JP2010216087A - 開閉装置及び車両用窓の開閉装置 - Google Patents

開閉装置及び車両用窓の開閉装置 Download PDF

Info

Publication number
JP2010216087A
JP2010216087A JP2009060892A JP2009060892A JP2010216087A JP 2010216087 A JP2010216087 A JP 2010216087A JP 2009060892 A JP2009060892 A JP 2009060892A JP 2009060892 A JP2009060892 A JP 2009060892A JP 2010216087 A JP2010216087 A JP 2010216087A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
portion
chain
opening
chains
direction
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2009060892A
Other languages
English (en)
Inventor
Makoto Kanehira
誠 金平
Original Assignee
Tsubakimoto Chain Co
株式会社椿本チエイン
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Tsubakimoto Chain Co, 株式会社椿本チエイン filed Critical Tsubakimoto Chain Co
Priority to JP2009060892A priority Critical patent/JP2010216087A/ja
Publication of JP2010216087A publication Critical patent/JP2010216087A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Images

Classifications

    • EFIXED CONSTRUCTIONS
    • E05LOCKS; KEYS; WINDOW OR DOOR FITTINGS; SAFES
    • E05FDEVICES FOR MOVING WINGS INTO OPEN OR CLOSED POSITION; CHECKS FOR WINGS; WING FITTINGS NOT OTHERWISE PROVIDED FOR, CONCERNED WITH THE FUNCTIONING OF THE WING
    • E05F11/00Man-operated mechanisms for operating wings, including those which also operate the fastening
    • E05F11/38Man-operated mechanisms for operating wings, including those which also operate the fastening for sliding windows, e.g. vehicle windows, to be opened or closed by vertical movement
    • E05F11/42Man-operated mechanisms for operating wings, including those which also operate the fastening for sliding windows, e.g. vehicle windows, to be opened or closed by vertical movement operated by rack bars and toothed wheels or other push-pull mechanisms
    • E05F11/423Man-operated mechanisms for operating wings, including those which also operate the fastening for sliding windows, e.g. vehicle windows, to be opened or closed by vertical movement operated by rack bars and toothed wheels or other push-pull mechanisms for vehicle windows
    • E05F11/426Flexible rack-and-pinion arrangements
    • EFIXED CONSTRUCTIONS
    • E05LOCKS; KEYS; WINDOW OR DOOR FITTINGS; SAFES
    • E05FDEVICES FOR MOVING WINGS INTO OPEN OR CLOSED POSITION; CHECKS FOR WINGS; WING FITTINGS NOT OTHERWISE PROVIDED FOR, CONCERNED WITH THE FUNCTIONING OF THE WING
    • E05F11/00Man-operated mechanisms for operating wings, including those which also operate the fastening
    • E05F11/02Man-operated mechanisms for operating wings, including those which also operate the fastening for wings in general, e.g. fanlights
    • E05F11/04Man-operated mechanisms for operating wings, including those which also operate the fastening for wings in general, e.g. fanlights with cords, chains or cables
    • E05F11/06Man-operated mechanisms for operating wings, including those which also operate the fastening for wings in general, e.g. fanlights with cords, chains or cables in guide-channels
    • EFIXED CONSTRUCTIONS
    • E05LOCKS; KEYS; WINDOW OR DOOR FITTINGS; SAFES
    • E05YINDEXING SCHEME RELATING TO HINGES OR OTHER SUSPENSION DEVICES FOR DOORS, WINDOWS OR WINGS AND DEVICES FOR MOVING WINGS INTO OPEN OR CLOSED POSITION, CHECKS FOR WINGS AND WING FITTINGS NOT OTHERWISE PROVIDED FOR, CONCERNED WITH THE FUNCTIONING OF THE WING
    • E05Y2900/00Application of doors, windows, wings or fittings thereof
    • E05Y2900/50Application of doors, windows, wings or fittings thereof for vehicles
    • E05Y2900/53Application of doors, windows, wings or fittings thereof for vehicles characterised by the type of wing
    • E05Y2900/55Windows

Abstract

【課題】少ない部品点数で摺動体を開閉することができ、レイアウトの自由度を大きくすることができる開閉装置を提供する。
【解決手段】ラジアル方向へ離隔する回転歯車1,2と、対向配置され各回転歯車1,2に個別に噛合して連動し、屈曲が自在の鎖状部及び該鎖状部から突出し、各回転歯車1,2に噛合っている噛合部分よりも一端側で係合して鎖状部の屈曲を阻止する屈曲阻止部35,45を有し、その一端が窓ガラス等の摺動体Aに取付けられるチェーン3,4とを備える構成とし、屈曲阻止部35,45同士が係合することによりチェーン3,4の離隔方向への屈曲が阻止されて一体化し、チェーン3,4の一端側が角棒状の非屈曲部分となるようにした。
【選択図】図1

Description

本発明は開口部に摺動を自在に装着される摺動体にて前記開口部を開閉するための開閉装置、車両用窓に摺動を自在に装着される窓ガラスにて前記車両用窓を開閉する開閉装置に関する。

自動車用ドアには、窓ガラスと、該窓ガラスを摺動させて窓を開閉するための開閉装置とが組み込まれている(例えば、特許文献1、2参照)。特許文献1の開閉装置は、上下に配され、上下両端にケーブルガイドを有するガイドレールと、該ガイドレールに摺動を自在に支持され、窓ガラスの下縁部に取付けられる摺動体と、前記ケーブルガイドに掛止され、その一端が前記摺動体に結合された2本のケーブルと、該ケーブルの夫々を巻取るドラムを有する電動モータとを備え、前記ケーブルの一方をドラムに巻取ることにより窓ガラスを閉方向へ摺動させ、前記ケーブルの他方をドラムに巻取ることにより窓ガラスを開方向へ摺動させるように構成されている。

特許文献2の開閉装置は、長手方向の中央部が枢支され、その一端が窓ガラスの下縁部に取付けられる2本のアームと、一方のアームの他端部を枢支する固定プレートと、該固定プレートに枢支されたギヤプレートと、該ギヤプレートを揺動させるための電動モータと、前記ギヤプレートの動作を前記一方のアームに伝動するリンクと、前記他方のアームの他端を摺動自在に支持するガイドブラケットとを備え、前記ギヤプレートの一方向への動作により窓ガラスを閉方向へ摺動させ、ギヤプレートの他方向への動作により窓ガラスを開方向へ摺動させるように構成されている。

特開平5−202673号公報 実開昭63−104583号公報

ところが、特許文献1に記載された車両用窓の開閉装置は、ガイドレール、摺動体及び2本のケーブル等の多くの部品点数が必要で、構造が複雑であり、コスト高になるし、また、閉じた窓ガラスの横側にガイドレール等が配されるレイアウトになるため、レイアウトの自由度が小さいし、また、ケーブルの一方が断線したとき、窓ガラスが自重で開くことになるという問題があった。

また、特許文献2に記載された車両用窓の開閉装置は、2本のアーム、固定プレート及びギヤプレート等の多くの部品点数が必要で、構造が複雑であり、コスト高になるし、また、閉方向へ摺動した窓ガラスの下側に2本のアーム等が配されるレイアウトになるため、レイアウトの自由度が小さいという問題があった。

本発明は斯かる事情に鑑みてなされたものであり、主たる目的は少なくとも一つの回転歯車と、対向配置され回転歯車に噛合して連動し、屈曲が自在の鎖状部及び該鎖状部から突出し、回転歯車に噛合っている噛合部分よりも一端側で係合して鎖状部の屈曲を阻止する屈曲阻止部を有し、夫々の一端が窓ガラス等の摺動体に取付けられる二つのチェーンとを備えることにより、少ない部品点数で開口部を開閉することができ、また、レイアウトの自由度を大きくすることができる開閉装置を提供することにある。

また、他の目的は、噛合部分よりも他端側で前記鎖状部に接触して二つのチェーンの少なくとも一方を前記鎖状部が屈曲する方向へ案内する案内体を設けることにより、窓ガラス等の摺動体が閉方向へ摺動するとき、各チェーンを、屈曲が自在の状態にして2方向へ分けて移動させることができる開閉装置を提供することにある。

また、他の目的は、二つのチェーンの前記噛合部分よりも他端側を収納する収納部を設けることにより、チェーンの屈曲が自在の他端側を収納部にコンパクトに収納することができ、比較的狭いスペースに配置することができる開閉装置を提供することにある。

また、他の目的は、鎖状部の屈曲が自在な方向へ離隔して対向し、該鎖状部を案内する二つの案内部を有する収納部とすることにより、チェーンを捩じらせることなくスムーズに収納及び引出しができる開閉装置を提供することにある。

また、他の目的は、前記屈曲阻止部により屈曲が阻止される前記一端側の湾曲を可能にするための手段を各チェーンが有する構成とすることにより、湾曲した摺動体を該摺動体の湾曲に沿う方向へ摺動させることができる開閉装置を提供することにある。

また、他の目的は、ラジアル方向へ離隔して配された複数の回転歯車の間に二つのチェーンを対向配置し、案内体を、チェーンを各回転歯車が離隔する側へ案内する二つの案内部を有する構成とし、収納部を、回転歯車が離隔する側に配することにより、回転歯車、チェーン及び収納部を窓ガラス等の摺動体の摺動方向と交差する方向へ直列的に配することができる開閉装置を提供することにある。

また、他の目的は、回転歯車を各チェーンにおける一端側で屈曲阻止部により屈曲が阻止された非屈曲部分の長さ方向へ離隔して複数配し、案内体を、各チェーンを前記長さ方向と交差する同一側へ案内する二つの案内部を有する構成とし、収納部を、前記長さ方向へ離隔して配することにより、窓ガラス等の摺動体の摺動方向と交差する同一側のスペースが比較的狭い場合であってもコンパクトに配することができる開閉装置を提供することにある。

また、他の目的は、回転歯車を各チェーンにおける一端側で屈曲阻止部により屈曲が阻止された非屈曲部分の長さ方向へ離隔して複数配し、案内体を、二つのチェーンの一方を前記長さ方向と交差する側へ案内する案内部と、二つのチェーンの他方を前記長さ方向へ案内する案内部とを有する構成とし、収納部を、前記長さ方向と交差する側及び前記長さ方向の側に配することにより、窓ガラス等の摺動体の摺動方向と交差する側のスペースが比較的狭い場合であってもコンパクトに配することができる開閉装置を提供することにある。

また、他の目的は、回転歯車と、対向配置され回転歯車に噛合して連動し、屈曲が自在の鎖状部及び該鎖状部から突出し、回転歯車に噛合っている噛合部分よりも一端側で係合して前記鎖状部の屈曲を阻止する屈曲阻止部を有し、夫々の一端が窓ガラスに取付けられる二つのチェーンとを備えることにより、少ない部品点数で車両用窓を開閉することができ、また、レイアウトの自由度を大きくすることができる車両用窓の開閉装置を提供することにある。

また、他の目的は、回転歯車と、対向配置され回転歯車に噛合して連動し、屈曲が自在の鎖状部及び該鎖状部から突出し、回転歯車に噛合っている噛合部分よりも一端側で係合して前記鎖状部の屈曲を阻止する屈曲阻止部を有し、夫々の一端が窓ガラスに取付けられる二つのチェーンと、噛合部分よりも他端側の前記鎖状部に接触して前記各チェーンを横方向へ案内する案内体と、前記各チェーンの他端側を収納する収納部とを備えることにより、少ない部品点数で車両用窓を開閉することができ、また、レイアウトの自由度を大きくすることができる車両用窓の開閉装置を提供することにある。

第1発明に係る開閉装置は、開口部に摺動を自在に装着される摺動体にて前記開口部を開閉する開閉装置において、少なくとも一つの回転歯車と、対向配置され前記回転歯車に噛合して連動し、屈曲が自在の鎖状部及び該鎖状部から突出し、前記回転歯車に噛合っている噛合部分よりも一端側で係合して前記鎖状部の屈曲を阻止する屈曲阻止部を有し、夫々の一端が前記摺動体に取付けられる二つのチェーンとを備えることを特徴とする。

第1発明にあっては、回転歯車及びチェーンを備える簡易な構成にて開口部を開閉することができるため、比較的安価に提供することができ、しかも、各チェーンの他端側を自由に屈曲させ得るため、レイアウトの自由度を大きくすることができ、また、屈曲を阻止されたチェーンが摺動体を摺動させるため、剛性を高めることができ、耐久性を向上できる。

第2発明に係る開閉装置は、前記噛合部分よりも他端側で前記鎖状部に接触して前記二つのチェーンの少なくとも一方を前記鎖状部が屈曲する方向へ案内する案内体を備えることを特徴とする。
第2発明にあっては、摺動体が閉方向へ摺動するとき、各チェーンを、屈曲が自在の状態にして2方向へ分けて移動させることができるため、レイアウトの自由度をより一層大きくすることができる。

第3発明に係る開閉装置は、前記各チェーンの前記噛合部分よりも他端側を収納する収納部を備えることを特徴とする。
第3発明にあっては、チェーンの屈曲が自在の他端側を収納部にコンパクトに収納することができるので、摺動体の摺動距離が比較的長い場合においても、比較的狭いスペースに配することができる。

第4発明に係る開閉装置は、前記収納部は、前記鎖状部の屈曲が自在な方向へ離隔して対向し、該鎖状部を案内する二つの案内部を有することを特徴とする。
第4発明にあっては、収納部の二つの案内部間にチェーンの鎖状部が配され、案内部に沿ってチェーンを移動させることができるため、チェーンを捩じらせることなくスムーズに収納及び引出しができる。

第5発明に係る開閉装置は、前記各チェーンは、前記屈曲阻止部により屈曲が阻止される前記一端側の湾曲を可能にするための手段を有することを特徴とする。
第5発明にあっては、屈曲阻止部により屈曲が阻止される一端側を湾曲させることができるため、湾曲した摺動体を該摺動体の湾曲に沿う方向へ摺動させることができる。

第6発明に係る開閉装置は、前記回転歯車はラジアル方向へ離隔して複数配され、前記各チェーンは前記各回転歯車の間に対向配置され、前記案内体は前記チェーンを前記回転歯車が離隔する側へ案内する二つの案内部を有し、前記収納部は、前記回転歯車が離隔する側に配してあることを特徴とする。
第6発明にあっては、回転歯車、チェーン及び収納部を摺動体の摺動方向と交差する方向へ直列的に配することができるため、摺動体と平行的に嵩低に配することができる。

第7発明に係る開閉装置は、前記回転歯車は前記各チェーンにおける前記一端側で前記屈曲阻止部により屈曲が阻止された非屈曲部分の長さ方向へ離隔して複数配され、前記案内体は前記各チェーンを前記長さ方向と交差する同一側へ案内する二つの案内部を有し、前記収納部は前記長さ方向へ離隔して配してあることを特徴とする。
第7発明にあっては、回転歯車及び収納部を、摺動体の摺動方向と交差する同一側で、且つ前記摺動方向に対向配置することができるため、摺動体の摺動方向と交差する同一側のスペースが比較的狭い場合であってもコンパクトに配することができる。

第8発明に係る開閉装置は、前記回転歯車は前記各チェーンにおける前記一端側で前記屈曲阻止部により屈曲が阻止された非屈曲部分の長さ方向へ離隔して複数配され、前記案内体は前記二つのチェーンの一方を前記長さ方向と交差する側へ案内する案内部と、二つのチェーンの他方を前記長さ方向へ案内する案内部とを有し、前記収納部は前記長さ方向と交差する側及び前記長さ方向の側に配してあることを特徴とする。
第8発明にあっては、摺動体の摺動方向と交差する一側と、摺動体の摺動方向とに収納部を分けて配することができるため、摺動体の摺動方向と交差する側のスペースが比較的狭い場合であってもコンパクトに配することができる。

第9発明に係る車両用窓の開閉装置は、車両用窓に摺動を自在に装着される窓ガラスにて前記車両用窓を開閉する開閉装置において、少なくとも一つの回転歯車と、対向配置され前記回転歯車に噛合して連動し、屈曲が自在の鎖状部及び該鎖状部から突出し、前記回転歯車に噛合っている噛合部分よりも一端側で係合して前記鎖状部の屈曲を阻止する屈曲阻止部を有し、夫々の一端が前記窓ガラスに取付けられる二つのチェーンとを備えることを特徴とする。

第9発明にあっては、回転歯車及びチェーンにて窓ガラスを摺動させることができるため、安価に提供することができ、しかも、各チェーンの他端側を自由に屈曲させ得るため、レイアウトの自由度を大きくすることができ、また、屈曲を阻止されたチェーンが摺動体を摺動させるため、剛性を高めることができ、耐久性を向上できる。

第10発明に係る車両用窓の開閉装置は、車両用窓に上下への摺動を自在に装着される窓ガラスにて前記車両用窓を開閉する開閉装置において、少なくとも一つの回転歯車と、対向配置され前記回転歯車に噛合して連動し、屈曲が自在の鎖状部及び該鎖状部から突出し、前記回転歯車に噛合っている噛合部分よりも一端側で係合して前記鎖状部の屈曲を阻止する屈曲阻止部を有し、夫々の一端が前記窓ガラスの下縁部に取付けられる二つのチェーンと、前記噛合部分よりも他端側の前記鎖状部に接触して前記各チェーンを横方向へ案内する案内体と、前記各チェーンの他端側を収納する収納部とを備えることを特徴とする。

第10発明にあっては、回転歯車及びチェーンにて窓ガラスを上下に摺動させることができるため、安価に提供することができ、しかも、各チェーンの他端側を自由に屈曲させ得るため、レイアウトの自由度を大きくすることができ、また、屈曲を阻止されたチェーンが摺動体を摺動させるため、剛性を高めることができ、耐久性を向上できる。

第1発明によれば、比較的少ない部品点数にて開口部を開閉することができるため、安価に提供することができ、しかも、各チェーンの他端側を自由に屈曲させ得るため、レイアウトの自由度を大きくすることができる。

第2発明によれば、摺動体が閉方向へ摺動するとき、各チェーンを、屈曲が自在の状態にして2方向へ分けて移動させることができるため、レイアウトの自由度をより一層大きくすることができる。

第3発明によれば、チェーンの屈曲が自在の他端側を収納部にコンパクトに収納することができ、比較的狭いスペースに配することができる。

第4発明によれば、収納部の二つの案内部間にチェーンの鎖状部が配され、案内部に沿ってチェーンを移動させることができるため、チェーンを捩じらせることなくスムーズに収納及び引出しができる。

第5発明によれば、屈曲阻止部により屈曲が阻止される一端側を湾曲させることができるため、湾曲した摺動体を該摺動体の湾曲に沿う方向へ摺動させることができる。

第6発明によれば、回転歯車、チェーン及び収納部を摺動体の摺動方向と交差する方向へ直列的に配することができるため、摺動体と平行的に嵩低に配することができる。

第7発明によれば、回転歯車及び収納部が、摺動体の摺動方向と交差する同一側で、且つ前記摺動方向に対向配置することができるため、摺動体の摺動方向と交差する同一側のスペースが比較的狭い場合であってもコンパクトに配することができる。

第8発明によれば、摺動体の摺動方向と交差する一側と、摺動体の摺動方向とに収納部を分けて配することができるため、摺動体の摺動方向と交差する側のスペースが比較的狭い場合であってもコンパクトに配することができる。

第9発明によれば、回転歯車及びチェーンにて車両用窓を開閉することができるため、安価に提供することができ、しかも、各チェーンの他端側を自由に屈曲させ得るため、レイアウトの自由度を大きくすることができる。

第10発明によれば、回転歯車及びチェーンにて車両用窓を開閉することができるため、安価に提供することができ、しかも、各チェーンの他端側を自由に屈曲させ得るため、レイアウトの自由度を大きくすることができる。

本発明に係る開閉装置の構成を示す模式的正面図である。 本発明に係る開閉装置の要部を拡大した正面図である。 本発明に係る開閉装置の要部を拡大した平面図である。 本発明に係る開閉装置のチェーンの構成を示す斜視図である。 本発明に係る開閉装置のチェーンの構成を示す拡大断面図である。 本発明に係る開閉装置の案内体及び収納部の構成を示す正面図である。 本発明に係る開閉装置のチェーンと案内体との関係を示す断面図である。 本発明に係る開閉装置が車両用ドアに装着された状態を示す模式的説明図である。 本発明に係る開閉装置の他の構成を示す模式的正面図である。 本発明に係る開閉装置の他の構成を示す模式的説明図である。 本発明に係る開閉装置の他の構成を示す模式的説明図である。 本発明に係る開閉装置の他の構成を示す模式的説明図である。 本発明に係る開閉装置の他の構成を示す模式的正面図である。 本発明に係る開閉装置の回転歯車及び案内体の関係を示す説明図である。 本発明に係る開閉装置の他の構成を示すチェーンの拡大断面図である。 本発明に係る開閉装置の他の構成を示す模式的平面図である。 本発明に係る開閉装置のチェーンの一部を拡大した正面図である。 本発明に係る開閉装置の他の構成を示すチェーンの拡大側面図である。

以下、本発明をその実施の形態を示す図面に基づいて詳述する。
実施の形態1
図1は本発明に係る開閉装置の構成を示す模式的正面図、図2は開閉装置の要部を拡大した正面図、図3は開閉装置の要部を拡大した平面図である。

図に示した開閉装置は、車両用窓(開口部)に摺動を自在に装着される摺動体Aを閉方向及び開方向へ摺動させるものであり、ラジアル方向へ離隔し、軸心が平行となる二つの回転歯車1,2と、各回転歯車1,2の間に対向配置され、各回転歯車1,2に個別に噛合して連動する二つのチェーン3,4と、各回転歯車1,2を回転を自在に支持する支持体5と、各回転歯車1,2を同期回転させる電動モータ6と、各チェーン3,4を回転歯車1,2の離隔方向へ案内する案内体7と、案内体7にて案内されたチェーン3,4の端部を収納する二つの収納部8,8とを備える。

回転歯車1は、図2、図3に示すように外周部に複数の歯を有し、回転軸11の外周に同軸的に並置された二つのスプロケット1a,1aからなり、回転歯車2は、図2、図3に示すように外周部に複数の歯を有し、回転軸21の外周に同軸的に並置された二つのスプロケット2a,2aからなり、回転軸11,21の両端部が軸受を介して支持体5に回転を自在に支持されている。各回転歯車1,2は、対向配置されたチェーン3,4が噛合したとき、チェーン3,4の対向面同士を接触させることができる程度の軸心間距離でラジアル方向へ離隔している。

回転軸11,21の一端側外周には互いに噛合する伝動歯車12,22が設けられている。また、一方の伝動歯車12に噛合する駆動歯車61を有する減速機62と、該減速機62を駆動する電動モータ6とが支持体5に支持され、駆動歯車61の回転により、回転歯車1,2が同期して反対方向へ回転し、チェーン3,4を連動させることができるように構成されている。

図4はチェーンの構成を示す斜視図、図5はチェーンの構成を示す拡大断面図である。チェーン3,4は、各回転歯車1,2の二つのスプロケット1a,1a及び2a,2aに噛合する二つの鎖状部3a,4aを有する2列ローラ形のチェーンであり、該チェーン3,4の一端に、摺動体Aに取付けられる取付部30が設けられている。

チェーン3は、離隔して対向配置され、略長円形をなす4枚のローラリンクプレート31,31…と、該ローラリンクプレート31,31…の一端部と重ねて対向配置され、後記する屈曲阻止部を有する4枚のピンリンクプレート32,32…と、各ローラリンクプレート31,31…及び各ピンリンクプレート32,32…の重なり部を相対回転を自在に連結するピン33とにより、屈曲が自在の鎖状をなす二つの鎖状部3a,3aが形成され、対向する2枚のローラリンクプレート31,31間に、ピン33にて回転自在に支持されたローラ34を配してある。ローラ34の両端部には小径筒部が設けられている。

各ローラリンクプレート31,31…の両端部には、ローラ34における両端部の小径筒部が相対回転を自在に嵌合される嵌合孔31a,31aが開設されている。各ピンリンクプレート32,32…の両端部には、ピン33の両端部が嵌合固定される嵌合孔32a,32aが開設されており、各ピン33を中心として、各ローラリンクプレート31,31…及び各ピンリンクプレート32,32…が屈曲を自在に連結されることにより、二つの鎖状部3a,3aが形成されている。

各ローラリンクプレート31,31…及び各ピンリンクプレート32,32…には、他端側の幅方向一側から外方へ突出し、且つ一端側へ湾曲するフック形状の屈曲阻止部35,35…が一体に成形されている。屈曲阻止部35,35…の中間部側縁は平坦状の当接部35aが設けられている。

チェーン4は、離隔して対向配置され、略長円形をなす4枚のローラリンクプレート41,41…と、該ローラリンクプレート41,41…の一端部と重ねて対向配置され、後記する屈曲阻止部を有する4枚のピンリンクプレート42,42…と、各ローラリンクプレート41,41…及び各ピンリンクプレート42,42…の重なり部を相対回転を自在に連結するピン43とにより、屈曲が自在の鎖状をなす二つの鎖状部4a,4aが形成され、対向する2枚のローラリンクプレート41,41…間に、ピン43にて回転自在に支持されたローラ44を配してある。ローラ44の両端部には小径筒部が設けられている。

各ローラリンクプレート41,41…の両端部には、ローラ44における両端部の小径筒部が相対回転を自在に嵌合される嵌合孔41a,41aが開設されている。各ピンリンクプレート42,42…の両端部には、ピン43の両端部が嵌合固定される嵌合孔42a,42aが開設されており、各ピン43を中心として、各ローラリンクプレート41,41…及び各ピンリンクプレート42,42…が屈曲を自在に連結されることにより、二つの鎖状部4a,4aが形成されている。

各ローラリンクプレート41,41…及び各ピンリンクプレート42,42…には、一端側の幅方向一側から外方へ突出し、且つ他端側へ湾曲するフック形状の屈曲阻止部45,45…が一体に成形されている。屈曲阻止部45,45…の中間部側縁は平坦状の当接部45aが設けられている。

チェーン3は、屈曲阻止部35,35…が一端へ向いた状態で回転歯車1と噛合し、チェーン4は、屈曲阻止部45,45…が他端へ向いた状態で回転歯車2と噛合するように回転歯車1,2間に対向配置され、回転歯車1,2が図2の実線矢印方向へ回転し、チェーン3,4が一方向(図1の矢印X方向)へ連動して移動するとき、各回転歯車1,2に噛合っている噛合部分よりも一端側で図2に示すようにチェーン3,4の屈曲阻止部35,35…,45,45…同士が係合し、対向するチェーン3,4の離隔方向への屈曲が阻止されて一体化し、チェーン3,4の一端側は角棒状の非屈曲部となるように構成される。

図6は案内体及び収納部の構成を示す正面図、図7はチェーンと案内体との関係を示す断面図である。案内体7は2列ローラ形のチェーンに対応して回転軸11,21の軸長方向へ離隔して対向配置されているが、夫々は等しい形状であるため、以下一方側の案内体7について説明する。

案内体7はチェーン3,4における各ローラ34,44の周面に接触する板状をなし、図2に示すように回転歯車1,2の近傍に、回転歯車1,2が離隔する方向へ配される二つの第1案内部71,71と、第1案内部71,71の対向側から回転歯車1,2におけるスプロケット1a,2a間の中央部へ向けて湾曲する二つの第2案内部72,72とを有する略逆T字形をなし、回転歯車1,2が図2の実線矢印方向へ回転するとき、チェーン3,4の鎖状部3a,4a同士が対向する方向へ第1案内部71,7が案内し、回転歯車1,2が図2の鎖線矢印方向へ回転するとき、チェーン3,4の鎖状部3a,4a同士が離隔する方向へ第2案内部72,72が案内するように構成されている。案内体7は支持体5に取付けられている。

収納部8,8は2列ローラ形のチェーンに対応して回転軸11,21の軸長方向へ離隔して対向配置されているが、夫々は等しい形状であるため、以下一方側の収納部8,8について説明する。

収納部8,8は、チェーン3,4における各ローラ34,44の周面に接触する二つの案内部81,81を有する板体により形成されている。案内部81,81は、各チェーン3,4の屈曲が自在の方向へローラ34,44の外径より大きい距離で離隔して対向し、略J字形をなしている。収納部8,8の始端部にはチェーン3,4の他端部が挿入されている。また、案内部81,81の離隔距離は、各ローラリンクプレート31,31,…、41,41,…の幅寸法より短く形成され、各ローラリンクプレート31,31,…、41,41,…の内側面が案内部81,81に接触し、チェーン3,4が脱落するのを防ぐように構成されている。二つの収納部8,8は始端が対向するように離隔配置され、支持体5に取付けられている。

図8は開閉装置が車両用ドアに装着された状態を示す模式的説明図である。以上のように構成された開閉装置は、車両用ドアにおけるインナパネル91及びアウタパネル92間の空間で、且つ窓ガラスとしての摺動体Aの下側に配置され、電動モータ6を正回転/逆回転させるための操作部10、換言すると摺動体Aを開方向及び閉方向へ摺動させるための操作部10がインナパネル91の外側に配される。

開閉装置における支持体5は、インナパネル91及びアウタパネル92間に固定され、摺動体Aの下縁に沿う方向へ離隔して回転歯車1,2と収納部8,8とが配置され、各回転歯車1,2の下側に案内体7が配される。回転歯車1,2間に対向配置されたチェーン3,4の一端側は、各鎖状部3a,4aが各回転歯車1,2のスプロケット1a,2aに噛合し、且つ屈曲阻止部35,35…、45,45…が互いに係合し、屈曲が阻止された角棒状の非屈曲部になっており、夫々の一端が摺動体Aにおける下縁部の中央部に取付けられる。また、各チェーン3,4の他端側は鎖状部3a,4aが案内部81,81にて案内され、収納部8,8に収納されている。

図1鎖線に示すように摺動体Aが開方向へ摺動し、車両用窓が開いている状態で操作部10が閉操作された場合、電動モータ6にて回転歯車1,2が図1の実線矢印方向へ回転し、チェーン3,4の他端側が第1案内部71,71及び第2案内部72,72にて回転歯車1,2の間へ案内されつつ屈曲阻止部35,35…、45,45…同士が係合し、チェーン3,4の離隔方向への屈曲が阻止されて一体化し、チェーン3,4の一端側は角棒状の非屈曲部となり、摺動体Aを閉方向へ摺動させ、車両用窓を閉めることができる。

図1実線に示すように摺動体Aが閉方向へ摺動し、車両用窓が閉じている状態で操作部10が開操作された場合、電動モータ6にて回転歯車1,2が図1の鎖線矢印方向へ回転し、チェーン3,4の他端側は第1案内部71,71及び第2案内部72,72にて離隔方向へ案内されつつ屈曲阻止部35,35…、45,45…の係合が離脱し、屈曲が自在の状態となり、各チェーン3,4の他端側が収納部8,8に収納され、摺動体Aを開方向へ摺動させ、車両用窓を開くことができる。

実施の形態2
図9は開閉装置の他の構成を示す模式的正面図である。この実施の形態の開閉装置は、横方向へ離隔して配される回転歯車1,2を上下に若干偏倚させ、回転歯車1,2間に対向配置するチェーン3,4の一端側を、鉛直に対して若干傾斜する方向へ移動させるように構成したものである。

この実施の形態にあっては、例えば車両用窓に鉛直に対して傾斜する方向へ摺動を自在に装着された窓ガラス(摺動体A)を、実施の形態1と同様に開方向/閉方向へ摺動させることができる。
その他の構成及び作用は実施の形態1と同様であるため、同様の部品については同じ符号を付し、その詳細な説明及び作用の説明を省略する。

実施の形態3
図10は開閉装置の他の構成を示す模式的説明図である。この実施の形態の開閉装置は、回転歯車1,2を、各チェーン3,4における一端側で屈曲阻止部35,35…、45,45…により屈曲が阻止された非屈曲部分の長さ方向、換言すると摺動体Aが摺動する方向へ離隔して配し、略L字形をなす二つの案内体7a,7aの一方を回転歯車1の近傍に配し、他方の案内体7aを回転歯車2の近傍に配し、各チェーン3,4を、前記非屈曲部分の長さ方向と交差する同一方向へ案内するようになし、収納部8,8を前記非屈曲部分の長さ方向へ離隔して配したものである。

この実施の形態において、摺動体Aが開方向へ摺動し、車両用窓が開いている状態で操作部10が閉操作された場合、電動モータ6にて回転歯車1,2が図10の反時計方向へ回転し、チェーン3,4の他端側が案内体7a,7aにて回転歯車1,2側へ案内されつつ屈曲阻止部35,35…、45,45…同士が係合し、チェーン3,4の離隔方向への屈曲が阻止されて一体化し、チェーン3,4の一端側は角棒状の非屈曲部となり、摺動体Aを閉方向へ摺動させ、車両用窓を閉めることができる。

摺動体Aが閉方向へ摺動し、車両用窓が閉じている状態で操作部10が開操作された場合、電動モータ6にて回転歯車1,2が図10の時計方向へ回転し、チェーン3,4の他端側は案内体7a,7aにて同一方向へ案内されつつ屈曲阻止部35,35…、45,45…の係合が離脱し、屈曲が自在の状態となり、各チェーン3,4の他端側が収納部8,8に収納され、摺動体Aを開方向へ摺動させ、車両用窓を開くことができる。
その他の構成及び作用は実施の形態1と同様であるため、同様の部品については同じ符号を付し、その詳細な説明及び作用の説明を省略する。

実施の形態4
図11は開閉装置の他の構成を示す模式的説明図である。この実施の形態の開閉装置は、回転歯車1,2を、各チェーン3,4における一端側で屈曲阻止部35,35…、45,45…により屈曲が阻止された非屈曲部分の長さ方向、換言すると摺動体Aが摺動する方向へ離隔して配し、チェーン3を前記非屈曲部分の長さ方向へ案内する略I字形をなす案内体7bを回転歯車1の近傍に配し、チェーン4を前記非屈曲部分の長さ方向と交差する側へ案内する略L字形をなす案内体7cを回転歯車2の近傍に配し、前記長さ方向の側に一方の収納部8を配し、前記長さ方向と交差する側に他方の収納部8を配したものである。

この実施の形態において、摺動体Aが開方向へ摺動し、車両用窓が開いている状態で操作部10が閉操作された場合、電動モータ6にて回転歯車1,2が図11の反時計方向へ回転し、チェーン3,4の他端側が案内体7b,7cにて回転歯車1,2側へと案内されつつ屈曲阻止部35,35…、45,45…同士が係合し、第1及び第2のチェーン3,4の離隔方向への屈曲が阻止されて一体化し、チェーン3,4の一端側は角棒状の非屈曲部となり、摺動体Aを閉方向へ摺動させ、車両用窓を閉めることができる。

摺動体Aが閉方向へ摺動し、車両用窓が閉じている状態で操作部10が開操作された場合、電動モータ6にて回転歯車1,2が図11の時計方向へ回転し、チェーン3の他端側は案内体7bにて前記非屈曲部分の長さ方向へと案内され、チェーン4の他端側は案内体7cにて前記非屈曲部分の長さ方向と交差する側へと案内されつつ屈曲阻止部35,35…、45,45…の係合が離脱し、屈曲が自在の状態となり、各チェーン3,4の他端側が収納部8,8に収納され、摺動体Aを開方向へ摺動させ、車両用窓を開くことができる。
その他の構成及び作用は実施の形態1と同様であるため、同様の部品については同じ符号を付し、その詳細な説明及び作用の説明を省略する。

実施の形態5
図12は開閉装置の他の構成を示す模式的説明図である。この実施の形態の開閉装置は、車両用窓に摺動を自在に装着される摺動体Aを開方向/閉方向へ摺動させる代わりに、建築物の出入口に摺動を自在に装着される摺動体Aを開方向/閉方向へ摺動させるものである。回転歯車1,2は摺動体Aの摺動方向へ離隔して配してあり、略L字形をなす二つの案内体7d,7dの一方を回転歯車1の下部近傍に配し、他方の案内体7cを回転歯車2の下部近傍に配し、各チェーン3,4の他端側を上下方向へ案内するようになし、収納部8,8を回転歯車1,2の上側に配してある。また、電動モータ6の駆動回路は、出入口の近傍に配されるセンサに接続され、センサの出力信号に基づいて駆動される。尚、センサが操作部を構成する。

この実施の形態において、開いている出入口を閉める場合、電動モータ6にて回転歯車1,2が図12の反時計方向へ回転し、チェーン3,4の他端側が案内体7d,7dにて上側から横方向へ案内されつつ屈曲阻止部35,35…、45,45…同士が係合し、チェーン3,4の離隔方向への屈曲が阻止されて一体化し、チェーン3,4の一端側は角棒状の非屈曲部分となり、摺動体Aを閉方向へ摺動させ、出入口を閉めることができる。

閉じている出入口を開ける場合、電動モータ6にて回転歯車1,2が図12の時計方向へ回転し、チェーン3,4の他端側は案内体7d,7dにて横方向から上方へ案内されつつ屈曲阻止部35,35…、45,45…の係合が離脱し、屈曲が自在の状態となり、各チェーン3,4の他端側が収納部8,8に収納され、摺動体Aを開方向へ摺動させ、出入口を開くことができる。

実施の形態6
図13は開閉装置の他の構成を示す模式的正面図、図14は回転歯車及び案内体の関係を示す説明図である。この実施の形態の開閉装置は、回転歯車2をなくし、回転歯車2に代えて案内体7eを設け、電動モータ6にて駆動される回転歯車1に一方のチェーン3が噛合し、屈曲阻止部35,35…、45,45…の係合により一体化した他方のチェーン4を一方のチェーン3と連動して移動させるように構成したものである。

案内体7eはチェーン3,4における各ローラ34,44の周面に接触する板状をなし、図14に示すように略L字形に湾曲する案内部を有し、案内体7における一方の第1案内部71及び一方の第2案内部72と離隔して対向する位置に設けてある。尚、案内体7eは、略L字形である他、円板形であってもよく、その形状は特に制限されない。また、案内体7eは固定である他、回転が自在に枢支された円板であってもよい。また、案内体7eは案内体7と一体であってもよい。

この実施の形態にあっては、回転歯車1及び案内体7e間に対向配置されたチェーン3,4のうち、一方のチェーン3の鎖状部3aが回転歯車1に噛合し、また、チェーン3,4の一端側は、屈曲阻止部35,35…、45,45…が互いに係合し、屈曲が阻止された角棒状の非屈曲部になっている。

電動モータ6にて回転歯車1が図13の時計方向、又は反時計方向へ回転し、一方のチェーン3が移動すると、該チェーン3の移動が屈曲阻止部35,35…、45,45…から他方のチェーン4に伝動され、該チェーン4が連動して移動する。

このように一つの回転歯車1にて二つのチェーン3,4を移動させることができるため、部品点数を削減でき、コストを低減できるとともに、小形、軽量にでき、比較的狭いスペースに配することができる。
その他の構成及び作用は実施の形態1〜5と同様であるため、同様の部品については同じ符号を付し、その詳細な説明及び作用の説明を省略する。

実施の形態7
図15は開閉装置の他の構成を示すチェーンの拡大断面図である。この実施の形態の開閉装置は、2列ローラ形のチェーン3,4を対向配置する構成に代えて、1列ローラ形のチェーン3,4を対向配置する構成としたものである。

この実施の形態のチェーン3,4は、実施の形態1〜6の開閉装置に適用してもよい。この場合、各回転歯車1,2は、一つのスプロケット1a,2aを有する構成となる。この構成においても、チェーン3,4は屈曲阻止部35,45を有し、屈曲を阻止して角棒状に一体化することができるため、摺動体Aを摺動させることができる。
その他の構成及び作用は実施の形態1〜6と同様であるため、同様の部品については同じ符号を付し、その詳細な説明及び作用の説明を省略する。

実施の形態8
図16は開閉装置の他の構成を示す模式的平面図、図17はチェーンの一部を拡大した正面図である。この実施の形態の開閉装置は、前記屈曲阻止部35,45により屈曲が阻止され、角棒状に一体化する非屈曲部分を、チェーン3,4の屈曲方向への湾曲を可能にしたものである。

チェーン3,4の互いに係合する屈曲阻止部35,45の周面間に、図17に示すように若干の隙間を設けて、この隙間相当分だけチェーン3,4の屈曲方向一方及び他方への湾曲を可能とし、若干湾曲した後で屈曲阻止部35,45の周面同士が係合し、それ以上の湾曲を阻止するように構成されている。

回転歯車1,2は摺動体Aの摺動方向へ離隔して配してあり、略L字形をなす二つの案内体7d,7dの一方を回転歯車1の下部近傍に配し、他方の案内体7cを回転歯車2の下部近傍に配し、各チェーン3,4の他端側を上下方向へ案内するようになし、収納部8,8を回転歯車1,2の上側に配してある。

この実施の形態にあっては、車両用窓に摺動を自在に装着される摺動体Aが湾曲し、該摺動体Aの湾曲に沿う方向へ摺動が自在になっている場合、又は建築物の出入口に摺動を自在に装着されるドア等の摺動体Aが湾曲し、該摺動体Aの湾曲に沿う方向へ摺動が自在になっている場合、この湾曲している摺動体Aを該摺動体Aの湾曲に沿う方向へ摺動させることができる。
その他の構成及び作用は実施の形態1〜7と同様であるため、同様の部品については同じ符号を付し、その詳細な説明及び作用の説明を省略する。

実施の形態9
図18は開閉装置の他の構成を示すチェーンの拡大側面図である。この実施の形態の開閉装置は、チェーン3,4を、該チェーン3,4の屈曲方向と直交する方向、換言するとローラリンクプレート31,31…、41,41…及びピンリンクプレート32,32…42,42…の面と直交する方向へ湾曲することを可能にしたものである。図18では1列ローラ形のチェーン3,4を示してあるが、その他、2列ローラ形のチェーンであってもよい。チェーン3,4は夫々等しい形状であるため、以下一方のチェーン3について説明する。

チェーン3は、ローラリンクプレート31,31…及びピンリンクプレート32,32…の対面間、及びピンリンクプレート32,32…の嵌合孔32aとピン33との間に若干の隙間があり、この隙間相当分だけローラリンクプレート31,31…及びピンリンクプレート32,32…が前記屈曲方向と直交する方向へ相対偏倚を可能になっており、このローラリンクプレート31,31…及びピンリンクプレート32,32…の相対偏倚により図18に示すようにチェーン3,4が湾曲するように構成されている。

ローラリンクプレート31,31…及びピンリンクプレート32,32…には屈曲阻止部35,35…、45,45…が設けられており、屈曲阻止部35,35…、45,45…同士が係合し、チェーン3,4の屈曲が阻止された状態でチェーン3,4が湾曲するように構成されている。

この実施の形態にあっては、車両用窓に摺動を自在に装着される摺動体Aが湾曲し、該摺動体Aの湾曲に沿う方向へ摺動が自在になっている場合、又は建築物の出入口に摺動を自在に装着されるドア等の摺動体Aが湾曲し、該摺動体Aの湾曲に沿う方向へ摺動が自在になっている場合、この湾曲している摺動体Aを該摺動体Aの湾曲に沿う方向へ摺動させることができる。
その他の構成及び作用は実施の形態1〜7と同様であるため、同様の部品については同じ符号を付し、その詳細な説明及び作用の説明を省略する。

尚、以上説明した実施の形態では、二つのチェーン3,4における各ローラリンクプレート31,41及び各ピンリンクプレート32,42が屈曲阻止部35,45を有する構成としたが、その他、各ローラリンクプレート31,41及び各ピンリンクプレート32,42の一方が屈曲阻止部35,45を有する構成としてもよい。

また、以上説明した実施の形態では、二つのチェーン3,4を案内する案内体7,7a〜7dを有する構成としたが、その他、案内体をなくした構成としてもよい。この場合、例えばチェーン3,4の他端側(屈曲が自在の部分)は自重で垂下するようになす。

また、本発明に係る開閉装置は、接離方向への摺動を自在に装着される二つの摺動体Aの摺動方向両側に配し、一側の開閉装置におけるチェーン3,4の一端を一方の摺動体Aに取付け、他側の開閉装置におけるチェーン3,4の一端を他方の摺動体Aに取付け、接離方向へ摺動が自在の二つの摺動体Aを同期して開閉させるように構成してもよい。

また、本発明に係る開閉装置は、接離方向への摺動を自在に装着される二つの摺動体Aの摺動方向一側に二つの開閉装置を配し、一方の開閉装置におけるチェーン3,4の一端を一方の摺動体Aに取付け、他方の開閉装置におけるチェーン3,4の一端を他方の摺動体Aに取付け、接離方向へ摺動が自在の二つの摺動体Aを一つの電動モータ6にて同期して開閉させるように構成してもよい。

A 摺動体(窓ガラス)
1,2 回転歯車
3,4 チェーン
3a,4a 鎖状部
35,45 屈曲阻止部
7,7a,7b,7c,7d,7e 案内体
71 第1案内部(案内部)
72 第2案内部(案内部)
8 収納部
81 案内部

Claims (10)

  1. 開口部に摺動を自在に装着される摺動体にて前記開口部を開閉する開閉装置において、少なくとも一つの回転歯車と、対向配置され前記回転歯車に噛合して連動し、屈曲が自在の鎖状部及び該鎖状部から突出し、前記回転歯車に噛合っている噛合部分よりも一端側で係合して前記鎖状部の屈曲を阻止する屈曲阻止部を有し、夫々の一端が前記摺動体に取付けられる二つのチェーンとを備えることを特徴とする開閉装置。
  2. 前記噛合部分よりも他端側で前記鎖状部に接触して前記二つのチェーンの少なくとも一方を前記鎖状部が屈曲する方向へ案内する案内体を備える請求項1記載の開閉装置。
  3. 前記各チェーンの前記噛合部分よりも他端側を収納する収納部を備える請求項1又は2記載の開閉装置。
  4. 前記収納部は、前記鎖状部の屈曲が自在な方向へ離隔して対向し、該鎖状部を案内する二つの案内部を有する請求項3記載の開閉装置。
  5. 前記各チェーンは、前記屈曲阻止部により屈曲が阻止される前記一端側の湾曲を可能にするための手段を有する請求項1〜4のいずれか一つに記載の開閉装置。
  6. 前記回転歯車はラジアル方向へ離隔して複数配され、前記各チェーンは前記各回転歯車の間に対向配置され、前記案内体は前記チェーンを前記回転歯車が離隔する側へ案内する二つの案内部を有し、前記収納部は、前記回転歯車が離隔する側に配してある請求項3又は4記載の開閉装置。
  7. 前記回転歯車は前記各チェーンにおける前記一端側で前記屈曲阻止部により屈曲が阻止された非屈曲部分の長さ方向へ離隔して複数配され、前記案内体は前記各チェーンを前記長さ方向と交差する同一側へ案内する二つの案内部を有し、前記収納部は前記長さ方向へ離隔して配してある請求項3又は4記載の開閉装置。
  8. 前記回転歯車は前記各チェーンにおける前記一端側で前記屈曲阻止部により屈曲が阻止された非屈曲部分の長さ方向へ離隔して複数配され、前記案内体は前記二つのチェーンの一方を前記長さ方向と交差する側へ案内する案内部と、二つのチェーンの他方を前記長さ方向へ案内する案内部とを有し、前記収納部は前記長さ方向と交差する側及び前記長さ方向の側に配してある請求項3又は4記載の開閉装置。
  9. 車両用窓に摺動を自在に装着される窓ガラスにて前記車両用窓を開閉する開閉装置において、少なくとも一つの回転歯車と、対向配置され前記回転歯車に噛合して連動し、屈曲が自在の鎖状部及び該鎖状部から突出し、前記回転歯車に噛合っている噛合部分よりも一端側で係合して前記鎖状部の屈曲を阻止する屈曲阻止部を有し、夫々の一端が前記窓ガラスに取付けられる二つのチェーンとを備えることを特徴とする車両用窓の開閉装置。
  10. 車両用窓に上下への摺動を自在に装着される窓ガラスにて前記車両用窓を開閉する開閉装置において、少なくとも一つの回転歯車と、対向配置され前記回転歯車に噛合して連動し、屈曲が自在の鎖状部及び該鎖状部から突出し、前記回転歯車に噛合っている噛合部分よりも一端側で係合して前記鎖状部の屈曲を阻止する屈曲阻止部を有し、夫々の一端が前記窓ガラスの下縁部に取付けられる二つのチェーンと、前記噛合部分よりも他端側の前記鎖状部に接触して前記各チェーンを横方向へ案内する案内体と、前記各チェーンの他端側を収納する収納部とを備えることを特徴とする車両用窓の開閉装置。
JP2009060892A 2009-03-13 2009-03-13 開閉装置及び車両用窓の開閉装置 Pending JP2010216087A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2009060892A JP2010216087A (ja) 2009-03-13 2009-03-13 開閉装置及び車両用窓の開閉装置

Applications Claiming Priority (6)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2009060892A JP2010216087A (ja) 2009-03-13 2009-03-13 開閉装置及び車両用窓の開閉装置
US12/716,920 US20100229469A1 (en) 2009-03-13 2010-03-03 Opening/closing unit and opening/closing unit for vehicle windows
KR1020100020607A KR20100103374A (ko) 2009-03-13 2010-03-09 개폐 장치 및 차량용 윈도우의 개폐 장치
DE201010011130 DE102010011130B4 (de) 2009-03-13 2010-03-11 Öffnungs-/Schließeinheit und Öffnungs-/Schließeinheit für Fahrzeugfenster
CN201010132676.8A CN101832082B (zh) 2009-03-13 2010-03-12 开闭装置以及车辆用窗的开闭装置
BRPI1003258 BRPI1003258A2 (pt) 2009-03-13 2010-03-15 unidade de abertura/fechamento e unidade de abertura/fechamento para janelas de veìculos

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2010216087A true JP2010216087A (ja) 2010-09-30

Family

ID=42664264

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2009060892A Pending JP2010216087A (ja) 2009-03-13 2009-03-13 開閉装置及び車両用窓の開閉装置

Country Status (6)

Country Link
US (1) US20100229469A1 (ja)
JP (1) JP2010216087A (ja)
KR (1) KR20100103374A (ja)
CN (1) CN101832082B (ja)
BR (1) BRPI1003258A2 (ja)
DE (1) DE102010011130B4 (ja)

Families Citing this family (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP4850964B1 (ja) * 2010-10-27 2012-01-11 株式会社椿本チエイン 噛合チェーン式進退作動装置
CN103210166B (zh) * 2010-11-08 2015-09-09 八千代工业株式会社 车窗升降器
JP4897093B1 (ja) * 2011-01-27 2012-03-14 株式会社椿本チエイン 噛合チェーン式進退作動装置
JP5791660B2 (ja) * 2013-05-20 2015-10-07 株式会社椿本チエイン 噛合チェーンユニット
CN103276997B (zh) * 2013-05-31 2016-04-13 徐州大亚智能科技有限公司 一种自啮合虎齿重型链式电动开窗机
JP2016136059A (ja) * 2015-01-24 2016-07-28 ライフロボティクス株式会社 連結コマ、直動伸縮機構及びロボットアーム機構
CN109963001A (zh) * 2017-12-22 2019-07-02 广东欧珀移动通信有限公司 功能组件、电子装置及其控制方法
CN109962999A (zh) * 2017-12-25 2019-07-02 广东欧珀移动通信有限公司 功能组件、电子装置及其控制方法

Citations (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH08169693A (ja) * 1994-12-19 1996-07-02 Sanin Booruto Seisakusho:Kk 帯体の伸長繰出装置
JPH11240695A (ja) * 1998-02-26 1999-09-07 Sanin Booruto Seisakusho:Kk 帯体の進退作動構造
JPH11278797A (ja) * 1998-03-30 1999-10-12 Tsubakimoto Chain Co 噛合いチェーンを用いた昇降装置
JP2009001377A (ja) * 2007-06-21 2009-01-08 Tsubakimoto Chain Co 噛合チェーン式昇降装置

Family Cites Families (16)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US2002322A (en) * 1932-12-22 1935-05-21 Kearfott Engineering Company I Window regulator mechanism
US2045261A (en) * 1935-02-18 1936-06-23 Harry W Clute Push-pull link transmission
US2375461A (en) * 1937-03-27 1945-05-08 Bender Karl Compression resistant chain
US3645146A (en) * 1969-09-29 1972-02-29 Tony Nagin Interlocking chain structure
JPS5528908Y2 (ja) * 1974-04-02 1980-07-10
JPS63104583A (en) 1986-10-21 1988-05-10 Seiko Epson Corp Driving method for liquid crystal display device
JPS63104583U (ja) * 1986-12-26 1988-07-06
DE4005759A1 (de) * 1990-02-23 1991-08-29 Helmut Coobs Elektrischer fensterheber fuer kraftfahrzeuge und fahrzeuge
US5139464A (en) * 1991-06-19 1992-08-18 The Will-Burt Company Telescoping mast assembly
DE4131762C2 (de) * 1991-09-24 1997-05-22 Winkhaus Fa August Betätigungsvorrichtung für einen Flügel eines Fensters, einer Tür, einer Lüftungsklappe oder dergleichen
JPH05202673A (ja) 1992-01-28 1993-08-10 Nippon Cable Syst Inc パワーウインドレギュレータ
CH690278A5 (fr) * 1994-04-14 2000-06-30 Serge Alain Bringolf Elément de structure transformable.
DE29706739U1 (de) * 1997-04-15 1997-06-12 Grasl Andreas Ing Einrichtung zur Übertragung einer Kraft, insbesondere Druckkraft, längs einer im wesentlichen geraden Strecke
DK174502B1 (da) * 1999-03-31 2003-04-28 Vkr Holding As Vindues- eller døroperator med dobbeltkædeudstiller
FR2826422B1 (fr) * 2001-06-26 2003-11-14 Serapid France Actionneur lineaire a courroie
US7621078B2 (en) * 2005-01-20 2009-11-24 Drs Sustainment Systems, Inc. Telescoping mast having variable height locking and a chain erection mechanism with a cable management system

Patent Citations (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH08169693A (ja) * 1994-12-19 1996-07-02 Sanin Booruto Seisakusho:Kk 帯体の伸長繰出装置
JPH11240695A (ja) * 1998-02-26 1999-09-07 Sanin Booruto Seisakusho:Kk 帯体の進退作動構造
JPH11278797A (ja) * 1998-03-30 1999-10-12 Tsubakimoto Chain Co 噛合いチェーンを用いた昇降装置
JP2009001377A (ja) * 2007-06-21 2009-01-08 Tsubakimoto Chain Co 噛合チェーン式昇降装置

Also Published As

Publication number Publication date
KR20100103374A (ko) 2010-09-27
US20100229469A1 (en) 2010-09-16
CN101832082B (zh) 2014-08-13
DE102010011130A1 (de) 2010-09-30
DE102010011130B4 (de) 2014-04-03
CN101832082A (zh) 2010-09-15
BRPI1003258A2 (pt) 2012-08-28

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US8141297B2 (en) Dual action power drive unit for a vehicle door
DE102009044492B4 (de) Rolltor, insbesondere schnelllaufendes Industrietor
US6321489B1 (en) Power feeding unit for motor vehicle sliding door
US9316030B2 (en) Door opening and closing apparatus
DE102010053317A1 (de) Mehrgelenkige Schutz- und Führungsvorrichtung für Kabel oder dergleichen
CN100496376C (zh) 内窥镜
US8925405B2 (en) Linear-motion telescopic mechanism and robot arm having linear-motion telescopic mechanism
US7926370B2 (en) Rotation and extension/retraction link mechanism
US9003606B2 (en) Synchronous movement device applied to dual-shaft system
DE10204646C2 (de) Fensterhebe-und Senkvorrichtung
CN105300021B (zh) 滑轨齿轮走线机构
JP2004040862A (ja) ケーブル支持部構造
WO2014115727A1 (ja) ヘッドアップディスプレイ装置
TWI490098B (zh) 機器人關節構造
JP4166647B2 (ja) ダブルスライド式プラットホームゲート
WO2011155420A1 (ja) 車両用ウインドウシェード装置
US20150040704A1 (en) Synchronous movement device applied to dual-shaft system
RU2012148917A (ru) Синхронизирующее устройство для выдвижного механизма ящика
WO2011155405A1 (ja) 車両用開閉体の駆動装置
US20060042168A1 (en) Vehicle door opening and closing device
US9932763B2 (en) Vehicle door opening device
US8991275B2 (en) Two-way push-pull chain and reciprocating actuator
EP1898042A2 (de) Rohrförmige Antriebsvorrichtung zum Auf- und Abwickeln einer Verdunkelungsvorrichtung, insbesondere eines Rollladens oder dergleichen
US20140251044A1 (en) Synchronous movement device applied to dual-shaft system
JP6446722B2 (ja) ドア開閉装置

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20110317

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20120522

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20121002

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20130226