JP2010094394A - 遊技台 - Google Patents

遊技台 Download PDF

Info

Publication number
JP2010094394A
JP2010094394A JP2008269365A JP2008269365A JP2010094394A JP 2010094394 A JP2010094394 A JP 2010094394A JP 2008269365 A JP2008269365 A JP 2008269365A JP 2008269365 A JP2008269365 A JP 2008269365A JP 2010094394 A JP2010094394 A JP 2010094394A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
display
image
area
special
presentation area
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2008269365A
Other languages
English (en)
Inventor
Junichi Hokari
潤一 帆苅
Original Assignee
Daito Giken:Kk
株式会社大都技研
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Daito Giken:Kk, 株式会社大都技研 filed Critical Daito Giken:Kk
Priority to JP2008269365A priority Critical patent/JP2010094394A/ja
Publication of JP2010094394A publication Critical patent/JP2010094394A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

【課題】遊技性を高め、遊技者の遊技意欲を持続させることができる遊技台を提供する。
【解決手段】遊技台は、所定画像を表示可能な表示領域を有する表示手段と、前記表示手段を制御する表示制御手段と、前記表示領域に表示される所定画像の少なくとも一部を視認可能とする提示領域の大きさを決定する提示領域決定手段と、前記提示領域決定手段が前記提示領域を縮小させることに応じて、前記提示領域に単一色の特定画像を表示させて該特定画像の透過率を低下させる制御、または、前記提示領域における前記特定画像の表示割合を増加させる制御を行う特定画像表示制御手段と、を備える。
【選択図】図20

Description

本発明は、スロットマシンやパチンコ機などに代表される遊技台に関する。

パチンコ機などの従来の遊技台は、複数個の図柄を変動表示可能な図柄表示部を備え、始動口に遊技球が入賞すると、図柄表示部の図柄を所定時間変動させ、変動後の図柄が予め定めた特定図柄の組み合わせである特定態様になった場合に、可変入賞口を所定時間開放させる等、遊技者に有利な遊技状態を発生させるように構成している。そして、このような遊技者に有利な遊技状態の発生の有無を制御することによって、遊技者が特典を得る機会を増減させて遊技台の興趣性を向上させている。

このような従来の遊技台の一つとして、図柄表示部の表示を切替えるときに、一旦切替え用画像を表示させた後に切替え後の場面を表示させる遊技台が提案されている(例えば、特許文献1参照)。
特開2005−211369号公報

しかしながら、従来の遊技台では、遊技中に切替え用画像を表示する過程が非常に単調であり、遊技者を飽きさせてしまうという問題があった。

本発明は、このような従来の問題点を解決するためになされたものであって、遊技性を高め、遊技者の遊技意欲を持続させることができる遊技台を提供することを目的とする。

(1)本発明は、所定画像を表示可能な表示領域を有する表示手段と、前記表示手段を制御する表示制御手段と、前記表示領域に表示される所定画像の少なくとも一部を視認可能とする提示領域の大きさを決定する提示領域決定手段と、を備え、前記提示領域決定手段が前記提示領域を縮小させることに応じて、前記提示領域に単一色の特定画像を表示させて該特定画像の透過率を低下させる制御、または、前記提示領域における前記特定画像の表示割合を増加させる制御を行う特定画像表示制御手段をさらに備えることを特徴とする、遊技台である。

(2)本発明はまた、前記表示制御手段は、前記表示領域における前記提示領域以外の提示外領域の少なくとも一部に前記特定画像を表示させることを特徴とする、前記(1)に記載の遊技台である。

(3)本発明はまた、前記表示領域の少なくとも一部を遮蔽する位置に移動可能な可動物と、前記可動物を移動させる駆動手段と、前記駆動手段を制御する駆動制御手段と、をさらに備え、前記駆動制御手段は、前記駆動手段を制御して前記提示外領域に相当する位置に前記可動物を移動させることを特徴とする、前記(2)に記載の遊技台である。

(4)本発明はまた、前記可動物の少なくとも一部が透過性部材で構成されていることを特徴とする、前記(3)に記載の遊技台である。

(5)本発明はまた、前記表示制御手段は、前記提示領域に特別画像を表示し、前記提示領域決定手段は、前記特別画像が表示された領域以外の前記提示領域を縮小させることを特徴とする、前記(4)に記載の遊技台である。

(6)本発明はまた、前記表示手段による表示態様が予め定めた特別態様になった場合に遊技者に有利な遊技状態を開始する遊技状態制御手段をさらに備え、前記特別態様は、
少なくとも一部に前記特別画像を含んで構成されていることを特徴とする、前記(5)に記載の遊技台である。

(7)本発明はまた、前記表示制御手段は、前記表示領域に複数の前記特別画像を変動表示させた後に、変動表示中の1つの特別画像を除いて同一の特別図柄を停止表示させるリーチ態様を表示可能であり、前記提示領域決定手段は、前記表示制御手段が前記表示領域に前記リーチ態様を表示した場合に、前記提示領域を縮小することを特徴とする、前記(6)に記載の遊技台である。

(8)本発明はまた、前記表示制御手段は、前記特別画像の少なくとも一部が前記提示領域の縮小に伴って該提示領域と重なった場合に、前記特別画像に対応する画像を前記特別画像とは別に表示させ、前記特定画像表示制御手段は、前記特別画像の少なくとも一部が前記提示領域の縮小に伴って該提示領域と重なった後に前記提示領域が縮小することに応じて、前記特別画像が表示された領域を含む前記提示領域の表示を前記特定画像に近づける制御を行うことを特徴とする、前記(7)に記載の遊技台である。

本発明に係る遊技台によれば、遊技性を高め、遊技者の遊技意欲を持続させることができる。

以下、図面を用いて、本発明の実施例1に係るパチンコ機(遊技台)について詳細に説明する。

<全体構成>
まず、図1を用いて、パチンコ機100の全体構成について説明する。なお、同図はパチンコ機100を正面側(遊技者側)から見た外観斜視図である。

パチンコ機100は、ガラス製または樹脂製の透明板部材152および透明部材保持枠(ガラス枠)154からなる扉部材156の奥側に視認可能に配設した後述する遊技盤(盤面)102を備えている。

また、発射杆138および発射槌140の下方には、発射杆138を制御して遊技領域104に向けて球の発射強度の操作を行うための操作ハンドル148を配設していると共に、貯留皿144の下方には、貯留皿144に貯留できない溢れ球を貯留するための下皿150を設けている。

図2は、遊技盤102を正面から見た略示正面図である。遊技盤102には、外レール106と内レール108とを配設し、遊技球(以下、単に「球」と称する場合がある。)が転動可能な遊技領域104を区画形成している。

遊技領域104の略中央には、演出装置200を配設している。この演出装置200には、略中央に横長の装飾図柄表示装置110を配設し、その周囲に、普通図柄表示装置112と、特別図柄表示装置114と、普通図柄保留ランプ116と、特別図柄保留ランプ118と、高確中ランプ120を配設している。なお、以下、普通図柄を「普図」、特別図柄を「特図」と称する場合がある。

演出装置200は、可動部を動作して演出を行うものであり、詳細については後述する。装飾図柄表示装置110は、装飾図柄ならびに演出に用いる様々な画像を表示するための表示装置であり、本実施例では液晶表示装置(LCD:Liquid Crystal Display)によって構成する。この装飾図柄表示装置110は、左図柄表示領域110a、中図柄表示領域110b、右図柄表示領域110cおよび演出表示領域110dの4つの表示領域に分割し、左図柄表示領域110a、中図柄表示領域110bおよび左図柄表示領域110cはそれぞれ異なった装飾図柄を表示し、演出表示領域110dは演出に用いる画像を表示する。さらに、各表示領域110a、110b、110c、110dの位置や大きさは、装飾図柄表示装置110の表示画面内で自由に変更することを可能としている。なお、装飾図柄表示装置110は、液晶表示装置に代えて、ドットマトリクス表示装置、7セグメント表示装置、EL(ElectroLuminescence)表示装置、ドラム式表示装置、リーフ式表示装置等他の表示デバイスを採用してもよい。

普図表示装置112は、普図の表示を行うための表示装置であり、本実施例では7セグメントLEDによって構成する。特図表示装置114は、特図の表示を行うための表示装置であり、本実施例では7セグメントLEDによって構成する。

普図保留ランプ116は、保留している普図変動遊技の数を示すためのランプであり、本実施例では、普図変動遊技を2つまで保留することを可能としている。特図保留ランプ118は、保留している特図変動遊技の数を示すためのランプであり、本実施例では、特図変動遊技を4つまで保留することを可能としている。高確中ランプ120は、遊技状態が高確率状態(後述する大当り遊技の当選確率を通常の確率よりも高く設定した遊技状態)であること、または高確率状態になることを示すためのランプであり、遊技状態を低確率状態(後述する大当り遊技の当選確率を通常の確率に設定した遊技状態)から高確率状態にする場合に点灯し、高確率状態から低確率状態にする場合に消灯する。

また、この演出装置200の周囲には、一般入賞口122と、普図始動口124と、第1特図始動口126と、第2特図始動口128と、可変入賞口130と、役物251と、を配設している。一般入賞口122は、本実施例では遊技盤102に複数配設しており、この一般入賞口122への入球を所定の球検出センサ(図示省略)が検出した場合(一般入賞口122に入賞した場合)、後述する払出装置552を駆動し、所定の個数(本実施例では10個)の球を賞球として貯留皿144に排出する。貯留皿144に排出した球は遊技者が自由に取り出すことが可能であり、これらの構成により、入賞に基づいて賞球を遊技者に払い出すようにしている。なお、一般入賞口122に入球した球は、パチンコ機100の裏側に誘導した後、遊技島側に排出する。本実施例では、入賞の対価として遊技者に払い出す球を「賞球」、遊技者に貸し出す球を「貸球」と区別して呼ぶ場合があり、「賞球」と「貸球」を総称して「球(遊技球)」と呼ぶ。

普図始動口1124は、ゲートやスルーチャッカーと呼ばれる、遊技領域の所定の領域を球が通過したか否かを判定するための装置で構成しており、本実施例では遊技盤102の左側に1つ配設している。普図始動口124を通過した球は一般入賞口122に入球した球と違って、遊技島側に排出することはない。球が普図始動口124を通過したことを所定の玉検出センサが検出した場合、パチンコ機100は、普図表示装置112による普図変動遊技を開始する。

第1特図始動口126は、本実施例では遊技盤102の中央に1つだけ配設している。この第1特図始動口126への入球を所定の球検出センサが検出した場合、後述する払出装置552を駆動し、所定の個数(本実施例では3個)の球を賞球として貯留皿144に排出するとともに、特図表示装置114による特図変動遊技を開始する。なお、第1特図始動口126に入球した球は、パチンコ機100の裏側に誘導した後、遊技島側に排出する。

第2特図始動口128は、電動チューリップ(電チュー)と呼ばれ、本実施例では第1特図始動口126の真下に1つだけ配設している。この第2特図始動口128は、左右に開閉自在な羽根を備え、羽根の閉鎖中は球の入球が不可能であり、普図変動遊技に当選し、普図表示装置112が当たり図柄を停止表示した場合に羽根が所定の時間間隔、所定の回数で開閉する。第2特図始動口128への入球を所定の球検出センサが検出した場合、後述する払出装置552を駆動し、所定の個数(本実施例では5個)の球を賞球として後述する貯留皿144に排出するとともに、特図表示装置114による特図変動遊技を開始する。なお、第2特図始動口128に入球した球は、パチンコ機100の裏側に誘導した後、遊技島側に排出する。

可変入賞口130は、大入賞口またはアタッカーと呼ばれ、本実施例では遊技盤102の中央部下方に1つだけ配設している。この可変入賞口130は、開閉自在な扉部材を備え、扉部材の閉鎖中は球の入球が不可能であり、特図変動遊技に当選し、特図表示装置114が大当たり図柄を停止表示した場合に扉部材が所定の時間間隔(例えば、開放時間29秒、閉鎖時間1.5秒)、所定の回数(例えば15回)で開閉する。可変入賞口130への入球を所定の球検出センサが検出した場合、後述する払出装置552を駆動し、所定の個数(本実施例では15球)の球を賞球として貯留皿144に排出する。なお、可変入賞口130に入球した球は、パチンコ機100の裏側に誘導した後、遊技島側に排出する。

さらに、これらの入賞口や始動口の近傍には、風車と呼ばれる円盤状の打球方向変換部材132や、遊技釘134を複数個、配設していると共に、内レール108の最下部には、いずれの入賞口や始動口にも入賞しなかった球をパチンコ機100の裏側に誘導した後、遊技島側に排出するためのアウト口136を設けている。

役物251は、本実施例では、人間の腕を模した形状を有しており、上端部を基点として時計回りまたは反時計回りに回動可能な上腕部251aと、この上腕部251aの下端部を基点として時計回りまたは反時計回りに回動可能な前腕部251bと、これらの上腕部251aおよび前腕部251bを個別に回転駆動可能な駆動手段(図示省略)によって構成している。

このパチンコ機100は、遊技者が貯留皿144に貯留している球を発射レール142の発射位置に供給し、遊技者の操作ハンドル148の操作量に応じた強度で発射モータ602を駆動し、発射杆138および発射槌140によって外レール106、内レール108を通過させて遊技領域104に打ち出す。そして、遊技領域104の上部に到達した球は、打球方向変換部材132や遊技釘134等によって進行方向を変えながら下方に落下し、入賞口(一般入賞口122、可変入賞口130)や始動口(第1特図始動口126、第2特図始動口128)に入賞するか、いずれの入賞口や始動口にも入賞することなく、または普図始動口124を通過するのみでアウト口136に到達する。

<演出装置>
次に、パチンコ機100の演出装置200について説明する。この演出装置200の前面側には、ワープ装置230およびステージを配設し、演出装置200の背面側には、装飾図柄表示装置110および2枚の扉(遮蔽手段)610、612からなる扉付液晶表示装置600(詳細は後述)を配設している。すなわち、演出装置200において、扉付液晶表示装置600は、ワープ装置230およびステージの後方に位置することとなる。

ワープ装置230は、演出装置200の左上方に設けた入球口232に入った遊技球を演出装置200の前面下方の前面ステージ234に排出し、さらに、前面ステージ234に排出した遊技球が前面ステージ234の中央部後方に設けた第2の入球口236に入った場合は、遊技球を、第1特図始動口126の上方である演出装置200の下部中央に設けた排出口238から第1特図始動口126に向けて排出するものである。この排出口238から排出した遊技球は特図始動口126に入球しやすくなっている。

<扉付液晶表示装置>
次に、扉付き液晶表示装置600について説明する。図3(a)は、扉付き液晶表示装置600を抜き出して描いた正面図である。同図に示すように、扉付き液晶表示装置600は、左扉610と、右扉620と、装飾図柄表示装置110とを有する。左扉610及び右扉620は、装飾図柄表示装置110の手前において開閉自在に設けられており、その閉鎖時に装飾図柄表示装置110の表示画面を遊技者から遮蔽する一対の扉体を構成している。

本実施例では、左扉610と右扉620を、それぞれ独立に移動させることが可能である。左扉610と右扉620のそれぞれの全開位置(両扉を完全に開ききった位置)は、図3(b)に示す通りであり、全閉位置(両扉を完全に閉め切った位置)は、図3(c)に示す通りである。

次に、扉付き液晶表示装置600の詳細構造について説明する。図4は、扉付き液晶表示装置600の分解図であり、詳細構造は以下の通りである。

すなわち、扉付き液晶表示装置600は、横長の外形を有しその中心に装飾図柄表示装置110を組み込むための矩形の貫通孔が形成された本体フレーム630と、一対の扉(左扉610、右扉620)と、本体フレーム630の前面に取り付けられ、一対の扉を横方向にスライド可能に案内する2つのガイドレール(上部ガイドレール640、下部ガイドレール650)と、これら2つの扉610、620や上下のガイドレール640、650を覆う透明フロントカバー660と、本体フレーム630の背面に取り付けられる装飾図柄表示装置110と、2つの扉610、620を移動させるため、これらにそれぞれ対応して設けられた2つの駆動ユニット810、820と、を備える。本実施例において、本体フレーム630と上下のガイドレール640、650は金属で形成され、左右の扉610、620と透明フロントカバー660はプラスチックで形成されている。以上の構成部品は、この組み立て品に、図5に示すような、中継基板670と、プラスチック製の透明のリヤカバー680を装着し、扉付き液晶表示装置が完成する。

続いて、図6を用いて、左扉610と右扉620について詳細に説明する。本実施例では、左扉610と右扉620は構造が全く同一である。よって、ここでは、左扉610(以下、ここでは単に扉と呼ぶ)を中心に説明する。

同図に示すように、扉610は、扉枠6101と、装飾部材6102とをその構成部品に含む。本実施例では、装飾部材6102として、障子を模した構造の部材を採用しており、この障子型の装飾部材は、格子状の桟6102aと、この格子状の桟6102aの上に貼り付けられる半透明シート6102bを有する。格子状の桟6102aは、扉枠6101に嵌め込み可能である。格子状の桟6102aを扉枠6101に嵌め込んだのち、周縁に接着材を塗られた半透明シート6102bを裏から貼付することで、装飾部材6102と扉枠6101が一体化される。

一方、扉枠6101の上部には、一定の長さのラック歯6101aが形成されている。このラック歯6101aは駆動ユニット810からの駆動力を受ける部分を構成している。ラック歯6101の長さは、少なくとも、扉が完全に閉まる全閉位置と、扉が完全に開いて液晶画面の全面が視認できる全開位置との間で扉を移動させることのできる長さに設定されている。

また、扉枠6101には、上部ガイドレール640に対する扉枠6101の摩擦を軽減するための4つのローラー6103a〜6103dと、下部ガイドレール650に対する扉枠6101の摩擦を軽減するための4つのローラー6104a〜6104dが配設されている。これらのローラは、硬質のプラスチックで形成されている。

以上、左扉について説明したが、右扉についても全く同様な構造を有する。すなわち、同図に示すように、扉620は、扉枠6201と、装飾部材6202(格子状の桟6202a、半透明シート6202b)を有する。

また、扉620には、上部ガイドレール640に対する扉枠6201の摩擦を軽減するための4つのローラー6204a〜6204dと、下部ガイドレール650に対する扉枠6201の摩擦を軽減するための4つのローラー6203a〜6203dが配設されている。これらのローラについてもは、硬質のプラスチックで形成されている。また、扉枠6201の下部には、図面上では位置的に隠れているが、ラック歯6101aと同じラック歯6201aが形成されている。

本実施例の場合、左扉610と右扉620とは全く同一構造を有し、図面において、左扉610と右扉620は互いに180度回転させた位置関係(表裏を変えずに上下が入れ替わるような位置関係)にあるため、左扉610のラック歯6201aは上側に位置し、右扉620のラック歯6201aは下側に位置することとなる。

換言すれば、本実施例では、右扉610と左扉620は、扉を閉めたときの中心(図3(c)の0点)について点対称となる位置に配置され、例えば、左扉610では、上側にラック歯が位置し、右扉620では、下側にラック歯が位置することとなる。

次に、図7を用いてモータユニット810及び820を説明する。本実施例では、左右のモータユニット810及び820は構造が全く同一である。よって、左扉610のモータユニット810を例にとって説明するが、本明細書において、モータユニット810の各構成に対応する構成(符号:81XX)について、対応するモータユニット820の各構成を説明する場合には、82XXとして示す。

同図(a)に示すように、モータユニット810は、支持フレーム8101と、支持フレーム8101に固定されるモータ8102、センサ8103、および、大ピニオン8104とを有する。支持フレーム8101は金属で形成され、大ピニオン8104はプラスチックで形成されている。モータ8102は、前述した通りパルスモータである。

センサ8103は、大ピニオン8104の回転位置を検知するもので、同図(b)に示すように、投光部と受光部から成る光学部分8103aと、検出信号を外に取り出すための信号線用のソケット8103bと、これらの部品を支持しつつこれらに電気的に接続した基板8103cと、から成る。このセンサ8103の検知結果により、開閉する左扉610の位置を検知することが可能となる。

モータ8102は、支持フレーム8101の一側(同図では上面側)に配置され、大ピニオン8104については、支持フレーム8101の他側(同図では下面側)に配置される。同図では、モータ8102に隠れて見えないが、モータ8102の回転軸には、小ピニオンが装着されている。

また、大ピニオン8104は、十字状のリブを有する円盤状の本体部と、その周縁に設けられた歯部と、を有し、本体部には、センサ8103で検知される被検知部(本実施例では2つの遮光片8104a、8104b)が設けられている。遮光片8104a、8104bは、大ピニオン8104の本体部に一体に形成されており、それぞれ左扉610の全開位置と全閉位置とに対応するように設けられている。

次に、支持フレーム8101には、大小2つの円形の貫通孔8101a、8101bが形成されている。そして、モータユニット810の組み立てにあたっては、まず、大きい方の貫通孔8101aにモータ8102の小ピニオンを挿入し、支持フレーム8101aの下側に小ピニオンを配置する。

この状態で、モータ8102の回転軸を2つの貫通孔の連通部分を通すようにしてモータ8102を斜め手前に移動させ、小さい方の貫通孔8101bの下にちょうど小ピニオンが位置したところで、該モータ8102を支持フレーム8101にねじ止めする。

一方、大ピニオン8104は、図面では位置的に見えない、支持フレーム8104の下側の軸受け部に回転可能に取り付ける。以上により、大ピニオン8104と、モータの小ピニオンが相互にかみ合い、モータ8102の駆動時において小ピニオンの回転力は大ピニオンにダイレクトに伝達されることとなる。

また、支持フレーム8101には、センサ8103用の貫通孔8101cが形成されており、この貫通孔8101cにセンサ8103の投光部と受光部を挿入して、該センサ8103を支持フレーム8101にねじ止めする。なお、この取り付け位置は大ピニオンの遮光片8104a、8104bがセンサ8103の投光部と受光部の間を丁度通過できるような位置にあらかじめ調整されている。

なお、右扉610と左扉620は、格子の孔から後方の装飾図柄表示装置110の一部を視認可能にしてもよいし、格子の孔の障子部分を半透明のレンズ体で塞ぎ、後方の装飾図柄表示装置110による表示を漠然と遊技者に視認させるようにしてもよいし、格子の孔の障子部分を完全に塞ぎ(遮蔽し)、後方の装飾図柄表示装置110を全く視認不可にしてもよい。

<図柄の種類>
次に、図8(a)〜(c)を用いて、パチンコ機100の特図表示装置114、装飾図柄表示装置110、普図表示装置112が停止表示する特図および普図の種類について説明する。

同図(a)は特図の停止表示態様の一例を示したものである。本実施例の特図の停止表示態様には、大当たり図柄である「特図1」と、特別大当たり図柄である「特図2」と、外れ図柄である「特図3」の3種類がある。第1特図始動口126または第2特図始動口128に球が入賞したことを所定の球検出センサが検出したことを条件として特図変動遊技を開始した場合には、特図表示装置114は、7個のセグメントの全点灯と、中央の1個のセグメントの点灯を繰り返す「特図の変動表示」を行う。そして、特図の変動開始前に決定した変動時間が経過すると、特図変動遊技の当選を報知する場合には「特図1」または「特図2」を停止表示し、特図変動遊技の外れを報知する場合には「特図3」を停止表示する。なお、図中の白抜きの部分が消灯するセグメントの場所を示し、黒塗りの部分が点灯するセグメントの場所を示している。

同図(b)は装飾図柄の一例を示したものである。本実施例の装飾図柄には、「装飾1」〜「装飾10」の10種類がある。第1特図始動口126または第2特図始動口128に球が入賞したことを所定の球検出センサが検出したことを条件にして、装飾図柄表示装置110の左図柄表示領域110a、中図柄表示領域110b、右図柄表示領域110cの各図柄表示領域に、「装飾1」→「装飾2」→「装飾3」→・・・・「装飾9」→「装飾10」→「装飾1」→・・・の順番で表示を切り替える「装飾図柄の変動表示」を行う。そして、大当たりを報知する場合には、図柄表示領域110a〜110cに大当たりに対応する図柄組合せ(本実施例では、同一の数字の装飾図柄の組合せ(例えば、「装飾2−装飾2−装飾2」))を停止表示し、特別大当たりを報知する場合には、特別大当たりに対応する図柄組合せ(本実施例では、同一の奇数番号数字の装飾図柄の組合せ(例えば、「装飾1−装飾1−装飾1」))を停止表示する。なお、大当たりに対応する図柄の組合せを停止表示した場合には、大当たり遊技または特別大当たり遊技を開始し、特別大当たりに対応する図柄の組合せを停止表示した場合には、特別大当たり遊技を開始する。また、外れを報知する場合には、図柄表示領域110a〜110cに大当たりに対応する図柄組合せ以外の図柄組合せを停止表示した後で、保留している装飾図柄の変動表示があれば、その変動表示を開始する。

同図(c)は普図の停止表示態様の一例を示したものである。本実施例の普図の停止表示態様には、当たり図柄である「普図1」と、外れ図柄である「普図2」の2種類がある。普図始動口124を球が通過したことを所定の球検出センサが検出したことを条件として普図表示遊技を開始した場合には、普図表示装置112は、7個のセグメントの全点灯と、中央の1個のセグメントの点灯を繰り返す「普図の変動表示」を行う。そして、普図変動遊技の当選を報知する場合には「普図1」を停止表示し、普図変動遊技の外れを報知する場合には「普図2」を停止表示する。

<制御部>
次に、図9および図10を用いて、このパチンコ機100の制御部の回路構成について詳細に説明する。なお、図9は主制御部、払出制御部、発射制御部、電源管理部の回路ブロック図を示したものであり、図10は第1副制御部、第2副制御部の回路ブロック図を示したものである。

パチンコ機100の制御部は、大別すると、遊技の中枢部分を制御する主制御部300と、主制御部300が送信するコマンド信号(以下、単に「コマンド」と呼ぶ)に応じて、主に演出の制御を行う第1副制御部400および第2副制御部500と、主制御部300が送信するコマンドに応じて、主に遊技球の払い出しに関する制御を行う払出制御部550と、遊技球の発射制御を行う発射制御部600と、パチンコ機100に供給される電源を制御する電源管理部650によって構成している。

<主制御部>
まず、パチンコ機100の主制御部300について説明する。主制御部300は、主制御部300の全体を制御する基本回路302を備えており、この基本回路302には、CPU304と、制御プログラムや各種データを記憶するためのROM306と、一時的にデータを記憶するためのRAM308と、各種デバイスの入出力を制御するためのI/O310と、時間や回数等を計測するためのカウンタタイマ312を搭載している。なお、ROM306やRAM308については他の記憶手段を用いてもよく、この点は後述する他の制御部についても同様である。この基本回路302のCPU304は、水晶発振器314bが出力する所定周期のクロック信号をシステムクロックとして入力して動作する。

また、基本回路302には、水晶発振器314aが出力するクロック信号を受信する度に0〜65535の範囲で数値を変動させるハードウェア乱数カウンタとして使用しているカウンタ回路316(この回路には2つのカウンタを内蔵しているものとする)と、各始動口、入賞口の入り口および可変入賞口の内部に設けた球検出センサを含む各種センサ318が出力する信号を受信し、増幅結果や基準電圧との比較結果をカウンタ回路316および基本回路302に出力するためのセンサ回路320と、特図表示装置114の表示制御を行うための表示回路322と、普図表示装置112の表示制御を行うための表示回路324と、各種状態表示部326(普図保留ランプ116、特図保留ランプ118、高確中ランプ118等)の表示制御を行うための表示回路328と、第2特図始動口128、第1可変入賞口130、第2可変入賞口131等を開閉駆動する各種ソレノイド330を制御するためのソレノイド回路332を接続している。

なお、第1特図始動口126に球が入賞したことを球検出センサ318が検出した場合には、センサ回路320は球を検出したことを示す信号をカウンタ回路316に出力する。この信号を受信したカウンタ回路316は、第1特図始動口126に対応するカウンタのそのタイミングにおける値をラッチし、ラッチした値を、第1特図始動口126に対応する内蔵のカウンタ値記憶用レジスタに記憶する。また、カウンタ回路316は、第2特図始動口128に球が入賞したことを示す信号を受信した場合も同様に、第2特図始動口128に対応するカウンタのそのタイミングにおける値をラッチし、ラッチした値を、第2特図始動口128に対応する内蔵のカウンタ値記憶用レジスタに記憶する。

さらに、基本回路302には、情報出力回路334を接続しており、主制御部300は、この情報出力回路334を介して、外部のホールコンピュータ(図示省略)等が備える情報入力回路652にパチンコ機100の遊技情報(例えば、遊技状態)を出力する。

また、主制御部300は、第1副制御部400にコマンドを送信するための出力インタフェースと、払出制御部550にコマンドを送信するための出力インタフェースをそれぞれ備えており、この構成により、第1副制御部400および払出制御部550との通信を可能としている。なお、主制御部300と第1副制御部400および払出制御部550との情報通信は一方向の通信であり、主制御部300は第1副制御部400および払出制御部550にコマンド等の信号を送信できるように構成しているが、第1副制御部400および払出制御部550からは主制御部300にコマンド等の信号を送信できないように構成している。

<払出制御部>
次に、パチンコ機100の払出制御部550について説明する。払出制御部550は、主に主制御部300が送信したコマンド等に基づいて払出制御部550の全体を制御する基本回路552を備えており、この基本回路552には、CPU554と、制御プログラムや各種データを記憶するためのROM556と、一時的にデータを記憶するためのRAM558と、各種デバイスの入出力を制御するためのI/O560と、時間や回数等を計測するためのカウンタタイマ562を搭載している。この基本回路552のCPU554は、水晶発振器564が出力する所定周期のクロック信号をシステムクロックとして入力して動作する。

また、基本回路552には、各種センサ568が出力する信号を受信し、増幅結果や基準電圧との比較結果を基本回路552に出力するためのセンサ回路570と、各種ランプ572の制御を行うための表示回路574と、払出装置576を駆動するモータの制御を行うためのモータ制御回路578と、基本回路552に供給される電源の電圧を監視するための電圧監視回路580を接続している。

また、払出制御部550は、CRインタフェース部556を介して、パチンコ機100とは別体で設けられたカードユニット654との通信を行う。

<発射制御部、電源管理部>
次に、パチンコ機100の発射制御部600、電源管理部650について説明する。

発射制御部600は、払出制御部550が出力する、発射許可または停止を指示する制御信号や、操作ハンドル148内に設けた発射強度出力回路が出力する、遊技者による発射ハンドル148の操作量に応じた発射強度を指示する制御信号に基づいて、発射杆138および発射槌140を駆動する発射モータ602の制御や、貯留皿144から発射レール142に球を供給する球送り装置604の制御を行う。

電源管理部650は、パチンコ機100に外部から供給される交流電源を直流化し、所定の電圧に変換して主制御部300、第1副制御部400等の各制御部や払出装置576等の各装置に供給する。さらに、電源管理部650は、外部からの電源が断たれた後も所定の部品(例えば主制御部300のRAM308等)に所定の期間(例えば10日間)電源を供給するための蓄電回路(例えばコンデンサ)を備えている。

<第1副制御部、第2副制御部>
次に、図10を用いて、パチンコ機100の第1副制御部400および第2副制御部500について説明する。

第1副制御部400は、主に装飾図柄表示装置110の表示制御を介して遊技台の演出制御を行うもの、第2副制御部500は、主に演出用駆動装置やランプ類の制御を行うものである。第1副制御部400と第2副制御部500は、第1副制御部400の行う演出制御に応じてI/O410及びI/O510を介して相互に通信を行う。

第1副制御部400は、主に主制御部300が送信したコマンドなどに応じて、P−ROM406に格納された制御プログラムや各種データに基づき第1副制御部400の全体を制御する基本回路402を備えており、この基本回路402には、CPU404と、一時的にデータを記憶するためのRAM408と、各種デバイスの入出力を制御するためのI/O410と、時間や回数などを計測するためのカウンタタイマ412を搭載している。この基本回路402のCPU404は、水晶発振器414が出力する所定周期のクロック信号をシステムクロックとして入力して動作する。

第1副制御部400のCPU404は、主制御部300から送信された各種制御データを入力I/O410を介して受信し、受信したコマンドの内容に応じて各種演算処理を行い装飾図柄表示装置110の表示を制御する。CPU404には、さらに、不図示のバスを介して、P−ROM406、RAM408、VDP(ビデオ・ディスプレイ・プロセッサ)431、VRAM433が接続されている。P−ROM406は、第1副制御部400全体を制御するためのプログラムや演出用のデータ等を記憶する記憶手段の1つである。RAM408は、CPU404で処理されるプログラムのワークエリアを有し、演出用のデータ等を一時的に記憶する記憶手段の1つである。VDP431は、装飾図柄表示装置110に表示する画像を生成するプロセッサ(GPU、ビデオチップ等とも言う)である。VRAM433は、装飾図柄表示装置110に出力する画像を生成するためのワークエリアが設定された記憶手段の1つである。

VDP431には、VRAM433が接続されると共に、不図示のスケーラおよびトランスミッタを介して、装飾図柄表示装置110が接続されている。スケーラは、VDP431が生成した画像を装飾図柄表示装置110の画素数に合わせて拡大するものであり、トランスミッタは、デジタル画像データをアナログ信号のR(赤)信号、G(緑)信号、B(青)信号に変換して装飾図柄表示装置110に出力するものである。なお、装飾図柄表示装置110には、CPU404によって装飾図柄表示装置110の表示画面の輝度調整を可能とするための輝度調整信号が入力されている。

VRAM433は2つのフレームバッファ1およびフレームバッファ2を含む複数の記憶領域から構成され(図11参照)、このうち一方のフレームバッファの内容を装飾図柄表示装置(液晶表示装置)110で表示させている間に他方のフレームバッファに対してVDP431が描画を行う。

1フレームの表示期間はT1=1/30秒(約33.3ms)であるものとし、VDP431はその半分の1/60秒ごとに第1副制御部400のCPU404に対してVsync割り込み信号を送信する。この表示同期制御は、VDP431の内蔵タイマーによって制御される。

また、第1副制御部400は、装飾図柄表示装置110の表示領域の一部、ないし全部を遮蔽したり、露出させたりする演出用の各種役物を駆動するステッピングモータやソレノイドなどのシャッタデバイス424を駆動するモータ制御回路426を有する。シャッタデバイス424のシャッタの現在位置などの情報はセンサ出力検出回路430を介して検出する。

また、基本回路402は、スピーカ416(及び不図示のアンプ)の制御を行うための音源IC418と接続されるとともに、チャンスボタン146の操作を検出し、演出制御中、チャンスボタン146の操作に応じてチャンスボタン用ランプ146aの点灯/消灯(あるいは点滅など)を制御するとともに、必要であれば装飾図柄表示装置(液晶表示装置)110の表示を変更する制御も行う。

また、第1副制御部400には、電源が投入されると起動信号(リセット信号)を出力する、図示しない起動信号出力回路(リセット信号出力回路)を設けており、CPU404は、この起動信号出力回路から起動信号を入力した場合に、演出制御を開始する。

第2副制御部500は、P−ROM506に格納された制御プログラムや各種データに基づき第2副制御部500の全体を制御する基本回路502を備えており、この基本回路502には、CPU504と、一時的にデータを記憶するためのRAM508と、各種デバイスの入出力を制御するためのI/O510と、時間や回数などを計測するためのカウンタタイマ512を搭載している。この基本回路502のCPU504は、水晶発振器514が出力する所定周期のクロック信号をシステムクロックとして入力して動作する。

また、第2副制御部500は、演出用の各種役物(例えば、役物251)を駆動するステッピングモータやソレノイドなどの各種演出用駆動装置524を駆動する演出用駆動装置制御回路526を有する。

さらに、第2副制御部500には、シリアル通信制御回路530を設けており、このシリアル通信制御回路530は、それぞれシリアル通信駆動回路541、571を内蔵する演出拡張基板540、及びランプ基板570と通信し、これにより、主に遊技台枠側に設けられる各種ランプ561、主に遊技盤側に設けられる各種ランプ562の点灯/消灯(点滅)を制御することができる。

なお、第1副制御部400及び第2副制御部500の動作に必要な電源電圧は電源管理部650を介して供給される。

<VDP>
図11は、第1副制御部400を構成する副制御基板のブロック図であり、VDP431の内部構成を詳細に示した図である。VDP431は、CPUI/F440と、このCPUI/F440を介して受信した命令を一時的に記憶するためのアトリビュートレジスタ442と、を備えている。なお、CPUI/F440は、バスB2に接続されたCPU404、P−ROM406、RAM408とデータの送受信を行うためのI/Fである。

また、これらのCPUI/F440、アトリビュートレジスタ442は、バスB4を介して描画制御部444、データ転送制御部446、表示制御部448に接続されている。描画制御部444は、アトリビュートレジスタ442に記憶された命令に従って、ROM408から画像データを読み出して、所定の画像を生成した後、生成した画像をVRAMI/F450を介してVRAM433の所定領域に記憶する。データ転送制御部446は、アトリビュートレジスタ442とVRAM433の間の画像データの転送を制御する。表示制御部448は、描画制御部444が生成した画像を受信してDAC452に送信すると共に、装飾図柄表示装置(LCD)110にDAC452からの画像信号を所定のタイミングでサンプリングさせるための同期信号を出力する。DAC452は、表示制御部448から入力されたデジタル信号である画像データをアナログ信号のR(赤)信号、G(緑)信号、B(青)信号に変換して装飾図柄表示装置(LCD)110に出力する。

VRAM433には、2つの表示領域0および表示領域1と、その他の記憶領域が設けられている。表示領域0と表示領域1は、共に装飾図柄表示装置(LCD)110に表示させる画像の画像データを一時的に記憶するための記憶領域であるが、いずれか一方を描画領域に指定することができ、描画領域に指定されていない表示領域の画像データを装飾図柄表示装置(LCD)110に画像として表示させているときに、描画領域に指定された表示領域に画像データを展開(記憶)することが可能な構成となっている。このような構成により、表示領域0と表示領域1との間で描画領域の指定を切り替える(スワップする)ことによって、装飾図柄表示装置(LCD)110に表示させる画像を容易に切り替えることができる。また、その他の記憶領域には、画像の色情報を記憶するカラーパレット記憶領域や、使用頻度の高い画像データの情報などが記憶される。なお、本実施例ではVDP431とVRAM433を別体としたが、VRAM433をVDP431に内蔵してもよい。

<P−ROM>
図12は、第1副制御部400のP−ROM406に予め記憶するデータを模式的に示した図である。P−ROM406には、CPU404によって順次読み出されて実行される制御プログラムを記憶するためのプログラム領域と、画像制御データ(例えば、描画順序、色数、拡大・縮小率、パレット番号、座標、ぼかし情報など)を記憶するための画像制御データテーブル領域と、扉制御データ(例えば、目標座標、移動時間など)を記憶するための扉制御データテーブル領域と、キャラクタ画像パレットデータやキャラクタ画像データを記憶するための画像データ領域が設けられている。なお、キャラクタ画像パレットデータは、複数種類のキャラクタ画像に対応して複数種類のパレットデータで構成され、本実施例では、各々のドットに対応して4ビットのパレット番号が記憶されている16色のパレットデータと、各々のドットに対応して6ビットのパレット番号が記憶されている64色のパレットデータ、各々のドットに対応して8ビットのパレット番号が記憶されている256色のパレットデータの3種類のパレットデータを備えている。

<主制御部メイン処理>
次に、図13を用いて、主制御部300のCPU304が実行する主制御部メイン処理について説明する。なお、同図は主制御部メイン処理の流れを示すフローチャートである。

上述したように、主制御部300には、電源が投入されると起動信号(リセット信号)を出力する起動信号出力回路(リセット信号出力回路)338を設けている。この起動信号を入力した基本回路302のCPU304は、リセット割り込みによりリセットスタートしてROM306に予め記憶している制御プログラムに従って処理を実行する。

ステップS101では、初期設定1を行う。この初期設定1では、CPU304のスタックポインタ(SP)へのスタック初期値の設定、割り込みマスクの設定、I/Oポート310の初期設定、RAM308に記憶する各種変数の初期設定、WDT313への動作許可及び初期値の設定等を行う。なお、本実施例では、WDT313に、初期値として32.8msに相当する数値を設定する。

ステップS102では、WDT313のカウンタの値をクリアし、WDT313による時間計測を再始動する。

ステップS103では、低電圧信号がオンであるか否か、すなわち、電圧監視回路336が、電源管理部650から主制御部300に供給している電源の電圧値が所定の値(本実施例では9v)未満である場合に電圧が低下したことを示す低電圧信号を出力しているか否かを監視する。そして、低電圧信号がオンの場合(CPU304が電源の遮断を検知した場合)にはステップS102に戻り、低電圧信号がオフの場合(CPU304が電源の遮断を検知していない場合)にはステップS104に進む。

ステップS104では、初期設定2を行う。この初期設定2では、後述する主制御部タイマ割り込み処理を定期毎に実行するための周期を決める数値をカウンタ・タイマ312に設定する処理、I/O310の所定のポート(例えば試験用出力ポート、副制御部400への出力ポート)からクリア信号を出力する処理、RAM308への書き込みを許可する設定等を行う。

ステップS105では、電源の遮断前(電断前)の状態に復帰するか否かの判定を行い、電断前の状態に復帰しない場合(主制御部300の基本回路302を初期状態にする場合)にはステップS107に進む。同様に電源ステータスの情報が「サスペンド」以外の情報を示している場合にもステップS108に進む。

具体的には、最初に、電源基板に設けた操作部を遊技店の店員などが操作した場合に送信されるRAMクリア信号がオン(操作があったことを示す)であるか否か、すなわちRAMクリアが必要であるか否かを判定し、RAMクリア信号がオンの場合(RAMクリアが必要な場合)には、基本回路302を初期状態にすべくステップS107に進む。一方、RAMクリア信号がオフの場合(RAMクリアが必要でない場合)は、RAM308に設けた電源ステータス記憶領域に記憶した電源ステータスの情報を読み出し、この電源ステータスの情報がサスペンドを示す情報であるか否かを判定する。そして、電源ステータスの情報がサスペンドを示す情報でない場合には、基本回路302を初期状態にすべくステップS107に進み、電源ステータスの情報がサスペンドを示す情報である場合には、RAM308の所定の領域(例えば全ての領域)に記憶している1バイトデータを初期値が0である1バイト構成のレジスタに全て加算することによりチェックサムを算出し、算出したチェックサムの結果が特定の値(例えば0)であるか否か(チェックサムの結果が正常であるか否か)を判定する。そして、チェックサムの結果が特定の値(例えば0)の場合(チェックサムの結果が正常である場合)には電断前の状態に復帰すべくステップS106に進み、チェックサムの結果が特定の値(例えば0)以外である場合(チェックサムの結果が異常である場合)には、パチンコ機100を初期状態にすべくステップS107に進む。同様に電源ステータスの情報が「サスペンド」以外の情報を示している場合にもステップS107に進む。

ステップS106では、復電時処理を行う。この復電時処理では、電断時にRAM308に設けられたスタックポインタ退避領域に記憶しておいたスタックポインタを読み出し、スタックポインタに再設定する。また、電断時にRAM308に設けられたレジスタ退避領域に記憶しておいた各レジスタの値を読み出し、各レジスタに再設定した後、割り込み許可の設定を行う。以降、CPU304が、再設定後のスタックポインタやレジスタに基づいて制御プログラムを実行する結果、パチンコ機100は電源断時の状態に復帰する。すなわち、電断直前にタイマ割り込み処理(後述)に分岐する直前に行った(ステップS108、ステップS109内の所定の)命令の次の命令から処理を再開する。

ステップS107では、初期化処理を行う。この初期化処理では、割り込み禁止の設定、スタックポインタへのスタック初期値の設定、RAM308の全ての記憶領域の初期化などを行う。

ステップS108では、割り込み禁止の設定を行った後、基本乱数初期値更新処理を行う。この基本乱数初期値更新処理では、普図当選乱数カウンタ、および特図乱数値カウンタの初期値をそれぞれ生成するための2つの初期値生成用乱数カウンタと、普図タイマ乱数値、特図タイマ乱数値をそれぞれ生成するための2つの乱数カウンタを更新する。例えば、普図タイマ乱数値として取り得る数値範囲が0〜20とすると、RAM308に設けた普図タイマ乱数値を生成するための乱数カウンタ記憶領域から値を取得し、取得した値に1を加算してから元の乱数カウンタ記憶領域に記憶する。このとき、取得した値に1を加算した結果が21であれば0を元の乱数カウンタ記憶領域に記憶する。他の初期値生成用乱数カウンタ、乱数カウンタもそれぞれ同様に更新する。また、この基本乱数初期値更新処理の終了後に割り込み許可の設定を行ってステップS109に進む。

ステップS109では、演出乱数更新処理を行う。この演出乱数更新処理では、主制御部300で使用する演出用乱数値を生成するための乱数カウンタを更新する。

主制御部300は、所定の周期ごとに開始するタイマ割り込み処理を行っている間を除いて、ステップS108およびS109の処理を繰り返し実行する。

<主制御部タイマ割り込み処理>
次に、図14を用いて、主制御部300のCPU304が実行する主制御部タイマ割り込み処理について説明する。なお、同図は主制御部タイマ割り込み処理の流れを示すフローチャートである。

主制御部300は、所定の周期(本実施例では約2msに1回)でタイマ割り込み信号を発生するカウンタ・タイマ312を備えており、このタイマ割り込み信号を契機として主制御部タイマ割り込み処理を所定の周期で開始する。

ステップS201では、タイマ割り込みスタート処理を行う。このタイマ割り込みスタート処理では、CPU304の各レジスタの値をスタック領域に一時的に退避する処理などを行う。

ステップS202では、WDT313のカウント値が初期設定値(本実施例では32.8ms)を超えてWDT割り込みが発生しないように(処理の異常を検出しないように)、WDTを定期的に(本実施例では、主制御部タイマ割り込みの周期である約2msに1回)リスタートを行う。

ステップS203では、入力ポート状態更新処理を行う。この入力ポート状態更新処理では、I/O310の入力ポートを介して、上述のガラス枠154が開放状態または閉鎖状態のいずれの状態であるかを検出するための開放センサ、上述の下皿150が球で一杯になったか否かを検出するための下皿満タンセンサ、および複数の球検出センサを含む各種センサ318の検出信号を入力して検出信号の有無を監視し、RAM308に各種センサ318ごとに区画して設けた信号状態記憶領域に記憶する。本実施例では、前々回のタイマ割り込み処理(約4ms前)で検出した各々の球検出センサの検出信号の有無の情報を、RAM308に各々の球検出センサごとに区画して設けた前回検出信号記憶領域から読み出し、この情報をRAM308に各々の球検出センサごとに区画して設けた前々回検出信号記憶領域に記憶し、前回のタイマ割り込み処理(約2ms前)で検出した各々の球検出センサの検出信号の有無の情報を、RAM308に各々の球検出センサごとに区画して設けた今回検出信号記憶領域から読み出し、この情報を上述の前回検出信号記憶領域に記憶する。また、今回検出した各々の球検出センサの検出信号を、上述の今回検出信号記憶領域に記憶する。

また、ステップS203では、上述の前々回検出信号記憶領域、前回検出信号記憶領域、および今回検出信号記領域の各記憶領域に記憶した各々の球検出センサの検出信号の有無の情報を比較し、各々の球検出センサにおける過去3回分の検出信号の有無の情報が一致するか否かを判定する。そして、各々の球検出センサにおいて過去3回分の検出信号の有無の情報が、予め定めた入賞判定パターン情報(本実施例では、前々回検出信号無し、前回検出信号有り、今回検出信号有りであることを示す情報)と一致した場合に、入賞口(一般入賞口122、可変入賞口130)や始動口(第1特図始動口126、第2特図始動口128)への入球、または普図始動口124の通過があったと判定する。例えば、一般入賞口122への入球を検出する球検出センサにおいて過去3回分の検出信号の有無の情報が上述の入賞判定パターン情報と一致した場合には、一般入賞口122へ入球したと判定し、以降の一般入賞口122への入球に伴う処理を行うが、過去3回分の検出信号の有無の情報が上述の入賞判定パターン情報と一致しなかった場合には、以降の一般入賞口122への入球に伴う処理を行わずに後続の処理に分岐する。

ステップS204およびステップS205では、基本乱数初期値更新処理および基本乱数更新処理を行う。これらの基本乱数初期値更新処理および基本乱数更新処理では、上記ステップS110で行った初期値生成用乱数カウンタの値の更新を行い、次に主制御部300で使用する普図当選乱数値および特図乱数値をそれぞれ生成するための2つの乱数カウンタを更新する。例えば、普図当選乱数値として取り得る数値範囲が0〜100とすると、RAM308に設けた普図当選乱数値を生成するための乱数カウンタ記憶領域から値を取得し、取得した値に1を加算してから元の乱数カウンタ記憶領域に記憶する。このとき、取得した値に1を加算した結果が101であれば0を元の乱数カウンタ記憶領域に記憶する。また、取得した値に1を加算した結果、乱数カウンタが一周していると判定した場合にはそれぞれの乱数カウンタに対応する初期値生成用乱数カウンタの値を取得し、乱数カウンタの記憶領域にセットする。例えば、0〜100の数値範囲で変動する普図当選乱数値生成用の乱数カウンタから値を取得し、取得した値に1を加算した結果が、RAM308に設けた所定の初期値記憶領域に記憶している前回設定した初期値と等しい値(例えば7)である場合に、普図当選乱数値生成用の乱数カウンタに対応する初期値生成用乱数カウンタから値を初期値として取得し、普図当選乱数値生成用の乱数カウンタにセットすると共に、普図当選乱数値生成用の乱数カウンタが次に1周したことを判定するために、今回設定した初期値を上述の初期値記憶領域に記憶しておく。なお、普図当選乱数値生成用の乱数カウンタが次に1周したことを判定するための上述の初期値記憶領域とは別に、特図乱数生成用の乱数カウンタが1周したことを判定するための初期値記憶領域をRAM308に設けている。

ステップS206では、演出乱数更新処理を行う。この演出乱数更新処理では、主制御部300で使用する演出用乱数値を生成するための乱数カウンタを更新する。

ステップS207では、タイマ更新処理を行う。詳細は後述するが、このタイマ更新処理では、普通図柄表示装置112に図柄を変動・停止表示する時間を計時するための普図表示図柄更新タイマ、特別図柄表示装置114に図柄を変動・停止表示する時間を計時するための特図表示図柄更新タイマ、所定の入賞演出時間、所定の開放時間、所定の閉鎖時間、所定の終了演出期間などを計時するためのタイマなどを含む各種タイマを更新する。

ステップS208では、入賞口カウンタ更新処理を行う。この入賞口カウンタ更新処理では、入賞口(一般入賞口122、第1、第2特図始動口126、128、および可変入賞口130)に入賞(入球)があった場合に、RAM308に各入賞口ごとに設けた賞球数記憶領域の値を読み出し、1を加算して、元の賞球数記憶領域に設定する。

また、ステップS209では、入賞受付処理を行う。この入賞受付処理では、第1、第2特図始動口126、128に入賞があり、且つ、保留している特図変動遊技の数が4未満である場合には、入賞した始動口に対応するカウンタ回路316bのカウンタ値記憶用レジスタから値を特図当選乱数値として取得する。また、上述の特図乱数値生成用の乱数カウンタから値を特図乱数値として取得し、RAM308に設けた乱数値記憶領域に特図当選乱数値と共に記憶する。また、普図始動口124を球が通過したことを検出し、且つ、保留している普図変動遊技の数が2未満の場合には、そのタイミングにおける普図当選乱数値生成用の乱数カウンタの値を普図当選乱数値として取得し、RAM308に設けた上述の特図用とは別の乱数値記憶領域に記憶する。また、この入賞受付処理では、所定の球検出センサにより第1、第2特図始動口126、128、普図始動口124、または可変入賞口の入賞(入球)を検出した場合に、副制御部400に送信すべき送信情報に、第1、第2特図始動口126、128、普図始動口124、および可変入賞口の入賞(入球)の有無を示す入賞受付情報を設定する。

ステップS210では、払出要求数送信処理を行う。なお、払出制御部550に出力する出力予定情報および払出要求情報は1バイトで構成しており、ビット7にストローブ情報(オンの場合、データをセットしていることを示す)、ビット6に電源投入情報(オンの場合、電源投入後一回目のコマンド送信であることを示す)、ビット4〜5に今回加工種別(0〜3)、およびビット0〜3に加工後の払出要求数を示すようにしている。

ステップS211では、普図状態更新処理を行う。この普図状態更新処理は、普図の状態に対応する複数の処理のうちの1つの処理を行う。例えば、普図変動中(後述する普図汎用タイマの値が1以上)における普図状態更新処理では、普図表示装置112を構成する7セグメントLEDの点灯と消灯を繰り返す点灯・消灯駆動制御を行う。

また、普図変動表示時間が経過したタイミング(普図表示図柄更新タイマの値が1から0になったタイミング)における普図状態更新処理では、当りフラグがオンの場合には、上述の普図1の態様となるように普図表示装置112を構成する7セグメントLEDの点灯・消灯駆動制御を行い、当りフラグがオフの場合には、上述の普図2の態様となるように普図表示装置112を構成する7セグメントLEDの点灯・消灯駆動制御を行うと共に、その後、所定の停止表示期間(例えば500m秒間)その表示を維持するためにRAM308に設けた普図停止時間管理用タイマの記憶領域に停止期間を示す情報を設定する。この設定により普図の停止表示を行い、普図変動遊技の結果を遊技者に報知するようにしている。

また、所定の停止表示期間が終了したタイミング(普図停止時間管理用タイマの値が1から0になったタイミング)で開始する普図状態更新処理では、当りフラグがオンの場合には、所定の開放期間(例えば2秒間)、第2特図始動口128の羽根部材の開閉駆動用のソレノイド330に、羽根部材を開放状態に保持する信号を出力するとともに、RAM308に設けた羽根開放時間管理用タイマの記憶領域に開放期間を示す情報を設定する。

また、所定の開放期間が終了したタイミング(羽根開放時間管理用タイマの値が1から0になったタイミング)で開始する普図状態更新処理では、所定の閉鎖期間(例えば500m秒間)、羽根部材の開閉駆動用のソレノイド330に、羽根部材を閉鎖状態に保持する信号を出力するとともに、RAM308に設けた羽根閉鎖時間管理用タイマの記憶領域に閉鎖期間を示す情報を設定する。

また、所定の閉鎖期間を経過したタイミング(羽根閉鎖時間管理用タイマの値が1から0になったタイミング)で開始する普図状態更新処理では、普図の状態を非作動中に設定する。普図の状態が非作動中の場合における普図状態更新処理では、何もせずに次のステップS212に移行するようにしている。

ステップS212では、普図関連抽選処理を行う。この普図関連抽選処理では、普図変動遊技および第2特図始動口128の開閉制御を行っておらず(普図の状態が非作動中)、且つ、保留している普図変動遊技の数が1以上である場合に、上述の乱数値記憶領域に記憶している普図当選乱数値に基づいた乱数抽選により普図変動遊技の結果を当選とするか、不当選とするかを決定する当り判定をおこない、当選とする場合にはRAM308に設けた当りフラグにオンを設定する。不当選の場合には、当りフラグにオフを設定する。また、当り判定の結果に関わらず、次に上述の普図タイマ乱数値生成用の乱数カウンタの値を普図タイマ乱数値として取得し、取得した普図タイマ乱数値に基づいて複数の変動時間のうちから普図表示装置112に普図を変動表示する時間を1つ選択し、この変動表示時間を、普図変動表示時間として、RAM308に設けた普図変動時間記憶領域に記憶する。なお、保留している普図変動遊技の数は、RAM308に設けた普図保留数記憶領域に記憶するようにしており、当り判定をするたびに、保留している普図変動遊技の数から1を減算した値を、この普図保留数記憶領域に記憶し直すようにしている。また当り判定に使用した乱数値を消去する。

ステップS213では、特図状態更新処理を行う。この特図状態更新処理は、特図の状態に応じて、次の8つの処理のうちの1つの処理を行う。例えば、特図変動中(後述する特図汎用タイマの値が1以上)における特図状態更新処理では、特図表示装置112を構成する7セグメントLEDの点灯と消灯を繰り返す点灯・消灯駆動制御を行う。

また、特図変動表示時間が経過したタイミング(特図表示図柄更新タイマの値が1から0になったタイミング)で開始する特図状態更新処理では、大当たりフラグがオンで確変フラグがオフの場合には特図表示装置114に、上述の特図1、大当たりフラグがオンで確変フラグがオンの場合には特図表示装置114に、上述の特図2、大当たりフラグがオフの場合には、上述の特図3の態様となるように特図表示装置112を構成する7セグメントLEDの点灯・消灯駆動制御を行うと共に、その後、所定の停止表示期間(例えば500m秒間)その表示を維持するためにRAM308に設けた特図停止時間管理用タイマの記憶領域に停止期間を示す情報を設定する。この設定により特図の停止表示をおこない、特図変動遊技の結果を遊技者に報知するようにしている。また、コマンド設定送信処理(ステップS215)で一般コマンド回転停止設定送信処理を実行させるために上述の送信情報記憶領域に02Hを送信情報(一般情報)として追加記憶する。

また、所定の停止表示期間が終了したタイミング(特図停止時間管理用タイマの値が1から0になったタイミング)で開始する特図状態更新処理では、大当たりフラグがオンの場合には、所定の入賞演出期間(例えば3秒間)すなわち装飾図柄表示装置110による大当たりを開始することを遊技者に報知する画像を表示している期間待機するためにRAM308に設けた特図待機時間管理用タイマの記憶領域に入賞演出期間を示す情報を設定する。また、コマンド設定送信処理(ステップS215)で一般コマンド入賞演出設定送信処理を実行させるために上述の送信情報記憶領域に04Hを送信情報(一般情報)として追加記憶する。

また、所定の入賞演出期間が終了したタイミング(特図待機時間管理用タイマの値が1から0になったタイミング)で開始する特図状態更新処理では、所定の開放期間(例えば29秒間、または可変入賞口130に所定球数(例えば10球)の遊技球の入賞を検出するまで)可変入賞口130の扉部材の開閉駆動用のソレノイド330に、扉部材を開放状態に保持する信号を出力するとともに、RAM308に設けた扉開放時間管理用タイマの記憶領域に開放期間を示す情報を設定する。また、コマンド設定送信処理(ステップS215)で一般コマンド大入賞口開放設定送信処理を実行させるために上述の送信情報記憶領域に10Hを送信情報(一般情報)として追加記憶する。

また、所定の開放期間が終了したタイミング(扉開放時間管理用タイマの値が1から0になったタイミング)で開始する特図状態更新処理では、所定の閉鎖期間(例えば1.5秒間)可変入賞口130の扉部材の開閉駆動用のソレノイド330に、扉部材を閉鎖状態に保持する信号を出力するとともに、RAM308に設けた扉閉鎖時間管理用タイマの記憶領域に閉鎖期間を示す情報を設定する。また、コマンド設定送信処理(ステップS215)で一般コマンド大入賞口閉鎖設定送信処理を実行させるために上述の送信情報記憶領域に20Hを送信情報(一般情報)として追加記憶する。

また、この扉部材の開放・閉鎖制御を所定回数(例えば15ラウンド)繰り返し、終了したタイミングで開始する特図状態更新処理では、所定の終了演出期間(例えば3秒間)すなわち装飾図柄表示装置110による大当たりを終了することを遊技者に報知する画像を表示している期間待機するように設定するためにRAM308に設けた演出待機時間管理用タイマの記憶領域に演出待機期間を示す情報を設定する。また、コマンド設定送信処理(ステップS215)で一般コマンド終了演出設定送信処理を実行させるために上述の送信情報記憶領域に08Hを送信情報(一般情報)として追加記憶する。

また、所定の終了演出期間が終了したタイミング(演出待機時間管理用タイマの値が1から0になったタイミング)で開始する特図状態更新処理では、特図の状態を非作動中に設定する。特図の状態が非作動中の場合における特図状態更新処理では、何もせずに次のステップS214に移行するようにしている。

ステップS214では、特図関連抽選処理を行う。この特図関連抽選処理では、特図変動遊技および可変入賞口130の開閉制御を行っておらず(特図の状態が非作動中)、且つ、保留している特図変動遊技の数が1以上である場合に、大当たり判定テーブル、高確率状態移行判定テーブル、タイマ番号決定テーブルなどを使用した各種抽選のうち、最初に大当たり判定を行う。具体的には、ステップS203で乱数値記憶領域に記憶した特図当選乱数値が、大当たり判定テーブルの第1特図始動口用抽選データの数値範囲であるか否かを判定し、特図当選乱数値が第1特図始動口用抽選データの数値範囲である場合には、特図変動遊技の当選と判定してRAM308に設けた大当たりフラグの格納領域に大当たりとなることを示す情報を設定する(ここで、大当たりの情報をRAM308に設定することを大当たりフラグをオンに設定するという)。一方、特図当選乱数値が第1特図始動口用抽選データの数値範囲以外である場合には、特図変動遊技の外れと判定してRAM308に設けた大当たりフラグの格納領域に外れとなることを示す情報を設定する(ここで、外れの情報をRAM308に設定することを大当たりフラグをオフに設定するという)。なお、保留している特図変動遊技の数は、RAM308に設けた特図保留数記憶領域に記憶するようにしており、当り判定をするたびに、保留している特図変動遊技の数から1を減算した値を、この特図保留数記憶領域に記憶し直すようにしている。また、当り判定に使用した乱数値を消去する。

大当たりフラグにオンを設定した場合には、次に確変移行判定を行う。具体的には、ステップS209で乱数値記憶領域に記憶した特図乱数値が、移行判定乱数の数値範囲であるか否かを判定し、特図乱数値が抽選データの数値範囲である場合には、RAM308に設けた確変(確率変動)フラグの格納領域に、特別大当たり遊技を開始することを示す情報を設定する。(ここで、特別大当たり遊技開始の情報をRAM308に設定することを確変フラグをオンに設定するという)。一方、特図乱数値が抽選データの数値範囲以外である場合には、上述の確変フラグの格納領域に、大当たり遊技を開始することを示す情報を設定する(ここで、大当たり遊技開始の情報をRAM308に設定することを確変フラグをオフに設定するという)。

大当たり判定の結果に関わらず、次にタイマ番号を決定する処理を行う。具体的には、上述の特図タイマ乱数値生成用の乱数カウンタの値を特図タイマ乱数値として取得する。大当たりフラグの値、および取得した特図タイマ乱数値を含むタイマ乱数の数値範囲に対応するタイマ番号を選択し、RAM308に設けた所定のタイマ番号格納領域に記憶する。さらに、そのタイマ番号に対応する変動時間を、特図変動表示時間として、上述の特図表示図柄更新タイマに記憶し、コマンド設定送信処理(ステップS215)で一般コマンド回転開始設定送信処理を実行させるために上述の送信情報記憶領域に01Hを送信情報(一般情報)として追加記憶してから処理を終了する。

ステップS215では、コマンド設定送信処理を行う。なお、副制御部400に送信する出力予定情報(コマンド)は16ビットで構成しており、ビット15はストローブ情報(オンの場合、データをセットしていることを示す)、ビット11〜14はコマンド種別(00Hの場合は基本コマンド、01Hの場合は図柄変動開始コマンド、04Hの場合は図柄変動停止コマンド、05Hの場合は入賞演出開始コマンド、06Hの場合は終了演出開始コマンド、07Hの場合は大当たりラウンド数指定コマンド、0EHの場合は復電コマンド、0FHの場合はRAMクリアコマンドをそれぞれ示すなどコマンドの種類を特定可能な情報)、ビット0〜10はコマンドデータ(コマンド種別に対応する所定の情報)で構成している。

具体的には、ストローブ情報はコマンド送信処理でオン、オフするようにしている。また、コマンド種別が図柄変動開始コマンドの場合であればコマンドデータに、大当たりフラグの値、確変フラグの値、特図関連抽選処理で選択したタイマ番号などを示す情報を含み、図柄変動停止コマンドの場合であれば、大当たりフラグの値、確変フラグの値などを含み、入賞演出コマンドおよび終了演出開始コマンドの場合であれば、確変フラグの値などを含み、大当たりラウンド数指定コマンドの場合であれば確変フラグの値、大当たりラウンド数などを含むようにしている。コマンド種別が基本コマンドを示す場合は、コマンドデータにデバイス情報、第1特図始動口126への入賞の有無、第2特図始動口128への入賞の有無、可変入賞口130への入賞の有無などを含む。

また、上述の一般コマンド回転開始設定送信処理では、コマンド種別に01H、コマンドデータにRAM308に記憶している大当たりフラグの値、確変フラグの値、特図関連抽選処理で選択したタイマ番号、保留している特図変動遊技の数などを示す情報を設定する。上述の一般コマンド回転停止設定送信処理では、コマンド種別に04H、コマンドデータにRAM308に記憶している大当たりフラグの値、確変フラグの値などを示す情報を設定する。上述の一般コマンド入賞演出設定送信処理では、コマンド種別に05H、コマンドデータにRAM308に記憶している入賞演出期間中に装飾図柄表示装置110・各種ランプ420・スピーカ416に出力する演出制御情報、確変フラグの値、保留している特図変動遊技の数などを示す情報を設定する。上述の一般コマンド終了演出設定送信処理では、コマンド種別に06H、コマンドデータにRAM308に記憶している演出待機期間中に装飾図柄表示装置110・各種ランプ420・スピーカ416に出力する演出制御情報、確変フラグの値、保留している特図変動遊技の数などを示す情報を設定する。上述の一般コマンド大入賞口開放設定送信処理では、コマンド種別に07H、コマンドデータにRAM308に記憶している大当たりラウンド数、確変フラグの値、保留している特図変動遊技の数などを示す情報を設定する。上述の一般コマンド大入賞口閉鎖設定送信処理では、コマンド種別に08H、コマンドデータにRAM308に記憶している大当たりラウンド数、確変フラグの値、保留している特図変動遊技の数などを示す情報を設定する。副制御部400では、受信した出力予定情報に含まれるコマンド種別により、主制御部300における遊技制御の変化に応じた演出制御の決定が可能になるとともに、出力予定情報に含まれているコマンドデータの情報に基づいて、演出制御内容を決定することができるようになる。

ステップS216では、外部出力信号設定処理を行う。この外部出力信号設定処理では、RAM308に記憶している遊技情報を、情報出力回路334を介してパチンコ機100とは別体の情報入力回路652に出力する。

ステップS217では、デバイス監視処理を行う。このデバイス監視処理では、ステップ203において信号状態記憶領域に記憶した各種センサの信号状態を読み出して、ガラス枠開放エラーの有無または下皿満タンエラーの有無などを監視し、ガラス枠開放エラーまたは下皿満タンエラーを検出した場合に、副制御部400に送信すべき送信情報に、ガラス枠開放エラーの有無または下皿満タンエラーの有無を示すデバイス情報を設定する。また、各種ソレノイド330を駆動して第2特図始動口128や、可変入賞口130の開閉を制御したり、表示回路322、324、328を介して普図表示装置112、特図表示装置114、各種状態表示部326などに出力する表示データを、I/O310の出力ポートに設定する。また、払出要求数送信処理(ステップS210)で設定した出力予定情報を出力ポート310を介して副制御部400に出力する。

ステップS218では、低電圧信号がオンであるか否かを監視する。そして、低電圧信号がオンの場合(電源の遮断を検知した場合)にはステップS220に進み、低電圧信号がオフの場合(電源の遮断を検知していない場合)にはステップS219に進む。

ステップS219では、タイマ割り込みエンド処理を行う。このタイマ割り込みエンド処理では、ステップS201で一時的に退避した各レジスタの値を元の各レジスタに設定したり、割り込み許可の設定などを行う。

ステップS220では、電源管理部650から主制御部300に供給している電源の電圧値を監視する電圧監視回路が、所定の値以下である場合に電圧が低下したことを示す電圧低下信号を出力しているか否か、すなわち電源の遮断を検知したか否かを監視し、電源の遮断を検知した場合には、復電時に電断時の状態に復帰するための特定の変数やスタックポインタを復帰データとしてRAM308の所定の領域に退避し、入出力ポートの初期化等の電断処理を行う。

<第1副制御部メイン処理>
次に、図15(a)を用いて、第1副制御部400のCPU404が実行する副制御部メイン処理について説明する。なお、同図は第1副制御部メイン処理の流れを示すフローチャートである。

第1副制御部400には、電源が投入されるとリセット信号を出力するリセット信号出力回路を設けている。このリセット信号を入力した基本回路402のCPU404は、リセット割り込みによりリセットスタートしてP−ROM406に予め記憶した制御プログラムに従って処理を実行し、まず、ステップS501で各種の初期設定を行う。この初期設定では、入出力ポートの初期設定や、各種変数の初期化などを行う。また、ステップS501では、後述のVsync変数を0にリセットする。

ステップS502では、主制御部300から送信された演出コマンドを入力するコマンド入力処理を行う。コマンド入力処理の詳細については後述する。

ステップS503では、RAM408などに割り当てたVsync変数が2以上か否かを判定する。前述のように、VDP431は、1フレーム区間に相当する所定時間T1=1/30s(約33.3ms)のその半分の1/60秒ごとに第1副制御部400のCPU404に対してVsync割り込み信号を送信するが、このVsync変数は、図15(b)のVsync割り込み処理によって1ずつインクリメントされる。

即ち、図15(b)のVsync割り込み処理に示すように、VDP431からのVsync割り込みが発生すると、CPU404はステップS601において、Vsync変数を1、インクリメントする。

従って、ステップS503においてVsync変数≧2であるか否かを判定することは、1フレーム区間に相当する所定時間T1=1/30sに相当する時間が経過したか否かの判定と同等である。ステップS503が否定された場合にはステップS502に戻り、コマンド入力処理を繰り返す。ステップS503が肯定された場合、即ち、1フレーム区間T1=1/30sに相当する時間が経過した場合には、ステップS504以降において、1フレーム区間で実行すべき演出制御を行う。

ステップS504では、Vsync変数を0にリセットする。ステップS505では、主制御部300から送信された演出コマンドに従って、装飾図柄表示装置110の表示、スピーカ416、シャッタデバイス424、各種ランプ(561、562)、役物251などを制御するための演出データを更新する。

ステップS506では、演出データに基づき音源IC418及びスピーカ416を制御し、音出力処理を行う。ステップS507では、入賞、さらに抽選状態に応じて制御される装飾図柄表示装置110の表示状態に応じてチャンスボタン146の操作状態を検出し、チャンスボタン用ランプ146aをチャンスボタン146の操作状態に適した点灯/消灯(点滅)状態に制御する。

ステップS508では、入賞、さらに抽選状態に応じて制御される装飾図柄表示装置110の表示状態に同期して、モータ制御回路426及びセンサ出力検出回路430を用いてシャッタデバイス424を動作させる。

ステップS509では、主制御部300から送信された演出コマンドに従って、第2副制御部500において各種演出用駆動装置524、各種ランプ(561、562)などを駆動するための制御コマンドを送信する。

ステップS510では、表示制御処理を行う。詳細は後述するが、この表示制御処理では、VDP431、VRAM433、P−ROM406を用いた表示制御処理を実行し、ステップS502に戻る。第1副制御部400のCPU404は、後述するVsync割り込み処理、ストローブ処理、チャンスボタン割り込み処理、コマンド入力処理による中断を除いて、以後、ステップS502〜S510の処理を繰り返し実行する。

<Vsync割り込み処理>
次に、図15(b)を用いて、第1副制御部400のVsync割り込み処理について説明する。なお、同図はVsync割り込み処理の流れを示すフローチャートである。

上述のように、VDP431からのVsync割り込みが発生すると、CPU404はステップS601において、Vsync変数を1、インクリメントする。

<ストローブ割り込み処理>
次に、図15(c)を用いて、第1副制御部400のストローブ割り込み処理について説明する。なお、同図はストローブ割り込み処理の流れを示すフローチャートである。

このストローブ割り込み処理は、第1副制御部400が、主制御部300が出力するストローブ信号を検出した場合に実行する処理である。ストローブ割り込み処理のステップS701では、主制御部300が出力した演出コマンドを未処理コマンドとしてRAM408に設けた上記コマンド記憶領域に記憶する。

<チャンスボタン割り込み処理>
次に、図15(d)を用いて、第1副制御部400のチャンスボタン割り込み処理について説明する。なお、同図はチャンスボタン割り込み処理の流れを示すフローチャートである。

このチャンスボタン割り込み処理は、第1副制御部400がチャンスボタン検出回路によってチャンスボタン146の操作を検出した場合に実行する処理である。チャンスボタン割り込み処理のステップS801では、RAM408の検知カウンタ記憶領域に記憶している、チャンスボタン146の押下回数を計測するための検知カウンタから値を取得し、取得した値に1を加算してから元の検知カウンタ記憶領域に記憶する。

<コマンド入力処理>
次に、図15(e)を用いて、上記第1副制御部メイン処理におけるコマンド入力処理について説明する。同図はコマンド入力処理の流れを示すフローチャートである。

ステップS901では、コマンド記憶領域の内容を確認し、未処理のコマンドが残っているか否かを判断する。そして、コマンド記憶領域に未処理のコマンドが残っている場合にはステップS902に進み、コマンド記憶領域に未処理のコマンドが残っていない場合には処理を終了して第1副制御部メイン処理に復帰する。

ステップS902では、コマンド記憶領域に記憶している未処理コマンドのうちの次に処理するべき未処理コマンドの種類に基づいて、後述する図15(f)に示す変動パターン選択処理、同図(g)に示す図柄停止処理、図16(b)に示すコマンド設定処理などを行う。

なお、未処理コマンドに基づく処理は他にも備えている。例えば、大当り中に可変入賞口130の開放制御を開始するたびに主制御部300が出力し、大当り開始後の可変入賞口130の開放回数を示す情報を含むラウンド開始コマンドが未処理コマンドである場合に行うラウンド開始処理等である。なお、上記ラウンド開始処理では未処理コマンドに含まれている上記大当り開始後の可変入賞口130の開放回数を示す情報を抽出し、RAM408の記憶領域に記憶する。その他の処理は、ここでは割愛する。

<変動パターン選択処理>
次に、図15(f)を用いて、変動パターン選択処理について説明する。なお、同図は変動パターン選択処理の流れを示すフローチャートである。

第1副制御部400のCPU404は、RAM408のコマンド記憶領域に記憶している未処理コマンドが、上述の図柄変動開始コマンドである場合に変動パターン選択処理を実行する。ステップS1001では、未処理コマンドに含まれている上記大当りフラグの値、確変フラグの値、およびタイマ番号を抽出し、RAM408のそれぞれの記憶領域に記憶する。また、変動番号選択テーブル、図柄決定テーブルを参照して演出データ(本実施例では変動番号、仮停止図柄・停止図柄の組合せ等)を選択し、これをRAM408に設けた記憶領域に記憶した後、処理を終了する。

<図柄停止処理>
次に、図15(g)を用いて、図柄停止処理について説明する。なお、同図は図柄停止処理の流れを示すフローチャートである。

第1副制御部400のCPU404は、RAM408のコマンド記憶領域に記憶している未処理コマンドが、上述の図柄変動停止コマンドである場合に図柄停止処理を実行する。ステップS1101では、上記図柄記憶領域に記憶している停止図柄の組合せを構成する3つの装飾図柄を装飾図柄表示装置110の左、中、右図柄表示領域110a〜110cの3つの表示領域に表示するように設定して処理を終了する。

<表示制御処理>
次に、図16(a)を用いて、上記第1副制御部メイン処理における表示制御処理について説明する。なお、同図は表示制御処理の流れを示すフローチャートである。

ステップS1201では、VRAM433の表示領域0と表示領域1との間で描画領域の指定を切り替える(スワップする)。ステップS1202では、P−ROM406に記憶された画像データ等を、VRAM433に転送する指示を行う。具体的には、CPU404は、VDP431のアトリビュートレジスタ442に、画像データを特定するための情報(例えば、転送元のCG−ROM515のアドレス情報、転送先のVRAM516のアドレス情報、画像データのサイズ等)を設定する。VDP431は、アトリビュートレジスタ442に設定された命令に従って、画像データ等をVRAM433の表示領域に転送した後、転送終了割込信号をCPU404に対して出力する。

ステップS1203では、VDP431からの転送終了割込信号が入力されたか否かを判断し、転送終了割込信号が入力された場合にはステップS1204に進み、そうでない場合には転送終了割込信号が入力されるのを待つ。

ステップS1204では、アトリビュート指示を行う。このアトリビュート指示では、CPU404は、VRAM433に転送した画像データや画像パレットデータに基づいて画像を生成するための情報(例えば、VRAM433の座標軸、画像データのサイズ等)をVDP431のアトリビュートレジスタ442に設定する。VDP431は、アトリビュートレジスタ442に設定された命令に従って、アトリビュートレジスタ442にアトリビュートデータおよびぼかし情報を設定する。また、このステップS1204では、装飾図柄表示装置110における提示領域を指示するための提示領域設定指示を行う(詳細は後述する)。

ステップS1205では、画像生成指示を行う。この画像生成指示では、CPU404は画像の生成開始を指示する命令をアトリビュートレジスタ442に設定する。VDP4310は、上述のステップS1204においてアトリビュートレジスタ442に設定された情報に基づいて画像の生成を行った後、画像の生成が終了した場合にCPU404に対して生成終了割込信号を出力する。

ステップS1206では、VDP431からの生成終了割込信号が入力されたか否かを判断し、生成終了割込信号が入力された場合には処理を終了し、そうでない場合には生成終了割込信号が入力されるのを待つ。

<コマンド設定処理>
次に、図16(b)を用いて、コマンド設定処理について説明する。なお、同図はコマンド設定処理の流れを示すフローチャートである。

第1副制御部400のCPU404は、上記コマンド入力処理の実行後に、このコマンド設定処理に移行する。まず、ステップS1301では、主制御部300からモータ制御コマンドを受信したか否か、すなわち、上記コマンド記憶領域に記憶している未処理コマンドが、モータ制御コマンドであるか否かを判定し、該当する場合には、ステップS1302〜S1304の処理を行い、該当しない場合は、ステップS1305に進む。

具体的には、ステップS1302では、モータコマンドをRAM408の所定記憶領域に格納し、ステップS1303では、P−ROM406に記憶した扉制御データテーブル領域の中から、モータコマンドの種別に対応する扉制御データ(例えば、目標座標、移動時間)を取得して設定する。また、ステップS1304では、扉制御中フラグをオンに設定した後、ステップS1305に進む。

ステップS1305では、主制御部300から画像表示制御コマンドを受信したか否か、すなわち、上記コマンド記憶領域に記憶している未処理コマンドが、画像表示制御コマンドであるか否かを判定し、該当する場合には、ステップS1306に進んでP−ROM406に記憶した画像制御データテーブル領域の中から、画像表示制御コマンドの種別に対応する画像制御データ(例えば、描画順序、色数、拡大・縮小率、パレット番号、座標など、装飾図柄表示装置110にどのようなシーンを表示するかの情報)を設定し、該当しない場合には処理を終了する。

<第1副制御部400のタイマ割込み処理>
次に、図17(a)を用いて、第1副制御部400のタイマ割込み処理について説明する。なお、同図は、第1副制御部400のタイマ割込み処理の流れを示すフローチャートである。

第1副制御部400は、図示しないタイマ回路が出力するタイマ割込み要求信号に基づいて、このタイマ割込み処理を定期的に(本実施例では500μsに1回)実行する。まず、ステップS1401では、上述のコマンド設定処理におけるステップS1304で扉制御中フラグがオンに設定され、扉制御データが設定されているか否かを判断する。該当する場合にはステップS1402に進み、そうでない場合には処理を終了する。ステップS1402では扉駆動処理(詳細は後述)を行う。

<扉駆動処理>
次に、図17(b)を用いて、上述のタイマ割込み処理における扉駆動処理について説明する。なお、同図は、扉駆動処理の流れを示すフローチャートである。

ステップS1501では、扉位置情報を取得する。ここでは、RAM408の所定の領域に記憶された扉位置情報を参照して、左扉610および右扉620の現在位置の情報を取得する。ステップS1502では、パルス出力タイミング管理カウンタの更新を行う。パルス出力タイミング管理カウンタとは、扉制御データに基づいて、モータ制御回路426にパルスを出力するタイミングを判別するカウンタである。ここでは、パルス出力タイミング管理カウンタの更新設定を行う。

ステップS1503では、パルス出力タイミング管理カウンタの値に基づいて、パルスを出力して左扉610および右扉620を移動させるタイミングであるか否かを判定する。パルスを出力するタイミングである場合にはステップS1504に進み、そうでない場合には処理を終了する。ステップS1504では、モータ制御回路426にパルスを出力し、左扉610および右扉620を移動させる。

ステップS1505では、ステップS1504で出力したパルスに基づいて扉位置情報を更新する。ステップS1506では、ステップS1504で出力したパルスに基づいて扉制御データを更新する。ステップS1507では、左扉610および右扉620の移動を終了させるか否かを扉制御データに基づいて判定する。左扉610および右扉620の移動を終了させる場合にはステップS1508に進み、そうでない場合には処理を終了する。ステップS1508では、扉制御中フラグをオフに設定する。

<VDPメイン処理>
次に、図18(a)を用いて、VDP431のメイン処理について説明する。なお、同図は、VDP431のメイン処理の流れを示すフローチャートである。

ステップS1601では、画像転送処理(詳細は後述)を行う。ステップS1602では、転送終了割込み信号をCPU404に送信する。ステップS1603では、アトリビュート設定処理(詳細は後述)を行い、ステップS1604では、提示領域設定処理(詳細は後述)を行う。ステップS1605では、画像生成処理(詳細は後述)を行う。ステップS1606では、画像生成終了割込み信号をCPU404に送信する。

<画像転送処理>
次に、図18(b)を用いて、VDP431の画像転送処理について説明する。なお、同図は、VDP431の画像転送処理の流れを示すフローチャートである。

ステップS1701では、CPU404からアトリビュートレジスタ442を介して画像転送指示(上述の表示制御処理におけるステップS1202)がされたか否かを判定する。画像転送指示がされた場合にはステップS1702に進み、そうでない場合には画像転送指示がされるまで待つ。ステップS1702では、アトリビュートレジスタ442に設定された命令に従って、P−ROM408に記憶された画像データ等をVRAM433の表示領域に転送する。

<アトリビュート設定処理>
次に、図18(c)を用いて、VDP431のアトリビュート設定処理について説明する。なお、同図は、VDP431のアトリビュート設定処理の流れを示すフローチャートである。

ステップS1801では、CPU404からアトリビュートレジスタ442を介してアトリビュート指示(上述の表示制御処理におけるステップS1204)がされたか否かを判定する。アトリビュート指示がされた場合にはステップS1802に進み、そうでない場合にはアトリビュート指示がされるまで待つ。ステップS1802では、アトリビュートレジスタ442に設定された命令に従って、装飾図柄表示装置110に表示する画像ごとにP−ROM406からアトリビュートデータおよびぼかし情報を読み込み、読み込んだアトリビュートデータおよびぼかし情報をアトリビュートレジスタ442に設定する。

<提示領域設定処理>
次に、図18(d)を用いて、VDP431の提示領域設定処理について説明する。なお、同図は、VDP431の提示領域設定処理の流れを示すフローチャートである。

ステップS1901では、CPU404からアトリビュートレジスタ442を介して提示領域設定指示(上述の表示制御処理におけるステップS1204)がされたか否かを判定する。提示領域設定指示がされた場合にはステップS1902に進み、そうでない場合には提示領域設定指示がされるまで待つ。ステップS1902では、アトリビュートレジスタ442に設定された命令に従って、提示領域情報(例えば、提示領域の大きさや位置)を所定のレジスタに設定する。

<画像生成処理>
次に、図18(e)を用いて、VDP431の画像生成処理について説明する。なお、同図は、VDP431の画像生成処理の流れを示すフローチャートである。

ステップS2001では、CPU404から画像生成指示(上述の表示制御処理におけるステップS1205)がされたか否かを判定する。画像生成指示がされた場合にはステップS2002に進み、そうでない場合には画像生成指示がされるまで待つ。ステップS2002では、アトリビュートを参照する。具体的には、アトリビュートレジスタ442に格納されているアトリビュートを読み出す。ステップS2003では、描画領域に指定された表示領域0または1に、読み出したアトリビュートに基づいて各画像を配置する。ステップS2004では、画像切り替え処理(詳細は後述)を行う。

<画像切り替え処理>
次に、図19(a)を用いて、VDP431の上記画像生成処理における画像切り替え処理について説明する。なお、同図は、画像切り替え処理の流れを示すフローチャートである。

ステップS2011では、上記提示領域設定処理のステップS1902で設定した提示領域情報を所定レジスタから取得する。ステップS2012では、提示領域の大きさが表示領域の大きさよりも小さいか否かを判定し、表示領域の大きさよりも提示領域の大きさが小さい場合(提示領域<表示領域)にはステップS2013に進み、表示領域の大きさよりも提示領域の大きさが大きい場合(提示領域>表示領域)、または両者の大きさが等しい場合(提示領域=表示領域)には処理を終了する。

ステップS2013では、提示外領域にマット画像を配置するか否かを判定し、配置する場合にはステップS2014に進んで提示外領域にマット画像を配置し、配置しない場合には提示外領域に何も表示せずにステップS2015に進む。ステップS2015では、提示領域ぼかし処理を行う(詳細は後述)。

<提示領域ぼかし処理>
次に、図19(b)を用いて、VDP431の上記画像切り替え処理における提示領域ぼかし処理について説明する。なお、同図は、VDP431の提示領域ぼかし処理の流れを示すフローチャートである。

ステップS2021では、提示領域の特定画像を指定し、ステップS2022では、ステップ2021で指定した提示領域の特定画像にぼかし処理を施して処理を終了する。

なお、ぼかし処理の方法の一例としては、RGB値を合成する方法が挙げられる。具体的には、複数の画像を重畳させる際に上側の画像を透過させて表示させるには、ピクセル毎のRGB値(例えば、黒は(255,255、255)、白は(0、0、0))を合成する。例えば、上側の画像(ソース画像)のRGB値を(Rs、Gs、Bs)、下側の画像(ディスティネーション画像)のRGB値を(Rd、Gd、Bd)、透過率TRSを32段階で表現すると、透過処理後のピクセルのR値は、Rd×(TRS/32)+Rs×((32−TRS)/32)で算出することができる。なお、透過処理後のピクセルのG値やB値も、同様の計算で算出可能である。

例えば、ソース画像のRGB値を(Rs=200、Gs=180、Bs=180)、ディスティネーション画像のRGB値を(Rd=100、Gd=80、Bd=80)、透過率TRSを16(透過率50%)とすると、透過処理後のピクセルのR値は150(=100×(16/32)+200×((32−16)/32))、透過処理後のピクセルのG値は130(=80×(16/32)+180×((32−16)/32))、透過処理後のピクセルのB値は130(=80×(16/32)+180×((32−16)/32))となり、透過処理後のピクセルのRGB値は(150、130、130)となる。なお、本実施例では、上記画像制御データテーブルに、各種画像のRGB値をピクセル単位で予め記憶しており、上記ステップ2022のぼかし処理において、上記算出式を用いて透過処理後のピクセルのRGB値を算出する。

なお、透過率は32段階の表現に限定されず、例えば、透過率を0%〜100%の100段階で表現してもよい。また、重畳するピクセルのRGBの合成による透過率の変更はアルファチャンネルを用いて行ってもよい。また、透過率は同一画像内のすべてのピクセルで統一する必要はなく、ピクセル単位で透過率を変化させてもよく、例えば、1枚の画像における左上のピクセルから右下のピクセルにかけて透過率を徐々に変化させてもよい。

また、ぼかし処理の方法の他の例としては、ピクセルの割り当てを変更する方法が挙げられ、例えば、(1)上側の画像のピクセルを削除して、重なる部分の下側の画像のピクセルを割り当てる方法や、(2)上側の画像のピクセルに透明色を配置して、下側の画像のピクセルを表示させる方法などが挙げられる。上記(1)の方法としては、複数の画像を重畳させる際に、上側の画像の複数のピクセルに対して、下側の画像のピクセルの値を設定することで、下側の画像が上側の画像を透過したように見せることが可能である。この場合、所定領域において上側の画像のピクセルの割合を多くした場合には人間の目には下側の画像の透過率が低く見え、逆に、所定領域において下側の画像のピクセルの割合を多くした場合には下側の画像の透過率が高く見える。例えば、所定領域において上側の画像のピクセルの割合を100%とした場合には下側の画像の透過率は0%(不透明)となり、所定領域において上側の画像のピクセルの割合を0%とした場合には下側の画像の透過率は100%(透明)となる。なお、このような方法を採用する場合には、上記画像制御データのぼかし情報として、各種画像においてピクセルの割り当て変更を行う領域(または、ピクセルに透明色を設定する領域)を予め記憶し、上記ステップ2022のぼかし処理において、ピクセルの割り当て(または、ピクセルの透明色の設定)を変更すればよい。

<演出の具体例>
次に、パチンコ機100が行う演出の具体例について説明する。図20は、提示外領域に何も表示を行わない第1の演出例を示した図である。

なお、図中の「提示領域」とは、装飾図柄表示装置110の表示領域に配置される各種画像の少なくとも一部を装飾図柄表示装置110の正面側から(遊技者側から)視認可能とする領域のことである。また、「提示外領域」とは、表示領域における提示領域以外の領域のことであり、装飾図柄表示装置110の表示領域に配置される各種画像の少なくとも一部を装飾図柄表示装置110の正面側から(遊技者側から)視認不能とする領域のことである。

例えば、同図(a)では、装飾図柄表示装置110のすべての表示領域が提示領域となっている状態(表示領域=提示領域)を示しており、装飾図柄表示装置110の表示領域に配置される各種画像(この例では、背景画像、キャラクタ画像、停止図柄の画像、変動図柄の画像)のすべてが装飾図柄表示装置110の正面側から(遊技者側から)視認可能となっている。また、同図(b)〜(e)では、提示領域を徐々に縮小する状態(提示外領域を徐々に拡大する状態)を示しており、装飾図柄表示装置110の表示領域に配置される各種画像の少なくとも一部が装飾図柄表示装置110の正面側から(遊技者側から)視認可能となっている。さらに、同図(f)では、装飾図柄表示装置110のすべての表示領域が提示外領域となっている状態(表示領域=提示外領域)を示しており、装飾図柄表示装置110の表示領域に配置される各種画像のすべてが装飾図柄表示装置110の正面側から(遊技者側から)視認不能となっている。

また、同図右側は、装飾図柄表示装置110の表示領域を正面側から(遊技者側から)見た様子を示している。例えば、同図(a)では、装飾図柄表示装置110の提示領域に、単色の背景画像、殿様のキャラクタ画像、リーチ態様の画像(装飾7の停止図柄の画像、下向きの矢印で示す変動図柄の画像、装飾7の停止図柄の画像)を表示させている。

また、同図左側は、装飾図柄表示装置100の表示領域に表示される画像の配置関係を模式的に示した図であり、装飾図柄表示装置100を上方から見た図である。例えば、同図(a)では、装飾図柄表示装置100の一番後ろに背景画像を配置し、その前方下側にキャラクタ画像を配置している。また、このキャラクタ画像の前方上側にリーチ態様の画像を配置している。さらに、同図(b)では、背景画像、キャラクタ画像、およびリーチ態様の画像の前方をすべて覆うように特定画像(この例では、マット画像)を配置している。

CPU404は、上記コマンド設定処理のステップS1305において、主制御部300から画像表示制御コマンドを受信したと判定した場合に、P−ROM406に記憶した画像制御データテーブル領域の中から、画像表示制御コマンドの種別に対応する画像制御データ(例えば、描画順序、色数、拡大・縮小率、パレット番号、座標など、装飾図柄表示装置110にどのようなシーンを表示するかの情報)を設定した後、設定した画像制御データに従って装飾図柄表示装置110の表示制御を行う。

例えば、同図(a)〜(f)に示すような表示を行う場合、CPU404は、上記表示制御処理のステップS1202において、P−ROM406に記憶された背景画像、キャラクタ画像、停止図柄の画像、および変動図柄の画像のデータ等をVRAM433の描画領域(表示領域0と表示領域1のいずれか)に転送する指示を行う。一方、VDP431は、上記画像転送処理においてCPU404から画像転送指示があったと判定した場合に、アトリビュートレジスタ442に設定された命令に従って、P−ROM406に記憶された背景画像、キャラクタ画像、停止図柄の画像、および変動図柄の画像のデータ等をVRAM433の描画領域に転送する。

続いて、CPU404は、上記表示制御処理のステップS1203においてVDP431からの転送終了割込信号を検出した場合に、次のステップS1204においてアトリビュート指示を行う。一方、VDP431は、上記アトリビュート設定処理においてCPU404からアトリビュート指示があったと判定した場合に、アトリビュートレジスタ442に設定された命令に従って、背景画像、キャラクタ画像、停止図柄の画像、および変動図柄の画像の各々についてP−ROM406からアトリビュートデータおよびぼかし情報を読み込み、読み込んだアトリビュートデータおよびぼかし情報をアトリビュートレジスタ442に設定する。

続いて、CPU404は、上記表示制御処理のステップS1204において提示領域設定指示を行う。一方、VDP431は、上記提示領域設定処理においてCPU404から提示領域設定指示があったと判定した場合に、アトリビュートレジスタ442に設定された命令に従って、提示領域の大きさや位置の情報を所定のレジスタに設定する。

例えば、同図(a)に示すような表示を行う場合、VDP431は、提示領域の大きさの情報として、例えば数値の100(全表示領域における提示領域の割合が100%であることを示す情報)を、また、提示領域の位置の情報として、提示領域の基準座標(例えば、提示領域の左上隅と右下隅の座標)を、それぞれ所定のレジスタに設定する。また、同図(b)に示すような表示を行う場合、VDP431は、提示領域の大きさの情報として、例えば数値の80(全表示領域における提示領域の割合が80%であることを示す情報)を、また、提示領域の位置情報として、提示領域の基準座標を、それぞれ所定のレジスタに設定する。なお、以降の同図(c)→(d)→(e)→(f)に示す表示では、全表示領域における提示領域の割合が60%→40%→20%→0%と徐々に小さくなるように提示領域の大きさの情報を設定するとともに、各々の提示領域の基準座標を提示領域の位置情報として設定する。

続いて、VDP431は、上記画像切り替え処理のステップS2011において、所定のレジスタから提示領域の大きさと位置の情報を取得した後、ステップS2012において提示領域の大きさが表示領域の大きさよりも小さいか否かを判定する。例えば、同図(a)に示すような表示を行う場合には、VDP431は、ステップS2012において提示領域の大きさと表示領域の大きさが等しい(提示領域=表示領域)と判定し、ステップS2014における提示外領域へのマット画像の配置や、上記提示領域ぼかし処理を行うことなく、上記画像切り替え処理を終了する。一方、同図(b)〜(f)に示すような表示を行う場合には、VDP431は、ステップS2012において提示領域の大きさが表示領域の大きさよりも小さい(提示領域<表示領域)と判定し、ステップS2014における提示外領域へのマット画像の配置は行わず、上記提示領域ぼかし処理を行う。

続いて、VDP431は、上記提示領域ぼかし処理のステップS2021において、提示領域全体に配置する特定画像を指定し、ステップS2022において提示領域の一番手前に、ステップS2022で指定した特定画像を配置する。例えば、同図(b)に示すような表示を行う場合には、VDP431は、特定画像として、透過率80%の単色(例えば、白色)のマット画像を配置することによって、特定画像の背面に配置された背景画像、キャラクタ画像、停止図柄の画像、および変動図柄の画像に、上述のぼかし処理を施す。なお、以降の同図(c)→(d)→(e)に示す表示では、透過率60%の単色のマット画像→透過率40%の単色のマット画像→透過率20%の単色のマット画像の順番でマット画像の透過率を変化させる。

続いて、CPU404は、上記表示制御処理のステップS1205において、画像の生成開始を指示する命令をアトリビュートレジスタ442に設定する。一方、VDP4310は、上記画像生成処理において、アトリビュートレジスタ442から読み出したアトリビュートに基づいて、描画領域に指定された表示領域0または1に、背景画像、キャラクタ画像、停止図柄の画像、および変動図柄の画像を配置する。

最後に、CPU404は、上記表示制御処理のステップS1206においてVDP431からの生成終了割込信号を検出した場合に、上記表示制御処理の処理を終了する。

これらのCPU404やVDP431の表示制御によって、同図(a)〜(f)では、全表示領域における提示領域の割合を100%(同図(a))→80%(同図(b))→60%(同図(c))→40%(同図(d))→20%(同図(e))→0%(同図(f))と徐々に小さくすることによって、提示領域を徐々に縮小していく(提示外領域を拡大していく)演出を行う。また、この演出と並行して、提示領域の一番手前に配置した特定画像の透過率を80%(同図(b))→60%(同図(c))→40%(同図(d))→20%(同図(e))と徐々に低下させることによって、特定画像の背面に配置された背景画像、キャラクタ画像、停止図柄の画像、および変動図柄の画像に対するぼかしを徐々に強めていく演出を行う。

なお、この例では、装飾図柄がリーチ態様となった際に場面を切り替えるために提示領域を縮小させているが、例えば、装飾図柄の変動表示中、停止表示中、特定キャラクタの表示中などの他の場面で提示領域を縮小させてもよい。

<提示外領域に何も表示を行わない第2の演出例>
図21は、提示外領域に何も表示を行わない第2の演出例を示した図である。この例では、特定画像の透過率を徐々に低下させる替りに、提示領域における特定画像の表示割合(この例では、紙吹雪を表す白色矩形状の画像の表示数)を徐々に増加させることによって、特定画像の背面に配置された背景画像、キャラクタ画像、停止図柄の画像、および変動図柄の画像に対するぼかしを徐々に強めていく演出を行う。具体的には、上述の表示制御によって、同図(a)〜(f)では、全表示領域における提示領域の割合を100%(同図(a))→80%(同図(b))→60%(同図(c))→40%(同図(d))→20%(同図(e))→0%(同図(f))と徐々に小さくすることによって、提示領域を徐々に縮小していく(提示外領域を徐々に拡大していく)演出を行う。また、この演出と並行して、提示領域における特定画像の表示割合を20%(同図(b))→40%(同図(c))→60%(同図(d))→80%(同図(e))と徐々に増加させることによって、特定画像の背面に配置された背景画像、キャラクタ画像、停止図柄の画像、および変動図柄の画像のぼかしを徐々に強めていく演出を行う。

<提示外領域に提示領域と同じ特定画像を表示する演出例>
図22は、提示外領域に提示領域と同じ特定画像を表示する演出例を示した図である。この例では、提示外領域を、提示領域と同じ特定画像(この例では、白色のマット画像)で構成する。具体的には、上述の表示制御によって、同図(a)〜(f)では、白色のマット画像からなる提示外領域を装飾図柄表示装置110の両側から中心に向けて徐々に拡大していくことによって、全表示領域における提示領域の割合を100%(同図(a))→80%(同図(b))→60%(同図(c))→40%(同図(d))→20%(同図(e))→0%(同図(f))と徐々に低下させ、提示領域を徐々に縮小していく演出を行う。また、この演出と並行して、提示領域の一番手前に配置した特定画像の透過率を80%(同図(b))→60%(同図(c))→40%(同図(d))→20%(同図(e))と徐々に低下させることによって、特定画像の背面に配置された背景画像、キャラクタ画像、停止図柄の画像、および変動図柄の画像に対するぼかしを徐々に強めていく演出を行う。

<提示外領域に提示領域と異なる特定画像を表示する演出例>
図23(A)は、提示外領域に提示領域と異なる特定画像を表示する演出例を示した図である。この例では、提示外領域を、提示領域と異なる特定画像(この例では、灰色のマット画像)で構成する。具体的には、上述の表示制御によって、同図(a)〜(f)では、灰色のマット画像からなる提示外領域を装飾図柄表示装置110の両側から中心に向けて徐々に拡大していくことによって、全表示領域における提示領域の割合を100%(同図(a))→80%(同図(b))→60%(同図(c))→40%(同図(d))→20%(同図(e))→0%(同図(f))と徐々に低下させ、提示領域を徐々に縮小していく演出を行う。また、この演出と並行して、提示領域の一番手前に配置した特定画像の透過率を80%(同図(b))→60%(同図(c))→40%(同図(d))→20%(同図(e))と徐々に低下させることによって、特定画像の背面に配置された背景画像、キャラクタ画像、停止図柄の画像、および変動図柄の画像に対するぼかしを徐々に強めていく演出を行う。

<提示領域の縮小範囲から特別画像を除く演出例>
図23(B)は、提示領域の縮小範囲から特別画像を除く演出例を示した図である。この例では、特別画像(停止図柄の画像および変動図柄の画像)を除いて、提示領域を徐々に縮小していく演出を行う。具体的には、同図(a)〜(f)では、提示領域を徐々に縮小していくが(提示外領域を徐々に拡大していくが)、特別画像(停止図柄の画像および変動図柄の画像)の領域は常に提示領域のままとする。また、特別画像(停止図柄の画像および変動図柄の画像)の一部が提示外領域に相当する領域と重なり合う際に、特別画像(停止図柄の画像および変動図柄の画像)を装飾図柄表示装置110の右下に縮小表示させる。また、この演出と並行して、提示領域の一番手前に配置した特定画像の透過率を80%(同図(b))→60%(同図(c))→40%(同図(d))→20%(同図(e))と徐々に低下させることによって、特定画像の背面に配置された背景画像、キャラクタ画像、停止図柄の画像、および変動図柄の画像に対するぼかしを徐々に強めていく演出を行う。

<提示領域の縮小に合わせて扉を移動させる第1の演出例>
図24は、提示領域の縮小に合わせて扉を移動させる第1の演出例である。この例では、CPU404は、上述の表示制御と並行して左扉610および右扉620の扉駆動制御を行う。具体的には、CPU404は、上記コマンド設定処理のステップS1301において、主制御部300からモータ制御コマンドを受信したと判定した場合に、P−ROM406に記憶した扉制御データテーブル領域の中から、モータコマンドの種別に対応する扉制御データ(例えば、目標座標、移動時間)を取得して設定する。また、CPU404は、上記扉駆動処理において、上記コマンド設定処理で設定した扉制御データに基づいて左扉610および右扉620を移動させる。例えば、同図(b)〜(f)に示す演出では、一部が透明部材で構成された左扉610を、白色のマット画像からなる左側の提示外領域と重なり合うように移動させるとともに、一部が透明部材で構成された右扉620を、白色のマット画像からなる右側の提示外領域と重なり合うように移動させる。

この例のように、提示領域の縮小(提示外領域の拡大)に合わせて扉を移動させるように構成すれば、例えば、図25に示すように、右扉620の位置と、右側の提示外領域の位置にズレが生じた場合でも、右扉620の後方には白色のマット画像からなる右側の提示外領域が配置されるため、遊技者に違和感を感じさせることがない。

<提示領域の縮小に合わせて扉を移動させる第2の演出例>
図26は、提示領域の縮小に合わせて扉を移動させる第2の演出例を示した図である。この例では、CPU404は、上述の表示制御と並行して、不透明部材で構成された左扉および右扉の扉駆動制御を行う。例えば、同図(b)〜(f)に示す演出では、不透明部材で構成された左扉を、白色のマット画像からなる左側の提示外領域と重なり合うように移動させるとともに、不透明部材で構成された右扉を、白色のマット画像からなる右側の提示外領域と重なり合うように移動させる。

<提示領域の縮小範囲から特別画像を除く演出例>
図27は、提示領域の縮小範囲から特別画像を除く演出例を示した図である。この例では、特別画像(停止図柄の画像および変動図柄の画像)を除いて、提示領域を徐々に縮小していく演出を行い、提示外領域には白色のマット画像を配置する。具体的には、同図(a)〜(f)では、上述の表示制御や扉駆動制御によって、提示領域の縮小に合わせて左扉および右扉を全開位置から全閉位置に移動させるが、特別画像(停止図柄の画像および変動図柄の画像)は常に提示領域のままとし、提示外領域には白色のマット画像を配置する。また、特別画像(停止図柄の画像および変動図柄の画像)一部が左扉または右扉に覆われる際に、特別画像(停止図柄の画像および変動図柄の画像)を装飾図柄表示装置110の右下に縮小表示させる。また、この演出と並行して、提示領域の一番手前に配置した特定画像の透過率を80%(同図(b))→60%(同図(c))→40%(同図(d))→20%(同図(e))と徐々に低下させることによって、特定画像の背面に配置された背景画像、キャラクタ画像、停止図柄の画像、および変動図柄の画像に対するぼかしを徐々に強めていく演出を行う。

<提示領域の縮小に合わせて役物を移動させる演出例>
図28は、提示領域の縮小に合わせて役物を移動させる演出例を示した図である。この例では、提示領域を徐々に縮小させる(提示外領域を徐々に拡大させる)とともに、上述の役物251を、提示外領域と重なり合うように移動させて演出を行う。具体的には、同図(a)、(b)、(c−1)、(d)では、役物251と装飾図柄表示装置110の表示領域が重なり合う領域を提示外領域とし、上述の表示制御によって、この提示外領域を徐々に拡大していく(提示領域を徐々に縮小していく)とともに、提示領域の一番手前に配置した特定画像の透過率を50%(同図(b))→25%(同図(c−1))→0%(同図(d))と徐々に低下させることによって、特定画像の背面に配置された背景画像、キャラクタ画像、停止図柄の画像、および変動図柄の画像に対するぼかしを徐々に強めていく演出を行う。また、特定画像の透過率が0%に近づいた際に、停止図柄の画像および変動図柄の画像を装飾図柄表示装置110の左下に縮小表示する。また、これらの演出と並行して、CPU554は、CPU404からの指令に従って、役物251の上腕部251aを上端部を基点として時計回りに回動させた後、この上腕部251aの下端部を基点として、前腕部251bを時計回りに回動させる。なお、同図(c−2)は、役物251の位置と、提示外領域の位置にズレが生じた例を示した図である。

<提示領域の縮小の他の例>
図29は、提示領域の縮小の他の例を示した図である。例えば、図29(a)、(b−1)、(c−1)、(d)では、提示領域を、装飾図柄表示装置110の表示領域の中心位置を中心とする円形状とし、この円形状の提示領域を中心に向かって縮小させるとともに、提示領域内の特定画像の透過率を徐々に低下させる例を示している。

また、図29(a)、(b−2)、(c−2)、(d)では、提示領域を、装飾図柄表示装置110の表示領域の中心位置を通る線で複数に分割し、この複数の提示領域を徐々に縮小させるとともに、提示領域内の特定画像の透過率を徐々に低下させる例を示している。

また、図29(a)、(b−3)、(c−3)、(d)では、提示領域を、装飾図柄表示装置110の両側から中心に向かって徐々に縮小させるともに、提示領域内の特定画像の透過率を徐々に低下させる例を示している。

<表示領域の一部を提示領域とした例>
図30は、表示領域の一部を提示領域とした例を示した図である。この例では、変動図柄の画像(この例では、装飾6の画像)を配置した領域を提示領域とし、同図(b)〜(e)に示すように、上述の表示制御によって提示領域を徐々に縮小していくとともに、提示外領域に特定画像(この例では、装飾7の画像)を表示させる。また、この演出と並行して、提示領域の一番手前に配置した特定画像の透過率を徐々に低下させることによって、特定画像の背面に配置された変動図柄の画像に対するぼかしを徐々に強めていく演出を行う。

<提示外領域にマット画像を配置しない例>
図31は、提示外領域にマット画像を配置しない例を示した図である。この例では、上記図27と同様に、特別画像(停止図柄の画像および変動図柄の画像)を除いて、提示領域を徐々に縮小していく演出を行うが、上記図27とは異なり、提示外領域にマット画像を配置しない。具体的には、同図(a)〜(f)では、上述の表示制御や扉駆動制御によって、提示領域の縮小に合わせて左扉および右扉を全開位置から全閉位置に移動させるが、特別画像(停止図柄の画像および変動図柄の画像)は常に提示領域のままとし、提示外領域にマット画像を配置しない。また、特別画像(停止図柄の画像および変動図柄の画像)一部が左扉または右扉に覆われる際に、特別画像(停止図柄の画像および変動図柄の画像)を装飾図柄表示装置110の右下に縮小表示させる。また、この演出と並行して、提示領域の一番手前に配置した特定画像の透過率を80%(同図(b))→60%(同図(c))→40%(同図(d))→20%(同図(e))と徐々に低下させることによって、特定画像の背面に配置された背景画像、キャラクタ画像、停止図柄の画像、および変動図柄の画像に対するぼかしを徐々に強めていく演出を行う。この例では、扉とマット画像を同期させる必要がないため制御負担が軽減される上に、扉とマット画像がずれて遊技者に違和感を与える虞がない。

以上説明したように、本実施例1に係るパチンコ機100は、所定画像を表示可能な表示領域を有する表示手段(例えば、装飾図柄表示装置110)と、前記表示手段を制御する表示制御手段(例えば、第1副制御部400)と、前記表示領域に表示される所定画像の少なくとも一部を視認可能とする提示領域の大きさを決定する提示領域決定手段(例えば、VDP431の提示領域設定処理)と、を備え、前記提示領域決定手段が前記提示領域を縮小させることに応じて、前記提示領域に単一色の特定画像(例えば、マット画像)を表示させて該特定画像の透過率を低下させる制御(例えば、図20を用いて説明した表示制御)、または、前記提示領域における前記特定画像の表示割合を増加させる制御(例えば、図21を用いて説明した表示制御)を行う特定画像表示制御手段(例えば、VDP431の提示領域ぼかし処理)をさらに備えることを特徴とする、遊技台である。

本実施例1に係るパチンコ機100によれば、提示領域が縮小することに応じて、提示領域が特定画像に近づくため、提示領域の元の表示(特定画像の後方に配置した各種画像の表示)の印象を弱めることができ、相対的に提示領域が縮小する様を際立たせることができる。そのため、提示領域が縮小する様を遊技者に注目させることができ、遊技者の興趣を向上させることができる場合がある。

また、前記表示制御手段は、前記表示領域における前記提示領域以外の提示外領域の少なくとも一部に前記特定画像を表示させてもよい。

このような構成とすれば、提示外領域に特定画像を表示するため、提示領域の縮小に応じて表示領域全域の表示が特定画像に近づいていく。そのため、提示領域の縮小過程において、縮小過程の前半では提示領域が縮小する様を遊技者に注目させることができ、縮小過程の後半では提示領域が縮小途中であっても表示領域全域の表示が特定画像になったと遊技者に錯覚させることができる場合がある。

また、前記表示領域の少なくとも一部を遮蔽する位置に移動可能な可動物(例えば、扉610、620や役物251)と、前記可動物を移動させる駆動手段(例えば、駆動モータ)と、前記駆動手段を制御する駆動制御手段(例えば、第1、第2副制御部400、500)と、をさらに備え、前記駆動制御手段は、前記駆動手段を制御して前記提示外領域に相当する位置に前記可動物を移動させてもよい。

このような構成とすれば、提示領域の縮小に応じて表示領域全域の表示が特定画像に近づいていくため、提示外領域の特定画像の位置と可動物の位置にズレが生じても遊技者の興趣が低下することを防止することができる場合がある。

また、前記可動物(例えば、扉610、620)の少なくとも一部が透過性部材で構成されていてもよい。

このような構成とすれば、可動部の透過性部材を通して可動部後方の特定画像が視認可能となるため、可動物の一部が特定画像であるかのように遊技者に思わせることができ、遊技者の興趣を向上させることができる場合がある。

また、前記表示制御手段は、前記提示領域に特別画像(例えば、装飾図柄)を表示し、前記提示領域決定手段は、前記特別画像が表示された領域以外の前記提示領域を縮小させてもよい。

このような構成とすれば、特別画像を強調して遊技者に見せることができ、遊技者の興趣を向上させることができる場合がある。

また、前記表示手段による表示態様が予め定めた特別態様(例えば、大当たりに対応する図柄の組合せ)になった場合に遊技者に有利な遊技状態を開始する遊技状態制御手段をさらに備え、前記特別態様は、少なくとも一部に前記特別画像を含んで構成されていてもよい。

このような構成とすれば、特別画像である装飾図柄を強調して遊技者に見せることができ、遊技者の興趣を向上させることができる場合がある。

また、前記表示制御手段は、前記表示領域に複数の前記特別画像を変動表示させた後に、変動表示中の1つの特別画像を除いて同一の特別図柄を停止表示させるリーチ態様を表示可能であり、前記提示領域決定手段は、前記表示制御手段が前記表示領域に前記リーチ態様を表示した場合に、前記提示領域を縮小してもよい。

このような構成とすれば、リーチとなったときに提示領域が縮小するので、リーチ態様を強調でき、遊技者の興趣を向上させることができる場合がある。

また、前記表示制御手段は、前記特別画像の少なくとも一部が前記提示領域の縮小に伴って該提示領域と重なった場合に、前記特別画像に対応する画像(例えば、装飾図柄を縮小した画像)を前記特別画像とは別に表示させ、前記特定画像表示制御手段は、前記特別画像の少なくとも一部が前記提示領域の縮小に伴って該提示領域と重なった後に前記提示領域が縮小することに応じて、前記特別画像が表示された領域を含む前記提示領域の表示を前記特定画像に近づける制御を行ってもよい。

このような構成とすれば、特別画像に対応する画像の表示後の特別画像も特定画像に近づくので、途中まで特別画像を強調させつつ可動物が表示装置を遮蔽する様を遊技者に見せることができ、遊技者の興趣を向上させることができる場合がある。

なお、上記実施例では、マット画像を1枚の単一色の画像で構成したが、例えば、複数枚の単一色の画像を組み合わせて構成してもよい。また、現在表示しているストーリーの画像とは異なるストーリーの画像をマット画像として提示外領域に表示してもよい。このとき、シャッタとマット画像を同期させて移動してもよい。また、マット画像は、提示外領域に表示する場合、キャラクタを連想させる影がスクリーンに浮かび上がるかのような表示としてもよい。

また、上記実施例においては、遊技球を遊技媒体としたパチンコ機の例を示したが、本発明はこれに限定されるものではなく、例えば、メダル(コイン)を遊技媒体としたスロットマシンなどにも適用可能である。

ここで、本発明が適用されるスロットマシンとしては、複数種類の図柄が施された複数のリールと、前記複数のリールの回転を開始させるスタートスイッチと、前記複数のリールの各々に対応して設けられ、前記リールの回転を個別に停止させるストップスイッチと、予め定められた複数種類の入賞役の内部当選の当否を抽選により判定する抽選手段と、停止時の前記複数のリールにより表示された図柄の組合せが前記抽選手段により内部当選した入賞役の図柄組合せであるか否かにより前記入賞役への入賞を判定する判定手段と、を備えたものが一例として挙げられる。

また、例えば、パチンコ機等の実機の動作を家庭用ゲーム機用として擬似的に実行するようなゲームプログラムにおいても、本発明を適用してゲームを実行することができる。

なお、本発明の実施の形態に記載された作用および効果は、本発明から生じる最も好適な作用および効果を列挙したに過ぎず、本発明による作用および効果は、本発明の実施の形態に記載されたものに限定されるものではない。また、実施例に記載した複数の構成のうち、1つの構成に記載している内容を、他の構成に適用することでより遊技の幅を広げられる場合がある。

本発明に係る遊技台は、スロットマシンや遊技機(パチンコ等)に代表される遊技台に適用することができる。

パチンコ機を正面側(遊技者側)から見た外観斜視図である。 遊技盤を正面から見た略示正面図である。 扉が動く様子を示す説明図である。 扉付き液晶表示装置の前段部分の分解図である。 扉付き液晶表示装置の後段部分の分解図である。 扉の構造図である。 駆動ユニットの分解図である。 (a)特図の停止表示態様の一例を示したものである。(b)装飾図柄の一例を示したものである。(c)普図の停止表示態様の一例を示したものである。 主制御部、払出制御部、発射制御部、電源管理部の回路ブロック図を示したものである。 第1副制御部、第2副制御部の回路ブロック図を示したものである。 第1副制御部を構成する副制御基板のブロック図であり、VDPの内部構成を詳細に示した図である。 第1副制御部のP−ROMに予め記憶するデータを模式的に示した図である。 主制御部メイン処理の流れを示すフローチャートである。 主制御部タイマ割り込み処理の流れを示すフローチャートである。 (a)第1副制御部のメイン処理の流れを示すフローチャートである。(b)Vsync割り込み処理の流れを示すフローチャートである。(c)ストローブ割り込み処理の流れを示すフローチャートである。(d)チャンスボタン割り込み処理の流れを示すフローチャートである。(e)コマンド入力処理の流れを示すフローチャートである。(f)変動パターン選択処理の流れを示すフローチャートである。(g)図柄停止処理の流れを示すフローチャートである。 (a)表示制御処理の流れを示すフローチャートである。(b)コマンド設定処理の流れを示すフローチャートである。 (a)第1副制御部のタイマ割込み処理の流れを示すフローチャートである。(b)扉駆動処理の流れを示すフローチャートである。 (a)VDPのメイン処理の流れを示すフローチャートである。(b)VDPの画像転送処理の流れを示すフローチャートである。(c)VDPのアトリビュート設定処理の流れを示すフローチャートである。(d)VDPの提示領域設定処理の流れを示すフローチャートである。(e)VDPの画像生成処理の流れを示すフローチャートである。 (a)画像切り替え処理の流れを示すフローチャートである。(b)VDPの提示領域ぼかし処理の流れを示すフローチャートである。 提示外領域に何も表示を行わない第1の演出例を示した図である。 提示外領域に何も表示を行わない第2の演出例を示した図である。 提示外領域に提示領域と同じ特定画像を表示する演出例を示した図である。 (A)提示外領域に提示領域と異なる特定画像を表示する演出例を示した図である。(B)提示領域の縮小範囲から特別画像を除く演出例を示した図である。 提示領域の縮小に合わせて扉を移動させる第1の演出例である。 右扉の位置と、右側の提示外領域の位置にズレが生じた例を示した図である。 提示領域の縮小に合わせて扉を移動させる第2の演出例を示した図である。 提示領域の縮小範囲から特別画像を除く演出例を示した図である。 提示領域の縮小に合わせて役物を移動させる演出例を示した図である。 提示領域の縮小の他の例を示した図である。 表示領域の一部を提示領域とした例を示した図である。 提示外領域にマット画像を配置しない例を示した図である。

符号の説明

100 パチンコ機
102 遊技盤
104 遊技領域
110 装飾図柄表示装置
112 普図表示装置
114 特図表示装置
122 一般入賞口
124 普図始動口
126 第1特図始動口
128 第2特図始動口
130 可変入賞口
300 主制御部
400、500 副制御部
406 P−ROM
431 VDP
550 払出制御部
600 発射制御部
650 電源管理部

Claims (8)

  1. 所定画像を表示可能な表示領域を有する表示手段と、
    前記表示手段を制御する表示制御手段と、
    前記表示領域に表示される所定画像の少なくとも一部を視認可能とする提示領域の大きさを決定する提示領域決定手段と、を備え、
    前記提示領域決定手段が前記提示領域を縮小させることに応じて、前記提示領域に単一色の特定画像を表示させて該特定画像の透過率を低下させる制御、または、前記提示領域における前記特定画像の表示割合を増加させる制御を行う特定画像表示制御手段をさらに備えることを特徴とする、
    遊技台。
  2. 前記表示制御手段は、
    前記表示領域における前記提示領域以外の提示外領域の少なくとも一部に前記特定画像を表示させることを特徴とする、
    請求項1に記載の遊技台。
  3. 前記表示領域の少なくとも一部を遮蔽する位置に移動可能な可動物と、
    前記可動物を移動させる駆動手段と、
    前記駆動手段を制御する駆動制御手段と、をさらに備え、
    前記駆動制御手段は、
    前記駆動手段を制御して前記提示外領域に相当する位置に前記可動物を移動させることを特徴とする、
    請求項2に記載の遊技台。
  4. 前記可動物の少なくとも一部が透過性部材で構成されていることを特徴とする、
    請求項3に記載の遊技台。
  5. 前記表示制御手段は、
    前記提示領域に特別画像を表示し、
    前記提示領域決定手段は、
    前記特別画像が表示された領域以外の前記提示領域を縮小させることを特徴とする、
    請求項4に記載の遊技台。
  6. 前記表示手段による表示態様が予め定めた特別態様になった場合に遊技者に有利な遊技状態を開始する遊技状態制御手段をさらに備え、
    前記特別態様は、
    少なくとも一部に前記特別画像を含んで構成されていることを特徴とする、
    請求項5に記載の遊技台。
  7. 前記表示制御手段は、
    前記表示領域に複数の前記特別画像を変動表示させた後に、変動表示中の1つの特別画像を除いて同一の特別図柄を停止表示させるリーチ態様を表示可能であり、
    前記提示領域決定手段は、
    前記表示制御手段が前記表示領域に前記リーチ態様を表示した場合に、前記提示領域を縮小することを特徴とする、
    請求項6に記載の遊技台。
  8. 前記表示制御手段は、
    前記特別画像の少なくとも一部が前記提示領域の縮小に伴って該提示領域と重なった場合に、前記特別画像に対応する画像を前記特別画像とは別に表示させ、
    前記特定画像表示制御手段は、
    前記特別画像の少なくとも一部が前記提示領域の縮小に伴って該提示領域と重なった後に前記提示領域が縮小することに応じて、前記特別画像が表示された領域を含む前記提示領域の表示を前記特定画像に近づける制御を行うことを特徴とする、
    請求項7に記載の遊技台。
JP2008269365A 2008-10-20 2008-10-20 遊技台 Pending JP2010094394A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2008269365A JP2010094394A (ja) 2008-10-20 2008-10-20 遊技台

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2008269365A JP2010094394A (ja) 2008-10-20 2008-10-20 遊技台

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2010094394A true JP2010094394A (ja) 2010-04-30

Family

ID=42256496

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2008269365A Pending JP2010094394A (ja) 2008-10-20 2008-10-20 遊技台

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2010094394A (ja)

Cited By (12)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2012019857A (ja) * 2010-07-13 2012-02-02 Daito Giken:Kk 遊技台
JP2012170771A (ja) * 2011-02-24 2012-09-10 Heiwa Corp 遊技機
JP2012254215A (ja) * 2011-06-09 2012-12-27 Daito Giken:Kk 遊技台
JP2014090753A (ja) * 2012-10-31 2014-05-19 Sanyo Product Co Ltd 遊技機
JP2014090752A (ja) * 2012-10-31 2014-05-19 Sanyo Product Co Ltd 遊技機
JP2015024022A (ja) * 2013-07-26 2015-02-05 株式会社大都技研 遊技台
JP2015186627A (ja) * 2015-06-26 2015-10-29 株式会社平和 遊技機
JP2015211861A (ja) * 2015-06-26 2015-11-26 株式会社平和 遊技機
JP2016105922A (ja) * 2016-03-17 2016-06-16 株式会社ニューギン 遊技機
JP2018099616A (ja) * 2018-03-29 2018-06-28 株式会社サンセイアールアンドディ 遊技機
JP2018099615A (ja) * 2018-03-29 2018-06-28 株式会社サンセイアールアンドディ Game machine
JP2018118106A (ja) * 2018-03-29 2018-08-02 株式会社サンセイアールアンドディ Game machine

Citations (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2005000540A (ja) * 2003-06-13 2005-01-06 Daito Giken:Kk Amusement stand
JP2005211441A (ja) * 2004-01-30 2005-08-11 Sankyo Kk 遊技機
JP2008005900A (ja) * 2006-06-27 2008-01-17 Aruze Corp 遊技機および遊技用プログラム

Patent Citations (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2005000540A (ja) * 2003-06-13 2005-01-06 Daito Giken:Kk Amusement stand
JP2005211441A (ja) * 2004-01-30 2005-08-11 Sankyo Kk 遊技機
JP2008005900A (ja) * 2006-06-27 2008-01-17 Aruze Corp 遊技機および遊技用プログラム

Cited By (12)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2012019857A (ja) * 2010-07-13 2012-02-02 Daito Giken:Kk 遊技台
JP2012170771A (ja) * 2011-02-24 2012-09-10 Heiwa Corp 遊技機
JP2012254215A (ja) * 2011-06-09 2012-12-27 Daito Giken:Kk 遊技台
JP2014090753A (ja) * 2012-10-31 2014-05-19 Sanyo Product Co Ltd 遊技機
JP2014090752A (ja) * 2012-10-31 2014-05-19 Sanyo Product Co Ltd 遊技機
JP2015024022A (ja) * 2013-07-26 2015-02-05 株式会社大都技研 遊技台
JP2015186627A (ja) * 2015-06-26 2015-10-29 株式会社平和 遊技機
JP2015211861A (ja) * 2015-06-26 2015-11-26 株式会社平和 遊技機
JP2016105922A (ja) * 2016-03-17 2016-06-16 株式会社ニューギン 遊技機
JP2018099616A (ja) * 2018-03-29 2018-06-28 株式会社サンセイアールアンドディ 遊技機
JP2018099615A (ja) * 2018-03-29 2018-06-28 株式会社サンセイアールアンドディ Game machine
JP2018118106A (ja) * 2018-03-29 2018-08-02 株式会社サンセイアールアンドディ Game machine

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP6002925B2 (ja) 遊技台
JP5723041B1 (ja) Amusement stand
JP5344442B1 (ja) 遊技台
JP5478567B2 (ja) 遊技台
JP5899543B2 (ja) 遊技台
JP5258007B1 (ja) 遊技台
JP5958969B2 (ja) 遊技台
JP2016158841A (ja) 遊技台
JP5426747B1 (ja) 遊技台
JP5256549B2 (ja) 遊技台
JP2014161661A (ja) 遊技台
JP4972213B1 (ja) 遊技台
JP5544613B2 (ja) 遊技台
JP5344632B2 (ja) 遊技台
JP4995795B2 (ja) 遊技台
JP5775120B2 (ja) 遊技台
JP5509308B1 (ja) Amusement stand
JP6340615B2 (ja) 遊技台
JP5990757B2 (ja) 遊技台
JP2014161669A (ja) 遊技台
JP5571017B2 (ja) 遊技台
JP5194269B2 (ja) 遊技台
JP5466775B1 (ja) 遊技台
JP6340613B2 (ja) 遊技台
JP5799432B2 (ja) Amusement stand

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20100305

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20120313

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20120514

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20121113

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20130115

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20130521