JP2010093890A - Electric motor - Google Patents

Electric motor Download PDF

Info

Publication number
JP2010093890A
JP2010093890A JP2008259429A JP2008259429A JP2010093890A JP 2010093890 A JP2010093890 A JP 2010093890A JP 2008259429 A JP2008259429 A JP 2008259429A JP 2008259429 A JP2008259429 A JP 2008259429A JP 2010093890 A JP2010093890 A JP 2010093890A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
brush
commutator
electric motor
holder
speed
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2008259429A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Shunji Kumagai
俊司 熊谷
Satoru Kanda
哲 神田
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Mitsuba Corp
Original Assignee
Mitsuba Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Mitsuba Corp filed Critical Mitsuba Corp
Priority to JP2008259429A priority Critical patent/JP2010093890A/en
Publication of JP2010093890A publication Critical patent/JP2010093890A/en
Pending legal-status Critical Current

Links

Images

Abstract

<P>PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an electric motor that is reduced in size and enhanced in performance, wherein the life of a brush can be accurately set. <P>SOLUTION: A brush holder 36 includes a biasing member (spring SP) that biases a carbon brush (brush 21) toward a commutator 10. The initial brush length of the carbon brush in the biasing direction of the biasing member is so set that the expression of A=3C+F is met, where, A is the initial brush length; F is the wear allowance for the carbon brush in the biasing direction; and C is the clearance between the brush holder 36 and the commutator 10. <P>COPYRIGHT: (C)2010,JPO&INPIT

Description

この発明は、例えば、車両に搭載される電動モータに関するものである。   The present invention relates to an electric motor mounted on a vehicle, for example.

従来から、自動車用のワイパーモータとして、ブラシ付きの電動モータを用いる場合が多い。この種の電動モータは、円筒状のヨークの内周面に複数の永久磁石を周方向に等間隔で配置し、これら永久磁石の内側にアーマチュアが回転自在に支持されている。アーマチュアは、複数のティースが放射状に形成されたアーマチュアコアを有している。各ティース間には軸線方向に長いスロットが複数形成され、所定間隔をあけたスロット間に巻線を重ね巻き方式にて巻装することでコイルを形成している。コイルは、アーマチュアコアと隣接するように回転軸に外嵌固定されたコンミテータに導通している。   Conventionally, an electric motor with a brush is often used as a wiper motor for an automobile. In this type of electric motor, a plurality of permanent magnets are arranged at equal intervals in the circumferential direction on the inner peripheral surface of a cylindrical yoke, and an armature is rotatably supported inside these permanent magnets. The armature has an armature core in which a plurality of teeth are formed radially. A plurality of slots that are long in the axial direction are formed between the teeth, and a coil is formed by winding a winding by a lap winding method between slots having a predetermined interval. The coil is electrically connected to a commutator that is externally fixed to the rotating shaft so as to be adjacent to the armature core.

コンミテータは、金属片である複数のセグメントが互いに絶縁された状態で周方向に配設されたものであって、これらセグメントにそれぞれコイルの巻き始め端、および巻き終わり端が接続される。また、各セグメントはブラシに摺接可能に接続されており、このブラシを介してそれぞれのコイルに給電される。そして、給電されたコイルには磁界が形成され、ヨークの永久磁石との間に生じる磁気的な吸引力や反発力によって回転軸が駆動する。   In the commutator, a plurality of segments, which are metal pieces, are arranged in the circumferential direction in a state of being insulated from each other, and a winding start end and a winding end end of a coil are connected to these segments, respectively. Each segment is slidably connected to the brush, and power is supplied to each coil via the brush. A magnetic field is formed in the supplied coil, and the rotating shaft is driven by a magnetic attractive force or a repulsive force generated between the yoke and the permanent magnet.

ここで、近年のワイパーモータの小型、高性能化の要請から磁極数を4極(極対数が2)に多極化すると共に多スロット化し、モータの高性能化を図り、かつ4つのブラシを周方向に等間隔に配置し、モータの速度可変を可能にした技術が開示されている(例えば、特許文献1参照)。
この特許文献1のモータは、4つのブラシへの通電パターンを変えることによって、LOWモード、MIDモード、およびHIモードのそれぞれのモードごとにコイルに供給される電流の量を変化させている。このようにすることで、磁極数が4極で、かつ多スロット化されたモータでありながらモードごとのモータ回転数を変化させることができる。
特開2006−353019号公報
Here, due to the recent demand for smaller and higher performance wiper motors, the number of magnetic poles has been increased to 4 poles (2 pole pairs) and the number of slots has been increased to improve motor performance, and the four brushes in the circumferential direction. (See, for example, Patent Document 1).
The motor of Patent Document 1 changes the amount of current supplied to the coil for each of the LOW mode, the MID mode, and the HI mode by changing energization patterns to the four brushes. By doing in this way, although the number of magnetic poles is 4 and the motor is a multi-slot, the motor rotation speed for each mode can be changed.
JP 2006-353019 A

ところで、上述のモータにあっては、ブラシが磨耗してブラシ長が短くなると、ブラシを付勢するスプリングのスプリング長が長くなる。すると、コンミテータにブラシを押圧する面圧が低下してブラシの座乗性が悪化し、ブラシの異常磨耗に発展する虞がある。
また、ブラシが磨耗してブラシ長が極端に短くなると、ホルダステーに取り付けられブラシを保持するブラシホルダ内でブラシが不安定になり、ブラシの異常磨耗に発展する虞がある。
ブラシにこのような異常磨耗が発生すると、推定した磨耗時間よりも短い時間でブラシの寿命がきてしまい、ブラシの寿命設定が困難になるという課題がある。
By the way, in the above-described motor, when the brush is worn and the brush length is shortened, the spring length of the spring for urging the brush is lengthened. Then, the surface pressure that presses the brush against the commutator decreases, the seating property of the brush deteriorates, and there is a risk of developing abnormal wear of the brush.
Further, when the brush wears and the brush length becomes extremely short, the brush becomes unstable in the brush holder attached to the holder stay and holding the brush, and there is a possibility of developing abnormal wear of the brush.
When such abnormal wear occurs in the brush, there is a problem that the life of the brush comes in a time shorter than the estimated wear time, and it becomes difficult to set the life of the brush.

そこで、この発明は、上述した事情に鑑みてなされたものであって、小型化、高性能化を図りつつ、ブラシの寿命設定を正確に行うことができる電動モータを提供するものである。   Accordingly, the present invention has been made in view of the above-described circumstances, and provides an electric motor capable of accurately setting the life of a brush while achieving downsizing and high performance.

上記の課題を解決するために、本発明の電動モータは、アーマチュアに設けられているコンミテータに摺接して給電を行うカーボンブラシと、前記カーボンブラシを前記コンミテータに対して進退自在に収納するブラシホルダと、前記ブラシホルダを固定するホルダステーとを有する電動モータにおいて、前記ブラシホルダに、前記カーボンブラシを前記コンミテータに付勢する付勢部材を設け、前記付勢部材の付勢方向の前記カーボンブラシの初期ブラシ長をA、前記付勢方向の前記カーボンブラシの磨耗代をF、前記ブラシホルダと前記コンミテータとの間のクリアランスをCとしたとき、
A=3C+F
を満たすように前記初期ブラシ長を設定したことを特徴とする。
In order to solve the above-described problems, an electric motor according to the present invention includes a carbon brush that is slidably contacted with a commutator provided in an armature to supply power, and a brush holder that stores the carbon brush with respect to the commutator. And an electric motor having a holder stay for fixing the brush holder, wherein the brush holder is provided with a biasing member that biases the carbon brush toward the commutator, and the carbon brush in the biasing direction of the biasing member is provided. When the initial brush length is A, the wear allowance of the carbon brush in the urging direction is F, and the clearance between the brush holder and the commutator is C,
A = 3C + F
The initial brush length is set to satisfy the above condition.

このように構成することで、所定の運転時間が経過してカーボンブラシの磨耗代が完全に磨耗した場合であっても、カーボンブラシはブラシホルダの先端から突出させた長さの3倍の全長を有することになる。すなわち、カーボンブラシは、磨耗代が完全に磨耗した場合であっても、突出させた長さの2倍の長さがブラシホルダの内部に残存し、ブラシホルダによって保持される。
これにより、ブラシホルダの内部でカーボンブラシを安定的に保持し、カーボンブラシの異常磨耗を防止することができる。加えて、付勢部材を十分に圧縮させた状態に維持し、カーボンブラシのコンミテータに接触する面の面圧を適切な値に維持することが可能となる。これにより、カーボンブラシの座乗性を良好な状態に維持することができ、カーボンブラシの異常磨耗を防止することができる。
By configuring in this way, even when a predetermined operating time has elapsed and the wear margin of the carbon brush is completely worn, the carbon brush has a total length that is three times the length projected from the tip of the brush holder. Will have. That is, even if the wear allowance is completely worn, the carbon brush has a length twice as long as the projected length remaining inside the brush holder and is held by the brush holder.
Thereby, a carbon brush can be stably hold | maintained inside a brush holder and the abnormal wear of a carbon brush can be prevented. In addition, it is possible to maintain the biasing member in a sufficiently compressed state, and to maintain the surface pressure of the surface in contact with the commutator of the carbon brush at an appropriate value. Thereby, the seating property of the carbon brush can be maintained in a good state, and abnormal wear of the carbon brush can be prevented.

また、本発明の電動モータは、前記付勢方向の前記ブラシホルダの深さをM、前記付勢部材のバネ定数をK、前記付勢部材の初期長をL、前記カーボンブラシと前記コンミテータとの接触面積をSとしたときに、
K・{L−(M−2C−F)}/S≦7.84N/cm
K・{L−(M−2C)}/S≧2.94N/cm
を満たすことを特徴とする。
In the electric motor of the present invention, the depth of the brush holder in the biasing direction is M, the spring constant of the biasing member is K, the initial length of the biasing member is L, the carbon brush, the commutator, When the contact area of S is S,
K · {L- (M-2C-F)} / S ≦ 7.84 N / cm 2
K · {L- (M-2C)} / S ≧ 2.94 N / cm 2
It is characterized by satisfying.

このように構成することで、カーボンブラシのコンミテータに接触する面の面圧をより好適な範囲に維持することが可能となる。これにより、カーボンブラシの座乗性をより良好な状態に維持することができ、カーボンブラシの異常磨耗をより効果的に防止することができる。   By comprising in this way, it becomes possible to maintain the surface pressure of the surface which contacts the commutator of a carbon brush in a more suitable range. Thereby, the seating property of the carbon brush can be maintained in a better state, and abnormal wear of the carbon brush can be more effectively prevented.

また、本発明の電動モータは、前記カーボンブラシと前記ブラシホルダの側壁との間のクリアランスのうち、前記コンミテータの回転方向のクリアランスをC1、前記コンミテータの回転軸方向のクリアランスをC2としたとき、
0.05mm≦C1≦0.2mm
0.15mm≦C2≦0.35mm
を満たすことを特徴とする。
In the electric motor of the present invention, of the clearance between the carbon brush and the side wall of the brush holder, when the clearance in the rotation direction of the commutator is C1, and the clearance in the rotation axis direction of the commutator is C2,
0.05mm ≦ C1 ≦ 0.2mm
0.15mm ≦ C2 ≦ 0.35mm
It is characterized by satisfying.

このように構成することで、ブラシホルダによるカーボンブラシの保持性を向上させ、カーボンブラシをより安定的に保持することができる。
したがって、ブラシホルダの内部でカーボンブラシをより安定的に保持し、カーボンブラシの異常磨耗をより効果的に防止することができる。
By comprising in this way, the holding property of the carbon brush by a brush holder can be improved, and a carbon brush can be hold | maintained more stably.
Therefore, the carbon brush can be more stably held inside the brush holder, and abnormal wear of the carbon brush can be more effectively prevented.

本発明の電動モータによれば、小型化、高性能化を図りつつ、カーボンブラシの異常磨耗を防止して、ブラシの寿命設定を正確に行うことができる。   According to the electric motor of the present invention, it is possible to accurately set the life of the brush by preventing abnormal wear of the carbon brush while reducing the size and improving the performance.

次に、この発明の実施形態を図面に基づいて説明する。
図1〜図3に示すように、減速機付モータ1は、例えば、自動車のワイパーモータとして用いられるものであって、電動モータ2と、電動モータ2の回転軸3に連結された減速機構4とを備えている。
電動モータ2は、有底筒状のヨーク5と、ヨーク5内に回転自在に設けられたアーマチュア6とを有している。
Next, embodiments of the present invention will be described with reference to the drawings.
As shown in FIGS. 1 to 3, the motor 1 with a speed reducer is used as, for example, a wiper motor of an automobile, and includes an electric motor 2 and a speed reducing mechanism 4 connected to a rotating shaft 3 of the electric motor 2. And.
The electric motor 2 includes a bottomed cylindrical yoke 5 and an armature 6 rotatably provided in the yoke 5.

ヨーク5の筒部53は略円筒状に形成されており、この内周面に4つのセグメント型の永久磁石7が周方向に等間隔で磁極が順番となるように配設されている。すなわち、ヨーク5に設けられた永久磁石7は、極対数が2に設定されている。
ヨーク5の底壁(エンド部)51には、径方向中央に軸線方向外側に向かって突出するボス部19が形成され、ここに回転軸3の一端を軸支するための軸受け18が設けられている。
The cylindrical portion 53 of the yoke 5 is formed in a substantially cylindrical shape, and four segment-type permanent magnets 7 are arranged on the inner peripheral surface so that the magnetic poles are in order at equal intervals in the circumferential direction. That is, the permanent magnet 7 provided on the yoke 5 has a pole pair number of two.
The bottom wall (end portion) 51 of the yoke 5 is formed with a boss portion 19 projecting outward in the axial direction at the radial center, and a bearing 18 for supporting one end of the rotary shaft 3 is provided here. ing.

筒部53の開口部53aには、外フランジ部52が設けられている。外フランジ部52には、ボルト孔(不図示)が形成されている。このボルト孔にボルト24が挿通され、減速機構4の後述するギヤハウジング23に形成されたボルト孔(不図示)に螺入されることによって、ヨーク5が減速機構4に締結固定される。   An outer flange portion 52 is provided in the opening portion 53 a of the cylindrical portion 53. Bolt holes (not shown) are formed in the outer flange portion 52. Bolts 24 are inserted into the bolt holes and screwed into bolt holes (not shown) formed in a gear housing 23 (described later) of the speed reduction mechanism 4, whereby the yoke 5 is fastened and fixed to the speed reduction mechanism 4.

アーマチュア6は、回転軸3に外嵌固定されたアーマチュアコア8と、アーマチュアコア8に巻装されたアーマチュアコイル9と、回転軸3の他端側に配置されたコンミテータ10とを備えている。アーマチュアコア8は、プレス加工等によって打ち抜かれた磁性材料の板材を軸方向に積層したり(積層コア)、軟磁性粉を加圧成形したり(圧粉コア)して形成されたものであって、略円環状のコア本体11を有している。   The armature 6 includes an armature core 8 that is externally fitted and fixed to the rotary shaft 3, an armature coil 9 that is wound around the armature core 8, and a commutator 10 that is disposed on the other end side of the rotary shaft 3. The armature core 8 is formed by laminating a plate of magnetic material punched by pressing or the like in the axial direction (laminated core), or pressure-molding soft magnetic powder (a dust core). Thus, it has a substantially annular core body 11.

コア本体11の外周部には、3相(U相、V相、W相)に構成された構成軸方向平面視略T字型のティース12が18つ、周方向に沿って等間隔に放射状に設けられている。各ティース12は、径方向に延出し巻線14が巻装される巻胴部31と、巻胴部31の先端に設けられ巻胴部31に対して左右対称となるように延在する周壁部32とで構成されている。すなわち、ティース12の先端に設けられた周壁部32がアーマチュアコア8の外周面を構成しており、この周壁部32が永久磁石7と対向した状態になる。   On the outer periphery of the core body 11, there are 18 teeth 12 that are configured in three phases (U-phase, V-phase, W-phase) and are substantially T-shaped in a plan view in the axial direction, and are radially spaced along the circumferential direction. Is provided. Each of the teeth 12 includes a winding drum portion 31 in which the winding 14 is wound in a radial direction, and a peripheral wall provided at the tip of the winding drum portion 31 so as to be symmetrical with respect to the winding drum portion 31. Part 32. That is, the peripheral wall portion 32 provided at the tip of the tooth 12 constitutes the outer peripheral surface of the armature core 8, and the peripheral wall portion 32 faces the permanent magnet 7.

コア本体11の外周部に、ティース12を放射状に設けることによって、隣接するティース12間には、蟻溝状のスロット13が18つ形成されている。スロット13は軸線方向に沿って延びており、周方向に沿って等間隔に複数形成されている。
これらスロット13間にエナメル被覆の巻線14を挿通し、ティース12の巻胴部31に絶縁材であるインシュレータ(不図示)を介して巻線14が巻装される。これにより、アーマチュアコア8の外周に、複数のアーマチュアコイル9が形成される。
By providing teeth 12 radially on the outer peripheral portion of the core body 11, 18 dovetail-shaped slots 13 are formed between adjacent teeth 12. The slots 13 extend along the axial direction, and a plurality of slots 13 are formed at equal intervals along the circumferential direction.
The enamel-wrapped winding 14 is inserted between the slots 13, and the winding 14 is wound on the winding body 31 of the tooth 12 via an insulator (not shown) that is an insulating material. As a result, a plurality of armature coils 9 are formed on the outer periphery of the armature core 8.

ここで、18つのティース12を周方向に沿って等間隔に形成すると、各ティース12と各スロット13は、回転軸3を中心にして点対称に存在していることになる。一方、周方向90度間隔においては、ティース12とスロット13とが交互に存在した状態になる。このような状態を満たし、かつ3相構成となるようにティース12、およびスロット13の設置個数を設定する場合、それぞれティース12、およびスロット13の個数は、極対数に対して3倍以上の奇数倍となる。   Here, when the 18 teeth 12 are formed at equal intervals along the circumferential direction, the teeth 12 and the slots 13 exist in point symmetry with respect to the rotation axis 3. On the other hand, at intervals of 90 degrees in the circumferential direction, the teeth 12 and the slots 13 are alternately present. When the number of teeth 12 and slots 13 is set so as to satisfy such a state and have a three-phase configuration, the number of teeth 12 and slots 13 is an odd number that is more than three times the number of pole pairs. Doubled.

すなわち、本実施形態では永久磁石7が4つ(磁極数が4極)設けられているので、極対数が2であり、これに対してティース12(スロット13)が18つ設けられている。つまり、ティース12(スロット13)の個数は、極対数の9倍に設定されているということになる。   That is, in this embodiment, four permanent magnets 7 are provided (the number of magnetic poles is 4), so the number of pole pairs is 2, and 18 teeth 12 (slots 13) are provided. That is, the number of teeth 12 (slot 13) is set to 9 times the number of pole pairs.

また、各ティース12、および各スロット13は、回転軸3を中心にして点対称であって、かつ周方向90度間隔でティース12とスロット13とが交互に存在することで、N極の永久磁石7とこれに対向している各ティース12の相対位置関係と、S極の永久磁石7とこれに対向している各ティース12の相対位置関係とがスロット13の周方向半分の量だけずれた状態になる。   Further, each tooth 12 and each slot 13 is point-symmetric about the rotation axis 3 and the teeth 12 and the slots 13 are alternately present at intervals of 90 degrees in the circumferential direction, so that N poles are permanent. The relative positional relationship between the magnet 7 and each tooth 12 facing the magnet 7 and the relative positional relationship between the S-pole permanent magnet 7 and each tooth 12 facing the magnet 7 are shifted by an amount corresponding to half the circumferential direction of the slot 13. It becomes a state.

回転軸3のアーマチュアコア8よりも他端側には、コンミテータ10が外嵌固定されている。このコンミテータ10の外周面には、導電材で形成されたセグメント15が18枚取り付けられている。セグメント15は軸線方向に長い板状の金属片からなり、互いに絶縁された状態で周方向に沿って等間隔に並列に固定されている。コンミテータ10の外径Dは、20mm以上、30mm以下の範囲で設定されている。なお、この実施形態においては、コンミテータ10の外径Dは22mmに設定されている。   A commutator 10 is externally fitted and fixed to the other end side of the armature core 8 of the rotating shaft 3. Eighteen segments 15 made of a conductive material are attached to the outer peripheral surface of the commutator 10. The segment 15 is made of a plate-shaped metal piece that is long in the axial direction, and is fixed in parallel at equal intervals along the circumferential direction while being insulated from each other. The outer diameter D of the commutator 10 is set in the range of 20 mm or more and 30 mm or less. In this embodiment, the outer diameter D of the commutator 10 is set to 22 mm.

各セグメント15のアーマチュアコア8側の端部には、外径側に折り返す形で折り曲げられたライザ16が一体成形されている。ライザ16には、アーマチュアコイル9の巻き始め端部と巻き終わり端部となる巻線14が掛け回わされ、巻線14はヒュージングなどによりライザ16に固定されている。これにより、セグメント15とこれに対応するアーマチュアコイル9とが導通される。   A riser 16 is integrally formed at the end of each segment 15 on the armature core 8 side so as to be folded back to the outer diameter side. A winding 14 serving as a winding start end and a winding end end of the armature coil 9 is wound around the riser 16, and the winding 14 is fixed to the riser 16 by fusing or the like. Thereby, the segment 15 and the armature coil 9 corresponding to this segment are conducted.

また、同電位となるセグメント15、すなわち、回転軸3を中心にして互いに対向するセグメント15(本実施形態では9つ置きのセグメント15)にそれぞれ対応するライザ16には、各々接続線40が掛け回され、この接続線40がヒュージングによりライザ16に固定されている(図7参照)。接続線40は、同電位となるセグメント15同士を短絡するためのものであって、コンミテータ10とアーマチュアコア8との間に配索されている。   Further, the connecting lines 40 are respectively hung on the risers 16 respectively corresponding to the segments 15 having the same potential, that is, the segments 15 facing each other around the rotating shaft 3 (every nine segments 15 in this embodiment). The connecting wire 40 is fixed to the riser 16 by fusing (see FIG. 7). The connection line 40 is for short-circuiting the segments 15 having the same potential, and is wired between the commutator 10 and the armature core 8.

このように構成されたコンミテータ10は、減速機構4のギヤハウジング23に臨まされた状態になっている。ギヤハウジング23は、一面に開口部42aを有する略箱状に形成され減速機構4の歯車群41を収納するハウジング本体42と、ハウジング本体42の開口部42aを閉塞するカバー43とで構成されている。ハウジング本体42の電動モータ2側には、ブラシ収納部22が形成され、ここに電動モータ2のコンミテータ10が臨まされている。   The commutator 10 configured in this way is in a state of facing the gear housing 23 of the speed reduction mechanism 4. The gear housing 23 is formed by a housing main body 42 that is formed in a substantially box shape having an opening 42 a on one surface and accommodates the gear group 41 of the speed reduction mechanism 4, and a cover 43 that closes the opening 42 a of the housing main body 42. Yes. On the side of the electric motor 2 of the housing main body 42, a brush housing portion 22 is formed, and the commutator 10 of the electric motor 2 is exposed here.

図2〜図4に示すように、ブラシ収納部22は、ギヤハウジング23の電動モータ2側に凹状に形成されたものである。ブラシ収納部22の周壁30は、断面略長円形に形成されており、平面壁30aと円弧壁30bとで構成されている。
ブラシ収納部22の内側には、これに対応するように断面略長円形の筒状に形成されたカバー33が設けられている。このカバー33も平面壁33aと円弧壁33bとを有している。さらに、カバー33の内側には、このカバー33に対応するように形成されたホルダステー34が設けられている。ホルダステー34は、ボルト35によってハウジング本体42の側壁42bに締結固定されている。
As shown in FIGS. 2 to 4, the brush housing portion 22 is formed in a concave shape on the side of the electric motor 2 of the gear housing 23. The peripheral wall 30 of the brush housing part 22 is formed in a substantially oval cross section, and is composed of a flat wall 30a and an arc wall 30b.
A cover 33 formed in a cylindrical shape having a substantially oval cross section is provided inside the brush housing portion 22 so as to correspond to the inside. The cover 33 also has a flat wall 33a and an arc wall 33b. Further, a holder stay 34 formed so as to correspond to the cover 33 is provided inside the cover 33. The holder stay 34 is fastened and fixed to the side wall 42 b of the housing body 42 by bolts 35.

ホルダステー34には、周方向3箇所にブラシホルダ36が設けられている。ブラシホルダ36には、それぞれブラシ(カーボンブラシ)21が各々スプリング(付勢部材)Sを介して付勢された状態で出没自在に内装されている。これらブラシ21の先端部はスプリングSPによって付勢されているためコンミテータ10のセグメント15に摺接しており、外部の電源(不図示)から電流がブラシ21を介してコンミテータ10に供給される。   The holder stay 34 is provided with brush holders 36 at three locations in the circumferential direction. Each brush (carbon brush) 21 is housed in the brush holder 36 so as to be able to appear and retract in a state where each brush (carbon brush) 21 is urged via a spring (biasing member) S. The tip portions of the brushes 21 are urged by the springs SP and are in sliding contact with the segment 15 of the commutator 10. Current is supplied to the commutator 10 from the external power source (not shown) via the brush 21.

ブラシ21は、陽極側に接続されている低速用ブラシ21a、および高速用ブラシ21bと、これら低速用ブラシ21aと高速用ブラシ21bとに共通使用され陰極側に接続されている共通ブラシ21cとで構成されている。低速用ブラシ21aと共通ブラシ21cは互いに電気角で180°、つまり、機械角で周方向に90°間隔をあけて配設されている。一方、高速用ブラシ21bは、低速用ブラシ21aから周方向に角度αだけ離間して配置されている。なお、この実施形態では、共通ブラシ21cを陰極側とし、低速用ブラシ21aおよび高速用ブラシ21bを陽極側として説明するが、陽極側と陰極側を反対にしてもよい。   The brush 21 includes a low-speed brush 21a and a high-speed brush 21b connected to the anode side, and a common brush 21c commonly used for the low-speed brush 21a and the high-speed brush 21b and connected to the cathode side. It is configured. The low speed brush 21a and the common brush 21c are disposed at an electrical angle of 180 °, that is, at a mechanical angle of 90 ° in the circumferential direction. On the other hand, the high speed brush 21b is spaced apart from the low speed brush 21a by an angle α in the circumferential direction. In this embodiment, the common brush 21c is described as the cathode side, and the low speed brush 21a and the high speed brush 21b are described as the anode side. However, the anode side and the cathode side may be reversed.

ここで、コンミテータ10の同電位となるセグメント15、すなわち、回転軸3を中心にして互いに対向するセグメント15同士は接続線40によって短絡されているため、ブラシ21が摺接していないセグメントにも給電することが可能になる。したがって、高速用ブラシ21bは低速用ブラシ21aよりも角度θだけ進角した位置に存在していることになる。なお、この実施形態においては、角度θは31度に設定されている。   Here, since the segments 15 having the same potential of the commutator 10, that is, the segments 15 facing each other around the rotation shaft 3 are short-circuited by the connection line 40, power is supplied to the segments where the brush 21 is not in sliding contact. It becomes possible to do. Therefore, the high-speed brush 21b exists at a position advanced by an angle θ relative to the low-speed brush 21a. In this embodiment, the angle θ is set to 31 degrees.

このように、各ブラシ21a〜21cを配置することによって、カバー33、およびホルダステー34にあっては、ブラシ21a〜21cの存在しない部分を切除することができる。すなわち、カバー33を断面略長円形状に形成し、平面壁33aと円弧壁33bとの接続部分近傍に低速用ブラシ21a、および共通ブラシ21cを配置させることができる。一方、カバー33の低速用ブラシ21a、および共通ブラシ21cが配置されている箇所とは回転軸3を中心にして反対側の円弧壁33bに、高速用ブラシ21bを配置させることができる。このため、ブラシ収納部22を断面略長円形状に形成することができ、ブラシ収納部22の扁平化を図ることが可能になる。   In this way, by arranging the brushes 21a to 21c, in the cover 33 and the holder stay 34, portions where the brushes 21a to 21c do not exist can be cut off. That is, the cover 33 can be formed in a substantially oval cross section, and the low speed brush 21a and the common brush 21c can be disposed in the vicinity of the connection portion between the flat wall 33a and the arc wall 33b. On the other hand, the high-speed brush 21b can be disposed on the arc wall 33b on the opposite side of the rotation shaft 3 from the location where the low-speed brush 21a and the common brush 21c are disposed. For this reason, the brush storage part 22 can be formed in a substantially oval cross section, and the brush storage part 22 can be flattened.

また、図3に詳示するように、低速用ブラシ21a、および共通ブラシ21cの周方向のブラシ幅W1は互いに略同一に設定されている。これに対し、高速用ブラシ21bの周方向のブラシ幅W2は、低速用ブラシ21aのブラシ幅W1よりも小さく設定されている。具体的には、コンミテータ10の外径が20mm以上、30mm以下の範囲で設定されているとき、低速用ブラシ21a、および共通ブラシ21cのブラシ幅W1は、2.5mm以上、5mm以下の範囲で設定されている。一方、高速用ブラシ21bのブラシ幅W2は、1.5mm以上で、かつ2.5mmよりも小さい範囲で設定されている。なお、この実施形態においては、低速用ブラシ21a、および共通ブラシ21cのブラシ幅W1は3.0mm、高速用ブラシ21bのブラシ幅W2は1.7mmに設定されている。   Further, as shown in detail in FIG. 3, the brush widths W1 in the circumferential direction of the low speed brush 21a and the common brush 21c are set to be substantially the same. On the other hand, the brush width W2 in the circumferential direction of the high speed brush 21b is set smaller than the brush width W1 of the low speed brush 21a. Specifically, when the outer diameter of the commutator 10 is set in the range of 20 mm or more and 30 mm or less, the brush width W1 of the low speed brush 21a and the common brush 21c is in the range of 2.5 mm or more and 5 mm or less. Is set. On the other hand, the brush width W2 of the high speed brush 21b is set in a range of 1.5 mm or more and smaller than 2.5 mm. In this embodiment, the brush width W1 of the low speed brush 21a and the common brush 21c is set to 3.0 mm, and the brush width W2 of the high speed brush 21b is set to 1.7 mm.

このように低速用ブラシ21a、および共通ブラシ21cのブラシ幅W1と、高速用ブラシ21bのブラシ幅W2を設定することにより、低速用ブラシ21aと高速用ブラシ21bとが互いに同一セグメント15に同時に摺接することを回避することができるようになっている。   Thus, by setting the brush width W1 of the low speed brush 21a and the common brush 21c and the brush width W2 of the high speed brush 21b, the low speed brush 21a and the high speed brush 21b are simultaneously slid on the same segment 15. It is possible to avoid contact.

すなわち、コンミテータ10に接続されている接続線40によって、例えば、低速用ブラシ21aは、回転軸3を中心にして点対称位置にも存在していることになる(図3における2点鎖線参照)。この場合、低速用ブラシ21aと高速用ブラシ21bとの間隔は、隣接するセグメント15,15の間隔とほぼ同じになる。しかしながら、高速用ブラシ21bのブラシ幅W2が低速用ブラシ21aのブラシ幅W1よりも小さく設定されているので、低速用ブラシ21aと高速用ブラシ21bとが互いに同一セグメント15に同時に摺接することを回避することができる。   In other words, for example, the low speed brush 21a is also present at a point-symmetrical position around the rotation axis 3 by the connection line 40 connected to the commutator 10 (see the two-dot chain line in FIG. 3). . In this case, the interval between the low speed brush 21a and the high speed brush 21b is substantially the same as the interval between the adjacent segments 15 and 15. However, since the brush width W2 of the high-speed brush 21b is set smaller than the brush width W1 of the low-speed brush 21a, the low-speed brush 21a and the high-speed brush 21b are prevented from sliding simultaneously on the same segment 15. can do.

このことは、高速用ブラシ21bと共通ブラシ21cとの間にも同じことがいえる。すなわち、コンミテータ10に接続されている接続線40によって、高速用ブラシ21bは、回転軸3を中心にして点対称位置にも存在していることになる。しかしながら、高速用ブラシ21bのブラシ幅W2が共通ブラシ21cのブラシ幅W1よりも小さく設定されているので、これら高速用ブラシ21bと共通ブラシ21cとが互いに同一セグメント15に同時に摺接することを回避することができる。   The same can be said for the high-speed brush 21b and the common brush 21c. That is, the high-speed brush 21 b is also present at a point-symmetrical position about the rotation axis 3 by the connection line 40 connected to the commutator 10. However, since the brush width W2 of the high-speed brush 21b is set to be smaller than the brush width W1 of the common brush 21c, the high-speed brush 21b and the common brush 21c are prevented from simultaneously sliding on the same segment 15. be able to.

次に、この実施形態におけるブラシホルダ36およびブラシ21の周辺について、図5および図6を用いて詳細に説明する。以下では、低速用ブラシ21a、高速用ブラシ21bおよび共通ブラシ21cに共通する説明については、これらをまとめてブラシ21として説明する。   Next, the periphery of the brush holder 36 and the brush 21 in this embodiment will be described in detail with reference to FIGS. 5 and 6. Hereinafter, descriptions common to the low-speed brush 21a, the high-speed brush 21b, and the common brush 21c will be collectively described as the brush 21.

図5(a)および図6(a)に詳示するように、ブラシホルダ36にはスプリングSPが設けられ、ブラシ21をコンミテータ10の径方向に付勢している。ブラシホルダ36には、ブラシ21が磨耗したときにピグテール21Aがブラシ21の進出を妨げないように、切欠き部36aが形成されている。
ここで、ホルダステー34の内径Eは23.8mm、コンミテータ10の外径Dは22.0mmに設定されており、ブラシホルダ36とコンミテータ10との間のクリアランスCは0.9mmに設定されている。
As shown in detail in FIG. 5A and FIG. 6A, the brush holder 36 is provided with a spring SP to urge the brush 21 in the radial direction of the commutator 10. The brush holder 36 is formed with a notch 36a so that the pigtail 21A does not prevent the brush 21 from advancing when the brush 21 is worn.
Here, the inner diameter E of the holder stay 34 is set to 23.8 mm, the outer diameter D of the commutator 10 is set to 22.0 mm, and the clearance C between the brush holder 36 and the commutator 10 is set to 0.9 mm. .

ブラシ21は、例えば金属黒鉛質ブラシであり、磨耗前の初期ブラシ長Aが6.5mmに設定されている。
初期ブラシ長Aは、ブラシホルダ36とコンミテータ10との間のクリアランスCと、ブラシ21の付勢方向(コンミテータ10の径方向)の磨耗代Fとを考慮して設定されている。
磨耗代Fは、磨耗試験等、ブラシ21の異常磨耗が発生しない条件で、電動モータ2を所定の時間数運転させたときにブラシ21が磨耗する長さである。この実施形態においては、磨耗試験等の結果から、ブラシ21の磨耗代Fを3.8mmに設定している。
The brush 21 is, for example, a metal graphite brush, and an initial brush length A before wear is set to 6.5 mm.
The initial brush length A is set in consideration of the clearance C between the brush holder 36 and the commutator 10 and the wear allowance F in the urging direction of the brush 21 (the radial direction of the commutator 10).
The wear allowance F is a length at which the brush 21 is worn when the electric motor 2 is operated for a predetermined number of hours under the condition that the abnormal wear of the brush 21 does not occur, such as a wear test. In this embodiment, the wear allowance F of the brush 21 is set to 3.8 mm from the result of the wear test or the like.

すなわち、初期ブラシ長Aは、以下の式(1)を満たすように、クリアランスCおよび磨耗代Fに基づいて設定されている。   That is, the initial brush length A is set based on the clearance C and the wear allowance F so as to satisfy the following expression (1).

A=3C+F …(1)   A = 3C + F (1)

ブラシ21の磨耗代Fは3.8mmに設定され、クリアランスCが0.9mmであることから、ブラシ21の初期ブラシ長Aは、式(1)に基づいて6.5mmに設定されている。したがって、図5(b)および図6(b)に示すように、磨耗代Fが完全に磨耗したあとのブラシ21の磨耗ブラシ長Bは2.7mmとなる。   Since the wear allowance F of the brush 21 is set to 3.8 mm and the clearance C is 0.9 mm, the initial brush length A of the brush 21 is set to 6.5 mm based on the formula (1). Therefore, as shown in FIGS. 5B and 6B, the wear brush length B of the brush 21 after the wear allowance F is completely worn becomes 2.7 mm.

ここで、ブラシ21は、磨耗試験等の結果から、コンミテータ10と接触する面の面圧P1が7.84N/cmよりも大きくなると異常磨耗を生じる割合が高くなることが分かっている。したがって、ブラシ21の磨耗前の状態における面圧P1は、以下の式(2)の範囲を満たすよう設定される。 Here, it is known from the results of the wear test and the like that the rate of occurrence of abnormal wear of the brush 21 increases when the surface pressure P1 of the surface in contact with the commutator 10 is greater than 7.84 N / cm 2 . Therefore, the surface pressure P1 in a state before the brush 21 is worn is set to satisfy the range of the following formula (2).

P1≦7.84N/cm …(2) P1 ≦ 7.84 N / cm 2 (2)

面圧P1は、スプリングSPの付勢力をFs1、ブラシ21のコンミテータ10と接触する面の接触面積をSとすると、以下の式(3)で表される。   The surface pressure P1 is expressed by the following formula (3), where Fs1 is the biasing force of the spring SP, and S is the contact area of the surface that contacts the commutator 10 of the brush 21.

P1=Fs1/S …(3) P1 = Fs1 / S (3)

スプリングSPの付勢力Fs1は、スプリングSPの初期長をL、図5(a)および図6(a)に示すブラシ21の磨耗前の状態における長さをL1とすると、以下の式(4)で表される。   The urging force Fs1 of the spring SP is expressed by the following equation (4), where L is the initial length of the spring SP and L1 is the length of the brush 21 in the state before wear shown in FIGS. 5 (a) and 6 (a). It is represented by

Fs1=K・(L−L1) …(4) Fs1 = K · (L−L1) (4)

ここで、ブラシ21の磨耗前の状態におけるスプリングSPの長さL1は、図5(a)および図6(a)に示すように、ブラシホルダ36の深さMとブラシホルダ36に挿入されたブラシ21の長さとの差に等しくなっている。すなわち、スプリングSPの初期状態における長さL1は以下の式(5)により表される。   Here, the length L1 of the spring SP in the state before the brush 21 is worn is inserted into the brush holder 36 and the depth M of the brush holder 36 as shown in FIGS. 5 (a) and 6 (a). It is equal to the difference with the length of the brush 21. That is, the length L1 in the initial state of the spring SP is expressed by the following equation (5).

L1=M−2C−F …(5) L1 = M-2C-F (5)

式(2)に、式(3)〜式(5)を代入すると、以下の式(6)が導出される。   When Expressions (3) to (5) are substituted into Expression (2), the following Expression (6) is derived.

K・{L−(M−2C−F)}/S≦7.84N/cm …(6) K · {L− (M−2C−F)} / S ≦ 7.84 N / cm 2 (6)

すなわち、この実施形態において、スプリングSPのバネ定数Kおよび初期長Lは、式(6)を満たすように、ブラシホルダ36の深さM、クリアランスC、およびブラシ21の磨耗代Fに基づいて設定されている。   That is, in this embodiment, the spring constant K and the initial length L of the spring SP are set based on the depth M of the brush holder 36, the clearance C, and the wear allowance F of the brush 21 so as to satisfy the expression (6). Has been.

また、ブラシ21は、磨耗試験等の結果から、図5(b)および図6(b)に示すように、磨耗代Fが完全に磨耗した状態において、コンミテータ10と接触する面の面圧P2が2.94N/cmよりも小さくなると異常磨耗を生じる割合が高くなることが分かっている。したがって、磨耗代Fが完全に磨耗した状態における面圧P2は、以下の式(7)の範囲を満たすよう設定される。 Further, as shown in FIGS. 5 (b) and 6 (b), the brush 21 has a surface pressure P2 of a surface in contact with the commutator 10 when the wear allowance F is completely worn, as shown in FIGS. 5 (b) and 6 (b). It has been found that the rate of occurrence of abnormal wear increases when is less than 2.94 N / cm 2 . Accordingly, the surface pressure P2 in a state where the wear allowance F is completely worn is set so as to satisfy the range of the following expression (7).

P2≧2.94N/cm …(7) P2 ≧ 2.94 N / cm 2 (7)

面圧P2は、スプリングSPの付勢力をFs2、ブラシ21のコンミテータ10と接触する面の接触面積をSとすると、以下の式(8)で表される。   The surface pressure P2 is expressed by the following equation (8), where Fs2 is the biasing force of the spring SP and S is the contact area of the surface of the brush 21 that contacts the commutator 10.

P2=Fs2/S …(8) P2 = Fs2 / S (8)

スプリングSPの付勢力Fs2は、スプリングSPの初期長をL、図5(b)および図6(b)に示す磨耗代Fが完全に磨耗した状態における長さをL2とすると、以下の式(9)で表される。   The urging force Fs2 of the spring SP is represented by the following formula (L) where L is the initial length of the spring SP and L2 is the length when the wear allowance F shown in FIGS. 5B and 6B is completely worn. 9).

Fs2=K・(L−L2) …(9) Fs2 = K · (L−L2) (9)

ここで、ブラシ21の磨耗代Fが完全に磨耗した状態におけるスプリングSPの長さL2は、図5(b)および図6(b)に示すように、ブラシホルダ36の深さMとブラシホルダ36に挿入されたブラシ21の長さとの差に等しくなっている。すなわち、磨耗代Fが完全に磨耗した状態におけるスプリングSPの長さL2は以下の式(10)により表される。   Here, the length L2 of the spring SP when the wear allowance F of the brush 21 is completely worn is equal to the depth M of the brush holder 36 and the brush holder, as shown in FIGS. 5 (b) and 6 (b). It is equal to the difference with the length of the brush 21 inserted into 36. That is, the length L2 of the spring SP in a state where the wear allowance F is completely worn is represented by the following formula (10).

L2=M−2C …(10) L2 = M-2C (10)

式(7)に、式(8)〜式(10)を代入すると、以下の式(11)が導出される。   By substituting Equations (8) to (10) into Equation (7), the following Equation (11) is derived.

K・{L−(M−2C)}/S≧2.94N/cm …(11) K · {L- (M-2C)} / S ≧ 2.94 N / cm 2 (11)

すなわち、この実施形態においては、スプリングSPのバネ定数Kおよび初期長Lが、式(11)を満たすように、ブラシホルダ36の深さM、クリアランスC、およびブラシ21の磨耗代Fに基づいて設定されている。   That is, in this embodiment, the spring constant K and the initial length L of the spring SP are based on the depth M of the brush holder 36, the clearance C, and the wear allowance F of the brush 21 so as to satisfy Expression (11). Is set.

この実施形態においては、低速用ブラシ21aおよび共通ブラシ21cの断面積を20.7mmとし、高速用ブラシ21bの断面積を11.8mmとし、断面積をコンミテータ10との接触面積Sとして用いている。また、低速用ブラシ21aおよび共通ブラシ21cのスプリングSPのバネ定数Kを0.15に設定している。これにより、低速用ブラシ21aおよび共通ブラシ21cの磨耗前のスプリングSPの付勢力Fs1は1.158N(面圧P1=5.59N/cm)となり、磨耗代Fが完全に磨耗したあとスプリングSPの付勢力Fs2は0.613N(面圧P2=2.96N/cm)となっている。 In this embodiment, the cross-sectional area of the low-speed brush 21 a and the common brush 21 c is 20.7 mm 2 , the cross-sectional area of the high-speed brush 21 b is 11.8 mm 2 , and the cross-sectional area is used as the contact area S with the commutator 10. ing. Further, the spring constant K of the spring SP of the low speed brush 21a and the common brush 21c is set to 0.15. As a result, the biasing force Fs1 of the spring SP before the wear of the low speed brush 21a and the common brush 21c is 1.158 N (surface pressure P1 = 5.59 N / cm 2 ), and after the wear allowance F is completely worn, the spring SP The urging force Fs2 is 0.613 N (surface pressure P2 = 2.96 N / cm 2 ).

ここで、図3に示すように、低速用ブラシ21aおよび共通ブラシ21cのブラシ幅W1は、3mmに設定され、高速用ブラシ21bのブラシ幅W2は1.7mmに設定されている。
そして、図5(a)および図5(b)に示すように、コンミテータ10の回転方向のブラシ21とブラシホルダ36の側壁との間のクリアランスC1は、以下の式(12)の範囲を満たすように設定されている。
Here, as shown in FIG. 3, the brush width W1 of the low speed brush 21a and the common brush 21c is set to 3 mm, and the brush width W2 of the high speed brush 21b is set to 1.7 mm.
And as shown to Fig.5 (a) and FIG.5 (b), the clearance C1 between the brush 21 of the rotation direction of the commutator 10 and the side wall of the brush holder 36 satisfy | fills the range of the following formula | equation (12). Is set to

0.05mm≦C1≦0.2mm …(12) 0.05 mm ≦ C1 ≦ 0.2 mm (12)

また、図6(a)および図6(b)に示すように、コンミテータ10の回転軸3方向のブラシ21とブラシホルダ36の側壁との間のクリアランスC2は、以下の式(13)の範囲を満たすように設定されている。   Further, as shown in FIGS. 6A and 6B, the clearance C2 between the brush 21 in the direction of the rotation axis 3 of the commutator 10 and the side wall of the brush holder 36 is within the range of the following equation (13). It is set to satisfy.

0.15mm≦C2≦0.35mm …(13) 0.15 mm ≦ C2 ≦ 0.35 mm (13)

図1、図2に示すように、ギヤハウジング23のハウジング本体42に収納された歯車群41は、電動モータ2の回転軸3に連結されたウォーム軸25と、ウォーム軸25に噛合う段付歯車26と、段付歯車26に噛合うスパーギヤ27とで構成されている。ウォーム軸25は、一端が回転軸3に連結されると共に、他端がハウジング本体42に回転自在に軸支されている。段付歯車26は、ウォーム軸25に噛合うウォームホイール28とウォームホイール28よりも小径に形成された小径歯車29とが一体成形されたものである。   As shown in FIGS. 1 and 2, the gear group 41 housed in the housing main body 42 of the gear housing 23 includes a worm shaft 25 connected to the rotating shaft 3 of the electric motor 2 and a stepped portion that meshes with the worm shaft 25. It comprises a gear 26 and a spur gear 27 that meshes with the stepped gear 26. One end of the worm shaft 25 is connected to the rotating shaft 3, and the other end is rotatably supported by the housing body 42. The stepped gear 26 is formed by integrally forming a worm wheel 28 that meshes with the worm shaft 25 and a small-diameter gear 29 that has a smaller diameter than the worm wheel 28.

段付歯車26の径方向中央には、アイドラー軸61が圧入されている。アイドラー軸61は、小径歯車29とは反対側に突出しており、この突出した端部61aがハウジング本体42に回転自在に軸支されている。一方、アイドラー軸61の端部61aとは反対側端に存在する小径歯車29の先端は、カバー43に回転自在に軸支されている。このように、段付歯車26は、ハウジング本体42とカバー43とで両端が軸支された状態になっている。   An idler shaft 61 is press-fitted into the center of the stepped gear 26 in the radial direction. The idler shaft 61 protrudes on the side opposite to the small-diameter gear 29, and the protruding end portion 61 a is rotatably supported by the housing body 42. On the other hand, the tip of the small-diameter gear 29 existing at the end opposite to the end 61 a of the idler shaft 61 is rotatably supported by the cover 43. Thus, the stepped gear 26 is in a state where both ends are pivotally supported by the housing main body 42 and the cover 43.

スパーギヤ27は、段付歯車26の小径歯車29に噛合っている。スパーギヤ27の径方向中央には、ボス部65がカバー43側に向かって突出形成されている。このボス部65は、カバー43に回転自在に支持されている。また、ボス部65には、出力軸62が圧入されている。出力軸62は、ハウジング本体42の底壁(エンド部)42cから突出している。ハウジング本体42の底壁42cには、出力軸62に対応する部位に、ボス部63が外方に向かって突出形成されている。このボス部63には、出力軸62を回転自在に軸支するためのすべり軸受け64が設けられている。   The spur gear 27 meshes with the small diameter gear 29 of the stepped gear 26. At the center of the spur gear 27 in the radial direction, a boss portion 65 is formed to protrude toward the cover 43 side. The boss 65 is rotatably supported by the cover 43. An output shaft 62 is press-fitted into the boss portion 65. The output shaft 62 protrudes from the bottom wall (end portion) 42 c of the housing body 42. On the bottom wall 42c of the housing main body 42, a boss portion 63 is formed projecting outward at a portion corresponding to the output shaft 62. The boss portion 63 is provided with a sliding bearing 64 for rotatably supporting the output shaft 62.

出力軸62のハウジング本体42から突出した部分には、先端に向かうに従って徐々に先細りとなる先細り部66が形成されている。この先細り部66には、セレーション67が形成されている。これによって、例えば、ワイパーなどを駆動するための外部機構と出力軸62とを連結することができるようになっている。   A portion of the output shaft 62 that protrudes from the housing main body 42 is formed with a tapered portion 66 that gradually tapers toward the tip. A serration 67 is formed in the tapered portion 66. Thereby, for example, an external mechanism for driving a wiper or the like and the output shaft 62 can be connected.

この他に、ハウジング本体42の側壁42bには、コネクタ68が回転軸3の軸方向に沿って突設されている。コネクタ68は、外部からの電源を電動モータ2に供給するためのものである。コネクタ68の受入れ口69には接続端子70が設けられており、この接続端子70が電動モータ2のブラシ21(21a〜21c)に電気的に接続されている。これによって、外部の電源から電流がブラシ21を介してコンミテータ10に供給される。   In addition, a connector 68 projects from the side wall 42 b of the housing body 42 along the axial direction of the rotary shaft 3. The connector 68 is for supplying power from the outside to the electric motor 2. A connection terminal 70 is provided in the receiving port 69 of the connector 68, and the connection terminal 70 is electrically connected to the brush 21 (21 a to 21 c) of the electric motor 2. As a result, a current is supplied from the external power source to the commutator 10 via the brush 21.

さらに、ハウジング本体42の開口縁には、カバー43を締結固定するためのボルト座71が一体成形されている。カバー43は、ハウジング本体42のボルト座71に対応する部位に、ボルト72を挿通可能なボルト孔(不図示)を有する取付け座73が一体形成されている。カバー43は、取付け座73にボルト72を挿通し、このボルト72がハウジング本体42のボルト座71に螺入されることによってハウジング本体42に締結固定されるようになっている。
また、カバー43には、コネクタ68の接続端子70と電動モータ2のブラシ21とを電気的に接続するための配電基板74が設けられている。配電基板74には、リード線の役割を有するパターン(不図示)が形成されている。
Further, a bolt seat 71 for fastening and fixing the cover 43 is integrally formed at the opening edge of the housing body 42. The cover 43 is integrally formed with a mounting seat 73 having a bolt hole (not shown) through which the bolt 72 can be inserted at a portion corresponding to the bolt seat 71 of the housing main body 42. The cover 43 is configured to be fastened and fixed to the housing main body 42 by inserting bolts 72 into the mounting seat 73 and screwing the bolts 72 into the bolt seat 71 of the housing main body 42.
Further, the cover 43 is provided with a power distribution board 74 for electrically connecting the connection terminal 70 of the connector 68 and the brush 21 of the electric motor 2. A pattern (not shown) having a role of a lead wire is formed on the power distribution board 74.

次に、図7に基づいて、アーマチュア6のアーマチュアコア8に巻装された巻線14の巻装構造について説明する。
図7は、アーマチュア6の展開図であり、隣接するティース12間の空隙がスロット13に相当している。なお、以下の図面においては、各セグメント15、および各ティース12にそれぞれ符号を附して説明する。
Next, the winding structure of the winding 14 wound around the armature core 8 of the armature 6 will be described with reference to FIG.
FIG. 7 is a development view of the armature 6, and a gap between adjacent teeth 12 corresponds to the slot 13. In the following drawings, each segment 15 and each tooth 12 will be described with reference numerals.

同図に詳示するように、同電位となるセグメント15同士は、接続線40によって短絡されている。つまり、本実施形態においては、9つ置き(例えば、1番セグメント15と10番セグメント15)のセグメント15同士が接続線40によってそれぞれ短絡されている。
ここで、巻線14は、第1の導線110と第2の導線120とで構成されている。なお、図7において、第1の導線110を実線で示し、第2の導線120を破線で示す。
As shown in detail in the figure, the segments 15 having the same potential are short-circuited by a connection line 40. In other words, in this embodiment, every other nine segments 15 (for example, the first segment 15 and the tenth segment 15) are short-circuited by the connection line 40, respectively.
Here, the winding 14 is composed of a first conducting wire 110 and a second conducting wire 120. In FIG. 7, the first conductive wire 110 is indicated by a solid line, and the second conductive wire 120 is indicated by a broken line.

第1の導線110は、3つ置きの任意のスロット13,13間に順方向に巻装され、かつ、任意のスロット13,13から各々周方向に90度ずれたスロット13,13間に逆方向に巻装された第1〜第9の巻線161〜169を形成している。
第2の導線120は、3つ置きの任意のスロット13,13間に順方向に巻装され、かつ、任意のスロット13,13から各々周方向に90度ずれたスロット13,13間に逆方向に巻装された他の第1〜第9の巻線171〜179を形成している。
これら第1〜第9の巻線161〜169と、他の第1〜第9の巻線171〜179は、それぞれ回転軸3を中心にして点対称位置に存在している。
The first conducting wire 110 is wound between every three arbitrary slots 13 and 13 in the forward direction, and reversely between each of the slots 13 and 13 shifted from the arbitrary slots 13 and 13 by 90 degrees in the circumferential direction. First to ninth windings 161 to 169 wound in the direction are formed.
The second conducting wire 120 is wound in the forward direction between every three arbitrary slots 13 and 13 and is reversed between the slots 13 and 13 that are offset from the arbitrary slots 13 and 13 by 90 degrees in the circumferential direction. Other first to ninth windings 171 to 179 wound in the direction are formed.
The first to ninth windings 161 to 169 and the other first to ninth windings 171 to 179 are located at point-symmetrical positions around the rotation axis 3.

すなわち、第1の導線110により形成された第1の巻線161と、第2の導線120により形成された他の第1の巻線171は、回転軸3を中心にして対向した位置に存在し、これら巻線161と巻線171とで第1の巻線の対を形成している。同様に、第2〜第9の巻線162〜169と、他の第2〜第9の巻線172〜179とでそれぞれ第2の巻線の対162,172、第3の巻線の対163,173、第4の巻線の対164,174、第5の巻線の対165,175、第6の巻線の対166,176、第7の巻線の対167,177、第8の巻線の対168,178、および第9の巻線の対169,179を形成している。   That is, the first winding 161 formed by the first conducting wire 110 and the other first winding 171 formed by the second conducting wire 120 exist at positions facing each other about the rotation shaft 3. The winding 161 and the winding 171 form a first pair of windings. Similarly, in the second to ninth windings 162 to 169 and the other second to ninth windings 172 to 179, the second winding pair 162 and 172, and the third winding pair, respectively. 163, 173, fourth winding pair 164, 174, fifth winding pair 165, 175, sixth winding pair 166, 176, seventh winding pair 167, 177, eighth. A pair of windings 168, 178 and a pair of windings 169, 179.

第1〜第9の巻線161〜169は、それぞれ9本の接続線40を介して一連に繋がれている。一方、他の第1〜第9の巻線171〜179は、それぞれ9本の接続線40を介して一連に繋がれている。各巻線161〜179の巻き始め端、および巻き終わり端は、隣接するセグメント15,15間に接続されている。このように各スロット13間に形成された第1〜第9の巻線161〜169、および他の第1〜第9の巻線171〜179は、例えば、ダブルフライヤ式の巻線機などを用いて巻装することが可能である。   The first to ninth windings 161 to 169 are connected in series via nine connection lines 40. On the other hand, the other first to ninth windings 171 to 179 are connected in series via nine connection lines 40. The winding start ends and winding end ends of the windings 161 to 179 are connected between the adjacent segments 15 and 15. The first to ninth windings 161 to 169 formed between the slots 13 and the other first to ninth windings 171 to 179 are, for example, a double flyer type winding machine or the like. It can be wound using.

次に、減速機付モータ1の作用について説明する。
まず、低回転駆動時において、減速機付モータ1の電動モータ2は、共通ブラシ21cと低速用ブラシ21aによって電力供給される。このとき、アーマチュアコア8に巻装されているアーマチュアコイル9に磁界が発生し、この磁界とヨーク5に設けられた永久磁石7との間に磁気的な吸引力や反発力が生じ、回転軸3が駆動する。一方、高回転駆動時においては、高速用ブラシ21bによって電動モータ2は進角され、低回転駆動時よりも高回転で作動する。
回転軸3が駆動すると、減速機構4を介して出力軸62に伝達される。出力軸62には、ワイパーなどを駆動するための外部機構が連結されているので、出力軸62が回転することによって、外部機構が低速で作動したり、高速で作動したりする。
Next, the operation of the speed reducer-equipped motor 1 will be described.
First, at the time of low rotation driving, the electric motor 2 of the motor 1 with speed reducer is supplied with power by the common brush 21c and the low speed brush 21a. At this time, a magnetic field is generated in the armature coil 9 wound around the armature core 8, and a magnetic attractive force or a repulsive force is generated between the magnetic field and the permanent magnet 7 provided on the yoke 5. 3 is driven. On the other hand, at the time of high rotation driving, the electric motor 2 is advanced by the high speed brush 21b and operates at a higher rotation than at the time of low rotation driving.
When the rotary shaft 3 is driven, it is transmitted to the output shaft 62 via the speed reduction mechanism 4. Since an external mechanism for driving a wiper or the like is connected to the output shaft 62, the external mechanism operates at a low speed or operates at a high speed as the output shaft 62 rotates.

ここで、この実施形態においては、図5(a)および図6(a)に示すブラシ21の初期ブラシ長Aが、ブラシホルダ36とコンミテータ10との間のクリアランスCおよび磨耗代Fに基づいて、上記の式(1)を満たすように設定されている。
そのため、図5(a)および図6(a)に示すブラシ21の磨耗前の状態から、所定の運転時間が経過して、図5(b)および図6(b)に示すようにブラシ21が磨耗して磨耗代Fが完全に磨耗した状態になった場合であっても、ブラシ21はブラシホルダ36の先端から突出した長さ(すなわち、クリアランスC)の3倍の全長を有することになる。
Here, in this embodiment, the initial brush length A of the brush 21 shown in FIGS. 5A and 6A is based on the clearance C and the wear allowance F between the brush holder 36 and the commutator 10. , So as to satisfy the above formula (1).
Therefore, a predetermined operating time elapses from the state before the brush 21 shown in FIGS. 5 (a) and 6 (a) is worn, and the brush 21 as shown in FIGS. 5 (b) and 6 (b). Even when the wear is F and the wear allowance F is completely worn, the brush 21 has a total length that is three times the length protruding from the tip of the brush holder 36 (ie, clearance C). Become.

すなわち、ブラシ21は、磨耗代Fが完全に磨耗した場合であっても、突出させた長さ(C)の2倍の長さ(2C)がブラシホルダ36の内部に残存し、ブラシホルダ36によって保持される。これにより、ブラシホルダ36の内部でブラシ21を安定的に保持し、ブラシ21の異常磨耗を防止することができる。   That is, the brush 21 has a length (2C) that is twice as long as the length (C) that protrudes, even when the wear allowance F is completely worn. Held by. Thereby, the brush 21 can be stably held inside the brush holder 36, and abnormal wear of the brush 21 can be prevented.

加えて、スプリングSPを十分に圧縮させた状態に維持し、ブラシ21のコンミテータ10に接触する面の面圧P1,P2を適切な値に維持することが可能となる。これにより、ブラシ21のコンミテータ10に対する座乗性を良好な状態に維持することができ、ブラシ21の異常磨耗を防止することができる。   In addition, the spring SP can be maintained in a sufficiently compressed state, and the surface pressures P1 and P2 of the surface of the brush 21 that contacts the commutator 10 can be maintained at appropriate values. Thereby, the seating property with respect to the commutator 10 of the brush 21 can be maintained in a favorable state, and the abnormal wear of the brush 21 can be prevented.

また、スプリングSPのバネ定数Kおよび初期長Lが、図5(a)および図6(a)に示すブラシ21の磨耗前の状態において、ブラシホルダ36の深さM、クリアランスC、およびブラシ21の磨耗代Fに基づいて、式(6)を満たすように設定されている。さらに、スプリングSPのバネ定数Kおよび初期長Lが、図5(b)および図6(b)に示すブラシ21の磨耗代Fの磨耗後の状態において、ブラシホルダ36の深さM、クリアランスCに基づいて、式(11)を満たすように設定されている。   Further, the spring constant K and the initial length L of the spring SP are the depth M of the brush holder 36, the clearance C, and the brush 21 in a state before the brush 21 is worn as shown in FIGS. 5 (a) and 6 (a). Is set to satisfy the equation (6). Further, when the spring constant K and the initial length L of the spring SP are after the wear of the brush 21 as shown in FIGS. 5B and 6B, the depth M and the clearance C of the brush holder 36 are obtained. Is set so as to satisfy the expression (11).

そのため、ブラシ21の磨耗代Fの磨耗前から磨耗後まで、ブラシ21のコンミテータ10に接触する面の面圧P1〜P2を、2.94N/cm〜7.84N/cmのより好適な範囲に維持することが可能となる。これにより、ブラシ21のコンミテータ10に対する座乗性をより良好な状態に維持することができ、ブラシ21の異常磨耗をより効果的に防止することができる。 Therefore, the surface pressure P1 to P2 of the surface that contacts the commutator 10 of the brush 21 from before the wear of the wear allowance F of the brush 21 to after the wear is more preferably 2.94 N / cm 2 to 7.84 N / cm 2. It becomes possible to maintain the range. Thereby, the seating property with respect to the commutator 10 of the brush 21 can be maintained in a more favorable state, and the abnormal wear of the brush 21 can be more effectively prevented.

また、コンミテータ10の回転方向のブラシ21とブラシホルダ36の側壁との間のクリアランスC1は式(12)を満たすように設定されている。加えて、コンミテータ10の回転軸方向のブラシ21とブラシホルダ36の側壁との間のクリアランスC2は、式(13)を満たすように設定されている。
そのため、ブラシホルダ36によるブラシ21の保持性を向上させ、ブラシ21をより安定的に保持することができる。したがって、ブラシホルダ36の内部でブラシ21をより安定的に保持し、ブラシ21の異常磨耗をより効果的に防止することができる。
Further, the clearance C1 between the brush 21 in the rotational direction of the commutator 10 and the side wall of the brush holder 36 is set so as to satisfy Expression (12). In addition, the clearance C2 between the brush 21 in the rotation axis direction of the commutator 10 and the side wall of the brush holder 36 is set so as to satisfy Expression (13).
Therefore, the retainability of the brush 21 by the brush holder 36 can be improved, and the brush 21 can be retained more stably. Therefore, the brush 21 can be more stably held inside the brush holder 36, and abnormal wear of the brush 21 can be more effectively prevented.

以上説明したように、この実施の形態の電動モータ2によれば、小型化、高性能化を図りつつ、ブラシ21の異常磨耗を防止して、ブラシ21の寿命設定を正確に行うことができる。   As described above, according to the electric motor 2 of this embodiment, it is possible to accurately set the life of the brush 21 by preventing abnormal wear of the brush 21 while reducing the size and improving the performance. .

また、電動モータ2の各ティース12、および各スロット13は、回転軸3を中心にして点対称であって、かつ周方向90度間隔、つまり、電気角180度間隔でティース12とスロット13とが交互に存在することで、N極の永久磁石7とこれに対向している各ティース12の相対位置関係と、S極の永久磁石7とこれに対向している各ティース12の相対位置関係とがスロット13の周方向半分の量だけずれた状態になっている。
このため、N極に対応する部分のティース12のコギングトルクの発生タイミングと、S極に対応する部分のティース12のコギングトルクの発生タイミングとがずれる。よって、電動モータ2全体として、コギングトルクが減少する。
The teeth 12 and the slots 13 of the electric motor 2 are point-symmetric about the rotation shaft 3 and are spaced 90 degrees in the circumferential direction, that is, at an electrical angle of 180 degrees. Are alternately present, the relative positional relationship between the N-pole permanent magnet 7 and each tooth 12 facing this, and the relative positional relationship between the S-pole permanent magnet 7 and each tooth 12 facing this. Are shifted by a half of the circumferential direction of the slot 13.
For this reason, the generation timing of the cogging torque of the tooth 12 corresponding to the N pole is different from the generation timing of the cogging torque of the tooth 12 corresponding to the S pole. Therefore, the cogging torque is reduced as a whole of the electric motor 2.

また、低回転駆動時においては、共通ブラシ21cと低速用ブラシ21aによって電力供給されるので、高速用ブラシ21bには電力が供給されず、無通電状態(フローティング状態)になる。このため、高速用ブラシ21bが隣接するセグメント15,15間に跨るように存在するとき、これらセグメント15,15は高速用ブラシ21bによって短絡される。そして、短絡されたセグメント15,15に接続されている巻線14は、単に閉ループになるだけであり、この結果、等価電気回路のコイル数に差が生じてしまう。   Further, at the time of low rotation driving, power is supplied by the common brush 21c and the low speed brush 21a, so that no power is supplied to the high speed brush 21b, and a non-energized state (floating state) is established. For this reason, when the high speed brush 21b exists so as to straddle between the adjacent segments 15 and 15, the segments 15 and 15 are short-circuited by the high speed brush 21b. The windings 14 connected to the short-circuited segments 15 and 15 are merely closed loops. As a result, a difference occurs in the number of coils in the equivalent electric circuit.

このとき、高速用ブラシ21bにより閉ループになった巻線14に磁束が通過するので、この磁束の変化により巻線14に誘起電圧(逆起電力)が生じてしまう。この誘起電圧(逆起電力)により、通電方向とは逆向きの電流が瞬間的に流れて整流が悪化し、これによってコギングトルクが発生してしまう。   At this time, since the magnetic flux passes through the winding 14 in a closed loop by the high-speed brush 21b, an induced voltage (back electromotive force) is generated in the winding 14 due to the change in the magnetic flux. Due to this induced voltage (counterelectromotive force), a current in the direction opposite to the energizing direction instantaneously flows and rectification deteriorates, thereby generating cogging torque.

しかしながら、本実施形態においては、低速用ブラシ21a、および共通ブラシ21cの周方向のブラシ幅W1は互いに略同一に設定されている一方、高速用ブラシ21bの周方向のブラシ幅W2は、低速用ブラシ21aのブラシ幅W1よりも小さく設定されている(図3参照)。このため、高速用ブラシ21bが隣接するセグメント15,15を短絡する時間を設定することができると共に、高速用ブラシ21bにより閉ループが形成された巻線14に流れる電流を減少させることができる。
一方、高回転駆動時においては、共通ブラシ21cと高速用ブラシ21bによって電力供給されるので、低速用ブラシ21aには電力が供給されず、無通電状態(フローティング状態)になる。しかしながら、低速用ブラシ21aでは整流を悪化させるような誘起電圧(逆起電力)が生じ難いので、高回転駆動時における低速用ブラシ21aの影響は殆どない。
However, in this embodiment, the brush width W1 in the circumferential direction of the low speed brush 21a and the common brush 21c is set to be substantially the same, while the brush width W2 in the circumferential direction of the high speed brush 21b is set for the low speed. It is set smaller than the brush width W1 of the brush 21a (see FIG. 3). For this reason, it is possible to set the time for the high-speed brush 21b to short-circuit the adjacent segments 15 and 15 and to reduce the current flowing through the winding 14 in which a closed loop is formed by the high-speed brush 21b.
On the other hand, at the time of high rotation driving, power is supplied by the common brush 21c and the high-speed brush 21b, so that no power is supplied to the low-speed brush 21a and a non-energized state (floating state) is established. However, the low-speed brush 21a hardly causes an induced voltage (back electromotive force) that deteriorates rectification, so that the low-speed brush 21a has little influence during high-rotation driving.

したがって、上述の実施形態によれば、極対数が2、つまり、磁極数が4極で、かつ他スロット化(スロット数が極対数の7倍、9倍、11倍)され、速度可変可能な電動モータ2であってもコギングトルクを減少させることができる。このため、電動モータ2(減速機付モータ1)の振動や騒音を低減することが可能になる。
とりわけ、高回転駆動時と比較して使用頻度の高い低回転駆動時において、高速用ブラシ21bに起因するコギングトルクの増大を減少させることができる。このため、低回転駆動時における電動モータ2の振動や騒音をより低減することが可能になる。
Therefore, according to the above-described embodiment, the number of pole pairs is 2, that is, the number of magnetic poles is 4, and other slots are formed (the number of slots is 7, 9, and 11 times the number of pole pairs), and the speed can be varied. Even with the electric motor 2, the cogging torque can be reduced. For this reason, it becomes possible to reduce the vibration and noise of the electric motor 2 (motor 1 with a speed reducer).
In particular, the increase in cogging torque caused by the high-speed brush 21b can be reduced during low-rotation driving, which is used more frequently than during high-rotation driving. For this reason, it becomes possible to further reduce the vibration and noise of the electric motor 2 at the time of low rotation driving.

また、低速用ブラシ21a、および共通ブラシ21cの周方向のブラシ幅W1よりも高速用ブラシ21bの周方向のブラシ幅W2を小さく設定することにより、低速用ブラシ21aと高速用ブラシ21bとが互いに同一セグメント15に同時に摺接することを回避することができる。このため、小型で、かつ多スロット化された高性能な電動モータ2を提供することが可能になる。
さらに、減速機付モータ1として、電動モータ2と、電動モータ2の回転軸3に連結された減速機構4とで構成することにより、減速機付モータ1の小型、高性能化を図ることが可能になる。
Also, by setting the circumferential brush width W2 of the high speed brush 21b smaller than the circumferential brush width W1 of the low speed brush 21a and the common brush 21c, the low speed brush 21a and the high speed brush 21b are mutually connected. Simultaneous sliding contact with the same segment 15 can be avoided. For this reason, it is possible to provide a high-performance electric motor 2 that is small and has a large number of slots.
Furthermore, as the motor 1 with a speed reducer, the electric motor 2 and the speed reducing mechanism 4 connected to the rotary shaft 3 of the electric motor 2 can be used to reduce the size and performance of the motor 1 with a speed reducer. It becomes possible.

なお、本発明は上述の実施形態に限られるものではなく、本発明の趣旨を逸脱しない範囲において、上述の実施形態に種々の変更を加えたものを含む。
例えば、上述の実施形態では、ブラシホルダの付勢部材をコイルスプリングとして説明したが、板バネやその他の弾性材料を用いてもよい。
The present invention is not limited to the above-described embodiment, and includes various modifications made to the above-described embodiment without departing from the spirit of the present invention.
For example, in the above-described embodiment, the urging member of the brush holder has been described as a coil spring, but a leaf spring or other elastic material may be used.

本発明の実施形態における減速機付モータの平面図である。It is a top view of the motor with a reduction gear in the embodiment of the present invention. 本発明の実施形態における減速機付モータの縦断面図である。It is a longitudinal cross-sectional view of the motor with a reduction gear in embodiment of this invention. 本発明の実施形態における電動モータの横断面図である。It is a cross-sectional view of the electric motor in the embodiment of the present invention. 図2のA矢視図である。FIG. 3 is a view as seen from an arrow A in FIG. 2. 本発明の実施形態におけるブラシおよびブラシホルダの横断面図である。It is a cross-sectional view of the brush and the brush holder in the embodiment of the present invention. 本発明の実施形態におけるブラシおよびブラシホルダの縦断面図である。It is a longitudinal cross-sectional view of the brush and brush holder in embodiment of this invention. 本発明の実施形態におけるアーマチュアの展開図である。It is an expanded view of the armature in the embodiment of the present invention.

符号の説明Explanation of symbols

2 電動モータ
6 アーマチュア
10 コンミテータ
21 ブラシ(カーボンブラシ)
21a 低速用ブラシ(カーボンブラシ)
21b 高速用ブラシ(カーボンブラシ)
21c 共通ブラシ(カーボンブラシ)
36 ブラシホルダ
34 ホルダステー
A 初期ブラシ長
C クリアランス
C1 クリアランス
C2 クリアランス
F 磨耗代
K バネ定数
M 深さ
L 初期長
SP スプリング(付勢部材)
S 接触面積
2 Electric motor 6 Armature 10 Commutator 21 Brush (carbon brush)
21a Brush for low speed (carbon brush)
21b High-speed brush (carbon brush)
21c Common brush (carbon brush)
36 Brush holder 34 Holder stay A Initial brush length C Clearance C1 Clearance C2 Clearance F Wear allowance K Spring constant M Depth L Initial length SP Spring (biasing member)
S Contact area

Claims (3)

アーマチュアに設けられているコンミテータに摺接して給電を行うカーボンブラシと、
前記カーボンブラシを前記コンミテータに対して進退自在に収納するブラシホルダと、
前記ブラシホルダを固定するホルダステーとを有する電動モータにおいて、
前記ブラシホルダに、前記カーボンブラシを前記コンミテータに付勢する付勢部材を設け、
前記付勢部材の付勢方向の前記カーボンブラシの初期ブラシ長をA、
前記付勢方向の前記カーボンブラシの磨耗代をF、
前記ブラシホルダと前記コンミテータとの間のクリアランスをCとしたとき、
A=3C+F
を満たすように前記初期ブラシ長を設定したことを特徴とする電動モータ。
A carbon brush that slidably contacts a commutator provided in the armature to supply power;
A brush holder for storing the carbon brush with respect to the commutator so as to freely advance and retract;
In an electric motor having a holder stay for fixing the brush holder,
The brush holder is provided with a biasing member that biases the carbon brush toward the commutator,
The initial brush length of the carbon brush in the urging direction of the urging member is A,
F is the wear allowance of the carbon brush in the urging direction,
When the clearance between the brush holder and the commutator is C,
A = 3C + F
An electric motor characterized in that the initial brush length is set so as to satisfy
前記付勢方向の前記ブラシホルダの深さをM、
前記付勢部材のバネ定数をK、
前記付勢部材の初期長をL、
前記カーボンブラシと前記コンミテータとの接触面積をSとしたときに、
K・{L−(M−2C−F)}/S≦7.84N/cm
K・{L−(M−2C)}/S≧2.94N/cm
を満たすことを特徴とする請求項1記載の電動モータ。
The depth of the brush holder in the biasing direction is M,
The spring constant of the biasing member is K,
The initial length of the biasing member is L,
When the contact area between the carbon brush and the commutator is S,
K · {L- (M-2C-F)} / S ≦ 7.84 N / cm 2
K · {L- (M-2C)} / S ≧ 2.94 N / cm 2
The electric motor according to claim 1, wherein:
前記カーボンブラシと前記ブラシホルダの側壁との間のクリアランスのうち、
前記コンミテータの回転方向のクリアランスをC1、
前記コンミテータの回転軸方向のクリアランスをC2としたとき、
0.05mm≦C1≦0.2mm
0.15mm≦C2≦0.35mm
を満たすことを特徴とする請求項1または請求項2に記載の電動モータ。
Of the clearance between the carbon brush and the side wall of the brush holder,
The clearance in the rotational direction of the commutator is C1,
When the clearance in the rotation axis direction of the commutator is C2,
0.05mm ≦ C1 ≦ 0.2mm
0.15mm ≦ C2 ≦ 0.35mm
The electric motor according to claim 1, wherein the electric motor is satisfied.
JP2008259429A 2008-10-06 2008-10-06 Electric motor Pending JP2010093890A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2008259429A JP2010093890A (en) 2008-10-06 2008-10-06 Electric motor

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2008259429A JP2010093890A (en) 2008-10-06 2008-10-06 Electric motor

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2010093890A true JP2010093890A (en) 2010-04-22

Family

ID=42256052

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2008259429A Pending JP2010093890A (en) 2008-10-06 2008-10-06 Electric motor

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2010093890A (en)

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2012060745A (en) * 2010-09-07 2012-03-22 Mabuchi Motor Co Ltd Dc motor
JP2014014201A (en) * 2012-07-03 2014-01-23 Asmo Co Ltd Motor
US9979261B2 (en) 2009-07-30 2018-05-22 Mitsuba Corporation Motor with speed reduction mechanism
US10320265B2 (en) 2009-07-30 2019-06-11 Mitsuba Corporation Wiper motor

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US9979261B2 (en) 2009-07-30 2018-05-22 Mitsuba Corporation Motor with speed reduction mechanism
US10320265B2 (en) 2009-07-30 2019-06-11 Mitsuba Corporation Wiper motor
US10348164B2 (en) 2009-07-30 2019-07-09 Mitsuba Corporation Motor with speed reduction mechanism
JP2012060745A (en) * 2010-09-07 2012-03-22 Mabuchi Motor Co Ltd Dc motor
CN102403859A (en) * 2010-09-07 2012-04-04 马渊马达株式会社 Dc motor
JP2014014201A (en) * 2012-07-03 2014-01-23 Asmo Co Ltd Motor

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP5853051B2 (en) Electric motor and motor with reduction gear
JP3793170B2 (en) Electric motor
WO2013015409A1 (en) Electric motor
JP5764393B2 (en) DC motor
JP2010110111A (en) Electric motor
JP2005020914A (en) Motor and yoke housing
JP2010093890A (en) Electric motor
JP2010093939A (en) Electric motor
JP5350019B2 (en) Electric motor
JP4886331B2 (en) Armature core in rotating electrical machines
EP3118979B1 (en) Electric motor
JP5256007B2 (en) Armature and axial gap type rotating electric machine
JP2004297969A (en) Electric motor with brush
JP2008295153A (en) Electric motor
JP2009136033A (en) Electric motor
JP2009124892A (en) Electric motor
JP2008295152A (en) Electric motor
JP2008228479A (en) Dc motor
JP2019198159A (en) motor
JP6249148B2 (en) DC motor with brush
JP2010166747A (en) Brush unit of rotating electric machine and rotating electric machine
JP2022007299A (en) Electric motor
JP5451969B2 (en) DC motor and DC motor with reduction gear
KR101166426B1 (en) Pole change type synchronous motor having excitation pole being integrated with tooth
JP2010136500A (en) Starting electric motor