JP2009237827A - Storage system, method for managing the same, and storage controller - Google Patents

Storage system, method for managing the same, and storage controller Download PDF

Info

Publication number
JP2009237827A
JP2009237827A JP2008082042A JP2008082042A JP2009237827A JP 2009237827 A JP2009237827 A JP 2009237827A JP 2008082042 A JP2008082042 A JP 2008082042A JP 2008082042 A JP2008082042 A JP 2008082042A JP 2009237827 A JP2009237827 A JP 2009237827A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
information
logical volume
storage
target
volume
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2008082042A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP5232515B2 (en )
Inventor
Atsuya Kumagai
敦也 熊谷
Original Assignee
Hitachi Ltd
株式会社日立製作所
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Images

Abstract

<P>PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a storage system, a method for managing the same, and a storage controller, which allow each user to make necessary settings within given authority and are intended to materialize a storage device mounted with iSCSI. <P>SOLUTION: A storage system includes one or more host computers; and a storage controller that provides each of the host computers with a plurality of logical volumes, each including a storage area for reading/writing data from/to each of the host computers. The storage controller includes: an identification unit that identifies function information of a logical volume included in information on the logical volume being either allocated or not allocated to the host computer based on a command from the host computer; and an execution unit that executes processing on the logical volume in accordance with an identification result of the identification unit. <P>COPYRIGHT: (C)2010,JPO&INPIT

Description

本発明は、記憶システム及びその管理方法並びに記憶制御装置において、設定作業を行うためのインタフェース技術に関する。 The present invention provides a storage system and its management method and a storage control device, an interface technology for setting work.

近年、ストレージ装置において、ネットワーク接続の機能が多く実現されてきている。 Recently, in the storage device, it has the function of network connections are many realized. このネットワーク接続の機能により、ストレージ装置は、ファイバチャネルやIP(Internet Protocol)ネットワークなどを介して、計算機とデータやコマンドの送受信を行うことができる。 This feature of the network connection, storage device, via a Fiber Channel or IP (Internet Protocol) network, can transmit and receive computer data or commands. そして、TCP/IP(Transmission Control Protocol/Internet Protocol)によってSCSI(Small Computer System Interface)コマンドの送受信を行うプロトコルとして、iSCSI(Internet Small Computer Systems Interface)が標準化されており、このiSCSIを実装したストレージ装置が多く使用されるようになってきている。 Then, TCP / IP by (Transmission Control Protocol / Internet Protocol) as the protocol for transmitting and receiving SCSI (Small Computer System Interface) command, iSCSI (Internet Small Computer Systems Interface) has been standardized, the storage device that implements this iSCSI it has come to be widely used.

従来、計算機とiSCSIを実装したストレージ装置を新規に接続し、計算機がiSCSIを実装したストレージ装置内の記憶領域をSCSI機器としてアクセスできる状態にするためには、管理者がiSCSIを実装したストレージ装置に対して、イニシエータ名、ターゲット名、等の情報の設定を行い、計算機のユーザに対してこれらの情報を通知する。 Conventionally, to connect the storage device that implements a calculator and iSCSI new, for the computer to a state where the storage area can be accessed as SCSI devices in the storage apparatus that implements iSCSI, the storage apparatus administrator implements iSCSI respect, the initiator name, target name, to set the equal information, and notifies the information to the user of the computer. そしてユーザが、これらの情報を計算機に対して設定する、という手続きを経る必要があった。 The user sets these pieces of information to the computer, it is necessary to go through a procedure called.

通常、この手続きはユーザ毎に必要となり、設定すべきLU(Logical Unit)のRAID(Redundant Array of Inexpensive Disks)レベルや容量もユーザによって異なるため、iSCSIを実装したストレージ装置を使用するユーザ数が増大するにつれて、管理者の負荷が増大するという問題があった。 Usually, this procedure is required for each user, because it depends on some users RAID (Redundant Array of Inexpensive Disks) level and capacity of the LU to be set (Logical Unit), number of users to use the storage device that implements the iSCSI is increased as you, there is a problem that the load of the administrator is increased.

この問題を解決する方法として、iSCSIを実装したストレージ装置に対する設定権限をユーザに対して委譲し、上記設定作業の一部をユーザに行わせるという技術が考えられる。 As a method for solving this problem, delegates set permissions for the storage device that implements the iSCSI for the user, technology that causes the user to part of the setting operation can be considered.

なお、iSCSIを実装したストレージ装置内部でのデータ移動やデータコピーに関するストレージ装置内部の状態の変化に対応する技術が開示されている(特許文献1参照)。 The technical corresponding to the change of the storage device internal states for data movement and data copy at the storage device internally mounted with iSCSI is disclosed (see Patent Document 1).

特開2004−192305号公報 JP 2004-192305 JP

しかし、iSCSIを実装したストレージ装置に対する設定権限をユーザに委譲する場合、ユーザがディスク領域を無制限に割り当てることにより、iSCSIを実装したストレージ装置のディスク上の空き領域が枯渇するという問題が新たに発生する。 However, if you delegate set permissions for the storage device that implements iSCSI the user, when the user allocate disk space unlimited, problems occur in that the free space on the disk is exhausted is newly mounting the storage device iSCSI to.

また、従来、管理者は管理用端末で設定作業を行うためにiSCSIを実装したストレージ装置に固有のソフトウェアを使用していた。 Further, conventionally, the administrator was using specific software to the storage device that implements the iSCSI to perform configuration tasks in the management terminal. このため、設定権限をユーザへ委譲するためには、iSCSIを実装したストレージ装置に固有のソフトウェアを個々の計算機にインストールする必要が生じるという問題が発生する。 Therefore, in order to delegate setting permission to a user, a problem occurs that it is necessary to install on each computer a unique software to the storage device that implements iSCSI.

そこで、本発明は、iSCSIを実装したストレージ装置に固有のソフトウェアを個々の計算機にインストールすることなく、各ユーザが与えられた権限の範囲内で必要な設定を行うことができるiSCSIを実装したストレージ装置を実現することができる記憶システム及びその管理方法並びに記憶制御装置を提供することを目的とするものである。 Accordingly, the present invention is to be installed on each computer a unique software to the storage device that implements iSCSI, storage implementing the iSCSI capable of performing the necessary settings within the authority each user is given it is an object to provide a storage system can be realized an apparatus and its management method and a storage control unit.

前記目的を達成するために、本発明においては、1又は複数のホスト計算機と、各前記ホスト計算機に対してデータを読み書きするための記憶領域でなる複数の論理ボリュームを提供する記憶制御装置とを有する記憶システムにおいて、前記記憶制御装置は、前記ホスト計算機からのコマンドに基づいて、前記ホスト計算機に割り当て又は未割り当ての前記論理ボリュームの情報に含まれる論理ボリュームの機能情報を識別する識別部と、前記識別部の識別結果に従って前記論理ボリュームに対する処理を実行する実行部と、を備えることを特徴とする。 To achieve the above object, in the present invention, one or a plurality of host computers, and a storage controller that provides a plurality of logical volumes comprising a storage extent for reading and writing data to each of said host computers a storage system comprising the storage controller, based on a command from the host computer, an identification unit identifying the function information of the logical volume included in the information of the logical volumes allocated or unallocated to the host computer, characterized in that it comprises a an execution unit for executing processing for the logical volume according to the identification result of the identifying portion.

その結果、論理ボリュームの機能情報に応じた処理をストレージ装置内で行うことができる。 As a result, it is possible to perform a process corresponding to the function information of the logical volume in the storage device.

また、本発明においては、1又は複数のホスト計算機と、各前記ホスト計算機に対してデータを読み書きするための記憶領域でなる複数の論理ボリュームを提供する記憶制御装置とを有する記憶システムの管理方法において、前記記憶制御装置は、前記ホスト計算機からのコマンドに基づいて、前記ホスト計算機に割り当て又は未割り当ての前記論理ボリュームの情報に含まれる論理ボリュームの機能情報を識別する識別ステップと、前記識別ステップの識別結果に従って前記論理ボリュームに対する処理を実行する実行ステップと、を備えることを特徴とする。 In the present invention, and one or more host computers, a management method of a storage system having a storage controller that provides a plurality of logical volumes comprising a storage extent for reading and writing data to each of said host computers in the storage control device, based on a command from the host computer, an identification step of identifying the function information of the logical volume included in the information of the logical volumes allocated or unallocated to the host computer, the identification step an execution step of executing processing for the logical volume according to the identification result of, characterized in that it comprises a.

その結果、論理ボリュームの機能情報に応じた処理をストレージ装置内で行うことができる。 As a result, it is possible to perform a process corresponding to the function information of the logical volume in the storage device.

さらに、本発明においては、1又は複数のホスト計算機に対してデータを読み書きするための記憶領域でなる複数の論理ボリュームを提供する記憶制御装置において、前記ホスト計算機からのコマンドに基づいて、前記ホスト計算機に割り当て又は未割り当ての前記論理ボリュームの情報に含まれる論理ボリュームの機能情報を識別する識別部と、前記識別部の識別結果に従って前記論理ボリュームに対する処理を実行する実行部と、を備えるを備えることを特徴とする。 Further, in the present invention, the storage control device for providing a plurality of logical volumes comprising a storage extent for reading and writing data to one or more host computers, based on a command from the host computer, the host comprising an identification unit identifying the function information of the logical volume included in the information of the logical volumes allocated or unallocated to a computer, an execution unit for executing processing for the logical volume according to the identification result of the identifying portion, the comprises it is characterized in.

その結果、論理ボリュームの機能情報に応じた処理をストレージ装置内で行うことができる。 As a result, it is possible to perform a process corresponding to the function information of the logical volume in the storage device.

本発明によれば、ユーザがストレージ装置に固有のソフトウェアを使用することなく、与えられた権限の範囲内でストレージ装置に対する設定作業を行うことができるため、管理者の設定作業の負荷を軽減することができる。 According to the present invention, without the user to use the specific software on the storage device, it is possible to perform the setting operation for the storage device within the scope of the given authority to reduce the load of the setting work of the administrator be able to.

(1)第1の実施の形態 第1の実施の形態では、ストレージ装置が新規にLUを作成する場合の動作を例にとり、説明する。 (1) In the first embodiment the first embodiment, taking an example operation when the storage apparatus creates a LU to the new, will be described.

図1は、第1の実施の形態に係る記憶システムの概略図である。 Figure 1 is a schematic diagram of a storage system according to a first embodiment. 図1に示すように、記憶システム1は、インターネット、イントラネットなどのネットワーク120を介して互いに接続された、ストレージ装置100、複数のホスト計算機110、ストレージ装置100に接続された管理用端末150を備えて構成される。 As shown in FIG. 1, the storage system 1 comprises the Internet, which are connected to each other via a network 120 such as an intranet, a storage device 100, a plurality of host computers 110, a management terminal 150 connected to the storage device 100 composed of Te.

ホスト計算機110は、データの入出力を伴うアプリケーションを実行する情報処理装置であり、ストレージ装置100にアクセスするためのイニシエータプログラム111及びイニシエータプログラム111を実行するためのホスト側CPU(Central Processing Unit)112を有している。 The host computer 110 is an information processing apparatus to execute an application with the input and output of data, the host side CPU for executing the initiator program 111, and the initiator program 111 to access the storage device 100 (Central Processing Unit) 112 have.

ストレージ装置100は、ストレージ側CPU101(制御部)と、メモリ(制御部)102と、アクセスを高速化するためのキャッシュ103と、ディスクコントローラ104と、1枚以上のディスク105と、ポート106a、106b(以下、まとめてポート106ともいう)と、フラッシュメモリ等からなる半導体メモリ107と、管理ポート108と、これらの装置を接続するバス109と、を有する。 The storage device 100, the storage side CPU101 (control unit), a memory (control unit) 102, a cache 103 for faster access, a disk controller 104, and one or more disks 105, ports 106a, 106b (hereinafter, collectively referred to as a port 106) has a, a semiconductor memory 107 such as a flash memory, a management port 108, and a bus 109 for connecting these devices, the.

ストレージ側CPU101は、メモリ102に記憶されたターゲットプログラム201を実行することで、後記する各種の処理を行う。 Storage-side CPU101, by executing the target program 201 stored in the memory 102, performs various processes described later.

メモリ102は、後記するターゲットプログラム201及びデータを記憶するための装置である。 Memory 102 is a device for storing the target program 201, and data will be described later.

キャッシュ103は、書き込みデータを一時的に記憶するための装置である。 Cache 103 is a device for temporarily storing write data.
ディスクコントローラ104は、ディスク105へのデータの入出力を制御する装置である。 The disk controller 104 is a device for controlling input and output of data to the disk 105. なお、ディスクコントローラ104は、RAID(Redundant Array of Independent Disks)に相当する処理を行うものであってもよい。 Incidentally, the disk controller 104 may perform the processing corresponding to the RAID (Redundant Array of Independent Disks).

ディスク105は、ホスト計算機110が読み書きするデータを記憶する装置である。 Disk 105 is a device for storing data by the host computer 110 to read and write.

ポート106は、ストレージ装置100にLAN(Local Area Network)ケーブルを接続するためのネットワークカード等の装置であり、データの送受信処理を行う。 Port 106 is a device such as a network card for connecting to the storage apparatus 100 a LAN (Local Area Network) cable, transmits and receives data. なお、本実施形態では、ストレージ装置100が2つのポート106a、106bを有するものとするが、3つ以上のポート106を有するものであってもよい。 In the present embodiment, the storage device 100 are two ports 106a, but shall have 106b, may have three or more ports 106.

半導体メモリ107は、ストレージ装置100の起動時にメモリ102に読み出されるプログラム及びデータを記憶する装置である。 The semiconductor memory 107 is a device for storing programs and data to be read into memory 102 upon startup of the storage device 100.

管理ポート108は、ストレージ装置100を管理用端末150へ接続するための装置である。 Management port 108 is a device for connecting the storage apparatus 100 to the management terminal 150.

管理用端末150は、ストレージ装置100の管理ポート108を通じて、後記するイニシエータ毎のLUの最大ディスク使用量の設定など、ストレージ装置100に対する設定作業を行うための計算機である。 The management terminal 150, through the management port 108 of the storage device 100, such as setting the maximum disk usage LU per initiator to be described later, is a computer for performing a setting operation for the storage device 100.

図2は、ストレージ装置100のメモリ102に記憶されるプログラム及びデータを示したものである(適宜図1参照)。 Figure 2 shows the programs and data stored in the memory 102 of the storage device 100 (see FIG. 1 as appropriate). メモリ102には、ターゲットプログラム201と、ターゲット表202と、イニシエータ管理表203と、が記憶される。 The memory 102, the target program 201, the target table 202, the initiator management table 203, is stored.

ターゲットプログラム201は、ホスト計算機110上で動作しているイニシエータプログラム111との間で、iSCSIの規格に従いiSCSI PDU(Protocol Data Unit)の送受信を行うためのプログラムである。 Target program 201, between the initiator program 111 running on the host computer 110 is a program for sending and receiving iSCSI PDU (Protocol Data Unit) in accordance with the iSCSI standard. またターゲットプログラム201は、ホスト側CPU112のイニシエータプログラム111の処理に基づくiSCSI Login PDUの受信を契機として、LUあるいはターゲットの新規作成、追加、削除を行ったりするが、このときの動作の詳細は図5から図8を用いて後記する。 The target program 201, in response to reception of the iSCSI Login PDU based on the processing of the initiator program 111 of the host side CPU 112, create a new LU or target, additional, although or perform deletion, details of operation in this case FIG. described later with reference to FIG. 8 from 5.

ターゲット表202は、イニシエータ、ターゲット、ポート、LUの対応関係及び、該当するLUの容量を示す表であるが、詳細については図3を用いて後記する。 Target table 202, an initiator, target, ports, LU correspondence and, which is a table showing capacity of the corresponding LU, details will be described later with reference to FIG. イニシエータ管理表203は、イニシエータ毎に割り当てられたLUの使用容量の上限を示す表であるが、詳細については図4を用いて後記する。 Initiator management table 203 is a table showing the upper limit of the capacity of the LU assigned to each initiator, details will be described later with reference to FIG.

図3は、ターゲット表202の一例を示す図である。 Figure 3 is a diagram showing an example of the target table 202. 図3において、ターゲット表202は、「イニシエータ名」フィールド301、「ターゲット名」フィールド302、「割当ポート」フィールド303、「LUN」フィールド304及び「ディスク使用量」フィールド305の情報からなるテーブルである。 3, the target table 202 is a "Initiator Name" field 301 consists of the information of the "Target Name" field 302, "Assign Port" field 303, "LUN" field 304 and the "Disk Usage" field 305 table .

「イニシエータ名」フィールド301には、iSCSIイニシエータを識別する名前が格納されている。 In the "initiator name" field 301, a name that identifies the iSCSI initiator is stored. 「ターゲット名」フィールド302には、iSCSIターゲットを識別する名前が格納されている。 The "Target Name" field 302, the name that identifies the iSCSI target is stored. ターゲット名は、論理ボリュームのボリューム情報として構成され、この「ターゲット名」には、論理ボリュームの機能情報として、「iqn.init000−20gb−jbod−lu0」などの情報が格納されている。 The target name is configured as the volume information of the logical volumes, this "target name" as the function information of the logical volume, information such as "iqn.init000-20gb-jbod-lu0" is stored.

「割当ポート」フィールド303には、ポート106がイニシエータのターゲットへのアクセスを許可するか否かを表す情報が格納されている。 The "Assign Port" field 303 stores information port 106 indicating whether to permit access to the initiator of the target is stored.

例えば、アクセスを許可する場合「1」の値を、許可しない場合「0」の値を取るものとする。 For example, the value of the case "1" to allow access, if you do not want to allow assumed to take a value of "0". 本実施の形態の一例ではストレージ100が2個のポート106a、106bを持つ場合を例に取って説明しており、これらのポートがそれぞれIPアドレス「192.168.0.1」及び「192.168.0.2」で識別されるものとしている。 Storage 100 is one example of this embodiment two ports 106a, a case with 106b is described by way of example, the identification of these ports in the IP address "192.168.0.1" and "192.168.0.2" respectively it is assumed to be. 図3に示した一例では、イニシエータ名「initiator0」で識別されるイニシエータが、ターゲット名「iqn.init000−20gb−jbod−lu0」で識別されるターゲットに対して、IPアドレス「192.168.0.1」で識別されるポートを通じてアクセスできるが、IPアドレス「192.168.0.2」で識別されるポートを通じてアクセスできないことを意味する。 In the example shown in FIG. 3, the initiator identified by the initiator name "initiator0" is the target identified by the target name "iqn.init000-20gb-jbod-lu0", the IP address "192.168.0.1" accessible through port identified, but means that it is not accessible through the port identified by the IP address "192.168.0.2".

「LUN」フィールド304には、各ホスト計算機110に割り当てたLUを識別するための番号が格納されている。 The "LUN" field 304 is the number for identifying the LU assigned to each host computer 110 are stored. 「LUN」フィールド304内の「−」は、各ホスト計算機110に割り当てられていないLUを示している。 "LUN" field 304 of the "-" indicates an LU that is not assigned to each host computer 110.

「ディスク使用量」フィールド305は、該当するLUの容量を表す。 "Disk Usage" field 305 represents the capacitance of the corresponding LU. 本実施の形態では、ディスク使用量305はギガバイトを単位として表すものとする。 In this embodiment, disk usage 305 denote the gigabytes units. 図3に示した例では、イニシエータ名「initiator0」で識別されるイニシエータが、ターゲット名「iqn.init000−20gb−jbod−lu0」で識別されるターゲットへアクセスすることによって利用できるLUN番号「0」のLUの容量が20ギガバイトであることを意味する。 In the example shown in FIG. 3, the initiator identified by the initiator name "initiator0" is, LUN number "0" available by accessing to a target identified by the target name "iqn.init000-20gb-jbod-lu0" capacity of the LU means that is 20 gigabytes.

図4は、イニシエータ管理表203の一例を示す図である。 Figure 4 is a diagram showing an example of the initiator management table 203. イニシエータ管理表203は、「イニシエータ番号」フィールド401、「イニシエータ名」フィールド402及び「最大ディスク使用量」フィールド403の情報からなるテーブルである。 Initiator management table 203 is a table of "initiator number" field 401, information of "initiator Name" field 402 and the "maximum disk usage" field 403.

「イニシエータ番号」フィールド401には、ストレージ装置100がイニシエータを識別するために付与する、ストレージ装置100の内部でのみ有効な番号が格納されている。 The "initiator number" field 401, the storage device 100 is assigned to identify the initiator, only the valid number within the storage apparatus 100 is stored. 「イニシエータ名」フィールド402には、前記の通り、イニシエータを識別するための名前が格納されている。 The "initiator Name" field 402 is, as described above, the names for identifying the initiator is stored.

「最大ディスク使用量」フィールド403は、各イニシエータに割り当てられた容量の上限を示している。 "Maximum disk usage" field 403 indicates an upper limit of capacity allocated to each initiator. 本実施の形態では、管理者が管理用端末150を用いてイニシエータ毎の最大のディスク使用量を設定するものとする。 In this embodiment, the administrator shall set the maximum disk usage of each initiator using the management terminal 150. 図4に示した例では、イニシエータ名「initiator0」にストレージ装置100が付与したイニシエータ番号は「000」であることを示し、このイニシエータに割り当てられた最大ディスク使用量の上限が80ギガバイトであることを意味する。 In the example shown in FIG. 4, the initiator number storage device 100 has been applied to the initiator name "initiator0" indicates that it is "000", the upper limit of the maximum disk usage assigned to the initiator is 80 gigabytes It means.

図5は、ホスト側CPU112がイニシエータプログラム111を用いてストレージ側CPU101にiSCSI Login Request PDUを送信したときのホスト側CPU112及びストレージ側CPU101の間のメッセージ及びデータのやり取りを表す図である。 Figure 5 is a diagram host CPU112 represents exchange of messages and data between the host side CPU112 and the storage side CPU101 when sending the iSCSI Login Request PDU to the storage side CPU101 using the initiator program 111. ストレージ側CPU101は、ターゲットプログラム201を用いて処理を行う。 Storage-side CPU101 performs the process using a target program 201.

まず、ホスト側CPU112は、ディスカバリセッションを発行する。 First, the host side CPU112 issues a discovery session. この発行によって、ターゲット名等の情報を得ることができる。 This issue, it is possible to obtain information such as the target name. そしてホスト側CPU112は、ディスカバリセッションの開始の要求とログインの要求をするため、iSCSI Login Request PDUをストレージ装置100側へ送信する(SP501)。 The host CPU112 is to the request for requesting the login start discovery session, sends the iSCSI Login Request PDU to the storage apparatus 100 (SP501).

ストレージ側CPU101は、ディスカバリセッションへのiSCSI Login Request PDUを受信すると、処理A(SP502)を行った後、iSCSI Login Request PDUに対する応答としてiSCSI Login Request PDUをホスト計算機110へ送信する(SP503)。 Storage-side CPU101 receives the iSCSI Login Request PDU to the discovery session, after the process A (SP502), and transmits the iSCSI Login Request PDU to the host computer 110 as a response to the iSCSI Login Request PDU (SP503). これによりホスト計算機110のログインを許可する。 Thereby allowed to log in the host computer 110. このとき、ストレージ側CPU101は、iSCSI Login Request PDU内のStatusフィールドの値に直前の処理A(SP502)の戻り値を設定する。 At this time, the storage side CPU101 sets the return value of the immediately preceding process A (SP502) to the value of the Status field in the iSCSI Login Request PDU. なお、処理Aの詳細については、図6を用いながら後記する。 The details of the processing A, described later with reference to FIG.

ディスカバリセッションを確立したホスト側CPU112は、ターゲット名等の情報の通知を要求するText Request PDUをストレージ装置100側へ送信する(SP504)。 Host CPU112 that established a discovery session, it transmits a Text Request PDU that requests notification of information such as a target name to the storage apparatus 100 (SP504).

ストレージ側CPU101は、ホスト側CPU112が送信したText Request PDUを受信すると、ターゲット表202を参照する。 Storage-side CPU101 receives the Text Request PDU that host CPU112 transmits, referring to the target table 202. ストレージ側CPU101は、「イニシエータ名」フィールド301のイニシエータ名に対応するすべてのターゲット名をText Response PDUに含ませてホスト計算機110へ送信する(SP505)。 Storage-side CPU101 transmits all target name corresponding to the initiator name of "initiator Name" field 301 included in the Text Response PDU to the host computer 110 (SP505). これにより、複数のターゲット名をホスト計算機110側で表示することができるため、ユーザは、どのターゲット名にログインするかを判断することができる。 Accordingly, it is possible to display a plurality of the target name in the host computer 110 side, the user can determine whether to log in to any target name.

ディスカバリセッションによってターゲット名を通知されたホスト側CPU112は、ノーマルセッション(通常モードのログイン)で行うよう要求をするiSCSI Login PDUをストレージ装置100へ送信する(SP506)。 Host CPU112 notified the target name by the discovery session transmits the iSCSI Login PDU that requests to perform a normal session (log normal mode) to the storage device 100 (SP506).

ストレージ側CPU101は、通常モードでログインを行うよう要求をするiSCSILogin Request PDUを受信すると、処理A(SP507)を行った後、iSCSI Login Request PDUに対する応答として、Statusフィールドの値に直前の処理Aの戻り値を設定して、iSCSI Login Response PDUをホスト計算機110へ送信する(SP508)。 Storage-side CPU101 receives the iSCSILogin Request PDU that requests to perform log in normal mode, after the process A (SP507), as a response to the iSCSI Login Request PDU, processing A immediately before the value of the Status field set the return value, sends the iSCSI Login Response PDU to the host computer 110 (SP508). すなわち、ストレージ側CPU101は、ホスト計算機110に対して特定したターゲットのログインを許可又は不許可した旨を送信する。 That is, the storage side CPU101 transmits that it has permission or refusal of login of the specified target to the host computer 110. なお、処理Aの詳細については、図6を用いながら後記する。 The details of the processing A, described later with reference to FIG.

図6は、ストレージ側CPU101がターゲットプログラム201を実行させ処理Aを行うフローチャートである。 Figure 6 is a flowchart storage side CPU101 performs the process A to execute the target program 201. まず、ストレージ側CPU101は、ホスト計算機110からiSCSI Login PDUを受信すると(SP501)、iSCSI LoginPDUのコマンドに含まれている「Session Type」フィールドから値を読み出す。 First, the storage side CPU101 receives the iSCSI Login PDU from the host computer 110 (SP501), reads the value from the "Session Type" field contained in the command iSCSI LoginPDU.

そしてストレージ側CPU101は、iSCSI Login PDUの「Session Type」が「Discovery」であるか否かを判断する(SP601)。 The storage-side CPU101 is "Session Type" in the iSCSI Login PDU is determined whether or not "Discovery" (SP601). そしてストレージ側CPU101は、「Session Type」が「Discovery」であると判断した場合には(SP601:YES)、引き続き、iSCSI Login PDUのコマンドの中から「Initiator Name」フィールドが存在するか否かを判断する(SP603)。 The storage-side CPU101, when "Session Type" is determined to be "Discovery" is (SP601: YES), subsequently, whether the "Initiator Name" field is present among the commands iSCSI Login PDU it is determined (SP603).

ストレージ側CPU101は、当該コマンドに「Initiator Name」フィールドが存在すると判断した場合には(SP603:YES)、「Initiator Name」フィールドの値を引数として後記する処理Bを実行し(SP605)、ログイン成功の戻り値である「Success」にして(SP606)処理Aを終える。 Storage-side CPU101, when it is determined that the corresponding command is "Initiator Name" field exists (SP603: YES), executes the processing B to be described later the value of the "Initiator Name" field as an argument (SP605), a successful login in the which is the return value of "Success" finish (SP606) processing a.

一方、ステップSP603において、ストレージ側CPU101は、「Initiator Name」フィールドが存在しないと判断した場合には(SP603:NO)、ログイン失敗の戻り値である「Initiator Error」にして(SP607)処理Aを終える。 On the other hand, in step SP603, the storage side CPU101, when determining that there is no "Initiator Name" field (SP603: NO), and which is the return value of login failure "Initiator Error" a (SP607) process A finish.

また、ステップSP601において、ストレージ側CPU101は、「Session Type」フィールドの値が「Discovery」ではないと判断した場合には(SP601:NO)、ステップSP507の処理であると判断したため、次に、「Session Type」フィールドの値が「Normal」であるか否かを判断する(SP602)。 Further, in step SP601, the storage side CPU101, when it is determined that the value of "Session Type" field is not "Discovery" is (SP601: NO), since it is determined that the process of step SP507, then, " the value of the Session Type "field determines whether it is" Normal "(SP602).

そして、ストレージ側CPU101は、「Session Type」フィールドの値が「Normal」であると判断した場合には(SP602:YES)、次に、iSCSI Login PDUのコマンドの中に「Initiator Name」フィールド及び「Target Name」フィールドが存在するかどうか判断する(SP604)。 Then, the storage-side CPU101 is, if the value of "Session Type" field is determined to be "Normal" (SP602: YES), then, "Initiator Name" in the command of the iSCSI Login PDU field and " Target Name "field to determine whether there (SP604).

ストレージ側CPU101は、これらのフィールドの両方が存在すると判断した場合には(SP604:YES)、「Initiator Name」フィールド及び「Target Name」フィールドの値を引数として後記する処理Cを実行する(SP608)。 Storage-side CPU101 is, if it is determined that both of these fields are present (SP604: YES), executes a process C which will be described later the value of the "Initiator Name" field and the "Target Name" field as an argument (SP608) . そして、ストレージ側CPU101は、ログイン成功又は失敗かの判断をした処理Cの戻り値を処理Aの戻り値として(SP609)、処理Aを終える。 Then, the storage-side CPU101 is the return value of the processing C in which the login success or failure of the decision as a return value of the processing A (SP609), the processing ends A.

ストレージ側CPU101は、「Initiator Name」フィールド及び「Target Name」フィールドの少なくとも一方が存在しないと判断した場合には(SP604:NO)、ログイン失敗として処理Aの戻り値を「Initiator Error」にして(SP610)、処理Aを終える。 Storage-side CPU101 is, if it is determined that the "Initiator Name" field and at least one of the "Target Name" field does not exist (SP604: NO), then the return value of the processing A as a login failed "Initiator Error" ( SP610), the process ends a.

なお、ストレージ側CPU101は、「Session Type」のフィールドの値が「Discovery」ではなく(SP601:NO)、「Normal」でもないと判断した場合には(SP602:NO)、ログイン失敗として処理Aの戻り値を「Initiator Error」にして(SP610)、処理Aを終える。 The storage side CPU101, rather than the value of the field "Session Type" is "Discovery" (SP601: NO), if it is determined that neither "Normal" (SP602: NO), the process A as login failures the return value in the "Initiator Error" (SP610), the process ends a.

図7は、ストレージ側CPU101がターゲットプログラム201を実行させ処理Bを行うフローチャートである。 Figure 7 is a flowchart storage side CPU101 performs the process B to execute the target program 201. 図7において、具体的には、まずストレージ側CPU101は、引数として渡されたイニシエータ名がイニシエータ管理表203に登録されているかどうかを判断する(SP701)。 7, specifically, the storage side CPU101 First, the initiator name passed as an argument to determine whether it is registered in the initiator management table 203 (SP701).

そして、ストレージ側CPU101は、イニシエータ名がイニシエータ管理表203に登録されていると判断した場合には(SP701:YES)、イニシエータ管理表203とターゲット表202とを参照する。 Then, the storage-side CPU101 is, when the initiator name is determined to be registered in the initiator management table 203 (SP 701: YES), referring to the initiator management table 203 and target table 202. ストレージ側CPU101は、当該イニシエータ名に該当する「最大ディスク使用量」フィールド403の最大ディスク使用量から既に割り当てた「ディスク使用量」フィールド305のディスク使用量を引いたものを、新規に割り当てることのできるディスク使用量とする。 Storage-side CPU101 has already allocated the maximum disk usage falls to the initiator name "Maximum disk usage" field 403 minus the disk usage of "Disk usage" field 305, the assigning to the new can and disk usage.

そして、新規に割り当てることのできるディスク使用量に基づいて、ストレージ側CPU101は、1つ以上の新規割り当て可能なLUのRAIDレベルと容量の組を求める(SP702)。 Then, based on the disk usage that can be assigned to a new, storage-side CPU101 determines one or more new assignable set of RAID levels and capacity LU (SP702). 例えば、イニシエータ名「initiator0」のイニシエータに2個のLUが割り当てられており、それぞれのディスク使用量が20ギガバイトであるとき、同じイニシエータからのiSCSI Login Request PDUを、ホスト計算機110から受信したとすると、ストレージ側CPU101は、RAIDレベルでの構成ではなく通常の構成であるJBOD構成で最大40ギガバイト、RAIDレベル1の構成で20ギガバイトのLUを提供することができる。 For example, the initiator name is assigned two LU initiator of "initiator0", when each of the disk usage is 20 gigabytes the iSCSI Login Request PDU from the same initiator, when received from the host computer 110 the storage side CPU101 can provide a maximum 40 gigabytes, LU 20 gigabytes configuration of RAID level 1 in JBOD configuration is a conventional configuration rather than the structure of a RAID level.

次に、ストレージ側CPU101は、前ステップSP702で求めたLUのRAIDレベルと容量の組み合わせのそれぞれについて、ターゲット名を生成し、生成したターゲット名をターゲット表202に追加をする(SP703)。 Next, the storage side CPU101, for each combination of RAID levels and capacity of the LU previous obtained in step SP702, generates a target name, to add the generated target name to the target table 202 (SP703). 本実施の形態では、図3に示すように、文字列「iqn.init」、イニシエータ番号、文字「−」、LU容量、文字列「gb−」、RAIDレベル、文字列「−LU」及びLUNの文字列を左から順に連結させたターゲット名を作成して、ターゲット自体を作成している。 In this embodiment, as shown in FIG. 3, the character string "iqn.init", the initiator number, the character "-", LU capacity, the string "gb -", RAID level, a character string "-LU" and LUN the string from the left to create a target name that was connected to the order, are creating a target itself. ストレージ側CPU101は、このように作成した各ターゲットをターゲット表202に追加する。 Storage-side CPU101 adds each target thus created to the target table 202.

なお、本実施の形態では、上記の通り作成したターゲットの「割当ポート」フィールド303はすべて「1」とし、「LUN」フィールド304及び「ディスク使用量」フィールド305は空欄とする。 In this embodiment, all the targets created as above "allocated port" field 303 is set to "1", "LUN" field 304 and the "Disk Usage" field 305 is blank.

続いて、ストレージ側CPU101は、既に「LUN」が付与されているLUについて、文字列「iqn.init」、イニシエータ番号、文字列「−delete」、文字列「−lu」、LUNを左から順に連結したものをターゲット名とするターゲット(以下、これを削除用ターゲットと呼ぶ)をターゲット表202に追加する(SP704)。 Subsequently, the storage-side CPU101 is, for the LU that has already been "LUN" is granted, the character string "iqn.init", the initiator number, the character string "-delete", the character string "-lu", to order the LUN from the left targets for the concatenation with the target name (hereinafter referred to as deletion target) is added to the target table 202 (SP704). これらのターゲットについても、本実施の形態では、上記の通り作成したターゲットの「割当ポート」フィールド303はすべて「1」とし、「LUN」フィールド304及び「ディスク使用量」フィールド305は空欄とする。 For even these targets, in the present embodiment, all the targets created as above "allocated port" field 303 is set to "1", "LUN" field 304 and the "Disk Usage" field 305 is blank.

一方、ステップSP701において、ストレージ側CPU101は、引数として渡されたイニシエータ名がイニシエータ管理表203に登録されていないと判断した場合には(SP701:NO)、まず、イニシエータ番号を付与し、引数として渡されたイニシエータ名、イニシエータ番号及び予め管理者によって設定されている最大ディスク使用量をイニシエータ管理表203に追加する(SP705)。 On the other hand, in step SP 701, the storage side CPU101 is, if the initiator name passed as an argument is determined not to be registered in the initiator management table 203 (SP701: NO), first, to grant the initiator number, as arguments passed initiator name, add up disk usage that is set by the initiator ID and administrator in advance in the initiator management table 203 (SP705).

次に、ストレージ側CPU101は、イニシエータ管理表203を参照して新規に付与したイニシエータ番号に該当する「最大ディスク使用量」フィールド403の最大ディスク使用量を新規割り当て可能なディスク使用量として、1つ以上の新規割り当て可能なLUのRAIDレベルと容量の組み合わせを計算する(SP706)。 Next, the storage side CPU101 is the maximum disk usage falls to the initiator number assigned to the new by referring to the initiator management table 203, "Maximum disk usage" field 403 as the new allocatable disk usage, one calculating a combination of RAID levels and capacity more new assignable LU (SP706). 例えば、イニシエータ管理表203にイニシエータ名「initiator1」のデータが存在しない状態で、「initiator1」というイニシエータ名を持つiSCSI Login PDUをホスト計算機110から受信したとすると、ストレージ側CPU101は、JBOD構成で最大80ギガバイト、RAIDレベル1の構成で最大40ギガバイトのLUを提供できる。 Maximum example, in a state where data is not present in the initiator name in the initiator management table 203 "initiator1", when it has received the iSCSI Login PDU with an initiator name "initiator1" from the host computer 110, the storage side CPU101 is a JBOD configuration 80 gigabytes, can provide an LU of up to 40 gigabytes configuration of RAID level 1.

次に、ストレージ側CPU101は、前ステップSP706で求めたLUのRAIDレベルと容量の組み合わせについて、ターゲット名を生成し、生成したターゲット名をターゲット表202に追加する(SP707)。 Next, the storage side CPU101 is the combination of RAID levels and capacity of the LU previous obtained in step SP706, it generates a target name, adds the generated target name to the target table 202 (SP707). なおターゲット名の生成方法は、ステップSP703で説明したものと同様であるので説明を省略する。 Note the method of generating the target name is omitted because it is similar to that described in step SP703.

図8は、ストレージ側CPU101がターゲットプログラム201を実行させ処理Cを行うフローチャートである。 8, the storage-side CPU101 is a flowchart for performing a process C to execute the target program 201. 図8において、具体的にはまず、ストレージ側CPU101は、引数として渡されたイニシエータ名及びターゲット名の組がターゲット表202に登録されているかどうかを判断する(SP801)。 8, in particular first, storage-side CPU101, the set of initiator name passed as an argument and the target name to determine if it is registered in the target table 202 (SP801).

そして、ストレージ側CPU101は、引数として渡されたイニシエータ名及びターゲット名の組がターゲット表202に登録されていると判断した場合には(SP801:YES)、次に、ターゲット名に「delete」が含まれているかどうか判断する(SP802)。 Then, the storage-side CPU101, if a set of initiator name passed as an argument and the target name is determined to have been registered in the target table 202 (SP801: YES), then the "delete" to the target name included whether to determine whether the (SP802).

判断した結果、ストレージ側CPU101は、ターゲット名に「delete」が含まれていると判断した場合には(SP802:YES)、当該ターゲット名を読み込み、ターゲット表202を参照して、削除の対象となるLUのLU番号を識別する。 The determined result, the storage side CPU101 is, if it is determined to contain a "delete" to the target name (SP802: YES), reads the target name, with reference to the target table 202, and deletion made to identify the LU number of the LU. そうしてストレージ側CPU101は、識別したLU番号に該当する番号を「LUN」フィールド304から検出すると、該当する行をターゲット表202から削除して、LUを削除する(SP803)。 Then the storage side CPU101 detects the number corresponding to the LU number identified from the "LUN" field 304, and remove the appropriate lines from the target table 202, deletes the LU (SP803).

例えば、ストレージ側CPU101が認識したLU番号が「0」の場合、LU0がホスト計算機110に割り当てられていることを「LUN」フィールド304で確認すると、「LUN」フィールド304に「0」が格納されている行をターゲット表202から削除し、LU0を削除する。 For example, if the LU number storage side CPU101 recognizes is "0", LU0 is confirms that the assigned to the host computer 110 in the "LUN" field 304, "LUN" field 304 "0" is stored remove the to have rows from the target table 202, to remove the LU0.

次にストレージ側CPU101は、識別したLUに対応する行を削除した旨の戻り値をログインのターゲットとなる対象がないとする「Target Removed」として(SP804)処理Cを終える。 Next, the storage side CPU101 as "Target the Removed" that there is no object that is the target of login the return value indicating that deleting the row corresponding to the LU identified (SP804) the processing ends C.

一方、ステップSP802において、ストレージ側CPU101は、ストレージ側CPU101は、ターゲット名に「delete」が含まれていないと判断した場合には(SP802:NO)、ターゲット名の文字列中、イニシエータ番号及び文字「−」以降のLU容量情報から読み込む。 On the other hand, in step SP802, the storage side CPU101, the storage side CPU101 is, when it is judged not to include the "delete" to the target name (SP802: NO), in the target name string, the initiator number and character read from the later of the LU capacity information "-". そしてストレージ側CPU101は、対応するLUのRAIDレベルと容量を認識し、ターゲット表202を参照して、該当するLUNとディスク使用量を追加する(SP805)。 The storage-side CPU101 recognizes the RAID level and capacity of the corresponding LU, by referring to the target table 202, adds the corresponding LUN and disk usage (SP805). さらに、ストレージ側CPU101は、前ステップSP805で追加したRAIDレベル及び容量でLUを作成する(SP806)。 Further, the storage-side CPU101 is before creating the LU in the RAID level and capacity added in step SP805 (SP806).

次に、ストレージ側CPU101は、ターゲット表202を参照して「LUN」フィールド304が空欄「−」となっているターゲットを削除し(SP807)、ログイン成功の戻り値である「Success」にして(SP808)処理Cを終える。 Next, the storage side CPU101 refers to the target table 202 "LUN" field 304 is blank "-" in the delete the target that is the (SP807), is the return value of the login success "Success" ( SP808) finish the processing C.

なお、ストレージ側CPU101は、引数として渡されたイニシエータ名及びターゲット名の組がターゲット表202に登録されていないと判断した場合は(SP801:NO)、ログイン失敗の戻り値である「Initiator Error」にして(SP809)処理Cを終える。 The storage side CPU101, if the combination of the initiator name passed as an argument and the target name is determined not to be registered in the target table 202 (SP801: NO), a return value of login failure "Initiator Error" to to (SP809) finish the processing C.

このようにして、ホスト計算機110からストレージ装置100にiSCSI Loginコマンドをストレージ装置が受信した場合に、ストレージ装置100はログイン許可応答(SP503)及びユーザがストレージ装置100に対して行うことのできる処理を表す文字列を持たせた応答(SP505)をすることができる。 In this manner, if the storage device iSCSI Login command from the host computer 110 to the storage device 100 receives the processing storage device 100 can log authorization response (SP503) and the user of performing the storage device 100 string representing capable of responding (SP505) which gave.

また、ホスト計算機110からストレージ装置100上の特定のターゲットの使用の開始が予想されるメッセージをストレージ装置100が受信した場合に(SP506)、ターゲットの名前に応じた処理(SP507)を行うことができる。 Further, (SP506) when the storage device 100 a message initiation of use from the host computer 110 of a specific target on the storage device 100 is expected received, processing corresponding to the name of the target be performed (SP507) it can.

さらにストレージ装置100はターゲット名に応じて、LUを生成してホスト計算機110に提供することができる。 Further the storage device 100 in accordance with the target name can be provided by generating an LU to the host computer 110.

(2)第2の実施の形態 次に第2の実施の形態では、ストレージ装置100Aが新規に特定のファイルシステムでフォーマットされたLUを作成する場合の動作について説明する。 (2) In the second embodiment Next a second embodiment, the operation of the case where the storage apparatus 100A creates a LU that is formatted in a particular file system to the new.

なお、本実施の形態の記憶システム1A構成は第1の実施の形態における記憶システム1構成と、メモリ102Aを除いて、同様である。 The storage system 1A configured in this embodiment the storage system 1 configured in the first embodiment, except for the memory 102A, the same. また、本実施の形態におけるストレージ装置100Aの動作のうち、第1の実施の形態の図5で示されるシーケンス図及び図6で示される処理Aのフローチャートは同様であるため説明を省略する。 Also, of the operation of the storage device 100A of this embodiment, the processing A flowchart shown in the sequence diagram and 6 shown in Figure 5 of the first embodiment is omitted because it is similar. 本実施の形態では、第1の実施の形態と異なる箇所について説明をする。 In this embodiment will be explained with regard to the points different from the first embodiment.

図9は、本実施の形態におけるターゲット表202Aを示す。 Figure 9 illustrates a target table 202A in the present embodiment. 図9のターゲット表202Aには、ストレージ装置100Aが新規に特定のファイルシステムでフォーマットされたLUを作成するための文字列を追加している。 The target table 202A of FIG. 9, the storage device 100A is adding a character string to create an LU that is formatted in a particular file system to the new.

本実施の形態の処理Bについては、ストレージ側CPU101が、ターゲットプログラム201Aに基づいて処理を行う。 For process B of the present embodiment, the storage side CPU101 performs the process on the basis of the target program 201A. 本実施の形態で説明をする処理Bは、図7で説明をした第1の実施の形態における処理Bと、ステップSP703を除いて同様である。 Process B will be described in this embodiment is the same except the process B in the first embodiment has been explained in FIG. 7, step SP703.

本実施の形態では、図7のステップSP703に相当するステップ(図示せず)において、第1の実施の形態で説明したターゲット名のほかに、文字列「iqn.init」、イニシエータ番号、文字「−」、LU容量、文字列「gb−」、RAIDレベル、文字「−」、ファイルシステム名、文字列「−LU」、LUNを左から順に連結したものをターゲット名として生成し、生成したターゲット名をターゲット表202Aに追加する。 In this embodiment, in step (not shown) corresponding to step SP703 in FIG. 7, in addition to the target name described in the first embodiment, the character string "iqn.init" initiator numbers, letters " - ", LU capacity, the string" gb - ", RAID level, the character" - ", to generate the file system name, the character string" -LU ", the concatenation of LUN from left to right as the target name, the generated target to add a name to the target table 202A. ここでファイルシステム名は「ntfs(NT File System)」「ext3」等の代表的なファイルシステムを設定するものとする。 Here in the file system name is intended to set a typical file system, such as "ntfs (NT File System)", "ext3".

本実施の形態で説明をする処理Cは、図8で説明をした第1の実施の形態における処理Cと、ステップSP806を除いて同様である。 Process C for the description in this embodiment is the same except the process C in the first embodiment has been explained in FIG. 8, a step SP806. 本実施の形態では、図8のステップSP806に相当するステップ(図示せず)において、ターゲット名の文字列中でRAIDレベルとLUNの間にファイルシステム名が含まれていた場合、ストレージ側CPU101は、該当するファイルシステムをLUに書き込む。 In this embodiment, in step (not shown) corresponding to step SP806 in FIG. 8, if the file system name was included between the RAID level and the LUN in the target name string, the storage side CPU101 is , writes the appropriate file system on the LU.

このようにして、ホスト計算機110はストレージ100における特定のファイルシステムでフォーマットされたLUを周辺機器として使用できるようになる。 In this way, the host computer 110 will be able to use a LU that is formatted in a particular file system in the storage 100 as a peripheral device.

(3)第3の実施の形態 第3の実施の形態では、ストレージ装置100Bが既存のLUのバックアップを作成する場合の動作について説明する。 (3) In the third embodiment the third embodiment, the operation of the case where the storage device 100B creates a backup of the existing LU.

なお、本実施の形態の記憶システム1B構成は、第1の実施の形態における記憶システム1構成と、メモリ102Bを除いて、同様である。 The storage system 1B configuration of this embodiment includes a storage system 1 configured in the first embodiment, except for the memory 102B, is similar. また、本実施の形態におけるストレージ装置100Bの動作のうち、第1の実施の形態の図5で示されるシーケンス図及び図6で示される処理Aのフローチャートが同様であるため、説明を省略する。 Further, since parts of the operation of the storage apparatus 100B in the present embodiment, the processing A flowchart shown in the sequence diagram and 6 shown in Figure 5 of the first embodiment is the same, the description thereof is omitted. 本実施の形態では、第1の実施の形態と異なる箇所について説明をする。 In this embodiment will be explained with regard to the points different from the first embodiment.

図10は、本実施の形態におけるターゲット表202Bを示す。 Figure 10 illustrates a target table 202B in the present embodiment. 図10のターゲット表202Bには、ストレージ装置100Bが既存のLUのバックアップを作成するための文字列を追加している。 The target table 202B of FIG. 10 adds a character string to the storage apparatus 100B creates a backup of the existing LU.

本実施の形態の処理Bについては、ストレージ側CPU101が、ターゲットプログラム201Bに基づいて処理を行う。 For process B of the present embodiment, the storage side CPU101 performs the process on the basis of the target program 201B. 本実施の形態で説明をする処理Bは、図7で説明をした第1の実施の形態における処理Bと、ステップSP703を除いて同様である。 Process B will be described in this embodiment is the same except the process B in the first embodiment has been explained in FIG. 7, step SP703.

本実施の形態では、図7のステップ703に相当するステップにおいて、第1の実施の形態で説明したターゲット名のほかに、文字列「iqn.init」、イニシエータ番号、文字「−」、文字列「backup」、文字列「−LU」、LUNを左から順に連結したものをターゲット名として生成し、生成したターゲット名をターゲット表202Bに追加する。 In this embodiment, in the step corresponding to step 703 of FIG. 7, in addition to the target name described in the first embodiment, the character string "iqn.init", the initiator number, the character "-", a string "backup", the character string "-LU", the concatenation of the LUN from the left in order to generate as target name, to add the generated target name in the target table 202B.

本実施の形態で説明をする処理Cは、以下に説明する。 Process C for the description in this embodiment will be described below. 処理Cについても、ストレージ側CPU101がターゲットプログラム201Bに基づいて処理を行う。 The process C is also storage-side CPU101 performs the process on the basis of the target program 201B. 具体的にはまず、図11に示すように、ストレージ側CPU101は、引数として渡されたイニシエータ名及びターゲット名の組がターゲット表202Bに登録されているかどうかを判断する(SP901)。 Specifically First, as shown in FIG. 11, the storage side CPU101, the set of initiator name passed as an argument and the target name to determine if it is registered in the target table 202B (SP901).

そして、ストレージ側CPU101は、引数として渡されたイニシエータ名及びターゲット名の組がターゲット表202Bに登録されていると判断した場合には(SP901:YES)、次に、ターゲット名に「backup」が含まれているかどうか判断する(SP902)。 Then, the storage-side CPU101, if a set of initiator name passed as an argument and the target name is determined to have been registered in the target table 202B is (SP901: YES), then, the "backup" to target name included whether to determine whether the (SP902). ストレージ側CPU101は、ターゲット名に「backup」が含まれていると判断した場合には、ターゲット名を読み込み、ターゲット表202Bから当該LUに対応するLUNの番号を識別し、読み込まれたLUの複製を作成する(SP903)。 Storage-side CPU101, when it is determined that contains "backup" in the target name, reads the target name, replicated from the target table 202B identifies the number of the LUN corresponding to the LU, the loaded LU to create a (SP903). 従って複製されたLUは、読み込まれたLUと同一のRAIDレベル、容量及びデータを有することになる。 Therefore replicated LU is loaded LU the same RAID level, it will have the capacity and data.

次にストレージ側CPU101は、複製したLUのLUN及びディスク使用量をターゲット表202Bに追加する(SP904)。 Next, the storage side CPU101 adds LUN and disk usage LU duplicating the target table 202B (SP904). そしてストレージ側CPU101は、ターゲットであるLUが移動したとする戻り値である「Target Moved Temporarily」にして(SP905)処理Cを終える。 The storage-side CPU101 is to a return value to LU has moved a target "Target Moved Temporarily" (SP905) the processing ends C. なお戻り値は、通常のログインではないことをホスト計算機110が識別できるだけの戻り値でよく、「Target Moved Temporarily」に限られない。 Incidentally return value, well that is not a normal login just a return value can be identified host computer 110 is not limited to "Target Moved Temporarily".

なお、ステップSP906からステップSP910の処理は、上述した図8のステップSP805からSP809の処理と同じなので、説明を省略する。 The processing of step SP910 from the step SP906 is the same as the processing of SP809 from the step SP805 of Fig. 8 described above, the description thereof is omitted.

このようにして、ホスト計算機110は必要に応じてLUのバックアップを作成することができる。 In this way, the host computer 110 is able to make a backup of the LU as needed.

(4)第4の実施の形態 第4実施形態では、ストレージ装置100Cが既存のイニシエータの設定情報を提供する場合の動作について説明する。 (4) In the fourth embodiment to the fourth embodiment, the operation of the case where the storage device 100C to provide configuration information for an existing initiator.

本実施の形態の記憶システム1C構成は第1の実施の形態における記憶システム1構成と、メモリ102Cを除いて、同様である。 Storage system 1C structure of the present embodiment and the storage system 1 configured in the first embodiment, except for the memory 102C, is the same. また、本実施の形態におけるストレージ装置100Cの動作のうち、第1の実施の形態の図5で示されるシーケンス図及び図6で示される処理Aのフローチャートは同様であるので、説明を省略する。 Also, of the operation of the storage device 100C of this embodiment, since the processing A flowchart shown in the sequence diagram and 6 shown in Figure 5 of the first embodiment is the same, the description thereof is omitted. 本実施の形態では、第1の実施の形態と異なる箇所について説明をする。 In this embodiment will be explained with regard to the points different from the first embodiment.

図12は、本実施の形態におけるターゲット表202Cを示す。 Figure 12 illustrates a target table 202C of the present embodiment. 図12のターゲット表202Cには、ストレージ装置100Cが既存のイニシエータの設定情報を提供するための文字列を追加している。 The target table 202C of FIG. 12, by adding a string to the storage apparatus 100C to provide configuration information for an existing initiator. 本実施の形態の処理Bについては、ストレージ側CPU101がターゲットプログラム201Cに基づいて処理を行う。 For process B of the present embodiment, the storage side CPU101 performs the process on the basis of the target program 201C. 本実施の形態で説明をする処理Bは、図7で説明をした第1の実施の形態における処理Bと、ステップSP703を除いて同様である。 Process B will be described in this embodiment is the same except the process B in the first embodiment has been explained in FIG. 7, step SP703.

本実施の形態では、図7のステップ703に相当するステップにおいて、第1実施形態で説明したターゲット名のほかに、ターゲット名は、文字列「iqn.init」、イニシエータ番号、文字「−」、文字列「showconfig」、文字「−」、ファイルシステム名を左から順に連結したものをターゲット名として生成し、生成したターゲット名をターゲット表202Cに追加する。 In this embodiment, in the step corresponding to step 703 of FIG. 7, in addition to the target name described in the first embodiment, the target name is a character string "iqn.init", the initiator number, the character "-", the character string "showconfig", the character "-", to generate a concatenation of the file system name from left to right as the target name, to add the generated target name in the target table 202C.

本実施の形態で説明をする処理Cは、以下に説明する。 Process C for the description in this embodiment will be described below. 本実施の形態の処理Cについても、ストレージ側CPU101がターゲットプログラム201Cに基づいて処理を行う。 For even process C of the present embodiment, the storage side CPU101 performs the process on the basis of the target program 201C.

具体的にはまず、図13に示すように、ストレージ側CPU101は、引数として渡されたイニシエータ名及びターゲット名の組がターゲット表202Cに登録されているかどうかを判断する(SP1001)。 Specifically First, as shown in FIG. 13, the storage side CPU101, the set of initiator name passed as an argument and the target name to determine if it is registered in the target table 202C (SP1001).

そして、ストレージ側CPU101は、引数として渡されたイニシエータ名及びターゲット名の組がターゲット表202Cに登録されていると判断した場合には(SP1001:YES)、次に、ターゲット名に「showconfig」が含まれているかどうか判断する(SP1002)。 Then, the storage-side CPU101, if a set of initiator name passed as an argument and the target name is determined to have been registered in the target table 202C is (SP1001: YES), then, is "showconfig" the target name included whether to determine whether the (SP1002).

ストレージ側CPU101は、ターゲット名に「showconfig」が含まれていると判断した場合には(SP1002:YES)、ターゲット名を読み込み、ターゲット表202Cから当該LUに対応するLUN及びディスク使用量をターゲット表202Cに追加し(SP1003)新規なLUを作成する(SP1004)。 Storage-side CPU101 is, if it is determined to contain a "showconfig" the target name (SP1002: YES), the target table the LUN and disk usage reads the target name, corresponds from the target table 202C to the LU Add to 202C (SP1003) to create a new LU (SP1004). このときホスト計算機110に割当てるLUは、未割当てのLUであればよい。 LU assign this time to the host computer 110 may be any LU unallocated. またディスク使用量は、後記する実行プログラムを記録できる容量であればよい。 The disk usage may be a capacity capable of recording an execution program to be described later.

そしてストレージ側CPU101は、ターゲット名を読み込んだ際にファイルシステム名を識別し、該当するファイルシステムをLUに書き込んだ上で、このLU上に、Windows(登録商標)、Linux等の代表的なOS上で実行できる実行プログラムを書き込む(SP1005)。 And the storage-side CPU101 identifies the file system name when reading the target name, on which is written to the appropriate file system on the LU, on the LU, Windows (registered trademark), a typical OS, such as Linux writes the execution program that can be run on (SP1005). この実行プログラムは、ホスト計算機110上で実行された時に、該当するイニシエータに割り当てられているターゲットのターゲット名、割り当てポート、LUN、ディスク使用量の組をホスト計算機110のディスプレイ等の出力装置へ表示するものとする。 The execution program when executed on the host computer 110, the target name of the target that are assigned to the appropriate initiator, assigned port, LUN, displaying a set of disk usage to an output device such as a display of the host computer 110 It shall be. そしてストレージ側CPU101は、戻り値を「Target Moved Temporarily」にして(SP1006)処理Cを終える。 The storage-side CPU101 is to the return value to "Target Moved Temporarily" (SP1006) ending the process C.

なお、ステップSP1007からステップSP1011の処理は、上述した図8のステップSP805からSP809の処理と同じなので、説明を省略する。 The processing in step SP1011 from step SP1007 is the same as the processing of SP809 from the step SP805 of Fig. 8 described above, the description thereof is omitted.

このようにして、ユーザがホスト計算機110を操作することによって、ストレージ装置100Cに設定されている情報を必要に応じて確認することができる。 In this way, the user can by operating the host computer 110, to check if necessary information set in the storage device 100C.

(5)第5の実施の形態 第5の実施の形態では、ストレージ装置100Dが特定のイニシエータのパスワードを変更する場合の動作について説明する。 (5) Fifth Embodiment A fifth embodiment will be described operation when the storage device 100D to change the password of a specific initiator.

本実施の形態の記憶システム1D構成は第1の実施の形態における記憶システム1構成と、メモリ102Dを除いて、同様である。 Storage system 1D configuration of the present embodiment and the storage system 1 configured in the first embodiment, except for the memory 102D, the same. また、本実施の形態におけるストレージ装置100Dの動作のうち、第1の実施の形態の図5で示されるシーケンス図及び図6で示される処理Aのフローチャートは同様であるため、説明を省略する。 Also, since in the operation of the storage device 100D of this embodiment, the processing A flowchart shown in the sequence diagram and 6 shown in Figure 5 of the first embodiment is the same, the description thereof is omitted. 本実施の形態では、第1の実施の形態と異なる箇所について説明をする。 In this embodiment will be explained with regard to the points different from the first embodiment.

図14は、本実施の形態におけるターゲット表202Dを示す。 Figure 14 illustrates a target table 202D of the present embodiment. 図14のターゲット表202Dには、ストレージ装置100Dが特定のイニシエータのパスワードを変更するための文字列を追加している。 The target table 202D in Figure 14 add the string to the storage device 100D to change the password of a specific initiator.

図15は、本実施の形態におけるイニシエータ管理表203Dを示す。 Figure 15 shows the initiator management table 203D of the present embodiment. 図15のイニシエータ管理表203Dは、図4で説明をした「イニシエータ番号」フィールド401、「イニシエータ名」フィールド402及び「最大ディスク使用量」フィールド403に加え、「パスワード」フィールド404から構成される。 Initiator management table 203D in Figure 15 was explained in FIG. 4 "initiator number" field 401, in addition to the "initiator Name" field 402 and the "maximum disk usage" field 403, and a "password" field 404.

「パスワード」フィールド404には、イニシエータに対してユーザが設定したパスワードが格納されている。 In the "Password" field 404, a password is stored in the user has set for the initiator.

本実施の形態の処理Bについては、ストレージ側CPU101がターゲットプログラム201Dに基づいて処理を行う。 For process B of the present embodiment, the storage side CPU101 performs the process on the basis of the target program 201D. 本実施の形態で説明をする処理Bは、図7で説明をした第1の実施の形態における処理Bと、ステップSP703を除いて同様である。 Process B will be described in this embodiment is the same except the process B in the first embodiment has been explained in FIG. 7, step SP703.

本実施の形態では、図7のステップ703に相当するステップにおいて、第1実施形態で説明したターゲット名のほかに、ターゲット名は、文字列「iqn.init」、イニシエータ番号、文字「−」、文字列「changepassword」、文字「−」、ファイルシステム名を左から順に連結したものをターゲット名として生成し、生成したターゲット名をターゲット表202Dに追加する。 In this embodiment, in the step corresponding to step 703 of FIG. 7, in addition to the target name described in the first embodiment, the target name is a character string "iqn.init", the initiator number, the character "-", the character string "changepassword", the character "-", to generate a concatenation of the file system name from left to right as the target name, to add the generated target name in the target table 202D.

本実施の形態で説明をする処理Cは、以下に説明する。 Process C for the description in this embodiment will be described below. 本実施の形態の処理Cについても、ストレージ側CPU101がターゲットプログラム201Dに基づいて処理を行う。 For even process C of the present embodiment, the storage side CPU101 performs the process on the basis of the target program 201D.

具体的にはまず、図16に示すように、ストレージ側CPU101は、引数として渡されたイニシエータ名及びターゲット名の組がターゲット表202Dに登録されているかどうかを判断する(SP1101)。 Specifically First, as shown in FIG. 16, the storage side CPU101, the set of initiator name passed as an argument and the target name to determine if it is registered in the target table 202D (SP1101).

そして、ストレージ側CPU101は、引数として渡されたイニシエータ名及びターゲット名の組がターゲット表202Dに登録されていると判断した場合には(SP1101:YES)、次に、ターゲット名に「changepassword」が含まれているかどうか判断する(SP1102)。 Then, the storage-side CPU101, if a set of initiator name passed as an argument and the target name is determined to have been registered in the target table 202D is (SP1101: YES), then, is "changepassword" the target name included whether to determine whether the (SP1102).

ストレージ側CPU101は、ターゲット名に「changepassword」が含まれていると判断した場合には(SP1102:YES)、読み込んだターゲット名から該当するファイルシステムをLUに書き込んだ上で、Windows(登録商標)、Linux等の代表的なOS上で実行できる実行プログラムを書き込む(SP1103)。 Storage-side CPU101 is, if it is determined that contains "changepassword" to target name (SP1102: YES), the file system on the written to the LU to be applicable from the read target name, Windows (registered trademark) writes the execution program that can run on a typical OS such as Linux (SP1103).

次に、ストレージ側CPU101は、ストレージ装置100Dにおいて、実行プログラムの指定が未使用となっているUDPポート番号の1つを待受け状態とする(SP1104)。 Next, the storage side CPU101, in the storage device 100D, designated execution program is in a state waiting for one of the UDP port number that is unused (SP1104).

ホスト計算機110は上記実行プログラムを実行することで、ユーザは新しいパスワードを入力することができる。 The host computer 110 that executes the execution program, the user can input the new password. そうして、ユーザが新しいパスワードを入力すると、ホスト計算機110は、ストレージ装置100Dに当該パスワードを送信する。 Then, the user enters a new password, the host computer 110 transmits the password to the storage device 100D.

そしてストレージ側CPU101は新しいパスワードを受信したか否かを判断する(SP1105)。 The storage-side CPU101 determines whether it has received a new password (SP1105). ストレージ側CPU101は新しいパスワードを受信したと判断した場合には(SP1105:YES)、イニシエータ管理表203Dを更新し(SP1106)、UDPポート番号の待受け状態を解除する(SP1108)。 Storage-side CPU101 is when it is determined that it has received the new password (SP1105: YES), update the initiator management table 203D (SP1106), releases the standby state of the UDP port number (SP1108).

一方、ストレージ側CPU101は新しいパスワードを受信していないと判断した場合には(SP1105:NO)、待受け開始から一定時間を経過したかを判断する(SP1107)。 On the other hand, if it is determined that the storage side CPU101 has not received a new password (SP1105: NO), it determines whether it has passed a predetermined time from the standby starting (SP1107). ストレージ側CPU101は、待受け開始から一定時間を経過していないと判断した場合には(SP1107:NO)、ステップSP1105に戻る。 Storage-side CPU101, when it is determined that has not passed the predetermined time from the standby start (SP1107: NO), the flow returns to step SP1105.

ストレージ側CPU101は、待受け開始から一定時間を経過していると判断した場合には(SP1107:NO)、UDPポート番号の待受け状態を解除する(SP1108)。 Storage-side CPU101 is, when it is determined that the elapsed predetermined time from standby start (SP1107: NO), releases the standby state of the UDP port number (SP1108). そうして、ストレージ側CPU101は、戻り値を「Success」にして(SP1109)処理Cを終える。 Then, the storage-side CPU101 is to the return value to "Success" (SP1109) ending the process C.

なお、ステップSP1110からステップSP1114の処理は、上述した図8のステップSP805からSP809の処理と同じなので、説明を省略する。 The processing in step SP1114 from step SP1110 is the same as the processing of SP809 from the step SP805 of Fig. 8 described above, the description thereof is omitted.

このようにして、ユーザは必要に応じてストレージ装置100Dに設定されているパスワードを自ら変更することができる。 In this way, the user can change his password set in the storage device 100D if necessary.

(6)第6の実施の形態 第6の実施の形態では、ストレージ装置100Eが、LUの対の生成や、対となっているLU間のデータの再同期あるいは復元を行ったり、対となっているLUの状態を変更したりする場合の動作について説明する。 (6) In the sixth embodiment the sixth embodiment of the storage device 100E is, generation of pairs of LU, or perform resynchronization or recovery of data between LU of each pair, a pair Note about operation or to change the state of the LU will be described. 本実施の形態においては、2つのLUが対をなすことができ、LUの対は正ボリュームと副ボリュームからなるものとする。 In the present embodiment, it is possible to form a two LU pairs, the pairs of LU and made from the primary volume and the secondary volume.

本実施の形態の記憶システム1E構成は第1の実施の形態における記憶システム1構成と、メモリ102Eを除いて、同様である。 Storage system 1E configuration of this embodiment is the storage system 1 configured in the first embodiment, except for memory 102E, the same. また、本実施の形態におけるストレージ装置100Eの動作のうち、第1の実施の形態の図5で示されるシーケンス図及び図6で示される処理Aのフローチャートは同様であるため、説明を省略する。 Further, since parts of the operation of the storage apparatus 100E of this embodiment, the processing A flowchart shown in the sequence diagram and 6 shown in Figure 5 of the first embodiment is the same, the description thereof is omitted. 本実施の形態では、第1の実施の形態と異なる箇所について説明をする。 In this embodiment will be explained with regard to the points different from the first embodiment.

図17は、本実施の形態におけるメモリ102Eを示す。 Figure 17 shows a memory 102E of the present embodiment. メモリ102Eには、ターゲットプログラム201Eと、ターゲット表202Eと、イニシエータ管理表203Eと、LU(管理)表204Eと、が記憶される。 The memory 102E, and the target program 201E, a target table 202E, the initiator management table 203E, the LU (management) table 204E, is stored.

ターゲットプログラム201Eは、ホスト計算機110上で動作しているイニシエータプログラム111との間で、iSCSIの規格に従いiSCSI PDU(Protocol Data Unit)の送受信を行うためのプログラムである。 Target program 201E is between the initiator program 111 running on the host computer 110 is a program for sending and receiving iSCSI PDU (Protocol Data Unit) in accordance with the iSCSI standard. またターゲットプログラム201は、ホスト側CPU112のイニシエータプログラム111の処理に基づくiSCSI Login PDUの受信を契機として、LUの対の生成や、対となっているLU間のデータの再同期あるいは復元を行ったり、対となっているLUの状態の変更を行ったりするが、このときの動作の詳細は図18から図27を用いて後記する。 The target program 201, in response to reception of the iSCSI Login PDU based on the processing of the initiator program 111 of the host side CPU 112, and go generation of pairs of LU, the resynchronization or recovery of data between LU of each pair , or make changes in the LU status of each pair, but details of the operation of this case will be described later with reference to FIG. 27 from FIG. 18.

またターゲットプログラム201は、後記する「PAIR」の状態の正ボリュームへの書き込み要求をホスト計算機110から受信した場合、正ボリュームへのデータ書き込みと同時に、対応する副ボリュームへ同一のデータ書き込みを行う。 The target program 201 when receiving the write request to the primary volume status is below "PAIR" from the host computer 110, at the same time as the data writing to the primary volume, perform the same data written to the corresponding secondary volume. またターゲットプログラム201は、後記する「PAIR」の状態または「COPY」の状態の副ボリュームへの書き込み要求をホスト計算機110から受信した場合、副ボリュームへの書き込みを行わず、ホスト計算機110へエラーを応答する。 The target program 201 when receiving the write request to the secondary volume of the states of the state or "COPY" in the described below "PAIR" from the host computer 110, without writing to the secondary volume, an error to the host computer 110 respond. ターゲット表202Eおよびイニシエータ管理表203Eは、第1の実施の形態におけるものと同様のものである。 Target table 202E and initiator management table 203E are the same as those in the first embodiment.

LU表204Eは、図18に示す通り、「イニシエータ名」フィールド1801、「LUN」フィールド1802、「P/S」フィールド1803、「状態」フィールド1804及び「経過時間」フィールド1805、「進捗率」フィールド1806、「スループット」フィールド1807、「残り時間」フィールド1808、「対LU」フィールド1809の情報からなるテーブルである。 LU table 204E, as shown in FIG. 18, "initiator name" field 1801, "LUN" field 1802, "P / S" field 1803, "status" field 1804 and "elapsed time" field 1805, "Progress rate" field 1806, "throughput" field 1807, "remaining time" field 1808, a table of information of "counter LU" field 1809.

「イニシエータ名」フィールド1801には、iSCSIイニシエータを識別する名前が格納されている。 In the "initiator name" field 1801, the name that identifies the iSCSI initiator is stored. 「LUN」フィールド1802には、LUを識別する番号が格納されている。 The "LUN" field 1802 stores the number for identifying the LU is stored. 「P/S」フィールド1803には、対となっているLUについて、正ボリュームを意味する「P」の文字か、副ボリュームを意味する「S」の文字が格納されている。 The "P / S" field 1803, the LU of each pair, or the letter "P" indicating a positive volume, letter "S" meaning secondary volume is stored. 「状態」フィールド1804には、LUの状態に関する情報が格納されている。 The "state" field 1804, information about the state of the LU is stored.

「SMPL」は、対となる他のLUを持たない状態を意味する。 "SMPL" means a state that does not have the other LU to be paired. 「PAIR」は、対となるボリュームとデータが同期しており、同一データの書き込みが行われる状態を意味する。 "PAIR" is volume data forming a pair are synchronized, means a state in which the same data is written. 「SUS」は、対となるボリュームの間でデータの同期を停止しており、書き込みが正ボリュームにのみ行われる状態を意味する。 "SUS" is to stop the synchronization data between the volume forming a pair, it means a condition is written only to the primary volume. 「COPY」は、正副ボリューム間でのデータコピーが行われている状態を意味する。 "COPY" means a state in which data copy between the primary and secondary volume is performed.

「経過時間」フィールド1805には、「COPY」状態のLUのLU間データコピーの経過時間が格納されている。 The "elapsed time" field 1805, the time elapsed LU between the data copying of the LU of the "COPY" status is stored. 「進捗率」フィールド1806には、「COPY」状態のLUのLU間データコピーの進捗率が格納されている。 In "Progress rate" field 1806, LU between data copy progress rate of LU of the "COPY" status is stored. 「スループット」フィールド1807には、「COPY」状態のLUのLU間データコピーのスループットが格納されている。 In "Throughput" field 1807, the throughput of the "COPY" LU LU between data copy status is stored. 「残り時間」フィールドには1808、「COPY」状態のLUのLU間データコピーの残り時間が格納されている。 The "remaining time" field 1808, the remaining time of the LU-LU data copying LU of the "COPY" status is stored. 「対LU」フィールド1809には、対となっている相手のLUを識別する番号が格納されている。 The "counter LU" field 1809, a number that identifies the LU partner of each pair are stored.

コマンド表205Eは、図19に示す通り、「状態」フィールド1901、「paircreate」フィールド1902、「split」フィールド1903、「suspend」フィールド1904、「resync」フィールド1905、「restore」フィールド1906、「abort」フィールド1907の情報からなるテーブルである。 Commands Table 205E, as shown in FIG. 19, the "state" field 1901, "paircreate" field 1902, "split" field 1903, "suspend" field 1904, "resync" field 1905, "restore" field 1906, "abort" field is a table consisting of information of 1907.

「paircreate」は、「SMPL」状態のLUを正ボリュームとして、副ボリュームとなるLUを新規に作成するコマンドである。 "Paircreate" is, the LU of "SMPL" state as the primary volume, which is a command to create the LU to be a secondary volume to the new. 「split」は、LUの対を解消するコマンドである。 "Split" is a command to eliminate a pair of LU. 「suspend」は、「PAIR」状態のLU対の状態を「SUS」に変更し、副ボリュームへの書き込みを停止するコマンドである。 "Suspend" changes the state of the LU pair of the "PAIR" state to the "SUS", a command to stop writing to the secondary volume.

「resync」は、正ボリュームのデータを副ボリュームに再同期させるコマンドである。 "Resync" is a command to resynchronize the data in the primary volume to the secondary volume. 「restore」は、副ボリュームのデータを正ボリュームに復元させるコマンドである。 "Restore" is a command for restoring the data of the secondary volume to the primary volume. 「abort」は、実行中のデータ再同期あるいはデータ復元を中止するコマンドである。 "Abort" is a command to stop the data resynchronization or data restoration running.

各フィールドの値「1」は、該当する状態でコマンドが実行可能であることを、各フィールドの値「0」は、該当する状態でコマンドが実行不可能であることを表す。 The value of each field "1", the command in the appropriate state can be executed, the value "0" of each field represents that the command in the appropriate state is not feasible. 例えば、図19では、「SMPL」状態のLUに対して実行可能なコマンドは「paircreate」のみであることを表す。 For example, it is indicating that in FIG. 19, executable command for LU of "SMPL" state is only "paircreate".

本実施の形態で説明をする処理Bは、図7で説明をした第1の実施の形態における処理Bと、ステップSP703を除いて同様である。 Process B will be described in this embodiment is the same except the process B in the first embodiment has been explained in FIG. 7, step SP703. 本実施の形態のターゲット表202Eは、 図14におけるターゲット表202Dと同様な構成である。 Target table 202E of this embodiment has the same configuration as the target table 202D in FIG.

図20に、ディスカバリセッションのログインを受けたときにターゲットプログラム201Eが行う処理Bを示す。 20 shows a process B in which the target program 201E does when receiving the login discovery session. 本実施の形態で説明をする処理Bは、図7で説明をした第1の実施の形態における処理Bと、ステップSP2002を除いて、(ステップSP2003〜SP2005は、SP703〜SP707と同様)同様である。 Process B will be described in this embodiment, except for the process B in the first embodiment has been explained in FIG. 7, step SP2002, (step SP2003~SP2005, like the SP703~SP707) Similarly a is there.

ステップSP2002では、LU表204Eとコマンド表205Eを参照することで、各LUに実行可能なコマンドを判断し、これをもとにターゲット名を生成する。 At step SP2002, by referring to the LU table 204E and the command table 205E, and determine the executable command for each LU, it generates a target name it based. 例えば、イニシエータ名「initiator0」のLUN「0」のLUに対して実行可能なコマンドはpaircreateのみであるため、「iqn.init000-lu0-paircreate」というターゲット名のターゲットをターゲット表202Eに追加する。 For example, executable command for LU of LUN "0" of the initiator name "initiator0" because only paircreate, to add the target name of the target as "iqn.init000-lu0-paircreate" to the target table 202E. これに加えて、ターゲットプログラム201Eは、その時点での各LUの状態、経過時間、進捗率、スループット、残り時間をターゲット名に含めるよう、ターゲット表202Eを更新する。 In addition, the target program 201E, each LU in the state at that time, elapsed time, to include progress rate, throughput, the time remaining to the target name, and updates the target table 202E.

例えば、ターゲットプログラム201Eは、LUの機能情報である、「iqn.init000-lu0-」に、LUの状態に応じて実行可能な処理情報である、「paircreate」を付加したターゲット名(ボリューム情報)を生成するとともに、リアルタイムなLU内部状態を示す内部状態情報である、「各LUの状態、経過時間、進捗率、スループット、残り時間」などを付加したターゲット名(ボリューム情報)をホスト計算機110に対する応答情報として生成し、生成したターゲット名でターゲット表202Eを更新する。 For example, the target program 201E is a functional information LU, the "iqn.init000-lu0-" is executable process information in accordance with the state of the LU, the target name by adding "paircreate" (volume information) to generate a an internal status indicating real-time LU internal state to "each LU status, age, progress rate, throughput, time remaining" target name obtained by adding like (volume information) the host computer 110 It generated as response information, and updates the target table 202E in the generated target name.

図21に、本実施の形態におけるターゲット表202Eの例を示す。 Figure 21 shows an example of a target table 202E of the present embodiment. ターゲット名「iqn.init000-lu5:p-copy-00:01:42-38.2percent-233mbps-00:02:45」は、LUN「5」のLUは正ボリュームであり、状態は「COPY」であり、コピーの経過時間が1分42秒であり、進捗率が38.2%であり、スループットが毎秒233メガバイトであり、残り時間が2分45秒であることを意味する。 Target name "iqn.init000-lu5: p-copy-00: 01: 42-38.2percent-233mbps-00: 02: 45" is, LU of LUN "5" is a positive volume, the state is "COPY" There, the elapsed time of the copy is 1 minute 42 seconds, the progress rate is 38.2%, the throughput is per 233 megabytes, which means that the remaining time is 2 minutes 45 seconds. ホスト計算機110上のイニシエータプログラム111は、ディスカバリセッションのログインの応答(SP505)として、これらのターゲット名を受信する。 Initiator program 111 on the host computer 110, as the login discovery session response (SP505), receives these target name.

以下、図5におけるステップSP506において、ストレージ側CPU101がホスト側CPU112から受信したiSCSI Login (Normal Session)が宛先とするターゲット名の末尾が、コマンド表205Eにおけるコマンドを表す文字列である場合のターゲットプログラム201Eの動作を説明する。 Hereinafter, in step SP506 in Fig. 5, iSCSI Login (Normal Session) is a trailing target name to destination, where a character string representing a command in the command table 205E target program storage side CPU101 receives from the host CPU112 the operation of the 201E will be described.

図22は、ログイン先ターゲット名の末尾が「paircreate」であるときのターゲットプログラム201Eの動作を表す。 Figure 22 represents the operation of the target program 201E when the end of the login destination target name is "paircreate". ターゲットプログラム201Eは、iSCSIログイン要求に含まれるイニシエータ名・ターゲット名の組がターゲット表202Eに登録されているならば(SP2201:Yes)、該当するLUと同一の容量のLUを新規に作成し(SP2202)、初期コピーを開始し(SP2203)、前者のLUを正ボリューム、後者のLUを副ボリュームとして、状態を「COPY」とすべく、LU表204Eとターゲット表202Eを更新する(SP2204)。 Target program 201E is, if the combination of the initiator name, target name included in the iSCSI login request is registered in the target table 202E (SP2201: Yes), to create the LU of the capacity of the same as the corresponding LU in the new ( SP2202), and starts an initial copy (SP2203), the former LU primary volume, the latter LU as a secondary volume, in order to the state "cOPY", and updates the LU table 204E and the target table 202E (SP2204). 初期コピーが完了すると(SP2205:Yes)、これらのLUの状態を「PAIR」とすべく、LU表204Eとターゲット表202Eを更新する(SP2206)。 When the initial copy is completed (SP2205: Yes), the status of these LU order to the "PAIR", and updates the LU table 204E and the target table 202E (SP2206).

図23は、ログイン先ターゲット名の末尾が「split」であるときのターゲットプログラム201Eの動作を表す。 Figure 23 represents the operation of the target program 201E when the end of the login destination target name is "split". ターゲットプログラム201Eは、iSCSIログイン要求に含まれるイニシエータ名・ターゲット名の組がターゲット表202Eに登録されているならば(SP2301:Yes)、該当するLUの対を解消し、両LUの状態を「SMPL」とすべく、LU表204Eとターゲット表202Eを更新する(SP2302)。 Target program 201E, if a set of initiator name target name included in the iSCSI login request is registered in the target table 202E (SP2301: Yes), to eliminate the pair of the corresponding LU, the state of the two LU " In order to the SMPL ", to update the LU table 204E and the target table 202E (SP2302).

図24は、ログイン先ターゲット名の末尾が「suspend」であるときのターゲットプログラム201Eの動作を表す。 Figure 24 represents the operation of the target program 201E when the end of the login destination target name is "suspend". ターゲットプログラム201Eは、iSCSIログイン要求に含まれるイニシエータ名・ターゲット名の組がターゲット表202Eに登録されているならば(SP2401:Yes)、該当するLUの対の状態を「SUS」とすべく、LU表204Eとターゲット表202Eを更新する(SP2402)。 Target program 201E is, if the combination of the initiator name, target name included in the iSCSI login request is registered in the target table 202E (SP2401: Yes), the state of the pair of the corresponding LU in order to as "SUS", to update the LU table 204E and the target table 202E (SP2402).

図25は、ログイン先ターゲット名の末尾が「resync」であるときのターゲットプログラム201Eの動作を表す。 Figure 25 represents the operation of the target program 201E when the end of the login destination target name is "resync". ターゲットプログラム201Eは、iSCSIログイン要求に含まれるイニシエータ名・ターゲット名の組がターゲット表202Eに登録されているならば(SP2501:Yes)、該当する正ボリュームから副ボリュームへのデータ再同期を開始し(SP2502)、両LUの状態を「COPY」とすべく、LU表204Eとターゲット表202Eを更新する(SP2503)。 Target program 201E, if a set of initiator name target name included in the iSCSI login request is registered in the target table 202E (SP2501: Yes), starts data sync from the corresponding primary volume to the secondary volume (SP2502), the state of both LU order to the "COPY", to update the LU table 204E and the target table 202E (SP2503). 再同期が完了すると(SP2504:Yes)、これらのLUの状態を「SUS」とすべく、LU表204Eとターゲット表202Eを更新する(SP2505)。 After resynchronization is complete (SP2504: Yes), the status of these LU order to as "SUS", and updates the LU table 204E and the target table 202E (SP2505).

図26は、ログイン先ターゲット名の末尾が「restore」であるときのターゲットプログラム201Eの動作を表す。 Figure 26 represents the operation of the target program 201E when the end of the login destination target name is "restore". ターゲットプログラム201Eは、iSCSIログイン要求に含まれるイニシエータ名・ターゲット名の組がターゲット表202Eに登録されているならば(SP2601:Yes)、該当する副ボリュームから正ボリュームへのデータ復元を開始し(SP2602)、両LUの状態を「COPY」とすべく、LU表204Eとターゲット表202Eを更新する(SP2603)。 Target program 201E, if a set of initiator name target name included in the iSCSI login request is registered in the target table 202E (SP2601: Yes), starts data restore from the corresponding secondary volume to the primary volume ( SP2602), the state of both LU order to the "COPY", to update the LU table 204E and the target table 202E (SP2603). データ復元が完了すると(SP2604:Yes)、これらのLUの状態を「SUS」とすべく、LU表202Eとターゲット表202Eを更新する(SP2605)。 When data restoration is completed (SP2604: Yes), the status of these LU order to as "SUS", and updates the LU table 202E and the target table 202E (SP2605).

図27は、ログイン先ターゲット名の末尾が「abort」に続く文字列であるときのターゲットプログラム201Eの動作を表す。 Figure 27 represents the operation of the target program 201E when the end of the login destination target name is a string that follows the "abort". ターゲットプログラム201Eは、iSCSIログイン要求に含まれるイニシエータ名・ターゲット名の組がターゲット表202Eに登録されているならば(SP2701:Yes)、該当するLU間のデータ再同期あるいはデータ復元を中止し(SP2702)、両LUの状態を「SUS」とすべく、LU表204Eとターゲット表202Eを更新する(SP2703)。 Target program 201E, if a set of initiator name target name included in the iSCSI login request is registered in the target table 202E (SP2701: Yes), stops the data resynchronization or data restoration between appropriate LU ( SP2702), the state of both LU in order to as "SUS", to update the LU table 204E and the target table 202E (SP2703).

なお、ターゲット名の末尾において「abort」に続く文字列は、該当するボリュームのデータ再同期あるいはデータ復元の経過時間、進捗率、スループット、残り時間を表すものであり、ユーザはこれらの情報を確認した上でデータ再同期あるいはデータ復元を中止すべきかどうか判断することができる。 The character string following the "abort" at the end of the target name, the elapsed time of the corresponding data resynchronization or data restoration of volumes, progress rate, throughput, which represents the remaining time, the user check the information it can be determined whether to abort the data resynchronization or data restoration on the in.

以上述べた実施形態では、単一のiSCSIターゲットのターゲット名が、単一のLUに対するコマンド操作あるいは状態を表すものであったが、単一のiSCSIターゲットのターゲット名が、複数のLUに対するコマンド操作あるいは状態を表すという実施形態をとってもよい。 In the above mentioned embodiments, the target name of an iSCSI target to, but were those representing the command operation or condition for a single LU, target name of a single iSCSI target, command operations for a plurality of LU or it may take the exemplary form of representing the state. この場合、例えば「iqn.init000-lu1-lu3-split」という名のターゲットが、LUNが1であるLUとLUNが3であるLUに対する対の解消を行うためのターゲットを意味するように本発明を実施することができる。 In this case, for example, the name of the target as "iqn.init000-lu1-lu3-split" is, the LUN invention to mean target for performing cancellation of the pair for LU is an LU and LUN 3 1 it can be carried out.

このようにして、ユーザは、ストレージ製品の固有の管理ソフトウェアを使用することなく標準的なiSCSIイニシエータのみを使用してLU単位のバックアップ・リストアを行ったり、それらの進捗状況やスループットといったLUの内部状態を監視したり、各LUに対して可能な操作を把握したりすることができるようになる。 In this way, the user, internal or perform backup and restore of the LU units using only standard iSCSI initiator, such as their progress and throughput LU of without the use of specific management software storage products to monitor the state, so can grasp the possible operations on each LU.

(7)他の実施の形態 なお、上述の実施の形態においては、ホスト計算機110に割り当て又は未割り当ての前記論理ボリュームの情報をボリューム情報(ターゲット名)として管理する管理部をメモリ102及びターゲット表202により構成し、ホスト計算機110からのコマンドに基づいて、必要な前記ボリューム情報を識別する識別部をCPU101及びターゲットプログラム201により構成し、識別部により識別した必要なボリューム情報に基づいて、ボリューム情報に含まれる論理ボリュームの機能情報に応じた所定の処理を論理ボリュームに対して実行する実行部をCPU101及びターゲットプログラム201により構成した場合について述べたが、本発明はこれに限らず、管理部、識別部及び実行部をそれぞれ個別のハ (7) Other Embodiments Incidentally, in the above embodiments, the memory 102 and target table management unit for managing, as the volume information information of the logical volumes allocated or unallocated to the host computer 110 (target name) constituted by 202, on the basis of a command from the host computer 110, an identification unit for identifying the volume information necessary to configure the CPU101 and the target program 201, based on the required volume information identified by the identification unit, the volume information it has dealt with the case constituted by the execution unit CPU101 and the target program 201 for executing predetermined processing in accordance with the function information of the logical volume to the logical volume included in the present invention is not limited to this, the management unit, identification unit and an execution unit individually Ha ードウェア構成としても良い。 It may be Dowea configuration.

本発明は、1又は複数のストレージ装置を有する記憶システムや、その他の形態の記憶システムに広く適用することができる。 The invention, and the storage system having one or more storage devices, can be broadly applied to storage systems of various other forms.

第1の実施の形態における記憶システムの概略図である。 It is a schematic diagram of a storage system in the first embodiment. 第1の実施の形態におけるメモリ内のブロック図である。 It is a block diagram of the memory in the first embodiment. 第1の実施の形態におけるターゲット表を示す図表である。 It is a table showing a target table in the first embodiment. 第1の実施の形態におけるイニシエータ管理表を示す図表である。 Is a table showing the initiator management table in the first embodiment. 第1の実施の形態におけるiSCSIログイン時のシーケンスを示す図である。 Is a diagram showing a sequence when the iSCSI login in the first embodiment. 第1の実施の形態におけるターゲットプログラムの処理Aを示すフローチャートである。 Is a flowchart showing the processing A of the target program in the first embodiment. 第1の実施の形態におけるターゲットプログラムの処理Bを示すフローチャートである。 Is a flowchart showing the processing B of the target program in the first embodiment. 第1の実施の形態におけるターゲットプログラムの処理Cを示すフローチャートである。 Is a flowchart showing the processing C of the target program in the first embodiment. 第2の実施の形態におけるターゲット表を示す図表である。 It is a table showing a target table in the second embodiment. 第3の実施の形態におけるターゲット表を示す図表である。 It is a table showing a target table in the third embodiment. 第3の実施の形態におけるターゲットプログラムの処理Cを示すフローチャートである。 Is a flowchart showing the processing C of the target program in the third embodiment. 第4の実施の形態におけるターゲット表を示す図表である。 It is a table showing a target table in the fourth embodiment. 第4の実施の形態におけるターゲットプログラムの処理Cを示すフローチャートである。 Is a flowchart showing the processing C of the target program in the fourth embodiment. 第5の実施の形態におけるターゲット表を示す図表である。 It is a table showing a target table in the fifth embodiment. 第5の実施の形態におけるイニシエータ管理表を示す図表である。 Is a table showing the initiator management table in the fifth embodiment. 第5の実施の形態におけるターゲットプログラムの処理Cを示すフローチャートである。 Is a flowchart showing the processing C of the target program in the fifth embodiment. 第6の実施の形態におけるメモリ内のブロック図である。 It is a block diagram of a memory according to the sixth embodiment. 第6の実施の形態におけるLU表を示す図表である。 Is a table showing the LU table in the sixth embodiment. 第6の実施の形態におけるコマンド表を示す図表である。 It is a table showing a command table in the sixth embodiment. 第6の実施の形態におけるターゲットプログラムの処理Bを示すフローチャートである。 Is a flowchart showing the processing B of the target program in the sixth embodiment. 第6の実施の形態におけるターゲット表を示す図表である。 It is a table showing a target table in the sixth embodiment. 第6の実施の形態におけるpaircreate受信時の処理を示すフローチャートである。 Is a flowchart illustrating processing for paircreate received in the sixth embodiment. 第6の実施の形態におけるsplit受信時の処理を示すフローチャートである。 It is a flowchart illustrating processing for split received in the sixth embodiment. 第6の実施の形態におけるsuspend受信時の処理を示すフローチャートである。 It is a flowchart illustrating processing for suspend reception in the sixth embodiment. 第6の実施の形態におけるresync受信時の処理を示すフローチャートである。 Is a flowchart illustrating processing for resync received in the sixth embodiment. 第6の実施の形態におけるrestore受信時の処理を示すフローチャートである。 It is a flowchart illustrating processing for restore reception in the sixth embodiment. 第6の実施の形態におけるabort受信時の処理を示すフローチャートである。 It is a flowchart illustrating processing for abort reception in the sixth embodiment.

符号の説明 DESCRIPTION OF SYMBOLS

1……記憶システム、110……ホスト計算機、100……ストレージ装置、102……メモリ、201……ターゲットプログラム、202……ターゲット表202……イニシエータ管理表 1 ...... storage system, 110 ...... host computer, 100 ...... storage device 102 ...... memory, 201 ...... target program, 202 ...... target table 202 ...... initiator management table

Claims (15)

  1. 1又は複数のホスト計算機と、各前記ホスト計算機に対してデータを読み書きするための記憶領域でなる複数の論理ボリュームを提供する記憶制御装置とを有する記憶システムにおいて、 And one or more host computers, the storage system having a storage controller that provides a plurality of logical volumes comprising a storage extent for reading and writing data to each of said host computers,
    前記記憶制御装置は、前記ホスト計算機からのコマンドに基づいて、前記ホスト計算機に割り当て又は未割り当ての前記論理ボリュームの情報に含まれる論理ボリュームの機能情報を識別する識別部と、 Said storage control device, based on a command from the host computer, an identification unit identifying the function information of the logical volume included in the information of the logical volumes allocated or unallocated to the host computer,
    前記識別部の識別結果に従って前記論理ボリュームに対する処理を実行する実行部と、を備えることを特徴とする記憶システム。 Storage system comprising: a, an execution unit for executing processing for the logical volume according to the identification result of the identifying portion.
  2. 前記実行部は、前記論理ボリュームの機能情報に、前記論理ボリュームの状態に応じて実行可能な処理情報を付加したボリューム情報を前記ホスト計算機に対する応答情報として生成する請求項1記載の記憶システム。 The execution unit is configured to function information of the logical volume, the storage system of claim 1, wherein generating the volume information added executable process information in accordance with the state of the logical volume as response information to said host computer.
  3. 前記実行部は、前記論理ボリュームの機能情報に、前記論理ボリュームの状態に応じて実行可能な処理情報を付加し、当該付加した処理情報を処理する請求項1に記載の記憶システム。 The execution unit, the function information of the logical volume, the storage system of claim 1, wherein the added executable process information in accordance with the state of the logical volume, to process process information the additional.
  4. 前記実行部は、前記論理ボリュームの機能情報に、前記論理ボリュームの状態に応じて実行可能な処理情報と前記論理ボリュームのリアルタイムな内部状態を示す内部状態情報を付加したボリューム情報を前記ホスト計算機に対する応答情報として生成する請求項1に記載の記憶システム。 The execution unit, the function information of the logical volume, with respect to the host computer to the volume information added with the internal state information indicating an executable process information and real-time internal status of the logical volume in accordance with the state of the logical volume the storage system of claim 1 to generate a response information.
  5. 前記実行部は、前記論理ボリュームの機能情報に、前記論理ボリュームの状態に応じて実行可能な処理情報と前記論理ボリュームのリアルタイムな内部状態を示す内部状態情報を付加して前記ボリューム情報を更新する請求項1に記載の記憶システム。 The execution unit, the function information of the logical volume, updating said volume information by adding the internal state information indicating an executable process information and real-time internal status of the logical volume in accordance with the state of the logical volume the storage system of claim 1.
  6. 1又は複数のホスト計算機と、各前記ホスト計算機に対してデータを読み書きするための記憶領域でなる複数の論理ボリュームを提供する記憶制御装置とを有する記憶システムの管理方法において、 And one or more host computers, in the management method of a storage system having a storage controller that provides a plurality of logical volumes comprising a storage extent for reading and writing data to each of said host computers,
    前記記憶制御装置は、前記ホスト計算機からのコマンドに基づいて、前記ホスト計算機に割り当て又は未割り当ての前記論理ボリュームの情報に含まれる論理ボリュームの機能情報を識別する識別ステップと、 Said storage control device, based on a command from the host computer, an identification step of identifying the function information of the logical volume included in the information of the logical volumes allocated or unallocated to a host computer,
    前記識別ステップの識別結果に従って前記論理ボリュームに対する処理を実行する実行ステップと、 An execution step of executing processing for the logical volume according to the identification result of the identifying step,
    を備える記憶システムの管理方法。 Management method of a storage system comprising a.
  7. 前記実行ステップは、前記論理ボリュームの機能情報に、前記論理ボリュームの状態に応じて実行可能な処理情報を付加したボリューム情報を前記ホスト計算機に対する応答情報として生成する請求項6に記載の管理方法。 The execution step, the function information of the logical volume management method according to claim 6 which generates volume information added executable process information in accordance with the state of the logical volume as response information to said host computer.
  8. 前記実行ステップは、前記論理ボリュームの機能情報に、前記論理ボリュームの状態に応じて実行可能な処理情報を付加し、当該付加した処理情報を処理する請求項6に記載の管理方法。 The execution step, the function information of the logical volumes, the added executable process information in accordance with the state of the logical volume management method according to claim 6 for processing process information the additional.
  9. 前記実行ステップは、前記論理ボリュームの機能情報に、前記論理ボリュームの状態に応じて実行可能な処理情報と前記論理ボリュームのリアルタイムな内部状態を示す内部状態情報を付加したボリューム情報を前記ホスト計算機に対する応答情報として生成する請求項6に記載の管理方法。 The execution step, the function information of the logical volume, the volume information added with the internal state information indicating an executable process information and real-time internal status of the logical volume in accordance with the state of the logical volume to said host computer management method according to claim 6 for generating response information.
  10. 前記実行ステップは、前記論理ボリュームの機能情報に、前記論理ボリュームの状態に応じて実行可能な処理情報と前記論理ボリュームのリアルタイムな内部状態を示す内部状態情報を付加して前記ボリューム情報を更新する請求項6に記載の管理方法。 The execution step, the function information of the logical volume, updating said volume information by adding the internal state information indicating an executable process information and real-time internal status of the logical volume in accordance with the state of the logical volume management method according to claim 6.
  11. 1又は複数のホスト計算機に対してデータを読み書きするための記憶領域でなる複数の論理ボリュームを提供する記憶制御装置において、 A storage control device for providing a plurality of logical volumes comprising a storage extent for reading and writing data to one or more host computers,
    前記ホスト計算機からのコマンドに基づいて、前記ホスト計算機に割り当て又は未割り当ての前記論理ボリュームの情報に含まれる論理ボリュームの機能情報を識別する識別部と、 Based on the command from the host computer, an identification unit identifying the function information of the logical volume included in the information of the logical volumes allocated or unallocated to the host computer,
    前記識別部の識別結果に従って前記論理ボリュームに対する処理を実行する実行部と、 An execution unit for executing processing for the logical volume according to the identification result of the identifying part,
    を備える記憶制御装置。 Storage control device comprising a.
  12. 前記実行部は、 The execution unit,
    前記論理ボリュームの機能情報に、前記論理ボリュームの状態に応じて実行可能な処理情報を付加したボリューム情報を前記ホスト計算機に対する応答情報として生成する請求項11に記載の記憶制御装置。 Wherein the function information of the logical volume, the storage control device according to claim 11 for generating a volume information added executable process information in accordance with the state of the logical volume as response information to said host computer.
  13. 前記実行部は、 The execution unit,
    前記論理ボリュームの機能情報に、前記論理ボリュームの状態に応じて実行可能な処理情報を付加し、当該付加した処理情報を処理する請求項11に記載の記憶制御装置。 Wherein the function information of the logical volumes, the added executable process information according to the state of the logical volume, the storage control device according to claim 11 for processing process information the additional.
  14. 前記実行部は、前記論理ボリュームの機能情報に、前記論理ボリュームの状態に応じて実行可能な処理情報と前記論理ボリュームのリアルタイムな内部状態を示す内部状態情報を付加したボリューム情報を前記ホスト計算機に対する応答情報として生成する請求項11に記載の記憶制御装置。 The execution unit, the function information of the logical volume, with respect to the host computer to the volume information added with the internal state information indicating an executable process information and real-time internal status of the logical volume in accordance with the state of the logical volume the storage controller according to claim 11 for generating a response information.
  15. 前記実行部は、前記論理ボリュームの機能情報に、前記論理ボリュームの状態に応じて実行可能な処理情報と前記論理ボリュームのリアルタイムな内部状態を示す内部状態情報を付加して前記ボリューム情報を更新する請求項11に記載の記憶制御装置。 The execution unit, the function information of the logical volume, updating said volume information by adding the internal state information indicating an executable process information and real-time internal status of the logical volume in accordance with the state of the logical volume the storage controller according to claim 11.
JP2008082042A 2008-03-26 2008-03-26 Storage system and its management method and a storage control unit Expired - Fee Related JP5232515B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2008082042A JP5232515B2 (en) 2008-03-26 2008-03-26 Storage system and its management method and a storage control unit

Applications Claiming Priority (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2008082042A JP5232515B2 (en) 2008-03-26 2008-03-26 Storage system and its management method and a storage control unit
US12155971 US7783833B2 (en) 2006-09-28 2008-06-12 Storage system, method for managing the same, and storage controller

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2009237827A true true JP2009237827A (en) 2009-10-15
JP5232515B2 JP5232515B2 (en) 2013-07-10

Family

ID=41251707

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2008082042A Expired - Fee Related JP5232515B2 (en) 2008-03-26 2008-03-26 Storage system and its management method and a storage control unit

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP5232515B2 (en)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2013519957A (en) * 2010-02-17 2013-05-30 エヴィディアンEvidian Method and apparatus for propagating session management event

Citations (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2001318833A (en) * 2000-05-09 2001-11-16 Hitachi Ltd Storage device sub-system having volume copying function and computer system using the same
JP2006134176A (en) * 2004-11-08 2006-05-25 Nippon Telegr & Teleph Corp <Ntt> Interoperable personal computer use method and server
JP2007072521A (en) * 2005-09-02 2007-03-22 Hitachi Ltd Storage control system and storage controller
JP2007079749A (en) * 2005-09-13 2007-03-29 Hitachi Ltd Storage device and disk control method
JP2008084094A (en) * 2006-09-28 2008-04-10 Hitachi Ltd Storage system, and management method and storage control device therefor

Patent Citations (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2001318833A (en) * 2000-05-09 2001-11-16 Hitachi Ltd Storage device sub-system having volume copying function and computer system using the same
JP2006134176A (en) * 2004-11-08 2006-05-25 Nippon Telegr & Teleph Corp <Ntt> Interoperable personal computer use method and server
JP2007072521A (en) * 2005-09-02 2007-03-22 Hitachi Ltd Storage control system and storage controller
JP2007079749A (en) * 2005-09-13 2007-03-29 Hitachi Ltd Storage device and disk control method
JP2008084094A (en) * 2006-09-28 2008-04-10 Hitachi Ltd Storage system, and management method and storage control device therefor

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2013519957A (en) * 2010-02-17 2013-05-30 エヴィディアンEvidian Method and apparatus for propagating session management event

Also Published As

Publication number Publication date Type
JP5232515B2 (en) 2013-07-10 grant

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6601128B1 (en) Method, system, program, and data structure for selecting a preferred path to a storage device
US6886086B2 (en) Storage system and data backup method for the same
US20070094357A1 (en) Computer system for balancing access load of storage systems and control method therefor
US7149859B2 (en) Method and apparatus for data migration with the efficient use of old assets
US20040123068A1 (en) Computer systems, disk systems, and method for controlling disk cache
US20050278465A1 (en) Methods and structure for supporting persistent reservations in a multiple-path storage environment
US20050005070A1 (en) Snapshot marker
US20050060506A1 (en) Storage system and storage control device
US20030055943A1 (en) Storage system and management method of the storage system
US20030093597A1 (en) Dynamic RDF groups
US20040133743A1 (en) RAID apparatus and logical device expansion method thereof
US20060155837A1 (en) Diskless computer operation management system
US20040139196A1 (en) System and method for releasing device reservations
US20080162662A1 (en) Journal migration method and data recovery management method
US20090240880A1 (en) High availability and low capacity thin provisioning
US6073209A (en) Data storage controller providing multiple hosts with access to multiple storage subsystems
US20060095700A1 (en) Storage system
US20050216681A1 (en) Method, system, and article of manufacture for copying of data in a romote storage unit
US20050166023A1 (en) Remote storage disk control device and method for controlling the same
US20050234916A1 (en) Method, apparatus and program storage device for providing control to a networked storage architecture
US20080072002A1 (en) Backup method
US20040215878A1 (en) Method of controlling storage device controlling apparatus, and storage device controlling apparatus
US20080184000A1 (en) Storage module and capacity pool free capacity adjustment method
US20090144389A1 (en) Virtual computer system and virtual computer migration control method
JP2001142648A (en) Computer system and its method for allocating device

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20100809

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20120719

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20120731

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20121001

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20130226

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20130325

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20160329

Year of fee payment: 3

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees