JP2010115325A - Game machine - Google Patents

Game machine Download PDF

Info

Publication number
JP2010115325A
JP2010115325A JP2008290283A JP2008290283A JP2010115325A JP 2010115325 A JP2010115325 A JP 2010115325A JP 2008290283 A JP2008290283 A JP 2008290283A JP 2008290283 A JP2008290283 A JP 2008290283A JP 2010115325 A JP2010115325 A JP 2010115325A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
display
effect
symbol
variation
executed
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2008290283A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP5524473B2 (en
JP2010115325A5 (en
Inventor
Tadahito Fujita
Toshio Ogura
敏男 小倉
督人 藤田
Original Assignee
Sankyo Co Ltd
株式会社三共
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Sankyo Co Ltd, 株式会社三共 filed Critical Sankyo Co Ltd
Priority to JP2008290283A priority Critical patent/JP5524473B2/en
Publication of JP2010115325A publication Critical patent/JP2010115325A/en
Publication of JP2010115325A5 publication Critical patent/JP2010115325A5/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP5524473B2 publication Critical patent/JP5524473B2/en
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Abstract

<P>PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a game machine capable of improving the amusement of a game by plentifully varying a performance in a variable display. <P>SOLUTION: This Pachinko game machine can previously determine whether or not the variable display triggered by an operation-start winning is executed at a specific variation pattern in the operation start winning and stationarily display a predetermined chance outcome as a display result of the variable display before starting the variable display based on the operation-start winning according to the result of the prior determination. In this Pachinko game machine, a chance outcome forenotice for previously notifying of a possibility of a chance outcome when stopping performance symbols in the variable display is selected (Fig.46(B)) from a plurality of types of chance outcome forenotices and executed, so as to vary a rate of actually stopping the chance outcome according to a type and a rate of executing the variable display at a predetermined variation pattern. <P>COPYRIGHT: (C)2010,JPO&amp;INPIT

Description

本発明は、遊技者にとって有利な特定遊技状態に制御するパチンコ遊技機等の遊技機に関する。   The present invention relates to a gaming machine such as a pachinko gaming machine that is controlled to a specific gaming state advantageous to a player.
遊技機として、遊技媒体である遊技球を発射装置によって遊技領域に発射し、遊技領域に設けられている入賞口等の入賞領域に遊技球が入賞すると、所定個の賞球が遊技者に払出されるものがある。さらに、識別情報を変動表示(「変動表示」ともいう。)する変動表示装置が設けられ、変動表示装置において識別情報の変動表示の表示結果が特定表示結果となった場合に、遊技状態(遊技機の状態。よって、具体的には、遊技機が制御されている状態。)を、所定の遊技価値を遊技者に与えるように構成されたものがある(いわゆるパチンコ遊技機(パチンコ機))。   As a gaming machine, a game ball as a game medium is launched into a game area by a launching device, and when a game ball wins a prize area such as a prize opening provided in the game area, a predetermined number of prize balls are paid out to the player There is something to be done. Further, a variable display device that displays the identification information in a variable manner (also referred to as “variable display”) is provided, and when the display result of the variation display of the identification information in the variable display device becomes a specific display result, The state of the machine (specifically, the state in which the gaming machine is controlled)) is provided to give the player a predetermined gaming value (so-called pachinko gaming machine (pachinko machine)) .
なお、遊技価値とは、遊技機の遊技領域に設けられた可変入賞球装置の状態が打球の入賞しやすい遊技者にとって有利な状態になることや、遊技者にとって有利な状態になるための権利を発生させたりすることや、遊技媒体の払出の条件が成立しやすくなる状態になることである。   The game value is the right that the state of the variable winning ball apparatus provided in the gaming area of the gaming machine becomes advantageous for a player who is easy to win a ball, or the advantageous state for a player. Or the game medium payout condition is easily established.
遊技機の一例としてのパチンコ機では、始動入賞口に遊技球が入賞したことに基づいて変動表示装置(変動表示部)において開始される図柄(識別情報)の変動表示の表示結果として、予め定められた特定の表示態様が導出表示された場合に、遊技者にとって有利な特定遊技状態としての「大当り」が発生する。なお、導出表示とは、図柄(最終停止図柄)を最終的に停止表示させることである。大当りが発生すると、例えば、大入賞口が所定回数開放して打球が入賞しやすい大当り遊技状態に移行する。そして、各開放期間において、所定個(例えば、10個)の大入賞口への入賞があると大入賞口は閉成する。そして、大入賞口の開放回数は、所定回数(例えば、15ラウンド)に固定されている。なお、各開放について開放時間(例えば、29秒)が決められ、入賞数が所定個に達しなくても開放時間が経過すると大入賞口は閉成する。以下、各々の大入賞口の開放期間をラウンドということがある。また、ラウンドにおける遊技をラウンド遊技ということがある。   In a pachinko machine as an example of a gaming machine, a display result of a variable display of a symbol (identification information) that is started in a variable display device (variable display unit) based on winning of a game ball at a start winning opening is determined in advance. When the specific display mode thus obtained is derived and displayed, a “big hit” is generated as a specific gaming state that is advantageous to the player. The derived display is to finally stop and display a symbol (final stop symbol). When a big hit occurs, for example, the big winning opening is opened a predetermined number of times, and the game shifts to a big hit gaming state in which a hit ball is easy to win. And in each open period, if there is a prize for a predetermined number (for example, 10) of the big prize opening, the big prize opening is closed. And the number of times of opening the special winning opening is fixed to a predetermined number (for example, 15 rounds). An opening time (for example, 29 seconds) is determined for each opening, and even if the number of winnings does not reach a predetermined number, the big winning opening is closed when the opening time elapses. Hereinafter, the opening period of each special winning opening may be referred to as a round. A game in a round may be referred to as a round game.
このような遊技機において、大当りとなることを予告する演出として、所定の表示結果(たとえばチャンス目)を複数回の変動表示において連続的に停止表示するものがあった(特許文献1)。
特開2005−245731号公報
In such a gaming machine, as an effect of notifying that it will be a big hit, there is one that continuously stops and displays a predetermined display result (for example, chance chance) in a plurality of variable displays (Patent Document 1).
Japanese Patent Laying-Open No. 2005-245731
前述の特許文献1に示されるような従来の遊技機では、表示結果としてチャンス目が停止表示されるかあるいは大当りとなるかにしか遊技者の意識を向けることができず、変動表示が実行される変動表示中の演出が単調となり、遊技の興趣を低下させてしまう虞があった。   In the conventional gaming machine as shown in the above-mentioned Patent Document 1, the player's consciousness can be directed only to whether the chance eye is stopped or displayed as a display result, and the variable display is executed. There is a possibility that the effect during the variable display becomes monotonous and the fun of the game is lowered.
本発明は、かかる実情に鑑み考え出されたものであり、その目的は、変動表示中の演出のバリエーションを豊富にして遊技の興趣を向上させることができる遊技機を提供することである。   The present invention has been conceived in view of such circumstances, and an object of the present invention is to provide a gaming machine capable of improving the interest of the game by abundant variations of effects during variable display.
課題を解決するための手段の具体例およびその効果Specific examples of means for solving the problems and their effects
(1) 遊技媒体(遊技球、パチンコ玉など)が始動領域を通過したことに基づいて複数種類の識別情報を変動表示する変動表示部(演出表示装置9)を備え、前記変動表示部に特定表示結果(大当り図柄)が導出表示されたときに遊技者にとって有利な特定遊技状態(大当り)に制御する遊技機(パチンコ遊技機1)であって、
前記遊技媒体が始動領域を通過したが未だ前記識別情報の変動表示の開始を許容する開始条件(大当り遊技中でなくかつ先に始動入賞した保留記憶に起因する変動表示が終了している)が成立していないことを条件として、変動表示パターンを決定するための情報(ランダム2−2およびランダム3から抽出した値、変動パターン種別判定結果)を保留記憶情報として記憶する保留記憶手段(図15のS215、S225)と、
前記開始条件が成立したときに、前記保留記憶手段に記憶された保留記憶情報(保留特定領域に設定されているデータのうち1番目のデータ)に基づいて、前記識別情報の変動表示を開始してから表示結果を導出表示するまでの演出を制御する演出制御手段(図27のS556、図28〜図29など)とを備え、
前記演出制御手段は、
所定条件を満たす保留記憶情報(特定変動パターン種別となる保留記憶)が前記保留記憶手段に記憶されているとき(図39のS663でYES)に、当該保留記憶情報に基づく変動表示より以前に表示結果を導出表示する変動表示から連続して実行される複数回の変動表示各々の表示結果として特殊表示結果(チャンス目)を導出表示することによって当該保留記憶情報に基づく識別情報の変動表示が特定変動表示パターン(スーパーリーチB)で実行されることを予告する予告演出実行手段(図39のS663でYESのときのS666〜S670)と、
前記識別情報を停止させるときに前記特殊表示結果となる可能性を報知する報知演出を実行する手段であって、実行する報知演出の種類に応じて前記特殊表示結果となる割合が異なるように(図46(B)参照)複数種類の報知演出(滑りパターン、特殊パターン、ボタン操作パターン、図柄キャラクタパターン、図38参照)のうちから選択して実行する報知演出実行手段(図45のS687、S693〜S696、S707〜S712、図46)とを含み、
該報知演出実行手段は、前記識別情報の変動表示が前記特定変動表示パターンで実行される保留記憶情報が前記保留記憶手段に記憶されているか否かに応じて、前記複数種類の報知演出のうちから実行する報知演出を選択する(図46(B)、図46(C))。
(1) A variable display unit (effect display device 9) that displays a plurality of types of identification information based on the fact that a game medium (game ball, pachinko ball, etc.) has passed through the starting area is provided. A gaming machine (pachinko gaming machine 1) that controls to a specific gaming state (hit) that is advantageous to the player when the display result (hit game) is derived and displayed,
A start condition that allows the start of the variable information display of the identification information after the game medium has passed through the start-up area (the variable display due to the stored memory that has not been played in the big hit game and has been won first) has been satisfied. On the condition that it does not hold, information for determining the variation display pattern (value extracted from random 2-2 and random 3, variation pattern type determination result) is stored as storage information (FIG. 15) S215, S225)
When the start condition is satisfied, based on the hold storage information stored in the hold storage means (the first data among the data set in the hold specific area), the variation display of the identification information is started. Production control means (S556 in FIG. 27, FIG. 28 to FIG. 29, etc.) for controlling the production until the display result is derived and displayed,
The production control means includes
When hold storage information satisfying a predetermined condition (hold storage that is a specific variation pattern type) is stored in the hold storage means (YES in S663 of FIG. 39), it is displayed before the change display based on the hold storage information. The variation display of identification information based on the reserved storage information is specified by deriving and displaying the special display result (chance) as the display result of each of the multiple variation displays executed continuously from the variation display for deriving and displaying the result. Notice effect execution means (S666 to S670 when YES in S663 of FIG. 39) for notifying that the change display pattern (super reach B) is executed;
A means for executing a notification effect for notifying the possibility of the special display result when the identification information is stopped, so that the ratio of the special display result varies depending on the type of the notification effect to be executed ( 46 (B)) Notification effect execution means (S687, S693 in FIG. 45) selected from a plurality of types of notification effects (slip patterns, special patterns, button operation patterns, symbol character patterns, see FIG. 38). -S696, S707-S712, FIG. 46),
The notification effect executing means includes the plurality of types of notification effects according to whether or not the hold storage information in which the change display of the identification information is executed in the specific change display pattern is stored in the hold storage means. The notification effect to be executed is selected (FIGS. 46B and 46C).
このような構成によれば、特殊表示結果となることによりその後の変動表示において特定変動表示パターンとなることが予告される。そして、識別情報を停止させるときに、特殊表示結果となる可能性を報知する報知演出を実行するとともに、その報知演出の種類に応じて実際に特殊表示結果が停止される割合および特定変動表示パターンで変動表示が実行される割合を異ならせることができる。これにより、変動表示中の演出のバリエーションを豊富にすることができるとともに、実際に特殊表示結果が導出されるかや特定変動表示パターンで変動表示が実行されるかあるいは特定表示結果が導出されるかといったことに加えて、識別情報が停止されるときに報知演出が実行されるかやどの種類が実行されるかに遊技者の注意を惹くことで遊技者の期待感を煽ることができ遊技の興趣を向上させることができる。   According to such a configuration, a special display result is obtained, and it is predicted that a specific variation display pattern is obtained in subsequent variation display. And when stopping identification information, while performing the notification production | presentation which alert | reports possibility of becoming a special display result, the ratio and specific fluctuation display pattern which a special display result is actually stopped according to the kind of the notification production | presentation The rate at which the variable display is executed can be varied. As a result, it is possible to enrich the variation of effects during the variable display, and whether the special display result is actually derived, the variable display is executed with the specific variable display pattern, or the specific display result is derived. In addition to the above, it is possible to raise the player's expectation by attracting the player's attention as to whether the notification effect is executed when the identification information is stopped or which type is executed. Can improve the interest of
上記の遊技機における前記変動表示部は、前記複数種類の識別情報を変動表示する変動表示領域を複数有し(左,中,右の変動表示領域、図柄表示エリア9L、9C、9R)、
前記複数種類の報知演出には、前記複数の変動表示領域のうちいずれかが変動表示中でかつ変動表示していない変動表示領域の識別情報が前記特殊表示結果の一部を構成していないとき(たとえば、左および右の変動表示領域の演出図柄がチャンス目の一部を構成していないとき、図38(a)参照)に、前記報知演出実行手段により所定の演出が実行される種類の報知演出(図38参照)を含むものであってもよい。
The variation display section in the above gaming machine has a plurality of variation display areas for variably displaying the plurality of types of identification information (left, middle, right variation display areas, symbol display areas 9L, 9C, 9R),
In the plurality of types of notification effects, when any of the plurality of variable display areas is variably displayed and the identification information of the variable display area that is not variably displayed does not constitute a part of the special display result (For example, when the effect symbols in the left and right variable display areas do not constitute a part of the chance eye, see FIG. 38 (a)). A notification effect (see FIG. 38) may be included.
このような構成によれば、特殊表示結果の一部を構成しない識別情報が停止されてから報知演出が行なわれて特殊表示結果となり得るため、特殊表示結果の一部を構成しない識別情報が停止されたときであっても遊技者の期待感を持続させることができる。   According to such a configuration, the identification information that does not constitute a part of the special display result is stopped after the identification information that does not constitute a part of the special display result is stopped, and thus the special display result can be obtained. Even when it is done, the player's expectation can be maintained.
また、上記の遊技機における前記変動表示部は、前記複数種類の識別情報を変動表示する変動表示領域を複数有し(左,中,右の変動表示領域、図柄表示エリア9L、9C、9R)、前記報知演出が実行されないときには、前記変動表示装置において前記変動表示が開始されてから前記複数の変動表示領域各々が所定の順番(左→右→中の順)で停止され、
前記複数種類の報知演出には、前記変動表示装置において前記変動表示を開始してから、前記報知演出実行手段により前記複数の変動表示領域各々が前記所定の順番と異なる順番(たとえば、右→左→中など)で停止されることにより実行される種類の報知演出を含むものであってもよい(変形例(1)参照)。
Further, the variation display section in the above gaming machine has a plurality of variation display areas for variably displaying the plurality of types of identification information (left, middle, right variation display areas, symbol display areas 9L, 9C, 9R). When the notification effect is not executed, each of the plurality of variable display areas is stopped in a predetermined order (in order of left → right → middle) after the variable display is started in the variable display device,
For the plurality of types of notification effects, after the variable display is started in the variable display device, the notification effect execution means causes each of the plurality of variable display areas to be different from the predetermined order (for example, right → left It may include a notification effect of a type executed by being stopped at (→ medium, etc.) (see Modification (1)).
これにより、複数の変動表示領域がどのような順番で停止されるかに遊技者を注目させることができ、遊技の興趣を向上させることができる。   Thereby, a player can be made to pay attention to the order in which the plurality of variable display areas are stopped, and the interest of the game can be improved.
(2) 遊技者が操作可能な操作手段(操作ボタン30)をさらに備え、
前記変動表示部は、前記複数種類の識別情報を変動表示する変動表示領域を複数有し(左,中,右の変動表示領域)、
前記報知演出実行手段は、前記複数種類の報知演出のうち遊技者参加型報知演出(ボタン操作パターン)を選択したときには、前記操作手段への操作を所定期間受付ける演出を実行し(図38(i))、
前記予告演出実行手段は、前記遊技者参加型報知演出が実行されたときであって前記所定期間中に前記操作が受付けられなかったことを条件として、当該変動表示において表示結果が前記特殊表示結果と異なる非操作時表示結果(特別はずれ図柄、リーチ図柄)を導出表示する(図47のS731)。
(2) It further includes operation means (operation button 30) that can be operated by the player,
The variable display section has a plurality of variable display areas for variable display of the plurality of types of identification information (left, middle, right variable display areas),
The notification effect executing means executes an effect of accepting an operation to the operation means for a predetermined period when a player participation type notification effect (button operation pattern) is selected from the plurality of types of notification effects (FIG. 38 (i)). )),
The notice effect execution means is the time when the player participation type notification effect is executed, and on the condition that the operation is not accepted during the predetermined period, the display result in the variable display is the special display result. A non-operation display result (special out-of-order symbol, reach symbol) different from the above is derived and displayed (S731 in FIG. 47).
このような構成によれば、遊技者参加型報知演出が実行されたときであって、所定期間中に操作されなかったときには、リーチ状態とならずかつ表示結果が特殊表示結果ともならない非操作時表示結果を導出表示することができる。これにより、操作をしない遊技者に焦りを与えることができ、遊技の興趣を向上させるとともに積極的に操作手段を操作しようといった遊技参加意欲を向上させることができる。また、操作をしなければ報知演出が行なわれているのか否か判別できなくなり、遊技の興趣をさらに向上させることができる。   According to such a configuration, when the player participation type notification effect is executed, and when it is not operated during a predetermined period, the reach state is not achieved and the display result is not a special display result. The display result can be derived and displayed. Thereby, the player who does not operate can be impatient, and the interest of participating in the game can be improved. Further, if no operation is performed, it is impossible to determine whether or not the notification effect is being performed, and the interest of the game can be further improved.
上記の遊技機の前記報知演出実行手段は、前記所定条件を満たす保留記憶情報に基づく変動表示より以前に表示結果を導出表示する変動表示から連続して実行される複数回の変動表示のうち、前記遊技者参加型報知演出が実行されたときであって前記所定期間中に前記操作が受付けられなかった変動表示よりも後の変動表示においては、表示結果として前記特殊表示結果を導出表示するものであってもよい。これにより、非操作時表示結果が導出表示された後の変動表示において特殊表示結果が導出表示されることあるいは特定変動表示パターンとなることに対する期待感を持続させることができる。   The notification effect executing means of the above gaming machine includes a plurality of variable displays continuously executed from a variable display for deriving and displaying a display result before a variable display based on the hold storage information satisfying the predetermined condition. In the variation display after the variation display in which the operation is not accepted during the predetermined period when the player participation type notification effect is executed, the special display result is derived and displayed as a display result. It may be. Accordingly, it is possible to maintain a sense of expectation that the special display result is derived and displayed in the variation display after the non-operation display result is derived and displayed or the specific variation display pattern is obtained.
上記の遊技機の前記報知演出実行手段は、前記所定条件を満たす保留記憶情報に基づく変動表示より以前に表示結果を導出表示する変動表示から連続して実行される複数回の変動表示のうち、前記遊技者参加型報知演出が実行されたときであって前記所定期間中に前記操作が受付けられなかった変動表示よりも後の変動表示においては、前記所定条件を満たす保留記憶情報に基づく識別情報の変動表示が前記特定変動表示パターンで実行されることを条件として、表示結果として前記特殊表示結果を導出表示するものであってもよい(変形例(8−2)参照)。これにより、非操作時表示結果が導出表示された後の変動表示において特殊表示結果が導出表示されることに対し強い期待感を抱かせることができる。   The notification effect executing means of the above gaming machine includes a plurality of variable displays continuously executed from a variable display for deriving and displaying a display result before a variable display based on the hold storage information satisfying the predetermined condition. In the variable display after the variable display in which the operation is not accepted during the predetermined period when the player participation type notification effect is executed, the identification information based on the stored storage information satisfying the predetermined condition The special display result may be derived and displayed as a display result on the condition that the fluctuation display is executed with the specific fluctuation display pattern (see Modification (8-2)). Thereby, a strong expectation can be given to the special display result being derived and displayed in the variable display after the non-operation display result is derived and displayed.
(3) 前記報知演出実行手段は、前記識別情報の変動表示を開始するときに、前記複数種類の報知演出のうちから実行する報知演出を選択し(図45のS695、S696、S711、S712)、
前記予告演出実行手段は、前記識別情報の変動表示を開始するときに、当該変動表示において導出表示する表示結果を決定し(図47のS729)、前記報知演出実行手段により前記遊技者参加型報知演出が選択されているときにはさらに前記非操作時表示結果を決定し(図47のS731)、前記所定期間中に前記操作が受付けられなかったことを条件として導出表示する表示結果を前記非操作時表示結果に変更する。
(3) When the notification effect executing means starts the variable display of the identification information, the notification effect execution means selects a notification effect to be executed from the plurality of types of notification effects (S695, S696, S711, S712 in FIG. 45). ,
The notice effect executing means determines a display result to be derived and displayed in the variable display when starting the variable display of the identification information (S729 in FIG. 47), and the player participation type notification is performed by the notification effect executing means. When the effect is selected, the display result at the time of non-operation is further determined (S731 in FIG. 47), and the display result derived and displayed on condition that the operation is not accepted during the predetermined period is displayed at the time of non-operation. Change to display results.
このような構成によれば、事前に操作されなかったときに停止させる非操作時表示結果を決定し、遊技者参加型報知演出が実行されているときにおいて操作されなかったときにはすでに決定されている非操作時表示結果を停止させることができる。これにより、遊技者参加型報知演出が実行されているときにおいて操作されなかったと判定されたときに非操作時表示結果を決定する必要がないために制御を複雑にすることなく、かつ操作されなかったときにたとえば非操作時表示結果を決定する処理などを実行することにより処理落ちが発生することを防止することができる。   According to such a configuration, the non-operation display result to be stopped when not operated in advance is determined, and is already determined when the operation is not performed when the player participation type notification effect is being executed. Non-operation display results can be stopped. Thereby, it is not necessary to determine the non-operation display result when it is determined that the player participation type notification effect is not operated when the player participation type notification effect is executed, so that the control is not complicated and the operation is not performed. For example, it is possible to prevent a process from being lost by executing a process for determining a non-operation display result.
(4) 前記変動表示部は、前記複数種類の識別情報を変動表示する変動表示領域を複数有し(左,中,右の変動表示領域)、
前記複数種類の識別情報は、キャラクタにより識別可能なキャラクタ識別情報(「1」〜「8」の演出図柄)を含み、
前記報知演出実行手段は、前記複数種類の報知演出のうち前記キャラクタ識別情報により実行される報知演出(図柄キャラクタパターン)を選択したときには、前記複数の変動表示領域のうちいずれかよりも先に変動表示を停止する変動表示領域に前記キャラクタ識別情報を停止させた後、当該キャラクタ識別情報のキャラクタにを用いた報知演出を実行する(図38の(d)、(e)参照)。
(4) The variable display unit includes a plurality of variable display areas for variable display of the plurality of types of identification information (left, middle, and right variable display areas),
The plurality of types of identification information includes character identification information that can be identified by a character (production symbols “1” to “8”),
When the notification effect execution means selects a notification effect (symbol character pattern) to be executed based on the character identification information among the plurality of types of notification effects, the notification effect execution means changes before any of the plurality of variable display areas. After the character identification information is stopped in the variable display area where the display is stopped, a notification effect using the character of the character identification information is executed (see (d) and (e) of FIG. 38).
このような構成によれば、キャラクタ識別情報が停止されるかにも遊技者の注意を惹くことができ、遊技の興趣を向上させることができる。   According to such a configuration, it is possible to attract the player's attention whether the character identification information is stopped, and to improve the interest of the game.
上記の遊技機の前記キャラクタ識別情報は複数種類設けられるとともに、該複数種類のキャラクタ識別情報各々に対応して前記キャラクタ識別情報により実行される報知演出は複数種類設けられており、
前記報知演出実行手段は、前記キャラクタ識別情報により実行される報知演出を選択したときには、前記複数の変動表示領域のうちいずれかよりも先に変動表示を停止する変動表示領域に該選択した前記キャラクタ識別情報により実行される報知演出の種類に応じたキャラクタ識別情報を停止させた後、当該キャラクタ識別情報のキャラクタを用いた報知演出を実行するものであってもよい(変形例(4)参照)。
A plurality of types of the character identification information of the above gaming machine are provided, and a plurality of types of notification effects executed by the character identification information corresponding to each of the plurality of types of character identification information are provided,
When the notification effect executed by the character identification information is selected, the notification effect executing means selects the selected character in the variable display area that stops the variable display before any of the plurality of variable display areas. After stopping the character identification information according to the type of the notification effect executed by the identification information, the notification effect using the character of the character identification information may be executed (see Modification (4)). .
(5) 前記特定遊技状態に制御するか否かを事前に決定する事前決定手段(図16)をさらに備え、
前記保留記憶手段は、前記遊技媒体が始動領域を通過したが未だ前記開始条件が成立していないことを条件として、さらに前記事前決定手段により前記特定遊技状態に制御するか否かを決定するための情報(ランダムR、ランダム2−1から抽出した値)を保留記憶情報として記憶し、
前記報知演出実行手段は、連続して実行される複数回の変動表示各々において実行した報知演出の組合せに応じて前記特定表示結果となる割合が異なるように、前記特定遊技状態に制御すると決定される保留記憶情報が前記保留記憶手段に記憶されているか否かに基づいて、前記複数種類の報知演出のうちから選択して実行する(図46(c)参照)。
(5) It further comprises a pre-determining means (FIG. 16) for pre-determining whether to control to the specific gaming state.
The holding storage means further determines whether or not to control to the specific gaming state by the predetermining means on condition that the game medium has passed through the start area but the start condition has not yet been satisfied. Information (random R, a value extracted from random 2-1) is stored as reserved storage information,
The notification effect executing means is determined to control to the specific gaming state so that the ratio of the specific display result varies depending on the combination of notification effects executed in each of a plurality of variable displays executed continuously. Based on whether or not the hold storage information is stored in the hold storage means, it is selected from the plurality of types of notification effects and executed (see FIG. 46C).
このような構成によれば、報知演出の組合せに応じてその後の変動表示において特定表示結果となり特定遊技状態に制御される割合を異ならせることができる。これにより、報知演出がどのような組合せとなるかにも遊技者の注意を惹くことで遊技者の期待感を煽ることができ、遊技の興趣を向上させることができる。   According to such a structure, according to the combination of notification effects, the ratio of the specific display result in the subsequent variable display that is controlled to the specific gaming state can be varied. Thereby, the player's expectation can be raised by attracting the player's attention to the combination of the notification effects, and the interest of the game can be improved.
以下、本発明の実施の形態を、図面を参照して説明する。なお、遊技機の一例としてパチンコ遊技機およびスロットマシンを示すが、本実施の形態に示す遊技機は、遊技者にとって有利な状態に制御する遊技機であれば、どのような遊技機であってもよい。   Hereinafter, embodiments of the present invention will be described with reference to the drawings. Note that a pachinko gaming machine and a slot machine are shown as an example of the gaming machine, but the gaming machine described in this embodiment is any gaming machine as long as the gaming machine is controlled in an advantageous state for the player. Also good.
〔第1実施形態〕
まず、遊技機の一例であるパチンコ遊技機1の全体の構成について説明する。図1はパチンコ遊技機1を正面からみた正面図である。
[First Embodiment]
First, the overall configuration of a pachinko gaming machine 1 that is an example of a gaming machine will be described. FIG. 1 is a front view of the pachinko gaming machine 1 as seen from the front.
パチンコ遊技機1は、遊技用媒体としての遊技球を遊技領域7に打込んで所定の遊技が行なわれる遊技機である。縦長の方形状に形成された外枠(図示せず)と、外枠の内側に開閉可能に取付けられた遊技枠とで構成される。また、パチンコ遊技機1は、遊技枠に開閉可能に設けられている額縁状に形成されたガラス扉枠2を有する。遊技枠は、外枠に対して開閉自在に設置される前面枠(図示せず)と、機構部品等が取付けられる機構板(図示せず)と、それらに取付けられる種々の部品(後述する遊技盤6を除く)とを含む構造体である。   The pachinko gaming machine 1 is a gaming machine in which a predetermined game is played by driving a game ball as a game medium into the game area 7. An outer frame (not shown) formed in a vertically long rectangular shape and a game frame attached to the inside of the outer frame so as to be openable and closable. Further, the pachinko gaming machine 1 has a glass door frame 2 formed in a frame shape that is provided in the game frame so as to be opened and closed. The game frame includes a front frame (not shown) installed to be openable and closable with respect to the outer frame, a mechanism plate (not shown) to which mechanism parts and the like are attached, and various parts (games to be described later) attached to them. A structure including the board 6).
ガラス扉枠2の下部表面には打球供給皿(上皿)3がある。打球供給皿3の下部には、打球供給皿3に収容しきれない遊技球を貯留する余剰球受皿4や、打球を発射する打球操作ハンドル(操作ノブ)5が設けられている。また、ガラス扉枠2の背面には、遊技盤6が着脱可能に取付けられている。なお、遊技盤6は、それを構成する板状体と、その板状体に取付けられた種々の部品とを含む構造体である。また、遊技盤6の前面には、打込まれた遊技球が流下可能な遊技領域7が形成されている。   On the lower surface of the glass door frame 2 is a hitting ball supply tray (upper plate) 3. Under the hitting ball supply tray 3, there are provided a surplus ball receiving tray 4 for storing game balls that cannot be accommodated in the hitting ball supply tray 3, and a hitting operation handle (operation knob) 5 for firing the hitting ball. A game board 6 is detachably attached to the back surface of the glass door frame 2. The game board 6 is a structure including a plate-like body constituting the game board 6 and various components attached to the plate-like body. In addition, a game area 7 is formed on the front surface of the game board 6 in which a game ball that has been struck can flow down.
遊技領域7の中央付近には、液晶表示装置(LCD)で構成された演出表示装置9が設けられている。演出表示装置9の表示画面には、第1特別図柄または第2特別図柄の変動表示に同期した演出図柄の変動表示を行なう演出図柄表示領域がある。演出表示装置9は、各々が識別可能な複数種類の識別情報としての演出図柄の変動表示を行なう変動表示装置(変動表示部)に相当する。演出図柄表示領域には、複数種類の識別情報を変動表示する変動表示領域が複数設けられている。本実施の形態における複数の変動表示領域として、たとえば演出図柄表示領域のうち、左の領域において識別情報を変動表示する左の図柄表示エリア9Lと、中央の領域において識別情報を変動表示する中の図柄表示エリア9Cと、右の領域において識別情報を変動表示する右の図柄表示エリア9Rとが設けられている。各図柄表示エリアの位置は、演出表示装置9の表示画面において固定的でなくてもよいし、図柄表示エリア9L、9C、9Rの3つ領域が離れてもよい。演出表示装置9は、演出制御基板に搭載されている演出制御用マイクロコンピュータによって制御される。演出制御用マイクロコンピュータが、第1特別図柄表示器8aで第1特別図柄の変動表示が実行されているときに、その変動表示に伴って演出表示装置9で演出表示を実行させ、第2特別図柄表示器8bで第2特別図柄の変動表示が実行されているときに、その変動表示に伴って演出表示装置で演出表示を実行させるので、遊技の進行状況を把握しやすくすることができる。   An effect display device 9 composed of a liquid crystal display device (LCD) is provided near the center of the game area 7. On the display screen of the effect display device 9, there is an effect symbol display area for performing a variation display of the effect symbol in synchronization with the variation display of the first special symbol or the second special symbol. The effect display device 9 corresponds to a variable display device (variable display unit) that performs variable display of effect symbols as a plurality of types of identification information each of which can be identified. In the effect symbol display area, a plurality of variable display areas for variably displaying a plurality of types of identification information are provided. As a plurality of variable display areas in the present embodiment, for example, among the effect symbol display areas, the left symbol display area 9L that variably displays the identification information in the left area, and the identification information that is variably displayed in the center area A symbol display area 9 </ b> C and a right symbol display area 9 </ b> R for variably displaying the identification information in the right region are provided. The position of each symbol display area may not be fixed on the display screen of the effect display device 9, and the three regions of the symbol display areas 9L, 9C, and 9R may be separated. The effect display device 9 is controlled by an effect control microcomputer mounted on the effect control board. When the first special symbol display 8a is executing the variable display of the first special symbol, the effect control microcomputer causes the effect display device 9 to execute the effect display along with the variable display. When the variation display of the second special symbol is being executed on the symbol display 8b, the effect display is executed by the effect display device along with the variation display, so that it is possible to easily grasp the progress of the game.
遊技盤6における下部の左側には、各々が識別可能な複数種類の識別情報としての第1特別図柄を変動表示する第1特別図柄表示器(第1変動表示部)8aが設けられている。この実施の形態では、第1特別図柄表示器8aは、「1」〜「8」の8種類の数字を変動表示可能な簡易で小型の表示器(たとえば7セグメントLED)で実現されている。すなわち、第1特別図柄表示器8aは、「1」〜「8」の数字(または、記号)を変動表示するように構成されている。遊技盤6における下部の右側には、各々が識別可能な複数種類の識別情報としての第2特別図柄を変動表示する第2特別図柄表示器(第2変動表示部)8bが設けられている。第2特別図柄表示器8bは、「1」〜「8」の8種類の数字を変動表示可能な簡易で小型の表示器(たとえば7セグメントLED)で実現されている。すなわち、第2特別図柄表示器8bは、「1」〜「8」の数字(または、記号)を変動表示するように構成されている。   On the left side of the lower part of the game board 6, there is provided a first special symbol display (first variation display unit) 8a for variably displaying a first special symbol as a plurality of types of identification information that can be identified. In this embodiment, the first special symbol display 8a is realized by a simple and small display (for example, 7-segment LED) capable of variably displaying eight types of numbers “1” to “8”. That is, the first special symbol display 8a is configured to display the numbers (or symbols) of “1” to “8” in a variable manner. On the right side of the lower part of the game board 6, a second special symbol display (second variation display unit) 8b that variably displays a second special symbol as a plurality of types of identification information each identifiable is provided. The second special symbol display 8b is realized by a simple and small display (for example, a 7-segment LED) capable of variably displaying eight types of numbers “1” to “8”. That is, the second special symbol display 8b is configured to display the numbers (or symbols) “1” to “8” in a variable manner.
小型の表示器は、たとえば方形状に形成されている。また、この実施の形態では、第1特別図柄の種類と第2特別図柄の種類とは同じ(たとえば、ともに「1」〜「8」の数字)であるが、種類が異なっていてもよい。また、第1特別図柄表示器8aおよび第2特別図柄表示器8bは、それぞれ、たとえば、00〜99の数字(または、2桁の記号)を変動表示するように構成されていてもよい。   The small indicator is formed in, for example, a square shape. In this embodiment, the type of the first special symbol and the type of the second special symbol are the same (for example, both numbers “1” to “8”), but the types may be different. Further, the first special symbol display 8a and the second special symbol display 8b may be configured to variably display, for example, a number (or a two-digit symbol) of 00 to 99, for example.
以下、第1特別図柄と第2特別図柄とを特別図柄と総称することがあり、第1特別図柄表示器8aと第2特別図柄表示器8bとを特別図柄表示器(変動表示部)と総称することがある。   Hereinafter, the first special symbol and the second special symbol may be collectively referred to as a special symbol, and the first special symbol indicator 8a and the second special symbol indicator 8b are collectively referred to as a special symbol indicator (variable display unit). There are things to do.
第1特別図柄または第2特別図柄の変動表示は、変動表示の実行条件である第1始動条件(遊技球が第1始動入賞口13に入賞したこと)または第2始動条件(遊技球が第2始動入賞口14に入賞したこと)が成立した後、変動表示の開始を許容する開始条件(たとえば、大当り遊技中でなくかつ先に始動入賞した保留記憶に起因する変動表示が終了しているとき)が成立したことに基づいて開始され、変動表示時間が経過すると表示結果(停止図柄)を導出表示する。すなわち、変動表示の実行条件は、遊技球が第1始動入賞口13または第2始動入賞口14に入賞したことにより成立する。なお、始動条件は、始動領域に入賞することにより成立するものに限らず、始動領域を通過することにより成立するものであってもよい。また、変動表示の開始を許容する開始条件は、大当り遊技中でなくかつ先に始動入賞した保留記憶に起因する変動表示が終了することにより成立する。実行条件は成立しているが開始条件が成立していない保留記憶、すなわち遊技球が第1始動入賞口13または第2始動入賞口14に入賞したが未だ変動表示の開始を許容する開始条件が成立していない保留記憶に関するデータは、開始条件が成立するまで保留記憶データとして保留して記憶される。具体的に、保留記憶データは、後述する遊技制御用マイクロコンピュータ560のRAM55の所定領域に記憶される。   The variation display of the first special symbol or the second special symbol is the first start condition (that the game ball has won the first start winning opening 13) or the second start condition (the game ball is the first one) After the 2 start winning opening 14 is established), the start condition for allowing the start of the variable display is allowed (for example, the variable display due to the stored memory that was not started in the big hit game and was won first is ended) When the variable display time has elapsed, the display result (stop symbol) is derived and displayed. That is, the execution condition of the variable display is established when the game ball wins the first start winning opening 13 or the second start winning opening 14. The starting condition is not limited to being established by winning in the starting area, but may be established by passing through the starting area. In addition, the start condition for allowing the start of the variable display is satisfied when the variable display due to the reserved memory that is not in the big hit game and is won first is ended. There is a holding storage in which the execution condition is satisfied but the start condition is not satisfied, that is, a start condition that allows the game ball to win the first start winning opening 13 or the second starting winning opening 14 but still allows the start of the variable display. Data relating to the hold storage that is not satisfied is held and stored as the hold storage data until the start condition is satisfied. Specifically, the on-hold storage data is stored in a predetermined area of the RAM 55 of the game control microcomputer 560 described later.
なお、入賞とは、入賞口等の予め入賞領域として定められている領域に遊技球が入ったことであるが、通過ゲーム等の予め通過領域として定められている領域を遊技球が通過することであってもよい。また、表示結果を導出表示するとは、図柄を停止表示させて表示結果として確定することである。   Note that winning means that a game ball has entered a pre-determined area such as a prize opening, but a game ball passes through a pre-determined area such as a passing game. It may be. Deriving and displaying the display result means that the symbol is stopped and displayed and confirmed as the display result.
第1特別図柄表示器8aの近傍には、第1特別図柄表示器8aによる第1特別図柄の変動表示時間中に、装飾用(演出用)の図柄としての第1飾り図柄の変動表示を行なう第1飾り図柄表示器9aが設けられている。この実施の形態では、第1飾り図柄表示器9aは、2つのLEDで構成されている。第1飾り図柄表示器9aは、演出制御基板に搭載されている演出制御用マイクロコンピュータによって制御される。また、第2特別図柄表示器8bの近傍には、第2特別図柄表示器8bによる第2特別図柄の変動表示時間中に、装飾用(演出用)の図柄としての第2飾り図柄の変動表示を行なう第2飾り図柄表示器9bが設けられている。第2飾り図柄表示器9bは、2つのLEDで構成されている。第2飾り図柄表示器9bは、演出制御基板に搭載されている演出制御用マイクロコンピュータによって制御される。   In the vicinity of the first special symbol display 8a, during the time of the first special symbol change display time by the first special symbol display 8a, the first decorative symbol as a decorative (design) symbol is displayed in a variable manner. A first decorative symbol display 9a is provided. In this embodiment, the first decorative symbol display 9a is composed of two LEDs. The first decorative symbol display 9a is controlled by an effect control microcomputer mounted on the effect control board. Also, in the vicinity of the second special symbol display unit 8b, during the variation display time of the second special symbol by the second special symbol display unit 8b, the variation display of the second decorative symbol as a symbol for decoration (for production) is performed. A second decorative symbol display 9b is provided. The second decorative symbol display 9b is composed of two LEDs. The second decorative symbol display 9b is controlled by an effect control microcomputer mounted on the effect control board.
なお、第1飾り図柄と第2飾り図柄とを、飾り図柄と総称することがある。また、第1飾り図柄表示器9aと第2飾り図柄表示器9bとを、飾り図柄表示器と総称することがある。   In addition, a 1st decorative design and a 2nd decorative design may be named generically. Further, the first decorative symbol display 9a and the second decorative symbol display 9b may be collectively referred to as a decorative symbol display.
飾り図柄の変動(変動表示)は、2つのLEDが交互に点灯する状態を継続することによって実現される。第1特別図柄表示器8aにおける第1特別図柄の変動表示と、第1飾り図柄表示器9aにおける第1飾り図柄の変動表示とは同期している。第2特別図柄表示器8bにおける第2特別図柄の変動表示と、第2飾り図柄表示器9bにおける第2飾り図柄の変動表示とは同期している。同期とは、変動表示の開始時点および終了時点が同じであって、変動表示の期間が同じであることをいう。また、第1特別図柄表示器8aにおいて大当り図柄が停止表示されるときには、第1飾り図柄表示器9aにおいて大当りを想起させる側のLEDが点灯されたままになる。第2特別図柄表示器8bにおいて大当り図柄が停止表示されるときには、第2飾り図柄表示器9bにおいて大当りを想起させる側のLEDが点灯されたままになる。なお、第1飾り図柄表示器9aおよび第2飾り図柄表示器9bの機能を、演出表示装置9で実現するようにしてもよい。すなわち、第1飾り図柄および第2飾り図柄が、演出表示装置9の表示画面において画像として変動表示されるように制御してもよい。   The variation of the decorative pattern (variable display) is realized by continuing the state where the two LEDs are alternately lit. The fluctuation display of the first special symbol on the first special symbol display 8a and the fluctuation display of the first decoration symbol on the first decoration symbol display 9a are synchronized. The variation display of the second special symbol on the second special symbol display 8b and the variation display of the second decorative symbol on the second decoration symbol display 9b are synchronized. Synchronous means that the start point and end point of variable display are the same and the period of variable display is the same. Further, when the big win symbol is stopped and displayed on the first special symbol display 8a, the LED on the side that recalls the big hit on the first decorative symbol display 9a remains lit. When the jackpot symbol is stopped and displayed on the second special symbol display 8b, the LED on the side that recalls the jackpot on the second decorative symbol display 9b remains lit. The functions of the first decorative symbol display 9a and the second decorative symbol display 9b may be realized by the effect display device 9. That is, the first decorative symbol and the second decorative symbol may be controlled to be variably displayed as images on the display screen of the effect display device 9.
演出表示装置9の下方には、第1始動入賞口13を有する入賞装置が設けられている。第1始動入賞口13に入賞した遊技球は、遊技盤6の背面に導かれ、第1始動口スイッチ13aによって検出される。   A winning device having a first start winning port 13 is provided below the effect display device 9. The game ball won in the first start winning opening 13 is guided to the back of the game board 6 and detected by the first start opening switch 13a.
また、第1始動入賞口(第1始動口)13を有する入賞装置の下方には、遊技球が入賞可能な第2始動入賞口(第2始動口)14を有する可変入賞球装置15が設けられている。第2始動入賞口14に入賞した遊技球は、遊技盤6の背面に導かれ、第2始動口スイッチ14aによって検出される。可変入賞球装置15は、ソレノイド16によって開状態とされる。可変入賞球装置15が開状態になることによって、遊技球が第2始動入賞口14に入賞可能になり(始動入賞し易くなり)、遊技者にとって有利な状態(第1状態)になる。可変入賞球装置15が開状態になっている状態では、第1始動入賞口13よりも、第2始動入賞口14に遊技球が入賞しやすい。また、可変入賞球装置15が閉状態になっている状態は、遊技者にとって不利な状態(第2状態)であり、遊技球が第2始動入賞口14に入賞しない。したがって、可変入賞球装置15が閉状態になっている状態では、第2始動入賞口14よりも、第1始動入賞口13に遊技球が入賞しやすい。なお、可変入賞球装置15が閉状態になっている状態において、入賞はしづらいものの、入賞することは可能である(すなわち、遊技球が入賞しにくい)ように構成されていてもよい。   A variable winning ball device 15 having a second starting winning port (second starting port) 14 through which a game ball can be won is provided below the winning device having the first starting winning port (first starting port) 13. It has been. The game ball that has won the second start winning opening 14 is guided to the back of the game board 6 and detected by the second start opening switch 14a. The variable winning ball device 15 is opened by a solenoid 16. When the variable winning ball device 15 is in the open state, the game ball can be won in the second start winning opening 14 (it is easy to start winning), and is in a state advantageous to the player (first state). In the state where the variable winning ball device 15 is in the open state, it is easier for the game ball to win the second starting winning port 14 than the first starting winning port 13. Further, the state where the variable winning ball device 15 is in a closed state is a disadvantageous state (second state) for the player, and the game ball does not win the second start winning opening 14. Accordingly, in a state where the variable winning ball device 15 is in the closed state, it is easier for the game ball to win the first starting winning port 13 than the second starting winning port 14. In the state where the variable winning ball apparatus 15 is in the closed state, it may be configured that the winning is possible (that is, it is difficult for the gaming ball to win) although it is difficult to win a prize.
以下、第1始動入賞口13と第2始動入賞口14とを総称して始動入賞口または始動口ということがある。   Hereinafter, the first start winning opening 13 and the second start winning opening 14 may be collectively referred to as a start winning opening or a starting opening.
第1飾り図柄表示器9aの側方には、第1始動入賞口13に入った有効入賞球数すなわち第1保留記憶数(保留記憶を、始動記憶または始動入賞記憶ともいう。)を表示する4つの表示器からなる第1特別図柄保留記憶表示器18aが設けられている。第1特別図柄保留記憶表示器18aは、有効始動入賞がある毎に、点灯する表示器の数を1増やす。そして、第1特別図柄表示器8aでの変動表示が開始される毎に、点灯する表示器の数を1減らす。   On the side of the first decorative symbol display 9a, the number of effective winning balls that have entered the first start winning opening 13, that is, the first reserved memory number (the reserved memory is also referred to as the start memory or the start prize memory) is displayed. A first special symbol reservation storage display 18a comprising four displays is provided. The first special symbol storage memory indicator 18a increases the number of indicators to be lit by 1 each time there is an effective start winning. Then, each time the variable display on the first special symbol display 8a is started, the number of indicators to be turned on is reduced by one.
第2飾り図柄表示器9bの側方には、第2始動入賞口14に入った有効入賞球数すなわち第2保留記憶数を表示する4つの表示器からなる第2特別図柄保留記憶表示器18bが設けられている。第2特別図柄保留記憶表示器18bは、有効始動入賞がある毎に、点灯する表示器の数を1増やす。そして、第2特別図柄表示器8bでの変動表示が開始される毎に、点灯する表示器の数を1減らす。   On the side of the second decorative symbol display 9b is a second special symbol reserved memory display 18b comprising four indicators for displaying the number of effective winning balls that have entered the second start winning opening 14, that is, the second reserved memory number. Is provided. The second special symbol storage memory display 18b increases the number of indicators that are turned on by one every time there is an effective start winning. And whenever the fluctuation | variation display by the 2nd special symbol display 8b is started, the number of the indicators to light is reduced by one.
また、演出表示装置9の表示画面には、第1保留記憶数と第2保留記憶数との合計である合計数(合算保留記憶数)を表示する領域(以下、合算保留記憶表示部18cという。)が設けられている。合計数を表示する合算保留記憶表示部18cが設けられているので、遊技球が第1始動入賞口13または第2始動入賞口14に入賞したが未だ変動表示の開始を許容する開始条件が成立していない保留記憶数の合計を把握しやすくすることができる。なお、合算保留記憶表示部18cが設けられているので、第1特別図柄保留記憶表示器18aおよび第2特別図柄保留記憶表示器18bは、設けられていなくてもよい。   In addition, the display screen of the effect display device 9 displays an area (hereinafter referred to as a summed pending storage display unit 18c) that displays a total number (summed pending memory count) that is the sum of the first reserved memory count and the second reserved memory count. .) Is provided. Since the total pending storage display unit 18c for displaying the total number is provided, a start condition is established that allows the game ball to win the first start winning opening 13 or the second starting winning opening 14, but still allow the start of the variable display. This makes it easy to grasp the total number of pending storages that have not been performed. In addition, since the total reserved memory display unit 18c is provided, the first special symbol reserved memory display 18a and the second special symbol reserved memory display 18b may not be provided.
演出表示装置9は、第1特別図柄表示器8aによる第1特別図柄の変動表示時間中、および第2特別図柄表示器8bによる第2特別図柄の変動表示時間中に、装飾用(演出用)の図柄としての演出図柄の変動表示を複数の図柄表示エリア9L、9C、9R各々において行なう。第1特別図柄表示器8aにおける第1特別図柄の変動表示と、演出表示装置9における演出図柄の変動表示とは同期している。また、第2特別図柄表示器8bにおける第2特別図柄の変動表示と、演出表示装置9における演出図柄の変動表示とは同期している。また、第1特別図柄表示器8aにおいて大当り図柄が停止表示されるときと、第2特別図柄表示器8bにおいて大当り図柄が停止表示されるときとには、演出表示装置9において大当りを想起させるような特定表示結果としての演出図柄の組合せが停止表示される。   The effect display device 9 is for decoration (for effects) during the variable display time of the first special symbol by the first special symbol indicator 8a and during the variable display time of the second special symbol by the second special symbol indicator 8b. The change display of the effect symbols as the symbols is performed in each of the plurality of symbol display areas 9L, 9C, 9R. The change display of the first special symbol on the first special symbol display 8a and the change display of the effect symbol on the effect display device 9 are synchronized. Further, the variation display of the second special symbol on the second special symbol display 8b and the variation display of the effect symbol on the effect display device 9 are synchronized. Further, when the jackpot symbol is stopped and displayed on the first special symbol display 8a and when the jackpot symbol is stopped and displayed on the second special symbol display 8b, the effect display device 9 is made to recall the jackpot. The combination of effect symbols as a specific display result is stopped and displayed.
また、演出表示装置9の周囲の飾り部において、上側には、回転動作をする星形状の可動部材84が設けられている。可動部材84は、演出表示装置9の周囲の飾り部というような遊技者に視認可能な位置に設けられ、所定の演出に応じて動作する部材である。より具体的に、可動部材84は、モータ88の回転軸に取付けられ、モータ88が回転することにしたがって駆動され、回転動作をする。可動部材84は、後述する予告演出が実行されるとき等、予め定められた動作条件が成立したときに動作させられる。   In addition, a star-shaped movable member 84 that rotates is provided on the upper side of the decorative portion around the effect display device 9. The movable member 84 is a member that is provided at a position that is visible to the player, such as a decorative portion around the effect display device 9, and that operates according to a predetermined effect. More specifically, the movable member 84 is attached to the rotation shaft of the motor 88 and is driven and rotates as the motor 88 rotates. The movable member 84 is operated when a predetermined operating condition is established, such as when a notice effect described later is executed.
演出表示装置9の周囲の飾り部において、右側には、上演出LED85a、中演出LED85bおよび下演出LED85cが設けられている。上演出LED85a、中演出LED85bおよび下演出LED85cは、後述する予告演出が実行されるときに点滅する。   On the right side of the decorative portion around the effect display device 9, an upper effect LED 85a, a middle effect LED 85b, and a lower effect LED 85c are provided. The upper effect LED 85a, the middle effect LED 85b, and the lower effect LED 85c blink when a notice effect described later is executed.
また、演出表示装置9の周囲の飾り部において、左側には、モータ86の回転軸に取付けられ、モータ86が回転すると移動する可動部材78が設けられている。可動部材78は、後述する予告演出が実行されるときに動作する。   In addition, in the decorative portion around the effect display device 9, a movable member 78 that is attached to the rotation shaft of the motor 86 and moves when the motor 86 rotates is provided on the left side. The movable member 78 operates when a notice effect described later is executed.
また、図1に示すように、可変入賞球装置15の下方には、特別可変入賞球装置20が設けられている。特別可変入賞球装置20は開閉板を備え、第1特別図柄表示器8aに特定表示結果(大当り図柄)が導出表示されたときと、第2特別図柄表示器8bに特定表示結果(大当り図柄)が導出表示されたときに生起する特定遊技状態(大当り遊技状態)においてソレノイド21によって開閉板が開放状態に制御されることによって、入賞領域となる大入賞口が開放状態になる。大入賞口に入賞した遊技球はカウントスイッチ23で検出される。   Further, as shown in FIG. 1, a special variable winning ball device 20 is provided below the variable winning ball device 15. The special variable winning ball apparatus 20 includes an opening / closing plate, and when the specific display result (big hit symbol) is derived and displayed on the first special symbol display 8a, and the specific display result (big hit symbol) on the second special symbol display 8b. When the open / close plate is controlled to be open by the solenoid 21 in the specific game state (big hit game state) that occurs when the symbol is derived and displayed, the big winning opening serving as the winning area is opened. The game ball that has won the big winning opening is detected by the count switch 23.
遊技領域6には、遊技球の入賞に基づいて予め決められている所定数の景品遊技球の払出を行なうための入賞口(普通入賞口)29,30,33,39も設けられている。入賞口29,30,33,39に入賞した遊技球は、入賞口スイッチ29a,30a,33a,39aで検出される。なお、所定数の景品遊技球の払出を行なう条件は、所定の入賞領域に設けられている入賞口に入賞することにより成立するものに限らず、所定の入賞領域を通過することにより成立するものであってもよい。   The game area 6 is also provided with winning ports (ordinary winning ports) 29, 30, 33, 39 for paying out a predetermined number of premium game balls determined in advance based on winning of game balls. The game balls that have won the winning ports 29, 30, 33, 39 are detected by the winning port switches 29a, 30a, 33a, 39a. Note that the condition for paying out a predetermined number of prize game balls is not limited to winning by winning in a winning opening provided in a predetermined winning area, but is satisfied by passing through a predetermined winning area. It may be.
遊技盤6の右側方には、普通図柄表示器10が設けられている。普通図柄表示器10は、普通図柄と呼ばれる複数種類の識別情報(たとえば、「○」および「×」)を変動表示する。   A normal symbol display 10 is provided on the right side of the game board 6. The normal symbol display 10 variably displays a plurality of types of identification information called “normal symbols” (for example, “◯” and “x”).
遊技球がゲート32を通過しゲートスイッチ32aで検出されると、普通図柄表示器10の表示の変動表示が開始される。この実施の形態では、上下のランプ(点灯時に図柄が視認可能になる)が交互に点灯することによって変動表示が行なわれ、たとえば、変動表示の終了時に下側のランプが点灯すれば当りとなる。そして、普通図柄表示器10における停止図柄が所定の図柄(当り図柄)である場合に、可変入賞球装置15が所定回数、所定時間だけ開状態になる。すなわち、可変入賞球装置15の状態は、普通図柄の停止図柄が当り図柄である場合に、遊技者にとって不利な状態から有利な状態(第2始動入賞口14に遊技球が入賞可能な状態)に変化する。普通図柄表示器10の近傍には、ゲート32を通過した入賞球数を表示する4つのLEDによる表示部を有する普通図柄保留記憶表示器41が設けられている。ゲート32への遊技球の通過がある毎に、すなわちゲートスイッチ32aによって遊技球が検出される毎に、普通図柄保留記憶表示器41は点灯するLEDを1増やす。そして、普通図柄表示器10の変動表示が開始される毎に、点灯するLEDを1減らす。さらに、通常状態に比べて大当りとすることに決定される確率が高い状態である確変状態では、普通図柄表示器10における停止図柄が当り図柄になる確率が高められるとともに、可変入賞球装置15の開放時間と開放回数が高められる。また、確変状態ではないが図柄の変動時間が短縮されている時短状態(特別図柄の変動表示時間が短縮される遊技状態)でも、可変入賞球装置15の開放時間と開放回数とが高められる。   When the game ball passes through the gate 32 and is detected by the gate switch 32a, the display variation of the normal symbol display 10 is started. In this embodiment, the upper and lower lamps (the symbols can be visually recognized when turned on) are turned on alternately to perform variable display. For example, if the lower lamp is turned on at the end of the variable display, it is a hit. . When the stop symbol on the normal symbol display 10 is a predetermined symbol (winning symbol), the variable winning ball device 15 is opened for a predetermined number of times. In other words, the state of the variable winning ball apparatus 15 is a state that is advantageous from a disadvantageous state for the player when the normal symbol is a stop symbol (a state in which a game ball can be awarded at the second start winning port 14). To change. In the vicinity of the normal symbol display 10, a normal symbol holding storage display 41 having a display unit with four LEDs for displaying the number of winning balls that have passed through the gate 32 is provided. Each time there is a game ball passing through the gate 32, that is, every time a game ball is detected by the gate switch 32a, the normal symbol storage memory display 41 increases the number of LEDs to be turned on by one. Then, each time the variable display of the normal symbol display 10 is started, the number of LEDs to be lit is reduced by one. Further, in the probability variation state in which the probability of being determined to be a big hit compared to the normal state is high, the probability that the stop symbol in the normal symbol display 10 becomes a winning symbol is increased, and the variable winning ball apparatus 15 Opening time and opening times are increased. In addition, even when the symbol variation time is shortened (a gaming state in which the special symbol variation display time is shortened) although not in the probability variation state, the opening time and the number of times of opening of the variable winning ball device 15 are increased.
なお、確変状態または時短状態であるときには、通常状態に比べて特別図柄の変動表示時間を短縮させる特図変動短縮制御、通常状態に比べて普通図柄の停止図柄が当り図柄とすることに決定される確率を向上させる普図確変制御、通常状態に比べて普通図柄の変動表示時間を短縮させる普図変動短縮制御、通常状態に比べて可変入賞球装置15の開放時間および開放回数のうち少なくとも一方が遊技者にとって有利な開放態様(開放時間延長、開放回数増大など)とする普電開放延長制御のうち、少なくともいずれか一つの制御を行なうものであってもよく、選択的に複数の制御を組合せて行なうものであってもよく、全ての制御を行なうものであってもよい。   In the case of the probability variation state or the short-time state, it is determined that the special symbol fluctuation shortening control that shortens the special symbol variation display time compared to the normal state, and that the normal symbol stop symbol is the winning symbol compared to the normal state. At least one of the open time and the number of times of opening of the variable winning ball apparatus 15 as compared with the normal state. However, it is possible to perform at least one control among general electric release extension controls that are advantageous for the player (e.g. extension of the opening time, increase of the number of times of opening, etc.). It may be performed in combination, or may perform all control.
遊技盤6の遊技領域7の左右周辺には、遊技中に点滅表示される装飾LED25が設けられている。遊技盤6の遊技領域7の下部には、入賞しなかった打球が取り込まれるアウト口26が設けられている。また、遊技領域7の外側の左右上部には、所定の音声出力として効果音や音声を発声する2つのスピーカ27が設けられている。遊技領域7の外周には、前面枠に設けられた枠LED28が設けられている。   On the left and right sides of the game area 7 of the game board 6, there are provided decorative LEDs 25 that are blinked during the game. In the lower part of the game area 7 of the game board 6, there is provided an out port 26 through which a hit ball that has not won a prize is taken. In addition, two speakers 27 that utter sound effects and sounds as predetermined sound outputs are provided on the left and right upper portions outside the game area 7. On the outer periphery of the game area 7, a frame LED 28 provided on the front frame is provided.
打球供給皿3の上面における手前側の中央位置といった、パチンコ遊技機1の遊技機用枠における所定位置には、押下操作等により遊技者が操作可能な操作ボタン30が設置されている。なお、操作ボタン30は、押下操作が可能なものに限定されず、たとえば回転型セレクタのような回転操作が可能なものであってもよいし、タッチパネルのように接触操作や押圧操作が可能なものであってもよいし、レバー型スイッチのような傾動操作が可能なものであってもよい。また、操作ボタン30に代えて、たとえば赤外線センサやCCDセンサ、CMOSセンサのように、遊技者による所定の操作行為を検出できるセンサを用いてもよい。すなわち、操作ボタン30は、遊技者による所定の操作行為を、機械的、電気的、あるいは、電磁的に、検出できるものであればよい。   At a predetermined position in the gaming machine frame of the pachinko gaming machine 1, such as a central position on the front side of the top surface of the hitting ball supply tray 3, an operation button 30 that can be operated by the player by a pressing operation or the like is provided. Note that the operation button 30 is not limited to a button that can be pressed, and may be a button that can be rotated, such as a rotary selector, or a touch operation or a pressing operation, such as a touch panel. It may be a thing, and the thing which can be tilted like a lever type switch may be sufficient. Further, instead of the operation button 30, a sensor that can detect a predetermined operation action by the player, such as an infrared sensor, a CCD sensor, or a CMOS sensor, may be used. That is, the operation button 30 only needs to be able to detect a predetermined operation action by the player mechanically, electrically, or electromagnetically.
遊技機には、遊技者が打球操作ハンドル5を操作することに応じて駆動モータを駆動し、駆動モータの回転力を利用して遊技球を遊技領域7に発射する打球発射装置(図示せず)が設けられている。打球発射装置から発射された遊技球は、遊技領域7を囲むように円形状に形成された打球レールを通って遊技領域7に入り、その後、遊技領域7を下りてくる。遊技球が第1始動入賞口13に入り第1始動口スイッチ13aで検出されると、第1特別図柄の変動表示を開始できる状態であれば(たとえば、特別図柄の変動表示が終了し、第1の開始条件が成立したこと)、第1特別図柄表示器8aにおいて第1特別図柄の変動表示(変動)が開始されるとともに、第1飾り図柄表示器9aにおいて第1飾り図柄の変動表示が開始され、演出表示装置9において演出図柄の変動表示が開始される。すなわち、第1特別図柄、第1飾り図柄および演出図柄の変動表示は、第1始動入賞口13への入賞に対応する。第1特別図柄の変動表示を開始できる状態でなければ、第1保留記憶数が上限値に達していないことを条件として、第1保留記憶数を1増やす。   In the gaming machine, a ball striking device (not shown) that drives a driving motor in response to a player operating the batting operation handle 5 and uses the rotational force of the driving motor to launch a gaming ball to the gaming area 7. ) Is provided. A game ball launched from the ball striking device enters the game area 7 through a ball striking rail formed in a circular shape so as to surround the game area 7, and then descends the game area 7. When the game ball enters the first start winning port 13 and is detected by the first start port switch 13a, if the variation display of the first special symbol can be started (for example, the variation display of the special symbol ends, 1), the first special symbol display unit 8a starts the variable display (variation) of the first special symbol, and the first decorative symbol display unit 9a displays the variable display of the first decorative symbol. The effect display device 9 starts displaying the effect symbols in a variable manner. That is, the variable display of the first special symbol, the first decorative symbol, and the effect symbol corresponds to winning in the first start winning opening 13. If the variable display of the first special symbol cannot be started, the first reserved memory number is increased by 1 on condition that the first reserved memory number has not reached the upper limit value.
遊技球が第2始動入賞口14に入り第2始動口スイッチ14aで検出されると、第2特別図柄の変動表示を開始できる状態であれば(たとえば、特別図柄の変動表示が終了し、第2の開始条件が成立したこと)、第2特別図柄表示器8bにおいて第2特別図柄の変動表示(変動)が開始されるとともに、第2飾り図柄表示器9bにおいて第2飾り図柄の変動表示が開始され、演出表示装置9において演出図柄の変動表示が開始される。すなわち、第2特別図柄、第2飾り図柄および演出図柄の変動表示は、第2始動入賞口14への入賞に対応する。第2特別図柄の変動表示を開始できる状態でなければ、第2保留記憶数が上限値に達していないことを条件として、第2保留記憶数を1増やす。   When the game ball enters the second start winning port 14 and is detected by the second start port switch 14a, if the variation display of the second special symbol can be started (for example, the variation display of the special symbol ends, 2), the second special symbol display 8b starts the variable display (variation) of the second special symbol, and the second decorative symbol display 9b displays the variable display of the second decorative symbol. The effect display device 9 starts displaying the effect symbols in a variable manner. That is, the change display of the second special symbol, the second decorative symbol, and the effect symbol corresponds to winning in the second start winning opening 14. If the variable display of the second special symbol cannot be started, the second reserved memory number is increased by 1 on condition that the second reserved memory number has not reached the upper limit value.
なお、第1保留記憶数あるいは第2保留記憶数を1増やすとは、具体的には、後述するように必要な乱数を抽出し、RAM55に設けられている所定の乱数格納領域に当該抽出した乱数を格納することを含む。   In addition, to increase the first reserved memory number or the second reserved memory number by 1, specifically, a necessary random number is extracted as described later, and extracted to a predetermined random number storage area provided in the RAM 55. Including storing random numbers.
図2は、主基板(遊技制御基板)31における回路構成の一例を示すブロック図である。なお、図2は、払出制御基板37および演出制御基板80等も示されている。主基板31には、プログラムにしたがってパチンコ遊技機1を制御する遊技制御用マイクロコンピュータ(遊技制御手段に相当)560が搭載されている。遊技制御用マイクロコンピュータ560は、ゲーム制御(遊技進行制御)用のプログラム等を記憶するROM54、ワークメモリとして使用される記憶手段としてのRAM55、プログラムにしたがって制御動作を行なうCPU56およびI/Oポート部57を含む。この実施の形態では、ROM54およびRAM55は遊技制御用マイクロコンピュータ560に内蔵されている。すなわち、遊技制御用マイクロコンピュータ560は、1チップマイクロコンピュータである。1チップマイクロコンピュータには、少なくともCPU56のほかRAM55が内蔵されていればよく、ROM54は外付けであっても内蔵されていてもよい。また、I/Oポート部57は、外付けであってもよい。遊技制御用マイクロコンピュータ560には、さらに、ハードウェア乱数(ハードウェア回路が発生する乱数)を発生する乱数回路503が内蔵されている。   FIG. 2 is a block diagram showing an example of the circuit configuration of the main board (game control board) 31. FIG. 2 also shows a payout control board 37, an effect control board 80, and the like. A game control microcomputer (corresponding to game control means) 560 for controlling the pachinko gaming machine 1 according to a program is mounted on the main board 31. The game control microcomputer 560 includes a ROM 54 for storing a game control (game progress control) program and the like, a RAM 55 as a storage means used as a work memory, a CPU 56 for performing control operations in accordance with the program, and an I / O port unit. 57. In this embodiment, the ROM 54 and the RAM 55 are built in the game control microcomputer 560. That is, the game control microcomputer 560 is a one-chip microcomputer. The one-chip microcomputer only needs to incorporate at least the CPU 56 and the RAM 55, and the ROM 54 may be external or built-in. The I / O port unit 57 may be externally attached. The game control microcomputer 560 further includes a random number circuit 503 that generates hardware random numbers (random numbers generated by the hardware circuit).
また、RAM55は、その一部または全部が電源基板910において作成されるバックアップ電源によってバックアップされている不揮発性記憶手段としてのバックアップRAMである。   The RAM 55 is a backup RAM as a non-volatile storage means, part or all of which is backed up by a backup power source created on the power supply substrate 910.
なお、遊技制御用マイクロコンピュータ560においてCPU56がROM54に格納されているプログラムにしたがって制御を実行するので、以下、遊技制御用マイクロコンピュータ560(またはCPU56)が実行する(または、処理を行なう)ということは、具体的には、CPU56がプログラムにしたがって制御を実行することである。このことは、主基板31以外の他の基板に搭載されているマイクロコンピュータについても同様である。   In the game control microcomputer 560, the CPU 56 executes control in accordance with a program stored in the ROM 54. Therefore, the game control microcomputer 560 (or CPU 56) executes (or performs processing) hereinafter. Specifically, the CPU 56 executes control according to a program. The same applies to microcomputers mounted on substrates other than the main substrate 31.
乱数回路503は、特別図柄の変動表示の表示結果により大当りとするか否か判定するための判定用の乱数を発生するために用いられるハードウェア回路である。   The random number circuit 503 is a hardware circuit that is used to generate a random number for determination to determine whether or not to make a big hit based on the display result of the special symbol variation display.
また、ゲートスイッチ32a、第1始動口スイッチ13a、第2始動口スイッチ14a、カウントスイッチ23、入賞口スイッチ29a,30a,33a,39aからの検出信号を遊技制御用マイクロコンピュータ560に与える入力ドライバ回路58も主基板31に搭載されている。また、可変入賞球装置15を開閉するソレノイド16、および大入賞口を形成する特別可変入賞球装置20を開閉するソレノイド21を遊技制御用マイクロコンピュータ560からの指令にしたがって駆動する出力回路59も主基板31に搭載されている。   Also, an input driver circuit for providing the game control microcomputer 560 with detection signals from the gate switch 32a, the first start port switch 13a, the second start port switch 14a, the count switch 23, and the winning port switches 29a, 30a, 33a, 39a. 58 is also mounted on the main board 31. Also, an output circuit 59 for driving the solenoid 16 for opening and closing the variable winning ball device 15 and the solenoid 21 for opening and closing the special variable winning ball device 20 that forms a big winning opening according to a command from the game control microcomputer 560 is also provided. It is mounted on the substrate 31.
また、遊技制御用マイクロコンピュータ560は、特別図柄を変動表示する第1特別図柄表示器8a、第2特別図柄表示器8b、普通図柄を変動表示する普通図柄表示器10、第1特別図柄保留記憶表示器18a、第2特別図柄保留記憶表示器18bおよび普通図柄保留記憶表示器41の表示制御を行なう。   Further, the game control microcomputer 560 includes a first special symbol display 8a, a second special symbol display 8b, which variably displays special symbols, a normal symbol display 10, which variably displays normal symbols, and a first special symbol hold memory. Display control of the display 18a, the second special symbol storage memory display 18b, and the normal symbol storage memory display 41 is performed.
なお、大当り遊技状態の発生を示す大当り情報等の情報出力信号をホールコンピュータ等の外部装置に対して出力する情報出力回路(図示せず)も主基板31に搭載されている。   An information output circuit (not shown) for outputting an information output signal such as jackpot information indicating the occurrence of a jackpot gaming state to an external device such as a hall computer is also mounted on the main board 31.
この実施の形態では、演出制御基板80に搭載されている演出制御手段(後述する演出制御用マイクロコンピュータ100)が、中継基板77を介して遊技制御用マイクロコンピュータ560から演出内容を指示する演出制御コマンドを受信し、飾り図柄を変動表示する第1飾り図柄表示器9aおよび第2飾り図柄表示器9bの表示制御と、演出図柄を変動表示する演出表示装置9の表示制御とを行なう。   In this embodiment, effect control means (effect control microcomputer 100 described later) mounted on the effect control board 80 instructs effect contents from the game control microcomputer 560 via the relay board 77. When the command is received, the display control of the first decorative symbol display 9a and the second decorative symbol display 9b for displaying the decorative symbols in a variable manner and the display control of the effect display device 9 for displaying the dynamic symbols in a variable manner are performed.
また、演出制御基板80に搭載されている演出制御手段が、ランプドライバ基板35を介して、遊技盤に設けられている装飾LED25、および枠側に設けられている枠LED28の表示制御を行なうとともに、音声出力基板70を介してスピーカ27からの音出力の制御を行なう。   The effect control means mounted on the effect control board 80 controls the display of the decoration LED 25 provided on the game board and the frame LED 28 provided on the frame side via the lamp driver board 35. The sound output from the speaker 27 is controlled via the sound output board 70.
図3は、中継基板77、演出制御基板80、ランプドライバ基板35および音声出力基板70の回路構成例を示すブロック図である。なお、図3に示す例では、ランプドライバ基板35および音声出力基板70には、マイクロコンピュータは搭載されていないが、マイクロコンピュータを搭載してもよい。また、ランプドライバ基板35および音声出力基板70を設けずに、演出制御に関して演出制御基板80のみを設けてもよい。   FIG. 3 is a block diagram illustrating a circuit configuration example of the relay board 77, the effect control board 80, the lamp driver board 35, and the audio output board 70. In the example shown in FIG. 3, the lamp driver board 35 and the audio output board 70 are not equipped with a microcomputer, but may be equipped with a microcomputer. Further, without providing the lamp driver board 35 and the audio output board 70, only the effect control board 80 may be provided for effect control.
演出制御基板80は、演出制御用CPU101、および演出図柄プロセスフラグ等の演出に関する情報を記憶するRAMを含む演出制御用マイクロコンピュータ100を搭載している。なお、RAMは外付けであってもよい。この実施の形態では、演出制御用マイクロコンピュータ100におけるRAMは電源バックアップされていない。演出制御基板80において、演出制御用CPU101は、内蔵または外付けのROM(図示せず)に格納されたプログラムにしたがって動作し、中継基板77を介して入力される主基板31からの取込信号(演出制御INT信号)に応じて、入力ドライバ102および入力ポート103を介して演出制御コマンドを受信する。また、演出制御用CPU101は、演出制御コマンドに基づいて、VDP(ビデオディスプレイプロセッサ)109に演出表示装置9の表示制御を行なわせる。   The effect control board 80 includes an effect control CPU 101 and an effect control microcomputer 100 including a RAM for storing information related to effects such as effect symbol process flags. The RAM may be externally attached. In this embodiment, the RAM in the production control microcomputer 100 is not backed up. In the effect control board 80, the effect control CPU 101 operates in accordance with a program stored in a built-in or external ROM (not shown), and receives signals from the main board 31 input via the relay board 77. In response to the (effect control INT signal), an effect control command is received via the input driver 102 and the input port 103. Further, the effect control CPU 101 causes the VDP (video display processor) 109 to perform display control of the effect display device 9 based on the effect control command.
また、操作ボタン30からの操作信号が、入力ポート107を介して演出制御用マイクロコンピュータ100に入力される。演出制御用マイクロコンピュータ100は、操作ボタン30からの操作信号に応じて所定の演出を行なう。   An operation signal from the operation button 30 is input to the effect control microcomputer 100 via the input port 107. The effect control microcomputer 100 performs a predetermined effect according to the operation signal from the operation button 30.
この実施の形態では、演出制御用マイクロコンピュータ100と共動して演出表示装置9の表示制御を行なうVDP109が演出制御基板80に搭載されている。VDP109は、演出制御用マイクロコンピュータ100とは独立したアドレス空間を有し、そこにVRAMをマッピングする。VRAMは、画像データを展開するためのバッファメモリである。そして、VDP109は、VRAM内の画像データをフレームメモリを介して演出表示装置9に出力する。   In this embodiment, a VDP 109 that performs display control of the effect display device 9 in cooperation with the effect control microcomputer 100 is mounted on the effect control board 80. The VDP 109 has an address space independent of the production control microcomputer 100 and maps the VRAM therein. VRAM is a buffer memory for developing image data. Then, the VDP 109 outputs the image data in the VRAM to the effect display device 9 via the frame memory.
演出制御用CPU101は、受信した演出制御コマンドにしたがってCGROM(図示せず)から必要なデータを読出すための指令をVDP109に出力する。CGROMは、演出表示装置9に表示されるキャラクタ画像データや動画像データ、具体的には、人物、文字、図形や記号等(演出図柄を含む)、および背景画像のデータを予め格納しておくためのROMである。演出表示装置9において変動表示されるとともに停止表示される演出図柄としては、「1」〜「8」の計8個の図柄が設けられている。各演出図柄は、「1」〜「8」のいずれかの数字と、図柄毎に定められたキャラクタとから構成されている。たとえば、「7」の演出図柄としては、「7」の数字と、「7」用のキャラクタ(たとえば髪の毛を下ろした女の子のキャラクタなど、図38参照)とから構成されている。なお、図1、図24〜図26において示される演出図柄としては、説明の便宜上、数字のみ図示しているが、本実施の形態における演出図柄は図38に図示されるように、数字とキャラクタとから構成されている。   The effect control CPU 101 outputs to the VDP 109 a command for reading necessary data from a CGROM (not shown) in accordance with the received effect control command. The CGROM stores character image data and moving image data displayed on the effect display device 9, specifically, a person, characters, figures, symbols (including effect symbols), and background image data in advance. ROM. A total of eight symbols “1” to “8” are provided as effect symbols that are variably displayed and stopped in the effect display device 9. Each effect symbol is composed of any number from “1” to “8” and a character defined for each symbol. For example, the effect symbol “7” is composed of a number “7” and a character for “7” (for example, a girl character whose hair is lowered, see FIG. 38). 1 and 24 to 26, only the numerals are shown for convenience of explanation, but the effects in the present embodiment are numbers and characters as shown in FIG. It consists of and.
VDP109は、演出制御用CPU101の指令に応じて、CGROMから画像データを読出す。そして、VDP109は、読出した画像データに基づいて表示制御を実行する。   The VDP 109 reads the image data from the CGROM in response to a command from the effect control CPU 101. The VDP 109 executes display control based on the read image data.
演出制御コマンドおよび演出制御INT信号は、演出制御基板80において、まず、入力ドライバ102に入力する。入力ドライバ102は、中継基板77から入力された信号を演出制御基板80の内部に向かう方向にしか通過させない(演出制御基板80の内部から中継基板77への方向には信号を通過させない)信号方向規制手段としての単方向性回路でもある。   The effect control command and the effect control INT signal are first input to the input driver 102 on the effect control board 80. The input driver 102 passes the signal input from the relay board 77 only in the direction toward the inside of the effect control board 80 (does not pass the signal in the direction from the inside of the effect control board 80 to the relay board 77). It is also a unidirectional circuit as a regulating means.
また、演出制御用CPU101は、出力ポート106を介して、可動部材78を動作させるためにモータ86を駆動する。また、演出制御用CPU101は、出力ポート106を介して、可動部材84を動作させるためにモータ88を駆動する。   The effect control CPU 101 drives the motor 86 to operate the movable member 78 via the output port 106. Further, the effect control CPU 101 drives the motor 88 to operate the movable member 84 via the output port 106.
さらに、演出制御用CPU101は、出力ポート105を介してランプドライバ基板35に対してLEDを駆動する信号を出力する。また、演出制御用CPU101は、出力ポート104を介して音声出力基板70に対して音番号データを出力する。   Further, the effect control CPU 101 outputs a signal for driving the LED to the lamp driver board 35 via the output port 105. Further, the production control CPU 101 outputs sound number data to the audio output board 70 via the output port 104.
ランプドライバ基板35において、LEDを駆動する信号は、入力ドライバ351を介してLEDドライバ352に入力される。LEDドライバ352は、LEDを駆動する信号に基づいて枠LED28等の枠側に設けられている発光体に電流を供給する。また、遊技盤側に設けられている装飾LED25、上演出LED85a、中演出LED85bおよび下演出LED85cに電流を供給する。   In the lamp driver board 35, a signal for driving the LED is input to the LED driver 352 via the input driver 351. The LED driver 352 supplies a current to a light emitter provided on the frame side such as the frame LED 28 based on a signal for driving the LED. Further, current is supplied to the decoration LED 25, the upper effect LED 85a, the middle effect LED 85b, and the lower effect LED 85c provided on the game board side.
音声出力基板70において、音番号データは、入力ドライバ702を介して音声合成用IC703に入力される。音声合成用IC703は、音番号データに応じた音声や効果音を発生し増幅回路705に出力する。増幅回路705は、音声合成用IC703の出力レベルを、ボリューム706で設定されている音量に応じたレベルに増幅した音声信号をスピーカ27に出力する。音声データROM704には、音番号データに応じた制御データが格納されている。音番号データに応じた制御データは、所定期間(たとえば演出図柄の変動期間)における効果音または音声の出力態様を時系列的に示すデータの集まりである。   In the voice output board 70, the sound number data is input to the voice synthesis IC 703 via the input driver 702. The voice synthesizing IC 703 generates voice or sound effect according to the sound number data, and outputs it to the amplifier circuit 705. The amplification circuit 705 outputs an audio signal obtained by amplifying the output level of the speech synthesis IC 703 to a level corresponding to the volume set by the volume 706 to the speaker 27. The voice data ROM 704 stores control data corresponding to the sound number data. The control data corresponding to the sound number data is a collection of data indicating the sound effect or sound output mode in a time-series manner in a predetermined period (for example, the changing period of the effect design).
次に、遊技機の動作について説明する。図4は、主基板31における遊技制御用マイクロコンピュータ560が実行するメイン処理を示すフローチャートである。遊技機に対して電源が投入され電力供給が開始されると、リセット信号が入力されるリセット端子の入力レベルがハイレベルになる。そして、遊技制御用マイクロコンピュータ560(具体的には、CPU56)は、プログラムの内容が正当か否か確認するための処理であるセキュリティチェック処理を実行した後、ステップS(以下、単にSと呼ぶ)1以降のメイン処理を開始する。メイン処理において、CPU56は、まず、必要な初期設定を行なう。   Next, the operation of the gaming machine will be described. FIG. 4 is a flowchart showing a main process executed by the game control microcomputer 560 on the main board 31. When power is supplied to the gaming machine and power supply is started, the input level of the reset terminal to which the reset signal is input becomes high. Then, the game control microcomputer 560 (specifically, the CPU 56) executes a security check process that is a process for confirming whether or not the contents of the program are valid, and then performs step S (hereinafter simply referred to as S). ) The main process after 1 is started. In the main process, the CPU 56 first performs necessary initial settings.
初期設定処理において、CPU56は、まず、割込禁止に設定する(S1)。次に、割込モードを割込モード2に設定し(S2)、スタックポインタにスタックポインタ指定アドレスを設定する(S3)。そして、内蔵デバイスの初期化(内蔵デバイス(内蔵周辺回路)であるCTC(カウンタ/タイマ)およびPIO(パラレル入出力ポート)の初期化等)を行なった後(S4)、RAM55をアクセス可能状態に設定する(S5)。なお、割込モード2は、CPU56が内蔵する特定レジスタ(Iレジスタ)の値(1バイト)と内蔵デバイスが出力する割込ベクタ(1バイト:最下位ビット0)とから合成されるアドレスが、割込番地を示すモードである。   In the initial setting process, the CPU 56 first sets the interrupt prohibition (S1). Next, the interrupt mode is set to interrupt mode 2 (S2), and a stack pointer designation address is set to the stack pointer (S3). Then, after initialization of the built-in device (initialization of CTC (counter / timer) and PIO (parallel input / output port) which are built-in devices (built-in peripheral circuits)) (S4), the RAM 55 is made accessible. Set (S5). In the interrupt mode 2, the address synthesized from the value (1 byte) of the specific register (I register) built in the CPU 56 and the interrupt vector (1 byte: least significant bit 0) output from the built-in device is This mode indicates an interrupt address.
次いで、CPU56は、入力ポートを介して入力されるクリアスイッチ(たとえば、電源基板に搭載されている。)の出力信号の状態を確認する(S6)。その確認においてオンを検出した場合には、CPU56は、通常の初期化処理を実行する(S12〜S17)。   Next, the CPU 56 checks the state of the output signal of the clear switch (for example, mounted on the power supply board) input via the input port (S6). When the on-state is detected in the confirmation, the CPU 56 executes normal initialization processing (S12 to S17).
クリアスイッチがオンの状態でない場合には、遊技機への電力供給が停止したときにバックアップRAM領域のデータ保護処理(たとえばパリティデータの付加等の電力供給停止時処理)が行なわれたか否か確認する(S7)。そのような保護処理が行なわれていないことを確認したら、CPU56は初期化処理を実行する。バックアップRAM領域にバックアップデータがあるか否かは、たとえば、電力供給停止時処理においてバックアップRAM領域に設定されるバックアップフラグの状態によって確認される。   If the clear switch is not on, check whether data protection processing for the backup RAM area (for example, power supply stop processing such as addition of parity data) has been performed when power supply to the gaming machine is stopped (S7). When it is confirmed that such protection processing is not performed, the CPU 56 executes initialization processing. Whether there is backup data in the backup RAM area is confirmed, for example, by the state of the backup flag set in the backup RAM area in the power supply stop process.
電力供給停止時処理が行なわれたことを確認したら、CPU56は、バックアップRAM領域のデータチェックを行なう(S8)。この実施の形態では、データチェックとしてパリティチェックを行なう。よって、S8では、算出したチェックサムと、電力供給停止時処理で同一の処理によって算出され保存されているチェックサムとを比較する。不測の停電等の電力供給停止が生じた後に復旧した場合には、バックアップRAM領域のデータは保存されているはずであるから、チェック結果(比較結果)は正常(一致)になる。チェック結果が正常でないということは、バックアップRAM領域のデータが、電力供給停止時のデータとは異なっていることを意味する。そのような場合には、内部状態を電力供給停止時の状態に戻すことができないので、電力供給の停止からの復旧時でない電源投入時に実行される初期化処理を実行する。   When it is confirmed that the power supply stop process has been performed, the CPU 56 checks the data in the backup RAM area (S8). In this embodiment, a parity check is performed as a data check. Therefore, in S8, the calculated checksum is compared with the checksum calculated and stored by the same process in the power supply stop process. When the power supply is stopped after an unexpected power failure or the like, the data in the backup RAM area should be saved, so the check result (comparison result) is normal (matched). That the check result is not normal means that the data in the backup RAM area is different from the data when the power supply is stopped. In such a case, since the internal state cannot be returned to the state when the power supply is stopped, an initialization process that is executed when the power is turned on is not performed when the power supply is stopped.
チェック結果が正常であれば、CPU56は、遊技制御手段の内部状態と演出制御手段等の電気部品制御手段の制御状態を電力供給停止時の状態に戻すための遊技状態復旧処理(S9〜S11の処理)を行なう。   If the check result is normal, the CPU 56 performs a game state recovery process (S9 to S11) for returning the internal state of the game control means and the control state of the electrical component control means such as the effect control means to the state when the power supply is stopped. Process).
また、CPU56は、電力供給復旧時のコマンドとしての停電復旧指定コマンドを演出制御基板80に送信する(S11)。そして、S16に移行する。   In addition, the CPU 56 transmits a power failure recovery designation command as a command at the time of power supply recovery to the effect control board 80 (S11). Then, the process proceeds to S16.
初期化処理では、CPU56は、まず、RAMクリア処理を行なう(S12)。また、ROM54に格納されている初期化時設定テーブルの先頭アドレスをポインタに設定し(S13)、初期化時設定テーブルの内容を順次RAM55における作業領域に設定する(S14)。   In the initialization process, the CPU 56 first performs a RAM clear process (S12). Also, the initial address of the initialization setting table stored in the ROM 54 is set as a pointer (S13), and the contents of the initialization setting table are sequentially set in the work area in the RAM 55 (S14).
S13およびS14の処理によって、特別図柄プロセスフラグ等制御状態に応じて選択的に処理を行なうためのフラグに初期値が設定される。   By the processing of S13 and S14, an initial value is set to a flag for selectively performing processing according to a control state such as a special symbol process flag.
また、CPU56は、サブ基板(主基板31以外のマイクロコンピュータが搭載された基板。)を初期化するための初期化指定コマンド(遊技制御用マイクロコンピュータ560が初期化処理を実行したことを示すコマンドでもある。)を演出制御基板80に送信する(S15)。たとえば、演出制御基板80に搭載されている演出制御用マイクロコンピュータ100は、初期化指定コマンドを受信すると、演出表示装置9において、遊技機の制御の初期化がなされたことを報知するための画面表示、すなわち初期化報知を行なう。なお、初期化処理において、CPU56は、客待ちデモンストレーション指定(デモ指定)コマンドも送信する。   Further, the CPU 56 initializes a sub board (a board on which a microcomputer other than the main board 31 is mounted) (a command indicating that the game control microcomputer 560 has executed an initialization process). Is also transmitted to the effect control board 80 (S15). For example, when the production control microcomputer 100 mounted on the production control board 80 receives the initialization designation command, the production display device 9 displays a screen for notifying that the control of the gaming machine has been initialized. Display, that is, initialization notification is performed. In the initialization process, the CPU 56 also transmits a customer waiting demonstration designation (demonstration designation) command.
また、CPU56は、乱数回路503を初期設定する乱数回路設定処理を実行する(S16)。   Further, the CPU 56 executes a random number circuit setting process for initial setting of the random number circuit 503 (S16).
そして、CPU56は、所定時間(たとえば2ms)毎に定期的にタイマ割込がかかるように遊技制御用マイクロコンピュータ560に内蔵されているCTCのレジスタの設定を行なう(S17)。すなわち、初期値としてたとえば2msに相当する値が所定のレジスタ(時間定数レジスタ)に設定される。この実施の形態では、2ms毎に定期的にタイマ割込がかかるとする。   Then, the CPU 56 sets a CTC register built in the game control microcomputer 560 so that a timer interrupt is periodically taken every predetermined time (for example, 2 ms) (S17). In other words, for example, a value corresponding to 2 ms is set in a predetermined register (time constant register) as an initial value. In this embodiment, it is assumed that a timer interrupt is periodically taken every 2 ms.
初期化処理の実行(S12〜S17)が完了すると、CPU56は、メイン処理で、表示用乱数更新処理(S19)および初期値用乱数更新処理(S20)を繰返し実行する。表示用乱数更新処理および初期値用乱数更新処理を実行するときには割込禁止状態に設定し(S18)、表示用乱数更新処理および初期値用乱数更新処理の実行が終了すると割込許可状態に設定する(S21)。この実施の形態では、表示用乱数とは、変動パターン等を決定するための乱数であり、表示用乱数更新処理とは、表示用乱数を発生するためのカウンタのカウント値を更新する処理である。また、初期値用乱数更新処理とは、初期値用乱数を発生するためのカウンタのカウント値を更新する処理である。この実施の形態では、初期値用乱数とは、普通図柄の当りとするか否か決定するための乱数を発生するためのカウンタ(普通図柄当り判定用乱数発生カウンタ)等のカウント値の初期値を決定するための乱数である。   When the execution of the initialization process (S12 to S17) is completed, the CPU 56 repeatedly executes the display random number update process (S19) and the initial value random number update process (S20) in the main process. When executing the display random number update process and the initial value random number update process, the interrupt disabled state is set (S18). When the display random number update process and the initial value random number update process are completed, the interrupt enabled state is set. (S21). In this embodiment, the display random number is a random number for determining a variation pattern or the like, and the display random number update process is a process for updating the count value of the counter for generating the display random number. . The initial value random number update process is a process for updating the count value of the counter for generating the initial value random number. In this embodiment, the initial value random number is an initial value of a count value such as a counter for generating a random number for determining whether or not to hit a normal symbol (normal symbol determination random number generation counter). It is a random number for determining.
タイマ割込が発生すると、CPU56は、図5に示すS25〜S39のタイマ割込処理を実行する。タイマ割込処理において、まず、電源断信号が出力されたか否か(オン状態になったか否か)を検出する電源断検出処理を実行する(S25)。電源断信号は、たとえば電源基板に搭載されている電源監視回路920が、遊技機に供給される電源の電圧の低下を検出した場合に出力する。そして、電源断検出処理において、CPU56は、電源断信号が出力されたことを検出したら、必要なデータをバックアップRAM領域に保存するための電力供給停止時処理を実行する。次いで、入力ドライバ回路58を介して、ゲートスイッチ32a、第1始動口スイッチ13a、第2始動口スイッチ14a、カウントスイッチ23、および入賞口スイッチ29a,30a,33a,39aの検出信号を入力し、それらの状態判定を行なうスイッチ処理を実行する(S26)。   When the timer interrupt occurs, the CPU 56 executes the timer interrupt process of S25 to S39 shown in FIG. In the timer interrupt process, first, a power-off detection process for detecting whether or not a power-off signal is output (whether or not an on-state is turned on) is executed (S25). The power-off signal is output, for example, when the power monitoring circuit 920 mounted on the power board detects a drop in the voltage of the power supplied to the gaming machine. In the power-off detection process, when detecting that the power-off signal has been output, the CPU 56 executes a power supply stop process for storing necessary data in the backup RAM area. Next, detection signals from the gate switch 32a, the first start port switch 13a, the second start port switch 14a, the count switch 23, and the winning port switches 29a, 30a, 33a, and 39a are input via the input driver circuit 58, A switch process for determining these states is executed (S26).
次に、CPU56は、第1特別図柄表示器8a、第2特別図柄表示器8b、普通図柄表示器10、第1特別図柄保留記憶表示器18a、第2特別図柄保留記憶表示器18b、普通図柄保留記憶表示器41の表示制御を行なう表示制御処理を実行する(S27)。第1特別図柄表示器8a、第2特別図柄表示器8bおよび普通図柄表示器10については、S37,S38で設定される出力バッファの内容に応じて各表示器に対して駆動信号を出力する制御を実行する。   Next, the CPU 56 includes a first special symbol display 8a, a second special symbol display 8b, a normal symbol display 10, a first special symbol hold storage display 18a, a second special symbol hold storage display 18b, and a normal symbol. A display control process for controlling the display of the on-hold storage display 41 is executed (S27). For the first special symbol display 8a, the second special symbol display 8b, and the normal symbol display 10, control for outputting a drive signal to each display according to the contents of the output buffer set in S37 and S38. Execute.
また、遊技制御に用いられる普通当り図柄決定用の乱数等の各判定用乱数を生成するための各カウンタのカウント値を更新する判定用乱数更新処理を行なう(S28)。CPU56は、さらに、初期値用乱数および表示用乱数を生成するためのカウンタのカウント値を更新する初期値用乱数更新処理(S29)および表示用乱数更新処理(S30)を実行する。   Further, a determination random number update process is performed to update the count value of each counter for generating each determination random number such as a random number for determining a normal winning symbol used for game control (S28). The CPU 56 further executes an initial value random number update process (S29) and a display random number update process (S30) for updating the count value of the counter for generating the initial value random number and the display random number.
さらに、CPU56は、特別図柄プロセス処理を行なう(S31)。特別図柄プロセス処理では、第1特別図柄表示器8a、第2特別図柄表示器8bおよび大入賞口を所定の順序で制御するための特別図柄プロセスフラグにしたがって該当する処理を実行する。CPU56は、特別図柄プロセスフラグの値を、遊技状態に応じて更新する。   Further, the CPU 56 performs special symbol process processing (S31). In the special symbol process, corresponding processing is executed in accordance with a special symbol process flag for controlling the first special symbol indicator 8a, the second special symbol indicator 8b, and the special winning opening in a predetermined order. The CPU 56 updates the value of the special symbol process flag according to the gaming state.
次いで、普通図柄プロセス処理を行なう(S32)。普通図柄プロセス処理では、CPU56は、普通図柄表示器10の表示状態を所定の順序で制御するための普通図柄プロセスフラグにしたがって該当する処理を実行する。CPU56は、普通図柄プロセスフラグの値を、遊技状態に応じて更新する。   Next, a normal symbol process is performed (S32). In the normal symbol process, the CPU 56 executes a corresponding process according to the normal symbol process flag for controlling the display state of the normal symbol display 10 in a predetermined order. The CPU 56 updates the value of the normal symbol process flag according to the gaming state.
また、CPU56は、演出制御用マイクロコンピュータ100に演出制御コマンドを送出する演出制御コマンド制御処理を行なう(S33)。   Further, the CPU 56 performs an effect control command control process for sending an effect control command to the effect control microcomputer 100 (S33).
さらに、CPU56は、たとえばホール管理用コンピュータに供給される大当り情報、始動情報、確率変動情報等のデータを出力する情報出力処理を行なう(S34)。   Further, the CPU 56 performs information output processing for outputting data such as jackpot information, starting information, probability variation information supplied to the hall management computer, for example (S34).
また、CPU56は、第1始動口スイッチ13a、第2始動口スイッチ14a、カウントスイッチ23および入賞口スイッチ29a,30a,33a,39aの検出信号に基づく賞球個数の設定等を行なう賞球処理を実行する(S35)。具体的にCPU56は、第1始動口スイッチ13a、第2始動口スイッチ14a、カウントスイッチ23および入賞口スイッチ29a,30a,33a,39aのいずれかがオンしたことに基づく入賞検出に応じて、払出制御基板37に搭載されている払出制御用マイクロコンピュータに賞球個数を示す払出制御コマンド(賞球個数信号)を出力する。払出制御用マイクロコンピュータは、賞球個数を示す払出制御コマンドに応じて球払出装置97を駆動する。   Further, the CPU 56 performs a prize ball process for setting the number of prize balls based on detection signals from the first start port switch 13a, the second start port switch 14a, the count switch 23, and the winning port switches 29a, 30a, 33a, 39a. Execute (S35). Specifically, the CPU 56 pays out in response to winning detection based on one of the first starting port switch 13a, the second starting port switch 14a, the count switch 23, and the winning port switches 29a, 30a, 33a, 39a being turned on. A payout control command (award ball number signal) indicating the number of winning balls is output to a payout control microcomputer mounted on the control board 37. The payout control microcomputer drives the ball payout device 97 in accordance with a payout control command indicating the number of winning balls.
この実施の形態では、出力ポートの出力状態に対応したRAM領域(出力ポートバッファ)が設けられているのであるが、CPU56は、出力ポートの出力状態に対応したRAM領域におけるソレノイドのオン/オフに関する内容を出力ポートに出力する出力処理を実行する(S36)。   In this embodiment, a RAM area (output port buffer) corresponding to the output state of the output port is provided. However, the CPU 56 relates to on / off of the solenoid in the RAM area corresponding to the output state of the output port. An output process for outputting the contents to the output port is executed (S36).
また、CPU56は、特別図柄プロセスフラグの値に応じて特別図柄の演出表示を行なうための特別図柄表示制御データを特別図柄表示制御データ設定用の出力バッファに設定する特別図柄表示制御処理を行なう(S37)。CPU56は、たとえば、特別図柄プロセス処理でセットされる開始フラグがセットされると終了フラグがセットされるまで、変動速度が1コマ/0.2秒であれば、0.2秒が経過する毎に、出力バッファに設定される表示制御データの値を+1する。また、CPU56は、出力バッファに設定された表示制御データに応じて、S27において駆動信号を出力することによって、第1特別図柄表示器8aおよび第2特別図柄表示器8bにおける第1特別図柄および第2特別図柄の変動表示を実行する。   Further, the CPU 56 performs special symbol display control processing for setting special symbol display control data for effect display of special symbols in an output buffer for setting special symbol display control data according to the value of the special symbol process flag ( S37). For example, if the change speed is 1 frame / 0.2 seconds until the end flag is set when the start flag set in the special symbol process is set, the CPU 56, for example, every 0.2 seconds passes. Then, the value of the display control data set in the output buffer is incremented by one. Further, the CPU 56 outputs a drive signal in S27 in accordance with the display control data set in the output buffer, whereby the first special symbol and the first special symbol on the first special symbol display 8a and the second special symbol display 8b. 2 Executes the variable display of special symbols.
さらに、CPU56は、普通図柄プロセスフラグの値に応じて普通図柄の演出表示を行なうための普通図柄表示制御データを普通図柄表示制御データ設定用の出力バッファに設定する普通図柄表示制御処理を行なう(S38)。CPU56は、たとえば、普通図柄の変動に関する開始フラグがセットされると終了フラグがセットされるまで、普通図柄の変動速度が0.2秒ごとに表示状態(「○」および「×」)を切替えるような速度であれば、0.2秒が経過する毎に、出力バッファに設定される表示制御データの値(たとえば、「○」を示す1と「×」を示す0)を切替える。また、CPU56は、出力バッファに設定された表示制御データに応じて、S27において駆動信号を出力することによって、普通図柄表示器10における普通図柄の演出表示を実行する。その後、割込許可状態に設定し(S39)、処理を終了する。   Further, the CPU 56 performs a normal symbol display control process of setting normal symbol display control data for effect display of the normal symbol in the output buffer for setting the normal symbol display control data according to the value of the normal symbol process flag ( S38). For example, when the start flag relating to the variation of the normal symbol is set, the CPU 56 switches the display state (“◯” and “×”) for the variation rate of the normal symbol every 0.2 seconds until the end flag is set. With such a speed, the value of the display control data set in the output buffer (for example, 1 indicating “◯” and 0 indicating “x”) is switched every 0.2 seconds. Further, the CPU 56 outputs a driving signal in S27 according to the display control data set in the output buffer, thereby executing a normal symbol effect display on the normal symbol display 10. Thereafter, the interrupt permission state is set (S39), and the process is terminated.
始動入賞を契機として、第1特別図柄表示器8aまたは第2特別図柄表示器8bにおいて、特別図柄(第1特別図柄または第2特別図柄)の変動表示が開始された後、所定時間(変動時間)が経過すると、特別図柄の変動表示結果である停止図柄を停止表示(導出表示)する。大当りにすることに決定されている場合には、特定の特別図柄(大当り図柄)が停止表示される。小当りにすることに決定されている場合には、大当り図柄とは異なる所定の特別図柄(小当り図柄)が停止表示される。はずれにすることに決定されている場合には、大当り図柄や小当り図柄以外の特別図柄が停止表示される。大当り図柄が導出表示された場合には、遊技状態が、特定遊技状態としての大当り遊技状態に制御される。また、小当り図柄が導出表示された場合には、大当り遊技状態とは異なる小当り遊技状態に制御される。   Triggered by the start prize, the first special symbol display 8a or the second special symbol display 8b starts to display a special symbol (the first special symbol or the second special symbol) for a predetermined time (variation time). ), The stop symbol which is the result of the special symbol variation display is stopped (displayed). If it is decided to win, a special special symbol (big hit symbol) is stopped and displayed. When it is decided to make a small hit, a predetermined special symbol (small hit symbol) different from the big hit symbol is stopped and displayed. If it is determined to be off, special symbols other than the big hit symbol and the small hit symbol are stopped and displayed. When the big hit symbol is derived and displayed, the gaming state is controlled to the big hit gaming state as the specific gaming state. Further, when the small hit symbol is derived and displayed, the small hit game state different from the big hit game state is controlled.
この実施の形態では、特別図柄として、「1」〜「8」の8種類の数字が設定されている。「1」〜「8」の特別図柄のうち、「1」〜「3」が15R確変大当り図柄に、「4」および「5」が15R非確変大当り図柄に、「6」が2R確変大当り図柄に、「7」が小当り図柄に、「8」がはずれ図柄に、各々設定されている。なお、“R”は、ラウンドを示す。   In this embodiment, eight types of numbers “1” to “8” are set as special symbols. Among the special symbols “1” to “8”, “1” to “3” are 15R probability variable big hit symbols, “4” and “5” are 15R non-variable big hit symbols, and “6” is 2R probability variable big hit symbols. In addition, “7” is set as the small hit symbol and “8” is set as the off symbol. “R” indicates a round.
第1特別図柄表示器8aまたは第2特別図柄表示器8bに、15R大当りの図柄(「1」〜「5」)が停止表示された場合には、可変入賞球装置20における開閉板が、所定期間(たとえば、29秒間)または所定個数(たとえば、10個)の入賞が発生するまでの期間、開放状態になって、可変入賞球装置20を遊技者にとって有利な第1状態に変化させる単位ラウンドが開始される。15R大当り状態では、ラウンドの回数は15回である。   When the 15R jackpot symbols ("1" to "5") are stopped and displayed on the first special symbol display 8a or the second special symbol display 8b, the opening / closing plate in the variable winning ball apparatus 20 is predetermined. A unit round in which the variable winning ball apparatus 20 is changed to the first state advantageous for the player in an open state for a period (for example, 29 seconds) or a period until a predetermined number (for example, 10) of winnings occurs. Is started. In the 15R big hit state, the number of rounds is 15.
また、第1特別図柄表示器8aに2R確変大当りの図柄(「6」)が停止表示された場合には、ラウンドの回数が2回である大当り遊技状態(2R大当り状態)に移行する。また、2R大当り状態では、各ラウンドの開閉板の開時間は、15R大当り状態であるときよりも短い期間(たとえば、0.5秒間)になる。   Further, when the symbol (“6”) for 2R probability variation big hit is stopped and displayed on the first special symbol display 8a, the game shifts to a big hit gaming state (2R big hit state) in which the number of rounds is two. Further, in the 2R big hit state, the opening time of the open / close plate in each round is shorter (for example, 0.5 seconds) than in the 15R big hit state.
また、大当り遊技状態が終了した後、遊技状態が時短状態に制御される。時短状態では、通常状態(確変状態や時短状態ではない状態)に比べて特別図柄の変動表示における特別図柄の変動時間が短縮される。時短状態は、たとえば、所定回数(たとえば、100回)の特別図柄の変動表示が実行されること、および、変動表示結果が「大当り」となることのうち、いずれかの条件が先に成立したときに終了する。なお、大当り状態が終了した後に、時短状態にせずに通常状態になるようにしてもよい。   In addition, after the big hit gaming state is finished, the gaming state is controlled to the short time state. In the short time state, the variation time of the special symbol in the variation display of the special symbol is shortened as compared with the normal state (state that is not the probability variation state or the short time state). In the short-time state, for example, either a predetermined number of times (for example, 100 times) of special symbol variation display is executed and the variation display result is “big hit”, either condition is satisfied first. When it ends. In addition, after the big hit state is ended, the normal state may be set instead of the time reduction state.
遊技状態を確変状態に制御することに決定されている場合には、大当り遊技状態が終了した後、遊技状態が確変状態に制御される。確変状態は、たとえば、次に変動表示結果として大当り図柄が導出表示されるまで継続する。   When it is determined to control the gaming state to the probability changing state, the gaming state is controlled to the probability changing state after the big hit gaming state ends. The probability variation state continues until, for example, a big hit symbol is derived and displayed as a variation display result.
2R大当り状態が終了した後にも、遊技状態が確変状態(高確率状態)に制御される。2R大当り状態が終了した後に制御される確変状態を、突然確変(突確)状態ともいう。   Even after the 2R big hit state is finished, the gaming state is controlled to the probability change state (high probability state). The probability variation state that is controlled after the 2R big hit state ends is also referred to as a sudden probability variation (surprise) state.
第1特別図柄表示器8aまたは第2特別図柄表示器8bに小当り図柄(「7」)が停止表示された場合には、遊技状態が、大当り遊技状態とは異なる小当り遊技状態に制御される。小当り遊技状態では、2R大当り状態と同様に、可変入賞球装置20における開閉板が所定期間(たとえば、0.5秒間)開放状態になって大入賞口が開放される。開放状態になる回数は2回である。ただし、2R大当り状態とは異なり、遊技状態は変更されない。すなわち、小当り遊技状態に制御される前の遊技状態が継続する。   When the small hit symbol ("7") is stopped and displayed on the first special symbol indicator 8a or the second special symbol indicator 8b, the gaming state is controlled to a small hit gaming state different from the big hit gaming state. The In the small hit gaming state, as in the 2R big hit state, the open / close plate in the variable winning ball apparatus 20 is opened for a predetermined period (for example, 0.5 seconds), and the big winning opening is opened. The number of times of opening is two. However, unlike the 2R big hit state, the gaming state is not changed. That is, the gaming state before being controlled to the small hit gaming state continues.
また、確変状態では、低確率状態(通常状態)に比べて、大当りに決定される確率が高くなっている。たとえば、10倍になっている。具体的には、確変状態では、予め定められた大当り判定値の数が、通常状態に比べて10倍になっている。また、普通図柄表示器10の停止図柄が当り図柄になる確率が高められている。すなわち、始動入賞口13が開放しやすくなって、始動入賞が生じやすくなっている。具体的には、確変状態は、予め定められた普通図柄当り判定値の数が、通常状態に比べて多い。また、普通図柄表示器10の停止図柄が当り図柄になる確率を高めることに加えて、可変入賞球装置15の開放回数または開放時間を多くしたり、可変入賞球装置15の開放回数および開放時間を多くしたりしてもよい。また、時短状態でも、普通図柄表示器10の停止図柄が当り図柄になる確率を高めたり、可変入賞球装置15の開放回数または開放時間を多くしたり、可変入賞球装置15の開放回数および開放時間を多くしたりしてもよい。この実施の形態では、確変状態において、大当りに決定される確率が高くなることに加えて、普通図柄表示器10の停止図柄が当り図柄になる確率が高められる例を示した。しかし、確変状態においては、少なくとも、大当りに決定される確率が高くなればよい。   Further, in the probability variation state, the probability of determining a big hit is higher than in the low probability state (normal state). For example, it is 10 times. Specifically, in the probability variation state, the number of predetermined jackpot determination values is 10 times that in the normal state. In addition, the probability that the stop symbol of the normal symbol display 10 becomes a winning symbol is increased. That is, the start winning opening 13 is easily opened, and the start winning is likely to occur. Specifically, in the probability variation state, the number of predetermined determination values per normal symbol is larger than that in the normal state. Further, in addition to increasing the probability that the stop symbol of the normal symbol display 10 becomes a winning symbol, the number of opening or the opening time of the variable winning ball device 15 is increased, or the number of opening and the opening time of the variable winning ball device 15 is increased. You may increase. Further, even in the short time state, the probability that the stop symbol of the normal symbol display 10 becomes a winning symbol is increased, the number of opening or the opening time of the variable winning ball device 15 is increased, and the number of opening and opening of the variable winning ball device 15 is increased. You may spend more time. In this embodiment, in the probability variation state, in addition to an increase in the probability of being determined to be a big hit, an example in which the probability that the stop symbol of the normal symbol display 10 becomes a winning symbol has been shown. However, in the probability variation state, it is sufficient that at least the probability of being determined as a big hit is high.
演出表示装置9の表示領域において、第1特別図柄表示器8aまたは第2特別図柄表示器8bによる特別図柄の変動表示に対応して、演出図柄の変動表示が行なわれる。すなわち、演出表示装置9の表示領域では、開始条件が成立したことに基づいて、「左」、「中」、「右」の各図柄表示エリア9L、9C、9Rにおいて演出図柄の変動が開始され、たとえば、「左」→「右」→「中」の順序で演出図柄の停止図柄が停止表示(導出表示)される。なお、「左」、「中」、「右」の図柄表示エリア9L、9C、9Rにおいて所定順序で演出図柄を停止表示してもよいし、「左」、「中」、「右」の各図柄表示エリア9L、9C、9Rにおいて同時に停止図柄を停止表示してもよい。   In the display area of the effect display device 9, the effect symbols are displayed in a variable manner in response to the special symbol change display by the first special symbol display 8a or the second special symbol display 8b. That is, in the display area of the effect display device 9, based on the fact that the start condition is satisfied, the variation of the effect symbols is started in the “left”, “middle”, and “right” symbol display areas 9L, 9C, and 9R. For example, the stop symbols of the effect symbols are stopped and displayed (derived display) in the order of “left” → “right” → “middle”. In the “left”, “middle”, and “right” symbol display areas 9L, 9C, and 9R, the effect symbols may be stopped and displayed in a predetermined order, or “left”, “middle”, and “right” The stop symbols may be stopped and displayed simultaneously in the symbol display areas 9L, 9C, and 9R.
演出図柄の変動表示が開始されてから「左」、「中」、「右」の各図柄表示エリア9L、9C、9Rにおいて停止図柄が導出表示されるまでの期間(変動表示期間=変動時間)で、演出図柄の変動表示状態が所定のリーチ状態となることがある。リーチ状態は、演出表示装置9の表示領域において停止表示された演出図柄が大当り組合せの一部を構成しているときに未だ停止表示されていない演出図柄の変動が継続している表示状態、または、全部もしくは一部の演出図柄が大当り組合せの全部または一部を構成しながら同期して変動している表示状態である。リーチ状態における表示演出が、リーチ演出表示(リーチ演出)である。   The period from the start of the variable display of the effect symbol until the stop symbol is derived and displayed in the “left”, “middle”, and “right” symbol display areas 9L, 9C, 9R (variable display period = variable time) Thus, the variation display state of the effect symbol may become a predetermined reach state. The reach state is a display state in which the variation of the effect symbols that are not yet stopped when the effect symbols that are stopped and displayed in the display area of the effect display device 9 constitute a part of the jackpot combination, or This is a display state in which all or part of the design symbols change synchronously while constituting all or part of the jackpot combination. The display effect in the reach state is reach effect display (reach effect).
また、演出図柄の変動表示中に、リーチ演出とは異なり、演出図柄の変動表示状態がリーチ状態となる可能性があることや、変動表示結果が大当り図柄になる可能性があることを、演出図柄の変動表示態様等によって遊技者に報知するための演出が実行されることがある。この実施の形態では、「滑り」、「擬似連」といった演出が実行可能である。   In addition, during the variation display of the production symbol, unlike the reach production, it is possible that the variation display state of the production symbol may become the reach state, and that the variation display result may be a big hit symbol. There may be a case where an effect for notifying the player is given in accordance with a variation display mode of the symbol. In this embodiment, effects such as “slip” and “pseudo-run” can be executed.
滑り演出では、「左」、「中」、「右」の図柄表示エリア9L、9C、9Rにおいて演出図柄を変動させてから、2つ以上の図柄表示エリア(たとえば、「左」および「右」の図柄表示エリア9L、9R)において演出図柄を仮停止表示させた後、その仮停止表示した図柄表示エリアのうち所定数(たとえば、「1」または「2」)の図柄表示エリア(たとえば、「左」の図柄表示エリア9Lと「右」の図柄表示エリア9Rのいずれか一方または双方、本実施の形態においては「右」の図柄表示エリア9R)において演出図柄を再び変動させた後に停止表示させることによって、停止表示する演出図柄を変更させる演出表示が行なわれる。なお、仮停止表示において揺れ変動表示したり、短時間の仮停止の後に演出図柄を再変動させること等によって、遊技者に停止表示された演出図柄が確定(最終停止)しない旨を報知することが好ましい。また、停止表示された演出図柄が確定したと遊技者が認識する程度に演出図柄を仮停止させてから、演出図柄を再変動させるようにしてもよい。   In the slide effect, the effect symbols are changed in the “left”, “middle”, and “right” symbol display areas 9L, 9C, and 9R, and then two or more symbol display areas (for example, “left” and “right”) are displayed. In the symbol display areas 9L and 9R), the effect symbols are temporarily stopped and displayed, and then a predetermined number (for example, “1” or “2”) of symbol display areas (for example, “1” or “2”) among the temporarily stopped displays. In one or both of the “left” symbol display area 9L and the “right” symbol display area 9R, in the present embodiment “right” symbol display area 9R), the effect symbols are changed again and then stopped. Thus, the effect display for changing the effect symbol to be stopped and displayed is performed. In addition, by notifying the player that the effect symbol that has been stopped and displayed is not finalized (final stop), such as by displaying fluctuation fluctuation in the temporary stop display, or by changing the effect symbol again after a short temporary stop. Is preferred. In addition, the effect design may be re-variable after the effect design is temporarily stopped to the extent that the player recognizes that the stop-displayed effect design has been confirmed.
擬似連演出では、1の始動入賞に対して、あたかも複数回の図柄の変動表示が実行されたかのように見せるために、1の始動入賞に対して決定された変動時間内にて、すべての図柄列(左,中,右)について仮停止させた後に、変動表示を再開(以下、再変動ともいう)する再変動表示を所定回数実行した後、最終の変動において最終停止図柄を停止表示させる演出表示が行なわれる。   In the pseudo-continuous production, in order to make it appear as if a plurality of symbol fluctuation displays have been executed for one start winning prize, all symbols within the variation time determined for one starting prize are displayed. After temporarily stopping for the columns (left, middle, right), after performing a re-variable display to resume the variable display (hereinafter also referred to as re-variation) a predetermined number of times, the final stop symbol is stopped and displayed at the final variation Display is performed.
擬似連演出が行なわれる変動パターンは、たとえば、その他の変動パターンよりも、大当りとなる信頼度(大当りとなるときとはずれとなるときとを含むすべての選択割合に対して大当りとなるときに選択される割合の度合い、大当りとなる割合の程度、すなわち、大当りとなる信頼性の度合い)が高くなるように、複数種類の変動パターンから選択される。また、擬似連演出が行なわれる変動パターンは、再変動表示の実行回数(再変動回数)が多い程、大当りとなる信頼度が高くなるように、複数種類の擬似連演出が行なわれる変動パターンから選択される。   The variation pattern in which pseudo-continuous effects are performed is selected, for example, when it is a big hit for all the selection ratios including the reliability that is a big hit (when it is out of the big hit and when it is off Are selected from a plurality of types of variation patterns so that the ratio of the ratio to be a big hit, the degree of the ratio to be a big hit, that is, the degree of reliability to be a big hit) is increased. In addition, the variation pattern in which the pseudo-continuous effect is performed is a variation pattern in which a plurality of types of pseudo-continuous effect is performed so that the reliability of the big hit increases as the number of re-variable display executions (the number of re-variation) increases. Selected.
擬似連演出が行なわれる変動パターンにおいては、最終の変動以前に行なわれる各変動において演出表示装置9に仮停止される図柄の組合せを、仮停止図柄の組合せという。各変動における仮停止図柄の組合せは、大当り図柄の組合せ以外の図柄の組合せよりなる予め定められた複数種類のチャンス目のうちからいずれかのチャンス目に決定される。このため、チャンス目が停止されることにより、その後再変動表示が実行されることに対する期待感および大当りとなることに対する期待感を向上させることができる。   In a variation pattern in which a pseudo continuous effect is performed, a combination of symbols temporarily stopped by the effect display device 9 in each variation performed before the final variation is referred to as a temporary stop symbol combination. The combination of the temporary stop symbols in each variation is determined as one of the chances among a plurality of predetermined chances made up of combinations of symbols other than the jackpot symbol combination. For this reason, by stopping the chance eye, it is possible to improve the expectation for the subsequent re-variation display and the expectation for the big hit.
また、本実施の形態では、後述するように、演出図柄を停止表示させるタイミングにおいてチャンス目が停止表示される可能性があることを予告するチャンス目予告を実行することができる。これにより、実際にチャンス目が停止されるかやチャンス目が停止される回数だけでなく、演出図柄を停止表示させるタイミングに遊技者の注意を惹くことができ、かつ変動表示中の演出のバリエーションを豊富にして、遊技の興趣を向上させることができる。   Further, in the present embodiment, as will be described later, a chance eye notice can be executed for notifying that there is a possibility that the chance eye may be stopped and displayed at the timing when the effect symbol is stopped and displayed. This makes it possible to draw the player's attention not only to the number of times the chance eye is actually stopped or the number of times the chance eye is stopped, but also to the timing to stop the display of the effect design, and variations of the effect during the variable display It is possible to enrich the game and improve the interest of the game.
第1特別図柄表示器8aまたは第2特別図柄表示器8bおよび演出表示装置9にはずれ図柄が停止表示される場合には、演出図柄の変動表示が開始されてから、演出図柄の変動表示状態がリーチ状態にならずに、リーチにならない所定の演出図柄の組合せが停止表示されることがある。このような演出図柄の変動表示態様を、変動表示結果がはずれ図柄になる場合における「非リーチはずれ」(「通常はずれ」、「通常変動」ともいう)の変動表示態様という。   When the shifted symbol is stopped and displayed on the first special symbol display 8a or the second special symbol display 8b and the effect display device 9, the variation display state of the effect symbol is started after the effect symbol variation display is started. There may be a case where a predetermined combination of effect symbols that does not reach reach is stopped and displayed without reaching the reach state. Such a variation display mode of the effect symbol is referred to as a variation display mode of “non-reach loss” (also referred to as “normal shift” or “normal variation”) when the variation display result is a loss symbol.
第1特別図柄表示器8aまたは第2特別図柄表示器8bおよび演出表示装置9にはずれ図柄が停止表示される場合には、演出図柄の変動表示が開始されてから、演出図柄の変動表示状態がリーチ状態となったことに応じて、リーチ演出が実行された後に、リーチ状態を構成する演出図柄と異なる演出図柄の組合せが停止表示されることがある。このような演出図柄の変動表示結果を、変動表示結果が「はずれ」となる場合における「リーチ」(「リーチはずれ」ともいう)の変動表示態様という。   When the shift symbol is stopped and displayed on the first special symbol display 8a or the second special symbol display 8b and the effect display device 9, the change display state of the effect symbol is displayed after the effect symbol change display is started. Depending on the reach state, after the reach effect is executed, a combination of effect symbols different from the effect symbols constituting the reach state may be stopped and displayed. Such a variation display result of the effect symbol is referred to as a variation display mode of “reach” (also referred to as “reach disengagement”) when the variation display result is “out of”.
この実施の形態では、第1特別図柄表示器8aまたは第2特別図柄表示器8bに大当り図柄が停止表示される場合には、演出図柄の変動表示状態がリーチ状態になった後にリーチ演出が実行され、演出表示装置9における「左」、「中」、「右」の各図柄表示エリア9L、9C、9Rに、演出図柄が揃って停止表示される。   In this embodiment, when the jackpot symbol is stopped and displayed on the first special symbol display 8a or the second special symbol display 8b, the reach effect is executed after the variation display state of the effect symbol becomes the reach state. Then, in the “left”, “middle”, and “right” symbol display areas 9L, 9C, and 9R in the effect display device 9, the effect symbols are all stopped and displayed.
第1特別図柄表示器8aまたは第2特別図柄表示器8bに2R大当りの図柄である「6」または小当り図柄である「7」が停止表示される場合には、演出表示装置9において、「非リーチはずれ」の変動表示態様と同様の変動表示態様で変動表示が行なわれる。   When “6” which is a 2R big hit symbol or “7” which is a small hit symbol is stopped and displayed on the first special symbol display 8a or the second special symbol display 8b, Variation display is performed in a variation display manner similar to the variation display manner of “non-reach”.
図6は、各乱数を示す説明図である。各乱数は、以下のように使用される。ランダムRは、大当りにするか否か、および小当りにするか否かを判定する、当り判定用のランダムカウンタである。ランダムRは、10MHzで1ずつ更新され、0から加算更新されてその上限である65535まで加算更新された後再度0から加算更新される。   FIG. 6 is an explanatory diagram showing each random number. Each random number is used as follows. Random R is a random counter for determining whether or not to make a big hit and whether or not to make a small hit. Random R is updated one by one at 10 MHz, is added and updated from 0, and is added and updated to its upper limit of 65535, and then is added and updated again from 0.
ランダム2−1は、大当りの種類(15R確変大当り、15R非確変大当り、2R確変大当り)を決定する大当り種別判定用のランダムカウンタである。ランダム2−1は、2msec毎に1ずつ加算され、0から加算更新されてその上限である9まで加算更新された後再度0から加算更新される。   Random 2-1 is a random counter for determining the type of big hit (15R probability variation big hit, 15R non-probable variation big hit, 2R probability variation big hit). Random 2-1 is incremented by 1 every 2 msec, updated from 0 and updated up to 9 which is the upper limit, and then updated again from 0.
ランダム2−2は、リーチとするか否か決定するリーチ判定用のランダムカウンタである。ランダム2−2は、2msec毎および割り込み処理の余り時間に1ずつ加算され、0から加算更新されてその上限である239まで加算更新された後再度0から加算更新される。   Random 2-2 is a reach determination random counter that determines whether or not to reach. Random 2-2 is incremented by 1 every 2 msec and the remaining time of interrupt processing, is added and updated from 0, and is added and updated up to the upper limit of 239, and then is added and updated again from 0.
ランダム3は、変動パターンの種類(種別)を決定する変動パターン種別判定用のランダムカウンタである。ランダム3は、2msec毎および割り込み処理の余り時間に1ずつ加算され、0から加算更新されてその上限である109まで加算更新された後再度0から加算更新される。   Random 3 is a random counter for determining the variation pattern type that determines the type (classification) of the variation pattern. Random 3 is incremented by 1 every 2 msec and the remainder of the interrupt process, and is incremented and updated from 0, and is incremented and updated to 109, which is the upper limit, and then incremented and updated again from 0.
ランダム4は、変動パターン(変動時間)を決定する変動パターン判定用のランダムカウンタである。ランダム4は、2msec毎および割り込み処理の余り時間に1ずつ加算され、0から加算更新されてその上限である99まで加算更新された後再度0から加算更新される。   Random 4 is a random counter for determining a variation pattern that determines a variation pattern (variation time). Random 4 is incremented by 1 every 2 msec and the remainder of the interrupt process, and is incremented and updated from 0 to 99, which is the upper limit, and then incremented and updated again from 0.
ランダム5は、普通図柄に基づく当りを発生させるか否か決定する普通図柄当り判定用のランダムカウンタである。ランダム5は、2msec毎および割り込み処理の余り時間に1ずつ加算され、3から加算更新されてその上限である13まで加算更新された後再度0から加算更新される。   Random 5 is a random counter for normal symbol hit determination that determines whether or not to generate a hit based on the normal symbol. Random 5 is incremented by 1 every 2 msec and the remainder of the interrupt process, updated from 3 and updated up to 13 which is the upper limit, and then updated again from 0.
ランダム6は、ランダム5の初期値を決定するランダム5初期値決定用のランダムカウンタである。ランダム6は、2msec毎および割り込み処理の余り時間に1ずつ加算され、3から加算更新されてその上限である13まで加算更新された後再度0から加算更新される。   Random 6 is a random counter for determining an initial value of random 5 for determining an initial value of random 5. Random 6 is incremented by 1 every 2 msec and the remainder of the interrupt process, updated from 3 and updated up to 13 which is the upper limit, and then updated again from 0.
図5に示された遊技制御処理におけるS28では、遊技制御用マイクロコンピュータ560は、(ランダム2−1)の大当り種別判定用乱数、および(ランダム5)の普通図柄当り判定用乱数を生成するためのカウンタのカウントアップ(1加算)を行なう。すなわち、それらが判定用乱数であり、それら以外の乱数が表示用乱数(ランダム2−2、ランダム3、ランダム4)または初期値用乱数(ランダム6)である。なお、遊技効果を高めるために、上記の乱数以外の乱数も用いてもよい。また、この実施の形態では、ランダムRの値とする当り判定用乱数として、遊技制御用マイクロコンピュータ560に内蔵されたハードウェア(遊技制御用マイクロコンピュータ560の外部のハードウェアでもよい。)が生成する乱数を用いる。   In S28 in the game control process shown in FIG. 5, the game control microcomputer 560 generates (random 2-1) jackpot type determination random number and (random 5) normal symbol determination random number. The counter is counted up (added by 1). That is, they are determination random numbers, and other random numbers are display random numbers (random 2-2, random 3, random 4) or initial value random numbers (random 6). In addition, in order to improve a game effect, you may use random numbers other than said random number. Further, in this embodiment, hardware built in the game control microcomputer 560 (or hardware external to the game control microcomputer 560) may be generated as a random number for determination as a random R value. Use random numbers.
図7は、当り判定を行なうときに用いるテーブルを示す説明図である。図7(A)は、大当り判定テーブルを示す説明図である。図7(B)は、小当り判定テーブルを示す説明図である。図7(C)は、第1特図用大当り種別判定テーブルを示す説明図である。図7(D)は、第2特図用大当り種別判定テーブルを示す説明図である。図7で示すテーブルは、ROM54に記憶されている。図7(A)および(B)に示すテーブルは、ランダムRと比較される判定値が設定されているテーブルである。   FIG. 7 is an explanatory diagram showing a table used when the hit determination is performed. FIG. 7A is an explanatory diagram showing a jackpot determination table. FIG. 7B is an explanatory diagram showing a small hit determination table. FIG. 7C is an explanatory diagram showing a first special figure jackpot type determination table. FIG. 7D is an explanatory diagram showing a second special figure jackpot type determination table. The table shown in FIG. 7 is stored in the ROM 54. 7A and 7B are tables in which determination values to be compared with random R are set.
図7(A)に示す大当り判定テーブルには、通常状態(確変状態でない遊技状態)において用いられる通常時大当り判定テーブルと、確変状態において用いられる確変時大当り判定テーブルとがある。通常時大当り判定テーブルには、図7(A)の左欄に記載されている各数値が大当り判定値に設定され、確変時大当り判定テーブルには、図7(A)の右欄に記載されている各数値が大当り判定値に設定されている。大当り判定は、ランダムRから抽出した値が、遊技状態に応じて設定されている大当り判定値と一致するか否かを判定することにより行なわれる。一致すると判定したときには、上記の15R確変、15R非確変、2R確変のうちいずれかの大当り遊技状態に制御される。   The jackpot determination table shown in FIG. 7A includes a normal jackpot determination table used in a normal state (a gaming state that is not a probability change state) and a probability change jackpot determination table used in a probability change state. In the normal jackpot determination table, each numerical value described in the left column of FIG. 7 (A) is set as the big hit determination value, and in the probability change big hit determination table, it is described in the right column of FIG. 7 (A). Each numerical value is set as a big hit judgment value. The jackpot determination is performed by determining whether or not the value extracted from the random R matches the jackpot determination value set according to the gaming state. When it is determined that they match, the game is controlled to the big hit gaming state among the 15R probability variation, 15R non-probability variation, and 2R probability variation.
図7(A)に示されるように、確変時であるときの方が、通常時であるときよりも、大当り判定値が多く設定されている。なお、ランダムRから抽出した値が「1020〜1080」または「13320〜13477」であるときには、確変時であるか否かに関わらず、大当りと判定される。「1020〜1080」または「13320〜13477」の範囲内の判定値は、確率状態に関わらず、共通の大当り判定値である。   As shown in FIG. 7A, a larger number of jackpot determination values is set when the probability is changing than when normal. When the value extracted from the random R is “1020 to 1080” or “13320 to 13477”, it is determined that it is a big hit regardless of whether or not it is a probability change time. The determination value within the range of “1020 to 1080” or “13320 to 13477” is a common jackpot determination value regardless of the probability state.
図7(B)に示す小当り判定テーブルには、第1特別図柄用の小当り判定に用いられる第1特図用判定テーブルと、第2特別図柄用の小当り判定に用いられる第2特図用判定テーブルとがある。第1特図用判定テーブルには、図7(B)の左欄に記載されている各数値が小当り判定値に設定され、第2特図用判定テーブルには、図7(B)の右欄に記載されている各数値が小当り判定値に設定されている。小当り判定は、ランダムRから抽出した値が、遊技状態に応じて設定されている小当り判定値と一致するか否かを判定することにより行なわれる。一致すると判定したときには、小当り遊技状態に制御される。図7(B)に示されるように、第1特別図柄用の方が、第2特別図柄用よりも、小当り判定値が多く設定されている。なお、小当り判定値の数を第1特別図柄用および第2特別図柄用のうち一方を他方よりも多く設定することにより、小当り確率が異なる例について説明するが、これに限らず、小当り判定値の数を双方同じ数だけ設定することにより、小当り確率が同じになるようにしてもよい。   The small hit determination table shown in FIG. 7B includes a first special figure determination table used for the small special hit determination for the first special symbol and a second special bonus used for the small special hit determination for the second special symbol. There is a figure determination table. In the first special figure determination table, each numerical value described in the left column of FIG. 7B is set as a small hit determination value, and in the second special figure determination table, FIG. Each numerical value described in the right column is set as a small hit judgment value. The small hit determination is performed by determining whether or not the value extracted from the random R matches the small hit determination value set according to the gaming state. When it is determined that they match, the small hit gaming state is controlled. As shown in FIG. 7B, the number of small hit determination values is set more for the first special symbol than for the second special symbol. An example in which the small hit probability is different by setting one of the first special symbol and the second special symbol to be larger than the other will be described. However, the present invention is not limited to this. The same hit probability may be set by setting the same number of hit determination values.
図7(A),(B)に記載されている数値が大当り判定値または小当り判定値である。なお、以下、ランダムRの値に対応する大当り判定値と小当り判定値とを、「当り判定値」とまとめて表現することがある。また、ランダムRの値に対応する大当り判定と小当り判定とを、「当り判定」とまとめて表現することがある。   The numerical values described in FIGS. 7A and 7B are the big hit determination value or the small hit determination value. Hereinafter, the big hit determination value and the small hit determination value corresponding to the value of the random R may be collectively expressed as a “hit determination value”. Further, the big hit determination and the small hit determination corresponding to the value of the random R may be collectively expressed as “hit determination”.
CPU56は、所定の時期に、乱数回路503のカウント値を抽出して抽出値をランダムRの値とするのであるが、ランダムRの値が図7(A),(B)に示すいずれかの判定値に一致すると、特別図柄に関して大当りまたは小当りにすることに決定する。なお、図7(A),(B)に示す「確率」は、各々、大当りまたは小当りになる確率(割合)を示す。また、大当りまたは小当りにするか否か決定するということは、大当り遊技状態または小当り遊技状態に移行させるか否か決定するということであるが、第1特別図柄表示器8aまたは第2特別図柄表示器8bにおける停止図柄を大当り図柄または小当り図柄にするか否か決定するということでもある。   The CPU 56 extracts the count value of the random number circuit 503 at a predetermined time and sets the extracted value as a random R value. The random R value is one of the values shown in FIGS. 7A and 7B. If it matches the judgment value, it is decided to make a big hit or a small hit for the special symbol. Note that “probabilities” shown in FIGS. 7A and 7B indicate the probability (ratio) of big hit or small hit, respectively. Further, determining whether or not to make a big hit or a small hit means determining whether or not to shift to the big hit gaming state or the small hit gaming state, but the first special symbol display 8a or the second special symbol display. It may also be determined whether or not the stop symbol in the symbol display 8b is a big hit symbol or a small hit symbol.
図7(C)は、第1特図用大当り種別判定テーブルを示す説明図である。第1特図用大当り種別判定テーブルは、第1特別図柄の変動表示結果を大当り図柄にする旨の判定がなされたときに、大当り種別判定用の乱数(ランダム2−1)に基づいて、大当りの種別を「15R確変」、「15R非確変」、「2R確変」のうちのいずれかに決定するために参照されるテーブルである。第1特図用大当り種別判定テーブルには、ランダム2−1の値と比較される数値であって、「15R確変」、「15R非確変」、「2R確変」のそれぞれに対応した判定値(大当り種別判定値)が設定されている。CPU56は、ランダム2−1の値が大当り種別判定値のいずれかに一致した場合に、大当りの種別を、一致した大当り種別判定値に対応する種別に決定する。   FIG. 7C is an explanatory diagram showing a first special figure jackpot type determination table. The first special symbol jackpot type determination table is a jackpot based on a random number (random 2-1) for determining the big hit type when it is determined that the variation display result of the first special symbol is a big hit symbol. Is a table that is referred to in order to determine any of “15R probability change”, “15R non-change probability”, and “2R probability change”. The first special figure jackpot type determination table is a numerical value to be compared with a random 2-1 value, which is a determination value corresponding to each of “15R probability variation”, “15R uncertain variation”, and “2R probability variation” ( Big hit type judgment value) is set. When the random value 2-1 matches any of the jackpot type determination values, the CPU 56 determines the jackpot type as a type corresponding to the matched jackpot type determination value.
図7(D)は、第2特図用大当り種別判定テーブルを示す説明図である。第2特図用大当り種別判定テーブルは、第2特別図柄の変動表示結果を大当り図柄にする旨の判定がなされたときに、大当り種別判定用の乱数(ランダム2−1)に基づいて、大当りの種別を「15R確変」、「15R非確変」のうちのいずれかに決定するために参照されるテーブルである。第2特図用大当り種別判定テーブルには、ランダム2−1の値と比較される数値であって、「15R確変」、「15R非確変」のそれぞれに対応した判定値(大当り種別判定値)が設定されている。CPU56は、ランダム2−1の値が大当り種別判定値のいずれかに一致した場合に、大当りの種別を、一致した大当り種別判定値に対応する種別に決定する。   FIG. 7D is an explanatory diagram showing a second special figure jackpot type determination table. The second special symbol jackpot type determination table is a jackpot based on a random number (random 2-1) for determining the big hit type when it is determined that the variation display result of the second special symbol is a big hit symbol. This table is referred to in order to determine the type of “15R probability change” or “15R non-change probability”. The second special figure jackpot type determination table is a numerical value to be compared with a random 2-1 value, which is a determination value corresponding to each of “15R probability change” and “15R non-probability change” (jackpot type determination value). Is set. When the random value 2-1 matches any of the jackpot type determination values, the CPU 56 determines the jackpot type as a type corresponding to the matched jackpot type determination value.
なお、第2特図用大当り種別判定テーブルには、大当り種別のうち、「2R確変」が割振られていないが、「15R確変」の判定値数が第1特図用大当り種別判定テーブルよりも多く設定されている。2R確変大当りおよび小当りは、後述するように、開閉板開放時間が極めて短く設定されているため、実質的に賞球が得られない当りである。よって、確変中や時短中においては、可変入賞球装置15の開放時間と開放回数が高められるため、第2始動入賞口14への入賞が増えるが、2R確変大当りおよび小当りの発生する割合が低減される。このため、確変状態中においては、15R大当りとなる割合が高まるために出玉性能を向上させることができ、遊技の興趣を向上させることができる。また、たとえば、確変大当りが連続した場合の遊技者にとっての有利度合いをより一層高くすることができ、遊技の興趣を向上させることができる。   In the second special figure jackpot type determination table, among the big hit types, “2R probability variation” is not allocated, but the number of determination values of “15R probability variation” is larger than that of the first special figure jackpot type determination table. Many are set. As will be described later, the 2R probability variation big hit and small hit are hits where a prize ball is not substantially obtained because the opening and closing plate opening time is set to be extremely short. Accordingly, during the probability change or during the short time, the opening time and the number of times of opening of the variable winning ball device 15 are increased, so that the winning to the second start winning opening 14 increases, but the ratio of occurrence of 2R probability variation big hit and small hit is increased. Reduced. For this reason, in the probability variation state, the ratio of 15R big hit increases, so that the performance of the ball can be improved and the interest of the game can be improved. Further, for example, it is possible to further increase the degree of advantage for the player when the probability variation big hits are continued, and to improve the interest of the game.
なお、本実施の形態においては、第2特図用大当り種別判定テーブルには、大当り種別のうち、「2R確変」が割振られていない例について説明したが、これに限らず、第2特図用大当り種別判定テーブルについて、第1特図用大当り種別判定テーブルと異なる割合となるように、「2R確変」の判定値が設定されているものであってもよい。具体的には、「2R確変」になる割合が、第1特図用大当り種別判定テーブルを用いた場合には2/10であるのに対し、第2特図用大当り種別判定テーブルを用いた場合には1/10となるように、「2R確変」の判定値が設定されているものであってもよい。   In the present embodiment, the example in which “2R probability variation” is not allocated among the jackpot types has been described in the second jackpot type big hit type determination table. However, the present invention is not limited to this. For the big jackpot type determination table, a determination value of “2R probability variation” may be set so as to have a different rate from the first special figure big hit type determination table. Specifically, the ratio of “2R probability variation” is 2/10 when the first special chart jackpot type determination table is used, whereas the second special chart jackpot type determination table is used. In this case, a determination value of “2R probability change” may be set so as to be 1/10.
また、第1特別図柄について「確変」の大当り種別が選択される割合と、第2特別図柄について「確変」の大当り種別が選択される割合とが等しくなるように設定されている。   Further, the ratio at which the “probable change” jackpot type is selected for the first special symbol and the ratio at which the “probable” jackpot type is selected for the second special symbol are set to be equal.
大当り種別が「15R確変」または「15R非確変」であるときには、1ラウンドの開放態様として、大入賞口が29秒開放するか所定数入賞することにより閉鎖される。15Rの大当り遊技状態では、1ラウンドの開放態様が、15ラウンド、すなわち15回繰り返し行なわれる。   When the big hit type is “15R probability change” or “15R non-change probability”, as a one-round opening mode, the big prize opening is closed for 29 seconds or by winning a predetermined number. In the 15R jackpot gaming state, the opening mode of one round is repeated 15 rounds, that is, 15 times.
また、大当り種別が「2R確変」であるときには、1ラウンドの開放態様として、大入賞口が0.5秒開放した後に閉鎖して終了する。2Rの大当り遊技状態では、1ラウンドの開放態様が、2ラウンド、すなわち2回繰り返し行なわれる。また、当り種別が「小当り」であるときには、「2R確変」であるときと同様に、1回開放時の開放態様として、大入賞口が0.5秒開放した後に閉鎖して終了する。小当り遊技状態では、1回開放時の開放態様が、2回繰り返し行なわれる。   When the big hit type is “2R probability change”, as a one-round opening mode, the big winning opening is opened for 0.5 seconds and then closed. In the 2R jackpot gaming state, one round of release mode is repeated two rounds, that is, twice. Further, when the hit type is “small hit”, as in the case of “2R probability change”, as the opening mode at the time of opening once, the big prize opening is closed for 0.5 seconds and then it is closed. In the small hit gaming state, the opening mode at the time of opening once is repeated twice.
ここで、「小当り」となったときと「2R確変」となったときとの開放態様を対比すると、「小当り」となったときには、「2R確変」となったときと実質的に同じ態様で当り遊技が行なわれる。このため、遊技者は、当り遊技の開放態様から、小当りであったのか2R確変であったのかを特定することができない。その結果、小当りとなって当り遊技が行なわれたときにも、遊技者に対して2R確変が発生したかのような印象を抱かせることができる。すなわち、小当りを2R確変のいわゆる偽(ガセ)の当りとして用いることができる。また、「小当り」は、大入賞口の開放態様から「2R確変」であるのか「小当り」であるのか見分けが付かない。このため、当り遊技の開放態様から、確変になったのか否か特定できないような状態(いわゆる隠れ確変状態)を作ることができる。これにより、遊技の興趣を向上させることができる。   Here, when the opening mode of “small hit” and “2R probability change” is compared, when “small hit” is achieved, it is substantially the same as when “2R probability change”. A hit game is performed in a manner. For this reason, the player cannot specify whether it was a small hit or a 2R probability change from the release mode of the hit game. As a result, even when a hit game is played with a small hit, it is possible to give the player the impression that a 2R probability change has occurred. That is, the small hit can be used as a so-called false hit of 2R probability change. In addition, “small hit” cannot be distinguished from “2R probability change” or “small hit” from the open state of the big prize opening. For this reason, it is possible to create a state (a so-called hidden probability variation state) in which it is not possible to specify whether or not the probability change has occurred from the opening mode of the winning game. Thereby, the interest of a game can be improved.
このような「小当り」となる確率は、図7(B)に示すように、第2特別図柄側よりも第1特別図柄側の方が高くなるように設定されている。また、「小当り」となる確率と対応させて、図7(C)および(D)に示すように、大当りの種別として、第1特別図柄側においては「2R確変」が選択されるのに対し、第2特別図柄側においては「2R確変」が選択されないように設定されている。すなわち、「2R確変」となる確率は、第2特別図柄側よりも第1特別図柄側の方が高くなるように設定されている。たとえば、「2R確変」となる確率が低い第2特別図柄側における「小当り」の確率を、第1特別図柄側と同程度に設定した場合には、第2特別図柄側において2回開放の当りとなったときの当り種類が「小当り」である割合が高まり、遊技者に「小当り」であることが予想されてしまうため、上記のような隠れ確変状態を作りにくくなり、遊技の興趣低下につながる虞がある。よって、本実施の形態においては、遊技者に「小当り」であることが予想されにくいようにし、上記のような隠れ確変状態を作りやすくするために、第2特別図柄側においては、「2R確変」となる確率を低減させるとともに、「小当り」の確率についても低くなるように設定されている。   The probability of such “small hit” is set so that the first special symbol side is higher than the second special symbol side as shown in FIG. 7B. Further, as shown in FIGS. 7C and 7D, “2R probability variation” is selected on the first special symbol side as the type of jackpot, corresponding to the probability of “small hit”. On the other hand, “2R probability change” is set not to be selected on the second special symbol side. That is, the probability of “2R probability variation” is set to be higher on the first special symbol side than on the second special symbol side. For example, if the probability of “small hit” on the second special symbol side that has a low probability of “2R probability variation” is set to the same level as that on the first special symbol side, the second special symbol side is opened twice. Since the percentage of hit types that are hits is “small hits” increases and the player is expected to be “small hits”, it becomes difficult to create the hidden probability change state as described above. There is a risk that it will be less interesting. Therefore, in this embodiment, in order to make it difficult for the player to be expected to be “small hit” and to make it easy to create the hidden probability variation state as described above, on the second special symbol side, “2R The probability of “probability” is set to be reduced, and the probability of “small hit” is also set to be low.
図8は、当り判定によりはずれと判定されたときであってリーチを発生させるか否かのリーチ判定を行なうときに用いるリーチ判定テーブルを示す説明図である。なお、リーチ判定テーブルとランダム2−2から抽出した値とを用いて、リーチありか否かを判定することを、リーチ判定という。   FIG. 8 is an explanatory diagram showing a reach determination table used when a reach determination is made as to whether or not a reach is to be generated when it is determined to be out of place by the hit determination. Note that determining whether or not there is a reach using the reach determination table and the value extracted from the random 2-2 is referred to as reach determination.
図8で示すテーブルは、ROM54に記憶されている。図8に示すテーブルは、ランダム2−2と比較される判定値が設定されているテーブルである。本実施の形態における、リーチ判定に用いる判定値は、変動表示の開始条件が成立したときの保留記憶数に応じて異なる判定値が設定されている。   The table shown in FIG. 8 is stored in the ROM 54. The table shown in FIG. 8 is a table in which determination values to be compared with random 2-2 are set. In the present embodiment, as the determination value used for reach determination, a different determination value is set according to the number of reserved memories when the variable display start condition is satisfied.
保留記憶数が「0〜2」であるときで、ランダム2−2から抽出した値が、「1〜30」であるときにはリーチありと判定され、「31〜239」であるときにはリーチなしと判定される。   When the number of reserved memories is “0 to 2” and the value extracted from random 2-2 is “1 to 30”, it is determined that there is reach, and when it is “31 to 239”, it is determined that there is no reach. Is done.
保留記憶数が「3〜5」であるときで、ランダム2−2から抽出した値が、「1〜25」であるときにはリーチありと判定され、「26〜239」であるときにはリーチなしと判定される。   When the number of reserved memories is “3 to 5” and the value extracted from random 2-2 is “1 to 25”, it is determined that there is a reach, and when it is “26 to 239”, it is determined that there is no reach. Is done.
保留記憶数が「6〜8」であるときで、ランダム2−2から抽出した値が、「1〜20」であるときにはリーチありと判定され、「21〜239」であるときにはリーチなしと判定される。   When the reserved storage number is “6 to 8” and the value extracted from the random 2-2 is “1 to 20”, it is determined that there is a reach, and when it is “21 to 239”, it is determined that there is no reach. Is done.
以上のように、変動表示の開始条件が成立したときの保留記憶数が多いほど、当該変動表示においてリーチになる確率が低くなり、当該保留記憶数が少ないほど当該変動表示においてリーチになる確率が高くなるように、リーチ判定テーブルの判定値が設定されている。本実施の形態における変動パターンから特定される変動時間は、リーチとならない変動パターンよりも、リーチとなる変動パターンの方が長くなるように設定されている。これにより、保留記憶数が多いときには、リーチとなる変動パターンが選択される割合が低くなる。その結果、平均変動時間を短縮させることができ、保留記憶数が上限であるために保留記憶されないような無効始動の発生を低減することができる。   As described above, the larger the number of reserved memories when the variable display start condition is satisfied, the lower the probability of reaching in the variable display, and the smaller the number of reserved memories, the probability of reaching in the variable display. The determination value of the reach determination table is set so as to increase. The variation time specified from the variation pattern in the present embodiment is set so that the variation pattern that reaches reach is longer than the variation pattern that does not reach reach. As a result, when the number of reserved memories is large, the rate at which the variation pattern to reach is selected is low. As a result, the average fluctuation time can be shortened, and the occurrence of invalid start-up that is not reserved and stored because the number of reserved memories is the upper limit can be reduced.
なお、リーチ判定値のうち「1〜20」の判定値は、変動表示の開始条件が成立したときの保留記憶数に関わらず、必ずリーチありと判定される、共通のリーチ判定値である。   It should be noted that among the reach determination values, the determination values of “1 to 20” are common reach determination values that are always determined to be reach regardless of the number of reserved memories when the start condition of the variable display is satisfied.
図8のテーブルで示す保留記憶数は、判定対象となる保留記憶を含めない数をいう。すなわち、保留記憶がされる直前における保留記憶数を示している。このため、図8に示すように保留記憶数の上限数を“8”とすると、判定対象となる保留記憶を含めた場合に保留記憶数の上限数は、実質的に“9”まで記憶することが可能となる。しかし、これは、後述する図14のS302(図18のS58)において合算保留記憶数を1減算する処理を行なってから、S303においてリーチ判定が行なわれるまでの間に、始動入賞する場合も予想され、このような状況における始動入賞をも踏まえてリーチ判定を行なうことができるように構成されている。   The number of reserved memories shown in the table of FIG. 8 refers to a number that does not include the reserved memory that is the determination target. That is, the number of reserved memories immediately before the reserved storage is shown. For this reason, as shown in FIG. 8, when the upper limit number of the pending storage number is “8”, the upper limit number of the pending storage number is substantially stored up to “9” when the pending storage to be determined is included. It becomes possible. However, this is also expected in the case where a start win is awarded after the process of subtracting 1 from the total number of pending storages in S302 in FIG. 14 (S58 in FIG. 18), which will be described later, until the reach determination is made in S303. In this situation, the reach determination can be performed based on the start-up prize.
次に、特別図柄および演出図柄の変動パターンを選択決定するために用いる変動パターンテーブルについて説明する。変動パターンテーブルとしては、ROM54に、非リーチはずれ時判定テーブル、リーチはずれ時判定テーブル、15R大当り時判定テーブル、および、2R確変・小当り時判定テーブルが記憶されており、選択的に用いられる。   Next, the variation pattern table used for selecting and determining the variation pattern of the special symbol and the effect symbol will be described. As the variation pattern table, the ROM 54 stores a non-reach deviation determination table, a reach failure determination table, a 15R big hit determination table, and a 2R probability variation / small hit determination table, which are selectively used.
非リーチはずれ時判定テーブルは、当り判定によりはずれとすることが決定され、かつ、リーチ判定によりリーチとしないことが決定されたとき、すなわち「非リーチはずれ」とすることが決定されたときに用いられる変動パターンテーブルである。リーチはずれ時判定テーブルは、当り判定によりはずれとすることが決定され、かつ、リーチ判定によりリーチとすることが決定されたとき、すなわち「リーチはずれ」とすることが決定されたときに用いられる変動パターンテーブルである。15R大当り時判定テーブルは、当り判定により15R大当りとすることが決定されたときに用いられる変動パターンテーブルである。2R確変・小当り時判定テーブルは、当り判定により2R確変あるいは小当りとすることが決定されたときに用いられる変動パターンテーブルである。   The non-reach shift determination table is used when it is determined that the hit is determined to be lost and the reach determination is determined not to be reached, that is, when it is determined that “non-reach shift” is determined. It is a fluctuation pattern table to be obtained. The reach deviation determination table is a fluctuation used when it is determined that the reach is determined to be lost by the hit determination and the reach determination is determined by the reach determination, that is, when it is determined that “reach is lost”. It is a pattern table. The 15R big hit determination table is a variation pattern table used when it is determined that the 15R big hit is made by the hit determination. The 2R probability change / small hit determination table is a variation pattern table used when it is determined that the 2R probability change or small hit is determined by the hit determination.
図9は、非リーチはずれ時判定テーブルおよびリーチはずれ時判定テーブルを示す説明図である。非リーチはずれ時判定テーブルは、ランダム3と変動パターン種別との関係を示す変動パターン種別判定テーブルと、各変動パターン種別についてランダム4と各種別に属する変動パターンとの関係を示す変動パターン判定テーブルとを含む。   FIG. 9 is an explanatory diagram showing a non-reach deviation determination table and a reach deviation deviation determination table. The non-reach out-of-reach determination table includes a variation pattern type determination table indicating the relationship between the random 3 and the variation pattern type, and a variation pattern determination table indicating the relationship between the random 4 and the variation patterns belonging to various types for each variation pattern type. Including.
非リーチはずれ時判定テーブルおよびリーチはずれ時判定テーブルにおいては、変動パターン種別により、リーチの種類等変動パターンの大分類(種別)が特定される。変動パターンは、演出の態様に基づいて複数種類の変動パターン種別に分類されている。   In the non-reach out-of-reach determination table and the out-of-reach determination table, the large classification (type) of the variation pattern such as the type of reach is specified by the variation pattern type. The variation patterns are classified into a plurality of types of variation patterns based on the aspect of performance.
図9において、(A)には非リーチはずれ時判定テーブルが示され、(B)にはリーチはずれ時判定テーブルが示されている。   In FIG. 9, (A) shows a non-reach deviation determination table, and (B) shows a reach deviation determination table.
(A)および(B)のそれぞれにおいて、「ランダム3範囲」および「変動パターン種別」という記載がされた欄は、「ランダム3範囲」と「変動パターン種別」との関係を示す変動パターン種別判定テーブルを示す欄である。たとえば、図9(B)を例にとれば、「ノーマルリーチ」、「スーパーリーチA」、および、「スーパーリーチB」というような複数の変動パターン種別のそれぞれに、ランダム3(0〜109)のすべての値が、r5で示される第1の数値範囲、r6で示される第2の数値範囲、および、r7で示される第3の数値範囲のような複数の数値範囲で割振られている。所定のタイミングで抽出したランダム3の値がr6の数値範囲のいずれかの数値と一致すると、変動パターン種別として「スーパーリーチA」とすることが決定される。   In each of (A) and (B), the columns labeled “Random 3 Range” and “Variation Pattern Type” indicate the variation pattern type determination indicating the relationship between “Random 3 Range” and “Variation Pattern Type”. It is a column indicating a table. For example, taking FIG. 9B as an example, each of a plurality of variation pattern types such as “normal reach”, “super reach A”, and “super reach B” has a random 3 (0 to 109). All values are allocated in a plurality of numerical ranges, such as a first numerical range indicated by r5, a second numerical range indicated by r6, and a third numerical range indicated by r7. When the value of random 3 extracted at a predetermined timing matches any numerical value in the numerical range of r6, it is determined that the variation pattern type is “super reach A”.
(A)および(B)のそれぞれにおいて、「ランダム4範囲」および「変動パターン」という記載がされた欄は、「ランダム4範囲」と「変動パターン」との関係を示す変動パターン判定テーブルを示す欄である。変動パターン種別判定テーブルの各種別に対応して示されている変動パターンが、各種別に属する変動パターンである。たとえば、図9(B)を例にとれば、「ノーマルリーチ」の種別に属する変動パターンは、「擬似連なしノーマルはずれ」、「擬似連1回ノーマルはずれ」、「擬似連2回ノーマルはずれ」、および、「滑り」である。各変動パターン種別に対応する複数の変動パターンのそれぞれに、ランダム4(0〜99)のすべての値が、たとえばr8〜r11というような複数の数値範囲で割振られている。たとえば、「スーパーリーチA」の変動パターン種別とすることが決定されたときに、所定のタイミングで抽出したランダム4の値がr12〜r15の数値範囲のうちのr12の数値範囲のいずれかの数値と一致すると、変動パターンとして「擬似連なしスーパーチAはずれ」とすることが決定される。   In each of (A) and (B), the columns labeled “Random 4 Range” and “Variation Pattern” indicate a variation pattern determination table indicating the relationship between “Random 4 Range” and “Variation Pattern”. It is a column. The variation patterns shown corresponding to each type of variation pattern type determination table are variation patterns belonging to each type. For example, taking FIG. 9B as an example, the fluctuation patterns belonging to the type of “normal reach” are “normal deviation without pseudo-continuous”, “normal deviation once for pseudo-continuous”, “normal deviation twice for pseudo-continuous”, And “slip”. All of the random 4 (0 to 99) values are assigned in a plurality of numerical ranges such as r8 to r11, for example, to each of the plurality of variation patterns corresponding to each variation pattern type. For example, when it is determined that the variation pattern type of “super reach A” is selected, the value of random 4 extracted at a predetermined timing is any numerical value in the numerical value range of r12 in the numerical value range of r12 to r15. Is coincident with, it is determined that the fluctuation pattern is “no continuation of super continuity A”.
また、(A)および(B)のそれぞれにおいて、変動パターン種別判定テーブルの各種別に対応して示されている変動パターンが、各種別に属する変動パターンである。たとえば、図9(B)を例にとれば、「ノーマルリーチ」の種別に属する変動パターンは、「擬似連なしノーマルはずれ」、「擬似連1回ノーマルはずれ」、「擬似連2回ノーマルはずれ」、および、「滑り」である。   In each of (A) and (B), the variation patterns shown corresponding to each type of variation pattern type determination table are variation patterns belonging to each type. For example, taking FIG. 9B as an example, the fluctuation patterns belonging to the type of “normal reach” are “normal deviation without pseudo-continuous”, “normal deviation once for pseudo-continuous”, “normal deviation twice for pseudo-continuous”, And “slip”.
(A)においては、変動パターン種別として「第1通常」と「第2通常」との種別が設定されている。非リーチはずれとなるときには、「第1通常」と「第2通常」とのいずれかの種別に属する変動パターンが選択される。   In (A), types of “first normal” and “second normal” are set as the variation pattern types. When non-reach is lost, a variation pattern belonging to either “first normal” or “second normal” type is selected.
(B)の「変動パターン種別」の欄において、「ノーマルリーチ」の種別は、変動中にリーチになるものの特別なリーチ演出が行なわれることなく停止する変動パターンであるノーマルリーチが属する種別である。また、「スーパーリーチA」の種別は、変動中に特別なリーチ演出が行なわれる複数種類の「スーパーリーチA,B」のうち、大当りとなるときに選択される割合がスーパーリーチBよりも低く設定されたスーパーリーチAが属する種別である。また、「スーパーリーチB」の種別は、複数種類の「スーパーリーチA,B」のうち、大当りとなるときに選択される割合がスーパーリーチAよりも高く設定されたスーパーリーチBが属する種別である。   In the “variation pattern type” column of (B), the type of “normal reach” is a type to which a normal reach, which is a fluctuation pattern that reaches without a special reach effect, although it reaches during the change, belongs. The type of “Super Reach A” is lower than that of Super Reach B, among the multiple types of “Super Reach A, B” where special reach performances are performed during fluctuations. This is the type to which the set super reach A belongs. The type of “super reach B” is a type to which super reach B, in which the ratio selected when winning a big hit, is set higher than super reach A among a plurality of types of “super reach A, B”. is there.
変動パターンの欄において、「擬似連なし」は、擬似連演出が行なわれない変動パターンである。「通常」はリーチとならずはずれとなる変動表示を示している。「滑り」は、滑り演出が行なわれる変動表示を示している。「ノーマル」はリーチ状態となったときのノーマルパターンのリーチ演出が行なわれる変動表示を示している。「スーパーA」は、リーチ状態となったときのスーパーAに対応するパターン(たとえば、スーパーA用のキャラクタ出現)のリーチ演出が行なわれる変動表示を示している。「スーパーB」は、リーチ状態となったときのスーパーBに対応するパターン(たとえば、スーパーB用のキャラクタ出現)のリーチ演出が行なわれる変動表示を示している。「擬似連あり」あるいは「擬似連1回」は、擬似連で再変動が1回行なわれる変動パターンである。なお、「擬似連あり」が選択された場合には、再変動が1回行なわれた後、最終変動においてリーチ状態とならず非リーチはずれとなる。「擬似連2回」は、擬似連で再変動が2回行なわれる変動パターンである。「擬似連3回」は、擬似連で再変動が3回行なわれる変動パターンである。「擬似連4回」は、擬似連で再変動が4回行なわれる変動パターンである。「はずれ」は、変動表示の最終的な表示結果が「はずれ」の表示結果となる変動パターンである。これらに基づいて、たとえば、「擬似連2回ノーマルはずれ」という変動パターンは、擬似連で再変動が2回行なわれるときに最後の再変動でノーマルリーチの演出が行なわれる変動パターンである。   In the variation pattern column, “no quasi-continuous” is a variation pattern in which a quasi-continuous effect is not performed. “Normal” indicates a variable display that does not become reach but shifts. “Slip” indicates a variable display in which a slip effect is performed. “Normal” indicates a variable display in which the reach effect of the normal pattern is performed when the reach state is reached. “Super A” indicates a variable display in which a reach effect of a pattern (for example, the appearance of a character for Super A) corresponding to Super A when reaching the reach state is performed. “Super B” indicates a variable display in which a reach effect of a pattern (for example, appearance of a character for Super B) corresponding to Super B when the reach state is reached. “With pseudo-ream” or “one pseudo-ream” is a variation pattern in which re-variation is performed once in a pseudo-ream. When “with pseudo-continuous” is selected, after the re-variation is performed once, the reach state is not reached in the final variation, and the non-reach is lost. “Pseudo-continuous twice” is a variation pattern in which re-variation is performed twice in the pseudo-continuous. The “pseudo sequence 3 times” is a variation pattern in which re-variation is performed 3 times in the pseudo sequence. The “pseudo sequence 4 times” is a variation pattern in which re-variation is performed 4 times in the pseudo sequence. “Out of” is a variation pattern in which the final display result of the variation display is a “out of” display result. Based on these, for example, a fluctuation pattern of “pseudo-continuous twice normal deviation” is a fluctuation pattern in which a normal reach effect is performed in the last re-variation when re-variation is performed twice in the pseudo-continuation.
図9(A)においては、はずれ時に用いられる変動パターンであるので、「擬似連なし通常変動」のような擬似連とならない変動パターンが選択される割合の方が、「擬似連あり」や「滑り」のような特定の演出が実行され得る変動パターンが選択される割合よりも高くなるように変動パターン種別判定値が割振られている。   In FIG. 9A, since it is a variation pattern used at the time of deviation, the ratio of selecting a variation pattern that does not become a quasi-continuous, such as “normal variation without quasi-continuous”, is greater than “with quasi-continuous” or “ The variation pattern type determination value is assigned so as to be higher than the rate at which the variation pattern in which a specific effect such as “slip” can be executed is selected.
図9(B)においては、はずれ時に用いられる変動パターンであるので、「ノーマルリーチ」の変動パターン種別が選択される割合の方が、「スーパーリーチA」および「スーパーリーチB」のようなスーパーリーチとなる変動パターン種別が選択される割合よりも高くなるように、ランダム3の値と比較される数値であって、変動パターン種別を判定するために用いられる変動パターン種別判定値が割振られている。また、はずれ時に用いられる変動パターンであるので、「スーパーリーチ」の変動パターン種別については、「スーパーリーチA」が選択される割合の方が「スーパーリーチB」が選択される割合よりも高くなるように変動パターン種別判定値が割振られている。   In FIG. 9B, since the variation pattern is used at the time of loss, the ratio of the “normal reach” variation pattern type is selected as the super reach such as “super reach A” and “super reach B”. The variation pattern type determination value used to determine the variation pattern type is assigned to a value that is compared with the random 3 value so that the variation pattern type becomes higher than the selected ratio. . In addition, since the variation pattern is used at the time of disconnection, with respect to the variation pattern type of “super reach”, the ratio of selecting “super reach A” is higher than the ratio of selecting “super reach B”. As described above, variation pattern type determination values are assigned.
また、図9(B)においては、はずれ時に用いられる変動パターンであるので、「擬似連なし」のような擬似連とならない変動パターンが選択される割合の方が、「擬似連1回」および「擬似連2回」のような擬似連となる変動パターンが選択される割合よりも高くなるように変動パターン判定値が割振られている。また、擬似連の変動パターンについては、再変動回数が少ない程、選択される割合が高くなるように変動パターン判定値が割振られている。また、スーパーリーチとなる変動パターン種別においては、「擬似連3回」というノーマルリーチとなる変動パターン種別に属していない変動パターンが属する。これにより、擬似連における再変動の回数が多いほどスーパーリーチとなりやすくなるように設定することができる。   In FIG. 9B, since the fluctuation pattern is used at the time of the deviation, the ratio of selecting a fluctuation pattern that does not become a pseudo-continuous such as “no pseudo-continuous” is “pseudo-continuous once” and The variation pattern determination value is assigned so that the variation pattern that becomes a pseudo-continuous such as “twice pseudo-continuous” is higher than the selected ratio. In addition, for the variation pattern of the pseudo-continuous, the variation pattern determination value is assigned such that the smaller the number of re-variations, the higher the selected ratio. In addition, in the variation pattern type that becomes the super reach, the variation pattern that does not belong to the variation pattern type that becomes the normal reach of “pseudo three times” belongs. Thereby, it can set so that it may become a super reach more easily, so that the frequency | count of re-variation in a pseudo | simulation series increases.
図10は、15R大当り時判定テーブルを示す説明図である。15R大当り時判定テーブルは、ランダム3と変動パターン種別との関係を示す変動パターン種別判定テーブルと、各変動パターン種別についてランダム4と各種別に属する変動パターンとの関係を示す変動パターン判定テーブルとを含む。15R大当り時判定テーブルにおけるランダム3と変動パターン種別との対応関係、および、ランダム4と変動パターンとの対応関係は、リーチはずれ時判定テーブルの場合と同様である。   FIG. 10 is an explanatory diagram showing a 15R big hit determination table. The 15R big hit determination table includes a variation pattern type determination table indicating the relationship between the random 3 and the variation pattern type, and a variation pattern determination table indicating the relationship between the random pattern 4 and the variation patterns belonging to various types for each variation pattern type. . The correspondence between the random 3 and the variation pattern type in the 15R big hit determination table and the correspondence between the random 4 and the variation pattern are the same as those in the reach determination table.
15R大当り時判定テーブルにおいては、変動パターン種別により、変動パターンにおけるリーチの種類等変動パターンの大分類(種別)が特定される。変動パターンは、変動パターンの演出の態様に基づいて複数種類の変動パターン種別に分類されている。   In the 15R big hit determination table, the large classification (type) of the variation pattern such as the type of reach in the variation pattern is specified by the variation pattern type. Variation patterns are classified into a plurality of types of variation patterns based on the variation pattern effects.
図10に示すように、15R大当り時変動パターン種別判定テーブルでは、「15R非確変大当り」、および、「15R確変大当り」という大当り種別ごとに、非リーチはずれ時判定テーブルと同様に「ノーマルリーチ」、「スーパーリーチA」、および、「スーパーリーチB」の変動パターン種別が設定されている。各大当り種別の変動パターン種別のそれぞれには、図9のリーチはずれ時変動パターン種別テーブルと同様に、ランダム3(0〜109)のすべての値が、複数の数値範囲で割振られている。これにより、15R大当りとなるときには、所定のタイミングで抽出したランダム3の値が一致する数値範囲に対応する変動パターン種別とすることが決定される。図10の変動パターンの欄において、「ノーマル」、「スーパーA」および「スーパーB」のように、図9(B)の変動パターンの欄に示された変動パターン名と同じ変動パターン名の変動パターンは、同じ変動態様で変動表示が実行される変動パターンである。これにより、大当りとなるときも、はずれとなるときも、変動表示が実行されるときにおいて、ある程度の時間が経過するまでは、同様の変動態様で変動表示が行なわれるので、はずれとなることが早々と遊技者に知られてしまわないようにすることができる。   As shown in FIG. 10, in the 15R big hit variation pattern type determination table, “15R non-probable big hit” and “15R probable big hit” for each of the big hit types “normal reach” in the same way as the non-reach breakage determination table, Variation patterns of “super reach A” and “super reach B” are set. As with the variation pattern type table at the time of out-of-reach in FIG. 9, all values of random 3 (0 to 109) are allotted to a plurality of numerical value ranges for each of the big hit types. Thus, when the big hit is 15R, it is determined that the variation pattern type corresponds to the numerical range in which the random 3 values extracted at a predetermined timing coincide. In the variation pattern column of FIG. 10, the variation of the variation pattern name that is the same as the variation pattern name shown in the variation pattern column of FIG. 9B, such as “normal”, “super A”, and “super B”. The pattern is a variation pattern in which variation display is executed in the same variation mode. As a result, even when a big hit or a loss occurs, the variation display is performed in the same variation manner until a certain amount of time elapses when the variation display is executed. It is possible to prevent the player from being informed immediately.
「15R非確変大当り」における「ノーマルリーチ」の変動パターン種別には、変動パターンとして、「ノーマル大当り」、「擬似連3回ノーマル大当り」、および、「滑り」が属する。「15R確変大当り」における「ノーマルリーチ」の変動パターン種別には、変動パターンとして、「ノーマル大当り」、「擬似連4回ノーマル大当り」、および、「滑り」が属する。したがって、擬似連においてノーマルリーチとなるときには、擬似連での再変動回数が3回のような所定回数以上になると所定回数未満のときよりも大当りになる割合が高く(たとえば、100%)、かつ、擬似連での再変動回数が4回のような予め定められた回数になると所定回数未満のときよりも確変状態になる割合が高く(たとえば、100%)なるようにデータが設定されている。なお、擬似連においてノーマルリーチとなるときには、擬似連での再変動回数が多い程、大当りになる割合が高く、かつ、確変状態になる割合が高くなるようにデータを設定してもよい。   The variation pattern types of “normal reach” in “15R uncertain variation big hit” include “normal big hit”, “pseudo-three consecutive big big hits”, and “slip” as the fluctuation patterns. “Normal reach”, “normal big hit”, “quadruple four-time normal big hit”, and “slip” belong to the fluctuation pattern types of “normal reach” in “15R probability variable big hit”. Therefore, when normal reach is reached in the pseudo-ream, when the number of re-variations in the pseudo-ream is greater than or equal to a predetermined number such as 3, the percentage of big hits is higher than when it is less than the predetermined number (for example, 100%), and The data is set such that when the number of re-variations in the quasi-continuous number is a predetermined number such as four, the rate of the probability variation state is higher (for example, 100%) than when it is less than the predetermined number. Note that when normal reach is reached in the quasi-ream, data may be set such that the greater the number of re-variations in the quasi-ream, the higher the percentage of big hits and the higher the percentage of probability variation.
「15R非確変大当り」、および、「15R確変大当り」のそれぞれの「スーパーリーチA」の変動パターン種別には、変動パターンとして、「擬似連なしスーパーA大当り」、「擬似連1回スーパーA大当り」、「擬似連2回スーパーA大当り」、「擬似連3回スーパーA大当り」、および、「擬似連4回スーパーA大当り」が属している。また、「15R非確変大当り」、および、「15R確変大当り」のそれぞれの「スーパーリーチB」の変動パターン種別には、変動パターンとして、「擬似連なしスーパーB大当り」、「擬似連1回スーパーB大当り」、「擬似連2回スーパーB大当り」、「擬似連3回スーパーB大当り」、および、「擬似連4回スーパーB大当り」が属している。   The fluctuation patterns of “Super Reach A” for “15R non-probable big hit” and “15R probable big hit” are “Super A big hit without quasi-continuous”, “Super A big one for pseudo-continuous” , “Pseudo-continuous 2 super A big hits”, “pseudo-continuous 3 super A big hits”, and “pseudo continuous 4 super A big hits”. In addition, the fluctuation pattern types of “Super Reach B” of “15R non-probable big hit” and “15R probable big hit” are “Super B big hit without quasi-continuous”, “One-time super-continuous super-big hit” "B big hit", "Pseudo consecutive two Super B big hits", "Pseudo continuous three times Super B big hit" and "Pseudo continuous four times Super B big hit" belong.
また、図10の変動パターンの欄において、「擬似連4回」が特定された変動パターンは、大当りとなるときにのみ選択される変動パターンである(はずれとなるときの最大の擬似連回数は3回)。したがって、変動表示において擬似連の再変動が4回実行されたときには、必ず大当りとなる。これにより、擬似連における再変動の回数が多いほど大当りとなりやすくなるように設定することができる。   In addition, in the variation pattern column of FIG. 10, the variation pattern in which “quasi-ream 4 times” is specified is a variation pattern that is selected only when a big hit is made (the maximum number of pseudo-reams when a loss occurs is 3 times). Therefore, when the re-variation of the quasi-continuous is executed four times in the variation display, it is always a big hit. As a result, it is possible to set so that the larger the number of re-variations in the quasi-continuous, the more likely it will be a big hit.
図10においては、大当り時に用いられる変動パターンであるので、「スーパーリーチA」および「スーパーリーチB」のようなスーパーリーチとなる変動パターン種別が選択される割合の方が、「ノーマルリーチ」の変動パターン種別が選択される割合よりも高くなるように変動パターン種別判定値が割振られている。また、大当り時に用いられる変動パターンであるので、「スーパーリーチ」の変動パターン種別については、「スーパーリーチB」が選択される割合の方が「スーパーリーチA」が選択される割合よりも高くなるように変動パターン種別判定値が割振られている。このように大当りとなるときには、はずれとなるときと比べて、「スーパーリーチ」となる変動パターンが選択される割合が高いので、「スーパーリーチ」となる変動パターンで変動表示が実行されることにより、遊技者の大当りへの期待感を高めることができる。さらに、このように大当りとなるときには、はずれとなるときと比べて、「スーパーリーチA,B」のうち「スーパーリーチB」となる変動パターンが選択される割合が高いので、「スーパーリーチB」となる変動パターンで変動表示が実行されることにより、遊技者の大当りへの期待感を高めることができる。   In FIG. 10, since the fluctuation pattern is used at the time of the big hit, the fluctuation ratio of “normal reach” is greater when the fluctuation pattern type that becomes super reach such as “super reach A” and “super reach B” is selected. The variation pattern type determination value is assigned so as to be higher than the rate at which the pattern type is selected. Further, since the variation pattern used at the time of the big hit, for the variation pattern type of “super reach”, the ratio of selecting “super reach B” is higher than the ratio of selecting “super reach A”. As described above, variation pattern type determination values are assigned. In this way, when a big hit is made, the rate of selection of a variation pattern that becomes “super reach” is higher than when a loss occurs, so that variation display is executed with a variation pattern that becomes “super reach”. , It can increase the player's sense of expectation for jackpot. Further, when the big hit is made in this way, the ratio of the variation pattern that becomes “super reach B” in “super reach A, B” is higher than that in the case of disengagement, so “super reach B”. By executing the variation display with the variation pattern to be, it is possible to increase the player's expectation for the big hit.
また、図10においては、大当り時に用いられる変動パターンであるので、「擬似連1回」〜「擬似連4回」のような擬似連となる変動パターンが選択される割合の方が、「擬似連なし」のような擬似連とならない変動パターンが選択される割合よりも高くなるように変動パターン判定値が割振られている。また、擬似連の変動パターンについては、再変動回数が多い程、選択される割合が高くなるように変動パターン判定値が割振られている。これにより、擬似連の変動パターンが実行されたときに、遊技者の大当りへの期待感を高め、さらに、擬似連での再変動回数が多くなるほど、遊技者の大当りへの期待感をより一層高めることができる。   Further, in FIG. 10, since the fluctuation pattern is used at the time of big hit, the ratio of the fluctuation pattern that becomes a pseudo series such as “pseudo series 1” to “pseudo series 4 times” is selected as “pseudo series”. The variation pattern determination value is assigned so as to be higher than the rate at which variation patterns that do not become pseudo-continuations such as “no ream” are selected. In addition, for the variation pattern of the pseudo-continuous, the variation pattern determination value is assigned such that the greater the number of re-variations, the higher the selected ratio. This increases the player's expectation for the big hit when the fluctuation pattern of the pseudo-ream is executed, and further increases the player's expectation for the big hit as the number of re-variations in the pseudo-ream increases. Can be increased.
また、変動パターン種別のうちスーパーリーチAおよびスーパーリーチBについては、はずれリーチ時よりも15R大当り時の方が選択される割合が高くなるように変動パターン種別判定値が割振られている。すなわち、リーチのうちスーパーリーチAおよびスーパーリーチBは、ノーマルリーチよりも15R大当りとなる信頼度が高い変動パターン種別であるといえる。15R大当りとなる信頼度とは、15R大当りになるときとそれ以外(はずれや小当りを含む)になるときとを含むすべての選択割合に対して、15R大当りとなるときに選択される割合の度合い、あるいは15R大当りとなる割合の程度、すなわち、15R大当りとなる信頼性の度合いをいう。   In addition, for the super reach A and the super reach B among the variable pattern types, the variable pattern type determination value is assigned so that the ratio of the 15R big hit is higher than that at the time of the loss reach. That is, it can be said that super reach A and super reach B are reachable fluctuation pattern types with a higher level of 15R big hit than normal reach. The reliability that becomes 15R big hit is the ratio of the ratio that is selected when 15R big hit with respect to all the selection ratios including when it becomes 15R big hit and other cases (including outliers and small hits) The degree, or the degree of the ratio that becomes 15R big hit, that is, the degree of reliability that becomes 15R big hit.
また、スーパーリーチのうち特に、スーパーリーチBは、スーパーリーチAよりも信頼度が高くなるように変動パターン種別判定値が割振られている。このため、スーパーリーチBを特定変動パターン種別といい、変動パターン種別としてスーパーリーチBが選択されたときに、決定され得る変動パターンを特定変動パターンという。また、スーパーリーチB以外の変動パターン種別を非特定変動パターン種別といい、非特定変動パターン種別が選択されたときに決定され得る変動パターンを非特定変動パターンという。特定変動パターンとは、本実施の形態においては、前述した15R大当りとなる信頼度が高い変動パターンをいう。   In particular, among the super reach, the super reach B is assigned the variation pattern type determination value so as to have higher reliability than the super reach A. For this reason, super reach B is referred to as a specific variation pattern type, and a variation pattern that can be determined when super reach B is selected as the variation pattern type is referred to as a specific variation pattern. A variation pattern type other than super reach B is referred to as a non-specific variation pattern type, and a variation pattern that can be determined when a non-specific variation pattern type is selected is referred to as a non-specific variation pattern. In the present embodiment, the specific variation pattern refers to a variation pattern with high reliability that is the 15R big hit described above.
特定変動パターンにより変動表示が実行されなかったときよりも、特定変動パターンにより変動表示が実行されたときの方が、大当りとなる信頼度が高くなるように判定値数が設定されている。言い換えると、特定変動パターンは、識別情報の表示結果が非特定表示結果となるときよりも特定表示結果となるときの方が実行される割合が高くなるように変動パターン種別判定値が割振られている。その結果、特定変動パターンにより変動表示が実行されなかったときよりも、特定変動パターンにより変動表示が実行されたときの方が、遊技者に大当りに対する期待感を抱かせることができる。   The number of determination values is set so that the reliability of the big hit is higher when the variation display is performed with the specific variation pattern than when the variation display is not performed with the specific variation pattern. In other words, the variation pattern type determination value is assigned to the specific variation pattern so that the rate of execution is higher when the display result of the identification information becomes the specific display result than when the display result of the identification information is a non-specific display result. Yes. As a result, the player can have a sense of expectation for the big hit when the variation display is executed according to the specific variation pattern, rather than when the variation display is not performed according to the specific variation pattern.
また、本実施の形態では、後述するように、15R大当りとなる信頼度が高い特定変動パターンとなる可能性があることを、当該変動表示以前に実行される変動表示中において予告する先読み予告演出を実行することができる。これにより、特定変動パターンにより変動表示が実行される以前の段階から遊技者の注意を惹くことができ、かつ変動表示中の演出のバリエーションを豊富にして、遊技の興趣を向上させることができる。本実施の形態における先読み予告演出は、変動表示の表示結果として、複数種類のチャンス目のうちからいずれかのチャンス目を停止表示させることにより行なわれる。このため、チャンス目が停止されることにより、その後において特定変動パターンにより変動表示が行なわれることに対する期待感および大当りとなることに対する期待感を向上させることができる。   Further, in the present embodiment, as will be described later, a pre-reading notice effect for giving a notice during a change display executed before the change display that there is a possibility that a specific change pattern with a high reliability of 15R big hit may be obtained. Can be executed. Thereby, it is possible to attract the player's attention from the stage before the variation display is executed by the specific variation pattern, and it is possible to enrich the variation of effects during the variation display and to improve the interest of the game. The pre-reading notice effect in the present embodiment is performed by stopping and displaying one of a plurality of chances as a display result of the variable display. For this reason, when the chance is stopped, it is possible to improve the expectation for the subsequent variation display by the specific variation pattern and the expectation for the big hit.
また、本実施の形態では、後述するように、演出図柄の表示結果を停止させる停止タイミングにおいて、当該変動表示の表示結果としてチャンス目が停止される可能性があることを予告するチャンス目予告演出を実行することができる。これにより、実際にチャンス目が停止されるかやチャンス目が連続して停止される回数だけでなく、演出図柄の停止タイミングに遊技者の注意を惹くことができ、かつ変動表示中の演出のバリエーションを豊富にして、遊技の興趣を向上させることができる。   Further, in the present embodiment, as will be described later, at the stop timing at which the display result of the effect symbol is stopped, the chance eye notice effect for notifying that the chance eye may be stopped as the display result of the variable display. Can be executed. As a result, the player's attention can be drawn not only to the number of times that the chance eyes are actually stopped or the chance eyes are continuously stopped, but also to the stop timing of the effect design, and You can enrich the variation and improve the fun of the game.
図11は、2R確変・小当り時判定テーブルを示す説明図である。2R確変・小当り時判定テーブルは、ランダム3と変動パターン種別との関係を示す変動パターン種別判定テーブルと、各変動パターン種別についてランダム4と各種別に属する変動パターンとの関係を示す変動パターン判定テーブルとを含む。2R確変・小当り時判定テーブルにおけるランダム3と変動パターン種別との対応関係、および、ランダム4と変動パターンとの対応関係は、非リーチはずれ時判定テーブルの場合と同様である。   FIG. 11 is an explanatory diagram of a 2R probability variation / small hit determination table. The 2R probability variation / small hit determination table includes a variation pattern type determination table that indicates the relationship between the random 3 and the variation pattern type, and a variation pattern determination table that indicates the relationship between the random 4 and the variation patterns belonging to each type for each variation pattern type. Including. The correspondence between the random 3 and the variation pattern type and the correspondence between the random 4 and the variation pattern in the 2R probability variation / small hit determination table are the same as in the non-reach out of determination table.
図11に示すように、2R確変・小当り時変動パターン種別判定テーブルでは、変動パターン種別として「第1当り」と「第2当り」との種別が設定されている。変動パターンの欄において、「当り」は2R確変あるいは小当りとなる変動表示を示している。図11では、「擬似連なし当り変動」のような擬似連とならない変動パターンが選択される割合の方が、「擬似連あり」や「滑り」のような特定の演出が実行され得る変動パターンが選択される割合よりも高くなるように変動パターン種別判定値が割振られている。   As shown in FIG. 11, in the 2R probability variation / small hit variation pattern type determination table, types of “first hit” and “second hit” are set as the variation pattern types. In the variation pattern column, “hit” indicates a variation display with 2R probability variation or small hit. In FIG. 11, a variation pattern in which a specific effect such as “with quasi-continuous” or “slip” can be executed when the variation pattern that does not become a quasi-continuous such as “variation without pseudo-continuous” is selected. The variation pattern type determination value is assigned so as to be higher than the selection ratio.
図11の変動パターンは、図9(A)の変動パターンと同じ変動態様で変動表示が実行される。すなわち、図11の擬似連なし当り変動、擬似連あり当り変動、および滑り変動は、各々、図9(A)の擬似連なし通常変動、擬似連あり通常変動、および滑り変動と同じ変動態様で変動表示が行なわれる。これにより、2R確変あるいは小当りとなるときでも、はずれとなるときと同じ変動表示が実行されため、2R確変あるいは小当りとなることを遊技者に知られてしまわないようにすることができる。   The variation pattern of FIG. 11 is displayed in the same variation manner as the variation pattern of FIG. That is, the fluctuation per pseudo-continuity, fluctuation per pseudo-continuity, and slip fluctuation in FIG. 11 are the same as the normal fluctuation, normal fluctuation with pseudo-continuity, and slip fluctuation in FIG. 9A, respectively. Fluctuation display is performed. As a result, even when the 2R probability change or the small hit is made, the same fluctuation display as that at the time of the loss is executed, so that it is possible to prevent the player from being notified of the 2R probability change or the small hit.
なお、図9〜図11に示すテーブルでは、変動表示の開始条件が成立したときの保留記憶数に関わらず、同じ割合で変動パターン種別判定が行なわれて変動パターンが選択される例について説明した。しかし、変動パターン種別および変動パターンのうち少なくとも一方は、変動表示の開始条件が成立したときの保留記憶数に応じて選択される割合が異なるように判定値が設定されているテーブルを用いて選択するように構成してもよい。たとえば、保留記憶数に応じて異なる変動パターン種別判定値が設定されている場合(変動パターン種別の選択割合を異ならせる場合)において、保留記憶数が多いほど変動パターン種別としてノーマルリーチが決定されやすいように判定値が設定されているテーブルを用いてもよい。ノーマルリーチは、スーパーリーチと比べて短い変動時間が設定されている。これにより、保留記憶数が多いときの平均変動時間を短縮させることができ、無効始動の発生を低減することができる。   In the tables shown in FIGS. 9 to 11, the example in which the variation pattern type determination is performed at the same rate and the variation pattern is selected regardless of the number of reserved memories when the variation display start condition is satisfied has been described. . However, at least one of the variation pattern type and the variation pattern is selected using a table in which determination values are set so that the ratio to be selected differs according to the number of reserved memories when the variation display start condition is satisfied. You may comprise. For example, when different variation pattern type determination values are set according to the number of reserved memories (when the selection ratio of the variation pattern types is different), normal reach is more likely to be determined as the variation pattern type as the number of reserved memories increases. Alternatively, a table in which determination values are set may be used. Normal reach has a shorter variation time than super reach. As a result, it is possible to shorten the average fluctuation time when the number of reserved memories is large, and to reduce the occurrence of invalid start.
