JP2009061730A - 装飾筐体及びその製造方法 - Google Patents

装飾筐体及びその製造方法 Download PDF

Info

Publication number
JP2009061730A
JP2009061730A JP2007233160A JP2007233160A JP2009061730A JP 2009061730 A JP2009061730 A JP 2009061730A JP 2007233160 A JP2007233160 A JP 2007233160A JP 2007233160 A JP2007233160 A JP 2007233160A JP 2009061730 A JP2009061730 A JP 2009061730A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
casing
decorative
film
adhesive layer
special effect
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2007233160A
Other languages
English (en)
Inventor
Shinichiro Akieda
Takashi Arita
Yoshitsugu Yuzuba
隆 有田
誉嗣 柚場
真一郎 秋枝
Original Assignee
Fujitsu Component Ltd
富士通コンポーネント株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Fujitsu Component Ltd, 富士通コンポーネント株式会社 filed Critical Fujitsu Component Ltd
Priority to JP2007233160A priority Critical patent/JP2009061730A/ja
Publication of JP2009061730A publication Critical patent/JP2009061730A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Images

Classifications

    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B44DECORATIVE ARTS
    • B44CPRODUCING DECORATIVE EFFECTS; MOSAICS; TARSIA WORK; PAPERHANGING
    • B44C1/00Processes, not specifically provided for elsewhere, for producing decorative surface effects
    • B44C1/16Processes, not specifically provided for elsewhere, for producing decorative surface effects for applying transfer pictures or the like
    • B44C1/165Processes, not specifically provided for elsewhere, for producing decorative surface effects for applying transfer pictures or the like for decalcomanias; sheet material therefor
    • B44C1/17Dry transfer
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B32LAYERED PRODUCTS
    • B32BLAYERED PRODUCTS, i.e. PRODUCTS BUILT-UP OF STRATA OF FLAT OR NON-FLAT, e.g. CELLULAR OR HONEYCOMB, FORM
    • B32B15/00Layered products comprising a layer of metal
    • B32B15/18Layered products comprising a layer of metal comprising iron or steel
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B32LAYERED PRODUCTS
    • B32BLAYERED PRODUCTS, i.e. PRODUCTS BUILT-UP OF STRATA OF FLAT OR NON-FLAT, e.g. CELLULAR OR HONEYCOMB, FORM
    • B32B15/00Layered products comprising a layer of metal
    • B32B15/20Layered products comprising a layer of metal comprising aluminium or copper
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B32LAYERED PRODUCTS
    • B32BLAYERED PRODUCTS, i.e. PRODUCTS BUILT-UP OF STRATA OF FLAT OR NON-FLAT, e.g. CELLULAR OR HONEYCOMB, FORM
    • B32B27/00Layered products comprising a layer of synthetic resin
    • B32B27/06Layered products comprising a layer of synthetic resin as the main or only constituent of a layer, which is next to another layer of the same or of a different material
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B32LAYERED PRODUCTS
    • B32BLAYERED PRODUCTS, i.e. PRODUCTS BUILT-UP OF STRATA OF FLAT OR NON-FLAT, e.g. CELLULAR OR HONEYCOMB, FORM
    • B32B27/00Layered products comprising a layer of synthetic resin
    • B32B27/36Layered products comprising a layer of synthetic resin comprising polyesters
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B32LAYERED PRODUCTS
    • B32BLAYERED PRODUCTS, i.e. PRODUCTS BUILT-UP OF STRATA OF FLAT OR NON-FLAT, e.g. CELLULAR OR HONEYCOMB, FORM
    • B32B7/00Layered products characterised by the relation between layers; Layered products characterised by the relative orientation of features between layers, or by the relative values of a measurable parameter between layers, i.e. products comprising layers having different physical, chemical or physicochemical properties; Layered products characterised by the interconnection of layers
    • B32B7/04Interconnection of layers
    • B32B7/12Interconnection of layers using interposed adhesives or interposed materials with bonding properties
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B44DECORATIVE ARTS
    • B44FSPECIAL DESIGNS OR PICTURES
    • B44F1/00Designs or pictures characterised by special or unusual light effects
    • B44F1/02Designs or pictures characterised by special or unusual light effects produced by reflected light, e.g. matt surfaces, lustrous surfaces
    • B44F1/04Designs or pictures characterised by special or unusual light effects produced by reflected light, e.g. matt surfaces, lustrous surfaces after passage through surface layers, e.g. pictures with mirrors on the back
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B32LAYERED PRODUCTS
    • B32BLAYERED PRODUCTS, i.e. PRODUCTS BUILT-UP OF STRATA OF FLAT OR NON-FLAT, e.g. CELLULAR OR HONEYCOMB, FORM
    • B32B2262/00Composition of fibres which form a fibrous or filamentary layer or are present as additives
    • B32B2262/10Inorganic fibres
    • B32B2262/106Carbon fibres, e.g. graphite fibres
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B32LAYERED PRODUCTS
    • B32BLAYERED PRODUCTS, i.e. PRODUCTS BUILT-UP OF STRATA OF FLAT OR NON-FLAT, e.g. CELLULAR OR HONEYCOMB, FORM
    • B32B2262/00Composition of fibres which form a fibrous or filamentary layer or are present as additives
    • B32B2262/10Inorganic fibres
    • B32B2262/108Rockwool fibres
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B32LAYERED PRODUCTS
    • B32BLAYERED PRODUCTS, i.e. PRODUCTS BUILT-UP OF STRATA OF FLAT OR NON-FLAT, e.g. CELLULAR OR HONEYCOMB, FORM
    • B32B2307/00Properties of the layers or laminate
    • B32B2307/40Properties of the layers or laminate having particular optical properties
    • B32B2307/416Reflective
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B32LAYERED PRODUCTS
    • B32BLAYERED PRODUCTS, i.e. PRODUCTS BUILT-UP OF STRATA OF FLAT OR NON-FLAT, e.g. CELLULAR OR HONEYCOMB, FORM
    • B32B2307/00Properties of the layers or laminate
    • B32B2307/40Properties of the layers or laminate having particular optical properties
    • B32B2307/418Refractive
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B32LAYERED PRODUCTS
    • B32BLAYERED PRODUCTS, i.e. PRODUCTS BUILT-UP OF STRATA OF FLAT OR NON-FLAT, e.g. CELLULAR OR HONEYCOMB, FORM
    • B32B2451/00Decorative or ornamental articles
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B32LAYERED PRODUCTS
    • B32BLAYERED PRODUCTS, i.e. PRODUCTS BUILT-UP OF STRATA OF FLAT OR NON-FLAT, e.g. CELLULAR OR HONEYCOMB, FORM
    • B32B2551/00Optical elements
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC
    • Y10TTECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER US CLASSIFICATION
    • Y10T156/00Adhesive bonding and miscellaneous chemical manufacture
    • Y10T156/10Methods of surface bonding and/or assembly therefor
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC
    • Y10TTECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER US CLASSIFICATION
    • Y10T428/00Stock material or miscellaneous articles
    • Y10T428/24Structurally defined web or sheet [e.g., overall dimension, etc.]
    • Y10T428/24355Continuous and nonuniform or irregular surface on layer or component [e.g., roofing, etc.]
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC
    • Y10TTECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER US CLASSIFICATION
    • Y10T428/00Stock material or miscellaneous articles
    • Y10T428/24Structurally defined web or sheet [e.g., overall dimension, etc.]
    • Y10T428/24479Structurally defined web or sheet [e.g., overall dimension, etc.] including variation in thickness
    • Y10T428/24612Composite web or sheet
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC
    • Y10TTECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER US CLASSIFICATION
    • Y10T428/00Stock material or miscellaneous articles
    • Y10T428/24Structurally defined web or sheet [e.g., overall dimension, etc.]
    • Y10T428/24802Discontinuous or differential coating, impregnation or bond [e.g., artwork, printing, retouched photograph, etc.]
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC
    • Y10TTECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER US CLASSIFICATION
    • Y10T428/00Stock material or miscellaneous articles
    • Y10T428/24Structurally defined web or sheet [e.g., overall dimension, etc.]
    • Y10T428/24802Discontinuous or differential coating, impregnation or bond [e.g., artwork, printing, retouched photograph, etc.]
    • Y10T428/24851Intermediate layer is discontinuous or differential
    • Y10T428/24868Translucent outer layer
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC
    • Y10TTECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER US CLASSIFICATION
    • Y10T428/00Stock material or miscellaneous articles
    • Y10T428/24Structurally defined web or sheet [e.g., overall dimension, etc.]
    • Y10T428/24802Discontinuous or differential coating, impregnation or bond [e.g., artwork, printing, retouched photograph, etc.]
    • Y10T428/24893Discontinuous or differential coating, impregnation or bond [e.g., artwork, printing, retouched photograph, etc.] including particulate material
    • Y10T428/24901Discontinuous or differential coating, impregnation or bond [e.g., artwork, printing, retouched photograph, etc.] including particulate material including coloring matter
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC
    • Y10TTECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER US CLASSIFICATION
    • Y10T428/00Stock material or miscellaneous articles
    • Y10T428/24Structurally defined web or sheet [e.g., overall dimension, etc.]
    • Y10T428/24802Discontinuous or differential coating, impregnation or bond [e.g., artwork, printing, retouched photograph, etc.]
    • Y10T428/24917Discontinuous or differential coating, impregnation or bond [e.g., artwork, printing, retouched photograph, etc.] including metal layer
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC
    • Y10TTECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER US CLASSIFICATION
    • Y10T428/00Stock material or miscellaneous articles
    • Y10T428/24Structurally defined web or sheet [e.g., overall dimension, etc.]
    • Y10T428/24802Discontinuous or differential coating, impregnation or bond [e.g., artwork, printing, retouched photograph, etc.]
    • Y10T428/24926Discontinuous or differential coating, impregnation or bond [e.g., artwork, printing, retouched photograph, etc.] including ceramic, glass, porcelain or quartz layer
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC
    • Y10TTECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER US CLASSIFICATION
    • Y10T428/00Stock material or miscellaneous articles
    • Y10T428/28Web or sheet containing structurally defined element or component and having an adhesive outermost layer
    • Y10T428/2848Three or more layers

Abstract

【課題】筐体本体の表面に、接着層を介して偏向特性を有するフィルムを接着した装飾筐体であって、接着層に種々の色彩的効果を持たせることにより、偏向特性による効果に加えて、更に装飾性豊かな筐体を得ることを目的とする。
【解決手段】偏向特性を有するフィルムが、色彩的効果を持つ特殊効果材料を添加された接着層を介して筐体本体の表面に接着される。本発明によれば、所望の色彩的効果を発揮する接着層を介して筐体に直接偏向フィルムを貼り付けることにより、フィルムの接着工程において、色味その他の効果を付加することができ、工程数を増加させること無く、簡単に、装飾効果に優れた筐体を得ることができる。
【選択図】図1

Description

本発明は、フィルムを筐体表面に接着層を介して接着する筐体の装飾技術に関し、特に、偏向特性を有するフィルムと筐体とを接着するための接着層に特殊効果材料を添加して、装飾性を向上した筐体の装飾技術に関する。

近年、携帯電話等の電子機器に装飾性を持たせる技術として、電子機器の筐体の表面にポリエチレン・テレフタレート(PET)樹脂からなる装飾フィルムを貼り付ける技術が開発されている。電子機器の外観から生じる色彩(色味)は、装飾上の重要な要素であり、ユーザの好みに合わせた色味とすることが非常に重要となっている。筐体に装飾フィルムを貼り付ける場合、装飾フィルム自体に着色を施すか、あるいは、筐体自体に着色を施すことにより、所望の色味を生じさせている。

一方、装飾フィルムには着色を施さず、装飾フィルムの接着層に着色を施す技術が、報告されている(例えば、特許文献1参照)。図8は、特許文献1に開示された自動車用フィルム10の断面構造を示しており、基体フィルム11と装飾PETフィルム20との間に着色接着層30が設けられている。装飾PETフィルム20上には、紫外線カット剤を含む合成樹脂よりなる表面被覆層40と、保護フィルム層60が形成されている。
この着色接着層30は、ウレタン樹脂、アクリル樹脂等の合成樹脂に顔料、染料、着色剤等が混練されてなるものであり、その下層の基体フィルム11の発色と合わさって所望の色を発現することができ、二層の発色が装飾PETフィルム層20を介して発現されるために深みのある色彩が表現されるというものである。

特開2006−224324号公報

しかしながら、この従来技術においては、装飾効果を施した装飾PETフィルムを基体フィルム上に設けて、多層膜フィルムを作成している。このフィルムを電子機器等に用いる場合には、さらにこの基体フィルムを電子機器等に貼り付ける工程が必要となり、装飾のための工程数が増加するという問題があった。さらに、従来技術においては、単に着色接着層に顔料等を混練しているのみであって、着色による装飾効果が得られるだけである。その他の特殊効果、例えば、色味などを表出させることができないため、色彩の表現には限界があった。

そこで、本発明では、筐体に接着層を介して偏向特性を有するフィルムを接着し、かつ、この接着に用いる接着層に種々の特殊効果を持たせることにより、装飾性豊かな筐体を得ることを目的とする。

本発明に係る装飾筐体は、フィルムが接着層を介して筐体本体の表面に接着された装飾筐体であって、前記フィルムは、偏光特性を有し、特殊効果材料が前記接着層に添加されていることを特徴とする。前記特殊効果材料は、塗料であることが好ましく、前記塗料は、アクリル系顔料及びウレタン系顔料のいずれか一方又は双方で形成されることがさらに好ましい。前記特殊効果材料は、蛍光塗料、または蓄光塗料であってもよい。

前記特殊効果材料は、一色又は複数色の塗料を含み、前記筐体本体の表面上においてマーブル模様が形成されていてもよい。

前記特殊効果材料は、微細な光反射体を含んでいてもよく、前記光反射体は、金属で形成されることが好ましく、前記金属は、銀、アルミニウム、ステンレスのうちの少なくとも一つであることがさらに好ましい。前記光反射体は、ガラスで形成されていてもよい。

前記特殊効果材料は、微細なカーボン粒又はカーボン繊維を含んでいてもよい。
前記特殊効果材料は、レーザ光照射に反応するレーザ反応物質を含んでいてもよく、前記レーザ反応物質は、エポキシ系光硬化樹脂及びオキセタン系光硬化樹脂のいずれか一方であることが好ましい。

前記特殊効果材料は、熱良伝導性を有する微細な放熱材料を含んでいてもよく、前記放熱材料は、金属粒又は金属片、あるいは、カーボンで形成された構造体を含むことが好ましい。

前記特殊効果材料は、微細な泡を含んでいてもよく、前記微細な泡は、アゾジカルボンアミドを発泡させて形成されることが好ましい。

前記特殊効果材料は、微細な弾性材料を含んでいてもよい。

前記接着層は、前記筐体本体の表面上において部分的に異なる厚さを有していてもよく、前記筐体本体の表面は、凹凸形状に形成されていてもよい。

前記接着層は、少なくとも2種類以上の前記特殊効果材料を含んでいてもよい。

前記フィルムが接着される側の前記筐体本体の表面は、平坦であり、前記筐体本体の表面と反対側の筐体表面は、凹凸が形成されていてもよい。

前記筐体本体は、樹脂、または金属で形成されていてもよく、前記金属は、ステンレス、アルミニウム、チタン、銀、マグネシウム、合金のうちの少なくとも一つを含むことが好ましい。

前記筐体本体は、ガラス、または、カーボンによる構造体で形成されていてもよい。

前記フィルムは、屈折率の異なる複数のフィルムの積層で形成されることが好ましい。

前記特殊効果材料は、前記筐体本体の表面において、装飾模様と文字・記号のいずれか一方又は双方を形成していてもよい。

前記フィルムの表面上に無色又は有色の透明又は半透明のカバー層を形成していてもよい。

本発明に係る装飾筐体の製造方法は、筐体本体の表面に偏向特性を有するフィルムを接着した装飾筐体の製造方法であって、特殊効果材料が添加された接着剤により、前記フィルムの一方の表面上に接着層を形成する接着層形成工程と、前記フィルムを、前記接着層を介して前記筐体本体の表面上に圧着するフィルム圧着工程と、を有することを特徴とする。

前記特殊効果材料は、塗料、蛍光塗料、蓄光塗料、微細な光反射性物質、微細な良熱伝導性放熱材料、微細な泡、微細な弾性材料のうちから一つ又は複数選択されることが好ましい。

前記特殊効果材料は、前記接着剤に不均一に添加されることが好ましい。
前記特殊効果材料は、前記接着層形成工程において、装飾模様と文字・記号のいずれか一方又は双方の形状に前記接着層を形成することが好ましい。

本発明に係る装飾筐体の製造方法は、レーザ光照射に反応するレーザ反応物質を含む前記特殊効果材料が添加された前記接着剤により前記フィルム上に前記接着層を形成し、前記フィルムを前記筐体本体の表面上に前記接着層を介して接着した後に、前記接着層をレーザ照射することを特徴とする。

前記フィルムは、屈折率の異なる複数のフィルムの積層で形成されることが好ましい。

前記フィルム圧着工程において、前記フィルムが、前記筐体本体の表面の形状に合わせた加圧治具により加熱圧着され、前記接着層を介して前記筐体本体の表面に接着されることを特徴とする。

前記フィルム圧着工程において、前記接着層が形成された前記フィルムが所定形状の凹部を有する成形型に当てられ、前記フィルムが該凹部の形状に成形された後に、前記成形型に前記フィルムを介して射出成形型を当て、該フィルムで形成された凹部の内側に熱可塑性樹脂を射出することにより熱可塑性樹脂筐体が成形されることを特徴とする。

前記フィルムが前記成形型に当てられ、前記凹部への押圧又は該凹部からの吸引によって、前記フィルムが該凹部の形状に成形されることを特徴とする。

前記フィルムの表面は、易接着処理された後に、前記接着層が形成されることを特徴とする。

前記フィルムの表面上に無色又は有色の透明又は半透明のカバー層が形成されることを特徴とする。

本発明によれば、所望する特殊効果を発揮する接着層を介して筐体に偏向特性を有するフィルムを貼り付けるようにしたので、フィルムの筐体への接着工程において、色味等、その他の特殊効果を付加することができ、装飾のための工程数を増加させること無く、装飾効果に優れた筐体を得ることができる。さらに、筐体自体による発色と、多層膜フィルムによる干渉色との組合せに加えて、接着層による色味等が追加されることにより、多種多様な優れた装飾効果を奏することができる。

以下に、図1乃至7を用いて本発明に係る装飾筐体、及び、その製造方法の実施形態について、実施例に分けて説明する。これらの図1乃至7では、本発明に係る装飾筐体の断面図が示されているが、装飾筐体の一部で代表して示されている。これらの各図においては、装飾筐体として、筐体1の本体の表面に、接着層2を介して、偏向特性を有するフィルム3が接着されていることが共通している。この偏向特性を有するフィルムとして、干渉特性を持つ透明な多層膜フィルムが用いられる。

なお、各図において、装飾筐体の構成が断面で表されているが、その断面は、説明の都合上、模式的に示されており、筐体1、接着層2及び多層膜フィルム3の各厚さは、実際には図示とは異なっている。また、筐体1は、例えば、樹脂、熱可塑性樹脂、金属で形成されている。

本発明では、特殊効果材料が接着層2に添加されていることを特徴としている。この特殊効果材料を、種々選択することにより、所望の装飾効果を筐体に付与することが可能となる。以下、具体的に、種々の特殊効果材料を接着層に添加した装飾筐体の実施例について説明する。

(実施例1)
図1は、本発明の実施例1に係る装飾筐体を示している。図1に示すように、筐体1の本体の表面に、接着層2を介して、干渉特性を有する多層膜フィルム3が接着されている。接着層2は、アクリル系またはウレタン系の樹脂から構成されており、特殊効果材料として、有色効果を発揮するために塗料が添加されている。接着層は、常温では固化しているが、加熱を行なうことで溶融することが好ましい。この塗料は、アクリル系顔料及びウレタン系顔料のいずれか一方又は双方で形成されることが好ましい。また、多層膜フィルム3は、図1においては3層で例示されているが、実際には、屈折率が異なる2種類以上の薄膜を数百層積層しており、見る角度により色味が変化する干渉色を生じさせる。このような構成とすることにより、筐体1からの筐体自体の地色による発色と、フィルム3の干渉色とが重なり合い、さらに接着層2の発色が加わり、表現力が豊かな色味を実現することができる。

次に、実施例1における製造方法について説明する。まず、多層膜フィルム3上に、既知のダイコータ等の方法により、塗料を添加した接着剤を塗布する。ここで、流動性を持たせるために、有機溶剤により10%程度に希釈して接着剤を作成し、約100μmの厚さに塗布を行う。接着剤の塗布後に、加熱して有機溶剤を蒸発させて除去し、厚さ10μm程度の接着層2を得る。次に、筐体1の多層膜フィルム3を貼り合わせる面に接着層2を向かい合わせて、加熱、加圧を行い、多層膜フィルム3を筐体1に貼り付ける。

(実施例2)
次に、本発明による実施例2について説明する。実施例2では、図1に示された装飾筐体の構成を基本とするが、実施例1の場合と異なるところは、接着層2に蛍光塗料を混在させた点である。この蛍光塗料は、例えば、実施例1で使用した接着剤に、粉末状の蛍光顔料を添加した後、ダイコータ等の方法により塗布することで、接着層2に混在させることができる。
この実施例2により蛍光塗料を接着層2に混ぜることにより、筐体1からの筐体の地色による発色と、多層膜フィルム3からの干渉色に加えて、蛍光効果を付加することができ、従来とは異なり表現力が豊かな色味を得ることができる。
また、蛍光塗料の代わりに蓄光塗料を用いてもよい。蓄光剤としては、アルミナ系酸化物の無機顔料が好ましい。接着層2に蓄光塗料を混ぜることにより、筐体1からの筐体の地色による発色と、多層膜フィルム3からの干渉色に加えて、蓄光特性を付加することができる。

(実施例3)
次に、実施例3について説明する。実施例3では、図1に示された装飾筐体の構成を基本とするが、接着層2に、一色または複数色の塗料を添加し、筐体本体の表面上において、マーブル模様が形成されている点を特徴とする。具体的には、ダイコータにより接着層を形成する工程において、有機溶剤で溶解された接着剤に複数の発色剤を添加し、これを完全に混ぜるのではなく、不均一の状態のままで、多層膜フィルム3上に塗布する。

ここで、塗布後の接着剤には、塗料が不均一に分布していることから、有機溶剤を除去した後において、接着層2には、塗料が不均一に分布しており、いわゆるマーブル模様が形成される。このような構成とすることにより、筐体1からの発色及び多層膜フィルム3からの干渉色と合わせて、接着層2からの不均一な発色を重ね合わせることにより、表現力豊かな発色効果を得ることができる。

(実施例4)
次に、実施例4について説明する。実施例4では、図1に示された装飾筐体の構成を基本とするが、接着層2に、特殊効果を発揮する微細な光反射体を混在させた点を特徴とする。この光反射体としては、金属やガラスが好ましく、金属に関しては、銀、アルミニウム、ステンレスがさらに好ましい。この光反射体は、実施例1において用いたような、有機溶剤を溶解した接着剤に、金属片またはガラス片を添加した後、ダイコータ等の方法により塗布することで、接着層2に混在させることができる。
この実施例4による光反射体を接着層2に混ぜることにより、光の乱反射特性を付加することができ、筐体1からの筐体の地色による発色と、多層膜フィルム3からの干渉色に加えて、接着層2に含まれる光反射体からの反射光が加わることによって、表現力が豊かな色味を得ることができる。

(実施例5)
次に、実施例5について説明する。実施例5では、図1に示された装飾筐体の構成を基本とするが、接着層2に反射率が低い、例えば、光を吸収する物質を混在させている点を特徴とする。この低反射性物質としては、カーボン粒またはカーボン繊維が好ましい。この低反射性物質は、実施例1において用いたような、有機溶剤で溶解された接着剤に、カーボン等を添加した後、ダイコータ等の方法により塗布することで、接着層2に混在させることができる。

この実施例5においては、低反射性物質を接着層2に混ぜることにより、筐体1からの筐体の地色による発色と、多層膜フィルム3からの干渉色に加えて、光の反射特性を抑えた色味を得ることができ、実施例4の場合とは逆に落ち着いたトーンの発色とする場合に効果的である。

(実施例6)
次に、実施例6について説明する。実施例6では、図1に示された装飾筐体の構成を基本とするが、接着層2に、レーザ光照射に反応するレーザ反応物質を混在させている点を特徴とする。このレーザ反応物質は、実施例1において用いたような、有機溶剤を溶解した接着剤に、レーザ反応物質を添加した後、ダイコータ等の方法により塗布することで、接着層2に混在させることができる。

接着層2が形成された後、或いは、多層膜フィルム3が接着層3を介して筐体1に接着された後に、レーザ反応物質が混在した接着層2にレーザを照射することにより、レーザ照射領域にのみ光の反射特性に変化を生じさせることができ、所望の形状にレーザ捺印や、記号の刻印等を行うことができる。レーザ反応物質としては、エポキシ系光硬化樹脂やオキセタン系光硬化樹脂が好ましく、照射するレーザは、前者の場合、固体レーザ(YAG、ルビー)が好ましく、後者の場合、He−Cdレーザが好ましい。

以上に説明した実施例6によれば、筐体1からの筐体の地色による発色と、多層膜フィルム3からの干渉色に加えて、所望の形状に光の透過状態又は屈折状態が異なる領域を形成することができる。

(実施例7)
次に、実施例7について説明する。実施例7では、図1に示された装飾筐体の構成を基本とするが、接着層2に熱良伝導特性を持たせている点を特徴としている。即ち、一般的な接着層は、熱伝導率が低く、筐体に発生した熱を外部に放散しにくくなるという問題が生じる。そこで、接着層2に放熱効果を持たせるように、熱良伝導特性を有する微細な放熱材料を添加する。放熱材料としては、金属粒、金属片やカーボンで形成された構造体等の熱伝導率が高い材料が好ましい。

このような放熱効果の付加は、接着層に発色剤を添加し、発色効果を十分に発揮するために、実施例1乃至6による装飾例と組み合わせて、接着層の厚さが厚くなる場合には、特に効果的である。
このように、接着層に放熱効果を付加することにより、筐体1からの筐体自体による発色と、多層膜フィルム3による干渉色に加えて、接着層2による発色効果を十分に発揮しつつ、放熱効果を付与することができる。

(実施例8)
次に、実施例8について説明する。実施例8では、図1に示された装飾筐体の構成を基本とするが、接着層2に微細な泡を含む点を特徴としている。即ち、気泡の存在は、一般的には、塗膜を形成するうえでは好ましくないが、実施例8では、色味の一部として気泡を積極的に利用するというものである。

この場合、色味の一部として利用するために気泡の量が所定量必要となっても、攪拌工程のみで所望の量だけ形成することは、工程時間が余計にかかる恐れがある。そこで、実施例8では、気泡を色味の一部として積極的に利用すべく、発泡剤を添加することにより、気泡の量を制御すると共に、所定の量の気泡を極めて短時間に形成することができる。微細な泡を形成するために添加する発泡剤としては、アゾジカルボンアミドが好ましい。

(実施例9)
次に、実施例9について説明する。実施例9では、図1に示された装飾筐体の構成を基本とするが、筐体内部の衝撃を緩和するために、接着層2に、微細な弾性材料を含む点を特徴としている。このような構成とすることにより、筐体1からの筐体自体による発色と、多層膜フィルム3の干渉色とに加え、実施例1乃至6に示されるように、接着層2に添加した発色剤による発色を追加し、さらに弾性材料を追加することで、表現力豊かな色味の実現と、筐体の衝撃からの保護の両立を図ることができる。また、弾性材料自身が有色の材料で構成される場合には、弾性材料による発色も追加され、さらに表現力が増すという効果も得られる。

(実施例10)
次に、実施例10について説明する。これまでに説明した実施例では、接着層2の厚さは均一なものとしたが、実施例10では、発色剤を含んだ接着層の厚さを変えることによって、筐体本体の表面において発色効果を領域毎に変化させている点を特徴としている。

実施例10による装飾筐体の装飾例が、図2(a)に示される。図2(a)に示された例では、筐体1の表面に凹凸を設け、接着層2の厚さを領域毎に変化させている。接着層2に発色効果を有する塗料等を均一に分散させると、接着層の厚い領域では、薄い領域に比べて発色剤の量が多くなるので、発色効果を高めることができる。

このようにして、接着層の厚さを部分的に異ならせることによって、発色効果に強弱を付けることができ、メリハリのある発色効果を得ることができる。図2(a)においては、接着層の厚さを2種類とした例を示したが、3種類以上とするか、あるいは、無段階に変化させてもよい。また、図2(a)では、筐体1の表面を凹凸に形成した場合が示されたが、筐体1の表面は、平坦なままとし、多層膜フィルム3に形成される接着層2の厚さを不均一にすることでも、発色効果に強弱を付けることができる。

以上に説明した本発明の実施例で用いられる接着層には、特殊効果材料を単独で使用するだけでなく、各実施例で示した特殊効果材料を複数種添加してもよい。例えば、接着層2に、蛍光色を発揮する蛍光剤と光反射体とを混在させて添加するような構成である。このような構成とすることにより、1層の接着層に複数の効果を同時に実現できるという効果を奏することができる。

また、各実施例で示した添加剤を添加した接着層を多層構造として構成してもよい。例えば筐体表面に蛍光色を発揮する蛍光剤を添加した第1層目の接着層を形成し、第1の多層膜フィルムを貼り付け、その上にさらに高反射特性を発揮する高反射性材料を添加した第2接着層を介して第2の多層膜フィルムを形成するような構成が考えられる。

このような構成とすることにより、各層個別に層厚や添加剤濃度を所望の値に設定でき、色味の正確な制御が可能となるという効果が得られる。
なお、上記の実施例においては多層膜フィルムを用いた例を示したが、他の発色効果を奏する装飾PETフィルムを用いてもよい。

(実施例11)
次に、実施例11について説明する。実施例11は、実施例10の変形例であり、図2(b)に示されるように、多層膜フィルム3が接着される側の筐体本体の表面は、平坦であり、筐体本体の表面と反対側の筐体表面は、凹凸が形成されていることを特徴とする。筐体の本体自体には、電子機器を内蔵して取り付けたり、或いは、その本体自体の剛性を増したりするために、凹凸が形成されることが多いが、筐体表面を平坦に保つことにより、装飾性を保つことができるという効果が得られる。

上記の各実施例においては、装飾筐体の筐体自体は、樹脂、特に、熱可塑性樹脂で形成されていてもよい。樹脂で形成することにより、射出成形等が可能となり、製造が容易となる。また、樹脂への着色も容易であるため、複雑な色味を容易に得ることができる。

一方、装飾筐体の筐体自体は金属で形成されてもよい。金属で構成することにより、剛性を保ったまま筐体の厚みを薄くすることができ、装飾筐体について、内蔵する電子機器のサイズに応じて小型化・薄型化することが容易となる。また、金属特有の光沢を利用して、独特の色味を発揮することもできる。この金属の材質としては、ステンレス、アルミニウム、チタン、銀、マグネシウム、及び合金が好ましい。

また、装飾筐体の筐体自体は、ガラスで形成されていてもよい。ガラスで形成することにより、透明感のある独特の装飾効果を発揮することができる。
さらに、装飾筐体をカーボンによる構造体で形成してもよい。カーボン構造体により形成することにより、剛性を保ったまま軽量化することが可能となる。

上述の各実施例で用いられる多層膜フィルムとしては、屈折率の異なる複数のフィルムの積層で形成することができる。例えば、屈折率の異なる2種類のPETフィルムを数百層重ね合わせることで、見る角度により干渉する色が変化する、いわゆる玉虫色を表現することができる。

また、上記の特殊効果材料は、筐体本体の表面において、装飾模様と文字・記号のいずれか一方又は双方を形成していてもよい。例えば、マーブル模様により装飾模様を形成し、レーザ反応材料にレーザを所定の形状に照射することにより、文字・記号を形成することができるが、接着層にこれら両者を同時に含ませておけば、マーブル模様による装飾効果と、レーザによる文字・記号の形成を同時に行うことができる。

さらに、上記多層膜フィルムの表面上に無色又は有色の透明又は半透明のカバー層を形成してもよい。カバー層を形成することにより、多層膜フィルム3に耐摩耗性、耐蝕性を付加することができる。また、無色、透明なカバー層であれば、色味をそのまま維持することができ、有色または半透明のカバー層を使用することで、さらに色味を付加することも可能となる。

以上では、本発明による装飾筐体の構成を中心にして、実施例1乃至11を説明したが、次に、本発明による装飾筐体の製造方法について、実施例12乃至16に従って説明する。

(実施例12)
次に、本発明の装飾筐体の製造方法について説明する。図3に、実施例12の装飾筐体の製造方法のフローチャートを示す。本実施例では、図1に示された装飾筐体を例にしており、筐体の2つの面のうち、一方の面に接着層を用いて筐体表面へ多層膜フィルムの接着を行う点を特徴としている。

まず、図3(a)に示すように、多層膜フィルム3上にダイコータ等の方法により、有機溶剤で溶解され特殊効果材料が添加された接着剤を塗布した後、乾燥させて有機溶剤を除去して、接着層2を形成する(接着層形成工程)。次に、図3(b)に示すように、筐体1を別途の工程で用意し、筐体1の表面と、多層膜フィルム3の接着層2を形成した面とを向かい合わせる。

さらに、多層膜フィルム3の接着層2が形成されていない方の側から加圧プレート5を用いて、加熱しながら筐体1及び多層膜フィルム3を加圧する(フィルム圧着工程)。加熱は、加圧プレート5を加熱してもよい。加熱しながら加圧することで、接着層の接着剤が溶融し、筐体1に接着層2が接着する。次に、図3(c)に示すように、筐体1の冷却後に加圧プレート5を除去し、表面に多層膜フィルム3を設けた筐体1を得る。

このような製造方法により、筐体表面への多層膜フィルム貼り付け工程において面内で均一に加圧することができ、接着層2を均一に貼り付けることができる。その結果、特殊効果材料が添加された接着層の厚さを均一化し、接着層2から生じる特殊効果を面内で均一化することができる。

この特殊効果材料は、塗料、蛍光塗料、蓄光塗料、微細な光反射性物質、微細な良熱伝導性放熱材料、微細な泡、微細な弾性材料のうちから一つ又は複数選択することが好ましい。上記の特殊効果材料を単独で用いることにより、各特殊効果材料による効果を単独で利用することができるのみならず、複数の特殊効果材料を組み合わせて用いることで、各特殊効果を同時に発揮することができ、従来にない斬新な色味や効果を実現することができる。

また、上記の特殊効果材料は、上記接着剤に不均一に添加されていてもよい。例えば、複数の染料を接着層に添加する場合、不均一な状態で添加することにより、いわゆるマーブル模様等の模様を形成することができる。具体的には、接着剤に染料を複数添加し、完全には均一化していない状態のまま、ダイコータにより多層膜フィルム3に塗布することにより、不均一な分布を得ることができる。

(実施例13)
次に、本発明による装飾筐体の他の製造方法について説明する。図4に、実施例13の装飾筐体の製造方法のフローチャートを示す。本実施例では、接着層2にレーザ反応物質を添加し、レーザを照射することにより、特殊効果を得ることを特徴としている。

まず、図4(a)に示すように、レーザ反応物質を添加した接着層2を、多層膜フィルム3にダイコータ等の方法により塗布する。レーザ反応物質としては、エポキシ系光硬化樹脂やオキセタン系光硬化樹脂が好ましい。次に、図4(b)に示すように、装飾筐体1の表面に、接着層2を向かい合わせ、加熱・加圧することによりフィルム3を張り合わせる。

次に、図4(c)に示すように、多層膜フィルム3の上面から、所定の領域にレーザ光6を照射する。照射するレーザは、レーザ反応物質がエポキシ系光硬化樹脂の場合には固体レーザ(YAG、ルビー)が好ましく、オキセタン系光硬化樹脂の場合には、He−Cdレーザが好ましい。レーザを照射した領域7において、レーザ反応物質は光学的な特性が変化する。次に、図4(d)のように、レーザ照射を停止しても、レーザ反応物質の変化は不可逆的であるためにレーザ照射領域7の形跡が残ることとなる。このようにしてレーザが照射された領域7は、照射されない領域とは異なる光学特性を有し、文字・記号等を形成することができる。

実施例13の装飾筐体の製造方法において、上記多層膜フィルムは、屈折率の異なる複数のフィルムの積層で形成されていてもよい。屈折率の異なる複数のPETフィルムを積層することにより、見る角度により色味が変化する干渉色を得ることができ、接着層が発揮する特殊効果と合わせて、複雑な装飾効果を奏することができる。

(実施例14)
次に、本発明による装飾筐体の他の製造方法について説明する。図5に、実施例14の装飾筐体の製造方法のフローチャートを示す。本実施例では、図1に示された装飾筐体の構成例を基本とするが、装飾筐体の筐体表面が凹凸形状である場合に適用した製造方法の例である。その製造方法は、フィルム圧着工程において、多層膜フィルムが、筐体本体の表面の形状に合わせた加圧治具により加熱圧着され、接着層を介して筐体本体の表面に接着されることを特徴とする。

まず、図5(a)に示すように、多層膜フィルム3上に接着層2をダイコート法等により形成する。次に、図5(b)に示すように、表面に凹凸が形成された筐体1を用意し、筐体表面と、多層膜フィルム3の接着層2が形成された面とを向かい合わせる。さらに、多層膜フィルム3の上部に加圧治具8を配置する。加圧治具8の形状は、筐体1の表面形状と組み合わさるような形状となっている。

次に、加圧治具8を多層膜フィルム3に押し付け、加熱・加圧する。その結果、図5(c)に示すように、接着層2が形成された多層膜フィルム3は筐体1の表面形状に沿って、ぴったりと嵌合する。所定時間、加熱・加圧を行なった後、冷却し加圧治具8を取り外すと、図5(d)に示すように、表面に凹凸が形成された筐体1上に、接着層2を介して多層膜フィルム3が貼り付けられる。このようにして、表面に凹凸形状が形成されている場合であっても、多層膜フィルム3をぴったりと貼り合わせることができる。

(実施例15)
次に、本願発明の装飾筐体の他の製造方法について説明する。図6に、実施例15の装飾筐体の製造方法のフローチャートを示す。以上に説明した各実施例による装飾筐体は、筐体自体が全体として平坦形状を有する場合であったが、本実施例では、装飾筐体が、外側に突出する曲面、球面等の表面形状を有し、多層膜フィルムをその表面全体に、かつ皺無く、接着層を介して接着する場合に適用される。その製造方法は、フィルム圧着工程において、接着層が形成された多層膜フィルムが所定形状の凹部を有する成形型に当てられ、多層膜フィルムが凹部の形状に成形された後に、成形型にフィルムを介して射出成形型を当て、多層膜フィルムで形成された凹部の内側に熱可塑性樹脂を射出することにより熱可塑性樹脂筐体を成形することを特徴とする。

まず、図6(a)に示すように、所定形状の凹部を有する成形型9の凹部が形成された側に、接着層2が形成された多層膜フィルム3を配置する。次に、図6(b)に示すように、多層膜フィルム3が所定形状の凹部を有する成形型9に当てられ、多層膜フィルムを凹部の形状に成形する。この場合、多層膜フィルム3の凹部の形状への成形は、凹部への押圧、または、成形型9に設けられた吸引孔(図示せず)からの吸引によって行うことができる。

次に、図6(c)に示すように、成形型9に多層膜フィルム3を介して射出成形型10を当て、多層膜フィルム3で形成された凹部の内側に熱可塑性樹脂11を射出する。次に、図6(d)に示すように、熱可塑性樹脂の冷却後に、成形型9及び射出成形型10を取り除き、熱可塑性樹脂の不要な部分を除去して、接着層2を介して多層膜フィルム3が形成された筐体1を得ることができる。

このような製造方法を用いることにより、筐体の製造と、多層膜フィルムの圧着とを同時に行うことができ、工程の短縮を図ることができる。また、本実施例では、成形型が平坦な面で構成された例を示したが、成形型に凹凸を形成することにより、多層膜フィルムを凹凸に沿って配置することができ、筐体の表面形状を成形型の形状に合わせて、かつ皺無く形成することができる。

上記の装飾筐体の製造方法において、多層膜フィルム3に接着層2を形成する前に、密着性を向上させるために、易接着処理を行なってもよい。易接着処理としては、多層膜フィルムの接着層が形成される側にコロナ処理、フレーム処理により表面改質を行うことができる。表面改質を行うことにより、多層膜フィルムとの密着性に優れた装飾筐体を得ることができる。

さらに、上記の装飾筐体の製造方法において、上記多層膜フィルムの表面上に無色又は有色の透明又は半透明のカバー層を形成してもよい。カバー層を形成することにより、多層膜フィルム3に耐摩耗性、耐蝕性を付加することができる。また、無色、透明なカバー層であれば、色味をそのまま維持することができ、有色または半透明のカバー層を使用することで、さらに色味を付加することも可能となる。

(実施例16)
次に、本願発明の実施例16の装飾筐体の製造方法について説明する。図7に、装飾筐体の製造方法のフローチャートを示す。本実施例では、前述した図2(b)に示された装飾筐体の構成を有する場合に適用され、筐体の2つの面のうち、一方は平坦で、他方に凹凸が形成されている場合において、接着層を用いた筐体への多層膜フィルムの接着を確実に行う点を特徴としている。

まず、図7(a)に示すように、多層膜フィルム3上にダイコータ等の方法により、有機溶剤で溶解され発色剤が添加された接着剤を塗布した後、乾燥させて有機溶剤を除去して、接着層2を形成する。次に、図7(b)に示すように、筐体1を用意し、筐体1の平坦な面と、多層膜フィルム3の接着層2を形成した面とを向かい合わせる。

さらに、筐体1の凹凸が形成された側に、この凹凸形状と嵌合するような形状を内面に有するホットプレス型4を配置し、多層膜フィルム3の接着層2が形成されていない方の側から加圧プレート5を用いてホットプレス型4の内部へ向かって、加熱しながら筐体1及び多層膜フィルム3を加圧する。加熱は、ホットプレス型4を加熱してもよいし、加圧プレート5を加熱してもよい。加熱しながら加圧することで、筐体1に接着層2が接着する。次に、図7(c)に示すように、筐体1の冷却後にホットプレス型4及び加圧プレート5を除去し、表面に多層膜フィルム3を設けた筐体1を得る。

このような製造方法により、多層膜フィルムが形成された面と反対側に凹凸が形成された筐体においても、多層膜フィルム貼り付け工程において面内で均一に加圧することができ、接着層2を均一に貼り付けることができる。その結果、発色剤が添加された接着層の厚さを均一化し、接着層2から生じる色味を面内で均一化することができる。

上記の各実施例は単なる例示であって、これらに限定されるものではなく、発明の趣旨を超えない範囲内で種々の変更が可能である。

本発明の装飾筐体の断面図である。 本発明の装飾筐体の断面図である。 本発明の装飾筐体の製造方法のフローチャートである。 本発明の装飾筐体の製造方法のフローチャートである。 本発明の装飾筐体の製造方法のフローチャートである。 本発明の装飾筐体の製造方法のフローチャートである。 本発明の装飾筐体の製造方法のフローチャートである。 従来技術の自動車用フィルムの断面図である。

符号の説明

1 筐体
2 接着層
3 多層膜フィルム
4 ホットプレス型
5 加圧プレート
6 レーザ光
7 レーザ照射領域
8 加圧治具
9 成形型
10 射出成形型
11 熱可塑性樹脂

Claims (42)

  1. フィルムが接着層を介して筐体本体の表面に接着された装飾筐体であって、
    前記フィルムは、偏光特性を有し、
    特殊効果材料が前記接着層に添加されていることを特徴とする装飾筐体。
  2. 前記特殊効果材料は、塗料であることを特徴とする請求項1に記載の装飾筐体。
  3. 前記塗料は、アクリル系顔料及びウレタン系顔料のいずれか一方又は双方で形成されることを特徴とする請求項2に記載の装飾筐体。
  4. 前記特殊効果材料は、蛍光塗料であることを特徴とする請求項2に記載の装飾筐体。
  5. 前記特殊効果材料は、蓄光塗料であることを特徴とする請求項2に記載の装飾筐体。
  6. 前記特殊効果材料は、一色又は複数色の塗料を含み、
    前記筐体本体の表面上においてマーブル模様が形成されることを特徴とする請求項2乃至5のいずれか一項に記載の装飾筐体。
  7. 前記特殊効果材料は、微細な光反射体を含むことを特徴とする請求項1に記載の装飾筐体。
  8. 前記光反射体は、金属で形成されることを特徴とする請求項7に記載の装飾筐体。
  9. 前記金属は、銀、アルミニウム、ステンレスのうちの少なくとも一つであることを特徴とする請求項8に記載の装飾筐体。
  10. 前記光反射体は、ガラスで形成されることを特徴とする請求項7に記載の装飾筐体。
  11. 前記特殊効果材料は、微細なカーボン粒又はカーボン繊維を含むことを特徴とする請求項1に記載の装飾筐体。
  12. 前記特殊効果材料は、レーザ光照射に反応するレーザ反応物質を含むことを特徴とする請求項1に記載の装飾筐体。
  13. 前記レーザ反応物質は、エポキシ系光硬化樹脂及びオキセタン系光硬化樹脂のいずれか一方であることを特徴とする請求項12に記載の装飾筐体。
  14. 前記特殊効果材料は、熱良伝導性を有する微細な放熱材料を含むことを特徴とする請求項1に記載の装飾筐体。
  15. 前記放熱材料は、金属粒又は金属片を含むことを特徴とする請求項14に記載の装飾筐体。
  16. 前記放熱材料は、カーボンで形成された構造体を含むことを特徴とする請求項15に記載の装飾筐体。
  17. 前記特殊効果材料は、微細な泡を含むことを特徴とする請求項1に記載の装飾筐体。
  18. 前記微細な泡は、アゾジカルボンアミドを発泡させて形成されることを特徴とする請求項17に記載の装飾筐体。
  19. 前記特殊効果材料は、微細な弾性材料を含むことを特徴とする請求項1に記載の装飾筐体。
  20. 前記接着層は、前記筐体本体の表面上において部分的に異なる厚さを有することを特徴とする請求項1乃至19のいずれか一項に記載の装飾筐体。
  21. 前記筐体本体の表面は、凹凸形状に形成されることを特徴とする請求項1乃至19のいずれか一項に記載の装飾筐体。
  22. 前記接着層は、少なくとも2種類以上の前記特殊効果材料を含んでなることを特徴とする、請求項1乃至21のいずれか一項に記載の装飾筐体。
  23. 前記フィルムが接着される側の前記筐体本体の表面は、平坦であり、
    前記筐体本体の表面と反対側の筐体表面は、凹凸が形成されていることを特徴とする請求項1乃至22のいずれか一項に記載の装飾筐体。
  24. 前記筐体本体は、樹脂で形成されていることを特徴とする請求項1乃至23のいずれか一項に記載の装飾筐体。
  25. 前記筐体本体は、金属で形成されていることを特徴とする請求項1乃至23のいずれか一項に記載の装飾筐体。
  26. 前記金属は、ステンレス、アルミニウム、チタン、銀、マグネシウム、合金のうちの少なくとも一つを含むことを特徴とする請求項23に記載の装飾筐体。
  27. 前記筐体本体は、ガラスで形成されていることを特徴とする請求項1乃至23のいずれかに記載の装飾筐体。
  28. 前記筐体本体は、カーボンによる構造体で形成されていることを特徴とする請求項1乃至23のいずれか一項に記載の装飾筐体。
  29. 前記フィルムは、屈折率の異なる複数のフィルムの積層で形成されることを特徴とする請求項1乃至26のいずれか一項に記載の装飾筐体。
  30. 前記特殊効果材料は、前記筐体本体の表面において、装飾模様と文字・記号のいずれか一方又は双方を形成することを特徴とする請求項1乃至29のいずれか一項に記載の装飾筐体。
  31. 前記フィルムの表面上に無色又は有色の透明又は半透明のカバー層を形成することを特徴とする請求項1乃至30のいずれか一項に記載の装飾筐体。
  32. 筐体本体の表面に偏向特性を有するフィルムを接着した装飾筐体の製造方法であって、
    特殊効果材料が添加された接着剤により、前記フィルムの一方の表面上に接着層を形成する接着層形成工程と、
    前記フィルムを、前記接着層を介して前記筐体本体の表面上に圧着するフィルム圧着工程と、を有することを特徴とする装飾筐体の製造方法。
  33. 前記特殊効果材料は、塗料、蛍光塗料、蓄光塗料、微細な光反射性物質、微細な良熱伝導性放熱材料、微細な泡、微細な弾性材料のうちから一つ又は複数選択されることを特徴とする請求項32に記載の装飾筐体の製造方法。
  34. 前記特殊効果材料は、前記接着剤に不均一に添加されることを特徴とする請求項32又は33に記載の装飾筐体の製造方法。
  35. 前記特殊効果材料は、前記接着層形成工程において、装飾模様と文字・記号のいずれか一方又は双方の形状に前記接着層を形成することを特徴とする請求項32又は33に記載の装飾筐体の製造方法。
  36. レーザ光照射に反応するレーザ反応物質を含む前記特殊効果材料が添加された前記接着剤により前記フィルム上に前記接着層を形成し、
    前記フィルムを前記筐体本体の表面上に前記接着層を介して接着した後に、前記接着層をレーザ照射することを特徴とする請求項32に記載の装飾筐体の製造方法。
  37. 前記フィルムは、屈折率の異なる複数のフィルムの積層で形成されることを特徴とする請求項32乃至36のいずれか一項に記載の装飾筐体の製造方法。
  38. 前記フィルム圧着工程において、前記フィルムが、前記筐体本体の表面の形状に合わせた加圧治具により加熱圧着され、前記接着層を介して前記筐体本体の表面に接着されることを特徴とする請求項32乃至37のいずれか一項に記載の装飾筐体の製造方法。
  39. 前記フィルム圧着工程において、前記接着層が形成された前記フィルムが所定形状の凹部を有する成形型に当てられ、前記フィルムが該凹部の形状に成形された後に、前記成形型に前記フィルムを介して射出成形型を当て、該フィルムで形成された凹部の内側に熱可塑性樹脂を射出することにより熱可塑性樹脂筐体が成形されることを特徴とする請求項32乃至37のいずれか一項に記載の装飾筐体の製造方法。
  40. 前記フィルムが前記成形型に当てられ、前記凹部への押圧又は該凹部からの吸引によって、前記フィルムが該凹部の形状に成形されることを特徴とする請求項39に記載の装飾筐体の製造方法。
  41. 前記フィルムの表面は、易接着処理された後に、前記接着層が形成されることを特徴とする請求項32乃至40のいずれか一項に記載の装飾筐体の製造方法。
  42. 前記フィルムの表面上に無色又は有色の透明又は半透明のカバー層が形成されることを特徴とする請求項32乃至41のいずれか一項に記載の装飾筐体の製造方法。
JP2007233160A 2007-09-07 2007-09-07 装飾筐体及びその製造方法 Pending JP2009061730A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2007233160A JP2009061730A (ja) 2007-09-07 2007-09-07 装飾筐体及びその製造方法

Applications Claiming Priority (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2007233160A JP2009061730A (ja) 2007-09-07 2007-09-07 装飾筐体及びその製造方法
US12/222,663 US8153270B2 (en) 2007-09-07 2008-08-13 Decorative casing and manufacturing method thereof

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2009061730A true JP2009061730A (ja) 2009-03-26

Family

ID=40432161

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2007233160A Pending JP2009061730A (ja) 2007-09-07 2007-09-07 装飾筐体及びその製造方法

Country Status (2)

Country Link
US (1) US8153270B2 (ja)
JP (1) JP2009061730A (ja)

Cited By (12)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2011005041A2 (ko) * 2009-07-08 2011-01-13 (주)쉘라인 전자기기용 케이스 및 그 제조방법
WO2012124758A1 (ja) * 2011-03-17 2012-09-20 旭硝子株式会社 着色ガラス筐体
US9012343B2 (en) 2011-03-17 2015-04-21 Asahi Glass Company, Limited Glass for chemical strengthening
JP2016051888A (ja) * 2014-08-28 2016-04-11 深▲セン▼富泰宏精密工業有限公司 ケース及びこのケースを備える電子装置
US9321672B2 (en) 2011-07-15 2016-04-26 Asahi Glass Company, Limited Crystallized glass housing
US9487440B2 (en) 2012-04-27 2016-11-08 Asahi Glass Company, Limited Process for producing chemically strengthened glass
US9546104B2 (en) 2012-12-07 2017-01-17 Asahi Glass Company, Limited White glass
US9580353B2 (en) 2012-10-12 2017-02-28 Asahi Glass Company, Limited Manufacturing method for phase-separated glass, and phase-separated glass
US9776908B2 (en) 2013-04-25 2017-10-03 Asahi Glass Company, Limited Coating film-attached glass, coating film-attached chemically strengthened glass, exterior member, and electronic device
US9896375B2 (en) 2013-07-05 2018-02-20 Asahi Glass Company, Limited Colored glass
US9963378B2 (en) 2012-09-14 2018-05-08 Asahi Glass Company, Limited Glass for chemical strengthening and chemical strengthened glass, and manufacturing method of glass for chemical strengthening
US10005692B2 (en) 2012-12-07 2018-06-26 Asahi Glass Company, Limited White glass

Families Citing this family (17)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US20100159273A1 (en) * 2008-12-24 2010-06-24 John Benjamin Filson Method and Apparatus for Forming a Layered Metal Structure with an Anodized Surface
CN101879799A (zh) * 2009-05-04 2010-11-10 富准精密工业(深圳)有限公司 壳体及其制造方法
CN101883477A (zh) * 2009-05-04 2010-11-10 富准精密工业(深圳)有限公司 壳体及其制造方法
CN101888753A (zh) * 2009-05-14 2010-11-17 富准精密工业(深圳)有限公司 壳体及其制造方法
CN101888754A (zh) * 2009-05-14 2010-11-17 富准精密工业(深圳)有限公司 壳体及其制造方法
RU2490709C2 (ru) * 2009-10-23 2013-08-20 Общество с ограниченной ответственностью "Флуоресцентные информационные технологии (ООО "Флуринтек") Флуоресцентная информационная метка и способы ее изготовления
CN102145631A (zh) * 2010-10-22 2011-08-10 镭射印证有限公司 一种镀钛不锈钢金属相片及其制作方法
KR101803871B1 (ko) * 2010-11-16 2017-12-04 엘지전자 주식회사 이동 단말기 및 그 제조방법
US20130079067A1 (en) * 2011-09-23 2013-03-28 Photo U.S.A. Corporation Sublimation coated case for cell phone
WO2014069740A1 (en) * 2012-11-02 2014-05-08 Samsung Electronics Co., Ltd. Window member for a portable terminal and method for fabricating same
US9917935B2 (en) 2014-03-04 2018-03-13 Houdinix Llc Multi-layer handheld electronic device
US9621690B2 (en) * 2014-03-04 2017-04-11 Houdinix Llc Cellphone with contoured surfaces
USD763250S1 (en) 2014-04-04 2016-08-09 Houdinix Llc Electronic device
USD886088S1 (en) 2017-06-30 2020-06-02 Red.Com, Llc. Electronic device
USD873785S1 (en) 2018-05-18 2020-01-28 Red Hydrogen Llc Electronic device
WO2020016753A1 (en) * 2018-07-17 2020-01-23 3M Innovative Properties Company Conformable color shifting laminates
KR20200023996A (ko) * 2018-08-27 2020-03-06 삼성전자주식회사 전자장치 케이스, 이를 포함하는 전자장치 및 그 제조방법

Family Cites Families (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2003307621A (ja) * 2002-04-18 2003-10-31 Nitto Denko Corp 粘着型光学フィルムおよび画像表示装置
US7464814B2 (en) * 2005-01-28 2008-12-16 Carnevali Jeffrey D Dry box with movable protective cover
JP2006224324A (ja) 2005-02-15 2006-08-31 Nippon Purai Kk 自動車用フィルム

Cited By (16)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2011005041A2 (ko) * 2009-07-08 2011-01-13 (주)쉘라인 전자기기용 케이스 및 그 제조방법
WO2011005041A3 (ko) * 2009-07-08 2011-04-07 (주)쉘라인 전자기기용 케이스 및 그 제조방법
WO2012124758A1 (ja) * 2011-03-17 2012-09-20 旭硝子株式会社 着色ガラス筐体
JP5110236B2 (ja) * 2011-03-17 2012-12-26 旭硝子株式会社 Colored glass enclosure
US9012343B2 (en) 2011-03-17 2015-04-21 Asahi Glass Company, Limited Glass for chemical strengthening
US9284215B2 (en) 2011-03-17 2016-03-15 Asahi Glass Company, Limited Glass for chemical strengthening
US9321672B2 (en) 2011-07-15 2016-04-26 Asahi Glass Company, Limited Crystallized glass housing
US9487440B2 (en) 2012-04-27 2016-11-08 Asahi Glass Company, Limited Process for producing chemically strengthened glass
US9963378B2 (en) 2012-09-14 2018-05-08 Asahi Glass Company, Limited Glass for chemical strengthening and chemical strengthened glass, and manufacturing method of glass for chemical strengthening
US9580353B2 (en) 2012-10-12 2017-02-28 Asahi Glass Company, Limited Manufacturing method for phase-separated glass, and phase-separated glass
US9902647B2 (en) 2012-10-12 2018-02-27 Asahi Glass Company, Limited Manufacturing method for phase-separated glass, and phase-separated glass
US9546104B2 (en) 2012-12-07 2017-01-17 Asahi Glass Company, Limited White glass
US10005692B2 (en) 2012-12-07 2018-06-26 Asahi Glass Company, Limited White glass
US9776908B2 (en) 2013-04-25 2017-10-03 Asahi Glass Company, Limited Coating film-attached glass, coating film-attached chemically strengthened glass, exterior member, and electronic device
US9896375B2 (en) 2013-07-05 2018-02-20 Asahi Glass Company, Limited Colored glass
JP2016051888A (ja) * 2014-08-28 2016-04-11 深▲セン▼富泰宏精密工業有限公司 ケース及びこのケースを備える電子装置

Also Published As

Publication number Publication date
US8153270B2 (en) 2012-04-10
US20090068404A1 (en) 2009-03-12

Similar Documents

Publication Publication Date Title
CN105034363B (zh) 模制本体及其制造方法
KR101576330B1 (ko) 전자 디바이스에서 코스메틱 어필을 위한 다이크로익 유리
KR101097431B1 (ko) 디스플레이 패널용 플렉서블 기판 및 그 제조 방법
JP5629025B2 (ja) Hydrophilic laminate, and production method thereof, antifouling laminate, article, production method thereof, and antifouling method
US10486348B2 (en) Decorative resin molded article and its production method
JP4543046B2 (ja) 精細な装飾紋様を有する樹脂シート及びその製造方法
TWI590957B (zh) 多層體
JP5100850B2 (ja) 外装部品およびその製造方法ならびに電子機器
US9278884B2 (en) Method of printing decorations on substrates
JP3365760B2 (ja) 発色構造体
KR101184146B1 (ko) 가식된 사출성형 물품과 가식 사출성형 물품의 제조방법 및 그 방법에 사용되는 전사 필름
TWI414436B (zh) 包括金屬質感立體圖案的穿插模具轉印膠片的製造方法
US7616224B2 (en) Process of producing key units wherein marking on their tops made of light-transmitting material can be completed later on
CN105303970B (zh) 显示器装置用装饰膜的制造方法和保护面板的制造方法
US10076889B2 (en) Wrapped three-dimensional shaped article and process for its production
KR20070068256A (ko) 장식 성형체, 버튼 스위치용 키 탑 및 버튼 스위치용 키시트
JP2008509829A (ja) 反射防止及びグレア防止特性を備えた樹脂成型部品及びその製造方法
EP2199054A1 (en) Method of combining laser-engraving and in-mold decoration techniques to laser-engrave pattern on plastic product and the product thereof
US6518493B1 (en) Display device for electronic apparatus comprising solar cell
US8685526B2 (en) Decorating material with cubic effect
CN101530015A (zh) 电子设备用机壳及其制造方法
KR20090110195A (ko) 장식재 및 장식 물품
JP4824128B2 (ja) Method for producing multilayer molded article and mold set for multilayer molded article
BR9901251A (pt) Sistema de acabamento de pelìcula com opção de desenho.
TWI556990B (zh) 一種具立體效果的印刷裝飾膜及其裝飾產品