New! View global litigation for patent families

JP2010061792A - Information storage medium, information reproducing method, information recording method, and information reproducing device - Google Patents

Information storage medium, information reproducing method, information recording method, and information reproducing device

Info

Publication number
JP2010061792A
JP2010061792A JP2009251835A JP2009251835A JP2010061792A JP 2010061792 A JP2010061792 A JP 2010061792A JP 2009251835 A JP2009251835 A JP 2009251835A JP 2009251835 A JP2009251835 A JP 2009251835A JP 2010061792 A JP2010061792 A JP 2010061792A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
information
time
reproducing
cell
pgc
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2009251835A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP4435285B1 (en )
Inventor
Hideo Ando
秀夫 安東
Original Assignee
Toshiba Corp
株式会社東芝
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Images

Abstract

<P>PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an information storage medium which can record and reproduce digital animation information, and an information reproducing method, an information recording method, and an information reproducing device which utilize this medium. <P>SOLUTION: The information storage medium is characterized in that an AV file includes a video object, cell time information includes a time code table relating to the video object, a cell indicating a reproducing section in the video object and a PGC indicating a reproduction procedure of the cell are defined, the same place in the video object can repeatedly be reproduced between cells in a different PGC, PGC information indicates a reproduction procedure of the PGC, the PGC information includes information in which the cell time information is specified, a necessary time required for reproducing the cell can be managed, and information relating to the necessary time is included in a region being different from the time code table. <P>COPYRIGHT: (C)2010,JPO&INPIT

Description

この発明は、大容量光ディスクに代表される情報記憶媒体と、情報再生方法と情報記録方法と情報再生装置に関する。 The present invention, an information storage medium represented by a large-capacity optical disk, an information reproducing method and information recording method and information reproducing apparatus.

とくに、パーソナルコンピュータ環境との親和性を考慮したDVD(デジタルバーサタイルディスク)録画再生システムに関する。 In particular, DVD considering the affinity with the personal computer environment (digital versatile disk) related to recording and reproducing system.

近年、映像(動画)や音声等を記録した光ディスクを再生するシステムが開発され、LD(レーザディスク)あるいはビデオCD(ビデオコンパクトディスク)などの様に、映画ソフトやカラオケ等を再生する目的で、一般に普及している。 In recent years, a system for playing an optical disc that records the image (video) and audio, etc. are developed, as such as LD (laser disk) or a video CD (video compact disc), for the purpose of playing the movie software and karaoke, etc., in general, it has become popular.

その中で、国際規格化したMPEG2(ムービングピクチャエキスパートグループ)方式を使用し、ACー3(デジタルオーディオコンプレッション)その他のオーディオ圧縮方式を採用したDVD(デジタルバーサタイルディスク)規格が提案された。 Among them, use the MPEG2 (Moving Picture Experts Group) scheme which was international standard, AC-3 (digital audio compression) DVD, which was adopted other audio compression method (digital versatile disc) standard has been proposed. このDVD規格には、再生専用のDVDビデオ(またはDVDーROM)、ライトワンスのDVDーR、反復読み書き可能なDVD−RW(またはDVDーRAM)が含まれる。 The DVD standard, a read-only DVD video (or DVD-ROM), write-once DVD-R, repetitive writable DVD-RW (or DVD-RAM) are included.

DVDビデオ(DVDーROM)の規格は、MPEG2システムレイヤに従って、動画圧縮方式としてはMPEG2、音声記録方式としてはリニアPCMの他にAC3オーディオおよびMPEGオーディオをサポートしている。 Standards of the DVD video (DVD chromatography ROM) in accordance with MPEG2 system layer, the video compression system MPEG2, support in addition to AC3 audio and MPEG audio linear PCM as an audio recording scheme. さらに、このDVDビデオ規格は、字幕用としてビットマップデータをランレングス圧縮した副映像データ、早送り巻き戻しデータサーチ等の再生制御用コントロールデータ(ナビゲーションデータ)を追加して構成されている。 Furthermore, this DVD video standard is configured by adding a subtitle sub-picture data bitmap data to run-length compression, fast forward rewind data search or the like of the reproduction control for the control data (navigation data).

また、この規格では、コンピュータでデータを読むことができるように、ISO9660およびUDFブリッジフォーマットもサポートしている。 Further, in this specification, to be able to read the data in the computer, also supports ISO9660 and UDF Bridge format. このことから、パーソナルコンピュータ環境でもDVDビデオの映像情報を取り扱えるようになっている。 From this, it is adapted to handle the video information of the DVD-Video is also a personal computer environment.

特開平7−087443号公報 JP-7-087443 discloses 特開平10−21035号公報 JP-10-21035 discloses

しかしながら、DVDの動画情報は膨大なデータ量になるため、従来のパーソナルコンピュータ環境で用いられているデータの記録管理方法(ファイルアロケーションテーブルFAT16を利用)では管理が困難になっている。 However, since video information of the DVD is made enormous amount of data, in the recording data management method used in a conventional personal computer environment (using the file allocation table FAT16) management has become difficult.

すなわち、現在普及している汎用パーソナルコンピュータでは、それまでに蓄積してきた過去のデータとの互換性をとるために、データ記録装置(ハードディスクドライブHDD等)のファイルシステムとしてFAT16を利用している場合が多い。 That is, in the general-purpose personal computer that is currently popular, if for compatibility with previous data that has been accumulated so far utilizes the FAT16 as the file system of the data recording apparatus (hard disc drive HDD, etc.) there are many. FAT16では、1パーティション当たり最大2Gバイトまでの容量しか扱えない。 In FAT16, it can only handle capacity of up to 2G bytes per partition. この場合、MPEG2で圧縮した動画データの転送レートを5Mbpsとすると、1パーティション当たり最大で約53分しか記録できない。 In this case, if 5Mbps transfer rate of moving image data compressed in MPEG2, can only record about 53 minutes at the maximum per partition. このため、たとえば2時間半の映画をFAT16のファイルシステムで管理された大容量HDDに記録するには、3パーティションにまたがって記録する必要が生じる。 Thus, for example, to record a large capacity HDD managed a two and a half hours movies FAT16 file system, it becomes necessary to record across 3 partitions. この場合、ディスクアレイ装置(Redundant Arrays of Inexpensive Disks略してRAID)を装備していない汎用パーソナルコンピュータシステムでは、長時間の連続ビデオ録画が難しくなる(課題その1)。 In this case, the general-purpose personal computer system that does not have a disk array device (Redundant Arrays of Inexpensive Disks short RAID in), long continuous video recording becomes difficult (problems Part 1).

また、録画したビデオ映像の編集(ノンリニア編集)を行う場合には「録画編集用アプリケーションソフトウエア」、「編集加工用標準テンプレート情報」および「録画・編集対象の映像情報」をすべてパーソナルコンピュータ環境内に用意する必要があり、パーソナルコンピュータ環境のメモリ空間を大きく圧迫してしまう。 In addition, "the recording editing application software" is in the case of performing editing of the recorded video of the (non-linear editing), "edited and processed for standard template information" and "recording and edited the video information" all personal computers in the environment There is a need to be prepared to, resulting in greater pressure on the memory space of the personal computer environment. つまり、ビデオ映像の録画・編集を行なうにあたってパーソナルコンピュータのメモリ容量がどうにか間に合う場合でも、ビデオ情報の録画・編集作業終了時にはメモリ空間の大部分がビデオ情報に食われてしまい、メモリ空間の残量が少なくなって、別のアプリケーションソフトウエアの実行に支障をきたす場合も生じる(課題その2)。 In other words, carrying out the recording and editing of video footage even if the memory capacity of the personal computer in time somehow, at the time of recording and editing the end of the video information will most of the memory space is eaten by video information, the remaining amount of the memory space and becomes less, also occurs if you interfere with the execution of another application software (problem 2).

また、パーソナルコンピュータシステムとDVD録画再生システムとでは適正な情報処理方法に違いがあり、パーソナルコンピュータでは長時間の動画情報の記録・再生を連続的に(途切れずに)行なうことが難しい。 In addition, there are differences in the proper information processing method in a personal computer system and DVD recording and playback system, (without interruption) continuously to the recording and playback of long-time video information in the personal computer it is difficult to perform.

すなわち、パーソナルコンピュータ環境では、ファイルデータを変更する場合、情報記憶媒体(HDD等)上の空き領域に変更後のファイルデータ全体を再記録する処理を行なう。 That is, in the personal computer environment, when changing the file data, to re-record processing the entire file data after the change in the free space on the information storage medium (HDD or the like). このときの情報記憶媒体上の再記録位置は、変更前のファイルデータ記録位置とは無関係に決定される。 Re-recorded position on the information storage medium at this time is determined independently of the file data recording position before the change. 変更前のファイルデータ記録位置は変更後に小さな空き領域として解放される。 File data recording position before the change is released as a small free space after the change. ファイルデータの変更が頻繁に繰り返されると、この小さな空き領域が媒体上で物理的に離れた位置に虫食い状態で点在するようになる。 When a change of the file data are frequently repeated, this little free space will be interspersed with vermicular state position physically separated on the medium. そうなると、新たなファイルデータを記録する場合、そのデータは虫食い状態になった複数の空き領域に分断されて記録されることになる。 Sonaruto, when recording new file data, the data will be recorded is divided into a plurality of free space becomes worm-eaten state. この状態をフラグメンテーションという。 This state is called fragmentation.

パーソナルコンピュータの情報処理では使用する情報(ファイルデータ)がディスク上に点在(フラグメンテーション)しやすいが、読み出し対象ファイルがフラグメンテーションしていても、それらを飛び飛びに順次再生することで必要なファイル情報をディスクから取り出すことができる。 Information used in the information processing of the personal computer (file data) is scattered on the disc (fragmentation) easily but, even if the file to be read is fragmentation, the file information required by them sequentially reproduced at intervals it can be removed from the disk. このフラグメンテーションによりファイルの読出所要時間が若干長くなるが、高速HDDを用いておればユーザの感覚上では大した問題にはならない。 Although this fragmentation is read the time required for file becomes slightly longer, not a big problem in the sense of the user if I using a high-speed HDD. しかし、DVD録画再生システムにおいて記録情報(MPEG圧縮された動画データ)がフラグメンテーションしている場合、それらを飛び飛びに順次再生しようとすると、動画再生が途切れてしまうことがある。 However, when the recording information (MPEG compressed video data) is fragmented in the DVD recording and reproducing system, when they are sequentially to be reproduced at intervals, sometimes video playback is interrupted. とくに光ディスクドライブではHDD等の高速ディスクドライブと較べ光ヘッドのシーク時間が長いので、MPEG動画映像を光ディスク(DVD−RAMディスク等)に記録・再生するDVD録画再生システムでは、フラグメンテーション部分のシーク中に再生映像の途切れが生じやすく、現状では実用性に乏しい。 Especially since the optical disc drive long fast disk drive seek time than optical head, such as HDD, a DVD recording and reproducing system for recording and reproducing the MPEG video image on an optical disk (DVD-RAM disk or the like), during the seek fragmentation portions interruption is likely to occur in the reproduced image, of little practical use at present.

パーソナルコンピュータデータとDVD動画データとが混在する場合には、上記フラグメンテーションが起きる可能性が特に高くなる。 When the personal computer data and DVD video data are mixed, the possibility of the fragmentation occurs is particularly high. したがって、パーソナルコンピュータ環境を取り込んだDVD録画再生システムは、よほどの高速光ディスクドライブが実用化され、かつ現実的なコストで大容量バッファを搭載できるようにならない限り、実現性がない(課題その3)。 Therefore, DVD recording and reproducing system incorporating a personal computer environment, compelling high-speed optical disk drive is commercialized, and unless allow mounting large buffer realistic cost, there is no feasible (Problem 3) .

この発明の目的は、デジタル動画情報の記録・再生が可能な情報記憶媒体(光ディスク)およびこの媒体を利用する情報再生方法と情報記録方法と情報再生装置を提供することである。 The purpose of the present invention is to provide a information reproducing method and information recording method and information reproducing apparatus using an information storage medium (optical disk) and the medium capable of recording and reproducing of digital moving picture information.

この発明は、AVファイルと、セル時間情報および、PGC情報がそれぞれ異なる領域に記録された情報記憶媒体において、前記AVファイルはビデオオブジェクトを含み、前記セル時間情報は前記ビデオオブジェクトに関係するタイムコードテーブルを含み、前記ビデオオブジェクト内の再生区間を示すセルと、前記セルの再生順序を示すPGCが定義され、異なるPGC内の異なるセル間で前記ビデオオブジェクト内の同一箇所を重複再生可能であり、前記PGC情報が前記PGC内のセルの再生手順を示し、前記PGC情報は前記セル時間情報を指定する情報を含み、前記セル時間情報と前記PGC情報が属する制御情報内で管理されるアドレスの単位は前記AVファイル内で定義されるAVアドレスの単位とは異なり、前記セル時間 The present invention, an AV file, the cell time information and an information storage medium that PGC information is recorded in the different regions, the AV file includes a video object, the cell time information the time code relating to the video object includes a table, a cell indicating a playback section in the video object, PGC indicating a reproduction order of the cells is defined a the same position within the video object can overlap reproduction between different cells in different PGC, the PGC information indicates the playback sequence of cells in the PGC, the PGC information includes information for specifying the cell time information, the unit address the PGC information and the cell time information is managed in the control information belonging Unlike the unit of AV address defined in the AV file, the cell time 報は前記タイムコードテーブルで管理される特定ユニットの数に関係した情報を含み、前記ビデオオブジェクト内の特定のブロック数情報もしくはブロック番号情報が前記タイムコードテーブル内に含まれる情報記憶媒体を基本とする。 Broadcast includes information related to the number of the specific unit to be managed by the time code table, the basic information storage medium specific block number information or block number information in the video object is included in the time code table to.

デジタル動画情報の記録・再生が可能な情報記憶媒体を得られるまたこの媒体を利用した装置を得ることが可能となる。 Recording and reproducing of digital moving picture information is obtained information storage medium capable also becomes possible to obtain a device utilizing this medium.

記録再生可能な光ディスク(DVDーRAM/DVD−RWディスク等)の構造を説明する斜視図。 Perspective view illustrating the structure of a recordable and reproducible optical disc (DVD chromatography RAM / DVD-RW disk). 図1の2層光ディスクのデータ記録領域とそこに記録されるデータの記録トラックとの対応関係を説明する図。 Diagram for explaining the correspondence relationship between the recording tracks of data recorded therein and a data recording area of ​​the two-layer optical disc of FIG. 図1の2層光ディスクのROM層およびRAM層の構成を例示する断面図。 Cross-sectional view illustrating the configuration of a ROM layer and RAM layer of two-layer optical disc of FIG. 図1の2層光ディスクのRAM層のデータトラック構成例(交替処理用スペアエリアが各ユーザエリアの外側に配置された構成)を説明する図。 Diagram for explaining data track arrangement example of RAM layer of two-layer optical disc (configuration spare area for alternation process is disposed outside of each user area) in FIG. 図1の2層光ディスクのRAM層のレイアウトを説明する図。 Diagram for explaining the layout of RAM layer of two-layer optical disc of FIG. 図5のレイアウトにおけるリードイン部分およびリードアウト部分の詳細を説明する図。 Diagram for explaining the details of a lead-in portion and the lead-out portion in the layout of FIG. 図5のレイアウトにおけるデータエリア部分の詳細を説明する図。 Diagram for explaining the details of a data area portion of the layout of FIG. 図5のデータエリア部分に含まれるセクタの構造を説明する図。 Diagram illustrating the structure of sectors included in the data area portion of FIG. 図5のデータエリア部分に含まれる情報の記録単位(ECC単位)を説明する図。 Diagram illustrating a recording unit of information in the data area portion of FIG. 5 (ECC units). 図5のデータエリア内でのゾーンとグループ(図7参照)との関係を説明する図。 View for explaining the relationship between the zone and the group (see Fig. 7) in the data area of ​​FIG. 図5のデータエリア内での論理セクタの設定方法を説明する図。 Diagram for explaining a method of setting the logical sector in the data area of ​​FIG. 図5のデータエリア内での交替処理(スリッピング交替法)を説明する図。 Diagram for explaining replacement processing (slipping replacement method) in the data area of ​​FIG. 図5のデータエリア内での他の交替処理(スキッピング交替法)を説明する図。 Diagram illustrating another alternate process (skipping replacement method) in the data area of ​​FIG. 図5のデータエリア内でのさらに他の交替処理(リニア交替法)を説明する図。 Furthermore diagram illustrating another replacement process (linear replacement method) in the data area of ​​FIG. 図1の2層光ディスクにおけるROM層の論理セクタの設定方法を説明する図。 Diagram for explaining a method of setting the logical sector of the ROM layer in the two-layer optical disc of FIG. 図1の2層光ディスクにおけるROM層/RAM層の論理セクタの設定方法を説明する図。 Diagram for explaining a method of setting the logical sector of the ROM layer / RAM layer in two-layer optical disc of FIG. 図1の2層光ディスクにおけるROM層/RAM層の論理セクタの他の設定方法を説明する図。 Diagram for explaining another method of setting the logical sector of the ROM layer / RAM layer in two-layer optical disc of FIG. 図2の光ディスクに記録される情報の階層構造の一例を説明する図。 Diagram for explaining an example of the hierarchical structure of information recorded on the optical disc shown in FIG. 2. 図18の情報階層構造においてビデオオブジェクトのセル構成とプログラムチェーンPGCとの対応例を例示する図。 Diagram illustrating an exemplary correspondence between the cell configuration and the program chain PGC of a video object in the information hierarchical structure in FIG. 18. 図2の光ディスクのリードインエリアに記録される情報(表現方法は違うが図6のリードインデータ部分に対応)の論理構造を説明する図。 Diagram for explaining the logical structure of information recorded in the lead-in area of ​​the optical disc 2 (representation is different but corresponding to the read-in data portion of FIG. 6). 図20のリードインエリアに記録される制御データの内容の一例を説明する図。 Diagram for explaining an example of contents of control data recorded in the lead-in area of ​​FIG. 20. 図21の制御データに含まれる物理フォーマット情報(表現方法は違うが図6の制御データゾーン部分に対応)の内容の一例を説明する図。 View for explaining an example of the contents of the physical format information included in the control data (representation is different but corresponding to the control data zone portion of FIG. 6) in FIG. 21. 図2の光ディスク等に記録される情報(データファイル)のディレクトリ構造の一例を説明する図。 Diagram for explaining an example of the directory structure of information recorded on an optical disk or the like in FIG. 2 (data file). 図19のビデオオブジェクトDA22に含まれる情報の階層構造を例示する図。 Diagram illustrating a hierarchical structure of information contained in video object DA22 in FIG. 19. 図24のダミーパックの内容を説明する図。 View for explaining the contents of the dummy pack of FIG. 24. 図18のセル時間情報CTIの内部構造を説明する図。 Diagram illustrating an internal structure cell time information CTI shown in FIG. 18. 図26のVOBU情報の内部構造を説明する図。 Diagram illustrating an internal structure of the VOBU information in Figure 26. 図26の欠陥情報に関連して欠陥の種類(先天的欠陥と後天的欠陥)を説明する図。 Diagram for explaining the types of defects (congenital defects and acquired defects) in relation to the defect information of FIG. 図23のビデオRAMファイルに含まれるAVファイルのアドレスと図2の光ディスクの論理ブロック番号・論理セクタ番号・物理セクタ番号との対応関係を説明する図。 Diagram for explaining the relationship between the logical block number, the logical sector number, the physical sector number of the address and of Figure 2 the optical disk of AV files included in the video RAM file of Figure 23. 図2の光ディスクに欠陥が発生した場合のAVアドレスの設定とエクステント(ECCデータの集合体)記述子の記述方法を説明する図。 Diagram for explaining how to write descriptor (aggregate of ECC data) set the extent of AV address when a defect occurs in the optical disk of FIG. 各種エクステント記述子(集合体記述子)の対応関係を説明する図。 Diagram for explaining the correspondence between the various extent descriptor (aggregate descriptors). 図18の制御情報DA21に含まれる情報の階層構造を例示する図。 Diagram illustrating a hierarchical structure of information included in the control information DA21 in FIG. 18. 図26のセルデータエクステント記述子(セルデータ集合体記述子)の表現方法を説明する図。 Diagram for explaining a method of expressing cell data extent descriptor of FIG. 26 (cell data collection descriptor). 図24のセル内のビデオオブジェクトユニットVOBUの境界位置とこのセル内のデータを構成するECCブロック(16セクタ32kバイト)の境界位置とがずれる場合を説明する図。 Diagram for explaining the case where the boundary position of ECC blocks (16 sectors 32k bytes) is shifted to the boundary position of the video object unit VOBU in the cell of Figure 24 to configure the data in this cell. 図24のセル内のビデオオブジェクトユニットVOBUの境界位置とこのセル内のデータを構成するECCブロック(16セクタ32kバイト)の境界位置とが一致する場合を説明する図。 Diagram for explaining the case where the boundary position coincides ECC block (16 sectors 32k bytes) boundary position of the video object unit VOBU in the cell of Figure 24 to configure the data in this cell. 図2の光ディスクに記録される情報を扱う情報処理機器(たとえばパーソナルコンピュータ)内でのシステム階層と個々の管理対象情報との関係を説明する図。 View for explaining the relationship between the system hierarchy and individual management object information in the information processing apparatus (e.g., personal computer) to handle information recorded on the optical disc shown in FIG. 2. 図23の階層ファイルシステム構造と情報記憶媒体に記録された情報内容との間の基本的な関係を説明する図。 Diagram illustrating the basic relationship between the recorded information content in a hierarchical file system structure and the information storage medium of FIG. 23. 情報記憶媒体上の連続セクタ集合体(エクステント)の記録位置を表示するロングアロケーション記述子の記述内容を説明する図。 Diagram illustrating the description contents of the long allocation descriptor for displaying the recording position of the consecutive sectors assembly on the information storage medium (extents). 情報記憶媒体上の連続セクタ集合体(エクステント)の記録位置を表示するショートアロケーション記述子の記述内容を説明する図。 Diagram illustrating the description contents of the short allocation descriptor for displaying the recording position of the consecutive sectors assembly on the information storage medium (extents). 情報記憶媒体上の未記録連続セクタ集合体(未記録エクステント)を検索するものでスペースエントリとして使用される記述文の内容を説明する図。 View for explaining the contents of description sentence in which search unrecorded sequential sectors assembly on the information storage medium (unrecorded extent) is used as a space entries. 図23または図37のように階層構造を持ったファイル構造内で、指定されたファイルの記録位置を表示するファイルエントリの記述内容の一部を抜粋して説明する図。 Diagram illustrating an excerpt in a file structure having a hierarchical structure, a part of the description contents of the file entry for displaying the recording position of the specified file as shown in Figure 23 or Figure 37. 図23または図37のように階層構造を持ったファイル構造内で、ファイル(ルートディレクトリ、サブディレクトリ、ファイルデータ等)の情報を記述するファイルID記述子の一部を抜粋して説明する図。 Drawing described in the file structure having a hierarchical structure, the file (root directory, subdirectory, file data, etc.) with an excerpt describing file ID descriptor information as shown in Figure 23 or Figure 37. 図23または図37のように階層構造を持ったファイルシステムの構造の一例を説明する図。 View for explaining an example of the structure of a file system with a hierarchical structure as shown in FIG. 23 or FIG. 37. ユニバーサルディスクフォーマット(UDF)に従って情報記憶媒体上にファイルシステムを構築した場合の一例を説明する第1の部分図。 First partial view illustrating an example of a case of constructing a file system on the information storage medium in accordance with the Universal Disk Format (UDF). UDFに従って情報記憶媒体上にファイルシステムを構築した場合の一例を図21とともに説明する第2の部分図。 Second partial view will be described with reference to FIG. 21 of an example of a case of constructing a file system on the information storage medium in accordance with UDF. UDFに従って情報記憶媒体上にファイルシステムを構築した場合の一例を図21および図22とともに説明する第3の部分図。 Third partial view illustrating an example of a case of constructing a file system on the information storage medium according to UDF with FIGS. 21 and 22. 図1のディスクに録画されるビデオコンテンツのうちユーザが作成するメニューのファイル構造の一例を概念的に説明する図。 Conceptually explaining figures an example of a file structure of a menu created by a user of the video content to be recorded to the disc of Figure 1. 図1のディスクに録画されるビデオコンテンツのうちユーザが作成するメニューのファイル構造の具体例を説明する図(その1)。 FIG user to a specific example of a file structure of a menu for creating of a video content to be recorded to the disc of FIG. 1 (Part 1). 図1のディスクに録画されるビデオコンテンツのうちユーザが作成するメニューのファイル構造の具体例を説明する図(その2)。 View for explaining a practical example of the file structure of a menu created by a user of the video content to be recorded to the disc of FIG. 1 (Part 2). 図2のディスクに記録されたセルデータを再生する場合を説明する図。 Diagram for explaining the case of reproducing the cell data recorded on the disk of FIG. 図50の再生データを構成する各セルとプログラムチェーン情報との関係の一例を説明する図(図19参照)。 View for explaining an example of the relationship between each cell and the program chain information constituting the reproduction data of FIG. 50 (see FIG. 19). 図1〜図11の構成を持つ情報記憶媒体(DVDーRAMディスク等)を用いてデジタルビデオ情報の録画・再生を行えるように構成されたパーソナルコンピュータPCの一例を説明するブロック図。 Block diagram illustrating an example of a personal computer PC that is configured to allow the recording and playback of digital video information using an information storage medium having a configuration of FIGS. 11 (DVD-RAM disk or the like). 図52のデジタルビデオ録再パーソナルコンピュータPCにおいて、物理系ブロックとアプリケーション系ブロックを分けて説明する図。 In digital video recording and reproducing the personal computer PC in Figure 52, diagram illustrating separately physical system block and the application system block. 図52のDVDーROM/RAMドライブ140の構成の一例を説明するブロック図(図53でいえば物理系ブロック)。 Block diagram illustrating an example of a configuration of a DVD-ROM / RAM drive 140 of FIG. 52 (in terms of the 53 physical system block). たとえば図52のデジタルビデオ録再PCにおいて、使用媒体(DVDーRAMディスク等)に対する論理ブロック番号の設定動作の一例を説明するフローチャート図。 For example, in digital video recording and reproducing PC of FIG. 52, a flowchart diagram illustrating an example of a setting operation of the logic block number for use medium (DVD-RAM disk or the like). たとえば図52のデジタルビデオ録再PCにおいて、使用媒体(DVDーRAMディスク等)における欠陥処理動作(ドライブ側の処理)の一例を説明するフローチャート図。 For example, in digital video recording and reproducing PC of FIG. 52, a flowchart diagram illustrating an example of a defect processing operation in the use medium (DVD-RAM disk or the like) (the processing of the drive side). 図2の情報記憶媒体(DVDーRAMディスク等)に記録される信号の構成を説明する図。 It illustrates a structure of a signal recorded in the information storage medium Figure 2 (DVD-RAM disk or the like). 図57の記録信号をスクランブルして生成されたECCブロックの構成を説明する図。 It illustrates a structure of a scrambled ECC block generated by the recording signal of Fig. 57. 図58のECCブロックをインターリーブした場合を説明する図。 Diagram for explaining the case where the interleaved ECC block of FIG. 58. 記録用の生信号が所定の信号処理(ECCインターリーブ/信号変調等)を受けて情報記憶媒体(DVDーRAMディスク等)に記録されるまでの手順を説明するフローチャート図。 Flowchart raw signal for recording will be described a procedure to be recorded in the predetermined signal processing (ECC interleave / signal modulation, etc.) the received by the information storage medium (DVD-RAM disk or the like). 図1の2層光ディスクにおけるROM層/RAM層の論理セクタの設定において、物理セクタ番号の大きなRAM層部分を論理セクタ番号の小さな位置へ論理的に配置替えする方法を説明する図。 In the setting of the logical sector of the ROM layer / RAM layer in two-layer optical disc of FIG. 1, a diagram illustrating a method of changing logically place the large RAM layer portion of the physical sector number to a small position of the logical sector number. 図1の2層光ディスクにおけるROM層/RAM層の論理セクタの設定において、RAM層部分が論理的にROM層部分に割り込むように配置替えする方法を説明する図。 In the setting of the logical sector of the ROM layer / RAM layer in two-layer optical disc, RAM layer portion illustrating a method of rearranging to interrupt logically ROM layer part view of FIG. 図2の光ディスクに記録される情報(データファイル)のディレクトリ構造の他の例を説明する図。 Diagram illustrating another example of the directory structure of information (data files) recorded on the optical disk of FIG. 図2の光ディスクに記録される情報(データファイル)のディレクトリ構造のさらに他の例を説明する図。 Furthermore diagram illustrating another example of the directory structure of information (data files) recorded on the optical disk of FIG. 図2の光ディスクに記録される情報の階層構造の他の例(図18のアロケーションマップテーブルAMTと異なる内容のアロケーションマップテーブルAMTを持つ例)を説明する図。 Another example diagram illustrating a (eg with an allocation map table AMT different contents allocation map table AMT shown in FIG. 18) of the hierarchical structure of information recorded on the optical disc shown in FIG. 2. 図2の光ディスクに先天的欠陥がある場合の先天的欠陥アロケーション記述子とアロケートされないスペース記述子の記述方法を説明する図。 Diagram for explaining how to write congenital defect allocation descriptor and the allocated non space descriptor if there is a congenital defect in the optical disk of FIG. 図61の配置替えが行われたROM/RAM2層ディスクにおいて、情報の記録場所とRAM層の初期化前後の状態を説明する図(その1)。 In ROM / RAM 2 layer disk rearrangements were made in Figure 61, diagram illustrating the initialization of the states before and after the recording location and RAM layer information (Part 1). 図61の配置替えが行われたROM/RAM2層ディスクにおいて、情報の記録場所とRAM層の初期化前後の状態を説明する図(その2)。 In ROM / RAM 2 layer disk rearrangements were made in Figure 61, diagram illustrating the initialization of the states before and after the recording location and RAM layer information (Part 2). 図16の配置替えが行われたROM/RAM2層ディスクにおいて、情報の記録場所とRAM層の初期化前後の状態を説明する図(その1)。 In ROM / RAM 2 layer disk rearrangements were made in FIGS. 16, for explaining the initialization of the states before and after the recording location and RAM layer information (Part 1). 図16の配置替えが行われたROM/RAM2層ディスクにおいて、情報の記録場所とRAM層の初期化前後の状態を説明する図(その2)。 In ROM / RAM 2 layer disk rearrangements were made in FIGS. 16, for explaining the initialization of the states before and after the recording location and RAM layer information (Part 2). 映像情報とその管理領域の書き替え方法を説明するフローチャート図。 Flowchart illustrating a recycle process the video information and its management area. 再生信号の連続性を説明するための再生系システム概念図。 Play systems conceptual view for explaining the continuity of the reproduced signal. 映像信号の連続再生時におけるアクセス動作等とバッファメモリ内の一時保存量との関係の一例を説明する図。 View for explaining an example of the relationship between the temporary storage of the access operation such as a buffer memory at the time of continuous reproduction of the video signal. 映像信号の連続再生時におけるアクセス動作等とバッファメモリ内の一時保存量との関係の他例(最もアクセス頻度が高い場合)を説明する図。 View for explaining another example (if the most frequently accessed) the relationship between the temporary storage of the access operation such as a buffer memory at the time of continuous reproduction of the video signal. 映像信号の連続再生時におけるアクセス動作等とバッファメモリ内の一時保存量との関係の他例(再生時間とアクセス時間のバランスが取れている場合)を説明する図。 View for explaining another example (if the balance of the play time and the access time is taken) of the relationship between the temporary storage of the access operation such as a buffer memory at the time of continuous reproduction of the video signal. 光ヘッドのシーク距離とシーク時間との関係を説明する図。 View for explaining the relationship between the seek distance and seek time of the optical head. 光ヘッドの平均シーク距離を求める方法を説明する図。 View for explaining a method of determining the average seek distance of the optical head. 記録信号の連続性を説明するための記録系システム概念図。 Recording systems conceptual diagram for explaining the continuity of the recorded signal. 記録されたAVデータ(映像信号情報)の一部を構成するセルおよび各セルのビデオオブジェクトユニットVOBU配列を例示する図。 Diagram illustrating a video object unit VOBU array of cells and each cell constituting a part of the recorded AV data (video signal information). 図79の配列において、セル#2が編集され、セル#2の途中(VOBU108eの所)でデータが切れた場合を説明する図(VOBU108eは再エンコードされる)。 In the arrangement of Figure 79, you edit the cell # 2, diagram for explaining a case where data is broken in the middle of cell # 2 (at the VOBU108e) (VOBU108e is re-encoded). (図79〜図80は編集によるセルの並べ替え方法を説明する図) 図80の編集が終わった後に、図79に例示したセル構成、VOBU配列および空き領域の位置がどのように変化しているかを説明する図。 After (Figure 79 to Figure 80 Figure illustrating how to sort cells by editing) has finished editing the Figure 80, the illustrated cell structure in FIG. 79, the position of the VOBU sequence and free space how changes diagram for explaining the dolphin. 映像信号の連続記録時におけるアクセス動作等とバッファメモリ内の一時保存量との関係の一例(最もアクセス頻度が高い場合)を説明する図。 Diagram illustrating an example of the relationship between the temporary storage of the access operation such as a buffer memory at the time of continuous recording of the video signal (if most frequently accessed). 映像信号の連続記録時におけるアクセス動作等とバッファメモリ内の一時保存量との関係の他例(記録時間とアクセス時間のバランスが取れている場合)を説明する図。 View for explaining another example (if the balance between the recording time and the access time is taken) of the relationship between the temporary storage of the access operation such as a buffer memory at the time of continuous recording of the video signal. ビデオオブジェクト内で映像情報の並べ替え(編集等)を行った場合の映像〜音声間の同期外れに対応したDVDビデオレコーダの構成を説明するブロック図。 Block diagram illustrating a DVD video recorder configuration corresponding to out-of-sync between the video-audio when performing sorting of the video information (editing, etc.) within the video object. 図84の構成におけるエンコーダ部およびデコーダ部の内部構成を説明するブロック図。 Block diagram illustrating the internal configuration of an encoder section and a decoder section in the configuration of FIG. 84. 図84のDVDビデオレコーダにおける映像〜音声間の同期処理を説明するフローチャート図。 Flowchart for explaining synchronization processing between the video-audio in the DVD video recorder shown in FIG 84.

以下、図面を参照して、この発明の一実施の形態に係るデジタル情報記録再生システムを説明する。 Hereinafter, with reference to the accompanying drawings, illustrating a digital information recording and reproducing system according to an embodiment of the present invention.

この発明に係るデジタル情報記録再生システムの代表的な一実施の形態として、MPEG2に基づきエンコードされた動画を可変ビットレートで記録・再生する装置、たとえばDVDデジタルビデオレコーダがある。 In the form of an exemplary digital information recording and reproducing system according to the present invention, apparatus for recording and reproducing a moving image encoded based on MPEG2 at a variable bit rate, for example, a DVD digital video recorder. (このDVDデジタルビデオレコーダの具体的な構成例については後述する。) (Specific configuration example of this DVD digital video recorder will be described later.)
図1は、上記DVDデジタルビデオレコーダに使用される記録可能な光ディスク(DVDーRAM/DVD−RWディスク等)10の構造を説明する斜視図である。 Figure 1 is a perspective view for explaining the structure of the DVD digital video recordable optical disc used in the recorder (DVD chromatography RAM / DVD-RW disc or the like) 10.

図1に示すように、この光ディスク10は、それぞれ記録層17が設けられた一対の透明基板14を接着層20で貼り合わせた構造を持つ。 As shown in FIG. 1, the optical disk 10 has a bonded structure in which the pair of transparent substrates 14, each recording layer 17 is provided with an adhesive layer 20. 各基板14は0.6mm厚のポリカーボネートで構成することができ、接着層20は極薄(たとえば40μm厚)の紫外線硬化性樹脂で構成することができる。 Each substrate 14 can be formed of a 0.6mm thick polycarbonate, adhesive layer 20 may be composed of ultraviolet curable resin very thin (e.g., 40μm thick). これら一対の0.6mm基板14を、記録層17が接着層20の面上で接触するようにして貼り合わすことにより、1.2mm厚の大容量光ディスク10が得られる。 The pair of 0.6mm substrate 14, recording layer 17 by match stick so as to contact on the surface of the adhesive layer 20, large-capacity optical disk 10 1.2mm thick is obtained.

なお、記録層17はROM/RAM2層構造を持つことができる。 The recording layer 17 may have a ROM / RAM 2-layer structure. その場合、読み出し面19側からみて近い方にROM層/光反射層(エンボス層)17Aが形成され、読み出し面19側からみて遠い方にRAM層/相変化記録層17Bが形成される。 In that case, ROM layer / light-reflecting layer closer viewed from the reading surface 19 side (embossed layer) 17A is formed, RAM layer / phase change recording layer 17B is formed farther when viewed from the reading surface 19 side.

光ディスク10には中心孔22が設けられており、ディスク両面の中心孔22の周囲には、この光ディスク10を回転駆動時にクランプするためのクランプエリア24が設けられている。 The optical disk 10 has center hole 22 is provided around the disk surfaces of the center hole 22, the clamp area 24 for clamping is provided to the optical disk 10 when rotated. 中心孔22には、図示しないディスクドライブ装置に光ディスク10が装填された際に、ディスクモータのスピンドルが挿入される。 The central hole 22, when the optical disk 10 is loaded in the disk drive device (not shown), the spindle of the disk motor is inserted. そして、光ディスク10は、そのクランプエリア24において、図示しないディスククランパにより、ディスク回転中クランプされる。 Then, the optical disk 10, in its clamp area 24, the disc clamper (not shown), is clamped in the disk rotation.

光ディスク10は、クランプエリア24の周囲に、ビデオデータ、オーディオデータその他の情報を記録することができる情報エリア25を有している。 Optical disk 10, around the clamp area 24, and a video data, information area 25 capable of recording audio data and other information.

情報エリア25のうち、その外周側にはリードアウトエリア26が設けられている。 Of the information area 25, lead-out area 26 is provided on the outer peripheral side thereof. また、クランプエリア24に接する内周側にはリードインエリア27が設けられている。 Further, on the inner circumferential side in contact with the clamp area 24. The lead-in area 27 is provided. そして、リードアウトエリア26とリードインエリア27との間にデータ記録エリア28が定められている。 The data recording area 28 is defined between the lead-out area 26 and the lead-in area 27.

情報エリア25の記録層(光反射層)17には、記録トラックがたとえばスパイラル状に連続して形成されている。 The recording layer (light reflection layer) 17 of information area 25, a recording track is formed continuously, for example, in a spiral shape. その連続トラックは複数の物理セクタに分割され、これらのセクタには連続番号が付されている。 Its continuous track is divided into a plurality of physical sectors, which have serial numbers for these sectors. このセクタを記録単位として、光ディスク10に種々なデータが記録される。 As the sector recording units, various data is recorded on the optical disk 10.

データ記録エリア28は、実際のデータ記録領域であって、記録・再生情報として、映画等のビデオデータ(主映像データ)、字幕・メニュー等の副映像データおよび台詞・効果音等のオーディオデータが、同様なピット列(レーザ反射光に光学的な変化をもたらす物理的な形状あるいは相状態)として記録されている。 Data recording area 28 is an actual data recording area, the recording and reproducing information, video data (main picture data) such as a movie, the audio data such as sub-picture data and speech-sound effects, such as subtitles and menu , it is recorded as similar pit row (physical shape or phase state leads to optical change in laser reflected light).

光ディスク10が片面1層で両面記録のRAMディスクの場合は、各記録層17は、2つの硫化亜鉛・酸化シリコン混合物(ZnS・SiO2)で相変化記録材料層(たとえばGe2Sb2Te5)を挟み込んだ3重層により構成できる。 If the optical disk 10 is a double-sided recording RAM disc in single-sided single-layer, each recording layer 17, two zinc sulfide-silicon oxide mixture (ZnS-SiO2) in the phase-change recording material layer (e.g., Ge2 Sb2 Te5) 3-layer that sandwich the It can be configured by.

光ディスク10が片面1層で片面記録のRAMディスクの場合は、読み出し面19側の記録層17は、上記相変化記録材料層を含む3重層により構成できる。 If the optical disk 10 is a single-sided recording RAM disc in single-sided single-layer, the recording layer 17 of the reading surface 19 side may be configured by three-layer including the phase change recording material layer. この場合、読み出し面19から見て反対側に配置される層17は情報記録層である必要はなく、単なるダミー層でよい。 In this case, the layer 17 disposed on the opposite side when viewed from the reading surface 19 need not be an information recording layer, may simply dummy layer.

光ディスク10が片面読み取り型の2層RAM/ROMディスクの場合は、2つの記録層17は、1つの相変化記録層(読み出し面19からみて奥側;読み書き用)と1つの半透明金属反射層(読み出し面19からみて手前側;再生専用)で構成できる。 If the optical disk 10 is a single-sided read type double-layer RAM / ROM disc, two recording layers 17 (on the side farther from read-out face 19; read-write) one of the phase-change recording layer and the one semi-transparent metal reflecting layer It can be composed of; (read only read surface 19 on the side closer).

光ディスク10がライトワンスのDVDーRである場合は、基板としてはポリカーボネートが用いられ、図示しない反射膜としては金、図示しない保護膜としては紫外線硬化樹脂を用いることができる。 If the optical disk 10 is a DVD-R of the write-once, the substrate used is polycarbonate, a reflective film (not shown) of gold, as a protective film (not shown) can be used an ultraviolet-curing resin. この場合、記録層17には有機色素が用いられる。 In this case, an organic dye is used for the recording layer 17. この有機色素としては、シアニン、スクアリリウム、クロコニック、トリフェニルメンタン系色素、キサンテン、キノン系色素(ナフトキン、アントラキノン等)、金属錯体系色素(フタロシアン、ボルフィリン、ジチオール錯体等)その他が利用可能である。 As the organic dyes, cyanine, squarylium, croconic, triphenyl menthane dyes, xanthene, quinone dyes (naphthoquinone, anthraquinone and the like), metal complex dyes (phthalocyanine, Borufirin, dithiol complexes) Others are available is there.

このようなDVD−Rディスクへのデータ書き込みは、たとえば波長650nmで出力6〜12mW程度の半導体レーザを用いて行うことができる。 Such data writing to DVD-R disc can be performed using a semiconductor laser output of about 6~12mW example at a wavelength of 650 nm.

光ディスク10が片面読み取り型の2層ROMディスクの場合は、2つの記録層17は、1つの金属反射層(読み出し面19からみて奥側)と1つの半透明金属反射層(読み出し面19からみて手前側)で構成できる。 If the optical disk 10 is a single-sided read type double-layer ROM disc, two recording layers 17, have seen from one metal reflecting layer (on the side farther from read-out face 19) and one semi-transparent metal reflection layer (reading surface 19 It can be configured in the front side).

読み出し専用のDVDーROMディスク10では、基板14にピット列が予めスタンパーで形成され、このピット列が形成された基板14の面に金属等の反射層が形成され、この反射層が記録層17として使用されることになる。 In the read-only DVD-ROM disk 10, a train of pits is previously formed in a stamper to the substrate 14, the reflective layer of metal or the like on the surface of the substrate 14 in which the pit train is formed is formed, the reflective layer is the recording layer 17 It is made to be used as. このようなDVD−ROMディスク10では、通常、記録トラックとしてのグルーブは特に設けられず、基板14の面に形成されたピット列がトラックとして機能するようになっている。 In such DVD-ROM disc 10, a groove is normally as a recording track is not provided in particular, a pit row formed on the surface of the substrate 14 is adapted to function as a track.

上記各種の光ディスク10において、再生専用のROM情報はエンボス信号として記録層17に記録される。 In the optical disk 10 of the various, ROM information only for reproduction is recorded in the recording layer 17 as embossed signals. これに対して、読み書き用(またはライトワンス用)の記録層17を持つ基板14にはこのようなエンボス信号は刻まれておらず、その代わりに連続のグルーブ溝が刻まれている。 In contrast, such embossing signal to the substrate 14 having the recording layer 17 of read-write (or write-once) has not been inscribed, is engraved groove grooves continuous instead. このグルーブ溝に、相変化記録層が設けられるようになっている。 This groove grooves, a phase-change recording layer is adapted to be provided. 読み書き用DVDーRAMディスクの場合は、さらに、グルーブの他にランド部分の相変化記録層も情報記録に利用される。 For read-write DVD-RAM disc, furthermore, the phase change recording layer in addition to the land portion of the groove is also used in the information recording.

なお、光ディスク10が片面読み取りタイプ(記録層が1層でも2層でも)の場合は、読み出し面19から見て裏側の基板14は読み書き用レーザに対して透明である必要はない。 In addition, when the optical disk 10 is a single-sided read type (in two layers in the recording layer is one layer), the back side of the substrate 14 when viewed from the reading surface 19 need not be transparent to the read-write laser. この場合は裏側基板14全面にラベル印刷がされていても良い。 This may be a label printed on the back side substrate 14 entirely if.

後述するDVDデジタルビデオレコーダは、DVDーRAMディスク(またはDVD−RWディスク)に対する反復記録・反復再生(読み書き)と、DVDーRディスクに対する1回の記録・反復再生と、DVDーROMディスクに対する反復再生が可能なように構成できる。 DVD digital video recorder to be described later, repeated recording and repeated reproduction on DVD-RAM disc (or DVD-RW disc) and (write), once a recording and repeat playback for DVD-R disc, repeated for DVD-ROM disk Play can be configured so as to be able to.

図2は、図1の光ディスク(DVDーRAM等)10のデータ記録エリア28とそこに記録されるデータの記録トラックとの対応関係を説明する図である。 Figure 2 is a diagram illustrating a correspondence relationship between the recording tracks of data recorded therein and data recording area 28 of optical disc (DVD-RAM, etc.) 10 Figure 1.

ディスク10がDVD−RAM(またはDVD−RW)の場合は、デリケートなディスク面を保護するために、ディスク10の本体がカートリッジ11に収納されるようになっている。 If the disk 10 is DVD-RAM (or DVD-RW), in order to protect the delicate disk surfaces, so that the main body of the disk 10 is accommodated in the cartridge 11. DVD−RAMディスク10がカートリッジ11ごと後述するDVDビデオレコーダのディスクドライブに挿入されると、カートリッジ11からディスク10が引き出されて図示しないスピンドルモータのターンテーブルにクランプされ、図示しない光ヘッドに向き合うようにして回転駆動される。 When DVD-RAM disc 10 is inserted into the disk drive of the DVD video recorder to be described later for each cartridge 11, it is clamped from the cartridge 11 to the spindle motor of the turntable the disc 10 is not shown is pulled out, as facing the optical head (not shown) It is driven to rotate in the.

一方、ディスク10がDVDーRまたはDVDーROMの場合は、ディスク10の本体はカートリッジ11に収納されておらず、裸のディスク10がディスクドライブのディスクトレイに直接セットされるようになる。 On the other hand, if the disk 10 is DVD-R or DVD-ROM, the main body of the disk 10 is not housed in the cartridge 11, so bare disc 10 is directly set on the disc tray of the disc drive.

図1に示した情報エリア25の記録層17には、データ記録トラックがスパイラル状に連続して形成されている。 The recording layer 17 of information area 25 shown in FIG. 1, the data recording track is formed continuously in a spiral shape. その連続するトラックは、図2に示すように一定記憶容量の複数論理セクタ(最小記録単位)に分割され、この論理セクタを基準にデータが記録されている。 Tracks the continuous is divided into a plurality logical sectors of a fixed storage capacity (minimum recording unit) As shown in FIG. 2, the data of this logical sector to a reference are recorded. 1つの論理セクタの記録容量は、1パックデータ長と同じ2048バイト(あるいは2kバイト)に決められている(図24参照)。 Recording capacity of one logical sector is determined in the same 2048 bytes as one pack data length (or 2k bytes) (see Fig. 24).

データ記録エリア28には、実際のデータ記録領域であって、管理データ、主映像(ビデオ)データ、副映像データおよび音声(オーディオ)データが同様に記録されている。 The data recording area 28 is an actual data recording area, the management data, main picture (video) data, sub-picture data and audio (audio) data have been recorded similarly.

なお、図4を参照して後述するが、図2のディスク10のデータ記録エリア28は、リング状(年輪状)に複数の記録エリア(複数の記録ゾーン)に分割することができる。 As will be described later with reference to FIG. 4, the data recording area 28 of the disk 10 in FIG. 2 can be divided in a ring shape (annulus-like) on a plurality of recording areas (a plurality of recording zones). 各記録ゾーン毎にディスク回転速度は異なるが、各ゾーン内では線速度または角速度を一定にすることができる。 Disk rotational speed for each recording zone are different, it can be a linear or angular velocity constant within each zone. この場合、各ゾーン毎に予備の記録エリアすなわちスペアエリア(フリースペース)を設けることができる。 In this case, it is possible to provide a spare recording areas or the spare area (free space) for each zone. このゾーン毎のフリースペースを集めて、そのディスク10のリザーブエリアとすることができる。 Collect free space for each of the zone, it can be a reserve area of ​​the disk 10.

図3は、図1の2層貼合せ光ディスク10を読書両用とする場合の、データ記録部をデフォルメして示す部分断面図である。 3, at which a reading dual The combined optical disc 10 bonded two layers of FIG. 1 is a partial sectional view showing deformed data recording unit. ここでは、金(Au)または硫化亜鉛(ZnS)と酸化シリコン(SiO2)との混合物(ZnS・SiO2)で、厚さがたとえば20nmの読出専用情報記録層(ROM層17A)を形成している。 Here, gold (Au) or a mixture of zinc sulfide (ZnS) and silicon oxide (SiO2) (ZnS · SiO2), to form a read-only information recording layer having a thickness of, for example, 20 nm (ROM layer 17A) .

また、アルミニウム(Al)またはアルミニウム・モリブデン合金(Al・Mo)を用いた光反射膜と紫外線硬化性樹脂接着層20との間に、2つの硫化亜鉛・酸化シリコン混合物ZnS・SiO2(92、94)で相変化記録材料層90(Ge2Sb2Te5あるいはGeAnTe等)を挟み込んだ3重層(90〜94)が、設けられている。 Further, aluminum (Al) or between the aluminum-molybdenum alloy (Al-Mo) light reflection film and the ultraviolet curing resin adhesive layer 20 with the two zinc sulfide-silicon oxide mixture ZnS-SiO2 (92, 94 phase-change recording material layer 90 (Ge2 Sb2 Te5 or triple layer sandwiched therebetween GeAnTe etc.)) (90 to 94) are provided. この3重層が、読み書き可能な情報記録層(RAM層17B)を形成している。 The 3-layer has formed read-write information recording layer (RAM layer 17B).

アルミニウムまたはアルミニウム・モリブデン合金反射膜の厚さはたとえば100nm程度に選ばれ、ZnS・SiO2混合物層94の厚さはたとえば20nm程度に選ばれ、Ge2Sb2Te5相変化記録材料層90の厚さはたとえば20nm程度に選ばれ、ZnS・SiO2混合物層92の厚さはたとえば180nm程度に選ばれる。 The thickness of the aluminum or aluminum-molybdenum alloy reflective film is selected for example, about 100 nm, the thickness of the ZnS-SiO2 mixture layer 94 is selected for example, about 20nm, the thickness of Ge2Sb2Te5 phase change recording material layer 90 is for example 20nm approximately chosen, the thickness of the ZnS · SiO2 mixture layer 92 is selected, for example, about 180 nm.

RAM層17Bに対する書込レーザ光WLは、基板14側から半透明のROM層17Aを貫通して、相変化記録材料層90に入射するようになっている。 Write laser beam WL for RAM layer 17B from the substrate 14 side through the translucent ROM layer 17A, it is incident on the phase-change recording material layer 90.

RAM層17Bに対する読出レーザ光RLは、基板14側から半透明のROM層17Aを貫通して相変化記録材料層90に入射し、そこで書込状態(結晶質か非結晶質か)に応じた反射をするようになっている。 Read laser beam RL relative to RAM layer 17B from the substrate 14 side through the translucent ROM layer 17A is incident on the phase-change recording material layer 90, where corresponding to the write state (or crystalline or amorphous) It is adapted to the reflection.

一方、ROM層17Aに対する読出レーザ光RLは、基板14側から入射し半透明のROM層17Aの凹凸(エンボス)状態に応じた反射をするようになっている。 On the other hand, the reading laser beam RL relative ROM layer 17A is configured incident from the substrate 14 side reflections corresponding to the unevenness (emboss) the state of semi-transparent ROM layer 17A. ROM層17Aを読むかRAM層17Bを読むかは、どちらの層に光ピックアップのフォーカスを結ばせるかで切り換えることができる。 Read the or RAM layer 17B Read ROM layer 17A can be switched to either of the layers or to bear the focus of the optical pickup.

なお、読出専用の情報がエンボス信号として記録されている基板14に対して、読み書き用の基板にはこのようなエンボス信号は刻まれておらず、その代わりに連続のグルーブ溝が刻まれている。 The information read-only with respect to the substrate 14 that is recorded as embossed signals, such embossing signal a substrate for reading and writing are not engraved, a groove grooves continuous instead is engraved . このグルーブ溝に、相変化記録材料層90が設けられるようになっている。 This groove groove, the phase change recording material layer 90 is adapted to be provided.

図4は、図1の2層光ディスクのRAM層のデータトラック構成例(交替処理用スペアエリアSA00〜SA23が各ユーザエリアUA00〜UA23の外側に配置された構成)を説明する図である。 Figure 4 is a diagram for explaining a data track configuration example of RAM layer of two-layer optical disc (structure arranged outside of the replacement processing for the spare area SA00~SA23 each user area UA00~UA23) of FIG.

毎秒回転数(Hz)がN00のユーザエリアUA00の外側同心状に、毎秒回転数(Hz)がN00のスペアエリアSA00(ユーザエリアUA00で生じた欠陥部分の交替処理用)が設けられている。 The revolutions per second (Hz) is the outer concentric user area UA00 of N00, spare area SA00 speed (Hz) is N00 (for alternation process of a defective portion occurred in the user area UA00) are provided per second. 同様に、毎秒回転数(Hz)がN01のユーザエリアUA01の外側に毎秒回転数(Hz)がN01のスペアエリアSA01が同心状に設けられ、毎秒回転数(Hz)がN23のユーザエリアUA23の外側に毎秒回転数(Hz)がN23のスペアエリアSA23が同心状に設けられる。 Similarly, the rotational speed (Hz) per second rotation speed to the outside of the user area UA01 of N01 (Hz) is a spare area SA01 of N01 provided concentrically, the rotational speed (Hz) is a user area UA23 of N23 per second squared spare area SA23 of revolutions per second on the outside (Hz) is N23 are provided concentrically.

この同心状エリア構成において、各回転ゾーン00(UA00+SA00)〜23(UA23+SA23)間での記録密度を平均化してディスク全体で大きな記録容量を確保するために、各定回転ゾーン毎の回転数をN00>N01>…>N23としている。 In this concentric area structure, in order to the recording density of between the rotating zone 00 (UA00 + SA00) ~23 (UA23 + SA23) are averaged to ensure a large recording capacity in the entire disk, the rotational speed of each constant rotation zone N00 > N01> ...> is the N23.

なお、ここでは同心状のゾーン数を24個(ゾーン00〜ゾーン23)としてあるが、このゾーン数24以外でもこの発明を実施できる。 Here, although the number of concentric zones are the 24 (zone 00 zone 23), other than the number of zones 24 can be implemented with this invention.

図4の構成の光ディスク10において、ユーザエリアUA00に書込を行うときは、その管理(ユーザエリアUA00のどこからどこまでに該当データが書き込まれるか等)および欠陥発生時の交替処理は同じ回転数ゾーン内で行なう。 In the optical disk 10 in the configuration of FIG. 4, when data are written in the user area UA00, its management (where from where to a or the like corresponding data is written in the user area UA00) the same rotation speed zone alternation process at the time and defects carried out at the inner. 同様に、ユーザエリアUA01での書込管理・欠陥管理は同じ回転数ゾーン内で行ない、ユーザエリアUA23での書込管理・欠陥管理は同じ回転数ゾーン内で行なう。 Similarly, write management and defect management in the user area UA01 is carried out at the same rotation speed zone, the write management and defect management in the user area UA23 is performed in the same rotation speed zone.

このようにすれば、書込管理処理中あるいは交替処理中にディスク10の回転速度を切り換える必要がなくなるから、書込処理および交替処理を高速化できる。 In this way, since it is not necessary to switch the rotational speed of the disk 10 or during replacement process during the write management process, it can speed up the writing process and the replacement process.

図5は、図1の2層光ディスクのRAM層のレイアウトを説明する図である。 Figure 5 is a diagram illustrating the layout of RAM layer of two-layer optical disc of FIG.

すなわち、ディスク内周側のリードインエリア27は、光反射面が凹凸形状をしたエンボスゾーン、表面が平坦(鏡面)なミラーゾーンおよび書替可能ゾーンで構成される。 That is, the lead-in area 27 on the inner peripheral side of the disk is embossed zone light reflecting surface has an irregular shape, the surface is composed of a mirror zone and rewritable zone flat (mirror surface). エンボスゾーンは基準信号ゾーンおよび制御データゾーンを含み、ミラーゾーンは接続ゾーンを含む。 Embossed zone includes a reference signal zone and control data zone, mirror zone includes a connection zone.

書替可能ゾーンは、ディスクテストゾーンと、ドライブテストゾーンと、ディスクID(識別子)ゾーンと、欠陥管理エリアDMA1およびDMA2を含んでいる。 Rewritable zone includes a disc test zone, a drive test zone, a disk ID (identifier) ​​zone, the defect management areas DMA1 and DMA2.

ディスク外周側のリードアウトエリア26は、欠陥管理エリアDMA3およびDMA4と、ディスクID(識別子)ゾーンと、ドライブテストゾーンと、ディスクテストゾーンを含む書替可能ゾーンで構成される。 Lead-out area 26 of the outer peripheral side of the disc includes a defect management area DMA3 and DMA4, composed of rewritable zone comprising a disk ID (identifier) ​​zone, a drive test zone, a disk test zone.

リードインエリア27とリードアウトエリア26との間のデータエリア28は、24個の年輪状のゾーン00〜ゾーン23に分割されている。 Data area 28 between the lead-in area 27 and the lead-out area 26 is divided into 24 annulus-shaped zone 00 zone 23. 各ゾーンは一定の回転速度を持っているが、異なるゾーン間では回転速度が異なる。 Although each zone has a constant rotational speed, the rotational speed is different between different zones. また、各ゾーンを構成するセクタ数も、ゾーン毎に異なる。 In addition, the number of sectors that make up each zone is also different for each zone. 具体的には、ディスク内周側のゾーン(ゾーン00等)は回転速度が早く構成セクタ数は少ない。 Specifically, on the inner peripheral side of the disk zone (zone 00, etc.) is the number of construction sector rotational speed is faster is small. 一方、ディスク外周側のゾーン(ゾーン23等)は回転速度が遅く構成セクタ数が多い。 On the other hand, the outer peripheral side of the disc zone (zone 23, etc.) is slow configured number of sectors is larger rotational speed. このようなレイアウトによって、各ゾーン内ではCAVのような高速アクセス性を実現し、ゾーン全体でみればCLVのような高密度記録性を実現している。 Such layout, within each zone for fast access of such as CAV, is realized a high density recording properties such as CLV when viewed in the entire zone.

図6は、図5のレイアウトにおけるリードイン部分およびリードアウト部分の詳細を説明する図である。 Figure 6 is a diagram for explaining the details of the lead-in portion and the lead-out portion in the layout of FIG.

エンボスデータゾーンの制御データゾーンには、適用されるDVD規格のタイプ(DVD−ROM・DVD−RAM・DVD−R等)およびパートバージョンと、ディスクサイズおよび最小読出レートと、ディスク構造(1層ROMディスク・1層RAMディスク・2層ROM/RAMディスク等)と、記録密度と、データエリアアロケーションと、バーストカッティングエリアの記述子と、記録時の露光量指定のための線速度条件と、読出パワーと、ピークパワーと、バイアスパワーと、媒体の製造に関する情報が記録されている。 The control data zone of the embossed data zone, and the applicable type of DVD standard (DVD-ROM · DVD-RAM · DVD-R, etc.) and part version, a disc size and minimum read rate, disc structure (single layer ROM a disk 1 layer RAM disc two layers ROM / RAM disc or the like), a recording density, a data area allocation, the descriptors in the burst cutting area, the linear velocity condition for recording when the exposure amount specified, read power When the peak power, the bias power, information about the preparation of the medium are recorded.

別の言い方をすると、この制御データゾーンには、記録開始・記録終了位置を示す物理セクタ番号などの情報記憶媒体全体に関する情報と、記録パワー、記録パルス幅、消去パワー、再生パワー、記録・消去時の線速などの情報と、記録・再生・消去特性に関する情報と、個々のディスクの製造番号など情報記憶媒体の製造に関する情報等が事前に記録されている。 In other words, this control data zone, and the information about the entire information storage medium such as physical sector numbers indicating the recording start and recording end position, the recording power, recording pulse width, erase power, playback power, recording and erasure and information such as the linear velocity of the time, and information about the recording, reproducing, and erasing characteristics, information relating to the manufacture of an information storage medium such as a serial number of each disk is recorded in advance.

リードインおよびリードアウトの書替可能データゾーンには、各々の媒体ごとの固有ディスク名記録領域と、試し記録領域(記録消去条件の確認用)と、データエリア内の欠陥領域に関する管理情報記録領域が設けられている。 The rewritable data zone of the lead-in and lead-out, a unique disk name recording area of ​​each respective medium, a test recording area (for confirmation of the recording and erasing conditions), the management information recording area on the defective area of ​​the data area It is provided. これらの領域を利用することで、個々のディスクに対して最適な記録が可能となる。 By using these areas, optimal recording can be performed for each disk.

図7は、図5のレイアウトにおけるデータエリア部分の詳細を説明する図である。 Figure 7 is a diagram for explaining the details of the data area portion in the layout of FIG.

24個のゾーン毎に同数のグループが割り当てられ、各グループはデータ記録に使用するユーザエリアと交替処理に使用するスペアエリアをペアで含んでいる。 The same number of groups are assigned for each 24 zones, each group includes a spare area used replacing process with the user area to be used for data recording in pairs. 各グループのユーザエリアおよびスペアエリアは同じ回転速度のゾーンに収まっており、グループ番号の小さい方が高速回転ゾーンに属し、グループ番号の大きい方が低速回転ゾーンに属する。 User area and spare area in each group is seated in the zone of the same rotational speed, whichever smaller group numbers belong to high speed zone, towards the group number greater belongs to the low-speed rotation zone. 低速回転ゾーンのグループは高速回転ゾーンのグループよりもセクタ数が多いが、低速回転ゾーンはディスクの回転半径が大きいので、ディスク10上での物理的な記録密度はゾーン全体(グループ全て)に渡りほぼ均一になる。 Although a group of low-speed rotation zone is larger number of sectors than a group of high-speed rotation zone, the low speed zone is larger radius of rotation of the disk, the physical recording density on the disk 10 over the entire zone (all groups) It becomes substantially uniform.

各グループにおいて、ユーザエリアはセクタ番号の小さい方(つまりディスク上で内周側)に配置され、スペアエリアはセクタ番号の大きい方(ディスク上で外周側)に配置される。 In each group, the user area are arranged in smaller sector number (i.e. the inner circumferential side on the disk), the spare area is positioned larger sector number (the outer peripheral side on the disk). このセクタ番号の割り当て方は、図4のディスク10上におけるユーザエリアUAとスペアエリアSAとの配置方法に対応する。 Assignment how the sector number corresponding to the arrangement method of the user area UA and spare area SA on the disc 10 in FIG.

次に、情報記憶媒体(DVDーRAMディスク10等)上に記録される情報の記録信号構造とその記録信号構造の作成方法について説明する。 Then, the recording signal structure of information recorded on the information storage medium (DVD-RAM disc 10, etc.) and how to create the recording signal structure will be described. なお、媒体上に記録される情報の内容そのものは「情報」と呼び、同一内容の情報に対しスクランブルしたり変調したりしたあとの構造や表現、つまり信号形態が変換された後の“1”〜“0”の状態のつながりは「信号」と表現して、両者を適宜区別することにする。 The contents itself of information recorded on the medium is called "information", the same contents information structure and expressions After or or modulated scrambled to the, that is, after the signal form is converted to "1" ties of the state of the ~ "0" is expressed as "signal", to be appropriately distinguish between the two.

図8は、図5のデータエリア部分に含まれるセクタの構造を説明する図である。 Figure 8 is a drawing showing a structure of sectors included in the data area portion of FIG. 図8の1セクタは図7のセクタ番号の1つに対応し、図2に示すように2048バイトのサイズを持つ。 One sector of Figure 8 corresponds to one of the sector numbers of FIG. 7, as shown in FIG. 2 with 2048 bytes in size. 各セクタはディスク10にエンボスで刻まれたヘッダを先頭に、同期コードと変調後の信号(ビデオデータその他)を交互に含んでいる。 The top header carved embossed on each sector disc 10 includes the modulated signal and the synchronization code (the video data etc.) alternately.

次に、DVD−RAMディスク10におけるECCブロック処理方法について説明する。 It will now be described ECC block processing method in the DVD-RAM disc 10.

図9は、図5のデータエリア部分に含まれる情報の記録単位(エラーコレクションコードのECC単位)を説明する図である。 Figure 9 is a diagram illustrating a recording unit of information in the data area portion of FIG. 5 (ECC units of error correction codes).

パーソナルコンピュータ用の情報記憶媒体(ハードディスクHDDや光磁気ディスクMOなど)のファイルシステムで多く使われるFAT(ファイルアロケーションテーブル)では、256バイトまたは512バイトを最小単位として情報記憶媒体へ情報が記録される。 In the information storage medium for personal computers FAT used much in the file system (hard disk HDD or a magneto-optical disk MO, etc.) (file allocation table), information to the information storage medium 256 bytes or 512 bytes as a minimum unit is recorded .

それに対し、CD−ROMやDVD−ROM、DVD−RAMなどの情報記憶媒体では、ファイルシステムとしてUDF(ユニバーサルディスクフォーマット;詳細は後述)を用いており、ここでは2048バイトを最小単位として情報記憶媒体へ情報が記録される。 In contrast, CD-ROM or DVD-ROM, in the information storage medium such as a DVD-RAM, UDF as the file system (Universal Disk Format; described in detail later) is used, where the information storage medium 2048 bytes as a minimum unit information is recorded to. この最小単位をセクタと呼ぶ。 The minimum unit is called a sector. つまりUDFを用いた情報記憶媒体(光ディスク10)に対しては、図9に示すようにセクタ501毎に2048バイトずつの情報を記録して行く。 That for the information storage medium using a UDF (optical disc 10), going to record information by 2048 bytes per sector 501 as shown in FIG.

CD−ROMやDVD−ROMではカートリッジを使わず裸ディスクで取り扱うため、ユーザサイドで情報記憶媒体表面に傷が付いたり表面にゴミが付着し易い。 To deal with a CD-ROM or DVD-ROM in a bare disc without a cartridge, the surface of the information storage medium on the user side scratch is adhered dust with or surface easy. 情報記憶媒体表面に付いたゴミや傷の影響で特定のセクタ(たとえば図9のセクタ501c)が再生不可能(もしくは記録不能)な場合が発生する。 If the information storage medium by the influence of the attached dirt or scratches on the surface specific sector (e.g., sector 501c in FIG. 9) is not reproduced (or unrecordable) that is generated.

DVDでは、そのような状況を考慮したエラー訂正方式(積符号を利用したECC)が採用されている。 In DVD, the error correction method in consideration of such a situation (ECC using product code) is employed. 具体的には16個ずつのセクタ(図9ではセクタ501aからセクタ501pまでの16個のセクタ)で1個のECC(エラーコレクションコード)ブロック502を構成し、その中で強力なエラー訂正機能を持たせている。 Specifically, constitute 16 by sectors 1 ECC (error correction code) in (16 sectors in 9 from the sector 501a to sector 501p) block 502, a powerful error correcting function in which It is made to have. その結果、たとえばセクタ501cが再生不可能といったような、ECCブロック502内のエラーが生じても、エラー訂正され、ECCブロック502のすべての情報を正しく再生することが可能となる。 As a result, for example, sector 501c is such as unplayable, even if an error occurs in the ECC block 502, error corrected, it is possible to correctly reproduce all of the information of the ECC block 502.

図10は、図5のデータエリア内でのゾーンとグループ(図7参照)との関係を説明する図である。 Figure 10 is a view for explaining the relationship between the zones and groups in the data area of ​​Fig. 5 (see FIG. 7).

図5の各ゾーン00〜23は、図4に示すようにディスク10上に物理的に配置されるもので、実際に使用されるデータエリア(ユーザエリア+スペアエリア)の他に、ゾーン間のデータ使用エリアを区分けするガードエリアを持っている。 Each zone 00 to 23 in FIG. 5, intended to be physically located on the disk 10 as shown in FIG. 4, in addition to the data area that is actually used (user area + spare area), between zones it has a guard area for dividing the data use area. これに対して、図7のグループは実際に使用されるデータエリア(ユーザエリア+スペアエリア)に対して割り当てられる。 In contrast, a group of 7 is assigned to the data area that is actually used (user area + spare area).

すなわち、図10においてガードエリア711で区切られたグループ00はディスク10の物理セクタ番号031000hから始まるユーザエリアUA00およびスペアエリアSA00を含み、ガードエリア711とガードエリア712で区切られたグループ01はユーザエリアUA01およびスペアエリアSA01を含む。 That is, a group 00 separated by a guard area 711 in FIG. 10 includes a user area UA00 and a spare area SA00 starting from the physical sector number 031000h disk 10, a group 01 separated by a guard area 711 and the guard areas 712 user area UA01 and a spare area SA01. 以下同様に、ディスク10の最外周側のガードエリア713で区切られたグループ23はディスク10の最終物理セクタ番号で終わるユーザエリアUA23およびスペアエリアSA23を含んでいる。 Similarly, a group 23 separated by a guard area 713 of the outermost peripheries of the disk 10 includes a user area UA23 and a spare area SA23 ending with the final physical sector number of the disk 10.

図10の構成を持つ図4の光ディスク(DVDーRAMディスク)10が図示しないディスクドライブにかけられているときは、ガードエリア通過中にディスク10の回転速度を切り替える処理を行なうことができる。 When 4 of the optical disk (DVD-RAM disc) 10 having the configuration of FIG. 10 is applied to a disk drive (not shown) may perform processing of switching the rotational speed of the disk 10 during the passage guard area. たとえば、図示しない光ヘッドがグループ00からグループ01にシークする際に、ガードエリア711を通過中にディスク10の回転速度がN00からN01に切り替えられる。 For example, when the optical head (not shown) to seek from the group 00 to a group 01, the rotational speed of the disk 10 while passing through the guard area 711 is switched to N01 from N00.

図11は、図5のデータエリア内での論理セクタの設定方法を説明する図である。 Figure 11 is a diagram for explaining a method of setting the logical sector in the data area of ​​FIG. 物理的には図10に示すようなガードエリアがディスク10上に設けられているが、論理的には(つまり書込制御を行なうソフトウエアからみれば)、各グループ00〜23が密に並んでいる。 Physically but a guard area, as shown in FIG. 10 is provided on the disk 10, (as viewed from the software that performs other words write control) logically, each group 00 to 23 is closely aligned They are out. このグループ00〜23の並びは、グループ番号の小さい方(物理セクタ番号の小さい方)がディスク10の内周側(リードイン側)に配置され、グループ番号の大きい方(物理セクタ番号の大きい方)がディスク10の外周側(リードアウト側)に配置される。 This array of group 00 to 23 is smaller group number (smaller physical sector number) are disposed on the inner peripheral side of the disk 10 (the lead-in side), the larger the larger (physical sector number of the group number ) is disposed on the outer peripheral side of the disc 10 (lead-out side).

この配置において、同一グループ内のスペアエリアの論理セクタ番号は事前には設定されておらず、ユーザエリアの欠陥発生時に、交替処理前のユーザエリアの欠陥位置での論理セクタ番号が、交替処理後の対応するスペアエリア位置に移される。 In this arrangement, the logical sector number of the spare area in the same group is not set in advance, when a defect occurs in the user area, the logical sector number of the defect position of the user area before replacement processing, after replacement process transferred in the corresponding spare area position. ただし、物理セクタ番号については、ユーザエリアもスペアエリアも始めから設定されている。 However, the physical sector number, is set from the beginning also a user area also spare area.

次に、ユーザエリアで生じた欠陥を処理する方法を幾つか説明する。 Next, several illustrating a method of processing a defect occurring in the user area. その前に、欠陥処理に必要な欠陥管理エリア(図5または図6のDMA1〜DMA4)およびその関連事項について説明しておく。 Before that, previously described and related matters defect defect management area necessary for the processing (DMA1 to DMA4 in FIG. 5 or FIG. 6).

[欠陥管理エリア] [Defect management area]
欠陥管理エリア(DMA1〜DMA4)はデータエリアの構成および欠陥管理の情報を含むもので、たとえば32セクタで構成される。 Defect management area (DMA1 to DMA4) is intended to include information of the configuration and the defect management data area, for example, composed of 32 sectors. 2つの欠陥管理エリア(DMA1、DMA2)は光ディスク(DVDーRAMディスク)10のリードインエリア27内に配置され、他の2つの欠陥管理エリア(DMA3、DMA4)は光ディスク10のリードアウトエリア26内に配置される。 Two defect management areas (DMA1, DMA2) is an optical disk is placed in (DVD-RAM disc) 10 lead-in area 27 of the other two defect management area (DMA3, DMA4) is within the lead-out area 26 of the optical disk 10 It is placed in. 各欠陥管理エリア(DMA1〜DMA4)の後には、適宜予備のセクタ(スペアセクタ)が付加されている。 After each defect management area (DMA1 to DMA4), which is appropriate spare sectors (spare) is added.

各欠陥管理エリア(DMA1〜DMA4)は、2つのECCブロックからなる。 Each defect management area (DMA1 to DMA4) consists of two ECC blocks. 各欠陥管理エリア(DMA1〜DMA4)の最初のECCブロックには、ディスク10の定義情報構造(DDS; Disc Definition Structure)および一次欠陥リスト(PDL; Primary Defect List)が含まれる。 The first ECC block of each defect management area (DMA1 to DMA4), definition information structure of the disk 10 contained;; (Primary Defect List PDL) is (DDS Disc Definition Structure) and a primary defect list. 各欠陥管理エリア(DMA1〜DMA4)の2番目のECCブロックには、二次欠陥リスト(SDL; Secondary Defect List)が含まれる。 The second ECC block of each defect management area (DMA1 to DMA4), the secondary defect list; include (SDL Secondary Defect List). 4つの欠陥管理エリア(DMA1〜DMA4)の4つの一次欠陥リスト(PDL)は同一内容となっており、それらの4つの二次欠陥リスト(SDL)も同一内容となっている。 Four four primary defect list of defect management areas (DMA1~DMA4) (PDL) has become the same content, even those four secondary defect list (SDL) are the same contents.

4つの欠陥管理エリア(DMA1〜DMA4)の4つの定義情報構造(DDS)は基本的には同一内容であるが、4つの欠陥管理エリアそれぞれのPDLおよびSDLに対するポインタについては、それぞれ個別の内容となっている。 Four definition information structure of the four defect management areas (DMA1~DMA4) (DDS) are basically the same content, for pointers to the four respective defect management area PDL and SDL, respectively and a separate content going on.

ここでDDS/PDLブロックは、DDSおよびPDLを含むECCブロックを意味する。 Here DDS / PDL block means the ECC block containing the DDS and PDL. また、SDLブロックは、SDLを含むECCブロックを意味する。 Also, SDL block means the ECC block containing the SDL.

光ディスク(DVDーRAMディスク)10を初期化したあとの各欠陥管理エリア(DMA1〜DMA4)の内容は、以下のようになっている: The contents of the optical disk (DVD-RAM disc) each defect management area after the 10 initialized (DMA1~DMA4) is, are as follows:
(1)各DDS/PDLブロックの最初のセクタはDDSを含む; (1) The first sector of each DDS / PDL block includes DDS;
(2)各DDS/PDLブロックの2番目のセクタはPDLを含む; (2) The second sector of each DDS / PDL block includes PDL;
(3)各SDLブロックの最初のセクタはSDLを含む。 (3) The first sector of each SDL block contains SDL.

一次欠陥リストPDLおよび二次欠陥リストSDLのブロック長は、それぞれのエントリ数によって決定される。 Block length of the primary defect list PDL and the secondary defect list SDL is determined by the respective number of entries. 各欠陥管理エリア(DMA1〜DMA4)の未使用セクタはデータ0FFhで書き潰される。 Unused sectors in each defect management area (DMA1 to DMA4) is crushed to write the data 0FFh. また、全ての予備セクタは00hで書き潰される。 In addition, all of the spare sectors are crushed written in 00h.

[ディスク定義情報] [Disk definition information]
定義情報構造DDSは、1セクタ分の長さのテーブルからなる。 Definition information structure DDS consists of a length of one sector table. このDDSはディスク10の初期化方法と、PDLおよびSDLそれぞれの開始アドレスを規定する内容を持つ。 The DDS has contents defining a method of initializing the disk 10, the start address of each PDL and SDL. DDSは、ディスク10の初期化終了時に、各欠陥管理エリア(DMA)の最初のセクタに記録される。 DDS, upon completion of initialization of the disk 10 is recorded in the first sector of each defect management area (DMA).

[パーティショニング] [Partitioning]
ディスク10の初期化中に、データエリアは24の連続したグループ00〜23に区分される。 During initialization of the disc 10, the data area is divided into groups 00-23 consecutive 24. 最初のゾーン00および最後のゾーン23を除き、区分された各ゾーンの頭には複数のバッファブロックが配置される。 Except for the first zone 00 and the last zones 23, the head of each zone which are divided are arranged a plurality of buffer blocks. 各グループは、バッファフロックを除き1つのゾーンを完全にカバーするようになっている。 Each group is adapted to completely cover one of the zones except the buffer flock.

各グループは、データセクタ(ユーザエリア)のフルブロックと、それに続くスペアセクタ(スペアエリア)のフルブロックを備えている。 Each group includes a full block of data sectors (user areas), the full block of spare sectors subsequent (spare area).

[スペアセクタ] [Spare]
各データエリア内の欠陥セクタは、所定の欠陥管理方法(後述する検証、スリッピング交替、スキッピング交替、リニア交替)により、正常セクタに置換(交替)される。 Defective sector in each data area, the predetermined defect management method (verification will be described later, slipping replacement, skipping replacement, linear replacement), the substituted (replaced) in normal sector. この交替のためのスペアセクタのブロックは、図7の各グループのスペアエリアに含まれる。 Block spare sector for this replacement is included in the spare area of ​​each group of FIG.

光ディスク10は使用前に初期化できるようになっているが、この初期化は検証の有無に拘わらず実行可能となっている。 Optical disc 10 is adapted to be initialized before use, this initialization has become feasible regardless of the presence or absence of verification.

欠陥セクタは、スリッピング交替処理(Slipping Replacement Algorithm)、スキッピング交替処理(Skipping Replacement Algorithm)あるいはリニア交替処理(Linear Replacement Algorithm)により処理される。 Defective sector, slipping replacement process (Slipping Replacement Algorithm), is treated by skipping replacement process (Skipping Replacement Algorithm) or the linear replacement process (Linear Replacement Algorithm). これらの処理(Algorithm)により前記PDLおよびSDLにリストされるエントリ数の合計は、所定数、たとえば4092以下とされる。 The total number of entries listed in the PDL and SDL by these processes (Algorithm) is a predetermined number, for example 4092 or less.

[初期化] [Initialization]
ディスク10の初期化において、そのディスクの最初の使用よりも前に、4つの欠陥管理エリア(DMA1〜DMA4)が前もって記録される。 In the initialization of the disc 10, before the first use of the disk, four defect management areas (DMA1 to DMA4) is prerecorded. データエリアは24グループ(図7のグループ00〜23)にパーティションされる。 Data area is partitioned into 24 groups (group 00 to 23 in FIG. 7). 各グループは、データセクタ(ユーザエリア)用に多数のブロックと、それに続く多数のスペアブロック(スペアエリア)を含む。 Each group includes a plurality of blocks for data sectors (user areas), number of spare blocks subsequent to (spare area). これらのスペアブロックは欠陥セクタの交替用に用いることができる。 These spare blocks can be used for replacement of defective sectors.

初期化時は各グループの検証(サーティファイ)を行なうこともできる。 During initialization may be verified (certify) of each group. これにより、初期化段階で発見された欠陥セクタは特定され、使用時にはスキップされるようになる。 Thus, the defective sector found in the initialization stage is identified, so skipped in use.

全ての定義情報構造DDSのパラメータは、4つのDDSセクタに記録される。 Parameters of all definition information structure DDS is recorded in the four DDS sectors. 一次欠陥リストPDLおよび二次欠陥リストSDLは、4つの欠陥管理エリア(DMA1〜DMA4)に記録される。 The primary defect list PDL and the secondary defect list SDL is recorded in the four defect management areas (DMA1 to DMA4). 最初の初期化では、SDL内のアップデートカウンタは00hにセットされ、全ての予約ブロックは00hで書き潰される。 In the first initialization, an update counter in the SDL is set to 00h, all the reserved blocks are crushed written in 00h.

[検証/サーティフィケーション] [Verification / certification]
ディスク10を検証する場合は、各グループ内のデータセクタ(ユーザエリア)およびスペアセクタ(スペアエリア)を検証することになる。 When verifying the disc 10 will validate the data sectors in each group (user area) and the spare sector (spare area). この検証は、各グループ内セクタの読み書きチェックにより行なうことができる。 This verification can be carried out by the read-write check of each group in the sector.

検証中に発見された欠陥セクタは、たとえばスリッピング交替により処理される。 Defective sectors found during verification, for example is processed by slipping replacement. この欠陥セクタは、読み書きに使用してはならない。 The defective sector shall not be used to read and write.

検証の実行中にディスク10のゾーン内スペアセクタを使い切ってしまったときは、そのディスク10は不良と判定し、以後そのディスク10は使用しないものとする。 When you've used up a zone in the spare sectors of the disk 10 during the execution of the verification, the disc 10 is determined to be defective, thereafter the disk 10 shall not be used.

なお、ディスク10をコンピュータのデータ記憶用に用いるときは上記初期化+検証が行われるが、ビデオ録画用に用いられるときは、上記初期化+検証を行うことなく、いきなりビデオ録画することもあり得る。 Although the initialization + verification is performed when using disc 10 to the data storage of the computer, when used for video recording, without performing the initialization + verification, sometimes suddenly video recording obtain.

図12は、図5のデータエリア内での交替処理(スリッピング交替法)を説明する図である。 Figure 12 is a diagram for explaining replacement processing in the data area of ​​FIG. 5 (slipping replacement method).

検証が実行されたときは、データエリア内の各グループ全てに対してスリッピング交替処理が個別に適用される。 When the verification is executed, slipping replacement process is applied individually to all the groups in the data area.

検証中に発見された欠陥データセクタ(たとえばm個の欠陥セクタ731)は、その欠陥セクタの後に続く最初の正常セクタ(ユーザエリア723b)と交替(あるいは置換)される(交替処理734)。 It found during verification defective data sectors (e.g. the m defective sectors 731) is replaced (or substituted) with the first normal sector subsequent to the defective sector (user area 723b) (replacement process 734). これにより、該当グループの末端に向かってmセクタ分のスリッピング(論理セクタ番号後方シフト)が生じる。 Thus, m sectors of slipping towards the end of the corresponding group (logical sector number backward shift) occurs. 同様に、その後にn個の欠陥セクタ732が発見されれば、その欠陥セクタはその後に続く正常セクタ(ユーザエリア723c)と交替される。 Similarly, if then into n defective sector 732 is found, the defective sector is replaced with a normal sector subsequent (user area 723c). 最後のデータセクタ(ユーザエリア723c)欠陥がある場合については、そのグループのスペアセクタ(スペアエリア724のうち論理セクタ番号の小さい方の記録使用領域743から順に)にスリッピングする。 For if there is a last data sector (user area 723c) defect is slipping to (from recording using area 743 having a smaller logical sector number in the order of the spare area 724) spare sector of the group.

欠陥セクタのアドレスは一次欠陥リスト(PDL)に書き込まれる。 Address of the defective sector is written in the primary defect list (PDL). 欠陥セクタは、ユーザデータの記録に使用してはならない。 Defective sector, shall not be used for the recording of user data. もし検証中に欠陥セクタが発見されないときは、PDLには何も書き込まない。 If when a defect sector during the verification is not found, I do not write anything in the PDL.

最後のデータセクタ(ユーザエリア723c)を超えてスペアエリア724にスリッピングすることがあれば、検証中に欠陥が発見されたスペアセクタのアドレスは、PDLに書き込まれる。 If there is to be slipping in the spare area 724 beyond the last data sector (user area 723c), the address of the spare sector defect is found during verification are written in the PDL. この場合、使用可能なスペアセクタ(スペアエリアの不使用領域736のセクタ)の数は減少する。 In this case, the number of available spare sectors (sectors of the unused area 736 of the spare area) is reduced.

該当グループのユーザエリア中でm+n個の欠陥セクタが発見されたときは、m+nセクタ分がスペアエリア724の記録使用領域743にスリッピングし、その結果、スペアエリア724の不使用領域726はm+nセクタ分減少する。 When the user area (m + n) defective sectors in the corresponding group is found, m + n sectors are slipping in the recording using area 743 of the spare area 724, as a result, the unused area 726 of the spare area 724 m + n sectors minute decreases.

もしあるグループのスペアエリア724のセクタを検証中に交替処理で使い切ってしまったときは、検証失敗とみなす。 When a certain sector of the spare area 724 of the group have already used in the replacement process during the verification if it is, regarded as a validation failure.

検証が成功した場合、欠陥セクタのないユーザエリア723a〜723cとスペアエリアの記録使用領域743がそのグループの情報記録使用部分(論理セクタ番号設定領域735)となり、この部分に連続した論理セクタ番号が割り当てられる。 If the verification is successful, next recording using area 743 the information recording portion used for the group of non-defective sector user area 723a~723c and spare area (logical sector number setting area 735), consecutive logical sector numbers in this part assigned.

図13は、図5のデータエリア内での他の交替処理(スキッピング交替法)を説明する図である。 Figure 13 is a diagram illustrating another alternate process in the data area of ​​FIG. 5 (skipping replacement method).

スキッピング交替処理は、ディスク10の使用中の反復読み書きにより発生した欠陥または劣化に適用できる。 Skipping replacement process is applicable to the generated defects or degradation by repeated reading and writing during use of the disc 10. このスキッピング交替処理は、16セクタ単位、すなわちECCブロック単位(1セクタが2kバイトなので32kバイト単位)で実行される。 The skipping replacement process, 16 sectors, i.e. ECC block unit is performed by (1 sector since 2k bytes 32k bytes).

たとえば、正常なECCブロックで構成されるユーザエリア723aの後に1個の欠陥ECCブロック741が発見されれば、この欠陥ECCブロック741に記録予定だったデータは、直後の正常なユーザエリア723bのECCブロックに代わりに記録される(交替処理744)。 For example, if it is found one defective ECC block 741 after the user area 723a comprised in a normal ECC block, data were recorded event on this defective ECC block 741, ECC of normal user area 723b immediately after It is recorded in place of the block (replacement process 744). 同様に、k個の欠陥ECCブロック742が発見されれば、これらの欠陥ブロック742に記録する予定だったデータは、直後の正常なユーザエリア723cのk個のECCブロックに代わりに記録される。 Similarly, if the k defective ECC block 742 is found, the data was scheduled to be recorded in these defective blocks 742 is recorded in place of k ECC blocks of normal user area 723c immediately.

こうして、該当グループのユーザエリア中で1+k個の欠陥ECCブロックが発見されたときは、(1+k)ECCブロック分がスペアエリア724の記録使用延長領域743にスキッピングする。 Thus, when the user area 1 + k number of defective ECC blocks in the corresponding group is found to skipping the recording using extension region 743 (1 + k) ECC block is the spare area 724. その結果、スペアエリア724の不使用領域726は(1+k)ECCブロック分減少し、残りの不使用領域746は小さくなる。 As a result, the unused area 726 of the spare area 724 is reduced (1 + k) ECC blocks, the remaining unused area 746 is decreased. そしてスペアエリア724の不使用領域726はm+nセクタ分減少する。 The unused area 726 of the spare area 724 decreases m + n sectors.

もし該当グループのスペアエリア724を検証中に交替処理で使い切ってしまったときは、検証失敗とみなす。 If when you have already used in the replacement process during the verification of the spare area 724 of the corresponding group, regarded as a validation failure.

検証が成功した場合、欠陥ECCブロックのないユーザエリア723a〜723cがそのグループの情報記録使用部分(論理セクタ番号設定領域725)となる。 If the verification is successful, the information recording portion used without user area 723a~723c defective ECC blocks that group (logical sector number setting area 725). そして、欠陥ECCブロック741および742の論理セクタ番号設定位置がスペアエリア724の延長領域743に平行移動する。 Then, the logical sector number setting position of the defective ECC blocks 741 and 742 are moved parallel to the extension region 743 of the spare area 724. このとき、欠陥ECCブロックのないユーザエリア723a〜723cは、欠陥の有無に拘わらず、欠陥がないときに割り振られた論理セクタ番号のまま不変に保たれている。 In this case, the user area 723a~723c no defect ECC block, regardless of the presence or absence of a defect, is kept to remain unchanged in the logical sector number assigned when there is no defect.

上記論理セクタ番号設定位置の平行移動745により、延長領域743にスキッピングされた(1+k)個のECCブロックを構成するセクタの論理セクタ番号が、欠陥ECCブロック741とk個の連続ECCブロックに事前に割り振られた論理セクタ番号を担うことになる。 The translation 745 of the logical sector number setting position, which is skipping the extension region 743 (1 + k) logical sector number of sectors constituting the ECC blocks are in advance defective ECC block 741 and k consecutive ECC blocks It will play a logical sector numbers assigned.

このスキッピング交替処理法では、ディスク10が事前に検証(サーティファイ)されていなくても、ECCブロック単位でエラーが発見されたら、即、交替処理を実行して行ける。 In this skipping replacement processing method, even if no disk 10 is pre-verification (certification), if an error is found in the ECC block unit, Soku, go run the replacement process.

図14は、図5のデータエリア内でのさらに他の交替処理(リニア交替法)を説明する図である。 Figure 14 is a diagram illustrating still another alternate process in the data area of ​​FIG. 5 (linear replacement method).

リニア交替処理は、検証以後の反復読み書きにより発生した欠陥セクタおよび劣化セクタの双方に適用できる。 Linear replacement process is applicable to both defective sectors and deteriorated sectors generated by the repeated write verification after. このリニア交替処理も、16セクタ単位、すなわちECCブロック単位(32kバイト単位)で実行される。 The linear replacement process is also 16 sectors, that is performed in units of ECC blocks (32k bytes).

リニア交替処理では、欠陥ECCブロック751は、該当グループ内で最初に使用可能な正常スペアブロック(スペアエリア724の最初の記録使用領域753)と交替(置換)される(交替処理758)。 In the linear replacement process is defective ECC block 751 is first available normal spare block in the corresponding group (the first recording using area 753 of the spare area 724) and alternate (substituted) (replacement process 758). もしそのグループにスペアブロックが残っていないなら、つまりそのグループ内に残っているセクタが16セクタ未満のときは、その旨は二次欠陥リスト(SDL)に記録される。 If no spare blocks left in the group if, that is, when the remaining sectors in the group is less than 16 sectors, the fact is recorded in the secondary defect list (SDL). そして、欠陥ブロックは、他のグループ内で最初に使用可能な正常スペアブロックと交替(置換)される。 The defective block is first available normal spare block and replaced in the other groups (substituted). 欠陥ブロックのアドレスおよびその最終交替(置換)ブロックのアドレスは、SDLに書き込まれる。 Address and the address of the last replacement (substitution) block of the defective block is written in the SDL.

上述したように、該当グループにスペアブロックがないときは、その旨はSDLに記録される。 As described above, when there is no spare block is in the corresponding group, the fact is recorded in the SDL. グループ00にスペアブロックがないということは、SDLの所定ビットに“1”をセットすることで示される。 The absence spare block group 00 is indicated by setting a "1" in a predetermined bit of the SDL. この所定ビットが“0”にセットされているときは、そのグループ00内にまだスペアブロックが残っていることを示す。 When the predetermined bit is set to "0" indicates that still remains spare block in the group 00. この所定ビットはグループ00に対応して設けられる。 The predetermined bits are provided corresponding to the group 00. グループ01に対しては別の所定ビットが対応する。 Another predetermined bit corresponds for a group 01. 以下同様にして、24個の個別所定ビットが24個のグループ00〜23それぞれに対応するようになっている。 In the same manner, 24 separate a predetermined bit is made to correspond to the 24 groups, 00 to 23, respectively.

検証後、もしデータブロック(ECCブロック)に欠陥が発見されたときは、そのブロックは欠陥ブロックとみなし、その旨はSDLの新エントリとしてリストされる。 After verification, if when defective data block (ECC block) is found, the block is regarded as a defective block, this fact will be listed as a new entry in the SDL.

SDLにリストされた交替ブロックが、後に欠陥ブロックであると判明したときは、ダイレクトポインタ法を用いてSDLに登録を行なう。 Replacement block listed in the SDL is, when it has found to be defective block after performs registration in the SDL with a direct pointer method. このダイレクトポインタ法では、交替ブロックのアドレスを欠陥ブロックのものから新しいものへ変更することによって、交替された欠陥ブロックが登録されているSDLのエントリが修正される。 In the direct pointer method, by changing the address of the replacement block to new one from that of the defective block, SDL entry replacement defect block is registered is modified.

上記二次欠陥リストSDLを更新するときは、SDL内の更新カウンタを1つインクリメントする。 When updating the secondary defect list SDL is incremented by one to update counter in the SDL.

[検証されないディスク] [Not verified disk]
スキッピング交替処理あるいはリニア交替処理は、検証されていないディスク10で発見された欠陥セクタに対しても適用できる。 Skipping replacement processing or linear replacement process can also be applied to the found defective sector in the disk 10 that is not validated. この交替処理は、16セクタ単位(すなわち1ECCブロック単位)で実行される。 This alternation processing is executed in units of 16 sectors (i.e. 1ECC block).

たとえばリニア交替処理の場合、欠陥ブロックは、該当グループ内で最初に使用可能な正常スペアブロックと交替(置換)される。 For example, in the case of the linear replacement process, the defective block is first available normal spare block and replaced in a corresponding group (substitution). もしそのグループにスペアブロックが残っていないなら、その旨が二次欠陥リスト(SDL)に記録される。 If no remaining spare block in the group if this fact is recorded in the secondary defect list (SDL). そして、欠陥ブロックは、他のグループ内で最初に使用可能な正常スペアブロックと交替(置換)される。 The defective block is first available normal spare block and replaced in the other groups (substituted). 欠陥ブロックのアドレスおよびその最終交替(置換)ブロックのアドレスは、SDLに書き込まれる。 Address and the address of the last replacement (substitution) block of the defective block is written in the SDL.

該当グループにスペアブロックがないときは、その旨がSDLに記録される。 When no spare block is in the corresponding group, this fact is recorded in the SDL. グループ00にスペアブロックがないということは、そのグループの所定ビットに“1”をセットすることで示される。 The absence spare block group 00 is indicated by setting a "1" in a predetermined bit of the group. この所定ビットが“0”にセットされているときは、グループ00内にまだスペアブロックが残っていることを示す。 When the predetermined bit is set to "0" indicates that still remains spare block in the group 00.

もし、一次欠陥リスト(PDL)内に欠陥セクタのアドレスリストが存在するなら、たとえそのディスクが検証されていなくても、これらの欠陥セクタはディスク使用時にスキップされる。 If, if the address list of defective sectors are present in the primary defect list (PDL), even though though its disc is verified, these defective sectors are skipped during use disk. この処理は、検証されたディスクに対する処理と同様である。 This process is similar to the process for verifying disk.

[書込処理] [Writing process]
あるグループのセクタにデータ書込を行うときは、一次欠陥リスト(PDL)にリストされた欠陥セクタはスキップされる。 When writing data to a sector of a group, a defective sector listed in the primary defect list (PDL) are skipped. そして、前述したスリッピング交替処理にしたがって、欠陥セクタに書き込もうとするデータは次に来るデータセクタに書き込まれる。 Then, according to slipping replacement process described above, data to be written to the defective sector is written in the upcoming data sector. もし書込対象ブロックが二次欠陥リスト(SDL)にリストされておれば、そのブロックへ書き込もうとするデータは、前述したリニア交替処理またはスキッピング交替処理にしたがって、SDLにより指示されるスペアブロックに書き込まれる。 If I and write target block is listed in the secondary defect list (SDL), the data to be written into that block, according to the linear replacement process or skipping replacement process described above, written in the spare block indicated by SDL It is.

なお、パーソナルコンピュータの環境下では、パーソナルコンピュータファイルの記録時にはリニア交替処理が利用され、AVファイルの記録時にはスキッピング交替処理が利用される。 In the environment of the personal computer, at the time of recording the personal computer files utilized linear replacement process, during recording of the AV file skipping replacement process it is utilized.

[一次欠陥リスト;PDL] [Primary defect list; PDL]
一次欠陥リスト(PDL)は常に光ディスク10に記録されるものであるが、その内容が空であることはあり得る。 The primary defect list (PDL) but is always recorded on the optical disc 10, it may be the content is empty.

欠陥セクタのリストは、ディスク10の検証以外の手段によって得ても良い。 List of defective sectors, may be obtained by means other than verification of the disk 10.

PDLは、初期化時に特定された全ての欠陥セクタのアドレスを含む。 PDL includes the addresses of all defective sectors identified at initialization. これらのアドレスは、昇順にリストされる。 These addresses are listed in ascending order. PDLは必要最小限のセクタ数で記録するようにする。 PDL is to be recorded at the required minimum number of sectors. そして、PDLは最初のセクタの最初のユーザバイトから開始する。 Then, PDL is to start from the first user byte of the first sector. PDLの最終セクタにおける全ての未使用バイトは、0FFhにセットされる。 All unused bytes in the last sector of the PDL is set to 0FFh. このPDLには、以下のような情報が書き込まれることになる: The PDL, so that the following information is written:
バイト位置 PDLの内容 0 00h;PDL識別子 1 01h;PDL識別子 2 PDL内のアドレス数;MSB The contents of the byte position PDL 0 00h; number of addresses in the PDL identifier within 2 PDL;; PDL identifier 1 01h MSB
3 PDL内のアドレス数;LSB 3 the number of addresses in the PDL; LSB
4 最初の欠陥セクタのアドレス(セクタ番号;MSB) 4 first defective sector address (sector number; MSB)
5 最初の欠陥セクタのアドレス(セクタ番号) 5 The first of the defective sector address (sector number)
6 最初の欠陥セクタのアドレス(セクタ番号) 6 The first of the defective sector address (sector number)
7 最初の欠陥セクタのアドレス(セクタ番号;LSB) 7 first defective sector address (sector number; LSB)
・ ・ · ·
x−3 最後の欠陥セクタのアドレス(セクタ番号;MSB) x-3 last of the defective sector address (sector number; MSB)
x−2 最後の欠陥セクタのアドレス(セクタ番号) x-2 last of the defective sector address (sector number)
x−1 最後の欠陥セクタのアドレス(セクタ番号) x-1 last defective sector address (sector number)
x 最後の欠陥セクタのアドレス(セクタ番号;LSB) x last defective sector address (sector number; LSB)
*注;第2バイトおよび第3バイトが00hにセットされているときは、第3バイトはPDLの末尾となる。 * Note: when the second byte and the third byte is set to 00h, the third byte is the end of the PDL.

なお、マルチセクタに対する一次欠陥リスト(PDL)の場合、欠陥セクタのアドレスリストは、2番目以降の後続セクタの最初のバイトに続くものとなる。 In the case of a primary defect list (PDL) for multi-sector, address list of defective sectors, and it follows the first byte of the second and subsequent subsequent sectors. つまり、PDL識別子およびPDLアドレス数は、最初のセクタにのみ存在する。 That, PDL identifier and the number of PDL addresses are only present in the first sector.

PDLが空の場合、第2バイトおよび第3バイトは00hにセットされ、第4バイトないし第2047バイトはFFhにセットされる。 If PDL is empty, the second byte and the third byte is set to 00h, the fourth byte to the 2047 bytes are set to FFh.

また、DDS/PDLブロック内の未使用セクタには、FFhが書き込まれる。 Moreover, the unused sectors of the DDS / PDL block is, FFh is written.

[二次欠陥リスト;SDL] [Secondary defect list; SDL]
二次欠陥リスト(SDL)は初期化段階で生成され、サーティフィケーションの後に使用される。 Secondary defect list (SDL) is created during the initialization phase, it is used after certification. 全てのディスクには、初期化中にSDLが記録される。 All discs, SDL is recorded during initialization.

このSDLは、欠陥データブロックのアドレスおよびこの欠陥ブロックと交替するスペアブロックのアドレスという形で、複数のエントリを含んでいる。 The SDL is in the form of the address of the spare block to be replaced with the address and the defective block of the defective data block includes a plurality of entries. SDL内の各エントリには、8バイト割り当てられている。 Each entry in the SDL, is allocated 8 bytes. つまり、その内の4バイトが欠陥ブロックのアドレスに割り当てられ、残りの4バイトが交替ブロックのアドレスに割り当てられている。 That is, 4 bytes of which are allocated to the address of the defective block and the remaining 4 bytes are assigned to the address of the replacement block.

上記アドレスリストは、欠陥ブロックおよびその交替ブロックの最初のアドレスを含む。 The address list contains the address of the first defective block and the replacement block. 欠陥ブロックのアドレスは、昇順に付される。 Addresses of the defective blocks are subjected to ascending order.

SDLは必要最小限のセクタ数で記録され、このSDLは最初のセクタの最初のユーザデータバイトから始まる。 SDL is recorded in the required minimum number of sectors, the SDL is starting from the first user data byte of the first sector. SDLの最終セクタにおける全ての未使用バイトは、0FFhにセットされる。 All unused bytes in the last sector of the SDL is set to 0FFh. その後の情報は、4つのSDL各々に記録される。 Subsequent information is recorded in four SDL each.

SDLにリストされた交替ブロックが、後に欠陥ブロックであると判明したときは、ダイレクトポインタ法を用いてSDLに登録を行なう。 Replacement block listed in the SDL is, when it has found to be defective block after performs registration in the SDL with a direct pointer method. このダイレクトポインタ法では、交替ブロックのアドレスを欠陥ブロックのものから新しいものへ変更することによって、交替された欠陥ブロックが登録されているSDLのエントリが修正される。 In the direct pointer method, by changing the address of the replacement block to new one from that of the defective block, SDL entry replacement defect block is registered is modified. その際、SDL内のエントリ数は、劣化セクタによって変更されることはない。 At that time, the number of entries in SDL is not to be changed by the deterioration sector.

このSDLには、以下のような情報が書き込まれることになる: The SDL, so that the following information is written:
バイト位置 SDLの内容 0 (00);SDL識別子 1 (02);SDL識別子 2 (00) Byte position the contents of the SDL 0 (00); SDL identifier 1 (02); SDL identifier 2 (00)
3 (01) 3 (01)
4 更新カウンタ;MSB 4 update counter; MSB
5 更新カウンタ 6 更新カウンタ 7 更新カウンタ;LSB 5 Update counter 6 Update counter 7 Update counter; LSB
8〜26 予備(00h) 8 to 26 spare (00h)
27〜29 ゾーン内スペアセクタを全て使い切ったことを示すフラグ 30 SDL内のエントリ数;MSB 27 to 29 the number of entries flags 30 in the SDL showing that used up all zone spare sectors; MSB
31 SDL内のエントリ数;LSB 31 The number of entries in the SDL; LSB
32 最初の欠陥ブロックのアドレス(セクタ番号;MSB) 32 The first defective block address (sector number; MSB)
33 最初の欠陥ブロックのアドレス(セクタ番号) 33 The first of the defective block address (sector number)
34 最初の欠陥ブロックのアドレス(セクタ番号) 34 The first defective block address (sector number)
35 最初の欠陥ブロックのアドレス(セクタ番号;LSB) 35 The first defective block address (sector number; LSB)
36 最初の交替ブロックのアドレス(セクタ番号;MSB) 36 address of the first replacement block (sector number; MSB)
37 最初の交替ブロックのアドレス(セクタ番号) 37 address of the first replacement block (sector number)
38 最初の交替ブロックのアドレス(セクタ番号) 38 address of the first replacement block (sector number)
39 最初の交替ブロックのアドレス(セクタ番号;LSB) 39 address of the first replacement block (sector number; LSB)
・ ・ · ·
y−7 最後の欠陥ブロックのアドレス(セクタ番号;MSB) y-7 last defective block address (sector number; MSB)
y−6 最後の欠陥ブロックのアドレス(セクタ番号) y-6 last defective block address (sector number)
y−5 最後の欠陥ブロックのアドレス(セクタ番号) y-5 last defective block address (sector number)
y−4 最後の欠陥ブロックのアドレス(セクタ番号;LSB) y-4 last defective block address (sector number; LSB)
y−3 最後の交替ブロックのアドレス(セクタ番号;MSB) y-3 the last replacement block address (sector number; MSB)
y−2 最後の交替ブロックのアドレス(セクタ番号) y-2 last of the replacement block address (sector number)
y−1 最後の交替ブロックのアドレス(セクタ番号) y-1 end of the replacement block address (sector number)
y 最後の交替ブロックのアドレス(セクタ番号;LSB) y the end of the replacement block address (sector number; LSB)
*注;第30〜第31バイト目の各エントリは8バイト長。 * Note: Each entry is 8-byte length of the 30 to the 31 byte.

なお、マルチセクタに対する二次欠陥リスト(SDL)の場合、欠陥ブロックおよび交替ブロックのアドレスリストは、2番目以降の後続セクタの最初のバイトに続くものとなる。 In the case of secondary defect list for multi-sector (SDL), the address list of the defective blocks and replacement block is assumed to follow the first byte of the second and subsequent subsequent sectors. つまり、上記SDLの内容の第0バイト目〜第31バイト目は、最初のセクタにのみ存在する。 In other words, the 0 byte to 31 byte of the contents of the SDL is present only in the first sector.

また、SDLブロック内の未使用セクタには、FFhが書き込まれる。 Moreover, the unused sectors in the SDL block, FFh is written.

図15は、図1の2層光ディスクにおけるROM層部分の論理セクタの設定方法を説明する図である。 Figure 15 is a diagram for explaining a method of setting the logical sector of the ROM layer portion in two-layer optical disc of FIG. ここでは、リードインエリアからリードアウトエリアまでの間のボリュームスペースにおいて、レイヤ0のデータエリアの物理セクタ番号PSNおよび論理セクタ番号LSNを、1:1で対応させている。 Here, in the volume space between the lead-in area and the lead-out area, the physical sector number PSN and the logical sector number LSN of the data area of ​​layer 0, 1: it corresponds by 1. このROM層のセクタ構造は1層構造のDVDーROMディスクにも適用できる。 Sector structure of the ROM layer can be applied to DVD-ROM disc of one-layer structure.

図16は、図1の2層光ディスクにおけるROM層/RAM層の論理セクタの設定方法を説明する図である。 Figure 16 is a diagram for explaining a method of setting the logical sector of the ROM layer / RAM layer in two-layer optical disc of FIG. リードインエリアからリードアウトエリアまでの間のボリュームスペースにおいて、物理セクタ番号PSNの小さな方(ボリュームスペースの前半)にレイヤ0のデータエリア(再生用ROM層)を配置し、物理セクタ番号PSNの大きな方(ボリュームスペースの後半)にレイヤ1のデータエリア(記録用RAM層)を配置している。 In the volume space between the lead-in area to the lead-out area, located the smaller physical sector number PSN of the data area (reproducing ROM layer) of the layer 0 (first half of the volume space), it size of a physical sector number PSN square are arranged the data area of ​​layer 1 (recording RAM layer) in (the second half of the volume space). ここでは、前半のROM層の物理セクタ番号PSN+後半のRAM層の物理セクタ番号PSNを、単一のボリュームスペースの論理セクタ番号LSNに対応させている。 Here, the physical sector number PSN of the first half of ROM layers of the physical sector number PSN + late RAM layer, in correspondence with the logical sector number LSN of a single volume space.

図17は、図1の2層光ディスクにおけるROM層/RAM層の論理セクタの他の設定方法を説明する図である。 Figure 17 is a diagram for explaining another method of setting the logical sector of the ROM layer / RAM layer in two-layer optical disc of FIG. ボリュームスペースの前半にROM層を配置し、後半にRAM層を配置している点は図16の場合と同じであるが、ROM層とRAM層のつなぎ目の物理的な位置が違っている。 Place the ROM layer in the first half of the volume space, that are arranged RAM layer in the second half is the same as the case of FIG. 16, which differ in physical location of the joint between the ROM layer and the RAM layer.

すなわち、図16ではレイヤ0のROM層もレイヤ1のRAM層もディスクの内周から外周に向かって物理セクタ番号PSN増えるようになっている。 That, ROM layer also RAM layer Layer 1 Layer 0 in FIG. 16 is also adapted to increase the physical sector number PSN toward the outer from the inner periphery of the disk. 一方、図17の場合、レイヤ0のROM層ではディスクの内周から外周に向かって物理セクタ番号PSN増えるようになっているが、レイヤ1のRAM層ではディスクの外周から内周に向かって物理セクタ番号PSN増えるようになっている。 On the other hand, in the case of FIG. 17, although the ROM layer of the layer 0 is adapted to increase the physical sector number PSN toward the outer from the inner periphery of the disk, in RAM layer of Layer 1 from the outer periphery toward the inner periphery of the disk physical so that the increase in sector number PSN. しかし、ROM層の物理セクタ番号PSN+RAM層の物理セクタ番号PSNは、単一のボリュームスペースの論理セクタ番号LSNに対応している。 However, the physical sector number PSN of a physical sector number PSN + RAM layer of ROM layer corresponds to the logical sector number LSN of a single volume space.

なお、図15の例は1層構造(レイヤ0)のディスク1枚の場合を示し、図16および図17の例では2層構造(レイヤ0とレイヤ1)のディスク1枚の場合を示している。 The example of FIG. 15 shows the case of a single disk of a single-layer structure (layer 0), in the example of FIG. 16 and FIG. 17 shows the case of a single disk of a two-layer structure (layer 0 and layer 1) there. 図示はしないが、3層(レイヤ0〜レイヤ2)あるいは4層(レイヤ0〜レイヤ3)のディスク1枚の全部のレイヤを1つの連続したボリュームスペースとすること、すなわち各レイヤの物理セクタ番号PSNを全て繋ぎ合わせて1つの連続した論理セクタ番号LSNに対応させることは、当然可能である。 Although not shown, three layers (Layer 0 Layer 2) or 4-layer (Layer 0 Layer 3) Disk one whole layer be one continuous volume space, namely the physical sector number of each layer be associated with one continuous logical sector numbers LSN by joining all PSN is of course possible.

また、複数のディスクを連続的に扱えるディスクチェンジャ(あるいはディスクパック)を採用する場合は、全てのディスクの各レイヤの物理セクタ番号PSNをトータルに繋ぎ合わせて1つの連続した論理セクタ番号LSNに対応させることもできる。 Further, when employing a disc changer that can handle multiple disks continuously (or disc pack), the corresponding physical sector number PSN of each layer of all the disks in one continuous logical sector numbers LSN are joined to the total It can also be.

このように複数ディスクの複数レイヤの物理セクタ番号を全て包含するボリュームの論理セクタ番号LSNはかなり大きな数値になりやすいが、そのアドレス管理は、32kバイトのECCブロック単位(後述するAVアドレス単位)を採用することで、無理なく行うことができる。 The logical sector number LSN of all encompassing volumes physical sector number of a plurality of layers of plural disks, as tends to be fairly large numbers, but the address management, ECC blocks of 32k bytes (AV address unit to be described later) by adopting, it can be carried out without difficulty.

図18は、たとえば図2の光ディスク(とくにDVD−RAMまたはDVD−RWディスク)10に記録される情報の階層構造の一例を説明する図である。 Figure 18 is a view for explaining an example of the hierarchical structure of information recorded for example on an optical disc (especially DVD-RAM or DVD-RW disc) 10 FIG.

リードインエリア27は、光反射面が凹凸形状を持つエンボスデータゾーンと、表面が平坦(鏡面)なミラーゾーンと、情報の書き替えが可能な書替可能データゾーンとを含んでいる。 Lead-in area 27, the light reflecting surface contains a embossed data zone having an irregular shape, surface and flat (mirror surface) mirror zone, and a rewritable data zone capable of rewriting information.

データ記録エリア(ボリュームスペース)28は、ユーザによる書き替えが可能なボリューム/ファイル管理情報70およびデータエリアDAで構成されている。 Data recording area (volume space) 28 is composed of a rewritable capable volume / file management information 70 and data area DA by the user.

リードインエリア27とリードアウトエリア26の間に挟まれたデータエリアDAには、コンピュータデータとAVデータの混在記録が可能になっている。 The data area DA sandwiched between the lead-in area 27 and the lead-out area 26, which enables mixed recording computer data and AV data. コンピュータデータとAVデータの記録順序、各記録情報サイズは任意で、コンピュータデータが記録されている場所をコンピュータデータエリア(DA1、DA3)と呼びAVデータが記録された領域をAVデータエリア(DA2)と名付ける。 Recording order of computer data and AV data, the recording information size is optional, computer data location computer data area is recorded (DA1, DA3) and called AV regions AV data is recorded data area (DA2) termed.

ボリューム/ファイル管理情報70には、ボリューム全体に関する情報、ボリュームスペース28に含まれるコンピュータデータ(パーソナルコンピュータのデータ)のファイル数およびAVデータに関するファイル数、記録レイヤ情報などに関する情報が記録されている。 The volume / file management information 70, information about the entire volume, number of files and file numbers related AV data of the computer data included in the volume space 28 (data of a personal computer), information such as the recording layer information is recorded.

とくに記録レイヤ情報としては、以下のものが含まれる: Especially as the recording layer information, it includes the following:
*構成レイヤ数(たとえばROM/RAM2層ディスク1枚は2レイヤとされ、ROMだけの2層ディスク1枚も2レイヤとされ、片面1層ディスクn枚はROMでもRAMでもnレイヤとされる); * Configuration number of layers (e.g. one ROM / RAM 2-layer disc is the second layer, one two-layer disc only ROM is also a 2-layer, single-layer disc n sheets one side is an n layer even RAM even ROM) ;
*各レイヤ毎に割り付けた論理セクタ番号範囲テーブル(各レイヤ毎の容量を示す); * Logical sector number range tables assigned to each layer (indicating the capacity of each layer);
*各レイヤ毎の特性(DVDーRAMディスク、ROM/RAM2層ディスクのRAM部、DVD−R、CDーROM、CDーR等); * Characteristics of each layer (DVD-RAM disc, RAM portion of the ROM / RAM 2 layer disc, DVD-R, CD chromatography ROM, CD chromatography R, etc.);
*各レイヤ毎のRAM領域でのゾーン単位での割り付け論理セクタ番号範囲テーブル(各レイヤ毎の書替可能領域容量の情報も含む);および *各レイヤ毎の独自のID情報(多連ディスクパック内のディスク交換を発見するため)。 * (Rewritable region includes information of the capacity of each layer) allocation logical sector number range tables on a per-zone basis in the RAM area of ​​each layer; and * unique ID information (multiple-disk pack of each layer in order to discover the disk exchange of the internal).

上記内容を含む記録レイヤ情報により、多連ディスクパックやROM/RAM2層ディスクに対しても、連続した論理セクタ番号を設定して1個の大きなボリュームスペースとして取り扱えるようになる。 The recording layer information including the contents, even for multiple-disk pack and ROM / RAM 2 layer disc will be handled by setting the continuous logical sector number as a single large volume space.

データエリアDAには、コンピュータデータ、ビデオデータ、オーディオデータなどが記録される。 The data area DA, computer data, video data, and audio data are recorded. ボリューム/ファイル管理情報70には、データエリアDAに記録されたオーディオ・ビデオデータのファイルまたはボリューム全体に関する情報が記録される。 The volume / file management information 70, information about the entire file or volume of audio and video data recorded in the data area DA is recorded.

リードアウトエリア26も、情報書き替えが可能なように構成されている。 Lead-out area 26 also, the information rewriting is configured to be.

リードインエリア27のエンボスデータゾーンには、たとえば以下の情報が事前に記録されている: The emboss data zone of the lead-in area 27, for example, the following information has been recorded in advance:
(1)DVD−ROM、DVD−RAM(またはDVDーRW)、DVD−R等のディスクタイプ;12cm、8cm等のディスクサイズ;記録密度;記録開始/記録終了位置を示す物理セクタ番号、その他の、情報記憶媒体全体に関する情報; (1) DVD-ROM, DVD-RAM (or DVD-RW), DVD-R disc type and the like; 12cm, disk size 8cm like; recording density; physical sector number indicating the recording start / recording end positions, other , information about the entire information storage medium;
(2)記録パワーと記録パルス幅;消去パワー;再生パワー;記録・消去時の線速度、その他の、記録・再生・消去特性に関する情報;および (3)製造番号等、個々の情報記憶媒体の製造に関する情報。 (2) the recording power and recording pulse width; erase power; reproducing power; linear velocity during recording and erasing, and other information about the recording, reproducing, and erasing characteristics; and (3) serial number or the like, the individual information storage medium information about the production.

また、リードインエリア27およびリードアウトエリア26の書替可能ゾーンは、それぞれ、たとえば以下の領域を含んでいる: Furthermore, rewritable zone of the lead-in area 27 and lead-out area 26, respectively, for example, include the following regions:
(4)各情報記憶媒体毎の固有ディスク名を記録する領域; (4) area for recording a unique disk name for each information storage medium;
(5)試し記録領域(記録消去条件の確認用);および (6)データエリアDA内の欠陥領域に関する管理情報を記録する領域。 (5) the test recording area (for confirmation of the recording and erasing conditions); and (6) area for recording management information on the defective area of ​​the data area DA.

上記(4)〜(6)の領域には、DVD記録装置(DVDビデオレコーダ専用機あるいはパーソナルコンピュータにDVDビデオ処理ボードと処理ソフトウエアをインストールしたもの等)による記録が可能となっている。 In the region (4) to (6), and can be recorded by the DVD recorder (DVD video recorder dedicated machine or those that have been installed DVD video processing board and processing software in a personal computer or the like).

データエリアDAには、オーディオ・ビデオデータDA2とコンピュータデータDA1、DA3が混在して記録できるようになっている。 The data area DA, audio-video data DA2 and computer data DA1, DA3 is adapted to be recorded in a mixed manner.

なお、コンピュータデータとオーディオ・ビデオデータの記録順序および記録情報サイズ等は任意である。 Note that the recording order and recording information size, and the like of computer data and audio and video data is optional. データエリアDAにコンピュータデータだけを記録することも、オーディオ・ビデオデータだけを記録することも、可能である。 It also, it is possible to record only the audio and video data to be recorded only computer data in the data area DA.

オーディオ・ビデオデータエリアDA2は、制御情報DA21、ビデオオブジェクトDA22、ピクチャオブジェクトDA23およびオーディオオブジェクトDA24を含んでいる。 Audio and video data area DA2 includes control information DA21, video object DA22, includes a picture object DA23, and audio object DA24.

オーディオ・ビデオデータエリアDA2の最初の位置には、制御情報DA21の記録位置を示す情報を持ったアンカーポインタAPが存在する。 The first position of the audio and video data area DA2, anchor pointer AP having the information indicating the recording position of the control information DA21 is present. 情報記録再生システムでこのオーディオ・ビデオデータエリアDA2の情報を利用する場合には、まず最初にアンカーポインタAPから制御情報DA21の記録位置を調べ、そこにアクセスして制御情報DA21を読み取る。 When using the information of the audio and video data area DA2 in the information recording and reproducing system, first examine the recording position of the control information DA21 from the anchor pointer AP, reads control information DA21 accesses therein.

ビデオオブジェクトDA22は、記録されたビデオデータの中身(コンテンツ)の情報を含んでいる。 Video object DA22 includes information of the contents of recorded video data (content).

ピクチャオブジェクトDA23は、スチル画、スライド画、検索・編集時に用いるビデオオブジェクトDA22の中身を代表する縮小画像(サムネールピクチャ)等の静止画情報を含んでいる。 Picture objects DA23 includes still picture, slide images, the still picture information, such as the reduced image (thumbnail picture) representative of contents of video object DA22 to be used during the search and editing.

オーディオオブジェクトDA24は、記録されたオーディオデータの中身(コンテンツ)の情報を含んでいる。 Audio object DA24 includes information of the contents (contents) of recorded audio data.

なお、オーディオ・ビデオデータの再生対象(コンテンツ)の記録情報は、後述する図19のビデオオブジェクトセットVOBSに含まれる。 The recording information to be reproduced (content) of the audio and video data is included in video object set VOBS in FIG. 19 to be described later.

制御情報DA21は、AVデータ制御情報DA210、再生制御情報DA211、記録制御情報DA212、編集制御情報DA213および縮小画像制御情報DA214を含んでいる。 Control information DA21 is AV data control information DA210, reproduction control information DA211, recording control information DA212, include editing control information DA213, and thumbnail image control information DA214.

AVデータ制御情報DA210は、ビデオオブジェクトDA22内のデータ構造を管理しまた情報記憶媒体(光ディスク等)10上での記録位置に関する情報を管理する情報と、制御情報の書替回数を示す情報CIRWNsを含む。 AV data control information DA210 includes information for managing information relating to the recording position of managing the data structure in video object DA22 also on the information storage medium (optical disc, etc.) 10, an information CIRWNs indicating the rewriting number of control information including.

再生制御情報DA211は再生時に必要な情報を含むもので、プログラムチェーンPGCの繋がりを指定する機能を持つ。 Playback control information DA211 can include information required upon playback, with the ability to specify the connections program chain PGC. 具体的には、PGCを統合した再生シーケンスに関する情報;この情報に関連して情報記憶媒体10をたとえば1本のテープ(デジタルビデオカセットDVCやビデオテープVTR)とみなし「擬似的記録位置」を示す情報(記録された全てのセルを連続して再生するシーケンス);異なる映像情報を持つ複数画面同時再生に関する情報;検索情報(検索カテゴリ毎に対応するセルIDとそのセル内の開始時刻のテーブルが記録され、ユーザがカテゴリを選択して該当映像情報へ直接アクセスすることを可能にする情報)等が、再生制御情報DA211に含まれる。 Specifically, information about the reproduction sequence that integrates PGC; regarded as relevant to this information the information storage medium 10, for example one tape (digital video cassette DVC or video tape VTR) shows a "pseudo recording location" information (sequence continuously reproducing all the cells that have been recorded); information on multiple screens simultaneous playback having different video information; retrieval information (cell ID corresponding to each search category and start time in the cell table is recorded, the user information) or the like that allows direct access to the relevant video information by selecting a category is included in the playback control information DA211.

この再生制御情報DA211により、AVファイルのファイル名と、ディレクトリ名のパスと、PGCのIDと、セルIDを指定することができる。 This playback control information DA211, it is possible to specify the file name of the AV file, the path of the directory name, and ID of the PGC, the cells ID.

記録制御情報DA212は、記録(録画および/または録音)時に必要な制御情報(番組予約録画情報等)を含む。 Recording control information DA212 comprises recording (Recording and / or recording) at the necessary control information (program reservation recording information, etc.).

編集制御情報DA213は、編集時に必要な制御情報を含む。 Edit control information DA213 includes control information required at the time of editing. たとえば、各PGC単位の特殊編集情報(該当時間設定情報、特殊編集内容等のEDL情報)やファイル変換情報(AVファイル内の特定部分を図23のAVIファイル等に変換し変換後のファイル格納位置を指定する情報等)を含むことができる。 For example, file storage position after the special editing information is converted and file conversion information (relevant time setting information, EDL information such special compilation) (a specific part of the AV file to AVI, etc. of FIG. 23 converts each PGC unit It may include specifying information, etc.).

縮小画像制御情報DA214は、ビデオデータ内の見たい場所の検索用または編集用の縮小画像(サムネールピクチャ;Thumbnail Picture)に関する管理情報および縮小画像データを含んでいる。 Reduced image control information DA214 includes desires to see location retrieval or reduced image for editing in the video data; contains management information and the reduced image data concerning (thumbnail picture Thumbnail Picture).

縮小画像制御情報DA214は、ピクチャアドレステーブルおよび縮小画像データ等を含むことができる。 Reduced image control information DA214 can include picture address table and the reduced image data and the like. 縮小画像制御情報DA214はまた、ピクチャアドレステーブルおよび縮小画像データの下層情報として、メニューインデックス情報、インデックスピクチャ情報、スライドおよびスチルピクチャ情報、インフォメーションピクチャ情報、欠陥エリア情報および壁紙ピクチャ情報等を含むことができる(図示せず)。 Reduced image control information DA214 can also, as a lower layer information of the picture address table, and the reduced image data, menu index information, index picture information, slide and still picture information, information picture information, to include a defect area information and picture picture information, etc. can (not shown).

AVデータ制御情報DA210は、アロケーションマップテーブルAMTと、プログラムチェーン制御情報PGCCIと、セル時間制御情報CTCIを含む。 AV data control information DA210 includes a allocation map table AMT, a program chain control information PGCCI, the cell time control information CTCI.

アロケーションマップテーブルAMTは、情報記憶媒体(光ディスク10等)上の実際のデータ配置に沿ったアドレス設定、既記録・未記録エリアの識別等に関する情報を含む。 Allocation map table AMT includes information storage medium address setting along the actual data arrangement on (optical disc 10, etc.), information about the identification or the like of the recorded-unrecorded area. 図18の例では、このアロケーションマップテーブルAMTは、ユーザエリアアロケーション記述子UAD、スペアエリアアロケーション記述子SADおよびアドレス変換テーブルACTを含んでいる(アロケーションマップAMTの別の例は図65を参照)。 In the example of FIG. 18, the allocation map table AMT includes (see another example of the allocation map AMT Figure 65) the user area allocation descriptor UAD, includes a spare area allocation descriptor SAD and the address conversion table ACT.

プログラムチェーン制御情報PGCCIは、ビデオ再生プログラム(シーケンス)に関する情報を含む。 Program chain control information PGCCI includes information about the video reproducing program (sequence).

また、セル時間制御情報CTCIは、ビデオ情報の基本単位(セル)のデータ構造に関する情報を含む。 The cell time control information CTCI includes information about the data structure of the basic unit of video information (cell). このセル時間制御情報CTCIは、セル時間制御一般情報CTCGIと、セル時間検索情報CTSIと、m個のセル時間検索情報CTI#1〜CTI#mを含む。 The cell time control information CTCI includes a cell time control general information CTCGI, a cell time search information CTSI, the m-number of cell time search information CTI # 1~CTI # m.

セル時間制御一般情報CTCGIは、個々のセルに関する情報を含む。 Cell time control general information CTCGI includes information about the individual cells. セル時間検索情報CTSIは、特定のセルIDが指定された場合それに対応するセル時間情報の記載位置(AVアドレス)を示すマップ情報である。 Cell time search information CTSI is a map information indicating a description position of the cell time information corresponding thereto when a specific cell ID is designated (AV address).

各セル時間検索情報(CTI#m)は、セル時間一般情報CTGI#mと、セルVOBUテーブルCVT#mで構成される。 Each cell time search information (CTI # m) is the cell time general information CTGI # m, composed of the cell VOBU table CVT # m. このセル時間検索情報(CTI#m)の詳細については、図26を参照して後述する。 Details of this cell time search information (CTI # m) will be described later with reference to FIG. 26.

図18の概要は上記のようになるが、以下に個々の情報に対しての補足説明をまとめる。 Overview Figure 18 is as described above but summarized supplementary explanation of for individual information below.

<1>ボリューム/ファイル管理情報70には、以下の情報が含まれる: <1> The volume / file management information 70, may include the following information:
ボリュームスペース28全体に関する情報; Information about the entire volume space 28;
ボリュームスペース28に含まれるコンピュータデータ(DA1、DA3)のファイル数およびオーディオ・ビデオデータ(AVデータDA2)に関するファイル数; Files relating to the number of files and audio and video data of the computer data included in the volume space 28 (DA1, DA3) (AV data DA2);
情報記憶媒体(DVDーRAMディスク、DVDーROMディスクあるいはDVDーROM/RAM多層ディスク)の記録レイヤ情報;その他。 Recording layer information of the information storage medium (DVD-RAM disc, DVD-ROM disc or DVD-ROM / RAM multilayer disc); Other.

ここで、上記記録レイヤ情報としては、 Here, as the recording layer information,
構成レイヤ数(例:RAM/ROM2層ディスク1枚は2レイヤ、ROM2層ディスク1枚も2レイヤ、片面ディスクn枚はnレイヤとしてカウント); Configuration number of layers (eg: RAM / ROM2 layer disc 1 sheets 2 layer, also 2-layer single ROM2 layer disc, one side disc n sheets counted as n layer);
各レイヤ毎に割り付けた論理セクタ番号範囲テーブル(各レイヤ毎の容量に対応); Logical sector number range tables assigned to each layer (corresponding to the capacity of each layer);
各レイヤ毎の特性(例:DVD−RAMディスク、RAM/ROM2層ディスクのRAM部、CD−ROM、CD−R など) Characteristics of each layer (eg: DVD-RAM disc, RAM portion of RAM / ROM 2 layer disk, CD-ROM, CD-R, etc.)
各レイヤ毎のRAM領域でのゾーン単位での割付け論理セクタ番号範囲テーブル(各レイヤ毎の書替可能領域容量情報も含む); Allocated logical sector number range tables on a per-zone basis in the RAM area of ​​each layer (including rewritable area capacity information for each layer);
各レイヤ毎の独自のID情報(たとえば多連ディスクパック内のディスク交換を発見するため);その他が記録され、多連ディスクパックやRAM/ROM2層ディスクに対しても連続した論理セクタ番号を設定して1個の大きなボリュームスペースとして扱えるようになっている。 Unique ID information of each layer (e.g. for discovering disk replacement in the multiple-disk pack); others are recorded, set the consecutive logical sector numbers against multiple-disk pack and RAM / ROM 2 layer disc so that the treated as one large volume space with.

<2>再生制御情報DA211には、 <2> in the playback control information DA211 is,
PGCを統合した再生シーケンスに関する情報; Information relating to the reproduction sequence integrated PGC;
上記PGCを統合した再生シーケンスに関連して、情報記憶媒体10をビデオテープレコーダVTRやデジタルビデオカセットDVCのように一本のテープと見なした「擬似的記録位置を示す情報」(記録された全てのセルを連続して再生するシーケンス); In connection with the playback sequence which integrates the PGC, "information indicating a pseudo recording location" was regarded as one of the tape as an information storage medium 10 a video tape recorder VTR, a digital video cassette DVC (recorded sequence for continuously playing back all the cells);
異なる映像情報を持つ複数画面同時再生に関する情報; Information about multiple screen simultaneous playback with a different image information;
検索情報(検索カテゴリー毎に対応するセルIDとそのセル内の開始時刻のテーブルが記録され、ユーザがカテゴリーを選択して該当映像情報への直接アクセスを可能にする情報); Search information (table start time in the search category corresponding cell ID and the cell for each is recorded, the information that enables a user direct access to the corresponding video information by selecting a category);
などが記録されている。 And the like have been recorded.

<3>記録制御情報DA212には、 <3> in the recording control information DA212 is,
番組予約録画情報; Program reservation recording information;
などが記録されている。 And the like have been recorded.

<4>編集制御情報DA213には、 <4> in the edit control information DA213 is,
各PGC単位の特殊編集情報(該当時間設定情報と特殊編集内容が編集ライブラリ(EDL)情報として記載されているもの); Special formatting information for each PGC unit (those special edits and corresponding time setting information is described as the editing library (EDL) information);
ファイル変換情報(AVファイル内の特定部分を、AVIファイルなどPC上で特殊編集を行えるファイルに変換し、変換後のファイルを格納する場所を指定する情報); File conversion information (information that a specific part of the AV file, converts the file to perform a special editing on the PC, such as an AVI file, a location to store the file after conversion);
などが記録されている。 And the like have been recorded.

図19は、図18の情報階層構造においてビデオオブジェクトのセル構成とプログラムチェーンPGCとの対応例を例示する図である。 Figure 19 is a diagram illustrating an exemplary correspondence between the cell configuration and the program chain PGC of a video object in the information hierarchical structure in FIG. 18. この情報階層構造において、ビデオオブジェクトDA22はビデオオブジェクトセットVOBSにより構成される。 In the information hierarchical structure, video object DA22 is composed of video object set VOBS. このVOBSは各々が異なる方法でセル再生順序を指定した1以上のプログラムチェーンPGC#1〜#kに対応した内容を持つ。 This VOBS has a each corresponding to one or more program chains PGC # 1~ # k which specify the cell playback order in different ways contents.

ビデオオブジェクトセット(VOBS)は、1以上のビデオオブジェクト(VOB)の集合として定義されている。 Video object set (VOBS), is defined as a set of one or more video objects (VOB). ビデオオブジェクトセットVOBS中のビデオオブジェクトVOBは同一用途に用いられる。 Video objects VOB in the video object set VOBS are used for the same purpose.

たとえばメニュー用のVOBSは、通常、1つのVOBで構成され、そこには複数のメニュー画面表示用データが格納される。 For example VOBS for menus normally consists of one VOB, which data for a plurality of menu screen display is stored in the. これに対して、タイトルセット用のVOBSは、通常、複数のVOBで構成される。 In contrast, VOBS for title sets is usually composed of a plurality of VOB.

ここで、タイトルセット用ビデオオブジェクトセット(VTSTT_VOBS)を構成するVOBは、あるロックバンドのコンサートビデオを例にとれば、そのバンドの演奏の映像データに相当すると考えることができる。 Here, the VOB that make up the title set video object set (VTSTT_VOBS), Taking a concert video of a rock band as an example, can be considered to correspond to the video data of the performance of the band. この場合、VOBを指定することによって、そのバンドのコンサート演奏曲目のたとえば3曲目を再生することができる。 In this case, by specifying the VOB, it can be reproduced, for example, the third song of the concert repertoire of the band.

また、メニュー用ビデオオブジェクトセットVTSM_VOBSを構成するVOBには、そのバンドのコンサート演奏曲目全曲のメニューデータが格納され、そのメニューの表示にしたがって、特定の曲、たとえばアンコール演奏曲目を再生することができる。 Further, the VOB constituting the menu video object set VTSM_VOBS, stored menu data concert repertoire songs of the band, according to the display of the menu, it is possible to reproduce a particular song, for example, an encore repertoire .

なお、通常のビデオプログラムでは、1つのVOBで1つのVOBSを構成することができる。 In the normal video program may constitute one VOBS in a single VOB. この場合、1本のビデオストリームが1つのVOBで完結することとなる。 In this case, a single video stream is completed with one VOB.

一方、たとえば複数ストーリのアニメーション集あるいはオムニバス形式の映画では、1つのVOBS中に各ストーリに対応して複数のビデオストリーム(複数のプログラムチェーンPGC)を設けることができる。 On the other hand, for example, the animation collection or an omnibus movie plurality story can be in correspondence with each story in one VOBS providing a plurality of video streams (a plurality of program chains PGC). この場合は、各ビデオストリームが対応するVOBに格納されることになる。 This case, the respective video stream is stored in the corresponding VOB. その際、各ビデオストリームに関連したオーディオストリームおよび副映像ストリームも各VOB中で完結する。 At that time, also completed in each VOB audio stream and sub-picture stream related to the video stream.

VOBには、識別番号(VOB_IDN#i;i=0〜i)が付され、この識別番号によってそのVOBを特定することができる。 The VOB, identification number (VOB_IDN # i; i = 0~i) is assigned, it is possible to identify the VOB by the identification number. VOBは、1または複数のセルから構成される。 VOB is composed of one or more cells. 通常のビデオストリームは複数のセルで構成されるが、メニュー用のビデオストリームは1つのセルで構成される場合もある。 Normal video stream consists of a plurality of cells, the video stream for the menu some cases also configured in one cell. 各セルには、VOBの場合と同様に識別番号(C_IDN#j)が付されている。 Each cell, as well as the identification number in the case of VOB (C_IDN # j) is assigned.

図20は、図2の光ディスクのリードインエリアに記録される情報(表現方法は違うが図6のリードインデータ部分に対応)の論理構造を説明する図である。 Figure 20 is the information recorded in the lead-in area of ​​the optical disc 2 is a diagram (representation is different but corresponding to the lead-in data portion of FIG. 6) for explaining the logical structure of.

ディスク10が図示しないDVDビデオレコーダ(または図示しないDVビデオプレーヤ)にセットされると、まずリードインエリア27の情報が読み取られる。 When the disk 10 is set in the DVD video recorder (not shown) (or not shown DV video player), first information of the lead-in area 27 is read. このリードインエリア27には、セクタ番号の昇順に沿って、所定のリファレンスコードおよび制御データが記録されている。 The lead-in area 27, along the ascending order of sector number, a predetermined reference code and control data are recorded.

リードインエリア27のリファレンスコードは、所定のパターン(特定のシンボル“172”の反復パターン)を含み、2つのエラー訂正コードブロック(ECCブロック)で構成されている。 Reference code of the lead-in area 27 includes a predetermined pattern (repeating pattern of a specific symbol "172"), consists of two error correction code blocks (ECC blocks). 各ECCブロックは16セクタで構成される。 Each ECC block consists of 16 sectors. この2つのECCブロック(32セクタ)は、スクランブルデータを付加して生成されるようになっている。 The two ECC blocks (32 sectors) is adapted to be produced by adding scramble data. スクランブルデータが付加されたリファレンスコードを再生したときに、特定のデータシンボル(“172”)が再生されるよう再生側のフィルタ操作等を行って、その後のデータ読み取り精度を確保するようにしている。 When the scrambled data is reproduced the added reference code, so that a specific data symbol ( "172") is carried out such reproduction side of the filter action to be reproduced, to ensure the subsequent data reading accuracy .

リードインエリア27の制御データは、192個のECCブロックで構成されている。 Control data of the lead-in area 27 is composed of 192 ECC blocks. この制御データの部分には、各ブロック内の16セクタの内容が、192回繰り返し記録されている。 The portion of the control data, 16 sectors contents of in each block is repeatedly recorded 192 times.

図21は、図20のリードインエリアに記録される制御データの内容の一例を説明する図である。 Figure 21 is a view for explaining an example of contents of control data recorded in the lead-in area of ​​FIG. 20. 16セクタで構成されるこの制御データは、最初の1セクタ(2048バイト)に物理フォーマット情報を含み、その後にディスク製造情報およびコンテンツプロバイダ情報を含んでいる。 The control data consists of 16 sectors, including the physical format information in the first sector (2048 bytes) contains the disc manufacturing information and contents provider information thereafter.

図22は、図21の制御データに含まれる2048バイトの物理フォーマット情報(表現方法は違うが図6の制御データゾーン部分に対応)の内容の一例を説明する図である。 Figure 22 is a view for explaining an example of the contents of the 2048 bytes of physical format information included in the control data (representation is different but corresponding to the control data zone portion of FIG. 6) in FIG. 21.

最初のバイト位置「0」には、記録情報がDVD規格のどのバージョンに準拠しているのかを示す「ブックタイプ&パートバージョン」が記載される。 The first byte position "0", the recording information is described is "book type and part version" to indicate that they comply with any version of the DVD standard.

2番目のバイト位置「1」には、記録媒体(光ディスク10)のサイズ(12cm、8cm、その他)および最小読出レートが記載される。 The second byte position "1", the size of the recording medium (optical disc 10) (12cm, 8 cm, etc.) and minimum read rate is described. 読出専用DVDビデオの場合、最小読出レートとしては、2.52Mbps、5.04Mbpsおよび10.08Mbpsが規定されているが、それ以外の最小読出レートもリザーブされている。 For read-only DVD video, the minimum read rate, 2.52 Mbps, although 5.04Mbps and 10.08Mbps are defined, the other minimum read rates are also reserved. たとえば、可変ビットレート記録が可能なDVDビデオレコーダにより2Mbpsの平均ビットレートで録画が行われた場合、上記リザーブ部分を利用することにより、最小読出レートを、1.5〜1.8Mbpsに設定することができる。 For example, if the recording at an average bit rate of 2Mbps by the variable bit rate recording is possible DVD video recorder is performed by utilizing the reserve portion, the minimum read rate is set to 1.5~1.8Mbps be able to.

3番目のバイト位置「2」には、記録媒体(光ディスク10)のディスク構造(記録層の数、トラックピッチ、記録層のタイプなど)が記載される。 The third byte position "2", the disk structure of the recording medium (optical disc 10) (the number of recording layers, track pitch, such as the type of the recording layer) is described. この記録層のタイプにより、そのディスク10が、何層構造のDVDーROMなのかDVDーRなのかDVDーRAM(またはDVDーRW)なのかを識別することができる。 The type of the recording layer, the disc 10 is, what layer DVD-ROM of the or DVD-R of the or DVD-RAM (or DVD-RW) of the structures of whether it is possible to identify.

4番目のバイト位置「3」には、記録媒体(光ディスク10)の記録密度(リニア密度およびトラック密度)が記載される。 Fourth byte position "3", the recording density of the recording medium (optical disc 10) (Linear density and track density) is described. リニア密度は、1ビット当たりの記録長(0.267μm/ビットあるいは0.293μm/ビットなど)を示す。 Linear density indicates the recording length per bit (0.267 .mu.m / bit or 0.293Myuemu / bit, etc.). また、トラック密度は、隣接トラック間隔(0.74μm/トラックあるいは0.80μm/トラックなど)を示す。 Also, the track density indicates the adjacent track spacing (0.74 [mu] m / track or 0.80 .mu.m / track, etc.). DVDーRAMあるいはDVD−Rのリニア密度およびトラック密度として、別の数値が指定できるように、4番目のバイト位置「3」には、リザーブ部分も設けられている。 As a linear density and track density of a DVD-RAM or DVD-R, as different number can be specified, the fourth byte position "3", also provided the reserve section.

5番目のバイト位置「4〜15」には、記録媒体(光ディスク10)のデータエリア28の開始セクタ番号および終了セクタ番号等が記載される。 5 th byte position in the "4-15" as the start sector number and end sector number of the data area 28 of the recording medium (optical disc 10) is described.

6番目のバイト位置「16」には、バーストカッティングエリア(BCA)記述子が記載される。 Sixth byte position "16" is a burst cutting area (BCA) descriptor is described. このBCAはDVDーROMディスクだけにオプションで適用されるもので、ディスク製造プロセス終了後の記録情報を格納するエリアである。 The BCA is intended to be applied as an option only to a DVD-ROM disc is an area for storing recording information after completion of the disc manufacturing process.

7番目のバイト位置「17〜20」には、記録媒体(光ディスク10)の空き容量が記述される。 The seventh byte position "17 to 20", the free space of the recording medium (optical disc 10) is described. たとえばディスク10が片面1層記録のDVDーRAMディスクである場合、ディスク10のこの位置には、2.6Gバイト(またはこのバイト数に対応したセクタ数)を示す情報が記載される。 For example, when the disc 10 is a DVD-RAM disc single-sided single-layer recording, in this position of the disc 10, information indicating the 2.6G bytes (or the number of sectors corresponding to this number of bytes) is described. ディスク10が両面記録DVDーRAMディスクである場合は、この位置に、5.2Gバイト(またはこのバイト数に対応したセクタ数)を示す情報が記載される。 If the disk 10 is a double-sided recording DVD-RAM disc, in this position, information indicating a 5.2G bytes (or the number of sectors corresponding to this number of bytes) is described.

8番目のバイト位置「21〜31」および9番目のバイト位置「32〜2047」は、別目的に利用できるようリザーブされている。 8 th byte position "21 to 31" and the ninth byte position "32 to 2047" are reserved as available for other purposes.

図23は、図2の光ディスク等に記録される情報(データファイル)のディレクトリ構造の一例を説明する図である。 Figure 23 is a view for explaining an example of the directory structure of information (data files) recorded on the optical disk or the like of FIG.

コンピュータの汎用オペレーティングシステムが採用している階層ファイル構造と同様に、ルートディレクトリの下に、ビデオタイトルセットVTSのサブディレクトリと、オーディオタイトルセットATSのサブディレクトリと、オーディオ・ビデオ情報AVIのサブディレクトリと、ビデオRAMファイルのサブディレクトリが繋がっている。 As with the hierarchical file structure of a general-purpose operating system of the computer is adopted, under the root directory, and sub-directory of the video title set VTS, and sub-directory of the audio title set ATS, and a sub-directory of audio and video information AVI , sub-directory of video RAM files are connected.

そして、ビデオタイトルセットVTSのサブディレクトリ中に、種々なビデオファイル(VMGI、VMGM、VTSI、VTSM、VTS等のファイル)が配置されて、各ファイルが整然と管理されるようになっている。 Then, in the subdirectory of video title set VTS, various video file (VMGI, VMGM, VTSI, VTSM, files such as VTS) is arranged, so that each file is managed systematically. 特定のファイル(たとえば特定のVTS)は、ルートディレクトリからそのファイルまでのパスを指定することで、アクセスできる。 Specific file (e.g., specific VTS), specifying the path to the file from the root directory can be accessed.

パーソナルコンピュータにDVD処理ボードと処理ソフトウエアをインストールしたシステムでは、パーソナルコンピュータで扱うビデオファイルをAVIディレクトリに格納することができ、管理情報を含むAVファイルをビデオRAMディレクトリに格納することができる。 In the system where you installed the DVD processing board and processing software to a personal computer, it is possible to store the video file that can be used by the personal computer to the AVI directory, it is possible to store the AV file that contains the management information in the video RAM directory.

このようなパーソナルコンピュータシステムにおいて、AVファイル内のPGC列(図19のPGC#1〜PGC#kのようなもの)をDVDビデオのフォーマットに変換し、それをビデオタイトルセットVTSディレクトリ内のVTSファイルに保存することもできる。 In such a personal computer system, converts PGC column in the AV file (like PGC # 1~PGC # k in FIG. 19) to the format of the DVD video, VTS files it video in the title set VTS directory It can also be saved to.

AVIディレクトリおよびビデオRAMディレクトリ内のデータ(ファイル)へのアクセス方法は、パーソナルコンピュータでの通常ファイル(データ)に対するアクセス方法と同様に行なうことができる。 How to access data (file) in the AVI directory and video RAM directories can be performed for as with access method regular file (data) of a personal computer. 一般的にはルートディレクトリから目的のファイル(データ)までのパスを指定することでアクセスされるが、ハイパーテキスト構造を採用したシステムソフトウエアがインストールされたパーソナルコンピュータでは、たとえばAVIディレクトリ内からビデオRAMディレクトリ内のデータに直接アクセスすることも可能である。 Although it is generally accessed by specifying a path from the root directory to the desired file (data), in the personal computer system software that employs the hypertext structure has been installed, for example, the video RAM from the AVI directory it is also possible to directly access the data in the directory. あるいは、ビデオRAMディレクトリからビデオタイトルセットVTSにアクセスすることも可能である。 Alternatively, it is also possible to access the video title set VTS from the video RAM directory. これにより、ROM/RAM2層ディスク10を用いてRAM層に録画をしている際にROM層内のDVDビデオのセルをRAM層への録画にインサートすることも可能になる。 Thus, it becomes possible to insert cells of DVD video ROM layer when that recording in the RAM layer for recording to the RAM layer using a ROM / RAM 2 layer disc 10.

図1または図2に示すようなDVDーRAMディスク(またはDVDーRディスク)10は、図23のディレクトリ構造を持つようにプリフォーマットしておき、このプリフォーマット済みディスク10をDVDビデオ録画用の未使用ディスク(生ディスク)として市販することができる。 DVD-RAM disc (or DVD-R disc) 10 shown in FIG. 1 or 2, leave preformatted to have the directory structure of Figure 23, the pre-formatted disc 10 for DVD video recording it can be marketed as an unused disk (raw disk).

たとえば、プリフォーマットされた生ディスク10のルートディレクトリは、ビデオタイトルセットまたはオーディオ・ビデオデータというサブディレクトリを含むことができる。 For example, the root directory of the raw disk 10 which have been pre-format can include a subdirectory named video title set or audio and video data. このサブディレクトリは、所定のメニュー情報を格納するためのメニューデータファイル(VMGM、VTSMまたは縮小画像制御情報DA214等)をさらに含むことができる。 This subdirectory can further include a menu data file for storing predetermined menu information (VMGM, VTSM or reduced image control information DA214, or the like).

あるいは、ディスク10がROM/RAM2層ディスクの場合は、図23のディレクトリ構造を持つシステムソフトウエアおよび必要なアプリケーションソフトウエアをROM層に予めエンボス記録しておき、ユーザがディスクを使用するときに、ROM層のシステムソフトウエアの必要部分をRAM層にコピーしてそのディスク10を使用するようにもできる。 Alternatively, if the disk 10 is ROM / RAM 2-layer disc, the system software and the necessary application software having the directory structure of Figure 23 in advance emboss recorded on the ROM layer, when the user uses the disk, the system software necessary portion of the ROM layer to copy the RAM layer can also use the disc 10.

あるいは、図23のディレクトリ構造を図18のボリューム/ファイル管理情報70に予め記録しておくこともできる。 Alternatively, it is also be recorded in advance on a volume / file management information 70 in FIG. 18 the directory structure of Figure 23. そして、RAM層の初期化時にボリューム/ファイル管理情報70のディレクトリ構造情報をRAM層にコピーして利用することができる。 Then, the directory structure information of a volume / file management information 70 during initialization of the RAM layer can be utilized to copy the RAM layer.

図24は、図19のビデオオブジェクトDA22に含まれる情報の階層構造を例示する図である。 Figure 24 is a diagram illustrating a hierarchical structure of information contained in video object DA22 in FIG. 19.

図24に示すように、ビデオオブジェクトDA22を構成する各セル(たとえばセル#m)は1以上のビデオオブジェクトユニット(VOBU)により構成される。 As shown in FIG. 24, each of the cells constituting the video object DA22 (e.g. cell #m) is constituted by one or more video object units (VOBU). そして、各ビデオオブジェクトユニットは、ビデオパック、副映像パック、オーディオパックおよびダミーパックの集合体(パック列)として構成されている。 Each video object unit, video pack, sub-picture pack, and is configured as a set of audio packs and the dummy packs (pack sequence).

これらのパックは、いずれも2048バイトのサイズを持ち、データ転送処理を行う際の最小単位となる。 These packs are all having a size of 2048 bytes, the smallest unit for data transfer processing. また、論理上の処理を行う最小単位はセル単位であり、論理上の処理はこのセル単位で行わる。 Also, the minimum unit for performing logical processing is a cell unit, the processing of the logic Okonawaru in this cell units.

上記ビデオオブジェクトユニットVOBUの再生時間は、ビデオオブジェクトユニットVOBU中に含まれる1以上の映像グループ(グループオブピクチャ;略してGOP)で構成されるビデオデータの再生時間に相当し、その再生時間は0.4秒〜1.2秒の範囲内に定められる。 The video object unit VOBU playback time, one or more image groups included in the video object unit VOBU (group of pictures; abbreviated as GOP) corresponds to the reproduction time of the video data consists of, its playback time 0 determined in a range of .4 seconds to 1.2 seconds. 1GOPは、MPEG規格では通常約0.5秒であって、その間に15枚程度のフレーム画像を再生するように圧縮された画面データである。 1GOP is the MPEG standard usually be about 0.5 seconds, a screen data compressed so as to reproduce the frame image of about 15 sheets therebetween.

ビデオオブジェクトユニットVOBUがビデオデータを含む場合には、ビデオパック、副映像パック、オーディオパック等から構成されるGOP(MPEG規格準拠)が配列されてビデオデータストリームが構成される。 When the video object unit VOBU includes video data, video pack, sub-picture pack, GOP (MPEG standard) composed audio pack etc. are arranged video data stream is formed. しかし、このGOPの数とは無関係に、GOPの再生時間を基準にしてビデオオブジェクトユニットVOBUが定められる。 However, regardless of the number of the GOP, the video object unit VOBU is defined with reference to the playback time of the GOP.

なお、ビデオを含まないオーディオおよび/または副映像データのみの再生データであっても、ビデオオブジェクトユニットVOBUを1単位として再生データが構成される。 Even playback data of only the audio and / or sub-picture data containing no video, the reproduction data is composed of the video object unit VOBU as one unit. たとえば、オーディオパックのみでビデオオブジェクトユニットVOBUが構成されいる場合、ビデオデータのビデオオブジェクトの場合と同様に、そのオーディオデータが属するビデオオブジェクトユニットVOBUの再生時間内に再生されるべきオーディオパックが、そのビデオオブジェクトユニットVOBUに格納される。 For example, if the video object unit VOBU only audio packs are constructed, similarly to the case of the video object of video data, the audio packs to be reproduced within the playback time of the video object unit VOBU to which the audio data belongs, its It is stored in the video object unit VOBU.

各ビデオオブジェクトユニットVOBUを構成するパックは、ダミーパックを除き、同様なデータ構造を持っている。 Pack constituting each video object unit VOBU, except for dummy packs, we have similar data structures. オーディオパックを例にとると、図24に例示するように、その先頭にパックヘッダが配置され、次にパケットヘッダが配置され、その次にサブストリームIDが配置され、最後にオーディオデータが配置される。 Taking audio pack as an example, as illustrated in FIG. 24, the pack header is disposed at the head, then the packet header is located, the next sub-stream ID is arranged, the last audio data is arranged that. このようなパック構成において、パケットヘッダには、パケット内の最初のフレームの先頭時間を示すプレゼンテーションタイムスタンプPTSの情報が書き込まれている。 In such a pack structure, the packet header, the first presentation time stamp PTS information indicating the beginning time of a frame in the packet has been written.

ところで、図24に示すような構造のビデオオブジェクトDA22を含むビデオタイトルセットVTS(またはビデオプログラム)を光ディスク10に記録できるDVDビデオレコーダでは、このVTSの記録後に記録内容を編集したい場合が生じる。 Incidentally, in the DVD video recorder the video title set VTS (or video program) including the structure of the video object DA22 shown in FIG. 24 can be recorded on the optical disc 10, if you want to edit the recorded contents after recording the VTS occurs. この要求に答えるため、各VOBU内に、ダミーパックを適宜挿入できるようになっている。 To meet this demand, in each VOBU, so that the can be appropriately inserting dummy pack. このダミーパックは、後に編集用データを記録する場合などに利用できる。 This dummy pack, can be used, such as in the case of recording an editing data after.

図24に示した各セル#1〜セル#mに関する情報は、図18のセル時間制御情報CTCI内に記録されており、その中味は、図18に示したように セル時間情報CTI#1〜CTI#m(各セル個々に関する情報); Each cell # 1 to cell #m information on shown in FIG. 24 is recorded in the cell time control information CTCI in FIG 18, its contents are cell time information CTI # 1 as shown in FIG. 18 CTI # m (each cell information individually about);
セル時間検索情報CTSI(特定のセルIDが指定された場合、それに対応するセル時間情報の記載位置(AVアドレス)を示すマップ情報);および セル時間制御一般情報CTCGI(セル情報全体に関する情報) (If a particular cell ID is specified, wherein the position of the cell time information corresponding thereto (the map information indicating the AV address)) cell time search information CTSI; and cell time control general information CTCGI (information about the entire cell information)
となっている。 It has become.

また、各セル時間情報(たとえばCTI#m)は、それぞれ、セル時間一般情報(CTGI#m)およびセルVOBUテーブル(CVT#m)を含んでいる。 Each cell time information (e.g. CTI # m) is respectively include cell time general information (CTGI # m) and cell VOBU table (CVT # m).

次に、ビデオオブジェクトDA22内のデータ構造の説明を行う。 Next, a description of the data structure in video object DA22.

映像情報の最小基本単位をセルと呼ぶ。 The minimum basic unit of the video information is referred to as a cell. ビデオオブジェクトDA22内のデータは図24に示すように1以上のセル#1〜#mの集合体として構成される。 Data in the video object DA22 is configured as a set of one or more cells #. 1 to # m as shown in FIG. 24.

ビデオオブジェクトDA22での映像情報圧縮技術としてはMPEG2(あるいはMPEG1)を利用している場合が多い。 The video information compression techniques in video object DA22 often utilizing MPEG2 (or MPEG1). MPEGでは、映像情報をおよそ0.5秒刻みでGOPと呼ばれるグループに分け、このGOP単位で映像情報の圧縮を行っている。 In MPEG, divided into groups called GOP video information at approximately 0.5 second increments, are performed compression of video information in this GOP. このGOPとほぼ同じサイズでGOPに同期してビデオオブジェクトユニットVOBUという映像情報圧縮単位を形成している。 Forming a video information compression unit of video object units VOBU in synchronization with the GOP approximately the same size as this GOP.

この発明では、このVOBUサイズをECCブロックサイズ(32kバイト)の整数倍に合わせている(この発明の重要な特徴の1つ)。 In the present invention, (one of the key features of the present invention) that fit this VOBU size to an integer multiple of ECC block size (32k bytes).

さらに、各VOBUは2048バイト単位のパックに分けられ、それぞれのパック毎に、生の映像情報(ビデオデータ)、音声情報(オーディオデータ)、副映像情報(字幕データ・メニューデータ等)、ダミー情報等が記録される。 In addition, each VOBU is divided into packs of 2048 bytes, for each pack, the raw video information (video data), audio information (audio data), sub-picture information (subtitle data menu data, etc.), dummy information etc. is recorded. それらが、ビデオパック、オーディオパック、副映像パックおよびダミーパックの形で記録されている。 They, video pack, audio pack, and is recorded in the form of sub-picture packs and the dummy pack.

ここで、ダミーパックは、 Here, dummy pack,
録画後に追加記録する情報の事後追加用(アフターレコーディング情報をオーディオパックの中に入れてダミーパックと交換するメモ情報を、副映像情報として副映像パック内に挿入してダミーパックと交換する等); For post additional information to be added recorded after recording (the memo information to be exchanged with dummy pack put in the after-recording information of the audio pack, etc. to replace the dummy pack is inserted as sub-picture information in the sub-picture pack) ;
VOBUのサイズをECCブロックサイズ(32kバイト)の整数倍にぴたり合わせるため、32kバイトの整数倍から不足するサイズを補う; To match the stars align the size of the VOBU to an integral multiple of the ECC block size (32k bytes), supplement the size missing from an integer multiple of 32k bytes;
などの使用目的で各VOBU内に挿入されている。 It is inserted into each VOBU in the use of such purposes.

各パック内には、オブジェクトデータ(オーディオパックならオーディオデータ)の前方に、パックヘッダ、パケットヘッダ(およびサブストリームID)が、この順で配置されている。 Within each pack, the front of the object data (audio data if the audio pack), a pack header, packet header (and sub stream ID) are arranged in this order.

DVDビデオ規格では、オーディオパックおよび副映像パックが、パケットヘッダとオブジェクトデータとの間にサブストリームIDを含んでいる。 The DVD video standard, audio packs and sub-picture packs includes a sub-stream ID between the packet header and the object data.

また、パケットヘッダ内には、時間管理用のタイムコードが記録されている。 Also within the packet header, a time code for time management is recorded. オーディオパケットを例にとれば、このタイムコードとして、そのパケット内での最初のオーディオフレームの先頭時間が記録されているPTS(プレゼンテーションタイムスタンプ)情報が、図24に示すような形で挿入されている。 Taking an audio packet as an example, this as a time code, the first PTS of the top time are recorded in the audio frame (presentation time stamp) information in the packet, is inserted in such a manner as shown in FIG. 24 there.

図25は、図24のダミーパックの内容(ダミーパック1パック分)の構造を示す。 Figure 25 shows the structure of the contents of a dummy pack shown in FIG. 24 (a dummy pack one pack). すなわち、1パックのダミーパック89は、パックヘッダ891と、所定のストリームIDを持つパケットヘッダ892と、所定のコード(無効データ)で埋められたパディングデータ893とで、構成されている。 In other words, one pack of dummy pack 89 includes a pack header 891, packet header 892 having a predetermined stream ID, in a padding data 893 padded with a predetermined code (invalid data) are constituted. (パケットヘッダ892およびパティングデータ893はパティングパケット890を構成している。)未使用ダミーパックのパディングデータ893の内容は、特に意味を持たない。 (Packet header 892 and path computing data 893 constitute a path computing packet 890.) The contents of padding data 893 unused dummy pack are not especially meaningful.

このダミーパック89は、図2のディスク10に所定の録画がなされたあと、この録画内容を編集する場合に、適宜利用することができる。 The dummy pack 89, after the predetermined recording is performed on the disk 10 of FIG. 2, when editing the recordings can be appropriately utilized. また、ユーザメニューに利用される縮小画像データを格納することにも、ダミーパック89を用いることができる。 Also, storing the reduced image data used in the user menu, it is possible to use a dummy pack 89. さらには、AVデータDA2内の各VOBUを32kバイトの整数倍に一致させる(32kバイトアライン)目的にも、ダミーパック89を用いることができる。 Further, in each VOBU a match an integer multiple of 32k bytes (32k byte aligned) object in the AV data DA2, can be used dummy pack 89.

たとえば、ポータブルビデオカメラで家族旅行を録画したビデオテープをDVDーRAM(またはDVD−RW)ディスク10に録画し編集する場合を考えてみる。 For example, consider the case of recording a video tape recorded the family travel on a portable video camera to DVD-RAM (or DVD-RW) disc 10 editing.

この場合、まず1枚のディスクにまとめたいビデオシーンだけを選択的にディスク10に録画する。 In this case, only the video scene you want first summarized in a single disc are selectively recorded on the disk 10. このビデオシーンは図24のビデオパックに記録される。 The video scene is recorded in the video pack of FIG. また、ビデオカメラで同時録音された音声は、オーディオパックに記録される。 In addition, the audio that is recorded simultaneously with the video camera is recorded in the audio pack.

これらのビデオパック、オーディオパック等を含むVOBUは、必要に応じて、その先頭にDVDビデオで採用されているナビゲーションパック(図示せず)を持たせることができる(通常は、図24に示すように、DVDビデオRAMではナビゲーションパックは使用しない)。 These video packs, VOBU containing audio packs or the like, if necessary, its top (not shown) navigation pack adopted in DVD video can have a (usually, as shown in FIG. 24 in, the navigation pack in the DVD video RAM is not used). このナビゲーションパックは、再生制御情報PCIおよびデータ検索情報DSIを含んでいる。 The navigation pack includes playback control information PCI and data search information DSI. このPCIあるいはDSIを利用して、各VOBUの再生手順を制御できる(たとえば飛び飛びのシーンを自動的に繋いだり、マルチアングルシーンを記録することができる)。 The PCI or using the DSI, can control the playback sequence of each VOBU (e.g. automatically Dari connecting discrete scenes can be recorded multi-angle scenes).

あるいは、DVDビデオ規格のナビゲーションパック程複雑な内容を持たせずに、単にVOBU単位の同期情報を持たせた同期ナビゲーションパック(SNV_PCK;図示せず)を持たせることもできる。 Alternatively, DVD as navigation pack video standard without having a complicated content, simply synchronization navigation pack which gave synchronization information of a VOBU unit; can also be provided with (SNV_PCK not shown).

ビデオテープからDVDーRAMディスク10に編集録画したあと、各シーンにVOBU単位で音声・効果音等をアフターレコーディングする場合あるいはバックグラウンドミュージックBGMを追加する場合に、アフターレコーディング音声またはBGMをダミーパック89に記録できる。 After editing recorded on DVD-RAM disc 10 from the video tape, if you want to add the case or the background music BGM to after-recording voice and sound effects and the like in the VOBU unit in each scene, the dummy pack after-recording voice or BGM 89 It can be recorded on. また、録画内容の解説を追加する場合には、追加の文字、図形等の副映像をダミーパック89に記録できる。 When you want to add a description of the recordings can be recorded additional characters, the sub-picture of the figure and the like to the dummy pack 89. さらに追加のビデオ映像をインサートしたい場合には、そのインサートビデオをダミーパック89記録することもできる。 Further, when you want to insert additional video images, it may be the insert video dummy pack 89 recorded.

上述したアフターレコーディング音声等は、オーディオパックとして利用するダミーパック89のパディングデータ893に書き込まれる。 After-recording audio or the like as described above is written in padding data 893 of dummy pack 89 used as an audio pack. また、上記追加の解説等は、副映像パックとして利用するダミーパック89のパディングデータ893に書き込まれる。 Moreover, the additional commentary, etc. is written in padding data 893 of dummy pack 89 used as a sub-picture pack. 同様に、上記インサートビデオは、ビデオパックとして利用するダミーパック89のパディングデータ893に書き込まれる。 Similarly, the insert video is written in padding data 893 of dummy pack 89 used as a video pack.

さらに、録画・編集後の各パック列を含む各VOBUのサイズがECCブロックサイズ(32kバイト)の整数倍にならない場合に、このVOBUサイズが32kバイトの整数倍になるような無効データをパディングデータ893として含むダミーパック89を、各VOBU中に挿入することもできる。 In addition, when the size of each VOBU, including each pack string after recording and editing is not an integer multiple of the ECC block size (32k bytes), padding data and invalid data, such as the VOBU size is an integral multiple of 32k bytes a dummy pack 89 containing as 893, can be inserted in each VOBU.

このように各VOBUがECCブロックの整数倍になるようなダミーパック(パディングパック)を録画・編集後の各VOBUに適宜挿入することにより、全てのVOBUを、常にECCブロック単位で書き替えることができるようになる。 By thus each VOBU is appropriately inserted in each VOBU after recording and editing a dummy pack (padding pack) as an integer multiple of the ECC block, all VOBU, always be rewritten in units of ECC blocks become able to. あるいは、ディスク10のRAM層に欠陥が生じた場合にその欠陥部分だけをECCブロック単位で交替処理できるようになる。 Alternatively, it only the defect portion when a defect occurs in the RAM layer of the disk 10 to be replacement process in units of ECC blocks. さらには、ECCブロック単位をAVアドレス単位として各VOBUを容易にアドレス変換できるようになる。 Furthermore, it is possible to easily address converting each VOBU the ECC block unit as an AV address basis.

つまり、ダミーパック89は、使用目的によってオーディオパックにも副映像パックにもビデオパックにもパディングパックもなり得る、ワイルドカードのようなパックである。 In other words, the dummy pack 89 can become even padding packed video packs in the sub-picture pack audio pack some applications, a pack, such as a wild card.

図26は、図18のセル時間情報CTIの内部構造を説明する図である。 Figure 26 is a diagram for explaining the internal structure of cell time information CTI shown in FIG. 18.

図18の説明でも触れたが、各セル時間検索情報(CTI#m)はセル時間一般情報CTGI#mとセルVOBUテーブルCVT#mで構成されている。 I mentioned in the description of FIG. 18, but each cell time search information (CTI # m) is composed of cell time general information CTGI # m and cell VOBU table CVT # m.

セル時間一般情報は、図26の上半分に図示するように、 Cell time general information, as shown in the upper half of FIG. 26,
(1)セルデータ一般情報と、 (1) and the cell data general information,
(2)タイムコードテーブルと、 (2) and the time code table,
(3)後天的欠陥情報と、 (3) and the acquired defect information,
(4)セルビデオ情報と、 (4) and cell video information,
(5)セルオーディオ情報と、 (5) and cell audio information,
(6)セル副映像情報とを含んでいる。 (6) and a cell sub-picture information.

(1)のセルデータ一般情報は、セルIDと、そのセルの合計時間長と、セルデータ集合体の数と、セルデータ集合体記述子と、セル時間物理サイズと、そのセルの構成VOBU数の情報を含んでいる。 Cell data general information (1) includes a cell ID, a total time length of the cell, the number of cell data collection, and the cell data collection descriptor and the cell time physical size, structure VOBU number of the cell It contains the information.

ここで、セルIDは各セル毎の独自のIDである。 Here, the cell ID is the unique ID of each cell. 合計時間長はそのセル内の再生に要する全所要時間を示す。 The total length of time indicates a total time required for reproduction in the cell.

セルデータ集合体数は、そのセル内でのセルデータ集合体記述子の数を示す。 Cell data collection number indicates the number of cell data collection descriptor within that cell.

セルデータ集合体記述子については、図33を参照して後述する。 The cell data collection descriptor will be described later with reference to FIG. 33.

セル時間物理サイズは、先天的欠陥場所も含めたセルが記録された情報記憶媒体上の記録位置サイズを示す。 Cell time physical size, indicating the recording position size on the information storage medium congenital defect locations also including cells was recorded. このセル時間物理サイズと合計時間長の情報を組み合わせることにより、そのセル内での先天的欠陥領域の大きさが分かり、実質的な転送レートの予想をすることができる。 By combining the information of the cell time physical size and the total time length, can be the size of the congenital defect region within the cell is to understand, to the expected substantial transfer rate. このセル時間物理サイズは、連続再生を保証できるセルの記録位置候補を定めるときに利用できる。 The cell time physical size can be used when determining the recording position candidate cell that can guarantee continuous playback.

構成VOBU数は、そのセルを構成するVOBUの数を示す。 Configuration VOBU number indicates the number of VOBU constituting the cell.

(2)のタイムコードテーブルは、そのセルを構成するVOBUのピクチャ番号#1〜#nと、そのセルを構成するVOBUのECCブロック番号#1〜#nを含んでいる。 Time code table (2) includes a picture ID #. 1 to # n of the VOBU constituting the cell, the ECC block number #. 1 to # n of the VOBU constituting the cell.

このテーブルのタイムコードは、該当セル内のVOBU毎のピクチャ数(ビデオフレーム数;1バイトで表現)と、上記セルデータ集合体記述子で示される媒体上の記録位置でのVOBU毎の使用ECCブロック数(1バイト表現)との組で表記される。 Time code in this table, the number of pictures per VOBU in corresponding cell; and (the number of video frames represented by one byte), using ECC for each VOBU in recording position on the medium indicated by the cell data collection descriptor It is expressed in a set of the number of blocks (1 byte representation). この表記方法を採用することにより、(NTSCでいえば毎秒30枚あるフレーム毎にタイムコードを付す場合に比べて)タイムコードを非常に少ない情報量で記録することが可能になる。 By adopting this notation, it is possible to record in a very small amount of information the time code (compared to the case subjecting a time code for each frame with 30 frames per second in terms of the NTSC).

このタイムコードを用いたアクセス方法については、図36を参照して後述する。 The access method using the time code will be described later with reference to FIG. 36.

(3)の後天的欠陥情報は、そのセル中での後天的欠陥の数と後天的欠陥のアドレスの情報を含んでいる。 Acquired defect information of (3) contains the information of the address number and acquired defects acquired defects in that cell.

後天的欠陥の数は、そのセル内で後天的欠陥(図28参照)が発生したECCブロック数を示す。 The number of acquired defects indicates the number of ECC blocks acquired defects (see FIG. 28) occurs within the cell. また、後天的欠陥アドレスは、後天的欠陥の存在位置をECCブロック毎にAVアドレス値で示したものである。 Further, it acquired defective address, there is shown in AV address value location of acquired defects per ECC block. セル再生時に欠陥が発生すると(つまりECCのエラー訂正に失敗すると)、その都度、欠陥ECCブロックのAVアドレスが、後天的欠陥アドレスに逐次登録される。 When a defect occurs during cell playback (i.e. Failure to error correction ECC), each time, AV address of defective ECC blocks are successively registered in the acquired defective address.

(4)のセルビデオ情報は、そのセルのビデオ情報の種類(NTSCかPALか等)、圧縮方式(MPEG2かMPEG1かモーションJPEGか等)、ストリームIDおよびサブストリームID(主画面か副画面か;複数画面同時記録・再生時に利用)、最大転送レートなどの情報を含んでいる。 Cell video information (4), the type of video information of the cell (NTSC or PAL or the like), the compression method (MPEG2 or MPEG1 or Motion JPEG or the like), the stream ID and sub-stream ID (or the main screen or sub-screen ; used when multiple screens simultaneous recording and playback), includes information such as the maximum transfer rate.

(5)のセルオーディオ情報は、オーディオ信号の種類(リニアPCMかMPEG1かMPEG2かドルビーAC−3か等)、標本化周波数(48kHzか96kHzか)、量子化ビット数(16ビットか20ビットか24ビット)などの情報を含んでいる。 Cell audio information (5) the type of the audio signal (the linear PCM or MPEG1 or MPEG2 or Dolby AC-3 or the like), (or 48kHz or 96kHz) sampling frequency, or the number of quantization bits (16 bits or 20 bits It contains 24 bits) information such as.

(6)のセル副映像情報は、各セル内の副映像ストリームの数およびその記録場所を示す情報を含んでいる。 Cell sub-picture information (6) includes information indicating the number and the record location of the sub-picture streams in each cell.

一方、セルVOBUテーブルは、図26の下半分に図示するように、そのセルを構成するVOBU情報#1〜#nを含んでいる。 Meanwhile, the cell VOBU table, as shown in the bottom half of FIG. 26, includes a VOBU information #. 1 to # n constituting the cell. 各VOBU情報は、VOBU一般情報と、ダミーパック情報と、オーディオ同期情報を含んでいる。 Each VOBU information includes VOBU general information, and the dummy pack information, audio synchronization information.

図26において、セル時間情報(CTI#m)内の個々の情報内容を改めてまとめると、以下のようになる: In Figure 26, when again summarized individual information content of the cell time information (CTI # m), as follows:
(1)セルデータ一般情報(個々のセルに関する一般的情報で、以下の内容を含む); (1) cell data general information (in the general information on the individual cells, including the following contents);
(1.1)セルID(各セル毎の独自の識別子) (1.1) cell ID (a unique identifier for each cell)
(1.2)合計時間長(セル内の再生に要する全所用時間) (1.2) Total duration (total time required for regeneration of the cell)
(1.3)セルデータ集合体数(セル内でのセルデータ集合体記述子数 (1.4)セルデータ集合体記述子(記述例は図33を参照して後述) (1.3) cell data collection number (cell data collection descriptor number in the cell (1.4) cell data collection descriptor (described later with reference to the example of description Figure 33)
(1.5)セル時間物理サイズ(先天的欠陥場所も含めたセルが記録された情報記憶媒体上の記録位置サイズを示す。前述の「合計時間長」と組み合わせることによりセル内での先天的欠陥領域の大きさがわかり、実質的な転送レ−トの予想が付く。この情報は、別項で説明する「連続再生を保証できるセルの記録位置候補を定める」時に利用する。) (1.5) cell time physical size (congenital defect locations also including cell indicating the recording position size on the recording information storage medium. Congenital in a cell by combining the "total time length" described above understand the size of the defective area, substantial transfer rate - forecast bets stick this information, "it defines the recording position candidate cell that can guarantee continuous playback" described elsewhere during use)..
(1.6)構成VOBUの数(セルを構成するVOBU数) (1.6) Number of configuration VOBU (Number VOBU constituting the cell)
(2)タイムコードテーブル(詳細は後述); (2) the time code table (described in detail later);
(3)後天的欠陥情報(セル内に検出された後天的欠陥情報で、以下の内容を含む); (3) acquired defect information (in acquired defect information detected in the cell, including the following contents);
(3.1)後天的欠陥数(セル内で後天的欠陥が発生したECCブロックの数) (3.1) acquired defect number (number of ECC blocks acquired defects in cell occurs)
(3.2)後天的欠陥アドレス(図28に示す後天的欠陥の存在位置をECCブロック毎にAVアドレス値で示す。セルの再生時に欠陥が発生する毎に逐次登録して行く。) (3.2) acquired defect address (the location of acquired defects shown in FIG. 28 indicated by AV address value for each ECC block. Defect at the time of reproduction of the cell is gradually successively registered in each generation.)
(4)セルビデオ情報(以下の内容を含む); (4) cell video information (including the following contents);
(4.1)映像信号種類(NTSCか、PALか) (4.1) the video signal type (or NTSC, or PAL)
(4.2)圧縮方式(MPEG2か、MPEG1か、モーションJPEGか) (4.2) compression method (or MPEG2, MPEG1 or, or Motion JPEG)
(4.3)ストリームIDおよびサブストリームIDの情報(主画面か副画面か→複数画面同時記録・再生用) (4.3) stream ID and sub-stream ID information (or main screen or sub-screen → for multiple screen simultaneous recording and playback)
(4.4)最大転送レート (5)セルオーディオ情報(以下内容を含む); (4.4) the maximum transfer rate (5) (including the following contents) cell audio information;
(5.1)信号種類(リニアPCMか、MPEG1か、MPEG2か、ドルビーAC−3か) (5.1) Signal type (Linear PCM or, MPEG1 or, MPEG2 or, or Dolby AC-3)
(5.2)標本化周波数 (5.3)量子化ビット数 (6)セル副映像情報(各セル内の副映像情報のストリーム数やその記録場所を示す。) (5.2) sampling frequency (5.3) number of quantization bits (6) cell sub-picture information (. Indicating a stream number and the record location of the sub-picture information in each cell)
上記「タイムコードテーブル」は、図26の上方に示すように、セル内のVOBU毎のピクチャ数(フレーム数:1バイト表現)#1〜#nと、前記「セルデータ集合体記述子」に示されるところの情報記憶媒体上記録位置でのVOBU毎の使用ECCブロック数(1バイト表現)#1〜#nの組で表わされている。 The "time code table", as shown above in FIG. 26, the number of pictures each VOBU in the cell (the number of frames: 1-byte representation) and #. 1 to # n, the "cell data collection descriptor" VOBU each use ECC block number of the information storage medium on recording positions where indicated (1 byte representation) is represented by a set of # 1~ # n.

この表記方法を用いることにより、タイムコードを非常に少ない情報量で記録することができる。 By using this notation can be recorded with a very small amount of information the time code. 以下にこのタイムコードを用いたアクセス方法に付いて説明する(図36の中身については別項で説明する)。 It will be described with the access method using the time code in the following (described elsewhere for the contents of FIG. 36).

1. 1. 図36の録画再生アプリケーションからアクセスしたいセルIDとその時間が指定される; Recording and playback applications cell ID to be accessed from its time of FIG. 36 is designated;
2. 2. 図36の映像管理レイヤはこの指定された時間から対応するピックチャー(ビデオフレーム)のセル開始位置からのピクチャ番号(フレーム番号)を割り出す; Video management layer in FIG. 36 determine the picture number from the cell start position of the pick char corresponding from the specified time (video frame) (frame number);
3. 3. 図36の映像管理レイヤは図26に示したセル先頭からのVOBU毎のピクチャ数(フレーム数)を順次累計計算し、図36の録画再生アプリケーションが指定したピクチャ(フレーム)が先頭から何番目のVOBU内の更に何番目のピクチャ(フレーム)に該当するかを割り出す; VOBU every number of pictures from the cell head shown in the video management layer 26 in FIG. 36 (frame number) are sequentially accumulated to calculate the picture to the specified recording and playback application in Figure 36 (frames) beginning what number from determine whether the corresponding further ordinal number of the picture in the VOBU (frame);
4. 4. 図26のセルデータ集合体記述子と図18のアロケーションマップテーブルAMTからセル内の全データの情報記憶媒体上の記録位置を割り出す; From the allocation map table AMT cell data collection descriptors and 18 of Figure 26 determine the recording position on the information storage medium for all data in a cell;
5. 5. 上記「3.」で割り出したVOBU番号(#n)まで図26のVOBU(#n)のECCブロック数(#1〜#n)の値を加算し、該当するVOBU先頭位置でのAVアドレスを調べる; Adds the value of the ECC block number (# 1~ # n) of the VOBU in FIG. 26 to the "3" VOBU number indexing in (#n) (#n), the AV address in the appropriate VOBU start position examine;
6. 6. 上記「5.」の結果に基づき直接該当するVOBU先頭位置へアクセスし、上記「3.」で求めた所定のピクチャ(フレーム)に到達するまでトレースする; Access to the VOBU start position corresponding directly based on the results of the "5", traced until it reaches the predetermined picture (frame) obtained by the above "3";
7. 7. この時、アクセス先のVOBU内のIピクチャ記録最終位置情報が必要な場合には、図27のIピクチャ終了位置の情報を利用する。 At this time, when I-picture recording final position information in the access destination VOBU is required, it utilizes the information of the I-picture end position of FIG. 27.

図27は、図26のセルVOBUテーブル(VOBU情報)の内部構造を説明する図である。 Figure 27 is a diagram illustrating the internal structure of the cell VOBU table in FIG. 26 (VOBU information).

オーディオ情報に関する時間管理情報(PTS)は、図24に示すように、パケットヘッダの中に記録されている。 Time management information on the audio information (PTS), as shown in FIG. 24, is recorded in the packet header. しかし記録位置が管理階層の深い所に記録されているため、この情報を取り出すためにはオーディオパックの情報を直接再生する必要があり、セル単位での映像情報の編集時には非常に時間がかかる。 However, since the recording position is recorded at deep management hierarchy to retrieve this information must play information of the audio packs directly, it takes a very long time when editing video information in units of cells.

この「セル単位編集時に時間がかかる」という問題に対処するために、図18のAVデータ制御情報DA210内に、オーディオ情報に対する同期情報を持たせている。 To address the problem of the "take time during cell unit edit", in the AV data control information DA210 in FIG. 18, is to have a synchronization information for the audio information. この同期情報が、図27のオーディオ同期情報である。 This synchronization information is audio synchronization information in FIG. 27.

図27において、VOBU情報は、MPEGエンコードされた映像情報のIピクチャの終了位置を示すもので、Iピクチャの最終位置のVOBUの先頭位置からの差分アドレスで表現される(1バイト)。 In Figure 27, VOBU information indicates the end position of the I-picture of video information MPEG encoded and expressed by differential addresses from the head position of the VOBU in the last position of the I-picture (1 byte).

ダミーパック情報は、各VOBU内に挿入されたダミーパック(図25)の数を示すダミーパック数(1バイト)と、そのVOBUの先頭からダミーパック挿入位置までの差分アドレス(2バイト)および個々のダミーパック数(2バイト)を含むダミーパック分布(ダミーパックの番号X2バイト)とで表現される。 Dummy pack information, differential address (2 bytes) and each of the dummy pack number indicating the number of inserted dummy packs in each VOBU (FIG. 25) (1 byte), to the dummy pack insertion position from the head of the VOBU is de dummy pack number with a dummy pack distribution (dummy pack number X2 bytes) containing (2 bytes) representation.

オーディオ同期情報は、オーディオストリームのチャネル数を示すオーディオストリームチャネル番号(1バイト)と、Iピクチャ開始時刻と同時刻のオーディオパックが含まれるECCブロックのVOBU先頭からの差分アドレス値を示すIピクチャオーディオ位置#1、#2、…(各1バイト;最上位ビットで同時刻オーディオパックが含まれる位置の方向を指定…“0”で後方、“1”で前方)と、ECCブロック内においてIピクチャ開始時刻と同時刻のオーディオサンプル位置のサンプル番号を全オーディオパックの連番で係数表示したIピクチャ開始オーディオサンプル番号#1、#2、…(各2バイト)と、オーディオストリームとビデオストリームとの間の同期情報の有無を示すオーディオ同期情報フラグ#1、#2、…( Audio synchronization information, an audio stream channel number (1 byte) indicating the number of channels of audio streams, I-picture audio showing the differential address value from VOBU start of the ECC block including the audio pack of I-picture start time and the same time position # 1, # 2, ...; and (each 1 byte backward designated ... "0" in the direction of the position that contains the same time audio packs the most significant bits, forward "1"), I-picture in the ECC block start time and the I picture start displaying coefficients sample number of the audio sample position at the same time in ascending order of the total audio pack audio sample numbers # 1, # 2, ... and (2 bytes each), the audio and video streams synchronization information the audio synchronization information flag indicating the presence or absence of # 1 between, # 2, ... ( 1バイト)と、このオーディオ同期情報フラグが「同期情報有」を示すときだけに各オーディオ同期情報フラグに付加されるもので対応VOBUに含まれるオーディオサンプル数を示すオーディオ同期データ(2バイト)とで表現される。 1 byte), and only the audio synchronization data indicating the number of audio samples contained in the corresponding VOBU in what is added to each audio synchronization information flag when the audio synchronization information flag indicates "synchronization information present" (2 bytes) in is expressed.

図27のIピクチャ開始のオーディオ位置#1、#2、…により、Iピクチャ開始時刻と同時刻のオーディオパックが含まれるECCブロックの、該当VOBUの先頭からの差分アドレス値が示される。 Audio position # 1 of the I-picture start of FIG. 27, # 2, ..., the ECC block including the audio pack of I-picture start time and the same time, the differential address value from the head of a corresponding VOBU is shown.

さらに、図27のIピクチャ開始オーディオサンプル番号#1、#2、…により、Iピクチャ開始時刻と同時刻のオーディオサンプル位置の上記ECCブロック内サンプル番号が、全オーディオパックの連番で計数表示される。 Furthermore, I-picture start audio sample numbers # 1 in FIG. 27, # 2, ..., the above ECC block sample number of the audio sample position of the I-picture start time and same time, it is counted displayed in ascending order of all the audio packs that.

たとえばビデオ編集時にセル内のAV情報が分割される場合において、そのセル内のVOBUが更に2分割されてそれぞれ分割された情報が再エンコードされる場合、図27の上記情報(Iピクチャ開始のオーディオ位置#1とIピクチャ開始オーディオサンプル番号#1)を用いることにより、再生音の途切れや再生チャネル間で位相ずれのない分割をすることが可能となる。 For example, in the case where AV data in the cell at the time of video editing is divided, if the information VOBU in the cell is divided respectively are further divided into two is re-encoded, the audio of the information (I picture start of FIG. 27 position # 1 and by using the I-picture start audio sample numbers # 1), it is possible to split without phase shift between interruption or reproduction channel of the reproduced sound. この点について、以下に具体例を挙げて説明する。 This point will be described with reference to specific examples below.

通常のデジタルオーディオ録音機器の基準クロックの周波数ずれ量はおよそ0.1%程度と言われている。 Frequency shift amount of the reference clock of the normal digital audio recording device is said to be approximately 0.1% approximately. すると、たとえばデジタルビデオテープ(DAT)レコーダによりデジタル録音した音源情報をデジタルコピーにより既に録画したビデオ情報に重ね記録する場合、ビデオ情報とオーディオ情報間の基準クロックずれが0.1%程度ずれる可能性がある。 Then, for example, a digital video tape (DAT) if recorder overlapped recording already recorded video information by a digital copy source information digitally recorded by the possibility of the reference clock shift between the video information and audio information is shifted about 0.1% there is. この基準クロックのずれはデジタルコピー(あるいはパーソナルコンピュータ等を利用したノンリニア編集)を繰り返して行くうちに無視できない大きさとなり、再生音の途切れあるいは再生チャネル間での位相ずれとなって現れる。 The reference clock shift becomes too large to be ignored while going repeatedly digital copy (or nonlinear editing using a personal computer, etc.), it appears as a phase shift between the interruption or reproduction channel of the reproduced sound.

この発明での一実施の形態では、オーディオ情報の基準クロックがずれてもビデオ情報とオーディオ情報を同期して再生できるように(あるいはマルチチャネル音声のチャネル間位相同期が取れるように)、オプションで同期情報も記録できる形をとっている。 In one embodiment of this invention, (as inter-channel phase synchronization or multi-channel audio can be established) to be played in synchronization with video information and audio information is also shifted reference clock of the audio information, optional synchronization information is also in the form that can be recorded.

すなわち図27のオーディオ同期情報において、オーディオストリームとビデオストリーム間の同期情報の有無が、各オーディオストリームID(#1、#2、…)毎に設定できるようになっている。 That is, in the audio synchronization information in FIG. 27, presence or absence of synchronization information between audio and video streams is the audio stream ID (# 1, # 2, ...) it is possible to set for each.

このオーディオ同期情報がある場合には、その中のオーディオ同期データ内に、各VOBU単位でオーディオサンプル数が記載されている。 If there is the audio synchronization information, in the audio sync data therein, the number of audio samples is described in the VOBU units. この情報(オーディオサンプル数)を利用して、再生時に、オーディオストリーム毎にVOBU単位でビデオ情報とオーディオ情報の同期あるいはマルチチャネルオーディオのチャネル間同期をとることができるようになる。 Using this information (audio number of samples), during reproduction, it is possible to take inter-channel synchronization of the synchronization or multi-channel audio video information and audio information in VOBU units each audio stream.

図28は、図26の欠陥情報に関連して欠陥の種類(先天的欠陥と後天的欠陥)を説明する図である。 Figure 28 is a diagram illustrating the types of defects in connection with the defect information shown in FIG. 26 (congenital defects and acquired defects).

情報記憶媒体10上の欠陥に対しては、欠陥の発生時期に合わせて欠陥の種類を分け、それぞれの欠陥に応じて異なる位置に欠陥情報を記録している。 For defect on the information storage medium 10, it divides the types of defects in accordance with the generation timing of the defects, and recording defect information in different positions according to their defect.

情報記憶媒体上の欠陥領域検出方法としては、以下のものがある。 The defective area detecting method on the information storage medium, are the following.

*検証(サーティファイ) … 情報の記録前に検査領域にダミーデータを記録し、そこを再生してECCエラーチェックを行って欠陥箇所を検出する。 * Verification (certification) ... the dummy data is recorded in the inspection area before the recording of information, to detect the defective portion by performing an ECC error checking to play there.

*事前の再生チェック … 情報の記録前に検査領域を再生する。 * Play the inspection area before the recording of the pre-regeneration check ... information. 情報記憶媒体表面にゴミや傷が付くと再生信号の検出量が減少するので、たとえば図54のアンプ213出力を検出し、特定レベル以下の場所を欠陥領域と見なすことで、チェックを行なう。 Since the dust or scratch on the information storage medium surface detected amount of the reproduced signal decreases, for example to detect the amplifier 213 output in Figure 54, the specific level or less locations that regarded as a defective area, a check.

*記録時のIDエラー … 図8に示すように1セクタの最初にはエンボス構造のヘッダーが存在する。 * Header of the first embossed structure of one sector as shown in ID error ... Figure 8 at the time of recording is present. 記録時にはまずこのヘッダーの情報を再生し、物理セクタ番号を確認後、同期コードおよび変調後信号を記録する。 First reproduce the information in this header when recording, after checking the physical sector number is recorded a synchronization code and the modulated signal. このときヘッダが再生できない場合をIDエラーと呼び、情報記憶媒体上の欠陥の一種とする。 In this case the header is referred to as ID error may not play, the type of defect on the information storage medium.

*再生時のエラー … 記録完了後に再生し、ECCブロック内でのエラー訂正が不可能な領域を欠陥箇所と見なす。 * To play after an error ... the completion of recording at the time of reproduction, regarded as a defective portion of the area which can not be error correction in the ECC block.

情報記憶媒体10上で映像情報を記録もしくは情報の更新を行う場合には、ECCブロック単位の事前の再生とECCブロック内の変更・再書き込みを行わず、新たな情報もしくは更新すべき情報をECCブロック(AVアドレス)単位で直接上書きする。 Information when the storage medium to update the record or information video information 10 on the, without change or rewriting pre playback and the ECC block of ECC blocks, ECC information to be new information or update block overwritten directly (AV address) units.

記録前に事前に場所が分かっている欠陥箇所もしくは記録中に発見されたIDエラー箇所のことを、ここでは「先天的欠陥」と呼んでいる。 That of the discovered ID error locations in advance defective portion or know the location in the record before the record, here is referred to as a "congenital defect". この先天的欠陥の領域に対しては図13に示したスキッピング交替処理を行い、記録情報の保護を行う。 For the region of the congenital defect performs a skipping replacement process shown in FIG. 13, to protect the recorded information.

これに対し、 On the other hand,
*記録時の記録条件の不適合によりきちんと情報記憶媒体上に記録されなかった;または *記録は正確に行われたが、その後除法記憶媒体表面にゴミ付着、傷発生が生じて情報再生が不可能になったなどの原因から、記録後の再生時にECCエラー訂正が不能になる場所が発生することもある。 * Were recorded on a neat information storage medium by incompatibility of the recording condition during recording; or * recording has been made correctly, then division storage medium surface dust adhesion, scratch occurs in the information reproduction impossible from causes such as now, where at the time of playback after recording becomes impossible the ECC error correction is sometimes occur.

この状態で発生した欠陥を「後天的欠陥」と呼ぶ。 Defects that have occurred in this state is referred to as "acquired defect". この後天的欠陥箇所に対しては情報の保護・補償は不可能となる。 Protection and compensation of the information for this acquired defect sites becomes impossible. これに対してはユーザに映像を表示する側では、 Against the side for displaying an image to the user This,
*欠陥画面の前の画面を再度表示する; * To display the screen in front of the defect screen again;
*欠陥画面前後の画面を用いて間の画面を補間生成して表示する; * Screen displays the interpolation generating and between using defective screen before and after the screen;
*欠陥画面の前の複数画面の表示速度を局所的に遅らせて欠陥画面の間引き表示をするなどの補間処理が必要となる。 * Interpolation processing such as a thinned-out display of defective screen locally delay the display speed of the plurality of screens of previous defects screen is required.

図28は、上述した先天的欠陥および後天的欠陥に対する定義とその対処方法を表にしてまとめたものである。 Figure 28 is a definition and workarounds for congenital defects and acquired defects described above summarizes in the table.

図29は、図23のビデオRAMファイルに含まれるAVファイルのアドレス(すなわちAVアドレス;AVA)と、図2の光ディスクの論理ブロック番号(LBN)・論理セクタ番号(LSN)・物理セクタ番号(PSN)との対応関係を説明する図である。 Figure 29 is the address of the AV file that is included in the video RAM file of FIG. 23 (i.e. AV address; AVA) and a logical block number (LBN), logical sector numbers (LSN) of the optical disc 2, a physical sector number (PSN ) is a diagram illustrating a correspondence relationship between.

情報記憶媒体10上の全記録領域は、2048バイト(2kバイト)を最小単位とする論理セクタに分割され、全論理セクタには論理セクタ番号(LSN)が連番で付けられている。 Entire recording area on the information storage medium 10 is divided 2048 bytes (2k bytes) to the logical sector to a minimum unit, the total logical sector logical sector number (LSN) is assigned in ascending order. 情報記憶媒体10上に情報を記録する場合にはこの論理セクタ単位で情報が記録される。 Information on this logical sectors are recorded in the case of recording information on the information storage medium 10. 情報記憶媒体10上での記録位置はこの情報を記録した論理セクタの論理セクタ番号(LSN)で管理される。 Recording position on the information storage medium 10 are managed by the logical sector number of a logical sector that records this information (LSN).

図29のAVアドレスがECCブロックサイズ32kバイトを最小単位としている理由については、図34を参照して後述する。 AV address in FIG. 29 is for the reason that the minimum unit of ECC block size 32k bytes will be described later with reference to FIG. 34.

図29において、物理セクタ番号PSN、論理セクタ番号LSN、論理ブロック番号LBNおよびAVアドレスAVAは、以下の内容を持つ: 29, a physical sector number PSN, logical sector number LSN, logical block number LBN and AV address AVA has the following contents:
*物理セクタ番号PSNは、最小単位が物理セクタサイズの2kバイト(2048バイト)であり、ディスク10のリードインのリファレンス信号ゾーン(図5の基準信号ゾーン)から開始する。 * Physical sector number PSN is, the smallest unit is a 2k bytes of the physical sector size (2048 bytes), to start from the lead-in of the reference signal zone of the disk 10 (reference signal zone of FIG. 5). 欠陥発生時は欠陥箇所でPSNの欠番が生じる。 When the defect is PSN of the missing number occurs at the defective portion. 欠陥発生の有無に拘わらずPSNはその媒体上で不変とされる。 PSN or without defects is unchanged on that medium. また欠陥に対する交替処理と連動してPSNが変わることもない。 Also be no change PSN in conjunction with the replacement process for a defect. PSNは媒体の内周側(リードイン側)から外周側(リードアウト側)に向かって順次増加するよう付番される。 PSN is numbering to sequentially increasing toward the inner periphery side of the medium from (the lead-side) on the outer peripheral side (lead-out side). このPSNは、記録再生装置(ディスクドライブ)内のマイクロコンピュータ(MPU)により認知される。 The PSN is recognized by the recording and reproducing apparatus microcomputer (disk drive) in (MPU).

*論理セクタ番号LSNは、最小単位が物理セクタサイズの2kバイトであり、ディスク10のデータエリア(図20の030000h)から開始する。 * Logical sector number LSN is the minimum unit is a 2k-byte physical sector size, starting from the data area of ​​the disk 10 (030000h in Figure 20). 欠陥発生時の交替処理によりLSNに欠番あるいは重複番号が生じることはなく、その開始番号および最終番号は不変とされる。 Never missing number or duplication number occurs LSN by replacement process when a defect occurs, the start number and the last number is unchanged. また欠陥に対する交替処理と連動して媒体上の対応番号付加位置が適宜変更される。 The corresponding number adding position on the medium in conjunction with replacement process for a defect is appropriately changed. また欠陥に対する交替処理と連動して番号付加位置が変化する。 Further conjunction with number adding position and replacement process for a defect is changed. LSNはDMA情報(図6のDMA1〜DMA4)に対応し、PSNに対して変化する。 LSN corresponds to DMA information (DMA1 to DMA4 in FIG. 6), changes with respect to PSN. このLSNは、ファイルシステム(図36のUDF等)および記録再生装置(ディスクドライブ)内のMPUにより認知される。 This LSN is recognized by the MPU of the file system (UDF etc. Figure 36) and the recording and reproducing apparatus (disk drive).

*論理ブロック番号LBNは、最小単位が物理セクタサイズの2kバイトであり、ディスク10上のファイル構造開始位置から始まる。 * Logical block number LBN is, the smallest unit is a 2k bytes of physical sector size, starting from the file structure start position on the disk 10. 欠陥発生時の交替処理によりLBNに欠番あるいは重複番号が生じることはなく、その開始番号および最終番号は不変とされる。 Never missing number or duplication number occurs LBN by replacement process when a defect occurs, the start number and the last number is unchanged. また欠陥に対する交替処理と連動して媒体上の対応番号付加位置が適宜変更される。 The corresponding number adding position on the medium in conjunction with replacement process for a defect is appropriately changed. また欠陥に対する交替処理と連動して番号付加位置が変化する。 Further conjunction with number adding position and replacement process for a defect is changed. LBNはLSNの平行移動により番号変換される(LBN=LSNーLSNfs;LSNfsはLBN開始位置でのLSN)。 LBN is number translation by parallel movement of the LSN (LBN = LSN over LSNfs; LSNfs the LSN at LBN start position). このLBNは、ファイルシステム(図36のUDF等)および記録再生装置(ディスクドライブ)内のMPUにより認知される。 The LBN is recognized by the MPU of the file system (UDF etc. Figure 36) and the recording and reproducing apparatus (disk drive).

*AVアドレスAVAは、最小単位がECCブロックサイズの32kバイト(=16セクタ)であり、ディスク10上のAVデータ(図18のDA2)開始位置から始まる。 * AV address AVA is the minimum unit is ECC block size of 32k bytes (= 16 sectors), starting from (DA2 in FIG. 18) the start position AV data on the disk 10. 欠陥発生時の交替処理によりAVAに欠番あるいは重複番号が生じることはなく、その開始番号および最終番号は不変とされる。 Never missing number or duplication number occurs AVA by replacement process when a defect occurs, the start number and the last number is unchanged. また欠陥に対する交替処理と連動して媒体上の対応番号付加位置が適宜変更される。 The corresponding number adding position on the medium in conjunction with replacement process for a defect is appropriately changed. また欠陥に対する交替処理と連動して番号付加位置が変化する。 Further conjunction with number adding position and replacement process for a defect is changed. AVAはLBNに対応して番号変換される(AVA=(LBNーLBNav)÷16;LBNavはAVA開始位置でのLBN)。 AVA is number conversion corresponding to LBN (AVA = (LBN over LBNav) ÷ 16; LBN at LBNav the AVA starting position). このAVAは、映像管理レイヤ(図36を参照して後述)により認知される。 The AVA is recognized by the video management layer (described later with reference to FIG. 36).

図30は、図2の光ディスクに欠陥が発生した場合のAVアドレスの設定とエクステント(ECCデータの集合体)記述子の記述方法を説明する図である。 Figure 30 is a view for explaining how to write descriptor (aggregate of ECC data) set the extent of AV address when a defect occurs in the optical disk of FIG.

ユーザエリア集合体記述子の記述例が図30に示されている。 Description example of the user area aggregate descriptor is shown in Figure 30. この例では、個々のユーザエリア集合体記述子を情報記憶媒体10上の配置順に合わせて並べて記述してある。 In this example, it is described side by side to fit an individual user area aggregate descriptor arrangement order on the information storage medium 10. このユーザエリア集合体記述子では、AVアドレスとして This user area aggregate descriptor as an AV address
0,1,2,3,7,8,9,D,E,F 0,1,2,3,7,8,9, D, E, F
が登録されており、4,5,6,A,B,Cが欠番になっている。 There are registered, 4,5,6, A, B, C is in the missing number.

ここでの欠番位置が「先天的欠陥」の存在する場所である。 Here in the missing number position of is the location for a "congenital defect". これにより、情報記憶媒体10上の欠陥位置や欠陥長さや使用済み(既使用)のAVアドレス番号と未使用状態のAVアドレスの分布がわかる。 This shows AV address number and distribution of AV addresses unused state of the information storage medium 10 on the defect position and defect length and used (previously used).

この発明では、AVアドレス単位とECCブロック単位を一致させているが、それに拘わらず、たとえば論理ブロック番号で記録位置あるいは欠陥位置を記述することも可能であり、その場合もこの発明内容に含まれる。 In the present invention, although to match the AV address units and ECC block unit, nevertheless, for example, it is also possible to describe the recording position or the defect position logical block number, case is also included in the present invention the content .

図30の例で分かるように、スペアエリア724内での情報記憶媒体10上の配列に従ったAVアドレス番号は As seen in the example of FIG. 30, AV address number in accordance with the sequence on the information storage medium 10 in the spare area 724
A,B,6,C,4,5 A, B, 6, C, 4,5
と順不同の並び方をしている。 Is the arrangement of out-of-order and.

このため、スペアエリアアロケーション記述子SAD(図18)の各エクステント(集合体)の記述方法は、ユーザエリア集合体記述子UADのようにつながりのサイズと開始アドレスの組で表現するのでなく、その代わりに、情報記憶媒体10上の配列に沿ったAVアドレス個々を並べて記述する。 Therefore, how to write the spare area allocation descriptor SAD each extent (aggregate) (FIG. 18) is not to represent a set of size and start address of the connection as the user area aggregate descriptor UAD, the instead, write side by side AV address individual along the sequence on the information storage medium 10. この方が記述に必要なバイト数が少なくて済むからである。 This is because only a small number of bytes required for this it is written.

したがって、スペアエリア724内でAVアドレスの設定を行ったECCブロックに対しては、スペアエリア集合体記述子として、図31に示すように、AVアドレス番号のみを「3バイト」で表現する。 Thus, for the ECC block subjected to setting AV addresses in the spare area 724, as a spare area aggregate descriptor, as shown in FIG. 31, representing only AV address number "3 bytes".

またユーザエリア集合体記述子と同様に、3バイト領域の最上位ビットにフラグを付加し、最上位ビットが“0”であるエクステント(集合体)は既に使用されているエクステントとみなす。 Also like the user area aggregate descriptor, appends a flag to the most significant bit of 3-byte area, extents (aggregate) the most significant bit is "0" is considered to the extent that is already in use. これにより、最上位ビットが“1”の未使用エクステントを使用済みのエクステントから区別(識別で)きるるようになる。 Thus, so Ruru come distinguished from the extents spent unused extents of the most significant bit is "1" (identification).

なお、スペアエリア724内ではAVアドレス番号は順不同の並び方をしているため、AVアドレスの並びを見ただけでは欠陥位置を特定することはできない。 Incidentally, AV address number in the spare area 724 because it has the arrangement of unordered, just saw a sequence of AV address can not be identified defect position. そのためECCブロック毎に先天的欠陥集合体記述子DED(図30)を配置し、先天的欠陥集合体記述子DEDの識別子として3バイトの値を Therefore Place congenital defect clusters descriptor DED (FIG. 30) for each ECC block, the value of 3 bytes as an identifier of congenital defect clusters Descriptor DED
FFFFFF FFFFFF
と設定する。 It is set to.

ところで、先天的欠陥に対して図13のスキッピング交替処理に合わせて情報記憶媒体10上のAVアドレス設定位置が移動すると、情報記憶媒体10上で多数欠陥が生じた場合、AVアドレスの番号設定順が情報記憶媒体10上の配置順に対して異なってしまう現象が生じる。 Incidentally, the AV address setting position on the information storage medium 10 in accordance with the skipping replacement process in FIG. 13 moves relative to congenital defects, if many defects on the information storage medium 10 occurs, numbering order of the AV address There arises a phenomenon that will be different with respect to the arrangement order on the information storage medium 10.

たとえば、図30の例において、 For example, in the example of FIG. 30,
1)映像情報新規記録前にAVアドレスの後方3ECCブロック分欠陥を発見 → スペアエリア724にA,B,C分AVアドレス位置を移動; 1) moving picture information newly recorded before the discovery backward 3ECC blocks defects AV address → the spare area 724 A, B, and C content AV address location;
2)映像情報重ね書き前に更にAVアドレスの後方3ECCブロック分欠陥を発見 → スペアエリア724に4,5,6分AVアドレス位置を移動; 2) Move the further 4,5,6 minutes AV address position behind 3ECC block defect found → the spare area 724 of the AV address before overlaying video information;
3)最後に、映像情報の重ね書きをする前に、スペアエリア724内のAVアドレスC,4,5位置に新たに3ECCブロック分欠陥領域発生を発見 → スペアエリア724内のAVアドレスBの後方3ECCブロック分のAVアドレス設定位置を、AVアドレス6の後ろ側にずらす; 3) Finally, before overwriting the video information, AV address C in the spare area 724, 4,5 new behind the AV address B in 3ECC the block defect region generates a discovery → spare area 724 to the position the AV address setting position of 3ECC blocks, shifted behind the AV address 6;
と言うように、時間的にずれて複数回、先天的欠陥が発生した場合には、情報記憶媒体上の並びに沿って見たときのAVアドレスは 0,1,2,3,7,8,9,D,E,F,A,B,6,C,4,5 As say, several times offset in time, if the congenital defect occurs, the AV address when viewed along the arrangement on the information storage medium 0,1,2,3,7,8, 9, D, E, F, A, B, 6, C, 4,5
の順番に設定されてしまう。 It will be set in order.

この情報に対して更に新たな映像情報を上書きする場合、記録・再生の連続性を確保するために、記録可能箇所を情報記憶媒体10上での配置順に従って記録する必要性が生じる。 If further overwrite new video information to this information, in order to ensure the continuity of the recording and reproducing, the need to record a recordable location in accordance with the arrangement order of the above information storage medium 10 occurs. 従って、情報記憶媒体上の配置順に従ったAVアドレス設定マップが必要になる。 Therefore, AV address setting map in accordance with the arrangement order on the information storage medium is required. このAVアドレス設定マップが、図18のアロケーションマップテーブルAMTであり、これが情報記憶媒体10に記録される。 The AV address setting map is a allocation map table AMT shown in FIG. 18, which is recorded in the information storage medium 10.

このアロケーションマップテーブルAMTは、図18に示すように、ユーザエリアアロケーション記述子UAD、スペアエリアアロケーション記述子SADおよびアドレス変換テーブルACTという3つの領域に区分されている。 The allocation map table AMT, as shown in FIG. 18, the user area allocation descriptor UAD, is divided into three areas: the spare area allocation descriptor SAD and the address conversion table ACT.

図30から分かるように、AVアドレスの配置順は、ユーザエリア723内では情報記憶媒体10上の配列順に一致し、スペアエリア724内では情報記憶媒体10上の配置順と一致していない。 As can be seen from Figure 30, the arrangement order of the AV address, within the user area 723 matches the sequential order on the information storage medium 10, does not match the arrangement order on the information storage medium 10 is in the spare area 724. 従って、ユーザエリア723内ではAVアドレス配置情報を圧縮して記録することができる。 Therefore, it is possible to compressing and recording AV address arrangement information in the user area 723.

すなわち欠陥領域も含めてAVアドレス設定位置が連続して続く領域をエクステント(集合体)と言う一つのまとまりとみなし、ユーザエリア集合体記述子UED(*,*)で表現する。 That is regarded as one unity say a defect region followed by AV address setting position continuously, including area and extent (aggregate), the user area aggregate descriptor UED (*, *) is expressed by. これは (イ)連続したAVアドレス設定数(連続したECCブロック数に一致)を2バイトで表現し; This is expressed by 2 bytes (i) continuous AV address setting number (consecutive equal to the number of ECC blocks);
(ロ)エクステント(集合体)先頭のAVアドレス番号を3バイト表現し; (B) the extent (aggregate) and first three bytes represent the AV address number;
(ハ)上記2種類の情報(イ)(ロ)を1組として並べて記述するというもので、記述方法は、別項(図39)で述べるアロケーション記述子(AD)の表記方法と一致している。 (C) the two types of information (a) (ii) those that arrange for written as a set, description method is consistent with the notation of NES allocation descriptor described in (FIG. 39) (AD) .

上記の表現方法を用いることにより、ユーザエリア723内で欠陥場所が少ない場合には、各AVアドレス毎に分布を個々に記述する場合に比べて記述に必要なビット数が少なくて済み、図18のアロケーションマップテーブルAMTの記述に必要な情報量が少なくなる。 By using the above method of expression, when a small defect location in the user area 723, requires less number of bits required to describe in comparison with describing individually distributed for each AV address, 18 the amount of information required to describe the allocation map table AMT is less of. そうすると、情報記憶媒体10のトータル容量は決まっているので、各オブジェクト(図18のDA22〜DA24)に対する情報記憶媒体10の記憶容量が、相対的に増加する。 Then, since the information total capacity of the storage medium 10 is determined, the storage capacity of the information storage medium 10 for each object (DA22~DA24 in FIG. 18), relatively increased.

また、ユーザエリア723内ではAVアドレスの配置順と情報記憶媒体配列順が一致しているので、ユーザエリア集合体記述子(図31の所で改めて説明)内で指定された以外のAVアドレス番号位置に先天的欠陥が存在することが分かる。 Also, since in the user area 723 matches the arrangement order and the information storage medium order of arrangement of AV address, AV address number other than that specified in the user area aggregate descriptor (explained again at FIG. 31) it can be seen that congenital defects present in the position.

図31は、各種エクステント記述子(集合体記述子)の対応関係を説明する図である。 Figure 31 is a view for explaining the correspondence between the various extent descriptor (aggregate descriptors).

ユーザエリア集合体記述子に対しては、AVアドレス単位で「使用済み(既使用)」か「未使用」かの判別用フラグが付いている。 For user area aggregate descriptors, they are 'used (previously used) "or" unused "Kano discrimination flagged by AV address basis. すなわち、図31の「既使用・未使用の判別情報」記載欄にあるように、ユーザエリア集合体記述子内先頭アドレスを記述する3バイト領域の最上位ビットにフラグを付加し、最上位ビットが“0”であるエクステント(集合体)は既に使用されているエクステントとみなし、最上位ビットが“1”のエクステント(集合体)は未使用のエクステントと識別される。 That is, as shown in the description column "determination information on the used-unused" in FIG. 31, it adds a flag to the most significant bit of 3-byte area that describes the user area aggregates described Konai start address, the most significant bit There "0" is the extent (aggregate) is regarded as the extent that has already been used, the extent of the most significant bit is "1" (aggregate) is identified as unused extents.

ところで、図24に示したように映像情報の最小単位はセル単位になっており、また図7に示したようにDVD−RAMディスクでは各ゾーンの間にはガードエリアが存在する。 Incidentally, the smallest unit of the video information as shown in FIG. 24 has become a cell units, also a guard area present between the each zone DVD-RAM disc as shown in FIG. このため、セル情報を2ゾーン間にまたがって1以上のセルの記録する場合、光ヘッドがガードエリア間を移動するのに時間が取られ(さらに図5に示したようにゾーン間でディスク10の回転速度が変化するので回転サーボの切換処理に時間が取られ)、連続記録・連続再生が保証できなくなる。 Therefore, the disk 10 between zones as case, time for the optical head moves between the guard area is shown in which (further 5 taken to record one or more cells across cell information between two zones since the change speed time to switching process of the rotation servo is taken), it can not be guaranteed continuous recording and continuous reproduction.

このため、この発明では、「同一セル情報のゾーン間にまたがった録画あるいは記録を禁止する」と言う制約条件を付加している。 For this reason, in this invention, are added constraints say that "to prohibit the recording or recording that span between the zones of the same cell information".

またそれに従って、必ず「ユーザエリア集合体(ユーザエリアエクステント)」はゾーン間にまたがって定義しない」(すなわち全てのユーザエリアエクステントのサイズは1個のゾーンサイズより小さい)と言う制約条件も付加している。 Also in accordance with it, be sure to "user area aggregate (user area extent)" is also added constraint to say that you do not define across the inter-zone "(ie, the size of all of the user area extent is smaller than the one of the zone size) ing.

図7に示すように1個のゾーン内に存在するECCブロック数は比較的少ないので、ユーザエリア集合体記述子に記述されるECCブロックサイズ(ECCブロック数)としては、図31に示すように、2バイトのみの表現で充分となる。 Since the number of ECC blocks is relatively little present in one zone as shown in FIG. 7, as the ECC block size (number of ECC blocks) described in the user area aggregate descriptor, as shown in FIG. 31 , it is sufficient in terms of only 2 bytes.

このように「ユーザエリア集合体(ユーザエリアエクステント)はゾーン間にまたがらない」と定義することにより、ユーザエリア集合体記述子の記述に必要な総バイト数(サイズ)が低減でき、その分アロケーションマップテーブルAMTのサイズが小さくなる。 By defining this as a "collection of user area of ​​the polymer (user area extent) does not span between the zone", it is possible to reduce the total number of bytes required in the description of the user area aggregate descriptors (size), that amount the size of the allocation map table AMT is reduced. その結果、ビデオオブジェクトに対する記録容量を相対的に増加させることができる。 As a result, it is possible to relatively increase the recording capacity for the video object.

ところで、この発明の情報記憶媒体10では、図18に示すように、AVファイル(DA2)と通常のコンピュータ用のファイル(DA1、DA3)が混在記録できるようになっている。 Incidentally, in the information storage medium 10 of the present invention, as shown in FIG. 18, AV file (DA2) and files for ordinary computer (DA1, DA3) is adapted to be recorded together.

したがって、図30の例に示すように、スペアエリア724内にコンピュータデータエリアの交替箇所が混入する場合がある。 Accordingly, as shown in the example of FIG. 30, there is a case where the replacement location of the computer data area is mixed into the spare area 724.

この場所をAVデータの欠陥箇所と区別するため、図31に示すように、PC(パーソナルコンピュータ)使用集合体記述子も記述できるようにしてある。 To distinguish this location as defective portion of the AV data, as shown in FIG. 31, PC (Personal Computer) using aggregate descriptor also are also available description.

このPC使用集合体記述子の値は、たとえば図31に示すように The value of the PC using aggregate descriptor, for example, as shown in FIG. 31
FFFFFE FFFFFE
とする。 To. (図30および図31中のPEDは、パーソナルコンピュータのエクステント・ディスクリプタの頭文字を取ったものである。) (PED in FIGS. 30 and 31 is an acronym extent descriptor of the personal computer.)
なお、図7から分かるように、DVD−RAMディスクでは記録可能領域が24ゾーンに分割されている。 As can be seen from FIG. 7, the recording area in the DVD-RAM disc is divided into 24 zones. 従って各ゾーンの境界が分かるように、図31の表図では、次ゾーン開始マークとして Thus, as the boundary of each zone is known, in the table of FIG 31, as the next zone start mark
FFFFFC FFFFFC
といった識別子も設定している。 It is also set identifier, such as. (図30および図31中のZSMは、次のゾーンのスタート・マークの頭文字を取ったものである。) (ZSM in FIGS. 30 and 31, is an acronym of the start mark of the next zone.)
以上述べた各種集合体記述子(エクステント・ディスクリプタ)の内容と記述方法は、図31の一覧表にまとめて記述されている。 Contents description method above mentioned various assemblies Descriptor (Extent descriptor) are collectively described in the table of FIG. 31. この一覧表は、基本的には、情報記憶媒体10上の配列に従って、ECCブロック単位で各集合体記述子(エクステント・ディスクリプタ)を順次配置した形になっている。 This list is basically information according to the arrangement on the storage medium 10, is in the form of sequentially arranged the assembly descriptor in ECC block units (extent descriptor).

図65は、図2の光ディスクに記録される情報の階層構造の他の例(図18のアロケーションマップテーブルAMTと異なる内容のアロケーションマップテーブルAMTを持つ例)を説明する図である。 Figure 65 is a diagram for explaining another example of the hierarchical structure of information recorded on the optical disc shown in FIG. 2 (Example with an allocation map table AMT different contents allocation map table AMT shown in FIG. 18).

図18に示した構造でのスペアエリアアロケーション記述子SADは、図30に示すように、各ECCブロック毎にAVアドレスや先天的欠陥状況を記述する必要がある。 Spare area allocation descriptor SAD in the structure shown in FIG. 18, as shown in FIG. 30, it is necessary to describe the AV address or congenital defect status for each ECC block. そのためAVデータエリアDA2内の管理領域(制御情報DA21)内のデータ量が増大する。 Therefore the amount of data of the management area (control information DA21) in the AV data area DA2 is increased. その反面、図7から分かるように、ユーザエリア723に対するスペアエリア724の容量はおよそ1/19しかない。 On the other hand, as can be seen from Figure 7, the capacity of the spare area 724 to the user area 723 is about 1/19 only.

このような状況から、映像情報記録方法の他の実施方法として *先天的欠陥が生じた時の交替処理方法としてはスキッピング交替処理を行う; Under these circumstances, it is performing the skipping replacement process as replacement processing method when * congenital defects as another implementation of the video information recording method occurs;
*先天的欠陥が生じた時の交替処理としてスペアエリア724へのAVアドレスおよび論理セクタ番号(と論理ブロック番号)の付け替えのみ行う; * Made only replacement of AV addresses and logical sector numbers to the spare area 724 (the logical block number) as replacement process when a congenital defect occurs;
*スペアエリア724へは情報(映像情報等)の記録を行わない; * Not recorded information (video information) is to the spare area 724;
と言う使い方もある。 There is also use to say.

この実施方法では、情報(映像情報等)の記録はユーザエリア723内のみで行うためスペアエリアアロケーション記述子SADでのECCブロック毎の集合体記述子(エクステントディスクリプタ)の記述が不要となり、管理領域(制御情報DA21)の情報量が大幅に減る。 In this implementation, the recording of information (video information) is written in assembly descriptors for each ECC block in the spare area allocation descriptor SAD (Extent Descriptor) is unnecessary for performing only the user area 723, management area the amount of information (control information DA21) is greatly reduced.

図66は、図2の光ディスクに先天的欠陥がある場合の先天的欠陥アロケーション記述子とアロケートされないスペース記述子の記述方法を説明する図である。 Figure 66 is a view for explaining how to write congenital defect allocation descriptor and the allocated non space descriptor if there is a congenital defect in the optical disk of FIG.

以下、図65および図66を参照して、映像情報(AVデータ)等の記録をユーザエリア723内のみで行う場合のユーザエリアアロケーション記述子SAD(図30)に対する応用例を説明する。 Referring to FIGS. 65 and 66, will be described an application example for the user area allocation descriptor SAD in the case of performing recording such as video information (AV data) in the user area 723 only (Figure 30).

図65に示すように、先天的欠陥位置情報の管理方法として先天的欠陥アロケーション記述子PDADを用い、未記録場所情報の管理方法としてアロケートされないスペース記述子(Unallocated Space Descriptors)USDを利用する。 As shown in FIG. 65, using a congenital defect allocation descriptor PDAD as a management method of congenital defect position information, utilizing an unrecorded location information allocated to non space descriptor as a management method of (Unallocated Space Descriptors) USD. その具体的な管理情報内容について、図66を用いて説明する。 For the specific management information content is described with reference to FIG. 66.

ユーザエリア723内のAVデータエリアDA2内に欠陥箇所が発生した場合、交替処理により自動的にスペアエリア724内に交替箇所が作成され、欠陥箇所に事前に設定されたAVアドレスや論理セクタ番号、論理ブロック番号がそのままスペアエリア724の交替箇所に移される。 If a defect portion in the AV data area DA2 in the user area 723 is generated, automatically alternate location in the spare area 724 is created, AV address and the logical sector number set in advance the defective portion by replacement process, logical block numbers are directly transferred to the replacement location in the spare area 724.

映像情報等を記録する場合には、このユーザエリア723内の欠陥箇所を飛ばしてその直後の記録箇所に記録が行われる。 When recording video information, etc., recorded on the recording position immediately thereafter it is performed by skipping the defective portion in the user area 723.

前述したように映像情報等の記録はユーザエリア723内だけに限られるため、スペアエリア724には映像情報等の記録は行わず、未記録のまま放置される。 Since the recording of video information as described above is limited only within the user area 723, without recording such as video information in the spare area 724 is left unrecorded. 従ってこのスペアエリア724内での欠陥位置管理や未記録領域管理は不要となり、この場所内での管理情報は持たない。 Thus the defect position management and unrecorded area management within the spare area 724 is unnecessary, the management information within this site does not.

図30のユーザエリアアロケーション記述子UADでは先天的欠陥位置情報を明記せず、ユーザエリア集合体記述子UEDで指定されないAVアドレスを先天的欠陥位置と判定していた。 Without specifying the user area allocation descriptor UAD In congenital defect position information in FIG. 30, has been determined AV addresses not specified in the user area aggregate descriptor UED a congenital defect position.

それとは異なり、図65の先天的欠陥アロケーション記述子PDADでは、図66に示すように、先天的欠陥位置での事前に設定されたAVアドレスを3バイトずつ並べて記述する。 Unlike that, in congenital defect allocation descriptor PDAD in FIG. 65, as shown in FIG. 66, described side by side preconfigured AV address at congenital defect location by 3 bytes.

従って、先天的欠陥アロケーション記述子PDADに指定されてないAVアドレスが利用可能な場所と認識できる。 Therefore, AV address not specified a priori defect allocation descriptor PDAD can recognize the available locations.

また、図30のユーザエリアアロケーション記述子UADでは、図31に示すように、ユーザエリア集合体記述子UEDの先頭AVアドレスの最上位ビットに既記録(既使用=“0”)、未記録(未使用=“1”)の識別フラグを持たせていた。 Further, in the user area allocation descriptor UAD in FIG 30, as shown in FIG. 31, the most significant bit of the first AV address of the user area aggregate descriptor UED already recorded (the used = "0"), an unrecorded ( I had to have an identification flag unused = "1").

それとは異なり、図65のアロケートされないスペース記述子USDでは、未記録場所のAVアドレスを明示する。 Unlike that, the space descriptors USD unallocated in Figure 65, demonstrates the AV address of unrecorded location. この未記録場所を示すアロケートされないスペース記述子USDは先天的欠陥場所を考慮に入れず、連続したAVアドレスのつながりを示す集合体(エクステント)毎に場所指定を行う。 The unrecorded location space descriptor USD not allocated showing the not taking into account the congenital defect location, it performs location designated for each aggregate exhibiting consecutive AV address ties (extents).

すなわち、集合体(エクステント)内のECCブロック数を前半の2バイトで表現し、その集合体(エクステント)の先頭のAVアドレスを3バイトで表現し、両者を1組の集合体(エクステント)情報とする。 That is, the number of ECC blocks in the aggregate (extent) expressed by 2 bytes in the first half, aggregates thereof the head of AV address (extent) expressed by 3 bytes, a set of aggregate both (extent) Information to.

今までの説明では各AVファイル独自のAVアドレスを持ち、このAVアドレスを管理情報(制御情報DA21)に利用してきた。 Have each AV file its own AV address in the description of until now, it has been using this AV address in the management information (control information DA21). しかしそれに限らず管理情報(制御情報DA21)に例えば論理ブロック番号を利用することもできる。 However, it is also possible to use management information (control information DA21), for example, a logical block number is not limited thereto. すなわち、情報記録時の基本単位を2048バイト毎の論理ブロック単位とし、アドレスに論理ブロック番号を用いてアロケーションマップテーブルAMTやセル時間制御情報CTCIを記述することが可能である。 That is, the basic unit of recording information at logic block unit for every 2048 bytes, it is possible to describe the allocation map table AMT and cell time control information CTCI using logical block number in the address.

図32は、図18の制御情報DA21に含まれる情報の階層構造を例示する図である。 Figure 32 is a diagram illustrating a hierarchical structure of information included in the control information DA21 in FIG. 18.

図19または図24のセルは、再生データを開始アドレスと終了アドレスとで指定した再生区間を示す。 Cell of FIG. 19 or FIG. 24 shows a playback section specified by the start and end addresses of reproduced data. また、図19のプログラムチェーンPGCは、セルの再生順序を指定した一連の再生実行単位である。 Furthermore, the program chain PGC of FIG. 19 is a series of reproduction execution units specifying a playback order of the cells. 図19のビデオオブジェクトセットVOBSの再生は、それを構成するプログラムチェーンPGCとセルとによって決定される。 Reproduction of the video object set VOBS in FIG. 19 is determined by a program chain PGC and cells constituting it.

図32のAVデータ制御情報DA210は、このようなプログラムチェーンPGCの制御情報PGCCIを持つ。 AV data control information DA210 in FIG. 32 has a control information PGCCI such program chain PGC. このPGC制御情報PGCCIは、PGC情報管理情報PGC_MAIと、n個(1個以上)のPGC情報サーチポインタと、k個(1個以上)のPGC情報とで構成される。 The PGC control information PGCCI is composed of a PGC information management information PGC_MAI, and PGC information search pointer n (or 1), and PGC information of k (or 1).

PGC情報管理情報PGC_MAIには、PGCの数を示す情報が含まれる。 The PGC information management information PGC_MAI, includes information indicating the number of PGC. PGC情報サーチポインタは各PGC情報PGCIの先頭をポイントするもので、このサーチポインタにより対応PGC情報PGCIの検索が容易に行えるようになっている。 PGC information search pointers is intended to point to the beginning of each PGC information PGCI, the retrieval of the corresponding PGC information PGCI adapted easily by the search pointer.

各PGC情報PGCIはPGC一般情報とm個のセル再生情報を含む。 Each PGC information PGCI includes PGC general information and m pieces of cell playback information. このPGC一般情報はPGCの再生時間やセル再生情報の数を含む。 The PGC general information includes the number of reproduction time and cell playback information PGC.

図33は、図26の説明で触れた「セルデータ集合体記述子(セルデータ・エクステント・ディスクリプタ)」の記述内容の一例を示す。 Figure 33 shows an example of description contents of that mentioned in the description of FIG. 26, "cell data collection descriptor (cell data extent descriptor)". ここでは、使用可能なECCブロックの配列順で、同一セルに関する記録情報の塊を、1個のセルデータ集合体(セルデータエクステント)としている。 Here, in the arrangement order of available ECC blocks, chunks of recording information on the same cell, and the one cell data aggregate (cell data extent).

図33は、特定のセル#1が別のセル#2によって分断されてない限り、1個のセルデータ集合体とみなす。 Figure 33, unless a specific cell # 1 is not interrupted by another cell # 2, regarded as one of the cell data collection. 具体的記述方法としては、セルデータ集合体の長さ(セルデータ集合体が記録されているECCブロック数)を「2バイト」で表現し、セルデータ集合体の先頭のAVアドレスを「3バイト」で表現し、両者を続けて並べて記述する。 Specific description method, the length of the cell data collection (number ECC block cell data collection are recorded) represented by "2 bytes", first "3-byte AV address of the cell data collection expressed in ", describes side-by-side to continue both. すなわち、 That is,
CED(*,*) CED (*, *)
と表現する。 It expressed as.

図33に示すように、1個のセルを構成する全てのセルデータ集合体を並べて記述した記述文がセルデータ集合体記述子となる。 As shown in FIG. 33, description statement which describes side by side all the cell data set constituting the one cell becomes the cell data collection descriptor. この記述子によりセルが記録されている全AVアドレスの分布がわかり、アクセスが容易となる。 Understand the distribution of all AV address cell is recorded by the descriptor, it becomes easy access.

また、セルデータ集合体の長さとセルデータ集合体の先頭のAVアドレスを組にして並べて記述することにより、情報記憶媒体10上に連続して記録された領域が多い場合には、セルデータ集合体記述子の記述に必要なバイト数が減り、セル時間一般情報(#m)に必要なデータ量が減り、その分、ビデオオブジェクトDA22に使用できる記録容量が相対的に増加する。 Further, in the case that the regions recorded continuously on the information storage medium 10 is often described side by side with the head of AV address of the length of the cell data collection and cell data collection in the set, the cell data set reduces the number of bytes required to describe the body descriptors reduces the amount of data required for the cell time general information (#m), correspondingly, the recording capacity available in the video object DA22 is relatively increased.

なお、図33に示すように情報記憶媒体10の配列に沿って見た対応AVアドレス番号は不連続な順番に並ぶことが多い。 The correspondence AV address number as viewed along the arrangement of the information storage medium 10 as shown in FIG. 33 is often arranged in a discontinuous order. が、この発明の実施形態では図18に示すようにアロケーションマップテーブルAMTを持っているため、セルデータ集合体記述子において先頭のAVアドレスを設定するだけでセル内の全データの情報記憶媒体上の記録位置を特定することができる。 But because it has an allocation map table AMT shown in FIG. 18 in the embodiment of the present invention, the entire data of the information storage medium only in the cell to set the beginning of the AV address in the cell data collection descriptor it is possible to specify the recording position. このことは、AVアドレスがECCブロック単位となっていることと相まって、この発明の大きな特徴となっている。 This, coupled with the AV address is in the ECC block unit, has become a major feature of the present invention.

次に、図34を参照してAVアドレスの最小単位であるECCブロック位置と図24>に示したビデオオブジェクトユニットVOBUとの間の位置がずれた時の問題点について説明する。 Next, a description will be given problems when the position is shifted between the video object unit VOBU shown in ECC block position and FIG. 24> which is the minimum unit of the AV address with reference to FIG. 34.

図34のデータ変更領域に新たな情報の記録もしくは情報の更新を行う場合には 1)VOBU#gの先頭位置に掛かるECCブロックの再生; Reproduction of the ECC block applied to the head position of 1) VOBU # g in the case of conducting recording or updating of the information of the new information to the data change area in FIG. 34;
2)上記ECCブロックのデインターリーブ; 2) deinterleaving of the ECC block;
3)上記ECCブロック内のデータ変更領域に関する部分の情報変更; 3) the portion of the information changes to the data change area in an ECC block;
4)上記ECCブロック内のエラー訂正符号の付け替え; 4) replacement of the error correction code in the ECC block;
5)変更後の情報の上記ECCブロック位置への重ね書き; 5) overwrite to the ECC block position of the changed information;
といった複雑な処理が必要となる。 Complex processing such as is required. すると、毎秒30枚のフレームレートが要求されるNTSCビデオ録画における連続記録処理が阻害される。 Then, continuous recording processing in NTSC video recordings of 30 frames per second frame rate is required to be inhibited.

さらに、情報記憶媒体(DVDーRAMディスク10)の表面にゴミや傷があった場合、再生処理よりも記録処理の方が大きく影響を受ける。 Furthermore, if there is dust or scratch on the surface of the information storage medium (DVD-RAM disc 10), towards the recording process is greatly affected than the reproduction process.

すなわち、上記1)〜5)の処理を受けるECCブロックの位置近傍にゴミや傷があった場合、それまでは問題なくVOBU#gの再生が行われていたのにECCブロックの書き替え処理により情報欠陥が発生し、VOBU#gの再生が不可能になってしまう場合がある。 That is, the above 1) to 5 when a process dust and scratches in the vicinity of the ECC block for receiving a), rewrite processing of the ECC block to be reproduced without any problem VOBU # g has been performed until then information defect occurs, there is a case where the reproduction of VOBU # g becomes impossible.

またVOBU#gとは関係ないデータ変更領域での情報の書き替えを行う毎にVOBU#gの先頭位置の書き替えが必要となる。 The rewriting of the start position of VOBU # g is required for each to perform the rewriting of information is no data change area related to the VOBU # g. DVD−RAMディスクの記録材料に用いられる相変化記録膜は何度も繰り返し記録を行うと特性が劣化し、欠陥が増加する傾向を持つ。 DVD-RAM discs phase-change recording film used for a recording material of the even repetitive recording characteristics are deteriorated performed repeatedly, tend defects increases. 従って本来必要のない場所(図34ではVOBU#gの先頭部分)の書替回数はなるべく減らすことが望ましい(この書替回数は図18の制御情報書替回数CIRWNsに記録しておくことができる)。 Therefore as much as possible is desirable (this rewriting number of times to reduce the rewriting number of times (beginning of the FIG. 34 VOBU # g) originally unnecessary locations can be recorded in the control information rewrite count CIRWNs in FIG. 18 ).

以上の理由から、毎秒30枚のフレームレートでの連続記録処理の保証と不要箇所の書替回数を減らす等の目的のために、この発明では、図24に示すように、VOBU記録単位をECCブロック(32kバイト)の整数倍にしている。 For the above reasons, for purposes such as reducing the rewriting number of warranty and unnecessary portions of the continuous recording processing at 30 frames per second frame rate, in this invention, as shown in FIG. 24, ECC the VOBU recording unit It is an integer multiple of the block (32k bytes). これを32kバイトアラインという。 This is called a 32k byte-aligned.

この32kバイトアラインのために、つまり各VOBUのサイズがデータ変更の前後で常に32kバイトの整数倍になるように、各VOBUに適当なサイズのダミーパック(図25)を挿入している。 Because of this 32k byte alignment, i.e. the size of each VOBU is inserting the to be an integral multiple of always 32k bytes before and after the data changes, the appropriate size of the dummy pack each VOBU (FIG. 25).

上記の条件(記録単位をECCブロックの整数倍にする32kバイトアライン)に基づきこの発明で新規に設定したAVアドレス番号の設定方法について、他の論理ブロック番号付け方と比較した表を図29に示す。 Method for setting the above conditions, based on the (32k byte aligned to the recording unit to an integral multiple of an ECC block) AV address number set in the new in this invention, a table comparing with other logical block number Tsukekata 29 .

ファイルシステムで用いる論理ブロック番号との換算を容易にするため、情報記憶媒体10上で発生した欠陥に対する交替処理による欠番や重複番号は避けるようになっている。 To facilitate the conversion between the logical block numbers used in the file system, a missing number or duplicate ID by replacement process for a defect generated on the information storage medium 10 is made to avoid.

映像情報を記録する場合には、情報記憶媒体上の欠陥に対して図13のスキッピング交替処理を行う。 When recording video information, it performs skipping replacement process in FIG. 13 with respect to the defect on the information storage medium. このとき、交替処理により、AVアドレスの設定場所が情報記憶媒体10上で移動する。 In this case, the replacement process, setting the location of the AV address is moved on the information storage medium 10.

AVアドレス番号を「AVA」、論理ブロック番号を「LBN」、AVファイル開始位置での論理ブロック番号LBNを「LBNav」と記号化すると、論理ブロック番号とAVアドレス番号との間には、以下の関係がある: The AV address number "AVA", "LBN" logical block number, when symbolized as "LBNav" logical block number LBN of the AV file start position, between the logical block number and AV address number, the following relationship:
AVA=(LBN−LBNav)÷16 AVA = (LBN-LBNav) ÷ 16
ここで16で割った時の小数点以下の値は全て切り捨てとする。 Decimal value when divided by where 16 is all truncated.

図35は、録画後にデータ変更のあったセル中に前記ダミーパックを挿入することにより、前記32kバイトアラインが実行された場合を示している。 Figure 35, by inserting the dummy pack later in a cell that the data change recording, shows a case where the 32k byte alignment is performed. そうすると、セル内のビデオオブジェクトユニットVOBUの境界位置とこのセル内のデータを構成するECCブロック(16セクタ32kバイト)の境界位置とが一致する。 Then, the boundary position of ECC blocks (16 sectors 32k bytes) constituting the data of the video object unit in this cell and the boundary position of the VOBU in the cell match.

そうなれば、その後データを書き替える場合もECCブロック単位で上書き(オーバーライト)できる(ECCのエンコードをやり直す必要がない)。 If that happens, then it overwrites the ECC block even if rewriting the data can (overwriting) (it is not necessary to re-do the ECC encoding). しかも、AVアドレスがECCブロックを単位としているので、録画後の上書き(インサート編集等)がなされてもアドレス管理は容易である。 Moreover, since the AV address is in units of ECC blocks, overwriting after recording even address management (insert editing, etc.) is made is easy. この上書きはデータ変更のないVOBU#gには関係無く行われるので、データ変更領域の書替が原因でVOBU#gのデータが再生不能になる恐れもない。 This overwriting is performed regardless of the absence VOBU # g of data changes, replacement writing of data change area VOBU # g data there is no possibility to become unreproducible due.

なお、ダミーパックを挿入しなくても各VOBUのサイズがデータ変更の前後で32kバイトの整数倍となっているときは、32kバイトアラインという目的のためにダミーパックをあえて追加する必要はない。 It should be noted that, when it is not necessary to insert a dummy pack the size of each VOBU is an integer multiple of 32k bytes before and after the data changes, do not dare need to add a dummy pack for the purpose of 32k byte-aligned. しかしダミーパックは32kバイトアライン以外の使い途もある(アフターレコーディング用の予備エリア等)ので、32kバイトアラインをするしないに拘わらず適当な数のダミーパックを挿入することは好ましい。 But the dummy pack is also some use other than 32k byte align (such spare area for after-recording), it is preferable to insert an appropriate number of dummy pack regardless of whether the 32k byte alignment.

次に、この発明で利用される情報処理機器制御システムの階層構造の説明を行う。 Next, a description of the hierarchical structure of the information processing apparatus control system utilized in the present invention. 図36は、情報記憶媒体(DVDーRAMディスク等)に記録される情報を扱う情報処理機器(パーソナルコンピュータ等)内での、システム階層と個々の管理対象情報との関係を例示している。 Figure 36 is in the information processing apparatus (personal computer) to handle information recorded in the information storage medium (DVD-RAM disk or the like), it illustrates the relationship between the system hierarchy and individual managed information.

具体的には、このシステム階層は、1番目に「録画再生アプリケーション」の階層を持ち、2番目に「映像管理レイヤ」の階層を持ち、3番目に「I/Oマネージャ」の階層を持ち、4番目に「ファイルシステム(UDF等)」の階層を持ち、5番目に「デバイスドライバ」の階層を持ち、6番目に「ハードウエア(記録再生装置)」の階層を持っている。 Specifically, the system hierarchy, the first has a hierarchy of "recording playback application", the second has a hierarchy of "video management layer", has a hierarchy of "I / O manager" in the third, fourth has a hierarchy of "file system (UDF etc.)", the fifth has a hierarchy of "device driver", has a hierarchy of "hardware (recording and reproducing apparatus)" to the 6th.

最上位階層の「録画再生アプリケーション」は、映像情報(AVファイルのデータ)に関する録画・再生処理を行なう機能を担うもので、セルあるいはPGCを管理対象としている。 "Recording playback application" in the uppermost hierarchy, plays a function to perform recording and reproduction process related to the video information (data of the AV file), and the cell or PGC and managed. ここでは処理単位として時間が用いられ、欠陥管理は行われない。 Here time is used as a processing unit, the defect management is not performed.

2番目の階層の「映像管理レイヤ」は、AVファイル内の記録位置を制御する機能を担うもので、AVアドレスおよびセル内構造を管理対象としている。 "Video management layer" of the second hierarchy, those having a function of controlling the recording position of the AV file are managed the AV addresses and cell structure. ここでは処理単位として映像フレームが用いられ、欠陥管理も行われる。 Here the video frame is used as a processing unit, the defect management is also performed. すなわち、記録および再生の連続性を確保するために情報記憶媒体(DVDーRAMディスク等)上の欠陥位置も管理上考慮される。 That is, defect position on the information storage medium in order to ensure the continuity of the recording and reproducing (DVD-RAM disk or the like) are also managed on consideration.

3番目の階層の「I/Oマネージャ」は、システムと情報記憶媒体(DVDーRAMディスク等)との間のインターフェイス処理機能を担うもので、媒体に記録されるファイル(図23のAVファイル等)を管理対象としている。 "I / O manager" in the third hierarchy, plays a interface processing functions between the system and the information storage medium (DVD-RAM disk or the like), AV files in the file (Fig. 23 to be recorded on a medium such as a ) are subject to management. ここでは処理単位としてファイルが用いられ、欠陥管理は行われない。 Here file is used as a processing unit, the defect management is not performed.

4番目の階層の「ファイルシステム」は、主にファイル単位での記録・再生のアドレス制御機能を担うもので、情報記憶媒体(DVDーRAMディスク等)に割り当てられた論理ブロック番号LBNおよび論理セクタ番号LSN(図29参照)を管理対象としている。 4 th "File system" of the hierarchy, mainly plays a address control function of the recording and playback of a file basis, the information storage medium assigned to the (DVD-RAM disk or the like) logical block number LBN and logical sector It has managed a number LSN (see FIG. 29). ここでは処理単位としてファイルが用いられ、欠陥管理は行われない。 Here file is used as a processing unit, the defect management is not performed.

5番目の階層の「デバイスドライバ」は、システム側からの記録再生装置(DVDーRAMドライブ等)の動作制御機能を担うもので、情報記憶媒体(DVDーRAMディスク等)に割り当てられた論理セクタ番号LSNを管理対象としている。 5 th "device driver" is the hierarchy, plays a motion control function of the recording and reproducing apparatus from the system side (DVD-RAM drive, etc.), the information storage medium logical sector assigned to (DVD-RAM disk or the like) It has a number LSN and managed. ここでは処理単位としてセクタサイズ(2kバイト)が用いられ、欠陥管理は行われない。 Here sector size (2k bytes) is used as a processing unit, the defect management is not performed.

6番目の階層の「記録再生装置」は、情報記憶媒体(DVDーRAMディスク等)に対する単純記録および単純再生を実行する機能を担うもので、情報記憶媒体に割り当てられた物理セクタ番号PSN(図29参照)を管理対象としている。 6 th "reproducing apparatus" of the hierarchy, those having a function of executing a simple recording and simple reproduction on the information storage medium (DVD-RAM disk or the like), physical sector number PSN (FIG assigned to the information storage medium It has managed the 29 reference). ここでは処理単位として映像フレームが用いられ、欠陥管理も行われる。 Here the video frame is used as a processing unit, the defect management is also performed.

次に、図36のシステム階層とこの階層が適用されるハードウエア(図52を参照して後述するパーソナルコンピュータPC等)との関係を簡単に説明する。 Next, briefly described a relationship between the system hierarchy in Figure 36 this hardware hierarchy is applied (personal computer PC or the like which will be described later with reference to FIG. 52).

図36のシステム階層のうち、録画再生アプリケーションからデバイスドライバまでのプログラムに従った処理の実行は、図52のPCのメインCPU111が行なう。 Of the system hierarchy in Figure 36, running from the recording and playback application processing in accordance with the program to the device driver performs the main CPU111 of PC in Figure 52. また図36の最下行に示された情報記録再生装置(内部構成は図示せず)は、図52のDVDーROM/RAMドライブ140に対応している。 The information recording and reproducing apparatus shown in the bottom line of FIG. 36 (internal structure not illustrated) corresponds to the DVD-ROM / RAM drive 140 of FIG. 52. しかし、それに限らず、図36の情報記録再生装置を図52のCDーROMドライブ122に対応させることもできる。 However, not limited thereto, may correspond to the CD-ROM drive 122 of FIG. 52 the information recording and reproducing apparatus of FIG. 36. 図36のシステム階層のうち、I/Oマネージャーからデバイスドライバまでのプログラムは、図52のメインメモリ112の一部を構成するEEPROMなどの不揮発性半導体メモリに格納できる。 Of the system hierarchy in Figure 36, the program from the I / O manager to the device driver may be stored in a nonvolatile semiconductor memory such as an EEPROM contained in the main memory 112 of FIG. 52.

図36のシステム階層構造を利用する図52の情報処理機器は、通常のパーソナルコンピュータでは必須アイテムとなっているハードディスクドライブHDDを持たない(必要としない)ことを特徴としている(このことは、しかしながら、HDDを併用できないということではない)。 The information processing apparatus of FIG. 52 utilizing system hierarchy of Figure 36 has no hard disk drive HDD that has become indispensable item in a normal personal computer (not required) is characterized by (this is, however, , it does not mean that can not be used in combination HDD).

また、図36のシステム階層のうち、録画再生アプリケーションおよび映像管理レイヤは、情報記録再生装置(DVDーROM/RAMドライブ)140に装着された情報記憶媒体(光ディスク10のROM領域)に格納されている。 In addition, of the system hierarchy in Figure 36, the video recording and playback application and the video management layer, stored in the information recording and reproducing apparatus (DVD chromatography ROM / RAM drive) 140 in the mounting information storage medium (ROM area of ​​the optical disk 10) there.

次に、図36映像管理レイヤでの映像情報(AVデータ)の記録・削除に関する制御方法について、図24のセル#3を例にとって説明する。 Next, a control method for recording and deleting of video information in 36 video management layer (AV data), illustrating the cell # 3 in FIG. 24 as an example.

[セル#3の映像情報に対して追加加工後に再記録する方法] [How to re-recorded after additional processing to the video information of the cell # 3]
<01>セル#3の読み込み、追加加工処理を行う。 <01> reading of the cell # 3, perform additional processing.

<02>追加加工後のセル#3がデータサイズ的に元の位置に戻るかを調べる(ここでは元の位置にサイズ的に入り切らず別の位置に記録する場合を説明する)。 <02> additional machining after the cell # 3 is checked to return to the data size to the original position (here describes a case of recording to another position without Hairikira size specific to the original position).

<03>アロケーションマップテーブルAMT(図18)から未使用のAVアドレスを探す。 <03> Find AV unused address from the allocation map table AMT (Figure 18).

<04>PGC制御情報PGCCI(図18)からセル#3の前後の再生順にあるセルIDを調べる。 <04> determine the cell ID before and after the reproduction order of the cell # 3 from PGC control information PGCCI (Figure 18).

<05>セル時間制御情報CTCIからセル#3の前後の再生順にあるセルの保存場所を示すAVアドレスを調査する。 <05> to investigate the AV address indicating the storage location of the cells from cell time control information CTCI before and after the playback order of the cell # 3.

<06>アロケーションマップテーブルAMT(図18)からセル#3の前後の再生順にあるセルの情報記憶媒体10上の記録位置を推測する。 <06> to infer the recording position on the information storage medium 10 of the cells in the allocation map table AMT (Figure 18) before and after the reproduction order of the cell # 3.

<07>上記<03>で探した結果を基に連続再生を保証できるセル#3の記録位置候補を定める。 <07> determining the recording position candidates of cell # 3 that can guarantee continuous playback based on the result of looking in the <03>.

<08>上記<07>で定めた記録位置候補に対して事前の確証作業を行う。 Perform a pre-confirmatory work for the <08> recording position candidates determined by the above-mentioned <07>. たとえば、情報記録再生装置(図52のドライブ140等)のアクセス速度などの性能情報を情報記録再生装置からもらい、連続再生が危ない場所を抽出する。 For example, received a performance information such as the access speed of the information recording and reproducing apparatus (drive 140 of FIG. 52, etc.) from the information recording and reproducing apparatus, the continuous reproduction is extracted dangerous places. この危ない場所のみに対して実際に情報記録再生装置にアクセス動作をさせ、連続再生が確保できない場合には別の記録位置を探す。 This dangerous place only actually is an access operation to the information recording and reproducing apparatus with respect to, look for another recording position if the continuous reproduction can not be ensured. ここで最悪の場合、つまり連続再生が可能な記録位置が見つからない場合には、その前後のセルの記録位置まで記録位置候補をずらす。 Here the worst case, that is, when the continuous reproduction is not found recording position possible, shifting the recording position candidates to the recording positions of the front and rear cells.

<09>記録位置が確定したら追加加工後のセル#3の情報の記録処理に入る。 <09> into the recording process of cell # 3 of information after the additional processing Once the recording position is confirmed.

<10>記録中も記録状況をモニターし、IDエラーをチェックする。 <10> also monitor the recording state during recording, check the ID error.

(注)記録時のIDエラーについて: (Note) The ID error during recording:
図8に示すように、1セクタの最初にはエンボス構造を有したヘッダが存在する。 As shown in FIG. 8, the first sector there is a header having an embossed structure. 記録時にはまずこのヘッダ情報を再生し、物理セクタ番号を確認後、同期コード、変調後信号を記録する。 First reproducing the header information in the recording, after checking the physical sector number, the synchronization code, to record the modulated signal. その際、ヘッダが再生できない場合をIDエラーと呼び、情報記憶媒体上の欠陥の一種になる。 At that time, the header is referred to as ID error may not play, the kind of the defect on the information storage medium.

<11>上記<10>のIDエラーが検出された場合、IDエラー発生情報を情報記録再生装置(図52のドライブ140等)から受け取ると、スキッピング交替処理(図13)を実行させるとともに、その情報を基に逐次アロケーションマップテーブルAMT(図18)に先天的欠陥(図28)の情報を追記して行く。 <11> above <10> ID if an error is detected, and when receiving the ID error occurrence information from the information recording reproducing apparatus (drive 140 of FIG. 52, etc.), along with executing skipping replacement process (FIG. 13), the sequentially allocation map table AMT based on information (Fig. 18) continue to append information congenital defects (Figure 28).

<12>上記<11>の記録処理が完了すると、追加加工後のセル#3の情報を記録したAVアドレスの既使用登録を、アロケーションマップテーブルAMTに対して行う。 <12> When the recording processing of the <11> is completed, the already used registration of AV address recorded cell # 3 information after the addition processing performed on the allocation map table AMT.

<13>最後に、図36のデバイスドライバを制御して、情報記憶媒体10のDMA管理領域(図6のDMA1&DMA2とDMA3&DMA4)にスキッピング交替処理情報を記録させる。 <13> Finally, by controlling the device driver 36 to record the skipping replacement process information in the DMA management area of ​​the information storage medium 10 (DMA1 & DMA2 and DMA3 & DMA4 in FIG. 6).

[セル#3の映像情報を削除する方法] [How to remove the video information of the cell # 3]
<21>PGC制御情報PGCCI(図18)に対してデータ変更処理を実施する。 Implementing the data change processing to <21> PGC control information PGCCI (Figure 18).

<22>セル時間制御情報CTCI(図18)からセル#3に関する情報を削除する。 <22> deletes information about the cell # 3 from the cell time control information CTCI (Figure 18).

<23>アロケーションマップテーブルAMT(図18)内のAVアドレスリストにおいて、セル#3が使っていたAVアドレスを「未使用」に変更する。 <23> In AV address list in the allocation map table AMT (FIG. 18), changes the AV address cell # 3 was used to "unused".

<24>もしセル#3に関する後天的欠陥アドレス(図26)が登録されていた場合には、その欠陥場所を先天的欠陥に変更して、擬似的なスキッピング交替処理を行い、その結果をアロケーションマップテーブルAMT(図18)に登録する。 <24> If when acquired defective address for cell # 3 (FIG. 26) has been registered, by changing the defect location congenital defect, performs pseudo skipping replacement process, the allocation results It is registered in the map table AMT (Figure 18).

その後、登録された情報に従いデバイスドライバ(図36)を制御して、情報記憶媒体10のDMA管理領域(図6のDMA1&DMA2とDMA3&DMA4)にスキッピング交替処理情報を記録させる。 Then, by controlling the device driver (FIG. 36) in accordance with information registered records the skipping replacement process information in the DMA management area of ​​the information storage medium 10 (DMA1 & DMA2 and DMA3 & DMA4 in FIG. 6).

図36のファイルシステムでは、情報記憶媒体10上での追記・更新情報の記録位置制御を行っているが、ファイルエントリではファイル単位の論理ブロック番号情報しか管理してない。 The file system of FIG. 36, is performed the recording position control of the write-once-updates on the information storage medium 10, the file entry does not manage only logical block number information of the file unit.

一方、編集も含めた映像情報の録画・再生処理を行うためには、図24で示したように、映像情報の最小単位であるセル単位での情報記憶媒体10上の位置制御が必要となる。 Meanwhile, in order to perform recording and playback processing of the video information, including the editing, as shown in FIG. 24, it is necessary to position control on the information storage medium 10 in the cell unit which is the smallest unit of the video information .

また、映像情報の連続記録条件および連続再生条件をともに満足することも必要条件となる。 Also, a necessary condition to satisfy both continuous recording conditions and continuous reproduction condition of the video information. 情報記憶媒体10では表面のごみ、傷による欠陥が逐次発生する。 Dust information storage medium 10 in the surface, defects due to scratches sequentially generated. その欠陥に対する交替処理として映像情報に対しては図13に示すスキッピング交替処理が行われる。 Skipping replacement process shown in FIG. 13 is the video information is performed as a replacement process for that defect.

しかしUDF(ユニバーサルディスクフォーマット)に限らずFAT(ファイルアロケーションテーブル)、NTFS(ニューテクノロジーファイルシステム)、UNIX(登録商標)(汎用オペレーティングシステムのユニックス)などのファイルシステムでは、情報記憶媒体上の欠陥管理は行っていない。 However UDF FAT not limited to (Universal Disk Format) (File Allocation Table), NTFS (New Technology File System), UNIX the file system, such as (R) (Unix general purpose operating system), the defect management on the information storage medium I do not go.

別項で行なうUDFについての説明(第37図〜第46図)でも、論理セクタ番号空間や論理ブロック番号空間では欠陥がないものとして番号設定を行っている。 But description of UDF performed in another section (FIG. 37-Figure 46), the logical sector number space and the logical block number space is carried out number setting that there is no defect.

しかし、広い領域に渡り連続して欠陥が生じた場合には、そこで映像情報の連続記録もしくは連続再生が不可能となる。 However, if the continuously defects over a wide area occurs, where continuous recording or continuous reproduction of the video information becomes impossible.

以上のことから、連続記録・連続再生を満足するDVDビデオレコーディングシステムでは、 From the above, in the DVD video recording system that satisfies the continuous recording and continuous playback,
*映像情報の連続記録・連続再生を可能にするための、情報記憶媒体10上の欠陥位置も考慮に入れた記録再生管理;および *ファイル単位ではなく、それより小さい単位(たとえばセル単位)での情報の記録再生管理; * To allow continuous recording and continuous reproduction of the video information recording and reproduction management was also taken into account the defect position on the information storage medium 10; and * rather than file units, with a unit smaller than (e.g. cell units) recording and reproduction management of information;
という2つの管理機能を持ったシステム階層が必要となる。 System hierarchy with two management function that is required.

しかし、業務用(編集用)ビデオテープレコーダVTRの例から明らかなように、一般の録画再生関連アプリケーションソフトでは、図36に示すようなタイムコードを用いた上位の録画・再生処理を行うが、情報記憶媒体(ビデオテープ)上の欠陥管理を行わない。 However, for commercial as apparent from the examples (editing) a video tape recorder VTR, in a general recording and reproducing related application software, performs the recording and reproduction of higher using the time code as shown in FIG. 36, information storage medium is not performed (video tape) on the defect management.

また、従来のコンピュータシステムでは、記録・再生時の連続性確保の必要性がないため、この連続性は考慮されていない。 Further, in the conventional computer system, because there is no need for continuity ensured during recording and reproducing, the continuity is not considered.

そこで、この発明では、ファイルシステム(図36のUDF)の上位層に「映像管理レイヤ」を新たに設け、ここで欠陥管理も含めた情報記憶媒体10上の記録・再生位置の管理および制御を行っている。 Therefore, in the present invention, the file system newly provided to "video management layer" to the upper layer of the (UDF in FIG. 36), here the management and control of the recording and reproducing position on the information storage medium 10, including the defect management Is going.

次に、図36のシステム階層の4番目に記載されたファイルシステムで扱われるところの、情報記憶媒体上の情報内容について、説明する。 Then, where handled by the file system described in the fourth system hierarchy in Figure 36, the information content on the information storage medium will be described. このファイルシステムの代表例として、現在DVDに採用されているUDF規格について説明を行う。 As a typical example of the file system, a description is given of UDF standard employed in the current DVD.

初めに、DVDで採用されているUDFフォーマットについて説明する。 First, a description will be given of UDF format that has been adopted on DVD.

<<<UDFの概要説明>>> <<< UDF summary description of the >>>
<<UDFとは何か>> << UDF What is >>
UDFとはユニバーサルディスクフォーマットの略で、主にディスク状情報記憶媒体における「ファイル管理方法に関する規約」を示す。 It stands for Universal Disk Format The UDF, mainly showing the "terms file management method" in the disc-shaped information storage medium.

CD−ROM、CD−R、CD−RW、DVD-ビデオ、DVD−ROM、DVD−R、DVD−RAM等は、国際標準規格である「ISO9660」で規格化されたUDFフォーマットを採用している。 CD-ROM, CD-R, CD-RW, DVD- Video, DVD-ROM, DVD-R, DVD-RAM, etc., have adopted the UDF format that has been standardized by the international standard "ISO9660" .

ファイル管理方法としては、基本的にルートディレクトリを親に持ち、ツリー状にファイルを管理する階層ファイルシステムを前提としている。 The file management method, basically have the root directory to the parent, it is assumed a hierarchical file system for managing files in a tree structure.

ここでは主にDVD−RAM規格に準拠したUDFフォーマットについての説明を行うが、この説明内容の多くの部分はDVD−ROM規格内容とも一致している。 Is performed mainly description of the UDF format that conforms to the DVD-RAM standard here, many parts of this description content is also consistent with the contents of DVD-ROM standard.

<<UDFの概要>> << Overview of UDF >>
<情報記憶媒体へのファイル情報記録内容> <File information contents recorded in the information storage medium>
情報記憶媒体に情報を記録する場合、情報のまとまりを「ファイルデータ」と呼び、ファイルデータ単位で記録が行なわれる。 When recording information on an information storage medium, a collection of information is called "file data", recording is performed by the file data units. 個々のファイルデータは、他のファイルデータと識別するため、ファイルデータ毎に独自のファイル名が付加されている。 Individual file data, to identify other file data, is added its own file name for each file data.

共通な情報内容を持つ複数のファイルデータ毎にグループ化すると、ファイル管理とファイル検索が容易になる。 Grouping for each of the plurality of file data with a common information content, file management and file retrieval is facilitated. この複数ファイルデータ毎のグループを「ディレクトリ」または「フォルダ」と呼ぶ。 A group of each of the multiple file data is referred to as a "directory" or "folder". 各ディレクトリ(またはフォルダ)毎に独自のディレクトリ名(またはフォルダ名)が付加される。 Each directory (or folder) own directory name for each (or folder name) is added.

さらに、複数のディレクトリ(フォルダ)を集めて、その上の階層のグループとして上位ディレクトリ(上位フォルダ)でまとめることができる。 Moreover, to collect multiple directories (folders) can be summarized by the upper directory (upper folder) as the group of the hierarchy. ここではファイルデータとディレクトリ(フォルダ)を総称してファイルと呼ぶことにする。 Here, it is to be referred to as the files are collectively the file data and directory (folder).

情報を記録する場合には (イ)ファイルデータの情報内容そのもの; In the case of recording information (i) of the file data information content itself;
(ロ)ファイルデータに対応したファイル名;および (ハ)ファイルデータの保存場所(どのディレクトリの下に記録するか)に関する情報を全て情報記憶媒体(たとえば図1のディスク10)上に記録する。 Recorded on and (c) the file data storage location all the information storage medium information about (or not to record under which directory) (for example, disk 10 of FIG. 1); (ii) file name corresponding to file data.

また、各ディレクトリ(フォルダ)に対する (ニ)ディレクトリ名(フォルダ名);および (ホ)各ディレクトリ(フォルダ)が属している位置(つまりその親となる上位ディレクトリ/上位フォルダの位置)に関する情報も、すべて情報記憶媒体(10)上に記録する。 In addition, (d) directory names for each directory (folder) (folder name); also information about, and (e) each directory (folder) that belongs position (that is, the position of the upper directory / upper folder to be its parent), all recorded on the information storage medium (10).

図37は、図23の階層ファイルシステム構造と情報記憶媒体(DVDーRAMディスク10)に記録された情報内容との間の基本的な関係を説明する図である。 Figure 37 is a diagram illustrating the basic relationship between the information content recorded in a hierarchical file system structure and the information storage medium of FIG. 23 (DVD-RAM disc 10). 図37は、その上側に階層ファイルシステム構造の簡単な例を示し、その下側にUDFに従ったファイルシステム記録内容の一例を示している。 Figure 37 shows a simple example of a hierarchical file system structure on its upper side, it illustrates an example of a file system recorded content in accordance with UDF on its underside.

<階層ファイルシステム構造の簡単な例> <Simple example of a hierarchical file system structure>
小型コンピュータ用の汎用オペレーティングシステム(OS)であるUNIX(登録商標)、MacOS(登録商標)、MS−DOS(登録商標)、Windows(登録商標)など、ほとんどのOSのファイル管理システムは、図37あるいは図43に例示するようなツリー状の階層構造を持つ。 UNIX is a general purpose operating system for small computers (OS) (registered trademark), MacOS (registered trademark), MS-DOS (registered trademark), such as Windows (registered trademark), most of the OS file management system, as shown in FIG. 37 or having a tree-like hierarchical structure as illustrated in FIG. 43.

図37において、1個のディスクドライブ(たとえば1台のハードディスクドライブHDDが複数のパーティションに区切られている場合には、各パーティション単位を1個のディスクドライブとして考える)にはその全体の親となる1個のルートディレクトリ401が存在し、その下にサブディレクトリ402が属している。 In Figure 37, one disk drive (for example, when one hard drive HDD is divided into a plurality of partitions, consider each partition unit as one disk drive) in the parent of the entire there is one root directory 401, subdirectory 402 belongs underneath. このサブディレクトリ402の中にファイルデータ403が存在している。 File data 403 is present in the sub-directory 402.

実際にはこの例に限られず、ルートディレクトリ401の直接下にファイルデータ403が存在したり、複数のサブディレクトリ402が直列につながった複雑な階層構造を持つ場合もある。 In practice is not limited to this example, in some cases directly under the root directory 401 or there are file data 403, a plurality of sub-directories 402 has a complex hierarchical structure leads in series.

<情報記憶媒体上のファイルシステム記録内容> <File system contents recorded on the information storage medium>
ファイルシステム情報は論理ブロック単位(または論理セクタ単位;図36参照)で記録され、各論理ブロック内に記録される内容としては、主に、次のようなものがある: The file system information of logical blocks; recorded (or logical sectors see FIG. 36), the content recorded in each logic block, primarily, are as follows:
*ファイルID記述子FID(ファイル情報を示す記述文)…ファイルの種類やファイル名(ルートディレクトリ名、サブディレクトリ名、ファイルデータ名など)を記述しているもの。 * File ID descriptor FID (written statement indicating the file information) ... file type and file name (the root directory name, sub-directory name, such as file data name) that describes the. ファイルID記述子FIDの中には、それに続くファイルデータのデータ内容や、ディレクトリの中身に関する情報が記録されている位置も記述されている。 Among the file ID descriptor FID, the or data content of the subsequent file data which has also been described position information about the contents of the directory is recorded.

*ファイルエントリFE(ファイル内容の記録場所を示す記述文)…ファイルデータの内容やディレクトリ(サブディレクトリなど)の中身に関する情報が記録されている情報記憶媒体上の位置(論理ブロック番号)などを記述しているもの。 * File entry FE (descriptive sentence indicating the recording location of the file contents) ... describe like file data contents and directory location on the information storage medium where information about the contents of the (sub directory) are recorded (logical block number) to have things.

図37の中央部分は、図37の上側に示すようなファイルシステム構造の情報を情報記憶媒体10に記録したときの、記録内容を例示している。 The central portion of FIG. 37, when the recording information of the file system structure shown in the upper side of FIG. 37 in the information storage medium 10, illustrates the recorded contents. 以下、この例示内容を具体的に説明する。 Hereinafter will be described the exemplary contents specifically.

*論理ブロック番号「1」の論理ブロックには、ルートディレクトリ401の中味が示されている。 * To logic block of logic block number "1" has been shown to the contents of the root directory 401.

図37の例では、ルートディレクトリ401の中にはサブディレクトリ402のみが入っている。 In the example of FIG. 37, that contains only the subdirectory 402 in the root directory 401. このため、ルートディレクトリ401の中味としては、サブディレクトリ402に関する情報がファイルID記述子(FID)404で記載されている。 Therefore, as the contents of the root directory 401, information relating to the sub directory 402 is described in the file ID descriptor (FID) 404. なお、図示しないが、同一論理ブロック内に、ルートディレクトリ401自身の情報もファイルID記述子の文で並記されている。 Although not shown, in the same logical block, it is marked parallel with statement of the root directory 401 own information also file ID descriptor.

このルートディレクトリ401のファイルID記述子404中に、サブディレクトリ402の中味が何処に記録されているかを示すファイルエントリ(FE)405の記録位置が、ロングアロケーション記述子(LAD(2))で記載されている。 In the file ID descriptor 404 of the root directory 401, the recording position of a file entry (FE) 405 indicating whether the contents of the subdirectory 402 are recorded where is described a long allocation descriptor (LAD (2)) It is.

*論理ブロック番号「2」の論理ブロックには、サブディレクトリ402の中味が記録されている位置を示すファイルエントリ405が記録されている。 * The logical block of the logical block number "2", the file entry 405 indicating the position where the contents of the subdirectory 402 are recorded are recorded.

図37の例では、サブディレクトリ402の中にはファイルデータ403のみが入っている。 In the example of FIG. 37, that contains only the file data 403 in the sub-directory 402. このため、サブディレクトリ402の中味は、実質的にはファイルデータ403に関する情報が記述されているファイルID記述子406の記録位置を示すことになる。 Therefore, the contents of the subdirectory 402 will indicate the recording position of the file ID descriptor 406 in which information about the file data 403 is described in the substantial.

ファイルエントリ405では、その中のショートアロケーション記述子で3番目の論理ブロックにサブディレクトリ402の中味が記録されていることが記述(AD(3))されている。 In the file entry 405, it is described (AD (3)) that the contents of the subdirectory 402 are recorded in the third logical block short allocation descriptor therein.

*論理ブロック番号「3」の論理ブロックには、サブディレクトリ402の中味が記録されている。 * To logic block of logic block number "3", the contents of the sub directory 402 are recorded.

図37の例では、サブディレクトリ402の中にはファイルデータ403のみが入っているので、サブディレクトリ402の中味としてファイルデータ403に関する情報がファイルID記述子406で記載されている。 In the example of FIG. 37, because it contains only the file data 403 in the sub-directory 402, information about the file data 403 is described by the file ID descriptor 406 as the contents of the subdirectory 402. なお、図示しないが、同一論理ブロック内に、サブディレクトリ402自身の情報もファイルID記述子の文で並記されている。 Although not shown, in the same logical block, are marked parallel with statement subdirectory 402 own information also file ID descriptor.

ファイルデータ403に関するファイルID記述子406の中に、このファイルデータ403の中味が何処に記録されているかを示すファイルエントリ407の記録位置が、ロングアロケーション記述子(LAD(4))で記載されている。 In the file ID descriptor 406 relating to the file data 403, the recording position of the file entry 407 indicating whether the contents of the file data 403 is recorded where is described a long allocation descriptor (LAD (4)) there.

*論理ブロック番号「4」の論理ブロックには、ファイルデータ403の内容(408、409)が記録されている位置を示すファイルエントリ407が記録されている。 * The logical block of the logical block number "4", the file entry 407 indicating the position where the contents of the file data 403 (408, 409) is recorded is recorded.

ファイルエントリ407内のショートアロケーション記述子により、ファイルデータ403の内容(408、409)が、5番目と6番目の論理ブロックに記録されていることが記述(AD(5)、AD(6))されている。 The short allocation descriptor in the file entry 407, the contents of the file data 403 (408 and 409) is described that is recorded in 5 th and 6 th logical block (AD (5), AD (6)) It is.

*論理ブロック番号「5」の論理ブロックには、ファイルデータ403の内容408が記録されている。 * The logical block of the logical block number "5", the contents 408 of the file data 403 is recorded.

*論理ブロック番号「6」の論理ブロックには、ファイルデータ403の内容409が記録されている。 * To logic block of logic block number "6", the contents 409 of the file data 403 are recorded.

<図37の情報に沿ったファイルデータへのアクセス方法> <Method of accessing file data along the information of FIG. 37>
上述したように、ファイルID記述子FIDとファイルエントリFEには、それに続く情報が記述してある論理ブロック番号が記述してある。 As described above, the file ID descriptor FID and a file entry FE, are the logical block numbers describing the information following it are described.

ルートディレクトリから階層を下りながらサブディレクトリを経由してファイルデータへ到達するのと同様に、ファイルID記述子FIDとファイルエントリに記述してある論理ブロック番号に従って、情報記憶媒体10上の論理ブロック内の情報を順次再生しながら、目的のファイルデータの内容にアクセスする。 As well as reaching through subdirectories to the file data while down the hierarchy from the root directory, according to the logical block numbers are written to a file ID descriptor FID and a file entry, the information storage medium logical block on 10 while playing the information sequentially, to gain access to the contents of the file data of purpose.

つまり図37に示したファイルデータ403にアクセスするには、まず始めに1番目の論理ブロック情報を読み、その中のLAD(2)に従って2番目の論理ブロック情報を読む。 That is, access to the file data 403 shown in FIG. 37, first of all read the first logical block information, read the second logical block information in accordance with LAD (2) therein. ファイルデータ403はサブディレクトリ402の中に存在しているので、その中からサブディレクトリ402のファイルID記述子FIDを探し、AD(3)を読み取る。 The file data 403 is present in the subdirectory 402, locate the file ID descriptor FID subdirectories 402 from among them, reads the AD (3). その後、読み取ったAD(3)に従って3番目の論理ブロック情報を読む。 Then, read the third logical block information in accordance with the read AD (3). その中にLAD(4)が記述してあるので、4番目の論理ブロック情報を読み、ファイルデータ403に関するファイルID記述子FIDを探し、その中に記述してあるAD(5)に従って5番目の論理ブロック情報を読み、AD(6)に従って6番目の論理ブロックに到達する。 Since LAD (4) is are described therein, read the fourth logical block information, locate the file ID descriptor FID relating to the file data 403, the fifth accordance AD ​​(5) which are described therein read the logical block information, it reaches the 6 th logical block in accordance with AD (6).

なお、AD(論理ブロック番号)、LAD(論理ブロック番号)といった記述の内容については、後述する。 Incidentally, AD (logical block number), The contents of description such LAD (logical block number), will be described later.

<<<UDFの各記述文(記述子/ディスクリプタ)の具体的内容説明>>> Specifically description of <<< each description statement in UDF (Descriptor / Descriptor) >>>
<<論理ブロック番号の記述文>> << written statement of the logical block number >>
<アロケーション記述子> <Allocation descriptor>
前記<情報記憶媒体上のファイルシステム情報記録内容>で述べたように、ファイルID記述子FIDやファイルエントリなどの一部に含まれ、その後に続く情報が記録されている位置(論理ブロック番号)を示した記述文をアロケーション記述子と呼ぶ。 The As described in <Information file system information recorded contents on the storage medium>, included as part of such a file ID descriptor FID and file entry, position information followed is recorded (logical block number) a description statement shown is referred to as the allocation descriptor.

アロケーション記述子には、示すロングアロケーション記述子とショートアロケーション記述子がある。 The allocation descriptor, there is a long allocation descriptor and short allocation descriptor shown.

<ロングアロケーション記述子> <Long allocation descriptor>
図38は、情報記憶媒体上の連続セクタ集合体(エクステント)の記録位置を表示するロングアロケーション記述子の記述内容を説明する図である。 Figure 38 is a diagram illustrating the description contents of the long allocation descriptor for displaying the recording position of the consecutive sectors assembly on the information storage medium (extents).

ロングアロケーション記述子LAD(論理ブロック番号)は、エクステントの長さ410と、エクステントの位置411と、インプリメンテーション使用412とで構成されている。 Long Allocation Descriptor LAD (logical block number), the extent of length 410, and position 411 of the extent, and a implementation using 412.

エクステントの長さ410は論理ブロック数を4バイトで表示したものであり、エクステントの位置411は該当する論理ブロック番号を4バイトで表示したものであり、インプリメンテーション使用412は演算処理に利用する情報を8バイトで表示したものである。 Extent Length 410 is obtained by displaying the number of logical blocks of 4 bytes, the position 411 of the extent is obtained by displaying the logical block number corresponding 4 bytes, implementation using 412 utilizes the processing one in which you view the information in 8 bytes.

ここでは、記述を簡素化するために、「LAD(論理ブロック番号)」といった略号をロングアロケーション記述子の記述に用いている。 Here, to simplify the description, is used abbreviations like "LAD (logical block number)" to the description of the long allocation descriptor.

<ショートアロケーション記述子> <Short allocation descriptor>
図39は、情報記憶媒体10上の連続セクタ集合体(エクステント)の記録位置を表示するショートアロケーション記述子の記述内容を説明する図である。 Figure 39 is a diagram illustrating the description contents of the short allocation descriptor for displaying the recording position of the consecutive sectors assembly on the information storage medium 10 (extents).

ショートアロケーション記述子AD(論理ブロック番号)は、エクステントの長さ410と、エクステントの位置411とで構成されている。 Short allocation descriptor AD (logical block number), the extent of length 410, and a position 411 of extents.

エクステントの長さ410は論理ブロック数を4バイトで表示したものであり、エクステントの位置411は該当する論理ブロック番号を4バイトで表示したものである。 Extent Length 410 is obtained by displaying the number of logical blocks of 4 bytes, the position 411 of the extent is obtained by displaying the logical block number corresponding 4 bytes.

ここでは、記述を簡素化するために、「AD(論理ブロック番号)」といった略号をショートアロケーション記述子の記述に用いている。 Here, to simplify the description, is used abbreviation such as "AD (logical block number)" in the description of the short allocation descriptor.

<アロケートされないスペースエントリ> <Space entries that are not allocated>
図40は、情報記憶媒体上の未記録連続セクタ集合体(未記録エクステント)を検索するものでアロケートされないスペースエントリ(Unallocated Space Entry;略してUSE)として使用される記述文の内容を説明する図である。 Figure 40 is unrecorded sequential sectors assembly on the information storage medium (unrecorded extent) unallocated by those looking for space entry; explaining the contents of description statements used as (Unallocated Space Entry short USE) FIG it is.

アロケートされないスペースエントリとは、情報記憶媒体10の記録領域内での「記録済み論理ブロック」か「未記録論理ブロック」かを表すスペーステーブル(図44〜図46参照)に用いられる記述文である。 The space entry not allocated is the descriptive sentence used in "recorded logical block" or "unrecorded logical block" or space table indicating in the recording area of ​​the information storage medium 10 (see FIGS. 44 to 46) .

このアロケートされないスペースエントリUSEは、記述子タグ413と、ICBタグ414と、アロケーション記述子列の全長415と、アロケーション記述子416とで、構成されている。 Space entry USE not this allocated includes a descriptor tag 413, the ICB tag 414, and the overall length 415 of the allocation descriptor sequence, in the allocation descriptor 416 is configured.

*記述子タグ413は記述内容の識別子を表すもので、この例では“263”となっている。 * Descriptor tag 413 represents the identifier of the description contents, in this example is "263".

*ICBタグ414は、ファイルタイプを示す。 * ICB tag 414, indicating the file type.

ICBタグ内のファイルタイプ=1はアロケートされないスペースエントリUSEを意味し、ファイルタイプ=4はディレクトリを表し、ファイルタイプ=5はファイルデータを表している。 File type = 1 in ICB tag means allocated are not space entry USE, file type = 4 represents a directory, file type = 5 represents the file data.

*アロケーション記述子列の全長415は、アロケーション記述子列の総バイト数を4バイトで表している。 * The total length 415 of the allocation descriptor column represents the total number of bytes of the allocation descriptor sequence in 4 bytes.

*アロケーション記述子416は、各エクステント(セクタ集合体)の媒体10上の記録位置(論理ブロック番号)を列記したものである。 * Allocation descriptor 416 are those listed the recording position on the medium 10 of each extent (sector aggregate) (logical block number). たとえば、(AD(*),AD(*),………,AD(*))のように列記される。 For example, (AD (*), AD (*), ........., AD (*)) are listed as.

<ファイルエントリ> <File entry>
図41は、図23または図37のように階層構造を持ったファイル構造内で、指定されたファイルの記録位置を表示するファイルエントリの記述内容の一部を抜粋して説明する図である。 Figure 41 is a diagram in the file structure having a hierarchical structure is described with an excerpt of the description contents of the file entry for displaying the recording position of the specified file as shown in Figure 23 or Figure 37.

ファイルエントリは、記述子タグ417と、ICBタグ418と、パーミッション(許可)419と、アロケーション記述子420とで、構成されている。 The file entry, a descriptor tag 417, the ICB tag 418, and permissions (permission) 419, in the allocation descriptor 420 is configured.

*記述子タグ417は、記述内容の識別子を表すもので、この場合は“261”となっている。 * Descriptor tag 417, which represents the identifier of the description contents, has become in this case "261".

*ICBタグ418は、ファイルタイプを示すもので、その内容は、図40のアロケートされないスペースエントリのICBタグ414と同様である。 * ICB tag 418 indicates the file type, its content is the same as the ICB tag 414 space entries that are not allocated in FIG. 40.

*パーミッション(Permissions)419は、ユーザ別の記録・再生・削除の許可情報を示す。 * Permissions (Permissions) 419 indicates the permission information of user-specific recording and playback and deletion. 主にファイルのセキュリティー確保を目的として使われる。 It is used as intended primarily for security secure file.

*アロケーション記述子420は、該当ファイルの中味が記録してある位置を、エクステント毎にショートアロケーション記述子を並べて、記述したものである。 * Allocation descriptor 420, a position where the contents of the file has been recorded, side by side short allocation descriptors for each extent are those described. たとえば、FE(AD(*),AD(*),………,AD(*))のように列記される。 For example, FE (AD (*), AD (*), ........., AD (*)) are listed as.

<ファイルID記述子FID> <File ID descriptor FID>
図42は、図23または図37のように階層構造を持ったファイル構造内で、ファイル(ルートディレクトリ、サブディレクトリ、ファイルデータ等)の情報を記述するファイルID記述子の一部を抜粋して説明する図である。 Figure 42 is a file structure having a hierarchical structure as shown in FIG. 23 or FIG. 37, the file (root directory, subdirectory, file data, etc.) with an excerpt describing file ID descriptor information it is a diagram for explaining.

ファイルID記述子FIDは、記述子タグ421と、ファイルキャラクタ422と、情報制御ブロックICB423と、ファイル識別子424と、パディング437とで構成されている。 File ID descriptor FID includes a descriptor tag 421, the file character 422, the information control block ICB423, a file identifier 424, and a padding 437.

*記述子タグ421は、記述内容の識別子を表したもので、この場合は“257”となっている。 * Descriptor tag 421, a representation of the identifier of the description contents, has become in this case "257".

*ファイル特性422は、ファイルの種別を示し、親ディレクトリ、ディレクトリ、ファイルデータ、ファイル削除フラグのどれかを意味する。 * File characteristic 422, indicates the type of file, which means the parent directory, directory, file data, one of the file delete flag.

*情報制御ブロックICB423は、このファイルに対応したFE位置(ファイルエントリ位置)をロングアロケーション記述子で記述したものである。 * Information control block ICB423 are those described FE positions corresponding to this file (file entry position) in the long allocation descriptor.

*ファイル識別子424は、ディレクトリ名またはファイル名を記述したものである。 * File identifier 424, is a description of the directory or file name.

*パディング437は、ファイル識別子424全体の長さを調整するために付加されたダミー領域で、通常は全て“0”(または000h)が記録されている。 * Padding 437, at the added dummy area in order to adjust the length of the entire file identifier 424, typically all "0" (or 000h) is recorded.

なお、この発明では、図18に示すように、1つのボリュームスペース内でコンピュータデータ(DA1、DA3)とAVデータ(DA2)とが混在できるようになっている。 In this invention, as shown in FIG. 18, the computer data in one volume space and (DA1, DA3) AV data (DA2) and it is adapted to be mixed. この場合、ファイルとしてはコンピュータファイルとAVファイルの2種が混在する可能性がある。 In this case, the file might two computer file and AV files are mixed.

AVファイルをコンピュータファイルから区別するためのAVファイル識別子の設定方法としては、次の2つが考えられる: The method of setting the AV file identifier for distinguishing the AV file from the computer file, the following two methods are considered:
1)AVファイルのファイル名の末尾に所定の拡張子(.VOB等)を付ける; 1) at the end of the file name of the AV file attach a predetermined extension (.VOB, etc.);
2)AVファイルのパディング437に独自のフラグ(図示せず)を挿入する(このフラグが“1”ならAVファイルを示し、“0”ならコンピュータファイルを示す等)。 2) without its own flag (shown padding 437 of the AV file) to insert the (this flag indicates an AV file if "1", and the like of a computer file if "0").

なお、パディング437の領域内に暗号化されたユーザパスワードを記録することもできる。 It is also possible to record the encrypted user password in the region of the padding 437.

図43は、図37に例示されたファイル構造をより一般化したファイルシステム構造を示す。 Figure 43 shows a more generalized file system structure illustrated file structure in FIG. 37. 図43において、括弧内はディレクトリの中身に関する情報、またはファイルデータのデータ内容が記録されている情報記憶媒体10上の論理ブロック番号を例示している。 In Figure 43, the parentheses illustrates a logical block number on the information storage medium 10 where information about the contents of the directory or the data contents of file data are recorded.

<<<UDFに従って記録したファイル構造記述例>>> <<< file structure description was recorded in accordance with the UDF example >>>
前述した<<UDFの概要>>で示した内容(ファイルシステムの構造)について、具体的な例を用いて以下に説明する。 The contents shown in the overview of the above-mentioned << UDF >> (structure of the file system), will be described below with reference to specific examples.

情報記憶媒体(DVDーRAMディスク等)10上の未記録位置の管理方法としては、以下の方法がある: The method for managing unrecorded position of the information storage medium (DVD-RAM disk or the like) on the 10, the following methods:
[スペースビットマップ法] [Space bit map method]
この方法は、スペースビットマップ記述子を用いるもので、情報記憶媒体内記録領域の全論理ブロックに対してビットマップ的に「記録済み」または「未記録」のフラグを立てる方法である。 This method is intended to use a space bit map descriptor, the information storage medium recording bitmap to the total logical block regions "recorded" or a method of flagging the "unrecorded".

[スペーステーブル法] [Space table method]
この方法は、図40の記述方式を用いてショートアロケーション記述子の列記により記録済み論理ブロック番号を記載する方法である。 This method is a method of describing the recorded logical block numbers by listing the short allocation descriptor using descriptive scheme of Figure 40.

ここでは、説明をまとめて行なうために、図44〜図46に両方式(スペースビットマップ法およびスペーステーブル方法)を併記しているが、実際には両方が一緒に使われる(情報記憶媒体上に記録される)ことはほとんど無く、どちらか一方のみが使用される。 Here, in order to perform collectively described, although shown together both formulas (space bit map method and space table method) in FIGS. 44 to 46, both actually are used together (information storage medium to) it is hardly recorded, either alone are used.

また、スペーステーブル内での記述内容(ショートアロケーション記述子の記述・並べ方)は取りあえず図43のファイルシステム構造に合わせているが、これに限らず自由にショートアロケーション記述子を記述することができる。 Further, (described short allocation descriptor-arrangement) description contents in the space table is the time being are in accordance with the file system structure of FIG. 43, it is possible to write freely short allocation descriptor is not limited thereto.

図44〜図46は、図43のファイルシステム構造の情報をUDFフォーマットに従って情報記憶媒体10上に記録した例を示す。 FIGS. 44 to 46 show an example of recording on the information storage medium 10 in accordance with UDF format file system information structure of Figure 43. 図44はその前半を示し、図45はその中盤を示し、図46はその後半を示している。 Figure 44 shows the first half of FIG. 45 shows the middle, Figure 46 shows the second half thereof.

図44〜図46に示すように、ファイル構造486とファイルデータ487に関する情報が記録されている論理セクタは、特に「論理ブロック」とも呼ばれ、論理セクタ番号(LSN)に連動して論理ブロック番号(LBN)が設定されている。 As shown in FIGS. 44 to 46, the logical sector information regarding the file structure 486 and file data 487 is recorded, in particular also called "logical blocks", a logical block number in conjunction with the logical sector number (LSN) (LBN) has been set. (論理ブロックの長さは論理セクタと同様2048バイトになっている。) (The length of the logical block has the same 2048 bytes and logical sector.)
図44〜図46に記述されている主な記述子の内容としては、次のようなものがある: The contents of the main descriptors described in FIGS. 44 to 46, are as follows:
*エクステントエリア記述子開始445は、ボリューム認識シーケンス(Volume Recognition Sequence;略してVRS)の開始位置を示す。 * Extent Area Descriptor start 445, volume recognition sequence; indicates the start position of the (Volume Recognition Sequence for short VRS).

*ボリューム構造記述子446は、ディスクの内容(ボリュームの内容)の説明を記述している。 * Volume Structure Descriptor 446 describes a description of the contents of the disk (the contents of the volume).

*ブート記述子447は、コンピュータシステムのブート開始位置など、ブート時の処理内容に関する記述をした部分である。 * Boot descriptor 447, such as a boot start position of the computer system, is a portion in which the description of the processing contents of the boot.

*エクステントエリア記述子終了448は、ボリューム認識シーケンス(VRS)の終了位置を示す。 * Extent Area Descriptor End 448 indicates the end position of the volume recognition sequence (VRS).

*パーティション記述子450は、パーティションのサイズなどのパーティション情報を記述している。 * Partition descriptor 450, describes the partition information such as the size of the partition.

なお、DVD−RAMでは、1ボリュームあたり1パーティションを原則としている。 It should be noted that, in the DVD-RAM, has 1 partition per volume principle.

*論理ボリューム記述子454は、論理ボリュームの内容を記述している。 * Logical volume descriptor 454, describes the contents of the logical volume.

*アンカーボリューム記述子ポインタ458は、情報記憶媒体10の記録領域内で記録済みの情報の記録最終位置を表示している。 * Anchor Volume Descriptor Pointer 458 is displaying the last recorded position of the information recorded in the recording area of ​​the information storage medium 10.

*予約459〜465は、特定の記述子(ディスクリプタ)を記録する論理セクタ番号を確保するための調整領域であり、始めは全て“00h”が書き込まれている。 * Reserved 459-465 are adjusted region for ensuring the logical sector number to record certain descriptor (descriptor), initially all "00h" is written.

*リザーブボリューム記述子シーケンス467は、メインボリューム記述子シーケンス449に記録された情報のパックアップ領域である。 * Reserved volume descriptor sequence 467 is a pack-up region of the information recorded in the main volume descriptor sequence 449.

<<<再生時のファイルデータへのアクセス方法>>> <<< access method >>> to the playback of the file data
図44〜図46に示したファイルシステム情報を用い、たとえば図43のファイルデータH432のデータ内容を再生する場合を想定して、情報記憶媒体10上のファイルデータアクセス処理方法について説明する。 Using the file system information shown in FIGS. 44 to 46, for example, assume a case of reproducing the data contents of the file data H432 of FIG. 43, file data access processing method on the information storage medium 10 will be described.

(1)情報記録再生装置起動時または情報記憶媒体装着時のブート領域として、ボリューム認識シーケンス444領域内のブート記述子447の情報を再生しに行く。 (1) as the boot area of ​​the information recording and reproducing apparatus starts or the information storage medium is installed, go to reproduce information in the boot descriptor 447 in the volume recognition sequence 444 area. ブート記述子447の記述内容に沿ってブート時の処理が始まる。 Process at the time of the boot according to the description contents of the boot descriptor 447 begins.

その際、特に指定されたブート時の処理がない場合には、 At that time, when there is no process at the time specified boot, in particular,
(2)始めにメインボリューム記述子シーケンス449領域内の論理ボリューム記述子454の情報を再生する。 (2) to reproduce the information of the logical volume descriptor 454 in the main volume descriptor sequence 449 in the area at the beginning.

(3)論理ボリューム記述子454の中に論理ボリューム内容使用455が記述されている。 (3) the logical volume contents use 455 in the logical volume descriptor 454 is described. そこに、ファイルセット記述子472が記録してある位置を示す論理ブロック番号が、ロングアロケーション記述子(図38)の形式で記述してある。 There, the file set descriptor 472 is a logical block number indicating the position you have recorded, are described in the form of a long allocation descriptor (FIG. 38). (図44〜図46の例ではLAD(100)であるから100番目の論理ブロックに記録してある。) (In the example of FIGS. 44 to 46 is recorded in the 100th logical block from a LAD (100).)
(4)100番目の論理ブロック(論理セクタ番号では400番目になる)にアクセスし、ファイルセット記述子472を再生する。 (4) accesses the 100th logical block (becomes 400th a logical sector number) to reproduce the file set descriptor 472. その中のルートディレクトリICB473に、ルートディレクトリA425に関するファイルエントリが記録されている場所(論理ブロック番号)が、ロングアロケーション記述子(図38)の形式で記述してある(図44〜図46の例ではLAD(102)であるから102番目の論理ブロックに記録してある)。 The root directory ICB473 therein, of the route where the file entry for the directory A425 is recorded (logical block number), which had been described in the form of a long allocation descriptor (FIG. 38) (FIGS. 44 to 46 in is recorded in the 102nd logical block from a LAD (102)).

この場合、ルートディレクトリICB473のLAD(102)に従って、 In this case, according to LAD (102) of the root directory ICB473,
(5)102番目の論理ブロックにアクセスし、ルートディレクトリA425に関するファイルエントリ475を再生し、ルートディレクトリA425の中身に関する情報が記録されている位置(論理ブロック番号)を読み込む(AD(103);103番目の論理ブロックに記録)。 (5) access the 102nd logical block to reproduce the file entry 475 about the root directory A425, reads the position information about the contents is recorded in the root directory A425 (logical block number) (AD (103); 103 th recording the logical block).

(6)103番目の論理ブロックにアクセスし、ルートディレクトリA425の中身に関する情報を再生する。 (6) to access the 103-th logical block to reproduce the information about the contents of the root directory A425.

ファイルデータH432はディレクトリD428系列の下に存在するので、ディレクトリD428に関するファイルID記述子FIDを探し、ディレクトリD428に関するファイルエントリが記録してある論理ブロック番号(図44〜図46には図示していないがLAD(110);110番目の論理ブロックに記録)を読み取る。 Since the file data H432 is present under the directory D428 series, locate the file ID descriptor FID relating to the directory D428, not shown in the logical block number (FIGS. 44 to 46 of the file entry for the directory D428 has been recorded There LAD (110); reading recorded in 110th logical block).

(7)110番目の論理ブロックにアクセスし、ディレクトリD428に関するファイルエントリ480を再生し、ディレクトリD428の中身に関する情報が記録されている位置(論理ブロック番号)を読み込む(AD(111);111番目の論理ブロックに記録)。 (7) to access the 110-th logical block to reproduce the file entry 480 relating to the directory D428, position information about the contents is recorded in the directory D428 read (logical block number) (AD (111); 111 th recorded in the logical block).

(8)111番目の論理ブロックにアクセスし、ディレクトリD428の中身に関する情報を再生する。 (8) to access the 111-th logical block to reproduce the information about the contents of the directory D428.

ファイルデータH432はサブディレクトリF430の直接下に存在するので、サブディレクトリF430に関するファイルID記述子FIDを探し、サブディレクトリF430に関するファイルエントリが記録してある論理ブロック番号(LAD(112);112番目の論理ブロックに記録)を読み取る。 Since the file data H432 is present directly under the sub directory F430, locate the file ID descriptor FID relating to the sub directory F430, the logical block number file entry for the subdirectory F430 has been recorded (LAD (112); 112 th reading recorded in the logical block).

(9)112番目の論理ブロックにアクセスし、サブディレクトリF430に関するファイルエントリ482を再生し、サブディレクトリF430の中身に関する情報が記録されている位置(論理ブロック番号)を読み込む(AD(113);113番目の論理ブロックに記録)。 (9) access the 112 th logical block to reproduce the file entry 482 relating to the sub directory F430, the position information about the contents of the subdirectory F430 has been recorded is read (logical block number) (AD (113); 113 th recording the logical block).

(10)113番目の論理ブロックにアクセスし、サブディレクトリF430の中身に関する情報を再生し、ファイルデータH432に関するファイルID記述子FIDを探す。 (10) Access the 113th logical block, and reproduces the information about the contents of the subdirectory F430, search for file ID descriptor FID relating to the file data H432. そしてそこからファイルデータH432に関するファイルエントリが記録してある論理ブロック番号(LAD(114);114番目の論理ブロックに記録)を読み取る。 The logical block number from the file entry for the file data H432 there are recorded; reading (LAD (114) recorded in the 114th logical block).

(11)114番目の論理ブロックにアクセスし、ファイルデータH432に関するファイルエントリ484を再生しファイルデータH432のデータ内容489が記録されている位置を読み取る。 (11) Access the 114th logical block, the data content 489 of the file data H432 to play the file entry 484 relating to the file data H432 reads position recorded.

(12)ファイルデータH432に関するファイルエントリ484内に記述されている論理ブロック番号順に情報記憶媒体から情報を再生してファイルデータH432のデータ内容489を読み取る。 (12) reproduces the information from the logical block number order on the information storage medium described in the file entry in the 484 relating to the file data H432 read the data contents 489 of the file data H432 to.

<<<特定のファイルデータ内容変更方法>>> <<< specific file data content How to change >>>
次に、図44〜図46に示したファイルシステム情報を用いて例えばファイルデータH432のデータ内容を変更する場合の、アクセスも含めた処理方法について説明する。 Next, in the case of changing the example data contents of the file data H432 using the file system information shown in FIGS. 44 to 46, access processing method will be described, including.

(1)ファイルデータH432の変更前後でのデータ内容の容量差を求め、その値を2048バイトで割り、変更後のデータを記録するのに論理ブロックを何個追加使用するかまたは何個不要になるかを事前に計算しておく。 (1) File Change before and after data H432 in seeking capacity difference data content of that value divided by 2048 bytes, or many pieces unnecessarily to any number additional use logical block for recording the data after the change It should be calculated in advance or to become.

(2)情報記録再生装置起動時または情報記憶媒体装着時のブート領域として、ボリューム認識シーケンス444領域内のブート記述子447の情報を再生しに行く。 (2) as the boot area of ​​the information recording and reproducing apparatus starts or the information storage medium is installed, go to reproduce information in the boot descriptor 447 in the volume recognition sequence 444 area. ブート記述子447の記述内容に沿ってブート時の処理が始まる。 Process at the time of the boot according to the description contents of the boot descriptor 447 begins.

このとき、特に指定されたブート時の処理がない場合には、 At this time, if there is no process at the time specified boot, in particular,
(3)始めにメインボリューム記述子シーケンス449領域内のパーティション記述子450を再生し、その中に記述してあるパーティション内容使用451の情報を読み取る。 (3) Introduction play the partition descriptor 450 in the main volume descriptor sequence 449 in the region, reads the information of the partition contents use 451 are described therein. このパーティション内容使用451(パーティションヘッダ記述子とも呼ぶ)の中にスペーステーブルまたはスペースビットマップの記録位置が示してある。 Is shown recording position of the space table or space bit map in this partition contents use 451 (also called partition header descriptor).

*スペーステーブル位置はアロケートされないスペーステーブル452の欄にショートアロケーション記述子の形式で記述されている(図44〜図46の例ではAD(80))。 * Space table position is described in the form of a column short allocation descriptor space table 452 which is not allocated (AD (80) in the example of FIGS. 44 to 46). また、 Also,
*スペースビットマップ位置はアロケートされないスペースビットマップ453の欄にショートアロケーション記述子の形式で記述されている(図44〜図46の例ではAD(0))。 * Space bit map position is described in the form of a column short allocation descriptor space bit map 453 which is not allocated (AD (0 in the example of FIGS. 44 to 46)).

(4)上記(3)で読み取ったスペースビットマップが記述してある論理ブロック番号(0)へアクセスする。 (4) access to the logical block number (0) where the space bit map read in the above (3) are described. スペースビットマップ記述子からスペースビットマップ情報を読み取り、未記録の論理ブロックを探し、上記(1)の計算結果分の論理ブロックの使用を登録する(スペースビットマップ記述子情報の書き替え処理)。 Read the space bit map information from the space bit map descriptor, look for unrecorded logical blocks, registers the use of calculation results worth of logical blocks of the (1) (rewriting processing space bitmap descriptor information).

または、 Or,
(4*)上記(3)で読み取ったスペーステーブルが記述してある論理ブロック番号(80)へアクセスする。 (4 *) to access the logical block number space table read in (3) are written (80). スペーステーブルのアロケートされないスペースエントリUSE(AD(*))からファイルデータIのUSE(AD(*)、AD(*))までを読み取り、未記録の論理ブロックを探し、上記(1)の計算結果分の論理ブロックの使用を登録する(スペーステーブル情報の書き替え処理)。 It reads from space table of the allocated non space entry USE (AD (*)) to USE the file data I (AD (*), AD (*)), look for the unrecorded logical blocks, the calculation result of the above (1) registering the use of a partial logic block (rewriting processing space table information).

実際の処理では、上記(4)か上記(4*)のいずれか一方の処理が行なわれる。 In actual processing, either the process (4) or (4 *) is performed.

(5)次にメインボリューム記述子シーケンス449の領域内の論理ボリューム記述子454の情報を再生する。 (5) then to reproduce the information of the logical volume descriptor 454 in the area of ​​the main volume descriptor sequence 449.

(6)論理ボリューム記述子454の中に、論理ボリューム内容使用455が記述されている。 (6) in the logical volume descriptor 454, a logical volume contents use 455 is described. そこに、ファイルセット記述子472が記録してある位置を示す論理ブロック番号が、ロングアロケーション記述子(図38)の形式で記述してある(図44〜図46の例ではLAD(100)から100番目の論理ブロックに記録してある)。 There, a logical block number indicating a position where the file set descriptor 472 has been recorded is, in the example of which had been described in the form of a long allocation descriptor (FIG. 38) (FIGS. 44 to 46 from LAD (100) It is recorded in the 100th logical block).

(7)100番目の論理ブロック(論理セクタ番号では400番目になる)にアクセスし、ファイルセット記述子472を再生する。 (7) Access the 100th logical block (becomes 400th a logical sector number) to reproduce the file set descriptor 472. その中のルートディレクトリICB473に、ルートディレクトリA425に関するファイルエントリが記録されている場所(論理ブロック番号)が、ロングアロケーション記述子(図38)の形式で記述してある(図44〜図46の例ではLAD(102)から102番目の論理ブロックに記録してある)。 The root directory ICB473 therein, of the route where the file entry for the directory A425 is recorded (logical block number), which had been described in the form of a long allocation descriptor (FIG. 38) (FIGS. 44 to 46 in is recorded in the 102nd logical block from LAD (102)).

そして、ルートディレクトリICB473のLAD(102)に従って、 Then, according to LAD (102) in the root directory ICB473,
(8)102番目の論理ブロックにアクセスし、ルートディレクトリA425に関するファイルエントリ475を再生し、ルートディレクトリA425の中身に関する情報が記録されている位置(論理ブロック番号)を読み込む(AD(103))。 (8) to access the 102-th logical block to reproduce the file entry 475 about the root directory A425, reads the position information about the contents is recorded in the root directory A425 (logical block number) (AD (103)).

(9)103番目の論理ブロックにアクセスし、ルートディレクトリA425の中身に関する情報を再生する。 (9) to access the 103-th logical block to reproduce the information about the contents of the root directory A425.

ファイルデータH432はディレクトリD428系列の下に存在するので、ディレクトリD428に関するファイルID記述子FIDを探し、ディレクトリD428に関するファイルエントリが記録してある論理ブロック番号(LAD(110))を読み取る。 Since the file data H432 is present under the directory D428 series, locate the file ID descriptor FID relating to the directory D428, reads the logical block number (LAD (110)) to the file entry for the directory D428 has been recorded.

(10)110番目の論理ブロックにアクセスし、ディレクトリD428に関するファイルエントリ480を再生し、ディレクトリD428の中身に関する情報が記録されている位置(論理ブロック番号)を読み込む(AD(111))。 (10) to access the 110-th logical block to reproduce the file entry 480 relating to the directory D428, reads the position information about the contents is recorded in the directory D428 (logical block number) (AD (111)).

(11)111番目の論理ブロックにアクセスし、ディレクトリD428の中身に関する情報を再生する。 (11) Access the 111th logical block, to reproduce information about the contents of the directory D428.

ファイルデータH432はサブディレクトリF430の直接下に存在するので、サブディレクトリF430に関するファイルID記述子FIDを探し、サブディレクトリF430に関するファイルエントリが記録してある論理ブロック番号(LAD(112))を読み取る。 Since the file data H432 is present directly under the sub directory F430, locate the file ID descriptor FID relating to the sub directory F430, reads a logical block number (LAD (112)) to the file entry for the subdirectory F430 has been recorded.

(12)112番目の論理ブロックにアクセスし、サブディレクトリF430に関するファイルエントリ482を再生し、サブディレクトリF430の中身に関する情報が記録されている位置(論理ブロック番号)を読み込む(AD(113))。 (12) to access the 112 th logical block to reproduce the file entry 482 relating to the sub directory F430, reads the position information about the contents is recorded in the subdirectory F430 (logical block number) (AD (113)).

(13)113番目の論理ブロックにアクセスし、サブディレクトリF430の中身に関する情報を再生し、ファイルデータH432に関するファイルID記述子FIDを探す。 (13) Access the 113th logical block, and reproduces the information about the contents of the subdirectory F430, search for file ID descriptor FID relating to the file data H432. そしてそこからファイルデータH432に関するファイルエントリが記録してある論理ブロック番号(LAD(114))を読み取る。 Then read the logical block number (LAD (114)) from the file entry for the file data H432 therefrom are recorded.

(14)114番目の論理ブロックにアクセスし、ファイルデータH432に関するファイルエントリ484を再生しファイルデータH432のデータ内容489が記録されている位置を読み取る。 (14) Access the 114th logical block, the data content 489 of the file data H432 to play the file entry 484 relating to the file data H432 reads position recorded.

(15)上記(4)か上記(4*)で追加登録した論理ブロック番号も加味して変更後のファイルデータH432のデータ内容489を記録する。 (15) for recording the (4) or (4 *) data contents 489 of the file data H432 of after taking into account changes logical block number and additionally registered in.

<<<特定のファイルデータ/ディレクトリ消去処理方法>>> <<< specific file data / directory erasing processing method >>>
一例として、ファイルデータH432またはサブディレクトリF430を消去する方法について説明する。 As an example, a method for erasing the file data H432 or subdirectory F430.

(1)情報記録再生装置起動時または情報記憶媒体装着時のブート領域としてボリューム認識シーケンス444領域内のブート記述子447の情報を再生しに行く。 (1) information recording and reproducing apparatus goes to reproduce the information in the boot descriptor 447 in the volume recognition sequence 444 area as a boot area at the time or information storage medium is installed startup. ブート記述子447の記述内容に沿ってブート時の処理が始まる。 Process at the time of the boot according to the description contents of the boot descriptor 447 begins.

特に指定されたブート時の処理がない場合には、 Especially if there is no process at the time of the specified boot,
(2)始めにメインボリューム記述子シーケンス449領域内の論理ボリューム記述子54の情報を再生する。 (2) for reproducing information of a logical volume descriptor 54 of the main volume descriptor sequence 449 in the area at the beginning.

(3)論理ボリューム記述子454の中に論理ボリューム内容使用455が記述されており、そこにファイルセット記述子472が記録してある位置を示す論理ブロック番号がロングアロケーション記述子(図38)形式で記述してある(図44〜図46の例ではLAD(100)から100番目の論理ブロックに記録してある)。 (3) the logical volume contents use 455 is described, the logical block number long allocation descriptor that indicates the position you have there recording file set descriptor 472 (FIG. 38) in the logical volume descriptor 454 format It is described in (in the example of FIGS. 44 to 46 is recorded in the 100th logical block from LAD (100)).

(4)100番目の論理ブロック(論理セクタ番号では400番目になる)にアクセスし、ファイルセット記述子472を再生する。 (4) accesses the 100th logical block (becomes 400th a logical sector number) to reproduce the file set descriptor 472. その中のルートディレクトリICB473に、ルートディレクトリA425に関するファイルエントリが記録されている場所(論理ブロック番号)が、ロングアロケーション記述子(図38)形式で記述してある(図44〜図46の例ではLAD(102)から102番目の論理ブロックに記録してある)。 The root directory ICB473 therein, where the file entry for the root directory A425 is recorded (logical block number), in the example of the long allocation descriptor (FIG. 38) are expressed in the form (FIGS. 44 to 46 LAD (102) from is recorded in the 102nd logical block).

そこで、ルートディレクトリICB473のLAD(102)に従って、 Thus, according to LAD (102) in the root directory ICB473,
(5)102番目の論理ブロックにアクセスし、ルートディレクトリA425に関するファイルエントリ475を再生し、ルートディレクトリA425の中身に関する情報が記録されている位置(論理ブロック番号)を読み込む(AD(103))。 (5) access the 102nd logical block to reproduce the file entry 475 about the root directory A425, reads the position information about the contents is recorded in the root directory A425 (logical block number) (AD (103)).

(6)103番目の論理ブロックにアクセスし、ルートディレクトリA425の中身に関する情報を再生する。 (6) to access the 103-th logical block to reproduce the information about the contents of the root directory A425.

ファイルデータH432はディレクトリD428系列の下に存在するので、ディレクトリD428に関するファイルID記述子FIDを探し、ディレクトリD428に関するファイルエントリが記録してある論理ブロック番号(LAD(110))を読み取る。 Since the file data H432 is present under the directory D428 series, locate the file ID descriptor FID relating to the directory D428, reads the logical block number (LAD (110)) to the file entry for the directory D428 has been recorded.

(7)110番目の論理ブロックにアクセスし、ディレクトリD428に関するファイルエントリ480を再生し、ディレクトリD428の中身に関する情報が記録されている位置(論理ブロック番号)を読み込む(AD(111))。 (7) to access the 110-th logical block to reproduce the file entry 480 relating to the directory D428, reads the position information about the contents is recorded in the directory D428 (logical block number) (AD (111)).

(8)111番目の論理ブロックにアクセスし、ディレクトリD428の中身に関する情報を再生する。 (8) to access the 111-th logical block to reproduce the information about the contents of the directory D428.

ファイルデータH432はサブディレクトリF430の直接下に存在するので、サブディレクトリF430に関するファイルID記述子FIDを探す。 Since the file data H432 is present directly under the sub directory F430, search for file ID descriptor FID relating to the sub directory F430.

いま、サブディレクトリF430を消去する場合を想定してみる。 Now, let us assume the case to erase the sub directory F430. この場合、サブディレクトリF430に関するファイルID記述子FID内のファイル特性422(図42)に「ファイル削除フラグ」を立てる。 In this case, make a "file delete flag" to file characteristic 422 of the file ID in the descriptor FID relating to the sub directory F430 (Figure 42).

それから、サブディレクトリF430に関するファイルエントリが記録してある論理ブロック番号(LAD(112))を読み取る。 Then, read the logical block number (LAD (112)) to the file entry for the subdirectory F430 has been recorded.

(9)112番目の論理ブロックにアクセスし、サブディレクトリF430に関するファイルエントリ482を再生し、サブディレクトリF430の中身に関する情報が記録されている位置(論理ブロック番号)を読み込む(AD(113))。 (9) access the 112 th logical block to reproduce the file entry 482 relating to the sub directory F430, reads the position information about the contents is recorded in the subdirectory F430 (logical block number) (AD (113)).

(10)113番目の論理ブロックにアクセスし、サブディレクトリF430の中身に関する情報を再生し、ファイルデータH432に関するファイルID記述子FIDを探す。 (10) Access the 113th logical block, and reproduces the information about the contents of the subdirectory F430, search for file ID descriptor FID relating to the file data H432.

次に、ファイルデータH432を消去する場合を想定してみる。 Next, try to assume a case to erase the file data H432. この場合、ファイルデータH432に関するファイルID記述子FID内のファイル特性422(図42)に「ファイル削除フラグ」を立てる。 In this case, make a "file delete flag" to file characteristic 422 (FIG. 42) of the file ID in the descriptor FID relating to the file data H432.

さらにそこからファイルデータH432に関するファイルエントリが記録してある論理ブロック番号(LAD(114))を読み取る。 Reading a logical block number (LAD (114)) which had been further recorded file entry relating to the file data H432 therefrom.

(11)114番目の論理ブロックにアクセスし、ファイルデータH432に関するファイルエントリ484を再生しファイルデータH432のデータ内容489が記録されている位置を読み取る。 (11) Access the 114th logical block, the data content 489 of the file data H432 to play the file entry 484 relating to the file data H432 reads position recorded.

ファイルデータH432を消去する場合には、以下の方法でファイルデータH432のデータ内容489が記録されていた論理ブロックを解放する(その論理ブロックを未記録状態に登録する)。 To erase the file data H432 is (registers the logical block in an unrecorded state) in which the data contents 489 of the file data H432 releases the logical block that has been recorded in the following manner.

(12)次にメインボリューム記述子シーケンス449領域内のパーティション記述子450を再生し、その中に記述してあるパーティション内容使用451の情報を読み取る。 (12) then reproduces the partition descriptor 450 in the main volume descriptor sequence 449 in the region, reads the information of the partition contents use 451 are described therein. このパーティション内容使用(パーティションヘッダ記述子)451の中にスペーステーブルまたはスペースビットマップの記録位置が示してある。 This partition contents use (partition header descriptor) 451 recording position of the space table or space bit map in the is shown.

*スペーステーブル位置は、アロケートされないスペーステーブル452の欄にショートアロケーション記述子の形式で記述されている(図44〜図46の例ではAD(80))。 * Space table position is described in the column of the space table 452 which is not allocated in the form of a short allocation descriptor (AD (80) in the example of FIGS. 44 to 46). また、 Also,
*スペースビットマップ位置は、アロケートされないスペースビットマップ453の欄にショートアロケーション記述子の形式で記述されている(図44〜図46例ではAD(0))。 * Space bitmap position, short allocation are described in the descriptor of the form in the column of the space bit map 453 which is not allocated (in FIGS. 44 to 46 Example AD (0)).

(13)上記(12)で読み取ったスペースビットマップが記述してある論理ブロック番号(0)へアクセスし、上記(11)の結果得られた「解放する論理ブロック番号」をスペースビットマップ記述子に書き替える。 (13) the space bit map read in (12) is written to access the logical block number (0) are, the (11) of the resulting space bitmap descriptor "logical block number to be freed" rewritten to.

または、 Or,
(13*)上記(12)で読み取ったスペーステーブルが記述してある論理ブロック番号(80)へアクセスし、上記(11)の結果得られた「解放する論理ブロック番号」をスペーステーブルに書き替える。 (13 *) and access to the logical block number space table read in (12) are described (80) rewrites the "Logical block numbers to be released" obtained as a result of (11) in the space table .

実際の処理では、上記(13)か上記(13*)のいずれか一方の処理が行なわれる。 In actual processing, either the process (13) or (13 *) is performed.

ファイルデータH432を消去する場合には、 To erase the file data H432 is,
(12)上記(10)〜上記(11)と同じ手順を踏んでファイルデータI433のデータ内容490が記録されている位置を読み取る。 (12) above (10) to data contents 490 of the file data I433 stepping the same procedure as described above (11) reads the position recorded.

(13)次にメインボリューム記述子シーケンス449領域内のパーティション記述子450を再生し、その中に記述してあるパーティション内容使用451の情報を読み取る。 (13) then reproduces the partition descriptor 450 in the main volume descriptor sequence 449 in the region, reads the information of the partition contents use 451 are described therein. このパーティション内容使用(パーティションヘッダ記述子)451の中にスペーステーブルまたはスペースビットマップの記録位置が示してある。 This partition contents use (partition header descriptor) 451 recording position of the space table or space bit map in the is shown.

*スペーステーブル位置はアロケートされないスペーステーブル452の欄にショートアロケーション記述子の形式で記述されている。 * Space table position is described in the form of a short allocation descriptor in the column of the space table 452 which is not allocated. (図44〜図46の例ではAD(80))。 (AD (80) in the example of FIGS. 44 to 46). また、 Also,
*スペースビットマップ位置は、アロケートされないスペースビットマップ453の欄にショートアロケーション記述子の形式で記述されている(図44〜図46例ではAD(0))。 * Space bitmap position, short allocation are described in the descriptor of the form in the column of the space bit map 453 which is not allocated (in FIGS. 44 to 46 Example AD (0)).

(14)上記(13)で読み取ったスペースビットマップが記述してある論理ブロック番号(0)へアクセスし、上記(11)と上記(12)の結果得られた「解放する論理ブロック番号」をスペースビットマップ記述子に書き替える。 (14) access to the logical block number space bit map read in (13) are written (0), (11) and the obtained results of the above (12) the "logical block number to be freed" rewritten to the space bit map descriptor.

または、 Or,
(14*)上記(13)で読み取ったスペーステーブルが記述してある論理ブロック番号(80)へアクセスし、上記(11)と上記(12)の結果得られた「解放する論理ブロック番号」をスペーステーブルに書き替える。 (14 *) and access to the (13) space table read in the are described logical block number (80), (11) and the obtained results of the above (12) the "logical block number to be freed" rewritten to space table.

実際の処理では、上記(14)か上記(14*)のいずれか一方の処理が行なわれる。 In actual processing, either the process (14) or (14 *) is performed.

<<<ファイルデータ/ディレクトリの追加処理>>> Additional processing of <<< file data / directory >>>
一例として、サブディレクトリF430の下に新たにファイルデータまたはディレクトリを追加する時のアクセス・追加処理方法について説明する。 As an example, a description will be given access additional processing method when newly adding file data or directory under the subdirectory F430.

(1)ファイルデータを追加する場合には追加するファイルデータ内容の容量を調べ、その値を2048バイトで割り、ファイルデータを追加するために必要な論理ブロック数を計算しておく。 (1) in the case of adding file data determine how much of the file data contents to be added, the value divided by 2048 bytes in advance by calculating the number of logical blocks required for adding the file data.

(2)情報記録再生装置起動時または情報記憶媒体装着時のブート領域としてボリューム認識シーケンス444領域内のブート記述子447の情報を再生しに行く。 (2) An information recording reproducing apparatus goes to reproduce the information in the boot descriptor 447 in the volume recognition sequence 444 area as a boot area at the time or information storage medium is installed startup. ブート記述子447の記述内容に沿ってブート時の処理が始まる。 Process at the time of the boot according to the description contents of the boot descriptor 447 begins.

特に指定されたブート時の処理がない場合には、 Especially if there is no process at the time of the specified boot,
(3)始めにメインボリューム記述子シーケンス449領域内のパーティション記述子450を再生し、その中に記述してあるパーティション内容使用451の情報を読み取る。 (3) Introduction play the partition descriptor 450 in the main volume descriptor sequence 449 in the region, reads the information of the partition contents use 451 are described therein. このパーティション内容使用(パーティションヘッダ記述子)451の中にスペーステーブルまたはスペースビットマップの記録位置が示してある。 This partition contents use (partition header descriptor) 451 recording position of the space table or space bit map in the is shown.

*スペーステーブル位置はアロケートされないスペーステーブル452の欄にショートアロケーション記述子の形式で記述されている(図44〜図46の例ではAD(80))。 * Space table position is described in the form of a column short allocation descriptor space table 452 which is not allocated (AD (80) in the example of FIGS. 44 to 46). また、 Also,
*スペースビットマップ位置はアロケートされないスペースビットマップ453の欄にショートアロケーション記述子の形式で記述されている(図44〜図46例ではAD(0))。 * Space bit map position is described in the form of a column short allocation descriptor space bit map 453 which is not allocated (in FIGS. 44 to 46 Example AD (0)).

(4)上記(3)で読み取ったスペースビットマップが記述してある論理ブロック番号(0)へアクセスする。 (4) access to the logical block number (0) where the space bit map read in the above (3) are described. スペースビットマップ記述子からスペースビットマップ情報を読み取り、未記録の論理ブロックを探し、上記(1)の計算結果分の論理ブロックの使用を登録する(スペースビットマップ記述子情報の書き替え処理)。 Read the space bit map information from the space bit map descriptor, look for unrecorded logical blocks, registers the use of calculation results worth of logical blocks of the (1) (rewriting processing space bitmap descriptor information).

または、 Or,
(4*)上記(3)で読み取ったスペーステーブルが記述してある論理ブロック番号(80)へアクセスする。 (4 *) to access the logical block number space table read in (3) are written (80). スペーステーブルのUSE(AD(*))461からファイルデータIのUSE(AD(*),AD(*))470までを読み取り、未記録の論理ブロックを探し、上記(1)の計算結果分の論理ブロックの使用を登録する(スペーステーブル情報の書き替え処理)。 Space table of USE (AD (*)) 461 from the file data I USE (AD (*), AD (*)) reads up to 470, look for unrecorded logical blocks, the calculation results fraction of (1) registering the use of a logical block (rewriting processing space table information).

実際の処理では、上記(4)か上記(4*)のいずれか一方の処理が行なわれる。 In actual processing, either the process (4) or (4 *) is performed.

(5)次にメインボリューム記述子シーケンス449領域内の論理ボリューム記述子454の情報を再生する。 (5) then to reproduce the information of the logical volume descriptor 454 in the main volume descriptor sequence 449 in the area.

(6)論理ボリューム記述子454の中に論理ボリューム内容使用455が記述されており、そこにファイルセット記述子472が記録してある位置を示す論理ブロック番号が、ロングアロケーション記述子(図38)形式で記述してある(図44〜図46の例では、LAD(100)から、100番目の論理ブロックに記録してある)。 (6) are described logical volume contents use 455 in the logical volume descriptor 454, a logical block number indicating the position you have there recorded file set descriptor 472, long allocation descriptor (FIG. 38) format are described in (in the example of FIGS. 44 to 46, from LAD (100), is recorded in the 100th logical block).

(7)100番目の論理ブロック(論理セクタ番号では400番目になる)にアクセスし、ファイルセット記述子472を再生する。 (7) Access the 100th logical block (becomes 400th a logical sector number) to reproduce the file set descriptor 472. その中のルートディレクトリICB473に、ルートディレクトリA425に関するファイルエントリが記録されている場所(論理ブロック番号)が、ロングアロケーション記述子(図38)形式で記述してある(図44〜図46の例では、LAD(102)から、102番目の論理ブロックにルートディレクトリA425に関するファイルエントリが記録してある)。 The root directory ICB473 therein, where the file entry for the root directory A425 is recorded (logical block number), in the example of the long allocation descriptor (FIG. 38) are expressed in the form (FIGS. 44 to 46 , from LAD (102), 102 th file entry for the root directory A425 to the logical block has been recorded).

このルートディレクトリICB473のLAD(102)に従って、 According to LAD (102) of the root directory ICB473,
(8)102番目の論理ブロックにアクセスし、ルートディレクトリA425に関するファイルエントリ475を再生し、ルートディレクトリA425の中身に関する情報が記録されている位置(論理ブロック番号)を読み込む(AD(103))。 (8) to access the 102-th logical block to reproduce the file entry 475 about the root directory A425, reads the position information about the contents is recorded in the root directory A425 (logical block number) (AD (103)).

(9)103番目の論理ブロックにアクセスし、ルートディレクトリA425の中身に関する情報を再生する。 (9) to access the 103-th logical block to reproduce the information about the contents of the root directory A425.

ディレクトリD428に関するファイルID記述子FIDを探し、ディレクトリD428に関するファイルエントリが記録してある論理ブロック番号(LAD(110))を読み取る。 Locate the file ID descriptor FID relating to the directory D428, reads the logical block number (LAD (110)) to the file entry for the directory D428 has been recorded.

(10)110番目の論理ブロックにアクセスし、ディレクトリD428に関するファイルエントリ480を再生し、ディレクトリD428の中身に関する情報が記録されている位置(論理ブロック番号)を読み込む(AD(111))。 (10) to access the 110-th logical block to reproduce the file entry 480 relating to the directory D428, reads the position information about the contents is recorded in the directory D428 (logical block number) (AD (111)).

(11)111番目の論理ブロックにアクセスし、ディレクトリD428の中身に関する情報を再生する。 (11) Access the 111th logical block, to reproduce information about the contents of the directory D428.

サブディレクトリF430に関するファイルID記述子FIDを探し、サブディレクトリF430に関するファイルエントリが記録してある論理ブロック番号(LAD(112))を読み取る。 Locate the file ID descriptor FID relating to the sub directory F430, reads a logical block number (LAD (112)) to the file entry for the subdirectory F430 has been recorded.

(12)112番目の論理ブロックにアクセスし、サブディレクトリF430に関するファイルエントリ482を再生し、サブディレクトリF430の中身に関する情報が記録されている位置(論理ブロック番号)を読み込む(AD(113))。 (12) to access the 112 th logical block to reproduce the file entry 482 relating to the sub directory F430, reads the position information about the contents is recorded in the subdirectory F430 (logical block number) (AD (113)).

(13)113番目の論理ブロックにアクセスし、サブディレクトリF430の中身に関する情報内に新たに追加するファイルデータまたはディレクトリのファイルID記述子FIDを登録する。 (13) Access the 113th logical block, and registers the file ID descriptor FID of the file data or directory to be newly added to the information about the contents of the subdirectory F430.

(14)上記(4)または上記(4*)で登録した論理ブロック番号位置にアクセスし、新たに追加するファイルデータまたはディレクトリに関するファイルエントリを記する。 (14) above (4) or to access the logical block number position registered in the above (4 *), and serial file entry for the file data or directory is newly added.

(15)上記(14)のファイルエントリ内のショートアロケーション記述子に示した論理ブロック番号位置にアクセスし、追加するディレクトリに関する親ディレクトリのファイルID記述子FIDまたは追加するファイルデータのデータ内容を記録する。 (15) the access to the logical block number position shown in short allocation descriptor in the file entry (14), and records the file ID data contents of the descriptor FID or add file data of the parent directory regarding directories added .

なお、図44〜図46において、LSNは論理セクタ番号(LSN)491を示す略号であり、LBNは論理ブロック番号(LBN)492を示す略号であり、LLSNは最後の論理セクタ番号(ラストLSN)493を示す略号である。 Note that, in FIGS. 44 to 46, LSN is an abbreviation indicating the logical sector number (LSN) 491, LBN is the abbreviation indicating the logical block number (LBN) 492, LLSN the last logical sector number (Last LSN) 493 is an abbreviation that shows.

図44の第1アンカーポイント456および図46の第2アンカーポイント457の具体例については、図47〜図49の説明中で触れる。 A specific example of the second anchor point 457 of the first anchor point 456 and 46 in FIG. 44, touching in the description of FIG. 47 to FIG. 49.

<<UDFの特徴>> << Features of UDF >>
<UDFの特徴の説明> <Description of the features of the UDF>
以下にハードディスクHDD、フロッピー(登録商標)ディスクFDD、光磁気ディスクMOなどで使われているファイルアロケーションテーブルFATとの比較により、ユニバーサルデータフォーマットUDFの特徴を説明する。 Hereinafter the hard disk HDD, by comparison with a floppy disk FDD, the file allocation table FAT are used in magneto-optical disc MO, describing the features of the universal data format UDF.

(1)FATはファイルの情報記憶媒体への割り当て管理表(ファイルアロケーションテーブル)が情報記憶媒体上で局所的に集中記録されるのに対し、UDFではファイル管理情報をディスク上の任意の位置に分散記録できる。 (1) FAT whereas assignment management table to the file information storage medium (file allocation table) is locally concentrated recorded on an information storage medium, the file management information in the UDF at any position on the disk dispersion can be recorded.

FATではファイル管理領域で集中管理されているため頻繁にファイル構造の変更が必要な用途(主に頻繁な書き替え用途)に適している。 Changes frequently file structure because it is centrally managed by the FAT in the file management area is suitable for applications requiring (mostly frequent rewriting applications). (集中箇所に記録されているので管理情報を書き替え易いため。)なお、FATではファイル管理情報の記録場所はあらかじめ決まっているので記録媒体の高い信頼性(欠陥領域が少ないこと)が前提となる。 (Liable rewriting the management information so recorded on the focused position.) In addition, the recording location of the FAT in the file management information is predetermined high recording medium reliability (that defective area is small) and the assumption Become.

UDFではファイル管理情報が分散配置されているので、ファイル構造の大幅な変更が少なく、階層の下の部分(主にルートディレクトリより下の部分)で後から新たなファイル構造を付け足して行く用途(主に追記用途)に適している。 Since the file management information in UDF is distributed, less significant changes in the file structure, go afterthought a new file structure later in the lower part of the hierarchy (the portion below the main root directory) applications ( It is suitable mainly for write-once applications). (追記時には以前のファイル管理情報に対する変更箇所が少ないため。) (Because at the time of additional writing is less Changes to the previous file management information.)
また分散されたファイル管理情報の記録位置を任意に指定できるので、先天的な欠陥箇所を避けて記録することができる。 Since it arbitrarily specify the recording position of the file management information is distributed, it can be recorded while avoiding a congenital defect sites.

さらにファイル管理情報を任意の位置に記録できるので、全ファイル管理情報を一箇所に集めて記録することでFATの利点も出せるので、より汎用性の高いファイルシステムと考えることができる。 Since it further recording a file management information at an arbitrary position, since put out even FAT benefit by all the file management information collected recorded in one place, it can be considered more versatile file system.

(2)UDFでは(最小論理ブロックサイズ、最小論理セクタサイズなどの)最小単位が大きく、記録すべき情報量の多い映像情報や音楽情報の記録に向く。 (2) In the UDF (minimum logical block size, such as minimum logical sector size) the minimum unit is large, faces the recording of more video information and music information amount of information to be recorded.

すなわち、FATの論理セクタサイズが512バイトに対して、UDFの論理セクタ(ブロック)サイズは2048バイトと大きくなっている。 That is, for FAT logical sector size is 512 bytes, UDF logical sector (block) size is as large as 2048 bytes.

なお、UDFでは、ファイル管理情報やファイルデータに関するディスク上での記録位置は、論理セクタ(ブロック)番号としてアロケーション記述子に記述される。 In UDF, recording position on the disk about the file management information and file data are written in the allocation descriptor as logical sector (block) number.

以上がUDFの概要であるが、UDFの説明を終えるにあたり、大容量情報を扱うDVDビデオレコーダにおけるAVアドレスの新規定義の必要性について触れておく。 The above was an overview of the UDF, Upon completing the description of the UDF, previously mentioned the need for new definitions of AV address in DVD video recorder to handle large-capacity information.

連続記録・連続再生の必要性のなかったファイシシステム(UDF等)では、図36に示すように、アドレス指定用に「情報記憶媒体上の実際の記録位置との対応を持たない」論理ブロック番号・論理セクタ番号を採用している。 In file sheet system did need of continuous recording and continuous reproduction (UDF etc.), as shown in FIG. 36, "no correspondence between the actual recording position on the information storage medium" for addressing the logical block has adopted a number, logical sector number. これに対して、この発明ではサイズの大きい映像情報(AVデータ)の管理に適した映像管理レイヤを設定し、これに合わせ映像管理レイヤの機能に最適なアドレスを設定する必要が生じた。 In contrast, to set the video management layer suitable for the management of a large image size information (AV data) in the present invention, combined necessary to set the address that best functions of the image management layer occurs in this. この必要に対応して新たに定義したのが、この発明の「AVアドレス」である。 The newly defined corresponding to this need is the "AV address" of the present invention.

AVアドレスに望まれる条件とそれを満たす方法について以下に述べる。 Described below how conditions and meet it desired to AV address.

(1)別媒体への移植性 図18AVデータエリアDA2は1個ないしは複数個のAVファイルから構成され、1ボリューム=1AVファイルとなっている。 (1) portability view 18AV data area DA2 to another medium is composed of one or a plurality of AV files, and has a 1 volume = 1AV file. このAVファイルを、必要に応じてそのままハードディスクHDDや光磁気MOディスク等に移植できるようにする必要性がある。 The AV file, there is a need to be portable as it is hard HDD or a magneto-optical MO disks or the like, if necessary.

図18のようにAVファイル(DA2)の前にコンピュータデータエリアDA1がある場合、図7に示す論理セクタ番号(もしくは論理ブロック番号)の設定方法に従うと、AVファイル先頭位置での論理ブロック(セクタ)番号にはオフセット値(0ではない値)が付いてしまう。 If there is a computer data area DA1 before AV file (DA2) as shown in Figure 18, according to method of setting the logical sector number (or logical block number) shown in FIG. 7, the logical block (sector of the AV file start position ) it will come with the offset value (not the value 0) is the number.

このままAVファイルをHDDあるいはMOなどの別媒体に移植させると論理ブロック(セクタ)番号にずれが生じてしまう。 This remains when the transplanted AV file to another medium such as HDD or MO is shifted to the logical block (sector) numbers occurs.

別媒体への移植容易性を確保するためには、上記「論理ブロック番号のオフセット」は好ましくない。 To ensure portability to another medium, the "offset logical block number" is not preferred. すなわち、別媒体への移植性を考慮すれば、AVファイル先頭位置でのAVアドレスは“0”になっていることが望ましい。 That, considering the portability to another medium, the AV address in the AV file start position that has become "0" desirable.

そこで、この発明の一実施の形態では、図18に示すように、アロケーションマップテーブルAMTを用意している。 Accordingly, in one embodiment of the present invention, as shown in FIG. 18, it is prepared allocation map table AMT. このアロケーションマップテーブルAMTを利用すれば、AVファイルを別媒体に移植する場合には全てのAVアドレス情報を書き替える必要がなく、移植が非常に容易になる。 By using this allocation map table AMT, there is no need to rewrite all the AV address information when porting AV file to another medium, transplantation becomes very easy. 具体的には、移植先の媒体のアドレス設定方法に合わせてアロケーションマップテーブルAMT内を適宜変更するだけで良い。 Specifically, it is only needed to change the allocation map table AMT in accordance with the address setting method of transplantation destination medium.

(2)高速に追記記録または変更記録が可能な記録処理単位 UDF上で使われる論理ブロック(セクタ)サイズは2048バイト単位になっている。 (2) a logical block (sector) size high speed write-once recording or change the recording is used on the recording process unit UDF possible has become 2048 bytes.

ところで、DVD−RAMディスクでは、図9に示すように、16個のセクタの塊でECCブロック502を構成し、このECCブロック502内でエラー訂正符号(積符号)を付加している。 Incidentally, in the DVD-RAM disc, as shown in FIG. 9, it constitutes an ECC block 502 in chunks of 16 sectors, and adding an error correction code (product code) within the ECC block 502. たとえば図9内の1個のセクタ501bの情報を変更する場合、図示しない情報記録再生装置側でECCブロック502分の全情報(32kバイト)を読み取り、デインターリーブ処理した後、セクタ501bの情報のみを変更する。 For example, to change the information in one sector 501b in FIG. 9, reads all the information of the ECC blocks 502 minutes (32k bytes) in the information recording and reproducing apparatus, not shown, after deinterleaving, only the information of the sectors 501b to change the. その後、再度ECCブロックのエラー訂正符号の付け直しをして記録する。 Then, it records the Replacing the error correction code again ECC block.

何の工夫もなしに上記エラー訂正符号の付け直し処理を行うと、記録時の連続性が損なわれる。 And without any of devising perform with re-processing of the error correction code, it is impaired continuity at the time of recording. そこで、記録時の連続性を確保するため、この発明では、情報記憶媒体10への記録をECCブロック502(32kバイト)単位とし、ECCブロック502毎に直接上書きするようにしている。 In order to ensure the continuity of the time of recording, in the present invention, the recording of the information storage medium 10 and ECC block 502 (32k bytes), so that overwriting directly for each ECC block 502.

すなわち、DVD−RAMディスクを用いた情報記録装置においては、記録処理の単位としてECCブロック単位(2048×16=32kバイト)が採用される。 That is, the information recording apparatus using a DVD-RAM disc, ECC block units (2048 × 16 = 32k bytes) is adopted as a unit of the recording process. そして、このECCブロック単位でAVデータDA2(図18)のアドレス管理が行なわれる。 Then, the address management of the AV data DA2 (Figure 18) is performed in the ECC block unit.

図47は、図1のディスクに録画されるAVデータ(ビデオコンテンツ)のうちユーザが作成するメニューのファイル構造の一例を概念的に示す。 Figure 47 conceptually illustrates an example of a file structure of a menu created by a user of the AV data to be recorded to the disc of FIG. 1 (video content).

ユーザメニューファイルのフォーマットは、概念図的には図47に示すような構成をとることができ、具体的には図48〜図49に示すような構成をとることができる。 The format of the user menu file, the conceptual graphical can be configured as shown in FIG. 47, and specifically can be configured as shown in FIGS. 48 49.

まず、ユーザメニューファイルに入っているデータの順番は、図47において上から下へ向かって例示するように、第1アンカーポイント(図44の第1アンカーポイント456に対応)、縮小画像管理部、縮小画像管理部のバックアップ(図示せず)、縮小画像データ群、第2アンカーポイント(図46の第2アンカーポイント457に対応)の順で記載されている。 First, the order of the data contained in the user menu file, as shown from top to bottom in FIG. 47, (corresponding to the first anchor point 456 in FIG. 44) the first anchor point, the reduced image management unit, reduced image management unit (not shown) of the backup, the reduced image data group, are described in the order of the second anchor point (corresponding to a second anchor point 457 in FIG. 46).

図47で示す第1および第2アンカーポイントは図18の縮小画像制御情報DA214内に存在し、縮小画像制御情報DA214内の縮小画像管理部とこの縮小画像管理部のバックアップの記録位置を示す情報を持っている。 First and second anchor point shown in Figure 47 is present in the reduced image control information DA214 in FIG. 18, information indicating the recording position of the reduced image control information and the reduced image management unit in the DA214 backup of this reduced image management unit have. 図47で示す第1および第2アンカーポイントは、図18での制御情報DA21の記録位置を示すアンカーポインタAPとは、指し示す位置の情報内容が異なる。 First and second anchor point shown in FIG. 47, the anchor pointer AP indicating the recording position of the control information DA21 in FIG. 18, the information contents of the location pointed to by different.

このユーザメニューファイルに最初に入れてあるのは第1アンカーポイント(図47ではa,p,b,q)と呼ばれるポインタアドレスで、それぞれに、縮小画像管理部のスタートアドレス(a)およびエンドアドレス(p)、そして縮小画像管理部のバックアップデータのスタートアドレス(b)およびエンドアドレス(q)が記載されている。 (In FIG. 47 a, p, b, q) the user menu initially charged Aru for in the file first anchor point with the pointer addresses called, respectively, reduced image management section start address (a) and end address (p), and the start address of the backup data of the reduced image management unit (b) and end address (q) is described.

第1アンカーポイントの次には縮小画像管理部(より広義には図18の制御情報DA21)が記録されており、このデータは、後述する「32kバイトアライン」の処理を受けている。 (More broadly the control information DA21 in FIG. 18) Next reduced image management unit in the first anchor point are recorded, the data is subjected to processing of "32k byte aligned" later. この縮小画像管理部には、ユーザメニューを構成する各縮小画像に関するデータが記録されている。 The reduced image management unit, data relating to the reduced image constituting the user menu are recorded.

ユーザメニューを構成する各縮小画像に関する実際のデータとしては、PGC番号、タイムコード(タイムサーチなどに使用できる)、縮小画像の先頭アドレス、使用セクタ数(=データ長)、縮小画像のサイズ、縮小画像の元ファイル(AVデータ)へのアドレス(ポインタ)、検索や表題に使用するテキストデータなどがある。 The actual data on the reduced image constituting the user menu, (can be used such as the time search) PGC number, a time code, the start address of the reduced image, the number of used sectors (= data length), the size of the reduced image, reduced the original file address to the (AV data) of the image (pointer), there is such as text data to be used for search and title.

さらにその後には、ファイル内にもし欠陥領域がある場合にはその欠陥領域の先頭アドレスとデータ長が記録される。 Thereafter, the if there is if a defective area in the file start address and data length of the defect area is recorded. そして、ユーザメニューの背景画像データに関して、登録番号およびその先頭アドレスなどが記録されている。 Then, with respect to the background image data of the user menu, such as the registration number and the start address is recorded.

さらにその後には、図示しないが、縮小画像管理部のバックアップが記録されている。 Further Thereafter, although not shown, the reduced image management unit backup is recorded. このバックアップは、前記縮小画像管理領域の破損に対する保険のために記録している。 This backup is recorded for insurance against damage to the reduced image management area.

さらにその後には、パック化された実際の縮小画像データ群(より広義には図18のオブジェクト群DA22〜DA24;さらに広義にはAVデータDA2)が記録されている。 Further Thereafter, packed it has been actually reduced image data group (more broadly the object group in FIG. 18 DA22~DA24; further AV data DA2 in a broad sense) are recorded. ただし、これらのデータは、1つの縮小画像毎(あるいはその1VOBU毎に)に、32kバイトアラインされている。 However, these data, for each one of the reduced image (or each thereof 1 VOBU), is 32k byte aligned.

さらにその後には、ユーザメニューファイルの先頭と同様な第2アンカーポイント(a,p,b,q)が記載されている。 Thereafter, the beginning and the same second anchor point in the user menu file (a, p, b, q) is described. このようにするのは、ファイルは、通常、アクセスの多い先頭の管理領域から破損していくことを考えてのことである。 To this way, the file is that usually, of thinking that they would damage from the head of the management area a lot of access. ファイルの最後にもアンカーポイント置くことにより、より安全性を高めている。 By placing the last anchor point of files, to enhance the safety.

また、このファイルの各区切りで32kバイトアラインしているのは、データの変更、追加や削除時に、32kバイト単位のECCグループ毎にアクセスすることができるようにという配慮からである。 Also, are you 32k byte-aligned with each separated of this file, change the data, when adding or deleting, is from the consideration that to be able to access to each ECC group of 32k bytes. この32kバイトアライン(換言すればECCブロックアライン)することにより、より高速のアクセスが可能となり、後述する図52のDVDドライブ140内のMPUあるいは図84のデータプロセサ36の動作上の負荷が軽減される。 By this 32k byte align (ECC blocks aligned in other words), enables faster access, operational load of the data processor 36 of the MPU or FIG. 84 in the DVD drive 140 of FIG. 52 to be described later is reduced that.

なお、このユーザメニューファイル中のアドレス情報は、全てファイルの先頭からの相対アドレスで表されている。 The address information of the user menu in the file is represented by a relative address from the beginning of all files.

図47のユーザメニューファイルには、以下の特徴がある: The user menu file shown in FIG. 47, the following features:
(イ)少なくともビデオデータの一部の静止画を表すところのメニュー選択用画像データ(すなわち縮小画像データ)が同一のユーザメニューファイル内に1以上記録されている。 (B) at least a video portion of the menu selection image data where representative still image data (i.e., reduced image data) is recorded one or the same user menu file.

(ロ)縮小画像管理部を有し、記録媒体(DVD−RAMディスク、DVDーRWディスクまたはDVD−Rディスク)上に記録した全縮小画像データ(の保存場所と対応するビデオ信号の指定)の管理を一括して行う。 (B) have a reduced image management unit, a recording medium (designated storage location with the corresponding video signal) (DVD-RAM disc, DVD chromatography RW disc or DVD-R disc) all reduced image data recorded on the collectively performed the management.

図47のユーザメニューファイルには、具体的には図48〜図49に例示するような内容が書き込まれる。 The user menu file shown in FIG. 47, and specifically the contents exemplified in FIGS. 48 49 are written.

すなわち、図48および図49に示すように、ピクチャアドレステーブル用の第1アンカーポインタとして、ピクチャアドレステーブルの開始位置、ピクチャアドレステーブルの終了位置、予約ピクチャアドレステーブルの開始位置および予約ピクチャアドレステーブルの終了位置が記述され;ピクチャアドレステーブルとして、メニューインデックス情報(INFO1)、インデックスピクチャ情報(INFO2)、欠陥領域情報(INFO5)、壁紙ピクチャ情報(INFO6)およびパディングデータが記述され;ピクチャアドレステーブル用の第2アンカーポインタとして、ピクチャアドレステーブルの開始位置、ピクチャアドレステーブルの終了位置、予約ピクチャアドレステーブルの開始位置および予約ピクチャアドレステーブ That is, as shown in FIGS. 48 and 49, as the first anchor pointer for a picture address table, the start position of the picture address table, the end position of the picture address table, the reservation picture address table starting location and reserved picture address table as a picture address table, menu index information (INFO1), index picture information (INFO2), defective area information (INFO5), wallpaper picture information (INFO6) and padding data are described; end position is described for a picture address table as the second anchor pointer, the start position of the picture address table, the end position of the picture address table, reservation picture address table starting location and reserved picture address table の終了位置が記述される。 Of the end position is described.

なお、図48および図49のピクチャアドレステーブル内には、スライド&スチルピクチャ情報INFO3およびインフォメーションピクチャ情報INFO4も適宜記述される。 Note that the picture address table shown in FIG. 48 and FIG. 49, the slide & still picture information INFO3 and information picture information INFO4 also described as appropriate.

図48のメニューインデックス情報は、インデックスピクチャの数、インフォメーションピクチャの数、スライド&スチルピクチャの数、欠陥領域の数および壁紙ピクチャの数を含む。 Menu index information in FIG. 48 includes the number of index pictures, the number of information pictures, the number of slide & still pictures, the number of number of defect areas, and wallpaper picture.

図48のインデックスピクチャ情報は、内容特性、インデックスピクチャ用プログラムチェーンのID、インデックスピクチャのタイムコード、インデックスピクチャの開始位置、インデックスピクチャ記録の使用セクタ数、ピクチャサイズ、オリジナルのオーディオ・ビデオデータのアドレスおよび検索用テキストデータを含む。 Index picture information in FIG. 48, the content characteristic, ID of a program chain for an index picture, the time code of the index picture, the start position of the index picture, the number of used sectors of the index picture recording, the picture size, the address of the original audio and video data and a search for text data.

なお、インデックスピクチャ情報に含まれる内容特性には、ユーザメニューに利用される静止画が記録済みなら“1”が記述され、この静止画の記録位置(アドレス)のみを記録しているなら“0”が記述される。 Note that the content characteristic included in the index picture information, still picture to be used in the user menu are recorded if "1" is written, you are recorded only the recording position of the still picture (address) "0 "it is described.

アドレスのみでユーザメニュー用画像を指定する場合のインデックスピクチャ情報は、図49に示すように、“0”が記述された内容特性と、スライド&スチルピクチャ用のプログラムチェーンPGCのIDと、オリジナルのオーディオ・ビデオデータのアドレスと、スライド&スチルピクチャのタイムコードを含む。 Index picture information for specifying a user menu images only in the address, as shown in FIG. 49, "0" and content characteristic described is the ID of the program chain PGC of slide & still pictures, original including the address of the audio and video data, the time code of the slide & still picture.

図49の壁紙ピクチャ情報は、ユーザメニューの背景画像として利用できる壁紙ピクチャの数(登録された背景画像の番号)と、壁紙ピクチャの開始位置と、壁紙ピクチャが記録されている領域の使用セクタ数を含む。 Wallpaper picture information in FIG. 49, the number of wallpaper pictures that can be used as a background image of the user menu (numbers of registered background image), a start position of wallpaper pictures, the number of used sectors of an area wallpaper picture is recorded including.

図49のパディングデータは、インデックスピクチャの内容、欠陥領域の内容および壁紙ピクチャの内容等を含む。 Padding data in FIG. 49 includes the contents of the index picture, the contents of the contents of the defective area and the wallpaper picture, and the like.

次に、前述した「32kバイトアライン」について説明する。 Next, a description will be given of "32k byte aligned" earlier.

図47〜図49に示したユーザメニューファイル内は、既記録領域と未記録領域のいかんに関わらず、すべてエラー訂正コードの単位(ECCグループで)ある32kバイト毎に分割され、その境界部分である「ECCバウンダリー」の位置が事前に確定している。 User menu file shown in FIG. 47 to FIG. 49, regardless of the recorded area and the unrecorded area, (in ECC group) units of all error correction code is divided every certain 32k bytes, in the boundary portion a position of "ECC boundary" has been determined in advance.

各縮小画像データ、アンカーポイント、縮小画像管理部と縮小画像管理部のバックアップを記録する場合には、全てのデータの記録開始位置と記録終了位置は、上記「ECCバウンダリー」位置と一致するように記録される(図35参照)。 Each reduced image data, anchor points, in the case of recording a backup of the reduced image management unit reduced image management unit, the recording end position and the recording start position of all the data, so as to coincide with the "ECC boundary" position It is recorded (see FIG. 35).

各データ量が32kバイトの整数値より若干少ない場合には図47に示したように「ダミー領域」を付加して、記録終了位置を「ECCバウンダリー」位置に一致させる。 If the data amount is slightly less than the integer value of 32k bytes by adding a "dummy area" as shown in FIG. 47, to match the recording end position in the "ECC boundary" position. この「ダミー領域」は図48の「パディング」の領域を意味している。 This "dummy area" means the area of ​​"padding" in FIG. 48.

縮小画像データの記録・消去時には前述した「ECCバウンダリー」毎に情報の記録・消去を行う。 At the time of recording and erasing of the reduced image data do the recording and erasing of information for each "ECC boundary" earlier. この場合、ECCグループ内の一部の情報を変更する必要が無いので、記録時にはECCバウンダリーに合わせて縮小データを直接重ね書きできる。 In this case, since there is no need to change some of the information in the ECC group may overwrite directly reduced data in accordance with the ECC boundary during recording.

以上のような「32kバイトアライン」を行えば、縮小画像データをECCグループ単位で記録・消去するため付加されたエラー訂正情報の修正が不要となるから、ECCグループ単位の記録・消去処理の高速化が図れる。 By performing the "32k byte alignment" as described above, because there is the added error correction information of the correction for recording and erasing the reduced image data in ECC group level is not required, high-speed recording and erasure processing of the ECC group basis It can be achieved.

図47のユーザメニューファイルは、パーソナルコンピュータ等を利用した別の記録媒体への移植性を考慮している。 User menu file shown in FIG. 47 takes into account the portability to another recording medium using a personal computer or the like. そのために、ユーザメニュー用の縮小画像、背景画像、縮小画像管理領域の保存アドレスは、全てユーザメニューファイル先頭位置からの差分アドレス(相対アドレス)で表現している。 Therefore, a reduced image, the background image, save the address of the reduced image management area for the user menu are expressed by differential addresses (relative addresses) from all user menu file head position.

図47の縮小画像管理領域内の関連テーブルの中では、PGC番号から検索用テキストデータサイズまでの2行が1組の対応テーブルを表している。 Among the related table of the reduced image management area in FIG. 47, two lines from the PGC number to the search text data size represents a set of correspondence table.

この場合、ビデオ信号のタイムコードと先頭アドレスとの組の対応により記録された縮小画像データとビデオ信号との関係が分かる。 In this case, the relationship between the recorded thumbnail image data and video signals by a set of correspondence between the time code and the start address of the video signal is found.

また、この関連テーブル全体を検索することにより、ユーザメニューファイル内の未記録領域または消去後縮小画像データの消去された位置が分かり、この領域に新規な縮小画像データを記録することができる。 Further, by searching the entire association table, see erased position of an unrecorded area or after erasing the reduced image data of the user menu file can be recorded new reduced image data in this area.

図47のユーザメニューファイルにおいては、オーディオ・ビデオデータを含むAVファイル上の位置と縮小画像記録位置間の関連テーブルの中で、欠陥領域の管理を行うようにしている。 In the user menu file shown in FIG. 47, in the relation table between the position and the reduced image recording position on the AV files containing audio and video data, and to perform the defect management area.

ここで、ディスク(記録媒体)10の表面に付着したゴミや傷により縮小画像管理部が破損した場合の具体的処理方法に付いて説明する。 Here, a description is given to the specific processing method in the case of the reduced image management section is damaged by dust or scratch adhering to the surface of the disk (recording medium) 10.

まず、ディスク(記録媒体)表面のゴミや傷による縮小画像管理部の破損を検出する。 First, to detect the breakage of the reduced image management section due to dust or scratch disk (recording medium) surface. (破損しているかどうかはECCグループのエラー訂正が失敗したかどうかで判定できる。) (Whether the damage can be determined by whether or not the error correction of the ECC group has failed.)
破損が検出された場合は、アンカーポイントの情報を読み、縮小画像管理部のバックアップデータアドレスを調べ、縮小画像管理部のバックアップデータを読み込む。 If corruption is detected, reading the information of the anchor point, examine the backup data address of the reduced image management unit reads the backup data of the reduced image management unit.

次に、図47の縮小画像記録位置間の関連テーブルから、ユーザメニューファイル内の未記録領域を探す。 Then, from the relation table between the reduced image recording position in FIG. 47, search for unrecorded area of ​​the user menu file. そして、ユーザメニューファイル内の未記録領域に縮小画像管理データを記録し、アンカーポイントのアドレス情報を更新する。 Then, to record the reduced image management data in the unrecorded area in the user menu file, and updates the address information of the anchor point.

続いて、ディスク(記録媒体)表面のゴミや傷により縮小画像管理部が破損した場所を、図47の縮小画像記録位置間の関連テーブル内に、欠陥領域として登録する。 Subsequently, where the reduced image management section is damaged by dust or scratch of a disk (recording medium) surface, in relation table between the reduced image recording position in FIG. 47, be registered as a defect area.

図47〜図49のユーザメニューファイルフォーマットを採用すると、以下の効果が期待できる: By employing user menu file format shown in FIG. 47 to FIG. 49, the following effects can be expected:
(a)前記「32kバイトアライン」によって、縮小画像データの追加・検索とアクセス高速化が図れる; (A) said by "32k byte aligned", thereby add, search and access speed of the reduced image data;
(b)図示しないモニタディスプレイの表示部に一度に複数枚の縮小画像を表示する場合、各縮小画面毎に記録媒体上の該当する縮小画像データ位置にアクセスする必要がある。 (B) When displaying a plurality of reduced images at a time on a display unit of a monitor display (not shown), it is necessary to access the appropriate reduced image data position on the recording medium for each reduced screen. 記録媒体上にこの縮小画像データが点在(散在)する場合には、アクセスに時間がかかり、複数枚の縮小画像を表示するための所要時間が長くなるとい弊害がある。 When the reduced image data on the recording medium is dotted (scattered), it takes time to access, there are adverse effects have the required time is longer for displaying a plurality of reduced images. ところが、図47に例示するように、複数の縮小画像データを同一のユーザメニューファイル内にまとめて配置すれば、このユーザメニューファイルを再生するだけで高速に複数枚の縮小画像を表示させることができる。 However, as illustrated in FIG. 47, by arranging in a plurality of reduced image data to the same user menu file is possible to display a plurality of reduced images at high speed by simply reproducing the user menu file it can.

(c)縮小画像管理部での全縮小画像データを一括管理することにより、縮小画像データの削除や追加処理の管理が容易となる。 (C) by collectively managing all the reduced image data in the reduced image management unit, it is easy to manage the deletion and addition processing of the reduced image data. すなわち、ユーザメニューファイル内の未記録領域(または縮小画像データ削除領域)の検索が容易となり、新規の縮小画像データの追加登録を高速に行なうことが可能となる。 In other words, searching for an unrecorded area in the user menu file (or reduced image data deletion area) is facilitated, it is possible to perform the additional registration of the new reduced image data at high speed.

(d)後述するDVDビデオレコーダでは、データプロセサ36で16パック(=32kバイト)毎にまとめてECCグループとしてエラー訂正情報を付けてディスク(DVD−RAM、DVD−RWまたはDVD−R)10に記録している。 The DVD video recorder (d) described below, the data processor 36 in 16 packs (= 32k bytes) with the error correction information as ECC classified into groups each disc (DVD-RAM, DVD-RW or DVD-R) in 10 It is recorded. もしECCグループ内の一部の情報を変更した場合には、付加されたエラー訂正情報の修正が必要となり、処理が煩雑になるとともに情報変更処理に多大な時間がかかるようになる。 If when changing some of the information in the ECC group, modifications of the appended error correction information is required, the processing comes to take a lot of time to the information change process with complicated. ところが、前記「32kバイトアライン」を行うことによって、縮小画像データをECCグループ単位で記録・消去する際に付加されるエラー訂正情報の修正が不要となり、ユーザメニューデータの記録と消去が高速に処理可能となる。 However, by performing the "32k byte aligned", becomes unnecessary correction of the error correction information added at the time of recording and erasing the reduced image data in ECC group basis, the recording and erasing of the user menu data is high-speed processing It can become.

(e)以下の方法により、アンカーポイントと縮小画像管理部、縮小画像管理部のバックアップデータの高信頼性を確保できる: By the following methods (e), the anchor point and the reduced image management unit, a reliable backup data of the reduced image management unit can be secured:
*縮小画像管理領域の信頼性確保 …縮小画像管理領域のバックアップ領域を設け、万一の縮小画像管理領域欠 陥に備えるとともに欠陥発生時には記録場所移動を可能とする; * The backup area ensuring reliability ... the reduced image management area of ​​the reduced image management area provided, at the time of defect occurrence with preparing for Recessed event of the reduced image management area missing to enable recording location movement;
*縮小画像管理領域の記録場所を示すアンカーポイント情報の信頼性確保 …単独でECCブロックを構成し、データ変更回数を少なくするとともに2ヶ所に記録する(図47の第1および第2アンカーポイント); * Ensure reliability of the anchor point information indicating the recording location of the reduced image management area ... constitute an ECC block alone is recorded in two places while reducing the number of data change (first and second anchor points in FIG. 47) ;
*欠陥管理処理 …ディスク(記録媒体)表面のゴミや傷により縮小画像管理部やアンカーポイントからの情報再生が不能になった場合、前述したバックアップ部からデータを読み直して、別位置に再記録できるようにする。 * If the defect management processing ... information reproducing from the disk (recording medium) reduced by the dust or scratch of the surface image manager and anchor points becomes unavailable, reread the data from the backup unit described above, it can be re-recorded in another position so as to. これにより、欠陥領域を登録して誤ってその欠陥場所を再び使用してしまうことを防止できる。 Thus, it is possible to prevent using the defect location again incorrectly registered defective area.

なお、ユーザメニューに用いる縮小画像データには、その元画像に、クローズドキャプションや多重文字が重畳されているケースがある。 Incidentally, the reduced image data used in the user menu, to the original image, there is a case where closed caption or multiple characters are superimposed. そのような場合には、文字を多重後、縮小画像を構成しても良い。 In such a case, after the multi-character, it may be configured a reduced image. また、この文字データだけで縮小画像を構成することも考えられる。 It is also conceivable to configure the reduced image only the character data.

さらに、実際の縮小画像データを持たず、本画像へのポインタのみでユーザメニュー用縮小画像を表すことも可能である(後述する図51の構成において、ハードウエア側でユーザメニューを構成するために、縮小画像をデコーダ内で作りながら表示を行う場合に対応する)。 Further, no actual reduced image data, only a pointer to the image can be representative of a reduced image for a user menu (in the configuration of which will be described later Figure 51, to construct the user menu by hardware side corresponds to the case of displaying while making a reduced image in the decoder). この方法によると、メニュー表示時にディスクサーチを頻繁に行うため、ユーザメニュー表示に若干時間がかかるが、実際に縮小画像を持たない分、使用するディスク容量が少なくて済む利点が得られる。 According to this method, in order to perform frequent disc search during menu display, it takes some time to the user menu, minutes not actually have a reduced image, advantages requires less disk space to be used is obtained.

ところで、図18のAVデータ制御情報DA210内のPGC制御情報PGCCIは図32に示すようなデータ構造を持ち、PGCとセルによって再生順序が決定される。 Incidentally, PGC control information PGCCI in the AV data control information DA210 in FIG. 18 has a data structure as shown in FIG. 32, playback order is determined by the PGC and the cell. PGCは、セルの再生順序を指定した一連の再生を実行する単位を示す。 PGC is a unit for executing a series of reproduction designating a reproduction order of the cells. セルは、再生データを開始アドレスと終了アドレスで指定した再生区間を示す。 Cell indicates a playback section specified by start and end addresses of reproduced data.

図50は、図2のディスク10に記録されたセルデータを再生する場合の一例を模式的に示している。 Figure 50 shows schematically an example of a case of reproducing the cell data recorded on the disk 10 of FIG. 図示するように、再生データは、セルAからセルFまでの再生区間で指定されている。 As shown, the reproduction data is designated by the playback section from the cell A to cell F. 各プログラムチェーン(PGC)におけるこれらのセルの再生組み合わせはプログラムチェーン情報において定義される。 Play combination of these cells in each program chain (PGC) 87 in is defined in the program chain information.

図51は、図50の再生データを構成する各セルとプログラムチェーン情報(PGCI)との関係の一例を説明する図である(図19参照)。 Figure 51 is a view for explaining an example of the relationship between each cell and the program chain information (PGCI) which constitutes the reproduction data of FIG. 50 (see FIG. 19).

すなわち、3つのセル#1〜#3で構成されるPGC#1は、セルA→セルB→セルCという順序でセル再生を指定している。 That, PGC # 1 comprised of three cells # 1 to # 3 designates the cell playback in the order of cell A → cell B → cell C. また、3つのセル#1〜#3で構成されるPGC#2は、セルD→セルE→セルFという順序でセル再生を指定している。 Furthermore, PGC # 2 comprised of three cells # 1 to # 3 designates the cell playback in the order of cell D → cell E → cell F. さらに、5つのセル#1〜#5で構成されるPGC#3は、セルE→セルA→セルD→セルB→セルEという順序でセル再生を指定している。 Furthermore, PGC # 3 comprised of five cells # 1 to # 5 designates cell playback in the order of cell E → cell A → cell D → cell B → cell E.

図50および図51において、PGC#1はセルAからセルCまでの連続再生区間を例示しており、PGC#2はセルDからセルFまでの断続した再生区間を例示している。 In Figures 50 and 51, PGC # 1 is illustrates a continuous playback section from cell A to cell C, PGC # 2 illustrates the intermittent playback period from cell D to cell F. また、PGC#3は、セルの再生方向や重複再生(セルCとセルD)に拘わらず飛び飛びのセル再生が可能な例を示している。 Furthermore, PGC # 3 shows an example capable of cell playback of discrete regardless playback direction and overlap playback of the cell (cell C and the cell D).

図52は、図1〜図11の構成を持つ情報記憶媒体(DVDーRAMディスク等)10を用いてデジタルビデオ情報の録画・再生を行えるように構成されたパーソナルコンピュータPCの一例を説明するブロック図である。 Figure 52 is a block for explaining an example of a personal computer PC that is configured to allow the recording and playback of digital video information using an information storage medium (DVD-RAM disk or the like) 10 having the configuration of FIGS. 11 it is a diagram.

<<一般的なパーソナルコンピュータシステムPCの内部構造説明>> << typical personal computer system PC of the internal structure description >>
(1)メインCPUに直接接続されるデータ/アドレスライン パーソナルコンピュータPC内のメインCPU111はメインメモリ112との間の情報入出力を直接行うメモリデータライン114と、メインメモリ112内に記録されている情報のアドレスを指定するメモリアドレスライン113を持ち、メインメモリ112内にロードされたプログラムに従ってメインCPU111の実行処理が進む。 (1) The main CPU111 in the data / address lines personal computer PC connected directly to the main CPU to the memory data line 114 for the information input and output between the main memory 112 directly, are recorded in the main memory 112 It has a memory address line 113 for designating the address of information, execution of the main CPU111 proceeds in accordance with a program loaded into main memory 112.

さらに、メインCPU111は、I/Oデータライン146を通して各種コントローラとの情報転送を行うとともに、I/Oアドレスライン145のアドレス指定により情報転送先コントローラの指定と転送される情報内容の指定を行っている。 Further, the main CPU111, along with transfer information between various controllers via the I / O data line 146, by performing the designation of information content to be transferred to the specified information destination controller by addressing I / O address lines 145 there.

(2)ディスプレイコントロールとキーボードコントロール ビットマップディスプレイ(モニタCRT)116の表示内容制御を行うディスプレイコントローラ115はメモリデータライン114を介しメインCPU111間の情報交換を行っている。 (2) a display controller 115 that performs display content control of the display and keyboard control bit map display (monitor CRT) 116 is exchanging information between the main CPU111 via the memory data line 114.

さらに、高解像度で豊かな色彩表現(および階調表現)を実現するため、CRTディスプレイ116専用のメモリとして、ビデオRAM117を備えている。 Furthermore, in order to achieve a richer color expression at high resolution (and gradation expression), as CRT display 116 only memory, and a video RAM 117. LCDコントローラ115はメモリデータライン114を経由してメインメモリ112から直接情報を入力し、CRTディスプレイ116に表示することもできる。 LCD controller 115 inputs the information directly from the main memory 112 via the memory data line 114, may be displayed on the CRT display 116.

キーボード119から入力されたテンキー情報はキーボードコントローラ118で変換されてI/Oデータライン146を経由してメインCPU111に入力される。 Ten key information input from the keyboard 119 are input to the main CPU111 via the I / O data line 146 is converted by a keyboard controller 118.

(3)情報再生装置(DVD−ROM/RAMドライブ等)の制御系統 パーソナルコンピュータPC内に内蔵されたCD−ROMドライブ122やDVD−ROM/RAMコンパチブルドライブ140などの光学式の情報再生装置には、IDEインターフェイスあるいはSCSIインターフェイスが使われる場合が多い。 (3) the information reproducing apparatus in an optical information reproducing apparatus such as a CD-ROM drive 122 incorporated in the control system within the personal computer PC of the (DVD-ROM / RAM drive) or DVD-ROM / RAM compatible drive 140 , in many cases IDE interface or a SCSI interface is used. CD−ROMドライブ122からの再生情報はIDEコントローラ120を経由してI/Oデータライン146に転送される。 Reproducing information from the CD-ROM drive 122 is transferred via the IDE controller 120 to the I / O data line 146.

(4)PC外部とのシリアル/パラレルインターフェイス パーソナルコンピュータシステムの外部機器との情報転送用には、シリアルラインとパラレルラインがそれぞれ用意されている。 (4) The information transfer between the external device serial / parallel interface personal computer system with PC external serial line and parallel line are prepared, respectively.

「セントロニクス」に代表されるパラレルラインを制御するパラレルI/Fコントローラ123は、ネットワーク等を介さずに直接プリンター124やスキャナー125を駆動する場合に使われる。 Parallel I / F controller 123 for controlling the parallel line represented by "Centronics" is used in case of driving the direct printer 124 or scanner 125 without going through a network or the like. スキャナー125から転送される情報はパラレルI/Fコントローラ123を経由してI/Oデータライン146に転送される。 Information transferred from the scanner 125 is transferred via the parallel I / F controller 123 to the I / O data line 146. またI/Oデータライン146上で転送される情報はパラレルI/Fコントローラ123を経由してプリンター124へ転送される。 The information transferred on the I / O data line 146 is transferred via the parallel I / F controller 123 to the printer 124.

たとえば、ディスプレイ116に表示されているビデオRAM117内の情報やメインメモリ112内の特定情報をプリントアウトする場合、これらの情報をメインCPU111を介してI/Oデータライン146に転送した後、パラレルI/Fコントローラ123でプロトコル変換してプリンター124に出力する。 For example, after transferring the I / O data lines 146 cases, the information via the main CPU111 for printing out specific information of the information and the main memory 112 in the video RAM117 displayed on the display 116, a parallel I / in F controller 123 outputs to the printer 124 and protocol conversion.

外部に出力されるシリアル情報に関しては、I/Oデータライン146で転送された情報がシリアルI/Fコントローラ130でプロトコル変換され、たとえばRS−232Cのシリアル信号として出力される。 For the serial information output to the outside, information transferred by the I / O data line 146 is protocol conversion by the serial I / F controller 130, for example, is output as a serial signal of RS-232C.

(5)機能拡張用バスライン パーソナルコンピュータシステムは機能拡張用に各種のバスラインを持っている。 (5) extensions for the bus line personal computer system has a variety of bus lines for function expansion. デスクトップのパーソナルコンピュータではバスラインとしてPCIバス133とEISAバス126を持っている場合が多い。 If a desktop personal computer has a PCI bus 133 and EISA bus 126 as bus lines is large.

PCIバス133およびEISAバス126それぞれのバスラインは、PCIバスコントローラ143およびEISAバスコントローラ144を介して、I/Oデータライン146とI/Oアドレスライン145に接続されている。 Each bus line PCI bus 133 and EISA bus 126 via the PCI bus controller 143 and EISA bus controller 144 is connected to the I / O data line 146 and I / O address lines 145.

バスラインに接続される各種ボードはEISAバス126専用ボードとPCIバス133専用ボードに分かれている。 Various boards connected to the bus line is divided to the EISA bus 126 dedicated board and the PCI bus 133 only board. 比較的PCIバス133の方が高速転送に向くため、図52の構成ではPCIバス133に接続しているボードの数が多くなっているが、これは一例にすぎない。 Since facing relatively towards the PCI bus 133 is high-speed transfer, the number of boards connected to the PCI bus 133 is increasingly in the configuration of FIG. 52, this is only an example. 図52の構成に限らずEISAバス126専用ボードを使用すれば、たとえばLANボード139やSCSIボード138をEISAバス126に接続することも可能である。 Using the EISA bus 126 dedicated board not limited to the configuration of FIG. 52, it is also possible to connect a LAN board 139 or SCSI board 138 to the EISA bus 126.

(6)バスライン接続の各種ボードの概略機能説明 (6.1)サウンドブラスターボード127 (6) General functional description of the various boards of the bus line connection (6.1) Sound Blaster Board 127
マイク128から入力された音声信号はサウンドブラスターボード127によりデジタル情報に変換され、EISAバス126、I/Oデータライン146を経由してメインメモリ112やDVDーRAMドライブ140に入力され、適宜加工される。 Audio signal input from the microphone 128 is converted into digital information by the sound blaster board 127, is input to the main memory 112 or a DVD-RAM drive 140 via the EISA bus 126, I / O data line 146 is appropriately processed that.

また音楽等を聞きたい場合には、CD−ROMドライブ122あるいはDVDーROM/RAMドライブ140に記録されているファイル名をユーザが指定することにより、デジタル音源信号がI/Oデータライン146、EISAバス126を経由してサウンドブラスターボード127に転送され、アナログ信号に変換された後、スピーカー129から出力される。 Further, when you want to hear the music or the like, the user specifies the file name recorded in the CD-ROM drive 122 or DVD-ROM / RAM drive 140, a digital sound source signal is I / O data line 146, EISA is transferred to the sound blaster board 127 via the bus 126, it converted into an analog signal, outputted from the speaker 129.

(6.2)専用DSP137 (6.2) only DSP137
ある特殊な処理を高速で実行したい場合、その処理専用のDSPボード137をPCIバスライン133に接続することができる。 If you want to perform a special processing at a high speed, it is possible to connect the DSP board 137 of the processing dedicated to PCI bus line 133.

(6.3)SCSIインターフェイス 外部記憶装置との間の情報入出力にはSCSIインターフェイスが利用される場合が多い。 (6.3) often SCSI interface is used for information input and output between the SCSI interface external storage device. SCSIボード138内では、DVDーROM/RAMドライブ140等の外部記憶装置との間で入出力されるSCSIフォーマット情報をPCIバス133またはEISAバス126に転送するためのプロトコル変換や、転送情報フォーマット変換が、実行される。 Within SCSI board 138, the protocol conversion and for transferring SCSI format information to the PCI bus 133 or EISA bus 126 is input and output between the external storage device such as a DVD-ROM / RAM drive 140, transfer information format conversion but, it is executed.

(6.4)情報圧縮・伸長専用ボード 音声、静止画、動画像などマルチメディア情報は、情報圧縮され、DVDーROM/RAMドライブ140等により情報記憶媒体(図1のDVDーRAMディスク10)記録される。 (6.4) information compression and decompression dedicated board audio, still picture, the multimedia information such as moving images, is information compression, the information storage medium by a DVD-ROM / RAM drive 140, etc. (DVD-RAM disc 10 in FIG. 1) It is recorded. この情報圧縮・伸長専用ボード(134〜136)は、DVDーROM/RAMドライブ140から圧縮された情報を再生する際、圧縮されている情報を伸長して、ディスプレイ116に表示する画像情報を生成したり、スピーカー129を鳴らす音声信号を生成する。 The data compression and decompression personalization board (134-136), at the time of reproducing the compressed information from the DVD-ROM / RAM drive 140 decompresses the information is compressed, generates image information to be displayed on the display 116 or, to produce a sound signal to sound the speaker 129. またマイク128から入力された音声信号などを情報圧縮してDVDーROM/RAMドライブ140に記録する際にも利用される。 Also it is utilized in recording the DVD-ROM / RAM drive 140 is compressed such information audio signal input from the microphone 128.

上記情報の圧縮・伸長機能は各種専用ボードが受け持っている。 Compression and decompression functions of the above information various dedicated board is in charge.

具体的には、音楽・音声信号の圧縮・伸長はオーディオエンコーダ/デコーダボード136で行い、動画(ビデオ映像)の圧縮・伸長はMPEGボード134で行い、静止画の圧縮・伸長はJPEGボード135で行なうようにしている。 Specifically, the compression and decompression of the music and audio signal is performed at the audio encoder / decoder board 136, the compression and decompression of video (video image) performed by the MPEG board 134, the compression and decompression of still images in JPEG board 135 and to carry out.

<<パーソナルコンピュータの外部ネットワークとの接続>> Connection to an external network of << personal computer >>
(7)電話回線を用いたネットワーク接続 電話回線を経由して外部に情報転送したい場合には、モデム131を用いる。 (7) when via a network connection a telephone line using a telephone line want external information transfer, the modem 131 is used. すなわち希望の相手先へ電話接続するには図示しないNCU(Network Control Unit)が電話回線を介して電話交換機に相手先電話番号を伝達する。 That the call connection to the desired destination is NCU not shown (Network Control Unit) is transmitting the destination telephone number to the telephone exchange via the telephone line. 電話回線が接続されると、シリアルI/Fコントローラ130がI/Oデータライン146上の情報に対して転送情報フォーマット変換とプロトコル変換を行い、その結果得られるデジタル信号のRS−232C信号がモデム131でアナログ信号に変換されて電話回線に転送される。 When the telephone line is connected, the serial I / F controller 130 performs the transfer information format conversion and protocol conversion on the information on the I / O data lines 146, RS-232C signal of digital signal obtained as a result of the modem 131 is converted into an analog signal is forwarded to a telephone line.

(8)IEEE1394を用いたネットワーク接続 音声、静止画、動画などマルチメディア情報を外部装置(図示せず)へ転送する場合には、IEEE1394インターフェイスが適している。 (8) networked voice using IEEE1394, still image, when transferring multimedia information such as video to an external device (not shown) are suitable IEEE1394 interface.

動画や音声では一定時間内に必要な情報を送り切れないと画像の動きがギクシャクしたり、音声が途切れたりする。 The video or audio or jerky movement of the image when the not be sent the necessary information within a predetermined time, or interrupted voice. その問題を解決するためIEEE1394では125μs毎にデータ転送が完了するisochronous転送方式を採用している。 Data transfer is adopted isochronous transfer scheme completed every 125μs the IEEE1394 order to solve the problem. IEEE1394ではこのisochronous転送と通常の非同期転送の混在も許しているが、1サイクルの非同期転送時間は最大63.5μsと上限が決められている。 While allowing also mixed in IEEE1394 this isochronous transfer and normal asynchronous transfer, 1 cycle asynchronous transfer time of maximum 63.5μs and upper limit are determined. この非同期転送時間が長過ぎるとisochronous転送を保証できなくなるためである。 The asynchronous transfer time is because not be guaranteed too long isochronous transfer.

なお、IEEE1394ではSCSIのコマンド(命令セット)をそのまま使用することができる。 Incidentally, it is possible to accept the the IEEE1394 SCSI command (instruction set).

IEEE1394I/Fボード132は、PCIバス133を伝わってきた情報に対し、isochronous転送用の情報フォーマット変換やプロトコル変換、ノード設定のようなトポロジーの自動設定などの処理を行なう。 IEEE 1394 I / F board 132, to the information which has transmitted the PCI bus 133, performs information format conversion and protocol conversion for isochronous transfer, processing such as automatic setting of topology such as node setting.

このようにパーソナルコンピュータシステム内で持っている情報をIEEE1394信号として外部に転送するだけでなく、同様に外部から送られて来るIEEE1394信号を変換してPCIバス133に転送する働きもIEEE1394I/Fボード132は持っている。 Also acts IEEE 1394 I / F board to transfer in this manner not only transfers the information it has in the personal computer system to the outside as IEEE1394 signal, converts the IEEE1394 signal sent from the outside similarly to the PCI bus 133 132 has.

(9)LANを用いたネットワーク接続 企業内や官庁・学校など特定地域内のローカルエリア情報通信のために、図示しないが、LANケーブルを媒体としてLAN信号の入出力を行っている。 (9) for local area information communication network connections in and administration, schools, etc. in a specific local companies using LAN, not shown, it is carried out input and output of the LAN signal the LAN cable as the medium.

LANを用いた通信のプロトコルとしてはTCP/IP、NetBEUIなどが存在し、各種プロトコルに応じて独自のデータパケット構造(情報フォーマット構造)が採用される。 TCP / IP as the communication protocol using LAN, etc. NetBEUI are present, its own data packet structure according to various protocols (information format structures) is adopted. PCIバス133上で転送される情報に対する情報フォーマット変換や各種プロトコルに応じた外部との通信手続き処理などは、LANボード139により行われる。 A communication procedure process of the external in accordance with the information format conversion and various protocols for information transferred on the PCI bus 133 is performed by the LAN board 139.

一例としてDVDーROM/RAMドライブ140にセットされたDVDーRAMディスク10(図1)内に記録してある特定ファイル情報をLAN信号に変換して、図示しない外部のパーソナルコンピュータ、EWSあるいはネットワークサーバに転送する場合の手続きと情報転送経路について、説明する。 It converts the specific file information are recorded in an example DVD-ROM / RAM drive 140 is set to the DVD-RAM disc 10 (FIG. 1) to the LAN signal, an external personal computer (not shown), EWS or network server for procedure and information transfer path when transferring will be described.

SCSIボード138の制御によりDVDーRAMディスク10内に記録されているファイルディレクトリ(図23)を出力させ、その結果のファイルリストを、メインCPU111がメインメモリ112に記録するとともにCRTディスプレイ116に表示させる。 The control of the SCSI board 138 to output the file directory recorded in the DVD-RAM disk 10 (FIG. 23), the file list of the results to be displayed on the CRT display 116 along with the main CPU111 is recorded in the main memory 112 .

ユーザが転送したいファイル名をキーボード119から入力すると、その内容がキーボードコントローラ118を介してメインCPU111に送られ、CPU111により認識される。 When the user enters the file name the keyboard 119 to be transferred, the content is sent to the main CPU 111 via the keyboard controller 118, it is recognized by the CPU 111. メインCPU111がSCSIボード138に転送するファイル名を通知すると、DVDーROM/RAMドライブ140がDVDーRAMディスク10内部の情報記録場所を判定してアクセスし、そこからの再生情報がSCSIボード138およびPCIバス133を経由してLANボード139へ転送される。 When the main CPU111 notifies the file name to be transferred to the SCSI board 138, DVD-ROM / RAM drive 140 is accessed to determine the DVD-RAM disc 10 inside the information recording place, reproduction information SCSI board 138 and from there It is transferred to the LAN board 139 via the PCI bus 133.

LANボード139では、一連の通信手続きにより転送先とセッションを張った後、PCIバス133からのファイル情報受け、伝送するプロトコルに従ったデータパケット構造に変換後、LAN信号として外部へ転送する。 In the LAN board 139, after stretched destination and session by a series of communication procedures, it receives file information from the PCI bus 133, converted into a data packet structure in accordance with the protocol to be transmitted is transferred to the outside as a LAN signal.

<<情報再生装置または情報記憶再生装置からの情報転送>> << information reproducing apparatus or the transfer of information from the information storage and reproducing apparatus >>
(10)標準的インターフェイスと情報転送経路 CD−ROM、DVDーろむなど再生専用の光ディスクを扱う装置であるドライブ122、DVD−RAM、PD(相変化記録ディスク)、MO(光磁気ディスク)など記録再生可能な光ディスクを扱う装置であるドライブ140をパーソナルコンピュータシステム内に組み込んで使用する場合、標準的なインターフェイスとして“IDE”“SCSI”“IEEE1394”などが存在する。 (10) standard interface and information transfer path CD-ROM, drive 122 is a device that handles playback-only optical disc such as DVD-ROM, DVD-RAM, PD (phase change recording disc), MO (magneto optical disk), etc. when using incorporates drive 140 is a device that handles the recording and reproducing optical disk in a personal computer system, as a standard interface "IDE" "SCSI" "IEEE1394" and there.

一般的にはPCIバスコントローラ143やEISAバスコントローラ144は内部にDMA(ダイレクトメモリアクセス)機能を持っている。 In general PCI bus controller 143 and EISA bus controller 144 have a DMA (direct memory access) function therein. このDMAの制御により、メインCPU111を介在させることなく各ブロック間で直接情報を転送することができる。 By control of the DMA, it is possible to transfer information directly between the blocks without interposing the main CPU 111.

たとえば、DVDドライブ140からの再生情報をMPEGボード134に転送する場合、メインCPU111からの処理はPCIバスコントローラ143へ転送命令を与えるだけで良い。 For example, when transferring information reproduced from the DVD drive 140 to the MPEG board 134, the processing from the main CPU111 need only give a transfer instruction to the PCI bus controller 143. 情報転送管理はPCIバスコントローラ143内のDMAに任せる。 Information transfer management is left to the DMA of the PCI bus controller 143. その結果、実際の情報転送時にはメインCPUは情報転送処理に忙殺されることなく、その情報転送処理中に他の処理を並行して実行できる。 As a result, at the time of actual information transfer main CPU without being swamped in the information transfer process, the other processes can be performed in parallel during the information transfer process.

同様に、CDドライブ122からの再生情報をたとえばメモリ112へ転送する場合も、メインCPU111はIDEコントローラ120へ転送命令を出すだけで、後の転送処理管理をIDEコントローラ120内のDMAに任せることができる。 Similarly, when transferring information reproduced from the CD drive 122 to, for example memory 112, be left the main CPU111 only issues a transfer instruction to the IDE controller 120, the transfer processing management after the DMA of the IDE controller 120 it can.

(11)認証機能 情報記録再生装置(DVDーRAMドライブ等)140もしくは情報再生装置(CDーROMドライブ等)122に関する情報転送処理には、上述したようにPCIバスコントローラ143内のDMA、EISAバスコントローラ144内のDMAまたはIDEコントローラ120内のDMAが管理を行っているが、実際の転送処理自体は情報記録再生装置140もしくは情報再生装置122が持つ認証(authentication)機能部が実際の転送処理を実行している。 (11) authentication information to the recording and reproducing apparatus (DVD-RAM drive, etc.) 140 or information reproducing apparatus (CD-ROM drive, etc.) 122 relating to information transfer process, DMA in the PCI bus controller 143, as described above, EISA bus While DMA DMA or IDE controller 120 of the controller 144 is performing management, the actual transfer process itself is the information recording and reproducing apparatus 140 or information reproducing apparatus 122 is authenticated with (authentication) function unit actual transfer process Running.

DVDビデオ、DVD−ROM、DVD−RなどのDVDシステムでは、ビデオ、オーディオのビットストリームはMPEG2プログラムストリームフォーマットで記録されており、オーディオストリーム、ビデオストリーム、サブピクチャストリーム、プライベートストリームなどが混在して記録されている。 DVD Video, DVD-ROM, a DVD system such as DVD-R, video, audio bit streams are recorded in the MPEG2 program stream format, an audio stream, video stream, sub-picture stream, and private stream mixed It is recorded.

情報記録再生装置(DVDーROM/RAMドライブ等)140は、情報の再生時にプログラムストリームからオーディオストリーム、ビデオストリーム、サブピクチャストリーム、プライベートストリームなどを分離抽出し、抽出したストリームを、メインCPU111を介在させることなく、PCIバス133を介して直接音声符号化復号化ボード136、MPEGボード134あるいはJPEGボード135に転送する。 Information recording and reproducing apparatus (DVD chromatography ROM / RAM drive) 140, an audio stream from the program stream at the time of reproducing information, a video stream, sub-picture streams, etc. to the separation extraction private stream, the extracted stream, interposed main CPU111 without transfers directly to the speech coding and decoding board 136, MPEG board 134 or JPEG board 135 via the PCI bus 133.

同様に、情報再生装置(CDーROMドライブ等)122もそこから再生されるプログラムストリームを各種のストリーム情報に分離抽出し、個々のストリーム情報をI/Oデータライン146、PCIバス133を経由して直接(メインCPU111を介在させることなく)音声符号化復号化ボード136、MPEGボード134あるいはJPEGボード135に転送する。 Similarly, the program stream reproduced therefrom also the information reproducing apparatus (CD-ROM drive, etc.) 122 separates and extracts various stream information, the individual stream information via the I / O data line 146, PCI bus 133 direct Te (without interposing the main CPU 111) speech coding and decoding board 136, and transfers to the MPEG board 134 or JPEG board 135.

情報記録再生装置140や情報再生装置122と同様、音声符号化復号化ボード136、MPEGボード134あるいはJPEGボード135自体も内部に認証機能を持っている。 Similar to the information recording and reproducing apparatus 140 or information reproducing apparatus 122, the speech coding and decoding board 136, MPEG board 134 or JPEG board 135 itself has authentication function therein.

この機能により、情報転送に先立ち、PCIバス133(およびI/Oデータライン146)を介して情報記録再生装置140や情報再生装置122と音声符号化復号化ボード136、MPEGボード134、JPEGボード135間で互いに認証し合うことができる。 This feature, prior to information transfer, PCI bus 133 (and I / O data line 146) over the information recording and reproducing apparatus 140 or information reproducing apparatus 122 and the speech coding and decoding board 136, MPEG board 134, JPEG board 135 They can mutually authenticate each other between. 相互認証が完了すると、情報記録再生装置140や情報再生装置122で再生されたビデオストリーム情報はMPEGボード134だけに転送される。 When mutual authentication is completed, the video stream information reproduced in the information recording and reproducing apparatus 140 or information reproducing apparatus 122 is transferred only to the MPEG board 134. 同様に、オーディオストリーム情報は音声符号化復号化ボード136のみに転送される。 Similarly, the audio stream information is transferred only to the speech coding and decoding board 136. また、静止画ストリームはJPEGボード135へ、プライベートストリームやテキスト情報はメインCPU111へ送られる。 In addition, a still image stream is to JPEG board 135, a private stream or text information is sent to the main CPU111.

ところで、情報記録再生装置は、大きく分けて、情報記憶媒体に対して情報の記録・再生を行う情報記録再生部(物理系ブロック)と、外部とのインターフェイス部や情報記録再生装置として独自の装置機能を果たすための機能実施部などから構成された応用構成部(アプリケーション系ブロック)とに分類できる。 Incidentally, the information recording reproducing apparatus mainly comprises an information recording and reproducing unit for recording and reproducing information on an information storage medium (the physical system block), its own device as an interface unit and the information recording and reproducing apparatus with an external It can be classified into the application component that is composed of such functional execution unit to perform the function (application system block).

図53は、図52のデジタルビデオ録再機能付パーソナルコンピュータPCにおいて、物理系ブロックとアプリケーション系ブロックを分けて説明する図である。 Figure 53 is a digital video recording and reproducing functional personal computer PC with the FIG. 52 is a diagram for explaining separately physical system block and the application system block.

情報再生装置(DVDプレーヤ等)もしくは情報記録再生装置(DVDレコーダ等)103は、図53に示すように、大きく2つのブロックから構成される。 Information reproducing apparatus (DVD player, etc.) or information recording and reproducing apparatus (DVD recorder or the like) 103, as shown in FIG. 53, consists of two major blocks.

情報再生部もしくは情報記録再生部(物理系ブロック)101は情報記憶媒体(図1の光ディスク10)を回転させ、光ヘッドを用いて情報記憶媒体にあらかじめ記録してある情報を読み取る(または情報記憶媒体に新たな情報を記録する)機能を有する。 Information reproducing unit or the information recording and reproducing section (physical series block) 101 rotates the information storage medium (optical disc 10 in FIG. 1) reads the information that is prerecorded on the information storage medium using an optical head (or information storage to record new information medium) having a function.

具体的には、情報記憶媒体としての光ディスク10を回転させるスピンドルモータ、光ディスク10に記録してある情報を再生する光ヘッド、再生したい情報が記録されている光ディスク10上の半径位置に光ヘッドを移動させるための光ヘッド移動機構、その他各種サーボ回路などから構成されている。 Specifically, a spindle motor for rotating the optical disc 10 as an information storage medium, an optical head for reproducing information that is recorded on the optical disk 10, the optical head to the radial position on the optical disk 10 in which information to be reproduced is recorded optical head moving mechanism for moving the, and a and other various servo circuits. この斑理系ブロック101の構成については後述する。 It will be described later configuration of the plaque science block 101.

応用構成部(アプリケーションブロック)102は、情報再生部もしくは情報記録再生部(物理系ブロック)101から得られた再生信号cに処理を加えて情報再生装置もしくは情報記録再生装置103の外に再生情報aを送出する働きをする。 Application components (application blocks) 102, external to the reproduction information of the information reproducing unit or the information recording and reproducing section (physical series block) was added the process to reproduction signal c obtained from 101 the information reproducing apparatus or information recording and reproducing apparatus 103 and it serves to deliver the a. このアプリケーションブロック内の構成は、情報再生装置もしくは情報記録再生装置103の具体的用途(使用目的)に応じて変化する。 The configuration of the application block varies depending on the specific application of the information reproducing apparatus or information recording and reproducing apparatus 103 (the intended use). このアプリケーションブロック102の構成についても後述する。 It will also be described later configuration of the application block 102.

情報記録再生装置(DVDレコーダ等)の場合には、以下の手順で外部から与えられた記録情報bを情報記憶媒体(光ディスク10)に記録する。 Information recorded in the case of reproducing apparatus (DVD recorder or the like) records the record information b externally applied to the information storage medium (optical disc 10) by the following procedure.

*外部から与えられた記録情報bは直接アプリケーションブロック102に転送される。 * Recorded information b given from the outside is transferred directly to the application block 102.

*アプリケーションブロック102内で記録情報bに処理を加えた後、記録信号dを物理系ブロック101へ伝送する。 * After adding process to the recording information b in the application block 102. transmits a recording signal d to a physical series block 101.

*伝送された記録信号dを物理系ブロック101内で光ディスク10に記録する。 * Recorded on the optical disk 10 the transmitted recording signal d in the physical system block within 101.

図54は、図52のDVDーROM/RAMドライブ140(図53でいえば物理系ブロック101)の構成の一例を説明するブロック図である。 Figure 54 is a block diagram illustrating an example of a configuration of a DVD-ROM / RAM drive 140 of FIG. 52 (physical series block 101 In terms of Figure 53).

まず始めに、情報記録再生装置内の情報記録再生部(物理系ブロック101)の内部構造から説明する。 First, explaining the internal structure of the information recording and reproducing section in the information recording and reproducing apparatus (physical series block 101).

<<<情報記録再生部の機能説明>>> Feature Description of <<< information recording and reproducing section >>>
<<情報記録再生部の基本機能>> << information recording and reproducing section of the basic functions >>
情報記録再生部では、情報記憶媒体(光ディスク)10上の所定位置に、レーザビームの集光スポットを用いて、新規情報の記録あるいは書き替え(情報の消去も含む)を行う。 The information recording and reproducing unit, the information storage medium (optical disk) place on 10, with the condensing spot of the laser beam to record or rewrite new information (including deleted information).

情報記憶媒体10上の所定位置から、レーザビームの集光スポットを用いて、既に記録されている情報の再生を行う。 From a predetermined position on the information storage medium 10, by using a focused spot of the laser beam, and reproduces the information already recorded.

<<情報記録再生部の基本機能達成手段>> << information recording and reproducing section of the basic functions achievement means >>
上記基本機能を達成するために、情報記録再生部では、情報記憶媒体10上のトラックに沿って集光スポットをトレース(追従)させる。 To achieve the above basic functions, the information recording and reproducing unit, causes trace (follow) the focusing spot along a track on the information storage medium 10. 情報記憶媒体10に照射する集光スポットの光量(強さ)を変化させて情報の記録/再生/消去の切り替えを行う。 Changing the light quantity (intensity) of the focused spot to be irradiated on the information storage medium 10 for switching the recording / reproducing / erasing of information. 外部から与えられる記録信号dを高密度かつ低エラー率で記録するために最適な信号に変換する。 Converting the recording signal d supplied from the outside to the optimum signal for recording in high density and low error rate.

<<<機構部分の構造と検出部分の動作>>> Operation of the structure and the detection portion of <<< mechanism portion >>>
<<光ヘッド202基本構造と信号検出回路>> << optical head 202 the basic structure and the signal detecting circuit >>
<光ヘッド202による信号検出> <Signal detection by the optical head 202>
光ヘッド202は、基本的には、光源である半導体レーザ素子と光検出器と対物レンズから構成されている。 The optical head 202 is basically formed of a semiconductor laser device and the optical detector and the objective lens as a light source.

半導体レーザ素子から発光されたレーザ光は、対物レンズにより情報記憶媒体(光ディスク)10上に集光される。 The laser beam emitted from the semiconductor laser element is converged on the information storage medium (optical disk) 10 by the objective lens. 情報記憶媒体10の光反射膜または光反射性記録膜で反射されたレーザ光は光検出器により光電変換される。 The laser beam reflected by the light reflection film or light reflective recording film of the information storage medium 10 is photoelectrically converted by the photodetector.

光検出器で得られた検出電流は、アンプ213により電流−電圧変換されて検出信号となる。 Detection current obtained in the photodetector current by an amplifier 213 - a voltage conversion has been detected signals. この検出信号は、フォーカス・トラックエラー検出回路217あるいは2値化回路212で処理される。 The detection signal is processed by the focus track error detection circuit 217 or binary coding circuit 212.

一般的に、光検出器は、複数の光検出領域に分割され、各光検出領域に照射される光量変化を個々に検出している。 Generally, the photodetector is divided into a plurality of light detection areas are detected individually varying light amount emitted to the photodetection regions. この個々の検出信号に対してフォーカス・トラックエラー検出回路217で和・差の演算を行い、フォーカスずれおよびトラックずれの検出を行う。 It performs calculation of the sum-difference focus track error detection circuit 217 for this individual detection signal, and detects the focus shift and track deviation. この検出によりフォーカスずれおよびトラックずれを実質的に取り除いた後、情報記憶媒体10の光反射膜または光反射性記録膜からの反射光量変化を検出して、情報記憶媒体10上の信号を再生する。 After removing substantially out of focus and tracking error by the detection, by detecting the reflected light amount change from the light reflection film or light reflective recording film of the information storage medium 10, reproduces a signal on the information storage medium 10 .

<フォーカスずれ検出方法> <Focus deviation detection method>
フォーカスずれ量を光学的に検出する方法としては、たとえば次のようなものがある: As a method of detecting the focus deviation amount optically are those such as the following:
[非点収差法]情報記憶媒体10の光反射膜または光反射性記録膜で反射されたレーザ光の検出光路に非点収差を発生させる光学素子(図示せず)を配置し、光検出器上に照射されるレーザ光の形状変化を検出する方法である。 The astigmatism method] information storage medium 10 of the light reflection film or the optical element for generating astigmatism in the detection optical path of the reflected laser beam by the light reflective recording film (not shown) arranged, photodetector is a method of detecting a change in shape of the laser beam irradiated thereon. 光検出領域は対角線状に4分割されている。 Photodetection area is divided into four diagonally. 各検出領域から得られる検出信号に対し、フォーカス・トラックエラー検出回路217内で対角和間の差を取ってフォーカスエラー検出信号を得る。 To detection signals obtained from the detection region to obtain a focus error detection signal taking the difference of the diagonal Kazuma in focus track error detection circuit within 217.

[ナイフエッジ法]情報記憶媒体10で反射されたレーザ光に対して非対称に一部を遮光するナイフエッジを配置する方法である。 A method of placing a knife edge for blocking a portion asymmetrically with respect to the laser beam reflected in the knife-edge method] information storage medium 10. 光検出領域は2分割され、各検出領域から得られる検出信号間の差を取ってフォーカスエラー検出信号を得る。 Photodetection area is divided into two, to obtain a focus error detection signal taking a difference between detection signals obtained from the detection region.

通常、上記非点収差法あるいはナイフエッジ法のいずれかがが採用される。 Usually, one of the astigmatism method or knife-edge method is employed.

<トラックずれ検出方法> <Track deviation detection method>
情報記憶媒体(光ディスク)10はスパイラル状または同心円状のトラックを有し、トラック上に情報が記録される。 Information storage medium (optical disk) 10 has a track of spiral or concentric information on the track is recorded. このトラックに沿って集光スポットをトレースさせて情報の再生または記録/消去を行う。 By tracing a focused spot for reproducing or recording / erasing of information along the track. 安定して集光スポットをトラックに沿ってトレースさせるため、トラックと集光スポットの相対的位置ずれを光学的に検出する必要がある。 Stable in order to trace along the focused spot on the track, it is necessary to detect the relative positional deviation between the track and the converged light spot optically.

トラックずれ検出方法としては一般に、次の方法が用いられている: Generally as the track deviation detecting method, the following methods are used:
[位相差検出(Differential Phase Detection)法]情報記憶媒体(光ディスク)10の光反射膜または光反射性記録膜で反射されたレーザ光の光検出器上での強度分布変化を検出する。 Detecting the intensity distribution changes in Phase difference detection (Differential Phase Detection) method] Information storage medium (optical disk) 10 of the light reflection film or light reflective recording film on the optical detector of the reflected laser beam. 光検出領域は対角線上に4分割されている。 Photodetection area is divided into four diagonally. 各検出領域から得られる検出信号に対し、フォーカス・トラックエラー検出回路217内で対角和間の差を取ってトラックエラー検出信号を得る。 To detection signals obtained from the detection region to obtain a track error detection signal taking the difference of the diagonal Kazuma in focus track error detection circuit within 217.

[プッシュプル(Push-Pull)法]情報記憶媒体10で反射されたレーザ光の光検出器上での強度分布変化を検出する。 Detecting the intensity distribution changes on the photodetector in the push-pull (Push-Pull) method] The laser beam reflected by the information storage medium 10. 光検出領域は2分割され、各検出領域から得られる検出信号間の差を取ってトラックエラー検出信号を得る。 Photodetection area is divided into two, to obtain a track error detection signal taking a difference between detection signals obtained from the detection region.

[ツインスポット(Twin-Spot)法]半導体レーザ素子と情報記憶媒体10間の送光系に回折素子などを配置して光を複数に波面分割し、情報記憶媒体10上に照射する±1次回折光の反射光量変化を検出する。 [Twin Spot (Twin-Spot) method] semiconductor laser device and the information arranged such as a diffraction element to the light transmitting system between the storage medium 10 to wavefront splitting light into multiple, ± 1-order to irradiate on the information storage medium 10 detecting the amount of reflected light changes in diffracted light. 再生信号検出用の光検出領域とは別に+1次回折光の反射光量と−1次回折光の反射光量を個々に検出する光検出領域を配置し、それぞれの検出信号の差を取ってトラックエラー検出信号を得る。 Place the light detection region for detecting the reflected light amount to an individual in the amount of reflected light and -1-order diffracted light separate from the + 1st order diffracted light to the light detection area for reproduction signal detection, tracking error detection signal by taking the difference between the respective detection signals obtained.

<対物レンズアクチュエータ構造> <Objective lens actuator structure>
半導体レーザ素子から発光されたレーザ光を情報記憶媒体10上に集光させる対物レンズ(図示せず)は、対物レンズアクチュエータ駆動回路218の出力電流に応じて2軸方向に移動可能な構造になっている。 An objective lens for condensing the laser beam emitted from the semiconductor laser element on the information storage medium 10 (not shown) is turned movable structure in two axial directions according to the output current of the objective lens actuator driving circuit 218 ing. この対物レンズの移動方向には、次の2つがある。 The moving direction of the objective lens, the following There are two. すなわち、フォーカスずれ補正用に情報記憶媒体10に対する垂直方向に移動し、トラックずれ補正用に情報記憶媒体10の半径方向に移動する。 That is, to move vertically with respect to the information storage medium 10 for focus deviation correction, moves to the track deviation correction in the radial direction of the information storage medium 10.

対物レンズの移動機構(図示せず)は対物レンズアクチュエータと呼ばれる。 Moving mechanism of the objective lens (not shown) is called the objective lens actuator. 対物レンズアクチュエータ構造には、たとえば次のようなものがよく用いられる: The objective lens actuator structure, often used for example as follows:
[軸摺動方式]中心軸(シャフト)に沿って対物レンズと一体のブレードが移動する方式で、ブレードが中心軸に沿った方向に移動してフォーカスずれ補正を行い、中心軸を基準としたブレードの回転運動によりトラックずれ補正を行う方法である。 In the axial sliding manner] central axis system objective lens integral with the blade along a (shaft) moves, the blade performs a focus deviation correction by moving in a direction along the central axis, relative to the central axis the rotational movement of the blades is a method for performing a track deviation correction.

[4本ワイヤ方式]対物レンズ一体のブレードが固定系に対し4本のワイヤで連結されており、ワイヤの弾性変形を利用してブレードを2軸方向に移動させる方法である。 [4-wire type] objective lens integrated blades are connected by four wires with respect to the fixed system, a method of utilizing the elastic deformation of the wire to move the blade in two axial directions.

上記いずれの方式も永久磁石とコイルを持ち、ブレードに連結したコイルに電流を流すことによりブレードを移動させる構造になっている。 Any of the above methods also have a permanent magnet and a coil, has a structure for moving the blade by applying a current to a coil connected to the blade.

<<情報記憶媒体10の回転制御系>> << rotation control system of the information storage medium 10 >>
スピンドルモータ204の駆動力によって回転する回転テーブル221上に情報記憶媒体(光ディスク)10を装着する。 Attaching the information storage medium (optical disk) 10 on the rotary table 221 is rotated by the driving force of the spindle motor 204.

情報記憶媒体10の回転数は、情報記憶媒体10から得られる再生信号によって検出する。 Rotational speed of the information storage medium 10 is detected by the reproduction signal obtained from the information storage medium 10. すなわち、アンプ213出力の検出信号(アナログ信号)は2値化回路212でデジタル信号に変換され、この信号からPLL回路211により一定周期信号(基準クロック信号)を発生させる。 That is, the detection signal (analog signal) of the amplifier 213 output is converted into a digital signal by the binarizing circuit 212, to generate a predetermined periodic signal (a reference clock signal) by the PLL circuit 211 from the signal. 情報記憶媒体回転速度検出回路214では、この信号を用いて情報記憶媒体10の回転数を検出し、その値を出力する。 In the information storage medium rotation speed detection circuit 214 uses the signal to detect the rotational speed of the information storage medium 10, and outputs the value.

情報記憶媒体10上で再生あるいは記録/消去する半径位置に対応した情報記憶媒体回転数の対応テーブルは、半導体メモリ219に予め記録されている。 The information storage medium 10 on reproducing or recording / erasing radii information storage medium rotational speed of the correspondence table corresponding to the position, the pre-recorded in the semiconductor memory 219. 再生位置または記録/消去位置が決まると、制御部220は半導体メモリ219情報を参照して情報記憶媒体10の目標回転数を設定し、その値をスピンドルモータ駆動回路215に通知する。 When the reproduction position or recording / erasing position is determined, the control unit 220 sets a target rotational speed of the information storage medium 10 with reference to the semiconductor memory 219 information, and notifies the value to the spindle motor driving circuit 215.

スピンドルモータ駆動回路215では、この目標回転数と情報記憶媒体回転速度検出回路214の出力信号(現状での回転数)との差を求め、その結果に応じた駆動電流をスピンドルモータ204に与えて、スピンドルモータ204の回転数が一定になるように制御する。 In the spindle motor driving circuit 215, obtains the difference between the output signal of the target rotational speed and the information storage medium rotation speed detection circuit 214 (the rotational speed of at present), supplies a drive current corresponding to the result to a spindle motor 204 It performs control so that the number of revolutions of the spindle motor 204 is constant. 情報記憶媒体回転速度検出回路214の出力信号は、情報記憶媒体10の回転数に対応した周波数を有するパルス信号であり、スピンドルモータ駆動回路215では、このパルス信号の周波数およびパルス位相の両方に対して、制御(周波数制御および位相制御)を行なう。 The output signal of the information storage medium rotation speed detection circuit 214 is a pulse signal having a frequency corresponding to the rotational speed of the information storage medium 10, the spindle motor driving circuit 215, with respect to both frequency and pulse phase of the pulse signal Te, it performs control (frequency control and phase control).

<<光ヘッド移動機構>> << light head moving mechanism >>
この機構は、情報記憶媒体10の半径方向に光ヘッド202を移動させるため光ヘッド移動機構(送りモータ)203を持っている。 This mechanism has the optical head moving mechanism (feeding motor) 203 for the radial direction of the information storage medium 10 moves the optical head 202.

光ヘッド202を移動させるガイド機構としては、棒状のガイドシャフトを利用する場合が多い。 The guide mechanism for moving the optical head 202, is often utilized a rod-like guide shaft. このガイド機構では、このガイドシャフトと光ヘッド202の一部に取り付けられたブッシュ間の摩擦を利用して、光ヘッド202を移動させる。 This guide mechanism, by utilizing the friction between mounted bush on a part of the guide shaft and the optical head 202 moves the optical head 202. それ以外に回転運動を使用して摩擦力を軽減させたベアリングを用いる方法もある。 There is a method of using the bearings and reduce the friction force using the rotation movement in the other.

光ヘッド202を移動させる駆動力伝達方法は、図示していないが、固定系にピニオン(回転ギヤ)の付いた回転モータを配置し、ピニオンとかみ合う直線状のギヤであるラックを光ヘッド202の側面に配置して、回転モータの回転運動を光ヘッド202の直線運動に変換している。 Driving force transmission method for moving the optical head 202, although not shown, a rotary motor disposed marked with a pinion (rotating gear) on the fixed system, the rack of the optical head 202 is a linear gear meshing with the pinion arranged on the sides, which converts the rotary motion of the rotary motor into linear motion of the optical head 202. それ以外の駆動力伝達方法としては、固定系に永久磁石を配置し、光ヘッド202に配置したコイルに電流を流して直線的方向に移動させるリニアモータ方式を使う場合もある。 The other driving force transmission method, a permanent magnet disposed in fixed-line, in some cases by applying a current to a coil disposed in the optical head 202 using a linear motor method of moving linearly direction.

回転モータ、リニアモータいずれの方式でも、基本的には送りモータに電流を流して光ヘッド202移動用の駆動力を発生させている。 Rotary motor, a linear motor in any manner, and basically by applying a current to the feed motor to generate a driving force of the optical head 202 for movement. この駆動用電流は送りモータ駆動回路216から供給される。 The driving current is supplied from the feed motor drive circuit 216.

<<<各制御回路の機能>>> <<< function of each control circuit >>>
<<集光スポットトレース制御>> << focused spot trace control >>
フォーカスずれ補正あるいはトラックずれ補正を行うため、フォーカス・トラックエラー検出回路217の出力信号(検出信号)に応じて光ヘッド202内の対物レンズアクチュエータ(図示せず)に駆動電流を供給する回路が、対物レンズアクチュエータ駆動回路218である。 To perform a focus shift correction or track deviation correction circuit for supplying a driving current to an objective lens actuator (not shown) in the optical head 202 in accordance with an output signal (detection signal) of the focus track error detection circuit 217, is an objective lens actuator driving circuit 218. この駆動回路218は、高い周波数領域まて対物レンズ移動を高速応答させるため、対物レンズアクチュエータの周波数特性に合わせた特性改善用の位相補償回路を、内部に有している。 The drive circuit 218, in order to speed response of the objective lens moving Wait higher frequency, a phase compensation circuit for the combined characteristics improvement in the frequency characteristic of the objective lens actuator has inside.

対物レンズアクチュエータ駆動回路218では、制御部220の命令に応じて、 In the objective lens actuator driving circuit 218, in accordance with the instruction of the control unit 220,
(イ)フォーカス/トラックずれ補正動作(フォーカス/トラックループ)のオン/オフ処理と; (B) the on / off process of the focus / track deviation correcting operation (focus / track loop);
(ロ)情報記憶媒体10の垂直方向(フォーカス方向)へ対物レンズを低速で移動させる処理(フォーカス/トラックループオフ時に実行)と; (B) process of moving the objective lens at a low speed vertical to the (focus direction) of the information storage medium 10 (executed when the focus / track loop off);
(ハ)キックパルスを用いて、対物レンズを情報記憶媒体10の半径方向(トラックを横切る方向)にわずかに動かして、集光スポットを隣のトラックへ移動させる処理とが行なわれる。 With (c) a kick pulse to move the objective lens slightly in the radial direction of the information storage medium 10 (the direction crossing the track), the processing and moving the focused spot to the adjacent track is performed.

<<レーザ光量制御>> << laser light quantity control >>
<再生と記録/消去の切り替え処理> <Switching processing of the recording / erasing and playback>
再生と記録/消去の切り替えは情報記憶媒体10上に照射する集光スポットの光量を変化させて行う。 Switching between recording / erasing and reproducing changes the light quantity of the converged light spot to be irradiated on the information storage medium 10 carried out.

相変化方式を用いた情報記憶媒体に対しては、一般的に [記録時の光量]>[消去時の光量]>[再生時の光量] …(1) For information storage medium using a phase-change system, generally [light amount at the time of recording> amount of erasing> amount at the time of reproduction] ... (1)
の関係が成り立ち、光磁気方式を用いた情報記憶媒体に対しては、一般的に [記録時の光量]≒[消去時の光量]>[再生時の光量] …(2) Holds the relationship, for the information storage medium using a magneto-optical, generally [light amount at the time of recording] ≒ [light amount at the time of erasing> amount at the time of reproduction] ... (2)
の関係がある。 Relationship of. 光磁気方式の場合では、記録/消去時には情報記憶媒体10に加える外部磁場(図示せず)の極性を変えて記録と消去の処理を制御している。 In the case of a magneto-optical system, recording / during erase and controls the process of recording and erasing to change the polarity of the external magnetic field applied to the information storage medium 10 (not shown).

情報再生時では、情報記憶媒体10上に一定の光量を連続的に照射している。 In reproducing information, it is continuously irradiated with the constant amount of light on the information storage medium 10.

新たな情報を記録する場合には、この再生時の光量の上にパルス状の断続的光量を上乗せする。 When recording new information, plus a pulsed intermittent light amount on the light amount at the time of reproduction. 半導体レーザ素子が大きな光量でパルス発光した時に情報記憶媒体10の光反射性記録膜が局所的に光学的変化または形状変化を起こし、記録マークが形成される。 Light reflective recording film of the information storage medium 10 when the semiconductor laser device is a pulse light emission with a large amount of light is locally cause optical change or shape change, a recording mark is formed. すでに記録されている領域の上に重ね書きする場合も同様に半導体レーザ素子をパルス発光させる。 To pulse light emission of the semiconductor laser element as well may be overwritten on the region that has already been recorded.

すでに記録されている情報を消去する場合には、再生時よりも大きな一定光量を連続照射する。 Already to erase the information recorded, the continuous irradiation a large constant amount of light than the time of reproduction. 連続的に情報を消去する場合にはセクタ単位など特定周期毎に照射光量を再生時に戻し、消去処理と平行して間欠的に情報再生を行う。 Continuously returning the irradiation light amount for each specific cycle such sectors in the case of erasing information upon reproduction, performing intermittently the information reproducing in parallel with the erasing process. これにより、間欠的に消去するトラックのトラック番号やアドレスを再生することで、消去トラックの誤りがないことを確認しながら消去処理を行っている。 Thus, by reproducing the track number and address of the track to be erased intermittently, is performed erasing process while confirming that no error of the erasing track.

<レーザ発光制御> <Laser emission control>
図示していないが、光ヘッド202内には、半導体レーザ素子の発光量を検出するための光検出器が内蔵されている。 Although not shown, the optical head 202, a photodetector for detecting the light emission amount of the semiconductor laser element is incorporated. レーザ駆動回路205では、その光検出器出力(半導体レーザ素子発光量の検出信号)と記録・再生・消去制御波形発生回路206から与えられる発光基準信号との差を取り、その結果に基づき、半導体レーザへの駆動電流をフィードバック制御している。 In the laser drive circuit 205 takes the difference between the light emission reference signal supplied from the photodetector output (semiconductor laser element emitting amount of the detection signal) and the recording, reproducing, and erasing control waveform generating circuit 206, based on the result, a semiconductor and feedback control of the drive current to the laser.

<<<機構部分の制御系に関する諸動作>>> Various operations >>> about <<< mechanism portion of the control system
<<起動制御>> << start control >>
情報記憶媒体(光ディスク)10が回転テーブル221上に装着され、起動制御が開始されると、以下の手順に従った処理が行われる。 Information storage medium (optical disk) 10 is mounted on the rotary table 221, the start control is started, processing in accordance with the following procedure is performed.

(1)制御部220からスピンドルモータ駆動回路215に目標回転数が伝えられ、スピンドルモータ駆動回路215からスピンドルモータ204に駆動電流が供給されて、スピンドルモータ204が回転を開始する。 (1) the target rotational speed is transmitted from the control unit 220 to the spindle motor driving circuit 215, a spindle motor driving circuit 215 is driven current is supplied to the spindle motor 204, spindle motor 204 starts rotating.

(2)同時に制御部220から送りモータ駆動回路216に対してコマンド(実行命令)が出され、送りモータ駆動回路216から光ヘッド駆動機構(送りモータ)203に駆動電流が供給されて、光ヘッド202が情報記憶媒体10の最内周位置に移動する。 (2) command (execution instruction) is issued to the motor driving circuit 216 sends a control unit 220 at the same time, it is supplied drive current from the feed motor drive circuit 216 to the optical head driving mechanism (feeding motor) 203, the optical head 202 is moved to the innermost peripheral position of the information storage medium 10. その結果、情報記憶媒体10の情報が記録されている領域を越えてさらに内周部に光ヘッド202が来ていることを確認する。 As a result, it is confirmed that the optical head 202 is coming to an inner peripheral portion further beyond the area in which information of the information storage medium 10 is recorded.

(3)スピンドルモータ204が目標回転数に到達すると、そのステータス(状況報告)が制御部220に出される。 (3) When the spindle motor 204 reaches the target rotational speed, the status (status report) is issued to the control unit 220.

(4)制御部220から記録・再生・消去制御波形発生回路206に送られた再生光量信号に合わせて半導体レーザ駆動回路205から光ヘッド202内の半導体レーザ素子に電流が供給されて、レーザ発光が開始する。 (4) recording, reproducing, and erasing control waveform generating circuit in accordance with the reproducing light quantity signal sent to the 206 current from the semiconductor laser driving circuit 205 to the semiconductor laser element in the optical head 202 is supplied from the control unit 220, the laser emission but to start.

なお、情報記憶媒体(光ディスク)10の種類によって再生時の最適照射光量が異なる。 The optimum amount of light irradiated during reproduction differs depending on the type of the information storage medium (optical disk) 10. 起動時には、そのうちの最も照射光量の低い値に対応した値に、半導体レーザ素子に供給される電流値を設定する。 At startup, the value corresponding to low values ​​of the most light quantity of which sets the current value supplied to the semiconductor laser element.

(5)制御部220からのコマンドに従って、光ヘッド202内の対物レンズ(図示せず)を情報記憶媒体10から最も遠ざけた位置にずらし、ゆっくりと対物レンズを情報記憶媒体10に近付けるよう対物レンズアクチュエータ駆動回路218が対物レンズを制御する。 (5) in accordance with a command from the control unit 220, shifting the most away position the objective lens in the optical head 202 (not shown) from the information storage medium 10, slowly objective lens so as to bring the objective lens to the information storage medium 10 actuator drive circuit 218 controls the objective lens.

(6)同時にフォーカス・トラックエラー検出回路217でフォーカスずれ量をモニターし、焦点が合う位置近傍に対物レンズがきたときにステータスを出して、「対物レンズが合焦点位置近傍にきた」ことを制御部220に通知する。 (6) monitoring the focus deviation amount in a focus-track error detection circuit 217 at the same time, issues a status when the objective lens has come to a position near the in focus, control that "objective lens has come near the focused position" to notify the department 220.

(7)制御部220では、その通知をもらうと、対物レンズアクチュエータ駆動回路218に対して、フォーカスループをオンにするようコマンドを出す。 In (7) Control unit 220, when Receiving the notification, the objective lens actuator driving circuit 218 issues a command to the focus loop on.

(8)制御部220は、フォーカスループをオンにしたまま送りモータ駆動回路216にコマンドを出して、光ヘッド202をゆっくり情報記憶媒体10の外周部方向へ移動させる。 (8) control unit 220 to the motor driving circuit 216 sends while the focus loop ON issues a command to move the optical head 202 slowly to the outer periphery direction of the information storage medium 10.

(9)同時に光ヘッド202からの再生信号をモニターし、光ヘッド202が情報記憶媒体10上の記録領域に到達したら、光ヘッド202の移動を止め、対物レンズアクチュエータ駆動回路218に対してトラックループをオンさせるコマンドを出す。 (9) at the same time monitoring the reproduced signal from the optical head 202, when the optical head 202 reaches the recording area on the information storage medium 10 to stop the movement of the optical head 202, the track loop to the objective lens actuator driving circuit 218 It issues a command to turn on the.

(10)続いて情報記憶媒体10の内周部に記録されている「再生時の最適光量」および「記録/消去時の最適光量」が再生され、その情報が制御部220を経由して半導体メモリ219に記録される。 (10) followed by "optimum light amount at the time of reproduction" recorded in the inner peripheral portion of the information storage medium 10, and "optimum light amount at the time of recording / erasing" is reproduced, the semiconductor that information via the control unit 220 It is recorded in the memory 219.

(11)さらに制御部220では、その「再生時の最適光量」に合わせた信号を記録・再生・消去制御波形発生回路206に送り、再生時の半導体レーザ素子の発光量を再設定する。 (11) In addition the control unit 220, the sending signal matching the "optimum light amount at the time of reproduction" to the recording, reproducing, and erasing control waveform generating circuit 206 resets the amount of light emission of the semiconductor laser element at the time of reproduction.

(12)そして、情報記憶媒体10に記録されている「記録/消去時の最適光量」に合わせて記録/消去時の半導体レーザ素子の発光量が設定される。 (12) Then, the light emission amount of the semiconductor laser element at the time of recording / erasing in accordance with the "optimum light amount at the time of recording / erasing" recorded on the information storage medium 10 is set.

<<アクセス制御>> << Access Control >>
情報記憶媒体10に記録されたアクセス先情報が再生情報記憶媒体10上のどの場所に記録されまたどのような内容を持っているかについての情報は、情報記憶媒体10の種類により異なる。 Information about whether the information access destination information recorded in the storage medium 10 has what location is recorded and how such content on the reproduction information storage medium 10 varies depending on the type of the information storage medium 10. たとえばDVDディスクでは、この情報は、情報記憶媒体10内のディレクトリ管理領域またはナビゲーションパックなどに記録されている。 For example, in DVD disc, this information is recorded in a directory management area or navigation pack information storage medium 10.

ここで、ディレクトリ管理領域は、通常は情報記憶媒体10の内周領域または外周領域にまとまって記録されている。 Here, the directory management area is normally recorded collectively on the inner peripheral region or the outer peripheral region of the information storage medium 10. また、ナビゲーションパックは、MPEG2のPS(プログラムストリーム)のデータ構造に準拠したVOBS(ビデオオブジェクトセット)中のVOBU(ビデオオブジェクトユニット)というデータ単位の中に含まれ、次の映像がどこに記録してあるかの情報を記録している。 The navigation pack is included in the data unit of VOBU (video object unit) in VOBS conforming to the data structure (video object set) in the MPEG2 PS (program stream), and recording locations next image It has recorded some of the information.

特定の情報を再生あるいは記録/消去したい場合には、まず上記の領域内の情報を再生し、そこで得られた情報からアクセス先を決定する。 If you want to play or record / erase specific information, first reproduces the information in the above area, determines the access destination where the obtained information.

<粗アクセス制御> <Coarse access control>
制御部220ではアクセス先の半径位置を計算で求め、現状の光ヘッド202位置との間の距離を割り出す。 It obtains the radial position of the access destination controller 220 in the calculations determining the distance between the optical head 202 positions the current.

光ヘッド202移動距離に対して最も短時間で到達できる速度曲線情報が事前に半導体メモリ219内に記録されている。 Velocity curve information which can be reached in the shortest time with respect to the optical head 202 moving distance is pre-recorded in the semiconductor memory 219. 制御部220は、その情報を読み取り、その速度曲線に従って以下の方法で光ヘッド202の移動制御を行う。 Control unit 220 reads the information and controls the movement of the optical head 202 in the following manner in accordance with the velocity curve.

すなわち、制御部220から対物レンズアクチュエータ駆動回路218に対してコマンドを出してトラックループをオフした後、送りモータ駆動回路216を制御して光ヘッド202の移動を開始させる。 That is, after off-track loop out the command from the controller 220 to the objective lens actuator driving circuit 218 controls the feed motor drive circuit 216 to start the movement of the optical head 202.

集光スポットが情報記憶媒体10上のトラックを横切ると、フォーカス・トラックエラー検出回路217内でトラックエラー検出信号が発生する。 When the focused spot crosses the track on the information storage medium 10, a track error detection signal is generated at the focus track error detection circuit within 217. このトラックエラー検出信号を用いて情報記憶媒体10に対する集光スポットの相対速度を検出することができる。 It is possible to detect the relative speed of the converged spot on the information storage medium 10 by using the track error detection signal.

送りモータ駆動回路216では、このフォーカス・トラックエラー検出回路217から得られる集光スポットの相対速度と制御部220から逐一送られる目標速度情報との差を演算し、その結果で光ヘッド駆動機構(送りモータ)203への駆動電流にフィードバック制御をかけながら、光ヘッド202を移動させる。 In the feed motor drive circuit 216, calculates the difference between the target speed information sent one by one from the focus track error detection circuit 217 relative velocity and the control unit 220 of the used light condensing spot from the optical head driving mechanism in the result ( while applying feedback control to the drive current to the feed motor) 203 to move the optical head 202.

前記<<光ヘッド移動機構>>の項で述べたように、ガイドシャフトとブッシュあるいはベアリング間には常に摩擦力が働いている。 As mentioned in the paragraph of the << optical head moving mechanism >> always frictional force is acting in between the guide shaft and the bush or bearing. 光ヘッド202が高速に移動している時は動摩擦が働くが、移動開始時と停止直前には光ヘッド202の移動速度が遅いため静止摩擦が働く。 When the optical head 202 is moving at high speed acts kinetic friction, but static friction acts for moving speed of the optical head 202 is low immediately before stopping at the time of movement start. この静止摩擦が働く時には(特に停止直前には)、相対的に摩擦力が増加している。 When this static friction acts are (in particular immediately before stopping), relatively friction has increased. この摩擦力増加に対処するため、光ヘッド駆動機構(送りモータ)203に供給される電流が大きくなるように、制御部220からのコマンドによって制御系の増幅率(ゲイン)を増加させる。 To deal with this frictional force increases, so that the current supplied to the optical head driving mechanism (feeding motor) 203 is increased, increasing the amplification factor of the control system (gain) by a command from the control unit 220.

<密アクセス制御> <Fine access control>
光ヘッド202が目標位置に到達すると、制御部220から対物レンズアクチュエータ駆動回路218にコマンドを出して、トラックループをオンさせる。 When the optical head 202 reaches the target position, issue a command to turn on the track loop from the control unit 220 to the objective lens actuator driving circuit 218.

集光スポットは、情報記憶媒体10上のトラックに沿ってトレースしながら、その部分のアドレスまたはトラック番号を再生する。 Condensing spot, while tracing along a track on the information storage medium 10, to reproduce the address or track number of that portion.

そこでのアドレスまたはトラック番号から現在の集光スポット位置を割り出し、到達目標位置からの誤差トラック数を制御部220内で計算し、集光スポットの移動に必要なトラック数を対物レンズアクチュエータ駆動回路218に通知する。 Indexing the current focal spot position from the address or track number in which the number of error tracks from reaching the target position is calculated in the control unit 220, the objective of the number of tracks necessary for the movement of the focused spot lens actuator driving circuit 218 to notify.

対物レンズアクチュエータ駆動回路218内で1組のキックパルスを発生させると、対物レンズは情報記憶媒体10の半径方向にわずかに動いて、集光スポットが隣のトラックへ移動する。 When generating the set of kick pulses objective lens actuator driving circuit within 218, the objective lens is slightly moved in the radial direction of the information storage medium 10, the condensing spot is moved to the adjacent track.

対物レンズアクチュエータ駆動回路218内では、一時的にトラックループをオフさせ、制御部220からの情報に合わせた回数のキックパルスを発生させた後、再びトラックループをオンさせる。 The objective lens actuator driving circuit within 218 temporarily turns off the track loop, after generating the kick pulse number to match the information from the control unit 220 turns on the track loop again.

密アクセス終了後、制御部220は集光スポットがトレースしている位置の情報(アドレスまたはトラック番号)を再生し、目標トラックにアクセスしていることを確認する。 After fine access ends, the control unit 220 reproduces the information of the position of the focusing spot is tracing (address or track number), to make sure that you are accessing the target track.

<<連続記録/再生/消去制御>> << continuous recording / playback / erase control >>
フォーカス・トラックエラー検出回路217から出力されるトラックエラー検出信号は、送りモータ駆動回路216に入力されている。 Track error detection signal output from the focus track error detection circuit 217 is input to the feeding motor driving circuit 216. 上述した「起動制御時」と「アクセス制御時」には、送りモータ駆動回路216内では、トラックエラー検出信号を使用しないように制御部220により制御されている。 Above the "startup control" to the "time of access control", the feed motor drive circuit within 216, is controlled by the control unit 220 not to use a track error detection signal.

アクセスにより集光スポットが目標トラックに到達したことを確認した後、制御部220からのコマンドにより、モータ駆動回路216を経由してトラックエラー検出信号の一部が光ヘッド駆動機構(送りモータ)203への駆動電流として供給される。 After confirming that the focusing spot reaches the target track by the access, by a command from the control unit 220, a part of the via a motor drive circuit 216 track error detection signal is an optical head driving mechanism (feeding motor) 203 It is supplied as a driving current to. 連続に再生または記録/消去処理を行っている期間中、この制御は継続される。 During periods in continuous is carried out reproduction or recording / erasing process, the control is continued.

情報記憶媒体10の中心位置は回転テーブル221の中心位置とわずかにずれた偏心を持って装着されている。 Center position of the information storage medium 10 is mounted with a slightly offset eccentric and the center position of the rotary table 221. トラックエラー検出信号の一部を駆動電流として供給すると、偏心に合わせて光ヘッド202全体が微動する。 Supplying part of the track error detection signal as the driving current, the whole optical head 202 slightly moves in accordance with the eccentricity.

また長時間連続して再生または記録/消去処理を行うと、集光スポット位置が徐々に外周方向または内周方向に移動する。 Also, when performing reproduction or recording / erasing process continuously for a long time, the focused spot position is gradually moved in the outer circumferential direction or inner circumferential direction. トラックエラー検出信号の一部を光ヘッド移動機構(送りモータ)203への駆動電流として供給した場合には、それに合わせて光ヘッド202が徐々に外周方向または内周方向に移動する。 In the case of supplying a part of the track error detection signal as the driving current to the optical head moving mechanism (feeding motor) 203, the optical head 202 moves gradually toward the outer circumference or the inner circumferential direction accordingly.

このようにして対物レンズアクチュエータのトラックずれ補正の負担を軽減することにより、トラックループを安定化させることができる。 By reducing the burden of the track deviation correction of the objective lens actuator in this way, it is possible to stabilize the track loop.

<<終了制御>> << end control >>
一連の処理が完了し、動作を終了させる場合には以下の手順に従って処理が行われる。 A series of process is completed, the process according to the following procedure when to terminate the operation.

(1)制御部220から対物レンズアクチュエータ駆動回路218に対して、トラックループをオフさせるコマンドが出される。 (1) to the objective lens actuator driving circuit 218 from the control unit 220, a command to turn off the track loop is issued.

(2)制御部220から対物レンズアクチュエータ駆動回路218に対して、フォーカスループをオフさせるコマンドが出される。 (2) the objective lens actuator driving circuit 218 from the control unit 220, a command is issued to turn off the focus loop.

(3)制御部220から記録・再生・消去制御波形発生回路206に対して、半導体レーザ素子の発光を停止させるコマンドが出される。 (3) with respect to the recording, reproducing, and erasing control waveform generating circuit 206 from the control unit 220, a command is issued to stop the light emission of the semiconductor laser element.

(4)スピンドルモータ駆動回路215に対して、基準回転数として0が通知される。 (4) relative to the spindle motor driving circuit 215, 0 as the reference rotation speed is notified.

<<<情報記憶媒体への記録信号/再生信号の流れ>>> Flow of a recording signal / reproducing signal to <<< information storage medium >>>
<<再生時の信号の流れ>> << flow of play at the time of the signal >>
<2値化・PLL回路> <Binary · PLL circuit>
前記<光ヘッド202による信号検出>の項で述べたように、情報記憶媒体(光ディスク)10の光反射膜または光反射性記録膜からの反射光量変化を検出して、情報記憶媒体10上の信号を再生する。 Wherein As noted in the <signal detection by the optical head 202>, and detects the reflected light amount change from the light reflection film or light reflective recording film of the information storage medium (optical disk) 10, on the information storage medium 10 of the reproducing a signal. アンプ213で得られた信号は、アナログ波形を有している。 Signal obtained by the amplifier 213 has an analog waveform. 2値化回路212は、コンパレーターを用いて、そのアナログ信号を“1”および“0”からなる2値のデジタル信号に変換する。 Binarization circuit 212 using a comparator, and converts into binary digital signal comprised of the analog signal "1" and "0".

こうして2値化回路212で得られた再生信号から、PLL回路211において、情報再生時の基準信号が取り出される。 Thus from the reproduction signal obtained by binarizing circuit 212, the PLL circuit 211, a reference signal at the time of information reproduction is extracted. すなわち、PLL回路211は周波数可変の発振器を内蔵しており、この発振器から出力されるパルス信号(基準クロック)と2値化回路212出力信号との間で周波数および位相の比較が行われる。 That, PLL circuit 211 incorporates a variable frequency oscillator, a comparison of the frequency and phase between the pulse signal outputted from the oscillator (reference clock) and binarizing circuit 212 output signal. この比較結果を発振器出力にフィードバックしすることで、情報再生時の基準信号を取り出している。 By feeding back death this comparison result to the oscillator output, it is extracted reference signal at the time of information reproduction.

<信号の復調> <Demodulation of the signal>
復調回路210は、変調された信号と復調後の信号との間の関係を示す変換テーブルを内蔵している。 Demodulation circuit 210 has a built-in conversion table indicating the relationship between the demodulated signal and the modulated signal. 復調回路210は、PLL回路211で得られた基準クロックに合わせて変換テーブルを参照しながら、入力信号(変調された信号)を元の信号(復調された信号)に戻す。 Demodulation circuit 210, with reference to the conversion table in accordance with the reference clock obtained in the PLL circuit 211, returned to the input signal (modulated signal) of the original signal (signal demodulated). 復調された信号は、半導体メモリ219に記録される。 The demodulated signal is recorded in the semiconductor memory 219.

<エラー訂正処理> <Error correction processing>
エラー訂正回路209の内部では、半導体メモリ219に保存された信号に対し、内符号PIと外符号POを用いてエラー箇所を検出し、エラー箇所のポインタフラグを立てる。 Within the error correction circuit 209, to the stored signal to the semiconductor memory 219, detects an error position by using the inner code PI and outside code PO, it sets a pointer flag of the error position. その後、半導体メモリ219から信号を読み出しながらエラーポインタフラグに合わせて逐次エラー箇所の信号を訂正した後、再度半導体メモリ219に訂正後情報を記録する。 Then, after correcting the signal of the sequential error position in accordance with the error pointer flag while reading out a signal from the semiconductor memory 219, and records the corrected information after the semiconductor memory 219 again.

情報記憶媒体10から再生した情報を再生信号cとして外部に出力する場合には、半導体メモリ219に記録されたエラー訂正後情報から内符号PIおよび外符号POをはずして、バスライン224を経由してデータI/Oインターフェイス222へ転送する。 When outputting to the outside as an information storage medium 10 reproduced signal c the information reproduced from, remove the internal code PI and outside code PO from after error correction information recorded in the semiconductor memory 219, via a bus line 224 It is transferred to the data I / O interface 222 Te.

そして、データI/Oインターフェイス222が、エラー訂正回路209から送られてきた信号を再生信号cとして出力する。 Then, the data I / O interface 222, and outputs a signal sent from the error correction circuit 209 as a reproduction signal c.

<<情報記憶媒体10に記録される信号形式>> << signal format >> recorded on the information storage medium 10
情報記憶媒体10上に記録される信号に対しては、以下のことを満足することが要求される: For signals to be recorded on the information storage medium 10, it is requested to satisfy the following:
(イ)情報記憶媒体10上の欠陥に起因する記録情報エラーの訂正を可能とすること; (B) information due to defects on the storage medium 10 to permit correction of the record information error;
(ロ)再生信号の直流成分を“0”にして再生処理回路の簡素化を図ること; (B) to "0" the DC component of the reproduction signal be simplified reproduction processing circuit;
(ハ)情報記憶媒体10に対してできるだけ高密度に情報を記録すること。 (Iii) possible high density recording information on an information storage medium 10.

以上の要求を満足するため、情報記録再生部(物理系ブロック)101では、「エラー訂正機能の付加」と「記録情報に対する信号変換(信号の変復調)」とを行っている。 To satisfy the above requirements, the information recording and reproducing section (physical series block) 101 is performed and "error addition of correction function" and "signal conversion with respect to the recording information (signal modulation and demodulation of)".

<<記録時の信号の流れ>> << flow of signals upon recording >>
<エラー訂正コードECC付加処理> <Error correction code ECC added processing>
このエラー訂正コードECC付加処理について、説明する。 This error correction code ECC adding process will be described.

情報記憶媒体10に記録したい情報dが、生信号の形で、図54のデータI/Oインターフェイス222に入力される。 Information d to be recorded on the information storage medium 10, in the form of a raw signal is input to the data I / O interface 222 of FIG. 54. この記録信号dは、そのまま半導体メモリ219に記録される。 The recording signal d is directly recorded in the semiconductor memory 219. その後、ECCエンコーダ208内において、以下のようなECCの付加処理が実行される。 Thereafter, in the ECC encoder 208, addition processing of the ECC as described below is performed.

以下、積符号を用いたECC付加方法の具体例について説明を行なう。 Hereinafter will be described a specific example of the ECC adding method using a product code.

記録信号dは、半導体メモリ219内で、172バイト毎に1行ずつ順次並べられ、192行で1組のECCブロックとされる(172バイト行×192バイト列でおよそ32kバイトの情報量になる)。 Recording signal d is in the semiconductor memory 219, are arranged sequentially one line for each 172 bytes, approximately becomes the amount of information 32k bytes with a set of is an ECC block (172 bytes rows × 192 bytes 192 rows ).

この「172バイト行×192バイト列」で構成される1組のECCブロック内の生信号(記録信号d)に対し、172バイトの1行毎に10バイトの内符号PIを計算して半導体メモリ219内に追加記録する。 The relative "172 bytes rows × 192 bytes" a set of raw signals in the ECC block composed of (recording signal d), the semiconductor memory by calculating the inner code PI of 10 bytes per row of 172 bytes to add record in the 219. さらにバイト単位の1列毎に16バイトの外符号POを計算して半導体メモリ219内に追加記録する。 Further calculates the outside code PO of 16 bytes to each column byte is additionally recorded in the semiconductor memory 219.

そして、10バイトの内符号PIを含めた12行分(12×(172+10)バイト)と外符号POの1行分(1×(172+10)バイト)の合計2366バイト(=(12+1)×(172+10))を単位として、エラー訂正コードECC付加処理のなされた情報が、情報記憶媒体10の1セクタ内に記録される。 Then, 12 rows including the internal code PI of 10 bytes (12 × (172 + 10) bytes) and an outer one row of code PO (1 × (172 + 10) bytes) of the total 2366 bytes (= (12 + 1) × (172 + 10 )) as a unit, information which has been made of the error correction code ECC adding process is recorded in one sector of the information storage medium 10.

ECCエンコーダ208は、内符号PIと外符号POの付加が完了すると、その情報を一旦半導体メモリ219へ転送する。 ECC encoder 208, when the addition of the internal code PI and outside code PO is completed, transfers the information temporarily to the semiconductor memory 219.

情報記憶媒体10に情報が記録される場合には、半導体メモリ219から、1セクタ分の2366バイトずつの信号が、変調回路207へ転送される。 When the information storage medium 10 information is recorded, from the semiconductor memory 219, the signal of each 2366 bytes of one sector is transferred to the modulation circuit 207.

<信号変調> <Signal modulation>
再生信号の直流成分(DSV:Digital Sum ValueまたはDigital Sum Variation)を“0”に近付け、情報記憶媒体10に対して高密度に情報を記録するため、信号形式の変換である信号変調を変調回路207内で行う。 DC component of the reproduced signal (DSV: Digital Sum Value or Digital Sum Variation) The closer to "0", for a high density recording information on the information storage medium 10, modulates a signal modulation which is conversion of the signal format circuit carried out within the 207.

図54の変調回路207および復調回路210は、それぞれ、元の信号と変調後の信号との間の関係を示す変換テーブルを内蔵している。 Modulation circuit 207 and demodulation circuit 210 of FIG. 54, respectively, has a built-in conversion table indicating the relationship between the original signal and the signal after modulation.

変調回路207は、ECCエンコーダ208から転送されてきた信号を所定の変調方式に従って複数ビット毎に区切り、上記変換テーブルを参照しながら、別の信号(コード)に変換する。 Modulation circuit 207 divides each plurality of bits of signal transferred from the ECC encoder 208 in accordance with a predetermined modulation scheme, with reference to the conversion table is converted into another signal (code).

たとえば、変調方式として8/16変調(RLL(2、10)コード)を用いた場合には、変換テーブルが2種類存在し、変調後の直流成分(DSV)が0に近付くように逐一参照用変換テーブルを切り替えている。 For example, in the case of using the 8/16 modulation as the modulation method (RLL (2,10) code), a conversion table there are two types, a point by point referenced as a DC component after modulation (DSV) approaches 0 It switches the conversion table.

<記録波形発生> <Recording waveform generator>
情報記憶媒体(光ディスク)10に記録マークを記録する場合、一般的には、記録方式として、次のものが採用される: When recording a recording mark on the information storage medium (optical disk) 10, in general, as the recording mode, the following are employed:
[マーク長記録方式]記録マークの前端位置と後端末位置に“1”がくるもの。 Mark length recording method] on the front end position and rear terminal position of the recording mark "1" comes ones.

[マーク間記録方式]記録マークの中心位置が“1”の位置と一致するもの。 [Mark interval recording method] center position of the recording mark is a match with the position of "1".

なお、マーク長記録を採用する場合、比較的長い記録マークを形成する必要がある。 In the case of adopting the mark length recording, it is necessary to form a relatively long recording mark. この場合、一定期間以上記録用の大きな光量を情報記憶媒体10に照射し続けると、情報記憶媒体10の光反射性記録膜の蓄熱効果によりマークの後部のみ幅が広がり、「雨だれ」形状の記録マークが形成されてしまう。 In this case, continued irradiation with large amount of recording over a certain period of time in the information storage medium 10, information width only the rear portion of the mark by the thermal storage effect of the light reflective recording film of the storage medium 10 is spread, the "rain drops" shaped recording mark will be formed. この弊害を除去するため、長さの長い記録マークを形成する場合には、記録用レーザ駆動信号を複数の記録パルスに分割したり、記録用レーザの記録波形を階段状に変化させる等の対策が採られる。 To remove this adverse effect, in the case of forming a long recording mark lengths are or divides the recording laser drive signal to a plurality of recording pulses, measures such as changing the recording waveform of the recording laser stepwise It is taken.

記録・再生・消去制御波形発生回路206内では、変調回路207から送られてきた記録信号に応じて、上述のような記録波形を作成し、この記録波形を持つ駆動信号を、半導体レーザ駆動回路205に送っている。 The recording, reproducing, and erasing control waveform generating circuit within 206, in response to a recording signal sent from the modulation circuit 207, to create the recording waveform as described above, a drive signal having the recording waveform, the semiconductor laser drive circuit and send it to 205.

次に、図54の構成におけるブロック間の信号の流れをまとめておく。 Next is summarized flow of signals between blocks in the configuration of FIG. 54.

1)記録すべき生信号の情報記録再生装置への入力 図54は、情報記録再生装置内の情報記憶媒体(光ディスク)10に対する情報の記録処理と再生処理に関連する部分をまとめた情報記録再生部(物理系ブロック)内の構成を例示している。 1) The input to the information recording and reproducing apparatus of the raw signal to be recorded Figure 54, the information recording and reproducing a summary of the recording process and a portion related to reproduction of information with respect to the information storage medium (optical disk) 10 in the information recording and reproducing apparatus part illustrates the configuration of (physical series block) within. PC(パーソナルコンピュータ)やEWS(エンジニアリングワークステーション)などのホストコンピュータから送られて来た記録信号dはデータI/Oインターフェイス222を経由して情報記録再生部(物理系ブロック)101内に入力される。 Recording signal d sent from a host computer such as a PC (personal computer) or EWS (engineering workstation) is input to via the data I / O interface 222 information recording and reproducing section (physical series block) 101 that.

2)記録信号dの2048バイト毎の分割処理 データI/Oインターフェイス222では記録信号dを時系列的に2048バイト毎に分割し、後述する図57のデータID510などを付加した後、スクランブル処理を行う。 2) The division process data I / O interface 222 in the recording signal d for each 2048 bytes of a recording signal d chronologically divided every 2048 bytes, after adding and data ID510 of Figure 57 to be described later, the scrambling process do. その結果得られた信号は図54のECCエンコーダ208に送られる。 The resulting signal is sent to the ECC encoder 208 in FIG. 54.

3)ECCブロックの作成 図54のECCエンコーダ208では、図57の記録信号に対してスクランブルを掛けた後の信号を16組集めて「172バイト×192列」のブロックを作った後、後述する図58の内符号PI(内部パリティコード)と外符号PO(外部パリティコード)の付加を行う。 3) In the ECC encoder 208 of ECC block creation Figure 54, after making a block of "172 bytes × 192 rows" collect 16 sets a signal obtained by scrambling the recording signal of FIG. 57, described later performing inner code PI of FIG. 58 (internal parity code) the addition of the outer code PO (outer parity code).

4)インターリーブ処理 図54のECCエンコーダ208ではその後、図59を参照して後述するように、外符号POのインターリーブ処理を行う。 4) Then the ECC encoder 208 of interleaving Figure 54, as will be described later with reference to FIG. 59, performs the interleaving process of the outer code PO.

5)信号変調処理 図54の変調回路207では、外外符号POのインターリーブ処理した後の信号を変調後、図8に示すように同期コードを付加する。 5) the modulation circuit 207 of the signal modulation diagram 54, after modulating a signal after interleaving of the outer outer code PO, adds a synchronization code as shown in FIG.

6)記録波形作成処理 その結果得られた信号に対応して記録・再生・消去制御波形発生回路206で記録波形が作成され、この記録波形がレーザ駆動回路205に送られる。 6) recording waveform creating process resulting signal to a recording waveform in recording, reproducing, and erasing control waveform generating circuit 206 in response is created, the recording waveform is sent to a laser drive circuit 205.

情報記憶媒体(DVD−RAMディスク)10では「マーク長記録」の方式が採用されているため、記録パルスの立ち上がりタイミングと記録パルスの立ち下がりタイミングが変調後信号の“1”のタイミングと一致する。 Since the information system of the storage medium (DVD-RAM disc) 10 "mark length recording" is adopted, the falling timing of the recording pulse and the rising timing of the recording pulse coincides with the timing of "1" of the modulated signal .

7)情報記憶媒体(光ディスク)10への記録処理 光ヘッド202から照射され、情報記憶媒体(光ディスク)10の記録膜上で集光するレーザ光の光量が断続的に変化して情報記憶媒体(光ディスク)201の記録膜上に記録マークが形成される。 7) emitted from the recording processing optical head 202 to the information storage medium (optical disk) 10, the information storage medium (optical disk) amount of laser light to be condensed on the recording film 10 is intermittently changed to the information storage medium ( recording marks on the recording film of the optical disk) 201 is formed.

図55は、たとえば図52のデジタルビデオ録再PCにおいて、使用媒体(DVDーRAMディスク等)に対する論理ブロック番号の設定動作の一例を説明するフローチャートである。 Figure 55, for example in a digital video recording and reproducing PC of FIG. 52 is a flowchart illustrating an example of a setting operation of the logic block number for use medium (DVD-RAM disk or the like).

図54のターンテーブル221にたとえば図1のDVDーRAMディスク10が装填されると(ステップST131)、制御部220はスピンドルモータ204の回転を開始させる(ステップST132)。 When DVD-RAM disc 10 of the turntable 221 for example 1 in FIG. 54 is loaded (step ST131), the control unit 220 to start rotation of the spindle motor 204 (step ST132).

ディスク10の回転が開始したあと光ヘッド202内の対物レンズのフォーカスサーボループがオンされ(ステップST134)、光ヘッド内の半導体レーザがレーザ発振(発光)を開始する(ステップST133)。 Focus servo loop of the objective lens in the later optical head 202 to which the rotation of the disk 10 is started is turned on (step ST134), the semiconductor laser in the optical head starts lasing (light emission) (step ST133).

レーザ発光後、制御部220は送りモータ203を作動させて光ヘッド202を回転中のディスク10のリードインエリアに移動させる(ステップST135)。 After laser emission, the control unit 220 moves by operating the feed motor 203 in the lead-in area of ​​the disk 10 in rotating the optical head 202 (step ST135). そして光ヘッド202内の対物レンズのトラックサーボループがオンされる(ステップST136)。 The track servo loop of the objective lens in the optical head 202 is turned on (step ST136).

トラックサーボがアクティブになると、光ヘッド202はディスク10のリードインエリア内の制御データゾーン(図6参照)の情報を再生する(ステップST137)。 When the track servo is activated, the optical head 202 reproduces the information of the control data zone of the lead-in area of ​​the disk 10 (see FIG. 6) (step ST137). この制御データゾーン内の「ブックタイプ&パートバージョン」を再生することで、現在回転駆動されている光ディスク10が記録可能な媒体(DVDーRAMディスクまたはDVDーRディスク)であると確認される(ステップST138)。 By reproducing "book type and part version" in the control data zone, an optical disk 10 that is currently rotary drive is determined to be a recordable medium (DVD-RAM disc or DVD-R disc) ( step ST138). ここでは、媒体10がDVDーRAMディスクであるとする。 Here, it is assumed that the medium 10 is a DVD-RAM disc.

媒体10がDVDーRAMディスクであると確認されると、再生対象の制御データゾーンから、再生・記録・消去時の最適光量(半導体レーザの発光パワーおよび発光期間またはデューティ比等)の情報が再生される(ステップST139)。 When the medium 10 is determined to be DVD-RAM disc, the control data zone of the reproduced, information reproduction, recording, erasing the optimum light amount (light emitting power and the light emission period or duty ratio of the semiconductor laser or the like) is reproduced It is (step ST139).

続いて、制御部220は、現在回転駆動中のDVD−RAMディスク10に欠陥がないものとして、物理セクタ番号と論理セクタ番号との変換表(図7参照)を作成する(ステップST140)。 Subsequently, the control unit 220 that there is no defect in the DVD-RAM disc 10 of the current rotation driving in, creates a conversion table between the physical and logical sector numbers (see FIG. 7) (step ST140).

この変換表が作成されたあと、制御部220はディスク10のリードインエリア内の欠陥管理エリアDMA1/DMA2およびリードアウトエリア内の欠陥管理エリアDMA3/DMA4を再生して、その時点におけるディスク10の欠陥分布を調査する(ステップST141)。 After this conversion table is created, the control unit 220 reproduces the defect management area DMA3 / DMA4 defect management areas DMA1 / DMA2 and the lead-out area in the lead-in area of ​​the disk 10, the disk 10 at that time to investigate the defect distribution (step ST141).

上記欠陥分布調査によりディスク10上の欠陥分布が判ると、制御部220は、ステップST140で「欠陥がない」として作成された変換表を、実際の欠陥分布に応じて修正する(ステップST142)。 If it is found defect distribution on the disk 10 by the defect distribution survey, control unit 220, a conversion table created as "no defect" in step ST140, it corrects in accordance with the actual defect distribution (step ST142). 具体的には、欠陥があると判明したセクタそれぞれの部分で、物理セクタ番号PSNに対応していた論理セクタ番号LSNがシフトされる(図29の「欠陥発生時の欠番」の欄から「番号変換方法」の欄まで参照) Specifically, in stand sectors each part as defective, "number from the column of" missing number when defects "in the physical sector number PSN logical sector number LSN which corresponded to is shifted (Fig. 29 reference to the column of conversion method ")
図56は、たとえば図52のデジタルビデオ録再PCにおいて、使用媒体(DVDーRAMディスク等)における欠陥処理動作(ドライブ側の処理)の一例を説明するフローチャートである。 Figure 56, for example in a digital video recording and reproducing PC of FIG. 52 is a flowchart illustrating an example of a defect processing operation in the use medium (DVD-RAM disk or the like) (the processing of the drive side). この処理は、図52ではDVD−ROM/RAMドライブ140で行われる。 This process is performed in DVD-ROM / RAM drive 140 in FIG. 52. 以下、このドライブ140が図54のような構成を持つものとして、図54を参照しながら、図56のフローチャートを説明する。 Hereinafter, assuming that this drive 140 has a configuration as shown in FIG. 54, with reference to FIG. 54, for explaining the flow chart of FIG. 56. 図54の制御部220は、図示しないがマイクロコンピュータMPUで構成されている。 Control unit 220 of FIG. 54, although not shown is implemented by a microcomputer MPU.

最初に、たとえば図52のメインCPU111が、図54の制御部220内のMPUに対して、現在ドライブに装填されている媒体(たとえばDVDーRAMディスク)10に記録する情報(たとえば図23のAVファイル)の先頭論理ブロック番号LBNおよび記録情報のファイルサイズを指定する(ステップST151)。 First, for example, the main CPU111 in FIG 52, to the MPU of the control section 220 of FIG. 54, medium loaded currently in the drive (for example, DVD-RAM disc) information is recorded in 10 (e.g. FIG. 23 AV specifying the file size of the first logical block number LBN and the recording information of a file) (step ST151).

すると、制御部220のMPUは、図29の関係に基づいて、指定された先頭論理ブロック番号LBNから、記録する情報(AVファイル)の先頭論理セクタ番号LSNを算出する(ステップST152)。 Then, MPU of the control section 220, based on the relationship of FIG. 29, from the specified first logical block number LBN, determines the start logical sector number LSN of information to be recorded (AV file) (step ST152). こうして算出された先頭論理セクタ番号LSNおよび指定されたファイルサイズから、ディスク10への書込アドレス(AVアドレス)が定まる。 The first logical sector number LSN and the specified file size thus calculated, a write address to the disk 10 (AV address) is determined.

記録情報ファイル(AVファイル)の書込アドレス(AVアドレス)が定まると、制御部220のMPUはDVDーRAMディスク10の指定アドレスに記録情報ファイルを書き込むとともに、ディスク10上の欠陥を調査する(図28の「発生時期」および「欠陥検出方法」の欄参照)(ステップST153)。 The writing address of the recording information file (AV file) (AV address) is determined, MPU of the control unit 220 writes the recording information file to the specified address of the DVD-RAM disc 10, to investigate the defect on the disk 10 ( see column "timing generator" and "defect detection method" in FIG. 28) (step ST153).

このファイル書込中に欠陥が検出されなければ、記録情報ファイル(AVファイル)が所定のAVアドレスに異常なく(つまりエラーが発生せずに)記録されたことになり、記録処理が正常に完了する(ステップST155)。 If defects are detected during the file writing, the recording information file (without the words Error) (AV file) no abnormality in the predetermined AV address it will have been recorded, the recording process is completed successfully (step ST155).

一方、ファイル書込中に欠陥が検出されれば、所定の交替処理(たとえば図13のスキッピング交替処理)が実行される(図28の「交替処理方法」の欄参照)(ステップST156)。 On the other hand, if a defect is detected during the file writing, (see column "replacement processing method" of FIG. 28) which predetermined alternate process (e.g. skipping replacement process in FIG. 13) is executed (step ST156).

この交替処理後、新たに検出された欠陥がディスクのリードインのDMA1/DMA2およびリードアウトのDMA3/DMA4に追加登録される(図28の「検出情報記載箇所」の欄参照)(ステップST157)。 After this replacement process, the newly detected defect is additionally registered in DMA3 / DMA4 of DMA1 / DMA2 and a lead-out of the lead-in of the disk (see the column "detection information described point" in FIG. 28) (step ST157) . なお、この新たに検出された欠陥の情報は、図18のアロケーションマップテーブルAMTにも登録される(アロケーションマップテーブルAMTを構成する記述子UAD、SADについては図30を参照して説明済み)。 Note that this information of the newly detected defect is registered in the allocation map table AMT shown in FIG. 18 (descriptors constituting the allocation map table AMT UAD, already described with reference to FIG. 30 for SAD).

ディスク10へのDMA1/DMA2およびDMA3/DMA4の追加登録後、このDMA1/DMA2およびDMA3/DMA4の登録内容に基づいて、図55のステップST140で作成した変換表(図7)の内容が修正される(ステップST158)。 After additional registration of DMA1 / DMA2 and DMA3 / DMA4 to disk 10, based on the registration contents of the DMA1 / DMA2 and DMA3 / DMA4, are the contents of the correction conversion table created in step ST140 in FIG. 55 (7) that (step ST158).

以上の記録処理/交替処理は、ドライブ140が所定のAVアドレスに所定のAVファイルデータを書き込む毎に反復される。 More recording processing / replacement process, the drive 140 is repeated for each writing a predetermined AV file data to a predetermined AV address.

図57は、図2の情報記憶媒体(DVDーRAMディスク等)に記録される信号の構成を説明する図である。 Figure 57 is a diagram illustrating a configuration of a signal to be recorded in the information storage medium Figure 2 (DVD-RAM disk or the like).

以下、2048バイト単位でのスクランブル前の記録信号構造について説明する。 The following describes the scramble before recording signal structure at 2048 bytes.

(1)メインデータ(D0〜D2047)505〜509の生成 PC(パーソナルコンピュータ)やEWS(エンジニアリングワークステーション)などのホストコンピュータから送られてきた記録信号dは、データI/Oインターフェイス222において時系列的に沿って2048バイト毎に分割される。 (1) a recording signal d transmitted from a host computer, such as main data (D0 to D2047) from 505 to 509 generates a PC (personal computer) or EWS (engineering workstation) is time series in the data I / O interface 222 It is divided into every 2048 bytes along the manner. 各2048バイト毎の記録信号dは記録信号の中に組み込まれ、図57に示すように、メインデータ(D0〜D2047)として配置される。 Recording signal d in each 2048 bytes is incorporated into the recording signal, as shown in FIG. 57, are arranged as main data (D0 to D2047).

この記録信号には、メインデータ(D0〜D2047)の前後に、後述するようなデータID(データ識別子)510、IED(データIDのエラー検出コード)511、RSV(リザーブ)512おおびEDC(エラー検出コード)513が付加される。 The recording signal, before and after the main data (D0 to D2047), data ID (data identifier) ​​as described below 510, IED (Data ID Error Detection Code) 511, RSV (reserve) 512 Oobi EDC (Error detection code) 513 is added.

(2)データID(データ識別子)510の作成 データID510は4バイトで記述され、このデータIDには、 (2) creating data ID510 data ID (data identifier) ​​510 is written in four bytes, the data ID is
・「データエリア」、「リードインエリア」、「リードアウトエリア」のいずれのエリアか; - "data area", "lead-in area", any of the one area of ​​the "lead-out area";
・「読出専用データ」、「読み書き可能データ」のどちらのデータタイプか; · "Read-only data", which of the data type of "read-write data";
・何層目のデータか(ディスクが多層ディスクの場合に必要;図1は2層ディスクを例示している);および ・該当セクタの論理セクタ番号に“31000h”を加算した値などの情報が記載される。 · What layer of any data (necessary when the disk is a multi-layer disc; Figure 1 is illustrated to have a two-layer disc); information such as the value obtained by adding "31000h" to logical sector number and - the sector be written.

(3)IED(データIDのエラー検出コード)511の作成 データID510に対するエラー検出コードとして、IED511が記録信号に付加される。 (3) IED as an error detection code for creating data ID510 511 (error detection code of the data ID), IED511 is added to the recording signal. 再生時に、再生されたデータIDに対してこのIEDコードを演算処理して、再生されたデータIDの再生エラーを検出することに使用する。 During playback, the IED code by arithmetic processing on the reproduced data ID, and used to detect the reproduction error of the reproduced data ID.

(4)RSV(リザーブ)512の作成 記録信号には6バイトのリザーブ領域RSV512が用意され、将来設定される特定の規格でこの場所に指定情報を記録できるようにしてある。 (4) to create a recording signal RSV (reserve) 512 provides the 6-byte reserved area RSV512, it is to have a record of specification information for this location at a particular standard that is set in the future.

(5)EDC(エラー検出コード)513の作成 図57で示すデータID510からメインデータの最終バイト(D2047)509までの2060バイト信号に対するエラー検出コードがEDC513であり、EDCとして4バイトが記録信号に付加される。 (5) EDC error detection code for the 2060 byte signal from the data ID510 indicated by Creation Figure 57 (error detection code) 513 to the last byte (D2047) 509 of the main data is EDC513, the 4 bytes recording signal as EDC It is added.

情報記憶媒体(光ディスク10から情報を再生する際、図54の復調回路210で復調後、エラー訂正回路209でECCブロック内のエラー訂正およびデスクランブルを行って図57の記録信号の構造に戻した後、該当セクタ内のデータID510からメインデータの最終バイト(D2047)509までの2060バイト信号に対して、このEDC513を用いてエラー検出を行う。ここでエラーが検出された場合には、再度ECCブロック内のエラー訂正処理に戻ることもある。 When reproducing information from the information storage medium (optical disc 10, back to the structure of the recording signal in Fig. 57 performed after demodulation by the demodulator circuit 210 of FIG. 54, the error correction and descrambling of the ECC block error correction circuit 209 after, with respect to 2060-byte signal from the data ID510 in the sector to the last byte (D2047) 509 of the main data, performs error detection by using the EDC513. here, if an error is detected, re-ECC also return to the error correction processing in the block.

なお、ECCブロック内のエラー訂正とデスクランブルについては、後述する。 Note that the error correction and descrambling of the ECC block will be described later.

(6)メインデータ(D0〜D2047)505〜509のスクランブル処理 上述した「メインデータ505〜509の生成」から「EDC513の作成」までを行い、図57に示すようなセクタ単位の記録信号の構造を生成した後、メインデータ(D0〜D2047)のみに対してスクランブル処理を行う。 (6) main data (D0 to D2047) 505-509 scrambled described above from "generation of main data 505 to 509" performs to "Create EDC513", of a recording signal of sectors as shown in FIG. 57 structure after generating the performs scrambling processing on only the main data (D0 to D2047).

スクランブル処理用の回路は、図示しないが、8ビットパラレル入力・シリアル出力のシフトレジスタと、0番〜8番の入力ビットを持つイクスクルーシブOR回路で構成できる。 Circuitry for scrambling, not shown, can be composed of exclusive OR circuit having a shift register of 8-bit parallel input-serial output, the input bit No. 0 8 th. この場合、シフトレジスタの10番目のビットと14番目のビットとの間のイクスクルーシブOR演算の結果が、シフトレジスタの0番目のビットに帰還される構造になっている。 In this case, the exclusive OR calculation results between the 10 th bit and the 14 th bits of the shift register has a structure that is fed back to the 0-th bit of the shift register.

スクランブル開始時のシフトレジスタの初期データには、そのセクタ内のデータID510の最終15ビットが使われる。 The initial data of the scramble start of the shift register, the last 15 bits of data ID510 in the sector is used.

スクランブル処理後の記録信号の構造とトータルの信号サイズは図57と全く同じ構造・同じサイズになっている。 Structure and total signal size of the recording signal after the scrambling process is in exactly the same structure, the same size as Figure 57.

図58は、図57の記録信号をスクランブルして生成されたECCブロックの構成を説明する図である。 Figure 58 is a diagram illustrating a configuration of a recording signal scrambled ECC blocks generated by the FIG. 57.

<<ECCブロック内の記録信号構造>> << recording signal structure within the ECC block >>
DVD−ROM、DVD−R、DVD−RAM等はECC(エラー訂正コード)に積符号を採用している。 DVD-ROM, DVD-R, DVD-RAM or the like employs a product code ECC (error correction code).

いま、図9を例にとって、ECCブロック形成方法を説明する。 Now, as an example Fig. 9, illustrating the ECC block forming method.

・まず、ECCブロック内の最初のセクタ501aにあるスクランブル後の信号において、図57のデータID510からメインデータ160バイト(D0〜D159)505までの信号が、図58バイト521(0、0)からバイト523(0、171)に配置される。 · First, the signals after scrambling in the first sector 501a of the ECC block, signals from the data ID510 in Figure 57 to the main data 160 bytes (D0~D159) 505 is, from FIG. 58 bytes 521 (0,0) It is placed in byte 523 (0,171).

・次に、ECCブロック内の最初のセクタ501aにあるスクランブル後の信号において、図57のメインデータ172バイト(D160〜D331)506の信号が、図58のバイト526(1、0)からバイト528(1、171)に配置される。 · Next, at the first signal scrambled in the sector 501a of the ECC block, the signal of the main data 172 bytes (D160~D331) 506 in FIG. 57, bytes from byte 526 (1,0) in FIG. 58 528 It is placed in (1,171).

・以下同様に、セクタ501a内の各信号が図58内に順次配置される。 - and so on to each signal in the sector 501a are sequentially arranged in Figure 58.

・ECCブロック内の2番目のセクタ501bにあるスクランブル後の信号において、データID510からメインデータ160バイト(D0〜D159)505までの信号が、図58の上から数えて13列目(図示せず)のバイト536(12、0)からバイト538(12、171)に配置される。 · In signal scrambled in the second sector 501b of the ECC block, the signal from the data ID510 to the main data 160 bytes (D0~D159) 505 is not counted 13 column (shown from the top in FIG. 58 ) are arranged from the byte 536 (12,0) of the byte 538 (12,171).

・次に、ECCブロック内の2番目のセクタ501bにあるスクランブル後の信号において、メインデータ172バイト(D160〜D331)506の信号が図58の上から14列目(図示せず)に配置される。 · Next, the signals after scrambling with the second sector 501b in the ECC block, is arranged in 14 column signal of the main data 172 bytes (D160~D331) 506 from the top in FIG 58 (not shown) that.

・以下同様の手順で、図9のECCブロック502内の16番目のセクタ501pにあるメインデータ168バイト(D1880〜D2047)509と図57のEDC513とが図58の上から192列目のバイト551(191、0)からバイト553(191、171)に配置されるまで、順次、図58の記録信号配置が実行される。 · In the following the same procedure, the main data 168 bytes (D1880~D2047) in 16-th sector 501p in the ECC block 502 in FIG. 9 509 and byte 551 from the top 192 row EDC513 Togazu 58 of FIG. 57 from (191,0) to be placed in byte 553 (191,171), successively, a recording signal arrangement of Figure 58 is executed. この実行結果の配置(図58)が、スクランブル後のECCブロックの信号配置となる。 This arrangement of the execution result (FIG. 58), the signal arrangement of the ECC block after scrambling.

・上記スクランブル終了後、図58のバイト521(0、0)からバイト523(0、171)までの横列172バイト信号に対して、10バイト内符号PI(内部パリティコード)を計算し、その計算結果をバイト524(0、172)からバイト525(0、181)までに挿入する。 · The scrambling after the end for row 172 bytes signals from byte 521 (0,0) in FIG. 58 to bytes 523 (0,171), to calculate the 10-byte inner code PI (inner parity code), the calculation the results are inserted in the byte 524 (0,172) up to byte 525 (0,181).

・以下同様な処理が反復される。 - similar process is repeated hereinafter. その反復の最後に、図58のバイト551(191、0)からバイト553(191、171)までの172バイト信号に対して10バイトの内符号PIが計算され、バイト554(191、172)からバイト555(191、181)までに算出された内符号PIが挿入される。 At the end of the iteration, is calculated inner code PI of 10 bytes to 172 bytes signals from byte 551 (191,0) in FIG. 58 to bytes 553 (191,171), from byte 554 (191,172) code PI among calculated for the byte 555 (191,181) is inserted.

・上記内符号PIの算出・挿入処理が終了すると、図58のバイト521(0、0)からバイト551(191、0)までの縦列192バイト信号に対して、16バイトの外符号PO(外部パリティコード)が計算される。 If, calculation and insertion processing of the inner code PI is completed, with respect to column 192 byte signal from the byte 521 (0,0) in FIG. 58 to bytes 551 (191,0), 16-byte outer code PO (external parity code) is calculated. その計算結果は、縦列方向のバイト556(192、0)からバイト566(207、0)までに挿入される。 The calculation results are inserted in tandem direction byte 556 from (192,0) to byte 566 (207,0).

・以下同様な処理が反復される。 - similar process is repeated hereinafter. その反復の最後に、図58のバイト525(0、181)からバイト555(191、181)までの縦列192バイト信号に対して16バイトの外符号POが計算され、その計算結果がバイト560(192、181)からバイト570(207、181)までの縦列に挿入される。 At the end of the iteration, the outer code PO bytes from 525 (0,181) bytes 555 of 16 bytes for the column 192 byte signals up to (191,181) in Figure 58 is calculated, the calculation result is byte 560 ( It is inserted into the column of from 192,181) to byte 570 (207,181).

図59は、図58のECCブロックをインターリーブした場合を説明する図である。 Figure 59 is a diagram for explaining the case where the interleaved ECC block of FIG. 58.

<<ECCブロック内での外符号POインターリーブ方法>> << outer code PO interleaving method in the ECC block >>
図58で内符号PIと外符号POを計算した後、この記録信号を12横列(12行)毎に分け、その間に外符号POを各1行ずつ挿入する。 After calculating the inner code PI and outside code PO in Figure 58, the recording signal is divided every 12 rows (12 rows), inserting one by one each line of outer code PO therebetween. これが、ECCブロック内での外符号POのインターリーブである。 This is interleaved outside code PO in the ECC block.

すなわち、図59に示すように、バイト531(11、0)からバイト533(11、171)までの12列の次(13列目)に、外符号POの最初の行(横列)のバイト556(192、0)からバイト558(192、181)までが挿入される。 That is, as shown in FIG. 59, the next (13 column) 12 column from byte 531 (11, 0) to byte 533 (11,171), the first line of outer code PO of (row) bytes 556 (192,0) to byte 558 (192,181) is inserted from. 以下同様に、外符号POの各行(各横列)が記録信号の12行(12横列)毎にインターリーブ挿入され、図58の記録信号の配置(スクランブル後)は図59に示すような配置(インターリーブ後)に並び替えられる。 Similarly, each row of the outer code PO (each row) is interleaved into the 12 rows (12 rows) for each of the recording signal, (scrambled) recording signal arrangement of Figure 58 is arranged as shown in FIG. 59 (interleaved It is rearranged later).

<<実際に情報記憶媒体上に記録される記録信号構造>> << recording signal structure is actually recorded on the information storage medium >>
図59に示す外符号POインターリーブ後のECCブロック内記録信号は、各13行(13横列)ずつ分割されて、それぞれが図9の各セクタ501a〜501pに記録される。 ECC block in the recording signal after the outer code PO interleaving shown in FIG. 59, the line 13 (13 rows) each are divided, each of which is recorded in each sector 501a~501p in FIG.

情報記憶媒体10には、各セクタ501の先頭位置に、物理セクタ番号PSNなどがエンボス構造で事前に記録されたヘッダ(図8)が配置されている。 The information storage medium 10, the head position of each sector 501, a header such as a physical sector number PSN is recorded in advance by embossed structure (8) is arranged. 図8の例示において、あるセクタのヘッダ(エンボス)から次のセクタのヘッダまでの間に、上記13行(13横列)分の信号が記録される。 In the illustration of FIG. 8, during the period from the header of a sector (embossing) to the header of the next sector, the signal of the 13 rows (13 rows) minutes is recorded.

ところで、図59の記録信号構造では、ビット単位で“0”が連続して配置される可能性がある。 Incidentally, in the recording signal structure of Figure 59, there is a possibility that the "0" bit by bit are placed sequentially. このままの信号を情報記憶媒体10に記録すると、“0”が連続して多数個配列された場所で再生時にビットシフトエラーを起こす危険がある。 When recording a signal of this state in the information storage medium 10, there is a danger of bit shift errors during playback at the location where "0" is a number in succession number sequence. そのため、“0”の連続配置上限数を制限し、かつ高密度記録が可能なように信号の変換(変調)を行っている。 Therefore, to limit the continuous placement maximum number of "0", and is performed a high-density recording is possible so that the signal conversion (modulation). DVD−ROMやDVD−RAMでは「8/16変調」(ランレングスコードで表現するとRLL(2,10)コード)と呼ばれる変調方法を採用している。 DVD-ROM and the DVD-RAM "8/16 modulation" (when expressed in the run-length code RLL (2,10) code) adopts a modulation method called.

このように変調された信号は途中に同期コードが挿入された後、図8に示すような構造になって情報記憶媒体10上に記録される。 After the synchronization code thus modulated signal in the middle is inserted, is recorded on the information storage medium 10 has a structure as shown in FIG.

<<情報記憶媒体からの再生信号に対する逆変換手順>> Inverse conversion procedure >> to the reproduction signal from the << information storage medium
情報記憶媒体(光ディスク)10から情報を再生するときは以下の手順で逆変換がなされた後、再生信号cとしてPC(パーソナルコンピュータ)やEWS(エンジニアリングワークステーション)などのホストコンピュータへ(図54のデータI/Oインターフェイス222から)転送される。 After has been made inverse transform the following procedure when reproducing information from an information storage medium (optical disk) 10, as a reproduction signal c PC (personal computer) or EWS to (engineering workstation) including a host computer (in FIG. 54 from the data I / O interface 222) are transferred.

(1)図54において、再生信号は、光ヘッド202、アンプ213、2値化回路212およびPLL回路211を経た後、復調回路210において復調される。 (1) In FIG. 54, the reproduction signal is an optical head 202, after passing through an amplifier 213,2 binarization circuit 212 and PLL circuit 211, is demodulated in the demodulation circuit 210.

(2)エラー訂正回路209内で図58の内符号PIと外符号POを用いてECCブロック内のエラー訂正が行われる。 (2) in the error correction circuit 209 is an error correction in the ECC block using inner code PI and outside code PO of FIG. 58 is performed.

(3)その後エラー訂正回路209内で「メインデータ(D0〜D2047)505〜509のスクランブル処理」の逆の処理である「デスクランブル処理」が行なわれ、エラー訂正後の信号は、メインデータ(D0〜D2047)505〜509に戻される。 (3) then in the error correction circuit 209 is a reverse process of "scrambling the main data (D0 to D2047) from 505 to 509" "descrambling" is performed, the signal after error correction, the main data ( D0~D2047) is returned to the 505-509.

(4)このデスクランブル処理によって、図57の記録信号の構造が復元される。 (4) This descrambling, the structure of the recording signal in Fig. 57 is restored.

(5)図57のEDC513を用いてメインデータ(D0〜D2047)505〜509のエラー検出が行われる。 (5) the main data (D0 to D2047) from 505 to 509 error detection using EDC513 of Figure 57 is performed. ここでエラー検出された場合には(2)のECCブロック内エラー訂正処理に戻る。 Here if it is detected an error return to the ECC block error correction process (2).

(6)各セクタ501(図9)毎に得られた情報記憶媒体10からの再生情報は、図54のデータI/Oインターフェイス222を介して、再生信号cとしてホストコンピュータ等へ転送される。 (6) reproducing information from the information storage medium 10 obtained for each sector 501 (FIG. 9) via the data I / O interface 222 of FIG. 54, is transferred to the host computer or the like as a reproduction signal c.

<<情報記憶媒体上に記録される情報の記録信号構造変換手順の概説>> Overview of the recording signal structure conversion procedure of the information recorded on the << information storage medium >>
情報記憶媒体として記録再生可能なDVD−RAMディスク10を用いた場合には、16個のセクタ501毎にECCブロック502(図9)を構成しながら信号記録が行われる。 As in the case of using a recording reproducible DVD-RAM disc 10 is an information storage medium, the signal recording is carried out while forming the ECC block 502 (FIG. 9) for each 16 sectors 501.

ECCブロック502を構成しながら記録するためには、所定の手順(図60)に従い、元の信号に対し「信号のスクランブル化(信号の分散/暗号化)」「ECCブロック内のパリティーコードの付加」「インターリーブ処理(配置の分散化)」「高記録密度化を目的とした情報記憶媒体特性に合わせた変調処理」などの記録信号の変換処理が行われる。 To record while forming the ECC block 502 in accordance with a predetermined procedure (Fig. 60), with respect to the original signal "scrambled signal (signal dispersion / encryption)", "addition of parity code in the ECC block "" conversion process of the recording signal, such as interleave processing (distributed arrangement) "" high density recording modulation process suitable for the information storage medium characteristics intended to "is performed.

図60は、記録用の生信号が所定の信号処理(ECCインターリーブ/信号変調等)を受けて情報記憶媒体に記録されるまでの手順を説明するフローチャートである。 Figure 60 is a flowchart raw signal for recording will be described a procedure to be recorded in the information storage medium by receiving a predetermined signal processing (ECC interleave / signal modulation, etc.).

以下、DVD−RAMディスク10を例に取り、図60のフローチャートに従って、記録信号に対する構造変換手順の概略説明を行う。 Hereinafter, taking the DVD-RAM disc 10 as an example, according to the flowchart of FIG. 60, performs an outline description of the structure conversion procedure for recording signal.

まず、記録用の生信号が、たとえば図54のECCエンコーダ回路208に入力される(ステップST116)。 First, the raw signal for recording, for example, is input to the ECC encoder circuit 208 in FIG. 54 (step ST116).

入力された記録用の信号は2048バイト毎に分割され、スクランブル前の記録信号(図57)が作成される(ステップST117)。 Input signal for recording is divided every 2048 bytes, before scrambling recording signal (Fig. 57) is created (step ST117).

その後ECCブロック(図58)が作成され(ステップST118)、作成されたECCブロックに対してインターリーブ処理(図59)が施される(ステップST119)。 Then the ECC block (FIG. 58) is created (step ST 118), interleaving (Fig. 59) is performed on the ECC blocks created (step ST119).

こうしてインターリブされたECCブロックは図54の変調回路207で変調(たとえば前述した8/16変調)され(ステップST120)、記録・再生・消去用制御波形発生回路206に送られる。 Thus interleaved been ECC block is sent to the modulation circuit 207 is modulated (e.g. 8/16 modulation described above) (step ST120), recording, reproducing, and erasing control waveform generating circuit 206 in FIG. 54.

記録・再生・消去用制御波形発生回路206では、現在装填されているDVDーRAMディスク10の特性に合わせた記録波形を生成する(ステップST121)。 In the recording, reproducing, and erasing control waveform generating circuit 206 generates a recording waveform according to the characteristics of the DVD-RAM disc 10 currently loaded (step ST121). そして、この記録波形とそのディスク10に最適のレーザ発光でもって、ステップST116の記録用生信号に対応した信号(ECCブロックを単位とする信号)が、ディスク10の所定箇所(指定されたAVアドレスに相当する論理セクタと1対1に対応する物理セクタ番号の位置)に、書き込まれる(ステップST122)。 Then, with at optimal laser emission the recording waveform and its disc 10, a signal corresponding to the recording raw signal in Step ST116 (signal in units of ECC blocks), a predetermined portion (designated AV address of the disk 10 the position of the physical sector number) corresponding to the logical sector and one-to-one corresponding to be written (step ST122).

図61は、図1の2層光ディスクにおけるROM層/RAM層の論理セクタの設定において、物理セクタ番号の大きなRAM層部分を論理セクタ番号の小さな位置へ論理的に配置替えする方法を説明する図である。 Figure 61, in the setting of a logical sector of the ROM layer / RAM layer in two-layer optical disc of FIG. 1, a diagram illustrating a method of rearranging logically the large RAM layer portion of the physical sector number to a small position of the logical sector number it is. 図61は図16のROM層とRAM層を入れ替えた構成になっている。 Figure 61 has a configuration obtained by rearranging the ROM layer and the RAM layer of FIG. 16. 両者は似ているが、以下の点で違う。 Both are similar, but different in the following points.

すなわち、図16の構成では、ボリュームスペース前半のROM層の物理セクタ番号PSN+ボリュームスペース後半のRAM層の物理セクタ番号PSNがリードインからリードアウトに向かって連続的に増加する。 In other words, in the configuration of FIG. 16, the physical sector number PSN of a physical sector number PSN + volume space late RAM layer of the volume space the first half of ROM layer is continuously increasing from the lead-in to the lead-out.

これに対し、物理セクタ番号PSNが大きな方のRAM層をボリュームスペース前半に配置した図61の構成では、RAM層の終わりとROM層の始まりとのつなぎ目において物理セクタ番号PSNが不連続になる。 In contrast, in the configuration of FIG. 61 in which the physical sector number PSN is disposed RAM layer the larger the volume space the first half, the physical sector number PSN is discontinuous at the joint of the beginning of the end and the ROM layer of the RAM layer. この物理的なセクタ番号の不連続性は、ボリュームスペース全体に渡り連続した統合論理セクタ番号LSNを予めROM層にエンボス記録しておき、このエンボス記録された統合論理セクタ番号LSNを用いることで解消できる。 Discontinuity in the physical sector number, leave emboss recorded in the ROM layer integrated logical sector number LSN which is continuous over the entire volume space, solved by using the embossed recorded integration logic sector number LSN it can.

すなわち、物理セクタ番号PSNでみれば不連続な「RAM層+ROM層」のボリュームスペースも、エンボス記録された統合論理セクタ番号LSNでみれば連続化される。 That is, volume space of discontinuity when viewed at the physical sector number PSN "RAM layer + ROM layer" is also serialized when viewed embossed recorded integration logic sector numbers LSN.

あるいは、図18(または図65)のアドレス変換テーブルACTを用いることで、物理セクタ番号PSNでみれば不連続な「RAM層+ROM層」のボリュームスペースを、論理的には連続化できる。 Alternatively, by using the address conversion table ACT in FIG 18 (or FIG. 65), the volume space of discontinuity when viewed at the physical sector number PSN "RAM layer + ROM layer" may serialized logically. すなわち、アドレス変換テーブルACTを用いたAVアドレス変換により、物理セクタ番号PSNでみれば不連続な「RAM層+ROM層」のボリュームスペースを論理セクタ番号LSN上で連続化できる。 That is, the AV address conversion using the address conversion table ACT, the volume space of discontinuity when viewed at the physical sector number PSN "RAM layer + ROM layer" can be serialized on a logical sector number LSN. このアドレス変換テーブルACTを用いたAVアドレス変換による論理セクタ番号の統合化は、ディスク10が前記「エンボス記録された統合論理セクタ番号LSN」を持っていないときに利用できる。 Integration of logical sector number due to AV address translation using the address translation table ACT is available when the disc 10 does not have the "embossed recorded integration logic sector numbers LSN."

図62は、図1の2層光ディスクにおけるROM層/RAM層の論理セクタの設定において、RAM層部分が論理的にROM層部分に割り込むように配置替えする方法を説明する図である。 Figure 62 is the set of logical sectors of the ROM layer / RAM layer in two-layer optical disc of FIG. 1. FIG RAM layer portion illustrating a method of rearranging to interrupt logically ROM layer portion.

ROM層とRAM層とでは両者の物理セクタ番号PSNが違う。 ROM layer and both the physical sector number PSN is different in the RAM layer. そのため、ROM部分にRAM部分を割り込ませると、RAM層の先頭および末尾の2カ所で、物理セクタ番号PSNが不連続になる。 Therefore, when the interrupted the RAM portion in the ROM portion, at two locations of the beginning and end of the RAM layer, a physical sector number PSN is discontinuous.

この物理的なセクタ番号の不連続も、前述した「エンボス記録された統合論理セクタ番号LSN」を用いるか、図18(または図65)のアドレス変換テーブルACTを用いることで、論理的には連続化できる。 Discontinuities of this physical sector number is also used either to "emboss recorded integration logic sector numbers LSN" earlier, by using the address conversion table ACT in FIG 18 (or FIG. 65), the continuous logically possible reduction. すなわち、ディスク10に予めエンボス記録された統合論理セクタ番号LSNをアドレス管理に利用することで、あるいはアドレス変換テーブルACTを用いたAVアドレス変換により、物理セクタ番号PSNでみれば不連続な「ROM層の一部+RAM層+ROM層の他部」からなるボリュームスペースを、論理セクタ番号LSN上で連続化できる。 That is, by utilizing the pre-embossed recorded integration logic sector numbers LSN to disk 10 in the address management, or by AV address conversion using the address conversion table ACT, discontinuous "ROM layer when viewed at the physical sector number PSN volume space consisting of other unit "part + RAM layer + ROM layer of the can serialized on a logical sector number LSN.

図63は、図2の光ディスクに記録される情報(データファイル)のディレクトリ構造の他の例を説明する図である。 Figure 63 is a diagram for explaining another example of the directory structure of information (data files) recorded on the optical disk of FIG.

前述した図23の例では、ルートディレクトリの下にビデオタイトルセットVTSディレクトリ(DVDビデオファイル用)、オーディオタイトルセットATSディレクトリ(DVDビデオファイルまたはDVDオーディオファイル用)、オーディオ・ビデオ情報AVI(パーソナルコンピュータで扱われるビデオファイル用)およびビデオRAMディレクトリ(DVD−RAMディスクのAVデータファイル用)が例示されている。 In the example of FIG. 23 described above, (for DVD video file) the video title set VTS directory under the root directory, (for DVD video file or DVD audio file) audio title set ATS directory, in the audio-video information AVI (personal computer video files) and video RAM directory is treated (for AV data file of the DVD-RAM disc) is illustrated.

これに対し、図63の例はDVDーRAMディスク10を純粋なコンピュータ用に利用する場合を想定しており、ルートディレクトリの下にアプリケーションディレクトリとアプリケーション関連ディレクトリが配置されている。 In contrast, the example of FIG. 63 assumes the case of using the DVD-RAM disc 10 for pure computer, application directory and the application-related directories under the root directory is placed.

アプリケーションディレクトリ内には、図52のパーソナルコンピュータPCが起動(ブートまたはリブート)されると自動的に実行されるプログラム(アプリケーション実行ファイル)が格納されている。 Within the application directory, the personal computer PC is started in FIG. 52 (boot or reboot) by the the program that is automatically executed (application executable) are stored. この自動実行プログラムとしては、ウインドウズ、ジャバ、マックOS等のパーソナルコンピュータ用システムソフトウエア(またはオペレーティングシステムOS)を、何種類か持つことができる(どのシステムソフトウエアでブートするかは、ユーザが選択できる)。 As the automatic execution program, Windows, either boots Java, a personal computer for system software such as Mac OS (or operating system OS), can have several different (in which system software, the user selects it can).

アプリケーションディレクトリ内のアプリケーションデータファイルには、アプリケーション実行ファイルのプログラムが作成したデータが格納される。 The application data files in the application directory, the data in which the program of the application execution file created is stored. また、アプリケーションディレクトリの下層ディレクトリであるアプリケーションテンプレートディレクトリには、アプリケーション実行ファイルのプログラムが所定の処理を実行する際に適宜利用されるテンプレートファイル#1、#2、…が含まれている。 Further, the application template directory as a lower directory of the application directory, the template files # 1, program execution of the application files are properly used in performing predetermined processing, # 2, ... it is included.

たとえば、アプリケーション実行ファイルにシステムソフトウエアとしてウインドウズが格納されアプリケーションプログラムとしてスプレッドシートが格納されているとする。 For example, the spreadsheet is stored as system software Windows is stored as an application program in the application executable. このウインドウズで図52のパーソナルコンピュータがブートすると、ウインドウズはスプレッドシートのフォルダ(アプリケーションデータファイル)を自動的に作成する。 When the personal computer of FIG. 52 in this Windows is booted, Windows will automatically create a spreadsheet of the folder (application data file). このウインドウズ上でスプレッドシートを立ち上げると、このスプレッドシートで作成したユーザファイルがアプリケーションデータファイルに格納され、このスプレッドシートの標準テンプレート(たとえば住宅ローン返済計画用シートなど)が、テンプレートファイル#1等に用意される。 If you launch a spreadsheet on this Windows, a user file that was created in this spreadsheet is stored in the application data file, the standard template of this spreadsheet (for example, mortgage repayment plan for the seat, etc.), the template file # 1, etc. It is prepared for.

また、アプリケーション関連ディレクトリには、ユーザが作成したアプリケーションデータファイルをオブジェクト化して利用できる他のアプリケーションソフトウエア(たとえばワードプロセサ)の実行ファイルを格納することができる。 Further, the application-related directory can store executable other application software available to the object of the application data file created by a user (e.g., word processor).

図64は、図2の光ディスクに記録される情報(データファイル)のディレクトリ構造のさらに他の例を説明する図である。 Figure 64 is a diagram for explaining still another example of the directory structure of information (data files) recorded on the optical disk of FIG.

図63の例はDVDーRAMディスク10を純粋なコンピュータ用に利用する場合を主に想定していたが、図64の例はVDーRAMディスク10をデジタルビデオ録画用に利用する場合を想定している。 Example of FIG. 63 has been intended mainly for the case of using the DVD-RAM disc 10 for pure computer, the example of FIG. 64 assumes the case of using the VD-RAM disc 10 for digital video recording ing. そこで、図64の例では、図23のビデオタイトルセットVTSディレクトリおよびオーディオタイトルセットATSディレクトリの他に、ビデオディレクトリとAV変換情報ディレクトリを含んでいる。 Therefore, in the example of FIG. 64, in addition to video title sets VTS directories and audio title set ATS directory shown in FIG. 23, includes a video directory and AV conversion information directory.

図64において、ビデオの録画・再生・編集等の処理を行なう映像情報処理プログラムは、ビデオディレクトリ内のビデオアプリケーション実行ファイルに入っている。 In Figure 64, the video information processing program for performing processing of recording and reproducing, editing, etc. of video are in the video application executable in the video directory. このプログラムで処理された情報(録画または編集されたデジタルビデオデータ)は、AVファイルのデータとしてビデオディレクトリ内に保存される。 The program processed information (digital video data recorded or edited) is stored in the video directory as data of the AV file.

録画・編集された情報(AVデータ)は全て1個のAVファイル内に記録される。 Recording and editing information (AV data) is recorded in all the single AV file. このAVデータは、図18に示すように、アンカーポインタAP、制御情報DA21、ビデオオブジェクトDA22、ピクチャオブジェクトDA23およびオーディオオブジェクトDA24を含むことができる。 The AV data, as shown in FIG. 18, can include anchor pointer AP, control information DA21, video object DA22, picture object DA23, and audio object DA24.

また、ビデオ編集用の標準テンプレート(あるいはコマーシャルCM情報等)はAVテンプレート01、02、…、のデータとして、ビデオディレクトリ内に記録できるようになっている。 In addition, the standard template for video editing (or commercial CM information, etc.) AV template 01, 02, ..., as data, which is to be recorded in the video directory.

録画が行われ編集が終了した後のAVファイルデータは、ビデオアプリケーション実行ファイル内の変換プログラムに従ってDVDビデオ形式またはDVDオーディオ形式の情報に変換されて、ビデオタイトルセットVTSディレクトリ内またはオーディオタイトルセットATSディレクトリ内に保存される。 AV file data after the recording is performed editing is completed, is converted to the DVD video format or DVD audio format of the information in accordance with the conversion program of the video application is running in the file, the video title set VTS directory or in the audio title set ATS directory It is stored within.

なお、現状ではDVDーRAMディスク10の記憶容量は1層(1レイヤ)あたり2.6Gバイトであり、長時間のビデオ録画には容量が充分とは言えない。 The storage capacity of a DVD-RAM disc 10 in the present situation is one layer (1 layer) per 2.6G bytes, it can not be said enough is capacity for a long time video recording. そこで、この発明では、記録層を複数持つDVDーRAMディスク(両面2層RAMディスク等)の複数記録層の全体を1ボリュームスペースとして管理したり、複数のDVDーRAMディスクそれぞれの記録層全体をまとめて1ボリュームスペースとして管理し、見かけ上非常に大きな容量のボリュームスペースを用いて長時間のビデオ録画をすることが可能なようにしている(図16〜図17または図61〜図62において全ての記録層をRAM層で構成した場合等)。 Therefore, in this invention, the whole of the plurality of recording layers or managed as a volume space of a DVD-RAM disc having a plurality of recording layers (double-sided double-layer RAM disc, etc.), the entire plurality of DVD-RAM disc each recording layer together 1 managed as a volume space, so that capable of a long video recording using the volume space of apparently very large capacity (all in 16 to 17 or FIG. 61 to FIG 62 when the recording layer is constituted by RAM layer, etc.).

このように複数の記録層(DVD−RAM層等)をまとめて1ボリュームスペースとして管理するには、各記録層毎に(あるいは各ディスク毎に)それらの論理ブロック番号のつなぎ合わせ管理をしなければならない。 To manage this way as a volume space in a plurality of recording layers (DVD-RAM layer, etc.), for each recording layer (or each disk) have to stitching their management logical block number shall. すなわち、各ディスクに設定された論理ブロック番号を統合したアドレス(統合論理セクタ番号)を設定し、この統合論理セクタ番号と個々の記録層(または個々のディスク)の論理ブロック番号との対応関係を記憶したアドレス変換テーブルが必要になる。 That is, the correspondence between the logical block number to set the address (integration logic sector number) which integrates logical block number set in each disk, the integrated logical sector number and the individual recording layers (or individual disks) the stored address conversion table is required. このアドレス変換テーブルは、たとえば図18のアロケーションマップテーブルAMT内のアドレス変換テーブルACTに相当し、図64の例ではAV変換情報ディレクトリに格納される。 The address conversion table, for example, corresponds to the address conversion table ACT allocation map table AMT shown in FIG. 18, in the example of FIG. 64 are stored in the AV conversion information directory.

なお、上記アドレス変換テーブルACTは図16その他に例示するようにROM層およびRAM層が混在した統合論理セクタ番号の使用も可能にしている。 Note that the address conversion table ACT is ROM layer and RAM layer as illustrated in FIG. 16 and other is to enable the use of mixed integrated logical sector number.

図64の構成を利用すれば、たとえばDVDビデオのROM層に記録された情報に上記統合アドレス(AVアドレス)を用いてアクセスし、そこから取り出したDVDビデオ情報の一部を、ビデオアプリケーション実行ファイル内の変換プログラムを利用してAVファイル内のデータ(ユーザが書替・編集・消去できるデータ)に取り込むこともできる。 By using the arrangement of Figure 64, for example to access by using the integrated address (AV address) of the information recorded on the ROM layer of the DVD video, a portion of DVD video information extracted therefrom, video application executable using the conversion program of the inner can also be incorporated into the data (data that users can rewrite, edit, and erase) of the AV file.

図63のディレクトリ構造と図23および/または図64のディレクトリ構造を組み合わせれば、あるDVDビデオ(図23または図64のVTSディレクトリのファイル)中の特定シーン(ビデオデータ)を、ファイル変換して、パーソナルコンピュータ用のアプリケーションデータファイル(図63)に取り込むこともできる。 The combination of directory structure of a directory structure and 23 and / or 64 of FIG. 63, there DVD Video specific scene (FIG. 23 or VTS directory of the file of Figure 64) in (video data), and file conversion It can also be incorporated into the application data file for a personal computer (Fig. 63). そうなれば、パーソナルコンピュータの画像処理ソフトウエアで取り込んだDVDビデオデータを加工し、加工後のビデオ情報を図64のAVファイルに戻すことが可能になる。 If so, process the DVD video data captured by the image processing software of a personal computer, a video information after processing it is possible to return to the AV file of FIG. 64.

図67および図68は、たとえば図61で説明したような配置替えが行われたROM/RAM2層ディスクにおいて、情報の記録場所とRAM層の初期化前後の状態を説明する図である。 FIGS. 67 and 68, for example in the ROM / RAM 2 layer disk rearrangements were made as described in FIG. 61 is a diagram for explaining an initialization state before and after the recording location and RAM layer information. ここでは、図1のROM/RAM2層DVDディスク10を例にとって、説明する(始めは図67の最上段から)。 Here, as an example ROM / RAM 2-layer DVD disc 10 in FIG. 1, described in (beginning from the uppermost Figure 67).

[01a]DVD−RAM層17Bのリードインエリア内書替可能データゾーン中のディスク識別子ゾーン(図6参照)では、 In [01a] DVD-RAM layer 17B lead-in area in the rewriting possible data zone in the disk identifier zone (see Fig. 6),
初期化前は、RAM層・ROM層の積層構造とトータルの記録容量および初期化前状態であることが明記され; Initialization Before, it has been stated a storage capacity and initialization prior state of the laminated structure and total RAM layer · ROM layer;
初期化後は、RAM層・ROM層の積層構造とトータルの記録容量および初期化の日時が明記される。 After initialization, the date and time of recording capacity and initialization laminated structure and total RAM layer · ROM layer is specified.

なお、RAM層リードインエリア内制御データゾーン中のブックタイプ&パートバージョンには、そのディスクがリライタブルディスク(DVD−RAMまたはDVDーRW)であることが記載される。 It is to be noted that the book type and part version of the RAM layer in the lead-in area in the control data zone, the disk is described to be a rewritable disc (DVD-RAM or DVD-RW).

[02a]DVDーROM層17Aのリードインエリア内制御データ中の物理フォーマット情報の予約エリア(図22参照)では、初期化前後を通じて、初期化時にDVDーROM層17AからDVDーRAM層17Bにコピーされる範囲が、DVDーROM層17Aの物理セクタ番号PSNで表示されている。 In [02a] reserved area of ​​the physical format information of the DVD-ROM layer 17A lead-in area in the control of data (see Figure 22), both before and after initialization, upon initialization from the DVD-ROM layer 17A in the DVD-RAM layer 17B copied ranges are indicated by the physical sector number PSN of the DVD-ROM layer 17A.

なお、ROM層リードインエリア内制御データ中の物理フォーマット情報中のブックタイプ&パートバージョンには、そのディスクがリードオンリーディスク(DVD−ROMまたはDVDビデオ)であることが記載される。 Note that the book type and part version in physical format information in the ROM layer lead-in area in the control data, the disk is described to be a read-only disc (DVD-ROM or DVD-Video).

[03a]UDFのボリューム認識シーケンス(図44の444)は、 [03a] UDF volume recognition sequence (444 in FIG. 44)
初期化前は、DVDーROM層17Aに事前に記録されており(この記録位置は実際に使用されるときのボリューム認識シーケンスの記録位置とは異なる); Initialization Before is recorded in advance in the DVD-ROM layer 17A (the recording position is different from the recording position of the volume recognition sequence when used in practice);
初期化後は、DVDーRAM層17Bにコピーされる(コピー先の論理セクタ番号は開始位置が“16”となる)。 After initialization, copied to the DVD-RAM layer 17B (logical sector number of the copy destination is the start position is "16").

初期化後は、RAM層17Bにコピーされた「ボリューム認識シーケンス」が利用される。 After initialization has been copied "Volume Recognition Sequence" is used in the RAM layer 17B.

[04a]第1アンカーポイント(図44の456)は、 [04a] The first anchor point (456 in FIG. 44)
初期化前は、DVDーROM層17Aに事前に記録されており(その指定先はコピー後のRAM層17Bの論理セクタ番号LSNで指定する); Initialization before, DVD-ROM layer 17A is recorded in advance (the specified destination is designated by the logical sector number LSN of the RAM layer 17B after copying);
初期化後は、DVDーRAM層17Bにコピーされる(コピー先の論理セクタ番号は開始位置が“256”となる)。 After initialization, copied to the DVD-RAM layer 17B (logical sector number of the copy destination is the start position is "256").

初期化後は、RAM層17Bにコピーされた「第1アンカーポイント」が利用される。 After initialization has been copied "first anchor point" is used in the RAM layer 17B.

[05a]UDFのメインボリューム記述子シーケンス(図44の449)は、 [05a] UDF main volume descriptor sequence (449 in FIG. 44)
初期化前は、DVDーROM層17Aに事前に記録されており(その指定先はコピー後のRAM層17Bの論理セクタ番号LSNで指定する); Initialization before, DVD-ROM layer 17A is recorded in advance (the specified destination is designated by the logical sector number LSN of the RAM layer 17B after copying);
初期化後は、DVDーRAM層17Bにコピーされる(コピー先の論理セクタ番号LSNは実際に使用する論理セクタ番号LSNと一致する)。 After initialization, copied to the DVD-RAM layer 17B (logical sector number LSN of the copy destination is consistent with the logical sector number LSN which is actually used).

初期化後は、RAM層17Bにコピーされた「メインボリューム記述子シーケンス」が利用される。 After initialization has been copied "main volume descriptor sequence" is used in the RAM layer 17B.

[06a]UDFの論理ボリューム保全シーケンス(Logical Volume Integrity Sequence;図示せず)は、 [06a] UDF logical volume integrity sequence (Logical Volume Integrity Sequence; not shown),
初期化前は、DVDーROM層17Aに事前に記録されており; Initialization Before is recorded in advance in the DVD-ROM layer 17A;
初期化後は、DVDーRAM層17Bにコピーされる。 After initialization, it is copied to a DVD-RAM layer 17B.

初期化後は、RAM層17Bにコピーされた「論理ボリューム保全シーケンス」が利用される。 After initialization has been copied "Logical Volume Integrity Sequence" is used in the RAM layer 17B.

[07a]UDFのスペースビットマップまたはスペーステーブル(図44〜図45参照)は、 [07a] UDF space bitmap or space table (see FIGS. 44 to 45),
初期化前は、DVDーROM層17Aに事前に記録されており; Initialization Before is recorded in advance in the DVD-ROM layer 17A;
初期化後は、DVDーRAM層17Bにコピーされる。 After initialization, it is copied to a DVD-RAM layer 17B.

初期化後は、RAM層17Bにコピーされた「スペースビットマップまたはスペーステーブル」が利用される。 After initialization has been copied "space bitmap or space table" is used in the RAM layer 17B. なお、DVD−ROM層17Aに対応する論理ブロック番号LBNは全て「使用済み」に設定される。 Incidentally, the logical block number LBN corresponding to the DVD-ROM layer 17A is set to all "used".

ここで、参照図は図67に変わる。 Here, the reference diagram change in FIG. 67.

[08a]UDFのファイルセット記述子(図44の472)は、 [08a] UDF file set descriptor (472 in FIG. 44)
初期化前は、DVDーROM層17Aに事前に記録されており; Initialization Before is recorded in advance in the DVD-ROM layer 17A;
初期化後は、DVDーRAM層17Bにコピーされる。 After initialization, it is copied to a DVD-RAM layer 17B.

初期化後は、RAM層17Bにコピーされた「ファイルセット記述子」が利用される。 After initialization, it has been copied to RAM layer 17B "file set descriptor" is used. なお、ここでの指定論理ブロック番号LBNは、RAM層17Bを指定している。 Incidentally, designated logical block number LBN here designates the RAM layer 17B.

[09a]UDFのルートディレクトリのファイルエントリ(図45の475;図63参照)は、 [09a] file entry for the UDF root directory (475 in FIG. 45; FIG. 63 reference)
初期化前は、DVDーROM層17Aに事前に記録されており; Initialization Before is recorded in advance in the DVD-ROM layer 17A;
初期化後は、DVDーRAM層17Bにコピーされる。 After initialization, it is copied to a DVD-RAM layer 17B.

初期化後は、RAM層17Bにコピーされた「ルートディレクトリのファイルエントリ」が利用される。 After initialization, it has been copied to RAM layer 17B "file entry in the root directory" is used. なお、ここでの指定論理ブロック番号LBNは、RAM層17Bを指定している。 Incidentally, designated logical block number LBN here designates the RAM layer 17B.

[10a]ルートディレクトリ内のロングアロケーション記述子LAD(図45の476、481等)は、 [10a] Long allocation descriptor in the root directory LAD (476,481 of Figure 45, etc.),
初期化前は、アプリケーションディレクトリ(図63)も含めて、DVD−ROM層17Aに事前に記録されており; Initialization Before the application directory (FIG. 63) included, it is recorded in advance in the DVD-ROM layer 17A;
初期化後は、DVDーRAM層17Bにコピーされる。 After initialization, it is copied to a DVD-RAM layer 17B.

初期化後は、RAM層17Bにコピーされた情報を利用して、ユーザがこのロングアロケーション記述子LADを追加できる。 After initialization, using the information copied to the RAM layer 17B, the user can add the long allocation descriptor LAD. なお、アプリケーションディレクトリも含め、LADのファイルエントリを指定する論理ブロック番号LBNは、コピー前から、RAM層17Bを指定している。 In addition, the logical block number LBN the application directory, including, to specify the file entry of the LAD is, from the previous copy, you specify the RAM layer 17B.

[11a]アプリケーション実行ファイルの情報(図63参照)は、初めからDVDーROM層17Aにエンボス記録されている。 [11a] of the application execution file information (see FIG. 63) is embossed recorded from the beginning to the DVD-ROM layer 17A. 初期化後にこの「アプリケーション実行ファイル」の情報をRAM層17Bにコピーすることはしない。 Not possible to copy the information in this "application executable file" to the RAM layer 17B after initialization. この「アプリケーション実行ファイル」の記録位置指定論理ブロック番号LBNは、ROM層17Aを指定している。 The recording position specified logical block number LBN of "application executable" designates the ROM layer 17A.

[12a]アプリケーションテンプレートディレクトリ(図63参照)は、初めからDVDーROM層17Aにエンボス記録されている。 [12a] Application template directory (see Fig. 63) is embossed recorded on the DVD-ROM layer 17A from the beginning. 初期化後にこの「アプリケーションテンプレートディレクトリ」の情報をRAM層17Bにコピーすることはしない。 Not possible to copy the information in this "application template directory" to the RAM layer 17B after initialization. この「アプリケーションテンプレートディレクトリ」の記録位置指定論理ブロック番号LBNは、ROM層17Aを指定している。 The recording position specified logical block number LBN "Application template directory" designates the ROM layer 17A.

[13a]アプリケーションデータファイル(図63参照)は、ROM層17AにもRAM層17Bにも記録されていない。 [13a] Application data files (see FIG. 63) is not recorded in RAM layer 17B in ROM layer 17A. この「アプリケーションデータファイル」は、初期化後にRAM層17Bに作成されるもので、アプリケーションソフトウエア起動後に新規作成される。 This "application data file" is intended to be created after initialization to RAM layer 17B, it is newly created after the application software start-up.

[14a]アプリケーション関連ディレクトリ(図63参照)は、 [14a] application-related directory (see Fig. 63)
初期化前は、DVDーROM層17Aに事前に記録されており; Initialization Before is recorded in advance in the DVD-ROM layer 17A;
初期化後は、DVDーRAM層17Bにコピーされる。 After initialization, it is copied to a DVD-RAM layer 17B.

初期化後は、RAM層17Bにコピーされた「アプリケーション関連ディレクトリ」が利用される。 After initialization, has been copied, "application-related directory" is used in the RAM layer 17B. なお、ここでの指定論理ブロック番号LBNは、RAM層17Bを指定している。 Incidentally, designated logical block number LBN here designates the RAM layer 17B.

[15a]第2アンカーポイント(図46の457)は、初めからDVDーROM層17Aにエンボス記録されている。 [15a] The second anchor point (457 in FIG. 46) is embossed recorded on the DVD-ROM layer 17A from the beginning. 初期化後にこの「第2アンカーポイント」の情報をRAM層17Bにコピーすることはしない。 Not copy the information in the "second anchor point" to the RAM layer 17B after initialization. この「アプリケーションテンプレートディレクトリ」の記録位置指定論理ブロック番号LBNは、RAM層17Bを指定している。 The recording position specified logical block number LBN of "application template directory" is to specify the RAM layer 17B.

[16a]リザーブボリューム記述子シーケンス(図46の467)は、初めからDVDーROM層17Aにエンボス記録されている。 [16a] the reserve volume descriptor sequence (467 in FIG. 46) is embossed recorded on the DVD-ROM layer 17A from the beginning. 初期化後にこの「リザーブボリューム記述子シーケンス」の情報をRAM層17Bにコピーすることはしない。 Not copy the information in this "reserve volume descriptor sequence" in the RAM layer 17B after initialization. この「リザーブボリューム記述子シーケンス」の記録位置指定論理ブロック番号LBNは、RAM層17Bを指定している。 The recording position specified logical block number LBN of "reserve volume descriptor sequence" designates the RAM layer 17B.

DVD−RAMのUDFに準拠したファイルシステムでは、 In the file system that conforms to the UDF of DVD-RAM,
*図44のボリューム認識シーケンス444の開始位置の論理セクタ番号LSNを“16”に設定する; * A logical sector number LSN of the start position of the volume recognition sequence 444 of FIG. 44 is set to "16";
*図44の第1アンカーポイント456および図46の第2アンカーポイント457は ・LSN=256 * The first second anchor point 457 of the anchor points 456 and 46 of FIG. 44 · LSN = 256
・LSN=最終LSN−256 · LSN = last LSN-256
・LSN=最終LSN · LSN = last LSN
の内の2箇所に配置する; Placing at two positions of the;
と言う規約を設けている。 Is provided with a convention say.

上記規約を満足しつつ図61等に例示した論理セクタ番号設定方法を満たす実施の形態が、図67および図68に示されている。 Embodiments satisfy the logical sector number setting method illustrated in FIG. 61 or the like while satisfying the above convention is illustrated in FIGS. 67 and 68.

市販される未使用DVD−RAMディスク(ブランクディスク)10では、基本的に、図6に示すリードインエリア中の書替可能データゾーン内に記録されるディスク識別子ゾーンに、そのディスクが図1に示すようなROM/RAM2層構造をしたことが記述され、初期化前の状態であることが示されている以外は、全く未記録状態になっている。 In unused DVD-RAM disc (blank disk) 10 which is commercially available, essentially, a disc identifier zone is recorded in the rewritable data zone in the lead-in area shown in FIG. 6, the disk 1 it is described that has a ROM / RAM 2-layer structure as shown, except that has been shown to be initialized before the state has become the non-recorded state at all.

ユーザがこのブランクディスク10のRAM層17Bを使用前に初期化すると、DVD−ROM層17A内の必要情報を情報記録再生装置(DVDビデオレコーダ)が自動コピーして使えるようになる。 When the user initialized before use RAM layer 17B of the blank disc 10, the necessary information in the DVD-ROM layer 17A information recording and reproducing apparatus (DVD video recorder) it will be able to use and automatically copied.

このコピーされるDVD−ROM層17A内情報の指定アドレスは、全てコピー後のDVD−RAM層17B内のアドレス(論理セクタ番号LSNまたは論理ブロック番号LBN)で記述されている。 Address specified DVD-ROM layer 17A in the information that is this copy is described in DVD-RAM layer 17B in the address after all copy (logical sector number LSN or logical block number LBN).

ブランクディスク10の初期化時には、図44〜図46に示す各種情報(ボリューム認識シーケンス444、第1アンカーポイント456、メインボリューム記述子シーケンス449、論理ボリューム保全シーケンス、スペースビットマップまたはスペーステーブル、ファイルセット記述子472、ルートディレクトリのファイルエントリ、ルートディレクトリ内のロングアロケーション記述子LADs476など)がDVD−RAM層17B内にコピーされて使用可能となる。 During initialization of the blank disc 10, various information (volume recognition sequence 444 shown in FIGS. 44 to 46, a first anchor point 456, a main volume descriptor sequence 449, the logical volume integrity sequence, the space bitmap or space table, fileset descriptor 472, the file entry of the root directory, such as the long allocation descriptor LADs476 in the root directory) can be used by being copied into the DVD-RAM layer 17B.

その際、第2アンカーポイント457とリザーブボリューム記述子シーケンス467については、DVD−ROM層17A上の最終の論理セクタ番号LSN側に配置されているため、DVD−RAM層17Bへのコピーは不要となる。 At that time, for the second anchor point 457 and the reserve volume descriptor sequence 467, since it is arranged in the last logical sector number LSN side on DVD-ROM layer 17A, a copy of the DVD-RAM layer 17B is not necessary Become.

前述した統合アドレス(統合論理セクタ番号)の設定方法は、ROM層およびRAM層を含め複数の記録層を持つ情報記憶媒体(1枚以上のDVDーRAMディスクを内蔵した多連ディスクパック)にも適用できる。 Setting of the aforementioned integrated address (Integrated logical sector number) is also the ROM layer and an information storage medium having a plurality of recording layers including a RAM layer (multiple-disk pack with a built-in one or more DVD-RAM disc) It can be applied.

一般ユーザが購入した直後のDVDーRAMディスク10には、何も記録されていない。 The DVD-RAM disc 10 immediately after a general user has purchased, nothing has been recorded. このようなブランクディスク10をユーザが購入後、ユーザの記録再生装置(図52あるいは後述する図84)に装填すると、この装置のディスクドライブ(図52ではDVDーROM/RAMドライブ140;図84ではディスクチェンジャ100+ディスクドライブ32)は、ドライブ内(またはディスクチェンジャ内)にあるデスク枚数および各ディスクの種類(DVDーROMかDVDーRAMか等)を自動的に判別する。 After purchase of such a blank disc 10 the user, when loaded on the recording and reproducing apparatus of the user (FIG. 84 to FIG. 52 or later), the disk drive apparatus (in FIG. 52 DVD over ROM / RAM drive 140; in FIG. 84 disk changer 100+ disk drive 32) will automatically determine the desk number and type of each disk is in the drive (or the disc changer) (DVD-ROM or DVD-RAM or the like).

そして、そのブランクディスク10の初期化時に、そのディスク10のリードインエリアの書き替え可能データゾーンに含まれるディスク識別子ゾーン(ディスクIDゾーン)に、 And, at the time of initialization of the blank disk 10, the disk identifier zone (disk ID zone) that is included in the rewritable data zone of the lead-in area of ​​the disk 10,
*多連ディスクパック(またはディスクチェンジャ)の場合はパック独自のID; * Pack your own ID in the case of multiple-disc pack (or disc changer);
*ディスク全体の記録容量(ROM/RAM混成の多層ディスクの場合はROM層の容量も含む); * The whole disk recording capacity (in the case of ROM / RAM hybrid multilayer disk including the capacity of the ROM layer);
*多連ディスクパック内のRAM層の総数; * The total number of RAM layer of the multiple-disk pack;
*多連ディスクパック内の各RAM層毎の記録層番号; * Recording layer number of each RAM layer for each of the multiple-disk pack;
等の情報を書き込む。 Writes the information and the like.

複数のROM層/RAM層を1ボリュームとしてまとめて管理できる統合アドレス(統合論理セクタ番号LSN)の設定方法として、この多連ディスクパック内の各RAM層毎の上記記録層番号を利用する。 Method of setting integrated address (integration logic sector number LSN) of a plurality of ROM layers / RAM layer can be managed together as a volume, utilizing the recording layer number of each RAM layers each of the multiple-disk pack.

すなわち、ディスクの初期化時に、ディスクパック内の1枚目のディスク10の記録層(RAM層)に、ボリューム認識シーケンス、第1アンカーポイント、メインボリューム記述子シーケンス(図44〜図46参照)、論理ボリューム保全シーケンス等を記録し、最後の(n枚目の)ディスクの記録層(RAM層)に、第2アンカーポイントおよびリザーブボリューム記述子シーケンスを自動的に記録(コピー)して、そのディスクパックの各ディスク(n枚)を使用可能状態にする。 That is, at the time of initialization of the disk, the recording layer of the first sheet disk 10 in the disk pack (RAM layer), a volume recognition sequence, (see FIGS. 44 to 46) a first anchor point, the main volume descriptor sequence, record the logical volume integrity sequence, etc., the last (n-th) on the recording layer of the disk (RAM layer), automatically recorded (copied) a second anchor point and the reserve volume descriptor sequence, the disk It is ready for use each disk (n sheets) of the pack.

この発明の他の実施の形態として、図16(または図17)で示したように前半の論理セクタ番号LSNにDVD−ROM層を配置し、後半の論理セクタ番号LSNにDVD−RAM層を配置することも可能である。 As another embodiment of the invention, to place the DVD-ROM layer to the logical sector number LSN of the first half, as shown in FIG. 16 (or 17), arranged DVD-RAM layer in the second half of the logical sector number LSN it is also possible to. この場合の初期化方法は図69および図70に示すようになる。 Initialization method in this case is as shown in FIGS. 69 and 70. ここでも、図1のROM/RAM2層DVDディスク10を例にとって、説明する(始めは図69の最上段から)。 Again, as an example ROM / RAM 2-layer DVD disc 10 in FIG. 1, described in (beginning from the uppermost Figure 69).

[01b]DVD−RAM層17Bのリードインエリア内書替可能データゾーン中のディスク識別子ゾーン(図6参照)では、 In [01b] DVD-RAM layer 17B lead-in area in the rewriting possible data zone in the disk identifier zone (see Fig. 6),
初期化前は、RAM層・ROM層の積層構造とトータルの記録容量および初期化前状態であることが明記され; Initialization Before, it has been stated a storage capacity and initialization prior state of the laminated structure and total RAM layer · ROM layer;
初期化後は、RAM層・ROM層の積層構造とトータルの記録容量および初期化の日時が明記される。 After initialization, the date and time of recording capacity and initialization laminated structure and total RAM layer · ROM layer is specified.

なお、RAM層リードインエリア内制御データゾーン中のブックタイプ&パートバージョンには、そのディスクがリライタブルディスク(DVD−RAMまたはDVDーRW)であることが記載される。 It is to be noted that the book type and part version of the RAM layer in the lead-in area in the control data zone, the disk is described to be a rewritable disc (DVD-RAM or DVD-RW).

[02b]DVDーROM層17Aのリードインエリア内制御データ中の物理フォーマット情報の予約エリア(図22参照)では、初期化前後を通じて、初期化時にDVDーROM層17AからDVDーRAM層17Bにコピーされる範囲が、DVDーROM層17Aの物理セクタ番号PSNで表示されている。 In [02b] reserved area of ​​the physical format information of the DVD-ROM layer 17A lead-in area in the control of data (see Figure 22), both before and after initialization, upon initialization from the DVD-ROM layer 17A in the DVD-RAM layer 17B copied ranges are indicated by the physical sector number PSN of the DVD-ROM layer 17A.

なお、ROM層リードインエリア内制御データ中の物理フォーマット情報中のブックタイプ&パートバージョンには、そのディスクがリードオンリーディスク(DVD−ROMまたはDVDビデオ)であることが記載される。 Note that the book type and part version in physical format information in the ROM layer lead-in area in the control data, the disk is described to be a read-only disc (DVD-ROM or DVD-Video).

[03b]UDFのボリューム認識シーケンス(図44の444)は、初めからDVDーROM層17Aにエンボス記録されている。 [03b] UDF volume recognition sequence (444 in FIG. 44) is embossed recorded from the beginning to the DVD-ROM layer 17A. 初期化後にこの「アプリケーション実行ファイル」の情報をRAM層17Bにコピーすることはしない。 Not possible to copy the information in this "application executable file" to the RAM layer 17B after initialization. この「アプリケーション実行ファイル」の記録位置指定論理ブロック番号LBNは、ROM層17Aを指定している。 The recording position specified logical block number LBN of "application executable" designates the ROM layer 17A.

[04b]第1アンカーポイント(図44の456)は、初めからDVDーROM層17Aにエンボス記録されている。 [04b] The first anchor point (456 in FIG. 44) is embossed recorded on the DVD-ROM layer 17A from the beginning. 初期化後にこの「アプリケーション実行ファイル」の情報をRAM層17Bにコピーすることはしない。 Not possible to copy the information in this "application executable file" to the RAM layer 17B after initialization. この「アプリケーション実行ファイル」の記録位置指定論理ブロック番号LBNは、ROM層17Aを指定している。 The recording position specified logical block number LBN of "application executable" designates the ROM layer 17A.

[05b]UDFのメインボリューム記述子シーケンス(図44の449)は、初めからDVDーROM層17Aにエンボス記録されている。 [05b] UDF main volume descriptor sequence (449 in FIG. 44) is embossed recorded on the DVD-ROM layer 17A from the beginning. 初期化後にこの「アプリケーション実行ファイル」の情報をRAM層17Bにコピーすることはしない。 Not possible to copy the information in this "application executable file" to the RAM layer 17B after initialization. この「アプリケーション実行ファイル」の記録位置指定論理ブロック番号LBNは、ROM層17Aを指定している。 The recording position specified logical block number LBN of "application executable" designates the ROM layer 17A.

[06b]UDFの論理ボリューム保全シーケンス(Logical Volume Integrity Sequence;図示せず)は、初めからDVDーROM層17Aにエンボス記録されている。 [06b] UDF logical volume integrity sequence (Logical Volume Integrity Sequence; not shown) is embossed recorded on the DVD-ROM layer 17A from the beginning. 初期化後にこの「アプリケーション実行ファイル」の情報をRAM層17Bにコピーすることはしない。 Not possible to copy the information in this "application executable file" to the RAM layer 17B after initialization. この「アプリケーション実行ファイル」の記録位置指定論理ブロック番号LBNは、ROM層17Aを指定している。 The recording position specified logical block number LBN of "application executable" designates the ROM layer 17A.

[07b]UDFのスペースビットマップまたはスペーステーブル(図44〜図45参照)は、 [07b] UDF space bitmap or space table (see FIGS. 44 to 45),
初期化前は、DVDーROM層17Aに事前に記録されており; Initialization Before is recorded in advance in the DVD-ROM layer 17A;
初期化後は、DVDーRAM層17Bにコピーされる。 After initialization, it is copied to a DVD-RAM layer 17B.

初期化後は、RAM層17Bにコピーされた「スペースビットマップまたはスペーステーブル」が利用される。 After initialization has been copied "space bitmap or space table" is used in the RAM layer 17B. なお、DVD−ROM層17Aに対応する論理ブロック番号LBNは全て「使用済み」に設定される。 Incidentally, the logical block number LBN corresponding to the DVD-ROM layer 17A is set to all "used".

ここで、参照図は図67に変わる。 Here, the reference diagram change in FIG. 67.

[08b]UDFのファイルセット記述子(図44の472)は、 [08b] UDF file set descriptor (472 in FIG. 44)
初期化前は、DVDーROM層17Aに事前に記録されており; Initialization Before is recorded in advance in the DVD-ROM layer 17A;
初期化後は、DVDーRAM層17Bにコピーされる。 After initialization, it is copied to a DVD-RAM layer 17B.

初期化後は、RAM層17Bにコピーされた「ファイルセット記述子」が利用される。 After initialization, it has been copied to RAM layer 17B "file set descriptor" is used. なお、ここでの指定論理ブロック番号LBNは、RAM層17Bを指定している。 Incidentally, designated logical block number LBN here designates the RAM layer 17B.

[09b]UDFのルートディレクトリのファイルエントリ(図45の475;図63参照)は、 [09b] file entry for the UDF root directory (475 in FIG. 45; FIG. 63 reference)
初期化前は、DVDーROM層17Aに事前に記録されており; Initialization Before is recorded in advance in the DVD-ROM layer 17A;
初期化後は、DVDーRAM層17Bにコピーされる。 After initialization, it is copied to a DVD-RAM layer 17B.

初期化後は、RAM層17Bにコピーされた「ルートディレクトリのファイルエントリ」が利用される。 After initialization, it has been copied to RAM layer 17B "file entry in the root directory" is used. なお、ここでの指定論理ブロック番号LBNは、RAM層17Bを指定している。 Incidentally, designated logical block number LBN here designates the RAM layer 17B.

[10b]ルートディレクトリ内のロングアロケーション記述子LAD(図45の476、481等)は、 [10b] Long allocation descriptor in the root directory LAD (476,481 of Figure 45, etc.),
初期化前は、アプリケーションディレクトリ(図63)も含めて、DVD−ROM層17Aに事前に記録されており; Initialization Before the application directory (FIG. 63) included, it is recorded in advance in the DVD-ROM layer 17A;
初期化後は、DVDーRAM層17Bにコピーされる。 After initialization, it is copied to a DVD-RAM layer 17B.

初期化後は、RAM層17Bにコピーされた情報を利用して、ユーザがこのロングアロケーション記述子LADを追加できる。 After initialization, using the information copied to the RAM layer 17B, the user can add the long allocation descriptor LAD. なお、アプリケーションディレクトリも含め、LADのファイルエントリを指定する論理ブロック番号LBNは、コピー前から、RAM層17Bを指定している。 In addition, the logical block number LBN the application directory, including, to specify the file entry of the LAD is, from the previous copy, you specify the RAM layer 17B.

[11b]アプリケーション実行ファイルの情報(図63参照)は、初めからDVDーROM層17Aにエンボス記録されている。 [11b] of the application execution file information (see FIG. 63) is embossed recorded from the beginning to the DVD-ROM layer 17A. 初期化後にこの「アプリケーション実行ファイル」の情報をRAM層17Bにコピーすることはしない。 Not possible to copy the information in this "application executable file" to the RAM layer 17B after initialization. この「アプリケーション実行ファイル」の記録位置指定論理ブロック番号LBNは、ROM層17Aを指定している。 The recording position specified logical block number LBN of "application executable" designates the ROM layer 17A.

[12b]アプリケーションテンプレートディレクトリ(図63参照)は、初めからDVDーROM層17Aにエンボス記録されている。 [12b] Application template directory (see Fig. 63) is embossed recorded on the DVD-ROM layer 17A from the beginning. 初期化後にこの「アプリケーションテンプレートディレクトリ」の情報をRAM層17Bにコピーすることはしない。 Not possible to copy the information in this "application template directory" to the RAM layer 17B after initialization. この「アプリケーションテンプレートディレクトリ」の記録位置指定論理ブロック番号LBNは、ROM層17Aを指定している。 The recording position specified logical block number LBN "Application template directory" designates the ROM layer 17A.

[13b]アプリケーションデータファイル(図63参照)は、ROM層17AにもRAM層17Bにも記録されていない。 [13b] Application data files (see FIG. 63) is not recorded in RAM layer 17B in ROM layer 17A. この「アプリケーションデータファイル」は、初期化後にRAM層17Bに作成されるもので、アプリケーションソフトウエア起動後に新規作成される。 This "application data file" is intended to be created after initialization to RAM layer 17B, it is newly created after the application software start-up.

[14b]アプリケーション関連ディレクトリ(図63参照)は、 [14b] application-related directory (see Fig. 63)
初期化前は、DVDーROM層17Aに事前に記録されており; Initialization Before is recorded in advance in the DVD-ROM layer 17A;
初期化後は、DVDーRAM層17Bにコピーされる。 After initialization, it is copied to a DVD-RAM layer 17B.

初期化後は、RAM層17Bにコピーされた「アプリケーション関連ディレクトリ」が利用される。 After initialization, has been copied, "application-related directory" is used in the RAM layer 17B. なお、ここでの指定論理ブロック番号LBNは、RAM層17Bを指定している。 Incidentally, designated logical block number LBN here designates the RAM layer 17B.

[15b]第2アンカーポイント(図46の457)は、 [15b] The second anchor point (457 in FIG. 46)
初期化前は、DVDーROM層17Aに事前に記録されており(その指定先はコピー後のRAM層17Bの論理セクタ番号LSNで指定する); Initialization before, DVD-ROM layer 17A is recorded in advance (the specified destination is designated by the logical sector number LSN of the RAM layer 17B after copying);
初期化後は、DVDーRAM層17Bにコピーされる(コピー先の論理セクタ番号LSNは“最終のLSN−256”となる)。 After initialization, copied to the DVD-RAM layer 17B (logical sector number LSN of the copy destination is "last LSN-256").

初期化後は、RAM層17Bにコピーされた「第2アンカーポイント」が利用される。 After initialization has been copied "second anchor point" is used in the RAM layer 17B.

[16b]リザーブボリューム記述子シーケンス(図46の467)は、 [16b] the reserve volume descriptor sequence (467 in FIG. 46)
初期化前は、DVDーROM層17Aに事前に記録されており(その指定先はコピー後のRAM層17Bの論理セクタ番号LSNで指定する); Initialization before, DVD-ROM layer 17A is recorded in advance (the specified destination is designated by the logical sector number LSN of the RAM layer 17B after copying);
初期化後は、DVDーRAM層17Bにコピーされる(コピー先の論理セクタ番号LSNは実際に使用する論理セクタ番号LSNと一致する)。 After initialization, copied to the DVD-RAM layer 17B (logical sector number LSN of the copy destination is consistent with the logical sector number LSN which is actually used).

初期化後は、RAM層17Bにコピーされた「リザーブボリューム記述子シーケンス」が利用される。 After initialization has been copied "reserve volume descriptor sequence" is used in the RAM layer 17B.

図67〜図70の説明ではアンカーポイントやボリューム記述子シーケンスをROM層からRAM層へコピーしているが、この発明はこれに限られない。 Although the description of Figure 67 to Figure 70 are copying an anchor point or volume descriptor sequence from the ROM layer to the RAM layer, the invention is not limited thereto. たとえば、アンカーポイントやボリューム記述子シーケンス等をROM層に予め持たず、情報記録再生装置がRAM層を初期化するときに初めて、情報記録再生装置がアンカーポイントやボリューム記述子シーケンス等をRAM層に記録するように構成することは可能である。 For example, without advance an anchor point or volume descriptor sequence, etc. in the ROM layer, when the information recording and reproducing apparatus initializes the RAM layer first, the information recording and reproducing apparatus of the anchor points and the volume descriptor sequence, etc. in the RAM layer it is possible to configure to record.

また、別の統合アドレス設定方法として、図62に示すようにROM層の論理セクタ番号LSNのレンジ内にRAM層の論理セクタ番号LSNを挿入したり、逆にRAM層の論理セクタ番号LSNのレンジ内にROM層の論理セクタ番号LSNを挿入すること(図示せず)も可能である。 As another integrated address setting method, insert logical sector number LSN of the RAM layer as in the range of logical sector number LSN of the ROM layer shown in FIG. 62, the logical sector number LSN of the reverse in the RAM layer range inserting the logical sector number LSN of the ROM layer within (not shown) is also possible.

この発明の統合アドレス設定方法は、RAM層のみならずROM層も含めた複数情報記録層を持った種々な情報記憶媒体に利用できる。 The integrated address setting method of the invention is applicable to various information storage medium with a plurality information recording layers, including the ROM layer not RAM layer only.

この発明を適用可能な情報記憶媒体としては、相変化記録方式を利用したDVDーRAMディスクのみならず、従来の相変化(PD)記録ディスク、光磁気(MO)ディスク、ハードディスク(リムーバブルタイプも含む)あるいは高密度フロッピーディスクが考えられ、さらにはこれら異種タイプの媒体を混合して使用することも考えられる。 The applicable information storage medium of this invention, not only the DVD-RAM disc using a phase-change recording method, a conventional phase change (PD) recording disk, magneto-optical (MO) disk, including a hard disk (removable type ) or high density floppy disks is considered, it is conceivable to use more mixed media thereof heterologous types.

たとえば、DVDーROM/RAMドライブおよびハードディスクHDDを備えたパーソナルコンピュータにおいて、HDDとDVDーRAMディスクに前述した統合論理セクタ番号LSNを割り振る(たとえばLSNの小さなアドレスレンジにHDDを割り当て、LSNの大きなアドレスレンジにDVD−RAMを割り当てるなど)。 For example, in a personal computer equipped with a DVD-ROM / RAM drive and a hard disk HDD, assign the HDD in a small address range of the HDD and DVD-RAM disc to allocate integration logic sector numbers LSN the aforementioned (e.g. LSN, large address of LSN such as assigning a DVD-RAM in the range). そして、このLSNを用いてHDDとRAMディスクの双方にアクセスできるようにする。 Then, to access both the HDD and the RAM disc using the LSN. このようにすると、たとえばビデオ編集中に適宜作成される中間的なデータをHDDへ一時的に記録し、編集後のビデオデータをDVDーRAMディスクに保管する、といったことが1つのシステムソフトウエアの管理下で実行できる。 In this way, for example, the intermediate data created properly during video editing temporarily recorded to HDD, edited storing video data on a DVD-RAM disc, such that there is only one system software It can be performed under management.

以上のようにこの発明は種々なタイプの情報記憶媒体に適用可能ではあるが、マルチメディア時代のマーケットデマンドを考えると、大容量でポータビリティに優れたDVDーRAMディスクが有望なので、この発明の実施形態の説明ではDVD−RAMディスク(あるいはDVDーROM/RAM多層ディスク)を取り上げている。 Although it is applicable to the present invention various types of information storage medium as described above, considering the market demand for the multimedia age, since DVD-RAM disc which is excellent in portability with large capacity promising, embodiment of the present invention in the form of explanation we have taken up a DVD-RAM disc (or DVD-ROM / RAM multi-layer disc).

DVDーRAMディスクのRAM層は、GeSbTeやGeAnTe等の相変化形記録材料で構成される(図3参照)。 RAM layer of DVD-RAM disc is composed of a phase change type recording material such as GeSbTe or GeAnTe (see FIG. 3). この材料は5万〜10万回までの繰り返し記録が保証されているが、それ以上繰り返し記録を行うと物質移動や金属疲労などの原因により記録後の再生信号のジッタ量が増大し、エラーが増える。 This material is repeatedly recorded until 50,000 to 100,000 times is guaranteed, the jitter amount of the reproduction signal after the recording due to causes such as more repeated recording the mass transfer and metal fatigue is increased, an error increase.

1個のAVファイルに相当するAVデータエリアDA2内の各オブジェクト情報(図18のDA22〜DA24)の新規記録・変更(オーバーライト)・消去が行なわれる毎に、管理領域(制御情報DA21)の書き替えが行なわれる。 Each time a new record and modify (overwrite) and erasing the object information in the AV data area DA2 corresponds to one AV file (DA22~DA24 in FIG. 18) is performed, management area (control information DA21) rewriting is performed. この書き替え回数が5万〜10万回を超えると相変化記録のRAM層のエラーが増え信頼性に乏しくなる。 This rewriting number of times becomes poor in 50,000 to 100,000 times increase in the error of more than when the phase-change recording of RAM layer reliability.

そこで、この発明の実施形態では、管理領域(制御情報DA21)の書き替え回数が5万〜10万回を越えても管理情報が失わないよう工夫されている。 Therefore, in the embodiment of the present invention has been devised management area (control information DA21) of rewriting count is 50,000 to 100,000 is not lost management information even beyond the times as.

すなわち、図18に示したように、制御情報DA21の最初の位置にこの制御情報DA21の書き替え回数を記録する制御情報書替回数CIRWNs記録部が配置されている。 That is, as shown in FIG. 18, the number CIRWNs recording unit replacement first control information document to record the number of times rewriting of the control information DA21 in the position of the control information DA21 is arranged. この制御情報書替回数CIRWNsが所定回数(たとえば安全を見て1万回)を越えると、AVデータエリアDA2内の制御情報DA21の記録位置が自動的に変更される。 When this control information rewriting times CIRWNs exceeds a predetermined number of times (e.g., 10,000 times for safety), the recording position of the control information DA21 in the AV data area DA2 is automatically changed.

AVデータエリアDA2内の制御情報DA21の記録位置は図18に示すようにアンカーポインタAPに記録されている。 Recording positions of the control information DA21 in the AV data area DA2 is recorded in an anchor pointer AP as shown in FIG. 18. 制御情報DA21の記録位置変更にともなってアンカーポインタAPの情報も自動的に変更される。 Information of the anchor pointer AP with the recording position change of the control information DA21 is also changed automatically.

図71は、映像情報とその管理領域の書き替え方法を説明するフローチャートである。 Figure 71 is a flowchart illustrating the video information and rewriting process of the management area. このフローチャートは、上述した「制御情報書替回数CIRWNsが所定回数を越えた場合の、制御情報DA21の記録位置自動変更」の処理も含んでいる。 This flowchart is "when the control information rewriting number CIRWNs exceeds a predetermined number of times, the recording position automatic change of the control information DA21" of the present invention also includes processes. このフローチャートの処理は、図52の例ではメインCPU111により実行でき、後述する図84の例ではメインMPU部30により実行できる。 Processing in this flowchart, can be performed by the main CPU111 in the example of FIG. 52, it can be executed by the main MPU 30 in the example of FIG. 84 to be described later. 以下ではハードウエアとして図52の構成が用いられる場合を想定して説明を行なう。 Hereinafter a description will be assumed that the configuration of FIG. 52 is used as hardware.

始めに、たとえばユーザが編集/新規記録を行うAVファイルを指定する(ステップST161)。 First, for example, the user specifies the AV file to be edited / new record (step ST161). すると、図18に示すようにAVデータエリアDA2の最初に記録してあるアンカーポインタAPが読み取られる(ステップST162)。 Then, the anchor pointer AP is read that is initially recorded AV data area DA2 as shown in FIG. 18 (step ST162). このアンカーポインタAPから、制御情報DA21が記録してあるアドレス(AVアドレス)が判る。 From the anchor pointer AP, address control information DA21 has been recorded (AV address) seen.

こうして判明したアドレスを基に制御情報DA21の記録位置へのアクセスが行われ(ステップST163)、そこから制御情報書替回数CIRWNsが読み取られる(ステップST164)。 Thus KNOWN access to the recording position of the control information DA21 based on the address is performed (step ST163), the control information rewrite count CIRWNs is read therefrom (step ST164). 読み取られたCIRWNsは、アクセスされた記録位置の制御情報DA21とともに、図52のメインメモリ112に取り込まれる(ステップST165)。 The CIRWNs read, along with the control information DA21 of the accessed recording position is taken into the main memory 112 of FIG. 52 (step ST165).

新たな映像情報の記録または編集作業後の映像情報の重ね書き(オーバーライト)を行う前に、AVデータエリアDA2内の新規情報の記録場所を決定する必要がある。 Before performing overwriting image information after recording or editing the new video information (overwriting), it is necessary to determine the recording location of the new information in the AV data area DA2.

まず、新たに記録する(または重ね書きを行なう)新規情報のサイズを調べるとともに、その新規情報の既記録情報との再生時のつながりをPGC情報(図32)から調べる(連続再生を保証するため)。 First, (performing or overwrite) the newly recorded together determine the size of the new information, examine the connection at the time of reproduction of the recorded information of the new information from PGC information (FIG. 32) (to guarantee continuous playback ). この調査の結果得られた情報を基に、図18のアロケーションマップテーブルAMTから、AVデータエリアDA2内の未記録領域を探す(ステップST166)。 Based on the results obtained information in this study, from the allocation map table AMT shown in FIG. 18, search for unrecorded areas in the AV data area DA2 (step ST166).

未記録領域が見つかれば、その領域内で新規記録情報の記録場所を決定し、決定された場所に、新規映像情報または編集後の映像情報をビデオオブジェクトDA22として記録する(ステップST167)。 If you find an unrecorded area, and determines the recording location of the new record information in that area, the determined location, to record new video information or video information edited as a video object DA22 (step ST167).

次にその映像情報に関するセル時間制御情報CTCIとPGC制御情報PGCCIを作成し、メインメモリ112内の制御情報DA21を変更する(ステップST168)。 Then create a cell time control information CTCI and PGC control information PGCCI about the video information, to change the control information DA21 in the main memory 112 (step ST168).

ここで、ステップST164で読み取り済みの制御情報書替回数CIRWNsの値を調べ、制御情報DA21領域のそれまでの書き替え回数を検査する(ステップST169)。 Here, it checks the value of the read pre control information rewriting times CIRWNs at step ST164, to check the number of times rewriting to that of control information DA21 area (step ST169).

制御情報DA21領域の書き替え回数値が所定の値(たとえば1万回)以下の場合には(ステップST169ノー)、図52のメインメモリ112内の制御情報DA21を情報記憶媒体(DVDーRAMディスク10)上の以前の記録位置に重ね書きする(ステップST170)。 When rewriting count value of the control information DA21 region predetermined value (e.g. 10,000) below (step ST169 NO), the information storage medium control information DA21 in the main memory 112 of FIG. 52 (DVD-RAM disc overwriting the previous recording position on 10) (step ST170). その際、図18の制御情報書替回数CIRWNsを1つインクリメントする。 At that time, it is incremented by one control information rewrite count CIRWNs in FIG.

この制御情報DA21はECCブロック単位(AVアドレス単位)で記録されている。 This control information DA21 is recorded in ECC block units (AV address units). 上記の処理により情報記憶媒体上に重ね書きすべき制御情報DA21の量が既存の値より若干増加した場合には、重ね書きする制御情報DA21をECCブロック単位(32kバイトの整数倍)で変更(増加)する。 If the amount of control information DA21 to be overwritten on the information storage medium by the above process is slightly increased from the existing value changes the control information DA21 overwriting an ECC block basis (an integer multiple of 32k bytes) ( To increase. こうして変更された制御情報DA21が32kバイトの整数倍に対して不足分する場合は、適量のパディングデータを持つダミーパック(図25参照)を付加して情報記憶媒体上に記録する。 If thus changed control information DA21 is insufficient min for an integer multiple of 32k bytes, and adds a dummy pack (see FIG. 25) with an appropriate amount of padding data is recorded on the information storage medium.

たとえば変更前の制御情報DA21が32kバイトであり、処理後の制御情報DA21が50kバイトであれば、14kバイトのパディングデータを付加して64kバイトの制御情報DA21として、情報記憶媒体上に記録する。 For example, control information DA21 is 32k bytes before the change, control information DA21 after processing if 50k bytes, as control information DA21 in 64k bytes by adding padding data in 14k bytes and recorded on the information storage medium .

制御情報DA21領域のそれまでの書き替え回数が所定の値(1万回)を越えていた場合には(ステップST169イエス)、既存の場所(今後エラーが起き易いと推定される場所)とは異なる位置に制御情報DA21を記録する。 When the rewriting count so far of the control information DA21 region had exceeded a predetermined value (10,000) The (step ST169 YES), the existing location (where it is likely to be susceptible errors occur in the future) are control information DA21 recorded in different positions. すなわち、図18のアロケーションマップテーブルAMTからAVデータエリアDA2内の未記録領域を探し(ステップST171)、新しく制御情報DA21を記録する場所を情報記憶媒体(DVDーRAM光ディスク10)上に設定する(ステップST172)。 In other words, unrecorded area find (step ST171) in the AV data area DA2 from the allocation map table AMT shown in FIG. 18, to set the location for recording the new control information DA21 on the information storage medium (DVD-RAM optical disk 10) ( step ST172).

そして、新しく設定した位置にメインメモリ112内の制御情報DA21を記録するとともに、図18の制御情報書替回数CIRWNsの値を“1”にリセットする(ステップST173)。 Then, the recording control information DA21 in the main memory 112 to the newly configured position, the value of the control information rewrite count CIRWNs in FIG 18 is reset to "1" (step ST173). その後、アンカーポインタAPを書き換えて、新たな制御情報DA21の記録場所(AVアドレス)をアンカーポインタAPに記憶する。 Then, by rewriting the anchor pointer AP, and stores the recording location of the new control information DA21 to (AV address) to the anchor pointer AP.

以上のように構成すれば、所定回数(たとえば1万回)以上管理領域が書き替えられると、情報記憶媒体上の管理領域記録場所が、反復書替していない場所へ自動的に変更される。 By configuring as above, when a predetermined number of times (e.g., 10,000) or more management areas is rewritten, the management area recording place on an information storage medium, is automatically changed to the repetitive rewriting and non Location . このため、たとえば相変化記録膜が持つ「オーバーライトの繰り返しによる信頼性低下」の問題を克服できる。 Therefore, it can overcome the problem of "lower reliability due to repeated overwriting" with e.g. the phase change recording film.

<連続再生条件の確保方法> <How to ensure continuous playback conditions>
映像情報は、従来のコンピュータ情報と異なり、再生時の連続性の保証が必須条件となる。 Video information, unlike conventional computer information, at the time of reproduction continuity of assurance is an essential condition. この連続再生を保証する情報としては、特別なフラグや記述文が存在する必要はない。 The information to ensure the continuous reproduction, there is no need to present a special flag or descriptive sentence. この再生時の連続性を保証する情報は、図18に示したPGC制御情報PGCCI内に記録することができる。 Information to guarantee continuity at the time of the reproduction can be recorded in the PGC control information PGCCI shown in FIG. 18. 具体的には、各セルを連結するPGCの連結方法に所定条件を付加する形で、「再生時の連続性を保証する情報」を組み込むことができる。 Specifically, in the form of adding a predetermined condition to the connecting method of the PGC for connecting each cell, it is possible to incorporate "information thus assuring continuity upon playback." 以下、この所定条件の組み込みについて説明する。 The following describes the incorporation of the predetermined condition.

再生時の連続性を説明するための再生系システム概念図を図72に示す。 Playback systems conceptual view for explaining the continuity upon playback shown in FIG. 72. 情報記憶媒体10に記録されている映像情報は光ヘッド202で読み取られ、バッファメモリ(半導体メモリ)219に一時保管される。 Video information recorded on the information storage medium 10 is read by the optical head 202, it is temporarily stored in a buffer memory (semiconductor memory) 219. 外部にはこのバッファメモリ219から読み取られた映像情報が送られる。 Image information read from the buffer memory 219 is sent to the external. 光ヘッド202からバッファメモリ219へ送られる映像情報の転送レートをここでは物理転送レート(PTR:Physical Transmission Rate)と呼ぶ。 Here physical transfer rate transfer rate of the video information sent from the optical head 202 to the buffer memory 219 (PTR: Physical Transmission Rate) and called. またバッファメモリ219から外部に転送される映像情報の転送レートの平均値をシステム転送レート(STR:System Transmission Rate)と名付ける。 The average value of the transfer rate of the video information transferred from the buffer memory 219 to the external system transfer rate (STR: System Transmission Rate) and named. 一般には、物理転送レートPTRとシステム転送レートSTRは異なる値になる。 In general, the physical transmission rate PTR and the system transfer rate STR will be different values.

情報記憶媒体10上の異なる場所に記録してある情報を順に再生するには、光ヘッド202の集光スポット位置を移動させるアクセス操作が必要となる。 To reproduce information that is recorded at different locations on information storage medium 10 in order, the access operation of moving the focusing spot position of the optical head 202 is required. 大きな移動に対しては光ヘッド202全体を動かす粗アクセスが行なわれ、微少距離の移動にはレーザ集光用の対物レンズ(図示せず)のみを動かす密アクセスが行なわれる。 Is coarse access to move the entire optical head 202 is made for large movement, the fine access to move only the objective lens of the laser focusing (not shown) is performed to move a minute distance.

アクセス制御を行いながら映像情報を外部に転送する際にバッファメモリ219内に一時的に保存される映像情報量の時間的推移を、図73に示す。 The time course of the amount of video information temporarily stored in the buffer memory 219 in transferring video information to the outside while access control, shown in Figure 73.

一般に、システム転送レートSTRより物理転送レートPTRの方が速いので、映像情報再生時間の期間ではバッファメモリ219内に一時的に保存される映像情報量は増加し続ける。 In general, the direction of the physical transmission rate PTR is faster than the system transfer rate STR, the duration of the video information playback time amount of video information temporarily stored in the buffer memory 219 continues to increase. 一時保管される映像情報量がバッファメモリ219容量に達すると光ヘッド202による再生処理が間欠的に行われ、バッファメモリ219内に一時的に保存される映像情報量はバッファメモリ容量一杯状態(図73の映像情報再生時間内においてグラフの山頂が水平になった部分)のまま推移する。 The playback processing performed by the optical head 202 when the video information amount reaches the buffer memory 219 capacity is temporarily stored are intermittently performed, the amount of video information buffer memory capacity full state (FIG. That is temporarily stored in the buffer memory 219 summit of the graph changes remain part) which become horizontal in the 73 video information playback time.

続けて情報記憶媒体10上の別位置に記録された映像情報を再生する場合には、光ヘッド202のアクセス処理が実行される。 When reproducing the video information recorded in a different location on the information storage medium 10 continuously, the access processing of the optical head 202 is performed.

光ヘッド202のアクセス期間としては、図73に示すように、粗アクセス時間、密アクセス時間および情報記憶媒体10回転待ち時間の3種類が必要となる。 The access period of the optical head 202, as shown in FIG. 73, the coarse access time, three kinds of fine access time and the information storage medium 10 rotational latency is required. これらの期間では情報記憶媒体10からの再生が行われないので、その期間の物理転送レートPTRは実質的に“0”の状態になっている。 Because reproduction from the information storage medium 10 in these periods is not carried out, the physical transmission rate PTR of that period is in a state of substantially "0". これに対して、外部へ送られる映像情報の平均システム転送レートSTRは不変に保たれるため、バッファメモリ219内の映像情報一時保存量は減少の一途をたどる(図73において、粗アクセス時間、密アクセス時間あるいは回転待ち時間中の右下がりのグラフ)。 In contrast, the average system transmission rate STR of the video information sent to the outside is kept unchanged, the video information temporary storage amount in the buffer memory 219 ever-decreasing (in FIG. 73, the coarse access time, graph of the right edge of the fine access time or in a rotational latency).

光ヘッド202のアクセスが完了し、情報記憶媒体10からの再生が再開されると(図73において「点」で塗りつぶされた映像情報再生時間のうち面積の小さい方)、バッファメモリ219内の映像情報一時保存量は再び増加する。 Complete access of the optical head 202, the reproduction from the information storage medium 10 is resumed (smaller area of ​​the filled video information playback time "point" in FIG. 73), the image in the buffer memory 219 information temporary storage amount is increased again.

この増加勾配は物理転送レートと平均システム転送レートとの差分すなわち(物理転送レートPTR)−(平均システム転送レートSTR)で決まる。 Difference between the increase slope of the physical transfer rate and average system transmission rate i.e. (physical transmission rate PTR) - determined by (the average system transmission rate STR).

その後、情報記憶媒体10上の再生位置近傍に再度アクセスする場合には、密アクセスのみでアクセス可能なので、密アクセス時間と回転待ち時間のみが必要となる(図73の右端の右下がりグラフ)。 Then, when you return to near the reproduction position on the information storage medium 10, since only accessible in fine access, only rotational delay with fine access time is required (the right end of the right edge graph in Fig. 73).

図73のような再生動作において連続再生を可能にする条件は、「特定期間内のアクセス回数の上限値」で規定することができる。 Conditions that permit continuous reproduction in the reproducing operation as shown in FIG. 73 may be defined in the "upper limit value of the number of accesses within a specific period". すなわち、アクセス回数が「特定期間内のアクセス回数上限値」以下の値になるように、図18のPGC制御情報PGCCIの情報内容、たとえば図51に示すのセル組み合わせが設定される。 That is, as the number of accesses is equal to or less than the value "access count upper limit value within a specific period", the information content of the PGC control information PGCCI in FIG. 18, for example the cell combination that shown in Figure 51 is set.

ここで、連続再生を絶対的に不可能にするアクセス回数条件について、図74を用いて説明する。 Here, the access count condition to the continuous playback absolutely impossible, will be described with reference to FIG. 74.

最もアクセス頻度の高い場合は、図74のグラフ中央から右よりに示すように映像情報再生時間が非常に短く、密アクセス時間と回転待ち時間だけが連続して続く場合になる。 Most if frequently accessed will if the center of the graph of FIG. 74 is very short video information playback time, as shown in from the right, followed by a rotation wait time and fine access time in succession. この場合には物理転送レートPTRがどんなに早くても再生連続性の確保が不可能になる。 If a physical transmission rate PTR is how quickly becomes impossible to secure the reproduction continuity in this case.

いま、バッファメモリ219の容量をBMで表すと Now, to represent the capacity of the buffer memory 219 in the BM
BM/STR(=BM÷STRのこと) …(3) BM / STR (things = BM ÷ STR) ... (3)
の期間でバッファメモリ219内の一時保管映像情報が枯渇し、連続再生が不可能になる。 Temporary storage video information in the buffer memory 219 in the period of depleted, becomes impossible continuous playback.

図74の各密アクセス時間をJATi(対物レンズのJump Access Time)、各回転待ち時間をMWTi(Spindle Motor Wait Time)とすると、図74の例では JATi each fine access time of FIG. 74 (Jump Access Time of an objective lens), when the respective rotational latency and MWTi (Spindle Motor Wait Time), in the example of FIG. 74
BM/STR=Σ(JATi+MWTi) …(4) BM / STR = Σ (JATi + MWTi) ... (4)
の関係が成り立つ。 Relationship is established.

式(4)に対して近似を用い、平均密アクセス時間をJATa、平均回転待ち時間をMWTaとし、バッファメモリ219内の一時保管映像情報が枯渇するまでの期間内のアクセス回数をnで表すと、式(4)は Using the approximate relative expression (4), JATA average fine access time, the average rotational latency and MWTa, to represent the number of accesses within a period of up to temporary storage image information in the buffer memory 219 is exhausted by n , equation (4)
BM/STR=n・(JATa+MWTa) …(5) BM / STR = n · (JATa + MWTa) ... (5)
のように書き直すことができる。 It can be rewritten as.

この場合、連続再生を確保するための絶対条件となる「バッファメモリ219内の一時保管映像情報が枯渇するまでのアクセス回数n」として In this case, an absolute condition for ensuring the continuous playback as the "access count n to temporary storage image information in the buffer memory 219 is exhausted"
n<BM/(STR・(JATa+MWTa)) …(6) n <BM / (STR · (JATa + MWTa)) ... (6)
が必須条件となる。 It appears as a prerequisite.

式(6)の値を1秒当たりのアクセス回数Nに書き換えると Rewriting the value of the expression (6) to the access number N per second
N=n/(BM/STR)<1/(JATa+MWTa)…(7) N = n / (BM / STR) <1 / (JATa + MWTa) ... (7)
となる。 To become.

MPEG2を用いた場合の平均システム転送レートSTRは4Mbps(ビット・パー・セコンド)前後であり、容量2.6GバイトのDVD−RAM片面1層ディスクの平均回転周期はおよそ35ms(ミリセコンド)なので、平均回転待ち時間MWTaは、MWTa≒18msとなる。 The average system transmission rate STR when using MPEG2 is around 4 Mbps (bits-per-seconds), the average rotation period of the DVD-RAM sided single-layer disc capacity 2.6G bytes Since approximately 35ms (milliseconds), the average rotational latency MWTa becomes MWTa ≒ 18ms. また一般的な情報記録再生装置ではJATa≒5msになっている。 In general the information recording and reproducing apparatus is in a JATA ≒ 5 ms.

バファーメモリ219容量BMの実際例として、大きいものでは2Mバイト=16Mビットを搭載しているドライブもあるが、多くのドライブ(情報記録再生装置)のバッファメモリ容量は、現状では(製品コストの兼ね合いから)512kバイト=4Mビット程度となっている。 As a practical example of the bus fur memory 219 capacity BM, but is so large there is also a drive mounted with the 2M bytes = 16M bits, the buffer memory capacity of many drives (information recording and reproducing apparatus), the current (product cost tradeoff from) and has a 512k bytes = 4M bit about.

バファーメモリ容量BM=4Mビットとして計算すると、バッファメモリ219内の一時保管映像情報が枯渇するまでの最短所要時間は4Mビット/4Mbps≒1秒となる。 When calculated as a bus fur memory BM = 4M bits, the shortest time required for the temporary storage image information in the buffer memory 219 is exhausted becomes 4M bits / 4 Mbps ≒ 1 second. これを式(6)に当てはめると、 Applying this to the equation (6),
n<BM/(STR・(JATa+MWTa))=1秒/(18ms+5ms)≒43回になる。 It becomes n <BM / (STR · (JATa + MWTa)) = 1 sec / (18ms + 5ms) ≒ ​​43 times.

条件を特定した計算例は上記のような結果(アクセス回数上限n≒43回)になるが、装置のバッファメモリ容量や平均システム転送レートにより計算結果は変化するので、式(5)が連続再生を確保するための必要条件式になる。 Since calculation example identifying the condition becomes the above-described results (access count upper limit n ≒ 43 times), the calculation results by the buffer memory capacity and average system transmission rate of the device is changed, Equation (5) is continuously reproduced required condition for securing.

式(5)で求められたアクセス頻度より若干低いアクセス頻度でアクセスした場合、平均システム転送レートSTRに比べて大幅に物理転送レートPTRが大きい場合には、連続再生が可能となる。 When accessed by the slightly lower access frequency than the access frequency determined by equation (5), when significant physical transmission rate PTR than the average system transmission rate STR is large, it is possible to continuously play.

しかし式(5)の条件を満足するだけで連続再生が可能になるためには 1)物理転送レートPTRが極端に速い; However, to allowing only continuous reproduction satisfies the condition of formula (5) is 1) physical transmission rate PTR is extremely fast;
2)全てのアクセス対象映像情報が互いに近傍位置に配置され、粗アクセスを行わず密アクセスのみでアクセスが可能; 2) All the accessed image information is disposed at a position near to one another, it can be fine access only accessible without coarse access;
という前提条件が必要となる。 Prerequisite that is required.

そこで、物理転送レートPTRが比較的遅くても連続再生を保証できる条件を以下に検討する。 Therefore, considering the condition that even physical transmission rate PTR is relatively slow can guarantee continuous playback below.

図75に示すように映像情報再生時間とアクセス時間のバランスが取れ、グローバルに見てバッファメモリ219内の一時保管映像情報がほぼ一定に保たれている場合には、バッファメモリ219内の一時保管映像情報が枯渇することなく外部システムから見た映像情報再生の連続性が確保される。 Balance of the video information playback time and the access time, as shown in FIG. 75, when the temporary storage image information in the buffer memory 219 as viewed globally is kept substantially constant, temporarily stored in the buffer memory 219 continuity of video information reproducing viewed from an external system without the video information is depleted is ensured.

いま、各粗アクセス時間をSATi(対物レンズのSeek Access Time)、n回アクセス後の平均粗アクセス時間をSATaとし、各アクセス毎の再生情報読みとり時間をDRTi(Data Read Time)、n回アクセス後の平均再生情報読みとり時間をDRTa とする。 Now, each coarse access time SATi (Seek Access Time of an objective lens), and n times SATa average roughness access time after access, the playback information reading time of each access DRTi (Data Read Time), after n times the average playback information read time and DRTa.

すると、n回アクセスした場合の全アクセス期間でのバッファメモリ219から外部へ転送されるデータ量は Then, the amount of data transferred from the buffer memory 219 to the outside of the entire access time period in the case of n times is
STR×(Σ(SATi+JATi+MWTi)) STR × (Σ (SATi + JATi + MWTi))
≒STR×n×(SATa+JATa+MWTa) …(8) ≒ STR × n × (SATa + JATa + MWTa) ... (8)
となる。 To become.

この式(8)の値とn回アクセスして映像情報再生した時にバッファメモリ219内に蓄えられる映像情報量 Amount of video information stored in the buffer memory 219 when the reproduced video information by values ​​and n times of formula (8)
(PTR−STR)×ΣDRTi (PTR-STR) × ΣDRTi
≒(PTR−STR)×n・DRTa …(9) ≒ (PTR-STR) × n · DRTa ... (9)
との間で、(PTR−STR)×n・DRTa≧STR×n×(SATa+JATa+MWTa)、すなわち Between, (PTR-STR) × n · DRTa ≧ STR × n × (SATa + JATa + MWTa), i.e.
(PTR−STR)・DRTa (PTR-STR) · DRTa
≧STR・(SATa+JATa+MWTa) …(10) ≧ STR · (SATa + JATa + MWTa) ... (10)
の関係がある時に、外部システム側から見た再生映像の連続性が確保される。 During the relationship, continuity of reproduced images as viewed from the external system side is ensured.

ここで1秒間の平均アクセス回数をNとすると Here, if the average number of accesses per second and N
1≒N・(DRTa+SATa+JATa+MWTa)…(11) 1 ≒ N · (DRTa + SATa + JATa + MWTa) ... (11)
の関係が成立する。 Relationship is established of.

式(10)と式(11)から Equations (10) from the equation (11)
1/{N・(SATa+JATa+MWTa)} 1 / {N · (SATa + JATa + MWTa)}
≧1+STR/(PTR−STR) ≧ 1 + STR / (PTR-STR)
が成り立つので、Nに対して解くと So it is true, and solving for N
N≦1/{[1+STR/(PTR−STR)] N ≦ 1 / {[1 + STR / (PTR-STR)]
・(SATa+JATa+MWTa)} …(12) · (SATa + JATa + MWTa)} ... (12)
が得られる。 It is obtained.

この式(12)のNが、再生映像の連続性を確保する1秒当たりのアクセス回数上限値になる。 N in the equation (12) becomes the access count upper limit value per second to ensure the continuity of the reproduced images.

次に、粗アクセス距離とそれに必要な粗アクセス時間の関係を検討する。 Next, consider the relationship between the coarse access distance and coarse access time required for it.

図76は、光ヘッドのシーク距離とシーク時間との関係を説明する図である。 Figure 76 is a view for explaining the relationship between the seek distance and seek time of the optical head.

等加速度αで加減速して目標位置に到達した場合、光ヘッド202の移動速度が最大になるまでの時間tmaxまでに移動した距離は、図76から、α・tmax・tmax/2となる。 If you accelerated or decelerated at a constant acceleration alpha reaches the target position, the distance the moving speed of the optical head 202 is moved by the time tmax until the maximum, from FIG. 76, the α · tmax · tmax / 2. そこで、粗アクセスにより移動した全距離ρは Therefore, the total distance ρ moved by the rough access
ρ=α・tmax・tmax …(13) ρ = α · tmax · tmax ... (13)
で与えられる。 It is given by.

式(13)から、粗アクセスに必要な時間は移動距離の1/2剰(つまり平方根)に比例することがわかる。 From equation (13), the time required for the coarse access is proportional to the over - 1/2 of the moving distance (i.e. the square root).

図77は、光ヘッドの平均シーク距離を求める方法を説明する図である。 Figure 77 is a view for explaining a method of determining the average seek distance of the optical head.

半径幅Lの領域に映像情報を記録した場合の平均シーク距離(平均粗アクセス距離)を検討する。 The average seek distance in the case of recording video information in the region of the radial width L (the average roughness access distance) to consider. 図77のように(シークエリアの)端からXoの距離から全記録領域までの平均シーク距離は The average seek distance as (seek area) from the edge from the distance Xo to full recording area as shown in FIG. 77
XoXo/2L+(L−Xo)・(L−Xo)/2L…(14) XoXo / 2L + (L-Xo) · (L-Xo) / 2L ... (14)
となる。 To become.

この式(14)に対してXoが0からLまで移動させた時の平均値を取ると、規格化条件下でXoに対して積分した結果平均シーク距離は If Xo for this equation (14) takes an average value when moving from 0 to L, results average seek distance obtained by integrating with respect to Xo with standardized conditions
L/3 …(15) L / 3 ... (15)
となる。 To become.

いま、図18に示すデータエリアDAに対応する光ディスク10上の半径幅のうち、例えば半分の半径幅をAVデータエリアDA2の記録に利用した場合を考える。 Now, among the radial width on optical disc 10 corresponding to the data area DA shown in FIG. 18, for example, consider the case of using the radial width of half the recording of the AV data area DA2.

この場合には、式(15)から、平均シーク距離(平均粗アクセス距離)はデータエリアDAに対応する光ディスク10上の半径幅の1/6になる。 In this case, from equation (15), the average seek distance (average roughness access distance) becomes 1/6 of the radial width on optical disc 10 corresponding to the data area DA.

たとえば、光ヘッド202が記録領域(図18のデータエリアDA)の最内周から最外周まで移動(シーク)するのに0.5秒かかった場合には、式(13)から、AVデータエリアDA2内での平均シーク時間(平均粗アクセス時間)は0.5秒の1/6の1/2剰に比例した値である For example, when the optical head 202 took 0.5 second to move from the innermost to the outermost periphery of the recording area (data area DA in FIG. 18) (seek) from equation (13), AV data area average seek time in the DA2 (average roughness access time) is a value proportional to the over - 1/2 1/6 0.5 seconds
SATa≒200ms …(16) SATa ≒ 200ms ... (16)
となる。 To become.

ここで、たとえば前述したようにMWTa≒18ms、JATa≒5msを計算に使ってみる。 Here, for example MWTa as described above ≒ 18ms, try to use to calculate the JATa ≒ 5ms. すると、容量2.6GバイトのDVD−RAMディスクでは、PTR=11.08Mbpsである。 Then, in the DVD-RAM disk capacity 2.6G bytes, a PTR = 11.08Mbps. MPEG2の平均転送レートがSTR≒4Mbpsの場合には上記の数値を式(12)に代入するとN≦2.9を得る。 Obtaining N ≦ 2.9 is substituted into equation (12) the above figures in the case of the average transfer rate is STR ≒ 4 Mbps of MPEG2.

図78は、記録信号の連続性を説明するための記録系システム概念図である。 Figure 78 is a recording systems conceptual diagram for explaining the continuity of the recorded signal.

記録情報は、外部から平均システム転送レートSTR(MPEG2ビデオでは4Mbps程度)でバッファメモリ219に送られてくる。 Recording information is sent to the buffer memory 219 on average from an external system transfer rate STR (about 4Mbps in MPEG2 video). バッファメモリ219はレートSTRで送られてきた情報(MPEGビデオデータ等)を一旦保持し、記憶媒体およびそのドライブの種類にあった物理転送レートPRTでもって、保持した情報を光ヘッド202に転送する。 Buffer memory 219 temporarily stores information sent at a rate STR (MPEG video data, etc.), with the physical transfer rate PRT was in the type of storage media and the drive, and transfers the held information on the optical head 202 .

情報記憶媒体10上の異なる場所に上記情報を順に記録するには、光ヘッド202の集光スポット位置を移動させるアクセス操作が必要となる。 To record the information in the order in different places on the information storage medium 10, the access operation of moving the focusing spot position of the optical head 202 is required. 大きな移動に対しては光ヘッド202全体を動かす粗アクセスが行なわれ、微少距離の移動にはレーザ集光用の対物レンズ(図示せず)のみを動かす密アクセスが行なわれる。 Is coarse access to move the entire optical head 202 is made for large movement, the fine access to move only the objective lens of the laser focusing (not shown) is performed to move a minute distance.

<連続記録条件の確保方法> <How to ensure the continuous recording conditions>
図82は、映像信号の連続記録時におけるアクセス動作等とバッファメモリ内の一時保存量との関係の一例(最もアクセス頻度が高い場合)を説明する図である。 Figure 82 is a diagram for explaining an example of the relationship between the temporary storage of the access operation such as a buffer memory at the time of continuous recording of the video signal (if the most frequently accessed).

また、図83は、映像信号の連続記録時におけるアクセス動作等とバッファメモリ内の一時保存量との関係の他例(記録時間とアクセス時間のバランスが取れている場合)を説明する図である。 Further, FIG. 83 is a view for explaining another example of the relationship between the temporary storage of the access operation such as a buffer memory at the time of continuous recording of the video signal (when the balance between the recording time and the access time is taken) .

図74を参照して説明した「バッファメモリ219上の一時保管映像情報量の枯渇時に連続再生が不可能になる場合」と異なり、連続記録時には、図82に示すようにバッファメモリ219上の一時保管映像情報量が飽和する。 Unlike previously described with reference to FIG. 74, "if the continuous reproduction of the depletion in the temporary storage amount of video information on the buffer memory 219 becomes impossible", at the time of continuous recording, the temporary in the buffer memory 219 as shown in FIG. 82 storage amount of video information is saturated. すなわち、図82と図74とを比較すれば分かるように、連続記録条件を満足するアクセス頻度には式(5)を適用することができる。 That is, as can be seen from the comparison between FIGS. 82 and FIG. 74, the access frequency that satisfies the continuous recording condition can be applied Equation (5).

また同様に、図83と図75とを比較すれば分かるように、連続記録条件を満足するアクセス頻度については式(10)が適用できる。 Similarly, as can be seen from the comparison between Figure 83 and Figure 75, the access frequency that satisfies the continuous recording condition is applicable has the formula (10).

図73〜図77および図82〜図83を参照して説明した「連続性確保の条件式」に従うことにより、使用する情報記録再生装置(ドライブ)の特性に関わらず、シームレスな(再生中あるいは記録中に途切れが生じない)連続再生あるいは連続記録を保証できるようになる。 By following the described with reference to FIGS. 73 to Figure 77 and Figure 82 to Figure 83 "condition of continuity securing", regardless of the characteristics of the information recording and reproducing apparatus for use (drive), seamless (during playback or break does not occur during recording) will be able to ensure a continuous reproduction or continuous recording.

<アクセス頻度低減方法;編集によるセルの並べ替え> <Access frequency reduction method; of the cell by editing the sort>
図79は、記録されたAVデータ(映像信号情報)の一部を構成するセルおよび各セルのビデオオブジェクトユニットVOBU配列を例示する図である。 Figure 79 is a diagram illustrating a vide