JP2009508593A - Ophthalmic syringe - Google Patents

Ophthalmic syringe Download PDF

Info

Publication number
JP2009508593A
JP2009508593A JP2008531405A JP2008531405A JP2009508593A JP 2009508593 A JP2009508593 A JP 2009508593A JP 2008531405 A JP2008531405 A JP 2008531405A JP 2008531405 A JP2008531405 A JP 2008531405A JP 2009508593 A JP2009508593 A JP 2009508593A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
according
needle
syringe
barrel
comprises
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2008531405A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
エブリツト,リチヤード・アール
キヤリアス,ペリー
サイピンスキー,ステイーブン
シマ,デイビツド・テイ
ブリーギ,ウイザム
リツトマン,デイナ・エル
Original Assignee
(オーエスアイ)アイテツク・インコーポレーテツド
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Images

Classifications

    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61MDEVICES FOR INTRODUCING MEDIA INTO, OR ONTO, THE BODY; DEVICES FOR TRANSDUCING BODY MEDIA OR FOR TAKING MEDIA FROM THE BODY; DEVICES FOR PRODUCING OR ENDING SLEEP OR STUPOR
    • A61M5/00Devices for bringing media into the body in a subcutaneous, intra-vascular or intramuscular way; Accessories therefor, e.g. filling or cleaning devices, arm-rests
    • A61M5/178Syringes
    • A61M5/19Syringes having more than one chamber, e.g. including a manifold coupling two parallelly aligned syringes through separate channels to a common discharge assembly
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61MDEVICES FOR INTRODUCING MEDIA INTO, OR ONTO, THE BODY; DEVICES FOR TRANSDUCING BODY MEDIA OR FOR TAKING MEDIA FROM THE BODY; DEVICES FOR PRODUCING OR ENDING SLEEP OR STUPOR
    • A61M5/00Devices for bringing media into the body in a subcutaneous, intra-vascular or intramuscular way; Accessories therefor, e.g. filling or cleaning devices, arm-rests
    • A61M5/178Syringes
    • A61M5/31Details
    • A61M5/32Needles; Details of needles pertaining to their connection with syringe or hub; Accessories for bringing the needle into, or holding the needle on, the body; Devices for protection of needles
    • A61M2005/3201Coaxially assembled needle cannulas placed on top of another, e.g. needles having different diameters
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61MDEVICES FOR INTRODUCING MEDIA INTO, OR ONTO, THE BODY; DEVICES FOR TRANSDUCING BODY MEDIA OR FOR TAKING MEDIA FROM THE BODY; DEVICES FOR PRODUCING OR ENDING SLEEP OR STUPOR
    • A61M5/00Devices for bringing media into the body in a subcutaneous, intra-vascular or intramuscular way; Accessories therefor, e.g. filling or cleaning devices, arm-rests
    • A61M5/178Syringes
    • A61M5/24Ampoule syringes, i.e. syringes with needle for use in combination with replaceable ampoules or carpules, e.g. automatic
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61MDEVICES FOR INTRODUCING MEDIA INTO, OR ONTO, THE BODY; DEVICES FOR TRANSDUCING BODY MEDIA OR FOR TAKING MEDIA FROM THE BODY; DEVICES FOR PRODUCING OR ENDING SLEEP OR STUPOR
    • A61M5/00Devices for bringing media into the body in a subcutaneous, intra-vascular or intramuscular way; Accessories therefor, e.g. filling or cleaning devices, arm-rests
    • A61M5/178Syringes
    • A61M5/24Ampoule syringes, i.e. syringes with needle for use in combination with replaceable ampoules or carpules, e.g. automatic
    • A61M5/2448Ampoule syringes, i.e. syringes with needle for use in combination with replaceable ampoules or carpules, e.g. automatic comprising means for injection of two or more media, e.g. by mixing
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61MDEVICES FOR INTRODUCING MEDIA INTO, OR ONTO, THE BODY; DEVICES FOR TRANSDUCING BODY MEDIA OR FOR TAKING MEDIA FROM THE BODY; DEVICES FOR PRODUCING OR ENDING SLEEP OR STUPOR
    • A61M5/00Devices for bringing media into the body in a subcutaneous, intra-vascular or intramuscular way; Accessories therefor, e.g. filling or cleaning devices, arm-rests
    • A61M5/178Syringes
    • A61M5/31Details
    • A61M5/32Needles; Details of needles pertaining to their connection with syringe or hub; Accessories for bringing the needle into, or holding the needle on, the body; Devices for protection of needles
    • A61M5/3202Devices for protection of the needle before use, e.g. caps
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61MDEVICES FOR INTRODUCING MEDIA INTO, OR ONTO, THE BODY; DEVICES FOR TRANSDUCING BODY MEDIA OR FOR TAKING MEDIA FROM THE BODY; DEVICES FOR PRODUCING OR ENDING SLEEP OR STUPOR
    • A61M5/00Devices for bringing media into the body in a subcutaneous, intra-vascular or intramuscular way; Accessories therefor, e.g. filling or cleaning devices, arm-rests
    • A61M5/178Syringes
    • A61M5/31Details
    • A61M5/32Needles; Details of needles pertaining to their connection with syringe or hub; Accessories for bringing the needle into, or holding the needle on, the body; Devices for protection of needles
    • A61M5/34Constructions for connecting the needle, e.g. to syringe nozzle or needle hub
    • A61M5/347Constructions for connecting the needle, e.g. to syringe nozzle or needle hub rotatable, e.g. bayonet or screw

Abstract

本発明は、眼科で使用するための装置を提供する。 The present invention provides an apparatus for use in ophthalmic. 特に、本発明は、眼科薬剤の硝子体内投与で使用する装置を提供する。 In particular, the present invention provides an apparatus for use with intravitreal administration of ophthalmic drugs. 本発明はまた、1つまたは複数の薬物をヒトの眼に送達する方法および眼の疾患、障害、または状態を治療する方法も提供する。 The present invention also provides one or more drugs to diseases of the method and ocular delivery to the human eye, a method of treating disorders or conditions provided.

Description

本出願は、参照によりその全体が本明細書に援用される、弁理士整理番号EYE−036P、2005年9月16日出願の米国特許仮出願第60/717,865号に対する優先権を主張する。 This application, in its entirety by reference claims priority to U.S. Provisional Patent Application No. 60 / 717,865 of incorporated by, Attorney Docket No. EYE-036P, 9 May 16, 2005 filed herein .

本発明は、眼科薬の投与方法およびそれに関連する装置に関する。 The present invention relates to a method and associated apparatus to which the administration of ophthalmic drugs. 詳細には、本発明は、眼科用シリンジおよび針を用いた硝子体内注射に関する。 In particular, the present invention relates to intravitreal injection with ophthalmic syringe and needle.

硝子体内(IVT)注射は、網膜タンポナーデおよび剥離の処置のために空気を導入する手段として1911年以降ほぼ1世紀にわたってヒトの眼疾患の治療に使用されてきた(J.Ohm、Albrecht von Graefes Arch Ophthalmol 1911年;79:442〜450)。 Intravitreal (IVT) injection have been used in the treatment for almost a century since 1911 as a means for introducing air of a human eye disease for the treatment of retinal tamponade and peeling (J.Ohm, Albrecht von Graefes Arch Ophthalmol 1911 years; 79: 442-450). 過去20年間において、硝子体内注射の使用は、多くの眼球内疾患、特に後眼部を侵す障害の治療管理にますます受け入れられてきている(Jagerら、Retina、24:676〜698、2004年)。 In the past 20 years, the use of intravitreal injections, have been more and more accepted in the treatment management of many intraocular diseases, disorders affecting the posterior segment of the eye, especially (Jager et al., Retina, 24: 676~698, 2004 year ). IVT注射は、眼疾患の管理にますます取り入れられてきており、IVT注射の承認製品の数は、進行中の臨床研究の有望な結果に基づいて増えていくことが予想される。 IVT injection has been increasingly incorporated into the management of eye disease, the number of approved products of IVT injection is expected to go more and more based on the promising results of clinical studies in progress. 現在のところ、ホミビルセンナトリウム(Vitravene(登録商標)Novartis AG、バーゼル、スイス)、ラニビズマブ注射(Lucentis(商標)、Genentech,Inc.、南サンフランシスコ、カリフォルニア州)およびペガプタニブナトリウム(Macugen(登録商標)(OSI)Eyetech Inc.、ニューヨーク、ニューヨーク州)が、IVT注射として連邦食品医薬品局に承認された3薬剤である。 Currently, Homi building Sen sodium (Vitravene (registered trademark) Novartis AG, Basel, Switzerland), ranibizumab injection (Lucentis (TM), Genentech, Inc., South San Francisco, Calif.) And pegaptanib sodium (Macugen (registration trademark) (OSI) Eyetech Inc., New York, NY) is a three-drug that has been approved by the Federal food and drug Administration as IVT injection.

薬剤のIVT注射および診断方法の利点としては、全身投与に起因する毒性を最小限に抑えながら硝子体濃度を最大にすることがあげられる。 Advantages of IVT injection and diagnostic methods of drug, it can be mentioned that the vitreous concentration maximum while suppressing the toxicity due to the systemic administration to a minimum. こうした利点は、広く理解されてきているが、眼科分野ではIVT注射に潜在的に伴われる様々な合併症に着目している。 These advantages, has been widely appreciated, is focused on a variety of complications potentially involved in IVT injection in the ophthalmic field. IVT注射のリスク、すなわち視界を脅かすものには、眼内炎、網膜剥離、虹彩炎/ブドウ膜炎、炎症、眼内出血、高眼圧症、低眼圧症、気体網膜復位術、および白内障が含まれる(R.D.Jagerら、Retina24:676〜698、2004年およびC.N.Ta、Retina、24:699〜705、2004年)。 Risk of IVT injection, that is, a threat to vision, included endophthalmitis, retinal detachment, iritis / uveitis, inflammation, intraocular hemorrhage, ocular hypertension, hypotony, gas retinopexy, and cataracts (R.D.Jager et al., Retina24: 676~698, 2004 years and C.N.Ta, Retina, 24: 699~705, 2004 years).

眼内炎とは、眼球内部の組織が炎症を起こす状態であり、一般には細菌感染によって引き起こされる。 The endophthalmitis, intraocular tissues is a state in which inflamed, generally caused by a bacterial infection. 術後眼内炎を引き起こす最も一般的な細菌源は、患者の結膜または眼膜と考えられている。 The most common bacterial sources that cause postoperative endophthalmitis is believed to patient conjunctiva or ophthalmic membrane. 治療が効果的に行われない限り、眼内炎は重度の視力喪失または失明に急速に至る恐れがある。 As long as the treatment is not effectively performed, endophthalmitis which may lead to rapid severe vision loss or blindness. 術後眼内炎を発症する相対リスクは、眼膜または結膜の疾患の存在、患者の全身の健康状態、免疫抑制剤投薬の使用、眼内手術の種類、および術中の合併症を含むいくつかの要因に依存している。 Relative risk of developing postoperative endophthalmitis, some including the presence of an ophthalmic membrane or conjunctival disease, health of the patient systemic use of immunosuppressive medication, type of intraocular surgery, and complications of surgery It is dependent on factors. こうした要因のうち、術中合併症、特に硝子体脱出を伴う後膜の破損は、眼内炎の発症のリスクが最も高い。 Of these factors, damage to the film after involving intraoperative complications, especially vitreous prolapse, the highest risk of developing endophthalmitis.

硝子体内注射は、創傷が小さい簡単な治療であるが、この治療によって取り込まれる可能性のある細菌は、眼内炎を引き起こすのに十分であることが実証されており、この眼内炎は、硝子体が感染性の微生物を排除できないことが起因となりやすい。 Intravitreal injection is wound a small simple treatment, possible bacteria captured by this therapy has demonstrated that the cause endophthalmitis is sufficient, this endophthalmitis, It tends to be caused by that the glass body is unable to eliminate the infectious microorganisms. 硝子体内注射後の眼内炎の明らかな高リスクに対する他の同様の説得力のある説明については、サンプルサイズならびに公表バイアスが非常に限定され得る。 For instructions with other similar compelling for obvious high risk of endophthalmitis after intravitreous injection, sample size and publication bias may be very limited. いずれにせよ、注射時に眼表面から細菌を低減する、あるいはなくすことによって眼内炎を発症するリスクを最小限に抑え、無菌法を厳格に守ることが重要である。 In any case, to reduce bacterial from the eye surface during injection, or minimizes the risk of developing endophthalmitis by eliminating, it is important to protect the aseptic technique strictly. 局所用抗生物質の使用は、結膜および眼瞼の細菌フローラを低減することが示されており、それによってさらに眼内炎のリスクも低減することができる。 The use of topical antibiotics, has been shown to reduce the bacterial flora of the conjunctiva and the eyelids, thereby also reducing further the risk of endophthalmitis.

眼圧(IOP)の一時的な上昇が軽度の不快感を引き起こすことがあり、まれな場合、網膜神経節細胞に対する不可逆的な損傷および/または網膜血管閉塞を伴う恐れがあるため、多くの治験責任医師は、IVT注射後のIOPの上昇を防ぐための予防的および/または治療的手段を用いることを報告した。 A temporary increase in intra-ocular pressure (IOP) is can cause mild discomfort, rare cases, it may involve irreversible damage to the retinal ganglion cells and / or retinal vascular occlusion, many trials principal investigator reported the use of prophylactic and / or therapeutic means to prevent a rise in IOP after IVT injection. こうした報告には、含水穿刺の使用、血圧降下剤および指マッサージを用いた術前処置またはHonan IOP抑制薬の使用が含まれている。 Such reports, the use of water puncture, and include the use of antihypertensive agents and preoperative using finger massage treatment or Honan IOP drugs.

薬物内、シリンジ内、または注射時に使用される器具内またはその上に存在する粒子状汚染物もまた、硝子体に注入された際に有害な影響を引き起こす可能性を有する場合がある。 Drug within the syringe, or the instrument is used during injection or also particulate contamination present thereon also have a potential to cause adverse effects when injected into the vitreous. それは、後眼房に注射された際に高い炎症を引き起こす手袋用潤滑剤(glove lubricants)の場合で実証されている。 It has been demonstrated in the case of posterior chamber glove lubricants cause high inflammation when injected into (glove lubricants). (H.S.Park、Korean J.Ophthalrmol.1997年;11:51〜59)。 (H.S.Park, Korean J.Ophthalrmol 1997 years; 11:. 51 to 59).

他の重度の合併症がIVT注射後にまれに生じたが、多くの場合、それらが本当に注射関連なのか、あるいは単に散発性の関連しない併存疾患なのかを断定するのは困難であった。 Although other serious complications occurs rarely after IVT injection, often they really injected related that of, or is difficult simply to conclude whether the comorbidities unrelated sporadic.

重度の有害事象は、大部分は一時的および/または治療可能なものであり、IVT注射後に報告された重度の有害事象のリスクは低い。 Severe adverse events, most are temporary and / or treatable, risk of severe adverse events reported after IVT injection is low. そのように低くても、IVT注射に対する装置および方法の改良は必要である。 Be so low, improvements in apparatus and methods for IVT injection is required. IVT注射のリスクおよび利点は、より多くの治療の選択肢が使用可能になるにつれ、患者および臨床医の治療において重要性が高まる可能性がある。 Risks and benefits of IVT injection, as more therapeutic options become available, there is a possibility that the increase in importance in the treatment of patients and clinicians.

IVT注射の指針は、進化し続けている(L.P.Aielloら、Retina、24:S3〜S19、2004年)。 Guidelines of IVT injection continues to evolve (L.P.Aiello et al., Retina, 24: S3~S19, 2004 years). 例えば、ポビドンヨードおよび抗生物質が、IVT注射の前に投与される。 For example, povidone-iodine and antibiotics are administered prior to IVT injection. また、IVT注射は、一般に殺菌した手術用ドレープおよび開瞼器を定位置に置いて実施され、通常、27または30ゲージ針が辺縁部後方3.5〜4.0mmの注射部位で使用される。 Also, IVT injection, typically sterile surgical drape and lid speculum to be performed at a fixed position, typically 27 or 30 gauge needle is used in the injection site of the edges behind 3.5~4.0mm that.

黄斑疾患のための新しい治療方法が利用可能になるにつれ、施される硝子体内注射の数も劇的に増加すると予想される。 As new treatment methods for macular diseases becomes available, it is expected to be the number of intravitreal injections performed increases dramatically. 例えば、加齢黄斑変性症の治療に血管内皮成長因子(VEGF)の阻害物質、Macugen(登録商標)の硝子体内注射が利用可能になってきている。 For example, inhibitors of vascular endothelial growth factor (VEGF), is intravitreal injection of Macugen (R) has become available for the treatment of age-related macular degeneration. また、現在では、黄斑浮腫の治療にトリアムシノロンアセトニドの硝子体内注射が一般的に使用されている。 In addition, at present, intravitreal injection of triamcinolone acetonide have been commonly used for the treatment of macular edema.

抗VEGF剤の硝子体内注射後の眼内炎の罹患率は、知られていない。 The prevalence of endophthalmitis after intravitreal injection of anti-VEGF agents are not known. 硝子体内注射後の眼内炎のレートに関するデータが非常に限られているため、こうした種類の治療後の眼内炎の真の罹患率について推測するのは困難である。 Since the data relating to rates of endophthalmitis after intravitreous injection is very limited, it is difficult to guess the true prevalence of this type of treatment after endophthalmitis. こうした薬剤を網膜に送達するのに硝子体内注射を使用することが増えることにより、注射後の眼内炎に対する罹患率およびリスク因子に関するデータがもたらされ、将来的にはより正確な眼内炎の罹患率が明確になるであろう。 By these agents may use the intravitreal injection to deliver to the retina increases, the data is brought about morbidity and risk factors for endophthalmitis after injection, more accurate endophthalmitis in the future will of morbidity becomes clear.

