JP2009506899A - 切断装置用供給装置 - Google Patents

切断装置用供給装置 Download PDF

Info

Publication number
JP2009506899A
JP2009506899A JP2008528972A JP2008528972A JP2009506899A JP 2009506899 A JP2009506899 A JP 2009506899A JP 2008528972 A JP2008528972 A JP 2008528972A JP 2008528972 A JP2008528972 A JP 2008528972A JP 2009506899 A JP2009506899 A JP 2009506899A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
web
magnet
feeding
supply
transport
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2008528972A
Other languages
English (en)
Other versions
JP5192379B2 (ja
Inventor
アントニー スロッツ、
マルティヌス レフタースホト、
Original Assignee
ヴェーエムイー エペ ホーランド ベー.ヴェー.
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to NL1029863A priority Critical patent/NL1029863C2/nl
Priority to NL1029863 priority
Application filed by ヴェーエムイー エペ ホーランド ベー.ヴェー. filed Critical ヴェーエムイー エペ ホーランド ベー.ヴェー.
Priority to PCT/NL2006/000441 priority patent/WO2007027088A2/en
Publication of JP2009506899A publication Critical patent/JP2009506899A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP5192379B2 publication Critical patent/JP5192379B2/ja
Expired - Fee Related legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B29WORKING OF PLASTICS; WORKING OF SUBSTANCES IN A PLASTIC STATE IN GENERAL
    • B29DPRODUCING PARTICULAR ARTICLES FROM PLASTICS OR FROM SUBSTANCES IN A PLASTIC STATE
    • B29D30/00Producing pneumatic or solid tyres or parts thereof
    • B29D30/06Pneumatic tyres or parts thereof (e.g. produced by casting, moulding, compression moulding, injection moulding, centrifugal casting)
    • B29D30/38Textile inserts, e.g. cord or canvas layers, for tyres; Treatment of inserts prior to building the tyre
    • B29D30/46Cutting textile inserts to required shape
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B65CONVEYING; PACKING; STORING; HANDLING THIN OR FILAMENTARY MATERIAL
    • B65HHANDLING THIN OR FILAMENTARY MATERIAL, e.g. SHEETS, WEBS, CABLES
    • B65H20/00Advancing webs
    • B65H20/16Advancing webs by web-gripping means, e.g. grippers, clips
    • B65H20/18Advancing webs by web-gripping means, e.g. grippers, clips to effect step-by-step advancement of web
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B65CONVEYING; PACKING; STORING; HANDLING THIN OR FILAMENTARY MATERIAL
    • B65HHANDLING THIN OR FILAMENTARY MATERIAL, e.g. SHEETS, WEBS, CABLES
    • B65H2801/00Application field
    • B65H2801/93Tyres
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC
    • Y10TTECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER US CLASSIFICATION
    • Y10T83/00Cutting
    • Y10T83/647With means to convey work relative to tool station
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC
    • Y10TTECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER US CLASSIFICATION
    • Y10T83/00Cutting
    • Y10T83/647With means to convey work relative to tool station
    • Y10T83/654With work-constraining means on work conveyor [i.e., "work-carrier"]

Abstract

強化ゴム材料のウェブの切断装置用の供給装置であって、ウェブ係合部を備えている第1と第2のウェブ搬送部を有し、第1と第2のウェブ搬送部はウェブ方向に互いに離れており、それぞれが、一体で往復運動するように互いに接続されている第1と第2のキャリッジに取り付けられているか、共通の往復運動可能なキャリッジに取り付けられており、第1のウェブ搬送部は、第2のウェブ搬送部の下流に位置しており、供給装置は、両搬送部を備えている1つまたは2つのキャリッジを往復運動中に案内するガイドを有し、両搬送部を備えている1つまたは2つのキャリッジ用のガイドは、往復運動のストローク全体に対して連続している。