なお、保留記憶数に応じて異なる変動パターン種別判定値が設定されている場合(変動パターン種別の選択割合を異ならせる場合)、前述した特定変動パターン種別の判定値として、保留記憶数に関わらず、共通の変動パターン種別判定値が割り当てられており、特定変動パターン種別以外の変動パターン種別については保留記憶数に応じて異なる変動パターン種別判定値が割り当てられているように構成してもよい。たとえば、ランダム2−2から抽出した乱数値が、図8で示した、保留記憶数に関わらずリーチありと判定される「1〜20」の判定値であり、かつ、ランダム3から抽出し得る乱数値のうち、所定の判定値(たとえば、90〜99)であれば、保留記憶数に関わらず必ず特定変動パターンに決定されるように構成してもよい。これにより、たとえば保留記憶数に応じて特定変動パターン種別に決定される確率が低下し、特定変動パターンが実行される頻度が著しく低くなることを防止することができる。本実施の形態においては、後述するように15R大当りとなる信頼度が高い特定変動パターンとなることを予告する先読み予告演出が実行される。前述したように、特定変動パターンが実行される頻度が著しく低くならないようにすることができるため、その結果、予告演出が実行される頻度についても著しく低くなることを防止することができる。また、特定変動パターン種別に決定される判定値と一致するときには、保留記憶数に関わらず、常に特定変動パターン種別に決定される。このため、予告演出が実行されたにも関わらず、特定変動パターンが発生しないといった不都合の発生を防止あるいは低減させることができる。   In addition, when a different variation pattern type determination value is set according to the number of reserved memories (when the selection ratio of the variation pattern type is changed), the determination value of the specific variation pattern type described above is used regardless of the number of reserved memories. A common variation pattern type determination value may be assigned, and a variation pattern type other than the specific variation pattern type may be assigned a different variation pattern type determination value depending on the number of reserved memories. For example, the random value extracted from random 2-2 is the determination value of “1 to 20” determined as having reach regardless of the number of reserved storages shown in FIG. Among random numbers, a predetermined determination value (for example, 90 to 99) may be configured so that a specific variation pattern is always determined regardless of the number of reserved storage. As a result, for example, the probability of being determined as the specific variation pattern type according to the number of reserved memories can be reduced, and the frequency with which the specific variation pattern is executed can be prevented from being significantly reduced. In the present embodiment, as will be described later, a pre-reading notice effect for notifying that a specific variation pattern having a high reliability with 15R big hit is obtained is executed. As described above, the frequency with which the specific variation pattern is executed can be prevented from becoming extremely low. As a result, it is possible to prevent the frequency with which the notice effect is executed from being significantly reduced. Further, when it matches the determination value determined for the specific variation pattern type, it is always determined to be the specific variation pattern type regardless of the number of reserved storage. For this reason, it is possible to prevent or reduce the occurrence of inconvenience that the specific variation pattern does not occur even though the notice effect is executed.
なお、本実施の形態においては、変動パターン種別を決定する手法として、まず当り判定結果に応じてリーチ判定を行ない、該判定結果に応じたテーブルを用いて変動パターン種別を決定する2段階決定手法を採用した例について説明した。しかし、変動パターン種別を決定する手法としては、これに限らず、たとえば、当り判定の結果に応じて変動パターン種別を決定するためのテーブルを設けて、1段階決定するものであってもよい。すなわち、図8のようなテーブルを備えていないものであってもよい。   In the present embodiment, as a method for determining the variation pattern type, a two-stage determination method is performed in which reach determination is first performed according to the hit determination result, and the variation pattern type is determined using a table according to the determination result. The example which employ | adopted was demonstrated. However, the method of determining the variation pattern type is not limited to this, and, for example, a table for determining the variation pattern type according to the result of the hit determination may be provided and determined in one step. In other words, the table as shown in FIG. 8 may not be provided.
具体的には、15R大当り時用として図10のテーブルが、2R確変・小当り時用として図11のテーブルが、はずれ時用として第1通常、第2通常、ノーマルリーチ、スーパーリーチA、スーパーリーチBのうちいずれかに決定するテーブルが設けられているものであってもよい。はずれ時用のテーブルが参照された場合、変動パターン種別を決定することにより、リーチ状態にするか否かも決定される。このように構成する場合であっても、特定変動パターン種別の判定値として、保留記憶数に関わらず、共通の判定値を割り当て、特定変動パターン種別以外の変動パターン種別の判定値については保留記憶数に応じて異なる判定値が割り当てられるように構成してもよい。これにより、変動パターン種別を決定する手法として2段階決定手法を採用した場合と比較して、決定回数が少なくなるために、特定変動パターンおよび予告が実行される頻度を高めることができ、遊技者の期待を煽る機会を増大させることができ、遊技の興趣を向上させることができる。   Specifically, the table shown in FIG. 10 is used for 15R big hit time, the table shown in FIG. 11 is used for 2R probability change / small hit time, and the first normal, second normal, normal reach, super reach A, super reach are used for off time. A table for determining one of B may be provided. When the table for loss is referenced, it is also determined whether or not to reach the reach state by determining the variation pattern type. Even in such a configuration, a common determination value is assigned as a determination value for a specific variation pattern type regardless of the number of reserved memories, and a determination value for a variation pattern type other than the specific variation pattern type is reserved. Different determination values may be assigned according to the number. Thereby, compared with the case where the two-stage determination method is adopted as a method for determining the variation pattern type, since the number of determinations is reduced, the frequency with which the specific variation pattern and the notice are executed can be increased. It is possible to increase the chances of scolding the expectations of the game and improve the interest of the game.
なお、図9〜図11で示したテーブルでは、変動パターン種別および変動パターンが、現在の遊技状態に関わらず、決定される例について説明した。しかし、これに限らず、変動パターン種別および変動パターンが、現在の遊技状態に応じたテーブルを用いて、決定されるようにしてもよい。たとえば、遊技状態が通常状態、確変状態、時短状態各々に応じて、変動パターン種別および変動パターンを決定するためのテーブルが設けられているものであってもよい。   In the tables shown in FIGS. 9 to 11, the example in which the variation pattern type and the variation pattern are determined regardless of the current gaming state has been described. However, the present invention is not limited to this, and the variation pattern type and the variation pattern may be determined using a table corresponding to the current gaming state. For example, a table may be provided for determining the variation pattern type and the variation pattern according to each of the normal state, the probability variation state, and the short time state of the game state.
図9〜図11などに示すテーブルを用いて変動パターンが決定されると、決定した変動パターンを示す変動パターンコマンドが、変動表示の開始を示す演出制御コマンドとして、遊技制御用マイクロコンピュータから演出制御用マイクロコンピュータへ送信される。そして、演出制御用マイクロコンピュータは、そのような変動パターンコマンドを含む演出制御コマンドを受信したときに、受信したコマンドの指示内容を解析し、受信したコマンドに対応して、演出図柄の制御に加え、スピーカ27からの音の出力制御、および、各種ランプの発光制御を行なう。   When the variation pattern is determined using the tables shown in FIGS. 9 to 11 and the like, the variation pattern command indicating the determined variation pattern is used as the effect control command indicating the start of the change display from the game control microcomputer. Sent to the microcomputer. Then, when the production control microcomputer receives the production control command including such a variation pattern command, it analyzes the instruction content of the received command and adds to the production design control corresponding to the received command. In addition, sound output control from the speaker 27 and light emission control of various lamps are performed.
図12は、遊技制御用マイクロコンピュータ560が送信する演出制御コマンドの内容の一例を示す説明図である。図12に示す例において、コマンド80XX(H)は、特別図柄の変動表示に対応して演出表示装置9において変動表示される演出図柄の変動パターンを指定する演出制御コマンド(変動パターンコマンド)である(それぞれ変動パターンXXに対応)。言い換えると、図9〜図11に示されたテーブルを用いて決定され得る変動パターンのそれぞれに対して一意な変動パターンコマンドが予め設定されている。なお、「(H)」は16進数であることを示す。また、変動パターンを指定する演出制御コマンドは、変動開始を指定するためのコマンドでもある。したがって、演出制御用マイクロコンピュータ100は、コマンド80XX(H)を受信すると、第1飾り図柄表示器9aまたは第2飾り図柄表示器9bにおいて飾り図柄変動表示を開始するように制御し、演出表示装置9において演出図柄の変動表示を開始するように制御する。   FIG. 12 is an explanatory diagram showing an example of the contents of the effect control command transmitted by the game control microcomputer 560. In the example shown in FIG. 12, the command 80XX (H) is an effect control command (variation pattern command) that specifies a variation pattern of the effect symbol that is variably displayed on the effect display device 9 in response to the variation display of the special symbol. (Corresponding to the variation pattern XX, respectively). In other words, a unique variation pattern command is preset for each variation pattern that can be determined using the tables shown in FIGS. “(H)” indicates a hexadecimal number. The effect control command for designating the variation pattern is also a command for designating the start of variation. Therefore, when the production control microcomputer 100 receives the command 80XX (H), the production control device 100 controls the first design symbol display 9a or the second design design display 9b so as to start the design design variation display. In step 9, control is performed so as to start the variation display of the effect symbols.
コマンド8C01(H)〜8C05(H)は、当りとするか否か、および当りの種別(はずれ、15R確変、15R非確変、2R確変、小当り)を示す演出制御コマンドである。演出制御用マイクロコンピュータ100は、コマンド8C01(H)〜8C08(H)の受信に応じて飾り図柄および演出図柄の表示結果を決定するので、コマンド8C01(H)〜8C05(H)を表示結果指定コマンドという。   The commands 8C01 (H) to 8C05 (H) are effect control commands indicating whether or not to make a hit and the type of the hit (disconnected, 15R probability change, 15R non-change probability, 2R probability change, small hit). The production control microcomputer 100 determines the display result of the decorative design and the production design in response to the reception of the commands 8C01 (H) to 8C08 (H), so the commands 8C01 (H) to 8C05 (H) are designated as the display results. It is called a command.
図12に示す例では、変動パターンコマンドおよび表示結果指定コマンドを、第1特別図柄表示器8aでの第1特別図柄の変動に対応した飾り図柄(演出図柄)の変動表示と第2特別図柄表示器8bでの第2特別図柄の変動に対応した飾り図柄(演出図柄)の変動表示とで共通に使用でき、第1特別図柄および第2特別図柄の変動表示に伴って演出を行なう演出表示装置9等の演出用部品を制御する際に、遊技制御用マイクロコンピュータ560から演出制御用マイクロコンピュータ100に送信されるコマンドの種類を増大させないようにすることができる。   In the example shown in FIG. 12, the variation pattern command and the display result designation command are displayed as a variation display and a second special symbol display of decorative symbols (effect symbols) corresponding to the variation of the first special symbol on the first special symbol display 8a. An effect display device that can be used in common with a variation display of a decorative symbol (direction symbol) corresponding to the variation of the second special symbol on the device 8b, and that produces an effect in accordance with the variation display of the first special symbol and the second special symbol. It is possible to prevent the types of commands transmitted from the game control microcomputer 560 to the effect control microcomputer 100 from being increased when controlling the effect parts such as 9.
コマンド8D01(H)は、第1特別図柄の変動表示(変動)を開始することを示す演出制御コマンド(第1図柄変動指定コマンド)である。コマンド8D02(H)は、第2特別図柄の変動表示(変動)を開始することを示す演出制御コマンド(第2図柄変動指定コマンド)である。第1図柄変動指定コマンドと第2図柄変動指定コマンドとを特別図柄特定コマンド(または図柄変動指定コマンド)と総称することがある。なお、第1特別図柄の変動表示を開始するのか第2特別図柄の変動表示を開始するのかを示す情報を、変動パターンコマンドに含めるようにしてもよい。   The command 8D01 (H) is an effect control command (first symbol variation designation command) indicating that the variation display (variation) of the first special symbol is started. Command 8D02 (H) is an effect control command (second symbol variation designation command) indicating that the variation display (variation) of the second special symbol is started. The first symbol variation designation command and the second symbol variation designation command may be collectively referred to as a special symbol identification command (or symbol variation designation command). Note that information indicating whether to start the variable display of the first special symbol or the variable display of the second special symbol may be included in the variable pattern command.
なお、コマンド8D01(H)(第1図柄変動指定コマンド)およびコマンド8D02(H)(第2図柄変動指定コマンド)は、演出制御用マイクロコンピュータ100が、第1特別図柄表示器8aによる第1特別図柄の変動表示時間中に装飾用(演出用)の図柄としての第1飾り図柄の変動表示を行なう第1飾り図柄表示器9aにおいて飾り図柄の変動を行なうのか、第2特別図柄表示器8bによる第2特別図柄の変動表示時間中に第2飾り図柄の変動表示を行なう第2飾り図柄表示器9bにおいて飾り図柄の変動を行なうのかを判定するために使用される。   Note that the command 8D01 (H) (first symbol variation designation command) and the command 8D02 (H) (second symbol variation designation command) are executed by the effect control microcomputer 100 by the first special symbol display 8a. Whether the first decorative symbol display 9a that performs variable display of the first decorative symbol as a decorative (designating) symbol during the variable symbol display time is subjected to the decorative symbol variation or by the second special symbol display 8b. It is used to determine whether or not the decorative symbol is to be changed in the second decorative symbol display unit 9b that performs the variable display of the second decorative symbol during the variation display time of the second special symbol.
コマンド8F00(H)は、演出図柄(飾り図柄)の変動表示を終了して表示結果(停止図柄)を導出表示することを示す演出制御コマンド(図柄確定指定コマンド)である。演出制御用マイクロコンピュータ100は、図柄確定指定コマンドを受信すると、演出図柄および飾り図柄の変動表示(変動)を終了して表示結果を導出表示する。   The command 8F00 (H) is an effect control command (symbol confirmation designation command) indicating that the variation display of the effect symbol (decoration symbol) is terminated and the display result (stop symbol) is derived and displayed. When receiving the symbol confirmation designation command, the effect control microcomputer 100 ends the variation display (variation) of the effect symbol and the decorative symbol and derives and displays the display result.
コマンド9000(H)は、遊技機に対する電力供給が開始されたときに送信される演出制御コマンド(初期化指定コマンド:電源投入指定コマンド)である。コマンド9200(H)は、遊技機に対する電力供給が再開されたときに送信される演出制御コマンド(停電復旧指定コマンド)である。遊技制御用マイクロコンピュータ560は、遊技機に対する電力供給が開始されたときに、バックアップRAMにデータが保存されている場合には、停電復旧指定コマンドを送信し、そうでない場合には、初期化指定コマンドを送信する。   Command 9000 (H) is an effect control command (initialization designation command: power-on designation command) transmitted when power supply to the gaming machine is started. Command 9200 (H) is an effect control command (power failure recovery designation command) transmitted when power supply to the gaming machine is resumed. When the power supply to the gaming machine is started, the game control microcomputer 560 transmits a power failure recovery designation command if data is stored in the backup RAM, and if not, initialization designation is performed. Send a command.
コマンド9F00(H)は、客待ちデモンストレーションを指定する演出制御コマンド(客待ちデモ指定コマンド)である。   Command 9F00 (H) is an effect control command (customer waiting demonstration designation command) for designating a customer waiting demonstration.
コマンドA001〜A003(H)は、ファンファーレ画面を表示すること、すなわち大当り遊技の開始または小当り遊技の開始を指定する演出制御コマンド(大当り開始指定コマンドまたは小当り開始指定コマンド:ファンファーレ指定コマンド)である。大当り開始指定コマンドまたは小当り開始指定コマンドには、大当りの種類または小当りに応じた大当り開始1指定コマンド、大当り開始指定2指定コマンドおよび小当り/突確開始指定コマンドがある。コマンドA1XX(H)は、XXで示す回数目(ラウンド)の大入賞口開放中の表示を示す演出制御コマンド(大入賞口開放中指定コマンド)である。A2XX(H)は、XXで示す回数目(ラウンド)の大入賞口閉鎖を示す演出制御コマンド(大入賞口開放後指定コマンド)である。   The commands A001 to A003 (H) are an effect control command for displaying the fanfare screen, that is, designating the start of a big hit game or the start of a small hit game (a big hit start designation command or a small hit start designation command: a fanfare designation command). is there. The big hit start designation command or the small hit start designation command includes a big hit start 1 designation command, a big hit start designation 2 designation command, and a small hit / rush start designation command corresponding to the type or small hit. The command A1XX (H) is an effect control command (special command during opening of the big winning opening) indicating a display during the opening of the big winning opening for the number of times (round) indicated by XX. A2XX (H) is an effect control command (designation command after opening the big winning opening) indicating the closing of the big winning opening for the number of times (round) indicated by XX.
コマンドA301(H)は、大当り終了画面を表示すること、すなわち大当り遊技の終了を指定するとともに、非確変大当り(通常大当り)であったことを指定する演出制御コマンド(大当り終了1指定コマンド:エンディング1指定コマンド)である。コマンドA302(H)は、大当り終了画面を表示すること、すなわち大当り遊技の終了を指定するとともに、確変大当りであったことを指定する演出制御コマンド(大当り終了2指定コマンド:エンディング2指定コマンド)である。コマンドA303(H)は、小当り遊技の終了または突然確変の遊技の終了を指定する演出制御コマンド(小当り/突確終了指定コマンド:エンディング3指定コマンド)である。   Command A301 (H) displays a jackpot end screen, that is, specifies the end of the jackpot game, and also designates an effect control command (special jackpot end 1 designation command: ending) that specifies that the jackpot has been a non-probable variation jackpot (usually a jackpot) 1 designation command). The command A302 (H) is an effect control command for displaying the jackpot end screen, that is, the end of the jackpot game and specifying that it is a promising big hit (a jackpot end 2 designation command: an ending 2 designation command). is there. Command A303 (H) is an effect control command (small hit / probability end designation command: ending 3 designation command) for designating the end of the small hit game or the sudden probability change game.
コマンドC0XX(H)は、上位バイト(MODE)である「C0」により第1始動入賞があったことを指定し、下位バイト(EXT)である「XX」により先読み判定結果を指定する演出制御コマンド(第1始動入賞指定コマンド)である。コマンドC1XX(H)は、上位バイト(MODE)である「C1」により第2始動入賞があったことを指定し、下位バイト(EXT)である「XX」により先読み判定結果を指定する演出制御コマンド(第2始動入賞指定コマンド)である。第1始動入賞指定コマンドと第2始動入賞指定コマンドとを、始動入賞指定コマンドと総称することがある。図13に示すように、始動入賞指定コマンドの下位バイトにより、当りの種類および変動パターン種別などの情報を含む先読み判定結果を特定することができる。   The command C0XX (H) is an effect control command that designates that the first start winning is given by “C0” that is the upper byte (MODE) and designates the prefetch determination result by “XX” that is the lower byte (EXT). (First start winning designation command). The command C1XX (H) is an effect control command that designates that the second start winning is given by “C1” that is the upper byte (MODE) and designates the prefetch determination result by “XX” that is the lower byte (EXT). (Second start winning designation command). The first start prize designation command and the second start prize designation command may be collectively referred to as a start prize designation command. As shown in FIG. 13, the prefetch determination result including information such as the winning type and the variation pattern type can be specified by the lower byte of the start winning designation command.
先読みとは、始動入賞時に抽出されている乱数値に基づいて変動開始時に当り判定や変動パターン設定を行なう前、すなわち、始動入賞が発生したときに抽出した乱数値が当該始動入賞に基づき変動が開始されるタイミングでどのように決定されるかを事前に判定することをいう。また、先読み判定結果とは、先読みによって得た判定結果をいう。本実施の形態では、始動入賞時に抽出した乱数の値に基づいて、始動入賞時に早々と、当り判定、リーチ判定および変動パターン種別を先読みして先読み判定結果を得るための制御が実行される。先読み判定結果は、始動入賞指定コマンドの下位バイトである「XX」により判定結果が特定されるように構成されている。本実施の形態においては、後述するように当該始動入賞指定コマンドに基づき、当該始動入賞による変動表示開始前の段階から予告が実行される。   Pre-reading means that the random number extracted at the start of variation based on the random number value extracted at the time of starting winning, or before setting the variation pattern, that is, when the starting winning occurs, the random number value extracted based on the starting winning is fluctuated. It means to determine in advance how to be determined at the start timing. Further, the prefetch determination result refers to a determination result obtained by prefetching. In the present embodiment, control for prefetching the hit determination, reach determination, and variation pattern type and obtaining the prefetch determination result is executed as soon as possible at the start winning based on the random number value extracted at the start winning. The prefetch determination result is configured such that the determination result is specified by “XX” which is the lower byte of the start winning designation command. In the present embodiment, as will be described later, based on the start winning designation command, the advance notice is executed from the stage before the start of variable display by the start winning.
コマンドC300(H)は、合算保留記憶数を1減算することを指定する演出制御コマンド(保留記憶数減算指定コマンド)である。この実施の形態では、遊技制御用マイクロコンピュータ560は、合算保留記憶数を減算する場合には保留記憶数減算指定コマンドを送信するが、保留記憶数減算指定コマンドを使用せず、合算保留記憶数を減算するときに、減算後の合算保留記憶数を特定するための合算保留記憶数指定コマンドを送信して指定するようにしてもよい。   Command C300 (H) is an effect control command (pending storage number subtraction designation command) for designating that 1 is added to the total pending storage number. In this embodiment, the game control microcomputer 560 transmits a pending memory count subtraction designation command when subtracting the total pending memory count, but does not use the pending memory count subtraction designation command, and adds the total pending memory count. May be specified by transmitting a command for specifying the total pending storage number for specifying the total pending storage number after subtraction.
以上説明した演出制御コマンドは、2バイト構成であり、1バイト目はMODE(コマンドの分類)を表し、2バイト目はEXT(コマンドの種類)を表す。MODEデータの先頭ビット(ビット7)は必ず「1」に設定され、EXTデータの先頭ビット(ビット7)は必ず「0」に設定される。なお、このようなコマンド形態は一例であって他のコマンド形態を用いてもよい。たとえば、1バイトや3バイト以上で構成される制御コマンドを用いてもよい。   The presentation control command described above has a 2-byte structure, and the first byte represents MODE (command classification), and the second byte represents EXT (command type). The first bit (bit 7) of the MODE data is always set to “1”, and the first bit (bit 7) of the EXT data is always set to “0”. Note that such a command form is an example, and other command forms may be used. For example, a control command composed of 1 byte or 3 bytes or more may be used.
なお、演出制御コマンドの送出方式として、演出制御信号CD0〜CD7の8本のパラレル信号線で1バイトずつ主基板31から中継基板77を介して演出制御基板80に演出制御コマンドデータを出力し、演出制御コマンドデータの他に、演出制御コマンドデータの取り込みを指示するパルス状(矩形波状)の取込信号(演出制御INT信号)を出力する方式を用いる。演出制御コマンドの8ビットの演出制御コマンドデータは、演出制御INT信号に同期して出力される。演出制御基板80に搭載されている演出制御用マイクロコンピュータ100は、演出制御INT信号が立ち上がったことを検知して、割込処理によって1バイトのデータの取り込み処理を開始する。   In addition, as the transmission method of the effect control command, the effect control command data is output from the main board 31 to the effect control board 80 via the relay board 77 by the eight parallel signal lines of the effect control signals CD0 to CD7, In addition to the effect control command data, a method of outputting a pulse-shaped (rectangular wave) capture signal (effect control INT signal) for instructing capture of the effect control command data is used. The 8-bit effect control command data of the effect control command is output in synchronization with the effect control INT signal. The effect control microcomputer 100 mounted on the effect control board 80 detects that the effect control INT signal has risen, and starts a 1-byte data capturing process through an interrupt process.
また、演出制御用マイクロコンピュータ100(具体的には、演出制御用CPU101)は、主基板31に搭載されている遊技制御用マイクロコンピュータ560から上述した演出制御コマンドを受信すると、図12に示された内容に応じて演出表示装置9の表示状態を変更したり、ランプの表示状態を変更したり、音声出力基板70に対して音番号データを出力したりする。   When the production control microcomputer 100 (specifically, the production control CPU 101) receives the production control command described above from the game control microcomputer 560 mounted on the main board 31, the production control microcomputer 100 is shown in FIG. Depending on the contents, the display state of the effect display device 9 is changed, the display state of the lamp is changed, or the sound number data is output to the audio output board 70.
たとえば、遊技制御用マイクロコンピュータ560は、有効な始動入賞に基づいて保留表示を行なう場合に、始動入賞指定コマンドを演出制御用マイクロコンピュータ100に送信する。なお、遊技制御用マイクロコンピュータ560は、始動入賞時に前述した先読みを行なった場合には、当該先読み判定結果に応じた始動入賞指定コマンドを送信する。   For example, the game control microcomputer 560 transmits a start winning designation command to the effect control microcomputer 100 when performing a hold display based on a valid start winning. When the pre-reading described above is performed at the time of starting winning, the game control microcomputer 560 transmits a starting winning designation command corresponding to the pre-reading determination result.
本実施の形態においては、先読み判定結果と、始動入賞があったことすなわち保留記憶されたこととを、始動入賞指定コマンドにより特定される例について説明するが、始動入賞指定コマンドにより先読み判定結果のみが特定されるようにし、保留記憶されたことについては始動入賞指定コマンドと別のコマンド(たとえば、第1保留記憶および第2保留記憶のうちいずれの保留記憶が増加したかを特定可能な保留記憶コマンドなど)により特定されるように構成してもよい。   In the present embodiment, an example will be described in which the pre-reading determination result and the start winning prize, that is, the fact that the start winning is held, are specified by the start winning designation command. Is specified, and a command different from the start winning designation command (for example, a reserved memory that can specify which one of the first reserved memory and the second reserved memory has increased) is stored. It may be configured to be specified by a command or the like.
図13は、始動入賞指定コマンドを具体的に説明するための図である。前述したように、始動入賞指定コマンドの上位バイトとしては、第1始動入賞口13への入賞が第1始動口スイッチ13aによって検出された場合に「C0」が設定され、第2始動入賞口14への入賞が第2始動口スイッチ14aによって検出された場合に「C1」が設定される。   FIG. 13 is a diagram for specifically explaining the start winning designation command. As described above, as the upper byte of the start winning designation command, “C0” is set when a winning to the first start winning opening 13 is detected by the first start opening switch 13a, and the second start winning opening 14 is set. “C1” is set when the winning is detected by the second start port switch 14a.
始動入賞指定コマンドの下位バイトとしては、たとえば、すでに大当りとなることが先読み判定されているときなど、先読みの禁止状態に設定されているときで当該始動入賞に対する先読みが行なわれなかった場合に判定なしを特定する「00」が設定され、先読み判定結果がはずれで第1通常と判定されたときに「01」が設定され、先読み判定結果が15R確変でノーマルリーチと判定されたときに「09」が設定される。その他の先読み判定結果についても同様に、一の先読み判定結果が特定されるように予め定められているデータが、始動入賞指定コマンドの下位バイトとして設定される。   The lower byte of the start winning designation command is determined, for example, when the pre-reading for the start winning is not performed when the pre-reading prohibition state is set, for example, when it is already determined that the big win is pre-reading. “00” is set to specify “none”, “01” is set when the prefetch determination result is out of place and the first normal is determined, and “09” is set when the prefetch determination result is determined as 15R probability change and normal reach. Is set. Similarly, with respect to the other prefetch determination results, data predetermined so that one prefetch determination result is specified is set as the lower byte of the start winning designation command.
演出制御用マイクロコンピュータ100では、当該始動入賞指定コマンドに基づき、保留表示するための処理、先読み予告を実行するか否かを判定するための処理などを行なう。先読み予告とは、先読み判定結果に関する情報を、当該始動入賞に起因する変動表示開始前の段階から、複数回の変動表示に亘り連続して予告報知する演出をいう。   In the effect control microcomputer 100, based on the start winning designation command, a process for displaying a hold, a process for determining whether or not a pre-reading notice is executed, and the like are performed. The pre-reading notice refers to an effect of continuously notifying information related to the pre-reading determination result over a plurality of variable displays from the stage before starting the variable display due to the start winning.
また、遊技制御用マイクロコンピュータ560は、第1特別図柄表示器8aまたは第2特別図柄表示器8bにおいて特別図柄の変動表示を開始する度に、演出図柄の変動パターンを指定する変動パターンコマンドおよび表示結果指定コマンドを演出制御用マイクロコンピュータ100に送信する。演出制御用マイクロコンピュータ100は、当該変動パターンコマンドおよび表示結果指定コマンドに基づき、飾り図柄変動表示を開始するように制御するとともに、演出表示装置9において演出図柄の変動表示を開始するように制御する。   Further, the game control microcomputer 560 changes and displays a variation pattern command for designating a variation pattern of the effect symbol every time the first special symbol display 8a or the second special symbol display 8b starts to display the variation of the special symbol. A result designation command is transmitted to the production control microcomputer 100. The effect control microcomputer 100 controls to start the decorative symbol variation display based on the variation pattern command and the display result designation command, and controls the effect display device 9 to start variation display of the effect symbol. .
図14は、主基板31に搭載される遊技制御用マイクロコンピュータ560(具体的には、CPU56)が実行する特別図柄プロセス処理(S31)のプログラムの一例を示すフローチャートである。上述したように、特別図柄プロセス処理では第1特別図柄表示器8aまたは第2特別図柄表示器8bおよび大入賞口を制御するための処理が実行される。特別図柄プロセス処理において、CPU56は、第1始動入賞口13に遊技球が入賞したことを検出するための第1始動口スイッチ13aまたは第2始動入賞口14に遊技球が入賞したことを検出するための第2始動口スイッチ14aがオンしていたら、すなわち始動入賞が発生していたら、始動口スイッチ通過処理を実行する(S300,S301)。そして、S302〜S312のうちのいずれかの処理を行なう。第1始動入賞口スイッチ13aまたは第2始動口スイッチ14aがオンしていなければ、内部状態に応じて、S302〜S312のうちのいずれかの処理を行なう。S302〜S312の処理は、以下のような処理である。   FIG. 14 is a flowchart showing an example of a special symbol process (S31) program executed by the game control microcomputer 560 (specifically, the CPU 56) mounted on the main board 31. As described above, in the special symbol process, a process for controlling the first special symbol display 8a or the second special symbol display 8b and the special winning opening is executed. In the special symbol process, the CPU 56 detects that the game ball has won the first start port switch 13a or the second start port 14 for detecting that the game ball has won the first start game port 13. If the second start opening switch 14a is turned on, that is, if a start winning is generated, a start opening switch passing process is executed (S300, S301). Then, any one of S302 to S312 is performed. If the first start winning port switch 13a or the second start port switch 14a is not turned on, any one of S302 to S312 is performed according to the internal state. The processes of S302 to S312 are as follows.
特別図柄通常処理(S302):特別図柄プロセスフラグの値が0であるときに実行される。遊技制御用マイクロコンピュータ560は、特別図柄の変動表示が開始できる状態になると、保留記憶数バッファに記憶される数値データの記憶数(合計保留記憶数)を確認する。保留記憶数バッファに記憶される数値データの記憶数は合計保留記憶数カウンタのカウント値により確認できる。また、合計保留記憶数カウンタのカウント値が0でなければ、第1特別図柄または第2特別図柄の変動表示の表示結果を大当りとするか否かや小当りとするか否かを決定する。大当りとする場合には大当りフラグをセットする。また、小当りとする場合には小当りフラグをセットする。そして、内部状態(特別図柄プロセスフラグ)をS303に応じた値(この例では1)に更新する。なお、大当りフラグや小当りフラグは、大当り遊技または小当り遊技が終了するときにリセットされる。   Special symbol normal processing (S302): Executed when the value of the special symbol process flag is zero. When the game control microcomputer 560 enters a state where the special symbol variation display can be started, the game control microcomputer 560 checks the number of stored numerical data (total number of reserved memories) stored in the reserved memory number buffer. The number of numerical data stored in the reserved storage number buffer can be confirmed by the count value of the total reserved storage number counter. If the count value of the total reserved memory number counter is not 0, it is determined whether the display result of the variable display of the first special symbol or the second special symbol is a big hit or a small hit. In case of big hit, set big hit flag. In the case of a small hit, a small hit flag is set. Then, the internal state (special symbol process flag) is updated to a value (1 in this example) according to S303. The big hit flag and the small hit flag are reset when the big hit game or the small hit game ends.
変動パターン設定処理(S303):特別図柄プロセスフラグの値が1であるときに実行される。また、変動パターンを決定し、その変動パターンにおける変動時間(変動表示時間:変動表示を開始してから表示結果を導出表示(停止表示)するまでの時間)を特別図柄の変動表示の変動時間とすることに決定する。また、特別図柄の変動時間を計測する変動時間タイマをスタートさせる。そして、内部状態(特別図柄プロセスフラグ)をS304に対応した値(この例では2)に更新する。   Fluctuation pattern setting process (S303): executed when the value of the special symbol process flag is 1. Also, the variation pattern is determined, and the variation time in the variation pattern (variation display time: the time from the start of variation display until the display result is derived and displayed (stopped display)) is the variation time of the special symbol variation display. Decide to do. Also, a variable time timer for measuring the special symbol variable time is started. Then, the internal state (special symbol process flag) is updated to a value corresponding to S304 (2 in this example).
表示結果指定コマンド送信処理(S304):特別図柄プロセスフラグの値が2であるときに実行される。演出制御用マイクロコンピュータ100に、表示結果指定コマンドを送信するための制御を行なう。そして、内部状態(特別図柄プロセスフラグ)をS305に対応した値(この例では3)に更新する。   Display result designation command transmission process (S304): This process is executed when the value of the special symbol process flag is 2. Control for transmitting a display result designation command to the production control microcomputer 100 is performed. Then, the internal state (special symbol process flag) is updated to a value corresponding to S305 (3 in this example).
特別図柄変動中処理(S305):特別図柄プロセスフラグの値が3であるときに実行される。変動パターン設定処理で選択された変動パターンの変動時間が経過(S303でセットされる変動時間タイマがタイムアウトすなわち変動時間タイマの値が0になる)すると、内部状態(特別図柄プロセスフラグ)をS306に対応した値(この例では4)に更新する。   Special symbol variation processing (S305): This processing is executed when the value of the special symbol process flag is 3. When the variation time of the variation pattern selected in the variation pattern setting process elapses (the variation time timer set in S303 times out, that is, the variation time timer value becomes 0), the internal state (special symbol process flag) is set to S306. Update to the corresponding value (4 in this example).
特別図柄停止処理(S306):特別図柄プロセスフラグの値が4であるときに実行される。第1特別図柄表示器8aまたは第2特別図柄表示器8bにおける変動表示を停止して停止図柄を導出表示させる。また、演出制御用マイクロコンピュータ100に、図柄確定指定コマンドを送信するための制御を行なう。そして、大当りフラグまたは小当りフラグがセットされている場合には、内部状態(特別図柄プロセスフラグ)をS307またはS310に対応した値(この例では5または8)に更新する。大当りフラグも小当りフラグもがセットされていない場合には、内部状態(特別図柄プロセスフラグ)をS302に対応した値(この例では0)に更新する。なお、演出制御用マイクロコンピュータ100は、遊技制御用マイクロコンピュータ560が送信する図柄確定指定コマンドを受信すると演出表示装置9において演出図柄および飾り図柄が停止されるように制御する。   Special symbol stop process (S306): This is executed when the value of the special symbol process flag is 4. The variable display on the first special symbol display 8a or the second special symbol display 8b is stopped, and the stopped symbol is derived and displayed. Further, control for transmitting a symbol confirmation designation command to the effect control microcomputer 100 is performed. When the big hit flag or the small hit flag is set, the internal state (special symbol process flag) is updated to a value (5 or 8 in this example) corresponding to S307 or S310. If neither the big hit flag nor the small hit flag is set, the internal state (special symbol process flag) is updated to a value (0 in this example) corresponding to S302. The effect control microcomputer 100 controls the effect display device 9 to stop the effect symbols and decoration symbols when receiving the symbol confirmation designation command transmitted by the game control microcomputer 560.
ラウンド開始前処理(S307):特別図柄プロセスフラグの値が5であるときに実行される。ラウンド開始前処理では、大入賞口を開放する制御を行なう。具体的には、カウンタ(たとえば、大入賞口に入った遊技球数をカウントするカウンタ)等を初期化するとともに、ソレノイド21を駆動して大入賞口を開放状態にする。また、タイマによってラウンド中処理の実行時間を設定し、内部状態(特別図柄プロセスフラグ)をS308に対応した値(この例では6)に更新する。なお、ラウンド開始前処理は各ラウンド毎に実行されるが、第1ラウンドを開始する場合には、ラウンド開始前処理は大当り遊技を開始する処理でもある。また、当該大当り遊技状態となったときの状態が確変状態であり、確変フラグがセットされていたときには、確変フラグがリセットされる(当該大当りが確変となる大当りであるか否かに関わらずリセットされる)。また、当該大当り遊技状態となったときの状態が時短状態であり、時短フラグがセットされていたときには、時短フラグがリセットされる。   Pre-round start process (S307): executed when the value of the special symbol process flag is 5. In the pre-round start process, control is performed to open the special winning opening. Specifically, a counter (for example, a counter that counts the number of game balls that have entered the big prize opening) is initialized, and the solenoid 21 is driven to open the big prize opening. Also, the execution time of the in-round processing is set by the timer, and the internal state (special symbol process flag) is updated to a value corresponding to S308 (6 in this example). Note that the pre-round start process is executed for each round, but when starting the first round, the pre-round start process is a process for starting a big hit game. In addition, when the big hit gaming state is the probability variation state, and the probability variation flag is set, the probability variation flag is reset (regardless of whether or not the big hit is a probability variation that is a probability variation. ) In addition, when the big hit gaming state is the time-short state, and the time-short flag is set, the time-short flag is reset.
ラウンド中処理(S308):特別図柄プロセスフラグの値が6であるときに実行される。大当り遊技状態中または小当り遊技中のラウンド表示の演出制御コマンドを演出制御用マイクロコンピュータ100に送信するための制御や大入賞口の閉成条件の成立を確認する処理等を行なう。大入賞口の閉成条件が成立し、かつ、まだ残りラウンドがある場合には、内部状態(特別図柄プロセスフラグ)をS307に対応した値(この例では5)に更新する。本実施の形態における大入賞口の閉成条件は、たとえば、遊技球が大入賞口に所定数(たとえば10)入賞することや、大入賞口が開放してから所定時間(たとえば29秒)経過することにより成立するように設定されている。また、すべてのラウンドを終えた場合には、内部状態(特別図柄プロセスフラグ)をS309に対応した値(この例では7)に更新する。   In-round processing (S308): Executed when the value of the special symbol process flag is 6. A control for transmitting an effect control command for round display during the big hit game state or the small hit game to the effect control microcomputer 100, a process for confirming the establishment of the closing condition of the big prize opening, and the like are performed. If the closing condition for the special prize opening is satisfied and there are still remaining rounds, the internal state (special symbol process flag) is updated to a value corresponding to S307 (5 in this example). The closing condition of the special winning opening in the present embodiment is, for example, that a predetermined number (for example, 10) of game balls have won a special winning opening (for example, 10) or a predetermined time (for example, 29 seconds) has elapsed since the special winning opening was opened It is set to be established by doing. When all rounds are completed, the internal state (special symbol process flag) is updated to a value corresponding to S309 (7 in this example).
大当り終了処理(S309):特別図柄プロセスフラグの値が7であるときに実行される。大当り遊技状態が終了したことを遊技者に報知する表示制御を演出制御用マイクロコンピュータ100に行なわせるための制御を行なう。また、遊技状態を示すフラグ(たとえば、確変フラグや時短フラグ)をセットする処理を行なう。具体的に、15R確変大当り図柄や2R確変大当り図柄が停止して発生する確変大当りが終了したときには、確変フラグがセットされ、15R非確変大当り図柄が停止して発生する非確変大当りが終了したときには、時短フラグがセットされる。また、大当りフラグをリセットする処理を行なう。また、先読み大当りフラグがセットされているときには、当該フラグをリセットする。そして、内部状態(特別図柄プロセスフラグ)をS302に対応した値(この例では0)に更新する。   Big Hit End Process (S309): This process is executed when the value of the special symbol process flag is 7. Control for causing the microcomputer 100 for effect control to perform display control for notifying the player that the big hit gaming state has ended is performed. In addition, a process for setting a flag indicating a gaming state (for example, a probability change flag or a time reduction flag) is performed. Specifically, the probability variation flag is set when the 15R probability variation big hit symbol or 2R probability variation big hit symbol stops and the probability variation big hit is finished, and the 15R uncertain variation big hit symbol stops and the non-probable variation big hit is finished. The hourly flag is set. Also, a process for resetting the big hit flag is performed. When the prefetch big hit flag is set, the flag is reset. Then, the internal state (special symbol process flag) is updated to a value corresponding to S302 (0 in this example).
なお、先読み大当りフラグは当該保留記憶に基づく変動表示が終了したタイミングにリセットするように構成してもよい。これにより、大当り遊技中に入賞した始動入賞について後述する先読み判定を行なうことができるため、当該大当りが終了したときから先読み判定結果に基づく先読み予告演出を行なうことができる。たとえば、大当り遊技が終了した後、初回の変動表示から以降複数回の変動表示に亘り先読み予告演出を行なうことができる。   Note that the look-ahead jackpot flag may be reset at the timing when the variable display based on the hold storage ends. As a result, the pre-reading determination described later can be performed for the start-up winnings won during the big hit game, so that the pre-reading notice effect based on the pre-reading determination result can be performed from the end of the big win. For example, after the big hit game is over, the pre-reading notice effect can be performed from the first variation display to a plurality of variation displays thereafter.
小当り開放前処理(S310):特別図柄プロセスフラグの値が8であるときに実行される。小当り開放前処理では、大入賞口を開放する制御を行なう。具体的には、カウンタ(たとえば、大入賞口に入った遊技球数をカウントするカウンタ)等を初期化するとともに、ソレノイド21を駆動して大入賞口を開放状態にする。また、タイマによって大入賞口を開放する時間を設定し、内部状態(特別図柄プロセスフラグ)をS311に対応した値(この例では9)に更新する。   Small hit release pre-processing (S310): executed when the value of the special symbol process flag is 8. In the pre-opening process for small hits, control is performed to open the big winning opening. Specifically, a counter (for example, a counter that counts the number of game balls that have entered the big prize opening) is initialized, and the solenoid 21 is driven to open the big prize opening. In addition, the time for opening the special winning opening is set by the timer, and the internal state (special symbol process flag) is updated to a value corresponding to S311 (9 in this example).
小当り開放中処理(S311):特別図柄プロセスフラグの値が9であるときに実行される。小当り遊技状態中の演出制御コマンドを演出制御用マイクロコンピュータ100に送信するための制御や大入賞口の閉成条件の成立を確認する処理等を行なう。大入賞口の閉成条件が成立し、かつ、まだ残り開放回数がある場合には、内部状態(特別図柄プロセスフラグ)をS310に対応した値(この例では8)に更新する。また、すべての開放を終えた場合には、内部状態(特別図柄プロセスフラグ)をS312に対応した値(この例では10(10進数))に更新する。   Small hit release processing (S311): executed when the value of the special symbol process flag is 9. Control for transmitting the effect control command in the small hit gaming state to the microcomputer 100 for effect control, processing for confirming the establishment of the closing condition of the big prize opening, and the like are performed. If the closing condition for the special prize opening is satisfied and there are still remaining open times, the internal state (special symbol process flag) is updated to a value corresponding to S310 (8 in this example). When all the releases are completed, the internal state (special symbol process flag) is updated to a value corresponding to S312 (in this example, 10 (decimal number)).
小当り終了処理(S312):特別図柄プロセスフラグの値が10であるときに実行される。小当り遊技状態が終了したことを遊技者に報知する表示制御を演出制御用マイクロコンピュータ100に行なわせるための制御を行なう。そして、内部状態(特別図柄プロセスフラグ)をS302に対応した値(この例では0)に更新する。また、小当りフラグをリセットする処理を行なう。   Small hit end processing (S312): executed when the value of the special symbol process flag is 10. Control for causing the microcomputer 100 for effect control to perform display control for notifying the player that the small hit gaming state has ended is performed. Then, the internal state (special symbol process flag) is updated to a value corresponding to S302 (0 in this example). Further, a process for resetting the small hit flag is performed.
図15は、S301の始動口スイッチ通過処理を示すフローチャートである。第1始動口スイッチ13aと第2始動口スイッチ14aとのうちの少なくとも一方がオン状態の場合に実行される始動口スイッチ通過処理において、CPU56は、オンしたのが第1始動口スイッチ13aであるか否かを確認する(S211)。第1始動口スイッチ13aがオンしていれば、CPU56は、第1保留記憶数をカウントするための第1保留記憶数カウンタの値が4であるか否かを確認する(S212)。第1保留記憶数カウンタの値が4であれば、S221に移行する。   FIG. 15 is a flowchart showing the start-port switch passing process in S301. In the start port switch passing process executed when at least one of the first start port switch 13a and the second start port switch 14a is in the on state, the CPU 56 is turned on by the first start port switch 13a. Whether or not (S211). If the first start port switch 13a is on, the CPU 56 checks whether or not the value of the first reserved memory number counter for counting the first reserved memory number is 4 (S212). If the value of the first reserved memory number counter is 4, the process proceeds to S221.
第1保留記憶数カウンタの値が4でなければ、CPU56は、第1保留記憶数カウンタの値を1増やす(S213)。また、CPU56は、第1始動入賞口13および第2始動入賞口14への入賞順を記憶するための保留記憶特定情報記憶領域(保留特定領域)において、合計保留記憶数カウンタの値に対応した領域に、「第1」を示すデータをセットする(S214)。   If the value of the first reserved memory number counter is not 4, the CPU 56 increases the value of the first reserved memory number counter by 1 (S213). Further, the CPU 56 corresponds to the value of the total reserved storage number counter in the reserved storage specific information storage area (hold specific area) for storing the winning order to the first start winning opening 13 and the second start winning opening 14. Data indicating “first” is set in the area (S214).
この実施の形態では、第1始動口スイッチ13aがオン状態となった場合(すなわち、第1始動入賞口13に遊技球が始動入賞した場合)には「第1」を示すデータをセットし、第2始動口スイッチ14aがオン状態となった場合(すなわち、第2始動入賞口14に遊技球が始動入賞した場合)には「第2」を示すデータをセットする。たとえば、CPU56は、保留記憶特定情報記憶領域(保留特定領域)において、第1始動口スイッチ13aがオン状態となった場合には「第1」を示すデータとして01(H)をセットし、第2始動口スイッチ14aがオン状態となった場合には「第2」を示すデータとして02(H)をセットする。なお、この場合、対応する保留記憶がない場合には、保留記憶特定情報記憶領域(保留特定領域)には、00(H)がセットされている。   In this embodiment, when the first start opening switch 13a is turned on (that is, when a game ball starts and wins the first start winning opening 13), data indicating “first” is set, When the second start port switch 14a is turned on (that is, when a game ball starts and wins the second start winning port 14), data indicating “second” is set. For example, the CPU 56 sets 01 (H) as data indicating “first” when the first start port switch 13 a is turned on in the reserved storage specifying information storage area (holding specified area), 2 When the start port switch 14a is turned on, 02 (H) is set as data indicating “second”. In this case, when there is no corresponding reserved storage, 00 (H) is set in the reserved storage specific information storage area (hold specific area).
図17(A)は、保留記憶特定情報記憶領域(保留特定領域)の構成例を示す説明図である。図17(A)に示すように、保留特定領域には、合計保留記憶数カウンタの値の最大値(この例では8)に対応した領域が確保されている。なお、図17(A)には、合計保留記憶数カウンタの値が5である場合の例が示されている。図17(A)に示すように、保留特定領域には、合計保留記憶数カウンタの値の最大値(この例では8)に対応した領域が確保され、第1始動入賞口13または第2始動入賞口14への入賞に基づいて入賞順に「第1」または「第2」であることを示すデータがセットされる。したがって、保留記憶特定情報記憶領域(保留特定領域)には、第1始動入賞口13および第2始動入賞口14への入賞順が記憶される。なお、保留特定領域は、RAM55に形成されている。「RAMに形成されている」とは、RAM内の領域であることを意味する。   FIG. 17A is an explanatory diagram showing a configuration example of a reserved storage specifying information storage area (holding specified area). As shown in FIG. 17A, an area corresponding to the maximum value (8 in this example) of the total reserved memory number counter is secured in the reserved specific area. FIG. 17A shows an example in which the value of the total pending storage number counter is 5. As shown in FIG. 17A, an area corresponding to the maximum value (8 in this example) of the total reserved memory number counter is secured in the reserved specific area, and the first start winning opening 13 or the second start is determined. Data indicating “first” or “second” is set in the order of winning based on winning in the winning opening 14. Therefore, the order of winning to the first start winning opening 13 and the second starting winning opening 14 is stored in the hold storage specifying information storage area (hold specifying area). Note that the reserved specific area is formed in the RAM 55. “Formed in RAM” means an area in the RAM.
図17(B)は、保留記憶に対応する乱数等を保存する領域(保留バッファ)の構成例を示す説明図である。図17(B)に示すように、第1保留記憶バッファには、第1保留記憶数の上限値(この例では4)に対応した保存領域が確保されている。また、第2保留記憶バッファには、第2保留記憶数の上限値(この例では4)に対応した保存領域が確保されている。なお、第1保留記憶バッファおよび第2保留記憶バッファは、RAM55に形成されている。   FIG. 17B is an explanatory diagram showing a configuration example of an area (hold buffer) for storing random numbers and the like corresponding to the hold memory. As shown in FIG. 17B, a storage area corresponding to the upper limit value (4 in this example) of the first reserved storage number is secured in the first reserved storage buffer. In the second reserved storage buffer, a storage area corresponding to the upper limit value of the second reserved storage number (4 in this example) is secured. The first reserved storage buffer and the second reserved storage buffer are formed in the RAM 55.
なお、保留記憶方式は、上記のように、保有特定領域および保存領域など、複数の領域を用いるものに限らず、一の所定領域を用いて記憶されるものであってもよい。保留記憶方式は、第1始動入賞口13および第2始動入賞口14各々への入賞に起因して抽出される乱数を、第1始動入賞口13および第2始動入賞口14各々に定められた上限数(たとえば4)まで、入賞順を特定可能に記憶される方式であれば、どのような方式であってもよい。たとえば、一の領域を用いて、第1始動入賞口13および第2始動入賞口14のうちいずれへの入賞かを特定するためのデータと当該入賞に起因して抽出される乱数を特定するためのデータとを対応付けて、入賞順に、第1始動入賞口13および第2始動入賞口14各々に定められた上限数(たとえば4)まで記憶する方式であってもよい。   Note that the reserved storage method is not limited to using a plurality of areas such as the holding specific area and the storage area as described above, and may be stored using one predetermined area. In the hold storage method, random numbers extracted due to winning in each of the first starting winning port 13 and the second starting winning port 14 are determined for each of the first starting winning port 13 and the second starting winning port 14. Any method may be used as long as the winning order can be specified up to the upper limit number (for example, 4). For example, in order to specify data for specifying which one of the first start winning opening 13 and the second starting winning opening 14 is won and a random number extracted due to the winning using one area. It is also possible to store up to the upper limit number (for example, 4) determined for each of the first start winning opening 13 and the second starting winning opening 14 in the order of winning.
始動口スイッチ通過処理において、CPU56は、乱数回路503やソフトウェア乱数を生成するためのカウンタから値を抽出し、それらを、第1保留記憶バッファにおける保存領域に格納する処理を実行する(S215)。なお、S215の処理では、ランダムR(大当り判定用乱数)およびソフトウェア乱数であるランダム2−1、2−2、3、4(図6参照)が、保存領域に格納される。これにより、大当り判定用の乱数、大当り種類決定用の乱数、リーチ判定用の乱数、変動パターン種別決定用の乱数、および変動パターン決定用の乱数が抽出されて保留記憶される。なお、変動パターン決定用の乱数(ランダム4)は、変動開始時に抽出するようにしてもよい。なぜなら、本実施の形態において始動入賞時に行なわれる先読み処理では、変動パターン種別について判定されるが、変動パターンまで判定しないように構成されているためである。これにより、たとえば変動開始時にランダム4から抽出した乱数値をレジスタに読み出して変動パターンの決定に用いることができるため、乱数の格納領域を削減することができ、RAM50の使用領域を削減できる。   In the start port switch passing process, the CPU 56 extracts a value from the random number circuit 503 and a counter for generating a software random number, and executes a process of storing them in the storage area in the first reserved storage buffer (S215). In the process of S215, random R (a big hit determination random number) and random numbers 2-1, 2-2, 3, 4 (see FIG. 6) that are software random numbers are stored in the storage area. As a result, the random number for determining the big hit, the random number for determining the type of big hit, the random number for determining the reach, the random number for determining the variation pattern type, and the random number for determining the variation pattern are extracted and stored. Note that the random number (random 4) for determining the variation pattern may be extracted at the start of the variation. This is because, in the prefetching process performed at the time of starting winning in the present embodiment, the variation pattern type is determined, but the variation pattern is not determined. Thus, for example, since the random number value extracted from the random 4 at the start of variation can be read out to the register and used to determine the variation pattern, the random number storage area can be reduced, and the RAM 50 use area can be reduced.
次いで、CPU56は、第1保留記憶数と第2保留記憶数との合計である合計保留記憶数を示す合算保留記憶数カウンタの値を1増やす(S216)。そして、CPU56は、後述する先読み処理において15R大当りになると判定されたときにセットされる先読み大当りフラグがセットされているか否か、すなわち15R大当りとなる保留記憶が存在するか否かを判定する(S217)。   Next, the CPU 56 increases the value of the total pending memory number counter indicating the total pending memory number that is the sum of the first reserved memory number and the second reserved memory number by 1 (S216). Then, the CPU 56 determines whether or not a pre-read big hit flag that is set when it is determined that 15R big hit is determined in the pre-reading process described later, that is, whether or not there is a pending storage that becomes 15R big hit ( S217).
先読み大当りフラグがセットされていないときには、後述する第1先読み処理を行ない(S218)、S219に移行する。第1先読み処理においては、今回の第1始動入賞により抽出した乱数値に基づき、当りになるか否かおよび変動パターン種別がどの種別であるかを先読みする処理が行なわれる。   When the prefetch big hit flag is not set, a first prefetch process described later is performed (S218), and the process proceeds to S219. In the first look-ahead process, based on the random number value extracted by the first start winning this time, a process for pre-reading whether or not it is a win and what type of variation pattern type is performed.
S219においては、第1先読み処理における先読み判定結果に応じた第1始動入賞指定コマンドをセットする。セットされたコマンドは、演出制御コマンド制御処理(図5のS33)において、送信する処理が行なわれる。   In S219, a first start winning designation command corresponding to the prefetch determination result in the first prefetch process is set. The set command is transmitted in the effect control command control process (S33 in FIG. 5).
演出制御用マイクロコンピュータ100は、後述するように、先読み判定結果に応じた始動入賞指定コマンドに基づき、保留表示を行なうとともに、先読み予告を実行するか否かの決定を行なう。   As will be described later, the production control microcomputer 100 performs a hold display and determines whether to perform a prefetch notice, based on a start winning designation command corresponding to a prefetch determination result.
S217において先読み大当りフラグがセットされていると判定されたときには、15R大当りになる保留記憶がすでに存在するために、当該始動入賞について先読み処理を行なうことなく、S220に移行する。これにより、すでに15R大当りになる保留記憶が存在するときに、その後の保留記憶に対して先読み処理が行なわれること、および先読み予告の途中で大当りになるなど不自然な先読み予告が行なわれることを防止することができる。   If it is determined in S217 that the prefetch big hit flag has been set, there is already a reserved memory that becomes a 15R big hit, so the routine proceeds to S220 without performing the prefetch processing for the start winning. As a result, when there is a hold memory that will be a big hit of 15R, prefetch processing is performed for the subsequent hold memory, and an unnatural prefetch notice such as a big hit in the middle of the prefetch notice is performed. Can be prevented.
なお、図15の始動口スイッチ通過処理においては、S217の処理、および後述するS227の処理を行なわずに、全ての始動入賞に対して先読み処理を行なわせるようにし、演出制御用マイクロコンピュータ100側において始動入賞指定コマンドを受信したときにS217の処理とS227の処理とに相当する処理を行なうように構成してもよい。このように構成した場合であっても、先読み予告の途中で大当りになるなど不自然な先読み予告が行なわれることを防止することができる。   In the start port switch passing process of FIG. 15, the pre-read process is performed for all start winnings without performing the process of S217 and the process of S227 described later, and the effect control microcomputer 100 side When a start winning designation command is received at, a process corresponding to the process of S217 and the process of S227 may be performed. Even in such a case, it is possible to prevent an unnatural prefetching notice such as a big hit in the middle of the prefetching notice.
S220においては、判定結果なしの第1始動入賞指定コマンドをセットする。これにより、始動入賞に基づく保留表示が行なわれる。   In S220, a first start winning designation command with no determination result is set. Thereby, the hold display based on the start winning is performed.
S221〜S230については、S211〜S220で示した処理と同様に、第2始動口スイッチ14aがオンしたことを条件として、保留特定領域に「第2」をセットし抽出した乱数を第2保留記憶数バッファに保存し(S224、S225)、合算保留記憶数カウンタの値および先読み大当りフラグなどに基づいて第2先読み処理が行なわれたときには該先読み判定結果に応じた第2始動入賞指定コマンドをセットし(S229)、第2先読み処理が行なわれなかったときには判定結果なしの第2始動入賞指定コマンドをセットする(S230)処理が行なわれる。   For S221 to S230, similarly to the processing shown in S211 to S220, on the condition that the second start port switch 14a is turned on, “2nd” is set in the reserved specific area and the extracted random number is stored in the second reserved memory. Is stored in the number buffer (S224, S225), and when the second prefetch process is performed based on the value of the total pending storage number counter, the prefetch big hit flag, etc., a second start winning designation command corresponding to the prefetch determination result is set. If the second look-ahead process is not performed (S230), a second start winning designation command without a determination result is set (S230).
なお、S213〜220bの処理とS223〜230bの処理とを、1つの共通ルーチンで実現してもよい。その場合、CPU56は、まず、第1始動口スイッチ13aがオン状態になったことを検出した場合に「第1」を示すデータをセットし、第2始動口スイッチ14aがオン状態になったことを検出した場合に「第2」を示すデータをセットし、共通ルーチンで、セットされているデータに応じて、保留記憶数バッファ(第1保留記憶数バッファまたは第2保留記憶数バッファ)を選択したり始動入賞指定コマンド(第1始動入賞指定コマンドまたは第2始動入賞指定コマンド)を選択する。このようにS213〜218の処理とS223〜228の処理とを1つの共通ルーチンで実現する場合には、図17に示す保留記憶バッファを、第1保留記憶(第1特別図柄)と、第2保留記憶(第2特別図柄)とで共通使用してもよい。具体的には、そのような共通の保留記憶バッファにおいて、各保存領域に、入賞が生じた順に、「第1」,「第2」のどちらの保留記憶であるかという情報、および、抽出した乱数値(ランダムR、ランダム2−1、2−2、3、4など)を示す情報を格納していき、格納した順番にしたがって読出して変動表示に用いるようにすればよい。そして、前述した実施形態の場合と同様に、「第1」,「第2」の各保留記憶については、別個に保留記憶数の最大値を管理すればよい。   In addition, you may implement | achieve the process of S213-220b and the process of S223-230b by one common routine. In that case, the CPU 56 first sets data indicating “first” when detecting that the first start port switch 13a is turned on, and indicates that the second start port switch 14a is turned on. When data is detected, the data indicating “second” is set, and the common storage routine selects the reserved memory number buffer (first reserved memory number buffer or second reserved memory number buffer) according to the set data. Or a start prize designation command (first start prize designation command or second start prize designation command) is selected. As described above, when the processes of S213 to 218 and the processes of S223 to 228 are realized by one common routine, the reserved memory buffer shown in FIG. 17 is stored in the first reserved memory (first special symbol) and the second It may be used in common with reserved storage (second special symbol). Specifically, in such a common reserved storage buffer, information indicating whether the storage is “first” or “second” in the order in which winning occurs in each storage area, and extracted. Information indicating random values (random R, random 2-1, 2-2, 3, 4, etc.) may be stored and read according to the stored order and used for variable display. As in the case of the above-described embodiment, the maximum value of the number of reserved memories may be managed separately for each of the “first” and “second” reserved memories.
図16は、S218の第1先読み処理を示すフローチャートである。CPU56は、S215において抽出したランダムRの値が通常時の大当り判定値(図7(A)における通常時の判定値(共通の大当り判定値))であるか否かを判定する(S240)。このように、先読み処理での大当り判定においては、通常時の大当り判定値(共通の大当り判定値)が用いられる。このため、実際に変動表示を開始するときの遊技状態が確変状態であるか否かまで先読みすることなく、先読み処理において大当りと判定されたにも関わらず実際の変動表示においてはずれになるといった不都合の発生を防止することができる。なお、先読み処理における大当り判定は、確変状態中であるときには確変時であるときの大当り判定値を用いて行なってもよい。この場合でも、図15のS217やS227において先読み大当りフラグがセットされているときには先読み処理自体行なわれないため、先読み処理において大当りと判定されたにも関わらず変動開始時において大当りにならないと判定されるような、先読み処理時と変動開始時とにおいて齟齬が生じることを防止することができる。   FIG. 16 is a flowchart showing the first prefetch process of S218. The CPU 56 determines whether or not the random R value extracted in S215 is a normal jackpot determination value (normal determination value (common jackpot determination value in FIG. 7A)) (S240). Thus, in the big hit determination in the prefetch process, the normal big hit determination value (common big hit determination value) is used. For this reason, there is an inconvenience that the actual variation display is out of sight even though it is determined to be a big hit in the prefetch process without prefetching whether or not the gaming state when actually starting the variation display is the probability variation state. Can be prevented. Note that the jackpot determination in the prefetching process may be performed using the jackpot determination value at the time of the probability change when the probability change state is in effect. Even in this case, when the prefetching big hit flag is set in S217 or S227 of FIG. 15, the prefetching process itself is not performed. Thus, it is possible to prevent wrinkles from occurring at the time of the prefetching process and at the time of starting the fluctuation.
S240において、通常時の大当り判定値であると判定されたときには、図7(C)で示した第1特図用大当り種別判定テーブルを選択し(S241)、S215においてランダム2−1から抽出した値に基づいて大当り種別を判定する(S242)。そして、CPU56は、当該大当り種別が15R大当りであったか否かを判定し(S243)、15R大当りであったときには先読み大当りフラグをセットする(S244)一方、15R大当りでなかったときにはS244へ移行させずに、S245へ移行する。S245においては、S242で判定された大当り種別に応じた大当り用変動パターン種別判定テーブルを選択し、S215においてランダム3から抽出した値に基づいて変動パターン種別を判定する(S252)。なお、S240で大当りと判定されたときには、大当り種別および変動パターン種別を判定することなく、大当りを示す始動入賞指定コマンドを送信するようにしてもよい。また、S240で大当りと判定されたときには、15R大当りになるか否かを判定し、15R大当りとなるときに変動パターン種別を判定することなく、15R大当りを示す始動入賞指定コマンドを送信するようにしてもよい。   When it is determined in S240 that it is a normal big hit determination value, the first special figure big hit type determination table shown in FIG. 7C is selected (S241), and extracted from random 2-1 in S215. The jackpot type is determined based on the value (S242). Then, the CPU 56 determines whether or not the big hit type is a 15R big hit (S243). If the big hit type is a 15R big hit, the prefetch big hit flag is set (S244). On the other hand, if the 15R big hit is not found, the CPU 56 does not shift to S244. Then, the process proceeds to S245. In S245, the big hit variation pattern type determination table corresponding to the big hit type determined in S242 is selected, and the fluctuation pattern type is determined based on the value extracted from random 3 in S215 (S252). If it is determined in S240 that the game is a big hit, a start winning designation command indicating a big hit may be transmitted without determining the big hit type and the variation pattern type. Further, when it is determined in S240 that a big hit is made, it is determined whether or not a 15R big hit is made, and when the 15R big hit is made, a start winning designation command indicating 15R big hit is transmitted without determining the variation pattern type. May be.
一方、S240において通常時の大当り判定値でないと判定されたときには、小当り判定値(図7(B)、第1特図の場合には左欄の判定値参照)であるか否かを判定する(S246)。小当り判定値であると判定されたときには、図9(E)に示す小当り用変動パターン種別判定テーブルを選択し(S247)、S252に移行してランダム3から抽出した値に基づいて変動パターン種別を判定する。   On the other hand, when it is determined in S240 that it is not the normal big hit determination value, it is determined whether or not the small hit determination value (see the determination value in the left column in the case of the first special figure). (S246). When it is determined that the value is a small hit determination value, the variation pattern type determination table for small hits shown in FIG. 9E is selected (S247), and the process proceeds to S252 to change the pattern based on the value extracted from random 3 Determine the type.
S246において小当り判定値でないと判定されたときには、図8に示すリーチ判定テーブルを参照し、保留記憶数が6〜8の判定値(共通のリーチ判定値)とS215において抽出したランダム2−2からの値とに応じてリーチの有無を判定する(S248)。このように、先読み処理でのリーチ判定においては、保留記憶数が6〜8の判定値(共通のリーチ判定値)が用いられる。このため、たとえば、先読み処理においてリーチと判定されたにも関わらず実際の変動表示においてリーチにならないといった不都合の発生を防止することができる。   When it is determined in S246 that it is not the small hit determination value, the reach determination table shown in FIG. 8 is referred to, and the determination value of 6 to 8 (the common reach determination value) and the random 2-2 extracted in S215. The presence / absence of reach is determined according to the value from (S248). Thus, in the reach determination in the prefetch process, a determination value (common reach determination value) with the number of reserved storages of 6 to 8 is used. For this reason, for example, it is possible to prevent the occurrence of inconvenience that the reach is not reached in the actual variation display even though the reach is determined in the prefetch process.
S248による判定の結果、リーチにするか否かを判定し(S249)、リーチにすると判定されたときには、図9(B)に示すはずれリーチ用変動パターン種別判定テーブルを選択し(S250)、リーチにしないと判定されたときには、図9(A)に示す非リーチはずれ用変動パターン種別判定テーブルを選択し(S251)、S252に移行してランダム3から抽出した値に基づいて変動パターン種別を判定する。   As a result of the determination in S248, it is determined whether or not to reach (S249). When it is determined to reach, the variation pattern type determination table for detachment reach shown in FIG. 9B is selected (S250), and reach is determined. When it is determined not to be selected, the non-reach deviation variation pattern type determination table shown in FIG. 9A is selected (S251), and the process proceeds to S252 to determine the variation pattern type based on the value extracted from random 3 To do.
なお、変動表示の開始条件が成立したときの保留記憶数に応じて異なる割合で変動パターン種別を選択し、かつ特定変動パターン種別については保留記憶数に関わらず共通の判定値が割り当てられている場合、S252においては、共通の判定値(保留記憶数に関わらず常に特定変動パターンに決定される判定値)を用いて特定変動パターン種別となるか否かを先読み判定するように構成してもよい。これにより、たとえば保留記憶数に応じて特定変動パターン種別に決定される確率が低下し、特定変動パターンが実行される頻度が著しく低くなることを防止することができる。また、先読みで特定変動パターン種別と判定されたときには、実際の変動表示においても特定変動パターンにより変動表示が行なわれる。その結果、たとえば、先読み処理において特定変動パターンにより変動表示が行なわれてスーパーリーチBが実行されると判定されたにも関わらず実際の変動表示において特定変動パターンにより変動表示が行なわれずスーパーリーチBが実行されないといった不都合の発生を防止することができる。   Note that the variation pattern type is selected at a different rate depending on the number of reserved storages when the start condition of the variable display is satisfied, and a common determination value is assigned to the specific variation pattern type regardless of the number of reserved storages. In this case, in S252, it may be configured to use a common determination value (determination value that is always determined as a specific variation pattern regardless of the number of reserved storages) to determine whether or not the specific variation pattern type is determined in advance. Good. As a result, for example, the probability of being determined as the specific variation pattern type according to the number of reserved memories can be reduced, and the frequency with which the specific variation pattern is executed can be prevented from being significantly reduced. Further, when it is determined that the specific variation pattern type is determined by prefetching, the actual variation display is also performed using the specific variation pattern. As a result, for example, although it is determined that the super-reach B is executed by performing the change display by the specific change pattern in the prefetching process, the change display is not performed by the specific change pattern in the actual change display. It is possible to prevent the occurrence of inconvenience such as not being executed.
図16において第1先読み処理について説明したが、第2先読み処理においても、第1先読み処理と同様に、第2始動入賞に基づき抽出した乱数値に基づき所定のテーブルを参照して先読み判定を行なう処理が行なわれる。具体的に、第2先読み処理においては、第1先読み処理における「第1」を「第2」に読み換え、かつ、S243に相当する判定処理を行なわずに、S242に相当する処理を実行した後にS244に相当する処理に移行する。   Although the first prefetch process has been described with reference to FIG. 16, in the second prefetch process, as in the first prefetch process, the prefetch determination is performed with reference to a predetermined table based on the random number value extracted based on the second start winning prize. Processing is performed. Specifically, in the second prefetch process, “first” in the first prefetch process is replaced with “second”, and the process corresponding to S242 is performed without performing the determination process corresponding to S243. Later, the process proceeds to S244.
図18および図19は、特別図柄プロセス処理における特別図柄通常処理(S302)を示すフローチャートである。特別図柄通常処理において、CPU56は、合算保留記憶数の値を確認する(S51)。具体的には、合算保留記憶数カウンタのカウント値を確認する。合算保留記憶数が0であれば処理を終了する。   18 and 19 are flowcharts showing the special symbol normal process (S302) in the special symbol process. In the special symbol normal process, the CPU 56 confirms the value of the total number of reserved storage (S51). Specifically, the count value of the total pending storage number counter is confirmed. If the total pending storage number is 0, the process is terminated.
合算保留記憶数が0でなければ、CPU56は、保留特定領域(図17(A)参照)に設定されているデータのうち1番目のデータが「第1」を示すデータであるか否か確認する(S52)。「第1」を示すデータであれば、特別図柄ポインタ(第1特別図柄について特別図柄プロセス処理を行なっているのか第2特別図柄について特別図柄プロセス処理を行なっているのかを示すフラグ)に「第1」を示すデータを設定する(S53)。「第1」を示すデータでなければ、すなわち「第2」を示すデータであれば、特別図柄ポインタに「第2」を示すデータを設定する(S54)。   If the total pending storage number is not 0, the CPU 56 checks whether or not the first data among the data set in the pending specific area (see FIG. 17A) is data indicating “first”. (S52). If it is data indicating “first”, a special symbol pointer (a flag indicating whether special symbol process processing is being performed for the first special symbol or special symbol process processing is being performed for the second special symbol) is set to “first”. 1 "is set (S53). If it is not data indicating “first”, that is, if it is data indicating “second”, data indicating “second” is set in the special symbol pointer (S54).
CPU56は、RAM55において、特別図柄ポインタが示す方の保留記憶数=1に対応する保存領域に格納されている各乱数値を読出してRAM55の乱数バッファ領域に格納する(S55)。具体的には、CPU56は、特別図柄ポインタが「第1」を示している場合には、第1保留記憶数バッファにおける第1保留記憶数=1に対応する保存領域に格納されている各乱数値を読出してRAM55の乱数バッファ領域に格納する。また、CPU56は、特別図柄ポインタが「第2」を示している場合には、第2保留記憶数バッファにおける第2保留記憶数=1に対応する保存領域に格納されている各乱数値を読出してRAM55の乱数バッファ領域に格納する。   In the RAM 55, the CPU 56 reads out each random number value stored in the storage area corresponding to the reserved storage number = 1 indicated by the special symbol pointer, and stores it in the random number buffer area of the RAM 55 (S55). Specifically, when the special symbol pointer indicates “first”, the CPU 56 determines each disturbance stored in the storage area corresponding to the first reserved memory number = 1 in the first reserved memory number buffer. The numerical value is read and stored in the random number buffer area of the RAM 55. Further, when the special symbol pointer indicates “second”, the CPU 56 reads out each random number value stored in the storage area corresponding to the second reserved memory number = 1 in the second reserved memory number buffer. And stored in the random number buffer area of the RAM 55.
そして、CPU56は、特別図柄ポインタが示す方の保留記憶数カウンタのカウント値を1減算し、かつ、保留特定領域および保存領域各々の内容をシフトする(S56)。具体的には、CPU56は、特別図柄ポインタが「第1」を示している場合には、第1保留記憶数カウンタのカウント値を1減算し、かつ、第1保留記憶数バッファにおける各保存領域の内容をシフトする。また、特別図柄ポインタが「第2」を示している場合に、第2保留記憶数カウンタのカウント値を1減算し、かつ、第2保留記憶数バッファにおける各保存領域の内容をシフトする。   Then, the CPU 56 subtracts 1 from the count value of the reserved memory number counter indicated by the special symbol pointer, and shifts the contents of the reserved specific area and the storage area (S56). Specifically, when the special symbol pointer indicates “first”, the CPU 56 decrements the count value of the first reserved memory number counter by 1, and saves each storage area in the first reserved memory number buffer. Shift the contents of. When the special symbol pointer indicates “second”, the count value of the second reserved memory number counter is decremented by 1, and the contents of each storage area in the second reserved memory number buffer are shifted.
すなわち、CPU56は、特別図柄ポインタが「第1」を示している場合に、RAM55の第1保留記憶数バッファにおいて第1保留記憶数=n(n=2,3,4)に対応する保存領域に格納されている各乱数値を、第1保留記憶数=n−1に対応する保存領域に格納する。また、特別図柄ポインタが「第2」を示す場合に、RAM55の第2保留記憶数バッファにおいて第2保留記憶数=n(n=2,3,4)に対応する保存領域に格納されている各乱数値を、第2保留記憶数=n−1に対応する保存領域に格納する。   That is, when the special symbol pointer indicates “first”, the CPU 56 saves the first reserved memory number = n (n = 2, 3, 4) in the first reserved memory number buffer of the RAM 55. Are stored in a storage area corresponding to the first reserved memory number = n−1. Further, when the special symbol pointer indicates “second”, it is stored in the storage area corresponding to the second reserved memory number = n (n = 2, 3, 4) in the second reserved memory number buffer of the RAM 55. Each random number value is stored in a storage area corresponding to the second reserved memory number = n−1.
よって、各第1保留記憶数(または、各第2保留記憶数)に対応するそれぞれの保存領域に格納されている各乱数値が抽出された順番は、常に、第1保留記憶数(または、第2保留記憶数)=1,2,3,4の順番と一致するようになっている。   Therefore, the order in which each random value stored in each storage area corresponding to each first reserved memory number (or each second reserved memory number) is extracted is always the first reserved memory number (or (Second reserved storage number) = 1, 2, 3 and 4 in order.
そして、CPU56は、合算保留記憶数カウンタのカウント値をRAM55の所定の領域に保存した後(S57)、合算保留記憶数の値を1減らす。すなわち、合算保留記憶数カウンタのカウント値を1減算する(S58)。   Then, the CPU 56 stores the count value of the total pending storage number counter in a predetermined area of the RAM 55 (S57), and then decreases the value of the total pending storage number by one. That is, 1 is subtracted from the count value of the total pending storage number counter (S58).
特別図柄通常処理では、第1始動入賞口13を対象として処理を実行することを示す「第1」を示すデータすなわち第1特別図柄を対象として処理を実行することを示す「第1」を示すデータ、または第2始動入賞口14を対象として処理を実行することを示す「第2」を示すデータすなわち第2特別図柄を対象として処理を実行することを示す「第2」を示すデータが、特別図柄ポインタに設定される。そして、特別図柄プロセス処理における以降の処理では、特別図柄ポインタに設定されているデータに応じた処理が実行される。よって、S302〜S312の処理を、第1特別図柄を対象とする場合と第2特別図柄を対象とする場合とで共通化することができる。   In the special symbol normal process, data indicating “first” indicating that the process is executed for the first start winning opening 13, that is, “first” indicating that the process is executed for the first special symbol is indicated. Data, or data indicating “second” indicating that the process is performed on the second start winning opening 14, that is, data indicating “second” indicating that the process is performed on the second special symbol, Set to a special symbol pointer. In the subsequent processing in the special symbol process, processing corresponding to the data set in the special symbol pointer is executed. Therefore, the process of S302-S312 can be made common in the case where the first special symbol is the target and the case where the second special symbol is the target.
次いで、CPU56は、乱数バッファ領域からランダムR(大当り判定用乱数)を読出し、当り判定を実行する(S61、S62)。当り判定では、遊技状態に応じて予め決められている大当り判定値(図7(A)、(B)参照)と大当り判定用乱数とを比較し、それらが一致したら大当りまたは小当りとすることに決定する処理を実行する。なお、変動開始時における当り判定では、現在の遊技状態に対応する判定値が用いられる。このため、先読み時において当りでないと判定されたときであっても変動開始時において当りと判定される場合が生じ得る。その結果、前述した先読み予告が行なわれていないときであっても、当りになることに対し遊技者に期待感を抱かせることができる。   Next, the CPU 56 reads a random R (a big hit determination random number) from the random number buffer area and executes a hit determination (S61, S62). In the hit determination, the big hit determination value (see FIGS. 7A and 7B) determined in advance according to the gaming state is compared with the big hit determination random number, and if they match, the big hit or the small hit is determined. Execute the process to determine. In the hit determination at the start of variation, a determination value corresponding to the current gaming state is used. For this reason, even when it is determined not to be a hit at the time of pre-reading, a case where it is determined to be a hit at the start of fluctuation may occur. As a result, even when the above-described pre-reading notice is not performed, the player can have a sense of expectation for winning.
当り判定では、遊技状態が確変状態(高確率状態)の場合は、遊技状態が非確変状態(通常遊技状態および時短状態)の場合よりも、大当りとなる確率が高くなるように構成されている。具体的には、予め大当り判定値の数が多く設定されている確変時大当り判定テーブル(ROM54における図7(A)の右側の数値が設定されているテーブル)と、大当り判定値の数が確変時大当り判定テーブルよりも少なく設定されている通常時大当り判定テーブル(ROM54における図7(A)の左側の数値が設定されているテーブル)とが設けられている。そして、CPU56は、遊技状態が確変状態であるか否かを確認し、遊技状態が確変状態であるときは、確変時大当り判定テーブルを使用して大当りの判定の処理を行ない、遊技状態が通常遊技状態であるときは、通常時大当り判定テーブルを使用して大当りの判定の処理を行なう。すなわち、CPU56は、大当り判定用乱数(ランダムR)の値が図7(A)に示すいずれかの大当り判定値に一致すると、特別図柄に関して大当り(確変大当りまたは通常大当り)とすることに決定する。S61において大当りとすることに決定した場合には、S71に移行する。なお、大当りとするか否か決定するということは、大当り遊技状態に移行させるか否か決定するということであるが、特別図柄表示器における停止図柄を大当り図柄とするか否か決定するということでもある。   In the hit determination, when the gaming state is a probability variation state (high probability state), the probability that a big hit will be higher than when the gaming state is a non-probability variation state (a normal gaming state and a short time state). . Specifically, a jackpot determination table (a table in which the numerical value on the right side of FIG. 7A in the ROM 54 is set) in which a large number of jackpot determination values are set in advance, and the number of jackpot determination values are definitely changed. There is provided a normal big hit determination table (a table in which the numerical values on the left side of FIG. 7A in the ROM 54 are set) set to be smaller than the hour big hit determination table. Then, the CPU 56 checks whether or not the gaming state is a probability variation state. When the gaming state is a probability variation state, the CPU 56 performs a jackpot determination process using the probability variation jackpot determination table. When in the gaming state, the big hit determination process is performed using the normal big hit determination table. That is, when the value of the big hit determination random number (random R) matches one of the big hit determination values shown in FIG. 7A, the CPU 56 determines that the special symbol is a big hit (probability big hit or normal big hit). . If it is determined to be a big hit in S61, the process proceeds to S71. Note that deciding whether to win or not is to decide whether or not to shift to the big hit gaming state, but to decide whether or not to stop the special symbol display as a big hit symbol. But there is.
なお、現在の遊技状態が確変状態であるか否かの確認は、確変フラグがセットされているか否かにより行なわれる。確変フラグは、遊技状態を確変状態に移行するときにセットされ、確変状態を終了するときにリセットされる。具体的に、確変フラグは、確変大当りまたは突然確変大当りとすることに決定されたときに、大当り遊技を終了する処理においてセットされ、次の大当りが発生したときの大当り遊技の開始時においてリセットされる(次の大当りが確変となる大当りであっても、大当り遊技の開始時に一旦リセットされる)。   Note that whether or not the current gaming state is the probability variation state is determined by whether or not the probability variation flag is set. The probability variation flag is set when the gaming state is shifted to the probability variation state, and is reset when the probability variation state is terminated. Specifically, the probability change flag is set in the process of ending the big hit game when it is determined to be the probability change big hit or suddenly the probability change big hit, and is reset at the start of the big hit game when the next big hit occurs. (Even if the next big hit is a promising big hit, it is reset once at the start of the big hit game).
ランダムRの値が大当り判定値のいずれにも一致しない場合には、ランダムRの値が小当り判定値のいずれかと一致するか否か確認する(S62)。一致した場合には、小当りフラグをセットする(S63)。そして、S75に移行する。小当り判定値に一致しない場合には、そのままS75に移行する。   If the random R value does not match any of the big hit determination values, it is checked whether the random R value matches any of the small hit determination values (S62). If they match, a small hit flag is set (S63). Then, the process proceeds to S75. If it does not coincide with the small hit determination value, the process proceeds to S75 as it is.
S71では、CPU56は、大当りフラグをセットする。そして、大当り種別を複数種類のうちのいずれかに決定するために使用するテーブルとして、第1特別図柄を対象とする場合には図7(C)に示すテーブルを選択し、第2特別図柄を対象とする場合には図7(D)に示すテーブルを選択する(S72)。乱数バッファ領域に格納された大当り種別判定用の乱数(ランダム2−1)の値と一致する値に対応した種別(「15R確変」、「15R非確変」、「2R確変」)を大当りの種別に決定する(S73)。また、決定した大当りの種別を示すデータをRAM55における大当り種別バッファに設定する(S74)。たとえば、大当り種別が「15R確変」の場合には大当り種別を示すデータとして「01」が設定され、大当り種別が「15R非確変」の場合には大当り種別を示すデータとして「02」が設定され、大当り種別が「2R確変」の場合には大当り種別を示すデータとして「03」が設定される。   In S71, the CPU 56 sets a big hit flag. Then, as a table used to determine the jackpot type as one of a plurality of types, when the first special symbol is targeted, the table shown in FIG. 7C is selected, and the second special symbol is selected. When the target is selected, the table shown in FIG. 7D is selected (S72). The type corresponding to the value ("15R probability variation", "15R uncertain variation", "2R probability variation") corresponding to the value of the random number (random 2-1) for determining the jackpot type stored in the random number buffer area is the type of jackpot (S73). Further, the data indicating the determined jackpot type is set in the jackpot type buffer in the RAM 55 (S74). For example, when the jackpot type is “15R probability change”, “01” is set as data indicating the jackpot type, and when the jackpot type is “15R non-changeable”, “02” is set as data indicating the jackpot type. When the jackpot type is “2R probability variation”, “03” is set as data indicating the jackpot type.
次いで、CPU56は、特別図柄の停止図柄を決定する(S75)。具体的には、大当りフラグおよび小当りフラグがセットされていない場合には、はずれ図柄となる「8」を特別図柄の停止図柄に決定する。小当りフラグがセットされている場合には、小当り図柄となる「7」を特別図柄の停止図柄に決定する。大当りフラグがセットされている場合には、大当り種別の決定結果に応じて、大当り図柄となる「1」〜「6」のいずれかを特別図柄の停止図柄に決定する。すなわち、大当り種別を「2R確変」に決定した場合には、2R大当り図柄となる「6」を特別図柄の停止図柄に決定する。「15R確変」に決定した場合には「1」〜「3」のいずれかを、「15R非確変」に決定した場合には「4」または「5」を、特別図柄の停止図柄に決定する。   Next, the CPU 56 determines a stop symbol of the special symbol (S75). Specifically, when the big hit flag and the small hit flag are not set, “8” as the off symbol is determined as the special symbol stop symbol. When the small hit flag is set, “7” as the small hit symbol is determined as a special symbol stop symbol. When the big hit flag is set, according to the determination result of the big hit type, any one of “1” to “6” as the big hit symbol is determined as the special symbol stop symbol. That is, when the big hit type is determined to be “2R probability variation”, “6” which is the 2R big hit symbol is determined as a special symbol stop symbol. When “15R probability variation” is determined, any one of “1” to “3” is determined, and when “15R non-probability variation” is determined, “4” or “5” is determined as a special symbol stop symbol. .
そして、特別図柄プロセスフラグの値を変動パターン設定処理(S303)に対応した値に更新する(S76)。   Then, the value of the special symbol process flag is updated to a value corresponding to the variation pattern setting process (S303) (S76).
図20は、特別図柄プロセス処理における変動パターン設定処理(S303)を示すフローチャートである。変動パターン設定処理において、CPU56は、大当りフラグがセットされているか否か確認する(S95)。   FIG. 20 is a flowchart showing the variation pattern setting process (S303) in the special symbol process. In the variation pattern setting process, the CPU 56 checks whether or not the big hit flag is set (S95).
大当りフラグがセットされている場合には、変動パターン種別を複数種類のうちのいずれかに決定するために使用するテーブルとして、S74で記憶される大当り種別に基づいたテーブルを選択する(S96)。たとえば、15R確変大当りであったときには、図10の15R大当り時判定テーブルの15R確変大当りのテーブルを選択し、2R確変大当りであったときには、図11の2R確変・小当り時判定テーブルを選択する。そして、S103に移行する。   When the big hit flag is set, a table based on the big hit type stored in S74 is selected as a table used to determine the variation pattern type as one of a plurality of types (S96). For example, when it is 15R probability variation big hit, the 15R probability variation big hit table of FIG. 10 is selected, and when it is 2R probability variation big hit, the 2R probability variation / small hit judgment table of FIG. 11 is selected. . Then, the process proceeds to S103.
大当りフラグがセットされていない場合には、小当りフラグがセットされているか否か確認する(S97)。小当りフラグがセットされている場合(S97でYの場合)には、図11の2R確変・小当り時判定テーブルを選択する(S98)。そして、S103に移行する。   If the big hit flag is not set, it is confirmed whether or not the small hit flag is set (S97). If the small hit flag is set (Y in S97), the 2R probability change / small hit determination table of FIG. 11 is selected (S98). Then, the process proceeds to S103.
S97で小当りフラグがセットされていない場合(S97でNの場合)、すなわち、大当りフラグも小当りフラグもセットされていない場合には、図8に示すリーチ判定テーブルを参照して、現在の保留記憶数と乱数バッファ領域に格納されたリーチ判定用の乱数(ランダム2−2)の値とに応じて、リーチ状態にするか否かを決定する(S99)。   When the small hit flag is not set in S97 (N in S97), that is, when neither the big hit flag nor the small hit flag is set, the reach determination table shown in FIG. Whether or not to reach the reach state is determined according to the reserved storage number and the value of the random number for reach determination (random 2-2) stored in the random number buffer area (S99).
そして、S99による決定において、リーチ状態にすることに決定したか否かを判定する(S100)。リーチ状態にすることに決定した場合には、図9(B)に示すテーブルを選択する(S101)。一方、リーチ状態にしないことに決定した場合には、図9(A)に示すテーブルを選択する(S102)。そして、S103に移行する。   Then, in the determination in S99, it is determined whether or not it has been determined to enter the reach state (S100). When it is determined to reach the reach state, the table shown in FIG. 9B is selected (S101). On the other hand, if it is decided not to reach the reach state, the table shown in FIG. 9A is selected (S102). Then, the process proceeds to S103.
S103では、CPU56は、S96、S98、S101、およびS102のうちいずれかにより選択されたテーブルの判定値にしたがい、乱数バッファ領域に格納された変動パターン種別判定用の乱数(ランダム3)の値に基づいて、変動パターン種別を決定する。なお、変動開始時におけるリーチ判定では、現在の保留記憶数に対応する判定値が用いられる。このため、先読み時においてリーチでないと判定されたときであっても変動開始時においてリーチと判定される場合や、先読み時において特定変動パターン種別でないと判定されたときであっても変動開始時において特定変動パターンが選択される場合が生じ得る。その結果、前述した先読み予告が行なわれていないときであっても、スーパーリーチBにより変動表示が行なわれること、および15R大当りが発生することに対し遊技者に期待感を抱かせることができる。   In S103, the CPU 56 sets the random number (random 3) for determining the variation pattern type stored in the random number buffer area according to the determination value of the table selected in any of S96, S98, S101, and S102. Based on this, the variation pattern type is determined. In the reach determination at the start of fluctuation, a determination value corresponding to the current number of reserved memories is used. For this reason, even when it is determined that it is not reach at the time of prefetching, it is determined that reach is reached at the start of variation, or even when it is determined that it is not a specific variation pattern type at the time of prefetching, It may happen that a specific variation pattern is selected. As a result, even when the above-mentioned pre-reading notice is not performed, the player can have a sense of expectation that the variable display is performed by the super reach B and that the 15R jackpot is generated.
なお、変動表示の開始条件が成立したときの保留記憶数に応じて異なる割合で変動パターン種別を選択する場合、S103においては、S96、S98、S101、およびS102のうちいずれかにより選択されたテーブルのうち現在の保留記憶数に対応する判定値にしたがい、乱数バッファ領域に格納された変動パターン種別判定用の乱数(ランダム3)の値に基づいて、変動パターン種別を決定する。この場合には、先読み時において特定変動パターン種別でないと判定されたときであっても変動開始時において特定変動パターンが選択される場合が生じ得る。その結果、前述した先読み予告が行なわれていないときであっても、スーパーリーチBにより変動表示が行なわれること、および15R大当りが発生することに対し遊技者に期待感をより一層向上させることができる。   When the variation pattern type is selected at a different rate according to the number of reserved storage when the variation display start condition is satisfied, in S103, the table selected by any one of S96, S98, S101, and S102. The variation pattern type is determined based on the value of the random number (random 3) for determining the variation pattern type stored in the random number buffer area in accordance with the determination value corresponding to the current number of reserved memories. In this case, the specific variation pattern may be selected at the start of variation even when it is determined that the type is not the specific variation pattern type at the time of prefetching. As a result, even when the above-mentioned pre-reading notice is not performed, it is possible to further improve the player's expectation with respect to the fact that fluctuating display is performed by Super Reach B and the occurrence of 15R jackpot. it can.
次いで、CPU56は、S103で決定された変動パターン種別に応じた変動パターン判定テーブル(図10参照)を選択する(S104)。また、CPU56は、S104により選択されたテーブルを参照して、乱数バッファ領域に格納された変動パターン判定用の乱数(ランダム4)の値に基づいて、変動パターンを決定する(S105)。   Next, the CPU 56 selects a variation pattern determination table (see FIG. 10) corresponding to the variation pattern type determined in S103 (S104). Further, the CPU 56 refers to the table selected in S104 and determines the variation pattern based on the value of the variation pattern determination random number (random 4) stored in the random number buffer area (S105).
次いで、決定した変動パターンに対応する演出制御コマンド(変動パターンコマンド)をセットする(S106)。これにより、変動パターンコマンドが図5のS33において、演出制御用マイクロコンピュータ100に送信される。   Next, an effect control command (variation pattern command) corresponding to the determined variation pattern is set (S106). Thereby, the fluctuation pattern command is transmitted to the production control microcomputer 100 in S33 of FIG.
なお、変動パターンコマンドをセットする際には、変動表示を開始させる特別図柄に対応する図柄変動指定コマンドもセットされる。これにより、図柄変動指定コマンドが図5のS33において、演出制御用マイクロコンピュータ100に送信される。なお、図柄変動指定コマンドは、変動パターンコマンドと共に同一割込処理において演出制御用マイクロコンピュータ100に送信されるように構成してもよい。また、本実施の形態では、後述するように、図21の表示結果指定コマンド送信処理において、表示結果指定コマンドがセットされる。これにより、表示結果指定コマンドが図5のS33において、演出制御用マイクロコンピュータ100に送信される。その結果、たとえば、変動開始時において図5のタイマ割込処理が行なわれたときに図柄変動指定コマンドが送信され、次のタイマ割込処理が行なわれたときに変動パターンコマンドが送信され、その次のタイマ割込処理が行なわれたときに表示結果指定コマンドが送信される。   When the variation pattern command is set, a symbol variation designation command corresponding to a special symbol for starting variation display is also set. As a result, the symbol variation designation command is transmitted to the production control microcomputer 100 in S33 of FIG. The symbol variation designation command may be configured to be transmitted to the effect control microcomputer 100 together with the variation pattern command in the same interrupt process. In the present embodiment, as will be described later, a display result designation command is set in the display result designation command transmission process of FIG. Thereby, the display result designation command is transmitted to the production control microcomputer 100 in S33 of FIG. As a result, for example, when the timer interrupt process of FIG. 5 is performed at the start of the variation, the symbol variation designation command is transmitted, and when the next timer interrupt processing is performed, the variation pattern command is transmitted. When the next timer interrupt process is performed, a display result designation command is transmitted.
また、特別図柄の変動を開始する(S107)。たとえば、S38の特別図柄表示制御処理で参照される特別図柄に対応した開始フラグをセットする。また、RAM55に形成されている変動時間タイマに、選択された変動パターンに対応した変動時間に応じた値を設定する(S108)。そして、特別図柄プロセスフラグの値を表示結果指定コマンド送信処理(S304)に対応した値に更新する(S109)。   Also, the special symbol change is started (S107). For example, the start flag corresponding to the special symbol referred to in the special symbol display control process of S38 is set. Further, a value corresponding to the variation time corresponding to the selected variation pattern is set in the variation time timer formed in the RAM 55 (S108). Then, the value of the special symbol process flag is updated to a value corresponding to the display result designation command transmission process (S304) (S109).
図21は、表示結果指定コマンド送信処理(S304)を示すフローチャートである。表示結果指定コマンド送信処理において、CPU56は、決定されている大当りの種別、小当り、はずれに応じて、表示結果1指定〜表示結果5指定のいずれかの演出制御コマンド(図12参照)を送信するための制御を行なう。具体的には、CPU56は、まず、大当りフラグがセットされているか否か確認する(S110)。大当りフラグがセットされている場合には、大当りの種別(15Rか否か、確変か否か)に応じた表示結果指定コマンドをセットする(S111)。これにより、表示結果指定コマンドが図5のS33において、演出制御用マイクロコンピュータ100に送信される。   FIG. 21 is a flowchart showing the display result designation command transmission process (S304). In the display result designation command transmission process, the CPU 56 transmits one of the presentation control commands (display result 1 designation to display result 5 designation) (see FIG. 12) in accordance with the determined big hit type, small hit, and loss. Control to do. Specifically, the CPU 56 first checks whether or not the big hit flag is set (S110). When the big hit flag is set, a display result designation command corresponding to the big hit type (whether it is 15R or not) is set (S111). Thereby, the display result designation command is transmitted to the production control microcomputer 100 in S33 of FIG.
S110において、大当りフラグがセットされていない場合には、S112に移行し、小当りフラグがセットされているか否か確認する。CPU56は、S112の処理で小当りフラグがセットされていることを確認したときには、表示結果5指定コマンドをセットする(S113)。小当りフラグがセットされていないときには、表示結果1指定コマンドをセットする(S114)。これにより、セットされた表示結果指定コマンドが図5のS33において、演出制御用マイクロコンピュータ100に送信される。   In S110, when the big hit flag is not set, the process proceeds to S112, and it is confirmed whether or not the small hit flag is set. When the CPU 56 confirms that the small hit flag is set in the process of S112, the CPU 56 sets a display result 5 designation command (S113). When the small hit flag is not set, a display result 1 designation command is set (S114). Thereby, the set display result designation command is transmitted to the production control microcomputer 100 in S33 of FIG.
そして、合算保留記憶数を1減算することを指定する保留記憶数減算指定コマンドを送信する(S115)。なお、保留記憶数減算指定コマンドを送信せずに、減算後の合算保留記憶数を指定する合算保留記憶数指定コマンドを送信してもよい。また、CPU56は、送信した表示結果指定コマンドをRAM55における演出図柄種類格納領域に保存しておく。   Then, a reserved memory number subtraction designation command for designating that the total reserved memory number is decremented by 1 is transmitted (S115). Instead of transmitting the reserved storage number subtraction designation command, a combined pending storage number designation command for designating the total pending storage number after subtraction may be transmitted. Further, the CPU 56 stores the transmitted display result designation command in the effect symbol type storage area in the RAM 55.
その後、CPU56は、特別図柄プロセスフラグの値を特別図柄変動中処理(S305)に対応した値に更新する(S116)。   Thereafter, the CPU 56 updates the value of the special symbol process flag to a value corresponding to the special symbol changing process (S305) (S116).
図22は、特別図柄プロセス処理における特別図柄変動中処理(S305)を示すフローチャートである。特別図柄変動中処理において、CPU56は、変動時間タイマを1減算し(S125)、変動時間タイマがタイムアウトしたら(S126)、特別図柄プロセスフラグの値を特別図柄停止処理(S306)に対応した値に更新する(S127)。変動時間タイマがタイムアウトしていない場合には、そのまま処理を終了する。   FIG. 22 is a flowchart showing the special symbol changing process (S305) in the special symbol process. In the special symbol changing process, the CPU 56 subtracts 1 from the variable time timer (S125), and when the variable time timer times out (S126), the value of the special symbol process flag is set to a value corresponding to the special symbol stop process (S306). Update (S127). If the variable time timer has not timed out, the process ends.
図23は、特別図柄プロセス処理における特別図柄停止処理(S306)を示すフローチャートである。特別図柄停止処理において、CPU56は、S37の特別図柄表示制御処理で参照される終了フラグをセットして特別図柄の変動を終了させ、第1特別図柄表示器8aまたは第2特別図柄表示器8bに停止図柄を導出表示する制御を行なう(S131)。なお、特別図柄ポインタに「第1」を示すデータが設定されている場合には第1特別図柄表示器8aでの第1特別図柄の変動を終了させ、特別図柄ポインタに「第2」を示すデータが設定されている場合には第2特別図柄表示器8bでの第2特別図柄の変動を終了させる。また、演出制御用マイクロコンピュータ100に図柄確定指定コマンドをセットする(S132)。これにより、図柄確定指定コマンドが図5のS33において、演出制御用マイクロコンピュータ100に送信される。そして、大当りフラグがセットされていない場合には、S139に移行する(S133)。   FIG. 23 is a flowchart showing the special symbol stop process (S306) in the special symbol process. In the special symbol stop process, the CPU 56 sets the end flag referred to in the special symbol display control process of S37 to end the variation of the special symbol, and the first special symbol display unit 8a or the second special symbol display unit 8b Control for deriving and displaying the stop symbol is performed (S131). If data indicating “first” is set in the special symbol pointer, the variation of the first special symbol on the first special symbol display 8a is terminated, and “second” is indicated in the special symbol pointer. When data is set, the variation of the second special symbol on the second special symbol display 8b is terminated. Further, a symbol confirmation designation command is set in the production control microcomputer 100 (S132). Thereby, the symbol confirmation designation command is transmitted to the production control microcomputer 100 in S33 of FIG. If the big hit flag is not set, the process proceeds to S139 (S133).
大当りフラグがセットされている場合には、CPU56は、確変フラグおよび時短フラグをリセットし(S134)、演出制御用マイクロコンピュータ100に大当り開始指定コマンドをセットする(S135)。これにより、大当り開始指定コマンドが図5のS33において、演出制御用マイクロコンピュータ100に送信される。具体的には、大当りの種別が15R確変大当りである場合には大当り開始2指定コマンドを送信する。大当りの種別が突然確変大当りである場合には小当り/突確開始指定コマンドを送信する。大当りの種別が15R非確変大当りである場合には大当り開始1指定コマンドを送信する。なお、大当りの種別が確変大当りまたは突然確変大当りであるか否かは、RAM55に記憶されている大当り種別を示すデータ(大当り種別バッファに記憶されているデータ)に基づいて判定される。   When the big hit flag is set, the CPU 56 resets the probability variation flag and the hourly flag (S134), and sets a big hit start designation command to the effect control microcomputer 100 (S135). Thereby, the big hit start designation command is transmitted to the production control microcomputer 100 in S33 of FIG. Specifically, when the type of jackpot is 15R probability variation jackpot, a jackpot start 2 designation command is transmitted. When the big hit type is suddenly a probable big hit, a small hit / surprise start designation command is transmitted. When the big hit type is 15R non-probable big hit, a big hit start 1 designation command is transmitted. Whether or not the big hit type is a probable big hit or a sudden probable big hit is determined based on the data indicating the big hit type stored in the RAM 55 (data stored in the big hit type buffer).
また、大当り表示時間タイマに大当り表示時間(大当りが発生したことをたとえば、演出表示装置9において報知する時間)に相当する値を設定する(S136)。なお、大当り発生時には、大当り表示時間タイマと同じ値が大入賞口制御タイマに設定される。以降、ラウンド開始前処理において、大入賞口制御タイマが1減算されて、0になると大入賞口が開放されてラウンドが開始される。また、大当り種別に応じた開放態様をセットする(S137)。そして、特別図柄プロセスフラグの値をラウンド開始前処理(S307)に対応した値に更新する(S138)。   Further, a value corresponding to the big hit display time (time for notifying the occurrence of the big hit, for example, in the effect display device 9) is set in the big hit display time timer (S136). When a big hit occurs, the same value as the big win display time timer is set in the big winning opening control timer. Thereafter, in the pre-round start process, the big prize opening control timer is decremented by 1, and when it becomes 0, the big prize opening is opened and the round is started. Moreover, the release mode according to the jackpot type is set (S137). Then, the value of the special symbol process flag is updated to a value corresponding to the pre-round start process (S307) (S138).
S139では、CPU56は、時短状態であることを示す時短フラグがセットされているか否か確認する。時短フラグがセットされている場合には、時短状態における特別図柄の変動可能回数を示す時短回数カウンタの値を−1する(S140)。そして、時短回数カウンタの値が0になったか否かを確認し(S141)、時短回数カウンタの値が0になった場合には、時短フラグをリセットする(S142)。そして、小当りフラグがセットされているか否か確認する(S143)。小当りフラグがセットされている場合には、演出制御用マイクロコンピュータ100に小当り/突確開始指定コマンドをセットする(S144)。これにより、小当り/突確開始指定コマンドが図5のS33において、演出制御用マイクロコンピュータ100に送信される。また、小当り表示時間タイマに小当り表示時間(小当りが発生したことをたとえば、演出表示装置9において報知する時間)に相当する値を設定する(S145)。なお、小当り発生時には、当該小当り発生から小当り表示時間経過後に大入賞口を開放開始させるために、小当り表示時間タイマと同じ値が大入賞口制御タイマに設定される。以降、小当り開始前処理において、大入賞口制御タイマが1減算されて、0になると大入賞口が開放開始される。また、小当りに応じた開放態様をセットする(S146)。そして、特別図柄プロセスフラグの値を小当り開放前処理(S310)に対応した値に更新する(S147)。小当りフラグがセットされていない場合には、特別図柄プロセスフラグの値を特別図柄通常処理(S302)に対応した値に更新する(S148)。   In S139, the CPU 56 checks whether or not the time reduction flag indicating that the time reduction state is set. If the time reduction flag is set, the value of the time reduction counter indicating the number of times the special symbol can be changed in the time reduction state is decremented by 1 (S140). Then, it is checked whether or not the value of the time reduction counter is 0 (S141). If the value of the time reduction counter is 0, the time reduction flag is reset (S142). Then, it is confirmed whether or not the small hit flag is set (S143). When the small hit flag is set, the small hit / probability start designation command is set in the production control microcomputer 100 (S144). Thus, the small hit / probability start designation command is transmitted to the effect control microcomputer 100 in S33 of FIG. In addition, a value corresponding to the small hit display time (for example, the time when the effect display device 9 notifies that the small hit has occurred) is set in the small hit display time timer (S145). When a small hit occurs, the same value as the small winning display time timer is set in the big winning opening control timer in order to start opening the big winning opening after the small hit display time has elapsed since the occurrence of the small hit. Thereafter, in the pre-start process for small hits, the big prize opening control timer is decremented by 1, and when it becomes 0, the big prize opening starts to be opened. Also, an opening mode corresponding to the small hit is set (S146). Then, the value of the special symbol process flag is updated to a value corresponding to the small hit release pre-processing (S310) (S147). If the small hit flag is not set, the value of the special symbol process flag is updated to a value corresponding to the special symbol normal process (S302) (S148).
次に、変動表示中、演出表示装置9において実行される演出の具体例を、図24〜図26の説明図を参照して説明する。   Next, a specific example of the effect executed in the effect display device 9 during the variable display will be described with reference to the explanatory diagrams of FIGS.
図24では、変動パターンの一例として、「擬似連なし通常変動」、「擬似連1回ノーマルはずれ」、および「滑り」である場合各々について、演出表示装置9における表示動作例を説明する。   In FIG. 24, as an example of the variation pattern, a display operation example in the effect display device 9 will be described for each of the cases of “normal variation without pseudo-continuous”, “normal deviation once for pseudo-continuous”, and “slip”.
変動パターン指定コマンドによって、「擬似連なし通常変動」の変動パターンが指定されたときには、図24(C1),(C2)に示すように、キャラクタが出現するなどの特別な演出は実行されない。「擬似連1回ノーマルはずれ」の変動パターンが指定されたときには、図24(D1)〜(D6)に示すような滑り演出が実行されることなく擬似連演出が実行される。「滑り」の変動パターンが指定されたときには、図24(E1)〜(E4)に示すような滑り演出が実行される。   When the variation pattern “normal variation without pseudo-continuous” is designated by the variation pattern designation command, a special effect such as the appearance of a character is not executed as shown in FIGS. 24 (C1) and (C2). When the variation pattern of “pseudo-continuous once normal deviation” is designated, the pseudo-continuous effect is executed without executing the slip effects as shown in FIGS. 24 (D1) to (D6). When the “slip” variation pattern is designated, a slip effect as shown in FIGS. 24 (E1) to (E4) is executed.
図24(A)に示す例は、たとえば、特別図柄の変動表示における特別図柄の変動開始等に対応して、「左」、「中」、「右」の図柄表示エリア9L、9C、9Rの全部で演出図柄の変動が開始される。その後、図24(B)に示すように、「左」の図柄表示エリア9Lで「6」の演出図柄が停止表示(仮停止表示)される。   In the example shown in FIG. 24A, for example, the symbol display areas 9L, 9C, and 9R of “left”, “middle”, and “right” correspond to the start of variation of the special symbol in the variation display of the special symbol. In all, the production design changes. Then, as shown in FIG. 24B, the effect symbol “6” is stopped and displayed (temporary stop display) in the “left” symbol display area 9L.
その後、たとえば、図24(C1)に示すように「右」の図柄表示エリア9Rで「7」の演出図柄を停止表示(仮停止表示)してから、図24(C2)に示すように「中」の図柄表示エリア9Cで「4」の演出図柄を停止表示(仮停止表示)した後、非リーチの組合せとなる演出図柄が停止表示(最終停止表示)される。   Then, for example, as shown in FIG. 24 (C1), the “7” effect symbol is stopped (temporarily stopped) in the “right” symbol display area 9R, and then “ After the effect symbol “4” is stopped and displayed in the “medium” symbol display area 9C (temporary stop display), the effect symbol that is a non-reach combination is stopped and displayed (final stop display).
擬似連演出が実行される場合には、最終の変動を除く各変動において複数種類のチャンス目のうちいずれかが停止表示される。たとえば、図24(D1)に示すように「右」の図柄表示エリア9Rで「7」の演出図柄を停止表示(仮停止表示)してから、図24(D2)に示すように「中」の図柄表示エリア9Cで「6」の演出図柄を停止表示(仮停止表示)することによって、チャンス目となる演出図柄が停止表示される。これにより、初回変動が終了する。また、再変動表示することが遊技者に報知される。   When the pseudo-continuous effect is executed, any one of a plurality of types of chance items is stopped and displayed in each variation except the final variation. For example, as shown in FIG. 24 (D1), the effect symbol “7” is stopped and displayed (temporary stop display) in the “right” symbol display area 9R, and then “medium” as shown in FIG. 24 (D2). When the effect symbol “6” is stopped and displayed (temporary stop display) in the symbol display area 9C, the effect symbol that is a chance is stopped and displayed. Thereby, the first time variation is completed. In addition, the player is notified that the re-variation display is performed.
その後、図24(D3)に示すようにすべての図柄表示エリア9L、9C、9Rで演出図柄を再び変動させて、再変動が行なわれる。その後、たとえば、図24(D4)〜(D6)に示すように、「左」→「右」といった所定順序で、「6」の演出図柄を順次に停止表示してリーチ状態とした後に、「中」に「4」の演出図柄が停止されて、はずれの組合せとなる演出図柄が停止表示(最終停止表示)される。なお、本実施の形態においては、変動パターンが、「擬似連1回」〜「擬似連4回」である場合には最終の変動においてリーチ状態となるが、「擬似連あり」である場合には最終の再変動においてリーチ状態にならない。このため、「擬似連あり」の変動パターンを擬似連ガセともいう。   Thereafter, as shown in FIG. 24 (D3), the effect symbols are changed again in all the symbol display areas 9L, 9C, 9R, and the change is performed again. Then, for example, as shown in FIG. 24 (D4) to (D6), after the effect symbols “6” are sequentially stopped and displayed in a predetermined order such as “left” → “right”, The effect symbol “4” is stopped at “medium”, and the effect symbol that is a combination of the deviations is stopped and displayed (final stop display). In the present embodiment, when the variation pattern is “pseudo-continuous 1 time” to “pseudo-continuous 4 times”, the reach state is reached in the final variation, but in the case of “with pseudo-continuous”. Will not reach reach at the final re-variation. For this reason, the variation pattern of “with pseudo-ream” is also referred to as “pseudo-ream”.
以上のように、擬似連演出が実行される場合には、最終の再変動を除き、各変動においてチャンス目となる演出図柄が停止表示されることにより、再変動表示することが遊技者に報知される。また、本実施の形態においては、各変動の停止タイミングにおいて、チャンス目が停止される可能性を予告するチャンス目予告演出が実行される。   As described above, when the quasi-continuous effect is executed, the player is informed that the re-variable display is performed by stopping and displaying the effect symbol that becomes the chance in each change except for the final re-variation. Is done. Further, in the present embodiment, a chance eye notice effect for notifying the possibility of the chance eye being stopped is executed at the stop timing of each change.
滑り演出が実行される場合には、たとえば、図24(E1)に示すように「右」の図柄表示エリア9Rで「5」の演出図柄を停止表示(仮停止表示)してから、図24(E2)に示すように「右」の図柄表示エリア9Rで演出図柄を高速に再変動させる。その後、図24(E3)に示すように「右」の図柄表示エリア9Rで「7」の演出図柄になるように、停止表示させる演出図柄を変更させる。その後、たとえば、図24(E4)に示すように、「中」の図柄表示エリア9Cで「4」の演出図柄を停止表示(仮停止表示)した後、非リーチの組合せとなる演出図柄が停止表示(最終停止表示)される。なお、リーチとなる場合には、図24(E2)に示すように「右」の図柄表示エリア9Rで演出図柄を高速に再変動させた後、「右」の図柄表示エリア9Rで「左」の演出図柄と同じ「6」の演出図柄になるように停止表示させる演出図柄を変更させ、リーチ状態となる。   When the slip effect is executed, for example, as shown in FIG. 24 (E1), the “5” effect symbol is stopped and displayed (temporary stop display) in the “right” symbol display area 9R. As shown in (E2), the effect symbol is re-varied at high speed in the “right” symbol display area 9R. Thereafter, as shown in FIG. 24 (E3), the effect symbol to be stopped and displayed is changed so that the effect symbol “7” is obtained in the symbol display area 9R on the “right”. Thereafter, for example, as shown in FIG. 24 (E4), after the effect symbol “4” is stopped and displayed in the “medium” symbol display area 9C (temporary stop display), the effect symbol that is a non-reach combination is stopped. Displayed (final stop display). In the case of reach, as shown in FIG. 24 (E2), after the effect symbol is re-varied at high speed in the “right” symbol display area 9R, “left” is displayed in the “right” symbol display area 9R. The effect symbol to be stopped and displayed is changed so that the effect symbol of “6” is the same as the effect symbol of No. 1, and the reach state is reached.
図25〜図26は、変動表示の表示結果が「15R大当り」となる場合の表示動作例を示す説明図である。図25(A)に示す例では、たとえば、特別図柄の変動表示における特別図柄の変動開始等に対応して、「左」、「中」、「右」の図柄表示エリア9L、9C、9Rの全部で演出図柄の変動が開始される。その後、図25(B)に示すように、「左」の図柄表示エリア9Lで「6」の演出図柄が停止表示(仮停止表示)される。   FIG. 25 to FIG. 26 are explanatory diagrams illustrating an example of a display operation when the display result of the variable display is “15R big hit”. In the example shown in FIG. 25 (A), for example, the symbol display areas 9L, 9C, and 9R of “left”, “middle”, and “right” correspond to the start of variation of the special symbol in the variation display of the special symbol. In all, the production design changes. Thereafter, as shown in FIG. 25B, the effect symbol “6” is stopped and displayed (temporary stop display) in the symbol display area 9L of “left”.
そして、たとえば、滑り演出が実行される変動パターンである場合には、図25(C1)〜(C3)に示すように、「左」および「右」の図柄表示エリア9L、9Rで演出図柄を仮停止表示させた後、「右」の図柄表示エリア9Rで演出図柄を再び変動させた後に停止表示させることによって、演出図柄の変動表示状態がリーチ状態となるように、停止表示する演出図柄を変更させる演出表示が行なわれる。また、たとえば、擬似連演出が実行される変動パターンである場合には、図25(D1)〜(D5)に示すように、すべての図柄表示エリア9L、9C、9Rにおいてチャンス目となる演出図柄を仮停止表示させた後、すべての図柄表示エリア9L、9C、9Rにおいて演出図柄を再び変動させる演出表示が行なわれる。その後、最終の再変動において、「左」および「右」の図柄表示エリア9L、9Rで「6」の演出図柄が揃って停止表示(仮停止表示)されることによって、演出図柄の変動表示状態がリーチ状態になる。   For example, in the case of a variation pattern in which a slip effect is executed, as shown in FIGS. 25 (C1) to (C3), the effect symbols are displayed in the “left” and “right” symbol display areas 9L and 9R. After the temporary stop display, the effect symbol to be stopped is displayed so that the change display state of the effect symbol becomes the reach state by changing the effect symbol again in the “right” symbol display area 9 </ b> R and then causing the stop display. An effect display to be changed is performed. Further, for example, in the case of a variation pattern in which a pseudo-continuous effect is executed, as shown in FIGS. 25 (D1) to (D5), an effect symbol that becomes a chance in all the symbol display areas 9L, 9C, 9R. After the temporary stop display, the effect display is performed in which the effect symbols are changed again in all the symbol display areas 9L, 9C, and 9R. Thereafter, in the final re-variation, the effect symbols “6” in the “left” and “right” symbol display areas 9L and 9R are stopped and displayed together (temporary stop display). Reaches reach.
図25(C3)や図25(D5)に示すようリーチ状態となった場合には、図26(A)に示すように、「中」の図柄表示エリア9Cにおける演出図柄の変動速度が低下する。そして、変動パターンの種別がノーマルリーチであるとき等には、図26(B)に示すように「中」の図柄表示エリア9Cで「6」を示す数字が「左」および「右」の図柄表示エリア9L、9Rと揃って停止表示(仮停止表示)される「ノーマル」のリーチ演出が行なわれる。なお、図26(B)に示す例では、変動表示の表示結果が「15R大当り」である場合に対応して、大当りの組合せを構成する演出図柄が停止表示されているが、変動表示結果がリーチになるがはずれとなる場合には、たとえば、「中」の図柄表示エリア9Cで「6」以外の数字(たとえば「5」など)を示す数字以外の演出図柄を停止表示させること等によって、リーチはずれ組合せを構成する演出図柄を停止表示させ、演出図柄の変動表示を終了すればよい。   In the reach state as shown in FIG. 25 (C3) or FIG. 25 (D5), as shown in FIG. 26 (A), the changing speed of the effect symbol in the “medium” symbol display area 9C decreases. . When the variation pattern type is normal reach or the like, as shown in FIG. 26 (B), the symbols indicating “6” in the “middle” symbol display area 9C are displayed as “left” and “right”. A “normal” reach effect that is stopped (temporarily stopped) together with the areas 9L and 9R is performed. In the example shown in FIG. 26 (B), in response to the case where the display result of the variable display is “15R jackpot”, the effect symbols constituting the jackpot combination are stopped and displayed. If it becomes reach but disagrees, for example, by stopping and displaying effect symbols other than numbers indicating numbers other than “6” (for example, “5”, etc.) in the “medium” symbol display area 9C, etc. It is only necessary to stop and display the effect symbols constituting the reach-rejected combination and end the effect symbol variation display.
また、スーパーリーチAやスーパーリーチBが実行される場合には、図26(C)に示すように、低下していた「中」の図柄表示エリア9Cにおける演出図柄の変動速度が再び上昇し、各種のリーチ演出表示が開始される。   When Super Reach A or Super Reach B is executed, as shown in FIG. 26 (C), the changing speed of the effect symbol in the symbol display area 9C of “medium” that has been lowered increases again. Various reach effects are displayed.
スーパーリーチAのリーチ演出では、図26(D)に示すようなキャラクタ画像CH1が表示された後、対応するリーチ演出表示が進行する。   In the reach effect of Super Reach A, after the character image CH1 as shown in FIG. 26D is displayed, the corresponding reach effect display proceeds.
また、スーパーリーチBのリーチ演出では、図26(E)に示すようなキャラクタ画像CH2が表示された後、図26(F)に示すようなリーチ演出表示が進行する。そして、図26(G)および(H)に示すように、2段階目の演出表示に進む。   Further, in the reach effect of Super Reach B, after the character image CH2 as shown in FIG. 26 (E) is displayed, the reach effect display as shown in FIG. 26 (F) proceeds. Then, as shown in FIGS. 26 (G) and (H), the process proceeds to the second stage effect display.
図26(H)に示すように2段階目の演出表示が進行すると、図26(I)に示すように、2段階目の演出表示で停止表示(仮停止表示)される演出図柄が出現する。   When the second stage effect display progresses as shown in FIG. 26 (H), as shown in FIG. 26 (I), an effect symbol that is stopped and displayed (temporary stop display) by the second stage effect display appears. .
なお、変動表示結果が「はずれ」になる場合には、リーチはずれ組合せを構成する演出図柄を停止表示させ、演出図柄の変動表示を終了させる。また、リーチ状態とならない場合には、非リーチの組合せとなる演出図柄(左図柄と右図柄とが異なる)を停止表示させ、演出図柄の変動表示を終了させる。   When the variation display result is “out of”, the effect symbols constituting the reach out-of-reach combination are stopped and displayed, and the variation display of the effect symbols is ended. Further, when the reach state is not reached, the effect symbol (the left symbol is different from the right symbol) that is a non-reach combination is stopped and displayed, and the effect symbol variation display is terminated.
次に、演出制御手段の動作を説明する。図27は、演出制御基板80に搭載されている演出制御手段としての演出制御用マイクロコンピュータ100(具体的には、演出制御用CPU101)が実行するメイン処理を示すフローチャートである。演出制御用CPU101は、電源が投入されると、メイン処理の実行を開始する。メイン処理では、まず、RAM領域のクリアや各種初期値の設定、また演出制御の起動間隔(たとえば、2ms)を決めるためのタイマの初期設定等を行なうための初期化処理を行なう(S551)。その後、演出制御用CPU101は、タイマ割込フラグの監視(S552)を行なうループ処理に移行する。タイマ割込が発生すると、演出制御用CPU101は、タイマ割込処理においてタイマ割込フラグをセットする。メイン処理において、タイマ割込フラグがセットされていたら、演出制御用CPU101は、そのフラグをクリアし(S553)、S554〜S559の演出制御処理を実行する。   Next, the operation of the effect control means will be described. FIG. 27 is a flowchart showing a main process executed by the production control microcomputer 100 (specifically, the production control CPU 101) as the production control means mounted on the production control board 80. The effect control CPU 101 starts executing the main process when the power is turned on. In the main processing, first, initialization processing is performed for clearing the RAM area, setting various initial values, and initializing a timer for determining the activation control activation interval (for example, 2 ms) (S551). Thereafter, the effect control CPU 101 proceeds to a loop process for monitoring the timer interrupt flag (S552). When a timer interrupt occurs, the effect control CPU 101 sets a timer interrupt flag in the timer interrupt process. If the timer interrupt flag is set in the main process, the effect control CPU 101 clears the flag (S553), and executes the effect control process of S554 to S559.
演出制御処理において、演出制御用CPU101は、まず、受信した演出制御コマンドを解析し、受信した演出制御コマンドに応じたフラグをセットする処理等をするコマンド解析処理を行なう(S554)。次いで、演出制御用CPU101は、合算保留記憶表示部18cの表示状態の制御を行なう保留記憶表示制御処理を実行する(S555)。また、演出制御用CPU101は、演出制御プロセス処理を行なう(S556)。演出制御プロセス処理では、制御状態に応じた各プロセスのうち、現在の制御状態(演出制御プロセスフラグ)に対応した処理を選択して演出表示装置9の表示制御を実行する。   In the effect control process, the effect control CPU 101 first analyzes the received effect control command, and performs a command analysis process for setting a flag in accordance with the received effect control command (S554). Next, the effect control CPU 101 executes a hold storage display control process for controlling the display state of the combined hold storage display unit 18c (S555). In addition, the effect control CPU 101 performs effect control process processing (S556). In the effect control process, the process corresponding to the current control state (effect control process flag) is selected from the processes corresponding to the control state, and display control of the effect display device 9 is executed.
次いで、第1飾り図柄表示制御処理を行なう(S557)。第1飾り図柄表示制御処理では、第1飾り図柄表示器9aの表示制御を実行する。また、第2飾り図柄表示制御処理を行なう(S558)。第2飾り図柄表示制御処理では、第2飾り図柄表示器9bの表示制御を実行する。さらに、演出の態様等を決定するために用いられる乱数を生成するためのカウンタ(ランダムカウンタ)のカウント値を更新する乱数更新処理を実行する(S559)。その後、S552に移行する。なお、遊技制御用マイクロコンピュータ560が実行する特別図柄プロセス処理のように、第1飾り図柄表示制御処理と第2飾り図柄表示制御処理とを共通化して、すなわち一つのプログラムモジュールで実現するようにして、演出制御用マイクロコンピュータ100が実行するプログラム容量を減らすようにしてもよい。   Next, a first decorative symbol display control process is performed (S557). In the first decorative symbol display control process, display control of the first decorative symbol display 9a is executed. Further, a second decorative symbol display control process is performed (S558). In the second decorative symbol display control process, display control of the second decorative symbol display 9b is executed. Furthermore, a random number update process for updating the count value of a counter (random counter) for generating a random number used for determining the aspect of the effect or the like is executed (S559). Thereafter, the process proceeds to S552. As in the special symbol process executed by the game control microcomputer 560, the first ornament symbol display control process and the second ornament symbol display control process are made common, that is, realized by one program module. Thus, the capacity of the program executed by the production control microcomputer 100 may be reduced.
図28および図29は、コマンド解析処理(S554)の具体例を示すフローチャートである。主基板31から受信された演出制御コマンドは受信コマンドバッファに格納されるが、コマンド解析処理では、演出制御用CPU101は、コマンド受信バッファに格納されているコマンドの内容を確認する。   28 and 29 are flowcharts showing a specific example of the command analysis process (S554). The effect control command received from the main board 31 is stored in the reception command buffer, but in the command analysis process, the effect control CPU 101 confirms the contents of the command stored in the command reception buffer.
コマンド解析処理において、演出制御用CPU101は、まず、RAMに形成されているコマンド受信バッファに受信コマンドが格納されているか否か確認する(S611)。格納されているか否かは、コマンド受信個数カウンタの値と読出ポインタとを比較することによって判定される。両者が一致している場合が、受信コマンドが格納されていない場合である。コマンド受信バッファに受信コマンドが格納されている場合には、演出制御用CPU101は、コマンド受信バッファから受信コマンドを読出す(S612)。なお、読出したら読出ポインタの値を+2しておく(S613)。+2するのは2バイト(1コマンド)ずつ読出すからである。   In the command analysis process, the effect control CPU 101 first checks whether or not a reception command is stored in a command reception buffer formed in the RAM (S611). Whether it is stored is determined by comparing the value of the command reception number counter with the read pointer. The case where both match is the case where the received command is not stored. When the received command is stored in the command receiving buffer, the effect control CPU 101 reads the received command from the command receiving buffer (S612). When reading is performed, the value of the read pointer is incremented by +2 (S613). The reason for +2 is that 2 bytes (1 command) are read at a time.
コマンド受信バッファとして、たとえば、2バイト構成の演出制御コマンドを6個格納可能なリングバッファ形式のコマンド受信バッファが用いられる。したがって、コマンド受信バッファは、受信コマンドバッファ1〜12の12バイトの領域で構成される。そして、受信したコマンドをどの領域に格納するのかを示すコマンド受信個数カウンタが用いられる。コマンド受信個数カウンタは、0〜11の値をとる。なお、必ずしもリングバッファ形式でなくてもよい。   As the command receiving buffer, for example, a ring buffer type command receiving buffer capable of storing six 2-byte effect control commands is used. Therefore, the command reception buffer is configured by a 12-byte area of reception command buffers 1 to 12. A command reception number counter indicating in which area the received command is stored is used. The command reception number counter takes a value from 0 to 11. The ring buffer format is not necessarily required.
遊技制御用マイクロコンピュータ560から送信された演出制御コマンドは、演出制御INT信号に基づく割込処理で受信され、コマンド受信バッファに保存されている。コマンド解析処理では、バッファ領域に保存されている演出制御コマンドが、予め定められたコマンドのうち、どのコマンド(図12参照)であるのか解析する。   The effect control command transmitted from the game control microcomputer 560 is received by the interrupt process based on the effect control INT signal and stored in the command reception buffer. In the command analysis process, it is analyzed which command (see FIG. 12) among the predetermined commands is the effect control command stored in the buffer area.
受信した演出制御コマンドが変動パターンコマンドであれば(S614)、演出制御用CPU101は、その変動パターンコマンドを、RAMに形成されている変動パターンコマンド格納領域に格納する(S615)。そして、変動パターンコマンド受信フラグをセットする(S616)。   If the received effect control command is a variation pattern command (S614), the effect control CPU 101 stores the variation pattern command in a variation pattern command storage area formed in the RAM (S615). Then, a variation pattern command reception flag is set (S616).
受信した演出制御コマンドが表示結果指定コマンドであれば(S617)、演出制御用CPU101は、その表示結果指定コマンド(表示結果1指定コマンド〜表示結果5指定コマンドのいずれか)を、RAMに形成されている表示結果指定コマンド格納領域に格納する(S618)。   If the received effect control command is a display result designation command (S617), the effect control CPU 101 forms the display result designation command (any one of the display result 1 designation command to the display result 5 designation command) in the RAM. The display result designation command storage area is stored (S618).
受信した演出制御コマンドが図柄確定指定コマンドであれば(S621)、演出制御用CPU101は、確定コマンド受信フラグをセットする(S622)。   If the received effect control command is a symbol confirmation designation command (S621), the effect control CPU 101 sets a confirmation command reception flag (S622).
受信した演出制御コマンドが大当り開始1指定コマンドまたは大当り開始2指定コマンドであれば(S623)、演出制御用CPU101は、大当り開始1指定コマンド受信フラグまたは大当り開始2指定コマンド受信フラグをセットする(S624)。受信した演出制御コマンドが小当り/突確開始指定コマンドであれば(S625)、演出制御用CPU101は、小当り/突確開始指定コマンド受信フラグをセットする(S626)。   If the received effect control command is a jackpot start 1 designation command or a jackpot start 2 designation command (S623), the effect control CPU 101 sets a jackpot start 1 designation command reception flag or a jackpot start 2 designation command reception flag (S624). ). If the received effect control command is a small hit / accuracy start designation command (S625), the effect control CPU 101 sets a small hit / accuracy start designation command reception flag (S626).
受信した演出制御コマンドが第1図柄変動指定コマンドであれば(S627)、第1図柄変動指定コマンド受信フラグをセットする(S628)。受信した演出制御コマンドが第2図柄変動指定コマンドであれば(S629)、第2図柄変動指定コマンド受信フラグをセットする(S630)。   If the received effect control command is the first symbol variation designation command (S627), the first symbol variation designation command reception flag is set (S628). If the received effect control command is the second symbol variation designation command (S629), the second symbol variation designation command reception flag is set (S630).
受信した演出制御コマンドが電源投入指定コマンド(初期化指定コマンド)であれば(S631)、演出制御用CPU101は、初期化処理が実行されたことを示す初期画面を演出表示装置9に表示する制御を行なう(S632)。初期画面には、予め決められている演出図柄の初期表示が含まれる。   If the received production control command is a power-on designation command (initialization designation command) (S631), the production control CPU 101 displays an initial screen on the production display device 9 indicating that the initialization process has been executed. (S632). The initial screen includes an initial display of predetermined production symbols.
また、受信した演出制御コマンドが停電復旧指定コマンドであれば(S633)、予め決められている停電復旧画面(遊技状態が継続していることを遊技者に報知する情報を表示する画面)を表示する制御を行なう(S634)。   If the received effect control command is a power failure recovery designation command (S633), a predetermined power failure recovery screen (screen for displaying information notifying the player that the gaming state is continuing) is displayed. Control is performed (S634).
受信した演出制御コマンドが大当り終了1指定コマンドまたは大当り終了2指定コマンドであれば(S641)、演出制御用CPU101は、大当り終了1指定コマンド受信フラグまたは大当り終了2指定コマンド受信フラグをセットする(S642)。受信した演出制御コマンドが小当り/突確終了指定コマンドであれば(S643)、演出制御用CPU101は、小当り/突確終了指定コマンド受信フラグをセットする(S644)。   If the received effect control command is a jackpot end 1 designation command or a jackpot end 2 designation command (S641), the effect control CPU 101 sets a jackpot end 1 designation command reception flag or a jackpot end 2 designation command reception flag (S642). ). If the received effect control command is a small hit / abrupt end specification command (S643), the effect control CPU 101 sets a small hit / abrupt end specification command reception flag (S644).
受信した演出制御コマンドが大入賞口開放中指定コマンドであれば(S645)、演出制御用CPU101は、大入賞口開放中フラグをセットする(S646)。また、受信した演出制御コマンドが大入賞口開放後指定コマンドであれば(S647)、演出制御用CPU101は、大入賞口開放後フラグをセットする(S648)。   If the received effect control command is a special winning opening open designation command (S645), the production control CPU 101 sets a special winning opening open flag (S646). If the received effect control command is a designation command after opening the big prize opening (S647), the production control CPU 101 sets a flag after opening the big prize opening (S648).
受信した演出制御コマンドが始動入賞指定コマンドであれば(S649)、演出制御用CPU101は、その始動入賞指定コマンドを、RAMに形成されている始動入賞指定コマンド格納領域に格納するとともに、保留表示処理が未だなされていない始動入賞数を示す未処理数カウンタを1加算する(S650)。後述するように、未処理数カウンタの値に基づき、保留が加算表示される。   If the received effect control command is a start prize designation command (S649), the effect control CPU 101 stores the start prize designation command in the start prize designation command storage area formed in the RAM, and holds display processing. 1 is added to the unprocessed number counter indicating the number of start winnings that have not yet been made (S650). As will be described later, on-hold is added and displayed based on the value of the unprocessed number counter.
受信した演出制御コマンドがその他のコマンドであれば、演出制御用CPU101は、受信した演出制御コマンドに対応する処理を実行し(S651)、S611に移行する。対応する処理とは、たとえば、受信したコマンドに対応するフラグをセットする処理が行なわれる。また、対応する処理としては、受信した演出制御コマンドが保留記憶数減算指定コマンドであれば、保留表示を減算更新させるための保留減算カウンタを1加算する処理が該当する。後述するように、保留減算カウンタの値に基づき、保留が減算表示される。   If the received effect control command is another command, the effect control CPU 101 executes processing corresponding to the received effect control command (S651), and proceeds to S611. The corresponding process is, for example, a process for setting a flag corresponding to the received command. Further, as a corresponding process, if the received effect control command is a reserved memory number subtraction designation command, a process of adding 1 to a hold subtraction counter for subtracting and updating the hold display is applicable. As will be described later, the hold is subtracted and displayed based on the value of the hold subtraction counter.
図30は、飾り図柄の変動表示の態様の一例を示す説明図である。この実施の形態では、第1飾り図柄表示器9aおよび第2飾り図柄表示器9bは、2つのLEDで構成されている。そして、図30に示すように、所定時間(たとえば、0.5秒)毎に交互に点灯する。特別図柄の表示結果を大当り図柄にする場合には、大当りを想起させる飾り図柄の表示結果として、上側のLEDが点灯している状態にする(図30(A)参照)。また、特別図柄の表示結果をはずれ図柄にする場合には、はずれを想起させる飾り図柄の表示結果として、下側のLEDが点灯している状態にする(図30(B)参照)。   FIG. 30 is an explanatory diagram showing an example of a variation display mode of decorative symbols. In this embodiment, the first decorative symbol display 9a and the second decorative symbol display 9b are composed of two LEDs. And as shown in FIG. 30, it lights alternately every predetermined time (for example, 0.5 second). When the display result of the special symbol is a jackpot symbol, the upper LED is turned on as a display result of a decorative symbol reminiscent of the jackpot (see FIG. 30A). Further, when the display result of the special symbol is changed to the off symbol, the lower LED is turned on as a display result of the decorative symbol reminiscent of the off symbol (see FIG. 30B).
図31は、演出制御用マイクロコンピュータ100が用いる乱数を示す説明図である。図31には、一例として、演出図柄の左停止図柄決定用のSR1−1、演出図柄の中停止図柄決定用のSR1−2、演出図柄の右停止図柄決定用のSR1−3、滑り時仮停止図柄決定用のSR2、チャンス目パターン決定用のSR3、先読み予告実行決定用の乱数SR4、先読み予告開始保留決定用の乱数SR5、チャンス目予告実行決定用の乱数SR6、チャンス目予告種類決定用の乱数SR7、再抽選確率決定用の乱数SR8、再抽選決定用の乱数SR9、および擬似連時チャンス目予告パターン決定用のSR10を用いる。乱数SR1−1〜SR10は、予め定められた範囲内でそれぞれ巡回更新され、それぞれについて定められたタイミングで抽出される。乱数SR1−1〜SR10各々の更新範囲は上記のものに限らず、どのようなものであってもよい。なお演出効果を高めるために、これら以外の乱数を用いてもよい。   FIG. 31 is an explanatory diagram showing random numbers used by the production control microcomputer 100. In FIG. 31, as an example, SR1-1 for determining the left stop symbol of the effect symbol, SR1-2 for determining the middle stop symbol of the effect symbol, SR1-3 for determining the right stop symbol of the effect symbol, temporary slipping SR2 for determining the stop symbol, SR3 for determining the chance eye pattern, random number SR4 for determining the pre-reading notice execution, random number SR5 for determining the pre-reading notice start hold, random number SR6 for determining the chance eye notice execution, and for determining the chance eye notice type Random number SR7, random number SR8 for determining the re-lottery probability, random number SR9 for determining the re-lottery, and SR10 for determining the pseudo-random chance eye notice pattern. The random numbers SR1-1 to SR10 are cyclically updated within a predetermined range, and are extracted at a timing determined for each. The update range of each of the random numbers SR1-1 to SR10 is not limited to the above, and any update range may be used. Note that random numbers other than these may be used to enhance the effect.
滑り時仮停止図柄決定用の乱数SR2は、滑り演出を実行する場合に、「左」、「中」、「右」の図柄表示エリア9L、9C、9Rにおけるすべてまたは一部(本実施の形態においては「右」の図柄表示エリア9R)において仮停止表示させる演出図柄(仮停止図柄)を決定するために用いられる乱数である。   The random number SR2 for determining the temporary stop symbol at the time of sliding is all or part of the symbol display areas 9L, 9C, and 9R for “left”, “middle”, and “right” when the sliding effect is executed (this embodiment) Is a random number used to determine an effect symbol (temporary stop symbol) to be temporarily stopped and displayed in the “right” symbol display area 9R).
チャンス目パターン決定用のSR3は、擬似連中においてチャンス目を連続して停止させる場合に、初回変動において仮停止表示させるチャンス目(以下、初回チャンス目ともいう)に基づき以降の各変動において停止させるチャンス目を特定するためのチャンス目パターンを決定するために用いられる乱数である。   The SR3 for determining the chance eye pattern is stopped at each of the subsequent fluctuations based on the chance eyes to be temporarily stopped and displayed at the first fluctuation (hereinafter also referred to as the first chance eyes) when the chance eyes are continuously stopped in the pseudo group. It is a random number used to determine a chance eye pattern for specifying the chance eye.
先読み予告実行決定用の乱数SR4は、始動入賞指定コマンドに基づき、先読み予告を実行するか否かを決定するために用いられる乱数である。すなわち、先読み予告実行決定用の乱数SR4から抽出した乱数により、連続して実行される変動表示においてチャンス目を停止表示するか否かが決定される。先読み予告開始保留決定用の乱数SR5は、先読み予告を実行する場合に、保留記憶数に基づき、先読み予告を開始する保留記憶、すなわち先読み予告を開始するタイミングを決定するために用いられる乱数である。   The pre-reading notice execution random number SR4 is a random number used for determining whether or not to execute the pre-reading notice based on the start winning designation command. That is, whether or not to stop the chance eye in the continuously executed variable display is determined based on the random number extracted from the pre-reading notice execution determination random number SR4. The random number SR5 for pre-reading notice start hold determination is a random number used for determining the hold memory for starting the pre-reading notice, that is, the timing for starting the pre-reading notice, based on the number of reserved memories when the pre-reading notice is executed. .
チャンス目予告実行決定用の乱数SR6は、先読み予告を開始するときや擬似連を開始する状態であるか否かに基づく割合にしたがって、チャンス目予告を実行するか否かを決定するために用いられる乱数である。すなわち、チャンス目予告実行決定用の乱数SR6から抽出した乱数により、チャンス目を連続して停止表示することが可能な状態であるか否かに基づく割合にしたがって、演出図柄を停止表示するタイミングにおいてチャンス目予告を実行するか否かが決定される。   The random number SR6 for determining the chance eye notice execution is used to determine whether or not to execute the chance eye notice according to the ratio based on whether the prefetch notice is started or whether the pseudo-ream is started. Random number. That is, at the timing to stop and display the production symbol according to the ratio based on whether or not the chances can be continuously stopped and displayed by the random number extracted from the random number SR6 for determining the chance eye notice execution. It is determined whether or not to execute the chance eye notice.
予告演出には、予告の対象となる保留記憶よりも先に記憶されている保留記憶に基づく変動表示が開始される以前から特定変動パターンとなる可能性があることを予告する先読み予告と、演出図柄を停止表示(仮停止を含む)させるタイミングにおいてチャンス目が停止表示される可能性があることを予告するチャンス目予告とを含む。   The notice effect includes a pre-reading notice for notifying that there is a possibility that a specific change pattern may occur before the start of the fluctuation display based on the hold memory stored before the hold memory to be notified, This includes a chance eye notice for notifying that there is a possibility that the chance eye is stopped and displayed at the timing when the symbol is stopped and displayed (including the temporary stop).
先読み予告は、予告の対象となる保留記憶および当該保留記憶よりも先に記憶されている保留記憶のうち決定された保留記憶以降の保留記憶(以下、予告実行保留記憶ともいう)各々に基づく変動表示の表示結果としてチャンス目を停止させることにより実行される。たとえば、予告の対象となる保留記憶よりも先に3つ保留記憶されているときには、当該3つの保留記憶のうちランダムに決定された保留記憶以降にされた保留記憶および予告の対象となる保留記憶に基づく複数回の変動表示において先読み予告が行なわれる。このため、予告の対象となる変動表示よりも先に開始される各変動表示において特定変動パターンとなる可能性があることを予告することができる。なお、先読み予告は、予告実行保留記憶各々に基づく変動表示において、所定タイミングで所定期間に亘り実行される所定演出を含むものであってもよい。所定タイミングとは、変動表示が開始されてから終了するまでの間におけるタイミングであればよく、たとえば、変動表示が開始されるタイミング、「左」〜「右」のいずれかの演出図柄が停止表示するタイミング、前述したリーチ演出が実行される以前または以後のタイミングなど、どのようなタイミングであってもよい。また、所定期間とは、遊技者に認識させることができる期間であればよく、たとえば、先読み予告を開始してから、所定時間経過するまでの期間、「左」〜「右」のいずれかの演出図柄が停止表示するまでの期間、前述したリーチ演出が実行される以前までの期間など、どのような期間であってもよい。所定演出とは、遊技者に認識される態様であればよく、たとえば、演出表示装置9にキャラクタを表示することによる表示演出であってもよく、スピーカ27から効果音を発生させることによる音演出であってもよく、装飾LED25などを点灯させることによる光演出であってもよく、これらを任意に組合せた演出であってもよい。また、所定タイミング、所定期間、および所定は、各々、複数種類設けられており、先読み予告を実行するときにどの種類にするかが決定されるものであってもよい。   The pre-reading notice is a variation based on each of the hold memory to be notified and the hold memory after the determined hold memory among the hold memories stored before the hold memory (hereinafter also referred to as the notice execution hold memory). This is executed by stopping the chance as a display result of the display. For example, when three hold memories are stored prior to the hold storage subject to the advance notice, the hold memories made after the randomly determined hold storage among the three hold memories and the hold memory subject to the advance notice A pre-reading notice is made in a plurality of variable displays based on. For this reason, it can be notified that there is a possibility that a specific variation pattern may be obtained in each variation display started before the variation display to be notified. Note that the pre-reading notice may include a predetermined effect that is executed over a predetermined period at a predetermined timing in the variable display based on each of the notice execution hold memories. The predetermined timing may be a timing from the start of the variable display to the end thereof. For example, the timing at which the variable display is started, and any one of the “left” to “right” effect symbols is stopped and displayed. The timing may be any timing such as the timing to perform or the timing before or after the above-described reach effect is executed. The predetermined period may be a period that can be recognized by the player. For example, any period from “left” to “right” from the start of the pre-reading notice until the predetermined time elapses. Any period may be used, such as a period until the effect symbol is stopped and displayed, or a period before the reach effect is executed. The predetermined effect may be an aspect recognized by the player. For example, the predetermined effect may be a display effect by displaying a character on the effect display device 9, and a sound effect by generating a sound effect from the speaker 27. It may be a light effect obtained by lighting the decoration LED 25 or the like, or an effect obtained by arbitrarily combining these. Further, a plurality of types of the predetermined timing, the predetermined period, and the predetermined may be provided, and it may be determined which type is used when the prefetch notice is executed.
前述したように、チャンス目は、先読み予告実行中であるか否かに関わらず、擬似連の変動表示中の各変動(最終の変動を除く)においても停止表示される。これにより、チャンス目が停止表示されたときには、特定変動パターンあるいは擬似連となることに対する期待感を遊技者に抱かせることができる。   As described above, the chance item is stopped and displayed in each variation (except for the final variation) during the pseudo-continuous variation display regardless of whether or not the pre-reading notice is being executed. Thereby, when the chance eye is stopped and displayed, the player can have a sense of expectation for becoming a specific variation pattern or a pseudo-ream.
チャンス目の種類は、当該チャンス目を停止表示させる変動表示を開始するときに、SR1−1およびSR1−2から抽出した乱数に基づき決定される。具体的には、先読み予告実行中であって擬似連以外の変動パターンによる変動表示が開始されるときには、SR1−1から抽出した乱数に基づき最終停止図柄として停止表示するチャンス目を決定する。また、先読み予告実行中であるか否かに関わらず擬似連の変動パターンによる変動表示が開始されるときには、SR1−1から抽出した乱数に基づき初回チャンス目を決定し、SR1−2から抽出した乱数に基づき初回以降のチャンス目を決定し、SR1−1〜SR1−3から抽出した乱数に基づき最終の変動において停止させる最終停止図柄を決定する。本実施の形態においては、先読み予告実行中および擬似連中に停止させるチャンス目を、演出図柄の左、中の最終停止図柄を決定するためのSR1−1およびSR1−2を兼用して決定する例について説明したが、SR1−1およびSR1−2とは別の専用のランダムカウンタを設け、当該ランダムカウンタから抽出した乱数に基づき決定するように構成してもよい。   The type of chance eye is determined based on the random numbers extracted from SR1-1 and SR1-2 when the variable display for stopping and displaying the chance eye is started. Specifically, when the pre-reading notice is being executed and the change display by the change pattern other than the pseudo-ream is started, the chance to stop display as the final stop symbol is determined based on the random number extracted from SR1-1. In addition, when the variation display by the pseudo-variation variation pattern is started regardless of whether the pre-reading notice is being executed, the first chance is determined based on the random number extracted from SR1-1, and extracted from SR1-2. The first and subsequent chances are determined based on the random number, and the final stop symbol to be stopped at the final change is determined based on the random number extracted from SR1-1 to SR1-3. In the present embodiment, an example of determining the chance to be stopped during the pre-reading notice execution and the pseudo-continuation using both SR1-1 and SR1-2 for determining the final stop symbol on the left and inside of the effect symbol However, a dedicated random counter different from SR1-1 and SR1-2 may be provided and determined based on a random number extracted from the random counter.
チャンス目予告種類決定用の乱数SR7は、チャンス目予告の種類を決定するために用いられる乱数である。具体的には、チャンス目予告種類決定用の乱数SR7の値に基づいて、先読み予告を開始するときや擬似連を開始する状態でありその後連続して停止表示させる一連のチャンス目のうち、初回のチャンス目を停止させるときに実行するチャンス目予告の種類および後述する再抽選時のチャンス目予告の種類各々が決定される。チャンス目予告の種類は、その後にチャンス目が停止表示される割合が異なるように決定される。   The random number SR7 for determining the chance eye notice type is a random number used for determining the type of the chance eye notice type. Specifically, based on the value of the random number SR7 for determining the chance eye notice type, the first time out of a series of chance eyes that are in a state of starting the prefetch notice or starting the pseudo-ream and continuously stopping and displaying. The types of chance eye notices to be executed when stopping the chance eyes and the types of chance eye notices at the time of re-drawing to be described later are determined. The type of chance eye notice is determined so that the rate at which the chance eye is subsequently stopped and displayed is different.
再抽選確率決定用の乱数SR8は、先読み予告を開始するときや擬似連を開始する状態でありその後連続して停止表示させる一連のチャンス目のうち、直近に停止表示されるチャンス目に対応して実行されるチャンス目予告の種類を再度抽選する再抽選確率を決定するために用いられる乱数である。再抽選決定用の乱数SR9は、決定された再抽選確率にしたがって、実行するチャンス目予告の種類を再抽選するか否かを決定するために用いられる乱数である。   The random number SR8 for determining the re-drawing probability corresponds to the chance to be stopped and displayed most recently among a series of chances to stop and display continuously when the pre-reading notice is started or the pseudo-ream starts. This is a random number used to determine the re-lottery probability for re-drawing the type of chance eye notice executed. The random number SR9 for re-lottery determination is a random number used to determine whether or not to re-draw the type of chance eye notice to be executed according to the determined re-lottery probability.
擬似連時チャンス目予告パターン決定用のSR10は、擬似連中においてチャンス目予告を連続して実行する場合で再抽選すると決定された場合において、当該擬似連における初回チャンス目予告に基づき、それ以降の各変動において実行するチャンス目予告の種類を特定するための擬似連時チャンス目予告パターンを決定するために用いられる乱数である。   The SR10 for determining the pseudo-annual chance eye notice pattern is based on the first chance eye notice in the pseudo-interaction when it is decided to re-draw when the chance eye notice is continuously executed in the pseudo-interval. This is a random number used to determine a pseudo-annual chance eye notice pattern for specifying the type of chance eye notice to be executed in each variation.
複数の変動において実行されるチャンス目予告の出現パターンは、チャンス目予告実行決定用の乱数SR6、チャンス目予告種類決定用の乱数SR7、再抽選確率決定用の乱数SR8、再抽選決定用の乱数SR9、および擬似連時チャンス目予告パターン決定用のSR10各々の値に基づいて決定される。   The appearance pattern of the chance eye notice executed in a plurality of variations includes a random number SR6 for determining the chance eye notice execution, a random number SR7 for determining the chance eye notice type, a random number SR8 for determining the re-lottery probability, and a random number for determining the re-lottery. It is determined based on the values of SR9 and SR10 for determining the pseudo consecutive chance eye notice pattern.
次に、変動表示において停止させる停止図柄を決定するときに用いるテーブルについて説明する。図32は、非リーチはずれ時の最終停止図柄決定テーブルを示す説明図である。図33は、左右出目判定テーブルを示す説明図である。図34は、リーチはずれ時の最終停止図柄決定テーブルを示す説明図である。図35は、大当り時の最終停止図柄決定テーブルを示す説明図である。図36は、チャンス目を示す説明図である。図37は、停止表示させるチャンス目の種類を決定するためのチャンス目決定テーブルを示す説明図である。   Next, a table used when determining a stop symbol to be stopped in the variable display will be described. FIG. 32 is an explanatory diagram of a final stop symbol determination table when non-reach is lost. FIG. 33 is an explanatory diagram of a left / right outcome determination table. FIG. 34 is an explanatory diagram showing a final stop symbol determination table at the time of reach failure. FIG. 35 is an explanatory diagram showing a final stop symbol determination table at the time of big hit. FIG. 36 is an explanatory diagram showing a chance eye. FIG. 37 is an explanatory diagram showing a chance eye determination table for determining the type of chance eye to be stopped and displayed.
演出制御用マイクロコンピュータ100におけるROMに記憶されている決定テーブルには、所定の非リーチはずれの組合せを決定するためのテーブルとして、たとえば、図32(A)〜(C)に示す最終停止図柄決定テーブル160A〜160Cが含まれている。   In the determination table stored in the ROM of the production control microcomputer 100, for example, final stop symbol determination shown in FIGS. 32A to 32C is used as a table for determining combinations of predetermined non-reach deviations. Tables 160A-160C are included.
図32(A)に示す最終停止図柄決定テーブル160Aは、所定の非リーチはずれの組合せとなる確定演出図柄のうち、「左」の図柄表示エリア9Lにおいて停止表示される確定演出図柄となる左最終停止図柄FZ1−1を、左停止図柄決定用の乱数SR1−1に基づいて決定するために参照されるテーブルである。最終停止図柄決定テーブル160Aは、左停止図柄決定用の乱数SR1−1の値と比較される数値(判定値)であって、左最終停止図柄FZ1−1となる演出図柄の図柄番号「1」〜「8」に対応するデータ(判定値)を含む。   The final stop symbol determination table 160A shown in FIG. 32 (A) is a final final symbol that becomes a finalized effect symbol that is stopped and displayed in the “left” symbol display area 9L among the predetermined effect symbols that are combinations of predetermined non-reach deviations. It is a table referred to in order to determine the stop symbol FZ1-1 based on the random number SR1-1 for determining the left stop symbol. The final stop symbol determination table 160A is a numerical value (determination value) to be compared with the value of the random number SR1-1 for determining the left stop symbol, and the symbol number “1” of the effect symbol that becomes the left final stop symbol FZ1-1. To data (determination value) corresponding to “8”.
図32(B)に示す最終停止図柄決定テーブル160Bは、所定の非リーチはずれの組合せとなる確定演出図柄のうち、「右」の図柄表示エリア9Rにおいて停止表示される確定演出図柄となる右最終停止図柄FZ1−2を、左最終停止図柄FZ1−1や右停止図柄決定用の乱数SR1−3に基づいて決定するために参照されるテーブルである。最終停止図柄決定テーブル160Bは、左最終停止図柄FZ1−1として決定された演出図柄の図柄番号「1」〜「8」に応じて、右停止図柄決定用の乱数SR1−3の値と比較される数値(判定値)であって、右最終停止図柄FZ1−2となる演出図柄の図柄番号「1」〜「8」に対応するデータ(判定値)を含む。   The final stop symbol determination table 160B shown in FIG. 32B is a final right symbol that is a finalized effect symbol that is stopped and displayed in the “right” symbol display area 9R among the predetermined effect symbols that are combinations of predetermined non-reach deviations. This table is referred to for determining the stop symbol FZ1-2 based on the left final stop symbol FZ1-1 or the random number SR1-3 for determining the right stop symbol. The final stop symbol determination table 160B is compared with the value of the random number SR1-3 for determining the right stop symbol in accordance with the symbol numbers “1” to “8” of the effect symbols determined as the left final stop symbol FZ1-1. Data (determination value) corresponding to the symbol numbers “1” to “8” of the effect symbols that become the right final stop symbol FZ1-2.
図32(C)に示す最終停止図柄決定テーブル160Cは、所定の非リーチはずれの組合せとなる確定演出図柄のうち、「中」の図柄表示エリア9Cにおいて停止表示される確定演出図柄となる中最終停止図柄FZ1−3を、左最終停止図柄FZ1−1や右最終停止図柄FZ1−2、中停止図柄決定用の乱数SR1−2に基づいて決定するために参照されるテーブルである。   The final stop symbol determination table 160C shown in FIG. 32 (C) is a middle final that becomes a finalized effect symbol that is stopped and displayed in the “medium” symbol display area 9C among the predetermined effect symbols that are combinations of predetermined non-reach deviations. This table is referred to for determining the stop symbol FZ1-3 based on the left final stop symbol FZ1-1, the right final stop symbol FZ1-2, and the random number SR1-2 for determining the middle stop symbol.
また、演出制御用マイクロコンピュータ100におけるROMに記憶されている判定テーブルには、図33に示すような左右出目判定テーブル161が含まれている。左右出目判定テーブル161では、左最終停止図柄FZ1−1と右最終停止図柄FZ1−2との組合せから、左右出目タイプDC1−1がLR0、LR11〜LR18、LR31〜LR38のいずれに該当するかの判定が行なわれる。最終停止図柄決定テーブル160Cは、左右出目タイプDC1−1がLR0、LR11〜LR18,LR31〜LR38のいずれに該当するかの判定結果に応じて、中停止図柄決定用の乱数SR1−2の値と比較される数値(判定値)であって、中最終停止図柄FZ1−3となる演出図柄の図柄番号「1」〜「8」に対応するデータ(判定値)を含む。   Further, the determination table stored in the ROM of the production control microcomputer 100 includes a left / right appearance determination table 161 as shown in FIG. In the left / right outcome determination table 161, the left / right outcome type DC1-1 corresponds to any of LR0, LR11 to LR18, and LR31 to LR38 based on the combination of the left final stop symbol FZ1-1 and the right final stop symbol FZ1-2. Is determined. The final stop symbol determination table 160C includes a random stop SR1-2 value for determining the middle stop symbol according to the determination result of whether the left / right outcome type DC1-1 corresponds to LR0, LR11 to LR18, or LR31 to LR38. Including the data (determination value) corresponding to the symbol numbers “1” to “8” of the effect symbols that are the middle final stop symbols FZ1-3.
図32(B)に示す最終停止図柄決定テーブル160Bでは、左最終停止図柄FZ1−1となる演出図柄の図柄番号と右最終停止図柄FZ1−2となる演出図柄の図柄番号とが同一となる部分には、右停止図柄決定用の乱数SR1−3の値と比較される数値(判定値)が割り当てられていない。このような割当てによって、最終停止図柄として所定の非リーチはずれの組合せになる確定演出図柄を決定する場合に、その確定演出図柄の組合せがリーチの組合せや大当りの組合せにならないようにすることができる。   In the final stop symbol determination table 160B shown in FIG. 32B, the symbol number of the effect symbol that becomes the left final stop symbol FZ1-1 and the symbol number of the effect symbol that becomes the right final stop symbol FZ1-2 are the same. Is not assigned a numerical value (determination value) to be compared with the value of the random number SR1-3 for determining the right stop symbol. With such an assignment, when a finalized design that is a predetermined non-reach off-combination combination is determined as the final stop symbol, the finalized design combination can be prevented from being a reach combination or a jackpot combination. .
また、図32(C)に示す最終停止図柄決定テーブル160Cでは、チャンス目になる部分には、中停止図柄決定用の乱数SR1−3の値と比較される数値(判定値)が割り当てられていない。このような割当てによって、最終停止図柄として所定の非リーチの組合せとなる確定演出図柄を決定する場合に、その確定演出図柄がチャンス目にならないようにすることができる。なお、非リーチはずれの組合せとなる場合であっても、チャンス目に決定される場合が生じるように、判定値が割り当てられているものであってもよい。   Also, in the final stop symbol determination table 160C shown in FIG. 32C, a numerical value (determination value) to be compared with the value of the random number SR1-3 for determining the medium stop symbol is assigned to the part that becomes a chance. Absent. With such assignment, when a finalized design that is a predetermined non-reach combination is determined as the final stop symbol, the finalized design can be prevented from becoming a chance. In addition, even if it is a case where it is a combination of non-reach, a determination value may be assigned so that a chance may be determined.
また、演出制御用マイクロコンピュータ100におけるROMに記憶されている決定テーブルには、リーチはずれの組合せとなる確定演出図柄を決定するためのテーブルとして、たとえば、図34に示す最終停止図柄決定テーブル162Aが含まれている。   In addition, the determination table stored in the ROM of the production control microcomputer 100 includes, for example, a final stop symbol determination table 162A shown in FIG. 34 as a table for determining a final effect symbol that is a combination of reach deviation. include.
図34に示す最終停止図柄決定テーブル162Aは、リーチはずれの組合せとなる確定演出図柄のうち、「左」の図柄表示エリア9Lにおいて停止表示される確定演出図柄となる左最終停止図柄FZ2−1と、「右」の図柄表示エリア9Rにおいて停止表示される確定演出図柄となる右最終停止図柄FZ2−2とを、左停止図柄決定用の乱数SR1−1に基づいて決定するために参照されるテーブルである。最終停止図柄決定テーブル162Aは、左停止図柄決定用の乱数SR1−1の値と比較される数値(判定値)であって、左最終停止図柄FZ2−1および右最終停止図柄FZ2−2として同一になる演出図柄(左右最終停止図柄FZ2−1、FZ2−2)の図柄番号「1」〜「8」に対応するデータ(判定値)を含む。なお、リーチはずれ組合せを構成する中最終停止図柄FZ2−3は、左右最終停止図柄FZ2−1およびFZ2−2の演出図柄から、大当りの組合せとならない演出図柄のうちから決定される。たとえば、左右最終停止図柄FZ2−1およびFZ2−2の演出図柄が「8」に決定された場合には、中最終停止図柄FZ2−3の演出図柄として「1」〜「7」のうちいずれかが決定される。   The final stop symbol determination table 162A shown in FIG. 34 includes a left final stop symbol FZ2-1 that becomes a finalized effect symbol that is stopped and displayed in the “left” symbol display area 9L among the determined effect symbols that are combinations of reach deviation. , A table referred to in order to determine the right final stop symbol FZ2-2, which is the final effect symbol to be stopped and displayed in the “right” symbol display area 9R, based on the random number SR1-1 for determining the left stop symbol. It is. The final stop symbol determination table 162A is a numerical value (determination value) to be compared with the value of the random number SR1-1 for determining the left stop symbol, and is the same as the left final stop symbol FZ2-1 and the right final stop symbol FZ2-2. Data (determination values) corresponding to symbol numbers “1” to “8” of the effect symbols (left and right final stop symbols FZ2-1, FZ2-2). Note that the middle final stop symbol FZ2-3 constituting the out-of-reach combination is determined from the effect symbols that do not become a big hit combination from the effect symbols of the left and right final stop symbols FZ2-1 and FZ2-2. For example, when the effect symbols of the left and right final stop symbols FZ2-1 and FZ2-2 are determined to be “8”, any one of “1” to “7” as the effect symbols of the middle final stop symbol FZ2-3 Is determined.
演出制御用マイクロコンピュータ100におけるROMに記憶されている判定テーブルには、大当り組合せとなる確定演出図柄を決定するためのテーブルとして、たとえば、図35に示す最終停止図柄決定テーブル163A,163Bが含まれている。図35(A)に示す最終停止図柄決定テーブル163Aは、15R確変大当り図柄となる確定演出図柄として、「左」、「中」、「右」の各図柄表示エリア9L、9C、9Rにおいて停止表示される左中右最終停止図柄FZ3−1、FZ3−2、FZ3−3を、左停止図柄決定用の乱数SR1−1に基づいて決定するために参照されるテーブルである。   The determination table stored in the ROM of the effect control microcomputer 100 includes, for example, final stop symbol determination tables 163A and 163B shown in FIG. 35 as tables for determining a definite effect combination to be a jackpot combination. ing. The final stop symbol determination table 163A shown in FIG. 35 (A) is a stop display in each of the symbol display areas 9L, 9C, and 9R of “left”, “middle”, and “right” as a definite effect symbol that becomes a 15R probability variation big hit symbol. This table is referred to for determining the left middle right final stop symbols FZ3-1, FZ3-2 and FZ3-3 based on the left stop symbol determination random number SR1-1.
最終停止図柄決定テーブル163Aは、左停止図柄決定用の乱数SR1−1の値と比較される数値(判定値)であって、左中右最終停止図柄FZ3−1、FZ3−2、FZ3−3として同一になる通常図柄の図柄番号「1」、「2」、「3」、「4」、「5」、「6」、「7」、「8」に対応するデータ(判定値)を含む。   The final stop symbol determination table 163A is a numerical value (determination value) to be compared with the value of the random number SR1-1 for determining the left stop symbol, and is the left middle right final stop symbol FZ3-1, FZ3-2, FZ3-3. Data corresponding to the symbol numbers “1”, “2”, “3”, “4”, “5”, “6”, “7”, “8” of the normal symbols that are the same as .
図35(B)に示す最終停止図柄決定テーブル163Bは、15R非確変大当り図柄となる確定演出図柄として、「左」、「中」、「右」の各図柄表示エリア9L、9C、9Rにおいて停止表示される左中右最終停止図柄FZ3−1、FZ3−2、FZ3−3を、左停止図柄決定用の乱数SR1−1に基づいて決定するために参照されるテーブルである。   The final stop symbol determination table 163B shown in FIG. 35 (B) is stopped in each of the symbol display areas 9L, 9C, and 9R of “left”, “middle”, and “right” as a definite effect symbol that becomes a 15R non-probable big hit symbol. It is a table referred to in order to determine the left middle right final stop symbols FZ3-1, FZ3-2, and FZ3-3 that are displayed based on the random number SR1-1 for determining the left stop symbol.
最終停止図柄決定テーブル163Bは、左停止図柄決定用の乱数SR1−1の値と比較される数値(判定値)であって、左中右最終停止図柄FZ3−1、FZ3−2、FZ3−3として同一になる通常図柄の図柄番号「2」、「4」、「6」、「8」に対応するデータ(判定値)を含む。   The final stop symbol determination table 163B is a numerical value (determination value) to be compared with the value of the random number SR1-1 for determining the left stop symbol, and is the left middle right final stop symbol FZ3-1, FZ3-2, FZ3-3. Data (determination values) corresponding to symbol numbers “2”, “4”, “6”, and “8” of normal symbols that are the same.
図35を用いて、15R大当りとなる図柄組合せは、SR1−1から抽出した値に基づいてランダムに決定される例について説明した。これと同様に、2R確変大当りおよび小当りの図柄組合せについては、SR1−1などから抽出した値に基づいて複数種類定められた特定の図柄組合せ(たとえば、135、139など)からランダムに決定される。また、これに限らず、2R確変大当りおよび小当りとなる図柄組合せは、非リーチはずれ時と同様に、SR1−1〜SR1−3から抽出した値に基づいてランダムに決定されるように構成してもよい。   Using FIG. 35, the example has been described in which the symbol combination that is a 15R big hit is randomly determined based on the value extracted from SR1-1. Similarly, 2R probability variation big hit and small hit symbol combinations are randomly determined from a plurality of specific symbol combinations (for example, 135, 139, etc.) based on the values extracted from SR1-1 and the like. The Further, not limited to this, the symbol combinations for 2R probability variation big hit and small hit are configured to be randomly determined based on the values extracted from SR1-1 to SR1-3, as in the case of non-reach. May be.
図36は、チャンス目を示す説明図である。図36に示すチャンス目GC1〜GC8は、先読み予告実行中の各変動表示(予告対象の変動表示を除く)および先読み予告実行中であるか否かに関わらず擬似連中の各変動(最終変動を除く)において停止表示される。「左図柄」は「左」の図柄表示エリア9Lに停止表示される演出図柄であり、「中図柄」は「中」の図柄表示エリア9Cに停止表示される演出図柄であり、「右図柄」は「右」の図柄表示エリア9Rに停止表示される演出図柄である。   FIG. 36 is an explanatory diagram showing a chance eye. The chance items GC1 to GC8 shown in FIG. 36 indicate each fluctuation display during the pre-reading notice execution (excluding the fluctuation display of the notice target) and each fluctuation (final fluctuation) of the pseudo-regulation regardless of whether the pre-reading notice is being executed. (Except)). The “left symbol” is an effect symbol that is stopped and displayed in the “left” symbol display area 9L, and the “middle symbol” is an effect symbol that is stopped and displayed in the “middle” symbol display area 9C. Is an effect symbol that is stopped and displayed in the “right” symbol display area 9R.
図37(A)に示すテーブルは、先読み予告実行中の各変動表示(擬似連の場合は初回変動)および先読み予告実行中であるか否かに関わらず擬似連中の初回変動において停止表示させるチャンス目の種類を決定するために参照されるチャンス目決定用テーブルである。   The table shown in FIG. 37A shows each variation display during the pre-reading notice (first time change in the case of the pseudo-continuous) and the chance to stop display at the first time change during the pre-reading notice regardless of whether or not the pre-reading notice is being executed. It is a chance eye determination table that is referred to in order to determine the eye type.
チャンス目決定用テーブルは、図36に示した複数種類のチャンス目のうちから左停止図柄決定用の乱数SR1−1に基づいて、停止表示させるチャンス目を決定するために参照されるテーブルである。たとえば、乱数SR1−1から抽出した値が、「1〜10」のいずれかであるときには、チャンス目GC1の「112」が停止表示されることが決定される。   The chance eye determination table is a table that is referred to in order to determine a chance eye to be stopped and displayed based on the random number SR1-1 for determining the left stop symbol from among a plurality of types of chance eyes shown in FIG. . For example, when the value extracted from the random number SR1-1 is any one of “1 to 10”, it is determined that “112” of the chance item GC1 is stopped and displayed.
図37(B)に示すテーブルは、図37(A)のテーブルを参照して決定した擬似連における初回変動において停止させる初回チャンス目を基準にして、初回以降の各変動(最終の変動を除く)において停止表示させるチャンス目を特定するためのチャンス目パターンを決定するために参照されるチャンス目パターン決定用テーブルである。   The table shown in FIG. 37B is based on the first chance to be stopped at the first fluctuation in the pseudo-series determined with reference to the table in FIG. ) Is a chance eye pattern determination table that is referred to in order to determine a chance eye pattern for specifying a chance eye to be stopped and displayed.
チャンス目パターンの種類としては、初回チャンス目を以降の各変動においても停止表示させる不変パターン(図36のチャンス目GC1→GC1→GC1→…とする一定のパターン)、前回変動において停止表示したチャンス目の次のチャンス目を次の変動において停止表示させる昇順パターン(図36のチャンス目GC1→GC2→…GC8→GC1→…と変動毎に変化させるパターン)、前回変動において停止表示したチャンス目の一つ前のチャンス目を次の変動において停止表示させる降順パターン(図36のチャンス目GC8→GC7→…GC1→GC8→…と変動毎に変化させるパターン)が設けられている。   The types of chance eye patterns include invariant patterns (a constant pattern such as chance eyes GC1 → GC1 → GC1 →... In FIG. 36) for which the first chance is stopped and displayed in each subsequent change, and the chance that the first chance is stopped and displayed in the previous change. An ascending order pattern in which the next chance of the eye is stopped and displayed at the next change (the pattern of changing the chance eyes GC1 → GC2 →... GC8 → GC1 →... In FIG. 36). A descending order pattern (pattern in which the chance chances GC8 → GC7 →... GC1 → GC8 →... In FIG. 36 are changed for each change) is provided to stop and display the previous chance at the next change.
チャンス目パターンは、チャンス目パターン決定用テーブルを参照し、再変動回数に応じた割合にしたがい、中停止図柄決定用の乱数SR1−2に基づいて決定される。たとえば、再変動回数が2回の擬似連である場合で、乱数SR1−2から抽出した値が、「1〜50」のいずれかであるときには不変パターンが、「51〜60」のいずれかであるときには昇順パターンが、「61〜70」のいずれかであるときには降順パターンに決定される。   The chance eye pattern is determined on the basis of the random number SR1-2 for determining the medium stop symbol in accordance with the ratio according to the number of re-variations with reference to the chance eye pattern determination table. For example, in the case where the number of re-variations is two pseudo-reams and the value extracted from the random number SR1-2 is any one of “1-50”, the invariant pattern is any one of “51-60”. In some cases, the ascending pattern is determined to be a descending pattern if any of “61 to 70” is selected.
本実施の形態におけるチャンス目パターン決定用テーブルは、再変動回数が多い擬似連である程、昇順パターンあるいは降順パターンに決定される割合が高くなるように、また、再変動回数が大当り確定となる4回の擬似連であるときには降順パターンよりも昇順パターンに決定される割合が高くなるように、判定値が設定されている。擬似連において再変動回数が多い程、大当りとなる信頼度が高くなることを説明したが、これにより、連続して停止表示されるチャンス目が変化する方が大当りとなることに対する期待感を抱かせることができる。また、連続して停止表示されるチャンス目が昇順で変化する場合には、降順で変化する場合より大当りとなることに対する期待感を遊技者に抱かせることができる。   In the chance eye pattern determination table according to the present embodiment, as the number of re-variation times increases, the proportion determined as an ascending order pattern or descending order pattern increases, and the number of re-variation numbers is determined to be a big hit. The determination value is set so that the ratio determined to the ascending order pattern is higher than the descending order pattern when there are four pseudo-reams. It has been explained that the greater the number of re-variations in the quasi-ream, the higher the reliability that is a big hit, but with this, there is a sense of expectation that the chance of continuously stopping and displaying changes will be a big hit. You can make it. Further, when the chances of stopping and displaying continuously change in ascending order, it is possible to make the player have a sense of expectation that the game will be a big hit as compared with the case of changing in descending order.
次に、変動表示中に実行される予告のうち、チャンス目予告の具体例を図38を参照して説明する。図38は、チャンス目予告が実行されるときの演出表示装置9における表示動作例を示す説明図である。   Next, a specific example of the chance eye notice among the notices executed during the variable display will be described with reference to FIG. FIG. 38 is an explanatory diagram showing a display operation example in the effect display device 9 when the chance eye notice is executed.
チャンス目予告は、「左」の図柄表示エリア9Lおよび「右」の図柄表示エリア9Rに、チャンス目以外でかつリーチの組合せ以外となる演出図柄の組合せを停止表示させ、「中」の図柄表示エリア9Cにおいて変動表示が行なわれている状態において実行される。   In the chance eye notice, the “left” symbol display area 9L and the “right” symbol display area 9R stop and display the effect symbol combinations other than the chance eyes and other than the reach combinations, and display the “medium” symbol display. This is executed in a state where the variable display is performed in the area 9C.
チャンス目以外でかつリーチの組合せ以外となる演出図柄の組合せとしては、たとえば、「左」の演出図柄として、図37のテーブルを用いて停止表示すると決定されているチャンス目、あるいは、チャンス目が停止されないときには最終停止図柄のうちの「左」の演出図柄を停止表示し、「右」の演出図柄として、「左」の演出図柄とチャンス目以外でかつリーチの組合せ以外の所定の関係となる演出図柄を停止表示する。所定の関係とは、本実施の形態においては、「左」の演出図柄から所定図柄数離れた図柄(たとえば、4図柄離れた図柄)を例示するが、これに限らず、「左」の演出図柄との関係においてチャンス目とならずかつリーチの組合せともならない図柄からランダムに決定された図柄であってもよい。   As a combination of performance symbols other than the chance eye and other than the reach combination, for example, as the “left” production symbol, a chance eye or a chance eye determined to be stopped and displayed using the table of FIG. When not stopped, the “left” effect symbol of the final stop symbol is stopped and displayed, and the “right” effect symbol has a predetermined relationship other than the combination of reach and other than the “left” effect symbol and chance chance. The effect design is stopped and displayed. In the present embodiment, the predetermined relationship is exemplified by a symbol that is a predetermined number of symbols away from the “left” effect symbol (for example, a symbol that is four symbols away). It may be a symbol determined at random from a symbol that does not become an opportunity and a combination of reach in relation to the symbol.
図38(a)では、「左」の図柄表示エリア9Lに「7」の演出図柄が停止され、「右」の図柄表示エリア9Rに、「7」の演出図柄と4図柄離れた「3」の演出図柄が停止されて、「中」の図柄表示エリア9Cにおいて変動表示が行なわれている状態を示している。   In FIG. 38 (a), the “7” effect symbol is stopped in the “left” symbol display area 9L, and the “right” symbol display area 9R is “3” separated from the “7” effect symbol by 4 symbols. The effect symbols are stopped, and the state where the variable display is performed in the “medium” symbol display area 9C is shown.
チャンス目予告としては、滑りパターン、図柄キャラクタパターン、特殊パターン、およびボタン操作パターンを含む複数種類のチャンス目予告が設けられている。   As the chance eye notice, a plurality of kinds of chance eye notices including a slip pattern, a symbol character pattern, a special pattern, and a button operation pattern are provided.
滑りパターンとは、図38(b)および(c)に示すように、一旦停止された「左」および「右」の演出図柄のうち少なくとも一方(たとえば、「右」の演出図柄)を再度変動させることにより、その後チャンス目が停止表示される可能性があることを予告するパターンをいう。   As shown in FIGS. 38 (b) and 38 (c), the slip pattern changes at least one of the temporarily stopped “left” and “right” effect symbols (for example, the “right” effect symbol) again. This is a pattern for notifying that there is a possibility that the chance eye will be stopped and displayed after that.
図柄キャラクタパターンとは、図38(d)および(e)に示すように、一旦停止された「左」および「右」の演出図柄のうち少なくとも一方(たとえば、「左」の演出図柄)の図柄のキャラクタを用いた所定の演出を実行させることにより、その後チャンス目が停止表示される可能性があることを予告するパターンをいう。図38(d)および(e)では、「7」の演出図柄を構成していたキャラクタが飛び出すような演出が行なわれた後、当該キャラクタが「右」の演出図柄に対して魔法をかけるような演出が行なわれている。なお、図柄キャラクタパターンは、一旦停止している演出図柄の種類に応じて、他の演出図柄とは異なる当該演出図柄独自の演出が実行されるように構成されている。   As shown in FIGS. 38 (d) and 38 (e), the symbol character pattern is a symbol of at least one of the “left” and “right” effect symbols (for example, the “left” effect symbol). This is a pattern for notifying that there is a possibility that the chance eye will be stopped and displayed by executing a predetermined performance using the character. In FIGS. 38D and 38E, after an effect is made such that the character constituting the effect symbol “7” pops out, the character applies magic to the effect symbol “right”. The production is performed. The symbol character pattern is configured to execute an effect unique to the effect symbol that is different from the other effect symbols depending on the type of the effect symbol that has been stopped.
特殊パターンとは、図38(f)および(g)に示すように、一旦停止された後に、特殊キャラクタを出現させて所定の演出を実行させることにより、その後チャンス目が停止表示される可能性があることを予告するパターンをいう。   As shown in FIGS. 38 (f) and 38 (g), the special pattern is a possibility that after a temporary stop, a special character appears and a predetermined effect is executed, and then the chance eye is stopped and displayed. This is a pattern for foreseeing that there is.
ボタン操作パターンは、図38(h)および(i)に示すように、一旦停止された「左」および「右」の演出図柄のうち少なくとも一方(たとえば、「右」の演出図柄)を再度変動させた後、操作ボタン30の操作を促進させるための促進画像を表示し、当該促進画像が表示されている間に操作ボタン30を操作することにより、その後チャンス目が停止表示される可能性があることを予告するパターンをいう。図38(i)では、促進画像として、「ボタンを押して!」といったメッセージと、ボタンを指で押す画像とが表示されている。演出制御用マイクロコンピュータ100は、促進画像を表示する間、操作ボタン30からの操作信号を有効に受付ける処理を行なう。   As shown in FIGS. 38 (h) and (i), the button operation pattern changes again at least one of the temporarily stopped “left” and “right” effect symbols (for example, “right” effect symbol). After that, a promotion image for promoting the operation of the operation button 30 is displayed, and then the chance button may be stopped and displayed by operating the operation button 30 while the promotion image is displayed. A pattern that warns you of something. In FIG. 38I, a message such as “Press the button!” And an image of pressing the button with a finger are displayed as the promotion image. The effect control microcomputer 100 performs a process of effectively receiving the operation signal from the operation button 30 while displaying the promotion image.
チャンス目予告が行なわれた後、停止タイミングにおいて、予め決定されている演出図柄を停止表示させる演出が行なわれる。たとえば、リーチ状態となる場合には、図38(k)に示すように、「右」の演出図柄として、「左」と同じ「7」が停止表示されてリーチの組合せとなる。また、チャンス目となる場合には、図38(l)に示すように、「左」の演出図柄との関係においてチャンス目GC7を構成する「8」が停止表示されてチャンス目となり得る組合せとなる。   After the chance notice is given, an effect of stopping and displaying a predetermined effect symbol is performed at the stop timing. For example, in the reach state, as shown in FIG. 38 (k), “7”, which is the same as “left”, is stopped and displayed as a combination of reach as the “right” effect symbol. Further, in the case of a chance, as shown in FIG. 38 (l), a combination of “8” constituting the chance eye GC7 is stopped and displayed as a chance eye in relation to the “left” effect symbol. Become.
なお、図38の(h)および(i)で示したボタン操作パターンが擬似連中(先読み予告中の擬似連を含む)の変動(最終の変動を除く)で実行された場合において、操作ボタン30が操作されなかった場合には、予め決定されている演出図柄を停止表示する前(変動における停止タイミング前)に、図38(j)に示すように、「右」の演出図柄として、「左」と同じ「7」が停止表示されてリーチの組合せとなるかのような演出が行なわれる。これにより、操作ボタン30が操作されなかったことにより今回の変動が最終の変動であるかのような印象を遊技者に抱かせることができる。   When the button operation pattern shown in (h) and (i) of FIG. 38 is executed in the variation (excluding the final variation) in the pseudo-series (including the pseudo-series in the pre-reading notice), the operation button 30 is displayed. Is not operated, as shown in FIG. 38 (j), the “left” effect symbol is displayed as “left” before the predetermined effect symbol is stopped and displayed (before the change stop timing). "7", which is the same as "", is stopped and displayed as if it is a reach combination. This makes it possible for the player to have an impression that the current variation is the final variation because the operation button 30 has not been operated.
なお、ボタン操作パターンが擬似連中(先読み予告中の擬似連を含む)の変動(最終の変動を除く)で実行された場合でかつ操作ボタン30が操作されなかった場合であって、その後、再変動が行なわれる場合には、上記のようにリーチの組合せを一旦停止表示した後、さらに、一旦停止された「左」および「右」の演出図柄のうち少なくとも一方(たとえば、「右」の演出図柄)を再度変動させて、予め決定されているチャンス目を仮停止させる演出が実行される。   It should be noted that this is a case where the button operation pattern is executed in the pseudo-series (including the pseudo-series in the pre-reading notice) change (excluding the final change) and the operation button 30 is not operated. In the case of a change, after the reach combination is temporarily displayed as described above, at least one of the “left” and “right” effect symbols (for example, the “right” effect is temporarily stopped). The design is changed again, and an effect of temporarily stopping the predetermined chance eye is executed.
一方、ボタン操作パターンが擬似連中の最終の変動で実行された場合においては、擬似連の最終の変動においてリーチ状態となるため、操作ボタン30が操作されたか否かに関わらず、予め決定されているリーチ状態となる図柄が停止表示される。   On the other hand, when the button operation pattern is executed with the final fluctuation in the pseudo-series, the reach state is reached in the final fluctuation of the pseudo-series, so that it is determined in advance regardless of whether or not the operation button 30 is operated. The symbol that is in the reach state is stopped and displayed.
また、ボタン操作パターンが先読み予告中(擬似連中を除く)に実行された場合において、操作ボタン30が操作されなかった場合には、予め停止表示させる図柄として決定されている図柄に替えて、演出図柄「右」の演出図柄として、「左」の演出図柄とチャンス目以外でかつリーチの組合せ以外の所定の関係となる特別はずれ図柄を停止させる演出が行なわれる。これにより、操作ボタン30が操作されなかったことにより今回の変動で先読み予告が終了したかのような印象を遊技者に抱かせることができる。   Further, when the button operation pattern is executed during the pre-reading notice (except for the pseudo-group), if the operation button 30 is not operated, the design is changed to the symbol determined as the symbol to be stopped and displayed in advance. As the symbol “right” effect symbol, an effect is performed in which a special off-set symbol other than the “left” effect symbol and the chance eye and a predetermined relationship other than the reach combination is stopped. This makes it possible for the player to have an impression that the pre-reading notice has ended due to the current change because the operation button 30 has not been operated.
なお、先読み予告中の変動表示において特別はずれ図柄が停止された場合であっても、当該先読み予告の対象となる変動表示までの残り変動表示においては、再びチャンス目が停止表示される。これにより、特別はずれ図柄が停止表示された次の変動表示においてチャンス目が再び停止表示されること、および特定変動表示パターンとなることに対する期待感を持続させることができる。   Note that even if a special off-set symbol is stopped in the variable display during the pre-reading notice, the chance eye is again displayed in the remaining variable display until the variable display subject to the pre-reading notice. As a result, it is possible to maintain a sense of expectation that the chance eye is stopped and displayed again in the next variation display in which the special off-symbol symbol is stopped and displayed, and that the specific variation display pattern is obtained.
図39は、S555の保留記憶表示制御処理を示すフローチャートである。保留記憶表示制御処理では、保留記憶を表示するための処理や、始動入賞指定コマンドに基づきチャンス目を連続して停止表示させる先読み予告の実行に関する処理が行なわれる。まず、S650により加算される未処理数カウンタの値が1以上であるか否かを判定する(S660)。未処理数カウンタの値が「1」以上であると判定されたときには、保留表示を行なうための処理が実行される。   FIG. 39 is a flowchart showing the hold storage display control process of S555. In the hold memory display control process, a process for displaying the hold memory and a process for executing a pre-reading notice for continuously stopping and displaying the chances based on the start winning designation command are performed. First, it is determined whether or not the value of the unprocessed number counter added in S650 is 1 or more (S660). When it is determined that the value of the unprocessed number counter is “1” or more, processing for holding display is executed.
S661においては、先読み予告実行中フラグ、または先読み予告フラグがセットされているか否かを判定する(S661)。先読み予告実行中フラグとは、先読み予告が既に実行されている旨を示すフラグであり、後述する図45のS683でセットされる。先読み予告フラグとは、先読み予告演出を行なうことが決定されている旨を示すフラグであり、図39のS668でセットされる。   In S661, it is determined whether a pre-reading notice execution flag or a pre-reading notice flag is set (S661). The pre-reading notice execution flag is a flag indicating that the prefetching notice has already been executed, and is set in S683 of FIG. 45 described later. The prefetch notice flag is a flag indicating that it is determined to perform the prefetch notice effect, and is set in S668 of FIG.
S661において先読み予告実行中フラグおよび先読み予告フラグのいずれもセットされていないと判定されたときには、今回の保留記憶を含む未だ変動表示が開始されていない保留記憶の数(以下、未変動の保留記憶数という)が2以上であるか否かを判定する(S662)。これにより、今回記憶された保留記憶に基づく変動表示以外に未だ変動表示が開始されていない保留記憶がある状況であり、先読み予告を実行可能な保留記憶状態であるか否かが判定される。S662において未変動の保留記憶数が2以上でないと判定されたときには、後述するS672へ移行する。   If it is determined in S661 that neither the pre-reading notice execution flag nor the pre-reading notice flag is set, the number of hold memories that have not yet started the variable display including the hold memory of this time (hereinafter referred to as unchanged hold memory). It is determined whether or not (referred to as a number) is 2 or more (S662). As a result, it is determined whether there is a pending storage in which the variation display has not yet started other than the variation display based on the currently stored retention storage, and whether or not it is a pending storage state in which a prefetch notice can be executed. When it is determined in S662 that the number of unchanged pending storage is not 2 or more, the process proceeds to S672 described later.
S662において未変動の保留記憶数が2以上であると判定されたときには、対応する始動入賞指定コマンドが所定コマンドであるかを判定する(S663)。所定コマンドとは、大当りになることに対する期待感を遊技者に抱かせる演出を実行させることとなるコマンドであればよく、本実施の形態においては、先読み判定結果が15R大当りを示す始動入賞指定コマンドおよびスーパーリーチBの特定変動パターン種別を示す始動入賞指定コマンドをいう。S663により、今回の保留記憶が、所定条件としての15R大当りになるあるいは特定変動パターンになることを満たすか否か判定される。   If it is determined in S662 that the number of unchanged pending storages is 2 or more, it is determined whether the corresponding start winning designation command is a predetermined command (S663). The predetermined command may be any command that causes the player to perform an effect that gives the player a sense of expectation for a big hit. In the present embodiment, the start winning designation command indicates that the prefetch determination result indicates 15R big hit. And a start winning designation command indicating a specific variation pattern type of Super Reach B. By S663, it is determined whether or not the current hold storage satisfies the 15R big hit or the specific variation pattern as a predetermined condition.
S663において始動入賞指定コマンドが所定コマンドでないと判定されたときには、いわゆるガセ予告が実行されることを規制している状態であるか否かを判定するための予告禁止カウンタの値が「0」であるか否かを判定する(S664)。予告禁止カウンタは、後述するように15R大当りにならずかつスーパーリーチBにもならないガセの先読み予告が終了したことを条件として設定されて、その後変動表示が行なわれる毎に減算される。S664において予告禁止カウンタの値が「0」でないと判定されたときには、後述するS672へ移行する。これにより、予告禁止カウンタの値が「0」でないときには、15R大当りにもスーパーリーチBにもならない保留記憶を対象とした先読み予告の実行が禁止される。   When it is determined in S663 that the start winning designation command is not a predetermined command, the value of the notice prohibition counter for judging whether or not the execution of the so-called gusset notice is restricted is “0”. It is determined whether or not there is (S664). The advance notice prohibition counter is set on the condition that the prefetch notice of gasses that do not become 15R big hit and does not become Super Reach B, as will be described later, and is subtracted every time a change display is performed. When it is determined in S664 that the value of the notice prohibition counter is not “0”, the process proceeds to S672 described later. As a result, when the value of the advance notice prohibition counter is not “0”, the execution of the prefetch notice for the reserved storage that does not become the 15R big hit nor the super reach B is prohibited.
S663において所定コマンドであると判定されたとき、またはS664において予告禁止カウンタの値が「0」であると判定されたときには、S666に移行して先読み予告を実行するか否かを決定する。これにより、始動入賞指定コマンドが所定コマンドであるとき、および予告禁止カウンタの値が「0」であり先読み予告が禁止されていないときに、先読み予告が実行され得る。先読み予告を実行するか否かの決定は、図40に示すテーブルを用いて行なわれる。これについては、後述する。なお、S666においては、判定なしの始動入賞指定コマンドである場合には、先読み予告を実行しない旨が決定される。   When it is determined in S663 that the command is a predetermined command, or when it is determined in S664 that the value of the notice prohibition counter is “0”, the process proceeds to S666 and it is determined whether or not to execute the prefetch notice. Thereby, when the start winning designation command is a predetermined command, and when the value of the notice prohibition counter is “0” and the prefetch notice is not prohibited, the prefetch notice can be executed. The determination as to whether or not to perform the prefetch notice is performed using the table shown in FIG. This will be described later. In S666, it is determined that the pre-reading notice is not to be executed if the start winning designation command has not been determined.
S667では、S666において先読み予告を実行することが決定されたか否かを判定する。S667において先読み予告を実行しないと判定されたときには、後述するS672へ移行する。一方、S667において先読み予告を実行すると判定されたときには、当該始動入賞指定コマンドの下位バイトのデータを先読み予告フラグとしてセットする(S668)。これにより、予告設定処理において、先読み予告フラグに基づき、図13で示した先読み判定結果のいずれかを特定することができ、たとえば、15R確変大当りであるか、15R非確変大当りであるか、および変動パターン種別が特定変動パターン種別であるか非特定変動パターン種別であるかなどを特定することができる。   In S667, it is determined whether or not it is determined in S666 to execute the prefetch notice. When it is determined in S667 that the pre-reading notice is not to be executed, the process proceeds to S672 described later. On the other hand, when it is determined in S667 that the prefetch notice is to be executed, the lower byte data of the start winning designation command is set as a prefetch notice flag (S668). Accordingly, in the advance notice setting process, one of the prefetch determination results shown in FIG. 13 can be specified based on the prefetch notice flag, for example, whether it is 15R probability variation big hit or 15R non-probability big hit, and It can be specified whether the variation pattern type is a specific variation pattern type or a non-specific variation pattern type.
S669では、先読み予告を開始する保留記憶を決定する。先読み予告を開始する保留記憶は、予告開始保留ともいう。予告開始保留の決定は、図41に示すテーブルを用いて行なわれる。これについては、後述する。   In S669, the hold storage for starting the prefetch notice is determined. The holding storage for starting the pre-reading notice is also called the notice start holding. The decision to hold the notice start is made using the table shown in FIG. This will be described later.
S670では、予告開始保留に基づく変動表示が開始されるまでに実行される変動表示回数を先読み予告開始カウンタにセットする。先読み予告開始カウンタの値により、先読み予告を開始するまでに実行される変動表示の回数を特定することができる。たとえば、未だ変動表示が開始されていない保留記憶が3個のときで、予告開始保留が2番目に記憶された保留に決定されたときには、先読み予告開始カウンタとして「1」がセットされる。   In S670, the number of variable displays executed until the variable display based on the notice start suspension is started is set in the prefetch notice start counter. Based on the value of the prefetch notice start counter, the number of variable displays executed before the prefetch notice is started can be specified. For example, when there are three on-hold memories for which the variable display has not yet started and when the notice start hold is determined to be the second stored, “1” is set as the prefetch notice start counter.
S671では、今回の保留記憶を含む未変動の保留記憶数を先読み予告終了カウンタにセットする。先読み予告終了カウンタにより、先読み予告を終了するまでに実行される変動表示の回数、すなわち先読み予告の対象となる保留記憶に基づく変動表示と当該変動表示以前に実行される変動表示との合計回数を特定することができる。たとえば、未だ変動表示が開始されていない保留記憶が2個のときに始動入賞した場合には、先読み予告終了カウンタとして「3」がセットされる。   In S671, the unchanged number of reserved memories including the current reserved memory is set in the prefetch notice end counter. By the pre-reading notice end counter, the number of variable displays executed until the pre-reading notice is finished, that is, the total number of the variable display based on the reserved memory subject to the pre-reading notice and the variable display executed before the change display is displayed. Can be identified. For example, when the winning winning is when there are two pending memories for which the variable display has not yet started, “3” is set as the pre-reading notice end counter.
S672においては、保留メモリカウンタの値を1加算した後、保留表示をする。次いで、未処理数カウンタの値を1減算し(S668)、再びS660へ移行する。   In S672, the value of the hold memory counter is incremented by 1, and then the hold display is performed. Next, 1 is subtracted from the value of the unprocessed number counter (S668), and the process proceeds to S660 again.
S661に戻り、先読み予告実行中フラグまたは先読み予告フラグがセットされていると判定されたとき、すなわち先読み予告がすでに実行中あるいは実行される予定であるときには、当該先読み予告の対象が15R大当り以外を示す保留記憶であって、かつ現在判定の対象となっている始動入賞指定コマンドである今回の始動入賞指定コマンドが所定コマンド(15R大当りを示す始動入賞指定コマンド、スーパーリーチBを示す始動入賞指定コマンド)であるか否かを判定する(S674)。実行中あるいは実行される予定である先読み予告の対象が15R大当りを示す保留記憶であるとき、あるいは今回の始動入賞指定コマンドが所定コマンドでないと判定されたときのいわゆるガセ予告しか行なえないときには、S672へ移行する。すなわち、実行中あるいは実行される予定である先読み予告の対象の保留記憶により15R大当りとなるときや今回の始動入賞指定コマンドに基づき先読み予告をしたとしてもいわゆるガセ予告となるときには、S672へ移行する。   Returning to S661, when it is determined that the pre-reading notice execution flag or the pre-reading notice flag is set, that is, when the prefetching notice is already being executed or is scheduled to be executed, the target of the prefetching notice is other than 15R big hit. The start winning designation command of this time, which is a reserved storage to be shown and is the target of the current determination, is a predetermined command (start winning designation command indicating 15R jackpot, starting winning designation command indicating super reach B) ) Is determined (S674). When the target of the pre-reading notice that is being executed or is scheduled to be executed is a holding storage indicating 15R big hit, or when it is determined that the current start winning designation command is not a predetermined command, only the so-called gusset notice can be performed. Migrate to In other words, when the pre-prediction target that is being executed or scheduled to be executed results in a 15R big hit, or even if the pre-reading notice is given based on the current start winning designation command, the process proceeds to S672. .
なお、S663において判定される所定コマンドと、S674において判定される所定コマンドとは、ともに、15R大当りを示す始動入賞指定コマンドおよびスーパーリーチBを示す始動入賞指定コマンドであり、全く同じコマンドである例について説明した。しかし、S663において判定される所定コマンドと、S674において判定される所定コマンドとは、一部または全部が異なるコマンドであってもよい。たとえば、S663において判定される所定コマンドは、15R大当りを示す始動入賞指定コマンドおよびスーパーリーチBを示す始動入賞指定コマンドであり、S674において判定される所定コマンドは、15R大当りを示す始動入賞指定コマンドのみであってもよい。   It should be noted that the predetermined command determined in S663 and the predetermined command determined in S674 are both a start winning designation command indicating 15R big hit and a starting winning designation command indicating super reach B, and are exactly the same command. Explained. However, the predetermined command determined in S663 and the predetermined command determined in S674 may be partially or entirely different commands. For example, the predetermined command determined in S663 is a start winning designation command indicating 15R jackpot and a start winning designation command indicating super reach B, and the predetermined command determined in S674 is only a start winning designation command indicating 15R jackpot. It may be.
一方、先読み予告の対象が15R大当り以外を示す保留記憶であってかつ今回の始動入賞指定コマンドが所定コマンドであると判定されたとき、すなわち実行中あるいは実行される予定である先読み予告の対象の保留記憶が15R大当りとなる保留記憶でなく、かつ今回の始動入賞指定コマンドによりいわゆる真予告が可能となるときには、予告終了カウンタの値を今回の始動入賞指定コマンドに対応する保留記憶を含む未変動の保留記憶数に更新し、S672へ移行する。これにより、15R大当りとならない保留記憶を対象として先読み予告を実行中あるいは実行されるときに、15R大当りあるいはスーパーリーチBとなる始動入賞指定コマンドを受信したときには、今回の始動入賞指定コマンドに対応する保留記憶に基づく変動表示まで、先に決定されている先読み予告を延長させて実行させることができる。   On the other hand, when it is determined that the target of the pre-reading notice is a holding storage indicating other than 15R jackpot and the current start winning designation command is a predetermined command, that is, the target of the pre-reading notice that is being executed or is scheduled to be executed. When the reserved memory is not the reserved memory for 15R big hit and so-called true advance notice is possible by the current start winning designation command, the value of the notice end counter is not changed including the reserved memory corresponding to the current start winning designation command. The number of reserved storage is updated to S672, and the process proceeds to S672. Thus, when a pre-reading notice is being executed or is being executed for a reserved storage that is not 15R big hit, when a start winning designation command that becomes 15R big hit or Super Reach B is received, it corresponds to the current start winning designation command. It is possible to extend and execute the pre-read notice previously determined until the variable display based on the hold memory.
S660において未処理数カウンタの値が「1」以上でないと判定されたとき、すなわち未処理数が0であると判定されたときには、S651において加算される保留減算カウンタの値が「1」以上であるか否かが判定される(S676)。1以上でないと判定されたときには、そのまま保留記憶表示制御処理を終了する。1以上であると判定されたときには、保留メモリカウンタの値を減算した後、保留表示を減算更新(1つシフト)する処理を行なう(S677)。次いで、保留減算カウンタの値を1減算し(S678)、保留記憶表示制御処理を終了する。   When it is determined in S660 that the value of the unprocessed number counter is not “1” or more, that is, when the number of unprocessed items is determined to be 0, the value of the pending subtraction counter added in S651 is “1” or more. It is determined whether or not there is (S676). When it is determined that the number is not 1 or more, the hold storage display control process is terminated as it is. If it is determined that the number is 1 or more, after the value of the reserved memory counter is subtracted, a process of subtracting and updating the held display (shifting by one) is performed (S677). Next, 1 is subtracted from the value of the hold subtraction counter (S678), and the hold storage display control process is terminated.
本実施の形態においては、始動入賞時に送信される始動入賞指定コマンド受信に基づき未処理数カウンタを1加算させて(S650)、当該未処理数カウンタに基づき保留メモリカウンタを1加算させて保留表示加算更新を行ない(S672)、変動表示開始時に送信される保留記憶数減算指定コマンド受信に基づき保留減算カウンタを1加算し(S651)、当該保留減算カウンタに基づき保留メモリカウンタを1減算させて保留表示減算更新を行なう(S678)例について説明した。しかし、保留メモリカウンタの加算方式、および保留表示更新方式については、これに限らず、どのようなものであってもよい。たとえば、未処理数カウンタや保留減算カウンタを設けることなく、始動入賞指定コマンド受信に基づき保留メモリカウンタを1加算するとともに保留表示加算更新を行ない、変動パターン指定コマンドなど変動開始時に送信されるコマンド受信に基づき保留メモリカウンタを1減算するとともに保留表示減算更新を行なうように構成してもよい。   In the present embodiment, the unprocessed number counter is incremented by 1 based on the reception of the start winning designation command transmitted at the start prize (S650), and the pending memory counter is incremented by 1 based on the unprocessed number counter. Addition update is performed (S672), the pending subtraction counter is incremented by 1 based on the reception of the pending memory count subtraction designation command transmitted at the start of the variable display (S651), and the pending memory counter is decremented by 1 based on the pending subtraction counter. The example in which the display subtraction update is performed (S678) has been described. However, the addition method of the hold memory counter and the hold display update method are not limited to this, and any method may be used. For example, without providing an unprocessed number counter or a hold subtraction counter, a command to be transmitted at the start of fluctuation such as a fluctuation pattern designation command is performed by adding 1 to the pending memory counter and performing a pending display addition update based on the reception of the start winning designation command The hold memory counter may be decremented by 1 and the hold display subtraction update may be performed based on the above.
また、未処理数カウンタと保留減算カウンタとを設けるものに限らず、たとえば、現在の保留メモリカウンタと、前回の保留メモリカウンタとを設けて、図29のS650において始動入賞指定コマンド受信に基づき現在の保留メモリカウンタを1加算更新し、図39のS660においては現在の保留メモリカウンタの値と前回の保留メモリカウンタの値とを比較し、現在の保留メモリカウンタの値が前回の保留メモリカウンタの値よりも大きいときにはS661に移行させるとともに前回の保留メモリカウンタの値を1加算更新するように構成してもよい。また、図29のS651において保留記憶数減算指定コマンド受信に基づき現在の保留メモリカウンタを1減算更新し、図39のS660においては現在の保留メモリカウンタの値と前回の保留メモリカウンタの値とを比較し、前回の保留メモリカウンタの値が現在の保留メモリカウンタの値よりも大きいときには保留表示減算更新するとともに前回の保留メモリカウンタの値を1減算更新するように構成してもよい。   Further, the present invention is not limited to providing an unprocessed number counter and a pending subtraction counter. For example, a current pending memory counter and a previous pending memory counter are provided, and the current winning-based designation command is received based on reception of the start winning designation command in S650 of FIG. 39, the value of the current pending memory counter is compared with the value of the previous pending memory counter in S660 of FIG. 39, and the current value of the pending memory counter is the value of the previous pending memory counter. When the value is larger than the value, the process may be shifted to S661 and the previous value of the reserved memory counter may be updated by one. In S651 of FIG. 29, the current pending memory counter is updated by 1 on the basis of reception of the pending memory count subtraction designation command. In S660 of FIG. 39, the current pending memory counter value and the previous pending memory counter value are updated. In comparison, when the previous value of the pending memory counter is larger than the current value of the pending memory counter, the pending display subtraction may be updated and the previous value of the pending memory counter may be updated by one.
図40は、図39のS666において先読み予告を実行するか否かを決定するために用いる先読み予告実行決定用テーブルを説明するための図である。先読み予告実行決定用テーブルは、受信した始動入賞指定コマンドに基づき、15R大当りであるか否か、および特定変動パターン種別であるか否かに応じて、先読み予告の実行を決定するための判定値が定められている。   FIG. 40 is a diagram for explaining the prefetching notice execution determination table used for determining whether or not to execute the prefetching notice in S666 of FIG. The pre-reading notice execution determination table is a determination value for determining the execution of the pre-reading notice depending on whether or not the 15R jackpot and the specific variation pattern type based on the received start winning designation command. Is stipulated.
始動入賞指定コマンドに基づき、15R大当りかつ特定変動パターン種別が特定されたときには、ランダムSR4から抽出した値が、「1〜95」であるときに先読み予告を実行すると決定され、「96〜100」であるときに先読み予告を実行しないと決定される。   When the 15R big hit and the specific variation pattern type are specified based on the start winning designation command, it is determined that the pre-reading notice is executed when the value extracted from the random SR4 is “1 to 95”, and “96 to 100”. When it is, it is determined not to execute the pre-reading notice.
また、始動入賞指定コマンドに基づき、15R大当りかつ非特定変動パターン種別が特定されたときには、ランダムSR4から抽出した値が、「1〜70」であるときに先読み予告を実行すると決定され、「71〜100」であるときに先読み予告を実行しないと決定される。   Further, when the 15R big hit and the non-specific variation pattern type are specified based on the start winning designation command, it is determined that the pre-reading notice is executed when the value extracted from the random SR4 is “1 to 70”. It is determined not to execute the pre-reading notice when it is “˜100”.
また、始動入賞指定コマンドに基づき、15R大当り以外(はずれ、2R確変大当り、小当りなど)でかつ特定変動パターン種別が特定されたときには、ランダムSR4から抽出した値が、「1〜30」であるときに先読み予告を実行すると決定され、「31〜100」であるときに先読み予告を実行しないと決定される。   In addition, when a specific variation pattern type is specified other than 15R big hit (outgoing, 2R probability variable big hit, small hit, etc.) based on the start winning designation command, the value extracted from the random SR4 is “1-30”. Sometimes it is decided to execute the prefetching notice, and when it is “31 to 100”, it is decided not to execute the prefetching notice.
また、始動入賞指定コマンドに基づき、15R大当り以外でかつ非特定変動パターン種別が特定されたときには、ランダムSR4から抽出した値が、「1〜20」であるときに先読み予告を実行すると決定され、「21〜100」であるときに先読み予告を実行しないと決定される。   Also, based on the start winning designation command, when a non-specific variation pattern type other than 15R big hit is specified, it is determined to execute the pre-reading notice when the value extracted from the random SR4 is “1-20”, When “21 to 100”, it is determined not to execute the pre-reading notice.
以上のように、図39のS666においては、始動入賞指定コマンドに応じて設定されている判定値およびランダムSR4から抽出した値に基づき、先読み予告を実行するか否かが決定される。   As described above, in S666 of FIG. 39, it is determined whether to perform the pre-reading notice based on the determination value set according to the start winning designation command and the value extracted from the random SR4.
図40の先読み予告実行決定用テーブルは、15R大当り以外のときよりも15R大当りであるときの方が高い割合で先読み予告が実行されるように、また、非特定変動パターン種別のときよりも特定変動パターン種別であるときの方が高い割合で先読み予告が実行されるように、それぞれ判定値が設定されている。これにより、先読み予告が実行されたときには、先読み予告が実行されなかったときよりも、15R大当りになることおよび特定変動パターンになることに対する期待感を遊技者に抱かせることができる。   The prefetching notice execution determination table in FIG. 40 is specified so that the prefetching notice is executed at a higher rate when the 15R big hit is than when it is other than the 15R big hit, and more specific than when the non-specific variation pattern type is used. Each determination value is set so that the prefetch notice is executed at a higher rate when the variation pattern type is selected. Thereby, when the pre-reading notice is executed, it is possible to make the player have a sense of expectation that a big hit with 15R and a specific variation pattern will occur than when the pre-reading notice is not executed.
図41は、図39のS669において予告開始保留を決定するために用いる予告開始保留決定用テーブルを説明するための図である。予告開始保留決定用テーブルは、受信した始動入賞指定コマンドに基づき15R大当りまたは特定変動パターン種別であるか否かに応じてテーブルが設けられており、現在の未変動の保留記憶数に応じて予告開始保留を決定するための判定値が定められている。   FIG. 41 is a diagram for explaining a notice start hold determination table used for determining notice start hold in S669 of FIG. The notice start hold determination table is provided depending on whether the 15R jackpot or the specific fluctuation pattern type is based on the received start winning designation command, and the notice is given according to the current unchanged hold memory number. A determination value for determining start hold is set.
受信した始動入賞指定コマンドに基づき、15R大当りまたは特定変動パターン種別であるときには、図41(A)の第1テーブルが参照される。そして、未変動の保留記憶数が「2」であるときには、ランダムSR5から抽出した値に関わらず、1番目に記憶された保留(保留記憶のうち最も先に記憶された保留、次に変動表示が開始される保留)が、予告開始保留に決定される。また、未変動の保留記憶数が「3」であるときには、ランダムSR5から抽出した値が、「1〜90」であるときに1番目に記憶された保留が、「91〜100」であるときに2番目に記憶された保留が、各々予告開始保留に決定される。また、未変動の保留記憶数が「8」であるときには、ランダムSR5から抽出した値が、「1〜65」であるときに1番目に記憶された保留が、「66〜70」であるときに2番目に記憶された保留が、「71〜85」であるときに3番目に記憶された保留が、「86〜90」であるときに4番目に記憶された保留が、「91〜95」であるときに5番目に記憶された保留が、「96〜98」であるときに6番目に記憶された保留が、「99〜100」であるときに7番目に記憶された保留が、各々予告開始保留に決定される。また、未変動の保留記憶数がその他の数であるときにも同様に、ランダムSR5から抽出した値に応じて、予告開始保留が決定される。   Based on the received start winning designation command, the first table of FIG. 41A is referred to when the 15R big hit or the specific variation pattern type. When the number of pending storages that have not changed is “2”, regardless of the value extracted from the random SR5, the first stored storage (the first stored storage among the stored storages, then the variable display) Is suspended). Further, when the number of pending storages that have not changed is “3”, when the value extracted from the random SR5 is “1 to 90”, the first stored suspension is “91 to 100” The second hold stored in each is determined as the notice start hold. Further, when the number of pending storages that have not changed is “8”, when the value extracted from the random SR5 is “1 to 65”, the first stored suspension is “66 to 70”. When the second stored hold is “71 to 85”, the third stored hold is “86 to 90” and the fourth stored is “91 to 95”. ”Is the fifth stored hold,“ 96 to 98 ”is the sixth stored hold, and“ 99 to 100 ”is the seventh stored hold. Each is decided to hold the start of notice. Similarly, when the number of pending storages that have not changed is another number, the notice start suspension is determined according to the value extracted from the random SR5.
受信した始動入賞指定コマンドに基づき、15R大当りでなくかつ非特定変動パターン種別であるときには、図41(B)の第2テーブルが参照される。そして、未変動の保留記憶数が「2」であるときには、ランダムSR5から抽出した値に関わらず、1番目に記憶された保留が、予告開始保留に決定される。また、未変動の保留記憶数が「3」であるときには、ランダムSR5から抽出した値が、「1〜70」であるときに1番目に記憶された保留が、「71〜100」であるときに2番目に記憶された保留が、各々予告開始保留に決定される。また、未変動の保留記憶数が「8」であるときには、ランダムSR5から抽出した値が、「1〜45」であるときに1番目に記憶された保留が、「46〜60」であるときに2番目に記憶された保留が、「61〜80」であるときに3番目に記憶された保留が、「81〜90」であるときに4番目に記憶された保留が、「91〜95」であるときに5番目に記憶された保留が、「96〜98」であるときに6番目に記憶された保留が、「99〜100」であるときに7番目に記憶された保留が、各々予告開始保留に決定される。また、未変動の保留記憶数がその他の数であるときにも同様に、ランダムSR5から抽出した値に応じて、予告開始保留が決定される。   Based on the received start winning designation command, when the 15R big hit is not a non-specific variation pattern type, the second table of FIG. 41B is referred to. Then, when the unchanged hold storage number is “2”, the hold stored first is determined to be the notice start hold regardless of the value extracted from the random SR5. Further, when the number of pending storages that are not changed is “3”, when the value extracted from the random SR5 is “1 to 70”, the first stored suspension is “71 to 100” The second hold stored in each is determined as the notice start hold. Further, when the number of pending storages that have not changed is “8”, when the value extracted from the random SR5 is “1 to 45”, the first stored suspension is “46 to 60”. When the second stored hold is “61 to 80”, the third stored hold is “81 to 90” and the fourth stored is “91 to 95”. ”Is the fifth stored hold,“ 96 to 98 ”is the sixth stored hold, and“ 99 to 100 ”is the seventh stored hold. Each is decided to hold the start of notice. Similarly, when the number of pending storages that have not changed is another number, the notice start suspension is determined according to the value extracted from the random SR5.
以上のように、図39のS669においては、始動入賞指定コマンドおよび現在の未変動の保留記憶数に応じて設定されている判定値と、ランダムSR5から抽出した値とに基づき、予告開始保留が決定される。そして、図39のS670においては、先読み予告開始カウンタの値として、決定された予告開始保留が、たとえば1番目であるときには「0」をセットし、5番目であるときには「4」をセットする。これにより、たとえば、1番目に決定されたときには、次の変動表示(1回目の変動表示)において先読み予告が開始され、5番目に決定されたときには、5回目の変動表示において先読み予告が開始される。   As described above, in S669 of FIG. 39, the notice start hold is suspended based on the start winning designation command and the determination value set according to the current unchanged hold storage number and the value extracted from the random SR5. It is determined. In S670 of FIG. 39, as the value of the prefetch notice start counter, for example, “0” is set when the decided notice start hold is first, and “4” is set when it is fifth. Thus, for example, when the first determination is made, the prefetching notice is started in the next fluctuation display (first fluctuation display), and when the fifth decision is made, the prefetching notice is started in the fifth fluctuation display. The
図41の予告開始保留決定用テーブルは、第2テーブルが参照されたときよりも第1テーブルが参照されたときの方が高い割合でより先に記憶された保留記憶(たとえば、1番目)が予告開始保留として決定されやすいように、それぞれ判定値が設定されている。その結果、第2テーブルが参照されたときよりも第1テーブルが参照されたときの方が高い割合で、先読み予告が実行される回数が多くなる。これにより、先読み予告が開始されるタイミングや先読み予告が実行される回数が多くなり、チャンス目が停止表示される回数が多くなるほど、15R大当りや特定変動パターンになる可能性が高いといえる。その結果、チャンス目が停止表示される回数が多くなるほど、15R大当りや特定変動パターンになることに対する期待感を遊技者に抱かせることができる。   The notice start hold determination table of FIG. 41 has a hold storage (for example, the first) stored earlier at a higher rate when the first table is referenced than when the second table is referenced. Each determination value is set so as to be easily determined as the notice start hold. As a result, the number of times that the pre-reading notice is executed increases at a higher rate when the first table is referenced than when the second table is referenced. As a result, the timing at which the pre-reading notice is started and the number of times the pre-reading notice is executed increase, and as the chance count is stopped and displayed, the possibility of a 15R big hit or a specific variation pattern increases. As a result, it is possible to make the player have a sense of expectation that a 15R big hit or a specific variation pattern will occur as the number of times chance chances are stopped and displayed increases.
図42は、図27に示されたメイン処理における演出制御プロセス処理(S556)を示すフローチャートである。演出制御プロセス処理では、演出制御用CPU101は、演出制御プロセスフラグの値に応じてS800〜S807のうちのいずれかの処理を行なう。各処理において、以下のような処理を実行する。   FIG. 42 is a flowchart showing the effect control process (S556) in the main process shown in FIG. In the effect control process, the effect control CPU 101 performs one of S800 to S807 according to the value of the effect control process flag. In each process, the following process is executed.
変動パターンコマンド受信待ち処理(S800):遊技制御用マイクロコンピュータ560から変動パターンコマンドを受信しているか否か確認する。具体的には、コマンド解析処理でセットされる変動パターンコマンド受信フラグがセットされているか否か確認する。変動パターンコマンドを受信していれば、演出制御プロセスフラグの値を演出図柄変動開始処理(S801)に対応した値に変更する。   Fluctuation pattern command reception waiting process (S800): It is confirmed whether or not a variation pattern command is received from the game control microcomputer 560. Specifically, it is confirmed whether or not the variation pattern command reception flag set in the command analysis process is set. If the variation pattern command has been received, the value of the effect control process flag is changed to a value corresponding to the effect symbol variation start process (S801).
演出図柄変動開始処理(S801):演出図柄および飾り図柄の変動が開始されるように制御する。そして、演出制御プロセスフラグの値を演出図柄変動中処理(S802)に対応した値に更新する。   Production symbol variation start processing (S801): Control is performed so that variation of the production symbol and the decoration symbol is started. Then, the value of the effect control process flag is updated to a value corresponding to the effect symbol changing process (S802).
演出図柄変動中処理(S802):変動パターンを構成する各変動状態(変動速度)の切替タイミング等を制御するとともに、変動時間の終了を監視する。そして、変動時間が終了したら、演出制御プロセスフラグの値を演出図柄変動停止処理(S803)に対応した値に更新する。   Production symbol variation processing (S802): Controls the switching timing of each variation state (variation speed) constituting the variation pattern and monitors the end of the variation time. Then, when the variation time ends, the value of the effect control process flag is updated to a value corresponding to the effect symbol variation stop process (S803).
演出図柄変動停止処理(S803):全図柄停止を指示する演出制御コマンド(図柄確定指定コマンド)を受信したことに基づいて、演出図柄(および飾り図柄)の変動を停止し表示結果(停止図柄)を導出表示する制御を行なう。そして、演出制御プロセスフラグの値を大当り表示処理(S804)または変動パターンコマンド受信待ち処理(S800)に対応した値に更新する。   Effect symbol variation stop processing (S803): Based on the reception of the effect control command (design determination designation command) instructing all symbols to stop, the variation of the effect symbol (and the decorative symbol) is stopped and the display result (stop symbol) Control to derive and display. Then, the value of the effect control process flag is updated to a value corresponding to the jackpot display process (S804) or the variation pattern command reception waiting process (S800).
大当り表示処理(S804):変動時間の終了後、演出表示装置9に大当りまたは小当りの発生を報知するための画面を表示する制御を行なう。そして、演出制御プロセスフラグの値をラウンド中処理(S805)に対応した値に更新する。   Big hit display process (S804): After the end of the variation time, the effect display device 9 is controlled to display a screen for notifying the occurrence of big hit or small hit. Then, the value of the effect control process flag is updated to a value corresponding to the in-round processing (S805).
ラウンド中処理(S805):ラウンド中の表示制御を行なう。また、いわゆる確変昇格演出を実行する遊技機では、確変昇格演出の実行を示す確変昇格演出実行中フラグがセットされている場合には確変昇格演出を実行する。そして、ラウンド終了条件が成立したら、最終ラウンドが終了していなければ、演出制御プロセスフラグの値をラウンド後処理(S806)に対応した値に更新する。最終ラウンドが終了していれば、演出制御プロセスフラグの値を大当り終了処理(S807)に対応した値に更新する。   In-round processing (S805): Display control during round is performed. In addition, in a gaming machine that executes a so-called probability change promotion effect, a probability change promotion effect is executed when the probability change promotion effect executing flag indicating execution of the probability change promotion effect is set. If the round end condition is satisfied, if the final round has not ended, the value of the effect control process flag is updated to a value corresponding to the post-round processing (S806). If the final round has ended, the value of the effect control process flag is updated to a value corresponding to the big hit end process (S807).
ラウンド後処理(S806):ラウンド間の表示制御を行なう。そして、ラウンド開始条件が成立したら、演出制御プロセスフラグの値をラウンド中処理(S805)に対応した値に更新する。   Post-round processing (S806): Display control between rounds is performed. If the round start condition is satisfied, the value of the effect control process flag is updated to a value corresponding to the in-round processing (S805).
大当り終了演出処理(S807):演出表示装置9において、大当り遊技状態が終了したことを遊技者に報知する表示制御を行なう。そして、演出制御プロセスフラグの値を変動パターンコマンド受信待ち処理(S800)に対応した値に更新する。   Big hit end effect processing (S807): In the effect display device 9, display control is performed to notify the player that the big hit game state has ended. Then, the value of the effect control process flag is updated to a value corresponding to the variation pattern command reception waiting process (S800).
図43は、図42に示された演出制御プロセス処理における変動パターンコマンド受信待ち処理(S800)を示すフローチャートである。変動パターンコマンド受信待ち処理において、演出制御用CPU101は、変動パターンコマンド受信フラグがセットされているか否か確認する(S811)。変動パターンコマンド受信フラグがセットされていれば、変動パターンコマンド受信フラグをリセットする(S812)。そして、演出制御プロセスフラグの値を演出図柄変動開始処理(S801)に応じた値に更新する(S813)。   FIG. 43 is a flowchart showing a variation pattern command reception waiting process (S800) in the effect control process shown in FIG. In the variation pattern command reception waiting process, the effect control CPU 101 confirms whether or not the variation pattern command reception flag is set (S811). If the variation pattern command reception flag is set, the variation pattern command reception flag is reset (S812). Then, the value of the effect control process flag is updated to a value corresponding to the effect symbol variation start process (S801) (S813).
図44は、図42に示された演出制御プロセス処理における演出図柄変動開始処理(S801)を示すフローチャートである。演出図柄変動開始処理において、演出制御用CPU101は、今から開始しようとする変動表示において実行する予告を設定するための予告設定処理を行ない(S515)、当該変動表示において停止表示する演出図柄を設定するための停止図柄設定処理を行なう(S516)。   FIG. 44 is a flowchart showing the effect symbol variation start process (S801) in the effect control process shown in FIG. In the effect symbol variation start process, the effect control CPU 101 performs a notice setting process for setting a notice to be executed in the variable display to be started from now (S515), and sets an effect symbol to be stopped and displayed in the variable display. A stop symbol setting process is performed (S516).
予告設定処理において設定される「今から開始しようとする変動表示において実行する予告」には、先読み予告中において擬似連以外の変動パターンによる変動表示における最終停止に対応して実行するチャンス目予告、先読み予告中であるか否かに関わらず擬似連の変動パターンによる変動表示における各変動に対応して実行するチャンス目予告が含まれる。すなわち、予告設定処理により、チャンス目予告が設定される。   The “preliminary notice to be executed in the variable display to be started from now” set in the preliminary notice setting process includes the chance eye notice to be executed in response to the final stop in the variable display by the fluctuation pattern other than the pseudo-continuous during the pre-reading notice, Regardless of whether or not the pre-reading notice is in progress, a chance eye notice to be executed corresponding to each change in the change display based on the change pattern of the pseudo-ream is included. That is, a chance eye notice is set by the notice setting process.
停止図柄設定処理において設定される「変動表示において停止表示する演出図柄」には、最終停止図柄、擬似連の場合には各変動において仮停止させる仮停止図柄、チャンス目予告を実行する前に仮停止する図柄(図38の演出図柄など)、ボタン操作パターンによるチャンス目予告実行時において操作ボタン30が操作されなかった場合に仮停止する図柄(図38(j)の演出図柄など)が含まれる。すなわち、停止図柄設定処理により、先読み予告として停止表示するチャンス目が設定される。   The “design to stop display in the variable display” set in the stop symbol setting process includes the final stop symbol, the temporary stop symbol to be temporarily stopped in each variation in the case of a pseudo-ream, and the provisional symbol before the chance eye notice is executed. The symbols to be stopped (such as the effect symbols in FIG. 38) and the symbols to temporarily stop when the operation button 30 is not operated during the chance eye notice execution by the button operation pattern (such as the effect symbols in FIG. 38 (j)) are included. . That is, the chance to stop display as a pre-reading notice is set by the stop symbol setting process.
S516の停止図柄設定処理を実行した後、演出制御用CPU101は、演出制御パターンを複数種類のうちのいずれかに決定する(S517)。演出制御用CPU101は、変動パターン指定コマンドによって指定された変動パターン、S515の処理で設定した予告、S516の処理で設定した停止図柄などにより指定された各種演出制御(演出動作)パターンに応じて、図柄変動制御パターンテーブルに格納されている複数種類の図柄変動制御パターンのうち、指定された各種演出動作パターンに対応するいずれかの演出制御パターンを使用パターンとして選択決定する。   After executing the stop symbol setting process in S516, the effect control CPU 101 determines the effect control pattern to be one of a plurality of types (S517). The production control CPU 101 performs various production control (production operation) patterns designated by the variation pattern designated by the variation pattern designation command, the advance notice set in the process of S515, the stop symbol set in the process of S516, etc. Of the plurality of types of symbol variation control patterns stored in the symbol variation control pattern table, one of the effect control patterns corresponding to the specified various effect operation patterns is selected and determined as a usage pattern.
演出制御用マイクロコンピュータ100におけるROMに記憶されている制御パターンテーブルには、たとえば、演出図柄の変動が開始されてから最終停止図柄となる確定演出図柄が停止表示されるまでの期間における、演出表示装置9の表示領域における演出図柄の変動表示動作、リーチ演出における演出表示動作、滑り演出や擬似連演出による演出表示動作、および、予告演出における演出表示動作といった各種の演出動作の制御内容を示すデータが、図柄変動制御パターンとして複数種類格納されている。   In the control pattern table stored in the ROM of the production control microcomputer 100, for example, the production display during the period from the start of the production design change until the final production design that is the final stop design is stopped and displayed. Data indicating the control contents of various effect operations such as the effect display change operation in the display area of the device 9, the effect display operation in the reach effect, the effect display operation by the slip effect or the pseudo-continuous effect, and the effect display operation in the notice effect. Are stored as a plurality of symbol variation control patterns.
また、各図柄変動制御パターンは、たとえば、演出制御プロセスタイマ設定値、演出制御プロセスタイマ判定値、演出表示制御データ、音声制御データ、ランプ制御データ、および、終了コードといった、演出図柄の変動表示に応じた各種の演出動作を制御するための制御データを含み、時系列的に、各種の演出制御の内容、および、演出制御の切替タイミング等が設定されている。なお、図柄変動制御パターンテーブルとしては、演出を含む演出図柄の演出動作を制御するための制御データよりなる図柄制御パターンテーブルと、演出図柄の演出動作とは別の予告演出の演出動作を制御するための制御データよりなる予告制御パターンテーブルとを設け、これら演出図柄の演出動作を制御するための制御データと、予告演出の演出動作を制御するための制御データとを組合せて用いることにより、1つの図柄変動制御パターンテーブルにより図柄の演出動作と予告の演出動作とを実行する場合と同様の演出動作を実行するように構成してもよい。   In addition, each symbol variation control pattern is, for example, an effect symbol variation display such as an effect control process timer setting value, an effect control process timer determination value, an effect display control data, voice control data, lamp control data, and an end code. The control data for controlling the various types of performance operations is included, and the contents of the various types of performance control, the timing of switching the performance control, and the like are set in time series. In addition, as the symbol variation control pattern table, the symbol control pattern table including control data for controlling the effect operation of the effect symbol including the effect and the effect operation of the notice effect different from the effect operation of the effect symbol are controlled. By providing a combination of the control data for controlling the effect operation of the effect design and the control data for controlling the effect operation of the notice effect, You may comprise so that the production | presentation operation | movement similar to the case where the production | presentation operation | movement of a symbol and the production | presentation operation of a notice may be performed by one design fluctuation | variation control pattern table.
次いで、演出制御用CPU101は、S517で選択した演出制御パターンに応じたプロセステーブルを選択する(S518)。そして、選択したプロセステーブルのプロセスデータ1におけるプロセスタイマ(演出設定プロセスタイマ)をスタートさせる(S519)。   Next, the effect control CPU 101 selects a process table corresponding to the effect control pattern selected in S517 (S518). Then, a process timer (production setting process timer) in the process data 1 of the selected process table is started (S519).
演出制御用CPU101は、S519の処理を実行したら、プロセスデータ1の内容(表示制御実行データ1、ランプ制御実行データ1、音番号データ1、可動部材制御データ1)にしたがって演出装置(演出用部品としての演出表示装置9、演出用部品としての各種ランプ、演出用部品としてのスピーカ27、および演出用部品としての可動部材78)の制御を開始する(S520)。たとえば、表示制御実行データにしたがって、演出表示装置9において変動パターンに応じた画像(演出図柄を含む。)を表示させるために、VDP109に指令を出力する。また、各種ランプを点灯/消灯制御を行なわせるために、ランプドライバ基板35に対して制御信号(ランプ制御実行データ)を出力する。また、スピーカ27からの音声出力を行なわせるために、音声出力基板70に対して制御信号(音番号データ)を出力する。また、可動部材制御データにしたがって、可動部材78を動作させるための駆動信号を出力する。   After performing the process of S519, the effect control CPU 101 performs the effect device (effect parts) according to the contents of the process data 1 (display control execution data 1, lamp control execution data 1, sound number data 1, movable member control data 1). Control of the effect display device 9 as the various parts, the various lamps as the effect parts, the speaker 27 as the effect parts, and the movable member 78 as the effect parts is started (S520). For example, in accordance with the display control execution data, an instruction is output to the VDP 109 in order to display an image (including an effect symbol) corresponding to the variation pattern on the effect display device 9. In addition, a control signal (lamp control execution data) is output to the lamp driver board 35 in order to perform on / off control of various lamps. In addition, a control signal (sound number data) is output to the sound output board 70 in order to output sound from the speaker 27. In addition, a drive signal for operating the movable member 78 is output in accordance with the movable member control data.
そして、変動時間タイマに、変動パターンコマンドで特定される変動時間に相当する値を設定し(S521)、演出制御プロセスフラグの値を演出図柄変動中処理(S802)に対応した値にする(S522)。   Then, a value corresponding to the variation time specified by the variation pattern command is set in the variation time timer (S521), and the value of the effect control process flag is set to a value corresponding to the effect symbol changing process (S802) (S522). ).
図45は、S515の予告設定処理を示すフローチャートである。まず、先読み予告フラグがセットされているか否かを判定する(S680)。先読み予告フラグは、図39のS668においてセットされる。先読み予告フラグがセットされていると判定されたときには、先読み予告開始カウンタの値が「0」であるか否か、すなわち今から変動表示を開始する保留記憶が予告開始保留であるか否かを判定する(S681)。先読み予告開始カウンタの値が「0」でないと判定されたときには、当該先読み予告開始カウンタの値を1減算して(S682)、S6821へ移行する。   FIG. 45 is a flowchart showing the notice setting process of S515. First, it is determined whether or not a prefetch notice flag is set (S680). The prefetch notice flag is set in S668 of FIG. When it is determined that the prefetch notice flag is set, it is determined whether or not the value of the prefetch notice start counter is “0”, that is, whether or not the hold memory for starting the variable display from now is the notice start hold. Determination is made (S681). When it is determined that the value of the prefetching notice start counter is not “0”, the value of the prefetching notice start counter is decremented by 1 (S682), and the process proceeds to S6821.
S6821においては、今から開始しようとする今回の変動表示においてリーチとなるか否か、あるいは擬似連ガセであるか否かが判定される。リーチとなるか否か、および擬似連ガセであるか否かは、受信した変動パターン指定コマンドに基づき特定される。なお、本実施の形態においては、「擬似連1回」〜「擬似連4回」となる場合には、最終の変動において必ずリーチとなるため、リーチとなるか否かの判定においてリーチとなると判定される。   In S6821, it is determined whether or not the current variation display to start from now reaches reach, or whether or not it is pseudo-continuous. Whether or not it is reach and whether or not it is pseudo-continuous is specified based on the received variation pattern designation command. In the present embodiment, when “pseudo-continuous 1” to “pseudo-continuous 4” is reached, the reach is always reached in the final fluctuation, and therefore reach is determined in determining whether or not reach is reached. Determined.
今回の変動表示においてリーチおよび擬似連ガセのいずれにもならないと判定されたときには、S697へ移行される。一方、今回の変動表示においてリーチあるいは擬似連ガセとなると判定されたときには、S6822に移行されて先読み予告終了カウンタの値、および先読み予告開始カウンタの値を各々「0」にセットするとともに、先読み予告フラグをリセットする処理を行なう。これにより、先読み予告が実行される予定であって未だ当該先読み予告が開始されていないときであっても、リーチあるいは擬似連ガセとなるときには、先読み予告が実行されないようにすることができるため、リーチあるいは擬似連ガセとなった後に先読み予告が実行されることがなく、遊技者に不信感を抱かせる不都合の発生を防止することができる。   If it is determined in the current variation display that neither reach nor pseudo-continuity will occur, the flow shifts to S697. On the other hand, if it is determined that reach or pseudo-continuous gas is displayed in the current fluctuation display, the process proceeds to S6822, where the value of the prefetching notice end counter and the value of the prefetching notice start counter are set to “0” and the prefetching notice is set. Processing to reset the flag is performed. As a result, even when the pre-reading notice is scheduled to be executed and the pre-reading notice has not yet started, it is possible to prevent the pre-reading notice from being executed when reaching a reach or a pseudo-continuous gangster. The pre-reading notice is not executed after reaching reach or pseudo-ream, and it is possible to prevent inconvenience that causes the player to feel distrust.
次に、S6823においては、今回の変動表示において擬似連演出が実行されるか否かが判定される。擬似連演出が実行されるか否かは、受信した変動パターン指定コマンドに基づき特定され、「擬似連あり」や「擬似連1回」〜「擬似連4回」であるときに擬似連演出が実行されると判定される。今回の変動表示において擬似連演出が実行されないと判定されたときには、チャンス目が停止表示されないため、そのまま予告設定処理を終了する。   Next, in S6823, it is determined whether or not the pseudo continuous effect is executed in the current variation display. Whether or not the pseudo continuous effect is executed is specified based on the received variation pattern designation command, and the pseudo continuous effect is displayed when “pseudo continuous” or “pseudo continuous 1” to “pseudo continuous 4”. It is determined to be executed. When it is determined that the pseudo-continuous effect is not executed in the current variation display, the chance setting is not stopped and displayed, so the notice setting process is terminated.
一方、S6823において、今回の変動表示において擬似連演出が実行されると判定されたときには、チャンス目が停止表示されるため、以降の処理において、各変動(最終変動を含む)において実行するチャンス目予告が設定される。S6824においては、チャンス目予告(擬似連の初回変動における初回チャンス目予告)の種類を決定して設定した後、S709に移行される。   On the other hand, when it is determined in S6823 that the pseudo-continuous effect is executed in the current fluctuation display, the chance eyes are stopped and displayed, so that the chance eyes to be executed in each fluctuation (including the final fluctuation) in the subsequent processing. A notice is set. In S6824, after determining and setting the type of the chance eye notice (first chance eye notice in the first fluctuation of the pseudo-ream), the process proceeds to S709.
S709においては、初回変動以降の各変動(擬似連1回や擬似連ガセの場合は最終変動)に対応して実行するチャンス目予告の種類を再抽選する再抽選確率を決定して設定する。S709の処理においては、再抽選確率決定用の乱数SR8から値を抽出して、図46(C)に示すテーブルを用いて、再抽選確率を決定する。これについては、後述する。   In S709, the re-lottery probability for re-lotting the type of chance eye notice to be executed corresponding to each variation after the first variation (the first variation in the case of pseudo-ream or the last variation) is determined and set. In the processing of S709, a value is extracted from the random number SR8 for determining the redrawing probability, and the redrawing probability is determined using the table shown in FIG. This will be described later.
S710においては、S709で設定されている再抽選確率にしたがい再抽選を実行するか否かを決定し、再抽選を実行すると決定されたか否かを判定する。S710の処理においては、再抽選決定用の乱数SR9から値を抽出して、図46(D)に示すテーブルを用いて、再抽選を実行するか否かを決定する。これについては、後述する。   In S710, it is determined whether to execute the re-lottery according to the re-lottery probability set in S709, and it is determined whether it is determined to execute the re-lottery. In the process of S710, a value is extracted from the random number SR9 for re-lottery determination, and it is determined whether or not the re-lottery is executed using the table shown in FIG. This will be described later.
S710において再抽選を実行しないと判定されたときには、S712に移行されて、S707で設定された初回チャンス目予告を再変動回数に応じて初回以降の各変動においても実行させるように設定し、予告設定処理を終了する。これにより、擬似連の各変動(最終変動を含む)において、初回変動と同じ種類のチャンス目予告が実行される。   When it is determined in S710 that the re-lottery is not executed, the process proceeds to S712, where the first chance notice notice set in S707 is set to be executed in each change after the first time according to the number of re-variations, and the notice is given. The setting process ends. As a result, the same chance chance notice as that of the initial variation is executed for each variation (including the final variation) of the pseudo-series.
一方、S710において再抽選を実行すると判定されたときには、S711に移行されて、擬似連時チャンス目予告パターンを決定し、擬似連時チャンス目予告パターンおよび初回チャンス目予告に応じて特定されるチャンス目予告を、再変動回数に応じて初回以降の各変動において実行させるように設定し、予告設定処理を終了する。S710の処理においては、擬似連時チャンス目予告パターン決定用のSR10から値を抽出して、図46(E)に示すテーブルを用いて擬似連時チャンス目予告パターンを決定し、初回チャンス目予告以降の各変動におけるチャンス目予告の種類を特定して設定する。これにより、擬似連の初回変動において初回チャンス目予告が実行され、以降の各変動において擬似連時チャンス目予告パターンから特定されるチャンス目予告が実行される。   On the other hand, when it is determined in S710 that the re-lottery is to be executed, the process proceeds to S711, where a pseudo consecutive chance eye notice pattern is determined, and the chance specified by the pseudo consecutive chance notice pattern and the first chance notice is determined. The advance notice is set to be executed at each change after the first time according to the number of re-variations, and the advance notice setting process is terminated. In the processing of S710, a value is extracted from the SR10 for determining the pseudo consecutive chance eye notice pattern, the pseudo consecutive chance notice notice pattern is determined using the table shown in FIG. Specify and set the type of chance eye notice for each subsequent change. As a result, the first chance notice is executed in the first fluctuation of the pseudo-ream, and the chance eye notice specified from the pseudo-continuous chance eye notice pattern is executed in each subsequent change.
一方、S681において先読み予告開始カウンタの値が「0」であると判定されたときには、S683において、先読み予告実行中フラグをセットする。これにより、先読み予告およびチャンス目予告は、第1始動条件成立に起因する変動表示であるか、第2始動条件成立に起因する変動表示であるかに関わらず、いずれの始動条件成立に起因する変動表示であっても、決定された予告開始保留に基づく変動表示から開始することができる。すなわち、何れの特別図柄の変動表示に基づく場合でも先読み予告およびチャンス目予告の決定は区別無く行なわれ、決定された先読み予告およびチャンス目予告の内容は何れの特別図柄の変動表示が開始される場合でも同じように反映されるため、何れの特別図柄の変動表示でも同様に先読み予告およびチャンス目予告を実行することができる。   On the other hand, when it is determined in S681 that the value of the prefetching notice start counter is “0”, a prefetching notice execution flag is set in S683. As a result, the pre-reading notice and the chance eye notice are caused by which start condition is satisfied regardless of whether it is a change display resulting from the establishment of the first start condition or a change display resulting from the establishment of the second start condition. Even with the variable display, it is possible to start from the variable display based on the determined advance notice start hold. That is, regardless of the special symbol variation display, the determination of the pre-reading notice and the chance eye notice is performed without distinction, and the contents of the determined pre-reading notice and the chance eye notice are started to be displayed for any special symbol. Even in this case, since it is reflected in the same manner, the pre-reading notice and the chance eye notice can be executed in the same manner for any special symbol variation display.
S684では、チャンス目予告を実行するか否かを決定し、チャンス目予告を実行すると決定されたか否かを判定する。S684の処理においては、チャンス目予告実行決定用の乱数SR6から値を抽出して、図46(A)に示すテーブルを用いて、チャンス目予告を実行するか否かを決定する。これについては、後述する。S684において、チャンス目予告を実行しないと決定されたときにはS688へ移行され、チャンス目予告を実行すると決定されたときにはS685〜S687が実行される。   In S684, it is determined whether or not the chance eye notice is to be executed, and it is determined whether or not it is decided to execute the chance eye notice. In the process of S684, a value is extracted from the random number SR6 for determining the chance eye notice, and it is determined whether or not to execute the chance eye notice using the table shown in FIG. This will be described later. In S684, when it is determined not to execute the chance eye notice, the process proceeds to S688, and when it is determined to execute the chance eye notice, S685 to S687 are executed.
S685においては、チャンス目予告を複数の連続する変動表示中において実行させるためのチャンス目予告実行中フラグをセットする。チャンス目予告実行中フラグは、図13で示した先読み判定結果のいずれかを特定することができるように、現在設定されている先読み予告フラグと同じ値がセットされる。これにより、以後の処理において、先読み予告対象の変動表示に関する情報を特定することができる。   In S685, a chance eye notice execution flag for executing the chance eye notice during a plurality of continuous variation displays is set. The chance eye notice execution flag is set to the same value as the currently set prefetch notice flag so that any of the prefetch determination results shown in FIG. 13 can be specified. Thereby, in the subsequent processing, it is possible to specify information related to the change display of the pre-reading notice target.
S686においては、直近に実行されるチャンス目予告の種類を再抽選する再抽選確率を決定して設定する。S686の処理においては、再抽選確率決定用の乱数SR8から値を抽出して、図46(C)に示すテーブルを用いて、再抽選確率を決定する。これについては、後述する。S686において設定された再抽選確率は、複数の連続する変動表示中において実行するチャンス目予告の種類を再抽選するか否かの決定に用いられる。   In S686, the re-lottery probability for re-lotting the type of chance eye notice to be executed most recently is determined and set. In the process of S686, a value is extracted from the random number SR8 for determining the redrawing probability, and the redrawing probability is determined using the table shown in FIG. This will be described later. The re-lottery probability set in S686 is used to determine whether or not to re-lot the type of chance eye notice to be executed during a plurality of continuous variation displays.
S687においては、チャンス目予告(今回が擬似連の場合は初回チャンス目予告)の種類を決定して設定する。S687の処理においては、チャンス目予告種類決定用の乱数SR7から値を抽出して、図46(B)に示すテーブルを用いて、初回チャンス目予告の種類を決定する。   In S687, the type of the chance eye notice (if this time is a pseudo-ream, the first chance eye notice) is determined and set. In the process of S687, a value is extracted from the random number SR7 for determining the chance eye notice type, and the type of the first chance eye notice is determined using the table shown in FIG.
S684〜S687の処理が終了した後に、S688において、図13で示した先読み判定結果のいずれかを特定することができる先読み予告フラグがセットされている場合にはリセットする。   After the processing of S684 to S687 is completed, in S688, if a prefetching advance notice flag that can specify any of the prefetching determination results shown in FIG. 13 is set, the processing is reset.
S689においては、今から開始しようとする今回の変動表示においてリーチとなるか否か、あるいは擬似連ガセであるか否かが判定される。   In S <b> 689, it is determined whether or not the current variation display to be started from now is reached or whether it is pseudo-continuous.
今回の変動表示においてリーチおよび擬似連ガセのいずれにもならないと判定されたときには、S697へ移行される。一方、今回の変動表示においてリーチとなると判定されたときには、S690に移行されて先読み予告終了カウンタの値を「0」にセットする処理を行なう。これにより、リーチあるいは擬似連ガセとなるときには、チャンス目を停止表示させることによる先読み予告が強制的に終了させることができるため、その後において予告が継続されることがなく、遊技者に不信感を抱かせる不都合の発生を防止することができる。   If it is determined in the current variation display that neither reach nor pseudo-continuity will occur, the flow shifts to S697. On the other hand, when it is determined that reach is reached in the current variation display, the process proceeds to S690, where the value of the prefetch notice end counter is set to “0”. As a result, when reaching reach or pseudo reaming, the pre-reading notice can be forcibly terminated by stopping and displaying the chance eyes, so that the notice is not continued thereafter and the player is distrusted. It is possible to prevent the occurrence of inconvenience.
S691においては、チャンス目予告実行中フラグがセットされているか否かを判定する。チャンス目予告実行中フラグがセットされていないときには、S6911へ移行される。   In S691, it is determined whether or not the chance eye notice execution flag is set. If the chance eye notice execution flag is not set, the flow shifts to S6911.
S6911においては、今回の変動表示において擬似連演出が実行されるか否かが判定される。今回の変動表示において擬似連演出が実行されないと判定されたときには、S697へ移行する。   In S6911, it is determined whether or not the pseudo continuous effect is executed in the current variation display. When it is determined that the pseudo continuous effect is not executed in the current variation display, the process proceeds to S697.
一方、S6911において、今回の変動表示において擬似連演出が実行されると判定されたときには、チャンス目が停止表示されるため、以降の処理において、各変動(最終変動を含む)において実行するチャンス目予告が設定される。これにより、先読み予告中においてチャンス目予告を実行しないと決定されているときであっても、擬似連演出が実行される場合には、停止表示されるチャンス目に対応させてチャンス目予告が実行される。   On the other hand, when it is determined in S6911 that the pseudo-continuous effect is executed in the current fluctuation display, the chance eye is stopped and displayed, so that the chance eye to be executed in each fluctuation (including the final fluctuation) in the subsequent processing. A notice is set. As a result, even if it is decided not to execute the chance eye notice during the pre-reading notice, if the pseudo-continuous effect is executed, the chance eye notice is executed corresponding to the chance to be stopped and displayed. Is done.
S6912においては、チャンス目予告(擬似連の初回変動における初回チャンス目予告)の種類を決定して設定する。また、S6913においては、初回変動以降の各変動(擬似連1回や擬似連ガセの場合は最終変動)に対応して実行するチャンス目予告の種類を再抽選する再抽選確率を決定して設定した後、後述するS694へ移行される。   In S6912, the type of the chance eye notice (first chance eye notice in the first change of the pseudo-ream) is determined and set. In S6913, the re-lottery probability for re-drawing the type of chance eye notice to be executed corresponding to each change after the first change (the first change in the case of pseudo-continuous or pseudo-continuous gaze) is determined and set. After that, the process proceeds to S694 described later.
S691に戻り、チャンス目予告実行中フラグがセットされているときには、S692へ移行されてチャンス目予告実行中フラグをリセットする。これにより、今回の変動表示の終了を以て、チャンス目予告が強制的に終了される。   Returning to S691, when the chance eye advance notice execution flag is set, the process proceeds to S692, and the chance eye advance notice execution flag is reset. As a result, the chance eye notice is forcibly terminated with the end of the current variable display.
S693においては、今回の変動表示において擬似連演出が実行されるか否かが判定される。擬似連演出が実行されるか否かは、受信した変動パターン指定コマンドに基づき特定される。今回の変動表示において擬似連演出が実行されないと判定されたときには、当該変動表示中においてS687や後述するS705で設定されたチャンス目予告を実行することで足りるため、S697へ移行される。   In S693, it is determined whether or not the pseudo continuous effect is executed in the current variation display. Whether or not the pseudo continuous effect is executed is specified based on the received variation pattern designation command. If it is determined that the pseudo-continuous effect is not executed in the current variation display, it is sufficient to execute the chance eye notice set in S687 or S705 described later during the variation display, and thus the process proceeds to S697.
一方、今回の変動表示において擬似連演出が実行されると判定されたときには、当該変動表示中における各変動において実行するチャンス目予告を設定する必要があるため、S694に移行されて、一連のチャンス目予告実行開始時にS686で設定された再抽選確率にしたがい再抽選を実行するか否かを決定し、再抽選を実行すると決定されたか否かを判定する。S694の処理においては、再抽選決定用の乱数SR9から値を抽出して、図46(D)に示すテーブルを用いて、再抽選を実行するか否かを決定する。これについては、後述する。   On the other hand, when it is determined that the pseudo continuous effect is executed in the current variation display, it is necessary to set a chance eye notice to be executed in each variation during the variation display. It is determined whether or not the re-lottery is executed according to the re-lottery probability set in S686 at the start of the eye notice execution, and it is determined whether or not it is determined that the re-lottery is executed. In the process of S694, a value is extracted from the random number SR9 for re-lottery determination, and it is determined whether or not the re-lottery is to be executed using the table shown in FIG. This will be described later.
S694において再抽選を実行しないと判定されたときには、S695に移行されて、S687あるいは後述するS705で設定されている初回チャンス目予告を、再変動回数に応じて初回以降の各変動においても実行させるように設定する。これにより、擬似連の各変動において、初回変動と同じ種類のチャンス目予告が実行される。   When it is determined in S694 that the re-lottery is not executed, the process proceeds to S695, and the first chance notice notice set in S687 or S705 described later is executed in each change after the first time according to the number of re-changes. Set as follows. As a result, the same chance chance notice as the first variation is executed in each variation of the pseudo-ream.
一方、S694において再抽選を実行すると判定されたときには、S696に移行されて、擬似連時チャンス目予告パターンを決定し、擬似連時チャンス目予告パターンおよび初回チャンス目予告に応じて特定されるチャンス目予告を、再変動回数に応じて初回以降の各変動において実行させるように設定する。S696の処理においては、擬似連時チャンス目予告パターン決定用のSR10から値を抽出して、図46(E)に示すテーブルを用いて擬似連時チャンス目予告パターンを決定し、初回チャンス目予告以降の各変動におけるチャンス目予告の種類を特定して設定する。これについては、後述する。これにより、擬似連の初回変動において初回チャンス目予告が実行され、以降の各変動において擬似連時チャンス目予告パターンから特定されるチャンス目予告が実行される。   On the other hand, when it is determined in S694 that the re-lottery is to be executed, the process proceeds to S696, where a pseudo consecutive chance eye notice pattern is determined, and the chance specified by the pseudo consecutive chance notice pattern and the first chance notice is determined. The eye notice is set to be executed at each change after the first time according to the number of re-changes. In the process of S696, a value is extracted from the SR10 for determining the pseudo consecutive chance eye notice pattern, the pseudo consecutive chance notice notice pattern is determined using the table shown in FIG. Specify and set the type of chance eye notice for each subsequent change. This will be described later. As a result, the first chance notice is executed in the first fluctuation of the pseudo-ream, and the chance eye notice specified from the pseudo-continuous chance eye notice pattern is executed in each subsequent change.
S697においては、先読み予告終了カウンタの値が「0」であるか否かを判定する。すなわち、今回の変動表示が先読み予告対象の変動表示であるため、あるいはS689においてリーチとなると判定されたために、今回の変動表示で先読み予告が終了するか否かが判定される。先読み予告終了カウンタの値が「0」でないと判定されたときには、先読み予告終了カウンタの値を1減算して(S701)、予告設定処理を終了する。   In S697, it is determined whether or not the value of the prefetch notice end counter is “0”. That is, since the current variation display is the variation display subject to the pre-reading notice, or because it is determined that the reach is reached in S689, it is determined whether or not the pre-reading notice ends with the current variation display. When it is determined that the value of the prefetch notice end counter is not “0”, the value of the prefetch notice end counter is decremented by 1 (S701), and the notice setting process ends.
一方、S697において先読み予告終了カウンタの値が「0」であると判定されたとき、すなわち、今回の変動表示が予告対象の変動表示であるために今回の予告で先読み予告を終了するとき、あるいは先読み予告中にリーチとなる変動表示が行なわれるために先読み予告を終了するときには、S698において先読み予告実行中フラグをリセットする。なお、リーチにならないときにもチャンス目予告が実行され得るため、先読み予告終了カウンタの値が「0」であっても、S692の処理が実行されていない場合も生じる。このため、S698においては、未だチャンス目予告実行中フラグがセットされているときに、当該チャンス目予告実行中フラグをリセットする。   On the other hand, when it is determined in S697 that the value of the pre-reading notice end counter is “0”, that is, when the pre-reading notice is ended with the current notice because the current change display is a change display subject to notice, or When the pre-reading notice is ended because the reach display is performed during the pre-reading notice, the pre-reading notice execution flag is reset in S698. It should be noted that even when the reach is not reached, the chance eye advance notice can be executed, so even if the value of the prefetch advance notice end counter is “0”, the process of S692 may not be executed. For this reason, in S698, when the chance eye advance notice execution flag is still set, the chance eye advance notice execution flag is reset.
また、S699においては、受信しているコマンド(変動パターンコマンド、表示結果指定コマンドなど)に基づき、今回の変動表示の結果が15R大当りになるか、あるいは今回の変動表示がスーパーリーチBであるかが判定される。すなわち、実行中の先読み予告が、いわゆる真予告であるかガセ予告であるかが判定される。   In S699, based on the received command (variation pattern command, display result designation command, etc.), whether the current variation display result is a 15R big hit or whether the current variation display is Super Reach B. Is determined. That is, it is determined whether the pre-reading notice being executed is a so-called true notice or a gusset notice.
S699において今回の変動表示の結果が15R大当りになる、あるいは今回の変動表示がスーパーリーチBであると判定されたとき、すなわち実行中の先読み予告が真予告であると判定されたときには、そのまま、予告設定処理を終了する。一方、S699において今回の変動表示の結果が15R大当りにならず、かつ今回の変動表示がスーパーリーチBでもないと判定されたとき、すなわち実行中の先読み予告がガセ予告であると判定されたときには、以後変動表示が規定回数(たとえば、4回)行なわれるまで、ガセ予告が行なわれることを禁止させるための予告禁止カウンタの値に「4」をセットし(S700)、予告設定処理を終了する。これにより、今回の変動表示が終了した後、3回の変動表示が行なわれるまでの間、ガセ予告が行なわれることを禁止することができる。   When it is determined in S699 that the current variation display results in 15R big hit or the current variation display is Super Reach B, that is, when it is determined that the pre-reading notice being executed is a true notice, The notice setting process is terminated. On the other hand, when it is determined in S699 that the result of the current fluctuation display does not reach 15R big hit and the current fluctuation display is not Super Reach B, that is, when the pre-reading notice being executed is determined to be a gash notice. Thereafter, until the variable display is performed a predetermined number of times (for example, 4 times), “4” is set to the value of the notice prohibition counter for prohibiting the gaze notice from being performed (S700), and the notice setting process is terminated. . Accordingly, it is possible to prohibit the gusset notice from being given until the current variation display is completed and until the third variation display is performed.
一方、S680において先読み予告フラグがセットされていないと判定されたときには、S683においてセットされる先読み予告実行中フラグがセットされているか否かを判定する(S702)。先読み予告実行中フラグがセットされていると判定されたときには、S685においてセットされるチャンス目予告実行中フラグがセットされているか否かを判定する(S703)。   On the other hand, when it is determined in S680 that the pre-reading notice flag is not set, it is determined whether or not the pre-reading notice execution flag set in S683 is set (S702). When it is determined that the pre-reading notice execution flag is set, it is determined whether or not the chance eye notice execution flag set in S685 is set (S703).
S703において、チャンス目予告実行中フラグがセットされていると判定されたときには、S704において、一連のチャンス目予告実行開始時にS686で設定された再抽選確率にしたがい再抽選を実行するか否かを決定し、再抽選を実行すると決定されたか否かを判定する。S704の処理においては、再抽選決定用の乱数SR9から値を抽出して、図46(D)に示すテーブルを用いて、再抽選を実行するか否かを決定する。   When it is determined in S703 that the chance eye notice execution flag is set, in S704, it is determined whether or not the re-lottery is executed according to the re-lottery probability set in S686 at the start of the series of chance eye notice executions. It is determined whether or not it is determined to execute the re-lottery. In the process of S704, a value is extracted from the random number SR9 for re-lottery determination, and using the table shown in FIG. 46D, it is determined whether or not the re-lottery is executed.
S704において再抽選を実行しないと判定されたときには、S705に移行されて、直近(前回の変動表示)に実行されたチャンス目予告と同じ種類のチャンス目予告を設定する(今回が擬似連の場合は初回チャンス目予告)。これにより、チャンス目予告が実行されてから2回目以降の今から開始しようとする変動表示(擬似連の場合は初回変動)において、直近に実行されたチャンス目予告と同じ種類のチャンス目予告が実行される。   If it is determined in S704 that the re-lottery is not to be executed, the process proceeds to S705, where the same chance chance notice as the chance eye notice executed most recently (previous change display) is set (if this time is a pseudo-ream) Is the first chance notice). As a result, in the fluctuation display (first fluctuation in the case of a pseudo-ream) that is to be started from the second time after the chance eye warning is executed, the same kind of chance eye warning as the most recently executed chance eye warning is displayed. Executed.
一方、S704において再抽選を実行すると判定されたときには、S687に移行されて、チャンス目予告(擬似連の場合は初回チャンス目予告)の種類を決定して設定する。これにより、チャンス目予告が実行されてから2回目以降の今から開始しようとする変動表示(擬似連の場合は初回変動)において、改めてチャンス目予告の種類が決定される。これにより、チャンス目予告が実行されてから2回目以降の今から開始しようとする変動表示(擬似連の場合は初回変動)において、改めて決定された種類のチャンス目予告が実行される。   On the other hand, when it is determined in S704 that the re-lottery is to be executed, the process proceeds to S687, and the type of the chance eye notice (first chance eye notice in the case of pseudo-ream) is determined and set. As a result, the type of the chance eye notice is determined again in the fluctuation display (first fluctuation in the case of a pseudo-ream) that is to be started from the second time onward after the chance eye notice is executed. As a result, in the variation display (first variation in the case of pseudo-continuous) that is to be started from the second time onward after the chance eye notification is executed, the newly determined type of chance eye notification is executed.
S703においてチャンス目予告実行中フラグがセットされていると判定されなかったとき、およびS705の処理が実行されたときには、S689へ移行される。これにより、チャンス目予告が実行されてから2回目以降の今から開始しようとする変動表示についても、S689〜S701の処理が実行される。チャンス目予告が実行されてから2回目以降の今から開始しようとする変動表示とは、たとえば、先読み予告が開始されて1回目のチャンス目を停止表示して変動表示が終了した後においては新たに変動が開始されて2回目のチャンス目を停止表示することになる変動表示や、2回目のチャンス目を停止表示して変動表示が終了した後においては新たに変動が開始されて3回目のチャンス目を停止表示することになる変動表示など、新たに変動が開始されて前回の変動表示から連続してチャンス目を停止表示することになる変動表示をいう。   If it is not determined in S703 that the chance eye notice execution flag is set, or if the process of S705 is executed, the process proceeds to S689. As a result, the processes of S689 to S701 are also executed for the variable display that is to be started from the second time onward after the chance eye notice is executed. The variable display to be started from the second time after the chance eye notice is executed is, for example, new after the pre-read notice is started and the first chance is stopped and the variable display is finished. After the change is started, the second chance is stopped and the change display is stopped. After the second chance is stopped and the change display is finished, the change is started and the change is started for the third time. This refers to a variable display such as a variable display in which the chance eyes are stopped and displayed, and a new change is started and the chance eyes are continuously displayed from the previous variable display.
なお、S703を経由して実行されるS689〜S701の処理のうち、S694においては、再抽選決定用の乱数SR9から値を抽出して、一連のチャンス目予告実行開始時にS686で設定された再抽選確率にしたがい、図46(D)に示すテーブルを用いて、再抽選を実行するか否かが決定される。また、当該S694において再抽選を実行しないと判定されたときには、S695に移行されて、S687あるいはS705で設定されている初回チャンス目予告を初回以降の各変動においても実行させるように設定する。また、S694において再抽選を実行すると判定されたときには、S696に移行されて、擬似連時チャンス目予告パターン決定用のSR10から値を抽出して、図46(E)に示すテーブルを用いて擬似連時チャンス目予告パターンを決定し、擬似連時チャンス目予告パターンおよびS687あるいはS705で設定されている初回チャンス目予告に応じて特定されるチャンス目予告を、初回以降の各変動において実行させるように設定する。   Of the processes of S689 to S701 executed via S703, in S694, a value is extracted from the random number SR9 for re-lottery determination, and the re-set set in S686 at the start of the series of chance eye notice executions. According to the lottery probability, it is determined whether or not to execute the re-lottery using the table shown in FIG. If it is determined in S694 that the re-lottery is not executed, the process proceeds to S695, and the first chance notice set in S687 or S705 is set to be executed in each change after the first time. If it is determined in S694 that the re-lottery is to be executed, the process proceeds to S696, in which a value is extracted from the SR10 for determining the pseudo consecutive chance eye notice pattern and simulated using the table shown in FIG. The successive chance eye notice pattern is determined, and the chance eye notice specified in accordance with the pseudo consecutive chance eye notice pattern and the first chance eye notice set in S687 or S705 is executed in each variation after the first time. Set to.
S702において、先読み予告実行中フラグがセットされていないときには、先読み予告が開始される予定もなくかつ実行中でもないときであり、この場合においては、S706において、今から開始しようとする変動表示のみにおいてチャンス目予告を実行するか否かを決定し、チャンス目予告を実行すると決定されたか否かを判定する。S706の処理においては、チャンス目予告実行決定用の乱数SR6から値を抽出して、図46(A)に示すテーブルを用いて、チャンス目予告を実行するか否かを決定する。S706において、チャンス目予告を実行しないと決定されたときにはそのまま予告設定処理を終了し、チャンス目予告を実行すると決定されたときにはS707に移行する。   In S702, when the pre-reading notice execution flag is not set, the pre-reading notice is not scheduled to be started and is not being executed. In this case, in S706, only the variable display to be started from now is displayed. It is determined whether or not the chance eye notice is executed, and it is determined whether or not the chance eye notice is decided to be executed. In the process of S706, a value is extracted from the random number SR6 for determining the chance eye notice execution, and it is determined whether or not to execute the chance eye notice using the table shown in FIG. In S706, when it is determined not to execute the chance eye advance notice, the advance notice setting process is terminated, and when it is determined to execute the chance eye advance notice, the process proceeds to S707.
S707においては、チャンス目予告(擬似連の場合は初回チャンス目予告)の種類を決定して設定する。S707の処理においては、チャンス目予告種類決定用の乱数SR7から値を抽出して、図46(B)に示すテーブルを用いて、初回チャンス目予告の種類を決定する。   In S707, the type of chance eye notice (first chance eye notice in the case of pseudo-ream) is determined and set. In the process of S707, a value is extracted from the random number SR7 for determining the chance eye notice type, and the type of the first chance notice is determined using the table shown in FIG.
S708においては、今回の変動表示において擬似連演出が実行されるか否かが判定される。擬似連演出が実行されるか否かは、受信した変動パターン指定コマンドに基づき特定される。今回の変動表示において擬似連演出が実行されないと判定されたときには、そのまま予告設定処理を終了する。これにより、今から開始しようとする擬似連でない変動表示においてチャンス目が停止表示されないけれども、所定のタイミングにおいてチャンス目予告が実行される。   In S708, it is determined whether or not the pseudo continuous effect is executed in the current variation display. Whether or not the pseudo continuous effect is executed is specified based on the received variation pattern designation command. When it is determined that the pseudo-continuous effect is not executed in the current variation display, the notice setting process is terminated as it is. Accordingly, the chance eye notice is executed at a predetermined timing even though the chance eye is not stopped and displayed in the variable display that is not a pseudo-ream to start from now.
一方、今回の変動表示において擬似連演出が実行されると判定されたときには、S709に移行されて、初回変動以降の各変動に対応して実行するチャンス目予告の種類を再抽選する再抽選確率を決定して設定する。S709の処理においては、再抽選確率決定用の乱数SR8から値を抽出して、図46(C)に示すテーブルを用いて、再抽選確率を決定する。   On the other hand, when it is determined that the pseudo-continuous effect is executed in the current variation display, the process proceeds to S709, and the re-lottery probability for re-drawing the type of chance eye notice to be executed corresponding to each variation after the first variation. Determine and set. In the processing of S709, a value is extracted from the random number SR8 for determining the redrawing probability, and the redrawing probability is determined using the table shown in FIG.
S710においては、S709で設定されている再抽選確率にしたがい再抽選を実行するか否かを決定し、再抽選を実行すると決定されたか否かを判定する。S710の処理においては、再抽選決定用の乱数SR9から値を抽出して、図46(D)に示すテーブルを用いて、再抽選を実行するか否かを決定する。   In S710, it is determined whether to execute the re-lottery according to the re-lottery probability set in S709, and it is determined whether it is determined to execute the re-lottery. In the process of S710, a value is extracted from the random number SR9 for re-lottery determination, and it is determined whether or not the re-lottery is executed using the table shown in FIG.
S710において再抽選を実行しないと判定されたときには、S712に移行されて、S707で設定された初回チャンス目予告を再変動回数に応じて初回以降の各変動においても実行させるように設定し、予告設定処理を終了する。これにより、擬似連の各変動において、初回変動と同じ種類のチャンス目予告が実行される。   When it is determined in S710 that the re-lottery is not executed, the process proceeds to S712, where the first chance notice notice set in S707 is set to be executed in each change after the first time according to the number of re-variations, and the notice is given. The setting process ends. As a result, the same chance chance notice as the first variation is executed in each variation of the pseudo-ream.
一方、S710において再抽選を実行すると判定されたときには、S711に移行されて、擬似連時チャンス目予告パターンを決定し、擬似連時チャンス目予告パターンおよび初回チャンス目予告に応じて特定されるチャンス目予告を、再変動回数に応じて初回以降の各変動において実行させるように設定し、予告設定処理を終了する。S710の処理においては、擬似連時チャンス目予告パターン決定用のSR10から値を抽出して、図46(E)に示すテーブルを用いて擬似連時チャンス目予告パターンを決定し、初回チャンス目予告以降の各変動におけるチャンス目予告の種類を特定して設定する。これにより、擬似連の初回変動において初回チャンス目予告が実行され、以降の各変動において擬似連時チャンス目予告パターンから特定されるチャンス目予告が実行される。   On the other hand, when it is determined in S710 that the re-lottery is to be executed, the process proceeds to S711, where a pseudo consecutive chance eye notice pattern is determined, and the chance specified by the pseudo consecutive chance notice pattern and the first chance notice is determined. The advance notice is set to be executed at each change after the first time according to the number of re-variations, and the advance notice setting process is terminated. In the processing of S710, a value is extracted from the SR10 for determining the pseudo consecutive chance eye notice pattern, the pseudo consecutive chance notice notice pattern is determined using the table shown in FIG. Specify and set the type of chance eye notice for each subsequent change. As a result, the first chance notice is executed in the first fluctuation of the pseudo-ream, and the chance eye notice specified from the pseudo-continuous chance eye notice pattern is executed in each subsequent change.
なお、S687やS705の処理により、リーチになる変動表示についてもチャンス目予告が設定される。また、S695、S696、S711、S712の処理は、擬似連の最終変動(擬似連ガセの場合は非リーチはずれとなる変動、擬似連1回〜4回の場合はリーチになる変動)についてもチャンス目予告が設定される。そして、リーチになる変動表示や擬似連の最終変動においても、チャンス目予告が実行される。これにより、実際には非リーチはずれやリーチとなるときであっても当該停止表示前にチャンス目予告が実行されるため、再度チャンス目が停止表示されることに対する期待感を遊技者に抱かせることができる。   It should be noted that the chance eye notice is set for the variable display that will be reached by the processing of S687 and S705. In addition, the processing of S695, S696, S711, and S712 is also a chance for the final fluctuation of the pseudo-ream (a non-reachable fluctuation in the case of the pseudo-gase, and a change that reaches in the case of the pseudo-ream 1 to 4). An eye notice is set. The chance eye notice is also executed in the change display that reaches reach and the final change of the pseudo-ream. As a result, even when it is actually non-reach or reach, the chance eye notice is executed before the stop display, so that the player has a sense of expectation that the chance eye will be stopped again. be able to.
本実施の形態においては、図45のS702においてNOと判定されたとき、すなわち先読み予告が実行中でなくかつ実行される予定もないときにのみ、今から開始しようとする変動表示のみにおいてチャンス目予告を実行する例について説明した。しかし、今から開始しようとする変動表示のみにおいてチャンス目予告を実行するための処理は、先読み予告が実行される予定であるときに行なってもよい。   In the present embodiment, only when it is determined NO in S702 of FIG. 45, that is, when the pre-reading notice is not being executed and is not scheduled to be executed, the chances are displayed only for the variable display to be started from now. An example of executing a notice has been described. However, the process for executing the chance eye notice only in the variable display to be started from now on may be performed when the prefetch notice is scheduled to be executed.
図46(A)は、チャンス目予告実行決定用テーブルを示す説明図である。チャンス目予告実行決定用テーブルは、チャンス目予告を実行するか否かを決定するために、図45のS684やS706において参照されるテーブルである。   FIG. 46A is an explanatory diagram of a chance eye notice execution determination table. The chance eye notice execution determination table is a table referred to in S684 and S706 of FIG. 45 in order to determine whether or not to execute the chance eye notice.
チャンス目予告実行決定用テーブルは、変動表示を開始するときにおいて先読み予告を開始するときや擬似連を開始するときであるか否かに応じて、判定値が設定されている。なお、先読み予告を開始するときとは、たとえば、図45のS681でYESと判定されるときをいい、擬似連を開始するときとは、たとえば擬似連の変動パターン指定コマンドを受信しているときをいう。   In the chance eye notice execution determination table, a determination value is set depending on whether the prefetch notice is started or the pseudo-ream is started when the variable display is started. Note that when the pre-reading notice is started, for example, when YES is determined in S681 of FIG. 45, and when the pseudo-continuous is started, for example, when a pseudo-variable variation pattern designation command is received. Say.
先読み予告を開始するときや擬似連を開始するときであるときには、ランダムSR6から抽出した値に基づき、「1〜8」のときにチャンス目予告実行に決定され、「9」のときにチャンス目予告不実行に決定される。   When it is time to start a pre-reading notice or to start a pseudo-ream, based on the value extracted from the random SR6, it is determined to execute the chance eye notice when “1-8”, and when it is “9” It is decided not to execute the notice.
これに対し、先読み予告を開始するときでも擬似連を開始するときでもないときには、ランダムSR6から抽出した値に基づき、「1」のときにチャンス目予告実行に決定され、「2〜9」のときにチャンス目予告不実行に決定される。   On the other hand, when the pre-reading notice is not started or when the pseudo-ream is not started, the chance eye notice execution is determined at “1” based on the value extracted from the random SR6, and “2-9” is set. Sometimes it is decided not to run the chance notice.
以上のように、チャンス目予告実行決定用テーブルは、演出状態が先読み予告を開始するときや擬似連を開始するときの方が、先読み予告を開始するときでもなく擬似連を開始するときでもないときよりも、高い割合でチャンス目予告実行に決定されるように、判定値数が設定されている。これより、チャンス目予告が実行されたときの方が、チャンス目予告が実行されないときよりも、その後にチャンス目が停止表示される割合を高くすることができる。   As described above, in the chance eye notice execution determination table, when the production state starts the pre-reading notice or when the pseudo-run is started, it is not when the pre-reading notice is started or when the pseudo-run is started. The number of determination values is set so that the chance eye notice execution is determined at a higher rate than the time. Thus, when the chance eye notice is executed, the chance that the chance eye is stopped and displayed thereafter can be made higher than when the chance eye notice is not executed.
なお、図46(A)では、変動表示を開始するときにおいて先読み予告を開始するときでもなく擬似連を開始するときでもないとき、すなわちチャンス目が停止表示されないときやリーチにもならないときであっても、チャンス目予告実行に決定され得る例について説明した。これに限らず、チャンス目予告が実行されたときには、必ず、リーチが発生するか、チャンス目が停止表示されるように、チャンス目予告を実行するか否かを決定するように構成してもよい。たとえば、図46(A)のテーブルにおいて、先読み予告を開始するときでも擬似連を開始するときでもないときには、さらに、リーチとなる変動表示を開始するときであることを条件として、ランダムSR6から抽出した値に基づき、「1」のときにチャンス目予告実行に決定され、「2〜9」のときにチャンス目予告不実行に決定されるように構成してもよい。そして、先読み予告を開始するときでも擬似連を開始するときでもなく、さらに、リーチとなる変動表示を開始するときでもないときには、チャンス目予告が実行されないように構成してもよい。これにより、チャンス目予告が実行されたときには、必ず、リーチが発生するか、チャンス目が停止表示されるため、遊技者の期待を向上させることができる。   In FIG. 46 (A), when the variable display is started, it is not when the pre-reading notice is started and when the pseudo-ream is not started, that is, when the chance eyes are not stopped and displayed, or reach is not reached. However, the example that can be decided to execute the chance eye notice has been described. However, the present invention is not limited to this, and it is possible to determine whether or not to execute the chance eye notice so that a reach occurs or the chance eye is stopped and displayed whenever the chance eye notice is executed. Good. For example, in the table of FIG. 46 (A), when the pre-reading notice is not started or the pseudo-ream is not started, it is further extracted from the random SR6 on the condition that the variable display to reach is started. Based on the obtained value, it may be determined that the chance eye notice execution is determined when “1” and the chance eye notice is not executed when “2-9”. Then, it may be configured such that the chance eye notice is not executed when the pre-reading notice is not started or when the pseudo-ream is started, and when it is not the time when the variable display to reach is started. Thus, when a chance eye notice is executed, a reach always occurs or the chance eye is stopped and displayed, so that the player's expectation can be improved.
なお、擬似連を開始するときには、必ずチャンス目予告を実行するように構成してもよい。   It should be noted that when starting a pseudo-ream, a chance eye notice may be executed without fail.
図46(B)は、チャンス目予告種類決定用テーブルを示す説明図である。チャンス目予告種類決定用テーブルは、実行するチャンス目予告の種類を決定するために、図45のS687、S707、S6824、S6912などにおいて参照されるテーブルである。   FIG. 46B is an explanatory diagram of a chance eye notice type determination table. The chance eye notice type determination table is a table referred to in S687, S707, S6824, S6912, etc. in FIG. 45 in order to determine the type of chance eye notice to be executed.
チャンス目予告種類決定用テーブルは、先読み予告を開始するときや擬似連を開始するときであるか否か、および先読み予告を開始するときや擬似連を開始するときにはさらに予告対象の変動パターン種別に応じて、判定値が設定されている。チャンス目予告の種類としては、前述したように、滑りパターン、特殊パターン、ボタン操作パターン、および図柄キャラクタパターンが設けられている。   The chance eye notice type determination table indicates whether or not it is time to start a prefetch notice or a pseudo-ream, and when the pre-read notice or a pseudo-ream starts, the change pattern type to be notified Accordingly, a determination value is set. As the types of chance eye notices, as described above, a slip pattern, a special pattern, a button operation pattern, and a symbol character pattern are provided.
先読み予告を開始するときや擬似連を開始するときであって、予告対象が非特定変動パターン種別であるときには、ランダムSR7から抽出した値に基づき、「1〜30」のときに滑りパターンに決定され、「31〜55」のときに特殊パターンに決定され、「56〜75」のときにボタン操作パターンに決定され、「76〜100」のときに図柄キャラクタに決定される。   When the pre-reading notice is started or when the pseudo-ream is started and the notice target is a non-specific variation pattern type, the slip pattern is determined when “1-30” based on the value extracted from the random SR7. When it is “31-55”, it is determined as a special pattern, when it is “56-75”, it is determined as a button operation pattern, and when it is “76-100”, it is determined as a symbol character.
また、先読み予告を開始するときや擬似連を開始するときであって、予告対象が特定変動パターン種別であるときには、ランダムSR7から抽出した値に基づき、「1〜10」のときに滑りパターンに決定され、「11〜24」のときに特殊パターンに決定され、「25〜44」のときにボタン操作パターンに決定され、「45〜100」のときに図柄キャラクタに決定される。   When the pre-reading notice is started or when the pseudo-ream is started and the notice target is the specific variation pattern type, the slip pattern is changed to “1-10” based on the value extracted from the random SR7. When it is “11-24”, it is determined as a special pattern, when it is “25-44”, it is determined as a button operation pattern, and when it is “45-100”, it is determined as a symbol character.
予告対象が特定変動パターン種別であるか否かは、予告対象が今回の変動表示であるときには今回受信した変動パターン指定コマンドにより特定され、予告対象が今回よりも後の変動表示であるときにはS685で設定されるチャンス目予告実行中フラグにより特定される。   Whether or not the advance notice target is the specific change pattern type is specified by the change pattern designation command received this time when the advance notice object is the current change display, and when the advance notice object is the change display after this time in S685. It is specified by the set chance eye advance flag.
また、先読み予告を開始するときでも擬似連を開始するときでもないときには、ランダムSR7から抽出した値に基づき、「1〜70」のときに滑りパターンに決定され、「71〜81」のときに特殊パターンに決定され、「82〜90」のときにボタン操作パターンに決定され、「91〜100」のときに図柄キャラクタに決定される。   When the pre-reading notice is not started or when the pseudo-ream is not started, the slip pattern is determined at “1 to 70” based on the value extracted from the random SR7, and at “71 to 81”. It is determined as a special pattern. When it is “82 to 90”, it is determined as a button operation pattern. When it is “91 to 100”, it is determined as a symbol character.
以上のように、チャンス目予告種類決定用テーブルは、チャンス目が停止表示される状態であるとき(すなわち先読み予告を開始するときや擬似連を開始するときであるとき)の方が、チャンス目が停止表示されない状態であるとき(すなわち先読み予告を開始するときでも擬似連を開始するときでもないとき)よりも、高い割合で特殊パターン、ボタン操作パターン、図柄キャラクタパターンに決定されるように、滑りパターンに決定される割合が低くなるように、判定値数が設定されている。また、チャンス目予告種類決定用テーブルは、チャンス目が停止表示される状態であるときと、チャンス目が停止表示されない状態であるときとの選択比率から、実行されたときにその後にチャンス目が停止表示される割合(信頼度)が、図柄キャラクタパターンが最も高く、次にボタン操作パターンが高く、その次に特殊パターンが高く、滑りパターンが最も低くなるように、判定値数が設定されている。これより、実行されたチャンス目予告の種類によって、その後にチャンス目が停止表示されることに対する期待感を異ならせることができる。   As described above, in the chance eye notice type determination table, the chance eye is better when the chance eye is stopped and displayed (that is, when the prefetch notice is started or when the pseudo-ream is started). Is determined to be a special pattern, button operation pattern, and symbol character pattern at a higher rate than when it is not stopped and displayed (that is, when pre-reading notice is not started or pseudo-ream starts) The number of determination values is set so that the ratio determined by the slip pattern is low. In addition, the chance eye notice type determination table shows that the chance eye is displayed after the execution based on the selection ratio between when the chance eye is stopped and displayed and when the chance eye is not displayed. The number of judgment values is set so that the ratio (reliability) of the stop display is the highest in the pattern character pattern, the button operation pattern is the next, the special pattern is the next, and the slip pattern is the lowest. Yes. As a result, the expectation that the chance eye is stopped and displayed after that can be varied depending on the type of the chance eye notice that has been executed.
なお、擬似連を開始するときには、さらに当該擬似連の再変動回数に応じて異なる割合にしたがい、チャンス目予告の種類を決定するように構成してもよい。たとえば、擬似連を開始するときにはさらに当該擬似連の再変動回数毎にチャンス目予告の種類を決定するための判定値数が割り振られているテーブルを用いて、チャンス目予告の種類を決定するように構成してもよい。なお、このようなテーブルにおいては、たとえば、チャンス目予告の種類によって、その後にチャンス目が停止表示される割合(信頼度)に加えて、再変動回数が多くなる割合が、たとえば、図柄キャラクタパターンが最も高く、次にボタン操作パターンが高く、その次に特殊パターンが高く、滑りパターンが最も低くなるように、判定値数が設定されているものであってもよい。これより、実行されたチャンス目予告の種類によって、その後にチャンス目が停止表示されることに加えて、再変動回数が多くなることに対する期待感を異ならせることができる。   It should be noted that when starting a pseudo-ream, the type of chance eye notice may be determined according to a different ratio according to the number of re-variations of the pseudo-ream. For example, when starting a quasi-ream, the type of chance sight-prediction is determined using a table in which the number of determination values for determining the type of chance sight-prediction is assigned for each number of re-variations of the quasi-ream You may comprise. In such a table, for example, depending on the type of chance eye notice, in addition to the ratio (reliability) that the chance eye is stopped and displayed after that, the ratio that the number of re-variations increases is, for example, the symbol character pattern The number of determination values may be set so that the button operation pattern is the next highest, the special pattern is the next highest, and the slip pattern is the lowest. Thus, depending on the type of the chance eye notice that has been executed, in addition to the chance eye being stopped and displayed after that, the expectation that the number of re-variations will increase can be varied.
なお、図46(A)で説明したように、チャンス目予告が実行されたときには、必ず、リーチが発生するか、チャンス目が停止表示されるように、チャンス目予告を実行するか否かを決定するように構成した場合には、たとえば、図46(B)のテーブルにおいて、先読み予告を開始するときでも擬似連を開始するときでもないときで、さらに、リーチとなる変動表示を開始するときであることを条件として、ランダムSR7から抽出した値に基づき、「1〜70」のときに滑りパターンに決定され、「71〜81」のときに特殊パターンに決定され、「82〜90」のときにボタン操作パターンに決定され、「91〜100」のときに図柄キャラクタに決定されるように構成してもよい。   Note that, as described with reference to FIG. 46A, when a chance eye notice is executed, whether or not the chance eye notice is executed so that a reach occurs or the chance eye is stopped and displayed is determined. When configured to determine, for example, in the table of FIG. 46 (B), when the pre-reading notice is not started or when the pseudo-ream is not started, and when the variable display for reaching is further started. On the basis of the value extracted from the random SR7, the slip pattern is determined at “1 to 70”, the special pattern is determined at “71 to 81”, and “82 to 90”. The button operation pattern is sometimes determined, and the symbol character may be determined when “91 to 100”.
図46(C)は、再抽選確率決定用テーブルを示す説明図である。再抽選確率決定用テーブルは、再抽選確率を決定するために、図45のS686、S709、S6913において参照されるテーブルである。   FIG. 46C is an explanatory diagram showing a re-lottery probability determination table. The re-lottery probability determination table is a table referred to in S686, S709, and S6913 in FIG. 45 in order to determine the re-lottery probability.
再抽選確率決定用テーブルは、予告対象の変動表示において15R大当りになるか否か、予告対象の変動パターン種別が特定変動パターン種別であるか否か、および再変動回数に応じて、判定値が設定されている。なお、15R大当りになるか否か、予告対象の変動パターン種別が特定変動パターン種別であるか否か、および擬似連回数(再変動回数)の組合せ毎に対応させて、図46(C)中に示すように、Aパターン〜Hパターンと称して、以下説明する。たとえば、予告対象において、15R大当りとなるときであって、特定変動パターン種別に属しかつ擬似連なしあるいは擬似連1回(「擬似連あり」の場合における1回を含む)〜擬似連2回の変動パターンで変動表示が行なわれる組合せを、Aパターンと称する。また、たとえば、予告対象において、15R大当り以外となるときであって、特定変動パターン種別に属しかつ擬似連2回〜3回の変動パターンで変動表示が行なわれる組合せを、Fパターンと称する。なお、予告対象における、15R大当りとなるか否か、どの変動パターン種別であるか、および再変動回数は、S685で設定されるチャンス目予告実行中フラグにより特定される。   The re-lottery probability determination table has a determination value according to whether or not the 15R jackpot is displayed in the variation display of the notification target, whether or not the variation pattern type of the notification target is the specific variation pattern type, and the number of re-variations. Is set. 46C corresponding to each combination of whether or not 15R is a big hit, whether or not the variation pattern type to be notified is a specific variation pattern type, and the number of pseudo-continuous times (number of re-variations). As will be described below, the A pattern to the H pattern will be described. For example, when the target of the announcement is a big hit of 15R, it belongs to the specific variation pattern type and has no pseudo-ream or 1 pseudo-ream (including 1 in the case of “pseudo-ream”) to 2 pseudo-reams A combination in which variation display is performed using a variation pattern is referred to as an A pattern. In addition, for example, a combination in which a change is displayed with a variation pattern of two to three pseudo-series that belongs to the specific variation pattern type and is in a target other than the 15R big hit is referred to as an F pattern. It should be noted that whether or not it is a 15R big hit, which variation pattern type, and the number of re-variations in the advance notice target are specified by the chance notice advance execution flag set in S685.
たとえば、予告対象の変動表示がAパターンであるときには、再抽選確率が、ランダムSR8から抽出した値に基づき、「1〜5」のときに50%に決定され、「6〜40」のときに30%に決定され、「41〜100」のときに10%に決定される。   For example, when the change display of the notice target is the A pattern, the re-drawing probability is determined to be 50% when “1-5” based on the value extracted from the random SR8, and when “6-40” It is determined to be 30%, and is determined to be 10% when “41 to 100”.
予告対象の変動表示がBパターンであるときには、再抽選確率が、ランダムSR8から抽出した値に基づき、「1〜3」のときに50%に決定され、「4〜35」のときに30%に決定され、「36〜100」のときに10%に決定される。   When the noticed change display is the B pattern, the re-drawing probability is determined to be 50% when “1 to 3” based on the value extracted from the random SR8, and 30% when “4 to 35”. And is determined to be 10% when “36 to 100”.
予告対象の変動表示がCパターンであるときには、再抽選確率が、ランダムSR8から抽出した値に基づき、「1〜10」のときに50%に決定され、「11〜50」のときに30%に決定され、「51〜100」のときに10%に決定される。   When the noticed change display is the C pattern, the re-drawing probability is determined to be 50% when “1-10” based on the value extracted from the random SR8, and 30% when “11-50”. It is determined to be 10% when “51 to 100”.
予告対象の変動表示がDパターンであるときには、再抽選確率が、ランダムSR8から抽出した値に基づき、「1〜8」のときに50%に決定され、「9〜45」のときに30%に決定され、「46〜100」のときに10%に決定される。   When the noticed change display is the D pattern, the re-drawing probability is determined to be 50% when “1-8” based on the value extracted from the random SR8, and 30% when “9-45”. And is determined to be 10% when “46 to 100”.
予告対象の変動表示がEパターンであるときには、再抽選確率が、ランダムSR8から抽出した値に基づき、「1〜85」のときに50%に決定され、「86〜95」のときに30%に決定され、「96〜100」のときに10%に決定される。   When the noticed change display is the E pattern, the re-drawing probability is determined to be 50% when “1 to 85” based on the value extracted from the random SR8, and 30% when “86 to 95”. And is determined to be 10% when “96 to 100”.
予告対象の変動表示がFパターンであるときには、再抽選確率が、ランダムSR8から抽出した値に基づき、「1〜80」のときに50%に決定され、「81〜92」のときに30%に決定され、「93〜100」のときに10%に決定される。   When the noticed change display is the F pattern, the re-drawing probability is determined to be 50% when “1-80” based on the value extracted from the random SR8, and 30% when “81-92”. And is determined to be 10% when “93 to 100”.
予告対象の変動表示がGパターンであるときには、再抽選確率が、ランダムSR8から抽出した値に基づき、「1〜95」のときに50%に決定され、「96〜98」のときに30%に決定され、「99、100」のときに10%に決定される。   When the change display of the notice target is the G pattern, the re-drawing probability is determined to be 50% when “1 to 95” based on the value extracted from the random SR8, and 30% when “96 to 98”. It is determined to be 10% when “99, 100”.
予告対象の変動表示がHパターンであるときには、再抽選確率が、ランダムSR8から抽出した値に基づき、「1〜90」のときに50%に決定され、「91〜96」のときに30%に決定され、「97〜100」のときに10%に決定される。   When the noticed change display is the H pattern, the re-drawing probability is determined to be 50% when “1 to 90” based on the value extracted from the random SR8, and 30% when “91 to 96”. And is determined to be 10% when “97 to 100”.
以上より、再抽選確率決定用テーブルは、予告対象の変動表示において15R大当りとなるときの方が、15R大当り以外となるときよりも、高い割合で再抽選確率として30%あるいは10%に決定され、50%に決定される割合が低くなるように、判定値数が設定されている。また、再抽選確率決定用テーブルは、予告対象の変動表示において15R大当りとなるときと、15R大当り以外となるときとの選択比率から、選択されたときに15R大当りである割合(信頼度)が、再抽選確率10%が最も高く、次に再抽選確率30%が高く、再抽選確率50%が最も低くなるように、判定値数が設定されている。これより、再抽選が実行されて、チャンス目予告が変化する割合が高いほど、15R大当りとなる信頼度が低く、逆に再抽選が実行されずに同じチャンス目予告が実行される割合が高いほど、15R大当りとなる信頼度が高くなる。その結果、一連のチャンス目予告のうち、その種類が変化した割合に応じて、その後に15R大当りとなることに対する期待感を異ならせることができる。   From the above, the re-lottery probability determination table is determined to be 30% or 10% as the re-lottery probability at a higher rate when the 15R jackpot is displayed in the display of the subject change notice than when it is other than the 15R jackpot. The number of determination values is set so that the ratio determined to be 50% is low. In addition, the re-lottery probability determination table shows the ratio (reliability) of 15R big hit when selected from the selection ratio between when the 15R big hit is in the change display of the notice target and when it is other than 15R big hit. The number of determination values is set so that the re-drawing probability is 10%, the re-drawing probability is 30%, and the re-drawing probability is 50%. As a result, the higher the rate at which the chance lottery is changed after the re-lottery is executed, the lower the reliability of the 15R big hit, and the higher the rate at which the same chance eye trailer is executed without executing the re-lottery. The reliability that becomes a 15R big hit becomes higher. As a result, in the series of chance eye notices, it is possible to vary a sense of expectation for a subsequent 15R big hit depending on the rate at which the type has changed.
また、再抽選確率決定用テーブルは、予告対象の変動表示が特定変動パターン種別に属する変動パターンにより実行されるときの方が、非特定変動パターン種別に属する変動パターンにより実行されるときよりも、高い割合で再抽選確率として10%に決定されるように、判定値数が設定されている。また、再抽選確率決定用テーブルは、予告対象の変動表示が特定変動パターン種別に属する変動パターンにより実行されるときと、非特定変動パターン種別に属する変動パターンにより実行されるときとの選択比率から、選択されたときに特定変動パターン種別に属する変動パターンにより変動表示が実行される割合(信頼度)が、再抽選確率10%が最も高くなるように、判定値数が設定されている。これより、再抽選が実行されて、チャンス目予告が変化する割合が高いほど、特定変動パターン種別に属する変動パターンにより変動表示が実行される信頼度が低く、逆に再抽選が実行されずに同じチャンス目予告が実行される割合が高いほど、特定変動パターン種別に属する変動パターンにより変動表示が実行される信頼度が高くなる。その結果、一連のチャンス目予告のうち、その種類が変化した割合に応じて、その後に特定変動パターン種別に属する変動パターンにより変動表示が実行されることに対する期待感を異ならせることができる。なお、図9(B)および図10を用いて前述したように、リーチはずれ時判定テーブルよりも15R大当り時判定テーブルの方が、特定変動パターン種別が決定されやすいように判定値数が設定されている。このため、一連のチャンス目予告のうち、その種類が変化した割合が低いときの方が、15R大当りに対する期待感を高めることができる。   In addition, the re-lottery probability determination table shows that the time when the variation display of the notice target is executed by the variation pattern belonging to the specific variation pattern type is more than when the variation display belonging to the non-specific variation pattern type is performed. The number of determination values is set so that the re-drawing probability is determined to be 10% at a high rate. The re-lottery probability determination table is based on a selection ratio between when the change display to be notified is executed with a change pattern belonging to a specific change pattern type and when using a change pattern belonging to a non-specific change pattern type. The number of determination values is set so that the ratio (reliability) at which the variation display is performed by the variation pattern belonging to the specific variation pattern type when selected is such that the re-lottery probability is 10%. As a result, the higher the rate at which the chance drawing notice changes, the lower the reliability that the change display is executed by the change pattern belonging to the specific change pattern type, and the re-draw is not executed. The higher the ratio at which the same chance notice is executed, the higher the reliability with which the change display is executed by the change pattern belonging to the specific change pattern type. As a result, in the series of chance eye notices, it is possible to vary a sense of expectation that the change display will be executed according to the change pattern belonging to the specific change pattern type after that according to the rate of change of the type. As described above with reference to FIGS. 9B and 10, the number of determination values is set so that the specific variation pattern type is more easily determined in the 15R big hit determination table than in the out of reach determination table. ing. For this reason, it is possible to increase the sense of expectation for 15R big hit when the rate of change of the type in the series of chance notices is low.
なお、再抽選が実行されて、チャンス目予告が変化する割合が高いほど、特定変動パターン種別に属する変動パターンにより変動表示が実行される信頼度が高く、逆に再抽選が実行されずに同じチャンス目予告が実行される割合が高いほど、特定変動パターン種別に属する変動パターンにより変動表示が実行される信頼度が低くなるように、判定値数が割り振られたテーブルを用いて、再抽選確率を決定するようにしてもよい。   In addition, the higher the rate at which the chance lottery changes when the re-lottery is executed, the higher the reliability that the change display is executed according to the change pattern belonging to the specific change pattern type. Using the table to which the number of judgment values is assigned, the probability of re-drawing is determined so that the higher the proportion of chance chance notices that are executed, the lower the degree of reliability that the change display is executed by the change pattern belonging to the specific change pattern type. May be determined.
また、再抽選確率決定用テーブルは、予告対象の変動表示が擬似連でありかつ再変動回数が多い方が、擬似連でなくあるいは擬似連であったとしても再変動回数が少ないときよりも、高い割合で再抽選確率として10%に決定されるように、判定値数が設定されている。また、再抽選確率決定用テーブルは、予告対象の変動表示が擬似連でありかつ再変動回数が多いときと、擬似連でなくあるいは擬似連であったとしても再変動回数が少ないときとの選択比率から、選択されたときに擬似連でありかつ再変動回数が多くなる割合(信頼度)が、再抽選確率10%が最も高くなるように、判定値数が設定されている。これより、再抽選が実行されて、チャンス目予告が変化する割合が高いほど、擬似連でありかつ再変動回数が多い変動パターンにより変動表示が実行される信頼度が低く、逆に再抽選が実行されずに同じチャンス目予告が実行される割合が高いほど、擬似連でありかつ再変動回数が多い変動パターンにより変動表示が実行される信頼度が高くなる。その結果、一連のチャンス目予告のうち、その種類が変化した割合に応じて、その後に擬似連でありかつ再変動回数が多い変動パターンにより変動表示が実行されることに対する期待感を異ならせることができる。なお、図9(B)および図10を用いて前述したように、リーチはずれ時判定テーブルよりも15R大当り時判定テーブルの方が、再変動回数が多い擬似連が決定されやすいように判定値数が設定されている。このため、一連のチャンス目予告のうち、その種類が変化した割合が低いときの方が、15R大当りに対する期待感を高めることができる。   In addition, the table for re-drawing probability determination is that the change display of the notice target is a pseudo-ream and the number of re-variations is larger than that when the number of re-variations is small even if it is not a pseudo-ream or a pseudo-ream, The number of determination values is set so that the re-drawing probability is determined to be 10% at a high rate. In addition, the re-lottery probability determination table selects whether the noticed change display is a pseudo-ream and a large number of re-variations, and when the number of re-variations is small even if it is not a pseudo-ream or a pseudo-ream. From the ratio, the number of determination values is set so that the ratio (reliability) that is pseudo-continuous and increases the number of re-variations when selected is the highest 10% re-drawing probability. As a result, the higher the rate at which the chance lottery changes when the re-lottery is executed, the lower the reliability that the fluctuation display is executed by the fluctuation pattern that is a pseudo-ream and the number of re-variations is large. The higher the rate at which the same chance notice is executed without being executed, the higher the reliability with which the change display is executed by the change pattern that is pseudo-ream and has a large number of re-changes. As a result, in the series of chance eye notices, the expectation that the change display will be executed according to the change pattern that is a pseudo-ream and the number of re-changes is changed according to the rate of change of the type. Can do. As described above with reference to FIGS. 9B and 10, the 15R big hit determination table is more likely to determine a pseudo-ream with a larger number of re-variations than the out-of-reach determination table. Is set. For this reason, it is possible to increase the sense of expectation for 15R big hit when the rate of change of the type in the series of chance notices is low.
なお、再抽選が実行されて、チャンス目予告が変化する割合が高いほど、擬似連でありかつ再変動回数が多い変動パターンにより変動表示が実行される信頼度が高く、逆に再抽選が実行されずに同じチャンス目予告が実行される割合が高いほど、擬似連でありかつ再変動回数が多い変動パターンにより変動表示が実行される信頼度が低くなるように、判定値数が割り振られたテーブルを用いて、再抽選確率を決定するようにしてもよい。   In addition, the higher the rate at which the chance notice changes, the higher the probability that change display is executed by a change pattern that is pseudo-ream and the number of re-changes is high, and conversely, the re-draw is executed. The number of judgment values is assigned so that the higher the rate at which the same chance eye notice is executed, the lower the reliability that the fluctuation display is executed due to the fluctuation pattern that is a pseudo-ream and the number of re-changes is large. You may make it determine a re-lottery probability using a table.
図46(D)は、再抽選決定用テーブルを示す説明図である。再抽選決定用テーブルは、再抽選を実行するか否かを決定するために、図45のS694、S704、S710において参照されるテーブルである。再抽選決定用テーブルは、図46(C)を参照して決定される再抽選確率に応じて、判定値が設定されている。   FIG. 46D is an explanatory diagram showing a re-lottery determination table. The re-lottery determination table is a table referred to in S694, S704, and S710 of FIG. 45 in order to determine whether or not to execute the re-lottery. In the re-lottery determination table, a determination value is set according to the re-lottery probability determined with reference to FIG.
再抽選確率が50%であるときには、ランダムSR9から抽出した値に基づき、「1〜5」のときに再抽選実行に決定され、「6〜10」のときに再抽選不実行に決定される。すなわち、50%の割合で、再抽選が実行されるように判定値数が設定されている。なお、再抽選実行に決定されたときには、たとえば図45のS694、S704、S710各々においてYESと判定される。一方、再抽選不実行に決定されたときには、たとえば図45のS694、S704、S710各々においてNOと判定される。   When the re-lottery probability is 50%, based on the value extracted from the random SR9, the re-lottery execution is determined when “1-5” and the re-lottery is not executed when “6-10”. . That is, the number of determination values is set so that the re-lottery is executed at a rate of 50%. When it is determined to execute the re-lottery, YES is determined in each of S694, S704, and S710 in FIG. 45, for example. On the other hand, when it is determined that the re-lottery is not executed, NO is determined in each of S694, S704, and S710 in FIG.
再抽選確率が30%であるときには、ランダムSR9から抽出した値に基づき、「1〜3」のときに再抽選実行に決定され、「4〜10」のときに再抽選不実行に決定される。すなわち、30%の割合で、再抽選が実行されるように判定値数が設定されている。   When the re-lottery probability is 30%, based on the value extracted from the random SR9, the re-lottery execution is determined when “1-3”, and the re-lottery is not executed when “4-10”. . That is, the number of determination values is set so that the re-lottery is executed at a rate of 30%.
再抽選確率が10%であるときには、ランダムSR9から抽出した値に基づき、「1」のときに再抽選実行に決定され、「2〜10」のときに再抽選不実行に決定される。すなわち、10%の割合で、再抽選が実行されるように判定値数が設定されている。   When the re-lottery probability is 10%, based on the value extracted from the random SR9, the re-lottery execution is determined when “1”, and the non-re-lottery is determined when “2-10”. That is, the number of determination values is set so that the re-lottery is executed at a rate of 10%.
図46(E)は、擬似連時チャンス目予告パターン決定用テーブルを示す説明図である。擬似連時チャンス目予告パターン決定用テーブルは、擬似連時チャンス目予告パターンを決定するために、図45のS696やS711において参照されるテーブルである。擬似連時チャンス目予告パターン決定用テーブルは、擬似連における再変動回数に応じて、判定値が設定されている。   FIG. 46E is an explanatory diagram showing a table for determining the pseudo consecutive chance eye notice pattern. The pseudo consecutive chance eye notice pattern determination table is a table referred to in S696 and S711 of FIG. 45 in order to determine the pseudo consecutive chance eye notice pattern. In the quasi-continuous chance eye notice pattern determination table, a determination value is set according to the number of re-variations in the quasi-ream.
擬似連における再変動回数が1回(「擬似連あり」の場合における1回を含む)または2回であるときには、ランダムSR10から抽出した値に基づき、「1〜3」のときに信頼度向上パターンに決定され、「4〜15」のときに信頼度低下パターンに決定される。   When the number of re-variations in the quasi-ream is 1 (including 1 in the case of “with quasi-ream”) or 2 times, based on the value extracted from the random SR10, the reliability is improved when it is “1-3” It is determined as a pattern, and when “4 to 15”, it is determined as a reliability lowering pattern.
擬似連における再変動回数が3回または4回であるときには、ランダムSR10から抽出した値に基づき、「1〜12」のときに信頼度向上パターンに決定され、「13〜15」のときに信頼度低下パターンに決定される。   When the number of re-variations in the quasi-ream is 3 or 4, the reliability improvement pattern is determined at “1-12” based on the value extracted from the random SR10, and the reliability is increased at “13-15”. Decrease pattern is determined.
信頼度向上パターンとは、図46(B)で説明したように、実行されたときにその後にチャンス目が停止表示される割合(信頼度)が向上するチャンス目予告の種類に変化させるパターンをいう。たとえば、信頼度向上パターンとは、初回チャンス目予告が滑りパターンであるときには、2回目の変動においては特殊パターンに決定され、3回目の変動においてはボタン操作パターンに決定され、4回目の変動においては図柄キャラクタパターンに決定されるパターンをいう。なお、チャンス目予告の種類が最も信頼度が高い図柄キャラクタパターンであるときに、それ以上信頼度が高いチャンス目予告がないために、その後の変動においても当該図柄キャラクタパターンが維持される。この場合には、再抽選確率が低いために再抽選が実行されていないのかもしれないといった期待感を遊技者に抱かせることができる。なお、維持するものに限らず、通常では選択されることのない特別パターンに変化させるようにしてもよい。   As described with reference to FIG. 46 (B), the reliability improvement pattern is a pattern that is changed to the type of chance eye notice when the probability (reliability) that the chance eye is stopped and displayed after execution is improved. Say. For example, when the first chance notice is a slip pattern, the reliability improvement pattern is determined as a special pattern in the second change, determined as a button operation pattern in the third change, and in the fourth change. Means a pattern determined as a symbol character pattern. Note that when the type of chance eye notice is the most reliable symbol character pattern, there is no chance eye notice having a higher reliability, and the symbol character pattern is maintained even in subsequent fluctuations. In this case, the player can have an expectation that the re-lottery may not be executed because the re-lottery probability is low. In addition, you may make it change to the special pattern which is not limited to what is maintained normally and is not selected normally.
また、信頼度低下パターンとは、図46(B)で説明したように、実行されたときにその後にチャンス目が停止表示される割合(信頼度)が低下するチャンス目予告の種類に変化させるパターンをいう。たとえば、信頼度低下パターンとは、初回チャンス目予告が図柄キャラクタパターンであるときには、2回目の変動においてはボタン操作パターンに決定され、3回目の変動においては特殊パターンに決定され、4回目の変動においては滑りパターンに決定されるパターンをいう。なお、チャンス目予告の種類が最も信頼度が低い滑りパターンであるときに、それ以上信頼度が低いチャンス目予告がないために、その後の変動においても当該滑りパターンが維持される。この場合には、再抽選確率が低いために再抽選が実行されていないのかもしれないといった期待感を遊技者に抱かせることができる。なお、維持するものに限らず、通常では選択されることのない特別パターンに変化させるようにしてもよい。   Further, as described with reference to FIG. 46B, the reliability lowering pattern is changed to the type of chance eye notice in which the ratio (reliability) at which the chance eyes are stopped and displayed after the execution is reduced. A pattern. For example, when the first chance notice is a symbol character pattern, the reliability decrease pattern is determined as a button operation pattern in the second variation, and is determined as a special pattern in the third variation, and the fourth variation. Means a pattern determined as a sliding pattern. It should be noted that when the type of chance eye warning is the slip pattern with the lowest reliability, there is no chance eye warning with a lower reliability, so the slip pattern is maintained even in subsequent fluctuations. In this case, the player can have an expectation that the re-lottery may not be executed because the re-lottery probability is low. In addition, you may make it change to the special pattern which is not limited to what is maintained normally and is not selected normally.
以上のように、擬似連時チャンス目予告パターン決定用テーブルは、擬似連における再変動回数が多いときの方が、擬似連における再変動回数が少ないときよりも、高い割合で信頼度向上パターンに決定されるように、判定値数が設定されている。これより、チャンス目予告が変化した場合であっても、信頼度向上パターンにしたがって変化したときの方が、信頼度低下パターンにしたがって変化したときよりも、その後に再変動回数が多い擬似連により変動表示が実行される割合を高くすることができる。その結果、チャンス目予告が変化した場合であっても、信頼度向上パターンにしたがって変化したときの方が、信頼度低下パターンにしたがって変化したときよりも、その後に15R大当りになることに対する期待感を遊技者に抱かせることができる。   As described above, the quasi-continuous chance eye notice pattern determination table becomes a reliability improvement pattern at a higher rate when the number of re-variations in the pseudo-series is larger than when the number of re-variations in the pseudo-series is small. The number of determination values is set so as to be determined. Thus, even if the chance eye notice changes, it is more likely that the number of re-variations after that changes according to the reliability improvement pattern than when it changes according to the reliability reduction pattern. The rate at which the variable display is executed can be increased. As a result, even if the chance notice is changed, the expectation for the 15R big hit after that when the change according to the reliability improvement pattern is changed according to the reliability reduction pattern. Can be held by the player.
図47は、S516の停止図柄設定処理を示すフローチャートである。まず、今回の変動表示において擬似連演出が実行されるか否かが判定される。擬似連演出が実行されるか否かは、受信した変動パターン指定コマンドに基づき特定される(S720)。S720において擬似連演出が実行されると判定されたときには、以下の処理において、最終停止図柄、擬似連の場合には各変動において仮停止させる仮停止図柄、チャンス目予告を実行する前に仮停止する図柄、ボタン操作パターンによるチャンス目予告実行時において操作ボタン30が操作されなかった場合に仮停止する非操作時の停止図柄が設定される。   FIG. 47 is a flowchart showing the stop symbol setting process of S516. First, it is determined whether or not the pseudo continuous effect is executed in the current variation display. Whether or not the pseudo continuous effect is executed is specified based on the received variation pattern designation command (S720). When it is determined in step S720 that the pseudo-continuous effect is executed, in the following processing, in the following process, in the case of the pseudo-continuous, the temporary stop symbol that is temporarily stopped at each change, and the temporary stop before the chance eye notice is executed. The stop symbol at the time of non-operation that temporarily stops when the operation button 30 is not operated at the time of execution of the chance eye notice by the button operation pattern is set.
具体的には、S721において、図37(A)で示したチャンス目決定用テーブルを参照して、ランダムSR1−1から抽出した値に基づき、初回変動において停止表示させる初回チャンス目を決定して設定する。   Specifically, in S721, referring to the chance eye determination table shown in FIG. 37A, the first chance eye to be stopped and displayed in the first fluctuation is determined based on the value extracted from the random SR1-1. Set.
S722においては、当該擬似連の変動表示における最終停止図柄を左中右停止図柄決定用の乱数SR1−1〜SR1−3から抽出した値に基づき、左中右最終停止図柄を決定して設定する。この場合、表示結果指定コマンドあるいは変動パターン指定コマンドに基づき、15R確変大当りとするか、15R非確変大当りとするか、リーチはずれにするか、非リーチはずれにするかなどを特定して、対応する演出図柄の組合せが決定される。なお、擬似連の最終の変動では、最終停止図柄がリーチ図柄の組合せとなる。   In S722, based on the value extracted from the random numbers SR1-1 to SR1-3 for determining the left / right stop symbol in the pseudo-continuous variation display, the left / right / right final stop symbol is determined and set. . In this case, on the basis of the display result designation command or the variation pattern designation command, the 15R probability variation big hit, the 15R non-probability big hit, whether the reach is shifted, or the non-reach is shifted is specified and dealt with. A combination of performance symbols is determined. Note that the final stop symbol is a reach symbol combination in the final variation of the pseudo-ream.
S723においては、再変動回数が2回以上であるか、すなわち初回チャンス目および最終停止図柄以外にも停止図柄を決定する必要があるか否かを判定する。S723において再変動回数が2回以上でないと判定されたときには、S726へ移行する。   In S723, it is determined whether the number of re-variations is 2 or more, that is, whether it is necessary to determine a stop symbol other than the first chance and the final stop symbol. When it is determined in S723 that the number of times of re-variation is not two or more, the process proceeds to S726.
S723において再変動回数が2回以上であると判定されたときには、S724において、図37(B)で示したチャンス目パターン決定用テーブルを参照して、ランダムSR1−2から抽出した値および再変動回数に基づき、チャンス目パターンを決定する。そして、S725においては、S724において決定したチャンス目パターンおよびS721で設定された初回チャンス目に基づき、初回および最終の変動以外の各変動のチャンス目を設定する。   When it is determined in S723 that the number of times of re-variation is 2 or more, in S724, the value extracted from the random SR1-2 and the re-variation are referred to with reference to the chance eye pattern determination table shown in FIG. A chance eye pattern is determined based on the number of times. In S725, based on the chance eye pattern determined in S724 and the first chance set in S721, chances of each variation other than the first and final variations are set.
S726においては、図45のS687、S696、S705、S707、あるいはS711において今回の擬似連の各変動(最終の変動を除く)において実行するチャンス目予告としてボタン操作パターンが設定されているか否かを判定する。S726においてボタン操作パターンが設定されていないと判定されたときには、そのまま停止図柄設定処理を終了する。一方、S726においてボタン操作パターンが設定されていると判定されたときには、S727において非操作時に一旦停止表示させるリーチ図柄を設定する。これにより、図38(j)に示すように、非操作時に一旦停止表示させるリーチ図柄が設定される。   In S726, it is determined whether or not a button operation pattern is set as a chance eye notice to be executed in each variation (excluding the final variation) of the current pseudo-series in S687, S696, S705, S707, or S711 in FIG. judge. When it is determined in S726 that the button operation pattern is not set, the stop symbol setting process is terminated as it is. On the other hand, when it is determined in S726 that the button operation pattern has been set, a reach symbol that is temporarily stopped when not operated is set in S727. As a result, as shown in FIG. 38 (j), a reach symbol that is temporarily stopped when not operated is set.
ボタン操作パターンが擬似連中(最終の変動を除く)に実行された場合において、操作ボタン30が操作された場合には、S725で設定されたチャンス目が停止表示され、操作ボタン30が操作されなかった場合には、チャンス目に替えてS727で設定されたリーチ図柄を停止表示させた後に、S725で設定されたチャンス目に変化させる演出が実行される。なお、ボタン操作パターンが擬似連中の最終の変動に実行された場合においては、操作ボタン30が操作されたか否かに関わらず、S722で設定された最終停止図柄が停止表示される。   When the button operation pattern is executed in a pseudo sequence (excluding the last change), when the operation button 30 is operated, the chance chance set in S725 is stopped and displayed, and the operation button 30 is not operated. In such a case, the reach design set in S727 is stopped and displayed in place of the chance, and then the effect changed to the chance set in S725 is executed. Note that, when the button operation pattern is executed for the last change in the quasi-continuation, the final stop symbol set in S722 is stopped and displayed regardless of whether or not the operation button 30 is operated.
S733においては、今回の変動表示中において実行するチャンス目予告が設定されているか否かを判定する。S733においてチャンス目予告が設定されていないと判定されたときには、S735へ移行する。一方、S733においてチャンス目予告が設定されていると判定されたときには、S734においてチャンス目予告を実行する直前に仮停止させる左および右の演出図柄として、今回の変動表示において停止表