JP2009147828A - 携帯端末装置、個人情報交換プログラム、個人情報交換方法、及び個人情報交換システム - Google Patents

携帯端末装置、個人情報交換プログラム、個人情報交換方法、及び個人情報交換システム Download PDF

Info

Publication number
JP2009147828A
JP2009147828A JP2007325233A JP2007325233A JP2009147828A JP 2009147828 A JP2009147828 A JP 2009147828A JP 2007325233 A JP2007325233 A JP 2007325233A JP 2007325233 A JP2007325233 A JP 2007325233A JP 2009147828 A JP2009147828 A JP 2009147828A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
personal information
user
information
means
exchange
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Ceased
Application number
JP2007325233A
Other languages
English (en)
Inventor
Takashi Kawakami
Makoto Kawamura
Shunsuke Kunieda
Mitsuhiro Nishibe
Kazunori Ueda
Takayuki Usami
俊介 國枝
貴之 宇佐美
高 川上
和典 植田
真 河村
光洋 西部
Original Assignee
Sony Ericsson Mobilecommunications Japan Inc
ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Sony Ericsson Mobilecommunications Japan Inc, ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ株式会社 filed Critical Sony Ericsson Mobilecommunications Japan Inc
Priority to JP2007325233A priority Critical patent/JP2009147828A/ja
Publication of JP2009147828A publication Critical patent/JP2009147828A/ja
Application status is Ceased legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04MTELEPHONIC COMMUNICATION
    • H04M1/00Substation equipment, e.g. for use by subscribers; Analogous equipment at exchanges
    • H04M1/72Substation extension arrangements; Cordless telephones, i.e. devices for establishing wireless links to base stations without route selecting
    • H04M1/725Cordless telephones
    • H04M1/72519Portable communication terminals with improved user interface to control a main telephone operation mode or to indicate the communication status
    • H04M1/72522With means for supporting locally a plurality of applications to increase the functionality
    • H04M1/72527With means for supporting locally a plurality of applications to increase the functionality provided by interfacing with an external accessory
    • H04M1/7253With means for supporting locally a plurality of applications to increase the functionality provided by interfacing with an external accessory using a two-way short-range wireless interface
    • H04M1/2757
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04MTELEPHONIC COMMUNICATION
    • H04M1/00Substation equipment, e.g. for use by subscribers; Analogous equipment at exchanges
    • H04M1/72Substation extension arrangements; Cordless telephones, i.e. devices for establishing wireless links to base stations without route selecting
    • H04M1/725Cordless telephones
    • H04M1/72519Portable communication terminals with improved user interface to control a main telephone operation mode or to indicate the communication status
    • H04M1/72522With means for supporting locally a plurality of applications to increase the functionality
    • H04M1/72547With means for supporting locally a plurality of applications to increase the functionality with interactive input/output means for internally managing multimedia messages
    • H04M1/72552With means for supporting locally a plurality of applications to increase the functionality with interactive input/output means for internally managing multimedia messages for text messaging, e.g. sms, e-mail

Abstract

【課題】 個人情報の交換を行ったユーザや、日時、場所等を想起させ易くする。
【解決手段】 各携帯電話機1,2の間において、近距離無線通信ユニット22を介して簡略的な個人情報を入力したホワイトカード情報の交換がなされると、携帯電話機1(及び携帯電話機2)の制御部24は、所定時間内に受信した交換相手のホワイトカード情報を自動的にグループ化して表示部13に表示する。これにより、ホワイトカード情報を交換したユーザをグループ単位で把握可能となるため、該ホワイトカード情報の交換を行った各ユーザの特定を容易化することができるうえ、交換日時や交換場所も想起させ易くすることができ、該交換日時や該交換場所の特定も容易化することができる。
【選択図】 図1

Description

本発明は、例えば赤外線通信機能、ブルートゥース機能(Bluetooth:登録商標)、無線LAN機能(LAN:Local Area Network)、或いは非接触ICカード機能等の近距離無線通信機能を備えると共に、無線基地局を介して無線通信を行う無線通信機能を備えた携帯電話機、PHS電話機(PHS:Personal Handyphone System)、PDA装置(PDA:Personal Digital Assistant)、携帯ゲーム機、ノート型のパーソナルコンピュータ装置等の携帯機器に適用して好適な携帯端末装置、個人情報交換プログラム、個人情報交換方法、及び個人情報の段階的な交換を可能とする個人情報交換システムに関する。特には、所定時間内に交換を行った各ユーザの個人情報を自動的にグループ化して登録することで、後日、個人情報の交換を行った上記グループのメンバーを容易に確認可能とした携帯端末装置、個人情報交換プログラム、個人情報交換方法、及び個人情報交換システムに関する。

特開2001−333451号の公開特許公報(特許文献1)に、近距離無線通信と広域網無線通信とを組合せて通信相手の情報確認と段階的な個人情報の転送を行なう端末間コミュニケーションサービスシステムが開示されている。

この端末間コミュニケーションサービスシステムの場合、第1の携帯端末と第2の携帯端末とがそれぞれ所定範囲内に位置すると、使用者にわからないように各携帯端末間において、近距離無線通信部を介してユーザの性別、年齢、条件等の必要最低限のデータと共にアクセスコード及びアクセスパスワードを互いに交換する。

次に、このように必要最低限のデータを交換した第1の携帯端末のユーザが、第2の携帯端末のユーザの詳細な個人情報を知りたい場合、該第1の携帯端末のユーザID及びパスワードと共に、上記交換により第2の携帯端末から受信したアクセスコード及びアクセスパスワードを、広域網無線通信部を介してサーバに送信する。サーバは、第1の携帯端末から受信したユーザID及びパスワードに基づいてユーザ認証を行い、正規のユーザとして認証すると、上記第2の携帯端末のユーザの詳細な個人情報の送信の是非を問うメッセージを該第2の携帯端末に送信する。そして、サーバは、この第2の携帯端末より詳細な個人情報の送信を許可する返信があった場合に、該第2の携帯端末のユーザの詳細な個人情報を、上記第1の携帯端末に送信する。これにより、最初に必要最低限のデータの交換を行い、次に、送信許可があった場合のみ詳細な個人情報の交換を行う段階的な個人情報の交換を可能とすることができる。

特開2001−333451号公報(第4頁〜第5頁、図1、図8)

しかし、上述の特許文献1に開示されている端末間コミュニケーションサービスシステムの場合、最初に、近距離無線通信範囲内に位置する携帯端末同士で必要最低限のデータの交換を行うようになっている。このため、上記近距離無線通信範囲内に多数の携帯端末が位置していた場合、多数の携帯端末間でデータ交換が行われることとなるため、各携帯端末のユーザは、誰とデータ交換を行ったか認識困難となる問題がある。

また、上述の特許文献1に開示されている端末間コミュニケーションサービスシステムの場合、このようなデータ交換は、各携帯端末の使用者にわからないように行われるようになっている。このため、近距離無線通信範囲内に携帯端末同士が位置する毎に、このようなデータ交換が行われることとなり、当該データ交換が行われた日時やデータ交換を行った場所等が認識困難となる問題がある。

本発明は、上述の課題に鑑みてなされたものであり、個人情報の交換を行ったユーザや場所、日時等を特定し易くすることができるような携帯端末装置、個人情報交換プログラム、個人情報交換方法、及び個人情報交換システムの提供を目的とする。

本発明に係る携帯端末装置は、上述の課題を解決するための手段として、
近距離無線通信を行うための近距離無線通信手段と、
簡易的な個人情報である簡易個人情報と、当該簡易個人情報に付加され、受信した機器上で表示が禁止された連絡先情報とが記憶された個人情報記憶手段と、
個人情報の交換時において、上記個人情報記憶手段に記憶されている上記簡易個人情報及び上記連絡先情報を送信するように上記近距離無線通信手段を送信制御すると共に、交換相手の簡易個人情報及び連絡先情報を受信するように上記近距離無線通信手段を受信制御する送受信制御手段と、
個人情報の交換時において、上記近距離無線通信手段を介して所定時間内に受信した上記交換相手の上記簡易個人情報及び上記連絡先情報をグループ化して記憶手段に登録する自動グループ化登録手段と、
上記自動グループ化登録手段により上記記憶手段に登録されたグループの簡易個人情報及び連絡先情報のうち、該簡易個人情報のみを表示手段に表示制御する表示制御手段と
を有する。

また、本発明に係る個人情報交換プログラムは、上述の課題を解決するために、
個人情報の交換時において、簡易的な個人情報である簡易個人情報と、当該簡易個人情報に付加され、受信した機器上で表示が禁止された連絡先情報とが記憶された個人情報記憶手段から該簡易個人情報及び該連絡先情報を送信するように近距離無線通信手段を送信制御すると共に、交換相手の簡易個人情報及び連絡先情報を受信するように上記近距離無線通信手段を受信制御する送受信制御手段としてコンピュータを機能させ、
コンピュータを上記送受信制御手段として機能させることで、上記近距離無線通信手段を介して所定時間内に受信した上記交換相手の上記簡易個人情報及び上記連絡先情報をグループ化して記憶手段に登録する自動グループ化登録手段としてコンピュータを機能させ、
コンピュータを上記自動グループ化登録手段として機能させることで上記記憶手段に登録されたグループの簡易個人情報及び連絡先情報のうち、該簡易個人情報のみを表示手段に表示制御する表示制御手段としてコンピュータを機能させる。

また、本発明に係る個人情報交換方法は、上述の課題を解決するための手段として、
個人情報の交換時において、送受信制御手段が、簡易的な個人情報である簡易個人情報と、当該簡易個人情報に付加され、受信した機器上で表示が禁止された連絡先情報とが記憶された個人情報記憶手段から該簡易個人情報及び該連絡先情報を送信するように近距離無線通信手段を送信制御すると共に、交換相手の簡易個人情報及び連絡先情報を受信するように上記近距離無線通信手段を受信制御するステップと、
上記ステップで上記近距離無線通信手段を介して所定時間内に受信した上記交換相手の上記簡易個人情報及び上記連絡先情報を、自動グループ化登録手段がグループ化して記憶手段に登録するステップと、
表示制御手段が、上記ステップで上記記憶手段に登録されたグループの簡易個人情報及び連絡先情報のうち、該簡易個人情報のみを表示手段に表示制御するステップと
を有する。

また、本発明に係る個人情報交換システムは、上述の課題を解決するための手段として、
近距離無線通信を行うための近距離無線通信手段と、
無線基地局を介した無線通信を行うための無線通信手段と、
簡易的な個人情報である簡易個人情報と、所定のネットワーク上のサーバ装置から各ユーザ毎に付与されたユーザ識別番号、該サーバ装置のURL情報(URL:Uniform Resource Locator)、及び該サーバ装置のデータベースにユーザ識別番号に関連付けされて登録されている電子メールアドレスを備え、上記簡易個人情報に付加されると共に、受信した機器上で表示が禁止された連絡先情報と、詳細な個人情報である詳細個人情報とが記憶された個人情報記憶手段と、
個人情報の交換時において、上記個人情報記憶手段に記憶されている上記簡易個人情報及び上記連絡先情報を送信するように上記近距離無線通信手段を送信制御すると共に、交換相手の簡易個人情報及び連絡先情報を受信するように上記近距離無線通信手段を受信制御する送受信制御手段と、
個人情報の交換時において、上記近距離無線通信手段を介して所定時間内に受信した上記交換相手の上記簡易個人情報及び上記連絡先情報をグループ化して記憶手段に登録する自動グループ化登録手段と、
上記自動グループ化登録手段により上記記憶手段に登録されたグループの簡易個人情報及び連絡先情報のうち、該簡易個人情報のみを表示手段に表示制御する表示制御手段と、
上記表示手段に表示した上記グループの簡易個人情報のうち、所望の簡易個人情報が選択され、上記詳細個人情報の送信が指示された際に、当該選択された簡易個人情報に付加されている上記連絡先情報の上記URL情報に基づいて上記サーバ装置にアクセスし、上記交換相手のユーザ識別番号、当該携帯端末装置のユーザのユーザ識別番号及び上記詳細個人情報を該サーバ装置に送信するように上記無線通信手段を通信制御する通信制御手段と
を備えた携帯端末装置と、
上記携帯端末装置に対してユーザ識別番号を発行して配信するユーザ識別番号発行手段と、
上記ユーザ識別番号発行手段で発行した各ユーザ識別番号に関連付けされた、該各ユーザの電子メールアドレスが登録されているデータベースと、
上記携帯端末装置から、上記交換相手のユーザ識別番号、当該携帯端末装置のユーザのユーザ識別番号及び上記詳細個人情報を受信した際に、該携帯端末装置のユーザのユーザ識別番号に基づいて上記データベースを参照することでユーザ認証を行うユーザ認証手段と、
上記ユーザ認証手段により、上記携帯端末装置のユーザが正規のユーザとしてユーザ認証された際に、上記交換相手のユーザ識別番号に基づいて、上記データベースに登録されている該交換相手の電子メールアドレスを検出し、この電子メールアドレス宛に上記携帯端末装置のユーザの上記詳細個人情報を送信する転送手段と
を備えたサーバ装置と
を有する。

このような本発明は、近距離無線通信手段を介して所定時間内に受信した交換相手の簡易個人情報及び連絡先情報を、自動的にグループ化して表示手段に表示する。これにより、簡易個人情報の交換をグループ単位で把握可能となるため、該簡易個人情報の交換を行った各ユーザの特定を容易とすることができる。また、簡易個人情報の交換をグループ単位で把握可能とすることで、交換日時や交換場所も想起させ易くすることができ、該交換日時や該交換場所の特定も容易とすることができる。

本発明は、近距離無線通信手段を介して所定時間内に受信した交換相手の簡易個人情報及び連絡先情報を、自動的にグループ化して表示手段に表示することで、交換した簡易個人情報をグループ単位で把握可能とし、該簡易個人情報の交換を行った各ユーザや、交換日時や交換場所の特定を容易化することができる。

本発明は、携帯電話機同士で個人情報の交換を段階的に行う個人情報交換システムに適用することができる。

[個人情報交換システムの構成]
この本発明を適用した実施の形態となる個人情報交換システムは、図1に示すように個人情報の段階的な交換を行う第1の携帯電話機1及び第2の携帯電話機2と、各ユーザに対するユーザ識別番号(ユーザID)の発行及び管理や詳細個人情報の転送等を行うサーバ装置3とを有している。

サーバ装置3は、各ユーザに対してユーザ識別番号(ユーザID)を発行するID発行部4と、各携帯電話機1,2との間で通信を行うための通信部5と、各ユーザからのショートメッセージや電子メールを保管するメッセージデータベース6(メッセージDB)と、各ユーザに発行したユーザIDや、該各ユーザIDに関連付けられた該各ユーザの電子メールアドレス等が記憶されたID管理DB7と、当該サーバ装置3全体の動作を制御する制御部8とを有している。

各携帯電話機1,2とサーバ装置3とは、当該携帯電話機の無線基地局9やコミュニケーションネットワーク、インターネット等のネットワーク10を介して相互に接続されている。なお、この例では、説明を簡略化して理解容易とするために第1の携帯電話機1及び第2の携帯電話機2との間で個人情報の交換を行うものとして説明を進めるが、3つ以上の携帯電話機の間で個人情報の交換を行うようにしてもよい。この場合も機能や動作は同様であるため、以下の説明を参照されたい。

〔携帯電話機の構成〕
携帯電話機1及び携帯電話機2は、図2に示すように無線基地局9との間で音声通話、テレビ電話通話、電子メール、ショートメッセージ、Webデータ(Web:World Wide Web)等の無線通信を行うアンテナ11及び通信回路12と、操作メニュー、電子メール、画像(静止画像及び動画像)や交換した個人情報等を表示するための表示部13と、所望のメニューの選択操作や個人情報の入力、表示、送信操作等を行うための操作部14と、受話音声等を出力するためのスピーカ部15と、送話音声等を集音するためのマイクロホン部16と、所望の被写体の静止画像や動画像を撮像するためのカメラ装置17と、発着信等を光でユーザに通知するための発光部18(LED:Light Emitting Diode)とを有している。

また、各携帯電話機1,2は、筐体を振動させて発着信等をユーザに通知するためのバイブレーションユニット19と、時刻をカウントするタイマ20と、例えば数センチメートル〜数十センチメートルの通信距離で非接触無線通信を行うための非接触無線通信アンテナ21及び非接触無線通信ユニット22と、無線基地局4を介した無線通信処理を行うためのコミュニケーションプログラムや各種アプリケーションプログラムの他、これら各アプリケーションプログラムで取り扱われる各種データ(コンテンツ)等が記憶されたメモリ23と、携帯電話機全体の動作を制御する制御部24とを有している。

メモリ23には、上記コミュニケーションプログラムの他、個人情報の交換を可能とする個人情報交換プログラムと、電子メールの作成や送受信を制御するための電子メール管理プログラムと、カメラ部17の撮像制御を行うカメラ制御プログラムと、ユーザのスケジュールが登録されたスケジュール帳の管理を行うためのスケジュール帳管理プログラムと、電話帳の管理を行うための電話帳管理プログラムと、音楽コンテンツの再生を行うための音楽プレーヤプログラムと、コミュニケーションネットワークやインターネット等の所定のネットワーク5上に設けられたサーバ装置3との間で通信を行うためのWebブラウジングプログラムとが記憶されている。

また、メモリ23には、ユーザの所望のスケジュールが登録されるスケジュール帳と、ユーザの知人や友人等のユーザ名、静止画像(顔写真等)、住所、電話番号、電子メールアドレス、生年月日等が登録された電話帳と、音楽プレーヤプログラムに基づいて再生される音楽コンテンツと、カメラ制御プログラムのビューワ機能に基づいて再生される静止画像コンテンツ及び動画像コンテンツと、送受信された電子メールコンテンツと、電話及び電子メールの発着信履歴と、個人情報の交換を行った各ユーザの個人情報(カード情報)と、個人情報の交換を行った各ユーザのユーザ名や連絡先情報が登録された宛先リスト等が記憶されている。

この実施の形態の個人情報交換システムでは、個人情報の交換を行う場合、まず、簡易的な個人情報が記録されたホワイトカード情報の交換を行い、ユーザ同士の信頼関係が構築された段階で、詳細な個人情報が記録されたピンクカード情報の交換を行うようになっている。また、所定時間内に交換を行った各ホワイトカードの各ユーザは自動的にグループ化されるようになっている。制御部24は、グループ化した各ユーザのホワイトカード情報をまとめたブルーカード情報を形成し、このブルーカード情報に基づいて各グループの管理を行うようになっている。メモリ23には、このようなホワイトカード情報、ピンクカード情報、及びブルーカード情報が、上記カード情報として記憶されている。

また、簡易的な個人情報が記録された各ホワイトカードには、当該ホワイトカードの送信元となるユーザの連絡先情報が付されている。このホワイトカード情報に付加された連絡先情報は、携帯電話機等の機器上での表示が禁止された情報となっている。すなわち、ホワイトカード情報に付加されている連絡先情報は、個人情報の交換により当該ホワイトカード情報を取得したユーザ等の第三者に対して隠蔽された情報となっている。メモリ23の宛先リストには、ホワイトカード情報等の交換を行った各ユーザのユーザ名や連絡先情報等が登録されるのであるが、制御部24は、静止画像この宛先リストを表示部13に表示した場合でも上記連絡先情報の表示は行わないようになっている。

この連絡先情報としては、例えば電話番号、電子メールアドレス等を用いることができるが、当該実施の形態の個人情報交換システムの場合、ホワイトカード情報には、サーバ装置3から各ユーザ(=各携帯電話機)に対して発行されたユーザ識別情報(ユーザID)が付加されている。後述するが、ホワイトカード情報を取得したユーザが、当該ホワイトカード情報の送信元となるユーザに対して連絡を取りたい場合、ショートメッセージの作成を行う。制御部24は、この作成されたショートメッセージに対して、上記ホワイトカード情報の送信元となるユーザのユーザIDを、当該ショートメッセージを送信するユーザから隠蔽したかたちで該ショートメッセージに付加して上記サーバ装置3に送信する(ショートメッセージを作成したユーザから送信相手のユーザIDが見えないようにして、該ショートメッセージを作成して上記サーバ装置に3に送信する。)。

サーバ装置3は、このショートメッセージに隠蔽して付加されているユーザIDに基づいて、上記ホワイトカード情報の送信元となるユーザの電子メールアドレスを検出し、この電子メールアドレス宛に上記ショートメッセージを送信する。これにより、ホワイトカード情報の送信元となるユーザの連絡先情報を隠蔽したかたちで、該ホワイトカード情報を受信したユーザから該ホワイトカード情報の送信元となるユーザに対して連絡を取ることを可能としている。

また、簡易的な個人情報が記録された各ホワイトカードには、当該ホワイトカードの有効期限を付加することも可能となっている。後述するが、この有効期限付きのホワイトカード情報を受信した携帯電話機の制御部は、現在時刻が、この受信したホワイトカード情報に付加されている有効期限を経過した際に、当該受信したホワイトカード情報をメモリから自動的に削除するようになっている。

[システム動作]
次に、このような構成を有する当該実施の形態の個人情報交換システムにおけるシステム動作を説明する。

〔ユーザ登録動作〕
この個人情報交換システムを利用するユーザは、予めサーバ装置3に対してユーザ登録を行う。具体的には、ユーザは、携帯電話機1(或いは、携帯電話機2)を介してサーバ装置3にアクセスし、例えばユーザ名、所望のパスワード、電子メールアドレス等の必要事項を送信する。サーバ装置3の制御部8は、この必要事項を受信すると、ID発行部4を介してユーザIDを発行し、この発行したユーザIDを、当該ユーザの携帯電話機1から送信されたユーザ名、パスワード、電子メールアドレス等に関連付けてID管理DB7に登録制御する。また、サーバ装置3の制御部8は、この発行したユーザIDを、通信部5を介して当該ユーザの携帯電話機1に送信する。

携帯電話機1の制御部24は、メモリ23に記憶されている個人情報交換プログラムに基づいて、このサーバ装置3で発行されたユーザIDを、上記サーバ装置3のURL情報(URL:Uniform Resource Locator)と共にメモリ23に保存する。これにより、ユーザIDを受信したユーザは、当該個人情報交換システムを利用することが可能となる。

なお、この例では、当該個人情報交換システムを利用するユーザは、予めサーバ装置3からユーザIDの発行を受けることとしたが、携帯電話機1(或いは、携帯電話機2)を起動する毎い、制御部24が、サーバ装置3からユーザIDの発行を受けるようにしてもよい。

〔ホワイトカードの作成動作〕
次に、ユーザは、最初に個人情報の交換を行う際に当該交換相手の携帯電話機に送信する簡易的な個人情報を入力したホワイトカードの作成を行う。図3(a)〜図3(l)にこのホワイトカードの作成時における表示画面の推移を示す。携帯電話機1(或いは携帯電話機2)の制御部24は、ホワイトカードの作成がなされていない場合、ユーザにより個人情報交換プログラムの起動操作がなされたタイミングで、図3(a)及び図3(b)に示す表示画面を介して、例えば図3(c)に示すように「ホワイトカードを作成してください」等のホワイトカードの作成を促すメッセージを表示した表示画面を表示部13に表示制御する。このメッセージに応答してユーザがホワイトカードの作成指示操作を行うと、制御部24は、個人情報交換プログラムに基づく機能の一つである、図1に示すカード作成機能31に基づいて、図3(d)に示すようにユーザ名(ニックネーム)、コメント、写真、及び有効期限の入力画面を表示部13に表示制御する。

ユーザにより、ユーザ名(ニックネーム)の入力指示操作がなされると、制御部24は、上記カード作成機能31に基づいて、図3(e)に示すようにユーザ名(ニックネーム)の入力画面を表示部13に表示制御する。ユーザが、この入力画面に対して所望のユーザ名を入力し仮登録操作を行うと、制御部24は、このユーザにより入力されたユーザ名(ニックネーム)をメモリ23に一旦記憶する。

また、図3(f)に示すように、ユーザにより、コメントの入力指示操作がなされると、制御部24は、上記カード作成機能31に基づいて、図3(g)に示すようにコメントの入力画面を表示部13に表示制御する。ユーザが、この入力画面に対して、例えば「はじめまして! よろしくお願いします。」等の所望のコメントを入力し仮登録操作を行うと、制御部24は、このユーザにより入力されたコメントをメモリ23に一旦記憶する。

また、図3(h)に示すように、ユーザにより、写真の入力指示操作がなされると、制御部24は、上記カード作成機能31に基づいて、図3(i)に示すようにカメラ部17を起動して写真を撮像する「写真撮影メニュー」、既に撮影済みの写真の中から所望の写真を選択する「アルバム選択メニュー」を表示部13に表示制御する。ユーザにより「写真撮影メニュー」が選択された場合、制御部24は、カメラ部17を起動制御してユーザに所望の写真の撮影を促す。そして、ユーザが所望の写真(静止画像)を撮影し仮登録操作を行うと、制御部24は、このカメラ部17で撮影された静止画像をメモリ23に一旦記憶する。

これに対して、ユーザにより「アルバム選択メニュー」が選択された場合、制御部24は、メモリ23に記憶されている静止画像を表示部13に表示制御する。そして、この表示された静止画像の中から、ユーザが所望の静止画像選択し仮登録操作を行うと、制御部24は、このユーザにより選択された静止画像をメモリ23に一旦記憶する。

このホワイトカードは、簡略的な自己紹介用のカードであるため、多くの場合、上記「写真撮影メニュー」で写真を撮影する場合には自分の顔写真を撮影し、また、上記「アルバム選択メニュー」で所望の写真を選択する場合には、自分が写っている写真や自分のアバタとなる静止画像を選択することなる。

また、図3(k)に示すように、ユーザにより、当該ホワイトカードの有効期限の入力指示操作がなされると、制御部24は、上記カード作成機能31に基づいて、図3(l)に示すように有効期限の入力画面を表示部13に表示制御する。ユーザが、この入力画面に対して所望の有効期限を入力し仮登録操作を行うと、制御部24は、このユーザにより入力された有効期限をメモリ23に一旦記憶する。

次に、ユーザは、ユーザ名(ニックネーム)、所望のコメント、所望の写真、及び有効期限の仮登録が終了すると、該ユーザ名(ニックネーム)、所望のコメント、所望の写真、及び有効期限の保存操作を行う。制御部24は、この保存操作がなされると、上記ユーザ名(ニックネーム)、所望のコメント、所望の写真、及び有効期限をホワイトカード情報としてメモリ23に記憶制御する。これにより、ユーザ名(ニックネーム)、所望のコメント、所望の写真、及び有効期限からなる簡易的な個人情報が登録されたホワイトカードが作成されたこととなる。なお、この例では、ユーザ名(ニックネーム)、所望のコメント、所望の写真、及び有効期限を登録することでホワイトカードを作成することとしたが、ユーザ名(ニックネーム)は必須入力項目として、他の入力項目である所望のコメント、所望の写真、及び有効期限のうち、いずれか一つ或いは二つを登録してホワイトカードを作成するようにしてもよい。

次に、ホワイトカードは、上記ユーザ名(ニックネーム)、所望のコメント、所望の写真、及び有効期限を登録することで作成されるのであるが、このホワイトカードに対して、さらに個人情報を追加して付加(登録)することも可能となっている。具体的には、上述のようにユーザ名(ニックネーム)、所望のコメント、所望の写真、及び有効期限の登録操作がなされると、制御部24は、これらをメモリ23に記憶制御すると共に、図3(j)に示すような「ホワイトカードの編集メニュー」、「個人情報の追加メニュー」及び「追加した個人情報の削除メニュー」を表示部13に表示制御する。

ユーザにより「ホワイトカードの編集メニュー」が選択された場合、制御部24は、表示部13の表示画面を、図3(d)に示すユーザ名等の入力画面に戻す。これにより、ユーザは、この入力画面に基づいて、再度、ユーザ名等を入力し直す(=編集)することとなる。また、ユーザにより「追加した個人情報の削除メニュー」が選択された場合、制御部24は、以下に説明する追加した個人情報の削除を行う追加個人情報削除モードに移行する。

これらに対して、ユーザにより「個人情報の追加メニュー」が選択された場合、制御部24は、図4(a)に示す上記各メニューの選択画面を介して、図4(b)に示す個人情報の追加メニューを表示部13に表示制御する。一例ではあるが、制御部24は、この追加メニューとして、「お気に入りの曲の追加メニュー」、「お気に入りの写真の追加メニュー」、「自分のブログやお気に入りのソーシャルネットワーキングサイト(SNS:Social Networking Site)の追加メニュー」、後述する詳細な個人情報を入力した「ピンクカードの作成メニュー」を表示部13に表示制御する。

(お気に入りの曲の追加動作)
ユーザにより、「お気に入りの曲の追加メニュー」が選択された場合、制御部24は、図4(c)に示すようにお気に入りの曲を新たに選択する「曲の選択メニュー」と、既にお気に入りの曲が選択されている場合には、この選択済みの音楽コンテンツの曲名を表示部13に表示制御する。なお、この図4(c)は、曲名が曲A及び曲Bの計2曲の音楽コンテンツが、上記お気に入りの曲として選択済みの場合の表示例を示している。

ユーザにより、お気に入りの曲を新たに選択する「曲の選択メニュー」が選択操作された場合、制御部24は、図1に示す個人情報交換プログラムにおけるコンテンツ管理機能32に基づいて、図4(d)に示す当該新たにお気に入りの曲として追加するアーティスト名、アルバム名及びトラック番号の入力画面を表示部13に表示制御する。

ユーザにより、アーティスト名、アルバム名及びトラック番号が入力されると、制御部24は、メモリ23に記憶されている音楽コンテンツのうち、ユーザにより入力されたアーティスト名、アルバム名及びトラック番号に対応する音楽コンテンツのメタデータであるアーティスト名、アルバム名及び曲名を、図4(e)に示すように表示部13に表示制御する。ユーザは、表示部13に表示されたメタデータに基づいて、お気に入りの曲として追加する音楽コンテンツを確認したうえで、操作部14を介して当該音楽コンテンツの追加操作を行う。この追加操作がなされると、制御部24は、図4(c)に示したように、選択済みのお気に入りの曲の曲名に並べて、この新たに追加された音楽コンテンツの曲名を表示部13に表示制御する。

ここで、このように曲名が並べて表示された音楽コンテンツのうち、ホワイトカード情報に対して追加不要となる音楽コンテンツが存在する場合、ユーザは、図4(f)に示すように、この不要な音楽コンテンツの曲名を、操作部14を介して選択操作すると共に追加取り消しの指示操作を行う。この追加取り消しの指示操作がなされると、制御部24は、図4(h)に示すように、例えば「曲の追加を取り消しますか?」等の取り消しの確認を行うメッセージを表示部13に表示制御し、ユーザの意志を確認したうえで、上記並べて表示している音楽コンテンツの曲名のうち、ユーザにより取り消しが指示された曲名を非表示制御する。なお、このような追加取り消し操作を行っても、メモリ23に記憶されている音楽コンテンツが削除されるわけではなく、単に、ホワイトカード情報に対して、上記追加取り消し操作に対応する音楽コンテンツのメタデータの追加が行われないというだけである。

また、追加取り消しを行う曲の詳細な情報を確認したうえで該追加取り消しを行いたい場合、ユーザは、図4(f)に示すように、この詳細な情報の確認を行う音楽コンテンツの曲名を、操作部14を介して選択操作すると共に詳細情報の表示指示操作を行う。この詳細情報の表示指示操作がなされると、制御部24は、図4(g)に示すように、ユーザにより選択された曲名に対応する音楽コンテンツのアーティスト名、アルバム名、曲名、アルバムジャケット等のメタデータを表示部13に表示制御する。これにより、ユーザは、音楽コンテンツの詳細を認識したうえで、上記追加の取り消しを行うことができる。

次に、ユーザは、このように新たな音楽コンテンツの追加操作や追加取り消し操作を行うことで、表示部13に所望の音楽コンテンツの曲名のみが表示された状態としたうえで、操作部14を介してホワイトカード情報に対する登録操作を行う。この登録操作がなされると、制御部24は、表示部13に表示している曲名の音楽コンテンツに対応するアーティスト名、アルバム名、曲名、アルバムジャケット等のメタデータを、当該ユーザのお気に入りの曲としてメモリ23に登録されている上記ホワイトカード情報に追加して登録する。これにより、登録済みのホワイトカード情報に対してお気に入りの曲を紹介する情報を追加することができる。

(お気に入りの写真の追加動作)
次に、ユーザにより、図5(a)及び図5(b)に示すように「お気に入りの写真の追加メニュー」が選択された場合、制御部24は、図5(c)に示すようにお気に入りの写真を新たに選択する「写真の選択メニュー」と、既にお気に入りの写真が追加されている場合には、この選択済みの写真の表題、拡張子及びサムネイル画像を表示部13に表示制御する。なお、この図5(c)は、「DCS008」との表題で「jpg形式」の静止画像コンテンツが、上記お気に入りの写真として選択済みの場合の表示例を示している。

ユーザにより、お気に入りの写真を新たに選択する「写真の選択メニュー」が選択操作された場合、制御部24は、図1に示す個人情報交換プログラムにおけるコンテンツ管理機能32に基づいて、図5(d)に示すように静止画像コンテンツが記憶されているフォルダのフォルダ名を表示部13に表示制御する。なお、この図5(d)は、静止画像コンテンツが記憶されているフォルダのフォルダ名として、カメラ部17で撮像された静止画像コンテンツが記憶されるカメラアルバムフォルダのフォルダ名と、ネットワークや外部メモリを介して取り込んだ静止画像コンテンツが記憶されるピクチャーフォルダのフォルダ名とが表示された例を示している。

ユーザにより、所望のフォルダ名が選択操作されると、制御部24は、図5(e)に示すようにメモリ23の上記各フォルダに記憶されている静止画像コンテンツのうち、ユーザにより選択されたフォルダに記憶されている静止画像コンテンツのサムネイル画像を、表示部13に一覧表示する。ユーザは、表示部13に一覧表示されたサムネイル画像に基づいて、お気に入りの写真として追加する静止画像コンテンツを確認したうえで、操作部14を介して当該静止画像コンテンツの選択操作を行う。この選択操作がなされると、制御部24は、図5(c)に示す選択済みのお気に入りの写真の表題等に並べて、この新たに選択された静止画像コンテンツの表題、拡張子及びサムネイル画像を表示部13に表示制御する。

ここで、このように表題等が並べて表示された写真(静止画像コンテンツ)のうち、ホワイトカード情報に対して追加不要となる写真が存在する場合、ユーザは、図5(f)に示すように、この不要な写真の表題等を、操作部14を介して選択操作すると共に追加取り消しの指示操作を行う。この追加取り消しの指示操作がなされると、制御部24は、図5(h)に示すように、例えば「写真の追加を取り消しますか?」等の取り消しの確認を行うメッセージを表示部13に表示制御し、ユーザの意志を確認したうえで、上記並べて表示している写真の表題等のうち、ユーザにより取り消しが指示された写真の表題等を非表示制御する。なお、このような追加取り消し操作を行っても、メモリ23に記憶されている静止画像コンテンツが削除されるわけではなく、単に、ホワイトカード情報に対して、上記追加取り消し操作に対応する写真(静止画像コンテンツ)のメタデータの追加が行われないというだけである。

また、追加取り消しを行う写真を確認したうえで該追加取り消しを行いたい場合、ユーザは、図5(f)に示すように、この確認を行う写真の表題等を、操作部14を介して選択して表示指示操作を行う。この表示指示操作がなされると、制御部24は、図5(g)に示すように、ユーザにより選択された表題等に対応する静止画像コンテンツを表示部13に表示制御する。これにより、ユーザは、認識を行ったうえで、上記追加の取り消しを行うことができる。

次に、ユーザは、このように新たな写真の追加操作や追加取り消し操作を行うことで、表示部13に所望の写真の表題等のみが表示された状態としたうえで、操作部14を介してホワイトカード情報に対する登録操作を行う。この登録操作がなされると、制御部24は、表示部13に表示している表題等に対応する静止画像コンテンツの、表題、拡張子及びサムネイル画像等のメタデータを、当該ユーザのお気に入りの写真としてメモリ23に登録されている上記ホワイトカード情報に追加して登録する。これにより、登録済みのホワイトカード情報に対してお気に入りの写真を紹介する情報を追加することができる。

(自分のブログやお気に入りのSNSの追加メニュー)
次に、ユーザにより、図6(a)及び図6(b)に示すように「自分のブログやお気に入りのソーシャルネットワーキングサイト(SNS:Social Networking Site)の追加メニュー」が選択された場合、制御部24は、図6(c)に示すように自分のブログや自分がお気に入りのSNSを新たに選択する「ブログ及びSNSの選択メニュー」と、既にブログ及びSNSの追加がなされている場合には、この追加済みのブログのブログ名やSNS名を表示部13に表示制御する。なお、この図6(c)は、当該ユーザが使用しているブログ名が「○○ブログ」のブログと、SNS名が「××SNS」のSNSが、自分のブログ及びお気に入りのSNSとして選択済みの場合の表示例を示している。

ユーザにより、ブログ或いはSNSを新たに選択する「ブログ及びSNSの選択メニュー」が選択操作された場合、制御部24は、図6(d)に示すようにユーザによりメモリ23に登録されているブログ或いはSNSのうち、ホワイトカードに対する追加情報として未だ選択されていないブログのブログ名やSNSのSNS名を表示部13に表示制御する。なお、この図6(d)は、ホワイトカードに対する追加情報として未だ選択されていないブログ或いはSNSとして、SNS名が「□□SNS」が表示された例を示している。

ユーザにより、所望のブログ名或いはSNS名が選択操作されると、制御部24は、図6(e)に示すように、この選択されたブログ或いはSNSのログインの際に必要となるユーザID及びパスワードの入力画面を表示部13に表示する。ユーザは、表示部13に表示された上記入力画面に対してユーザID及びパスワードを入力する。制御部24は、メモリ23に記憶されている、そのブログ或いはSNSに対応するユーザID及びパスワードに基づいて、ユーザにより入力されたユーザID及びパスワードを検証し、該ユーザにより入力されたユーザID及びパスワードが正しいユーザID及びパスワードである場合に、図6(f)に示すように「IDの設定を行いますか?」等の、ユーザに入力されたユーザID及びパスワードの設定の是非を問うメッセージを表示部13に表示制御する。

このメッセージに応答して、ユーザにより操作部14を介してユーザID及びパスワードの設定を許可する操作がなされた場合、制御部24は、図6(c)に示す選択済みのブログ及びSNSの各ブログ名及び各SNS名等に並べて、この新たに選択されたブログのブログ名或いはSNSのSNS名を表示部13に表示制御する。これにより、図6(c)に示す例の場合、「○○ブログ」のブログ名及び「××SNS」のSNS名に並べて、上記新たに選択された「□□SNS」のSNS名が表示されることとなる。

ここで、このように名称が並べて表示されたブログ及びSNSのうち、ホワイトカード情報に対して追加不要となるブログ及びSNSが存在する場合、ユーザは、図6(g)に示すように、この不要なブログ或いはSNSの名称を、操作部14を介して選択操作すると共に追加取り消しの指示操作を行う。この追加取り消しの指示操作がなされると、制御部24は、図6(h)に示すように、例えば「ブログ或いはSNSの追加を取り消しますか?」等の取り消しの確認を行うメッセージを表示部13に表示制御し、ユーザの意志を確認したうえで、上記並べて表示しているブログ名及びSNS名のうち、ユーザにより取り消しが指示されたブログのブログ名或いはSNSのSNS名を非表示制御する。なお、このような追加取り消し操作を行っても、メモリ23に記憶されているブログ或いはSNSに関する情報(URL情報(URL:Uniform Resource Locator)、ユーザID、パスワード等)が削除されるわけではなく、単に、ホワイトカード情報に対して、上記追加取り消し操作に対応するブログやSNSの追加が行われないというだけである。

また、追加取り消しを行うブログやSNSを確認したうえで該追加取り消しを行いたい場合、ユーザは、図6(g)に示すように、この確認を行うブログのブログ名或いはSNSのSNS名を、操作部14を介して選択して表示指示操作を行う。この表示指示操作がなされると、制御部24は、図6(i)に示すように、ユーザにより選択されたブログのブログ名或いはSNSのSNS名と共に、該ブログ或いはSNSのURL情報を表示部13に表示制御する。これにより、ユーザは、認識を行ったうえで、上記追加の取り消しを行うことができる。

次に、ユーザは、このように新たなブログ或いはSNSの追加操作や追加取り消し操作を行うことで、表示部13に所望のブログのブログ名及びSNSのSNS名のみが表示された状態としたうえで、操作部14を介してホワイトカード情報に対する登録操作を行う。この登録操作がなされると、制御部24は、表示部13に表示しているブログ名、SNS名、該ブログ或いはSNSのURL情報、該ブログ或いはSNSのユーザID及びパスワードを、当該ユーザのブログ及びお気に入りのSNSとして、メモリ23に登録されている上記ホワイトカード情報に追加して登録する。これにより、登録済みのホワイトカード情報に対して自分のブログ及びお気に入りのSNSを紹介する情報を追加することができる。

〔ピンクカードの作成動作〕
次に、以上の説明は、簡易的な個人情報を入力したホワイトカードの作成動作の説明であったが、以下、詳細な個人情報を入力したピンクカードの作成動作の説明をする。ホワイトカードが、最初に個人情報の交換を行う際に当該交換相手の携帯電話機に送信するカードであるのに対し、このピンクカードは、交換相手との信頼度が高まった際に、該交換相手の携帯電話機に対して送信するカードである。なお、このピンクカードは、交換相手との信頼度が高まった際に、該交換相手の携帯電話機に対して送信することが好ましいが、後述するように、ユーザの設定により、ホワイトカードと共に送信することも可能となっている。

図7(a)〜図7(p)にこのピンクカードの作成時における表示画面の推移を示す。当該実施の形態の携帯電話機の場合、ピンクカードは、ホワイトカードの追加情報として管理するようになっている。携帯電話機1(或いは携帯電話機2)の制御部24は、図7(a)に示すように「ホワイトカードの編集メニュー」、「個人情報の追加メニュー」、及び「追加して個人情報の削除メニュー」のうち、「個人情報の追加メニュー」が選択されると、図7(b)に示す「お気に入りの曲の追加メニュー」、「お気に入りの写真の追加メニュー」、「自分のブログ及びお気に入りのSNSの追加メニュー」と共に、「ピンクカードの作成メニュー」を表示部13に表示制御する。

ユーザにより、操作部14を介して「ピンクカードの作成メニュー」が選択操作されると、制御部24は、個人情報交換プログラムに基づくカード作成機能31(図1参照)に基づいて、図7(c)〜図7(i)に示すように「名前の入力メニュー」、「電話番号の入力メニュー」、「電子メールアドレスの入力メニュー」、「住所の入力メニュー」、「職業の入力メニュー」、「誕生日の入力メニュー」、及び「ピンクカードの送信の仕方の選択メニュー」を表示部13に表示制御する。

ユーザにより、操作部14を介して図7(c)に示す「名前の入力メニュー」が選択操作されると、制御部24は、図7(j)に示すように名前の入力画面を表示部13に表示制御する。ユーザが、この入力画面に対して名前(ニックネーム等でも可)を入力すると、制御部24は、この入力された名前をメモリ23等に一旦保持する。

また、ユーザにより、操作部14を介して図7(d)に示す「電話番号の入力メニュー」が選択操作されると、制御部24は、図7(k)に示すように電話番号の入力画面を表示部13に表示制御する。ユーザが、この入力画面に対して電話番号を入力すると、制御部24は、この入力された電話番号をメモリ23等に一旦保持する。

また、ユーザにより、操作部14を介して図7(e)に示す「電子メールアドレスの入力メニュー」が選択操作されると、制御部24は、図7(l)に示すように電子メールアドレスの入力画面を表示部13に表示制御する。ユーザが、この入力画面に対して電子メールアドレスを入力すると、制御部24は、この入力された電子メールアドレスをメモリ23等に一旦保持する。

また、ユーザにより、操作部14を介して図7(f)に示す「住所の入力メニュー」が選択操作されると、制御部24は、図7(m)に示すように住所の入力画面を表示部13に表示制御する。ユーザが、この入力画面に対して住所を入力すると、制御部24は、この入力された住所をメモリ23等に一旦保持する。

また、ユーザにより、操作部14を介して図7(g)に示す「職業の入力メニュー」が選択操作されると、制御部24は、図7(n)に示すように職業の入力画面を表示部13に表示制御する。ユーザが、この入力画面に対して職業を入力すると、制御部24は、この入力された職業をメモリ23等に一旦保持する。

また、ユーザにより、操作部14を介して図7(h)に示す「誕生日の入力メニュー」が選択操作されると、制御部24は、図7(o)に示すように誕生日の入力画面を表示部13に表示制御する。ユーザが、この入力画面に対して誕生日を入力すると、制御部24は、この入力された誕生日をメモリ23等に一旦保持する。

また、ユーザにより、操作部14を介して図7(i)に示す「ピンクカードの送信の仕方の選択メニュー」が選択操作されると、制御部24は、図7(p)に示すように当該ピンクカードの非送信を指定するための「非送信メニュー」、当該ピンクカードの手動での送信を指定するめの「手動送信メニュー」、及びホワイトカードと共にピンクカードの送信を指定するための「常時送信メニュー」の選択画面を表示部13に表示制御する。ユーザが、この選択画面に表示された各メニューに基づいて所望のメニューを選択すると、制御部24は、この選択されたメニューをメモリ23等に一旦保持する。

次に、このような名前や電話番号等の詳細な個人情報の入力を行ったうえで、操作部14を介して登録操作を行うと、制御部24は、メモリ23に一旦記憶している上記詳細な個人情報、及びユーザにより選択された送信の仕方(図7(p)参照)を示す情報をピンクカード情報としてメモリ23に登録制御する。これにより、簡易的な個人情報が入力されたホワイトカードと、詳細な個人情報が入力されたピンクカードとが、メモリ23に登録されたこととなる。

〔ホワイトカードの交換動作〕
次に、少なくともホワイトカードの作成が完了すると、ユーザ同士で個人情報の交換が可能となる。図8(a)〜図8(d)に、この個人情報の交換の流れを模式的に示す。個人情報の交換を行う場合、ユーザは、まず、図8(a)に示すアプリケーションプログラムの選択メニュー一覧の中から、図8(b)に示すように個人情報交換プログラムの選択操作を行う。これにより、制御部24は、図8(c)に示すようにユーザにより選択された当該個人情報交換プログラムのプログラム名を表示部13に表示制御する。

次に、ユーザは、この個人情報交換プログラムを起動操作する。この起動操作がなされると、制御部24は、図1に示す個人情報交換プログラムに基づく非接触無線通信制御機能33により、非接触無線通信ユニット22を起動制御する。そして、個人情報の交換相手の携帯電話機が近接した際に(=互いの携帯電話機間の距離が、互いの非接触無線通信ユニットの通信可能距離となった際に)、メモリ23に記憶されているホワイトカード情報を、交換相手の携帯電話機に非接触無線送信すると共に、当該交換相手の携帯電話機から非接触無線送信されたホワイトカード情報を受信し、この受信したホワイトカード情報を図8(d)に示すように表示部13に表示制御する。

なお、非接触無線通信ユニットを用いた最初の個人情報の交換時には、図3(a)〜図3(l)を用いて説明したユーザ名(ニックネーム)、コメント、写真、及び有効期限が入力されたホワイトカード情報のみが交換され、各ホワイトカード情報に追加されたお気に入りの曲やお気に入りの写真等の「追加情報(図4〜図6参照)」や詳細な個人情報が入力された「ピンクカード(図7参照)」は、図1に示すサーバ装置3を介して交換されるようになっている。

また、この例では、個人情報交換プログラムを起動操作したうえで、交換相手の携帯電話機2に近接させることとしたが、携帯電話機のメイン電源が投入されている間、個人情報交換プログラムを常時起動させるようにしてもよい。この場合、個人情報交換プログラムを起動操作することなく、携帯電話機を交換相手の携帯電話機に近接させただけで、ホワイトカード情報の交換を行うことが可能となる。

図9のフローチャートに、携帯電話機1及び携帯電話機2の間におけるホワイトカードの交換動作の詳細な流れを示す。このフローチャートにおいて、ステップS1〜ステップS12は携帯電話機1制御部24の動作、ステップS21〜ステップS33は携帯電話機2の制御部の動作となっている。

まず、携帯電話機1の制御部24は、図8(a)〜図8(c)を用いて説明したように、ユーザにより個人情報交換プログラムの起動操作がなされることで、このフローチャートの処理を開始し、ステップS2で個人情報交換プログラムを起動制御する。携帯電話機2場合も同様であり、ユーザにより個人情報交換プログラムの起動操作がなされることで、このフローチャートの処理を開始し、ステップS21で個人情報交換プログラムを起動制御する。

携帯電話機1の制御部24は、この起動した個人情報交換プログラムに基づいて非接触無線通信ユニット22を起動制御し、ステップS2において、交換開始ビーコンを非接触無線送信するように該非接触無線通信ユニット22を制御すると共に、ステップS3において、携帯電話機2から非接触無線送信される交換開始ビーコンの受信待ち受け状態に非接触無線通信ユニット22を制御する。携帯電話機2の制御部も同様であり、起動した個人情報交換プログラムに基づいて非接触無線通信ユニットを起動制御し、ステップS22において、交換開始ビーコンを非接触無線送信するように該非接触無線通信ユニットを制御すると共に、ステップS23において、携帯電話機1から非接触無線送信される交換開始ビーコンの受信待ち受け状態に非接触無線通信ユニット22を制御する。

次に、上記交換開始ビーコンを受信した携帯電話機の制御部は、ホワイトカード情報の交換の通信開始を許可する交換開始OKメッセージを送信するのであるが、携帯電話機1の制御部24は、ステップS4及びステップS5において、携帯電話機2から送信される交換開始ビーコンの受信の有無を監視すると共に、当該携帯電話機1から送信される交換開始ビーコンを携帯電話機2が受信した際に、該携帯電話機2から送信される交換開始OKメッセージの受信の有無を監視する。同様に、携帯電話機2の制御部は、ステップS24及びステップS25において、携帯電話機1から送信される交換開始ビーコンの受信の有無を監視すると共に、当該携帯電話機2から送信される交換開始ビーコンを携帯電話機1が受信した際に、該携帯電話機1から送信される交換開始OKメッセージの受信の有無を監視する。

この交換開始OKメッセージを受信したということは、携帯電話機1及び携帯電話機2が非接触無線通信可能な範囲内に位置しており、双方のホワイトカード情報の交換が可能であることを意味する。このため、携帯電話機1の制御部24は、ステップS6において、メモリ23に登録されているホワイトカード情報を読み込み、ステップS7において、この読み込んだホワイトカード情報を非接触無線送信するように非接触無線通信ユニット22を送信制御した後、ステップS7において、携帯電話機2から送信されるホワイトカード情報の受信待ち受け状態に非接触無線通信ユニット22を制御する。

これに対して、携帯電話機2の制御部は、ステップS26において、メモリに登録されているホワイトカード情報を読み込むと共に、ステップS27において、携帯電話機1から送信されるホワイトカード情報の受信待ち受け状態に非接触無線通信ユニットを制御する。そして、携帯電話機1から送信されたホワイトカード情報を受信すると、ステップS28において当該ホワイトカード情報を正常に受信できたか否かを判別し(正当性のチェックを行い)、該ホワイトカード情報を正常に受信できていない場合には、ステップS29において、NAK信号(NAK: Negative AcKnowledge)を携帯電話機1に送信するように非接触無線通信ユニットを送信制御する。また、ホワイトカード情報を正常に受信できた場合には、ステップS30において、ACK信号(ACK: ACKnowledge)を携帯電話機1に送信するように非接触無線通信ユニットを送信制御すると共に、上記ステップS26で読み込んだホワイトカード情報を非接触無線送信するように非接触無線通信ユニットを送信制御する。

次に、携帯電話機1の制御部24は、ステップS9において、携帯電話機2から上記NAK信号を受信したか、或いは上記ACK信号を受信したかを判別し、NAK信号を受信したものと判別した場合には、処理をステップS7に戻し、再度、ホワイトカード情報を携帯電話機2に送信するように非接触無線通信ユニット22を送信制御する。これに対して、ACK信号を受信したものと判別した場合、制御部24は、ステップS10において、当該ACK信号と共にに受信した携帯電話機2からのホワイトカード情報の上記正当性のチェックを行い、携帯電話機2からのホワイトカード情報が正常に受信できたものと判別したタイミングで処理をステップS11に進め、通信終了通知信号を携帯電話機2に送信するように非接触無線通信ユニット22を送信制御する。そして、ステップS12において、携帯電話機2から受信したホワイトカード情報をメモリ23に記憶制御して、この図9のフローチャートに示す全処理を終了する。

携帯電話機2の制御部は、ステップS31において、携帯電話機1からの通信終了通知信号を受信すると、ステップS32において、非接触無線通信を終了するように非接触無線通信ユニットを制御すると共に、ステップS33において、携帯電話機1から受信したホワイトカード情報をメモリ23に記憶制御して、この図9のフローチャートに示す全処理を終了する。これにより、携帯電話機1及び携帯電話機2の間で、お互いのユーザ名(ニックネーム)、コメント、写真、及び有効期限が入力されたホワイトカード情報が交換されたこととなる。

〔グループ化処理動作〕
ここで、このように各携帯電話機の間において、近距離無線通信により、互いのホワイトカード情報の交換が行われるのであるが、各携帯電話機の制御部は、受信した各ホワイトカード情報を個別に管理すると共に、所定時間内に受信した各ユーザのホワイトカード情報をグループ化して管理するようになっている。

具体的には、例えばパーティー会場において、携帯電話機1のユーザが複数のユーザと知り合いとなり、この知り合いとなった各ユーザの携帯電話機を介してホワイトカード情報の交換を行った場合、1時間或いは2時間等のパーティー開催時間内に一つ或いは複数のホワイトカード情報を受信することとなる。携帯電話機1の制御部24は、ホワイトカード情報を受信した際に、タイマ20でカウントされている現在時刻を受信時刻として、当該受信したホワイトカード情報に付加してメモリ23に登録するようになっている。制御部24は、個人情報交換プログラムに基づいて、メモリ23に登録されている各ホワイトカード情報の受信時刻から、上記1時間或いは2時間等の所定の時間内に受信したホワイトカード情報を検出する。そして、この検出した各ホワイトカード情報に対して、同一のグループであることを示す所定のグループ情報を自動的に付加する。

後述するが、制御部24は、同一のグループであることを示すグループ情報が付加された各ホワイトカード情報から、例えば写真情報をそれぞれ抽出し、この抽出した各写真情報を、当該携帯電話機1のユーザの顔写真と共に、一覧的にブルーカードとして表示部13に表示制御する。上述のように、ホワイトカードに付されている写真は、多くの場合、そのユーザの顔写真が付されている。このため、ブルーカードが表示される際には、上記所定の時間内にホワイトカードの交換を行った各ユーザの顔写真と共に、当該携帯電話機1のユーザの顔写真が一覧的に表示されることとなる。

パーティーや食事会等でホワイトカードを交換する機会が多くなると、交換日時、交換場所、交換相手を忘れがちとなるが、当該実施の形態の個人情報交換システムの場合、所定時間内にホワイトカードの交換を行った各ユーザをグループ化し、当該グループの各ユーザの顔写真を一覧的に表示するようになっている。このため、グループ化された各ユーザの顔写真を見ることで、個人情報の交換を行った各ユーザを思い出すことができると共に、該個人情報の交換を行った場所や日時等も特定し易くすることができる。

なお、この例では、携帯電話機1の制御部24は、所定時間内に受信した各ホワイトカード情報に対して同一のグループであることを示すグループ情報を自動的に付加することで、該所定時間内に受信した各ホワイトカード情報の各ユーザを自動的にグループ化することとしたが、ユーザが、例えばパーティーの開始時刻に所定の開始操作を行い、また、パーティーの終了時刻に所定の終了操作を行うと、制御部24が、上記開始操作を検出した時刻から上記終了操作を検出した時刻までの間に受信した各ホワイトカード情報のユーザを自動的にグループ化するようにしてもよい。この場合でも、上述と同じ効果を得ることができる。

〔カード情報の表示動作〕
次に、このように受信された各ユーザのホワイトカード情報、及び各ホワイトカード情報がグループ化されることで形成されたブルーカード情報の表示動作を説明する。まず、ユーザが、図10(a)に示すアプリケーションプログラムの選択メニュー一覧の中から、図10(b)に示すように個人情報交換プログラムの選択操作を行うと、携帯電話機1の制御部24は、図10(c)に示すようにユーザにより選択された当該個人情報交換プログラムのプログラム名を表示部13に表示制御する。

次に、ユーザは、この個人情報交換プログラムを起動操作する。この起動操作がなされると、制御部24は、図1に示す個人情報交換プログラムに基づいて、図10(d)に示すようにホワイトカード情報の表示を指定するホワイトカードタグ41、ブルーカード情報の表示を指定するブルーカードタグ42、及び後述する受信したショートメッセージの表示を指定するメッセージタグ43を表示部13に表示すると共に、デフォルトとして、受信済みのホワイトカード情報を白色のカード形態で表示部13に一覧表示する。

(ホワイトカード情報の表示動作)
この一覧表示された各ホワイトカード情報のうち、所望のユーザのホワイトカード情報の詳細を表示する場合、ユーザは、操作部14を介してカーソルCRを、所望のユーザのホワイトカード情報の表示位置に移動操作すると共に、当該ホワイトカード情報の表示指定操作を行う。制御部24は、この表示指定操作がなされると、図10(e)に示すように、カーソルCRが位置しているホワイトカード情報、及びこのホワイトカード情報に追加情報が付加されている場合には、この追加情報の一覧を表示部13に表示制御する。

具体的には、制御部24は、図3を用いて説明したようにユーザ名、コメント、写真(顔写真)、及び有効期限が入力されているホワイトカード情報を、表示部13の表示領域の略上半分に表示すると共に、このホワイトカード情報に付加情報が付加されている場合には、表示領域の略下半分に、図4を用いて説明したお気に入りの曲情報や、図5を用いて説明したお気に入りの写真情報や、図6を用いて説明した自分のブログ及びお気に入りのSNSの情報を表示する。

ユーザは、このように表示された追加情報の詳細を知りたい場合、操作部14を介してカーソルCRを、所望の追加情報の表示位置に移動操作すると共に、この追加情報の表示指定操作を行う。制御部24は、例えばお気に入りの曲の追加情報が選択されたうえで上記表示指定操作がなされると、図10(f)に示すように、上記ホワイトカード情報に追加情報として付加されているお気に入りの曲の曲名、アーティスト名、アルバム名、及びアルバムジャケット写真を表示部13に表示制御する。これにより、所望のユーザが気に入っている曲を知ることができ、当該ユーザの趣味や性格、嗜好等を推測することができる。

また、このお気に入りの曲の情報に対して、当該曲の試聴用の音楽コンテンツが付加されている場合、制御部24は、操作部14の所定のボタンに対して上記曲の試聴を指定するための試聴機能を割り当てると共に、表示部13に対して、この試聴機能を割り当てたボタンを示す情報を表示部13に表示制御する。そして、ユーザによる、上記試聴機能を割り当てたボタンのボタン操作を検出した場合、上記お気に入りの曲の情報に付加されている、当該曲の試聴用の音楽コンテンツをメモリ23から再生し、この再生出力をスピーカ部15等を介して出力制御する。

また、お気に入りの曲の情報に対して、当該曲を購入可能なネットワーク上のサイトのURL情報が付加されている場合、制御部24は、操作部14の所定のボタンに対して上記曲の購入を指定するための購入機能を割り当てると共に、表示部13に対して、この購入機能を割り当てたボタンを示す情報を表示部13に表示制御する。そして、ユーザによる、上記購入機能を割り当てたボタンのボタン操作を検出した場合、通信回路12を介して、上記お気に入りの曲の情報に付加されているURL情報に対応するネットワーク上のサーバ装置にアクセスし、当該曲の購入に関する情報を表示部13に表示制御する。これにより、ユーザは、表示部13に表示された上記曲の購入に関する情報に従って、当該曲の購入手続き操作を行うこととなる。

次に、図10(e)に示したように所望のユーザのホワイトカード情報及び追加情報が表示された状態において、お気に入りの写真の追加情報が選択されたうえで上記表示指定操作がなされると、制御部24は、図10(g)に示すようにこの追加情報であるお気に入りの写真を、表示部13の表示画面サイズに対応する大きさで表示する。これにより、所望のユーザが気に入っている写真を見ることができ、当該ユーザの趣味や性格、嗜好等を推測することができる。なお、このように表示した写真の保存操作がなされた場合、制御部24は、現在、表示部13に表示している写真(=所望のユーザのホワイトカード情報に追加情報として付加されていた写真)をメモリ23に記憶制御する。

次に、図10(e)に示したように所望のユーザのホワイトカード情報及び追加情報が表示された状態において、自分のブログ及びお気に入りのSNSの追加情報が選択されたうえで上記表示指定操作がなされると、制御部24は、図10(i)に示すようにこの追加情報であるブログのブログ名やSNSのSNS名を表示部13に一覧表示する。これにより、ホワイトカード情報のユーザが使用しているブログや、該ユーザが気に入っているSNSを知ることができる。

なお、図6を用いて説明したように、ブログ情報やSNS情報を追加情報とする場合には、当該ブログやSNSのURL情報と共に、ログイン用のユーザID及びパスワードも該追加情報として付加される。このため、上記一覧表示されたブログ名及びSNS名の中から所望のブログ名或いはSNS名が選択されたうえでアクセス操作がなされた場合、制御部24は、この選択されたブログやSNSのURL情報に対応するネットワーク上のサーバ装置に、通信回路12を介してアクセスすると共に、上記ユーザID及びパスワードに基づいてログインを図る。そして、上記ホワイトカード情報のユーザが使用しているブログや、該ユーザが気に入っているSNSの情報を表示部13に表示制御する。これにより、上記ホワイトカード情報のユーザが使用しているブログや、該ユーザが気に入っているSNSを閲覧することができる。

(ピンクカード情報の表示動作)
次に、大抵の場合、最初に簡易的な個人情報を入力したホワイトカード情報の交換を行い、互いの信頼関係が構築された際に、詳細な個人情報を入力したピンクカード情報の交換を行うことが好ましいのであるが、図7(i)及び図7(p)を用いて説明したように、ホワイトカード情報を送信する際に、当該ホワイトカード情報と共にピンクカード情報を送信することも、各ユーザの自由となっている。この場合、制御部24は、ホワイトカード情報と、当該ホワイトカード情報と共に送信されたピンクカード情報とを関連付けてメモリ23に記憶するようになっている。また、後述するが、ホワイトカード情報の交換を行った後日、当該交換相手となるユーザからピンクカードを受信した場合、制御部24は、先の日付でメモリ23に登録したホワイトカード情報に関連付けて、この後日受信したピンクカード情報をメモリ23に登録する。従って、図10(d)に示すように一覧表示されたホワイトカード情報の中には、ピンクカード情報が付加されているものも存在することとなる。

携帯電話機1の制御部24は、図10(d)に示すホワイトカード情報の一覧の中から表示指定操作がなされたホワイトカードに対してピンクカードが存在する場合、図10(k)に示すように、ユーザ名、コメント、写真(顔写真)、及び有効期限が入力されているホワイトカード情報を、ピンク色のカード形態で、表示部13の表示領域の略上半分に表示すると共に、このホワイトカード情報に付加情報が付加されている場合には、表示領域の略下半分に、図4を用いて説明したお気に入りの曲情報や、図5を用いて説明したお気に入りの写真情報や、図6を用いて説明した自分のブログ及びお気に入りのSNSの情報を表示する。換言すれば、制御部24は、対応するピンクカードが存在しない場合には、白色のカード形態で表示するホワイトカード情報を、ピンクカードが存在する場合には、ピンク色のカード形態で表示する。これにより、ユーザは、ホワイトカード情報に対応するユーザのピンクカードが存在することを認識することができる。

次に、ユーザにより、このピンク色のカード形態で表示されたホワイトカード情報の詳細表示が指定されると、制御部24は、このホワイトカード情報に関連付けされて記憶されているピンクカード情報をメモリ23から読み出し、図10(l)に示すように表示部13に表示制御する。これにより、図7(c)〜図7(o)を用いて説明したように、ホワイトカード情報の交換を行ったユーザの電話番号、電子メールアドレス、職業、誕生日等の詳細な個人情報が表示部13に表示されることとなる。

次に、このピンクカード情報が表示された状態で、ユーザにより処理メニューの表示指定操作がなされると、制御部24は、図10(m)に示すように、この表示しているピンクカード情報の保存を指定する保存指定メニュー、及びこのピンクカードのユーザに対して、当該携帯電話機1のユーザのピンクカードの送信を指定するピンクカード送信メニューを表示部13に表示制御する。

ユーザにより、保存指定メニューが選択操作されると、制御部24は、表示部13に表示していたピンクカード情報をメモリ23に保存すると共に、図10(n)に示すように例えば「保存しました」等の保存を行った旨のメッセージを表示部13に表示制御する。なお、ユーザにより、ピンクカード送信メニューが選択された場合、制御部24は、メモリ23に登録されている当該携帯電話機1のユーザのピンクカードを、上記交換相手のユーザの携帯電話機に対して送信制御するのであるが、詳細は後述する。

(ブルーカード情報の表示動作)
次に、図10(d)に示すホワイトカードタグ41、ブルーカードタグ42、及びメッセージタグ43が表示部13に表示されている状態において、ユーザにより操作部14を介してブルーカードタグ42が選択操作されると、制御部24は、上述のように所定時間内に受信したホワイトカード情報をグループ化処理することで形成し、或いはユーザの開始操作及び終了操作の間に受信したホワイトカード情報をグループ化処理することで形成したブルーカード情報の簡略的な表示を行う。

図10(j)に、この簡略的なブルーカード情報の表示例を示す。この図10(j)に示すように、簡略的なブルーカード情報の表示を行う場合、制御部24は、各グループを構成する各ユーザのホワイトカード情報に付されている受信時刻情報に基づいて、例えば1番目に(最初に)ホワイトカード情報を受信したユーザ、及び2番目にホワイトカード情報を受信したユーザを検出する。そして、この1番目のユーザのホワイトカード情報、及び2番目のユーザのホワイトカード情報にそれぞれ付されている顔写真を検出し、この2枚の顔写真を、当該携帯電話機1のユーザの顔写真に並べて表示する。

この図10(j)は、第1のグループ45のブルーカード情報と、第2のグループ46のブルーカード情報が表示された例を示しており、第1のグループ45のブルーカード情報としては、当該携帯電話機1のユーザAの顔写真、当該第1のグループを構成するユーザB及びユーザCの顔写真が表示され、また、第2のグループ46のブルーカード情報としては、当該携帯電話機1のユーザAの顔写真、当該第2のグループ46を構成するユーザD及びユーザEの顔写真が表示された例を示している。

なお、一つのグループを構成するユーザが1名のみであった場合、制御部24は、この1名のユーザのホワイトカード情報に付されている顔写真と、当該携帯電話機1のユーザの顔写真を並べて表示する。この場合は、2枚の顔写真のみがブルーカード上に表示されることとなる。

反対に、一つのグループを構成するユーザが3名以上存在する場合、制御部24は、この3名以上存在するユーザの中から、2名のユーザをランダムに検出し、この2名のユーザのホワイトカード情報にそれぞれ付されている顔写真と共に、当該携帯電話機1のユーザの顔写真を並べて表示する。簡略的なブルーカード情報の表示を行う場合、表示領域の大きさの関係で、例えば1つのグループあたり3名の顔写真しか表示しないのであるが、このように、グループを構成するユーザの中からランダムに検出したユーザの顔写真を表示することで、簡略的なブルーカード情報の表示を行う毎に、そのグループ内の異なるユーザの顔写真が表示される確率を高めることができる。

このため、当該携帯電話機1のユーザに対して、ホワイトカードの交換を行った日時や場所等をさらに想起させ易くすることができる。なお、一つのグループを構成するユーザが3名以上存在する場合であっても、上述のように当該グループを構成する各ユーザのうち、1番目及び2番目にホワイトカード情報を受信したユーザの顔写真を、当該携帯電話機1のユーザの顔写真に並べて表示してもよい。また、簡略的なブルーカード情報の表示を行う場合、各グループ毎に3名のユーザの顔写真を表示することとしたが、例えば各グループ毎に4名、或いは5名のユーザの顔写真を表示してもよい。さらに、各グループのユーザの顔写真の中に、当該携帯電話機1のユーザの顔写真を含めて表示することとしたが、当該携帯電話機1のユーザの顔写真を除いて表示してもよい。

次に、図10(j)に示す例の場合、1グループ毎に、3名のユーザの顔写真(内1名は当該携帯電話機1のユーザ(自分)の顔写真)が選択的に表示されるのであるが、上述のように当該グループに3名以上のユーザが存在する場合がある。また、当該実施の形態の個人情報交換システムでは、グループ単位で一括してショートメッセージを送信可能となっている。

このため、当該携帯電話機1のユーザは、所望のグループの詳細を知りたい場合、或いはそのグループのユーザに一括してショートメッセージを送信したい場合、カーソルCRを移動操作して詳細なブルーカード情報の表示指定操作を行う。この表示指定操作がなされると、制御部24は、図10(o)に示すように、ユーザにより選択されたグループの全ユーザのホワイトカード情報から顔写真を検出し、当該携帯電話機1のユーザの顔写真と共に表示部13に一覧表示する。

この図10(o)に示す例は、第1のグループ45の全ユーザの顔写真が表示された例である。この例の場合、第1のグループ45を構成するユーザとしてユーザB、ユーザC、ユーザF及びユーザGが存在し、図10(j)に示した簡略的なブルーカード情報の表示時には、当該携帯電話機1のユーザAの顔写真と共にユーザB及びユーザCの顔写真しか表示されなかったが、詳細なブルーカード情報の表示指定により、当該携帯電話機1のユーザA、ユーザB及びユーザCの顔写真と共に、ユーザF及びユーザGの顔写真が表示された例である。これにより、当該携帯電話機1のユーザは、各グループを構成する全ユーザを認識することができ、当該携帯電話機1のユーザに対して、ホワイトカードの交換を行った日時や場所等をさらに想起させ易くすることができる。

なお、第1のグループ45を構成するユーザがユーザB及びユーザCの2名のみである場合、制御部24は、この詳細なブルーカード情報の表示時においても、図10(j)に示す表示例と同様に、当該携帯電話機1のユーザA、ユーザB及びユーザCの計3名のユーザの顔写真の表示を行う。また、グループを構成するユーザが多数であり、表示部13の表示領域に一度に表示できない場合、制御部24は、最初に表示可能となる例えば6名分の顔写真を表示すると共にスクロールバーを表示し、このスクロールバーの操作状態に応じて、表示するユーザの顔写真を適宜変更する。

次に、このように詳細な表示がなされたグループの各ユーザに対して、一括してショートメッセージを送信する場合、ユーザは、図10(o)の表示画面が表示された状態において、処理メニューの表示指定操作を行う。この処理メニューの表示指定操作がなされると、制御部24は、図10(p)に示すようにショートメッセージの作成指定メニューを表示部13に表示制御する。ユーザにより、このショートメッセージの作成指定メニューが選択されると、制御部24は、以下に説明するショートメッセージの作成画面を表示部13に表示制御する。

〔ショートメッセージの送信処理動作〕
次に、この実施の形態の個人情報交換システムでは、ホワイトカードの交換相手となるユーザに対してショートメッセージや詳細な個人情報を入力したピンクカードを送信可能となっている。

(ホワイトカードの交換相手のユーザに対して送信する場合)
まず、図11(a)〜図11(e)は、交換相手のホワイトカード情報に基づいて該交換相手のユーザに対してショートメッセージを送信する流れを示している。この場合、当該携帯電話機1のユーザは、図11(a)に示すように、交換相手から受信したホワイトカード情報が表示されている状態において、ショートメッセージの送信を行うユーザのホワイトカードの表示位置にカーソルCRを移動操作して処理メニューの表示指定操作を行う。この処理メニューの表示指定操作がなされると、制御部24は、図11(b)に示すように「ショートメッセージの送信指定メニュー」、及び「ピンクカードの送信指定メニュー」を表示部13に表示制御する。

上記各メニューのうち、「ショートメッセージの送信指定メニュー」がユーザにより選択操作されると、制御部24は、図11(c)に示すように、例えば表題、本文、及び添付ファイルの入力欄からなるショートメッセージの作成画面を表示部13に表示制御する。ユーザは、各入力欄に対して、例えば図11(d)に示すように所望の表題やメッセージ等を入力し、送信指定操作を行う。

この送信指定操作がなされると、制御部24は、図11(a)に示したようにカーソルCRが位置しているユーザのホワイトカード情報に付されているユーザID、及び上述のユーザ登録時にサーバ装置3から発行された当該携帯電話機1のユーザのユーザIDを、この作成されたショートメッセージに付す。

なお、制御部24は、上記ショートメッセージに付す交換相手のユーザのユーザID、及び当該携帯電話機1のユーザのユーザIDのうち、少なくとも交換相手のユーザのユーザIDは、表示等がされない状態で該ショートメッセージに付すようになっている(=交換相手のユーザのユーザIDを隠してショートメッセージに付すようになっている。)。これにより、当該携帯電話機1のユーザに対して、交換相手のユーザのユーザIDが知られることなくショートメッセージが作成されることとなり、該交換相手のユーザの個人情報の保護を図ることができる。

このようにショートメッセージが作成されると、制御部24は、図1に示す個人情報交換プログラムによるショートメッセージ送受信機能35に基づいて、上記サーバ装置3のURL宛に当該ショートメッセージを送信するように、通信回路12を制御する。そして、このショートメッセージの送信処理が完了した際に、図11(e)に示すように、例えば「ショートメッセージの送信が完了しました」等のショートメッセージの送信完了を知らせるメッセージを表示部13に表示制御する。これにより、当該携帯電話機1のユーザは、自分が選択した上記交換相手のユーザに対して、ショートメッセージが送信されたことを認識することができる。

次に、このように送信されたショートメッセージは、図12のフローチャートに示す流れに従って、上記交換相手のユーザの携帯電話機2で受信される。この図12のフローチャートの各ステップのうち、ステップS41〜ステップS44はサーバ装置3の送信処理動作の流れを示しており、ステップS51〜ステップS58は、携帯電話機2の受信処理動作の流れを示している。

まず、図1に示すサーバ装置3の制御部8は、上記ショートメッセージを受信すると、この図12のフローチャートのステップS41において、ショートメッセージに付されている当該携帯電話機1のユーザのユーザID、及び上記交換相手のユーザのユーザIDに基づいてID管理データベース7を参照することでユーザ認証を行う。そして、携帯電話機1のユーザ及び交換相手のユーザの双方が当該個人情報交換システムの正規のユーザであると認証した場合、この受信したショートメッセージをメッセージDB6に記憶制御すると共に、上記交換相手のユーザのユーザIDに関連付けされてID管理データベース7に記憶されている、該交換相手のユーザの電子メールアドレス(この場合、携帯電話機2のユーザの電子メールアドレスとする。)を検出し、この電子メールアドレス宛に、例えば「ショートメッセージが届いています」等の、ショートメッセージをサーバ装置3側で保管している旨の保管通知メッセージを送信する。

上記ショートメッセージの送信相手となるユーザの携帯電話機2の制御部は、ステップS51で、サーバ装置3から送信された保管通知メッセージを受信すると、ステップS52において、メモリに記憶されている個人情報交換プログラムを起動し、この個人情報交換プログラムに基づいて、上記保管通知メッセージを表示部に表示制御する。この保管通知メッセージを見た当該携帯電話機2のユーザは、操作部を介してショートメッセージの受信操作を行う。このショートメッセージの受信操作がなされると、制御部は、ステップS53において通信回路を制御してサーバ装置3にアクセスし、ステップS54において、受信シーケンス開始信号をサーバ装置3に送信する。

サーバ装置3の制御部は、ステップS42において、この受信シーケンス開始信号を受信すると、サーバ装置3の制御部は、ステップS43において、メッセージDB6に保管しているショートメッセージを携帯電話機2に送信する。そして、ステップS44において、携帯電話機2との間の通信回線の切断処理等の送信終了処理を行い、ステップS45において、メッセージDB6に保管していた上記送信が終了したショートメッセージを削除処理して、この図12のフローチャートに示す全処理を終了する。

一方、携帯電話機2の制御部は、サーバ装置3から送信されたショートメッセージを、ステップS55において受信処理し、ステップS56において、サーバ装置3との間の通信回線の切断処理等の送信終了処理を行う。そして、ステップS57及びステップS58において、この受信したショートメッセージをメモリに保存処理すると共に、ステップS59において、例えば「ショートメッセージを受信しました」等の、ショートメッセージを受信処理した旨のメッセージを表示部に表示制御して、この図12のフローチャートに示す全処理を終了する。

このように携帯電話機1とサーバ装置3との間におけるショートメッセージの送信は、上記交換相手のユーザのユーザIDを隠した状態で、該サーバ装置3のURL情報に基づいて行われ、サーバ装置3と交換相手の携帯電話機2との間のショートメッセージの送信は、サーバ装置3側で保管されている当該交換相手のユーザの電子メールアドレスに基づいて行われる。従って、当該携帯電話機1のユーザに対して、交換相手のユーザの電子メールアドレスを知られることなくショートメッセージの送受信を行うことができ、該交換相手のユーザの個人情報の保護を図ることができる。

(ブルーカードの各ユーザに対して一括して送信する場合)
次に、図10(j)、図10(o)及び図10(p)を用いて説明したように、ユーザにより所望のグループが選択され、ショートメッセージの作成指定メニューが選択されると、制御部24は、図11(c)に示したように例えば表題、本文、及び添付ファイルの入力欄からなるショートメッセージの作成画面を表示部13に表示制御する。ユーザは、各入力欄に対して、例えば図11(d)に示すように所望の表題やメッセージ等を入力し、送信指定操作を行う。

この送信指定操作がなされると、制御部24は、図10(o)及び図10(p)に示したようにユーザにより選択されたグループを構成する各ユーザのホワイトカード情報に付されている各ユーザID、及び上述のユーザ登録時にサーバ装置3から発行された当該携帯電話機1のユーザのユーザIDを上記隠した状態で作成されたショートメッセージに付す。

このようにショートメッセージが作成されると、制御部24は、図1に示す個人情報交換プログラムによるショートメッセージ送受信機能35に基づいて、上記サーバ装置3のURL宛に当該ショートメッセージを送信するように、通信回路12を制御する。そして、このショートメッセージの送信処理が完了した際に、図11(e)に示すように、例えば「ショートメッセージの送信が完了しました」等のショートメッセージの送信完了を知らせるメッセージを表示部13に表示制御する。これにより、当該携帯電話機1のユーザは、自分が選択した上記交換相手のユーザに対して、ショートメッセージが送信されたことを認識することができる。

次に、図1に示すサーバ装置3の制御部8は、上記ショートメッセージを受信すると、このショートメッセージに付されている当該携帯電話機1のユーザのユーザID、及び上記グループの各ユーザのユーザIDに基づいてID管理データベース7を参照することでユーザ認証を行う。そして、携帯電話機1のユーザ及び上記グループの各ユーザが当該個人情報交換システムの正規のユーザであると認証した場合、この受信したショートメッセージをメッセージDB6に記憶制御すると共に、上記グループの各ユーザのユーザIDに関連付けされてID管理データベース7に記憶されている、該グループの各ユーザの電子メールアドレスを検出し、この電子メールアドレス宛に、図12のフローチャートを用いて説明したように、保管通知メッセージをそれぞれ送信する。そして、この保管通知メッセージを受信した各ユーザの携帯電話機から、ショートメッセージの送信要求がなされた際に、メッセージDB6に保管している、携帯電話機1のユーザから送信されたショートメッセージをそれぞれ送信する。これにより、上記グループを構成する各ユーザに対して、一括してショートメッセージを送信することができる。

なお、このような所望のグループを構成する各ユーザに対するショートメッセージの一括送信時においても、携帯電話機1とサーバ装置3との間におけるショートメッセージの送信は、上記各ユーザのユーザIDを隠した状態で該サーバ装置3のURL情報に基づいて行われ、サーバ装置3とグループの各ユーザとの間のショートメッセージの送信は、サーバ装置3側で保管されている当該各ユーザの電子メールアドレスに基づいて行われる。従って、所望のグループを構成する各ユーザに対してショートメッセージを一括送信する場合でも、当該携帯電話機1のユーザに対して、該各ユーザの電子メールアドレスを知られることなくショートメッセージの送受信を行うことができ、上記グループを構成する各ユーザの個人情報の保護を図ることができる。

(ピンクカードを送信する場合)
次に、図11(f)及び図11(g)は、交換相手のホワイトカード情報に基づいて該交換相手のユーザに対して、当該携帯電話機1のユーザの詳細な個人情報を入力したピンクカードを送信する流れを示している。この場合、当該携帯電話機1のユーザは、図11(a)に示したように並べて表示されているホワイトカード情報の中から、カーソルCRを移動操作することで、ピンクカードを送信するユーザのホワイトカード情報を選択操作すると共に、図11(b)に示したように、「ショートメッセージの送信指定メニュー」、及び「ピンクカードの送信指定メニュー」が表示部13に表示されている状態において、「ピンクカードの送信指定メニュー」を選択操作する。この「ピンクカードの送信指定メニュー」が選択操作されると、制御部24は、上記カーソルCRで選択されているホワイトカード情報のユーザのユーザ名を検出する。そして、図11(f)に示すように、例えば「ユーザBさん宛にピンクカードを送信しますか?」等の、上記ホワイトカード情報から検出したユーザ宛にピンクカードの送信を行うか否かを問うメッセージを表示部13に表示制御する。

このメッセージに応答して、ユーザからピンクカードの送信を許可する操作がなされると、制御部24は、メモリ23に記憶されている当該携帯電話機1のユーザのピンクカード情報を読み出す。そして、このピンクカード情報に、カーソルCRで選択されているユーザのホワイトカード情報に付されているユーザIDを付すと共に、当該携帯電話機1のユーザのユーザIDを付し、これをサーバ装置3に送信するように通信回路12を制御する。なお、このピンクカード情報に付される各ユーザIDのうち、少なくとも当該ピンクカード情報の送信相手となるユーザのユーザIDは、当該携帯電話機1のユーザに対して隠された状態で付されることは上述のとおりである。制御部24は、このようなピンクカード情報の送信処理が完了すると、図11(g)に示すように、例えば「ピンクカードの送信が完了しました」等のピンクカード情報の送信完了を知らせるメッセージを表示部13に表示制御する。これにより、当該携帯電話機1のユーザは、自分が選択した上記交換相手のユーザに対して、ピンクカード情報が送信されたことを認識することができる。

次に、図1に示すサーバ装置3の制御部8は、上記ピンクカード情報を受信すると、このピンクカード情報に付されている当該携帯電話機1のユーザのユーザID、及び上記送信相手となるユーザのユーザIDに基づいてID管理データベース7を参照することでユーザ認証を行い、双方が当該個人情報交換システムの正規のユーザであると認証した場合、この受信したピンクカード情報をメッセージDB6に記憶制御すると共に、上記送信相手となるユーザのユーザIDに関連付けされてID管理データベース7に記憶されている、該送信相手となるユーザの電子メールアドレスを検出し、この電子メールアドレス宛に、図12のフローチャートを用いて説明したように、保管通知メッセージをそれぞれ送信する。そして、この保管通知メッセージを受信したユーザの携帯電話機から、ピンクカード情報の送信要求がなされた際に、メッセージDB6に保管している、携帯電話機1のユーザから送信されたピンクカード情報を送信する。これにより、ホワイトカード情報の交換を行ったユーザのうち、所望のユーザを選択して、詳細な個人情報を入力したピンクカード情報を送信することができる(=所望のユーザに対してのみ、詳細な個人情報を教えることができる。)。

なお、このような携帯電話機1とサーバ装置3との間におけるピンクカード情報の送信も、上記交換相手のユーザのユーザIDを隠した状態で該サーバ装置3のURL情報に基づいて行われ、サーバ装置3と交換相手の携帯電話機2との間のピンクカード情報の送信も、サーバ装置3側で保管されている当該交換相手のユーザの電子メールアドレスに基づいて行われる。従って、当該携帯電話機1のユーザに対して、交換相手のユーザの電子メールアドレスを知られることなくピンクカード情報の送受信を行うことができ、該交換相手のユーザの個人情報の保護を図ることができる。

(追加情報を送信する場合)
次に、初対面のユーザとの間の信頼関係を安全に構築するには、まず、簡略的な個人情報を交換し、自分の趣味や嗜好等を徐々に相手に紹介し、ある程度の信頼関係が構築された際に、詳細な個人情報を交換するような、段階的な信頼関係の構築を行うことが好ましい。当該実施の形態の個人情報交換システムの場合、最初にユーザ名(ニックネーム)、コメント、写真、及び有効期限が入力されたホワイトカード情報のみを交換し、次の段階で、上述の追加情報となっているお気に入りの曲や写真等を紹介し、これにより信頼関係が構築された場合に、詳細な個人情報を入力したピンクカード情報の交換を行うことで、初対面のユーザとの間の信頼関係を段階を踏んで安全に構築することが可能となっている。この追加情報の交換は、最初におけるホワイトカード情報の交換時に、当該ホワイトカード情報に付加して該追加情報の交換を行ってもよいのであるが、当該実施の形態の個人情報交換システムの場合、上述のショートメッセージの添付ファイルとして、上記追加情報を付加して交換することも可能となっている。

図13のフローチャートに、ホワイトカード情報の交換後に、お気に入りの曲や写真等の「追加情報」を交換する際の、当該個人情報交換システムの前半の処理の流れを、また、図14に当該後半の処理の流れをそれぞれ示す。この図13及び図14のフローチャートにおける、ステップS61〜ステップS78は、携帯電話機1の制御部24の処理の流れを、ステップS81〜ステップS93は、サーバ装置3の制御部8の処理の流れを、それぞれ示している。

具体的には、携帯電話機1のユーザが追加情報を送信する場合、図11(c)に示したショートメッセージの作成画面において、図4〜図6を用いて説明した「お気に入りの曲」、「お気に入りの写真」、「自分のブログ及び自分が使用しているSNS」の中から、交換相手に送信する一つ或いは複数の追加情報を選択し、これをショートメッセージの添付ファイルとして入力し、送信指示操作を行う。

携帯電話機1の制御部24は、この送信操作がなされると、ステップS61において、図11(a)を用いて説明したように、カーソルCRが位置しているホワイトカード情報のユーザである、当該追加情報を送信するユーザのホワイトカード情報を読み込み、ステップS62に処理を進める。ステップS62では、制御部24が、このホワイトカード情報のユーザに対して追加情報を既に送信済みであるか否かを判別し、追加情報を既に送信済みである場合は、ステップS64において、当該追加情報を送信するユーザのホワイトカード情報の読み込み終了を待って、処理をステップS65に進める。また、上記ステップS62において、追加情報を送信するユーザに対して追加情報が送信されていないものと判別した場合、制御部24は、ステップS63において、図2に示すメモリ23に記憶されている宛先リストに対して、この追加情報を送信するユーザのユーザ名及びユーザIDを登録し、ステップS64において、当該追加情報を送信するユーザのホワイトカード情報の読み込み終了を待って、処理をステップS65に進める。

すなわち、ホワイトカード情報の交換後に、そのホワイトカード情報のユーザに対して追加情報等の送信を行うということは、今後もそのユーザに対してさらなる追加情報の送信やピンクカードの送信が行われる可能性がある。このため、制御部24は、追加情報(或いはピンクカード情報)の送信が行われた際に(=最初のホワイトカード情報の交換後に、そのユーザに対してアクセスが図られた際に)、メモリ23の宛先リストに対して、該アクセスが図られたユーザのユーザ名及びユーザIDを登録する。

制御部24は、当該携帯電話機1のユーザによる表示指示操作により、この宛先リストを表示部13に表示制御するようになっている。なお、宛先リストを表示部13に表示制御する場合、制御部24は、上述のように各ユーザのユーザIDは表示することなく、ユーザ名等のみを表示部13に表示制御することで、該各ユーザの個人情報の保護を図るようになっている。携帯電話機1のユーザにより、この表示された宛先リストから所望のユーザが選択操作され、ショートメッセージの作成指示操作がなされると、制御部24は、宛先リストから選択されたユーザのユーザ名を宛先としたショートメッセージの作成画面を表示部13に表示する。これにより、当該携帯電話機1のユーザは、ショートメッセージの宛先の入力操作の省略が可能となっている。同様に、携帯電話機1のユーザにより、上記表示された宛先リストから所望のユーザが選択操作され、ピンクカード情報の送信指示操作がなされると、制御部24は、当該携帯電話機1のユーザのピンクカード情報に対して、上記宛先リストから選択されたユーザのユーザIDを付して上記サーバ装置3に送信する。これにより、当該携帯電話機1のユーザは、宛先リストから所望のユーザを選択する等の簡単な操作だけで、ピンクカード情報の送信を行うことができる。

次に、宛先リストに対するユーザ名やユーザIDの登録等を行うと、制御部24は、ステップS65において、サーバ装置3との間の通信回線を確立するように通信回路2を制御すると共に、ステップS66において、当該携帯電話機1のユーザのホワイトカード情報に付加されて記憶されている上記お気に入りの曲や写真等の追加情報のうち、当該携帯電話機1のユーザにより指定された追加情報をメモリ23から読み込み、ステップS67に処理を進める。ステップS67では、制御部24が、メモリ23から読み込んだ追加情報を送信用の所定のデータ形式の情報に変換処理してステップS68に処理を進める。

ステップS68では、制御部24が、当該携帯電話機1とサーバ装置3との間の通信回線の確立を確認して処理をステップS69に進め、サーバ装置3に対して通信開始メッセージを送信する。

サーバ装置3の制御部8は、ステップS81において、この携帯電話機1から送信された通信開始メッセージを受信すると、ステップS82において、通信を許可する通信OKメッセージ(ACK信号(ACK: ACKnowledge))を携帯電話機1に返信する。携帯電話機1の制御部24は、ステップS70において、この通信OKメッセージを受信すると、ステップS71において、上述のユーザ登録時にサーバ装置3から発行されたユーザID(=当該携帯電話機1のユーザのユーザID)をサーバ装置3に送信する。サーバ装置3の制御部8は、ステップS83で、このユーザIDを受信すると、ステップS84において、ID管理DB7を参照することで、当該携帯電話機1のユーザのユーザ認証処理を行い、ステップS85において、ショートメッセージの宛先(この場合は、ショートメッセージに添付ファイルとして添付された追加情報の宛先)となるユーザのユーザIDの送信要求を行うための宛先要求メッセージを携帯電話機1に送信する。

携帯電話機1の制御部24は、ステップS72において、この宛先要求メッセージを受信すると、ステップS73において、上記宛先リストに登録されている、上記追加情報の宛先となるユーザのユーザIDをサーバ装置3に送信する。サーバ装置3の制御部8は、ステップS86において、この追加情報の宛先となるユーザのユーザIDを受信すると、図14のフローチャートに示すステップS87において、ID管理DB7を参照することで、当該宛先となるユーザのユーザ認証処理を行い、ステップS88において、追加情報の送信相手となるユーザの宛先を受信したことを示す宛先受信完了通知メッセージを携帯電話機1に送信する。

携帯電話機1の制御部24は、図14のフローチャートに示すステップS74において、この宛先受信完了通知メッセージを受信し、ステップS75において、ショートメッセージ及びこのショートメッセージに付加された追加情報を、データの終端を示す終了フラグを付したうえで、サーバ装置3に送信する。サーバ装置3の制御部8は、ステップS89において、このショートメッセージ及び追加情報を受信し、上記データの終端を示す終了フラグを検出した際に、ステップS90において、受信完了通知メッセージを携帯電話機1に送信する。

携帯電話機1の制御部24は、ステップS76において、この受信完了通知メッセージを受信すると、ステップS77において、通信終了メッセージをサーバ装置3に送信し、ステップS78において、通信回線の切断処理を行い、この図13及び図14のフローチャートに示す全処理を終了する。

サーバ装置3は、ステップS91において、上記通信終了メッセージを受信すると、ステップS92において、通信回線の切断処理を行い、ステップS93において、メッセージDB6に一次保管処理して、この図13及び図14のフローチャートに示す全処理を終了する。サーバ装置3の制御部8は、メッセージDB6に上記ショートメッセージ及び追加情報を一次保管処理すると、図12のフローチャートを用いて説明したように、当該ショートメッセージの宛先となるユーザの携帯電話機に対して保管通知メッセージを送信し、この保管通知メッセージに応答して、該携帯電話機側から受信要求がなされた際に、メッセージDB6に一次保管している上記ショートメッセージ及び追加情報を送信する。これにより、ホワイトカード情報の交換相手となるユーザに対して、当該携帯電話機1のユーザのお気に入りの曲や写真等を紹介する追加情報を送信することができ、信頼関係の構築を次段階に進めることができる。

〔ショートメッセージの表示動作〕
次に、図15(a)〜図15(e)に、受信したショートメッセージの表示動作の流れを示す。まず、図11(a)に示したように、交換相手から受信したホワイトカード情報が並んで表示されている状態において、カーソルCRを移動操作することで所望のホワイトカード情報を選択し、この選択したホワイトカード情報の詳細表示の指定操作を行うと、制御部24は、図15(a)に示すようにユーザにより選択されたホワイトカード情報の詳細と共に、メッセージタグ43を表示部13に表示制御する。なお、この図15(a)は、このユーザのホワイトカード情報と共に、当該ユーザのお気に入りの写真や曲のジャケット写真等の追加情報が表示されている例である。追加情報の交換が行われていない場合は、ホワイトカード情報のみが表示されることとなる。

次に、ユーザは、上記メッセージタグ43を選択操作すると共に、詳細表示を指定操作する。この詳細表示の指定操作がなされると、制御部24は、図15(b)に示すように当該ホワイトカード情報のユーザとの間で送受信されたショートメッセージの送受信日時及び表題の一覧を表示部13に表示制御する。

次に、ユーザにより、この一覧的に表示されたショートメッセージの中から所望のショートメッセージが選択操作され、表示指示操作がなされると、制御部24は、図15(c)に示すようにショートメッセージの本文を表示部13に表示制御する。これにより、ショートメッセージの内容(本文)を確認することができる。当該携帯電話機1のユーザは、この本文を見たショートメッセージに対する返信を行う場合、操作部14を介して返信指示操作を行う。この返信指示操作がなされると、制御部24は、図11(c)に示したように、この返信相手となるユーザのユーザ名及びユーザID(上述のように、ユーザIDは、表示しない状態で付される。)を付したショートメッセージ作成画面を表示部13に表示制御する。上記本文を見ることで当該ショートメッセージは不要と判断した場合、ユーザは、操作部14を介して削除指示操作を行う。この削除指示操作がなされると、制御部24は、図15(d)に示すように例えば「ショートメッセージを削除してもよろしいですか?」等の、ショートメッセージの削除の是非を問うメッセージを表示部13に表示し、ユーザにより、当該削除を許可する操作がなされた際に、当該ショートメッセージをメモリ23から削除処理する。

一方、図15(b)に示したように、送受信されたショートメッセージの一覧の表示画面において、ユーザにより、処理メニューの指定操作がなされると、制御部24は、図15(e)に示すように「返信メニュー」及び「削除メニュー」を表示部13に表示制御する。ユーザにより、「返信メニュー」が選択されると、制御部24は、図11(c)に示したように、この返信相手となるユーザのユーザ名及びユーザIDを付したショートメッセージ作成画面を表示部13に表示制御する。また、上記「削除メニュー」が選択されると、制御部24は、図15(d)を用いて説明したように、当該携帯電話機1のユーザにより選択されたショートメッセージをメモリ23から削除処理する。

〔カードの有効期限に基づく削除処理動作〕
次に、ホワイトカード情報の交換を行った後、何ら連絡を取ることもなく長期間が経過した場合、そのホワイトカード情報は略々不要となるのであるが、このような不要となったホワイトカード情報がメモリ23に保存され続けることで、該メモリ23の記憶領域を不当に圧迫することとなる。当該実施の形態の個人情報交換システムの場合、上述のようにホワイトカード情報に対して、所望の有効期限を付すことが可能となっており、携帯電話機側では、この有効期限が経過したホワイトカード情報をメモリ23から削除することで、メモリ23の記憶領域が不要なホワイトカード情報で不当に圧迫される不都合を防止するようになっている。

図16のフローチャートに、この有効期限に基づくホワイトカード情報の削除処理の流れを示す。なお、この図16のフローチャートのステップS101〜ステップS107の各処理は携帯電話機1の制御部24の処理を、ステップS111及びステップS112はサーバ装置3の制御部8の処理を、それぞれ示している。また、ホワイトカード情報に有効期限情報が付されているものとして説明を行うが、有効期限情報はピンクカード情報の他、ショートメッセージに対しても付加してもよい。いずれの場合も、以下に説明するように有効期限を経過した際にメモリ23から削除される。詳しくは、以下の説明を参照されたい。

まず、携帯電話機1の制御部24は、メモリ23に記憶されている個人情報交換プログラムに基づいて、図16のフローチャートのステップS101において、所定時間置き、或いはユーザにより通信回線の確立指示操作がなされた際に、サーバ装置3との間の通信回線の確立を図るように通信回路2を制御して、処理をステップS102に進める。ステップS102では、制御部24が、この確立された通信回線を介して、日時問い合わせメッセージをサーバ装置3に送信する。サーバ装置3の制御部8は、ステップS111において、この日時問い合わせメッセージを受信すると、ステップS112において、現在日時を示すチェックサムを付した日時データを携帯電話機1に返信して、この図16のフローチャートに示す全処理を終了する。

携帯電話機1の制御部24は、ステップS103において、サーバ装置3から返信された日時データを受信し、ステップS104において、メモリ23に記憶されている交換相手のホワイトカード情報の有効期限情報を読み込む。そして、ステップS105において、この読み込んだホワイトカード情報の有効期限情報と、サーバ装置3から受信した日時データとを比較し、日時データで示される現在日時が、ホワイトカード情報の有効期限情報で示される有効期限を経過していないものと判別した場合には、そのまま、この図16のフローチャートに示す全処理を終了し、日時データで示される現在日時が、ホワイトカード情報の有効期限情報で示される有効期限を経過したものと判別した場合には、処理をステップS106に進める。

ステップS106では、そのホワイトカード情報は有効期限を経過したものであるため、制御部24が、この有効期限を経過しているホワイトカード情報に対して、表示されない状態で付されているユーザID(ホワイトカード情報に隠されて付されているユーザID)を、メモリ23の削除IDリストに追加して処理をステップS107に進める。そして、このステップS107において、上記有効期限を経過したホワイトカード情報をメモリ23から削除処理して、この図16のフローチャートに示す全処理を終了する。制御部24は、このような有効期限を経過したホワイトカード情報の削除処理を、メモリ23に記憶されている全てのホワイトカード情報に対して実行制御する。

これにより、例えばホワイトカード情報の交換を行った後、何ら連絡を取ることもなく長期間が経過することで不要となったホワイトカード情報の蓄積により、メモリ23の記憶領域が不当に圧迫される不都合を防止して、該メモリ23の記憶領域の有効活用を図ることができる。

[実施の形態の効果]
以上の説明から明らかなように、この実施の形態の個人情報交換システムは、各携帯電話機1,2の近距離無線通信ユニット22を介して簡略的な個人情報を入力したホワイトカード情報を交換する。また、携帯電話機1の制御部24は、所定時間内に受信した交換相手のホワイトカード情報を自動的にグループ化して表示部13に表示する。これにより、ホワイトカード情報の交換したユーザをグループ単位で把握可能となるため、該ホワイトカード情報の交換を行った各ユーザの特定を容易化することができるうえ、交換日時や交換場所も想起させ易くすることができ、該交換日時や該交換場所の特定も容易化することができる。

また、ホワイトカード情報(及びショートメッセージ、或いはピンクカード情報)に有効期限が付されており、この有効期限を経過したホワイトカード情報は、メモリ23から自動的に削除するようになっているため、ホワイトカード情報の交換を行った後、何ら連絡を取ることもなく長期間が経過することで不要となったホワイトカード情報の蓄積により、メモリ23の記憶領域が不当に圧迫される不都合を防止して、該メモリ23の記憶領域の有効活用を図ることができる。

最後に、上述の実施の形態の説明では、携帯電話機を用いて個人情報の交換を行うこととしたが、携帯電話機の他、PHS電話機(PHS:Personal Handyphone System)、PDA装置(PDA:Personal Digital Assistant)、携帯ゲーム機、ノート型のパーソナルコンピュータ装置等の携帯機器を用いて個人情報の交換を行うようにしてもよい。いずれの場合でも、上述と同じ効果を得ることができる。

また、上述の実施の形態は、本発明の一例である。このため、本発明は上述の実施の形態に限定されることはなく、本発明に係る技術的思想を逸脱しない範囲であれば、設計等に応じて種々の変更が可能であることは勿論であることを付け加えておく。

本発明を適用した実施の形態となる個人情報交換システムのシステム構成を示す図である。 実施の形態の個人情報交換システムに用いられる携帯電話機のブロック図である。 実施の形態の個人情報交換システムで用いられる携帯電話機のホワイトカードの作成動作を説明するための図である。 実施の形態の個人情報交換システムで用いられる携帯電話機で作成されたホワイトカードに追加情報として付加されるお気に入りの曲の追加動作を説明するための図である。 実施の形態の個人情報交換システムで用いられる携帯電話機で作成されたホワイトカードに追加情報として付加されるお気に入りの写真の追加動作を説明するための図である。 実施の形態の個人情報交換システムで用いられる携帯電話機で作成されたホワイトカードに追加情報として付加される自分のブログ及びSNSの追加動作を説明するための図である。 実施の形態の個人情報交換システムで用いられる携帯電話機のピンクカードの作成動作を説明するための図である。 実施の形態の個人情報交換システムにおけるホワイトカードの交換動作を説明するための模式図である。 実施の形態の個人情報交換システムにおけるホワイトカードの交換動作の流れを示すフローチャートである。 実施の形態の個人情報交換システムの携帯電話機におけるホワイトカード、ブルーカード、及びピンクカードの表示動作を説明するための図である。 実施の形態の個人情報交換システムにおける、ホワイトカードに基づくショートメッセージの作成及び送信動作を説明するための図である。 実施の形態の個人情報交換システムにおける、サーバ装置を仲介したショートメッセージの受信動作の流れを示すフローチャートである。 実施の形態の個人情報交換システムにおける、ショートメッセージに付加された追加情報の前半の送信処理の流れを示すフローチャートである。 実施の形態の個人情報交換システムにおける、ショートメッセージに付加された追加情報の後半の送信処理の流れを示すフローチャートである。 実施の形態の個人情報交換システムの携帯電話機における、ショートメッセージの表示処理の流れを示す図である。 実施の形態の個人情報交換システムの携帯電話機における、有効期限を経過した不要なホワイトカード情報の自動削除処理動作を説明するためのフローチャートである。

符号の説明

1 携帯電話機、2 携帯電話機、3 サーバ装置、4 ID発行部、5 通信部、6 メッセージデータベース(メッセージDB)、7 ID管理データベース(ID管理DB)、8 制御部、9 無線基地局、10 ネットワーク、11 アンテナ、12 通信回路、13 表示部、14 操作部、15 スピーカ部、16 マイクロホン部、17 カメラ部、18 発光部、19 バイブレーションユニット、20 タイマ、21 非接触無線通信アンテナ、22 非接触無線通信ユニット、23 メモリ、24 制御部、31 カード作成機能、32 コンテンツ管理機能、33 非接触無線通信制御機能、34 個人情報管理機能、35 ショートメッセージ送受信機能、41 ホワイトカードタグ、2 ブルーカードタグ、43メッセージタグ、45 第1のグループ、46 第2のグループ

Claims (10)

  1. 近距離無線通信を行うための近距離無線通信手段と、
    簡易的な個人情報である簡易個人情報と、当該簡易個人情報に付加され、受信した機器上で表示が禁止された連絡先情報とが記憶された個人情報記憶手段と、
    個人情報の交換時において、上記個人情報記憶手段に記憶されている上記簡易個人情報及び上記連絡先情報を送信するように上記近距離無線通信手段を送信制御すると共に、交換相手の簡易個人情報及び連絡先情報を受信するように上記近距離無線通信手段を受信制御する送受信制御手段と、
    個人情報の交換時において、上記近距離無線通信手段を介して所定時間内に受信した上記交換相手の上記簡易個人情報及び上記連絡先情報をグループ化して記憶手段に登録する自動グループ化登録手段と、
    上記自動グループ化登録手段により上記記憶手段に登録されたグループの簡易個人情報及び連絡先情報のうち、該簡易個人情報のみを表示手段に表示制御する表示制御手段と
    を有する携帯端末装置。
  2. 請求項1に記載の携帯端末装置であって、
    上記個人情報記憶手段には、上記簡易個人情報及び上記連絡先情報と共に、詳細な個人情報である詳細個人情報が記憶されており、
    無線基地局を介した無線通信を行うための無線通信手段と、
    上記表示手段に表示した上記グループの簡易個人情報のうち、所望の簡易個人情報が選択され、上記詳細個人情報の送信が指示された際に、当該選択された簡易個人情報に付加されている上記連絡先情報で示される連絡先に、上記個人情報記憶手段に記憶されている上記詳細個人情報を送信するように上記無線通信手段を通信制御する通信制御手段と
    を有することを特徴とする携帯端末装置。
  3. 請求項2に記載の携帯端末装置であって、
    上記個人情報記憶手段に記憶されている当該携帯端末装置のユーザの連絡先情報、及び上記交換相手の連絡先情報は、所定のネットワーク上のサーバ装置から各ユーザ毎に付与されたユーザ識別番号、該サーバ装置のURL情報(URL:Uniform Resource Locator)、及び該サーバ装置のデータベースにユーザ識別番号に関連付けされて登録されている電子メールアドレスを有し、
    上記通信制御手段は、上記無線通信手段を介して上記詳細個人情報を送信する際に、上記URL情報に基づいて上記サーバ装置にアクセスし、上記交換相手のユーザ識別番号、当該携帯端末装置のユーザのユーザ識別番号及び上記詳細個人情報を該サーバ装置に送信することで、上記サーバ装置が、上記各ユーザ識別情報に基づいてユーザ認証を行った後、上記交換相手のユーザ識別番号に基づいて、上記データベースに登録されている該交換相手の電子メールアドレスを検出し、この電子メールアドレス宛に上記詳細個人情報を送信すること
    を特徴とする携帯端末装置。
  4. 請求項1から請求項3のうち、いずれか一項に記載の携帯端末装置であって、
    少なくとも上記交換相手の簡易個人情報には、当該簡易個人情報の表示許可期間を示す有効期限情報が付加されており、
    現在時刻をカウントする計時手段と、
    上記計時手段でカウントされる現在時刻が、上記有効期限情報で示される有効期限を経過した際に、当該有効期限情報が付加されている簡易個人情報を消去するように上記記憶手段を消去制御する消去制御手段と
    を有することを特徴とする携帯端末装置。
  5. 個人情報の交換時において、簡易的な個人情報である簡易個人情報と、当該簡易個人情報に付加され、受信した機器上で表示が禁止された連絡先情報とが記憶された個人情報記憶手段から該簡易個人情報及び該連絡先情報を送信するように近距離無線通信手段を送信制御すると共に、交換相手の簡易個人情報及び連絡先情報を受信するように上記近距離無線通信手段を受信制御する送受信制御手段としてコンピュータを機能させ、
    コンピュータを上記送受信制御手段として機能させることで、上記近距離無線通信手段を介して所定時間内に受信した上記交換相手の上記簡易個人情報及び上記連絡先情報をグループ化して記憶手段に登録する自動グループ化登録手段としてコンピュータを機能させ、
    コンピュータを上記自動グループ化登録手段として機能させることで上記記憶手段に登録されたグループの簡易個人情報及び連絡先情報のうち、該簡易個人情報のみを表示手段に表示制御する表示制御手段としてコンピュータを機能させること
    を特徴とする個人情報交換プログラム。
  6. 請求項5に記載の個人情報交換プログラムであって、
    上記個人情報記憶手段には、上記簡易個人情報及び上記連絡先情報と共に、詳細な個人情報である詳細個人情報が記憶されており、
    上記表示手段に表示した上記グループの簡易個人情報のうち、所望の簡易個人情報が選択され、上記詳細個人情報の送信が指示された際に、当該選択された簡易個人情報に付加されている上記連絡先情報で示される連絡先に、上記個人情報記憶手段に記憶されている上記詳細個人情報を送信するように、無線基地局を介した無線通信を行う無線通信手段を通信制御する通信制御手段としてコンピュータを機能させること
    を特徴とする個人情報交換プログラム。
  7. 請求項6に記載の個人情報交換プログラムであって、
    上記個人情報記憶手段に記憶されている連絡先情報、及び上記交換相手の連絡先情報は、所定のネットワーク上のサーバ装置から各ユーザ毎に付与されたユーザ識別番号、該サーバ装置のURL情報(URL:Uniform Resource Locator)、及び該サーバ装置のデータベースにユーザ識別番号に関連付けされて登録されている電子メールアドレスを有し、
    上記通信制御手段としてコンピュータを機能させる際に、上記URL情報に基づいて上記サーバ装置にアクセスし、上記交換相手のユーザ識別番号、当該携帯端末装置のユーザのユーザ識別番号及び上記詳細個人情報を該サーバ装置に送信するように上記無線通信手段を通信制御する通信制御手段としてコンピュータを機能させること
    を特徴とする個人情報交換プログラム。
  8. 請求項5から請求項7のうち、いずれか一項に記載の個人情報交換プログラムであって、
    少なくとも上記交換相手の簡易個人情報には、当該簡易個人情報の表示許可期間を示す有効期限情報が付加されており、
    計時手段でカウントされる現在時刻が、上記有効期限情報で示される有効期限を経過した際に、当該有効期限情報が付加されている簡易個人情報を消去するように上記記憶手段を消去制御する消去制御手段としてコンピュータを機能させること
    を特徴とする個人情報交換プログラム。
  9. 個人情報の交換時において、送受信制御手段が、簡易的な個人情報である簡易個人情報と、当該簡易個人情報に付加され、受信した機器上で表示が禁止された連絡先情報とが記憶された個人情報記憶手段から該簡易個人情報及び該連絡先情報を送信するように近距離無線通信手段を送信制御すると共に、交換相手の簡易個人情報及び連絡先情報を受信するように上記近距離無線通信手段を受信制御するステップと、
    上記ステップで上記近距離無線通信手段を介して所定時間内に受信した上記交換相手の上記簡易個人情報及び上記連絡先情報を、自動グループ化登録手段がグループ化して記憶手段に登録するステップと、
    表示制御手段が、上記ステップで上記記憶手段に登録されたグループの簡易個人情報及び連絡先情報のうち、該簡易個人情報のみを表示手段に表示制御するステップと
    を有する個人情報交換方法。
  10. 近距離無線通信を行うための近距離無線通信手段と、
    無線基地局を介した無線通信を行うための無線通信手段と、
    簡易的な個人情報である簡易個人情報と、所定のネットワーク上のサーバ装置から各ユーザ毎に付与されたユーザ識別番号、該サーバ装置のURL情報(URL:Uniform Resource Locator)、及び該サーバ装置のデータベースにユーザ識別番号に関連付けされて登録されている電子メールアドレスを備え、上記簡易個人情報に付加されると共に、受信した機器上で表示が禁止された連絡先情報と、詳細な個人情報である詳細個人情報とが記憶された個人情報記憶手段と、
    個人情報の交換時において、上記個人情報記憶手段に記憶されている上記簡易個人情報及び上記連絡先情報を送信するように上記近距離無線通信手段を送信制御すると共に、交換相手の簡易個人情報及び連絡先情報を受信するように上記近距離無線通信手段を受信制御する送受信制御手段と、
    個人情報の交換時において、上記近距離無線通信手段を介して所定時間内に受信した上記交換相手の上記簡易個人情報及び上記連絡先情報をグループ化して記憶手段に登録する自動グループ化登録手段と、
    上記自動グループ化登録手段により上記記憶手段に登録されたグループの簡易個人情報及び連絡先情報のうち、該簡易個人情報のみを表示手段に表示制御する表示制御手段と、
    上記表示手段に表示した上記グループの簡易個人情報のうち、所望の簡易個人情報が選択され、上記詳細個人情報の送信が指示された際に、当該選択された簡易個人情報に付加されている上記連絡先情報の上記URL情報に基づいて上記サーバ装置にアクセスし、上記交換相手のユーザ識別番号、当該携帯端末装置のユーザのユーザ識別番号及び上記詳細個人情報を該サーバ装置に送信するように上記無線通信手段を通信制御する通信制御手段と
    を備えた携帯端末装置と、
    上記携帯端末装置に対してユーザ識別番号を発行して配信するユーザ識別番号発行手段と、
    上記ユーザ識別番号発行手段で発行した各ユーザ識別番号に関連付けされた、該各ユーザの電子メールアドレスが登録されているデータベースと、
    上記携帯端末装置から、上記交換相手のユーザ識別番号、当該携帯端末装置のユーザのユーザ識別番号及び上記詳細個人情報を受信した際に、該携帯端末装置のユーザのユーザ識別番号に基づいて上記データベースを参照することでユーザ認証を行うユーザ認証手段と、
    上記ユーザ認証手段により、上記携帯端末装置のユーザが正規のユーザとしてユーザ認証された際に、上記交換相手のユーザ識別番号に基づいて、上記データベースに登録されている該交換相手の電子メールアドレスを検出し、この電子メールアドレス宛に上記携帯端末装置のユーザの上記詳細個人情報を送信する転送手段と
    を備えたサーバ装置と
    を有する個人情報交換システム。
JP2007325233A 2007-12-17 2007-12-17 携帯端末装置、個人情報交換プログラム、個人情報交換方法、及び個人情報交換システム Ceased JP2009147828A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2007325233A JP2009147828A (ja) 2007-12-17 2007-12-17 携帯端末装置、個人情報交換プログラム、個人情報交換方法、及び個人情報交換システム

Applications Claiming Priority (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2007325233A JP2009147828A (ja) 2007-12-17 2007-12-17 携帯端末装置、個人情報交換プログラム、個人情報交換方法、及び個人情報交換システム
EP08253890A EP2073518B1 (en) 2007-12-17 2008-12-05 Mobile terminal device, computer executable program, method and system for exchanging personal information
US12/335,046 US8554186B2 (en) 2007-12-17 2008-12-15 Mobile terminal device, computer executable program for exchanging personal information, and method and system for exchanging personal information

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2009147828A true JP2009147828A (ja) 2009-07-02

Family

ID=40510466

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2007325233A Ceased JP2009147828A (ja) 2007-12-17 2007-12-17 携帯端末装置、個人情報交換プログラム、個人情報交換方法、及び個人情報交換システム

Country Status (3)

Country Link
US (1) US8554186B2 (ja)
EP (1) EP2073518B1 (ja)
JP (1) JP2009147828A (ja)

Cited By (12)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2011138193A (ja) * 2009-12-25 2011-07-14 Sony Corp 情報処理装置、データ授受方法、および情報処理システム
JP2012195747A (ja) * 2011-03-16 2012-10-11 Nippon Signal Co Ltd:The 個別情報保護システム
JP2014160510A (ja) * 2011-08-10 2014-09-04 Nhn Business Platform Corp モバイル端末の位置及び動きパターンを用いてユーザ間の関係を設定するソーシャルネットワークサービス提供システム及び方法
US8874037B2 (en) 2010-12-28 2014-10-28 Nintendo Co., Ltd. Communication system, computer-readable storage medium having stored thereon information processing program, information processing method, information processing apparatus, and information processing system
US8903934B2 (en) 2009-06-19 2014-12-02 Nintendo Co., Ltd. Data exchange in an information processing system
US8954118B2 (en) 2010-06-11 2015-02-10 Nintendo Co., Ltd. Portable information system
US8990299B2 (en) 2010-06-10 2015-03-24 Nintendo Co., Ltd. Information processing apparatus, method of controlling information processing apparatus, and recording medium storing control program
US9433861B2 (en) 2010-09-17 2016-09-06 Nintendo Co., Ltd. Computer-readable storage medium having information processing program stored therein, handheld terminal apparatus, system, information processing method, and communication system
US9450917B2 (en) 2009-09-09 2016-09-20 Nintendo Co., Ltd. Information processing system, apparatus, method and control program capable of executing efficient data communication dispensing with communication with once communicated partner
US9588748B2 (en) 2010-06-11 2017-03-07 Nintendo Co., Ltd. Information processing terminal, information processing system, computer-readable storage medium having stored thereon information processing program, and information processing method
US9656173B2 (en) 2010-05-31 2017-05-23 Nintendo Co., Ltd. Computer-readable storage medium, information processing apparatus, information processing system, and information processing method
JP2018007266A (ja) * 2017-09-06 2018-01-11 沖電気工業株式会社 通信装置、通信方法、及びプログラム

Families Citing this family (23)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US8285266B2 (en) 2007-03-08 2012-10-09 Core Wireless Licensing S.A.R.L. Systems and methods for facilitating identification of communication originators
US20110098083A1 (en) * 2008-05-19 2011-04-28 Peter Lablans Large, Ultra-Thin And Ultra-Light Connectable Display For A Computing Device
US9818157B2 (en) * 2008-10-07 2017-11-14 State Farm Mutual Automobile Insurance Company Method for using electronic metadata to verify insurance claims
KR101542136B1 (ko) * 2009-03-31 2015-08-05 삼성전자 주식회사 문자 메시지 작성 방법 및 이를 이용한 휴대 단말기
KR20110047398A (ko) * 2009-10-30 2011-05-09 삼성전자주식회사 영상제공시스템 및 그 영상제공방법
JP5507350B2 (ja) 2010-06-11 2014-05-28 任天堂株式会社 携帯型情報端末、携帯型情報端末制御プログラム、携帯型情報システム、および、携帯型情報端末制御方法
US9055020B2 (en) 2010-09-27 2015-06-09 Nokia Technologies Oy Method and apparatus for sharing user information
US9792104B2 (en) 2010-11-05 2017-10-17 FedEx Supply Chain Logistics & Electronics, Inc. System and method for flashing a wireless device
US9311488B2 (en) * 2010-11-05 2016-04-12 Atc Logistics & Electronics, Inc. System and method for removing customer personal information from an electronic device
US9495367B2 (en) 2010-11-05 2016-11-15 Atc Logistics & Electronics, Inc. System and method for performing a software comparison
US9575973B2 (en) 2010-11-05 2017-02-21 Atc Logistics & Electronics, Inc. System and method for systematically removing customer personal information from an electronic device
US20130339534A1 (en) * 2011-03-02 2013-12-19 Thomson Licensing Device interconnection technique
US20120259917A1 (en) * 2011-04-06 2012-10-11 Dan Tyroler Method and apparatus for exchanging information between parties
US20140330900A1 (en) * 2011-11-23 2014-11-06 Evernote Corporation Encounter-driven personal contact space
JP5961379B2 (ja) * 2011-12-28 2016-08-02 任天堂株式会社 情報処理システム、情報処理装置、情報処理プログラム、および情報処理方法
CN102665020B (zh) * 2012-05-04 2015-05-13 中兴通讯股份有限公司 移动终端及移动终端的防盗方法
TWI520601B (zh) * 2012-06-20 2016-02-01 華晶科技股份有限公司 影像傳輸裝置及其方法
CN103338291B (zh) * 2013-05-27 2017-02-15 华为技术有限公司 移动终端联系人分组处理方法及装置
CN103414837B (zh) * 2013-08-01 2016-04-20 深圳市追风马科技有限公司 一种对防盗追踪设备进行加密的方法及装置
US9503302B2 (en) * 2013-08-26 2016-11-22 Mediatek Inc. Communication circuit and associated method for calibrating communication circuit
US9572015B2 (en) * 2015-03-02 2017-02-14 Giesecke & Devrient Mobile Security America, Inc. Contactless programming of subscriber identity modules
CN104836882B (zh) * 2015-05-28 2018-01-05 小米科技有限责任公司 联系信息的处理方法及装置
CN105100351B (zh) * 2015-06-15 2019-01-18 北京奇虎科技有限公司 通讯录中联系人条目的分组方法及装置

Citations (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH10276259A (ja) * 1997-03-28 1998-10-13 Sanyo Electric Co Ltd 電話機
JP2001117883A (ja) * 1999-10-18 2001-04-27 Takanori Taniguchi 電子化した名刺情報を無線方式により情報交換し、収集した名刺情報の管理及び活用を行う携帯電話端末
JP2001333451A (ja) * 2000-05-22 2001-11-30 Sharp Corp 端末間コミュニケーションサービスの方法および端末間コミュニケーションサービスシステム
JP2002099675A (ja) * 2000-09-22 2002-04-05 Sanyo Electric Co Ltd 電子名刺交換方法及びその方法を利用可能な携帯端末
JP2003032353A (ja) * 2001-07-16 2003-01-31 Kyocera Corp 携帯端末、及びその情報アクセス制限方法
JP2003218776A (ja) * 2002-01-23 2003-07-31 Hitachi Ltd 携帯情報端末および情報配信方法
JP2004040528A (ja) * 2002-07-04 2004-02-05 Sony Corp 情報処理装置および方法、記録媒体、並びにプログラム

Family Cites Families (14)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH118874A (ja) 1998-05-06 1999-01-12 Saaji Studio:Kk 携帯型無線通信装置
US6628194B1 (en) * 1999-08-31 2003-09-30 At&T Wireless Services, Inc. Filtered in-box for voice mail, e-mail, pages, web-based information, and faxes
US6889212B1 (en) * 2000-07-11 2005-05-03 Motorola, Inc. Method for enforcing a time limited software license in a mobile communication device
JP2002058069A (ja) 2000-08-10 2002-02-22 Sanyo Electric Co Ltd 携帯端末、個人情報交換システムおよび個人情報交換方法
SE523564C2 (sv) * 2000-09-20 2004-04-27 Mahmood Valadi Matchning av användarprofiler och positionering av mobiltelefoner i ett mobilt kommunikationsnät
GB2389742B (en) 2002-06-11 2006-03-01 Adam Raff Communications device and method
US20040046656A1 (en) * 2002-09-11 2004-03-11 Schaefer Robert A. Wireless communications system
US7310676B2 (en) * 2004-02-09 2007-12-18 Proxpro, Inc. Method and computer system for matching mobile device users for business and social networking
US8521185B2 (en) * 2004-02-28 2013-08-27 Charles Martin Hymes Wireless communications with visually-identified targets
EP1825430A4 (en) * 2004-10-19 2009-08-26 Yahoo Inc System and method for location based social networking
US8086605B2 (en) * 2005-06-28 2011-12-27 Yahoo! Inc. Search engine with augmented relevance ranking by community participation
AU2006330852A1 (en) * 2005-12-23 2007-07-05 Facebook, Inc. Systems and methods for generating a social timeline
US8126484B2 (en) * 2007-03-26 2012-02-28 Qualcomm, Incorporated Apparatus and methods of sharing contact information between mobile communication devices using short message service
US20090110177A1 (en) * 2007-10-31 2009-04-30 Nokia Corporation Dynamic Secondary Phone Book

Patent Citations (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH10276259A (ja) * 1997-03-28 1998-10-13 Sanyo Electric Co Ltd 電話機
JP2001117883A (ja) * 1999-10-18 2001-04-27 Takanori Taniguchi 電子化した名刺情報を無線方式により情報交換し、収集した名刺情報の管理及び活用を行う携帯電話端末
JP2001333451A (ja) * 2000-05-22 2001-11-30 Sharp Corp 端末間コミュニケーションサービスの方法および端末間コミュニケーションサービスシステム
JP2002099675A (ja) * 2000-09-22 2002-04-05 Sanyo Electric Co Ltd 電子名刺交換方法及びその方法を利用可能な携帯端末
JP2003032353A (ja) * 2001-07-16 2003-01-31 Kyocera Corp 携帯端末、及びその情報アクセス制限方法
JP2003218776A (ja) * 2002-01-23 2003-07-31 Hitachi Ltd 携帯情報端末および情報配信方法
JP2004040528A (ja) * 2002-07-04 2004-02-05 Sony Corp 情報処理装置および方法、記録媒体、並びにプログラム

Cited By (16)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US10086290B2 (en) 2009-06-19 2018-10-02 Nintendo Co., Ltd. Information processing system, information processing apparatus and information processing system control method, capable of providing, regardless of execution/non-execution of an application, data usable by the application to other information processing apparatus
US8903934B2 (en) 2009-06-19 2014-12-02 Nintendo Co., Ltd. Data exchange in an information processing system
US9089773B2 (en) 2009-06-19 2015-07-28 Nintendo Co., Ltd. Information processing system, information processing apparatus and information processing system control method, capable of providing, regardless of execution/non-execution of an application, data usable by the application to other information processing apparatus
US9450917B2 (en) 2009-09-09 2016-09-20 Nintendo Co., Ltd. Information processing system, apparatus, method and control program capable of executing efficient data communication dispensing with communication with once communicated partner
JP2011138193A (ja) * 2009-12-25 2011-07-14 Sony Corp 情報処理装置、データ授受方法、および情報処理システム
US9656173B2 (en) 2010-05-31 2017-05-23 Nintendo Co., Ltd. Computer-readable storage medium, information processing apparatus, information processing system, and information processing method
US8990299B2 (en) 2010-06-10 2015-03-24 Nintendo Co., Ltd. Information processing apparatus, method of controlling information processing apparatus, and recording medium storing control program
US8954118B2 (en) 2010-06-11 2015-02-10 Nintendo Co., Ltd. Portable information system
US9588748B2 (en) 2010-06-11 2017-03-07 Nintendo Co., Ltd. Information processing terminal, information processing system, computer-readable storage medium having stored thereon information processing program, and information processing method
US9832718B2 (en) 2010-06-11 2017-11-28 Nintendo Co., Ltd. Portable information terminal using near field communication
US10296319B2 (en) 2010-06-11 2019-05-21 Nintendo Co., Ltd. Information processing terminal, information processing system, computer-readable storage medium having stored thereon information processing program, and information processing method
US9433861B2 (en) 2010-09-17 2016-09-06 Nintendo Co., Ltd. Computer-readable storage medium having information processing program stored therein, handheld terminal apparatus, system, information processing method, and communication system
US8874037B2 (en) 2010-12-28 2014-10-28 Nintendo Co., Ltd. Communication system, computer-readable storage medium having stored thereon information processing program, information processing method, information processing apparatus, and information processing system
JP2012195747A (ja) * 2011-03-16 2012-10-11 Nippon Signal Co Ltd:The 個別情報保護システム
JP2014160510A (ja) * 2011-08-10 2014-09-04 Nhn Business Platform Corp モバイル端末の位置及び動きパターンを用いてユーザ間の関係を設定するソーシャルネットワークサービス提供システム及び方法
JP2018007266A (ja) * 2017-09-06 2018-01-11 沖電気工業株式会社 通信装置、通信方法、及びプログラム

Also Published As

Publication number Publication date
EP2073518B1 (en) 2012-05-16
US8554186B2 (en) 2013-10-08
EP2073518A1 (en) 2009-06-24
US20090186603A1 (en) 2009-07-23

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6714965B2 (en) Group contacting system, and recording medium for storing computer instructions for executing operations of the contact system
US7734700B2 (en) System and method for notification of digital images to be shared via a service provider
CN101588262B (zh) 移动无线设备的远程管理
US7613472B2 (en) System and method of sharing a contact list among mobile phones
US9495712B2 (en) Social namespace addressing for non-unique identifiers
JP5214059B2 (ja) ファイル転送を介してソーシャルネットワークを確立するための方法および装置
CN1302682C (zh) 用于对使用历史信息进行管理的移动式通信终端和方法
US20120239618A1 (en) File sharing mechanism
US8914024B2 (en) Discovery of network members by personal attributes
CN101516073B (zh) 针对无线通信系统中的无线设备的策略管理
US20110264768A1 (en) Systems and methods for facilitating transmission of content from a source to a user device
US7865206B2 (en) Employing matching of event characteristics to suggest another characteristic of an event
US8060627B2 (en) Device-to-device workflows
KR20120013299A (ko) 태그-다이얼 기능을 갖춘 디지털 포토 프레임
KR20090116785A (ko) 접촉 데이터를 사용하는 미디어 공유 방법, 장치 및 시스템과 컴퓨터 판독가능 저장 매체
TW200840268A (en) Collecting implicit information for determining context of event actions
EP2281270A1 (en) Method, apparatus, and computer program product for content use assignment by exploiting social graph information
CN102754520A (zh) 在移动终端提供信息的方法和设备
CN101253757B (zh) 通信系统和通信终端
FI112998B (fi) Menetelmä ja laite tiedonsiirtoon
KR101633928B1 (ko) 소셜 네트워크 서비스 제공 방법 및 장치
JP2004304719A (ja) 移動通信システム及び移動端末装置
CN1599389B (zh) 用于存储和管理个人信息的系统和方法
US6744869B2 (en) Method and system for one party to pass a calling invitation to another party
CN102474540B (zh) 用于消除移动装置上实施的联系人列表数据库中的条目的歧义的系统和方法

Legal Events

Date Code Title Description
A711 Notification of change in applicant

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A711

Effective date: 20091002

A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20101202

RD02 Notification of acceptance of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7422

Effective date: 20120419

RD04 Notification of resignation of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7424

Effective date: 20120426

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20120712

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20120724

A045 Written measure of dismissal of application

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A045

Effective date: 20121127