Description

本発明は、タイヤの製造に使用されるウェブ形状材料の切断装置用の供給装置に関する。
そのような供給装置は切断装置と共に、いわゆるブレーカ切断システムの一部であって、材料のウェブの巻き出し架台と、切断されたウェブの複数の片の排出装置と、ウェブの複数の片を1つに継ぎ合わす接合機と、新しく合成されたウェブの巻き取り架台とがさらに一体となっていることもある。
ウェブの材料は、通常、補強のためにウェブの長さ方向に延びている鋼コードを有している未加硫ゴムである。ウェブは、切断装置に15〜90度の角度で供給され、そこで平行四辺形の複数の片に連続して切断される。複数の片は、切断線と平行な方向に排出され、接合機上で、切断されていない側部で継ぎ合わされる。このようにして新しいウェブが得られ、ウェブ内では鋼コードがウェブの主方向に対して角度を有している。
供給装置は、初めのウェブを切断装置に、順次、不連続に供給し、供給長さと供給角度とが設定可能である。供給速度、精度、および形状を保持している材料がここでは非常に重要である。作られるウェブ中での各々のずれが、製造されるタイヤの安定性、したがって安全性に対して重大な影響を持つ場合がある。
ウェブを支持しているローラトラックと、ローラトラックの上方に配置されており初めのウェブに対して横方向となる上流磁石ビームと、この磁石ビームと切断装置との間に位置している傾斜磁石ビームとの2つの磁石ビームを有している供給装置が一般に知られている。両磁石ビームは自身の1対のガイド上を往復運動可能である。傾斜磁石ビームの両ガイドは、下流端部の位置で、切断装置の刃の前でかつ上方に位置しているプレートに取り付けられている。傾斜磁石ビームは、両ガイド上を移動可能な2つのスリーブからつり下げられている。両磁石ビームは1つの連結ロッドによって互いに連結されている。供給装置の中間には、横方向ビームが取り付けられている輪が存在している。横方向ビームは、2つのガイドと傾斜磁石ビームと共に、平行四辺形構造を構成している。供給装置全体が揺動するときには、この平行四辺形は独自に変形する。それに対して、下流磁石ビームは常におおよそ正しい傾斜位置を占める。高速の場合に慣性力が問題になる。多くの接合部分、特に回転の4つの接合部分/点では、遊びが増加する。(複雑な)平行四辺形は、内部変形しやすい。その結果、この機械は実際には、現在の精度に対する高い要求をもはや満たすことはできない。
他の実施形態が欧州特許出願第1.286.903号明細書に記載されている。数個の隣接して配置されているコンベアベルトが使用されている。複数のコンベアベルトはウェブを支持しており、ウェブを共に搬送できるように磁石が設けられている。供給装置が揺動するときには、複数のコンベアベルトを短くすることができる。しかし、これは複雑な構成である。
本発明の目的は、前提部分で述べられている種類の供給装置であって、より高い精度を実現する供給装置を提供することである。
本発明の一態様によれば、強化ゴム材料のウェブの切断装置用の供給装置であって、ウェブ係合部を備えている第1と第2のウェブ搬送部を有し、第1と第2のウェブ搬送部はウェブ方向に互いに離れており、それぞれが、一体で往復運動するように互いに接続されている第1と第2のキャリッジに取り付けられているか、共通の往復運動可能なキャリッジに取り付けられており、第1のウェブ搬送部は、第2のウェブ搬送部の下流に位置しており、供給装置は、両搬送部を備えている1つまたは2つのキャリッジを往復運動中に案内するガイドを有し、両搬送部を備えている1つまたは2つのキャリッジ用のガイドは、往復運動のストローク全体に対して連続している供給装置を提供する。
このように、両ウェブ搬送部の相互変位を防止することができ、その結果、両ウェブ搬送部はいわば一体となり、ウェブは両ウェブ搬送部によってその主平面内での変形のおそれができるだけ少ない状態で移動する。このように、切断装置に対して排出されるウェブの形状と方向との信頼性が高くなる。
鋼製の補強コードの場合は、ウェブ係合部は磁力によって作動させることができる。合成物質による補強の場合、吸引カップなどの他の種類の係合部を使用することができる。
一実施態様では、ガイドはウェブの上方に位置している。ウェブ搬送部は、ガイドから下方に延びていてもよい。
一実施態様では、ウェブ搬送部の各々に対してキャリッジが設けられており、両キャリッジの共通駆動部が存在し、その結果、両キャリッジの相互変位の信頼性がさらに高まっている。
1つまたは2つのキャリッジの駆動部がサーボモータを有している場合、ウェブ搬送部の変位の精度が高くなる。駆動部は、スピンドル/ナット駆動部をさらに有していてもよい。
第1のウェブ搬送部は、切断装置に対する第1のウェブ搬送部の水平平面内の角度を直接設定できるように、鉛直中心線に関して配置されるように、(第1の)キャリッジに取り付けられていてもよい。収縮/伸張可能なクランピングブロックなどの適切な手段を使用して、第1のウェブ搬送部の配置位置を固定することができる。
さらなる態様では、本発明は、第1のウェブ搬送部が、搬送部ビームと、切断装置の反対側に向いている搬送部ビームの側で突き出している水平平面内に位置している強化フレームとを有すると規定している。これによって、ウェブ搬送部の形状維持特性を長期にわたって保証する。剛性は、強化フレームが、好ましくは板材料から、一体に構成されている場合に高まる。強化フレームは搬送部ビームが固定されているストリップを有していてもよい。
強化フレームがアーチを有しているときに、剛性をさらに高めることができる。
固定手段が存在する場合、固定手段を強化フレームに係合させ、強化フレーム上で作動させるように強化フレームを使用させることもできる。
場合によっては独立しているさらなる態様では、本発明は、ウェブ搬送部は、下側表面に磁石の列が配置されている搬送部ビームを有し、磁石はウェブに対して上下に移動可能であって、抑制部が、磁石をウェブに向けておよび/またはウェブから離れるように移動させるときに、圧力をウェブに作用させるように、磁石の近くに、特に磁石の隣に存在すると規定している。このように、磁石がウェブに近づいたときにウェブ材料が上向きに動き、そのため変形すること、および/または、磁石がウェブから解放されたときにウェブ材料が磁石と共に動き、その結果、ウェブが局所的に永久的に変形(上昇)して、最終製品で精度が低下することの大部分を防止することができる。
簡単な実施態様において、抑制部は、上下に移動可能であって、磁石がウェブに係合するときにまたは係合する前にウェブに接触するまで移動可能におよび/または磁石がウェブから離れた後、ある期間後にウェブから離れるように移動可能に配置されるように、搬送部ビーム上で支持されている。
磁石とウェブ材料との間の解放処理は、抑制部が、対象としている磁石のいくつかの側部に、好ましくは対象としている磁石の少なくとも2つの対向している側部に配置されており、好ましくは磁石の周辺部分の回りに延びており、好ましくはわずかな遊びがある場合に促進される。
さらなる態様では、本発明は、一方または両方のウェブ搬送部が、下側表面に(永久)磁石の列が配置されている搬送部ビームを有し、磁石は長い磁石表面を有し、搬送部ビーム内に平行に収容されており、磁石はビーム主方向に対して傾斜角度を有して位置している、と規定している。このように、丸い磁石と比較して、より大きな力が得られるが、さらに、全ての鋼コードがウェブの全幅にわたって張られることを容易に保証することができる。これは、複数の磁石が、ビーム主方向に対して横方向の投影で考えた場合、互いに重なっている場合に促進される。
本発明のさらなる態様では、切断装置を有し、ガイドは、第1のウェブ搬送部の移動経路の上方の位置で鉛直中心線を中心にヒンジ動作するように中心ヒンジの位置で切断装置に取り付けられている上側フレーム上に配置されている、本発明の供給装置が提供される。中心ヒンジは、刃に対する供給装置の(水平平面内の)角度を設定するために、それを中心に供給装置が切断装置に対して回転できるヒンジを構成している。このように、公知の平行四辺形構成と比較して、供給装置と切断装置との間に簡単なヒンジ接続が得られ、第1のウェブ搬送部を刃の近くに位置させることが可能で、その結果、切断される材料の配置と形状との信頼性が高まる。
これは、第1のウェブ搬送部が切断装置に接触する位置まで移動可能なとき、特に、第1のウェブ搬送部が切断装置の移動可能な刃の刃ホルダに接触する位置まで移動可能なときに最適化される。そのさらなる利点は、刃ホルダを第1のウェブ搬送部の角度位置の設定の補助に使用可能なことで、その場合、第1のウェブ搬送部は刃に平行に常に容易に設定することができる。
さらなる態様では、本発明は、切断装置と切断装置に強化ゴム材料のウェブを供給する供給装置との組み立て品であって、第1と第2のウェブ搬送部を有し、第1と第2のウェブ搬送部はウェブ方向に互いに離れており、上側フレームに沿って切断装置に向けて、また離れるように移動可能であって、上側フレームは第1のウェブ搬送部の移動経路の上方の位置で鉛直中心線を中心にヒンジ動作するように、中心ヒンジの位置で切断装置に取り付けられており供給装置の切断装置に対する角度を設定するさらなる手段が存在し、第1のウェブ搬送部は、上側フレームに対する角度を鉛直中心線を中心に設定可能な組み立て品を提供する。
さらなる態様では、本発明は、強化ゴム材料のウェブの切断装置用の供給装置であって、第1と第2のウェブ搬送部を有し、第1と第2のウェブ搬送部はウェブ方向に互いに離れており、第1のウェブ搬送部は、搬送部ビームと、切断装置の反対側に向いている搬送部ビームの側で突き出している水平平面内に位置している強化フレームとを有する供給装置を提供する。
前述の実施態様において、強化フレームがアーチを有する場合、強化フレームのアーチは中心ヒンジの鉛直方向中心線上に位置している中心を有していてもよい。
さらなる態様では、本発明は、強化ゴム材料のウェブの切断装置用の供給装置であって、下側表面に磁石の列が配置されている搬送部ビームを有する少なくとも1つのウェブ搬送部を有し、磁石はウェブに対して上下に移動可能であって、抑制部が、磁石をウェブに向けておよび/またはウェブから離れるように移動させるときに、圧力をウェブに作用させるように、磁石の近くに、特に磁石の隣に存在する、供給装置を提供する。
さらなる態様では、本発明は、強化ゴム材料のウェブの切断装置用の供給装置であって、磁力によって作動する第1と第2のウェブ搬送部を有し、第1と第2のウェブ搬送部はウェブ方向に互いに離れており、両ウェブ搬送部の少なくとも一方は下側表面に磁石の列が配置されている搬送部ビームを有し、磁石は長い磁石表面を有し、搬送部ビーム内に平行に収容されており、磁石はビーム主方向に対して傾斜角度を有して位置している、供給装置を提供する。
本願で説明および/または図示した態様と手段とは、可能な場合、個別に使用される。(従属)請求項で特に説明した、第1のウェブ搬送部が配置可能であること、第1のウェブ搬送部を強化すること、磁石を配置すること、ウェブ抑制部、および他の態様などのこれらの個別の態様は、それらに関連する特許出願の分割の対象になる場合もある。
添付の図面に示されている実施態様に基づいて本発明を説明する。
図1と2に示している装置1は、供給方向Xに向けられている、複数のコード、特に鋼製のコードを備えているゴム材料のストリップRの供給のために配置されている。供給装置1は、ゴム材料のストリップを供給装置の下流に固定されている切断装置2に供給する。切断装置2は、固定されているフレーム9と、上下(E)に移動可能であって、傾斜している歯先を備えている刃5aを有している刃ホルダ5と、不図示の固定されている対向刃に加えて、刃ホルダ5の下流に位置している不図示のコンベヤを有しており、コンベヤは、公知の方法で切断されコードが切断縁に対して角度を有しているゴム材料の複数の片を方向Jの排出コンベア10に排出する。
刃5の上流では、切断装置2には、大部分が中心がS1の円形の縁28aである常設テーブル28が設けられている。テーブル28には、上側の表面内に、ゴム材料のウェブを搬送する空気クッションができるように、圧縮空気源に接続されている複数の穴(不図示)が設けられている。
装置1の供給側には、詳細を示していないゴム材料のストックロールを供えているストック装置3が配置されており、この材料は装置1に供給される。模式的に示している材料Rのウェブを参照のこと。
ストック装置3は、図2に示しているように方向Bに、切断装置2とのヒンジジョイントを中心に、一体に移動するように、供給装置1に取り付けられており、このジョイントについてはさらに説明する。
供給装置1は、図示していないが互いに対して固定されている下側フレーム8と上側フレーム4とを有している。下側フレーム8は、全ての方向に対して剛性があり、ローラトラック6を支持しており、図2の平面図も参照のこと。ローラトラック6はテーブル28の実質的に円形の縁28aに接続されている。
上側フレーム4は、全ての方向に対して剛性があり、接続ロッド23cによって剛性のある態様で互いに接続されているキャリッジ組み立て品23a(前方キャリッジ)と23b(後方キャリッジ)とがつり下げられている直線連続ガイド7(直線ガイディング)を備えている。両キャリッジ23a、23bは、一体に構成されていてもよく、その実施形態を図3に示しており、その場合、接続ロッド23cは存在しない。両キャリッジ23a、23bには、両キャリッジ23a、23bが、それに沿って方向Aに直線状の案内された動きをするように両直線ガイディング7からつり下げられているつり下げ部材27が設けられている。図3と5からわかるように、直立プレート24がキャリッジ23(または2つのキャリッジ23a、bが存在している場合23b)に取り付けられており、このプレート24はサーボモータ60を取り付ける役割がある。サーボモータ60は、サーボモータ60によって駆動される歯車60aを有しており、ナット26を直接回転させる駆動歯車63を駆動するように歯付き駆動ベルト62が歯車60aを中心に移動しており、そのナット26はスピンドル12とかみ合っており、スピンドル12はブラケット25a、25bによって上側フレーム4に固定されて、配置されている。
磁石ビーム15と16とは、キャリッジ23またはキャリッジ23a、23bに取り付けられている。磁石ビーム16はキャリッジ23、23bにその後端部つまり上流端部で固定されている。磁石ビーム16は移動方向Aを横切って延びており、磁石ビーム16に対して方向Dに移動可能な複数の磁石32を備えている。
(水平平面内で考えた場合に)角度のある方向に向いている前部つまり下流の磁石ビーム15は、配置のためにキャリッジ23aまたは23に取り付けられている。磁石ビーム15は、図2の平面図に加えて図3と4A、Bにより詳細に示しているように、実質的に1つの板、特にアルミニウムから製造されており、詳細には示していない態様で(たとえば多数のボルトによって)磁石ビーム15が下側に対して取り付けられている長さ方向のストリップ36を有しているフレーム30に取り付けられている。ストリップ36の下側に対して鉛直ストリップ37が取り付けられており、鉛直ストリップ37は磁石ビーム15にも取り付けられており、プレート30の剛性を確実に補っている。プレート30は、縁の剛性を補うためにつり下げストリップ35が取り付けられているアーチ状ストリップ32をさらに有している。
アーチ状ストリップ32を備えているプレート30によって、磁石ビーム15の剛性が特に水平平面内で補われており、最適な真直度を維持することができる。
プレート30は、水平平面内で中心線S2を中心に方向Gにヒンジ運動するようにヒンジピン38と軸受39とによってキャリッジ23aまたは23に取り付けられている。水平部分19を備えているブラケット18は、キャリッジ23aまたは23からつり下がっており、その水平部分は圧縮空気ライン21によって作動可能な空気圧シリンダ17を支持している。空気圧シリンダ17は動作したときにクランピングブロック33を延ばすことができる。すると、クランピングブロック33はアーチ状ストリップ32の下側に強制的に押しつけられる。アーチ状ストリップ32の上側には、対応したアーチ状のブレーキブロックストリップ34がキャリッジ23または23aに取り付けられており、このブレーキブロックストリップ34は、クランピングブロック33がアーチ状ストリップ32を上向きにブレーキブロックストリップ34に押しつけることができるように、クランピングブロック33と関連している圧縮空気シリンダ17とが配置されている位置に対向して配置されている。したがって、圧縮空気シリンダ17を動作させることによって、プレート30の位置を回転方向Gについてキャリッジ23、23aに対して固定することができる。このように、磁石ビーム15の角度位置も固定することができる。ただし、図2、6、および7では、キャリッジ23aはガイド7を越えて横方向に延びていることがわかり、ブレーキブロック34/クランピングブロック33の複数の位置を示している。
上側フレーム4と下側フレーム8とは、8aと61の位置で中心線S1(図1)を中心にヒンジ運動するように切断装置2に取り付けられている。直線ガイディング7は、磁石ビーム15を切断装置9に接触する位置まで配置できるように切断装置9まで十分に延びることができる。その位置で、両中心線S1とS2とが一致することが好ましい。
