JP2009193258A - Disk device, data transfer method, data transfer processing program, and data backup system - Google Patents

Disk device, data transfer method, data transfer processing program, and data backup system Download PDF

Info

Publication number
JP2009193258A
JP2009193258A JP2008032337A JP2008032337A JP2009193258A JP 2009193258 A JP2009193258 A JP 2009193258A JP 2008032337 A JP2008032337 A JP 2008032337A JP 2008032337 A JP2008032337 A JP 2008032337A JP 2009193258 A JP2009193258 A JP 2009193258A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
data
disk
disk device
hard disk
key information
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2008032337A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP5380854B2 (en )
Inventor
Fukio Handa
Manabu Yamatani
Yoshihiro Yano
富己男 半田
学 山谷
義博 矢野
Original Assignee
Dainippon Printing Co Ltd
大日本印刷株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Images

Abstract

<P>PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a disk device, a data transfer method and a data transfer processing program for quickly and efficiently backing up data being an object of backup even during a period when the data being the object of back up are used by application software, and for improving obstacle resistance. <P>SOLUTION: This disk device is configured to write data in a disk and to read the data from the disk in response to a command from an operating system, and includes: a data storage means for temporarily storing data to be the object of a write command from the operating system; and a control means for carrying out write control to write the stored data in the disk, and for carrying out transfer control to transfer the stored data to the other disk device. <P>COPYRIGHT: (C)2009,JPO&INPIT

Description

本発明は、大容量のデータを記録するハードディスク装置等のディスク装置において、記録されたデータをバックアップする技術分野に関する。 The present invention, in the disk apparatus such as a hard disk device for recording a large volume of data relates to the technical field to back up the recorded data.

この種の技術として、例えば特許文献1には、バックアップ管理サーバがユーザPC(Personal Computer)からバックアップの要求を受けると、バックアップ対象のファイルを複数に分割して暗号化し、この結果できた各暗号化ピースをLAN(Local Area Network)上の複数のユーザPCに転送してそのHDD(Hard Disk Drive)に格納させることにより、複数のHDDにデータを分散してバップアップすることができる技術が開示されている。 As this type of technique, for example, Patent Document 1, the backup management server receives a request for backup from the user PC (Personal Computer), and encrypts by dividing the files to be backed up into a plurality of respective cipher that could be a result by stored in the HDD (Hard Disk Drive), techniques that can be bop up by distributing data to a plurality of HDD is disclosed with forward of pieces to a plurality of users PC on LAN (Local Area Network) It is.

また、例えば特許文献2には、ディスクアレイ制御装置が3つの記録装置HDDに対し、書き込み時には同時に同じデータを書き込むことで耐障害性を向上させる技術が開示されている。 Further, for example, Patent Document 2, the disk array controller has three recording devices HDD, discloses a technique for improving the fault tolerance by writing the same data simultaneously at the time of writing.
特開2004−102842号公報 JP 2004-102842 JP 特開2003−316525号公報 JP 2003-316525 JP

ところで、従来の技術において、例えばPC上で動作するアプリケーションソフトで扱われるデータのHDDへの書き込み又はHDDからの読み出しは、周知の如く、オペレーティングシステム(以下、「OS」という)が仲介して行われるようになっている。 Incidentally, in the prior art, for example, reading from writing or HDD to HDD of data handled by application software running your PC, as is well known, an operating system (hereinafter, referred to as "OS") is mediated row so that the crack. このことは、上述した特許文献1及び2においても同様である。 This also applies to the patent document 1 and 2 described above. そして、HDDに記録されているデータが、PC上で動作するアプリケーションソフトで使用されている期間中は、そのデータをバックアップのために他のHDD等に転送することは、一般にオペレーティングシステムにより禁止されるようになっている。 Then, data recorded in the HDD is during the time used by the application software running on the PC, be transferred to another HDD or the like for back up the data is generally prohibited by the operating system It has become so.

このため、従来の技術では、例えばインターネット上に接続されたサーバであってHDD中にデータベースを有するサーバにおける該HDDに記録されているデータが、当該サーバにアクセスされているPC上で動作するアプリケーションソフトで使用されている期間中は、そのデータをバックアップのために他のHDD等に転送することはできず、バックアップするためには、当該サーバのサービス停止をせざるをえなかった。 Application Therefore, in the prior art, for example, data comprising a server connected to the Internet that is recorded in the HDD in the server with a database in the HDD, which operates on PC that is accessing the server during used in soft, it can not be transferred to another HDD or the like for back up the data, in order to back up, had to be a service outage of the server. 特に、バックアップ対象となるデータ量が多ければ多いほどバックアップのために費やす時間が長くなるため、大容量のデータベースを有するサーバの場合、当該バックアップのためにサービス停止時間が長くなってしまうという問題がある。 In particular, since the time spent for backup the more the amount of data to be backed up is long, if the server has a database of a large capacity, a problem that service outage time for the backup becomes longer is there. このことは、耐障害性に対しても影響を与える結果となってしまう。 This becomes results also impact against fault tolerance.

また、従来のバックアップ技術では、情報漏洩という観点から十分でない点がある。 In the conventional backup technology, there is a point not sufficient from the viewpoint of information leakage.

そこで、本発明は、上記点に鑑みてなされたものであり、バックアップ対象となるデータがアプリケーションソフトで使用されている期間中であっても、当該データのバックアップを迅速且つ効率良く行い、耐障害性等を向上させることが可能なディスク装置、データ転送方法、データ転送処理プログラム、及びデータバックアップシステムを提供することを課題とする。 The present invention has been made in view of the above, even during a period in which data to be backed up is used in the application software performs well quickly and efficiently back up the data, fault capable disk device to improve the sexual or the like, and to provide a data transfer method, the data transfer processing program, and a data backup system. 更に、本発明は、バックアップされたデータの情報漏洩を効果的に防止することが可能なディスク装置、データ転送方法、データ転送処理プログラム、及びデータバックアップシステムを提供することを課題とする。 Furthermore, the present invention is backed up effectively capable disk device to prevent the information leakage of data, and to provide a data transfer method, the data transfer processing program, and a data backup system.

上記課題を解決するために、請求項1に係る発明は、オペレーティングシステムからの指令に応じて、ディスクへのデータの書き込み又は当該ディスクからのデータの読み出しを行うディスク装置であって、前記オペレーティングシステムからの書き込み指令の対象となるデータを一時的に記憶するデータ記憶手段と、前記記憶されたデータを前記ディスクに書き込む書き込み制御を行い、且つ当該記憶されたデータを他のディスク装置に転送する転送制御を行う制御手段と、を備えることを特徴とする。 In order to solve the above problems, the invention according to claim 1, in accordance with the instruction from the operating system, a disk device for reading data from the write or the disc data to disk, the operating system a data storage means for temporarily storing the subject to data write command from, writes control for writing the data stored in the disk, and transfers the stored data to another disk device transfer and control means for controlling, characterized in that it comprises a.

請求項2に記載の発明は、請求項1に記載のディスク装置において、前記制御手段は、前記データが前記データ記憶手段に記憶された場合に、書き込み完了を示す信号を前記オペレーティングシステムに対して返信する書き込み完了返信手段を更に備えることを特徴とする。 Invention according to claim 2, in the disk apparatus according to claim 1, wherein when said data is stored in the data storage device, a signal indicating the completion of writing to the operating system and further comprising a write completion reply unit for replying.

請求項3に記載の発明は、請求項1又は2に記載のディスク装置において、前記制御手段は、前記データを複数の前記他のディスク装置に転送する転送制御を行うことを特徴とする。 The invention according to claim 3, in the disk apparatus according to claim 1 or 2, wherein the control means, and performs transfer control for transferring the data to a plurality of said other disk devices.

請求項4に記載の発明は、請求項1乃至3の何れか一項に記載のディスク装置において、鍵情報を記憶する鍵情報記憶手段を更に備え、前記制御手段は、前記鍵情報を用いて前記記憶されたデータを暗号化し、当該暗号化したデータを前記他のディスク装置に転送する転送制御を行うことを特徴とするディスク装置。 Invention according to claim 4, in the disk apparatus according to any one of claims 1 to 3, further comprising a key information storing means for storing key information, the control means, using said key information disk apparatus characterized by controlling transfer of the stored data is encrypted, and transfers the encrypted data to the other disk devices.

請求項5に記載の発明は、請求項4に記載のディスク装置において、前記制御手段は、前記記憶されたデータを情報単位毎に読み取り処理するものであって、各前記情報単位のデータを分割し、当該分割したデータ毎に前記鍵情報を用いて暗号化することを特徴とする。 The invention according to claim 5, in the disk apparatus according to claim 4, wherein said control means is for processing read the stored data for each information unit, dividing data of each of said information units and, wherein the encrypted using the key information for each data the division.

請求項6に記載の発明は、請求項1又は2に記載のディスク装置において、前記制御手段は、前記記憶されたデータを情報単位毎に読み取り処理するものであって、各前記情報単位のデータを3つ以上に分割し、当該分割した各データを2つ以上の前記他のディスク装置に転送する転送制御を行うことを特徴とする。 The invention according to claim 6, in the disk apparatus according to claim 1 or 2, wherein the control means is for processing read the stored data for each information unit, data of each of said information units dividing the three or more, and performs transfer control for transferring the data corresponding divided into two or more of the other disk devices.

請求項7に記載の発明は、請求項1又は2に記載のディスク装置において、前記制御手段は、前記記憶されたデータを情報単位毎に読み取り処理するものであって、各前記情報単位のデータを、第一、第二、及び第三のデータに3分割し、当該分割した第一及び第二のデータを第一の前記他のディスク装置に転送し、分割した第二及び第三のデータを第二の前記他のディスク装置に転送し、分割した第一及び第三のデータを第三の前記他のディスク装置に転送する転送制御を行うことを特徴とする。 Invention according to claim 7, in the disk apparatus according to claim 1 or 2, wherein the control means is for processing read the stored data for each information unit, data of each of said information units the first, second, and third divided into the third data, and transfers the first and second data said divided into first said other disk devices, divided second and third data It was transferred to a second of said other disk device, and performs transfer control for transferring the first and third data divided into a third of the other disk devices.

請求項8に記載の発明は、請求項1又は2に記載のディスク装置において、互いに異なる少なくとも2つの鍵情報を記憶する鍵情報記憶手段を更に備え、前記制御手段は、前記記憶されたデータを情報単位毎に読み取り処理するものであって、各前記情報単位のデータを、第一、第二、及び第三のデータに3分割し、当該分割したデータ夫々を互いに異なる前記鍵情報用いて暗号化し、暗号化した第一及び第二のデータを第一の前記他のディスク装置に転送し、暗号化した第二及び第三のデータを第二の前記他のディスク装置に転送し、暗号化した第一及び第三のデータを第三の前記他のディスク装置に転送する転送制御を行うことを特徴とする。 Invention according to claim 8, in the disk apparatus according to claim 1 or 2, further comprising a key information storage means for storing at least two different key information to each other, said control means, said stored data be one that processes read each information unit, the data of each of said information units, the first, second, and third divided into a third data encryption using different people the divided data respectively together the key information However, the first and second data encrypted transferred to the first of the other disk devices, and transfers the second and third data encrypted in a second of said other disk devices, encrypting and performing the first and third data transfer control to be transferred to a third of the other disk devices.

請求項9に記載の発明は、請求項1乃至8の何れか一項に記載のディスク装置において、前記制御手段は、前記記憶されたデータ記憶手段における記憶容量が所定値以上になった場合に、電源ON指令を前記他のディスク装置に送信し、その後、前記データを転送することを特徴とする。 The invention according to claim 9, in the disk apparatus according to any one of claims 1 to 8, wherein, when the storage capacity of the stored data storage means exceeds a predetermined value , it transmits a power oN command to the other disk devices, then characterized by transferring the data.

請求項10に記載の発明は、オペレーティングシステムからの指令に応じて、ディスクへのデータの書き込み又は当該ディスクからのデータの読み出しを行うディスク装置におけるデータ転送方法であって、前記オペレーティングシステムからの書き込み指令の対象となるデータを一時的に記憶する工程と、前記記憶されたデータを前記ディスクに書き込む書き込み制御を行い、且つ当該記憶されたデータを他のディスク装置に転送する転送制御を行う工程と、を備えることを特徴とする。 The invention according to claim 10, in response to a command from the operating system, a data transfer method in a disk device for reading data from the write or the disc data to disk, writes from the operating system a step of temporarily storing data to be commanded, and performing transfer control of the stored data to write control to write to the disk, and transfers the stored data to another disk device , characterized in that it comprises a.

請求項11に記載にデータ転送処理プログラムの発明は、オペレーティングシステムからの指令に応じて、ディスクへのデータの書き込み又は当該ディスクからのデータの読み出しを行うディスク装置におけるコンピュータを、前記オペレーティングシステムからの書き込み指令の対象となるデータを一時的に記憶し、前記記憶されたデータを前記ディスクに書き込む書き込み制御を行い、且つ当該記憶されたデータを他のディスク装置に転送する転送制御を行うように機能させることを特徴とする。 Invention the data transfer processing program to claim 11, in response to a command from the operating system, the computer in the disk device for reading data from the write or the disc data to the disk, from the operating system temporarily storing data to be write command, writes control for writing the data stored in the disk, and functions to perform transfer control for transferring the stored data to another disk device characterized in that to.

請求項12に記載の発明は、オペレーティングシステムからの指令に応じて、ディスクへのデータの書き込み又は当該ディスクからのデータの読み出しを行うディスク装置であって、前記オペレーティングシステムからの書き込み指令の対象となるデータを一時的に記憶するデータ記憶手段と、前記記憶されたデータを前記ディスクに書き込む書き込み制御を行い、且つ当該記憶されたデータを通信手段を介してデータバックアップ用のディスク装置に転送する転送制御を行う制御手段と、を備えるディスク装置と、前記ディスク装置から転送されてきたデータを受信する受信手段と、前記受信されたデータをディスクに書き込む制御を行う制御手段と、を備える前記データバックアップ用のディスク装置と、を有することを特徴とする。 The invention according to claim 12, in accordance with the instruction from the operating system, a disk device for reading data from the write or the disc data to the disk, and the target of the write command from the operating system a data storage means for temporarily storing the composed data, writes control for writing the data stored in the disk, and transfers to the disk drive for data backup and via the communication means the stored data transfer the data backup and a control means for controlling a disk apparatus and a receiving means for receiving the data transferred from the disk device, and a control means for controlling to write the received data to disk characterized in that it has a disk device use, the.

請求項13に記載の発明は、請求項12に記載のデータバックアップシステムにおいて、前記データは、データ転送元の前記ディスク装置のディスクにおいて書き込まれるセクタと同じ番号のセクタであって前記データバックアップ用のディスク装置のディスクにおけるセクタに書き込まれることを特徴とする。 Invention according to claim 13, in a data backup system according to claim 12, wherein the data is a same number of sectors and the sector to be written in the disk data transfer source of the disk device for the data backup characterized in that it is written to a sector in the disk of the disk device.

請求項14に記載の発明は、請求項12又は13に記載のデータバックアップシステムにおいて、データ転送元の前記ディスク装置には鍵情報を記憶する鍵情報記憶手段を更に備え、当該データ転送元のディスク装置の前記制御手段は、前記鍵情報を用いて前記記憶されたデータを暗号化し、当該暗号化したデータを前記データバックアップ用のディスク装置に転送する転送制御を行うことを特徴とする。 Invention according to claim 14, in a data backup system according to claim 12 or 13, further comprising key information storing means for storing key information to the data transfer source of the disk device, the data transfer source disk the control means of the device encrypts the stored data using the key information, and performs transfer control for transferring the encrypted data to the disk apparatus for the data backup.

請求項15に記載の発明は、請求項12乃至14の何れか一項に記載のデータバックアップシステムにおいて、前記データバックアップ用のディスク装置に鍵情報を記憶する鍵情報記憶手段を更に備え、前記データバックアップ用のディスク装置の前記制御手段は、前記鍵情報を用いて前記記憶されるデータを暗号化し、当該暗号化したデータをデータバックアップ用のディスクに書き込むことを特徴とする。 The invention according to claim 15, in the data backup system according to any one of claims 12 to 14, further comprising key information storing means for storing key information to the disk apparatus for the data backup, the data said control means of the disk device for backup, using said key information to encrypt the data that is the storage, and writes the encrypted data to disk for data backup.

請求項16に記載の発明は、請求項12又は13に記載のデータバックアップシステムにおいて、前記データバックアップ用のディスク装置に鍵情報を記憶する鍵情報記憶手段を更に備え、当該データバックアップ用のディスク装置からデータ転送元の前記ディスク装置に鍵情報を転送し、当該鍵情報の転送を受けたデータ転送元の前記ディスク装置は、当該鍵情報を記憶し、データ転送元の前記ディスク装置の制御手段が当該鍵情報を用いてバックアップ対象となるデータを暗号化して、当該暗号化したバックアップ対象となるデータを前記データバックアップ用のディスク装置に転送することを特徴とする。 The invention according to claim 16, in the data backup system according to claim 12 or 13, further comprising key information storing means for storing key information to the disk apparatus for the data backup, disk devices for the data backup the key information is transferred to the data transfer source of the disk device from the disk unit transfers the received data transfer source of the key information, and stores the key information, the control means of the data transfer source of the disk device It encrypts data to be backed up by using the key information, and transferring the data to be backed up that the encrypted disk device for the data backup.

請求項17に記載の発明は、請求項16に記載のデータバックアップシステムにおいて、前記データバックアップ用のディスク装置から転送された鍵情報を前記データ転送元のディスク装置の揮発メモリに保存することを特徴とする。 The invention according to claim 17, characterized in that storing in a data backup system according to claim 16, the key information transferred from the disk device for the data backed up in the volatile memory of said data transfer source disk device to.

請求項18に記載の発明は、請求項12乃至14の何れか一項に記載のデータバックアップシステムにおいて、前記データバックアップ用のディスク装置に鍵情報を記憶する鍵情報記憶手段を更に備え、データ転送元の前記ディスク装置から前記データバックアップ用のディスク装置にデータを転送する前又は後で、前記データ転送元のディスク装置から前記データバックアップ用のディスク装置に鍵情報を転送することを特徴とする。 The invention according to claim 18, in the data backup system according to any one of claims 12 to 14, further comprising key information storing means for storing key information to the disk apparatus for the data backup, data transfer before transferring the data from the original of the disk device in the disk device for the data backup or later, characterized by transferring the key information to the disk apparatus for the data backed up from the data transfer source disk device.

請求項19に記載の発明は、請求項12乃至18の何れか一項に記載のデータバックアップシステムに含まれる前記データバックアップ用のディスク装置であって、前記受信手段と、前記制御手段とを備えることを特徴とする。 The invention of claim 19 comprises a disk drive for the data backup included in the data backup system according to any one of claims 12 to 18, said receiving means and said control means it is characterized in.

本発明によれば、バックアップ対象となるデータがアプリケーションソフトで使用されている期間中であっても、当該データのバックアップを迅速且つ効率良くリアルタイムに行い、耐障害性を向上し、情報漏洩を効果的に防止することができる。 According to the present invention, even during the period in which the data to be backed up is used in application software, back up of the data quickly and efficiently real time, to improve the fault tolerance, information leakage effect it is possible to prevent manner.

以下、本発明の最良の実施形態について、図面を参照して詳細に説明する。 DETAILED DESCRIPTION embodiment of the present invention will be described in detail with reference to the drawings. なお、以下に説明する実施の形態は、データをバックアップするデータバックアップシステムSに対して本発明を適用した場合の実施形態である。 The embodiment described below is an embodiment in which the present invention is applied to a data backup system S for backing up data. なお、データバックアップシステムSは、本発明のデータ転送システムを構成する。 The data backup system S constitutes the data transfer system of the present invention.

先ず、本実施形態におけるデータバックアップシステムの構成及び機能を、図1を参照して説明する。 First, the structure and function of the data backup system in the embodiment will be described with reference to FIG.

図1は、データバックアップシステムの全体構成例を示す図である。 Figure 1 is a diagram showing an overall configuration of a data backup system.

図1に示すように、データバックアップシステムSは、ホストHと、当該ホストHに接続されたハードディスク装置HD_A(ディスク装置の一例)と、当該ハードディスク装置HD_Aに例えばインターネット等のネットワークNW(通信手段の一例)を介して接続されたハードディスク装置HD_B1,HD_B2,HD_B3と、を備えて構成されている。 As shown in FIG. 1, the data backup system S includes a host H, and the host H to the connected hard disk device HD_A (an example of a disk device), a network NW (communication means such as the Internet for example, to the hard disk drive HD_A one example) a hard disk drive connected via the HD_B1, HD_B2, is configured to include a HD_B3, the.

なお、図1の例では、ホストHとハードディスク装置HD_Aとは、別体として表しているが、ハードディスク装置HD_AはホストH内に設けられるものであっても良い。 In the example of FIG. 1, the host H and the hard disk device HD_A, are expressed separately, the hard disk drive HD_A may be those provided in the host H. また、ハードディスク装置HD_B1〜B3は、夫々、例えばPC、ワークステーション、又はホスト等に接続され、当該PCがネットワークNWに接続される構成を採っても良い。 The hard disk device HD_B1~B3, respectively, for example PC, is connected to the workstation, or host, etc., may be adopted a configuration in which the PC is connected to the network NW. また、図1の例では、3台のハードディスク装置HD_B1〜B3を示したが、後述するレプリケーション先のハードディスク装置として、1台でも良いし、これより多くハードディスク装置を設けても良い。 Further, in the example of FIG. 1 shows the three of the hard disk drive HD_B1~B3, as the replication destination of the hard disk device which will be described later, may be a single, may be provided more hard disk drive this.

ホストHは、例えば汎用のPCから構成されており、CPU(図示せず)によりOSが実行されておりそのOS上でアプリケーションソフトが動作している。 Host H is constituted by, for example, a general-purpose PC, CPU application software on the OS (not shown) is running OS is running. そして、アプリケーションソフト動作中にユーザから操作部(図示せず)を介して所定のデータの保存要求がなされると、OSはハードディスク装置HD_Aに対して当該データの書き込み指令(書き込み要求)を与える。 When the operating portion from the user during application software operation (not shown) storing request of the predetermined data through is made, OS gives the instruction to write the data to the hard disk drive HD_A (write request).

ハードディスク装置HD_Aは、I/F(インターフェース)1、キャッシュメモリ2(データ記憶手段の一例)、バックアップ電源(コンデンサ等)3、ハードディスク(磁気ディスク)4、CPU5(制御手段の一例)、ROM6、通信部7、及び作業用RAM8等を備えて構成されている。 Hard disk drive HD_A is, I / F (interface) 1, (an example of a data storage means) cache memory 2, a backup power supply (capacitor or the like) 3, a hard disk (an example of a control unit) (magnetic disk) 4, CPU 5, ROM 6, a communication It is configured to include a section 7, and working RAM8 like. なお、ハードディスク装置HD_Aには、この他にも、磁気ヘッド、アクチュエータ、スピンドルモータ、及びサーボ制御部等を備えているが図示を省略する。 Incidentally, omitted in the hard disk device HD_A, this addition to, magnetic heads, an actuator, a spindle motor, and is provided with the servo control section or the like shown.

キャッシュメモリ2は、揮発性のメモリであり、通常は、外部から供給される電源(例えばホストH又は商用電源からアダプタを介して供給される電源)によりデータを保持するが、当該外部からの電源供給が停止(例えば、停電等による)された場合、バックアップ電源3から供給される電源により、一定時間、データを保持できるようになっている。 Cache memory 2 is a volatile memory, is usually holds data by the power supplied from an external (e.g., power supplied through the adapter from the host H, or commercial power), the power supply from the external supply stops (for example, by power failure or the like) if it is, the power supplied from the backup power source 3, so that a certain time, can hold data. また、キャッシュメモリ2により、書きこみ保証ができ、迅速な応答が可能となっている。 Further, the cache memory 2, guaranteed write can be, and can have a quick response.

ハードディスク4は、同心円状の多数のトラックが配置された例えばリング状(リング状以外でも構わない)の記録領域を有しており、当該記録領域には、各種データ及びプログラムが記録される。 Hard disk 4, a number of concentric tracks arranged for example ring-shaped has a recording area (may not other than a ring), in the recording area stores various data and programs are recorded. 各トラックには、トラック番号が付与され管理されている。 Each track track number is granted management. また、各トラックは、ハードディスク4の中心から例えば放射状に等分割されており、この等分割された部分をセクタといい、各セクタには、セクタ番号が付与され管理されている。 Also, each track is equally divided from the center of the hard disk 4, for example radially, refers to the equally divided portions and sector, each sector, the sector number is granted management. 当該セクタはハードディスク4に読み書きするための最小単位である。 The sector is a minimum unit for reading and writing to the hard disk 4. なお、通常、いくつかのセクタをまとめた固定長のクラスタという単位でOSからアクセスされる。 It should be noted that, usually, in units of a fixed length of the cluster that summarizes some of the sector is accessed from the OS.

また、ROM6には、プログラム(キャッシュ管理プログラム、及び本発明のデータ転送処理プログラム等を含む)が記憶されており、CPU5は、当該プログラムを実行することによりハードディスク装置HD_A全体を統括制御し、OSからの指令に応じて、ハードディスク4へのデータの書き込み又は当該ハードディスク4からのデータの読み出しを行う(具体的には、CPU5により制御されるアクチュエータの先端に取り付けられた磁気ヘッドによりデータの読み書きが行われ、また、キャッシュ管理とキャッシュ制御も行われる)ようになっている。 Further, the ROM 6, a program (cache manager, and a data transfer processing program of the present invention) and is stored, CPU 5 is to overall control the entire hard disk device HD_A by executing the program, OS in response to a command from the reads performed (specifically data from the write or the hard disk 4 data to the hard disk 4, read and write data by a magnetic head attached to the distal end of the actuator which is controlled by the CPU5 done, also has cache management and cache control is also performed) as.

そして、CPU5は、OSからのデータの書き込み指令を受けると、OSから渡された書き込み指令の対象となるデータをキャッシュメモリ2に一時的に記憶(格納)させ、更に、当該一時的に記憶されたデータをハードディスク4に書き込み、当該書き込んだ時点でOSに書き込み完了(成功)を返答する書き込み制御を行うと共に、当該一時的に記憶されたデータを通信部7及びネットワークNWを介して他のハードディスク装置HD_B1〜B3に転送する転送制御を行うようになっている。 Then, CPU 5 receives a write command data from the OS, temporarily stores data to be write command passed from the OS to the cache memory 2 (stored) is, further, the temporarily stored data write to the hard disk 4, performs write control to respond the write completion (success) to the OS at the time of writing this, the other through the communication unit 7 and the network NW to the temporarily stored data the hard disk and performs transfer control for transferring the device HD_B1~B3. つまり、OSから渡されたデータは、ハードディスク4に書き込まれるときに並列してハードディスク装置HD_B1〜B3にも転送されて各ハードディスクにも書き込まれるようになっている。 That is, the data passed from the OS, so that the also written to the hard disk is also transferred to the hard disk device HD_B1~B3 in parallel when it is written to the hard disk 4. このようにハードディスク装置HD_Aがデータを転送して他のハードディスク装置HD_B1〜B3に書き込ませる機能を、レプリケーション機能と定義する。 Thus the function of the hard disk device HD_A causes writes to transfer the data to another hard disk drive HD_B1~B3, it is defined as the replication function.

なお、CPU5は、所定の鍵情報(鍵情報記憶手段としての例えばRAM8(揮発メモリの一例)、ROM6又はハードディスク4に記憶保存)を用いて上記データを暗号化してハードディスク4に書き込むことが望ましい(この場合、ハードディスク4から読み出されたデータは、復号されてOSに渡される)。 Incidentally, CPU 5 is (an example of example RAM 8 (volatile memory as the key information storage unit), memory storage in the ROM6 or hard disk 4) predetermined key information it is desirable to write to the hard disk 4 by encrypting the data using ( in this case, the data read from the hard disk 4 is passed to the OS is decoded).

また、ハードディスク装置HD_Aの位置情報(例えば、IP(Internet Protocol)アドレス)と、データ転送先のハードディスク装置HD_B1〜B3の夫々の位置情報は例えばROM又はハードディスク4に予め記憶されるようになっている。 The position information of the hard disk device HD_A (e.g., IP (Internet Protocol) address) and, respectively the position information of the data transfer destination of the hard disk drive HD_B1~B3 is adapted to be stored in advance in, for example, ROM or the hard disk 4 . また、ハードディスク装置HD_B1〜B3の夫々の位置情報としては、ハードディスク装置HD_B1〜B3のIPアドレスであっても良いし、当該ハードディスク装置HD_B1〜B3がPCを介してネットワークNWに接続される場合、これらのPCのIPアドレスであっても良い。 Further, as the location information of people each of the hard disk drive HD_B1~B3, may be an IP address of the hard disk drive HD_B1~B3, if the hard disk device HD_B1~B3 is connected to the network NW via a PC, these it may be a PC's IP address. そして、転送されるデータは例えば通信部7によりパケット化されそのヘッダに送り元の位置情報と宛先の位置情報が記述され、ネットワークNWを通じて送られる。 Then, the data to be transferred for example, position information of the position information of the source feeding the communication unit 7 to packetized the header and the destination are described, and sent through the network NW. なお、各パケットには、1又は複数のセクタのデータが含められるが、当該セクタのセクタ番号も含められることになる。 Note that each packet, the data of one or more sectors are included, it will be used, including the sector number of the sector.

ハードディスク装置HD_B1,HD_B2,HD_B3は、ハードディスク装置HD_Aに記録されたデータをバックアップするため(データバックアップ用)のものであり、夫々、通信部(11〜31)(受信手段の一例)、キャッシュメモリ(12〜32)、ハードディスク(13〜33)、CPU(14〜34)(制御手段の一例)、ROM(15〜35)、及び作業用RAM(16〜36)等を備えて構成されている。 Hard disk drive HD_B1, HD_B2, HD_B3 is intended for (for data backup) for backing up data recorded in the hard disk drive HD_A, respectively (an example of a receiving unit) The communication unit (11-31), a cache memory ( 12 to 32), a hard disk (13 to 33), an example of a CPU (14 to 34) (control means) is configured to include a ROM (15 to 35), and a working RAM (16 to 36) or the like. なお、通信部(11〜31)、キャッシュメモリ(12〜32)、ハードディスク(13〜33)の基本的構成は、ハードディスク装置HD_Aと同様である。 The communication unit (11-31), the basic configuration of the cache memory (12 to 32), a hard disk (13 to 33) is the same as the hard disk drive HD_A.

そして、例えばハードディスク装置HD_B1のROM15には、プログラムが記憶されており、CPU14は、当該プログラムを実行することによりハードディスク装置HD_B1全体を統括制御し、ハードディスク装置HD_AからネットワークNWを介して転送されたデータを通信部11にて受信しキャッシュメモリ12に一時的に記憶しつつハードディスク13へのデータの書き込み、当該書き込んだ時点でハードディスク装置HD_Aに書き込み成功を返答する(なお、返答タイミングは特に限定されない)ようになっている(ハードディスク装置HD_B2,HD_B3も同様)。 Then, for example, in the ROM15 of the hard disk drive HD_B1, is programmed is stored, CPU 14 is to overall control the entire hard disk device HD_B1 by executing the program, transferred from the hard disk device HD_A via a network NW data writing data to the hard disk 13 while temporarily storing the received cache memory 12 at the communication unit 11, returns a successful write to the hard disk device HD_A at the time of writing the (Note, reply timing is not particularly limited) has manner (hard disk drive HD_B2, also HD_B3 same). なお、CPU14は、所定の鍵情報(例えばRAM8、ROM15又はハードディスク13に記憶保存)を用いて上記データを暗号化してハードディスク13に書き込むことが望ましい(ハードディスク装置HD_B2,HD_B3も同様)。 Incidentally, CPU 14 is predetermined key information it is desirable to write to the hard disk 13 by encrypting the data using (e.g. RAM 8, ROM 15 or stored and saved in the hard disk 13) (hard disk drive HD_B2, also HD_B3 same).

ここで、ハードディスク装置HD_Aから転送され、例えばハードディスク装置HD_B1のハードディスク13に書き込まれるデータは、転送元のハードディスク装置HD_Aのハードディスク4におけるセクタと同じ番号のセクタ(ハードディスク13上のセクタ)に書き込まれるように制御される(ハードディスク装置HD_B2,HD_B3も同様)。 Here, transferred from the hard disk device HD_A, for example, data to be written to the hard disk 13 of the hard disk drive HD_B1 it is to be written to sectors of the same number as the sectors in the hard disk 4 of the transfer source of the hard disk device HD_A (sectors on the hard disk 13) It is controlled in (a hard disk device HD_B2, also HD_B3).

以上のように、OSから書き込み指令のあったデータは、ハードディスク装置HD_Aの上記レプリケーション機能により、OSを介することなく直接、他のハードディスク装置HD_B1,HD_B2,HD_B3に転送されハードディスク13〜33にも書き込まれ、バックアップ記録されるので、バックアップ対象となるデータがアプリケーションソフトで使用されている期間中であっても、当該データのバックアップを行うことが可能となる。 As described above, there was the data of the write command from the OS, by the replication of the hard disk drive HD_A, directly without going through the OS, another hard disk device HD_B1, HD_B2, is transferred to HD_B3 also written to the hard disk 13 to 33 It is because it is backed up records, even during periods when the data to be backed up is used in application software, it is possible to perform a backup of the data. また、レプリケーション先の例えばハードディスク装置HD_B1では、他のレプリケーション先が分からない(ハードディスク装置HD_B1の管理者は、バックアップ対象のデータが、他にどのハードディスク装置にレプリケーションされたか分からない)ので、セキュリティを向上させることができる。 Also, the replication destination, for example a hard disk drive HD_B1, other replication destination is not known (administrator of the hard disk drive HD_B1 the data to be backed up, do not know have been replicated to which the hard disk drive to the other), so improving the security it can be.

次に、本実施形態におけるデータバックアップシステムSの動作を、図2を参照して説明する。 Next, the operation of the data backup system S in this embodiment will be described with reference to FIG.

図2及び図3は、レプリケーションが行われる際の、ハードディスク装置HD_AのCPU5における処理を示す図である。 2 and 3, when the replication takes place, is a diagram illustrating a process in CPU5 hard disk drive HD_A. なお、図2は、データを転送する速度が十分に速い場合の例であり、図3は、データを転送する速度が遅い場合の例である。 Incidentally, FIG. 2 is an example of a case where the speed of transferring data is fast enough, FIG. 3 shows an example of a case where the speed of transferring data is slow. また、図4は、レプリケーションが行われる際の、ハードディスク装置HD_B1のCPU14における処理を示す図である。 Further, FIG. 4, when the replication takes place, is a diagram illustrating a process in the CPU14 of the hard disk device HD_B1.

先ず、データバックアップシステムSを利用するための準備として、利用者は、「暗号化に必要となる鍵情報(暗号鍵のデータ)」と「レプリケーション先のハードディスク装置HD_B1〜B3夫々(3つ分)のIPアドレス」をハードディスク装置HD_Aに記録しておく。 First, as a preparation for the use of data backup system S, the user, (min. Three) " 's replication destination of the hard disk drive HD_B1~B3 husband as" key information that is required for encryption (data encryption key). " the IP address "of be recorded in the hard disk drive HD_A. 鍵情報はユーザがハードディスク装置HD_Aを利用する前に、ユーザ自らがハードディスク装置HD_Aに記録させても良いし、ハードディスク装置HD_AがIPアドレスにしたがってハードディスク装置HD_B1〜3の何れかと通信が確立できた時に、ハードディスク装置HD_B1〜3の何れかがハードディスク装置HD_Aに鍵情報を転送し(ハードディスク装置HD_B1〜3のうち一つが代表してハードディスク装置HD_Aに送信しても良いし、夫々のハードディスク装置HD_B1〜3が通信確立時にハードディスク装置HD_Aに送信しても良い)、ハードディスク装置HD_Aが当該鍵情報を例えばRAM等の揮発メモリに記憶し、当該鍵情報を使用するようにしても良い。 Key information before the user uses the hard disk apparatus HD_A, to his user may be recorded in the hard disk drive HD_A, when communicating with any of the hard disk drive HD_B1~3 hard disk drive HD_A is according to the IP address could be established , one of the hard disk drive HD_B1~3 forwards the key information to the hard disk drive HD_A (to one of the hard disk drive HD_B1~3 may be transmitted to the hard disk drive HD_A on behalf of each hard disk drive HD_B1~3 There may be transmitted to the hard disk drive HD_A upon communication establishment), a hard disk device HD_A memorizes the key information, for example, in the volatile memory such as RAM, may be used the key information. つまり、ハードディスク装置HD_Aが鍵情報を持たず、予めハードディスク装置HD_B1〜B3に鍵情報を記録しておき、所定のタイミング(好ましくは、ハードディスク装置HD_Aとハードディスク装置HD_B1等が通信可能になった時点)でハードディスク装置HD_B1等に記録されている鍵情報をハードディスク装置HD_Aに転送する。 In other words, the hard disk device HD_A has no key information, (time point preferably of a hard disk device HD_A and the hard disk device HD_B1 like becomes communicable) Record the key information in advance the hard disk drive HD_B1~B3, predetermined timing in transferring the key information recorded in the hard disk drive HD_B1 etc. in the hard disk device HD_A.

或いは、ハードディスク装置HD_B1〜B3が前もって鍵情報を持たず、ハードディスク装置HD_Aからハードディスク装置HD_B1〜3にバックアップ対象となるデータを転送する前又は後で、ハードディスク装置HD_Aからハードディスク装置HD_B1〜3に鍵情報を転送するように構成しても良い。 Alternatively, no advance key information hard disk drive HD_B1~B3, later or before transferring the data to be backed up from the hard disk device HD_A the hard disk drive HD_B1~3, key information from the hard disk device HD_A in the hard disk drive HD_B1~3 it may be configured to transfer.

先ず、図2の処理について説明する。 First, a description will be given of processing of FIG.

図2の処理が開始されると、CPU5は、ホストH(OS)からデータの書き込み指令(書き込み要求)がきたか否かを判断しており(ステップS10)、当該書き込み指令を受けるまで当該処理を繰り返す(ステップS10:NO)。 When the process of FIG. 2 is started, CPU 5 is determined whether the write command data from the host H (OS) (write request) has come (step S10), and the process until it receives the write command the repeated (step S10: NO). そして、ホストから書き込み指令がきた場合には(ステップS10:YES)、CPU5は、ハードディスク装置HD_Aのキャッシュメモリ2に書き込み指令の対象となるデータを記憶(格納)する(ステップS11)。 When it has come write command from the host (step S10: YES), CPU 5 stores the data to be write command to the cache memory 2 of the hard disk drive HD_A (stored) (step S11).

ここで、図2の例の場合、ハードディスク4にデータを書き込むのと、データを通信部7を介して転送するのとがほぼ同じ速度なので、キャッシュメモリ2は共有されている。 Here, the example of FIG. 2, the write data to the hard disk 4, so as to transfer via the communication section 7 data is approximately the same speed, the cache memory 2 are shared. なお、キャッシュメモリ2の容量が満杯になったら、ホストHから指令(命令)を受けずに待ってもらう(図3でも同様)。 It should be noted that, when turned to full capacity of the cache memory 2, get wait without receiving from the host H commands the (instruction) (same also in FIG. 3).

次いで、CPU5は、キャッシュメモリ2に書き込み指令の対象となるデータが記憶された場合に、書き込み完了を示す信号をホストHに返信する(ステップS12)。 Then, CPU 5, when the data to be write command in the cache memory 2 is stored, returns a signal indicating the completion of writing to the host H (step S12).

ここで、キャッシュメモリ2のデータが消滅しないことを保証することにより、ホストHからの書き込み指令を正しく完了したと返す(書き込み完了を示す信号の返信)ので、ハードディスク4に正しく書き込まれたことを確認後にホストHに書き込み完了を示す信号を返信する場合よりも、劇的な速度の向上が見込まれる。 Here, by ensuring that data in the cache memory 2 is not extinguished, because it returns to have completed the write command from the host H correctly (response signal indicating the completion of writing), that it was successfully written to the hard disk 4 than when returns a signal indicating the completion of writing to the host H after confirmation, improvement of dramatic speed is expected. キャッシュメモリ2のデータが消滅しないことの保証方法は、大容量コンデンサを用いて上述したバックアップ電源3を設けることで、キャッシュメモリ2へ電源供給が突然遮断されないことを保証することにより実現させる。 Guarantee method of the data in the cache memory 2 is not extinguished, by providing a backup power supply 3 described above using a large-capacity capacitor, it is realized by ensuring that the power supply to the cache memory 2 is not blocked suddenly.

なお、レプリケーション先のハードディスク装置HD_B1〜B3にも、高性能なキャッシュメモリと大容量コンデンサ(バックアップ電源)を搭載していたほうが、速度向上の点ではより良い。 It should be noted that, even in the replication destination of the hard disk drive HD_B1~B3, better to equipped with a high-performance cache memory and a large-capacity capacitor (backup power supply), the better in terms of speed improvement. この条件下ならば、ハードディスク装置HD_B1〜B3は、当該ハードディスク装置HD_Aからデータ転送を受けた後、即時に書き込み成功通知を返すことができるからである。 If this condition, the hard disk device HD_B1~B3, after receiving the data transferred from the hard disk drive HD_A, is because it is possible to return immediately write success notification.

次に、CPU5は、ハードディスク4のどのセクタ番号のセクタに当該データを書き込むかを判断する(ステップS13)。 Then, CPU 5 determines whether writes the data to a sector of the hard disk 4 throat sector number (step S13).

そして、CPU5は、上述した鍵情報を取得しこれを用いてキャッシュメモリ2に記憶されたデータを暗号化し、当該暗号化したデータを、ステップS13で判断したセクタ番号のセクタに書き込む(ステップS14)と共に、並列処理により、当該セクタ番号とキャッシュメモリ2に記憶されたデータを通信部7及びネットワークNWを介してレプリケーション先のハードディスク装置HD_B1〜B3に対して転送する(ステップS15)。 Then, CPU 5 acquires the key information as described above by encrypting the data stored in the cache memory 2 by using this, writes the encrypted data, the sector of the determined sector number at step S13 (step S14) together, by parallel processing, to transfer to the replication destination of the hard disk device HD_B1~B3 via the sector number and the cache memory 2 is stored data communication unit 7 and the network NW (step S15). なお、当該セクタ番号と当該データは、パケット化され、上述したハードディスク装置HD_B1〜B3のIPアドレスが、夫々付加されて転送されることになる。 Incidentally, the sector number and the data is packetized, IP address, the hard disk drive HD_B1~B3 described above is to be transferred are respectively added.

次いで、ステップS16では、CPU5は、全てのデータをセクタに書き込んだか否かを判定し、全ての当該データを当該セクタに書き込んだと判定した場合には(ステップS16:YES)、ステップS18に進む。 Then, in step S16, CPU 5 judges whether writing all data sectors, in the case where all of the data is determined to written to the sector (step S16: YES), the process proceeds to step S18 . 一方、CPU5は、全ての当該データを当該セクタに書き込んでいないと判定した場合には(ステップS16:NO)、ステップS13に戻る。 Meanwhile, CPU 5 is the case where all of the data is determined not been written to the sector (step S16: NO), the flow returns to step S13.

また、ステップS17では、CPU5は、全てのデータがレプリケーション先のハードディスク装置HD_B1〜B3に転送されOK(なお、例えばハードディスク装置HD_B1〜B3からの書き込み成功通知を受けた場合、OKとなる)か否かを判定し、全ての当該データがレプリケーション先のハードディスク装置HD_B1〜B3に転送されOKであると判定した場合には(ステップS17:YES)、ステップS18に進む。 In step S17, (if noted, for example, which has received the write success notification from the hard disk device HD_B1~B3, the OK) CPU 5, all the data are transferred to the replication destination of the hard disk drive HD_B1~B3 OK or not or it determines, if all of the data is determined to be OK is forwarded to the replication destination of the hard disk drive HD_B1~B3 (step S17: YES), the process proceeds to step S18. 一方、CPU5は、全ての当該データがレプリケーション先のハードディスク装置HD_B1〜B3に転送されOKでないと判定した場合には(ステップS17:NO)、ステップS13に戻る。 Meanwhile, CPU 5 is the case where all the data is judged not to be OK is forwarded to the replication destination of the hard disk drive HD_B1~B3 (step S17: NO), the flow returns to step S13.

次に、ステップS18では、CPU5は、キャッシュメモリ2に記憶されているデータをクリア(消去)し、ステップS11に戻る。 Next, in step S18, CPU 5 is the data stored in the cache memory 2 is cleared (erased), the flow returns to step S11. ここで、キャッシュメモリ2に記憶されているデータは、例えば、全てのデータがセクタに書き込まれ、且つ全てのデータがレプリケーション先のハードディスク装置HD_B1〜B3に転送され且つハードディスク装置HD_B1〜B3からの書き込み成功通知を受けた場合に限り、クリアされる。 Here, the write data stored in the cache memory 2 is, for example, all data is written to the sector, and from the all the data is transferred to the replication destination of the hard disk device HD_B1~B3 and hard disk drive HD_B1~B3 only when receiving a success notification, it is cleared.

なお、上記ステップS14の処理と上記ステップS15の処理は、並列処理により行われるように構成したが、直列的な(シリーズ)処理であっても構わない。 The processing of the processing and the step S15 in the step S14 has been configured to be performed by parallel processing, it may be a series of (series) processing. また、この場合において、ステップS13で判断されたセクタ番号のセクタが探索(シーク)される前に、キャッシュメモリ2に記憶されたデータを通信部7及びネットワークNWを介してレプリケーション先のハードディスク装置HD_B1〜B3に対して転送するように構成すれば、迅速にデーア転送ができるので望ましい。 Further, in this case, before the sector of the determined sector number in step S13 is searched (seek), replication destination hard disk apparatus via the communication unit 7 and the network NW data stored in the cache memory 2 HD_B1 if configured to forward relative to B3, since it is rapidly Dea transfer desirable.

次に、図3の処理について説明する。 Next, a description is given of processing of FIG.

図3の処理が開始されると、図2の処理と同様、CPU5は、ホストH(OS)からデータの書き込み指令がきたか否かを判断しており(ステップS20)、当該書き込み指令を受けるまで当該処理を繰り返す(ステップS20:NO)。 When the process of FIG. 3 is started, similarly to the processing in FIG. 2, CPU 5 is determined whether the write command data from the host H (OS) has come (step S20), receives the write command until the processing is repeated (step S20: NO).

図3の例では、キャッシュメモリ2の記憶領域が、ハードディスク4に書き込むデータを記憶する記憶領域Aと、ハードディスク装置HD_B1〜B3に転送するデータを記憶する記憶領域Bと、が動的に割り当てられる。 In the example of FIG. 3, the storage area of ​​the cache memory 2, a storage area A for storing the data to be written to the hard disk 4, a storage area B for storing the data to be transferred to the hard disk device HD_B1~B3, it is dynamically assigned . なお、記憶領域Aの記憶容量(サイズ)と記憶領域Bの記憶容量は固定ではない。 The storage capacity of the storage capacity (the size) storage area B of the storage area A is not fixed.

そして、ホストHから書き込み指令がきた場合には(ステップS20:YES)、CPU5は、ハードディスク装置HD_Aのキャッシュメモリ2における記憶領域Aと記憶領域Bとの夫々に書き込み指令の対象となるデータを記憶(格納)する(ステップS21)。 When it comes the write command from the host H (step S20: YES), CPU 5 may store data to be respectively the write command to the storage area A in the cache memory 2 of the hard disk drive HD_A and the storage area B (stored) (step S21).

次いで、CPU5は、キャッシュメモリ2における記憶領域Aに書き込み指令の対象となるデータが記憶された場合に、書き込み完了を示す信号をホストHに返信する(ステップS22)。 Then, CPU 5, when the data to be write command in the storage area A in the cache memory 2 is stored, returns a signal indicating the completion of writing to the host H (step S22).

次に、CPU5は、ハードディスク4のどのセクタ番号のセクタに当該データを書き込むかを判断する(ステップS23)。 Then, CPU 5 determines whether writes the data to a sector of the hard disk 4 throat sector number (step S23).

そして、CPU5は、上述した鍵情報を取得しこれを用いてキャッシュメモリ2における記憶領域Aに記憶されたデータを暗号化し、当該暗号化したデータを、ステップS23で判断したセクタ番号のセクタに書き込む(ステップS24)と共に、並列処理により、当該セクタ番号とキャッシュメモリ2における記憶領域Bに記憶されたデータを通信部7及びネットワークNWを介してレプリケーション先のハードディスク装置HD_B1〜B3に対して転送(図2の処理と同様に転送)する(ステップS25)。 Then, CPU 5 acquires the key information as described above by encrypting the data stored in the storage area A in the cache memory 2 by using this, writes the encrypted data, the sector of the determined sector number in step S23 (step S24) transferring, by parallel processing, with respect to the sector number and the cache data stored in the storage area B in the memory 2 via the communication unit 7 and the network NW replication destination hard disk device HD_B1~B3 (Figure Like the second process transfer) (step S25).

次いで、ステップS26では、CPU5は、キャッシュメモリ2における記憶領域Aに記憶されているデータをクリア(消去)し、ステップS28に進む。 Then, in step S26, CPU 5 is the data stored in the storage area A in the cache memory 2 is cleared (erased), the flow proceeds to step S28. 一方、ステップS27では、CPU5は、キャッシュメモリ2における記憶領域Bに記憶されているデータをクリア(消去)し、ステップS29に進む。 On the other hand, in step S27, CPU 5 is the data stored in the storage area B in the cache memory 2 is cleared (erased), the flow proceeds to step S29.

次いで、ステップS28では、CPU5は、全てのデータをセクタに書き込んだか否かを判定し、全ての当該データを当該セクタに書き込んだと判定した場合には(ステップS28:YES)、ステップS21に戻り、全ての当該データを当該セクタに書き込んでいないと判定した場合には(ステップS28:NO)、ステップS23に戻る。 Then, in step S28, CPU 5 judges whether writing all data sectors, in the case where all of the data is determined to written to the sector (Step S28: YES), returns to step S21 , if all of the data is determined not been written to the sector (step S28: nO), the flow returns to step S23.

一方、ステップS29では、CPU5は、全てのデータがレプリケーション先のハードディスク装置HD_B1〜B3に転送されOKか否かを判定し、全ての当該データがレプリケーション先のハードディスク装置HD_B1〜B3に転送されOKと判定した場合には(ステップS29:YES)、ステップS21に戻り、全ての当該データがレプリケーション先のハードディスク装置HD_B1〜B3に転送されOKでないと判定した場合には(ステップS29:NO)、ステップS23に戻る。 On the other hand, in step S29, CPU 5, all the data it is determined whether or not the OK is forwarded to the replication destination of the hard disk device HD_B1~B3, and OK all the data is transferred to the replication destination of the hard disk drive HD_B1~B3 If it is determined (step S29: YES), the process returns to step S21, if all of the data is determined not OK is forwarded to the replication destination of the hard disk drive HD_B1~B3 (step S29: NO), step S23 Back to.

なお、上記ステップS24の処理と上記ステップS25の処理は、並列処理により行われるように構成したが、直列的な(シリーズ)処理であっても構わない。 The processing of the processing and the step S25 in the step S24 has been configured to be performed by parallel processing, it may be a series of (series) processing. また、この場合において、ステップS23で判断されたセクタ番号のセクタが探索(シーク)される前に、キャッシュメモリ2に記憶されたデータを通信部7及びネットワークNWを介してレプリケーション先のハードディスク装置HD_B1〜B3に対して転送するように構成すれば、迅速にデーア転送ができるので望ましい。 Further, in this case, before the sector of the determined sector number in step S23 is searched (seek), replication destination hard disk apparatus via the communication unit 7 and the network NW data stored in the cache memory 2 HD_B1 if configured to forward relative to B3, since it is rapidly Dea transfer desirable.

次に、図4の処理について説明する。 Next, a description is given of processing in FIG. なお、図4の処理は、ハードディスク装置HD_B2のCPU24及びハードディスク装置HD_B3のCPU34においても同様に行われるが、代表としてハードディスク装置HD_B1のCPU14について説明する。 The processing in FIG. 4 is carried out also in the CPU34 of the CPU24 and a hard disk drive HD_B3 hard disk drive HD_B2, it described CPU14 of the hard disk drive HD_B1 as a representative.

図4の処理が開始されると、CPU14は、ハードディスク装置HD_Aからセクタ番号と書き込みデータが転送されてきたか否かを判断しており(ステップS30)、当該データを受信するまで当該処理を繰り返す(ステップS30:NO)。 When the process of FIG. 4 is started, CPU 14 has determined whether a sector number and write data is transferred from the hard disk device HD_A (step S30), and repeats the process until it receives the data ( step S30: NO).

そして、セクタ番号と書き込みデータが受信された場合には(ステップS30:YES)、CPU14は、受信された書き込みデータを、ハードディスク装置HD_B1のキャッシュメモリ12に記憶(格納)する(ステップS31)。 In a case where the sector number and write data is received (step S30: YES), CPU 14 has the received write data is stored in the cache memory 12 of the hard disk drive HD_B1 (stored) (step S31).

次いで、CPU14は、キャッシュメモリ12に記憶された書き込みデータを、例えば予めハードディスク13に記録された鍵情報を用いて暗号化し(ステップS32)、当該暗号化したデータを、ハードディスク13における上記セクタ番号(ハードディスク装置HD_Aから書き込みデータと共に転送されたセクタ番号)のセクタに書き込む(ステップS33)。 Then, CPU 14 may write data stored in the cache memory 12, for example using pre-key information recorded in the hard disk 13 is encrypted (step S32), the encrypted data, the sector number in the hard disc 13 ( It is written from the hard disk device HD_A the sector of the sector number) transferred together with the write data (step S33).

なお、キャッシュメモリ12に記憶されたデータの中に、同一セクタ番号の書きこみデータが2つ以上ある場合、最初(最新)のデータ以外はハードディスク13への書き込まないように制御される(最初(最新)のデータ以外のデータは、例えば、上記ステップS32の処理が行われる前に破棄される)。 Incidentally, in the data stored in the cache memory 12, the same if the sector number of the write data is two or more, the first (newest) except the data is controlled so as not to write to the hard disk 13 (the first ( data other than the data of the latest), for example, is discarded before the process of step S32 is performed).

次いで、CPU14は、当該データの書き込みに成功したか否かを判定する(ステップS34)。 Then, CPU 14 determines whether or not successfully written the data (step S34). そして、CPU14は、当該データの書き込みに成功したと判定した(ステップS34:YES)、書き込み成功通知を示す情報を通信部11及びネットワークNWを介してレプリケーション元のハードディスク装置HD_Aに対して送信する(ステップS35)。 Then, CPU 14 has determined to have successfully written the data (step S34: YES), transmits to the replication source of the hard disk device HD_A via the communication unit 11 and the network NW information indicating a write success notification ( step S35).

一方、CPU14は、当該データの書き込みに成功しないと判定した(ステップS34:NO)、上記セクタ番号のセクタに暗号化したデータの書き込みのリトライを規定回数行ったか否かを判定する(ステップS36)。 Meanwhile, CPU 14 has determined not successfully written the data (step S34: NO), determines whether the series retry specified number of write data encrypted in the sector of the sector number (step S36) . そして、CPU14は、当該リトライを規定回数行っていないと判定した場合には(ステップS36:NO)、リトライ回数を1インクリメントし(ステップS37)、ステップS33に戻る。 Then, CPU 14, when it is determined that not performing the retry predetermined number of times (step S36: NO), the retry count is incremented by 1 (step S37), the flow returns to step S33. 一方、CPU14は、当該リトライを規定回数行ったと判定した場合には(ステップS36:YES)、リトライ回数をリセットし(ステップS38)、書き込み失敗通知を示す情報を通信部11及びネットワークNWを介してレプリケーション元のハードディスク装置HD_Aに対して送信する(ステップS39)。 Meanwhile, CPU 14, when it is determined that the retry was performed the specified number of times (step S36: YES), resets the retry count (step S38), via the communication unit 11 and the network NW information indicating a write failure notification It is transmitted to the replication source of the hard disk device HD_A (step S39).

なお、上記処理においては、レプリケーションされるデータは、レプリケーション先のハードディスク装置HD_B1〜B3において暗号化されるようにしたが、レプリケーション元のハードディスク装置HD_Aにおいて転送直前に暗号化され、当該暗号化されたデータがハードディスク装置HD_B1〜B3に転送されるように構成しても良い。 In the above process, the data to be replicated has been to be encrypted in the replication destination of the hard disk drive HD_B1~B3, encrypted immediately before the transfer in the replication source of the hard disk drive HD_A, is the encrypted data may be configured to be transferred to the hard disk device HD_B1~B3. この場合、ハードディスク装置HD_B1〜B3側でデータを暗号化しなくても良いが、ハードディスク装置HD_B1〜B3側でもデータをさらに暗号化(多重暗号化)する(つまり、レプリケーション元のハードディスク装置HD_Aが、上記データを鍵情報を用いて暗号化した後、ハードディスク装置HD_B1〜B3に転送し、ハードディスク装置HD_B1〜B3が、受信した暗号化されたデータを鍵情報を用いて暗号化した後、当該暗号化したデータを、ハードディスク13に書き込む)ことでさらなる効果を得ることができる。 In this case, it is not necessary to encrypt data hard disk drive HD_B1~B3 side but further encrypting (multiple encrypted) data in the hard disk device HD_B1~B3 side (i.e., the replication origin of the hard disk device HD_A is, the after the data has been encrypted using the key information, and transferred to the hard disk device HD_B1~B3, hard disk drive HD_B1~B3 is, the received encrypted data was encrypted using the key information, and the encrypted the data is written to the hard disk 13) can be used to obtain additional effects by.

すなわち、ハードディスク装置HD_AのCPU5は、データの分割・分散保管の処理負荷が大きく、ハードディスク装置HD_B1〜B3のCPU14〜34は、データを受信して指定セクタに書き込むだけなのでハードディスク装置HD_Aに比較して負荷が小さい。 That, CPU 5 of the hard disk drive HD_A, the processing load of dividing and dispersing storage of data is large, CPU14~34 hard disk device HD_B1~B3 is because only writes received data to the specified sector as compared to the hard disk drive HD_A the load is small. このため、ハードディスク装置HD_Aではストリーム暗号のような処理負荷の小さい暗号化を行い、ハードディスク装置HD_B1〜B3では複雑なブロック暗号のように処理負荷の大きい暗号化処理を行わせることは負荷分散の観点からも効果的である。 Therefore, make small encryption processing load, such as a hard disk device HD_A The stream cipher, to carry out a large encryption processing load as complex block cipher in the hard disk drive HD_B1~B3 the load balancing aspect from is also effective.

さらに、欧州で暗号アルゴリズムに関するコンセンサスを目指すNESSIE(New European Schemes for Signatures, Integrity, and Encryption)プロジェクトの報告書(Portfolio of recommended cryptographic primitives", NESSIE consortium,February 27, 2003)でも、超長期間の安全性が必要な場合には異なる安全性原理に基づく暗号アルゴリズムによる2重暗号化、3重暗号化を推奨している。 In addition, NESSIE aimed at consensus on the encryption algorithm in Europe (New European Schemes for Signatures, Integrity, and Encryption) project of the report (Portfolio of recommended cryptographic primitives ", NESSIE consortium, February 27, 2003) but, ultra-long-term safety double encryption by the encryption algorithm based on different safety principle if sex is needed, recommends triple encryption.

以上のようにして、ハードディスク装置HD_B1〜B3にレプリケーションされたデータを復元する場合、ハードディスク装置HD_AのCPU5は、ホストHからデータ復元の指令(要求)を受けると、例えばハードディスク4に記憶されている、レプリケーション先のハードディスク装置HD_B1〜B3夫々のIPアドレス(又はハードディスク装置HD_B1〜B3が接続されているPC夫々のIPアドレス)を参照して、レプリケーション先のハードディスク装置HD_B1〜B3のうちの1台を決定する。 As described above, when restoring replication data in the hard disk device HD_B1~B3, CPU 5 of the hard disk drive HD_A receives command data restore (request) from the host H, for example, it is stored in the hard disk 4 refers to the replication destination of the hard disk drive HD_B1~B3 respective IP address (or PC respective IP addresses hard disk drive HD_B1~B3 is connected), the one of the replication destination of the hard disk drive HD_B1~B3 decide. そして、CPU5は、決定した例えばハードディスク装置HD_B1に対して、通信部7及びネットワークNWを介して読み出し指令を送信する。 Then, CPU 5, to the determined for example, a hard disk device HD_B1, and transmits the read command through the communication unit 7 and the network NW. 一方、当該読み出し指令を受けたハードディスク装置HD_B1のCPU14は、ハードディスク13からデータを読み出し、その読み出しデータとこれが記録されていたセクタ番号をハードディスク装置HD_Aに対して、通信部11及びネットワークNWを介して返信する。 On the other hand, CPU 14 of the hard disk device HD_B1 that received the read command reads out data from the hard disk 13, and the read data sector number which has been recorded to the hard disk device HD_A, via the communication unit 11 and the network NW Send back. そして、当該読み出しデータ等を受信したハードディスク装置HD_AのCPU5は、当該読み出しデータをキャッシュメモリ2に記憶しつつ、ハードディスク4における上記セクタ番号(ハードディスク装置HD_B1から読み出しデータと共に転送されたセクタ番号)のセクタに書き込むことになる。 Then, CPU 5 of the hard disk device HD_A which has received the read data and the like, while storing the read data in the cache memory 2, the sector of the sector number in the hard disk 4 (hard disk drive HD_B1 sector number which is transferred together with the read data from) It will be written to.

以上説明したように、上記実施形態によれば、OSからのデータの書き込み指令を受けると、OSから渡された書き込み指令の対象となるデータをキャッシュメモリ2に一時的に記憶させ、更に、当該一時的に記憶されたデータをハードディスク4に書き込む書き込み制御を行うと共に、当該一時的に記憶されたデータを通信部7及びネットワークNWを介して他のハードディスク装置HD_B1〜B3に転送する転送制御を行うように構成したので、バックアップ対象となるデータがアプリケーションソフトで使用されている期間中であっても、当該データのレプリケーションを迅速且つ効率良くリアルタイムに行い(動的に更新されるデータであってもレプリケーションを実行できる)、耐障害性を向上し、情報漏洩を効果的に防止するこ As described above, according to the above embodiment, when receiving the write command data from the OS, then temporarily stores the data to be write command passed from the OS to the cache memory 2, further, the the temporarily stored data performs write control to write to the hard disk 4, performs transfer control for transferring to another hard disk drive HD_B1~B3 via the temporarily stored data to the communication unit 7 and the network NW since it is configured as, even during the period in which the data to be backed up is used in application software performs replication of the data quickly and efficiently real time (even data that is dynamically updated replication can run), improving the fault tolerance, effectively preventing child information leakage とができる。 Door can be.

また、アプリケーションやOSに依存することなく(影響を受けずに)、自動的に機密性と耐障害性を持ったレプリケーションを行うことができる。 Further, (unaffected) without depending on the application and OS, it can be automatically replication having confidentiality and resiliency.

なお、上記実施形態の変形例として、各セクタのデータを更に複数に分割し、当該分割したデータ毎に鍵情報を用いて暗号化した後、ハードディスク装置HD_B1〜B3に転送するように構成すればより効果的である。 As a modification of the above embodiment, the data of each sector is further divided into a plurality, after encrypting using the key information for each data the division, if configured to transfer to the hard disk device HD_B1~B3 it is more effective. なお、この変形例においても、図2〜図4の処理を適用できる。 Also in this modification, applicable to processes in FIGS.

例えば、ハードディスク装置HD_Aには、互いに異なる少なくとも2つの鍵情報を例えばハードディスク4に記録しておき、ハードディスク装置HD_AのCPU5は、上述したステップS15又はS25において、キャッシュメモリ2に記憶されたデータをセクタ(又はクラスタ)毎に読み取り、各セクタ(又は各クラスタ)のデータを、断片データA(第一のデータ)、断片データB(第二のデータ)、断片データC(第三のデータ)に3分割し、当該分割した断片データA及び断片データBの夫々を上記異なる鍵情報用いて暗号化し、暗号化した断片データA及び暗号化した断片データB等を各セクタ(又は各クラスタ)毎に(セクタ(又はクラスタ)番号も付加される)含むデータをハードディスク装置HD_B1(第一のハードディ For example, in the hard disk device HD_A, may be recorded in at least two different key information, for example, a hard disk 4 together, CPU 5 of the hard disk drive HD_A in step S15 or S25 described above, the sector data stored in the cache memory 2 (or cluster) read for each, the data of each sector (or each cluster), the fragment data a (first data), the fragment data B (second data), to the fragment data C (the third data) 3 split, encrypted using the different key information respectively fragment data a and fragment data B the splitting, etc. for each sector (or each cluster) fragment data B fragment data a and encrypted by encrypting ( sector (or cluster) number is also added) to contain data hard disk drive HD_B1 (first hard ク装置)に転送する(このような変形例の場合においても、上記暗号化された各断片データを含むデータはハードディスク4における該当セクタに書き込まれる)。 Transferred to the click device) (in the case of such a modification also, the data containing each fragment data the encrypted is written to the sector in the hard disk 4). また、当該CPU5は、上記分割した断片データB及び断片データCの夫々を上記異なる鍵情報用いて暗号化し、暗号化した断片データB及び暗号化した断片データC等を各セクタ(又は各クラスタ)毎に含むデータをハードディスク装置HD_B2(第二のハードディスク装置)に転送する。 Further, the CPU5 is the respective fragment data B and the fragment data C described above resolved using the different key information is encrypted, the encrypted fragment data B and encrypted fragment data C etc. each sector (or each cluster) transferring data comprising for each hard disk device HD_B2 (second hard disk drive). また、当該CPU5は、上記分割した断片データC及び断片データAの夫々を上記異なる鍵情報用いて暗号化し、暗号化した断片データC及び暗号化した断片データA等を各セクタ(又は各クラスタ)毎に含むデータをハードディスク装置HD_B3(第三のハードディスク装置)に転送する。 Further, the CPU5 is the respective fragment data C and the fragment data A as described above resolved using the different key information is encrypted, the encrypted fragment data C and encrypted fragment data A, etc. Each sector (or each cluster) transferring data comprising for each hard disk device HD_B3 (third hard disk drive).

つまり、レプリケーション対象となるデータを構成する各セクタ(又は各クラスタ)において一部の断片データ(例えば、ハードディスク装置HD_B1に対しては断片データA及断片データB)を転送するようにすれば、レプリケーション先のハードディスクの記録容量を抑えることができる。 That is, some of the fragment data in each sector (or each cluster) that constitute the a replication target data (e.g., the fragment data A 及断 piece data B for a hard disk drive HD_B1) if to forward replication it is possible to suppress the recording capacity of the previous hard disk. なお、各断片データの名称として、これが含まれるセクタ番号(又はクラスタ番号)と分割された3つの断片データのうちどの断片データなのかを示す情報を結合した文字列とすれば、CPU側で各セクタ(又は各クラスタ)には、どの断片データが含まれるかを直ちに認識することができる。 Incidentally, as the name of each fragment data, if this is the sector number (or cluster number) and divided three which fragment data of string which is the concatenation of the information indicating whether among the fragmented data contained, each with CPU side the sector (or each cluster) can immediately recognize whether includes any fragment data.

そして、レプリケーション先のハードディスク装置HD_B1〜B3では、上記ステップS33において、夫々、受信した断片データを各セクタ(又は各クラスタ)毎に含むデータをハードディスクに書き込むことになる。 Then, the replication destination of the hard disk drive HD_B1~B3, in step S33, respectively, the data including the fragment data received for each sector (or each cluster) will be written to the hard disk. なお、この場合、ハードディスク装置HD_B1〜B3側で暗号化しなくても良いが、ハードディスク装置HD_B1〜B3側でもデータをさらに暗号化(多重暗号化)する(つまり、レプリケーション元のハードディスク装置HD_Aが、上記データを鍵情報を用いて暗号化した後、ハードディスク装置HD_B1〜B3に転送し、ハードディスク装置HD_B1〜B3が、受信した暗号化されたデータを鍵情報を用いて暗号化した後、当該暗号化したデータを、ハードディスク13に書き込む)ことで、上述したように、さらなる効果を得ることができる。 In this case, it is not necessary to encrypt a hard disk device HD_B1~B3 side but further encrypting (multiple encrypted) data in the hard disk device HD_B1~B3 side (i.e., the replication origin of the hard disk device HD_A is, the after the data has been encrypted using the key information, and transferred to the hard disk device HD_B1~B3, hard disk drive HD_B1~B3 is, the received encrypted data was encrypted using the key information, and the encrypted the data is written to the hard disk 13) that is, as described above, it is possible to obtain further advantages.

或いは、当該変形例において、ハードディスク装置HD_Aが断片データを含むデータを暗号化せずに転送し、ハードディスク装置HD_B1〜B3側で受信したデータを暗号化して書き込むように構成しても良い。 Alternatively, in the modified example, transferred without encryption data including the hard disk drive HD_A fragments data, it may be configured the data received by the hard disk drive HD_B1~B3 side to write encrypted.

図5は、レプリケーション対象となるデータにおける1つのセクタの一例を示す図である。 Figure 5 is a diagram showing an example of one sector in a replication target data. 図5(a)は、ハードディスク4におけるセクタに書き込まれた断片データを示しており、この場合、当該セクタには、分割暗号化された断片データA、断片データB及び断片データCの全てが書き込まれる。 FIGS. 5 (a) shows the fragment data written to the sector in the hard disk 4, in this case, on the sector, divided encrypted fragment data A, all the fragmented data B and the fragment data C is written It is. 一方、図5(b)は、ハードディスク13におけるセクタに書き込まれた断片データを示しており、この場合、当該セクタには、分割暗号化された断片データA及び断片データBだけが書き込まれ、断片データCの位置には、3つの断片データのうちどの断片データが当該セクタに書き込まれるかを示す情報が書き込まれるようになっている。 On the other hand, FIG. 5 (b) shows the fragment data written to the sector in the hard disk 13, in this case, on the sector, only the fragment data A and the fragment data B divided encrypted is written, pieces the position of the data C, which fragment data of the three fragments data so that the information indicating either written to the sector is written. また、図5(c)は、ハードディスク23におけるセクタに書き込まれた断片データを示しており、この場合、当該セクタには、分割暗号化された断片データB及び断片データCだけが書き込まれ、断片データAの位置には、3つの断片データのうちどの断片データが当該セクタに書き込まれるかを示す情報が書き込まれるようになっている。 Further, FIG. 5 (c) shows the fragment data written to the sector in the hard disk 23, in this case, on the sector, only divided encrypted fragment data B and the fragment data C is written, pieces the position of the data a, which fragment data of the three fragments data so that the information indicating either written to the sector is written. また、図5(d)は、ハードディスク33におけるセクタに書き込まれた断片データを示しており、この場合、当該セクタには、分割暗号化された断片データA及び断片データCだけが書き込まれ、断片データBの位置には、3つの断片データのうちどの断片データが当該セクタに書き込まれるかを示す情報が書き込まれるようになっている。 Further, FIG. 5 (d) shows the fragment data written to the sector in the hard disk 33, in this case, on the sector, only divided encrypted fragment data A and the fragment data C is written, pieces the location of the data B, what fragment data of the three fragments data so that the information indicating either written to the sector is written.

以上の変形例のようにして、ハードディスク装置HD_B1〜B3にレプリケーションされたデータ(分割暗号化された各断片データを含む)を復元する場合、ハードディスク装置HD_AのCPU5は、ホストHからデータ復元の指令(要求)を受けると、例えばハードディスク4に記憶されている、レプリケーション先のハードディスク装置HD_B1〜B3夫々のIPアドレス(又はハードディスク装置HD_B1〜B3が接続されているPC夫々のIPアドレス)を参照して、レプリケーション先のハードディスク装置HD_B1〜B3のうちの2台を決定する。 As described above modification, when restoring data replication in the hard disk drive HD_B1~B3 (including split encrypted each fragment data is), CPU 5 of the hard disk drive HD_A the command data recovered from the host H Upon receiving the (request), for example, stored in the hard disk 4, with reference to the replication destination of the hard disk drive HD_B1~B3 respective IP address (or PC respective IP addresses hard disk drive HD_B1~B3 is connected) , to determine the two of the replication destination of the hard disk drive HD_B1~B3. そして、CPU5は、決定した例えばハードディスク装置HD_B1及びB2の夫々に対して、通信部7及びネットワークNWを介して読み出し指令を送信する。 Then, CPU 5, to the respective determined for example, a hard disk device HD_B1 and B2, and transmits the read command through the communication unit 7 and the network NW. 一方、当該読み出し指令を受けたハードディスク装置HD_B1及びB2の夫々は、ハードディスクからデータ等を読み出し、その読み出しデータとこれが記録されていたセクタ番号、並びに3つの断片データのうちどの断片データが当該セクタに書き込まれるかを示す情報をハードディスク装置HD_Aに対して、通信部11及びネットワークNWを介して返信する。 On the other hand, each of the hard disk drive HD_B1 and B2 having received the read command reads the data and the like from the hard disk, the read data and the sector number which has been recorded, and to which the fragment data is the sector of the three fragmented data information indicating written to the hard disk device HD_A, returns via the communication unit 11 and the network NW. そして、当該読み出しデータ等を受信したハードディスク装置HD_AのCPU5は、当該読み出しデータをキャッシュメモリ2に記憶しつつ、セクタ番号及び3つの断片データのうちどの断片データが当該セクタに書き込まれるかを示す情報を参照して各セクタにおいて断片データA、断片データB及び断片データCを復元してハードディスク4における上記セクタ番号のセクタに書き込むことになる。 Then, CPU 5 of the hard disk device HD_A which has received the read data or the like, information indicating whether while storing the read data in the cache memory 2, which fragment data of the sector number and three fragments data is written to the sector Referring to the fragment data a in each sector, to restore the fragment data B and the fragment data C will be written to a sector of the sector number in the hard disk 4.

このような変形例の構成によれば、レプリケーション先のハードディスクの記録容量を抑えることができると共に、レプリケーション先のハードディスク装置の一つが故障等した場合であってもデータ復元を効率良く行うことができる。 According to such a configuration of the modified example, it is possible to suppress the recording capacity of the replication destination hard disk, can be performed efficiently data recovery even when one of the replication destination of the hard disk drive has failed, etc. .

なお、上記変形例においては、キャッシュメモリ2に記憶されたデータが3分割される例を示したが、上記データが4つ以上に分割され、分割された各断片データが2つ以上のハードディスク装置に転送されるように構成しても良い。 In the above modification, an example of data stored in the cache memory 2 is divided into three parts, the data is divided four or more, each fragment data divided more than one hard disk drive it may be configured to be transferred to.

また、上記実施形態の別の変形例として、ハードディスク装置HD_B1〜B3の電源は、通常時(データ受信がなされていない時)、待機電力(電力セーブ)モード(ハードディスク13〜33の駆動停止)にしておき、ハードディスク装置HD_Aから電源ON命令があった場合に、通常電力モード(ハードディスク13〜33駆動)に切り換えてハードディスク13〜33に書き込み可能状態にすれば、消費電力を低減でき、地球温暖化対策にも繋がる。 Further, as another variation of the above embodiment, the power supply of the hard disk drive HD_B1~B3 is (when the data reception is not made) normal, the standby power (power saving) mode (drive stop of the hard disk 13 to 33) advance, when there is a power oN command from the hard disk drive HD_A, if switching to the normal power mode (the hard disk 13 to 33 drive) in a writable state in the hard disk 13 to 33, power consumption can be reduced, global warming also lead to countermeasures. この場合、ハードディスク装置HD_Aによる電源ON命令の送信タイミングは、例えば、キャッシュメモリ2に格納されているバックアップ対象となるデータにより当該キャッシュメモリ2の記憶容量が所定値以上になった(例えば、一杯になった(溢れそうになった))時とし、当該電源ON命令の送信後に、バックアップ対象となるデータがハードディスク装置HD_B1〜B3に転送される。 In this case, the transmission timing of the power-ON instruction by a hard disk drive HD_A, for example, the data to be backed up are stored in the cache memory 2 storage capacity of the cache memory 2 exceeds a predetermined value (e.g., full it was time (now overflowing likely)), after transmission of the power-oN instruction, the data to be backed up is transferred to the hard disk device HD_B1~B3. また、キャッシュメモリ2に格納されているバックアップ対象となるデータが全て吐き出されて所定時間経過したら電源OFF命令がハードディスク装置HD_B1〜B3に送信されることになる。 Also, so that it is discharged all data to be backed up are stored in the cache memory 2 is power OFF instruction After elapse of a predetermined time is transmitted to the hard disk drive HD_B1~B3.

更に、上記実施形態の別の変形例として、例えば上述した図4のステップS31で格納されているデータによりキャッシュメモリ12〜32の記憶容量が例えば一杯になる(溢れそうになる)まで待機電力(電力セーブ)モード(ハードディスク13〜33の駆動停止)にしておき、当該キャッシュメモリ12〜32の記憶容量が例えば一杯になった場合に、例えば上記ステップS31とステップS32の処理の間で通常電力モード(ハードディスク13〜33駆動)に切り換えてハードディスク13〜33に書き込み可能状態にしても良い。 Further, as another variation of the above embodiment, for example, by the data stored in step S31 of FIG. 4 (will overflow likely) cache storage capacity of the memory 12 to 32, for example, becomes full until standby power ( power save) mode (leave the driving stop of the hard disk 13 to 33), when the storage capacity of the cache memory 12 to 32 becomes for example filled, for example, the normal power mode during the processing of the steps S31 and step S32 by switching the (hard disk 13 to 33 drive) may be write enabled state to the hard disk 13 to 33. この場合、上記ステップS35からの戻りで、再び待機電力(電力セーブ)モードに切り換えられることになる。 In this case, the return from the step S35, will be switched back to the standby power (power saving) mode.

なお、上記実施形態においては、本発明のディスク装置としてハードディスク装置に対して適用したが、その他のディスクドライブに対しても適用可能である。 In the above embodiment has been applied to the hard disk device as a disk device of the present invention is also applicable to other disk drives.

また、本発明の他の実施形態としてハードディスク装置HD_Aがキャッシュシステムを持たず、ホストコンピュータのインターフェース部で書き込みデータをホストのRAMにキャッシュメモリとして使用し、インターフェース部でOSに書き込み完了を返した後、ハードディスク装置HD_Aに書き込む形態であっても良い。 Another hard disk device HD_A as an embodiment of the present invention has no cache system, using the write data in the interface unit of the host computer to the host RAM as a cache memory, after returning the completion of writing to the OS with an interface unit it may be in the form of writing to the hard disk drive HD_A.

また、本発明は、以上説明したように構成されるが、上記実施の形態に限定されるものではなく、本願発明の要旨の範囲内において種々変更可能である。 Further, the present invention is explained above configured as described is not intended to be limited to the above embodiments, and various modifications are possible within the scope of the present invention.

データバックアップシステムの全体構成例を示す図である。 Is a diagram illustrating an overall configuration of a data backup system. レプリケーションが行われる際の、ハードディスク装置HD_AのCPU5における処理を示す図である。 When the replication takes place, it is a diagram illustrating a process in CPU5 hard disk drive HD_A. レプリケーションが行われる際の、ハードディスク装置HD_AのCPU5における処理を示す図である。 When the replication takes place, it is a diagram illustrating a process in CPU5 hard disk drive HD_A. レプリケーションが行われる際の、ハードディスク装置HD_B1のCPU14における処理を示す図である。 When the replication takes place, it is a diagram illustrating a process in the CPU14 of the hard disk device HD_B1. レプリケーション対象となるデータにおける1つのセクタの一例を示す図である。 Is a diagram illustrating an example of one sector in a replication target data.

符号の説明 DESCRIPTION OF SYMBOLS

1 I/F 1 I / F
2、12〜32 キャッシュメモリ3 バックアップ電源4、13〜33 ハードディスク5、14〜34 CPU 2,12~32 cache memory 3 backup power 4,13~33 hard disk 5,14~34 CPU
6、15〜35 ROM 6,15~35 ROM
7、11〜31 通信部8、16〜36 RAM 7,11~31 communication unit 8,16~36 RAM
HD_A レプリケーション元のハードディスク装置HD_B1 レプリケーション先のハードディスク装置HD_B2 レプリケーション先のハードディスク装置HD_B3 レプリケーション先のハードディスク装置H ホストS データバックアップシステム HD_A replication source of the hard disk drive HD_B1 replication destination hard disk device HD_B2 replication destination hard disk device HD_B3 replication destination hard disk device H host S data backup system

Claims (19)

  1. オペレーティングシステムからの指令に応じて、ディスクへのデータの書き込み又は当該ディスクからのデータの読み出しを行うディスク装置であって、 In response to a command from the operating system, a disk device for reading data from the write or the disc data to the disk,
    前記オペレーティングシステムからの書き込み指令の対象となるデータを一時的に記憶するデータ記憶手段と、 A data storage means for temporarily storing the subject to data write command from the operating system,
    前記記憶されたデータを前記ディスクに書き込む書き込み制御を行い、且つ当該記憶されたデータを他のディスク装置に転送する転送制御を行う制御手段と、 Control means for controlling transfer of transferring the stored data to write control to write to the disk, a and the stored data to another disk device,
    を備えることを特徴とするディスク装置。 Disk apparatus comprising: a.
  2. 請求項1に記載のディスク装置において、 The disk apparatus according to claim 1,
    前記制御手段は、前記データが前記データ記憶手段に記憶された場合に、書き込み完了を示す信号を前記オペレーティングシステムに対して返信する書き込み完了返信手段を更に備えることを特徴とするディスク装置。 Wherein when said data is stored in the data storage device, the disk apparatus further comprising a write completion reply unit which returns a signal indicating the completion of writing to the operating system.
  3. 請求項1又は2に記載のディスク装置において、 The disk apparatus according to claim 1 or 2,
    前記制御手段は、前記データを複数の前記他のディスク装置に転送する転送制御を行うことを特徴とするディスク装置。 Wherein, the disk apparatus characterized by performing transfer control for transferring the data to a plurality of said other disk devices.
  4. 請求項1乃至3の何れか一項に記載のディスク装置において、 The disk apparatus according to any one of claims 1 to 3,
    鍵情報を記憶する鍵情報記憶手段を更に備え、 Further comprising a key information storing means for storing key information,
    前記制御手段は、前記鍵情報を用いて前記記憶されたデータを暗号化し、当該暗号化したデータを前記他のディスク装置に転送する転送制御を行うことを特徴とするディスク装置。 The control means encrypts the stored data using the key information, the disk apparatus characterized by performing transfer control for transferring the encrypted data to the other disk devices.
  5. 請求項4に記載のディスク装置において、 The disk apparatus according to claim 4,
    前記制御手段は、前記記憶されたデータを情報単位毎に読み取り処理するものであって、各前記情報単位のデータを分割し、当該分割したデータ毎に前記鍵情報を用いて暗号化することを特徴とするディスク装置。 Wherein said control means is for processing read the stored data for each information unit, divides the data for each of said information units, to be encrypted with the key information for each data the divided disk apparatus according to claim.
  6. 請求項1又は2に記載のディスク装置において、 The disk apparatus according to claim 1 or 2,
    前記制御手段は、前記記憶されたデータを情報単位毎に読み取り処理するものであって、 Wherein said control means is for processing read the stored data for each information unit,
    各前記情報単位のデータを3つ以上に分割し、当該分割した各データを2つ以上の前記他のディスク装置に転送する転送制御を行うことを特徴とするディスク装置。 Dividing the data of each of the information units into three or more, the disk apparatus characterized by performing transfer control for transferring the data corresponding divided into two or more of the other disk devices.
  7. 請求項1又は2に記載のディスク装置において、 The disk apparatus according to claim 1 or 2,
    前記制御手段は、前記記憶されたデータを情報単位毎に読み取り処理するものであって、各前記情報単位のデータを、第一、第二、及び第三のデータに3分割し、当該分割した第一及び第二のデータを第一の前記他のディスク装置に転送し、分割した第二及び第三のデータを第二の前記他のディスク装置に転送し、分割した第一及び第三のデータを第三の前記他のディスク装置に転送する転送制御を行うことを特徴とするディスク装置。 Wherein said control means is for processing read the stored data for each information unit, the data of each of said information units, the first, second, and third divided into third data, and the divided the first and second data is transferred to the first of the other disk device, the second and third data divided and transferred to the second of the other disk devices, divided first and third disk apparatus characterized by performing transfer control to transfer data to a third of the other disk devices.
  8. 請求項1又は2に記載のディスク装置において、 The disk apparatus according to claim 1 or 2,
    互いに異なる少なくとも2つの鍵情報を記憶する鍵情報記憶手段を更に備え、 Further comprising a key information storage means for storing each other at least two different key information,
    前記制御手段は、前記記憶されたデータを情報単位毎に読み取り処理するものであって、各前記情報単位のデータを、第一、第二、及び第三のデータに3分割し、当該分割したデータ夫々を互いに異なる前記鍵情報用いて暗号化し、暗号化した第一及び第二のデータを第一の前記他のディスク装置に転送し、暗号化した第二及び第三のデータを第二の前記他のディスク装置に転送し、暗号化した第一及び第三のデータを第三の前記他のディスク装置に転送する転送制御を行うことを特徴とするディスク装置。 Wherein said control means is for processing read the stored data for each information unit, the data of each of said information units, the first, second, and third divided into third data, and the divided encrypting data respectively using different the key information, the first and second data encrypted transferred to the first of the other disk device, encrypted second and third data second the other was transferred to the disk device, the disk device, characterized in that to transfer control for transferring the first and third data encrypted to a third of the other disk devices.
  9. 請求項1乃至8の何れか一項に記載のディスク装置において、 The disk apparatus according to any one of claims 1 to 8,
    前記制御手段は、前記記憶されたデータ記憶手段における記憶容量が所定値以上になった場合に、電源ON指令を前記他のディスク装置に送信し、その後、前記データを転送することを特徴とするディスク装置。 Wherein, when the storage capacity of the stored data storage means exceeds a predetermined value, transmits a power ON command to the other disk devices, then characterized by transferring the data disk device.
  10. オペレーティングシステムからの指令に応じて、ディスクへのデータの書き込み又は当該ディスクからのデータの読み出しを行うディスク装置におけるデータ転送方法であって、 In response to a command from the operating system, a data transfer method in a disk device for reading data from the write or the disc data to the disk,
    前記オペレーティングシステムからの書き込み指令の対象となるデータを一時的に記憶する工程と、 A step of temporarily storing subject to data write command from the operating system,
    前記記憶されたデータを前記ディスクに書き込む書き込み制御を行い、且つ当該記憶されたデータを他のディスク装置に転送する転送制御を行う工程と、 And performing transfer control for transferring the stored data to write control to write to the disk, a and the stored data to another disk device,
    を備えることを特徴とするデータ転送方法。 Data transfer method, characterized in that it comprises a.
  11. オペレーティングシステムからの指令に応じて、ディスクへのデータの書き込み又は当該ディスクからのデータの読み出しを行うディスク装置におけるコンピュータを、 In response to a command from the operating system, the computer in the disk device for reading data from the write or the disc data to the disk,
    前記オペレーティングシステムからの書き込み指令の対象となるデータを一時的に記憶し、 Temporarily stores the subject to data write command from the operating system,
    前記記憶されたデータを前記ディスクに書き込む書き込み制御を行い、且つ当該記憶されたデータを他のディスク装置に転送する転送制御を行うように機能させることを特徴とするデータ転送処理プログラム。 Wherein the stored data to write control to write to the disk, and the data transfer processing program for causing to function the stored data to perform a transfer control for transferring to other disk devices.
  12. オペレーティングシステムからの指令に応じて、ディスクへのデータの書き込み又は当該ディスクからのデータの読み出しを行うディスク装置であって、 In response to a command from the operating system, a disk device for reading data from the write or the disc data to the disk,
    前記オペレーティングシステムからの書き込み指令の対象となるデータを一時的に記憶するデータ記憶手段と、 A data storage means for temporarily storing the subject to data write command from the operating system,
    前記記憶されたデータを前記ディスクに書き込む書き込み制御を行い、且つ当該記憶されたデータを通信手段を介してデータバックアップ用のディスク装置に転送する転送制御を行う制御手段と、 Writes control for writing the stored data to the disk, and a control means for controlling transfer of transferring the disk apparatus for data backup and via the communication means the stored data,
    を備えるディスク装置と、 A disk device comprising a,
    前記ディスク装置から転送されてきたデータを受信する受信手段と、 Receiving means for receiving the data transferred from the disk device,
    前記受信されたデータをディスクに書き込む制御を行う制御手段と、 And control means for controlling to write the received data to the disk,
    を備える前記データバックアップ用のディスク装置と、 A disk device for the data backup comprising,
    を有することを特徴とするデータバックアップシステム。 Data backup system and having a.
  13. 請求項12に記載のデータバックアップシステムにおいて、 The data backup system according to claim 12,
    前記データは、データ転送元の前記ディスク装置のディスクにおいて書き込まれるセクタと同じ番号のセクタであって前記データバックアップ用のディスク装置のディスクにおけるセクタに書き込まれることを特徴とするデータバックアップシステム。 The data is the data backup system, characterized in that written a sector of the same number as the sectors to be written in the disk data transfer source of the disk device to a sector in the disk of the disk device for the data backup.
  14. 請求項12又は13に記載のデータバックアップシステムにおいて、 The data backup system according to claim 12 or 13,
    データ転送元の前記ディスク装置には鍵情報を記憶する鍵情報記憶手段を更に備え、 Further comprising a key information storing means for storing key information to the data transfer source of the disk device,
    当該データ転送元のディスク装置の前記制御手段は、前記鍵情報を用いて前記記憶されたデータを暗号化し、当該暗号化したデータを前記データバックアップ用のディスク装置に転送する転送制御を行うことを特徴とするデータバックアップシステム。 The control means of the data transfer source disk device that performs transfer control to the encrypting the stored data by using the key information, and transfers the encrypted data to the disk apparatus for the data backup data backup system which is characterized.
  15. 請求項12乃至14の何れか一項に記載のデータバックアップシステムにおいて、 The data backup system according to any one of claims 12 to 14,
    前記データバックアップ用のディスク装置に鍵情報を記憶する鍵情報記憶手段を更に備え、 Further comprising a key information storing means for storing key information to the disk apparatus for the data backup,
    前記データバックアップ用のディスク装置の前記制御手段は、前記鍵情報を用いて前記記憶されるデータを暗号化し、当該暗号化したデータをデータバックアップ用のディスクに書き込むことを特徴とするデータバックアップシステム。 Wherein said control means of the disc device for data backup, data backup system, wherein the encrypting the data to be the storage by using the key information, and writes the encrypted data to disk for data backup.
  16. 請求項12又は13に記載のデータバックアップシステムにおいて、 The data backup system according to claim 12 or 13,
    前記データバックアップ用のディスク装置に鍵情報を記憶する鍵情報記憶手段を更に備え、 Further comprising a key information storing means for storing key information to the disk apparatus for the data backup,
    当該データバックアップ用のディスク装置からデータ転送元の前記ディスク装置に鍵情報を転送し、 Transfer the key information to the data transfer source of the disk device from a disk unit for the data backup,
    当該鍵情報の転送を受けたデータ転送元の前記ディスク装置は、 The disk apparatus transfers the received data transfer source of the key information,
    当該鍵情報を記憶し、 And storing the key information,
    データ転送元の前記ディスク装置の制御手段が当該鍵情報を用いてバックアップ対象となるデータを暗号化して、 Control means of the data transfer source of the disk device encrypts the data to be backed up by using the key information,
    当該暗号化したバックアップ対象となるデータを前記データバックアップ用のディスク装置に転送することを特徴とするデータバックアップシステム。 Data backup system and transferring the data to be backed up that the encrypted disk device for the data backup.
  17. 請求項16に記載のデータバックアップシステムにおいて、 The data backup system according to claim 16,
    前記データバックアップ用のディスク装置から転送された鍵情報を前記データ転送元のディスク装置の揮発メモリに保存することを特徴とするデータバックアップシステム。 Data backup system, characterized in that to store the key information transferred from the disk device for the data backed up in the volatile memory of said data transfer source disk device.
  18. 請求項12乃至14の何れか一項に記載のデータバックアップシステムにおいて、 The data backup system according to any one of claims 12 to 14,
    前記データバックアップ用のディスク装置に鍵情報を記憶する鍵情報記憶手段を更に備え、 Further comprising a key information storing means for storing key information to the disk apparatus for the data backup,
    データ転送元の前記ディスク装置から前記データバックアップ用のディスク装置にデータを転送する前又は後で、前記データ転送元のディスク装置から前記データバックアップ用のディスク装置に鍵情報を転送することを特徴とするデータバックアップシステム。 Before transferring the data from the data transfer source of the disk device in the disk device for the data backup or later, and wherein the transfer of key information from said data transfer source disk device to the disk device for the data backup data backup system.
  19. 請求項12乃至18の何れか一項に記載のデータバックアップシステムに含まれる前記データバックアップ用のディスク装置であって、 A disk apparatus for the data backup included in the data backup system according to any one of claims 12 to 18,
    前記受信手段と、前記制御手段とを備えることを特徴とするデータバックアップ用のディスク装置。 Disk apparatus for data backup, characterized in that it comprises said receiving means and said control means.
JP2008032337A 2008-02-13 2008-02-13 Disk apparatus, data transfer method, the data transfer processing program, and data backup system Active JP5380854B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2008032337A JP5380854B2 (en) 2008-02-13 2008-02-13 Disk apparatus, data transfer method, the data transfer processing program, and data backup system

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2008032337A JP5380854B2 (en) 2008-02-13 2008-02-13 Disk apparatus, data transfer method, the data transfer processing program, and data backup system

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2009193258A true true JP2009193258A (en) 2009-08-27
JP5380854B2 JP5380854B2 (en) 2014-01-08

Family

ID=41075224

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2008032337A Active JP5380854B2 (en) 2008-02-13 2008-02-13 Disk apparatus, data transfer method, the data transfer processing program, and data backup system

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP5380854B2 (en)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2012048682A (en) * 2010-08-30 2012-03-08 Ntt Docomo Inc Disk management system, disk management apparatus, memory device, and disk management method
US8429361B2 (en) 2010-02-12 2013-04-23 Fujitsu Limited Information-storage system

Citations (10)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS61275929A (en) * 1985-05-08 1986-12-06 Panafacom Ltd Backup processing system
JP2002084270A (en) * 2000-09-07 2002-03-22 Hitachi Ltd Computer system for remote copy
JP2003099208A (en) * 2001-09-25 2003-04-04 Toshiba Corp Method for data transfer between disk arrays and disk array system
JP2003296179A (en) * 2002-03-29 2003-10-17 Mitsubishi Electric Corp Information processor and network file method
JP2005099911A (en) * 2003-09-22 2005-04-14 Dainippon Printing Co Ltd Data storage system using network
JP2006079389A (en) * 2004-09-10 2006-03-23 Casio Comput Co Ltd Data backup controller and program
JP2006277205A (en) * 2005-03-29 2006-10-12 Nec Corp Storage system and its control method and control program
JP2007079699A (en) * 2005-09-12 2007-03-29 Fuji Xerox Co Ltd Device information backup restoring system, device information backup restoring method, device information backup system, device information backup method, device information restoring system, and device information restoring method
JP2007079749A (en) * 2005-09-13 2007-03-29 Hitachi Ltd Storage device and disk control method
JP2008276626A (en) * 2007-05-02 2008-11-13 Hitachi Ltd Storage control device, and control method of storage control device

Patent Citations (10)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS61275929A (en) * 1985-05-08 1986-12-06 Panafacom Ltd Backup processing system
JP2002084270A (en) * 2000-09-07 2002-03-22 Hitachi Ltd Computer system for remote copy
JP2003099208A (en) * 2001-09-25 2003-04-04 Toshiba Corp Method for data transfer between disk arrays and disk array system
JP2003296179A (en) * 2002-03-29 2003-10-17 Mitsubishi Electric Corp Information processor and network file method
JP2005099911A (en) * 2003-09-22 2005-04-14 Dainippon Printing Co Ltd Data storage system using network
JP2006079389A (en) * 2004-09-10 2006-03-23 Casio Comput Co Ltd Data backup controller and program
JP2006277205A (en) * 2005-03-29 2006-10-12 Nec Corp Storage system and its control method and control program
JP2007079699A (en) * 2005-09-12 2007-03-29 Fuji Xerox Co Ltd Device information backup restoring system, device information backup restoring method, device information backup system, device information backup method, device information restoring system, and device information restoring method
JP2007079749A (en) * 2005-09-13 2007-03-29 Hitachi Ltd Storage device and disk control method
JP2008276626A (en) * 2007-05-02 2008-11-13 Hitachi Ltd Storage control device, and control method of storage control device

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US8429361B2 (en) 2010-02-12 2013-04-23 Fujitsu Limited Information-storage system
JP2012048682A (en) * 2010-08-30 2012-03-08 Ntt Docomo Inc Disk management system, disk management apparatus, memory device, and disk management method

Also Published As

Publication number Publication date Type
JP5380854B2 (en) 2014-01-08 grant

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6360306B1 (en) Relocation of suspended data to a remote site in a distributed storage system
US7519625B2 (en) Snapshot management apparatus and method, and storage system
US20030101228A1 (en) Data mirroring between controllers in an active-active controller pair
US7627756B2 (en) Storage system for data encryption
US20060095659A1 (en) Hard disk drive with support for atomic transactions
US6754785B2 (en) Switched multi-channel network interfaces and real-time streaming backup
US9128855B1 (en) Flash cache partitioning
US20080189484A1 (en) Storage control unit and data management method
US20050210323A1 (en) Scanning modified data during power loss
US20060218647A1 (en) Data transcription in a data storage device
US20090150629A1 (en) Storage management device, storage system control device, storage medium storing storage management program, and storage system
US20080240434A1 (en) Storage virtualization apparatus comprising encryption functions
US20080126844A1 (en) Storage system
WO2010057181A2 (en) Simultaneous state-based cryptographic splitting in a secure storage appliance
US7337331B2 (en) Distributive storage controller and method
US6968425B2 (en) Computer systems, disk systems, and method for controlling disk cache
US20080260159A1 (en) Computer system, storage system, and data management method for updating encryption key
US7240197B1 (en) Method and apparatus for encryption and decryption in remote data storage systems
US6766491B2 (en) Parity mirroring between controllers in an active-active controller pair
US20080005288A1 (en) Storage system and data replication method
US7559088B2 (en) Method and apparatus for deleting data upon expiration
US20110191595A1 (en) Encryption key rotation messages written and observed by storage controllers via storage media
US20050210318A1 (en) System and method for drive recovery following a drive failure
US20080263289A1 (en) Storage controller and storage control method
JP2008108039A (en) Storage sub-system equipped with encryption function

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20101210

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20121108

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20121127

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20130128

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20130312

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20130415

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20130903

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20130916

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150