眼の生体構造、生理機能、および生物化学機能には、眼組織が異物による損傷を受けないようにする複数の防御バリアが含まれるため、眼への薬物送達は難しいものになる。 Anatomy of the eye, physiology, and biochemistry function, since the ocular tissue includes a plurality of protective barriers to prevent damage caused by foreign matter, the drug delivery to the eye will be difficult. 活性剤を眼に投与するのに使用される技術には、全身経路、眼内注射、眼周辺の注射、眼内インプラント、および局所投与があげられる。 The techniques used active agent for administration to the eye, systemic route, intraocular injection, injection around the eye, intraocular implants, and topical administration. どのような治療を使用するかに関する重要な役割を果たす重要な事項は、患者の承諾および安全性である。 What important role important matters relating to use of treatment is compliance and patient safety.

点眼などの調合物で局所的に投与される薬物の眼における生物学的利用能は、非常に低い。 Bioavailability in the eye of the drug to be administered topically in formulations such as eye drops are very low. 眼内の薬物の吸収は、眼の適切な機能を保証するいくつかの保護機構により、また例えば注入溶液のドレナージ、流涙、涙の蒸発、結膜吸収、角膜透過性の劣化、涙タンパク質による結合、および代謝作用などの非増殖性吸収/吸着などの他の付随要因により、大幅に抑制される。 Absorption of the drug within the eye, by several protective mechanisms to ensure proper functioning of the eye, also for example injection solutions drainage, lacrimation, tear evaporation, conjunctival absorption, corneal permeability of degradation, binding by tear protein , and by other associated factors, such as non-proliferative absorption / adsorption, such as metabolism, it is greatly suppressed.

送達の代替の方法としては、in situ活性化ゲル形成系、粘膜接着調合物、眼内移行エンハンサー(ocular penetration enhancer)および眼科用挿入物があげられる。 As an alternative method of delivery, in situ activated gel forming system, mucoadhesive formulations, ocular enhancer (ocular penetration enhancer) and ophthalmic inserts and the like. in situ活性化ゲル形成系は、点眼時に粘度が増加させる液体賦形剤であり、したがって角膜前の滞留に有利に働く。 in situ activated gel forming system is a liquid excipient viscosity increases during instillation, thus favoring precorneal residence. 粘度におけるそのような変化は、温度、pHまたは電解質組成物の変化によって引き起こされ得る。 Such changes in viscosity, temperature, may be caused by a change in pH or electrolyte composition. 粘膜接着調合物は、非共有結合粘結剤によって結膜ムチンに粘着するポリマーを含む賦形剤であり、したがって、ムチンの代謝回転によってポリマーが消失するまで結膜前組織とその薬物が接触することが保証される。 Mucoadhesive formulations, non-covalently binding agent is an excipient comprising a polymer sticking to the conjunctiva mucin, therefore, be in contact conjunctival before tissue and the drug until the polymer had disappeared by turnover of mucin It is guaranteed. 眼内移行エンハンサーは、主に、細胞膜を破壊し、用量依存的な方法で細胞溶解を引き起こすことによって表面細胞の浸透性を促進するために角膜に施与される界面活性剤である。 Ocular enhancer is mainly cell membranes destroy a surfactant applied to the cornea in order to promote surface cell permeability by inducing cell lysis in a dose dependent manner. 眼科用挿入物は、結膜嚢に置かれ、比較的緩やかな速度で薬物を送達するように意図された固体装置である。 Ophthalmic inserts are placed in the conjunctival sac, is the intended solid state device to deliver the drug at a relatively slow rate. そのような装置の1つが、Alza CorporationによるOcusertであり、これは、コポリマーから作られた2つの放出制御する細胞膜によって封入された薬物用容器からなる拡散装置である。 One such device is a Ocusert by Alza Corporation, which is a diffuser consisting of encapsulated drug container by cell membranes two controlled release made from a copolymer. M. M. F. F. Saettoneが、眼内送達に焦点を当てた継続的努力について既説している(「Progress and Problems in Ophthalmic Drug Delivery」、Business Briefing:Pharmatech、Future Drug Delivery、2002年、167〜171)。 Saettone is, is already theory regarding the ongoing efforts that focus on intraocular delivery ( "Progress and Problems in Ophthalmic Drug Delivery", Business Briefing: Pharmatech, Future Drug Delivery, 2002 years, 167-171).

白内障手術などの多くの種類の眼科手術には、様々な流体の使用が求められ、これらの流体は、手術の過程において眼に送達され/眼から除去される。 Many types of ophthalmic surgery such as cataract surgery, prompted the use of various fluids, these fluids are removed from the delivered to the eye in the course of surgery / eye. 2つ以上の治療法における同時送達は、通常、複数の別個の針穿通を必要とする。 Simultaneous delivery of two or more therapies typically requires a plurality of separate needle penetration. 細菌感染および/または構造的損傷が懸念される場所では、複数の注射に伴うリスクが受け入れられないことがある。 In places where bacterial infection and / or structural damage is concerned, there is the risk associated with multiple injections are not acceptable. 複数の注射は、複数の区画のシリンジまたは2筒式シリンジを用いて回避されることができる。 Multiple injections can be avoided with a syringe or barrel syringe of a plurality of compartments.

複数の粘弾性溶液を複数の区画のシリンジを用いて投与することについては、米国特許出願公開第2004/0167480号に記載されている。 For be administered using a syringe of a plurality of viscoelastic solution a plurality of compartments is described in U.S. Patent Application Publication No. 2004/0167480. 眼科用手術の2筒式シリンジについては、米国特許出願公開第2004/0064102号に記載されている。 The second cylindrical syringe ophthalmic surgery, are described in U.S. Patent Application Publication No. 2004/0064102.

そのような侵襲的眼内投与は、患者の不快感、時には恐怖心を引き起こし、永久的な組織損傷のリスクを冒すため、好都合ではないことがある。 Such invasive intraocular administration, patient discomfort, and sometimes cause fear, because risking permanent tissue damage, it may not be convenient. 治療剤の同時または連続の送達を可能にしながら、単一の穿通針だけを要する装置により、針に関連した合併症が大幅に低減されるはずである。 While allowing simultaneous or successive delivery of the therapeutic agent, the device requires only a single through needles should complications associated with the needle is greatly reduced.

本発明は、眼科で使用するための装置を提供する。 The present invention provides an apparatus for use in ophthalmic. 特に、本発明は、眼科用薬剤の硝子体内投与に使用するための装置を提供する。 In particular, the present invention provides an apparatus for use in intravitreal administration of ophthalmic drugs. 本発明はまた、1つまたは複数の薬物をヒトの眼に送達する方法も提供する。 The present invention also one or more drugs to provide a method of delivering to the human eye.

1つの態様では、本発明は、眼科用薬物送達装置に関し、治療薬剤を哺乳動物の眼に送達するための装置を特徴とする。 In one aspect, the present invention relates to ophthalmic drug delivery device, the therapeutic agent and wherein the device for delivering to the eye of a mammal.

本発明は、治療用化合物を眼に送達するための薬物送達装置およびそれに関連した薬物送達方法を特徴とする。 The present invention is a therapeutic compound, wherein the drug delivery device and drug delivery methods related thereto for delivery to the eye. 本発明はまた、硝子体内送達のためのシリンジおよびそのシリンジを使用して眼の疾患、障害または状態を治療する方法も特徴とする。 The present invention also features a method of using a syringe and a syringe for intravitreal delivery to treat diseases of the eye, a disorder or condition.

本発明の他の特徴および利点は、以下の説明、図、および特許請求項の範囲から明らかになるであろう。 Other features and advantages of the present invention, the following description will become apparent figure, and from the appended claims.

1つの態様は、物質を眼に送達する眼科用途に有用なシリンジを提供する。 One aspect provides a syringe useful in ophthalmic applications to deliver a substance to the eye.

針 任意の適切な針が使用されてよい。 Needle any suitable needle may be used. 適切な針は、最小の創傷で容易な強膜の穿通をもたらす。 Suitable needles leads to penetration easy sclera with minimal wound. 通常、針は、外面、近位端、遠位端、およびそれらを貫通する開口穴を有する縦長のチューブを含む。 Usually, the needle includes an outer surface, a proximal end, a distal end, and an elongated tube having an opening hole through them. 図1に示されるように、針アセンブリ20は、針22の近位端に取り付けられたハブ23を有することができ、このハブ23は、針をシリンジに取り付けるのに使用される。 As shown in FIG. 1, the needle assembly 20 may have a hub 23 attached to the proximal end of the needle 22, the hub 23 is used to attach the needle to the syringe. 1つの実施形態では、ハブは、ルアーハブである。 In one embodiment, the hub is a luer hub.

針は、シリンジに永久的に取り付けられて(例えば固定されて)よく、あるいはルアー取付具によってシリンジに取り付けられてもよい。 Needle, permanently attached to the syringe (e.g. fixed) may, or may be attached to the syringe by luer fitting. ルアー取付具は、標準的なルアー取付具、すなわちルアースリップ取付具またはルアーロック取付具でよい。 Luer fitting is a standard luer fitting, i.e. a Luer slip fitting or luer lock fitting. ルアー取付具は、先端(オス)またはハブ(メス)の構成要素のいずれかを有し、防漏を確実にし、対合するルアー取付具を有する任意の他の装置との機械的な連結を確保することを可能にする。 Luer fitting, have any of the components of the tip (male) or hub (female), to ensure leak-proof, a mechanical connection with any other device with a luer fitting for mating it will be possible to achieve. ルアーコネクタは、円形の先細にされたオス表面および合致するメス対合表面を含むことができる。 Luer connector may include been male surface and matching female mating surface tapering circular. ルアーコネクタは、メスルアーコネクタ上の耳部と対合するオスルアーコネクタにネジ式ロッキングカラーを付加することによってロッキング形状を形成することができ、それによって確実な「ロックされた」連結がもたらされる。 Luer connectors may form a locking shape by adding a threaded locking collar on the male luer connector to the ear portion and the pairing on the female luer connector, provided whereby reliable "locked" connection is . ルアー取付具は、いくつかの利点を有する。 Luer fitting has several advantages. ルアー取付具は、様々な医療装置間の互換性を実現し、臨床医に好ましい針を選択する利点を提供する。 Luer fitting is to achieve compatibility between various medical devices, offers the advantage of selecting the preferred needle clinician. さらに、ルアーロック連結は、注射処置中に針がシリンジから外れる可能性を防ぐ。 Additionally, luer lock connecting the needle to prevent the possibility of deviating from the syringe into the injection procedure. ルアー取付具の標準規格については、米国標準規格ANSI/HIMA MD 70.1−1983および国際規格ISO−594−1およびISO−7886−1に記載されている。 For standard luer fitting, it is described in American National Standard ANSI / HIMA MD 70.1-1983 and international standards ISO-594-1 and ISO-7886-1.

規格外のルアー取付具が使用されてよい。 Non-standard luer fitting may be used. 規格外のルアー取付具の例としては、それだけに限定されないが、Becton DickinsonによるTru−Lok(商標)流体移行アダプタがあげられる。 Examples of non-standard luer fitting, but are not limited to, Tru-Lok by Becton Dickinson (TM) fluid transfer adapter and the like. 他の規格外の取付具としては、Tyco Health Care、3斜端(tri bevel)、抗コアリングのステンレス鋼製針を備えるKendall Monoject(登録商標)低デッドスペース(low dead space)(LDS)針があげられる。 The fitting out other standards, Tyco Health Care, 3 bevel (tri bevel), Kendall Monoject (registered trademark) low dead space with a stainless steel needle anti coring (low dead space) (LDS) needle and the like. 無駄スペースが小さい取付具の例については、米国特許第6,840,291号、同第5,902,277号、同第5,902,271号、同第5,902,270号、同第5,902,269号、同第5,782,803号に見出され、その各々の内容は、参照によりその全体が本明細書に援用される。 For an example of a dead space is small fixture, U.S. Patent No. 6,840,291, the No. 5,902,277, the No. 5,902,271, the No. 5,902,270, the first No. 5,902,269, been found to Nos. 5,782,803, the contents of each of which in its entirety are incorporated by reference herein.

針は、セラミック被覆された先端(CCT)インターフェースによってシリンジに取り付けられ、すなわち「圧入」されてもよい。 Needle attached to the syringe by the ceramic coated tip (CCT) interface, i.e. may be "press fit".

1つの実施形態では、針は、斜角が付けられ、適切なシリコーンで被覆される。 In one embodiment, the needle bevel is attached, is coated with a suitable silicone. 1つの実施形態では、針は、Becton−Dickensonから入手可能なPrecisionGlide(登録商標)針である。 In one embodiment, the needle is capable PrecisionGlide (TM) needle available from Becton-Dickenson. 適切なPrecisionGlide(登録商標)針としては、それだけに限定されないが、1/2インチ(1.27cm)30ゲージ針および1/2インチ(1.27cm)27ゲージ針があげられる。 Suitable PrecisionGlide (TM) needle, but it is not limited to, 1/2 inch (1.27 cm) 30 gauge needle and 1/2 inch (1.27 cm) 27 gauge needle and the like. 1つの実施形態では、針は、図3に示されるPrecisionGlide(登録商標)である。 In one embodiment, the needle is PrecisionGlide (R) shown in FIG. 図を参照すると、針は、ポリプロピレン製ルアーハブ33およびステンレス鋼製カニューレ34を備えており、シリコーンで潤滑され、3斜端の先端部を有し、エポキシ樹脂の継手によってハブに取り付けられる。 With reference to the figures, the needle is provided with a polypropylene luer hub 33 and stainless steel cannula 34 is lubricated with silicone, has a distal end portion of the 3 bevels, it is attached to the hub by an epoxy resin of the joint.

針の先端は、標準的な斜端を有することができる。 Tip of the needle can have a standard bevel. 1つの実施形態では、針は、2つ以上の斜端を有することができる。 In one embodiment, the needle may have two or more bevels. 1つの実施形態では、針は、3つの斜端を有する。 In one embodiment, the needle has three bevels. 1つの実施形態では、針は、5つの斜端を有する。 In one embodiment, the needle has a five bevels. 5つの斜端針の例については、米国特許第6,629,963号および同第6,009,933号、米国特許出願公開第2044/0111066号、同第2004/0030303号およびPCT出願第2005/016420号に記載されている。 Five example of bevel needle, U.S. Patent No. and the No. 6,009,933 6,629,963, U.S. Patent Application Publication No. 2044/0111066, the first 2004/0030303 and PCT Application No. 2005 It has been described in WO / 016420.

1つの実施形態では、針は、被覆された針である。 In one embodiment, the needle is coated needles. 1つの実施形態では、針は、潤滑された針である。 In one embodiment, the needle is lubricated needle. 針は、米国特許第5,911,711号に記載されるように、任意選択でチューブの外面に施与され付着された滑らかな被覆を含む。 Needle, as described in U.S. Patent No. 5,911,711, includes a smooth coating that is being applied to the outer surface of the tube attached optionally.

1つの実施形態では、被覆は、シリコーン被覆である。 In one embodiment, the coating is a silicone coating. 任意の適切なシリコーン被覆が使用されてよい。 Any may suitable silicone coatings are used. 適切な被覆の例としては、それだけに限定されないが、SurModics、Eden Prairie、MNから入手可能なものがあげられる(米国特許第6,706,408号、同第6,669,994号、同第6,254,634号および同第6,121,027号を参照されたい)。 Examples of suitable coatings include, but are not limited to, SurModics, Eden Prairie, those available from the MN and the like (U.S. Pat. No. 6,706,408, the No. 6,669,994, the sixth , see Nos. and the same No. 6,121,027 254,634).

1つの実施形態では、被覆は、薬用被覆である。 In one embodiment, coatings are medicated coatings.

好ましくは、針は、27ゲージ以下の針である。 Preferably, the needle is less needle 27-gauge. 1つの実施形態では、針は30ゲージの針である。 In one embodiment, the needle is a 30 gauge needle.

1つの実施形態では、針は、1インチ(2.54cm)未満の長さを有する。 In one embodiment, the needle has a length of less than one inch (2.54 cm). 他の実施形態では、針は、約0.5インチの長さを有する。 In another embodiment, the needle has a length of about 0.5 inches.

針先端シールド 図2に見られるように、針アセンブリ20は、針22を封入する針先端シールド21を備えることができる。 As seen in the needle tip shield Figure 2, needle assembly 20 may comprise a needle tip shield 21 for enclosing the needle 22. 針22は、エポキシ樹脂の継手24によってルアーハブ23に取り付けられる。 Needle 22 is attached to luer hub 23 by coupling 24 of the epoxy resin. 1つの実施形態では、先端シールド21は、剛性である。 In one embodiment, tip shield 21 is rigid. 適切な剛性シールドの例としては、それだけに限定されないが、米国特許第4,986,818号に記載されたものがあげられる。 Examples of suitable rigid shield include, but are not limited to, include those described in U.S. Patent No. 4,986,818. 図2に示されるように、先端シールドは、針先端には接触しない。 As shown in FIG. 2, the tip shield does not contact the needle tip. 針先端シールドが針に接触していると、針が鈍化し、針上のすべての潤滑が取り除かれる可能性がある。 When the needle tip shield is in contact with the needle, the needle is slowed, it is possible that all of lubrication on the needle is removed. 他の実施形態では、先端シールドは、1つまたは複数の開口部を含むか、殺菌ガスを通すことができる。 In other embodiments, the tip shield, or includes one or more openings can be passed through a sterilizing gas. 開口部は、殺菌ガスまたは殺菌蒸気の針シールド内部への進入を可能にすることによって殺菌を促進させることができる。 Opening can be promoted sterilization by allowing entry into the needle shield interior of sterilizing gas or sterilizing vapors. 特定の実施形態では、先端シールドは、合成イソプレン、エチレンオキシド(EtO)または過酸化水素(H )に対して透過性である。 In certain embodiments, the tip shield is permeable to synthetic isoprene, ethylene oxide (EtO) or hydrogen peroxide (H 2 O 2). 他の実施形態では、シリンジ筒、ストッパとプランジャロッドの構成要素、およびアセンブリはまた、ガンマ線を照射されてもよい。 In other embodiments, the syringe barrel, the components of the stopper and the plunger rod, and the assembly may also be irradiated with gamma rays. 1つの実施形態では、針の先端シールドは、ポリプロピレンを含む。 In one embodiment, the needle tip shield comprises polypropylene. 別の実施形態では、針の先端シールドは、スチレンブロック熱可塑性エラストマーを含む。 In another embodiment, the needle tip shield includes a styrene block thermoplastic elastomer.

穿通力 本発明の針は、シリンジの内容物を硝子体内へ投与するために強膜組織を穿通するのに使用される。 Needle penetration force present invention is used to penetrate the scleral tissue for administering the contents of the syringe into the vitreous. 針は、小さい穿通力を必要とすることが好ましい。 Needle, it is preferable to require less penetration force. 針は、変動の少ない小さい穿通力を必要とすることが好ましい。 Needle, it is preferable to require less low penetration force fluctuation. 1つの実施形態では、針は、500グラム(g)未満の穿通力を必要とする。 In one embodiment, the needles require a penetration force of less than 500 grams (g). 別の実施形態では、針は、100グラム(g)未満の穿通力を必要とする。 In another embodiment, the needles require a penetration force of less than 100 grams (g). 別の実施形態では、針は、50グラム(g)未満の穿通力を必要とする。 In another embodiment, the needles require a penetration force of less than 50 grams (g).

1つの実施形態では、針は、±20%の変動範囲の穿通力を必要とする。 In one embodiment, the needles require a penetration force of the variation range of ± 20%. 1つの実施形態では、針は、±50gの変動範囲の穿通力を必要とする。 In one embodiment, the needles require a penetration force of the variation range of ± 50 g. 別の実施形態では、針は、±20gの変動範囲の穿通力を必要とする。 In another embodiment, the needles require a penetration force of the variation range of ± 20 g.

1つの実施形態では、穿通力は、針の摩擦係数を低減することによって減じられる。 In one embodiment, penetration force can be reduced by reducing the coefficient of friction of the needle. 1つの実施形態では、穿通力は、針に滑らかな被覆を用いることによって減じられる。 In one embodiment, penetration force can be reduced by using a smooth coating to the needle.

シリンジ シリンジ筒は、通常、ガラス製または熱可塑性プラスチック製のものである。 Syringe syringe cylinder is usually made of glass or thermoplastic. 1つの実施形態では、シリンジは、ブロモブチルゴム製ストッパで密封された1mLタイプIガラス筒シリンジである。 In one embodiment, the syringe is a 1mL type I glass barrel syringes sealed by bromobutyl rubber made stopper. 充填済みシリンジの例は、米国特許第4,252,118号に見出される。 Examples of pre-filled syringes can be found in U.S. Patent No. 4,252,118. 1つの実施形態では、シリンジは、BD Hypak(登録商標) SCFシリンジである。 In one embodiment, the syringe is BD Hypak (TM) SCF syringe. 特定の実施形態では、シリンジは、単回用量の充填済みシリンジである。 In certain embodiments, the syringe is a prefilled syringe of a single dose. 1つの実施形態では、シリンジ筒は、1mL以下の容量を有する。 In one embodiment, the syringe barrel has the following capacity 1 mL. 特定の実施形態では、シリンジ筒はマイクロリットル容量を有する。 In certain embodiments, the syringe barrel has a microliter volume. 本発明のシリンジ筒には、さらに、筒の正確な充填を助けるための目盛が設けられてよい。 A syringe barrel of the present invention may further scale is provided to help accurate filling of the cylinder.

1つの実施形態では、シリンジは、プラスチック製シリンジである。 In one embodiment, the syringe is a plastic syringe. 他の実施形態では、シリンジは、環状オレフィン共重合ポリマー(COC)を含む。 In other embodiments, the syringe comprises a cyclic olefin copolymer (COC). 他の実施形態では、環状オレフィン共重合ポリマーは、TopPac(登録商標)(Schott)である。 In other embodiments, the cyclic olefin copolymer is a TopPac (TM) (Schott).

他の実施形態では、最終的なルアー形成は、白金製ワイヤを使用してなされる。 In other embodiments, the final lure formation is done using a platinum wire. 特定の実施形態では、シリンジは、実質的にはタングステンを含まない。 In certain embodiments, the syringe is substantially free of tungsten. 固定針の製造には、針中に糊付けするための小さい穴および座部が必要になる。 In the manufacture of a fixed needle, small bore and seat for gluing in the needle is required. 小さな穴には、高温タングステンピンが必要になる。 The small hole is required high temperature tungsten pin. タングステンピンの材料の一部が、製造中、ガラス中に落ちることがある。 Some of the material of the tungsten pins, during manufacture, it may fall into the glass. あるいは、ルアーロックシリンジは、白金製ピン材料を用いて形成される。 Alternatively, luer lock syringe is formed using a platinum pin material. 白金は、タングステンに比べてガラス中に大きな残留物を残すことがない。 Platinum has never leave a large residue in the glass as compared to tungsten. 粒子状物質の最適な濃度は、主に環境および材料の清浄度を厳しく管理することにより、達成されることができる。 The optimum concentration of the particulate matter is mainly by strict control of cleanliness of the environment and material can be achieved.

量 本発明の眼科用注射溶液は、マイクロリットル(μL)量注射液として有用である。 The amount ophthalmic injection solutions of the present invention are useful as microliter ([mu] L) volume injections. マイクロリットル(μL)量注射液は、「超小量注射液」として呼ばれることもある。 Microliter ([mu] L) amounts injections may also be referred to as "ultra small volume injections." 1つの実施形態では、送達される眼科用注射溶液の量は、約1.0mL(1000μL)以下である。 In one embodiment, the amount of the ophthalmic injection solution to be delivered is not greater than about 1.0 mL (1000 uL). 他の実施形態では、送達される眼科用注射溶液の量は、約200μL以下である。 In other embodiments, the amount of the ophthalmic injection solution to be delivered is not greater than about 200 [mu] L. 他の実施形態では、送達される眼科用注射溶液の量は、約100μL以下である。 In other embodiments, the amount of the ophthalmic injection solution to be delivered is about 100μL less. 他の実施形態では、送達される眼科用注射溶液の量は、約90μLである。 In other embodiments, the amount of the ophthalmic injection solution to be delivered is about 90 [mu] L. 他の実施形態では、送達される眼科用注射溶液の量は、約50μLである。 In other embodiments, the amount of the ophthalmic injection solution to be delivered is about 50 [mu] L.

顕微鏡でしか見えない粒子状物質 殺菌固体から構成される非経口使用を目的とした溶液を含む、本明細書で使用される本発明の眼科用注射溶液は、目視検査で観察できる粒子がほぼない状態である。 Comprising a solution intended for parenteral use consisting of particulate sterilized solid only visible with a microscope, ophthalmic injection solutions of the present invention used herein, substantially no particles can be observed by visual inspection it is a state. ここでも、眼科用注射液の顕微鏡でしか見えない粒子状物質は、厳しく管理される。 Again, the particulate matter only visible under a microscope for ophthalmic injection solution is strictly controlled. 本発明の眼科用注射溶液は、光遮へい法で試験されることができ、あるいはUSP<788>章に記載された顕微鏡法によって試験されてもよい。 Ophthalmic injection solutions of the present invention can be tested by the light shielding method, or USP <788> may be tested by being the microscopy in the chapter. 米国薬局方(United States Pharmacopoeia)(USP)<788>章Particulate Matter in Injectionsおよび<789>Particulate Matter in Ophthalmic Solutionsは、特定のサイズ範囲内の異質粒子を数え上げるための物理試験を説明している。 USP (United States Pharmacopoeia) (USP) <788> chapter Particulate Matter in Injections and <789> Particulate Matter in Ophthalmic Solutions describes a physical test for enumerating the foreign particles within a particular size range. 米国薬局方第28改訂版および国民医薬品集(National Formulary)第23版(USP28−NF23)、米国薬局方協会(2005)は、参照によりその全体が本明細書に援用される。 USP 28 revisions and National Formulary (National Formulary) 23 Ed. (USP 28-NF23), USP Association (2005), in their entirety are incorporated by reference herein.

1つの実施形態では、本発明のシリンジ内に含まれる眼科用溶液は、1mL当たり約60粒子以下の10μmサイズ以上の顕微鏡でしか見えない粒子数、1mL当たり約10粒子以下の25μmサイズ以上の顕微鏡でしか見えない粒子数、または1mL当たり約5粒子以下の50μmサイズ以上の顕微鏡でしか見えない粒子数を含む。 In one embodiment, the ophthalmic solution contained in the syringe of the present invention, the number of particles not visible only about 60 particles or less of 10μm size or more microscope per 1mL, following 25μm size than a microscope about 10 particles per 1mL only including number of particles not visible in only the number of particles invisible, or 1mL per about 5 particles or less of 50μm size or larger microscope. 1つの特定の実施形態では、顕微鏡でしか見えない粒子状物質の濃度は、約150ppb以下である。 In one particular embodiment, the concentration of the particulate matter only visible under a microscope, is no more than about 150 ppb.

1つの実施形態では、本発明のシリンジ内に含まれる眼科用溶液は、USP<789>に記載された粒子状物質の制限を受けており、ここでは、試験された装置内に存在する平均粒子数は、表1に列挙された値を超えない。 The average particle In one embodiment, the ophthalmic solution contained in the syringe of the present invention is limited by the particulate matter according to USP <789>, wherein, when present in the tested the device the number does not exceed the values ​​listed in Table 1.

1つの実施形態では、本発明のシリンジ内に含まれる眼科用溶液は、1mL当たり約20粒子以下の10μmサイズ以上の顕微鏡でしか見えない粒子数、1mL当たり約5粒子以下の25μmサイズ以上の顕微鏡でしか見えない粒子数、または1mL当たり約2粒子以下の50μmサイズ以上の顕微鏡でしか見えない粒子数を含む。 In one embodiment, the ophthalmic solution contained in the syringe of the present invention, the number of particles not visible only about 20 particles or less of 10μm size or more microscope per 1mL, following 25μm size than a microscope about 5 particles per 1mL only including number of particles not visible in the number of particles, or about 2 grains less 50μm size than a microscope per 1mL only visible in. 1つの特定の実施形態では、本発明のシリンジ内に含まれる顕微鏡でしか見えない粒子状物質の濃度は、約150ppb以下である。 In one particular embodiment, the concentration of the particulate matter only visible with a microscope included in the syringe of the present invention is less than about 150 ppb.

無駄(waste)スペースの容量 図3で示されるように、シリンジアセンブリは無駄スペースが小さく、それは、シリンジ筒32のシリンジ先端31、針ハブ33および針カニューレ34内にある容量として定義される。 Waste as shown by volume Figure 3 (waste) space, the syringe assembly dead space is small, it is a syringe tip 31 of syringe barrel 32, it is defined as the volume in the needle hub 33 and needle cannula 34. 国際規格ISO−7886−1は、3mlシリンジチップの最大の無駄スペースは、0.07mLであると特定している。 International Standard ISO-7886-1, the maximum wasted space of 3ml syringe tip has identified as being 0.07mL.

特定の実施形態では、本発明の針/シリンジの組合せの無駄スペースは小さい。 In certain embodiments, the needle / syringe dead space of the combination of the present invention is small. 無駄スペースが小さい取付具の例は、米国特許第6,840,291号、同第5,902,277号、同第5,902,271号、同第5,902,270号、同第5,902,269号、同第5,782,803号に見出され、その各々の内容は、参照によりその全体が本明細書に援用される。 Examples of dead space is small fixture, U.S. Patent No. 6,840,291, the No. 5,902,277, the No. 5,902,271, the No. 5,902,270, the fifth , No. 902,269, found in Nos. 5,782,803, the contents of each of which in its entirety are incorporated by reference herein. 無駄スペースが小さい針/シリンジの組合せの例としては、Becton DickinsonによるTru−lok(商標)流体移行アダプタ(米国特許第6,840,291号)および3斜端(tri bevel)、抗コアリングのステンレス鋼製針を備えるMonoject(登録商標)低デッドスペース(LDS)針Tyco Health Care、Kendall(カタログ番号1188005058および1188001112)があげられる。 Examples of waste space is small needle / syringe combination is, Tru-lok (TM) fluid transfer adapter by Becton Dickinson (U.S. Pat. No. 6,840,291) and 3 bevels (tri bevel), anti-coring Monoject with a stainless steel needle (registered trademark) low dead space (LDS) needles Tyco Health Care, Kendall (Cat. No. 1188005058 and 1188001112) and the like.

本発明の針/シリンジの組合せは、0.1mL未満の無駄スペースを有する。 Combination needle / syringe of the present invention has a dead space of less than 0.1 mL. 1つの実施形態では、無駄スペースは、0.05mL未満である。 In one embodiment, dead space is less than 0.05 mL. 他の実施形態では、無駄スペースは、約50〜60μLである。 In other embodiments, the waste space is about 50~60μL. 1つの実施形態では、1mL Hypak(登録商標) Luer先端シリンジの無駄スペースは、約0.040〜約0.050mLである。 In one embodiment, 1 mL Hypak (TM) Luer tip dead space of the syringe is about 0.040~ about 0.050 mL. 他の実施形態では、無駄スペースは、0.001mL未満である。 In other embodiments, the waste space is less than 0.001mL.

シリンジ先端キャップ シリンジアセンブリは、シリンジ先端キャップを備えることができる。 Syringe tip cap the syringe assembly may comprise a syringe tip cap. シリンジ先端キャップは、充填済みシリンジの筒を密封するのに使用される。 Syringe tip cap is used to seal the tube of pre-filled syringes. 1つの実施形態では、シリンジ先端キャップは、プラスチック製の剛性先端キャップである。 In one embodiment, the syringe tip cap is a plastic rigid tip cap. 適切なシリンジ先端キャップの例としては、それだけに限定されないが、米国特許第6,190,364号、同第6,196,998号、同第6,520,935号、および同第5,833,653号、米国特許出願公開第2004/0215148号および米国意匠特許第457954S1号および同第493526S1号に見出されたものがあげられる。 Examples of suitable syringe tip cap, but not limited to, U.S. Patent No. 6,190,364, the No. 6,196,998, the No. 6,520,935, and the first 5,833, 653, U.S. those patents has been found application Publication No. 2004/0215148 and U.S. design Patent No. 457954S1 and the same No. 493526S1 the like. 1つの実施形態では、剛性の先端キャップは、エラストマー、強化剤、および硬化系を含むエラストマー配合物である。 In one embodiment, the stiffness of the tip cap, the elastomer is an elastomeric formulation comprising a reinforcing agent, and curing system. 他の実施形態では、エラストマーは、合成イソプレン混合物であり、強化剤は不活性物質であり、硬化系は樹脂である。 In another embodiment, the elastomer is a synthetic isoprene mixtures, reinforcing agent is an inert substance, the curing system is a resin. 他の実施形態では、シリンジ先端キャップは、クロロ/ブロモブチルゴム製のストッパを備える。 In other embodiments, the syringe tip cap is provided with a chloro / bromo butyl rubber stopper.

複数筒のシリンジ 本発明の他の態様は、2つ以上の筒を備えるシリンジを提供する。 Another aspect of the syringe present invention multiple tube provides a syringe with two or more tubular. 複数筒のシリンジは、1つまたは複数の異なる物質の同時の、選択的な、または連続的な送達を可能にすることができる。 Syringe plurality barrel, simultaneous one or more different materials may allow selective or continuous delivery.

1つの実施形態では、シリンジは、隣り合った関係に配置された第1および第2の筒であって、そのそれぞれのチャンバ内で伸縮運動する第1および第2のプランジャを含む筒を備える(参照によりその全体が本明細書に援用される、米国特許出願公開第2004/0064102号を参照されたい)。 In one embodiment, the syringe is a first and a second cylinder disposed adjacent relationship, comprising a cylinder including a first and second plungers to stretching movement thereof in each of the chambers ( by reference in its entirety is incorporated herein, see US Patent application Publication No. 2004/0064102). プランジャは、任意選択で、例えば米国特許第5,792,103号に開示されるように、その2つのチャンバから同時に同じ割合で物質を投薬することを可能にする共有ハンドルに連結される。 Plunger, optionally, for example, as disclosed in U.S. Patent No. 5,792,103, is coupled to the shared handle that allows dosing the material simultaneously at the same rate from the two chambers that. 他の実施形態では、プランジャは、プランジャストッパに脱着可能に連結される。 In another embodiment, the plunger is removably connected to the plunger stopper.

図4および5は、2つ以上の治療薬剤の同時または連続の送達のための2筒式シリンジの例を示す。 4 and 5 show an example of a two-barrel syringe for two or more simultaneous or successive delivery of the therapeutic agent. シリンジは、第1の筒、第2の筒、および1つまたは複数の針を備える。 Syringe includes a first cylinder, second cylinder, and the one or more needles. 各々の筒は、液剤中に溶解されたまたは懸濁された治療薬剤を含む。 Each cylinder includes a dissolved or suspended therapeutic agent in solution. 次に図を参照すると、2筒式シリンジの第1の実施形態および第2の実施形態が図4および5に示され、それらの実施形態は、第1の実施形態(図4)がそれぞれの筒内の第1および第2の物質を直接充填するように構成されているのに対して、第2の実施形態(図5)は充填済みの第1および第2のカープレ(carpules)をそれぞれ第1および第2の筒に挿入するように構成されているという点で異なる。 Referring now to the figures, the first and second embodiments of the second cylindrical syringe is shown in Figures 4 and 5, those embodiments, the first embodiment (FIG. 4), respectively whereas is configured to fill the first and second material in the cylinder directly, the second embodiment (FIG. 5) is filled in the first and second Kapure the (Carpules) respectively It differs in that it is adapted to be inserted into the first and second barrels.

図4に示される第1の実施形態を参照すると、シリンジは、第1および第2の筒41、42を備えており、その各々は、その中にある量の第1および第2の液化物質をそれぞれ保持するための内部チャンバ43、44を有する。 Referring to the first embodiment shown in FIG. 4, the syringe is provided with a first and second cylinder 41, 42, each of the first and second liquefied substance amount present therein the has an internal chamber 43, 44 for holding, respectively. 第1および第2の筒41、42は、互いに隣り合う関係で配置されている。 First and second barrels 41, 42 are arranged in relation to adjacent. 第1および第2のプランジャ45、46が、それぞれ第1および第2の筒41、42内での伸縮運動のためにその中で滑動するように位置決めされる。 First and second plungers 45 and 46 are positioned to slide therein for telescopic movement of the first and within the second cylinder 41, respectively. シリンジ先端47は、第1および第2の筒41、42の遠位端の近傍に配置されており、出口孔48、49を介して共有され、流体連通している。 Syringe tip 47 is disposed near the distal ends of the first and second barrels 41 and 42, are shared through the exit holes 48 and 49 are in fluid communication. 出口孔48および49は、それぞれ第1および第2の物質の先端47に至る経路を提供し、それによって、第1および第2の物質がそこを通過することが可能になる。 Outlet holes 48 and 49, respectively to provide a path to the first and second tip 47 material, thereby allowing the first and second substances therethrough. 先端47は、シリンジ本体に直接取り付けられた針の形態でよく、あるいはルアーロックを介してシリンジ本体に取り付けられたカニューレの形態でもよい。 Tip 47 may be in the form of a needle attached directly to the syringe body, or luer lock may be cannulated form attached to the syringe body through.

図5に示される第2の実施形態を参照すると、シリンジは、前記第1および第2の筒53、54内にそれぞれ取り外し可能に挿入できる第1および第2のカープレ51、52を備えている。 Referring to the second embodiment shown in FIG. 5, the syringe is provided with a first and second Kapure 51 and 52 respectively can be removably inserted into said first and second barrels 53, 54 . 第1および第2のシリンジ針55、56が、第1および第2の筒53、54内にそれらの遠位端に隣接して配置されている。 The first and second syringe needles 55 and 56 are disposed adjacent the distal end thereof in the first and second barrels 53 and 54. したがって、第1および第2の筒53、54内に第1および第2のカープレ51、52を完全に挿入すると、第1および第2のシリンジ針55、56は、各々のカープレの遠位端に設けられたカープレプラグの穴をあける。 Therefore, when the first and second Kapure 51 fully inserted in the first and second barrels 53 and 54, first and second syringe needles 55 and 56, the distal end of each of Kapure drilling of the car pre-plug provided to. 第1および第2の針55、56は、先端57内に延びる。 First and second needles 55, 56 extends in the tip 57.

2つ以上の中空穴を備えた単一針が、両方の注射を実施してもよく、あるいは複数の針が使用されてもよい。 Single needle with two or more hollow holes, may be carried out both injection, or a plurality of needles may be used. 1つの針が使用される場合、1つが各々の筒の1つに固定された2つのカニューレが1つの針につながることができる。 If one of the needles are used, one may be two cannulae secured to one of each of the cylinder leads to one needle. あるいは、1つの針が使用される場合、中空穴が、同心状パターンで配置されてもよい。 Alternatively, if one needle is used, the hollow space may be arranged in a concentric pattern. こうした同心状パターンにおいては、1つの穴は、第1の流体を硝子体内に導入するためのものであり、1つの穴は、第2の流体を硝子体内に導入するためのものである。 In such concentric patterns, one hole is for introducing a first fluid into the vitreous, one hole is for introducing the second fluid into the vitreous. 2つの針が使用される場合、第2の針が、第1の針の外部に取り付けられることができる。 If two needles are used, it is possible to second needle is attached to the outside of the first needle. 針は、当技術分野において知られている様々な方法により、標準的な材料から、例えばステンレス鋼から製造することができる。 Needle, by a variety of methods known in the art, from standard materials, it can be produced, for example, from stainless steel.

PCT公開WO2004/073765は、閉鎖系から特定の量を取り除き、続いて測定された量を送達するように設計された流体交換系(FES)を部分的に記載している。 PCT Publication WO2004 / 073765 removes a certain amount from the closed system, and subsequently designed to deliver a metered amount The fluid exchange system of (FES) partially described. 真空チャンバを、充填済みシリンジを受け入れることができるハウジングと交換し、空気抜き穴(マニホールド)を取り除くことにより、追加の治療薬が、元の針の穿通を利用して送達されることができる。 The vacuum chamber was replaced with housing that can accept pre-filled syringes, by removing the vent hole (manifold), the additional therapeutic agent can be delivered using the penetration of the original needle. 追加のシリンジハウジングもまた、複数の連続投与を可能にするために付加されてよい。 Additional syringe housing, may also be added to allow for multiple sequential administration. 図6は、第1および第2の充填済みシリンジ63、64を受け入れることができる第1および第2のハウジング61、62を備える装置を示す。 Figure 6 shows an apparatus comprising first and second housing 61, 62 can accept the first and second pre-filled syringes 63, 64.

第1の態様では、複数の薬剤が、タンデム型シリンジを使用して投与されてよい。 In a first aspect, the plurality of agents may be administered using a tandem syringe. 通常、タンデム型シリンジは、1つの外部筒内に2つ以上の区画を備える。 Normally, the tandem-type syringe comprises two or more compartments within a single outer cylinder. タンデム型シリンジの例としては、それだけに限定されないが、各々が参照によりその全体が本明細書に援用される、米国特許第4,313,440号、同第4,715,854号、同第5,102,388号、同第5,298,024号、同第6,132,400号および米国特許公開第2004/0167480号に見出されたものがあげられる。 Examples of tandem type syringe, but are not limited to, each in its entirety by reference is incorporated herein, U.S. Patent No. 4,313,440, the No. 4,715,854, the fifth , 102,388 Nos, the No. 5,298,024, those found in the first and U.S. Patent Publication No. 2004/0167480 6,132,400 and the like.

1つの実施形態では、タンデム型シリンジは、第1の密封部材を含む外側の第1の区画および第1の密封部材が外側の第1の区画のプランジャとして中で機能する内側の第2の区画を備える(図7を参照されたい)。 In one embodiment, tandem syringe second compartment inner first compartment and a first sealing member in the outer functions in the plunger of the first compartment of the outer containing first sealing member comprises (see FIG. 7). 図7を参照すると、外側の第1の区画71は、第1の注射溶液で充填されている。 Referring to FIG. 7, the first section 71 of the outer is filled with the first injection solutions. 内側の第2の区画72は、第2の注射溶液で充填されている。 Second compartment 72 of the inner is filled with the second injection solutions. 内側の第2の区画は、第1の密封部材73を備え、第1の区画のピストンとして機能する。 Second compartment of the inner has a first sealing member 73, which functions as a piston of the first compartment. 第1の注射溶液が完全に投与されると、第1の密封部材73は、外側の第1のチャンバの遠位端で穿刺装置74を用いて穴が空けられる。 When the first injection solutions are fully administered, the first sealing member 73, a hole with a puncture device 74 at the distal end of the outer of the first chamber is emptied. 第1の密封部材73に穴が空けられると、第2の注射溶液がプランジャ77でストッパ75を押し出すことによって投与され、それによって、第2の注射溶液がストッパ73を通過して針76から外へ押し出される。 When the hole is drilled in the first sealing member 73, is administered by the second injection solutions pushes the stopper 75 in the plunger 77, whereby the outer from the needle 76 second injection solution passes through the stopper 73 It is pushed out to.

各々の区画は、それぞれの注射溶液で別個に充填され、互いに混合または接触することなく注射溶液を保存することができる。 Each compartment is separately filled in the respective injection solutions, it is possible to save the injectable solution without mixing or contact with each other.

1つの実施形態では、区画71(内側区画)は、注射されるべき最終溶液を含む。 In one embodiment, compartment 71 (inside compartments) contains a final solution to be injected. 区画71は、最初に別個に充填され、次いで、区画72を形成するメインのハウジングに組み付けられる。 Compartment 71 are first separately filled, then assembled with the main housing forming a compartment 72. 次いで、区画72が、注射されるべき第1の溶液で充填される。 Then, partition 72 is filled with the first solution to be injected.

利点 本発明のシリンジは、いくつかの利点を有する。 Syringe advantage the present invention has several advantages. 利点としては、使いやすさ、柔軟性、高いコスト効果、患者の安心感および安全性といった利点があげられる。 The advantages, ease of use, flexibility, cost-effective, benefits, and the like, such as a sense of security and safety of the patient. 非固定の針/シリンジの組合せを使用する利点、例えば本明細書で説明されるようにルアー取付具を使用するなどの利点は、施用針の選択が可能であることである。 The advantage of such as using a luer fitting as described the combination of non-fixed needle / syringe advantage of using, for example, herein, is that it is possible to select application needle. 例えば、施術者は、27または30ゲージの使い捨て針のいずれかを選択することができる。 For example, the practitioner may select any of the disposable needle 27 or 30 gauge. 非固定の針は、通常、固定針の充填済みシリンジに必要とされるさやへの接触による鈍化が起こりにくいため、固定針よりも鋭敏である。 Non-fixed needle are usually hardly causes slowed by contact with the sheath required for pre-filled syringes of fixing needles, it is sensitive than the fixed needle. より鋭敏な針は、患者の不快感を軽減し感染のリスクを低減する。 More sensitive needle reduces the risk of reducing the infection the patient discomfort.

定義 文法的に正しく好ましい用語「硝子体内の(intravitreous)」が、本明細書および当技術で使用されている。 Definition grammatically correctly preferred the term "glass body (intravitreous)" are used herein and in the art. 用語「硝子体内の(intravitreal)」は、水晶体と網膜の間の眼の硝子体液に注射する用語「硝子体内の」の代替として口語的に使用される。 The term "vitreous of (intravitreal)" is colloquially used as an alternative term for "intravitreal" injected into the vitreous humor of the eye between the lens and retina.

「粒子状物質」は、気泡以外の流動的な無作為に供給された異物を含み、この異物は、それを示す物質の量が少ないため、またはそれらが不均一組成であるため化学分析によって定量することができない。 "Particulate matter" includes a foreign substance that is supplied to the fluctuating random non bubbles, quantified by the foreign matter, since a small amount of substance exhibiting it, or chemical analysis because they are non-uniform composition Can not do it.

施術者に向けられる装置の部分は、「近位」、患者に向けられる装置の部分は、「遠位」と呼ばれる。 Part of the device that is directed to the practitioner, part of the "proximal", a device that is directed to the patient is referred to as a "distal".

「穿通力」は、針が組織を切断する前に針に加えられる力の程度である。 "Penetration force" is the degree of force applied to the needle before the needle to cut tissue. 穿通力は、通常、当技術分野ではグラム(g)で測定される。 Penetration force is generally in the art is measured in grams (g).

「抗力」は、組織への穿通を連続させるのに必要とされる、針に加えられる力の程度である。 "Drag" is needed to continuously penetrating into the tissue, the degree of force applied to the needle.

「注射液」は、非経口的投与を意図した調合物である。 "Injection" is a formulation intended for parenteral administration. 注射液は、それだけに限定されないが、医薬成分またはその溶液/懸濁液である液体調合物を含む。 Injection include, but are not limited to, a pharmaceutical ingredient or a liquid formulation is a solution / suspension.

「実質的に一定の圧力」は、充填することによる、空にすることによる、または周囲の液体の浸透圧の変化による小さな一時的な変化を伴う、一定である圧力を意味する。 "Substantially constant pressure" is by filling, due to the air, or accompanied by small temporal change due to changes in the surrounding fluid osmolality, mean pressure is constant.

「非経口的」薬品は、消化管ではなく皮膚または他の外部境界組織からの注射が意図された調製液であり、その結果、重力または力を使用してその薬品が含む活性物質が血管、器官、組織または病変に直接投与される。 "Parenteral" drug is a preparation liquid injection is intended from the gastrointestinal tract is not the skin or other external boundary tissue, resulting in the active substance containing its chemicals using gravity or force vessel, organ, are administered directly into the tissue or lesion. 非経口的薬品は、それらが、殺菌、発熱物質、粒子状物質、および他の汚染物資に関する薬局方の要求事項(USP1章)を確実に満たすように設計された方法で調整される。 Parenteral drugs, they are sterilized, pyrogen, is adjusted by the particulate matter, and other pollutants relating Pharmacopoeia requirements (USP1 chapter) was designed to reliably meet method.

「小量注射液」という言葉は、100mL以下を含有するとして標識された容器内にパッケージ化された注射液に適用する。 The term "minor amount Injection" is applied to injectable solutions packaged in labeled container as containing the following 100 mL.

「マイクロリッタ注射液」または「超小量注射液」という言葉は、1.0mL(1000μL)以下を含有するとして標識された容器内にパッケージ化された注射液に適用する。 The term "microliters Injection" or "ultra-small quantities Injection" is applied to injectable solutions packaged in labeled container as containing the following 1.0 mL (1000 uL).

本明細書で使用される用語「デッドスペース」または「無駄スペース」は、注射中シリンジから排出しない注射の後に存在する残留注射溶液を含有するシリンジ/針アセンブリ内の注射溶液の量である。 The terminology used herein, "dead space" or "dead space" is the amount of injectable solution in the syringe / needle assembly containing residual injectable solution present after the injection is not discharged from the injection syringe.

「治療薬剤」は、1つまたは複数の疾患、障害または状態に対する治療的効果をもたらす任意の化合物または化合物の混合物を意味する。 "Therapeutic agent" refers to any compound or mixture of compounds that results one or more diseases, a therapeutic effect for disorders or conditions. そのような化合物としては、非制限的に、小さい有機分子または無機分子、タンパク質(例えば、抗体)、ペプチド、脂質(例えば、ステロイド)、および核酸(例えば、アプタマー)があげられる。 Such compounds include, without limitation, small organic or inorganic molecules, proteins (e.g., antibodies), peptides, lipids (e.g., steroids), and nucleic acids (e.g., aptamers) can be mentioned. 治療薬剤は、例えば、疾患、障害または状態を処置するための抗生物質、鎮痛剤、抗炎症性化合物または任意の他の化合物である。 The therapeutic agent, for example, an antibiotic to treat a disease, disorder or condition, analgesics, anti-inflammatory compound or any other compound.

「治療する」は、疾患、病理学的状態または障害の治療、改善または防止が得られるという意図を伴う患者の医学的管理を意味する。 "Treating" refers to diseases, the treatment of a pathological condition or disorder, the medical management of patients with the intent of improving or preventing is obtained. この用語は、積極的な治療、すなわち、疾患、病理学的状態または障害の改善に特に向けられた治療を含み、また、原因治療、すなわち、疾患、病理学的状態または障害の原因の除去に向けられた処理も含む。 This term includes active treatment, that is, diseases, comprising a therapeutic specifically directed to the improvement of the pathological condition, or disorder, also causal treatment, that is, diseases, the removal of the cause of the pathological condition, or disorder processing directed also be included. 加えて、この用語は、緩和治療、すなわち、疾患、病理学的状態または障害を治療することではなく症状の軽減のために計画された治療、予防的治療、すなわち、疾患、病理学的状態または障害の防止に向けられた治療、および支持的治療、すなわち、疾患、病理学的状態または障害の改善に向けられた他の特定の治療を補完するために用いられる治療を含む。 In addition, this term includes palliative treatment, that is, diseases, planned treatment for the relief of symptoms rather than treating a pathological condition or disorder, prophylactic treatment, i.e., disease, pathological condition, or treatment directed to prevention of disorders and supportive treatment, that is, including diseases, treatment employed to supplement the specific treatment of other directed toward the improvement of the pathological condition, or disorder. 用語「治療する」はまた、対症療法、すなわち、疾患、病理学的状態または障害の構成的症状に向けられた治療も含む。 The term "treating" also symptomatic, i.e., diseases, and treatments directed constitutive symptoms of a pathological condition or disorder comprises.

眼科用溶液は、実質的に異物がない殺菌溶液であり、眼への滴下または注射のために適切に混ぜ合わされ、パッケージ化される。 Ophthalmic solutions are substantially sterile solutions foreign object is absent, suitably mixed for dropping or injection into the eye, are packaged. 眼科用溶液の調製には、薬物それ自体の固有の毒性、等張性の値、緩衝剤の必要性、防腐剤の必要性(および必要な場合はその選択)、殺菌、および適切なパッケージ化などの要因に関する慎重な考慮が必要になる。 The preparation of the ophthalmic solution, inherent toxicity of the drug itself, isotonic value, the need for buffering agents, the need for preservatives (and if necessary the selection), sterilization, and appropriate packaging careful consideration is needed on factors such as.

本発明の装置を使用して治療薬剤を眼に投与することに関して特に参照されてきたが、本発明は、それだけに限定されないが、眼窩内、眼球内、耳内、鼓室内、包膜(intrathecal)内、腔内、腫瘍周辺、腫瘍内、脊髄(intraspinal)内、硬膜外、頭蓋内、および心臓内を含む任意の所望の部位に治療薬剤を送達するために使用できることが理解されよう。 While the therapeutic agent using the apparatus of the present invention has been particular reference with respect to administration to the eye, the present invention include, but are not limited to, intraorbital, intraocular, intraaural, intratympanic, envelope (intrathecal) among, intracavity, peritumoral, intratumoral, intraspinal (intraspinal), epidural, intracranial, and it will be appreciated that can be used to deliver therapeutic agents into any desired site comprising the heart.

本発明の装置は、どのような眼の疾患の治療にも使用されてよい。 The apparatus of the present invention may be used in the treatment of any ocular disease. 本発明の装置はまた、例えば網膜または脈絡膜などの特定の眼の組織に治療薬剤を導くために使用されてもよい。 Apparatus of the present invention may also be used to direct the tissue to a therapeutic agent for a particular eye, for example the retina or choroid. 治療薬剤または薬剤の組合せは、治療される疾患、障害、または状態に基づいて選択されることになる。 The combination of therapeutic agents or drug, the disease to be treated, will be selected on the basis of the disorder or condition. 特定の状態に対する治療薬剤に加えて、他の化合物、例えば微生物増殖を防止するための抗生物質が、副次的効果のために含められてよい。 In addition to the therapeutic agent for a particular state, other compounds, for example, antibiotics to prevent microbial growth, it may be included for secondary effects. 投与の量および頻度は、治療される疾患、障害、または状態および使用される治療薬剤によって決まることになる。 The amount and frequency of administration will depend on the disease to be treated, disorder or condition, and therapeutic agent used. 当業者はこうした決定を行うことができる。 Those skilled in the art can make such determination.

本発明の装置において用いられてよい治療薬剤としては、非制限的に、小分子、ホルモン、タンパク質、ペプチド、アプタマー、抗体、脂質、糖脂質、DNA、RNA、PNA、酵素、糖、糖類、糖タンパク質、ポリマー、メタロプロテアーゼ、遷移金属またはキレーターがあげられる。 As may therapeutic agent used in the apparatus of the present invention, but are not limited to, small molecules, hormones, proteins, peptides, aptamers, antibodies, lipids, glycolipids, DNA, RNA, PNA, enzyme, sugars, saccharides, sugar proteins, polymers, metalloprotease, transition metal or chelators and the like. さらに、核酸ベクターもまた送達されることができ、この場合、核酸は、様々な薬理学的活性、生理学的活性または免疫学的活性を有することができるタンパク質を産生させるために発現させることができる。 Furthermore, nucleic acid vectors also can be delivered, in this case, the nucleic acid capable of expressing a protein which can have various pharmacological activities, physiological activity or immunological activity in order to produce . 分子量が約5kDa〜約500kDaである高分子もまた、本発明に従って使用されることができる。 Polymer molecular weight of about 5kDa~ about 500kDa may also be used in accordance with the present invention.

眼用薬物送達用途の場合、例示的な疾患状態としては、黄斑変性、糖尿病網膜症、緑内障、視神経円盤血管新生、虹彩血管新生、網膜血管新生、脈絡膜血管新生、パンヌス、翼状片、黄斑水腫、血管性網膜症、網膜血管閉塞、ヒストプラスマ症、虚血性網膜疾患、網膜変性、ブドウ膜炎、網膜の炎症性疾患、角膜炎、サイトメガロウイルス網膜炎、感染症、結膜炎、嚢胞様黄斑水腫、癌および増殖性硝子体網膜症があげられる。 For ophthalmic drug delivery applications, Exemplary disease states, macular degeneration, diabetic retinopathy, glaucoma, optic disc neovascularization, iris neovascularization, retinal neovascularization, choroidal neovascularization, pannus, pterygium, macular edema, vascular retinopathy, retinal vascular occlusion, histoplasmosis, ischemic retinal disease, retinal degeneration, uveitis, inflammatory diseases of the retina, keratitis, cytomegalovirus retinitis, infections, conjunctivitis, cystoid macular edema, cancer and proliferative vitreoretinopathy, and the like.

治療剤の種類としては、非制限的に抗生物質、抗ウイルス剤および抗真菌剤を含む抗感染剤、鎮痛剤、抗アレルギー剤、肥満細胞安定化剤、ステロイド系抗炎症剤および非ステロイド系抗炎症剤、充血除去剤、非制限的にアドレナリン様薬剤、β−アドレナリン作動性遮断剤、α−アドレナリン作動性アゴニスト、副交感神経興奮薬、コリンエステラーゼ阻害剤、カルボニックアンヒドラーゼ阻害剤およびプロスタグランジンを含む抗緑内障剤、抗酸化剤、栄養補助物、血管形成阻害剤、代謝拮抗剤、線維素溶解剤、創傷調節剤、神経保護薬、アンギオスタチンステロイド、散瞳薬、毛様体筋麻痺性(cyclopegic)散瞳薬、縮瞳薬、血管収縮剤、血管拡張剤、抗凝固剤、抗癌剤、免疫調節剤、VEGFアンタゴニスト、免疫抑制剤、 The types of therapeutic agents include, without limitation antibiotic, antiviral and anti-infective agents, including antifungal agents, analgesics, antiallergic agents, mast cell stabilizer, a steroidal anti-inflammatory agents and non-steroidal anti inflammatory agents, decongestants, but not limited to adrenergic agents, beta-adrenergic blockers, alpha-adrenergic agonists, parasympathomimetics, cholinesterase inhibitors, carbonic anhydrase inhibitors and prostaglandin anti-glaucoma agents, including, antioxidant, nutritional supplements, angiogenesis inhibitors, antimetabolites, fibrinolytic agents, wound modulating agents, neuroprotective agents, angiostatin steroids, mydriatics, ciliary muscle paralytic ( Cyclopegic) mydriatic, miotics, vasoconstrictors, vasodilators, anticoagulants, anti-cancer agents, immunomodulators, VEGF antagonist, immunosuppressive agent, ならびにそれらの組合せおよびプロドラッグがあげられる。 And combinations thereof and prodrugs thereof.

具体的な治療剤としては、参照によってその全体が本明細書に援用される米国特許第6,051,698号に記載されたMACUGEN(登録商標)(ペガプタニブナトリウム注射液)があげられる。 Specific therapeutic agents in its entirety by reference is described in U.S. Pat. No. 6,051,698, incorporated herein MACUGEN (R) (pegaptanib sodium injection) and the like. ペガプタニブナトリウムはまた、EYE001またはNX1838として示される。 Pegaptanib sodium is also shown as EYE001 or NX1838.

ペガプタニブナトリウムは、ペンチルアミノリンカー内で終結する、長さ28ヌクレオチドのオリゴヌクレオチドの共有結合の複合体であり、ペンチルアミノリンカーに対して、2つの20キロダルトン(kDa)モノメトキシポリエチレングリコール(PEG)単位が、リジン残基上の2つのアミノ基を介して共有結合する。 Pegaptanib sodium, terminates in a pentyl amino linker, a complex of a covalent bond length 28 nucleotides of an oligonucleotide, relative pentyl amino linker, two 20-kilodalton (kDa) monomethoxy polyethylene glycol ( PEG) units are covalently linked via two amino groups on lysine residues. ペガプタニブナトリウムの分子式は、C 29434213107 Na 2818828 (C O) (式中、nは約900である)であり、分子量は約50kDaである。 Pega descriptor molecular formula nib sodium, (wherein, n is about 900 which is) C 294 H 342 F 13 N 107 Na 28 O 188 P 28 (C 2 H 4 O) n is, the molecular weight is about 50kDa .

ペガプタニブナトリウムの化学名は、以下の通りである。 Pega descriptor chemical name of the nib sodium are as follows. RNA、((2'−デオキシ−2'−フルオロ)C−G −G −AA−(2'−デオキシ−2'−フルオロ)U−(2'−デオキシ−2'−フルオロ)C−A −G −(2'−デオキシ−2'−フルオロ)U−G −A −A −(2'−デオキシ−2'−フルオロ)U−G −(2'−デオキシ−2'−フルオロ)C−(2'−デオキシ−2'−フルオロ)U−(2'−デオキシ−2'−フルオロ)U−A −(2'−デオキシ−2'−フルオロ)U−A −(2'−デオキシ−2'−フルオロ)C−A −(2'−デオキシ−2'−フルオロ)U−(2'−デオキシ−2'−フルオロ)C−(2'−デオキシ−2'−フルオロ)C−G −(3'→3')−dT)、α,α'−[4,12−ジオキソ−6−[[[5−ホスホノキシペンチル]アミノ]カルボニ RNA, ((2'-deoxy-2'-fluoro) C-G m -G m -AA- (2'- deoxy-2'-fluoro) U- (2'-deoxy-2'-fluoro) C- A m -G m - (2'- deoxy-2'-fluoro) U-G m -A m -A m - (2'- deoxy-2'-fluoro) U-G m - (2'- deoxy - 2'-fluoro) C-(2'-deoxy-2'-fluoro) U- (2'-deoxy-2'-fluoro) U-A m - (2'- deoxy-2'-fluoro) U-A m - (2'-deoxy-2'-fluoro) C-A m - (2'- deoxy-2'-fluoro) U- (2'-deoxy-2'-fluoro) C-(2'-deoxy - 2'-fluoro) C-G m - (3 '→ 3') - dT), α, α '- [4,12- dioxo-6 - [[[5- phosphonoxy pentyl] amino] carbonyl ]−3,13−ジオキサ−5,11−ジアザ−1,15−ペンタデカンジイル]ビス[ω−メトキシポリ(オキシ−1,2−エタンジイル)]との5'−エステル、ナトリウム塩。 ] 3,13 5'ester, sodium salt with dioxa-5,11-diaza -1,15- pentadecane-diyl] bis [.omega. methoxypoly (oxy-1,2-ethanediyl)].

MACUGEN(登録商標)(ペガプタニブナトリウム注射液)は、硝子体内注射用のペガプタニブナトリウムを含む殺菌された水溶液である。 MACUGEN (R) (pegaptanib sodium injection) is a sterile aqueous solution containing pegaptanib sodium for intravitreous injection. Macugen(登録商標)は、単回用量の充填済みシリンジ内に供給され、オリゴヌクレオチドの遊離酸形態として測定された3.47mg/mL溶液として製剤される。 Macugen (R) is supplied to a single dose pre-filled syringe of, is formulated as a 3.47 mg / mL solution was measured as the free acid form of the oligonucleotide. 活性成分は、90μLの公称量においてポリエチレングリコールなしの0.3mgの遊離酸形態のオリゴヌクレオチドである。 Active ingredient, an oligonucleotide of the free acid form of 0.3mg without polyethylene glycol in a nominal amount of 90 [mu] L. この用量は、ペガプタニブナトリウム(ペグ化オリゴヌクレオチド)1.6mgまたはオリゴヌクレオチド部分のナトリウム塩形態として表わされる場合は0.32mgに相当する。 This dose, when expressed as the sodium salt form of pegaptanib sodium (pegylated oligonucleotide) 1.6 mg or oligonucleotide portion corresponding to 0.32 mg. この生成物は、pHおよび水を注射液に合わせて調節するために塩化ナトリウム、リン酸一ナトリウム一水和物、リン酸水素二ナトリウム七水和物、塩酸、および/または水酸化ナトリウムを含む、無菌、澄明、防腐剤フリーの溶液である。 This product contains sodium chloride to adjust for the pH and water injection, monosodium monohydrate phosphate, disodium hydrogen heptahydrate phosphoric acid, hydrochloric acid, and / or sodium hydroxide , sterile, clear, a solution of a preservative-free. Macugen(登録商標)は、280〜360mOsm/Kgのオスモル濃度および6〜7のpHを有するように製剤される。 Macugen (R) is formulated to have a pH osmolality and 6-7 280~360mOsm / Kg.

1回の投与当たり約1μg/体重1kg〜100mg/体重1kgの状態におけるペガプタニブナトリウムの用量レベルが、新生血管障害の治療に有用である。 Pegaptanib sodium dose level in one state of about 1 [mu] g / body weight 1Kg~100mg / body weight 1kg per administration are useful in the treatment of neovascular disorders. 調合物の例は、参照によりその全体が本明細書に援用される、WO03/039404に見出される。 Examples of formulations, in their entirety are incorporated by reference herein, it is found in WO03 / 039 404. 一部の実施形態では、ペガプタニブナトリウムは、約0.1mg〜約1.0mgの用量で眼に局所的に投与され、その治療は、滲出型黄疸変性症のオカルト型、ミニマルクラシック型、およびプレドミネントクラッシック型(predominantly classic)の治療に効果的である。 In some embodiments, pegaptanib sodium, is locally administered to the eye in a dose of about 0.1mg~ about 1.0 mg, the treatment occult type wet jaundice degeneration, minimal classic type, and it is effective in the treatment of pre Domine cement classic type (predominantly classic). 直接眼に投与された場合、用量の範囲は、1眼当たり約0.3mg〜約3mgであり、いくつかの実施形態では、用量の範囲は、1眼当たり約0.1mg〜約1.0mgである。 When administered directly to the eye, the dosage range is from about 0.3mg~ about 3mg per eye, in some embodiments, the dosage range is from about per eye 0.1mg~ about 1.0mg it is. 1つの実施形態では、ペガプタニブナトリウムは、約0.003〜3.0mg、0.1〜1.0mg、または約0.3mgの治療有効量で投与される。 In one embodiment, pegaptanib sodium is administered in a therapeutically effective amount of about 0.003~3.0Mg, 0.1 to 1.0 mg or about 0.3 mg,. 1つの実施形態では、ペガプタニブナトリウムは、0.003〜3.0mg/mLの範囲の濃度で眼科用注射溶液調合物中に存在する。 In one embodiment, pegaptanib sodium is present in an ophthalmic injection solutions formulation at a concentration ranging from 0.003~3.0mg / mL. 1つの実施形態によれば、担体は、リン酸ナトリウムおよび塩化ナトリウムを含む。 According to one embodiment, the carrier comprises a sodium phosphate and sodium chloride. 1つの特定の実施形態では、担体は、10mMのリン酸ナトリウムおよび0.9%の塩化ナトリウムを含む。 In one particular embodiment, the support comprises a 10mM of sodium phosphate and 0.9% sodium chloride.

1つの実施形態によれば、その用量は、約10〜30ng/mLの抗VEGFアプタマーの硝子体濃度を達成するのに有効である。 According to one embodiment, the dose is effective to achieve the vitreous concentrations of anti-VEGF aptamer about 10~30ng / mL. 他の実施形態によれば、その用量は、投与の合間の6週間中、約10〜30ng/mLの抗VEGFアプタマーの硝子体濃度を維持するのに有効である。 According to another embodiment, the dosage is of 6-week dosing interval, is effective in maintaining a vitreous concentrations of anti-VEGF aptamer about 10~30ng / mL.

代替の実施形態では、抗VEGF剤は、抗VEGFアプタマーであり、0.3mg未満〜約0.003mgまでの用量で眼に局所的に投与される。 In an alternative embodiment, the anti-VEGF agent is an anti-VEGF aptamer is administered topically to the eye in a dose of up to 0.3mg less than about 0.003 mg. いくつかの実施形態では、抗VEGFアプタマーは、約0.30mg未満の用量で投与される。 In some embodiments, the anti-VEGF aptamer is administered in a dose of less than about 0.30 mg. こうした調合物の例は、参照によりその全体が本明細書に援用される米国特許出願第60/692,727号に見出される。 Examples of such formulations in its entirety by reference is found in U.S. Patent Application No. 60 / 692,727, which is incorporated herein.

また、特定の治療薬剤としては、抗PDGFアプタマーARC−127(Archemix Corp.、ケンブリッジ、マサチューセッツ)、すなわち配列CAGGCUACGN CGTAGAGCAU CANTGATCCU GT(配列番号10、参照によりその全体が本明細書に援用される米国特許第6,582,918号より)を有するペグ化抗PDGFアプタマーがあり、その配列は6位、20位、および30位に2'−フルオロ−2'−デオキシウリジン、8位、21位、28位、および29位に2'−フルオロ−2'−デオキシシチジン、9位、15位、17位、および31位に2'−O−メチル−2'−デオキシグアノシン、22位に2'−O−メチル−2'−デオキシアデノシン、10位および23位における「N」にヘキサエチレング Moreover, particular therapeutic agents, anti-PDGF aptamer ARC-127 (Archemix Corp., Cambridge, Mass.), I.e. U.S. patents sequence CAGGCUACGN CGTAGAGCAU CANTGATCCU GT (SEQ ID NO: 10 in its entirety by reference is incorporated herein There is pegylated anti PDGF aptamer having more) No. 6,582,918, the sequence position 6, position 20, and position 30 in the 2'-fluoro-2'-deoxyuridine, 8, 21, 28 position, and 29 to 2'-fluoro-2'-deoxycytidine, 9, 15, 17, and 31 of the 2'-O- methyl-2'-deoxyguanosine, 2'-O position 22 - methyl-2'-deoxyadenosine, hexaethylene grayed to "N" in position 10 and 23 of コールホスホラミダイト、32位に逆方向T(すなわち3'−3'結合)を有する。 Call phosphoramidite, having a reverse T (i.e. 3'-3 'linked) at position 32.

眼血管新生障害の治療のための、VEGFアンタゴニストおよびPDGFアンタゴニストを用いた組合せ治療が、参照によりその全体が本明細書に援用される、PCT出願WO2005/020972に記載されている。 For the treatment of ocular neovascular disorders, combination therapy with VEGF antagonist and PDGF antagonists by reference in their entirety are incorporated herein, are described in PCT application WO2005 / 020,972. こうした治療の例は、Macugen(登録商標)とARC127の組合せの投与を含む。 Examples of such treatments include administration of a combination of ARC127 and Macugen (TM).

他の実施形態によれば、本発明は、眼疾患を患う患者を治療する方法を特徴とし、その方法は、(a)患者に有効量の抗VEGFアプタマーを投与するステップ、および(b)参照によりその全体が本明細書に援用されるPCTWO03/039404でさらに説明される、光線力学療法または熱レーザー光凝固術などの光線力学療法を患者に提供するステップを含む。 According to another embodiment, the present invention provides a method of treating a patient suffering from an ocular disease characterized, the method, (a) step of administering an anti-VEGF aptamer to the patient an effective amount, and (b) see its entirety by comprising a step of providing further described PCTWO03 / 039404 which is incorporated herein, photodynamic therapy, such as photodynamic therapy or thermal laser photocoagulation to the patient.

本発明の1つの実施形態では、光線力学療法(PDT)は、(i)光線感作物質を患者の眼組織に送達するステップ、(ii)光線感作物質を、患者の眼組織内の新血管形成を阻害するのに十分な時間および強度で光線感作物質によって吸収された波長を有する光に晒すステップを含む。 In one embodiment of the present invention, Photodynamic therapy (PDT), (i) step of the photosensitizer be delivered to a patient's eye tissue, (ii) a photosensitizer, new in a patient's eye tissue comprising the step of exposing to light having a wavelength absorbed by the photosensitizer for a sufficient time and intensity to inhibit angiogenesis. 様々な光線感作物質が使用されてよく、それだけには限定されないが、ベンゾポルフィリン誘導体(BPD)、塩化モノアスパルチル(monoaspartyl chlorine)、フタロシアニン亜鉛、スズエチオプルプリン、テトラヒドロキシテトラフェニルポルフィン、およびポルフィマーナトリウム(PHOTOFRIN(登録商標))および緑ポルフィリン(green porphyrin)などがある。 May various photosensitizers are used, but are not limited to, benzoporphyrin derivatives (BPD), monomethoxytrityl chloride aspartyl (monoaspartyl chlorine), zinc phthalocyanine, tin etiopurpurin, tetrahydroxy tetraphenylporphyrin, and porphyrin there is such as Ma sodium (PHOTOFRIN (registered trademark)) and green porphyrin (green porphyrin).

他の治療薬剤としては、4,9(11)−プレグナジエン−17α,21−ジオール−3,20−ジオン、4,9(11)−プレグナジエン−17α,21−ジオール−3,20−ジオン−21−アセテート、コンブレタスタチン(combretastatin)、チモロール、ベタキソロール、アテノロール、ブリモニジン、アセタゾラミド、メタゾラミド、ジクロルフェナミド、ダイアモックス、ニモジピン、エリプロジル、コルヒチン、ビンクリスチン、サイトカラシンB、テトラサイクリン、クロルテトラサイクリン、バシトラシン、ネオマイシン、ポリミキシン、グラミシジン、オキシテトラサイクリン、クロラムフェニコール、ゲンタマイシン、エリスロマイシン、スルホンアミド、スルファセタミド、スルファメチゾール、ス Other therapeutic agents, 4,9 (11) - pregnadiene-17a, 21- diol-3,20-dione, 4,9 (11) - pregnadiene-17a, 21- diol-3,20-dione -21 - acetate, combretastatin (combretastatin), timolol, betaxolol, atenolol, brimonidine, acetazolamide, methazolamide, dichlorphenamide Fe cyanamide, Diamox, nimodipine, eliprodil, colchicine, vincristine, cytochalasin B, tetracycline, chlortetracycline, bacitracin, neomycin, polymyxin, gramicidin, oxytetracycline, chloramphenicol, gentamycin, erythromycin, sulfonamides, sulfacetamide, sulfamethizole, scan ルフィソクサゾール、フルコナゾール、ニトロフラゾン、アンフォテリシンB、ケトコナゾール、トリフルオロチミジン、アシクロビル、ガンシクロビル、ジダノシン、AZT、フォスカメット(foscamet)、ビダラビン、イドクスウリジン、リバビリン、プロテアーゼ阻害剤、抗サイトメガロウイルス剤、メタピリリン、クロルフェニラミン、ピリラミン、フェニラミン、ヒドロコルチゾン、デキサメタゾン、フルオシノロン、プレドニゾン、プレドニゾロン、メチルプレドニゾロン、フルオロメトロン、ベタメタゾン、トリアムシノロン、フェニレフリン(Phenylephrine)、ナファゾリン、テトラヒドロゾリン、ピロカルピン、カルバコール、ジイソプロピルフルオロリン酸、ヨウ化エコチオフェート、臭化デメ Luffy Seok Sasol, fluconazole, nitrofurazone, amphotericin B, ketoconazole, trifluorothymidine, acyclovir, ganciclovir, didanosine, AZT, Fosukametto (foscamet), vidarabine, idoxuridine, ribavirin, protease inhibitors, anti-cytomegalovirus agent, Metapiririn , chlorpheniramine, pyrilamine, pheniramine, hydrocortisone, dexamethasone, fluocinolone, prednisone, prednisolone, methylprednisolone, fluorometholone, betamethasone, triamcinolone, phenylephrine (phenylephrine), naphazoline, tetrahydrozoline, pilocarpine, carbachol, diisopropyl fluorophosphate, iodide Eco Chiofeto, bromide Dementieva リウム、硫酸アトロピン、シクロペントラート、ホマトロピン、スコポラミン、トロピカミド、ユーカトロピン、エピネフリン、ヘパリン、抗フィブリノーゲン、フィブリノシン、抗凝固性アクチベース、アセトヘキサミド、クロルプロパミド、グリピジド、グリブリド、トラザミド、トルブタミド、インスリン、アルドース還元酵素阻害剤、サリドマイド、葉酸、5−フルオロウラシル、アドリアマイシン、アスパラギナーゼ、アザシチジン、アザチオプリン、ブレオマイシン、ブスルファン、カルボプラチン、カルムスチン、クロラムブチル、シスプラチン、シクロホスファミド、シクロスポリン、シタラビン、ダカルバジン、ダクチノマイシン、ダウノルビシン、エストラムスチン、エトポシド、エトレチナート、フィルグラスチム Potassium, atropine sulfate, cyclopentolate, homatropine, scopolamine, tropicamide, eucatropine, epinephrine, heparin, anti fibrinogen, Fiburinoshin anticoagulant activator base, acetohexamide, chlorpropamide, glipizide, glyburide, tolazamide, tolbutamide, insulin, aldose reductase inhibitors, thalidomide, folic acid, 5-fluorouracil, adriamycin, asparaginase, azacitidine, azathioprine, bleomycin, busulfan, carboplatin, carmustine, chlorambucil, cisplatin, cyclophosphamide, cyclosporine, cytarabine, dacarbazine, dactinomycin, daunorubicin , estramustine, etoposide, etretinate, filgrastim フロクスウリジン、フルダラビン、フルオキシメステロン、フルタミド、ゴセレリン、ヒドロキシウレア、イホスファミド、ロイプロリド、レバミソール、ロムスチン、ナイトロジェンマスタード、メルファラン、メルカプトプリン、メトトレキサート、マイトマイシン、ミトタン、ペントスタチン、ピポブロマン、プリカマイシン、プロカルバジン、サルグラモスチン、ストレプトゾシン、タモキシフェン、タキソール、テニポシド、チオグアニン、ウラシルマスタード、ビンブラスチン、ビンデシン、下垂体ホルモン、インスリン関連増殖因子、甲状腺ホルモン、成長ホルモン、熱ショックタンパク質、免疫学的応答調節剤(例えば、ムラミルジペプチド、インターフェロン(これには、αインターフェロン、βインターフェロンおよびγ Floxuridine, fludarabine, fluoxymesterone, flutamide, goserelin, hydroxyurea, ifosfamide, leuprolide, levamisole, lomustine, nitrogen mustard, melphalan, mercaptopurine, methotrexate, mitomycin, mitotane, pentostatin, pipobroman, plicamycin, procarbazine, sargramostim, streptozocin, tamoxifen, taxol, teniposide, thioguanine, uracil mustard, vinblastine, vindesine, pituitary hormones, insulin related growth factor, thyroid hormone, growth hormone, heat shock proteins, immunological response modifiers (e.g., muramyl dipeptide, interferon (in which, alpha interferon, beta interferon and γ インターフェロンが含まれる)、インターロイキン−2、サイトカイン、FK506、腫瘍壊死因子、チモペンチン、トランスフォーミング因子β2、エリスロポイエチンなど);抗新生タンパク質、モノクローナル抗体、脳神経増殖因子(BNGF)、毛様体神経増殖因子(CNGF)、血管内皮増殖因子(VEGF)、増殖因子に対するモノクローナル抗体またはアプタマー、ならびにそれらの組合せおよびプロドラッグがあげられる。 Interferons), interleukin-2, cytokines, FK506, tumor necrosis factor, thymopentin, transforming factor .beta.2, erythropoietin etc.); antineoplastic protein, monoclonal antibodies, cranial nerve growth factor (BNGF), ciliary nerve growth factor (CNGF), vascular endothelial growth factor (VEGF), a monoclonal antibody or aptamer, and combinations thereof and prodrugs like to growth factors.

治療薬剤は、眼への送達に適した任意の調合物中に存在することができる。 Therapeutic agents can be present in any formulation suitable for delivery to the eye. 調合物を作製するための、当技術分野において広く知られている方法が、例えば、Remington:The Science and Practice of Pharmacy (第20版、A.R.Gennaro ed.、Lippincott:Philadelphia、2000年)に見出される。 For making the formulations, the methods that are well known in the art, for example, Remington: The Science and Practice of Pharmacy (20th ed., A.R.Gennaro ed, Lippincott:. Philadelphia, 2000 years) It is found in. 治療薬剤は、薬学的に許容される希釈剤、担体または賦形剤とともに、ヒト、飼育ペット、家畜または他の動物に投与されてよい。 Therapeutic agent, a pharmaceutically acceptable diluent, with a carrier or excipient, human, Domestic pets, may be administered to livestock or other animals.

治療調合物は、針を介して送達可能である液体溶液、懸濁液または他の調合物でよい。 Therapeutic formulations, liquid solutions can be delivered through a needle, or a suspension or other formulation. 調合物は、例えば、賦形剤、滅菌水、生理的食塩水、ポリエチレングリコールなどのポリアルキレングリコール、植物起源のオイル、または水素化ナフタレン類を含むことができる。 Formulation, for example, can include excipients, sterile water, physiological saline, polyalkylene glycols such as polyethylene glycol, oils of vegetable origin, or hydrogenated naphthalenes, and.

治療薬剤は、治療薬剤の持続放出を提供するようになされた薬学的に許容される担体と混合されてよい。 Therapeutic agents may be mixed with a pharmaceutically acceptable carrier that is adapted to provide sustained release of the therapeutic agent. 持続放出担体としては、エマルション、懸濁液、ポリマーマトリックス、ミクロスフェア、マイクロカプセル、マイクロ粒子、リポソーム、多小胞リポソーム、リポスフェア、ヒドロゲル、塩、および静電的に、化学的に、または捕捉により可逆的に結合される治療薬剤を伴うポリマーがあげられる。 The sustained release carrier, emulsions, suspensions, polymer matrix, microspheres, microcapsules, microparticles, liposomes, multivesicular liposomes, lipospheres, hydrogels, salts, and electrostatically, chemically, or by the capture polymer with a therapeutic agent that is reversibly bound may be mentioned. 使用されることができる適切な持続放出調合物が当技術分野において知られており、これらは、例えば、米国特許第4,865,846号、同第4,115,544号、同第5,185,152号、同第4,078,052号、同第4,241,046号、同第4,853,224号、同第4,865,846号、同第6,309,669号、同第5,326,761号、同第6,071,534号、同第6,132,766号および同第6,277,413号、ならびにPCTのWO01/74400、WO03/24420、WO03/028765、WO02/15888、WO03/092665およびWO03/070219に開示され、これらのすべては参照としてその全体が本明細書に援用される。 Suitable sustained release formulations which can be used are known in the art, they are, for example, U.S. Patent No. 4,865,846, the No. 4,115,544, the fifth, No. 185,152, the same No. 4,078,052, the same No. 4,241,046, the same No. 4,853,224, the same No. 4,865,846, the same No. 6,309,669, the No. 5,326,761, the No. 6,071,534, the first 6,132,766 and No. same No. 6,277,413, as well as PCT WO01 / 74400, WO03 / 24420, WO03 / 028765 , it is disclosed in WO02 / 15888, WO03 / 092665 and WO03 / 070,219, all of which in its entirety by reference is incorporated herein.

薬物の調合物としてはまた、経強膜拡散促進剤、例えば、ジメチルスルホキシド、エタノール、ジメチルホルムアミド、プロピレングリコール、N−メチルピロリドン、オレイン酸、ミリスチン酸イソプロピル、極性の非プロトン性溶媒、極性のプロトン性溶媒、ステロイド、糖、ポリマー、小分子、荷電小分子、脂質、ペプチド、タンパク質および界面活性剤などがあげられる。 Also include formulations of a drug, transcleral diffusion accelerator, for example, dimethyl sulfoxide, ethanol, dimethylformamide, propylene glycol, N- methylpyrrolidone, oleic acid, isopropyl myristate, aprotic polar solvents, polar protic sex solvent, steroids, sugars, polymers, small molecules, charged small molecules, lipids, peptides, proteins and surfactants.

治療薬剤は、任意選択で、薬学的に許容される塩として、例えば、製薬業界において一般に使用されている非毒性の酸付加塩または金属複合体などとして投与されてよい。 Therapeutic agent, optionally as a pharmaceutically acceptable salt, for example, may be administered as such generally non-toxic acid addition salts that are used or metal complex in the pharmaceutical industry. 酸付加塩の例としては、酢酸、乳酸、パモ酸、マレイン酸、クエン酸、リンゴ酸、アスコルビン酸、コハク酸、安息香酸、パルミチン酸、スベリン酸、サリチル酸、酒石酸、メタンスルホン酸、トルエンスルホン酸またはトリフルオロ酢酸などの有機酸、タンニン酸、カルボキシメチルセルロースなどのポリマー酸、および塩酸、臭化水素酸、硫酸、リン酸などの無機酸があげられる。 Examples of acid addition salts include acetic, lactic, pamoic, maleic acid, citric acid, malic acid, ascorbic acid, succinic acid, benzoic acid, palmitic acid, suberic acid, salicylic acid, tartaric acid, methanesulfonic acid, toluenesulfonic acid or organic acids such as trifluoroacetic acid, tannic acid, polymeric acids such as carboxymethyl cellulose, and hydrochloric acid, hydrobromic acid, sulfuric acid, inorganic acids such as phosphoric acid. 金属複合体としては、カルシウムおよびマグネシウムを含む二価カチオン、亜鉛、鉄などのカチオンがあげられる。 As the metal complexes, divalent cations, including calcium and magnesium, zinc, cations such as iron and the like. また、治療薬剤は、任意選択で、薬学的に許容されるプロドラッグ、例えば、エステルまたはアミドとして投与されてもよい。 Also, therapeutic agents can optionally pharmaceutically acceptable prodrug, for example, may be administered as an ester or amide.

こうした治療において使用する化学化合物は、本明細書に記載されるように、または医薬品化学の分野において当業者に知られている任意の標準的な技術によって生成および単離されることができる。 Chemical compounds used in such treatments can be isolated produced and isolated by any standard technique as described herein, or in the field of medicinal chemistry known to those skilled in the art. 従来の薬学的慣行は、眼の疾患、障害または状態を患う患者に同定された化合物を投与するのに適した調合物または組成物を提供するために用いられることができる。 Conventional pharmaceutical practice can be used to provide a formulation suitable for administering a disease of the eye, a compound identified in a patient suffering from a disorder or condition or composition. 投与は、患者が症状を示す前に、または患者が症状を示している間に、または患者が症状を示した後に開始することができる。 Administration can be initiated after while before the patient is symptom, or the patient is showing symptoms, or patients showed symptoms.

上記の方法は、本発明のシリンジを用いて説明されてきたが、代替の注射方法も使用されてよい。 The above method has been described using a syringe of the present invention, an alternative method of injection may also be used. こうした構成の他の変形形態は、当業者に明らかであろう。 Other variations of these configurations will be apparent to those skilled in the art.

以下の実施例は、本発明の特定の有用な実施形態および態様を説明する働きをするものであり、本発明の範囲を限定するものとして解釈されるものではない。 The following examples are intended to serve to illustrate certain useful embodiments and aspects of the present invention and are not to be construed as limiting the scope of the present invention. 同様の結果を得るために、代替の材料および方法が使用されてもよい。 To obtain the same result, alternative materials and methods may be used.

Macugen(登録商標)調合物 Macugen(登録商標)((OSI)Eyetech,Inc.、ニューヨーク、ニューヨーク州)は、150ppb未満のタングステン粒子数を有して0.3mg/90μLで製剤される。 Macugen (TM) formulation Macugen (TM) ((OSI) Eyetech, Inc., New York, NY) is formulated with 0.3 mg / 90 [mu] L with a number of tungsten particles of less than 150 ppb. 溶液は、ルアーロックハブが取り付けられ、ブロモブチルゴムプランジャストッパで密封されたUSPタイプIガラス筒シリンジ内に与えられる。 Solution, luer lock hub is mounted, is provided to bromobutyl rubber plunger stopper in a sealed USP Type I glass barrel syringe. シリンジには、剛性プラスチック外部シールドを備える、ルアーロック27ゲージ複数斜端シリコーン被覆針が取り付けられている。 The syringe comprises a rigid plastic outer shield, luer lock 27 gauge plurality Hasutan silicone coating needle is attached. 針は、100g未満の穿通力を必要とする。 The needles require a penetration force of less than 100g.

Macugen(登録商標)調合物 Macugen(登録商標)(Eyetech Pharmaceuticals、ニューヨーク、ニューヨーク州)は、0.3mg/90μL、0.03mg/90μLまたは0.003mg/90μLで製剤され、ブロモブチルゴムプランジャストッパで密封されたUSPタイプIガラス筒シリンジ内に与えられる。 Macugen (TM) formulation Macugen (TM) (Eyetech Pharmaceuticals, New York, NY) is, 0.3 mg / 90 [mu] L, be formulated with 0.03 mg / 90 [mu] L or 0.003 mg / 90 [mu] L, sealed with bromobutyl rubber plunger stopper It is given by the USP type I glass barrel syringe. シリンジには、剛性プラスチック外部シールドを備えるルアーロック27ゲージ針が取り付けられている。 The syringe, luer lock 27-gauge needle with a rigid plastic outer shield is attached. ストッパ付きシリンジが、ホイル製の小袋にパッケージ化される。 Stopper with a syringe, is packaged in a foil made of the pouch. プラスチック製プランジャロッドおよびフランジアダプタもまた、投与のために供給される。 Plastic plunger rod and flange adapters are also provided for administration. こうした構成要素は、別個のホイル製の小袋で提供される。 These components are provided in separate foil made of the pouch. フランジの使用は任意のものであり、注射液を投与するのに必要とされていない。 Use of the flange is optional, not required to administer the injections. 薬生成物は、防腐剤が入っていなく、硝子体内注射のみによる単回使用が意図されている。 Drug product, not contain preservatives, single use by intravitreous injection only have been intended. 生成物は、濁りのある場合、あるいは粒子が存在している場合には使用されてはならない。 The product should not be used if the case turbid, or particles are present.

活性成分:ペガプタニブナトリウム注射液は以下のように製剤される: Active ingredient: pegaptanib sodium injection solution is formulated as follows:
・ 0.003mgペガプタニブナトリウム注射液の用量を送達するための0.0347mg/mL溶液 · 0.003 mg pegaptanib sodium injection solution to deliver a dose of 0.0347mg / mL solution
・ 0.03mgペガプタニブナトリウム注射液の用量を送達するための0.347mg/mL溶液 · 0.03 mg pegaptanib sodium injection solution to deliver a dose of 0.347mg / mL solution
・ 0.3mgペガプタニブナトリウム注射液の用量を送達するための3.47mg/mL溶液。 · 0.3 mg pegaptanib sodium injection solution 3.47 mg / mL solution to deliver a dose of.

賦形剤:塩化ナトリウム、USP Excipients: sodium chloride, USP
第一リン酸ナトリウム一水和物、USP First sodium phosphate monohydrate, USP
第二リン酸ナトリウム七水和物、USP Dibasic sodium phosphate heptahydrate, USP
水酸化ナトリウム、USP(必要に応じて) Sodium hydroxide, USP (if necessary)
塩酸、USP(必要に応じて) Hydrochloric acid, USP (if necessary)
注射用水、USP Water for injection, USP

調製 薬生成物であるペガプタニブナトリウムは、単回使用のガラス製シリンジ内に提供されたすぐに使用できる(ready−to−use)殺菌された溶液である。 Pegaptanib sodium is the preparation drug product is a single use ready for use is provided in a glass syringe (ready-to-use) sterile solution. シリンジ内容物の投与には、ねじ込み式のプラスチック製プランジャロッドをシリンジの筒内部のゴムストッパに取り付けることが伴う。 The administration of the syringe content, involves attaching the plastic plunger rod screw-on cylindrical interior of the rubber stopper of the syringe. 次いで、ゴム製の端部キャップが取り外されて生成物の投与が可能になる。 Then, rubber end cap to allow administration removed and product. 任意選択のフランジが、投与目的で設けられる。 Optional flange is provided with administration purposes.

硝子体内注射 1%のミドリアチル(Mydriacyl)および2.5%のフェニレフリンが、適切な散瞳を達成するために研究対象の眼(study eye)に局所的に投与される。 Intravitreal injection of 1% Midoriachiru (Mydriacyl) and 2.5% phenylephrine is administered topically to the study of the eye to achieve proper mydriasis (study eye). 50%生理的食塩水で希釈された10%ポビドンヨード(ベタジン)2〜3滴が、眼に注入される。 10% diluted with 50% saline povidone-iodine (Betadine) 2-3 drops is injected into the eye. ヨードに対してアレルギーがある場合、1滴の局所用抗生物質が、ヨードの代わりに結膜上にのせられる。 If there are allergic to iodine, topical antibiotics one drop is placed on the conjunctiva in place of iodo. エピネフリンなしの0.5mlの2%キシロカインの結膜下注射が、すべての患者の下側頭四分円(inferotemporal quadrant)に投与され、すなわち、無水晶体症/偽水晶体眼の患者には、その辺縁部から3.0〜3.5mmおよび有水晶体眼の患者には3.5〜4.0mmに投与される。 Subconjunctival injection of 2% xylocaine in 0.5ml without epinephrine is administered in the inferior temporal quadrant of all patients (inferotemporal quadrant), that is, aphakic / pseudophakic body eye patients, their sides the patient 3.0~3.5mm and phakic eye from the edge is administered 3.5~4.0Mm. 治験責任医師は、2つの注射前手順のうち1つを選択するように指示される(以下のオプションAおよびB)。 Investigator is instructed to select one of two pre-injection procedure (following options A and B). ヨードアレルギーを持つ患者の場合、治験責任医師は、オプションAに従い、ポビドンヨードの代わりに抗生物質をさらに1滴注入することが求められる。 For patients with iodine allergies, investigator, according option A, it is required to further one drop injecting antibiotics instead of povidone-iodine.

A. A. 局所用オフロキサシン、レボフロキサシン、または匹敵する抗菌能力(comparable antimicrobial coverage)を有する1滴の抗生物質点眼薬を治療前3日間に投与し、その後治療の直前に連続3滴の抗生物質および5%ポビドンヨードを数滴投与する。 Topical ofloxacin, levofloxacin, or comparable drop of antibiotic eye drops have antibacterial capability (comparable antimicrobial coverage) administered before treatment 3 days, antibiotics and 5% povidone-iodine subsequent treatment 3 drops continuously just before the a few drops are administered.

B. B. 連続3滴の抗生物質を投与し、治療の直前に少なくとも10ccの溶液で結膜円蓋および涙丘(caruncle)の5%ポビドンヨードのフラッシュ(flush)を施す。 And antibiotics consecutive 3 drops subjected to flash 5% povidone-iodine conjunctival fornix and Namidaoka with a solution of at least 10cc immediately prior to treatment (caruncle) (flush).

治療前、局所用抗生物質点眼薬が、治療前1時間内において少なくとも5分間隔で3回投与される。 Before treatment, topical antibiotics eye drops, is administered three times at least 5 minutes in the treatment prior to the 1 hour.

オプションAで準備される患者の場合、抗生物質の最後の投与後、治験責任医師は、2、3滴の5%ポビドンヨードを眼に注入する。 For patients to be prepared by option A, after the last administration of antibiotics, the investigator, a 5% povidone-iodine few drops injected into the eye. 治験責任医師は、滅菌手袋および5%ポビドンヨードに浸された綿棒を用いて、瞼、上部および下部の眼瞼縁、および涙丘を3回擦る。 Investigator, using immersed in sterile gloves and 5% povidone iodine swabs, eyelids, rubbing 3 times the upper and lower eyelid margins, and Namidaoka. ヨードに対してアレルギーがある場合、ポビドンヨードの代わりに追加の1滴の局所用抗生物質が注入される。 If there are allergic to iodine, topical antibiotics added one drop instead of povidone-iodine is injected.

オプションBで準備される患者の場合、治験責任医師は、抗生物質の最後の投与後、少なくとも5分待って5%ポビドンヨードのフラッシュを実施し、機械的創傷清拭をもたらすために血管カテーテルに連結されたシリンジからの強制水流を用いて少なくとも10ccの5%ポビドンヨードで結膜円蓋および涙丘を洗い流す。 For patients to be prepared by option B, the investigator, after the last administration of antibiotics, conducted flash least 5 minutes waiting 5% povidone-iodine, connected to a blood vessel catheter to provide mechanical debridement It has been washed away conjunctival fornix and Namidaoka 5% povidone-iodine of at least 10cc using forced water flow from the syringe.

手袋を交換した後、治験責任医師は、ドレープで眼球部分を分離し、まつげを眼瞼に固定し、1、2滴の5%ポビドンヨードを目的とされる治療部位の眼表面にのせる。 After replacing the gloves, the investigator, the eye portion is separated drape, the eyelashes and fixed to the eyelid, put 5% povidone-iodine two drops to the eye surface of the treatment site to be aimed. すべての注射に対して、開瞼器が使用される。 For all injections, eyelid speculum is used.

豚の眼強膜の針穿通力 眼強膜の6mm下の眼への針の模擬挿入のデータが、Universal Material Testing Machine(Instron Corporation、ノーウッド、マサチューセッツ)に記録された。 Simulated insert data needle into the eye of 6mm of a needle penetration force Mekyomaku eye sclera pigs were recorded Universal Material Testing Machine (Instron Corporation, Norwood, Mass.) To. このデータは、次いで、MINITAB(登録商標)統計ソフトウェア(Minitab,Inc、State College、ペンシルベニア)に分析のために転送された。 This data is then, MINITAB (TM) statistical software is transferred (Minitab, Inc, State College, Pennsylvania) for analysis.

サンプル(n=15)は、以下のように試験された: Samples (n = 15) were tested as follows:
対照: 27Ga 1/2インチ(1.27cm)PrecisionGlide(登録商標)針を備えるBecton Dickenson(BD)1ccTBシリンジ グループ1:HYPAK(登録商標)1mL長さのシリンジ27Ga5斜端の1/2インチ(1.27cm)針 グループ2:HYPAK(登録商標)1mL長さのシリンジ29Ga5斜端の1/2インチ(1.27cm)針 グループ3:30Ga 1/2インチ(1.27cm)PrecisionGlide(登録商標)針を備えるBD1mLTBシリンジ Control: 27Ga 1/2 inch (1.27cm) PrecisionGlide (R) Becton Dickenson comprising a needle (BD) 1ccTB syringe Group 1: Hypak 1/2 inch (TM) 1 mL long syringes 27Ga5 bevel (1 .27Cm) needle group 2: Hypak (TM) 1 mL 1/2 inch length of the syringe 29Ga5 bevel (1.27 cm) needle group 3: 30 Ga 1/2 inch (1.27cm) PrecisionGlide (TM) needle BD1mLTB syringe with a

豚の眼は、試験スタンドに固定され、ブレードテストが実際の条件をシミュレートするように標準状態まで加圧される。 Eye pigs is fixed to the test stand, blade testing is pressurized to standard conditions to simulate actual conditions. シリンジが、Instron(登録商標)装置上の試験位置に置かれる。 Syringe is placed in Instron (TM) test location on the device. クロスヘッド速度が、1分当たり150mmに設定される。 Crosshead speed is set to 150mm per minute. 針は、眼強膜の約1/2奥まで穿通される。 Needle is penetrated up to about 1/2 the back of the eye sclera. 穿通位置は、眼の中心軸に向かって目の中心から約6mm下である。 Penetration position is under about 6mm from the center of the eye toward the central axis of the eye. 試験ごとに新しい眼が使用される(合計60眼)。 The new eye is used for each test (total 60 eyes). 様々な針の穿通力の結果が、表2および図8に示される。 Results of the various needle penetration force of are shown in Table 2 and FIG.

参照による援用 本明細書で参照される特許および科学文献は、当業者に利用可能な知識を確立している。 Patent and scientific literature referred to incorporated herein by reference, establishes knowledge that is available to those skilled in the art. 本明細書に引用されたすべての特許、特許出願、および公開文献は、参照によりその全体が本明細書に援用される。 All patents cited herein, patent applications, and publications in their entirety are incorporated by reference herein.

等価物 当業者であれば、本明細書で具体的に説明された特定の実施形態に対する数多くの等価物を、日常の実験だけを用いて、認識し、あるいは確認することができるであろう。 If Equivalents Those skilled in the art, numerous equivalents to the specific embodiments that have been specifically described herein, using only routine experimentation, recognize, or will be able to ascertain. こうした等価物は、特許請求の範囲の範囲内に包含されることが意図される。 Such equivalents are intended to be encompassed within the scope of the appended claims.

ルアーハブ、カニューレ、および標準斜端を有する針先端を備える針アセンブリの概略図である。 Luer hub, is a schematic view of the needle assembly with a needle tip having a cannula, and a standard bevel. ルアーハブ、カニューレ、および針先端シールドを備える針アセンブリの概略図である。 Luer hub, is a schematic view of the needle assembly comprising a cannula, and a needle tip shield. 低デッドスペースのハブアセンブリを備えるシリンジと針のアセンブリの概略図である。 It is a schematic view of a syringe and needle assembly comprising a hub assembly of the low dead space. 2筒式シリンジの第1の実施形態を示す図である。 It is a diagram showing a first embodiment of a two-barrel syringe. 2筒式シリンジの第1の実施形態を示す図である。 It is a diagram showing a first embodiment of a two-barrel syringe. 流体交換装置の概略図である。 It is a schematic diagram of a fluid exchange system. タンデム型シリンジの概略図である。 It is a schematic view of a tandem-type syringe. 様々な針によって必要とされる穿通力を示すグラフである。 Is a graph showing the penetration force required by the various needles.

Claims (50)

  1. 近位端および遠位端ならびに1mL以下の容量を有し、注射溶液を含有するようになされた筒を備えるシリンジであって、前記溶液が、筒内に含有されたとき1mL当たり50粒子未満の顕微鏡でしか見えない粒子数を含む、シリンジと、 Has the following capacity proximal and distal ends and 1mL, injectable solution a syringe with a made-cylinder to contain the solution, less than 50 particles per 1mL when contained in the barrel including the number of particles that can not be seen only with a microscope, and the syringe,
    筒の遠位端に取り付けられたルアーロック先端と、 A luer lock tip attached to the distal end of the tube,
    27以下のゲージを有し、ルアーロック先端への取り付けのためにルアーロックハブに取り付けられたカニューレを備える針であって、眼強膜組織を穿通するのに100g未満の穿通力を必要する針と、 27 have the following gauge, a needle with a cannula attached to luer lock hub for attachment to luer lock tip, that requires a penetration force of less than 100g to penetrate the ocular scleral tissue needle When,
    筒内に含有された溶液を密封するためにルアーロック先端に取り付けられたシリンジ先端キャップと、 A syringe tip cap attached to the luer lock tip to seal the solution contained in the barrel,
    ルアーロックハブに取り付け、針を封入するようになされた針先端シールドとを備える、硝子体内注射用の装置。 Attached to the luer lock hub, and a needle tip shield adapted to enclose the needle, apparatus for intravitreal injection.
  2. 針が、29以下のゲージを有する、請求項1に記載の装置。 Needle has a 29 following gauge device according to claim 1.
  3. 針が、30ゲージのカニューレである、請求項1に記載の装置。 Needle, a cannula 30 gauge device according to claim 1.
  4. 針が、複数の斜端の先端を備える、請求項1に記載の装置。 Needle comprises a tip of a plurality of bevels, according to claim 1.
  5. 針が、3つの斜端の先端を備える、請求項1に記載の装置。 Needle comprises a tip of the three bevels, according to claim 1.
  6. 針が、5つの斜端の先端を備える、請求項1に記載の装置。 Needle comprises a tip five bevels, according to claim 1.
  7. 針が、シリコン被覆を含む、請求項1に記載の装置。 Needle includes a silicon coating apparatus according to claim 1.
  8. 針が、眼強膜組織を穿通するのに70g未満の穿通力を必要とする、請求項1に記載の装置。 Needle, require a penetration force of less than 70g to penetrate the ocular scleral tissue, according to claim 1.
  9. 針が、眼強膜組織を穿通するのに50g未満の穿通力を必要とする、請求項1に記載の装置。 Needle, require a penetration force of less than 50g to penetrate the ocular scleral tissue, according to claim 1.
  10. 針が、±50%の変動性を有する穿通力を必要とする、請求項8に記載の装置。 Needle requires a penetration force with a 50% variability ±, apparatus according to claim 8.
  11. 針が、±30%の変動性を有する穿通力を必要とする、請求項8に記載の装置。 Needle requires a penetration force with a 30% variability of ±, apparatus according to claim 8.
  12. 針が、±10%の変動性を有する穿通力を必要とする、請求項8に記載の装置。 Needle requires a penetration force with a 10% variability of ±, apparatus according to claim 8.
  13. 筒内に含有された注射溶液が、1mL当たり60粒子以下の10μmサイズ以上の顕微鏡でしか見えない粒子数を含む、請求項1に記載の装置。 Injectable solution contained in the barrel comprises a number of particles not visible only in 1mL per 60 particles below 10μm size than a microscope, according to claim 1.
  14. 筒内に含有された注射溶液が、1mL当たり10粒子以下の25μmサイズ以上の顕微鏡でしか見えない粒子数を含む、請求項1に記載の装置。 Injectable solution contained in the barrel comprises a number of particles only visible in 1mL per 10 particles or less of 25μm size than a microscope, according to claim 1.
  15. 筒内に含有された注射溶液が、1mL当たり5粒子以下の50μmサイズ以上の顕微鏡でしか見えない粒子数を含む、請求項1に記載の装置。 Injectable solution contained in the barrel comprises a number of particles only visible in 1mL per 5 particles or less of 50μm size than a microscope, according to claim 1.
  16. 筒内に含有された注射溶液が、1mL当たり20粒子以下の10μmサイズ以上の顕微鏡でしか見えない粒子数を含む、請求項1に記載の装置。 Injectable solution contained in the barrel comprises a number of particles only visible in 1mL per 20 particles or less of 10μm size than a microscope, according to claim 1.
  17. 筒内に含有された注射溶液が、1mL当たり5粒子以下の25μmサイズ以上の顕微鏡でしか見えない粒子数を含む、請求項1に記載の装置。 Injectable solution contained in the barrel comprises a number of particles only visible in 1mL per 5 particles or less of 25μm size than a microscope, according to claim 1.
  18. 筒内に含有された注射溶液が、1mL当たり2粒子以下の50μmサイズ以上の顕微鏡でしか見えない粒子数を含む、請求項1に記載の装置。 Injectable solution contained in the barrel comprises a number of particles only visible in 1mL per 2 particles less 50μm size than a microscope, according to claim 1.
  19. 筒内に含有された注射溶液が、150ppb未満の50μmサイズ以上の顕微鏡でしか見えない粒子濃度を含む、請求項1に記載の装置。 Injectable solution contained in the barrel comprises a particle concentration invisible only 50μm size above microscope of less than 150 ppb, apparatus according to claim 1.
  20. 筒内に含有された注射溶液が、150ppb未満の25μmサイズ以上の顕微鏡でしか見えない粒子濃度を含む、請求項1に記載の装置。 Injectable solution contained in the barrel comprises a particle concentration invisible only 25μm size above microscope of less than 150 ppb, apparatus according to claim 1.
  21. 筒内に含有された注射溶液が、150ppb未満の10μmサイズ以上の顕微鏡でしか見えない粒子濃度を含む、請求項1に記載の装置。 Injectable solution contained in the barrel comprises a particle concentration invisible only 10μm size above microscope of less than 150 ppb, apparatus according to claim 1.
  22. 筒内に含有された注射溶液の量が、約200μLである、請求項1に記載の装置。 The amount of injectable solution contained in the barrel is about 200 [mu] L, according to claim 1.
  23. 筒内に含有された注射溶液の量が、約100μLである、請求項1に記載の装置。 The amount of injectable solution contained in the barrel is about 100 [mu] L, according to claim 1.
  24. 筒内に含有された注射溶液の量が、約90μLである、請求項1に記載の装置。 The amount of injectable solution contained in the barrel is about 90 [mu] L, according to claim 1.
  25. 筒内に含有された注射溶液の量が、約50μLである、請求項1に記載の装置。 The amount of injectable solution contained in the barrel is about 50 [mu] L, according to claim 1.
  26. 装置が、60μL未満の無駄スペースを含む、請求項1に記載の装置。 Device includes a dead space of less than 60 [mu] L, according to claim 1.
  27. 装置が、0.1μL未満の無駄スペースを含む、請求項1に記載の装置。 Device includes a dead space of less than 0.1 [mu] L, according to claim 1.
  28. 装置が、0.05μL未満の無駄スペースを含む、請求項1に記載の装置。 Device includes a dead space of less than 0.05MyuL, apparatus according to claim 1.
  29. 装置が、0.001μL未満の無駄スペースを含む、請求項1に記載の装置。 Device includes a dead space of less than 0.001MyuL, apparatus according to claim 1.
  30. シリンジ先端キャップが、プラスチック製である、請求項1に記載の装置。 Syringe tip cap is made of plastic, according to claim 1.
  31. シリンジ先端キャップが、エラストマー配合物を含む、請求項1に記載の装置。 Syringe tip cap comprises an elastomeric compound, according to claim 1.
  32. シリンジ先端キャップが、イソプレン混合物を含む、請求項1に記載の装置。 Syringe tip cap comprises isoprene mixtures, according to claim 1.
  33. シリンジ先端キャップが、クロロブチルまたはブロモブチルのゴムストッパを備える、請求項1に記載の装置。 Syringe tip cap comprises a rubber stopper chlorobutyl or bromobutyl, apparatus according to claim 1.
  34. 針先端シールドが、剛性である、請求項1に記載の装置。 Needle tip shield is a rigid device according to claim 1.
  35. 針先端シールドが、カニューレに接触しない、請求項1に記載の装置。 Needle tip shield is not in contact with the cannula device of claim 1.
  36. 針先端シールドが、1つまたは複数の開口部を備える、請求項1に記載の装置。 Needle tip shield comprises one or more openings, according to claim 1.
  37. 針先端シールドが、殺菌ガスまたは蒸気、あるいはプラズマを通すことができる、請求項1に記載の装置。 Needle tip shield, can be passed through sterilizing gas or vapor or plasma, according to claim 1.
  38. 殺菌ガスまたは蒸気が、H またはEtOあるいはH から発生したプラズマである、請求項37に記載の装置。 Sterilizing gas or vapor is a plasma generated from the H 2 O 2 or EtO, or H 2 O 2, apparatus according to claim 37.
  39. 針先端シールドが、ポリプロピレンまたはスチレンブロック熱可塑性エラストマーを含む、請求項1に記載の装置。 Needle tip shield comprises a polypropylene or a styrene block thermoplastic elastomer, according to claim 1.
  40. 筒内に含有された注射溶液が、治療薬剤を含む、請求項1に記載の装置。 Injectable solution contained in the barrel comprises a therapeutic agent, according to claim 1.
  41. 治療薬剤が、抗VEGFアプタマーである、請求項1に記載の装置。 Therapeutic agent is an anti-VEGF aptamer, apparatus according to claim 1.
  42. 治療薬剤が、ペガプタニブナトリウムである、請求項1に記載の装置。 Therapeutic agent is a pegaptanib sodium Apparatus according to claim 1.
  43. 注射溶液が、約0.003mg〜約3.0mgのペガプタニブナトリウムを含む、請求項1に記載の装置。 Injection solution comprises pegaptanib sodium from about 0.003mg~ about 3.0 mg, according to claim 1.
  44. 注射溶液が、約0.3mgのペガプタニブナトリウムを含む、請求項1に記載の装置。 Injection solution comprises pegaptanib sodium from about 0.3 mg, according to claim 1.
  45. シリンジが、2つ以上の筒を備える、請求項1に記載の装置。 Syringe comprises two or more tubular device of claim 1.
  46. シリンジが、近位端および遠位端を有する第1の筒と近位端および遠位端を有する第2の筒とを備え、第1の筒および第2の筒の各々が、それぞれ第1の注射溶液および第2の注射溶液を独立に含む、請求項45に記載の装置。 Syringe, and a second cylinder having a first cylinder and a proximal end and a distal end having a proximal end and a distal end, each of the first cylinder and the second cylinder, the respective 1 injectable solutions and the second injection solutions containing independently apparatus of claim 45.
  47. 第1の筒および第2の筒が、タンデム配列で配置される、請求項46に記載の装置。 The first barrel and the second barrel is arranged in a tandem arrangement, according to claim 46.
  48. 第1の筒および第2の筒が、隣り合わせの配列で配置される、請求項46に記載の装置。 The first barrel and the second barrel is arranged side by side in sequence, according to claim 46.
  49. 第1の注射溶液が、ペガプタニブナトリウムを含み、第2の溶液が、抗PDGFアプタマーを含む、請求項46に記載の装置。 First injection solutions, include pegaptanib sodium, second solution comprises an anti-PDGF aptamer, apparatus according to claim 46.
  50. シリンジが、 Syringe,
    近位端および遠位端ならびに第1の密封部材を有する外側の第1の区画と、 A first compartment outside having a proximal end and a distal end and a first sealing member,
    第2の注射溶液で充填された内側の第2の区画であって、外側の第1の区画のプランジャとして機能する、内側の第2の区画と、 A second injection solution filled second compartment of the inner and functions as the outside of the first plunger section of the second compartment inner,
    第1の密封部材に穴をあけるための、外側の第1の区画の遠位端にある穿孔装置と、 For piercing the first sealing member, a piercing device at the distal end of the first section of the outer,
    外側の第1の区画内に含有された第1の注射溶液と、 A first injection solution contained within the first compartment of the outer,
    内側の第2の区画内に含有された第2の注射溶液とを備える、請求項45に記載の装置。 And a second injection solution contained in the second compartment of the inner Apparatus according to claim 45.
JP2008531405A 2005-09-16 2006-09-18 Ophthalmic syringe Pending JP2009508593A (en)

Priority Applications (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
US71786505 true 2005-09-16 2005-09-16
PCT/US2006/036260 WO2007035621A1 (en) 2005-09-16 2006-09-18 Ophthalmic syringe

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2009508593A true true JP2009508593A (en) 2009-03-05

Family

ID=37478598

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2008531405A Pending JP2009508593A (en) 2005-09-16 2006-09-18 Ophthalmic syringe

Country Status (4)

Country Link
EP (1) EP1924309A1 (en)
JP (1) JP2009508593A (en)
CA (1) CA2622573A1 (en)
WO (1) WO2007035621A1 (en)

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2014028114A (en) * 2012-07-03 2014-02-13 Novartis Ag Syringe
KR200479125Y1 (en) * 2014-07-11 2015-12-21 류승호 Double Needle type Syringe
WO2016006342A1 (en) * 2014-07-08 2016-01-14 テルモ株式会社 Injection needle

Families Citing this family (15)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
EP2280676A2 (en) 2008-04-25 2011-02-09 The Regents of the University of California Device to store and inject corneal graft
US8231608B2 (en) 2008-05-08 2012-07-31 Minipumps, Llc Drug-delivery pumps and methods of manufacture
DK2320989T3 (en) 2008-05-08 2015-06-22 Minipumps Llc Implantable pumps and needles thereof
US9333297B2 (en) 2008-05-08 2016-05-10 Minipumps, Llc Drug-delivery pump with intelligent control
US8623395B2 (en) 2010-01-29 2014-01-07 Forsight Vision4, Inc. Implantable therapeutic device
US8399006B2 (en) 2009-01-29 2013-03-19 Forsight Vision4, Inc. Posterior segment drug delivery
WO2012013587A1 (en) * 2010-07-26 2012-02-02 Sanofi-Aventis Deutschland Gmbh Multiple needle assembly for an injection device
CA2807535A1 (en) 2010-08-05 2012-02-09 Forsight Vision4, Inc. Injector apparatus and method for drug delivery
CA2807554A1 (en) 2010-08-05 2012-02-09 Forsight Vision4 Inc. Implantable therapeutic device
EP2755600A4 (en) 2011-09-16 2015-09-16 Forsight Vision4 Inc Fluid exchange apparatus and methods
US10010448B2 (en) 2012-02-03 2018-07-03 Forsight Vision4, Inc. Insertion and removal methods and apparatus for therapeutic devices
US9526654B2 (en) 2013-03-28 2016-12-27 Forsight Vision4, Inc. Ophthalmic implant for delivering therapeutic substances
EP3060131A1 (en) * 2013-10-21 2016-08-31 Accuro Technologies Inc. Double barrel syringe and method to use same for placement confirmation and joint space injection
EP3191161A4 (en) * 2014-07-28 2018-03-07 Medical Instrument Development Laboratories, Inc. Reinforcing slider for surgical hand tool
CA2957548A1 (en) 2014-08-08 2016-02-11 Forsight Vision4, Inc. Stable and soluble formulations of receptor tyrosine kinase inhibitors, and methods of preparation thereof

Citations (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2002095743A (en) * 2000-09-22 2002-04-02 Terumo Corp Liquid pouring implement
US20030120201A1 (en) * 2001-12-21 2003-06-26 Abergel R. Patrick Methods and devices for sclerotherapy
JP2004532060A (en) * 2001-03-15 2004-10-21 ベクトン・ディキンソン・アンド・カンパニーBecton, Dickinson And Company Method of sterilizing a syringe and needle shield assembly and said set start-goods
US20040230183A1 (en) * 2003-02-18 2004-11-18 Wisam Breegi Drug delivery device and syringe for filling the same
JP2005110735A (en) * 2003-10-03 2005-04-28 Keizo Tanii Tandem type 2-layered syringe preparation for filling liquid chemical
US20050148947A1 (en) * 2003-12-30 2005-07-07 Advanced Medical Optics, Inc. Cannula locking device
JP2005523082A (en) * 2002-04-16 2005-08-04 イムプリント ファーマスーティカルス リミテッドImprint Pharmaceuticals Limited Side opening with injection needle

Family Cites Families (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US5792099A (en) * 1995-02-14 1998-08-11 Decamp; Dennis Syringe and cannula for insertion of viscoelastic material into an eye and method of using same

Patent Citations (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2002095743A (en) * 2000-09-22 2002-04-02 Terumo Corp Liquid pouring implement
JP2004532060A (en) * 2001-03-15 2004-10-21 ベクトン・ディキンソン・アンド・カンパニーBecton, Dickinson And Company Method of sterilizing a syringe and needle shield assembly and said set start-goods
US20030120201A1 (en) * 2001-12-21 2003-06-26 Abergel R. Patrick Methods and devices for sclerotherapy
JP2005523082A (en) * 2002-04-16 2005-08-04 イムプリント ファーマスーティカルス リミテッドImprint Pharmaceuticals Limited Side opening with injection needle
US20040230183A1 (en) * 2003-02-18 2004-11-18 Wisam Breegi Drug delivery device and syringe for filling the same
JP2005110735A (en) * 2003-10-03 2005-04-28 Keizo Tanii Tandem type 2-layered syringe preparation for filling liquid chemical
US20050148947A1 (en) * 2003-12-30 2005-07-07 Advanced Medical Optics, Inc. Cannula locking device

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2014028114A (en) * 2012-07-03 2014-02-13 Novartis Ag Syringe
JP2014087678A (en) * 2012-07-03 2014-05-15 Novartis Ag Syringe
WO2016006342A1 (en) * 2014-07-08 2016-01-14 テルモ株式会社 Injection needle
US10130777B2 (en) 2014-07-08 2018-11-20 Terumo Kabushiki Kaisha Injection needle
KR200479125Y1 (en) * 2014-07-11 2015-12-21 류승호 Double Needle type Syringe

Also Published As

Publication number Publication date Type
WO2007035621A1 (en) 2007-03-29 application
CA2622573A1 (en) 2007-03-29 application
EP1924309A1 (en) 2008-05-28 application

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5364374A (en) Microneedle for injection of ocular blood vessels
US20100010452A1 (en) Apparatus for intra-ocular injection
Raghava et al. Periocular routes for retinal drug delivery
US20080033351A1 (en) Ocular implant delivery assemblies with distal caps
EP0244178A2 (en) Intraocular dosage compositions and method of use
US20030018044A1 (en) Treatment of ocular disease
US20060002963A1 (en) Use of emulsions for intra and periocular injections
US6692759B1 (en) Methods for preparing and using implantable substance delivery devices
US20040230183A1 (en) Drug delivery device and syringe for filling the same
US20060200097A1 (en) Reservoirs with subretinal cannula for subretinal drug delivery
Patel et al. Targeted administration into the suprachoroidal space using a microneedle for drug delivery to the posterior segment of the eye
US20070202186A1 (en) Apparatus and formulations for suprachoroidal drug delivery
Lucena et al. Intraoperative bleeding during vitrectomy for diabetic tractional retinal detachment with versus without preoperative intravitreal bevacizumab (IBeTra study)
US20100266664A1 (en) Devices And Methods For Ophthalmic Drug Delivery
WO2013096626A1 (en) Implantable intraocular drug delivery apparatus, system and method
US20050143363A1 (en) Method for subretinal administration of therapeutics including steroids; method for localizing pharmacodynamic action at the choroid of the retina; and related methods for treatment and/or prevention of retinal diseases
US20030060763A1 (en) Guide means for intraocular injection
US20140323995A1 (en) Targeted Drug Delivery Devices and Methods
Chalam et al. Intracameral Avastin dramatically resolves iris neovascularization and reverses neovascular glaucoma
WO2011106702A2 (en) Sustained delivery of therapeutic agents to an eye compartment
US20150258120A1 (en) Methods and devices for the treatment of ocular diseases in human subjects
US20030119812A1 (en) Method for decreasing capillary permeability in the retina
Kang-Mieler et al. Advances in ocular drug delivery: emphasis on the posterior segment
WO2010125416A1 (en) Drug delivery to the anterior and posterior segments of the eye
Zhang et al. Pharmacokinetics and tolerance study of intravitreal injection of dexamethasone-loaded nanoparticles in rabbits

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20090908

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20110908

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20110913

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20120228