JP2009543476A - サブネットワークによる連続待機時間の改善 - Google Patents

サブネットワークによる連続待機時間の改善 Download PDF

Info

Publication number
JP2009543476A
JP2009543476A JP2009518604A JP2009518604A JP2009543476A JP 2009543476 A JP2009543476 A JP 2009543476A JP 2009518604 A JP2009518604 A JP 2009518604A JP 2009518604 A JP2009518604 A JP 2009518604A JP 2009543476 A JP2009543476 A JP 2009543476A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
traffic
broadcast
wireless
multicast traffic
subnetwork
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2009518604A
Other languages
English (en)
Inventor
デシュパンデ、マノジ・エム.
ナンダ、サンジブ
メイラン、アルナード
Original Assignee
クゥアルコム・インコーポレイテッドQualcomm Incorporated
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to US81767906P priority Critical
Priority to US11/680,400 priority patent/US8274956B2/en
Application filed by クゥアルコム・インコーポレイテッドQualcomm Incorporated filed Critical クゥアルコム・インコーポレイテッドQualcomm Incorporated
Priority to PCT/US2007/072681 priority patent/WO2008005943A2/en
Publication of JP2009543476A publication Critical patent/JP2009543476A/ja
Application status is Pending legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04WWIRELESS COMMUNICATION NETWORKS
    • H04W72/00Local resource management, e.g. wireless traffic scheduling or selection or allocation of wireless resources
    • H04W72/005Resource management for broadcast services
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04WWIRELESS COMMUNICATION NETWORKS
    • H04W52/00Power management, e.g. TPC [Transmission Power Control], power saving or power classes
    • H04W52/02Power saving arrangements
    • H04W52/0209Power saving arrangements in terminal devices
    • H04W52/0212Power saving arrangements in terminal devices managed by the network, e.g. network or access point is master and terminal is slave
    • H04W52/0216Power saving arrangements in terminal devices managed by the network, e.g. network or access point is master and terminal is slave using a pre-established activity schedule, e.g. traffic indication frame
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04WWIRELESS COMMUNICATION NETWORKS
    • H04W52/00Power management, e.g. TPC [Transmission Power Control], power saving or power classes
    • H04W52/02Power saving arrangements
    • H04W52/0209Power saving arrangements in terminal devices
    • H04W52/0212Power saving arrangements in terminal devices managed by the network, e.g. network or access point is master and terminal is slave
    • H04W52/0219Power saving arrangements in terminal devices managed by the network, e.g. network or access point is master and terminal is slave where the power saving management affects multiple terminals
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04WWIRELESS COMMUNICATION NETWORKS
    • H04W88/00Devices specially adapted for wireless communication networks, e.g. terminals, base stations or access point devices
    • H04W88/02Terminal devices
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
    • Y02DCLIMATE CHANGE MITIGATION TECHNOLOGIES IN INFORMATION AND COMMUNICATION TECHNOLOGIES [ICT], I.E. INFORMATION AND COMMUNICATION TECHNOLOGIES AIMING AT THE REDUCTION OF THIR OWN ENERGY USE
    • Y02D70/00Techniques for reducing energy consumption in wireless communication networks
    • Y02D70/10Techniques for reducing energy consumption in wireless communication networks according to the Radio Access Technology [RAT]
    • Y02D70/14Techniques for reducing energy consumption in wireless communication networks according to the Radio Access Technology [RAT] in Institute of Electrical and Electronics Engineers [IEEE] networks
    • Y02D70/142Techniques for reducing energy consumption in wireless communication networks according to the Radio Access Technology [RAT] in Institute of Electrical and Electronics Engineers [IEEE] networks in Wireless Local Area Networks [WLAN]
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
    • Y02DCLIMATE CHANGE MITIGATION TECHNOLOGIES IN INFORMATION AND COMMUNICATION TECHNOLOGIES [ICT], I.E. INFORMATION AND COMMUNICATION TECHNOLOGIES AIMING AT THE REDUCTION OF THIR OWN ENERGY USE
    • Y02D70/00Techniques for reducing energy consumption in wireless communication networks
    • Y02D70/10Techniques for reducing energy consumption in wireless communication networks according to the Radio Access Technology [RAT]
    • Y02D70/14Techniques for reducing energy consumption in wireless communication networks according to the Radio Access Technology [RAT] in Institute of Electrical and Electronics Engineers [IEEE] networks
    • Y02D70/144Techniques for reducing energy consumption in wireless communication networks according to the Radio Access Technology [RAT] in Institute of Electrical and Electronics Engineers [IEEE] networks in Bluetooth and Wireless Personal Area Networks [WPAN]
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
    • Y02DCLIMATE CHANGE MITIGATION TECHNOLOGIES IN INFORMATION AND COMMUNICATION TECHNOLOGIES [ICT], I.E. INFORMATION AND COMMUNICATION TECHNOLOGIES AIMING AT THE REDUCTION OF THIR OWN ENERGY USE
    • Y02D70/00Techniques for reducing energy consumption in wireless communication networks
    • Y02D70/10Techniques for reducing energy consumption in wireless communication networks according to the Radio Access Technology [RAT]
    • Y02D70/14Techniques for reducing energy consumption in wireless communication networks according to the Radio Access Technology [RAT] in Institute of Electrical and Electronics Engineers [IEEE] networks
    • Y02D70/146Techniques for reducing energy consumption in wireless communication networks according to the Radio Access Technology [RAT] in Institute of Electrical and Electronics Engineers [IEEE] networks in Worldwide Interoperability for Microwave Access [WiMAX] networks
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
    • Y02DCLIMATE CHANGE MITIGATION TECHNOLOGIES IN INFORMATION AND COMMUNICATION TECHNOLOGIES [ICT], I.E. INFORMATION AND COMMUNICATION TECHNOLOGIES AIMING AT THE REDUCTION OF THIR OWN ENERGY USE
    • Y02D70/00Techniques for reducing energy consumption in wireless communication networks
    • Y02D70/20Techniques for reducing energy consumption in wireless communication networks independent of Radio Access Technologies
    • Y02D70/22Techniques for reducing energy consumption in wireless communication networks independent of Radio Access Technologies in peer-to-peer [P2P], ad hoc and mesh networks
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
    • Y02DCLIMATE CHANGE MITIGATION TECHNOLOGIES IN INFORMATION AND COMMUNICATION TECHNOLOGIES [ICT], I.E. INFORMATION AND COMMUNICATION TECHNOLOGIES AIMING AT THE REDUCTION OF THIR OWN ENERGY USE
    • Y02D70/00Techniques for reducing energy consumption in wireless communication networks
    • Y02D70/20Techniques for reducing energy consumption in wireless communication networks independent of Radio Access Technologies
    • Y02D70/23Techniques for reducing energy consumption in wireless communication networks independent of Radio Access Technologies in Voice over IP [VoIP] networks
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
    • Y02DCLIMATE CHANGE MITIGATION TECHNOLOGIES IN INFORMATION AND COMMUNICATION TECHNOLOGIES [ICT], I.E. INFORMATION AND COMMUNICATION TECHNOLOGIES AIMING AT THE REDUCTION OF THIR OWN ENERGY USE
    • Y02D70/00Techniques for reducing energy consumption in wireless communication networks
    • Y02D70/20Techniques for reducing energy consumption in wireless communication networks independent of Radio Access Technologies
    • Y02D70/26Techniques for reducing energy consumption in wireless communication networks independent of Radio Access Technologies in wearable devices, e.g. watches, glasses

Abstract

ブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックが様々なタイプのトラヒックに分類され、この様々なタイプのトラヒックが、別々のサブネットワークで送信される。さらに、この別々のサブネットワークのそれぞれに、異なる送信スケジュールが関連付けられることが可能である。このようにして、装置が、対応するサブネットワークがトラヒックを送信する間隔でのみ省電力モードから覚醒することにより、プライマリネットワークによって提供される様々なタイプのトラヒックのうちの選択された部分だけを受信するように構成されることが可能である。このようにして、無線局の覚醒頻度を下げ、覚醒時間を短くすることが可能になるため、無線局の連続待機時間を改善することが可能である。様々なタイプのブロードキャストおよびマルチキャストのトラヒックを搬送する別々のサブネットワークが、802.11ベースのシステムに実装されることが可能である。たとえば、単一のアクセスポイントが、単一の無線チャネルに対して複数の基本サービスセット識別子を定義することが可能である。

Description

(35 U.S.C.119に基づく優先権の主張)
本出願は、参照により開示が本明細書に組み込まれている、2006年6月30日に出願された米国特許仮出願第60/817679号(件名「デュアルSSIDによるWLANのための連続待機時間の改善(STANDBY TIME IMPROVEMENTS FOR WLAN WITH DUAL SSID)」)の利益および優先権を主張するものである。

本出願は、主として通信に関し、様々なタイプに分類されて別々のサブネットワークで送信されるトラヒックに関する。

電子装置は、他の電子装置へ情報を送信したり、他の電子装置から情報を受信したりするために、1つまたは複数の通信プロトコルをサポートする場合がある。たとえば、移動装置が、別の装置と電波で通信するために、IEEE 802.11のような無線プロトコルをサポートする場合がある。802.11では、アクセスポイントが、無線局の1つまたは複数のセットと通信するための、1つまたは複数の基本サービスセットを定義することが可能である。ここで、各基本サービスセットは、一意の基本サービスセット識別子(「BSSID」)によって定義される。したがって、所与の基本サービスセットによる、ある装置と別の装置との通信は、相手の装置へ送信される各フレームに、対応する基本サービスセット識別子を含めることによって、行われることが可能である。

無線利用においては、移動装置が動作可能な、バッテリ再充電までの時間を長くすることが望ましい。一般に、移動装置は、2つの状態のうちのいずれかで動作する。通話時間は、主として、呼が進行中の場合のように、移動装置がユーザトラヒックの送信または受信にアクティブに従事している時間を意味する。待機時間は、主として、移動装置が、アクティブな通信を行っていないものの、電源が完全に切れているわけではない時間を意味する。待機時間の間も、移動装置は、ある種のトラヒック(たとえば、シグナリング(signaling))の送受信を行うことが可能である。移動装置の動作時間を長くする、従来の方法は、比較的大きなバッテリを移動装置に組み込むことである。残念なことに、この方法は、移動装置のユーザにとって、コストが高く、利便性に欠けるものであろう。

IEEE 802.11ファミリの通信プロトコルのような通信プロトコルは、移動装置がデータの送信または受信をアクティブに行っていない場合には移動装置が省電力モードに移行することを可能にする手順を定義することによって、無線通信装置における省電力をサポートすることが可能である。たとえば、移動装置にトラヒックフレームを供給する、802.11ベースのアクセスポイントが、移動装置が省電力モードであるときに、これらのフレームをバッファリングすることが可能である。さらに、802.11ファミリのプロトコルは、移動装置が、省電力モードから通常動作モードに移行した際に、通信チャネルにアクセスして、アクセスポイントからフレームを受信したり、アクセスポイントへフレームを送信したりすることを可能にする手順を定義する。

ダウンリンクのブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックの場合、アクセスポイントは、所与の基本サービスセット中の移動装置のいずれかが省電力モードである場合には、トラヒックを一時的にバッファリングする。この場合、アクセスポイントは、基本サービスセット中の移動装置へ、所定の間隔でブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックを送信する。したがって、省電力モードであった移動装置は、所定の間隔で覚醒して、バッファリングされた、この基本サービスセットのためのブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックを受信することが可能である。

応用によっては、所与の移動装置のユーザは、ブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックの一部のみを受信したい場合がある。しかしながら、従来の802.11ベースのアプローチでは、移動装置は、ユーザがブロードキャストまたはマルチキャストの関心対象のトラヒックのすべてを確実に受信できるように、指定の間隔ごとに省電力モードから覚醒するように構成される。結果として、不要である可能性が高いトラヒックを、覚醒して受信しなければならないために、移動装置の待機時間が短くなる可能性がある。

以下に、本開示の例示的態様の概要を示す。本明細書では、便宜上、1つまたは複数の態様を、単に「態様」と称することがある。

態様によっては、ブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックが様々なタイプのトラヒックに分類されて、別々のサブネットワークで送信される。たとえば、プライマリネットワークに関連付けられた(たとえば、プライマリネットワークから受信された)1つのタイプのブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックが、1つのサブネットワークで送信され、このプライマリネットワークに関連付けられた、他のタイプのブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックが、別のサブネットワークで送信されることが可能である。

態様によっては、別々のサブネットワークのそれぞれに、異なる送信スケジュールが関連付けられる。たとえば、第1の時間間隔に従って、1つのサブネットワークでトラヒックを送信し、第1の時間間隔と異なる第2の時間間隔に従って、別のサブネットワークでトラヒックを送信することが可能である。このようにして、装置が、対応するサブネットワークがトラヒックを送信する間隔でのみ省電力モードから覚醒することにより、プライマリネットワークによって提供される様々なタイプのトラヒックのうちの選択された部分だけを受信するように構成されることが可能である。ここで、様々なタイプのブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックは、(たとえば、ストリーミングデータを含む)様々な形態で送信されたデータからなることが可能である。本明細書では、便宜上、これらの様々なタイプのデータ(たとえば、様々なタイプのデータストリーム)を、単に、様々なタイプの「トラヒック」と称する。

態様によっては、様々なタイプのブロードキャストおよびマルチキャストのトラヒックは、ユーザプレーントラヒックおよび制御プレーントラヒックを備えることが可能である。たとえば、ユーザプレーントラヒックは、ユーザアプリケーションに関連付けられることが可能であり、制御プレーントラヒックは、装置の管理や装置へのアクセスに関連付けられることが可能である。

実施態様によっては、制御プレーントラヒックが第1のサブネットワークで送信され、制御プレーントラヒックおよびユーザプレーントラヒックが第2のサブネットワークで送信されることが可能である。さらに、省電力モードの間は、第1のサブネットワークのトラフィック送信頻度を第2のサブネットワークより低くすることが可能である。したがって、無線局が、ユーザプレーントラヒックを受信する必要はないが、制御プレーントラヒックを受信する必要がある場合、無線局は、第1のサブネットワークからのトラフィックを受信するために省電力モードから覚醒することだけを選択することが可能である。このようにして、無線局の覚醒頻度を下げ、覚醒時間を短くすることが可能になるため、無線局の連続待機時間を改善することが可能である。

態様によっては、様々なタイプのブロードキャストおよびマルチキャストのトラヒックを搬送する別々のサブネットワークが、802.11ベースのシステムに実装されることが可能である。ここで、アクセスポイントが、プライマリネットワークに関連付けられたブロードキャストおよびマルチキャストのトラヒックをフィルタリングして、これらのトラヒックを様々なタイプに分類し、この分類されたトラヒックを別々のサブネットワークで出力するように構成されることが可能である。アクセスポイントはまた、別々のサブネットワークのそれぞれに、異なる送信スケジュールを割り当てることが可能である。

これにより、無線局が、いずれかのサブネットワークに関連付けられることにより、選択された一部のタイプのトラヒックを受信するように適合されることが可能である。たとえば、無線局は、選択されたサブネットワークの送信スケジュールに対応する間隔でのみ省電力モードから覚醒することが可能である。

態様によっては、(たとえば、単一の物理的装置のかたちの)単一のアクセスポイントが、単一の無線チャネルで、複数の基本サービスセットをホストする。このようにして、アクセスポイントは、トラヒックの、異なるサブセットを、共通チャネル上の(それぞれが所与の基本サービスセット識別子に関連付けられた)別々のサブネットワークで提供することが可能である。

態様によっては、共通ネットワークに関連付けられた複数の別々の無線サブネットワークのうちの少なくとも1つからブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックを受信する方法が、これらの複数の別々の無線サブネットワークのうちの、そこからトラヒックが受信されるべき、少なくとも1つを識別することと、複数の別々の無線サブネットワークのうちの少なくとも1つを介して、複数の別々のタイプのブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックのうちの少なくとも1つを受信することと、を備え、これらの別々の無線サブネットワークに、ブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックの、異なる送信スケジュールが関連付けられる。

態様によっては、共通ネットワークに関連付けられた複数の別々の無線サブネットワークのうちの少なくとも1つからブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックを受信する装置が、これらの複数の別々の無線サブネットワークのうちの、そこからトラヒックが受信されるべき、少なくとも1つを識別するように適合された識別器と、複数の別々の無線サブネットワークのうちの少なくとも1つを介して、複数の別々のタイプのブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックのうちの少なくとも1つを受信するように適合された受信機と、を備え、これらの別々の無線サブネットワークに、ブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックの、異なる送信スケジュールが関連付けられる。

態様によっては、共通ネットワークに関連付けられた複数の別々の無線サブネットワークのうちの少なくとも1つからブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックを受信する装置が、これらの複数の別々の無線サブネットワークのうちの、そこからトラヒックが受信されるべき、少なくとも1つを識別する手段と、複数の別々の無線サブネットワークのうちの少なくとも1つを介して、複数の別々のタイプのブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックのうちの少なくとも1つを受信する手段と、を備え、これらの別々の無線サブネットワークに、ブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックの、異なる送信スケジュールが関連付けられる。

態様によっては、コンピュータプログラム製品が、共通ネットワークに関連付けられた複数の別々の無線サブネットワークのうちの少なくとも1つからブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックを受信するために、これらの複数の別々の無線サブネットワークのうちの、そこからトラヒックが受信されるべき、少なくとも1つを識別することと、複数の別々の無線サブネットワークのうちの少なくとも1つを介して、複数の異なるタイプのブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックのうちの少なくとも1つを受信することと、を少なくとも1つのコンピュータに行わせるコードを備えるコンピュータ可読媒体を備え、これらの別々の無線サブネットワークに、ブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックの、異なる送信スケジュールが関連付けられる。

態様によっては、分類された、ブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックを提供する方法が、ブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックを取得することと、このブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックを、様々なタイプのブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックに分類することと、様々なタイプのブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックを、共通ネットワークに関連付けられている別々の無線サブネットワークに関連付けることと、を備える。

態様によっては、分類された、ブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックを提供する装置が、ブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックを取得するように適合された受信機と、このブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックを、様々なタイプのブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックに分類するように適合された識別器と、様々なタイプのブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックを、共通ネットワークに関連付けられている別々の無線サブネットワークに関連付けるように適合されたトラヒックスケジューラと、を備える。

態様によっては、分類された、ブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックを提供する装置が、ブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックを取得する手段と、このブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックを、様々なタイプのブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックに分類する手段と、様々なタイプのブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックを、共通ネットワークに関連付けられている別々の無線サブネットワークに関連付ける手段と、を備える。

態様によっては、コンピュータプログラム製品が、分類された、ブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックを提供するために、ブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックを取得することと、このブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックを、様々なタイプのブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックに分類することと、様々なタイプのブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックを、共通ネットワークに関連付けられている別々の無線サブネットワークに関連付けることと、を少なくとも1つのコンピュータに行わせるコードを備えるコンピュータ可読媒体を備える。

以下の詳細説明、添付の特許請求項、および添付図面に関して考察を行うことにより、本開示に関連する、以上および他の特徴、態様、および利点がより完全に理解されるであろう。

ブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックが様々なタイプのトラヒックに分類されて複数のサブネットワークで提供される通信システムのいくつかの例示的態様の簡略化されたブロック図である。 ブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックを様々なタイプのトラヒックに分類して複数のサブネットワークで提供することと併せて実行されることが可能な動作のいくつかの例示的態様のフローチャートである。 ブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックを様々なタイプのトラヒックに分類して複数のサブネットワークで提供することと併せて実行されることが可能な動作のいくつかの例示的態様のフローチャートである。 アクセスポイント装置のいくつかの例示的態様の簡略化されたブロック図である。 無線局装置のいくつかの例示的態様の簡略化されたブロック図である。 通信システムを構成するために実行されることが可能な動作のいくつかの例示的態様のフローチャートである。 アクセスポイントによって実行されることが可能な動作のいくつかの例示的態様のフローチャートである。 無線局によって実行されることが可能な動作のいくつかの例示的態様のフローチャートである。 ブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックが様々なタイプのトラヒックに分類されて複数のサブネットワークで提供される通信システムのいくつかの例示的態様の簡略化されたブロック図である。

一般的な慣行に従い、各図面に例示されている種々の特徴は、正確な縮尺で描かれていない場合がある。したがって、これらの種々の特徴の寸法は、明確さのために、任意に拡大されたり、縮小されたりしている場合がある。さらに、図面のいくつかは、明確さのために簡略化されている場合がある。したがって、これらの図面は、所与の装置または方法のすべての構成部分を描いているわけではない場合がある。最後に、本明細書および図面を通して、類似の特徴を指すために、類似の参照符号を用いている場合がある。

本開示の種々の態様を以下に示す。本明細書の教示は、様々な形態で実施されることが可能であること、ならびに、本明細書で開示されている具体的な構造、機能、またはこの両方は、すべて、典型に過ぎないことを理解されたい。当業者であれば、本明細書の教示に基づいて理解されるように、本明細書で開示されている態様は、他のどの態様とも独立に実施されることが可能であり、これらの態様のうちの2つ以上が、様々な様式で組み合わされることが可能である。たとえば、本明細書で説明される諸態様のうちの任意の数の態様を用いて、装置が実装されたり、方法が実施されたりすることが可能である。さらに、本明細書で説明される諸態様のうちの1つまたは複数に加えて、またはこの1つまたは複数以外の、他の構造、機能性、または構造および機能性を用いて、そのような装置が実装されたり、そのような方法が実施されたりすることが可能である。

図1は、通信システム100の特定の態様を示す。このシステムでは、ブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックが、2つ以上の様々なタイプのトラヒックに分類され、異なる時間間隔で、2つ以上の別々のサブネットワークを介して提供されることが可能である。一例として、様々なタイプのトラヒックのうちの1つのサブセットが、第1のサブネットワークを介して提供されることが可能であり、その一方で、様々なタイプのトラヒックのうちの別のサブセットが、第2のサブネットワークを介して提供されることが可能である。

このような手法を用いることにより、システム100は、分類されたブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックを受信する無線装置の連続待機時間を改善する様式で用いられることが可能である。たとえば、所与の無線装置が、他のタイプの、ブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックより配信頻度が低い傾向がある、1つまたは複数の特定のタイプの、ブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックを受信することのみを必要とすることが可能である。この場合、システム100は、これらの様々なタイプのトラヒックを、それぞれ異なるトラヒック送信スケジュールを有する、別々のサブネットワークで提供するように構成されることが可能である。さらに、これらの別々のサブネットワークのトラヒック送信スケジュールは、たとえば、これらの様々なタイプのトラヒックの相対データレート要件またはサービス品質要件に基づいて定義されることが可能である。したがって、無線装置が、1つまたは複数の所望タイプのトラヒックを提供するサブネットワークからトラヒックを受信するためにのみ、省電力モードから覚醒することを選択することが可能である。言い換えると、この無線装置は、これらの1つまたは複数の所望タイプのトラヒックを提供しないサブネットワークについては、トラヒックを受信するために省電力モードから覚醒することを選択しないことが可能である。結果として、このような無線装置は、すべてのトラヒックを同じ間隔で単一ネットワークを介して送信する従来のシステムに配備されている無線装置より、覚醒の頻度を低くすることが可能であり、覚醒時間を短くすることが可能である。

システム100の以上の態様および他の態様について、図1に示された例示的コンポーネントを参照しながら、より詳細に説明する。システム100は、1つまたは複数の関連付けられたユーザ装置(たとえば、アクセス端末)と通信するアクセス装置102を含む。便宜上、ユーザ装置の各種態様については、ユーザ装置104を参照して論じられる。ユーザ装置104に宛てられた、ブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒック(たとえば、フレーム、パケット、その他の形態のデータ)は、種々の様式で、アクセス装置102によって取得されることが可能である。たとえば、実施態様によっては、アクセス装置102は、リンク106で表されるようなネットワーク(たとえば、ワイドエリアネットワーク(「WAN」))を介して別の通信装置からのトラヒックを受信することが可能である。実施態様によっては、アクセス装置102は、ユーザ装置104に宛てられたトラヒックを、リンク106で表されるように、別のユーザ装置または他の何らかの装置から直接受信することが可能である。たとえば、実施態様によっては、アクセス装置102は、ユーザ装置104に宛てられたトラヒックを発生させることが可能である。たとえば、アクセス装置102は、アドレス解決プロトコル(「ARP」)トラヒックまたは動的ホスト構成プロトコル(「DHCP」)トラヒックを発生させることが可能である。

前述のように、特定の状況下では、所与のユーザ装置が、ブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックの一部だけを受信することを必要とすることが可能である。たとえば、ブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックは、制御プレーントラヒック(たとえば、ARPトラヒックまたは他の管理関連トラヒック)、ユーザプレーントラヒック(たとえば、ストリーミングオーディオまたはビデオ)、および、応用によっては他の何らかのタイプのトラヒックを含むことが可能である。しかしながら、場合によっては、ユーザ装置は、ユーザプレーントラヒックを必要としなくてよい。たとえば、ユーザは、所与のアクセスポイントからブロードキャストまたはマルチキャストを受信することを契約しなくてもよく、あるいは、ユーザは、現在のストリーミング番組を監視していなくてもよい。

1つまたは複数の所望タイプのトラヒックをユーザ装置に提供することを容易にするために、アクセス装置102は、ユーザ装置に宛てられたトラヒックを、様々なトラヒックタイプ(たとえば、制御プレーントラヒック、ユーザプレーントラヒックなど)に分類する。次にアクセス装置102は、この様々なトラヒックタイプを、図1のリンク108で表されるような、別々のサブネットワークを介してユーザ装置へ送信する。

前述のように、アクセス装置102は、これらのサブネットワークの、異なる送信時刻を定義することが可能である。たとえば、第1のサブネットワークに関連付けられたユーザ装置が省電力モードである場合、アクセス装置102は、このサブネットワークを介して、第1の時間間隔に基づいて、時々、ブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックを送信することが可能である。これに対し、第2のサブネットワークに関連付けられたユーザ装置が省電力モードである場合、アクセス装置102は、このサブネットワークを介して、第2の時間間隔に基づいて、時々、ブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックを送信することが可能である。ここで、第2の時間間隔は、第1の時間間隔と異なっても(たとえば、より長くても)よい。このような構成を用いることが可能なのは、たとえば、第2のサブネットワークで搬送されるトラヒックが、第1のサブネットワークで搬送されるトラヒックより、送信頻度が低いか、サービス品質要件が低い場合である。一具体例では、第1のサブネットワークは、モバイルテレビのような低遅延のブロードキャストまたはマルチキャストの応用に使用されることが可能であり、第2のサブネットワークは、アイドル時間の間にユーザ装置の省電力を最適化するように構成される。

ユーザ装置104は、トラヒックの送信または受信を行っていないときに、省電力モードに移行することが可能である。たとえば、省電力モードの間は、ユーザ装置104のコンポーネントの少なくとも一部が、一時停止状態に切り替えられたり、電源を切られたりすることが可能である。典型的な応用では、受信機110のような下位レイヤ構成部分(たとえば、無線部分)が、節電のために一時停止状態に切り替えられることが可能である。このようにして、ユーザ装置104は、電力を節約して連続待機時間を長くすることが可能である。

ユーザ装置が省電力モードであるときにトラヒックフローが過度に損なわれることのないように、様々な備えがなされることが可能である。たとえば、アクセス装置102は、ユーザ装置のいずれか(たとえば、ユーザ装置104)が省電力モードである場合には、ユーザ装置に宛てられたブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックをバッファリングすることが可能である。このアクセス装置102は、バッファリングされたトラヒックを、所定の間隔でユーザ装置へ送信するように構成されることが可能である。この場合、各ユーザ装置は、アクセス装置102からトラヒックを受信すること、および(該当する場合は)アクセス装置102へトラヒックを送信することのために、この所定の間隔で省電力モードから覚醒するように構成される。

前述のトラヒック分類およびサブネットワークの方式を用いることにより、ユーザ装置の連続待機時間を改善することが可能である。たとえば、アクセス装置102は、第1のサブネットワークを、ユーザプレーントラヒック(たとえば、ストリーミングデータ)および制御プレーントラヒックを搬送するように構成し、第2のサブネットワークを、制御プレーントラヒックのみを搬送するように構成することが可能である。さらに、第2のサブネットワークは、省電力モードのためにトラヒック送信間隔を第1のサブネットワークより長くとることが可能である。ユーザ装置104がユーザプレーントラヒックを受信することを必要としない場合、ユーザ装置104は、第1のサブネットワークではなく第2のサブネットワークに関連付けられることが可能である。このようにして、ユーザ装置104は、第2のサブネットワークからのブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックを受信するためにのみ省電力モードから覚醒することが可能である。さらに、ユーザ装置104は、第2のサブネットワークにおける送信間隔がより長い場合には、このトラヒックを取り出すために覚醒する頻度を低くすることが可能である。

アクセス装置102およびユーザ装置104は、所与の応用の要件に応じて様々な形態をとることが可能である。たとえば、ユーザ装置は、携帯電話、スマートフォン、コードレス電話、ラップトップコンピュータ、PDA、無線装置、無線モデム、移動装置、ハンドセット、ハンドヘルド装置、衛星無線、全地球測位システム、または他の何らかの通信装置であってよい。ユーザ装置は、ユーザ機器(UE)、アクセス端末、局(STA)、無線通信装置、端末、ユーザ端末、移動機器、加入者装置と呼ばれることもあり、他の何らかの用語を用いて表されることもある。

前述の概要をふまえて、本開示のさらなるいくつかの態様を、図2のフローチャートと併せて、かつ、図1をさらに参照しながら論述する。図2Aは、ブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックを様々なトラヒックタイプに分類し、このトラヒックを別々のサブネットワークで送信するために実行されることが可能な動作に関する。図2Bは、いずれかのサブネットワークを介して、様々なタイプのブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックのうちの1つまたは複数を選択的に受信するために実行されることが可能な動作に関する。同じアクセスポイントから様々なタイプのトラヒックを受信するために、別々のサブネットワークに関連付けられた局によって、図2Bの動作の変形形態が実行されてよい。同様に、同じアクセスポイントから様々なタイプのトラヒックを受信するために、別々のサブネットワークに関連付けられた所与の局によって、異なる時刻に、図2Bの動作の変形形態が実行されてよい。後者のシナリオの一例として、ある局が、第1のサブネットワークに関連付けられ、その後、しばらくたった時点で、第1のサブネットワークとの関連付けが解除され、別のサブネットワークに関連付けられることが可能である。便宜上、図2(ならびに、本明細書にある他のすべてのフローチャート)の動作は、特定の構成部分(たとえば、図1の各構成部分)との組み合わせで説明されることが可能である。しかしながら、これらの動作は、他の構成部分との組み合わせでも実行されることが可能であることを理解されたい。

図2Aのブロック202で表されるように、ある時点で、アクセス装置102は、いくつかのサブネットワークを定義する。本明細書において論じられるように、これらのサブネットワーク同士は、これらが、ある共通ネットワークに関連付けられることによって、この共通ネットワークによって搬送されるトラヒックの少なくとも一部を搬送する、という点で関連付けられることが可能である。態様によっては、共通ネットワークは、たとえば、認証証明書(authentication credential)の所与のセット、所与のセキュリティコンテキストを用いてアクセスされるか、他の何らかの共通様式でアクセスされるネットワークまたはサービスを備えることが可能である。

ブロック204で表されるように、アクセス装置102は、何らかの様式で、ブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックを取得する。図1の例では、アクセス装置102は、リンク106を介してブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックを受信することが可能であり、あるいは、ブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックを発生させることが可能である。

ブロック206で表されるように、アクセス装置102は、サポートされているトラヒックタイプに従って、ブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックを分類する。たとえば、図1では、トラヒック分類器112が、トラヒックを分類し、このトラヒックを受信することになっている1つまたは複数のユーザ装置が省電力モードである場合には、(2つのトラヒックタイプ114および116のいずれかに指定された)このトラヒックをトラヒックバッファ118に蓄積することが可能である。

ブロック208で表されるように、アクセス装置102は、様々なタイプのトラヒックを、それぞれ異なる送信スケジュールを有する、別々のサブネットワークに関連付けることが可能である。図1に示されたように、アクセス装置102は、各サブネットワークについて、トラヒックタイプおよび関連付けられた送信スケジュール(たとえば、ビーコンスケジュール)の情報120を保持することが可能である。たとえば、アクセス装置102は、ブロック122で表されるように、第1のサブネットワークのビーコンスケジュールと、第1のサブネットワークを介して送信されるトラヒックの1つまたは複数のタイプとを保持することが可能である。さらに、アクセス装置102は、ブロック124で表されるように、第2のサブネットワークのビーコンスケジュールと、第2のサブネットワークを介して送信されるトラヒックの1つまたは複数のタイプとを保持することが可能である。

したがって、ブロック210で表されるように、各トラヒックタイプは、それぞれが関連付けられた送信スケジュールに従って、(1つまたは複数の)適切なサブネットワークを介してユーザ装置(または他の装置)へ送信されることが可能である。たとえば、図1では、ネットワークトラヒックケジューラ126が、スケジュール情報122で定義された間隔で、第1のサブネットワークを介して、バッファリングされたタイプ1トラヒック114の送信を開始することが可能である。同様に、ネットワークトラヒックスケジューラ126は、スケジュール情報124で定義された間隔で、第2のサブネットワークを介して、バッファリングされたタイプ2トラヒック116の送信を開始することが可能である。

次に図2Bを参照すると、ブロック212で表されるように、ブロック210で送信されたトラヒックを受信するように構成されることが可能な装置(たとえば、ユーザ装置104)が、いずれかのサブネットワークを介してトラヒックを受信することを選択することが可能である。図1では、サブネットワークセレクタ128が、手動制御下または自動制御下で、トラヒックがユーザ装置104によって受信されるサブネットワークを決定することが可能である。このプロセスは、たとえば、どの1つまたは複数のタイプのトラヒックを受信するかを決定することと、このトラヒックをどのサブネットワークが搬送するかを決定することと、を含むことが可能である。このようにして、トラヒックタイプセレクタ128は、たとえば、タイプ2トラヒックだけを受信することを選択することが可能である。

ユーザ装置104は、ユーザ装置104の1つまたは複数の構成部分の動作状態を制御する状態コントローラ130を含む。たとえば、状態コントローラ130は、受信機110を、覚醒モード(たとえば、通常のアクティブ状態)と省電力モード(たとえば、一時停止状態またはスリープ状態)と他の任意の適切なモードとの間で切り替えることが可能である。

ブロック214で表されるように、装置は、選択されたサブネットワークからのトラヒックを受信するために、適切な時刻に、省電力モードから覚醒モードに移行することが可能である。ここで、所与のサブネットワークに対する適切な覚醒時刻は、ユーザ装置104に記憶されている、対応するパラメータ132および134から導出されることが可能である。一例として、セレクタ128がサブネットワーク2を選択した場合には、状態コントローラ130は、サブネットワーク2トラヒック間隔134で定義された(たとえば、ビーコン間隔情報124に対応する)時間間隔で受信機110を覚醒モードに移行させることが可能である。

したがって、ブロック216で表されるように、受信機110は、リンク108を介して、選択されたサブネットワーク136からのトラヒックを受信するためにアクティブ化されることが可能である。次にユーザ装置104は、受信されたトラヒック136を記憶または転送することが可能であり、必要に応じて、省電力モードに戻ることが可能である。有利なことに、ユーザ装置104は、サブネットワーク1からのトラヒックを受信するために覚醒する必要がない。したがって、アクセス装置102によって送信されたブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックのすべてをチェックおよび解析するためにユーザ装置104が覚醒することが可能な、より従来的なアプローチと異なり、ユーザ装置104がより長い時間にわたって省電力モードであり続けることが可能なため、ユーザ装置104の連続待機時間は、改善されることが可能である。

ブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックを、複数のサブネットワークを介して提供される様々なタイプのトラヒックに分類することを伴う装置または方法が、様々な様式で実装されることが可能である。以下では、便宜上、802.11ベースのシステムとの関連で、さらなる詳細を説明する。しかしながら、本明細書の教示は、このタイプのシステムや、本明細書で具体的に説明される構成部分および動作には限定されないことを理解されたい。たとえば、他のプロトコルおよび手法を用いて、本明細書で教示されているように複数のサブネットワークを定義することも可能である。

802.11ベースのシステムでは、近隣の装置グループからの実質的な干渉をなくして各装置グループが効果的に通信することを可能にするために、装置グループ同士が協力して基本サービスセットを形成する。たとえば、第1の基本サービスセットを特定の無線チャネルで確立することによって、すべての通信(たとえば、データフレーム)が、この基本サービスセットを一意に規定する基本サービスセット識別子を含むようにすることが可能である。このようにすると、別のチャネルで動作する、近隣の基本サービスセットは、動作周波数が異なることから、第1の基本サービスセットに実質的に干渉しない。一方、第1の基本サービスセットと同じチャネルで動作する、近隣の基本サービスセットの装置は、別の基本サービスセット識別子を使用しているため、第1の基本サービスセットからの送信を処理しない。

基本サービスセットを確立するには、様々な方法がある。典型的な応用では、(たとえば、別のネットワークへのアクセスを提供する)アクセスポイントが、基本サービスセットを確立し、この基本サービスセットに対するトラヒックフローをある程度制御する。ここで、アクセスポイントは、無線局が基本サービスセットを見つけることを可能にすること、および基本サービスセットにおけるトラヒック制御を容易にすることのために、周期的ビーコンを発生させる。たとえば、アクセスポイントのカバレージエリアに入った無線局が、ビーコンを探して走査し、基本サービスセットに参加するために、このアクセスポイントに関連付けられることが可能である。無線局がこの基本サービスセットに参加した後、アクセスポイントは、ネットワークからのデータを無線局へルーティングしたり、無線局からのデータをネットワークへルーティングしたりすることが可能である。

他の応用では、一群の局が協力して、基本サービスセットを形成することが可能である。たとえば、独立した基本サービスセット実装(たとえば、アドホックネットワーク)では、独立でない場合には(たとえば、ビーコンを発生させる)アクセスポイントによって提供されるであろう機能性が、近隣のいくつかの局の間に実装され、これらの局で共用されることが可能である。

応用によっては、所与のアクセスポイントが、複数の基本サービスセットを確立することが可能である。たとえば、複数BSSIDの応用では、アクセスポイントは、複数の基本サービスセット識別子を定義し、別々の基本サービスセット識別子を別々のビーコンで送信することが可能である。このようにして、アクセスポイントのカバレージエリアに入った局が、同じアクセスポイントから複数の基本サービスセットを検出することが可能である。典型的には、これら複数の基本サービスセットは、同じチャネルで確立される。しかしながら、アクセスポイント(またはアドホックネットワーク内の局)が複数の無線を有する応用では、別々の基本サービスセットが別々のチャネルで確立されることが可能である。すなわち、1つの基本サービスセットが1つのチャネルで確立されることが可能であり、別の基本サービスセットが別のチャネルで確立されることが可能である。

便宜上、以下の記述は、単一アクセスポイントが単一チャネルで複数の基本サービスセットを確立する応用について論じている。しかしながら、本明細書の教示は、前述の手法のうちの任意の手法を用いて確立された基本サービスセットとの組み合わせで実装されることが可能であることを理解されたい。たとえば、基本サービスセットは、アドホックネットワークによって、複数のチャネルで、または他の何らかの好適な様式で確立されることが可能である。

802.11実装では、図1のアクセス装置102は、アクセスポイント(「AP」)を備えることが可能であり、ユーザ装置104は、無線局(「STA」)を備えることが可能である。ここで、アクセスポイントは、複数の基本サービスセットを定義することによって複数のサブネットワークを確立することが可能である。すなわち、各サブネットワークは、一意の基本サービスセット識別子(サブネットワーク識別子)に関連付けられる。これらの構成部分の例示的実装詳細を、図3および4と併せて論じる。

図3は、アクセスポイント300のいくつかの態様を示す。アクセスポイント300は、分類器302と、サブネットワークトラヒックバッファ304と、サブネットワークトラヒックスケジューラ306と、図1の対応する構成部分と同様であってよい他の構成部分と、を含む。簡単に言うと、アクセスポイント300は、受信機308(図3の右上部分)を含み、受信機308は、たとえば、ネットワーク、ローカル装置、または(実施態様によっては)アクセスポイント300の、トラヒックを発生させる構成部分(図示せず)から、ダウンリンクトラヒックを受信する。分類器302は、受信されたトラヒックを、様々なタイプのトラヒックに分類する。さらに、このトラヒックを受信することになっている、基本サービスセット中のいずれかの局が省電力モードである場合、アクセスポイント300は、分類されたトラヒックをトラヒックバッファ304に蓄積する。スケジューラ306は、送信機310と協力して、様々なタイプのトラヒックを、適切な基本サービスセット(サブネットワーク)を介して、各局へ送信する。ここで、送信のタイミングは、基本サービスセットの送信スケジュール(たとえば、ビーコンスケジュール)によって決まる。

図4は、無線局400のいくつかの態様を示す。無線局400は、受信機402と、サブネットワークセレクタ404と、状態コントローラ406と、図1の対応する構成部分と同様であってよい他の構成部分と、を含む。簡単に言うと、受信機402(図4の右下部分)は、送信機310によって、線408で表された802.11ベースのチャネルで送信されたトラヒックを受信するように適合されている。状態コントローラ406は、セレクタ404によってなされた選択に基づいて、選択されたサブネットワークからのトラヒック受信させるために、受信機402を、適切な間隔で省電力モードから覚醒させることが可能である。

これらおよび他の例示的動作については、図5、6、および7のフローチャートと併せて、より詳細に論じられる。図5は、アクセスポイントおよび関連付けられた局を構成するために実行されることが可能な動作の各種態様に関する。図6は、アクセスポイントによって実行されることが可能な動作の各種態様に関する。図7は、1つまたは複数のサブネットワークからのトラヒックを受信するために局によって実行されることが可能な動作の各種態様に関する。

図5を参照すると、ブロック502で表されるように、アクセスポイント300は、後でより詳細に論じられる1つまたは複数の条件に基づいて、ブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックを様々なタイプのトラヒックに分類するように構成されることが可能である。アクセスポイント300がこのような分類されたトラヒックをサポートしている場合、アクセスポイント300は、サポートされているトラヒックタイプ312に関連する情報をデータメモリ316に保持することが可能である。態様によっては、アクセスポイント300は、サイトの要件に従ってトラヒックを分類するよう、システム管理者によって静的に構成されることが可能である。代替として、トラヒック分類は、性質として動的であってもよい。たとえば、分類方式は、ダウンロードメカニズム、学習方式、または他の何らかの好適な手法により、時間とともに変更されることが可能である。

トラヒックは、所与のシステムの要件に応じて、様々に異なるタイプに分類されることが可能である。たとえば、前述のように、態様によっては、あるタイプのブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックが、ユーザプレーントラヒックとして定義されることが可能である。このようなトラヒックは、たとえば、ストリーミングデータ、オーディオ、ビデオ、または同様のトラヒック(たとえば、アプリケーションレイヤで「消費」されるトラヒック)のような、ユーザアプリケーションに関連付けられたトラヒックを含むことが可能である。このようなトラヒックは、たとえば、テレビやラジオの放送、サーバ、または他の何らかのソースからのものであってよく、典型的には、ユーザに対して表示または再生させる。したがって、ユーザプレーントラヒックは、配信されるコンテンツに関連付けられたトラヒック、および/または、コンテンツの配信に関係しうる動作に関連付けられたトラヒックを含むことが可能である。

別のタイプのブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックが、制御プレーントラヒックとして定義されることが可能である。このようなトラヒックは、たとえば、局の操作、局の管理、または局へのアクセスのうちの1つまたは複数に関連付けられたトラヒックを含むことが可能である。たとえば、制御プレーントラヒックは、ユーザの接続性、可到達性、および発見を有効にすることが可能である。典型的には、このタイプのトラヒックは、ネットワークブロードキャストトラヒックの形態をとることが可能である。態様によっては、制御プレーントラヒックは、局の接続性、トポロジ、パス発見、アドレス解決プロトコル、動的ホスト構成プロトコル、プレゼンス(presence)、ページング、または他の同様の動作のうちの1つまたは複数に関連付けられたトラヒックを備える。プレゼンスの一例は、インスタントメッセンジャアプリケーションにおける有効な連絡先のリストを提供することに関する。制御プレーントラヒックは、典型的には、メディアアクセス制御(「MAC」)レイヤまたはオペレーティングシステムによって「消費」される。

トラヒックは、上述の各タイプ、上述の各タイプ以外のタイプ、またはこれらのタイプの何らかの組み合わせのうちの1つまたは複数を含む様々なタイプに分類されることが可能であることを、本明細書の教示に基づいて理解されたい。たとえば、局によっては、特定タイプのコンテンツを受信することにのみ関心がある場合がある。この場合、トラヒックは、ブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックのうちの特定のコンテンツに基づいて分類されることが可能である。同様に、局によっては、特定タイプの管理(制御)トラヒックを受信することにのみ関心がある場合がある。この場合、トラヒックは、ブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックを介して局へ送信されることが可能な、様々なタイプの管理トラヒックに基づいて分類されることが可能である。

さらに、所与のシステムの要件に応じて、トラヒックは、任意の数のタイプに分類されることが可能である。すなわち、トラヒックは、2つ、3つ、または4つ以上の様々なタイプに分類されることが可能である。

アクセスポイント300はまた、定義されたトラヒックタイプのうちの少なくとも一部を各サブネットワークに関連付ける。たとえば、実施態様によっては、あるサブネットワークが、様々なタイプのトラヒックのうちの一部のみ(たとえば、制御プレーントラヒックのみ)を搬送するように構成されることが可能であり、別のサブネットワークが、あらゆるタイプのトラヒック(たとえば、制御プレーントラヒックおよびユーザプレーントラヒック)を搬送するように構成されることが可能である。この例では、第1のサブネットワーク(制御プレーントラヒックのみ)は、接続性、可到達性、および発見の各プロトコルの操作性を維持しながら、これらの局の連続待機時間の改善を可能にすることができる。実施態様によっては、あるサブネットワークが、様々なタイプのトラヒックのうちの1つのサブセット(たとえば、制御プレーントラヒックのみ)を搬送するように構成されることが可能であり、別のサブネットワークが、様々なタイプのトラヒックのうちの別のサブセット(たとえば、ユーザプレーントラヒックのみ)を搬送するように構成されることが可能である。いずれの場合も、アクセスポイント300(たとえば、スケジューラ306)は、トラヒックタイプ情報312に関連付けられた各サブネットワークに関連する情報314をデータメモリ316に保持することが可能である。

さらに、アクセスポイント300は、サブネットワークの送信スケジュールを定義することが可能である。典型的には、異なる送信スケジュールが、各サブネットワークに関連付けられてよい。しかしながら、場合によっては、2つ以上のサブネットワークに同じまたは類似の送信スケジュールを割り当てることが望ましいであろう。

送信スケジュールを定義するには、様々な方法がある。たとえば、場合によっては、送信スケジュールは、所与のサブネットワークでトラヒックが繰り返し送信される時間間隔を定義するものであってよい。代替として、送信スケジュールは、トラヒックがサブネットワークで送信される時刻の、よりランダムなスケジュールを定義するものであってよい。現実面では、トラヒックの実際の送信は、チャネル上のトラヒック輻輳などの要因により、送信スケジュールで定義された時刻に常に行われるとは限らない可能性がある。

所与のサブネットワークの送信スケジュールは、このサブネットワークによって搬送されるトラヒックの伝送特性に依存する場合がある。たとえば、アクセスポイント300は、あるタイプのトラヒックを、他のタイプのトラヒックより頻繁に受信する場合がある。さらに、アクセスポイントは、あるタイプのトラヒックを(たとえば、低遅延要件を有するアプリケーションに関連付けられた)比較的一定の間隔で受信し、他のタイプのトラヒックをより不規則に受信する場合がある。前者のタイプのトラヒックの典型例が、ストリーミングトラヒック(たとえば、オーディオまたはビデオのブロードキャスト)である。応用によっては、このタイプのトラヒックは、100ミリ秒以下のオーダーの間隔でストリーミングされることが可能である。後者のタイプのトラヒックの典型例が、管理トラヒック(たとえば、制御プレーントラヒック)である。このタイプのトラヒックは、典型的にはバースト性であって、一般に、平均して少ない情報量の転送を伴う。したがって、アクセスポイント300は、受信頻度が比較的高いトラヒックか、時間に対して転送データ量が多いトラヒックか、低遅延要件を有するトラヒックを搬送するサブネットワークには、比較的短い時間間隔を割り当てることが可能である。逆に、アクセスポイント300は、受信頻度が比較的低いトラヒックか、時間に対して転送データ量が少ないトラヒックか、低遅延要件を有しないトラヒックを搬送するサブネットワークには、より長い時間間隔を割り当てることが可能である。

ブロック504で表されるように、無線局がアクセスポイントのカバレージエリアに入ったときに、無線局がこのアクセスポイントからのビーコンを受信できるように、無線局は、ビーコンを探して802.11チャネルを連続的に走査することが可能である。アクセスポイントが確立済みの複数の基本サービスセットを有する応用では、無線局は、各基本サービスセットに対応するビーコンを受信することが可能である。したがって、無線局は、様々な基本サービスセット(サブネットワーク)から様々なタイプのトラヒックを受信することを選択できるカバレージエリアに入ったと判断することが可能である。

応用によっては、アクセスポイントが、共通ネットワークに関連付けられている基本サービスセット群(たとえば、少なくとも1つの共通トラヒックフィードを提供する基本サービスセットや、共通ネットワークに対して相補的なトラヒックフィードを提供する基本サービスセット)に対して、よく似たサービスセット識別子(「SSID」)を使用することが可能である。たとえば、関連する基本サービスセット群に対するサービスセット識別子のASCII名は、同じルート(たとえば、「ap3000_」)を含むことが可能である。そして、これらのサービスセット識別子の残りの部分(たとえば、「active」や「idle」)は、基本サービスセットを一意識別することが可能である。この場合、2つの基本サービスセットのサービスセット識別子がよく似ていること(たとえば、「ap3000_active」と「ap3000_idle」)を局が認識すると、局は、この2つの基本サービスセットが何らかの様式で関連付けられていることを容易に判断することが可能である。たとえば、よく似たサービスセット識別子は、これらが、共通ネットワークによって提供されるデータサービスに別々のフロントエンドを与えることを示すことが可能である。さらに、これは、局が、連続待機時間を改善する様式で、対応するサブネットワークを利用することが可能であることを、局に対して示すことが可能である。

応用によっては、関連するサブネットワークに関する情報が、ビーコンの中で提供されることが可能である。たとえば、あるサブネットワークのビーコンが、関連するサブネットワークへの参照と、このサブネットワークによって搬送されるトラヒックに関する情報とを含むことが可能である。

応用によっては、局が、関連する基本サービスセットの情報を用いて構成されることが可能である。たとえば、局の初期構成時に、または他の何らかの好適な時点で、関連するサービスセットのリスト(たとえば、これらに関連付けられた識別子)が、局のメモリにプログラムされることが可能である。

ブロック506で表されるように、無線局が所望の基本サービスセットを識別した後は、この無線局とアクセスポイントとが、関連付け手続きを開始することが可能である。たとえば、これらの装置が、特定の方法で通信すること、および/または、種々の機能性をサポートすることを、ネゴシエートすることが可能である。この目的のために、図4の局400は、メディアアクセスコントローラ410を含むことが可能であって、メディアアクセスコントローラ410は、図3のアクセスポイント300と通信して、802.11ベースのチャネルでの通信を確立するように適合されている。図3および4が複雑にならないように、この動作および他の従来式の動作に関係しうる他の構成部分は、描かれていない。

ブロック508で表されるように、関連付け手続きと併せて、または他の何らかの時点で、局は、アクセスポイントによってサポートされている様々なトラヒックタイプおよびサブネットワークに関する情報を取得することが可能である。たとえば、局は、様々なタイプに分類されているブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックを受信することに関心があることを、アクセスポイントに通知することが可能である。図3および4の例では、局400にある、サポートされているサブネットワークおよびトラヒックタイプ識別器構成部分412が、アクセスポイント300に質問を送信して、アクセスポイント300によってサポートされているトラヒックタイプおよびサブネットワーク(もしあれば)を特定することが可能である。応用によっては、局400(たとえば、識別器412)およびアクセスポイント300は、様々なタイプのトラヒック、別々のサブネットワーク、および異なる送信スケジュール(たとえば、間隔)を使用することをネゴシエートすることが可能である。上述の通信または他の何らかの通信を通して、局400(たとえば、識別器412)は、アクセスポイント300から、トラヒックタイプ、サブネットワーク、および送信スケジュールの情報を取得することが可能である。そして、局400は、別々のサブネットワークによってサポートされているトラヒックタイプ414に関連するエントリ、ならびに、関連付けられたサブネットワーク送信スケジュール416に関連するエントリを、データメモリ418に保存することが可能である。

実施態様によっては、局400は、他の何らかの様式で、様々なトラヒックタイプ、サブネットワーク、および送信間隔に関連する情報を用いて構成されることが可能である。たとえば、アクセスポイント300は、様々なタイプのトラヒックと、この様々なタイプのトラヒックが配置される特定のサブネットワークと、対応する送信スケジュールを定義する、既知の分類方式とを実装することが可能である。この場合、局400は、稼働時に、または他の何らかの時点で、この分類方式により構成されることが可能である。代替として、局400は、この分類方式または他の何らかの分類方式を「学習」するように構成されることが可能である。

図5を参照すると、局は、トラヒック情報などを受信した後に、サポートされているトラヒックタイプのうちの1つまたは複数を、選択されたサブチャネルを介して受信するように構成されることが可能である(ブロック510)。たとえば、図4の線420で表されるように、サブネットワークセレクタ404は、トラヒックタイプおよびサブネットワーク情報414にアクセスして、所望のトラヒックを搬送するサブネットワークを識別することが可能である。次にサブネットワークセレクタ404は、識別されたサブネットワーク414を選択し、線422で表されるように、この選択情報をサブネットワークトラヒックスケジューラ構成部分424へ送信することが可能である。

サブネットワークセレクタ404は、選択を、自動的に、またはユーザ入力に基づいて、または他の何らかの好適な様式で行うことが可能である。たとえば、ユーザが、所望のサブネットワーク、または、局400によって受信されるべきトラヒックのタイプを選択できるように、局400は、ユーザからの入力を受け取るように適合されたユーザインタフェース426を含むことが可能である。後者の場合、サブネットワークセレクタ404は、(1つまたは複数の)所望のトラヒックタイプ、およびデータメモリ418に記憶されている情報414に基づいて、適切なサブネットワークを選択することが可能である。

代替として、セレクタ404は、セレクタ404がトラヒックタイプを自動的に選択することを可能にする学習メカニズムを用いることが可能である。たとえば、セレクタ404は、リンク430で受信されたトラヒックを分析するトラヒックアナライザ428を含むことが可能である。この分析により、トラヒックアナライザ428は、(たとえば、選択されるべきトラヒックの1つまたは複数のタイプに基づいて)所望のサブネットワークを識別するためにサブネットワークおよびトラヒックタイプ学習モジュール432によって使用される情報を収集することが可能である。一例として、リンク430上のトラヒックは、局が既知のアクセスポイントのカバレージエリアに入ったことを示すことが可能である。学習モジュール432は、事前の(たとえば、手動または自動の)学習に基づいて、特定のサブネットワークでこのアクセスポイントによって与えられた特定タイプのトラヒックが不要であることを示すことが可能である。したがって、セレクタ404は、このアクセスポイントからのトラヒックのうちの一部の(すなわち、不要のトラヒックタイプではない)タイプのみを適切なサブネットワークで受信することを選択することが可能である。

後でより詳細に論じられるように、アクセスポイントによって、トラヒック配信が、ビーコンの送信に関連付けられることが可能である。たとえば、アクセスポイントは、従来式の802.11ベースの動作に従って、ビーコン(たとえば、配信トラヒック通知マップビーコン)を一定間隔で送信することが可能であり、これによって、各ビーコンは、ブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックがビーコンの後に続くかどうかを通知することが可能である。したがって、局が、適切な間隔で覚醒し、所与のサブネットワークのビーコンを受信して、アクセスポイントがこのビーコンに続いて1つまたは複数の関連付けられたタイプのトラヒックを送信するかどうかを判断するように構成されることが可能である。

次に、図6を参照して、トラヒックを分類および送信するためにアクセスポイントによって実行されることが可能な、選択された動作について、より詳細に論じる。ブロック602で表されるように、アクセスポイントは、本明細書で論じられているブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックを取得する。たとえば、図3の受信機308は、ネットワークからダウンリンクトラヒックを受信し、このトラヒックを分類器302へ出力することが可能である。

ブロック604で表されるように、分類器302は、受信されたトラヒックを分析し、このトラヒックを、サポートされているトラヒックタイプのうちの1つとして分類する。前述のように、受信されたトラヒックは、ユーザプレーントラヒックとして、または制御プレーントラヒックとして、または他の何らかの好適なタイプのトラヒックとして、分類されることが可能である。

分類器302は、1つまたは複数の基準に基づいてトラヒックを分類することが可能である。たとえば、態様によっては、トラヒックは、トラヒックの内容に応じて分類されることが可能である。この場合、分類器302は、トラヒックのパケットの内容を分析するパケット検査器(packet inspector)318を含むことが可能である。パケット検査器318は、受信されたパケット320から、プロトコル情報、アドレス情報、ポート情報、およびサービスタイプ情報のような情報を取得することが可能である。次に、比較器322が、これらのパケット情報を、分類器データベース324に記憶されている情報と比較することが可能である。この比較に基づいて、分類器302は、受信されたトラヒック(パケット)を分類することが可能である。現実面では、分類器302は、分類器データベース324からの情報のうちの所与のアイテムを単独で用いるか、(たとえば、分類器データベース324からの)他の情報と併せて用いて、トラヒックタイプについての最終判断を行うことが可能である。分類器データベース324に記憶されることが可能な情報のいくつかの例を以下に示す。

分類器データベース324は、特定のトラヒックタイプを識別するように働くアドレス情報326を収容することが可能である。たとえば、所与の送信元アドレスおよび/または所与の送信先アドレスが、特定のトラヒックタイプ(たとえば、ストリーミングコンテンツ、管理、その他)に関連付けられることが可能である。有利なことに、アドレス情報は、受信されたトラヒックが暗号化されている応用で使用されることが可能である。すなわち、一般に、パケット内の他の情報(たとえば、ポート情報およびコンテンツ)は暗号化されるが、アドレス情報は暗号化されない。

分類器データベース324は、特定のトラヒックタイプを識別するように働くポート情報328を収容することが可能である。たとえば、所与の送信元ポートおよび/または所与の送信先ポートが、特定のトラヒックタイプ(たとえば、ストリーミングコンテンツ、管理、その他)に関連付けられることが可能である。

分類器データベース324は、特定のトラヒックタイプを識別するように働くプロトコル情報330を収容することが可能である。たとえば、ユーザデータグラムプロトコル(「UDP」)および/またはリアルタイムプロトコル(「RTP」)を用いてストリーミングトラヒックを送信することが可能である。したがって、受信されたトラヒックが指定のプロトコル330をサポートしている場合、分類器302は、このトラヒックを、特定のトラヒックタイプ(たとえば、ユーザプレーン)として分類することが可能である。前述のように、分類器302は、この情報を他の情報と併せて用いて、トラヒックタイプについての最終判断を行うことが可能である。

分類器データベース324は、特定のトラヒックタイプを識別するように働くサービスタイプ(「TOS」)情報332を収容することが可能である。ここでは、パケット内のTOSビットの特定の設定を用いて、特定のトラヒックタイプを識別することが可能である。

代替として、トラヒックは、トラヒックの他の特性に基づいて分類されることが可能である。態様によっては、分類器302は、特定タイプのトラヒックが受信された頻度の記録を保持することが可能である。この場合、トラヒック頻度情報334は、特定のトラヒックタイプに関連付けられることが可能である。たとえば、コンテンツ関連トラヒックは比較的高い頻度で受信される可能性があるが、管理トラヒックまたは制御トラヒックは、比較的低い頻度で受信される可能性がある。この場合も、分類器302は、この頻度情報334を他の情報と併せて用いて、トラヒックタイプについての最終判断を行うことが可能である。たとえば、頻度情報は、特定のトラヒックフローの頻度を判断することのために、アドレス情報またはポート情報とともに収集されることが可能である。

態様によっては、分類器302は、1つまたは複数の応用に関連する、トラヒックに関連付けられた記録336を決定および/または保持することが可能である。ここで、個々の応用は、1つまたは複数の特定のトラヒックタイプに関連付けられることが可能である。

分類動作に用いられる基準を取得するには、様々な方法がある。たとえば、ある情報と特定のトラヒックタイプとの間に既知の関係があることに基づいて、この情報を手動で分類器データベース324に入力することが可能である。逆に、特定のトラヒックタイプに関連付けられた種々の基準を、学習モジュール338を用いて動的に分類することが可能である。ここで、学習モジュール338は、受信されたトラヒックを分析することが可能であり、(たとえば、事前の分類に関連する情報に基づいて)現在または未来のトラヒックを分類するために用いられることが可能な基準を生成することが可能である。態様によっては、TSPEC(トラヒック仕様)で説明されている802.11 TCLAS(トラヒック分類)を用いた搬送によって、局が、ブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックのための分類器をアクセスポイントに提供することが可能である。

図6を参照すると、トラヒックを受信すべき、いずれかの基本サービスセット中の局のいずれかが省電力モードである場合、アクセスポイント300は、ダウンリンクのブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックをバッファリングすることが可能である(ブロック606)。図3の例では、このトラヒックは、トラヒックバッファ304に蓄積される。ここで、各サブネットワーク340および342の1つまたは複数のタイプのトラヒックは、所与のサブネットワークのすべてのトラヒックがトラヒックバッファ304から容易に取り出されることを可能にする様式で、トラヒックバッファ304に蓄積されることが可能である。

態様によっては、局が省電力モードに入ろうとしていること、ならびに、特定のサブネットワークからのトラフィックに対してのみ、局が覚醒することを知らせるメッセージを、局がアクセスポイントへ送信することが可能である。アクセスポイント300は、この情報を有利に用いて、この局が省電力モードであるときに他のサブネットワークからのトラヒックをバッファリングしないことを選択することが可能である。

このトラヒックがバッファリングされる場合は、ブロック608で表されるように、アクセスポイント300は、対応するサブネットワークのそれぞれに対応するビーコンを発生させる。前述のように、ビーコンが、ビーコンのタイプを識別する情報(このビーコンのすぐ後にアクセスポイントが特定タイプのトラヒックを送信するかどうか)、および送信スケジュール情報を含むことが可能である。典型的な実施態様では、ビーコンは、従来の配信トラヒック通知マップ(「DTIM」)ビーコンを備える。従来の方式によれば、DTIMビーコンの発生は、トラヒック通知マップ(「TIM」)を含む標準的な802.11ベースのビーコンの時間間隔(たとえば、100ミリ秒)の倍数である時間間隔で行われることが可能である。アクセスポイントがどのように構成されているかに応じて、DTIM間隔は、ビーコン間隔またはビーコン間隔の倍数に対応することが可能である。言い換えると、所与のサブネットワークのブロードキャストおよびマルチキャストの送信スケジュールは、基本トラヒック通知マップ(「TIM」)ビーコン間隔、および(該当する場合は)この間隔のDTIM倍に依存してよい。

前述のように、異なる送信スケジュールを各サブネットワークに割り当てることが可能である。一例として、ユーザプレーントラヒックをサポートしているサブネットワークのDTIM間隔が1または2であって、ビーコン間隔が約100ミリ秒であれば、これのDTIMビーコンは、100または200ミリ秒ごとに送信されることが可能である。一方、制御プレーントラヒックのみをサポートしているサブネットワークのDTIM間隔が5であって、ビーコン間隔が約100ミリ秒であれば、これのDTIMビーコンは、500ミリ秒ごとに送信されることが可能である。サブネットワークが採用できるビーコン間隔または送信スケジュールは、前述の各例より短くても長くてもよいことを理解されたい。たとえば、サブネットワークのビーコン間隔が約1秒以上であってもよい。

態様によっては、アクセスポイントが、送信スケジュール情報を局に伝えるための動的方法をサポートすることが可能である。たとえば、アクセスポイントによって送信される各ビーコンは、各タイプのビーコン(たとえば、TIM、DTIM)の時間間隔を指定する情報を含むことが可能である。さらに、各ビーコンは、特定タイプ(たとえば、DTIM)の、次のビーコンの送信までに送信されるビーコン(たとえば、通常ビーコン)の数を指定するカウントを含むことが可能である。たとえば、対応するカウントがゼロに達すると、このカウントは、現在のビーコンがDTIMビーコンであることの通知として働く。このようにして、局がDTIMビーコンを受信するためにいつ省電力モードから覚醒する必要があるかを、局が容易に決定することが可能である。

図3の例を参照すると、ビーコン発生器344が、各サブネットワークのビーコンに対応するマップ346および348を生成することが可能である。一意のBSSIDおよびSSIDに加えて、マップ346および348は、このビーコンの後に、対応するタイプのトラヒックが続くことの通知350または352と、このビーコンまたは他の何らかのビーコンの間隔に関連する情報354または356とを含むことが可能である。

図6を再度参照すると、アクセスポイントは、したがって、各サブネットワークのビーコンを、指定された間隔で送信することが可能であり(ブロック610)、その後、関連付けられた1つまたは複数のタイプのトラヒックを送信することが可能である(ブロック612)。図3を参照すると、スケジューラ306は、送信機310と協力して、ビーコンおよびトラヒックを適切な間隔で送信することが可能である。たとえば、スケジューラ306は、サブネットワーク情報314および対応するスケジュール情報358をデータメモリ316から取り出して、所与のサブネットワークのビーコンをいつ送信するかを決定することが可能である。次にスケジューラ306は、対応するビーコン情報(たとえば、ビーコンマップ346または348)を取り出し、この情報を、適切な間隔で送信するために、送信機310へ出力する。同様に、スケジューラ306は、情報312および314を用いて、各サブネットワークごとに適切な1つまたは複数のタイプのトラヒック(たとえば、トラヒック340または342)を取り出し、このトラヒックを、対応するビーコンの後に送信するために、送信機310へ出力することが可能である。

図7は、局が、選択されたサブネットワークから特定の1つまたは複数のタイプのトラヒックを受信するために実行することが可能な、選択された動作を示す。図4の例では、図7は、セレクタ404が、サポートされているトラヒックタイプ414のうちの1つまたは複数のためのサブネットワークを選択し、対応する選択通知(indication selection)をスケジューラ424へ送信する手順に関連付けられることが可能である。

図7のブロック702で表されるように、局は、選択されたサブネットワークからのブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックを受信するために、適切な時間間隔で省電力モードから覚醒する。たとえば、スケジューラ424は、線422からセレクタ404によって与えられる、選択されたサブネットワークに対応するスケジュール情報416を(線434から)取り出すことが可能である。次にスケジューラ424は、状態コントローラ406と協力して、受信機402を省電力モードからアクティブモードへ移行させて、受信機402が、選択されたサブネットワークに対応するビーコンを受信するようにすることが可能である。

ブロック704で表されるように、各ビーコンが受信されるたびに、局は、ビーコンの内容をチェックする。前述のように、ビーコンは、このビーコンの後に特定タイプのトラヒックが続くことの通知を含むことが可能である(ブロック706)。

このビーコンの後に関心対象トラヒックが続くことを示すエントリをビーコンが含まない場合、局は、ビーコンからの時間間隔情報をチェックして(ブロック708)、関心対象トラヒックがいつ配信可能なのかを判断することが可能である。この場合、前述のように、スケジューラ424は、対応する時間間隔情報に基づいて覚醒時刻を設定することが可能である(ブロック710)。したがって、状態コントローラ406は、受信機402を省電力モードに戻して、指定の覚醒時刻まで受信機402を省電力モードに保つことが可能である。

これに対し、ブロック706で、ビーコンの後に関心対象トラヒックが続くことを示すエントリをビーコンが含む場合、動作はブロック712へ進む。その後、局400は、選択されたサブネットワークを介して、(1つまたは複数の)所望のタイプのブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックを受信し、このトラヒックを受信トラヒックバッファ436に蓄積することが可能である。前述のように、受信されたトラヒックは、プロトコル、ポート、アドレス、パケット頻度、TOS、関連付けられたアプリケーション、学習動作、または他の何らかの基準のうちの1つまたは複数に基づいて分類されていることが可能である。

さらに、前述のように、局400は、トラヒックを分析し、(該当する場合は)学習動作を実行することが可能である(ブロック714)。状態コントローラ406は、ビーコンに続くすべてのトラヒックが受信されるまで、受信機402をアクティブモードに保つ。すべてのトラヒックが受信されると(かつ、局400に送信予定のトラヒックがある場合には、これらのトラヒックがすべて局400から送信されると)、状態コントローラ406は、受信機402を省電力モードに戻す(ブロック416)。

省電力の改善を試みる局であれば、前述のような手法を用いることにより、制御プレーントラヒックのみを提供するサブネットワークに関連付けられて、アクセスポイントとの802.11省電力モードを有効にすることが可能である。ここで、局は、覚醒サイクルを最小限にするために、リスン間隔をDTIM間隔の倍数にすることが可能である。そして、局は、制御プレーントラヒックを受信するためにDTIMトラヒックに対して覚醒し、かつ、リスン間隔ごとに基本ビーコンに対して覚醒することが可能である。したがって、局は、着信グループページ(incoming group pages)を受信することが可能であり、これは、着信グループページが、DTIMビーコンの後に送信された制御トラヒックとして分類されることが可能なためである。さらに、連続待機時間を最大限にしながら、SIP(セッション開始プロトコル)グループページングやUPnP(ユニバーサルプラグアンドプレイ)のようなアプリケーションを有効にすることが可能である。

局にとってユニキャストトラヒックのみが関心対象である場合、局は、ユニキャストアプリケーション(たとえば、VoIP呼やテレビ電話)が開始されるまで省電力モードのままであってよい。この段階では、局は、トラヒック(たとえば、呼)の継続時間の間、無線ローカルエリアネットワークの省電力モードをオフにすることが可能である。

一方、局が、モバイルテレビのような、ブロードキャスト配信に依存するアプリケーションを起動した場合、局は、このトラヒックがサポートされている様々なサブネットワークに関連付けられる。局はまた、より頻繁にトラヒック(たとえば、制御プレーントラヒック)を受信する必要がある場合には、サブネットワークを切り替えることが可能である。たとえば、2つのサブネットワークが、類似のトラヒック(たとえば、共通タイプのトラヒック)を提供していて、これらのトラヒックの送信間隔が異なる周期であることが可能である。VoIPやテレビ電話のような、ユニキャスト送信を用いるアプリケーションが、ブロードキャストアプリケーション(たとえば、モバイルテレビ)と同時に使用される場合、局は、覚醒状態に切り替わることが可能である。

態様によっては、装置(たとえば、局)間の通信を容易にするための備えがなされることが可能である(この備えがない場合、これらの装置は共通ネットワーク(たとえば、基本サービスセット)の一部であろう)。たとえば、アクセスポイントが、このアクセスポイントの別々のサブネットワークに関連付けられた2つの局の間の通信を容易にする、何らかの機能性を提供することが可能である。ここで、一方の局は、他方の局のインターネットプロトコル(「IP」)アドレスを有しない場合がある。これは、これらの局が同じローカルエリアネットワークに接続されているためである。そこで、アクセスポイントは、これらの局のうちのある局から別の局へトラヒックを送信するIPルーティングを支援することが可能である。

たとえば、サブネットワーク間の通信を容易にするために、アクセスポイントは、MACレイヤまたはトランスポートレイヤにおいて、これらのサブネットワークとユーザとを透過的に「ブリッジ」することが可能である。MACレイヤにおいてブリッジする場合は、アクセスポイントは、プロキシARP機能を実装することが可能であり、この場合、アクセスポイントは、MACヘッダフレームにおいて、BSSID、送信元アドレス、送信先アドレス、受信機アドレス、およびフレームチェックシーケンスを変更することが可能である。このようにして、第1のサブネットワーク上の局と、第2のサブネットワーク上の局とが、それぞれ別のBSSIDに関連付けられていても、通信を行うことが可能である。アクセスポイントがDHCPを実行している場合、各ネットワークに割り当てられたIPアドレスは、同じアドレスプールに由来することが可能であり、同じネットワークマスクを使用することが可能である。トランスポートレイヤでブリッジする場合は、アクセスポイントは、各ネットワーク上に2つの別々のネットワークドメインを割り当て、IPレイヤにおいて、これらの間のIPルーティングを行うことが可能である。

以上に鑑み、本明細書の教示によれば、様々な利点が達成可能であることを理解されよう。たとえば、ブロードキャストおよびマルチキャストのトラヒックを分類し、サブネットワークを備え、スリープ時間を長くすることにより、電話のような無線ローカルエリアネットワーク(「WLAN」)装置の連続待機時間を長くすることが可能である。ここで、(たとえば、DTIM間隔、ビーコン間隔、またはその両方を長くすることにより)WLAN装置の覚醒頻度を下げることが可能であり、(不要なトラヒックの処理をなくすことにより)覚醒時間中の、トラヒック処理に費やされる時間を短くすることが可能である。

本明細書の教示は、様々なプロトコル、ユーザ装置、および関連するネットワーク構成部分に適用可能である。したがって、ユーザ装置が、様々な無線プラットフォーム(Wi−Fi(802.11ベース)、WiMAX、または他の任意の好適な無線プラットフォーム)を介してネットワークとの接続性を取得する、様々な構成部分を含むことが可能である。さらに、本明細書の教示によれば、様々な形態のトラヒックが、2つ以上の異なるタイプのトラヒックに分類されることが可能であることを理解されたい。さらに、これは、以上の具体的に述べられてきたことに加えて、またはこれら以外の、様々なアーキテクチャ、プロトコル、仕様、または規格を用いて達成されることが可能である。

態様によっては、本明細書の教示は、複数の通信プロトコルをサポートしているユーザ装置に組み込まれることが可能である。たとえば、移動装置が、たとえば、電子メール、インターネットアクセス、ならびに通常の移動通信を提供する多機能装置として実装されることが可能である。このような装置は、たとえば、第3世代無線または移動通信システム(3G)、WiMAX(たとえば、802.16)、または他の無線ワイドエリアネットワーク(WWAN)などの技術を利用する広域無線接続性を備えることが可能である。さらに、前述のように、装置が、IEEE 802.11ベースの無線ローカルエリアネットワーク(WLAN)接続性を含むことも可能である。さらに、装置が、超広帯域(UWB)および/またはBluetooth(登録商標)ベースの無線パーソナルエリアネットワーク(WPAN)ローカル接続性を含むことも可能である。

一般に、WWAN技術は、広域(ユビキタス)カバレージおよび広域展開によって特徴づけられる。しかしながら、WWAN技術は、建物侵入損失、カバレージホール、およびWLANやWPANに比べて限られた帯域幅の悪影響を受ける可能性がある。WLANおよびWPANの技術は、数百Mbpsに及ぶ非常に高い配信データレートを有するが、カバレージが一般に限られており、WLANの場合で数百フィート、WPANの場合で数十フィートである。

ユーザおよびアプリケーションの様々な要求に応える適切な機能性を提供するために、様々なネットワークおよびプロトコルが定義されてきている。このような様々なネットワークおよびプロトコルは、ユーザにとって切り替えが面倒である可能性があり、多くの場合、ユーザは、所与の時点でユーザにとって最適なネットワークが何であるかを考えないために、ネットワークで身動きが取れなくなってしまう。したがって、態様によっては、ユーザ装置が、ユーザにとって最良の通信プロトコルに最適化または収束するために、ネットワーク間および/またはプロトコル間のシームレスな移行を行うように適合されることが可能である。

図1を再度参照すると、システム100は、有線ローカルエリアネットワーク(LAN)に関連付けられたWLANを含むことが可能である。前述のように、アクセス装置102は、WLAN接続性をサポートするように構成された1つまたは複数のユーザ装置104(たとえば、802.11移動局)と通信していることが可能なアクセスポイントを備えることが可能である。このアクセスポイントは、(たとえば、リンク106で表されるような)有線インタフェースを介して、有線LANのイーサネット(登録商標)ハブまたはスイッチに接続することが可能である。このイーサネットハブはまた、1つまたは複数の電子装置(図示せず)(たとえば、パーソナルコンピュータ、周辺装置(たとえば、ファクシミリ機、コピー機、プリンタ、スキャナなど)、サーバなど)に接続されることが可能である。このイーサネットハブはまた、データパケットをモデム(図示せず)へ送信するルータに接続されることが可能である。特定タイプのアップリンクトラヒックについては、モデムは、データパケットを、インターネットのようなワイドエリアネットワーク(WAN)へ送信することが可能である。特定タイプのダウンリンクトラヒックについては、ネットワークは、移動装置向けトラヒックをバッファリングし、このトラヒックを、移動装置に同期して配信することが可能である。システム100は、単一の、比較的シンプルなネットワーク構成を示している。しかしながら、代替ユーザ装置を含む、システム100の別の様々な構成が可能であることを理解されたい。システム100は、LANに関して図示および説明されているが、システム100は、WWANおよび/またはWPANを含む他の技術を、別々に、あるいは同時に、利用することが可能であってよい。

システム100は、移動装置(たとえば、ユーザ装置104)が、この移動装置によって現在利用されているアクセスポイントから、システム100に関連付けられたアクセスポイント102へシームレスに切り替えることをできるようにすることが可能である。必要とされている機能性を移動装置のユーザに提供するためには、アクセスポイント102への転送、ならびにアクセスポイント102でサポートされているネットワークへの転送が必要であろう。したがって、このような転送は、移動装置の位置および/またはユーザがアクセスしたいデータまたはユーザが移動装置にアップロードしたいデータに応じて行われることが可能である。限定ではなく例として、移動装置は、イーサネットハブに接続された電子装置のうちの1つまたは複数に結合されて、この1つまたは複数の電子装置を通して利用可能なWWANおよび/またはWLAN機能性を利用することが可能である。このような移行は、ユーザが開始するか、システム100が自律的に行うものであってよい。

本明細書の教示は、様々なシステム、アーキテクチャ、およびネットワークにおいて用いられることが可能であることを理解されたい。たとえば、本明細書に記載のネットワークおよびサブネットワークは、Wi−Fiネットワーク(たとえば、任意の802.11ベースのネットワーク)、WiMAXネットワーク、または他の任意の好適なネットワーク技術であってよい。

同様に、本明細書に記載の構成部分のいずれもが、様々な様式で実装されることが可能である。たとえば、図8を参照すると、システム800は、(たとえば、既に論じられた構成部分308、302、306、および310と、それぞれ対応するであろう)構成部分804、806、808、および810を含む。態様によっては、これらの構成部分は、(たとえば、図3の構成部分300に対応するであろう)構成部分802に組み込まれることが可能である。さらに、システム800は、(たとえば、既に論じられた構成部分402、406、424、404、432、および412と、それぞれ対応するであろう)構成部分814、816、818、820、822、および824を含む。態様によっては、これらの構成部分は、(たとえば、図4の構成部分400に対応するであろう)構成部分812に組み込まれることが可能である。図8は、態様によっては、これらの構成部分が適切なプロセッサ構成部分によって実装されうることを示している。これらのプロセッサ構成部分は、態様によっては、少なくとも部分的に、本明細書の教示の構造を用いて実装されることが可能である。態様によっては、プロセッサが、これらの構成部分のうちの1つまたは複数の機能性の一部またはすべてを実装するように適合されることが可能である。態様によっては、破線で囲まれた構成部分のうちの1つまたは複数がオプションであってよい。

さらに、図8で表される構成部分および機能、ならびに本明細書に記載の他の構成部分および機能は、任意の好適な手段を用いて実装されることが可能である。このような手段はまた、少なくとも部分的に、本明細書の教示の、対応する構造を用いて実装されることが可能である。たとえば、態様によっては、送信手段は送信機を備えることが可能であり、受信手段は受信機を備えることが可能であり、取得手段は受信機を備えることが可能であり、スケジューリング手段はスケジューラを備えることが可能であり、選択手段はセレクタを備えることが可能であり、分類手段は分類器を備えることが可能であり、関連付け手段はスケジューラを備えることが可能であり、覚醒手段は状態コントローラを備えることが可能であり、識別手段は識別器を備えることが可能であり、学習動作を実行する手段は学習モジュールを備えることが可能である。このような手段のうちの1つまたは複数はまた、図8のプロセッサ構成部分のうちの1つまたは複数に従って実装されることが可能である。

当業者であれば理解されるように、情報および信号は、様々に異なる技術および手法のいずれかを用いて表されることが可能である。たとえば、これまでの記述を通して参照可能なデータ、命令、コマンド、情報、信号、ビット、シンボル、およびチップは、電圧、電流、電磁波、磁場または磁性粒子、光場または光学粒子(optical particles)、あるいはこれらの任意の組み合わせで表されることが可能である。

当業者であればさらに理解されるように、本明細書で開示されている諸態様に関連して記載された各種の例示的な論理ブロック、モジュール、プロセッサ、手段、回路、およびアルゴリズムステップは、電子ハードウェア(たとえば、ソースコーディングまたは他の何らかの手法を用いて設計可能な、デジタル実装、アナログ実装、またはこれらの組み合わせ)、命令を含む、様々な形態のプログラムまたは設計コード(本明細書では、便宜上、「ソフトウェア」または「ソフトウェアモジュール」と称することがある)、またはこれらの組み合わせとして実装可能である。この、ハードウェアおよびソフトウェアの互換性を明確に説明するために、種々の例示的な構成部分、ブロック、モジュール、回路、およびステップを、主にこれらの機能性に関して記述してきた。このような機能性がハードウェアとして実装されるか、ソフトウェアとして実装されるかは、個々の応用、ならびにシステム全体にかかる設計上の制約に依存する。当業者であれば、記載された機能性を、個々の応用のそれぞれに応じて様々な様式で実装することが可能であるが、このような実装の決定は、本開示の範囲からの逸脱を引き起こすものとして解釈されてはならない。

本明細書で開示されている諸態様に関連して記載された各種の例示的な論理ブロック、モジュール、および回路は、汎用プロセッサ、デジタル信号プロセッサ(DSP)、特定用途向け集積回路(ASIC)、フィールドプログラマブルゲートアレイ(FPGA)または他のプログラマブル論理素子、個別のゲートロジックまたはトランジスタロジック、個別のハードウェア構成部分、または、本明細書に記載の機能を実行するように設計された、これらの何らかの組み合わせを用いて実装または実行されることが可能である。汎用プロセッサは、マイクロプロセッサであってよいが、代替として、任意の従来のプロセッサ、コントローラ、マイクロコントローラ、または状態機械であってもよい。また、プロセッサは、コンピューティング装置の組み合わせ(たとえば、DSPとマイクロプロセッサとの組み合わせ)、複数のマイクロプロセッサ、DSPコアと連結された1つまたは複数のマイクロプロセッサ、または、他の任意のこのような構成として、実装されることも可能である。

開示されているどのプロセスにおいても、各ステップのどのような具体的な順番や階層も、一例示的アプローチであることを理解されたい。これらのプロセスにおける各ステップの具体的な順番や階層は、設計上の優先事項に応じて、本開示の範囲内で、再構成されることが可能であることを理解されたい。添付の方法クレームは、一例示的順番における各種ステップの要素を提示しているが、提示された特定の順番または階層に限定されることを意図するものではない。

本明細書で開示されている諸態様に関連して記載された方法またはアルゴリズムの各ステップは、ハードウェアのかたちで直接的に実施されるか、プロセッサで実行されるソフトウェアモジュールのかたちで実施されるか、これらの組み合わせのかたちで実施されることが可能である。(たとえば、実行可能命令および関連データを含む)ソフトウェアモジュールおよび他のデータは、データメモリ(たとえば、RAMメモリ、フラッシュメモリ、ROMメモリ、EPROMメモリ、EEPROMメモリ、レジスタ、ハードディスク、リムーバブルディスク、CD−ROM、または他の任意の形態の、当分野において知られているコンピュータ可読記憶媒体)に存在することが可能である。一例示的記憶媒体は、たとえば、コンピュータ/プロセッサのようなマシン(本明細書では、便宜上、「プロセッサ」と称することがある)に結合されることが可能であり、これによって、プロセッサは、記憶媒体から情報(たとえば、コード)を読み出したり、記憶媒体へ情報を書き込んだりすることが可能である。一例示的記憶媒体は、プロセッサと一体であってよい。プロセッサおよび記憶媒体は、ASIC内に存在してよい。このASICは、ユーザ機器内に存在してよい。代替として、プロセッサおよび記憶媒体は、ディスクリート構成部分としてユーザ機器内に存在してよい。さらに、態様によっては、任意の好適なコンピュータプログラム製品が、本開示の諸態様のうちの1つまたは複数に関連するコードを備えるコンピュータ可読媒体を備えることが可能である。態様によっては、コンピュータプログラム製品が、包装材料を備えることが可能である。

開示されている諸態様の、これまでの説明は、当業者であれば本開示を作成または使用できるように行われている。また、本明細書で定義されている一般原理(generic principle)は、本開示の範囲から逸脱することなく、他の態様に適用されることが可能である。したがって、本開示は、本明細書で示された諸態様に限定されるものではなく、本明細書で開示されている原理および新規な特徴と矛盾しない最も広い範囲を与えられるものとする。

Claims (89)

  1. 共通ネットワークに関連付けられた複数の別々の無線サブネットワークのうちの少なくとも1つからブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックを受信する方法であって、
    前記複数の別々の無線サブネットワークのうちの、そこからトラヒックが受信されるべき、少なくとも1つを識別することと、
    複数の別々の無線サブネットワークのうちの前記少なくとも1つを介して、複数の別々のタイプのブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックのうちの少なくとも1つを受信することと、を備え、前記別々の無線サブネットワークに、ブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックの、異なる送信スケジュールが関連付けられる、方法。
  2. 前記別々の無線サブネットワークのそれぞれが一意の基本サービスセット識別子に関連付けられるように、単一のアクセスポイントが前記別々の無線サブネットワークを定義する、請求項1に記載の方法。
  3. 前記受信することは、
    前記別々の無線サブネットワークのうちの第1の無線サブネットワークを介して、前記別々のタイプのブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックのうちの第1のサブセットを受信することと、
    前記別々の無線サブネットワークのうちの第2の無線サブネットワークを介して、前記別々のタイプのブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックのうちの第2のサブセットを受信することと、を備える、請求項1に記載の方法。
  4. 前記受信することは、
    前記別々の無線ネットワークのうちの第1の無線ネットワークを介して、前記別々のタイプのブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックのうちの少なくとも2つを受信することと、
    前記別々の無線ネットワークのうちの第2の無線ネットワークを介して、前記別々のタイプのブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックのうちの前記少なくとも2つのうちの一部のみを受信することと、を備える、請求項1に記載の方法。
  5. 前記別々のタイプのブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックのうちの前記少なくとも2つは、制御プレーントラヒックおよびユーザプレーントラヒックを備え、前記別々のタイプのブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックのうちの前記少なくとも2つのうちの前記一部は、制御プレーントラヒックを備える、請求項4に記載の方法。
  6. 前記第1の無線サブネットワークでトラヒックを受信するために、前記第1の無線サブネットワークに関連付けられた前記送信スケジュールで定義された時間間隔で省電力状態から覚醒することと、
    前記第2の無線サブネットワークでトラヒックを受信するために、前記第2の無線サブネットワークに関連付けられた前記送信スケジュールで定義された時間間隔で省電力状態から覚醒することと、をさらに備え、
    前記第2の無線サブネットワークに関連付けられた前記送信スケジュールで定義された前記時間間隔は、前記第1の無線サブネットワークに関連付けられた前記送信スケジュールで定義された前記時間間隔より長い、請求項5に記載の方法。
  7. 前記制御プレーントラヒックは、接続性、トポロジ、パス発見、ARP、DHCP、プレゼンス、およびページングからなる群のうちの少なくとも1つに関連する、請求項5に記載の方法。
  8. 前記ユーザプレーントラヒックは、ストリーミングデータ、オーディオ、およびビデオからなる群のうちの少なくとも1つを備える、請求項5に記載の方法。
  9. 前記第1の無線サブネットワークおよび前記第2の無線サブネットワークは、共通アクセスポイントによって確立される、請求項4に記載の方法。
  10. 前記受信することはさらに、
    前記第1の無線サブネットワークで、配信トラヒック通知マップ(DTIM)ビーコンおよび関連付けられたブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックを、第1の時間間隔で受信することと、
    前記第2の無線サブネットワークで、配信トラヒック通知マップ(DTIM)ビーコンおよび関連付けられたブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックを、第2の時間間隔で受信することと、を備え、
    前記第2の時間間隔は、前記第1の時間間隔より長い、請求項9に記載の方法。
  11. 前記受信することはさらに、前記別々のタイプのブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックのうちの前記少なくとも2つに関連付けられたサブネットワーク識別子を受信することを備え、前記サブネットワーク識別子は、前記別々のタイプのブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックのうちの前記少なくとも2つが、前記共通ネットワークで提供されるデータサービスに別々のフロントエンドを与え、少なくとも1つの共通の、ブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックフィードを提供することを示す、請求項4に記載の方法。
  12. 前記サブネットワーク識別子は、サービスセット識別子(SSID)を備える、請求項11に記載の方法。
  13. 前記識別することは、前記無線サブネットワークのいずれが、少なくとも1つの共通の、ブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックフィードを提供するかを示すリストに基づいて、前記無線サブネットワークの1つを識別することを備える、請求項1に記載の方法。
  14. 前記識別することは、前記別々の無線サブネットワークで受信されることが可能な、前記別々のタイプのブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックを識別することを備える、請求項1に記載の方法。
  15. 前記受信することは、識別された無線サブネットワークに関連付けられた前記送信スケジュールで定義された時間間隔に従って省電力状態からアクティブ状態へ移行することによって、前記識別された無線サブネットワークからトラヒックを受信することを備える、請求項1に記載の方法。
  16. 共通ネットワークに関連付けられた複数の別々の無線サブネットワークのうちの少なくとも1つからブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックを受信する装置であって、
    前記複数の別々の無線サブネットワークのうちの、そこからトラヒックが受信されるべき、少なくとも1つを識別するように適合された識別器と、
    複数の別々の無線サブネットワークのうちの前記少なくとも1つを介して、複数の別々のタイプのブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックのうちの少なくとも1つを受信するように適合された受信機と、を備え、前記別々の無線サブネットワークに、ブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックの、異なる送信スケジュールが関連付けられる、装置。
  17. 前記別々の無線サブネットワークのそれぞれが一意の基本サービスセット識別子に関連付けられ、前記別々の無線サブネットワークが共通無線チャネルで動作するように、単一のアクセスポイントが前記別々の無線サブネットワークを定義する、請求項16に記載の装置。
  18. 前記受信機はさらに、
    前記別々の無線サブネットワークのうちの第1の無線サブネットワークを介して、前記別々のタイプのブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックのうちの第1のサブセットを受信することと、
    前記別々の無線サブネットワークのうちの第2の無線サブネットワークを介して、前記別々のタイプのブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックのうちの第2のサブセットを受信することと、を行うように適合された、請求項16に記載の装置。
  19. 前記受信機はさらに、
    前記別々の無線ネットワークのうちの第1の無線ネットワークを介して、前記別々のタイプのブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックのうちの少なくとも2つを受信することと、
    前記別々の無線ネットワークのうちの第2の無線ネットワークを介して、前記別々のタイプのブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックのうちの前記少なくとも2つのうちの一部のみを受信することと、を行うように適合された、請求項16に記載の装置。
  20. 前記別々のタイプのブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックのうちの前記少なくとも2つは、制御プレーントラヒックおよびユーザプレーントラヒックを備え、前記別々のタイプのブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックのうちの前記少なくとも2つのうちの前記一部は、制御プレーントラヒックを備える、請求項19に記載の装置。
  21. 前記第1の無線サブネットワークでトラヒックを受信するために、前記第1の無線サブネットワークに関連付けられた前記送信スケジュールで定義された時間間隔で、前記受信機を省電力状態から覚醒させることと、
    前記第2の無線サブネットワークでトラヒックを受信するために、前記第2の無線サブネットワークに関連付けられた前記送信スケジュールで定義された時間間隔で、前記受信機を省電力状態から覚醒させることと、を行うように適合された状態コントローラをさらに備え、
    前記第2の無線サブネットワークに関連付けられた前記送信スケジュールで定義された前記時間間隔は、前記第1の無線サブネットワークに関連付けられた前記送信スケジュールで定義された前記時間間隔より長い、請求項20に記載の装置。
  22. 前記制御プレーントラヒックは、接続性、トポロジ、パス発見、ARP、DHCP、プレゼンス、およびページングからなる群のうちの少なくとも1つに関連する、請求項20に記載の装置。
  23. 前記ユーザプレーントラヒックは、ストリーミングデータ、オーディオ、およびビデオからなる群のうちの少なくとも1つを備える、請求項20に記載の装置。
  24. 前記受信機はさらに、
    前記第1の無線サブネットワークで、配信トラヒック通知マップ(DTIM)ビーコンおよび関連付けられたブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックを、第1の時間間隔で受信することと、
    前記第2の無線サブネットワークで、配信トラヒック通知マップ(DTIM)ビーコンおよび関連付けられたブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックを、第2の時間間隔で受信することと、を行うように適合され
    前記第2の時間間隔は、前記第1の時間間隔より長い、請求項19に記載の装置。
  25. 前記受信機はさらに、前記別々のタイプのブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックのうちの前記少なくとも2つに関連付けられたサブネットワーク識別子を受信するように適合され、前記サブネットワーク識別子は、前記別々のタイプのブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックのうちの前記少なくとも2つが、前記共通ネットワークで提供されるデータサービスに別々のフロントエンドを与え、少なくとも1つの共通の、ブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックフィードを提供することを示す、請求項19に記載の装置。
  26. 前記識別器はさらに、前記無線サブネットワークのいずれが、少なくとも1つの共通の、ブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックフィードを提供するかを示すリストに基づいて、前記無線サブネットワークの1つを識別するように適合された、請求項16に記載の装置。
  27. 識別された無線サブネットワークに関連付けられた前記送信スケジュールで定義された時間間隔に従って前記受信機を省電力状態からアクティブ状態へ移行させることによって、前記受信機が前記識別された無線サブネットワークからトラヒックを受信することを可能にするように適合された状態コントローラをさらに備える、請求項16に記載の装置。
  28. 共通ネットワークに関連付けられた複数の別々の無線サブネットワークのうちの少なくとも1つからブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックを受信する装置であって、
    前記複数の別々の無線サブネットワークのうちの、そこからトラヒックが受信されるべき、少なくとも1つを識別する手段と、
    複数の別々の無線サブネットワークのうちの前記少なくとも1つを介して、複数の別々のタイプのブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックのうちの少なくとも1つを受信する手段と、を備え、
    前記別々の無線サブネットワークに、ブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックの、異なる送信スケジュールが関連付けられる、装置。
  29. 前記別々の無線サブネットワークのそれぞれが一意の基本サービスセット識別子に関連付けられ、前記別々の無線サブネットワークが共通無線チャネルで動作するように、単一のアクセスポイントが前記別々の無線サブネットワークを定義する、請求項28に記載の装置。
  30. 受信する前記手段は、
    前記別々の無線サブネットワークのうちの第1の無線サブネットワークを介して、前記別々のタイプのブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックのうちの第1のサブセットを受信することと、
    前記別々の無線サブネットワークのうちの第2の無線サブネットワークを介して、前記別々のタイプのブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックのうちの第2のサブセットを受信することと、を行う、請求項28に記載の装置。
  31. 受信する前記手段は、
    前記別々の無線ネットワークのうちの第1の無線ネットワークを介して、前記別々のタイプのブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックのうちの少なくとも2つを受信することと、
    前記別々の無線ネットワークのうちの第2の無線ネットワークを介して、前記別々のタイプのブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックのうちの前記少なくとも2つのうちの一部のみを受信することと、を行う、請求項28に記載の装置。
  32. 前記別々のタイプのブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックのうちの前記少なくとも2つは、制御プレーントラヒックおよびユーザプレーントラヒックを備え、前記別々のタイプのブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックのうちの前記少なくとも2つのうちの前記一部は、制御プレーントラヒックを備える、請求項31に記載の装置。
  33. 前記第1の無線サブネットワークでトラヒックを受信するために、前記第1の無線サブネットワークに関連付けられた前記送信スケジュールで定義された時間間隔で省電力状態から覚醒し、
    前記第2の無線サブネットワークでトラヒックを受信するために、前記第2の無線サブネットワークに関連付けられた前記送信スケジュールで定義された時間間隔で省電力状態から覚醒する手段をさらに備え、
    前記第2の無線サブネットワークに関連付けられた前記送信スケジュールで定義された前記時間間隔は、前記第1の無線サブネットワークに関連付けられた前記送信スケジュールで定義された前記時間間隔より長い、請求項32に記載の装置。
  34. 前記制御プレーントラヒックは、接続性、トポロジ、パス発見、ARP、DHCP、プレゼンス、およびページングからなる群のうちの少なくとも1つに関連する、請求項32に記載の装置。
  35. 前記ユーザプレーントラヒックは、ストリーミングデータ、オーディオ、およびビデオからなる群のうちの少なくとも1つを備える、請求項32に記載の装置。
  36. 受信する前記手段はさらに、
    前記第1の無線サブネットワークで、配信トラヒック通知マップ(DTIM)ビーコンおよび関連付けられたブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックを、第1の時間間隔で受信することと、
    前記第2の無線サブネットワークで、配信トラヒック通知マップ(DTIM)ビーコンおよび関連付けられたブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックを、第2の時間間隔で受信することと、を行い、
    前記第2の時間間隔は、前記第1の時間間隔より長い、請求項31に記載の装置。
  37. 受信する前記手段はさらに、前記別々のタイプのブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックのうちの前記少なくとも2つに関連付けられたサブネットワーク識別子を受信し、前記サブネットワーク識別子は、前記別々のタイプのブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックのうちの前記少なくとも2つが、前記共通ネットワークで提供されるデータサービスに別々のフロントエンドを与え、少なくとも1つの共通の、ブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックフィードを提供することを示す、請求項31に記載の装置。
  38. 識別する前記手段は、前記無線サブネットワークのいずれが、少なくとも1つの共通の、ブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックフィードを提供するかを示すリストに基づいて、前記無線サブネットワークの1つを識別する、請求項28に記載の装置。
  39. 受信する前記手段は、識別された無線サブネットワークに関連付けられた前記送信スケジュールで定義された時間間隔に従って省電力状態からアクティブ状態へ移行することによって、前記識別された無線サブネットワークからトラヒックを受信する、請求項28に記載の装置。
  40. 共通ネットワークに関連付けられた複数の別々の無線サブネットワークのうちの少なくとも1つからブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックを受信するためのコンピュータプログラム製品であって、
    コンピュータ可読媒体を備え、前記コンピュータ可読媒体は、
    前記複数の別々の無線サブネットワークのうちの、そこからトラヒックが受信されるべき、少なくとも1つを識別することと、
    複数の別々の無線サブネットワークのうちの前記少なくとも1つを介して、複数の別々のタイプのブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックのうちの少なくとも1つを受信することと、を少なくとも1つのコンピュータに行わせるコードを備え、前記別々の無線サブネットワークに、ブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックの、異なる送信スケジュールが関連付けられる、コンピュータプログラム製品。
  41. 前記別々の無線サブネットワークのそれぞれが一意の基本サービスセット識別子に関連付けられ、前記別々の無線サブネットワークが共通無線チャネルで動作するように、単一のアクセスポイントが前記別々の無線サブネットワークを定義する、請求項40に記載のコンピュータプログラム製品。
  42. 前記コンピュータ可読媒体はさらに、
    前記別々の無線サブネットワークのうちの第1の無線サブネットワークを介して、前記別々のタイプのブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックのうちの第1のサブセットを受信することと、
    前記別々の無線サブネットワークのうちの第2の無線サブネットワークを介して、前記別々のタイプのブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックのうちの第2のサブセットを受信することと、を前記少なくとも1つのコンピュータに行わせるコードを備える、請求項40に記載のコンピュータプログラム製品。
  43. 前記コンピュータ可読媒体はさらに、
    前記別々の無線ネットワークのうちの第1の無線ネットワークを介して、前記別々のタイプのブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックのうちの少なくとも2つを受信することと、
    前記別々の無線ネットワークのうちの第2の無線ネットワークを介して、前記別々のタイプのブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックのうちの前記少なくとも2つのうちの一部のみを受信することと、を前記少なくとも1つのコンピュータに行わせるコードを備える、請求項40に記載のコンピュータプログラム製品。
  44. 前記別々のタイプのブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックのうちの前記少なくとも2つは、制御プレーントラヒックおよびユーザプレーントラヒックを備え、前記別々のタイプのブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックのうちの前記少なくとも2つのうちの前記一部は、制御プレーントラヒックを備える、請求項43に記載のコンピュータプログラム製品。
  45. 前記コンピュータ可読媒体はさらに、
    前記第1の無線サブネットワークでトラヒックを受信するために、前記第1の無線サブネットワークに関連付けられた前記送信スケジュールで定義された時間間隔で省電力状態から覚醒することと、
    前記第2の無線サブネットワークでトラヒックを受信するために、前記第2の無線サブネットワークに関連付けられた前記送信スケジュールで定義された時間間隔で省電力状態から覚醒することと、を前記少なくとも1つのコンピュータに行わせるコードを備え、
    前記第2の無線サブネットワークに関連付けられた前記送信スケジュールで定義された前記時間間隔は、前記第1の無線サブネットワークに関連付けられた前記送信スケジュールで定義された前記時間間隔より長い、請求項44に記載のコンピュータプログラム製品。
  46. 前記制御プレーントラヒックは、接続性、トポロジ、パス発見、ARP、DHCP、プレゼンス、およびページングからなる群のうちの少なくとも1つに関連する、請求項44に記載のコンピュータプログラム製品。
  47. 前記ユーザプレーントラヒックは、ストリーミングデータ、オーディオ、およびビデオからなる群のうちの少なくとも1つを備える、請求項44に記載のコンピュータプログラム製品。
  48. 前記コンピュータ可読媒体はさらに、
    前記第1の無線サブネットワークで、配信トラヒック通知マップ(DTIM)ビーコンおよび関連付けられたブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックを、第1の時間間隔で受信することと、
    前記第2の無線サブネットワークで、配信トラヒック通知マップ(DTIM)ビーコンおよび関連付けられたブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックを、第2の時間間隔で受信することと、を前記少なくとも1つのコンピュータに行わせるコードを備え、
    前記第2の時間間隔は、前記第1の時間間隔より長い、請求項43に記載のコンピュータプログラム製品。
  49. 前記コンピュータ可読媒体はさらに、前記別々のタイプのブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックのうちの前記少なくとも2つに関連付けられたサブネットワーク識別子を受信することを、前記少なくとも1つのコンピュータに行わせるコードを備え、前記サブネットワーク識別子は、前記別々のタイプのブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックのうちの前記少なくとも2つが、前記共通ネットワークで提供されるデータサービスに別々のフロントエンドを与え、少なくとも1つの共通の、ブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックフィードを提供することを示す、請求項43に記載のコンピュータプログラム製品。
  50. 前記コンピュータ可読媒体はさらに、前記無線サブネットワークのいずれが、少なくとも1つの共通の、ブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックフィードを提供するかを示すリストに基づいて、前記無線サブネットワークの1つを識別することを、前記少なくとも1つのコンピュータに行わせるコードを備える、請求項40に記載のコンピュータプログラム製品。
  51. 前記コンピュータ可読媒体はさらに、識別された無線サブネットワークに関連付けられた前記送信スケジュールで定義された時間間隔に従って省電力状態からアクティブ状態へ移行することによって、前記識別された無線サブネットワークからトラヒックを受信することを、前記少なくとも1つのコンピュータに行わせるコードを備える、請求項40に記載のコンピュータプログラム製品。
  52. 分類された、ブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックを提供する方法であって、
    ブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックを取得することと、
    前記ブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックを、様々なタイプのブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックに分類することと、
    前記様々なタイプのブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックを、共通ネットワークに関連付けられている別々の無線サブネットワークに関連付けることと、を備える方法。
  53. 前記別々の無線サブネットワークのそれぞれが一意の基本サービスセット識別子に関連付けられ、前記別々の無線サブネットワークが共通無線チャネルで動作するように、単一のアクセスポイントが前記別々の無線サブネットワークを定義する、請求項52に記載の方法。
  54. 前記別々の無線サブネットワークのうちの第1の無線サブネットワークを介して、前記別々のタイプのブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックのうちの第1のサブセットを送信することと、
    前記別々の無線サブネットワークのうちの第2の無線サブネットワークを介して、前記別々のタイプのブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックのうちの第2のサブセットを送信することと、をさらに備える、請求項52に記載の方法。
  55. 前記別々の無線サブネットワークのうちの第1の無線サブネットワークを介して、前記別々のタイプのブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックのうちの少なくとも2つを送信することと、
    前記別々の無線サブネットワークのうちの第2の無線サブネットワークを介して、前記別々のタイプのブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックのうちの前記少なくとも2つのうちの一部のみを送信することと、をさらに備える、請求項52に記載の方法。
  56. 前記第1の無線サブネットワークで、前記別々のタイプのブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックのうちの前記少なくとも2つを、第1の時間間隔で送信することと、
    前記第2の無線サブネットワークで、前記別々のタイプのブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックのうちの前記少なくとも2つのうちの前記一部を、第2の時間間隔で送信することと、をさらに備え、
    前記第2の時間間隔は、前記第1の時間間隔より長い、請求項55に記載の方法。
  57. 前記別々のタイプのブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックのうちの前記少なくとも2つは、制御プレーントラヒックおよびユーザプレーントラヒックを備え、前記別々のタイプのブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックのうちの前記少なくとも2つのうちの前記一部は、制御プレーントラヒックを備える、請求項55に記載の方法。
  58. 前記制御プレーントラヒックは、接続性、トポロジ、パス発見、ARP、DHCP、プレゼンス、およびページングからなる群のうちの少なくとも1つに関連する、請求項57に記載の方法。
  59. 前記ユーザプレーントラヒックは、ストリーミングデータ、オーディオ、およびビデオからなる群のうちの少なくとも1つを備える、請求項57に記載の方法。
  60. 前記第1の無線サブネットワークで、配信トラヒック通知マップ(DTIM)ビーコンおよび関連付けられたブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックを、第1の時間間隔で送信することと、
    前記第2の無線サブネットワークで、配信トラヒック通知マップ(DTIM)ビーコンおよび関連付けられたブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックを、第2の時間間隔で送信することと、をさらに備え、
    前記第2の時間間隔は、前記第1の時間間隔より長い、請求項55に記載の方法。
  61. 前記別々のタイプのブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックのうちの前記少なくとも2つに関連付けられたサブネットワーク識別子を送信することをさらに備え、前記サブネットワーク識別子は、前記別々のタイプのブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックのうちの前記少なくとも2つが、前記共通ネットワークで提供されるデータサービスに別々のフロントエンドを与え、少なくとも1つの共通の、ブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックフィードを提供することを示す、請求項55に記載の方法。
  62. 前記分類することは、プロトコルタイプ、送信元ポート、送信先ポート、送信元アドレス、送信先アドレス、トラヒック受信頻度、サービスタイプ、およびトラヒックに関連付けられたアプリケーションの識別情報からなる群のうちの少なくとも1つに基づく、請求項52に記載の方法。
  63. 分類された、ブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックを提供する装置であって、
    ブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックを取得するように適合された受信機と、
    前記ブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックを、様々なタイプのブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックに分類するように適合された識別器と、
    前記様々なタイプのブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックを、共通ネットワークに関連付けられている別々の無線サブネットワークに関連付けるように適合されたトラヒックスケジューラと、を備える装置。
  64. 単一のアクセスポイントを備え、
    前記トラヒックスケジューラはさらに、前記別々の無線サブネットワークのそれぞれが一意の基本サービスセット識別子に関連付けられ、前記別々の無線サブネットワークが共通無線チャネルで動作するように、前記別々の無線サブネットワークを定義するように適合された、請求項63に記載の装置。
  65. 前記別々の無線サブネットワークのうちの第1の無線サブネットワークを介して、前記別々のタイプのブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックのうちの第1のサブセットを送信することと、
    前記別々の無線サブネットワークのうちの第2の無線サブネットワークを介して、前記別々のタイプのブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックのうちの第2のサブセットを送信することと、を行うように適合された送信機をさらに備える、請求項63に記載の装置。
  66. 前記別々の無線サブネットワークのうちの第1の無線サブネットワークを介して、前記別々のタイプのブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックのうちの少なくとも2つを送信することと、
    前記別々の無線サブネットワークのうちの第2の無線サブネットワークを介して、前記別々のタイプのブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックのうちの前記少なくとも2つのうちの一部のみを送信することと、を行うように適合された送信機をさらに備える、請求項63に記載の装置。
  67. 前記送信機はさらに、
    前記第1の無線サブネットワークで、前記別々のタイプのブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックのうちの前記少なくとも2つを、第1の時間間隔で送信することと、
    前記第2の無線サブネットワークで、前記別々のタイプのブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックのうちの前記少なくとも2つのうちの前記一部を、第2の時間間隔で送信することと、を行うように適合され、
    前記第2の時間間隔は、前記第1の時間間隔より長い、請求項66に記載の装置。
  68. 前記別々のタイプのブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックのうちの前記少なくとも2つは、制御プレーントラヒックおよびユーザプレーントラヒックを備え、前記別々のタイプのブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックのうちの前記少なくとも2つのうちの前記一部は、制御プレーントラヒックを備える、請求項66に記載の装置。
  69. 前記制御プレーントラヒックは、接続性、トポロジ、パス発見、ARP、DHCP、プレゼンス、およびページングからなる群のうちの少なくとも1つに関連する、請求項68に記載の装置。
  70. 前記ユーザプレーントラヒックは、ストリーミングデータ、オーディオ、およびビデオからなる群のうちの少なくとも1つを備える、請求項68に記載の装置。
  71. 前記分類器はさらに、プロトコルタイプ、送信元ポート、送信先ポート、送信元アドレス、送信先アドレス、トラヒック受信頻度、サービスタイプ、およびトラヒックに関連付けられたアプリケーションの識別情報からなる群のうちの少なくとも1つに基づいて分類するように適合された、請求項63に記載の装置。
  72. 分類された、ブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックを提供する装置であって、
    ブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックを取得する手段と、
    前記ブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックを、様々なタイプのブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックに分類する手段と、
    前記様々なタイプのブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックを、共通ネットワークに関連付けられている別々の無線サブネットワークに関連付ける手段と、を備える、装置。
  73. 単一のアクセスポイントを備え、
    関連付ける前記手段は、前記別々の無線サブネットワークのそれぞれが一意の基本サービスセット識別子に関連付けられ、前記別々の無線サブネットワークが共通無線チャネルで動作するように、前記別々の無線サブネットワークを定義する、請求項72に記載の装置。
  74. 前記別々の無線サブネットワークのうちの第1の無線サブネットワークを介して、前記別々のタイプのブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックのうちの第1のサブセットを送信することと、
    前記別々の無線サブネットワークのうちの第2の無線サブネットワークを介して、前記別々のタイプのブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックのうちの第2のサブセットを送信することと、を行う手段をさらに備える、請求項72に記載の装置。
  75. 前記別々の無線サブネットワークのうちの第1の無線サブネットワークを介して、前記別々のタイプのブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックのうちの少なくとも2つを送信することと、
    前記別々の無線サブネットワークのうちの第2の無線サブネットワークを介して、前記別々のタイプのブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックのうちの前記少なくとも2つのうちの一部のみを送信することと、を行う手段をさらに備える、請求項72に記載の装置。
  76. 送信する前記手段は、
    前記第1の無線サブネットワークで、前記別々のタイプのブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックのうちの前記少なくとも2つを、第1の時間間隔で送信することと、
    前記第2の無線サブネットワークで、前記別々のタイプのブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックのうちの前記少なくとも2つのうちの前記一部を、第2の時間間隔で送信することと、を行い、
    前記第2の時間間隔は、前記第1の時間間隔より長い、請求項75に記載の装置。
  77. 前記別々のタイプのブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックのうちの前記少なくとも2つは、制御プレーントラヒックおよびユーザプレーントラヒックを備え、前記別々のタイプのブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックのうちの前記少なくとも2つのうちの前記一部は、制御プレーントラヒックを備える、請求項75に記載の装置。
  78. 前記制御プレーントラヒックは、接続性、トポロジ、パス発見、ARP、DHCP、プレゼンス、およびページングからなる群のうちの少なくとも1つに関連する、請求項77に記載の装置。
  79. 前記ユーザプレーントラヒックは、ストリーミングデータ、オーディオ、およびビデオからなる群のうちの少なくとも1つを備える、請求項77に記載の装置。
  80. 前記分類する手段は、プロトコルタイプ、送信元ポート、送信先ポート、送信元アドレス、送信先アドレス、トラヒック受信頻度、サービスタイプ、およびトラヒックに関連付けられたアプリケーションの識別情報からなる群のうちの少なくとも1つに基づいて分類する、請求項72に記載の装置。
  81. 分類された、ブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックを提供するコンピュータプログラム製品であって、
    コンピュータ可読媒体を備え、前記コンピュータ可読媒体は、
    ブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックを取得することと、
    前記ブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックを、様々なタイプのブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックに分類することと、
    前記様々なタイプのブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックを、共通ネットワークに関連付けられている別々の無線サブネットワークに関連付けることと、を少なくとも1つのコンピュータに行わせるコードを備える、コンピュータプログラム製品。
  82. 前記コンピュータ可読媒体はさらに、前記別々の無線サブネットワークのそれぞれが一意の基本サービスセット識別子に関連付けられ、前記別々の無線サブネットワークが共通無線チャネルで動作するように、単一のアクセスポイントによって前記別々の無線サブネットワークを定義することを、前記少なくとも1つのコンピュータに行わせるコードを備える、請求項81に記載のコンピュータプログラム製品。
  83. 前記コンピュータ可読媒体はさらに、
    前記別々の無線サブネットワークのうちの第1の無線サブネットワークを介して、前記別々のタイプのブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックのうちの第1のサブセットを送信することと、
    前記別々の無線サブネットワークのうちの第2の無線サブネットワークを介して、前記別々のタイプのブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックのうちの第2のサブセットを送信することと、を前記少なくとも1つのコンピュータに行わせるコードを備える、請求項81に記載のコンピュータプログラム製品。
  84. 前記コンピュータ可読媒体はさらに、
    前記別々の無線サブネットワークのうちの第1の無線サブネットワークを介して、前記別々のタイプのブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックのうちの少なくとも2つを送信することと、
    前記別々の無線サブネットワークのうちの第2の無線サブネットワークを介して、前記別々のタイプのブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックのうちの前記少なくとも2つのうちの一部のみを送信することと、を前記少なくとも1つのコンピュータに行わせるコードを備える、請求項81に記載のコンピュータプログラム製品。
  85. 前記コンピュータ可読媒体はさらに、
    前記第1の無線サブネットワークで、前記別々のタイプのブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックのうちの前記少なくとも2つを、第1の時間間隔で送信することと、
    前記第2の無線サブネットワークで、前記別々のタイプのブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックのうちの前記少なくとも2つのうちの前記一部を、第2の時間間隔で送信することと、を前記少なくとも1つのコンピュータに行わせるコードを備え、
    前記第2の時間間隔は、前記第1の時間間隔より長い、請求項84に記載のコンピュータプログラム製品。
  86. 前記別々のタイプのブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックのうちの前記少なくとも2つは、制御プレーントラヒックおよびユーザプレーントラヒックを備え、前記別々のタイプのブロードキャストまたはマルチキャストのトラヒックのうちの前記少なくとも2つのうちの前記一部は、制御プレーントラヒックを備える、請求項84に記載のコンピュータプログラム製品。
  87. 前記制御プレーントラヒックは、接続性、トポロジ、パス発見、ARP、DHCP、プレゼンス、およびページングからなる群のうちの少なくとも1つに関連する、請求項86に記載のコンピュータプログラム製品。
  88. 前記ユーザプレーントラヒックは、ストリーミングデータ、オーディオ、およびビデオからなる群のうちの少なくとも1つを備える、請求項86に記載のコンピュータプログラム製品。
  89. 前記コンピュータ可読媒体はさらに、プロトコルタイプ、送信元ポート、送信先ポート、送信元アドレス、送信先アドレス、トラヒック受信頻度、サービスタイプ、およびトラヒックに関連付けられたアプリケーションの識別情報からなる群のうちの少なくとも1つに基づいて分類することを、前記少なくとも1つのコンピュータに行わせるコードを備える、請求項81に記載のコンピュータプログラム製品。
JP2009518604A 2006-06-30 2007-07-02 サブネットワークによる連続待機時間の改善 Pending JP2009543476A (ja)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
US81767906P true 2006-06-30 2006-06-30
US11/680,400 US8274956B2 (en) 2006-06-30 2007-02-28 Standby time improvements using sub-networks
PCT/US2007/072681 WO2008005943A2 (en) 2006-06-30 2007-07-02 Standby time improvements using sub-networks

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2009543476A true JP2009543476A (ja) 2009-12-03

Family

ID=38876591

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2009518604A Pending JP2009543476A (ja) 2006-06-30 2007-07-02 サブネットワークによる連続待機時間の改善

Country Status (6)

Country Link
US (1) US8274956B2 (ja)
EP (1) EP2036261A2 (ja)
JP (1) JP2009543476A (ja)
KR (1) KR20090031692A (ja)
TW (1) TW200818777A (ja)
WO (1) WO2008005943A2 (ja)

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2012527842A (ja) * 2009-05-22 2012-11-08 クアルコム,インコーポレイテッド 無線通信システム内のユーザ装置(ue)のページング
JP2012529849A (ja) * 2009-06-23 2012-11-22 インテル コーポレイション 無線ネットワークにおけるブロードキャスト/マルチキャスト配信のための技術
US8320288B2 (en) 2007-06-04 2012-11-27 Sony Corporation Communication system, communication apparatus and communication method, and computer program
KR101515202B1 (ko) 2007-06-04 2015-05-04 소니 주식회사 통신시스템, 통신장치 및 통신방법과 컴퓨터·프로그램

Families Citing this family (30)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
EP2103044A2 (en) * 2006-12-18 2009-09-23 Nokia Corporation Apparatus, methods, and computer program products providing fbms with multiple bssid support
US7885217B2 (en) * 2007-03-22 2011-02-08 Aruba Networks, Inc. System and method for extending battery life
DE102007023702A1 (de) * 2007-05-22 2008-11-27 Infineon Technologies Ag Verfahren zum Erzeugen einer Generic Object Exchange Profile-Nachricht, Verfahren zum Bereitstellen von Navigations-Daten, Verfahren zum Aufbau einer Verbindung zum Übertragen von Navigations-Daten, Navigationsendgerät und Navigationsdaten-Einfüge-Einheit
US8345584B2 (en) * 2007-09-26 2013-01-01 Lantiq Deutschland Gmbh Wireless local area network and access point for a wireless local area network
EP3352526B1 (en) 2007-09-27 2019-07-31 Sun Patent Trust Network node and mobile terminal
US20090116505A1 (en) * 2007-11-07 2009-05-07 Alcatel Lucent Service Based VLAN Stacking
US9603062B2 (en) 2007-11-16 2017-03-21 Qualcomm Incorporated Classifying access points using pilot identifiers
US8848656B2 (en) * 2007-11-16 2014-09-30 Qualcomm Incorporated Utilizing broadcast signals to convey restricted association information
EP2106184B1 (en) 2008-03-28 2011-08-17 Realtek Semiconductor Corp. Power managing method applied to a wireles network apparatus and power management thereof
JP5037553B2 (ja) * 2008-03-28 2012-09-26 瑞▲いー▼半導體股▲ふん▼有限公司 無線ネットワーク装置の電力管理方法及び電力管理装置
JP5102352B2 (ja) * 2008-04-18 2012-12-19 日本電信電話株式会社 無線端末装置、無線端末装置の制御方法および無線端末装置の制御プログラム
JP2009272996A (ja) * 2008-05-09 2009-11-19 Toshiba Corp 携帯端末
US8270414B2 (en) * 2008-08-20 2012-09-18 Intel Corporation Apparatus and method to dynamically handover master functionality to another peer in a wireless network
US20100128645A1 (en) * 2008-11-26 2010-05-27 Murata Manufacturing Co., Ltd. System and method for adaptive power conservation based on traffic profiles
US8166160B2 (en) * 2008-12-05 2012-04-24 At&T Intellectual Property Ii, Lp System and method for flexible classifcation of traffic types
US8351467B2 (en) * 2009-02-06 2013-01-08 Qualcomm Incorporated Methods and systems for providing MBMS data to subscriber stations
US8902800B2 (en) * 2009-04-22 2014-12-02 Qualcomm Incorporated Methods and apparatus for communicating information
US8494437B2 (en) * 2009-04-22 2013-07-23 Qualcomm Incorporated Communication methods and apparatus
TWI422191B (zh) * 2009-07-14 2014-01-01 Senao Networks Inc Electricity management methods, power management devices and computer program products
EP2531916A1 (en) * 2010-02-03 2012-12-12 Rtx A/S Programming of a dect/cat-iq communication device
US20110310859A1 (en) * 2010-06-22 2011-12-22 Texas Instruments Incorporated Basic service set scheduling based on media access controller states
US8719188B2 (en) * 2011-01-13 2014-05-06 Qualcomm Incorporated Determining a dynamic user profile indicative of a user behavior context with a mobile device
US8804589B2 (en) * 2011-10-14 2014-08-12 Nokia Corporation Adaptive awake window
CN104221442B (zh) 2011-12-02 2018-09-25 诺基亚技术有限公司 促进用于局域传输的电力节省
US9161265B2 (en) * 2012-04-20 2015-10-13 Futurewei Technologies AG System and method for basic service set association
US9179502B2 (en) * 2012-06-17 2015-11-03 Broadcom Corporation Multiple delivery traffic indication map (DTIM) per device within single user, multiple user, multiple access, and/or MIMO wireless communications
US8934390B2 (en) * 2012-09-28 2015-01-13 Stmicroelectronics, Inc. Enhancement of low power medium access STAs
JP6132706B2 (ja) * 2013-08-22 2017-05-24 パナソニック株式会社 無線通信装置、無線通信システム及び無線通信方法
US9462549B2 (en) 2014-03-28 2016-10-04 Intel Corporation Systems and methods for optimizing power consumption associated with processing group addressed messages
US20200037250A1 (en) * 2016-09-30 2020-01-30 Lg Electronics Inc. Method for power management in wireless lan system and access point using same

Citations (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2005020626A (ja) * 2003-06-27 2005-01-20 Nec Corp 無線基地局、無線ネットワークシステム、無線通信方法および無線基地局の制御プログラム

Family Cites Families (15)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7184413B2 (en) * 1999-02-10 2007-02-27 Nokia Inc. Adaptive communication protocol for wireless networks
WO2001069859A1 (en) 2000-03-17 2001-09-20 Telefonaktiebolaget Lm Ericsson (Publ) Mobile terminal sleep phase assignment and announcement in a wireless local area network
US20040125795A1 (en) * 2000-02-18 2004-07-01 Corson Mathew S Telecommunications routing
US6970449B1 (en) * 2000-12-28 2005-11-29 Cisco Technology, Inc. Distribution of packets in a wireless communication system using multicast protocols
US7653003B2 (en) * 2002-03-21 2010-01-26 Stine John A Access protocol for wireless ad hoc networks using synchronous collision resolution
US8160020B2 (en) * 2001-06-25 2012-04-17 Airvana Network Solutions, Inc. Radio network control
US7061880B2 (en) * 2001-10-11 2006-06-13 Telefonaktiebolaget Lm Ericsson (Publ) Systems and methods for multicast communications
JP4073434B2 (ja) * 2002-05-31 2008-04-09 富士通株式会社 下り共有チャネルを使用した移動通信システム
US6961595B2 (en) * 2002-08-08 2005-11-01 Flarion Technologies, Inc. Methods and apparatus for operating mobile nodes in multiple states
DE60220808D1 (de) * 2002-12-20 2007-08-02 Motorola Inc Verfahren und Vorrichtung zur Datenstrombehandlung in mobilem IP
FI20030660A0 (fi) * 2003-05-02 2003-05-02 Nokia Corp Menetelmä päätelaitteen tehonsäästöön langattomassa lähiverkossa ja päätelaite
US7660578B2 (en) * 2003-05-02 2010-02-09 Nokia Corporation Method for saving power in a wireless terminal and a terminal
US7130668B2 (en) 2003-09-01 2006-10-31 Samsung Electronics Co., Ltd. Method and system for controlling sleep mode in broadband wireless access communication system
US7298716B2 (en) * 2003-11-06 2007-11-20 Lucent Technologies Inc. Clustering based load adaptive sleeping protocol for ad hoc networks
US7711369B2 (en) * 2005-08-22 2010-05-04 Toshiba America Research, Inc. Seamless mobility for a multiple interface device in a co-located wireless environment

Patent Citations (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2005020626A (ja) * 2003-06-27 2005-01-20 Nec Corp 無線基地局、無線ネットワークシステム、無線通信方法および無線基地局の制御プログラム

Cited By (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US8320288B2 (en) 2007-06-04 2012-11-27 Sony Corporation Communication system, communication apparatus and communication method, and computer program
JP5104859B2 (ja) * 2007-06-04 2012-12-19 ソニー株式会社 通信システム、通信装置及び通信方法、並びにコンピュータ・プログラム
KR101515202B1 (ko) 2007-06-04 2015-05-04 소니 주식회사 통신시스템, 통신장치 및 통신방법과 컴퓨터·프로그램
JP2012527842A (ja) * 2009-05-22 2012-11-08 クアルコム,インコーポレイテッド 無線通信システム内のユーザ装置(ue)のページング
US9445393B2 (en) 2009-05-22 2016-09-13 Qualcomm Incorporated Paging of a user equipment (UE) within a wireless communications system
JP2012529849A (ja) * 2009-06-23 2012-11-22 インテル コーポレイション 無線ネットワークにおけるブロードキャスト/マルチキャスト配信のための技術
US8995326B2 (en) 2009-06-23 2015-03-31 Intel Corporation Techniques for broadcast/multicast delivery in wireless networks

Also Published As

Publication number Publication date
WO2008005943A2 (en) 2008-01-10
EP2036261A2 (en) 2009-03-18
US8274956B2 (en) 2012-09-25
US20080002692A1 (en) 2008-01-03
KR20090031692A (ko) 2009-03-27
TW200818777A (en) 2008-04-16
WO2008005943A3 (en) 2008-04-03

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP6363117B2 (ja) 近隣認識ネットワーク内で発見することおよび同期することのためのシステムおよび方法
ES2703228T3 (es) Detección de pares en redes de enlace de datos asistidas por interconexión por conocimiento de vecinas (NAN)
KR101845783B1 (ko) 멤버 스테이션 프록시 서비스 광고들을 통한 다중홉 서비스 발견을 위한 시스템 및 방법
US10244459B2 (en) Systems and methods for synchronization within a neighbor aware network
JP2019195191A (ja) Mbmsリレーデバイスを使用するマルチメディアブロードキャストマルチキャストサービスの管理
US9026173B2 (en) Method and apparatus for selecting a multi-band access point to associate with a multi-band mobile station
US9723581B2 (en) Systems and methods for establishing synchronization across multiple networks and participating STAs via operations on a known common channel
ES2716014T3 (es) Sistemas y procedimientos para una rápida configuración inicial de enlace de red
US20170111885A1 (en) Wireless communication system, communication control method, radio base station, radio terminal, and storage medium
EP2939484B1 (en) Multi-band device-to-device multicast or broadcast communication
US9265056B2 (en) Methods for responding to co-located coexistence (CLC) request from a mobile electronic device and communications apparatuses capable of controlling multi-radio coexistence
US9439146B2 (en) Standby time improvements for stations in a wireless network
JP2019068465A (ja) 通信制御方法、ユーザ装置、及びプロセッサ
KR101435302B1 (ko) 무선 통신 네트워크에서 피어 발견을 위한 방법 및 장치
US8743765B2 (en) Power save mechanism for wireless communication devices
Jin et al. Wizi-cloud: Application-transparent dual zigbee-wifi radios for low power internet access
JP5124838B2 (ja) 間欠受信の制御方法
JP5792395B2 (ja) 高速初期ネットワークリンクセットアップのためのシステムおよび方法
US8229425B2 (en) Adjustment of background scanning interval based on network usage
JP6073344B2 (ja) 高速初期ネットワークリンクセットアップのためのシステムおよび方法
EP2943018B1 (en) System and method for power saving by coordinated wake-up in a wireless multi-band network
JP2016502811A (ja) アドホックネットワークに関する選択的走査のシステムおよび方法
US8958335B2 (en) System and method for controlling network discovery
JP5962096B2 (ja) 無線通信システム、端末、及び通信方法
US7912023B2 (en) Battery-efficient generic advertising service for wireless mobile devices

Legal Events

Date Code Title Description
A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20120110

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20120703