JP2009082603A5 - - Google Patents

Download PDF

Info

Publication number
JP2009082603A5
JP2009082603A5 JP2007258673A JP2007258673A JP2009082603A5 JP 2009082603 A5 JP2009082603 A5 JP 2009082603A5 JP 2007258673 A JP2007258673 A JP 2007258673A JP 2007258673 A JP2007258673 A JP 2007258673A JP 2009082603 A5 JP2009082603 A5 JP 2009082603A5
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
variable display
display
specific
variable
selection data
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2007258673A
Other languages
English (en)
Other versions
JP5414982B2 (ja
JP2009082603A (ja
Filing date
Publication date
Application filed filed Critical
Priority to JP2007258673A priority Critical patent/JP5414982B2/ja
Priority claimed from JP2007258673A external-priority patent/JP5414982B2/ja
Publication of JP2009082603A publication Critical patent/JP2009082603A/ja
Publication of JP2009082603A5 publication Critical patent/JP2009082603A5/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP5414982B2 publication Critical patent/JP5414982B2/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Description

1再可変態様パターンが、第1非特定表示時選択用データまたは第2非特定表示時選択用データのいずれか一方では選択不可能に設定され、他方では選択可能に設定されているように構成されることによって、保留数によって、事前決定手段によって特定表示結果とすると決定された場合にのみ、第1再可変態様パターンを選択する場合を設けることができる。したがって、保留数および第1再可変態様パターンにもとづく再可変態様が実行されたことにもとづいて、遊技者に対して特定表示結果となることを確信させる場合を設けることができ、遊技に対する興趣を向上させることができる。
1非特定表示時選択用データが、第1保留数と同じ回数再可変態様を実行する第1可変表示パターンが、第1保留数と異なる回数再可変態様を実行する第2可変表示パターンよりも選択割合が低く設定されているように構成されることによって、事前決定手段によって特定表示結果としないと決定された場合には、再可変態様の実行回数として、保留数と同数の実行回数が選択される割合を低くすることができる。そのため、保留数と同数の再可変態様が実行された場合には、事前決定手段によって特定表示結果とすると決定されている割合を高めることができる。したがって、保留数と同数の再可変態様が実行される場合の特定表示結果に対する信頼度を高めることができ、遊技者に対して保留数と再変動表示の実行回数との関係により一層の関心をもたせるようにして、遊技に対する興趣を向上させることができる。
変表示実行手段が第1再可変表示パターンに従って識別情報の可変表示を実行しているときに、識別情報の可変表示の開始時において保留記憶手段によって記憶されていた保留数を表示する可変表示開始時成立数表示手段を備えることによって、識別情報の可変表示が開始された後に、遊技者に対して可変表示の開始時における保留数を認識させることができる。そのため、遊技者が保留数と再可変態様の実行回数との関係をより確実に認識できるようにすることができ、さらなる遊技に対する興趣を向上させることができる。
請求項に記載された遊技機では、可変表示パターン選択手段が、事前決定手段によって特定表示結果とすると決定されたときに、特定表示時選択用データにもとづいていずれか1つの可変表示パターンを選択し、事前決定手段によって特定表示結果としないと決定されたときに、可変表示を開始するときの判定手段にて判定された合計保留数に対応するあらかじめ定められた非特定表示時選択用データにもとづいていずれか1つの可変表示パターンを選択し、合計保留数に対応する非特定表示時選択用データは、判定手段にて判定された合計保留数が第1保留数であることに対応する第1非特定表示時選択用データと、判定手段にて判定された合計保留数が第2保留数であることに対応する第2非特定表示時選択用データとを含み、第1非特定表示時選択用データと第2非特定表示時選択用データとは、特定表示時選択用データに選択可能に設定されている第1再可変表示パターンおよび第2再可変表示パターンが選択される割合が異なるように設定されているように構成されているので、複数の可変表示部を備える場合に合計保留数に応じて再可変態様の実行回数の選択割合を異ならせることができ、再可変態様の実行回数に対する特定表示結果にとなる信頼度を変化させることができる。したがって、識別情報の可変表示中に再可変態様を行う場合に、可変表示中における再可変態様の実行回数にかかわらず、遊技に対する興趣を向上させることができる。

Claims (2)

  1. 始動条件が成立した後に実行条件が成立したことにもとづいて各々を識別可能な複数種類の識別情報の可変表示を行い表示結果を導出表示する複数の可変表示部を備え、該可変表示部に特定表示結果が導出表示されたときに遊技者にとって有利な特定遊技状態に移行させる遊技機であって、
    前記可変表示部に導出表示される表示結果を前記特定表示結果とするか否かを表示結果の導出表示以前に決定する事前決定手段と、
    前記実行条件が成立していないときに前記始動条件が成立した場合、当該始動条件の成立を保留記憶として所定数まで記憶する保留記憶手段と、
    前記事前決定手段の決定にもとづいてあらかじめ定められた複数種類の識別情報の可変表示パターンの中から1つの可変表示パターンを選択する可変表示パターン選択手段と、
    前記可変表示パターン選択手段において選択された可変表示パターンにもとづいて前記識別情報の可変表示を実行する可変表示実行手段とを備え、
    前記あらかじめ定められた複数種類の識別情報の可変表示パターンには、可変表示が開始されてから表示結果が導出表示されるまでに、ての可変表示部の識別情報を仮停止させた後に前記全ての可変表示部の識別情報の可変表示を再開させる再可変態様を第1回数実行する第1再可変表示パターンと、第2回数実行する第2再可変表示パターンとが含まれ、
    前記可変表示パターン選択手段は、前記事前決定手段によって前記特定表示結果とすると決定されたときに、特定表示時選択用データにもとづいていずれか1つの可変表示パターンを選択し、前記事前決定手段によって前記特定表示結果としないと決定されたときに、前記可変表示を開始するときの前記保留記憶の保留数に対応するあらかじめ定められた非特定表示時選択用データにもとづいていずれか1つの可変表示パターンを選択し、
    前記保留数に対応する非特定表示時選択用データは、前記可変表示を開始するときの前記保留数が第1保留数であることに対応する第1非特定表示時選択用データと、前記可変表示を開始するときの前記保留数が第2保留数であることに対応する第2非特定表示時選択用データとを含み、
    前記第1非特定表示時選択用データと前記第2非特定表示時選択用データとは、前記特定表示時選択用データに選択可能に設定されている前記第1再可変表示パターンおよび前記第2再可変表示パターンが選択される割合が異なるように設定されている
    ことを特徴とする遊技機。
  2. 第1の始動条件が成立した後に第1の実行条件が成立したことにもとづいて各々を識別可能な複数種類の第1の識別情報の可変表示を行い表示結果を導出表示する第1可変表示部と、第2の始動条件が成立した後に第2の実行条件が成立したことにもとづいて各々を識別可能な複数種類の第2の識別情報の可変表示を行い表示結果を導出表示する第2可変表示部とを備え、前記第1可変表示部または前記第2可変表示部に特定表示結果が導出表示されたときに遊技者にとって有利な特定遊技状態に移行させる遊技機であって、
    前記第1可変表示部および前記第2可変表示部における識別情報の可変表示に対応して、複数種類の演出用識別情報の可変表示を実行する複数の可変表示部を含む演出用可変表示装置と、
    前記第1可変表示部および前記第2可変表示部に導出表示される表示結果を前記特定表示結果とするか否かを表示結果の導出表示以前に決定する事前決定手段と、
    前記第1の実行条件が成立していないときに前記第1の始動条件が成立した場合、当該第1の始動条件の成立を保留記憶として所定数まで記憶する第1保留記憶手段と、
    前記第2の実行条件が成立していないときに前記第2の始動条件が成立した場合、当該第2の始動条件の成立を保留記憶として所定数まで記憶する第2保留記憶手段と、
    前記第1保留記憶手段が記憶する保留記憶と前記第2保留記憶手段が記憶する保留記憶との合計である合計保留数を判定する判定手段と、
    前記事前決定手段の決定にもとづいてあらかじめ定められた複数種類の演出用識別情報の可変表示パターンの中から1つの可変表示パターンを選択する可変表示パターン選択手段と、
    前記可変表示パターン選択手段において選択された可変表示パターンにもとづいて前記演出用識別情報の可変表示を実行する演出用可変表示実行手段とを備え、
    前記あらかじめ定められた複数種類の演出用識別情報の可変表示パターンには、可変表示が開始されてから表示結果が導出表示されるまでに、ての可変表示部の演出用識別情報を仮停止させた後に前記全ての可変表示部の演出用識別情報の可変表示を再開させる再可変態様を第1回数実行する第1再可変表示パターンと、第2回数実行する第2再可変表示パターンとが含まれ、
    前記可変表示パターン選択手段は、前記事前決定手段によって前記特定表示結果とすると決定されたときに、特定表示時選択用データにもとづいていずれか1つの可変表示パターンを選択し、前記事前決定手段によって前記特定表示結果としないと決定されたときに、前記可変表示を開始するときの前記判定手段にて判定された合計保留数に対応するあらかじめ定められた非特定表示時選択用データにもとづいていずれか1つの可変表示パターンを選択し、
    前記合計保留数に対応する非特定表示時選択用データは、前記判定手段にて判定された合計保留数が第1保留数であることに対応する第1非特定表示時選択用データと、前記判定手段にて判定された合計保留数が第2保留数であることに対応する第2非特定表示時選択用データとを含み、
    前記第1非特定表示時選択用データと前記第2非特定表示時選択用データとは、前記特定表示時選択用データに選択可能に設定されている前記第1再可変表示パターンおよび前記第2再可変表示パターンが選択される割合が異なるように設定されている
    ことを特徴とする遊技機。
JP2007258673A 2007-10-02 2007-10-02 遊技機 Active JP5414982B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2007258673A JP5414982B2 (ja) 2007-10-02 2007-10-02 遊技機

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2007258673A JP5414982B2 (ja) 2007-10-02 2007-10-02 遊技機

Related Child Applications (3)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2012042156A Division JP5415575B2 (ja) 2012-02-28 2012-02-28 遊技機
JP2012076002A Division JP5679463B2 (ja) 2012-03-29 2012-03-29 遊技機
JP2012076003A Division JP5679464B2 (ja) 2012-03-29 2012-03-29 遊技機

Publications (3)

Publication Number Publication Date
JP2009082603A JP2009082603A (ja) 2009-04-23
JP2009082603A5 true JP2009082603A5 (ja) 2012-04-12
JP5414982B2 JP5414982B2 (ja) 2014-02-12

Family

ID=40656836

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2007258673A Active JP5414982B2 (ja) 2007-10-02 2007-10-02 遊技機

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP5414982B2 (ja)

Families Citing this family (22)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP5456362B2 (ja) * 2009-04-27 2014-03-26 株式会社三共 遊技機
JP5456361B2 (ja) * 2009-04-27 2014-03-26 株式会社三共 遊技機
JP5372631B2 (ja) * 2009-07-10 2013-12-18 株式会社三共 遊技機
JP5372632B2 (ja) * 2009-07-10 2013-12-18 株式会社三共 遊技機
JP5372633B2 (ja) * 2009-07-10 2013-12-18 株式会社三共 遊技機
JP5384301B2 (ja) * 2009-11-12 2014-01-08 株式会社三共 遊技機
JP5539267B2 (ja) * 2011-06-03 2014-07-02 株式会社ニューギン 遊技機
JP5372201B2 (ja) * 2012-04-24 2013-12-18 株式会社三共 遊技機
JP5372200B2 (ja) * 2012-04-24 2013-12-18 株式会社三共 遊技機
JP5372202B2 (ja) * 2012-04-24 2013-12-18 株式会社三共 遊技機
JP5456855B2 (ja) * 2012-07-26 2014-04-02 株式会社三共 遊技機
JP5456854B2 (ja) * 2012-07-26 2014-04-02 株式会社三共 遊技機
JP5758969B2 (ja) * 2013-11-08 2015-08-05 株式会社ユニバーサルエンターテインメント 遊技機
JP6127000B2 (ja) * 2014-01-16 2017-05-10 京楽産業.株式会社 遊技機
JP2014144326A (ja) * 2014-01-16 2014-08-14 Kyoraku Sangyo Co Ltd 遊技機
JP5774736B2 (ja) * 2014-01-17 2015-09-09 株式会社三共 遊技機
JP5774735B2 (ja) * 2014-01-17 2015-09-09 株式会社三共 遊技機
JP6120814B2 (ja) * 2014-08-06 2017-04-26 株式会社三共 遊技機
JP5986266B2 (ja) * 2015-06-01 2016-09-06 株式会社ユニバーサルエンターテインメント 遊技機
JP2016026003A (ja) * 2015-10-23 2016-02-12 株式会社三共 遊技機
JP6340045B2 (ja) * 2016-08-04 2018-06-06 株式会社ユニバーサルエンターテインメント 遊技機
JP2018042608A (ja) * 2016-09-12 2018-03-22 株式会社サンセイアールアンドディ 遊技機

Family Cites Families (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2001087492A (ja) * 1999-09-24 2001-04-03 Daiichi Shokai Co Ltd 遊技機
JP2001327699A (ja) * 2000-05-25 2001-11-27 Daiichi Shokai Co Ltd 遊技機
JP2007029314A (ja) * 2005-07-25 2007-02-08 Sankyo Kk 遊技機

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2016129840A5 (ja)
JP2016010509A5 (ja)
JP2013111200A5 (ja)
JP2011200682A5 (ja)
JP2014087491A5 (ja)
JP2019217324A5 (ja)
JP2010136829A5 (ja)
JP2014028035A5 (ja)
JP2011115256A5 (ja)
JP2013048835A5 (ja)
JP2010119579A5 (ja)
JP2019088642A5 (ja)
JP2013039213A5 (ja)
JP2014079524A5 (ja)
JP2012213567A5 (ja)
JP2014100191A5 (ja)
JP2010063496A5 (ja)
JP2010115323A5 (ja)
JP2013102883A5 (ja)
JP2013094576A5 (ja)
JP2014050609A5 (ja)
JP2010042106A5 (ja)
JP2010115248A5 (ja)
JP2013233260A5 (ja)
JP2010110475A5 (ja)

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Effective date: 20100913

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

A521 Written amendment

Effective date: 20120228

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

A131 Notification of reasons for refusal

Effective date: 20120814

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

A521 Written amendment

Effective date: 20121011

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20130402

A521 Written amendment

Effective date: 20130531

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20131113