JP2010270066A - Hairdressing cosmetic - Google Patents

Hairdressing cosmetic Download PDF

Info

Publication number
JP2010270066A
JP2010270066A JP2009123588A JP2009123588A JP2010270066A JP 2010270066 A JP2010270066 A JP 2010270066A JP 2009123588 A JP2009123588 A JP 2009123588A JP 2009123588 A JP2009123588 A JP 2009123588A JP 2010270066 A JP2010270066 A JP 2010270066A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
hair
preferably
wt
fatty acid
hair styling
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2009123588A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP5574621B2 (en )
Inventor
Takeharu Ishii
Manabu Kanno
Kazuki Noda
一樹 乃田
丈晴 石井
学 管野
Original Assignee
Mandom Corp
株式会社マンダム
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a hairdressing cosmetic having high preparation stability without causing aggregation and deposition with time and a hair dressing cosmetic which excels in the agreement with the hair and extensibility, can reduce a sticky feeling, and excels in being washed out from fingertips and the palm of the hand.
SOLUTION: The hair-dressing cosmetic contains (A) Fischer-Tropsch wax, (B) a nonionic surface active agent, and (C) water, If necessary, (D) a higher fatty acid, (E) a volatile oil, and (F) an inorganic powder and/or an organic powder may be incorporated.
COPYRIGHT: (C)2011,JPO&INPIT

Description

本発明は、整髪用化粧料に関する。 The present invention relates to a hair styling cosmetic.

従来より、「立ち上げる」「散らす」「まとめる」「ねじる」「アレンジする」といった特徴的な整髪機能を付与するために、ロウ類やワックス類などの固形油分が用いられている。 Conventionally, in order to impart a characteristic styling features like "launch", "scatter", "summary", "twisting" "arrange", solid oil component such as waxes and waxes are used. このような整髪特徴を得るためには、固形油分の中でも、融点が高く、性状も硬いカルナウバロウ、キャンデリラロウ、高融点マイクロクリスタリンワックスなどが好適に用いられている。 In order to obtain such hair characteristics, among solid oil, high melting point, properties also hard carnauba wax, candelilla wax, and high melting point microcrystalline waxes are preferably used.

具体的には、例えば、融点60℃以上のロウ類、油中水型のアクリル系重合体エマルションおよび水を含有する整髪剤組成物(例えば、特許文献1を参照)、ワックス、高重合度ポリエチレングリコールおよび非イオン界面活性剤を含有する毛髪用の化粧料(例えば、特許文献2を参照)、ビニルカプロラクタムの単独重合体、25℃固形油性成分、25℃液状油性成分および水を含有する整髪剤組成物(例えば、特許文献3を参照)、ロウ類、特定の液状油、揮発性液状油および水を含有する整髪料(例えば、特許文献4を参照)、20℃固形のワックスおよび揮発性シリコーンを含有する整髪料(例えば、特許文献5を参照)などが報告され、優れた整髪性を付与する試みがなされている。 Specifically, for example, melting point 60 ° C. or more waxes, hair styling compositions containing an acrylic polymer emulsion and water in the water-in-oil (e.g., see Patent Document 1), waxes, high polymerization degree polyethylene cosmetics for hair containing glycol and nonionic surfactants (e.g., see Patent Document 2), a homopolymer of vinyl caprolactam, 25 ° C. the solid oil component, 25 ° C. a liquid oil component and water containing hair fixative composition (e.g., see Patent Document 3), waxes, specific liquid oil, hair dressing containing volatile liquid oil and water (e.g., see Patent Document 4), 20 ℃ solid wax and volatile silicone hair dressing containing (e.g., Patent Document 5 reference), etc. are reported, attempts have been made to impart excellent hair styling properties.

このように高融点の固形油分を用いると、優れた整髪性を得ることができる反面、高配合とすると、その性状および組成から、経時的に凝集・析出が生じて、製剤安定性に悪影響を及ぼすといった問題がある。 When used in this manner the solid oil component of high melting point, although capable of obtaining excellent hairdressing properties, when a high compounding, from its nature and composition, can occur over time aggregation and precipitation, affect the formulation stability there is a problem on. 種々の剤型の中でも、特に乳化剤型において高配合とすると、乳化が極めて困難となり、例え乳化できたとしても上記問題により安定性に劣るといった問題がある。 Among various dosage forms, especially the high loading in emulsifying type, emulsifying becomes very difficult, there is a problem less stable by the problem were possible even emulsification. また、製剤自体の粘性が高くなるために硬くなり、塗布時のなじみ、毛髪上での延展性が悪く操作性に劣り、べたつき感が生じるといった問題もある。 Also, becomes hard for the viscosity of the formulation itself is high, familiar in coating, poor spreadability is poor operability on the hair, there is also a problem stickiness occurs.

加えて、高融点の固形油分を配合した整髪剤は、指先や手の平で剤を充分に延ばした後に整髪を施すといった使用方法がなされるため、セット後も指先や手の平に剤が残り、通常の水洗いでは容易に洗い落とすことができないといった問題がある。 Additionally, hair styling agents formulated with solid oil of high melting point, since the method of use such as applying a hair after sufficiently extend the agent with fingertips and the palm is made, also the remaining agents to fingertip or palm OVF normal there is a problem that can not be easily washed off in the wash. 従来から、整髪時の使用感や整髪を施した後の風合いを高める種々の検討はなされているものの、指先や手の平からの洗い落ちに関しては、重要な検討項目であるにも関わらず、充分な検討がなされていないのが現状である。 Conventionally, although various studies have been made to improve the texture after having been subjected to a feeling of use and styling at the time of styling, with respect to the wash-off from the fingertip or the palm of the hand, in spite of the important consideration, sufficient study is has not yet been made.

特開2004−91387号公報 JP 2004-91387 JP 特開2002−241243号公報 JP 2002-241243 JP 特開2004−91406号公報 JP 2004-91406 JP 特開2005−239677号公報 JP 2005-239677 JP 特開2007−15935号公報 JP 2007-15935 JP

本発明は、前記従来技術に鑑みてなされたものであり、経時的な凝集・析出が生じない製剤安定性の高い整髪用化粧料を提供することを課題とする。 The present invention, wherein has been made in view of the prior art, and an object thereof is to provide a formulation highly stable hair styling cosmetic of aggregation over time and precipitation does not occur. また、毛髪へのなじみおよび延展性に優れ、べたつき感を低減することができるとともに、指先や手の平からの洗い落ちに優れる整髪用化粧料を提供することを課題とする。 In addition, excellent conformability and spreadability of the hair, it is possible to reduce the feeling of stickiness, it is an object of the present invention to provide a hair styling cosmetic composition which is excellent in wash-off from the fingertip or the palm of the hand.

即ち、本発明は、 That is, the present invention is,
〔1〕(A)フィッシャー・トロプシュワックス、(B)非イオン性界面活性剤および(C)水を含有してなる整髪用化粧料、 [1] (A) a Fischer-Tropsch wax, (B) a nonionic surfactant and (C) hair styling cosmetic comprising the water,
〔2〕更に、(D)高級脂肪酸を含有してなる前記〔1〕記載の整髪用化粧料、 [2] In addition, (D) comprising a higher fatty acid above [1] The hair styling cosmetic according,
〔3〕更に、(E)揮発性油剤を含有してなる前記〔1〕又は〔2〕に記載の整髪用化粧料、 [3] In addition, (E) comprising a volatile oil above [1] or hair styling cosmetic composition according to [2],
〔4〕更に、(F)無機粉体および/又は有機粉体を含有してなる前記〔1〕〜〔3〕の何れかに記載の整髪用化粧料、並びに〔5〕乳化剤型であることを特徴とする前記〔1〕〜〔4〕の何れかに記載の整髪用化粧料に関する。 [4] In addition, (F) hair styling cosmetic composition according to any one of comprising an inorganic powder and / or organic powder above [1] to [3], and [5] It is an emulsifier type the related hair styling cosmetic composition according to any one of above, wherein [1] to [4].

本発明の整髪用化粧料は、経時的な凝集・析出が生じず、優れた製剤安定性を有するという効果を奏する。 Hair styling cosmetic of the present invention causes no aggregation over time and precipitation, an effect that has excellent formulation stability. また、本発明の整髪用化粧料は、毛髪へのなじみおよび延展性が良好で整髪時の操作性に優れるとともに、べたつき感を低減するという効果を奏する。 Moreover, hair styling cosmetic of the present invention exhibits with familiar and spreadability on the hair is excellent in operability at the time of good styling, the effect of reducing the sticky feel. 更に、本発明の整髪用化粧料は、整髪時に使った指先や手の平からの洗い落ちに優れるという効果を奏する。 In addition, the hair styling cosmetic composition of the present invention, an effect that excellent wash-off from the fingertip or the palm of the hand that was used during the styling.

本発明の整髪用化粧料は、(A)フィッシャー・トロプシュワックス、(B)非イオン性界面活性剤および(C)水を含有する。 Hair styling cosmetic of the present invention comprises (A) a Fischer-Tropsch wax, (B) a nonionic surfactant and (C) water.

