずかしか低下していない。 Again, DO levels of the oxygen-enriched fluid is stably maintained for at least 365 days, not only slightly reduced.

次に、図32を参照すると、混合装置100において酸素富化されて、32オンスのGATORADE(登録商標)瓶に保存されたGATORADE(登録商標)中の溶存酸素レベルが示されており、キャップ付けにおける平均温度は華氏55 °である。 Referring now to FIG. 32, is oxygen enriched in the mixing device 100, 32 oz GATORADE (TM) dissolved oxygen level is shown in the stored GATORADE (TM) bottle, capped the average temperature in is F. 55 °. その後に、GATORADE(登録商標)瓶を、キャップ付けと開封との間、華氏38 °で冷蔵した。 Thereafter, the GATORADE (TM) bottle, between the capping and opened and refrigerated Fahrenheit 38 °. 実験の際に、別々のボトルをそれぞれ20、60、および90日で開封し、内部に保存されているGATORADE(登録商標)のDOレベルを測定した。 During the experiment, opening the separate bottle respectively 20, 60, and 90 days were measured DO levels of GATORADE (R) stored therein. 線8102は、華氏38 °における通常の(すなわち、未処理の)GATORADE(登録商標)のDOレベルを表し、これは、10ppmをわずかに下回っている。 Line 8102 is normal (i.e., untreated) in Fahrenheit 38 ° represents the DO level of GATORADE (R), which is slightly below 10 ppm.

第1のグループのGATORADE(登録商標)瓶のGATORADE(登録商標)は、華氏約56 °で、混合装置100において酸素で処理されている。 GATORADE of the first group (R) bottle GATORADE (R), Fahrenheit to about 56 °, has been treated with oxygen in the mixing device 100. 瓶詰め時のGATORADE(登録商標)のDOレベルは、点8104によって示されるとおり、約50ppmであった。 DO levels GATORADE (R) at the time of bottling, as indicated by point 8104, was about 50 ppm. 第1のボトルをおよそ20日で開き、GATORADE(登録商標)のDOレベルを割り出したところ、点8106によって示されるとおり約47ppmであった。 The first bottle is opened approximately 20 days, was indexing the DO level of GATORADE (R), was as about 47ppm indicated by point 8106. その後に、第2のボトルを60日で開き、GATORADE(登録商標)のDOレベルを測定したところ、点8108によって示されるとおり約44ppmであった。 Thereafter, the second bottle opening at 60 days was measured for DO levels of GATORADE (R), it was as about 44ppm indicated by point 8108. 最後に、第3のボトルを90日で開き、GATORADE(登録商標)のDOレベルを割り出したところ、点8110によって示されるとおり40ppmをわずかに下回っていた。 Finally, a third of the bottle opens in 90 days, as a result of indexing the DO level of GATORADE (registered trademark), it was slightly below the 40ppm as indicated by the point 8110.

第2のグループのGATORADE(登録商標)瓶のGATORADE(登録商標)は、華氏約52 °で、混合装置100において酸素で処理されている。 GATORADE the second group (R) bottle GATORADE (R), Fahrenheit to about 52 °, has been treated with oxygen in the mixing device 100. このグループの瓶に保存されたGATORADE(登録商標)の初期のDOレベルは、点8112によって示されるとおり45ppmであった。 Early DO level GATORADE stored in bottles of this group (registered trademark) was 45ppm as indicated by point 8112. 20日目に開かれたボトルのGATORADE(登録商標)は、点8114によって示されるとおり、45ppmよりも少しだけ低いDOレベルを有していた。 Bottle was opened on day 20 GATORADE (R), as indicated by point 8114, had low DO level slightly than 45 ppm. GATORADE(登録商標)の第2の瓶を60日目に開いたところ、内部のGATORADE(登録商標)は、41ppmをわずかに超えるDOレベルを有していた。 GATORADE was opened 60 days the second bottle (registered trademark), the interior of GATORADE (TM) had a DO level of greater than 41ppm slightly. 最後に、GATORADE(登録商標)の第3の瓶を90日目に開いたところ、内部のGATORADE(登録商標)は、点8116によって示されるとおり約39ppmのDOレベルを有していた。 Finally, it was opened third bottle GATORADE (TM) at day 90 days, inside of GATORADE (TM) had a DO level of as approximately 39ppm shown by point 8116. 上述のように、プラスチックおよびガラス瓶での水の試験(図31を参照)に関して、DOレベルが90日の期間にわたって比較的高いレベルを維持し、32オンスのGATORADE(登録商標)瓶に保存された通常の(処理なしの)GATORADE(登録商標)中に存在するレベルよりも大幅に高いままであることを、見て取ることができる。 As described above, for the test of water in plastic and glass bottles (see Figure 31), to maintain a relatively high level over a period of DO levels 90 days, stored at 32 oz GATORADE (TM) bottle to remain much higher than normal (no treatment) GATORADE level present (registered trademark) in, can be seen. 点8010が、蓋付きPETボトル内の本発明の出力流体に対応するレベルである。 Point 8010 is a level corresponding to the output fluid of the present invention in the PET bottle with a cap.

(滞留時間) (Residence time)
滞留時間は、第1の材料110、第2の材料120、および選択的な第3の材料130が、混合チャンバ330において費やす時間の長さである。 Residence time, the first material 110, second material 120 and optional third material 130, that is the length of time spent in the mixing chamber 330. 混合チャンバ330の長さの混合チャンバ330の直径に対する比が、滞留時間に大きく影響しうる。 Diameter ratio of the mixing chamber 330 of the length of the mixing chamber 330 may significantly affect dwell time. この比が大きいほど、滞留時間は長くなる。 The higher the ratio is large, the residence time is longer. 背景技術のくだりで述べたように、従来技術の装置10(図1を参照)のロータ12は、約7.500インチの直径および約6.000インチの長さを有しており、約0.8という直径に対する長さの比をもたらしている。 As mentioned in the downlink of the background art, the rotor 12 of the prior art device 10 (see FIG. 1) has a diameter and a length of about 6.000 inches to about 7.500 inches, about 0 It has led to the ratio of length to diameter of .8. 対照的に、特定の実施形態において、混合装置100の混合チャンバ330の長さは、約5インチであり、ロータ600の直径「D1」は、約1.69インチであり、約2.95という直径に対する長さの比をもたらしている。 In contrast, in certain embodiments, the length of the mixing chamber 330 of the mixing device 100 is about 5 inches, the diameter of the rotor 600 "D1" is about 1.69 inches, of about 2.95 It has led to the ratio of length to diameter.

滞留時間は、第1の材料110、第2の材料120、および選択的な第3の材料130が、本明細書において説明した界面動電現象と相互作用できる時間の長さを表わしている。 Residence time, the first material 110, second material 120 and optional third material 130, that represents the length of time that can interact with the electrokinetic phenomena described herein. 従来技術の装置10が、毎分約60ガロンの出力材料102を生成するように構成され、混合装置100が、毎分約0.5ガロンの出力材料102を生成するように構成され、従来技術の装置10(図1を参照)が、約0.05秒という流体滞留時間を有する一方で、混合装置100の実施形態は、約0.35秒という大幅に長い(約7倍長い)滞留時間を有している。 The prior art device 10 is configured to produce an output material 102 per minute to about 60 gallons mixing device 100 is configured to produce an output material 102 per minute to about 0.5 gallons prior art the device 10 (see FIG. 1) is, while having a fluid residence time of about 0.05 seconds, the embodiment of the mixing device 100, significantly longer of about 0.35 seconds (approximately 7 times longer) dwell time have. このより長い滞留時間が、第1の材料110、第2の材料120、および選択的な第3の材料130について、従来技術の装置10において可能であるよりも約7倍も長く、互いの相互作用および混合チャンバ330内の表面606および705(図7を参照)との相互作用を可能にする。 This longer residence time, the first material 110, the second material 120 and optional third material 130, about 7 times greater than is possible in the apparatus 10 of the prior art, cross each other to allow interaction with the surface 606 and 705 (see FIG. 7) of the work and the mixing chamber 330.

下記の表1を参照すると、上述の滞留時間が、最初に各装置について流量(単位は、ガロン/秒)を決定することによって計算されている。 Referring to Table 1 below, the residence time of the above, the flow rate (in gallons / sec) for the first in each unit is calculated by determining the. この場合、従来技術の装置10が、毎分約60ガロンの出力材料において動作するように構成されている一方で、混合装置100は、毎分約0.5ガロンの出力材料という最適範囲を含むより広い範囲の流量にわたって動作するように構成されている。 In this case, the prior art device 10, while being configured to operate at the output material per minute to about 60 gallons mixing device 100 includes an optimum range of per minute to about 0.5 gallons of the output material It is configured to operate over a flow rate of a wider range. 次いで、流量が、「ガロン/秒」の流量を1ガロンの立方インチ数(すなわち、231立方インチ)で乗算することによって、「立方インチ/秒」へと変換される。 Then, the flow rate, "gallons / second" flow rate the number of cubic inches in one gallon (i.e. 231 cubic inches) by multiplying by is converted to "cubic inches / second". 次いで、従来技術の装置10のチャネル32の容積(12.876立方インチ)を、装置の流量(231立方インチ/秒)によって除算して、滞留時間(単位は、秒)が得られ、混合装置100の混合チャンバ330の容積(0.673立方インチ)を、装置の流量(1.925立方インチ/秒)によって除算することによって、滞留時間(単位は、秒)が得られる。 Then, the volume of the channel 32 of the prior art device 10 (12.876 cubic inches), and divided by the device of the flow rate (231 cubic inches / sec), the residence time (in seconds) is obtained, the mixing device 100 volume of the mixing chamber 330 of (0.673 cubic inches), by dividing the flow rate of the device (1.925 cubic inches / sec), the residence time (in seconds) is obtained.

(注入の速度) (Speed ​​of injection)
混合装置100の特定の態様は、従来技術の装置10(図1を参照)などの従来技術よりも向上した酸素注入速度を提供する。 Certain aspects of the mixing device 100 provides an oxygen infusion rate was increased over the prior art, such as the prior art device 10 (see Figure 1). 第1の材料110が水であって、第2の材料120が酸素である場合、この両者が、20℃またはその付近で、ただ1回の通過(すなわち、図2の戻りブロックが「いいえ」に設定される)にて混合装置100によって処理され、出力材料102が、約43.8パーツ・パー・ミリオンという溶存酸素レベルを有する。 The first material 110 is a water, if the second material 120 is oxygen, both of them are, at 20 ° C. or near, only a single pass (i.e., the return block 2 "No" is processed by the mixing device 100 at to) set in the output material 102 has a dissolved oxygen level of about 43.8 parts per million. 特定の態様において、約43.8ppmの溶存酸素を有する出力材料が、本発明の非加圧(非圧力ポット)法により、本発明の流れによって、約350ミリ秒で生成される。 In certain embodiments, the output material with the dissolved oxygen of approximately 43.8ppm is, the non-pressurized (non-pressure pot) methods of the present invention, the flow of the present invention, is produced in about 350 milliseconds. 対照的に、第1の材料110(水)および第2の材料120(酸素)の両者が、従来技術の装置10によって、20℃またはその付近で、ただ1回の通過にて処理される場合、出力材料の溶存酸素レベルは、56ミリ秒のただ1回の通過にてわずかに35パーツ・パー・ミリオンにすぎない。 In contrast case, both of the first material 110 (water) and the second material 120 (oxygen), the apparatus 10 of the prior art, to be processed at 20 ° C. or near, just at a single pass , dissolved oxygen level of the output material is only slightly 35 parts per million by only a single pass of 56 milliseconds.

(出力材料102) (Output material 102)
第1の材料110が液体(例えば、真水、生理食塩水、GATORADE(登録商標)、など)であって、第2の材料120がガス(例えば、酸素、窒素、など)である場合、混合装置100が、第2の材料120を第1の材料110に拡散させることができる。 The first material 110 is a liquid (e.g., freshwater, saline, GATORADE (R), etc.) a, when the second material 120 is a gas (e.g., oxygen, nitrogen, etc.), the mixing device 100, it is possible to diffuse the second material 120 to first material 110. 以下において、混合装置100によって処理されることによってもたらされる出力材料102の1つ以上の特性を明らかにするために、出力材料102について行った分析の結果を検討する。 In the following, to clarify the one or more characteristics of the output material 102 caused by being processed by the mixing device 100, consider the results of the analysis performed on the output material 102.

第1の材料110が生理食塩水であって、第2の材料120が酸素ガスである場合、実験結果から、生理食塩水中に生成された酸素の泡の大部分が、0.1ミクロン以下のサイズであることが示されている。 The first material 110 is a saline, when the second material 120 is oxygen gas, from the experimental results, most of the oxygen bubbles generated in saline is less 0.1 micron It has been shown to be a size.

(溶存酸素レベルの低下) (Decrease in dissolved oxygen level)
次に、図30を参照すると、混合装置100において酸素処理されて、500mlの薄肉プラスチック瓶および1000mlのガラス瓶に保存された水中のDOレベルが示されている。 Referring now to FIG. 30, is oxygenated in the mixing device 100, thin-walled plastic bottles and glass bottles in the stored water DO level 1000ml of 500ml is shown. それぞれの瓶にキャップをし、華氏65 °で保存した。 The cap to each bottle, and stored at Fahrenheit 65 °. 点7900は、瓶詰めにおけるDOレベルである。 Point 7900 is the DO level at bottling. 線7902は、ヘンリーの法則による平衡状態(すなわち、華氏65 °において水中に存在するはずの溶存酸素の量)を示し、これは、10ppmをわずかに下回るDOレベルである。 Line 7902 is the equilibrium state by Henry's law (i.e., the amount of dissolved oxygen should be present in the water in Fahrenheit 65 °) indicates, this is the DO level slightly below 10 ppm. 点7904および7906は、それぞれ、65日目および95日目におけるプラスチック瓶内の水中のDOレベルを表す。 Points 7904 and 7906, respectively, represent the DO levels in water in the plastic bottle at 65 days and 95 days. 点7904に見て取られるように、瓶詰め後およそ65日目でプラスチック瓶が開かれたとき、水中のDOレベルは、およそ27.5ppmである。 As Mitetora point 7904, when the plastic bottle is opened approximately 65 days after bottling, DO levels in water is approximately 27.5 ppm. 瓶詰め後およそ95日で瓶が開かれたとき、点7906に示されるように、DOレベルは、およそ25ppmである。 When the bottle is opened approximately 95 days after bottling, as indicated at point 7906, DO level is approximately 25 ppm. 同様に、ガラス瓶についても、DOレベルは、点7908に示されるように、65日ではおよそ40ppmであり、そして、点7910に示されるように、95日ではおよそ41ppmである。 Similarly, the glass bottle, DO levels, as shown at point 7908, in 65 days is approximately 40 ppm, and, as shown at point 7910, approximately 41ppm in 95 days. したがって、図30は、プラスチック瓶およびガラス瓶の両方におけるDOレベルが、華氏65 °で比較的高いままであることを示す。 Thus, Figure 30 shows that DO levels in both plastic bottles and glass bottles, remains relatively high Fahrenheit 65 °.

31を参照すると、混合装置100において酸素処理されて、500mlのプラスチック薄肉瓶および1000mlのガラス瓶に保存された水中のDOレベルが示されている。 Referring to FIG. 31, is oxygenated in the mixing apparatus 100, a plastic thin bottles and glass bottles in the stored water DO level 1000ml of 500ml is shown. どちらの瓶も、華氏39 °で冷蔵した。 Both bottles were also refrigerated at Fahrenheit 39 °. 線8002として示される華氏39 °の水についてのヘンリーの法則による平衡状態は、およそ14ppmである。 Equilibrium by Henry's law for water Fahrenheit 39 °, shown as line 8002 is approximately 14 ppm. 瓶詰め時点に水中で観察されたDOレベルは、一般に点8004によって示される40ppmをわずかに下回った。 DO levels observed in water bottling time, was slightly below generally a 40ppm indicated by point 8004. 瓶詰めと開封との間がおよそ30日であるとき、プラスチック瓶中の水のDOレベルは、点8006によって示されるように、およそ38ppmへとわずかに落ちた。 When between the bottling and opening is approximately 30 days, DO levels of water in plastic bottles, as indicated by point 8006, slightly fell to approximately 38 ppm. ガラス瓶中の水のDOレベルは、一般に点8012によって示されるように、わずかに下降した。 DO level of water in the glass bottle is generally as indicated by point 8012, slightly lowered. 瓶詰めと開封との間がおよそ65日であるとき、プラスチック瓶中のDOレベルは、点8008によって示されるように、ほぼ35ppmへと落ち、そして、ガラス瓶内のDOレベルは、一般に点8014によって示されるように、40ppmをわずかに下回る比較的一定の値を維持した。 When between the bottling and opening is approximately 65 days, DO levels in plastic bottles, as indicated by point 8008, and fell to about 35 ppm, and, DO levels in glass bottles is generally indicated by point 8014 as it was maintained relatively constant value below 40ppm slightly. 瓶詰めと開封との間がちょうど90日過ぎのとき、プラスチック瓶中のDOレベルは、およそ38ppmに留まるのに対し、ガラス瓶中のDOレベルは、点8016によって示されるように、およそ42ppmへと上昇している。 When just 90 days too between the bottling and opening, DO levels in plastic bottles, as contrast remain approximately 38 ppm, DO levels in glass bottles is indicated by point 8016, rising to approximately 42ppm are doing. したがって、図31は、低い温度レベルにおいて、DOレベルが、ガラス瓶およびプラスチック瓶の両方において、長期間にわたり、高い一定レベルに維持され得ることを示す。 Thus, Figure 31 shows that at low temperature levels, the DO level in both glass bottles and plastic bottles, over a long period of time can be maintained at a high constant level. 点8010は、PETボトル内の本発明の出力流体に対応するレベルである。 Point 8010 is the level corresponding to the output fluid of the present invention in the PET bottle.

次に、図32を参照すると、混合装置100において酸素処理されて、32オンスのGATORADE(登録商標)瓶に保存されたGATORADE(登録商標)中の溶存酸素レベルが示されており、キャップ付けにおける平均温度は華氏55 °である。 Referring now to FIG. 32, is oxygenated in the mixing apparatus 100, 32 oz GATORADE (TM) dissolved oxygen level is shown in the stored GATORADE (TM) bottle, the capping the average temperature is Fahrenheit 55 °. その後に、GATORADE(登録商標)瓶を、キャップ付けと開封との間、華氏38 °で冷蔵した。 Thereafter, the GATORADE (TM) bottle, between the capping and opened and refrigerated Fahrenheit 38 °. 実験の際に、別々のボトルをそれぞれ20、60、および90日で開封し、内部に保存されているGATORADE(登録商標)のDOレベルを測定した。 During the experiment, opening the separate bottle respectively 20, 60, and 90 days were measured DO levels of GATORADE (R) stored therein.

第1のグループのGATORADE(登録商標)瓶のGATORADE(登録商標)は、華氏約56 °で、混合装置100において酸素で処理されている。 GATORADE of the first group (R) bottle GATORADE (R), Fahrenheit to about 56 °, has been treated with oxygen in the mixing device 100. 瓶詰め時のGATORADE(登録商標)のDOレベルは、点8104によって示されるとおり、約50ppmであった。 DO levels GATORADE (R) at the time of bottling, as indicated by point 8104, was about 50 ppm. 第1のボトルをおよそ20日で開き、GATORADE(登録商標)のDOレベルを割り出したところ、点8106によって示されるとおり約47ppmであった。 The first bottle is opened approximately 20 days, was indexing the DO level of GATORADE (R), was as about 47ppm indicated by point 8106. その後に、第2のボトルを60日で開き、GATORADE(登録商標)のDOレベルを測定したところ、点8108によって示されるとおり約44ppmであった。 Thereafter, the second bottle opening at 60 days was measured for DO levels of GATORADE (R), it was as about 44ppm indicated by point 8108. 最後に、第3のボトルを90日で開き、GATORADE(登録商標)のDOレベルを割り出したところ、点8110によって示されるとおり40ppmをわずかに下回っていた。 Finally, a third of the bottle opens in 90 days, as a result of indexing the DO level of GATORADE (registered trademark), it was slightly below the 40ppm as indicated by the point 8110.

第2のグループのGATORADE(登録商標)瓶のGATORADE(登録商標)は、華氏約52 °で、混合装置100において酸素で処理されている。 GATORADE the second group (R) bottle GATORADE (R), Fahrenheit to about 52 °, has been treated with oxygen in the mixing device 100. このグループの瓶に保存されたGATORADE(登録商標)の初期のDOレベルは、点8112によって示されるとおり45ppmであった。 Early DO level GATORADE stored in bottles of this group (registered trademark) was 45ppm as indicated by point 8112. 20日目に開かれたボトルのGATORADE(登録商標)は、点8114によって示されるとおり、45ppmよりも少しだけ低いDOレベルを有していた。 Bottle was opened on day 20 GATORADE (R), as indicated by point 8114, had low DO level slightly than 45 ppm. GATORADE(登録商標)の第2の瓶を60日目に開いたところ、内部のGATORADE(登録商標)は、41ppmをわずかに超えるDOレベルを有していた。 GATORADE was opened 60 days the second bottle (registered trademark), the interior of GATORADE (TM) had a DO level of greater than 41ppm slightly. 最後に、GATORADE(登録商標)の第3の瓶を90日目に開いたところ、内部のGATORADE(登録商標)は、点8116によって示されるとおり約39ppmのDOレベルを有していた。 Finally, it was opened third bottle GATORADE (TM) at day 90 days, inside of GATORADE (TM) had a DO level of as approximately 39ppm shown by point 8116. 上述のように、プラスチックおよびガラス瓶での水の試験(図30を参照)に関して、DOレベルが90日の期間にわたって比較的高いレベルを維持し、32オンスのGATORADE(登録商標)瓶に保存された通常の(処理なしの)GATORADE(登録商標)中に存在するレベルよりも大幅に高いままであることを、見て取ることができる。 As described above, for the test of water in plastic and glass bottles (see Figure 30), to maintain a relatively high level over a period of DO levels 90 days, stored at 32 oz GATORADE (TM) bottle to remain much higher than normal (no treatment) GATORADE level present (registered trademark) in, can be seen. 点8010が、蓋付きPETボトル内の本発明の出力流体に対応するレベルである。 Point 8010 is a level corresponding to the output fluid of the present invention in the PET bottle with a cap.

33は、混合装置100において酸素によって処理され、琥珀ガラス瓶において標準温度および圧力に保たれた500mlの平衡塩溶液のDO保持を示している。 Figure 33 is processed by oxygen in the mixing device 100, shows the DO retention of balanced salt solution 500ml kept at standard temperature and pressure in amber glass bottles. 処理前の溶液のDOレベルは、5ppmである。 DO levels pretreatment solution is 5 ppm. 混合装置100での処理後に、DOレベルは、約41ppmへと上昇した(点8202として示されている)。 After treatment in the mixing apparatus 100 to, DO levels, (shown as point 8202) was increased to about 41 ppm. 処理の1時間後に、DOレベルは、点8204によって示されるとおり約40ppmへと低下した。 After 1 hour of treatment, DO levels, and drops as approximately 40ppm shown by point 8204. 処理の2時間後に、DOレベルは、点8206によって示されるとおり約36ppmへと低下した。 2 hours after treatment, DO levels, and drops as approximately 36ppm shown by point 8206. 処理の3時間後に、DOレベルは、点8208によって示されるとおり約34ppmへと低下した。 After 3 hours of treatment, DO levels, and drops as approximately 34ppm shown by point 8208. 処理のおよそ4時間半後に、塩溶液のDOレベルは、30ppmをわずかに超える値へと低下した。 After approximately 4.5 hours the treatment, DO levels of the salt solution was dropped to slightly above the value of 30 ppm. 最後の測定を、処理の6時間後のわずかに前に行ったところ、DOレベルは約28ppmへと低下していた。 The last of the measurement, was carried out slightly before after 6 hours of treatment, DO level was reduced to about 28ppm. このように、図30〜33に示した実験のそれぞれが、DOレベルが長い期間にわたって比較的高いレベルに保たれることを示している。 Thus, each of the experiments shown in FIG. 30 to 33 shows that the DO level is maintained at a relatively high level over a long period of time.

出力材料102を、人間が消費する可能性があるため、混合装置100を構成するために使用される材料は、食品および/または薬品の製造に適していなければならない。 The output material 102, because human is likely to consume, the materials used to construct the mixing device 100, must be suitable for the production of food and / or drug. これらに限定されるわけではない例として、筐体520、筐体5520、ロータ600、ステータ700、およびステータ5700を、すべてステンレス鋼から製作することができる。 Examples but are not limited to, a housing 520, a housing 5520, a rotor 600, stator 700, and the stator 5700, all may be fabricated of stainless steel.

(分子の相互作用) (Molecular interactions)
何人かの物理学者が、水の量子的性質を説明し始めている。 Some physicists have begun to describe the quantum nature of the water. これまでは、量子的性質は、10 −10メートル未満の素粒子に属すると考えられる一方で、我々の日常生活の巨視的世界は、ニュートンの運動の法則に従って挙動する点で、古典的と称されている。 So far, quantum properties, while that is considered to belong to elementary particles of less than 10 -10 meters, our macroscopic world of everyday life, in terms of behavior in accordance with Newton's law of motion, referred to the classical It is. 巨視的な古典的世界と微視的な量子世界との間が、巨視と微視との間の区別がますます曖昧になっているメゾスコピック領域である。 Between the macroscopic classical world and the microscopic quantum world is the mesoscopic physics that distinction is becoming increasingly ambiguous between the macroscopic and the microscopic. 実際、物理学者らは、量子的性質を、ナノメートルからマイクロメートルの範囲の原子および分子の大きな集まりに発見しており、とくには分子が液相中に密に詰め込まれた場合に発見している。 Indeed, physicists et al, quantum properties, discovered when is found a large collection of atoms and molecules in the range of from nanometers to micrometers, particularly the molecules are closely packed in the liquid phase there.

最近では、化学者らが、クラスタからの分子が希釈につれてサイズを増大させるという驚くべき発見を行っている。 In recent years, chemists et al., Molecules from the cluster has made a surprising discovery that increasing the size as the dilution. これらのクラスタは、数マイクロメートルの直径である。 These clusters are the diameter of a few micrometers. サイズの増大は、希釈につれて非線形に生じ、履歴に依存し、古典化学を無視した振る舞いである。 Increase in size, resulting in a non-linear as dilution, depending on the history, it is the behavior of ignoring classical chemistry. 実際、この現象について、未だ説明はない。 In fact, this phenomenon is not yet explained. 量子的性質に依存する水の不思議さのさらに別の反映も、存在するであろう。 Yet another reflection of strangeness of the water depends on the quantum nature will also be present.

1990年代の中頃に、量子物理学者であるdel Giudice and PreparataおよびイタリアのUniversity of Milanの他の同僚が、直径100ナノメートルの量子コヒーレントドメインが、純水において生じうると論じた。 In the mid 1990s, other colleagues del Giudice and Preparata and Italian University of Milan is a quantum physicist, argued that quantum coherent domain 100 nanometers in diameter, may occur in pure water. 彼らは、コヒーレントドメインの水分子の集団振動が、いかにして最終的に大域的な電磁界の変動に対して位相ロックされた状態になるかを示した。 They are, collective vibration of water molecules in the coherent domain, showed how to become phase-locked state to the final global electromagnetic field varies. この態様で、長く続く安定な振動を、水中に維持することができる。 In this manner, a stable vibration long lasting, can be maintained in the water.

メモリを水に保存できる1つの態様は、水中に溶存する1つ以上の物質(治療薬など)に特有の長く続くコヒーレントな振動を励起することによる。 One aspect that can store memory in water is by exciting the coherent oscillations following specific longer one or more substances dissolved in the water (such as a therapeutic agent). 水分子と水中に溶存する物質の分子との間の相互作用が、水の集合構造を変化させ、これが発生する特有のコヒーレント振動を決定すると考えられる。 Interaction between the molecules of a substance dissolved in the water molecule and the water is, the assembled structure of water is changed, it is considered that this determines the unique coherent vibration generated. これらの振動が、大域的な場と励起された分子との間の位相結合によって安定化されて維持される場合、たとえ溶存物質が希釈されたときでも、水は、希釈時の他の水に結実することができるコヒーレント振動を、依然として保持することができる。 These vibrations, if maintained is stabilized by a phase coupling between the global field with excited molecules, even when the dissolved substance is diluted if, water, in addition to water upon dilution coherent oscillations that can fruition, still can be held.

溶存物質がますます大きなクラスタを形成するという発見は、振動が同位相であるときに分子間の引き付けの共鳴を伝達でき、希釈液における凝集につながる水中のコヒーレントな場の存在と両立しうる。 Finding that the dissolved material forms a larger and larger clusters, vibrations can be transmitted resonances attraction between molecules when the same phase, may be compatible with the presence of coherent field water leading to aggregation in the diluent. 分子のクラスタのサイズが大きくなるにつれ、その電磁気的特徴も相応に増幅され、水によって保持されるコヒーレント振動を補強する。 As the size of the molecules of the cluster increases, its electromagnetic characteristics may be amplified accordingly, to reinforce the coherent oscillations carried by the water.

検出可能な水の何らかの物理的特性の変化を予想すべきである。 We should expect a change in some physical properties of detectable water. 残念ながら、そのようなコヒーレント振動を通常の分光法および核磁気共鳴法によって検出しようとするすべての試みは、あいまいな結果しかもたらしていない。 Unfortunately, all attempts to detect such a coherent vibration by conventional spectroscopy and nuclear magnetic resonance method is not brought only ambiguous results. これは、溶存分子のクラスタサイズが、分子の濃度にではなく、希釈の正確な履歴に依存するという発見に照らせば、驚くことではない。 This is the cluster size of the dissolved molecules, rather than on the concentration of the molecule, in light of the discovery that depend on the exact history of the dilution, not surprising.

溶存分子のクラスタサイズの変動および水の詳細な微視的構造にもかかわらず、コヒーレント振動の特異性が依然として存在しうる。 Despite the detailed microscopic structure of the variation and water cluster size of dissolved molecules, the specificity of coherent oscillations may still exist. 通常の検出法は、個々の分子または小さな集合体の微視的粒子の使用に依存するため、成功していない。 Conventional detection methods is dependent on the use of microscopic particles of individual molecules or small aggregates, not been successful. 代わりに、多数の分子におよぶ集合的な全体特性を検出する方法が必要である。 Instead, there is a need for a method of detecting a collective whole characteristic spanning a number of molecules. いくつかの自明な自薦の可能性は、凝固点および沸点、粘度、密度、拡散性、および磁性の測定である。 Possibility of some obvious self-appointed is freezing point and boiling point, viscosity, density, diffusivity, and is a measure of magnetic. 水の集合的な全体特性の変化を検出するための1つの可能性は、結晶化によるものである。 One possibility for detecting a change in the collective overall properties of the water is by crystallization. 結晶は、分子の巨視的集合から形成される。 Crystals are formed from a macroscopic assembly of molecules. 大域的特性に依存する他の測定と同様に、結晶は、他の方法では検出不能であった個々の分子の微妙な変化を簡単にする。 As with other measurements that depend on the global characteristics, crystal simplifies subtle changes in individual molecules were undetectable in other ways.

図36を参照すると、ナノスケールのケージ8700を形成している簡単化されたプロトン化水クラスタを示している。 Referring to FIG. 36 shows a simplified protonated water cluster forming a cage 8700 nanoscale. プロトン化水クラスタは、典型的には、H (H O) の形態をとる。 Protonated water cluster typically takes the form of H + (H 2 O) n . いくつかのプロトン化水クラスタは、イオン圏などにおいて自然に生じる。 Some of protonated water clusters, occurs naturally in such as the ionosphere. 特定の理論に拘束されるわけではないが、特定の態様によれば、本発明の出力材料へと付与された酸素および安定化電子を含む構造など、他の種類の水クラスタまたは構造(クラスタ、ナノケージ、など)が可能である。 Without being bound to a particular theory, in a particular embodiment, such structures comprising oxygen and stabilized electrons imparted to the output material of the present invention, other types of water clusters or structures (clusters, nanocages, etc.) is possible. 酸素原子8704を、得られる構造8700に捕まえることができる。 An oxygen atom 8704, can catch the structure 8700 to be obtained. 半拘束ナノケージの化学が、酸素8704および/または安定化電子が長い時間期間にわたって溶存し続けることを可能にする。 Semi restraint nanocage chemistry allows the oxygen 8704 and / or stabilized electrons continue to dissolved over a long period of time. 薬用化合物などの他の原子または分子を、徐放の目的のためにケージに入れることができる。 Other atoms or molecules, such as medicinal compounds, can be placed into the cage for the purposes of controlled release. 溶液材料および溶存化合物の具体的な化学は、それらの材料の相互作用に依存して決まる。 Specific chemical solution material and dissolved compounds is determined depending on the interaction of these materials.
混合装置100によって処理された流体は、クラスタ構造の点での流体の解析と一致した、異なる構造特性を呈することが実験により示されている。 Fluid processed by the mixing device 100, consistent with the analysis of the fluid in terms of cluster structure, to exhibit different structural characteristics are shown by experiments.

混合装置100によって処理された水は、通常の未処理の水と比べたときに、検出可能な構造的相違を有することが実証されている。 Water treated by the mixing device 100, when compared to the water ordinary untreated have a detectable structural difference has been demonstrated. 例えば、処理済みの水が、未処理の水において見られるよりも大きなレイリー散乱を有することが示されている。 For example, treated water has been shown to have a large Rayleigh scattering than is observed in the untreated water. 行った実験において、処理済みおよび未処理の水のサンプルを(それぞれを別個の瓶に封じることによって)用意し、(後に処理済みのサンプルおよび未処理のサンプルを識別するために)符号を付け、分析のために独立の試験所へと送った。 In experiments conducted, treated and untreated water samples (by seal the respective separate bottles) is prepared, with a code (to identify the samples treated samples and untreated after) sent to an independent laboratory for analysis. 試験後の完了後に初めて、符号を読解して、どちらのサンプルが混合装置100によって処理されたものであるかを明らかにした。 Only after completion after the test, and reading the code revealed whether those which samples have been processed by the mixing device 100.

試験所においては、これら2つのサンプルを、633ナノメートルの波長を有するレーザービームに配置した。 In laboratory, the two samples were placed in a laser beam having a wavelength of 633 nm. 流体を、試験前に約1週間にわたってガラス瓶に封じておいた。 The fluid had been sealed in glass bottles for approximately one week prior to testing. 処理済みのサンプルに関して、サンプルBが、レーザー源に対する位置にかかわらず光を散乱させた。 Respect treated samples, sample B was scatter light regardless of the position relative to the laser source. しかしながらサンプルA 、そのようでなかった。 However, Sample A, was not like that. 瓶を開封してから2〜3時間後に、サンプルBの散乱効果はなくなった。 2 to 3 hours after opening the bottle, the scattering effect of the sample B is no longer. これらの結果は、水が、水に自身の特性を保持させ、時間とともに消滅するメモリを呈することを示唆している。 These results are water, water to retain its properties suggest that exhibits a memory which disappears with time. また、これらの結果は、処理済みの水の構造が、未処理の流体の構造と光学的に相違することを示唆している。 Also, these results, the structure of the treated water, suggesting that different structures of the untreated fluid and optically. 最後に、これらの結果は、この光学的効果が、DOレベルに直接には関係していないことを示唆している。 Finally, these results, the optical effect, suggesting that they are not involved directly in the DO level. なぜならば、開始時のDOレベルは45ppmであり、実験の終了時には、約32ppmであったと推定されるからである。 This is because, DO level at the start is 45ppm, at the time of the end of the experiment, is because it is estimated that was about 32ppm.

ここに開示したシステムおよび方法によれば、ガス(例えば、酸素)を、最小の受動的な損失とともに、高い濃度で、安定的に富化させることができる。 According to the system and method disclosed herein, a gas (e.g., oxygen) and, with minimal passive loss, a high concentration can be stably enriched. このシステムおよび方法を、幅広く様々なガスを高い比率で幅広く様々な流体中に富化させるために、効果的に使用することができる。 The system and method, in order to enrich the wide variety of fluid a wide variety of gases at a high rate, it is possible to effectively use. 例えば、あくまでも例として、一般的には約7〜9ppm(パーツ・パー・ミリオン)の溶存酸素レベルを有する室温における脱イオン水が、ここに開示したシステムおよび/または方法を使用して、約8〜70ppmの範囲の溶存酸素レベルを達成できる。 For example, by way of example only, typically deionized water at room temperature with a dissolved oxygen level of about 7~9Ppm (parts per million) is using the system and / or methods disclosed herein, approximately 8 the dissolved oxygen level in the range of ~70ppm be achieved. 特に、典型的な実施形態によれば、酸素富化水を、約30〜60ppmの溶存酸素レベルにおいて生成することができる。 In particular, according to an exemplary embodiment, the oxygen-enriched water may be generated in the dissolved oxygen level of about 30~60Ppm.

表1が、酸素富化生理食塩水で処置された治癒中の傷および本発明のガス富化酸素富化生理食塩水のサンプルにおいて得た種々の分圧測定を示している。 Table 1 shows the various partial pressure measurements obtained in a sample of the gas-enriched oxygen-enriched saline wound healing treated with the oxygen-enriched saline and the present invention.

本明細書の開示によるガス富化拡散システムを使用して、多くの液体において溶存ガスの量を大幅に増加させることが可能である。 Using gas-enriched diffusion system according to the present disclosure, it is possible to significantly increase the amount of dissolved gas in a number of liquid. このシステムおよび方法によれば、ガス(例えば、酸素)を、最小限の受動的損失にて高い濃度で安定に溶存させることができる。 According to this system and method, a gas (e.g., oxygen) can be stably dissolved at a high concentration with minimal passive loss. このシステムおよび方法を、幅広くさまざまなガスを幅広くさまざまな流体へと高い割合で組み込むために効果的に使用することができる。 The system and method can be effectively used to incorporate a wide variety of gases widely with a high percentage to various fluids. 例えば、あくまでも例として、典型的には約2〜3ppm(パーツ・パー・ミリオン)の溶存酸素レベルを有する室温の脱イオン水サンプルが、本明細書に開示したガス富化システムおよび/または方法を使用して、約8〜70ppmの範囲の溶存酸素レベルを達成できる。 For example, merely by way of example, deionized water sample at room temperature with a dissolved oxygen level of typically about 2~3Ppm (parts per million) of the gas-enriched systems and / or methods disclosed herein use can be achieved the dissolved oxygen level in the range of about 8~70Ppm. 本明細書に開示の実施の形態によれば、ガス富化流体を、約30〜60ppmの溶存ガス(例えば、酸素)のレベルにて生成することができる。 According to the embodiment disclosed herein, a gas-enriched fluid may be generated at the level of dissolved gas in about 30~60Ppm (e.g., oxygen).

(美容および/または治療目的での塗布および投与) (Application and administration of cosmetic and / or therapeutic purposes)
特定の典型的な実施の形態において、本発明のガス富化流体は、単独または他の美容および/または治療用の薬剤との組み合わせにおいて、美容および/または治療用の組成物として、傷に関連する疾病または状態の少なくとも1種の症状を防止または軽減するように機能でき、あるいは適切な傷の治癒を向上させるように機能することができる。 In certain exemplary embodiments, the inventive gas-enriched fluid, alone or in combination with other cosmetic and / or a medicament for the treatment, as cosmetic and / or therapeutic compositions, related to the wound at least one symptom of a disease or condition can serve to prevent or alleviate, or can function to enhance the healing of appropriate wound. 本発明の治療用組成物は、必要に応じて被験体へと投与することができる組成物を含む。 Therapeutic compositions of the present invention include compositions that can be administered to a subject as needed. 本明細書において使用されるとき、「被験体」は、あらゆる生物、好ましくは動物、より好ましくは哺乳類、さらにより好ましくはヒトを指すことができる。 As used herein, "subject" includes any organism, preferably an animal, more preferably a mammal, even more preferably can be a human.

特定の実施の形態においては、この組成調合物が、キャリア、補助剤、乳化剤、懸濁剤、甘味料、調味料、香料、および結合剤からなる群より選択される少なくとも1種の追加の物質をさらに含むことができる。 In a particular embodiment, the composition formulation, carrier, adjuvants, emulsifiers, suspending agents, sweetening, flavoring, at least one additional material selected from the group consisting of perfumes, and binding agents It may further include a.

本明細書において使用されるとき、「薬学的に容認できるキャリア」および「キャリア」は、毒性のない不活性な固体、半固体、または液体のフィラー、希釈剤、封入材料、または任意の種類の調合補助物を広く指す。 As used herein, "pharmaceutically acceptable can carrier" and "carrier" are non-toxic inert solid, semi-solid or liquid filler, diluent, encapsulating material or any type, It refers broadly to formulations aids. 薬学的に容認できるキャリアとして機能することができる材料のいくつかの例は、これらに限られるわけではないが、ラクトース、グルコース、 スクロースなどの糖、トウモロコシでんぷんおよびジャガイモでんぷんなどのでんぷん、カルボキシメチル・セルロース・ナトリウム、エチルセルロース、および酢酸セルロースなどのセルロースおよびその誘導体 、トラガント末、麦芽、ゼラチン、タルク、カカオ脂および坐薬ワックスなどの賦形剤、ピーナツ油、綿実油、ベニバナ油、ごま油、オリーブ油、トウモロコシ油、および大豆油などの油、プロピレングリコールなどのグリコール、オレイン酸エチルおよびラウリン酸エチルなどのエステル、寒天、水酸化マグネシウムおよび水酸化アルミニウムなどの緩衝剤、アルギン酸、発熱物質 Some examples of materials which can serve as a carrier that is pharmaceutically acceptable include, but are not limited to, lactose, glucose, sugars such as disk loin, starch such as corn starch and potato starch, carboxymethyl cellulose sodium, ethylcellulose and cellulose and its derivatives such as cellulose acetate, powdered tragacanth, malt, gelatin, talc, excipients such as cocoa butter and suppository waxes, peanut oil, cottonseed oil, safflower oil, sesame oil, olive oil, corn oils, and oils such as soybean oil, glycols such as propylene glycol, esters such as ethyl oleate and ethyl laurate, agar, buffering agents such as magnesium hydroxide and aluminum hydroxide, alginic acid, pyrogen 含まない水、等張生理食塩水、Ringer液、エチルアルコール、およびリン酸緩衝液、ならびにラウリル硫酸ナトリウムおよびステアリン酸マグネシウムなどの他の非毒の適合性の滑剤、ならびに着色剤、 放出因子(releasing agent) 、コーティング剤、甘味料、調味料、および香料であり、保存料および酸化防止剤も、調合者の判断に従い、組成物中に存在することができる。 It contains no water, isotonic saline, Ringer solution, ethyl alcohol, and phosphate buffer, and compatibility of lubricants other non poisons such as sodium lauryl sulfate and magnesium stearate, as well as coloring agents, releasing factor (releasing agent), coating agents, sweetening, flavoring, and a fragrance, preservatives and antioxidants can also according to the judgment of the formulator, it can be present in the composition. 特定の態様において、このようなキャリアおよび賦形剤が、本発明のガス富化流体または溶液であってよい。 In certain embodiments, such carriers and excipients may be gas-enriched fluids or solutions of the present invention.

例えばビヒクル、アジュバント、賦形剤、または希釈剤など、本明細書に記載の薬学的に容認できるキャリアは、当業者にとって周知である。 For example vehicles, adjuvants, excipients, or the like diluents, carriers which can be pharmaceutically acceptable described herein it is well known to those skilled in the art. 典型的には、薬学的に容認できるキャリアは、治療剤に対して化学的に不活性であり、使用の条件下で有害な副作用または毒性を有していない。 Typically, carrier is pharmaceutically acceptable is chemically inert to the therapeutic agent, it has no detrimental side effects or toxicity under the conditions of use. 薬学的に容認できるキャリアは、ポリマーまたはポリマー・マトリクス、ナノ粒子、微細気泡などを含むことができる。 Carrier is pharmaceutically acceptable can comprise polymer or polymeric matrix, nanoparticles, and the like fine bubbles.

本発明の治療用ガス富化流体に加えて、治療用組成物は、ガス富化をしていない追加の水または他の溶媒などの不活性な希釈剤、エチルアルコール、イソプロピルアルコール、炭酸エチル、酢酸エチル、ベンジルアルコール、安息香酸ベンジル、プロピレングリコール、1,3−ブチレングリコール、ジメチルホルムアミド、油(とくには、綿実油、ラッカセイ油、トウモロコシ油、胚芽油、オリーブ油、ひまし油、およびゴマ油)、グリセロール、テトラヒドロフルフリルアルコール、ポリエチレングリコール、およびソルビタンの脂肪酸エステルなどの可溶化剤および乳化剤、ならびにこれらの混合物をさらに含むことができる。 In addition to the therapeutic gas-enriched fluid of the present invention, therapeutic compositions may contain inert diluents such as additional water or other solvent that does not have any gas-enriched, ethyl alcohol, isopropyl alcohol, ethyl carbonate, ethyl acetate, benzyl alcohol, benzyl benzoate, propylene glycol, 1,3-butylene glycol, dimethylformamide, oils (in particular, cottonseed oil, peanut oil, corn, germ, olive, castor, and sesame oils), glycerol, tetrahydro furfuryl alcohol, a solubilizing agent, such as polyethylene glycols and fatty acid esters of sorbitan, and emulsifiers, and may further include mixtures thereof. 当業者であれば理解できるとおり、特定の治療用組成物の新規かつ改良された調合、新規なガス富化治療用流体、および新規なガス富化治療用流体を送達する新規な方法を、1つ以上の不活性な希釈剤を同一、同様、または異なる組成のガス富化流体で置き換えることによって得ることができる。 As it can be appreciated by those skilled in the art, new and improved formulation of a particular therapeutic composition, a novel gas-enriched therapeutic fluid, and a novel method of delivering a novel gas-enriched therapeutic fluid, 1 One or more inert diluents same, can be obtained by replacing same or a gas-enriched fluid of different composition. 例えば、従来からの水を、ガス富化流体をもたらすべく水または脱イオン水へと酸素を注入することによって生成されたガス富化流体で置き換え、あるいは補うことができる。 For example, water from a conventional, replaced by a gas-enriched fluid produced by injecting oxygen into water or deionized water to bring the gas-enriched fluid, or can be compensated.

特定の実施の形態は、本発明のガス富化流体と、医薬組成物または他の治療剤あるいはそれらの薬学的に許容される塩または溶媒和物と、少なくとも1種の医薬用キャリアまたは希釈剤と、を有する治療用組成物を提供する。 Specific embodiment, the gas-enriched fluid of the present invention, a pharmaceutical composition or other therapeutic agent or as their pharmaceutically acceptable salt or solvate thereof, at least one pharmaceutical carrier or diluent When there is provided a therapeutic composition having. これらの医薬組成物を、上述の疾病または状態の予防および処置に使用することができ、上述のとおりの治療に使用することができる。 These pharmaceutical compositions can be used in the prevention and treatment of diseases or conditions described above can be used to treat as described above. 好ましくは、キャリアは、薬学的に許容されるものでなければならず、組成物中の他の成分に適合性でなければならず、すなわち組成物中の他の成分に対して有害な影響を有してはならない。 Preferably, the carrier must be pharmaceutically acceptable, it must be compatible with the other ingredients in the composition, i.e. a deleterious effect on other components in the composition It should not have. キャリアは、固体または液体であってよく、好ましくは、例えば0.05〜95重量%の有効成分を含むことができる錠剤など、単位用量の調合物として調製される。 The carrier may be a solid or a liquid, preferably, for example, a tablet, which can contain the active ingredient 0.05 to 95% by weight, is prepared as a formulation of a unit dose.

本明細書に開示の組成物および/または方法は、おおむね局所適用に関係しているが、個々の被験体にとって最も適する投与の手段は、処置すべき疾病または状態の性状および重篤さ、使用される治療の性質、ならびに治療用組成物または追加の治療剤の性質に応じて決まる。 Compositions and / or methods disclosed herein, generally but is related to topical application, the means of the most suitable administration for the individual subject, the nature and severity of the disease or condition to be treated, using treatment of properties to be, and depends on the nature of the therapeutic composition or additional therapeutic agent.

本発明の治療用ガス富化流体に加えて、治療用組成物は、ガス富化をしていない追加の水または他の溶媒などの不活性な希釈剤、エチルアルコール、イソプロピルアルコール、炭酸エチル、酢酸エチル、ベンジルアルコール、安息香酸ベンジル、プロピレングリコール、1,3−ブチレングリコール、ジメチルホルムアミド、油(とくには、綿実油、ラッカセイ油、トウモロコシ油、胚芽油、オリーブ油、ひまし油、およびゴマ油)、グリセロール、テトラヒドロフルフリルアルコール、ポリエチレングリコール、およびソルビタンの脂肪酸エステルなどの可溶化剤および乳化剤、ならびにこれらの混合物をさらに含むことができる。 In addition to the therapeutic gas-enriched fluid of the present invention, therapeutic compositions may contain inert diluents such as additional water or other solvent that does not have any gas-enriched, ethyl alcohol, isopropyl alcohol, ethyl carbonate, ethyl acetate, benzyl alcohol, benzyl benzoate, propylene glycol, 1,3-butylene glycol, dimethylformamide, oils (in particular, cottonseed oil, peanut oil, corn, germ, olive, castor, and sesame oils), glycerol, tetrahydro furfuryl alcohol, a solubilizing agent, such as polyethylene glycols and fatty acid esters of sorbitan, and emulsifiers, and may further include mixtures thereof. 当業者であれば理解できるとおり、特定の治療用組成物の新規かつ改良された調合、新規なガス富化治療用流体、および新規なガス富化治療用流体を送達する新規な方法を、1つ以上の不活性な希釈剤を同一、同様、または異なる組成のガス富化流体で置き換えることによって得ることができる。 As it can be appreciated by those skilled in the art, new and improved formulation of a particular therapeutic composition, a novel gas-enriched therapeutic fluid, and a novel method of delivering a novel gas-enriched therapeutic fluid, 1 One or more inert diluents same, can be obtained by replacing same or a gas-enriched fluid of different composition. 例えば、従来からの水を、ガス富化流体をもたらすべく水または脱イオン水へと酸素を注入することによって生成されたガス富化流体で置き換え、あるいは補うことができる。 For example, water from a conventional, replaced by a gas-enriched fluid produced by injecting oxygen into water or deionized water to bring the gas-enriched fluid, or can be compensated.

特定の実施の形態においては、本発明のガス富化流体を、1つ以上の治療剤に組み合わせることができ、さらには/あるいは単独で使用することができる。 In a particular embodiment, the gas-enriched fluid of the present invention, can be combined into one or more therapeutic agents, and further can be used in / or alone. 特定の実施の形態においては、ガス富化流体の導入が、脱イオン水、生理食塩水、などといったこの技術分野で公知の1つ以上の溶液を1つ以上のガス富化流体で置き換えて、被験体へ送達するための改良された治療用組成物をもたらすこと、を含むことができる。 In a particular embodiment, the introduction of the gas-enriched fluid, deionized water, replacing the known one or more solutions of one or more gas-enriched fluid in the art such as saline, etc., bringing an improved therapeutic composition for delivery to a subject, can contain.

特定の実施の形態は、本発明のガス富化流体と、医薬組成物または他の治療剤あるいはそれらの薬学的に許容される塩または溶媒和物と、少なくとも1種の医薬用キャリアまたは希釈剤と、を有する治療用組成物を提供する。 Specific embodiment, the gas-enriched fluid of the present invention, a pharmaceutical composition or other therapeutic agent or as their pharmaceutically acceptable salt or solvate thereof, at least one pharmaceutical carrier or diluent When there is provided a therapeutic composition having. これらの医薬組成物を、上述の疾病または状態の予防および処置に使用することができ、上述のとおりの治療に使用することができる。 These pharmaceutical compositions can be used in the prevention and treatment of diseases or conditions described above can be used to treat as described above. 好ましくは、キャリアは、薬学的に許容されるものでなければならず、組成物中の他の成分に適合性でなければならず、すなわち組成物中の他の成分に対して有害な影響を有してはならない。 Preferably, the carrier must be pharmaceutically acceptable, it must be compatible with the other ingredients in the composition, i.e. a deleterious effect on other components in the composition It should not have. キャリアは、固体または液体であってよく、好ましくは、例えば0.05〜95重量%の有効成分を含むことができる錠剤など、単位用量の調合物として調製される。 The carrier may be a solid or a liquid, preferably, for example, a tablet, which can contain the active ingredient 0.05 to 95% by weight, is prepared as a formulation of a unit dose.

考えられる投与ルートとして、経口、舌下、口腔、非経口(例えば、皮下、筋肉内、動脈内、腹腔内、大槽内、 内、髄腔内、または静脈内)、直腸、局所(経皮、膣内、眼内、耳内、鼻内、吸入、および注射、など)、あるいは埋め込み可能な装置または材料の挿入が挙げられる。 As the route of administration contemplated, oral, sublingual, buccal, parenteral (e.g., subcutaneous, intramuscular, intraarterial, intraperitoneal, intracisternal, capsule, intrathecal, or intravenous), rectal, topical (through intradermal, intravaginal, ocular, intraaural, intranasal, inhalation, and injection, etc.), or insertion of implantable devices or materials.

(製剤) (Formulation)
個々の被験体にとって最も適する投与の手段は、処置すべき疾病または状態の性状および重篤さ、使用される治療の性質、ならびに治療用組成物または追加の治療剤の性質に応じて決まる。 Means the most suitable administration for the individual subject, the nature and severity of the disease or condition to be treated, the treatment of the properties that are used, and depends on the nature of the therapeutic composition or additional therapeutic agent. 特定の実施の形態においては、経口または局所投与が好ましい。 In a particular embodiment, oral or topical administration is preferred.

経口投与に適する製剤を、錠剤、カプセル、カシェ、シロップ、エリキシル、チューインガム、「ロリポップ」製剤、マイクロエマルジョン、溶液、懸濁液、舐剤、またはゲルでコートされたアンプルなど、それぞれが所定の量の有効な化合物を含んでいる不連続な単位として、粉末または顆粒として、水性または非水の液体中の溶液または懸濁液として、あるいは水中油または油中水の乳濁液として、提供することができる。 Formulations suitable for oral administration, tablets, capsules, cachets, syrups, elixirs, chewing gum, "lollipop" formulations, microemulsions, solutions, suspensions, lozenges or gels in such coated ampoule, the amount each of a predetermined, as discrete unit containing the active compounds of as a powder or granules, as a solution or a suspension in an aqueous or non-aqueous liquid, or as an emulsion water-in-oil or oil-in-water, to provide, can.

舌下または口腔投与など、経粘膜の方法に適した製剤として、有効化合物と、典型的には糖およびアカシアまたはトラガカントなどの味付き基材とを含んでいる舐剤、パッチ、錠剤など、また、ゼラチンおよびグリセリンまたはスクロースアカシアなどの不活性基材中に有効化合物を含んでいるおよびトローチが挙げられる。 Sublingual or buccal administration, a formulation suitable for the method of transmucosal, and effective compounds, lozenges typically comprising a flavored base, such as sugar and acacia or tragacanth, patches, tablets, etc., also include and lozenges contain the active compound in an inert base such as gelatin and glycerin, or disk loin acacia.

非経口的投与に適する製剤は、典型的には、所定の濃度の有効なガス富化流体およびおそらくは別の治療剤を含んでいる無菌の水溶液を含み、この溶液が、好ましくは意図される受け手の血液と等浸透圧である。 Formulations suitable for parenteral administration typically comprise a sterile aqueous solution containing a predetermined concentration effective gas-enriched fluid and possibly another therapeutic agent, the solution is preferably intended recipient which is the blood and the iso-osmotic pressure. 非経口的投与に適したさらなる製剤として、界面活性剤およびシクロデキストリンなどの生理学的に適切な共溶媒および/または錯化剤を含んでいる製剤が挙げられる。 As a further Formulations suitable for parenteral administration, physiologically suitable co-solvents and / or formulation comprising a complexing agent such as surfactants and cyclodextrins. 水中油の乳濁液も、ガス富化流体の非経口投与のための製剤に適するであろう。 Emulsion oil in water will also suitable formulations for parenteral administration of the gas-enriched fluid. そのような溶液は、好ましくは静脈内投与されるが、皮下または筋肉注射によっても投与可能である。 Such solutions are preferably also administered by is administered intravenously, subcutaneously or intramuscularly.

尿道、直腸、または膣への投与に適した製剤として、ゲル、クリーム、ローション、水性また油性の懸濁液、分散させることができる粉末または顆粒、乳濁液、溶ける固体物質、潅水などが挙げられる。 Mentioned urethra, a formulation suitable for administration to the rectal or vaginal, gels, creams, lotions, aqueous suspensions also oily, powders or granules can be dispersed, emulsion, soluble solid material, irrigation and It is. 製剤は、好ましくは、有効成分を例えばカカオ脂などといった坐薬の基剤を形成する1つ以上の固体キャリアに含んでいる単位用量の坐薬として供給される。 Formulation, preferably, is provided as unit dose suppositories containing the active ingredient to one or more solid carriers forming the suppository base, eg cocoa butter, and the like. あるいは、本発明のガス富化流体での結腸洗浄を、結腸または直腸投与のために調合することができる。 Alternatively, a colon washing with gas-enriched fluids of the present invention can be formulated for colonic or rectal administration.

局所、眼内、耳内、または鼻内への適用に適する製剤として、軟膏、クリーム、ペースト、ローション、ペースト、ゲル(ヒドロゲルなど)、スプレー、分散可能な粉末および顆粒、乳濁液、 流動性の圧縮不活性ガスを使用するスプレーまたはエアゾール(リポソームスプレー、点鼻薬、鼻内スプレーなど)、およびオイルが挙げられる。 Topical, intraocular, a formulation suitable for application to the ear, or intranasally, ointments, creams, pastes, lotions, pastes, gels (hydrogels, etc.), spray, dispersible powders and granules, emulsions, flowable compressed spray or aerosol using an inert gas (liposomal spray, nasal drops, etc. nasal sprays), and oil. そのような製剤に適したキャリアとして、ワセリン、ラノリン、ポリエチレングリコール、アルコール、およびこれらの組み合わせが挙げられる。 As a carrier suitable for such formulations include petroleum jelly, lanolin, polyethylene glycols, alcohols, and combinations thereof. 鼻または鼻内への送出は、これらの製剤または他の製剤のいずれかを測り取られた量にて含むことができる。 Delivery to the nasal or intranasal, may include in the amounts taken to measure any of these formulations or other formulations. 同様に、耳内または眼内は、滴、軟膏、刺激液などを含むことができる。 Similarly, aural or intraocular may include drops, ointments, and the like stimulation fluid.

本発明の製剤は、任意の適切な方法で作成可能であり、典型的には、ガス富化流体を随意により液体または微細に分割された固体キャリアあるいは両方を有する有効化合物と必要な割合にて一様かつ密に混ぜ合わせ、次いで、必要であれば、得られた混合物を所望の形状へと成形することによって作成可能である。 Formulations of the present invention can be prepared in any suitable manner, typically with active compound and the required proportions with a solid carrier or both divided liquid or finely by optionally a gas-enriched fluid uniform and was intimately mixed, then, if necessary, can be made by molding the resulting mixture into a desired shape.

例えば、錠剤を、有効成分の粉末または顆粒と、結合剤、滑剤、不活性希釈剤、または表面活性分散剤などの1つ以上の随意による成分とを含んでいる密な混合物を、圧縮することによって作成することができ、あるいは粉末状の有効成分と本発明のガス富化流体との密な混合物を成型することによって作成することができる。 For example, the tablets, and powders or granules of the active ingredient, binding agent, lubricant, inert diluent, or comprise and intimate mixture and one or more optional by components such as surface active dispersing agent, compressing it can be created by molding the intimate admixture with a gas-enriched fluid can be created, or powdered active ingredient and the present invention by.

吸入による投与に適した製剤として、さまざまな種類の定量加圧エアゾール、ネブライザ、または吸入器によって生成できる微細粒子のダストまたはミストが挙げられる。 Formulations suitable for administration by inhalation, various types of metered dose pressurized aerosols, nebulizers or include dusts or mists of fine particles which can be generated by means of an inhaler. とくには、治療剤の粉末または他の化合物を、本発明のガス富化流体に溶存または懸濁させることができる。 In particular, a powder or other compounds of therapeutic agents may be dissolved or suspended in a gas-enriched fluid of the present invention.

口腔経由の肺投与においては、粉末または液滴の粒子サイズが、気管支樹への送達を保証するために、典型的には0.5〜10μM、好ましくは1〜5μMの範囲にある。 In pulmonary administration via mouth, the particle size of the powder or droplets, in order to ensure delivery into the bronchial tree, typically 0.5~10MyuM, preferably in the range of 1~5MyuM. 経鼻投与においては、鼻腔での保持を保証するために、10〜500μMの範囲の粒子サイズが好ましい。 In nasal administration, in order to ensure retention in the nasal cavity, the preferred particle size in the range of 10~500MyuM.

定量吸入器は、典型的には、治療剤の懸濁液または溶液製剤を液化圧縮不活性ガスに含んでいる加圧エアゾールディスペンサである。 Metered dose inhalers, typically a pressurized aerosol dispensers containing a suspension or solution formulation of the therapeutic agent in a liquefied inert compressed gas. 特定の実施の形態においては、本明細書に開示されるとおり、本発明のガス富化流体を、標準的な液化圧縮不活性ガスに加え、あるいは標準的な液化圧縮不活性ガスに代えて使用することができる。 In a particular embodiment, as disclosed herein, a gas-enriched fluid of the present invention, in addition to the standard liquefied compressed inert gas, or in place of the standard liquefied compressed inert gas used can do. 使用時、これらの装置は、典型的には10〜150μLの定量を送り出すように構成されたバルブを通して製剤を放出し、治療剤およびガス富化流体を含んでいる微細粒子のスプレーを生成する。 In use, these devices typically discharge the formulation through a valve that is configured to send out the quantitation of 10~150MyuL, to produce a spray of fine particles containing a therapeutic agent and a gas enriched fluid. 適切な圧縮不活性ガスとして、例えばジクロロジフルオロメタン、トリクロロフルオロメタン、ジクロロテトラフルオロエタン、およびこれらの混合物など、特定のクロロフルオロカーボン化合物が挙げられる。 Suitable inert compressed gas, such as dichlorodifluoromethane, trichlorofluoromethane, dichlorotetrafluoroethane, and mixtures thereof, include certain chlorofluorocarbon compounds.

