JP2009149931A - アルミニウム系部品及びそれの製造方法 - Google Patents

アルミニウム系部品及びそれの製造方法 Download PDF

Info

Publication number
JP2009149931A
JP2009149931A JP2007327434A JP2007327434A JP2009149931A JP 2009149931 A JP2009149931 A JP 2009149931A JP 2007327434 A JP2007327434 A JP 2007327434A JP 2007327434 A JP2007327434 A JP 2007327434A JP 2009149931 A JP2009149931 A JP 2009149931A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
plating layer
punch
molten
thickness
forged
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2007327434A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2009149931A5 (ja
Inventor
Masaki Agata
正樹 縣
Hiroyuki Yoshida
裕之 吉田
Original Assignee
Honda Motor Co Ltd
本田技研工業株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Honda Motor Co Ltd, 本田技研工業株式会社 filed Critical Honda Motor Co Ltd
Priority to JP2007327434A priority Critical patent/JP2009149931A/ja
Publication of JP2009149931A publication Critical patent/JP2009149931A/ja
Publication of JP2009149931A5 publication Critical patent/JP2009149931A5/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Images

Classifications

    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B22CASTING; POWDER METALLURGY
    • B22DCASTING OF METALS; CASTING OF OTHER SUBSTANCES BY THE SAME PROCESSES OR DEVICES
    • B22D18/00Pressure casting; Vacuum casting
    • B22D18/02Pressure casting making use of mechanical pressure devices, e.g. cast-forging
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B32LAYERED PRODUCTS
    • B32BLAYERED PRODUCTS, i.e. PRODUCTS BUILT-UP OF STRATA OF FLAT OR NON-FLAT, e.g. CELLULAR OR HONEYCOMB, FORM
    • B32B15/00Layered products comprising a layer of metal
    • B32B15/01Layered products comprising a layer of metal all layers being exclusively metallic
    • B32B15/017Layered products comprising a layer of metal all layers being exclusively metallic one layer being formed of aluminium or an aluminium alloy, another layer being formed of an alloy based on a non ferrous metal other than aluminium
    • CCHEMISTRY; METALLURGY
    • C25ELECTROLYTIC OR ELECTROPHORETIC PROCESSES; APPARATUS THEREFOR
    • C25DPROCESSES FOR THE ELECTROLYTIC OR ELECTROPHORETIC PRODUCTION OF COATINGS; ELECTROFORMING; APPARATUS THEREFOR
    • C25D5/00Electroplating characterised by the process; Pretreatment or after-treatment of workpieces
    • C25D5/10Electroplating with more than one layer of the same or of different metals
    • C25D5/12Electroplating with more than one layer of the same or of different metals at least one layer being of nickel or chromium
    • C25D5/14Electroplating with more than one layer of the same or of different metals at least one layer being of nickel or chromium two or more layers being of nickel or chromium, e.g. duplex or triplex layers
    • CCHEMISTRY; METALLURGY
    • C25ELECTROLYTIC OR ELECTROPHORETIC PROCESSES; APPARATUS THEREFOR
    • C25DPROCESSES FOR THE ELECTROLYTIC OR ELECTROPHORETIC PRODUCTION OF COATINGS; ELECTROFORMING; APPARATUS THEREFOR
    • C25D5/00Electroplating characterised by the process; Pretreatment or after-treatment of workpieces
    • C25D5/627Electroplating characterised by the visual appearance of the layers, e.g. colour, brightness or mat appearance
    • CCHEMISTRY; METALLURGY
    • C25ELECTROLYTIC OR ELECTROPHORETIC PROCESSES; APPARATUS THEREFOR
    • C25DPROCESSES FOR THE ELECTROLYTIC OR ELECTROPHORETIC PRODUCTION OF COATINGS; ELECTROFORMING; APPARATUS THEREFOR
    • C25D7/00Electroplating characterised by the article coated
    • CCHEMISTRY; METALLURGY
    • C25ELECTROLYTIC OR ELECTROPHORETIC PROCESSES; APPARATUS THEREFOR
    • C25DPROCESSES FOR THE ELECTROLYTIC OR ELECTROPHORETIC PRODUCTION OF COATINGS; ELECTROFORMING; APPARATUS THEREFOR
    • C25D5/00Electroplating characterised by the process; Pretreatment or after-treatment of workpieces
    • C25D5/34Pretreatment of metallic surfaces to be electroplated
    • C25D5/42Pretreatment of metallic surfaces to be electroplated of light metals
    • C25D5/44Aluminium
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC
    • Y10TTECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER US CLASSIFICATION
    • Y10T29/00Metal working
    • Y10T29/49Method of mechanical manufacture
    • Y10T29/4998Combined manufacture including applying or shaping of fluent material
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC
    • Y10TTECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER US CLASSIFICATION
    • Y10T29/00Metal working
    • Y10T29/49Method of mechanical manufacture
    • Y10T29/4998Combined manufacture including applying or shaping of fluent material
    • Y10T29/49982Coating
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC
    • Y10TTECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER US CLASSIFICATION
    • Y10T29/00Metal working
    • Y10T29/49Method of mechanical manufacture
    • Y10T29/4998Combined manufacture including applying or shaping of fluent material
    • Y10T29/49982Coating
    • Y10T29/49984Coating and casting
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC
    • Y10TTECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER US CLASSIFICATION
    • Y10T29/00Metal working
    • Y10T29/49Method of mechanical manufacture
    • Y10T29/4998Combined manufacture including applying or shaping of fluent material
    • Y10T29/49988Metal casting
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC
    • Y10TTECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER US CLASSIFICATION
    • Y10T428/00Stock material or miscellaneous articles
    • Y10T428/12All metal or with adjacent metals
    • Y10T428/12493Composite; i.e., plural, adjacent, spatially distinct metal components [e.g., layers, joint, etc.]

Abstract

【課題】アルミニウム系部品に下地としての樹脂を塗布しないで、外観性を高めることができる技術を提供することを課題とする。
【解決手段】図(a)に示すように、アルミニウム系部品35は、溶湯鍛造法によって製造された溶湯鍛造品28又26と、この溶湯鍛造品28又26に被せたニッケルクロムめっき層36と、からなる。このニッケルクロムめっき層36は、(b)に示すように溶湯鍛造品28又26に被せられ厚さが5〜10μmである半光沢ニッケルめっき層31と、この半光沢ニッケルめっき層31に被せられ厚さが5〜10μmである光沢ニッケルめっき層33と、この光沢ニッケルめっき層33に被せられ厚さが0.5〜3μmであるクロムめっき層37とからなる。
【効果】本発明では、鋳造品ではなく溶湯鍛造品を採用した。溶湯鍛造品であれば、表面が平滑であって、下地樹脂層が省略でき、直接、めっき層を被せることができる。
【選択図】図4

Description

本発明は、アルミニウム系部品の製造技術に関する。
自動二輪車のハンドルホルダ、乗用車のドアノブやエンブレムに、アルミニウム系部品が使用されることがある。この場合、アルミニウム系部品は、人目に晒される外観部品となり、美観性が求められる。
アルミニウム系部品の外観性を高める技術は、各種のものが提案されている(例えば、特許文献1、特許文献2参照。)。
国際公開第00/043153号パンフレット(第22頁) 特開2004−17738公報(請求項1)
特許文献1の請求項1に記載された発明は、「金型に注入した軽金属材料の溶湯に射出プランジャから約50メガパスカル超の鋳造圧を付与して鋳肌面における発生ピンホールを所定条件まで抑止された鋳物を成形する鋳造工程と、前記鋳肌面に研磨処理をほどこした研磨面の表面粗さが所定の値以下になるようにする研磨工程と、前記研磨後の研磨面に第一の樹脂塗装層を形成する塗装工程と、前記樹脂塗装層の表面に乾式メッキで金属または金属化合物の層を形成するメッキ工程と、を包含してなることを特徴とする軽金属鋳物の表面処理方法。」である。
すなわち、高圧鋳造法によりピンホールの大きさと数を十分に低減させる。次にバレルによる研磨を施して表面の粗さを小さくする。次に、樹脂を塗布する。続いて、メッキ処理を施す。この結果、光輝性に富む意匠面を有する軽金属鋳物製品が提供される。
しかし、樹脂を塗布する塗装工程が不可欠であるため、工程数が増加し、製品コストが嵩む傾向にある。
特許文献2は、請求項1に「表面に微少な凹凸が形成された自動車用軽合金製ホイールと、前記軽合金製ホイールの表面に形成された樹脂塗膜と、前記樹脂塗膜の上に形成されたクロムメッキ外観を有するチタン合金の薄膜と、前記薄膜の上に保護層として形成された透明樹脂保護膜とを有する表面が光輝化処理された自動車用軽合金製ホイールであって、・・・」と明示されているように、軽合金製ホイールの表面に樹脂塗膜を形成することを前提とした技術である。樹脂を塗布する塗装工程が不可欠であるため、工程数が増加し、製品コストが嵩む傾向にある。
すなわち、樹脂塗布を省くことができれば、工程数を削減することができ、製品コストを低減することができる。
本発明は、アルミニウム系部品に下地としての樹脂を塗布しないで、外観性を高めることができる技術を提供することを課題とする。
請求項1に係る発明は、車両の外面などに配置される外観部品としてのアルミニウム系部品において、このアルミニウム系部品は、溶湯鍛造法によって製造された溶湯鍛造品と、この溶湯鍛造品に被せたニッケルクロムめっき層と、からなることを特徴とする。
請求項2に係る発明では、ニッケルクロムめっき層は、溶湯鍛造品に被せられ厚さが5〜10μmである半光沢ニッケルめっき層と、この半光沢ニッケルめっき層に被せられ厚さが5〜10μmである光沢ニッケルめっき層と、この光沢ニッケルめっき層に被せられ厚さが0.5〜3μmであるクロムめっき層とからなることを特徴とする。
請求項3に係る発明は、車両の外面などに配置される外観部品としてのアルミニウム系部品の製造方法において、
上下が開口しているダイと、このダイの下の開口を塞ぐ下パンチと、この下パンチに対向して配置され前記ダイの上の開口へ進入する上パンチと、この上パンチを昇降させる第1シリンダユニットと、前記上パンチの一部を分割してなる部分パンチと、この部分パンチを昇降させる第2シリンダユニットとからなるプレス装置を準備する工程と、
前記下パンチが嵌められているダイに、アルミニウム合金の溶湯を供給する注湯工程と、
ダイの上の開口に、前記上パンチ及び部分パンチを一括して進入させ、前記溶湯を加圧する第1次加圧工程と、
前記第1シリンダユニットによる押圧力を増加して上パンチを更に進入させ、前記溶湯を更に加圧する第2次加圧工程と、
前記ダイから取出した溶湯鍛造品を成形する成形工程と、
この溶湯鍛造品にニッケルめっき層及びクロムめっき層を被せるめっき工程と、からなることを特徴とする。
請求項4に係る発明は、成形工程とめっき工程との間に、溶湯鍛造品の平均粗さの上限が6μmを超えないように、溶湯鍛造品の表面を研磨する研磨工程を加えることことを特徴とする。
請求項1に係る発明では、鋳造品ではなく溶湯鍛造品を採用した。溶湯鍛造品であれば、表面が平滑であって、下地樹脂層が省略でき、直接、めっき層を被せることができる。
したがって、請求項1によれば、アルミニウム系部品に下地としての樹脂を塗布しないで、外観性を高めることができ、工数の低減を図ることができる。
請求項2に係る発明では、5〜10μmの半光沢ニッケルめっき層と、5〜10μmの光沢ニッケルめっき層と、0.5〜3μmのクロムめっき層とを、この順で溶湯鍛造品に被せた。
5μm以上の半光沢ニッケルめっき層と、5μm以上の光沢ニッケルめっき層とを下地めっきにすることにより、十分な耐食性を維持させることができる。最大厚さを各々10μmに留めることで、ニッケルの消費を抑える。
合計10μmのニッケルめっき層が下地にあるため、表層のクロムめっき層は十分に薄くすることができ、0.5μmの厚さであっても金属光沢色を発生させることができ、外観性が保たれる。最大厚さを3μmに留めることで、クロムの消費を抑える。
請求項3に係る発明では、溶湯鍛造は、第1次加圧工程と第2次加圧工程の2段階で実施する。溶湯を強く加圧することで、溶湯鍛造品の緻密化を促すことができる。そして、第2次加圧工程では、上パンチから独立させた部分パンチのみを上へ移動可能にし、余剰の溶湯を部分パンチ側へ流入させることができるようにした。溶湯の注湯量にばらつきがあっても、このばらつきを部分パンチの上昇量で吸収させることができるため、溶湯鍛造品の仕上がり形状は良好になる。
請求項4に係る発明では、得られた溶湯鍛造品に研磨を施し、平均粗さが6μmを超えないようにした。平均粗さが6μm以下であれば、アルミニウム系部品の外観性をより高めることができる。
本発明を実施するための最良の形態を添付図に基づいて以下に説明する。
図1は本発明で使用するプレス装置の原理図であり、プレス装置10は、上下が開口している筒状のダイ11と、このダイ11の下の開口を塞ぐ下パンチ12と、この下パンチ12に対向して配置される上パンチ13と、この上パンチ13を昇降させる第1シリンダユニット14と、上パンチ13の一部を分割してなる部分パンチ15と、この部分パンチ15を昇降させる第2シリンダユニット16と、第1シリンダユニット14及び第2シリンダユニット16を一括して支持する昇降盤17と、この昇降盤17が振れないようにガイドする昇降ガイド18と、昇降盤17を昇降する第3シリンダユニット19と、下パンチ12を昇降させる第4シリンダユニット21と、ダイ11を支える基台22とからなる。
上パンチ13は中空円筒形状を呈し、この上パンチ13を昇降させる第1シリンダユニット14も中空円筒形状を呈する。部分パンチ15は、上パンチ13の中空部分に上下動移動可能に収納されている。第2シリンダユニット16は第1シリンダユニット14の中空部分に収納されている。
以上の構成からなるプレス装置10を用いて実施する溶湯鍛造法を次に説明する。
図2は本発明で採用した溶湯鍛造法の説明図であり、(a)に示すように、下パンチ12が嵌められているダイ11にアルミニウム合金の溶湯24を所定量供給する(矢印(1))。なお、アルミニウム合金は、JIS A6000系、JIS ADC12、JIS AC4CH相当が挙げられるが、格別に種類を限定するものではない。
そして、第3シリンダユニット19を作動させて、昇降盤17、第1シリンダユニット14、第2シリンダユニット16、上パンチ13及び部分パンチ15を一括して下げる。
すなわち、(b)に示すように、ダイ11の上の開口から、矢印(2)のように、上パンチ13及び部分パンチ15が進入し、溶湯24を圧縮する。この際に、上パンチ13の押圧力(溶湯表面に加える単位面積当たりの押力、以下同じ)と部分パンチ15の押圧力とを同一にする。押圧力が同一であるため、上パンチ13と部分パンチ15は一緒に下がる。この下降動作を第1加圧工程と呼ぶ。
この第1加圧工程で溶湯24を圧縮(加圧)すると、溶湯24に含まれている微量のガス(特にHガス)が押し出され。すなわち、溶湯24のガス抜きが達成できる。
次に、第2シリンダユニット16の油圧は、そのままで、第1シリンダユニット14の油圧を増圧する。すると、(c)に示すように、上パンチ13が、矢印(3)のように下降する。溶湯24は強く圧縮されたため、逃げ場を求めて部分パンチ15を押し上げる。
結果、部分パンチ15は矢印(4)のように上昇する。上部パンチ13の押圧力と部分パンチ15の押圧力が均衡した時点で、矢印(3)、(4)の移動は停止する。この状態で凝固を待つ。
部分パンチ15がバッファーの役割を果たすため、(a)で供給した溶湯24の供給量にバラツキがあっても、支障なく加圧が実施できる。
(c)において、溶湯24が凝固したら、上パンチ13及び部分パンチ15を上げる。次に、第4シリンダユニット21を前進動させて、下パンチ12を上げる。すると、ダイ11から溶湯鍛造品を払い出すことができる。
以上の説明した(b)で溶湯24を上パンチ13及び部分パンチ15で加圧するため、溶湯鍛造の第1段階が実施される。加えて、(c)で溶湯24は、下降する上パンチ13と上昇する部分パンチ15で鍛造され、より強く加圧され、第2段階の溶湯鍛造が実施される。強く加圧するため、溶湯24の密度が高まり、表面(鋳肌)でのピンホールの発生を微少にすることができる。
すなわち、第1次加圧工程と第2次加圧工程とからなる2段階の溶湯鍛造により、ガス抜きが十分になされ、鋳肌の綺麗な溶湯鍛造品を得ることができる。
得られた溶湯鍛造品に施す、以降の処理について次図で説明する。
図3は本発明の成形工程からめっき工程までを説明する図であり、(a)に示すように、不要部分25を切除して、(b)に示す成形された溶湯鍛造品26を得る。この溶湯鍛造品26に、直接、めっきを施すことは差し支えないが、好ましくは(c)に示すように、バフ27や研磨ベルトにより研磨を実施する。この研磨で、溶湯鍛造品26の表面は、平均粗さRa(JIS B0601で規定される、算術平均粗さ)で、6μm以下にする。すなわち、平均粗さRaの最大値が6μmになるように研磨する。
次に(d)に示すように、研磨を施した溶湯鍛造品28(又は、成形された溶湯鍛造品26)を、半光沢ニッケル電気めっき装置29に入れて下地めっき層を形成する。下地めっき層の厚さは通電時間を増減することで定めることができる。
(e)に示すように、下地めっき層としての半光沢ニッケルめっき層31が被せられた溶湯鍛造品26又は28を、光沢ニッケル電気めっき装置32に入れて中間めっき層を形成する。中間めっき層の厚さは通電時間を増減することで定めることができる。
さらに(f)に示すように、中間めっき層としての光沢ニッケルめっき層33が被せられた溶湯鍛造品26又は28を、クロム電気めっき装置34に入れて表面めっき層を形成する。表面めっき層の厚さは通電時間を増減することで定めることができる。
図4は本発明に係るアルミニウム系部品の断面図であり、(a)に示すように、アルミニウム系部品35は、例えば、自動二輪車のハンドルを固定するハンドルホルダであって、溶湯鍛造法によって製造された溶湯鍛造品28又26と、この溶湯鍛造品28又26に被せたニッケルクロムめっき層36とからなる。
このニッケルクロムめっき層36は、(a)のb部拡大図である(b)に示すように、溶湯鍛造品28又26に被せられ厚さが5〜10μmである半光沢ニッケルめっき層31と、この半光沢ニッケルめっき層31に被せられ厚さが5〜10μmである光沢ニッケルめっき層33と、この光沢ニッケルめっき層33に被せられ厚さが0.5〜3μmであるクロムめっき層37とからなる。
ニッケルクロムめっき層36では、クロムめっき層37の下にニッケルめっき層31、33を置き、表層のクロムめっき層37で美観性を高め、下のニッケルめっき層31、33で耐食性を維持する。耐食性が求められないクロムめっき層37は薄くて差し支えないが、耐久性が求められるニッケルめっき層31、33の厚さは慎重に設定する必要がある。
そこで、ニッケルめっき層31、33の厚さを検討する。
図5は層の厚さの比と耐食性の相関を示すグラフであり、層の厚さの比は、層の厚さの比=(半光沢ニッケルめっき層の厚さ/光沢ニッケルめっき層の厚さ)と定義する。そして、この比を変化させながら、耐食性を調べたところ、比が1.0で最も高い耐食性を得ることができた。そこで、半光沢ニッケルめっき層の厚さと光沢ニッケルめっき層の厚さとを、以下同一又はほぼ同一にする。
図6は層の厚さと外観性の相関を示すグラフであり、層の厚さの比は1.0に固定し、半光沢ニッケルめっき層の厚さと光沢ニッケルめっき層の厚さとを変化させながら、耐食性を調べた。これらの層の厚さが大きいほど外観性は良くなる。
そして、半光沢ニッケルめっき層の厚さが5μmで光沢ニッケルめっき層の厚さが5μmであれば、合格ラインを超えることができる見通しを得た。
しかし、半光沢ニッケルめっき層の厚さが10μmを超え、光沢ニッケルめっき層の厚さも10μmを超えると、曲線は寝てしまい、外観性が顕著に良くなることはなかった。
そこで、半光沢ニッケルめっき層の厚さと、光沢ニッケルめっき層の厚さとは、各々5μm〜10μmに設定することが望ましい。
次に、図3(c)で施す研磨について検討する。
図7は溶湯鍛造品の表面粗さと外観性との相関を示すグラフであり、表面の平均粗さRaが1μm〜7μmの溶湯鍛造品を準備し、これらに、5μmの半光沢ニッケルめっき層と、5μmの光沢ニッケルめっき層と、0.5μmのクロムめっき層を被せ、外観性を評価した。平均粗さRaが小さいほど、外観性は良好になった。そして、Raが6.0μm以下であれば、合格ラインを超える外観性が得られる見通しを得た。
そこで、溶湯鍛造品(図3(b)、符号26)の表面粗さが6.0μm又はそれ以下であれば研磨を施さないで、直接、めっきを施す。溶湯鍛造品(図3(b)、符号26)の表面粗さが6.0μmを大幅に超えている場合には、研磨を施し、粗さを6.0μm以下にすることが望まれる。
尚、ニッケルクロムめっき層は、2層のニッケルめっき層と1層のクロムめっき層で説明したが、ニッケルめっき層は1層又は3層以上であってもよく、層の数は任意である。
また、溶湯鍛造法は、第1次加圧工程と第2次加圧工程とからなる2段階加圧が望ましいが、第1次加圧工程のみ又は第2次加圧工程のみからなる単段加圧であってもよい。又は、3段階以上の多段加圧であってもよい。
本発明は、車両の外観部品であるアルミニウム系部品に好適である。
本発明で使用するプレス装置の原理図である。 本発明で採用した溶湯鍛造法の説明図である。 本発明の成形工程からめっき工程までを説明する図である。 本発明に係るアルミニウム系部品の断面図である。 層の厚さの比と耐食性の相関を示すグラフである。 層の厚さと外観性の相関を示すグラフである。 溶湯鍛造品の表面粗さと外観性との相関を示すグラフである。
符号の説明
10…プレス装置、11…ダイ、12…下パンチ、13…上パンチ、14…第1シリンダユニット、15…部分パンチ、16…第2シリンダユニット、24…アルミニウム合金の溶湯、26…成形された溶湯鍛造品、28…研磨された溶湯鍛造品、31…半光沢ニッケルめっき層、33…光沢ニッケルめっき層、35…アルミニウム系部品、36…ニッケルクロムめっき層、37…クロムめっき層。

Claims (4)

  1. 車両の外面などに配置される外観部品としてのアルミニウム系部品において、
    このアルミニウム系部品は、溶湯鍛造法によって製造された溶湯鍛造品と、この溶湯鍛造品に被せたニッケルクロムめっき層と、からなることを特徴とするアルミニウム系部品。
  2. 前記ニッケルクロムめっき層は、前記溶湯鍛造品に被せられ厚さが5〜10μmである半光沢ニッケルめっき層と、この半光沢ニッケルめっき層に被せられ厚さが5〜10μmである光沢ニッケルめっき層と、この光沢ニッケルめっき層に被せられ厚さが0.5〜3μmであるクロムめっき層とからなることを特徴とする請求項1記載のアルミニウム系部品。
  3. 車両の外面などに配置される外観部品としてのアルミニウム系部品の製造方法において、
    上下が開口しているダイと、このダイの下の開口を塞ぐ下パンチと、この下パンチに対向して配置され前記ダイの上の開口へ進入する上パンチと、この上パンチを昇降させる第1シリンダユニットと、前記上パンチの一部を分割してなる部分パンチと、この部分パンチを昇降させる第2シリンダユニットとからなるプレス装置を準備する工程と、
    前記下パンチが嵌められているダイに、アルミニウム合金の溶湯を供給する注湯工程と、
    ダイの上の開口に、前記上パンチ及び部分パンチを一括して進入させ、前記溶湯を加圧する第1次加圧工程と、
    前記第1シリンダユニットによる押圧力を増加して上パンチを更に進入させ、前記溶湯を更に加圧する第2次加圧工程と、
    前記ダイから取出した溶湯鍛造品を成形する成形工程と、
    この溶湯鍛造品にニッケルめっき層及びクロムめっき層を被せるめっき工程と、からなることを特徴とするアルミニウム系部品の製造方法。
  4. 前記成形工程とめっき工程との間に、溶湯鍛造品の平均粗さが6μmを超えないように、溶湯鍛造品の表面を研磨する研磨工程を加えることことを特徴とする請求項3記載のアルミニウム系部品の製造方法。
JP2007327434A 2007-12-19 2007-12-19 アルミニウム系部品及びそれの製造方法 Pending JP2009149931A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2007327434A JP2009149931A (ja) 2007-12-19 2007-12-19 アルミニウム系部品及びそれの製造方法

Applications Claiming Priority (4)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2007327434A JP2009149931A (ja) 2007-12-19 2007-12-19 アルミニウム系部品及びそれの製造方法
CN2008101781084A CN101462158B (zh) 2007-12-19 2008-11-19 铝类部件及其制造方法
US12/332,686 US20090162689A1 (en) 2007-12-19 2008-12-11 Aluminum base part and manufacturing method
US13/467,556 US8484825B2 (en) 2007-12-19 2012-05-09 Method of producing an aluminum base part

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2009149931A true JP2009149931A (ja) 2009-07-09
JP2009149931A5 JP2009149931A5 (ja) 2010-07-22

Family

ID=40789023

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2007327434A Pending JP2009149931A (ja) 2007-12-19 2007-12-19 アルミニウム系部品及びそれの製造方法

Country Status (3)

Country Link
US (2) US20090162689A1 (ja)
JP (1) JP2009149931A (ja)
CN (1) CN101462158B (ja)

Families Citing this family (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7721826B2 (en) 2007-09-06 2010-05-25 Schlumberger Technology Corporation Downhole jack assembly sensor
JP5869749B2 (ja) * 2010-03-31 2016-02-24 Jx金属株式会社 光沢ニッケルめっき材の製造方法、及び、光沢ニッケルめっき材を用いた電子部品の製造方法
CN102381134A (zh) * 2011-09-23 2012-03-21 湖州金泰科技股份有限公司 一种铝合金轮毂制品
CN106180644B (zh) * 2016-09-23 2018-11-16 广东粤海华金科技股份有限公司 串缸立式挤压铸造机
CN107350452B (zh) * 2017-06-23 2020-03-06 上海交通大学 适用于非均匀壁厚复杂铸件的多点定向挤压铸造方法

Citations (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS59179795A (en) * 1983-03-30 1984-10-12 Kasei Naoetsu:Kk Method for plating extruded aluminum section to provide mirror finished surface
JPH05138326A (ja) * 1991-11-20 1993-06-01 Asahi Tec Corp 車両用ホイールの溶湯鍛造法およびその装置
JPH07232501A (ja) * 1994-02-24 1995-09-05 Hitachi Metals Ltd アルミニウム合金部材およびアルミホイール
JPH07316877A (ja) * 1994-05-20 1995-12-05 Suzuki Motor Corp アルミニウムダイカストのめっき層構造
JP2003305556A (ja) * 2002-04-09 2003-10-28 Ha Te-Su 直接加圧式溶湯鍛造装置
JP2005074461A (ja) * 2003-08-29 2005-03-24 Nisshin Seisakusho:Kk 成形品の製造方法
JP2005074462A (ja) * 2003-08-29 2005-03-24 Nisshin Seisakusho:Kk 成形品の製造装置
JP2006143205A (ja) * 2004-11-22 2006-06-08 Hayes Lemmers Internatl Inc 車両ホイール表面へ銅フリークロムめっきを施す方法

Family Cites Families (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
GB1352341A (en) * 1970-06-26 1974-05-08 Gkn Sankey Ltd Manufacture of articles
US5491030A (en) * 1992-06-26 1996-02-13 Asahi Tec Corporation Surface finishing for metal moldings
US6548192B2 (en) * 2001-04-05 2003-04-15 Vapor Technologies, Inc. Coated article having the appearance of stainless steel
JP2004017738A (ja) 2002-06-14 2004-01-22 Topy Ind Ltd 表面が光輝化処理された軽合金製ホイールおよびその光輝化処理方法
PL374938A1 (xx) * 2002-10-01 2005-11-14 Asahi Tec Corporation Foundry aluminum alloy for forging, cast-forged aluminum product and method of producing this product

Patent Citations (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS59179795A (en) * 1983-03-30 1984-10-12 Kasei Naoetsu:Kk Method for plating extruded aluminum section to provide mirror finished surface
JPH05138326A (ja) * 1991-11-20 1993-06-01 Asahi Tec Corp 車両用ホイールの溶湯鍛造法およびその装置
JPH07232501A (ja) * 1994-02-24 1995-09-05 Hitachi Metals Ltd アルミニウム合金部材およびアルミホイール
JPH07316877A (ja) * 1994-05-20 1995-12-05 Suzuki Motor Corp アルミニウムダイカストのめっき層構造
JP2003305556A (ja) * 2002-04-09 2003-10-28 Ha Te-Su 直接加圧式溶湯鍛造装置
JP2005074461A (ja) * 2003-08-29 2005-03-24 Nisshin Seisakusho:Kk 成形品の製造方法
JP2005074462A (ja) * 2003-08-29 2005-03-24 Nisshin Seisakusho:Kk 成形品の製造装置
JP2006143205A (ja) * 2004-11-22 2006-06-08 Hayes Lemmers Internatl Inc 車両ホイール表面へ銅フリークロムめっきを施す方法

Non-Patent Citations (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Title
JPN6012066539; 丸山清: 機能めっき 初版2刷, 19860120, 第84頁, 日刊工業新聞社 *

Also Published As

Publication number Publication date
US8484825B2 (en) 2013-07-16
US20090162689A1 (en) 2009-06-25
CN101462158A (zh) 2009-06-24
CN101462158B (zh) 2011-01-19
US20120216979A1 (en) 2012-08-30

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2009149931A (ja) アルミニウム系部品及びそれの製造方法
EP2382334B1 (en) Aluminum alloy, aluminum alloy product and method for making the same
US7659007B2 (en) Decorative sheet, molded article, motor vehicle, and production method of molded article
US20110195271A1 (en) Cast Metal Parts With Cosmetic Surfaces And Methods Of Making Same
US20130075941A1 (en) Method for bonding plastic mold member onto metal housing
CN103464714B (zh) 一种汽车制动器卡钳的液态铸锻成型方法及装置
KR20130040322A (ko) 전자기기용 케이스 및 이의 표면처리 방법
KR20120123051A (ko) 복합 구조 부재
US20140054001A1 (en) Method Of Manufacturing A Workpiece With Multiple Metal Layers
CN102294458A (zh) 一种压铸件及其生产工艺
EP1521669A1 (de) Luftdurchlässiges formwerkzeug sowie verfahren zur herstellung genarbter bauteile durch aufkaschieren einer folie auf ein trägerteil
US9481932B2 (en) Method and apparatus for progressively forging a hard disk drive base plate
CN108381127A (zh) 电子产品壳的制作方法、电子产品壳、电子产品
KR101442662B1 (ko) 브레이크 마스터 실린더 바디
CN1093884C (zh) 装饰用的铝合金构件及其生产方法
KR100876305B1 (ko) 슬라이딩형 휴대폰의 레일두께에 대한 공차를 줄일 수 있는다이캐스팅 프레임의 제조 방법
WO2014059775A1 (en) Method of manufacturing a workpiece with multiple metal layers
CN105618710A (zh) 一种铝合金车轮金属型低压铸造成型用保压后快速增压方法
KR101150452B1 (ko) 휴대단말기용 케이스 및 그 제조방법
DE10153306B4 (de) Verfahren zum Eingießen eines Einlegeteils
KR20090056196A (ko) 마그네슘 합금을 이용한 차량 내장용 기능성 장식품 제조방법
KR20100121793A (ko) 미세패턴요철이 형성된 사출금형 및 그 제조 방법
KR100852144B1 (ko) 고채도 및 고휘도의 색상 구현을 위한 휴대용 전자제품프레임용 다이캐스팅 알루미늄 합금 및 이를 이용한 휴대용전자제품 프레임에 대한 색상 구현 방법
JP4038230B1 (ja) アルミニウム合金ダイカスト製品及びその製造方法
KR20170105380A (ko) 색상이 구현된 외장재 및 이의 제조방법

Legal Events

Date Code Title Description
A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20100609

A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20100609

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20120126

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20120131

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20120330

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20121225

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20130423