JP2010029370A - パチンコ遊技機 - Google Patents

パチンコ遊技機 Download PDF

Info

Publication number
JP2010029370A
JP2010029370A JP2008193628A JP2008193628A JP2010029370A JP 2010029370 A JP2010029370 A JP 2010029370A JP 2008193628 A JP2008193628 A JP 2008193628A JP 2008193628 A JP2008193628 A JP 2008193628A JP 2010029370 A JP2010029370 A JP 2010029370A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
game
time
jackpot
symbol
short
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2008193628A
Other languages
English (en)
Other versions
JP4901822B2 (ja
Inventor
Hiroshi Nishio
啓 西尾
Tomoya Momose
智哉 百瀬
Katsuji Koshikawa
勝二 越川
Akiyoshi Satou
彰芳 佐藤
Original Assignee
Kyoraku Sangyo Kk
京楽産業.株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Kyoraku Sangyo Kk, 京楽産業.株式会社 filed Critical Kyoraku Sangyo Kk
Priority to JP2008193628A priority Critical patent/JP4901822B2/ja
Publication of JP2010029370A publication Critical patent/JP2010029370A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP4901822B2 publication Critical patent/JP4901822B2/ja
Expired - Fee Related legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Abstract

【課題】短時間で大量の出球を獲得できる遊技機を提供する。
【解決手段】第2特図表示器が変動表示中に電チューに遊技球が入賞したときに例えば4個を上限として第2特別図柄を変動表示する権利を保留する第2特図保留手段42を設けるようにしている。このように構成した場合は、予め設定した設定数(5回)だけ連続して第2大当たりゲームに当選し、リミッタが作動して時短ゲーム状態から通常ゲーム状態に移行した時点では、第2特図保留手段42に第2特別図柄を変動表示する権利が保留されている状態となるので、リミッタ手段33が作動して、時短ゲームから通常ゲームに移行した時点では、第2特図保留手段42に保留されている保留個数分(例えば4回)だけ第1の時短ゲームが選定される割合が極めて高い第3開閉ゲームを継続することができる。
【選択図】図4