製剤は、例えばオレイン酸またはソルビタントリオレエートなどのエタノール界面活性剤、酸化防止剤、および適切な香料など、1つ以上の共溶媒をさらに含むことができる。 Preparations, for example, ethanol surfactants, such as oleic acid or sorbitan trioleate, antioxidants and the like Suitable flavors may further comprise one or more co-solvents. ネブライザは、狭いベンチュリ絞りを通過する加圧ガス(典型的には、空気または酸素)の加速または超音波撹拌によって、有効成分の溶液または懸濁液を治療用のエアゾールミストへと変換する市販の装置である。 Nebulizer (typically air or oxygen) pressurized gas through a narrow venturi aperture by acceleration or sonication, commercial converting into an aerosol mist for treating a solution or suspension of the active ingredient it is a device. ネブライザでの使用に適した製剤は、ガス富化流体中にあって、製剤の最大40%(w/w)、好ましくは20%(w/w)未満を構成している別の治療剤で構成される。 Suitable formulations for use in the nebulizer, in the gas-enriched fluid, up to 40% of the formulation (w / w), preferably 20% (w / w) another therapeutic agent that comprises less than constructed. さらに、好ましくは塩化ナトリウムなどの塩の添加によって体液と同じ浸透圧にされる蒸留水、滅菌水、または希釈水アルコール溶液など、他のキャリアも利用可能である。 Further, preferably distilled water is the same osmotic pressure as body fluid by the addition of a salt such as sodium chloride, sterile water, or the like dilution water alcoholic solution, also available other carriers. 随意による添加物として、とくには製剤が無菌に作成されるのではない場合に、保存料が挙げられ、メチルヒドロキシベンゾエートを挙げることができ、さらには酸化防止剤、香料、揮発性油分、緩衝剤、および界面活性剤が挙げられる。 As an additive by optional, particularly if not the formulation is prepared in a sterile, preservative and the like, can be mentioned methyl hydroxybenzoate, more antioxidants, fragrances, volatile oil, a buffering agent , and surfactants.

吸入による投与に適した製剤として、吸入器によって届けることができ、あるいは鼻から吸い込むやり方で鼻腔へと取り入れることができる微細に粉砕された粉末が挙げられる。 Formulations suitable for administration by inhalation, it can deliver the inhaler, or include powders finely divided which can be incorporated into the nasal cavity in a manner which snuff is taken. 吸入器においては、粉末が、典型的にはゼラチンまたはプラスチックで製作されるカプセルまたはカートリッジに収容され、これらがその場で穿刺または開放され、粉末が吸入時に装置を通過して吸い込まれる空気によって届けられ、あるいは手動動作のポンプによって届けられる。 In the inhaler, deliver powders, are typically contained in a capsule or cartridge which is produced in a gelatin or plastic, it is punctured or opened in situ, by the air powder is drawn through the device upon inhalation It is, or is delivered by the pump of manual operations. 吸入器において使用される粉末は、有効成分のみで構成され、あるいは有効成分、ラクトースなどの適切な粉末希釈剤、および随意による界面活性剤を含んでいる粉末ブレンドで構成される。 Powder used in the inhaler is formed of only the active ingredient, or active ingredients, and a powder blend containing the surfactants according to a suitable powder diluent, and optionally such as lactose. 有効成分が、典型的には製剤の0.1〜100w/wを構成する。 Active ingredient, more typically constitutes 0.1~100w / w of the formulation.

上記で具体的に述べた成分に加えて、本発明の製剤は、当業者にとって公知の他の物質を、当該製剤の種類を考慮しつつ含むことができる。 In addition to the specifically recited ingredients above, the formulations of the present invention, others known to those skilled in the art, can include taking into account the type of the formulation. 例えば、経口投与に適した製剤は、調味料を含むことができ、鼻内投与に適した製剤は、香料を含むことができる。 For example, formulations suitable for oral administration, seasonings can include, formulations suitable for intranasal administration may include perfumes.

本発明の治療用組成物を、個々の治療剤または治療剤の組み合わせのいずれかとして、医薬品とともに使用することができる任意の従来からの方法によって投与することができる。 The therapeutic compositions of the present invention, either as a combination of individual therapeutic agents or therapeutic agents can be administered by the method of any conventional that can be used in conjunction with pharmaceuticals.

投与される用量は、当然ながら、個々の剤の薬力学特性ならびにその投与の態様および経路、受け手の年齢、健康状態、および体重、症状の性質および程度、同時処置の種類、処置の頻度、および望まれる効果、などといった公知の要因に依存してさまざまであろう。 Dosage administered will, of course, aspects and route of pharmacodynamic properties as well as their administration of the individual agents, the age of the recipient, health, and weight, symptoms of the nature and extent, kind of concurrent treatment, frequency of treatment, and the effect desired and will vary depending on known factors such as. 有効成分の毎日の用量は、体重1キログラム(kg)につき約0.001〜1000ミリグラム(mg)になると予想でき、好ましい用量は0.1〜約30mg/kgになると予想できる。 The daily dose of active ingredient, can be expected to be about 0.001 to 1000 milligrams per kilogram (kg) (mg), the preferred dosage can be expected to be from 0.1 to about 30 mg / kg.

投薬形態(投与に適した組成物)は、単位ごとに約1mg〜約500mgの有効成分を含む。 Dosage forms (compositions suitable for administration) contain the active ingredient in about 1mg~ about 500mg per unit. これらの薬用組成物において、有効成分は、通常は組成物の総重量に対して約0.5〜95重量%の量で存在する。 In these pharmaceutical compositions the active ingredient will usually be present in an amount of about 0.5-95% by weight relative to the total weight of the composition.

軟膏、ペースト、発泡体、吸蔵(occlusion)、クリーム、およびゲルも、でんぷん、トラガカント、セルロース誘導体、シリコーン、ベントナイト、シリカ酸、およびタルク、あるいはこれらの混合物など、賦形剤を含むことができる。 Ointments, pastes, foams, storage (occlusion), creams, and gels may, starch, tragacanth, cellulose derivatives, silicones, bentonites, silica acid, and talc, or a mixture thereof, may comprise excipients. 粉末およびスプレーも、ラクトース、タルク、シリカ酸、水酸化アルミニウム、およびケイ酸カルシウム、あるいはこれらの物質の混合物など、賦形剤を含むことができる。 Powders and sprays also lactose, talc, silica acid, aluminum hydroxide, and calcium silicate, or mixtures of these substances, such as, can contain excipients. ナノ結晶の抗菌性金属の溶液を、エアゾール薬剤を製作するために一般に使用されている公知の手段のいずれかによって、エアゾールまたはスプレーへと変換することができる。 A solution of the antimicrobial metal nano-crystals, by any known means which are commonly used to fabricate an aerosol drug may be converted into aerosols or sprays. 一般に、そのような方法は、通常は不活性のキャリアガスによって溶液の容器を加圧すること、または加圧するための手段を提供することを含んでおり、加圧されたガスを小さなオリフィスに通すことを含んでいる。 Generally, such methods are typically passing pressurizing the container of the solution by the carrier gas of inert, or includes providing a means for pressurizing the pressurized gas to the small orifice It contains. スプレーは、窒素、二酸化炭素、または他の不活性ガスなど、一般的な圧縮不活性ガスをさらに含むことができる。 Spray, nitrogen, carbon dioxide or other inert gases, such as, can further comprise a common inert compressed gas. さらに、マイクロスフェアまたはナノ粒子を、本発明のガス富化治療用組成物または流体とともに、治療用化合物を被験体へと投与するために必要とされる経路のいずれかにて使用することが可能である。 Furthermore, it is possible to use microspheres or nanoparticles at with the gas-enriched therapeutic compositions or fluids of the present invention, any of the routes required to administer a therapeutic compound to the subject it is.

注射用の製剤を、アンプルおよびバイアルなど、単位用量または複数用量の密封容器にて提供することができ、使用の直前に無菌の液体賦形剤またはガス富化流体を加えるだけでよいフリーズドライ(凍結乾燥)の状態で保存することができる。 The formulations for injection, such as ampules and vials, can be provided in a sealed unit-dose or multi-dose containers may freeze only the addition of the sterile liquid excipient or gas-enriched fluid, immediately prior to use ( it can be stored in the form of freeze-dried). 必要に応じて調合される注射の溶液または懸濁液を、無菌の粉末、顆粒、および錠剤から作成することができる。 A solution or suspension of the injection to be prepared as required, sterile powders, it is possible to create granules and tablets. 注射可能な組成物のための有効な薬用キャリアの要件は、当業者にとって周知である。 Effective medicinal carrier requirements for injectable compositions are well known to those skilled in the art. 例えば、Pharmaceutics and Pharmacy Practice,J. For example, Pharmaceutics and Pharmacy Practice, J. B. B. Lippincott Co. Lippincott Co. ,Philadelphia,Pa. , Philadelphia, Pa. ,Banker and Chalmers,Eds. , Banker and Chalmers, Eds. ,238−250(1982)およびASHP Handbook on Injectable Drugs,Toissel,4th ed. , 238-250 (1982) and ASHP Handbook on Injectable Drugs, Toissel, 4th ed. ,622−630(1986)を参照されたい。 , See 622-630 (1986).

局所投与に適した製剤として、本発明のガス富化流体および随意による追加の治療剤および調味料、通常はスクロースおよびアカシアまたはトラガカントを含んでいる舐剤、ガス富化流体ならびにゼラチンおよびグリセリンあるいはスクロースおよびアカシアなどの不活性基材中の随意による追加の治療剤を含んでいるトローチ、ガス富化流体および適切な液体キャリア中の随意による追加の治療剤を含んでいるうがい薬または含嗽液、ならびにクリーム、乳濁液、ゲルなどが挙げられる。 Formulations suitable for topical administration, the therapeutic agent and seasonings added by gas-enriched fluid and optionally of the present invention, generally disk loin and acacia or lozenge which contains tragacanth, gas-enriched fluid gelatin and glycerin or disk loin and optionally by lozenges comprising an additional therapeutic agent in an inert base such as acacia, mouthwashes or gargles liquid contains an additional therapeutic agent by an optional gas-enriched fluid and a suitable liquid carrier , as well as creams, emulsions, such as a gel, and the like.

さらに、直腸投与に適した製剤を、乳化基材または水溶性基材などの種々の基材と混合することによって、坐薬として提供することができる。 Further, preparations suitable for rectal administration, by mixing with a variety of substrates such as emulsifying base or water-soluble base material, can be provided as a suppository. 膣内投与に適した製剤を、この技術分野において適切であることが知られているようなキャリアを有効成分に加えて含んでいるペッサリー、タンポン、クリーム、ゲル、ペースト、発泡体、またはスプレー調合物として提供することができる。 Formulations suitable for vaginal administration include pessaries containing added such carriers as are known to be suitable in the art to the active ingredient, tampons, creams, gels, pastes, foams, or spray formulations it can be provided as an object.

適切な薬用キャリアが、この分野における標準的な参考書であるMack Publishing CompanyのRemington's Pharmaceutical Sciencesに説明されている。 Suitable pharmaceutical carriers are described in Remington's Pharmaceutical Sciences of Mack Publishing Company, a standard reference text in this field.

本発明の文脈において被験体、とくには動物、殊にはヒトに投与される用量は、妥当な時間枠にわたって動物に治療反応をもたらすために充分でなければならない。 Subjects in the context of the present invention, the dose particularly administered animals, especially in humans, must be sufficient to bring the animals to therapeutic response over a reasonable time frame. 用量が、動物の状態、動物の体重、ならびに処置すべき状態など、種々の因子に依存して決まることを、当業者であれば理解できるであろう。 Dose, animal status, the animal's weight, and the like condition to be treated, would that determined depending on various factors, be understood by those skilled in the art. 適切な用量は、所望の反応を及ぼすことが知られている治療用組成物の濃度を、被験体にもたらす用量である。 Appropriate doses the concentration of the therapeutic compositions are known to exert the desired reaction, a dose that produces the subject.

また、用量のサイズは、投与の経路、タイミング、および頻度、ならびに治療用組成物の投与および所望の生理学的効果に付随しうる不利な副作用の存在、性質、および程度によっても決定される。 The size of the dose, route of administration, timing and frequency, as well as the presence of administration and the desired physiological effect adversely be associated with side effects of the therapeutic composition, is also determined by the nature and extent.

局所適用に適した製剤として、液体(水性または油性)、軟膏、クリーム、ローション、ペースト、ゲル(ヒドロゲルなど)、スプレー、分散可能な粉末および顆粒、乳濁液、 流動性の圧縮不活性ガスを使用するスプレーまたはエアゾール(リポソームスプレー、点鼻薬、鼻内スプレー、など)、およびオイルが挙げられる。 Formulations suitable for topical application, liquid (aqueous or oily), ointments, creams, lotions, pastes, gels (such as hydrogels), sprays, dispersible powders and granules, emulsions, the flowability of the compressed inert gas spray or aerosol use (liposomes spray, nasal drops, nasal spray, etc.), and oil. そのような製剤に適したキャリアとして、ワセリン、ラノリン、ポリエチレングリコール(PEG3000、PEG5000、その他など)、アルコール、およびこれらの組み合わせが挙げられる。 As a carrier suitable for such formulations include petroleum jelly, lanolin, polyethylene glycol (PEG 3000, PEG5000, other, etc.), alcohols, and combinations thereof.

本発明の製剤は、任意の適切な方法で作成可能であり、典型的には、ガス富化流体を随意により液体または微細に分割された固体キャリアあるいは両方を有する有効化合物と必要な割合にて一様かつ密に混ぜ合わせ、次いで、必要であれば、得られた混合物を所望の形状へと成形することによって作成可能である。 Formulations of the present invention can be prepared in any suitable manner, typically with active compound and the required proportions with a solid carrier or both divided liquid or finely by optionally a gas-enriched fluid uniform and was intimately mixed, then, if necessary, can be made by molding the resulting mixture into a desired shape.

軟膏、ペースト、発泡体、吸蔵、クリーム、ゲル、ゾル、懸濁液、およびパッチも、でんぷん、トラガカント、セルロース誘導体、シリコーン、ベントナイト、シリカ酸、およびタルク、あるいはこれらの混合物など、賦形剤を含むことができる。 Ointments, pastes, foams, occlusion, creams, gels, sols, suspensions, and patches, starch, tragacanth, cellulose derivatives, silicones, bentonites, silica acid, and talc, or a mixture thereof, an excipient it can be included. 粉末およびスプレーも、ラクトース、タルク、シリカ酸、水酸化アルミニウム、およびケイ酸カルシウム、あるいはこれらの物質の混合物など、賦形剤を含むことができる。 Powders and sprays also lactose, talc, silica acid, aluminum hydroxide, and calcium silicate, or mixtures of these substances, such as, can contain excipients. ナノ結晶の抗菌性金属の溶液を、エアゾール薬剤を製作するために一般に使用されている公知の手段のいずれかによって、エアゾールまたはスプレーへと変換することができる。 A solution of the antimicrobial metal nano-crystals, by any known means which are commonly used to fabricate an aerosol drug may be converted into aerosols or sprays. 一般に、そのような方法は、通常は不活性のキャリアガスによって流体の容器を加圧すること、または加圧するための手段を提供することを含んでおり、加圧されたガスを小さなオリフィスに通すことを含んでいる。 Generally, such methods are typically passing pressurizing the container of the fluid by the carrier gas of inert, or includes providing a means for pressurizing the pressurized gas to the small orifice It contains. スプレーは、窒素、二酸化炭素、または他の不活性ガスなど、一般的な圧縮不活性ガスをさらに含むことができる。 Spray, nitrogen, carbon dioxide or other inert gases, such as, can further comprise a common inert compressed gas. さらに、マイクロスフェアまたはナノ粒子を、本発明のガス富化治療用組成物または流体とともに、化合物を被験体へと投与するために必要とされる経路のいずれかにて使用することが可能である。 Furthermore, the microspheres or nanoparticles, with the gas-enriched therapeutic compositions or fluids of the present invention, it is possible to use in any of the routes required to administer the compounds to a subject .

局所製剤を、アンプルおよびバイアルなど、単位用量または複数用量の密封容器にて提供することができ、使用の直前に無菌の液体賦形剤またはガス富化流体を加えるだけでよいフリーズドライ(凍結乾燥)の状態で保存することができる。 The topical formulations, such as ampules and vials, can be provided in a sealed unit-dose or multi-dose containers, or freeze-dried (lyophilized only the addition of the sterile liquid excipient or gas-enriched fluid, immediately prior to use can be stored in the state of). 必要に応じて調合される流体および/または懸濁液を、無菌の粉末、顆粒、および錠剤から作成してもよい。 The fluid and / or suspension is formulated as needed, sterile powders, granules, and may be created from the tablet.

本発明の文脈において被験体、とくには動物、殊にはヒトへと投与される用量は、妥当な時間枠にわたって動物に美容および/または治療反応をもたらすために充分でなければならない。 Subjects in the context of the present invention, in particular the doses are administered animals, especially the humans, must be sufficient to bring the animals in cosmetic and / or therapeutic response over a reasonable time frame. 用量が、動物の状態、動物の体重、所望される結果、ならびに処置すべき状態など、種々の因子に依存して決まることを、当業者であれば理解できるであろう。 Dose, animal status, the animal's body weight, the desired result, and the like condition to be treated, would that determined depending on various factors, be understood by those skilled in the art. 適切な用量は、所望の反応を及ぼすことが知られている美容および/または治療用組成物の濃度を、被験体にもたらす用量である。 Appropriate doses the concentration of cosmetic and / or therapeutic compositions are known to exert the desired reaction, a dose that produces the subject.

また、用量のサイズは、投与の経路、タイミング、および頻度、ならびに治療用組成物の投与および所望の生理学的効果に付随しうる不利な副作用の存在、性質、および程度によっても決定される。 The size of the dose, route of administration, timing and frequency, as well as the presence of administration and the desired physiological effect adversely be associated with side effects of the therapeutic composition, is also determined by the nature and extent.

本発明のガス富化流体を、既存の薬物送達用組成物または方法を改良するために使用することができる。 The gas-enriched fluids of the present invention can be used to improve the existing drug delivery composition or method. 拡散装置によって処理された流体を、単独または1つ以上の治療剤と一緒に、適切な用量単位の製剤へと製剤することができる。 The fluid processed by the diffuser, alone or together with one or more therapeutic agents can be formulated into formulation suitable dosage unit. 種々の実施の形態において、これらの製剤は、従来からの無毒な薬学的に許容されるキャリア、アジュバント、乳化または懸濁剤、甘味料、調味料、芳香剤、および被験体の体内への特定の取り込み経路に適したビヒクルを含むことができる。 In various embodiments, these formulations, carriers non-toxic pharmaceutically acceptable from conventional adjuvants, emulsifying or suspending agents, sweetening, flavoring, particular in the body of the fragrance, and subject it can include vehicles suitable for incorporation path.

本明細書において使用されるとき、用語「薬学的に容認できるキャリア」および「キャリア」は、毒性のない不活性な固体、半固体、または液体のフィラー、希釈剤、封入材料、または任意の種類の製剤補助物を意味する。 As used herein, the term "pharmaceutically acceptable can carrier" and "carrier" are non-toxic inert solid, semi-solid or liquid filler, diluent, encapsulating material or any type, means of formulation aids. 薬学的に許容されるキャリアとして機能することができる材料のいくつかの例は、これらに限られるわけではないが、ラクトース、グルコース、 スクロースなどの糖、トウモロコシでんぷんおよびジャガイモでんぷんなどのでんぷん、カルボキシメチル・セルロース・ナトリウム、エチルセルロース、および酢酸セルロースなどのセルロースおよびその誘導体 、トラガント末、麦芽、ゼラチン、タルク、カカオ脂および坐薬ワックスなどの賦形剤、ピーナツ油、綿実油、ベニバナ油、ごま油、オリーブ油、トウモロコシ油、および大豆油などの油、プロピレングリコールなどのグリコール、オレイン酸エチルおよびラウリン酸エチルなどのエステル、寒天、水酸化マグネシウムおよび水酸化アルミニウムなどの緩衝剤、アルギン酸、発熱物質 Some examples of materials which can serve as pharmaceutically acceptable carriers include, but are not limited to, lactose, glucose, sugars such as disk loin, starch such as corn starch and potato starch, carboxy methyl cellulose sodium, ethylcellulose, and cellulose and its derivatives such as cellulose acetate, powdered tragacanth, malt, gelatin, talc, excipients such as cocoa butter and suppository waxes, peanut oil, cottonseed oil, safflower oil, sesame oil, olive oil, corn oil, and oils such as soybean oil, glycols such as propylene glycol, esters such as ethyl oleate and ethyl laurate, agar, buffering agents such as magnesium hydroxide and aluminum hydroxide, alginic acid, pyrogen 含まない水、等張生理食塩水、Ringer液、エチルアルコール、およびリン酸緩衝液、ならびにラウリル硫酸ナトリウムおよびステアリン酸マグネシウムなどの他の非毒の適合性の滑剤、ならびに着色剤、 放出因子(releasing agent) 、コーティング剤、甘味料、調味料、および香料であり、保存料および酸化防止剤も、製剤者の判断に従い、組成物中に存在することができる。 It contains no water, isotonic saline, Ringer solution, ethyl alcohol, and phosphate buffer, and compatibility of lubricants other non poisons such as sodium lauryl sulfate and magnesium stearate, as well as coloring agents, releasing factor (releasing agent), coating agents, sweetening, flavoring, and a fragrance, preservatives and antioxidants can, in accordance with the judgment of the formulator, can be present in the composition. 特定の態様においては、このようなキャリアおよび賦形剤そのものが、拡散装置によって処理された流体であってよい。 In certain embodiments, such carriers and excipients themselves may be a fluid that has been processed by the diffuser.

特定の実施の形態においては、本明細書に開示のガス富化流体が、皮膚などの器官へと適用され、あるいは器官および/または組織を中に配置することができる湿潤、洗浄、または浸漬の流体を含むことができる。 In a particular embodiment, it disclosed herein a gas-enriched fluid, such as skin is applied to the organ, or wetting which can be placed in organ and / or tissue, washing, or immersion It may include a fluid. 1つ以上の治療剤を、ガス富化流体に溶存させることができ、あるいは組織のガス富化流体における湿潤、洗浄、または浸漬に先立って、組織に配置することができる。 One or more therapeutic agents, can be can be dissolved in the gas-enriched fluid, or wet in the tissue of the gas-enriched fluid, washing, or prior to dipping, to place the tissue. また、ガス富化流体を、事前の薬物との組み合わせにおいて皮膚あるいは他の器官または組織へと適用して、薬物の効能を増すためのガス富化治療用流体を生成してもよい。 Further, the gas-enriched fluid, applied to the skin or other organs or tissues in combination with pre-drug may produce a gas-enriched therapeutic fluid to increase the efficacy of the drug. さらに、ガス富化流体を、粉末を溶解させるために使用して、ガス富化治療用流体および薬物送達方法を生み出すこともできる。 Further, the gas-enriched fluid, and used to dissolve the powder, it is also possible to produce fluid and drug delivery methods for the gas-enriched therapeutic. あるいは、本発明のガス富化流体は、これらのパッチ、ゲル、クリーム、ローション、軟膏、ペースト、溶液、スプレー、水性または油性懸濁液、乳濁液などからなる注入物を含むことができる。 Alternatively, the gas-enriched fluid of the present invention can include these patches, gels, creams, lotions, ointments, pastes, solutions, sprays, aqueous or oily suspensions, the implant made of the emulsion.

皮膚または粘膜への投与による薬物の送達など、局所的な薬物送達も、本発明の技術的範囲に包含される。 Including delivery of the drug by administration to the skin or mucosa, even local drug delivery, it is encompassed in the technical scope of the present invention. 特定の態様は、皮膚または皮膚の一部分あるいは任意の身体的位置の傷への送達のための治療用傷ケア生成物を提供する。 Certain embodiments provide therapeutic wound care product for delivery to the skin or a portion of the skin or any physical location of the flaw. 例えば、拡散装置によって処理されたガス富化流体が、軟膏、液滴、治療溶液、洗浄用流体、調合薬(処方薬および市販薬の液滴ならびに他の薬物、ステロイドドロップ、カルテオロール、非選択性β遮断薬、ビタミン)、などを含むことができる。 For example, gas-enriched fluid that has been treated by diffusion apparatus, ointments, drops, treatment solutions, cleaning fluid, formulation (prescription and over-the-counter drugs of droplets as well as other drugs, steroids drop, carteolol, unselected sex β-blockers, vitamins), and so forth. 例えば、ガス富化流体が、生理食塩水または水などの一般的なキャリアを置き換えることができる。 For example, it is possible to gas-enriched fluids, replace general carriers such as saline or water.

生物学的組織の成長の促進: Promotion of the growth of biological tissue:
他の関連の実施形態においては、本明細書に開示されるガス富化流体組成物および/または方法を、天然または遺伝子操作された細胞(幹細胞を含む)、組織、および器官の培養の生物学的細胞および/または組織の成長に関連して使用することができる。 In other related embodiments, the gas-enriched fluid composition disclosed herein and / or methods (including stem cells) natural or genetically engineered cells, tissues, and biological organs cultured cell and / or in connection with the growth of tissue may be used. さらに、本明細書に開示されるガス富化流体組成物および/または方法を、人工血液または人工血液を必要とする外科的処置(冠動脈バイパス形成手術およびショック−外傷処置など)のために使用することができる。 Further, the gas-enriched fluid compositions disclosed herein and / or a method, surgical procedures requiring artificial blood or synthetic blood (coronary bypass surgery and shock - such as trauma treatment) used for be able to. 同様に、酸素富化溶液を、肝臓、腎臓、心臓、眼、手、足、脳、などといった1つ以上の固形臓器について、摘出後ならびに移植前(例えば、運搬中)または移植中の灌流に使用することができる。 Similarly, the oxygen-enriched solution, liver, kidney, heart, eye, hand, foot, brain, for one or more solid organs such as, after removal and prior to implantation (e.g., during transportation) or perfusion during implantation it can be used. 本明細書に開示の実施の形態によるガス富化(とくには、酸素富化)流体の使用は、より長い保存時間およびより成功した移植率をもたらすことができる。 Gas enrichment according to embodiments disclosed herein (in particular, oxygen-enriched) the use of fluid may result in a longer storage times and successful transplantation rate than.

特定の実施の形態においては、ガス富化流体を使用することができる。 In a particular embodiment, it is possible to use a gas enriched fluid. 特定の実施の形態において、本発明のガス富化流体による器官の保存、輸送、注入、送達、および/または移植は、炎症の減少、壊死の減少、および/または細胞機能の向上ゆえに、器官および/または組織のより良好な保存および/または移植をもたらすことができる。 In certain embodiments, storage of the organ by the gas-enriched fluid of the present invention, transport, pouring, delivery, and / or transplantation, reduction of inflammation, decreased necrosis, and / or to improve because of cellular function, organ and / or it can result in better storage and / or transplantation of tissue. さらに、本発明のガス富化流体を、人間の患者などの被験体へと、静脈内投与にて送達することができる。 Further, the gas-enriched fluid of the present invention, to a subject such as a human patient, may be delivered by intravenous administration. 被験体(人体または他の動物)において使用するために血漿を酸素化することが可能であり、がんあるいは他の病状または疾患の処置に用途を有することができる。 It is possible to oxygenate plasma for use in a subject (human or other animal), may have application in the treatment of cancer or other condition or disorder. 血漿の酸素化は、長い時間期間にわたって保存される場合の維持のためにも有用であると考えられる。 Oxygenation of blood plasma is believed to be useful for the maintenance of when stored over a long period of time.

他の実施の形態においては、ガス富化または酸素富化溶液による水治療法または局所適用において、被験体の血中酸素レベルを高めることができ、被験体のエネルギーおよび活力が高められ、被験体がより健康的になると考えられる。 In another embodiment, the water treatment or topical application by the gas-enriched or oxygen-enriched solution, can enhance the blood oxygen level of the subject, increased energy and vitality of the subject, the subject There is considered to be more healthy.

実施例1 Example 1
平衡塩類溶液における酸素含有量の減衰 Decay of the oxygen content in balanced salt solution
33が、最初に5ppmの溶存酸素レベルを有していた500mlのブラウン平衡塩溶液の溶存酸素の保持を示している。 Figure 33 shows a first 5ppm dissolved oxygen retention of Brown balanced salt solution a 500ml had a dissolved oxygen level. 本発明の拡散装置における標準温度および圧力での溶液の富化の後で、溶存酸素レベルは、点2202において約41ppmであった。 After a solution enriched in at standard temperature and pressure in the diffusion apparatus of the present invention, the dissolved oxygen level was about 41ppm at point 2202. この溶液を、琥珀色のガラス瓶に保持した。 The solution was kept in amber glass bottle. 溶存酸素レベルは、1時間後には点2204に示されるとおり40ppmであり、2時間後に36ppmであり、3時間後に34ppmであり、およそ4時間半後には、30ppmをわずかに超える程度であった。 Dissolved oxygen levels are 40ppm as shown at point 2204 after 1 hour, a 36ppm after 2 hours, a 34ppm after 3 hours, after approximately 4 hours, was much more than 30ppm slightly. 最後の測定を、6時間のわずかに前に行ったところ、その時点での溶存酸素レベルは、約28ppmであった。 The last measurement was conducted before slightly 6 hours, the dissolved oxygen level at that time was about 28 ppm.

実施例2 Example 2
微小気泡のサイズ The size of the microbubbles
ガス微細気泡のサイズの限界を割り出すために、本発明の拡散装置を使用することによってガス富化流体における実験を実行した。 To determine the limits of the size of the gas micro-bubbles, experiments were conducted in a gas-enriched fluid by using the diffuser of the present invention. 微細気泡のサイズの限界を、ガス富化流体を0.22ミクロンおよび0.1ミクロンのフィルタに通すことによって明らかにした。 Limit the size of fine air bubbles revealed by passing filter the gas-enriched fluid 0.22 micron and 0.1 micron. これらの試験においては、或る量の流体を本発明の拡散装置に通して、ガス富化流体を生成した。 In these tests, a quantity of fluid through the diffuser of the present invention, to produce a gas-enriched fluid. この流体60ミリリットルを、60mlのシリンジへと抜き取った。 The fluid 60 ml, were drawn into 60ml syringe. 次いで、シリンジ内の流体の溶存酸素の程度を、Winkler滴定によって測定した。 Then, the degree of dissolved oxygen in the fluid in the syringe was measured by Winkler titration. シリンジ内の流体を、0.22ミクロンのMillipore Millex GP50フィルタを通して50mlのビーカーへと注入した。 The fluid in the syringe was injected into the 50ml beaker through a 0.22 micron Millipore Millex GP50 filter. 次いで、50mlのビーカー内のマテリアルの溶存酸素の程度を測定した。 Then, to determine the extent of the dissolved oxygen in the material in the beaker of 50 ml. 実験を3回実行し、下記の表3に示す結果を得た。 Experimental Run 3 times to give the results shown in Table 3 below.

見て取ることができるとおり、シリンジ内で測定した溶存酸素レベルと50mlのビーカー内の溶存酸素レベルとが、拡散後のマテリアルを0.22ミクロンのフィルタに通したにもかかわらず、大きくは変化しなかった As can be seen, the dissolved oxygen level in the beaker of dissolved oxygen levels and 50ml measured in the syringe, despite through the material after spreading to 0.22 micron filter, significantly unchanged It was. このことは、流体内の溶存ガスの微細気泡が、0.22ミクロン以下であるということを意味している。 This fine bubbles of dissolved gas in the fluid, which means that at most 0.22 microns.

生理食塩水のバッチを本発明の拡散装置で富化処理し、出力された溶液のサンプルをフィルタ処理を加えない状態で集めることで、第2の試験を行った。 Enriched treated with diffuser of the present invention a batch of saline, a sample of the output solution by gathering with no added filtering, was the second test. このフィルタ処理なしのサンプルの溶存酸素レベルは、44.7ppmであった。 Dissolved oxygen level of the sample without this filtering, was 44.7 ppm. 本発明の拡散装置からの酸素富化溶液を0.1ミクロンのフィルタを使用してフィルタ処理し、2つのさらなるサンプルを採取した。 The oxygen-enriched solution from the diffuser of the present invention to filter using 0.1 micron filter were taken two additional samples. 第1のサンプルにおいて、溶存酸素レベルは43.4ppmであった。 In the first sample, the dissolved oxygen level was 43.4 ppm. 第2のサンプルにおいては、溶存酸素レベルが41.4ppmであった。 In the second sample, the dissolved oxygen level was 41.4 ppm. 最後に、フィルタを取り除き、最後のサンプルをフィルタ処理なしの溶液から得た。 Finally, remove the filter, to give the final sample from a solution of unfiltered. この場合に、最後のサンプルは、45.4ppmという溶存酸素レベルを有していた。 In this case, the last sample had a dissolved oxygen level of 45.4 ppm. これらの結果は、Milliporeの0.2ミクロンのフィルタを使用した結果に一致している。 These results are consistent with results using the 0.2 micron filter Millipore. すなわち、生理食塩水中のガス気泡または微細気泡の大部分は、サイズがおおむね0.1ミクロン未満である。 That is, the majority of the gas bubbles or micro-bubbles in saline, size is generally less than 0.1 micron.

実施例3 Example 3
スパージング効果 Sparging effect
34および35が、本発明の拡散装置を通過する流体への本発明の拡散装置のスパージング効果を示している。 34 and 35 show a sparging effect of the diffuser of the present invention to the fluid passing through the diffuser of the present invention. 標準温度および圧力の8ガロンのタンクにおいて酸素富化水スパージングを行った。 The sparging of oxygen-enriched water were conducted in an 8-gallon tanks standard temperature and pressure. 図示のとおり、最初に酸素富化水は、約42ppmという溶存酸素レベルを有していた。 As shown, the first oxygen-enriched water had a dissolved oxygen level of about 42 ppm. 拡散装置を2分間動作させた後で、溶存酸素レベルが20ppmをわずかに超える程度まで、窒素が酸素富化水をスパージしていた。 After the diffuser is operated for 2 minutes, the dissolved oxygen level is to a degree in excess of 20ppm slightly, nitrogen was sparged with oxygen-enriched water. 6分間で、溶存酸素レベルは約6ppmとなった。 For 6 minutes, the dissolved oxygen level was about 6 ppm. 酸素富化水の溶存酸素レベルは、処理の開始から約14分で、ゼロ(0)をわずかに上回る最小値に達した。 Dissolved oxygen levels of oxygen-enriched water is about 14 minutes from the start of the process, reaches a minimum value greater than zero (0) is small. これらの数字は、窒素が水へと拡散して水から酸素をスパージできる様相を示している。 These figures, nitrogen indicates the appearance that can sparging oxygen diffusion to water to water. しかしながら、任意のガスを任意の流体において使用して、或るガスを他方からスパージして、他方のガスを流体へと拡散させることができる。 However, any gas used in any fluid, and sparged with certain gases from the other, the other gas can be diffused into the fluid. 同じ実験が、任意のホスト流体マテリアルおよび任意の流体注入マテリアルを利用することができる。 The same experiment can utilize any host fluid material, and any fluid infusion material.

実施例4 Example 4
レイリー効果 Rayleigh effect
本明細書に開示の拡散装置によって処理された流体は、通常の未処理の水と比べたときに、水の構造に相違を呈する。 Fluid processed by the diffuser disclosed herein, when compared to the water ordinary untreated, exhibit differences in structure of water. 本明細書に開示の実施の形態によって生成されたガス富化水が、本発明によるガス富化を行っていない水と比べて、より大きなレイリー散乱効果を有することが示されている。 Gas-enriched water produced by the embodiment disclosed herein, compared with the water that has not been gas-enriched according to the invention, have been shown to have a greater Rayleigh scattering effects.

行った実験では、ガス富化水および富化なしの水のサンプルを作成し、光学的分析へと送った。 In the experiments conducted, to create a sample of water without the gas-enriched water and enriched, it was sent to the optical analysis. これらの試験の目的は、通常の(処理なしの)脱イオン水と本発明の拡散装置によって富化した水との間に巨視的な光学的相違が存在するか否かを判断することにある。 The purpose of these tests is to determine whether there is macroscopic optical differences between water enriched by normal (no treatment) diffuser of deionized water and the present invention .

2つのサンプルの身元を秘密に保つため、2つのサンプルに符号を付け、試験の完了後に初めて、サンプルの身元を明らかにした。 To keep the identity of the two samples in secret, numbered as in two samples, only after completion of the test revealed the identity of the sample. 2つのサンプルを、図37Aに示した図に従って、633ナノメートルのレーザービーム中に配置した。 Two samples, according to diagram shown in FIG. 37A, was placed in the laser beam of 633 nm. 本明細書に開示の特定の実施の形態によるガス富化流体であるサンプルBが、レーザー源に対する位置にかかわらず、散乱光を呈した。 Sample B is a gas-enriched fluid according to certain embodiments disclosed herein, irrespective of the position relative to the laser source, exhibited scattered light. サンプルBの流体を、約1週間にわたってガラス瓶に封じた。 The fluid sample B, was sealed in glass bottles for approximately one week. 瓶を開けてから2〜3時間後に、散乱効果は消失した。 2 to 3 hours after opening the bottle, scattering effect disappeared. このように、ガス富化流体の構造は、処理なしの流体の構造から光学的に相違している。 Thus, the structure of the gas-enriched fluid is different optically from the structure of the no treatment fluid. 開始時の溶存酸素レベルが約45ppmであり、実験の終了時には約32ppmであったと推定されることから、この光学的効果は、溶存酸素レベルに直接関係しているわけではない。 Starting level of dissolved oxygen is about 45 ppm, since at the end of the experiment is estimated to be the about 32 ppm, the optical effect is not directly related to dissolved oxygen levels. 結果が図37Bに示されている。 Results are shown in Figure 37B.

実施例5 Example 5
溶媒和電子の生成 Generation of solvated electrons
さらなる証拠も、本発明の拡散装置によって生み出される拡散プロセスが、ガス富化溶液に溶媒和電子をもたらすことを示唆している。 Also further evidence, diffusion process to be generated by the diffusion device of the present invention, suggesting that bring solvated electrons in the gas-enriched solution. ポーラログラフ溶存酸素プローブの結果ゆえ、拡散後の流体が電子捕捉効果を呈し、したがって流体が、ガス富化マテリアル内に溶媒和電子を含むことができると考えられる。 Results Because of polarographic dissolved oxygen probes, fluid exhibits an electron capture effect after spreading, therefore fluid could comprise a solvated electron in the gas-enriched material.

溶存酸素のレベルを電気的に測定するために、2つの基本的な技法が存在する。 To electrically measure the levels of dissolved oxygen, two basic techniques exist. ガルバニック測定法およびポーラログラフ測定である。 Galvanic measurement method and a polarographic measurement. どちらのプロセスも、試験対象の溶液中の溶存酸素レベルがプローブのカソードと反応して電流を生み出す電極システムを使用する。 Both processes, the dissolved oxygen level in the solution to be tested using the electrode system to generate a current in response to the cathode of the probe. 溶存酸素レベルセンサは、どちらもセンサ本体内の電解質に浸漬される2つの電極、すなわち陽極および陰極で構成されている。 Dissolved oxygen levels sensor is configured both two electrodes immersed in electrolyte within the sensor body, ie the anode and cathode. 酸素透過膜が、陽極および陰極を試験対象の溶液から隔てている。 Oxygen permeable membrane, separates the anode and cathode from the solution to be tested. 酸素が膜を横切って拡散し、プローブの内部の成分と相互作用して、電流を生じさせる。 Oxygen diffuses across the membrane and interacts with the internal components of the probe, thereby producing an electrical current. 陰極が、水素電極であって、陽極に対して負の電位を持つ。 Cathode, a hydrogen electrode, having a negative potential relative to the anode. 電解質溶液が、電極ペアを囲み、膜によって包まれている。 Electrolyte solution surrounds the electrode pair are encased by a membrane. 酸素が存在しないとき、陰極は、水素によって分極され、電流の流れに抵抗する。 When oxygen is absent, the cathode is polarized by hydrogen and resists the flow of current. 酸素が膜を通過するとき、陰極が消極され、電子が消費される。 When oxygen passes through the membrane, the cathode is depolarized and electrons are consumed. 陰極が、以下の式に従って、酸素を水酸基イオンへと電気化学的に還元する: Cathode, according to the following equation, oxygen electrochemically reduced to hydroxyl ions:
+2H O+4E =4OH O 2 + 2H 2 O + 4E - = 4OH -
本発明のシステムによるガス富化溶液の溶存酸素レベルの測定を実行するとき、溶存酸素メータが、メータが読み取ることができるよりも大きい読み取り値を表示するオーバーフロー状態が、繰り返し直面される。 When running the system measurement of dissolved oxygen level in a gas-enriched solution according to the present invention, dissolved oxygen meter, an overflow condition for displaying large readings than the meter can read is repeatedly encountered. しかしながら、Winkler滴定によるガス富化溶液の評価が、溶液について、プローブが示すよりも低い溶存酸素(DO)レベルを示す。 However, the evaluation of the gas-enriched solution according to Winkler titration, the solution shows a dissolved oxygen (DO) level lower than indicated by the probe. 典型的には、DOプローブ(これらの実験で使用したOrion 862など)は、60ppmという最大の読み取り値を有している。 Typically, DO probe (such as Orion 862 used in these experiments) has a maximum reading of 60 ppm. しかしながら、メータが本発明のガス富化水に残された場合、メータはオーバーフローする。 However, if the meter is left in gas-enriched water of the present invention, the meter will overflow.

特定の動作の機構に拘束されるつもりはないが、メータの機構が、酸素が反応する電子に応答する。 While not wishing to be bound by mechanism of a particular operation, mechanism of meter, oxygen responds to electrons react. さらに、電子のスピン共鳴が、流体がイオンを含まないことを示しているため、ガス富化流体に存在する酸素レベルによって安定化された溶媒和電子が存在しているということになる。 Further, the electron spin resonance, since the fluid is shown that ion-free, it comes to stabilized solvated electrons by oxygen levels present in the gas-enriched fluid is present.

実施例6 Example 6
優れた傷の治癒 Healing of excellent scratch
本明細書に開示の実施の形態に従って処理された酸素富化生理食塩水に曝された傷の治癒特性の向上を判断するために、研究を行った。 To determine the improved healing characteristics of wounds that were exposed to the oxygen-enriched saline treated in accordance with embodiments disclosed herein, it was studied. この実験においては、ブタの皮膚を除去した生検創に、包帯を配置した。 In this experiment, raw KenSo removing the skin of pigs were placed bandage. 包帯を、酸素富化生理食塩水に浸し、コントロール群の包帯を、酸素富化していない生理食塩水に浸した。 Bandages, soaked in oxygen-enriched saline, bandages in the control group, saline-soaked not enriched with oxygen. 視的に、1)表皮化、2)新血管形成、3)表皮分化、4)肥満細胞の移動、および5)有糸分裂を含むいくつかの要因を、この研究によって評価した。 In microscopic manner, 1) epidermalization, 2) neovascularization, 3) epidermal differentiation, 4) a number of factors including the mast cell migration, and 5) mitosis was evaluated by this study.

外部からは、傷がさまざまな速度で治癒したように見受けられた。 From the outside, it appeared to wound has healed at various speeds. 酸素富化生理食塩水で処置した傷は、4〜11日目において、傷の治癒の増進を見せた。 The wound treated with the oxygen-enriched saline, in 4 to 11 days, showed the promotion of wound healing. しかしながら、どちらの傷も、ほぼ同時に治癒を完了したように見受けられた。 However, both of scratches, appeared to have completed the healing almost at the same time. この研究によれば、3〜11日目の間、酸素富化生理食塩水で処置した傷の新表皮は、生理食塩水で処置した傷の表皮の2〜4倍の速さで移動することが示された。 According to this study, between 3 and 11 days, new skin wounds treated with the oxygen-enriched saline to move 2-4 times faster wound epidermis treated with saline It has been shown. また、この研究によれば、15〜22日目の間、酸素富化生理食塩水で処置した傷が、より成熟した表皮層のより早期の形成によって証拠付けられるとおり、より迅速な速度で分化することが示された。 Further, according to this study, during 15 to 22 days, as wounds treated with the oxygen-enriched saline, which is evidenced by the earlier formation of more mature epidermal layers, differentiated in a more rapid rate it has been shown to. すべての段階において、通常の治癒に関して表皮に生じる厚肉化が、酸素富化生理食塩水で処理した傷においては生じなかった。 In all stages, thickening occurring epidermal respect normal healing did not occur in wounds treated with oxygen-enriched saline.

特定の理論に拘束されるつもりはないが、酸素富化生理食塩水が、傷においてNOのレベルを高めることができると考えられる。 Without wishing to be bound by any particular theory, the oxygen-enriched saline, it is considered possible to increase the level of NO in wound. NOが、傷の治癒において成長因子、コラーゲン沈着、炎症、肥満細胞の移動、表皮肥厚、および新血管形成を調節する。 NO is a growth factor in wound healing, collagen deposition, regulate inflammation, migration of mast cells, epidermal thickening, and neovascularization. さらに、NOは、酸素によって調節される誘導酵素によって生成される。 Further, NO is generated by an inducible enzyme that is regulated by oxygen. したがって、特定の理論に拘束されるつもりはないが、本発明のガス富化流体は、これらの実験において見られるとおり傷治癒効果の幅広いスペクトルに従って、NOの生成を刺激することができる。 Thus, without wishing to be bound by any particular theory, the gas-enriched fluid of the present invention, in accordance with broad spectrum of wound healing effects as seen in these experiments, it is possible to stimulate the production of NO.

治癒中のブタの表皮は、15〜22日目に、酸素富化生理食塩水の群において、より早期の分化に直面した。 Skin pig in healing, in 15 to 22 days, in the group of oxygen-enriched saline faced earlier differentiation. 肥満細胞の移動の場合にも、 相違が、酸素富化溶液における早期および後期の移動において生じた。 In the case of migration of mast cells also differences resulted in moves early and late in the oxygen-enriched solution. 有糸分裂のレベルについての最終的な結果は、染色の困難ゆえに確認できなかった。 The final results for the level of mitosis, could not be confirmed in difficulty because of staining.

ここで、図45 a〜 45 hを参照すると、種々の図が、酸素富化した生理食塩水を使用し、あるいは使用しない場合のブタの表皮組織の傷の治癒結果を比較している。 Referring now to FIG. 45 a to 45 h, the various figures, compares the oxygen enriched using saline or pig epidermal tissue wounds Without healing results. すなわち、コントロールの傷の治癒および酸素富化生理食塩水を使用した傷の治癒を、1、4、および16日目について追った。 In other words, the healing of wounds using healing and oxygen-enriched saline wound control, 1, 4, and was followed for 16 days. 45 aが、1日目のコントロールの傷について傷の治癒を示している。 Figure 45 a is, shows the wound healing for the wound of the first day of the control. 見て取ることができるとおり、傷が、表皮/真皮の厚肉化および輪郭の喪失を示している。 As can be seen, scratches, shows a loss of thickening and contours of the epidermal / dermal. 45 bは、酸素富化生理食塩水を使用して処置した傷について、1日目の傷の治癒を示している。 Figure 45 b, for wounds treated using the oxygen-enriched saline shows healing day 1 wounds. 傷が、通常の表皮/真皮の厚さを示しており、通常の輪郭は、新たな傷における典型である。 Scratches shows the typical thickness of the epidermis / dermis, conventional contour are typical in the new wound.

次に、図45 cおよび45 dを参照すると、4日目のコントロールの傷の治癒、および4日目の酸素富化生理食塩水で処置された傷の治癒が示されている。 Referring now to FIGS. 45 c and 45 d, day 4 control wound healing, and healing of wounds treated with 4 days the oxygen-enriched saline is shown. 45 cに示したコントロールの傷においては、傷が、600ミクロンの表皮の突起を示している。 In the control wound illustrated in Figure 45 c, scratches, it shows the projection of 600 microns of the epidermis. 45 dの酸素富化生理食塩水で処置された傷では、1200ミクロンの表皮の突起が示されている。 Figure 45 The wounds treated with d the oxygen-enriched saline, it is shown protrusions 1200 micron epidermal. このように、実験の最初の4日において、酸素富化生理食塩水を用いて処置された傷において生成される表皮の突起は、酸素富化生理食塩水での処置を行わなかった傷と比べ、2倍の表皮成長速度を示している。 Thus, in the first four days of the experiment, the projections of the epidermis generated in the oxygen-enriched saline wounds treated with as compared to wounds that did not perform the treatment with the oxygen-enriched saline , shows a two-times the skin growth rate.

次に、図45 eを参照すると、16日目のコントロールの傷が示されている。 Referring now to FIG. 45 e, 16 day control wounds is shown. 傷が、図45 fに示した酸素富化生理食塩水で処置した傷に比べ、表皮/真皮の輪郭の喪失を伴うより分化していない表皮を示している。 Scratches, compared to wounds treated with the oxygen-enriched saline shown in FIG. 45 f, shows a skin that is not differentiated from with loss of the contour of the epidermis / dermis. 45 fは、傷において、より分化した表皮およびより正常な表皮/真皮の輪郭を示している。 Figure 45 f, in wound shows the outline of a more differentiated epidermis and more normal epidermal / dermal.

このように、図45 a〜 45 fに関して示されるとおり、本発明の酸素富化生理食塩水で処置した傷は、処理なしの傷に比べてはるかに大きな治癒特性を示しており、より通常な表皮/真皮の輪郭を有するより大きく分化した表皮を示している。 Thus, as shown with respect to Figure 45 a to 45 f, wounds treated with oxygen-enriched saline invention shows a great healing properties far compared to wounds without treatment, more usually It shows a greatly differentiated epidermis than with the contour of the epidermis / dermis.

さらに、図4649に示されるとおり、本発明のガス富化生理食塩水で処置した傷は、種々の特定の染色によって検出されるとおり、肥満細胞、エラスチン、血管形成、およびプロテオグリカン/グルコサミノグリカンの発現の複数の時点で向上したレベルを呈した。 Furthermore, as shown in FIGS. 46-49, wounds treated with gas-enriched saline invention, as detected by various specific staining, mast cells, elastin, angiogenesis, and proteoglycans / glucosamine exhibited levels increased at multiple time points the expression of Nogurikan. したがって、ガス富化流体は、皮膚の傷の治癒について有害な影響を有さず、実際に厚さ全体の傷の修復の際に、向上した血管形成の環境ならびに真皮のグルコサミノグリカンおよびエラスチン部分の沈着の向上を提供する。 Therefore, the gas-enriched fluid has no deleterious effects on wound healing of the skin, in fact, during the repair of the overall thickness wounds, glucosaminoglycans environment and dermal improved angiogenesis and to provide enhanced deposition of elastin part.

実施例7 Example 7
インビトロでの傷の治癒 Wound healing in vitro
傷を封じるための培養されたヒト表皮角化細胞の能力について、ガス富化流体(酸素富化した)の効果を試験した。 For the ability of cultured human epidermal keratinocytes to seal a wound, we tested the effect of the gas-enriched fluid (enriched with oxygen).

ヒト表皮角化細胞を、通常の割礼から得られて不特定化された新生児包皮から単離した。 Human epidermal keratinocytes were obtained from normal circumcision isolated from an unspecified reduction neonatal foreskin. 真皮を表皮から分離するために、包皮をPBSにおいて2回洗浄し、2.4U/mLのDispase IIにおいて培養した。 In order to separate the dermis from the epidermis, the foreskin were washed twice in PBS, and cultured in Dispase II of 2.4 U / mL. 表皮を、0.25%トリプシン/1mM EDTAで培養し、大豆トリプシンインヒビターで中和させ 、撹拌し、70μmの篩に通して細胞を分離した。 The epidermis was incubated in 0.25% trypsin / 1 mM EDTA, then neutralize with soybean trypsin inhibitor, and stirred, to separate the cells through a 70μm sieve. 次に、細胞懸濁液を遠心分離し、0.07mM CaCl ならびにヒトケラチン生成細胞増殖サプリメント(0.2% ヒドロコルチゾン、0.2ng/mL Then, the cell suspension was centrifuged, 0.07 mM CaCl 2 and human keratinocyte growth supplements (0.2% hydrocortisone, 0.2 ng / mL
ヒト表皮成長因子)およびペニシリン/ストレプトマイシン、アムフォテラシン抗生剤カクテルを補った細胞培養液(M154)に再び懸濁させた。 Human epidermal growth factor) and penicillin / streptomycin, were resuspended in cell culture medium supplemented with Amufoterashin antibiotic cocktail (M154). ケラチン生成細胞懸濁液を、コートされていない12ウェルの培養皿に乗せ、培地を最初の播種から24時間後および48時間ごとに交換した。 Keratinocyte suspension, placed in a culture dish 12-well uncoated, the medium was changed from initial seeding every 24 hours and 48 hours.

細胞がコンフルーエントになったとき、無菌のp1000ピペットの先端で真っ直ぐな引っかき傷を作り、一様な細胞なしの傷をもたらした。 Cells when they become confluent, make straight scratch with the tip of p1000 pipette sterile resulted wounds without uniform cells. これらの単層を、細胞残屑を取り除くために、DulbeccoのPBSで数回洗浄した。 These monolayers, in order to remove cell debris, were washed several times with PBS the Dulbecco. 次いで、傷の単層を、以下の培地において培養した。 Then, a single-layer wound were cultured in the following medium. すなわち、i)完全な培養基(この実施例で上述したとおり)、ii)酸素なしの生理食塩水のせん断されたバージョン(本明細書に開示の拡散装置を用い、しかしながらガスを加えることなく処理したコントロール流体)で1:1に希釈した完全な培養基、および、iii)酸素富化生理食塩水で1:1に希釈した完全な培養基である。 That, i) complete culture medium (as described above in this example), ii) sheared version of saline without oxygen (using a spreading device disclosed herein, however was processed without the addition of gas in controlled fluid) 1: complete culture medium diluted to 1, and, in iii) the oxygen-enriched saline 1: is a complete culture medium diluted to 1. それぞれの研究を、3回ずつ行った。 Each of the research was carried out in triplicate.

培養に先立ち、ウェルをそれぞれの培養基で満たし、それぞれのウェルの上へと25×25mmのガラス製カバースリップを配置することによって封じた。 Prior to culture, filled wells in each culture was sealed by placing a glass coverslip 25 × 25 mm and onto each well. 傷を付けてから6、12、24、および48時間後に、酸素の測定を行い、培養物を推測した。 After scratching 6, 12, 24, and 48 hours later, perform oximetry, guessed culture.

傷を付けてから6時間後に、生理食塩水およびガス富化培地における傷の縁は、本明細書に開示の拡散装置によって処理したが、ガスは加えられていないコントロールの培地における傷にくらべ、より逆立っていた。 6 hours after scratch the saline and wound edges in gas-enriched medium, were treated by diffusion apparatus disclosed herein, compared with the wounds in the medium of the control gas is not applied, It had more bristling. 傷を付けてから12時間後に、3つのすべての培地における傷の縁は、境界に沿ってケラチン生成細胞が傷の中央に向かって移動することで、非一様に見受けられた。 12 hours after scratching the wound edge in all three media, keratinocytes along the borders by moving toward the center of the wound, it appeared to nonuniform. 移動するケラチン生成細胞を定量化することで、生理食塩水およびガス富化培地においてほぼ同レベルのケラチン生成細胞の移動が明らかになった。 To quantify the migrating keratinocytes move about the same level of keratinocytes in saline and gas-enriched medium revealed. 実験の結果が、図44 aおよび44 bに示されている。 Result of the experiment is shown in Figure 44 a and 44 b.

実施例8 Example 8
角膜線維芽細胞の増殖 The growth of corneal fibroblasts
無菌のガス富化水(約50ppmの酸素含有量を有している)または標準的な無菌の脱イオン水を、細胞培養液の作成に使用した。 Sterile (having an oxygen content of about 50 ppm) gas-enriched water or deionized water a standard sterile, used to create the cell culture. ヒト角膜実質線維芽細胞株を、1cm につき1×10 個の細胞という密度で24ウェルの組織培養プレートにプレーティングし、細胞を、Molecular Probes,Inc. Human keratocytes fibroblast cell line, were plated in 24 well tissue culture plates at a density of 1 × 10 5 cells per 1 cm 2, the cells, Molecular Probes, Inc. 製の標準的な生/死アッセイを使用して生存能力について試験した。 They were tested for viability using standard live / dead assay of manufacturing. 生存能力試験を、培養液を1日に2回交換しつつ連続的な培養の1または3日目に行った。 Viability tests were culture in 1 or 3 days replaced while the continuous culture twice a day. 生きている細胞および生きていない細胞を、各ウェルの10の無作為な20倍視野(0.2mm 面積/視野)において数えた。 Cells not to have cells and living alive were counted in randomized 20 times the field of view of 10 in each well (0.2 mm 2 area / field of view). 次いで、死細胞の割合を計算した。 Then calculate the percentage of dead cells. 本発明のガス富化培養液中の細胞においては、標準的な培地に比べて死細胞がより少なかった。 In the cell of the gas-enriched culture of the present invention, dead cells had fewer than in standard media. 結果が、図50に示されている。 The results are shown in Figure 50.

実施例9 Example 9
シュードモナスの阻害、プレート Inhibition of Pseudomonas, plate
本発明のガス富化生理食塩水を適用することで、シュードモナスの成長が抑えられる。 By applying the gas-enriched saline invention, Pseudomonas growth is suppressed. ガス富化生理食塩水を使用して実行した試験によって、酸素でガス富化した水を使用してシュードモナスの減少が示された。 The test was performed using the gas-enriched saline, reduction of Pseudomonas have been shown using oxygen and gas-enriched water.

シュードモナスの2つの試験株(ATCC登録番号10145およびATCC登録番号27853)を、新鮮な24時間の培養からMcFarland 1の濃度(1mLにつき約3×10 個の微生物)へと調製した。 Two test strains of Pseudomonas (ATCC Registration No. 10145 and ATCC Accession No. 27853) was prepared to a concentration of McFarland 1 from a culture of fresh 24-hour (1 mL dose of about 3 × 10 8 cells of microorganisms). 一定量(1mL)の細菌のそれぞれを、TSB培養液1部および無菌生理食塩水9部から作成した9mlの培養液−生理食塩水における10倍希釈へと連続的に希釈した。 Each bacterial aliquot (1 mL), culture 9ml created from TSB broth 1 part sterile saline 9 parts - was serially diluted into 10-fold dilution in saline. 試験した細菌濃度は、10 、10 、10 、10 、10 、および10 であった。 Test bacteria concentration is 10 7, 10 6, 10 5, 10 4, 10 3, and was 10 2. ネガティブコントロールチューブ(細菌も、本発明のガス富化流体もなし)を作成した。 Negative control tubes were prepared (the bacteria also gas-enriched fluid without any of the present invention). ポジティブコントロールチューブ(ガス富化流体を含まず、生理食塩水および上記6つの細菌濃度のそれぞれを含んでいる)を、それぞれの細菌株の試験のためのチューブの各セットに含めた。 Positive control tubes (free of gas-enriched fluid comprises a respective saline and the six bacterial concentration), was included in each set of tubes for testing of each bacterial strain.

それぞれの細菌株の10倍希釈物を使用して、36本のチューブからなるセットを以下のように接種した: Using each of 10-fold dilutions of the bacterial strains, a set of 36 tubes was inoculated as follows:
1. 1. 6本のチューブに、希釈物のそれぞれを1mLずつ入れ、次いでそれぞれのチューブへと、試験用のそれぞれのガス富化流体を4mLだけ加えた(総量は5mLになる)。 The six tubes, put each dilution by 1 mL, then into each tube, each addition of a gas-enriched fluid for testing only 4 mL (total amount becomes 5 mL). ガス富化流体を、50ppm、40ppm、30ppm、20ppm、10ppm、および生理食塩水と標記した。 The gas-enriched fluid, and title 50 ppm, 40 ppm, 30 ppm, 20 ppm, 10 ppm, and the saline. ポジティブコントロールが、生理食塩水であり、これを基準に、残りのすべてのチューブの増殖を測定した。 Positive control, a physiological saline, a reference to this proliferation was measured all remaining tubes.

それぞれのシュードモナス種についての36本のチューブからなるそれぞれの実験セットのすべてのチューブを、35℃での初期の培養後の24時間の期間において2時間間隔で連続的に測定した。 All tubes each experiment set of 36 tubes for each Pseudomonas species, were continuously measured at 2 hour intervals in the initial 24 hour period after culture at 35 ° C.. 各セットの読み取りの間、チューブを培養を続けるべく35℃に戻した。 During the reading of each set, it was returned to tube 35 ° C. to continue the culture. 読み取りは、OD 540に設定した較正済みの分光光度計を使用して実行した。 Readings were performed using a calibrated spectrophotometer set at OD 540.

これらの試験の結果は、本発明のガス富化流体が、試験対象の両方の株に関して、35℃での培養の開始後の4〜12時間の間およびさらに後(16〜24時間)で、いくつかの細菌希釈物においてシュードモナス株を積極的に阻害することを示している。 The results of these tests, a gas-enriched fluid of the present invention, with respect to both strains tested, 35 between 4-12 hours after the start of culturing in ℃ and after a further (16-24 hours), It has been shown to inhibit actively Pseudomonas strains in several bacterial dilutions.

具体的には、最高の陽性の阻害が、30または50の濃度において、両方の株について、16〜24時間の間に観察された。 Specifically, inhibition of the highest positive, at a concentration of 30 or 50 for both strains was observed between 16-24 hours. 陽性の阻害は、試験溶液の濃度および試験対象の細菌サンプルの濃度に応じてわずかに変化している。 Inhibition of positive, is slightly changed depending on the concentration and the concentration of the bacterial samples tested in the test solution.

実施例10 Example 10
シュードモナスの阻害についてのMICの検討、チューブ Study of the MIC for inhibition of Pseudomonas, tube
2倍希釈物における最小阻止濃度(MIC)試験溶液を、TSB培養液1部およびCFU−NS(生理食塩水)4部から作成された培養液−生理食塩水混合物のベースにおいて作成した。 The minimum inhibitory concentration (MIC) test solution in 2-fold dilutions, TSB broth 1 parts of CFU-NS (normal saline) cultures were prepared from 4 parts - was created at the base of the saline mixture. ネガティブコントロールチューブ(細菌もガス富化流体も含んでいない)およびポジティブコントロールチューブ(ガス富化流体を含んでおらず、細菌を含んでいる)を、試験対象チューブの各組に含めた。 Negative control tubes (contains no gas-enriched fluid contains bacteria Bacterial also gas-enriched fluids also do not contain) and positive control tubes, were included in each set of tested tubes. 流体希釈物は、50ppm、25ppm、12.5ppm、6.25ppm、3.12ppm、1.55ppm、および0.7ppmとした。 Fluid dilutions were 50ppm, 25ppm, 12.5ppm, 6.25ppm, 3.12ppm, 1.55ppm, and a 0.7 ppm. それぞれの細菌株についてのチューブの作成後に、2つの溶液からのサンプルについてpHを測定した。 After creating the tube for each bacterial strain, pH was measured for samples from the two solutions. CFUガス富化流体のpHが、約6.8〜7.2である一方で、CFU−NSのpHは、約6.2であった。 pH of CFU gas-enriched fluid, while is about 6.8 to 7.2, pH of CFU-NS was about 6.2.

18時間にわたる35℃でのカバーされたチューブの2組の作成の後で、すべてのチューブを視覚的に検査したところ、それぞれのセットにおいて50ppmと標記された第1のチューブが増殖を見せておらず、他のすべてのチューブ(ネガティブコントロールチューブは除く)が、控えめな増殖を示していることが明らかになった。 After two sets of creation of the covered tube at 35 ° C. for 18 hours, it was visually inspect all tubes, he first tube which is labeled as 50ppm in each set show the growth not (except negative control tubes) all other tubes, revealed that shows a modest growth.

50ppmと標記され、上記MIC研究からの視覚的検査において増殖を見せていなかったチューブを、さらに最小殺菌濃度(MBC)について試験した。 Is labeled as 50 ppm, the tube did not show growth in the visual inspection from the MIC studies were tested for further minimum bactericidal concentration (MBC). サンプルを、容量0.1mLの無菌の較正済みの使い捨てループを使用してこれら2つのチューブのそれぞれから採取し、問題の細菌の増殖または増殖の阻害を検出するために、BAプレート上に速やかに画線接種した。 Samples using aseptic calibrated disposable loop capacity 0.1mL were taken from each of these two tubes, in order to detect the inhibition of growth or proliferation of problems of bacterial, immediately on BA plates streaked were inoculated. 35℃での18時間の培養の後で、視覚的には増殖が見られないそれぞれのチューブ(ATCC 10145からのチューブ50およびATCC 27853からのチューブ50)から採取した試料が、どちらもBAプレート上に画線接種およびプレーティングしたときにきわめて高いレベルの増殖を示した。 After 18 hours of culture at 35 ° C., the sample Visually were taken from each tube show no growth (tube 50 from the tube 50 and ATCC 27853 from ATCC 10145) is both BA plate It showed very high levels of proliferation when streaked and plated. コロニーの数は、多すぎてカウントできなかった。 The number of colonies, could not count too much. すなわち、チューブ50のガス富化流体において、増殖のわずかな遅延が経験された。 That is, in the gas-enriched fluid of the tube 50, a slight delay in growth experienced.

実施例11 Example 11
シュードモナスの阻害、包帯 Inhibition of Pseudomonas, bandage
アクアセルの包帯を、シュードモナス株ATCC 10145およびATCC 27853に対して、乾燥ならびに試験流体52(pH7.2〜7.8)、50(pH6.0〜6.2)、42(pH7.2)、34(pH7.2)、25(pH6.8)、および10(pH6.2)、あるいは生理食塩水(pH6.2)のいずれかで濡らして試験した。 The bandage Akuaseru against Pseudomonas strains ATCC 10145 and ATCC 27853, dried and test fluid 52 (pH7.2~7.8), 50 (pH6.0~6.2), 42 (pH7.2), 34 (pH7.2), 25 (pH6.8), and 10 (pH 6.2), or were tested wet with either saline (pH 6.2). 最初に包帯へとガス富化試験流体または生理食塩水を適用(0.4mL)した後で、12時間後に2度目の適用(0.25mL)を行った。 The first after applying a gas-enriched test fluid or saline to the dressing (0.4 mL), was applied for the second time (0.25 mL) after 12 hours.

結果から、シュードモナスATCC登録番号10145を播種した3つのプレートへと適用された無菌25流体で処理した3つの包帯片(1cm角)のうちの1つの周囲に、3〜4mmの明確な阻害領域が見られ、シュードモナスATCC登録番号27853を播種した3つのプレートのうちの1つへと適用された無菌25流体で処理した3つの包帯片(1cm角)のうちの1つの周囲に、3〜4mmの明確な阻害領域が見られた。 The results, in one peripheral of the Pseudomonas ATCC Accession No. 10145 three bandage pieces treated with the applied sterile 25 fluid into three plates seeded with (1cm square), clear inhibition area of ​​3~4mm seen, the one surrounding the three bandage strips treated with 1 Tsueto applied sterile 25 fluid of the three plates seeded with Pseudomonas ATCC Accession No. 27853 (1 cm square) of 3~4mm a clear zone of inhibition was observed. 両方の株上の乾燥包帯の2辺に、明確な1〜2mm未満の阻害領域が存在した。 The two sides of the dry dressing on both strains, inhibition zone of less than clear 1~2mm was present. 他の試験包帯およびコントロール包帯の周囲では、阻害領域が検出されなかった。 In the periphery of the other test dressings and control dressings, inhibition area is not detected.

実施例12 Example 12
微生物阻害、包帯 Microbial inhibition, bandage
血液寒天プレートを使用し、創傷包帯として、Promogram Prismaのマトリクス包帯(A)およびハイドロファイバー包帯(B)を使用した。 Using the blood agar plates, as a wound dressing, using a matrix dressing Promogram Prisma (A) and hydrochlorofluorocarbons fiber dressing (B). 無菌の包帯を、3.0×10 /mLというMcFarland等価の濁度基準の細胞密度の24時間の培養からの微生物によって試験した。 The sterile dressings were tested by microorganisms from 24 hours of culture cell density of turbidity standards of McFarland equivalent of 3.0 × 10 8 / mL.

試験微生物は、黄色ブドウ球菌、表皮ブドウ球菌、緑膿菌、大腸菌、およびカンジダ・アルビカンスとした。 Test organisms were Staphylococcus aureus, Staphylococcus epidermidis, Pseudomonas aeruginosa, Escherichia coli, and Candida albicans.

それぞれの種類の包帯を、約0.8mLのガス富化流体または生理食塩水で濡らし、約30分にわたって放置した。 Each type of bandage, wetted with gas-enriched fluid or saline to about 0.8 mL, was allowed to stand for about 30 minutes. 乾燥包帯を、コントロールとして使用した。 The dry bandage, was used as a control. 次いで、プレートを24時間にわたって増殖させ、結果を記録した。 The plate was then grown for 24 hours, the results were recorded.

細胞プレートにおいて見たとき、ハイドロファイバー包帯(B)は、乾燥か、あるいはいずれかの流体で濡らしたかにかかわらず、試験微生物の増殖に対して効果を有していなかった。 When viewed in cell plate, hydro fiber dressing (B) is dried either, or regardless of whether wetted with either fluid, had no effect on the growth of the test microorganism. ガス富化流体で濡らしたPrismaの包帯(A)は、黄色ブドウ球菌のコロニーにおいて部分的な阻害の領域を示し、表皮ブドウ球菌について1mmの阻害領域を示し、シュードモナスについて、2〜3mmの阻害領域と、さらに外へと2〜3mm広がる追加のハロー効果を示し、カンジダについて2mmの阻害領域を示し、大腸菌については効果を示さなかった。 Bandage Prisma wetted with gas-enriched fluid (A) shows a region of partial inhibition in colony of Staphylococcus aureus, the S. epidermidis indicates 1mm inhibition area of ​​about Pseudomonas, inhibition area of ​​2~3mm If further show 2~3mm spread additional halo effect outward showed 2mm inhibition region for Candida had no effect for Escherichia coli.

乾燥のコントロールハイドロファイバー包帯(A)は、黄色ブドウ球菌、表皮ブドウ球菌、およびシュードモナスについて、2〜3mmの阻害領域を有し、大腸菌およびカンジダについて、突破コロニーが観察される約1〜2mmの部分的な阻害を有していた。 Drying Control hydro fiber bandage (A) is, Staphylococcus aureus, Staphylococcus epidermidis, and for Pseudomonas, have an inhibitory region of 2 to 3 mm, for Escherichia coli and Candida, portions of about 1~2mm the break colonies are observed It had an inhibition.

生理食塩水のコントロールハイドロファイバー包帯(A)は、黄色ブドウ球菌、表皮ブドウ球菌、およびシュードモナスについて、2mmの部分的な阻害領域を示した。 Control Hydro fiber dressing saline (A), the Staphylococcus aureus, Staphylococcus epidermidis, and for Pseudomonas showed 2mm partial inhibition region of. コロニーの大腸菌およびカンジダ試験株への増殖が観察された。 Proliferation into E. coli and Candida test strains of colonies were observed.

実施例13 Example 13
トブラマイシンによるMIC/MBC試験 MIC / MBC test with tobramycin
本発明のガス富化流体を、3つのシュードモナス株PA01、PA14、およびPA Kに対して無作為に試験した。 The gas-enriched fluids of the present invention, three Pseudomonas strains PA01, PA14, and were randomly tested against PA K. それぞれの細菌培養物を、McFarland 1の濃度(1mLにつき約3×10 個の微生物) 新鮮な24時間の培養物から作成した。 Each bacterial culture was prepared from a culture of fresh 24 hours to a concentration of McFarland 1 (1 mL dose of about 3 × 10 8 cells of microorganisms). 次いで、それぞれの細菌サンプル(1mL)を、MH培養液1部および無菌の生理食塩水9部から作成した9mlの培養液−生理食塩水混合物への10倍希釈物に連続的に希釈した。 Then, each bacteria sample (1 mL), culture 9ml created from saline 9 parts of MH broth 1 part sterile - were serially diluted in 10-fold dilutions of the saline mixture. 試験した細菌濃度は、10 、10 、10 、および10 であった Test bacteria concentration is 10 5, 10 4, 10 3, and Tsu 10 2 der. ネガティブコントロールチューブ(細菌も、ガス富化生理食塩水も、トブラマイシンも含まない)、ならびにポジティブコントロールチューブ(試験細菌濃度および生理食塩水を含むが、トブラマイシンおよびガス富化流体を含まない)を、試験溶液と横並びで試験した。 Negative control tubes (bacteria also gas-enriched saline also, tobramycin also not included), and (including test bacterial concentration and saline free of tobramycin and gas enriched fluid) positive control tube, test It was tested in a side-by-side with the solution. 細胞を35℃で培養した。 The cells were cultured at 35 ℃. 結果が、下記の表5に示されている。 Results are shown in Table 5 below. せん断生理食塩水は、本発明のガス富化拡散装置に通されているが、 流体にガスは加えられていない。 Shear saline, have been passed through a gas-enriched diffusion device of the present invention, the gas in the fluid is not added.

実施例14 Example 14
DNAの耐熱性 Heat resistance of DNA
本発明の酸素富化水の一実施の形態におけるT7 DNAオリゴヌクレオチドの耐熱性を、富化なしの脱イオン水と比較した。 The heat resistance of the T7 DNA oligonucleotide according to one embodiment of the oxygen-enriched water of the present invention was compared with deionized water without enrichment. 水の温度が上昇するにつれ、DNAが、構造変化を受け、「溶解」する。 As the temperature of the water rises, DNA is subjected to structural changes, to "dissolve". 38に示されているように、DNAオリゴヌクレオチドが、コントロール(脱イオン水)においては摂氏約50°で変性し始めるのに対し、酸素富化した本発明の流体内のDNAオリゴヌクレオチドは、摂氏約60°まで変わらないままである。 As shown in Figure 38, DNA oligonucleotides, control over the start to denature Celsius to about 50 ° in (deionized water), DNA oligonucleotides in the fluid of the present invention is enriched with oxygen, it remains unchanged until Celsius about 60 °. 実際、公知の熱力学原理およびオリゴのG−C/A−T含有量にもとづくと、T7プライマーの「溶解」温度は、約47.7℃になると推定される。 In fact, based on the known thermodynamic principles and G-C / A-T content of the oligo, "dissolution" temperature of T7 primer, is estimated to be about 47.7 ° C.. このように、本発明の酸素富化流体は、DNAにより高い耐熱性を付与し、コントロールの流体と比べて異なる構造変化および変性の温度をもたらす。 Thus, oxygen-enriched fluids of the present invention, a high heat resistance imparted by DNA, results in the temperature of the different structural changes and denaturation compared to the fluid control.

実施例15 Example 15
ピロガロール反応性試験 Pyrogallol reactivity test
一定の分量の本発明の酸素富化水を、市販の西洋わさびペルオキシダーゼおよびピロガロール・アッセイ(Sigma)を使用することによって、ペルオキシダーゼ活性について試験した。 Oxygen-enriched water of the present invention certain amount, by using a commercially available horseradish peroxidase and pyrogallol assay (Sigma), were tested for peroxidase activity. 要約すると、ピロガロール原液を、脱イオン水で作成した。 In summary, the pyrogallol stock, was created with deionized water. ピロガロールは、基質(過酸化水素または他の電子受容体など)と反応してプルプロガリンおよび水をもたらすため、流体についての西洋わさびペルオキシダーゼ酵素のペルオキシダーゼ活性の指標である。 Pyrogallol, since reacting with a substrate (such as hydrogen peroxide or other electron acceptor) leads purpurogallin and water, is an indication of peroxidase activity of horseradish peroxidase enzyme for the fluid. 西洋わさびペルオキシダーゼ、ピロガロール、および適切なリン酸カリウム緩衝液を含む試験流体を、他の流体と比較した。 Horseradish peroxidase, pyrogallol, and the test fluid containing the appropriate potassium phosphate buffer were compared to other fluids. 過酸化水素を、ポジティブコントロールとして使用した。 Hydrogen peroxide, was used as a positive control. 試験した他の流体が、所望の溶存酸素レベルに達するように100psiまで圧力ポットにおいて酸素富化および加圧した水である(圧力ポット)一方で、別の流体を、開放ビーカーでエアーストーンによって酸素富化した(微細気泡)。 Oxygen other fluids tested is the oxygen-enriched and pressurized water at a pressure pot to 100psi to reach the desired level of dissolved oxygen in the (pressure pot) while the other fluid, the air stone in an open beaker enriched (fine bubbles). 試験対象のすべての流体を室温に維持し、約55ppmの溶存酸素レベルを(FOXYプローブで)測定した。 All fluids tested were maintained at room temperature, dissolved oxygen level of about 55 ppm (by FOXY probe) were measured.

反応を、連続的な分光光度法によるレートの測定にて、摂氏20 ° 、pH6.0、1cmの光路、A 420 nmにて、実行した。 The reaction at the measurement of the rate by continuous spectrophotometric, Celsius 20 °, the optical path of PH6.0,1Cm at A 420 nm, was performed.

試薬は、以下のとおりであった: Reagents, were as follows:
・100mMのリン酸カリウム緩衝液、pH6.0、摂氏20 ° · 100 mM potassium phosphate buffer, pH 6.0, Celsius 20 °
・5%(w/v)のピロガロール溶液・低温緩衝液内の0.4〜0.7単位/mLのペルオキシダーゼ酵素(新たに作製)。 - 5% (w / v) of pyrogallol solution-cold buffer solution of 0.4 to 0.7 units / mL of peroxidase enzyme (freshly made).

試験サンプルは、2.10mLの本発明の流体、0.32mLの緩衝液、および0.32mLのピロガロール、ならびに0.10mLの酵素溶液を含んでいた。 Test sample, the fluid of the invention 2.10 mL, buffer 0.32 mL, and 0.32 mL of pyrogallol, and contained enzyme solution 0.10 mL. コントロールサンプルは、2.10mLの本発明の流体、0.32mLの緩衝液、0.32mLのピロガロール、および試験サンプルと同等の量にするために加えられた追加の0.10の緩衝液を含んでいた。 Control samples include fluids of the present invention of 2.10 mL, buffer 0.32 mL, of 0.32 mL pyrogallol, and test samples added to the added to the same amount and of 0.10 for the buffer Deita. 反応物を、反転によって速やかに混ぜ、約6分間にわたってA 420 nmにおける増加を記録した。 The reaction was rapidly mixed by inversion and record the increase in A 420 nm for about 6 minutes. 試験溶液が0.50%(w/v)の過酸化水素である場合、1単位が、摂氏20 °のpH6.0において20秒でピロガロールから1.0mgのプルプロガロンを形成するであろう。 If the test solution is hydrogen peroxide of 0.50% (w / v), 1 unit, will form a Purupurogaron of 1.0mg from pyrogallol in 20 seconds at pH6.0 Celsius 20 °. プルプロガロン単位は、摂氏25 °において1分につき約18μM単位に等しい。 Purupurogaron unit is equal to about 18μM units per minute in Celsius 25 °. したがって、3.00mLの反応混合物において、最終的な濃度は、14μMのリン酸カリウム、0.27%(w/w)の過酸化水素、0.5%(w/v)のピロガロール、および0.04〜0.07単位のペルオキシダーゼである。 Thus, in the reaction mixture of 3.00 mL, the final concentration of potassium phosphate 14 [mu] M, hydrogen peroxide 0.27% (w / w), pyrogallol 0.5% (w / v), and 0 .04~0.07 is a unit of peroxidase.

39 A〜 39 Eに示されるとおり、本発明の酸素富化流体が、ピロガロールによる西洋わさびペルオキシダーゼとの反応性について陽性の試験結果を示し、電子受容体の存在を示しているのに対し、圧力ポットおよび微細気泡の水サンプルは、はるかに低い反応性であった。 As shown in Figure 39 A to 39 E, whereas the oxygen-enriched fluid of the present invention show a positive test result for reactivity with horseradish peroxidase by pyrogallol, indicating the presence of an electron acceptor, water samples of the pressure pot and micro-bubbles were much lower reactivity.

本明細書に記載のとおり、過酸化水素の存在についていくつかの化学試験を実行したが、それらの試験のいずれも、陽性ではなかった。 As described herein, have been run some chemical tests for the presence of hydrogen peroxide, any of these tests, were positive. したがって、本出願の進歩的な酸素富化流体は、過酸化水素の非存在下で、ペルオキシダーゼ活性をもたらしている。 Therefore, progressive oxygen-enriched fluids of the present application, in the absence of hydrogen peroxide, has led to peroxidase activity.

実施例16 Example 16
グルタチオンペルオキシダーゼの検討 Study of glutathione peroxidase
本発明の酸素富化流体を、標準的なアッセイ(Sigma)を使用してグルタチオンペルオキシダーゼとの反応性を試験することによって、過酸化水素の存在について試験した。 The oxygen-enriched fluids of the present invention, by testing the reactivity with glutathione peroxidase using a standard assay (Sigma), were tested for the presence of hydrogen peroxide. 要約すると、グルタチオンペルオキシダーゼ酵素のカクテルを、脱イオン水および適切な緩衝液で構成した。 In summary, a cocktail of glutathione peroxidase enzyme was composed of deionized water and a suitable buffer. 水サンプルを、酵素試薬を加えることによって試験した。 Water samples were tested by adding the enzyme reagent. 連続的な分光光度法によるレートの測定を、A 340 nmおよび室温(摂氏25 ° )において行った。 The measurement of the rate by continuous spectrophotometry was performed in the A 340 nm and room temperature (Celsius 25 °). 試験したサンプルは、1. Samples tested, 1. 脱イオン水(ネガティブコントロール)、2. Deionized water (negative control), 2. 低濃度の本発明の酸素富化流体、3. Low concentration of oxygen-enriched fluids of the present invention, 3. 高濃度の本発明の酸素富化流体、4. High concentrations of oxygen-enriched fluids of the present invention, 4. 過酸化水素(ポジティブコントロール)であった Hydrogen peroxide (positive control) was Tsu Der. 40に示されるとおり、過酸化水素(ポジティブコントロール)が、強力な反応性を示した一方で、試験した他の流体はいずれも、グルタチオンペルオキシダーゼと反応することはなかった。 As shown in FIG. 40, the hydrogen peroxide (positive control) is, while showing strong reactivity, any other fluids tested, did not react with glutathione peroxidase.

実施例17 Example 17
サイトカインプロフィール Cytokine profile
混合リンパ球を、1人の健康なドナー志願者から得た。 The mixed lymphocyte was obtained from one healthy donor volunteers. 軟膜サンプルを、血小板を取り除くために標準的な手順に従って洗浄した。 The buffy coat samples were washed according to standard procedures to remove platelets. リンパ球を、本発明のガス富化流体または蒸留水(コントロール)のいずれかで希釈したRPMI培地(+50mm HEPES)中に、プレート1枚につき2×10 の濃度でプレーティングした。 Lymphocytes, in the gas-enriched fluid or distilled water of the present invention (control) RPMI medium (+ 50 mm HEPES) diluted with either were plated one plate per a concentration of 2 × 10 6. 細胞を、1マイクログラム/mLのT3抗原または1マイクログラム/mLのフィトヘムアグルチニン(PHA)レクチン(pan−T細胞アクチベータ)で刺激し、あるいは刺激しなかった(ネガティブコントロール)。 Cells were stimulated with 1 microgram / mL of T3 antigen, or 1 microgram / mL of phytohemagglutinin (PHA) lectin (pan-T cell activator), or unstimulated (negative control). 24時間の培養の後で、細胞を生存性についてチェックし、上清を抽出して冷凍した。 After 24 hours of culture, the cells were checked for viability, and frozen by extracting the supernatant.

上清を解凍し、遠心分離し、XMAP(登録商標)(Luminex)ビーズ・ライト・プロトコルおよびプラットフォームを使用してサイトカインの発現について試験した。 Extract the supernatant was centrifuged and tested for cytokine expression using XMAP (TM) (Luminex) bead write protocol and platform. 結果が、図42に示されている。 The results are shown in Figure 42. 明らかに、INF−γのレベルが、T3抗原を有する本発明のガス富化培地において、T3抗原を有するコントロールの培地と比べてより高い一方で、IL−8は、T3抗原を有する本発明のガス富化培地において、T3抗原を有するコントロールの培地よりも低かった。 Obviously, the level of INF-gamma is, in the gas-enriched medium of the invention having a T3 antigen, while higher than the medium control with T3 antigen, IL-8 is the present invention with T3 antigen in gas-enriched medium, it was lower than medium control with T3 antigen. さらに、IL−6、IL−8、およびTNF−アルファのレベルが、PHAを有する本発明のガス富化培地においては、PHAを有するコントロール培地よりも低い一方で、IL−1bのレベルは、PHAを有するコントロール培地と比べたときに、PHAを有する本発明のガス富化流体においてより低かった。 Furthermore, IL-6, IL-8, and TNF- alpha levels in the gas-enriched culture medium of the present invention with PHA, while lower than the control medium with PHA, levels of IL-1b is, PHA when compared to control media with, it was lower in the inventive gas-enriched fluid having a PHA. 本発明のガス培地のみでは、IFN−γのレベルが、コントロール培地よりも高かった。 Only gas medium of the present invention, the level of IFN-gamma was higher than the control medium.

200万個の細胞を、本発明の酸素富化流体(水)(ウェル1、3、および5)または蒸留水(ウェル2、4、および6)のいずれかを有するフルRPMI+50mm Hepes中で、24ウェルのプレートの6つのウェルにプレーティングした(10×のRPMIを水中で希釈し1×を生成)。 200 million cells, in full RPMI + 50 mm in Hepes with either inventive oxygen-enriched fluid (water) (wells 1, 3, and 5) or distilled water (well 2, 4, and 6), 24 were plated into six-well plates in the wells (diluted of 10 × in RPMI in water generates a 1 ×). 細胞を、1μg/mlのT3抗原(ウェル1および2)またはPHA(ウェル3および4)で刺激した。 Cells were stimulated with 1 [mu] g / ml T3 antigen (wells 1 and 2) or PHA (wells 3 and 4). コントロールのウェル5および6については、刺激を行わなかった。 For wells 5 and 6 of control, it was not performed stimulus. 24時間後に、細胞を生存性についてチェックし、上清を回収して冷凍した。 After 24 hours, the cells were checked for viability, and frozen in the supernatant was collected. 次に、上清を解凍し、8,000gで回転させて小球にした。 Then thawed supernatant was globules rotated at 8,000 g. この浄化した上清を、列挙のサイトカインについてLUMINEX BEAD LITEプロトコルおよびプラットフォームを使用してアッセイした。 The clarified supernatants were assayed using the LUMINEX BEAD LITE protocol and platform for cytokines enumeration. 数値データが、表1に示されており、対応する棒グラフが、図42に示されている。 Numerical data is shown in Table 1, the corresponding bar chart is shown in Figure 42.

実施例18 Example 18
ミエリンオリゴデンドロサイト糖タンパク質(MOG) Myelin oligodendrocyte glycoprotein (MOG)
52に示されているように、MOG抗原ペプチドに応答してのリンパ球の増殖は、本発明のガス富化流体の存在下で培養されたとき、加圧による酸素化流体(圧力ポット)または脱イオンコントロール流体と比べて向上した。 As shown in Figure 52, lymphocyte proliferation in response to MOG antigenic peptide, when cultured in the presence of gas-enriched fluids of the present invention, oxygenated fluid (pressure pot) by pressing or improved compared to deionized control fluid. すなわち、本発明のガス富化流体は、細胞を前もってプライムした抗原に対するリンパ球増殖反応を増幅する。 That is, the inventive gas-enriched fluid amplifies the lymphocyte proliferative response to previously primed antigen cells.

公知のマウス配列に相当するミエリンオリゴデンドロサイト糖タンパク質ペプチド35−55(MOG 35−55)(M−E−V−G−W−Y−R−S−P−F−S−R−O−V−H−L−Y−R−N−G−K)(配列番号2)を合成した。 Myelin oligodendrocyte glycoprotein peptide 35-55 corresponding to the known mouse sequence (MOG 35-55) (M-E-V-G-W-Y-R-S-P-F-S-R-O- V-H-L-Y-R-N-G-K) (SEQ ID NO: 2) were synthesized. 次に、5×10 の脾臓細胞を、前もってMOGを接種したMOG T細胞受容体遺伝子組み換えマウスから取り出し、本発明のガス富化流体、加圧酸素化水(圧力ポット水)、またはコントロール脱イオン水で再構成した0.2mlのTCM流体とともに培養した。 Then, 5 × 10 5 spleen cells, previously MOG removed from MOG T cell receptor transgenic mice inoculated with, gas-enriched fluids of the present invention, pressurized acid fluorinated water (pressure pot water) or control de They were cultured with TCM fluid 0.2ml reconstituted with water. 脾細胞を、それぞれ48または72時間にわたってMOG p35−55で培養した。 Splenocytes were cultured with MOG p35-55 for each 48 or 72 hours. 培養物を、1Ciの[3H]−チミジンでパルスし、16時間後に回収した。 Cultures, [3H] of 1 Ci - pulsed with thymidine, harvested after 16 hours. [3H]チミジンの取り込みの平均のcpmを、3つの培養物において計算した。 [3H] the average cpm thymidine incorporation was calculated in triplicate cultures. 結果が、図52に示されている。 The results are shown in Figure 52.

Claims (18)

  1. 治療用の動電学的に変化させられた水性流体組成物であって、該組成物は、電荷安定化された酸素を含有するナノ構造のイオン性水性溶液を含み、該ナノ構造は、主として、該流体による傷の接触の際に傷の治癒を促進するのに十分な該イオン性水性流体において持続する200ナノメートル未満の平均直径を有する、動電学的に変化させられた水性流体組成物。 A electrokinetically aqueous fluid composition was varied for the treatment, the composition comprises an ionic aqueous solution of nanostructures containing the charge-stabilized oxygen, the nanostructures are primarily have an average diameter of less than 200 nanometers to persist in sufficient the ionic aqueous fluid in promoting wound healing in contact with wounds by fluid, electrokinetically aqueous fluid composition was varied Stuff.
  2. 酸素が、大気圧にて、少なくとも10ppm、少なくとも14ppm、少なくとも15ppm、少なくとも25ppm、少なくとも30ppm、少なくとも40ppm、少なくとも50ppm、または少なくとも60ppmの酸素の量で存在する、請求項1に記載の治療用の動電学的に変化させられた水性流体組成物。 Oxygen, at atmospheric pressure, at least 10 ppm, at least 14 ppm, at least 15 ppm, at least 25 ppm, at least 30 ppm, present in at least 40 ppm, at least 50ppm or amount of at least 60ppm of oxygen, the dynamic of therapeutic according to claim 1 electrokinetically aqueous fluid composition was varied.
  3. 前記電荷安定化された酸素を含有するナノ構造の量が、大気圧にて、少なくとも14ppm、少なくとも15ppm、少なくとも20ppm、少なくとも25ppm、少なくとも30ppm、少なくとも40ppm、少なくとも50ppm、または少なくとも60ppmである、請求項1および2のいずれか1項に記載の治療用の動電学的に変化させられた水性流体組成物。 The amount of the nano-structure containing the charge stabilized oxygen, at atmospheric pressure, at least 14 ppm, at least 15 ppm, at least 20 ppm, at least 25 ppm, at least 30 ppm, at least 40 ppm, at least 50ppm or at least 60 ppm,, claim therapeutic dynamic electrokinetically altered aqueous fluid composition according to any one of 1 and 2.
  4. 前記動電学的に変化させられた水性流体組成物中に存在する酸素の少なくとも90%が、前記電荷安定化された酸素を含有するナノ構造中にある、請求項1〜3のいずれか1項に記載の治療用の動電学的に変化させられた水性流体組成物。 At least 90% of the oxygen present in the aqueous fluid composition of the is electrokinetically alter is in nanostructure containing the charge-stabilized oxygen, any one of claims 1 to 3 therapeutic dynamic electrokinetically altered aqueous fluid composition according to item.
  5. 前記組成物が、溶媒和電子、および、動電学的に変化させられたか、もしくは、荷電された酸素種のうち少なくとも1つを含む、請求項1〜4のいずれか1項に記載の治療用の動電学的に変化させられた水性流体組成物。 Wherein the composition, solvated electrons, and either were varied electrokinetically or comprises at least one of the charged oxygen species, treatment according to any one of claims 1 to 4 electrokinetically aqueous fluid composition was varied in use.
  6. 前記組成物が、酸素分子によって安定化された溶媒和電子を含む、請求項5に記載の治療用の動電学的に変化させられた水性流体組成物。 Wherein the composition comprises solvated electrons stabilized by molecular oxygen, therapeutic dynamic electrokinetically altered aqueous fluid composition of claim 5.
  7. 前記電荷安定化された酸素を含有するナノ構造が、ナノケージ、ナノクラスタおよびナノ気泡のうち少なくとも1つを含む、請求項1〜6のいずれか1項に記載の治療用の動電学的に変化させられた水性流体組成物。 Nanostructure containing said charge stabilized oxygen, nanocage, including at least one of nano-clusters and nano-bubbles, the electrokinetically therapeutic according to any one of claims 1 to 6 aqueous fluid composition was varied.
  8. 生理食塩水または酸素富化された生理食塩水を含む、請求項1〜7のいずれか1項に記載の治療用の動電学的に変化させられた水性流体組成物。 Including saline or oxygen enriched saline, therapeutic dynamic electrokinetically altered aqueous fluid composition according to any one of claims 1-7.
  9. 請求項1〜8のいずれか1項に記載の治療用の動電学的に変化させられた水性流体組成物であって、前記傷の治癒の促進が、表皮または真皮の層化、細胞移動、傷におけるコラーゲン沈着、傷における脈管新生、傷におけるエラスチン沈着、傷における炎症、プロテオグリカンまたはグリコサミノグリカンの発現、細胞増殖、傷におけるヒアルロン酸の濃縮、傷における一酸化窒素の生成または分解の増加または減少、ならびに、瘢痕化の低減からなる群より選択される傷治癒特性を促進することを含む、組成物。 A dynamic electrokinetically altered aqueous fluid composition for the treatment of any one of claims 1-8, promotion of healing of the wounds, the epidermis or dermis stratification, cell migration collagen deposition in wounds, neovascularization in wound, elastin deposition in the wounds, inflammation in wounds, the expression of proteoglycans or glycosaminoglycans, cell growth, enrichment of hyaluronic acid in scars, of nitric oxide in wound product or decomposition increase or decrease, and involves promoting wound healing properties selected from the group consisting of reduction of scarring, composition.
  10. 前記傷が、表面の傷、裂傷、擦り傷、破れ、刺し傷、化学、熱、または放射線に起因するやけど、切り傷、引っかき傷、切開、水膨れ、糖尿病性潰瘍、床擦れまたは褥瘡、植皮、および外科創傷からなる群より選択される、請求項1〜9のいずれか1項に記載の治療用の動電学的に変化させられた水性流体組成物。 The scratches, surface scratches, lacerations, abrasions, tears, burns due to puncture, chemical, thermal or radiation, cuts, scratches, incisions, blister, diabetic ulcers, pressure sores or bed sores, skin graft, and surgical is selected from the group consisting of a wound, the therapeutic dynamic electrokinetically altered aqueous fluid composition according to any one of claims 1-9.
  11. 前記組成物が、少なくとも1種類の細胞について、傷への細胞移動を増加させ、そして、該細胞移動または増殖の種類が、ケラチン生成細胞、線維芽細胞、表皮細胞、真皮細胞、上皮細胞、肥満細胞、好中球、リンパ球、およびマクロファージからなる群より選択される少なくとも1種の細胞を含んでいる、請求項1〜10のいずれか1項に記載の治療用の動電学的に変化させられた水性流体組成物。 Wherein the composition for at least one cell, increasing cell migration into wound, and the type of the cell migration or proliferation, keratinocytes, fibroblasts, epidermal cells, dermal cells, epidermal cells, mast cells, neutrophils, lymphocytes, and includes at least one cell is selected from the group consisting of macrophages, electrokinetically altered for the treatment of any one of claims 1 to 10 allowed obtained aqueous fluid composition.
  12. 前記組成物が、血管またはリンパ管の脈管新生を加速させる、請求項1〜11のいずれか1項に記載の治療用の動電学的に変化させられた水性流体組成物。 Wherein said composition accelerates the neovascularization of blood vessels or lymph vessels, therapeutic dynamic electrokinetically altered aqueous fluid composition according to any one of claims 1 to 11.
  13. 傷の治癒の促進が、感染の防止または傷における少なくとも1種の細菌の増殖の低減を含む、請求項1〜12のいずれか1項に記載の治療用の動電学的に変化させられた水性流体組成物 Promotion of wound healing comprises at least one reduction of bacterial growth in the prevention or wound infection and allowed to electrokinetically altered for the treatment according to any one of claims 1 to 12 aqueous fluid composition.
  14. 前記細菌が、シュードモナスを含んでいる、請求項13に記載の治療用の動電学的に変化させられた水性流体組成物。 The bacteria include Pseudomonas, therapeutic dynamic electrokinetically altered aqueous fluid composition of claim 13.
  15. 抗菌剤、サイトカイン、塩、血管拡張剤、血管収縮剤、滑剤、ケモカイン、およびこれらの任意の組み合わせからなる群より選択される治療剤をさらに含んでいる、請求項1〜14のいずれか1項に記載の治療用の動電学的に変化させられた水性流体組成物。 Antimicrobial agents, cytokines, salts, vasodilators, vasoconstrictors, lubricants, chemokines, and further comprises a therapeutic agent selected from the group consisting of any combination thereof, any one of claims 1 to 14 therapeutic dynamic electrokinetically altered aqueous fluid composition according to.
  16. 創傷包帯と組み合わされた、請求項1〜15のいずれか1項に記載の治療用の動電学的に変化させられた水性流体組成物。 Combined with a wound dressing, therapeutic dynamic electrokinetically altered aqueous fluid composition according to any one of claims 1 to 15.
  17. 傷の治癒のための医薬の製造における、請求項1〜16のいずれか1項に記載の治療用の動電学的に変化させられた水性流体組成物の使用であって、該組成物は、電荷安定化された酸素を含有するナノ構造のイオン性水性溶液を含み、該ナノ構造は、主として、該流体組成物による傷の接触の際に傷の治癒を促進するのに十分な該イオン性水性流体において持続する200ナノメートル未満の平均直径を有する、使用。 In the manufacture of a medicament for wound healing, and the use of electrokinetically aqueous fluid composition was varied for the treatment of any one of claims 1 to 16, the composition the charge includes an ionic aqueous solution of stabilized nanostructured containing oxygen, said nanostructure is mainly sufficient the ion to promote wound healing on contact scratches caused by the fluid composition having an average diameter of less than 200 nanometers to persist in sexual aqueous fluids, used.
  18. 傷の治癒のための動電学的に変化させられた水性流体組成物であって、該組成物は、請求項1〜16のいずれか1項に記載の組成物であり、該組成物は、電荷安定化された酸素を含有するナノ構造のイオン性水性溶液を含み、該ナノ構造は、主として、該流体組成物による傷の接触の際に傷の治癒を促進するのに十分な該イオン性水性流体において持続する200ナノメートル未満の平均直径を有する、組成物。 A electrokinetically altered aqueous fluid composition was allowed for wound healing, the composition is a composition according to any one of claims 1 to 16, the composition the charge includes an ionic aqueous solution of stabilized nanostructured containing oxygen, said nanostructure is mainly sufficient the ion to promote wound healing on contact scratches caused by the fluid composition having an average diameter of less than 200 nanometers to persist in sexual aqueous fluid, composition.
JP2009534877T Active JP2010508088T5 (en)

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2010508088T5 true JP2010508088T5 (en) 2010-12-16
JP2010508088A5 true JP2010508088A5 (en) 2010-12-16

Family

ID=

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US8980325B2 (en) 2008-05-01 2015-03-17 Revalesio Corporation Compositions and methods for treating digestive disorders
US9011922B2 (en) 2009-04-27 2015-04-21 Revalesio Corporation Compositions and methods for treating insulin resistance and diabetes mellitus
US9198929B2 (en) 2010-05-07 2015-12-01 Revalesio Corporation Compositions and methods for enhancing physiological performance and recovery time
US9402803B2 (en) 2006-10-25 2016-08-02 Revalesio Corporation Methods of wound care and treatment
US9492404B2 (en) 2010-08-12 2016-11-15 Revalesio Corporation Compositions and methods for treatment of taupathy
US9523090B2 (en) 2007-10-25 2016-12-20 Revalesio Corporation Compositions and methods for treating inflammation

Cited By (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US9402803B2 (en) 2006-10-25 2016-08-02 Revalesio Corporation Methods of wound care and treatment
US9523090B2 (en) 2007-10-25 2016-12-20 Revalesio Corporation Compositions and methods for treating inflammation
US8980325B2 (en) 2008-05-01 2015-03-17 Revalesio Corporation Compositions and methods for treating digestive disorders
US9011922B2 (en) 2009-04-27 2015-04-21 Revalesio Corporation Compositions and methods for treating insulin resistance and diabetes mellitus
US9272000B2 (en) 2009-04-27 2016-03-01 Revalesio Corporation Compositions and methods for treating insulin resistance and diabetes mellitus
US9198929B2 (en) 2010-05-07 2015-12-01 Revalesio Corporation Compositions and methods for enhancing physiological performance and recovery time
US9492404B2 (en) 2010-08-12 2016-11-15 Revalesio Corporation Compositions and methods for treatment of taupathy

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US8871256B2 (en) Methods and systems for treatment of inflammatory diseases with nitric oxide
US20020155084A1 (en) Nanoemulsion formulations
Liu et al. Wound repair by bone marrow stromal cells through growth factor production
US7243910B2 (en) Cone system and structure thereof to produce super-oxygenated and structured water
US20130183373A1 (en) Method for formulating large diameter synthetic membrane vesicles
US20020039596A1 (en) Production of multivesicular liposomes
US20090247458A1 (en) Compositions and methods for treating cystic fibrosis
Tamargo et al. Interstitial delivery of dexamethasone in the brain for the reduction of peritumoral edema
US20100004189A1 (en) Compositions and methods for treating cystic fibrosis
US20100028441A1 (en) Compositions and methods for treating multiple sclerosis
US20100310664A1 (en) Compositions and methods for treating insulin resistance and diabetes mellitus
WO2012030593A2 (en) Methods and compositions for delivering interleukin-1 receptor antagonist
US20100003333A1 (en) Compositions and methods for treating digestive disorders
US20140275497A1 (en) Methods for Making Cytokine Compositions From Tissues Using Non-Centrifugal Methods
US20100305500A1 (en) Hyaluronidase as an adjuvant for increasing the injection volume and dispersion of large diameter synthetic membrane vesicles containing a therapeutic agent
WO2005048977A2 (en) Therapeutic foam comprising a sclerosing solution
US20100311167A1 (en) Electrokinetically-altered fluids comprising charge-stabilized gas-containing nanostructures
US7785674B2 (en) Delivery systems for delivering functional compounds to substrates and processes of using the same
US20100038244A1 (en) Mixing device
Beigi et al. The effect of intracameral, per-operative antibiotics on microbial contamination of anterior chamber aspirates during phacoemulsification
Farina et al. Curbing inflammation in burn patients
WO1999012523A1 (en) Modulation of drug loading in multivesicular liposomes
US20100297193A1 (en) Methods of therapeutic treatment of eyes
WO1998016203A1 (en) Stabilized gas-supersaturated emulsions and suspensions
US20110081384A1 (en) Methods of wound care and treatment