JP2010037024A - 木材反転装置 - Google Patents

木材反転装置 Download PDF

Info

Publication number
JP2010037024A
JP2010037024A JP2008200290A JP2008200290A JP2010037024A JP 2010037024 A JP2010037024 A JP 2010037024A JP 2008200290 A JP2008200290 A JP 2008200290A JP 2008200290 A JP2008200290 A JP 2008200290A JP 2010037024 A JP2010037024 A JP 2010037024A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
shaped member
wood
fixed
cylinder
shaft
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2008200290A
Other languages
English (en)
Other versions
JP5229797B2 (ja
Inventor
Hiroyuki Suzuki
宏幸 鈴木
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Heian Corp
Original Assignee
Heian Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Heian Corp filed Critical Heian Corp
Priority to JP2008200290A priority Critical patent/JP5229797B2/ja
Publication of JP2010037024A publication Critical patent/JP2010037024A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP5229797B2 publication Critical patent/JP5229797B2/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Abstract

【課題】 従来の木材反転装置では、木材を90度だけ反転することができないという問題があった。
【解決手段】 固定台1の側部に側部支持部材2が固着され、側部支持部材2の突出部2aは固定台1の一方の側部に突出され、この突出部2aに第1のシリンダ3の端部が回動軸4aによって回動可能に装着され、第1のシリンダ3の作動軸3aは第1のT字形部材5の縦部材5aの端部に回動軸4bによって回動可能に装着され、第1のT字形部材5の横部材5bの一端は固定台1の上部中央に固着された支持部材6に支持された回動軸4cに回動可能に装着され、第1のT字形部材5の横部材5bの他端に回動軸4dが装着され、この回動軸4dに第1のL字形部材7のLの中心が固着され、又、回動軸4dに第1の小歯車8が固着され、さらに、支持部材6に支持された回動軸4cに第1の大歯車9が固着されている。
【選択図】図1

Description

本発明は、搬送された木材を90度反転して、木材の上下面及び左右面を加工できるようにする木材反転装置に関するものである。
一般に、加工材をコンベア上で加工する場合、コンベア上に載置された加工材の側面及び上面は加工できるが、下面は加工できないために、加工材の天地反転をしなければならないが、重い加工材を反転する天地反転作業は非常に重労働であり、加工機があるために足場も悪く、作業が困難であるという問題があるが、この加工材をそのコンベアの載置されている同じ位置で反転する装置は使用されておらず、従来の加工材反転装置としては、図13に示すように、コンベアAで搬送された加工材Bを回転軸Cに背中合わせに装着された回転爪部D、Eで持ち上げ、モータ6Fを駆動することにより回転軸Cを回転して回転爪部D、Eを回転し、加工材Bを反転して搬出コンベアGから搬出するように構成している。
しかしながら、この木材反転装置では、木材を180度反転することはできるが、90度反転させることはできないという問題があった。
特開2004−161415号
解決しようとする問題点は、従来の木材反転装置では、木材を90度だけ反転することができないという問題があった。
本発明は、固定台の一方の側部に装着された支持部材に端部が回動可能に装着された第1のシリンダと、該第1のシリンダの駆動軸に縦部材の端部が回動可能に装着され、前記固定台の中央上部に固定された第1の支持部材に装着された中心軸に横部材の一端が固着されて回動自在に装着され、該横部材の他端に反転材を載置する第1のL字形部材のLの中心が回動軸に固着されて回動可能に装着された第1のT字形部材と、前記第1のL字形部材の前記回動軸に固着された第1の小歯車と、前記第1の支持部材に装着された中心軸に固着された大歯車と、前記第1の小歯車と前記第1の大歯車とに掛けられた第1のチェーンと、前記固定台の他方の側部に装着された支持部材に回動可能に装着された第2のシリンダと、該第2のシリンダの駆動軸に縦部材の端部が回動可能に装着され、前記固定台の中央上部に固定された第2の支持部材に装着された中心軸に横部材の一端が固着されて回動自在に装着され、該横部材の他端に反転材を載置する第2のL字形部材のLの中心が回動軸に固着されて回動可能に装着された第2のT字形部材と、前記第2のL字形部材の前記回動軸に固着された第2の小歯車と、前記第2の支持部材に装着された中心軸に固着された第2の大歯車と、前記第1の小歯車と前記第2り大歯車とに掛けられた第2のチェーンとからなり、前記第1のシリンダの駆動軸が最小に縮められた時、前記第1のL字形部材の上に木材を載置し、前記第1のシリンダの駆動軸を最大に延ばしてT字形部材の横部材を垂直状態にしたときに、前記第1のL字形部材は90度回動し、前記木材は前記固定台の上部に45度回動した状態で載置され、その時、前記第2のシリンダを最大に延ばすことにより、前記第2のL字形部材は45度回動した状態で前記第1のL字形部材に当てがわれ、前記第1のシリンダの駆動軸を縮めることにより、前記第1のL字形部材は前記木材から離れ、さらに、前記第2のシリンダを縮めることにより、前記第2のL字形部材の上の木材は90度回動した状態になるものであり、又、第1、第2の小歯車の歯数を第1、第2の大歯車の歯数の1/2にするものであり、さらに、前記木材反転装置が装着される間隔を開けて複数の搬送路を装着し、上記木材反転装置を前記搬送路の間に複数個装着するものである。
本発明では、第1のシリンダで第1のL字形部材を上昇させることにより、第1のL字形部材の上に載置された木材は45度回動することになり、そこで、第2のシリンダで第2のL字形部材を上昇させて木材に当てがい、第1のシリンダを縮めることにより木材を第2のL字形部材の上に載せ、さらに、第2のシリンダを縮めて、第2のL字形部材を元の位置に戻すことにより、第2のL字形部材の上の木材は90度反転したことになり、手間がかからず、人手も必要としないで、木材を90度だけ反転することができ、木材の上下面を左右面とすることにより、左右面の加工と上下面の加工を簡単にすることができるという利点がある。
本発明では、第1、第2のT字形部材の横部材の一端を固定台の中央に設けた支持部材に装着された回動軸に回動可能に支持され、第1、第2のT字形部材の縦部材の一端を第1、第2のシリンダの作動軸に回動自在に装着し、第1、第2のT字形部材の横部材の他端に第1、第2のL字形部材のLの中心を回動自在に装着し、固定台の中央に設けた支持部材の回動軸に第1、第2の大歯車をそれぞれ固着し、第1、第2のL字形部材の回動軸にそれぞれ第1、第2の小歯車を固着し、第1、第2の大歯車と第1、第2の小歯車との間にそれぞれ第1、第2のチェーンを掛けたものである。
図1は本発明の実施例の木材反転装置の側面図、図2は図1の木材反転装置の正面図で、固定台1の側部に側部支持部材2が固着され、側部支持部材2の突出部2aは固定台1の一方の側部に突出され、この突出部2aに第1のシリンダ3の端部が回動軸4aによって回動可能に装着され、第1のシリンダ3の作動軸3aは第1のT字形部材5の縦部材5aの端部に回動軸4bによって回動可能に装着され、第1のT字形部材5の横部材5bの一端は固定台1の上部中央に固着された支持部材6に支持された回動軸4cに回動可能に装着され、第1のT字形部材5の横部材5bの他端に回動軸4dが装着され、この回動軸4dに第1のL字形部材7のLの中心が固着され、又、回動軸4dに第1の小歯車8が固着され、さらに、支持部材6に支持された回動軸4cに第1の大歯車9が固着され、第1の小歯車8と第1の大歯車9の間に第1のチェーン10がかけられており、第1の小歯車8の歯数は第1の大歯車9の歯数の1/2に構成されている。
又、固定台1の他方の側部に側部支持部材2の突出部2bが固定台1の他方の側部に突出され、この突出部2bに第2のシリンダ11の端部が回動軸4eによって回動可能に装着され、第2のシリンダ11の作動軸11aは第2のT字形部材12の縦部材12aの端部に回動軸4fによって回動可能に装着され、第2のT字形部材12の横部材12bの一端は固定台1の上部中央に固着された支持部材6に支持された回動軸4cに回動可能に装着され、第2のT字形部材12の横部材12bの他端に回動軸4hが装着され、この回動軸4hに第2のL字形部材14のLの中心が固着され、又、回動軸4hに第2の小歯車15が固着され、さらに、支持部材6に支持された回動軸4cに第2の大歯車16が固着されており、第2の小歯車15と第2の大歯車16の間に第2のチェーン17がかけられ第2の小歯車15の歯数は第2の大歯車16の歯数の1/2になるように構成されている。
このように構成された本発明の木材反転装置では、図3に示すように、第1のL字形部材7の上に木材18が載置されると、木材18の黒点AはL字形部材7に接触し、白点Bは黒点Aの上方に位置し、次に、図4に示すように、第1のシリンダ3の作動軸3aが僅かに突出され、第1のシリンダ3の作動軸3aに連結された第1のT字形部材5が駆動され、回動軸4cを中心に第1のT字形部材5が回動され、回動軸4cに固着された第1の大歯車9に掛けられたチェーン10が回動し、第1のT字形部材5の横部材5bに装着された回動軸4dに固着された小歯車8を回動することにより、回動軸4dに連結された第1のL字形部材7が僅かに回動し、さらに少し上昇し、木材18は第1のL字形部材7の方に移動する。
次に、図5に示すように、第1のシリンダ3の作動軸3aがさらに突出すると、第1のL字形部材7はさらに上昇し、図6に示すように第1のシリンダ3の作動軸3aが最大に突出すると、第1のT字形部材5の横部材5bはほぼ垂直になり、縦部材5aほぼ水平になり、第1のL字形部材7は元の位置から45度回動し、木材18も45度回動した状態になり、ここで、図7に示すように、第2のシリンダ11の作動軸11aが最大に延ばされることにより、第2のL字形部材14が第1のL字形部材7から離れた位置で、木材18の下側に当てがわれ、そこで、図8に示すように、第1のシリンダ3の作動軸3aが縮むことにより、第1のL字形部材7が木材18から離れ、木材18は第2のL字形部材14の上に移動し、次に、図9に示すように、第1のシリンダ3の作動軸3aが元の位置に戻り、第1のL字形部材7も元の位置に戻り、その時、第2のシリンダ11の作動軸11aは僅かに戻り、さらに、図10に示すように、第2のシリンダ11の作動軸11aが元に戻り、第2のT字形部材12も元に戻り、第2のL字形部材14も元に戻ることにより、木材18の黒点Aは第2のL字形部材14の上部に位置し、白点Bは横に水平に移動したことになり、木材18は図3の位置から90度回動したことになる。
本発明は、このように第1、第2のシリンダ3,11を交互に駆動することにより、木材18を第1のL字形部材7から第2のL字形部材14に移動され、それによって木材18を90度反転することができ、又、長い木材18を反転する場合、1つの木材反転装置では不都合がある場合は複数の木材反転装置を複数の搬送ローラの間に装着して使用する。
図11は複数の木材反転装置を複数の搬送路の間に装着した平面図、図12は図11の正面図で、1は固定台、2は側部支持部材、3は第1のシリンダ、5はT字形部材、7は第1のL字形部材、8は第1の小歯車、9は第1の大歯車、11は第2のシリンダ、12は第2のT字形部材、14は第2のL字形部材、15は第2の小歯車、16は第2の大歯車でこれらの構成は上記実施例と同じであるので、説明は省略するが、本実施例では、複数の木材反転装置18a、18b、18c、18dが複数の搬送ローラ20a,20bcの間に装着され、搬送ローラ19a,19b,19cはそれぞれモータ21で駆動されるベルト22によってそれぞれのローラ23が回転されるように構成されている。
本実施例はこのように構成することによって、長い木材でも、短い木材でも90度反転することができる。
なお、上記実施例の反転装置は木材ばかりでなく、長い部材であれば金属等にも使用することができる。
図1は本発明の実施例の木材反転装置装置の側面図である。 図2は図1の木材反転装置の正面図である。 図3は図1、図2の木材反転装置の動作説明図である。 図4は図1、図2の木材反転装置の動作説明図である。 図5は図1、図2の木材反転装置の動作説明図である。 図6は図1、図2の木材反転装置の動作説明図である。 図7は図1、図2の木材反転装置の動作説明図である。 図8は図1、図2の木材反転装置の動作説明図である。 図9は図1、図2の木材反転装置の動作説明図である。 図10は図1、図2の木材反転装置の動作説明図である。 図11は本発明の他の実施例の複数の搬送ローラの間に図1、図2の木材反転装置を複数装着した平面図である。 図12は図11の本発明の他の実施例の正面図である。 図13は従来の木材反転装置の構成図である。
符号の説明
1 固定台
2 側部支持部材
3 第1のシリンダ
4 回動軸
5 第1のT字形部材
6 支持部材
7 第1のL字形部材
8 第1の小歯車
9 第1の小歯車
10 第1のチェーン
11 第2のシリンダ
12 第2のT字形部材
14 第2のL字形部材
15 第2の小歯車
16 第2の大歯車
17 第のチェーン
18 木材

Claims (3)

  1. 固定台の一方の側部に装着された支持部材に端部が回動可能に装着された第1のシリンダと、該第1のシリンダの駆動軸に縦部材の端部が回動可能に装着され、前記固定台の中央上部に固定された第1の支持部材に装着された中心軸に横部材の一端が固着されて回動自在に装着され、該横部材の他端に反転材を載置する第1のL字形部材のLの中心が回動軸に固着されて回動可能に装着された第1のT字形部材と、前記第1のL字形部材の前記回動軸に固着された第1の小歯車と、前記第1の支持部材に装着された中心軸に固着された第1の大歯車と、前記第1の小歯車と前記第1の大歯車とに掛けられた第1のチェーンと、前記固定台の他方の側部に装着された支持部材に回動可能に装着された第2のシリンダと、該第2のシリンダの駆動軸に縦部材の端部が回動可能に装着され、前記固定台の中央上部に固定された第2の支持部材に装着された中心軸に横部材の一端が固着されて回動自在に装着され、該横部材の他端に反転材を載置する第2のL字形部材のLの中心が回動軸に固着されて回動可能に装着された第2のT字形部材と、前記第2のL字形部材の前記回動軸に固着された第2の小歯車と、前記第2の支持部材に装着された中心軸に固着された第2の大歯車と、前記第2の小歯車と前記第2の大歯車とに掛けられた第2のチェーンとからなり、前記第1のシリンダの駆動軸が最小に縮められた時、前記第1のL字形部材の上に木材を載置し、前記第1のシリンダの駆動軸を最大に延ばしてT字形部材の横部材を垂直状態にしたときに、前記第1のL字形部材は45度回動し、前記木材は前記固定台の上部に45度回動した状態で載置され、その時、前記第2のシリンダを最大に延ばすことにより、前記第2のL字形部材は45度回動した状態で前記第1のL字形部材に当てがわれ、前記第1のシリンダの駆動軸を縮めることにより、前記第1のL字形部材は前記木材から離れ、さらに、前記第2のシリンダを縮めることにより、前記第2のL字形部材の上の木材は90度回動した状態になることを特徴とする木材反転装置。
  2. 第1、第2の小歯車の歯数を第1、第2の大歯車の歯数の1/2にすることを特徴とする請求項1記載の木材反転装置。
  3. 前記木材反転装置が装着される間隔を開けて複数の搬送路を装着し、上記木材反転装置を前記搬送路の間に複数個装着することを特徴とする請求項1記載の木材反転装置。
JP2008200290A 2008-08-02 2008-08-02 木材反転装置 Active JP5229797B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2008200290A JP5229797B2 (ja) 2008-08-02 2008-08-02 木材反転装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2008200290A JP5229797B2 (ja) 2008-08-02 2008-08-02 木材反転装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2010037024A true JP2010037024A (ja) 2010-02-18
JP5229797B2 JP5229797B2 (ja) 2013-07-03

Family

ID=42009968

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2008200290A Active JP5229797B2 (ja) 2008-08-02 2008-08-02 木材反転装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP5229797B2 (ja)

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN104925498A (zh) * 2015-05-08 2015-09-23 镇江市电站辅机厂有限公司 机械式自翻转定位装置
CN108100631A (zh) * 2017-12-29 2018-06-01 郑州智谷工业技术有限公司 一种具有翻转功能的输送装置
CN111515647A (zh) * 2020-05-13 2020-08-11 何金昌 一种机床生产用运输装置的组成

Families Citing this family (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN104444284A (zh) * 2014-11-03 2015-03-25 广州珠江钢琴集团股份有限公司 共鸣盘侧翻机和侧翻加工方法
KR102203411B1 (ko) * 2020-02-17 2021-01-21 하티스코리아(주) 컴팩트 타입 가공물 반전 장치 및 이를 이용한 가공물 반전 방법

Citations (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS5024976A (ja) * 1973-02-15 1975-03-17
JPS61222721A (en) * 1985-03-29 1986-10-03 Ngk Insulators Ltd Transferring device of extrudate
JPH0532318U (ja) * 1991-10-07 1993-04-27 株式会社太平製作所 材料倒し装置
JP2003341829A (ja) * 2002-05-24 2003-12-03 Nippon Koki Kk 材料反転装置

Patent Citations (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS5024976A (ja) * 1973-02-15 1975-03-17
JPS61222721A (en) * 1985-03-29 1986-10-03 Ngk Insulators Ltd Transferring device of extrudate
JPH0532318U (ja) * 1991-10-07 1993-04-27 株式会社太平製作所 材料倒し装置
JP2003341829A (ja) * 2002-05-24 2003-12-03 Nippon Koki Kk 材料反転装置

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN104925498A (zh) * 2015-05-08 2015-09-23 镇江市电站辅机厂有限公司 机械式自翻转定位装置
CN108100631A (zh) * 2017-12-29 2018-06-01 郑州智谷工业技术有限公司 一种具有翻转功能的输送装置
CN108100631B (zh) * 2017-12-29 2019-11-29 郑州智谷工业技术有限公司 一种具有翻转功能的输送装置
CN111515647A (zh) * 2020-05-13 2020-08-11 何金昌 一种机床生产用运输装置的组成
CN111515647B (en) * 2020-05-13 2022-07-26 青岛张氏力拓精密机械有限公司 Composition of conveying device for machine tool production

Also Published As

Publication number Publication date
JP5229797B2 (ja) 2013-07-03

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP5229797B2 (ja) 木材反転装置
TWI633069B (zh) Substrate turnover transport device
JP2018535548A5 (ja)
WO2019044085A1 (ja) 金型反転装置
JP5239654B2 (ja) バリ取り装置
JP2006015201A (ja) 洗浄装置
JP3562635B2 (ja) 搬送方向変換装置
JPH08132485A (ja) 金型反転装置
JP2009095940A5 (ja)
JP2010194563A (ja) レーザマーキング装置
JP5652932B2 (ja) 加工木材反転装置
TWM464817U (zh) 具有翻轉機構的電路板夾持治具
JP6814650B2 (ja) 搬送機械
JP2012223861A (ja) ワーク移載装置
CN205401622U (zh) 链传动系统
CN206156285U (zh) 一种翻面机
JP6571962B2 (ja) 多方向に自在に出力を取り出すギヤ機構
CN104860055A (zh) 防掉落结构及两器下线垛码机
JP5048310B2 (ja) 長尺ワークの反転装置
JP2021031294A (ja) ワーク反転装置及びそのワーク反転方法
CN211418731U (zh) 木地板加工用翻板装置
CN205328063U (zh) 一种管材横移机构
JP2011079633A (ja) 反転機
JP4204804B2 (ja) プレカット加工機
KR101471332B1 (ko) 크랭크 샤프트 가공장치

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20110801

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20130308

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20130313

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20130313

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20160329

Year of fee payment: 3

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 5229797

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250