Description

本発明は、変動入賞装置を備えたパチンコ遊技機に関するものである。
従来から「ヒコーキ」或いは「羽根物」等と称されているパチンコ遊技機は、周知のように、一対の羽根(可動片)からなる変動入賞装置が遊技盤に設けられ、所定の始動口に遊技球が入賞すると、ソレノイドが作動して変動入賞装置の羽根が1回ないし2回開閉作動し、遊技盤面を流下する遊技球を捕捉して変動入賞装置内に導くように構成されている。変動入賞装置の内部には、Vゾーンと称される特定領域が設けられており、変動入賞装置に入賞した遊技球がさらに特定領域を通過した場合は、大当たりが発生する。
大当たり状態においては、第1ラウンドとして、ソレノイドの作動により羽根が所定の期間開放されるか、所定の期間に規定数の遊技球の入賞が検出されるまで継続的に開閉するか、もしくは、所定回数(例えば18回)継続的に開閉する。そして、当選した大当たりの内容に応じて第2ラウンドが連続的に開始されて羽根の継続的な開閉が更に繰り返される。以下同様に所定ラウンド数(当選した大当たりの内容に応じて、最高16ラウンド)まで繰り返される。これにより大当たりの期間中に多数の遊技球を獲得できるようにしたものである。
なお、先行文献としては特許文献1などがある。
特開2007−252538公報
しかしながら、上記したようなパチンコ遊技機は、一回の大当たり遊技において獲得できる出球数が比較的少ない。また、上記したような遊技機の中には、大当たり遊技終了後に特典遊技として時間短縮(以下「時短」と称する)遊技を付与した遊技機が知られているが、時短遊技中における大当たり当選確率は、通常遊技中と同じであるため、特典遊技として確率変動機能を有するパチンコ遊技機に比べて、大当たりに連続して当選する確率が低い。このため、この種のパチンコ遊技機では、短時間で大量の出球を獲得することが困難であった。
本発明は上記した点を鑑みてなされたものであり、短時間で大量の出球を獲得できる遊技機を提供することを目的とする。
本発明は、上述の課題を解決するためになされたものであり、以下の形態により実現することが可能である。
即ち、本発明の第1の形態は、遊技球が通過可能な第1始動領域と、該第1始動領域を遊技球が通過することにより第1図柄を変動表示する第1図柄表示手段と、遊技球が入賞し難い閉状態から入賞し易い開状態に変化可能な第1変動入賞装置と、該第1変動入賞装置内に設けられた特定領域と、遊技球が通過可能な第2始動領域と、該第2始動領域を遊技球が通過することにより第2図柄を変動表示する第2図柄表示手段と、遊技球が入賞し難い閉状態から入賞し易い開状態に変化可能な第2変動入賞装置と、該第2変動入賞装置に遊技球が入賞することにより第3図柄を変動表示する第3図柄表示手段と、前記第1図柄表示手段に所定図柄が停止表示されることにより前記第1変動入賞装置を第1の所定時間、開状態に変化させる第1開閉ゲームを実行する第1開閉ゲーム制御手段と、通常ゲーム中に前記第2図柄表示手段に所定図柄が停止表示されることにより前記第2変動入賞装置を第2の所定時間、開状態に変化させる第2開閉ゲームを実行する第2開閉ゲーム制御手段と、前記第3図柄表示手段において、第3図柄を変動表示中に前記第2変動入賞装置に遊技球が入賞したときに所定数を上限として、前記第3図柄を変動表示の権利を保留する変動表示保留手段と、前記第3図柄表示手段に所定図柄が停止表示されることにより前記第1変動入賞装置を前記第1の所定時間よりも長い第3の所定時間、開状態に変化させる第3開閉ゲームを実行する第3開閉ゲーム制御手段と、所定の大当たりゲームを実行する大当たりゲーム制御手段と、前記大当たりゲーム終了後に所定期間の時短ゲームを発生させる時短ゲーム発生手段と、前記時短ゲーム中に前記第2図柄表示手段により所定の図柄が停止表示されることにより前記第2変動入賞装置を前記第2の所定時間よりも長い第4の所定時間、開状態に変化させる第4開閉ゲームを実行する第4開閉ゲーム制御手段と、複数の時短ゲーム期間のうち、何れかの時短ゲーム期間を選定する時短ゲーム期間選定手段と、を備え、前記時短ゲーム期間選定手段は、前記第3開閉ゲーム中に実行した大当たりゲーム終了後の時短ゲーム期間を長い時短ゲーム期間とする割合を、前記第1開閉ゲーム中に実行した大当たりゲーム終了後の時短ゲーム期間を長い時短ゲーム期間とする割合よりも高くなるよう調整する時短ゲーム期間調整手段を有するパチンコ遊技機を特徴とする。
また本発明の第2の形態は、前記第3開閉ゲーム中に実行した大当たりゲームのうち、大当たりゲーム終了後の時短ゲームが第1の時短ゲームとされる大当たりゲームの回数を計数する大当たりゲーム回数計数手段を備え、前記時短ゲーム期間選定手段は、前記大当たりゲーム回数計数手段により計数された大当たりゲーム回数が予め設定した設定数に到達した場合に時短ゲーム回数を0回に設定するリミッタ手段を更に有する請求項1に記載のパチンコ遊技機を特徴とする。
また本発明の第3の形態は、前記大当たり制御手段は、前記第1開閉ゲームが実行されているときに前記第1図柄が大当たり図柄で停止したとき、或いは前記第1開閉ゲームが実行されているときに遊技球が前記特定領域を通過したときに第1大当たりゲームを実行する第1大当たりゲーム制御手段と、前記第3開閉ゲームが実行されているときに前記第3図柄が大当たり図柄で停止したとき、或いは前記第3開閉ゲームが実行されているときに遊技球が前記特定領域を通過したときに第2大当たりゲームを実行する第2大当たりゲーム制御手段と、を備える請求項1又は2に記載のパチンコ遊技機を特徴とする。
また本発明の第4の形態は、遊技球が入賞し難い閉状態から入賞し易い開状態に変化可能な第3変動入賞装置を備え、前記第2大当たりゲーム制御手段が前記第2大当たりゲームを実行する際には前記第3変動入賞装置を開放する請求項3に記載のパチンコ遊技機を特徴とする。
本発明のパチンコ遊技機では、時短ゲーム中に大当たりに当選した場合は、その大当たりゲーム終了後の時短ゲームとして、時短ゲーム期間が長い第1の時短ゲームが選定される割合が高くなるように設定しているので、連続して大当たりゲームに当選する確率が高くなり、短時間で大量の出球を獲得することが可能になる。
また、本発明のパチンコ遊技機では、第3図柄表示手段が変動表示中に第2変動入賞装置に遊技球が入賞したときに第3図柄を変動表示する権利を保留する保留手段を設けるようにしている。このように構成した場合、時短ゲームが終了して通常ゲームに移行した時点では保留手段に第3図柄を変動表示する権利が保留されている状態となっているので、通常ゲームに移行したとしても保留手段に保留されている保留個数分だけ、遊技者に有利な遊技状態、即ち、第1の時短ゲームが選定される割合が高い第3開閉ゲームを継続することになる。従って、この第3開閉ゲーム期間に再度大当たりに当選すれば、再度、連続して大当たりゲームに当選する確率が高くなるので、短時間でより一層の出球を獲得することが期待できる。
以下、本発明を図面に示した実施の形態により詳細に説明する。
図1は本発明の実施形態に係るパチンコ遊技機の全体正面図である。
この図1に示すパチンコ遊技機100は、矩形形状の枠101を有し、この枠101の窓孔に対して遊技盤1が着脱可能に取り付けられている。
遊技盤1の前面側には、図示しないガラス枠が開閉可能に取り付けられている。また遊技盤1の下部には遊技球を貯留する受け皿部102と、この受け皿部102の遊技球を発射する発射レバー103等が設けられている。
受け皿部102の上面には、例えば遊技者自身に操作を行わせて遊技に対する参加感を演出する演出ボタン104が設けられている。
さらに図示しないが受け皿部102の上面には遊技球の購入ボタン、購入取り消しボタン、受け皿部102内の遊技球を下方から外部に抜くための球抜きボタン等の各種ボタンが設けられている。
図2は本実施の形態の遊技盤の一例を示した正面図である。
この図に示す遊技盤1の略中央には、第1変動入賞装置である上大入賞装置2が設けられている。
上大入賞装置2の上部両側には、遊技球を装置内へ導入する導入部として、遊技球が入賞し難い閉状態と遊技球が入賞し易い開状態に変化可能な一対の可動片3L、3Rが設けられている。なお、本実施形態では可動片の形状を羽根形状としているが、これはあくまでも一例であり、必ずしも羽根形状ではなくてもよい。
上大入賞装置2の内部には、特定領域(Vゾーン)4が設けられている。特定領域4内には、後述する特定領域スイッチ4aが設けられている。
上大入賞装置2の下方領域には、第1特図表示器10に表示される第1特別図柄(第1図柄)を作動させるための第1始動口5が設けられている。
第1始動口(第1始動領域)5の内部には、第1始動口スイッチ5aが設けられており、遊技球が第1始動口スイッチ(SW)5aを通過したときに第1特図表示器10の第1特別図柄を変動表示する。なお、第1始動口5は入賞した際の賞球の払い出しの有無はいずれでも良い。
上大入賞装置2の右側領域には、普通図柄表示器11に表示される普通図柄を作動させるためのゲート6が設けられている。
ゲート(第2始動領域)6の内部には、ゲートスイッチ6aが設けられており、遊技球がゲートスイッチ(SW)6aを通過したときに普通図柄表示器11の普通図柄を変動表示する。
ゲート6の下方には、第2特図表示器12に表示される第2特別図柄を作動させるための第2始動口として機能する電動式チューリップ(第2変動入賞装置)7が設けられている。電動式チューリップ(以下、「電チュー」と称する)7の内部には、第2始動口スイッチ7aが設けられており、遊技球が第2始動口スイッチ(SW)7aを通過したときに第2特図表示器12の第2特別図柄を変動表示する。
電チュー7は、普通図柄表示器11が特定図柄にて停止した場合に遊技球の入賞し難い閉状態から入賞し易い開状態になる。なお、本実施形態では、第2変動入賞装置の一例として、電チューを例に挙げて説明したが、あくまでも一例であり、遊技球の入賞し難い閉状態から入賞し易い開状態に変化可能な構造のものであれば良い。
電チュー7の下方には、下大入賞装置(第3変動入賞装置)8が設けられている。下大入賞装置8は、特別遊技状態である大当り状態のときに開放状態になる開閉扉を有しており、その内部には下大入賞口スイッチ(SW)8aが設けられている。なお、本実施形態では、下大入賞装置8を遊技盤1の右側領域に設けるようにしたが、あくまでも一例であり、例えば遊技盤1の中央下部に配置しても良い。遊技盤1の最下部にはアウト口9が設けられている。
また、遊技盤1の右側下方の遊技領域外には、第1特別図柄(第1図柄)の変動と表示を行う第1特図表示器(第1図柄表示器)10と、普通図柄(第2図柄)の変動と表示を行う普通図柄表示器(第2図柄表示器)11と、第2特別図柄(第3図柄)の変動と表示を行う第2特図表示器(第3図柄表示器)12が設けられている。第1特図表示器10及び第2特図表示器12は特別図柄を変動表示させ所定時間経過後に当該変動表示を静止させることにより当たりに当選した否か表示するようにしている。
第1特図表示器10の第1特別図柄が変動中に第1始動口SW5aにおいて遊技球の入球が検知された場合、当該入球によって得られる第1特別図柄の変動表示を開始させる権利(保留球)が最大4個留保可能とされる。この保留球の留保数は、第1特図保留ランプ13により表示される。
また、本実施形態のパチンコ遊技機では、第2特図表示器12の第2特別図柄が変動中に第2始動口SW7aにおいて遊技球の入球が検知された場合、当該入球によって得られる第2特別図柄の変動表示を開始させる権利(保留球)は最大4個留保可能に構成される。この保留球の留保数は、第2特図保留ランプ14により表示される。
