JP2010065645A - Working vehicle - Google Patents

Working vehicle Download PDF

Info

Publication number
JP2010065645A
JP2010065645A JP2008234490A JP2008234490A JP2010065645A JP 2010065645 A JP2010065645 A JP 2010065645A JP 2008234490 A JP2008234490 A JP 2008234490A JP 2008234490 A JP2008234490 A JP 2008234490A JP 2010065645 A JP2010065645 A JP 2010065645A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
engine
speed
test sequence
injection
means
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2008234490A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP5147613B2 (en )
Inventor
Fumio Ishibashi
Akishi Kuroda
Toshiyuki Miwa
Kohei Ogura
Hidehiro Yuki
敏之 三輪
康平 小倉
英浩 幸
文雄 石橋
晃史 黒田
Original Assignee
Yanmar Co Ltd
ヤンマー株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Images

Abstract

<P>PROBLEM TO BE SOLVED: To easily check a driving state of an engine, in a working vehicle such as a tractor. <P>SOLUTION: A working machine controller 101 includes a PROM 101b for prestoring a test sequence TS for checking the driving state of the engine. The working machine controller 101 transfers to a diagnostic mode by operating a key switch 108 for ON while pushing down a mode changeover switch 123 arranged in a traveling machine body, and performs the test sequence TS for an engine diagnosis while stopping the traveling machine body 2. Thus, even an operator of not knowing a mechanism of the engine so much, can easily check the driving state of the engine without an exclusive diagnostic device. <P>COPYRIGHT: (C)2010,JPO&INPIT

Description

本願発明は、農作業用のトラクタ又は土木作業用のホイルローダといった作業車両に関するものである。 The present invention relates to a work vehicle such as wheel loader tractors or civil engineering work for agricultural.

従来から、作業車両としてのトラクタは、電子ガバナ式燃料噴射装置を有するディーゼルエンジンが搭載された走行機体と、走行機体に昇降動可能に装着されたフロントローダ等の作業機と、ディーゼルエンジンの動力にて作業機用の油圧シリンダに作動油を供給する油圧ポンプと、作業機を昇降動操作するための作業機操作レバーとを備えている。 Conventionally, the tractor as a work vehicle, a vehicle body which diesel engine is mounted with an electronic governor type fuel injection system, a working machine such as a front loader which is moved up and down can be attached to the vehicle body, the diesel engine power It comprises a hydraulic pump for supplying hydraulic fluid to the hydraulic cylinders for a work machine, and a working machine operating lever for raising and lowering movement operates the working machine at.

従来から、作業車両の一例であるトラクタにおいては、制御目標となる制御量の信号を制御手段に伝えたり制御対象の作動量を検出したりするための入力系機器(例えばセンサや設定器等)と、入力系機器からの信号に応じて制御対象を駆動させるための出力系機器(例えば各種アクチュエータ等)とを備えている。 Conventionally, in a tractor is an example of a work vehicle, the input system apparatus for and detect the operation amount of the control object or transmitted to the control means controls the amount of signal as a control target (for example, a sensor or a set, etc.) If, and an output system equipment for driving the controlled object in response to a signal from the input system equipment (e.g., various actuators, etc.). これら入出力系機器は通常、マイクロコンピュータ等の制御手段にて制御されている。 These input and output system devices are usually controlled by the control means such as a microcomputer.

そして最近では、トラクタの操縦部に、液晶モニタ等の表示手段が設けられている(例えば特許文献1等参照)。 And recently, the steering portion of the tractor (see Patent Document 1 for example) that display means are provided, such as a liquid crystal monitor. 路上走行や各種作業の際には、トラクタの状態情報(例えばエンジンの回転数や車速等)が表示手段の画面に表示される。 During road and various operations, the state information of the tractor (for example, the rotation speed of the engine and the vehicle speed, etc.) is displayed on the screen of the display unit. このため、オペレータは、表示手段の画面を見ることによって、トラクタ各部の状態を視覚的に認識できる。 Therefore, the operator, by viewing the screen of the display means can visually recognize the state of the tractor units.
特開2001−37302号公報 JP 2001-37302 JP

ところで、実際の農作業時には、トラクタに生じた現象・状況に合わせて、トラクタ各部の機能調整をしたり点検したりすることが多々ある。 By the way, at the time of actual farm work, according to the phenomenon or situation that occurred in the tractor, it is often or to inspect or the function adjustment of the tractor units. このようなメンテナンス作業をするに際しては、オペレータが農作業機の構造をある程度理解し、メンテナンス方法に習熟しておく必要がある。 Such upon the maintenance work, the operator somewhat understand the structure of the agricultural machine, it is necessary to be familiar with maintenance method. そして、習熟するまでは、トラクタの取扱説明書を見ながらメンテナンス作業をすることになる。 And, until the familiar, it will be the maintenance work while watching the instruction manual of the tractor.

しかし、農作業の際に、圃場まで取扱説明書を持参することは極めてまれであり、多くの場合、オペレータはどの部分をどのように点検すればよいのか分からず、メンテナンス作業を事実上行えないという問題があった。 However, at the time of the farm work, is extremely rare to bring the instruction manual to the field, in many cases, the operator does not know how inspection can I which part, can not be performed virtually maintenance work there was a problem. その中でも、特にエンジンの点検は、その構造をある程度理解したオペレータでも専用の診断装置を用いる必要があるため、手軽に点検できないのであった。 Among them, especially inspection of the engine, it is necessary to use a diagnostic system dedicated even operators its structure some understanding was unable easily inspected.

そこで、本願発明は、以上の問題点を解消すべくなされたものであり、その中でもエンジンの駆動状態を簡単にチェックできるようにすることを技術的課題とするものである。 Accordingly, the present invention has been made in order to solve the above problems, it is an technical problem to be able to easily check the operating state of the engine among them.

請求項1の発明は、コモンレール式燃料噴射装置を有するディーゼルエンジンが搭載された走行機体と、前記コモンレール式燃料噴射装置の噴射量を検出する噴射量検出手段と、エンジン回転数を検出する回転数検出手段と、各種入出力機器の制御を行う複数の制御手段とを備えており、前記各制御手段間が電気的に相互に接続されている作業車両であって、前記ディーゼルエンジンの駆動状態をチェックするためのテストシーケンスが予め記憶された記憶手段を有しており、前記複数の制御手段のうちの1つは、前記走行機体に設けられた操作手段の特定操作にて診断モードに移行し、前記走行機体が停止した状態で前記記憶手段に記憶された前記テストシーケンスを実行するように構成されているというものである。 The invention according to claim 1, a vehicle body which diesel engine is mounted with a common rail fuel injection system, the injection amount detecting means for detecting the injection amount of the common rail fuel injection system, the rotational speed for detecting the engine speed detection means, and a plurality of control means for controlling the various input and output devices, between the respective control means is a work vehicle are electrically connected to each other, the driving state of the diesel engine It has a storage means for test sequence is stored in advance to check, one of the plurality of control means shifts to the diagnostic mode using a specific operation of the operation means provided on the traveling machine body , is that the traveling machine body is configured to execute the test sequence stored in said storage means in a state of stopping.

請求項2の発明は、請求項1に記載した作業車両において、各種モードの情報を表示するための表示手段を備えており、前記複数の制御手段のうちの1つは、前記診断モードの実行中に、前記表示手段に前記診断モードの情報を表示するというものである。 According to a second aspect of the invention, in the working vehicle according to claim 1, provided with a display means for displaying information of various modes, one of said plurality of control means, execution of the diagnostic mode during, it is that displays the diagnostic mode information on the display means.

請求項3の発明は、請求項1又は2に記載した作業車両において、前記テストシーケンスは、前記複数の制御手段のうち前記ディーゼルエンジンを制御するエンジン制御手段以外のものが実行するように構成されているというものである。 The invention of claim 3 is the work vehicle according to claim 1 or 2, wherein the test sequence is other than an engine control means for controlling said diesel engine of the plurality of control means is configured to perform and those that are.

請求項4の発明は、請求項1〜3のうちいずれかに記載した作業車両において、前記テストシーケンスは、エンジン回転数のテストパターンと、前記テストパターンに対応した噴射量の理論噴射パターンを含む許容変動領域とを有しており、且つ、前記テストパターンのエンジン回転数となるように、前記コモンレール式燃料噴射装置の噴射量を変動させ、前記噴射量の実測結果と前記許容変動領域とを比較する設定になっているというものである。 A fourth aspect of the present invention, in the working vehicle according to any one of claims 1 to 3, wherein the test sequence includes a test pattern of the engine speed, the theoretical injection pattern of the injection amount corresponding to the test pattern has a permissible variation region, and, so that the engine speed of the test pattern, varying the injection amount of the common rail fuel injection system, and a measurement result and the allowable variation region of the injection quantity it is that it is configured to be compared.

請求項5の発明は、請求項4に記載した作業車両において、前記テストシーケンスの前記許容変動領域は、エンジン回転数に対する噴射量が正常な値である正常領域と、前記正常領域と異常領域との境界に相当する注意領域とにより構成されているというものである。 The invention of claim 5 is the work vehicle according to claim 4, wherein the allowable variation region of the test sequence, a normal region is a normal value injection amount for the engine speed, and the normal region and an abnormal region by a careful region corresponding to the boundary it is that is constituted.

請求項6の発明は、請求項5に記載した作業車両において、前記テストシーケンスの実行中に走行系操作手段又は作業機系操作手段を手動操作した場合は、前記テストシーケンスを中止し、前記ディーゼルエンジンのエンジン回転数をアイドリング回転数にすると共に前記走行機体を停止させてから、前記ディーゼルエンジンを停止させるように構成されているというものである。 The invention of claim 6 is the work vehicle according to claim 5, when manually operating the driving system operation means or the work machine based operating means during execution of the test sequence, stop the test sequence, the diesel after stopping the traveling machine body while the engine speed of the engine to idling speed, is that the is configured to stop the diesel engine.

請求項7の発明は、請求項5に記載した作業車両において、前記テストシーケンスの実行中に、前記異常領域の値を検出した場合は、前記テストシーケンスを中止し、前記ディーゼルエンジンのエンジン回転数をアイドリング回転数にすると共に前記走行機体を停止させてから、前記ディーゼルエンジンを停止させるように構成されているというものである。 The invention of claim 7 is the work vehicle according to claim 5, during the execution of the test sequence, if it detects a value of the abnormal area, stop the test sequence, the engine speed of the diesel engine after stopping the traveling machine body while the idling speed of, is that the is configured to stop the diesel engine.

請求項8の発明は、請求項5に記載した作業車両において、前記テストシーケンスの実行中に、前記注意領域の値を予め設定された設定回数以上検出した場合は、前記テストシーケンスを中止し、前記ディーゼルエンジンのエンジン回転数をアイドリング回転数にすると共に前記走行機体を停止させてから、前記ディーゼルエンジンを停止させるように構成されているというものである。 The invention of claim 8 is the work vehicle according to claim 5, wherein during execution of the test sequence, when detecting a preset number of times or more the value of the attention region, stop the test sequence, wherein the engine speed of the diesel engine after stopping the traveling machine body while the idling speed, is that the is configured to stop the diesel engine.

本願発明によると、コモンレール式燃料噴射装置付きのディーゼルエンジンの駆動状態をチェックするためのテストシーケンスが予め記憶された記憶手段を有しており、複数の制御手段のうちの1つは、走行機体に設けられた操作手段の特定操作にて診断モードに移行し、前記走行機体が停止した状態で前記記憶手段に記憶された前記テストシーケンスを実行するように構成されているから、前記ディーゼルエンジンの仕組みをよく知らないオペレータでも、前記ディーゼルエンジンの駆動状態を専用の診断装置なしで手軽にチェックできるという効果を奏する。 According to the present invention, has a storage means for test sequence is stored in advance to check the driving state of the diesel engine with a common rail fuel injection system, one of the plurality of control means, the traveling machine body diagnostic mode proceeds to, because the traveling machine body is configured to execute the test sequence stored in said storage means in a state of being stopped at a specific operation of the operation means provided on, of the diesel engine in unfamiliar operator mechanism, there is an effect that the driving state of the diesel engine can be easily checked without dedicated diagnostic device.

以下に、本願発明を具体化した実施形態を、作業車両の一例としてのトラクタに適用した場合の図面に基づいて説明する。 Hereinafter, the embodiment embodying the present invention will be described with reference to the drawings as applied to a tractor as an example of a work vehicle. なお、図2では便宜上、キャビンの図示を省略している。 In FIG. 2 is omitted for convenience of the cabin.

(1). (1). トラクタの概要 まず始めに、図1及び図2を参照しながら、トラクタの概要について説明する。 Overview First of tractor, with reference to FIGS. 1 and 2, an outline of the tractor.

第1実施形態におけるトラクタ1の走行機体2は、走行部としての左右一対の前車輪3と同じく左右一対の後車輪4とで支持されている。 Traveling machine body 2 of the tractor 1 in the first embodiment is also supported by the rear wheels 4 of the pair and a pair of left and right front wheels 3 as running portion. 走行機体2の前部に搭載したディーゼルエンジン5(以下、単にエンジンという)にて後車輪4及び前車輪3を駆動することにより、トラクタ1は前後進走行するように構成されている。 Diesel engine 5 mounted on a front portion of the traveling machine body 2 (hereinafter, simply referred to as engine) to drive the rear wheels 4 and the front wheel 3 at, tractor 1 is configured to reverse travel before. エンジン5はボンネット6にて覆われている。 Engine 5 are covered by the hood 6.

走行機体2の上面にはキャビン7が設置され、該キャビン7の内部には、操縦座席8と、かじ取りすることによって前車輪3の操向方向を左右に動かすようにした操縦ハンドル9とが配置されている。 The upper surface of the traveling machine body 2 cabin 7 is installed in the interior of the cabin 7, arranged a control seat 8, and a steering wheel 9 which is adapted to move the steering direction of the front wheels 3 to the right and left by steering the It is. キャビン7の底部より下側には、エンジン5に燃料を供給する燃料タンク11が設けられている。 The lower side of the bottom portion of the cabin 7, the fuel tank 11 is provided for supplying fuel to the engine 5.

キャビン7内の操縦ハンドル9は、操縦座席8の前方に立設されたステアリングコラム25上に設けられている。 Steering wheel 9 in the cabin 7 is provided on the steering column 25 erected on the front of the control seat 8. ステアリングコラム25の上面には、トラクタ1の各種情報を示す計器盤26が配置されている。 On the upper surface of the steering column 25, the instrument panel 26 showing various information of the tractor 1 are arranged. 計器盤26の下部には、表示手段としての液晶モニタ124(図6及び図12参照)が設けられている。 At the bottom of the instrument panel 26, a liquid crystal monitor 124 (see FIGS. 6 and 12) are provided as display means. ステアリングコラム25の右側には、エンジン5の出力回転数を設定保持するスロットルレバー30と、左右後車輪4を制動操作するための左右一対のブレーキペダル31とが配置されている。 On the right side of the steering column 25 includes a throttle lever 30 for setting holds the output speed of the engine 5, a brake pedal 31 a pair of left and right for braking operation of the left and right rear wheels 4 are arranged. ステアリングコラム25の左側には、走行機体2の進行方向を前進と後進とに切り換え操作するための前後進切換レバー32と、メインクラッチ(図示省略)を切り作動させるためのクラッチペダル33とが配置されている。 On the left side of the steering column 25, a forward-reverse switching lever 32 for operating switching the traveling direction of the traveling machine body 2 in the forward and backward and, are arranged a clutch pedal 33 for operating off the main clutch (not shown) It is. ステアリングコラム25の背面側には、左右ブレーキペダル31を踏み込み位置に保持するための駐車ブレーキレバー34が配置されている。 On the back side of the steering column 25, the parking brake lever 34 for holding the position depress the left and right brake pedal 31 is disposed.

キャビン7内の床板28のうちステアリングコラム25の右側には、スロットルレバー30にて設定されたエンジン回転数を最低回転数として、これ以上の範囲にてエンジン回転数を増減速させるアクセル操作手段としてのアクセルペダル35が配置されている。 To the right of the steering column 25 of the floorboard 28 in the cabin 7, the engine speed set by the throttle lever 30 as the lowest rotational speed, as an accelerator operation means for increasing decelerating the engine speed at no more range accelerator pedal 35 is arranged for.

操縦座席8の左側には、後述するミッションケース17からの出力範囲を低速(作業モード)と高速(走行モード)とに切り換えるモード切換手段としての副変速レバー40と、後述するPTO軸23の駆動速度を切り換え操作するためのPTO変速レバー36とが配置されている。 On the left side of the control seat 8, the auxiliary shift lever 40 as the output range low-speed (working mode) and high speed (running mode) and switched mode switching means from the transmission case 17 to be described later, the drive of the PTO shaft 23 to be described later a PTO shift lever 36 for operating the switching speed is disposed. ここで、副変速レバー40にて選択されるモードのうち作業モードは農作業時等の低速走行に適したモードである。 Here, the work mode of the mode selected by the sub transmission lever 40 is a mode suitable for low speed running, such as during agricultural work. 走行モードは路上走行時等の高速走行に適したモードである。 The traveling mode is the mode that is suitable for high speed running such as at road. なお、モード切換手段はレバー式に限らず、スイッチ式でもよい。 The mode switching means is not limited to the lever-type, it may be switched.

操縦座席8の右側には、変速操作用の主変速レバー38と、後述するフロントローダ51操作用のローダレバー41と、後述するロータリ耕耘機15の高さ位置を手動で変更調節するための耕耘操作レバー39とが配置されている。 On the right side of the control seat 8, a main shift lever 38 for shifting operation, the loader lever 41 for a front loader 51 operation to be described later, tilling for regulating manually change the height position of the rotary tiller 15 to be described later an operating lever 39 is disposed. 操縦座席8の下方には、左右の後車輪4を等速で回転駆動させる操作を実行するためのデフロックペダル37が配置されている。 Under the control seat 8, differential lock pedal 37 for executing an operation for rotationally driving the left and right after the wheel 4 a constant velocity is arranged.

実施形態のスロットルレバー30、前後進切換レバー32、アクセルペダル35、副変速レバー40及び主変速レバー38は、走行機体2の走行操作に関連する走行系操作手段に相当する。 Throttle lever 30 of the embodiment, the forward-reverse switching lever 32, an accelerator pedal 35, the sub shift lever 40 and the main shift lever 38 corresponds to a running system operating means associated with the traveling operation of the traveling machine body 2. また、PTO変速レバー36、ローダレバー41及び耕耘操作レバー39は、フロントローダ51やロータリ耕耘機39の駆動操作に関連する作業機系操作手段に相当する。 Further, PTO shift lever 36, the loader lever 41 and the tilling operation lever 39 corresponds to a working machine system operation means associated with the driving operation of the front loader 51 and the rotary tiller 39.

一方、走行機体2は、フロントバンパ12及び前車軸ケース13を有するエンジンフレーム14と、エンジンフレーム14の後部にボルトにて着脱自在に固定する左右の機体フレーム16とにより構成されている。 On the other hand, the traveling machine body 2 includes an engine frame 14 having a front bumper 12 and a front axle case 13, a left and right body frames 16 detachably fixed by bolts to a rear portion of the engine frame 14. 機体フレーム16の後部には、エンジン5からの回転動力を適宜変速して前後四輪3,3,4,4に伝達するミッションケース17が搭載されている。 At the rear of the body frame 16, the transmission case 17 for transmitting to the front and rear wheel 3,3,4,4 by shifting the rotational power from the engine 5 suitably it is mounted. 後車輪4は、ミッションケース17の外側面から外向きに突出するように装着された後車軸ケース18を介して、ミッションケース17に取り付けられている。 Rear wheels 4, from the outer surface of the transmission case 17 via the axle case 18 after being mounted so as to protrude outwardly, is mounted on the transmission case 17. 左右の後車輪4の上方は、機体フレーム16に固定されたフェンダ19にて覆われている。 Above the rear wheels 4 of the right and left, it is covered with the fender 19 fixed to the body frame 16.

ミッションケース17の後部上面には、リヤ作業機としてのロータリ耕耘機15を昇降動させるための油圧式昇降機構20が着脱可能に取り付けられている。 The upper rear surface of the transmission case 17, a hydraulic lift mechanism 20 for raising and lowering movement of the rotary tiller 15 as a rear working machine is detachably attached. ロータリ耕耘機15は、ミッションケース17の後部に、一対の左右ロワーリンク21及びトップリンク22からなる3点リンク機構を介して連結されている。 Rotary tiller 15, the rear portion of the transmission case 17, are connected via a three-point link mechanism comprising a pair of left and right lower link 21 and the top link 22. ミッションケース17の後側面には、ロータリ耕耘機15にPTO駆動力を伝達するためのPTO軸23が後ろ向きに突設されている。 The rear surface of the transmission case 17, PTO shaft 23 for transmitting a PTO driving force to the rotary power tiller 15 is protruded backward.

油圧式昇降機構20には、単動形の昇降制御油圧シリンダ45(図3参照)にて上下回動可能な一対の左右リヤアーム46が設置されている。 Hydraulically lifting mechanism 20 is vertically rotatable pair of left and right rear arms 46 are arranged at elevation control hydraulic cylinder 45 of the single acting (see FIG. 3). 進行方向に向かって左側のロワーリンク21とリヤアーム46とは、左リフトロッド47を介して連結されている。 The left side of the lower link 21 and the rear arm 46 in the traveling direction, are connected via a left lift rod 47. 進行方向に向かって右側のロワーリンク21とリヤアーム46とは、右リフトロッドとしての複動形の傾斜制御油圧シリンダ48及びそのピストンロッド49を介して連結されている。 The right side of the lower link 21 and the rear arm 46 in the traveling direction, are connected via a slope control hydraulic cylinder 48 and its piston rod 49 of the double-acting as the right lift rod.

この場合、操縦座席8の右側方にある耕耘操作レバー39の手動操作にて、昇降制御油圧シリンダ45を伸縮駆動させることにより、左右リヤアーム46が昇降回動する結果、左右ロワーリンク21を介してロータリ耕耘機15が昇降動することになる In this case, in manual operation of the tilling operation lever 39 on the right side of the control seat 8, by the elevation control hydraulic cylinder 45 extendable driven, results left rear arm 46 is raised and lowered rotates, via the left and right lower link 21 so that the rotary tiller 15 is moved up and down

走行機体2の前部にはフロント作業機としてのフロントローダ51を備えている。 The front portion of the traveling machine body 2 is provided with a front loader 51 as the front work machine. フロントローダ51は、ボンネット6を挟んで左右両側に配置されたローダポスト52と、各ローダポスト52の上端に上下揺動可能に連結された左右一対のリフトアーム53と、両リフトアーム53の先端部に上下揺動可能に連結されたバケット54とを有している。 Front loader 51 includes a loader posts 52 disposed on the left and right both sides of the hood 6, and vertically swingably connected to a pair of left and right lift arms 53 are at the upper end of the loader posts 52, the distal end of both the lift arm 53 and a bucket 54 connected vertically swingably to the part.

左右のローダポスト52はそれぞれ、機体フレーム16の前後中途部から左右外向きに突設されたポスト支持部材55に立設されている。 Left and right of the loader posts 52 are erected on the post supporting member 55 projecting from the right and left outwardly from the front and rear intermediate portion of the body frame 16. 左右いずれか一方のローダポスト52とこれに対応したリフトアーム53との間には、リフトアーム53を上下揺動させるためのリフトシリンダ56が設けられている。 Between the one of the left and right loader posts 52 and lift arm 53 corresponding thereto, the lift cylinder 56 for raising and lowering rocking the lift arm 53 is provided. 両リフトアーム53の長手中途部間をつなぐ横フレーム57とバケット54との間には、バケット54を上下揺動させるためのバケットシリンダ58が設けられている。 Between the lateral frame 57 and the bucket 54 connecting the longitudinal middle portions of both the lift arm 53, bucket cylinder 58 for raising and lowering swinging bucket 54 is provided.

この場合、操縦座席16の右側方にあるローダレバー41の操作にて、リフトシリンダ56やバケットシリンダ58を伸縮駆動させることにより、両リフトアーム53やバケット54が上下揺動することになる。 In this case, by the operation of the loader lever 41 to the right side of the control seat 16, by expanding and contracting drive the lift cylinder 56 and bucket cylinder 58, so that both the lift arm 53 and bucket 54 is vertically swingable. なお、ロータリ耕耘機15の使用時において、フロントローダ51は使用することがないので取り外される。 At the time of use of the rotary tiller 15, a front loader 51 is removed since no use.

(2). (2). トラクタの油圧回路構造 次に、図3を参照しながらトラクタの油圧回路構造について説明する。 Hydraulic circuit structure of the tractor Next, a hydraulic circuit structure of the tractor will be described with reference to FIG.

トラクタ1の油圧回路60は、エンジン5の回転動力にて駆動する油圧供給装置としての作業機用油圧ポンプ61と、油圧式昇降機構20内にある昇降制御油圧シリンダ45及び傾斜制御油圧シリンダ48とを備えている。 The hydraulic circuit of the tractor 1 60 includes a working machine hydraulic pump 61 as a hydraulic pressure supply device for driving by the rotation power of the engine 5, the elevation control hydraulic cylinder 45 and the tilt control hydraulic cylinder 48 in the hydraulic lifting mechanism 20 It is equipped with a. 作業機用油圧ポンプ61は、油圧アクチュエータとしての昇降制御油圧シリンダ45、傾斜制御油圧シリンダ48、リフトシリンダ56及びバケットシリンダ58に作動油を供給するためのものである。 Implement hydraulic pump 61, elevation control hydraulic cylinder 45 serving as a hydraulic actuator, slope control hydraulic cylinder 48 is for supplying hydraulic fluid to the lift cylinder 56 and bucket cylinder 58. この場合、ミッションケース17が作動油タンクとしても機能していて、ミッションケース17内の作動油が作業機用油圧ポンプ61に供給されることになる。 In this case, transmission case 17 is not also function as a hydraulic fluid tank, hydraulic oil in the transmission case 17 will be supplied to the hydraulic pump 61 for a work machine.

作業機用油圧ポンプ61の吸引側は、作動油タンクとしてのミッションケース17内に配置されたストレーナ62に接続されている。 The suction side of the working machine hydraulic pump 61 is connected to the strainer 62 disposed in the transmission case 17 as a hydraulic oil tank. 作業機用油圧ポンプ61の吐出側は、昇降制御油圧シリンダ45への作動油の供給を制御するための上昇油圧電磁弁63及び下降油圧電磁弁64と、傾斜制御油圧シリンダ48に作動油を供給制御するための傾斜制御電磁弁65とに、第1分流弁66を介して接続されている。 The discharge side of the working machine hydraulic pump 61, supply and increase the hydraulic solenoid valves 63 and lowering hydraulic solenoid valve 64 for controlling the supply of hydraulic fluid to the elevation control hydraulic cylinder 45, the hydraulic oil to the tilt control hydraulic cylinder 48 on the slope control solenoid valve 65 for controlling, it is connected via the first diverter valve 66.

上昇油圧電磁弁63と下降油圧電磁弁64とは、耕耘操作レバー39の手動操作量や後述するリフト角センサ120等の検出情報に対応した電磁ソレノイドの駆動によって、自動的に切換作動するように構成されている。 Elevated pressure electromagnetic valve 63 and a lowered pressure solenoid valve 64 is driven by the electromagnetic solenoid corresponding to the manual operation amount and later detects information such as the lift angle sensor 120 of the tilling operation lever 39 automatically to switching operation It is configured. 傾斜制御電磁弁65は、油圧式昇降機構20の上面に配置されたローリングセンサ(図示省略)及び作業機ポジションセンサ(図示省略)の検出情報に対応した電磁ソレノイドの駆動にて、自動的に切換作動するように構成されている。 Slope control solenoid valve 65, by the drive of the electromagnetic solenoid corresponding to detection information of the hydraulic rolling sensor disposed on the upper surface of the elevating mechanism 20 (not shown) and a working machine position sensor (not shown), automatic switching It is configured to operate.

耕耘操作レバー39の手動操作量やリフト角センサ120等の検出情報に対応して上昇又は下降油圧電磁弁63,64が自動的に切換作動すると、昇降制御油圧シリンダ45が伸縮駆動して、左右リヤアーム46を昇降回動させる。 When the manual operation amount and the lift angle sensor 120 increases or decreases the hydraulic solenoid valve in response to the detection information, such as 63, 64 of the cultivator operating lever 39 is automatically switching operation, elevation control hydraulic cylinder 45 expands and contracts drive, left and right the rear arm 46 moving up and down the rotation. その結果、左右ロワーリンク21を介してロータリ耕耘機15が昇降動することになる。 As a result, the rotary power tiller 15 will be moved up and down through left and right lower link 21.

また、ローリングセンサ及び作業機ポジションセンサの検出情報に基づいて傾斜制御電磁弁65が自動的に切換作動すると、傾斜制御油圧シリンダ48が伸縮駆動して、ピストンロッド49の長さが変化する。 Also, when the tilt control solenoid valve 65 is automatically switching operation based on the rolling sensor and the working machine position detecting information of the sensor, slope control hydraulic cylinder 48 expands and contracts driven, the length of the piston rod 49 is changed. その結果、左右ロワーリンク21を介してロータリ耕耘機15が左右に傾斜することになる。 As a result, the rotary power tiller 15 via the left and right lower link 21 is tilted to the left and right.

第1分流弁66と上昇油圧電磁弁63との間の油路中には、第2分流弁67が設けられている。 The oil path between the raised hydraulic solenoid valve 63 and the first diverter valve 66, the second diverter valve 67 is provided. 第2分流弁67には、油圧カプラ68を介してローダ用油圧回路70が接続される。 The second diverter valve 67, the hydraulic circuit 70 is connected for the loader through the hydraulic coupler 68. ローダ用油圧回路70は、フロントローダ51用のリフトシリンダ56及びバケットシリンダ58を備えている。 A hydraulic circuit 70 for the loader includes a lift cylinder 56 and bucket cylinder 58 for a front loader 51. 実施形態では、油圧カプラ68の吐出側が、リフトシリンダ56への作動油の供給を制御するためのリフト制御電磁弁71と、バケットシリンダ58への作動油の供給を制御するためのバケット制御電磁弁72とに分岐して接続されている。 In embodiments, the discharge side of the hydraulic coupler 68, the lift control solenoid valve 71 for controlling the supply of hydraulic oil to the lift cylinder 56, the bucket control solenoid valve for controlling the supply of hydraulic fluid to the bucket cylinder 58 branched and is connected to the 72.

リフト制御電磁弁71は、ローダレバー41の前後傾動操作に対応した電磁ソレノイドの駆動によって、自動的に切換作動するように構成されている。 Lift control solenoid valve 71 is driven by the electromagnetic solenoid corresponding to the longitudinal tilting operation of the loader lever 41 is configured automatically to switching operation. また、バケット制御電磁弁72は、ローダレバー41の左右傾動操作に対応した電磁ソレノイドの駆動によって、自動的に切換作動するように構成されている。 Also, the bucket control solenoid valve 72 is driven by the electromagnetic solenoid corresponding to the lateral tilt operation of the loader lever 41 is configured automatically to switching operation.

ローダレバー41の前後傾動操作に対応してリフト制御電磁弁71が自動的に切換作動すると、リフトシリンダ56が伸縮駆動して左右リフトアーム53を昇降回動させる結果、バケット54が昇降動することになる。 When the lift control solenoid valve 71 in response to longitudinal tilting operation of the loader lever 41 is automatically switching operation, results in a lifting pivot right and left lift arms 53 lift cylinder 56 is telescopic drive to, the bucket 54 is moved up and down become. また、ローダレバー41の左右傾動操作に対応してバケット制御電磁弁72が自動的に切換作動すると、バケットシリンダ58が伸縮駆動して、バケット54を上向き回動させて土等を掬うチルト動作を実行したり、バケット54を下向き回動させて土等を落とすダンプ動作を実行したりすることになる。 Further, when the bucket control solenoid valve 72 in response to lateral tilt operation of the loader lever 41 is automatically switching operation, the bucket cylinder 58 expands and contracts driven, the tilt operation scooping soil or the like bucket 54 is upwardly rotated or run, will or perform a dump operation of the bucket 54 by downward pivoting dropping the soil or the like. なお、油圧回路60及びローダ用油圧回路70には、リリーフ弁や流量調整弁、チェック弁等も備えている。 Incidentally, the hydraulic circuit 60 and the hydraulic circuit 70 for loader, a relief valve and flow control valve also includes a check valve or the like.

(3). (3). エンジン及びその周辺の構造 次に、図4〜図6を参照しながら、エンジン及びその周辺の構造について説明する。 Structure of the engine and its periphery Next, with reference to FIGS, illustrating the structure of the engine and its periphery.

実施形態におけるトラクタ1のエンジン5は、上面にシリンダヘッド74が締結されたシリンダブロック(図示省略)を備えており、シリンダヘッド74の一側面に排気マニホールド75が接続されている。 The engine 5 of the tractor 1 in the embodiment has a cylinder cylinder head 74 is fastened a block (not shown), an exhaust manifold 75 to one side of the cylinder head 74 is connected to the top surface. 排気マニホールド75の先端側に接続された排気管76には、後処理装置としてのパティキュレートフィルタ77(以下、DPFという)及びNOx触媒78が設けられている。 Exhausted to the exhaust pipe 76 connected to the distal end side of the manifold 75, the particulate filter 77 as the post-processing apparatus (hereinafter, DPF hereinafter) and the NOx catalyst 78 is provided. エンジン5の各気筒から排気マニホールド75に排出された排気ガスは、DPF77及びNOx触媒78を経由して浄化処理をされたのち外部に放出される。 Exhaust gas discharged to the exhaust manifold 75 from the cylinders of the engine 5 is discharged to the outside after being purification process via the DPF77 and NOx catalyst 78.

DPF77は排気ガス中の粒子状物質(PM)等を捕集するためのものである。 DPF77 is for collecting particulate matter in the exhaust gas (PM) or the like. 詳細は図示していないが、実施形態のDPF77は、耐熱金属材料製のケーシング内にある略筒型のフィルタケースに、例えば白金等の酸化触媒とハニカム構造体とを直列に並べて収容した構造になっている。 Although details are not shown, the DPF77 embodiments, the approximately tubular filter case within refractory metal material casing made of, for example an oxidation catalyst such as platinum and the honeycomb structure is housed side by side in series configuration going on.

NOx触媒78は、排気ガス中の窒素酸化物(NOx)を還元して無害化するためのものであり、実施形態のNOx触媒78としては、尿素水を還元剤とした選択接触還元触媒を採用している。 NOx catalyst 78 is for harmless by reducing nitrogen oxides in the exhaust gas (NOx), as the NOx catalyst 78 of the embodiment, employing the selective catalytic reduction catalyst and urea water as a reducing agent doing. この場合、排気管76のうちDPF77とNOx触媒78との間には、尿素水溶液を噴射するための尿素供給装置79が接続されている。 In this case, between the DPF77 and NOx catalyst 78 of the exhaust pipe 76, a urea supply device 79 for injecting urea aqueous solution is connected.

図4に示すように、エンジン5には、燃料供給手段としてのコモンレール式燃料噴射装置80が関連付けられている。 As shown in FIG. 4, the engine 5, a common rail type fuel injection system 80 as a fuel supply means it is associated. コモンレール式燃料噴射装置80は、エンジン5の各気筒に高圧燃料を噴射する複数のインジェクタ81(燃料噴射弁)と、高圧燃料を蓄圧して各インジェクタ81に分配するコモンレール82(蓄圧室)と、燃料タンク11から燃料フィルタ84を介して吸入した燃料を高圧に加圧してからコモンレール82に圧送するサプライポンプ83とを備えている。 Common rail fuel injection system 80 includes a plurality of injectors 81 for injecting high-pressure fuel to each cylinder of the engine 5 (fuel injection valve), a common rail 82 for distributing to each injector 81 and accumulating high-pressure fuel and (accumulator), the fuel sucked through the fuel filter 84 from the fuel tank 11 and a supply pump 83 for pumping the pressurized to a high pressure to the common rail 82.

各インジェクタ81は個別の高圧配管85を介してコモンレール82に接続されており、後述するエンジンコントローラ102の指令にて開き作動している間、コモンレール82から圧送された高圧燃料を各気筒の燃焼室に向けて噴射するように構成されている。 Each injector 81 is connected to a common rail 82 via a separate high-pressure pipe 85, while opening operation by command of the engine controller 102 to be described later, the high pressure fuel pumped from the common rail 82 for each cylinder combustion chamber and it is configured to inject toward the. コモンレール82には、その内圧(コモンレール82内の燃料圧力)を検出する圧力センサ86が取り付けられている。 The common rail 82, a pressure sensor 86 is attached for detecting the internal pressure (fuel pressure in the common rail 82).

サプライポンプ83は、エンジン5の回転動力にて駆動するように構成されていて、コモンレール82への燃料圧送量を調節するための圧力制御電磁弁87を有している。 The supply pump 83 has a pressure control solenoid valve 87 for optionally be configured to drive at rotational power of the engine 5, to adjust the amount of fuel delivered to the common rail 82. 圧力制御電磁弁87は、エンジンコントローラ102の指令にてサプライポンプ83から燃料タンク11への燃料戻し量を増減させることによって、コモンレール82への燃料圧送量を調節してコモンレール内圧を制御するように構成されている。 Pressure control solenoid valve 87, by increasing or decreasing the fuel return amount from the supply pump 83 at the command of the engine controller 102 to the fuel tank 11, to control the common rail pressure by adjusting the amount of fuel delivered to the common rail 82 It is configured. 各インジェクタ81からの高圧燃料の噴射圧はコモンレール内圧に略等しい。 Injection pressure of the high pressure fuel from each injector 81 is substantially equal to the common rail pressure. このため、圧力制御電磁弁87によるコモンレール内圧の制御にて、間接的に各インジェクタ81の噴射圧が制御されることになる。 Therefore, under the control of the common rail pressure by the pressure control solenoid valve 87, it becomes indirectly the injection pressure of the injectors 81 is controlled.

各インジェクタ81、コモンレール82及びサプライポンプ83は戻し配管88を介して燃料タンク11に接続されている。 Each injector 81, a common rail 82 and supply pump 83 is connected to the fuel tank 11 through the return pipe 88. コモンレール82と戻し配管88との間には、コモンレール内圧が必要以上に高まるのを防止するための圧力リミッタ弁89が設けられている。 Between the pipe 88 back to the common rail 82, a pressure limiter valve 89 for preventing the common rail pressure increases more than necessary is provided. サプライポンプ83と戻し配管88との間に前述の圧力制御電磁弁87が設けられている。 Pressure control solenoid valve 87 described above is provided between the pipe 88 back to the supply pump 83. 各インジェクタ81、コモンレール82及びサプライポンプ83での余剰燃料は、戻し配管88を通じて燃料タンク11に戻されることになる。 Each injector 81, the surplus fuel in the common rail 82 and the supply pump 83 will be returned to the fuel tank 11 through the return pipe 88.

図5に示すように、コモンレール式燃料噴射装置80は、上死点(TDC)を挟む付近でメイン噴射Aを実行するように構成されている。 As shown in FIG. 5, the common rail type fuel injection system 80 is configured to perform the main injection A near sandwiching the top dead center (TDC). また、コモンレール式燃料噴射装置80は、メイン噴射A以外に、上死点より約60°だけ以前のクランク角度θ1の時期に、NOx及び騒音の低減を目的として少量のパイロット噴射Bを実行したり、上死点直前のクランク角度θ2の時期に、騒音低減を目的としてプレ噴射Cを実行したり、上死点後のクランク角度θ3及びθ4の時期に、粒子状物質の低減や排気ガスの浄化促進を目的としてアフタ噴射D及びポスト噴射Eを実行したりするように構成されている。 Further, the common rail fuel injection apparatus 80, in addition to main injection A, the timing of only about 60 ° from the top dead center prior crank angle .theta.1, or executes a small amount of pilot injection B in order to reduce NOx and noise , the timing of the top dead center immediately before the crank angle .theta.2, and perform pre-injection C for the purpose of noise reduction, the time of crank angle θ3 and θ4 after top dead center, the purification of reduced and exhaust gas particulate matter promotion is configured to or perform after injection D and post injection E purposes.

(4). (4). トラクタの作動全般を制御するための構成 次に、図6を参照しながら、トラクタの作動全般を制御するための構成について説明する。 Configuration Next for controlling the operation in general of the tractor, with reference to FIG. 6, the configuration for controlling the operation in general of the tractor.

トラクタ1には、制御手段としての本機コントローラ100、作業機コントローラ101及びエンジンコントローラ102(エンジン制御手段)が搭載されている。 The tractor 1, the machine controller 100 as a control means, the working machine controller 101 and the engine controller 102 (engine control unit) is mounted. 当該コントローラ100〜102は、トラクタ1の作動全般を制御すると共に、後述する燃料噴射制御やモード切換制御、液晶モニタ124の表示制御等を実行するものである。 The controller 100-102 controls the operation in general of the tractor 1, the fuel injection control and mode switching control described later, and executes a display control of the liquid crystal monitor 124. これらコントローラ100〜102は、各種演算処理や制御を実行するCPU100a〜102aの他、制御プログラムやデータを記憶させる記憶手段としてのPROM100b〜102b、制御プログラムやデータを一時的に記憶させるためのRAM100c〜102c、及び入出力インターフェイス等を備えている。 These controllers 100 to 102 are other CPU100a~102a that executes various arithmetic processes, control, PROM100b~102b as storage means for storing control programs and data, RAM100c~ for temporarily storing control programs and data It has 102c, and the input and output interface and the like. 本機コントローラ100と作業機コントローラ101とエンジンコントローラ102とは、互いにCAN通信バス99を介して電気的に接続されている。 With the machine controller 100 and the working machine controller 101 and the engine controller 102 is electrically connected via a CAN communication bus 99 with each other.

本機コントローラ100は、電源印加用のキースイッチ108を介してバッテリ109に接続されている。 This machine controller 100 is connected to the battery 109 via the key switch 108 of the power applied. キースイッチ108は、エンジン5を始動させるためのスタータ110にも接続可能に構成されている。 The key switch 108 is configured to be connectable to the starter 110 for starting the engine 5.

本機コントローラ100には、入出力系機器として、主変速レバー38の操作位置を検出する主変速ポテンショ111、前後進切換レバー32の操作位置を検出する前後進ポテンショ112、前後車輪3,4の回転速度(走行速度)を検出する車速センサ113、駐車ブレーキレバー34の入り切り状態を検出する駐車ブレーキセンサ114、副変速レバー40の操作位置を検出する副変速センサ115、PTO変速レバー36の操作位置を検出するPTOレバーセンサ122、後述する診断モードを起動させるためのモード切換スイッチ123、及び、表示手段としての液晶モニタ124等が接続されている。 This unit controller 100, as input-output system equipment, mainly main transmission potentiometer 111 for detecting an operation position of the shift lever 38, the forward-reverse potentiometer 112 before detecting the operation position of the reverse switching lever 32, the front and rear wheels 3 and 4 a vehicle speed sensor 113 for detecting the rotational speed (traveling speed), the operating position of the parking the parking brake sensor 114 for detecting the state switching on and off of the brake lever 34, auxiliary transmission sensor 115 for detecting an operation position of the sub shift lever 40, PTO shift lever 36 PTO lever sensor 122 for detecting a mode switch 123 for starting the diagnostics mode described later, and the LCD monitor 124, etc. as a display means is connected.

作業機コントローラ101には、入力系機器として、ローダレバー41の操作位置を検出するローダレバーセンサ116、左右リフトアーム53の上下揺動角度を検出するリフトセンサ117、バケット54の上下揺動角度を検出するバケットセンサ118、耕耘操作レバー39の操作位置を検出する耕耘レバーセンサ119、左右リヤアーム46の回動角度を検出するリフト角センサ120、ロータリ耕耘機15を所定高さまで強制的に昇降操作するための自動昇降スイッチ121等が接続されている。 The working machine controller 101, as an input system device, the loader lever sensor 116 for detecting an operation position of the loader lever 41, a lift sensor 117 for detecting the vertical swing angle of the left and right lift arms 53, the vertical swing angle of the bucket 54 bucket sensor 118 for detecting, tilling lever sensor 119 for detecting an operation position of the tilling operation lever 39, the lift angle sensor 120 for detecting the rotational angle of the left and right rear arm 46, forcing elevating and lowering the rotary tiller 15 to a predetermined height such as an automatic lifting switch 121 for are connected.

また、作業機コントローラ100には、出力系機器として、昇降制御油圧シリンダ45に作動油を供給制御するための上昇油圧電磁弁63及び下降油圧電磁弁64、傾斜制御油圧シリンダ48に作動油を供給制御するための傾斜制御電磁弁65、リフトシリンダ56に作動油を供給制御するためのリフト制御電磁弁71、及び、バケットシリンダ58に作動油を供給制御するためのバケット制御電磁弁72等が接続されている。 In addition, the working machine controller 100, as an output system equipment, supplying hydraulic fluid to the hydraulic oil to the lift control hydraulic cylinder 45 rises for controlling hydraulic pressure supplied solenoid valve 63 and the descending hydraulic solenoid valves 64, the tilt control hydraulic cylinder 48 slope control solenoid valve 65 for controlling the lift control solenoid valve 71 for supplying control hydraulic oil to the lift cylinder 56 and, bucket control solenoid valve 72 or the like is connected for controlling supplying hydraulic fluid to the bucket cylinder 58 It is.

エンジンコントローラ102は、エンジン5の駆動状態に応じた適切なコモンレール内圧となるように、圧力センサ86の検出情報に基づき圧力制御電磁弁87を作動させると共に、エンジン5の駆動状態に応じた適切な噴射タイミング及び噴射量となるように、各インジェクタ81を開閉作動させるという燃料噴射制御を実行するものである。 Engine controller 102, so that an appropriate common rail pressure according to the driving state of the engine 5, actuates the pressure control solenoid valve 87 based on the detection information of the pressure sensor 86, suitable according to the drive state of the engine 5 as the injection timing and injection amount, and executes the fuel injection control of opening and closing operation of each injector 81.

エンジンコントローラ102には、コモンレール式燃料噴射装置80を構成する各インジェクタ81、コモンレール内圧を検出する圧力センサ86、コモンレール82への燃料圧送量を調節するための圧力制御電磁弁87、エンジン回転数を検出する回転数検出手段としてのエンジン回転センサ103、アクセルペダル35の踏み込み量を検出するアクセルセンサ104、及びスロットルレバー30の操作位置を検出するスロットルポテンショ105等が接続されている。 The engine controller 102, the injectors 81 which constitutes the common rail type fuel injection device 80, a pressure sensor 86 for detecting the common rail pressure, the pressure control solenoid valve 87 for adjusting the amount of fuel delivered to the common rail 82, an engine speed an engine rotation sensor 103 as a rotation speed detecting means for detecting an accelerator sensor 104 detects the amount of depression of the accelerator pedal 35, and the throttle potentiometer 105 for detecting the operation position of the throttle lever 30 is connected.

走行機体2が停止した状態では原則として、エンジンコントローラ102は、エンジン回転センサ103にて検出された実際のエンジン回転数が予め設定されたアイドリング回転数と一致するように、各インジェクタ81からの高圧燃料の噴射圧、噴射タイミング及び噴射量(以下、目標噴射パターンという)をフィードバック制御している。 In principle, in a state where the traveling machine body 2 is stopped, the engine controller 102, so that the actual engine speed detected by the engine speed sensor 103 coincides idling speed and a preset high pressure from the injectors 81 injection pressure of the fuel, injection timing and injection amount (hereinafter, referred to as target injection pattern) are controlled by feedback. また、停止状態以外では、エンジンコントローラ102は、実際のエンジン回転数がスロットルレバー30の操作位置(スロットルポテンショ105の検出情報)に対応した基準回転数と一致するように、目標噴射パターンをフィードバック制御している。 Further, in the non-stop state, the engine controller 102, so that the actual engine speed coincides with the reference rotational speed corresponding to the operating position of the throttle lever 30 (detection information of the throttle potentiometer 105), the feedback control of the target injection pattern doing.

ここで、図示を省略しているが、エンジン回転数と目標噴射パターンとの関係は、例えばマップ形式又は関数表形式にて、エンジンコントローラ102(例えばPROM102b等)に予め記憶されている。 Here, although not shown, the relationship between the engine speed and the target injection pattern, for example in map format or function table format, is stored in advance in the engine controller 102 (e.g. PROM102b etc.). なお、これらの関係は本機コントローラ100や作業機コントローラ101に予め記憶させてもよい。 It is also these relationships stored in advance in the machine controller 100 and the working machine controller 101. また、エンジン回転数と目標噴射パターンとの組合せのデータを、テーブルマップとして本機コントローラ100、作業機コントローラ101又はエンジンコントローラ102に記憶させてもよい。 Further, the combination of data between the engine speed and the target injection pattern, the machine controller 100 as a table map, may be stored in the working machine controller 101 or the engine controller 102.

実施形態では、エンジンコントローラ102が、各インジェクタ81の開度及び開き時間、並びに圧力センサ86にて検出される噴射圧に基づいて、コモンレール式燃料噴射装置80の噴射量(インジェクタ81全体の噴射量)を算出するように構成されている。 In embodiments, the engine controller 102, the opening and opening time of the injector 81, and based on the injection pressure detected by the pressure sensor 86, the injection amount of the common rail type fuel injection system 80 (of the entire injector 81 injection amount ) is configured to calculate a. すなわち、エンジンコントローラ102が、コモンレール式燃料噴射装置80の噴射量を検出する噴射量検出手段としての役割を担っている。 That is, the engine controller 102 plays a role as the injection quantity detection means for detecting an injection amount of the common rail type fuel injection system 80.

(5). (5). 燃料噴射制御の説明 次に、図7〜図9に示すフローチャートを参照しながら、燃料噴射制御の一例について説明する。 Description of the fuel injection control below with reference to the flowchart shown in FIGS. 7 to 9, an example of fuel injection control.

実施形態のエンジンコントローラ102は、燃料噴射制御の一例として、アクセルペダル35を踏み込み操作した場合に、副変速レバー40にて選択されたモードと走行機体2の状態とに応じて、コモンレール式燃料噴射装置80でのメイン噴射の噴射速さを切り換える噴射速さ切換制御を実行するように構成されている。 The engine controller 102 of the embodiment, as an example of fuel injection control, when depresses the accelerator pedal 35, depending on the sub speed change lever 40 is selected at the mode and the traveling machine body 2 state, the common rail fuel injection It is configured to perform the injection speed switching control for switching the injection speed of the main injection in the device 80.

図7に示すフローチャートを用いて、噴射速さ切換制御の流れを説明する。 With reference to the flowchart shown in FIG. 7, the flow of the injection speed switching control. この場合は、走行機体2の前部にフロントローダ51が装着されていて、ロータリ耕耘機15は取り外されているものとする。 In this case, have a front loader 51 is mounted to a front portion of the traveling machine body 2, the rotary power tiller 15 is assumed to be removed. まず、噴射速さ切換制御のスタートに続いて、エンジン回転センサ103の検出値、コモンレール82における圧力センサ86の検出値、アクセルペダル35の操作量に相当するアクセルセンサ104の検出値、及び、副変速センサ115の検出値を読み込む(ステップS1)。 First, following the start of the injection speed switching control, the detection value of the engine rotation sensor 103, the detection value of the pressure sensor 86 in the common rail 82, the detection value of the accelerator sensor 104 corresponding to the operation amount of the accelerator pedal 35, and the sub read detected value of the shift sensor 115 (step S1).

次いで、アクセルセンサ104の検出値から、オペレータがアクセルペダル35を踏み込み操作しているか否かを判別する(ステップS2)。 Then, from the detected value of the accelerator sensor 104, the operator determines whether or not depresses the accelerator pedal 35 (step S2). アクセルペダル35を踏み込み操作していなければ(S2:NO)そのままリターンする。 If not, you depress the accelerator pedal 35 (S2: NO) directly returns. アクセルペダル35を踏み込み操作していれば(S2:YES)、ステップS1にて読み込まれた各検出値と、エンジンコントローラ102に予め記憶されたマップ又は関数表とに基づいて、アクセルペダル35の操作量に対応した目標エンジン回転数と、目標エンジン回転数に対応したメイン噴射での各インジェクタ81の目標噴射量とを演算する(ステップS3)。 If the operation of depression of the accelerator pedal 35 (S2: YES), the detected values ​​read at step S1, on the basis of the map or a function table stored in advance in the engine controller 102, the operation of the accelerator pedal 35 a target engine speed corresponding to the amount, a target injection amount of each injector 81 in the main injection corresponding to the target engine rotational speed computing (step S3).

次いで、副変速センサ115の検出値から、副変速レバー40にて選択されたモードが作業モードか走行モードかを判別する(ステップS4)。 Then, from the detected value of the sub-transmission sensor 115, the selected mode in the sub-shift lever 40, it is determined whether the working mode or driving mode (step S4). 走行モードを選択しているときは(S4:走行)、ステップS3にて演算された目標噴射量分の高圧燃料を、メイン噴射の際に各インジェクタ81から適宜時間をかけて噴射させ、エンジン回転数を目標エンジン回転数にまで徐々に上昇させる(ステップS5)。 When selecting the drive mode (S4: travel), the target injection amount pressure fuel that has been calculated in step S3, is injected over an appropriate time from each injector 81 during the main injection, the engine rotation gradually increasing the number up to the target engine speed (step S5).

副変速レバー40にて作業モードを選択しているときは(S4:作業)、次いで、前後進ポテンショ112の検出値、車速センサ113の検出値、及び駐車ブレーキセンサ114の検出値を読み込み(ステップS6)、これら検出値から走行機体2が停止状態か否かを判別する(ステップS7)。 When selecting a working mode in the sub shift lever 40 (S4: work), then detected value of the forward-reverse potentiometer 112, reads a detection value of the detection value, and the parking brake sensor 114 of the vehicle speed sensor 113 (step S6), the traveling machine body 2, it is determined whether or not the stopped state from these detected values ​​(step S7).

走行機体2が停止状態でなければ(S7:NO)、前述のステップS5へ移行して、エンジン回転数を目標エンジン回転数にまで徐々に上昇させる。 If the traveling machine body 2 is not in the stopped state (S7: NO), the operation proceeds to step S5 described above, and gradually increases the engine speed to the target engine speed. 走行機体2が停止状態であれば(S7:YES)、ステップS3にて演算された目標噴射量分の高圧燃料を、メイン噴射の際に各インジェクタ81から極めて短い時間で一挙に噴射させ、エンジン回転数を目標エンジン回転数にまで瞬時に上昇させるのである(ステップS8)。 If the traveling machine body 2 is in a stopped state (S7: YES), the target injection amount pressure fuel that has been calculated in step S3, is injected at once in a very short time from each injector 81 during the main injection, the engine the rotational speed is raise instantaneously to the target engine rotational speed (step S8).

作業モードにおいて、走行機体2を停止させてアクセルペダル35を踏み込み操作するときというのは通常、オペレータがフロントローダ51を上昇動させるためにエンジン出力を高めたいときである。 In working mode, is when the usually desired to increase the engine output to the operator raises moving front loader 51 because when the traveling machine body 2 is stopped operating for depressing the accelerator pedal 35. かかる状況では、ステップS8に示すように、メイン噴射の噴射量を瞬時に増量させ、エンジン回転数を目標エンジン回転数にまで瞬時に上昇させるから、エンジン5の回転動力にて駆動する作業機用油圧ポンプ61の作動油吐出量を素早く且つ十分に確保することが可能になる。 In such a situation, as shown in step S8, by increasing the injection quantity of the main injection immediately, because increases instantaneously engine speed to the target engine speed, for a working machine driven by the rotation power of the engine 5 it is possible to quickly and sufficiently secure the working oil discharge amount of the hydraulic pump 61. このため、その後にローダレバー41の操作にてフロントローダ51を上昇動させる際の作動応答性が確実且つ迅速になる結果、作業能率の向上に貢献できる。 Therefore, subsequent actuation responsiveness when the front loader 51 is raised movement by the operation of the loader lever 41 is ensured and quickly result, it can contribute to the improvement of work efficiency.

また、作業モードで且つ走行機体2が停止した状態を除いた場合において、アクセルペダル35を踏み込み操作したときは、ステップS7に示すように、適宜時間をかけてメイン噴射の噴射量を増量させ、エンジン回転数を目標エンジン回転数にまで徐々に上昇させるから、例えば路上走行時等に、アクセルペダル35を急激に踏み込み操作したりしても、エンジン回転数が急激に変化することはない。 Further, in the case of excluding the state and the traveling machine body 2 is stopped in the working mode, when you depress the accelerator pedal 35, as shown in step S7, by increasing the injection quantity of the main injection over a suitable time, because gradually increase the engine rotational speed to the target engine speed, for example, road or the like, even or suddenly depressing the accelerator pedal 35 is not the engine speed changes abruptly. このため、走行機体2の急激な速度変化(急発進・急加速)を回避して、安全性を確保できると共に、操作感覚や乗り心地を向上できる。 For this reason, to avoid abrupt change in velocity of the traveling machine body 2 (sudden acceleration and acceleration), it is possible to ensure the safety, it is possible to improve the operation feeling and ride comfort.

ところで、実施形態のエンジンコントローラ102は、燃料噴射制御の別例として、走行機体2の後部に装着されたロータリ耕耘機15の自動昇降に連動しながら、コモンレール式燃料噴射装置80でのメイン噴射の噴射量を増減する昇降連動制御を実行するように構成されている。 Meanwhile, the engine controller 102 of the embodiment, as another example of the fuel injection control, while in conjunction with the automatic lifting of the rotary tiller 15 mounted to the rear of the traveling machine body 2, the main injection in the common rail fuel injection system 80 It is configured to perform a lifting interlock control for increasing or decreasing the injection amount. ここで、後述する設定回転数は、スロットルレバー30の操作位置に対応した基準回転数とアイドリング回転数との間の値(例えば1500rpm程度)に設定されていて、エンジンコントローラ102等に予め記憶されている。 Here, the setting rotational speed, which will be described later, have been set to a value between the reference speed and the idling speed corresponding to the operation position of the throttle lever 30 (for example, about 1500 rpm), stored in advance in the engine controller 102 and the like ing.

図8に示すフローチャートを用いて、昇降連動制御の流れを説明する。 With reference to the flowchart shown in FIG. 8, the flow of lift interlocking control. この場合は、走行機体2の後部にロータリ耕耘機15が装着されていて、フロントローダ51は取り外されているものとする。 In this case, the rear portion of the traveling machine body 2 have rotary tiller 15 is attached, it is assumed that the front loader 51 is removed. まず、昇降連動制御のスタートに続いて、エンジン回転センサ103の検出値、コモンレール82における圧力センサ86の検出値、エンジンコントローラ102に予め記憶された設定回転数、及び、副変速センサ115の検出値を読み込み(ステップS9)、副変速センサ115の検出値から、副変速レバー40にて選択されたモードが作業モードか走行モードかを判別する(ステップS10)。 First, following the start of the lifting interlock control, detection values ​​of the engine rotation sensor 103, the detection value of the pressure sensor 86 in the common rail 82, pre-stored set rotational speed to the engine controller 102, and the detected value of the sub-transmission sensors 115 read (step S9), and the detected value of the sub-transmission sensor 115, the selected mode in the sub-shift lever 40, it is determined whether the working mode or driving mode (step S10).

走行モードを選択しているときは(S10:走行)、トラクタが耕耘作業を行っていないことを意味するので、そのままリターンする。 When selecting the running mode (S10: travel), since the tractor means that not performing the tilling, the routine returns. 作業モードを選択しているときは(S10:作業)、次いで、自動昇降スイッチ121を上昇操作したか否かを判別する(ステップS11)。 When selecting the working mode (S10: working), then it determines whether the increased operating the automatic lifting switch 121 (step S11).

自動昇降スイッチ121を上昇操作するときとは、例えば耕耘作業中のトラクタ1が圃場の枕地付近に到達して180°方向転換をしようとするときである。 And when increased operating the automatic lifting switch 121, for example, the tractor 1 in the tilling is when trying to reach to 180 ° turning around the field of headland. 自動昇降スイッチ121を上昇操作していなければ(S11:NO)リターンする。 If the automatic lifting switch 121 has risen operated (S11: NO) the process returns. 自動昇降スイッチ121を上昇操作していれば(S11:YES)、上昇油圧電磁弁63の切換作動にて昇降制御油圧シリンダ45を短縮駆動させ、ロータリ耕耘機15を所定の高さまで強制的に上昇させる(ステップS12)。 If elevated operating the automatic lifting switch 121 (S11: YES), the elevation control hydraulic cylinder 45 is shortened driven by switching operation of the rising pressure solenoid valve 63, force increases the rotary tiller 15 to a predetermined height make (step S12).

それから、ステップS9にて読み込まれた設定回転数と、エンジンコントローラ102に予め記憶されたマップ又は関数表とに基づいて、設定回転数に対応したメイン噴射での各インジェクタ81の減量噴射量とを演算し(ステップS13)、減量噴射量分の高圧燃料を、メイン噴射の際に各インジェクタ81から極めて短い時間で一挙に噴射させ、エンジン回転数を設定回転数にまで瞬時に下降させる(ステップS14)。 Then, the setting rotational speed read in step S9, on the basis of the pre-stored map or function table to the engine controller 102, and a weight loss injection quantity of each injector 81 in the main injection corresponding to the setting rotational speed calculated (step S13), and weight loss injection amount pressure fuel, is injected at once in a very short time from each injector 81 during the main injection, it is lowered instantly to the set rotational speed of the engine rotational speed (step S14 ).

次いで、自動昇降スイッチ121を下降操作したか否かを判別する(ステップS15)。 Then, it is determined whether or not the lowered operating the automatic lifting switch 121 (step S15). 自動昇降スイッチ121を下降操作するときとは、例えば枕地付近のトラクタ1が180°方向転換を終えて前進しようとするときである。 As when descending operating the automatic lifting switch 121 is, for example, when the tractor 1 near the headland attempts advanced finished 180 ° turning. 自動昇降スイッチ121を下降操作していなければ(S15:NO)リターンする。 If the automatic lifting switch 121 has been lowered operating (S15: NO) the process returns. 自動昇降スイッチ121を下降操作していれば(S15:YES)、下降油圧電磁弁64の切換作動にて昇降制御油圧シリンダ45を伸長駆動させ、ロータリ耕耘機15を元の耕耘高さまで強制的に下降させる(ステップS16)。 If lowered operating the automatic lifting switch 121 (S15: YES), lowering the hydraulic pressure of the lift control hydraulic cylinder 45 at switching operation of the solenoid valve 64 causes decompression driven, to force the rotary tiller 15 to the original tilling height lowering (step S16).

次いで、ステップS9にて読み込まれた元(上昇動前)のエンジン回転数と、エンジンコントローラ102に予め記憶されたマップ又は関数表とに基づいて、元のエンジン回転数に対応したメイン噴射での各インジェクタ81の増量噴射量とを演算し(ステップS17)、増量噴射量分の高圧燃料を、メイン噴射の際に各インジェクタ81から極めて短い時間で一挙に噴射させ、エンジン回転数を上昇動前の回転数にまで瞬時に上昇させるのである(ステップS18)。 Then, the engine speed of the original (increased dynamic before) read in step S9, on the basis of the pre-stored map or function table to the engine controller 102, in the main injection corresponding to the original engine speed calculating the increase injection quantity of each injector 81 (step S17), increasing the injection amount pressure fuel, is injected at once in a very short time from each injector 81 during the main injection, increased dynamic before the engine rotational speed than it is raised instantaneously to the speed (step S18).

以上の制御によると、作業モードの実行中にロータリ耕耘機15が上昇動した後は、メイン噴射の噴射量を瞬時に減量させ、エンジン回転数を設定回転数にまで瞬時に下降させるから、例えば走行機体2が圃場の枕地付近に到達して180°方向転換をしようとするときに、走行機体2の車速を素早く減速できる。 According to the above control, after the rise rotary tiller 15 moving during the working mode, it is reduced to the injection amount of main injection instantaneously, since lowering instantaneously to the set rotational speed of the engine rotational speed, for example, when the traveling machine body 2 tries to reach to 180 ° turning around the field of headland, quickly slow down the speed of the traveling machine body 2. 従って、方向転換時の安全性を確保しながら、走行機体2の方向転換操作を簡略化でき、オペレータの操作負担を軽減できる。 Therefore, while ensuring the safety during turning, can simplify turning operation of the traveling machine body 2, it can reduce the operation load of the operator. また、メイン噴射の噴射量の減少はロータリ耕耘機15を上昇動させた後に行うので、作業機用油圧ポンプ61における作動油吐出量の確保に支障はなく、エンジンストールも抑制できる。 Further, a decrease in the injection amount of main injection is performed after raising movement the rotary tiller 15, no trouble in securing the hydraulic oil discharge amount of the working machine hydraulic pump 61, the engine stall can be suppressed.

更に、作業モードの実行中に、一旦上昇動したロータリ耕耘機15が下降動するときは、メイン噴射の噴射量を瞬時に増量させ、エンジン回転数を、上昇動前のエンジン回転数に瞬時に戻すから、例えば枕地付近の走行機体2が180°方向転換を終えて前進しようとするときに、走行機体2の車速を素早く元に戻せる。 Furthermore, during the execution of the work mode, when the rotary tiller 15 once rose movement is lowered dynamic causes the increase of the injection quantity of the main injection immediately, the engine speed, the instant engine speed before rising movement since returning, for example, when the traveling machine body 2 in the vicinity headland attempts advanced finished 180 ° turning, reversible quickly based on the vehicle speed of the traveling machine body 2. 従って、方向転換後に引き続いての耕耘作業にスムーズに移行でき、トラクタ1を往復動させる耕耘作業を効率よく実行できるのである。 Therefore, it smooth transition to the tilling of the subsequent after turning, is to a tilling for reciprocating the tractor 1 can run efficiently.

図9のフローチャートは噴射量増減制御のもう一つの例である。 The flowchart of FIG. 9 is another example of the injection amount increases or decreases the control. この場合のエンジンコントローラ102は、走行機体2の前後進を切り換える際のロータリ耕耘機15の自動昇降に連動しながら、コモンレール式燃料噴射装置80でのメイン噴射の噴射量を増減するバック昇降連動制御を実行するように構成されている。 The engine controller 102 in this case, while in conjunction with the automatic lifting of the rotary tiller 15 at the time of switching the forward and backward of the traveling machine body 2, the back lifting interlock control for increasing or decreasing the injection amount of main injection in the common rail fuel injection system 80 and it is configured to perform. この場合も、設定回転数は、スロットルレバー30の操作位置に対応した基準回転数とアイドリング回転数との間の値(例えば1500rpm程度)に設定されていて、エンジンコントローラ102等に予め記憶されている。 Again, setting the rotation speed is preset to a value between the reference speed and the idling speed corresponding to the operation position of the throttle lever 30 (for example, about 1500 rpm), stored in advance in the engine controller 102 and the like there.

図9のフローチャートに示すように、まずはバック昇降連動制御のスタートに続いて、エンジン回転センサ103の検出値、コモンレール82における圧力センサ86の検出値、エンジンコントローラ102に予め記憶された設定回転数、及び、副変速センサ115の検出値を読み込み(ステップS19)、副変速センサ115の検出値から、副変速レバー40にて選択されたモードが作業モードか走行モードかを判別する(ステップS20)。 As shown in the flowchart of FIG. 9, first following the start of the back lifting interlock control, detection values ​​of the engine rotation sensor 103, the detection value of the pressure sensor 86 in the common rail 82, the set rotational speed which is previously stored in the engine controller 102, and reads the detected value of the sub-transmission sensor 115 (step S19), from the detection value of the sub-transmission sensor 115, the selected mode in the sub-shift lever 40, it is determined whether the working mode or driving mode (step S20).

走行モードを選択しているときは(S20:走行)、トラクタが耕耘作業を行っていないことを意味するので、そのままリターンする。 When you select the travel mode (S20: running), because the tractor means that you have not done the tilling work, to return as it is. 作業モードを選択しているときは(S20:作業)、次いで、前後進ポテンショ112の検出情報に基づいて前後進切換レバー32を後進操作したか否かを判別する(ステップS21)。 When selecting the working mode (S20: working), then a reverse switching lever 32 determines whether or not the reverse operation before based on the previous detection information of the reverse potentiometer 112 (step S21).

前後進切換レバー32を後進操作していなければ(S21:NO)リターンする。 If the forward-reverse switching lever 32 has the reverse operation (S21: NO) the process returns. 前後進切換レバー32を後進操作していれば(S21:YES)、上昇油圧電磁弁63の切換作動にて昇降制御油圧シリンダ45を短縮駆動させ、ロータリ耕耘機15を所定高さまで強制的に上昇させる(ステップS22)。 If the backward operating the forward-reverse switching lever 32 (S21: YES), increased pressure in the switching operation of the electromagnetic valve 63 is shortened driving the elevation control hydraulic cylinder 45, forcing increasing the rotary power tiller 15 to a predetermined height make (step S22).

それから、ステップS19にて読み込まれた設定回転数と、エンジンコントローラ102に予め記憶されたマップ又は関数表とに基づいて、設定回転数に対応したメイン噴射での各インジェクタ81の減量噴射量とを演算し(ステップS23)、減量噴射量分の高圧燃料を、メイン噴射の際に各インジェクタ81から極めて短い時間で一挙に噴射させ、エンジン回転数を設定回転数にまで瞬時に下降させる(ステップS24)。 Then, the setting rotational speed read in step S19, on the basis of the pre-stored map or function table to the engine controller 102, and a weight loss injection quantity of each injector 81 in the main injection corresponding to the setting rotational speed calculated (step S23), the reduction injection amount pressure fuel, is injected at once in a very short time from each injector 81 during the main injection, it is lowered instantly to the set rotational speed of the engine rotational speed (step S24 ).

次いで、前後進切換レバー32を前進操作したか否かを判別する(ステップS25)。 Then, it is determined whether the forward operating the forward-reverse switching lever 32 (step S25). 前後進切換レバー32を前進操作していなければ(S25:NO)リターンする。 If not, the forward operation of the forward-reverse switching lever 32 (S25: NO) to return. 前後進切換レバー32を前進操作していれば(S25:YES)、下降油圧電磁弁64の切換作動にて昇降制御油圧シリンダ45を伸長駆動させ、ロータリ耕耘機15を元の耕耘高さまで強制的に下降させる(ステップS26)。 If forward operating the forward-reverse switching lever 32 (S25: YES), the elevation control hydraulic cylinder 45 was extended driven by switching operation of the downward hydraulic solenoid valves 64, forcing the rotary tiller 15 to the original tilling height lowering (step S26).

次いで、ステップS19にて読み込まれた元(上昇動前)のエンジン回転数と、エンジンコントローラ102に予め記憶されたマップ又は関数表とに基づいて、元のエンジン回転数に対応したメイン噴射での各インジェクタ81の増量噴射量とを演算し(ステップS27)、増量噴射量分の高圧燃料を、メイン噴射の際に各インジェクタ81から極めて短い時間で一挙に噴射させ、エンジン回転数を上昇動前の回転数にまで瞬時に上昇させるのである(ステップS28)。 Then, the engine speed of the original (increased dynamic before) read at step S19, on the basis of the pre-stored map or function table to the engine controller 102, in the main injection corresponding to the original engine speed calculating the increase injection quantity of each injector 81 (step S27), increasing the injection amount pressure fuel, is injected at once in a very short time from each injector 81 during the main injection, increased dynamic before the engine rotational speed than it is raised instantaneously to the speed (step S28).

以上の制御によると、作業モードの実行中に、走行機体2が後進動する前にロータリ耕耘機15が上昇動した後は、メイン噴射の噴射量を瞬時に減量させ、エンジン回転数を設定回転数にまで瞬時に下降させるから、走行機体2が後進動するに際して、走行機体2の車速を素早く減速できる。 According to the above control, during the execution of the work mode, after the traveling machine body 2 has rotary tiller 15 is raised dynamic before backward movement causes the reduced injection quantity of the main injection immediately, set rotational engine speed since lowering instantaneously to several, when the traveling machine body 2 moves backward movement, quickly slow down the speed of the traveling machine body 2. 従って、後進時の安全性を確保しながら、走行機体2の後進操作を簡略化でき、オペレータの操作負担を軽減できる。 Therefore, while ensuring the safety during backward, can simplify reverse operation of the traveling machine body 2, it can reduce the operation load of the operator. また、メイン噴射の噴射量の減少はロータリ耕耘機15を上昇動させた後に行うので、作業機用油圧ポンプ61における作動油吐出量の確保に支障はなく、エンジンストールも抑制できる。 Further, a decrease in the injection amount of main injection is performed after raising movement the rotary tiller 15, no trouble in securing the hydraulic oil discharge amount of the working machine hydraulic pump 61, the engine stall can be suppressed.

更に、作業モードの実行中において、走行機体2が前進動する前に、一旦上昇動したロータリ耕耘機15が下降動するときは、メイン噴射の噴射量を瞬時に増量させ、エンジン回転数を、上昇動前のエンジン回転数に瞬時に戻すから、走行機体2が前進動に切り換えるに際して、走行機体2の車速を素早く元に戻せる。 Further, during execution of the work mode, before traveling machine body 2 moves forward movement, when the rotary tiller 15 once rose movement is lowered dynamic causes the increase of the injection quantity of the main injection immediately, the engine speed, since back instantly to the engine speed before the rising movement, when the traveling machine body 2 is switched to a forward movement, reversible quickly based on the vehicle speed of the traveling machine body 2. 従って、前後進切換後に引き続いての耕耘作業にスムーズに移行でき、トラクタ1を往復動させる耕耘作業を効率よく実行できるのである。 Thus, the forward-reverse can migrate smoothly to the switching tilling of 換後 to subsequently is of a tilling for reciprocating the tractor 1 can run efficiently.

なお、上記のバック昇降連動制御は、前後進切換レバー32の機能を前進及び後進ペダルに置き換えた場合でも実行することが可能である。 The above back lifting interlock control can be performed even when replacing the function of the forward-reverse switching lever 32 in the forward and reverse pedals.

(6). (6). エンジン診断制御の詳細 次に、図6及び図10〜図14を参照しながら、エンジン診断制御の詳細について説明する。 Next details of the engine diagnosis control with reference to FIGS. 6 and FIGS. 10 to 14, will be described in detail engine diagnosis control.

さて、トラクタ1のモード(動作の状態)としては、初期モード、路上走行や各種農作業を実行する通常モード(前述した作業モード及び走行モードを含む)、及び、エンジン5の駆動状態をチェックするためのテストシーケンスTSを実行する診断モード等がある。 Now, the modes of the tractor 1 (state of operation), (including working mode and the traveling mode described above) the normal mode for performing an initial mode, road and various agricultural and to check the driving state of the engine 5 there is a diagnostic mode, and the like to perform the test sequence TS.

作業機コントローラ101は、走行機体2に設けられた操作手段(実施形態ではモード切換スイッチ123及びキースイッチ108)の特定操作にて診断モードに移行し、走行機体2が停止した状態でエンジン診断用のテストシーケンスTSを実行するように構成されている。 Working machine controller 101 shifts to the diagnostic mode using a specific operation of the operation means provided on the traveling machine body 2 (the mode switch 123 and the key switch 108 in the embodiment), engine diagnostics while the travel machine body 2 is stopped It is configured to perform a test sequence TS. 実施形態では、モード切換スイッチ123を押下した状態でキースイッチ108を入り操作するという特定操作により、作業機コントローラ100が診断モードを実行することになる。 In embodiments, the specific operation of manipulating entering the key switch 108 while pressing the mode switch 123, so that the working machine controller 100 executes the diagnostic mode.

なお、診断モードではテストシーケンスTSの実行にてエンジン5の駆動状態をチェックするため、前述の特定操作手順を踏まない限り、安全性に配慮して診断モードの起動が禁止されている。 In the diagnostic mode for checking the driving condition of the engine 5 at the execution of the test sequence TS, unless depressed specific operating procedures described above, activation of the diagnostic mode in consideration of the safety is prohibited. また、診断モードでは、一旦キースイッチを切り操作しない限り、通常モード等の他のモードへの復帰も禁止されている。 In addition, in the diagnostic mode, once unless the operation off the key switch, but also return to other modes such as normal mode is prohibited.

エンジン診断用のテストシーケンスTSは、作業機コントローラ101のPROM101bに予め記憶されている。 Test sequence TS for engine diagnosis is stored in advance in the PROM101b of the working machine controller 101. テストシーケンスTSは、エンジン回転数のテストパターンPr(図10参照)と、テストパターンPrに対応した噴射量の許容変動領域Ar(図11参照)とを含んでおり、テストパターンPrのエンジン回転数となるように、コモンレール式燃料噴射装置80の噴射量を変動させ、実際の変動結果と許容変動領域Arとを比較するというエンジン診断制御を司る制御プログラムになっている。 Test sequence TS includes an engine rotational speed of the test pattern Pr (see FIG. 10), includes a permissible variation region of the injection amount corresponding to the test pattern Pr Ar (see Fig. 11), the engine speed of the test pattern Pr as it will be, which is a control program that controls the engine diagnostic control of varying the injection amount of the common rail type fuel injection system 80 and compares the actual change results and the allowable variation region Ar.

エンジン回転数のテストパターンPrと、テストパターンPrに対応した噴射量の許容変動領域Arとは、例えばマップ形式又は関数表形式にて、作業機コントローラ101のPROM101bに予め記憶されている。 A test pattern Pr engine speed, and the allowable variation region Ar of the injection amount corresponding to the test pattern Pr, for example, in map format or function table format, are stored in advance in PROM101b of the working machine controller 101. 図10及び図11には、PROM101bに記憶されたテストパターンPrの一部と、許容変動領域Arの一部とを抜粋しグラフ化して示している。 10 and 11, a part of the test pattern Pr stored in PROM101b, it shows excerpts graphed and part of the allowable variation region Ar. 図10に示すテストパターンPrのグラフでは、時間を横軸に採り、エンジン回転数を縦軸に採っている。 In the graph of the test pattern Pr shown in FIG. 10, the horizontal axis represents time, takes the engine speed on the vertical axis. 図11に示す許容変動領域Arのグラフでは、時間を横軸に採り、コモンレール式燃料噴射装置80の噴射量(インジェクタ81全体の噴射量)を縦軸に採っている。 In the graph of allowable variation region Ar as shown in FIG. 11, the horizontal axis represents time, adopts the injection amount of the common rail type fuel injection system 80 (injection amount of the entire injector 81) on the vertical axis.

図10に示すように、テストパターンPrは上向き凸の階段状に変化した実線にて表されている。 As shown in FIG. 10, the test pattern Pr is expressed by a solid line that changes stepwise upward convex. 図11に示した二点鎖線は、テストパターンPrに対応した噴射量の理論値に相当する理論噴射パターンPiを表している。 The two-dot chain line shown in FIG. 11 represents the theoretical injection pattern Pi corresponding to the stoichiometric value of the injection amount corresponding to the test pattern Pr. 理論噴射パターンPiを挟んで上下対称状に位置する第1上限線U1と第1下限線D1とで囲まれた領域は、エンジン回転数に対する噴射量が正常な値である正常領域Ar1になっている。 Region surrounded by the first upper line U1 located vertically symmetrically across a theoretical injection pattern Pi a first lower limit line D1, taken normal region Ar1 injection amount is a normal value for the engine rotational speed there. 理論噴射パターンPiを挟んで上下対称状に位置する第2上限線U2と第2下限線D2とで囲まれた領域のうち正常領域Ar1を除いた領域は、正常領域Ar1と後述する異常領域Ar3との境界に相当する注意領域Ar2になっている。 Area excluding the normal area Ar1 of the second upper line U2 and surrounded by the second lower limit line D2 region located vertically symmetrically across a theoretical injection pattern Pi is the abnormal region will be described later with normal region Ar1 Ar @ 3 It has become the attention area Ar2 corresponding to the boundary between. 第2上限線U2より上側及び第2下限線D2より下側の領域は、エンジン回転数に対する噴射量が異常な値である異常領域Ar3になっている。 A lower region than the upper and second lower line D2 than the second upper limit line U2 is adapted to an abnormal value injection amount for the engine speed abnormality region Ar @ 3. 第2上限線U2と第2下限線D2とで囲まれた領域(正常領域Ar1と注意領域Ar2との組合せ)が許容変動領域Arになっている。 Region surrounded by a second upper line U2 and the second lower limit line D2 (the combination of the normal region Ar1 and attention region Ar @ 2) is in the allowable variation region Ar.

作業機コントローラ101のPROM101bには、トラクタ1のモード(動作の状態)に関して、計器盤26の液晶モニタ124に表示される文字、記号、画像等の各種情報も予め記憶されている。 The PROM101b the working machine controller 101, with respect to the mode of the tractor 1 (state of operation), the characters displayed on the liquid crystal monitor 124 of the instrument panel 26, the symbols, is also stored in advance various kinds of information such as images. この種の情報としては、例えば通常モード情報(図示省略)や、テストシーケンスTS実行に関するメッセージ情報131〜138(図12参照)等がある。 The information of this kind, for example, the normal mode information (not shown) and there is message information 131 to 138 (see FIG. 12) concerning the test sequence TS execution.

図13に示すフローチャートを用いて、エンジン診断制御の流れを説明する。 With reference to a flowchart shown in FIG. 13, the flow of engine diagnosis control. まず、モード切換スイッチ123を押下した状態でキースイッチ108を入り操作すると、作業機コントローラ100が診断モードを実行する。 First, when the operation enters the key switch 108 while pressing the mode selection switch 123, the working machine controller 100 executes the diagnostic mode. この場合はまず、スタートに続いて、前後進ポテンショ112、PTOレバーセンサ122及び駐車ブレーキセンサ114の検出値を読み込み(ステップS29)、次いで、前後進ポテンショ112の検出値から、前後進切換レバー32が中立位置にあるか否かを判別する(ステップS30)。 In this case First, following the start, before reading the detected value of the reverse potentiometer 112, PTO lever sensor 122 and the parking brake sensor 114 (step S29), then, from the detection value of the forward-reverse potentiometer 112, the forward-reverse switching lever 32 there is determined whether the neutral position (step S30).

前後進切換レバー32が中立位置にない場合は(S30:NO)、このままテストシーケンスTSを実行すると走行機体2が不用意に動くおそれがあるので、液晶モニタ124に「前後進切換レバーを中立にしてください。」というメッセージ情報131を表示し(ステップS31)、その後ステップS29に戻る。 If the forward-reverse switching lever 32 is not in the neutral position (S30: NO), since the traveling machine body 2 and run this while test sequence TS which may move inadvertently, the "forward-reverse switching lever to neutral on the LCD monitor 124 to please. "that displays the message information 131 (step S31), then returns to step S29. 前後進切換レバー32が中立位置にある場合は(S30:YES)、次いで、PTOレバーセンサ122の検出値から、PTO変速レバー36が中立位置にあるか否かを判別する(ステップS32)。 If the forward-reverse switching lever 32 is in the neutral position (S30: YES), then, from the detected value of PTO lever sensor 122, PTO shift lever 36, it is determined whether or not in the neutral position (step S32).

PTO変速レバー36が中立位置にない場合は(S32:NO)、このままテストシーケンスTSを実行するとロータリ耕耘機15が不用意に駆動するおそれがあるので、液晶モニタ124に「PTO変速レバーを中立にしてください。」というメッセージ情報132を表示し(ステップS33)、その後ステップS29に戻る。 If PTO shift lever 36 is not in the neutral position (S32: NO), because when you run this state test sequence TS rotary tiller 15 is likely to inadvertently drive, the "PTO shift lever to neutral on the LCD monitor 124 to please. "that displays the message information 132 (step S33), then returns to step S29. PTO変速レバー36が中立位置にある場合は(S32:YES)、次いで、駐車ブレーキセンサ114の検出値から、駐車ブレーキレバー34が入り状態か否かを判別する(ステップS34)。 If PTO shift lever 36 is in the neutral position (S32: YES), then, from the detected value of the parking brake sensor 114, the parking brake lever 34 is to determine the state or not entered (step S34).

駐車ブレーキレバー34が切り状態であれば(S34:NO)、テストシーケンスTSの実行にて走行機体2が不用意に動くおそれがあるので、液晶モニタ124に「駐車ブレーキレバーを入りにしてください。」というメッセージ情報133を表示し(ステップS35)、その後ステップS29に戻る。 If the parking brake lever 34 is in the disengaged state (S34: NO), because the traveling machine body 2 in the execution of the test sequence TS there is a possibility that the move inadvertently, please enter the "parking brake lever on the LCD monitor 124. display message information 133 that "(step S35), then returns to step S29. 駐車ブレーキレバー34が入り状態であれば(S34:YES)、液晶モニタ124に「エンジン診断を始めます。」というメッセージ情報134を表示する(ステップS36)。 If the state parking brake lever 34 is entered (S34: YES), ". You start the engine diagnosis" on the liquid crystal monitor 124 that displays the message information 134 (step S36).

次いで、作業コントローラ101のPROM101bに記憶されたテストシーケンスTSを読み込み(ステップS37)、エンジン回転センサ103にて検出された実際のエンジン回転数がテストパターンPrのエンジン回転数となる単位時間当りの噴射量分の高圧燃料を、各インジェクタ81から噴射する(ステップS38)。 Then, read the test sequence TS stored in PROM101b work controller 101 (step S37), the actual engine speed detected by the engine rotation sensor 103 per unit time as the engine speed of the test pattern Pr injection the high-pressure fuel quantity fraction, injected from each injector 81 (step S38).

次いで、エンジンコントローラ102にて、各インジェクタ81の開度及び開き時間、並びに圧力センサ86にて検出される噴射圧に基づき、単位時間当りの噴射量の実測結果を算出する(ステップS39)。 Then, by the engine controller 102, the opening and opening time of the injector 81, and based on the injection pressure detected by the pressure sensor 86, calculates the actual measurement result of the injection amount per unit time (step S39). そして、算出された実測結果と、テストパターンPrに対応した噴射量の許容変動領域Arとを比較して、実測結果が正常領域Ar1内か否かを判別する(ステップS40)。 Then, the actual measurement result calculated, by comparing the allowable variation region Ar of the injection amount corresponding to the test pattern Pr, actual measurement result is determined whether or not within the normal region Ar @ 1 (step S40).

単位時間当りの実測結果が正常領域Ar1内であれば(S40:YES)、次いで、テストシーケンスTSでの最初の噴射開示時からの累積時間tが予め設定されたテスト時間T以上か否かを判別する(ステップS41)。 If the observed results per unit time is a within the normal region Ar1 (S40: YES), then the cumulative time t from the time of initial injection disclosed in the test sequence TS whether predetermined test time T or more determine (step S41). テスト時間Tに達していなければ(S41:NO)、前述したステップS38に戻る。 If not reached the test time T (S41: NO), the flow returns to step S38 mentioned above. テスト時間Tが経過していれば(S41:YES)、後述するステップS48へ移行する。 If the elapsed test time T (S41: YES), the process proceeds to step S48 to be described later.

ステップS40において、単位時間当りの実測結果が正常領域Ar1から外れていれば(S40:NO)、当該実測結果が注意領域Ar2内か否かを判別する(ステップS42)。 In step S40, if the measured result per unit time it is outside the normal region Ar1 (S40: NO), the actual measurement result, it is determined whether or not within the attention region Ar @ 2 (step S42). この実測結果が注意領域Ar2内であれば(S42:YES)、次いで、注意領域Ar2の値の検出回数nが予め設定された設定回数N以上か否かを判別する(ステップS43)。 If this measured result is within the attention area Ar2 (S42: YES), then the detection number n of the values ​​of the attention area Ar2 is determined whether a preset number of times N or more (step S43).

注意領域Ar2の値の検出回数nが設定回数N未満であれば(S43:NO)、前述したステップS41へ移行する。 If the number of detection times n is less than the set number N of values ​​of the attention area Ar2 (S43: NO), the process proceeds to step S41 described above. 注意領域Ar2の値の検出回数nが設定回数N以上であれば(S43:YES)、後述するステップS44へ移行する。 If the detection number n of the values ​​of the attention area Ar2 is a set number of times N or more (S43: YES), the process proceeds to step S44 to be described later.

ステップS42において、単位時間当りの実測結果が注意領域Ar2から外れていれば(S42:NO)、この実測結果は異常領域Ar3の値になっているから、液晶モニタ124に「エンジンに重度の問題がある可能性があり危険ですので、診断を中止しエンジンを停止します。お買い上げいただいた販売店にご連絡ください。」というメッセージ情報135を表示する(ステップS44)。 In step S42, if the measured result per unit time deviates from the attention area Ar2 (S42: NO), since this measurement result is in the value of the abnormal region Ar @ 3, severe problems "engine on the LCD monitor 124 since it is a danger there is a possibility that there is, to stop to stop the diagnosis engine. Please contact the dealer from whom you originally purchased. "that displays the message information 135 (step S44). そして、テストシーケンスTSを中止し(ステップS45)、コモンレール式燃料噴射装置80の噴射量を瞬時に減量させ、エンジン回転数を一旦アイドリング回転数にまで低下させてから(ステップS46)、コモンレール式燃料噴射装置80による高圧燃料噴射を停止させ、エンジン5の駆動を停止させる(ステップS47)。 Then, stop the test sequence TS (step S45), the injection amount of the common rail type fuel injection system 80 is reduced instantaneously, (step S46), and thus reduce to once idling speed of the engine rotational speed, the common rail fuel It stops the high-pressure fuel injection by injector 80 to stop the drive of the engine 5 (step S47).

ステップS41においてテスト時間Tが経過していて(S41:YES)、ステップS48へ移行して、注意領域Ar2の値の検出回数nが0(零)か否かを判別する。 Have elapsed test time T at step S41 (S41: YES), the operation proceeds to step S48, the detection number n of the values ​​of the attention area Ar2 is determined whether 0 (zero). 注意領域Ar2の値の検出回数nが0であれば(S48:YES)、全ての実測結果が正常領域Ar1内であるから、液晶モニタ124に「エンジンの状態は正常です。」というメッセージ情報136を表示する(ステップS49)。 If the number of detection times n is a value of 0 Notes area Ar2 (S48: YES), since all of the observed results is within the normal region Ar @ 1, the liquid crystal monitor 124 ". Engine condition is normal" message information 136 It is displayed (step S49).

注意領域Ar2の値の検出回数nが0でなければ(S48:NO)、実測結果の中で注意領域Ar2の値をN回未満検出したことになるから、液晶モニタ124に「エンジンに軽度の問題がある可能性があります。できるだけ早い時期にお買い上げいただいた販売店でのチェックをお勧めします。」というメッセージ情報137を表示する(ステップS50)。 Otherwise the number of detection times n is a value of 0 Notes area Ar2 (S48: NO), since the value of the attention region Ar2 in the actual measurement results will be detected less than N times, the LCD monitor 124 in the "engine mild There is a possibility that there is a problem. we recommend the check in as soon as possible store where you purchased the time. "that displays the message information 137 (step S50). なお、テストシーケンスTSの実行中(ステップS37〜S50)は、警報ブザー(図示省略)を断続的に鳴動させて、オペレータに注意を促すようにしてもよい。 Incidentally, during the execution of the test sequence TS (step S37~S50) is intermittently by sounding an alarm buzzer (not shown), may be alerted to the operator.

以上の制御によると、作業機コントローラ101は、走行機体2に設けられた操作手段(実施形態ではモード切換スイッチ123及びキースイッチ108)の特定操作にて診断モードに移行し、走行機体2が停止した状態でエンジン診断用のテストシーケンスTSを実行するように構成されているから、エンジン5の仕組みをよく知らないオペレータであっても、エンジン5の駆動状態を専用の診断装置なしで手軽にチェックできる。 According to the above control, the working machine controller 101, the specific operation in shifts to diagnostic mode, the traveling machine body 2 is stopped operating means provided on the traveling machine body 2 (the mode switch 123 and the key switch 108 in the embodiment) since the state is configured to perform a test sequence TS for engine diagnosis that, easily checked even an operator who does not know well the mechanics of the engine 5, the driving state of the engine 5 without dedicated diagnostic device it can.

しかも、テストシーケンスTSは、エンジン回転数のテストパターンPrと、テストパターンPrに対応した噴射量の理論噴射パターンPiを含む許容変動領域Arとを有しており、且つ、テストパターンPrのエンジン回転数となるように、コモンレール式燃料噴射装置80の噴射量を変動させ、噴射量の実測結果と許容変動領域Arとを比較する設定になっているから、エンジン診断をするオペレータが異なっていても、エンジン診断の条件(テストシーケンスTS)が統一されることになり、診断結果に人為的な誤差(ブレ)の入る余地がなくなる。 Moreover, the test sequence TS is a test pattern Pr of the engine speed, has a permissible variation region Ar containing theoretical injection pattern Pi injection amount corresponding to the test pattern Pr, and the engine speed of the test pattern Pr as the number varying the injection amount of the common rail type fuel injection system 80, because it is configured to compare the measured results of the injection amount and the allowable variation region Ar, be different operators to the engine diagnostic , will be the condition of the engine diagnostic (test sequence TS) is unity, there is no room to enter the artificial error (shake) in the diagnostic results. 従って、高精度なエンジン診断を行える。 Therefore, it performs highly accurate engine diagnostics.

また、テストシーケンスTSの許容変動領域Arは、エンジン回転数に対する噴射量が正常な値である正常領域Ar1と、正常領域Ar1と異常領域Ar3との境界に相当する注意領域Ar2とにより構成されているから、注意領域Ar2の存在によって、エンジン5の故障予測がし易くなる。 Further, the allowable variation region Ar of the test sequence TS, the normal region Ar1 injection amount is a normal value for the engine speed is constituted by the attention area Ar2 corresponding to the boundary between the normal region Ar1 and abnormal region Ar3 since there, due to the presence of the attention area Ar @ 2, it tends to failure prediction of the engine 5.

更に、作業機コントローラ101は、診断モードの実行中に、計器盤26の液晶モニタ124に診断モードの情報(例えばメッセージ情報131〜137)を表示するから、オペレータの注意を喚起して、エンジン5の駆動状態をオペレータに的確に伝えられる。 Furthermore, the working machine controller 101, during the diagnostic mode execution, since display information of the diagnostic mode (e.g., message information 131 to 137) on the liquid crystal monitor 124 of the instrument panel 26, and alert the operator, the engine 5 communicated accurately drive state to the operator. その結果、エンジン5に不具合があれば、修理したり部品を取り寄せたりするなどして、迅速に対処できることになる。 As a result, if there is a problem with the engine 5, by, for example, or ordered the repair or parts, it would quickly be able to cope.

実施形態では、テストシーケンスTSの実行中に、異常領域Ar3の値を検出したり、注意領域Ar2の値を予め設定された設定回数N以上検出したりした場合は、テストシーケンスTSを中止するから(ステップS44参照)、重度の問題を有する可能性のある状況下でのエンジン5の駆動を確実に回避できる。 In the embodiment, during execution of the test sequence TS, or to detect the value of the abnormal region Ar @ 3, if you and detect a preset number of times N or more values ​​of the attention region Ar @ 2, because to stop the test sequence TS (see step S44), the driving of the engine 5 in situations that can have severe problems can be reliably prevented. 特にこの場合は、エンジン回転数をアイドリング回転数にしてからエンジン5を停止させるため(ステップS46及びS47参照)、走行機体2が急発進したりするおそれは著しく抑制されることになり、エンジン停止時の安全性を確保できる。 Especially in this case, (see step S46 and S47) for stopping the engine 5 from the engine speed to idling speed, a possibility that the traveling machine body 2 or abrupt start is would be significantly suppressed, the engine is stopped the safety of the time can be secured.

ところで、テストシーケンスTSの実行中(ステップS37〜S50参照)に、オペレータが走行系操作手段30,32,35,38,40又は作業機系操作手段36,39,41を手動操作した場合は、作業機コントローラ101が図14に示す割り込み処理を実行するように構成されている。 Incidentally, during the execution of the test sequence TS (see step S37~S50), if the operator of the running system operation means 30,32,35,38,40 or work machine based operating means 36,39,41 and manual operation, working machine controller 101 is configured to perform the interrupt processing shown in FIG. 14.

作業機コントローラ101は、割り込み処理のルーチンをスタートさせ、まず始めに、液晶モニタ124に「エンジン診断中にレバー又はペダルが操作されましたので、診断を中止しエンジンを停止します。」というメッセージ情報138を表示する(ステップS51、図12(h)参照)。 Working machine controller 101, to start the routine of interrupt processing, first of all, "the lever or pedal during engine diagnosis has been operated, to stop the stop the diagnosis engine." On the liquid crystal monitor 124 that the message information 138 is displayed (see step S51, FIG. 12 (h)). そして、テストシーケンスTSを中止し(ステップS52)、コモンレール式燃料噴射装置80の噴射量を瞬時に減量させ、エンジン回転数を一旦アイドリング回転数にまで低下させてから(ステップS53)、コモンレール式燃料噴射装置80による高圧燃料噴射を停止させ、エンジン5の駆動を停止させる(ステップS54)。 Then, stop the test sequence TS (step S52), the injection amount of the common rail type fuel injection system 80 is reduced instantaneously, (step S53), and thus reduce to once idling speed of the engine rotational speed, the common rail fuel It stops the high-pressure fuel injection by injector 80 to stop the drive of the engine 5 (step S54).

テストシーケンスTSの実行中に、オペレータが走行系操作手段30,32,35,38,40又は作業機系操作手段36,39,41を手動操作してしまうと、エンジン診断の条件(テストシーケンスTS)が変わることになる。 During execution of the test sequence TS, the operator would manually operating the driving system operation means 30,32,35,38,40 or work machine based operating means 36,39,41, condition of the engine diagnostic (test sequences TS ) will be changes. このため、実施形態では、かかる状況下でのエンジン診断を強制的に中止することによって、診断結果に誤差(ブレ)の入る余地をなくしているのである。 Therefore, in the embodiment, by forcibly stop the engine diagnostics under such circumstances, it is of eliminating the room for entering the error (blurring) to the diagnostic results. その上、この場合も、エンジン回転数をアイドリング回転数にしてからエンジン5を停止させるため、エンジン停止時の安全性を確保できるのである。 Moreover, again, to stop the engine 5 from the engine speed to idling speed, it can ensure safety when the engine is stopped.

なお、診断モードを実行する制御手段は、本機コントローラ100やエンジンコントローラ102(エンジン制御手段)でも構わないが、実施形態のようにエンジンコントローラ102以外の制御手段を用いると、エンジンコントローラ102に作用する負荷を低減できて好ましい。 The control means for executing a diagnosis mode, but may also present machine controller 100 and the engine controller 102 (engine control unit), the use of control means other than the engine controller 102 as in the embodiment, applied to the engine controller 102 the preferred and can be reduced to load.

特に実施形態では、診断モードを実行する制御手段として、フロントローダ51やロータリ耕耘機15等の作業機を制御するための作業機コントローラ101を用いているので、本機コントローラ100やエンジンコントローラ102の設定を変更することなく、走行機体2に装着される作業機毎の独自の設定をテストシーケンスTSに盛り込むことが可能になる。 In particular embodiments, as control means for executing the diagnostic mode, because of the use of the working machine controller 101 for controlling the working machine such as a front loader 51 and the rotary tiller 15, the unit controller 100 and the engine controller 102 without having to change the settings, it is possible to include in the test sequence TS your own settings for each work machine is mounted on the vehicle body 2.

(7). (7). その他 本願発明は、前述の実施形態に限らず、様々な態様に具体化できる。 Other present invention is not limited to the embodiments described above, it can be embodied in various aspects. 例えば本願発明はトラクタに限らず、田植機やコンバイン等の農作業機や、ホイルローダ等の特殊作業用車両にも適用可能である。 For example the present invention is not limited to tractors, agricultural machines and the like rice transplanters and combine, it can also be applied to the special work vehicle such as a wheel loader. その他、各部の構成は図示の実施形態に限定されるものではなく、本願発明の趣旨を逸脱しない範囲で種々変更が可能である。 Other, each part of the configuration is not limited to the embodiments shown, but can be variously modified without departing from the gist of the present invention.

トラクタの側面図である。 It is a side view of a tractor. トラクタの平面図である。 It is a plan view of the tractor. トラクタの油圧回路図である。 A hydraulic circuit diagram of the tractor. エンジン及びコモンレール式燃料噴射装置を示す概略説明図である。 It is a schematic diagram showing an engine and a common rail fuel injection system. 高圧燃料の噴射タイミングを説明する図である。 It illustrates the injection timing of the high pressure fuel. 本機コントローラ及びエンジンコントローラの機能ブロック図である。 It is a functional block diagram of the machine controller and the engine controller. 噴射速さ切換制御のフローチャートである。 Injection is a flowchart of a speed change control. 昇降連動制御のフローチャートである。 It is a flow chart of the elevator interlocking control. バック昇降連動制御のフローチャートである。 It is a flow chart of the back lifting interlocking control. エンジン回転数のテストパターンを示す説明図である。 It is an explanatory view showing a test pattern of engine speed. 噴射量の許容変動領域を示す説明図である。 Is an explanatory diagram showing an allowable variation region of the injection quantity. 液晶モニタに表示されたメッセージ情報を示す説明図である。 Is an explanatory diagram illustrating message information displayed on the LCD monitor. エンジン診断制御のフローチャートである。 It is a flowchart of an engine diagnostic control. 割り込み処理のフローチャートである。 It is a flowchart of the interrupt processing.

符号の説明 DESCRIPTION OF SYMBOLS

1 トラクタ2 走行機体5 エンジン11 燃料タンク15 ロータリ耕耘機30 スロットルレバー31 ブレーキペダル32 前後進切換レバー35 アクセルペダル40 副変速レバー51 フロントローダ80 コモンレール式燃料噴射装置81 インジェクタ82 コモンレール83 サプライポンプ86 圧力センサ87 圧力制御電磁弁100 本機コントローラ101 作業機コントローラ102 エンジンコントローラ124 液晶モニタ 1 tractor 2 traveling machine body 5 engine 11 fuel tank 15 rotary tiller 30 the throttle lever 31 the brake pedal 32 forward-reverse switching lever 35 accelerator pedal 40 auxiliary shift lever 51 front loader 80 common rail fuel injection device 81 injector 82 common rail 83 supply pump 86 pressure sensor 87 the pressure control solenoid valve 100 machine controller 101 working machine controller 102 the engine controller 124 monitor


Claims (8)

  1. コモンレール式燃料噴射装置を有するディーゼルエンジンが搭載された走行機体と、前記コモンレール式燃料噴射装置の噴射量を検出する噴射量検出手段と、エンジン回転数を検出する回転数検出手段と、各種入出力機器の制御を行う複数の制御手段とを備えており、前記各制御手段間が電気的に相互に接続されている作業車両であって、 A traveling body that diesel engines are equipped with a common rail fuel injection system, the injection amount detecting means for detecting the injection amount of the common rail fuel injection system, a speed detecting means for detecting an engine speed, various input and output controlling the apparatus and a plurality of control means, between the respective control means is a work vehicle are electrically connected to each other,
    前記ディーゼルエンジンの駆動状態をチェックするためのテストシーケンスが予め記憶された記憶手段を有しており、 It has a storage means for test sequence is stored in advance to check the driving state of the diesel engine,
    前記複数の制御手段のうちの1つは、前記走行機体に設けられた操作手段の特定操作にて診断モードに移行し、前記走行機体が停止した状態で前記記憶手段に記憶された前記テストシーケンスを実行するように構成されている、 Wherein one of the plurality of control means shifts to the diagnostic mode at a specific operation of the operation means provided on the vehicle body, the test sequence the traveling machine body is stored in the storage means in a state of stopping It is configured to run,
    作業車両。 Work vehicle.
  2. 各種モードの情報を表示するための表示手段を備えており、 And a display means for displaying information of various modes,
    前記複数の制御手段のうちの1つは、前記診断モードの実行中に、前記表示手段に前記診断モードの情報を表示する、 One of said plurality of control means, during the execution of the diagnostic mode, displaying information of the diagnostic mode on the display means,
    請求項1に記載した作業車両。 Working vehicle according to claim 1.
  3. 前記テストシーケンスは、前記複数の制御手段のうち前記ディーゼルエンジンを制御するエンジン制御手段以外のものが実行するように構成されている、 The test sequence is other than an engine control means for controlling said diesel engine of the plurality of control means is configured to perform,
    請求項1又は2に記載した作業車両。 Working vehicle according to claim 1 or 2.
  4. 前記テストシーケンスは、エンジン回転数のテストパターンと、前記テストパターンに対応した噴射量の理論噴射パターンを含む許容変動領域とを有しており、且つ、前記テストパターンのエンジン回転数となるように、前記コモンレール式燃料噴射装置の噴射量を変動させ、前記噴射量の実測結果と前記許容変動領域とを比較する設定になっている、 The test sequence includes a test pattern of the engine speed, has a permissible variation region including the stoichiometric injection pattern of the injection amount corresponding to the test pattern, and, so that the engine speed of the test pattern the common-rail varying the injection amount of the fuel injection device, it is configured to compare the measurement results and the allowable variation region of the injection quantity,
    請求項1〜3のうちいずれかに記載した作業車両。 Working vehicle according to any one of claims 1 to 3.
  5. 前記テストシーケンスの前記許容変動領域は、エンジン回転数に対する噴射量が正常な値である正常領域と、前記正常領域と異常領域との境界に相当する注意領域とにより構成されている、 The allowable variation region of the test sequence, the injection amount for the engine rotational speed is configured and normal region is a normal value, by the care region corresponding to the boundary between the normal region and an abnormal region,
    請求項4に記載した作業車両。 Working vehicle according to claim 4.
  6. 前記テストシーケンスの実行中に走行系操作手段又は作業機系操作手段を手動操作した場合は、前記テストシーケンスを中止し、前記ディーゼルエンジンのエンジン回転数をアイドリング回転数にしてから、前記ディーゼルエンジンを停止させるように構成されている、 If you manually operating the driving system operation means or the work machine based operating means during execution of the test sequence, stop the test sequence, after the engine speed of the diesel engine to the idling speed, the diesel engine and it is configured to stop,
    請求項5に記載した作業車両。 Working vehicle according to claim 5.
  7. 前記テストシーケンスの実行中に、前記異常領域の値を検出した場合は、前記テストシーケンスを中止し、前記ディーゼルエンジンのエンジン回転数をアイドリング回転数にしてから、前記ディーゼルエンジンを停止させるように構成されている、 During execution of the test sequence, wherein the case of detecting the value of the abnormal region, constituting stops the test sequence, after the engine speed of the diesel engine to the idling speed, to stop the diesel engine It has been,
    請求項5に記載した作業車両。 Working vehicle according to claim 5.
  8. 前記テストシーケンスの実行中に、前記注意領域の値を予め設定された設定回数以上検出した場合は、前記テストシーケンスを中止し、前記ディーゼルエンジンのエンジン回転数をアイドリング回転数にしてから、前記ディーゼルエンジンを停止させるように構成されている、 During execution of the test sequence, when detecting the value of the attention region a preset number of times or more, stop the test sequence, after the idling speed of the engine speed of the diesel engine, the diesel It is configured to stop the engine,
    請求項5に記載した作業車両。 Working vehicle according to claim 5.
JP2008234490A 2008-09-12 2008-09-12 Farm tractors Active JP5147613B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2008234490A JP5147613B2 (en) 2008-09-12 2008-09-12 Farm tractors

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2008234490A JP5147613B2 (en) 2008-09-12 2008-09-12 Farm tractors

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2010065645A true true JP2010065645A (en) 2010-03-25
JP5147613B2 JP5147613B2 (en) 2013-02-20

Family

ID=42191432

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2008234490A Active JP5147613B2 (en) 2008-09-12 2008-09-12 Farm tractors

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP5147613B2 (en)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2016205403A (en) * 2016-08-30 2016-12-08 ヤンマー株式会社 Tractor

Citations (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2002221559A (en) * 2001-01-26 2002-08-09 Hitachi Ltd Vehicle battery diagnostic device
JP2004308464A (en) * 2003-04-03 2004-11-04 Denso Corp Fault diagnosis device of fuel injection device for internal combustion engine
JP2006141122A (en) * 2004-11-11 2006-06-01 Nissan Motor Co Ltd Fuel supplying apparatus, control method of fuel supplying apparatus
JP2007262969A (en) * 2006-03-28 2007-10-11 Nissan Diesel Motor Co Ltd Diagnosis device for multicylinder internal combustion engine
JP2007321759A (en) * 2006-05-30 2007-12-13 Delphi Technologies Inc Control device and method for engine control unit

Patent Citations (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2002221559A (en) * 2001-01-26 2002-08-09 Hitachi Ltd Vehicle battery diagnostic device
JP2004308464A (en) * 2003-04-03 2004-11-04 Denso Corp Fault diagnosis device of fuel injection device for internal combustion engine
JP2006141122A (en) * 2004-11-11 2006-06-01 Nissan Motor Co Ltd Fuel supplying apparatus, control method of fuel supplying apparatus
JP2007262969A (en) * 2006-03-28 2007-10-11 Nissan Diesel Motor Co Ltd Diagnosis device for multicylinder internal combustion engine
JP2007321759A (en) * 2006-05-30 2007-12-13 Delphi Technologies Inc Control device and method for engine control unit

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2016205403A (en) * 2016-08-30 2016-12-08 ヤンマー株式会社 Tractor

Also Published As

Publication number Publication date Type
JP5147613B2 (en) 2013-02-20 grant

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6076612A (en) Transition from position to draft mode controlled by hitch position command and feedback
US20090299581A1 (en) Method for adjusting engine speed based on power usage of machine
US20060161324A1 (en) Engine output controller
US20100122522A1 (en) Exhaust gas purification system for engineering machine
US6277050B1 (en) Engine speed control system for work vehicle
JP2008133896A (en) Working vehicle
US20100170227A1 (en) Exhaust gas cleaning system for engineering vehicle
JP2011063945A (en) Industrial vehicle
US20040249538A1 (en) Distributed control system for forklift
JP2010188961A (en) Display structure of working machine
US20050065689A1 (en) Work implement control system and method
US20140058635A1 (en) Display Unit of Work Machine and Work Machine Mounted with the Display Unit
US20110000197A1 (en) Working machine
JP2005233420A (en) Hydrostatic transmission vehicle and controller of hydrostatic transmission
US20060099081A1 (en) Method and apparatus for controlling hydraulic pump for working machine of working vehicle
JP2005080549A (en) Control system for combine harvester
WO2005064170A1 (en) Working vehicle and restart controlling method for working vehicle engine
JP2005297924A (en) Industrial vehicle
JP2004300947A (en) Engine control system of working machine
US8316636B2 (en) Exhaust gas purifier of construction machine
JP2011112004A (en) Dpf forcible regeneration circuit for construction machine
US20130006495A1 (en) Guidance Output Device, Guidance Output Method, and Construction Machine Equipped with Guidance Output Device
JP2002012398A (en) Working circuit device in working machine of forklift truck
JP2005201133A (en) Device and method of detecting engine state amount of construction machine
CN86108701A (en) Control system of hydraulic constructional mechanism

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20110527

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20120712

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20120905

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20121102

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20121121

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20121127

R150 Certificate of patent (=grant) or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20151207

Year of fee payment: 3

S531 Written request for registration of change of domicile

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313531

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350