したがって、磁石ビーム15は、ゴム材料のウェブを刃5のできるだけ近くに搬送することができ、その結果、好ましくない変形のおそれが限定される。
磁石ビーム15は切断装置2に接触しているため、切断装置2は磁石ビーム15の基準を構成しており、それは、供給装置1の使用を開始するときに使用することができる。そのように供給装置1の使用の開始前に、キャリッジ23または両キャリッジ23a、23bを既知の0位置にまず引き込み、それに続いて、磁石ビーム15が切断装置2に対して1つまたは2つのキャリッジによって搬送される位置を計測することができる。これら2つの既知の位置によって、各供給ストローク毎にキャリッジが行う必要のある正確なストロークを(供給装置1の制御ユニットに組み込まれている計算プログラムを使用して)計算することができ、それに合わせて制御ユニットによってサーボモータ60を制御することができる。
供給方向Aと排出方向Jとの間の角度α(図6)を変更する必要のある場合、キャリッジ23は切断装置2に向けて磁石ビーム15が切断装置2に、たとえば刃ホルダ5に、再び接触するまで移動する。それから、プレート30への圧着が終了するように、空気圧シリンダ17が開放される。それに続いて、不図示の手段を使用して、供給装置1とストック装置3の組み立て品が中心線S1を中心に所望の角度位置(たとえば図7の角度β)になるまで方向Bに回転する。それから、磁石ビーム15の新しい角度位置を固定するように1つまたは2つ以上の空圧シリンダ17が作動する。供給装置の制御ユニットとサーボモータ60を制御するのに使用される前述の方法とに同じ位置が入力される。
磁石ビーム15の角度位置を固定することばかりでなく、両ガイド23a、23bまたはキャリッジ23用の連続している直線ガイディング7によって、供給ストローク中に高い信頼性で相互位置が保持される複数の位置において、ゴム材料のウェブが(複数の磁石を使用して)保持されることが保証される。
図8A〜Dと9A〜Eに基づいて、本発明の磁石ビームの他の特徴を説明する。図8A〜Dの状態では、磁石ビーム15′には、複数の磁石31′が複数のピストンロッド42′によって下側端部の位置に設けられている複数のシリンダ41′が収容されているハウジング40′が設けられている。テーブル28上に配置されているゴム材料50を模式的に示している。図8Aは非作動位置を示している。磁石ビーム15′は、テーブル28の支持表面の上方の常に高さX1の位置にある。図8Bに示しているように、磁石ビーム15がゴム材料50を移動させた後、磁石31′を再び後退(D)させなければならないことになる。しかし、磁力のせいで、ゴム材料は共に動きがちで、隆起51が発生することになる。(そのため高さX1は大き過ぎてはならない。しかし、そのようにする場合の欠点は、複数の磁石ビームが後退ストローク時にゴム材料に接触する可能性があることである。)最後に、ゴム材料の張力が磁力に打ち勝って、材料が離れることになるが、図8Cに示しているように、ゴム材料に変形52が残る。図8Dは磁石ビーム15′が次の搬送ストロークを実行するために後退したところを示している。
図9A〜Eに示している本発明の磁石ビーム15には、ハウジング40に対して上下に移動可能な抑制部43の形態の追加の機能が設けられている。図9Aと9Bとに示しているように、最初に抑制部43がゴム材料50の上側表面に接触するまで下向きに移動する(G)。それに続いて、磁石31が下向きに移動する(H)。抑制部43がゴム材料に接触するまで延びるため、磁石31が接近するときにゴム材料50内ですでに発生する隆起が防止される。
搬送ストロークが終了すると、図9Cに示しているように、まず磁石31が上向きに引き上げられる(D)が、制御部43は定位置を維持する。それに続いて、図9Dに示しているように、制御部43がI方向に上に向けて移動する。その結果、ゴム材料は平らなままである。
ゴム材料が磁石によって上向きに搬送されるのを防止した結果、さらに、テーブル28の支持表面に対する磁石の距離X2をX1よりも大きくすることができる。その結果、復帰する磁石ビーム15によるゴム材料に対する一切の干渉が防止される。
図10は磁石ビーム15の他の特別な態様を示している。磁石ビーム15の長さ方向を、この場合S3と示している。複数の磁石31は長く、線S3に対して角度Yで配置されていることがわかる。その結果、連続している複数の磁石31を方向S3に対して共により接近させることができる。重なりS4を設けることさえ可能である。このようにして、ゴム材料の最適な係合が可能になる。
本発明の装置の典型的な実施形態の模式的な側面図である。 図1の構成の模式的な平面図である。 図1と2の装置内の考え得るキャリッジ組み立て品の模式的側面図である。 図1と2の構成内の下流磁石ビーム用の回転およびクランプ機構の詳細を示している模式図である。 図1と2の構成内の下流磁石ビーム用の回転およびクランプ機構の詳細を示している模式図である。 図3の矢印Vについての模式的断面図である。 図1と2の装置の2つの角度位置の1つである。 図1と2の装置の2つの角度位置の1つである。 技術の現状の磁石ビームを使用した連続したユーザステップの1つである。 技術の現状の磁石ビームを使用した連続したユーザステップの1つである。 技術の現状の磁石ビームを使用した連続したユーザステップの1つである。 技術の現状の磁石ビームを使用した連続したユーザステップの1つである。 本発明の磁石ビームを使用した連続したユーザステップの1つである。 本発明の磁石ビームを使用した連続したユーザステップの1つである。 本発明の磁石ビームを使用した連続したユーザステップの1つである。 本発明の磁石ビームを使用した連続したユーザステップの1つである。 本発明の磁石ビームを使用した連続したユーザステップの1つである。 磁石ビームの下面図である。

Claims (42)

  1. 強化ゴム材料のウェブの切断装置用の供給装置であって、ウェブ係合部を備えている第1と第2のウェブ搬送部を有し、前記第1と第2のウェブ搬送部はウェブ方向に互いに離れており、それぞれが、一体で往復運動するように互いに接続されている第1と第2のキャリッジに取り付けられているか、共通の往復運動可能なキャリッジに取り付けられており、前記第1のウェブ搬送部は、前記第2のウェブ搬送部の下流に位置しており、該供給装置は、前記両搬送部を備えている前記1つまたは2つのキャリッジを前記往復運動中に案内するガイドを有し、前記両搬送部を備えている前記1つまたは2つのキャリッジの前記ガイドは、前記往復運動のストローク全体に対して連続している、供給装置。
  2. 前記ガイドは前記ウェブの上方に位置している、請求項1に記載の供給装置。
  3. 前記ウェブ搬送部は、前記ガイドから下方に延びている、請求項1または2に記載の供給装置。
  4. 前記第1と第2のウェブ搬送部の各々に対して第1と第2のキャリッジがそれぞれ設けられており、前記両キャリッジの共通の駆動部分をさらに有する、請求項1、2、または3に記載の供給装置。
  5. 前記ウェブ搬送部の前記1つまたは2つのキャリッジの前記駆動部分はサーボモータを有する、先行する請求項のいずれか1項に記載の供給装置。
  6. 前記駆動部分は、スピンドル/ナット駆動部を有する、請求項4または5に記載の供給装置。
  7. 前記第1のウェブ搬送部は、鉛直中心線を中心に配置されるように、前記(第1の)キャリッジに取り付けられている、先行する請求項のいずれか1項に記載の供給装置。
  8. 前記第1のウェブ搬送部を前記配置位置に固定する手段を有する、請求項7に記載の供給装置。
  9. 前記固定手段は収縮可能で伸張可能なクランピングブロックを有する、請求項8に記載の供給装置。
  10. 前記第1のウェブ搬送部は、搬送部ビームと、前記搬送部ビームの前記切断装置の反対側に向いている側で突き出している水平平面内に位置している強化フレームとを有する、先行する請求項のいずれか1項に記載の供給装置。
  11. 前記強化フレームは一体に、好ましくは板材料から、構成されている、請求項10に記載の供給装置。
  12. 前記補剛フレームは前記搬送部ビームが固定されているストリップを有する、請求項10または11に記載の供給装置。
  13. 前記強化フレームはアーチを有する、請求項10、11、または12に記載の供給装置。
  14. 前記固定手段は前記強化フレーム上で作動する、請求項10から13、請求項8または9のいずれか1項に記載の供給装置。
  15. 前記ウェブ搬送部の少なくとも一つは、下側表面に磁石の列が配置されている搬送部ビームを有し、前記複数の磁石は前記ウェブに対して上下に移動可能であって、抑制部が、前記磁石を前記ウェブに向けておよび/または前記ウェブから離れるように移動させるときに、圧力を前記ウェブに作用させるように、前記磁石の近くに、特に前記磁石の隣に存在する、先行する請求項のいずれか1項に記載の供給装置。
  16. 前記抑制部は上下に移動可能であって、前記磁石が前記ウェブに係合するときにまたは係合する前に前記ウェブに接触するまで移動可能におよび/または前記磁石が前記ウェブから離れた後、ある期間後に前記ウェブから離れるように移動可能に配置されるように、前記搬送部ビーム上で支持されている、請求項15に記載の供給装置。
  17. 前記抑制部は対象としている前記磁石のいくつかの側部に、好ましくは対象としている前記磁石の少なくとも2つの対向している側部に配置されており、前記磁石の周辺部分の回りに延びていることが好ましく、わずかに遊びがあることが好ましい、請求項15または16に記載の供給装置。
  18. 前記ウェブ搬送部は、下側表面に(永久)磁石の列が配置されている搬送部ビームを有し、前記磁石は長い磁石表面を有し、前記搬送部ビーム内に平行に収容されており、前記磁石はビーム主方向に対して傾斜角度を有して位置している、先行する請求項のいずれか1項に記載の供給装置。
  19. 前記磁石は、前記ビーム主方向を横切る投影で考えた場合、互いに重なっている、請求項18に記載の供給装置。
  20. 前記切断装置を有し、前記ガイドは、前記第1のウェブ搬送部の移動経路の上方の位置で鉛直中心線を中心にヒンジ動作するように中心ヒンジの位置で前記切断装置に取り付けられている上側フレーム上に配置されている、前記先行する請求項のいずれか1項に記載の供給装置。
  21. 前記第1のウェブ搬送部は前記切断装置に接触する位置まで移動可能な、請求項20に記載の供給装置。
  22. 前記第1のウェブ搬送部は前記切断装置の移動可能な刃の刃ホルダに接触する位置まで移動可能な、請求項21に記載の供給装置。
  23. 切断装置と前記切断装置に強化ゴム材料のウェブを供給する供給装置との組み立て品であって、第1と第2のウェブ搬送部を有し、前記第1と第2の搬送部はウェブ方向に互いに離れており、上側フレームに沿って前記切断装置に向けてそして離れるように移動可能であって、前記上側フレームは第1の搬送部の移動経路の上方の位置で鉛直中心線を中心にヒンジ動作するように前記切断装置に取り付けられており、前記供給装置の前記切断装置に対する角度を設定するさらなる手段が存在し、前記第1のウェブ搬送部は、中心ヒンジの位置で、前記上側フレームに対する角度を鉛直中心線を中心に設定可能である、組み立て品。
  24. 前記第1のウェブ搬送部を前記配置位置に固定する手段を有する、請求項23に記載の供給装置。
  25. 前記第1のウェブ搬送部は前記切断装置に接触する位置まで移動可能な、請求項23または24に記載の供給装置。
  26. 強化ゴム材料のウェブの切断装置用の供給装置であって、第1と第2のウェブ搬送部を有し、前記第1と第2のウェブ搬送部はウェブ方向に互いに離れており、前記第1のウェブ搬送部は、搬送部ビームと、前記切断装置の反対側に向いている前記搬送部ビームの側で突き出している水平平面内に位置している強化フレームとを有する、供給装置。
  27. 前記強化フレームは一体に、好ましくは板材料から、構成されていることが好ましい、請求項26に記載の供給装置。
  28. 前記強化フレームは前記搬送部ビームが固定されているストリップを有する、請求項26または27に記載の供給装置。
  29. 前記強化フレームはアーチを有する、請求項26、27、または28に記載の供給装置。
  30. 前記第1のウェブ搬送部は、前記ウェブ方向に対する角度について鉛直中心線を中心に設定可能である、請求項26〜29のいずれか1項に記載の供給装置。
  31. 前記第1のウェブ搬送部を前記配置位置に固定する手段を有する、請求項30に記載の供給装置。
  32. 前記固定手段は収縮可能で伸張可能なクランピングブロックを有する、請求項31に記載の供給装置。
  33. 前記強化フレームの前記アーチは前記鉛直方向中心線上に位置している中心を有する、請求項29またはそれに従属する請求項に記載の供給装置。
  34. 強化ゴム材料のウェブの切断装置用の供給装置であって、下側表面に磁石の列が配置されている搬送部ビームを有する少なくとも1つのウェブ搬送部を有し、前記磁石は前記ウェブに対して上下に移動可能であって、抑制部が、前記磁石を前記ウェブに向けておよび/または前記ウェブから離れるように移動させるときに、圧力を前記ウェブに作用させるように、前記磁石の近くに、特に前記磁石の隣に存在する、供給装置。
  35. 前記抑制部は上下に移動可能であって、前記磁石が前記ウェブに係合するときにまたは係合する前に前記ウェブに接触するまで移動可能におよび/または前記磁石が前記ウェブから離れた後、ある期間後に前記ウェブから離れるように移動可能に配置されるように、前記搬送部ビーム上で支持されている、請求項34に記載の供給装置。
  36. 前記抑制部は対象としている前記磁石のいくつかの側部に、好ましくは対象としている前記磁石の少なくとも2つの対向している側部に配置されており、前記磁石の周辺部分の回りに延びていることが好ましく、わずかな遊びがあることが好ましい、請求項34または35に記載の供給装置。
  37. 強化ゴム材料のウェブの切断装置用の供給装置であって、磁力によって作動する第1と第2のウェブ搬送部を有し、前記第1と第2のウェブ搬送部はウェブ方向に互いに離れており、前記両ウェブ搬送部の少なくとも一方は下側表面に磁石の列が配置されている搬送部ビームを有し、前記磁石は長い磁石表面を有し、前記搬送部ビーム内に平行に収容されており、前記磁石はビーム主方向に対して傾斜角度を有して位置している、供給装置。
  38. 前記磁石は、前記ビーム主方向を横切る投影で考えた場合、互いに重なっている、請求項37に記載の供給装置。
  39. 添付の明細書に記載されているおよび/または添付の図面に図示されている1つまたは2つ以上の特徴のある手段を備えた供給装置。
  40. 添付の明細書に記載されているおよび/または添付の図面に図示されている1つまたは2つ以上の特徴のある手段を備えた供給装置と切断装置との組み立て品。
  41. 添付の明細書に記載されているおよび/または添付の図面に図示されている1つまたは2つ以上の特徴のある手段を備えた磁石ビーム。
  42. 添付明細書に記述されているおよび/または添付図面に図示されている1つまたは2つ以上の特徴的なステップを有する方法。
JP2008528972A 2005-09-02 2006-08-31 切断装置用供給装置 Expired - Fee Related JP5192379B2 (ja)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
NL1029863A NL1029863C2 (nl) 2005-09-02 2005-09-02 Toevoerder voor snij-inrichting.
NL1029863 2005-09-02
PCT/NL2006/000441 WO2007027088A2 (en) 2005-09-02 2006-08-31 Supply device for cutting device

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2009506899A true JP2009506899A (ja) 2009-02-19
JP5192379B2 JP5192379B2 (ja) 2013-05-08

Family

ID=36228758

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2008528972A Expired - Fee Related JP5192379B2 (ja) 2005-09-02 2006-08-31 切断装置用供給装置

Country Status (11)

Country Link
US (1) US8549969B2 (ja)
EP (1) EP1919811B1 (ja)
JP (1) JP5192379B2 (ja)
KR (1) KR101305883B1 (ja)
CN (1) CN101253115B (ja)
AT (1) AT544710T (ja)
BR (1) BRPI0615417A2 (ja)
NL (1) NL1029863C2 (ja)
RU (1) RU2412103C2 (ja)
TW (1) TWI367814B (ja)
WO (1) WO2007027088A2 (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2015098083A (ja) * 2013-11-19 2015-05-28 カール オイゲン フィッシャー ゲゼルシャフト ミット ベシュレンクテル ハフツングKarl Eugen Fischer Gesellschaft mit beschraenkter Haftung 接着性のある薄いバンド、特にコードバンドを切断する切断装置

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
DE102012107215B4 (de) * 2012-08-07 2016-12-01 Karl Eugen Fischer Gmbh Vorrichtung zum Überlappspleißen von Cordband

Citations (10)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
DE1255919B (de) * 1961-11-22 1967-12-07 Continental Gummi Werke Ag Zufuehrungsvorrichtung mit einer Transportbahn fuer eine mit Drahtseilen verstaerkteKautschukbahn an einer Schraeg- und Querschneideinrichtung
JPS529715B2 (ja) * 1971-11-05 1977-03-17
DE2707917A1 (de) * 1977-02-24 1978-08-31 Fischer Maschf Karl E Vorrichtung zum schneiden von beidseitig in gummi eingebetteten stahldrahtlitzen
JPS5889294U (ja) * 1981-12-07 1983-06-16
JPS6144598A (en) * 1984-08-02 1986-03-04 Mitsubishi Heavy Ind Ltd Carry-in device for tire cord
JPS63230462A (en) * 1987-03-19 1988-09-26 Mitsubishi Heavy Ind Ltd Tire cord transfer apparatus
JPH07100956A (ja) * 1993-09-30 1995-04-18 Mitsubishi Heavy Ind Ltd コード入りタイヤ材料の切断装置
JPH07214695A (ja) * 1994-02-02 1995-08-15 Mitsubishi Heavy Ind Ltd バイアスカッターのタイヤ構成材料搬入装置
JP2001009929A (ja) * 1999-06-28 2001-01-16 Yokohama Rubber Co Ltd:The ベルト部材の端尺除去方法及びその装置
US20050000626A1 (en) * 2003-02-13 2005-01-06 Michelin Recherche Et Technique S.A. Shaping and laying a tire belt ply

Family Cites Families (12)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US2767823A (en) * 1953-01-29 1956-10-23 Beamish Bernard Delacour Conveyor system
DE1260131B (de) * 1964-06-08 1968-02-01 Continental Gummi Werke Ag Einrichtung zum Zufuehren einer Bahn oder Platte aus Gummi zu einer Schneidmaschine
US3616978A (en) * 1967-07-26 1971-11-02 Stewarts & Lloyds Ltd Conveyors
JPS5146945B1 (ja) * 1969-03-25 1976-12-11
DE1921749A1 (de) * 1969-04-29 1970-11-12 Continental Gummi Werke Ag Schraeg- oder Quertrennvorrichtung fuer Bahnen aus parallel nebeneinanderliegenden Drahtseilen
US4010664A (en) * 1976-03-19 1977-03-08 The Goodyear Tire & Rubber Company Bias ply cutter feed apparatus
JPS5889294A (en) 1981-11-20 1983-05-27 Aisin Seiki Apparatus for stopping rotation of inner hook of horizontal full rotary hook
JP3207655B2 (ja) * 1994-02-02 2001-09-10 三菱重工業株式会社 バイアスカッタ
AT282576T (de) * 2000-05-17 2004-12-15 Vmi Epe Holland Zuführeinrichtung zum zuführen von gummimaterial zu einer schneideinrichtung
DE10113379B4 (de) * 2001-03-20 2006-08-24 Karl Eugen Fischer Gmbh Maschinenfabrik Vorschubeinrichtung, insbesondere für Cordbänder
DE10201368C1 (de) * 2002-01-16 2003-05-28 Fischer Maschf Karl E Schere zum Schneiden von Bandmaterial
PT1783072E (pt) * 2005-11-04 2008-05-16 Thierry Verroeye Método e dispositivo para manipular peças perfiladas, particularmente, para empilhar peças perfiladas

Patent Citations (10)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
DE1255919B (de) * 1961-11-22 1967-12-07 Continental Gummi Werke Ag Zufuehrungsvorrichtung mit einer Transportbahn fuer eine mit Drahtseilen verstaerkteKautschukbahn an einer Schraeg- und Querschneideinrichtung
JPS529715B2 (ja) * 1971-11-05 1977-03-17
DE2707917A1 (de) * 1977-02-24 1978-08-31 Fischer Maschf Karl E Vorrichtung zum schneiden von beidseitig in gummi eingebetteten stahldrahtlitzen
JPS5889294U (ja) * 1981-12-07 1983-06-16
JPS6144598A (en) * 1984-08-02 1986-03-04 Mitsubishi Heavy Ind Ltd Carry-in device for tire cord
JPS63230462A (en) * 1987-03-19 1988-09-26 Mitsubishi Heavy Ind Ltd Tire cord transfer apparatus
JPH07100956A (ja) * 1993-09-30 1995-04-18 Mitsubishi Heavy Ind Ltd コード入りタイヤ材料の切断装置
JPH07214695A (ja) * 1994-02-02 1995-08-15 Mitsubishi Heavy Ind Ltd バイアスカッターのタイヤ構成材料搬入装置
JP2001009929A (ja) * 1999-06-28 2001-01-16 Yokohama Rubber Co Ltd:The ベルト部材の端尺除去方法及びその装置
US20050000626A1 (en) * 2003-02-13 2005-01-06 Michelin Recherche Et Technique S.A. Shaping and laying a tire belt ply

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2015098083A (ja) * 2013-11-19 2015-05-28 カール オイゲン フィッシャー ゲゼルシャフト ミット ベシュレンクテル ハフツングKarl Eugen Fischer Gesellschaft mit beschraenkter Haftung 接着性のある薄いバンド、特にコードバンドを切断する切断装置
KR20150058021A (ko) * 2013-11-19 2015-05-28 카를 오이겐 피셔 게엠베하 얇고 점착성이 있는 밴드, 특히 코드 밴드를 절단하는 절단 장치
KR101686065B1 (ko) * 2013-11-19 2016-12-13 카를 오이겐 피셔 게엠베하 얇고 점착성이 있는 밴드, 특히 코드 밴드를 절단하는 절단 장치

Also Published As

Publication number Publication date
EP1919811A2 (en) 2008-05-14
JP5192379B2 (ja) 2013-05-08
NL1029863C2 (nl) 2007-03-05
TWI367814B (en) 2012-07-11
WO2007027088A8 (en) 2008-05-08
WO2007027088A2 (en) 2007-03-08
TW200716338A (en) 2007-05-01
KR101305883B1 (ko) 2013-09-06
RU2412103C2 (ru) 2011-02-20
US8549969B2 (en) 2013-10-08
KR20080046222A (ko) 2008-05-26
CN101253115B (zh) 2010-08-25
WO2007027088A3 (en) 2007-05-24
BRPI0615417A2 (pt) 2011-05-17
AT544710T (de) 2012-02-15
US20100264189A1 (en) 2010-10-21
EP1919811B1 (en) 2012-02-08
CN101253115A (zh) 2008-08-27
RU2008112686A (ru) 2009-10-10

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP4290656B2 (ja) レーザ切断装置、レーザ切断方法及びレーザ切断システム
AT390433B (de) Vorrichtung zum aufbringen von flexiblen abstandhaltern
RU2526071C2 (ru) Способ и машина для наложения волокнистой ленты выпуклые поверхности и/или поверхности с кромками
JP3579055B2 (ja) シャットル交換方式の包装装置
US10633200B2 (en) Sealing and de-stacking
JP4511823B2 (ja) タイヤの準備プライの製造装置および製造方法
NL1022246C2 (nl) Inrichting en werkwijze voor het maken van een gordellaag.
US3072004A (en) Severing apparatus
NL1027846C2 (nl) Inrichting voor het opnemen, verplaatsen en plaatsen van strips of stroken flexibel materiaal.
JP2007533568A (ja) フレキシブルな材料ウェブを格納するための装置
EP1727667B1 (en) Cutting tool
US7128198B2 (en) Workpiece conveyor for press line
US2893191A (en) Cutting and gluing means for paper strip
JP4994284B2 (ja) バンド材、特に繊維コードバンドまたはスチールコードバンドの切断装置
EP0753487B1 (en) Apparatus for working glass sheet
US6892515B2 (en) Apparatus for banding groups of palletised products
JP6373392B2 (ja) 繊維敷設機および繊維スクリムの製造法
CN101687600B (zh) 储存用于制造轮胎的半成品的方法和设备
EP0958913B1 (en) Apparatus and method for aligning and splicing strip members
JP4705139B2 (ja) レーザ切断装置、レーザ切断方法及びレーザ切断システム
CN101046058B (zh) 将片材切成适当型片的设备
US5820726A (en) Apparatus for supplying sheet materials
JP5996308B2 (ja) ワイヤソー
US20080149258A1 (en) Tire assembly applier with cutter mechanism
CN102099272A (zh) 玻璃基板捆包装置及其捆包方法

Legal Events

Date Code Title Description
A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20110518

A601 Written request for extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

Effective date: 20110810

A602 Written permission of extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A602

Effective date: 20110817

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20111117

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20120306

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20120524

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20120724

A601 Written request for extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

Effective date: 20121024

A602 Written permission of extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A602

Effective date: 20121031

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20121122

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20130108

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20130131

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20160208

Year of fee payment: 3

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees