JP2010187438A - バッテリー保護回路及びバッテリー装置 - Google Patents

バッテリー保護回路及びバッテリー装置 Download PDF

Info

Publication number
JP2010187438A
JP2010187438A JP2009028743A JP2009028743A JP2010187438A JP 2010187438 A JP2010187438 A JP 2010187438A JP 2009028743 A JP2009028743 A JP 2009028743A JP 2009028743 A JP2009028743 A JP 2009028743A JP 2010187438 A JP2010187438 A JP 2010187438A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
overcurrent
circuit
terminal
battery
protection circuit
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2009028743A
Other languages
English (en)
Other versions
JP5443013B2 (ja
Inventor
Muneharu Kawana
宗治 川名
Atsushi Sakurai
敦司 桜井
Tomoyuki Koike
智幸 小池
Kazusuke Sano
和亮 佐野
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Seiko Instruments Inc
Original Assignee
Seiko Instruments Inc
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Seiko Instruments Inc filed Critical Seiko Instruments Inc
Priority to JP2009028743A priority Critical patent/JP5443013B2/ja
Publication of JP2010187438A publication Critical patent/JP2010187438A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP5443013B2 publication Critical patent/JP5443013B2/ja
Expired - Fee Related legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
    • Y02EREDUCTION OF GREENHOUSE GAS [GHG] EMISSIONS, RELATED TO ENERGY GENERATION, TRANSMISSION OR DISTRIBUTION
    • Y02E60/00Enabling technologies; Technologies with a potential or indirect contribution to GHG emissions mitigation
    • Y02E60/10Energy storage using batteries

Abstract

【課題】過電流検出状態の解除時間を外部から制御できる、利便性のよいバッテリー保護回路、及びバッテリー装置を提供すること。
【解決手段】外部からの制御信号を入力する制御端子をバッテリー保護回路に設ける。その外部制御信号により、過電流監視端子と電源端子の間に接続された抵抗の抵抗値を切り換える、もしくは過電流解除電圧を切り換える、構成とした。過電流検出状態からの復帰時間を外部から制御することができ、過電流検出状態から早く通常状態に復帰させることが出来る。
【選択図】図1

Description

本発明は、過電流保護回路を備えたバッテリー保護回路及びバッテリー装置に関するものである。
図5は、従来のバッテリー保護回路を備えたバッテリー装置のブロック図である。従来のバッテリー装置4は、バッテリー1と、充放電制御スイッチ回路2と、バッテリー保護回路3とを備える。そして、EB+端子5とEB−端子6の間に本体機器である負荷7が接続されると、バッテリー1から負荷7へ電力を供給する。バッテリー保護回路3は、電圧監視回路と、過電流監視回路と、制御回路15を備えている。
電圧監視回路は、分割抵抗8と、基準電圧回路24と、コンパレータ14と、を備える。電圧監視回路は、バッテリー1の過充電または過放電を検出して、検出信号を制御回路15に出力する。
過電流監視回路は、第一過電流コンパレータ12及び基準電圧回路22と、第二過電流コンパレータ13及び基準電圧回路23と、プルダウンスイッチ回路10及びプルダウン抵抗11と、を備える。過電流監視回路は、バッテリー1の過電流を検出して、検出信号を制御回路15に出力する。基準電圧回路23の第二基準電圧は、基準電圧回路22の第一基準電圧よりも高く設定されており、第二過電流コンパレータ13は第一過電流コンパレータ12よりも大きい過電流を検出する。従って、第二過電流コンパレータ13による検出信号の遅延時間は、第一過電流コンパレータ12による検出信号の遅延時間よりも短く設定されている。
制御回路15は、上記検出信号を入力すると、充放電制御スイッチ回路2を制御して、バッテリー1の充電や放電を制御する。
以下に、従来のバッテリー保護回路3の過電流検出時の制御動作の説明を行う。図6は、従来のバッテリー装置4の動作を示すタイミングチャートである。
バッテリー保護回路3の過電流監視端子34の電圧は、抵抗成分を有する充放電制御スイッチ回路2を電流が流れることで上昇する。ここで、負荷7になんらかの異常が発生してインピーダンスが低下すると、バッテリー装置4のEB−端子6から充放電制御スイッチ回路2を介してEB+端子5に流れる電流が増加する。そして、過電流監視端子34の電圧が基準電圧回路22の電圧以上になると(t=1)、第一過電流コンパレータ12は過電流を検出する。制御回路15は、所定の遅延時間を経て(t=2)、充放電制御スイッチ回路2をOFFする信号を出力する。それによりバッテリー1から負荷7への放電は停止される。この状態が、バッテリー装置4の過電流検出状態である。
過電流検出状態になると、制御回路15はプルダウンスイッチ回路10をONする。過電流監視端子34の電圧は、バッテリー1の電圧と、負荷7とプルダウン抵抗11の分割抵抗比で決まる電圧値になる(t=2)。ここで、負荷7が正常に戻り(t=3)、負荷7のインピーダンスが徐々に増加すると、過電流監視端子34の電圧は徐々に低下していく。そして、過電流監視端子34の電圧が、基準電圧回路22の第一基準電圧よりも低くなると(t=5)、第一過電流コンパレータ12は解除信号を出力する。このときの負荷7のインピーダンスが、過電流自動復帰インピーダンスとなる(特許文献1参照)。
特開2003−37944号公報(図1)
しかしながら、上述のプルダウン抵抗11を用いる回路では、過電流検出状態から通常状態に遷移をするには、負荷7のインピーダンスが過電流自動復帰インピーダンスに達することが条件であった。従って、バッテリー保護回路3を過電流検出状態から早く通常状態へ遷移させることが出来なかった。
本発明は、以上のような課題を解決するために考案されたものであり、利便性のよいバッテリー装置を実現するものである。
従来の課題を解決するために、本発明のバッテリー保護回路を備えたバッテリー装置は以下のような構成とした。
外部からの制御信号を入力する制御端子をバッテリー保護回路に設ける。その制御信号により、過電流監視端子と電源端子の間に接続された抵抗の抵抗値を切り換える、もしくは過電流解除電圧を切り換える、構成とした。
本発明の過電流保護回路を備えたバッテリー装置によれば、バッテリー保護回路が過電流検出状態のときに、過電流検出状態からの復帰時間を外部から制御することができる。これにより、過電流検出状態から早く通常状態に復帰させることが出来るという効果がある。
本実施形態のバッテリー保護回路を備えたバッテリー装置を示すブロック図である。 本実施形態のバッテリー装置の動作を示すタイミングチャートである。 他の実施形態のバッテリー保護回路を備えたバッテリー装置を示すブロック図である。 他の実施形態のバッテリー装置の動作を示すタイミングチャートである。 従来のバッテリー保護回路を備えたバッテリー装置のブロック図である。 従来のバッテリー装置の動作を示すタイミングチャートである。
図1は、本実施形態のバッテリー保護回路を備えたバッテリー装置のブロック図である。
本実施形態のバッテリー装置4は、バッテリー1と、充放電制御スイッチ回路2と、バッテリー保護回路3とを備える。バッテリー保護回路3は、電圧監視回路と、過電流監視回路と、制御回路15を備えている。
電圧監視回路は、分割抵抗8と、基準電圧回路24と、コンパレータ14と、を備える。過電流監視回路は、第一過電流コンパレータ12及び基準電圧回路22と、第二過電流コンパレータ13及び基準電圧回路23と、第一プルダウンスイッチ回路10及び第一プルダウン抵抗11と、第二プルダウンスイッチ回路20及び第二プルダウン抵抗21と、を備える。
電圧監視回路は、バッテリー1の過充電または過放電を検出して、検出信号を制御回路15に出力する。過電流監視回路は、バッテリー1の過電流を検出して、検出信号を制御回路15に出力する。基準電圧回路23の第二基準電圧は、基準電圧回路22の第一基準電圧よりも高く設定されており、第二過電流コンパレータ13は第一過電流コンパレータ12よりも大きい過電流を検出する。従って、第二過電流コンパレータ13による検出信号の遅延時間は、第一過電流コンパレータ12による検出信号の遅延時間よりも短く設定されている。制御回路15は、上記検出信号を入力すると、充放電制御スイッチ回路2を制御して、バッテリー1の充電や放電を制御する。
第一プルダウンスイッチ回路10は、過電流検出状態で充放電制御スイッチ回路2がOFFされたときに、制御回路15によってONされる。そして、過電流監視端子34は、第一プルダウン抵抗11によってバッテリー1の負極電位にプルダウンされる。
第二プルダウンスイッチ回路20は、制御端子35からの制御信号で制御され、制御信号によってONされると、過電流監視端子34は、第一プルダウン抵抗11と第二プルダウン抵抗21によってバッテリー1の負極電位にプルダウンされる。
上述したようなバッテリー保護回路3は、以下のように動作して過電流から回路を保護する機能を有する。
図2は、本実施形態のバッテリー装置の動作を示すタイミングチャートである。
バッテリー保護回路3の過電流監視端子34の電圧は、抵抗成分を有する充放電制御スイッチ回路2を電流が流れることで上昇する。ここで、負荷7になんらかの異常が発生してインピーダンスが低下すると、バッテリー装置4のEB−端子6から充放電制御スイッチ回路2を介してEB+端子5に流れる電流が増加する。そして、過電流監視端子34の電圧が基準電圧回路22の電圧以上になると(t=1)、第一過電流コンパレータ12は過電流を検出する。制御回路15は、所定の遅延時間を経て(t=2)、充放電制御スイッチ回路2をOFFする信号を出力する。それによりバッテリー1から負荷7への放電は停止される。この状態が、バッテリー装置4の過電流検出状態である。
過電流検出状態になると、制御回路15は第一プルダウンスイッチ回路10をONする。過電流監視端子34の電圧は、バッテリー1の電圧と、負荷7とプルダウン抵抗11の分割抵抗比で決まる電圧値になる(t=2)。ここで、負荷7が正常に戻り(t=3)、負荷7のインピーダンスが徐々に増加すると、過電流監視端子34の電圧は徐々に低下していく。ここで、バッテリー装置4を搭載した電子機器などで早く通常状態に復帰させたいと言う要求があると、外部制御端子9に制御信号が入力され、制御端子35を介して第二プルダウンスイッチ回路20に制御信号が入力される(t=4)。この状態では、過電流監視端子34は第一プルダウン抵抗11と第二プルダウン抵抗21によってバッテリー1の負極電位にプルダウンされる。従って、過電流監視端子34の電圧は早く低下するようになる。そして、過電流監視端子34の電圧が、基準電圧回路22の第一基準電圧よりも低くなると(t=5)、第一過電流コンパレータ12は解除信号を出力する。制御回路15は、所定の遅延時間を経て(t=6)、充放電制御スイッチ回路2をONする信号を出力する。それにより、バッテリー装置4は通常状態に復帰して、バッテリー1から負荷7への放電が再開される。このとき、第一プルダウンスイッチ回路10と第二プルダウンスイッチ回路20はともにOFFされる。
以上記載したように、本実施形態のバッテリー保護回路3を備えたバッテリー装置4は、外部から制御端子9に入力された制御信号によって過電流監視端子34のプルダウン抵抗の値を制御する第二プルダウンスイッチ回路20を用いたので、過電流検出状態から通常状態に復帰する時間を切替えることが可能となった。
図3に、他の実施形態のバッテリー保護回路3を備えたバッテリー装置のブロック図を示す。図3のバッテリー保護回路3は、外部制御端子9及び制御端子35から制御信号が入力される選択回路17を備えた。選択回路17は、第一過電流コンパレータ12の信号と第二過電流コンパレータ13の信号とを入力し、制御信号に基づいて上記信号を選択して出力する。制御回路15は、選択回路17から入力された信号によって過電流検出状態を解除し、充放電制御スイッチ回路2をONしてバッテリー1の放電を開始する。
上述したようなバッテリー保護回路3は、以下のように動作して過電流から回路を保護する機能を有する。
図4は、他の実施形態のバッテリー装置の動作を示すタイミングチャートである。
バッテリー保護回路3の過電流監視端子34の電圧は、抵抗成分を有する充放電制御スイッチ回路2を電流が流れることで上昇する。ここで、負荷7になんらかの異常が発生してインピーダンスが低下すると、バッテリー装置4のEB−端子6から充放電制御スイッチ回路2を介してEB+端子5に流れる電流が増加する。そして、過電流監視端子34の電圧が基準電圧回路22の電圧以上になると(t=1)、第一過電流コンパレータ12は過電流を検出する。制御回路15は、所定の遅延時間を経て(t=2)、充放電制御スイッチ回路2をOFFする信号を出力する。それによりバッテリー1から負荷7への放電は停止される。この状態が、バッテリー装置4の過電流検出状態である。
過電流検出状態になると、制御回路15は第一プルダウンスイッチ回路10をONする。過電流監視端子34の電圧は、バッテリー1の電圧と、負荷7とプルダウン抵抗11の分割抵抗比で決まる電圧値になる(t=2)。ここで、負荷7が正常に戻り(t=3)、負荷7のインピーダンスが徐々に増加すると、過電流監視端子34の電圧は徐々に低下していく。ここで、バッテリー装置4を搭載した電子機器などで早く通常状態に復帰させたいと言う要求があると、外部制御端子9に制御信号が入力され、制御端子35を介して選択回路17に制御信号が入力される(t=4)。制御信号がONの状態では、選択回路17は第二過電流コンパレータ13の信号を制御回路15に出力する。過電流監視端子34の電圧が徐々に低下して、基準電圧回路23の第二基準電圧よりも低くなると(t=5)、第二過電流コンパレータ13は解除信号を出力し、選択回路17から制御回路15への信号も解除信号となる。制御回路15は、所定の遅延時間を経て(t=6)、充放電制御スイッチ回路2をONする信号を出力する。それにより、バッテリー装置4は通常状態に復帰して、バッテリー1から負荷7への放電が再開される。このとき、第一プルダウンスイッチ回路10はOFFされる。
以上記載したように、本実施形態のバッテリー保護回路3を備えたバッテリー装置4は、外部から制御端子9に入力された制御信号によって過電流検出状態の解除電圧の値を選択できる選択回路17を用いたので、過電流検出状態から通常状態に復帰する時間を切替えることが可能となった。
なお、本実施形態のバッテリー装置4は、充放電制御スイッチ回路2がバッテリー1の負極側に設けられた例を示して説明したが、充放電制御スイッチ回路2がバッテリー1の正極側に設けられた場合でも、同様の機能と効果が得られる。この場合の図1のバッテリー保護回路3は、過電流監視端子34にはプルアップ抵抗が設けられる。
1 バッテリー
3 バッテリー保護回路
4 バッテリー装置
7 負荷
9 外部制御端子
12 第一過電流コンパレータ
13 第二過電流コンパレータ
14 コンパレータ
15 制御回路
17 選択回路
34 過電流監視端子
35 制御端子

Claims (4)

  1. 外部端子に接続された電子機器に、充放電制御スイッチ回路を制御して、バッテリーの電流を充電または放電するためのバッテリー保護回路であって、
    前記バッテリーが接続される電源端子と、
    前記バッテリーに流れる電流を監視するための電圧が入力される過電流監視端子と、
    前記過電流監視端子が一方に入力端子に接続された第一過電流コンパレータと、
    前記第一過電流コンパレータの他方の入力端子に接続され、第一基準電圧を出力する第一基準電圧回路と、
    前記過電流監視端子が一方に入力端子に接続された第二過電流コンパレータと、
    前記第二過電流コンパレータの他方の入力端子に接続され、第一基準電圧より高い第二基準電圧を出力する第二基準電圧回路と、
    前記過電流監視端子と前記電源端子の間に設けられたスイッチ回路及び抵抗回路と、
    前記第一過電流コンパレータの出力端子と前記第二過電流コンパレータの出力端子が接続され、前記充放電制御スイッチ回路に充放電制御信号を出力する制御回路と、
    外部からの制御信号を入力する外部制御端子と、
    前記外部制御端子に接続された過電流検出状態復帰回路と、を備え
    前記過電流検出状態復帰回路は、前記外部からの制御信号によって過電流検出状態を通常より早く解除させる機能を有することを特徴とするバッテリー保護回路。
  2. 前記過電流検出状態復帰回路は、前記過電流監視端子と前記電源端子の間に設けられた第二スイッチ回路及び第二抵抗回路を備え、
    前記第二スイッチ回路は、前記外部制御端子からの制御信号によって制御されることを特徴とする請求項1に記載のバッテリー保護回路。
  3. 前記過電流検出状態復帰回路は、前記第一過電流コンパレータの出力信号と前記第二過電流コンパレータの出力信号を前記外部制御端子からの制御信号に基づき選択して出力する選択回路であることを特徴とする請求項1に記載のバッテリー保護回路。
  4. 電子機器が接続される外部端子と、
    前記外部端子に直列に接続されたバッテリー及び充放電制御スイッチ回路と、
    前記電源端子で前記バッテリーと接続され、前記バッテリーの充電または放電を制御する請求項1から3のいずれかに記載のバッテリー保護回路と、
    を備えたバッテリー装置。
JP2009028743A 2009-02-10 2009-02-10 バッテリー保護回路及びバッテリー装置 Expired - Fee Related JP5443013B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2009028743A JP5443013B2 (ja) 2009-02-10 2009-02-10 バッテリー保護回路及びバッテリー装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2009028743A JP5443013B2 (ja) 2009-02-10 2009-02-10 バッテリー保護回路及びバッテリー装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2010187438A true JP2010187438A (ja) 2010-08-26
JP5443013B2 JP5443013B2 (ja) 2014-03-19

Family

ID=42767750

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2009028743A Expired - Fee Related JP5443013B2 (ja) 2009-02-10 2009-02-10 バッテリー保護回路及びバッテリー装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP5443013B2 (ja)

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2015133893A (ja) * 2013-12-11 2015-07-23 セイコーインスツル株式会社 バッテリ状態監視回路及びバッテリ装置
JP6041031B1 (ja) * 2015-10-02 2016-12-07 ミツミ電機株式会社 二次電池保護集積回路、二次電池保護装置及び電池パック
JP2017070204A (ja) * 2016-10-20 2017-04-06 ミツミ電機株式会社 二次電池保護集積回路、二次電池保護装置及び電池パック

Citations (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2002034163A (ja) * 2000-05-12 2002-01-31 Seiko Instruments Inc 充放電制御回路および充電式電源装置
JP2007228785A (ja) * 2006-01-30 2007-09-06 Nintendo Co Ltd 電気機器、電気機器システム、および電源機器

Patent Citations (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2002034163A (ja) * 2000-05-12 2002-01-31 Seiko Instruments Inc 充放電制御回路および充電式電源装置
JP2007228785A (ja) * 2006-01-30 2007-09-06 Nintendo Co Ltd 電気機器、電気機器システム、および電源機器

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2015133893A (ja) * 2013-12-11 2015-07-23 セイコーインスツル株式会社 バッテリ状態監視回路及びバッテリ装置
JP6041031B1 (ja) * 2015-10-02 2016-12-07 ミツミ電機株式会社 二次電池保護集積回路、二次電池保護装置及び電池パック
TWI710190B (zh) * 2015-10-02 2020-11-11 日商三美電機股份有限公司 二次電池保護積體電路、二次電池保護裝置及電池組
JP2017070204A (ja) * 2016-10-20 2017-04-06 ミツミ電機株式会社 二次電池保護集積回路、二次電池保護装置及び電池パック

Also Published As

Publication number Publication date
JP5443013B2 (ja) 2014-03-19

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP6558072B2 (ja) 電池保護集積回路、電池保護装置及び電池パック
JP5064914B2 (ja) 充放電制御回路及びバッテリ装置
JP5803446B2 (ja) 半導体集積回路、保護回路及び電池パック
JP4965855B2 (ja) バッテリー状態監視回路及びバッテリー装置
TWI407657B (zh) 過電流保護電路
JP2011097772A (ja) バッテリ状態監視回路及びバッテリ装置
JP2007195303A (ja) 充放電制御回路および充電式電源装置
JP6370137B2 (ja) 充放電制御回路及びバッテリ装置
JP2008048478A (ja) 充放電制御回路および充電式電源装置
JP2010273440A (ja) 直列接続電池組の充電回路
JP2011072177A (ja) 充放電制御回路及び充電式電源装置
JP6385310B2 (ja) バッテリ装置
JP2010166637A (ja) 充電制御回路
US6940256B2 (en) Battery state monitoring circuit and battery device
JP4546445B2 (ja) 充電式電源装置及び半導体装置
JP5443013B2 (ja) バッテリー保護回路及びバッテリー装置
JP2014161186A (ja) スイッチ回路、半導体装置及びバッテリ装置
JP6370191B2 (ja) バッテリ状態監視回路及びバッテリ装置
JP5379612B2 (ja) バッテリ状態監視回路及びバッテリ装置
JP2009183050A (ja) 電池パック
JP5925625B2 (ja) 過放電防止回路
JP2007037225A (ja) 充電回路及び充電制御方法
JP2008054412A (ja) 充放電制御回路及び充電式電源装置
JP2008099356A (ja) モード切替回路
JP2008061306A (ja) 充放電制御回路

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20111205

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20130521

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20130718

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20131210

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20131219

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 5443013

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

S111 Request for change of ownership or part of ownership

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313113

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

S533 Written request for registration of change of name

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313533

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees