JP2009538370A - 活性成分デリバリー用新規シリコーンフィルム形成剤 - Google Patents

活性成分デリバリー用新規シリコーンフィルム形成剤 Download PDF

Info

Publication number
JP2009538370A
JP2009538370A JP2009512119A JP2009512119A JP2009538370A JP 2009538370 A JP2009538370 A JP 2009538370A JP 2009512119 A JP2009512119 A JP 2009512119A JP 2009512119 A JP2009512119 A JP 2009512119A JP 2009538370 A JP2009538370 A JP 2009538370A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
film
saccharide
forming composition
siloxane
sir
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2009512119A
Other languages
English (en)
Other versions
JP5185259B2 (ja
Inventor
ヴィクター・エイ・ラウル
ヴィルジニー・カペラセ
エリック・ジュード・ジョフル
ザヴィエル・トーマス
シッラ・コラー
デイヴィッド・クレイトン・ガントナー
Original Assignee
ダウ・コーニング・コーポレイション
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to US80270806P priority Critical
Priority to US60/802,708 priority
Application filed by ダウ・コーニング・コーポレイション filed Critical ダウ・コーニング・コーポレイション
Priority to PCT/US2007/012260 priority patent/WO2007139812A2/en
Publication of JP2009538370A publication Critical patent/JP2009538370A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP5185259B2 publication Critical patent/JP5185259B2/ja
Application status is Active legal-status Critical
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K9/00Medicinal preparations characterised by special physical form
    • A61K9/70Web, sheet or filament bases ; Films; Fibres of the matrix type containing drug
    • A61K9/7015Drug-containing film-forming compositions, e.g. spray-on
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K9/00Medicinal preparations characterised by special physical form
    • A61K9/70Web, sheet or filament bases ; Films; Fibres of the matrix type containing drug
    • A61K9/7023Transdermal patches and similar drug-containing composite devices, e.g. cataplasms
    • A61K9/703Transdermal patches and similar drug-containing composite devices, e.g. cataplasms characterised by shape or structure; Details concerning release liner or backing; Refillable patches; User-activated patches
    • A61K9/7038Transdermal patches of the drug-in-adhesive type, i.e. comprising drug in the skin-adhesive layer
    • A61K9/7046Transdermal patches of the drug-in-adhesive type, i.e. comprising drug in the skin-adhesive layer the adhesive comprising macromolecular compounds
    • A61K9/7069Transdermal patches of the drug-in-adhesive type, i.e. comprising drug in the skin-adhesive layer the adhesive comprising macromolecular compounds obtained otherwise than by reactions only involving carbon to carbon unsaturated bonds, e.g. polysiloxane, polyesters, polyurethane, polyethylene oxide
    • CCHEMISTRY; METALLURGY
    • C08ORGANIC MACROMOLECULAR COMPOUNDS; THEIR PREPARATION OR CHEMICAL WORKING-UP; COMPOSITIONS BASED THEREON
    • C08GMACROMOLECULAR COMPOUNDS OBTAINED OTHERWISE THAN BY REACTIONS ONLY INVOLVING UNSATURATED CARBON-TO-CARBON BONDS
    • C08G77/00Macromolecular compounds obtained by reactions forming a linkage containing silicon with or without sulfur, nitrogen, oxygen or carbon in the main chain of the macromolecule
    • C08G77/04Polysiloxanes
    • C08G77/14Polysiloxanes containing silicon bound to oxygen-containing groups
    • CCHEMISTRY; METALLURGY
    • C08ORGANIC MACROMOLECULAR COMPOUNDS; THEIR PREPARATION OR CHEMICAL WORKING-UP; COMPOSITIONS BASED THEREON
    • C08GMACROMOLECULAR COMPOUNDS OBTAINED OTHERWISE THAN BY REACTIONS ONLY INVOLVING UNSATURATED CARBON-TO-CARBON BONDS
    • C08G77/00Macromolecular compounds obtained by reactions forming a linkage containing silicon with or without sulfur, nitrogen, oxygen or carbon in the main chain of the macromolecule
    • C08G77/04Polysiloxanes
    • C08G77/38Polysiloxanes modified by chemical after-treatment
    • C08G77/382Polysiloxanes modified by chemical after-treatment containing atoms other than carbon, hydrogen, oxygen or silicon
    • C08G77/388Polysiloxanes modified by chemical after-treatment containing atoms other than carbon, hydrogen, oxygen or silicon containing nitrogen
    • CCHEMISTRY; METALLURGY
    • C08ORGANIC MACROMOLECULAR COMPOUNDS; THEIR PREPARATION OR CHEMICAL WORKING-UP; COMPOSITIONS BASED THEREON
    • C08LCOMPOSITIONS OF MACROMOLECULAR COMPOUNDS
    • C08L83/00Compositions of macromolecular compounds obtained by reactions forming in the main chain of the macromolecule a linkage containing silicon with or without sulfur, nitrogen, oxygen or carbon only; Compositions of derivatives of such polymers
    • C08L83/04Polysiloxanes
    • C08L83/06Polysiloxanes containing silicon bound to oxygen-containing groups
    • CCHEMISTRY; METALLURGY
    • C08ORGANIC MACROMOLECULAR COMPOUNDS; THEIR PREPARATION OR CHEMICAL WORKING-UP; COMPOSITIONS BASED THEREON
    • C08KUse of inorganic or non-macromolecular organic substances as compounding ingredients
    • C08K5/00Use of organic ingredients
    • C08K5/55Boron-containing compounds
    • CCHEMISTRY; METALLURGY
    • C08ORGANIC MACROMOLECULAR COMPOUNDS; THEIR PREPARATION OR CHEMICAL WORKING-UP; COMPOSITIONS BASED THEREON
    • C08LCOMPOSITIONS OF MACROMOLECULAR COMPOUNDS
    • C08L83/00Compositions of macromolecular compounds obtained by reactions forming in the main chain of the macromolecule a linkage containing silicon with or without sulfur, nitrogen, oxygen or carbon only; Compositions of derivatives of such polymers
    • C08L83/04Polysiloxanes
    • C08L83/08Polysiloxanes containing silicon bound to organic groups containing atoms other than carbon, hydrogen and oxygen

Abstract

本発明は、a) サッカライド−シロキサン共重合体;b) 架橋剤; c) 一種以上の活性/不活性成分; d) 任意に、溶剤または混合溶剤からなり、当該サッカライド−シロキサン共重合体が次式:R2aR1(3-a)SiO-[(SiR2R1O)m-(SiR12O)n]y-SiR1(3-a)R2a (定型的に定義される)を有し、かつ当該サッカライド−シロキサン共重合体が官能化されたオルガノシロキサンポリマーと少なくとも1種のヒドロキシ官能性サッカライドとの反応生成物で、オルガノシロキサン構成部が結合基を介してサッカライド構成部に共有的に結合している、フィルム形成用組成物;フィルム;それらの関連方法を提供する。本発明は、新規のフィルム形成用組成物および/またはフィルムからなる局所的および経皮薬剤デリバリーパッチを含む製品をも提供する。

Description

本発明は、急速に硬化して、フィルムを形成し、かつパーソナル・ヘルスケア用途で活性成分をデリバリーするためのサッカライド シロキサン共重合体組成物の使用に関する。

当該組成物は、反応性架橋剤の存在下で架橋するサッカライド シロキサン共重合体を、単独で、又は、二種以上の共重合体ブレンドとして含む。本発明において使用される好ましいサッカライド シロキサン組成物は、オルガノシリコン骨格に共有結合している、サッカライドから誘導されるポリヒドロキシ官能性部分である。架橋は、架橋剤と上記共重合体とを反応させて、サッカライド構成部分のポリヒドロキシ官能基を介して達成される。

これらのフィルム形成用組成物は、人または動物の生体組織の上に粘着かつ実質的なフィルムを形成するに用いることができる。得られるフィルムは、接着された面およびその下の層に活性成分を送達することを意図している。また、それは被覆された面の保護・バリアーフィルムとなることができ、下層組織のハイドレーションの調整に使うことができる。また、美的かつ美容的外観を覆われた表面に与えることもできる。したがって、当該組成物は、局所的投与、創傷治癒そして皮膚ケア用途に有用性を有している。さらに、本発明はフィルム形成用組成物、硬化フィルム、そしてそれらからなる製品に関する。

フィルムを形成する多くの処方は、化粧品、医療そして医薬品分野で知られている。それらには、例えば、軟膏、膏薬、クリーム、ローション、ゲル、エラストマーなどが含まれる。これら処方のいくつかは、主要成分としてシリコーンベースの素材を用いている。シリコーンベース素材は、人体に対し概して不活性であるので、それら処方において望まれている。それら製品は、いろいろな利益の提供、例えば、人体の各種の皮膚面に適用中かつ適用後美容上受け入れられる間、乾燥皮膚に湿気を与え、表面欠陥を覆い、活性成分の効果的送達を可能することを意図している。

公知の処方はシリコーン流体のブレンドをベースにしており、広く化粧用スキンケアとして使われている。それらは米国特許第6325990号に記載されているように各種の粘度を有する揮発性のものからガム状のタイプのシリコーン流体をくみあわせている。他の処方では、低分子量のシリコーン流体で膨脹された架橋オルガノポリシロキサンを含んでおり、米国特許第5654362号、同第6221979号、そしてヨーロッパ公開番号EP848029、EP869142、EP934959、EP1020494およびEP1057872に記載されているように、エラストマーブレンドとして言及されている。これらの組成物は各種の表面に容易に塗り拡げることによって興味深いフィルム形成性を示すが、それらの持続性は固有の凝集力の弱さにより低い。

同様な組成物は国際出願公開番号WO97/17057,同WO97/17058とWO97/17059の実施例に記載されており、シリコーン流体と例えば米国特許第3,936,582号、同第2,676,182号、同第2,857,356号と同第2,676,182号に記載されているシリケート樹脂とブレンドすることにより得られている。これら組成物は各種の表面に容易に塗り拡げることによって興味深いフィルム形成性を示すが、それらの持続性は当該樹脂と当該高分子流体との縮合の不足により限られる。

カナダ出願番号第711,756号によれば、上記シリケート樹脂およびシリコーン流体は縮合することができる。得られた材料は、大概、感圧接着剤技術ハンドブック3版、ドナタスサタス&アソシエート(ロードアイランド州ウァーヴィック)編 1989(ISBN#0963799339)そしてヨーロッパ特許第0180377号に記載されている感圧接着剤の性質を有する。これらの組成物は興味深いフィルム形成性および高い持続性をも示し、一般的に樹脂の高含量(約65%以上と定義される)のときに、非粘着性(本質的には分離抵抗性または一般的には「固着性(Stickiness)」)を示す。しかしながら、固有の粘弾性のために、依然として可塑化効果による影響が残っており、可塑化種を吸収して粘着性になってしまう。

公知のフィルム形成用処方でのシリコーンベース素材の他例がヨーロッパ公開第465,744号で与えられている。この公開公報は、活性薬剤とSi-H含有ポリマーとケイ素に結合した不飽和基を有するポリマーと触媒と親水性成分を含む多分系処方の使用を教示する。その処方は混合され人体に適用されて、硬化して放出制御ゲルを形成する。この架橋可能なエラストマー組成物は可塑化効果の影響を著しく減少させるものである。しかしながら、EP465,744に記載されているような先行技術の方法はいくつかの問題点を有する。たとえば、その方法では、使用する人は処方での成分材料を特定な量にて十分混合できるように熟練されなければならない。ゲルになる前に、望まれる場所に混合処方の正しい量を適用するための特別な注意を要する。同様に、そのような方法は最終ユーザーには不便かつ面倒に違いない。同じようなシステムが次の公報:US6,471,985;EP0506241;EP0865787;WO2004/108175に述べられている。

他の特許文書、WO90/03809は、揮発性ポリジメチルシロキサンで希釈されたシロキサン含有包帯材料からなる包帯形成用コーティング材料を教示している。それらコーティング材は、ここに記載されかつクレームされるフィルムとは区別される。同じようなシステムが次の公報:EP0438496、EP0572416に記載されているが、これらの特許はアクリレート骨格と側鎖シロキサン官能性を有するポリマーを記述している。

GB2407496とWO01/96450は生体表面でのフィルム形成方法を教示している。その方法は、アルキレン トリアルコキシ−末端ポリシロキサン;アルコキシシラン;チタネート触媒;充填剤;および揮発性希釈剤を混合して処方とすることからなる。それから、この処方は生体表面に適用され、その表面上その場で硬化してフィルムを形成する。このフィルム形成剤は湿分と接触により硬化する特性、湿分に非常に影響を受けやすく、適切に包装されないとその安定性に影響があることに悩まされる。

知られている他の選択には、ニトロセルロース−シリコーンブレンド溶液またはシリコーン−ポリアミド組成物が含くまれる。上述の方法は一定の重要な特性を送達させることができるが、それらのうち、一つの実施態様で重要特性すべての送達可能性を明示しているものはなかった。

欧州特許出願公開第465744号明細書 国際公開第90/03809号パンフレット 国際公開第01/96450号パンフレット

オルガノシロキサンポリマーを架橋させて形成するオルガノシロキサンベースのエラストマーは当技術分野においてよく知られており、そのような素材は望まれる表面特性を塗布基材に付与するコーティングとして幅広い有用性を有する。そのような特性としては、例えば、強化された耐摩耗性、熱安定性、疎水性かつ耐水性、接着制御かつ剥離性、アンチスリップ機能を含む摩擦制御性などがある。各種の充填剤および他の添加剤を、より多様な性能の利点をコーティングに与えるためにエラストマー母体内に配合させることができる。架橋された網目状の母体の機械的、化学的およびイオン性特性は、適切に配合される添加剤の種類と量の両方により影響される。

架橋された炭水化物からなる組成物および硬化したコーティング組成物は当技術分野では周知である。しかしながら、本発明者らはサッカライドのポリヒドロキシ官能性を介して架橋されるサッカライド−シロキサン共重合体からなるフィルム形成組成物を認知していない。これら独自の架橋性組成物から形成された網目状にされた母体、つまり硬化したフィルムは、各種の添加剤を担持し、保持し、制御的に放出する、シリコーンと炭水化物ベースの両母体のそれぞれの特性からなるブレンドされた特性プロフィルを提供する。共重合体のサッカライド構成部分経由の架橋は特定の用途に相応しくする特性プロフィルを持つエラストマーを産出する。

当技術分野では、生体面におよび生体面をとおして、活性成分をデリバリーできるフィルム形成用組成物の必要性がある。それらからなる硬化フィルムは、シリコーンと炭水化物の両構成部分からなるフィルムによって付与されると知られている利点および特性を反映する。

したがって、本発明は、上述した先行技術の問題の多くを回避したフィルム形成用組成物およびフィルムの製造方法の新規発見に基づいており、それ故に、フィルムはパーソナル・ヘルスケア用途に特に有益である。本発明のフィルム形成用組成物は、活性成分を安定させかつ放出することができる、好ましいキャリアとしてデリバリーする現実的なフィルム形成剤の技術を一つにしている。

本発明はサッカライド誘導ポリヒドロキシル シロキサンを利用して、適する反応性架橋剤、例えば、ボレート若しくはチタネート エステルと酸、の存在下でサッカライド同士間の結合を介して架橋網目状を形成する。共重合体のサッカライド骨格のヒドロキシ官能性間で起こる架橋はめずらしく、独特な母体を有する三次元網目状を形成する。その結果として、それから形成されたフィルムは類のない特性プロフィルを有する。理論に束縛されないが、得られたフィルムは、柔軟性、水蒸気透過性、疎水性、良好な美的感覚、接着剤剥離および耐屈曲性のようなシロキサンの特性と、ヒドロキシ基または極性基を有する基材、例、 木、セルローズ、綿または皮膚、への持続性のようなサッカライドの特性とを組み合わせる。これらの素材の独特な親水性と疎水性は、酵素のような生体材料を含め幅広い分子との適合を可能にする。

得られたフィルムはパーソナル・ヘルスケア用途で多くの使用されるものであり、そこでは、フィルムは、例えば、局所ドラッグデリバリーシステム、皮膚処理での皮膚保護用マスキングシステム、軽傷、火傷、急性創傷および慢性的な傷用創傷被覆材および包帯、スキンシーラント、皮膚保護フィルム、傷跡処理、エクスフォリエーション(剥脱)および脱毛髪剤製品、脱臭フィルム、制汗剤活性成分および香料デイバリーシステム、しわ取りパッチそして保湿マスクとして役立つ。当該フィルム用途は、局所治療、創部のケア、外科的縫合、傷跡ケア、脇の下のケア、足のケア、体・顔の皮膚ケア、化粧、メークアップそしてファンデーションで利点を有する。同様に他の生体表面、例えば髪の毛髪、爪、歯そして粘膜に、人間以外の動物の同様な用途にもまた各種の植物群についての用途に使うことができる。

本発明は基材、好ましくは生体面の上にフィルムを形成するための処方の使用に関する。そこでは、フィルムは例えばバリアーフィルム、化粧品フィルム、ドラッグデリバリー装置、創傷管理デバイスなどとして役立つ。

本発明の一つの実施態様はフィルム形成用組成物を提供する。フィルム形成用組成物は、a) サッカライド−シロキサン共重合体;b) 架橋剤;c) 一つ以上の活性/不活性成分;およびd) 任意で、溶剤又は混合溶剤を含む。上記サッカライド−シロキサン共重合体は、定型的にそして具体的実施態様でのニーズに従って指定される次の式:R2aR1(3-a)SiO-[(SiR2R1O)m-(SiR12O)n]y-SiR1(3-a)R2aを有する。サッカライド−シロキサン共重合体は官能性化されたオルガノポリシロキサンと少なくとも1種のヒドロキシ官能性サッカライドとの反応生成物で、当該オルガノポリシロキサン構成部分がサッカライド構成部分に結合基を介して共有結合している。

フィルム形成用組成物を硬化させて物品の製造に使うことができ、または基材に直接適用しその場で硬化させ凝集性かつ実質的なフィルムを形成することができる。組成物は各種の適合する化粧品、医薬品および医療用途において活性成分または不活性成分の放出制御の可能性を提供する。

適用しその場で硬化させたときは、その基材は植物、動物または人由来のあらゆる種類の生態組織になりうる。例えば、人への適用では、基材は皮膚、傷跡、まめ、水膨れ、傷ついた組織、唇、爪、毛髪、アイ−ヘアー(eye-hair)、粘膜などになりうる。

他の実施態様は、新規フィルム形成用組成物からなるフィルム、包帯、局所・経皮ドラッグデリバリーパッチ、化粧品デリバリー基剤および創傷被覆材を含む製造物を提供する。

第1図は、本発明による薬放出の具体例を説明する。第1A図は、発明のフィルムから薬剤ナイアシンアミドの累積放出に関するデータを示す。第1B図は、発明のフィルムから薬剤ケトコナゾールの累積放出に関するデータを示す。活性薬剤放出の測定は正確な受領容積を有するフランツ型静止拡散セルを用いて行った。

本発明のこれらまた他の実施態様は後述の詳細なる説明および実施例を参照することにより十分により理解されるであろう。

本発明は、架橋性サッカライド−シロキサン共重合体で、架橋がサッカライド構成部分のヒドロキシ官能性基間で実質的に起こる共重合体を有する新規なフィルム形成用組成物および架橋した網目状からなる硬化フィルムを提供する。共重合体のサッカライド骨格のヒドロキシ官能性間で起こる架橋は極めてめずらしく、独特な母体を有する三次元的網目状を形成する。その結果として、それから形成されたフィルムは類のない特性プロフィルを有する。得られたフィルムは、柔軟性、水蒸気透過性、疎水性、良好な美的感覚、接着剤剥離および耐屈曲性のようなシロキサンの特性と、ヒドロキシ基または極性基を有する基材、例、木、セルローズ、綿または皮膚、への持続性のようなサッカライド類の特性とを組み合わせる。これらの素材の独特な親水性と疎水性は、酵素のような生体材料を含め幅広い分子との適合を可能にする。架橋された網目状は活性成分および不活性成分の侵入と放出制御には特に適しており、当該フィルム形成用組成物は活性成分および/または不活性成分を有する。

フィルム形成用組成物は、生体表面で、接着剤剥離フィルムとして、薬剤もしくは他の利点を付与する活性成分の局所投与用に、保護バリアもしくは創傷被覆材として、または活性成分もしくは不活性成分の経皮放出の目的に使用することができる。これらフィルムが毛髪、皮膚または制汗剤用パーソナルケア製品でのフィルム形成特性をもまた与える。溶剤中の架橋性組成物は他の用途で望まれるゲル化性質を提供できる。新規なフィルム形成性組成物からなる製造品は、ヘルスケアのサービス提供および受入に関連してまたは軍事行動中に着用するものを含めた布地および衣類に防腐、保護、防御および/または反応性の機能の提供を含み、それらに限定されずに各種有用な機能に適合する。

一つの実施態様はフィルム形成用組成物に向けられる。フィルム形成用組成物は、a) サッカライド−シロキサン共重合体;b) 架橋剤;c) 一つ以上の活性/不活性成分、およびd) 任意で、溶剤又は混合溶剤を含む。上記サッカライド−シロキサン共重合体は以下の式:

R2aR1(3-a)SiO-[(SiR2R1O)m-(SiR12O)n]y-SiR1(3-a)R2a

[式中、
R1は、同じでも異なっていてもよく、水素、C1-C12のアルキル、有機基またはR3-Qからなり、
Qは、エポキシ、シクロエポキシ、第一級又は第二級アミノ、エチレンジアミン、カルボキシ、ハロゲン、ビニル、アリル、酸無水物、またはメルカプト官能性基からなり、
mおよびnは、0から10,000の整数であって、同じであっても異なっていてもよく、
aは、独立して0,1,2または3であり、
yは、上記共重合体が百万未満の分子量を有するようにする整数であり、
R1(3-a)SiO-[(SiR1O)m-(SiR12O)n]y-SiR1(3-a)は、オルガノシロキサンポリマー構成部分を構成し、
R2は、式 Z-(G1)b-(G2)cを有し、かつ、少なくとも一個のR2が存在し、
{式中、G1は炭素数5から12からなるサッカライド構成部分であり、
b+cは、1〜10で、bまたはcは0であることもでき、bまたはcのいずれかは1でなければならず、
G2は、炭素数5から12からなり、有機基または有機ケイ素基で置換されたサッカライド構成部分であり、
Zは、上記オルガノシロキサンポリマー構成部分とサッカライド構成部分との結合基で、独立して、
-R3-NHC(O)-R4-;
-R3-NHC(O)O-R4-;
-R3-NH-C(O)-NH-R4-;
-R3-C(O)-O-R4-;
-R3-O-R4-;
-R3-S-R4-;
-R3-CH(OH)-CH2-O-R4-;
-R3-CH(OH)-CH2-NH-R4-;および
-R3-N(R1)-R4-
からなる群から選択され、そして、
R3およびR4は、(R5)r(R6)s(R7)tからなる二価のスペーサー基(ただし、r,sおよびtの少なくとも一つは1でなければならず、
R5およびR7は、C1-C12のアルキル又は((C1-C12)O)p (ただし、pは1から50の整数で、各(C1-C12)Oは同じであっても異なっていてもよい)であり、
は、-N(R8)-(ただし、R8はHまたはC1-C12のアルキルである)である}]を有しする。

サッカライド−シロキサン共重合体は、官能性化されたオルガノシロキサンポリマーと少なくとも1種のヒドロキシ官能性サッカライドとの反応生成物で、当該オルガノポリシロキサン構成部分がサッカライド構成部分に、結合基Zを介して共有結合している。

具体的な実施態様によれば、サッカライド−シロキサン共重合体は少なくとも3個のヒドロキシ官能性を有し、少なくとも1個のポリヒドロキシ官能性サッカライドはアルドン酸またはオリゴアルドン酸を含む。より具体的な実施態様では、アルドン酸またはオリゴアルドン酸はラクトンを含み、さらなる具体的な実施態様では、ラクトンはグルコノラクトンまたはラクトビオノラクトンを含む。適する結合基の例はアミド、アミノ、ウレタン、気尿素、エステル、エーテル、チオエーテル、アセタール結合基を含むが、これらに限定されるものではない。好ましい実施態様によれば、サッカライド−シロキサンは、グルコノラクトンとアミノプロピル−末端ポリジメチルシロキサンとの反応生成物であり、そこでは側鎖アミノエチルアミノイソブチル基を有するポリジメチルシロキサンがグルコノラクトンと第1級アミン:ラクトンの1:1の化学量論で反応している。

架橋剤はヒドロキシ官能性ポリマーを架橋できる任意の物質からなる。架橋剤は、以下の限定されないリストから選択される:ホウ酸、ホウ酸エステル(例、トリ−n−プロピルボレート、トリイソプロパノールアミンボレート)、アルキルボロン酸またはエステル(例、フェニルボロン酸)、チタン酸塩(例、チタンイソプロポキシド、ジイソプロポキシチタニウムビス(アセチルアセトネート))、ジルコニウム酸塩、グリオキサール、グルタルアルデヒド、エピクロロヒドリン、尿素−ホルムアルデヒド、炭酸アンモニウムジルコニウム、多価イオン塩、二官能性エポキシまたはグリシジル化合物(例、1,4ブタンジオールジグリシジルエーテル)、ジ−(N−ヒドロキシメチル)尿素、ジ−イソシアナート (例、トルエンジイソシアナート、ヘキサメチレンジイソシアナート)、2−クロロ N,Nジ−エチルアセトアミド、トリメタリン酸ナトリウム、オキシ塩化リン、アクロレイン、N−メチル尿素、ジカルボン酸、ビス−酸塩化物、ジアルキルジクロロシラン(例、ジメチルジロロシラン)、アルキルトリクロロシラン(例、メチルトリクロロシラン)、反応性シロキサン樹脂、およびこれらの組み合わせ。

他の実施態様によれば、フィルム形成用組成物はさらに1種以上の追加のサッカライド−シロキサン共重合体および適する架橋剤を含み、ブレンドフィルム形成用組成物を形成する。これらブレンドは、選択された共重合体により一つ以上の利点を与えることを目的としている。

生体面に供給した時点で、フィルム形成用組成物は硬化して、凝集性かつ実質的なフィルムを形成する。本発明の組成物は容易に硬化するし、周囲環境に暴露されると直ちに硬化する。本発明の他の実施態様は少なくとも1個の活性または不活性薬剤を局所的に生体面または経皮的に生体面を通して送達する方法に向けられている。一つの具体的実施態様によれば、フィルム形成用組成物は生体面にぬれた状態で適用し、そのまま硬化させて生体面上に目的とするフィルムを形成する。他の具体的な実施態様では、フィルム形成用組成物は最初硬化され、生体面に接着適用される。

フィルム形成用組成物に含有させられる1個以上の活性または/および不活性成分は、次の中から選ぶことができる:触媒;充填剤;顔料;紫外線安定剤;香料;精油;熱安定剤;レオロジー調整剤;増粘剤;接着促進剤;バイオサイド;抗真菌剤;抗生物質;保存料;酵素;ペプチド;感圧接着剤;界面活性剤;医薬成分;化粧品成分;レジン;そして水性成分。基材は植物、動物または人由来のあらゆる種類の生態組織である。例えば、人への適用では、基材は皮膚、傷跡、まめ、水膨れ、傷ついた組織、唇、爪、毛髪、まつ毛髪、アイーヘアー(eye-hair)、または粘膜である。

具体的実施態様によれば、生体面は皮膚からなり、さらには人の皮膚からなる。フィルムは化粧品、医学的または薬学的適応の治療に有用であり、創傷被覆材、包帯、局所または経皮ドラッグデリバリーパッチ、化粧品組成、または香料デリバリーパッチのような製造品に組み入れられることができる。特定の実施態様では、創傷被覆材は活性薬剤が1種以上の抗生物質、バイオサイドまたは抗真菌剤であるフィルム形成用組成物からなっている。

他の実施態様によれば、新規なフィルム形成用組成物を有する経皮ドラッグデリバリーパッチが提供される。通常活性成分は架橋された母体内に分散させており、活性または不活性成分は受動的にフィルムまたはパッチから皮膚を通して拡散する。角質層はドラッグの拡散に対し最大のバリアーとして機能する皮膚の最外層である。ある所望の薬剤にとって、この天然のバリアーは著しく受動的拡散を減少または妨害する。これらの事例で、角質層に微小孔を作るデバイス、例えば皮膚に適用したとき無痛で出血を生じさせることなく角質層に微小孔を作る極微針とも呼ばれる微細構造アレイを含む、のような増強デバイスを適切に使用することができる。これら微小孔は微小孔なしの通常の皮膚よりも小さいドラッグ拡散抵抗を提供する。表皮層から角質層の切除は周知の増強方法でもあり、レーザーシステムによる切除を含む。その後フィルム形成用組成物からなる発明のパッチを、経皮デリバリーと達成するために切除された場所に適用することができる。新規なフィルムおよびパッチによる経皮デリバリーは特に全身的治療可能な病気を対象とする薬剤または医薬品のデリバリーに有用である。

賦形剤をフィルム形成用組成物に処方中のドラッグの溶解性および安定性を改良し、ドラッグの皮膚透過を高めるために添加することができる。化学透過エンハンサーは当技術分野では周知であり、本発明の処方に含有させるための適する賦形剤である。

フィルム形成用組成物を製造する方法もまた提供される。その一つの実施態様で、その方法は、a)サッカライド−シロキサン共重合体を適する溶剤に溶解して溶液を作り; b)少なくとも1個の架橋剤を適する溶剤に溶解して溶液を作り; c) b)の溶液を a)の溶液に添加して、 b)がa)中に分散するまで混合する各段階からなる。サッカライド−シロキサン共重合体は、官能性化されたオルガノシロキサンポリマーと少なくとも1種のヒドロキシ官能性サッカライドとの反応生成物で、オルガノシロキサンポリマーが少なくとも1種のポリヒドロキシ官能性サッカライドに共有結合しているものからなる。活性または不活性成分は好ましくは硬化する前に組成物に添加される。他の添加剤は任意で、段階a)、 b)、および c)のうち、いずれの段階でも配合しないか、いずれかの一つ、いくつかまたはすべての段階で配合させることができ、分散されるまで混合される。ある薬剤または添加剤は溶剤のような適する媒体での事前溶解が必要である。添加剤が母体に組み入れられる程度および添加剤のイオン性は添加時間に影響する。添加剤には、これらに限定されないが、d)触媒; e)充填剤; f)顔料; g)紫外線安定剤; h)熱安定剤; i)レオロジー調整剤; j)増粘剤; k)接着促進剤; l)バイオサイド; m)保存料; n)酵素; o)ペプチド; p)感圧接着剤または任意の界面活性剤; r)化粧品成分; s)制汗剤化合物; t)紫外線遮断薬; u)医薬品有効成分(API); v)殺虫剤; w)駆虫剤; x)肥料が含まれる。

あるいは、サッカライド シロキサンは、担体溶媒中で製造して、サッカライド シロキサンを最初に単離する必要をなくすことができる。カットバック方法は、糖シロキサン溶液の粘度低下のためシリカを組み入れるときに必要である。これはシリカ充填剤および糖シロキサン溶液を少量ずつ交互に処方に添加し、混合することにより行われる。

フィルムの実施態様には、例えば、局所ドラッグデリバリーシステム、皮膚処理での皮膚保護用マスキングシステム、軽傷、火傷、急性創傷および慢性的な傷用創傷被覆材および包帯、スキンシーラント、皮膚保護フィルム、傷跡処理、エクスフォリエーション(剥脱)および脱毛髪剤製品、脱臭フィルム、制汗剤活性成分および香料デリバリーシステム、しわ取りパッチそして保湿マスクが含まれる。そこでは、フィルム用途は、局所治療、創部のケア、外科的縫合、傷跡ケア、脇の下のケア、足のケア、体・顔の皮膚ケア、化粧、メークアップそしてファンデーションで利点を有する。同様に他の生体表面、例えば髪の毛髪、爪、歯そして粘膜に、人間以外の動物の同様な用途にもまた各種の植物相についての用途に使うことができる。

本処方はまた充填剤を含む。充填剤には、これらに限定されないが、ステアリン酸塩またはステアリン酸処理または表面未処理の粉末状、沈降性およびコロイド状炭酸カルシウム;煙霧質シリカ、沈降性シリカおよび疎水化シリカのような補強性シリカ;粉砕石英、粉末石英、アルミナ、水酸化アルミニウム、二酸化チタン、珪藻土、酸化鉄、カーボンブラック、そしてグラファイトが含まれる。好ましい充填剤の一つの類は合成シリカで、シリカ表面がシリコン化合物で疎水性とするために変性されたシリカである。これらの素材は、表面積、シリカ表面処理用シリコン化合物および表面処理の程度で互いに異なっている。そのような素材は驚くほどにフィルム形成用組成物の粘度を下げることができる。また、樹脂状補強性充填剤は透明フィルムを形成するために使用することができる。シリカ、炭酸カルシウムおよび樹脂状充填剤は特に好ましい。具体例として、Cab−O−Sil(登録商標)PTG、Cab−O−Sil(登録商標)TS―530表面処理充填剤、Aerosil(登録商標)R8200表面処理充填剤およびワッカー製HDX H2000表面処理充填剤を含む。

充填剤が使用されるなら、処方での充填剤の量は一般的に粘度、チキソトロピー、色および紫外線防護のような望まれる性質を未硬化処方に与える量である。充填剤の量は、また引張強度、伸びおよびデュロメーターのような望まれる硬化物理的特性によって決まる。最終的には、充填剤の量は具体的に使われる充填剤のヒドロキシ含量と同じように、添加される他の成分の量によっても決まる。通常は、処方の全体量に基づいて約0.1から25重量%の範囲の量である。好ましくは、充填剤は同じ基準で約2から15重量%の量で添加される。充填剤は、たった一つの充填剤または二種以上の充填剤混合物でもよい。

処方はまたフッ素化流体、樹脂、オルガノシロキサンポリマーおよび樹脂を有する。これらの素材は、柔軟性、可とう性、皮膚やプラスティックフィルムへの高い接着性、感圧接着剤表面活性、低摩擦係数、潤滑性、修正された透過性を含み、これらに限定されない追加的性質をフィルムに供与する。フッ素化流体の例はフッ素化シロキサン、トリフルオロプロピルメチルシロキサンである。樹脂の例は、ロジン型樹脂およびアクリルポリマー樹脂である。オルガノシロキサンポリマーの例は、シリコーンポリエーテル、シリコーンポリアミド、シリコーンアクリル共重合体である。オルガノシロキサン樹脂の例は、シロキサンMQレジンである。

本発明により使用可能な治療活性薬剤には、例えば、にきび抑制薬剤、抗生物質、防腐剤、抗真菌剤、抗菌薬、殺菌薬、バイオサイド、抗炎症薬、収斂剤、ホルモン、抗がん剤、禁煙組成物、心血管治療薬(cardiovascular)、ヒスタミン遮断薬、気管支拡張剤、鎮痛剤、抗不整脈剤、坑ヒスタミン剤、α−I 遮断薬、β遮断薬、アンジオテンシン変換酵素阻害剤、利尿薬、坑血小板凝集薬(antiaggregant)、鎮静剤、精神安定剤、抗けいれん薬、坑凝結薬、ビタミン、老化防止剤、胃・十二指腸潰瘍治療薬、抗脂肪沈着剤(anticellulites)、タンパク質分解酵素、治癒因子(healing factors)、細胞増殖栄養素、ペプチドその他が含まれる。適した治療活性薬剤の具体的な例には、銀誘導体、ペニシリン、セファロスポリン、テトラサイクリン、マクロライド、エピネフリン、アンフェタミン、アスピリン、アセトミノフェン、バルビツール酸系催眠薬、カテコールアミン、ベンゾジアゼピン、チオペンタール、コデイン、モルフィン、プロカイン、リドカイン、ベンゾカイン、スルホアミド、チコナゾール、パーブテロール(perbuterol)、フロセミド、プラゾシン、プロスタグランジン、サルブタモール、インドメチカン(indomethicane)、ジクロフェナク、グラフェニン、ジピリダモール、テオフィリン、レチノールが含まれる。

治療または診断材料に加えて、活性成分として、香料、紫外線保護剤、ひげそり用製品、脱臭剤などの化粧品がある。適する化粧品は当技術分野で周知である。
本発明で使用される活性成分の配合割合は、提案される送達速度に要求される投薬量を送達する組成物において必要な活性薬剤の濃度にしたがい選択される。これは、最終組成物の0.1から70重量%、好ましくは0.1から20重量%のように広い範囲内で変化することになる。

フィルム形成用組成物は、また他の追加成分を含むことができる。一つの有益な添加剤は処方の早期の硬化を防ぐ水スカベンジャーである。他の任意成分には、着色剤、着色指示薬、他の希釈剤、シリコーン流体やシリコーンレジンのような増量剤、薬局で使用される賦形剤、処方内および周囲での速やかな環境調整のpH緩衝剤として機能する化合物、安定剤、保存料、フッ素化シリコーンのような多孔性処方用界面活性剤、環状または直鎖状ポリジオルガノシロキサンのような加工助剤、そしてヨーロッパ公開番号第465,744号で説明されている親水性、調節、膨潤性成分またはポリマーが含まれる。さらに他の添加成分には、傷用吸収材、アルギン酸塩、ポリサッカライド、ゼラチン、コラーゲン、そして硬化フィルム表面上の摩擦を減少しそして/または光沢を変質させることができる材料が含まれる。

本発明で使用することができる、化粧品、パーソナルケア、そして薬用化粧品成分および医薬品賦形剤の追加例は、CTFA(米国トイレ化粧品香料工業協会)成分データベースおよび医薬品賦形剤ハンドブックで知ることができ、例えば、精油、吸収材、凝固防止剤、酸化防止剤、静電気防止剤、収斂剤、結合剤、緩衝剤、増量剤、キレート剤、着色剤、化粧品用収斂剤、化粧品用バイオサイド、脱臭剤、皮膚軟化剤、外用鎮痛剤、フィルム形成剤、香料物質、香料成分、湿潤剤、細胞融解物質、保湿剤、閉塞エンハンサー(occlusivity enhancers)、乳白剤、酸化・還元剤、浸透促進剤、殺虫剤、可塑剤、保存料、皮膚漂白剤、皮膚調整剤、皮膚保護薬、滑性改質剤、可溶化剤、溶媒、日焼け防止剤、表面改質剤、界面活性剤・乳化剤、懸濁化剤、増粘剤、粘度増加剤または減少剤を含む粘度調整剤、紫外線吸収材、が含まれる。

使用できる化粧品、パーソナルケアおよび薬用化粧品成分ならびに医薬品賦形剤は、例えば次の化学品から選択される:アルコール、脂肪族アルコールとポリオール、アルカノールアミン、アルコキシ化アルコール(例、アルコールおよび脂肪族アルコールのポリエチレングリコール誘導体)、アルコキシ化アミド、アルコキシ化アミン、アルコキシ化カルボン酸、アミドとその塩を含む(例、セラミド)、アミン、アミノ酸とその塩およびアルキル置換誘導体を含む、エステル、アルキル置換およびアシル誘導体、ポリアクリル酸、アクリルアミド共重合体、アジピン酸共重合体、アルコール、アミノシリコーン、生体高分子と誘導体、ブチレン共重合体、炭水化物(例、ポリサッカライド、キトーサンおよび誘導体)、カルボン酸、カルボマー、エステル、エーテルおよび高分子エーテル(例、PEG(ポリエチレングリコール)誘導体、PPG(ポリプロピレングリコール)誘導体、グリセリルエステルおよび誘導体、ハロゲン化合物、複素環式化合物とその塩を含む、親水性コロイドおとその塩とガムを含む誘導体(例、セルローズ誘導体、ゼラチン、キサンタンガム、天然ガム)、イミダゾリン、無機材料(粘土、二酸化チタン、酸化亜鉛)、ケトン(例、カンホール)、イセチオナート、ラノリンおよび誘導体、有機塩、フェノールとその塩を含む(例、パラベン)、リン化合物(例、リン酸塩誘導体)、ポリアクリル酸エステルおよびアクリル酸エステル共重合体、タンパク質および酵素誘導体(例、コラーゲン)、合成ポリマーとその塩を含む、シロキサンとシラン、ソルビタン誘導体、ステロール、スルホン酸および誘導体およびワックス。

精油の例には、
アルニカArnica (学名:アルニカ・モンタナArnica Montana)、
バジルBasil (学名:オシムム・バシリクムOcimum Basilicum)、
ベルガモットBergamot (学名:シトラス・ベルガミアCitrus Bergamia)、
シダーウッドCedarwood (学名:セドラス・アトランティカCedrus Atlantica)、
カモミール・ローマンChamomile Roman (学名:カミメルム・ノビレChamaemelum Nobile)、
シナモンCinnamon (学名:キンナモムム・カシアCinnamomum Cassia)、
シナモン・バークCinnaon Bark (学名:キンナモムム・ウエルムCinnamomun Verum)、
シスタス・ラブダナムCistus Labdanum (学名:シスタス・ラダニファーCistus Ladanifer)、
クラリー・セージClary Sage (学名:サルビア・スクラレアSalvia Sclarea)、
クローブClove (学名:シギギウム・アロマティクムSyzygium Aromaticum)オイゲノールEugenol
コリアンダーCoriander (学名:コリアンドラム・サティウムCoriandrum Sativum)、
サイプレスCypress (学名:クプレッスス・センペルウイレンスCupressus Sempervirens)、
ディルDill (学名:アネツム・グラウェオレンスAnethum Graveolens)、
エレミElemi (学名:カナリウム・ルツオニクムCanarium Luzonicum)、
ユーカリEucalyptus Dives (学名:ユーカリプタス・ディーベスEucalyptus Dives)、
ユーカリEucalyptus Globulus (学名:ユーカリプタス・グロブルスEucalyptus Globulus)、
ユーカリ Eucalyptus Polybractea (学名:ユーカリプタス・ポリブラクテアEucalyptus Polybractea)、
ユーカリEucalyptus Radiata (学名:ユーカリプタス・ラジアータEucalyptus Radiata)、
フェナルFennel (学名:フォエニクルム・ウルガレFoeniculum Vulgare)、
ダグラス ファーFir Douglas (学名:プセドツガ・メンジージ Pseudotsuga Menziesii)、 ^
ホアイト・ファーFir White (学名:アビエス・グランディスAbies Grandis)、
フランキンセンスFrankincense (学名:ボスヴェリア・カーテリーBoswellia Carteri)、
ガルバナムGalbanum (学名:フェルーラ・グムモサ Ferula Gummosa)、
ゼラニウムGeranium (学名:ぺラルゴニウム・グラヴィオレンPelargonium Graveolens)、
ジンジャーGinger (学名:ジンギバー・オフィシノールZingiber Officinale)、
ゴールデンロッドGoldenrod (学名:ソリダゴ・カナデンシスSolidago Canadensis)、
ゴトゥ・コーラGotu Kola (学名:センテラ・アジアティカCentella Asiatica)、
グレープフルーツGrapefruit (学名:シトラス・パラディシCitrus Paradisi)、
ヘリクリサムHelichrysum (学名:ヘリクリサム・イタリクムHelichrysum Italicum)、
ヒソップHyssop (学名:ヒソップス・オフィシナリスHyssopus Officinalis)、
アイダホ・バルサム・ファーIdaho Balsam Fir (学名:アビエス・バルサメアAbies Balsamea)、
ジャスミンJasmine (学名:ヤスミヌム・オフィシナレJasminum Officinale)、
ジュニパーJuniper (学名:ジュニペルス・オステオスペルマJuniperus Osteosperma, ジュニペルス・スコプロルムJuniperus Scopulorum)、
ローレルLaurus (学名:ラウルス・ノビリスLaurus Nobilis)、
ラベンダーLavender (学名:ラヴェンデュラ・アングスティフォリアLavandula Angustifolia)、
レドゥムLedum (学名:レドゥム・グロエンランディクムLedum Groenlandicum)、
レモンLemon (学名:シトラス・リモンCitrus Limon)、
レモングラスLemongrass (学名:キンポポゴン・フレスオススCymbopogon Flexuosus)、
マージョラムMarjoram (学名:オリガヌム・マヨラナOriganum Majorana)、
ティートリーオイルMelaleuca Alternifolia Or Tea Tree Oil (学名:メラルーカ・アルテルニフォーリアMelaleuca Alternifolia)、
ロザリーナRosalina Melaleuca Ericifolia (学名:メラレウカ・エリキフォリアMelaleuca Ericifolia)、
レモンバームMelissa (学名:メリッサ・オフィシナリスMelissa Officinalis)、
マウンテンまたはウインター・セイボリMountain Or Winter Savory (学名:サツレヤ・モンタナSatureja Montana)、
ミルラMyrrh (学名:コンミフォラ・ミルラCommiphora Myrrha)、
マートルMyrtle (学名:ミルツス・コンミムスMyrtus Communis)、
ナツメグNutmeg (学名:ミリスティカ・フラグランスMyristica Fragrans)、
オレンジOrange (学名:シトラス・アウランチウムCitrus Aurantium)、
オレガノOregano (学名:オリガヌム・コンパクトゥムOriganum Compactum)、
パルマローザPalmarosa (学名:シンポポゴン・マルティーニCynopogon Martinii)、
パチョリPatchouly (学名:ポゴステモン・カブリンPogostemon Cablin)、
ブラックペパーPepper, Black (学名:ピペル・ニグラムPiper Nigrum)、
ペパーミントPeppermint (学名:メンタ・ピペリタMentha Piperita)、
プチグレンPetit Grain (学名:シトラス・アウランチウムCitrus Aurantium)、
パインPine (学名:ピヌス・シイルウエストリスPinus Sylvestris)、
ラベンサラRavensara (学名:ラベンサラ・アロマチカRavensara Aromatica)、
ローズRose (学名:ロサ・ダマスケナRosa Damascena)、
ローズマリーRosemary (学名:ロスマリヌス・オフィシナリスRosemarinus Officinalis)、
ローズウッドRosewood (学名:アニバ・ローサオドーラAniba Rosaeodora)、
セージSage (学名:サルビア・オフィシナリスSalvia Officinalis)、
サンダルウッドSandalwood (学名:サンタルム・アルブムSantalum Album)、
スペアミントSpearmint (学名:メンタ・スピカタMentha Spicata)、
スパイクナードSpikenard (学名:ナルドスタキス・ヤタマンシーNardostachys Jatamansi)、
スプルースSpruce (学名:ピケア・マリアナPicea Mariana)、
セントジョーンズワートSt John’s Wort (学名:ヒペリクム・ペリフォラツムHypericum Perforatum)、
タンジェリンTangerine (学名:シトラス・レティキュラータCitrus Reticulata)、
アイダホ・タンジーTansy Idaho (学名:タナケツム・ウルガレTanacetum Vulgare)、
タラゴンTarragon (学名:アルテミシア・ドラクンクルスArtemisia Dracunculus)、
タイムThyme (学名:ティムス・ウルガリスThymus Vulgaris)、
ツガTsuga (学名:ツガ・カナデンシスTsuga Canadensis)、
バレリアンValerian (学名:ウァレリアナ・オフィシナリスValariana Officinalis)、
ベチバーVetiver (学名:ウェティウェリア・ジザニオイデスVetiveria Zizanioides)、
ウェスタン・レッド・シダーWestern Red Cedar (学名:ツヤ・プリカタThuja Plicata)、
ウィンターグリーンWintergreen (学名;ゴーテリア・プロクンベンスGaultheria Procumbens)、
イランイランYlang Ylang (学名:カナンガ・オドラタCananga Odorata)
が含まれる。

にきび抑制薬剤の限定されない例にはサリチル酸、過酸化ベンゾイル、ビタミンおよび硫黄が含まれ、抗真菌剤の限定されない例はウンデシレン酸カルシウム、ウンデシレン酸、ウンデシレン酸亜鉛およびポビドン−ヨードが含まれる。

殺菌剤およびバイオサイドの例には、これらに限定されないが、アルコール、塩化ベンザルコニウム、塩化ベンゼトニウム、過酸化水素、塩化メチルベンゼトニウム、フェノール、ポロクサマー188(Poloxamer188)、ポビドン−ヨード、ポリヘキサメチレンビグアニド塩酸、銀塩およびナノ銀を含めた銀誘導体、並びにキシリトールが含まれる。

酸化防止剤の例には、これらに限定されないが、アセチルシスティン、アルブチン、アスコルビン酸、アスコルビン酸ポリペプチド、ジパルミチン酸アスコルビル、アスコルビルメチルシラノールペクチン(ascorbyl methylsilanol pectinate)、パルミチン酸アスコルビル、ステアリン酸アスコルビル、BHA、p−ヒドロキシアニソール、BHT、t−ブチルヒドロキノン、カフェー酸、カメリアシネンシス油(camellia sinensis oil)、アスコルビン酸キトサン、グリコール酸キトサン、サルチル酸キトサン、クロロゲン酸、システイン、システインHCl、デシルメルカプトメチルイミダゾール、エリソルビン酸、d−リモネン、ジアミルヒロドキノン、ジ−t−ブチルヒロドキノン、チオジプロピオン酸ジセチル、ジシクロペンタジエン/t−ブチルクレゾール共重合体、トリオレイン酸ジガロイル、チオジプロピオン酸ジラウリル、チオジプロピオン酸ジミリスチル、ジオレイルトコフェロールメチルシラノール、イソクエルシトリン、ジオスミン(diosmine)、アスコルビン酸ナトリウム硫酸塩、ルチ二ル二硫酸二ナトリウム、チオジプロピオン酸ジステアリル、チオジプロピオン酸ジトリデシル、没食子酸ドデシル、フェルラ酸エチル、フェルラ酸、ヒドロキノン、塩酸ヒドロキシルアミン、硫酸ヒドロキシルアミン、チオグリコール酸イソオクチル、コウジ酸、マデカシコサイド(madecassicoside)、アスコルビン酸マグネシウム、リン酸アスコルビルマグネシウム、メラトニン、メトキシ−PEG−7 ルチニルスクシネート(methoxy-PEG-7 rutinylsuccinate)、メチレン ジ−t−ブチルクレゾール、アスコルビン酸メチルシラノール、ノルジヒドログアイアレチン酸、没食子酸オクチル、フェニルチオグリコール酸、フロログルシノール、アスコルビルトコフェリルリン酸カリウム、チオジグリコール酸アミド、亜硫酸カリウム、没食子酸プロピル、ロスマリン酸、ルチン、アスコルビン酸ナトリウム、リン酸アスコルビル/コレステリルナトリウム、亜硫酸水素ナトリウム、エリソルビン酸ナトリウム、メタ二亜硫酸ナトリウム、亜硫酸ナトリウム、チオグリコール酸ナトリウム、ソルビチルフルフラール、ティーツリー(メラルーカ・アルテルニファーリア)油、酢酸トコフェロール、アスコルビン酸テトラヘキシルデシル、テトラヒドロジフェルロイルメタン(tetrahydrodiferuloylmethane)、リノール酸/オレイン酸トコフェリル、チオジグリコール、コハク酸トコフェロール、チオジグリコール酸、チオグリコール酸、チオ乳酸、チオサリチル酸、チオタウリン、レチノール、トコフェレス−5(tocophereth-5)、トコフェレス−10(tocophereth-10)、トコフェレス−12(tocophereth-12)、トコフェレス−18(tocophereth-18)、トコフェレス−50(tocophereth-50)、トコフェロール、トコフェルソラン(tocophersolan)、リノール酸トコフェリル、ニコチン酸トコフェリル、トコキノン、o−トリルビグアニド、亜リン酸トリス(ノニルフェニル)、ユビキノン、およびジブチルジチオカルバミン酸亜鉛が含まれる。

化粧品用バイオサイドの例には、これらに限定されないが、フェノールスルホン酸アルミニウム、フェノールスルホン酸アンモニウム、バクチオール、臭化ベンザルコニウム、セチルリン酸ベンザルコニウム、塩化ベンザルコニウム、ベンザルコニウムサッカリン、塩化ベンゼトニウム、カリウムフェノキシド、ベンゾキシキン、塩化ベンゾキソニウム、ビスピリチオン、ホウ酸、ブロモクロロフェン、カンファーメト硫酸ベンザルコニウム(camphor benzalkonium methosulfate)、キャプタン、塩化セタルコニウム、臭化セタルコニウム、臭化セテアラルコニウム(cetearalkonium bromide)、臭化セテチルジモニウム(cetethyldimonium bromide)、臭化セトリモニウム、塩化セトリモニウム、メト硫酸セトリモニウム、セトリモニウムサッカリン、セトリモニウムトシラート、塩化セチルピリジニウム、クロラミン T、クロルヘキシジン、クロルヘキシジン二酢酸、クロルヘキシジンジグリコナート、クロルヘキシジン二塩酸、p−クロロ−m−クレゾール、クロロフェン、p−クロロフェノール、クロロチモール、クロロキシレノール、クロルフェネシン、シクロピロクスオラミン、クリンバゾール、クロフルカルバン、クロトリマゾール、コールタール、コロイド硫黄、0−シメン−5−オール、酢酸デクアリニウム、塩化デクアリニウム、ジブロモプロパミジンジイセチオナート、ジクロロベンジルアルコール、ジクロロフェン、ジクロロフェニルイミダゾールジオキソラン、ジクロロ−m−キシレノール、ジヨードメチルトリルスルホン、ジメチロールエチレンチオ尿素、ジフェニルメチルピペラジニルベルズイミダゾール、臭化ドミフェン、7−エチルビシクロオキサゾリジン、フルオロサラン、ホルムアルデヒド、グルタラール、ヘキサクロロフェン、ヘキサミジン、ジイセチオン酸ヘキサミジン、ヘキサミジンジパラベン、ヘキサミジンパラベン、ヘキセチジン、過酸化水素、ヒドロキシメチル−ジオキサアザビシクロオクタン、イクタモール、イソプロピル クレゾール、塩化ラピリウム、臭化ラウラルコニウム、塩化ラウラルコニウム、臭化ラウルトリモニウム、塩化ラウルトリモニウム、ラウルトリモニウムトリクロロフェノキシド、臭化ラウリルイソキノリニウム、ラウリルイソキノリニウムサッカリン、塩化ラウリルピリジニウム、酸化水銀、メテナミン、塩化メテナモニウム(methenammonium chloride)、塩化メチルベンゼトニウム、塩化ミリスタルコニウム、ミリスタルコニウムサッカリン、臭化ミルトリモニウム、ノノキシノール−9ヨード、ノノキシノール−12ヨード、塩化オレアルコニウム(olealkonium chloride)、オキシキノリン、安息香酸オキシキノリン、硫酸オキシキノリン、PEG−2ココ−ベンゾニウムクロリド(PEG-2 coco-benzonium chloride)、PEG−10ココ−ベンゾニウムクロリド(PEG-10 coco-benzonium chloride)、PEG−6ウンデシレナート(PEG-6 undecylenate)、PEG−8ウンデシレナート(PEG-8 undecylenate)、フェノール、0−フェニルフェノール、サリチル酸フェニル、ピロクトンオラミン、ウンデシレン酸スルホサクシニル、カリウム o−フェニルフェナート、サリチル酸カリウム、カリウム トロクロセン(potassium troclosene)、プロピオン酸、PVP−ヨード、クアテルニウム−8、ヨード、クアテルニウム−14ヨード、クアテルニウム−24、フェノールスルホン酸ナトリウム、ナトリウム フェノキシド、ナトリウム o−フェニルフェナート、シェール油スルホン酸ナトリウム、ウスニン酸ナトリウム、チアベンダゾール、2,2’−チオビス(4−クロロフェノール)、チラム、トリアセチン、トリクロカルバン、トリクロサン、ホウ酸トリオクチルドデシル、ウンデシレンアミドプロピルアミン オキシド、ウンデシレンス−6(undecyleneth-6)、ウンデシレン酸、酢酸亜鉛、アスパラギン酸亜鉛、ホウ酸亜鉛、塩化亜鉛、クエン酸亜鉛、システィン酸亜鉛、ジブチルジチオカルバミン酸亜鉛、グルコン酸亜鉛、グルタミン酸亜鉛、乳酸亜鉛、フェノールスルホン酸亜鉛、ピリチオン亜鉛、硫酸亜鉛、ウンデシレン酸亜鉛が含まれる。

外用鎮痛薬もまた適する成分であり、例えば、ベンジルアルコール、トウガラシオレジン(キダチトウガラシ樹脂油)(capsicum oleoresin (capsicum frutescens oleoresin))、サリチル酸メチル、カンファー(ショウノウ)、フェノール、カプサイシン、ジュニパー タール(ジュニぺラス オキシセドラス タール)(juniper tar (juniperus oxycedrus tar))、ナトリウム フェノラート(ナトリウム フェノキシド)、トウガラシ(キダチトウガラシ)(capsicum (capsicum frutescens))、メントール、レゾルシノール、ニコチン酸メチルとテレピン油(松脂)が含まれる。使用可能な適する酸化剤には、例えば、過硫酸アンモニウム、過酸化カルシウム、過酸化水素、過酸化マグネシウム、過酸化メラミン、臭素酸カリウム、カロー酸カリウム(potassium caroate)、塩素酸カリウム、過硫酸カリウム、臭素酸ナトリウム、炭酸ナトリウム過酸化物、塩素酸ナトリウム、ヨウ素酸ナトリウム、過ホウ酸ナトリウム、過硫酸ナトリウム、二酸化ストロンチウム、過酸化ストロンチウム、過酸化尿素および過酸化亜鉛が含まれ、一方、使用可能な適する還元剤には、例えば、亜硫酸水素アンモニウム、亜硫酸アンモニウム、チオグリコール酸アンモニウム、チオ乳酸アンモニウム、塩酸システマイン(cystemaine HCl)、塩酸システアミン、システイン、塩酸システイン、チオグリコール酸エタノールアミン、グルタチオン、チオグリコール酸グリセリル、チオプロピオン酸グリセリル、ヒロドキノン、p−ヒドロキシアニソール、チオグリコール酸イソオクチル、チオグリコール酸マグネシウム、メルカプトプロピオン酸、メタ重亜硫酸カリウム、亜硫酸カリウム、チオグリコール酸カリウム、重亜硫酸ナトリウム、ヒドロ亜硫酸ナトリウム、ヒドロキシメタンスルホン酸ナトリウム、メタ重亜硫酸ナトリウム、亜硫酸ナトリウム、チオグリコール酸ナトリウム、チオグリコール酸ストロンチウム、スーパーオキシドジスムターゼ、チオグリセリン、チオグリコール酸、チオ乳酸、チオサリチル酸、亜鉛ホルムアルデヒドスルホキレートが含まれる。

適する皮膚漂白活性薬剤の限定されない例はヒドロキノンであり、皮膚保護剤の例には、これらに限定されないが、アラントイン、酢酸アルミニウム、水酸化アルミニウム、硫酸アルミニウム、カラミン、ココアバター、肝油、コロイド状オートミール、ジメチコーン、グリセリン、カオリン、ラノリン、鉱油、石油、サメ肝油、重炭酸ナトリウム、タルク、マンサク(witch hazel)、酢酸亜鉛、炭酸亜鉛、酸化亜鉛が含まれる。

日焼け防止剤の限定されない例には、アミノ安息香酸、シノキサート、メトキシケイ皮酸ジエタノールアミン、トリオレイン酸ジガロイル、ジオキシベンゾン、4−[ビス(ヒドロキシプロピル)]アミノ安息香酸エチル、アミノ安息香酸グリセリル、ホモサレート、ジヒドロキシアセトンを有するローソン、アントラニル酸メンチル、オクトクリレン、メトキシケイ皮酸オクチル、サリチル酸オクチル、オキシベンゾン、パヂマート0、フェニルベンズイミダゾールスルホン酸、赤色ペテロラタム、スリソベンゾン、二酸化チタンおよびサリチル酸トロラミンが含まれる。また、紫外線吸収剤の具体的な例には、アセトアミノサロール、アラトインPABA、ベンザルフタリド、ベンゾフェノン、ベンゾフェノン1−12、3−ベンジリデンカンファー、ベンジリデンカンファー加水分解コラーゲンスルホンアミド、ベンジリデンカンファースルホン酸、サリチル酸ベンジル、ボルネロン、ブメトリオゾール(bumetriozole)、ブチルメトキシジベンゾイルメタン、ブチルPABA、セリア/シリカ、セリア/シリカ タルク、シノキサート、DEA−メトキシケイ皮酸、ジベンゾオキサゾールナフタレン、ジ−t−ブチルヒドロキシベンジリデンカンファー、トリオレイン酸ジガロイル、ケイ皮酸ジイソプロピルメチル、ジメチルPABAエチルセテアリールジモニウムトシレート、ジオクチルブタミドトリアゾン、ジフェニルカルボメトキシアセトキシナフトピラン、ビスエチルフェニルチアムミノトリアジンスチルベン二スルホン酸二ナトリウム(disodium bisethylphenyl tiamminotriazine stilbenedisulfonate)、ビスエチルフェニルトリアミノトリアジンスチルベン二スルホン酸二ナトリウム、ジスチリルビフェニルトリアミノトリアジンスチルベン二スルホン酸二ナトリウム、ジスチリルビフェニル二スルホン酸二ナトリウム、ドロメトリゾール、ドロメトリゾールトリシロキサン、エチルジヒロドキシプロピルPABA、ジイソプロピルケイ皮酸エチル、メトキシケイ皮酸エチル、PABAエチル、ウロカニン酸エチル、エトロクリレンフェルラ酸(etrocrylene ferulic acid)、グリセリルオクタノエートジメトキシシンナマート(glyceryl octanoate dimethoxycinnamate)、PABAグリセリル、サリチル酸グリコール、ホモサレート、p−メトキシケイ皮酸イソアミル、サリチル酸イソプロピルベンジル、イソプロピルジベンゾイルメタン、メトキシケイ皮酸イソプロピル、アントラニル酸メンチル、サリチル酸メンチル、4−メチルベンジリデン、カンファー(ショウノウ)、オクトクリレン、オクトリゾール、ジメチルPABAオクチル、メトキシケイ皮酸オクチル、サリチル酸オクチル、オクチルトリアゾン、PABA、PEG-25 PABA、ジメチルPABAペンチル、フェニルベンゾイミダゾールスルホン酸、ポリアクリルアミドメチルベンジリデンカンファー、メトキシケイ皮酸カリウム、フェニルベンゾイミダゾールスルホン酸カリウム、赤色ペテロラタム、フェニルベンゾイミダゾールスルホン酸ナトリウム、ウロカニン酸ナトリウム、フェニルベンゾイミダゾールスルホン酸TEA、サリチル酸TEA、テレフタリリデン二カンファースルホン酸、二酸化チタン、トリPABAパンテノール、ウロカニン酸およびVA/クロトン酸/メタクリロキシベンゾフェノン−1共重合体が含まれる。

処方は、溶剤の蒸発後室温で硬化するので、その成分材料は耐蒸発性容器内で混合・保管される。硬化を防ぎ、および使用前の賦形剤や活性成分と調合する際の阻害を抑制するために使用するにあたり、複数の容器で保管される。適する容器には、例えば、単一使用容器(例、フォイルパケット、チューブ、軟らかいカプセル、ブリスター、ワイプ)また複数使用容器(例、ロールオン、フォームパッド付チューブ、ペン式、ポンプとスプレー、刷毛付瓶(brush-in-bottle))が含まれる。両方の容器に希釈剤を混入することがよく望まれる。

本発明の特定の方法によって、硬化性処方は所定の場所に適用し、または代わりとして、本発明の成分素材を混合をもたらす方法にて所定の場所に適用することができる。処方は、溶剤が蒸発すると反応し、硬化した組成物となる。好ましくは、処方は、これらに限定されないが、動物体(例、人または他の動物)および植物を含む生体表面に適用する。

本発明の処方は、例えば、すり込み、塗装、スプレー、拭き取り、またはほかの薄いフィルムを適用する通常の方法により、適用することができる。

上述のとおり、処方は適用されると、乾燥し湿分の存在下で急速に硬化する(例えば、10分内、通常1−2分内)。例として、処方は人または他の動物体上で急速に硬化することになる。動物上で使われたとすると、硬化が行われる間その場を動かないようにしておくに必要な時間をできるだけ少なくすることができる。

最終の組成物はゲルまたはエラストマー状となり、孔を有することもでき(例えば、発泡体)または孔のないものとすることもできる。最終組成物が孔を有するならば、処方は孔と形成させる発泡剤のような素材を含ませることになる。

本発明は、先行技術よりも優れる数々の利点を提供する。ここに記述された方法は、基材上にフィルムを形成する簡単な方法を可能にしている。適用自体には、熟練した技術者は必要としない。さらに、組成物は幅広くいろいろな形状に形成せることができ、特性(例えば、生体接着、はく離速度および剥離プロファイル)の組合せを選択するものである。同様に、ここで記述された処方およびプロセスは、活性薬剤または使用された基材に損傷を与えるような過酷な条件(例えば、高温または高圧)を必要としていない。

ここでの処方および得られた組成物は、一般に多くの生体表面に受け入れられている。組成物は、傷のないまたは損傷した皮膚上に、または生体の自然または人工的な空洞内で形成することができる。空洞は、例えば、眼、口腔、鼻、耳、膣若しくは直腸空洞、または形成された空洞、例として歯若しくは開放創であってよい。

得られたフィルムは一般的に薄くかつ非粘着性である。およそ500ミクロンまで(例えば、2.5ミクロンから250ミクロン)のフィルムが容易に得られる。これらフィルムはゲル状からエラストマー状の多くの物性を持つことができるので、患者の通常の活動中にかかる圧力に耐えることができる。

本発明は、防護壁または活性成分(化粧用または医薬用)のデリバリーを形成するために、無傷なまたは損傷した皮膚に適用できるフィルム形成剤を可能にする。成功基準には、フィルム形成性、損傷した皮膚に適用したときのヒリヒリ感を与えない無痛性、現実性(例えば、長期の付着時間)、耐水性、除去性、調節可能な透過性、活性成分の透過性、処方の容易性、そして安定性がある。

次の実施例は本発明のある実施態様を説明するために記載されたもので、特許請求の範囲で定義された発明の範囲を限定するものと解釈してはならない。特に表示ない限り、部は重量で、粘度は25℃のときのものである。

実施例1

この実施例では、サッカライド−シロキサン組成物XX-5501の処方を説明する。本発明のある処方の実施態様は、例えば、シリコーンとしてリストされた成分と下記にリストされた有機賦形剤を、下記の手順にて製造されてXX-5500と称されるサッカライド−シロキサン組成物と混合することにより生産される。

サッカライド−シロキサン組成物XX-5501を製造するために用いられるポリマーGL-8211は、次の方法に従ったグルコノラクトンとアミノプロピル末端ポリジメチルシロキサンとの反応生成物である:ダウコーニング(登録商標)2−8211ポリマー(ダウコーニングコーポレーション、米国ミシガン州ミッドランド)、側鎖アミノエチルアミノイソブチル基(およそ1.9モルパーセント)を有する1000cStのポリジメチルシロキサンが、50℃メタノール中で、グルコラクトンとを第一級アミン:ラクトン化学量論比1:1で反応させる。反応完了したら、メタノールをロータリーエバポレーター回転蒸発器で除去する。得られた素材はガム状稠度を有する。

サッカライド−シロキサン組成物XX-5501は次の方法にて製造される:上記のごとく製造されたGL-8211サッカライド−シロキサン45gを、0.65cSt 200フルイド(ダウコーニングコーポレーション、米国ミシガン州ミッドランド)と200プルーフ・エタノールの重量比90/10の溶液で、共重合体濃度50%になるまで希釈する。希釈は、溶液を逐次添加し、均質になるまでハウスチルド・スピードミキサー(登録商標)遠心混合機(フラックテックInc.、米国サウスカロライナ州ランドラム)で攪拌することによってなされる。架橋剤は200プルーフ・エタノールのフェニルボロン酸(シグマ−アルドリッチ社、米国モンタナ州セントルイス)10重量%溶液である。Cab-o-sil TS-530はヘキサメチルジシラザン処理シリカ(キャボット社、米国マサチューセッツ州ボストン)である。サッカライド−シロキサン溶液、表面処理シリカ、架橋剤溶液を、均質になるまでハウスチルド・スピードミキサー(登録商標)遠心混合機(フラックテックInc.、米国サウスカロライナ州ランドラム)で
混合する。XX-5501のバッチが架橋剤の異なるレベルで準備された。

19786−93は、架橋剤フェニルボロン酸(41.6重量%有効成分)を0.7%含んでいた。
19809−129Aは、架橋剤フェニルボロン酸(44重量%有効成分)を0.5%含んでいた。
19809−129Bは、架橋剤フェニルボロン酸(42重量%有効成分)を2.0%含んでいた。

例となる活性および不活性成分

(a)シリコーン賦形剤(ダウコーニングコーポレーションから入手可)
・Dow Corning(登録商標)193フルイド−INCI名:PEG-12ジメチコーン
・Dow Corning(登録商標)2503化粧用ワックス−INCI名称:ステアリルジメチコーン−CAS#67762−83−8
・Dow Corning(登録商標)FA 4001 CMシリコーン・アクリレート−INCI名称:シクロペンタシロキサンよびアクリレート/ポリメチルシロキシメタクリレート共重合体
・Dow Corning(登録商標)FA4002 IDシリコーンアクリレート−INCI名称:イソドデカンよびアクリレート/ポリメチルシロキシメタクリレート共重合体

(b)有機賦形剤
・アルニカ・モンタナ・チンキ−成分:アルコール・水・アルニカモンタナ花抽出液、供給者:ドリソス (Dolisos)
・センテラ・アジアチカ−INCI名称:センテラ・アジアチカ乾燥抽出物、CAS#84696-21-8、 供給者:リネア (Linnea)
・ヒペリクム・ペリフォラツム 乾燥抽出物−INCL名称:ヒペリクム・ペリフォラツム 花/葉/茎抽出物、CAS#84082-80-4、供給者:リネア
・アルギン酸カルシウム−INCL名称:アルギン酸カルシウム、CAS#9002-35-0、供給者:シグマ アルドリッチ(Sigma Aldrich)
・リーチ103(Reach 103)−INCI名称:塩化アルミニウム水和物、CAS#1327-41-9、供給者:レハイス(Reheis)
・アニバ・ローサオドーラ精油−INCI名称:アニバ・ローサオドーラ(ローズウッド)木材油、CAS#8015-77-8、供給者:プレジール デッセンス(Plaisir d’essence)
・キンナモムム・カシア精油−INCI名称:キンナモムム・カシア リーフオイル、CAS#8007-77-8、供給者:プレジール デッセンス
・ユーカリプタス・ラジアータ精油−INCI名称:ユーカリプタス・ラジアータ、CAS# n.a.、供給者:プレジール デッセンス
・ユーカリプタス・シトリオドラ精油−INCI名称:ユーカリプタス・シトリオドラ オイル、CAS#8000-48-4、供給者:プレジール デッセンス
・ユーカリプタス・グロブルス精油−CAS#8000-48-4、供給者:プレジール エッセンス
・ユーカリプタス・ディーベスsspピペリトニフェラム(Piperitoniferum)精油−CAS# n.a.、供給者:プレジール デッセンス
・ユーカリプタス・スミシ精油−CAS# n.a.、供給者:プレジール デッセンス
・メンタ・ピペリタ精油−CAS#8006-90-4、供給者:プレジール デッセンス
・シンボポゴン・マルティーニ精油−CAS#8014-19-5、供給者:プレジール デッセンス
・リドカイン−分子式C14H22N2O、CAS#137-58-6、供給者:シグマ アルドリッチ
・4−アミノ安息香酸エチル PH Eur−技術名称:ベンゾカイン、CAS#94-09-7、供給者:シグマ アルドリッチ
・NaCl/塩化ナトリウム−INCI名称:塩化ナトリウム、CAS#7647-14-5、供給者:シグマ アルドリッチ
・ヒマシ油−INCI名称:トウゴマ(Ricinus communis)(CAStor)種油、CAS#8001-79-4、供給者:シグマ アルドリッチ
・無水エタノール−INCI名称:アルコール、CAS#64-17-5、供給者:フィシャービオブロック(Fisherbioblock)
・プロピレングリコール−INCI名称:プロピレングリコール、CAS#57-55-6、供給者:シグマ アルドリッチ
・グリセリン−INCI名称:グリセリン、CAS#56-81-5、供給者:シグマ アルドリッチ

実施例2

この実施例では、本発明の確かな実施態様に従ってフィルム形成架橋可能なサッカライド−シロキサンと一つ以上の活性/不活性成分の処方を説明する。

製造方法:
(a)サッカライド−シロキサン溶液と活性または不活性成分が秤量され、ハウスチルド・スピードミキサー(登録商標)遠心混合機(フラックテックInc.、米国サウスカロライナ州ランドラム)にて2000rpmで20秒間混合される。
(b)活性または不活性成分を含むサッカライド−シロキサンの乾燥していないフィルムが実験室の塗装台と100ミクロンのくさび(Shims)を使ってフッ素化ライナー上に塗布される。

試験方法:
(a)クロノメーターにて乾燥時間が測定される。フィルムは、手に着かなくなったときに乾燥と判断される。
(b)フィルムの外観 − フィルムは視覚的に、光沢、フィルムの透過性、紙上での透過性(フィルムを本の上においてフィルムを通してテキストが読めるかどうか)、一般的外観平滑または粗面を観測する。
(c)機械特性 − それぞれのフィルムを長方形2cmx5cmに切り取り、指の間でフィルムを引き伸ばして凝集力を評価する。

実施例3

この実施例では、本発明の確かな実施態様による、XX-5501バッチ19809−129、AおよびBと一つ以上の活性/不活性成分との処方を説明する。

製造方法:
(a)サッカライド−シロキサン溶液および活性または不活性成分が秤量され、ハウスチルド・スピードミキサー(登録商標)遠心混合機(フラックテックInc.、米国サウスカロライナ州ランドラム)にて2000rpmで20秒間混合される。
(b)成分を含むサッカライド−シロキサンの乾燥していないフィルムが実験室の塗装台と100ミクロンのくさび(Shims)を使ってフッ素化ライナー上に塗布される。

試験方法:
(a)クロノメーターにて乾燥時間が測定される。フィルムは、手に着かなくなったときに乾燥と判断される。

実施例4

製造方法:
(a)サッカライド−シロキサン溶液および活性または不活性成分が秤量され、ハウスチルド・スピードミキサー(登録商標)遠心混合機(フラックテックInc.、米国サウスカロライナ州ランドラム)にて2000rpmで20秒間混合される。
(b)成分を含むサッカライド−シロキサンの乾燥していないフィルムが実験室の塗装台と100ミクロンのくさび(Shims)を使ってフッ素化ライナー上に塗布される。

試験方法:
(a)フィルムの外観 − フィルムは視覚的に、光沢、フィルムの透過性、紙上での透過性(フィルムを通しての読みやすさ)、全体的外観(平滑または粗面)を観測する。

実施例5

製造方法:
(a)サッカライド−シロキサン溶液および活性または不活性成分が秤量され、ハウスチルド・スピードミキサー(登録商標)遠心混合機(フラックテックInc.、米国サウスカロライナ州ランドラム)にて2000rpmで20秒間混合される。
(b)成分を含むサッカライド−シロキサンの乾燥していないフィルムが実験室の塗装台と100ミクロンのくさび(Shims)を使ってフッ素化ライナー上に塗布される。

試験方法:
(a)機械特性 − それぞれのフィルムを長方形2cmx5cmに切り取り、指の間でフィルムを引き伸ばして凝集力を評価する。

実施例6

製造方法:
(a)サッカライド−シロキサン溶液および活性または不活性成分が秤量され、ハウスチルド・スピードミキサー(登録商標)遠心混合機(フラックテックInc.、米国サウスカロライナ州ランドラム)にて2000rpmで20秒間混合される。
(b)成分を含むサッカライド−シロキサンの乾燥していないフィルムが実験室の塗装台と100ミクロンのくさび(Shims)を使ってフッ素化ライナー上に塗布される。

試験方法:
(a)フィルムの外観 − フィルムは視覚的に、光沢、フィルムの透過性、紙上での透過性(フィルムを通しての読みやすさ)、全体的外観(平滑または粗面)を観測する。

実施例7

製造方法:
(a)サッカライド−シロキサン溶液および活性または不活性成分が秤量され、ハウスチルド・スピードミキサー(登録商標)遠心混合機(フラックテックInc.、米国サウスカロライナ州ランドラム)にて2000rpmで20秒間混合される。
(b)成分を含むサッカライド−シロキサンの乾燥していないフィルムが実験室の塗装台と100ミクロンのくさび(Shims)を使ってフッ素化ライナー上に塗布される。

試験方法:
(a)機械特性 − それぞれのフィルムを長方形2cmx5cmに切り取り、指の間でフィルムを引き伸ばして凝集力を評価する。

実施例8

製造方法:
(a)サッカライド−シロキサン溶液および活性または不活性成分が秤量され、ハウスチルド・スピードミキサー(登録商標)遠心混合機(フラックテックInc.、米国サウスカロライナ州ランドラム)にて2000rpmで20秒間混合される。
(b)成分を含むサッカライド−シロキサンの乾燥していないフィルムが実験室の塗装台と100ミクロンのくさび(Shims)を使ってフッ素化ライナー上に塗布される。

試験方法:
(a)フィルムの外観 − フィルムは視覚的に、光沢、フィルムの透過性、紙上での透過性(フィルムを本の上においてフィルムを通してテキストが読めるかどうか)、一般的外観平滑または粗面を観測する。

実施例9

製造方法:
(a)サッカライド−シロキサン溶液および活性または不活性成分が秤量され、ハウスチルド・スピードミキサー(登録商標)遠心混合機(フラックテックInc.、米国サウスカロライナ州ランドラム)にて2000rpmで20秒間混合される。
(b)成分を含むサッカライド−シロキサンの乾燥していないフィルムが実験室の塗装台と100ミクロンのくさび(Shims)を使ってフッ素化ライナー上に塗布される。

試験方法:
(a)フィルムの外観 − フィルムは視覚的に、光沢、フィルムの透過性、紙上での透過性(フィルムを本の上においてフィルムを通してテキストが読めるかどうか)、一般的外観平滑または粗面を観測する。

実施例10

製造方法:
(a)サッカライド−シロキサン溶液および活性または不活性成分が秤量され、ハウスチルド・スピードミキサー(登録商標)遠心混合機(フラックテックInc.、米国サウスカロライナ州ランドラム)にて2000rpmで20秒間混合される。
(b)成分を含むサッカライド−シロキサンの乾燥していないフィルムが実験室の塗装台と100ミクロンのくさび(Shims)を使ってフッ素化ライナー上に塗布される。

試験方法:
(a)活性成分は爆弾型加圧容器(パー温浸システム)中で良溶剤(水)中に32℃(皮膚温度)温浸8時間放出された。抽出後、水溶性溶液は創傷ケアフィルムからの活性成分の放出量を計量するためにWDXRFにて分析された。

実施例11

この実施例では、処方中のCab-O-Sil表面処理および表面未処理シリカにおる粘度への影響を説明する。

サッカライド シロキサン組成物XX-5501は次の方法にて製造される:実施例1で製造されたGL-8211サッカライド−シロキサン52.5gを、0.65cSt 200フルイド(ダウコーニングコーポレーション、米国ミシガン州ミッドランド)と200プルーフ・エタノールの重量比90/10の溶液で、共重合体濃度50%になるまで希釈する。希釈は、溶液を逐次添加し、均質になるまでハウスチルド・スピードミキサー(登録商標)遠心混合機(フラックテックInc.、米国サウスカロライナ州ランドラム)で攪拌することによってなされる。架橋剤は200プルーフ・エタノールのフェニルボロン酸(シグマ−アルドリッチ社、米国モンタナ州セントルイス)10重量%溶液である。同架橋剤溶液3.94gとシリカ4.73gを上記処方に加える。サッカライド−シロキサン溶液、シリカおよび架橋剤溶液を、均質になるまでハウスチルド・スピードミキサー(登録商標)遠心混合機(フラックテックInc.、米国サウスカロライナ州ランドラム)で攪拌する。最後にヘキサメチルジシロキサン/エタノールの90/10混合溶液を加えて、最終処方中のサッカライド−シロキサン濃度を35%固形分にする。

Cab-O-Sil TS-530はヘキサメチルジシラザン処理シリカで、Cab-O-Sil PTGは表面未処理ヒュームドシリカ(キャボット社、米国マサチューセッツ州ボストン)である。

表10には、表面処理および表面未処理Cab-O-Sil(登録商標)シリカとともに製造された処方の3ヶ月の試験期間にわたる粘度測定結果がまとめられている。

データは、表面未処理シリカを有する処方の粘度は若干下がっているが、表面処理シリカを有する処方の粘度は試験期間中大きく増加していることを示している。

サンプルは表面にもついて評価された。表面未処理シリカ含有フィルムの耐摩擦性および耐汚性は高められた。

実施例12

この実施例では、架橋剤の濃度を変えることによるフィルムの物理的特性への影響を説明する。架橋剤の濃度をシロキサン含量に基づいて0.1−2.0部に変化させたことを除き、上記実施例11と同様にサンプルを製造する。

フィルムサンプルを種々の架橋剤濃度を有する処方から得た。1.5部またはそれ以下のフィルムサンプルの外観は泡もなく平滑であり、それは架橋剤の高い方の濃度で観測された

表11に記載された物理的特性のデータは、糖シロキサンフィルム形成剤の引張強度および伸びが架橋剤濃度に依存していることを示す。

1.5部架橋剤フィルムの引張強度は若干小さかったが、伸び値はベンチマークの処方と比べて改良されていた。1.5部より少ない架橋剤を有したサッカライド−シロキサンフィルムの物理的特性は望ましくなかった。

実施例13

この実施例は溶剤中サッカライド−シロキサンの合成を説明する。

サッカライド−シロキサンポリマーを、90/10(重量/重量)のヘキサメチルジシロキサン(0.65cSt 200フルイド、ダウコーニングコーポレーション、米国ミシガン州ミッドランド)/200プルーフ・エタノール溶剤系中で以下のように製造する:ダウコーニング(登録商標)2−8211ポリマーをグルコノラクトン(1:1ラクトン対アミノ官能性基化学量論)とMM/EtOH溶剤系で70℃6時間反応させる。GC分析が、最終製品にエタノールおよびヘキサメチルジシロキサン含有を検出するために使われる。

“カットバック法”は、Cab-O-Sil PTG表面未処理シリカ(キャボット社、米国マサチューセッツ州ボストン)を配合するときに、サッカライド シロキサン溶液粘度を引き下げるために必要となる。カットバック法は、シリカ充填剤とサッカライド シロキサンとを少量ずつ交互に処方に添加し、その後均質な処方になるまでハウスチルド・スピードミキサー(登録商標)遠心混合機(フラックテックInc.、米国サウスカロライナ州ランドラム)で攪拌することを包含する。最後に、フェニルボロン酸架橋剤の10%エタノール溶液を添加・混合する。

実施例14

表12に説明されるデータは、サッカライドと反応し、フィルム形成処方で試験された二つの例示されるポリマーの性質を述べている。ダウコーニング(登録商標)2−8211は、42ジメチルシロキサン単位毎に一つの官能基を有するダウコーニング(登録商標)2−8460と比較して、通常53ジメチルシロキサン単位毎に官能基を有する。

ダウコーニング(登録商標)2−8211−GLおよびダウコーニング(登録商標)Q2−8460 サッカライド シロキサン ポリマーを、90/10(重量/重量)のヘキサメチルジシロキサン(0.65cSt 200フルイド、ダウコーニングコーポレーション、米国ミシガン州ミッドランド)/200プルーフ・エタノール溶剤系中で次の方法で製造する:アミノシロキサンポリマーをグルコノラクトン(1:1ラクトン対アミノ官能性基化学量論)とMM/EtOH溶剤系で70℃6時間反応させる。GC分析が、最終製品にエタノールおよびヘキサメチルジシロキサン含有を検出するために使われる。

カットバック法は、Cab-O-Sil PTG表面未処理シリカ(キャボット社、米国マサチューセッツ州ボストン)を配合するときに、サッカライド シロキサン溶液粘度を引き下げるために必要となる。これは、シリカ充填剤とサッカライド シロキサン溶液とを少量ずつ交互に処方に添加し、その後均質な処方になるまでハウスチルド・スピードミキサー(登録商標)遠心混合機(フラックテックInc.、米国サウスカロライナ州ランドラム)で攪拌することにより行われる。最後に、フェニルボロン酸架橋剤の10%エタノール溶液を添加・混合する。90/10(重量/重量)のヘキサメチルジシロキサン/200プルーフ・エタノール溶剤系のポリマー溶液66.34g、表面未処理シリカ4.73gと架橋剤溶液3.94gがそれぞれの処方で使われる。

それぞれの処方からフィルムを得て、物理的特性を表13に記載し両者比較した。

明らかに、ダウコーニング(登録商標)8460−GLにて製造したフィルムは8211−GLのものよりも強度がある。強度の増加は、ダウコーニング(登録商標)Q2‐8460中の反応点が多いことによるものと考えられる。

実施例15

この実施例では、本発明の具体的実施態様による薬の組入れおよび薬の放出を説明し、ドラッグデリバリー用途に適する薬が組入れられた処方の二つの例を与えている。

サッカライド シロキサンポリマーを、90/10(重量/重量)のヘキサメチルジシロキサン(0.65cSt 200フルイド、ダウコーニングコーポレーション、米国ミシガン州ミッドランド)/200プルーフ・エタノール溶剤系中で次の方法で製造する:ダウコーニング(登録商標)2−8211ポリマーをグルコノラクトン(1:1ラクトン対アミノ官能性基化学量論)とMM/EtOH溶剤系で70℃6時間反応させる。GC分析が、最終製品にエタノールおよびヘキサメチルジシロキサン含有を検出するために使われる。前と同じように、カットバック法が、Cab-O-Sil PTG表面未処理シリカ(キャボット社、米国マサチューセッツ州ボストン)を配合するときに、必要となる。最後に、フェニルボロン酸架橋剤の10%エタノール溶液を添加・混合する。90/10(重量/重量)のヘキサメチルジシロキサン/200プローフ・エタノール溶剤系のポリマー溶液17.69g、例とされる薬剤0.2g、表面未処理シリカ1.06gと架橋剤溶液1.05gがそれぞれの処方で使われる。二つの活性薬剤、ナイアシンアミドおよびケトコナゾールそれぞれを、このプロトコールを採用するドラッグデリバリーフィルムに組み入れた。活性薬剤放出の測定が正確な受領容積を有するフランツ型静的拡散セルを使って行った。データを図1Aおよび図1Bで図式的に説明する。

Claims (19)

  1. フィルム形成用組成物であって、
    a) サッカライド−シロキサン共重合体;
    b) 架橋剤;
    c) 一つ以上の活性/不活性成分;および
    d) 任意で、溶剤又は混合溶剤
    を含み、
    上記サッカライド−シロキサン共重合体が以下の式:

    R2aR1(3-a)SiO-[(SiR2R1O)m-(SiR12O)n]y-SiR1(3-a)R2a

    [式中、
    R1は、同じでも異なっていてもよく、水素、C1-C12のアルキル、有機基またはR3-Qからなり、
    Qは、エポキシ、シクロエポキシ、第一級又は第二級アミノ、エチレンジアミン、カルボキシ、ハロゲン、ビニル、アリル、酸無水物、またはメルカプト官能性基からなり、
    mおよびnは、0から10,000の整数であって、同じであっても異なっていてもよく、
    aは、独立して0,1,2または3であり、
    yは、上記共重合体が百万未満の分子量を有するようにする整数であり、
    R1(3-a)SiO-[(SiR1O)m-(SiR12O)n]y-SiR1(3-a)は、オルガノシロキサンポリマー構成部分を構成し、
    R2は、式 Z-(G1)b-(G2)cを有し、かつ、少なくとも一個のR2が存在し、
    {式中、G1は5から12の炭素原子からなるサッカライド構成部分であり、
    b+cは、1〜10で、bまたはcは0であることもでき、bまたはcのいずれかは1でなければならず、
    G2は、5から12の炭素原子からなり、更に有機基または有機ケイ素基で置換されたサッカライド構成部分であり、
    Zは、上記オルガノシロキサンポリマー構成部分とサッカライド構成部分との結合基で、独立して、
    -R3-NHC(O)-R4-;
    -R3-NHC(O)O-R4-;
    -R3-NH-C(O)-NH-R4-;
    -R3-C(O)-O-R4-;
    -R3-O-R4-;
    -R3-S-R4-;
    -R3-CH(OH)-CH2-O-R4-;
    -R3-CH(OH)-CH2-NH-R4-;および
    -R3-N(R1)-R4-
    からなる群から選択され、そして、
    R3およびR4は、(R5)r(R6)s(R7)tからなる二価のスペーサー基(ただし、r,sおよびtの少なくとも一つは1でなければならず、
    R5およびR7は、C1-C12のアルキル又は((C1-C12)O)p (ただし、pは1から50の整数で、各(C1-C12)Oは同じであっても異なっていてもよい)であり、
    6は、-N(R8)-(ただし、R8はHまたはC1-C12のアルキルである)である}]を有しており、かつ、
    上記サッカライド−シロキサン共重合体が、官能性化されたオルガノシロキサンポリマーと少なくても1種のヒドロキシ官能性サッカライドとの反応生成物で、当該オルガノポリシロキサン構成部分がサッカライド構成部分に、結合基Zを介して共有結合している、
    フィルム形成用組成物。
  2. 前記サッカライド−シロキサン共重合体が少なくとも3個のヒドロキシル官能基を有する、請求項1に記載のフィルム形成用組成物。
  3. 少なくとも1種の前記ポリヒドロキシル官能性サッカライドがアルドン酸またはオリゴアルドン酸を含む、請求項1に記載のフィルム形成用組成物。
  4. 前記アルドン酸または前記オリゴアルドン酸がラクトンを含む、請求項3に記載のフィルム形成用組成物。
  5. 前記ラクトンがグルコノラクトンまたはラクトビオノラクトンを含む、請求項4に記載のフィルム形成用組成物。
  6. 前記結合基がアミド、アミノ、ウレタン、尿素、エステル、エーテル、チオエーテルまたはアセタール結合基を含む、請求項1に記載のフィルム形成用組成物。
  7. 少なくとも1種の前記ポリヒドロキシル官能性サッカライドがグルコノラクトンからなり、官能性化オルガノシロキサンポリマーが側鎖アミノエチルアミノイソブチル基を有するポリジメチルシロキサンからなる、請求項1のフィルム形成用組成物。
  8. さらに、1種以上の追加のサッカライド−シロキサン共重合体および適当な架橋剤を、ブレンドされたフィルム形成用組成物を形成するために含む、請求項1に記載のフィルム形成用組成物。
  9. さらに、生体面に送達され、凝集性かつ実質的なフィルムを形成する、請求項1に記載のフィルム形成用組成物。
  10. 1つ以上の前記活性及び/又は不活性成分が、つぎの、触媒;充填剤;顔料;UV安定剤;香料;精油;熱安定剤;レオロジー改質剤;増粘剤;接着促進剤;バイオサイド;抗真菌剤;抗生物質;保存料;酵素;ペプチド;感圧接着剤;界面活性剤;医薬成分;化粧品成分;レジン;および水性成分から選ばれた、請求項9に記載のフィルム形成用組成物。
  11. 前記生体面が人の皮膚または爪からなる、請求項10に記載のフィルム形成用組成物。
  12. 前記フィルムが化粧、医療または医薬品表示向に使われる、請求項11に記載のフィルム形成用組成物。
  13. 前記フィルムが創傷被覆材、包帯、経皮ドラッグデリバリーパッチ、局所ドラッグデリバリー処方、化粧品組成物または香料デリバリーパッチに組み入れられる、請求項11に記載のフィルム形成用組成物。
  14. 前記活性成分が薬剤または医薬品からなる、請求項1のフィルム形成用組成物からなる経皮ドラッグデリバリーパッチ。
  15. 前記薬剤または医薬品が皮膚を通して拡散され、少なくとも1つの全身症状の治療に有用である、請求項14に記載の経皮ドラッグデリバリーパッチ。
  16. 前記パッチが皮膚を通して薬剤または医薬品の拡散を促進するためのデバイスまたはプロセスとともに使用される、請求項14に記載の経皮ドラッグデリバリーパッチ。
  17. 前記医薬成分が少なくとも一種のバイオサイドを含む請求項1のフィルム形成用組成物からなる創傷被覆材。
  18. 請求項1のフィルム形成用組成物を生体面へ湿式塗布し、当該組成物を硬化して生体面で直接フィルムを形成することからなる、生体面を通して少なくとも一種の医薬成分を局所的または経皮的にデリバリーする方法。
  19. 請求項1のフィルム形成用組成物を硬化してフィルムを形成し、硬化したフィルムを生体面に適用することからなる、生体面を通して少なくとも一種の医薬成分を局所的または経皮的にデリバリーする方法。
JP2009512119A 2006-05-23 2007-05-23 活性成分デリバリー用新規シリコーンフィルム形成剤 Active JP5185259B2 (ja)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
US80270806P true 2006-05-23 2006-05-23
US60/802,708 2006-05-23
PCT/US2007/012260 WO2007139812A2 (en) 2006-05-23 2007-05-23 Novel silicone film former for delivery of actives

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2009538370A true JP2009538370A (ja) 2009-11-05
JP5185259B2 JP5185259B2 (ja) 2013-04-17

Family

ID=38779183

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2009512119A Active JP5185259B2 (ja) 2006-05-23 2007-05-23 活性成分デリバリー用新規シリコーンフィルム形成剤

Country Status (6)

Country Link
US (1) US8968773B2 (ja)
EP (1) EP2019678A4 (ja)
JP (1) JP5185259B2 (ja)
KR (1) KR101460980B1 (ja)
CN (1) CN101478973B (ja)
WO (1) WO2007139812A2 (ja)

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2012136588A (ja) * 2010-12-24 2012-07-19 Dow Corning Toray Co Ltd ポリシロキサン−n,n−ジヒドロカルビレン糖変性マルチブロックコポリマー及びその製造方法
JP2013536298A (ja) * 2010-08-23 2013-09-19 ダウ コーニング コーポレーションDow Corning Corporation サッカリドシロキサンコポリマー並びにその調製及び使用方法
JP2013540841A (ja) * 2010-08-23 2013-11-07 ダウ コーニング コーポレーションDow Corning Corporation 水性環境で安定している糖シロキサン並びにそのような糖シロキサンの調製及び使用方法
WO2014083957A1 (ja) * 2012-11-29 2014-06-05 株式会社フロンティア 人工毛と地毛との接着性を増大するための処理剤及び処理方法
JP5703475B1 (ja) * 2013-07-04 2015-04-22 東洋インキScホールディングス株式会社 活性エネルギー線重合性接着剤、及び積層体
KR101905518B1 (ko) 2017-07-21 2018-10-08 (주)잇츠한불 세포외기질-실록산 중합체를 함유하는 화장료 조성물 및 그 제조 방법

Families Citing this family (41)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US8907026B2 (en) 2004-12-23 2014-12-09 Dow Corning Corporation Crosslinkable saccharide-siloxane compositions, and networks, coatings and articles formed therefrom
CN101217934B (zh) 2005-05-23 2013-01-02 陶氏康宁公司 含糖-硅氧烷共聚物的个人护理组合物
US8247357B2 (en) 2007-02-20 2012-08-21 Dow Corning Corporation Filler treating agents based on hydrogen bonding polyorganosiloxanes
MX2010005552A (es) 2007-11-21 2010-06-02 Smith & Nephew Aposito para heridas.
WO2009067711A2 (en) 2007-11-21 2009-05-28 T.J. Smith & Nephew, Limited Suction device and dressing
GB0803564D0 (en) 2008-02-27 2008-04-02 Smith & Nephew Fluid collection
AU2012203566B1 (en) * 2008-03-27 2013-09-12 Clji I.P. Company, Llc Topical formulations for the prevention of sexually transmitted disease and methods of producing the same
EP2355785A4 (en) 2008-12-09 2014-08-13 Oréal Sa L Transfer-resistant emulsion containing a surfactant
WO2010068894A2 (en) 2008-12-11 2010-06-17 L'oreal S.A. Non-sticky, hydrating and moisturizing aqueous lip gloss composition
WO2010074726A2 (en) 2008-12-16 2010-07-01 L'oreal S.A. Shine-imparting hydrating and moisturizing emulsion lipstick composition
US9308396B2 (en) 2008-12-16 2016-04-12 L'oreal Transfer-resistant and long wear foundation in emulsion form containing oil absorbing powders
US8475816B2 (en) 2008-12-16 2013-07-02 L'oreal S.A. Emulsion lipstick composition
WO2010077940A2 (en) 2008-12-16 2010-07-08 Hy Si Bui Water-insoluble reaction product of a polyamine and an oil-soluble high carbon polar modified polymer
KR100979347B1 (ko) * 2009-03-25 2010-08-31 삼일제약주식회사 항진균 조성물
EP2305211A3 (en) * 2009-06-29 2011-04-13 L'oreal S.A. Composition comprising a sugar silicone surfactant and an oil-soluble high carbon polar modified polymer
BRPI1003179A2 (pt) * 2009-06-29 2013-07-30 Oreal composiÇço que compreende um poliol, um tensoativo siliconado de aÇécar e um polÍmero modificado polar lipossolével com teor elevado de carbono
EP2269571A3 (en) 2009-06-29 2014-05-07 L'oreal S.A. Long wear, waterproof mascara composition with water washability
BRPI1002771A2 (pt) 2009-06-29 2012-03-20 Oreal Composição e método para maquilar um substrato queratínico
US8663667B2 (en) 2009-06-29 2014-03-04 L'oreal Refreshing cream foundation in gel form
BRPI1002588A2 (pt) 2009-06-29 2012-03-13 Oreal Composição e método de maquilagem de um substrato queratínico
US8647611B2 (en) 2009-06-29 2014-02-11 L'oréal Composition containing a polyol and a reaction product
US8663609B2 (en) 2009-06-29 2014-03-04 L'oreal Composition comprising a polyol, a sugar silicone surfactant and a oil-soluble polar modified polymer
EP2305210A3 (en) * 2009-06-29 2011-04-13 L'oreal S.A. Composition comprising a sugar silicone surfactant and an oil-soluble polar modified polymer
EP2269570A3 (en) * 2009-06-29 2011-04-20 L'oreal S.A. Enhanced shine and moisture lip composition
EP3219364A1 (en) 2009-06-29 2017-09-20 L'oreal Composition comprising the reaction product of a hyperbranched polyol and of an oil-soluble polar modified polymer
US9061095B2 (en) 2010-04-27 2015-06-23 Smith & Nephew Plc Wound dressing and method of use
BE1019220A3 (nl) * 2010-06-30 2012-04-03 Sylphar Huidverzorgingsproduct voor het behandelen van littekens.
GB201011173D0 (en) 2010-07-02 2010-08-18 Smith & Nephew Provision of wound filler
CN103154091B (zh) 2010-08-23 2015-02-25 道康宁公司 含有糖硅氧烷共聚物乳化剂的乳液及它们的制备方法和用途
US8747868B2 (en) 2010-12-30 2014-06-10 L'oreal Reaction product of a polar modified polymer and an alkoxysilane and a composition containing the reaction product
US9474685B2 (en) 2011-09-28 2016-10-25 Sure-Shot Medical Device Inc. Apparatus for localized dermatological treatment
US8263720B1 (en) * 2011-10-05 2012-09-11 Rochal Industries, Llp Sacrificial adhesive coatings
KR102043605B1 (ko) 2012-01-18 2019-11-12 다우 실리콘즈 코포레이션 사카라이드 실록산 공중합체를 제조하는 방법
EP2918638B1 (en) * 2012-11-09 2017-09-06 Sumitomo Seika Chemicals Co. Ltd. Silicone resin composition, cured silicone resin, and sealed optical semiconductor element
WO2014151485A1 (en) * 2013-03-15 2014-09-25 Dow Corning Corporation Urea-siloxane compositions and methods of making the same
EP3037482A4 (en) 2013-08-19 2017-03-29 Sumitomo Seika Chemicals CO. LTD. Addition-cured silicone resin composition, curing product of addition-cured silicone resin, and optical semiconductor element sealing body
JP5669990B1 (ja) 2013-08-20 2015-02-18 住友精化株式会社 縮合硬化型シリコーン樹脂組成物、縮合硬化型シリコーン樹脂硬化物、及び、光半導体素子封止体
US8921303B1 (en) 2014-01-28 2014-12-30 Avon Products, Inc. Extended release fragrance compositions
EP3280388A1 (en) 2015-04-08 2018-02-14 Dow Corning Corporation Fluid compositions and personal care
DE102017110405A1 (de) * 2017-05-12 2018-11-15 Msf Medizinische Sportwerke Frankfurt Gmbh Ölige Pflanzenextrakte enthaltende Elemente und Pflaster, die derartige wirkstoffhaltige Elemente enthalten
US10398731B2 (en) 2017-06-12 2019-09-03 James H Southard, Jr. Treatment for warts

Citations (12)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS6268820A (en) * 1985-09-19 1987-03-28 Kao Corp Production of organopolysiloxane having saccharide residue
JPS63139106A (en) * 1986-12-02 1988-06-10 Kao Corp Cosmetic
JPH069876A (ja) * 1992-04-03 1994-01-18 Wacker Chemie Gmbh 架橋結合可能な組成物、オルガノポリシロキサン化合物、その製法、そのエマルジョン又はマイクロエマルジョンの製法及び有機繊維及び織物の処理法
JPH07133352A (ja) * 1993-08-10 1995-05-23 Kao Corp オルガノポリシロキサン、これを含有する毛髪セット剤組成物及びこれを用いた毛髪のセット方法
JP2000256613A (ja) * 1999-03-10 2000-09-19 Shin Etsu Chem Co Ltd コーティング剤
JP2001524983A (ja) * 1997-05-13 2001-12-04 イマアーレクス・フアーマシユーチカル・コーポレーシヨン 新規の音響活性薬剤輸送系
JP2003503520A (ja) * 1999-06-18 2003-01-28 ユーロ マネジメント アンド トラスト カンパニー エスタブリッシュメント 合成物質変性用多官能性非イオン性シロキサン共重合体
JP2004256539A (ja) * 2003-02-25 2004-09-16 L'oreal Sa ポリマー粒子の分散体と酸および多価アルコールのエステルとを含む化粧品組成物
US20040221397A1 (en) * 2000-11-16 2004-11-11 Toan Trinh Fabric color care method
JP2006028177A (ja) * 2004-07-16 2006-02-02 L'oreal Sa 特定のシリコーンポリマー及びフィルム形成体を含有する化粧料組成物
JP2008525598A (ja) * 2004-12-23 2008-07-17 ジェネンコー インターナショナル インコーポレーテッド 架橋可能なサッカライド−シロキサン組成物、ならびにこれから形成された網目状構造体、コーティング、および製品
JP2008545838A (ja) * 2005-05-23 2008-12-18 ジェネンコー インターナショナル インコーポレーテッド サッカリド−シロキサンコポリマーを含む表面処理組成物

Family Cites Families (163)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CA711756A (en) 1965-06-15 R. Pail Daniel Organosiloxane pressure-sensitive adhesive composition
US2676182A (en) 1950-09-13 1954-04-20 Dow Corning Copolymeric siloxanes and methods of preparing them
DE1017883B (de) 1954-07-08 1957-10-17 Fellows Gear Shaper Co Schalt- und Vorschubeinrichtung fuer Zahnradherstellungsmaschinen
US3296291A (en) 1962-07-02 1967-01-03 Gen Electric Reaction of silanes with unsaturated olefinic compounds
US3159601A (en) 1962-07-02 1964-12-01 Gen Electric Platinum-olefin complex catalyzed addition of hydrogen- and alkenyl-substituted siloxanes
US3220972A (en) 1962-07-02 1965-11-30 Gen Electric Organosilicon process using a chloroplatinic acid reaction product as the catalyst
BE666745A (ja) 1964-07-14 1966-01-12
NL131800C (ja) 1965-05-17
NL129346C (ja) 1966-06-23
US3516946A (en) 1967-09-29 1970-06-23 Gen Electric Platinum catalyst composition for hydrosilation reactions
US3814730A (en) 1970-08-06 1974-06-04 Gen Electric Platinum complexes of unsaturated siloxanes and platinum containing organopolysiloxanes
US3936582A (en) 1974-06-03 1976-02-03 Phillips Petroleum Company Differential release coated articles
US3989667A (en) 1974-12-02 1976-11-02 Dow Corning Corporation Olefinic siloxanes as platinum inhibitors
US3989668A (en) 1975-07-14 1976-11-02 Dow Corning Corporation Method of making a silicone elastomer and the elastomer prepared thereby
US4263274A (en) 1976-07-16 1981-04-21 Johnson & Johnson Antiperspirant compositions and methods
US4310469A (en) 1978-12-29 1982-01-12 General Electric Company Diaryliodonium salts
US4269603A (en) 1979-05-04 1981-05-26 Riegel Textile Corporation Non-formaldehyde durable press textile treatment
US4313988A (en) 1980-02-25 1982-02-02 Minnesota Mining And Manufacturing Company Epoxypolysiloxane release coatings for adhesive materials
US4370358A (en) 1980-09-22 1983-01-25 General Electric Company Ultraviolet curable silicone adhesives
US4501861A (en) 1982-11-01 1985-02-26 Monsanto Company Thermoplastic polyamide compositions
US4760025A (en) 1984-05-29 1988-07-26 Genencor, Inc. Modified enzymes and methods for making same
US5700676A (en) 1984-05-29 1997-12-23 Genencor International Inc. Modified subtilisins having amino acid alterations
US5972682A (en) 1984-05-29 1999-10-26 Genencor International, Inc. Enzymatically active modified subtilisins
US4655767A (en) 1984-10-29 1987-04-07 Dow Corning Corporation Transdermal drug delivery devices with amine-resistant silicone adhesives
US4584355A (en) 1984-10-29 1986-04-22 Dow Corning Corporation Silicone pressure-sensitive adhesive process and product with improved lap-shear stability-I
US4585836A (en) 1984-10-29 1986-04-29 Dow Corning Corporation Silicone pressure-sensitive adhesive process and product with improved lap-shear stability-II
US4591622A (en) 1984-10-29 1986-05-27 Dow Corning Corporation Silicone pressure-sensitive adhesive process and product thereof
US4558110A (en) 1985-02-01 1985-12-10 General Electric Company Crystalline silicone-imide copolymers
JPH0360851B2 (ja) 1985-02-22 1991-09-18 Tore Daukooningu Shirikoon Kk
US4604442A (en) 1985-03-29 1986-08-05 General Electric Company Organopolysiloxane-polyamide block polymers and method for making
US4591652A (en) 1985-04-12 1986-05-27 Scm Corporation Polyhydroxyl silanes or siloxanes
US4584361A (en) 1985-06-03 1986-04-22 Dow Corning Corporation Storage stable, one part polyorganosiloxane compositions
JPS6268820U (ja) 1985-10-21 1987-04-30
US4631329A (en) 1985-11-29 1986-12-23 Dow Corning Corporation Moisture resistant polyurethanes derived from non-aromatic diisocyanates
JPH0428801Y2 (ja) 1987-03-06 1992-07-14
JPH069876B2 (ja) 1987-06-19 1994-02-09 ダイワ精工株式会社 釣竿の製造法
US4766176A (en) 1987-07-20 1988-08-23 Dow Corning Corporation Storage stable heat curable organosiloxane compositions containing microencapsulated platinum-containing catalysts
US4784879A (en) 1987-07-20 1988-11-15 Dow Corning Corporation Method for preparing a microencapsulated compound of a platinum group metal
US4774281A (en) 1987-09-04 1988-09-27 Dow Corning Corporation Low compression set silicone rubber
US4910015A (en) * 1987-10-19 1990-03-20 Massachusetts Institute Of Technology Surface-active polysiloxanes and drug releasing materials thereof
JPH0770204B2 (ja) 1988-04-13 1995-07-31 松下電器産業株式会社 ディジタル記録再生装置
US4793555A (en) 1988-04-22 1988-12-27 Dow Corning Corporation Container, method and composition for controlling the release of a volatile liquid from an aqueous mixture
IL89850D0 (en) 1988-04-25 1989-12-15 Takeda Chemical Industries Ltd Ester of ascorbic acid 2-phosphate
JPH0558458B2 (ja) 1988-06-30 1993-08-26 Dow Corning Toray Silicone
LU87360A1 (fr) 1988-10-05 1990-05-15 Oreal Emulsions d'organopolysiloxanes a fonction diester,leur application dans le traitement textile et cosmetique
US4987893A (en) 1988-10-12 1991-01-29 Rochal Industries, Inc. Conformable bandage and coating material
US5103812A (en) 1988-10-12 1992-04-14 Rochal Industries, Inc. Conformable bandage and coating material
US5075038A (en) 1988-11-04 1991-12-24 Dow Corning Corporation Electrically conductive silicone compositions
US4962076A (en) 1988-11-28 1990-10-09 Dow Corning Corporation Silicone sealants having reduced color
US5011870A (en) 1989-02-08 1991-04-30 Dow Corning Corporation Thermally conductive organosiloxane compositions
US4973680A (en) 1989-03-03 1990-11-27 National Starch And Chemical Investment Holding Corporation Organosiloxane-containing polysaccharides
DE3909198A1 (de) 1989-03-21 1990-09-27 Basf Ag Verfahren zur herstellung von ascorbinsaeure-2-phosphat sowie von 5,6-isorpropyliden-ascorbinsaeure als ausgangsprodukt
DE3927312A1 (de) 1989-08-18 1991-02-21 Wacker Chemie Gmbh Anhydridfunktionelle organo(poly)siloxane, verfahren zu ihrer herstellung und verwendung dieser organo(poly)siloxane
FR2653338B1 (fr) 1989-10-23 1994-06-10 Dow Corning Sa Formulation pour des pansements a liberation prolongee de medicament et son utilisation.
US5036117A (en) 1989-11-03 1991-07-30 Dow Corning Corporation Heat-curable silicone compositions having improved bath life
US5053442A (en) 1990-01-16 1991-10-01 Dow Corning Corporation Low modulus silicone sealants
US5051455A (en) 1990-01-16 1991-09-24 Dow Corning Corporation Adhesion of silicone sealants
DE69125966T2 (de) 1990-02-28 1998-01-02 Shinetsu Chemical Co Tetrahydrophthalsäureanhydrid enthaltende Siloxane und ein Verfahren zu deren Herstellung
US5252233A (en) 1990-08-10 1993-10-12 Union Carbide Chemicals & Plastics Technology Corporation Silicone textile finishes
GB9103191D0 (en) 1991-02-14 1991-04-03 Dow Corning Platinum complexes and use thereof
FR2673948B1 (fr) 1991-03-13 1995-03-10 Dow Corning Sa Compositions de silicone expansibles utiles a la realisation de pansements medicaux.
US5380527A (en) 1991-08-26 1995-01-10 Dow Corning Corporation Alkylmethylsiloxane mixtures for skin care
JPH05112437A (ja) 1991-09-25 1993-05-07 Lion Corp 頭髪セツト剤組成物
JP2511348B2 (ja) 1991-10-17 1996-06-26 東レ・ダウコーニング・シリコーン株式会社 オルガノポリシロキサンおよびその製造方法
US5227093A (en) 1991-11-29 1993-07-13 Dow Corning Corporation Curable organosiloxane compositions yielding electrically conductive materials
JP3172787B2 (ja) 1992-01-14 2001-06-04 日本精化株式会社 糖残基を有するオルガノシロキサン誘導体およびその製造方法
US5981011A (en) 1992-01-22 1999-11-09 A*Ware Technologies, L.C. Coated sheet material
JPH05331291A (ja) 1992-06-03 1993-12-14 Shin Etsu Chem Co Ltd 酸無水物基含有オルガノポリシロキサンおよびその製造方法
EP0579494B1 (en) 1992-07-16 1998-03-18 Shin-Etsu Chemical Co., Ltd. Silicone rubber composition with improved fluidity
DE69323663D1 (de) * 1992-07-24 1999-04-08 Sony Corp Aufzeichnungsmediumkassette
DE69331907T2 (de) 1992-09-24 2002-09-05 Genencor Int Neue alkalische proteasen enthaltende reinigungsmittelzusammensetzungen
DE4306041A1 (de) 1993-02-26 1994-09-01 Wacker Chemie Gmbh Glycosidreste aufweisende Organosiliciumverbindungen und Verfahren zu deren Herstellung
DE4318537A1 (de) 1993-06-04 1994-12-08 Bayer Ag Kationische siloxanylmodifizierte polyhydroxylierte Kohlenwasserstoffe
DE4318536A1 (de) 1993-06-04 1994-12-08 Bayer Ag Siloxanylmodifizierte polyhydroxylierte Kohlenwasserstoffe
US5895794A (en) 1993-08-30 1999-04-20 Dow Corning Corporation Shelf stable cross-linked emulsions with optimum consistency and handling without the use of thickeners
US5502105A (en) 1994-08-25 1996-03-26 Dow Corning Corporation Method of emulsion polymerization
JP3009090B2 (ja) 1994-11-08 2000-02-14 信越化学工業株式会社 シロキサン含有プルラン及びその製造方法
GB2296011B (en) 1994-12-13 1999-06-16 Solvay Novel fusarium isolate and lipases, cutinases and enzyme compositions derived therefrom
FI956324A (fi) 1995-02-01 1996-08-02 Goldschmidt Ag Th Organofunktionaalisten polysiloksaanien käyttö hienojakoisten hiukkasten pintojen modifioimiseksi
JPH08269204A (ja) * 1995-03-29 1996-10-15 Chiba Seifun Kk 新規シリコーン誘導体、その製造法および用途
US5493041A (en) 1995-07-21 1996-02-20 Dow Corning Corporation Lightly crosslinked poly(n-alkylmethylsiloxanes) and methods of producing same
FR2739289B1 (fr) 1995-09-29 1997-11-07 Oreal Composition cosmetique comprenant au moins un polymere silicone greffe et au moins une association d'un polymere anionique et d'un polymere cationique
FR2740038B1 (fr) 1995-10-20 1998-01-02 Lafon Labor Composition pour l'administration transdermique
AU721752B2 (en) 1995-11-07 2000-07-13 Noxell Corporation Transfer resistant cosmetic compositions
JP3410592B2 (ja) 1995-11-13 2003-05-26 信越化学工業株式会社 シロキサングラフトセルロース誘導体を含有する化粧料及びその製造方法
US5654362A (en) 1996-03-20 1997-08-05 Dow Corning Corporation Silicone oils and solvents thickened by silicone elastomers
US5750123A (en) 1996-06-28 1998-05-12 Chesebrough-Pond's Co., Division Of Conopco, Inc. Vitamin C delivery system
US6414139B1 (en) 1996-09-03 2002-07-02 Imarx Therapeutics, Inc. Silicon amphiphilic compounds and the use thereof
US5811487A (en) 1996-12-16 1998-09-22 Dow Corning Corporation Thickening silicones with elastomeric silicone polyethers
JP3797519B2 (ja) 1997-02-28 2006-07-19 東レ・ダウコーニング株式会社 分岐状シロキサン・シルアルキレン共重合体
FR2760971B1 (fr) 1997-03-20 1999-12-10 Dow Corning Sa Procede de production d'une composition a liberation controlee
US5880210A (en) 1997-04-01 1999-03-09 Dow Corning Corporation Silicone fluids and solvents thickened with silicone elastomers
GB9708182D0 (en) 1997-04-23 1997-06-11 Dow Corning Sa A method of making silicone in water emulsions
US20020039594A1 (en) 1997-05-13 2002-04-04 Evan C. Unger Solid porous matrices and methods of making and using the same
EP0879840B2 (de) 1997-05-22 2004-03-31 Goldschmidt AG Polyhydroxyorganyl-, insbesondere Zucker- oder Zuckerderivatreste und Polyoxyalkylenreste aufweisende Organopolysiloxane
JPH1192490A (ja) 1997-07-25 1999-04-06 Sagami Chem Res Center 糖残基を有するオルガノシロキサン化合物および経皮吸収促進剤
US6051216A (en) 1997-08-01 2000-04-18 Colgate-Palmolive Company Cosmetic composition containing siloxane based polyamides as thickening agents
US5969035A (en) 1998-02-06 1999-10-19 Dow Corning Thickening of low molecular weight siloxanes with acrylate/methacrylate polyether grafted silicone elastomers
DE19818924A1 (de) 1998-04-28 1999-11-04 Degussa Oberflächenmodifizierte Füllstoffe, Verfahren zu deren Herstellung sowie deren Verwendung
JP4383555B2 (ja) 1998-05-29 2009-12-16 東レ・ダウコーニング株式会社 カルボシロキサンデンドリマー
JP3514422B2 (ja) 1998-06-05 2004-03-31 信越化学工業株式会社 シロキサングラフト多糖類誘導体の製造方法及びそれを用いた化粧料
US6146664A (en) 1998-07-10 2000-11-14 Shaklee Corporation Stable topical ascorbic acid compositions
US5981680A (en) 1998-07-13 1999-11-09 Dow Corning Corporation Method of making siloxane-based polyamides
US6136758A (en) 1998-08-17 2000-10-24 Shin-Etsu Chemical Co., Ltd. Aluminum nitride powder and thermally conductive grease composition using the same
US6211296B1 (en) 1998-11-05 2001-04-03 The B. F. Goodrich Company Hydrogels containing substances
DE19854186A1 (de) 1998-11-24 2000-05-25 Wacker Chemie Gmbh Grenzflächenaktive Organosiliciumverbindungen
US6207717B1 (en) 1999-01-12 2001-03-27 Dow Corning Corporation Entrapment of vitamins with an elastomeric silicone polyether
DE19918627A1 (de) 1999-04-23 2000-10-26 Few Chemicals Gmbh Wolfen Biokompatible Polymerzusammensetzung und Verfahren zu deren Herstellung
US6168782B1 (en) 1999-05-24 2001-01-02 Dow Corning Corporation Elastomeric silicone containing an active ingredient
US6471985B2 (en) 1999-06-04 2002-10-29 Bahman Guyuron Use of RTV silicone compositions for wound dressing
US6255429B1 (en) 1999-09-02 2001-07-03 Dow Corning Corporation Amine-, polyol-, amide-functional siloxane copolymers and methods for their preparation
FR2800073B1 (fr) 1999-10-26 2001-11-23 Oreal Nouveaux composes silicies derives de l'acide ascorbique, procede de preparation, compositions les comprenant et utilisations
US6221979B1 (en) 1999-11-08 2001-04-24 Dow Corning Corporation Mixtures of silicone elastomers
DE19961972A1 (de) 1999-12-22 2001-06-28 Degussa Organosilan- und/oder Organosiloxan-haltige Mittel für gefülltes Polyamid
US6517933B1 (en) 2000-01-18 2003-02-11 Nano-Tex, Llc Hybrid polymer materials
US6398911B1 (en) 2000-01-21 2002-06-04 Kimberly-Clark Worldwide, Inc. Modified polysaccharides containing polysiloxane moieties
DE10006603A1 (de) 2000-02-15 2001-08-16 Clariant Gmbh Hydrophob modifizierte Celluloseether, Verfahren zu deren Herstellung sowie deren Verwendung
US6512072B1 (en) 2000-06-12 2003-01-28 Dow Corning Corporation Fast cure film forming formulation
US6372833B1 (en) 2000-06-30 2002-04-16 Nexpress Solutions Llc Fluorocarbon thermoplastic random copolymer composition curable at low temperatures
US6534581B1 (en) 2000-07-20 2003-03-18 Dow Corning Corporation Silicone composition and electrically conductive silicone adhesive formed therefrom
US6361716B1 (en) 2000-07-20 2002-03-26 Dow Corning Corporation Silicone composition and electrically conductive silicone adhesive formed therefrom
US6465550B1 (en) 2000-08-08 2002-10-15 Dow Corning Corporation Silicone composition and electrically conductive, cured silicone product
US6433055B1 (en) 2000-09-13 2002-08-13 Dow Corning Corporation Electrically conductive hot-melt silicone adhesive composition
JP2002146025A (ja) 2000-11-14 2002-05-22 Canon Inc ブロック共重合体、その製造方法及び組成物
US6448329B1 (en) 2001-02-28 2002-09-10 Dow Corning Corporation Silicone composition and thermally conductive cured silicone product
KR100858836B1 (ko) 2001-05-14 2008-09-17 다우 코닝 도레이 캄파니 리미티드 열전도성 실리콘 조성물
JP2003086233A (ja) 2001-09-07 2003-03-20 Mitsubishi Electric Corp 平板型電池およびその製法
US6482969B1 (en) 2001-10-24 2002-11-19 Dow Corning Corporation Silicon based quaternary ammonium functional compositions and methods for making them
JP4043764B2 (ja) 2001-11-13 2008-02-06 東レ・ダウコーニング株式会社 糖残基を有するオルガノポリカルボシロキサンおよびその製造方法
JP4043765B2 (ja) 2001-11-13 2008-02-06 東レ・ダウコーニング株式会社 糖残基を有するオルガノポリシロキサンおよびその製造方法
US6897189B2 (en) 2001-12-07 2005-05-24 The Procter & Gamble Company Anti-wrinkle silicone polysaccharide compounds and compositions comprising said compounds
US6620515B2 (en) 2001-12-14 2003-09-16 Dow Corning Corporation Thermally conductive phase change materials
AU2003210346A1 (en) 2002-03-06 2003-09-16 Ciba Specialty Chemicals Holding Inc. Enzymatic process for preparing organosilicon group containing photoinitiators
US20030180281A1 (en) 2002-03-11 2003-09-25 Bott Richard R. Preparations for topical skin use and treatment
US6815486B2 (en) 2002-04-12 2004-11-09 Dow Corning Corporation Thermally conductive phase change materials and methods for their preparation and use
DE10218730A1 (de) 2002-04-26 2003-11-20 Wacker Chemie Gmbh O/W-Emulsion
US6791839B2 (en) 2002-06-25 2004-09-14 Dow Corning Corporation Thermal interface materials and methods for their preparation and use
AU2003262698A1 (en) 2002-08-16 2004-03-03 Dow Corning Corporation Enzyme catalyzed organosilicon carbohydrates
EP1546159B1 (en) 2002-08-16 2014-06-18 Dow Corning Corporation Enzyme catalyzed method of forming organosilicon esters
JP4751570B2 (ja) 2002-09-11 2011-08-17 東レ・ダウコーニング株式会社 オルガノポリシロキサン変性多糖類およびその製造方法
US20040241130A1 (en) 2002-09-13 2004-12-02 Krishnan Tamareselvy Multi-purpose polymers, methods and compositions
US7585824B2 (en) 2002-10-10 2009-09-08 International Flavors & Fragrances Inc. Encapsulated fragrance chemicals
US6783692B2 (en) 2002-10-17 2004-08-31 Dow Corning Corporation Heat softening thermally conductive compositions and methods for their preparation
US6844081B2 (en) 2002-11-08 2005-01-18 Hbf, Inc. Microbiological abatement coating system
US20040247552A1 (en) 2003-02-25 2004-12-09 Xavier Blin Cosmetic composition comprising at least one polymer particle dispersed in at least one liquid fatty phase and at least one ester of at least acid and at least one polyol ester
SE526906C2 (sv) 2003-06-10 2005-11-15 Moelnlycke Health Care Ab Metod att anbringa ett skyddsskikt på hud innehållande en högviskös silikonkomposition
US6762289B1 (en) 2003-08-18 2004-07-13 S. Ltech Llc Silicone functionalized alkyl polyglucoside surfactants
GB2407496A (en) 2003-10-27 2005-05-04 Dow Corning Method for forming a polysiloxane film on a biological surface
WO2005047378A2 (en) 2003-11-05 2005-05-26 Dow Corning Corporation Thermally conductive grease and methods and devices in which said grease is used
WO2005063855A1 (de) 2003-12-23 2005-07-14 Ge Bayer Silicones Gmbh & Co. Kg Alkoxy- und hydroxylgruppenfreie amino- und/oder ammoniumpolysiloxane
US7405183B2 (en) 2004-07-02 2008-07-29 Halliburton Energy Services, Inc. Methods and compositions for crosslinking polymers with boronic acids
US20060013791A1 (en) * 2004-07-16 2006-01-19 L'oreal Cosmetic composition comprising a defined silicone polymer and a film former
JP5015436B2 (ja) 2004-08-30 2012-08-29 東レ・ダウコーニング株式会社 熱伝導性シリコーンエラストマー、熱伝導媒体および熱伝導性シリコーンエラストマー組成物
JP5214974B2 (ja) 2004-12-16 2013-06-19 ダウ・コーニング・コーポレイション アスコルビン酸と2−ケト酸サッカライド類のエステル誘導体
JP4590253B2 (ja) 2004-12-16 2010-12-01 東レ・ダウコーニング株式会社 オルガノポリシロキサンおよびシリコーン組成物
WO2006065282A1 (en) 2004-12-16 2006-06-22 Dow Corning Corporation Amide-substituted silicones and methods for their preparation and use
TWI429688B (zh) 2005-02-14 2014-03-11 Byk Chemie Gmbh 經有機矽烷改質之聚矽氧烷及其用於表面改質作用之用途
JP4828146B2 (ja) 2005-03-30 2011-11-30 東レ・ダウコーニング株式会社 熱伝導性シリコーンゴム組成物
JP4828145B2 (ja) 2005-03-30 2011-11-30 東レ・ダウコーニング株式会社 熱伝導性シリコーンゴム組成物
CN101217934B (zh) 2005-05-23 2013-01-02 陶氏康宁公司 含糖-硅氧烷共聚物的个人护理组合物
CN101218283B (zh) 2005-05-23 2011-05-18 陶氏康宁公司 阴离子和阳离子糖-硅氧烷共聚物
US8247357B2 (en) 2007-02-20 2012-08-21 Dow Corning Corporation Filler treating agents based on hydrogen bonding polyorganosiloxanes
FR2929282B1 (fr) 2008-03-25 2010-06-25 Centre Nat Rech Scient Polysiloxanes fonctionnalises, leur procede de preparation et leurs utilisations

Patent Citations (12)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS6268820A (en) * 1985-09-19 1987-03-28 Kao Corp Production of organopolysiloxane having saccharide residue
JPS63139106A (en) * 1986-12-02 1988-06-10 Kao Corp Cosmetic
JPH069876A (ja) * 1992-04-03 1994-01-18 Wacker Chemie Gmbh 架橋結合可能な組成物、オルガノポリシロキサン化合物、その製法、そのエマルジョン又はマイクロエマルジョンの製法及び有機繊維及び織物の処理法
JPH07133352A (ja) * 1993-08-10 1995-05-23 Kao Corp オルガノポリシロキサン、これを含有する毛髪セット剤組成物及びこれを用いた毛髪のセット方法
JP2001524983A (ja) * 1997-05-13 2001-12-04 イマアーレクス・フアーマシユーチカル・コーポレーシヨン 新規の音響活性薬剤輸送系
JP2000256613A (ja) * 1999-03-10 2000-09-19 Shin Etsu Chem Co Ltd コーティング剤
JP2003503520A (ja) * 1999-06-18 2003-01-28 ユーロ マネジメント アンド トラスト カンパニー エスタブリッシュメント 合成物質変性用多官能性非イオン性シロキサン共重合体
US20040221397A1 (en) * 2000-11-16 2004-11-11 Toan Trinh Fabric color care method
JP2004256539A (ja) * 2003-02-25 2004-09-16 L'oreal Sa ポリマー粒子の分散体と酸および多価アルコールのエステルとを含む化粧品組成物
JP2006028177A (ja) * 2004-07-16 2006-02-02 L'oreal Sa 特定のシリコーンポリマー及びフィルム形成体を含有する化粧料組成物
JP2008525598A (ja) * 2004-12-23 2008-07-17 ジェネンコー インターナショナル インコーポレーテッド 架橋可能なサッカライド−シロキサン組成物、ならびにこれから形成された網目状構造体、コーティング、および製品
JP2008545838A (ja) * 2005-05-23 2008-12-18 ジェネンコー インターナショナル インコーポレーテッド サッカリド−シロキサンコポリマーを含む表面処理組成物

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2013536298A (ja) * 2010-08-23 2013-09-19 ダウ コーニング コーポレーションDow Corning Corporation サッカリドシロキサンコポリマー並びにその調製及び使用方法
JP2013540841A (ja) * 2010-08-23 2013-11-07 ダウ コーニング コーポレーションDow Corning Corporation 水性環境で安定している糖シロキサン並びにそのような糖シロキサンの調製及び使用方法
JP2012136588A (ja) * 2010-12-24 2012-07-19 Dow Corning Toray Co Ltd ポリシロキサン−n,n−ジヒドロカルビレン糖変性マルチブロックコポリマー及びその製造方法
WO2014083957A1 (ja) * 2012-11-29 2014-06-05 株式会社フロンティア 人工毛と地毛との接着性を増大するための処理剤及び処理方法
JP5703475B1 (ja) * 2013-07-04 2015-04-22 東洋インキScホールディングス株式会社 活性エネルギー線重合性接着剤、及び積層体
KR101905518B1 (ko) 2017-07-21 2018-10-08 (주)잇츠한불 세포외기질-실록산 중합체를 함유하는 화장료 조성물 및 그 제조 방법

Also Published As

Publication number Publication date
JP5185259B2 (ja) 2013-04-17
US20090258058A1 (en) 2009-10-15
WO2007139812A2 (en) 2007-12-06
KR20090015989A (ko) 2009-02-12
CN101478973A (zh) 2009-07-08
EP2019678A2 (en) 2009-02-04
EP2019678A4 (en) 2012-05-02
WO2007139812A3 (en) 2008-03-27
KR101460980B1 (ko) 2014-11-13
US8968773B2 (en) 2015-03-03
CN101478973B (zh) 2013-08-28

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5232702A (en) Silicone pressure sensitive adhesive compositons for transdermal drug delivery devices and related medical devices
CN101501088B (zh) 有机硅丙烯酸酯混杂组合物
KR101387294B1 (ko) 실리콘 폴리에터 엘라스토머 겔
JP3636386B2 (ja) シロキシル化されたポリエーテルワックスを添加剤として含有するホットメルトシリコーン感圧接着剤組成物
EP1260552B1 (en) Polyether siloxane copolymer network composition and emulsions comprising it
USRE35474E (en) Transdermal drug delivery devices with amine-resistant silicone adhesives
US5352722A (en) Silicone pressure sensitive adhesive containing alkylmethylsiloxane wax and related methods
US20020188058A1 (en) Cosmetic compositions using polyether siloxane copolymer network compositions
JP5680061B2 (ja) シリコーンアクリルハイブリッドポリマーを基剤とする接着剤
US7381769B2 (en) Cosmetic compositions using polyether siloxane copolymer network compositions
US5162410A (en) Hot-melt silicon pressure sensitive adhesives with phenyl-containing siloxane fluid additive and related methods and articles
KR101078077B1 (ko) 유기폴리실록산과 그 제법 및 상기 유기폴리실록산을포함하는 화장료 조성물
US4324595A (en) Method for removing tacky adhesives and articles adhered therewith
JP5986315B2 (ja) オルガノポリシロキサンポリマー
USRE36754E (en) Devices using silicone pressure sensitive adhesives containing organic wax
CN1213717C (zh) 用于化妆品的有机聚硅氧烷凝胶
Andriot et al. Silicones in industrial applications
US20040197285A1 (en) Sunscreens based on substituted hydrocarbyl functional siloxanes for household, health, and personal care applications
US20130172419A1 (en) Polymer composites of silicone ionomers
CA2493813C (en) Medical device lubricant comprising radiation curable silicon material
US9175141B2 (en) Cyclosiloxane-substituted polysiloxane compounds, compositions containing the compounds and methods of use thereof
US20130171265A1 (en) Curable compositions of ionic silicones
US20030082129A1 (en) Hair and skin care compositions containing siloxane-based polyamide copolymers
US3541205A (en) Wash resistant lotion containing organosilicon resins
JPH05194860A (ja) 歯科的応用面用の透明材料

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20100412

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20110310

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20120118

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20120131

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20120501

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20120911

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20121127

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20121221

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20130117

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20160125

Year of fee payment: 3

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

S802 Written request for registration of partial abandonment of right

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R311802

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

S533 Written request for registration of change of name

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313533

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250