JP2009074782A - 加水燃料燃焼装置 - Google Patents

加水燃料燃焼装置 Download PDF

Info

Publication number
JP2009074782A
JP2009074782A JP2007271801A JP2007271801A JP2009074782A JP 2009074782 A JP2009074782 A JP 2009074782A JP 2007271801 A JP2007271801 A JP 2007271801A JP 2007271801 A JP2007271801 A JP 2007271801A JP 2009074782 A JP2009074782 A JP 2009074782A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
combustion
fuel
cone
flame
cylinder
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2007271801A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2009074782A5 (ja
Inventor
Yukio Ishii
幸雄 石井
Original Assignee
Yukio Ishii
幸雄 石井
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Yukio Ishii, 幸雄 石井 filed Critical Yukio Ishii
Priority to JP2007271801A priority Critical patent/JP2009074782A/ja
Publication of JP2009074782A publication Critical patent/JP2009074782A/ja
Publication of JP2009074782A5 publication Critical patent/JP2009074782A5/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Images

Abstract

【課題】高配合の加水燃料の完全燃焼と、燃費の節減が可能な燃焼装置を提供する。
【解決手段】円筒の前・後部を円錐形にして外殻4を鋼材その内部を耐熱鋼材で構成する。後部円錐端部に燃料噴霧バーナー9を設置する。前部円錐端には1ないし数個の火焔噴射筒6を設け、各火焔噴射筒6の先端を円筒の内径より大きく拡大し高熱ガスの噴射角を拡大させる。燃料噴霧バーナー9により重油又は灯油を噴霧して燃焼装置内部を加熱し700℃以上に達した後、加水燃料を噴霧して燃焼させ、重油・灯油の噴霧量を低減させる。前部円錐端に設けた数個の火焔噴射筒により燃焼炉内に広い範囲に高熱ガスを噴射することにより燃焼効率を向上させることが出来る。
【選択図】図2

Description

発明の詳細な説明
本発明は加水燃料の燃焼装置に関するものである。
従来、燃焼により熱源を供給する燃焼装置には重油、軽油及び灯油などが使用されていた。燃焼時にはダイオキシン、硫黄化合物、塩化水素、窒素酸化物等の有害ガスが発して社会問題化している。これらの有害ガスの排出を防止するには高温で燃焼させる必要から大規模な燃焼設備、施設が必要があった。
また、従来の加水燃焼装置は燃焼室内に蓄熱塊を設け、これに燃料を噴霧して焼き玉エンジンの原理で燃焼させている。また火焔噴射孔が前部に1箇所のみであったため接属する燃焼炉内に火焔が1条噴霧するだけで炉中心部と外縁部とに温度差が発生し炉内温度の均衡性に難があった。
発明が解決しようとする課題
本発明は上記の問題点を解決する事を目的とし、蓄熱塊を必要としない単純な構造の燃焼装置と火炎の形状を拡散可能な噴霧筒を1ないし数個設ける。噴霧された加水燃料は燃焼装置の予熱温度により微爆発し完全燃焼する。燃焼装置で発生した高熱は広角度で炉内に噴霧され炉内温度の均衡化する事が可能となり燃焼の高率化を図る。
課題を解決する手段
本発明の手段は次のとおりである。
請求項 1の発明は、外殻には微水蒸気爆発に耐え得る鋼材を使用して後部円錐部、円胴部、前部円錐部により構成し、上下2分割あるいは前後部を3固に分割することができる。
内部は所定の厚さにより耐熱素材により被覆し、後部円錐端部にはオイルと加水燃料噴霧バーナーを設置する。前部円錐部は後部円錐より緩やかにし先端部に数個の火炎噴霧筒またはリング状の火焔噴射孔を設ける。
燃焼装置は予め後部に設けるオイル噴霧装置により噴霧された油の燃焼により700℃程度に加熱した後加水燃料を噴霧して燃料が炉内の高熱により水蒸気微爆発を起こさせることを特徴とする。
請求項2 の発明は前部円錐部端に数個の火焔噴射筒またはリング状の噴射孔を設け先端を放射状に加工する事により火焔の噴射範囲を炉内に拡大することが可能となり、炉内温度を均衡化することを特徴とする。
図面は本発明の実施例を示したもので、図面−2及び図面−3は設備全体をしめしたものあり、燃焼設備は符号1の円胴部、符号2の後部円錐部、符号3の前部円錐部からなり2の後端部にバーナー9、前側円錐部3の先端部に火焔噴射筒6設ける。
前記構造体の外殻4は水蒸気微爆発に耐え得る鋼材で形成し内部全面を所定の厚さを有する耐熱素材5により被覆する。実施例では4にSS400を使用し、内部耐熱素材は旭硝子(株)製の「旭キャスター13S」と和田バーライト(株)製の「和田パーライト2号」を混合して使用した。
図中の符号6は火焔噴射筒であり、火焔を広範囲に噴射させるため数個の筒または外縁に沿って円形の噴射孔13のような形状を特徴とする。円筒の数及び総体の噴射筒面積は装置からの噴霧圧力を2〜2.5kgf/cmとなるよう調整する。
図−6及び図−6C−Cの符号12は火焔を拡大して噴霧する必要がある場合噴射筒先端を詳細図のように放射状に拡大することが特徴である。
図−8及び図−8のD−Dに示す符号13は前記同様火焔を広範囲に噴射することを特徴とする。噴射口面積は前記〔0007〕記述したとおりである。
図−3の符号9は燃料噴射用バーナーであり、符号10は燃焼装置予熱用バーナーを示し、符号11は加水燃料の噴霧バーナーであり各々圧送ポンプを介して燃料貯蔵タンクに連絡している。
以上により10の燃料噴霧バーナーにより燃焼装置を700℃程度に予熱した後、11の加水燃料噴霧バーナーにより加水燃料を燃焼させる。
工場廃液の燃焼試験において実施した〔燃焼装置の有無と温度上昇の傾向〕は図−1に示す。燃焼装置を使用しない場合は加水燃料を噴霧すると温度低下をきたし結果的に消火する。
工場廃液を水に置き換えて加水燃料を製造して燃焼した場合の排ガス測定値
発明の効果
本発明によれば、前記のとおり高配合の油対水が1:3〜5程度の加水燃料の燃焼が可能であり、噴霧筒を多く設けることにより燃焼装置に接続する燃焼炉内に火焔を拡散して噴射する事が可能となり燃焼の効率化による燃料費の節減と、有毒ガスを完全燃焼することにより排気ガスをクリーン化する事が可能となる。
平面図 縦断面図 図−2のA−A断面 図−3のB−B断面 火焔噴射筒 図−6のC−C断面 リング状火焔噴射口 図−8のD−D断面
符号の説明
1 燃焼室円筒部
2 燃焼室後部円錐部
3 燃焼室前部円錐部
4 外殻
5 耐熱被覆(キャスター)
6 火焔噴射筒
7 温度計挿入管
8 監視孔
9 噴霧バーナー
10 予熱燃料送油管
11 加水燃料送油管
12 火焔放射筒端部拡張
13 リング形状放射孔
14 接続フランツ

Claims (2)

  1. 外殻を円筒形と前・後部円錐形とし鋼材により構成し、内面は後部円錐形・円胴形及び前部を後部よりやや緩い円錐とし、内部全面を所定の厚さにより全面耐熱素材で被覆する。後部円錐の端部には燃料噴射バーナーを、前部には数個の火焔噴射筒あるいはリング状の噴射孔を設ける。
    前記、装置後方に設置するバーナーにより重油または灯油を装置内に噴霧し円筒内温度を700℃前後に加熱した後加水燃料を噴霧すると加水燃料に含まれている水は微水蒸気爆発を起こし3200倍に膨張し、分解した水素と酸素は微細化した油と混合して完全燃焼させる事を特徴とする加水燃料燃焼装置。
  2. 前側円錐部に設ける火焔噴射筒を複数あるいはリング状に設ける事により燃焼設備に接続する燃焼炉の炉内に火焔を拡散して噴霧し炉内温度を均衡化するための火焔噴射筒の数と形状を特徴とする加水燃料燃焼装置。
JP2007271801A 2007-09-19 2007-09-19 加水燃料燃焼装置 Pending JP2009074782A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2007271801A JP2009074782A (ja) 2007-09-19 2007-09-19 加水燃料燃焼装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2007271801A JP2009074782A (ja) 2007-09-19 2007-09-19 加水燃料燃焼装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2009074782A true JP2009074782A (ja) 2009-04-09
JP2009074782A5 JP2009074782A5 (ja) 2009-09-24

Family

ID=40609927

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2007271801A Pending JP2009074782A (ja) 2007-09-19 2007-09-19 加水燃料燃焼装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2009074782A (ja)

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2010073710A1 (ja) * 2008-12-27 2010-07-01 株式会社ブイエスディー ガス化燃焼装置
WO2011083877A1 (ja) * 2010-01-07 2011-07-14 株式会社アイ・ビー・エス 燃料と有機化合物水溶液を使用する高温燃焼方法及び装置
WO2012077172A1 (ja) * 2010-12-06 2012-06-14 株式会社ニレコ 加水燃料燃焼装置用チャンバー
CN103994429A (zh) * 2014-06-17 2014-08-20 张友晶 煤粉燃烧器

Citations (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS59225207A (en) * 1983-06-02 1984-12-18 Akio Tanaka Combustion method and device therefor
JPS62255710A (en) * 1986-04-30 1987-11-07 Matsushita Electric Ind Co Ltd Combustion device
JPH02503947A (ja) * 1987-04-16 1990-11-15
JPH0510507A (ja) * 1991-07-03 1993-01-19 Miura Kenkyusho:Kk 二段燃焼式気化燃焼バーナ
JPH10501056A (ja) * 1994-09-20 1998-01-27 ノース アメリカン マニュファクチュアリング カンパニー 超低量noxバーナー
JP2000283405A (ja) * 1999-03-31 2000-10-13 Nakanishi Giken:Kk 加水燃料燃焼装置

Patent Citations (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS59225207A (en) * 1983-06-02 1984-12-18 Akio Tanaka Combustion method and device therefor
JPS62255710A (en) * 1986-04-30 1987-11-07 Matsushita Electric Ind Co Ltd Combustion device
JPH02503947A (ja) * 1987-04-16 1990-11-15
JPH0510507A (ja) * 1991-07-03 1993-01-19 Miura Kenkyusho:Kk 二段燃焼式気化燃焼バーナ
JPH10501056A (ja) * 1994-09-20 1998-01-27 ノース アメリカン マニュファクチュアリング カンパニー 超低量noxバーナー
JP2000283405A (ja) * 1999-03-31 2000-10-13 Nakanishi Giken:Kk 加水燃料燃焼装置

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2010073710A1 (ja) * 2008-12-27 2010-07-01 株式会社ブイエスディー ガス化燃焼装置
WO2011083877A1 (ja) * 2010-01-07 2011-07-14 株式会社アイ・ビー・エス 燃料と有機化合物水溶液を使用する高温燃焼方法及び装置
JPWO2011083877A1 (ja) * 2010-01-07 2013-05-16 石黒 三郎 燃料と有機化合物水溶液を使用する高温燃焼方法及び装置
WO2012077172A1 (ja) * 2010-12-06 2012-06-14 株式会社ニレコ 加水燃料燃焼装置用チャンバー
CN103994429A (zh) * 2014-06-17 2014-08-20 张友晶 煤粉燃烧器

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2009074782A (ja) 加水燃料燃焼装置
JP2009074782A5 (ja)
CN207527602U (zh) 一种处理高含水低热值有机废水的燃烧器
CN105757666B (zh) 应用于家用燃气灶燃烧器的三环组合型全直喷式分火器
CN106594760B (zh) 一种适用于废液处理的燃烧器
RU129599U1 (ru) Горелочное устройство инфракрасного излучения
JP3553409B2 (ja) 加水燃料燃焼装置
CN202660546U (zh) 空气雾化油枪及两级气化油燃烧器
CN205746839U (zh) 一种防回火自吸式安全长明灯
CN205842641U (zh) 一种锅炉及其有机燃料燃烧器
CN109724093A (zh) 一种处理高含水低热值有机废水的燃烧器及燃烧方法
RU2432530C1 (ru) Горелка для сжигания газообразного и/или жидкого топлива с пониженным выбросом окислов азота
CN203744233U (zh) 一种用于燃气轮机余热锅炉的补燃燃烧器
RU2451879C2 (ru) Горелка для пыли высокой концентрации
CN207422273U (zh) 一种热处理渗碳连续炉点火装置
CN201203110Y (zh) 加水燃料燃烧装置
KR101371074B1 (ko) 공정 폐가스용 연소기
RU160276U1 (ru) Устройство для сжигания сточных вод коксохимического производства
CN202546785U (zh) 低热值尾气燃烧机
CN102486309B (zh) 气化油燃烧器
TWM425993U (en) Water fuel heater
CN205535780U (zh) 一种新型煤粉燃烧器
CN108151021B (zh) 一种燃烧方法
CN211176842U (zh) 一种废气焚烧氧化炉
CN212805677U (zh) 一种有毒有害及可燃废气焚烧设备

Legal Events

Date Code Title Description
RD02 Notification of acceptance of power of attorney

Effective date: 20090701

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7422

A521 Written amendment

Effective date: 20090701

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20091125

A871 Explanation of circumstances concerning accelerated examination

Effective date: 20091126

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A871

A975 Report on accelerated examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971005

Effective date: 20091210

A131 Notification of reasons for refusal

Effective date: 20091221

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

A521 Written amendment

Effective date: 20100217

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20100323