JP2009265467A - 内照表示装置 - Google Patents

内照表示装置 Download PDF

Info

Publication number
JP2009265467A
JP2009265467A JP2008116839A JP2008116839A JP2009265467A JP 2009265467 A JP2009265467 A JP 2009265467A JP 2008116839 A JP2008116839 A JP 2008116839A JP 2008116839 A JP2008116839 A JP 2008116839A JP 2009265467 A JP2009265467 A JP 2009265467A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
led
white
display panel
light
colored
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2008116839A
Other languages
English (en)
Inventor
Tomoji Higuchi
知以 樋口
Hiromitsu Ishii
弘允 石井
Hiroyoshi Ishikawa
裕由 石川
Makoto Harada
誠 原田
Kenji Asakura
健二 朝倉
Naoji Yamoto
直司 矢本
Daiki Sakota
大輝 迫田
Satoshi Hattori
聡 服部
Original Assignee
Ae Tekku Kk
エーイーテック株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Ae Tekku Kk, エーイーテック株式会社 filed Critical Ae Tekku Kk
Priority to JP2008116839A priority Critical patent/JP2009265467A/ja
Publication of JP2009265467A publication Critical patent/JP2009265467A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

【課題】内照表示板用に演色性の高いLEDモジュールを提供すること。
【解決手段】
可視光を透過させ、複数の色相による部分で構成される表示パネル11と、白色の光を発光する白色LED21を少なくとも有し、表示パネル11を透過させる光を表示パネル11の裏側から照射するLEDモジュール20と、を備える内照表示装置100において、LEDモジュール20は、照射する表示パネル20の部分の色相に応じて、表示パネル11の色相と同色若しくは同系統の色相で発光する有色LED22を備え、表示パネル11を鮮明に発色させる。
【選択図】図3

