JP2010012163A - 弾球遊技機の演出装置 - Google Patents

弾球遊技機の演出装置 Download PDF

Info

Publication number
JP2010012163A
JP2010012163A JP2008177086A JP2008177086A JP2010012163A JP 2010012163 A JP2010012163 A JP 2010012163A JP 2008177086 A JP2008177086 A JP 2008177086A JP 2008177086 A JP2008177086 A JP 2008177086A JP 2010012163 A JP2010012163 A JP 2010012163A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
moving
character
shaft
driving
screw shaft
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2008177086A
Other languages
English (en)
Inventor
Hiroyuki Yasumi
裕之 八角
Original Assignee
Olympia:Kk
株式会社オリンピア
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Olympia:Kk, 株式会社オリンピア filed Critical Olympia:Kk
Priority to JP2008177086A priority Critical patent/JP2010012163A/ja
Publication of JP2010012163A publication Critical patent/JP2010012163A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Images

Abstract

【課題】1つのモータを駆動源としてキャラクタ本体に直線運動と回転運動を行わせることができると共に、奥行き寸法を小型化して設計の自由度を高められる弾球遊技機の演出装置を提供する。
【解決手段】モータを駆動源としてスクリューシャフト21を回転することにより、キャラクタ本体を水平方向へ往復移動させると共に所定位置で回転動作させるようにした弾球遊技機の演出装置において、移動体28に回転軸32を介してキャラクタ本体33と駆動体34を回転可能に支持し、この回転軸32をスクリューシャフト21とガイドシャフト22との間で鉛直方向へ延出させると共に、回転軸32に固定された駆動体34がスクリューシャフト21とガイドシャフト22で挟まれた空間の真下を水平方向へ移動する。そして、移動体28が「始端位置」から「終端位置」へ向かう移動途中で、移動体28の直線運動がキャラクタ本体の回転運動に作動変換される。
【選択図】図13

Description

本発明は、可動役物としてのキャラクタ本体を備えた弾球遊技機の演出装置に関するものである。

パチンコ機に代表される弾球遊技機の中には、遊技球が所定の始動口に入賞したことを契機に当否の抽選を実行し、その抽選結果を遊技盤の盤面中央に配置した画像表示画面に表示すると共に、画像表示画面の近傍に人物や動物等を模したキャラクタ本体を配置し、これら画像表示画面上の表示内容とキャラクタ本体の動きと組合せによって遊技の演出効果を高めるようにした機種がある。

キャラクタ本体はモータ等を駆動源として種々の運動を行う可動役物であり、従来より、1つのモータを用いてキャラクタ本体に直線運動と回転運動を行わせるようにしたものが知られている(例えば、特許文献1参照)。このものは、モータを駆動源として回転動作するスクリューシャフトと、スクリューシャフトに所定間隔を存して平行に配置されたガイド部材と、これらスクリューシャフトとガイド部材に係合する可動ユニット等を具備しており、可動ユニットはスクリューシャフトの回転に伴って水平方向へ往復移動するようになっている。可動ユニットにはキャラクタ本体が回転可能に搭載されており、このキャラクタ本体の回転軸には駆動体が固定されている。また、ガイド部材の任意箇所には凹状カム部が形成されており、これら駆動体と凹状カム部によって直線運動を回転運動に変換する作動変換機構が構成されている。

このように概略構成された弾球遊技機の演出装置においては、スクリューシャフトがモータを駆動源として正逆いずれかの方向へ回転動作すると、可動ユニットがガイド部材に案内されながらスクリューシャフトの軸線方向に沿って直線運動し、可動ユニットに搭載されたキャラクタ本体が水平方向へ移動する。このようにして可動ユニットがガイド部材の任意位置まで移動すると、キャラクタ本体の回転軸に固定された駆動体がガイド部材に形成された凹状カム部に係合して回転するため、キャラクタ本体が駆動体と一体的に回転して方向転換するようになっている。
特開2006−75213号公報

前述したように、特許文献1に開示された弾球遊技機の演出装置によれば、1つのモータを用いてキャラクタ本体に直線運動と回転運動という2種類の動作を行わせることができるため、駆動源を最小限にしてコストの低減化を図ることができる。しかしながら、キャラクタ本体の直線運動を回転運動に変換する作動変換機構として、ガイド部材にスクリューシャフトから遠ざかる方向に奥まった凹状カム部を形成する必要があるため、装置全体の奥行き方向(前後方向)の寸法が大きくなり、遊技盤とガラス扉で挟まれた狭い空間内にキャラクタ本体やその駆動機構を配置する場合、寸法上の制約を含めて設計の自由度が小さいという問題があった。

本発明は、このような従来技術の実情に鑑みてなされたもので、その目的は、1つのモータを駆動源としてキャラクタ本体に直線運動と回転運動を行わせることができると共に、奥行き寸法を小型化して設計の自由度を高められる弾球遊技機の演出装置を提供することにある。

上記の目的を達成するために、本発明による弾球遊技機の演出装置は、外周面に螺旋状溝が刻設されたスクリューシャフトと、このスクリューシャフトを正逆両方向へ回転動作するモータと、前記スクリューシャフトに所定間隔を存して平行に配置されたガイドシャフトと、このガイドシャフトに往復動可能に支持されると共に前記螺旋状溝に係合する係合部が設けられた移動体と、この移動体上に回動可能に搭載されたキャラクタ本体と、このキャラクタ本体に回転軸を介して一体化された駆動体と、これらキャラクタ本体と駆動体を回転方向の初期位置に自動復帰させる復帰ばねと、前記駆動体の移動経路内に配設された規制部材とを備え、前記移動体は前記スクリューシャフトの回転動作に伴って始端位置と終端位置との間を水平方向へ移動可能であると共に、前記回転軸は前記スクリューシャフトと前記ガイドシャフトとの間でこれら両シャフトと直交する方向へ延びており、前記移動体の前記始端位置から前記終端位置に向かう移動途中で前記駆動体を前記規制部材に当接させた後、さらに該移動体を前記終端位置側へ移動させることにより、前記キャラクタ本体と前記駆動体を前記復帰ばねのばね力に抗して前記初期位置から回転させるように構成した。

このように構成された弾球遊技機の演出装置では、キャラクタ本体を搭載した移動体が始端位置にあるときに、モータを駆動源としてスクリューシャフトが一方向へ回転動作すると、移動体がスクリューシャフトとガイドシャフトの軸線に沿って水平方向へ移動し、キャラクタ本体は移動体と共に始端位置から終端位置に向かって移動する。この移動途中でキャラクタ本体に連結された駆動体が規制部材に当接した後、さらに移動体が終端位置に向かって移動すると、移動体を終端位置に向けて移動させる推進力(直線運動)が駆動体の回転運動に変換されるため、移動体が終端位置に到達する間にキャラクタ本体が回転動作する。つまり、駆動体と規制部材によって移動体の直線運動をキャラクタ本体の回転運動に変換する作動変換機構が構成されている。また、移動体が終端位置にあるときに、モータを駆動源としてスクリューシャフトが他方向へ回転動作すると、上記と逆の動作が行われ、この場合、移動体が終端位置から移動開始すると、キャラクタ本体は逆向きに回転動作した後に移動体と共に始端位置まで移動する。ここで、キャラクタ本体と駆動体を連結する回転軸はスクリューシャフトとガイドシャフトとの間でこれら両シャフトと直交する方向へ延びており、それに伴って作動変換機構の構成部品である駆動体と規制部材をスクリューシャフトとガイドシャフト間に配置することができるため、装置全体の奥行き方向を小型化して設計の自由度を高めることができる。

上記の構成において、規制部材は平板状を含めて種々の形状のものを採用することが可能であり、例えば規制部材に移動体の移動方向に対して傾斜するテーパ面が形成されており、駆動体がこのテーパ面に当接しながら回転するように構成すると、駆動体が規制部材に当接するときの角度が緩くなるため、駆動体(キャラクタ本体)を回転させるのに必要な移動体の推進力を低減することができ、その結果、駆動源として低トルクの小型モータを用いることができる。

あるいは、規制部材に、移動中の駆動体に当接する受け面と、この受け面から終端位置側へ傾斜する逃げ部とが形成されており、移動体が終端位置を越えてオーバーランしたとき、駆動体の当接箇所が受け面から逃げ部へ移行するように構成しても良い。このように構成すると、移動体が終端位置で停止せずに何らかの原因でオーバーランしたときに、駆動体と規制部材の当接箇所が受け面から逃げ部へと移行するため、駆動体と規制部材が無理な力で圧接されてロック状態となることはなく、オーバーランに起因する駆動体や規制部材の損傷を防止することができる。

また、上記の構成において、キャラクタ本体とその駆動機構を配置する場所は特に限定されないが、キャラクタ本体が遊技盤の盤面に配設された画像表示画面の前方を左右方向へ移動可能であって、移動体が始端位置から終端位置の手前側まで移動したときに、駆動体を規制部材に当接させてキャラクタ本体が画像表示画面の前方で回転するように構成すると、装置全体の奥行き方向を小型化できるという利点を生かせて好ましい。このように構成すると、キャラクタ本体を画像表示画面の前方で左右方向に移動させながら回転することができるため、画像表示画面上の表示内容とキャラクタ本体の動きとの関連性が強まり、キャラクタ本体による遊技の演出効果をより一層高めることができる。

本発明による弾球遊技機の演出装置は、移動体に回転軸を介してキャラクタ本体と駆動体を回転可能に支持し、この移動体をモータを駆動源とするスクリューシャフトの回転に伴って始端位置と終端位置との間で水平方向へ移動させ、その移動途中で駆動体を規制部材に当接させることにより、移動体の直線運動を駆動体とキャラクタ本体の回転運動に作動変換するようにしたので、1つのモータを駆動源としてキャラクタ本体に直線運動と回転運動という2種類の動作を行わせることができる。また、キャラクタ本体と駆動体を連結する回転軸をスクリューシャフトとガイドシャフトとの間でこれら両シャフトと直交する方向へ延出させており、それに伴って作動変換機構の構成部品である駆動体と規制部材をスクリューシャフトとガイドシャフト間に配置することができるため、装置全体の奥行き方向を小型化して設計の自由度を高めることができる。

発明の実施の形態について図面を参照して説明すると、図1は本発明の実施形態例に係る弾球遊技機の斜視図、図2は該弾球遊技機に備えられる遊技盤の正面図、図3は該遊技盤の斜視図、図4は該弾球遊技機に備えられる演出ユニットの斜視図、図5は該演出ユニットの正面図、図6は該演出ユニットの平面図、図7は該演出ユニットの側面図、図8は該演出ユニットの駆動部分を示す平面図、図9は該演出ユニットの駆動部分を示す斜視図、図10は該演出ユニットの要部を一方向から見た分解斜視図、図11は該演出ユニットの要部を別方向から見た分解斜視図、図12は図5のA−A線に沿う断面図、図13は該演出ユニットの動作説明図である。

図1に示すように、本実施形態例に係る弾球遊技機は、遊技場の島設備に配置される機枠1と、機枠1に扉状に開閉自在に取り付けられた前面枠2と、前面枠2に収納保持された後述する遊技盤3と、前面枠2の前面に扉状に開閉自在に取り付けられたガラス扉4と、前面枠2の下方に配設された前面ボード5と、前面ボード5に取り付けられた発射ハンドル6等を具備しており、前面ボード5には受け皿7が設けられている。

図2と図3に示すように、遊技盤3の盤面はガイドレール8等で囲まれた遊技領域9となっており、発射ハンドル6が遊技者によって任意角度に回転操作されると、図示せぬ発射装置が受け皿7に貯留された遊技球を遊技領域9に向けて連続的に打ち出すようになっている。遊技領域9の上部中央付近には画像表示画面である液晶パネル(LCD)10や後述する演出ユニット11が配設されており、液晶パネル10の真下位置には一対の始動口12,13が配設されている。上側の始動口12は上面に入賞孔を有する始動口であるが、下側の始動口13は一対の可動片を有する電動チューリップ構造の始動口となっている。そして、両始動口12,13のいずれか一方に遊技球が入賞すると、それを契機として特別図柄表示の抽選が行われ、液晶パネル10上で図柄の変動表示と停止表示が行われる。また、液晶パネル10の左側には通過チャッカー14が配設されており、この通過チャッカー14を遊技球が通過したことを契機に普通図柄表示の抽選が行われ、その抽選結果が当たりの場合に下側の始動口13の可動片を一時的に開放して遊技球の入球を許可するようになっている。さらに、始動口12,13の真下位置にはアタッカーと呼ばれる大入賞口15が配設されており、大入賞口15の左右両側には複数の一般入賞口16が配設されている。なお、いずれの始動口12,13や大入賞口15や一般入賞口16に入賞しなかった遊技球は、遊技領域9の最下端部に設けられたアウト口17から遊技盤3の裏面側に排出されるようになっている。

前記演出ユニット11は液晶パネル10の前方に配設されており、液晶パネル10の下側左半分に設けられたステージと呼ばれる入賞経路の右側に隣接している。図4〜図12に示すように、この演出ユニット11は、上面を開口する有底細長形状の下ケース18と、下ケース18の上部開口端を塞ぐ上ケース19とを備えており、これら両ケース18,19はスナップ結合によって一体化されて中空構造の筐体20を構成している。下ケース18と上ケース19の短辺側の接合面にはスクリューシャフト21とガイドシャフト22の各両端が回転可能に支承されており、これらスクリューシャフト21とガイドシャフト22は一定間隔を保って平行に延びている。下ケース18の中央より左側の内底面には規制部材としての規制壁18aが立設されており、この規制壁18aはスクリューシャフト21とガイドシャフト22の下方位置で両者21,22と直交する方向へ平板状に延びている。また、上ケース19には長手方向に延びるガイド孔19aが穿設されており、このガイド孔19aはスクリューシャフト21とガイドシャフト22の間に位置して両者21,22と平行に延びている。下ケース18の一側面にはギアボックス23がねじ止めされており、下ケース18の下方に配置されたモータ24がギアボックス23の側面に固定されている。モータ24の回転軸にはギア25が取り付けられており、このギア25は中継ギア26を介してスクリューシャフト21の一端に取り付けられたギア27に噛合している。各ギア25,26,27はギアボックス23の内部に収納されており、モータ24が正逆いずれかの方向へ回転すると、その回転が各ギア25,26,27を介してスクリューシャフト21に伝達されるようになっている。

スクリューシャフト21とガイドシャフト22には移動体28が係合されている。この移動体28は半割構造の上側移動体29と下側移動体30からなり、これら上側移動体29と下側移動体30はスクリューシャフト21とガイドシャフト22を上下方向から挟んでねじ止めすることにより一体化されている。下側移動体30の中央部には円形孔30aが穿設されており、下側移動体30の上面には円形孔30aを挟んで平行に延びる一対のガイド溝30b,30cが形成されている。また、下側移動体30の左右両側面には検出片30d,30eが突出形成されている。

上側移動体29の中央部には筒状部29aが形成されており、上側移動体29の下面には筒状部29aを介して平行に延びる一対のU字状溝29b,29cが形成されている。スクリューシャフト21は上側移動体29の一方のU字状溝29bと下側移動体30の一方のガイド溝30bとで画成される円筒状孔に挿通されており、この円筒状孔の内部でU字状溝29bの内周面に突設された係合部29dがスクリューシャフト21の外周面に刻設された螺旋状溝21aと係合している(図12参照)。また、ガイドシャフト22は上側移動体29の他方のU字状溝29cと下側移動体30の他方のガイド溝30cとで画成される円筒状孔に挿通されている。したがって、モータ24を駆動源としてスクリューシャフト21が回転すると、移動体28(上側移動体29と下側移動体30)がガイドシャフト22に案内されながらスクリューシャフト21の軸線に沿って水平方向(図8のX1−X2方向)へ往復移動する。

上側移動体29の筒状部29aには上下一対の軸受け31を介して回転軸32が回転可能に支承されており、この回転軸32はスクリューシャフト21とガイドシャフト22の軸線と直交する方向、すなわち筐体20の上下方向に延びている。回転軸32の上端部は上ケース19のガイド孔19aを挿通して筐体20の上方へ突出しており、この突出部分にキャラクタ本体33の台座33aが圧入・固定されている。キャラクタ本体33は銃を手にした人物を模しており、この人物が台座33a上に起立した状態で一体化されている。

回転軸32の下端部は筒状部29aと共に円形孔30aを挿通して下側移動体30の下方へ突出しており、この突出部分に駆動体34の係合孔34aが挿入されている。回転軸32と係合孔34aは例えばDカット形状によって回転方向へ規制されて一体的に回転するようになっており、係合孔34aから突出する回転軸32の下端に図示せぬEリングを嵌合することにより、駆動体34は回転軸32からの脱落が防止されている。円形孔30aから突出した筒状部29aには捩りコイルばね35の巻回部が挿入されており、この捩りコイルばね35の両腕部を下側移動体30の側壁と駆動体34の小孔34bに掛止めすることにより、駆動体34は捩りコイルばね35を復帰ばねとして一方向(反時計回り方向)へ回転付勢されている。駆動体34の上面には突出片34cが形成されており、この突出片34cが下側移動体30の側壁に形成されたストッパ30fに当接することによって、駆動体34は回転方向に角度規制されている。また、駆動体34の下面にはローラ36が回転可能に支承されており、このローラ36の高さ方向中央部は前述した規制壁18a(規制部材)の上端とほぼ同一高さに設定されている。後述するように、これら駆動体34と規制壁18aとによって移動体28の直線運動をキャラクタ本体33の回転運動に変換する作動変換機構が構成されている。

なお、図8に示すように、下ケース18の内底面の左右両側には回路基板37,38がそれぞれ搭載されており、これら回路基板37,38上にはフォトインタラプタからなる光検出スイッチ39,40が実装されている。図示左側の光検出スイッチ39は下側移動体30に形成された一方の検出片30dの移動経路内に位置し、図示右側の光検出スイッチ40は下側移動体30に形成された他方の検出片30eの移動経路内に位置している。

このように構成された演出ユニット11おいて、通常、キャラクタ本体33等を含む移動体28は図8に示すホームポジションにあり、このホームポジションを「始端位置」と呼ぶと、図2(a)と図3(a)に示すように、キャラクタ本体33は「始端位置」において正面を向いた姿勢で液晶パネル10の右側に位置している。そして、移動体28はスクリューシャフト21の回転に伴って図8のX1−X2方向へ往復移動するが、X1方向の末端位置を「終端位置」と呼ぶと、図2(b)と図3(b)に示すように、キャラクタ本体33は「終端位置」において後ろ向きの姿勢で液晶パネル10の画面に対峙する。以下、かかる演出ユニット11の動作を主として図13を参照しながら説明する。

移動体28が図13(a)の2点鎖線で示す「始端位置」にあるときに、モータ24の回転(例えば正転)によってスクリューシャフト21が一方向へ回転を開始すると、移動体28はガイドシャフト22に案内されながらスクリューシャフト21の軸線に沿ってX1方向(左方向)へ移動し、移動体28が所定量移動した時点で駆動体34のローラ36が下ケース18の内底面に立設された規制壁18aに当接する。この状態で移動体28がさらにX1方向へ移動すると、図13(b)に示すように、ローラ36が規制壁18aの平坦面を同図の真上に向かって転動するため、移動体28をX1方向へ移動させようとするモータ24からの推進力(直線運動)が駆動体34の回転運動に変換され、駆動体34と回転軸32およびキャラクタ本体33が移動体28に対して同図の時計回り方向へ回転し始める。図13(c)に示すように、移動体28がさらにX1方向へ移動して「終端位置」まで達すると、図示左側の光検出スイッチ39が下側移動体30の検出片30dを検出してモータ24に停止信号を出力するため、移動体28は「終端位置」で停止し、この時点で駆動体34と回転軸32およびキャラクタ本体33は回転方向の初期位置から約半周する。したがって、キャラクタ本体33は正面を向いた姿勢を保ったまま「始端位置」から「終端位置」に向かって液晶パネル10の前方を水平方向に移動し、「終端位置」の手前位置から回転しながら「終端位置」に到達し、「終端位置」でキャラクタ本体33は後ろ向きの姿勢で液晶パネル10の画面に対向することとなる。その際、液晶パネル10の画面上に例えばキャラクタ本体33の銃から発射された様子等を表示すれば、液晶パネル10の表示内容とキャラクタ本体33の動きとの関連性が強まるため、キャラクタ本体33による遊技の演出効果を著しく高めることができる。

また、移動体28が図13(c)で示す「終端位置」にあるときに、モータ24を逆転させてスクリューシャフト21が他方向へ回転を開始すると、上記と逆の動作が行われる。この場合、「終端位置」にある移動体28がX2方向(右方向)へ移動すると、まずローラ36が規制壁18aの平坦面を転動する間に、駆動体34が捩りコイルばね35の付勢力によって初期位置まで回転復帰するため、キャラクタ本体33は後ろ向きの姿勢から正面に戻る。そして、ローラ36が規制壁18aから離反した後、移動体28がさらにX2方向へ移動して「始端位置」まで達すると、図示右側の光検出スイッチ40が下側移動体30の検出片30eを検出してモータ24に停止信号を出力するため、移動体28が「始端位置」で停止してキャラクタ本体33をホームポジションに待機させる。

本実施形態例に係る弾球遊技機の演出装置では、移動体28に回転軸32を介してキャラクタ本体33と駆動体34を回転可能に支持すると共に、この移動体28をモータ24を駆動源とするスクリューシャフト21の回転動作によって「始端位置」と「終端位置」との間で水平方向へ移動するようにし、この移動体28の移動途中で駆動体34のローラ36を規制壁18aに当接させることにより、移動体28の直線運動をキャラクタ本体33の回転運動に作動変換するようにしたので、1つのモータ24を駆動源としてキャラクタ本体33に直線運動と回転運動という2種類の動作を行わせることができる。また、スクリューシャフト21とガイドシャフト22との間で移動体28に回転軸32を鉛直方向へ延出させてあり、それに伴って回転軸32に固定された駆動体34がスクリューシャフト21とガイドシャフト22で挟まれた空間の真下を水平方向へ移動するようになっているため、作動変換機構の構成部品である駆動体34と規制壁18a(規制部材)をスクリューシャフト21とガイドシャフト22間に配置することができ、装置全体の奥行き方向を小型化して設計の自由度を高めることができる。

また、このように奥行き寸法を小型化した演出ユニット11を液晶パネル10の前方に配設することによって、キャラクタ本体33が液晶パネル10の前方を左右方向へ往復移動するようにし、移動体28が「始端位置」から「終端位置」の手前側まで移動したときに、キャラクタ本体33が液晶パネル10の前方で半回転して後ろ向きになるようにしたので、液晶パネル10の画面上の表示内容とキャラクタ本体33の動きとの関連性を強めることが可能となり、キャラクタ本体33による遊技の演出効果を著しく高めることができる。

なお、上記実施形態例では、規制部材としての規制壁18aを平板状に形成し、駆動体34のローラ36が規制壁18aの平坦面を移動体28の移動方向と直交する方向へ転動するようにしているが、ローラ36が転動する規制壁18aの表面を平坦面以外の形状にすることも可能である。

例えば、図14の変形例に示すように、規制壁41の一部に移動体28の移動方向に対してガイドシャフト22側へ傾斜するテーパ面41aを形成し、ローラ36がこのテーパ面41aに当接するようにしても良い。このように構成すると、図14(a)および図14(b)に示すように、ローラ36が規制壁41当接するときの角度が緩くなってテーパ面41a上を転動するため、駆動体34やキャラクタ本体33を必要な移動体28の推進力を低減することができ、その結果、移動体28の駆動源として低トルクの小型モータを用いることができる。

また、図15の変形例に示すように、規制壁42に、移動体28の移動方向に対して直交する方向へ延びる受け面42aと、この受け面42aの一端部からスクリューシャフト21に向かって「終端位置」側へ傾斜する逃げ部42bとを形成し、ローラ36がこの受け面42a上を転動するようにしても良い。このように構成すると、移動体28が「始端位置」と「終端位置」との間を正常に往復移動する場合、図15(a)〜(c)に示すようにローラ36は受け面42a上を転動することになるが、何らかの原因(例えば、光検出スイッチ39の検出誤差)によって移動体28が「終端位置」で停止せずにオーバーランした場合、ローラ36が受け面42aから逃げ部42bへ移行することにより、ローラ36と規制壁42が無理な力で圧接されてロック状態になることを防止できるため、ローラ36を含む駆動体34や規制壁42あるいはモータ24等の損傷を未然に防止できる。

本発明の実施形態例に係る弾球遊技機の斜視図である。 該弾球遊技機に備えられる遊技盤の正面図である。 該遊技盤の斜視図である。 該弾球遊技機に備えられる演出ユニットの斜視図である。 該演出ユニットの正面図である。 該演出ユニットの平面図である。 該演出ユニットの側面図である。 該演出ユニットの駆動部分を示す平面図である。 該演出ユニットの駆動部分を示す斜視図である。 該演出ユニットの要部を一方向から見た分解斜視図である。 該演出ユニットの要部を別方向から見た分解斜視図である。 図5のA−A線に沿う断面図である。 該演出ユニットの動作説明図である。 規制部材の変形例を示す演出ユニットの動作説明図である。 規制部材の変形例を示す演出ユニットの動作説明図である。

符号の説明

3 遊技盤
9 遊技領域
10 液晶パネル(画像表示画面)
11 演出ユニット
18 下ケース
18a 規制壁(規制部材)
19 上ケース
19a ガイド孔
20 筐体
21 スクリューシャフト
21a 螺旋状溝
22 ガイドシャフト
28 移動体
29 上側移動体
29a 筒状部
29b,29c U字状溝
29d 係合部
30 下側移動体
30a 円形孔
30b,30c ガイド溝
30d,30e 検出片
30f ストッパ
31 軸受け
32 回転軸
33 キャラクタ本体
33a 台座
34 駆動体
34a 係合孔
34b 小孔
34c 突出片
35 捩りコイルばね(復帰ばね)
36 ローラ
39,40 光検出スイッチ
41 規制壁(規制部材)
41a テーパ面
42 規制壁(規制部材)
42a 受け面
42b 逃げ部

Claims (4)

  1. 外周面に螺旋状溝が刻設されたスクリューシャフトと、このスクリューシャフトを正逆両方向へ回転動作するモータと、前記スクリューシャフトに所定間隔を存して平行に配置されたガイドシャフトと、このガイドシャフトに往復動可能に支持されると共に前記螺旋状溝に係合する係合部が設けられた移動体と、この移動体上に回動可能に搭載されたキャラクタ本体と、このキャラクタ本体に回転軸を介して一体化された駆動体と、これらキャラクタ本体と駆動体を回転方向の初期位置に自動復帰させる復帰ばねと、前記駆動体の移動経路内に配設された規制部材とを備え、
    前記移動体は前記スクリューシャフトの回転動作に伴って始端位置と終端位置との間を水平方向へ移動可能であると共に、前記回転軸は前記スクリューシャフトと前記ガイドシャフトとの間でこれら両シャフトと直交する方向へ延びており、
    前記移動体の前記始端位置から前記終端位置に向かう移動途中で前記駆動体を前記規制部材に当接させた後、さらに該移動体を前記終端位置側へ移動させることにより、前記キャラクタ本体と前記駆動体を前記復帰ばねのばね力に抗して前記初期位置から回転させるようにしたことを特徴とする弾球遊技機の演出装置。
  2. 請求項1の記載において、前記規制部材に前記移動体の移動方向に対して傾斜するテーパ面が形成されており、前記駆動体が前記テーパ面に当接しながら回転するようにしたことを特徴とする弾球遊技機の演出装置。
  3. 請求項1の記載において、前記規制部材に、移動中の前記駆動体に当接する受け面と、この受け面から前記終端位置側へ傾斜する逃げ部とが形成されており、前記移動体が前記終端位置を越えてオーバーランしたとき、前記駆動体の当接箇所が前記受け面から前記逃げ部へ移行するようにしたことを特徴とする弾球遊技機の演出装置。
  4. 請求項1乃至3のいずれか1項の記載において、前記キャラクタ本体が遊技盤の盤面に配設された画像表示画面の前方を左右方向へ移動可能であって、前記移動体が前記始端位置から前記終端位置の手前側まで移動したときに、前記駆動体を前記規制部材に当接させて前記キャラクタ本体が前記画像表示画面の前方で回転するようにしたことを特徴とする弾球遊技機の演出装置。
JP2008177086A 2008-07-07 2008-07-07 弾球遊技機の演出装置 Pending JP2010012163A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2008177086A JP2010012163A (ja) 2008-07-07 2008-07-07 弾球遊技機の演出装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2008177086A JP2010012163A (ja) 2008-07-07 2008-07-07 弾球遊技機の演出装置

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2010012163A true JP2010012163A (ja) 2010-01-21

Family

ID=41698888

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2008177086A Pending JP2010012163A (ja) 2008-07-07 2008-07-07 弾球遊技機の演出装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2010012163A (ja)

Cited By (12)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2012034851A (ja) * 2010-08-06 2012-02-23 Okumura Yu-Ki Co Ltd 遊技機の可動役物装置
JP2012125478A (ja) * 2010-12-17 2012-07-05 Daito Giken:Kk 遊技台
JP2014087610A (ja) * 2013-09-30 2014-05-15 Sophia Co Ltd 遊技機
JP2014104224A (ja) * 2012-11-28 2014-06-09 Sanyo Product Co Ltd 遊技機
JP2015080669A (ja) * 2013-10-24 2015-04-27 株式会社ソフイア 遊技機
JP2015097770A (ja) * 2013-11-20 2015-05-28 株式会社ニューギン 遊技機
JP2016087212A (ja) * 2014-11-07 2016-05-23 株式会社大都技研 遊技台
JP2017006394A (ja) * 2015-06-22 2017-01-12 株式会社Naito 遊技機の駆動装置及び駆動方法
JP2017023180A (ja) * 2015-07-16 2017-02-02 豊丸産業株式会社 演出装置及び遊技機
JP2017087026A (ja) * 2017-02-23 2017-05-25 株式会社三洋物産 遊技機
JP2018042941A (ja) * 2016-09-16 2018-03-22 株式会社ユニバーサルエンターテインメント 遊技機
JP2018042940A (ja) * 2016-09-16 2018-03-22 株式会社ユニバーサルエンターテインメント 遊技機

Citations (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2003260208A (ja) * 2002-03-11 2003-09-16 Aruze Corp 遊技機、制御プログラム及びサーバ
JP2006075231A (ja) * 2004-09-07 2006-03-23 Nippon Pachinko Buhin Kk 遊技機用演出装置及びそれを用いた遊技機
JP2006230898A (ja) * 2005-02-28 2006-09-07 Sansei R & D:Kk 遊技機

Patent Citations (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2003260208A (ja) * 2002-03-11 2003-09-16 Aruze Corp 遊技機、制御プログラム及びサーバ
JP2006075231A (ja) * 2004-09-07 2006-03-23 Nippon Pachinko Buhin Kk 遊技機用演出装置及びそれを用いた遊技機
JP2006230898A (ja) * 2005-02-28 2006-09-07 Sansei R & D:Kk 遊技機

Cited By (12)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2012034851A (ja) * 2010-08-06 2012-02-23 Okumura Yu-Ki Co Ltd 遊技機の可動役物装置
JP2012125478A (ja) * 2010-12-17 2012-07-05 Daito Giken:Kk 遊技台
JP2014104224A (ja) * 2012-11-28 2014-06-09 Sanyo Product Co Ltd 遊技機
JP2014087610A (ja) * 2013-09-30 2014-05-15 Sophia Co Ltd 遊技機
JP2015080669A (ja) * 2013-10-24 2015-04-27 株式会社ソフイア 遊技機
JP2015097770A (ja) * 2013-11-20 2015-05-28 株式会社ニューギン 遊技機
JP2016087212A (ja) * 2014-11-07 2016-05-23 株式会社大都技研 遊技台
JP2017006394A (ja) * 2015-06-22 2017-01-12 株式会社Naito 遊技機の駆動装置及び駆動方法
JP2017023180A (ja) * 2015-07-16 2017-02-02 豊丸産業株式会社 演出装置及び遊技機
JP2018042941A (ja) * 2016-09-16 2018-03-22 株式会社ユニバーサルエンターテインメント 遊技機
JP2018042940A (ja) * 2016-09-16 2018-03-22 株式会社ユニバーサルエンターテインメント 遊技機
JP2017087026A (ja) * 2017-02-23 2017-05-25 株式会社三洋物産 遊技機

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP5039669B2 (ja) 遊技機
JP4624379B2 (ja) 装飾体の発光構造、遊技盤、及びパチンコ遊技機
JP5222193B2 (ja) 可動役物装置
JP4853783B2 (ja) 遊技機
JP4739053B2 (ja) 遊技機用の可動式演出装置
JP2010104565A (ja) 遊技機
JP4887416B2 (ja) 装飾体ユニット、遊技盤ユニット、及びパチンコ遊技機
JP2009153853A (ja) 弾球遊技機
JP4464983B2 (ja) 遊技機
JP6062236B2 (ja) 遊技機の演出操作装置
JP4660302B2 (ja) 遊技機
JP2010029372A (ja) 分割型可動画像表示装置、遊技盤、及びパチンコ遊技機
JP2007319374A (ja) 遊技機の可動式演出装置
JP5701580B2 (ja) 遊技機
JP2012034746A (ja) パチンコ遊技機
JP4909335B2 (ja) 遊技機
JP4667402B2 (ja) Directional device for a ball game machine
JP2008113757A (ja) 遊技機用演出装置
JP2007244674A (ja) 遊技機の表示装置
JP2005312515A (ja) 弾球遊技機
JP2010082179A (ja) 遊技機
JP5612260B2 (ja) 遊技機
JP2003325731A (ja) ゲーム機及びゲームの表示方法
JP2012110432A (ja) 遊技機
JP2009247746A (ja) パチンコ機

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Effective date: 20110509

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

A131 Notification of reasons for refusal

Effective date: 20120703

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20120820

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20120904