JP2010014359A - 地中熱利用熱交換チューブの埋設方法および埋設構造 - Google Patents

地中熱利用熱交換チューブの埋設方法および埋設構造 Download PDF

Info

Publication number
JP2010014359A
JP2010014359A JP2008175611A JP2008175611A JP2010014359A JP 2010014359 A JP2010014359 A JP 2010014359A JP 2008175611 A JP2008175611 A JP 2008175611A JP 2008175611 A JP2008175611 A JP 2008175611A JP 2010014359 A JP2010014359 A JP 2010014359A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
heat
heat exchange
exchange tube
tubular
embedding
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2008175611A
Other languages
English (en)
Inventor
Ichiro Hashimoto
Reiji Itagaki
Eiji Morinaga
Kei Morinaga
Yasuharu Ohashi
泰治 大橋
禮二 板垣
敬 森長
英二 森長
一郎 橋本
Original Assignee
E Planning:Kk
Kanden Energy Development Co Ltd
Kidoh Tech Co Ltd
Morinaga Komuten Co Ltd
株式会社イー・プランニング
株式会社森長工務店
株式会社機動技研
関電エネルギ−開発株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by E Planning:Kk, Kanden Energy Development Co Ltd, Kidoh Tech Co Ltd, Morinaga Komuten Co Ltd, 株式会社イー・プランニング, 株式会社森長工務店, 株式会社機動技研, 関電エネルギ−開発株式会社 filed Critical E Planning:Kk
Priority to JP2008175611A priority Critical patent/JP2010014359A/ja
Publication of JP2010014359A publication Critical patent/JP2010014359A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Images

Classifications

    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F24HEATING; RANGES; VENTILATING
    • F24TGEOTHERMAL COLLECTORS; GEOTHERMAL SYSTEMS
    • F24T10/00Geothermal collectors
    • F24T10/10Geothermal collectors with circulation of working fluids through underground channels, the working fluids not coming into direct contact with the ground
    • F24T10/13Geothermal collectors with circulation of working fluids through underground channels, the working fluids not coming into direct contact with the ground using tube assemblies suitable for insertion into boreholes in the ground, e.g. geothermal probes
    • F24T10/15Geothermal collectors with circulation of working fluids through underground channels, the working fluids not coming into direct contact with the ground using tube assemblies suitable for insertion into boreholes in the ground, e.g. geothermal probes using bent tubes; using tubes assembled with connectors or with return headers
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F24HEATING; RANGES; VENTILATING
    • F24TGEOTHERMAL COLLECTORS; GEOTHERMAL SYSTEMS
    • F24T10/00Geothermal collectors
    • F24T2010/50Component parts, details or accessories
    • F24T2010/53Methods for installation
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
    • Y02EREDUCTION OF GREENHOUSE GAS [GHG] EMISSIONS, RELATED TO ENERGY GENERATION, TRANSMISSION OR DISTRIBUTION
    • Y02E10/00Energy generation through renewable energy sources
    • Y02E10/10Geothermal energy

Abstract

【課題】地中熱を十分に利用でき、かつ、熱交換チューブが損傷する恐れがなく、交換やメンテナンスも容易な地中熱利用熱交換チューブの埋設方法と埋設構造を提供することである。
【解決手段】熱交換チューブ2が埋設される周囲に空間を開けて、麺状の熱可塑性樹脂を3次元で網状に絡ませて管状に成形固化し、内表面と外表面に連通する空隙を有する管状網状体3を埋設し、この管状網状体3の中に熱交換チューブ2を挿入することにより、管状網状体3の隙間を通る地下水Aを、熱交換チューブ2の周囲の空間で自由に流動させて、熱交換チューブ2と広い接触面積で接触させ、地下水Aとの熱交換効率を高めて地中熱を十分に利用できるようにするとともに、管状網状体3で周囲の地盤の崩れ込みを防止して、熱交換チューブ2が損傷する恐れをなくし、交換やメンテナンスも容易に行うことができるようにした。
【選択図】図1

Description

本発明は、地中熱を利用する熱交換チューブの埋設方法と埋設構造に関する。
近年、炭酸ガス排出量の削減や省エネルギ等に有効で環境にやさしい技術として、熱交換チューブを地中に縦向きに埋設し、ヒートポンプによって冷暖房や融雪等の熱源として地中熱を利用する地中熱利用技術の実用化が進められている。地中熱利用熱交換チューブは、直径が10〜20mm程度のU字管とされ、地中に10〜100m程度の深さまで埋設される。
従来、このような地中熱利用熱交換チューブを埋設する際は、まず、先端に掘削刃が設けられた掘削用ケーシングパイプで所定の深さの掘削孔を掘削して、ケーシングパイプの中に掘削孔の底近くまで熱交換チューブを挿入し、こののち、ケーシングパイプの中の熱交換チューブの周囲に珪砂、炭素粒、メタルスラグ粒等の粒状物を充填して、最後にケーシングパイプを引き抜く埋設方法が採用されている(例えば、特許文献1参照)。
特開2007−218024号公報
特許文献1に記載された従来の地中熱利用熱交換チューブの埋設方法は、以下の問題がある。
(1) 通常、数m程度以上の深さでは地下水が湧き出し、地中熱は地下水を介して熱交換チューブと熱交換される割合が大きいが、従来の熱交換チューブは周囲に粒状物が充填されているので、地下水との接触面積が少なく、かつ、熱交換チューブの周囲の地下水の流動が阻害されて、地下水との熱交換効率が低くなり、地中熱を十分に利用できない。
(2) 粒状物が十分に充填されず、熱交換チューブの周囲に空所が形成されることがあるので、地盤がこの空所へ崩れ込み、熱交換チューブを損傷する恐れがある。
(3) 周囲を粒状物で充填された熱交換チューブの交換やメンテナンスが困難である。
そこで、本発明の課題は、地中熱を十分に利用でき、かつ、熱交換チューブが損傷する恐れがなく、交換やメンテナンスも容易な地中熱利用熱交換チューブの埋設方法と埋設構造を提供することである。
上記の課題を解決するために、本発明の地中熱利用熱交換チューブの埋設方法は、地中熱を利用する熱交換チューブを地中の所定の深さまで縦向きに埋設する地中熱利用熱交換チューブの埋設方法において、前記熱交換チューブが埋設される周囲に空間を開けて、麺状の熱可塑性樹脂を3次元で網状に絡ませて管状に成形固化し、内表面と外表面に連通する空隙を有する管状網状体を埋設し、この管状網状体の中に前記熱交換チューブを縦向きに挿入する方法を採用した。
すなわち、熱交換チューブが埋設される周囲に空間を開けて、麺状の熱可塑性樹脂を3次元で網状に絡ませて管状に成形固化し、内表面と外表面に連通する空隙を有する管状網状体を埋設し、この管状網状体の中に熱交換チューブを縦向きに挿入することにより、管状網状体の隙間を通る地下水を、熱交換チューブの周囲の空間で自由に流動させて、熱交換チューブと広い接触面積で接触させ、地下水との熱交換効率を高めて地中熱を十分に利用できるようにするとともに、管状網状体で周囲の地盤の崩れ込みを防止して、熱交換チューブが損傷する恐れをなくし、管状網状体の内側の空間に挿入された熱交換チューブを取り出して、交換やメンテナンスも容易に行うことができるようにした。
なお、前記麺状の熱可塑性樹脂を3次元で網状に絡ませて管状に成形固化した管状網状体は、地盤の液状化を予防するアースドレーン工法のドレーンパイプとして使用されており、地中に埋設されたときに地盤の崩れ込みを防止する十分な耐圧強度を有する(例えば、特開2006−214241号公報参照)。
前記管状網状体の埋設方法が、縦向きの孔を掘削する掘削刃が先端に取り付けられたケーシングパイプの中に、掘削前または掘削後に前記管状網状体を入れ込み、こののち、掘削孔を掘削したケーシングパイプを抜き取って、前記管状網状体を埋設する方法とすることができる。
前記管状網状体の埋設方法が、先端に穿孔ビットが取り付けられた打設機のノッカーに、穿孔ビットの後面側で前記管状網状体を外嵌し、ノッカーを打設することによって穿孔される縦向きの孔に管状網状体を埋設し、こののち、前記ノッカーを抜き取る方法とすることもできる。
また、本発明の地中熱利用熱交換チューブの埋設構造は、地中熱を利用する熱交換チューブを地中の所定の深さまで縦向きに埋設する地中熱利用熱交換チューブの埋設構造において、前記熱交換チューブが埋設された周囲に空間を開けて、麺状の熱可塑性樹脂を3次元で網状に絡ませて管状に成形固化し、内表面と外表面に連通する空隙を有する管状網状体を埋設した構成を採用することにより、地下水との熱交換効率を高めて地中熱を十分に利用でき、かつ、熱交換チューブが損傷する恐れがなく、交換やメンテナンスも容易に行うことができるようにした。
本発明の地中熱利用熱交換チューブの埋設方法は、熱交換チューブが埋設される周囲に空間を開けて、麺状の熱可塑性樹脂を3次元で網状に絡ませて管状に成形固化し、内表面と外表面に連通する空隙を有する管状網状体を埋設し、この管状網状体の中に前記熱交換チューブを縦向きに挿入するようにしたので、地下水との熱交換効率を高めて地中熱を十分に利用でき、かつ、熱交換チューブが損傷する恐れがなく、交換やメンテナンスも容易に行うことができる。
また、本発明の地中熱利用熱交換チューブの埋設構造は、熱交換チューブが埋設された周囲に空間を開けて、麺状の熱可塑性樹脂を3次元で網状に絡ませて管状に成形固化し、内表面と外表面に連通する空隙を有する管状網状体を埋設したので、地下水との熱交換効率を高めて地中熱を十分に利用でき、かつ、熱交換チューブが損傷する恐れがなく、交換やメンテナンスも容易に行うことができる。
以下、図面に基づき、本発明の実施形態を説明する。図1は、本発明に係る地中熱利用熱交換チューブの埋設構造を採用した住宅の冷暖房、給湯用等の地中熱利用システムを示す。この地中熱利用システムは、地上に設置されたヒートポンプ1に接続したU字状の地中熱利用熱交換チューブ2を、地中の数十mの深さまで縦向きに埋設したものであり、熱交換チューブ2の周囲に空間を開けて、内表面と外表面に連通する空隙を有する管状網状体3が埋設されている。なお、管状網状体3は、深さ方向で複数のユニット3aに分割されて埋設されている。
図1および図2に示すように、前記熱交換チューブ2の周囲の空間では、数m程度以上の深さで、管状網状体3の隙間を通った地下水Aが流動し、熱交換チューブ2と広い接触面積で接触する。したがって、地下水Aとの熱交換効率を高めて地中熱を十分に利用することができる。また、熱交換チューブ2は交換やメンテナンスのために容易に取り出すことができ、管状網状体3は、後述するように、地盤の崩れ込みを防止する十分な耐圧強度を有するので、熱交換チューブ2が損傷する恐れもない。
図3に示すように、前記管状網状体3のユニット3aは、熱可塑性樹脂としてのポリプロピレンを加熱溶融してノズルから麺状に押し出し、3次元で網状に絡ませて管状に成形固化したものであり、高い耐圧強度を有する。
図4は、上述した地中熱利用熱交換チューブ2の埋設方法の第1の実施形態を示す。この実施形態では、図4(a)に示すように、先端に掘削刃11aが取り付けられたケーシングパイプ11の中にユニット3a化した管状網状体3を入れ込んで、縦向きの孔を掘削し、こののち、図4(b)に示すように、孔を掘削したケーシングパイプ11を抜き取って、管状網状体3を埋設し、最後に、図1に示したように、管状網状体3の中に熱交換チューブ2を挿入して、埋設を完了する。なお、掘削刃11aは先端が開くようになっており、ケーシングパイプ11と一緒に孔から抜き取られる。管状網状体3は、掘削後にケーシングパイプ11の中に入れ込むこともできる。
図5は、地中熱利用熱交換チューブ2の埋設方法の第2の実施形態を示す。この実施形態では、図5(a)に示すように、先端に穿孔ビット12aが取り付けられた打設機のノッカー12に、穿孔ビット12aの後面側で管状網状体3を外嵌して、縦向きの孔を穿孔しながら管状網状体3を埋設し、こののち、図5(b)に示すように、ノッカー12を抜き取り、最後に、図1に示したように、管状網状体3の中に熱交換チューブ2を挿入して、埋設を完了する。なお、この実施形態では、穿孔ビット12aが孔の底に残る。
上述した実施形態では、管状網状体を形成する熱可塑性樹脂をポリプロピレンとしたが、ポリエチレン、ポリ塩化ビニル等の他の熱可塑性樹脂とすることもできる。
本発明に係る地中熱利用熱交換チューブの埋設構造を採用した地中熱利用システムを示す縦断面図 図1のII−II線に沿った断面図 図1の管状網状体のユニットを示す外観斜視図 a、bは、第1の実施形態の地中熱利用熱交換チューブの埋設方法を示す縦断面図 a、bは、第2の実施形態の地中熱利用熱交換チューブの埋設方法を示す縦断面図
符号の説明
1 ヒートポンプ
2 熱交換チューブ
3 管状網状体
3a ユニット
11 ケーシングパイプ
11a 掘削刃
12 ノッカー
12a 穿孔ビット

Claims (4)

  1. 地中熱を利用する熱交換チューブを地中の所定の深さまで縦向きに埋設する地中熱利用熱交換チューブの埋設方法において、前記熱交換チューブが埋設される周囲に空間を開けて、麺状の熱可塑性樹脂を3次元で網状に絡ませて管状に成形固化し、内表面と外表面に連通する空隙を有する管状網状体を埋設し、この管状網状体の中に前記熱交換チューブを縦向きに挿入するようにしたことを特徴とする地中熱利用熱交換チューブの埋設方法。
  2. 前記管状網状体の埋設方法が、縦向きの孔を掘削する掘削刃が先端に取り付けられたケーシングパイプの中に、掘削前または掘削後に前記管状網状体を入れ込み、こののち、掘削孔を掘削したケーシングパイプを抜き取って、前記管状網状体を埋設する方法である請求項1に記載の地中熱利用熱交換チューブの埋設方法。
  3. 前記管状網状体の埋設方法が、先端に穿孔ビットが取り付けられた打設機のノッカーに、穿孔ビットの後面側で前記管状網状体を外嵌し、ノッカーを打設することによって穿孔される縦向きの孔に管状網状体を埋設し、こののち、前記ノッカーを抜き取る方法である請求項1に記載の地中熱利用熱交換チューブの埋設方法。
  4. 地中熱を利用する熱交換チューブを地中の所定の深さまで縦向きに埋設する地中熱利用熱交換チューブの埋設構造において、前記熱交換チューブが埋設された周囲に空間を開けて、麺状の熱可塑性樹脂を3次元で網状に絡ませて管状に成形固化し、内表面と外表面に連通する空隙を有する管状網状体を埋設したことを特徴とする地中熱利用熱交換チューブの埋設構造。
JP2008175611A 2008-07-04 2008-07-04 地中熱利用熱交換チューブの埋設方法および埋設構造 Pending JP2010014359A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2008175611A JP2010014359A (ja) 2008-07-04 2008-07-04 地中熱利用熱交換チューブの埋設方法および埋設構造

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2008175611A JP2010014359A (ja) 2008-07-04 2008-07-04 地中熱利用熱交換チューブの埋設方法および埋設構造

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2010014359A true JP2010014359A (ja) 2010-01-21

Family

ID=41700627

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2008175611A Pending JP2010014359A (ja) 2008-07-04 2008-07-04 地中熱利用熱交換チューブの埋設方法および埋設構造

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2010014359A (ja)

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2010281153A (ja) * 2009-06-05 2010-12-16 Toru Hashimoto 液中堆積物の流送排出設備
JP2012092988A (ja) * 2010-10-25 2012-05-17 Inoac Housing & Construction Materials Co Ltd 地中熱交換用パイプ
JP2017508921A (ja) * 2014-03-07 2017-03-30 グリーンファイア・エナジー・インコーポレイテッドGreenfire Energy Inc 地熱を発生させるプロセスおよび方法
CN107420959A (zh) * 2017-07-28 2017-12-01 西安木牛能源技术服务有限公司 地能建筑供暖制冷三维可视化综合信息管理系统

Citations (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH09291779A (ja) * 1996-04-24 1997-11-11 Japan Home Uootaa Syst Kk 井戸の掘削方法及びこれに使用する保護管用フィルター
JP2005337590A (ja) * 2004-05-27 2005-12-08 Kameyama Tekkosho:Kk 地下熱採取ユニット
JP2006214241A (ja) * 2005-02-07 2006-08-17 弘昌 ▲たか▼橋 ドレーンパイプ埋設工法及び建築物等の傾斜,沈下又は浮上防止構造
JP2007218024A (ja) * 2006-02-20 2007-08-30 Kazuyoshi Moroki 地中熱利用熱交換チューブ設置装置及び設置方法

Patent Citations (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH09291779A (ja) * 1996-04-24 1997-11-11 Japan Home Uootaa Syst Kk 井戸の掘削方法及びこれに使用する保護管用フィルター
JP2005337590A (ja) * 2004-05-27 2005-12-08 Kameyama Tekkosho:Kk 地下熱採取ユニット
JP2006214241A (ja) * 2005-02-07 2006-08-17 弘昌 ▲たか▼橋 ドレーンパイプ埋設工法及び建築物等の傾斜,沈下又は浮上防止構造
JP2007218024A (ja) * 2006-02-20 2007-08-30 Kazuyoshi Moroki 地中熱利用熱交換チューブ設置装置及び設置方法

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2010281153A (ja) * 2009-06-05 2010-12-16 Toru Hashimoto 液中堆積物の流送排出設備
JP2012092988A (ja) * 2010-10-25 2012-05-17 Inoac Housing & Construction Materials Co Ltd 地中熱交換用パイプ
JP2017508921A (ja) * 2014-03-07 2017-03-30 グリーンファイア・エナジー・インコーポレイテッドGreenfire Energy Inc 地熱を発生させるプロセスおよび方法
EP3114349B1 (en) 2014-03-07 2019-11-06 Greenfire Energy Inc. Process and system for producing geothermal power
CN107420959A (zh) * 2017-07-28 2017-12-01 西安木牛能源技术服务有限公司 地能建筑供暖制冷三维可视化综合信息管理系统
CN107420959B (zh) * 2017-07-28 2020-05-26 西安木牛能源技术服务有限公司 地能建筑供暖制冷三维可视化综合信息管理系统

Similar Documents

Publication Publication Date Title
CN100480475C (zh) 可控式一井分层降水施工方法
CN103397891B (zh) 一种泥水平衡顶管机的切削刀盘
EP2247816B1 (en) A method for installing geothermal heat exchangers, energy piles, concrete piles, micropiles, and anchors using a sonic drill and a removable or retrievable drill bit
JP5996071B2 (ja) エネルギー抽出のためのシステムおよび方法
RU2615884C2 (ru) Коаксиальный геотермальный зонд и способ его монтажа под землей
CA2692466C (en) Geothermal energy system and method of operation
RU2153637C2 (ru) Применение, по меньшей мере, двух раздельных скважин для добычи углеводородного сырья для получения геотермальной энергии
KR101524820B1 (ko) 지열 에너지 시스템 및 작동 방법
NL1035587C2 (nl) Warmtewisselaar.
US9404480B2 (en) System and method of capturing geothermal heat from within a drilled well to generate electricity
JP5084761B2 (ja) 地中熱交換体の施工方法及び該方法に用いる中空管体、ケーシング
US8132631B2 (en) Method of geothermal loop installation
US7891440B2 (en) Method and system for installing geothermal transfer apparatuses with a sonic drill and a removable or retrievable drill bit
US9423158B2 (en) System and method of maximizing heat transfer at the bottom of a well using heat conductive components and a predictive model
AU2008351366B2 (en) Utilizing aquifer pressure to generate electrical energy
US20150101779A1 (en) System and Method of Maximizing Performance of a Solid-State Closed Loop Well Heat Exchanger
EA200800045A1 (ru) Текучие среды ствола скважины для бурения с креплением обсадными трубами
JP5913119B2 (ja) 低エネルギー・システムの地面回路
JP5731127B2 (ja) 地中熱利用システム
WO2011035280A3 (en) Systems and methods for improving drilling efficiency
CN106499368B (zh) 一种深海海底表层天然气水合物开采方法
EP2334993A1 (en) System and method for geothermal conduit loop in-ground installation and soil penetrating head therefor
US20150047845A1 (en) Method for Removal of Casings in an Underground Well
JP2004233031A (ja) 回転圧入工法で埋設された中空管体による地中熱交換器およびそれを利用した高効率エネルギーシステム
US20120080163A1 (en) Subterranean continuous loop heat exchanger, method of manufacture and method to heat, cool or store energy with same

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20110628

A711 Notification of change in applicant

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A711

Effective date: 20110805

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A821

Effective date: 20110805

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20121221

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20130528