Description

本発明は、光源としてLED(light−emitting diode:発光ダイオード)を用いる内照表示装置に関するものである。
従来より、内照看板に代表される内照表示装置の光源として、蛍光灯や蛍光管に替えて消費電力が小さく寿命の長いLEDを用いることが知られている。看板には、白と赤、白と青といった2色による配色のものが多く、赤色、青色、等の単色のLEDモジュールや、白色LEDを使ったLEDモジュールが用いられている。
特許文献1には、カラーシートを透過する白色LEDの光によって様々な色の表示が可能な内照看板が開示されている。
特開2003−186428号公報
しかしながら、白色LEDは青色LEDチップと黄色蛍光体の組み合わせ等による疑似白色LEDが主流であり、ある特定の波長が欠落していることから演色性が悪く、特に白色を表示するときにくすんだように見えることが問題だった。また、赤色、緑色、及び青色LEDからなる白色LEDを用いた場合には、三原色全ての波長は存するものの白色LEDの個体差によって色合いが異なって見えることが問題だった。
そこで、本発明では演色性の高いLEDモジュールによって鮮明に表示できる内照表示装置を提供することを目的とする。
本発明は、可視光を透過させ、複数の色相による部分で構成される表示パネルと、白色の光を発光する白色LEDを少なくとも有し、前記表示パネルを透過させる光を表示パネルの裏側から照射するLEDモジュールと、を備える内照表示装置において、前記LEDモジュールは、照射する前記表示パネルの部分の色相に応じて、表示パネルの前記色相と同色若しくは同系統の色相で発光する有色LEDを備えることを特徴とする。
本発明によれば、表示パネルの色相に応じて有色LEDがその色相若しくは近い色相の光を発して、表示パネルの有色部を鮮明に発光させるために必要な波長の光を補うため、LEDモジュールは演色性の高い光を発し、表示パネルを鮮明に表示することができる。
以下、図面を参照して本発明の実施の形態に係る内照表示装置100について説明する。
図1は、本発明の実施の形態に係る内照表示装置100の正面図である。内照表示装置100はシンボルマークやロゴ等の情報を表示する表示部10と、表示部10を保持する支柱12とを備える。
支柱12は表示部10を支えるために設けられ、本実施形態のように2本の場合もあれば1本の場合等もある。また、店舗の壁に取り付ける場合のように実施の形態によっては支柱12を設けなくてもよい。支柱12の内部は中空であり、その内部には表示部10に電力を供給するための図示しない配線が設けられる。
図2(a)は表示部10の正面図、図2(b)は表示部10の側面を断面図で示したものである。図2(a)は内部の構造を説明するために表示パネル11を取り外した状態で示している。
表示部10は、内部に内照表示装置100の内側から外側へ向けて光を発するLEDモジュール20を多数マトリックス状に並べて構成されるLEDアセンブリ120を備え、その外側には可視光の一部を透過させてシンボルマークやロゴ等を表示する表示パネル11を備える。表示部10はケース13によってひとつの剛体としての形状を保ち、ケース13を介して支柱12に固定される。
ケース13は四方向を囲まれた箱枠型であり、残りの対向する二面は開口している。内部にはLEDアセンブリ120を開口面から光を放つ向きで固定する。また、ケース13の開口面にはLEDアセンブリ120全体を覆うように、LEDアセンブリ120とほぼ同じ大きさの表示パネル11が、LEDアセンブリ120と所定の間隔をあけて設けられる。ここで所定の間隔をあけるのは、表示パネル11に反射してはね返った光を利用して、後で詳しく説明する面発光の状態を作り出すためである。またLEDアセンブリ120は動作中に発熱することからも、表示パネル11を保護するために又はLEDアセンブリ120の過熱を防止するために、LEDアセンブリ120と表示パネル11との間には間隔が必要である。
図1に示すように、表示パネル11は半透明のアクリル板等の可視光を透過させる材質で形成され、無色又は白色ともう一色との二色でシンボルマークやロゴ等を形成する。アクリル板以外にも、ガラス板や樹脂板など可視光の一部を透過するものであればよく、同様の機能を発揮できるものであればフィルム状のものや布、紙等でもよい。
表示パネル11は、有色部11a及び白色部11bからなる二色構成である。有色部11a及び白色部11bは、表示パネル11に直接着色しても良いが、フィルム等を貼り付けて構成したり、色相の異なるアクリル板を組み合わせて形成してもよい。
ここで、白色部11bを白色でなく無色にした場合にも、LEDアセンブリ120は全体として白色に発光するため、無色部は白色の場合と同様に白色に発光することとなる。その際、表示パネル11を透明のアクリル板等で構成するほか、表示パネル11に穴を設けて無色部を設けることも可能である。
図2(b)に示すように、表示パネル11及びLEDアセンブリ120は内照表示装置100の表裏両面に備えられる。しかし内照表示装置100の片面が店舗の壁と接するような場合には、壁と接しない側の片面のみに表示パネル11を備える構成でもよい。その場合には、内部のLEDアセンブリ120も表裏両面に向けて備える必要はなく、表示パネル11を設ける側の片面のみに設ければよい。
図3は、本発明の実施の形態に係る一つのLEDモジュール20の正面図である。
LEDモジュール20は、基板23上に四個の白色LED21が矩形に配置され、有色LED22としての赤色LEDを四個の白色LED21の中央に一個備える。本実施形態では、表示パネル11の有色部11aが赤色であることから、有色LED22には同じ色相に発光する赤色LEDを使用している。
有色LED22は、表示パネル11の対応する位置の色相によってその色相が異なるものが使用される。例えば表示パネル11の対応する位置の色が赤である場合には赤色LED、表示パネル11の対応する位置の色が緑である場合には緑色LED、表示パネル11の対応する位置の色が橙である場合には橙色LEDを使用する。ここで、表示パネル11の有色部が中間色等で、それと同一の色相のLEDがないような場合には同系統の色相のLEDを用いることで対応が可能である。
白色LED21は、青色LEDに黄色のYAG蛍光体(イットリウム・アルミニウム・ガーネット蛍光体)を塗布して白色に発光させる擬似白色発光ダイオードであり、表示パネル11を透過させる白色の光を発する。白色に発光できればよいので、他に紫外線発光ダイオードとRGB蛍光体によって白色に発光するものや、赤色・緑色・青色の三個のLEDを備える白色LEDを用いてもよい。
図1に示したような図柄の表示パネル11の場合には、有色部の割合が比較的大きいため、LEDアセンブリ120を構成する全てのLEDモジュール20に有色LED22を備える。しかし、縁取り部及び“A”の文字が赤色であるため、縁取り部及び“A”の文字の裏側に配置されたLEDモジュール20のみに赤色LEDを備えて、白色部11bの裏側に配置されたLEDモジュール20には赤色LEDを備えない構成にしてもよい。その際、有色LED22を実装しなかった部分には、輝度を確保するため白色LED21を更に配置してもよい。
図4は、表示パネルの変形例を示した図である。
図4(a)に示す表示パネル41は、白色部41aと緑色部41bとからなる二色構成である。表示部10に表示パネル41を取り付ける場合、緑色部41bの裏側に位置するLEDモジュール20は、白色LED21及び有色LED22としての緑色LEDを備える。これによって緑色部41bを演色性豊かに発光させられる。
ここでも、表示パネル41には白色部41aが少なく、その殆どが緑色部41bであるため、表示部10内にマトリックス状に並べられた全てのLEDモジュール20に有色LED22を備えてもよい。
図4(b)に示す表示パネル42は、白色部42aと橙色部42bと青色部42cとからなる三色構成である。表示部10に表示パネル42を取り付ける場合、橙色部42bの裏側に位置するLEDモジュール20には、白色LED21及び有色LED22としての橙色LEDを備える。また、青色部42cの裏側に位置するLEDモジュール20には、白色LED21及び有色LED22としての青色LEDを備える。これによって、橙色部42bと青色部42cとはそれぞれ演色性豊かに発光させられる。
また、ひとつの表示パネルの中に無色又は白色の他に3種類以上の色相の部分が混在するような場合には、それぞれの色相に対応する部分のLEDモジュール20に、それぞれの対応する色相で発光する有色LED22を備えるように構成する。このように構成することで、表示パネル11が複数の色からなる複雑な図柄の場合であっても、それに対応してそれぞれの色相の演色性を高めることが可能である。
以下では、図1に示す内照表示装置100が動作している場合について説明する。
図示しない電源装置から電力が供給されると、LEDモジュール20の白色LED21及び有色LED22としての赤色LEDは点灯し発光する。
白色LED21及び赤色LEDが発した光は、表示パネル11の裏側から表側へ向けて照射され表示パネル11自体を発光させる。表示パネル11における可視光線の透過率はその色や厚さ等によって様々であるが、例えば透過率が70%であれば残りの30%の光は透過せずに反射することとなる。
表示パネル11の内側では表示パネル11の裏側で反射した光が内部のあらゆる部分で反射を繰り返し、白色LED21若しくは赤色LEDのいずれもが直接的に照射しない部分をも発光させる、いわゆる面発光の状態となる。これは、外照表示装置のように外側から照射する形式で表示パネルを照射する構成では奏することのない内照表示装置独自の効果である。
よって、白色LED21が発する白色の光と赤色LEDが発する赤色の光とが一体となって、不足していた波長の補われた演色性の高い白色光を構成し、内照表示装置100を面発光させる。つまり、白色LED21及び有色LED22のひとつひとつが細かいドットのように見えることが防止され、内照表示装置100はその表示パネル11自体が発光しているように見える。
ここで、有色LED22の輝度は白色LED21の輝度よりも低く設定し、表示パネル11の白色部11bを照射し白色に発光させる妨げにならないことが必要である。有色LED22の影響で白色部11bまでも有色LED22の色相で発光することを防止するためである。ここでは白色LED21と有色LED22とを4:1の個数で、白色LED21の方が多く配置することでそれを担保している。
図5、図6、及び図7はLEDモジュールの変形例を示した図である。
図5には、白色LED21の個数と有色LED22の個数とを2:1で配置した場合のLEDモジュール50を示す。
LEDモジュール50は、基板53上に白色LED21を二個並べ、その間に有色LED22を配置して構成される。他にも白色LED21の個数と有色LED22の個数とを3:1や5:1等で配置することが考えられるが、どの場合においても有色LED22による光が白色LED21の発する白色の光に影響を及ぼさないようにすることが必要である。
図6及び図7には、白色LED21と比して輝度の小さな有色LED22を配置した場合のLEDモジュール60,70を示す。
LEDモジュール60は、基板63上に白色LED21を四個矩形に配置し、その中央に白色LED21よりも輝度の小さな有色LED62を一個備える。LEDモジュール70は、基板73上に白色LED21を二個並べ、その間に白色LED21よりも輝度の小さな有色LED72を一個備える。
このように、輝度の小さな有色LEDを用いる場合にも、白色LED21の個数と有色LEDの個数とを様々な比率で配置することが考えられるが、どの場合においても有色LEDによる光が白色LED21の発する白色の光に影響を及ぼさないようにすることが必要である。
また、発光ダイオードは印加する電流の大きさによってその輝度が変化するため、白色LED21に印加する電流と比して有色LED22に印加する電流を小さくしてもよい。その場合にも、有色LED22の輝度を低く調整することで有色LED22による光が白色LED21の発する白色の光に影響を及ぼさないようにできるという同様の優れた効果を奏することができる。
以上の実施の形態によれば、次のような効果を奏する。
内照表示装置100において、特に赤色部等の有色部11aと白色部11bとからなる二色構成の表示パネル11のような場合に、その有色部を発光させるのに有効な同色若しくは同系統の色相の光を有色LED22によって照射することで有色部の演色性を高めることができる。また、有色LED22の光が白色LED21の発する白色の光に影響を及ぼさない輝度に調節することによって、表示パネル11の白色部11bについても綺麗な白色に発光させることができる。
本発明は上記の実施の形態に限定されずに、その技術的な思想の範囲内において種々の変更がなしうることは明白である。
本発明に係る内照表示装置は、情報が表示された表示パネルを内側から照射して発光させる内照看板等に利用することができる。
本発明の実施の形態に係る内照看板の正面図である。 表示部の正面図及び側面の断面図である。 本発明の実施の形態に係るLEDモジュールの正面図である。 表示パネルの構成例を示した図である。 LEDモジュールの変形例を示した図である。 LEDモジュールの変形例を示した図である。 LEDモジュールの変形例を示した図である。
符号の説明
100 内照表示装置
10 表示部
11 表示パネル
11a 有色部
11b 白色部
12 支柱
13 ケース
20 LEDモジュール
21 白色LED
22 有色LED
23 基板
41 表示パネル
41a 白色部
41b 緑色部
42 表示パネル
42a 白色部
42b 橙色部
42c 青色部
50 LEDモジュール
60 LEDモジュール
62 有色LED
70 LEDモジュール
72 有色LED
120 LEDアセンブリ

Claims (6)

  1. 可視光を透過させ、複数の色相による部分で構成される表示パネルと、
    白色の光を発光する白色LEDを少なくとも有し、前記表示パネルを透過させる光を表示パネルの裏側から照射するLEDモジュールと、
    を備える内照表示装置において、
    前記LEDモジュールは、照射する前記表示パネルの部分の色相に応じて、表示パネルの前記色相と同色若しくは同系統の色相で発光する有色LEDを備えることを特徴とする内照表示装置。
  2. 前記表示パネルは無色又は白色ともう一色との二系統の色相で構成され、
    前記LEDモジュールには、白色LEDと、前記もう一色と同色若しくは同系統の色相で発光する有色LEDとを備えることを特徴とする請求項1に記載の内照表示装置。
  3. 前記表示パネルの無色又は白色に対応する部分の前記LEDモジュールは、白色LEDのみからなることを特徴とする請求項1又は2に記載の内照表示装置。
  4. 前記LEDモジュールにおいて、
    前記有色LEDの数は、前記白色LEDの数よりも少ないことを特徴とする請求項1から3のいずれか一に記載の内照表示装置。
  5. 前記LEDモジュールにおいて、
    前記有色LEDの輝度は、前記白色LEDの輝度よりも低いことを特徴とする請求項1から4のいずれか一に記載の内照表示装置。
  6. 前記LEDモジュールにおいて、
    前記有色LEDに印加する電流は、前記白色LEDに印加する電流よりも小さいことを特徴とする請求項1から5のいずれか一に記載の内照表示装置。
JP2008116839A 2008-04-28 2008-04-28 内照表示装置 Pending JP2009265467A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2008116839A JP2009265467A (ja) 2008-04-28 2008-04-28 内照表示装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2008116839A JP2009265467A (ja) 2008-04-28 2008-04-28 内照表示装置

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2009265467A true JP2009265467A (ja) 2009-11-12

Family

ID=41391378

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2008116839A Pending JP2009265467A (ja) 2008-04-28 2008-04-28 内照表示装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2009265467A (ja)

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2011146640A (ja) * 2010-01-18 2011-07-28 Fujikom Corp Led光源
JP2011237694A (ja) * 2010-05-12 2011-11-24 Valeo Japan Co Ltd 操作パネルの表示部の照明構造
CN104235633A (zh) * 2013-06-14 2014-12-24 展晶科技(深圳)有限公司 Led灯具

Citations (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2001351427A (ja) * 2000-06-08 2001-12-21 Koito Mfg Co Ltd 表示灯
JP2002132192A (ja) * 2000-10-20 2002-05-09 Victor Co Of Japan Ltd 道路標識用バックライト型表示装置
JP2003186428A (ja) * 2001-12-21 2003-07-04 Denso:Kk 表示器
JP2004349173A (ja) * 2003-05-23 2004-12-09 Maruko & Co Ltd Led照明装置
JP2004363055A (ja) * 2003-06-06 2004-12-24 Stanley Electric Co Ltd Led照明装置

Patent Citations (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2001351427A (ja) * 2000-06-08 2001-12-21 Koito Mfg Co Ltd 表示灯
JP2002132192A (ja) * 2000-10-20 2002-05-09 Victor Co Of Japan Ltd 道路標識用バックライト型表示装置
JP2003186428A (ja) * 2001-12-21 2003-07-04 Denso:Kk 表示器
JP2004349173A (ja) * 2003-05-23 2004-12-09 Maruko & Co Ltd Led照明装置
JP2004363055A (ja) * 2003-06-06 2004-12-24 Stanley Electric Co Ltd Led照明装置

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2011146640A (ja) * 2010-01-18 2011-07-28 Fujikom Corp Led光源
JP2011237694A (ja) * 2010-05-12 2011-11-24 Valeo Japan Co Ltd 操作パネルの表示部の照明構造
CN104235633A (zh) * 2013-06-14 2014-12-24 展晶科技(深圳)有限公司 Led灯具

Similar Documents

Publication Publication Date Title
EP2449589B1 (en) Multicolor light emitting diodes
JP2007094088A (ja) 表示装置
JP2009265467A (ja) 内照表示装置
JP2009032524A (ja) Led照明装置
JPH10179348A (ja) 陳列棚の照明装置
KR100943770B1 (ko) 엘이디를 이용한 발광사인물
JP5075001B2 (ja) 内照表示装置
KR200408174Y1 (ko) 발광 표시장치
KR100660122B1 (ko) 발광 표시장치
JP2006318789A (ja) 商品陳列棚
KR20180105912A (ko) 색상원색이 보이는 조명용 색상판넬
JP2006030924A (ja) Led可動照明装置
JP6036183B2 (ja) 色見台
KR20050012317A (ko) 백라이트와 이를 이용한 광고장치
US8801259B2 (en) Light emitting diode light bar structure and backlight module
KR101264191B1 (ko) 엘이디 메탈 사인보드
JP3208421U (ja) 情報表示装置
US8053961B2 (en) Color-mixture display unit and image display apparatus using the same
KR200366888Y1 (ko) 광고판
TWI425458B (zh) Led顯示裝置
TWM308201U (en) Structure for light source of automotive panel
KR20100032222A (ko) Led모듈을 이용한 사인보드
KR100858420B1 (ko) 멀티도광판을 이용한 광고판넬
JP2005043756A (ja) 表示装置
JP2001030698A (ja) 展示パネル装置

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20110210

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20120515

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20120522

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20121002