(A)成分のフィッシャー・トロプシュワックスとは、フィッシャー・トロプシュ製法により得られる、表示名称が「合成ワックス」と表記される合成炭化水素ワックスである。 The Fischer-Tropsch wax of the component (A), obtained by the Fischer-Tropsch process, a synthetic hydrocarbon wax display name is referred to as "synthetic wax". フィッシャー・トロプシュ製法とは、天然ガスと空気から水蒸気改質法、若しくは部分酸化法を用いて、一酸化炭素と水素の合成ガスを生成し、高温高圧状態で、鉄、コバルト、ニッケルなどの触媒を用いて、触媒反応を起すことにより合成し、分別蒸留後、精製、改質(成形)することで得られる炭化水素ワックスを生産する製法である。 The Fischer-Tropsch process, steam reforming of natural gas and air, or by using a partial oxidation process to produce a synthesis gas of carbon monoxide and hydrogen, the catalyst at high temperature and high pressure state, iron, cobalt, nickel using, synthesized by causing a catalytic reaction, after fractional distillation, purification, a process for producing a hydrocarbon wax obtained by reforming (molding).

用いられるフィッシャー・トロプシュワックスの融点は、特に限定されないが、塗布時の使用感および整髪性の観点から、35〜100℃であることが好ましく、50〜96℃であることがより好ましい。 The melting point of the Fischer-Tropsch wax used is not particularly limited, from the viewpoint of feeling and styling properties during coating, preferably from 35 to 100 ° C., and more preferably 50 to 96 ° C.. 本発明においては、1種を単独で用いてもよく、融点の異なる2種以上を適宜組合せて用いることもできる。 In the present invention, one kind may be used alone or may be used in combination different melting points of two or more as appropriate.

尚、上記(A)成分は、市販品を用いることもできる。 The above component (A) may be a commercially available product. 具体的には、例えば、シアベル109L、108、303、305、505(商品名,何れもシアベル社製)などを例示することができる。 Specifically, for example, Shiaberu 109L, and the like can be exemplified 108,303,305,505 (trade name, both Shiaberu Inc.).

(A)成分の含有量は、所望の効果が付与されるのであれば特に限定されないが、通常、整髪性の観点から、化粧料中、0.5重量%以上が好ましく、より好ましくは3重量%以上である。 The amount of the component (A) is not particularly limited as long as the desired effect is applied, usually in terms of hair setting properties, the cosmetic composition, preferably at least 0.5 wt%, more preferably 3 weight or more percent. また、延展性および洗い落ちの観点から、25重量%以下が好ましく、より好ましくは20重量%以下である。 Further, in view of spreadability and wash-off, preferably 25 wt% or less, more preferably 20 wt% or less. これらの観点から、(A)成分の含有量は、0.5〜25重量%が好ましく、より好ましくは3〜20重量%である。 From these viewpoints, the content of component (A) is preferably 0.5 to 25 wt%, more preferably from 3 to 20 wt%.

(B)成分の非イオン性界面活性剤としては、例えば、グリセリン脂肪酸エステル、グリセリン脂肪酸エステルの酸化エチレン縮合物、ポリアルキレングリコール脂肪酸エステル、ソルビタン脂肪酸エステル、ソルビタン脂肪酸エステルの酸化エチレン縮合物などの脂肪酸エステル型非イオン性界面活性剤の他、ポリオキシアルキレンアルキルエーテル、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、ポリオキシエチレンヒマシ油、ポリオキシエチレンラノリンなどが挙げられる。 The nonionic surfactant of component (B), for example, glycerol fatty acid esters, ethylene oxide condensates of glycerin fatty acid esters, polyalkylene glycol fatty acid esters, sorbitan fatty acid esters, fatty acids such as ethylene oxide condensates of sorbitan fatty acid esters other ester-type nonionic surfactant, polyoxyalkylene alkyl ether, polyoxyethylene hardened castor oil, polyoxyethylene castor oil, polyoxyethylene lanolin. これら成分は、1種を単独で用いてもよく、2種以上を適宜組合せて用いることもできる。 These components may be used alone, it may be used in combination of two or more kinds thereof.

グリセリン肪酸エステルとしては、本発明においては、グリセリン脂肪酸エステルおよびポリグリセリン脂肪酸エステルのいずれをも意味し、具体的には、モノカプリル酸グリセリル、モノカプリン酸グリセリル、モノラウリン酸グリセリル、モノミリスチン酸グリセリル、モノパルミチン酸グリセリル、モノステアリン酸グリセリル、モノイソステアリン酸グリセリル、モノベヘン酸グリセリル、モノオレイン酸グリセリル、モノエルカ酸グリセリル、セスキオレイン酸グリセリル、ジステアリン酸グリセリル、ジイソステアリン酸グリセリル、ジアラキン酸グリセリルなどのグリセリン脂肪酸エステル;モノカプリル酸ジグリセリル、モノカプリル酸デカグリセリル、モノカプリン酸ヘキサグリセリル、モノラウリン酸テトラグリセリル The glycerin fatty acid ester, in the present invention, also means any glycerol fatty acid esters and polyglycerol fatty acid esters, specifically, glyceryl monocaprylate, monocaprate, glyceryl monolaurate, glyceryl monomyristate monopalmitate, glyceryl monostearate, monoisostearate, glyceryl monobehenate acid, glyceryl monooleate, Monoeruka glyceryl sesquioleate, glyceryl distearate, diisostearate, glyceryl glycerol fatty acid esters such as Jiarakin glyceryl ; monocaprylate diglyceryl monocaprylate decaglyceryl monocaprate hexaglyceryl, monolaurate tetraglyceryl モノラウリン酸ヘキサグリセリル、モノラウリン酸デカグリセリル、モノラウリン酸ポリ(4〜10)グリセリル、モノミリスチン酸デカグリセリル、モノステアリン酸デカグリセリル、モノイソステアリン酸デカグリセリル、モノステアリン酸ポリ(2〜10)グリセリル、モノオレイン酸ジグリセリル、モノオレイン酸ヘキサグリセリル、セスキオレイン酸ジグリセリル、ジイソステアリン酸ポリ(2〜10)グリセリル、ジステアリン酸ポリ(6〜10)グリセリル、トリイソステアリン酸ジグリセリル、トリステアリン酸ポリ(10)グリセリルなどの上記したグリセリン脂肪酸エステルの重合度2〜10のポリグリセリン脂肪酸エステルを例示することができる。 Monolaurate hexaglyceryl, decaglyceryl monolaurate, monolaurate poly (4-10) glyceryl monomyristate decaglyceryl decaglyceryl monostearate, decaglyceryl monoisostearate, monostearate poly (2-10) glyceryl, mono diglyceryl oleate, hexaglyceryl monooleate, diglyceryl sesquioleate, diisostearate poly (2-10) glyceryl distearate poly (6-10) glyceryl, diglyceryl triisostearate, tristearate poly (10) it can be exemplified polyglycerol fatty acid ester having a polymerization degree 2 to 10 of the above-mentioned glycerol fatty acid esters such as glyceryl. また、グリセリン脂肪酸エステルの酸化エチレン縮合物としては、モノステアリン酸ポリオキシエチレングリセリル、モノオレイン酸ポリオキシエチレングリセリルなどを例示することができる。 As the ethylene oxide condensates of glycerin fatty acid ester, polyoxyethylene monostearate glyceryl, and the like monooleate polyoxyethylene glyceryl it can be exemplified.

ポリアルキレングリコール脂肪酸エステルとしては、例えば、モノオレイン酸ポリエチレングリコール、モノステアリン酸ポリエチレングリコール、モノラウリン酸ポリエチレングリコールなどのポリエチレングリコール脂肪酸エステル;モノステアリン酸プロピレングリコール、モノラウリン酸プロピレングリコール、モノオレイン酸プロピレングリコールなどのプロピレングリコール脂肪酸エステルなどを例示することができる。 The polyalkylene glycol fatty acid esters, for example, polyethylene glycol monooleate, polyethylene glycol monostearate, polyethylene glycol fatty acid esters such as polyethylene glycol monolaurate; propylene glycol monostearate, propylene glycol monolaurate, monooleate propylene glycol, etc. and the like can be exemplified propylene glycol fatty acid esters.

ソルビタン脂肪酸エステルとしては、例えば、モノオレイン酸ソルビタン、モノステアリン酸ソルビタン、モノイソステアリン酸ソルビタン、モノパルミチン酸ソルビタン、モノラウリン酸ソルビタン、トリオレイン酸ソルビタン、トリステアリン酸ソルビタン、セスキステアリン酸ソルビタン、セスキオレイン酸ソルビタン、セスキイソステアリン酸ソルビタン、ヤシ油脂肪酸ソルビタンなどのソルビタン脂肪酸エステルを例示することができる。 The sorbitan fatty acid esters, e.g., sorbitan monooleate, sorbitan monostearate, sorbitan monoisostearate, sorbitan monopalmitate, sorbitan monolaurate, sorbitan trioleate, sorbitan tristearate, sesquioleate sorbitan monostearate, sesquioleate sorbitan, sesquiisostearate sorbitan, sorbitan fatty acid esters such as coconut oil fatty acid sorbitan can be exemplified. また、ソルビタン脂肪酸エステルの酸化エチレン縮合物としては、モノラウリン酸ポリオキシエチレンソルビタン、モノパルミチン酸ポリオキシエチレンソルビタン、モノステアリン酸ポリオキシエチレンソルビタン、モノオレイン酸ポリオキシエチレンソルビタン、モノイソステアリン酸ポリオキシエチレンソルビタン、モノヤシ油脂肪酸ポリオキシエチレンソルビタン、トリステアリン酸ポリオキシエチレンソルビタン、トリオレイン酸ポリオキシエチレンソルビタンなどを例示することができる。 As the ethylene oxide condensates of sorbitan fatty acid esters, polyoxyethylene sorbitan monolaurate, monopalmitate polyoxyethylene sorbitan monostearate polyoxyethylene sorbitan monooleate polyoxyethylene sorbitan monoisostearate Polyoxyethylene sorbitan, Monoyashi oil fatty acid polyoxyethylene sorbitan tristearate polyoxyethylene sorbitan, and the like can be exemplified trioleate polyoxyethylene sorbitan.

ポリオキシアルキレンアルキルエーテルの具体例としては、例えば、ポリオキシエチレンラウリルエーテル、ポリオキシエチレンセチルエーテル、ポリオキシエチレンステアリルエーテル、ポリオキシエチレンオレイルエーテル、ポリオキシエチレンポリオキシプロピレンラウリルエーテル、ポリオキシプロピレンセチルエーテル、ポリオキシプロピレンイソセチルエーテル、ポリオキシプロピレンステアリルエーテル、ポリオキシプロピレンオレイルエーテルなどを例示することができる。 Specific examples of the polyoxyalkylene alkyl ethers, e.g., polyoxyethylene lauryl ether, polyoxyethylene cetyl ether, polyoxyethylene stearyl ether, polyoxyethylene oleyl ether, polyoxyethylene polyoxypropylene lauryl ether, polyoxypropylene cetyl ethers, polyoxypropylene isocetyl ether, polyoxypropylene stearyl ether, and the like can be exemplified polyoxypropylene oleyl ether.

上記した(B)成分のうち、製剤安定性の観点から、グリセリン脂肪酸エステル、グリセリン脂肪酸エステルの酸化エチレン縮合物、ポリアルキレングリコール脂肪酸エステル、ソルビタン脂肪酸エステル、ソルビタン脂肪酸エステルの酸化エチレン縮合物などの脂肪酸エステル型非イオン性界面活性剤を少なくとも1種用いるのが好ましい。 And (B) above of the components, from the viewpoint of formulation stability, glycerin fatty acid esters, ethylene oxide condensates of glycerin fatty acid esters, polyalkylene glycol fatty acid esters, sorbitan fatty acid esters, fatty acids such as ethylene oxide condensates of sorbitan fatty acid esters preferably used at least one ester-type nonionic surfactant.

(B)成分の含有量は、所望の効果が付与されるのであれば特に限定されないが、通常、製剤安定性の観点から、化粧料中、0.5重量%以上が好ましく、より好ましくは1重量%以上である。 The content of component (B) is not particularly limited as long as the desired effect is applied, usually, from the viewpoint of formulation stability, the cosmetic composition, preferably at least 0.5 wt%, more preferably 1 it is wt% or more. また、使用感の観点から、15重量%以下が好ましく、より好ましくは10重量%以下である。 From the viewpoint of feeling, preferably 15 wt% or less, more preferably 10 wt% or less. これらの観点から、(B)成分の含有量は、0.5〜15重量%が好ましく、より好ましくは1〜10重量%である。 From these viewpoints, the content of component (B), 0.5 to 15 wt% by weight, more preferably 1 to 10 wt%.

(C)成分の水は、化粧料原料として使用できるものであれば特に限定はされないが、通常、精製水が用いられる。 Component (C) of water is not particularly limited as long as it can be used as a cosmetic raw material, usually, purified water is used. (C)成分の含有量は、所望の効果が付与されるのであれば特に限定されないが、通常、使用感の観点から、化粧料中、20〜90重量%が好ましく、より好ましくは40〜75重量%である。 The content of component (C) is not particularly limited as long as the desired effect is applied, usually, in terms of usability, the cosmetic composition is preferably 20 to 90 wt%, more preferably 40 to 75 in weight percent.

本発明の整髪用化粧料には、製剤安定性を高める観点および指先や手の平からの洗い落ちを更に高める観点から、(D)高級脂肪酸を含有させることができる。 The hair styling cosmetic of the present invention can be obtained from further enhancing the viewpoint of washout from the viewpoint and fingertip or palm enhanced formulation stability, it is contained (D) a higher fatty acid. 用いられる(D)成分は、飽和又は不飽和、若しくは、直鎖又は分岐鎖の何れの高級脂肪酸であっても特に限定されない。 Used component (D) is a saturated or unsaturated, or is not particularly limited be any of a higher fatty acid, straight-chain or branched-chain. その具体例としては、例えば、ラウリン酸、ミリスチン酸、パルミチン酸、ステアリン酸、オレイン酸、ベヘニン酸、2−エチルブタン酸、イソペンタン酸、2−メチルペンタン酸、2−エチルペンタン酸、イソステアリン酸、12−ヒドロキシステアリン酸などを例示することができる。 Specific examples thereof include lauric acid, myristic acid, palmitic acid, stearic acid, oleic acid, behenic acid, 2-ethyl butanoic acid, isopentane acid, 2-methyl pentanoic acid, 2-ethyl pentanoic acid, isostearic acid, 12 - and the like can be exemplified hydroxy stearic acid. これら成分は、1種を単独で用いてもよく、2種以上を適宜組合せて用いることもできる。 These components may be used alone, it may be used in combination of two or more kinds thereof. 好適な(D)成分としては、ステアリン酸、イソステアリン酸を用いるのが好ましい。 Suitable component (D), stearic acid, to use of isostearic acid.

尚、(D)成分は、通常、塩基性物質で中和して用いられる。 Incidentally, (D) component is usually used is neutralized with a basic substance. 塩基性物質としては、例えば、トリエタノールアミン、モノエタノールアミンなどのアルカノールアミン類、アンモニア、水酸化ナトリウム、水酸化カリウムなどの無機塩基、アルギニンなどの塩基性アミノ酸などが例示される。 As the basic substance, for example, triethanolamine, alkanolamines such as monoethanolamine, ammonia, sodium hydroxide, an inorganic base such as potassium hydroxide, basic amino acids such as arginine and the like. また、塩基性物質の添加量は、(D)成分を中和するのに充分な量であり、これら成分の種類や使用量に応じて適宜配合すればよい。 The amount of the basic substance, (D) an amount sufficient to neutralize the components may be appropriately formulated depending on the type and amount of these components.

(D)成分の含有量は、所望の効果が付与されるのであれば特に限定されないが、通常、製剤安定性および洗い落ちの観点から、化粧料中、0.1重量%以上が好ましく、より好ましくは0.5重量%以上である。 Content of component (D) is not particularly limited as long as the desired effect is applied, usually, from the viewpoint of preparation stability and washout, the cosmetic composition, preferably at least 0.1 wt%, more preferably 0.5 wt% or more. また、使用感の観点から、10重量%以下が好ましく、より好ましくは5重量%以下である。 From the viewpoint of feeling, preferably 10 wt% or less, more preferably 5 wt% or less. これらの観点から、(D)成分の含有量は、0.1〜10重量%が好ましく、より好ましくは0.5〜5重量%である。 From these viewpoints, the content of component (D) is preferably from 0.1 to 10 wt%, more preferably from 0.5 to 5 wt%.

本発明の整髪用化粧料には、なじみや延展性を高める観点から、(E)揮発性油剤を含有させることができる。 The hair styling cosmetic of the present invention, in view of enhancing the conformability and spreadability, can contain (E) a volatile oil. (E)成分の具体例としては、例えば、イソパラフィン、軽質イソパラフィンなどの室温で液状の炭化水素;オクタメチルシクロテトラシロキサン、デカメチルシクロペンタシロキサン、ドデカメチルシクロヘキサシロキサンなどの環状シリコーン;オクタメチルトリシロキサン、テトラデカメチルヘキサシロキサン、低粘度メチルポリシロキサンなどの鎖状シリコーンなどを例示することができる。 (E) Examples of the component, for example, isoparaffins, at room temperature of liquid hydrocarbons, such as light isoparaffin; octamethylcyclotetrasiloxane, decamethylcyclopentasiloxane, cyclic silicones such as dodecamethylcyclohexasiloxane; octamethyl siloxane, tetradecanoyl methylhexahydrophthalic siloxanes, and the like chain silicones such as low viscosity methylpolysiloxane can be exemplified. これら成分は、1種を単独で用いてもよく、2種以上を適宜組合せて用いることもできる。 These components may be used alone, it may be used in combination of two or more kinds thereof. 好適な(E)成分としては、デカメチルシクロペンタシロキサン、低粘度メチルポリシロキサンを用いるのが好ましい。 Suitable component (E), decamethylcyclopentasiloxane, to use low-viscosity methylpolysiloxane preferred.

(E)成分の含有量は、所望の効果が付与されるのであれば特に限定されないが、通常、なじみや延展性の観点から、化粧料中、1重量%以上が好ましく、より好ましくは2重量%以上である。 (E) component content is not particularly limited as long as the desired effect is applied, usually in terms of familiar and spreadability, in cosmetics, is preferably at least 1 wt%, more preferably 2 weight or more percent. また、整髪性の観点から、20重量%以下が好ましく、より好ましくは15重量%以下である。 From the viewpoint of hairdressing properties, preferably 20 wt% or less, more preferably 15 wt% or less. これらの観点から、(E)成分の含有量は、1〜20重量%が好ましく、より好ましくは2〜15重量%である。 From these viewpoints, the content of component (E) is preferably 1 to 20 wt%, more preferably from 2 to 15 wt%.

本発明の整髪用化粧料には、べたつき感を低減する観点および指先や手の平からの洗い落ちを高める観点から、(F)無機粉体および/又は有機粉体を含有させることができる。 The hair styling cosmetic of the present invention, from the viewpoint of enhancing the washout from the viewpoint and the fingertip and palm reducing sticky feeling, may contain (F) an inorganic powder and / or organic powders. (F)成分の無機粉体の具体例としては、例えば、ケイ酸、無水ケイ酸、ケイ酸カルシウム、ケイ酸マグネシウム、ケイ酸アルミニウム、合成ケイ酸アルミニウム、天然ケイ酸アルミニウム、ケイ酸アルミニウムマグネシウム、タルク、カオリン、雲母、雲母チタン、セリサイト、ベントナイト、炭酸カルシウム、炭酸マグネシウム、硫酸カルシウム、硫酸バリウム、硫酸マグネシウム、酸化亜鉛、酸化チタン、酸化アルミニウム、酸化ジルコニウム、酸化マグネシウム、酸化鉄、黄酸化鉄、黒酸化鉄、酸化鉄・酸化チタン焼結物、ベンガラ被覆雲母、ベンガラ被覆雲母チタン、酸化チタン被覆シリカ、酸化クロム、酸化すず、アルミナ、オキシ塩化ビスマス、群青、紺青、カラミン、ホウケイ酸、カーボンブラック、チタン酸コバルト、軟 Specific examples of the inorganic powder component (F), for example, silicic acid, silicic anhydride, calcium silicate, magnesium silicate, aluminum silicate, synthetic aluminum silicate, aluminum natural silicate, aluminum magnesium silicate, talc, kaolin, mica, mica titanium, sericite, bentonite, calcium carbonate, magnesium carbonate, calcium sulfate, barium sulfate, magnesium sulfate, zinc oxide, titanium oxide, aluminum oxide, zirconium oxide, magnesium oxide, iron oxide, yellow iron oxide , black iron oxide, iron oxide, titanium oxide sinter, red iron oxide-coated mica, red iron oxide-coated mica titanium, titanium oxide-coated silica, chromium oxide, tin oxide, alumina, bismuth oxychloride, ultramarine, Prussian blue, calamine, borosilicate, carbon black, cobalt titanate, soft カルシウム、軟質マグネシウム、重質カルシウム、重質マグネシウム、アルミニウム末、窒化ホウ素、ヒドロキアパタイト、ホウケイ酸(Ca/Na)、ゼオライトなどを例示することができる。 Calcium, soft magnesium, heavy calcium, heavy magnesium, aluminum powder, can be exemplified boron nitride, hydroxy apatite, borosilicate (Ca / Na), zeolite and the like.

有機粉体の具体例としては、例えば、ナイロン6、ナイロン12、ナイロン66などのナイロン粉末;ポリエチレン、ポリプロピレンなどのポリオレフィン粉末;ポリメタクリル酸メチルなどのポリアクリレート粉末;ポリメチルシルセスキオキサン、ジメチルポリシロキサン重合体などのシリコーン樹脂粉末;ポリテトラフルオロエチレンなどのフッ素樹脂粉末;ポリスチレン粉末、ポリウレタン粉末、ポリエポキシ粉末、ポリエチレンテレフタレート、ポリプロピレンテレフタレート、ポリカーボネート、セルロイド、セルロース、結晶セルロース、アセチルセルロース、キチン、キトサン、多糖類、たんぱく質粉末、ラウロイルリジン、ビニル樹脂、尿素樹脂、(PET/ポリオレフィン)ラミネート、(PET/Al/エポキシ樹脂 Specific examples of the organic powder include nylon 6, nylon 12, nylon powder such as Nylon 66; polyacrylate powders such as polymethyl methacrylate; polyethylene, polyolefin powders such as polypropylene polymethylsilsesquioxane, dimethyl silicone resin powders such as polysiloxane polymer; fluororesin powder such as polytetrafluoroethylene; polystyrene powder, polyurethane powder, polyepoxy powder, polyethylene terephthalate, polypropylene terephthalate, polycarbonate, celluloid, cellulose, crystalline cellulose, acetyl cellulose, chitin, chitosan, polysaccharide, protein powder, lauroyl lysine, vinyl resins, urea resins, (PET / polyolefin) laminate, (PET / Al / epoxy resin ラミネートなどを例示することができる。 Etc. can be exemplified a laminate.

上記した成分は、1種を単独で用いてもよく、2種以上を適宜組合せて用いることもできる。 Components described above may be used alone, it may be used in combination of two or more kinds thereof. 好適な(F)成分としては、無水ケイ酸、カオリン、タルク、ポリスチレン粉末を用いるのが好ましい。 Suitable component (F), silicic acid anhydride, kaolin, talc, to use polystyrene powder preferred.

(F)成分の含有量は、所望の効果が付与されるのであれば特に限定されないが、通常、洗い落ちの観点から、化粧料中、1重量%以上が好ましく、より好ましくは2重量%以上である。 (F) component content is not particularly limited as long as the desired effect is applied, usually, from the viewpoint of washout, the cosmetic composition, preferably at least 1 wt%, more preferably 2 wt% or more it is. また、整髪性の観点から、20重量%以下が好ましく、より好ましくは15重量%以下である。 From the viewpoint of hairdressing properties, preferably 20 wt% or less, more preferably 15 wt% or less. これらの観点から、(F)成分の含有量は、1〜20重量%が好ましく、より好ましくは2〜15重量%である。 From these viewpoints, the content of component (F) is preferably from 1 to 20 wt%, more preferably from 2 to 15 wt%.

本発明の整髪用化粧料には、製剤安定性を更に高めるとともに、毛髪へのなじみおよび延展性を向上させるために、分岐型脂肪酸エステルを含有させることもできる。 The hair styling cosmetic of the present invention, together with further increase formulation stability, in order to improve the conformability and spreadability on the hair, may contain a branched fatty acid esters. 分岐型脂肪酸エステルの具体例としては、例えば、イソステアリン酸エチル、イソステアリン酸イソプロピル、2−エチルヘキサン酸セチル、2−エチルヘキサン酸セトステアリル、トリ2−エチルヘキサン酸グリセリル、トリイソパルミチン酸グリセリル、テトラ2−エチルヘキサン酸ペンタエリスリトール、オクタン酸イソセチル、オクタン酸イソステアリル、パルミチン酸イソプロピル、イソステアリン酸イソセチル、イソステアリン酸オクチルドデシル、ジメチルオクタン酸オクチルドデシルなどの分岐脂肪酸エステル油などを例示することができる。 Specific examples of the branched fatty acid esters, e.g., ethyl isostearate, isopropyl isostearate, cetyl 2-ethylhexanoate, 2-ethylhexanoic acid cetostearyl, glyceryl tri-2-ethylhexanoate, triisopalmitate glyceryl tetra 2-ethylhexanoic acid pentaerythritol, isocetyl octanoate, can isostearyl octanoate, isopropyl palmitate, isocetyl isostearate, isostearic acid octyldodecyl, be exemplified a branched fatty acid ester oils such as dimethyl octanoic acid octyldodecyl. これら成分は、1種を単独で用いてもよく、2種以上を適宜組合せて用いることもできる。 These components may be used alone, it may be used in combination of two or more kinds thereof. 好適な分岐型脂肪酸又は分岐型脂肪酸エステルとしては、2−エチルヘキサン酸セチル、パルミチン酸イソプロピル、テトラ2−エチルヘキサン酸ペンタエリスリトールを用いるのが好ましい。 Suitable branched fatty acids or branched fatty acid ester, cetyl 2-ethylhexanoate, isopropyl palmitate, to use tetra 2-ethylhexanoic acid pentaerythritol preferred.

分岐型脂肪酸エステルの含有量は、所望の効果が付与されるのであれば特に限定されないが、通常、製剤安定性を高め、優れた使用感を付与する観点から、化粧料中、0.1重量%以上が好ましく、より好ましくは1重量%以上である。 The content of the branched fatty acid ester is not particularly limited as long as the desired effect is imparted, usually increases the formulation stability, from the viewpoint of imparting excellent usability, the cosmetic composition, 0.1 % or more, more preferably 1 wt% or more. また、整髪性の観点から、25重量%以下が好ましく、より好ましくは15重量%以下である。 From the viewpoint of hairdressing properties, preferably 25 wt% or less, more preferably 15 wt% or less. これらの観点から、分岐型脂肪酸エステルの含有量は、0.1〜25重量%が好ましく、より好ましくは1〜15重量%である。 From these viewpoints, the content of the branched fatty acid ester is preferably 0.1 to 25 wt%, more preferably 1-15 wt%.

本発明の整髪用化粧料には、製剤安定性を更に向上させるために、増粘性高分子を含有させることもできる。 The hair styling cosmetic of the present invention, in order to further improve the formulation stability, may contain a thickening polymer. 用いられる増粘性高分子としては、水溶性を有する天然高分子、半合成高分子、合成高分子などが挙げられる。 The thickening polymer used, a natural polymer having a water-soluble, semi-synthetic polymers, synthetic polymers. 天然高分子の具体例としては、例えば、アラビアゴム、トラガントガム、グアガム、ローカストビーンガム、カラヤガム、アイリスモス、クインスシード、ゼラチン、セラック、ロジン、カゼインなどを例示することができる。 Specific examples of the natural polymer is, for example, gum arabic, tragacanth gum, guar gum, locust bean gum, karaya gum, Iris moss, quince seed, gelatin, shellac, rosin, be exemplified a casein. 半合成高分子の具体例としては、例えば、カルボキシメチルセルロースナトリウム、ヒドロキシエチルセルロース、メチルセルロース、エチルセロース、アルギン酸ナトリウム、エステルガム、ニトロセルロース、ヒドロキシプロピルセルロース、ヒドロキシプロピルメチルセルロース、結晶セルロースなどを例示することができる。 Examples of semi-synthetic polymers, for example, there can be mentioned carboxymethyl cellulose sodium, hydroxyethyl cellulose, methyl cellulose, Echiruserosu, sodium alginate, ester gum, nitrocellulose, hydroxypropylcellulose, hydroxypropylmethylcellulose, and the like cellulose. 合成高分子の具体例としては、例えば、ポリビニルアルコール、ポリアクリル酸ナトリウム、カルボキシビニルポリマー、アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、ポリビニルメチルセルロース、ポリアミド樹脂、ポリエチレングリコールなどを例示することができる。 Examples of synthetic polymers, such as polyvinyl alcohol, sodium polyacrylate, carboxyvinyl polymer, acrylic acid-alkyl methacrylate copolymer, polyvinyl methyl cellulose, polyamide resins, and the like can be exemplified polyethylene glycols. これら成分は、1種を単独で用いてもよく、2種以上を適宜組合せて用いることもできる。 These components may be used alone, it may be used in combination of two or more kinds thereof. 好適な増粘性高分子としては、カルボキシビニルポリマー、アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体を用いることが好ましい。 Suitable thickening polymers, carboxyvinyl polymer, it is preferable to use an acrylic acid-alkyl methacrylate copolymer.

尚、増粘性高分子としてカルボキシビニルポリマーやアクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体を用いる場合は、通常、塩基性物質で中和して用いられる。 In the case of using a carboxyvinyl polymer, acrylic acid-alkyl methacrylate copolymer as a thickening polymer, usually used it is neutralized with a basic substance. 塩基性物質としては、例えば、トリエタノールアミン、モノエタノールアミンなどのアルカノールアミン類、アンモニア、水酸化ナトリウム、水酸化カリウムなどの無機塩基、アルギニンなどの塩基性アミノ酸などが例示される。 As the basic substance, for example, triethanolamine, alkanolamines such as monoethanolamine, ammonia, sodium hydroxide, an inorganic base such as potassium hydroxide, basic amino acids such as arginine and the like. また、塩基性物質の添加量は、カルボキシビニルポリマーやアクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体を中和するのに充分な量であり、これら成分の種類や使用量に応じて適宜配合すればよい。 The addition amount of the basic substance is an amount sufficient to neutralize the carboxyvinyl polymer, acrylic acid-alkyl methacrylate copolymer, it may be suitably blended according to the type and amount of the components .

増粘性高分子の含有量は、特に限定されないが、通常、製剤安定性を更に向上させる観点から、化粧料中、0.01重量%以上が好ましく、より好ましくは0.1重量%以上である。 The content of thickening polymer is not particularly limited, is usually, from the viewpoint of further improving the preparation stability in cosmetics, preferably at least 0.01 wt%, more preferably 0.1 wt% or more . また、使用感の観点から、15重量%以下が好ましく、より好ましくは10重量%以下である。 From the viewpoint of feeling, preferably 15 wt% or less, more preferably 10 wt% or less. これらの観点から、増粘性高分子の含有量は、0.01〜15重量%が好ましく、より好ましくは0.1〜10重量%である。 From these viewpoints, the content of thickening polymer is preferably 0.01 to 15 wt%, more preferably from 0.1 to 10 wt%.

本発明の整髪用化粧料には、整髪性を更に向上させるために、室温で固形のロウ類および/又は(A)成分以外の室温で固形の炭化水素類を含有させることもできる。 The hair styling cosmetic of the present invention, in order to improve hair styling property further, can be contained at room temperature solid waxes and / or (A) at room temperature a solid other than the component hydrocarbons. 室温で固形のロウ類の具体例としては、例えば、カルナウバロウ、キャンデリラロウ、ミツロウ、コメヌカロウ、セラックロウ、鯨ロウ、ラノリンなどを例示することができる。 Specific examples of waxes are solid at room temperature, for example, can be exemplified carnauba wax, candelilla wax, beeswax, rice bran wax, shellac wax, spermaceti, lanolin and the like. また、(A)成分以外の室温で固形の炭化水素類の具体例としては、例えば、セレシン、オゾケライト、パラフィン、マイクロクリスタリンワックス、ポリエチレン末、ポリエチレンワックス、ワセリンなどを例示することができる。 Specific examples of the hydrocarbons are solid at room temperature other than the component (A), for example, ceresin, ozokerite, paraffin, microcrystalline wax, polyethylene powder, can be exemplified polyethylene wax, petroleum jelly and the like. これら成分は、1種を単独で用いてもよく、2種以上を適宜組合せて用いることもできる。 These components may be used alone, it may be used in combination of two or more kinds thereof. 尚、本発明における「室温」とは、1〜30℃の温度範囲を表す。 The "room temperature" in the present invention, represents the temperature range of 1 to 30 ° C..

室温で固形のロウ類および/又は(A)成分以外の室温で固形の炭化水素類の含有量は、特に限定されないが、通常、整髪性を高める観点から、化粧料中、0.5重量%以上が好ましく、より好ましくは3重量%以上である。 Content of room temperature solid waxes and / or (A) hydrocarbons at room temperature solid other than the component is not particularly limited, from the viewpoint of enhancing the styling properties, the cosmetic composition, 0.5 wt% or preferably, more preferably 3 wt% or more. また、塗布時の使用感の観点から、30重量%以下が好ましく、より好ましくは20重量%以下である。 From the viewpoint of feeling at the time of application, preferably 30 wt% or less, more preferably 20 wt% or less. これらの観点から、室温で固形のロウ類および/又は(A)成分以外の室温で固形の炭化水素類の含有量は、0.5〜30重量%が好ましく、より好ましくは3〜20重量%である。 From these viewpoints, the content of room temperature waxes solid and / or (A) at room temperature a solid other than the component hydrocarbons, 0.5 to 30 wt%, more preferably 3 to 20 wt% it is.

本発明の整髪用化粧料には、毛髪上での延展性を良好な粘度に調整するために、多価アルコールを含有させることもできる。 The hair styling cosmetic of the present invention, in order to adjust the spreadability on the hair in good viscosity, may contain a polyhydric alcohol. 多価アルコールの具体例としては、例えば、エチレングリコール、ジプロピレングリコール、プロピレングリコール、イソプレングリコール、グリセリン、濃グリセリン、ジグリセリン、1,3−ブチレングリコール、1,2−ペンタンジオール、1,2−ヘキサンジオール、1,2−オクタンジオール、1,2−デカンジオールなどを例示することができる。 Specific examples of the polyhydric alcohols include ethylene glycol, dipropylene glycol, propylene glycol, isoprene glycol, glycerin, concentrated glycerin, diglycerin, 1,3-butylene glycol, 1,2-pentanediol, 1,2 hexanediol, 1,2-octanediol, and the like can be exemplified 1,2-decanediol. これら成分は、1種を単独で用いてもよく、2種以上を適宜組合せて用いることもできる。 These components may be used alone, it may be used in combination of two or more kinds thereof.

多価アルコールの含有量は、特に限定されないが、毛髪上での延展性を更に向上させる観点から、化粧料中、0.01重量%以上が好ましく、より好ましくは0.1重量%以上である。 The content of the polyhydric alcohol is not particularly limited, from the viewpoint of further improving the spreadability on the hair, the cosmetic composition, preferably at least 0.01 wt%, more preferably at least 0.1 wt% . また、整髪性の観点から、20重量%以下が好ましく、より好ましくは15重量%以下である。 From the viewpoint of hairdressing properties, preferably 20 wt% or less, more preferably 15 wt% or less. これらの観点から、多価アルコールの含有量は、0.01〜20重量%が好ましく、より好ましくは0.1〜15重量%である。 From these viewpoints, the content of the polyhydric alcohol is 0.01 to 20 wt% by weight, more preferably 0.1 to 15 wt%.

本発明の整髪用化粧料には、本発明の効果を損なわない範囲内であれば、上記した成分の他に通常化粧品に用いられる成分、例えば、アクリル酸アルキルコポリマー、ポリビニルピロリドンなどの皮膜形成剤;ミリスチルアルコール、セチルアルコール、ステアリルアルコール、ベヘニルアルコールなどの高級アルコール類;流動パラフィン、流動イソパラフィン、スクワランなどの室温で液状の炭化水素油;ミリスチン酸ミリスチル、ステアリン酸ステアリル、パルミチン酸セチルなどの室温で固形の直鎖脂肪酸エステル;低級アルコール、紫外線吸収剤、香料、酸化防止剤、保湿剤、清涼剤、ビタミン類、植物抽出物などを目的に応じて適宜配合することができる。 The hair styling cosmetic of the present invention, as long as it is within the range not to impair the effects of the present invention, in addition to the ingredients used in conventional cosmetic components described above, for example, alkyl acrylate copolymers, film forming agents such as polyvinyl pyrrolidone ; myristyl alcohol, higher alcohols such as cetyl alcohol, stearyl alcohol, behenyl alcohol; liquid paraffin, liquid isoparaffin, liquid at room temperature hydrocarbon oils such as squalane; myristyl myristate, stearyl stearate, solid at room temperature such as cetyl palmitate linear fatty acid esters, lower alcohols, ultraviolet absorbents, perfumes, antioxidants, humectants, cooling agents, vitamins, may be appropriately blended according to the purpose of plant extracts.

本発明の整髪用化粧料は、寝癖直しウォーター、ヘアミスト、ヘアリキッドなどの液体剤型;ヘアフォーム、ヘアスプレーなどのエアゾール剤型;ヘアジェルなどのジェル剤型;ヘアワックス、ヘアクリームなどの乳化剤型などの如何なる剤型にも適用することができる。 Hair styling cosmetic of the present invention, bed hair re water, hair mist, the liquid dosage forms, such as hair liquid; hair foam, aerosol dosage forms, such as hair spray, gel dosage forms, such as hair gel; hair wax, emulsifier type such as hair cream it can be applied to any dosage form, such as. 中でも、毛髪へのなじみおよび延展性が良好な乳化剤型として用いることが好ましく、整髪時に使った指先や手の平から容易に洗い落ちることから、ヘアワックスとして好適に用いることができる。 Among them, it is preferable to use as the familiar and spreadability good emulsifying type to hair, since the fall easily washed from the fingertip and palm using during styling can be suitably used as hair wax. 尚、本発明におけるヘアワックスとは、室温下で固化した状態の剤型であり、広口容器に充填し容器を斜め45度に5秒間傾けた際に、充填した組成物が広口容器から垂れ落ちない状態のものを言う。 Note that the hair wax in the present invention, a dosage form of a solidified state at room temperature, when tilted 5 seconds container filled into a wide-mouthed container diagonally 45 degrees, falling sag composition filled from a wide-mouthed container It refers to the absence of state.

本発明の整髪用化粧料をヘアワックスとして用いる場合には、前記各構成成分を混合し、公知の方法、例えばホモミキサーを用いた転相乳化法などにより乳化することにより製造することができる。 In the case of using the hair styling cosmetic of the present invention as a hair wax, mixing the above-mentioned components, a known method can be prepared by emulsifying by, for example, a phase inversion emulsification method using a homomixer. また、混合と乳化は別々に行っても同時に行ってもよい。 Also, mixing and emulsification is performed separately may be performed simultaneously.

以下、本発明を実施例に基づいて更に詳細に説明するが、本発明はこれら実施例にのみ限定されるものではない。 Described below in more detail the present invention based on examples, the present invention is not limited only to these examples. 尚、配合量は、特記しない限り「重量%」を表す。 Incidentally, the amount represents "% by weight" unless otherwise specified.

(試料の調製) (Preparation of sample)
表1および表2に記した組成に従い、実施例1〜5および比較例1〜4の各試料を常法に準じてヘアワックスの形態とし、下記評価に供した。 According to the composition that describes in Table 1 and Table 2, the form of a hair wax according to the samples of Examples 1 to 5 and Comparative Examples 1 to 4 in a conventional manner, and subjected to the following evaluation. 結果をそれぞれ表1および表2に併記する。 Also shown results in Tables 1 and 2 respectively.
尚、評価はすべて、23℃、湿度60%の恒温恒湿の一定条件下で実施した。 The evaluation of all, 23 ° C., was carried out at a constant humidity of 60% constant temperature and humidity.

(試験例1:製剤安定性の評価) (Test Example 1: Formulation Stability Evaluation)
実施例および比較例で得られた各試料を、120g容の広口容器に充填し、40℃の恒温槽に4週間保管後、製剤の状態を目視にて観察し、以下の評価基準に従って評価した。 The samples obtained in Examples and Comparative Examples was filled in a wide-mouthed container 120g capacity, after storage for 4 weeks in a thermostat at 40 ° C., to observe the state of the formulation was visually evaluated according to the following evaluation criteria .

<製剤安定性の評価基準> <Evaluation Criteria of the formulation stability>
○:製造直後と全く変化が認められない△:不均一化、析出物、又は分離が僅かに認められる×:不均一化、析出物、又は分離が明らかに認められる ○: no change at all was observed immediately following production △: uneven, precipitates, or × separation was slightly observed: uneven, precipitates, or separated clearly seen

(試験例2:なじみ、延展性およびべたつき感の評価) (Test Example 2: familiar, evaluation of spreadability and stickiness)
評価パネル20名により、実施例および比較例で得られた各試料をウィッグ(レッスンマネキン:ユーカリジャパン社製)を用いて実際に整髪してもらい、塗布時の毛髪へのなじみ、延展性およびべたつき感を下記の評価基準に従って官能評価した。 The evaluation panel 20 people, the examples and the comparative each sample wig obtained in Example: Have actually hair using (lesson mannequin Eucalyptus Japan KK), familiar to the hair during application, spreadability and stickiness and sensory evaluation in accordance with the feeling to the following evaluation criteria.

<なじみの評価基準> <Familiar evaluation criteria>
◎:20名中16名以上が毛髪へのなじみが良いと回答○:20名中11〜15名が毛髪へのなじみが良いと回答△:20名中6〜10名が毛髪へのなじみが良いと回答×:20名中5名以下が毛髪へのなじみが良いと回答 ◎: 16 people or more in 20 people familiar is good and answers to the hair ○: 20 people in the 11 to 15 people are familiar is good and answers to the hair △: 20 people in the 6 to 10 people is familiar to the hair good and answers ×: familiar is good and answers of 20 people in five or less to the hair

<延展性の評価基準> <Evaluation Criteria of spreadability>
◎:20名中16名以上が延展性に優れると回答○:20名中11〜15名が延展性に優れると回答△:20名中6〜10名が延展性に優れると回答×:20名中5名以下が延展性に優れると回答 ◎: answered that 20 people in more than 16 people excellent spreadability ○: 20 people in the 11 to 15 people answered that excellent spreadability △: 20 people in the 6 to 10 people excellent spreadability and answers ×: 20 and answers 5 people in the name below is excellent in spreadability

<べたつき感の評価基準> <Evaluation Criteria of sticky feeling>
◎:20名中16名以上がべたつき感がないと回答○:20名中11〜15名がべたつき感がないと回答△:20名中6〜10名がべたつき感がないと回答×:20名中5名以下がべたつき感がないと回答 ◎: answered that 16 people or more in 20 people do not have sticky feeling ○: answer the 20 people in the 11 to 15 people there is no sticky feeling △: there is no sense of 20 people in 6 to 10 people sticky and answers ×: 20 answer that there is no sticky feeling is five less than in name

(試験例3:指先や手の平からの洗い落ちの評価) (Test Example 3: Evaluation of the wash-off from the fingertip or palm)
試験例2の評価後、同パネル20名により、整髪時に使った指先および手の平をぬるま湯で洗い流してもらい、指先や手の平からの洗い落ちを下記の評価基準に従って官能評価した。 After the evaluation of the Test Example 2, by the same panel 20 people, the fingertips and palm, which was used when the hair styling asked rinse with lukewarm water, and sensory evaluation of the wash-off from the fingertip or the palm of the hand in accordance with the following evaluation criteria.

<洗い落ちの評価基準> <Evaluation Criteria of wash-off>
◎:20名中16名以上が指先や手の平からの洗い落ちに優れると回答○:20名中11〜15名が指先や手の平からの洗い落ちに優れると回答△:20名中6〜10名が指先や手の平からの洗い落ちに優れると回答×:20名中5名以下が指先や手の平からの洗い落ちに優れると回答 ◎: answered that 20 people in more than 16 people excellent wash-off from the fingertips and palm ○: answer the 20 people in the 11 to 15 people excellent wash-off from the fingertips and palm △: 6~10 people in 20 people There and answers × excellent wash-off from the fingertip or the palm of the hand: 20 people in five or less is excellent in wash-off from the fingertip or the palm of the hand and answers

表1および表2に示された結果から、各実施例で得られた整髪用化粧料は、各比較例で得られたものと対比して、不均一化、析出物、又は分離が認められず、優れた製剤安定性を有していることが分かる。 Table 1 and the results shown in Table 2, the hair styling cosmetic composition obtained in each Example, in contrast to those obtained in the Comparative Examples, non-uniform, precipitate or separation observed not, it is found to have excellent formulation stability. また、毛髪へのなじみ、延展性に優れ、べたつき感がないことが分かる。 In addition, familiar to the hair, excellent spreadability, it can be seen that there is no sticky feeling. 加えて、各実施例で得られた整髪用化粧料は、指先や手の平からの洗い落ちに格段に優れていることが分かる。 Additionally, the hair styling cosmetic composition obtained in each example, it can be seen that much better the washout from the fingertip and palm.

以下、本発明に係る整髪用化粧料の処方例を示す。 Hereinafter, formulation examples of the hair styling cosmetic composition according to the present invention. 尚、含有量は重量%である。 The content is% by weight.

(処方例1) (Formulation Example 1)
フィッシャー・トロプシュワックス 5.0 Fischer-Tropsch wax 5.0
カルナウバロウ 3.0 Carnauba wax 3.0
ミツロウ 3.0 Beeswax 3.0
高融点マイクロクリスタリンワックス 10.0 High melting microcrystalline waxes 10.0
流動パラフィン 5.0 Liquid paraffin 5.0
ワセリン 3.0 Vaseline 3.0
パラフィン 1.0 Paraffin 1.0
2−エチルヘキサン酸セチル 2.0 Cetyl 2-ethylhexanoate 2.0
デカメチルシクロペンタシロキサン 10.0 Decamethylcyclopentasiloxane 10.0
モノステアリン酸グリセリル 2.0 Glyceryl monostearate 2.0
ポリオキシエチレンセチルエーテル 2.0 Polyoxyethylene cetyl ether 2.0
ステアリン酸 2.0 Stearate 2.0
ステアリルアルコール 1.0 Stearyl alcohol 1.0
カルボキシビニルポリマー 0.3 Carboxyvinyl polymer 0.3
濃グリセリン 5.0 Concentrated glycerin 5.0
1,2−オクタンジオール 0.1 1,2-octanediol 0.1
トリエタノールアミン 1.0 Triethanolamine 1.0
タルク 4.0 Talc 4.0
精製水 残 部 Purified water balance section
合 計 100.0 Total 100.0

(処方例2) (Formulation Example 2)
フィッシャー・トロプシュワックス 5.0 Fischer-Tropsch wax 5.0
高融点マイクロクリスタリンワックス 10.0 High melting microcrystalline waxes 10.0
カルナウバロウ 3.0 Carnauba wax 3.0
キャンデリラロウ 5.0 Candelilla wax 5.0
軽質イソパラフィン 10.0 Light isoparaffin 10.0
パラフィン 2.0 Paraffin 2.0
2−エチルヘキサン酸セチル 10.0 Cetyl 2-ethylhexanoate 10.0
低粘度メチルポリシロキサン 5.0 Low viscosity methylpolysiloxane 5.0
モノステアリン酸ソルビタン 2.0 Sorbitan monostearate 2.0
ポリオキシエチレンセチルエーテル 2.0 Polyoxyethylene cetyl ether 2.0
ミリスチン酸ミリスチル 1.0 Myristyl myristate 1.0
ステアリン酸 1.0 Stearic acid 1.0
セタノール 1.0 Cetanol 1.0
カルボキシビニルポリマー 0.2 Carboxyvinyl polymer 0.2
1,3−ブチレングリコール 5.0 1,3-butylene glycol 5.0
1,2−オクタンジオール 0.1 1,2-octanediol 0.1
トリエタノールアミン 1.0 Triethanolamine 1.0
カオリン 5.0 Kaolin 5.0
精製水 残 部 Purified water balance section
合 計 100.0 Total 100.0

(処方例3) (Formulation Example 3)
フィッシャー・トロプシュワックス 7.0 Fischer-Tropsch wax 7.0
カルナウバロウ 5.0 Carnauba wax 5.0
キャンデリラロウ 5.0 Candelilla wax 5.0
ミツロウ 3.0 Beeswax 3.0
ワセリン 1.0 Vaseline 1.0
流動パラフィン 4.0 Liquid paraffin 4.0
パルミチン酸イソプロピル 4.0 Isopropyl palmitate 4.0
デカメチルシクロペンタシロキサン 3.0 Decamethylcyclopentasiloxane 3.0
低粘度メチルポリシロキサン 3.0 Low viscosity methylpolysiloxane 3.0
モノステアリン酸ポリオキシエチレンソルビタン 2.0 Monostearate polyoxyethylene sorbitan 2.0
モノステアリン酸グリセリル 2.0 Glyceryl monostearate 2.0
ステアリン酸 1.0 Stearic acid 1.0
ステアリルアルコール 1.0 Stearyl alcohol 1.0
カルボキシビニルポリマー 0.2 Carboxyvinyl polymer 0.2
1,2−オクタンジオール 0.1 1,2-octanediol 0.1
プロピレングリコール 4.0 Propylene glycol 4.0
トリエタノールアミン 1.0 Triethanolamine 1.0
カオリン 5.0 Kaolin 5.0
精製水 残 部 Purified water balance section
合 計 100.0 Total 100.0

(処方例4) (Formulation Example 4)
フィッシャー・トロプシュワックス 5.0 Fischer-Tropsch wax 5.0
高融点マイクロクリスタリンワックス 5.0 High melting microcrystalline waxes 5.0
カルナウバロウ 3.0 Carnauba wax 3.0
キャンデリラロウ 3.0 Candelilla wax 3.0
流動パラフィン 5.0 Liquid paraffin 5.0
2−エチルヘキサン酸セチル 4.0 Cetyl 2-ethylhexanoate 4.0
デカメチルシクロペンタシロキサン 5.0 Decamethylcyclopentasiloxane 5.0
低粘度メチルポリシロキサン 3.0 Low viscosity methylpolysiloxane 3.0
モノステアリン酸ソルビタン 2.0 Sorbitan monostearate 2.0
ポリオキシエチレンセチルエーテル 2.0 Polyoxyethylene cetyl ether 2.0
ステアリン酸ステアリル 1.0 Stearyl stearate 1.0
イソステアリン酸 1.0 Isostearic acid 1.0
ミリスチルアルコール 1.0 Myristyl alcohol 1.0
カルボキシビニルポリマー 0.2 Carboxyvinyl polymer 0.2
グリセリン 5.0 Glycerin 5.0
1,2−オクタンジオール 0.1 1,2-octanediol 0.1
トリエタノールアミン 1.0 Triethanolamine 1.0
無水ケイ酸 3.0 Anhydrous silicic acid 3.0
精製水 残 部 Purified water balance section
合 計 100.0 Total 100.0

(処方例5) (Formulation Example 5)
フィッシャー・トロプシュワックス 4.0 Fischer-Tropsch wax 4.0
カルナウバロウ 2.0 Carnauba wax 2.0
キャンデリラロウ 10.0 Candelilla wax 10.0
パラフィン 3.0 Paraffin 3.0
ワセリン 1.0 Vaseline 1.0
マイクロクリスタリンワックス 4.0 Microcrystalline wax 4.0
流動パラフィン 3.0 Liquid paraffin 3.0
テトラ2−エチルヘキサン酸ペンタエリスリトール 4.0 Tetra-2-ethylhexanoate pentaerythritol 4.0
デカメチルシクロペンタシロキサン 8.0 Decamethylcyclopentasiloxane 8.0
低粘度メチルポリシロキサン 3.0 Low viscosity methylpolysiloxane 3.0
モノステアリン酸ソルビタン 2.0 Sorbitan monostearate 2.0
ポリオキシエチレンセチルエーテル 2.0 Polyoxyethylene cetyl ether 2.0
ステアリン酸 1.0 Stearic acid 1.0
ステアリルアルコール 1.0 Stearyl alcohol 1.0
カルボキシビニルポリマー 0.2 Carboxyvinyl polymer 0.2
1,2−オクタンジオール 0.1 1,2-octanediol 0.1
プロピレングリコール 4.0 Propylene glycol 4.0
トリエタノールアミン 1.0 Triethanolamine 1.0
カオリン 5.0 Kaolin 5.0
精製水 残 部 Purified water balance section
合 計 100.0 Total 100.0

(処方例6) (Formulation Example 6)
フィッシャー・トロプシュワックス 6.0 Fischer-Tropsch wax 6.0
カルナウバロウ 2.0 Carnauba wax 2.0
キャンデリラロウ 6.0 Candelilla wax 6.0
パラフィン 3.0 Paraffin 3.0
ワセリン 1.0 Vaseline 1.0
マイクロクリスタリンワックス 4.0 Microcrystalline wax 4.0
流動パラフィン 3.0 Liquid paraffin 3.0
2−エチルヘキサン酸セチル 4.0 Cetyl 2-ethylhexanoate 4.0
デカメチルシクロペンタシロキサン 6.0 Decamethylcyclopentasiloxane 6.0
低粘度メチルポリシロキサン 3.0 Low viscosity methylpolysiloxane 3.0
モノステアリン酸ソルビタン 2.0 Sorbitan monostearate 2.0
ポリオキシエチレンセチルエーテル 2.0 Polyoxyethylene cetyl ether 2.0
ステアリン酸 1.5 Stearic acid 1.5
ステアリルアルコール 1.0 Stearyl alcohol 1.0
カルボキシビニルポリマー 0.2 Carboxyvinyl polymer 0.2
1,2−オクタンジオール 0.1 1,2-octanediol 0.1
グリセリン 4.0 Glycerin 4.0
水酸化ナトリウム 0.3 Sodium hydroxide 0.3
タルク 4.0 Talc 4.0
精製水 残 部 Purified water balance section
合 計 100.0 Total 100.0

Claims (5)

  1. (A)フィッシャー・トロプシュワックス、(B)非イオン性界面活性剤および(C)水を含有してなる整髪用化粧料。 (A) a Fischer-Tropsch wax, (B) a nonionic surfactant and (C) hair styling cosmetic comprising the water.
  2. 更に、(D)高級脂肪酸を含有してなる請求項1に記載の整髪用化粧料。 Moreover, hair styling cosmetic composition of claim 1 which comprises (D) a higher fatty acid.
  3. 更に、(E)揮発性油剤を含有してなる請求項1又は2に記載の整髪用化粧料。 Moreover, hair styling cosmetic composition according to claim 1 or 2 comprising (E) a volatile oil.
  4. 更に、(F)無機粉体および/又は有機粉体を含有してなる請求項1〜3の何れかに記載の整髪用化粧料。 Further, (F) an inorganic powder and / or hair styling cosmetic composition according to claim 1 comprising the organic powder.
  5. 乳化剤型であることを特徴とする請求項1〜4の何れかに記載の整髪用化粧料。 Hair styling cosmetic composition according to any one of claims 1 to 4, characterized in that an emulsifier type.
JP2009123588A 2009-05-21 2009-05-21 Hair styling cosmetic composition Active JP5574621B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2009123588A JP5574621B2 (en) 2009-05-21 2009-05-21 Hair styling cosmetic composition

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2009123588A JP5574621B2 (en) 2009-05-21 2009-05-21 Hair styling cosmetic composition

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2010270066A true true JP2010270066A (en) 2010-12-02
JP5574621B2 JP5574621B2 (en) 2014-08-20

Family

ID=43418408

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2009123588A Active JP5574621B2 (en) 2009-05-21 2009-05-21 Hair styling cosmetic composition

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP5574621B2 (en)

Cited By (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2014162788A (en) * 2013-02-28 2014-09-08 Milbon Co Ltd Hair dressing
WO2014157561A1 (en) * 2013-03-29 2014-10-02 株式会社マンダム Hairstyling composition and method for producing hairstyling composition
WO2014157563A1 (en) * 2013-03-29 2014-10-02 株式会社マンダム Hair styling agent composition
WO2014184970A1 (en) * 2013-05-16 2014-11-20 株式会社マンダム Hair styling agent composition
JP2015500227A (en) * 2011-11-29 2015-01-05 サソル ケミカル インダストリーズ リミテッド Vaseline composition
WO2015145823A1 (en) * 2014-03-28 2015-10-01 株式会社マンダム Hair styling product composition and method for producing hair styling product composition
WO2015174130A1 (en) * 2014-05-16 2015-11-19 株式会社マンダム Hair styling composition
CN105792802A (en) * 2014-03-28 2016-07-20 株式会社漫丹 Hair styling product composition
CN105792803A (en) * 2014-03-28 2016-07-20 株式会社漫丹 Hair styling product composition

Citations (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2004067678A (en) * 2002-07-31 2004-03-04 Wella Ag Liquid or cream state hair wax product having viscosity
JP2005213252A (en) * 2004-01-28 2005-08-11 Wella Ag Hair wax product comprising silicone wax, non-silicone containing wax, and oil
JP2005239677A (en) * 2004-02-27 2005-09-08 Takara Belmont Co Ltd Hairdressing agent
JP2007015935A (en) * 2005-07-05 2007-01-25 Kanebo Home Products Kk Hair dressing agent

Patent Citations (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2004067678A (en) * 2002-07-31 2004-03-04 Wella Ag Liquid or cream state hair wax product having viscosity
JP2005213252A (en) * 2004-01-28 2005-08-11 Wella Ag Hair wax product comprising silicone wax, non-silicone containing wax, and oil
JP2005239677A (en) * 2004-02-27 2005-09-08 Takara Belmont Co Ltd Hairdressing agent
JP2007015935A (en) * 2005-07-05 2007-01-25 Kanebo Home Products Kk Hair dressing agent

Cited By (17)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2015500227A (en) * 2011-11-29 2015-01-05 サソル ケミカル インダストリーズ リミテッド Vaseline composition
JP2014162788A (en) * 2013-02-28 2014-09-08 Milbon Co Ltd Hair dressing
JP6013585B2 (en) * 2013-03-29 2016-10-25 株式会社マンダム Method for producing a hair setting composition and styling compositions
WO2014157561A1 (en) * 2013-03-29 2014-10-02 株式会社マンダム Hairstyling composition and method for producing hairstyling composition
CN105025867A (en) * 2013-03-29 2015-11-04 株式会社漫丹 Hair styling agent composition
JPWO2014157563A1 (en) * 2013-03-29 2017-02-16 株式会社マンダム Hair styling composition
WO2014157563A1 (en) * 2013-03-29 2014-10-02 株式会社マンダム Hair styling agent composition
WO2014184970A1 (en) * 2013-05-16 2014-11-20 株式会社マンダム Hair styling agent composition
JP6067109B2 (en) * 2013-05-16 2017-01-25 株式会社マンダム Hair styling composition
CN105792802A (en) * 2014-03-28 2016-07-20 株式会社漫丹 Hair styling product composition
CN105813619A (en) * 2014-03-28 2016-07-27 株式会社漫丹 Hair styling product composition and method for producing hair styling product composition
CN105792803A (en) * 2014-03-28 2016-07-20 株式会社漫丹 Hair styling product composition
JPWO2015145823A1 (en) * 2014-03-28 2017-04-13 株式会社マンダム Method for producing a hair setting composition and styling compositions
WO2015145823A1 (en) * 2014-03-28 2015-10-01 株式会社マンダム Hair styling product composition and method for producing hair styling product composition
CN106102695A (en) * 2014-05-16 2016-11-09 株式会社漫丹 Hair styling composition
WO2015174130A1 (en) * 2014-05-16 2015-11-19 株式会社マンダム Hair styling composition
JPWO2015174130A1 (en) * 2014-05-16 2017-04-20 株式会社マンダム Hair styling composition

Also Published As

Publication number Publication date Type
JP5574621B2 (en) 2014-08-20 grant

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2006290787A (en) Oil solution for cosmetic or oil solution for external preparation for skin and cosmetic or external preparation for skin
JP2005206573A (en) Diester and oil agent and cosmetic and external preparation for skin
US20040137025A1 (en) Water-in-oil emulsion cosmetic composition
JP2005068023A (en) Skin care preparation for external use
JP2004277285A (en) Cosmetic and composition for producing cosmetic
JP2003073221A (en) Clouding agent-containing cosmetic
JP2007045776A (en) Humectant and cosmetic and skin care preparation for external use by using the same
JP2012240987A (en) Viscous composition
JP2003063919A (en) Water-in-oil type solid cosmetic
JP2008303178A (en) Oily cosmetic for hair
JP2004091399A (en) Hairdressing composition
JPH0665596A (en) New composite and emulsion composition
JP2001187711A (en) Cosmetic
JP2005089366A (en) Emulsified composition for hair
JP2004051505A (en) Oil-in-water type cosmetic
JP2000119134A (en) Oily solid cosmetic
JP2009242269A (en) Oil-in-water type emulsion cosmetic
JP2005112770A (en) Cosmetic
JP2006036763A (en) Water-in-oil emulsion composition
JP2004067622A (en) Emulsified cosmetic for hair fixing
JP2002145734A (en) Whipped o/w type emulsion cosmetic and method for producing the same
JP2000302644A (en) Makeup cosmetic
JP2008137916A (en) Hair cosmetic
JP2007320872A (en) Hair cosmetic product
JP2003095874A (en) Eyelash cosmetic

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20120314

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20130522

A131 Notification of reasons for refusal

Effective date: 20130528

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20130618

A02 Decision of refusal

Effective date: 20140225

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20140513

A911 Transfer of reconsideration by examiner before appeal (zenchi)

Effective date: 20140521

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A911

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20140701

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Effective date: 20140701

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

R150 Certificate of patent (=grant) or registration of utility model

Country of ref document: JP

Ref document number: 5574621

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150