JP2010176256A - Backup program - Google Patents

Backup program Download PDF

Info

Publication number
JP2010176256A
JP2010176256A JP2009016374A JP2009016374A JP2010176256A JP 2010176256 A JP2010176256 A JP 2010176256A JP 2009016374 A JP2009016374 A JP 2009016374A JP 2009016374 A JP2009016374 A JP 2009016374A JP 2010176256 A JP2010176256 A JP 2010176256A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
file
backup
server
client
computer
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2009016374A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Atsushi Abe
Atsushi Ogawa
敦 小川
敦 阿部
Original Assignee
Ri Co Ltd
株式会社アール・アイ
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Images

Abstract

<P>PROBLEM TO BE SOLVED: To construct a system for preventing information leakage, without requiring huge installation cost for a thin client system or the like, to reduce an operation burden of a user compared with that of a file server system, without a severe operation rule. <P>SOLUTION: The backup program backs up a file stored in a storage area of a client computer 2, into a storage area of a backup server 3 connected via a network 4. The backup program detects preparation and updating of the file, in a target folder set in advance in the client computer 2, backs up the file prepared/updated in the target folder immediately into the storage area of the backup server 3, when detecting the preparation and updating of the file, and deletes automatically, from the client computer 2, the file already backed up to the backup server 3. <P>COPYRIGHT: (C)2010,JPO&INPIT

Description

本発明は、クライアントコンピュータの記憶領域にあるファイルを、ネットワークを介して接続されたバックアップサーバの記憶領域にバックアップするバックアッププログラムに関する。 The present invention is a file in the storage area of ​​the client computer, to a backup program for backing up to a storage area of ​​the backup server connected via a network.

近年、企業などで扱う情報について、セキュリティレベルの向上が求められている。 In recent years, the information to be handled in such companies, security level improvement of is required. 例えば、モバイル端末の紛失や盗難に伴う情報の消失や漏洩は、大きな社会問題となっており、特に、個人情報を大量に扱う企業などにおいては、情報の消失や漏洩について、万全の対策を講じることが要求されている。 For example, loss or leakage of information due to the loss or theft of mobile terminals, has become a major social problem, in particular, in such companies dealing with personal information in large quantities, for the loss or leakage of information, measures of thorough it has been requested.

情報の消失や漏洩を防止し得るシステムとしては、バックアップシステム、シンクライアントシステム(例えば、特許文献1参照)、ファイルサーバシステムなどが知られている。 The system that can prevent the loss or leakage of information, the backup system, a thin client system (for example, see Patent Document 1), such as file server system is known. 例えば、情報の消失に対しては、バックアップシステム、シンクライアントシステム、ファイルサーバシステムの導入が有効とされ、情報の漏洩に対しては、シンクライアントシステムやファイルサーバシステムの導入が有効とされている。 For example, for a loss of information, the effective introduction of a backup system, a thin client system, the file server system, for information leakage, the introduction of a thin client system and the file server system is effective . 以下、各システムの概要について説明する。 Below, an overview of each system.

バックアップシステムは、クライアントコンピュータの記憶領域にあるファイルを、ネットワークを介して接続されたバックアップサーバの記憶領域にバックアップするシステムである。 Backup system is a system for backing up files in the storage area of ​​the client computer, the storage area of ​​the backup server connected via a network. このようなシステムを実現するバックアッププログラムは、通常、バックアップ開始日時を任意に設定できるようになっており、所定時間毎(例えば、1時間毎)のバックアップや、所定時刻(例えば、毎日17時)のバックアップが可能となっている。 Backup program for realizing such a system are usually to be able to arbitrarily set the initial backup time, every predetermined time (e.g., every 1 hour) backup or a predetermined time (e.g., at day 17) has become possible is a backup.

シンクライアントシステムは、ハードディスクを搭載せず、メモリのみを搭載したクライアントコンピュータと、ネットワークを介して複数のクライアントコンピュータが接続されるシンクライアントサーバとを備えて構成されており、クライアントコンピュータのユーザは、シンクライアントサーバ上のアプリケーションを用いて作業を行うと共に、それにより生成・更新されたファイルもシンクライアントサーバ上に保存するようになっている。 Thin client system, without mounting the hard disk, and a client computer with a memory only, is configured by a thin client server in which a plurality of client computers are connected through a network, the user of the client computer, performs work with the application on the thin client server, adapted to store also generated and updated files on the thin client server thereby. したがって、このシステムでは、クライアントコンピュータを紛失したり、盗難されても、情報の漏洩リスクが極めて低いといえる。 Thus, in this system, or you lose the client computer, be theft, leakage risk of information can be said to be extremely low.

ファイルサーバシステムは、クライアントコンピュータと、ネットワークを介して複数のクライアントコンピュータが接続されるファイルサーバとを備えて構成されており、クライアントコンピュータのユーザは、クライアントコンピュータ上のアプリケーションを用いて作業を行うと共に、それにより生成・更新されたファイルをファイルサーバ上に保存するようになっている。 File server system, and client computers via a network is configured by a file server in which a plurality of client computers are connected, the user of the client computer, performs operations using the application on the client computer , so as to save the generated and updated files on the file server by it. したがって、このシステムでは、重要な情報をファイルサーバ上に保存し、クライアントコンピュータ上に保存しないという運用ルールを守れば、クライアントコンピュータを紛失したり、盗難されても、情報の漏洩リスクが極めて低いといえる。 Thus, in this system, and save the important information on the file server, if you observe the operating rules that do not want to save on the client computer, or you lose the client computer, even if it is stolen, and is extremely low leakage risk of information it can be said.

特開2003−323402号公報 JP 2003-323402 JP

しかしながら、従来のバックアップシステムは、ファイルの消失防止を目的とし、ファイルの保存先を多重化するに過ぎないため、クライアントコンピュータの紛失や盗難に伴うファイルの消失は防げるものの、クライアントコンピュータに保存されているファイルの漏洩を阻止することは困難である。 However, the conventional backup system, for the purpose of preventing the loss of file, for a file destination only multiplexing, although prevented loss of files due to lost or stolen client computer, is stored on the client computer it is difficult to prevent the leakage of the file you are. また、ファイルの作成・更新後、バックアップ開始時間までの間にクライアントコンピュータの紛失や盗難が発生した場合には、バックアップ処理が間に合わず、ファイルを消失する惧れがあった。 In addition, after the creation and update of the file, in the case of loss or theft of client computer until backup start time has occurred, the backup process is not too late, there is a possibility that a loss of files.

一方、シンクライアントシステムは、情報漏洩に係るセキュリティ性に優れているが、システム構築に際し、クライアントコンピュータの入れ替えや、ハイスペックサーバ及び高速LANの導入が必要になるため、導入コストがどうしても高くなり、また、クライアントコンピュータの同時接続数が多い状況では、サーバ混雑によるユーザストレスが大きいという問題がある。 On the other hand, thin client systems have excellent security relating to information leakage, upon system construction, replacement and the client computers, this would require the introduction of high-spec servers and high speed LAN, the introduction cost becomes inevitably high, in addition, the number of concurrent connections is often the situation of the client computer, there is a problem that the user stress greater by the server congestion.

その点、ファイルサーバシステムは、安価なサーバを導入するだけで、システムを構築することが可能であるが、ファイルサーバに対するファイルの保存は、ユーザが手動で行う必要があるので、保存先の指定などに手間がかかり、ユーザの操作負担が増大するという問題がある。 That point, the file server system, only to introduce an inexpensive servers, it is possible to construct a system, the file is saved to the file server, it is necessary that the user performed manually specified destination it takes a long time to like, there is a problem that the operation burden on the user is increased. また、重要な情報をファイルサーバ上に保存し、クライアントコンピュータ上に保存しないという運用ルールは、全てのユーザが守ることが前提であり、一人でもこのルールを守らないユーザがいれば、重要な情報が漏洩する可能性がある。 In addition, to save the important information on the file server, the operating rules that do not want to save on the client computer, is based on the premise that all of the user protect, if there are users who do not observe this rule, even one person, important information but there is a possibility of leakage.

本発明は、上記の如き実情に鑑みこれらの課題を解決することを目的として創作されたものであって、請求項1の発明は、クライアントコンピュータの記憶領域にあるファイルを、ネットワークを介して接続されたバックアップサーバの記憶領域にバックアップするバックアッププログラムであって、前記クライアントコンピュータにて、ファイルの作成及び更新を検知するファイル作成・更新検知手段と、ファイルの作成・更新を検知した場合に、作成・更新ファイルを、直ちに前記バックアップサーバの記憶領域にバックアップするリアルタイムバックアップ手段と、前記バックアップサーバへのバックアップが完了した作成・更新ファイルを、前記クライアントコンピュータから自動的に削除する作成・更新ファイル自動削除手段とを The present invention, which was created for the purpose of solving these problems in view of the such circumstances above, the invention of claim 1, the file in the storage area of ​​the client computer, via a network connection a backup program for backing up to a storage area of ​​the backup server that is at the client computer, and the file created and updated detection means for detecting a creation and update file, when detecting the creation and updating of a file, creation • the update files, and real-time backup means immediately backed up to the storage area of ​​the backup server, to create and update files that backup has been completed to the backup server, automatically create and update the file automatic deletion to be removed from the client computer and means えることを特徴とする。 Characterized in that it obtain.
また、請求項2の発明は、前記ファイル作成・更新検知手段が、前記クライアントコンピュータの予め設定された監視対象フォルダにて、ファイルの作成及び更新を検知することを特徴とする。 The invention of claim 2, wherein the file creation and update detecting means, at a preset monitoring target folder of the client computer, and detecting the creation and updating files.
また、請求項3の発明は、前記ファイル作成・更新検知手段が、予め設定されたファイルタイプに適合するファイルの作成及び更新を検知することを特徴とする。 The invention of claim 3, wherein the file creation and update detecting means, and detecting the creation and updating file adapted to the file type that is set in advance.
また、請求項4の発明は、前記バックアップサーバへのバックアップが完了した作成・更新ファイルを、前記クライアントコンピュータから自動的に削除する際に、前記クライアントコンピュータ上に、前記バックアップサーバ上のバックアップファイルにリンクされたショートカットを作成するショートカット作成手段を備えることを特徴とする。 The invention of claim 4 is to create and update file backup has been completed to the backup server, when automatically deleted from the client computer, on the client computer, the backup file on the backup server characterized in that it comprises a shortcut creation means for creating a linked shortcut.
また、請求項5の発明は、前記ショートカットの起動に応じて、当該ショートカットにリンクされた前記バックアップサーバ上のバックアップファイルを、前記クライアントコンピュータ上に一時ファイルとしてリストアすると共に、前記ショートカット又は一時ファイルに関連付けされたアプリケーションを起動し、該アプリケーション上で一時ファイルを開くショートカット起動処理手段を備えることを特徴とする。 The invention of claim 5, in response to the activation of the shortcut, the backup file on the backup server linked to the shortcut, the restore as a temporary file on the client computer, the shortcut or temporary file start associated application, characterized in that it comprises the shortcut activation processing means for opening the temporary file on the application.
また、請求項6の発明は、前記クライアントコンピュータ上に作成された前記ショートカットの一覧と、前記バックアップサーバ上のバックアップファイルの一覧とを比較し、ショートカットをバックアップファイルに同期させるショートカット同期手段を備えることを特徴とする。 The invention of claim 6, further comprising a list of the shortcut created on the client computer, compares the list of backup files on the backup server, a shortcut synchronization means for synchronizing a shortcut to the backup file the features.
また、請求項7の発明は、前記クライアントコンピュータにて、前記ショートカットが削除された場合に、前記バックアップサーバ上の対応バックアップファイルを削除するか否かを予め設定する削除同期設定手段と、前記クライアントコンピュータにて、前記ショートカットの削除を検知する削除検知手段と、前記ショートカットの削除を検知した場合に、前記削除同期設定を参照して、前記バックアップサーバ上の対応バックアップファイルを削除するか否かを決定するバックアップファイル削除手段とを備えることを特徴とする。 Further, an invention according to claim 7, in the client computer, when the shortcut is deleted, and deletes the synchronization setting means for setting whether to delete the corresponding backup files on the backup server in advance, the client by a computer, and deletion detecting means for detecting the removal of the shortcut, when detecting the deletion of the shortcut, with reference to the deletion sync settings, whether to delete the corresponding backup files on the backup server characterized in that it comprises a backup file deletion unit determined.
また、請求項8の発明は、前記ショートカットが、前記クライアントコンピュータ上のごみ箱フォルダに移動された場合に、前記バックアップサーバ上の対応バックアップファイルを、バックアップサーバ上のごみ箱フォルダに移動させるバックアップファイルごみ箱移動手段と、前記クライアントコンピュータ上のごみ箱フォルダにある前記ショートカットが元の位置に戻された場合に、前記バックアップサーバ上のごみ箱フォルダにある対応バックアップファイルを元の位置に復元させるごみ箱バックアップファイル復元手段とを備えることを特徴とする。 The invention of claim 8, wherein the shortcuts, when it is moved to the trash folder on the client computer, the corresponding backup files on the backup server, backup files trash moved to move the trash folder on the backup server means and, if the shortcut in the trash folder on the client computer is returned to the original position, and the recycle bin backup file restoration means for restoring the corresponding backup files to the original position in the trash folder on the backup server characterized in that it comprises a.
また、請求項9の発明は、前記クライアントコンピュータにて、前記バックアップサーバ上のごみ箱フォルダにあるバックアップファイルの一覧を表示するごみ箱バックアップファイル一覧表示手段と、前記一覧の表示画面におけるバックアップファイルの復元操作に応じて、当該バックアップファイルをバックアップサーバ上の元の位置に復元させるとともに、これに対応するショートカットをクライアントコンピュータ上の元の位置に復元させるショートカット復元手段とを備えることを特徴とする。 The invention of claim 9, in the client computer, and the recycle bin backup file list display means for displaying a list of backup files in the trash folder on the backup server, the restore operation of the backup file on the display screen of the list depending on, together to restore the backup file to its original location on the backup server, characterized by comprising a shortcut restoring means for restoring the shortcut corresponding thereto to the original position on the client computers.

請求項1の発明とすることにより、クライアントコンピュータにて、ファイルの作成及び更新を検知した場合に、作成・更新ファイルを、直ちにバックアップサーバの記憶領域にバックアップするので、所定時刻や所定時間毎にバックアップを実行するバックアッププログラムに比べ、ファイル消失の可能性を低減させることができる。 With the invention of claim 1, in the client computer, when detecting the creation and updating files, create and update file immediately because backed up to the storage area of ​​the backup server for each predetermined time or a predetermined time compared to the backup program to perform the backup, it is possible to reduce the possibility of file loss. つまり、所定時刻や所定時間毎にバックアップを実行するバックアッププログラムでは、ファイルの作成・更新後、バックアップ開始時間までの間にクライアントコンピュータの紛失や盗難が発生した場合に、ファイルを消失する惧れがあるが、作成・更新ファイルを直ちにバックアップするリアルタイムバックアップによれば、上記のようなファイル消失の惧れはない。 In other words, the backup program to perform a backup at every predetermined time or a predetermined time, after the creation and updating of files, in the case of loss or theft of client computer until backup start time has occurred, is a possibility that a loss of file there is, according to the real-time backup to immediately backup to create and update files, not a fear of the above-described file disappeared. しかも、バックアップサーバへのバックアップが完了した作成・更新ファイルを、クライアントコンピュータから自動的に削除するので、クライアントコンピュータの紛失や盗難に伴うファイルの漏洩も防止することができる。 In addition, to create and update files to backup to the backup server has been completed, so automatically deleted from the client computer, it is possible to prevent leakage of the file associated with the loss or theft of the client computer. したがって、シンクライアントシステムのように膨大な導入コストをかけなくても、情報の漏洩を防止できるシステムの構築が可能になると共に、ファイルサーバシステムに比してユーザの操作負担が少なく、厳格な運用ルールの規定が不要なものとできる。 Accordingly, even without applying large installation costs as a thin client system, leakage with it becomes possible to construct a system that can prevent the information, less user operation load as compared to the file server system, strict operational the provisions of the rules can be as unnecessary.
また、請求項2の発明とすることにより、クライアントコンピュータの予め設定された監視対象フォルダにて、ファイルの作成及び更新を検知したときのみ、リアルタイムバックアップ処理及び作成・更新ファイルの自動削除処理を実行することができる。 The execution by the invention of claim 2, at a preset monitoring target folder on the client computer only when it detects the creation and update file, the automatic deletion processing of the real-time backup process and creates and updates can do.
また、請求項3の発明とすることにより、予め設定されたファイルタイプに適合するファイルの作成及び更新を検知したときのみ、リアルタイムバックアップ処理及び作成・更新ファイルの自動削除処理を実行することができる。 Further, with the invention of claim 3, only when it detects the creation and updating file adapted to the file type that is set in advance, it is possible to perform automatic deletion processing of the real-time backup process and creates and updates . また、請求項4の発明とすることにより、バックアップサーバ上のバックアップファイルに対するアクセスが容易になるので、ユーザの操作負担を増大させることなく、バックアップファイルの再編集を行うことが可能になる。 Further, with the invention of claim 4, since access is facilitated to the backup file on the backup server, without increasing the operational burden of the user, it is possible to re-edit the backup file.
また、請求項5の発明とすることにより、クライアントコンピュータ上のファイルを開く場合と同様の操作で、バックアップサーバ上のバックアップファイルを開くことができるので、ユーザは、バックアッププログラムの存在を意識することなく、バックアップファイルの再編集を行うことが可能になる。 Further, with the invention of claim 5, in a similar procedure to open a file on the client computer, it is possible to open the backup files on the backup server, the user being aware of the existence of backup program rather, it is possible to carry out the re-editing of the backup file.
また、請求項6の発明とすることにより、バックアップサーバ上のバックアップファイルを複数のクライアントコンピュータ間で共有する場合、複数のクライアントコンピュータにおけるショートカットの同期により、一のクライアントコンピュータによるファイルの作成や更新を、他のクライアントコンピュータにも反映させることができる。 Further, with the invention of claim 6, when sharing the backup files on a backup server among multiple client computers, the synchronization of the shortcuts in a plurality of client computers, the file creation or updating according to one of the client computers , it can be reflected on the other client computer.
また、請求項7の発明とすることにより、ユーザの選択的な設定により、誤った削除操作によるバックアップファイルの消失を防止することができる。 Further, with the invention of claim 7, it can be the user of the selective setting, to prevent loss of the backup file by erroneous deletion operation.
また、請求項8の発明とすることにより、クライアントコンピュータ上におけるショートカットのごみ箱移動操作(削除操作)や復元操作に連動し、バックアップサーバ上で対応バックアップファイルのごみ箱移動や復元が自動的に行われるので、ユーザは、バックアッププログラムの存在を意識することなく、バックアップファイルを復元して再編集を行うことが可能になる。 Further, with the invention of claim 8, in conjunction with the shortcut trash moving operation (delete operation) and restore operations on the client computer, the Recycle Bin movement and restore the corresponding backup files are automatically performed on the backup server since, the user, without being aware of the existence of the backup program, it is possible to carry out the re-edited to restore the backup file.
また、請求項9の発明とすることにより、クライアントコンピュータ上でショートカットを完全に削除しても、そのショートカット及び対応バックアップファイルの復元が可能になる。 Further, with the invention of claim 9, to permanently delete a shortcut on the client computer, it is possible to restore the shortcut and the corresponding backup files.

バックアップシステムの構成を示すブロック図である。 Is a block diagram showing the configuration of a backup system. リアルタイムバックアップの説明図である。 It is an explanatory diagram of the real-time backup. リアルタイムバックアップの動作手順を示すフローチャートである。 Is a flowchart showing an operation procedure of the real-time backup. リアルタイムバックアップ時のショートカット作成処理を示す説明図である。 It is an explanatory view showing a shortcut creation process at the time of real-time backup. ショートカット自動時の処理を示す説明図である。 Is an explanatory view showing the processing when a shortcut automatically. ショートカットのコピー操作時や削除操作時の処理を示す説明図である。 It is a diagram illustrating a process at the time when or deleted shortcuts copy operation. ショートカット同期処理の概略を示す説明図である。 It is an explanatory view schematically showing a shortcut synchronization process. ショートカット同期処理の詳細を示す説明図である。 Is an explanatory view showing the details of the shortcut synchronization process. ファイル同期処理手順を示すフローチャートである。 It is a flowchart illustrating a file synchronization procedure. ショートカット同期処理手順を示すフローチャートである。 Is a flow chart illustrating the shortcut synchronization procedure. ファイル編集処理手順を示すフローチャートである。 Is a flowchart showing the file editing processing. バックアップシステムの全体動作手順を示す梯子図である。 Is a ladder diagram showing the overall operation procedure of the backup system. 第二実施形態に係る削除・復元処理の詳細を示す説明図である。 Is an explanatory view showing the details of the deletion and restoration processing according to the second embodiment. 第二実施形態に係る削除・復元処理のクライアント側の処理手順を示すフローチャートである。 It is a flow chart showing client-side processing procedure of the deletion and restoration processing according to the second embodiment. 第二実施形態に係る削除・復元処理のサーバ側の処理手順を示すフローチャートである。 It is a flowchart showing a server-side processing procedure of the deletion and restoration processing according to the second embodiment. 第二実施形態に係るネットごみ箱閲覧ソフトの処理手順を示すフローチャートである。 It is a flowchart illustrating a processing procedure of a net trash viewing software according to the second embodiment. 第二実施形態に係るバックアップシステムの全体動作手順を示す梯子図である。 Is a ladder diagram showing the overall operation procedure of a backup system according to the second embodiment.

[バックアップシステム] [Backup system]
次に、本発明の実施の形態について、図面に基づいて説明する。 Next, embodiments of the present invention will be described with reference to the drawings. 図1において、1は本発明のバックアッププログラムが適用されたバックアップシステムであって、該バックアップシステム1は、クライアントコンピュータ2と、バックアップサーバ3と、これらを通信可能に接続するインターネットなどのネットワーク4とを備えて構成されている。 In Figure 1, 1 is a backup system backup program of the present invention is applied, the backup system 1 includes a client computer 2, the backup server 3, a network 4 such as the Internet that connect them can communicate It is configured to include a.

クライアントコンピュータ2は、本発明のバックアッププログラム(クライアント用バックアッププログラム)がインストールされたコンピュータであって、例えば、ノートPC、デスクトップPC、携帯電話、PDAなどで構成される。 The client computer 2 is a computer backup program of the present invention (backup program for the client) is installed, for example, notebook PC, desktop PC, mobile phone, PDA consists of such. そして、クライアントコンピュータ2上でクライアント用バックアッププログラムを実行すると、当該クライアントコンピュータ2の記憶領域にあるファイルを、ネットワーク4を介して接続されたバックアップサーバ3の記憶領域にバックアップすることが可能になる。 When you run a client backup program on the client computer 2, the file in the storage area of ​​the client computer 2, can be backed up to the storage area of ​​the backup server 3 connected via the network 4.

バックアップサーバ3は、本発明のバックアッププログラム(サーバ用バックアッププログラム)がインストールされたコンピュータであって、例えば、データセンタに設置されたサーバコンピュータなどで構成される。 The backup server 3 is a computer backup program of the present invention (server backup program) is installed, for example, a such a server installed computers to the data center. そして、バックアップサーバ3上でサーバ用バックアッププログラムを実行すると、クライアントコンピュータ2からの要求に応じて、クライアントコンピュータ2から転送されるファイルを受信し、受信したファイルをバックアップファイルとしてバックアップサーバ3の記憶領域に保存することが可能になる。 When you run a server backup program on the backup server 3 in response to a request from the client computer 2 receives the file transferred from the client computer 2, the storage of the backup server 3 and received file as a backup file area it is possible to save to.

[バックアッププログラム] [Backup program]
本発明のバックアッププログラムには、クライアントコンピュータ2上で実行されるクライアント用バックアッププログラムと、ネットワーク4を介してクライアントコンピュータ2に接続されたバックアップサーバ3上で実行されるサーバ用バックアッププログラムとが含まれており、これらの協働によって、リアルタイムバックアップ機能が実現される。 The backup program of the present invention include a backup program for a client that executes on the client computer 2, and the server backup program executed on the backup server 3 connected to the client computer 2 via the network 4 and, by these cooperating, real-time backup function is realized.

リアルタイムバックアップ機能は、クライアントコンピュータ2の予め設定された監視対象フォルダにて、ファイルの作成及び更新を検知するファイル作成・更新検知手段と、ファイルの作成・更新を検知した場合に、監視対象フォルダ内の作成・更新ファイルを、直ちにバックアップサーバ3の記憶領域にバックアップするリアルタイムバックアップ手段とによって実現される。 Real-time backup function, at preset monitored folder of the client computer 2, and the file created and updated detection means for detecting a creation and update file, when detecting the creation and updating of a file, the monitoring target folder the creation and update files is realized immediately by the real-time backup means for backing up the storage area of ​​the backup server 3. 監視設定フォルダにおけるファイルの作成や更新は、OS(オペレーションシステム)のファイル管理システムが提供するファイル管理情報に基づいて判断することができる。 Create or update files in the monitoring setting folder may be determined based on the file management information file management system of an OS (operating system) is provided. 尚、本実施形態では、予め設定された監視対象フォルダ内の作成・更新ファイルを対象としてリアルタイムバックアップを実行しているが、予め設定されたファイルタイプ(例えば、拡張子による設定)に適合する作成・更新ファイルを対象としてリアルタイムバックアップを実行してもよい。 In the present embodiment, running real-time backup targeting a preset created and updated files in the monitored folder creation conforming to a preset file type (e.g., set by extension) - it may perform real-time backup of the updated files as a target. 例えば、ファイルタイプとして文書ファイル(*.doc)が設定された場合は、その保存フォルダに拘わらず、作成又は更新された文書ファイルをリアルタイムでバックアップする。 For example, if the document file (* .doc) has been set as the file type, regardless of the storage folder, to back up the document files that were created or updated in real-time.

このようなリアルタイムバックアップ機能を有するバックアッププログラムによれば、所定時刻や所定時間毎にバックアップを実行するバックアッププログラムに比べ、ファイル消失の可能性を低減させることができる。 According to the backup program having such a real-time backup function, compared to the backup program to perform a backup for each predetermined time or a predetermined time, it is possible to reduce the possibility of file loss. つまり、所定時刻や所定時間毎にバックアップを実行するバックアッププログラムでは、ファイルの作成・更新後、バックアップ開始時間までの間にクライアントコンピュータ2の紛失や盗難が発生した場合に、ファイルを消失する惧れがあるが、作成・更新ファイルを直ちにバックアップするリアルタイムバックアップによれば、上記のようなファイル消失の惧れはない。 In other words, the backup program to perform a backup at every predetermined time or a predetermined time, after the creation and updating of files, in the case of loss or theft of client computer 2 has occurred until the backup start time, a fear of a loss of file Although there are, according to the real-time backup to immediately backup to create and update files, not a fear of the above-described file disappeared.

また、クライアント用バックアッププログラムは、バックアップサーバ3へのバックアップが完了した作成・更新ファイルを、クライアントコンピュータ2から自動的に削除するように、クライアントコンピュータ2を動作させる。 In addition, the backup program for a client, to create and update files to backup to the backup server 3 has been completed, to automatically deleted from the client computer 2, to operate the client computer 2. 例えば、図2及び図3に示すように、クライアントコンピュータ2におけるファイルの作成・更新を検知したら(S1)、作成・更新ファイルを暗号化してバックアップサーバ3にリアルタイムで転送して(S2)、バックアップサーバ3の記憶領域に保存すると共に(S3)、クライアントコンピュータ2側とバックアップサーバ3側のファイル比較を行い(S4)、両者が同一ファイルであることを確認したら(S5)、クライアントコンピュータ2側の作成・更新ファイルを削除する(S6)。 For example, as shown in FIGS. 2 and 3, when detecting the creation and updating of the file in the client computer 2 (S1), and transferred in real time to the backup server 3 encrypts the created and updated file (S2), the backup while stored in the storage area of ​​the server 3 (S3), performs a file comparison of the client computer 2 side and the backup server 3 (S4), After verifying that they are the same file (S5), the client computer 2 side to delete to create and update files (S6).

このようにすると、クライアントコンピュータ2の監視対象フォルダには、保存ファイルが存在しないことになるので、クライアントコンピュータ2の紛失や盗難に伴うファイルの漏洩も防止することができる。 In this way, the monitoring target folder on the client computer 2, it means that the saved file does not exist, it is possible to prevent leakage of a file associated with the lost or stolen client computer 2. したがって、シンクライアントシステムのように膨大な導入コストをかけなくても、情報の漏洩を防止できるシステムの構築が可能になると共に、ファイルサーバシステムに比してユーザの操作負担が少なく、厳格な運用ルールの規定が不要なものとできる。 Accordingly, even without applying large installation costs as a thin client system, leakage with it becomes possible to construct a system that can prevent the information, less user operation load as compared to the file server system, strict operational the provisions of the rules can be as unnecessary.

また、クライアント用バックアッププログラムは、バックアップサーバ3へのバックアップが完了した作成・更新ファイルを、クライアントコンピュータ2から自動的に削除する際に、クライアントコンピュータ2の監視対象フォルダ内に、バックアップサーバ3上のバックアップファイルにリンクされたショートカットを作成するショートカット作成手段を備えることが好ましい。 In addition, the backup program for a client, to create and update files to backup to the backup server 3 has been completed, at the time of automatically deleted from the client computer 2, the client computer 2 to be monitored within a folder, on the backup server 3 it is preferable to provide a shortcut creation means for creating a shortcut linked to the backup file. 例えば、図4に示すように、各種のアプリケーションでファイル(sample.*)を作成した場合、実体ファイル5は、バックアップサーバ3にリアルタイムで転送され、クライアントコンピュータ2上には、実体ファイル5にリンクされたショートカット6が残される。 For example, as shown in FIG. 4, if you create a file in various applications (sample. *), The entity file 5 is transferred in real time to the backup server 3, on the client computer 2, linked to the actual file 5 shortcut 6, which is to leave. 尚、予め設定されたファイルタイプに適合する作成・更新ファイルをバックアップの対象とする場合は、バックアップサーバ3へのバックアップが完了した作成・更新ファイルをクライアントコンピュータ2から自動的に削除する際に、削除する作成・更新ファイルが保存されていたフォルダ内に、バックアップサーバ3上のバックアップファイルにリンクされたショートカットを作成することが好ましい。 In the case of backed up conforming created and updated file to the file type that is set in advance, when to automatically delete created and updated files backed up to the backup server 3 is completed from the client computer 2, to create and update files to be deleted has been saved in the folder, it is preferable to create a shortcut that is linked to the backup files on the backup server 3.

このようにすると、バックアップサーバ3上のバックアップファイルに対するアクセスが容易になるので、ユーザの操作負担を増大させることなく、バックアップファイルの再編集を行うことが可能になる。 In this way, since access is facilitated to the backup file on the backup server 3, without increasing the operational burden of the user, it is possible to re-edit the backup file. 尚、実体ファイルにリンクされたショートカットの別の呼称として、エイリアスやシンボリックリンクが知られているが、本明細書では、これらを含めてショートカットと称する。 As another designation shortcut linked to actual file, but aliases and symbolic links are known, referred to herein as shortcuts include these.

また、クライアント用バックアッププログラムは、ショートカットの起動に応じて、当該ショートカットにリンクされたバックアップサーバ3上のバックアップファイルを、クライアントコンピュータ2上に一時ファイルとしてリストアすると共に、ショートカット又は一時ファイルに関連付けされたアプリケーションを起動し、該アプリケーション上で一時ファイルを開くショートカット起動処理手段を備えることが好ましい。 Moreover, the backup program for a client, in response to the activation of a shortcut, the backup files on the backup server 3 linked to the shortcut, the restore as a temporary file on the client computer 2, which is associated with the shortcut or temporary file start the application, it is preferable to provide the shortcut activation processing means for opening the temporary file on the application. 例えば、図5に示すように、ワープロソフトで作成した実体ファイル5のショートカット6が起動された場合、当該ショートカット6にリンクされたバックアップサーバ3上のバックアップファイル(実体ファイル5)がリストアされると共に、ショートカット6に関連付けされたワープロソフトが起動され、該ワープロソフト上で実体ファイル5が開かれることになる。 For example, as shown in FIG. 5, if the shortcut 6 entity file 5 created by word processing software is started, the backup file on the backup server 3 linked to the shortcut 6 (actual file 5) is restored is activated word processing software which is associated with the shortcut 6, so that the actual file 5 on the word processor is opened.

このようにすると、クライアントコンピュータ2上のファイルを開く場合と同様の操作で、バックアップサーバ3上のバックアップファイルを開くことができるので、ユーザは、バックアッププログラムの存在を意識することなく、バックアップファイルの再編集を行うことが可能になる。 In this way, in a similar procedure to open a file on the client computer 2, it is possible to open the backup files on the backup server 3, the user, without being aware of the existence of a backup program, the backup file it is possible to carry out the re-editing.

また、クライアント用バックアッププログラムは、クライアントコンピュータ2の監視対象フォルダにて、ショートカットが削除された場合に、バックアップサーバ3上の対応バックアップファイルを削除するか否かを予め設定する削除同期設定手段と、クライアントコンピュータ2の監視対象フォルダにて、ショートカットの削除を検知する削除検知手段と、ショートカットの削除を検知した場合に、前記削除同期設定を参照して、バックアップサーバ3上の対応バックアップファイルを削除するか否かを決定するバックアップファイル削除手段とを備えることが好ましい。 Moreover, the backup program for a client, in the monitoring target folder of the client computer 2, when the shortcut is deleted, and deletes the synchronization setting means for setting whether to delete the corresponding backup files on the backup server 3 in advance, at the client computer 2 of the monitoring target folder, and deletion detecting means for detecting the removal of shortcuts, when detecting the deletion of shortcuts, by referring to the deletion synchronization setting, deletes the corresponding backup files on the backup server 3 it is preferable to provide a backup file deletion means for determining whether. このようにすると、ユーザの選択的な設定により、誤った削除操作によるバックアップファイルの消失を防止することができる。 In this way, it is possible by the user of the selective setting, to prevent loss of the backup file by erroneous deletion operation. 尚、図6に示すように、ショートカット6のコピー操作は自由に行うことができる。 As shown in FIG. 6, the copy operation shortcuts 6 can be freely performed.

また、クライアント用バックアッププログラムは、クライアントコンピュータ2の監視対象フォルダ内に作成されたショートカットの一覧と、バックアップサーバ3上のバックアップファイルの一覧とを比較し、ショートカットをバックアップファイルに同期させるショートカット同期手段を備えることが好ましい。 In addition, the backup program for the client, a list of shortcuts that have been created in the monitored folder on the client computer 2, compared with the list of backup files on the backup server 3, the shortcut synchronization means for synchronizing the shortcut to the backup file it is preferably provided. このようにすると、図7や図8に示すように、バックアップサーバ3上のバックアップファイルを複数のクライアントコンピュータ2間で共有する場合、複数のクライアントコンピュータ2におけるショートカットの同期により、一のクライアントコンピュータ2によるファイルの作成や更新を、他のクライアントコンピュータ2にも反映させることができる。 In this way, 7 and 8, when sharing the backup files on the backup server 3 among the plurality of client computers 2, the shortcut synchronization in a plurality of client computers 2, one client computer 2 a file to create and update by, can be reflected on the other client computer 2.

[バックアッププログラムの処理手順] [Processing procedure of the backup program]
つぎに、本発明に係るクライアント用バックアッププログラムの具体的な処理手順について、図9〜図11を参照して説明する。 Next, a specific processing procedure of the client backup program according to the present invention will be described with reference to FIGS. 尚、本実施形態のサーバ用バックアッププログラムは、クライアント用バックアッププログラムからのバックアップ要求に応じて転送ファイルを保存し、削除要求に応じてバックアップファイルを削除し、リストア要求に応じてバックアップファイルをクライアント側に転送し、バックアップファイルの一覧要求に応じてファイル一覧をクライアント側に送信するという受動的なプログラムであるため、フローチャートの図示及び詳細な説明は省略する。 The server backup program of the present embodiment stores the transferred file in response to a backup request from the backup client program, to delete the backup file according to the deletion request, the client-side backup file according to the restore request transferred to, for a passive program that sends a file list to the client side in response to the list request of the backup file, the illustration and detailed description of the flowchart is omitted.

図9は、ファイル同期処理の手順を示しており、該処理では、まず、予め設定された監視対象フォルダにて、ファイルの作成・更新を検知したか否かを判断し(S11:ファイル作成・更新検知手段)、該判断結果がYESの場合は、監視対象フォルダ内の作成・更新ファイルを、直ちにバックアップサーバ3に転送する(S12:リアルタイムバックアップ手段)。 Figure 9 shows a procedure of file synchronization process, in the process, first, at a preset monitoring target folder, and it determines whether or not it is detected to create and update a file (S11: File creation and update detecting means), the determination result is If YES, the creation and update files in the monitored folder immediately transferred to the backup server 3 (S12: realtime backup unit). その後、バックアップサーバ3へのバックアップが完了した作成・更新ファイルを、クライアントコンピュータ2から自動的に削除すると共に(S13:作成・更新ファイル自動削除手段)、クライアントコンピュータ2の監視対象フォルダ内に、バックアップサーバ3上のバックアップファイルにリンクされたショートカットを作成する(S14:ショートカット作成手段)。 Then, to create and update files to backup to the backup server 3 has been completed, together with the automatically deleted from the client computer 2 (S13: create and update file automatic deletion means), in the monitoring target folder on the client computer 2, backup to create a shortcut that is linked to a backup file on the server 3 (S14: create shortcut means). 尚、ステップS11では、前述したように、予め設定されたファイルタイプに適合するファイルを対象として作成・更新を検出するようにしてもよい。 In step S11, as described above, it may be detected to create and update the target file adapted to a preset file type. また、予め設定された監視対象フォルダ内において、予め設定されたファイルタイプに適合するファイルを対象として作成・更新を検出することもできる。 Further, the preset monitoring target folder, it is possible to detect the creation and updating the target file adapted to the file type that is set in advance.

また、ファイル同期処理では、クライアントコンピュータ2の監視対象フォルダにて、ショートカットの削除を検知したか否かを判断し(S15:削除検知手段)、該判断結果がYESの場合は、削除同期設定手段の設定を参照して、バックアップサーバ3上の対応バックアップファイルを削除するか否かを決定し、削除を同期する設定の場合は、バックアップサーバ3上の対応バックアップファイルを削除する(S16、S17:バックアップファイル削除手段)。 Also, the file synchronization process at the monitored folder of the client computer 2, and determines whether or not it is detected deletion of shortcut (S15: Remove detecting means), if the determination result is YES, the deletion synchronization setting means referring to the setting, to determine whether to delete the corresponding backup files on the backup server 3, in the case of setting to synchronize deleted, it deletes the corresponding backup files on the backup server 3 (S16, S17: backup file deletion means). 尚、削除同期設定手段は、クライアントコンピュータ2の監視対象フォルダにて、ショートカットが削除された場合に、バックアップサーバ3上の対応バックアップファイルを削除するか否かを予め設定するための設定手段である。 Note that deleting synchronization setting means at the monitored folder of the client computer 2, when the shortcut is removed, is a setting means for setting whether to delete the corresponding backup files on the backup server 3 in advance .

図10は、ショートカット同期処理(ショートカット同期手段)を示しており、該処理では、まず、同期処理起動時間であるか否かを判断し(S21)、該判断結果がYESの場合は、クライアントコンピュータ2の監視対象フォルダ内にあるショートカットの一覧を作成すると共に(S22)、バックアップサーバ3上にあるバックアップファイルの一覧を作成し(S23)、一覧の比較を行う(S24)。 Figure 10 shows shortcut synchronization processing (shortcut synchronizing means), in the process, first, it is determined whether the synchronization start time (S21), if the determination result is YES, the client computer together to create a list of shortcuts within 2 monitored folder (S22), it creates a list of backup file on the backup server 3 (S23), and compares the list (S24). ここで、バックアップサーバ3にのみファイルが存在する場合は、クライアントコンピュータ2に対応するショートカットを作成し(S25)、また、クライアントコンピュータ2のみにショートカットが存在する場合は、そのショートカットを削除し(S26)、また、タイムスタンプが異なる場合は、ショートカットのタイムスタンプを更新する(S27)。 Here, if the file exists only on the backup server 3, create a shortcut that corresponds to the client computer 2 (S25), also, if the shortcut is present only on the client computer 2, delete the shortcut (S26 ), also, if the time stamp is different, to update the time stamp of the shortcut (S27). そして、一覧内のファイルを全て比較したらショートカット同期処理が終わる(S28)。 Then, shortcut After comparing all the files in the list synchronization process is completed (S28).

図11は、ファイル編集処理(ショートカット起動処理手段)を示しており、該処理では、まず、ショートカットの起動を検知したか否かを判断し(S31)、該判断結果がYESの場合は、当該ショートカットにリンクされたバックアップサーバ3上のバックアップファイルを、クライアントコンピュータ2上に一時ファイルとしてリストアすると共に(S32)、ショートカット又は一時ファイルに関連付けされたアプリケーションを起動し、該アプリケーション上で一時ファイルを開く(S33)。 Figure 11 shows file editing process (shortcut activation processing unit), in the processing, first, it is determined whether or not detected the start of a shortcut (S31), if the determination result is YES, the backup files on the backup server 3 linked to the shortcut, the restore as a temporary file on the client computer 2 (S32), and starts the associated application to the shortcut or temporary file, open a temporary file on the application (S33). つぎに、一時ファイルの更新を検知したか否かを判断し(S34)、該判断結果がYESの場合は、更新された一時ファイルをバックアップサーバ3に転送してバックアップすると共に(S35)、ショートカットを更新する(S36)。 Next, it is determined whether or not it is detected that the update of the temporary file (S34), together with the determination result in the case of YES, the backup and transfer the updated temporary file to the backup server 3 (S35), the shortcut to update (S36). そして、ステップS34〜S36の処理は、アプリケーションの終了まで繰り返され(S37)、アプリケーション終了後は、一時ファイルが削除される(S38)。 Then, the process of step S34~S36 are repeated until the end of the application (S37), after the application terminates, the temporary files are deleted (S38).

[バックアップシステム全体の動作手順] [Operation procedure of the entire backup system]
つぎに、バックアップシステム1の全体動作について、図12を参照して説明する。 Next, the overall operation of the backup system 1 will be described with reference to FIG. 12.

図12は、ファイル新規作成時の動作と、ファイル更新時の動作と、ショートカット削除時の動作を示している。 Figure 12 shows the operation when a file is newly created, operation and when a file is updated, the operation at the time of shortcut Delete. ファイル新規作成の動作時は、アプリケーションでファイルが作成されることを契機として開始され(S101)、これを検知したクライアント用バックアッププログラムは、作成ファイルをバックアップサーバ3に転送し(S102、S103)、作成ファイルをバックアップサーバ3のバックアップ領域に保存させる(S104)。 During operation of the file creating a new client backup program files is started as a trigger to be created (S101), it detects this in the application transfers the created file to the backup server 3 (S102, S103), to save the created file in the backup area of ​​the backup server 3 (S104). そして、クライアント用バックアッププログラムは、バックアップサーバ3へのバックアップが完了した作成ファイルを、クライアントコンピュータ2から自動的に削除すると共に(S105)、クライアントコンピュータ2上に、バックアップサーバ3上のバックアップファイルにリンクされたショートカットを作成する(S106)。 Then, link backup program for the client, to create a file that has completed the backup to the backup server 3, (S105) together with automatically deleted from the client computer 2, on the client computer 2, the backup files on the backup server 3 to create a shortcut that is (S106).

ファイル更新時の動作は、ショートカットの起動を契機として開始され(S201)、これを検知したクライアント用バックアッププログラムは、バックアップサーバ3に対し、ショートカットにリンクされたバックアップファイルの転送要求を送る(S202)。 Operation of updating files is started to start the shortcut triggered (S201), the client backup program detects this, to the backup server 3 sends a transfer request linked backup file the shortcut (S202) . これを受信したバックアップサーバ3は、バックアップ領域から該当ファイルを読み込み(S203)、クライアントコンピュータ2に転送する(S204)。 The backup server 3 which has received this, reads a corresponding file from the backup area (S203), and transfers to the client computer 2 (S204). クライアント用バックアッププログラムは、転送されたファイルを一時ファイル領域に保存すると共に、ショートカット又は一時ファイルに関連付けされたアプリケーションを起動し、該アプリケーション上で一時ファイルを開く(S205)。 Backup client program is configured to store the transferred file in the temporary file area, to start the application that is associated with the shortcut or temporary file, open a temporary file on the application (S205). その後、一時ファイルの更新を検知した場合は(S206)、更新された一時ファイルをバックアップサーバ3に転送してバックアップ領域に保存すると共に(S207〜S209)、ショートカットのタイムスタンプを更新する(S210)。 Then, if it detects an update temporary file (S206), and transfers the updated temporary file to the backup server 3 as well as stored in the backup area (S207 to S209), and updates the time stamp of shortcut (S210) . そして、ファイル更新に伴うバックアップ処理は、アプリケーションの終了まで繰り返され(S211)、アプリケーション終了後は、一時ファイルが削除される(S212)。 Then, the backup process accompanying file update is repeated until the end of the application (S211), after the application terminates, the temporary file is deleted (S212).

ショートカット削除時の動作は、オペレータがショートカットを削除した場合に開始され(S301)、これを検知したクライアント用バックアップソフトは、前述の削除同期設定を参照して、バックアップサーバ3上の対応バックアップファイルを削除するか否かを決定し、バックアップファイルを削除する場合は、バックアップサーバ3にファイル削除要求を送り(S302)、これを受けたバックアップサーバ3が該当バックアップファイルの削除を実行する(S303)。 The operation when the shortcut deletion, the operator is started when you delete a shortcut (S301), the backup software client which detects this, with reference to the Delete sync settings described above, the corresponding backup files on the backup server 3 determines whether to delete, to delete the backup file, the backup server 3 sends a file delete request (S302), the backup server 3 executes the deletion of the corresponding backup files having received the (S303).

叙述の如く構成された本実施形態によれば、クライアントコンピュータ2の記憶領域にあるファイルを、ネットワーク4を介して接続されたバックアップサーバ3の記憶領域にバックアップするバックアッププログラムであって、クライアントコンピュータ2の予め設定された監視対象フォルダにて、ファイルの作成及び更新を検知し、ファイルの作成・更新を検知した場合に、監視対象フォルダ内の作成・更新ファイルを、直ちにバックアップサーバ3の記憶領域にバックアップすると共に、バックアップサーバ3へのバックアップが完了した作成・更新ファイルを、クライアントコンピュータ2から自動的に削除するので、所定時刻や所定時間毎にバックアップを実行するバックアッププログラムに比べ、ファイル消失の可能性を低減さ According to the present embodiment configured as narrative, a backup program for backing up files in the storage area of ​​the client computer 2, the storage area of ​​the backup server 3 connected via the network 4, the client computer 2 at a preset monitoring target folder, to detect the creation and update file, when detecting the creation and updating of a file, creation and update files in the monitored folder, immediately in the storage area of ​​the backup server 3 as well as backup, to create and update files to backup to the backup server 3 has been completed, so automatically deleted from the client computer 2, compared to the backup program to perform a backup at every predetermined time or a predetermined time, the possibility of file loss of reducing the gender ることができる。 Rukoto can. つまり、所定時刻や所定時間毎にバックアップを実行するバックアッププログラムでは、ファイルの作成・更新後、バックアップ開始時間までの間にクライアントコンピュータ2の紛失や盗難が発生した場合に、ファイルを消失する惧れがあるが、作成・更新ファイルを直ちにバックアップするリアルタイムバックアップによれば、上記のようなファイル消失の惧れはない。 In other words, the backup program to perform a backup at every predetermined time or a predetermined time, after the creation and updating of files, in the case of loss or theft of client computer 2 has occurred until the backup start time, a fear of a loss of file Although there are, according to the real-time backup to immediately backup to create and update files, not a fear of the above-described file disappeared. しかも、バックアップサーバ3へのバックアップが完了した作成・更新ファイルを、クライアントコンピュータ2から自動的に削除するので、クライアントコンピュータ2の紛失や盗難に伴うファイルの漏洩も防止することができる。 In addition, to create and update files to backup to the backup server 3 has been completed, so automatically deleted from the client computer 2, it is also possible to prevent leakage of the file associated with lost or stolen client computer 2. したがって、シンクライアントシステムのように膨大な導入コストをかけなくても、情報の漏洩を防止できるシステムの構築が可能になると共に、ファイルサーバシステムに比してユーザの操作負担が少なく、厳格な運用ルールの規定が不要なものとできる。 Accordingly, even without applying large installation costs as a thin client system, leakage with it becomes possible to construct a system that can prevent the information, less user operation load as compared to the file server system, strict operational the provisions of the rules can be as unnecessary.

また、クライアント用バックアッププログラムは、バックアップサーバ3へのバックアップが完了した作成・更新ファイルを、クライアントコンピュータ2から自動的に削除する際に、クライアントコンピュータ2の監視対象フォルダ内に、バックアップサーバ3上のバックアップファイルにリンクされたショートカットを作成するので、バックアップサーバ3上のバックアップファイルに対するアクセスが容易になる。 In addition, the backup program for a client, to create and update files to backup to the backup server 3 has been completed, at the time of automatically deleted from the client computer 2, the client computer 2 to be monitored within a folder, on the backup server 3 because to create a shortcut that is linked to the backup file, access is facilitated to the backup files on the backup server 3. これにより、ユーザの操作負担を増大させることなく、バックアップファイルの再編集を行うことが可能になる。 As a result, without increasing the operational burden of the user, it is possible to carry out the re-editing of the backup file.

また、クライアント用バックアッププログラムは、ショートカットの起動に応じて、当該ショートカットにリンクされたバックアップサーバ3上のバックアップファイルを、クライアントコンピュータ2上に一時ファイルとしてリストアすると共に、ショートカット又は一時ファイルに関連付けされたアプリケーションを起動し、該アプリケーション上で一時ファイルを開くので、クライアントコンピュータ2上のファイルを開く場合と同様の操作で、バックアップサーバ3上のバックアップファイルを開くことができ、その結果、ユーザは、バックアッププログラムの存在を意識することなく、バックアップファイルの再編集を行うことが可能になる。 Moreover, the backup program for a client, in response to the activation of a shortcut, the backup files on the backup server 3 linked to the shortcut, the restore as a temporary file on the client computer 2, which is associated with the shortcut or temporary file start the application, will open a temporary file on the application, in a similar procedure to open a file on the client computer 2, it is possible to open the backup files on the backup server 3, so that the user, the backup without being aware of the existence of the program, it is possible to carry out the re-editing of the backup file.

また、クライアント用バックアッププログラムは、クライアントコンピュータ2の監視対象フォルダ内に作成されたショートカット一覧と、バックアップサーバ3上のバックアップファイル一覧とを比較し、ショートカットをバックアップファイルに同期させるので、バックアップサーバ3上のバックアップファイルを複数のクライアントコンピュータ2間で共有する場合、複数のクライアントコンピュータ2におけるショートカットの同期により、一のクライアントコンピュータ2によるファイルの作成や更新を、他のクライアントコンピュータ2にも反映させることができる。 In addition, the backup program for a client, and a list of shortcuts that have been created in the monitored folder of the client computer 2, compared with a backup list of files on the backup server 3, so to synchronize the shortcut to the backup file, the backup server 3 above when sharing a backup file among the plurality of client computers 2, the synchronization of the shortcuts in a plurality of client computers 2, the file creation or updating according to one of the client computers 2, be also reflected in the other client computers 2 it can.

また、クライアント用バックアッププログラムは、クライアントコンピュータ2の監視対象フォルダにて、ショートカットが削除された場合に、バックアップサーバ3上の対応バックアップファイルを削除するか否かを予め設定することができ、そして、クライアントコンピュータ2の監視対象フォルダにて、ショートカットの削除を検知した場合に、前記削除同期設定を参照して、バックアップサーバ3上の対応バックアップファイルを削除するか否かを決定するので、ユーザの選択的な設定により、誤った削除操作によるバックアップファイルの消失を防止することができる。 In addition, the backup program for the client, in the monitored folder on the client computer 2, when the shortcut is removed, it is possible to set whether or not to delete the corresponding backup files on the backup server 3 in advance, and, at the client computer 2 of the monitoring target folder, when detecting the deletion of shortcuts, by referring to the deletion synchronization settings, because it determines whether to delete the corresponding backup files on the backup server 3, the user's selection the specific settings, it is possible to prevent the loss of the backup file by erroneous deletion operation.

[第二実施形態] Second Embodiment
次に、本発明の第二実施形態に係るバックアッププログラムについて、図13〜図17を参照して説明する。 Next, the backup program according to the second embodiment of the present invention will be described with reference to FIGS. 13 to 17. ただし、本実施形態が適用されるクライアントコンピュータ2及びバックアップサーバ3には、削除したファイルやショートカットが移動保存されるごみ箱フォルダが存在するものとし、以下、クライアントコンピュータ2のごみ箱フォルダを単に「ごみ箱」と称し、バックアップサーバ3のごみ箱フォルダを「ネットごみ箱」と称する。 However, the client computer 2 and the backup server 3 present embodiment is applied is intended to trash folder deleted files and shortcuts are moved saved is present, hereinafter, simply "trash" trash folder of the client computer 2 and referred to, referred to as the trash folder of the backup server 3 as "net Trash".

こられの図に示すように、第二実施形態に係るバックアッププログラムは、バックアップ後に作成されたショートカットが、クライアントコンピュータ2上のごみ箱に移動された場合に、バックアップサーバ3上の対応バックアップファイルを、バックアップサーバ3上のネットごみ箱に移動させるバックアップファイルごみ箱移動手段と、クライアントコンピュータ2上のごみ箱にあるショートカットが元の位置に戻された場合に、バックアップサーバ3上のネットごみ箱にある対応バックアップファイルを元の位置に復元させるごみ箱バックアップファイル復元手段とを備えており、さらには、クライアントコンピュータ2にて、バックアップサーバ3上のネットごみ箱にあるバックアップファイルの一覧を表示するごみ箱バックアップ As shown in figure Korare, backup program according to the second embodiment, a shortcut created after backup, when it is moved to the recycle bin on the client computer 2, the corresponding backup files on the backup server 3, and backup files Trash moving means for moving the net trash on the backup server 3, when the shortcut in the trash on the client computer 2 is returned to the original position, the corresponding backup files in the net trash on the backup server 3 and a trash backup file restoration means for restoring to the original position, furthermore, at the client computer 2, trash backup for displaying a list of backup files in the net trash on the backup server 3 ァイル一覧表示手段と、前記一覧の表示画面におけるバックアップファイルの復元操作に応じて、当該バックアップファイルをバックアップサーバ3上の元の位置に復元させるとともに、これに対応するショートカットをクライアントコンピュータ2上の元の位置に復元させるショートカット復元手段とを備えている点が前記実施形態と相違している。 And Airu list display means, in response to restore operation of the backup file on the display screen of the list, together to restore the backup file to its original location on the backup server 3, which based on the client computer 2 the shortcut corresponding the point that the position and a shortcut restoring means for restoring differs from the above embodiment.

[第二実施形態に係るバックアッププログラムの処理手順] [Processing procedure of the backup program according to the Second Embodiment
つぎに、本発明の第二実施形態に係るバックアッププログラムの具体的な処理手順について、図14〜図16を参照して説明する。 Next, a specific processing procedure of a backup program according to the second embodiment of the present invention will be described with reference to FIGS. 14 to 16.

図14は、クライアント用バックアッププログラムの削除・復元処理の手順を示しており、該処理では、まず、検知停止中であるか否かを判断し(S41)、この判断結果がNOであることを確認した後、クライアントコンピュータ2におけるショートカットの削除、すなわち、ショートカットのごみ箱への移動を検知したか否かを判断する(S42)。 Figure 14 shows a procedure of the deletion and restoration process by the backup program for a client, in the process, first, it is determined whether the in detection stop (S41), that the determination result is NO after confirming, deleting the shortcut in the client computer 2, i.e., it determines whether the detected movement to shortcuts trash (S42). そして、この判断結果がYESの場合は、バックアップサーバ3に対し、対応バックアップファイルのネットごみ箱への移動要求を送信する(S43:バックアップファイルごみ箱移動手段)。 Then, the determination result is If YES, to the backup server 3 and transmits a movement request to the net trash corresponding backup file (S43: Backup File Trash moving means). また、同処理では、削除されたショートカットの復元、すなわち、クライアントコンピュータ2上のごみ箱にあるショートカットが元の位置に戻されたことを検知したか否かを判断し(S44)、この判断結果がYESの場合は、バックアップサーバ3に対し、バックアップサーバ3上のネットごみ箱にある対応バックアップファイルの復元要求を送信する(S45:ごみ箱バックアップファイル復元手段)。 Further, in the same process, restoration of shortcuts that are deleted, i.e., determines whether a shortcut in the trash on the client computer 2 detects that it has returned to its original position (S44), the determination result If YES, the relative backup server 3 transmits a restoration request of the corresponding backup files in the net trash on the backup server 3 (S45: Trash backup file restoration means).

図15は、サーバ用バックアッププログラムの削除・復元処理の手順を示しており、該処理では、まず、クライアントコンピュータ2からネットごみ箱への移動要求を受信したか否かを判断し(S51)、この判断結果がYESの場合は、対応するバックアップファイルをバックアップ領域からネットごみ箱へ移動させる(S52:バックアップファイルごみ箱移動手段)。 Figure 15 shows a procedure of the deletion and restoration process of the backup server program, in the processing, first, it is determined whether or not it has received the movement request to the net trash from the client computer 2 (S51), the If the determination result is YES, moving the corresponding backup files from the backup area to the network trash (S52: backup file Trash moving means). また、同処理では、クライアントコンピュータ2からネットごみ箱からの復元要求を受信したか否かを判断し(S53)、この判断結果がYESの場合は、ネットごみ箱にある対応バックアップファイルをバックアップ領域に移動させる(S54:ごみ箱バックアップファイル復元手段)。 Further, in the process, moves from the client computer 2 to determine whether or not it has received the restoration request from the net trash (S53), if the determination result is YES, the corresponding backup files in the net trash in the backup area causes (S54: Trash backup file restoration means). また、同処理では、クライアントコンピュータ2からネットごみ箱一覧取得要求を受信したか否かを判断し(S55)、この判断結果がYESの場合は、ネットごみ箱内のファイル一覧を取得し、クライアントコンピュータ2へ送る(S56)。 Further, in the same process, and determines whether or not it has received a net trash list acquisition request from the client computer 2 (S55), if the determination result is YES, and acquires the file list in the net trash, the client computer 2 send to (S56).

図16は、クライアントコンピュータ2におけるネットごみ箱閲覧ソフト(バックアッププログラムに含まれるユーティリティソフト)の処理手順を示しており、当該ソフトが起動すると、まず、バックアップサーバ3へネットごみ箱のファイル一覧を要求すると共に(S61)、バックアップサーバ3からファイル一覧を受信し、これを画面表示させる(S62:ごみ箱バックアップファイル一覧表示手段)。 Figure 16 shows a processing procedure of a net trash browsing software (utility software included in the backup program) in the client computer 2, when the software is started, first, the requests a file list of nets trash to the backup server 3 (S61), receives a file list from the backup server 3, to which the screen display (S62: Trash backup file list display means). 次に、ユーザの復元操作を判断し(S63)、この判断結果がYESの場合は、バックアップサーバ3に対し、ネットごみ箱にある対応バックアップファイルの復元要求を送信すると共に(S64)、クライアント用バックアッププログラムに対して検知停止を要求し(S65)、さらに、対応するショートカットをクライアントコンピュータ2上の元の位置に作成し(S66:ショートカット復元手段)、その後、クライアント用バックアッププログラムに対して検知再開を要求する(S67)。 Next, it is determined to restore the operation of the user (S63), if the determination result is YES, to the backup server 3, (S64), the backup client sends a restore request of the corresponding backup files in the net trash requests the detection stop to the program (S65), further, creates a corresponding shortcut to the original location on the client computer 2 (S66: shortcut restoring means), then the detection resume the backup client program to request (S67). そして、これらの処理は、ユーザの終了操作に応じて終了する(S68)。 And these processes are ended according to a user's termination operation (S68).

[第二実施形態に係るバックアップシステム全体の動作手順] Procedure of operation the entire backup system according to the Second Embodiment
つぎに、第二実施形態に係るバックアップシステムの全体動作について、図17を参照して説明する。 Next, the overall operation of the backup system according to the second embodiment will be described with reference to FIG. 17.

図17は、ショートカットをごみ箱に移動した際の動作と、ごみ箱からショートカットを復元させた際の動作と、ごみ箱にないショートカットを復元する際の動作を示している。 Figure 17 shows the operation and at the time of moving the shortcut to the trash, the operation and the time which has restored a shortcut from the recycle bin, the operation for restoring the shortcut is not in the recycle bin.

ショートカットをごみ箱に移動した際の動作は、クライアントコンピュータ2のユーザが、ショートカットをごみ箱へ移動させる操作(ショートカット削除操作)を行ったことを契機として開始され(S401)、これを検知したクライアント用バックアッププログラムは、バックアップサーバ3に対し、対応バックアップファイルのネットごみ箱への移動要求を送信する(S402、S403)。 Operation when you move the shortcut to the trash can, the user client computer 2 is started as triggered by performing the operation of moving the shortcut to the trash box (shortcut delete operation) (S401), the backup client detects this program, to the backup server 3 and transmits a movement request to the net trash corresponding backup file (S402, S403). これを受信したバックアップサーバ3のサーバ用バックアッププログラム(以下、単にバックアップサーバ3と言う)は、対応するバックアップファイルをバックアップ領域からネットごみ箱へ移動させる(S404、S405)。 The backup server 3 server backup program that has received the (hereinafter, simply referred to as the backup server 3) moves the corresponding backup files from the backup area to the network trash (S404, S405).

ごみ箱からショートカットを復元させた際の動作は、クライアントコンピュータ2のユーザが、ごみ箱内のショートカットを元の位置に戻す操作(ショートカット復元操作)を行ったことを契機として開始され(S501)、これを検知したクライアント用バックアッププログラムは、バックアップサーバ3に対し、バックアップサーバ3上のネットごみ箱にある対応バックアップファイルの復元要求を送信する(S502、S503)。 The operation when obtained by restoring the shortcut from the recycle bin, the user client computer 2, the operation of returning the shortcut in the recycle bin to its original position is started as triggered by performed (shortcut restore operation) (S501), it backup client program which has detected, compared backup server 3 transmits a restoration request of the corresponding backup files in the net trash on the backup server 3 (S502, S503). これを受信したバックアップサーバ3は、ネットごみ箱にある対応バックアップファイルをバックアップ領域に移動させる(S504、S505)。 The backup server 3 which has received this, moves the corresponding backup files in the net trash in the backup area (S504, S505).

ごみ箱にないショートカットを復元する際の動作は、ネットごみ箱閲覧ソフトの起動を契機として開始され、起動されたネットごみ箱閲覧ソフトは、バックアップサーバ3へネットごみ箱のファイル一覧を要求する(S601)。 Operation at the time of restoration that are not in the Recycle Bin shortcut is initiated as triggered by the start-up of net trash browsing software, net trash viewing software that has been started, requests a file list of net trash to the backup server 3 (S601). これを受信したバックアップサーバ3は、ネットごみ箱のファイル一覧を取得し(S602)、これをクライアントコンピュータ2へ送信する(S603)。 The backup server 3 which has received this, to get the file list of the net trash (S602), and sends it to the client computer 2 (S603). クライアントコンピュータ2は、バックアップサーバ3からファイル一覧を受信し、これを画面表示させる。 The client computer 2 receives the file list from the backup server 3, to which the screen display. そして、ユーザの復元操作を判断した場合は、バックアップサーバ3に対し、ネットごみ箱にある対応バックアップファイルの復元要求を送信する(S604)。 Then, if it is determined to restore the operation of the user, with respect to the backup server 3 transmits a restoration request of the corresponding backup files in the Internet trash (S604). これを受信したバックアップサーバ3は、ネットごみ箱にある対応バックアップファイルをバックアップ領域に移動させる(S605、S606)。 The backup server 3 which has received this, moves the corresponding backup files in the net trash in the backup area (S605, S606). また、ユーザの復元操作を判断したネットごみ箱閲覧ソフトは、クライアント用バックアッププログラムに対して検知停止を要求すると共に(S607)、対応するショートカットをクライアントコンピュータ2上の元の位置に作成し(S608)、その後、クライアント用バックアッププログラムに対して検知再開を要求する(S609)。 Moreover, the net trash viewing software which determines the restore operation user, (S607) along with requests the detection stop to the backup program for a client, creates a corresponding shortcut to the original location on the client computer 2 (S608) , then, to request the detection resume to the backup program for the client (S609).

叙述の如く構成された第二実施形態によれば、ショートカットが、クライアントコンピュータ2上のごみ箱に移動された場合に、バックアップサーバ3上の対応バックアップファイルを、バックアップサーバ3上のネットごみ箱に移動させ、また、クライアントコンピュータ2上のごみ箱にあるショートカットが元の位置に戻された場合に、バックアップサーバ3上のネットごみ箱にある対応バックアップファイルを元の位置に復元させるので、クライアントコンピュータ2上におけるショートカットのごみ箱移動操作(削除操作)や復元操作に連動し、バックアップサーバ3上で対応バックアップファイルのごみ箱移動や復元を自動的に行うことができ、その結果、ユーザは、バックアッププログラムの存在を意識することなく、バックア According to the second embodiment configured as narrative, shortcuts, when it is moved to the recycle bin on the client computer 2, the corresponding backup files on the backup server 3 moves to the net trash on the backup server 3 Further, when the shortcut in the trash on the client computer 2 is returned to the original position, so to restore the corresponding backup files in the net trash on the backup server 3 to the original position, the shortcut on the client computer 2 in conjunction with the trash moving operation (delete operation) and restore operations, it can be done automatically trash movement and restore the corresponding backup files on the backup server 3, so that the user is aware of the existence of a backup program without, backed プファイルを復元して再編集を行うことが可能になる。 It is possible to carry out the re-edited to restore the up file.

また、ネットごみ箱閲覧ソフトは、クライアントコンピュータ2にて、バックアップサーバ3上のネットごみ箱フォルダにあるバックアップファイルの一覧を表示し、一覧の表示画面におけるバックアップファイルの復元操作に応じて、当該バックアップファイルをバックアップサーバ3上の元の位置に復元させるとともに、これに対応するショートカットをクライアントコンピュータ2上の元の位置に復元させるので、クライアントコンピュータ2上でショートカットを完全に削除しても、そのショートカット及び対応バックアップファイルの復元が可能になる。 In addition, net trash browsing software, at the client computer 2, to display a list of backup files in the net Trash folder on the backup server 3, depending on the restore operation of the backup file on the display screen of the list, the backup file together to restore to its original position on the backup server 3, so to restore the shortcut corresponding thereto to the original position on the client computers 2, to permanently delete a shortcut on the client computer 2, the shortcut and the corresponding it is possible to restore the backup file.

1 バックアップシステム2 クライアントコンピュータ3 バックアップサーバ4 ネットワーク5 実体ファイル6 ショートカット 1 backup system 2 client computer 3 backup server 4 network 5 entity file 6 shortcut

Claims (9)

  1. クライアントコンピュータの記憶領域にあるファイルを、ネットワークを介して接続されたバックアップサーバの記憶領域にバックアップするバックアッププログラムであって、 The file in the storage area of ​​the client computer, a backup program for backing up to a storage area of ​​the backup server connected via a network,
    前記クライアントコンピュータにて、ファイルの作成及び更新を検知するファイル作成・更新検知手段と、 At the client computer, and the file created and updated detection means for detecting the creation and update files,
    ファイルの作成・更新を検知した場合に、作成・更新ファイルを、直ちに前記バックアップサーバの記憶領域にバックアップするリアルタイムバックアップ手段と、 When detecting the creation and updating of a file, and real-time backup means for backing up the created and updated files, immediately storage area of ​​the backup server,
    前記バックアップサーバへのバックアップが完了した作成・更新ファイルを、前記クライアントコンピュータから自動的に削除する作成・更新ファイル自動削除手段とを備える ことを特徴とするバックアッププログラム。 Backup program, characterized in that it comprises the creation and update file backup has been completed to the backup server, and create and update file automatic deletion means automatically deleted from the client computer.
  2. 前記ファイル作成・更新検知手段が、前記クライアントコンピュータの予め設定された監視対象フォルダにて、ファイルの作成及び更新を検知することを特徴とする請求項1記載のバックアッププログラム。 The file created and updated detection means, said at preset monitored folder on the client computer, according to claim 1, wherein the backup program, characterized in that to detect the creation and updating files.
  3. 前記ファイル作成・更新検知手段が、予め設定されたファイルタイプに適合するファイルの作成及び更新を検知することを特徴とする請求項1又は2記載のバックアッププログラム。 The file created and updated detection means, according to claim 1 or 2, wherein the backup program and detecting the creation and updating file adapted to a preset file type.
  4. 前記バックアップサーバへのバックアップが完了した作成・更新ファイルを、前記クライアントコンピュータから自動的に削除する際に、前記クライアントコンピュータ上に、前記バックアップサーバ上のバックアップファイルにリンクされたショートカットを作成するショートカット作成手段を備えることを特徴とする請求項1〜3のいずれかに記載のバックアッププログラム。 The creation and update file the backup is complete to the backup server, when to automatically delete from the client computer, on the client computer, create a shortcut to create a shortcut that is linked to the backup files on the backup server backup program according to claim 1, characterized in that it comprises means.
  5. 前記ショートカットの起動に応じて、当該ショートカットにリンクされた前記バックアップサーバ上のバックアップファイルを、前記クライアントコンピュータ上に一時ファイルとしてリストアすると共に、前記ショートカット又は一時ファイルに関連付けされたアプリケーションを起動し、該アプリケーション上で一時ファイルを開くショートカット起動処理手段を備えることを特徴とする請求項4記載のバックアッププログラム。 In response to the activation of the shortcut, the backup file on the backup server linked to the shortcut, the restore as a temporary file on the client computer, start an application that is associated with the shortcut or temporary file, the claim 4, wherein the backup program, characterized in that it comprises the shortcut activation processing means for opening the temporary file on the application.
  6. 前記クライアントコンピュータ上に作成された前記ショートカットの一覧と、前記バックアップサーバ上のバックアップファイルの一覧とを比較し、ショートカットをバックアップファイルに同期させるショートカット同期手段を備えることを特徴とする請求項4又は5記載のバックアッププログラム。 A list of the shortcut created on the client computer, compares the list of backup files on the backup server, according to claim 4 or 5, characterized in that it comprises a shortcut synchronization means for synchronizing the backup file shortcut backup program described.
  7. 前記クライアントコンピュータにて、前記ショートカットが削除された場合に、前記バックアップサーバ上の対応バックアップファイルを削除するか否かを予め設定する削除同期設定手段と、 At the client computer, when the shortcut is deleted, and deletes the synchronization setting means for setting whether to delete the corresponding backup files on the backup server in advance,
    前記クライアントコンピュータにて、前記ショートカットの削除を検知する削除検知手段と、 At the client computer, and delete detection means for detecting the removal of the shortcut,
    前記ショートカットの削除を検知した場合に、前記削除同期設定を参照して、前記バックアップサーバ上の対応バックアップファイルを削除するか否かを決定するバックアップファイル削除手段とを備える ことを特徴とする請求項4〜6のいずれかに記載のバックアッププログラム。 When detecting the deletion of the shortcut, with reference to the deletion synchronization settings claims, characterized in that it comprises a backup file deletion means for determining whether to delete the corresponding backup files on the backup server 4-6 backup program according to any one of.
  8. 前記ショートカットが、前記クライアントコンピュータ上のごみ箱フォルダに移動された場合に、前記バックアップサーバ上の対応バックアップファイルを、バックアップサーバ上のごみ箱フォルダに移動させるバックアップファイルごみ箱移動手段と、 The shortcut, if it is moved to the trash folder on the client computer, the corresponding backup files on the backup server, and the backup file Trash moving means for moving the trash folder on the backup server,
    前記クライアントコンピュータ上のごみ箱フォルダにある前記ショートカットが元の位置に戻された場合に、前記バックアップサーバ上のごみ箱フォルダにある対応バックアップファイルを元の位置に復元させるごみ箱バックアップファイル復元手段とを備える ことを特徴とする請求項4〜7のいずれかに記載のバックアッププログラム。 If the shortcut in the trash folder on the client computer is returned to the original position, and a trash backup file restoration means for restoring the corresponding backup files in the trash folder on the backup server to the original position backup program according to any one of claims 4-7, wherein.
  9. 前記クライアントコンピュータにて、前記バックアップサーバ上のごみ箱フォルダにあるバックアップファイルの一覧を表示するごみ箱バックアップファイル一覧表示手段と、 At the client computer, and the recycle bin backup file list display means for displaying a list of backup files in the Trash folder on the backup server,
    前記一覧の表示画面におけるバックアップファイルの復元操作に応じて、当該バックアップファイルをバックアップサーバ上の元の位置に復元させるとともに、これに対応するショートカットをクライアントコンピュータ上の元の位置に復元させるショートカット復元手段とを備える ことを特徴とする請求項4〜8のいずれかに記載のバックアッププログラム。 Depending on the restore operation of the backup file on the display screen of the list, together to restore the backup file to its original location on the backup server, shortcuts restoring means for restoring the shortcut corresponding thereto to the original position on the client computers backup program according to any one of claims 4-8, characterized in that it comprises and.
JP2009016374A 2009-01-28 2009-01-28 Backup program Pending JP2010176256A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2009016374A JP2010176256A (en) 2009-01-28 2009-01-28 Backup program

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2009016374A JP2010176256A (en) 2009-01-28 2009-01-28 Backup program

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2010176256A true true JP2010176256A (en) 2010-08-12

Family

ID=42707200

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2009016374A Pending JP2010176256A (en) 2009-01-28 2009-01-28 Backup program

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2010176256A (en)

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2010266933A (en) * 2009-05-12 2010-11-25 Ri Co Ltd Document management program, document management system, and document management method
JP2011253418A (en) * 2010-06-03 2011-12-15 Fuji Xerox Co Ltd Information processing program and information processor
JP2012181796A (en) * 2011-03-03 2012-09-20 Nec Fielding Ltd Information processing system, duplicate file removal method for information processing system, information processor, and control method and control program for information processor
JP2013037567A (en) * 2011-08-09 2013-02-21 Nec Biglobe Ltd Data management system and data management method
WO2013168512A1 (en) * 2012-05-07 2013-11-14 Keepdata株式会社 Cloud storage server
JP2014053049A (en) * 2013-12-16 2014-03-20 Nec Biglobe Ltd Data management system and data management method

Citations (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH05158770A (en) * 1991-05-21 1993-06-25 Hewlett Packard Co <Hp> Dynamic file moving method
JP2001312422A (en) * 2000-05-02 2001-11-09 Nri & Ncc Co Ltd Method and device for document batch management and recording medium
JP2002366410A (en) * 2001-06-06 2002-12-20 Fujitsu Ltd Trash box server and trash box processing program
JP2003058397A (en) * 2001-08-20 2003-02-28 Hitachi Information Systems Ltd File relocation system and its processing program
JP2005235040A (en) * 2004-02-23 2005-09-02 Hottolink:Kk Data management method and data management system
JP2005235055A (en) * 2004-02-23 2005-09-02 Dainippon Printing Co Ltd Information processor and security securing method in information processor
JP2005292869A (en) * 2004-03-31 2005-10-20 Japan Research Institute Ltd File sharing control system and shared control program
JP2007323548A (en) * 2006-06-05 2007-12-13 Hitachi Ltd File management method based on network folder
JP2007334577A (en) * 2006-06-14 2007-12-27 Mitsubishi Electric Information Systems Corp File management device and file management program

Patent Citations (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH05158770A (en) * 1991-05-21 1993-06-25 Hewlett Packard Co <Hp> Dynamic file moving method
JP2001312422A (en) * 2000-05-02 2001-11-09 Nri & Ncc Co Ltd Method and device for document batch management and recording medium
JP2002366410A (en) * 2001-06-06 2002-12-20 Fujitsu Ltd Trash box server and trash box processing program
JP2003058397A (en) * 2001-08-20 2003-02-28 Hitachi Information Systems Ltd File relocation system and its processing program
JP2005235040A (en) * 2004-02-23 2005-09-02 Hottolink:Kk Data management method and data management system
JP2005235055A (en) * 2004-02-23 2005-09-02 Dainippon Printing Co Ltd Information processor and security securing method in information processor
JP2005292869A (en) * 2004-03-31 2005-10-20 Japan Research Institute Ltd File sharing control system and shared control program
JP2007323548A (en) * 2006-06-05 2007-12-13 Hitachi Ltd File management method based on network folder
JP2007334577A (en) * 2006-06-14 2007-12-27 Mitsubishi Electric Information Systems Corp File management device and file management program

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2010266933A (en) * 2009-05-12 2010-11-25 Ri Co Ltd Document management program, document management system, and document management method
JP2011253418A (en) * 2010-06-03 2011-12-15 Fuji Xerox Co Ltd Information processing program and information processor
JP2012181796A (en) * 2011-03-03 2012-09-20 Nec Fielding Ltd Information processing system, duplicate file removal method for information processing system, information processor, and control method and control program for information processor
JP2013037567A (en) * 2011-08-09 2013-02-21 Nec Biglobe Ltd Data management system and data management method
WO2013168512A1 (en) * 2012-05-07 2013-11-14 Keepdata株式会社 Cloud storage server
JP2014053049A (en) * 2013-12-16 2014-03-20 Nec Biglobe Ltd Data management system and data management method

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US7028079B2 (en) Method and apparatus for the automatic migration of applications and their associated data and configuration files
US7305577B2 (en) Data isolation system and method
US20060047716A1 (en) Transaction based virtual file system optimized for high-latency network connections
US7596713B2 (en) Fast backup storage and fast recovery of data (FBSRD)
US8434131B2 (en) Managing connections in a data storage system
US20040049513A1 (en) Techniques for moving stub files without recalling data
US20030191716A1 (en) Secure storage system and method
US7363330B1 (en) Work monitor with file synchronization
US20080168106A1 (en) Synchronization methods and systems
US8012219B2 (en) System and method for preventing access to data on a compromised remote device
US6161146A (en) Distributed group activity data network system and corresponding method
US20080168292A1 (en) Synchronization methods and systems
US20080168072A1 (en) Synchronization methods and systems
US20130304694A1 (en) Repository redundancy implementation of a system which incrementally updates clients with events that occurred via a cloud-enabled platform
US20100088699A1 (en) Virtual machine operation system, virtual machine operation method and program
US20060206533A1 (en) Online storage with metadata-based retrieval
US7134041B2 (en) Systems and methods for data backup over a network
US20030167287A1 (en) Information protection system
US20090198805A1 (en) Desktop delivery for a distributed enterprise
US7299422B2 (en) System and method for transferring personalization information among computer systems
US20070276823A1 (en) Data management systems and methods for distributed data storage and management using content signatures
US6920507B1 (en) System and corresponding method for providing redundant storage of a data file over a computer network
US20110066668A1 (en) Method and System for Providing On-Demand Services Through a Virtual File System at a Computing Device
US20070260643A1 (en) Information source agent systems and methods for distributed data storage and management using content signatures
US8850516B1 (en) Virtual private cloud that provides enterprise grade functionality and compliance

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20120110

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20130501

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20130516

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20130708

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20130912

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20140123