またゲート6の普通図柄が変動中に遊技球がゲートSW6aを通過した場合も、ゲートSW6aの通過によって得られる普通図柄の変動表示を開始させる権利が最大4個留保される。この権利は普通図柄保留ランプ15により表示される。
図3は本実施形態のパチンコ遊技機全体の遊技制御を行う遊技制御装置の構成を示したブロック図である。
図3に示す遊技制御装置には、主(メイン)制御基板として、遊技の進行を制御する遊技制御基板111が設けられている、また副(サブ)制御基板として、遊技演出を制御する演出制御基板120、ランプ制御基板141、賞球の払い出しを制御する払出制御基板151等が設けられている。
遊技制御基板111は、メインCPU112、ROM113、RAM114、及び入出力インターフェース(以下、「I/O」と称する)115、116を有し、当該パチンコ遊技機の主たる制御を行う。
I/O115には、第1始動口5に設けられた第1始動口SW5a、電チュー7に設けられた第2始動口SW7a、電チュー7を開閉動作させるための電チューソレノイド7b、ゲート6に設けられたゲートSW6a、上大入賞装置2に入賞した遊技球を検出する上大入賞口SW2a、下大入賞装置8に入賞した遊技球を検出する下大入賞口SW8aが接続されている。また、上大入賞装置2の可動片3L、3Rを開閉動作させるための上大入賞口ソレノイド2b、下大入賞装置8の開閉扉を開閉動作させるための下大入賞口ソレノイド8b、普通図柄表示器11、特定領域4に設けられた特定領域SW4aが接続されている。
さらに、第1特図表示器10、第2特図表示器12、第1特図保留ランプ13、第2特図保留ランプ14、及び普通図柄保留ランプ15等が接続されている。
一方、I/O116は、演出制御基板120の演出制御部121に設けられているI/O125、払出制御基板151のI/O155、及び盤用外部情報端子基板160等が接続されている。
演出制御基板120は、演出制御部121と、画像・音声制御部131とから構成される。演出制御部121は、CPU122、ROM123、RAM124、I/O125、126、127を有し、遊技演出全体の制御を行う。
I/O125には、遊技制御基板111のI/O116と演出ボタン104とが接続されている。I/O126は、画像・音声制御部131のI/O135と接続され、I/O127はランプ制御基板141のI/O145と接続される。
画像・音声制御部131は、CPU132、ROM133、RAM134、I/O135、136を有し、演出制御部121の指示に基づいて画像及び音声の制御を行う。
I/O136には、スピーカ105及び演出用の画像表示器106が接続されている。
ランプ制御基板141は、CPU142、ROM143、RAM144、I/O145、146を有し、I/O146に接続されている各種ランプ、例えば盤ランプ147や枠ランプ148、可動役物149等の制御を行う。
払出制御基板151は、CPU152、ROM153、RAM154、I/O155、156を有し、I/O156に接続されている遊技球を払い出す払出装置157の払出駆動モータ等の駆動制御を行う。また、I/O156には定位置検出SW158aや、払出球検出SW158b、球有り検出SW158c、満タン検出SW158d等が接続されている。また、I/O155には、枠用外部情報端子基板170等が接続されている。
図4は、本実施形態のパチンコ遊技機の遊技制御基板の機能ブロックを示した図である。
この図4に示すように遊技制御基板111のROM113には、第1開閉ゲーム制御手段21、第2開閉ゲーム制御手段22、第3開閉ゲーム制御手段23、大当たりゲーム制御手段24、時短ゲーム発生手段25、第4開閉ゲーム制御手段26、大当たりゲーム回数計数手段27、時短ゲーム期間選定手段28、及び図柄表示制御手段29などを備えている。
第1開閉ゲーム制御手段21は、第1特図表示器10に所定図柄が停止表示されることにより、上大入賞装置2の可動片3L、3Rを第1の所定時間(例えば0.4秒)、開状態に変化させる第1開閉ゲーム(通常ゲーム)を実行する。
第2開閉ゲーム制御手段22は、通常ゲーム中に普通図柄表示器11に所定の図柄が停止表示されることにより、電チュー7を第2の所定時間(例えば0.1秒)、開状態に変化させる第2開閉ゲームを実行する。
第3開閉ゲーム制御手段23は、第2特図表示器12に所定図柄が停止表示されることにより、上大入賞装置2を第1の所定時間よりも長い第3の所定時間(例えば、0.8秒)、開状態に変化させる第3開閉ゲームを実行する。
大当たりゲーム制御手段24は、第1又は第3開閉ゲーム中に、第1特図表示器10又は第2特図表示器12の第1特別図柄又は第2特別図柄が所定の大当たり図柄で停止するか、或いは第1特図表示器10又は第2特図表示器12の第1特別図柄又は第2特別図柄が所定の小当たり図柄で停止して上大入賞装置2の可動片3L、3Rの開閉動作したときに上大入賞装置2内に入賞した遊技球が特定領域4を通過したときに所定の大当たりゲームを実行する。
このため、大当たりゲーム制御手段24は、第1大当たりゲーム制御手段30と第2大当たりゲーム制御手段31とを有する。
第1大当たりゲーム制御手段30は、第1開閉ゲーム制御手段21により第1開閉ゲームを実行されているときに、第1特図表示器10の第1特別図柄が所定の大当たり図柄で停止したとき、或いは第1特図表示器10の第1特別図柄が所定の小当たり図柄で停止したときに実行される上大入賞装置2の開放動作時に入賞した遊技球が特定領域4を通過したときに第1大当たりゲームを実行する。
第1大当たりゲームとしては、例えば上大入賞装置2の可動片3L、3Rを所定回数(例えば18回)開閉動作する期間、或いは上大入賞装置2内に所定個数(例えば9個)の遊技球が入賞するまでの期間を1ラウンドとしたラウンド動作を2ラウンド(2R)繰り返し行う。上大入賞装置2に遊技球が入賞した場合には、例えば1個の入賞当たり10個の賞球が払い出される。なお、上記した2R大当たりは、例えば出球を伴わない2R大当たり、即ち上大入賞装置2の可動片3L、3Rを1回開閉動作する期間を1ラウンドとしたラウンド動作を2R繰り返し行う大当たりでもよい。また、第1大当たりゲームとしては、上記した2R大当たり以外の大当たりでもよいことは言うまでもない。
第2大当たりゲーム制御手段31は、第3開閉ゲーム制御手段23により第3開閉ゲームが実行されているときに、第2特図表示器12の第2特別図柄が所定の大当たり図柄で停止したとき、或いは第2特図表示器12の第2特別図柄が所定の小当たり図柄で停止したときに実行される上大入賞装置2の開放動作時に入賞した遊技球が特定領域4を通過したときに第2大当たりゲームを実行する。
第2大当たりゲームとしては、例えば、一定期間、下大入賞装置8の開閉扉が開放状態となるか、もしくは下大入賞装置8内に所定個数(例えば9個)の遊技球が入賞するまでの期間を1ラウンドとした開放動作を15ラウンド繰り返す動作を行う。下大入賞装置8に遊技球が入賞した場合には、例えば1個の入賞当たり15個の賞球が払い出される。
時短ゲーム発生手段25は大当たりゲームの終了後に所定回数の時短ゲームを発生させる。例えば、第1の時短ゲーム(100回)または第1の時短ゲームよりゲーム回数が少ない第2の時短ゲーム(0回)のいずれかを発生させる。
第4開閉ゲーム制御手段26は、時短ゲーム中に普通図柄表示器11に所定図柄が停止表示されることにより、電チュー7を第2の所定時間(例えば0.1秒)よりも長い第4の所定時間(例えば2.1秒)、開状態に変化させる第4開閉ゲームを実行する。
大当たりゲーム回数計数手段27は、第3開閉ゲーム中に実行した第2大当たりゲームのうち、第2大当たりゲーム終了後の時短ゲームが第1の時短ゲームとされる第2大当たりゲームの回数を計数する。
時短ゲーム期間選定手段28は、複数の時短ゲーム期間(第1の時短ゲーム(100回)と第2の時短ゲーム(0回))のうち、何れかの時短ゲームを選定する。
また、時短ゲーム期間選定手段28は、時短ゲーム期間調整手段32、及びリミッタ手段33を備える。
時短ゲーム期間調整手段32は、第2大当たりゲーム終了後に発生させる時短ゲーム期間を第1の時短ゲーム期間とする割合を、第1大当たりゲーム終了後に発生させる時短ゲーム期間を第1の時短ゲーム期間にする割合よりも高くなるように調整する。例えば、第2大当たりゲーム終了後の時短ゲーム期間を第1の時短ゲーム期間(100回)とする割合を「1」とすれば、第1大当たりゲーム終了後の時短ゲーム期間を第1の時短ゲームとする割合を「1/8」となるようにする。
リミッタ手段33は、大当たりゲーム回数計数手段27により計数された大当たりゲーム回数が予め設定した設定数(例えば5回)に到達した場合に時短ゲーム回数が0回である第2の時短ゲームに強制的に選定する。
図柄表示制御手段29は、第1特図表示器10、第2特図表示器12、及び普通図柄表示器11の表示制御を行う。
また遊技制御基板111のRAM114には、保留手段40として第1特図保留手段41、第2特図保留手段42、及び普通図柄保留手段43を備えている。
第1特図保留手段41は、第1特別図柄が変動表示中に第1始動口5に遊技球が入賞したときに、例えば4個を上限として第1特別図柄を変動表示する権利を保留する。
第2特図保留手段42は、第2特別図柄が変動表示中に電チュー7に遊技球が入賞したときに、例えば4個を上限として第2特別図柄を変動表示する権利を保留する。
普通図柄保留手段43は、普通図柄が変動表示中に遊技球がゲート6を通過したときに例えば4個を上限として普通図柄を変動表示する権利を保留する。
次に、本実施形態のパチンコ遊技機の遊技動作について説明する。
先ず、通常ゲーム中において、第1始動口5に遊技球が入賞すると、当たり抽選と特典遊技である時短抽選を行う。当たり抽選の結果、大当たりに当選した場合、図柄表示制御手段29が第1特図表示器10に大当たり図柄を表示すると共に、第2大当たりゲーム制御手段31が下大入賞装置8の開閉扉を開放する第2大当たりゲームを実行する。第2大当たりゲームとしては、例えば、一定期間、下大入賞装置8の開閉扉が開放状態となるか、もしくは下大入賞装置8内に所定個数(例えば9個)の遊技球が入賞するまでの期間を1ラウンドとした開放動作を15ラウンド繰り返す動作を行う。下大入賞装置8に遊技球が入賞した場合には、例えば1個の入賞当たり15個の賞球が払い出される。
一方、第1始動口5に遊技球が入賞したときの当たり抽選の結果、小当たりに当選した場合、図柄表示制御手段29が第1特図表示器10に小当たり図柄を表示すると共に、第1開閉ゲーム制御手段21は上大入賞装置2の可動片3L、3Rを所定回数(例えば1回)、第1の所定時間(例えば0.4秒)開状態に変化させる第1開閉ゲームを実行する。
上記第1開閉ゲーム中に上大入賞装置2内に入賞した遊技球が特定領域4を通過した場合、大当たりゲーム制御手段24の第1大当たりゲーム制御手段30が上大入賞装置2の可動片3L、3Rを開閉する第1大当たりゲームを実行する。
上記大当たりゲーム終了後は、時短ゲーム期間選定手段28の選定結果に基づいて、時短ゲーム発生手段25は、第1の時短ゲーム(100回)または第1の時短ゲームよりゲーム回数が少ない第2の時短ゲーム(0回)のいずれかを発生させる。
具体的には、通常ゲーム中(第1開閉ゲーム中)に上大入賞装置2内に入賞した遊技球が特定領域4を通過した場合、時短ゲーム期間選定手段28は、第1大当たりゲーム終了後、1/8の割合で第1の時短ゲーム(100回)を選定する。なお、通常ゲームの当たり抽選において大当たりに当選した場合は第2大当たりゲーム終了後、第1の時短ゲーム(100回)を選定する。
一方、時短ゲーム中において、図2に示したゲート6を遊技球が通過し、普通図柄表示器11の図柄が当たり図柄で停止した場合、電チュー7は、第2の所定時間よりも長い第4の所定時間(例えば2.1秒)、開放状態となる。
開放状態の電チュー7に遊技球が入賞した場合も、当たり抽選と時短抽選を行い、当たり抽選の結果、大当たりに当選した場合、図柄表示制御手段29は、第2特図表示器12に大当たり図柄を表示すると共に、第2大当たりゲーム制御手段31は下大入賞装置8の開閉扉を開放する第2大当たりゲームを実行する。
一方、当たり抽選の結果、小当たりに当選した場合、図柄表示制御手段29は、第2特図表示器12に小当たり図柄を表示する。また第3開閉ゲーム制御手段23は、上大入賞装置2の可動片3L、3Rを所定回数(例えば1回)、上記第1の所定時間(例えば0.4秒)よりも長い第2の所定時間(例えば0.8秒)、開状態に変化させる第3開閉ゲームを実行する。第3開閉ゲーム中に上大入賞装置2内に入賞した遊技球が特定領域4を通過した場合、第2大当たりゲーム制御手段31は下大入賞装置8の開閉扉を開放する第2大当たりゲームを実行する。
第2大当たりゲーム終了後は、大当たりゲーム回数計数手段27により計数された第2大当たりゲーム回数が予め設定した設定数(例えば5回)に達していない場合は、時短ゲーム期間選定手段28は、ほぼ100%の割合で第1の時短ゲーム(100回)を選定する。一方、時短ゲーム期間選定手段28は、大当たりゲーム回数計数手段27により計数された第2大当たりゲーム回数が予め設定した設定数(例えば5回)に到達した場合、第2の時短ゲーム(0回)を選定する。つまり、時短ゲーム状態から通常ゲーム状態に強制的に移行するようにしている。
なお、例えば100回の時短ゲーム期間中に大当たりに当選しなかった場合も、時短ゲーム状態から通常ゲーム状態に移行する。
このように本実施形態のパチンコ遊技機では、通常ゲーム中に第1大当たりゲーム又は第2大当たりゲームに当選し、その大当たりゲーム終了後の時短ゲームとして第1の時短ゲームが選定された場合、予め設定した設定数(5回)だけ、時短ゲーム中に当選した大当たりゲーム終了後の時短ゲームとして、第1時短ゲームが選定される割合が高くなるようにしている。このようにすれば、予め設定した所定回数だけ連続して第2大当たりゲームに当選する確率が高くなるので、短時間で大量の出球を獲得することが可能になる。
また、本実施形態のパチンコ遊技機では、第2特図表示器12が変動表示中に電チュー7に遊技球が入賞したときに例えば4個を上限として第2特別図柄を変動表示する権利を保留する第2特図保留手段42を設けるようにしている。このように構成した場合、予め設定した設定数(5回)だけ連続して第2大当たりゲームに当選し、リミッタが作動して時短ゲーム状態から通常ゲーム状態に移行した時点では、第2特図保留手段42に第2特別図柄を変動表示する権利が保留状態となっている。従って、例えばリミッタ手段33が作動して時短ゲームから通常ゲームに移行したとしても第2特図保留手段42に保留されている保留個数分(例えば4回)だけ、遊技者に有利な遊技状態、即ち、第1の時短ゲームが選定される割合が高い第3開閉ゲームを継続することになる。よって、この第3開閉ゲーム期間に再度大当たりに当選すれば、予め設定した設定数(5回)だけ、再度連続して第2大当たりゲームに当選する確率が高くなるので、短時間でより一層の出球を獲得することが期待できる。
更に、本実施形態のパチンコ遊技機では、遊技盤1に賞球個数の異なる2つの大入賞装置2、8を設け、上大入賞装置2の上大入賞口SW2aにより遊技球が検知された場合には、第1所定個数(例えば10個)の遊技球を払い出し、下大入賞装置8の下大入賞口SW8aにより遊技球が検知された場合には第1所定個数よりも多い第2所定個数(例えば15個)の遊技球を払い出すように払出個数を調整して駆動制御を行うようにした。これにより、第1開閉ゲーム中(通常ゲーム中)の大当たりで獲得できる出球数より、第2開閉ゲーム中(時短ゲーム中)の大当たりで獲得できる出球数を増やすことができる。従って、時短遊技中に大当たりに連続して当選すれば、短時間で大量の出球を獲得することが可能になる。
なお、本実施形態では、リミッタ手段33により連続大当たり回数を5回に設定する場合を例に挙げて説明したが、これはあくまでも一例であり、設定回数は任意に設定可能である。また、本実施形態のパチンコ遊技機では、2つの大入賞装置2、8を設けるようにしているが、大入賞装置8は必ずしも設ける必要はない。
また、上記したパチンコ遊技機では、時短ゲーム中に第2大当たりゲームに連続して当選する回数を制限するリミッタ機能を備えているが、このようなリミッタ機能を備えない構成とすることも可能である。
そのようなパチンコ遊技機は、上記したパチンコ遊技機から第3開閉ゲーム(時短ゲーム)中に実行した第2大当たりゲームの回数を計数する大当たりゲーム回数計数手段27と、この大当たりゲーム回数計数手段27により計数された大当たりゲーム回数が予め設定した設定回数に到達した場合に時短ゲーム回数を0回に設定するリミッタ手段33とを削除することにより構成することができる。
なお、上記リミッタ機能を備えたパチンコ遊技機では、時短ゲーム中は時短ゲーム期間選定手段28がほぼ100%の割合で第1の時短ゲーム(100回)を選定するようにしている。これに対して、リミッタ機能を備えないパチンコ遊技機の場合は、時短ゲーム中において時短ゲーム期間選定手段28が第1の時短ゲーム(100回)を選定する割合を100%より低い例えば90〜95%程度に設定するか、或いは上大入賞口2の大当たり当選確率を、リミッタ機能を備えたパチンコ遊技機より低く設定することが好ましい。
このようにリミッタ機能を備えないパチンコ遊技機でも、通常ゲーム中に第1大当たりゲーム又は第2大当たりゲームに当選し、その大当たりゲーム終了後の時短ゲームとして第1の時短ゲームが選定された場合、時短ゲーム中に当選した大当たりゲーム終了後の時短ゲームとして、第1時短ゲームが選定される割合が高くなるようにしている。このようにすれば、連続して第2大当たりゲームに当選する確率が高くなり短時間で大量の出球を獲得することが可能になる。
またこのように構成した場合は、時短ゲームが終了して通常ゲームに移行した時点では第2特図保留手段42に第2特別図柄を変動表示する権利が保留状態となっているので、通常ゲームに移行したとしても第2特図保留手段42に保留されている保留個数分だけ、第1の時短ゲームが選定される割合が高い第3開閉ゲームを継続することになる。
従って、この第3開閉ゲーム期間に再度大当たりに当選すれば、再度、連続して大当たりゲームに当選する確率が高くなるので、短時間でより一層の出球を獲得することが期待できる。
以下、これまで説明した本実施の形態のパチンコ遊技機の動作を実現するために遊技制御装置の遊技制御基板が実行する処理を示したフローチャートである。なお、ここではリミッタ機能を有するパチンコ遊技機の処理を説明する。
また、以下に説明する処理は、遊技制御基板111のメインCPU112がROM113に格納されているプログラムを実行することにより実現することができる。
[タイマ割込処理]
図5はメインCPUが実行するタイマ割込処理の一例を示したフローチャートである。
メインCPU112は、割込処理として、乱数更新処理(S21)、始動口SW処理(S22)、ゲートSW処理(S23)、特別図柄処理(S24)、普通図柄処理(S25)、大入賞口処理(S26)、電チュー処理(S27)、賞球処理(S28)、出力処理(S29)を行った後、繰り返し初期値乱数の更新を行う(S30)を行う。
以下、メインCPU112がタイマ割込処理の際に実行する各種処理について説明する。
[第1始動口SW処理]
図6はメインCPUが実行する第1始動口SW処理を示したフローチャートである。
メインCPU112は、第1始動口5の第1始動口SW5aがONであるか否かの判定を行い(S31)、第1始動口SW5aがONであると判定した場合は(S31:Yes)、第1始動口SW5aの検知回数をカウントした第1始動口検知カウンタのカウント値U1が、U1<4であるか否かの判定を行う(S32)。第1始動口検知カウンタのカウント値U1が「4」より小さい場合は(S32:Yes)、カウント値U1に「1」を加算し(S33)、乱数を取得してRAM114に格納する(S34)。この後、賞球3個コマンドをセットして(S35)、メイン処理に戻る。
なお、ステップS32において、カウント値U1が「4」であると判定した場合は(S32:No)、ステップS35に移行して、賞球3個コマンドセット(S35)のみを行ってメイン処理に戻る。また、第1始動口SW5aがONでない場合は(S31:No)、そのままメイン処理に戻る。
[第2始動口SW処理]
図7はメインCPUが実行する第2始動口SW処理を示したフローチャートである。
メインCPU112は、第2始動口である電チュー7の第2始動口SW7aがONであるか否かの判定を行い(S41)、第2始動口SW7aがONであると判定した場合は(S41:Yes)、第2始動口SW7aの検知回数をカウントした第2始動口検知カウンタのカウント値U2が、U2<4であるか否かの判定を行う(S42)。第2始動口検知カウンタのカウント値U2が「4」より小さい場合は(S42:Yes)、カウント値U2に「1」を加算し(S43)、乱数を取得してRAM114に格納する(S44)。この後、賞球3個コマンドをセットして(S45)、メイン処理に戻る。
なお、ステップS42において、カウント値U2が「4」であると判定した場合は(S42:No)、ステップS45に移行して、賞球3個コマンドセット(S45)のみを行ってメイン処理に戻る。また、第2始動口SW7aがONでない場合は(S41:No)、そのままメイン処理に戻る。
[ゲートSW処理]
図8はメインCPUが実行するゲートSW処理を示したフローチャートである。
メインCPU112は、ゲート6のゲートSW6aがONであるか否かの判定を行い(S51)、ゲートSW6aがONであると判定した場合は(S51:Yes)、ゲートSW6aの検知回数をカウントしたゲートカウンタのカウント値Gが、G<4であるか否かの判定を行う(S52)。カウント値Gが「4」より小さい場合は(S52:Yes)、カウント値Gに「1」を加算し(S53)、乱数を取得してRAM114に格納して(S54)、メイン処理に戻る。なお、ゲートSW6aがONでない場合(S51:No)、またはカウント値G<4の場合も(S52:No)、メイン処理に戻る。
[特定領域SW処理]
図9はメインCPUが実行する特定領域SW処理を示したフローチャートである。
なお、図9に示す処理により大当たりゲーム制御手段24、時短ゲーム発生手段25、及び時短ゲーム期間選定手段28の機能が実現される。
この場合、メインCPU112は、上大入賞装置2内の特定領域(Vゾーン)4の有効期間中、即ち小当たり動作を開始してから所定期間内であるか否かの判定を行い(S61)、Vゾーンの有効期間中であると判定した場合は(S61:Yes)、次に特定領域(Vゾーン)4の有効期間が経過したか否かの判定を行う(S62)。
ここで、Vゾーンが有効時間を経過していないと判定した場合は(S62:No)、特定領域SW(Vスイッチ)4aがオンであるか否かの判定を行う(S63)。
次に、特定領域スイッチ4aがオンの場合は(S63:Yes)、第1始動口5経由の特定領域4の通過であるか否かの判定を行い(S64)、第1始動口5経由であると判定した場合は(S64:Yes)、時短遊技が第1の時短遊技(100回)であるか否か判定を行う(S65)。そして、第1の時短遊技であれば(S65:Yes)、時短カウンタのカウント値Jに「100」をセットし(S66)、リミッタのカウント値Lに「1」を加算する(S67)。この後、遊技状態を時短遊技状態にセットする(S68)。なお、カウント値Lは、電源投入時において初期値「0」にセットされるものとする。
一方、ステップS65において、第1の時短遊技でないと判定した場合は(S65:No)、時短カウンタのカウント値Jに「0」をセットした後(S69)、遊技状態を時短遊技状態にセットする(S68)。
遊技状態を時短遊技状態にセット後は、第1大当たり動作(2R大当たり動作)を開始する(S70)。この後、オープニングをセットして(S71)、メイン処理に戻る。なお、ステップS63において、特定領域スイッチ4aがオンでない場合も(S63:No)メイン処理に戻る。
一方、ステップS64において、第1始動口5経由でないと判定した場合は(S64:No)、リミッタのカウント値Lに「1」を加算した後(S72)、リミッタのカウント値Lが「6」であるか否かの判定を行い(S73)、カウント値Lが「6」でないと判定した場合は(S73:No)、時短カウンタのカウント値Jに「100」をセットする(S74)。この後、遊技状態を時短遊技状態にセットして(S75)、第2大当たり動作(15R大当たり動作)を開始し(S76)、オープニングをセットする(S71)。
一方、ステップS73において、リミッタのカウント値Lが「6」であると判定した場合は(S73:Yes)、時短カウンタのカウント値Jに「0」をセットし(S77)、続くステップS78において、リミッタのカウント値Lを「0」にセットする。この後、遊技状態を通常遊技状態にセットして(S79)、第2大当たり動作(15R大当たり動作)を開始し(S76)、オープニングをセットする(S71)。
また、ステップS62において、Vゾーン4の有効時間を経過したと判定した場合は(S62:Yes)、時短カウンタのカウント値Jが「0」であるか否かの判定を行い(S80)、時短カウンタのカウント値Jが「0」であると判定したときは(S80:Yes)、メイン処理に戻り、カウント値Jが「0」でないと判定したときは(S80:No)、カウント値Jから「1」を減算する(S81)。この後、再びカウント値Jが「0」であるか否かの判定を行い(S82)、カウント値Jが「0」であると判定したときは(S82:Yes)、遊技状態を通常遊技状態にセットして(S83)、メイン処理に戻り、カウント値Jが「0」でないと判定したときは(S82:No)、通常遊技状態にセットすることなく、メイン処理に戻る。
[上大入賞口SW処理]
図10はメインCPUが実行する上大入賞口SW処理を示したフローチャートである。
メインCPU112は、上大入賞装置2の上大入賞口SW2aがONであるか否かの判定を行い(S91)、上大入賞口SW2aがONであると判定した場合は(S91:Yes)、第1の大当たり中であるか否かの判定を行う(S92)。第1の大当たり中であると判定した場合は(S92:Yes)、入賞個数をカウントする入賞個数カウンタのカウント値Cに「1」を加算し(S93)、賞球10個のコマンドをセットして(S94)、メイン処理に戻る。また第1の大当たり中でないと判定した場合は(S92:No)、入賞個数カウンタのカウント値Cに「1」を加算することなく賞球10個のコマンドだけをセットして(S94)、メイン処理に戻る。また、ステップS81において、上大入賞口SW2aがONでないと判定した場合は(S91:No)、そのままメイン処理に戻る。
[下大入賞口SW処理]
図11はメインCPUが実行する下大入賞口SW処理を示したフローチャートである。
メインCPU112は、下大入賞装置8の下大入賞口SW8aがONであるか否かの判定を行い(S95)、下大入賞口SW8aがONであると判定した場合は(S95:Yes)、第2の大当たり中であるか否かの判定を行う(S96)。第2の大当たり中であると判定した場合は(S96:Yes)、入賞個数をカウントするカウント値Cに「1」を加算し(S97)、賞球15個のコマンドをセットして(S98)、メイン処理に戻る。また、第2の大当たり中でないと判定した場合は(S96:No)、入賞個数カウンタのカウント値Cに「1」を加算することなく賞球15個のコマンドをセットして(S98)、メイン処理に戻る。また、ステップS95において、下大入賞口SW8aがONでないと判定した場合は(S95:No)、そのままメイン処理に戻る。
[上大入賞口小当たり処理]
図12はメインCPUが小当たり時に実行する上大入賞口小当たり処理を示したフローチャートである。なお、この図に示す処理により第1開閉ゲーム制御手段21、及び第3開閉ゲーム制御手段23の機能が実現される。
この場合、メインCPU112は、先ず、小当たり中であるか否かの判定を行い(S101)、小当たり中であると判定した場合は(S101:Yes)、インターバル中であるか否かの判定を行い(S102)、インターバル中であると判定した場合は(S102:Yes)、インターバル時間が経過したか否かの判定を行う(S103)。インターバル時間経過していると判定した場合は(S103:Yes)、上大入賞装置2の可動片3L、3Rを上記セットした時間だけ開放する(S104)。
次に、メインCPU112は、上大入賞装置2の可動片3L、3Rの開放時間が所定の開放時間経過したか否かの判定を行い(S105)、所定の開放時間経過したと判定した場合は(S105:Yes)、上大入賞装置2の可動片3L、3Rを閉口して(S106)、小当たりを終了する(S107)。この後、メイン処理に戻る。
なお、ステップS101において、小当たり中でないと判定した場合(S101:No)、ステップS103において、インターバル時間を経過していないと判定した場合(S103:No)、或いはステップS105において、所定の開放時間経過していないと判定した場合(S105:No)、メイン処理に戻る。また、ステップS102において、インターバル中でないと判定した場合は(S102:No)、ステップS105に移行する。
[上大入賞口大当たり処理]
図13はメインCPUが大当たり時に実行する上大入賞口大当たり処理を示したフローチャートである。
この場合、メインCPU112は、第1の大当たり中であるか否かの判定を行い(S111)、第1の大当たり中であると判定した場合は(S111:Yes)、大当たりのオープニング中であるか否かの判定を行う(S112)。大当たりのオープニング中であると判定した場合は(S112:Yes)、オープニング時間を経過したか否かの判定を行う(S113)。オープニング時間を経過したと判定した場合は(S113:Yes)、大当たりラウンド数をカウントするラウンドカウンタのカウント値Rに「1」を加算し(S114)、上大入賞装置2の可動片3L、3Rを開閉動作する(S115)。
なお、ステップS111において、第1の大当たりでないと判定した場合(S111:No)、あるいはステップS113において、オープニング時間を経過していないと判定した場合は(S113:No)、メイン処理に戻る。
次に、上大入賞装置2の作動時間が経過したか否かの判定を行い(S116)、上大入賞装置2の作動時間が経過していなければ(S116:No)、上大入賞装置2の1ラウンドあたりの入賞数をカウントする入賞カウンタのカウント値Cが「9」であるか否かの判定を行う(S117)。入賞カウンタのカウント値Cが「9」である場合は(S117:Yes)、上大入賞装置2の作動を終了し(S118)、カウント値Cが「9」でない場合は(S117:No)、メイン処理に戻る。
一方、上大入賞装置2の作動時間が経過していた場合は(S116:Yes)、入賞カウンタのカウント値Cのチェックすることなく、上大入賞装置2の作動を終了する(S118)。
上大入賞装置2の作動終了後は、入賞カウンタのカウント値Cの値を「0」にして(S119)、大当たりラウンド回数が最終ラウンドであるか否かの判定を行う(S120)。大当たりラウンドが最終ラウンドである場合は(S120:Yes)、エンディングを開始し(S121)、大当たりラウンドが最終ラウンドでない場合は(S120:No)、メイン処理に戻る。
エンディング開始後は、ラウンドカウンタのカウント値Rを「0」にする(S122)。この後、エンディング時間が経過したか否かの判定を行い(S123)、エンディング時間を経過したと判定した場合は(S123:Yes)、大当たりを終了して(S124)、メイン処理に戻る。
一方、エンディング時間を経過していないと判定した場合は(S123:No)、大当たりを終了することなくメイン処理に戻る。
また、ステップS112において、大当たりのオープニング中でないと判定した場合は(S112:Yes)、上大入賞装置2の可動片3L、3Rが作動中であるか否かの判定を行い(S125)、上大入賞装置2の可動片3L、3Rが作動中であれば(S125:Yes)、ステップS116に移行する。
また、上大入賞装置2の可動片3L、3Rが作動中でなければ(S125:No)、次にインターバル中であるか否かの判定を行い(S126)、インターバル中でなければ(S126:No)、ステップS123に移行する。
また、インターバル中であれば(S126:Yes)、次にインターバル時間が経過したか否かの判定を行い(S127)、インターバル時間経過したと判定した場合は(S127:Yes)、ステップS114に移行し、インターバル時間経過していないと判定した場合は(S127:No)、メイン処理に戻る。
[下大入賞口大当たり処理]
図14はメインCPUが実行する下大入賞口大当たり処理を示したフローチャートである。
この場合、メインCPU112は、第2の大当たり中であるか否かの判定を行い(S131)、第2の大当たり中であると判定した場合は(S121:Yes)、大当たりのオープニング中であるか否かの判定を行う(S132)。大当たりのオープニング中であると判定した場合は(S132:Yes)、オープニング時間を経過したか否かの判定を行う(S133)。オープニング時間を経過したと判定した場合は(S133:Yes)、大当たりラウンド数をカウントするラウンドカウンタのカウント値Rに「1」を加算し(S134)、下大入賞装置8の開閉扉を開放する(S135)。
なお、ステップS131において、第2の大当たりでないと判定した場合(S131:No)、あるいはステップS133において、オープニング時間を経過していないと判定した場合は(S133:No)、メイン処理に戻る。
次に、下大入賞装置8の開放時間が経過したか否かの判定を行い(S136)、下大入賞装置8の開放時間が経過していなければ(S136:No)、下大入賞装置8の1ラウンドあたりの入賞数をカウントする入賞カウンタのカウント値Cが「9」であるか否かの判定を行う(S137)。入賞カウンタのカウント値Cが「9」である場合は(S137:Yes)、下大入賞装置8の開閉扉を閉口し(S138)、カウント値Cが「9」でない場合は(S137:No)、メイン処理に戻る。
一方、下大入賞装置8の開放時間が経過していた場合は(S136:Yes)、入賞カウンタのカウント値Cのチェックすることなく、下大入賞装置8の開閉扉を閉口する(S138)。
下大入賞装置8の閉口後は、入賞カウンタのカウント値Cの値を「0」にして(S139)、大当たりラウンド回数が最終ラウンドであるか否かの判定を行う(S140)。大当たりラウンドが最終ラウンドである場合は(S140:Yes)、エンディングを開始し(S141)、大当たりラウンドが最終ラウンドでない場合は(S140:No)、メイン処理に戻る。
エンディング開始後は、ラウンドカウンタのカウント値Rを「0」にする(S142)。この後、エンディング時間が経過したか否かの判定を行い(S143)、エンディング時間を経過したと判定した場合は(S143:Yes)、大当たりを終了して(S144)、メイン処理に戻る。
一方、エンディング時間を経過していないと判定した場合は(S143:No)、大当たりを終了することなくメイン処理に戻る。
また、ステップS142において、大当たりのオープニング中でないと判定した場合は(S142:Yes)、下大入賞装置8の開閉扉が作動中であるか否かの判定を行い(S145)、下大入賞装置8の開閉扉が作動中であれば(S145:Yes)、ステップS146に移行する。また、下大入賞装置8の開閉扉が作動中でなければ(S145:No)、次にインターバル中であるか否かの判定を行い(S146)、インターバル中でなければ(S146:No)、ステップS143に移行する。
また、インターバル中であれば(S146:Yes)、次にインターバル時間が経過したか否かの判定を行い(S147)、インターバル時間経過したと判定した場合は(S147:Yes)、ステップS114に移行し、インターバル時間経過していないと判定した場合は(S147:No)、メイン処理に戻る。
[特図変動処理]
図15はメインCPUが実行する特図変動処理を示したフローチャートである。
なお、この図に示す処理により図柄表示制御手段29の機能が実現される。
この場合、メインCPU112は、大当たり又は小当たり中であるか否かの判定を行い(S161)、大当たり又は小当たり中でないと判定した場合は(S161:No)、第1特図表示器10又は第2特図表示器12に表示している第1又は第2の特別図柄が変動中であるか否かの判定を行う(S162)。第1又は第2の特別図柄が変動中であると判定した場合は(S162:Yes)、次に変動時間が終了したか否かの判定を行い(S163)、変動時間が終了したと判定した場合は(S163:Yes)、第1特図表示器10又は第2特図表示器12に対して変動停止コマンドを送信して(S164)、変動を終了する(S165)。次に変動時間をリセットし(S166)、特図停止中処理(S167)を実行した後、メイン処理に戻る。
なお、ステップS161において、大当たり又は小当たり中であると判定した場合(S161:Yes)、或いはステップS163において、変動時間が終了していないと判定した場合も(S163:No)、メイン処理に戻る。
一方、ステップS162において、第1又は第2の特別図柄が変動中でないと判定した場合は(S162:No)、第2始動口SW7aの検知回数をカウントした第2始動口検知カウンタのカウント値U2が、U2≧1であるか否かの判定を行い(S168)、カウント値U2が≧1であると判定した場合は(S168:Yes)、カウント値U2を「1」減算して(S169)、変動内容選択処理を実行する(S170)。
次に、対応する特図表示器(この場合は第2特図表示器12)に変動開始コマンドを送信し(S171)、対応する特図表示器の変動を開始する(S172)。そしてこの後、変動時間の計測を開始し(S173)、その後、メイン処理に戻る。
また、ステップS168において、カウント値U2が≧1でないと判定した場合は(S168:No)、次に第1始動口SW5aの検知回数をカウントした第1始動口検知カウンタのカウント値U1が、U1≧1であるか否かの判定を行い(S174)、カウント値U1が≧1であると判定した場合は(S174:Yes)、カウント値U1を「1」減算して(S175)、変動内容選択処理を実行する(S170)。この場合、対応する特図表示器は第1特図表示器10になるので、第1特図表示器10に対して変動開始コマンドを送信して、第1特図表示器10の変動を開始させ、変動時間の計測を開始する(S171〜S173)。
[特図停止中処理]
図16はメインCPUが実行する特図停止中処理を示したフローチャートである。
この場合、メインCPU112は、停止した特別図柄が大当たり図柄であるか否かの判定を行う(S181)。停止図柄が大当たり図柄である場合は(S181:Yes)、必ず100回の時短遊技を付与するため、時短カウンタのカウント値Jに「100」をセットして(S182)、時短遊技状態にセットする(S183)。この後、下大入賞装置8を開放する第2の大当たりを開始し(S184)、さらにオープニングをセットして(S185)、メイン処理に戻る。
一方、ステップS181において、停止図柄が大当たり図柄でない場合は(S181:No)、次に停止した特別図柄が小当たり図柄であるか否かの判定を行い(S186)、停止図柄が小当たり図柄である場合は(S186:Yes)、第1始動口5経由の小当たりであるか否かの判定を行う(S187)。第1始動口5経由の小当たりであると判定した場合は(S187:Yes)、可動片3L、3Rの開放時間を0.4秒にセットし(S188)、第1始動口5経由の小当たりでないと判定した場合は(S187:No)、可動片3L、3Rの開放時間を0.8秒にセットして(S189)、小当たりを開始する(S190)。この後、メイン処理に戻る。
また、停止した特別図柄が小当たり図柄でない場合は(S186:No)、時短カウンタJの値が「0」であるか否かの判定を行い(S191)、時短カウンタJの値が「0」であれば(S191:Yes)、メイン処理に戻り、時短カウンタJの値が「0」でなければ、時短カウントJを「1」減算する(S192)。この後、再び時短カウント値Jが「0」であるか否かの判定を行い(S193)、時短カウント値Jが「0」であれば(S193:Yes)、遊技状態を通常遊技状態にセットして(S194)、メイン処理に戻る。また時短カウント値Jが「0」でなければ(S193:No)、通常遊技状態にセットすることなくメイン処理に戻る。
[普図変動処理]
図17はメインCPUが実行する普通図柄変動処理を示したフローチャートである。
なお、この図17に示す処理により図柄表示制御手段29の機能が実現される。
この場合、メインCPU112は、電チュー7が作動中であるか否かの判定を行い(S201)、電チュー7が作動中でなければ(S201:No)、普通図柄が変動中であるか否かの判定を行う(S202)。普通図柄が変動中であると判定した場合は(S202:Yes)、次に変動時間が終了したか否かの判定を行い(S203)、変動時間が終了したと判定した場合は(S203:Yes)、変動を停止する(S204)。
次に、変動時間をリセットし(S205)、停止図柄が当たり図柄であるか否かの判定を行う(S206)。停止図柄が当たり図柄であると判定した場合は(S206:Yes)、電チュー7の作動を開始して(S207)、メイン処理に戻る。
なお、ステップS206において、停止図柄が当たり図柄でない場合は(S206:No)、電チュー7を作動することなく、メイン処理に戻る。
一方、ステップS202において、普通図柄が変動中でないと判定した場合は(S202:No)、ゲートSW6aのゲートカウンタのカウント値Gが、G≧1であるか否かの判定を行い(S208)、カウント値Gが≧1である場合は(S208:Yes)、カウント値Gを「1」減算する(S209)。この後、普通図柄表示器11の変動を開始させ(S210)、変動時間の計測を開始する(S210)。変動時間の計測開始後、メイン処理に戻る。
なお、ステップS208において、カウント値Gが≧1でないと判定した場合は(S208:No)、メイン処理に戻る。
[普通電役処理]
図18はCPUが実行する普通電役処理の一例を示したフローチャートである。
なお、この図に示す処理により第2開閉ゲーム制御手段22及び第4開閉ゲーム制御手段26の機能が実現される。
この場合、メインCPU112は、電チュー7が作動中であるか否かの判定を行い(S221)、電チュー7が作動中であれば(S221:Yes)、次にインターバル中であるか否かの判定を行う(S222)。ここで、インターバル中であると判定した場合は(S222:Yes)、インターバル時間が経過したか否かの判定を行い(S223)、インターバル時間経過していると判定した場合は(S223:Yes)、次に時短中であるか否かの判定を行う(S224)。そして、時短中であれば(S224:Yes)、電チュー7の開放時間を2.1秒にセットし(S225)、時短中でなければ(S224:No)、電チュー7の開放時間を0.1秒にセットする(S226)。この後、電チュー7を開放する(S227)。
次に、電チュー7の開放時間が経過したか否かの判定を行い(S228)、電チュー7の開放時間が経過したと判定した場合は(S228:Yes)、電チュー7を閉口して(S229)、電チュー7の作動を終了して(S230)、メイン処理に戻る。
なお、ステップS222において、インターバル中でないと判定した場合は(S222:No)、ステップS228に移行する。
また、ステップS221において電チュー7が作動中でないと判定した場合(S221:No)、ステップS223においてインターバル時間が経過していないと判定した場合(S226:No)、或いはステップS228において電チュー7の開放時間が経過していないと判定した場合は(S228:No)、メイン処理に戻る。
本発明の実施形態に係るパチンコ遊技機の全体正面図である。 遊技盤の一例を示した正面図である。 本実施形態のパチンコ遊技機の遊技制御を行う遊技制御装置の構成を示したブロック図である。 本実施形態のパチンコ遊技機の遊技制御基板の機能ブロックを示した図である。 メインCPUが実行するタイマ割込処理を示したフローチャートである。 メインCPUが実行する第1始動口SW処理を示したフローチャートである。 メインCPUが実行する第2始動口SW処理を示したフローチャートである。 メインCPUが実行するゲートSW処理を示したフローチャートである。 メインCPUが実行する上大入賞口内の特定領域SW処理を示したフローチャートである。 メインCPUが実行する上大入賞口SW処理を示したフローチャートである。 メインCPUが実行する下大入賞口SW処理を示したフローチャートである。 メインCPUが小当たり時に実行する上大入賞口処理を示したフローチャートである。 メインCPUが大当たり時に実行する上大入賞口処理を示したフローチャートである。 メインCPUが大当たり時に実行する下大入賞口処理を示したフローチャートである。 メインCPUが実行する特図変動処理を示したフローチャートである。 メインCPUが実行する特図停止中処理を示したフローチャートである。 メインCPUが実行する普通図柄変動処理を示したフローチャートである。 メインCPUが実行する普通電役処理を示したフローチャートである。
符号の説明
1…遊技盤、2…上大入賞装置、2a…上大入賞口SW、2b…上大入賞口ソレノイド、3L、3R…可動片、4…特定領域、4a…特定領域SW、5…第1始動口、5a…第1始動口SW、6…ゲート、6a…ゲートSW、7…電チュー、7a…第2始動口SW、7b…電チューソレノイド、8…下大入賞装置、8a…下大入賞口SW、8b…下大入賞口ソレノイド、9…アウト口、10…第1特図表示器、11…普通図柄表示器、12…第2特図表示器、13…第1特図保留ランプ、14…第2特図保留ランプ、15…普通図柄保留ランプ、21…第1開閉ゲーム制御手段、22…第2開閉ゲーム制御手段、23…第3開閉ゲーム制御手段、24…大当たりゲーム制御手段、25…時短ゲーム発生手段、26…第4開閉ゲーム制御手段、27…ゲーム回数計数手段、28…時短ゲーム期間選定手段、30…ゲーム制御手段、31…ゲーム制御手段、32…時短ゲーム期間調整手段、33…リミッタ手段、40…保留手段、41…第1特図保留手段、42…第2特図保留手段、43…普通図柄保留手段、111…遊技制御基板、112…メインCPU、113…ROM、114…RAM

Claims (4)

  1. 遊技球が通過可能な第1始動領域と、
    該第1始動領域を遊技球が通過することにより第1図柄を変動表示する第1図柄表示手段と、
    遊技球が入賞し難い閉状態から入賞し易い開状態に変化可能な第1変動入賞装置と、
    該第1変動入賞装置内に設けられた特定領域と、
    遊技球が通過可能な第2始動領域と、
    該第2始動領域を遊技球が通過することにより第2図柄を変動表示する第2図柄表示手段と、
    遊技球が入賞し難い閉状態から入賞し易い開状態に変化可能な第2変動入賞装置と、
    該第2変動入賞装置に遊技球が入賞することにより第3図柄を変動表示する第3図柄表示手段と、
    前記第1図柄表示手段に所定図柄が停止表示されることにより前記第1変動入賞装置を第1の所定時間、開状態に変化させる第1開閉ゲームを実行する第1開閉ゲーム制御手段と、
    通常ゲーム中に前記第2図柄表示手段に所定図柄が停止表示されることにより前記第2変動入賞装置を第2の所定時間、開状態に変化させる第2開閉ゲームを実行する第2開閉ゲーム制御手段と、
    前記第3図柄表示手段において、第3図柄を変動表示中に前記第2変動入賞装置に遊技球が入賞したときに所定数を上限として、前記第3図柄を変動表示の権利を保留する変動表示保留手段と、
    前記第3図柄表示手段に所定図柄が停止表示されることにより前記第1変動入賞装置を前記第1の所定時間よりも長い第3の所定時間、開状態に変化させる第3開閉ゲームを実行する第3開閉ゲーム制御手段と、
    所定の大当たりゲームを実行する大当たりゲーム制御手段と、
    前記大当たりゲーム終了後に所定期間の時短ゲームを発生させる時短ゲーム発生手段と、
    前記時短ゲーム中に前記第2図柄表示手段により所定の図柄が停止表示されることにより前記第2変動入賞装置を前記第2の所定時間よりも長い第4の所定時間、開状態に変化させる第4開閉ゲームを実行する第4開閉ゲーム制御手段と、
    複数の時短ゲーム期間のうち、何れかの時短ゲーム期間を選定する時短ゲーム期間選定手段と、を備え、
    前記時短ゲーム期間選定手段は、前記第3開閉ゲーム中に実行した大当たりゲーム終了後の時短ゲーム期間を長い時短ゲーム期間とする割合を、前記第1開閉ゲーム中に実行した大当たりゲーム終了後の時短ゲーム期間を長い時短ゲーム期間とする割合よりも高くなるよう調整する時短ゲーム期間調整手段を有することを特徴とするパチンコ遊技機。
  2. 前記第3開閉ゲーム中に実行した大当たりゲームのうち、大当たりゲーム終了後の時短ゲームが第1の時短ゲームとされる大当たりゲームの回数を計数する大当たりゲーム回数計数手段を備え、
    前記時短ゲーム期間選定手段は、前記大当たりゲーム回数計数手段により計数された大当たりゲーム回数が予め設定した設定数に到達した場合に時短ゲーム回数を0回に設定するリミッタ手段を更に有することを特徴とする請求項1に記載のパチンコ遊技機。
  3. 前記大当たり制御手段は、
    前記第1開閉ゲームが実行されているときに前記第1図柄が大当たり図柄で停止したとき、或いは前記第1開閉ゲームが実行されているときに遊技球が前記特定領域を通過したときに第1大当たりゲームを実行する第1大当たりゲーム制御手段と、
    前記第3開閉ゲームが実行されているときに前記第3図柄が大当たり図柄で停止したとき、或いは前記第3開閉ゲームが実行されているときに遊技球が前記特定領域を通過したときに第2大当たりゲームを実行する第2大当たりゲーム制御手段と、
    を備えることを特徴とする請求項1又は2に記載のパチンコ遊技機。
  4. 遊技球が入賞し難い閉状態から入賞し易い開状態に変化可能な第3変動入賞装置を備え、前記第2大当たりゲーム制御手段が前記第2大当たりゲームを実行する際には前記第3変動入賞装置を開放することを特徴とする請求項3に記載のパチンコ遊技機。
JP2008193628A 2008-07-28 2008-07-28 遊技機 Expired - Fee Related JP4901822B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2008193628A JP4901822B2 (ja) 2008-07-28 2008-07-28 遊技機

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2008193628A JP4901822B2 (ja) 2008-07-28 2008-07-28 遊技機

Related Child Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2011283047A Division JP5276157B2 (ja) 2011-12-26 2011-12-26 遊技機

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2010029370A true JP2010029370A (ja) 2010-02-12
JP4901822B2 JP4901822B2 (ja) 2012-03-21

Family

ID=41734579

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2008193628A Expired - Fee Related JP4901822B2 (ja) 2008-07-28 2008-07-28 遊技機

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4901822B2 (ja)

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2011036274A (ja) * 2009-08-06 2011-02-24 Heiwa Corp 遊技機
JP2011229782A (ja) * 2010-04-28 2011-11-17 Kyoraku Sangyo Kk 遊技機
JP2011235017A (ja) * 2010-05-13 2011-11-24 Kyoraku Sangyo Kk パチンコ遊技機
JP2011235015A (ja) * 2010-05-13 2011-11-24 Kyoraku Sangyo Kk パチンコ遊技機
JP2012061069A (ja) * 2010-09-15 2012-03-29 Sophia Co Ltd 遊技機

Citations (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2001187211A (ja) * 2000-12-06 2001-07-10 Sanyo Product Co Ltd 遊技機
JP2002177554A (ja) * 2000-12-19 2002-06-25 Heiwa Corp 遊技機
JP2005006858A (ja) * 2003-06-18 2005-01-13 Sankyo Kk 遊技機
JP2007044340A (ja) * 2005-08-11 2007-02-22 Newgin Corp 遊技機
JP2008029550A (ja) * 2006-07-28 2008-02-14 Taiyo Elec Co Ltd 弾球遊技機
JP2008043375A (ja) * 2006-08-10 2008-02-28 Samii Kk 弾球遊技機
JP2008136596A (ja) * 2006-11-30 2008-06-19 Heiwa Corp 遊技機

Patent Citations (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2001187211A (ja) * 2000-12-06 2001-07-10 Sanyo Product Co Ltd 遊技機
JP2002177554A (ja) * 2000-12-19 2002-06-25 Heiwa Corp 遊技機
JP2005006858A (ja) * 2003-06-18 2005-01-13 Sankyo Kk 遊技機
JP2007044340A (ja) * 2005-08-11 2007-02-22 Newgin Corp 遊技機
JP2008029550A (ja) * 2006-07-28 2008-02-14 Taiyo Elec Co Ltd 弾球遊技機
JP2008043375A (ja) * 2006-08-10 2008-02-28 Samii Kk 弾球遊技機
JP2008136596A (ja) * 2006-11-30 2008-06-19 Heiwa Corp 遊技機

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2011036274A (ja) * 2009-08-06 2011-02-24 Heiwa Corp 遊技機
JP2011229782A (ja) * 2010-04-28 2011-11-17 Kyoraku Sangyo Kk 遊技機
JP2011235017A (ja) * 2010-05-13 2011-11-24 Kyoraku Sangyo Kk パチンコ遊技機
JP2011235015A (ja) * 2010-05-13 2011-11-24 Kyoraku Sangyo Kk パチンコ遊技機
JP2012061069A (ja) * 2010-09-15 2012-03-29 Sophia Co Ltd 遊技機

Also Published As

Publication number Publication date
JP4901822B2 (ja) 2012-03-21

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP5372471B2 (ja) 遊技機
JP5213208B2 (ja) 遊技機
JP5366506B2 (ja) 遊技機
JP4901822B2 (ja) 遊技機
JP4917072B2 (ja) パチンコ遊技機
JP5367398B2 (ja) 遊技機
JP2006296740A (ja) 遊技機
JP2010035823A (ja) パチンコ遊技機
JP5524461B2 (ja) 遊技機
JP4934632B2 (ja) パチンコ遊技機
JP5441129B2 (ja) 遊技機
JP5276157B2 (ja) 遊技機
JP4802208B2 (ja) パチンコ遊技機
JP5250332B2 (ja) 遊技機
JP2006175177A (ja) パチンコ遊技機
JP5356836B2 (ja) 遊技機
JP5095523B2 (ja) 遊技機
JP2007029172A (ja) 遊技機
JP2007037756A (ja) 遊技機
JP2011056302A (ja) 遊技機
JP2010162117A (ja) パチンコ遊技機
JP5313768B2 (ja) 遊技機
JP5300908B2 (ja) 遊技機
JP2010194266A (ja) パチンコ遊技機
JP2017018636A (ja) 遊技機

Legal Events

Date Code Title Description
A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20110802

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20110804

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20110929

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20111206

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20111227

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20150113

Year of fee payment: 3

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees