JP2010279692A - 注射器のピストンを捩じ込むための方法及び装置 - Google Patents

注射器のピストンを捩じ込むための方法及び装置 Download PDF

Info

Publication number
JP2010279692A
JP2010279692A JP2010120475A JP2010120475A JP2010279692A JP 2010279692 A JP2010279692 A JP 2010279692A JP 2010120475 A JP2010120475 A JP 2010120475A JP 2010120475 A JP2010120475 A JP 2010120475A JP 2010279692 A JP2010279692 A JP 2010279692A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
piston
screwing
cylinder
rotating
plug
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2010120475A
Other languages
English (en)
Inventor
Angelo Ansaloni
アンジェロ・アンサロニ
Ernesto Gamberini
エルネスト・ガンベリニ
Original Assignee
Mg2 Srl
エムジー2・エス・アール・エル
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to ITBO20090340 priority Critical
Application filed by Mg2 Srl, エムジー2・エス・アール・エル filed Critical Mg2 Srl
Publication of JP2010279692A publication Critical patent/JP2010279692A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Images

Abstract

【課題】注射器のピストンを捩じ込むための装置及び方法を提供する。
【解決手段】複数の注射器(2)のそれぞれのピストン(6)を捩じ込むための装置であって、各注射器は、所定の長軸線(3)を有しており、内部に装着されエラストマ材料でできたプラグ(5)によって流体密に封止されたシリンダ(4)と、プラグ自体に捩じ込まれる駆動ピストン(6)と、を有し、また、互いに同軸上にある少なくとも1つのシリンダ及び対応するピストンを所定の経路(P)に沿って送るための送りライン(7)と、対応する軸線(3)を中心として、各シリンダ及び対応するピストンを互いに動かすように、所定の経路(P)に沿って配置された捩じ込み手段(21、29)とを具備する。この装置は、対応するプラグに対する各ピストンの捩じ込みトルクの値、又は捩じ込みトルク自体に対応した大きさの値を測定するための測定手段をさらに有する。
【選択図】図1

Description

本発明は、注射器のピストンを捩じ込むための装置に関する。
特に、本発明は、複数の注射器のそれぞれのピストンを捩じ込むための装置であって、これら注射器の各々が、所定の長軸線を有しており、内部に装着されエラストマ材料でできたプラグによって流体密に封止されたシリンダと、プラグ自体に捩じ込まれる駆動ピストンとを有するものに関する。
このような装置は、互いに同軸上にあるシリンダ及び対応するピストンを所定の経路に沿って順番に供給するために、供給ラインを有する。また、この装置は、複数の第1の把持及び運搬装置と、複数の第2の把持及び運搬装置と、エラストマ材料でできた回転ブロックとを有する。第1の把持及び運搬装置の各々は、対応するシリンダによって枢動可能に係合されており、また、第2の把持及び運搬装置の各々は、対応するピストンを受け、かつ保持するように設けられている。また、回転ブロックは、対応する軸線を中心として各シリンダを回転させ、かつ対応するピストンに対応するプラグを固定するように、所定の経路に沿って配置されている。
シリンダに対する回転ブロックの位置は、捩じ込みが完了した後、シリンダのさらなる回転を防ぐように、同時に、回転ブロック自体の上での注射器の摺動を可能にするように、選択的に制御される。
所定の直径の注射器のシリンダが、直径自体の起こり得る許容差により相互に異なる可能性があり、また、回転ブロックがすり減る可能性があるので、上述の既知のタイプの注射器を捩じ込むための装置は、主に、シリンダと回転ブロックとの間の摩擦条件が変わる可能性があり、この結果、それぞれのプラグを各シリンダに正確に捩じ込むのを損ない得るという事実に由来するいくつかの欠点を示す。
本発明の目的は、上述の欠点がなく、シンプルかつ費用対高価の高い、注射器のピストンを捩じ込むための装置を提供することである。
本発明によれば、請求項1ないし8に規定されるような、注射器のピストンを捩じ込むための装置が提供される。
本発明は、さらに、注射器のピストンを捩じ込むための方法に関する。
本発明によれば、請求項9ないし14に規定されるような、注射器のピストンを捩じ込むための方法が提供される。
本発明は、以下の非限定的な実施の形態を示す添付図面を参照して説明される。
図1は、本発明による装置の好ましい一実施の形態の、明瞭さのためにいくつかの部分が取り除かれて示された概略的な平面図である。 図2は、図1の装置の詳細に関して、明瞭さのためにいくつかの部分が取り除かれて示された第1の概略的な側面図である。 図3は、図2の詳細に関して、明瞭さのためにいくつかの部分が取り除かれて示された第1の概略的な側面図である。 図4は、図3の詳細に関して、明瞭さのためにいくつかの部分が取り除かれて示された第2の概略的な側面図である。 図5は、図3並びに図4の詳細に関して、明瞭さのためにいくつかの部分が取り除かれて示された概略的な平面図である。
図1を参照すると、参照符号1は、複数の注射器2のそれぞれのピストンを捩じ込む(screw)ための装置を全体として示しており、これら注射器2の各々が、所定の長軸線3を有している。注射器2は、この場合には好ましくは医療物質(medical product)である物質(product)を収容するためのシリンダ4と、シリンダ4を流体密に(fluid-tightly)閉じるように設けられ、エラストマ材料でできたプラグ5と、プラグ5自体に捩じ込まれた駆動ピストン6とを有する。
装置1は、図1の紙面に直角で(vertical)垂直な(perpendicular)長軸線8を中心として連続して回転するように、既知のやり方(図示されない)で動力を与えられる送りホイール7を有する。この送りホイール7には、軸線8を中心としてホイール7の周縁部に沿って一様に分配された複数のポケット9が設けられている。これらポケット9の各々は、軸線8に平行に装着され、注射器2のシリンダ4の直径よりも小さな所定の距離で相補的に(reciprocally)配置された2つの対応する円筒ローラ10を有する。
物質で満たされ、対応するプラグ5によって流体密に閉じられたシリンダ4は、入口ステーション12のところでホイール7に接続された送り装置11によって、対応するポケット9に順番に与えられ、対応する上側環状フランジ13で、及び軸線8を中心として延びた固定取り付けスラット14で、対応するポケット9に留められ、ステーション12のところで、及びホイール7からの注射器2の出口ステーション15のところで、開く。
図2に示されるように、ホイール7には、軸線8を中心として一様に分配された複数の把持及び運搬部材16が設けられている。これら把持及び運搬部材16の各々は、軸線8に平行な垂直方向で、対応するポケット9と整列(align)されている。また、これら把持及び運搬部材16の各々は、対応するピストン6の締め付け位置と解放位置との間で移動可能な2つの対応する把持ジョー18を有する。
図1を参照すると、ピストン6は、入力ステーション20のところでホイール7に接続された送り装置19によって、対応する部材16に順番に与えられ、対応するシリンダ4と同軸上にある位置で、それぞれの部材16で留められる。
装置1は、ステーション12と15との間のシリンダ4の送り経路Pに沿って配置された第1の捩じ込み装置21をさらに有する。この第1の捩じ込み装置21は、支持プレート22と、この支持プレート22に対して、方向17に平行な支点軸線24を中心として振動するようにプレート22にヒンジ接続されたクランク23と、1対のプーリ27の周りにループを形成しているベルト26を備えた回転アセンブリ25とを有する。前記1対のプーリ27の一方は、プレート22に取着されており、他方は、クランク23に取着されている。
ピストン6に対するプレート22の径方向の位置は、シリンダ4の直径に応じて選択的に調整されている。また、ベルト26の張力は、プレート22とクランク23との間に配置されたばね28によってほぼ一定に維持される。
装置1には、ホイール7の回転の方向で装置21の下流側の経路Pに沿って配置された第2の捩じ込み装置29がさらに設けられている。この第2の捩じ込み装置29は、駆動装置32が与えられた状態(bias)の下で、フレーム31に対する軸線8に対してほぼ径方向に直線運動を果すように、装置1の固定されたフレーム31に摺動可能に接続されたスライド30を有する。
図1、図3、図4並びに図5に示されるように、装置32は、この場合には、好ましくは、軸線8に対して径方向に延びたフレーム31に取着された既知のタイプの電磁石である駆動シリンダ33を有する。また、この装置32は、ロッカーアーム35の挿入によってスライド30に接続された出口ロッド34を有し、このロッカーアーム35は、方向17と交差するほぼ水平な支点軸線36を中心として、フレーム31自体に対して振動するように、フレーム31にヒンジ接続されている。さらに、この装置32は、両端がフォーク形状の2つのアームを有し、これらは、一方がスライド30に、他方ロッド34に、が両端自体に摺動可能に係合された対応する接続ピン37によってそれぞれ接続されている。
この装置29は、スライド30自体に対して軸線36に平行な支点軸線39を中心として振動するように、スライド30に枢動可能に係合されたクランク38を有する。このクランク38は、経路Pに平行な接線方向に、所定の側部の隙間でスライド30に接続されている。さらに、このクランク38は、経路P自体に面しておりエラストマ材料でできた回転ブロック40を運ぶ。
軸線39を中心としたクランク38の位置は、スライド30を貫通して延び、クランク38にねじ留めされた調整ねじ41によって選択的に制御される。この調整ねじ41は、クランク38の対向側でスライド30と接触するように配置されたヘッド42を有し、スライド30とクランク38自体との間に介在されたばね43によって維持される。
装置29は、この場合には、好ましくは、支持ブラケット46によってスライド30に取着されたロードセルである力センサ45を有する測定装置44に連結されている。力センサ45は、ホイール7の回転の方向でブロック40の上流側に配置されており、経路Pに平行に延びた駆動ピン47と協働している。また、この力センサ45は、クランク38に取着された支持ブラケット48によって捩じ込まれており、ホイール7の回転の方向で、かつセンサ45自体に接触するようにして、センサ45の上流側に配置されている。
装置1の動作は、対応するシリンダ4のプラグ5にピストン6を捩じ込むことを想定して、図1を参照して以下に説明される。まず、ベルト26及びブロック40が経路Pに対して正確に位置され、ピン47がセンサ45に接触するようにして正確に位置されることから始める。
シリンダ4及びピストン6は、それぞれ、装置11と19によって、それぞれ、ポケット9及び対応する部材16を備えた状態であるステーション12と20に送られ、それぞれ、相補的な同軸上にあるように、ポケット9及び部材16にそれぞれ搬送され、軸線8を中心として(図1において時計回りに)ホイール7によって進められる。
この点では、シリンダ6は、プラグ5と接触するようにして、部材16によってシリンダ4内に下げられる。また、シリンダ4は、プラグ5をピストン6自体に部分的に捩じ込むように、軸線3を中心としてシリンダ4自体に回転運動(図1において反時計回り)を与えるベルト26と接触している。
続いて、シリンダ4は、プラグ5をピストン6に完全に捩じ込むように、軸線3を中心としてシリンダ4自体に回転運動(図1において反時計回り)を与える回転ベルト40と接触している。
シリンダ4とブロック40との間の摩擦力、及び軸線8を中心としたホイール7の回転により、クランク38と、それ故、ピン47とは、経路Pに平行に、ホイール7と同じ方向で側部に動かされる。また、ピン47は、ピストン6にプラグ5の締め付けトルク(tightening torque)に応じた締め付け力(clamping force)で、センサ45に対して締め付けられる。
装置32、44は、装置1の電子制御ユニット(図示されない)に接続されているので、装置44は、
装置44によって測定された締め付け力の値が、プラグ5に対するシリンダ4の滑りなく、ピストン6へのプラグ5の正確な捩じ込みに対応する最小値と、シリンダ4がプラグ5自体に対して摺動するよりも大きな最大値との間に含まれた値の区間内で選択された閾値に少なくとも等しいとき、ブロック40がシリンダ4と接触するように配置されている進んだ動作位置から、ブロック40がシリンダ4自体に係合されている後退した解放位置に、スライド30の動きを制御することと、
装置44によって測定された締め付け力の値と、上述の値の範囲とを比較して、装置44によって測定された締め付け力の値がこれら値の範囲に含まれるように、ねじ41によってブロック40の進んだ動作位置を選択的に制御することと、
それぞれのプラグ5に各ピストン6を正確に捩じ込むのを制御することと、を可能にする。
図示されない一変形例によれば、装置1は、装置44によって測定された値が少なくとも1つの閾値と異なるとき、特に、上述の最大値の最小と最大との少なくとも一方よりも低いとき、注射器2を受けないようにするために、装置29の上流側に装着された放出装置を有する。
図示されないさらなる変形例によれば、測定装置44は取り除かれ、対応するプラグ5の各ピストン6への捩じ込みトルクを直接測定するように、各ポケット9と対応する部材16との少なくとも一方に装着された測定装置に置き換えられる。

Claims (14)

  1. 複数の注射器(2)のそれぞれのピストン(6)を捩じ込むための装置であって、
    各注射器(2)は、所定の長軸線(3)を有しており、
    各注射器(2)は、
    内部に装着されエラストマ材料でできたプラグ(5)によって流体密に封止されたシリンダ(4)と、
    前記プラグ(5)自体に捩じ込まれる駆動ピストン(6)と、を有し、また、
    互いに同軸上にある少なくとも1つのシリンダ(4)及び対応するピストン(6)を所定の経路(P)に沿って送るための送りライン(7)と、
    対応する前記軸線(3)を中心として、各シリンダ(4)及び対応するピストン(6)を互いに動かして、前記ピストン(6)及び対応するプラグ(5)を互いに捩じ込むように、前記経路(P)に沿って配置された捩じ込み手段(21、29)と、を具備する装置において、
    前記対応するプラグ(5)に対する各ピストン(6)の捩じ込みトルクの値、又は前記捩じ込みトルク自体に対応した大きさの値を測定するための測定手段(44)をさらに有することを特徴とする装置。
  2. 前記捩じ込み手段(21、29)は、対応する複数の軸線(3)を中心として複数のシリンダ(4)自体を動かすために、これらシリンダ(4)と係合するための回転手段(26、40)を有し、
    調節装置(41)が、前記測定装置(44)によって測定された値と、少なくとも1つの閾値との比較によって、前記回転手段(26、40)の動作回転位置を調節するように設けられている請求項1の装置。
  3. 前記捩じ込み手段(21、29)は、対応する複数の軸線(3)を中心として複数のシリンダ(4)自体を動かすために、これらシリンダ(4)と係合するための回転手段(26、40)を有し、
    駆動装置(32)が、前記回転手段(26、40)を動作回転位置から解放位置へと動かすように設けられ、
    前記複数のシリンダ(4)は、前記測定装置(44)によって測定された値が、所定の閾値に少なくとも等しいとき、解放される請求項1又は2の装置。
  4. 前記測定装置(44)によって測定された値が、少なくとも1つの閾値と異なるとき、前記捩じ込み手段(21、29)の下流側に前記注射器(2)を受けないための放出装置をさらに具備する請求項1ないし3のいずれか1の装置。
  5. 前記捩じ込み手段(21、29)は、前記複数のシリンダ(4)が与えられた状態の下で、前記経路(P)に対して接線方向に移動可能な回転手段(26、40)を有し、
    前記測定装置(44)は、
    前記接線方向で取り付け位置に装着された力センサ(45)と、
    前記接線方向自体に対して前記回転手段(26、40)の変位に基づいて、前記力センサ(45)に力を加えるために、前記回転手段(26、40)によって運ばれる駆動部材(47)と、を有する請求項1ないし4のいずれか1の装置。
  6. 前記捩じ込み手段(21、29)は、対応する前記プラグ(5)に部分的もしくは全体的に各ピストン(6)を捩じ込むために、前記経路(P)に沿って連続して配置された第1及び第2の捩じ込み手段(21、29)を有し、
    前記測定装置(44)は、前記第2の捩じ込み手段(29)に連結されている請求項1ないし5のいずれか1の装置。
  7. 前記第1及び第2の捩じ込み手段(21、29)は、それぞれ、第1及び第2の回転手段(26、40)を有する請求項6の装置。
  8. 前記送りライン(7)は、
    複数の第1の把持及び運搬装置(9)と、
    複数の第2の把持及び運搬装置(16)と、を有し、
    前記第1の把持及び運搬装置(9)の各々は、対応するシリンダ(4)によって枢動可能に係合されており、
    前記第2の把持及び運搬装置(16)の各々は、対応するピストン(6)を受け、かつ保持するように設けられている請求項1ないし7のいずれか1の装置。
  9. 複数の注射器(2)のそれぞれのピストン(6)を捩じ込むための方法であって、
    各注射器(2)は、所定の長軸線(3)を有しており、
    各注射器(2)は、
    内部に装着されエラストマ材料でできたプラグ(5)によって流体密に封止されたシリンダ(4)と、
    前記プラグ(5)自体に捩じ込まれる駆動ピストン(6)と、を有し、また、
    互いに同軸上にある少なくとも1つのシリンダ(4)及び対応するピストン(6)を所定の経路(P)に沿って送る工程と、
    前記対応する軸線(3)を中心として、前記ピストン(6)及び対応するプラグ(5)を互いに捩じ込むように、各シリンダ(4)及び対応するピストン(6)を互いに動かす工程と、を具備し、
    前記対応するプラグ(5)に対する各ピストン(6)の捩じ込みトルクの値、又は前記捩じ込みトルク自体に対応した大きさの値を測定する工程をさらに具備することを特徴とする方法。
  10. 前記経路(P)に沿って各シリンダ(4)及び対応するピストン(6)を送るとき、各シリンダ(4)及び対応するピストン(6)は、対応する前記軸線(3)を中心として動かされ、前記ピストン(6)及び対応するプラグ(5)を捩じ込んだとき、前記値が測定される請求項9の方法。
  11. 前記経路(P)に沿って配置された回転手段(26、40)によって、対応する前記軸線(3)を中心として前記シリンダ(4)を動かす工程と、
    前記測定された値と少なくとも1つの閾値との比較によって、前記回転手段(26、40)の動作回転位置を調節する工程と、さらに具備する請求項9又は10の方法。
  12. 前記経路(P)に沿って配置された回転手段(26、40)によって、対応する前記軸線(3)を中心として前記シリンダ(4)を動かす工程と、
    前記測定された値が所定の閾値に少なくとも等しいとき、前記シリンダ(4)の動作回転位置から、前記シリンダ(4)自体が解放される解放位置に前記回転手段(26、40)を動かす工程と、をさらに具備する請求項9ないし11のいずれか1の方法。
  13. 前記測定された値が少なくとも1つの閾値とは異なるとき、捩じ込む工程の最後に前記注射器(2)を受けない工程をさらに具備する請求項9ないし12のいずれか1の方法。
  14. 前記経路(P)に沿って配置された第1の回転手段(26、40)によって対応する前記プラグ(5)に前記ピストン(6)を部分的に捩じ込む工程と、
    前記第1の回転手段(26、40)に関連して前記経路(P)に沿って連続して配置された第2の回転手段(26、40)によって対応する前記プラグ(5)に前記ピストン(6)を完全に捩じ込む工程と、
    前記第2の回転手段(40)の動作中に前記値を測定する工程と、をさらに具備する請求項9ないし13のいずれか1の方法。
JP2010120475A 2009-05-26 2010-05-26 注射器のピストンを捩じ込むための方法及び装置 Pending JP2010279692A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
ITBO20090340 2009-05-26

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2010279692A true JP2010279692A (ja) 2010-12-16

Family

ID=43537019

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2010120475A Pending JP2010279692A (ja) 2009-05-26 2010-05-26 注射器のピストンを捩じ込むための方法及び装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2010279692A (ja)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US20100299904A1 (en) * 2009-05-26 2010-12-02 Angelo Ansaloni Method and apparatus for screwing pistons of syringes
JP2014511711A (ja) * 2011-03-18 2014-05-19 アッヴィ・インコーポレイテッド 自動注入デバイスおよびそのサブアセンブリを組み立てるためのシステム、デバイス、および方法

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US20100299904A1 (en) * 2009-05-26 2010-12-02 Angelo Ansaloni Method and apparatus for screwing pistons of syringes
JP2014511711A (ja) * 2011-03-18 2014-05-19 アッヴィ・インコーポレイテッド 自動注入デバイスおよびそのサブアセンブリを組み立てるためのシステム、デバイス、および方法

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US20100299904A1 (en) Method and apparatus for screwing pistons of syringes
CN102632385A (zh) 一种膨胀螺栓自动组装机
JP2010279692A (ja) 注射器のピストンを捩じ込むための方法及び装置
CA2685330A1 (en) Configurable conveyor and weighing conveyor apparatus
CN105416635A (zh) 一种自动包装系统及其装置
CN106672552B (zh) 一种气动式定距输送装置
RU2013108917A (ru) Устройство и способ подачи порций неоднородного предназначенного для заваривания метериала в упаковочный аппарат
CN208378330U (zh) 提升移载机
CN104370062A (zh) 用于带式输送机的滚筒支撑组件以及带式输送机
KR101411845B1 (ko) 벨트 컨베이어 장치
CN102067297A (zh) 自适应夹具宽度调节装置
US9033136B2 (en) Tensioning assembly for cable drag conveyor with tensioning assembly and method of controlling tension in a cable drag conveyor
JP5706558B1 (ja) 直線型重量式充填機
SE536988C2 (sv) Anordning och förfarande för sträckning av en sågkedja vid automatisk slipning av sågkedjan
CN104355064A (zh) 螺旋式张紧器
JP2004018237A (ja) 複連助走コンベア
JP2012121226A (ja) タイヤ構成部材の供給装置、未加硫タイヤの製造装置および未加硫タイヤの製造方法
CN208234222U (zh) 包装膜膜卷的自动纠偏系统
US10532841B2 (en) Method and apparatus of supplying a bag
JPWO2018100980A1 (ja) 製剤搬送装置および製剤印刷装置
GB2261645A (en) Mechanism for advancing tubular film along a film support
KR101838949B1 (ko) 로터리 포장장치
CN205397478U (zh) 一种输液瓶上瓶装置
CN202622324U (zh) 一种膨胀螺栓自动组装机
CN105252767B (zh) 一种夹紧定位组件