JP2010135864A - Image encoding method, device, image decoding method, and device - Google Patents

Image encoding method, device, image decoding method, and device Download PDF

Info

Publication number
JP2010135864A
JP2010135864A JP2007087202A JP2007087202A JP2010135864A JP 2010135864 A JP2010135864 A JP 2010135864A JP 2007087202 A JP2007087202 A JP 2007087202A JP 2007087202 A JP2007087202 A JP 2007087202A JP 2010135864 A JP2010135864 A JP 2010135864A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
prediction
mode
table
generating
step
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2007087202A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Takeshi Nakajo
Taiichiro Shiodera
Akiyuki Tanizawa
健 中條
太一郎 塩寺
昭行 谷沢
Original Assignee
Toshiba Corp
株式会社東芝
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Images

Classifications

    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04NPICTORIAL COMMUNICATION, e.g. TELEVISION
    • H04N19/00Methods or arrangements for coding, decoding, compressing or decompressing digital video signals
    • H04N19/10Methods or arrangements for coding, decoding, compressing or decompressing digital video signals using adaptive coding
    • H04N19/189Methods or arrangements for coding, decoding, compressing or decompressing digital video signals using adaptive coding characterised by the adaptation method, adaptation tool or adaptation type used for the adaptive coding
    • H04N19/19Methods or arrangements for coding, decoding, compressing or decompressing digital video signals using adaptive coding characterised by the adaptation method, adaptation tool or adaptation type used for the adaptive coding using optimisation based on Lagrange multipliers
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04NPICTORIAL COMMUNICATION, e.g. TELEVISION
    • H04N19/00Methods or arrangements for coding, decoding, compressing or decompressing digital video signals
    • H04N19/50Methods or arrangements for coding, decoding, compressing or decompressing digital video signals using predictive coding
    • H04N19/593Methods or arrangements for coding, decoding, compressing or decompressing digital video signals using predictive coding involving spatial prediction techniques
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04NPICTORIAL COMMUNICATION, e.g. TELEVISION
    • H04N19/00Methods or arrangements for coding, decoding, compressing or decompressing digital video signals
    • H04N19/60Methods or arrangements for coding, decoding, compressing or decompressing digital video signals using transform coding
    • H04N19/61Methods or arrangements for coding, decoding, compressing or decompressing digital video signals using transform coding in combination with predictive coding
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04NPICTORIAL COMMUNICATION, e.g. TELEVISION
    • H04N19/00Methods or arrangements for coding, decoding, compressing or decompressing digital video signals
    • H04N19/70Methods or arrangements for coding, decoding, compressing or decompressing digital video signals characterised by syntax aspects related to video coding, e.g. related to compression standards

Abstract

<P>PROBLEM TO BE SOLVED: To provide the encoding device of a moving image, which reduces the operation cost and improves the encoding efficiency. <P>SOLUTION: An image encoding method includes the steps of: a predicted image for an encoding object pixel block is generated, on the basis of a selected predicted mode; an optimum predicted mode is determined, on the basis of a prediction error between an input image and the predicted image, and the code amount of the predicted mode; the order of the selection frequency of the predicted mode indicating the selection frequency of the predicted mode is rearranged by the determined predicted mode; the index of a rearranged frequency information table is generated; for the encoding object pixel block, predicted mode information is extracted from the index; a predicted image signal corresponding to the extracted predicted mode information is generated; the cost of the predicted mode is calculated; one encoding mode is selected from the cost; and prediction error signals, the table length of the frequency information table, and an index number indicating the selected encoding mode are encoded according to the selected encoding mode. <P>COPYRIGHT: (C)2010,JPO&INPIT

Description

本発明は、動画像または静止画像のための予測モード推定、画像符号化、復号化方法及び装置に関する。 The present invention, the prediction mode estimation for moving or still image, the image encoding relates to a decoding method and apparatus.

従来よりも大幅に符号化効率を向上させた動画像符号化方法が、ITU−TとISO/IECとの共同で、ITU−T Rec. Moving picture coding method greatly improves coding efficiency than conventional, in collaboration with ITU-T and ISO / IEC, ITU-T Rec. H. H. 264及びISO/IEC 14496−10として勧告されている。 It has been recommended as 264 and ISO / IEC 14496-10. (以下、「H.264」という)。 (Hereinafter referred to as "H.264"). ISO/IEC MPEG−1,2,4、ITU−T H. ISO / IEC MPEG-1,2,4, ITU-T H. 261、H. 261, H. 263といった従来の画面内符号化方式は直交変換後の周波数領域(DCT係数)上でのフレーム内予測を行い,変換係数の符号量削減を図っているのに対して、H. Conventional intra coding method such 263 performs intraframe prediction in on the frequency domain after orthogonal transform (DCT coefficients), whereas is aimed code amount reduction of transform coefficients, H. 264では空間領域(画素領域)での方向予測(非特許文献1)を取り入れることにより,従来(ISO/IEC MPEG−1,2,4)の動画像符号化方式のフレーム内予測と比較して高い予測効率を実現している。 By incorporating H.264 spatial domain direction prediction in (pixel region) (non-patent document 1), compared to the intra-frame prediction of a moving picture coding method of the prior art (ISO / IEC MPEG-1,2,4) It has achieved a high prediction efficiency.

H. H. 264 ハイプロファイルなどでは、輝度信号に対して3種類のフレーム内予測方式が規定されており、そのうちの1つをマクロブロック(16x16画素ブロック)単位に選択できる方式となっている。 Etc. The 264 high profile, are defined three types of intra-frame prediction method for the luminance signal, and has a system that can select one of the macroblock (16x16 pixel block) units. 3種類のフレーム内予測方式は夫々4x4画素予測、8x8画素予測、16x16画素予測と呼ばれている。 Three intra prediction scheme each 4x4 pixel prediction, 8x8 pixel prediction, is called a 16x16-pixel prediction.

16x16画素予測では、4つの符号化モードが規定されており、垂直予測、水平予測、DC予測、平面予測と呼ばれている。 The 16x16 pixel prediction, four and coding mode is specified, vertical prediction, horizontal prediction, DC prediction, is called a plane prediction. 復号処理を終えたデブロッキングフィルタ適用前の周囲のマクロブロックの画素値を参照画素値として用い、予測処理に使用する。 Using pixel values ​​of a macroblock around before deblocking filter applied finishing the decoding process as the reference pixel values ​​are used for prediction processing. 16x16予測の予測モード情報はマクロブロックタイプに包含されており、他の予測と比較してモードを送信するための符号量が大幅に少なくなっている。 16x16 prediction mode information of the prediction is included in the macro-block type, the code amount for sending mode as compared to the other prediction becomes greatly reduced.

一方、4x4画素/8x8画素予測は、マクロブロック内の輝度信号を夫々16個/4個の4x4/8x8画素ブロックに分割し、夫々の画素ブロックに対して、9つのモードのいずれかをブロック単位に選択する。 On the other hand, 4x4 pixel / 8x8 pixel prediction divides a luminance signal in the macroblock, respectively 16 / into four 4x4 / 8x8 pixel block, for each of the pixel blocks, nine either a block mode choose to. 9つのモードは、利用可能な参照画素の平均値で予測するDC予測(モード2)を除いて、夫々22.5度づつの予測方向を持っており、参照画素を用いて予測方向に外挿補間を行って予測値を生成する。 9 modes, except for DC prediction that predicts the average value of the reference pixels available (mode 2), has a predicted direction of each 22.5 ° increments, extrapolation prediction direction using the reference pixel to generate a predicted value by performing the interpolation. 4x4/8x8画素予測は16x16画素予測と比較して予測処理の単位が小さいために、複雑なテクスチャを持つ画像に対しても比較的効率の高い予測が行えるが、予測方向に対して単純に補間値をコピーするだけの予測であり、参照画素からの距離が離れるほど、予測誤差が増大するという問題点がある。 For 4x4 / 8x8-pixel prediction is small units of prediction processing compared to 16x16 pixel prediction, but can be performed relatively efficient prediction even for an image having a complicated texture, simply interpolating the prediction direction the predicted just copy the value, the shorter the distance from the reference pixel away, there is a problem that the prediction error increases.

このように近年の動画像符号化方式では、ハードウェアの高性能化に伴って選択可能な予測モードの数が増える傾向にあり、予測モードのモード情報の符号化による符号量の増加が大きな問題となっている。 In this way recent video coding method, there is a tendency that the number is increased hardware performance prediction modes selectable in accordance with the reduction of the increase in the code amount is a big problem by the encoding mode information of the prediction mode It has become. H. H. 264ハイプロファイルにおいても16x16画素予測で4モード、4x4画素/8x8画素予測で各9モードと予測モード数が多く、低ビットレートでの符号化時に小画素ブロックの予測モードは選択されにくい傾向にある。 264 4 mode even 16x16 pixel prediction in high profile, 4x4 pixel / 8x8 pixel prediction mode number and the 9 modes in the prediction is large, the prediction mode for small pixel blocks when coding at a low bit rate is in a difficult to select tendency . 一方、予測モード数の増加は演算コストの増大を招き、携帯機器や省電力機器での符号化時に、当該小画素ブロックの予測モードを利用できないなどの問題もある。 Meanwhile, the increase in the number of prediction modes leads to increase of the operation cost, during encoding in the portable devices and the power-saving equipment, there is a problem, such as not available prediction modes of the small pixel blocks.

このような問題に対して非特許文献2では、予測モードとして選択率の高くない16x16画素予測に変わるダイレクト予測モードを導入している。 In Non-Patent Document 2 for such problems, it introduces a direct prediction mode which turns into not high 16x16 pixel prediction of selectivity as the prediction mode. 特に16x16画素予測の平面予測は256個の全画素に対して予測画素値を生成するため、他の予測モードと比較しても演算コストが増えている。 For particular 16x16 plane prediction of the pixel prediction for generating a prediction pixel value for 256 of all pixels, even in comparison to other prediction modes is increasing computational cost. ダイレクト予測モードでは、4x4画素予測の予測をそのまま利用し、予測モード情報を復号化器に送信しない、という予測モードである。 In direct prediction mode, used as it is a prediction of the 4x4 pixel prediction, it does not transmit the prediction mode information to a decoder, a prediction mode that. そのため、H. Therefore, H. 264に規定されているモード導出方法を利用して、符号化対象の画素ブロックに隣接する上下の画素ブロックの予測モードから当該予測モードを予測している。 264 to utilize a defined by that mode derivation method predicts the prediction mode from the prediction mode of the upper and lower pixel block adjacent to the pixel block to be coded. 4x4画素予測を利用しているため、予測モードの予測が当たれば符号化効率を維持しつつ、予測モード情報を削減することが可能である。 Because it uses the 4x4-pixel prediction, while maintaining the coding efficiency if hits the prediction of the prediction mode, it is possible to reduce the prediction mode information. しかし、予測モードの予測が外れた場合、符号化効率が低下することが問題となっている。 However, if the prediction of the prediction mode off, the coding efficiency is lowered in question.

以上説明したように、H. As described above, H. 264 ハイプロファイルに規定されている方法で、符号化モードを送信する場合、低ビットレートではモード情報の符号量が無視できないため、予測性能の良い予測モードが選択されにくくなり符号化効率が低下する、また、ダイレクト予測モードでは、モードの予測が外れたときに符号化効率が低下する、という問題があった。 In the method prescribed in 264 high profile, when transmitting an encoding mode, since the code amount of the mode information is a low bit rate can not be ignored, the coding efficiency becomes better prediction modes prediction performance is hardly selected to decrease Further, in the direct prediction mode, the coding efficiency is disadvantageously, decreases when the mode of mispredicted.

本発明の実施形態によると、予測モードに関する付帯情報の選択頻度を示す頻度情報テーブルを準備するステップと、入力画像を複数の画素ブロックに分割するステップと、前記画素ブロックの符号化対象画素ブロックに応じて予測モードに関する付帯情報を選択するステップと、選択した付帯情報に基づいて参照画像を用いて前記符号化対象画素ブロックに対する予測画像を生成するステップと、入力画像と予測画像との予測誤差と前記予測モードの符号量に基づいて最適予測モードを決定し、決定された予測モードにより前記頻度情報テーブルの予測モードの選択頻度順序を並び替えるステップと、並び替えた前記頻度情報テーブルのインデックスを生成するステップと、前記符号化対象画素ブロックに対して、前記インデックスから1 According to an embodiment of the present invention, the steps of: providing a frequency information table indicating a selection frequency of the supplementary information about the prediction mode, dividing an input image into a plurality of pixel blocks, the coded pixel blocks of said pixel block selecting a supplementary information about the prediction mode according the prediction error and generating a predicted image for the encoding target pixel block using the reference picture based on the selected supplementary information, the input image and the prediction image the generated based on the code amount of the prediction mode to determine the optimal prediction mode, and rearranging step for selection frequency order of the prediction modes of the frequency information table by the determined prediction mode, the index of the frequency information table rearranged a step of, with respect to the encoding target pixel block, 1 from the index 以上の付帯情報を抽出するステップと、抽出された前記付帯情報に対応した予測信号を生成するステップと、前記予測モードのコストを計算し、前記コストから1つの符号化モードを選択するステップと、選択された前記符号化モードに従って前記予測誤差信号と前記頻度情報テーブルのテーブル長と、選択された符号化モードを示す、前記頻度情報テーブル中のインデックス番号を符号化するステップと、を具備することを特徴とする画像符号化方法を提供する。 Extracting or more supplementary information, and generating a prediction signal corresponding to the extracted the supplementary information, the steps of the costs of the prediction modes is calculated, and selects one of the coding modes from the cost, that it comprises the prediction error signal according to the selected the encoding mode and the table length of the frequency information table indicates the selected coding mode, the step of encoding an index number in the frequency information table, the to provide an image coding method comprising.

本発明によれば、ハードウェアコストを削減しつつ、符号化効率を向上させた画像符号化・復号化方法及び装置を実現できる。 According to the present invention, while reducing hardware cost, the coding efficiency image encoding and decoding method and apparatus with improved can be realized.

以下に添付図面を参照して、この発明に係る動画像符号化方法及び動画像符号化装置、動画像復号化方法及び動画像復号化装置の最良な実施形態を詳細に説明する。 With reference to the accompanying drawings, the moving picture coding method according to the present invention and the moving picture coding apparatus, illustrating the best embodiment of the video decoding method and video decoding apparatus in detail.

図1を参照して、本発明の実施形態に係わる動画像符号化装置の構成を説明する。 Referring to FIG. 1, illustrating the configuration of a video encoding apparatus according to an embodiment of the present invention.

動画像符号化装置の構成 (符号化:第1の実施の形態) Configuration of a video encoding apparatus (encoder: First Embodiment)
図1に示される動画像符号化装置によると、動画像信号は小画素ブロック毎に分割され、符号化部100に入力される。 According to the video encoding apparatus shown in FIG. 1, moving image signal is divided for each small pixel block, it is input to the encoding unit 100. 符号化部100では、内部予測及びモード判定部102が行う予測モードとして、ブロックサイズや予測画像信号の生成方法の異なる複数の予測モードが用意されている。 The coding unit 100, a prediction mode intra-prediction and mode decision unit 102 performs a plurality of prediction modes with different generation method block size and the prediction image signal are prepared. 本実施の形態では、図5(a)に示されているように左上から右下に向かって符号化処理がなされていくものとする。 In this embodiment, it is assumed that the encoding processing will be done from the upper left to the lower right as shown in Figure 5 (a).

符号化部100に入力される入力画像信号110は、画面分割部101によって、図5(b)にあるような16x16画素のブロックに分割される。 Input image signals 110 inputted to the coding unit 100, the screen dividing unit 101 is divided into blocks of 16x16 pixels as is in Figure 5 (b). 入力画像信号110の画素ブロックが内部予測/モード判定部102へと入力される。 Pixel block of the input image signal 110 is input to the intra-prediction / mode decision unit 102. 内部予測/モード判定部102を介した画素ブロックは、後述するモード判定部103、変換量子化部104を介して、最終的に符号化処理部105によって符号化される。 Pixel block via the internal prediction / mode decision unit 102, the mode determining unit 103 to be described later, via the conversion quantization unit 104, are encoded by finally encoding processing unit 105. 符号化された画素ブロックは出力バッファで蓄積された後に、符号化制御部108が管理する出力タイミングで符号化データ115として出力される。 Coded pixel blocks after being accumulated in the output buffer, the encoding control unit 108 is output as coded data 115 in the output timing managed.

16x16画素ブロックはマクロブロックと呼ばれ、以下の符号化処理の基本的な処理ブロックサイズとなっている。 16x16 pixel block called macro block, and has a basic process block size for the following encoding process. 符号化部100では、このマクロブロック単位に入力画像信号110を読み込み、符号化処理を行う。 The coding unit 100 reads the input image signal 110 in the macroblock unit, performing encoding. 尚、マクロブロックは32x32画素ブロック単位であっても8x8画素ブロック単位であっても良い。 Note that the macro blocks may be 8x8 pixel block even 32x32 pixel block. マクロブロックの一例を図5(b)にて示す。 An example of a macro-block shown in FIG. 5 (b).

内部予測/モード判定部102は、参照画像メモリ107に一時保存された、符号化済みの参照画素を用いて、マクロブロックで選択可能な全ての予測モードで予測画像信号111を生成する。 Intra-prediction / mode decision unit 102, the reference temporarily stored in the image memory 107, using the reference pixels already encoded, and generates a prediction image signal 111 with all prediction modes selectable in the macroblock. 即ち、内部予測/モード判定部102は、符号化対象画素ブロックで取り得る符号化モードの全ての予測画像信号を生成する。 That is, the internal prediction / mode determination unit 102 generates all the predicted picture signal encoding mode can take in coded pixel blocks. ただし、H. However, H. 264のフレーム内予測(4x4画素予測(図5(c)参照)又は8x8画素予測(図5(d)参照))のようにマクロブロック内で局所復号画像を作成しないと次の予測が行えないような場合に関しては、内部予測/モード判定部102は内部で係数変換及び量子化、逆量子化及び逆変換を行っても良い。 It can not be performed next prediction do not create a local decoded image in the macroblock like 264 intra-frame prediction of the (4x4 pixel prediction (FIG. 5 (c) refer) or 8x8 pixel prediction (FIG. 5 (d))) for the case that the internal prediction / mode determination unit 102 may perform the coefficient transform and quantization, inverse quantization and inverse transform internally.

内部予測/モード判定部102で生成された予測画像信号111は、入力画像信号110とともにモード判定部103へと入力される。 Intra-prediction / mode determination unit 102 prediction image signal 111 generated in is input to the mode determining unit 103 together with the input image signal 110. モード判定部103は、予測画像信号111を逆量子化逆変換部106へ入力するとともに、入力画像信号110から予測画像信号111を差し引くことによって予測誤差信号112を生成し、変換量子化部104へ入力する。 Mode determination unit 103, a prediction image signal 111 with input to the inverse quantization inverse transform unit 106 generates a prediction error signal 112 by subtracting the predictive image signal 111 from the input image signal 110, to transform quantization unit 104 input. 同時にモード判定部103は、内部予測/モード判定部102で予測されたモード情報と生成された予測誤差信号112を基にモード判定を行う。 Mode determination unit 103 at the same time, the mode determination based on the prediction error signal 112 and the generated predicted mode information inside prediction / mode decision unit 102. より具体的に説明すると本実施の形態では、モード判定部103は次式のようなコストを用いたモード判定を行う。 In this embodiment To be more specific, the mode determining unit 103 performs a mode determination using a cost like the following equation.

K=SAD+λ×OH (1) K = SAD + λ × OH (1)
但し、OHはモード情報、SADは予測誤差信号の絶対和とする。 However, OH mode information, SAD is the absolute sum of the prediction error signal. また、λは定数で与えられ、量子化幅や量子化パラメータの値に基づいて決められる。 Moreover, lambda is given by a constant, determined based on the value of the quantization width and a quantization parameter. このようにして得られたコストを基にモードが決定される。 Such mode is determined based on the cost obtained in. この場合、コストKがもっとも小さい値を与えるモードが最適モードとして選択される。 In this case, the mode in which the cost K gives the smallest value is selected as an optimum mode.

本実施の形態では、モード情報と予測誤差信号の絶対和を用いたが、別の実施の形態として、モード情報のみ、予測誤差信号の絶対和のみを用いてモードを判定しても良いし、これらをアダマール変換したり、これらに近似した値を利用したりしても良い。 In the present embodiment uses the absolute sum of the mode information and the prediction error signal, as another embodiment, the mode information only, may determine the mode with only the absolute sum of the prediction error signal, these or Hadamard transform, may be or use a value that approximates to these. また、入力画像信号のアクテビティを用いてコストを作成しても良いし、量子化幅、量子化パラメータを利用してコスト関数を作成しても良い。 Further, it may be to create a cost using Akutebiti of the input image signal, the quantization width may create a cost function by using the quantization parameter.

コストを算出するための別の実施の形態として、仮符号化部を用意し、この仮符号化部の符号化モードで生成された予測誤差信号を実際に符号化した場合の符号量と、符号化データを局部復号して得た局部復号画像114と入力画像信号110との二乗誤差とを用いてモードを判定しても良い。 Another embodiment for calculating the cost, providing a tentative coding unit, and the code amount in the case of actual coding a prediction error signal generated by the encoding mode of the tentative coding unit, reference numeral data may be determined mode using a square error between the local decoded image 114 and the input image signal 110 obtained by locally decoding the. この場合のモード判定式は以下のようになる。 Mode determination equation of this case is as follows.

J=D+λ×R (2) J = D + λ × R (2)
ここで、Dは、入力画像信号110と局部復号画像114の二乗誤差を表す符号化歪みである。 Here, D is the encoding distortion representing a square error of the input image signal 110 and the local decoded image 114. 一方、Rは仮符号化によって見積もられた符号量を表している。 Meanwhile, R represents a code amount estimated by temporary encoding. 本コストを用いた場合は、符号化モード毎に仮符号化と局部復号(逆量子化処理や逆変換処理)が必要となるため、回路規模は増大するが、正確な符号量と符号化歪みを用いることが可能となり、符号化効率を高く維持することが可能である。 When using this cost, because it requires temporary encoding to the coding mode for each and local decoding (inverse quantization and inverse transformation processing), although the circuit scale is increased, accurate code amount and encoding distortion it is possible to use, it is possible to maintain a high coding efficiency. 本コストも、符号量のみ、符号化歪みのみを用いてコストを算出しても良いし、これらに近似した値を用いてコスト関数を作成しても良い。 This cost, the code amount only, may be calculated the cost by using only the encoding distortion, may create a cost function using a value approximating thereto.

モード判定部103は変換量子化部104及び逆量子化逆変換部106に接続されており、モード判定部103で選択されたモード情報と予測誤差信号112は、変換量子化部104へと入力される。 Mode determination unit 103 is connected to the conversion quantization unit 104 and inverse quantization inverse transform unit 106, the prediction error signal 112 and the selected mode information in the mode determination unit 103 is input to the converter quantization unit 104 that. 変換量子化部104は、入力された予測誤差信号112を変換係数に変換し、変換係数データを生成する。 Converting the quantization unit 104 converts the prediction error signal 112 which is input to the transform coefficients, and generates transform coefficient data. ここでは予測誤差信号112は例えば離散コサイン変換などを用いて直交変換される。 Here the prediction error signal 112 is orthogonally transformed by using, for example, discrete cosine transform. 別の実施の形態として、ウェーブレット変換や独立成分解析などの手法を用いて変換係数を作成しても良い。 As another embodiment, it may be to create a transform coefficient using a technique such as wavelet transform or independent component analysis. 変換係数データは、変換量子化部104において量子化され、量子化変換係数113が生成される。 Transform coefficient data is quantized in the transform quantization unit 104, the quantized transform coefficients 113 are generated. 量子化に必要とされる量子化パラメータは、符号化制御部108に設定されている。 Quantization parameter needed for quantization is set to the encoding control unit 108.

量子化変換係数113は、モード情報、量子化パラメータなどの予測方法に関する情報とともに符号化処理部105へと入力される。 The quantized transform coefficient 113, the mode information is input to the encoding unit 105 along with information about the prediction method, such as a quantization parameter. 符号化処理部105は、入力されたモード情報等とともに、量子化変換係数113をエントロピー符号化(例えばハフマン符号化や算術符号化など)する。 Encoding unit 105, such as with the inputted mode information, entropy coding the quantized transform coefficients 113 (e.g. Huffman coding or arithmetic coding, etc.). 符号化処理部105でエントロピー符号化された符号化データ115は、符号化部100外へと出力され、多重化器等(図示せず)により多重化等が行われ、出力バッファ(図示せず)を通して送信される。 Encoded data 115 entropy coded by the coding processing unit 105 is output to coding section 100 outer, multiplexing, etc. is performed by the multiplexer, etc. (not shown), an output buffer (not shown ) is transmitted through. この場合、符号化シーケンス毎、ピクチャ毎、又は符号化スライス毎に頻度テーブルのインデックス長を送ることができる。 In this case, it is possible to send coded for each sequence, each picture or for each encoding slice index length frequency table. また、テーブル長をシーケンス単位、ピクチャ単位又はスライス単位で送り、インデックスをマクロブロック単位又はブロック単位で送ることができる。 Also sends the table length sequence unit, on a picture-by-picture basis or a slice unit, the index can send each macroblock or block basis. テーブル長をシーケンス単位又はスライス単位でヘッダデータに含めて送る、及び/又はインデックスをマクロブロック単位でヘッダデータに含めて送ることができる。 Send included in the header data table length in a sequence unit or slice units, and / or an index in units of macroblocks can be sent included in the header data.

逆量子化逆変換部106は、変換量子化部104によって量子化された変換係数113を、符号化制御部108に設定されている量子化パラメータ、及び量子化マトリクスなどにしたがって逆量子化する。 Inverse quantization inverse transform unit 106, the transform coefficient 113 quantized by the transform quantization unit 104, the quantization parameter set in the encoding controller 108, and the inverse quantization according to such quantization matrix. 逆量子化された変換係数は、逆変換(例えば逆離散コサイン変換など)され、予測誤差信号(112)に復元される。 Inverse quantized transform coefficients are inverse transformed (e.g., inverse discrete cosine transform, etc.), it is restored to the prediction error signal (112). 逆変換により得られた復元予測誤差信号(112)は、モード判定部103から供給される、予測誤差信号の予測モードに対応する予測モードの予測画像信号111と加算される。 Restoring the prediction error signal obtained by the inverse transform (112) is supplied from the mode determination unit 103, it is added to the prediction image signal 111 of a prediction mode corresponding to the prediction mode of the prediction error signal. 加算結果信号は局部復号信号114となり、参照画像メモリ107へと入力される。 Addition result signal is inputted next local decoding signal 114, to the reference image memory 107. 参照画像メモリ107は再構成された画像を蓄積する。 Reference image memory 107 accumulates the image reconstructed. このように参照画像メモリ107に蓄積された再構成画像が、内部予測/モード判定部102による予測画像信号等の生成の際に参照される。 Thus the reference reconstructed image stored in the image memory 107 is referred to when generating such prediction image signal according to intra-prediction / mode decision unit 102.

符号化ループ(図1における内部予測/モード判定部102→モード判定部103→変換量子化部104→逆量子化逆変換部106→参照画像メモリ107といった順序で流れる処理)は、符号化対象マクロブロックで選択可能な全てのモードに対して処理を行った場合に1回のループとなる。 Encoding loop (a process flow in the order such as intra-prediction / mode decision unit 102 → the mode determining unit 103 → transform quantization unit 104 → inverse quantization inverse transform unit 106 → reference image memory 107 in FIG. 1), the encoding target macro the one loop when processing has been performed for all the modes selectable by block. このマクロブロックに対して符号化ループが終了すると、次のマクロブロックの入力画像信号110が入力され、符号化が行われる。 The encoding loop is completed for this macroblock, the input image signal 110 of the next macroblock is input, encoding is performed.

符号化制御部108は発生符号量のフィードバック制御及び量子化特性制御、モード判定制御などを行い、発生符号量の制御を行うレート制御や、内部予測/モード判定部102の制御、外部入力パラメータの制御、符号化全体の制御を行う。 Encoding control unit 108 the generated code amount of the feedback control and the quantization characteristic control, performs like mode determination control, the rate control and for controlling the generation code amount, the control of intra-prediction / mode decision unit 102, the external input parameter control, control of the entire coding performed. 同時に出力バッファ(図示せず)の制御を行い、適切なタイミングで符号化データを外部に出力する機能を有する。 At the same time performs the control of the output buffer (not shown), has a function of outputting the coded data outside at an appropriate timing. これら各部の機能は、コンピュータに記憶されたプログラムによって実現できる。 Functions of these units can be realized by a program stored in a computer.

以上が本実施の形態にかかる動画像符号化装置の構成である。 The above is the configuration of a video encoding apparatus according to this embodiment. 以下、本発明にかかる動画像符号化方法について、動画像符号化装置が実施する場合を例にあげ、図2、図3、図4を参照しながら説明する。 Hereinafter, the moving picture coding method according to the present invention, an example of the case where the moving picture coding apparatus is performed, FIG. 2, FIG. 3 will be described with reference to FIG.

図2は、図1の符号化部100中の内部予測/モード判定部102の構成を示すブロック図である。 Figure 2 is a block diagram showing the configuration of intra-prediction / mode determination unit 102 in the encoding unit 100 of FIG. 図2おいては、図1と共通する構成要素には同一の符号を付けてその説明を省略する。 Figure 2 Oite is the constituent elements common to FIG. 1 description thereof is omitted with the same reference numerals.

内部予測/モード判定部102は、符号化制御部108からインデックス長116を受ける予測制御部501と入力画像信号110及び参照画像メモリ107からの局部復号信号(参照画像)114を受けるモード制御部502を有する。 Intra-prediction / mode decision unit 102, the mode control unit 502 which receives the local decoded signal (reference image) 114 from the prediction control section 501 and the input image signal 110 and the reference image memory 107 for receiving the index length 116 from the encoding control unit 108 having. 予測制御部501とモード制御部502は図2に示されるように接続されている。 Prediction control unit 501 and the mode control unit 502 is connected as shown in FIG. 即ち、予測制御部501から出力される予測画像信号111はモード制御部502へと入力されるとともに図1のモード判定部103を経て逆量子化逆変換部106へ入力される。 That is, the prediction image signal 111 output from the prediction control unit 501 is input through a mode determination unit 103 of FIG. 1 to the inverse quantization inverse transform unit 106 is input to the mode control unit 502. モード制御部502から出力される復号信号504は予測制御部501へと入力される。 Decoded signal 504 output from the mode control unit 502 is input to the prediction control section 501. 更に入力画像信号110が減算器506へと入力され、予測制御部501から出力される予測画像信号111を減算されて予測誤差信号112が生成される。 Furthermore the input image signal 110 is input to the subtracter 506, prediction error signal 112 is generated by subtracting the prediction image signal 111 output from the prediction control section 501.

予測制御部501について図3を参照して詳細を説明する。 Prediction control unit 501 with reference to FIG. 3 will be described in detail. 予測制御部501は図2に示される符号化制御部108からインデックス長情報を受ける頻度情報テーブル116を受ける頻度情報テーブル抽出部201及び頻度情報テーブル生成部202を有する。 Prediction control unit 501 includes a frequency information table extraction unit 201 and frequency information table generating unit 202 receives the frequency information table 116 for receiving the index length information from the encoding control unit 108 shown in FIG. 頻度情報テーブル生成部202は、現在までに符号化された画素ブロックの予測情報209の頻度をテーブル化している。 Frequency information table generating unit 202 has a table of the frequency of the prediction information 209 of encoded pixel block to date. 画素ブロックを符号化する際、制御部210から与えられた予測情報209に従って頻度情報テーブル生成部202の頻度情報テーブルを更新する。 When coding pixel block, and updates the frequency information table of frequency information table generating unit 202 according to the prediction information 209 supplied from the control section 210. 更新した頻度情報テーブルは頻度情報テーブル抽出部201へと送られる。 Updated frequency information table is sent to the frequency information table extractor 201.

具体的に頻度情報テーブルについて説明する。 Specifically described frequency information table. 図7は頻度情報テーブルの更新を示している。 Figure 7 shows the updating of the frequency information table. 図7に示される数字は予測モードの番号を示している。 Numbers shown in FIG. 7 shows the number of prediction modes. 選択された予測モードの番号に従って、1つの画素ブロックのモード判定が完了するごとに、頻度情報テーブルが更新される。 According to the selected number of the prediction mode, the mode determination of one pixel block for each complete frequency information table is updated. 先ず、符号化対象画素ブロックの上と左に隣接する画素ブロックの予測モードに対して並び替え(ソーティング)が行われる。 First, sort (sorting) is performed on the prediction mode of the pixel block adjacent to the top and left of the encoding target pixel block. 例えば図中の右端の画素ブロックについて説明する。 For example, for the right edge of the pixel block in the drawings will be described. この画素ブロックの上の予測モードは1、左の予測モードは7である。 Prediction mode on the pixel block 1, the left prediction mode is 7. このとき、一つ前の頻度情報テーブルの中で、左隣に位置する予測モード7をテーブル中から探し、第1位(テーブルのインデックス0)へと移動する。 At this time, in the previous frequency information table, locate the prediction modes 7 positioned on the left side from the table, it moves to the first position (index 0 in the table). 次に上の予測モードである1をテーブル中から探し、第2位(テーブルのインデックス1)へと移動する。 Then look for 1 is a prediction mode of the upper from the table, it moves to the second position (table index of 1). このように各画素ブロックに対して隣接する上左の予測モードを頻度情報テーブルの上位に並び替え(ソーティング)することで、予測モードの頻度情報を得ることが可能となる。 By thus Sort prediction mode of the left upper adjacent to the upper frequency information table (sorting) for each pixel block, it is possible to obtain frequency information of the prediction mode.

一般的に撮影される画像はカメラ内の光学的特長や変換/量子化の過程によって似た性質を持つことが多く、符号化の際に似た予測方法がまとまった領域に選択され易い傾向がある。 Generally an image to be photographed optical characteristics of the camera and transformation / often having properties similar by the process of quantization, the tendency prediction method is selected in the coherent area that resembles in encoding is there. この頻度情報テーブルを用いると、符号化対象画素ブロック以前に選択された予測モードがテーブル中の上位に存在することになり、使われていない予測モードはテーブルの下位に存在することとなる。 Using this frequency information table, will be prediction mode selected in the encoding target pixel block prior to an upper level of the table, the prediction mode not being used will be present in the lower table.

制御部210に設定されているインデックス長は、図7に示されるテーブルインデックスの長さを定義するものである。 Index length set in the control section 210 defines the length of the table index as shown in FIG. たとえば、インデックス長が0の場合は、頻度情報テーブルのインデックス0に設定されている予測モードのみを予測し、符号化することを意味する。 For example, if the index length is 0, predicts only prediction mode set in index 0 of the frequency information table, it means to encode. 同様にインデックス長が1の場合はテーブル中の0〜3までの予測モードを予測し、符号化する。 Similarly, if the index length is 1 predicts the prediction modes 0 to 3 in the table, to encode. 同様にインデックス長が2の場合は、テーブル中の0〜7までの予測モードを予測し、符号化する。 If the index length is 2 Similarly, it predicts the prediction modes 0 to 7 in the table, to encode. 同様にインデックス長が3の場合はテーブル中の0〜15までの予測モードを予測し、符号化する。 Similarly, if the index length is 3 predicts the prediction modes 0 to 15 in the table, to encode. インデックス長がNの場合、以下の式に従って利用可能なテーブル中の予測モード数が決定される。 If the index length is N, the prediction mode number in the available table is determined according to the following equation.

L=1<<N (3) L = 1 << N (3)
頻度情報テーブルで、符号化に使用された予測モードの中で、頻度の高い予測モードが、テーブル中の上位に存在するため、より予測モードの予測が当たりやすい予測モードのみの予測画像生成を行う。 A frequency information table, in the prediction mode used in the encoding, high prediction modes frequently, to an upper level of the table, for prediction image generation only more likely prediction mode per the prediction of the prediction mode . 本方式を用いた予測を以下、フレキシブルモード予測と呼ぶ。 The prediction using this method hereinafter referred to as flexible mode prediction.

頻度情報テーブル生成部202で生成された頻度情報テーブルが、頻度情報テーブル抽出部201へと出力される。 Frequency information table generated by the frequency information table generating unit 202 is output to the frequency information table extractor 201. 頻度情報テーブル抽出部201は、入力された頻度情報テーブルの中から、インデックス長情報116に対応するL個の予測モードを抽出する。 Frequency information table extracting unit 201, from among the inputted frequency information table, it extracts the L-number prediction mode corresponding to the index length information 116. 頻度情報テーブル抽出部201は、符号化対象マクロブロックの量子化スケールの値が大きいか、或いは小さいか、に応じて、予測モードを抽出できる。 Frequency information table extracting unit 201, whether the value of the quantization scale of the coding target macroblock is larger or smaller, depending on, it can be extracted prediction mode. また、頻度情報テーブル抽出部201は、入力画像信号の解像度が高いか、又は低いか、に応じて予測モードを抽出できる。 Also, the frequency information table extracting section 201, or the resolution of the input image signal high or low, the prediction mode can be extracted in accordance with the. 抽出された予測モードが予測モード設定部203へと出力される。 Extracted prediction mode is output to the prediction mode setting unit 203. 予測モード設定部203は、入力された抽出予測モードの中から1つを選択して、選択した予測モードに設定する。 Prediction mode setting unit 203 selects one of the input extracted prediction mode is set to the selected prediction mode. この情報はテーブル情報211として制御部210に設定されるとともに、選択予測モードに応じて予測切替スイッチ207を切り替える。 With this information is set in the control section 210 as table information 211, it switches the prediction change-over switch 207 in accordance with the selected prediction mode. 切り替えられたスイッチ207の終端は対応する予測器(1,2,...N)204の1つへと接続される。 End of the switched switch 207 corresponding predictor (1,2, ... N) 204 is 1 Tsueto connection.

予測器(1,2,...N)204は、複数の予測方法を表している。 Predictor (1,2, ... N) 204 represents a plurality of prediction methods. 予測モード設定部203で設定された予測モードと、これに対応する予測器204の番号1〜Nが対応しており、あらかじめ規定された予測方法で予測が行われる。 The prediction mode set by the prediction mode setting unit 203, the number 1~N predictor 204 corresponding thereto correspond, the prediction at predefined prediction method is performed. ここでは例としてH. H. Examples here 264で規定されている4x4画素(方向)予測が行われる。 4x4 pixels defined in 264 (direction) prediction is performed.

H. H. 264の予測モードは9通りあり、図8(a)に示されるように、モード2を除いて夫々22.5度づつ異なる予測方向を持っている。 264 prediction modes There are 9, as shown in FIG. 8 (a), have respectively 22.5 degrees increments different prediction directions except mode 2. モード0からモード8までが規定されており、モード2は、DC予測となっている。 From the mode 0 to mode 8 are defined, mode 2 has a DC prediction. 4x4画素予測の予測ブロックと参照画素との関係が図8(b)に示されている。 4x4 relationship between the prediction block and reference pixel of the pixel prediction is shown in Figure 8 (b). 大文字AからMまでの画素が参照画素であり、小文字aからpまでの画素が対象予測画素である。 Pixels from uppercase A to M are reference pixels, pixels from lowercase a to p is the target predicted pixel.

予測器204に関して、予測方法を説明する。 Respect predictor 204, illustrating a prediction method. 予測器204では、モード2のDC予測が選択された場合、次式で予測画素が計算される。 The predictor 204, if the DC prediction of mode 2 is selected, the prediction pixel is calculated by the following equation.

H=(A+B+C+D)、V=(I+J+K+L) (4) H = (A + B + C + D), V = (I + J + K + L) (4)
a〜p=(H+V+4)>>3 a~p = (H + V + 4) >> 3
参照画素が利用できない時は、利用できる参照画素の平均値で予測される。 When the reference pixel is not available, it is predicted by the average value of the reference pixels available. 利用できる参照画素が1つも存在しない場合は、符号化装置の最大輝度値の半分の値(8ビットなら128)で予測値が計算される。 If reference pixels available is not present one, the predicted value at half the value of the maximum luminance value of the encoding apparatus (8 bits if 128) is calculated. その他のモードが選択された場合、予測器204は、図8(a)で示される予測方向に対して、参照画素から補間された予測値をコピーする予測方法を用いる。 If another mode is selected, the predictor 204, the prediction direction shown in FIG. 8 (a), the use of a prediction method for copying the interpolated predicted value from the reference pixels. 具体的には、モード0(垂直予測)が選択された場合の予測値生成方法を次式で説明する。 Specifically, the prediction value generation method when mode 0 (vertical prediction) is selected is described by the following equation.

a,e,i,m=A a, e, i, m = A
b,f,j,n=B b, f, j, n = B

c,g,k,o=C c, g, k, o = C
d,h,l,p=D (5) d, h, l, p = D (5)
このモードは、参照画素AからDまでが利用できるときだけ、選択することが可能である。 This mode, only when the reference pixels A to D are available, it is possible to select. 予測方法の詳細を図8(C)に示す。 The details of the prediction method shown in FIG. 8 (C). 参照画素A〜Dの輝度値がそのまま垂直方向にコピーされ、予測値として補填される。 Luminance values ​​of the reference pixels A~D is copied as it is in the vertical direction, it is compensated as the predicted value.

予測モード0,2以外の予測方法に関してもほぼ同様の枠組みが用いられており、予測方向に対して利用できる参照画素から補間値を生成し、その値を予測方向に応じてコピーするという予測を行う。 It has been used almost the same framework with regard prediction method other than the prediction mode 0,2, a prediction that generates an interpolation value from the reference pixels available for the prediction direction, and copying in accordance with the value in the prediction direction do. 画素ブロックと予測モードの対応は図9に示されている。 Corresponding pixel block and the prediction mode is shown in Figure 9. 図中のN/Aは対応する予測方法が定義されていないことを示している。 N / A in the figure shows that the corresponding prediction method is not defined.

予測器204から出力される予測画像信号111は内部予測/モード判定部102のモード制御部502(図2)へと出力されるとともに符号化部100のモード判定部103に入力される。 Predictor 204 predicted image signal 111 outputted from the input to the mode determining unit 103 of the encoding unit 100 is outputted to the mode control unit 502 of the intra-prediction / mode decision unit 102 (FIG. 2).

ここで予測画像信号111は図4に示されるモード制御部502において局部復号化処理によって生成された予測モードの残差信号305と加算され、復号信号306となる。 Here prediction image signal 111 is summed with the residual signal 305 of the prediction mode generated by the local decoding process in the mode control unit 502 shown in FIG. 4, the decoded signal 306. 復号信号306は内部参照画像メモリ205へ入力される。 Decoded signal 306 is input to the internal reference image memory 205. 内部参照画像メモリ205は、入力されてきた復号信号306を保存する。 Internal reference image memory 205 stores the decoded signal 306 that has been input. ここで保存された復号画像は以降の予測画像生成時に必要に応じて読み出され、予測器204へと出力され、参照画像として利用される。 Here stored decoded image is read out as required on subsequent predicted image generation, is output to the predictor 204 is used as a reference picture.

以上が本実施の形態にかかる予測制御部501の構成である。 The above is the configuration of the prediction controller 501 according to this embodiment. 次に、図4を参照してモード制御部502の構成を説明する。 Next, a configuration of the mode control unit 502 with reference to FIG. ここでは、図1及び図2と共通する構成要素には同一の符号を付けてその説明を省略する。 Here, the constituent elements common to Figures 1 and 2 the description thereof is omitted with the same reference numerals.

モード制御部502は、マクロブロックサイズよりも小さいブロックサイズの予測も行う。 Mode control unit 502 also performs prediction of a small block size than the macro block size. このモード制御部502は、内部モード判定部301、内部変換量子化部302、仮符号化処理部303、内部逆量子化逆変換部304、加算器305により構成される。 The mode control unit 502, the internal mode determination unit 301, an internal conversion quantization unit 302, the temporary encoding processing unit 303, an internal inverse quantization inverse transform unit 304, and an adder 305.

入力画像信号110と局部復号信号114とともにモード制御部501から出力された予測画像信号111がモード制御部502内の内部モード判定部301へと入力される。 Input image signal 110 and the local decoded signal 114 predicted image signal 111 outputted from the mode control unit 501 with is input to the internal mode determination unit 301 in the mode control unit 502. この内部モード判定部301は、予測モードの判定を行う機能を有する。 The internal mode determination unit 301 has a function of performing determination of a prediction mode. 式(1)、式(2)などを用いて予測モードの符号化コストを計算し、最適な予測モードを決定する。 Equation (1), by using a formula (2) to calculate the cost of coding the prediction mode, to determine the optimal prediction mode. 内部モード判定部301を通過した予測画像信号111は、内部変換量子化部302へ入力され、直交変換される。 Prediction image signal 111 that has passed through the internal mode determination unit 301 is input to the internal conversion quantization unit 302, it is orthogonal transform. ここでは例えば離散コサイン変換などを用いて直交変換される。 Here is orthogonally transformed using, for example, discrete cosine transform. 別の実施の形態として、ウェーブレット変換や独立成分解析などの手法を用いて変換係数を作成しても良い。 As another embodiment, it may be to create a transform coefficient using a technique such as wavelet transform or independent component analysis. 変換係数308は、さらに量子化される。 Transform coefficients 308 are further quantized. 量子化に必要とされる量子化パラメータは、符号化制御部108に設定されている。 Quantization parameter needed for quantization is set to the encoding control unit 108. 変換係数308は仮符号化処理部303へと出力されるとともに、内部逆量子化逆変換部304へと併せて出力される。 Transform coefficient 308 is outputted to the tentative coding unit 303, it is outputted together with the internal inverse quantization inverse transform unit 304. 仮符号化処理部303では、得られた変換係数308を元に符号量309を算出するための一時的な符号化を行う。 In tentative coding processing unit 303 performs a temporary coding for calculating the code amount 309 based on the transform coefficients 308 obtained. ここで得られた符号量309を内部モード判定部301へとフィードバックし、符号化コストを算出してもよい。 The code amount 309 obtained here is fed back to the internal mode determination unit 301 may calculate an encoding cost. 仮符号化処理部303で符号化された変換係数308は、符号化部100の符号化データ115に相当する。 Transform coefficients 308 are encoded by the tentative coding unit 303 corresponds to the encoded data 115 of the encoding unit 100.

一方、内部逆量子化逆変換部304では、得られた変換係数308を逆量子化する。 On the other hand, the internal inverse quantization inverse transform unit 304, inverse-quantizes the transform coefficients 308 obtained. ここでは変換量子化部302で利用された量子化に関するパラメータを用いて処理が行われる。 Here processing using a parameter relating to quantization which is used in converting the quantization unit 302 is performed. さらに逆量子化された変換係数は逆変換(例えば逆離散コサイン変換など)を行い、量子化された予測残差信号を生成する。 Transform coefficients dequantized further performs an inverse transform (e.g., inverse discrete cosine transform, etc.) to generate a prediction residual signal quantized. この予測残差信号は加算器305へと入力され、内部モード判定部301から供給される予測画像信号111と加算される。 The prediction residual signal is input to the adder 305, it is added to the prediction image signal 111 supplied from the internal mode determination unit 301. 予測残差信号と予測画像信号111の加算信号は復号信号306となる。 Addition signal of the predictive residual signal and the prediction image signal 111 becomes a decoded signal 306. モード制御部502は、復号信号306を予測制御部501へと出力する。 Mode control unit 502 outputs the decoded signal 306 to the prediction control section 501. 前述した局部復号化処理とは、モード制御部502内の内部モード判定部301⇒内部変換量子化部302⇒内部逆量子化逆変換部304⇒加算器305に対応する処理のことを指している。 The above-described local decoding processing, and refers to the process corresponding to the internal mode determination unit 301⇒ internal conversion quantizer 302⇒ internal inverse quantization inverse transform unit 304⇒ adder 305 in the mode control unit 502 .

内部予測ループ(図3、図4における予測モード設定部203⇒予測切替スイッチ207⇒予測器204⇒内部モード判定部301⇒内部変換量子化部302⇒内部逆量子化逆変換部304⇒加算器305⇒内部参照画像メモリ205といった順序で流れる処理)は、そのマクロブロック内の小画素ブロックで選択可能な全ての予測モードに対して処理を行った場合に1回のループとなる。 Internal prediction loop (Fig. 3, the prediction mode setting unit 203⇒ prediction selector switch 207⇒ predictor 204⇒ internal mode determination unit 301⇒ internal conversion quantizer 302⇒ internal inverse quantization inverse transform unit 304⇒ adder 305 in FIG. 4 ⇒ processing flows in the order such internal reference image memory 205) is a one loop when performing processing for all prediction modes selectable in the small pixel block in the macroblock.

例えば、4x4画素予測に対して、合計16回の内部予測ループを行うことになる。 For example, will perform against 4x4 pixel prediction, a total of 16 times the internal prediction loop. この場合、制御部210は、頻度情報テーブル抽出部201で選択された予測モードに対応する予測モードを予測モード設定部203によって設定され、予測切替スイッチ207を操作し、16回の内部予測ループを行い最適なモードの組み合わせを決定する。 In this case, the control unit 210 is set to the prediction mode corresponding to the prediction mode selected by the frequency information table extractor 201 by the prediction mode setting unit 203, by operating the prediction change-over switch 207, the 16 times of the internal prediction loop to determine the combination of make optimal mode. ここで得られた予測モードは予測画像信号111とともにモード制御部502の内部モード判定部301に順次入力され、符号化対象画素ブロックの最適モードが決定されることになる。 Here prediction mode obtained are sequentially input to the internal mode determination unit 301 of the mode control unit 502 together with the prediction image signal 111, so that the optimum mode of the encoding target pixel block is determined.

マクロブロックに対して内部予測ループが終了すると、次のマクロブロックの入力画像信号110が入力され、符号化が行われる。 When the internal prediction loop is completed for the macroblock, the input image signal 110 of the next macroblock is input, encoding is performed.

以上が本実施の形態における、動画像符号化装置100の概要である。 Or in the present embodiment, the outline of the moving picture coding apparatus 100.

本実施の形態においては、予測器204の予測方法として、H. In the present embodiment, as the prediction method of the predictor 204, H. 264のフレーム内予測を利用する例を示した。 264 intra-frame prediction of an example of use. しかし、予測方法に依存しないために、異なる予測方法を適用することも可能である。 However, in order not to depend on the prediction method, it is also possible to apply a different prediction method. たとえば、フレーム間予測時に頻度情報テーブルを用いて、動き補償ブロックサイズの予測を行っても良いし、動きベクトルの予測を行っても良い。 For example, using the frequency information table when inter-frame prediction may be performed to predict the motion compensation block size, it may be performed to predict the motion vector. 更に片方向予測や双方向予測の予測モードに対して頻度情報テーブルを作成しても良い。 It may further create a frequency information table for the prediction mode of unidirectional prediction or bidirectional prediction.

また、本実施の形態においては、予測モードの頻度情報テーブルの更新時に利用画素ブロック位置として、左と上の画素ブロックの予測モードを参照しているが、符号化対象画素ブロックの隣接画素ブロックとして、さらに広い領域でテーブルを更新しても良い。 Further, in this embodiment, as the usage pixel block position when updating the frequency information table of the prediction modes, reference is made to the prediction mode of the left and upper pixel block, as the adjacent pixel blocks of the encoding target pixel block , it may update the table in the wider region. 具体的には、時間的に前後する同位置の画素ブロックの予測モードを用いても良いし、利用可能な右上の画素ブロック、左上の画素ブロック、上の画素ブロック更にその上の画素ブロック、左の画素ブロックの更にその左の画素ブロックなどで選択されている予測モードを用いて、頻度情報テーブルを更新しても良い。 More specifically, the present invention may be used prediction mode of the same position of the pixel block chronologically successive, available upper right of the pixel block, the upper left pixel block, above the pixel block further pixel blocks thereon, left further using the prediction mode selected in such that the left pixel block of the pixel block may update the frequency information table.

また、本実施の形態においては、予測モードの頻度情報テーブルの更新ルールとして、左の画素ブロックの予測モードをインデックス0、上の画素ブロックの予測モードをインデックス1に挿入し、ソーティングを行っていたが、上の画素ブロックの予測モードをインデックス0、左の画素ブロックの予測モードをインデックス1に挿入し、ソーティングを行っても良いし、上述したように隣接画素ブロックを拡張して、頻度情報テーブルのソーティングを行っても良い。 Further, in this embodiment, as the update rule for the frequency information table of the prediction mode, inserts the prediction modes of the left pixel block index 0, the prediction mode of the upper pixel block index 1, was subjected to sorting but the index 0 the prediction mode of the upper pixel blocks, inserts the prediction mode of the left pixel block index 1, may be performed sorting extends the adjacent pixel blocks, as described above, the frequency information table it may be carried out of the sorting. また、頻度情報テーブルを予測モード数に併せて複数所持しても良いし、テーブルごとに異なる更新ルールを適用しても良い。 Also, it may be more possession together frequency information table of the number of prediction modes may be applied to different update rules for each table. いずれにせよ、符号化器と復号化器で同じ頻度情報テーブルを持っている必要がある。 In any case, it is necessary to have the same frequency information table in the encoder and decoder.

また、本実施の形態においては、処理対象フレームを16x16画素サイズなどの短形ブロックに分割し、画面左上のブロックから右下に向かって、順に符号化する場合について説明しているが、処理順は他の順序であっても良い。 Further, in the present embodiment, the process divides the target frame into rectangle blocks such as 16x16 pixel size, toward the lower right from the screen of the upper left block, have described the case where in order to encode, processing order it may be in other orders. 例えば、右下から左上に処理を行っても良いし、画面中央から渦巻状に処理を行っても良い。 For example, may be subjected to a treatment from the lower right to the upper left, it may be subjected to a treatment from the center of the screen in a spiral shape. 右上から左下に行っても良いし、画面の周辺部から中心部に向かって処理を行っても良い。 It from the upper right may be performed in the lower left, it may be subjected to a treatment toward the center from the periphery of the screen.

また、実施の形態においては、変換量子化ブロックサイズを16x16画素単位のマクロブロックとして分割し、さらにフレーム内予測の処理単位として、8x8画素ブロックや4x4画素ブロックの場合について説明しているが、処理対象ブロックは均一なブロック形状にする必要は無く、16x8画素、8x16画素、8x4画素、4x8画素、などのブロックサイズに関しても適用可能である。 Further, in the embodiment, the transformed and quantized block size is divided as a macro block of 16x16 pixels, as a processing unit for further in-frame prediction has been described for the case of 8x8 pixel blocks and 4x4 pixel blocks, processing target block need not be uniform block shape, 16x8 pixels, 8x16 pixels, 8x4 pixels, can be applied with respect to the block size, such as 4x8 pixels. 例えば、8x4画素ブロックや2x2画素ブロックに対しても、同様の枠組みで実現が可能である。 For example, even for 8x4 pixel block or 2x2 pixel block, it is possible to realize a similar framework. 更に、1つのマクロブロック中で、均一なブロックサイズを取る必要はなく、夫々異なるブロックの大きさを選択しても良い。 Furthermore, in one macroblock, it is not necessary to take a uniform block size may be selected the size of the respective different blocks. 例えば、マクロブロック内で8x8画素ブロックと4x4画素ブロックを混在させても良い。 For example, it may be mixed 8x8 pixel blocks and 4x4 pixel blocks in the macro block. この場合、分割数が増えると、分割情報を符号化するための符号量が増加するが、より精度の高い予測が可能であり、予測誤差を削減することが可能である。 In this case, the division number is increased, but code amount for encoding the division information is increased, but may be more accurate prediction, it is possible to reduce the prediction error. よって、変換係数の符号量と局所復号画像とのバランスを考慮して、ブロックサイズを選択すればよい。 Therefore, in consideration of the balance between the code amount and the local decoded image of the transform coefficients may be selected block size. 即ち、符号化モード毎に対応する予測画素ブロックのサイズを特定の画素ブロックサイズ内で切り替えてもよい。 That is, the size of the prediction pixel block corresponding to the coding mode for each may be switched in a specific pixel block size.

また、実施の形態においては、変換量子化部104、逆量子化逆変換部106及び内部変換量子化部302、内部逆量子化逆変換部304が設けられている。 Further, in the embodiment, conversion quantization unit 104, inverse quantization inverse transform unit 106 and the internal conversion quantization unit 302, an internal inverse quantization inverse transform unit 304 is provided. しかし、必ずしも全ての予測誤差信号に対して変換量子化及び逆量子化逆変換を行う必要は無く、予測誤差信号をそのまま符号化処理部105、仮符号化処理部303で符号化してもよいし、量子化及び逆量子化処理を省略しても良い。 However, not necessarily with respect to all prediction error signals to convert quantization and inverse quantization inverse transform the prediction error signal as encoding processing unit 105, it may be encoded with tentative coding unit 303 , it may be omitted quantization and inverse quantization. 同様に、変換処理と逆変換処理を行わなくても良い。 Similarly, it is not carried out the conversion process and inverse transform process.

以上が本実施の形態にかかる内部予測及びモード判定部102の構成である。 The above is the configuration of the intra-prediction and mode determination unit 102 according to this embodiment. 以下、本発明にかかる動画像符号化方法について、動画像符号化装置が実施する場合を例にあげ、図6を参照しながら説明する。 Hereinafter, the moving picture coding method according to the present invention, an example of the case where the moving picture coding apparatus is performed, will be described with reference to FIG.

符号化部100に1フレーム分の入力画像信号110が入力される(ステップS1)と画像分割部101は、入力画像信号110を複数のマクロブロックに分割し、更に複数の小画素ブロックへと分割する(ステップS2)。 The input image signal 110 of one frame to the coding unit 100 is input (step S1) and the image dividing unit 101 divides the input image signal 110 into a plurality of macro-blocks, divided into further plurality of sub-pixels block (step S2). 入力画像信号110がブロック単位で内部予測及びモード判定部102へと入力される。 Input image signal 110 is input to the intra-prediction and mode decision unit 102 in block units. このとき、モード判定部103では、モードを示すインデックスやコストの初期化を行う(ステップS3)。 At this time, the mode determination unit 103 initializes the index and the cost indicating the mode (step S3).

入力画像信号110を用いて、内部予測及びモード判定部102にて、符号化対象ブロックで選択可能な1つの予測モードにおける予測画像信号を生成する(ステップS4)。 Using the input image signal 110, by the internal prediction and mode decision unit 102, and generates a prediction image signal of one selectable by the encoding target block in the prediction mode (step S4). このとき使用された予測モードによって頻度テーブルが仮更新される(ステップS5)。 The frequency table is temporarily updated by the time the prediction mode used (step S5).

予測画像信号111と入力画像信号110の差分を取り、予測誤差信号112を生成する。 Take the difference between the input image signal 110 and the prediction image signal 111 to generate a prediction error signal 112. 予測モードの符号量OHと予測誤差信号112の絶対値和SADからコストcostを計算する。 Calculating the cost cost and code amount OH of the prediction mode from the absolute value sum SAD of the prediction error signal 112. 又は符号化歪Dと符号量Rから式(2)を用いて符号化costを計算する(ステップS6)。 Or computing the encoding cost by using the coding distortion D and the code amount R Equation (2) (step S6).

モード判定部103は、計算されたコストcostが、最小コストmin_costより小さいか否かを判別し(ステップS7)、小さい場合(YES)にはそのコストで最小コストを更新するとともに、その際の符号化モードをbest_modeインデックスとして頻度情報テーブルに保持する(ステップS8)。 Mode determination unit 103, the calculated cost cost is, it is determined whether or not the minimum cost min_cost is smaller than (step S7), and the smaller (YES) updates the minimum cost in the cost, the code at that time the mode of holding the frequency information table as best_mode index (step S8). 同時に予測画像信号111を内部メモリに一時保持する(ステップS9)。 At the same time temporarily stores a predicted image signal 111 to the internal memory (step S9). 計算されたコストcostが、最小コストmin_costより大きい場合、モード番号を示すindexをインクリメントし、インクリメント後のindexがモードの最後かどうかを判定する(ステップS10)。 Determining calculated cost cost is minimum cost min_cost larger than increments the index indicating a mode number, if the last or index modes of the incremented (step S10).

indexがモードの最後の番号であるMAXよりも大きい場合(YES)、決定されたベストモードによって頻度情報テーブルが更新される(ステップS11)。 If index is greater than MAX indicating the number of the last mode (YES), the frequency information table is updated by the determined best mode (step S11). best_modeの符号化モード情報及び予測誤差信号112が変換量子化部104へと渡され、変換及び量子化が行われる(ステップS12)。 Coding mode information and prediction error signal 112 of best_mode is passed to the converter quantization unit 104, transform and quantization is performed (step S12). 量子化された変換係数113が符号化処理部105へと入力され、予測情報109が符号化処理部105でエントロピー符号化される(ステップS13)。 Transform coefficient 113 quantized is input to the encoding processing unit 105, the prediction information 109 are entropy encoded by the encoding processing section 105 (step S13).

一方、indexがモードの最後の番号であるMAXよりも小さい場合(NO)、頻度情報テーブルはリセットされ(ステップS14)され、処理はステップS4に戻り、次のindexで示される符号化モードの予測画像信号111が生成される。 On the other hand, if the index is less than MAX indicating the number of the last mode (NO), the frequency information table is reset (step S14), and the process returns to step S4, the prediction of the encoding mode indicated by the next index image signal 111 is generated.

best_modeでの符号化が行われると、量子化された変換係数113が逆量子化逆変換部106へと入力され、逆量子化及び逆変換が行われる(ステップS15)。 When encoding in best_mode is performed, the input transform coefficients 113 which are quantized to inverse quantization inverse transform unit 106, inverse quantization and inverse transform is performed (step S15). 復号された予測誤差信号112とモード判定部103から供給されるbest_modeの予測画像信号111が加算され、復号画像信号114として、参照画像メモリ107へと保存される(ステップS16)。 Prediction image signal 111 of best_mode supplied from the prediction error signal 112 and the mode determining unit 103 decoded is added, as a decoded image signal 114 is stored into the reference image memory 107 (step S16).

ここで、1フレームの符号化が終了しているかどうかの判定が行なわれる(ステップS17)。 Here, it is determined whether one frame encoding is ended (step S17). 処理が完了している場合(YES)、処理はステップS1に戻り、次のフレームの入力画像信号が入力され、符号化処理が行われる。 If the process is completed (YES), the process returns to step S1, the input image signal of the next frame is input, the encoding processing is performed. 一方、1フレームの符号化処理が完了していない場合(NO)、処理はステップS2に戻り、次の小画素ブロックの入力信号が入力され、符号化処理が継続される。 On the other hand, if the encoding process of one frame is not completed (NO), the process returns to step S2, the input signal of the next small pixel block is input, the encoding process is continued.

本実施の形態において、フレーム単位のマルチパスで符号化する場合、頻度情報テーブルのインデックス長を変えて、毎回符号化する必要はなく、符号量の増加のみを別途テーブル化して累積しておき、符号化コストを計算し、最適なインデックス長を決定することが可能である。 In this embodiment, when encoding a multi-path frame, by changing the index length in the frequency information table is not necessary to encode each time leave accumulated separately tabulated only increase in code amount, the encoding cost is calculated, it is possible to determine the best index length. よって再符号化を利用せずとも予測誤差が変わらないため、処理を大幅に削減することが可能である。 Thus for without use of re-encoding the prediction error does not change, it is possible to greatly reduce the processing.

以上が本実施の形態における、動画像符号化装置の概要である。 Or in the present embodiment, an overview of the moving picture coding apparatus. 次に本予測方式で用いるシンタクスの符号化方法について説明する。 It will now be described coding method syntax used in this prediction scheme.
図10に本実施の形態で用いられるシンタクスの構造の概略を示す。 It shows a schematic of a structure of syntax used in this embodiment in FIG. 10. シンタクスは主に3つのパートからなり、ハイレベルシンタクス(401)はスライス以上の上位レイヤのシンタクス情報が詰め込まれている。 Syntax is mainly composed of three parts, the high level syntax (401) is syntax information of the above upper layer slices are packed. スライスレベルシンタクス(402)では、スライス毎に必要な情報が明記されており、マクロブロックレベルシンタクス(403)では、マクロブロック毎に必要とされる量子化パラメータの変更値やモード情報などが明記されている。 In the slice level syntax (402), information necessary for each slice have been specified, the macro-block level syntax (403), such as a change value or mode information of the quantization parameter needed for every macroblock is specified ing.

夫々は、さらに詳細なシンタクスで構成されており、ハイレベルシンタクス(401)では、シーケンスパラメータセットシンタクス(404)とピクチャパラメータセットシンタクス(405)などのシーケンス、ピクチャレベルのシンタクスから構成されている。 Each is composed of further detailed syntaxes are configured, in the high-level syntax (401), a sequence parameter set syntax (404) and picture parameter set syntax (405) sequence, such as the picture level syntax. スライスレベルシンタクス(402)では、スライスヘッダーシンタクス(406)、スライスデータシンタクス(407)などから成る。 In the slice level syntax (402), slice header syntax (406), and the like slice data syntax (407). さらに、マクロブロックレベルシンタクス(403)は、マクロブロックレイヤーシンタクス(408)、マクロブロックプレディクションシンタクス(409)などから構成されている。 Further, the macroblock level syntax (403), the macroblock layer syntax (408), and a like macroblock prediction syntax (409).

本実施の形態で、必要となるシンタクス情報はシーケンスパラメータセットシンタクス(404)、ピクチャパラメータセットシンタクス(405)、スライスヘッダーシンタクス(406)、マクロブロックレイヤーシンタクス(408)であり、夫々のシンタクスを以下で説明する。 In this embodiment, syntax information required is the sequence parameter set syntax (404), picture parameter set syntax (405), slice header syntax (406), a macroblock layer syntax (408), following the syntax of each in the description.

図11のシーケンスパラメータセットシンタクス内に示されるseq_flexble_mode_prediction_flagは、フレキシブルモード予測の利用可否をシーケンス毎に変更するかどうかを示すフラグであり、当該フラグがTRUEであるときは、フレキシブルモード予測を利用するかどうかを、シーケンス単位で切り替えることが可能である。 seq_flexble_mode_prediction_flag shown in the sequence parameter set syntax of FIG. 11 is a flag indicating whether to change the availability of flexible mode prediction for each sequence, or when the flag is TRUE, utilizes a flexible mode prediction how it is possible to switch in sequence unit. 一方、フラグがFALSEであるときは、シーケンス内ではフレキシブルモード予測を用いることが出来ない。 On the other hand, when the flag is FALSE, it is impossible to use a flexible mode prediction in the sequence.

図12のピクチャーパラメータセットシンタクス内に示されるpic_flexble_mode_prediction_flagは、フレキシブルモード予測の利用可否をピクチャ毎に変更するかどうかを示すフラグであり、このフラグがTRUEであるときは、フレキシブルモード予測を利用するかどうかを、ピクチャ単位で切り替えることが可能である。 pic_flexble_mode_prediction_flag shown in FIG. 12 the picture parameter set in syntax of a flag indicating whether to change the availability of flexible mode prediction for each picture, or the flag when it is TRUE utilizes a flexible mode prediction how it is possible to switch on a picture-by-picture basis. 一方、フラグがFALSEであるときは、ピクチャ内ではフレキシブルモード予測を用いることが出来ない。 On the other hand, when the flag is FALSE, it is impossible to use a flexible mode prediction in the picture. seq_flexble_mode_prediction_flagがTRUEの場合は必ず、pic_flexble_mode_prediction_flagが送信される。 seq_flexble_mode_prediction_flag is always in the case of TRUE, pic_flexble_mode_prediction_flag is sent. この時pic_flexble_mode_prediction_flagがFALSEの場合は、table_index_lengthが送信される。 At this time pic_flexble_mode_prediction_flag the case of FALSE, table_index_length is transmitted. 本シンタクスは、フレキシブルモード予測で利用可能な頻度情報テーブルのインデックス長を表している。 This syntax represents the index length in the frequency information table is available in flexible mode prediction.

図13のスライスヘッダーシンタクス内に示されるslice_flexble_mode_prediction_flagは、フレキシブルモード予測の利用可否をスライス毎に変更するかどうかを示すフラグであり、このフラグがTRUEであるときは、フレキシブルモード予測を利用するかどうかを、スライス単位で切り替えることが可能である。 slice_flexble_mode_prediction_flag shown in the slice header syntax of FIG. 13 is a flag indicating whether to change the availability of flexible mode prediction for each slice, if this flag when it is TRUE utilizes a flexible mode prediction and it is possible to switch in units of slices. 一方、フラグがFALSEであるときは、スライス内ではフレキシブルモード予測を用いることが出来ない。 On the other hand, when the flag is FALSE, it is impossible to use a flexible mode prediction in the slice. pic_flexble_mode_prediction_flagがTRUEであるときは、必ずslice_flexble_mode_prediction_flagが送信される。 When pic_flexble_mode_prediction_flag is TRUE, always slice_flexble_mode_prediction_flag is sent. この時slice_flexble_mode_prediction_flagがFALSEの場合は、table_index_lengthが送信される。 At this time slice_flexble_mode_prediction_flag the case of FALSE, table_index_length is transmitted. 本シンタクスは、フレキシブルモード予測で利用可能な頻度情報テーブルのインデックス長を表している。 This syntax represents the index length in the frequency information table is available in flexible mode prediction.

図14のマクロブロックレイヤーシンタクス内に示されるmb_flexble_mode_prediction_flagは、フレキシブルモード予測の利用可否を符号化対象マクロブロックで利用するかどうかを示すフラグであり、このフラグがTRUEであるときは、フレキシブルモード予測を利用する。 mb_flexble_mode_prediction_flag shown in the macroblock layer syntax of FIG. 14 is a flag indicating whether to use the availability of flexible mode prediction in the encoding target macro block, when this flag is TRUE, the flexible mode prediction use to. 一方、フラグがFALSEであるときは、フレキシブルモード予測は利用されない。 On the other hand, when the flag is FALSE, flexible mode prediction is not used. このフラグがTRUEのときには、必ず、mode_indexが送信される。 This flag is at the TRUE is always, Mode_index is transmitted. これは符号化対象マクロブロックの予測モードインデックスを示しており、頻度情報テーブルの何番目の予測モードが選択されているかを示している。 This indicates a prediction mode index of the encoding target macroblock indicates what number of prediction modes in the frequency information table is selected. シンタクス中のBlkSizeは、符号化対象画素ブロックの数を表しており、4x4画素ブロックでは16、8x8画素ブロックでは4、16x16画素ブロックでは1が対応する。 BlkSize in the syntax represents the number of coded pixel blocks, in 4x4 pixel block 1 corresponds in 4,16x16 pixel block in 16,8x8 pixel block. mode_indexの符号量は、二値化の過程で、上位シンタクスに記述されるtable_index_lengthによって変更される。 Code amount of mode_index in the course of binarization is changed by table_index_length described in the upper syntax. たとえば、table_index_lengthが4の場合、[数3]式に従って0〜15までのテーブルインデックスが利用できることになる。 For example, if table_index_length is 4, so that the availability of the table index of 0 to 15 in accordance with equation (3) expression. mode_indexは、この16個のテーブルインデックスを表しており、等長符号を与えると4ビットのシンタクスとなる。 mode_index represents the the 16 table index, a 4-bit syntax Given the equal-length code. 二値化では、対応するシンタクス要素の頻度情報に従って最も符号量が少なくなるように設計されることが望ましい。 Two A value of, be designed so that the most amount of codes according to the frequency information of the corresponding syntax element is less desirable. 二値化の例として図17を参照しながら説明する。 Referring to FIG. 17 will be described as an example of the binarization.

図17はインデックス長がL=16(N=4)であるときの二値化の例を示している。 Figure 17 shows an example of a binarized time index length is L = 16 (N = 4). L=16の時、テーブルインデックスの選択可能な値は0〜15の16個である(表の一列目の番号に該当)。 When L = 16, selectable values ​​of table index is 16 0 to 15 (corresponding to one column of numbers in Table). これらのテーブルインデックス番号の発生確率が分かっていない場合、等長符号を用いて二値化することがもっとも簡単である(表の二列目)。 If the probability of occurrence of these table index number is not known, it is easiest to binarizing with equal length code (second row of the table). 表中のビット列はmode_indexを表している。 Bit sequence in the table represent Mode_index. 一方、事前にテーブルインデックス番号の発生確率が分かっている場合、発生確率に応じてハフマン符号を用いて二値化を行うことで、テーブルインデックスを表すmode_indexのビット数を削減することが可能である。 On the other hand, if you know the occurrence probability table index numbers in advance, by performing the binarization using the Huffman code according to the occurrence probability, it is possible to reduce the number of bits of mode_index representing the table index . 図17の表の二列目にハフマン符号の一例を示す。 It shows an example of a Huffman code in the second row of the table of Figure 17. 頻度情報テーブルが予め発生頻度に従って更新されているため、テーブルインデックスの上位に表に示されるような短い符号を与えることによって、テーブルインデックスの符号量をより削減することが可能である。 Since the frequency information table is updated in accordance with a previously generated frequency, by providing a short code as shown in the table upper table index, it is possible to further reduce the amount of code table index. 表中の四列目がハフマン符号を生成したときの発生確率を示している。 Four column of the table indicates the probability when generating the Huffman codes.

モード判定部103及び予測モード設定部203で選択された予測モードを表すテーブルインデックスの番号は図17で表されるような変換テーブルによって二値化され、この二値化ビット列が符号化処理部105及び仮符号化部303によってエントロピー符号化(たとえば算術符号化など)される。 Number of table index representing the prediction mode selected by the mode determining unit 103 and the prediction mode setting unit 203 is binarized by a conversion table as represented in Figure 17, the binarization bit sequence coding processing unit 105 and tentative coding unit 303 by the entropy coding (e.g. arithmetic coding, etc.) by the. 上記符号化以外にエントロピー符号やシャノン符号、算術符号などの方法を用いてインデックスを二値化しても良い。 Entropy coding or Shannon codes other than the coding may be binarized indexes using a method such as arithmetic encoding.

本実施の別の形態としては、図14で示されるmacroblock_dataシンタクスを図15で表されるようなシンタクスに変えても良い。 Another embodiment may be changed to syntax as represented in Figure 15 the macroblock_data syntax shown in FIG. 14. 図14との違いはmode_index[iBlk]の値が、予め定められたESCAPE_CODEの場合、更にecs_mode_index[iBlk]が送られるという点である。 The difference between FIG. 14 is the value of mode_index [iBlk] is, for ESCAPE_CODE predetermined, is that further ecs_mode_index [iBlk] is sent.

例えば、図17において符号列1111(もしくはハフマン符号の11111)がESCAPE_CODEの場合、現在のテーブル長table_index_lenghtで示される頻度情報テーブルの中に、該当する予測モードが含まれていないことを示す。 For example, the code string 1111 (or 11111 Huffman code) 17 cases of escape_code, in the frequency information table indicated by the current table length Table_index_lenght, indicating that it does not contain prediction mode applicable. ecs_mode_index[iBlk]は、更にtable_index_lengthで示されるテーブル長より後のインデックス番号を示している。 ecs_mode_index [iBlk] shows a further index number after the table length indicated by Table_index_length. 例えば、頻度情報テーブルの長さ(全予測モード数を示す)M=15、インデックス長L=8の場合の例を図18に示す。 For example, it is shown the length of the frequency information table (indicating the total number of prediction modes) M = 15, an example of the index length L = 8 in FIG. 18. 選択された頻度情報テーブルのインデックスがインデックス長L=8内からはみ出した場合、mode_index[iBlk]にはESCAPE_CODEがセットされる。 If the index of the selected frequency information table protruding from inside index length L = 8, ESCAPE_CODE is set in the mode_index [iBlk]. 更にはみ出したインデックスに対応するecs_mode_index[iBlk]が送られる。 ecs_mode_index [iBlk] is sent corresponding to the further protruding index. 例えば、図中で選択された頻度情報テーブルのインデックスが10のとき、mode_index[iBlk]にESCAPE_CODE=111がセットされ、同時にecs_mode_index[iBlk]に011がセットされる。 For example, when the index of the frequency information table selected in the figure is 10, mode_index [iBlk] ESCAPE_CODE = 111 is set to be set 011 to simultaneously ecs_mode_index [iBlk]. このようにすることで、全ての予測モードをデコーダに送信することが可能となるため、予測モードの追加や削減などの拡張が容易となる。 In this way, it becomes possible to send all the prediction modes of the decoder, it is easy to expand, such as adding or reducing the prediction mode. また、夫々の予測モードに対応するシンタクスの設計等が不要となる。 In addition, design and the like of the syntax corresponding to the prediction mode of each is not required.

本実施の別の形態としては、図16で表されるようなシンタクスを用いても良い。 Another embodiment may use syntax such as represented in Figure 16. この場合、上位シンタクスに付加されているseq_flexble_mode_prediction_flag、pic_flexble_mode_prediction_flag、slice_flexble_mode_prediction_flag、table_index_lengthは必要とされない。 In this case, not seq_flexble_mode_prediction_flag added to the upper syntax, pic_flexble_mode_prediction_flag, slice_flexble_mode_prediction_flag, table_index_length is required. この場合、インデックス長が送信されないため、常にテーブルの全ての値が利用できる。 In this case, since the index length is not sent, always all the values ​​in the table are available. 頻度情報テーブルの更新によって、常に当該ブロックでは最頻の情報がテーブルの上位に来ているため、前述した図18の三列目で表現されるような二値化テーブルを用意することにより、少ない符号量でテーブルインデックス番号を送ることが可能である。 By updating the frequency information table, always because in the block is coming on top of the information of the modal table, by providing a binarization table as represented in the third row of FIG. 18 described above, less it is possible to send a table index number, the code amount.

以上説明したように本実施の形態では、選択された予測モードの頻度情報テーブルを利用して、符号化対象ブロックに対して、テーブルから与えられる予測モードの中から、テーブルの上位に存在する出現頻度の高い予測モードのみを抽出して予測画像信号生成を行い、抽出した際のテーブルのインデックス長をシンタクスに多重化して復号化器に送信することで、従来の予測画像生成方法よりも高い符号化効率を維持しつつ、ハードウェアの演算コストを削減した予測画像が生成できる。 Appearing in the present embodiment as described above, by using the frequency information table of the prediction mode selected, that exists for the encoding target block, from among the prediction modes supplied from the table, the top of the table It performs prediction image signal generated by extracting only a high prediction mode frequently, by transmitting the index length of the table at the time of extraction to the decoder in multiplexed into syntax, higher than conventional prediction image generation method code reduction while maintaining the efficiency prediction image with a reduced computation cost hardware can generate. つまり画素ブロックの内容等に応じて好適な符号化をなすことができる。 That can be made suitable coding in accordance with the contents or the like of the pixel block.

(符号化:第2の実施の形態) (Coding: second embodiment)
図19は、第2の実施形態に係る動画像符号化装置の構成の中で、第1の実施の形態と異なるブロックである予測制御部600を示すブロック図である。 19, in the configuration of a video encoding apparatus according to the second embodiment, a block diagram illustrating a predictive control unit 600 is a block different from the first embodiment. 本実施の形態では、第1の実施の形態で説明済みの予測制御部501と異なり、予測制御部600には2つの異なる予測部であるL0予測部604とL1予測部608とが設けられる。 In this embodiment, unlike the prediction control unit 501 described previously in the first embodiment, the L0 prediction unit 604 are two different prediction unit and the L1 prediction unit 608 is provided in the prediction control section 600. 一方、予測部604,608にそれぞれ対応するL0,L1頻度情報テーブル抽出部601,605、L0、L1頻度情報生成部602、606,L0、L1予測モード設定部603、607が設けられている。 On the other hand, the corresponding L0 respectively to the prediction unit 604, 608, L1 frequency information table extractor 601 and 605, L0, L1 frequency information generating unit 602, 606, L0, L1 prediction mode setting unit 603 and 607 are provided. また、これら異なるL0,L1予測部604,608から出力された予測画像に対してフィルタ処理を行う適応フィルタ部609が設けられている。 The adaptive filter unit 609 performs filtering process is provided for the different L0, L1 outputted predicted image from the prediction unit 604, 608. 尚、既に説明した機能と同様の機能を持つものに対しては同じ参照符号を与えて、その説明を省略する。 Incidentally, for those with already the same functions described functions provided with the same reference numerals, and description thereof is omitted.

内部予測及びモード判定部102では、図2に示される予測制御部501に対応する予測制御部600とモード制御部502が設けられる。 In intra-prediction and mode decision unit 102, the prediction controller 600 and the mode control unit 502 corresponding to the prediction control section 501 shown in FIG. 2 are provided. 予測制御部600は予測制御部501と同様にモード制御部502に接続されており、予測制御部600から出力される予測画像信号111がモード制御部502へと入力され、モード制御部502から出力される復号信号306が予測制御部600へと入力される。 Prediction control unit 600 is likewise connected to the mode control unit 502 and the prediction control section 501, the prediction image signal 111 output from the prediction control section 600 is input to the mode control unit 502, the output from the mode control unit 502 decoded signal 306 which is is input to the prediction control section 600. 入力画像信号110は減算器506へと入力され、予測制御部600から出力される予測画像信号111を減算されて予測誤差信号112を生成する。 The input image signal 110 is input to the subtractor 506 generates a predictive error signal 112 is subtracted a prediction image signal 111 output from the prediction control section 600. モード制御部502は、マクロブロックサイズよりも小さいブロックサイズの予測も行うために、図4に示されるように内部モード判定部301、内部変換量子化部302、仮符号化処理部303、内部逆量子化逆変換部304、加算器305を有する。 Mode control unit 502, in order to also perform prediction of smaller block sizes than the macro block size, the internal mode determination unit 301 as shown in FIG. 4, an internal conversion quantization unit 302, the temporary encoding processing unit 303, an internal inverse quantization inverse transform unit 304, an adder 305.

L0予測部604は、既に符号化された時間的に過去を示す参照画像(局部復号画像)を用いて予測を行う。 L0 prediction unit 604 performs prediction using already coded temporally reference image showing the past (local decoded image). 一方、L1予測部608は、既に符号化された時間的に未来を示す参照画像(局部復号画像)を用いて予測を行う。 On the other hand, L1 prediction unit 608 performs prediction using the reference image already shows the coded temporally future (local decoded image). 夫々の予測には対応する参照画像の番号(以下L0REF、L1REFで表す)と予測するブロックの形状、動きベクトル情報などの予測情報612が必要である。 The respective predicted shape of the block to be predicted corresponding reference image number (hereinafter L0REF, represented by L1REF) and is required prediction information 612 such as motion vector information.

L0頻度情報テーブル生成部602は、現在までに符号化された画素ブロックのL0予測に関する予測情報612の頻度をテーブル化している。 L0 frequency information table generating unit 602 has a table of the frequency of the prediction information 612 regarding L0 prediction encoded pixel blocks so far. 符号化対象画素ブロックを符号化する際、制御部210から与えられた後述する予測情報612に従ってL0頻度情報テーブルを更新する。 When coding the coding target pixel block, according to the prediction information 612 to be described later it is supplied from the control unit 210 updates the L0 frequency information table. 更新したL0頻度情報テーブルはL0頻度情報テーブル抽出部601へと送られる。 Updated L0 frequency information table is sent to L0 frequency information table extractor 601. L0頻度情報テーブル生成部602で生成されたL0頻度情報テーブルが、L0頻度情報テーブル抽出部601へと出力される。 L0 frequency information table generated by the L0 frequency information table generating unit 602 is output to the L0 frequency information table extractor 601. L0頻度情報テーブル抽出部601は、入力されたL0頻度情報テーブルの中から、制御部210に設定されているテーブルインデックス長の分のL個のL0予測情報を抽出する。 L0 frequency information table extracting unit 601 from the inputted L0 frequency information table, extracts the partial of L L0 prediction information table index length set in the control unit 210. 抽出されたL0予測情報がL0予測モード設定部603へと出力される。 L0 prediction information extracted is output to L0 prediction mode setting unit 603. L0予測モード設定部603は、入力された抽出L0予測情報の中から1つを選択する。 L0 prediction mode setting unit 603 selects one of the extracted L0 prediction information input. この選択LO予測情報はL0テーブル情報613として制御部210に設定されるとともに、L0予測に必要な参照画像(L0REF)を内部参照画像メモリ610から呼び出す。 The selection LO prediction information while being set in the control unit 210 as the L0 table information 613, calls the reference image (L0REF) required L0 prediction from the internal reference image memory 610. 呼び出された参照画像(L0REF)が、L0予測部604へと入力され、この参照画像(L0REF)を用いてL0予測が行われる。 Called reference image (L0REF) is input to the L0 prediction unit 604, L0 prediction is performed using the reference image (L0REF). L0予測部604で生成されたL0予測画像信号614が適応フィルタ部609へと入力される。 L0 prediction image signal 614 generated by the L0 prediction unit 604 is input to the adaptive filter unit 609.

一方、L1頻度情報テーブル生成部606は、現在までに符号化された画素ブロックのL1予測に関する予測情報612の頻度をテーブル化している。 On the other hand, L1 frequency information table generating unit 606 has a table of the frequency of the prediction information 612 regarding L1 prediction encoded pixel blocks so far. 符号化対象画素ブロックを符号化する際、制御部210から与えられた後述する予測情報612に従ってL1頻度情報テーブルを更新する。 When coding the coding target pixel block, and updates the L1 frequency information table according to the prediction information 612 to be described later it is supplied from the control unit 210. 更新したL1頻度情報テーブルはL1頻度情報テーブル抽出部605へと送られる。 Updated L1 frequency information table is sent to L1 frequency information table extractor 605. L1頻度情報テーブル生成部606で生成されたL1頻度情報テーブルが、L1頻度情報テーブル抽出部605へと出力される。 L1 frequency information table generated by the L1 frequency information table generating unit 606 is output to the L1 frequency information table extractor 605. L1頻度情報テーブル抽出部605は、入力されたL1頻度情報テーブルの中から、制御部210に設定されているテーブルインデックス長の分のL個のL1予測情報を抽出する。 L1 frequency information table extracting unit 605 from the L1 frequency information table that is input, extracts a partial of L L1 prediction information table index length set in the control unit 210. 抽出されたL1予測情報がL1予測モード設定部607へと出力される。 L1 prediction information extracted is output to L1 prediction mode setting unit 607. L1予測モード設定部607では、入力された抽出L1予測情報の中から1つを選択する。 In L1 prediction mode setting unit 607 selects one of the extracted L1 prediction information input. この選択L1予測情報はL1テーブル情報617として制御部210に設定されるとともに、L1予測に必要な参照画像(L1REF)を内部参照画像メモリ610から呼び出す。 The selection L1 prediction information while being set in the control unit 210 as the L1 table information 617, call reference image necessary for L1 predict (L1REF) from the internal reference image memory 610. 呼び出された参照画像(L1REF)が、L1予測部608へと入力され、L1予測が行われる。 Called reference image (L1REF) is inputted to the L1 prediction unit 608, L1 prediction is performed. L1予測部608で生成されたL1予測画像信号615が適応フィルタ部609へと入力される。 L1 L1 prediction image signal 615 generated by the prediction unit 608 is input to the adaptive filter unit 609.

適応フィルタ部609では、入力された2つの信号に対して以下の式を利用してフィルタリングを行う。 In the adaptive filter unit 609 performs filtering using the following expression with respect to the two input signals.

Pred=(L0Pred+L1Pred)>>1 (6) Pred = (L0Pred + L1Pred) >> 1 (6)
ここで、Predはフィルタリング後に得られる予測画像信号を表している。 Here, Pred indicates the predicted image signal obtained after filtering. L0Predは同位置の画素に対応するL0予測画像信号614を表しており、L1Predは同位置の画素に体操するL1予測画像信号615を表している。 L0Pred represents the L0 prediction image signal 614 corresponding to the pixel at the same position, L1Pred represents L1 prediction image signal 615 to exercise the pixel at the same position. ここで式(6)に示されるような平均値フィルタ以外のフィルタを用いても良い。 Here may be used mean filter other than the filter as shown in equation (6). 具体的には次式で示されるように、L0、L1方向に重み付けするようなフィルタを用いても良い。 More specifically, as shown in the following formula may be used a filter that weights the L0, L1 direction.

Pred=(WL0×L0Pred+WL1×L1Pred) Pred = (WL0 × L0Pred + WL1 × L1Pred)
>>(BIT_SHIFT) (7) >> (BIT_SHIFT) (7)
WL0、WL1は夫々L0予測画像信号614、L1予測画像信号615に対するフィルタの重み係数を表している。 WL0, WL1 denotes a weighting coefficient of the filter for each L0 prediction image signal 614, L1 prediction image signal 615. BIT_SHIFTは除算を避けるために導入されるシフト係数である。 BIT_SHIFT is a shift coefficient which is introduced in order to avoid division. このとき重み係数とシフト係数には次の関係が成り立つ。 At this time, the following relationship is established in the weighting factor and the shift coefficient.
WL0+WL1=(1<<BIT_SHIFT) (8) WL0 + WL1 = (1 << BIT_SHIFT) (8)
また、次のようなオフセットを用いたフィルタを用いてもよい。 It is also possible to use a filter using the offset as follows.
Pred=(WL0×L0Pred+WL1×L1Pred) Pred = (WL0 × L0Pred + WL1 × L1Pred)
>>(BIT_SHIFT)+OFFSET (9) >> (BIT_SHIFT) + OFFSET (9)
OFFSET値の変更によって時間的に連続する輝度値の変化を効果的に予測することが可能となる。 It is possible to effectively predict changes in the luminance values ​​of successive temporally by changing OFFSET values.
適応フィルタ部609で生成された予測画像信号111がモード制御部502へと出力される。 Prediction image signal 111 generated by the adaptive filter unit 609 is output to the mode control unit 502.

次に、制御部210の予測情報612について説明する。 Next, a description will be given prediction information 612 of the control unit 210. インター符号化(フレーム間符号化)を行う際、どの予測方法を用いるかを示す予測モード情報と、どの参照画像を利用するかを指す参照画像インデックスと、予測対象画素ブロックが参照画像中のどの画素ブロックを指しているかを指す動きベクトルに関する情報と、予測対象画素ブロックがどのような形状をしているかを指す画素ブロック形状情報が必要となる。 When performing inter-coding (inter-frame coding), and prediction mode information indicating the method of using the prediction method, the reference image index that points to or not to use any reference image, which candidate prediction pixel block in the reference image information about the motion vector that points to either points to a pixel block, it is necessary to pixel block shape information indicating whether prediction pixel block is any shape. 本実施の形態では、この内の予測モード情報と参照画像インデックスに関して頻度情報テーブルが生成される。 In this embodiment, the frequency information table with respect to the reference picture index and prediction mode information of this is generated. 図20にL0予測モードとL1予測モードの予測画素ブロックとモードの対応を示す。 Figure 20 shows the correspondence of L0 prediction pixel block and mode of prediction modes and L1 prediction mode. 図20では、L0予測モード0〜3及びL1予測モード0〜3に対してそれぞれ16×16画素予測、8×8画素予測及び4×4画素予測が示されている。 In Figure 20, each 16 × 16 pixel prediction in the L0 prediction modes 0 to 3, and L1 prediction modes 0 to 3, 8 × 8 pixel prediction and 4 × 4 pixel prediction is shown. 具体的に頻度情報テーブルについて説明する。 Specifically described frequency information table. 図7は頻度情報テーブルの更新を示している。 Figure 7 shows the updating of the frequency information table. 図7に示される数字は予測モードの番号、又は対応する参照画像インデックスの番号を示している。 Numbers shown in FIG. 7 shows the number of the reference picture index number of the prediction mode, or the corresponding. 選択された予測モード、又は参照画像インデックスの番号に従って、1つの画素ブロックのモード判定が完了するごとに、頻度情報テーブルが更新される。 Selected prediction mode, or according to the number of the reference picture index, mode determination of one pixel block for each complete frequency information table is updated. 頻度情報テーブルの更新に関しては第1の実施の形態で既に説明済みなのでここでは説明を省略する。 Since respect update frequency information tables already previously explained in the first embodiment will not be described here.

次に、図21を用いてL0/L1予測部604/608について説明する。 Next, L0 / L1 prediction unit 604/608 will be described with reference to FIG. 21. L0予測部604は、既に符号化された時間的に過去を示す参照画像(局部復号画像)を用いて予測を行う。 L0 prediction unit 604 performs prediction using already coded temporally reference image showing the past (local decoded image). 具体的には予測対象画素ブロックと、参照画像L0REFに対して1/4画素精度の補間画像を作成し、ブロックマッチングを行う。 A candidate prediction pixel blocks Specifically, to create an interpolated image with the quarter-pixel precision for the reference image L0REF, performing block matching. 図中L0予測参照画像で示される領域内に記述されている数字はL0REF番号を示している。 The numbers are written within the area indicated by the L0 prediction reference image in the figure shows the L0REF number. ここでは主に、マッチングした画素ブロックと予測対象ブロックの位置ずれ量を動きベクトルとして計測する。 Here mainly measure as a motion vector the position shift amount of the prediction target block and the matched pixel block. その後、予測対象画素ブロックにマッチングした参照画像の画素ブロックで、予測対象画素ブロックを補填する。 Thereafter, in the pixel block of the reference image matching candidate prediction pixel block, to compensate for the predicted pixel blocks. このようにして予測画像生成を行う。 Performing a prediction image generation in this manner. 同様に、L1予測部607は、既に符号化された時間的に未来を示す参照画像(局部復号画像)を用いて予測を行う。 Similarly, L1 prediction unit 607 performs prediction using the reference image already shows the coded temporally future (local decoded image). 具体的には符号化対象画素ブロックと、参照画像L1REFに対して1/4画素精度の補間画像を作成し、ブロックマッチングを行う。 Specifically created and coded pixel blocks, an interpolation image with the quarter-pixel precision for the reference image L1REF, performing block matching. 図中L1予測参照画像の領域内に記述された数字はL1REF番号を示している。 Numbers written in the region of L1 prediction reference image in the figure shows the L1REF number. ここでは主に、マッチングした画素ブロックと予測対象ブロックの位置ずれ量を動きベクトルとして計測する。 Here mainly measure as a motion vector the position shift amount of the prediction target block and the matched pixel block. その後、マッチングした参照画像の画素ブロックで、予測画素ブロックを補填する。 Thereafter, in the pixel block of the reference image matching, to compensate for the prediction pixel block. 補間画像の生成は、1/2画素精度、1/8画素精度であっても良い。 Generating the interpolation image, 1/2-pixel accuracy may be 1/8-pixel accuracy.
以上が本実施の形態にかかる予測制御部600の構成である。 The above is the configuration of the prediction controller 600 according to this embodiment.

本発明の本実施の形態においては、図19では、L0予測部604、L1予測部608はインデックス長情報611の入力によって必ず予測画像が生成されるブロック図となっている。 In this embodiment of the present invention, FIG. 19, L0 prediction unit 604, L1 prediction unit 608 has a block diagram always predictive image by an input of the index length information 611 is generated. しかし、実際の符号化フレーム構造では、未来の参照画像が利用できない場合が存在する。 However, the actual encoded frame structure, future reference images exist may not be available. このとき、制御部210から与えられる予測情報612では、参照画像のL1REF禁止情報が付加されてL1頻度情報テーブル生成部605へと入力され、利用可能なL1予測モードが制限される。 In this case, the prediction information 612 supplied from the control unit 210, L1REF prohibition information of the reference image is input to be added L1 frequency information table generating unit 605, L1 prediction modes available is limited. これによってL1予測モード設定部607では、L1REF禁止情報をL1予測部608へ伝える。 In this way L1 prediction mode setting unit 607, convey L1REF prohibition information to the L1 prediction unit 608. このとき制御部210はL1REF禁止情報を、適応フィルタ部609部へ伝える。 At this time, the control unit 210 a L1REF prohibition information, convey to the adaptive filter unit 609 parts. 適応フィルタ部609はL1REF禁止情報が入力されると、次式(10)によって予測画像信号を切り替える。 When the adaptive filter unit 609 L1REF prohibition information is input, it switches the prediction image signal by the following equation (10).

L1Pred=L0Pred (10) L1Pred = L0Pred (10)
又は、直接L0Predを予測画像信号として出力する。 Or outputs the direct L0Pred as a prediction image signal.

また、L0予測部604で必要とされるL0REF、L1予測部608で必要とされるL1REFが共に利用可能な場合においても、片側の予測画像信号を出力する場合、前述したL1REF禁止情報、又はL0REF禁止情報が予測情報612に付加されて、各頻度情報テーブル生成部602,605に入力されることによって、L0予測画像信号614、L1予測画像信号615、フィルタリングした予測画像信号の3つを別々に出力することが可能である。 In the case L1REF required by L0REF, L1 prediction unit 608 required in the L0 prediction unit 604 is both also available, when outputting one of the prediction image signal, L1REF prohibition information described above, or L0REF prohibition information is added to the prediction information 612, by being input to the frequency information table generating unit 602 and 605, L0 prediction image signal 614, L1 prediction image signal 615, three of the filtered predictive image signal separately it is possible to output.

また、本実施の形態においては、予測モードの頻度情報テーブルの更新時に利用画素ブロック位置として、左と上の画素ブロックの予測モードを参照しているが、予測対象画素ブロックの隣接画素ブロックとして、さらに広い領域でテーブルを更新しても良い。 Further, in this embodiment, as the usage pixel block position when updating the frequency information table of the prediction modes, reference is made to the prediction mode of the left and upper pixel block, as the adjacent pixel blocks of the prediction pixel block, it may update the table in the wider region. 具体的には、時間的に前後する同位置の画素ブロックの予測モードを用いても良いし、利用可能な右上の画素ブロック、左上の画素ブロック、上上の画素ブロック、左左の画素ブロックなどで選択されている予測モードを用いて、頻度情報テーブルを更新しても良い。 More specifically, the present invention may be used prediction mode of the same position of the pixel block chronologically successive, available upper right of the pixel block, the upper left pixel block, pixels on the upper block, the left left pixel blocks, etc. in using a prediction mode selected may update the frequency information table.

また、本実施の形態では、インター予測(フレーム間予測)に関する実施例について詳細に説明したが、イントラ予測(フレーム内予測)に関しても、同様の符号化器構造で実施が可能である。 Further, in the present embodiment has been described in detail for Example relates inter prediction (inter-frame prediction), with respect to intra prediction (intraframe prediction), it can be implemented in a similar encoder structure. より具体的に説明すると、図8、図9で示されるH. To be more specific, the shown in Figure 8, Figure 9 H. 264で規定されている1つの方向予測モード(例えば4x4画素予測内の垂直予測)をL0予測とし、もう1つの方向予測モード(例えば4x4画素予測内の垂直左予測)をL1予測とする。 264 defined by which one directional prediction mode (e.g. 4x4 vertical prediction in the pixel prediction) and L0 prediction, another directional prediction mode (e.g. 4x4 vertical left prediction in the pixel prediction) and L1 predictions. このとき、予測制御部600内で生成された、夫々のL0予測画像信号614とL1予測画像信号615が適応フィルタ部609へと入力され、新たに2つの予測画像信号をフィルタリングした予測画像信号が生成される。 At this time, generated in the prediction control section 600, L0 prediction image signal 614 and L1 prediction image signal 615 each are input to the adaptive filter unit 609, the prediction image signal is newly filters the two prediction image signal It is generated. L0予測モードに対して、L0頻度情報テーブルが生成され、L1予測モードに対して、L1頻度情報テーブルが生成される。 The L0 prediction mode, L0 frequency information table is generated, the L1 prediction mode, L1 frequency information table is generated. このようにして、予測画像信号を生成することで2つの予測画像信号から新たな予測画像信号を生成することが可能になる。 In this way, it is possible to generate a new prediction image signal from the two prediction image signal by generating a predictive image signal.

次に本予測方式で用いるシンタクスの符号化方法について説明する。 It will now be described coding method syntax used in this prediction scheme.

図10に本実施の形態で用いられるシンタクスの構造の概略を示す。 It shows a schematic of a structure of syntax used in this embodiment in FIG. 10. シンタクスは主に3つのパートからなり、ハイレベルシンタクス(401)はスライス以上の上位レイヤのシンタクス情報が詰め込まれている。 Syntax is mainly composed of three parts, the high level syntax (401) is syntax information of the above upper layer slices are packed. シーケンスパラメータセットシンタックス、ピクチャーパラメータセットシンタクス及びスライスヘッダーシンタクスの詳細な説明は上記に図11〜図13を参照してすでに説明しているので省略する。 Sequence parameter set syntax, omitted the detailed description of the picture parameter set syntax and the slice header syntax is already described with reference to FIGS. 11 to 13 above.

図22のマクロブロックレイヤーシンタクス内に示されるmb_flexble_mode_prediction_flagは、フレキシブルモード予測の利用可否を予測対象マクロブロックで利用するかどうかを示すフラグであり、このフラグがTRUEであるときは、フレキシブルモード予測を利用する。 mb_flexble_mode_prediction_flag shown in the macroblock layer syntax of FIG. 22 is a flag indicating whether to use the availability of flexible mode prediction in the prediction macroblock, when this flag is TRUE, the use of flexible mode prediction to. 一方、フラグがFALSEであるときは、フレキシブルモード予測は利用されない。 On the other hand, when the flag is FALSE, flexible mode prediction is not used. このフラグがTRUEのときには、必ず、mode_index_l0が送信される。 This flag is at the TRUE is always, Mode_index_l0 is transmitted. これはマクロブロックのL0予測モードインデックスを示しており、L0頻度情報テーブルの何番目の予測モードが選択されているかを示している。 This indicates L0 prediction mode index of the macroblock indicates what number the prediction mode of L0 frequency information table is selected. mode_index_l1はL1予測モードインデックスを示しており、L1頻度情報テーブルの何番目の予測モードが選択されているかを示している。 mode_index_l1 shows the L1 prediction mode index indicates what number of prediction modes of the L1 frequency information table is selected.

マクロブロックレイヤーシンタクス内のBlkSizeは、予測対象画素ブロックの数を表しており、4x4画素ブロックでは16、8x8画素ブロックでは4、16x16画素予測では1が対応する。 BlkSize macroblock layer syntax represents the number of candidate prediction pixel block, a 4x4 pixel block 1 corresponds in 4,16x16 pixel prediction is 16,8x8 pixel block. また、L1PredAvailableFlagは予測対象画素ブロックでL1予測が選択できるかどうかを示すフラグであり、このフラグがTRUEであるときは、mode_index_l1が送信される。 Further, L1PredAvailableFlag is a flag indicating whether the L1 prediction in the prediction pixel block can be selected, when the flag is TRUE, Mode_index_l1 is transmitted. 一方、FALSEであるときは、mode_index_l1は送信されない。 On the other hand, when it is FALSE,, Mode_index_l1 is not transmitted.

mode_index_l0及びmode_index_l1の符号量は、二値化の過程で、上位シンタクスに記述されるtable_index_lengthによって変更される。 Code amount mode_index_l0 and mode_index_l1 are in the process of binarization is changed by table_index_length described in the upper syntax. たとえば、table_index_lengthが4(L=16)の場合、式3に従って0〜15までのテーブルインデックスが利用できることになる。 For example, if table_index_length of 4 (L = 16), table index of 0 to 15 according to Equation 3 will be available. mode_index_l0及びmode_index_l1は、この16個のテーブルインデックスを表しており、等長符号を与えると4ビットのシンタクスとなる。 mode_index_l0 and mode_index_l1 represent the the 16 table index, a 4-bit syntax Given the equal-length code. 二値化では、対応するシンタクス要素の頻度情報に従って最も符号量が少なくなるように設計されることが望ましい。 Two A value of, be designed so that the most amount of codes according to the frequency information of the corresponding syntax element is less desirable. 二値化の例は図16で前述しているため説明を省略する。 Of a binarizing is omitted because earlier in FIG 16.

本実施の形態の別の例としては、図22で示されるmacroblock_dataシンタクスを図23で表されるようなシンタクスに変えても良い。 As another example of the present embodiment may be changed to syntax as represented in Figure 23 the macroblock_data syntax shown in FIG. 22. 図22との違いはmode_index[iBlk]の値が、予め定められたESCAPE_CODEの場合、更にecs_mode_index_l0[iBlk]、ecs_mode_index_l1[iBlk]が送られる点である。 The value of the difference from FIG. 22 mode_index [iBlk] is, for ESCAPE_CODE a predetermined further ecs_mode_index_l0 [iBlk], in that ecs_mode_index_l1 [iBlk] is sent.

例えば、図17において符号列1111(又はハフマン符号の11111)がESCAPE_CODEの場合、現在のテーブル長table_index_lenghtで示される頻度情報テーブルの中に、予測対象画素ブロックに該当する予測モードが含まれていないことを示す。 For example, if the code string 1111 (or 11111 Huffman code) 17 of escape_code, in the frequency information table indicated by the current table length Table_index_lenght, it does not contain prediction mode corresponding to the prediction pixel block It is shown. ecs_mode_index_l0[iBlk]及びecs_mode_index_l1[iBlk]は、table_index_lengthで示されるテーブル長より後のインデックス番号を示している。 ecs_mode_index_l0 [iBlk] and ecs_mode_index_l1 [iBlk] indicates the index number after the table length indicated by Table_index_length. 例えば、頻度情報テーブルの長さ(全予測モード数を示す)M=15、インデックス長L=8の場合の例を図18に示す。 For example, it is shown the length of the frequency information table (indicating the total number of prediction modes) M = 15, an example of the index length L = 8 in FIG. 18. 選択された頻度情報テーブルのインデックスがインデックス長L=8内からはみ出した場合、mode_index_l0[iBlk]、又はmode_index_l1[iBlk]にはESCAPE_CODE=111がセットされる。 If the index of the selected frequency information table protruding from inside index length L = 8, mode_index_l0 [iBlk], or mode_index_l1 to [iblk] is escape_code = 111 is set. 更にはみ出したインデックスに対応するecs_mode_index_l0[iBlk]、又はecs_mode_index_l1[iBlk]が送られる。 ecs_mode_index_l0 [iBlk] corresponding to more protruding index, or ecs_mode_index_l1 [iBlk] is sent. このようにすることで、L0,L1全ての予測モードをデコーダに送信することが可能となるため、予測モードの追加や削減などの拡張が容易となる。 In this way, it becomes possible to transmit L0, L1 all prediction modes of the decoder, it is easy to expand, such as adding or reducing the prediction mode. また、夫々の予測モードに対応するシンタクスの設計等が不要となる。 In addition, design and the like of the syntax corresponding to the prediction mode of each is not required.

本実施の形態の別の例としては、図24で表されるようなシンタクスを用いても良い。 As another example of the present embodiment may be used syntax as represented in Figure 24. この場合、上位シンタクスに付加されているseq_flexble_mode_prediction_flag、pic_flexble_mode_prediction_flag、slice_flexble_mode_prediction_flag、table_index_lengthは必要とされない。 In this case, not seq_flexble_mode_prediction_flag added to the upper syntax, pic_flexble_mode_prediction_flag, slice_flexble_mode_prediction_flag, table_index_length is required. この場合、インデックス長が送信されないため、常にテーブルの全ての値が利用できる。 In this case, since the index length is not sent, always all the values ​​in the table are available. 頻度情報テーブルの更新によって、常に予測対象ブロックでは最頻の情報がテーブルの上位に来ているため、前述した図16の三列目で表現されるような二値化テーブルを用意することにより、少ない符号量でmobe_index_l0、mode_index_l1に対応するテーブルインデックス番号を送ることが可能である。 By updating the frequency information table, always because information is most frequent in the prediction target block is coming on top of the table, by providing a binarization table as represented in the third row of FIG. 16 described above, a small amount of code Mobe_index_l0, it is possible to send the table index number corresponding to Mode_index_l1.

このように、各モードすべてについて負担の大きい符号化処理を行う必要がなく、選択されたモードでの符号化のみ行うようにすればよいので、演算負担の増加も抑制することができる。 Thus, it is not necessary to perform a large coding processing burden for all modes, it is sufficient to perform only the coding in the selected mode, an increase in calculation load can be suppressed. すなわち、本実施の形態では、高速かつ好適なモード選択と、高速で圧縮効率の高い動画像符号化を実現することが可能となる。 That is, in this embodiment, the fast and suitable mode selection, it is possible to realize a high compression efficiency video encoding at a high speed.

なお、上述したように選択されたモードでの符号化の際、復号画像信号の生成は、選択されたモードについてのみ行えばよく、予測モード判定のためのループ内では、必ずしも実行しなくてもよい。 Incidentally, during encoding in the selected as described above mode, generation of the decoded image signal may be performed only for the selected mode, in the loop for the prediction mode determination, it does not always have to run good.

(2)動画像復号化装置の構成 (復号化:第1の実施の形態) (2) structure of the moving picture decoding apparatus (decoding: the first embodiment)
図25に、本実施形態に係る動画像符号化装置の復号化部400の構成を示す。 25 shows a configuration of a video decoding unit 400 of the encoding apparatus according to the present embodiment. 符号化部100から送出され、伝送系又は蓄積系を経て送られてきた符号化データは、入力バッファ401に一度蓄えられ、多重化された符号化データが逆多重化部402によって逆多重化される。 Sent from the encoding unit 100, encoded data transmitted via a transmission system or storage system, once stored in the input buffer 401, demultiplexed multiplexed encoded data by the inverse multiplexing unit 402 that. 分離された符号化データが符号列復号部403に入力されて、1フレーム毎にシンタクスに基づいてパース処理が行われる。 And separated encoded data is inputted to the code string decoding unit 403, parsing is performed on the basis of a syntax for each frame. 即ち、符号列復号部403では、図10に示されるシンタクス構造に従って、ハイレベルシンタクス、スライスレベルシンタクス、マクロブロックレベルシンタクスの夫々に対して、順次符号化データの各シンタクスの符号列が復号され、量子化された変換係数、量子化マトリクス、量子化パラメータ、予測モード情報、情報テーブルインデックス長などが復元される。 That is, the code string decoding unit 403, in accordance with the syntax structure shown in FIG. 10, the high level syntax, a slice level syntax, for each of the macro-block level syntax, the decrypted code string of each syntax of sequential coded data, quantized transform coefficients, the quantization matrix, a quantization parameter, prediction mode information, information table index length and is restored. ここで予測モード情報の中に、後述するインデックス番号も含まれている。 Here in the prediction mode information includes the index number will be described later.

符号列復号部403で復号されたデータのうち、復号された変換係数が逆量子化逆変換部404へと入力される。 Of data decoded by the code string decoding unit 403, decoded transform coefficients are inputted to the inverse quantization inverse transform unit 404. 逆量子化逆変換部404では、入力された変換係数415が逆量子化される。 In the inverse quantization inverse transform unit 404, the transform coefficients 415 which is input is the inverse quantization. ここで必要な量子化に関するパラメータは符号列復号部403から復号化制御部409へと設定され、逆量子化の際に読み込まれる。 Here parameters relating quantization required by the set and from the bit stream decoding unit 403 to the decoding control unit 409, is read when inverse quantization. 更に逆量子化された変換係数は、逆変換(例えば逆離散コサイン変換など)され、誤差信号413として出力される。 Transform coefficients dequantized further inverse transformed (e.g., inverse discrete cosine transform, etc.), is output as an error signal 413. ここでは、逆直交変換について説明したが、符号化器でウェーブレット変換や独立成分分析などが行われている場合、逆量子化逆変換部404は対応する逆ウェーブレット変換や逆独立成分分析などが実行されても良い。 Here it has been described the inverse orthogonal transform, if such a wavelet transform or independent component analysis in the encoder is performed, and the inverse quantization inverse transform unit 404 corresponding inverse wavelet transform and inverse independent component analysis performed it may be.

誤差信号413は加算器405へと入力され、後述する予測部407から出力される予測画像信号411と加算される。 Error signal 413 is input to the adder 405, it is added to the predicted image signal 411 outputted from the prediction unit 407 to be described later. 誤差信号413と予測画像信号411が加算されると復号信号414となり、復号信号414が参照画像メモリ406へと出力される。 Next decoded signal 414 and error signal 413 and the prediction image signal 411 is added, the decoded signal 414 is output to the reference image memory 406. 復号信号414は更に参照画像メモリ406を介して動画像復号化部400外へと出力され、出力バッファ408等へ蓄積された後、復号化制御部309が管理するタイミングで出力される。 Decoded signal 414 is output to the further reference image memory 406 video decoding unit 400 outside via, after being accumulated to the output buffer 408 or the like, the decryption control unit 309 is output at a timing managed. 参照画像メモリ406は、復号された信号が参照画像であれば復号信号414を出力バッファへ送出するとともに、内部メモリへと保存する。 Reference image memory 406, together with the decoded signal is sent to the decoded signal 414 if the reference image to an output buffer, saves the internal memory. 保存された復号信号414は参照信号412として予測に利用される。 Stored decoded signal 414 which is used to predict as the reference signal 412. 一方、復号された信号が非参照画像であれば復号信号414を内部メモリへ保存せず、出力バッファへ送出する。 On the other hand, it decoded signals without saving the decoded signal 414 as long as it is a non-reference image to the internal memory, and sends it to the output buffer. 信号が参照画像であるかどうかを示す信号は、符号化データに多重化されている。 Signal indicating whether the signal is a reference image is multiplexed to the encoded data.

一方、符号列復号部403で復号された予測モード情報409、情報テーブルインデックス長410などが予測部407へと入力される。 On the other hand, the prediction mode information 409 decoded by the code string decoding unit 403, and information table index length 410 is input to the prediction unit 407. また、既に復号化されている参照信号412が参照画像メモリ406から予測部407へと供給される。 The reference signal 412 that has already been decoded is supplied to the prediction unit 407 from the reference image memory 406. 予測部407は、入力されたモード情報等を基に、予測画像信号411を生成し、それを加算器405へ供給する。 Prediction unit 407, based on the input mode information, etc., and generates a prediction image signal 411, and supplies it to the adder 405.

復号化制御部409は、入力バッファ401、出力バッファ408に対する出力タイミングの制御や、復号化タイミングの制御などを行う。 Decoding control unit 409, control of the output timing for the input buffer 401, output buffer 408, performs a control of decoding timing.

以上が本実施の形態における動画像復号化装置の構成である。 The above is the configuration of the moving picture decoding apparatus in the present embodiment. 以下、本発明にかかる動画像復号化方法について、復号化部400が実施する例を説明する。 Hereinafter, the moving picture decoding method according to the present invention, an example of decoding section 400 is performed. この動画像復号化においては、予測制御部407は図1の符号化部100において使用される図3の予測制御部501と同じ構成であるので図3を参照して説明する。 In this moving picture decoding, the prediction controller 407 will be described with reference to FIG Since the same configuration as the predictive controller 501 of FIG. 3 used in the encoding unit 100 of FIG.

頻度情報テーブル生成部206は、現在までに復号化された画素ブロックの予測モード情報の頻度をテーブル化している。 Frequency information table generating unit 206 has a table of the frequency of the prediction mode information of the decoded pixel block to date. 復号化画素ブロックを復号化する際、制御部210から与えられた予測情報209に従って頻度情報テーブルを更新する。 When decoding the decoded pixel block, and updates the frequency information table according to the prediction information 209 supplied from the control section 210. 更新した頻度情報テーブルは頻度情報テーブル抽出部201へと送られる。 Updated frequency information table is sent to the frequency information table extractor 201.

具体的に頻度情報テーブルについて説明する。 Specifically described frequency information table. 図7は頻度情報テーブルの更新を示している。 Figure 7 shows the updating of the frequency information table. 図7に示される数字は予測モードの番号を示している。 Numbers shown in FIG. 7 shows the number of prediction modes. 選択された予測モードの番号に従って、1つの画素ブロックのモード判定が完了するごとに、頻度情報テーブルが更新される。 According to the selected number of the prediction mode, the mode determination of one pixel block for each complete frequency information table is updated. 先ず、復号化対象画素ブロックの上と左に隣接する画素ブロックの予測モードに対してソーティングが行われる。 First, sorting is performed for the prediction mode of the pixel block adjacent to the top and left of the decoding target pixel block. 例えば図中の右端の画素ブロックについて説明する。 For example, for the right edge of the pixel block in the drawings will be described. この画素ブロックの上の予測モードは1、左の予測モードは7である。 Prediction mode on the pixel block 1, the left prediction mode is 7. このとき、一つ前の頻度情報テーブルの中で、左隣に位置する予測モード7をテーブル中から探し、第1位(テーブルのインデックス0)へと移動する。 At this time, in the previous frequency information table, locate the prediction modes 7 positioned on the left side from the table, it moves to the first position (index 0 in the table). 次に上の予測モードである1をテーブル中から探し、第2位(テーブルのインデックス1)へと移動する。 Then look for 1 is a prediction mode of the upper from the table, it moves to the second position (table index of 1). このように各画素ブロックに対して隣接する上左の予測モードを頻度情報テーブルの上位にソーティングすることで、予測モードの頻度情報を得ることが可能となる。 By sorting the left prediction mode of the upper frequency information table on the way adjacent to each pixel block, it is possible to obtain frequency information of the prediction mode. この頻度情報テーブルを用いると、復号化対象画素ブロック以前に選択された予測モードがテーブル中の上位に存在することになり、使われていない予測モードはテーブルの下位に存在することとなる。 Using this frequency information table, the prediction mode selected in the decoded pixel block previously will be present on top of the table, the prediction mode not being used will be present in the lower table.

制御部210に設定されているインデックス長は、図7に示されるテーブルインデックスの長さを定義するものである。 Index length set in the control section 210 defines the length of the table index as shown in FIG. 予測モードを復号化する際、テーブルインデックス長分のビットを復号すればよいので、冗長なビットを削減することが可能となる。 When decoding a prediction mode, it is sufficient to decode the bit table index length fraction, it is possible to reduce the redundant bits.

本方式を用いた予測を以下、フレキシブルモード予測と呼ぶ。 The prediction using this method hereinafter referred to as flexible mode prediction.
頻度情報テーブル生成部202で生成された頻度情報テーブルが、頻度情報テーブル抽出部201へと出力される。 Frequency information table generated by the frequency information table generating unit 202 is output to the frequency information table extractor 201. 頻度情報テーブル抽出部201は、入力された頻度情報テーブルの中から、符号列復号部で復号されたインデックス番号に対応する予測モード番号を抽出する。 Frequency information table extracting unit 201, from among the inputted frequency information table, it extracts the prediction mode number corresponding to the index number which is decoded by the code string decoding unit. 抽出された予測モードが予測モード設定部203へと出力される。 Extracted prediction mode is output to the prediction mode setting unit 203. 予測モード設定部203では、入力された抽出予測モードを制御部210に設定するとともに、予測切替スイッチ207を対応する予測モードに切り替える。 The prediction mode setting unit 203 sets a extracted prediction mode input to the control unit 210 switches the prediction mode corresponding to the prediction selector switch 207. 予測モード設定部203で設定された予測モードと、これに対応する予測部の番号が対応しており、あらかじめ規定された予測方法で予測が行われる。 The prediction mode set by the prediction mode setting unit 203, the number of the prediction unit corresponding thereto correspond, the prediction at predefined prediction method is performed. ここでは例としてH. H. Examples here 264で規定されている4x4画素(方向)予測が行われる。 4x4 pixels defined in 264 (direction) prediction is performed.

H. H. 264の予測モードは9通りあり、図8(a)に示されるように、モード2を除いて夫々22.5度づつ異なる予測方向を持っている。 264 prediction modes There are 9, as shown in FIG. 8 (a), have respectively 22.5 degrees increments different prediction directions except mode 2. モード0からモード8までが規定されており、モード2は、DC予測となっている。 From the mode 0 to mode 8 are defined, mode 2 has a DC prediction. 4x4画素予測の予測ブロックと参照画素との関係が図8(b)に示されている。 4x4 relationship between the prediction block and reference pixel of the pixel prediction is shown in Figure 8 (b). 大文字AからMまでの画素が参照画素であり、小文字aからpまでの画素が復号対象予測画素である。 Pixels from uppercase A to M are reference pixels, the pixel is decoded prediction pixels from lowercase a to p.

予測器204に関して、予測方法を説明する。 Respect predictor 204, illustrating a prediction method. 予測器204では、モード2のDC予測が選択された場合、式(3)を用いて予測画素が計算される。 The predictor 204, if the DC prediction of mode 2 is selected, the prediction pixel is calculated using equation (3).

参照画素が利用できない時は、利用できる参照画素の平均値で予測される。 When the reference pixel is not available, it is predicted by the average value of the reference pixels available. もし、利用できる参照画素が1つも存在しない場合は、復号化装置の最大輝度値の半分の値(8ビットなら128)で予測値が計算される。 If the reference pixels available is not present one, the predicted value at half the value of the maximum luminance value of a decoding device (8 bits if 128) is calculated.

その他のモードが選択された場合、予測器204は、図8(a)で示される予測方向に対して、参照画素から補間された予測値をコピーする予測方法を用いる。 If another mode is selected, the predictor 204, the prediction direction shown in FIG. 8 (a), the use of a prediction method for copying the interpolated predicted value from the reference pixels. 具体的には、モード0(垂直予測)が選択された場合の予測値生成方法を、式(4)を例にして説明する。 Specifically, the prediction value generation method when mode 0 (vertical prediction) is selected is described with equation (4) as an example.

このモードは、参照画素AからDまでが利用できるときだけ、選択することが可能である。 This mode, only when the reference pixels A to D are available, it is possible to select. 予測方法の詳細を図8(c)に示す。 The details of the prediction method shown in Figure 8 (c). 参照画素A〜Dの輝度値がそのまま垂直方向にコピーされ、予測値として補填される。 Luminance values ​​of the reference pixels A~D is copied as it is in the vertical direction, it is compensated as the predicted value.

予測モード0,2以外の予測方法に関してもほぼ同様の枠組みが用いられており、予測方向に対して利用できる参照画素から補間値を生成し、その値を予測方向に応じてコピーするという予測を行う。 It has been used almost the same framework with regard prediction method other than the prediction mode 0,2, a prediction that generates an interpolation value from the reference pixels available for the prediction direction, and copying in accordance with the value in the prediction direction do. 本実施の形態にかかわる予測モードと予測画素ブロック形状の対応関係は図9に示されている。 Correspondence between the prediction mode and the prediction pixel block shape according to this embodiment is shown in FIG.

予測器204にて出力される予測画像信号411は予測制御部407外へと出力され、上述した加算器405にて、逆量子化逆変換部404から出力された誤差信号と加算され、復号信号414が生成される。 Prediction image signal 411 output by the predictor 204 is output to the prediction control section 407 outside, by the adder 405 as described above, is added to the error signal output from the inverse quantization inverse transform unit 404, a decoded signal 414 is generated.

以上が本発明の本実施の形態における復号化部400の構成である。 The above is the configuration of the decoding unit 400 in this embodiment of the present invention. 以下、本発明にかかる動画像復号化方法について、動画像復号部400が実施する例を説明する。 Hereinafter, the moving picture decoding method according to the present invention, an example of video decoding unit 400 is performed. この動画像復号化に使用するシンタクスの構造及び夫々のシンタクス並びに二値化は動画像符号化に使用した図10のシンタックス構造及び図11〜14のシンタックスと同じであるので説明を省略する。 Omitted because this motion picture structure syntax for use in decoding and each of the syntax and binarization is the same as the syntax of the syntax structure and 11-14 of Figure 10 used in the video encoding . また、二値化の例も図17を参照して符号化において説明した例と同じであるので説明を省略する。 Also, the description thereof is omitted because it is same as the example described in the coded with reference to also Figure 17 of a binarizing.

モード判定部103及び内部モード設定部203で選択された予測モードを表すテーブルインデックスの番号は図17で表されるような変換テーブルによって二値化が行われており、二値化ビット列が符号列復号部403によってエントロピー復号化(たとえば算術復号化など)される。 Mode determining unit 103 and the number of table index representing the prediction mode selected by the internal mode setting unit 203 binarization has been performed by the conversion table as represented in Figure 17, the two binary bit string code sequence are entropy decoded (for example, arithmetic decoding) by the decoder 403. 上記復号化以外にエントロピー符号やシャノン符号、算術符号などの方法を用いて二値化が行われていても良い。 Entropy coding or Shannon codes in addition to the decoding, binarization by a method such as arithmetic coding may be performed. いずれにせよ、符号化部と復号化部で同様の二値化の方式が行われる必要がある。 In any case, it is necessary to type the same binarized by the decoding unit coding unit is performed.

本実施の形態の別の例としては、図14で示されるmacroblock_dataシンタクスを図15で表されるようなシンタクスに変えても良い。 As another example of the present embodiment may be changed to syntax as represented in Figure 15 the macroblock_data syntax shown in FIG. 14. 図14との違いはmode_index[iBlk]の値が、予め定められたESCAPE_CODEの場合、更にecs_mode_index[iBlk]が送られる点である。 The value of the difference is mode_index [iBlk] with FIG 14, when the ESCAPE_CODE predetermined, in that a further ecs_mode_index [iBlk] is sent.

例えば、図17において符号列1111(もしくはハフマン符号の11111)がESCAPE_CODEの場合、現在のテーブル長table_index_lenghtで示される頻度情報テーブルの中に、復号対象ブロックに該当する予測モードが含まれていないことを示す。 For example, if the code string 1111 (or 11111 Huffman code) 17 of escape_code, in the frequency information table indicated by the current table length Table_index_lenght, that does not contain prediction mode corresponding to the current block show. ecs_mode_index[iBlk]は、更にtable_index_lengthで示されるテーブル長より後のインデックス番号を示している。 ecs_mode_index [iBlk] shows a further index number after the table length indicated by Table_index_length. 例えば、頻度情報テーブルの長さ(全予測モード数を示す)M=15、インデックス長L=8の場合の例を図18に示す。 For example, it is shown the length of the frequency information table (indicating the total number of prediction modes) M = 15, an example of the index length L = 8 in FIG. 18. 選択された頻度情報テーブルのインデックスがインデックス長L=8内からはみ出した場合、mode_index[iBlk]にはESCAPE_CODEがセットされる。 If the index of the selected frequency information table protruding from inside index length L = 8, ESCAPE_CODE is set in the mode_index [iBlk]. 更にはみ出したインデックスに対応するecs_mode_index[iBlk]がセットされる。 ecs_mode_index corresponding to more protruding Index [iblk] is set. 例えば、図中で選択された頻度情報テーブルのインデックスが10のとき、mode_index[iBlk]にESCAPE_CODE=111がセットされ、同時にecs_mode_index[iBlk]に011がセットされる。 For example, when the index of the frequency information table selected in the figure is 10, mode_index [iBlk] ESCAPE_CODE = 111 is set to be set 011 to simultaneously ecs_mode_index [iBlk]. このようにすることで、全ての予測モードを受信することが可能となるため、予測モードの追加や削減などの拡張が容易となる。 By doing so, since it is possible to receive all prediction modes, it is easy to expand, such as adding or reducing the prediction mode. また、夫々の予測モードに対応するシンタクスの設計等が不要となる。 In addition, design and the like of the syntax corresponding to the prediction mode of each is not required.

本実施の形態の別の例としては、図16で表されるようなシンタクスを用いても良い。 As another example of the present embodiment may be used syntax as represented in Figure 16. この場合、上位シンタクスに付加されているseq_flexble_mode_prediction_flag、pic_flexble_mode_prediction_flag、slice_flexble_mode_prediction_flag、table_index_lengthは必要とされない。 In this case, not seq_flexble_mode_prediction_flag added to the upper syntax, pic_flexble_mode_prediction_flag, slice_flexble_mode_prediction_flag, table_index_length is required. この場合、インデックス長が受信されないため、常にテーブルの全ての値が利用できる。 In this case, since the index length is not received, constantly all the values ​​in the table are available. 頻度情報テーブルの更新によって、常に復号対象ブロックでは最頻の情報がテーブルの上位に来ているため、前述した図16の三列目で表現されるような二値化テーブルを用意することにより、テーブルインデックス番号を受信することが可能である。 By updating the frequency information table, because is always the current block information most frequent is coming on top of the table, by providing a binarization table as represented in the third row of FIG. 16 described above, it is possible to receive the table index number.

(復号化:第2の実施の形態) (Decoding: the second embodiment)
本実施の形態では、図25の復号化装置の復号部400に設けられ予測制御部407が第2の実施の形態の符号化装置に設けられた、図19に示す予測制御部501と同じように構成されている。 In this embodiment, the prediction controller 407 provided in the decoder 400 of the decoding apparatus of FIG. 25 is provided to the encoding apparatus of the second embodiment, like the prediction control section 501 shown in FIG. 19 It is configured. 即ち、第1の実施の形態と異なり、2つの異なる予測部であるL0予測器604とL1予測器608が設けられている。 That is, unlike the first embodiment, two different prediction unit L0 prediction 604 and L1 predictor 608 are provided. 更に、L0予測器604とL1予測器608にそれぞれ対応する頻度情報テーブル抽出部601,605、L0頻度情報テーブル生成部602、L0頻度情報テーブル抽出部601、L0予測モード設定部603、L1頻度情報テーブル生成部602、L1頻度情報テーブル抽出部605、L1予測モード情報設定部607が設けられている。 Furthermore, the frequency information table extractor 601 and 605 respectively corresponding to the L0 prediction 604 and L1 predictor 608, L0 frequency information table generating unit 602, L0 frequency information table extractor 601, L0 prediction mode setting unit 603, L1 frequency information table generating unit 602, L1 frequency information table extractor 605, L1 prediction mode information setting unit 607 is provided. また、これら異なる予測部604,608から出力された予測画像に対してフィルタ処理を行う適応フィルタ部609が設けられている。 The adaptive filter unit 609 performs filtering is provided for output prediction image from these different prediction unit 604, 608. この予測制御部407の動作は符号化装置の予測制御部501の動作と同じであるので詳細な説明は省略する。 The operation of the predictive control unit 407 is the same as the operation of the predictive control unit 501 of the encoding device and a detailed description thereof will be omitted.

適応フィルタ部609で生成された予測画像信号が復号化部400の加算器405へと出力される。 Predicted image signal generated by the adaptive filter unit 609 is output to the adder 405 of the decoding unit 400. 予測情報612及び頻度情報テーブルも符号化装置と構成及び機能が同じであるので説明を省略する。 It omitted because prediction information 612 and frequency information table also structure and function as the coding apparatus are the same. L0/L1予測部604/608も符号化装置と構成及び機能が同じであるので説明を省略する。 L0 / L1 prediction unit 604/608 also because structure and function as the coding apparatus are the same will not be described.

本実施の形態では、インター予測(フレーム間予測)に関する実施例について詳細に説明したが、イントラ予測(フレーム内予測)に関しても、同様の復号化器構造で実施が可能である。 In the present embodiment has been described in detail for Example relates inter prediction (inter-frame prediction), with respect to intra prediction (intraframe prediction), it can be implemented in a similar decoder structure. より具体的に説明すると、図8、図9で示されるH. To be more specific, the shown in Figure 8, Figure 9 H. 264で規定されている1つの方向予測モード(例えば4x4画素予測内の垂直予測)をL0予測とし、もう1つの方向予測モード(例えば4x4画素予測内の垂直左予測)をL1予測とする。 264 defined by which one directional prediction mode (e.g. 4x4 vertical prediction in the pixel prediction) and L0 prediction, another directional prediction mode (e.g. 4x4 vertical left prediction in the pixel prediction) and L1 predictions. このとき、予測制御部600内で生成された、夫々のL0予測画像信号614とL1予測画像信号615が適応フィルタ部609へと入力され、新たにこの2つの予測画像信号をフィルタリングした予測画像信号が生成される。 At this time, generated in the prediction control section 600, L0 prediction image signal 614 and L1 prediction image signal 615 each are input to the adaptive filter unit 609, a new prediction image signal obtained by filtering the two prediction image signal There is generated. L0予測モードに対して、L0頻度情報テーブルが生成され、L1予測モードに対して、L1頻度情報テーブルが生成される。 The L0 prediction mode, L0 frequency information table is generated, the L1 prediction mode, L1 frequency information table is generated. このようにして、予測画像信号を生成することで2つの予測画像信号から新たな予測画像信号を生成することが可能になる。 In this way, it is possible to generate a new prediction image signal from the two prediction image signal by generating a predictive image signal.

本予測方式で用いるシンタクスの復号化方法は復号化の第1の実施の形態と同じであるので説明は省略する。 Description Since decoding method syntax used in this prediction method is the same as the first embodiment of the decoding will be omitted.

このように本方式を用いると、予測を行う場合に使用する予測モードを、シーケンス、スライス毎或いはマクロブロック毎に変更できるため、ブロック毎に精度の高い予測画像生成が可能となる。 With such use of the present method, the prediction mode to be used when performing prediction, sequence, it is possible to change for each slice or every macroblock, thereby enabling highly accurate predicted image generated for each block. また、本実施形態においては動画像符号化を例にとり説明したが、静止画像符号化にも本発明を適用することができる。 Further, in the present embodiment has been described taking an example video encoding, it is also possible to apply the present invention to the still image coding.

上述のように本発明によると、選択された予測モードの頻度情報テーブルを利用して、符号化対象ブロックに対して、テーブルから与えられる予測モードの中から、テーブルの上位に存在する出現頻度の高い予測モードのみを抽出して予測画像信号生成を行い、抽出した際のテーブルのインデックス長をシンタクスに多重化して復号化器に送信することで、従来の予測画像生成方法よりも高い符号化効率を維持しつつ、ハードウェアの演算コストを削減した予測画像が生成できる。 According to the present invention as described above, by using the frequency information table of the prediction mode selected with respect to the encoding target block, from among the prediction modes supplied from the table, the occurrence frequency of an upper level of the table high prediction mode only was subjected to the prediction image signal generated by extracting, by transmitting the index length of the table when the extracted multiplexed to the decoder in the syntax, higher coding efficiency than conventional prediction image generation method while maintaining the predicted image having a reduced computational cost of the hardware can generate.

本発明の一実施形態に従う動画像符号化装置の構成を示すブロック図。 Block diagram showing the configuration of a video encoding apparatus according to an embodiment of the present invention. 一実施形態に従う動画像符号化装置の構成の1部である内部予測及びモード判定部を示すブロック図。 Block diagram illustrating an intra-prediction and mode decision unit is a part of the configuration of a video encoding apparatus according to an embodiment. 一実施形態に従う内部予測及びモード判定部の構成の1部である予測制御部を示すブロック図。 Block diagram illustrating a predictive control unit is a part of the intra-prediction and mode determination unit of the structure according to one embodiment. 一実施形態に従う内部予測及びモード判定部の構成の1部であるモード制御部を示すブロック図。 Block diagram illustrating a mode control unit which is part of the intra-prediction and mode determination unit of the structure according to one embodiment. 一実施形態に係わる符号化順序、ブロックサイズを示す図。 Coding order according to an embodiment, illustrates a block size. 一実施形態に係わる符号化処理の流れを示すフローチャート。 Flowchart showing a flow of a coding process according to an embodiment. 一実施形態に係わる頻度情報テーブルの更新方法を示す図。 It illustrates a method of updating the frequency information table according to an embodiment. 一実施形態に係わる方向予測に利用される参照画像の予測方向を示す図。 It shows the prediction direction of the reference image to be used in the direction prediction according to an embodiment. 一実施形態に従う画面内予測方法の名称を表すテーブル。 Table representing the name of the intra-frame prediction method according to an embodiment. 一実施形態に従うシンタクス構造の概略図。 Schematic diagram of a syntax structure according to one embodiment. 一実施形態に従うシーケンスパラメータセットシンタクスのデータ構造を示す図。 It shows a data structure of sequence parameter set syntax according to one embodiment. 一実施形態に従うピクチャパラメータセットシンタクスのデータ構造を示す図。 It shows the data structure of picture parameter set syntax according to one embodiment. 一実施形態に従うスライスヘッダシンタクスのデータ構造を示す図。 It illustrates a data structure of slice header syntax according to an embodiment. 一実施形態に従うマクロブロックレイヤーシンタクスのデータ構造を示す図。 It shows the data structure of a macroblock layer syntax according to one embodiment. 一実施形態に従うマクロブロックレイヤーシンタクスのデータ構造を示す図。 It shows the data structure of a macroblock layer syntax according to one embodiment. 一実施形態に従うマクロブロックレイヤーシンタクスのデータ構造を示す図。 It shows the data structure of a macroblock layer syntax according to one embodiment. 一実施形態に従う頻度情報テーブルインデックスの二値化を示すテーブル。 Table showing the binarization of the frequency information table index according to one embodiment. 一実施形態に従う頻度情報テーブルインデックスの二値化とエスケープコードの概略を示すテーブル。 Table showing the binarization and outline of escape codes in the frequency information table index according to one embodiment. 本発明の一実施形態に従う内部予測及びモード判定部の構成の1部である予測制御部を示すブロック図。 Block diagram illustrating a predictive control unit is a part of the intra-prediction and mode determination unit of the configuration according to an embodiment of the present invention. 本発明の一実施形態に従うL0予測モードとL1予測モードの予測名称を表すテーブル。 Table representing the L0 prediction names of prediction modes and L1 prediction mode according to an embodiment of the present invention. 本発明の一実施形態に従うL0予測モードとL1予測モードを用いた予測方法を現す概略図。 Schematic diagram representing a prediction method using the L0 prediction mode and L1 prediction mode according to an embodiment of the present invention. 本発明の一実施形態に従うマクロブロックレイヤーシンタクスのデータ構造を示す図。 It shows the data structure of a macroblock layer syntax according to an embodiment of the present invention. 本発明の一実施形態に従うマクロブロックレイヤーシンタクスのデータ構造を示す図。 It shows the data structure of a macroblock layer syntax according to an embodiment of the present invention. 本発明の一実施形態に従うマクロブロックレイヤーシンタクスのデータ構造を示す図。 It shows the data structure of a macroblock layer syntax according to an embodiment of the present invention. 本発明の一実施形態に従う動画像復号化装置の構成を示すブロック図。 Block diagram showing the configuration of a video decoding apparatus according to an embodiment of the present invention.

符号の説明 DESCRIPTION OF SYMBOLS

100…符号化部、101…画面分割部、102…内部予測/モード判定部、 100 ... encoding unit, 101 ... screen division unit, 102 ... intra-prediction / mode decision unit,
103…モード判定部、104…変換量子化部、105…符号化処理部、106…逆量子化逆変換部、107…参照画像メモリ、108…符号化制御部、201…頻度情報テーブル抽出部、202…頻度情報テーブル生成部、203…予測モード設定部、204…予測器、205…内部参照画像メモリ、207…予測切替スイッチ、210…制御部、 103 ... mode determining unit, 104 ... converter quantization unit, 105 ... encoding unit, 106 ... inverse quantization inverse transform unit, 107 ... reference image memory, 108 ... encoding control unit, 201 ... frequency information table extractor, 202 ... frequency information table generating unit, 203 ... prediction mode setting unit, 204 ... predictor, 205 ... internal reference image memory, 207 ... prediction change-over switch, 210 ... control unit,
301…内部モード判定部、302…内部変換量子化部、303…仮符号化処理部、 301 ... internal mode determination unit, 302 ... internal conversion quantization unit, 303 ... tentative coding unit,
304…内部逆量子化逆変換部、401…入力バッファ、402…逆多重化部、 304 ... internal inverse quantization inverse transform unit, 401 ... input buffer, 402 ... demultiplexing unit,
403…符号列復号部、404…逆量子化逆変換部、405…加算器、406…参照画像メモリ、407…予測制御部、408…出力バッファ、409…復号化制御部、 403 ... code sequence decoding unit, 404 ... inverse quantization inverse transform unit, 405 ... adder, 406 ... reference image memory, 407 ... prediction control unit, 408 ... output buffer, 409 ... decoding control unit,
501…予測制御部、502…モード制御部、506…減算器、600…予測制御部、 501 ... prediction control unit, 502 ... mode control unit, 506 ... subtractor, 600 ... prediction control unit,
601…L0頻度情報テーブル抽出部、602…L0頻度情報テーブル生成部、 601 ... L0 frequency information table extractor, 602 ... L0 frequency information table generating unit,
603…L0予測モード設定部、604…L0予測部、605…L1頻度情報テーブル抽出部、606…L1頻度情報テーブル生成部、607…L1予測モード設定部、 603 ... L0 prediction mode setting unit, 604 ... L0 prediction unit, 605 ... L1 frequency information table extractor, 606 ... L1 frequency information table generating unit, 607 ... L1 prediction mode setting unit,
608…L1予測部、609…適応フィルタ部、610…内部参照画像メモリ 608 ... L1 prediction unit, 609 ... adaptive filter section, 610 ... internal reference image memory

Claims (27)

  1. 予測モードに関する付帯情報の選択頻度を示す頻度情報テーブルを準備するステップと、 A step for preparing a frequency information table indicating a selection frequency of the supplementary information about the prediction mode,
    入力画像を複数の画素ブロックに分割するステップと、 Dividing an input image into a plurality of pixel blocks,
    前記画素ブロックの符号化対象画素ブロックに応じて予測モードに関する付帯情報を選択するステップと、 Selecting a supplementary information about the prediction mode according to the coded pixel blocks of the pixel block,
    選択した付帯情報に基づいて参照画像を用いて前記符号化対象画素ブロックに対する予測画像を生成するステップと、 Generating a predicted image for the encoding target pixel block using the reference picture based on the selected supplementary information,
    入力画像と予測画像との予測誤差と前記予測モードの符号量に基づいて最適予測モードを決定し、決定された予測モードにより前記頻度情報テーブルの予測モードの選択頻度順序を並び替えるステップと、 The input image and the prediction error and on the basis of the code amount of the prediction mode to determine the optimal prediction mode, the step of rearranging the selected frequency order of the prediction modes of the frequency information table by the determined prediction mode to the prediction image,
    並び替えた前記頻度情報テーブルのインデックスを生成するステップと、 The method comprising the steps of: generating an index of the frequency information table rearranged,
    前記符号化対象画素ブロックに対して、前記インデックスから1つ以上の付帯情報を抽出するステップと、 Extracting with respect to the encoding target pixel block, one or more supplementary information from the index,
    抽出された前記付帯情報に対応した予測信号を生成するステップと、 And generating a prediction signal corresponding to the extracted the supplementary information,
    前記予測モードのコストを計算し、前記コストから1つの符号化モードを選択するステップと、 A step in which the cost of the prediction mode is calculated, and selects one of the coding modes from the cost,
    選択された前記符号化モードに従って前記予測誤差信号と前記頻度情報テーブルのテーブル長と、選択された符号化モードを示す、前記頻度情報テーブル中のインデックス番号を符号化するステップと、 A step of encoding the prediction error signal according to the selected the encoding mode and the table length of the frequency information table indicates the selected coding mode, the index number in the frequency information table,
    を具備することを特徴とする画像符号化方法。 Picture coding method characterized by comprising the.
  2. 複数の予測モードの選択頻度を示す頻度情報テーブルを準備するステップと、 A step for preparing a frequency information table indicating the selection frequency of a plurality of prediction modes,
    入力画像を複数の画素ブロックに分割するステップと、 Dividing an input image into a plurality of pixel blocks,
    前記画素ブロックの符号化対象画素ブロックに応じて予測モードを選択するステップと、 Selecting a prediction mode according to the coded pixel blocks of the pixel block,
    選択した予測モードに基づいて参照画像を用いて前記符号化対象画素ブロックに対する予測画像を生成するステップと、 Generating a predicted image for the encoding target pixel block using the reference picture based on the selected prediction mode,
    入力画像と予測画像との予測誤差と前記予測モードの符号量に基づいて最適予測モードを決定し、決定された予測モードにより前記頻度情報テーブルの予測モードの選択頻度順序を並び替えるステップと、 The input image and the prediction error and on the basis of the code amount of the prediction mode to determine the optimal prediction mode, the step of rearranging the selected frequency order of the prediction modes of the frequency information table by the determined prediction mode to the prediction image,
    並び替えた前記頻度情報テーブルのインデックスを生成するステップと、 The method comprising the steps of: generating an index of the frequency information table rearranged,
    前記符号化対象画素ブロックに対して、前記インデックスに対応する予測モードの中から1つ以上の予測モードを抽出するステップと、 Extracting with respect to the encoding target pixel block, one or more prediction mode from the prediction mode corresponding to the index,
    抽出された前記予測モードに対応して予測信号と予測モード情報とを生成するステップと、 And generating a prediction signal and prediction mode information corresponding to the extracted the prediction mode,
    前記予測モードの符号化コストを計算し、この符号化コストから1つの符号化モードを選択するステップと、 A step wherein the coding cost of the prediction mode is calculated, and selects one of the coding modes from the encoding cost,
    選択された前記符号化モードで予測誤差信号と、前記頻度情報テーブルのテーブル長と、選択された符号化モードを示す、前記頻度情報テーブル中のインデックス番号を符号化するステップと、 A prediction error signal with said selected coding mode, the steps of the the table length in the frequency information table, indicating the selected encoding mode to encode the index number in the frequency information table,
    を具備することを特徴とする画像符号化方法。 Picture coding method characterized by comprising the.
  3. 入力画像を複数の画素ブロックに分割するステップと、 Dividing an input image into a plurality of pixel blocks,
    前記画素ブロックの符号化対象画素ブロックに応じて予測モードを選択するステップと、 Selecting a prediction mode according to the coded pixel blocks of the pixel block,
    選択された第一種予測モードに対して予測モードの選択頻度をテーブル化して第1頻度情報テーブルを生成するステップと、 Generating a first frequency information table as a table the selection frequency of a prediction mode for the first type prediction mode selected,
    選択された第二種予測モードに対して予測モードの選択頻度をテーブル化して第2頻度情報テーブルを生成するステップと、 Generating a second frequency information table as a table the selection frequency of a prediction mode for the second type prediction mode selected,
    前記第一種及び第二種頻度情報テーブルのインデックスを生成するステップと、 And generating an index of the first kind and second kind frequency information table,
    前記画素ブロックの符号化対象画素ブロックに対して、前記第1及び第2頻度情報テーブルから与えられる予測モードの中から、夫々1つ以上の予測モードを抽出する予測モード抽出ステップと、 The encoding target pixel block of the pixel block, from among the prediction modes supplied from said first and second frequency information table, a prediction mode extraction step of extracting a respective one or more prediction modes,
    前記第1及び第2頻度情報テーブルから夫々抽出された前記予測モードに対応して第一種予測信号と第二種予測信号と予測モード情報とを生成するステップと、 And generating the first and second first-type predicted signal from the frequency information table in response to the prediction mode respectively extracted and the two prediction signal and prediction mode information,
    前記第一種予測信号と第二種予測信号に対してフィルタ処理を行って1つの予測信号を生成するステップと、 Generating one of the prediction signal by performing filter processing on the first type prediction signal and the second type prediction signal,
    前記予測モードの予測誤差信号を計算し、1つの符号化モードを選択するステップと、 A step wherein the prediction error signal of the prediction mode is calculated, and selects one of the coding modes,
    選択された符号化モードで生成された予測誤差信号と、前記第1頻度情報テーブルのテーブル長と、前記第2情報テーブルのテーブル長と、選択された符号化モードを示す、前記第一種及び第二種に対応するインデックス番号を符号化する符号化ステップと、 A prediction error signal generated by the selected encoding mode, and table length of the first frequency information table shows the table length of the second information table, the selected coding mode, the first type and an encoding step of encoding an index number corresponding to the second kind,
    を具備することを特徴とする画像符号化方法。 Picture coding method characterized by comprising the.
  4. 前記符号化ステップは、前記予測誤差信号に変換処理を行うステップと、変換された係数に対して量子化処理を行って、量子化された変換係数を生成するステップとを含む、ことを特徴とする請求項1又は2記載の画像符号化方法。 It said encoding step includes a step of performing conversion processing on the prediction error signal, performs quantization processing on the transformed coefficients, and generating a quantized transform coefficients, and wherein the picture coding method according to claim 1 or 2, wherein.
  5. 前記符号化モード毎に対応する予測画素ブロックのサイズを特定の画素ブロックサイズ内で切り替えることを可能とするステップをさらに含む、ことを特徴とする請求項1又は2記載の画像符号化方法。 Further comprising, an image coding method according to claim 1 or 2, wherein the steps to be able to switch the size of the prediction pixel block corresponding to the encoding mode for each within a particular pixel block size.
  6. 前記予測モード抽出ステップは、符号化シーケンス毎、ピクチャ毎、又は符号化スライス毎に前記頻度テーブルのインデックス長を送るステップを含むことを特徴とする、請求項1又は2記載の画像符号化方法。 The prediction mode extraction step, the coding for each sequence, each picture or characterized in that it comprises the step of sending the index length of the frequency table for each encoding slice claim 1 or 2 image encoding method according.
  7. 前記予測モード抽出ステップは、符号化対象マクロブロックの量子化スケールの値が大きいか、或いは小さいか、に応じて、前記予測モードの抽出を行うか、行わないかを切り替えるステップを含むことを特徴とする請求項1又は2記載の画像符号化方法。 The prediction mode extraction step, characterized in that it comprises the step of whether the value of the quantization scale of the coding target macroblock is larger or smaller, depending on, or not to extract the prediction mode switching or not performed picture coding method according to claim 1 or 2 wherein the.
  8. 前記予測モード情報抽出ステップは、前記入力画像信号の解像度が高いか、又は低いか、に応じて前記モード情報の抽出を行うか、行わないかを切り替えることを特徴とする、請求項1又は2記載の画像符号化方法。 The prediction mode information extraction step, the input image signal if the resolution is high, or low, the or not to extract the mode information, and switches whether or not performed in accordance with, claim 1 or 2 image encoding method according.
  9. 前記符号化モード選択ステップは,選択された前記符号化モードで生成された信号を符号化したときの符号量を算出する符号量算出ステップと、 The encoding mode selecting step, a code amount calculating step of calculating a code amount when encoding the generated at said selected coding mode signal,
    選択された前記符号化モードで生成された信号を局所復号して局所復号画像を生成するステップと,前記入力画像信号との差を表す符号化歪みを算出する符号化歪み算出ステップと、を具備することを特徴とする請求項1又は2記載の画像符号化方法。 Comprising the steps of: generating a local decoded image generated by the said selected coding mode signal and a locally decoded, and a coding distortion calculating step of calculating a coding distortion representing a difference between the input image signal picture coding method according to claim 1 or 2, characterized in that.
  10. 前記テーブル長をシーケンス単位、ピクチャ単位又はスライス単位で送り、前記インデックスをマクロブロック単位又はブロック単位で送るステップを含むことを特徴とする請求項1又は請求項2の画像符号化方法。 Sequence unit the table length, feeding on a picture-by-picture basis or a slice unit, the image coding method according to claim 1 or claim 2, characterized in that it comprises the step of sending the index for each macroblock or block basis.
  11. 前記テーブル長をシーケンス単位又はスライス単位でヘッダデータに含めて送る、及び/又は前記インデックスをマクロブロック単位でヘッダデータに含めて送るステップを含むことを特徴とする請求項1又は請求項2記載の画像符号化方法。 Send included in the header data in a sequence unit or slice the table length, and / or according to claim 1 or claim 2 wherein, characterized in that it comprises the step of sending included in the header data in the macro block unit the index image coding method.
  12. 符号化信号の符号化モードに従って前記符号化信号を画素ブロック毎に復号化するステップと、 A step of decoding each pixel block the encoded signal according to the coding mode of the encoded signal,
    復号化画素ブロックの予測モードに関する付加情報の選択頻度をテーブル化するための頻度情報テーブルのテーブル長を復号するステップと、 A step of decoding the table length in the frequency information table for tabulating the selection frequency of the additional information on the prediction mode of the decoded pixel block,
    前記復号化されたテーブル長を基に、前記頻度情報テーブルを生成するステップと、 Based on the table length, which is the decoded, and generating the frequency information table,
    前記頻度情報テーブルのインデックス番号を復号するステップと、 A step of decoding the index number of the frequency information table,
    前記インデックスの中から、復号画素ブロックに対応する付加情報を抽出するステップと、 From among the index, and extracting the additional information corresponding to the decoded pixel block,
    抽出された前記付加情報に対応した予測信号と予測モードとを生成するステップと、 Prediction signal corresponding to the extracted the additional information and the step of generating a prediction mode,
    復号信号を基に予測誤差信号を生成するステップと、 Generating a prediction error signal based on a decoded signal,
    予測信号と予測誤差信号を加算して、復号画像を生成するステップと、 By adding the prediction signal and the prediction error signal, and generating a decoded image,
    を具備することを特徴とする画像復号化方法。 Picture decoding method characterized by comprising the.
  13. 符号化信号の符号化モードに従って前記符号化信号を画素ブロック毎に復号化するステップと、 A step of decoding each pixel block the encoded signal according to the coding mode of the encoded signal,
    復号化画素ブロックの予測モードの選択頻度をテーブル化するための頻度情報テーブルのテーブル長を復号するステップと、 A step of decoding the table length in the frequency information table for tabulating the selection frequency of a prediction mode of decoding pixel block,
    前記復号化されたテーブル長を基に、前記頻度情報テーブルを生成するステップと、 Based on the table length, which is the decoded, and generating the frequency information table,
    前記頻度情報テーブルのインデックス番号を復号するステップと、 A step of decoding the index number of the frequency information table,
    前記インデックスに対応する予測モードの中から、1つ以上の予測モードを抽出するステップと、 From among the prediction modes corresponding to the index, and extracting one or more prediction modes,
    抽出された前記予測モードに対応して予測信号を生成するステップと、 Generating a prediction signal corresponding to the extracted the prediction mode,
    復号化信号を基に予測誤差信号を生成するステップと、 Generating a prediction error signal based on a decoded signal,
    予測信号と予測誤差信号を加算して、復号画像を生成するステップと、 By adding the prediction signal and the prediction error signal, and generating a decoded image,
    を具備することを特徴とする画像復号化方法。 Picture decoding method characterized by comprising the.
  14. 符号化信号の符号化モードに従って前記符号化信号を画素ブロック毎に復号化するステップと、 A step of decoding each pixel block the encoded signal according to the coding mode of the encoded signal,
    復号化画素ブロックの第一種の予測モード及び第二種の予測モードの選択頻度をそれぞれテーブル化するための頻度情報テーブルのテーブル長を復号するステップと、 A step of decoding the table length in the frequency information table for each table of the selection frequency of a prediction mode and a two prediction modes of the first kind of decoding pixel block,
    第一種の予測モードに対して予測モードの選択頻度をテーブル化して第一種頻度情報テーブルを生成するステップと、 Generating a first kind frequency information table as a table the selection frequency of a prediction mode for prediction mode of the first kind,
    第二種の予測モードに対して予測モードの選択頻度をテーブル化して第二種頻度情報テーブルを生成するステップと、 Generating a second kind frequency information table as a table the selection frequency of a prediction mode for the second type of prediction modes,
    前記第一種及び第二種頻度情報テーブルのインデックス番号をそれぞれ復号するステップと、 A step of decoding each index number of the first kind and second kind frequency information table,
    前記インデックスの中から、第一種及び第二種予測モードに夫々対応する予測モードを抽出するステップと、 From among the index, and extracting a prediction mode in the first kind and second kind prediction mode respectively corresponding,
    抽出された前記第一種及び第二種予測モードに対応して第一種予測信号と第二種予測信号及び予測モード情報とを生成するステップと、 First kind prediction signal corresponding to the extracted the first type and second type prediction mode and the step of generating a second type prediction signal and prediction mode information,
    前記第一種予測信号と前記第二種予測信号に対してフィルタ処理を行って1つの予測信号を生成するステップと、 Generating one of the prediction signal by performing filter processing on the first type prediction signal and the second type prediction signal,
    復号化信号を基に予測誤差信号を生成するステップと、 Generating a prediction error signal based on a decoded signal,
    予測信号と予測誤差信号を加算して、復号画像を生成するステップと、 By adding the prediction signal and the prediction error signal, and generating a decoded image,
    を具備することを特徴とする画像復号化方法。 Picture decoding method characterized by comprising the.
  15. 前記予測誤差信号生成ステップは、復号化係数を逆量子化するステップと、逆量子化変換係数を逆変換して予測誤差信号を生成するステップを含むことを特徴とする請求項12又は13記載の画像復号化方法。 The prediction error signal generating step comprises the steps of inverse quantizing the decoded coefficients, according to claim 12 or 13, wherein the comprising the step of generating a prediction error signal by inverse transformation of the dequantized transform coefficients image decoding method.
  16. 前記符号化モード毎に対応する予測画素ブロックのサイズを特定の画素ブロックサイズ内で切り替えることを可能とするステップをさらに含むことを特徴とする請求項12又は13記載の画像復号化方法。 Claim 12 or 13 picture decoding method according to further comprising the step of making it possible to switch the size of the prediction pixel block corresponding to the encoding mode for each within a particular pixel block size.
  17. 前記予測モード抽出ステップは、前記予測モードの抽出を行う際、シーケンス毎、ピクチャ毎、又はスライス毎に頻度テーブルのインデックス長を送ることを特徴とする請求項12又は13記載の画像復号化方法。 The prediction mode extraction step, when performing the extraction of the prediction mode, the sequence each, each picture or the picture decoding method according to claim 12 or 13, wherein the sending the index length in the frequency table for each slice.
  18. 前記予測モード抽出ステップは、復号対象マクロブロックの量子化スケールの値が大きいか、又は小さいか、に応じて、前記予測モードの抽出を行うことを特徴とする請求項12又は13記載の画像復号化方法。 The prediction mode extraction step, whether the value of the quantization scale of the decoding target macroblock is large or small or, in accordance with the image decoding according to claim 12 or 13, wherein the performing the extraction of the prediction modes method of.
  19. 前記予測モード抽出ステップは、復号化対象入力画像信号の解像度が高いか、又は低いか、に応じて前記モード情報の抽出を行うことを特徴とする、請求項10又は11記載の画像復号化方法。 The prediction mode extraction step, either high-resolution decoded input image signal, or lower or, characterized in that said performing the extraction of mode information, the image decoding method according to claim 10 or 11, wherein in response to .
  20. 予測モードに関する付帯情報の選択頻度を示す頻度情報テーブルを記憶するメモリと、 A memory for storing frequency information table indicating a selection frequency of the supplementary information about the prediction mode,
    入力画像を複数の画素ブロックに分割する分割部と、 A dividing unit for dividing an input image into a plurality of pixel blocks,
    前記画素ブロックの符号化対象画素ブロックに応じて予測モードに関する付帯情報を選択する選択部と、 A selector for selecting supplementary information about the prediction mode according to the coded pixel blocks of the pixel block,
    選択した付帯情報に基づいて参照画像を用いて前記符号化対象画素ブロックに対する予測画像を生成する予測部と、 A prediction unit generating a predicted image for the encoding target pixel block using the reference picture based on the selected supplementary information,
    入力画像と予測画像との予測誤差と前記予測モードの符号量に基づいて最適予測モードを決定し、決定された予測モードにより前記頻度情報テーブルの予測モードの選択頻度順序を並び替えるテーブル更新部と、 The optimum prediction mode is determined based the input image and the prediction error of the predicted image to the code amount of the prediction mode, the determined prediction mode and the frequency information prediction mode selection frequency order list to sort the table updating of the table ,
    並び替えた前記頻度情報テーブルのインデックスを生成するインデックス生成部と、 And an index generator for generating an index of the frequency information table rearranged,
    前記符号化対象画素ブロックに対して、前記インデックスから1つ以上の付帯情報を抽出する抽出部と、 With respect to the encoding target pixel block, an extraction unit that extracts one or more supplementary information from the index,
    抽出された前記付帯情報に対応した予測信号を生成する予測信号生成部と、 A prediction signal generating unit for generating a prediction signal corresponding to the extracted the supplementary information,
    前記予測モードのコストを計算し、前記コストから1つの符号化モードを選択する選択部と、 A selection unit, wherein the cost prediction mode is calculated, and selects one of the coding modes from the cost,
    選択された前記符号化モードに従って前記予測誤差信号と前記頻度情報テーブルのテーブル長と、選択された符号化モードを示す、前記頻度情報テーブル中のインデックス番号を符号化する符号化部と、 The prediction error signal according to the selected the encoding mode and the table length of the frequency information table, indicating the selected encoding mode, an encoding unit for encoding the index number in the frequency information table,
    を具備することを特徴とする画像符号化装置。 Image encoding device characterized by comprising a.
  21. 符号化信号の符号化モードに従って前記符号化信号を画素ブロック毎に復号化する復号部と、 A decoding unit for decoding the coded signal for each pixel block according to the coding mode of the encoded signal,
    復号化画素ブロックの予測モードに関する付加情報の選択頻度をテーブル化するための頻度情報テーブルのテーブル長を復号するテーブル復号化と、 A table decoding for decoding the table length in the frequency information table for tabulating the selection frequency of the additional information on the prediction mode of the decoded pixel block,
    前記復号化されたテーブル長を基に、前記頻度情報テーブルを生成する頻度情報テーブル生成部と、 Based on the table length, which is the decoded, and frequency information table generating unit that generates the frequency information table,
    前記頻度情報テーブルのインデックス番号を復号するインデックス復号部と、 And index decoding unit for decoding the index number of the frequency information table,
    前記インデックスの中から、復号画素ブロックに対応する付加情報を抽出する付加情報抽出部と、 From among the indexes, the additional information extracting unit that extracts the additional information corresponding to the decoded pixel block,
    抽出された前記付加情報に対応した予測信号と予測モードとを生成する予測信号生成部と、 Prediction signal corresponding to the extracted the additional information and the prediction signal generating unit for generating a prediction mode,
    復号信号を基に予測誤差信号を生成する予測誤差信号生成部と、 A prediction error signal generator for generating a prediction error signal based on a decoded signal,
    予測信号と予測誤差信号を加算して、復号画像を生成する復号画像生成部と、 By adding the prediction signal and the prediction error signal, and the decoded image generating unit for generating a decoded image,
    を具備することを特徴とする画像復号化装置。 Image decoding apparatus characterized by comprising a.
  22. 予測モードに関する付帯情報の選択頻度を示す頻度情報テーブルを準備する手順と、 A step of preparing a frequency information table indicating a selection frequency of the supplementary information about the prediction mode,
    入力画像を複数の画素ブロックに分割する手順と、 A step of dividing an input image into a plurality of pixel blocks,
    前記画素ブロックの符号化対象画素ブロックに応じて予測モードに関する付帯情報を選択する手順と、 A procedure for selecting the supplementary information about the prediction mode according to the coded pixel blocks of the pixel block,
    選択した付帯情報に基づいて参照画像を用いて前記符号化対象画素ブロックに対する予測画像を生成する手順と、 A step of generating a predicted image for the encoding target pixel block using the reference picture based on the selected supplementary information,
    入力画像と予測画像との予測誤差と前記予測モードの符号量に基づいて最適予測モードを決定し、決定された予測モードにより前記頻度情報テーブルの予測モードの選択頻度順序を並び替える手順と、 An input image to the procedure prediction error and on the basis of the code amount of the prediction mode to determine the optimal prediction mode, the determined prediction mode rearranges the selected frequency order of the prediction modes of the frequency information table of the predicted image,
    並び替えた前記頻度情報テーブルのインデックスを生成する手順と、 And procedures to generate an index of the frequency information table rearranged,
    前記符号化対象画素ブロックに対して、前記インデックスから1つ以上の付帯情報を抽出する手順と、 With respect to the encoding target pixel block, the procedure for extracting one or more supplementary information from the index,
    抽出された前記付帯情報に対応した予測信号を生成する手順と、 A step of generating a prediction signal corresponding to the extracted the supplementary information,
    前記予測モードのコストを計算し、前記コストから1つの符号化モードを選択する手順と、 A step of the costs of the prediction modes is calculated, and selects one of the coding modes from the cost,
    選択された前記符号化モードに従って前記予測誤差信号と前記頻度情報テーブルのテーブル長と、選択された符号化モードを示す、前記頻度情報テーブル中のインデックス番号を符号化する手順と、 The prediction error signal according to the selected the encoding mode and the table length of the frequency information table, the procedure indicating the selected encoding mode to encode the index number in the frequency information table,
    をコンピュータに実行させるための画像符号化プログラム。 Image encoding program for causing a computer to execute the.
  23. 符号化信号の符号化モードに従って前記符号化信号を画素ブロック毎に復号化する手順と、 A step of decoding the coded signal for each pixel block according to the coding mode of the encoded signal,
    復号化画素ブロックの予測モードに関する付加情報の選択頻度をテーブル化するための頻度情報テーブルのテーブル長を復号化する手順と、 A step of decrypting the table length in the frequency information table for tabulating the selection frequency of the additional information on the prediction mode of the decoded pixel block,
    前記復号化されたテーブル長を基に、前記頻度情報テーブルを生成する手順と、 Based on the table length, which is the decoded, the procedure for generating the frequency information table,
    前記頻度情報テーブルのインデックス番号を復号する手順と、 And instructions for decoding the index number of the frequency information table,
    前記インデックスの中から、復号画素ブロックに対応する付加情報を抽出する手順と、 From among the indexes, a procedure for extracting the additional information corresponding to the decoded pixel block,
    抽出された前記付加情報に対応した予測信号と予測モードとを生成する手順と、 Prediction signal corresponding to the extracted the additional information and the procedure for generating the prediction mode,
    復号信号を基に予測誤差信号を生成する手順と、 A step of generating a prediction error signal based on a decoded signal,
    予測信号と予測誤差信号を加算して、復号画像を生成する手順と、 By adding the prediction signal and the prediction error signal, and a step of generating a decoded image,
    をコンピュータに実行させるための画像復号化プログラム。 Image decoding program for causing a computer to execute the.
  24. 入力画像を分割した複数のブロックの各々より前に符号化されたブロックでの予測モードに関する複数の情報の選択履歴に基づいて、予め定めた規則に従って前記各ブロックで選択される可能性の高い順に前記複数の情報を並べたテーブルを生成するテーブル生成ステップと、 Based on the selection history of a plurality of information on the prediction mode of the encoding block prior to each of the plurality of blocks obtained by dividing the input image, the higher order likely to be selected in each block according to a predetermined rule a table generation step of generating a table arranged said plurality of information,
    前記複数の情報の中から前記各ブロックの予測に使用する選択情報を選択する選択ステップと、 A selection step of selecting the selection information to be used for prediction of the blocks from the plurality of information,
    前記選択情報に従った予測を行うことにより前記各ブロックの画像信号から前記各ブロックの予測残差信号を生成する予測ステップと、 A prediction step of generating a prediction residual signal of each block from the image signals of the respective blocks by performing prediction in accordance with the selection information,
    前記各ブロックの前記予測残差信号、前記テーブルの長さを示す情報、および、前記選択テーブル内で前記選択情報に対応するインデックス番号を符号化して符号化データを生成する符号化ステップと、 The prediction residual signals of the respective blocks, information indicating the length of the table, and an encoding step of generating encoded data the index number corresponding to the selection information in the selection table is encoded,
    を有する画像符号化方法。 Picture coding method with.
  25. 前記テーブル生成ステップでは、前記複数の情報のうち選択される可能性が高い方から順に抽出された一部を用いて前記テーブルを生成する、ことを特徴とする請求項24の画像符号化方法。 In the table generating step, generating the table by using part extracted in order from the higher likelihood of being selected among the plurality of information, an image coding method according to claim 24, characterized in that.
  26. 入力画像を分割した複数のブロックの各々より前に符号化されたブロックでの予測モードに関する複数の情報の選択履歴に基づいて、予め定めた規則に従って前記各ブロックで選択される可能性の高い順に前記複数の情報を並べたテーブルを生成するテーブル生成部と、 Based on the selection history of a plurality of information on the prediction mode of the encoding block prior to each of the plurality of blocks obtained by dividing the input image, the higher order likely to be selected in each block according to a predetermined rule a table generator for generating a table arranged said plurality of information,
    前記複数の情報の中から前記各ブロックの予測に使用する選択情報を選択する選択部と、 A selection unit for selecting a selection information to be used for prediction of the blocks from the plurality of information,
    前記選択情報に従った予測を行うことにより前記各ブロックの画像信号から前記各ブロックの予測残差信号を生成する予測部と、 A prediction unit generating a prediction residual signal of each block from the image signals of the respective blocks by performing prediction in accordance with the selection information,
    前記各ブロックの前記予測残差信号、前記テーブルの長さを示す情報、および、前記選択テーブル内で前記選択情報に対応するインデックス番号を符号化して符号化データを生成する符号化部と、 The prediction residual signals of the respective blocks, information indicating the length of the table, and an encoding unit that generates encoded data the index number corresponding to the selection information in the selection table is encoded,
    を有する画像符号化装置。 Image encoding apparatus having a.
  27. 前記テーブル生成部は、前記複数の情報のうち選択される可能性が高い方から順に抽出された一部を用いて前記テーブルを生成する、ことを特徴とする請求項26の画像符号化装置。 The table generating unit, the image encoding apparatus according to claim 26, wherein generating the table, characterized in that using a portion extracted in order from the higher likelihood of being selected among the plurality of information.
JP2007087202A 2007-03-29 2007-03-29 Image encoding method, device, image decoding method, and device Pending JP2010135864A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2007087202A JP2010135864A (en) 2007-03-29 2007-03-29 Image encoding method, device, image decoding method, and device

Applications Claiming Priority (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2007087202A JP2010135864A (en) 2007-03-29 2007-03-29 Image encoding method, device, image decoding method, and device
PCT/JP2008/055588 WO2008123254A1 (en) 2007-03-29 2008-03-25 Image encoding method, device, image decoding method, and device
TW97110810A TW200850012A (en) 2007-03-29 2008-03-26 Image encoding method, device, image decoding method, and device

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2010135864A true true JP2010135864A (en) 2010-06-17

Family

ID=39830747

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2007087202A Pending JP2010135864A (en) 2007-03-29 2007-03-29 Image encoding method, device, image decoding method, and device

Country Status (2)

Country Link
JP (1) JP2010135864A (en)
WO (1) WO2008123254A1 (en)

Cited By (11)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR20110083366A (en) * 2010-01-14 2011-07-20 삼성전자주식회사 Method and apparatus for video encoding considering order of skip and split, and method and apparatus for video decoding considering order of skip and split
KR20120011428A (en) * 2010-07-29 2012-02-08 에스케이 텔레콤주식회사 Method and Apparatus for Encoding/Decoding of Video Data Using Partitioned-Block Prediction
WO2012096095A1 (en) * 2011-01-12 2012-07-19 株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ Image predict coding method, image predict coding device, image predict coding program, image predict decoding method, image predict decoding device, and image predict decoding program
WO2012121369A1 (en) * 2011-03-10 2012-09-13 シャープ株式会社 Image encoding device, image encoding method, image encoding program, image decoding device, image decoding method and image decoding program
WO2013105457A1 (en) * 2012-01-12 2013-07-18 ソニー株式会社 Image processing device and method
KR101373670B1 (en) 2011-11-04 2014-03-14 연세대학교 산학협력단 Method and apparatus for intra prediction
KR20150034707A (en) * 2015-03-11 2015-04-03 삼성전자주식회사 Method and apparatus for video encoding considering order of skip and split, and method and apparatus for video decoding considering order of skip and split
JP2016519898A (en) * 2013-04-08 2016-07-07 ジーイー ビデオ コンプレッション エルエルシー Component prediction
KR101768209B1 (en) 2016-11-03 2017-08-16 삼성전자주식회사 Method and apparatus for video encoding considering order of skip and split, and method and apparatus for video decoding considering order of skip and split
KR101857800B1 (en) 2017-08-08 2018-05-14 삼성전자주식회사 Method and apparatus for video encoding considering order of skip and split, and method and apparatus for video decoding considering order of skip and split
KR101917656B1 (en) 2018-05-03 2018-11-12 삼성전자주식회사 Method and apparatus for video encoding considering order of skip and split, and method and apparatus for video decoding considering order of skip and split

Families Citing this family (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
EP2160900A1 (en) 2007-06-12 2010-03-10 Thomson Licensing Methods and apparatus supporting multi-pass video syntax structure for slice data
JP5166339B2 (en) * 2008-03-28 2013-03-21 三星電子株式会社Samsung Electronics Co.,Ltd. Encoding and / or decoding method and apparatus of the intra prediction mode information of the image
WO2010090629A1 (en) * 2009-02-05 2010-08-12 Thomson Licensing Methods and apparatus for adaptive mode video encoding and decoding
US8594200B2 (en) * 2009-11-11 2013-11-26 Mediatek Inc. Method of storing motion vector information and video decoding apparatus
JP2013131786A (en) * 2010-04-09 2013-07-04 Mitsubishi Electric Corp Video encoder and video decoder
KR101540899B1 (en) 2010-04-09 2015-07-30 미쓰비시덴키 가부시키가이샤 Image encoding device
CN105657419A (en) 2010-07-15 2016-06-08 三菱电机株式会社 Image encoding device, image decoding device, video encoding method, and video decoding method
KR20150088909A (en) * 2011-06-30 2015-08-03 가부시키가이샤 제이브이씨 켄우드 Image encoding device, image encoding method, image encoding program, image decoding device, image decoding method, and image decoding program
US10021409B2 (en) * 2012-05-09 2018-07-10 Integrated Device Technology, Inc. Apparatuses and methods for estimating bitstream bit counts

Family Cites Families (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2003198379A (en) * 2001-12-28 2003-07-11 Ricoh Co Ltd Signal-coding apparatus and method therefor, program, and record medium
WO2003105070A1 (en) * 2002-06-01 2003-12-18 Nokia Corporation Spatial prediction based intra coding
JP3940657B2 (en) * 2002-09-30 2007-07-04 株式会社東芝 Video encoding method and apparatus and a video decoding method and apparatus

Cited By (17)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR101675118B1 (en) 2010-01-14 2016-11-10 삼성전자 주식회사 Method and apparatus for video encoding considering order of skip and split, and method and apparatus for video decoding considering order of skip and split
US10110894B2 (en) 2010-01-14 2018-10-23 Samsung Electronics Co., Ltd. Method and apparatus for encoding video and method and apparatus for decoding video by considering skip and split order
US9894356B2 (en) 2010-01-14 2018-02-13 Samsung Electronics Co., Ltd. Method and apparatus for encoding video and method and apparatus for decoding video by considering skip and split order
KR20110083366A (en) * 2010-01-14 2011-07-20 삼성전자주식회사 Method and apparatus for video encoding considering order of skip and split, and method and apparatus for video decoding considering order of skip and split
KR101681303B1 (en) * 2010-07-29 2016-12-01 에스케이 텔레콤주식회사 Method and Apparatus for Encoding/Decoding of Video Data Using Partitioned-Block Prediction
KR20120011428A (en) * 2010-07-29 2012-02-08 에스케이 텔레콤주식회사 Method and Apparatus for Encoding/Decoding of Video Data Using Partitioned-Block Prediction
US9973750B2 (en) 2010-07-29 2018-05-15 Sk Telecom Co., Ltd. Method and device for image encoding/decoding using block split prediction
WO2012096095A1 (en) * 2011-01-12 2012-07-19 株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ Image predict coding method, image predict coding device, image predict coding program, image predict decoding method, image predict decoding device, and image predict decoding program
WO2012121369A1 (en) * 2011-03-10 2012-09-13 シャープ株式会社 Image encoding device, image encoding method, image encoding program, image decoding device, image decoding method and image decoding program
KR101373670B1 (en) 2011-11-04 2014-03-14 연세대학교 산학협력단 Method and apparatus for intra prediction
WO2013105457A1 (en) * 2012-01-12 2013-07-18 ソニー株式会社 Image processing device and method
JP2016519898A (en) * 2013-04-08 2016-07-07 ジーイー ビデオ コンプレッション エルエルシー Component prediction
KR101675120B1 (en) 2015-03-11 2016-11-22 삼성전자 주식회사 Method and apparatus for video encoding considering order of skip and split, and method and apparatus for video decoding considering order of skip and split
KR20150034707A (en) * 2015-03-11 2015-04-03 삼성전자주식회사 Method and apparatus for video encoding considering order of skip and split, and method and apparatus for video decoding considering order of skip and split
KR101768209B1 (en) 2016-11-03 2017-08-16 삼성전자주식회사 Method and apparatus for video encoding considering order of skip and split, and method and apparatus for video decoding considering order of skip and split
KR101857800B1 (en) 2017-08-08 2018-05-14 삼성전자주식회사 Method and apparatus for video encoding considering order of skip and split, and method and apparatus for video decoding considering order of skip and split
KR101917656B1 (en) 2018-05-03 2018-11-12 삼성전자주식회사 Method and apparatus for video encoding considering order of skip and split, and method and apparatus for video decoding considering order of skip and split

Also Published As

Publication number Publication date Type
WO2008123254A1 (en) 2008-10-16 application

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US20100118943A1 (en) Method and apparatus for encoding and decoding image
US20100135389A1 (en) Method and apparatus for image encoding and image decoding
US20060146191A1 (en) Color image encoding and decoding method and apparatus using a correlation between chrominance components
US20090310677A1 (en) Image encoding and decoding method and apparatus
JP2005244503A (en) Apparatus and method for coding image information
JP2006262004A (en) Dynamic image encoding/decoding method and device
JP2010010950A (en) Image coding/decoding method and apparatus
KR20110010324A (en) Method and apparatus for image encoding, and method and apparatus for image decoding
KR20070037532A (en) Intra prediction encoding method and encoder thereof
US20110176614A1 (en) Image processing device and method, and program
WO2011125211A1 (en) Image encoding method and image decoding method
WO2010001999A1 (en) Dynamic image encoding/decoding method and device
JP2007166039A (en) Image coding equipment
JP2006304107A (en) Coding device and program applied thereto
JP2008245088A (en) Intra prediction system for moving image encoding apparatus and moving image decoding apparatus
JP2006140758A (en) Method, apparatus and program for encoding moving image
JP2010011075A (en) Method and apparatus for encoding and decoding moving image
JP2012504910A (en) Video coding using a large macro-block
JP2006025033A (en) Device and method for image processing
JP2007214641A (en) Coder, decoder, image processing apparatus, and program for allowing computer to execute image processing method
US20100278266A1 (en) Method of generating image data
KR20070037533A (en) Method for intra predictive coding for image data and encoder thereof
JPH1188888A (en) Method for predictively encoding moving vector, method for decoding moving vector, predictively encoding device, decoding device, and recording medium recording predictively encoding program and decoding program for moving vector
JP2011501542A (en) Inter-frame prediction coding method and apparatus
JP2012151576A (en) Image coding method, image coding device, image decoding method and image decoding device